美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

漢字検定。1年に3回試験が行われ、漢字の読み書きの能力を検定するものである。英検は全くわからないけれど、漢検ならば・・・そう思い、2級を受験したら、見事に玉砕しました^^;ちなみに、漢検の級のレベルの目安にはこう書いてあります。10級:小学校1年生終了程度。9級: ...
続きを読む
漢字検定。
1年に3回試験が行われ、漢字の読み書きの能力を検定するものである。



英検は全くわからないけれど、漢検ならば・・・
そう思い、2級を受験したら、見事に玉砕しました^^;

ちなみに、漢検の級のレベルの目安にはこう書いてあります。

10級:小学校1年生終了程度。
9級:小学校2年制終了程度。
4級:中学在学程度。
3級:中学校卒業程度。
準2級:高校在学程度。
2級:高校卒業・大学・一般程度。
準1級:大学・一般程度(約3000字)。
1級:大学・一般程度(約6000字)。


こう書かれると、2級に挑戦しなければならないのかなぁ・・・って思いませんか?

2級、ほぼ分かる漢字が多いのですが、勉強せずに行けば、落ちる確率が高いです。
準1級になると、2級に比べ、分かる漢字とわからない漢字の比率が逆転し、
1級になると・・・

     笑っちゃいます^^;

いっその事、こんな漢字も混ぜちゃえばいいのにとさえ思ってしまいます。

           IMG_9139

この漢字の読み方は、“ビャン”。
画数は何と58画。
漢和辞典にはもちろん、中国で常用されている新華辞典にも載っていないのだとか。
ではこの漢字、一体どこで見ることが出来るのか・・・。

          IMG_3619

八丁堀・・・茅場町からも近いかな?
そんな街の一角で見ることが、いえ、いただくことができます。

この日にお伺いさせていただいたのは、“西安麺荘 泰唐記”さん。

       IMG_3621

麺を手で何回も伸ばして作る、ビャンビャン麺、
あの難しく画数の多い漢字の「ビャン」が使われた、
ビャンビャン麺をいただくことができるお店です。

店内に入り、カウンター席に座らせていただき、まずはメニューを確認。

         IMG_3664

    IMG_3625

おぉ、一口にビャンビャン麺といっても、いろんな種類があるのですね。
温かい麺、冷たい麺、汁なし、スープ麺、やきそば・・・
そして、今週の週替りは麻辣牛肉面。
(中国では、麺のことは面って書くんですよね。)

           IMG_3627

炒飯はディナー限定。
これも手間を掛けるのでしょうね・・・・。

全盛り・・・とも思いましたが、最初は定番っぽい「ヨウポー麺」を温かい麺でお願いしました。

    IMG_3628

店内は、カウンター席が窓面と壁面に設置されていて、
店内真ん中にカウンター風に作られた大テーブルあります。
私のようなおひとりさまでも、気兼ねなく落ち着いて、
食事できるような感じのレイアウトになっていますよ。

          IMG_3622

何気なく、厨房の方を見ていると、ビャンビャン麺を打ち始めるところが見えてきました。

  IMG_3632

           IMG_3637

おぉ〜!
これはテンションが上がる(^^)
両手を広げて麺がびょーん!
美味しんぼの漫画で見て、一度実物を見てみたかったのです。
こんな感じで、注文が入る度に麺を打つのですね!
これは楽しい。

そして、しばらくすると、お願いしたビャンビャン麺、
ヨウポー麺が出来上がってきました。

         IMG_3640

よくかき混ぜてから、お召し上がりくださいね。
そしてこれは、麺の茹で汁です。
麺を食べながら飲んで下さい。


とのこと。
食べ終わった後のスープ割りのようなものなのだろうか?



まずは、できたて熱々の麺を、グルングルンかき混ぜます。
混ぜるときや食べる時、タレが飛んでしまうかもしれませんが、
紙エプロンもいただけるので、安心して思いっきり混ぜちゃいましょう!

        IMG_3652

タレと具材、麺がよく混ぜわさったら、早速いただきましょう。

       IMG_3646

       (^^)(^^)(^^)

うわぁ〜、これは美味しい!
モッチモチの食感と、ピリ辛タレの絡み具合がたまらない。
そしてこの麺、本当に長いのです。
箸で全部持ち上げようとしても、中々端っこが出てこない。
手で伸ばすだけでは無理で、立ち上がろうかどうしようか迷いましたが、
そこはオトナの対応で^^;

そしてこの麺、野菜もタップリと入っているから嬉しい。

         IMG_3660

麺、野菜を交互に楽しむのも楽しいですよ。

   IMG_3663

最初に出された茹で汁。
出しのようなものかと思い、一口いただきましたが、本当に茹で汁。
平たく言えば、お湯なのです^^;
中国では、麺を食べながら茹で汁も一緒に飲むそうですが、
私はまだその領域には達していないようでした^^;

そんな感じで、夢中で食べ進み、麺の食感に快感を覚えながら完食。
ビャンビャン麺、本当に気に入りました(^^)

次回は限定麺、ジャージャー麺、スープの入った麺も是非食べてみたいです。
忙しくない時は、これよりも更に太い、
「ベルト麺」と呼ばれるものを作ってくださるときもあるのだとか・・・。

いろんなものが気になるお店、西安麺荘 泰唐記さん。
これからも、ちょくちょく通ってしまいそうです(^^)







【西安麺荘 泰唐記】
住 所:東京都中央区新川1−13−6    MAP
電 話:03-6280-5899
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜23:00 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

栓抜きで、ビール瓶の王冠を"カンカンカン”と叩くと、栓を抜いたときに、泡が吹きこぼれない。そんな都市伝説、ありますよね。実は、ビールの味ってすごく繊細で、少しの衝撃でも味が変化してしまうのだとか。だから、”カンカンカン”ってやると、静かに眠っていたビールが ...
続きを読む
栓抜きで、ビール瓶の王冠を"カンカンカン”と叩くと、
栓を抜いたときに、泡が吹きこぼれない。


そんな都市伝説、ありますよね。
実は、ビールの味ってすごく繊細で、少しの衝撃でも味が変化してしまうのだとか。
だから、”カンカンカン”ってやると、静かに眠っていたビールが目を覚まし、
逆に泡が出やすくなるのだとか。

コップを寝かせて、静かに泡を立てないように、中身を多く・・・。

気持ちはわかりますが、適度に泡があったほうが旨味を逃さず、
最後まで美味しくいただけるというのがホントの話。

泡が美味しい、
まっしろできめ細やかな泡。
でも、これは流石にやりすぎなんじゃない?
そう思ってしまうビールが、メニューに堂々と載ってるお店があります。

           IMG_3291

ウソみたいな絵面でしょ?

そんなビールを飲めるお店、八重洲にある”神泡BAR”に行って来ました。

      IMG_3239

神泡。
もう聞いたことありますよね!
サントリーのプレミアムモルツが展開している、泡が美味しいビール。
きめ細やかで、長持ちする泡のことを「神泡」って呼んでいます。

そんな「神泡」をしっかり堪能できるお店がここ、神泡BARなのです。

先日参加させていただいた、サントリーさん神泡企画で紹介していただき、
早速お邪魔させていただきました。

ビールを注ぐところが見える特等席、カウンターに座りその醍醐味を楽しむことにします。
こちらでは、いろんなプレモルとマスターズドリームが楽しめるだけでなく、
ビールに合う美味しい料理も揃ってますよ!
メニューはこんな感じです。

   IMG_3242

              IMG_3250


     IMG_3251



割とリーズナブルなのが嬉しいですね(^^)
さて、最初のビールは何をお願いしようかな・・・・

         IMG_3248

香るエール 芳醇。
これ飲んだことないなぁ・・・

「これって、生で飲めるのですか?」
「もちろん、ドラフトビールで提供させていただいてますよ!」

(ビアバーですから、当たり前ですよね^^;)

と、いうわけでお願いしました。

         IMG_3245

きれいなグラスに、丁寧に注がれていくのが見えます。
料理も気になるものをいくつかお願いしましょう。

           IMG_3263

チーズたっぷりベーコンのシーザーサラダと、

     IMG_3261

パルマ産ホエー豚の生ハムとパンチェッタをいただきます。

そして、タイミングよくプレモル 香るエール 芳醇も出来上がってきました。

             IMG_3254

先ずは乾杯!
これ、スーッと入っていきますよ。
そして、シッカリと甘みを楽しみます。
それにしても、本当に雑味がない。
一口にビールって言っても、飲むお店によってぜんぜん違うんですよね(^^)

         IMG_3268

ビールに合うといえば、プレモルを使って作った、
ビアチキン&チップスプレート。

このチキンが柔らかくて美味しいのです。
2杯めは、プレミアムモルツをお願いします。

サラダとチキンもすごく美味しい。
こうなると、メニューに載っているものを片っ端から注文・・・
と、いうわけにもいかないので、気になっているこれをお願いしました。

          IMG_3279

これは、極厚ポークステーキ。
本当に大きな肉の塊が、ポンって出てくるのです。
あとは自分で好きな暑さに切り分けていただきます。

       (^^)(^^)(^^)

本気で柔らかくて美味しい!
こういうスペシャルなものをいただくと、
ビールもスペシャルなものが欲しくなるわけで・・・。

          IMG_3305

やはり、マスターズドリームは飲んでおかなければ(^^)
肉とビール、シッカリ堪能したところで、気になっているアレをお願いします。

「すみません、ミルコをお願いします。」

泡だけのビールで神泡をお愉しみください。


          IMG_3243

ミルコっていうのは、チェコで楽しまれている、ビールの飲み方なのだとか。
泡がほとんどのビールを楽しむ・・・・
それってどんな世界なのか気になって仕方がなかったのです。

百聞は一見にしか・・・・
ではなく、一飲にしかず  なのでしょうか?

そんなミルコはこんな感じです。

            IMG_3300

これ、知らなかったら絶対に失敗したやつって思いますよね^^;
でも、TOPには、「神泡」の文字が浮かび上がっています。

恐る恐るいただいてみると、悪くないのです。

プレモルの泡って、確かに美味しいんです。
でも、適度にビールの上に乗っかっている状態のものを指すのであって、
泡だけのものではないはず。
でもこの泡、シッカリと旨味を乗っていて楽しめる。

          IMG_3302

最初飲んだときから、泡の味わいもだんだんと変化していき、
それに合わせて料理をマリアージュさせてみる。
そんな楽しみ方で飲むと、より一層美味しくいただけます(^^)

これはぜひ一度、体験してみてください!
新しい発見、かならずあると思いますよ。

         IMG_3311

神泡ミルコ。
八重洲の神泡BARで、新幹線に乗り込む前に。
また、お疲れ様の一杯として如何でしょうか?
このチャンスに是非とも!








【神泡BAR】
住 所:東京都中央区八重洲1−5−17 八重洲香川ビルディング 1F    MAP
電 話:03-5255-6771
営業時間:【ランチ】11:00〜16:00 【ディナー】16:00〜23:00(L.O.22:30)
      ※日祝は22:00まで。 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

居酒屋に行って、みんなで乾杯!好きな料理を注文して、ワイワイと楽しむ。料理が運ばれてきて、取り分ける・・・ちょっと待った!居酒屋で当たり前のように行われていることでも、それが正しいのかどうかわからない・・・。揚げたての唐揚げが来たら、レモンをしぼるのかど ...
続きを読む
居酒屋に行って、みんなで乾杯!
好きな料理を注文して、ワイワイと楽しむ。

料理が運ばれてきて、取り分ける・・・

ちょっと待った!

居酒屋で当たり前のように行われていることでも、
それが正しいのかどうかわからない・・・。

揚げたての唐揚げが来たら、レモンをしぼるのかどうか。
みんなの刺し身の小皿に醤油を入れていっていいのかどうか。
焼き鳥の串を外していいのかどうか。
そして、お通しを断っていいのかどうか・・・。

自分の意志とは関係なく出てくる「お通し」。
特に、外国人のお客様に理解いただくのに、苦労しているのだとか。

きんぴら、おひたし、切り干し大根、ポテトサラダ・・・。
そんな感じのものが多いと思いますが、
でも、こちらのお店のお通しは凄かった!

この日にお邪魔させていただいたのは、隠岐の島、西郷港の近くにあるお店、
"あんづ”さん。

            IMG_2025

宿泊したホテルの横の道の突き当りに、気になる灯りを見つけ、
入ってみたのがきっかけ。

       IMG_2024

扉を開けると、早い時間にも関わらず、店内はお客さんでほぼ満席!
なんとかカウンター席に滑り込み、まずは生ビールをお願いします。

ふと見上げると、ホワイトボードに書かれたメニューが見えます。

           IMG_1963

これが、その日のオススメなんでしょうね。

そして、その他のメニューはこんな感じ。

  IMG_1964

         IMG_1965

 IMG_1968


   
           IMG_1967


結構いろいろありますね。
でも、せっかく島に来たんだから、海の美味しいものをたくさんいただきたい。
カウンターの中で大将が捌く、刺し身も美味しそうです。 

あ、店員さんがビールを持ってきてくれました。
もう一つの手には、カニが入ったお皿が見えます。
季節だから、カニもおすすめメニューにあったのかな?

「お待たせしました〜、生ビールとお通しです。」

    IMG_1973

       え・・・  これがお通し!

他の人が注文したと思っていた、カニの半身まるごとがお通し。
これはびっくりした。
かなりびっくりした!

      IMG_1970
生ビールとお通しだけなのですが、
すでにもう、完成されてしまっているかのような感じですよね。

お通しのカニだから、昨日の残りか何か?
いえいえ、とんでもない!
このカニすごく鮮度が良くって美味しいのです。

           IMG_1977

パキッパキッと、足をおって関節から引き抜くと、きれいに身が外れるのですよ(^^)

食べると美味しいし、パキッ、スルッと身が外れるので、楽しくって美味しくて(^^)

そんな感じでカニをシッカリ堪能していると、お願いした料理も出来上がってきました。

    IMG_1979

こちらは、バイフライ。
バイ貝をフライにしたものです。
こんなの、島に来なけりゃ食べられないですよね。
柔らかくて、ちょうどいい食感。
ちょっと癖になりそうです。

そのまま食べても美味しいのですが、
半分くらい食べたらレモンを絞ってみるのもアリ。
さっぱりと美味しくいただけますよ。

そして、刺身の盛り合わせ。

          IMG_1988

かつお、バイ貝、よこわ、白いか、水ダコ、グレ・・・。
たっぷりと盛ってくださいました。
果たして、ひとりで食べきることが出来るのだろうか^^;

    IMG_1989
刺身が出たなら、やはりこれ。
もちろん、隠岐の島の地酒、隠岐誉をいただきます。
スッキリした味わいで、海の幸との相性もバッチリです(^^)

カニ、バイフライ、刺身盛り合わせで、かなり満足しているのですが、
注文するもの全部が美味しいので、もうちょっとだけいただきましょう。


            IMG_2000

居酒屋の定番、揚げ出し豆腐。
たかが揚げ出し、されど揚げ出し。
とろみが付いた出汁の味が最高です(^^)

      IMG_2007

同じく、隠岐の島の地酒、隠岐誉 江戸の純酒 90。
これは精米歩合が90%。
その数字からは想像できない味わいです。
同じく、精米歩合90%の、隠岐誉 室町の純酒 90もいただきましたが、
更に旨味が凝縮されている感じで美味しかったですよ。

           IMG_2010

〆にいただいたのは、柳かけご飯(やなかけごはん)

ご飯の上に、漬けにした刺し身をのっけ、上から熱々のあご出汁をかけた、だし茶漬け。
たっぷりと隠岐の島特産の海苔をかければ出来上がりです。
これが美味しくってもう(^^)

しっかり隠岐の島の美味しいとこ、堪能できます。
またこちらのお店、地元の方でいつも賑わっているようです。
行かれる際は、予約されることをオススメします!
      






【あんづ】
住 所:島根県隠岐郡隠岐の島町西町八尾のー52    MAP
電 話:08512-2-1905
営業時間:18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の回転寿司って、いろいろ工夫されていますよね。ホコリが入らないように、お皿にカバーが掛けられてあるもの。注文すると、一般レーンとは別の特急レーンに乗って、お寿司が運ばれてくるもの。注文も、昔はインターホンで食べたいお寿司を伝えていたものが、タッチパネ ...
続きを読む
最近の回転寿司って、いろいろ工夫されていますよね。

ホコリが入らないように、お皿にカバーが掛けられてあるもの。
注文すると、一般レーンとは別の特急レーンに乗って、お寿司が運ばれてくるもの。
注文も、昔はインターホンで食べたいお寿司を伝えていたものが、
タッチパネルによって注文するようになった・・・・

ところがこれ、年配の方の中にはちょっと難しかったりする。

ある回転寿司で、おばあちゃんがタッチパネルの使い方がわからないようだったので、
丁寧に教えてあげたら、喜ばれたそうな。
それだけなら良かったのですが、そのおばあちゃんは、

「ありがとう、親切に教えてもらったお礼です、これ食べてください。」

って、マグロのお寿司を、お皿ごとくれたのだとか・・・。

いやぁ、おばあちゃん最強ですねぇ〜^^;

さて、最強といえば、先日大阪の中津にオープンした、
担々麺とカレーラーメン、カレーライスのお店が凄かった。

       IMG_2253

お伺いさせていただたいのは、"スパイス飯麺兄弟舎”さん。

梵平、ダイヤモンドビリヤニ、月と太陽などのお店を展開する、
テケレッツグループの今度の展開は麺・・・

         IMG_2255
だけではなく、麺飯なのですね。

古民家を改造したような出で立ちは、こちらのお店でも変わらず。
どこか懐かしいような、和みある雰囲気に出来上がっていますよ。

早速お店の中に入り、カウンター席に座らせていただき、
メニューを確認します。

    IMG_2256

お品書きは、担々麺か汁なし坦々麺、そしてカレーラーメンか、カレーライスから選択。
そして、坦々麺は九龍坦々麺か、黒坦々麺を選ぶことができます。

            IMG_2258

担々麺、汁無し坦々麺、カレーラーメン、カレーライス。

   「おいしさ」は人ぞれぞれ。 
         ただし真面目に作ることはお約束します。


おいしさはそれぞれか・・・
メニューを見ると、まずは担々麺、となるべきかもしれませんが、
気になるスパイスカレー拉麺、味玉入りをお願いしましょう。

店内は、U字型のカウンター席が14席。
どの席からもカウンターの中で調理されている様子を見ることが出来ます。

他の方の注文を聞いていると、流石に担々麺の注文が多いようですね。
あ、カレーライスの方もいる!
担々麺、カレー。
店内にスパイスのいい香りが漂い始めたなぁ・・・
そう思っていると、お願いしたスパイスカレー拉麺が出来上がってきました。

          IMG_2267

見るからに、濃厚なスープは、
まるで汁無し坦々麺のカレーバージョンのような感じ。
思っていたよりも、ずっと具だくさんですよ(^^)

それでは早速いただきましょう、先ずはスープから・・・。

     IMG_2277

うわ、この肉美味しい!
スパイスの効かせ方もいい感じですが、それよりも旨味が半端ない(^^)

最初のひとくちだというのに、もうご飯が食べたくなってきましたよ。

そして、麺も。

            IMG_2281

もっちりとした食感の麺は、京都の麺屋棣鄂の、#・・・・(ん、何番^^;)
って、そんなことはわかりませんが、このスパイスカレースープによく合うよう、
すごく研究されたっていうのが伝わります(^^)

         IMG_2292
半分くらい麺を食べたら、味玉をくずして、スパイスカレーとなじませるのも美味しい。
そして、カウンターに置いてある、こんな味変アイテムを楽しむのもお忘れなく。

        IMG_2260

檸檬酢、花椒、辣油、唐辛子、スパ醤。

少しずつ入れてみて、好みの味わいも見つけるのも楽しいですよ。


中でも、面白かったのがスパ醤。

        IMG_2294

こんな感じで、ご飯に乗っけても、刺激的なおいしさを楽しむことが出来ます。
さらに、これをこのまま・・・

     IMG_2303

麺を食べ終わったスパイスカレーの中にダイブさせると、
ちょっと刺激的なカレーライスとして、楽しむことも出来ますよ。

             IMG_2305

ちょっとだけご飯。
これがたまらないのです(^^)

本気のスパイスで作った、スパイスカレー拉麺。
完成度の高さに大満足です。

    IMG_2310

お店を出てきたら、近くの会社にお勤めの方でしょうか、
お店の前で、席が空くのを待っていらっしゃいました。

すでに、大人気の兆しがあります。
行列が長くならないうちに、今度は担々麺もいただきたいと思います。








【スパイス飯麺兄弟舎】
住 所:大阪市北区豊崎3−15−12    MAP
電 話:
営業時間:11:00〜16:00(L.O.15:30) 18:00〜21:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪万博開催決定!このニュースは、昨年のニュースの中でも特にインパクトが有りました。(関西人の方にとっては、そうだと思いますよ〜(^^))このニュースは、京阪中之島線にとっても、朗報だったのでは?京阪中之島線・・・。開業当時は、中之島発、出町柳行の快速急行が ...
続きを読む
大阪万博開催決定!
このニュースは、昨年のニュースの中でも特にインパクトが有りました。
(関西人の方にとっては、そうだと思いますよ〜(^^))

このニュースは、京阪中之島線にとっても、朗報だったのでは?

京阪中之島線・・・。
開業当時は、中之島発、出町柳行の快速急行が、新しい車両で運行され、
話題にもなっていたが、あまり利用客が伸びずに、今では普通列車がメインの線に。

それが、中之島以西に延伸すれば、また活気が戻るかも・・・。
そんな中之島線の終点のひとつ手前の駅、「渡辺橋駅」の真上、
地下1階に「MINAMO」という商業施設があるのをご存知でしょうか?

その中に、ちょっと素敵なワインダイニングがあるのです。

        IMG_9008

お伺いさせていただいたのは、“百-hyaku-堂島川”さん。

美味しくて、ボリュームたっぷりのランチで人気との声を聞いたことがありますが、
実はディナータイムがすごくいい。

             IMG_9009

19:30までに入店すると、「おつかれさまSET」といって、
おまかせ前菜盛りと、ドリンク2杯が付いて、
1,000円ポッキリのセットを注文することが出来るのです。

       IMG_3009

おまかせ前菜盛りは、こんなに豪華。
それにつけられるドリンクはこの中から2つ選ぶことが出来るのです。

          IMG_3006

生ビールはもちろん、ワイン、スパークリングワイン、サングリアにハイボール・・・。
もちろん、2杯とも生ビールとか、2杯ともスパークリングワインって組み合わせもOK!

店内のお客さん、全員がこれを注文していました(^^)

そして、安いだけじゃなくて、美味しいからやめられない。

というわけで、他の料理も注文しちゃいましょう。
メニューはこんな感じですよ。

   IMG_3004

           IMG_3005

メニューの中から気になる料理を選んで注文します。
わからなかったら、お店の方に聞くと、丁寧にアドバイスしてくださいますよ(^^)
(こちらのお店のスタッフの方、本当に親切ですよ〜!)

前菜盛りを食べ終わる頃、次の料理が運ばれ得てきます。

   IMG_3014

これは、フォワグラテリーヌ。
濃厚な旨味がたまらない。
気になるものを適当に注文しても、食べる順番も考えて出してくださる。
前半のハングリーな状態で食べるフォワグラは最高に美味しいですものね。

            IMG_3015

「よろしければ、如何ですか? フォワグラテリーヌにすごく合いますよ。」
そう言って、進めていただいたワインが本当に良く合って美味しい(^^)

こんな感じでワインと料理のマリアージュを楽しみます。
こういうのって、もっといろんな料理を食べたくなってくるから、楽しくて仕方がないですね(^^)

そして次の料理は、カリフローレン バターソテー。

        IMG_3028

これは、カリフラワーが花を咲かせた状態のものを、
発酵バターでソテーしたものなのだとか。
バターの香りと甘みがよく合って美味しいです。

そして、岩津葱のエチュベ。

       IMG_3041
これも、発酵バターを使い、ホイルの中でじっくりと岩津葱に火を入れ、
甘みが引き出されています。

 

    IMG_3033
これには、白ワインと、

        IMG_3046
赤ワインを両方合わせてみて、その相性を楽しみます。
どちらが美味しいとかではなく、合い方が違うから面白い。
白はサッパリと馴染んでいく感じで、赤は口の中で旨味が膨らんでいくような印象。

葱をじっくり楽しみ、食べ終わる頃に、次の料理が提供されます。
一気に注文しても、同時に持ってくることはなく、
こちらの食べているペースで持ってきてくださるのが嬉しいです。
 
     IMG_3050

これは、イベリコ豚 バラ肉スモーク厚切り。
じっくりと焼き上げられてあるのに、多めのわさびを乗っけて食べるのがオススメ。

           IMG_3054

熟成された脂身は、甘みの中にナッツの香りを感じます。
ベーコンのフレッシュなものと言う例え方も出来るかも?
それにしてもワインがすすみます。

そして、大根ステーキ。

       IMG_3065

たかが大根、されど大根。
梅田にあるこちらのお店の大根も凄かったけれど、
これもかなり美味しい(^^)

大根には日本酒と思っていましたが、ワインを合わせても美味しいです。

          IMG_3070

先ほど頂いた、白ワインと同じ醸造所、ブルガリアの赤ワイン。
しっかりした味わいは、チーズの盛り合わせと共に余韻を楽しみます。

     IMG_3069

渡辺橋駅構内、MINAMOにある”百-hyaku-”さん。
料理も美味しく、居心地もいいお店です。
また近々、再訪させていただきます!










【百 -hyaku- 堂島川】
住 所:大阪市北区中之島3−2−30 京阪渡辺橋駅 B1F MINAMO内    MAP
電 話:06-4706-0100
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 17:30〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:土日祝(土曜日は貸切予約のみ営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ、こんなところが日本にもあったのか・・・。沖縄や小笠原に行くと、そんな場所にいっぱい出会えるといいます。日本最西端の与那国島。最北端の稚内もいいけれど、せっかくならば礼文島。断崖絶壁に囲まれ、神秘的な出で立ちの青ヶ島。いずれにしても、簡単には辿り着け ...
続きを読む
まだ、こんなところが日本にもあったのか・・・。
沖縄や小笠原に行くと、そんな場所にいっぱい出会えるといいます。

日本最西端の与那国島。
最北端の稚内もいいけれど、せっかくならば礼文島。
断崖絶壁に囲まれ、神秘的な出で立ちの青ヶ島。

いずれにしても、簡単には辿り着けそうにない場所にあります。

ところが、比較的行きやすい場所にある、神秘的な島があるのです。
島根県、出雲沖の約60キロにある、隠岐の島がそう。

        IMG_1594

島には、樹齢600年のかぶら杉や、

   IMG_1683
樹齢1,000・・・いえ、ひょっとして2,000年とも言われる八百杉。

そして、近づいただけで、そのパワーとオーラを感じることが出来る、
樹齢800年にもなる、岩倉の乳房杉を見ることができます。

            IMG_1717

私達が普段過ごす日常では、まずお目にかかれない杉の木を間近に感じたあとは、
中村という地区の海岸にあるこちらのお店に・・・。


     IMG_1749

お伺いさせていただいたのは、“さざえ村”さん。
お店の名前にもあるように、サザエを使った料理を楽しむことができます。

         IMG_1726

店内からは、こんな感じで海見えて、ゆったりとしていますよ。
木の切り株を使ったお品書きも貼ってあって、なんだかいい感じですね。

    IMG_1721

さざえ刺身、さざえ丼、めかぶ丼、釜めしさざえご飯・・・。

テーブル席のひとつに座らせていただき、メニューを確認します。

     IMG_1723

さざえ丼がやはり名物みたいですね。
ん、サザエ どどんが丼??

あ、サザエ丼につぼ焼きか、刺身がついてくるのですね!
これは美味しそう。
でも、確実にお酒が呑みたくなるなぁ^^;
(レンタカーだったので、呑めないんですよね・・・)

       IMG_1724

イカも美味しそう。
そしてやはり気になるのは、サザエカレー。
藻塩うどんとか、体に良さそうなメニューも盛り沢山です(^^)

    IMG_1725

ちゃんと日本酒もラインナップ。
藻塩入のソフトクリームも気になる・・・。

いろいろ迷いながらも、サザエカレーをお願いしました。
サザエ丼は能登に行ったときに食べたことがあるのですが、
サザエカレーは本当に初めて。
出来上がってくるのが楽しみです(^^)
         IMG_1729

店内には、いろんなものがありますよ。
中でも気になったのが、あごだしを使った味噌だしの素。
店主に話を聞くと、これが簡単でよくできているのだとか・・・。
スプーン一杯分をお椀に入れてお湯を注ぐだけで、絶品の味噌汁が出来上がるとのこと。

実際に、ひとつ買って帰りやってみたのですが、本当にそのとおり。
商品は、こちらのサイトで買えますよ。
(値段、現地で買ったのと一緒です。)

       IMG_1731

  IMG_1732

漫画「美味しんぼ」にもさざえ村が登場。
あ、店主よく似てますよ(^^)

そんな感じで、お店の中を見て回っていると、
お願いしたサザエカレーが出来上がってきました。

           IMG_1737

パッと見は、普通のカレーライス。
ルーもタップリで美味しそう(^^)

でも、このカレーには・・・

     IMG_1742

たっぷりとサザエが入っているのです。
これはテンション上がりますよ(^^)

それでは、早速いただいてみましょう。

           IMG_1739

  (^^)(^^)

旨味が凄くいい感じ・・・あ、あごだしを使っているのですね!
これは美味しいですよ。
サザエの旨味とあごだしの旨味、ダブルで楽しめて本当に嬉しいですね。

         IMG_1746

貝の王国っていうだけあって、本当に惜しみなくサザエが使われていますよ(^^)

      IMG_1745

そんな感じで、サザエカレーをしっかり楽しませていただきました。

食後、コーヒーをいただきながら、
周辺の見どころなど教えていただき、早速歩いていってみました。

          IMG_1835
     (写真はクリックすると拡大しますよ!)

これは、鎧岩といって、お店から海岸沿いを歩いて、
山を登ったりしながら30分ほどハイキングすると見ることができます。
中々いい運動になりますが、それだけの価値はありますよ!

         IMG_1730

ごちそうさまでした。
そして、素敵な情報も教えていただき、ありがとうございました、
さざえ村の村長さん(^^)










【さざえ村】
住 所:島根県隠岐郡隠岐の島町中村1541−3 中村海水浴場    MAP
電 話:08512-4-0611
営業時間:11:00〜16:00 夏季以外は、11:00〜14:30 
煙 草:
定休日:水曜日
駐車場:あり(10台分ほど)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミートソースか、ナポリタン。私達が小さい頃のスパゲッティはこの2種類だったような気がします。(以前行った、こちらのお店のメニューなんて、本当にそれだけ^^;)その後、ボンゴレ・ビアンコが登場し、ホワイトソースのスパゲッティや、一口食べれば虜になった、たらこス ...
続きを読む
ミートソースか、ナポリタン。
私達が小さい頃のスパゲッティはこの2種類だったような気がします。
(以前行った、こちらのお店のメニューなんて、本当にそれだけ^^;)


その後、ボンゴレ・ビアンコが登場し、ホワイトソースのスパゲッティや、
一口食べれば虜になった、たらこスパゲッティの登場!
たらこスパゲッティと言えば、「壁の穴」というパスタのお店から生まれたのだとか。

「壁の穴」、
ナビオ阪急のレストラン街で、いつも行列ができていた店だという印象があります。
カルボナーラ、たらこスパゲッティ、サーモンと海老のクリームソース・・・。
スパゲッティから、パスタへと呼び方が変わっていったのもその頃からだったかもしれません。

壁の穴と言えば、“若者のアイドル”っていう名前のスパゲッティをご存知でしょうか?

ベーコン、フランクフルト、しめじ、しいたけ、トマトが入った具沢山の和風スパゲッティ。
当時本当に“若者”だった私は、好んで食べていたような気がします。

そんな壁の穴に、”若者のアイドル”と並び、
“おじさんのアイドル”という名前のスパゲッティがあるらしい・・・。


そんな情報を聞いたのは、少し前。
若者に対して、おじさんとはまた・・・^^;

若者のアイドルが大好きで、よく食べていた者としては、気になって仕方がない。

          IMG_2747

というわけで、実際に確かめるため、HEPナビオにある、
“壁の穴 HEPナビオ店”さんにお邪魔させていただきました。

    IMG_2748

店の前のメニューケースに、“若者のアイドル”はちゃんと並んでいます。
今の時代も健在なのは嬉しい。

お店の入口で人数を告げると、少々お待ちくださいとのこと。
満席ですね、人気は今も衰えるところなし。
なんだか嬉しくなってきますよ(^^)

待つことしばし、空席ができ奥の方のテーブル席に案内していただきました。

まずはメニューを確認。
さて、あのメニューに出会うことが出来るのか・・・。

   IMG_2712

平日のランチタイムは、お得なサラダやドリンクとのセットも用意されています。
本日のパスタはこの4種類。
でも、お目当てのパスタがないので、グランドメニューを。

       IMG_2713
たらこに明太子。
こちらのお店の人気メニューですね。

           IMG_2714
前菜、サラダに、

    IMG_2715
和風オリジナルスパゲッティ。
ここにもないなぁ・・・。

          IMG_2716

熱アツ鉄板オリジナルと、クリームソース、トマトソース。
あ、若者のアイドルはこちらのページに載ってますね。
でも、おじさんのアイドルは?

  IMG_2717

ピッツァにデザート。
これでメニューはおしまい・・・・あれ?
おじさんのアイドルって、何かの見間違いか・・・。

           壁の穴メニュー

いやいや、Webのメニューにはちゃんと載ってる。
あ、そうだ!
店員さんに聞いてみよう。

「すみません、注文をお願いします。 若者のアイドルひとつと・・・
   おじさんのアイドルってネットのメニューで見たのですが、ありますでしょうか?」

「すみません、おじさんのアイドルは、メニュー名が変わりまして、
   今は、シーフードのガーリックバターソースっていう名前になっています。
       でも、中身はおじさんのアイドルと一緒ですよ。」


とのこと。

何だ、ちゃんとあるんじゃないか^^;
というやり取りの後、若者のアイドルと、
おじさんのアイドル(今は、シーフードのガーリックバターソースですね)をお願いしました。

         IMG_2718

店内は、テーブル席が中心で30〜40席位はあるでしょうか?
客層は、私と同じような世代の方が多いような気がします。
みんな若い頃、壁の穴に並んで食べに来ていたんでしょうね。

若者のアイドルと、おじさんのアイドル。
両方とも存在すれば、尚、面白そうだと思うのですが、
初めてお店に来る人や、女性の方は注文しにくいですよね、流石に^^;
それで名前を変えたんでしょうね。

ソーセージにベーコン、トマトにきのこ。
具沢山で若者のアイドルは理解できる。
でも、何故におじさんのアイドルなのか・・・

そんなことを考えていると、お願いしたパスタが出来上がって来ました。

              IMG_2730
先ずは、若者のアイドル。
鉄板で提供され、熱々の状態です。
パスタが鉄板にくっつかないように、玉子が敷いてあるのも好印象ですね(^^)

      IMG_2731

早速、それを口に入れ「美味しい!」と言葉を発する、18歳。
(ま、早い話が息子なのですが^^;)

すっかり気に入ってしまったようです。
世代をまたいで味わう“若者のアイドル”、

       IMG_2744

本当に具沢山で、いい感じですよ(^^)

そして、ほぼ同時に出来上がってきた、おじさんのアイドル・・・・
じゃいない、今は“シーフードのガーリックバターソース”がこちら。

     IMG_2722

おぉ、こちらも具だくさん!
海老、アサリ、イカがたっぷりと入っていますよ。
それに、ガーリックの香ばしい香りがたまりません(^^)

シーフードのガーリックバターソースで、何故おじさんなのか・・・

まずは食べてみて、その理由を探ります・・・

            IMG_2736

   (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味い!
バターとガーリックの風味がなんとも言えない。
そして、そこに魚介の旨味が重なって、文句の付け所がない美味しさです。
これは、思わずおじさんも小躍り・・・・
あれ、そ、そういうこと?

       IMG_2741

具沢山で、思わずワインが飲みたくなってしまうほど夢中になる。
いえいえ、これはおじさんだけのものにしておくのは勿体無い。

というか、こんだけ美味しいのに、名前がアレで、注文が入りにくい。
たしかに、「おじさんのアイドル」じゃ、女性や若者だけではなく、
自分がおじさんだと認めたくない人も注文しにくいかもしれませんね。
(って、私は何の抵抗もなく注文・・・じゃない、質問したのか^^;)

聞いた話によれば、このパスタ、こちらのお店に来る度に、
必ず注文する人もいるくらいに人気なのだとか。

今では、「シーフードのガーリックバターソース」という、
注文しやすい名前になっているので、是非食べてみて下さい。

パスタのモチっとした美味しさも健在、
是非あの感動を味わいに行ってみてくださいね(^^)








【壁の穴 HEPナビオ店】
住 所:大阪市北区角田町7−10 HEPナビオ 7F    MAP
電 話:06-6311-6480
営業時間:11:00〜22:30(L.O.21:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HEPナビオに準ずる)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

気軽にサクッと寄れる「立呑み」。元々は、酒屋の店頭で酒を購入し、その場で立って飲んだのが始まりで、江戸時代から一般的に行われていたのだとか。ウィキペディアによると、太平洋戦争時に酒が配給制になると、一時期立呑みは消滅し、その後、闇市などで復活ののち、種類 ...
続きを読む
気軽にサクッと寄れる「立呑み」。

元々は、酒屋の店頭で酒を購入し、その場で立って飲んだのが始まりで、
江戸時代から一般的に行われていたのだとか。

ウィキペディアによると、
太平洋戦争時に酒が配給制になると、一時期立呑みは消滅し、
その後、闇市などで復活ののち、種類販売自由化により合法的に再開。
1960年代にピークを迎え、その後、高度成長期にすたれた・・・
とある。

昔は、酒屋の店頭での立呑み、いわゆる角打ち。
そんな角打ちに対して、今では居酒屋の椅子がないタイプの立呑みが増えてきていて、
お洒落で女性もひとりで気軽に立ち寄れる立呑みが人気のようですね。

          IMG_1168

先日お邪魔させていただいた、四条河原町の路地裏にある、
“すいば”さんも、そんなお洒落な立呑みの一軒。

   IMG_1169

温かい季節には、お店の外にあるテーブルで、
心地よい風を感じながら楽しむことも出来るみたいですよ。

とはいえ、今の季節は店内のカウンターで。
生ビールで乾杯の後、壁にずらりと並ぶメニューを見ながら、
わくわくタイムがスタートします。

         IMG_1170

牛ロース炙り焼き、ソーセージ盛り合わせのような肉料理から、


  IMG_1171

マグロ、鰤、シマアジ、サーモンなどの刺し身、
むかごの素揚げ、りんごの天ぷらなどの気になるメニューも!

         IMG_1172
それにしても、安いですよね(^^)
気になるものをお願いしましょう。

     IMG_1177

先ずは、イワシカレー南蛮。
カレーと聞くと、素通りできないようになっているようで^^;
ガツンとスパイスが効いているわけではなく、
ほんのりカレー風味の南蛮漬け。
これ、結構癖になりますよ(^^)

             IMG_1181

そして、なまこ酢。
たった280円でこれをいただけるのは、本当に嬉しい(^^)
日本酒もいろいろ揃っているから、楽しめそうですよ!

何気なく、メニューを眺めていて、見つけてしまったのがこれ。

      IMG_1185

熱々のスキレットに入って提供されるのは、
牡蠣の麻婆豆腐。

この時期に美味しい牡蠣がタップリ。
ピリ辛でプリップリの牡蠣で、美味しく温まれます(^^)

ここで、ガッツリと食べるもよし。
待ち合わせ時間に早く来すぎて、0次会をするのもよし。
そして、シメにサクッと立ち寄るのも楽しい、使い勝手のいいお店ですよ〜。

あ・・・京都観光にの後半、こんな感じで立呑みのはしご酒、
そんなのもいいかもしれませんよ〜!







【すいば 四条河原町店】
住 所:京都市中京区中之町569−2    MAP
電 話:075-212-7701
営業時間:16:00〜24:00(L.O.23:30) ※土日祝は、15:00から営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の山手線と比較されることが多い、大阪環状線。少し前までは、国鉄時代の古い車両も走っていて、何処か懐かしい(古臭いと言わないで〜^^;)感じもしましたが、今では新型の電車も多く、すごく快適になりました。でも、この大阪環状線、山手線と違い、ボーッと乗っている ...
続きを読む
東京の山手線と比較されることが多い、大阪環状線。

少し前までは、国鉄時代の古い車両も走っていて、
何処か懐かしい(古臭いと言わないで〜^^;)感じもしましたが、今では新型の電車も多く、
すごく快適になりました。

でも、この大阪環状線、山手線と違い、ボーッと乗っていると、
思わぬところまで連れて行かれると言うキケン性があるのです。

山手線は、どの電車に乗ってもひたすら環状運転を続けます。
つまり、居眠りしちゃっても、山手線の何処かの路線を走り続けるのみ。
それに対して、大阪環状線は、◯◯快速って表示のものに乗っちゃうと、
気がつけば、関空、和歌山、奈良、五条・・・
いろんなところに行ってしまうかもしれない^^;

山手線の駅の数が、29駅に対して、大阪環状線は19駅。
こぢんまりとしていますが、中々奥が深かったりしますよね(^^)

この日は、そんなこぢんまりとしながらも、バラエティ豊かな大阪環状線の駅の一つ、
寺田町に行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、“らーめん砦 寺田町店”さん。

         IMG_2441

長崎県、佐世保で展開されている、貝出汁らーめんのお店で、
魚介の旨味満タンのスープが楽しめるお店です。

貝出汁担々麺をいただいたときの記事はこんな感じ。

そんな砦さんが、自家製麺を完成させ、濃厚な海老出汁でつけ麺を発売されたのだとか。

先ずは、入口の券売機で食券を購入します。

         IMG_2445
(券売機の準備がまだだったみたいで、お店の方に口頭でお願いしました。)

セットは、丼にするか、ダンクライスにするか迷うところですね^^;

   IMG_2446

学生さんの強い味方!
学生証の提示で、ダンクライスor替玉or煮玉子が年中無料!
心強いですね(^^)

注文が決まれば、カウンター席に座らせていただきます。

           IMG_2444

店内は、カウンター席のみで10席ほど。
先客は、ひとりでしたが、この後から2人、3人とお客さんが早い時間から入ってきます。

     IMG_2447

席に座り、あらためてメニューを眺めたりもします。
券売機では、ゆっくり眺めることができないので、席にメニューが有ると便利ですね。
次に来た時は何を食べようとか、やっぱりこれも追加したいなんてものが見つかったりします。
あ、ここの濃厚ミルクソフトクリーム、美味しいんですよ(^^)
(らーめんを注文すると、たったの200円で楽しめます!)

そんな感じで、メニューを眺めたりして待っていると、先ずはつけ汁が提供されます。

        IMG_2453

おぉ、いい香りがしますね(^^)
そして、見るからに濃厚そうですよ。

そして、麺も運ばれてきました。

          IMG_2455

中太の麺に、有頭海老とメンマ。
そして、煮玉子が乗っかっています。

先ずは、スープをそのままいただきます。
       IMG_2463

     (^^)(^^)

おぉ、旨味が濃厚!
海老を食べたときに口の中に広がる旨味が、ここにギュッと濃縮されています。
これは、ワクワクしますね。

    IMG_2466

器から、麺を少しつまんでいただいてみましょう。
香りもよくて、美味しい麺ですよ(^^)

それでは、濃厚海老潮出汁にいただきましょう。

          IMG_2470

      (^^)(^^)(^^)

うわぁ、これはスゴイ!
濃厚な海老潮出汁のつけ汁にもきちんと反応する、自家製の全粒粉麺がいいですよ!
一口食べると、二口三口。
どんどん食べ続けてしまい、味変のタイミングを逃してしまいそう^^;

      IMG_2449

カウンターの上には、クラッシュガーリックチップがあるので、
それを入れてもコクが深まって美味しいですよ。

      IMG_2482

海老も、プリッぷりで甘みがあって凄く美味しい。
追加で、“海老増し”とかあると、更にパラダイス度がアップか!
(って、それは贅沢すぎますね^^;)

         IMG_2474

太めのメンマも、出汁をくぐらせると更に美味しい。

出汁も麺も美味しくて、気がつけばあっという間に完食。

そして、これから第二ラウンドのお楽しみに。

         IMG_2487

これは、砦さん名物の「ダンクライス」。
らーめんのスープに応じて、色んな味のものが用意されています。
この、濃厚海老潮つけ麺用には、トマトチーズ。

これを、残ったつけ汁の中に、ダンクシュート!

       IMG_2496

割としっかりボリュームもあるので、完食できるのかってちょっと心配になりますが、

   IMG_2503

ひとくち食べた瞬間に、そんな心配事は綺麗サッパリと吹き飛んでゆきます。
めちゃくちゃ美味しいのです(^^)

つけ麺を食べに来てみたら、麺だけでなくごはんも美味しい。
ダンクライス、これは必食ですよ〜。

肉類を一切使わない、魚介の旨味だけで作るらーめん。
そんな砦さんのつけ麺、是非食べてみて下さい。
出汁だけではなく、麺の旨さも実感できますよ(^^)











【らーめん砦 寺田町店】
住 所:大阪市生野区生野西2−1−37    MAP
電 話:080-4442-1738
営業時間:11:30〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行に行くときって、ガイドブックの一冊も欲しくなります。るるぶ情報版、まっぷるマガジン。雑誌サイズで、写真が中心で見ているだけでもワクワクします。海外旅行版もで出版されていて、行く予定がないけれど、行きたい場所のものをいくつか持っています^^;そして、地球の ...
続きを読む
旅行に行くときって、ガイドブックの一冊も欲しくなります。

るるぶ情報版、まっぷるマガジン。
雑誌サイズで、写真が中心で見ているだけでもワクワクします。
海外旅行版もで出版されていて、行く予定がないけれど、
行きたい場所のものをいくつか持っています^^;

そして、地球の歩き方。
若干古い情報もあるものの、世界中の殆どの場所をカバーしている点が素晴らしい。
そういえば、ここ何年も買ってないな、地球の歩き方・・・。

そして、日本で唯一の島マガジン「島へ」ってご存知でしょうか?

沖縄本島はもちろん、種子島、竹富島、五島、八丈島、久米島など、
離島の情報を専門にとりあえげている情報誌で、
読んでみるとなかなか面白い。

とはいうものの、この雑誌を見つけたのは、隠岐の島へ旅行に行った現地で。

この日は、そんな隠岐の島で人気のお寿司屋さん、
“八百杉”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_1599

夕方6時過ぎ、お店の扉を開けると、既に何組もの方々で、お座敷の席は埋まっています。
噂通りに人気店、予約の電話を入れておいてよかったですよ^^;

カウンター席の奥へ案内していただき、まずは生ビールの(中)をお願いします。

         IMG_1605

お、ちゃんとした中ジョッキじゃないですか(^^)
大阪では、年々中ジョッキがお洒落な形になって、
あっという間に飲み干してしまう様になってしまいましたが、
こちらのお店では、昔ながらの大きさの中ジョッキ!
これで、1杯550円って言うんだから嬉しいですね(^^)

あ、メニューはこんな感じですよ!

   IMG_1602

       IMG_1603
  
         IMG_1604

さて・・・
盛り合わせをお願いして、単品でいろいろ追加していくのがいいか、
それともおまかせに・・・
そういえば、口コミに「コースがお得で、絶対にオススメ!」って書いてあったなぁ。

「すみません、コースの値段の差って、何が変わりますか?」
「出てくるネタが、変わってきますよ。 やはり、5,000円ともなると、いいネタが出ますよ。」


なるほど・・・
品数が変わるのではなく、ネタの質が変わるのか。
折角なので、ここはちょっと奮発して、5,000円のコースをお願いすることに。

店内は、カウンター席が10席ほどと、小上がり席に6人位が座れる座卓が3つあって、
個室もあるようですね。

地元も方で、賑わっていますよ。
そして、カウンターの中では、店主が黙々と料理を作っています。
とはいえ、きちんと客席にも目配せしていて、見ていても気持ちがいいですね(^^)

そんな感じで、店内の雰囲気を感じながら、生ビールを楽しんでいると、
最初の料理、串カツの盛り合わせが出来上がってきました。

         IMG_1608

ソーセージ、カマンベール、牛チーズ、貝もあるなぁ・・・。

      IMG_1611

メニューにも書いてあったように、ソースもバラエティ豊か。
タルタル、スイートチリ、抹茶塩、とんかつソースが提供されます。
多分、他にも気になるソースがあれば、いえば持ってきてくれそうな感じですよ。

もちろん、生ビールもおかわり。
串カツとビール、嬉しいですね(^^)

串カツは、サクッと揚げたてで美味しい。
歯ごたえがある串カツは、多分バイ貝でしょうか?
なかなかクセにある美味しさですよ(^^)

串カツの次は、お作りの盛り合わせ。

           IMG_1618

豪華に9種盛りで登場です。

つぶ貝、白バイ貝、炙りしめ鯖、サザエ、マグロ、あん肝・・・。
これはお酒がすすんで仕方がない。

     IMG_1643

もちろん地元のお酒、隠岐誉をいただきます。
さらに、海老とホタテ、アワビ、のどぐろなど、これだけ揃えば、
いくらでも呑めちゃいそうで^^;

串カツと、お造り9種盛で、中々いい感じ。
これで、あとは少し寿司をつまめば仕上がり・・・・

         IMG_1650

あ、その前に茶碗蒸しをいただきます。
これも出汁の味わいが美味しい。
寿司屋さんの茶碗蒸し、大好きなんですよね(^^)
(3,000円のコースだと、赤だしになるそうです。)


それにしても、ちょっとお腹も膨れてきたかな・・・
ま、お寿司だし軽くつまめば・・・

         IMG_1654

そう思っていると、思いっきり本気のやつが出てきました^^;

雲丹、いくら、あわび、ホタテ、穴子、カニ、サザエ、つぶ貝、海老、トロ、ヅケ、
のどぐろ、鯵、数の子、玉子。
なんと15貫も!
 

       IMG_1659

これには、燗酒をあわせていただきます。
もちろんこれも、隠岐の酒、隠岐誉。
地元の酒で、美味い魚。

           IMG_1655

最高です。
でも、かなりのボリューム^^;
これは、想像を遥かに超えますね。
こういうのを、嬉しい悲鳴とでも言うのでしょうか。

       IMG_1664

デザートに、サッパリとシャーベットもいただき、超満腹で、大満足させていただきました。
そして、驚いたことに、お酒もしこたまいただいて、ひとり7,000円ちょっと。
これ、素晴らしくお得です(^^)

早い時間から、地元の方で大賑わい。
食べに来てみて、納得です。
隠岐の島で気軽に美味しく、オススメですよ!
あ、必ず予約して行ってくださいね。







【八百杉】
住 所:島根県隠岐郡隠岐の島町中町目貫の二16    MAP
電 話:08512-2-0028
営業時間:17:00〜22:00
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:あり



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもは退屈な電車も、心地よく酔っ払って乗ると、適度な揺れと線路の音が心地良い。タイミングよく目覚めれば、自宅の最寄駅まであっという間。でも、そんなタイミングよく起きれるはずもなく、気がつけば終点、終電ってこともあるのでは^^;関西圏では、JR、南海高野線、近 ...
続きを読む
いつもは退屈な電車も、心地よく酔っ払って乗ると、
適度な揺れと線路の音が心地良い。

タイミングよく目覚めれば、自宅の最寄駅まであっという間。
でも、そんなタイミングよく起きれるはずもなく、
気がつけば終点、終電ってこともあるのでは^^;


関西圏では、JR、南海高野線、近鉄大阪線辺りは要注意ですよね。

三日市町、橋本、榛原・・・。
大阪からは、中々の距離です。
改札を出ると、タクシーの運転手さんが笑顔で迎えてくれますよ^^;

JRの場合は、もっと距離が伸びてしまう可能性も。

網干、播州赤穂、米原、野洲、篠山口・・・。
駅前に宿泊施設があるかどうか、チェックしておきましょうね〜

そして、東西線の場合は、松井山手。

さて、ここは駅前には何があったかなぁ?
それをチェックしに行ったわけではないのですが、先日、
松井山手の駅前にできた、肉とハンバーグが美味しいお店に行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、
“ココロニーキュー(KOKORO29)さん。

         IMG_1227

松井山手駅のすぐ横、ブランチ松井山手という商業施設の1Fにお店はあります。

       IMG_1229

店内は、こんな感じでゆったりと落ち着いた雰囲気ですよ。

人数を告げると、入口に近いテーブル席に案内していただきました。

メニューはこんな感じです。

   IMG_1236

           IMG_1237

  IMG_1238

     IMG_1239

         IMG_1240

   IMG_1241

          IMG_1242

ハンバーグの肉も鶏も乗っかった、最強肉盛り「KOKORO盛り」はお願いするとして、
後はどれにしようかな・・・。

これと、これとこれと・・・。
よし、気になるものを少しずつお願いしましょう。

まずは生ビールで乾杯!

        IMG_1246
こちらのお店では、プレミアムモルツの香るエールを楽しむことができますよ。


そして最初の料理も出来上がってきました。
まずは野菜から・・・

        IMG_1263

というわけで、kokokro29シーザーサラダ。
メニューにも書いてあるように、このサラダは本当にパルミジャーノチーズがかけ放題。
「STOP」というまで、本当に店員さんが目の前で、
サラダにパルミジャーノチーズをかけ続けて下さいますよ。

そして、コロポテ。

        IMG_1272

これは、コロッケをポテトサラダのように仕上げたものでしょうか?
2種類のソースは、ジェノベーゼとオニオンソース。
上には、シュレットチーズが乗っけてありますよ。

食べてみると、これが美味しい!
よく考えてありますよ、この料理(^^)

さて、ここからは肉料理を楽しみます。
まずは、京都ぽ~く100%メンチカツ。

       IMG_1297

メンチカツにするか、コロッケにするかを、
昔コンビニのレジのところで迷ったことがあります。
その美味しさに大差がなかったのです、それらは。

           IMG_1300

でも、このレベルのものになると、そんな悩みなどは全く発生しなくなります。
味のレベルが違う。

切った瞬間にあふれる肉汁と、ソースの組み合わせが凄い。
というか、このソースは肉汁が溢れてくることを前提に作られたのではないでしょうか?
肉汁とソースが合わさったものを更にメンチカツの衣にタップリ絡めていただくと、
至福の美味しさを体験することができますよ(^^)

そのソースは、パンを付けて食べても美味しい。

          IMG_1327

こちらのお店では、パンも自家製。
フォカッチャ、クロワッサン、そしてドイツのプレッツェル風のパンもありますよ(^^)

     IMG_1313

さらに、厚切り牛タンロースト。
厚切りの牛たんって、食べごたえがありますね(^^)
4人くらいで来て注文すると、ちょうどいい感じですよ。

       IMG_1338

そして、メインデュッシュは、名物KOKORO29盛り。
京都ぽ~くハンバーグ、京赤地鶏のグリル、イベリコ豚、カイノミ、
そしてジェノベーゼ ソーセージも乗っかって、ボリュームもタップリ!

           IMG_1351


これはレギュラーサイズで5種盛りなのですが、
ラージサイズになると、7種盛になるのだとか!
今度、もっと大勢に出たときに、是非ラージサイズにチャレンジしてみたいですね(^^)

         IMG_1305

クラフトジンのサントリー六をいただき、ちょっと一息。
これ、美味しいんですよ(^^)
少しお値段は高めですが、充分にその価値あり。
実は私、自宅にもボトルがあったりして(^^)

        IMG_1359

〆には、カルボ風TKGをいただきます。
トリュフ醤油をかけて食べれば、TKG(たまごかけごはん)であることを忘れて、
完全にリゾット気分になりますよ〜(^^)

こちらのお店、既に人気でランチタイムには、
こちらのお店だけ列ができていることも珍しくないそうですよ。 
でもそれは、食べてみて納得!
美味しいんです(^^)

念の為、是非予約してお出かけになってみて下さい!
卒業祝い、入学祝いに如何でしょうか?
美味しくて、ボリュームもタップリですよ〜! 








【ココロニーキュー(KOKORO29)】
住 所:京都府京田辺市山手中央3−2 ブランチ松井山手 1F    MAP
電 話:0774-66-2321
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(ブランチ松井山手の休業日に準ずる)
駐車場:あり(ブランチ松井山手の駐車場 330台分)

ブランチ松井山手のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

「リパブリック賛歌」ってご存知でしょうか?アメリカ合衆国の民謡で、南北戦争のときの北軍の行進曲だった曲だそうです。そんな事言われても、知るわけがない・・・。そう思われますよね。でもこの曲、皆さん絶対に聞いたことがあると思いますよ。        ね、聞い ...
続きを読む
「リパブリック賛歌」ってご存知でしょうか?
アメリカ合衆国の民謡で、南北戦争のときの北軍の行進曲だった曲だそうです。

そんな事言われても、知るわけがない・・・。
そう思われますよね。
でもこの曲、皆さん絶対に聞いたことがあると思いますよ。


        

ね、聞いたことあるでしょ?

この歌が原曲のまま、日本で流れることは少ないと思います・・・・

が、替え歌になってはよく耳にするのです。

      ♪たんたんたぬきの ◯◯は か〜ぜもないのに ぶ〜らぶら〜♪ 

失礼しました^^;
そうではなく、こちらですね・・・。

        

あれ・・・
これはビックカメラ!
そういえば、この原曲って、
ヨドバシカメラのテーマソングの方に似てませんか?

そんなヨドバシカメラを見て、大阪駅のエキマルシェにある、
こちらのお店ラーメンをいただきました。

         IMG_1531

お伺いさせていただいたのは、“博多一幸舎”さん。

大阪駅の桜橋口のすぐ近くにお店があります。

     IMG_1528

元祖泡系 豚骨ラーメン。
ラーメンのことは、詳しくはわかりませんが、こちらのお店、
言ったことがある私の友人の中でも、すごく評判がいいのです。
私も、ずっと気になっていながら、この日にやっと訪問させていただきました。

店内は、満席のようなので、入り口で席が空くのを待ちます。
待つこと、2〜3分、お店の方が呼びに来てくださり、
奥のカウンター席に案内してくださいました。

初めてなので、シンプルに・・・
でも、白ネギの魅力には勝てずに、関西限定の白ネギラーメンを麺硬めでお願いしました。

店内は、テーブル席がメインですが、カウンター席も10席ほどあって、
全部で30席ほどでしょうか。

ランチタイムのピークよりも早めの時間帯に来ましたが、すべての席が埋まっています。

カウンターのところには、こんな感じでラーメンの説明が書いてあるものが。

       IMG_1501
博多といえば、替玉。
そして、麺の硬さを変えてみたり、薬味を足して、味の変化を楽しめるのも嬉しい。

         IMG_1502

なるほど・・・
これならば、外国から来たお客さんにとってもイメージしやすいかもしれませんね。

       IMG_1503

博多一幸舎の辛子高菜は博多で一番辛い高菜!
そ、そうなんですね〜^^;
でも、そう書かれると無性に試したくなるのは何故・・・。

           IMG_1504
唐揚げや餃子も魅力的ですね。
お腹ペコペコのとき、替玉と一緒に注文すれば、より効果的かも?

そんな感じで、説明を見ていると、早くもお願いした白ねぎラーメンが出来上がってきました。

        IMG_1509

黒い器に白いスープが良く映えますね!
たっぷりの白ネギに食欲をそそられます(^^)

それでは早速いただきます、まずはスープから・・・・。

             IMG_1510

うわぁ、これは美味しい!
サラッと入ってくるのですが、旨味の余韻が素晴らしい(^^)
あっさりしているけれど、コクが合って濃厚。
両方の性格を併せ持っている複雑な美味しさですよ。

     IMG_1514

そして、麺もいただきましょう。
硬めの細麺は、食感も最高で、スープの絡みも良い!
これはスルスルいけてしまいますね(^^)

一気にズズッとすすって、喉越しをたのしむ。
そんな感じで食べていくと、あっという間に麺がなくなり、替玉!
そんな楽しみ方を好む人が多いのも頷けますね。

           IMG_1519

関西限定メニューの白ネギは、このスープとの相性もすごくいい。
スープの刻のある旨味と、白ネギの爽やかさが本当によく合いますよ(^^)

    IMG_1522


何故にきくらげ、それは食べた人には必ず理解できる。
こいつが実に名脇役なのです(^^)

          IMG_1526

さて、そろそろこいつ達の出番がやってきたか?

    IMG_1506

いえいえ、その前に胡麻を投入して、香り高くしてみましょうか。

博多ラーメンと胡麻って、本当に相性がいいですよね。
ごまを入れてしまうと、ここで堰が切れたようにいろんなものを投入して、
味の変化を楽しみたくなるから不思議です。

           IMG_1505

さて、いよいよ生姜と辛子高菜の出番がやってきたようですね。

      IMG_1523

こちらのお店の生姜は、紅生姜ではなく、白い生姜。
これならば、最後までスープの美しさを保てるってものですね。
そして、味わいも紅生姜とは明らかに違って優しいのです。
これを見てみても、スープへのこだわりと愛情を感じずにはいられません(^^)

辛子高菜は、確かによく効きますよ。
少し入れただけでも、ピキーンとパンチが効いてきます。
でもこれ、たしかに癖になりそうですよ。

こりゃぁ、どこかのお店じゃないですが、
最初から入れてしまったり、ラーメンを食べる前に先に食べると、
スープの繊細な味わいがわからなくなるかも^^;

            IMG_1525

チャーシューは大きなものが一枚。
肉感もあって美味しいです。
これで生姜を巻いて食べるのもまた最高かも。

そんな感じで食べ進み、あっという間に完食。
今回は、替玉はいただきませんでしたが、
麺の硬さを変えての替玉も最高に美味しいと思います。

それにしてもスープが美味しい。
その気はなくても、気がつけば完全に飲み干してしまっていました(^^)

初めてお伺いしましたが、行列の理由は納得。
一度食べればまた食べたくなる魅力を持つラーメンだと思います。
次回は是非、替玉も楽しませていただきたいと思います!








【博多一幸舎 エキマルシェ大阪店】
住 所:大阪市北区梅田3−1−1 エキマルシェ大阪 1F    MAP
電 話:06-6348-1228
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休(エキマルシェ大阪の休業日は休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

“551”の謎を解け!そんなCMを見ると、確かに気になりますよね、“551”。551があるとき〜!  551がないとき〜・・・。CMを思い出します。蓬莱の豚まん。なんで“551”なのか?蓬莱の前会長が、自分の店を、もっとお客様に親しみやすく、覚えていただきや ...
続きを読む
“551”の謎を解け!

そんなCMを見ると、確かに気になりますよね、“551”。

551があるとき〜!
  551がないとき〜・・・。

CMを思い出します。

蓬莱の豚まん。
なんで“551”なのか?

蓬莱の前会長が、自分の店を、もっとお客様に親しみやすく、
覚えていただきやすくするためになにかアイデアがないかと考えていて、
思いついたのがそうなのだとか。

551。
味もサービスも ここいちばん (カレー屋ぢゃないよ^^;)
を目指そうという身を込めて生まれたのが、551なのだとか。
(ちなみに、当時の本社の電話番号も「64−551」だったそうですよ〜)

気になりますし、覚えやすいです、謎の数字が書いてあれば。

そして、この日にお邪魔させていただいたお店にも、
謎掛けがあるような気がします。

         IMG_0938

お伺いさせていただいたのは、“ラム肉家 398”さん。

名前からもわかるように、堺筋本町、東横堀にある、
“ラム肉家muu”さんの姉妹店です。
(ラム肉家muuさんの記事はこちら。)

東横堀のラム肉家muuさんの提灯には、大きく「ラム肉」と書いてあったのに対し、
こちらは、

          IMG_0940

羊の顔のイラストが書いてあって、中々いい感じ。
ラム肉家はわかるんだけど、「398」って、なんだろう??

ま、とりあえずお店の中に入って、その謎解きでもやってみましょう。

    IMG_0947

             IMG_0948

店内は、スケルトンな内装に、ダクトが張り巡らされていて、ゴチャッとしてそうだけれど、
不思議と整っている感じ。
なんだか、肉を食べたい気持ちにさせる内装っていうのでしょうか?
不思議と落ち着くのです。

先ずは、席に座り乾杯!

       IMG_0960

こちらのお店では、プレミアムモルツの香るエールを楽しむことができますよ。

そして、メニューはこんな感じです。

    IMG_0950

基本セットは、ラム肉家muuさんと一緒ですね。

          IMG_0951

 IMG_0952

何かのメニューが、398円ってこともないなぁ・・・。

      
お得なセットはもちろん、気になるものを選んでお願いします。

         IMG_0966

先ずは、基本セットを塩で。
セットには、ラム肉と淡路産の玉ねぎ、岡田さんのカラフルトマトが付いてきます。
このトマトに熱を加えると、より一層美味しくなる(^^)

        IMG_0978


北海道で食べるジンギスカンの玉ねぎはもちろん北海道産。
現地の玉ねぎは本当に美味しいのです。
やはり、鮮度の違いなんでしょうね。
そして、関西では淡路産の玉ねぎが秀逸!
甘み食感ともに素晴らしい淡路の玉ねぎとジンギスカンの組み合わせは、関西だけ!
ちょっと幸せな気持ちになってきますよ(^^)
 
         IMG_0988

このくらいが食べごろ。
折角なので、焼きすぎないように食べましょう!
(ちなみに、玉ねぎはもうちょっと焼いたほうがいいですよ〜)

これまたビールがすすみます。
ビール以外にもいろいろ飲み物は揃っていますよ!

       IMG_0953

           IMG_0954

では、せっかくラム肉を食べているので・・・。

    IMG_1007

ラムサワーのレモン&ライム。
シャレでもなんでも、美味いんだから仕方がない(^^)

ラムが揃ったついでに、ラム生ハムも。

           IMG_0992

もっとラム独特の癖のようなものがあると思ってましたが、これはお見事!
ワインとの相性もいいでしょうね(^^)

   IMG_0994

焼き網の空いたスペースに、チーズを乗っけてとろけさせてみます。
キャラメルのような色合いのチーズが美味しいのです(^^)

        IMG_0999

チーズフォンデュのようにして食べるもの美味しい。

いろんな種類のチーズを楽しみたい方は、

    IMG_0979

世界のチーズ盛り合わせもどうぞ。
みんなで感想を言い合いながら食べるのも楽しいですよ(^^)

あ、そうそう!
ここに来たならば、これも食べなければ。

          IMG_1009

大きな、極・ラムチョップ。
厚切りのやわらかい骨付きラム肉に豪快にかぶりつく快感。

     IMG_1013

ぜひとも味わってください。

そして、グレンフィディックのハイボールも。

          IMG_1045

この香り、大好きなんですよね(^^)

〆には、ラムスパを。

     IMG_1023

辛さを選べるとのことだったので、辛めでお願いしました。

          IMG_1030

これが中々いい感じの辛さで、どんどん食べすすんでしまいます。

みんなで食べると、あっという間で・・・
 
     IMG_1036

ラムチーズリゾットもお願いしちゃいました。

これが想像以上に濃厚で、かなり美味しかったですよ(^^)

美味しくて、カロリー控えめなラム肉料理。
満足できますよ〜!
あ・・・ラム好きの友人を連れてまた来よう!
きっと喜ぶぞぉ〜(^^)

場所も、三休橋の交差点のすぐ近く、
あ、ひょっとして、ラム肉家 398の「398」って・・・^^;

     








【ラム肉家 398】
住 所:大阪市中央区東心斎橋1−12−14 ゼルコヴァビル 1F    MAP
電 話:06-6245-0398
営業時間:17:30〜翌1:00(L.O.0:00) ※金土祝前日は、翌3:00まで営業(L.O.翌2:00)
煙 草:分煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、よく食べてて美味しかったもの。久しぶりに食べると、懐かしい感じがするのでしょうか?そして、あの頃のようにまた、感動するのでしょうか?久しぶりに、駄菓子屋を見つけて入ってみる。お店の中には、懐かしいお菓子がたくさん売っている。キャベツ太郎、チョコバット ...
続きを読む
昔、よく食べてて美味しかったもの。
久しぶりに食べると、懐かしい感じがするのでしょうか?
そして、あの頃のようにまた、感動するのでしょうか?

久しぶりに、駄菓子屋を見つけて入ってみる。
お店の中には、懐かしいお菓子がたくさん売っている。
キャベツ太郎、チョコバット、さくらんぼ餅、ミニコーラ・・・。

ベビースターラーメン、うまい棒、チロルチョコは格上げされたのか、
今ではスーパーでも売っていますよね。

子供の頃美味しかったもの、今買って食べると、
どんな感じがするのか、ちょっと気になってしまいます。

子供の頃前戻らないにしても、私が今ほどいろんなお店のカレーを食べ歩く前、
ちょっとハマっていたお店があります。

            IMG_8732

谷町6丁目にあるカレー専門店、”伽麗伊屋(カレイヤ)さん。
本当にわかりやすい名前のお店ですよね^^;

     IMG_8737


昔は、心斎橋にもお店があって、そちらの方によくお邪魔していました。
何と言っても、お店の前に書かれてある、このPOPに惹かれて入ってみたのがきっかけ。

     IMG_8736

やっかいな“カレー”
やっかいな“カレー”は、何故手づくりなのか?
頑固一徹のカレーづくりとなると必要以上に手間ひまを惜しまず
何もかも手づくりを厳守します。
その好例が長時間煮込んだカレールー、
三日三晩冷蔵庫の中で静かにねむり熟成されます。


これこれ、このPOPです。
まだ健在なんだ・・・。

なんだか嬉しい気持ちになりながら、お店の扉を開きます。

        IMG_8735

「こんにちは。」
「いらしゃいませ、どうぞお好きな席へ。」


入口近くのカウンター席に座らせていただきます。

この日のサービスランチは、ロースカツカレー。
でも、サービスランチよりも、今日はスタンダードにカレーが食べたい。

        IMG_8733

え、普段は1,200円が、ランチタイムサービスで850円?
うわぁ、ちょっと惹かれるなぁ^^;
でも、今日は予定通り、ビーフカレーを食べると決め・・・

   「すみません、ビーフカレーを下さい。」

はい、なんとか予定通り注文を済ませます。

店内は、厨房を囲むように、U字型のカウンター席と、奥の方にはテーブル席も。
全部で32席あるのだとか。
重厚な雰囲気が、歴史を感じさせます。
昭和の時代には、こんな感じのお店が多かったなぁ・・・。
そんなことを思いながら、カレーが出来上がるのを待ちます。

        IMG_1381

席の前には、スプーンがセットしてあります。
袋に入っていて、そこにも「やっかいなカレー」説明が。
このスタイルも昔と何ら変わっていません。

      IMG_1394

そして、カウンターの上には、3つの薬味入れが。
蓋の上に、白い印がしてあるものには、らっきょう。
赤いものには福神漬が入っています。

らっきょうと福神漬。
正しいニッポンのカレーの姿がここにあるのかもしれない・・・。

そんなことを考えていると、お願いしたビーフカレーが出来上がってきました。

          IMG_1385

大きめの丸いお皿にタップリと。
ルーとごはんは半々・・・いえ、少しルーの比率が多いかな?
なかなか嬉しい感じに仕上がってきてますよ(^^)

     IMG_1387
やっかいなカレーには、いろんな旨味と香辛料が、
複雑に絡み合っているのが、見た目にもわかりますね。

それでは早速いただきましょう。
20年ぶりに食べる、伽麗伊屋 さんのビーフカレーは・・・。

         IMG_1391

   (^^)(^^)(^^)

美味しい!
いやぁ、これは参ったな。
正直なところ、それほどまでは期待していなかったのですよ。

あの頃、大阪にはまだスパイスカレーもなく、
カレーといえば、こちらのような専門店が少しと、喫茶店のカレーか、
食堂のカレーか、洋食屋さんのカレー。

そんな専門店の中でも、好きな味わいのカレーでしたが、
それは、ブログを始める前で、カレーを今ほど沢山食べる前の話。

そして今、20年ぶりに食べる「伽麗伊屋 」さんのカレーは、きっちりとかなり美味しいのです(^^)

カレーのルーは、複雑な味わいが絡み合い、辛さはどちらかと言うと辛口。
いわゆる大人のカレーなのです。

          IMG_1393

そして、ごはんもしっかり固めで、カレーとの相性を一番に考えた炊き加減。
キッチリしているのです。

昔は、2〜3店舗展開されていましたが、いまはこちら、谷町6丁目の本店のみの営業。
でみ、しっかりと守るべきものは守っていらっしゃいます。

やっかいなカレーは、きっちりその味わいを保ち、
昔からのファンも、そして初めて食べる人のココロをもガッチリ掴んでいる。
そんな印象を受けました。

古くから愛され続ける、伽麗伊屋 さんのカレー。
遠くないうちに再訪させていただくのはもちろん、
大阪で美味しいカレーは何処?
そんな質問をされれば、是非ご紹介させていただきたいお店です。

是非一度食べにいってみて下さい。
美味しいですよ〜!








【伽麗伊屋】
住 所:大阪市中央区谷町7−1−39 新谷町第二ビル 1F    MAP
電 話:06-6763-3693
営業時間:11:00〜21:00(ランチタイムは14:00まで)  
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪東京コロッケ食べたい〜♪「コレサワ」ってソロシンガー、ご存知でしょうか?こちらもまたまた、AppleMusicでみつけたんですけど、結構面白い。1992年生まれ、大阪府摂津市出身。テレビでは顔出しをNGにしていて、そのかわりにクマのイラストで本人を表現している。理由は ...
続きを読む
♪東京コロッケ食べたい〜♪

「コレサワ」ってソロシンガー、ご存知でしょうか?
こちらもまたまた、AppleMusicでみつけたんですけど、結構面白い。

1992年生まれ、大阪府摂津市出身。
テレビでは顔出しをNGにしていて、そのかわりにクマのイラストで本人を表現している。

理由は、昔、某レコード会社の人に、
「顔がパッとしない、オーラがない、見た目ではメジャーで勝負できない」
などと言われたのが原因なのだとか^^;
(とはいっても、ネットで見ましたが結構かわいいですよ(^^))

そんな「コレサワ」の歌の中に、【東京コロッケ】というのがあるのです。
コレサワさんがデビューして、大阪から東京に行ったとき、
これでやっと本場の東京コロッケを食べることが出来る!
その時の気持ちを歌にしたのが【東京コロッケ】

♪東京コロッケ食べたい 東京コロッケ食べたい 
       東京コロッケ食べたい でも東京にはない〜♪

※東京コロッケは、東京にはなく、大阪の一部のイベントにのみ登場します。
あ・・・イベントといっても、神社のお祭ですが^^;


(東京コロッケのことは、こちらの記事にも書いてありますよ〜!)

逆に、東京では話題になっていて、
大阪にない(であろう)ものを食べることができました。

この日は、五反田駅のすぐ横にあるお店、
”たくみ”さんにお邪魔させていただきました。

エレベーターで3Fに上がると、お店の入口があります。

店内は、カウンター席からテーブル席、
グループで盛り上がれる個室や掘りごたつ席まであって、100席位はあるのでは。

この日は、個室の掘りごたつ席に案内していただきました。

          IMG_8055
先ずは、生ビールで乾杯!
嬉しいことにお通しはアサリの酒蒸し! 
これはもう、酒を呑めってことですね。(って、呑みに来たんですけどね^^;)

お通しと言うよりも、完全にいきなり全開モード。
ビールをぐいっと煽って、日本酒モードに突入!

           IMG_8102

伊勢志摩サミットにも登場したお酒、三重県の「作(ザク)」をいただきます。

そして、早速本日のメインイベント、
本マグロの断面刺しの登場です!

        IMG_8057

こんな感じで、大トロの部分から、赤身の部分まで、
綺麗にグラデーションされながら提供されます・・・
って、別にワザとグラデーションさせてるわけじゃなく、
マグロの背の部分からお腹の部分まで、断面に切ったのを刺し身で提供しているわけですね。

    IMG_8074

こんな感じで並べてみると、どのくらいの部位が自分の好みかを見つけることもできますよ。
これ、マグロ好きはもちろん、そうでない人もマグロファンになるかも(^^)

先ずは、赤身の方からいただきましょう。

          IMG_8078

ってこれ、赤身と言うよりも完全に中トロですよ(^^)
こりゃぁ美味しい!

そして、大トロもいただきます。
  
     IMG_8088

       (^^)(^^)(^^)

これね、口の中でさぁ~っと溶けますよ!
この断面差しの、しかも本マグロのいろんな部位をこれだけたっぷりと食べられて、
2,680円ならばアリなんじゃないですかね?
4人ならば、ひとりあたりたったの670円ですから(^^)

アサリの酒蒸し、マグロの断面刺しとくれば、
調子に乗って新鮮な海鮮をもっと食べたくなるもので・・・

        IMG_8082

ヤリイカの姿造り。
甘くて、鮮度抜群!
先程のマグロといい、このヤリイカといい、
お鮨屋さんにでも来たのかと勘違いしてしまうくらいに満足度が高いから嬉しい(^^)

ゲソの部分ももちろん刺し身でも食べられるのですが、

       IMG_8118

折角なので、天ぷらにしていただきました。
生もいいけれど、天ぷらもかなり美味しい。

      IMG_8153

お酒が進みすぎてしまうのがコマってしまうところ。
(って、全然困ったふうには見えないですよね^^;)

刺し身で食べて美味しいものは、火を通しても美味しい。
ということは、マグロも・・・。


             IMG_8097

というわけで、漬けマグロのフィッシュアンドチップスもいただきました。
フィッシュアンドチップスも、漬けマグロで作ると、雰囲気が変わりますね(^^)

       IMG_8107

出汁巻き風オムレツでも食べて、ちょっと小休止・・・
なんて思って注文したのが、意外に美味しいから嬉しい(^^)

そろそろごはん物も食べたいと思い、こんなものもお願いしてみました。

          IMG_8134

これは、たくみ竹取物語。
雲丹、いくら、ボタンエビなど、豪華な海鮮が竹の筒にたっぷりと盛られています。
これはどのようにして食べるのか?

しばらくすると、お店の方がやってきて竹の筒を持ち上げて外してくださいます。

          IMG_8151

あら・・・
ボタンエビが中にも隠れていたのですね!
お皿の上にくずして、

       IMG_8162

海苔で手巻き寿司にしていただきましょう。


         IMG_8165
デザートに、プレートワッフルアイス添えもいただき、充実した時間を堪能させていただきました。

本マグロの断面刺しがどうしても食べたくて行ってきましたが、
その他の海鮮もかなり美味しかったですよ(^^)
他にも気になるメニューがいろいろ有りましたが、それはまた次の機会に・・・
是非またお邪魔させていただきます!









【たくみ】
住 所:東京都品川区東五反田1−13−3 デュロス東五反田ビル 3F    MAP

電 話:03-6277-2839
営業時間:16:00〜23:30 ※土曜日と祝日は、15:00から営業、月火曜日は、23:00まで。
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加