美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・大人気のブランド牛。日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・ ...
続きを読む
仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・

大人気のブランド牛。
日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。

そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、
豚肉「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。

お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・・・。

肉玉は別にして、関西以外では豚肉が使われていることがほとんど?

肉まん(確かに豚肉。そういえばあれは豚まんですよね^^;)
肉うどん(デフォルトは豚肉なんだとか)。
肉そば(いわゆる、チャーシュー麺)。
焼肉弁当(牛焼肉弁当が登場して、初めてあれは豚肉だったと気がつく^^;)


こう書くと、豚肉が牛肉よりも劣るみたいに感じますが、
それは大きな間違いです。

先日食べたこの豚肉なんて、甘く口の中でとけて、感動的な美味しさでした。

         IMG_7894

この日にお邪魔させていただいたのは、西中島南方にある、
豚肉に特化した居酒屋さん、”ぶたざんまい”さん。

        IMG_7831

こちら、ただの豚肉居酒屋ではなく、
幻の豚肉をいただくことができるお店でもあるのです。

幻の豚肉「愛媛 甘とろ豚」。
わずか36℃で口どけし、
純白の脂身が口の中で素晴らしい甘みとともに広がってゆく。

この「愛媛 甘とろ豚」を生産する農場は、わずか5箇所だけ。

         IMG_7854

そんな希少な豚肉が、こちらのお店では味わえるというのです。

そんな「愛媛甘とろ豚」を、この日は出汁しゃぶしゃぶで楽しませていただきました。

        IMG_7845

お通しも、豚居酒屋らしく、豚味噌と冷シャブ。
ボーッとしながら食べると、これがまた美味しい!
これで、こちらのお店が豚肉に対して自信があるのがわかります。

お通しをつまみながら、冷たい生ビールをいただきます。
こちらのお店では。アサヒスーパードライの生ビールをいただくことが出来ますよ。

      IMG_7861

しばらくすると、念願の「愛媛甘とろ豚」が登場。
これを、

         IMG_7856

たっぷりの白髪ねぎ、青ネギ、レタスなどの野菜と一緒に楽しみます。

出しがある程度熱くなったら、まずはたっぷりと野菜を投入。

        IMG_7866

これで準備完了。
あとは、豚肉をさっと湯通ししていただくのみ。
あっ・・・この豚肉は、わずか36度で溶け出すので、さっと泳がせるようにしていただきます。

             IMG_7869

こんな感じで、もう大丈夫。
まずはそのまま出汁につけていただきます。 

      (^^)(^^)(^^)

ヤバイ!
本当にトロケます(^^)
これはすごいですねぇ・・・。
ちょっと初体験レベルかもしれません(^^)    

              IMG_7873

次に、たっぷりの白髪ねぎと一緒にもいただきましょう。

はい、美味しいに決まっていますよね(^^)
豚肉とネギ、かなり相性が良いですよ!

一口食べれば、テーブルを囲むメンバーはしばし無言。
ひたすら豚肉を食べ続けることになってしまいます。

     IMG_7894

そして、豚肉のおかわり。
これは、おかわりしちゃいますよ(^^)
この脂の甘味は本当にクセになる。
   
            IMG_7885

これを食べているときは、
神戸牛も、松阪牛も、仙台牛も記憶の中から消えてしまいそうになります^^;

折角なので、カツサンドも注文して、みんなでシェアしてみます。

         IMG_7897

あはは。
自然と笑みがこぼれますね(^^)

鍋の〆は、ネギたっぷりのうどんで。

         IMG_7903

豚肉の旨味が染み出しただしで食べるうどん、最高です(^^)

鍋の他にも、いろいろ美味しそうなメニューがありましたよ。

   IMG_7835

        IMG_7836

             IMG_7837

  IMG_7838

       IMG_7839


                    
            IMG_7840

そして、ランチメニューはこんな感じです。

         IMG_7851


多分、大阪に初進出の「愛媛甘とろ豚」、ぜひ味わってみて下さい。
ちょっと感動しますよ〜!
              









【ぶたざんまい】
住 所:大阪市淀川区西中島4−6−5    MAP
電 話:06-6305-8833
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルトの大きさって、実は絶妙らしい・・・大人になってから、そんなに飲む機会がなくなったような気がしますが、冷蔵庫に入っていると、ついつい手を出してしまう飲み物、ヤクルト。一口か二口で飲み干してしまう大きさ。もっと飲みたいなぁ・・・そんなちょっと心残りな ...
続きを読む
ヤクルトの大きさって、実は絶妙らしい・・・

大人になってから、そんなに飲む機会がなくなったような気がしますが、
冷蔵庫に入っていると、ついつい手を出してしまう飲み物、ヤクルト。

一口か二口で飲み干してしまう大きさ。
もっと飲みたいなぁ・・・
そんなちょっと心残りな量だと思いませんか?

大人になったら、好きなだけ飲んでやる!

そう思うも、ヤクルトの大きさは、昔と変わらず。
同じ乳酸菌飲料の「マミー」は、1リットルの紙パックが売られているのに・・・。


でもあの量って、体内に効果的なヤクルト菌が、
ちょうどいい量入っているからなのだとか。

そんなヤクルト、昔はガラス瓶に入って、宅配で売られていたそうです。
でもそれでは重くて、ヤクルトレディに負担がかかりすぎるので、
今のような軽い容器になったのだとか。

ヤクルト、久しぶりに飲みたくなってきました。
同じ乳酸菌飲料でも、ラッシーはたまに飲むのですが^^;


さて、そんな感じでラッシーを飲みながら、美味しいカレーでもいただきましょう。

この日は、人形町駅の近くにあるインド料理のお店、
”ナワブ日本橋店さんにお邪魔させていただきました。

         IMG_6850


ツチノコ…
いえ、そっちではなく2階の方です。

一見、どこにでもあるようなインドレストランなのですが、中身はちょっと違うのです。

階段を上がって2階に行くと、お店の入口があります。

       IMG_6846
 
お、入口の横にメニューボードらしきものが・・・

   IMG_6845

スペシャルメニュー・・・
ご予約のお客様限定か。
でも、なかなか面白そうなの出してますね(^^)

店内に入ると、テーブル席に案内していただきました。
先ずは、テーブルの上においてあるメニューを手に取り・・・・

と、普通はそのような行動を取るのですが、
目的は、レギュラーメニューに載っている料理ではなく、これ。

        IMG_6793

カウンターのところに置いてある黒板メニュー。
こちらのお店、ディナータイムになると、本格的なパキスタン料理が登場するのです。

     IMG_6795

マトンビリヤニ、マトンプラオ、キーマカレラ、そしてハリームもある!
他のお店では、予約注文しなければ出てこないであろう、手間のかかる料理が、 
こちらのお店では黒板メニューで食べられるのです。

「すみません、今日はハリームありますか?」
「ハイ、アリマスヨ!」
「そしたら、ハリームとマトンビリヤニ・・・」
「マトンビリヤニ、マダ ツクッテルトコロダカラ 、スコシジカンカカリマス。
     マトンプラオならば デキテマスヨ。」

「では、マトンプラオを。 それから、ココナッツラッシーを下さい。」

そんな感じで、黒板メニューばかりをお願いしました。


        IMG_6797

             IMG_6798

ディナータイムが始まってすぐの時間にお邪魔させていただいたので、
まだ他のお客さんの姿はありません。

でも、すぐに何組かのお客さんがやってきて、黒板メニューを注文されてます。
みなさん、よく知っていらっしゃいますね(^^)

でも、私の後ろに座った方は、それ狙いではなく、
普通にナンを食べたいみたいで、カレーとナン、
そしてタンドリーチキンのセットを注文しているようですね。
(もったいないなぁ^^;)

ところで、レギュラーメニューってどんな感じなのだろうか?

      IMG_6799

         IMG_6800

           IMG_6801

あ・・・普通の印ネパ店ではない。
ちょっと他にはないようなカレーのラインナップもありますよ。

  IMG_6802
 
          IMG_6803

セットは、ナンとカレー、タンドリーチキンのセットなど、
日本人が好むようなメニュー構成。

    IMG_6804

            IMG_6805

ちなみに、、こちらではアルコールメニューもあるので、
パキスタン料理をつまみながら、一杯っていう楽しみ方も可能です。

とは言いながら、この日は珍しくノンアルコール。

      IMG_6811

ココナッツラッシーも美味しいですよ。

先ずはサラダをいただき、コンディションを整えます。

           IMG_6810

美味しいドレッシングですね(^^)

それに続き、マトンプラオも出来上がってきました。

        IMG_6813

おぉ、ボリュームたっぷり(^^)
骨付きのマトンがゴロゴロと入っているのが嬉しいですね。
それでは早速いただきましょ。

       IMG_6820

おぉ、これこれ!
マトンの香りと味わい(^^)
マトン好きにとってこれはたまらない。
そんなに辛くないので、辛いのが苦手な人も美味しく食べられると思いますよ。

         IMG_6822

これはタルタルソースではなく、ヨーグルトで作ったソース。
そのまま食べても構わないのですが、正しい食べ方はこう。

        IMG_6826

プラオにかけていただくと、その美味しさも倍増しますよ(^^)

そんな感じで、マトンプラオを半分くらい食べた頃に、
念願のハリームも登場。

           IMG_6829

これこれ!
これが食べたかったのです。

ハリームとは・・・。
小麦、大麦、肉、レンズ豆、スパイスから作られ、7〜8時間煮込み、
肉は繊維状になり、豆や麦も形が崩れるまで煮込まれるが、その味わいは絶品!


初めて食べたときの食感が忘れられずに、また食べたいと思うも、
かなり手間が掛かるので、普段のメニューに加えるお店は多くないのです。
それがここでは食べられる。
というわけで早速いただきます。

           IMG_6832

     (^^)(^^)(^^)

美味い!
口に入った瞬間、旨味とスパイスの味わいが広がり、
繊維状になった肉を噛みしめるように咀嚼する快感!

「ナンかロティは食べますか?」
「はい、ロティをお願いします。」

あ・・・
プラオも食べたのに、ついついロティもお願いしちゃった^^;
満腹になり過ぎはしないのだろうか・・・

        IMG_6844

でもね、こんな美味しそうなのを焼きたてで持ってきてくださるのですよ。
断る理由が見当たりません^^;

ハリームとロティ。
これ、黄金の組み合わせですよ(^^)

      IMG_6838

後半は、レモンをギュッと絞り、

        IMG_6839

味変させてみると、これもまた美味しいからやめられません。

そんな感じで、美味しいにマミれながら、大満足で完食。
今度は何人かで来て、もっといろいろ楽しんでみたいと思います。

ナワブに来るならば、是非とも黒板メニューを注文してみて下さい。
リピーターが多いのも納得出来ますよ!







【ナワブ 日本橋店】
住 所:東京都中央区日本橋小網町18−9 司ビル 2F    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:元日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、ナポリ地方の特徴だったらしいのです。では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?ナポリタンはないけれど、トマトやにんに ...
続きを読む
スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?

その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、
ナポリ地方の特徴だったらしいのです。

では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?

ナポリタンはないけれど、
トマトやにんにく、塩コショウ、バジルなどで作った、
「スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ」という料理が存在しているが、
日本のナポリタンとは異なった料理なのだとか。

ナポリタンはやはり、日本生まれの洋食の王道と言えるのかも。

さて、そんなナポリタンの中でも、
超豪華なナポリタンを、大阪裏なんばで食べることが出来ます。

          IMG_4453


え、これって、ハンバーグでしょう?
そう思いますよね、やっぱり。

でもこの料理の主役は、ナポリタン。
鉄板 de ナポリタンの、ハンバーグのせ。

裏なんばの”TABLEあじと”さんでいただくことが出来ます。

           IMG_4464

こちらのお店では、ナポリタンだけではなく、いろんな料理をいただくことが出来ます。
しかも、どの料理も、ひと工夫されていて美味しいだけではなく、
食べていて楽しいのです。

       IMG_4461

お店の前には写真入りのメニューボードもあるので、
これを眺めてから入店するのもアリですね。

この日、いただいた料理は・・・。

         IMG_4424

先ずは、前菜の盛り合わせ。
6〜7種類の前菜を、人数分盛ってくださって、1人680円はオトクです。

      IMG_4432

当然、これにはグラスワインを合わせましょう。
ちょっと気の利いたワインが、グラスでもいろいろ揃っているのがこちらのお店の特徴。
もちろん、ボトルで注文することも可能です。

     IMG_4433

そしてこちらは、
ゴルゴンゾーラソース de バゲットフォンデュ。

           IMG_4440

カリッと香ばしくトーストされたバゲットにたっぷりとゴルゴンゾーラソースを。
これ、たまりませんよ〜(^^)

     IMG_4443

そして、特製のローストビーフは「Diningあじと 本店」出だされる、
肉重のソースでいただきます。

そして、〆にいただいたのが、鉄板 de ナポリタン。

         IMG_4447

どう見ても、ハンバーグにナポリタンが付いているように見えますよね?
でもこれ、主役はナポリタンなのです。

熱々の鉄板に乗っかったナポリタン。
ハンバーグをはじめ、目玉焼き、ほうれん草、
エビフライ、とんかつをトッピングすることが出来ます。

もちろん、全部乗っけるここも出来ますが、
それはあまりにも凄いことになるかと思われ^^;

テーブルには、この状態で提供され、
目の前でソースをたっぷりと掛けてくださいます。

         IMG_4453

でも主役は、ナポリタン。

     IMG_4458

もちもちの麺を熱々の状態でいただくと、かなり幸せな気持ちになれますよ(^^)

そんな、TABLEあじとさんのメニューはこんな感じです。

     IMG_9291

           IMG_9289

ちょっぴり上等な洋食とワイン、如何でしょうか?
他にはない美味しいがたくさんありますよ〜(^^)







【TABLEあじと】
住 所:大阪市中央区難波千日前8−6    MAP
電 話:06-6633-1122
営業時間:11:30〜16:00  18:00〜23:30 
     ※日曜日のディナータイムは17:00〜22:30
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーにチーズって、何て斬新なんだろう!今や、全国に展開するカレーチェーンのココイチ。最初に食べに行ったときは、そのメニューの多さにかなりワクワクしたのを覚えています。昭和の時代、カレーは家で食べるもので、肉と人参、じゃがいも玉ねぎがゴロゴロ。今でも具が ...
続きを読む
カレーにチーズって、何て斬新なんだろう!

今や、全国に展開するカレーチェーンのココイチ。
最初に食べに行ったときは、そのメニューの多さにかなりワクワクしたのを覚えています。

昭和の時代、カレーは家で食べるもので、
肉と人参、じゃがいも玉ねぎがゴロゴロ。


今でも具が大きなカレーは、「お母さんのカレー」として、
お店のメニューにしているところも少なくないはず。

カツカレー、
洋食の王様、とんかつとカレーライスの夢のコラボ!
めったに食べることが出来ないご馳走だった記憶があります。


でもココイチでは、カツカレーはもちろん、
チキンカツ、ハンバーグ、チキン煮込み、フィッシュ、唐揚げ、
納豆やチーズ何てトッピングもあって、

「いつかはすべてを制覇してやる・・・」

なんて、半ば本気で思ったものです。

それ以降、いろんなカレーチェーンが誕生し、
中には、とんでもなく美味しいお店もあるから、
チェーン店のカレーも侮れたものではないと思います。


金沢カレーの「ゴーゴーカレー」、そしてチャンカレこと「カレーのチャンピオン」。
帯広の「インデアンカレー」
大阪カレーの「インデアンカレー」、「福島上等カレー」、「船場カレー」・・・。


そういえば、あのお店も何店舗かあったよなぁ?

         IMG_8207

そんなことを思いながら、行ってきたのが秋葉原にある、
”ラホール 外神田店

こだわりの専門店ではないけれど、
独自のこだわりを持ったカレーのお店として、結構人気があるのです。

本格的なカレーを食べ歩いている方も、
実はこちらのファンだって話、聞いたことありますよ(^^)

       IMG_8208

こちらのお店のカレーの特徴は、三種類のこだわりのルー。

インド風:20種類以上のスパイスをベースに「サラサラ」のインドカレー
     とろみのあるカレーに比べ低カロリー。
ブラック:インド風をベースにガーリックなどを加え、深みが増した人気なカレー。
     辛さを5段階で調整可能。
日本風:日本の家庭的なとろみのあるカレー。 辛さも控えめで食べやすい。

 
この看板を立ち止まって、じっと見つめる人の姿も何人か。
ここは思い切って、暖簾をくぐってみましょう!
(暖簾、ないですけどね^^;)

店内は、L字型のカウンター席があって、12席。
先に、券売機で食べたいカレーの食券を購入して、お店の方に渡しましょう。

        IMG_8205

券売機のメニューはこんな感じ。
お店に行って迷わないように、役立ててくださいね〜(^^)

この日は、最初からブラックカレー狙いだったので、そのボタンを探すだけ。
ブラックカレーは、黒いボタンになっていたのでわかりやすいですよ。

席に座り、お店の方に食券を渡します。
そのときに、辛さも指定できるので伝えましょうね。
(辛さ、1〜5は無料で変更できますよ!)

お願いしたのは、ほうれん草ブラックカレーの5辛。

ちなみに、追加のトッピングも可能で、
好みのカレーにカスタマイズすることも出来ます。

           IMG_8192

ちょっと遅めのランチだったにも関わらず、店内半分くらいの客席が埋まっています。
両隣の人をちらっと見ると、普通のカレーを食べていらっしゃる・・・。
(あれ? 皆さん辛くて黒いの、食べないのでしょうか^^;)

トッピングもとんかつ、コロッケ、メンチカツと豪華だなぁ・・・

そんな感じでちら見(ちら見どころでなく、ガン見ですよね〜^^;)していると、
注文したカレーが出来上がってきました。

         IMG_8194

おぉ、なかなかたっぷりと豪華な感じ。
それにしても、たしかにカレー、真っ黒ですね〜(^^)

    IMG_8196

たっぷりのほうれん草と、人参やじゃがいもなどの野菜も入って、
なかなか美味しそうです。

それでは早速いただきましょう。

           IMG_8199

おぉ、いい香り(^^)
そして、なかなかいい感じの辛さです。
とは言っても、5辛は激辛というほどでもなく、
辛いのが苦手でない人にとっては、難なく食べられるレベル。

       IMG_8200

ほうれん草の甘みと、カレーのスパイスがいい感じでマッチして、
ドンドン食べすすめることが出来ますよ。

お店の外観は、トッピングで楽しむカレーのお店って感じですが、
このルーはかなり面白い。
本格的なカレーを食べ歩く方が、たまに食べたくなる味だっていうのも充分納得。

            IMG_8204

後半は、ほうれん草カレーにデフォルトでついてくる温泉玉子をくずして、
まろやかな味わいとともに楽しみます。

本格的な香りを感じるルー、
そして、カレーによく合うご飯の硬さ、
最後まで大満足で食べ進むことが出来ますよ。

そして、これは定期的に食べたくなるのも納得。
通し営業なので、使い勝手も良くて、ランチ難民救済にはモッテコイかと(^^)
未体験の方は、ぜひ食べてみてください!

私も今度は、もう少し辛さを上げて、7辛くらいで、
カニクリームコロッケをトッピングして楽しんでみたいと思います。









【ラホール 外神田店】
住 所:東京都千代田区外神田3−10−9 キムラビル1F    MAP
電 話:03-3251-9030
営業時間:11:00〜20:00  
煙 草:喫煙可(混雑時は禁煙)
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近見かける、絵柄入りナンバープレート。あれ、いいですね(^^)アメリカのナンバープレートには、その地域にちなんだデザインが施されているのに、日本のは地味だなぁ・・・そんな風に思っていたら、ついに実施されましたね。ただ、全部の地域だけではなく、41の地域だけら ...
続きを読む
最近見かける、絵柄入りナンバープレート。
あれ、いいですね(^^)

アメリカのナンバープレートには、その地域にちなんだデザインが施されているのに、
日本のは地味だなぁ・・・
そんな風に思っていたら、ついに実施されましたね。

ただ、全部の地域だけではなく、41の地域だけらしいですが・・・。

見てみると、いろんなデザインがありますね!

富士山、鳥取砂丘、琵琶湖、銀河鉄道・・・

広島県の福山ナンバーなんて、広島カープのデザイン。
ファンは引っ越してでも欲しがるんじゃないでしょうか?

いろんなナンバーが登場して、地方に行く楽しみもこれから増えそうです(^^)

さて、そんな感じで、旅のことを考えながら、今日も元気にお仕事、勉強^^;

せめて、お昼ご飯だけでも、楽しく美味しく過ごしましょう!

この日は、元鮨職人が作るスパイスカレーのお店に行ってきました。


ラーメン屋さんが作るカレーも、スープの旨味を生かして美味しかったし、
こちらのお店のシェフは、元イタリアン。
そして、老舗お漬物屋さんのカレーはこんな感じで美味しい。
カレーって、本当に奥が深いと思います。

千駄木の駅を降りて、根津方面へ不忍通りを歩いていると、
こんな感じの幟が見えてきます。

          IMG_6791

”スパイスカレー とくじろう”
この幟が見えたところを入っていくと、お店があります。

       IMG_6790

こちらのお店は、元お鮨屋さん。
言われてみれば、たしかにそんな雰囲気が漂っていますよね。
そして、スパイスの香りもちゃんと漂っていますよ(^^)

店内は、カウンター席が5つと、二人がけのテーブルが2つ。
そして、3人ほど座れる丸テーブルもあったかなぁ。

カウンター席の奥に座らせていただき、まずはメニューを・・・。

        IMG_6761

カレーは、ドライタイプのキーマカレーと、スパイスをふんだんに使った、
オリジナルのカレーソースの2種類。
そこに、牛すじや牛タンをトッピングして、
好みのカレーにしていくような感じでしょうか。

折角なので、キーマカレーとオリジナルカレーソースを両方味わえるダブルカレーに、
牛すじとコールスローをトッピングでお願いしました。

外は生憎の雨。
でも、お店には次々とお客さんがやってきて、すぐに満席になりました。

常連さんと、何かで知ってきたお客さんは半々くらいでしょうか。
いつものように、好みのカレーを注文する方と、
いろいろ迷いながら決める方、いろんなお客さんがいらっしゃいます。

しばらくすると、私が注文したカレーも出来上がってきました。

          IMG_6764

深めのお皿に、カレーソースがたっぷり。
そして、真ん中にご飯。
その上に、キーマカレーがたっぷりと掛けてあります。

まずはカレーソースをいただいてみましょう。

お!
旨味ぎっしり、深いですよこれは(^^)
元鮨職人の方が作ったから、和風なのかと勝手に思っていましたが、
思いの外に本格的。
美味しいスパイスカレーです。

           IMG_6770

そして、キーマカレーの方もいただいてみましょう。

       IMG_6777

おぉ!
肉感たっぷりで美味しい(^^)
そのままキーマだけで食べても美味しいのですが、
カレーソースと混ぜながら食べると、複雑な旨味の変化を楽しむことが出来ますよ。

        IMG_6768

トッピングでお願いした牛すじも、とろとろに柔らかく煮込まれていて美味しい。
プラス200円でこれが楽しめるならば、絶対に食べたほうがいいですよ、牛すじ。

           IMG_6771

コールスローも、カレーとの相性良し。
辛さを少し上げてやって、これでクールダウンさせるのもアリかも?

   IMG_6782

そして、特筆すべきはご飯の美味しさ。
これは、元鮨職人のなせる技ではないでしょうか?
米の選定、炊き加減、カレーとの相性を知り尽くしてるなぁ・・・
そんなことを感じながら、しっかり楽しませていただきました。

元鮨職人が本気で作るスパイスカレー、
想像以上に美味しかったです。
今度は是非、柔らかく煮込まれた牛タンをトッピングして、
楽しませていただきたいと思います。







【スパイスカレー とくじろう】
住 所:東京都文京区千駄木2−47−10    MAP
電 話:03-6338-8373
営業時間:11:15〜14:00 17:15〜20:30  ※土日祝のランチタイムは、14:30まで。 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日(月曜日のディナータイムも休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

辛いものに夢中になっていた時期がありました。カレーも辛いものが大好き!辛いカレーがあると聞けば、わざわざ食べに行ったほど。辛くて美味しくてたまらないメニュー・・・南森町 辛口料理ハチの、座れば黙ってても出てくるカレー、東京千石 大沢食堂の極辛カレー、肥後 ...
続きを読む
辛いものに夢中になっていた時期がありました。

カレーも辛いものが大好き!
辛いカレーがあると聞けば、わざわざ食べに行ったほど。

辛くて美味しくてたまらないメニュー・・・

南森町 辛口料理ハチの、座れば黙ってても出てくるカレー、
東京千石 大沢食堂の極辛カレー、

肥後橋南蛮亭のチキンカレー、
堂山 洞魔麗の10ばいからし焼きめし、
長堀橋 ゴヤクラの鬼超えカレー、
肥後橋ワイヤの旨辛カレー・・・。
この色のお店は、既に閉店しています。)

今はもう、閉店してしまったお店も何軒かあります。

閉店といえば、学生時代に夜中によく行ったカレーのお店、
京都銀閣寺の近くにあった「ママカリー」。
そこには、チャレンジメニューがありました。
超大盛りではなく、激辛100倍(だったかな?)

とてもそれには挑戦できませんでしたが、普通の辛口でも、
気が遠くなるような感覚の辛さをしていたのを思い出します・・・・

ん・・・・
気が遠くなるような感じの辛さ?

ひょっとしてアレは、辛さではなく、痺れの方だったのかも?

痺れといえば、北新地にこんな面白いお店が出来ていました。

           IMG_7786

お店の名前は、"(しびれどり)
シビレドリ・・・
わかりやすい^^;

阿波尾鶏 
地鶏焼肉専門店
時折り牛


          IMG_7788

入口の横にあるメニューボードを見てみると、
鶏焼肉がメインのようですが、名物痺れ鍋というのにロックオン!
これは試してみたくなりますよね〜。

というわけで、階段を上がって2階のお店へ。

      IMG_7791


            IMG_7795

店内は、結構奥行きがありますよ。
テーブル席の一つに座らせていただき、改めてメニューを眺めてみます。

     IMG_7796

ずらりと並んだ、阿波尾鶏のいろんな部位。
セットでも単品でも注文できるようですよ。

       IMG_7797
気になっていたのはこちら。
痺れ鍋って気になりますよね!
シンプルに、痺れスープに鶏と野菜。
〆にラーメンをいただくことも可能。

        IMG_7799

あ、クラフトジンの「六」がある!
最近、かなりお気になりなのです(^^)

先ずは、阿波尾鶏をいろいろ焼いてみることに。

        IMG_7815

ぼんじり、手羽先、はらみ、むね、ヤゲン軟骨、砂肝、つくね・・・。

注文すると、一緒に煙の出にくいロースターも持ってきて下さいますよ。

       IMG_7822

焼きすぎないように気をつけて・・・。
頃合いになったらいただきます。

そのまま塩でシンプルに・・・も美味しいのですが、
梅カツオにんにくのアリオリソース、
バジルソース、パクチーポン酢、醤油ダレ、
青唐辛子味噌ダレの5種類のタレを用意して下さいますよ。

そして、最初に見て気になった「痺れ鍋」もお願いしました。

        IMG_7805

鶏肉と野菜、そして唐辛子とたっぷりの山椒。
好みで、痺れ増しをお願いすることも出来ますよ。

ちなみに今回は、「中シビレ」をお願いしました。

鍋が煮えてくるとともに、シビレの気配がやってきます。
香りから痺れが予感されるのですよ^^;

        IMG_7809

それでは、早速いただきます・・・

って、キター!
痺れます。
でも、箸を置くことが出来ない、美味しいんです(^^)
中シビレにしましたが、これでも結構来ますよ^^;
スープを飲むとき、気をつけないとむせ返しそうになるので、ご注意を^^;

自分にあったシビレで、最高に刺激的な時間を体験できますよ。
でも、シビレさせすぎると、気絶しそうになるのでご注意を。
(こう言うと、試したくなる方、いるのでしょうね〜^^;)

          IMG_7825

〆には是非とも、ラーメンを。
このスープにラーメン、最高に合いますよ!

最後はしじみスープで、明日の元気も約束。

       IMG_7828

こういうのがあると、本当に嬉しいですね(^^)

こちらのお店、ランチタイムも営業されていて、
薬膳カレー、痺れ麻婆焼きそば、
選べるトッピングのテールスープフォーの3種類が全て880円でいただけるそうです。

今度は是非、ランチタイムにもお邪魔させていただきたいと思います。






【痺鶏(しびれどり)】
住 所:大阪市北区堂島1−5−40 森田ビル 2F    MAP
電 話:06-6341-8116
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめ人間ギャートルズに出てくる肉って、かなり美味しそうですよね。何であんなに美味しそうなんだろう・・・。肉が分厚くて、食べごたえがありそうだから。大きなステーキをみんなで切り分けて食べるのは、たしかに美味しいものです(^^)今では食べることが出来ない、マン ...
続きを読む
はじめ人間ギャートルズに出てくる肉って、かなり美味しそうですよね。

何であんなに美味しそうなんだろう・・・。

肉が分厚くて、食べごたえがありそうだから。
大きなステーキをみんなで切り分けて食べるのは、たしかに美味しいものです(^^)

今では食べることが出来ない、マンモスの肉だから。
実際に今、食べれても、かなり歯ごたえがあるでしょうね^^;

噛み切るときに、あの伸びるような感じが堪らない。
びよ〜んと、伸びるように噛み切る肉・・・牛タンが近いか?

やはり骨付きは美味しそう!
漫画に出てくる美味しそうな肉って、骨付きが定番・・・
あ! だからマンガに食って言うのか・・・

骨付き・・・
この日は、香川名物の骨付鳥をランチでいただけるお店にお邪魔させていただきました。

           IMG_6906

お伺いさせていただいたのは、
"さぬき名物 骨付鳥 田中屋”さん。

金毘羅参りで有名な、こんぴらさんの麓、
琴平駅のすぐ近くにお店はあります。

讃岐に来たならば、やはりうどん・・・
とも思いましたが、骨付鳥がどうしても食べてみたくって・・・・

はい、まさかの骨付鳥、初体験なのです^^;

お店に入ると、テーブル席に通していただきました。

          IMG_6869

おひとりさまだったのですが、半個室的なテーブル席。
落ち着いた感じでいいですね〜(^^)

テーブルの上には、ランチメニューが置いてあったので、早速確認します。

        IMG_6864

おぉ、本当にあった!
ランチタイムの骨付鳥。

他の定食に比べて、お値段は倍くらいしますが、やはり一度は体験しておきたいもの。
ここは、迷うことなく「さぬき名物 骨付鳥セット」をお願いします。

「若鶏と親鳥、どちらになさいますか?」
「親鳥でお願いします。」
「20分ほどお時間頂きますが、大丈夫でしょうか?」
「大丈夫ですよ〜」
「プラス100円で、ランチドリンクをお付けできますが・・・」
「烏龍茶お願いします」(調子に乗って、頼んじゃったよ^^;)


そんな感じで、注文完了!
あとは出来上がるのを待つのみです。

店内には、こんぴらさん参りの帰り(だと思う)の人がちらほら。
昼ビール率、高いなぁ。

飲みたいけれど、これからお仕事なので、我慢、ガマン・・・。
それにしても、骨付鳥で、ノンアルコールってどうよ^^;

他のメニューでも眺めて、気を紛らわせよう。

     IMG_6865
当店イチオシ 骨付鳥!
そして、スーパードライに氷点下ハイボール・・・

いかん、いかん!
気が紛れるどころか^^;

    IMG_6867

牛すじコン、ゴマ手羽先、にんにく丸揚げ・・・
あれ、完全に居酒屋メニュー?

       IMG_6866

         IMG_6868

はい、こちらのお店はランチメニューもあるけれど、
お昼から呑めるお店でもあったのでありました。

そんなこんなで、飲みたい衝動を辛抱していると、
お願いした骨付鳥セットが出来上がってきました。

        IMG_6874

おぉ、メインの骨付鳥に、鶏めしとスープ、そしてサラダも付いて、
ちょっと豪華な感じになってますね〜。

    IMG_6878

なんと言っても、骨付鳥のデカイこと!
これを手に持って、

          IMG_6895

がぶりとかじり付きましょ・・・・

あら、結構しっかりしている^^;

それでは、両手でしっかり持っていただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

これは美味しい!
たしかに、ちょっと硬くてしっかりした肉ではありますが、
噛めば噛むほどに旨味が出てきて、本当にクセになりますよ。

        IMG_6889

そして、この鶏めしも美味しい。
そのまま食べてもいいのですが、鶏肉と合わせていただくと、たまらない。

さて、もう一口かじりついて・・・・
ちょっとしんどくなったので、秘密兵器を投入!

       IMG_6892

ちゃんとハサミも一緒に出して下さいますよ。
これで、ある程度鶏肉をカットすれば、楽に食べることが出来ますよ。

          IMG_6899

骨付鳥は、骨の周りまでしっかり食べて、かなり満足させていただきました。
〆には、お皿に残った鶏の脂をおにぎりを付けて食べるのが通なのだとか。

ここで、メニューを何気なく見てみると・・・

         IMG_68671

通な味!!
鶏の脂をかけたり、つけたりすると さらに美味しくなります!


な、なぬぅ〜^^;
もう、鶏めし食っちゃった後だわ。
これはまたリベンジを・・・

今度はお酒が呑めるときにまた、お伺いさせていただきたいと思います。








【さぬき名物 骨付鳥 田中屋】
住 所:香川県仲多度郡琴平町685−11    MAP
電 話:0877-75-1884
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜24:00(L.O.23:00) 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場が多数有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄板の組み合わせと、意外な組み合わせ。食べ物にはいろんな組み合わせがありますよね。これとこれは、切っても切り離せないという鉄板の組み合わせ。ハンバーガーとポテト、ナポリタンと目玉焼き、とんかつとキャベツ、餃子とビール(^^)思い出すだけでもお腹がなりそうです ...
続きを読む
鉄板の組み合わせと、意外な組み合わせ。

食べ物にはいろんな組み合わせがありますよね。
これとこれは、切っても切り離せないという鉄板の組み合わせ。

ハンバーガーとポテト、
ナポリタンと目玉焼き、
とんかつとキャベツ、
餃子とビール(^^)


思い出すだけでもお腹がなりそうですよ^^;

でも、意外な美味しい組み合わせを見つけたときって、すごく嬉しいものです。

刺し身にマヨネーズ、
サンドイッチにキムチ、
トーストに納豆、
お好み焼きにワイン。


この日にお伺いさせていただいたのも、意外な組み合わせをウリにするお店・・・・
なのでしょうか?

お伺いさせていただいたのはこちら。

        IMG_3363
 "Curry et les vins PAUL”さん。
その名の通り、カレーとワインのお店なのです。

ワインと言えば、チーズと合わせるのが定番。
カレーといえば、ビール・・・

ま、そんな固定観念を捨ててしまえば、新しい美味しさも発見できるというもの。
お店の前に掲げてある、メニューボードを見てみても、
そんなこだわりが垣間見・・・いえ、ちゃんとワインを飲ませるお店のそれですね。

            IMG_3369

何はともあれ、店内へ。

店内はカウンター席メインですが、テーブル席も少しあるよう。
カウンター席に座り、まずはワインをいただきます。

            IMG_3321

そして、カウンターの上を見上げると、

    IMG_3318

この日のおすすめが書かれたメニューボードがあります。

だし巻きオムレツ、ラムのハンバーグ、野生ルッコラのサラダ・・・・
あ、この組み合わせはちょっと面白そう。

          IMG_3324

お願いしたのは、ブッラータチーズといちご。

チーズといちごの組み合わせって、試したことないなぁ・・・。
それに、ワインを合わせてみる。
ちょっと面白くないですか?

         IMG_3326

いちごだけでも、十分に美味しいところに、
ブッラータチーズをあわせてみる。

ところで、このブッラータチーズって、けっこう珍しいものなのだとか。
一見、モッツァレラチーズのように見えますが、ナイフを入れてみると・・・

          IMG_3329

ご覧のように中からとろりとチーズが出てきます。

このブッラータチーズ、賞味期間も短く、作ってから48時間がリミットなのだとか。

フレッシュないちごにたっぷりと絡めていただくと、
口の中で複雑な旨味を奏でながら溶けてゆきますよ。

そこに白ワインを合わせると、本当に幸せな気持ちになれるのです。

そして、こちらのお店の看板メニュー、カレー。

鉄鍋のSTAUBを使って作った焼きカレーがそうなのです。

       IMG_3341

注文が通ってから焼き上がるので、少々時間はかかりますが、
香り、味わいともに文句なし。

   IMG_3351

           IMG_3348

焼き上がると、目の前で丁寧に混ぜ合わせてくださいますよ。

このときに、立ち上がる香りがまた、たまらない(^^)

        IMG_3355


激辛ではなく、深い旨みとスパイスの香りを楽しむタイプなので、
ワインと合わせても本当に美味しいですよ。

        IMG_3360

カレーをちょっとずつ楽しみながら、いろんなワインを合わせてみる。
普段はちょっとできないような楽しみ方、体験させてくださいますよ。

会社帰りに軽く一杯。
それとも、お洒落な二軒目使いに如何でしょうか?
知っておいて損はない、銀座の隠れ家ワインビストロですよ〜。





【カレーとワイン ポール(curry et les vins PAUL)】
住 所:東京都中央区銀座2−14−7 銀座OMビル 1F    MAP
電 話:03-6228-4449
営業時間:18:00〜23:30(L.O.22:30) ※土・祝は、16:00〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月(不定休)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

幻の酒とか、焼酎ってありますよね。昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!そんな事を言っていたのを覚えています。今有名なのは、森伊蔵。ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出 ...
続きを読む
幻の酒とか、焼酎ってありますよね。

昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!
そんな事を言っていたのを覚えています。

今有名なのは、森伊蔵。
ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、
蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出来ます。
森伊蔵、抽選販売のHPはコチラ

さて、入手困難なお酒で有名なのは、「十四代」。

もはや、定価で入手しようなんて確実のムリかと思えるお酒で、
お店で飲むことさえも、困難かと・・・。

でも実は・・・・。

             IMG_7444

  IMG_7447


             IMG_7455

こちらのお店で、飲むことが出来るかも・・・。
メニューには載ってない裏メニューですが、ぜひ聞いてみてください。
あれば、1杯1,000円〜3,000円でいただくことが出来ますよ。
(十四代のこのお酒、一升瓶30,000円くらいで出回っているので、安いくらいですよ!)


この日にお伺いさせていただいたのは、"明石八 江坂店さん。


    IMG_7339

御堂筋線・北大阪急行線の江坂駅を降りてすぐのところに店はあります。

         IMG_7341

昼は定食、そしてそれだけではなくて、昼からバッチリ呑めちゃおうお店なのです。

お伺いさせていただいたのは、GW真っ最中。
そんな日でも、お得なアテとドリンク、やってますよ〜。

入り口の写真入りメニュー、思わず見いいってしまいそうですが、
店内でゆっくりと確認しましょうね〜

      IMG_7348

店内はかなり広く、2階席もあって100席はあるのではないでしょうか?
そんな中、1階のテーブル席を陣取ります。

超レアアイテムの十四代もいいですが、こちらのお店の目玉は、
目を疑う値段のハイボールと、新鮮な刺し身。

          IMG_7379

平日であろうが、週末、GW、お盆であろうが、夕方5時までは、
ハイボールが39円!
何杯飲んでも、39円なのです。

ただし、それには条件が・・・。
一つは、開店時間から17:00まで、
そして、注文する方が成人していらっしゃること、
そして、お通しを注文すること。


たったそれだけです。

お通しは3種類から選べるので、嬉しいですね。

          IMG_7355

この日にお通しは、マカロニサラダ、春雨の酢の物、筑前煮。
好みに応じて選ぶことが出来て、しかも美味しい。

お通しを注文し、お得なドリンクで乾杯!

        IMG_7346

39円のハイボールだけではなく、生ビールも193円で楽しむことが出来ます。

そして、料理のメニューは・・・

     IMG_7344

         IMG_7352

どれも、驚愕のお値段!
カツオのたたきと、ハマチの刺身なんて180円ですよ。
で、180円の刺身がどんな感じかと言うと・・・

     IMG_7370

           IMG_7366

厚みといい、味わいといい文句なし。
これ、本当に180円でいいのかなぁって思ってしまいます。

実はこちらのお店、天満市場の魚屋さんが経営されているとのこと。
それで、魚の鮮度と安さはピカイチなのです。

    IMG_7388

赤貝も、このボリューム、この鮮度で380円。
本当に信じられないくらいにお値打ちです。


再びメニューに目を落とすと、本マグロの中トロが780円、
本マグロの紅味の刺身が680円とのこと。

中トロと紅味の値段差が、100円だけ。
で、それは何を意味するかと言うと・・・。

      IMG_7415
こちらが中トロです。
口の中で、一瞬にしてとろけてゆくのです。

そして、こちらが赤身。

    IMG_7402

赤身と言っても、しっかりと脂が回っていて、ほぼ中トロ。
これはかなりお得です。
マグロ好きの私も、しっかり満足させていただきました。

テーブル席の奥の壁を見上げてみると・・・

       IMG_7349

ズラリと並ぶ、写真入りのメニュー。
こういう仕掛けがしてあると、ついつい注文してしまいます。

    IMG_7395

とろとろに柔らかく煮込まれた、名物チャーシュー盛は、
味玉、キムチも付いて380円。

そして、串カツを注文すると、
お約束、二度漬け禁止のソースも一緒に持ってきてくださいます。

   IMG_7435

        IMG_7430

何杯飲んでも、1杯39円のハイボールもすごいですが、
何を注文しても安くてハイクォリティ。
実際に行ってみて人気の理由が納得できました。

この安さと美味しさ、是非体験してみてください。
確実に、クセになりますよ!







【明石八 江坂店】
住 所:吹田市江坂町1−23−37 グウビル 1F    MAP
電 話:06-6387-8602
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・なんて感じで。そうするとたまに、ビックリすることがあります。え・・・最初ってこんな感じの画だったの?って。まずは、「ドラえもん。」もし ...
続きを読む
人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?
そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・
なんて感じで。

そうするとたまに、ビックリすることがあります。

え・・・最初ってこんな感じの画だったの?

って。

まずは、ドラもん。」
もしも機会があったなら、ドラえもんの第1巻を見てください。
今よりもかなりふっくらしてて・・・
いえ、胴体が今よりもちょっと長いのです。
今は2等身だとしたら、2.5等身くらい。
なかなか違和感ありますよ!

そして、もっとびっくりするのが「サさん」。
もうね、今の子供が見たら、ひと目で泣き出してしまうかもしれない^^;
(こちらのHPに載ってますよ〜! よろしければ、どぞ。)

ドラえもんとサザエさん、
昭和の時代にはじまり、令和の時代になってもずっと愛されているってところでは、
共通点がありますよね。

さて、時代が変わっても愛され続けているといえば、
福岡中洲にあるお店、”博多のおでん”。

           IMG_4938

創業は昭和33年。
今から61年前に屋台で創業した、おでんの店。

       IMG_4908

おでんの出汁は、その時から減っては継ぎ足し、その味を守り続けているのだとか。
漆黒とも言えるその見た目とは裏腹に、食べてみると意外とあっさりしているから、
不思議な感じで、その味の虜にさせられる。

       IMG_4906

カウンターに立ち、気になるネタを指さして注文するのもまた楽しい。
いろんな素材の旨味が溶けだした出汁が、また違った素材に旨味を染み込ませてゆく。

          IMG_4917

白菜なんて、その最たるものではないかと思ってしまう。

     IMG_4927

そういえば、茄子のおでんを食べたのも初めてかも。
だしが染み込んだ大根。じゃがいも、タコなどはもちろん、

          IMG_4913

ぎんなん、つくし、ぎょうざ、秋には松茸も登場するらしい。

      IMG_4915

そしてブロッコリーまでもがねたになっているから楽しくて仕方がない。

この出汁があれば、どんな素材をもご馳走に変えてしまえるのかもしれない。

         IMG_4936

大女将がおでんを見守るのを眺めながら、飲むお酒も最高。

     IMG_4901

入店したときは、ちょうど合間だったのか、難なく入れたが、
少し経つとご覧の通りに大盛況。

お品書きはこんな感じで、とりあえず存在する。

       IMG_4895

  IMG_4896


が、季節のオススメは、女将に直接聞くか、
店内のホワイトボードを見るべし。

             IMG_4897

板コン、糸コン200円。
はんぺん、たまごは150円とお安い。

     IMG_4945

許されるものならば、これを炊きたてのご飯の上にのっけて、
かっ込みたい衝動にかられてしまうくらいに味が染み込んだ豆腐も最高。

さっと1杯飲んで、はしごするもよし、
じっくりコシを据えるもよし。

週末のひととき、ちょっといい時間を過ごしてみませんか?

           IMG_4956

今週も1週間、お疲れ様でした。












【博多のおでん】
住 所:福岡市博多区中洲2−6−20 日港ビル 1F    MAP
電 話:080-6400-7819
営業時間:19:00頃〜翌2:00頃 
煙 草:喫煙可
定休日:水・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

超ウルトラ ドンッ!「クイズドレミファドン」って番組、ありましたよね〜。ヒット曲のイントロが、ほんの少しだけ流れて、その曲名を言い当てるってやつ。当時は歌番組もたくさんあって、いろんな曲を聞いていたので、かなり得意だったような気がします。昭和の時代の番組 ...
続きを読む
超ウルトラ ドンッ!

「クイズドレミファドン」って番組、ありましたよね〜。
ヒット曲のイントロが、ほんの少しだけ流れて、
その曲名を言い当てるってやつ。

当時は歌番組もたくさんあって、
いろんな曲を聞いていたので、かなり得意だったような気がします。


昭和の時代の番組って、未だに鮮明に覚えている気がします。

10問のクイズが出て、正解が3問以下だと椅子が回転する、
クイズタイムショック。

テレビの前で一緒になってクイズに答えていたのですが、全問正解はむずかしい^^;

男女5人ずつが、PRしあい、最後にカップルが誕生するかもしれない、
プロポーズ大作戦。

フィーリングカップル5対5の、5番の人のようになりたいと思ってました^^;

ひと目会ったその日から 恋の花咲くときもある 
見知らぬ貴女と 見知らぬ貴男に デートを取り持つ パンチDEデート。

ずっと、全国放送だと思ってましたが、これも関西ローカルなんですよね^^;
逆にこういうの、令和の時代に流行るかも?

さて、そんな昭和を思い出しながら、向かった先は京成立石。
ここには、パラダイスのような奇跡の食品ストアーがあるのだとか。
お店の名前は、”倉井ストアー”。

           IMG_6717

どこが奇跡の?

そんな声が聞こえてきそうです・・・。
そうですね、ごく普通の地域密着型の食品ストアーって感じですよね。

お店の中に入ってみるも、台の上にお弁当とか、お惣菜が並ぶ昭和の雰囲気満タンのお店。

         IMG_6715


お弁当の値段は、財布に優しい(^^)

    IMG_6712

  IMG_6713

税込み500円で満腹確約は、本当に嬉しい。
しかも、全て手作りで美味しそうなのです(^^)

       IMG_6714



そして、精肉コーナーもあって、肉を買うことも出来るのです・・・・







         が、








         IMG_6711

お店の反対側では、なんとそこで定食を食べたり、
お酒を飲んだりすることが出来るスペースが有るのです。

       IMG_6677

お昼を少しまわった時間、周りには近所の会社の方や、
外回り途中でランチをされる方で賑わっています。

そんな中、ちょっと失礼して・・・・

         IMG_6681

ポテトサラダをつまみに、レモンサワーを(^^)

お弁当や定食のだけではなく、全て単品でも注文できるから嬉しい(^^)

   IMG_6709

それにしても、どの定食を注文しても、600円とは驚きです。
(少しボリューム控えめで、ワンコイン定食にすることも可能だそうですよ!)

ご飯や味噌汁も付けて、定食にしちゃったら呑めなくなるので、
私たちは単品で何品かお願いしました。

        IMG_6703

これが、人気メニューのメガサイズチキンカツ。
むね肉なのですが、すごく柔らかくて美味しいですよ(^^)
辛子をチョイと付けて、中濃ソースでどうぞ!

    IMG_6696

サックサクのアジフライ。
あなたは、醤油派、それともソース派?

そして、メニューを見て、気になっていたピーマン肉詰めフライ。

          IMG_6690

特製のソースがたっぷり掛けられていて、すこぶる美味い!
これにも、ちょこっと辛子を付けていただきます。

そして、口の中に旨味の余韻があるうちに、冷たいビールを流し込む。
これ、本当に至福のひとときですよ。

こんな時間から、フライング飲みしているのは、私たちだけ?

      IMG_6710

いえいえ、もっとツワモノがいました。
向こうに座るのお父さんたち、テーブルの上に空の缶が、10本以上!
参りました^^;

        IMG_6708

壁に書かれたお品書きを見て注文するもよし、
カウンターのところまで行って、実物を見て注文するのも楽しいです。

京成立石のミラクルワールド、倉井ストアー。
一度経験すると、忘れられない世界がそこにはありますよ。
ぜひ実体験を! 






【倉井ストアー】
住 所:東京都葛飾区立石2−18−4    MAP
電 話:03-3691-4593
営業時間:10:00〜20:00 ※14:00〜17:00は、昼休み。 
煙 草:喫煙可
定休日:土日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お子様ランチ。ある意味、子供連れの若い家族の強い味方である。例えば4人家族の場合、ひとり800円のランチが4つで、3,200円のお支払い。子供の分がお子様ランチになると、ちょっと安くすることが出来る。しかも、子供は大喜び!(実は、お父さんも大喜び^^;)ハンバーグに ...
続きを読む
お子様ランチ。

ある意味、子供連れの若い家族の強い味方である。
例えば4人家族の場合、ひとり800円のランチが4つで、3,200円のお支払い。
子供の分がお子様ランチになると、ちょっと安くすることが出来る。
しかも、子供は大喜び!
(実は、お父さんも大喜び^^;)

ハンバーグにエビフライ、ポテトフライにケチャップライス。
見た目も可愛く、子どもたちが大好きなおかずが勢揃い!

中には、見た目が凄く可愛く、インスタ映えしそうなものも少なくない。

そんなインスタ映えしそうなカレー、いただいてきました。

            IMG_7556

子供が見たら、凄く喜びそうな感じでしょ?
でもこのカレー、実はオトナ・・・
しかもスパイスカレー好きなオトナが大喜びする味わいなのです。

お伺いさせていただいたのは、
本町にある”Gato Curry(ガトカリー)さん。

      IMG_7580

こんな素敵な空間が、都会の真ん中にあるのです。

扉を開くと、おしゃれな空間が広がります。
こういうのを、本当の隠れ家っていうのでしょうね。

カウンター席に座り、まずはメニューを確認します。

         IMG_7543

カレーは、さらさらチキンカレー、辛口キーマカレー、
豆乳鶏キーマカレー、激辛ポークマサラカレー、甘口お子様チキンカレーの4種類。
ちゃんと、お子様用のカレーも用意してくださってますよ(^^)

やはりここは、あいがけで・・・。
豆乳鶏キーマと、キーマカレーのあいがけに、スパイスたまごをトッピングでお願いします。

店内は、窓から入る日差しが心地良い感じで、ゆったりと寛げますよ。

           IMG_7546

以前は民家だったというこちら。
フローリングの床や、タイルのカウンターがお洒落な感じで、
ゆったりとした時間を過ごせそうです。

    IMG_7551

昨年(2018年)の11月11日オープン。
知らなかったなぁ・・・まさに隠れ家な感じです。

そんな感じで、店内の雰囲気を楽しみながらゆったりしていると、
お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_7553

うわ、噂は本当!
ごはんが猫の顔になっていますよ(^^)

こうやって、実際に目の前に出てきてみると、ちょっと照れくさいような、
公衆の面前でオトナがひとりお子様ランチを食べているような気持ちになりますね。

でも、このカレーを見くびってはいけない。

優しい顔して、かなり本格的なスパイスカレーなのです。

          IMG_7565

先ずは、キーマカレーをいただいてみますと・・・

おぉ! スパイス香る本格派。
旨味とスパイスがいい感じのところで調和してます。
これは美味しいですね(^^)

        IMG_7563

ひとくち食べてみ、猫の顔を見てみると、
さっきとはちょっと違う表情に見えるから不思議です。

   IMG_7559

では、こちらの豆乳鶏キーマカレーの方もいただきましょう。

          IMG_7568

うわぁ!
これは面白い。
豆乳の優しさ溢れるマイルドな感じかと思いきや、
ちゃんとスパイスが生きてますよ、これ(^^)
しかも、口の中でピンクペッパーが弾け、香りが炸裂するのが凄く楽しい(^^)

         IMG_7569

そして、本格的にごはんと一緒にいただきましょう。

もうこれ、スプーンを持つ手が止まりません!
猫の顔を見て、優しい感じかと思いきや、
優しい中にも、ちゃんと本気のスパイスカレーが存在することが嬉しい。

        IMG_7560

そして、このスパイスたまごが、また楽しい。

      IMG_7577

半熟の黄身の中に、スパイス醤油が注入されていて、
サプライズな美味しさなのです(^^)

猫の顔をナメてはいけない。
旨みたっぷりのスパイスカレーを堪能することが出来ますよ〜。

そして、こちらのお店には、ちょっと面白いメニューが有るのです。
猫まんまSETといって、追い飯+自分で削る鰹節が提供されるのだとか。
鰹節がまた、カレーにあうというから気になります。

今度是非それ、食べに来たいと思います(^^)
      











【Gato Curry(ガトカリー)】
住 所:大阪市中央区南久宝寺4−7−2  (ヴァンバラで間借り営業)  MAP
電 話:
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30)  
煙 草:
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

おひとりさまですか?こちらのカウンター席へどうぞ〜。ランチタイムのひとりめし、そんな言葉が飛び交う、定食のお店。カウンター席って、おひとりさま専用の席みたいなイメージがありますよね、何故か。たしかに、カウンター席に座り、目の前に知らない人がいないほうが、 ...
続きを読む
おひとりさまですか?
こちらのカウンター席へどうぞ〜。


ランチタイムのひとりめし、
そんな言葉が飛び交う、定食のお店。

カウンター席って、
おひとりさま専用の席みたいなイメージがありますよね、何故か。


たしかに、カウンター席に座り、目の前に知らない人がいないほうが、
落ち着いて食事ができることもありますよね。

テーブル席の相席の場合・・・
食べている間はいいけれど、料理ができるまでの時間、
どこを見ていいかわからない。

カウンター席の場合は、
厨房の中で料理ができるのを”ボーッ”と見てれば大丈夫だし・・・

ん?
料理が出来上がるのを見ている。
それって、ある意味ライブ劇場か?


だから、お寿司屋さんとかは、カウンター席が特等席なのか!

きっかけは、そんな感じではないと思いますが、
お寿司屋さんと同じく、天ぷら屋さんのカウンター席も特等席ですよね。

この日にお伺いさせていただいたのは、大阪福島にある天ぷらのお店、
天ぷら うらかみ”さん。

         IMG_6485

お店は、朝日放送のすぐ横にあって、有名人もお忍びで訪れることもあるのだとか。

こちらのお店では、旬の食材を目の前で揚げてくださり、
絶妙のタイミングで天ぷらを楽しむことが出来ます。

天ぷらは、コース仕立てになっていて、前菜から始まり、
お造りを楽しみ、その後は旬の食材を目の前で天ぷらにしていただき楽しみます。

      IMG_6501
いくらと湯葉、そして、のれそれ。 
出汁の塩梅が最高!
これをいただいただけでも、この日の料理に対しての期待感がぐんと上がります。

           IMG_6534

次に、お造りをいただき、その鮮度に思わず笑顔。

     IMG_6541

思わず日本酒をいただきたくなりましたが、
この日は、ワインを合わせてみようかという試みを。

もちろん、天ぷらにもワインを合わせて。
それでは、この日に天ぷらにしていただく食材を一部ご紹介。

          IMG_6508

車海老、帆立、そしてこれはひょっとして・・・

「はい、フグの白子です。」

と、店主うらかみさん。

      IMG_6607

目の前の天ぷら鍋を真剣に見つめながら、天ぷらを揚げてくださいます。

先ずは、車海老の天ぷらから。

        IMG_6565

パラっと、塩をかけていただくと、更に甘みを感じることが出来ます。
サクッとした食感のあとは、口に中に広がる甘み、旨味、食感、香り・・・。
五感をくすぐる美味しさですね。

    IMG_6593

鮎も、そこで泳いでいたものが、その瞬間に天ぷらになったような感じ。
ほろ苦く、そして甘い感じが最高です。

パラっと、塩でさぱりいただくのもいいけれど、
お店特製の天つゆも見逃せない。

        IMG_6585

しっとりした美味しさと、サクッとした食感両方とも楽しめてしまうのも嬉しい。

       IMG_6596

アスパラガス、ふきのとう、茄子、生麩・・・。
野菜の天麩羅も美味しい。

天ぷらって、お店によって揚げ方、タイミングはもちろん、
選ぶ素材の違いを感じるのも楽しいですよね。

   IMG_6622

大きな帆立は、外側の火の通った旨味、
そして、レアな中心の甘みの両方を楽しむことが出来ます。

         IMG_6633

こちらは、ふぐの白子と、先ほどいただいた、車海老の頭の部分。
カリッとした旨味、そしてトロっとした絶妙な食感に感動。
しばし、時間が止まったような感覚にさえなります。

天ぷらを揚げるタイミング。
それは、音、香り、油の気泡の大きさ、そして箸を伝わる振動で感じるのだとか。

        IMG_6668

天ぷらにかける情熱は、真剣そのもの。
食べるものの、心を離さない魅力がありますよ!

      IMG_6619

かき揚げをいただいたあとは、〆のごはんを。

こちらのお店では、天丼、天茶、天ばらから選ぶことが出来たので、
天ばらをいただくことに。

        IMG_6644

海老の天ぷらがたっぷりと入った、天ばらも最高に美味しい。
そしてこの頃になると、
先程までは真剣な表情で天ぷらに向かい合っていた店主の表情も穏やかに。

    IMG_6659

お話させていただくと、いろんなことを教えて下さいますよ(^^)

          IMG_6675

うらかみさん、季節ごとに旬の食材を使った天ぷら、かなり楽しませていただきました。
また、季節が移り変わった頃、お邪魔させていただきたいと思います。


 





【天ぷら うらかみ】
住 所:大阪市福島区福島1−2−4 YATARYUビル 1F    MAP
電 話:06-6454-5477
営業時間:11:30〜15:00(L.O.13:30) 17:30〜23:00(L.O.21:30) 
     ※ランチは、金土日祝のみ営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! めっちゃ。【意味】とても・非常に・すごく。ものごとを増強するときに使う言葉で、関西を中心に使われている方言である。ごく普通に使っているこの言葉、実 ...
続きを読む
インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!
ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! 

めっちゃ。


【意味】
とても・非常に・すごく。
ものごとを増強するときに使う言葉で、関西を中心に使われている方言である。


ごく普通に使っているこの言葉、実は関西弁だったこと、
ご存知でしたか?
今では、「あかん」と並んで、標準語のように使われています。

めっちゃ美味い、
むちゃくちゃ美味い、
めちゃんこ美味い・・・・。


そういえば、アラレちゃん、「Dr.スランプ アラレちゃん」が、
”めちゃんこ”って使っていたのが、全国進出のはじまりでしょうか?
いずれにしても、「めっちゃ・・・」っていわれると、すごく気になってしまいます。

さて、桃谷駅前にあるこちらのお店の、麻婆カレーが、めっちゃ凄かった。

          IMG_7177

ラーメン店「わっしょい」を展開するグループのこちらのお店の名前は、
”豚骨黒カレー MECHA”

そう、めっちゃ美味いとか、めっちゃ凄いの「MECHA」です^^;

豚骨スープを使った、コクのある旨味のカレーで人気のお店なのですが、
こちらのお店が発売した、麻婆カレーが美味しいとの噂を聞き、
食べに来てみました。

以前食べた、豚骨黒カレーも、旨味の深さに感動したのですが、
今回の麻婆カレーは、その時の感動を上回っていたかもしれません。

            IMG_7144

楕円形のお皿に、たっぷり盛られて出てきますよ。

     IMG_7152
何が嬉しいって、惜しみなくたっぷりの麻婆カレー。
これならば、先にカレーがなくなって、ご飯だけが残るって悲劇が起こることもないはず。

           IMG_7137

というか、先にご飯を食べてしまっても、追い飯が無料なのが嬉しい(^^)

そんなご飯の上には、濃い色の卵黄が鎮座。

        IMG_7154

ちなみに、玉子が苦手な方には、玉子無しで50円引きのサービスもあるから安心です。

それでは、早速一口いただきましょう。

          IMG_7160

うわぁ! これは美味しい(^^)
噂はほんとうですよ。

コクのある旨味のカレーに、花椒の香りがふわっと香り、すごくいいバランスです。
これは凄いなぁ・・・
コソッと1人で食べに来ましたが、これはぜひとも、家族や友人も連れてきたいなぁ。
本当にここまでのレベルだとは、ちょっと驚きです。
会社の近くにあれば、確実に週一通ってしまいそうですよ、これ。

      IMG_7139

カウンターの上には、自家製のキャベツピクルスが置いてあります。
カレーに乗っけていただきましょう。

           IMG_7166

実は、このキャベツピクルスには、誕生秘話があるようで・・・

      IMG_7132

キャベツの芯で作っているのだそう。
これ、手間かかっていますよね。
そして、食べ物に対する愛情も感じます(^^)

             IMG_7170

後半の楽しみは、卵黄を崩して食べること。
ピリッと刺激的な麻婆カレーに、玉子のコクと甘みが加わり、また違う美味しさを楽しめますよ。

麻婆カレーの他にも、定番の豚骨黒カレー、そしてキーマカレーも楽しむことができます。

       IMG_7134

              IMG_7135

そんな「豚骨黒カレー MECHA」さん、このGWに開催されている、
カレーEXPOにも、出店されていて、麻婆カレーも限定ではありますが、
会場で食べることもできますよ。

        IMG_7173

店主、西原さんも当日会場で、美味しいカレーと笑顔を振る舞ってくれますよ!
ぜひ、会場の方にもお越しくださいね〜。

そして、麻婆カレー、食べてみてください。
想像を超える美味しさですよ!






【豚骨黒カレー MECHA】
住 所:大阪市天王寺区堂ヶ芝1−9−3    MAP
電 話:06-6773-0033
営業時間:11:30〜15:00 
煙 草:禁煙
定休日:金曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! おみせの名前に惹かれて、ついつい入店。そんな経験ありますよね?日本で二番目に美味しいラーメン店  とか、飽きがくるほどアゲガデカイ けつねうどん  ...
続きを読む
インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!
ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! 

おみせの名前に惹かれて、ついつい入店。
そんな経験ありますよね?

日本で二番目に美味しいラーメン店  とか、
飽きがくるほどアゲガデカイ けつねうどん   とか、
カレーは飲み物   とか。

そういえば、大人気のステーキ店もインパクトのある名前ですよね、
いきなりステーキ。

そうそう、いきなりステーキといえば、
他にもこんな名前のステーキ屋さんがあるようです。

あっ、そうだステーキ
やっぱりステーキ

一瞬、目を疑いましたが、確かに実在します。

店名ではないのですが、目を引くお店といえばやはりこちら。

           IMG_7131

店主の似顔絵の看板でおなじみのカレー屋さん、
大阪日本橋にある、”Mesi Kutan?(メシクウタン)さん。

こちらのお店に初めて行ったのが、もう5年半も前。
インパクトがあるのは看板だけではなく、
カレーの美味しさも印象に残ったのを覚えています。

そんなMesi Kutanさんなのですが、今回のGWに開催される
カレーEXPOにも出店されます。
実は、こちらのお店がカレーEXPOに出店されるのは、6回目。
そして、カレーEXPOは今回で、第6回。
毎回出場されているのです。

と、いうことは、それだけ人気があるお店ということになりますよね(^^)

そんなMesi Kutanさんのカレー、食べてきました。
確実にメキメキと進化されていますよ(^^)

      IMG_7112

店主、研究熱心で、魅力的なメニューがいろいろありますが、
今回は初心に戻って、初回訪問時に食べた、2種カレープレートをいただきました。

この日のカレーは、
チキンカレー、排骨チャーシューカレー、バターキーマカレーの3種類。
その中から2種類を選ぶわけなのです。

私が選んだのは、バターキーマカレーと、

       IMG_7114

排骨チャーシューカレー。

       IMG_7117

実は、バターチキンカレーって、ちょっと苦手だったりするのです。
甘さとか、コッテリし過ぎているところなんかが・・・・

でも、大好きなこちらのお店の店主が作るとどうなるか?

気になって食べてみました。

           IMG_7123

ビックリするほど美味しいのです(^^)
へんな甘さや、持たれる感じは皆無で、
コクと旨味がすごくいい感じで調和されているのです。

カレーをそのまま、まずは一口・・・
そう思っていただきましたが、一口では止まらずに、
3口くらいカレーだけを食べてしまいましたよ^^;

そして、排骨チャーシューカレーの方もいただきます。

         IMG_7125

でっかい豚軟骨・・・トロトロに柔らかく煮込まれた排骨チャーシューがたまらない。
やはり、すごく上手に煮込まれています。
というか、店主、菅さんの料理って、愛情に溢れているのですよね。
仕事でやってるというよりも(もちろん、それもあるでしょうが^^;)
本当に好きで作っていらっしゃる感じが溢れているのです。

2種類のカレーには、チャパティとご飯、そしてサラダに副菜が付いています。

         IMG_7119

美味しくて体にもいいカレー。
カレーに入っているスパイスには、こんな効能もあるのだとか。

        IMG_7128

メニューもこんな感じで、いろんなスタイルのカレーをいただくことができます。

  IMG_7103

       IMG_7104

            IMG_7105

カレーEXPOの前に、店内でゆったりと寛いでカレーをたのしむのもよし。

      IMG_7102

カレーEXPOには、後半戦の5月5〜6日に出店されています。
美味しいカレーを食べに、是非お出かけください。

          IMG_7106

店主が、笑顔で出迎えてくださいますよ〜!







【メシクウタン】
住 所:大阪市浪速区日本橋4−2−20 コア日本橋 1F    MAP
電 話:080-5714-5843
営業時間:11:30〜15:00  17:30〜23:00 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加