美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

今日の夜ご飯は、肉か魚、どっちがいい?子供の頃は、断然「肉」でした。と言っても、ステーキや焼肉が出てくることはなく、肉野菜炒め、生姜焼き、鶏の照り焼きとか、から揚げ・・・。あの時代でしたから、鯨がたまに、食卓に上がることがありましたね。(今では、高級食材 ...
続きを読む
今日の夜ご飯は、肉か魚、どっちがいい?

子供の頃は、断然「肉」でした。
と言っても、ステーキや焼肉が出てくることはなく、肉野菜炒め、生姜焼き、鶏の照り焼きとか、から揚げ・・・。
あの時代でしたから、鯨がたまに、食卓に上がることがありましたね。
(今では、高級食材の鯨ですが、昭和の時代は、庶民が手軽に食べられる肉でした。)

魚の場合は、鰺、鯖、カレイ、秋にはサンマ、たまにブリの照り焼き・・・
父の分だけは、たまに鯛が出てたかなぁ・・・

カンパチ、シマアジ、甘鯛、金目鯛、ノドグロ・・・。
これらの高級魚は、存在すら知らされていませんでした^^;

実際に知ったのは社会人になってからで、
「本日のお造りの盛り合わせは、ヨコワ、シマアジ、カンパチ、剣イですが、よろしいでしょうか?」
「あ・・・はいお願いします。(と、よく分からないまま注文して、食べてビックリ美味かったってやつです^^;)」

そんな、トキメク新鮮な魚が、ランチタイムからいただけるお店が、淀屋橋・・・
正確には、御堂筋道修町に11月20日にオープンしました。

お店の名前は、“魚食処 一豊(KAZUTOYO)さん。

           IMG_4753

この日は、オープンに先駆けて、お披露目会にお招きいただきました。

店内に入ると、先ずは一枚板のカウンター席が目に入ります。
      IMG_4718

そして、奥にはテーブル席が並び、2階には半個室の部屋もあります。

この日は、2階のテーブル席に案内していただきました。

先ずはメニューを確認します。
                  
       IMG_4737

定食は、魚に仕入れによって変わるみたいです。
その日市場に並ぶ、いい状態の魚を仕入れ、それで定食メニューが出来上がるみたいですね。

先ずは、定食の魚種を選び、調理法を選ぶ。
これ、なんだか楽しいですね。

この日にいただいたのは、金目鯛。
私たちは3人でお邪魔させていただいたので、塩焼き、煮付け、酒蒸しをそれぞれお願いしました。

そのほかのメニューはこんな感じですよ。
   IMG_4739

        IMG_4740

  
  IMG_4743

     IMG_4744

こちらのお店、昼は定食で、お膳の上に並べて提供し、
夜は同じ内容にものを順番に出していき、コース仕立てにするのだとか。
お酒のアテでもいいけれど、夜もご飯として提供することも出来るそうですよ。

また、予約時にリクエストしておけば、いろんな料理にも対応してくださるのだとか。
ちょっと、今までになかったスタイルですよね。

しばらくすると、定食のセットが運ばれてきましたよ。

           IMG_4720

大きなお椀に入って提供される、あら汁と、刺身と小鉢3品。
ご飯にも拘りがあって、毎月提供する米を、その時期、産地の美味しいものを探して変えていくのだとか。

サーモンとアワビの刺身。
     IMG_4723


鮭の南蛮漬け。 
            IMG_4725

きんぴらごぼう。 
    IMG_4726

小鉢3品も丁寧に作られています。

そして、この日に刺身は、金目鯛。
            IMG_4722
豪華ですよね!
山葵を少しだけのっけて、いただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

自然に笑みがこぼれますよ。
これ、お酒が飲みたくなって仕方がないですね^^;

さらに、メインの料理はこんな感じですよ。

           IMG_4732
これは、私がお願いした、金目鯛の酒蒸し。
金目鯛の旨味が凄くいい感じに出ています(^^)
目玉のゼラチンがまた美味いんよね。

そして、一緒に行っていただいた方の煮付けはこんな感じ。
    IMG_4733
うぉ〜、これも美味そう!
味が染みこんでそうな豆腐もポイント高いですよね。

そして、塩焼きはこんな感じで、身がたっぷりですよ!
          IMG_4736

これだけ付いてたら、さぞお値段も・・・
え、1,200円?
本当にそれでいいんですか^^;
思わず聞き返してしまうほどですね。

ランチのお値段としては、1,000円オーバーで、確かに周辺のお店と比べれば安くないかもしれませんが、
この内容ならば、お得感満タンだと思いますよ!

          IMG_4747
是非、本当に美味しい旬の魚を食べに来てくださいと、
料理長の乾さん。

リーズナブルに、本物の美味しい魚を味わえますよ。
是非食べに行ってみてくださいね!







【魚食処 一豊(KAZUTOYO)】
住 所:大阪市中央区道修町4−5−15    MAP
電 話:06-6809-6037
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそう ...
続きを読む
男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。
それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。

あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。

ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそうですよ!

意味は、以下の通り・・・。

「一枚目」主役、一枚看板とも呼ばれる。
「二枚目」色男、イケメン。
「三枚目」道化、お笑い担当。
「四枚目」中軸、中堅役者で、まとめ役。
「五枚目」敵役、一般的な敵役。
「六枚目」実敵、憎めない善要素のある敵役。
「七枚目」実悪、巨悪で、ラスボスと表現すればわかりやすいか・・・すべての悪事の黒幕。(必殺仕事人だと、中村主水に最後に殺される役がこれにあたります^^;)
「八枚目」座長、元締め。

1枚、2枚、3枚・・・
そう言えば、蕎麦も1枚、2枚と注文しますよね。

よっ、二枚目!

こんな感じで、蕎麦のおかわり、注文したらどんな反応をされるのでしょうね^^;

蕎麦と言えば、ちょっと変わった感じで蕎麦を食べさせてくれるお店が、大阪の片町にあります。
この日にお伺いさせていただいたのは、
“蕎麦とラー油で幸(こう)なった。”というお店。 
          
            IMG_4922
 通勤途中に、こちらのお店の前を通りかかるたびに、気になっていたのです。
最初は、店名に「ラー油」が入っているのものだから、「幸(こう)」の文字を間違って、「辛(カラい)」と読み間違ってしまっていたのは内緒ですが^^; 

お店の 入り口の横には、メニューボードが置いてあります。
          IMG_4921

お品書きは、シンプルに「肉そば」一本勝負。
但し、蕎麦は冷たいのと、暖かいのを選ぶことができます。
そして、麦飯、とろろ、肉W増しを追加することも可能。
何よりも凄いのは、蕎麦の量を、並(1玉)、大(1.5玉)、特(2玉)にしても、値段が変わらないこと。

凄いなぁ・・・
そんなことを思いながら店内に入ると、お店の方が元気に迎えてくださいます。

入ってすぐのところに券売機があるので、それで食べたい蕎麦の食券を購入します。
           IMG_4891

「当店は初めてでいらっしゃいますか?」
「はい、そうです。」
「ご説明しましょうか?」
「お願いします。」


若い店員さんが、丁寧に説明してくださいます。
初めてのお店で、この丁寧な対応は嬉しいですね(^^)

お店は、店主と思われる方と、若い店員さんのお二人で切り盛りされています。 

オススメは、コシが強く冷たい蕎麦とのことなので、それを。
トッピングに、肉W増しもお願いしました。

店員さんに食券をわたし、カウンター席に座らせていただきます。
           IMG_4896
店内は、カウンター席が8席と、4人掛けのテーブルが2つで8席の、計16席。

     IMG_4897
わたしがお店に入ったときは、先客4名でしたが、次から次へとお客さんが入ってきます。
しかも、外国人のお客さんも2組ほど。

すると、先ほど券売機の前で説明してくれた若い店員さんが、流暢な英語で説明しているのです。
ゆ、優秀!
多分、学生さんのアルバイトなのかなぁ・・・
丁寧で親切で、英会話もできる。
素晴らしいですね。

カウンターの前には、肉そばの美味しい食べ方が書かれたものが置いてあります。
      IMG_4892
なるほど・・・。

で、こちらは麦飯編ね。
  IMG_4893
あ・・・肉盛りとセットにして、豚丼にすることも出来るのか!
おもしろい、これ(^^)

そんな感じで、店内の様子や、説明が書かれたものを見ていると、
注文した肉そば(大)、W肉増しが出来上がってきましたよ。
           IMG_4898


「召し上がり方は分かりますでしょうか?」
と、先ほどの優秀な店員さん。

「あ・・・これに書いているようにすればいいのですね?」
「はい、そうなのですが、少しだけ説明させていただきますね。」 


そう言って、POPには書かれていない、細かいポイントも教えてくださいました。

サービスの生玉子は、卵黄だけの方がいいですよとか、
そば湯の量は、これくらいが美味しいですよとか、いろいろ教えてくださいます。
本当に気が利く方ですね(^^)

それにしても、肉増しは凄いですね!
           IMG_4901
本当に、肉が満タン!
牛丼屋さんの「特盛」クラス・・・いえ、それ以上かもしれません。

   IMG_4902
横から見ても、しっかりマウンテン状態ですよ!


それでは、早速いただきましょう。
ラー油入りのそばつゆはこんな感じ。
          IMG_4903
あら・・・もっとドロドロしているのかと思えば、きれいなクリアですよ。
表面にラー油が浮かんでいるのが確認できますが、そばつゆの色と同化しているので、見た感じはきれいなクリアに見えますね。

そこに、肉と蕎麦を投入しましょう。
     IMG_4904
ビジュアルだけを見ていると、なんだか鍋を食べているみたいだぞ・・・。

たっぷりと、ラー油入りのそばつゆを絡めていただきましょう。 
         IMG_4905

          (^^)(^^)(^^)

これ、美味しい!
最初、お店の前を通りかかったときには、
「え・・・蕎麦とラー油?  えぇぇぇ〜っ^^;」
と、思ってしまったのですが、実際に食べてみると、これがすごくいいのです。

ラー油とそばつゆと、蕎麦。
これに肉を加えて合うように、凄く研究されたのでしょうね。
本当に美味しいです。

次は、蕎麦とネギだけで、つゆにつけていただいてみましょう。
        IMG_4907
おぉ、これもいいですね!
肉の力に頼り切っているわけではない。
こちらもしっかりと美味しいですよ。

なんと言っても、太めでコシのある蕎麦が、このつゆとよく合うのでしょうね。
これが、中華麺ならば、珍しくなく、味の想像も容易に出来るのですが、
日本蕎麦でこの組み合わせは本当におもしろいですね!
しかも、想像していたよりも遙かに美味しいから、嬉しくなってしまいます(^^)

さて、半分くらい食べたところで、味の変化を楽しみましょう。

         IMG_4912
カウンターの上に置いてある、生玉子は無料。
確か、卵黄だけの方が美味しいって言ってたなぁ・・・。

        IMG_4913
こんな感じで、卵黄をそばつゆの中に入れます。
  (玉子の殻と卵白を入れる小さなボールも用意してくださっていますよ)

玉子をかき混ぜて、蕎麦に絡めていただきます。

    IMG_4915

                (^^)(^^)

これまた美味しい!
さらに、こんなものもあったよなぁ・・・
       IMG_4895
自家製ローストガーリック。
これを、二匙くらい、そばつゆの中に投入してみましょう。

               IMG_4916
すると、香ばしさがアップして、劇的に香り豊かな味わいに変化します。
これ、美味しいですよ(^^)(^^)

蕎麦を完食したあとは・・・。
   IMG_4894
はい、そば湯です。
こちらのそば湯は、ショウガ入りとのこと・・・。

       IMG_4917
店員さんに教えていただいたように、残ったそばつゆと同じくらいの量を入れましょう。

      (^^)(^^)

これも、技あり!
出汁の旨味、ショウガの風味、先ほど投入したガーリックローストの味わいで、
もう一品注文したような満足感を味わえます。

蕎麦とラー油で幸なった。さん、想像していたよりもかなり美味しかったです!
今度は、蕎麦は並にして、麦飯を注文。
麦とろ豚丼を楽しんでみたいと思います!




 






【蕎麦とラー油で幸なった。】
住 所:大阪市都島区片町1−8−15    MAP
電 話:06-4792-8788
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:00
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HPに定休日が記載されています。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

外国へ行くときのお土産・・・何がいいかなぁ?そんなことを相談すると、「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」そんなアドバイスをいただいたことがあります。のれん・・・まず、日本にしか売ってない。和の柄がお洒落。目隠しにも日よけにもなって、実用的。    (と ...
続きを読む
外国へ行くときのお土産・・・
何がいいかなぁ?

そんなことを相談すると、

「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」

そんなアドバイスをいただいたことがあります。

のれん・・・
まず、日本にしか売ってない。
和の柄がお洒落。
目隠しにも日よけにもなって、実用的。
    (とは言っても、外国の家で、表の扉を開放しているとこなんてあるかは疑問ですが^^;)

考えてみると、のれんって、ちょっとお洒落な感じもしますよね。

そうそう、「のれん」って、「暖簾」って書くじゃないですか?
昔は、冬用のものを「暖簾」
夏用のもので、竹や葦で編んだ涼しげなものを「涼簾(りょうれん)って呼んだそうですよ。

先日、西天満の街を歩いていたら、こんな暖簾が、目に飛び込んできました。
         IMG_4659
大きな暖簾に、「肉スタミナカレー」。
素通りできないほどの吸引力があります^^;

お伺いさせていただいたのは、“肉カレー千葉屋”さん。

     IMG_4656
西天満の交差点から、ワンブロック北東に行った角っこにお店はあります。

比較的早い時間でしたが、店内に入るとすでに半分くらいの席が埋まっています。
カウンター席に座らせていただき、壁に貼ってあるメニューを確認します。

           IMG_4651


デフォルトのカレーが680円は、この地域、西天満にしては破格ではないでしょうか?
単に「カレー」を注文する方も結構多くいらっしゃいました。
でも、こちらのお店のウリは、「肉カレー」。

豚角カレー、
牛煮カレー、
カツカレー
と、どれを注文してもたっぷり肉が堪能できそうですよ!
トッピングの種類もいろいろあって楽しい。
“迷う楽しみ”って言葉を思い出しました。

限定の「トロ豚カレー」にしようかとも思いましたが、初回訪問なので、
スタンダードに「牛煮カレー」にナスをトッピングでお願いしました。

店内は、カウンター席が5席と、テーブル席が8席の合計13席。

テーブル席は、くっつけたり、離したりして、4人掛けにも、2人掛けにもなりますよ。

ガッツリ系の肉カレー、
と言うことで、店内のお客さんは男性がほとんど。
場所柄、ガテン系の方よりも、スーツを着た方が目立ちます。

「お待たせしました〜、カツカレーの大盛りです」
あ、お隣の方のカレーが出来上がったようですね・・・・って、スゲー大盛り!!

どうやら噂は本当のようです。

「普通盛りでも結構な量なので、大盛り無料ですけど、普通にしておいた方が無難ですよ・・・」

そのアドバイス、お見事です^^;

そんなことを感じていると、私がお願いしたカレーも出来上がってきましたよ。
         IMG_4641
おぉ、確かに普通盛りでも、たっぷりですね。
大きなお皿の上には、たっぷりのカレールーとご飯、そしてキャベツものっかってきます。

   IMG_4643
後から仕上げにかけられたスパイスも食欲をそそりますよ。

それでは早速いただきましょう。
           IMG_4646

お・・・ファーストアタックは甘くてマイルド。
そして、後から辛さがやってくるタイプですね。
いわゆる、甘辛大阪カレーの部類に入るかと思います。

そして、その後にシビれがやってくるのが、こちらのお店のカレーの特徴。

      (^^)(^^)

美味しいじゃないですか!
このカレーが好きな人、たくさんいらっしゃると思いますよ!
私の場合は、スパイスを「ドーンっ」ときかせたスパイスカレーが好みなのですが、
一般的にカレーは、日本のカレータイプに絶大な人気があると思います。

そこに、山椒のしびれを仕上げに感じるようにしてカレーを完成させる。
これ、見事だと思います!
違和感なく食べられるいつもより少し美味しいカレーに、オンリーワンな要素が組み合わさって、
確実に癖になるカレー。
千葉屋さん、かなり技ありですよこれ(^^)

でも、人気の秘密はそれだけではなく、たっぷりの肉。
      IMG_4649
この牛煮カレーには、柔らかく、でもしっかりと肉の食感を感じる牛肉がゴロゴロ入っているのです。
肉カレーの名前にウソはありませんよ(^^)

キャベツが一緒に盛られているのは、金沢カレーのスタイルを少し思い出させますね。
              IMG_4644
これも、カレーの合間に食べると、適度に口の中をリセットしてくれますよ。
トッピングのナスも、素揚げにされていて、カレーとの相性もバッチリ!
野菜が入ると、肉の美味しさもより一層引き立ちますね。

       IMG_4652
薬味は、日本のカレーには欠かせない福神漬け。
このタイプのカレーを食べるときには、必ず欲しくなる脇役ですよね(^^)

辛さが足りない場合は、これをかけてみてくださいね!

と、店主。

             IMG_4653
半分くらい食べたところで、パラパラッと振りかけてみます。
 
         IMG_4655

すると、辛さがきいて、グッと引き締まった味わいに変身します。
これもまた、美味しい!

後半は、辛さと美味さとシビれを、全部楽しみながら完食。
満腹感と満足感、どちらもかなり満たされました。

甘辛いカレーの旨味と、後からジワジワ押し寄せるシビれ、
これはかなり中毒性が高いカレーですよ(^^)
なるほど・・・こうやって、どんどんリピーターが増えていくのでしょうね。
私もまた必ず、食べに行ってしまうと思います。

さて、次は豚角カレーでも狙ってみるかな・・・。








【肉カレー千葉屋】
住 所:大阪市北区西天満6−6−2    MAP
電 話:06-6361-8800
営業時間:11:30〜売り切れまで 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

♪PPAP♫昨年の今頃だったでしょうか?街中にこのメロディが流れていたのは。I have a pen.  I have an apple.  Apple pen.I have a pen.  I have a paineapple.  Pineapple pen.Apple pen...Pineapple pen...Pen pineapple apple pen.はじめて見たとき・・・なんじゃこ ...
続きを読む
♪PPAP♫

昨年の今頃だったでしょうか?
街中にこのメロディが流れていたのは。

I have a pen.  I have an apple.  Apple pen.
I have a pen.  I have a paineapple.  Pineapple pen.
Apple pen...Pineapple pen...
Pen pineapple apple pen.


はじめて見たとき・・・なんじゃこりゃ?
もう一回見たとき・・・なんかオモロイ・・・
更に見たとき・・・忘れられない。
そして、気がつけば口ずさんでいる。

そして、副産物もありました。
日本人の一部の方、英語の発音が良くなりました。

今までは、「アップル」、「パイナップル」だったものが、
「アッポー」と、「パイナッポー」になりました^^;

そんなことを予感してかどうかはわかりませんが、先日お伺いさせていただいた、こちらのお店は、
ピコ太郎さん出現のずっと前から、営業なさっていたと思います。
               
                       IMG_3880
こちらは、地下鉄谷町線、平野駅近くにあるパンの店、
パンとお話 Appleの発音さん。

偶然では決して通ることがないであろう、住宅地の中にポツンと存在しています。
         IMG_3885


でも、近くまで行くと、そこにりんごの形をした看板を確認することが出来ます。
   IMG_3878

建物の前まで来ると、お店の入り口を確認することが出来ますよ。
            
            IMG_3875

お店の入り口を入ると、サンドイッチが入った、冷蔵ケースがあります。 
  
       IMG_3868
柿と生ハムのパニーニ、
自家製マヨネーズのたまごサンド、
自家製ドライトマトと濃厚でクセのないチーズ ハバティのサンド。

これだけを見ても、けっこうこだわっているのがわかります。

そして、隣のケースの中を見ると・・・。

                IMG_3867

感じて答えろ!
何て呼べばいいんだろう
ごちそうさまの前に
家内が全部食べてしまった
心柱
non title


す、すごいネーミングですね^^;
でも、どのパンからも、愛情が込められているって感じが伝わってくるのです。

気に入ったパンを、こちらの購入に、奥のイートインスペースでいただくことも出来ますよ。
       
         IMG_3869

折角なので、イートインスペースでいただくことにしましょう。
そうそう、飲み物もここで注文することが出来ます。

          IMG_3850

サンドイッチ類は、お願いしすると、軽く温めて持ってきてくださいますよ。

奥のイートインスペースからは、中庭の景色も見れて、すごく癒やされた気持ちになれますよ。

           IMG_3856
中庭に面したカウンター席、
そして、二人がけのカウンター席。
    IMG_3863


この日は、テーブル席に座らせていただきました。
しばらくすると、先程購入したサンドイッチと、コーヒーが運ばれてきました。

     IMG_3840
これは、リンゴとコンテ(チーズ)のサンドイッチ。
お店の名前に、「Apple」が入っていたので、その発音を確認しながら、いただきましょう。

             IMG_3843
あ・・・アッポー・・・
はい、本当に発音しなくてもいいです^^;

そして、もう一つ。
     IMG_3845
柿と生ハムのパニーニ。

軽く温めていただいているパニーニは、食感もいい感じで、
チーズがとろける感じが最高でした(^^)

テーブル席も、カウンター席もあるので、ひとりで来てゆったりするのもいいし、
2〜3人で来て、ゆっくりパンとコーヒーを楽しみながら過ごすことも出来ますね。

               IMG_3861

住宅地の中に、ひっそりと佇む、”Appleの発音”さん。
真面目にホンモノの美味しいパンを提供されているお店です。

パンは、定期的に内容が変わるみたいなので、それを楽しみにリーピートする人も少なくないようですよ。

「家内が全部食べてしまった」って、名前のパン、すごく気になります^^;
         IMG_3866
今度はお持ち帰りで買ってみて、自宅においておいたらどうなるのか・・・
是非試してみたいと思います(^^)
   
           






【アップルの発音】
住 所:大阪市平野区流町1−9−14    MAP
電 話:06-6701-7169
営業時間:8:30〜18:00(売り切れ次第終了) ※イートインコーナーは、10:00〜18:00(L.O.17:30)
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

カレーライスとライスカレー。同じに感じても、実は微妙に違うのだとか・・・。カレールーを作るメーカーとして有名な、S&Bによると、カレーライスはご飯とは別の容器にカレーが入って提供され、ややハイカラなイメージがするもので、ライスカレーとは、ご飯の上にカレーがか ...
続きを読む
カレーライスとライスカレー。

同じに感じても、実は微妙に違うのだとか・・・。

カレールーを作るメーカーとして有名な、S&Bによると、
カレーライスはご飯とは別の容器にカレーが入って提供され、ややハイカラなイメージがするもので、
ライスカレーとは、ご飯の上にカレーがかけてあり、そこに好みにより、ソースや醤油をかけて食べる大衆的なもの。


なのだとか。

これ、いつの時代に考え発表されたものなのでしょうね(^^;
ハイカラと言う言葉があることから、平成の時代ではなく、昭和、大正・・・。

S&BのHPをもう少し読み込んでいくと、このようにも書いてあります。

歴史的な経緯を振り返ってみますと、日本にカレーが紹介され、国民食として浸透していった頃はライスカレーと呼ばれ、
高度経済成長期以後は一般的にカレーライスと呼ばれるようになったとのこと。

                    ※詳しくは、S&BのHP、コチラでどうぞ!

同じような言葉で、
和のイタリアンと、イタリアンな和食。

お箸で食べるイタリアン、出汁を使ったイタリアン。
トマトとチーズをふんだんに使った和食、だし巻きにトマトソースとがかかり、パルメザンチーズで仕上げると、そんな感じになるのでしょうかね^^;

さて、週末ランチは、ライスカレーか、カレーライスのことを思いながら楽しめ、
平日の夜は、和か、イタリアンか、それともインドかスリランカ・・・。
そんな思いを感じながら楽しめるお店、
関目の“ワッカ(wacca)”さんの夜営業にお邪魔させていただきました。

こちらのお店のショップカードにはこう書いてあります。

商店街のビニールのあそこやん
前から気になってたビニールの店

はい、もうビニールの店で結構です
だけどホントは WACCA  わっかといいます。

ビニールのお店≠簡易なお店
ビニールのお店=目立っていて、気になるお店
 なのです。

ワッカさん、ランチタイムよりも、一層気になる存在になっていました。
いつものように、入り口のカーテンを開けてお邪魔させていただきました。

この日は高校時代の同級生4人でお邪魔させていただいたので、テーブル席に座らせていただきます。

週末のカレーが美味しくて、毎週変わるカレーが楽しみで、連続で通ったこともしばしば。
そんなWaccaさんのディナーメニューはこんな感じです。
 
     IMG_3715

IMG_3716

   IMG_3717
           IMG_3718
  
   IMG_3719

ピッツァやパスタの豊富さは、イタリアンを彷彿させるものがあり、 
ポテトやその他創作料理を見れば、多国籍感も感じる。
このメニュー、ランチタイムにお伺いしたときに見て、ずっと夜にも来てみたかったのです。

ランチタイムに来たときは、メニューを見て妄想を膨らませるだけでしたが、今回は実際に好きなものを注文することができる幸せをかみしめながら・・・。

           IMG_3745
先ずは、鶏肝のレア煮(確か、そんな感じの名前だったかと^^;)

じっくりと低温で火が通っており、中までトロットロで美味しい!
レバーは、パッサパサで苦手という方に、是非食べて欲しい一品です。

そして、カリーブルスト。

    IMG_3749
ソーセージにケチャップとカレー粉をドバッとかけてポテトと一緒に食べる・・・

これが一度食べてみたかったのです(^^)
これ、ドイツのB級グルメらしいのですが、ドイツ人もカレーがお好きなのでしょうかね?

同じフライドポテトでも、こんな感じでいただくと、特別な料理に感じるから不思議です。
こうなってくると、スペインの“ウエボスロトス“や、カナダの“プーティン”も気になりますね。
プーティン、覚えやすい^^;)

そして、waccaのから揚げ。
       IMG_3753

大きなから揚げがゴロゴロと!
このボリュームで580円はかなりお得だと思いますよ。
しかも、美味しい下味もついて、柔らかくて美味しい(^^)

さらに、レンコンマヨネーズ・・・レンコンサラダ・・・。
        IMG_3754
レンコンを、こんな感じで食べても美味しいのですね。
友人のリクエストで注文しましたが、これも技ありですね!


  IMG_3755

私の高校時代からの友人・・・
と言うことは、みなさんお酒が大好きなのです^^;
こちらのお店、リーズナブルで美味しいワインも揃っていルので、嬉しいですね。

そして、いよいよ凄く気になっていたあのメニューが出来上がってきましたよ。

            IMG_3758

waccaのスペシャリテ、1パウンドハンバーグステーキです。
このハンバーグステーキ、ハーフでも注文することができますが、折角なのでフルサイズの1パウンドでお願いしました。

ハンバーグを作ったことがある方ならば分かると思うのですが、
このサイズのハンバーグをきれいに焼き上げるのって結構大変ですよね。
これ、完璧です(^^)

半分に切ってみると・・・
       IMG_3767

中から肉汁が溢れてきます。

では早速いただきましょう・・・。

            (^^)(^^)(^^)

むちゃくちゃ美味しい!
ハンバーグには味付けがされているので、ソースをかけずにそのままいただきます。
そして、この味付けが絶妙なのです。

ワインと一緒にいただくのも美味しいのですが、
これはご飯が欲しくなる美味しさかも(^^)  ←ハンバーグと言えば、ごはんと言う組み合わせで育ったもので^^;

ちなみに、ごはんは100円でつけることができますよ。
(チーズ、目玉焼きのトッピングも可能!)

しっかりとメインをいただいた後は、しっぽりとワインタイムに戻ります。

            IMG_3776

キャベツの甘みとアンチョビの塩分が絶妙な、アンチョビキャベツ。

     IMG_3777
プリップリの海老がたっぷりの海老のアヒージョ。
海老好きな友人のリクエストによるものなのですが、これがなかなか美味しかった(^^)

そして、チーズの盛り合わせもいただき大満足させていただきました。
          IMG_3782

関目のwaccaさん、想像通り・・・いえ、それ以上に美味しくで本当にいいお店を見る蹴ることができたと思います。

      IMG_3783
研究熱心な店主の情熱のこもった料理、
そして、奥様の愛情のこもった接客で、
一度来たお客さんは、リピーターになる方も少なくないと思います。

京阪電車、関目駅(京橋から普通電車で2つめ)からスグ!
是非行ってみてくださいね。


 







【wacca(ワッカ)】
住 所:大阪市城東区関目3-3-16    MAP
電 話:06-6955-8031
営業時間:18:00〜23:30  (ワッカレーの営業は、金曜日と土曜日の11:30〜14:00) 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし (お店の近くにコインパーキング有り)
お店のTwitterは、コチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?香港に行ったとき、そんなこと ...
続きを読む
今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。

特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?
香港に行ったとき、そんなことを思い出しました。

香港では、冷房をガンガンに効かせるのが当たり前。

何故なのか?
サービスの一環かな・・・
そう思ったのですが、実はそれよりもおもしろい理由があるようです。

香港では、冷房をかける=空気がきれいになる。
冷房していない→空気がよどむ→空気が汚れている・・・。

そう思われているところがあるのだとか^^;
だから、冷房をガンガンに効かせるという話もあるそうですよ。

であれば、電車の「弱冷房車」なんて、あり得ない発想なんでしょうね^^;

そうそう!
今では当たり前の「弱冷房車」って、京阪電車が1984年に導入したのが始まりらしいですよ。

そんな京阪電車に乗ってやってきたのが、京橋。

この日は、京橋にある中華そばのお店、
“丸岡商店 京橋本店”さんにお邪魔させていただきました。
       IMG_4054
京阪、JRの京橋駅の改札口を出て、ほんの数十秒でお店に到着することができます。

お店の入り口のところに、メニューボードがあるので、先ずはそれを確認。
     IMG_4058
中華そば、肉増し中華そば、まぜそば。
冷やし中華もあったようですが、この季節はもう、終了していますね。
何と、学生さんは替え玉が無料! 
なかなかサービス旺盛ですよ。

先ずは、券売機で食券を購入します。
         IMG_4121
初めてのお店で、券売機って後ろに並ばれると焦ってしまって、まともに選べないのですよね^^;
でも、こちらのお店の様に、横に写真入りのメニューボードがあれば、予め注文するものを決めてから、券売機の前に行けるので安心です。

あれ、焼豚丼は売り切れなのかな?
念のため、お店の方に確認してみましょう・・・。

「すみません、焼豚丼って、今日は売り切れですか?」
「あ・・・大丈夫ですよ!」


その後、券売機を調整してくださり、無事に食券を購入できました。

食券を持って、店内に入ります。

           IMG_4062
こちらのお店は、スタンディングスタイル・・・いわゆる立ち食いですね。
立ち呑み王国の京橋らしいスタイルですね。

そういえば、お隣のうどん屋さんも立ち食い。
高校生の時にはよくお世話になりました^^;

あ、カウンターの上にもメニューが書いてありますね。
    IMG_4065
メニューは至ってシンプル。
でもそれが逆に好感を持てますね(^^)
玉子がメニューには“50円”と書いてありますが、無料で生玉子が入っているようですよ。
お得感、ありますよね・・・・
って、玉子ダブルの人のためかな^^;

カウンターの中では、丁寧に中華そばが仕上げられていくのを見ることができます。

           IMG_4118
厨房も客席もコンパクトではありますが、その中で機能的に動いていらっしゃる店員さんにプロの誇りを感じますね。

この時点で、「美味いに決まってる・・・」って、そんな感じがするのです。

しばらくすると、お願いしたちゅうかそばが出来上がってきました。

       IMG_4079
おぉ、素晴らしいビジュアル!
ちなみにこれは、普通の中華そば。
これでも、大きなチャーシューが満タンにのっかっていますよ。

透明感のある、醤油ベースのスープ。
   IMG_4091

先ずは、スープからいただきましょう。

              IMG_4102

           (^^)(^^)

美味しい!
しっかりとした旨味の中の、ほんの少し甘みを感じる。
生玉子がのっかってるあたりは、徳島ラーメンのような感じですね。

そして、麺もいただきましょう。
    IMG_4089


美味しい!
中細のストレート麺は、スープにもよく絡み、スルスル食べすすんでしまいます。
この麺が、1回替え玉無料なのは、学生さん喜ぶだろうなぁ。

チャーシューは大きなものがたっぷりのっかっているので、いろんな楽しみ方ができますよ。

そのまま食べても美味しいですし、たっぷりのネギを巻いて食べても美味しい。
          IMG_4105

一緒にお願いした焼豚丼と一緒に食べても、美味しい。
    IMG_4070

チャーシューで、ゴロゴロチャーシューを巻いて、チャーシューに溺れてみるのも楽しいかもしれません。

そうそう、チャーシューまみれと言えば、中華そばを「肉増し」にすると、こんなにも凄いことになります。
              IMG_4081
大きなチャーシューが、なんと7枚も!
これは麺が主役なのか、肉が主役なのか、よくわからないくらいになって、凄いのが出てきますよ。
これ、たったの+150円って、凄すぎませんか?

後半は、生玉子くずして、麺に絡めたり、
     IMG_4108
チャーシューに絡めてすき焼き風にしたりして楽しみます。

       IMG_4069
さらに、辛いニラをお願いすると、いただくことができるので、

      IMG_4111
中華そばの中に、適量入れると味の変化を楽しむことができますよ。

 IMG_4113

そんな感じで、いろんな美味しさを最後までしっかり堪能させていただき、完食。

これだけ複雑な旨味が楽しめて、無化調って言うのだから、素晴らしいと思います。

京橋で立ち食い中華そば。
飲んだ後の〆もいいけれど、お昼ご飯にガッツリといただくのもかなりオススメですよ!
是非とも、このボリューム、美味しさを体験してくださいね。











【丸岡商店 京橋本店】
住 所:大阪市都島区東野田町3−9−20    MAP
電 話:06-6314-6555
営業時間:11:30〜翌2:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

東京〜大阪の移動の手段として、一番ポピュラーなのは新幹線。ご存じ、すべての列車が特急列車という路線が新幹線。「え、こだま号って各駅停車じゃないの?」そんな声も聞こえてきそうですが、こだま号も立派な特急列車です。新幹線内の駅にすべて止まると言うだけで、青春1 ...
続きを読む
東京〜大阪の移動の手段として、一番ポピュラーなのは新幹線。

ご存じ、すべての列車が特急列車という路線が新幹線。

「え、こだま号って各駅停車じゃないの?」

そんな声も聞こえてきそうですが、こだま号も立派な特急列車です。
新幹線内の駅にすべて止まると言うだけで、青春18切符では乗れません^^;

そんな新幹線ですが、開業当時は「ひかり号」「こだま号」で料金が違ったのをご存じでしょうか?
「ひかり号」は超特急で、「こだま号」は特急。
東京〜新大阪で、特急料金のみ300円の差があったようです。(乗車券は同額)

そして現在、「ひかり号」「こだま号」は 同じ特急料金になり、
「のぞみ号」の指定席のみ、310円高くなっています。
50年以上前と、差額はほぼ同じ。 
こう考えると、当時その差額はかなり大きかったのでしょうね。

さらに、グリーン車となると(当時は1等車)は、グリーン料金だけではなく、運賃も 普通車とは違ったそうですから、たやすく乗れませんよね。

グリーン車のふかふかのシートに座っての旅、快適だったのでしょうね。



さて、ふかふかのグリーン車のシートもいいけれど、
ふかふかの芝生に上に座って、青空の下で飲むワインも最高ですよ! 

青空の下、芝生の上で ビオワイン。
今年も、“大阪ビオワインフェスタ2017 ”に参加してきました。

             IMG_4271
昨年までは、大阪駅のすぐ横、西梅田スクエアでの開催でしたが、ことしは中之島公園芝生広場で開催されました。
        IMG_4273
天候にも恵まれ、最高に気持ちがいいです(^^)
せっかくなので、芝生の上にレジャーシートを敷いて、ピクニック気分でワインと料理を楽しみましょう。

会場内には、こんな感じで料理が提供されるテントと、

   IMG_4265

ビオワインが提供されるテントが設置されています。
          IMG_4266

先ずは、スパークリングワインをいただき、青空の下で乾杯!
     IMG_0131
開始時間の13:00を過ぎ、お客さんも続々とやってきて、行列ができるほど人気の料理ブースもいくつかあります。

ビオワインフェスタには、100種類を超えるビオワインと、
20店のレストランが料理を提供してくださっています。

もちろん、事前にチケットを購入した方は、それらがすべて、飲み放題、食べ放題です。
ちなみに、こんなお店が料理を提供なさっていましたよ。

【店名:料理名】
重太郎鶏もも肉のアヒージョ
はんじゅく洋風さつま揚げ・チーズもなか
RAKUSUI牛ホルモンと四川ではなく、五川麻婆の味噌で炒めたもの
タカギピザとパン
えんやタンドリーチキン串焼
千陽鯖寿司・茶碗蒸し
Riblin骨付きフィンガーリブ
俺のフレンチフォアグラとトリュフのリゾット
犇屋(ひしめきや)焼肉串
Ciucate×Baccaiunパスタいろいろ
京ちゃばな ほっこりほっこり京都九条ねぎたっぷり焼きそば
buttah&アララギスパイスカレー
酒中花 空心六徳 恒河沙水餃子フォアグラ醤油がけ
(食)ましかタンドリーチキンカツ
kitchen NICOだし巻き卵
六賢手羽餃子
おちば屋地鶏専門店のボリューミー唐揚げ
ハモンベイベーハモン名物!! ポトフDEフォー
オレギョ焼餃子
わっちょい牛タンシチュー

これだけあれば、迷ってしまいます・・・
あ・・・すべていただくことができるのですが、お腹のキャパシティを考えないといけないのがツラいですよね^^;
(来年は、是非グループで参加してシェアしましょう!)

あ・・・美味しそうな煙が上がるテントを発見!
       IMG_4284
しかも、行列もできています。
きになるので、私もワイングラスを持って(飲みながら並べるので^^;)列に加わります。

    IMG_4277
これは、えんやさんのタンドリーチキン串焼。
串焼にしていただくことで、凄く食べやすい!
こういうイベントでこの心遣いは嬉しいですね(^^)

そして、ワインのおかわりもいただきます。
    IMG_4292
各ブース、こんな感じで6〜7種類くらいのワインを並べているので、気になるワインをいただきましょう。

料理も、好きなものを好きなだけ・・・
とは言っても、一人で同じものばかり大量にとるのはマナー違反。
みんなで仲良く楽しみましょうね。

         IMG_4275
buttah&アララギさんのスパイスカレー。
2種類のカレーを提供していただけ、それぞれにチャパティもついてきます。
スパイスカレーと言っても、ちゃんとワインに合うから嬉しいですね。

そして、このパスタも美味しかった。
   IMG_4280
これは、Ciucate×Baccaiunさんのトマトパスタで、麺の具合が完璧!
イベントレベルを超えて、お店で食べるパスタでもピカイチな美味しさです(^^)

IMG_4298
(食)ましかさんの、タンドリーチキンカツ。
タルタルソースと絶妙にあって美味い!

それにしても、ワインがすすんで仕方がないですね。
          IMG_4292
しかも、どのワインもビオワインなので、安心して美味しくいただくことができますよ。

あ、この日に出品されていたワインは、このイベントの主催である、
“小松屋”さんのHPからも購入することができます。

               IMG_4285


IMG_4289

ハモンベイベーさんののハモン名物!! ポトフDEフォー。
パクチーが苦手な方には、パクチー抜きで。(写真上)
パクチー大好きな方には、こんなに大盛り(写真下)にしていただけます(^^)

さらに、大行列ができているので並んでみると、こんな素敵料理をいただきました。
        IMG_4297
これは、酒中花 空心&六徳 恒河沙さんの水餃子フォアグラ醤油がけ。
この2店、いまや予約なしでは入れないほどの人気店。
そこの絶品水餃子を、フォアグラ醤油でいただけるとなると、行列もできますよね。


たっぷりと絡ませていただきましょう。
    IMG_4301

           (^^)(^^)(^^)

はい、絶品です!

このあたりで、肉料理もいただきましょう。
    IMG_4294
わっちょいさんの牛タンシチューは、どんな感じでしょうか。

          IMG_4295
柔らかい牛タンがゴロゴロ入っています。
これ、お店で注文したら、1,000円近くしますよね?(それ以上かな)
これも食べ放題、ワイン飲み放題で、早期前売りなら5,500円。
前売り6,000円、当日券(100枚くらいしか出ませんので、競争率激しいです^^;)でも、6,500円は、お得すぎると思いますよ!

          IMG_4302
千陽さんの鯖寿司・茶碗蒸し。  
ご存じの方も多いかと思いますが、こちらのお店は、飲食人大学において、3ヶ月技術を学んだ卒業生が働くお店として有名。
10年以上の修行が必要とされた寿司業界に風穴を開けたお店としても有名です。
その味は、ミシュランガイドでビブグルマンを取得するほどで、このイベントでの料理も本当に美味しかったですよ。

また、イベント後半には、温かい味噌汁を振る舞うなど、サービス面でも注目すべきものがあると思います。

   IMG_4306

そして、kitchen NICOさんのだし巻き卵。
だし巻き卵にトマトソースと言うアイデアがおもしろい!
希望すれば、トマトソースなしでもいただくことができますよ。

            IMG_4309
オレギョさんの焼餃子。
たかが焼餃子と侮るなかれ、焼き目はパリッとした食感が心地よく、中はジューしぃでいくらでも食べられそうなのです。
タレも美味しくて、餃子というものの奥深さを実感させられる一品でした。

そのほかにも、ピザ、ボリューミーな唐揚げ、焼肉串など、いろんな料理を堪能させていただきました。

ここ何年か、毎年参加さていただいてますが、そのクォリティと満足度は毎年変わることなく、
決して期待を裏切らない内容だと思います。

来年も今頃の時期、雨も少なく、気候も良いこの季節に開催されると思います。
かなり素敵なイベントなので、早期前売りチケットを購入して、参加されることをオススメします。
また来年の絶対に参加させていただきます!




【大阪ビオワインフェスタ2017】
開催場所:大阪市北区中之島1−1 中之島公園 芝生広場    MAP
電 話:
開催時間:2017年11月12日 13:00〜16:00(受付 12:00 開場 12:30) 
早期割引券:お一人様 5,500円  前売券:お一人様 6,000円 (当日券6,500円)

イベントのHPはコチラ
ビオワインなど、ほんまもんに拘る、小松屋さんのHPはコチラ


※来年(2018年)の予定は、小松屋さんのHP、イベントのHP等で、必ず事前に確認してください。





Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

ショッピングセンターのエレベーターホールや、高速道路のSAPAにたくさん置いてある、ガチャガチャ。いろんなものが入ってますよね。昔は、子供のおもちゃって感じが強かったですが、今では、ガチャガチャにハマる大人が多いのだとか。コップのフチ子や、自由すぎる女神、考 ...
続きを読む
ショッピングセンターのエレベーターホールや、高速道路のSAPAにたくさん置いてある、ガチャガチャ。
いろんなものが入ってますよね。

昔は、子供のおもちゃって感じが強かったですが、今では、ガチャガチャにハマる大人が多いのだとか。

コップのフチ子や、自由すぎる女神、考えない人などのフィギュアから、
信号機のミニチュア、カラーコーンのミニチュア、食品サンプルのようものまで、いろんなものそろってます。

そういえば、新世界の入り口に、「ガチャの穴場」 という、お店の中にガチャガチャがずらっと並んでいるところがあるの、ご存じでしょうか?

店内は、熱帯魚ショップのように、青白い照明がついており、怪しさ満点^^; 
その中に、1回500円もするガチャがあるのです。 

      エロすぎるガチャガチャ
           と
      ゲス過ぎるガチャガチャ 

黒いカプセルに入っていて、当然中身は見えません。
気になるけれど、500円だもんなぁ・・・。

やはり、中身がわからないのに、高い金額を出すのは少し・・・いえ、かなり勇気がいりますよね^^; 


やはり、中身を確かめてから購入したい・・・。

あ・・・ガチャガチャではなく、 ワインの話ね^^;

中身を確かめてから安心して、購入できるイベントにお招きいただきました。

この日は、ワインの販売、輸入で活躍なさっている、
”TOKUOKA”さんの試飲会にお邪魔させていただきました。

            IMG_2957
 会場内では、100種類以上のワインを試飲させていただくことができました。

シャンパーニュをはじめ、スパークリングワイン。 
華やかな印象のロゼワイン。
      IMG_2965

           IMG_2966

そして、実力派のブルゴーニュの白ワインの試飲もできました。

     IMG_2959
この試飲会の魅力は、高級なワインの試飲をできることだけではなく、
お手頃な価格帯の美味しいワインを見つけ出せること。

        IMG_2968

これなんて、かなりバランスが良かったですよ!

IMG_2961

         IMG_2964

これからの季節、ワインで乾杯!
そんなシーンも多くなると思います。

これらのワイン、TOKUOKAさんのお店に行けば、購入することもできると思います。
美味しいワインで、ホームパーティ!

如何でしょうか?

徳岡さんのお店情報は、こちらのHPから確認できますよ!



徳岡さんのHPはコチラ。
大阪市内でしたら、心斎橋のBon repas(ボンルパ)さんがそうですよ!







※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

      ※日本では「こめじるし」と言われているこの記号、注目を集めたり、注釈を書いたりするときに使いますよね。これ、英訳するとどうなるのか・・・。※使用上の注意をよく読んでお使いください。         ↓*Please use carefully read the instruction ...
続きを読む
      

日本では「こめじるし」と言われているこの記号、
注目を集めたり、注釈を書いたりするときに使いますよね。
これ、英訳するとどうなるのか・・・。

使用上の注意をよく読んでお使いください。
         ↓
Please use carefully read the instructions for use.

なんか少し違いますよね、「※」と「*」とは。

そもそも、英語圏には、「※」は無いようですね。
でも先日、Tシャツに「※」をデザインしたものを着ている外国人観光客を見たのですが^^;

こめじるし、実際に知ってる外国人の方も多く、「ライスシンボル」(そのまんまですね^^;)と表現されているようです。

「※」と「*」と「米」

似てるようで、似てないようで、わからなくなってきましたが、注目をひくと言う意味では、共通しているのかもしれませんね。

さて、そんな注目を集めそうなお店が、なんばこめじるしに先日オープンしました。
          IMG_3173
お伺いさせていただいたのは、スパニッシュバルの、
”ベジョータパンチョ(BELLOTA pancho)”さん。

なんばこめじるしの道路側の方にお店はあります。
と言うことで、かなり開放的でいい感じですよ!

店内のカウンター席はすでに満席だったので、テラス席(素敵な言い方でしょ^^;) に座らせていただきました。

先ずは生ビール・・・ではなく、この場合はやはりこれですね。
       IMG_3191

               IMG_3194

クリアでお洒落な升を敷いて提供される、こぼれスパークリング。
こぼれてもなお、なみなみと注いでいただくと、嬉しくなってきます。

こぼれスパークリングの他にも、男前グラスワインなんて言うのもありますよ。
      IMG_3186

これだけではなく、いろんなメニューがありますよ。

 IMG_3176

        IMG_3177

             IMG_3178

     IMG_3179
 
           IMG_3188


これだけあれば。、いろいろ迷ってしまいますが、
この日はオススメをいろいろ出していただきました。

      IMG_3185
先ずは、ピクルス 。
美味しいので、ワインと合わせて、どんどん食べてしまいそうになりますが、少しずつにしましょう。
他の料理との合間にいただくのも美味しいですからね。

そして、まもなくやってきたのが、カンパチのカルパッチョ。
        IMG_3198

トマトとオリーブオイルの塩梅が最高です。
これ、バケットの上にのっけて食べても美味しいでしょうね(^^)

そして、次にやってきた料理がスゴかった。
    IMG_3203
これは、生ハム屋の盛り合わせ。
生ハムの盛り合わせではなく、”生ハム屋”の盛り合わせというところに、自身とこだわりを感じますよね。

プレートの上には、イベリコの生ハム、ハモンセラーノ、自家製ソーセージ、
イベリコのトントロ、トマトの冷たいスープ、パンコントマテ、たまご、ポテトフライ が全部のっかっていて、2人前仕様だとは思うのですが、4人でも充分に満足できるボリュームだと思います。

やはり、こんなのが出てくると、ワインもどんどんすすみます。
        IMG_3215
と言うわけで、男前グラスワインの白をいただきます。
このボリュームのプレートには、このワインがぴったりですね(^^)

そして、牛肉のさっぱり野菜のマリネ サルピコン デ バカ。
           IMG_3211
野菜マリネのさっぱりと、牛肉の旨味が良く合いますね。
それにしても、食べていて楽しくなる料理が盛りだくさんです。

そしていよいよ、あれが登場・・・。

       IMG_3219
ラムチョップを塩と胡椒でシンプルに焼き上げたものなのですが、
このラムチョップが凄く美味しいのです!

必ずお召し上がり下さいとメニューに書かれたラムチョップは、
「鮮度が命!」とのこと。

なるほど・・・
それで、こんなにも柔らかくて、味わいも抜群なのですね。
こうなってくると、他のラムチョップも食べたくなってきますよね。

          IMG_3226
と言うわけで、ラムチョップのタレ焼きも。
これは、ご飯がほしくなりますね(^^)
これ1本で、その気になればご飯2杯はイケそうですよ!


そして、ラムカツチョップ。
     IMG_3235
へぇ、タルタルソースが意外に合う!
これには、冷たいビールが欲しいかな(^^)
どのラムチョップも、本当に柔らかくて美味しいですよ。
これが、1本390円からっていうのも嬉しいですね。

そして、スペイン料理と言えば、やはりこれ。
      IMG_3236

海老のアヒージョ。

プリップリの海老がたっぷりです!
ヤケドしないように、慌てずにいただきます(^^)

〆には、濃厚な海鮮パエリア ベジョータ風もいただきます。

        IMG_3246
ボリュームたっぷり!
〆とは言いながらも、これでワインがいくらでも飲めてしまえそうです^^;


そんな感じで、しっかりと堪能させていただきました。
ベジョータパンチョさん、どの料理も美味しくボリュームたっぷり!
それにしても、ラムチョップの美味しさが忘れられないなぁ・・・

近々また、お邪魔させていただきたいと思います!

 




【ベジョータパンチョ(BELLOTA pancho)】
住 所:大阪市浪速区難波中2−10−25 なんばこめじるし    MAP
電 話:06-6606-9014
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:
定休日:不定休(なんばこめじるしの休業日に準ずる)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

昔、喫茶店に行けばジュークボックスって言うのがありましたよね?確か、1曲20円、そして3曲で50円くらいだったかなぁ・・・。はやりのシングルレコードが機械の中に1000枚くらい入っていて、曲のコード番号をボタンで押すと、その曲が聴ける機械。まだ、有線放送もCDもなか ...
続きを読む
昔、喫茶店に行けばジュークボックスって言うのがありましたよね?

確か、1曲20円、そして3曲で50円くらいだったかなぁ・・・。
はやりのシングルレコードが機械の中に1000枚くらい入っていて、曲のコード番号をボタンで押すと、その曲が聴ける機械。

まだ、有線放送もCDもなかった時代だったその頃、ヒット曲を好きなときに聴くことができる一つの手段だったと思います。

確か、ピンクレディのUFOとかもジュークボックスで聞いた記憶があります(^^;)

ジュークボックス、ピンボール、ホーロー製の看板・・・。

アメリカ製のものがスゴくカッコ良く感じた時代でもありますね。

そんな、古き良きアメリカの雰囲気満タンのカフェが、谷町線の平野駅からすぐのところにあるとの情報を聞き、行ってきました。
         
         IMG_3834
お店の名前は、”FREAK'S(フリークス)”さん。

どうです?
いい雰囲気でしょう。
知らずに通りがかりに見つけても、ついつい入ってしまいたくなりますよね。

こちらのお店、カフェメニューはもちろん、フードのメニューも結構充実しているらしいのです。
この日は、ランチをいただきに行ってきました。

店内のテーブル席に座らせていただき、メニューを・・・
あれ?

「そこの絵本みたいなやつがメニューですよ!」

えっと、これかな?
       IMG_3792
クマがはちみつではなく、リンゴ食っとる・・・^^;
って、ま、そんなことはどうでもいいか。

早速ページを開くと、
 IMG_3793
あ、ホントだ。
11:30までのモーニングサービス  お値段そのまま トーストプラス
       又は
プラス50円でサンドイッチ+フルーツ

って、写真を見ると、サンドイッチの方が断然お得に見えますよね!
     (だって、たったの50円でこのグレードアップ!)
でも、11:30は過ぎているので、次のページ以降を・・・。

IMG_3794

     IMG_3795

           IMG_3796

IMG_3797
 
         IMG_3798

うわ、めっちゃ丁寧に作ってある。
メニューに愛情が込められてあるのが、一目でわかりますよ。

そうそう、こちらのお店の店主は、女性の方。
お店自体にも愛情が感じられて、何を食べても美味しいって感じがします。

このほかにも、ハンバーグ、海老フライ、ミックスフライ定食のようなメニューもあり、かなり充実しています。

オムライス、鉄板ナポリタン、カフェカツ丼、フレンチ豚丼・・・。

食べてみたいものだらけです^^;

本気で迷い始めたので、ここは直感に任せて、
「なつかしのスパゲッティナポリタン カニコロのせ 鉄板スタイル」をお願いしました。

店内も、手作り感満タンでアメリカン。

          IMG_3787

かといって、ガチャガチャしているわけでなく、すっきりと落ち着いた感じにまとめられています。

照明や置物、オブジェなど、コツコツと集められて、インテリアになさっているのでしょうね。
どれをとっても、センスが良いのです。

先客は、男性のお客さんが一名。
カフェと言えば、女性のお客さんが大半かと思いきや、この後にも男性のお二人様で、ガテン系。
カフェでランチと言うよりも、定食屋さんでガッツリって感じの方々なのですが、
店主との会話を聞いていると、どうも常連さんのようですね。

こちらのお店のお客さん、どなたもみんな、笑顔で店主と会話されています。

外観、内装、店主、メニュー、お客さん・・・

それらすべての調和がとれていて、素敵な雰囲気を作っているのです。
まだ食べる前、この時点でもう確信しました、

    美味しいに決まってるって(^^)

そんな感じで、お店を楽しんでいると、お願いしたスパゲッティナポリタンが出来上がってきました。

            IMG_3808
ジューッと言う音ともに、立ち上がる湯気に食欲がそそられます。

カニコロも2つ乗っかって、ボリュームも満点!
それでは早速いただきましょう。

         IMG_3817

         (^^)(^^)(^^)

想像をちょっと超えるくらいに、きっちりと美味しい!
味付け、麺の具合、具材、鉄板の感じ。
そのすべてが、想像していたよりも少しずつ上って、かなり満足感高いと思いませんか?

ドカーンって感じではないけれど、ジワ、ジワジワ、ジワワッて効く感じ。
完全に心を掴まれちゃいました(^^)

そして、こちらは同行していただいた友人が注文した、ふわとろオムライス。
           IMG_3800
たっぷりのデミグラスソースがたまらない。

 IMG_3813
真ん中にナイフを入れると、ふわトロ状態のオムライスのできあがりです。

これも、一口いただきました。

             IMG_3823

                (^^)(^^)(^^)

これも美味しい!
同じく、すべてが想像をちょっと超えるくらいに美味しいのです。

こうなると、すべてのメニューを制覇してしまいたくなってきます。
普通のものが、想像していたものをちょっと超えて美味しいって、これスゴいと思います。
CAFEカツ丼、フレンチ豚丼なんて、かなり気になりますよ!

そんなことを思いながら、どんどん食べ進みます。
あ・・・これも忘れてはいけませんね。

         IMG_3825
とろとろのかにクリームコロッケ。
きっちりとトマトソースもかけられてあって、何もかもがうまくいってる状態のような気分になりますね。

そんな感じで、じっくり味わいながらもあっという間に完食。
何なんだろ、この五感をくすぐられるような快感・・・。
こんな気持ちになって、皆さん、リピートされるのでしょうね。

私もここは、リピート確実です。
さて、今度は何を食べようか・・・今から迷っていたりして(^^;)





【フリークス(FREAK'S)】
住 所:大阪市平野区平野西5−4−13    MAP
電 話:06-6706-1900
営業時間:9:00〜19:00
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

ドラフト会議も終了し、日本シリーズも閉幕。今年のプロ野球も、一段落ついたって感じでしょうか?昔は、人気のセリーグ、実力のパリーグなんて言われていた時代もあったみたいですが、最近では、パリーグの人気もスゴいものがあります世ね。ファイターズの大谷選手、スゴい ...
続きを読む
ドラフト会議も終了し、日本シリーズも閉幕。
今年のプロ野球も、一段落ついたって感じでしょうか?

昔は、人気のセリーグ、実力のパリーグなんて言われていた時代もあったみたいですが、
最近では、パリーグの人気もスゴいものがあります世ね。

ファイターズの大谷選手、スゴいですよね!
投げれば160キロ超えで、打てばホームラン。
人気の野球漫画の中から出てきたのかと思うくらいです(^^)

ところで皆さんは、どちらの球団がお好きでしょうか?

ホークス、カープ、ジャイアンツ、ドラゴンズ、阪神・・・。

あれ?
何で、阪神だけはタイガースって言わずに、阪神って言ってしまうのでしょうね^^;
確かに、タイガースファンと言うよりも、阪神ファンと言った方がしっくりきますよねぇ。
  Wikipediaに「阪神ファン」という項目があるのもビックリしました^^;

いずれにしても、多くの関西人の方から、親しまれていて、
ついつい感情移入してしまうほど激しいファンも多いのも事実です^^;

さて、ついつい感情移入してしまうほど熱烈なファンも多かったけれど、5年前に閉店してしまった、
南森町のカレーのお店、”辛口料理 ハチ”

その後、あの味を再現しようと頑張っているお店があります。

お店の名前は、curry shop あいまい”さん。
お店の場所は、何とかつて辛口料理ハチがあった場所の真上にあたる場所。
        IMG_3172
入り口は、アーケードのある商店街側。
こんな感じで、階段の下にメニューボードが出ていれば、お店が営業中なのです。

この日は、食べる歩き仲間のこのお方と一緒にお邪魔させていただきました。
こちらに来るのは結構久しぶりで、調べてみると約2年前・・・(ご無沙汰過ぎますね^^;)

IMG_3171
2階にある、不動産屋さんに行くような感じで、階段を上がると、突き当たりにお店の入り口があります。

店内に入ると、カウンター席は一つしか空いてませんでしたが、テーブル席が空いていたので、そちらに座らせていただきます。

         IMG_3169
メニューは、以前の変わらずこんな感じで、
あのカレーを再現した、「魔女」。
辛さ控えめ、中辛の「小悪魔」。
そして、マニア御用達、撃沈覚悟の「自己責任」。
そして、肉の追加が300円、生卵が50円のラインナップで、ご飯の大盛り無料で、ルーとご飯のおかわりも無料です。

もちろん、ルーの持ち帰りもできますよ。

私の注文は、魔女に自己責任をちょい掛けに、肉追加でお願いしました。

店内は、カウンター席が6席と、テーブル席が6席で、12席。
以前のハチは、カウンター席8席でしたから、4席プラスなだけですが、断然ゆったりしています。

店内には、”カチャカチャ”とスプーンが鳴る音のほかに、会話の声も流れ、和んだ印象。
静まりかえった店内に、スプーンの”カチャカチャ”と鳴る音と、ジャズのBGMだけだった、ハチとは対照的ですね。

そんなことを感じ、待っていると、魔女カレー+自己責任ちょい掛けができあがってきました。
          IMG_3151
お、色、香りといい、以前よりもいい感じですね。
違いはと言えば、最初からたっぷりのカレールー。

そして、ちょい掛けしていただいた、自己責任はこんな感じです。

      IMG_3156
わかりますでしょうか、色がほかよりも赤い部分があるのを?
これだけでも、効き目充分なのだとか(^^;)

では、食べる前に少々準備を・・・。

            IMG_3154
テーブルの上には、ピクルスとおかわり用のカレーが置いてあります。
カレーポットに、おかわり自由のカレールー、昔のハチを思い出します(^^)
(カウンター席には、おかわりカレー鍋はなく、言えば店主がカレーをかけてくださいます。)

ピクルスも、にんじんだけではなく、キャベツも加わっていますね。
ピクルス好きとしては、これはうれしいですよ。

          IMG_3160

さて、ピクルスのトッピングも終わったところで、
自己責任は、後半にとっておいて、先ずは魔女の方をいただきましょう。

    IMG_3971


     (^^)(^^)(^^)

え・・・
これ、この前に食べたときよりも、完成度が段違いに上がっている。
と言うか、これはもう、ハチのカレーになっていると言っても過言ではないんじゃないかなぁ。

    IMG_3158
肉の感じなんて、ほぼ完璧・・・
と言うよりも、かつてのハチを抜いちゃったんじゃなかろうか?
完全にトリミングしていなくて、皮の部分が残っているとこあたりも一緒。
かなり柔らかく煮込まれていて、カレーとの合い方も半端じゃないのです。

どんどん食べ進むと、汗が止まらなくなって、口の中の辛さメーターが振り切れそうになるところも一緒。

            IMG_3159
そんなときには、このピクルスがお助けになるのです。
にんじんのピクルスは、相変わらず辛さを弱める効果はほとんどなく、思い出を共有する意味で食べた方がいいですが、
キャベツのピクルスの出来は秀逸。
このカレーと本当に良く合います。

そして、いよいよ自己責任とご対面。

あ・・・これは直球ど真ん中!
ストレートに唐辛子が効きますね^^;;;
ちょい掛けでも、かなり辛い。
この全掛けは、私にはムリですね(^^;)

はじめからルーがたっぷりかけられているので、追加のルーが必要かと聞かれれば・・・。

         IMG_3166
でもこれは、お約束のようなものですからねぇ^^;

  IMG_3167

魔女のルーをたっぷりと堪能させていただき完食。
汗だくになりますが、爽快感を得られますよ。

こちら、あいまいさんのカレー、過去に食べた中で、相当近いです。
もう、K点超えているっていってもいいのではないでしょうか?

以前、90%再現できているとブログに書きましたが、これは98〜99%のレベルかと思います。

以下、過去の「あいまい」の記事も参考にしてみてください。

第1回目の「あいまい」の記事はこちら、
第2回目の「あいまい」に記事はこちらです。

あまりにも美味しく、再現度が高かったので、これから10日くらい後に、
かつてのハチ大ファンの方と一緒に再び行ってきました。
            IMG_3969

その方も、完成度の高さに喜んでいらっしゃいましたよ。

南森町 あのカレーを再現するお店、あいまいさん、
2017年11月8日で、5周年を迎えられるそうです。

かつてのハチファンの皆さん、一度食べに行ってみてください。
味は充分に達成していると思いますが、もっと近づけたい方は、
最初にかけるルーを少なめにしてもらって、後で追加でルーをかける食べ方、やってみてください。
より、あの頃の記憶がよみがえるのではないでしょうか?


「あいまい」さんの魔女カレー、
私の中では、ハチの味とよく似ていて、たまに食べたいカレーから、
定期的に通って食べたいカレーに昇格しました(^^)

魔女+肉トッピング、これがベストチョイスだともいますよ!













【curry shop あいまい】
住 所:大阪市北区天神橋2−2−28 永井ビル 2F    MAP
電 話:080-4483-5151
営業時間:11:30〜14:00 ※水曜日のみ、ディナー営業 18:30〜19:30(売り切れまで)あり。 
煙 草:喫煙可
定休日:火・木・土・日・祝(月・水・金が営業日)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

店主のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

果ての果てまで行ってみないか・・・。そんな言葉が書かれたカレーのお店が、横浜にあります。お店の名前は、「サリサリカリー」。店内に入り、テーブル席に座ると、何も言わなくても”これぞ現地の味”のカレーが出てきます^^;果ての果て、そういえば、日本の果ては・・・。 ...
続きを読む
果ての果てまで行ってみないか・・・。

そんな言葉が書かれたカレーのお店が、横浜にあります。
お店の名前は、「サリサリカリー」。
店内に入り、テーブル席に座ると、何も言わなくても”これぞ現地の味”のカレーが出てきます^^;

果ての果て、
そういえば、日本の果ては・・・。

北の果ては、択捉島。
日本国内の地図では、日本と言うことになっていますが、ヨーロッパなどで売っている世界地図では、完全にロシアの領土になっています。
ここは、簡単には上陸できそうにありませんね^^;

南の果ては、沖ノ鳥島。
住所は、東京都小笠原村・・・なのですが、数十センチの岩2つからなる島で、日本政府が厳重に管理していて、民間人の上陸は不可^^;

東の果ては、南鳥島。
上陸可能なのは、海上自衛隊員と、気象庁の職員、そして工事関係者など、特別な許可を持っている人のみ。
これも、民間人の上陸は不可^^;

そして、西の果ては、与那国島。
ここは、観光で気軽に訪れることが可能です。

この日は、そんな最西端の島、与那国生まれの希少銘柄牛、「どなん和牛」をいただいてきました。


お伺いさせていただいたのは、心斎橋にある、おおさか料理のお店、
”浅井東迎”さん。
      IMG_3640
おおさか料理のお店で、与那国島のどなん和牛?
そう思いますよね。

実は、こちらのお店の店主、東迎さんは、与那国生まれなのです。

そして、提供される「どなん和牛」は、与那国島・真嘉牧場で生まれた子牛農地、良質な雌牛だけが石垣島きたうち牧場に託され、長い年月をかけて育て上げられた銘柄牛で、
年間出荷数は10頭程度と希少な牛肉だそうです。

お店に入ると、1階にはカウンター席が並び、真っ白な割烹着を着た板前さんが元気に迎えてくださいます。

そして、2階はテーブル席、3階は個室が並びます。

この日は、3階の個室に案内してくださいました。

毎日手書きされるお品書き。
          IMG_3713
この中から、迷いながらいろんなものを少しずつ・・・。
も楽しいでしょうが、今回は、予約していただいた「どなん和牛会席」をいただきます。

先付けには、沖縄を感じさせる料理、
ゴーヤのさつま揚げ、島らっきょの肉味噌和え、金時茸の山葵酢、イカのウニ焼きです。
       IMG_3644

洗練された沖縄料理、気持ちを南の島へ連れて行ってくれるようです。

そしてここからは、どなん和牛三昧。
先ずは、じゃがいもの真丈 どなん和牛添えです。
        IMG_3652

与那国と大阪の融合というのでしょうか、出汁の美味しさに魅了されます。
そして、どなん和牛をいただくと、きめ細やかな肉質に驚きます。
これだけの量でも、感じますね。

そして、どなん和牛のたたき四種。
        IMG_3657
低温で調理されており、肉の旨味を存分に味わうことができます。
                IMG_3660
じっくりと味わい、肉質を楽しむ。
それにしても、このきめ細やかさは一体何なのでしょうか?
旨味も上品で素晴らしいですね。

次の料理は、どなん和牛と ヘチマの味噌煮。
      IMG_3673
カラフルな器に食欲をそそられます。

    こちらの料理には、とろとろに柔らかく煮込まれた、どなん和牛のすじ肉が入っていますよ。
                IMG_3676
味噌とすごく合いますね。
ネギのシャキシャキした食感と合わせるといつまでも食べ続けていたい衝動に駆られます。

そして、沖縄ではごく普通に食べられているけれど、こちらでは滅多にお出まししない、ヘチマ。
      IMG_3678
食べてみると、すごく柔らかく美味しいのです。
ヘチマ、こんな感じで食べたのは初めてかもしれません(^^)

これだけ、沖縄の味わいを堪能すると、やはり飲みたくなるのは、これですね。

          IMG_3681
泡盛をロックでいただきます。
すっきりとしながらも、味わい深い美味しさ。
南の料理と合わせると、さらに素晴らしい相性の良さを発揮するのです。

沖縄の人が、泡盛を好む気持ち、すごくわかるなぁ(^^)

そして次の料理は、与那国島の車海老とトマトと胡瓜の酢の物。
     IMG_3682

沖縄県は、車海老の水揚げ量が、実は日本一なのです。
その中でも、与那国を含む八重山のものは人気があるのだとか。

車海老の甘みと、酢のあんばいが絶妙で思わず笑顔になってしまいます(^^)

そして、焼き物は、どなん和牛と茄子 落花生ソースです。
              IMG_3690

どなん和牛は、どんな料理でもきめ細やかで素晴らしい!
そして、この落花生ソースがめちゃくちゃ美味しいです(^^)(^^)(^^)

そして食事には、長命草茶蕎麦をいただきます。
    IMG_3701
この蕎麦は、与那国島の長命草禄茶を使った手打ちの蕎麦で、
店主のご両親が与那国で手がける長命草禄茶なのだとか。

のどごし、味わいともに最高ですね。

デザートには、南京わらび餅もいただき、かなり満足させていただきました。
           IMG_3707

希少な「どなん和牛」がいただける会席料理は、これすべてがいただけて、
税別8,000円で楽しむことができます。

なお、ランチでは、品数は5品になりますが、3,500円で「どなん和牛会席」を楽しむこともできますよ。

この機会に是非味わってください、どなん和牛。
そして、与那国の美味しさ。

また、石垣島、与那国島にも行ってみたくなりました。
南の味わい、堪能できますよ!









【おおさか料理 浅井東迎】
住 所:大阪市中央区心斎橋筋2−2−30     MAP
電 話:06-6213-2331
営業時間:11:30〜14:30(L.O.13:30) 17:00〜22:00
煙 草:分煙
定休日:日曜日  ※祝前日の日曜日は営業し、翌月曜日を休日とします。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

最近、焼きそばブームなのだとか。 しかも、第4次焼きそばブーム(^^)  東京浅草周辺で、戦後の闇市を通して、小麦粉が全国に普及し、その時に食べられていたのが、第1次焼きそばブーム。 そして、1975年頃、ペヤングやマルちゃん、焼きそばUFOなどのカップ焼 ...
続きを読む
最近、焼きそばブームなのだとか。
しかも、第4次焼きそばブーム(^^)
 

東京浅草周辺で、戦後の闇市を通して、小麦粉が全国に普及し、その時に食べられていたのが、第1次焼きそばブーム。

そして、1975年頃、ペヤングやマルちゃん、焼きそばUFOなどのカップ焼きそばの登場の時が、第2次焼きそばブーム。

さらに、2001年頃、B1グランプリで、富士宮やきそばが、グランプリを取ると、ご当地焼きそばに人気が。
それが、第3次焼きそばブームで、富士宮やきそばの他に、大分の日田焼きそば、秋田の横手やきそば、福島の浪江焼きそばなどいろいろありますよね。

そして、今が第4次焼きそばブーム。
   ※メシコレキュレーター仲間で、焼きそばブロガーの、塩崎省吾さんの記事を参考にさせていただきました。 
 

皆さんの周りにも、焼きそば専門店、出来てきていませんか?

さて、そんな焼きそばブームの事が、頭に浮かびながらお伺いさせていただいのが、
台湾混ぜそばのお店、
その名も"まぜる"さん。
            
お店は、地下鉄、阪神電車の桜川駅のすぐ近くの、千日前通沿いにあります。
そして、南海電車の汐見橋駅からも近いですよ。

台湾混ぜそばをメインに、餃子や唐揚げもいただけるみたいですね。

店内に入り、テーブル席に座らせていただきます。

そして、メニューを確認。
   


一口に、台湾まぜそばと言っても、いろんな種類があるのですね!
デラックス!  と、行きたいところですが、まずはデフォルトの「台湾まぜそば」を注文させていただきます。

ちなみにどのまぜそばを選んでも、"追い飯"がサービスで付いてきますよ。

店内は、カウンター席が7席と、4人掛けテーブルが4つ。

居酒屋さんのような雰囲気のお店…
と思っていたら、夜は居酒屋さんになるのですね(^^)

壁を見ると、まぜ麺の食べ方が書いてあります。
        
よくまぜる。
下からまぜる。  タレを上へ⤴︎
追い飯投入  麺を食べたら、次は飯をまぜる。
最後までまぜる。

なるほど…
 
まぜて、マゼて、混ぜる…

なんだか楽しそうです(^^)

こちらのお店、いつ頃オープンしたんだろう?
最近かな…
そう思って聞いみると、今年(2017年)の1月との事。

すみません、気がつきませんでした(^^;;
よく通る道故に、灯台下暗し…ってやつですね^^;

そんなことを考えながら待っていると、お願いした台湾まぜそばが出来上がって来ましたよ。


たっぷりのニラとネギ。
下の方からよくかき混ぜてお召し上がりくださいとの事。

割り箸を割って、かき混ぜること約1分。
混ぜれば混ぜるほど、美味しくなるような気がして、大真面目に混ぜてゆきます^^;


ビジュアル的にはガラッと変わってしまいましたが、美味しさはグンとアップ。
では、早速いただきましょう。

        
                     (^^)(^^)

美味しい!
そして、思っていたよりもアッサリしていて、食べやすいのも嬉しいです。

一口、二口とドンドン食べ進んでしまいます。
これ、ホントに美味しいですね(^^)

テーブルの上には、いろんな調味料が置いてあるので、味の変化を楽しむこともできますよ。


その中に、面白いものを発見!

    シビ辛。

かけすぎないように…でも、たっぷり振りかけちゃいます^^;




あ、ホントにシビ辛が加わり、さらに美味い!

夢中で食べ進み、あっという間に完食…

ではなく、ここからもう1つのお楽しみが(^^)


もれなく付いてくる、追い飯を投入し、これもまた、
まぜる、マゼる、混ぜる!




そして、最高の〆が待ってます(^^)

台湾まぜそばの、"まぜる"さん、店名の通り、
まぜて、マゼて、混ぜると究極に美味いまぜ麺をいただくことができますよ!

是非食べに行ってみてくださいね。




【まぜる】
住 所:大阪市浪速区桜川3−1−29    MAP
電 話:06-6567-2277
営業時間:11:30〜翌1:00(L.O.0:30)  
煙 草:分煙(16:00以降は喫煙可)
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

鍋の美味しい季節がやってきました!寄せ鍋、水炊き、ちゃんこ鍋、しゃぶしゃぶ、てっちり、かにすき、うどんすき、すき焼き、ジンギスカン、カレー鍋、トマト鍋、きりたんぽ鍋、、もつ鍋・・・。違う具材や出汁で、毎日鍋でも飽きないくらいに、私は鍋が好きなのです(^^)そ ...
続きを読む
鍋の美味しい季節がやってきました!

寄せ鍋、水炊き、ちゃんこ鍋、しゃぶしゃぶ、てっちり、かにすき、うどんすき、
すき焼き、ジンギスカン、カレー鍋、トマト鍋、きりたんぽ鍋、、もつ鍋・・・。

違う具材や出汁で、毎日鍋でも飽きないくらいに、私は鍋が好きなのです(^^)

そして、鍋にはもう一つ楽しみがありますよね。
そう、〆の一品。

うどん、ラーメン、そば。
それとも、ご飯を入れて雑炊に!

特にカレー鍋などは、いろいろ選択肢があって迷ってしまいます。
〆の、カレーラーメン、カレーうどん、それともご飯を入れて、仕上げにチーズをとろけさせ、カレーチーズリゾット(^^)
楽しいですよね。

でも先日、スゴくインパクトのある〆をいただきました。
それは、”漁師風 缶カンパスタ”。

どんなものか、想像もつかないでしょう?
それがいただけるのは、こちらです!

        IMG_2552
この日にお伺いさせていただいたのは、和歌山県加太の漁港の中にある施設、
加太おさかな創庫内にある、
”めで鯛食堂 加太貝センター”さん。

こちらのお店では、加太の新鮮な魚はもちろん、殻付きの牡蠣をたっぷりとリーズナブルに堪能することができるのです。

 店内はこんな感じで、テーブル席が並びます。
         IMG_2563
牡蠣を注文すると、お店の方がテーブルの上にコンロをセットしてくださいますよ。
牡蠣は、1個売りならば、250円、3個で700円。
そして、90分間焼き牡蠣と、蒸し牡蠣が2,500円で食べ放題になるコースもあります。

               IMG_2571
やはり、ここまできたのですから、思いっきり牡蠣を堪能したいですよね。
と言うわけで、牡蠣の食べ放題をお願いしました。

お土産用には、スコップ1杯分好きにすくえるお得なプランもありました。
      IMG_2584
       (値段、いくらだったか忘れましたが、かなりお得な印象を受けました)

早速、コンロの上に、殻付きのまま、牡蠣をのっけて焼きましょう。

    IMG_2592
牡蠣は、蓋付きのまま焼いて、ちょっと蒸し焼き風にするもよし、

           IMG_2599
先に、蓋を外してしまって、焼き上がるのを見ながら、絶妙のタイミングで仕上げていくのも楽しいですよ。

     IMG_2602
焼き上がってきたら、特製のみりん醤油をかけていただきます。

      (^^)(^^)(^^)

美味い!
はい、殻付きの牡蠣を目の前で焼き、その焼きたてをいただけるのですから、美味いに決まっているのです(^^)

さらに、蒸し牡蠣は、こんな感じで、缶カンの中で蒸し上げて、これまた出来たてをいただけます。
           IMG_2606
これならば、一気にたくさん蒸し上げることができますよね。

さらに、オプションにはなりますが、アヒージョの用意もしていただきました。

      IMG_2615

みりん醤油でいただく牡蠣もかなり美味しいですが、こんな感じいろんな味わいの牡蠣をいただけるのは、かなりうれしいですね。

           IMG_2620
ぐつぐつ煮えてきたら、ここにチーズとトマトを入れて、最後にタバスコで仕上げていただくのも最高だと思います。

そして、こちらのお店は、牡蠣だけではありません。

       IMG_2564
加太産のサザエとバリコ。
  IMG_2631

             IMG_2639

IMG_2569
          IMG_2640
これらも、その場でコンロで焼き、楽しむことができます。

そして、絶対に食べてほしいのがこれ。

        IMG_2565
生ビール500円・・・ではなく、(クルマの人は飲めないですものね^^;)
加太産わかめ入りの、赤だしを食べてほしいのです。
   IMG_2604
わかめだけではなく、魚のあらも入って、ボリュームもたっぷりで、
しかも、びっくりするほど美味しい!

ここの店主、かなりの腕前だと思いますよ(^^)

そして、必ず食べてほしいのが、漁師風 缶カンパスタ。

           IMG_2648
先ほどの、蒸し牡蠣でつかっていた缶カンを使って、魚のあらたっぷりの赤だしで作るのですが、
これがビックリするほど美味しい!

       IMG_2650

大きな牡蠣もたっぷりと入って、かなり満足度が高いです。
  
     IMG_2657

この連休は、和歌山の加太までお出かけしてみませんか?

       
                 加太の紅葉鯛

11月4日は、加太 紅葉鯛祭りも開催されています。

         IMG_2659
南海電鉄加太線の「おめでたいでんしゃ」に乗って出かけると、牡蠣とお酒を楽しむこともできますよ!
是非、楽しんでくださいね。
           

     

  





【めで鯛食堂 加太貝センター】
住 所:和歌山市加太141-1 加太おさかな創庫内    MAP
電 話:080-9754-4020
営業時間:11:00〜15:00
煙 草:喫煙可
定休日:土日祝日のみ、営業。  ※平日は20名様以上の予約の場合、営業。
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

緑のおじさん、よく働きます^^;緑のおばさんじゃないですよ、おじさん。え、緑のおばさんを知らないって?緑のおばさん:小学校の児童を交通事故から守るため、登下校時に誘導する女性の通称。       緑色の服装をしていたことから、そう呼ばれる。正式名称は、学童擁 ...
続きを読む
緑のおじさん、よく働きます^^;

緑のおばさんじゃないですよ、
おじさん。

え、緑のおばさんを知らないって?

緑のおばさん:小学校の児童を交通事故から守るため、登下校時に誘導する女性の通称。
       緑色の服装をしていたことから、そう呼ばれる。正式名称は、学童擁護員。
       1959年の創設当初、勤務時間は朝2時間、午後は3時間で、
       日当は315円だったらしい。


では、緑のおじさんは・・・

緑のおじさん:公共道路を違法駐車から守るため、違法駐車車両を監視し、
       放置車両の確認および、

       確認標章の取り付けを行い、
       警察署長に放置車両の状況を報告する業務に従事する人の俗称。
       ペパーミントグリーン地にモスグリーンの肩章を入れたブルゾン
       またはワイシャツ型上着に、
       モスグリーンのスラックスを着用していることから、
そう呼ばれる。
                                         (こともある^^;)
       日当・・・ではなく、月給は、15万円〜22万円くらいらしい・・・。


緑のおばさんはいいとしても、緑のおじさんには、あまり関わりたくないですよね(^^;)
車は、違法駐車せずに、駐車場に入れなければなりませぬ・・・・。

駐車場、パーキングメーター、コインパーキング、モータープール(大阪だけなのね、この呼び方^^;)、ガレージ・・・。


そういえば、先日お伺いしたお店の名前は、”肉GARAGE(ニクガレージ)さん。
         IMG_2309
先月(10月)14日にオープンしたこちらのお店では、燻製にして、旨味を最大限に引き出した、肉料理を堪能することができますよ。

この日は、そんな肉GARAGEさんのレセプションにお招きいただきました。

        IMG_2320

店内に入るとすぐのところに、大きなタンクが・・・。
いえこれ、燻製機なのだそうです。
一瞬、ビアタンクかと思いましたよ(^^;)

店内は、こんな感じで、テーブル席を中心に、ソファ席、そしてカウンター席もあって、
全部で63席もあるそうです。
これからの、忘年会やクリスマスパーティーのシーズンにも心強いですね。

テーブル席に座らせていただき、周りを見渡すと・・・。

  IMG_2327

        IMG_2329

   IMG_2330

いろいろときめくことが書いてありますよ。
中でも、気になったのがこちら。

           IMG_2328
アウトレットワイン 「KURA」システム。

「KURA」システムとは・・・。
スタッフに声をかけ「KURA」へ移動、
これだと思うワインを選ぼう!
席に持ち帰り 楽しく飲む。


自分でワインを選んでくるシステムなのですね。
しかも、そこにあるワインは、アウトレット価格。
味や品質には問題がないけれど、ラベルやボトルに傷がついてしまったものなので、安く提供できるのだとか。

これはうれしいシステムですね。
では、早速「KURA」を見に行ってみましょう。

         IMG_2324
なるほど・・・
確かに、安いのです。
ほとんどのワインが、2,000円台から3,000円台。
しかも、実際に見て選べるのがすごく楽しいですよ!

と言うわけで、3,000円の赤ワインを選んでみました。

              IMG_2410
バランスがよくって、美味しいワインですよ!
これ、5人でいただくと、おかわりも出来て、ひとりあたり600円はすごいおトクですよね!

さて、料理も楽しみましょう。
     IMG_2356
先ずは、菜園ガレージサラダ。
肉を食べる前には、しっかり野菜も!
スプーンがスコップになってるのですね、なるほど、菜園サラダ(^^)

そして、ソフトシェルクラブ。
      IMG_2361
ソフトシェルと言うだけあって、このかには皮ごと食べることができます。
美味しいですよ。

次に登場したのは、入り口のところにあった、燻製機のようなもの・・・。
  IMG_2363

「タイマーが鳴るまで、そのままでお待ちください」とのこと。

”じっと3分待つのじゃぞ・・・”って、ボンカレーのCMか・・・って、古いですね(^^;)

そんな感じで、しばらく待つと、タイマーが鳴ります。
蓋を開けると・・・

              IMG_2367
中から、俺の鶏肉薫製で登場します。

この鶏モモ肉が、すごく柔らかくて美味しい!
これだけで、生ビール2杯は楽勝でイケるな。

そして、俺の牛肉薫製。
          IMG_2380
火の通り方も完璧!
しかも、燻されているからすごくいい香りがします。
旨味ももちろん抜群!

さらに、薫製ピッツァ。
         IMG_2373
よく考えたら、チーズと燻製って、美味いに決まってますよね。
それを、ピッツァでやっても同じこと。
これは、おかわりがほしいくらいですね。

さらに、牛タン低温薫製。
    IMG_2381

そして、ハラミ薫製黒胡椒焼き。
        IMG_2419


吊るしベーコン1本薫製。
   IMG_2424

これだけ、燻製ばかり食べていると、飽きが来ると思っていたのですが、全く飽きない。
それどころか、どんどんいろんな燻製が食べたくなるから、おもしろい。
せっかくなので、こんなものも。

        IMG_2405
スモークカマンベールは、カマンベールチーズをまるごと1個使ったボリューム満点の1品。
是非バケットと一緒にどうぞ。

そして、まるちょう味噌薫製焼。
     IMG_2447
柔らかく、口の中いっぱいに広がる脂の甘みがたまらない。
それを、ネギの香りが包み込み、かなり美味しいですよ。

さて、燻製以外のものもいろいろいただくことができますよ。

         
         IMG_2429
四日市名物のトンテキではなく、浪速ガレージトンテキ。
旨味たっぷりのタレをたっぷりと絡めてかぶりつけ!
ニンニクも一緒に食べると、なお美味し。

  IMG_2437
見た目のインパクトも大の、BIGハンバーグは、ガリバーもびっくりの大きさ!
でも、美味しいからペロッと平らげられますよ。

さらに、アクアパッツァ。
     IMG_2448
この日のアクアパッツァは、レンコ鯛。
肉だけではなく、魚も美味いですよ!

そして、チーズ盛合せ5種盛りをいただき、
        IMG_2434

シメには、ポルチーニ茸のクリームリゾットもいただきました。

         IMG_2459
これ、ヤバいです!
あれだけたくさんいただいた後なのに、美味しすぎて断ることができない^^;
今度は、これを独り占めしてやろうかと、半ば本気で考えてしまいました。

こちらのお店、肉GARAGEさん、燻製料理はもちろんのこと、いろんな料理を楽しむことができますよ!
ちなみにメニューはこんな感じです。

  nikugarage2


        nikugarage3


 nikugarage1
 
是非楽しみに行ってみてくださいね!
私も、必ず再訪させていただきます。










【肉GA.RAGE(ニクガレージ)】
住 所:大阪市北区堂山町16−13    MAP
電 話:06-6131-1786
営業時間:18:00〜翌7:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村