美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

今でもオートバックスで売っていたら、ノリで買ってしまうかもしれないもの、「冷房車」と書かれたステッカー。今では当たり前な、自動車のエアコンですが、昔は高級車にしかない装備。今のように、真夏に気温が30℃そこそこまでしか上がらなかったから、走行中に入ってくる ...
続きを読む
今でもオートバックスで売っていたら、ノリで買ってしまうかもしれないもの、
「冷房車」と書かれたステッカー。

今では当たり前な、自動車のエアコンですが、昔は高級車にしかない装備。
今のように、真夏に気温が30℃そこそこまでしか上がらなかったから、
走行中に入ってくる風でなんとかなったんでしょうね。
(信号待ちの時は、サウナ状態でしたが^^;)

市バスも冷房車は稀で、京阪電車も(地下鉄はまだ延伸してなかった)
千林に止まる各駅停車に冷房車はなく扇風機車。

そんなローカルで庶民の街、千林。
今でも昭和の雰囲気が漂う街なのです。

古い民家も立ち並び、長屋もまだまだ残っています。
ん、あの古い家、なんか改装してるぞ・・・。

そんなことを思いながら見ていた建物が、雰囲気のいいイタリアンに。

          IMG_6883

早速ランチタイムにお邪魔させていただきました。

   IMG_6885

お伺いさせていただいたのは、炭焼とワイン fusione”さん。

ご夫婦お二人で切り盛りされていて、
オーナーシェフはリッツ・カールトン大阪のイタリアン、
「Splendido」にいらっしゃったのだとか。

開店時間直後にお邪魔させていただき、カウンター席の入口側、
シェフの目の前に案内していただきました。

        IMG_5949

席に座り、まずはメニューを確認します。

    IMG_5951

ランチは、A(1,500円)、B(2,500円)、C(3,500円)の3種類。
パスタ、肉or魚、肉・魚の両方と、
そしてCだけは、デザートがグレードアップされているようです。

          IMG_5952

本日のパスタは、赤エビのペスカトーレか、サザエとじゃがいものジェノベーゼ。

魚料理と肉料理も選ぶことが出来るようです。

この日は、初訪問だったので、Aランチをお願いしました。

店内は、カウンター席の他にも奥にテーブル席があるようです。

     IMG_5956


天井は吹き抜けになっていて、ゆったりとした空間で寛ぐことが出来ます。

     IMG_5953

古民家のいいところ生かして、
お洒落な空間にリノベーションさせていますよ。

2階は個室のような感じになっています。

        IMG_5958

そして、2階からは1階を見るとこんな感じ。

      IMG_5959

梁が上手く目隠しになっているのです。
こういうのも上手だなぁって思いますね。

まだお客さんがいなかったので、いろいろ見せていただきました。
そして、席に帰ってきてしばらくすると、前菜の盛り合わせが出来上がります。

          IMG_5961

モッツァレラとフルーツトマト、とうもろこしのフィナンシェ、
湯葉豆腐に山葵ソース、そこにキャビアを添えたりして、ワクワク感も満載!
キンメダイの炙りに、チーズのアイスクリーム仕立てなど、サプライズ感も素晴らしい。

すごくセンスありますよね(^^)

これにワインを合わせたら・・・
いえ、これはワインが必須というもの。
車で来たことを激しく後悔してしまいます^^;

前菜をしっかり楽しみ、余韻に浸っていると、先にバケットを出していただき、
間もなく私がお願いした、サザエとじゃがいものジェノベーゼ出来上がってきました。

         IMG_5969

大きなお皿にタップリと。
ボリュームも結構ありますよ!

それにしても、サザエがタップリ。
これは嬉しいですね。

では早速いただきましょう。

           IMG_5973

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
バジルの香りとサザエの味わい、これが実に良く合います。
アルデンテなパスタに、タップリのソース。
もちろん、バケットにソースを絡めて食べることも忘れません。

        

    IMG_5966

こちらは、同行していただいた方が注文した、赤エビのペスカトーレ。
一口いただきましたが、海老の濃厚な風味が病みつきになりそうで、
かなり美味しかったです。

パスタをいただきながら、目の前の厨房を見ていると、
肉厚のサーモンがじっくりと焼き上げられるのが見えます。

そして、鴨肉の厚くて大きいこと!
あのレベルのものが、プラス1,000円でいただけるのは、凄いなぁ・・・
素直にそう思ってしまいます。

パスタを楽しんだ後は、デザートをいただきます。

         IMG_5984

ガトーショコラは、エスプレッソと合わせて楽しみ、
アイスクリーム状のものは、半分は凍ったままのものをいただき、
残りの半分は、半生になったもムース状の食感を楽しむ。
そして、真ん中のものは、和三盆を使ったデザートでしょうか?

「フォークで刺そうとすると、飛んでいってしまいますので^^;」

そんな説明をいただいたので、手で摘んでいただきます。
口の中で溶ける感じが気持ちいいですよ(^^)

そんな感じで、かなり満足させていただきました。

私たちが食事をしている間も、予約のお客さんが次々と来店されていました。
リピーターが多いんだなぁ・・・
そう感じました。

実際に、私たちも、“また食べに来たい!” そう思いました。

お聞きすると、予約で満席になることも、しばしばあるのだとか。

千林なんだから、大丈夫でしょ?

そう思わずに、予約していかれることをオススメしますよ!

           IMG_6886

想像以上に美味しくて、心地よくて、満足度が高かったです。
一流のイタリアンの味わいを、千林大宮で気軽に味わってみませんか?
オススメしますよ!


  








【ワインと炭焼き fusione】
住 所:大阪市旭区大宮4-20-27    MAP
電 話:06-6753-9185
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜22:00
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ
お店のInstagramはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和の頃は当たり前。でも、今となってはすっかり見かけなくなっったもの・・・。ラーメンのなると。必要かって言われれば、いらないのかもしれないけれど、あるとなんだか嬉しい気持ちになるのは、私自身が昭和の人だからでしょうか^^;(ラーメンの海苔は、未だに扱い方を習 ...
続きを読む
昭和の頃は当たり前。
でも、今となってはすっかり見かけなくなっったもの・・・。

ラーメンのなると。
必要かって言われれば、いらないのかもしれないけれど、
あるとなんだか嬉しい気持ちになるのは、私自身が昭和の人だからでしょうか^^;
(ラーメンの海苔は、未だに扱い方を習得していないのですが^^;)

そういえば、うどんに入ったかまぼこも、最近見かけなくなったと思いませんか?

昭和の頃からあるもの。
商店街を歩いていて、ずっと前からそこにあるお店。
子供の頃は全く関係なかったお店、酒場。

そんな感じで、ずっと、ず〜っと気になっていたお店、
千林商店街の中にある“丹倉”さんに行ってきました。

             IMG_7148

この店構え、子供時代の記憶をたどってみても、本当に変わらず。
暖簾は白く綺麗で、変わったのかと思いきや、記されたお店の電話番号は、
大阪の局番が3桁の頃のまま^^;

こういうの、何故か惹かれます。

    IMG_7150

入り口の横には、お酒や料理の値段が書かれた表示もあり、安心感もあります。

暖簾をくぐり、店内に入り、テーブル席で乾杯!
こちらでは、キンキンに冷えたキリンラガービールの生を楽しむことが出来ますよ。

お品書きはこんな感じで、店内の壁に貼ってあります。

  IMG_7155

             IMG_7156


      IMG_7159

サラミ、キムチ、もろキュー、コロッケ、唐揚げ、アジフライと言った定番から、
にんにく天ぷら、地ダコ唐揚げ、ナポリタン、マカロニグラタンなんてものまで。

いろいろ注文してみたくなります。
しかも安い。

先ずは、おでんをいろいろいただきます。

         IMG_7158

大根と玉子、だしが染み込んだ感じが最高!
からしは付け過ぎ注意なくらいに効くのが美味しいですね。

   IMG_7151

そして、う巻き。
綺麗に焼き上げられています。
こういうのをいただくと、日本酒が欲しくなるわけで・・・。

             IMG_7152

手取川、八海山、立山、十四代・・・。
値段を見てビックリ!
1杯の値段ではなく、1合の値段なのですよ(^^)

     IMG_7154

これは、牛すじの土手焼き。
これだけ肉がたっぷり入って、380円って奇跡じゃないかと。

さらに、もやし炒め。

            IMG_7162

お皿もちゃんと中華柄になって出てくるところなんて泣かせます。


千林商店街の中、国道1号線側から入って100mほど。
古いお店ではありますが、清潔感が保たれていて心地いいです。
なるほど、女性のお客さんも安心して楽しめるのがわかります。

昭和の町を散策。
千林でちょっと1杯、なかなかいいものですよ!

こちらのお店や、こちらのお店、そしてこちらのお店とはしごするものオススメです。











【丹倉】
住 所:大阪市旭区千林2-2-19    MAP
電 話:06-6953-9813
営業時間:12:00〜21:00 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の高瀬川ってご存知でしょうか?先斗町、木屋町のあたりに流れる、小さな川。鴨川よりも少し西にある川です。水深も数十センチと大変浅く、落ちれば溺れると言うよりも、怪我してしまうのではないかと思われるような感じです。でも、この高瀬川って、元々の役割は運河。 ...
続きを読む
京都の高瀬川ってご存知でしょうか?
先斗町、木屋町のあたりに流れる、小さな川。
鴨川よりも少し西にある川です。

水深も数十センチと大変浅く、落ちれば溺れると言うよりも、
怪我してしまうのではないかと思われるような感じです。

でも、この高瀬川って、元々の役割は運河。
そう、物流のために作られた川らしいのです。

そんな浅い高瀬川を進める船は、
「高瀬舟」と言って、船底が平らなものだったのだとか…

浅く、緩やかに流れる高瀬川。
三条、四条あたりは賑やかなところを流れていますが、
七条あたりに行くと、 住宅地の中を流れる川・・・
そんな雰囲気になります。

そんな七条あたりの高瀬川沿いに、
ちょっと素敵なブリューパブ(ビールの醸造所とパブが一体のお店)があります。

お邪魔させていただいたのは、“京都ビアラボ”さん。

        IMG_6850
 
本当にこんなところにお店があるの?

そう思いながら、iPhoneを片手に川沿いの道を進んでいくと、
ゲストハウスの隣にお店が現れるのです。

外から店内の様子も見えて、とても入りやすい雰囲気を醸し出していますよ。

    IMG_6854

店内は、醸造所向きのカウンター席と、外側が見えるコの字型のカウンター席があり、
明るくフレンドリーな雰囲気ですよ。

     IMG_5782

こちらのお店のビールで、面白いのが「茶ビール」。

ホップの香りと煎茶の心地よい苦味がよく合うのだとか。

            IMG_6855

他にも、マカダミアンナッツの香りがする、マカダミアブラウンエールや、
たぬきAPA、ソフトキス、不意打ちサワーエールなど、
気になるクラフトビールがたくさんあります。

黒板メニューの他に、カウンターの上にメニューが置いてありますよ。

   IMG_5783

BEER,FOOD,SOFT DRINK,GOODS & INFORMATION

わかりやすく作ってあります。

ページをめくるとこんな感じ。

       IMG_6858

IMG_6860

     IMG_6861

       

ちょっとしたおつまみ程度なのかと思いきや、
肉料理、野菜料理、煮込み料理などもあって、食事もできますよ。

ビールを注文すると、目の前のサーバーでビールを注いでくださいます。

        IMG_5784

ビアサーバーのコックは、お茶の木の枝らしいです。
こういうの、楽しいですよね。
そしてこちらのお店、ゲストハウスの隣りにあるからか、
外国人のお客さんも多いのです。

常連らしき外国人の女性、日本語ペラペラでしたよ。
(バリバリ関西弁でしたが^^;)

         IMG_5802

こんな感じで、さり気なく「Tips for our beautiful staff」
と書かれたカップが置いてあるのも粋なもの。

ちょっと非日常体験ができそうです。

私が注文したのは、好きな3種類のビールが選べる、
テイスティングセット。

         IMG_5788

選んだのは、左から、
マカダミアブラウンエール・わさび塩ゴーゼ・たぬきAPA。

      

マカダミアブラウンエールは、本当にマカダミアンナッツの香りが心地良い美味しいビール。
わさび塩ゴーゼは、意外と酸味があって心地良い。
そして、たぬきAPAは、ゆったりと飲めるビールらしいビールですね。


     IMG_5789

一緒に行った仲間も、こんな感じで違う種類のテイスティングセットを注文したので、
いろんなビールを楽しむことが出来ましたよ。

       IMG_5798

カウンターの中、お店のスタッフのTomさん。
日本語ペラペラです。
かと思えば、外国からのお客さんに流暢な英語で話す姿がカッコいい。
ビールのこと、いろいろ教えてくださいますよ(^^)

          IMG_6857
壁に貼ってあるアートは、販売もしているのだとか。
そういえば、メニューの最後のページに、「GOODS」って書いてあたなぁ・・・。

      IMG_6862

日本人も、外国人の観光客の方も、お店のスタッフもみんな笑顔になって楽しい空間。
河原町、烏丸のような繁華街もいいけれど、

ちょっと隠れ家的な雰囲気のこちら、
「京都ビアラボ」さんを知っておいて損はないですよ。

              IMG_5800

表通りから、ちょっと奥に入ってみる、知る人ぞ知る京都。
体験してみませんか?









【京都ビアラボ】
住 所:京都市下京区十禅師町201-3    MAP
電 話:075-352-6666
営業時間:15:00〜22:00(L.O.21:30) ※土日は13:00オープン。
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ザンギ。昔、北海道が発祥の居酒屋「つぼ八」でメニューを見たときに、その言葉を知りました。メニューの写真を見ると、どう見ても唐揚げなのですが、表記には「ザンギ」。どうも、北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶらしい・・・。北海道弁なのか?しかし、北海道の方に ...
続きを読む
ザンギ。

昔、北海道が発祥の居酒屋「つぼ八」でメニューを見たときに、その言葉を知りました。

メニューの写真を見ると、どう見ても唐揚げなのですが、
表記には「ザンギ」。

どうも、北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶらしい・・・。
北海道弁なのか?

しかし、北海道の方に話を聞くと、ザンギと唐揚げは別のなのだとか。
ザンギは鶏肉に下味を付けてから粉を付けて揚げるもので、
唐揚げの場合は、鶏肉に味のついた粉を付けて揚げるものがそうらしい。

でも、北海道のお店で、「唐揚げ」ってメニュー、見たことあったかな^^;

さて、いつの間に唐揚げがザンギになったのか?

そもそも、ザンギが誕生したのは・・・

           IMG_6352

釧路駅から歩いて10分位のところにある繁華街、栄町。
その街角に、”鳥松”さんはあります。

こちらが、ザンギ発祥のお店なのだとか。

店内に入ると、コの字型カウンター席が10席ほど。
お店に入ったのは、夜の9時頃。
2軒目にフラッと入ってみたのですが、賑わっているのです。

右側に空席を見つけ、なんとか滑り込んでみます。

まずは生ビールで乾杯。
 
       IMG_3421

北海道ではやっぱりサッポロビール。
SINCE 1876、明治に入って間もなくの創業。
赤い星のジョッキが、何だかその気にさせてくれます。

平日の夜の9時でもほぼ満席のお店。
人気の居酒屋なのかな、ここは・・・・

         IMG_6349

見上げると、壁にメニューが掲げられています。

お客様へ お持ち帰りは二人前以上で注文を承ります。
ザンギ、骨付きザンギ、手羽元から揚げ・・・

あ、から揚げってメニューもある(^^)

「ザンギとから揚げの違いって何ですか?」

そんな質問を出来る勇気がない^^;

        IMG_6348



カウンターの中のみなさんの表情は、真剣そのもの。
テキパキと動いていらっしゃいます。
タイミングを見計らって、ザンギ、骨なしザンギ、そしてもつ煮込みをお願いします。

しばらくすると、先にもつ煮込みが運ばれてきます。

       IMG_3423

柔らかく煮込まれていて美味しい。
いい感じにビールがすすみます。


そして、骨なしのザンギが出来上がってきました。

       IMG_3428

見た目はいつもの用な感じのから揚げ。
一つ一つが大きいですね!

では、早速いただきましょう。

           IMG_3432

カリッとした食感の後、ジューシィな肉汁が口の中で弾けます。
熱々ですよ〜^^;
これは、ほんとに何も付けなくても美味しいですね(^^)
老舗の味わいは伊達じゃない。

       IMG_3443

レモンサワー・・・いえ、レモンチューハイと合わせても美味しい。
(レモンサワーくださいって言ったら、レモンチューハイしかないですって、言われちゃいました^^;)

それから5分位して、ザンギ(骨付き)も出来上がってきましたよ。

     IMG_3439

おぉ、いいですね〜
食べやすいのは、骨なしですが、
いろんな美味しさを楽しめるのは、断然骨付き。
骨の周りの肉も美味いんですよね〜(^^)

それでは早速かぶりつきましょう!

       (^^)(^^)(^^)

           美味しい〜!

手が汚れるなんて気にぜずに、豪快にいきましょう。
熱いので、火傷しないようにしなければなりませんが^^;

食べてる間にも、どんどんお客さんがやってきて、
お持ち帰りを買って帰るのです。
これをお土産に持って帰れば、家での株価も急上昇・・・・・

え、家に持って帰るのではなく?
そ、そうでしたか^^;

       IMG_6347

元祖ザンギは骨付きをタレで!
揚げているのは、二代目店主。

ザンギというのは、
中国語の炸鶏(ザージー)に幸運の運(ン)を入れて名付けられたのだとか。


        IMG_3444

そんな二代目店主が今日も真剣にザンギと向き合う。
これは、通っちゃいますよね。

            IMG_3441

骨付きに、タレを掛けてみます。

うん、これはたしかにいい(^^)
そして、他では味わいない美味しさですね。

良いものは変わらず守り、
そして、時代に合わせて進化するものも感じる。
そんな真摯なお店の姿勢が、お客さんの心を離さないのでしょうね。

元祖ザンギのお店、鳥松さん。
釧路に来れば、必ず立ち寄ってみて下さい。
美味いザンギが待ってますよ。

       







【鳥松】
住 所:北海道釧路市栄町3-1    MAP
電 話:0154-22-9761
営業時間:17:00〜翌0:30 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

朝ごはん、ちゃんと食べてますか?眠い目をこすりながら、慌てて食べる朝食。学生時代が懐かしいです。お腹が空いているのかどうか、わからない状態でかき込んでいた朝ごはん。「寝坊したし、今日はいいや!」そんな状態で、学校に行くと、確実に昼間でもたなくて、早弁もし ...
続きを読む
朝ごはん、ちゃんと食べてますか?

眠い目をこすりながら、慌てて食べる朝食。
学生時代が懐かしいです。

お腹が空いているのかどうか、わからない状態でかき込んでいた朝ごはん。

「寝坊したし、今日はいいや!」

そんな状態で、学校に行くと、確実に昼間でもたなくて、早弁もしくは、
休み時間に購買でパンを買って食べちゃうんですよね^^;

でも、いつもとはちょっと違う朝ごはんならば、パッチリと目が冷めてしまうかも?
(旅行に行ったときの朝ごはんが美味しいのって、きっとそのせいだと思いませんか?)

御徒町の高架下には、
朝から美味しいお粥を朝ごはんに出してくれるお店がるらしい・・・。

でもそれは、平日(月曜日から金曜日)のはなし。
私が訪れたのは、土曜日だったので、朝食の営業は行われていなく、
ランチタイム(12:00〜)まで時間をつぶし、リトライ。

しかしそれが、すごく良かったことになる・・・。

お伺いさせていただいたのは、”老酒舗”さん。

        IMG_5343

外観からして、結構本気でしょ?
こういうのはかなり期待してしまいます。

     IMG_5344

ランチメニューはこんな感じで、リーズナブル。
ご飯のおかわりもOKで、確実に満腹になれそうな感じですよね。

とはいえ、折角の土曜日。
昼間っから呑んじゃうことにしましょう。

           IMG_5345

頼もしく、紹興酒のカメがお出迎え。
”蛇口から酒が出る極楽体験”なんて書いてあるから、
入店前からテンションも上がります。

まずは生ビールで乾杯。
生ビールはプレモル、瓶ビールは各社のが揃っていて、
自分で冷蔵庫から出すシステムみたいですよ。

飲み物を注文すると、お通しが出てきます。

        IMG_5257

この日のお通しは、豚の耳。
これがまた、美味いのよ(^^)

ビール、ススんじゃいますよ〜!

さて、気になる料理をお願いしましょう。
メニューはこんな感じですよ。


          IMG_5263

流石にこれはちょっとキビしいかも^^;
なんとなくは分かるのですが・・・

と思っていたら、こちらのメニューも渡してくださいました。


     IMG_5259

           IMG_5260

   IMG_5261

          IMG_5262

これならば大丈夫!
基本、中国語で表記してありますが、日本語でも書いてあるので安心です。


    IMG_5264

メニュー、たくさんあります。
その中から、気になる料理を選びお願いしました。

先ずは、辣汁山羊肉(辛辣ソースで食べる茹で山羊肉)。

          IMG_5266

山羊肉と聞いて、多少のクセはあるものかと思いきや、そんなことは全く無い。
最初はそのままいただきましたが、柔らかくてめちゃくちゃ美味しいのです。

そして、辛辣ソースを付けていただいてみます。

      IMG_5273

       (^^)(^^)(^^)

これ、やめられない!
本当に美味しい(^^)

900円と、こちらのお店の中では高額の部類ですが、
それでも食べたほうが絶対にいいと断言できる味わいですよ!
(私はこれ、次回来たときも必ず注文したいと思います。)

箸休めにでも・・・
そう思いお願いしたザー菜は、嬉しいことにこのボリューム。

        IMG_5271

これで、たくさん飲めますよ(^^)

本当は、〆で食べるものかもしれませんが、
メニューを見て、どうしても食べたくなってお願いした、麻辣咖喱飯。
シンプルなカレーが出てくると思いきや、運ばれてきてビックリ!

      IMG_5281

これ、どう見てもローストされた鶏肉とご飯にスープですよね^^;
でも、奥に見えるスープのようなものが咖喱。

          IMG_5284

これが味わい深く、実に美味しい(^^)

   IMG_5302

このような感じで食べるのが正解だと思われますが、
この調子で食べてしまうと、終わってしまうので、
鶏肉はつまみとして、いただくことにします。

このあたりで、ビール以外のものも・・・

          IMG_5290

お酒、いろいろ揃っていますね。
面白いのが、こちらのお店でのサワーの注文の仕方。
例えば、レモンサワーが飲みたいとすると、先に焼酎を選びます。

キンミヤでも、鏡月でも、芋焼酎でもOKです。
そして次に、割材を選びます。

三ツ矢サイダー、ジンジャーエール、レモンサワー、炭酸水、ホッピー・・・。

私は、キンミヤとレモンサワーをお願いしました。

         IMG_5299

すると、こんな感じで提供されます。
これで、2杯分は飲むことが出来るので、結構お得ですよ!

そして、水餃子もいただきましょう。

       IMG_5294

お願いしたのは、発酵白菜の水餃子。
さぱりした味わいがすごく美味しいですよ(^^)

   IMG_5309

豚の角煮は、1個から注文できて180円と安い。
しかも、味は本格的で美味い!

お店に入ってきたときに見えた、土鍋が気になっていたので、
土鍋料理も注文してみました。

えっと・・・
これにしようかな。
メニューには、酸湯丸子(肉団子発酵出汁)・・・
日本語で言えば、おそらく土鍋肉団子甘酢でしょうか?

しばらくすると、酸湯丸子が出来上がってきました。

          IMG_5310

やはり、そんな感じですね。
それにしても、肉団子デカっ!

    IMG_5324

半分に切ってみると、粗挽きの挽肉がぎっしりと。
これは食べごたえがありそうですよ。

では、火傷しないように気をつけながら、いただきます。

           IMG_5333


     (^^)(^^)(^^)

肉感が半端ない!
そして、美味しい(^^)

肉も美味しいけれど、出汁がまた美味い。

       IMG_5337

さらに、テーブルに置かれている自家製の辣油を後半に入れると、
味が変化して更に楽しめますよ。

朝ごはんにお粥でも・・・
そんなつもりで来たものの、しっかりと楽しんでしまいました。

一度では、とても堪能しきれない奥の深さ。
ここは近々、必ずリピートさせていただきたいと思います!












【老酒舗】
住 所:東京都台東区上野5-10-12    MAP
電 話:06-6284-2694
営業時間:7:00〜22:30 ※朝食の営業は、月曜日から金曜日。 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本で宿泊するならば、東京に泊まるのが一番高い?場所とグレードにもよりますが、そう考えても間違いではないでしょう。でも、今は外国からのお客様がたくさん日本に遊びに来る・・・。時期と場所によっては、東京よりも宿泊料が高くなる場所があるのです。(高級リゾート ...
続きを読む
日本で宿泊するならば、東京に泊まるのが一番高い?

場所とグレードにもよりますが、そう考えても間違いではないでしょう。
でも、今は外国からのお客様がたくさん日本に遊びに来る・・・。

時期と場所によっては、東京よりも宿泊料が高くなる場所があるのです。
(高級リゾートホテルは別ですよ〜)

先日、私が行った7月の札幌がそうでした。

7月の札幌、大人気なのですよ、特に週末は^^;

12月の平日に宿泊した札幌駅前のホテル、
5,000円だったものが、20,000円超えてましたからねぇ^^;

ところで、大阪のホテル事情は?

はい、住んでる者にはわかりません^^;
でも、遠方の友人が遊びに来るのだったら、素敵なホテルをおしえてあげたい、
綺麗でロケーションが良く、リーズナブルならば言うことなし。

そんなホテルが、大阪梅田にオープンしました。

           IMG_6743

曽根崎警察署のすぐ近くにオープンしたのは、
”ibis(イビス) 大阪梅田”。

難波にある「スイスホテル南海大阪」と同じ、
ACCOR HOTELSグループのビジネスホテルです。

      IMG_6738

エントランスもこんな感じでお洒落。
ワンランク上のビジネスホテルという感じですね。

この日は、そんなibis大阪梅田のオープニングイベントに参加させていただきました。

        IMG_6657

イメージカラーは赤。
赤い衣装に身を包んだスタッフがお出迎えしてくださいます。

って、真ん中で風船を膨らましている方は・・・

          IMG_6667

お見事!
バルーンアートでくまのプーさんを作ってくださいましたよ(^^)

そして、招待された私たちも、ドレスコードも「赤」。

私も赤い服装で参加させていただきました。

とはいえ、昼間は仕事で、赤い衣装なんてムリ・・・
そんな方も、いろいろ工夫なさってましたよ。

       IMG_4965

会社で着替えたという、赤いネクタイだけでは物足りなく、
胸ポケットには、赤いペンがズラリ。
ユーモアのセンスがあります(^^)

そして、こんな技を使う強者も!

          IMG_4963

これを、小脇に抱えての参加ってあなた、只者じゃないな^^;
(気になったから、帰りにコンビニに寄って買って帰ったことは内緒です^^;)

       IMG_4952

一番搾りのボトルで乾杯!

       おめでとうござます!

         IMG_4972

どんどんお客さんの数も増え、盛り上がりましたよ!

    IMG_4945

        IMG_4946


  IMG_4948

料理のグレードも素晴らしく、これをいただいただけでも、
サービスへの拘りを感じることができました。
  
        ibisOSAKA


普通のビジネスホテルでは物足りない。
でも、リーズナブルに宿泊したい・・・。

そんな方にぴったりではないでしょうか?

         IMG_4971

イビス大阪梅田、11月1日にオープンです。






          





【ibis(イビス)大阪梅田】
住 所:大阪市北区小松原町1-5    MAP
電 話:06-6363-0331

ホテルのHPはコチラ


※空室状況については、必ず事前にご確認下さい。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつのまにか・・・。油断してたら、いつの間にかやってきた秋。今年はそんな感じですよね。ベランダの窓を開けて、Tシャツと短パンで寝ていたら、明け方の気温の冷え込みにやられそうになった・・・そんな方も少なくないのでは?そういえば、今年の紅葉はもうすぐでしょうか ...
続きを読む
つのまにか・・・。


油断してたら、いつの間にかやってきた秋。
今年はそんな感じですよね。

ベランダの窓を開けて、Tシャツと短パンで寝ていたら、
明け方の気温の冷え込みにやられそうになった・・・

そんな方も少なくないのでは?

そういえば、今年の紅葉はもうすぐでしょうか?
気をつけてみていなければ、いつの間にか終わってしまってそうです。

そして、こちらのお店の限定メニューもそうなのかもしてません^^;

           IMG_6774

シレッと、
そして、凄いうどんを出してくる私が大好きなお店、
大阪旭区にある”うどん蔵十”さん。
           
何気なく、Twitterを眺めていると、こんな文字が・・・

【9010】
すっかり秋らしい天候になりました。
関西もこれから紅葉で色付いて来るかと思います。
いきなりなのですが今日から秋をイメージしたメニューをやりたいと思います。


不定期で、この季節になると出してくださる「秋9010」なのか・・・

それにしても、「秋9010」とは書かずに、「秋をイメージしたメニュー」とはまた^^;
でも、お店の入口のメニューボードには、限定メニューの記載はない。


そんな思い出扉を開け、カウンター席に座らせていただきました。

と、上を見ると・・・

       IMG_5466

あるぢゃないですか、「秋9010」!

座るとスグに、秋9010をお願いしました。

席に座り、Twitterを再び見てみると、「秋の蔵十」の表記も追加されています。
このメニュー、実は毎年登場するわけではなく、不定期登場なのです。
もちろん、登場するとすれば、今の季節なので、これを見逃す手はないのです。
(おそらく、11月中はあるのでしょうか?)

オープンして間もない時間にお店に入ったのですが、
すでに3組くらいのお客さんがうどんが出来上がるのを待っています。
         IMG_5467

控えめな表記だからか、今日もカレーうどんが人気。
蔵十のカレーうどん、美味しいですものね(^^)

   IMG_5469

うどんの極みと書かれた、生醤油うどん。
これも、かなりオススメです!
大阪で、このレベルの生醤油うどんをいただけるお店は、そんなにないですよ〜。

そんな感じで待っていると、2年ぶり(かな?)の、秋9010が登場!

           IMG_5472

今年もタップリと具だくさん。

ベーコン、鶏肉、とうふ、えりんぎ、なす、水菜、トマトetc...
豆乳と白味噌で仕立てられた、出汁はうどんとの相性も不思議とバッチリ!

それでは早速いただきましょう。

     IMG_5479

    (^^)(^^)(^^)

おぉ、これこれ!
この味わいですよ。

豆乳と白味噌。
こう書くと、味の想像ができるかもしれませんが、そんな簡単に想像できること、
蔵十の大将がやるわけがないのです。

複雑な旨味はどこから来るのか・・・

        IMG_5481

そんな事を考えながら食べるのもまた楽しい。

    IMG_5482

遠い昔、パスタのお店で働いていたこともあるとの噂もある大将。
その噂はなまじデタラメでもないことが、トマト使いの素晴らしさから伝わります。

豆乳と白味噌とトマトと豆腐。
気になりませんか?

後半は、一味で味を変化させて、また楽しみます。

           IMG_5485

気のせいか、うどんも紅葉したような気が・・・

この季節だけの限定、
他ではまず食べることができない、秋の味覚のうどんです。
このチャンスに是非、食べに行ってみて下さいね!







【うどん 蔵十】
住 所:大阪市旭区中宮1−12−18    MAP
電 話:06-6957-9010
営業時間:11:00〜14:30  18:00〜20:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

偉そうと、エラそう。漢字で書くのと、カタカナを混ぜて書くのとで、これほどにも意味と雰囲気が違ってくる言葉も他には珍しいかも^^;偉そう・・・いえ、前者の場合は、偉い感じの人とか、偉い人みたいに、肯定的に表現することのほうが多いでしょうか?(または、凄そうな人 ...
続きを読む
偉そうと、エラそう。

漢字で書くのと、カタカナを混ぜて書くのとで、
これほどにも意味と雰囲気が違ってくる言葉も他には珍しいかも^^;

偉そう・・・
いえ、前者の場合は、偉い感じの人とか、偉い人みたいに、
肯定的に表現することのほうが多いでしょうか?
(または、凄そうな人とも言いますね)

さて、カタカナが混ざる方の「エラそう」の方は言うと、

ソファにふんぞり返るとか、
ドヤ顔するとか、
手を腰に当てて、腕を組むとか、
やたら威張るとか・・・。


別に、威張ってるわけじゃないけれど、その存在感が凄いだけで、
そう取られてしまうこともあるようで・・・。

         IMG_4580

なんだかちょっと、エラそうな感じのビール・・・。
こういうのがやたら気になります。


そんな珍しいビールがたくさん飲めるお店に行ってきました。
お伺いさせていただいたのは、大阪京橋にある”ビアカド”さん。

    IMG_6610

店名が示すとおり、カドッコにお店はあります。
わかりやすいですよ(^^)

この日は、開店直後の時間にお邪魔させていただきました。
    
   IMG_6613

          IMG_6617

生ビールのサーバーがずらりと並ぶ、カウンター席でライブ感を楽しむもよし、
ゆったりとテーブル席でくつろぐもよし。
いろんなシーンで楽しめそうです。

まずは生ビールを・・・
と行きたいところですが、ここは徐々にテンションを上げていきましょう。

     IMG_4531
というわけで、ブルックリンラガーと一番搾りで乾杯。

きれいな泡ができてますよ(^^)

        IMG_6620

            IMG_6621

メニューはこんな感じで、燻製料理をはじめ、ビールに合ういろんなものが用意されれています。

そしてよく見ると、ドラフトビールも8種類用意されているのですね!
これは、ビール好きがないて喜ぶ。

      IMG_4504
先ずは、グリーンサラダで準備体制を整えます。
先にサラダを食べると、体にいいらしいですよ〜
(本当かどうかわかりませんが、私がサラダ好きって要因のほうが大きいかも^^;)


料理もいろいろ気になるものをお願いします。

      IMG_4490

先ずは、燻製前菜4種盛合せ。

旨味と香りの両方が楽しめるお得なやつで、
これで軽く一杯のビールが空になります。
 
           IMG_4488

今度は、ハイネケンを。
そう言えば来年(2019年)は、ラグビーのワールドカップですね。
このボトルは、そのデザインが施されています。
今から、前祝ってところでしょうか^^;

そして、ビールと言えばやはりソーセージ。

     IMG_4498

こちらは、茶美豚の燻製ソーセージ3種盛り。
口の中でプチンと弾けて、肉汁が広がる。
そこにビールを流し込むとたまらないですよ(^^)

こうなると、美味しい料理とビールの競演が始まります。

「マスター、ビールお願いします。」

        IMG_4515

鮮やかな手付きでビールを注いでくださるマスターは、
笑顔が素敵で、いろんなことを教えてくださいます。
マスターの話を聞きながら飲むビールが美味いこと(^^)

       IMG_4520

じっくりと注いでくださった、ベルギーの修道院で作られるビール、
CHIMAY(シメイ)。

じっくりと旨味を楽しみます。

これには、ピッツァをいただきましょう。

       IMG_4536

名前も素敵な「ビールがススム!! 羊肉ピッツァ」。
記事が、デニッシュになっていて、サクッと心地よくいただけますよ(^^)

              IMG_4508
さらに、ドラフトビール3種類飲みくらべ。
こんな感じで楽しめるのは、本当に楽しい。
真夏にグッと飲むビールも美味しいけれど、秋にじっくり飲むビールも素敵なものです(^^)

        IMG_4651

ビールと言えば、やはり唐揚げ。
やっぱりこれは外せません。

ここで、ちょっと特別なビールが登場。

          IMG_4562
こちらのお店では、ドラフトビールの他に、
こんな感じの珍しいボトルビールも楽しむことが出来ますよ。

これも、マスターがじっくりと注いで下さいます。

       IMG_4571

一旦勢いよく注いで、少し待ちます。

              IMG_4580

そうすると、だんだん泡が上がっていきますよ。
グラスの細い部分を通る時は注目ですよ〜!

    IMG_4584

そしてまた、ビールを注いでいきます。

しばらくすると完成です。

            IMG_4586

グラスホルダーの取っ手の部分を持っていただきましょう。

そして、それに合わせるものは、ワタリガニのトマトクリームパスタ。

        IMG_4603

こんなに立派なワタリガニが乗っかったパスタが、1,290円とはちょっと驚き。

      IMG_4617
しかも、美味しいからやめられない(^^)
テンションも上がります。

    IMG_4628

ちょっと珍しいものないですか?

そう言えば、出してきてくださったのがこのビール。
これは、ベルギーの「DUCHESSE DE BOURGOGNE」といって、
レッド・ビール。

最初は戸惑うかもしれませんが、なれると酸味が心地よく本当に美味しいですよ。

          IMG_4559

味わいのあるビールには、牛ヒレ肉とフォアグラのロッシーニを。
柔らかいヒレ肉と、フォワグラの旨味が堪らない。

そして、〆にはこれを忘れてはいけません。

      IMG_4631

黒ビールを使ってじっくりと煮込んだ、
「ビアカド、黒ビールカレー」。

〆というよりも、これも充分ビールのつまみになりますね(^^)

常に8種類のドラフトビールと、世界の珍しいボトルビールがいただけるお店、
ビアカドさん。

軽く一杯のつもりが、じっくり味わってしまいました(^^)
ビール好きの方はもちろん、そうでない方も一度行ってみて下さい。
美味しい体験、タップリと出来ますよ!











【ビアカド】
住 所:大阪市都島区東野田町2-8-1 ササキビル 1F    MAP
電 話:06-6358-7765
営業時間:17:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の限定から目が離せない!いつも美味しいランチや、クォリティの高いものを提供してくれるお店の店主が、あまりの食材の良さに、ついついチャレンジメニューを提供してくれる季節、秋。炊き込みご飯にさりがねく松茸が入っていたり、旨みたっぷりのサンマを使ったカレーが ...
続きを読む
秋の限定から目が離せない!

いつも美味しいランチや、
クォリティの高いものを提供してくれるお店の店主が、
あまりの食材の良さに、ついついチャレンジメニューを提供してくれる季節、秋。

炊き込みご飯にさりがねく松茸が入っていたり、
旨みたっぷりのサンマを使ったカレーが出てきたり、
そろそろ牡蠣がとうじょうしたりして、目が離せないのです。

先日も、「小さい秋みーつけた」と題した、松茸を使ったラーメンを、
さり気なく限定で発売した、京阪千林駅すぐにある、
”ラーメンMARCO”さん。

早朝から活動したこの日は、ランチタイムには、かなり空腹の状態。
千林商店街を、唯一味わっていない、濃厚醤油ラーメンの口になりながら、
歩くこと約10分。

お店に到着し入口を見ると、「限定 担々麺」の文字が。

急遽予定を変更し、担々麺を注文しました。

こちらのお店、不定期で限定ラーメンを出していて、
それがまた、評判がいいのです。

冷やしラーメン、
冷やしつけ麺、
鱧ざんまい冷やし塩つけそば、
カボチャポタージュの冷やし担々麺、
秋刀魚出汁ラーメン・・・


そんな魅力的な限定メニューの数々の存在。
知っていたのですが、縁がなく食べたことがなかったのです。
そんな中、急遽目の前に現れた、限定メニューの担々麺。

まさに、今その夢が叶う!

         IMG_6467

いつもの、白く綺麗な器に入って運ばれてきます。

思わず見とれそうになるのをこらえて、まずはスープからいただきます。

    IMG_6470

       (^^)(^^)(^^)

参った、これは美味しい!
腹ペコの状態を差し引いても、かなり美味しい。

「辛さが足りなかったら、足せますよ」

そう仰っていただきましたが、これでも美味しい。
いいバランスが取れていると思います。

          IMG_6472

麺は、担々麺に多く見られる太麺のタイプではなく、中細タイプ。
でもこれが実に良く合っている(^^)

タップリの野菜の美味しさが特徴のこちらのお店。
この担々麺でもそれは同じく、本当に満足度が高いです。

   IMG_6480

後半、少し辛さ増しをお願いすると、こんな感じで麻辣両方のスパイスを渡してくださいます。
一気に入れてしまうのもいいのでしょうが、少しずつ入れて味の変化を楽しんでみましょう。

         IMG_6477

スープの温度も、最初に比べて少し下がり、
辛さ増しを入れるには、絶妙のタイミング。

タップリの肉味噌と一緒に楽しむことが出来ますよ。

     IMG_6476

麺にもタップリと絡めていただくと、
かなり幸せな気持ちになります(^^)

お腹に余裕があれが、替え玉で再度楽しみ、
さらに、〆のごはんで坦々リゾットまで味わうことが出来ますよ!

京阪千林駅前のラーメンMARCOさん、今注目のお店ですよ〜。



 
          






【ラーメン MARCO(マルコ)】
住 所:大阪市旭区清水1-18-15    MAP
電 話:090-5654-7894
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜21:00 
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦屋のメニューに、やたら美味いカレーがある。そんな話を聞くと、無性に食べたくなります。まるで、ラーメン屋さんでラーメンを食べずに炒飯だけ食べるようなものですが、ほとんどのお客さんが、それを注文していたら、自分もそれを注文してしまいます。そんな感じで、そ ...
続きを読む
蕎麦屋のメニューに、やたら美味いカレーがある。
そんな話を聞くと、無性に食べたくなります。

まるで、ラーメン屋さんでラーメンを食べずに炒飯だけ食べるようなものですが、
ほとんどのお客さんが、それを注文していたら、自分もそれを注文してしまいます。

そんな感じで、そのお店にある意外なメニューって気になりませんか?

偶然ではあるのですが、メニューに載ってた意外なものが美味しかった・・・。
そんなお店に行ってきました。

この日にお伺いさせていただいたのは、
北海道釧路駅近くにあるお店、”いの一番”さん。

           IMG_3097

釧路が発祥と言われている、炉端焼きのお店です。

   IMG_3143

カウンターの中には、シブい感じの炉があります。

         IMG_3146

    IMG_3145

その日のオススメや、旬の食材はこんな感じで短冊に書かれていたり、
黒板に書いてあります。

            IMG_3104

レギュラーメニューはこんな感じ。
焼物、揚げ物、お刺身、おでんなど、いろんなものがありますよ。

    IMG_3105
そして、飲み物はこんな感じ。

やはり、北海道に来たならば、サッポロクラシックの生ビールをいただきましょう。

         IMG_3099

ビールとほぼ同時に、お通しも運ばれてきます。

    IMG_3109

お通しは、鮭フライとポテトサラダ。
ちょっと豪華な感じですよね(^^)

そして、この季節に、これを外してはいけない。

           IMG_3115

釧路で水揚げされた、新鮮な秋刀魚の塩焼き。
脂ののりも最高!
これは美味い。


秋刀魚が美味しかったので、調子に乗ってししゃももいただきましょう。

      IMG_3122

ししゃもと言えば、子持ちししゃもを思い出しますが、
これは子持ちではないもの。
純粋にししゃもの旨味を味わえます。

ここで、飲み物のメニューを見てみると、なんだか気になるものが・・・

          IMG_3130

ナポリンサワーとはいったい・・

      IMG_3127

お願いしてみました^^;
これは、北海道限定の飲み物、「リボン ナポリン」を使って作ったサワー。

ナポリンは、1911年の発売当初、ブラッドオレンジを原料に使っていたので、
イタリアの街、「ナポリ」にちなみ、「ナポリン」と命名されたのだとか。
(現在、ブラッドオレンジは使用されていません)


味わいは、甘めのサワーといった感じ。
こういうのをいただくと、なんだかザンギが食べたくなります。

            IMG_3112

というわけで、お願いした自家製ザンギ。
大きなザンギが5つも入って、680円はお値打ち。

          IMG_3123

そして、くしろ夕日ハイボールもいただきます。
ウイスキー・ハイボールに、グレナデンシロップを入れて、
夕日をイメージしたものだそうです。

なんとなく、その場のノリで注文したチーズオムレツ。

         IMG_3135

出てきたものを見てビックリ!
想像していたものと違い、思いのほかに本格的。

大きさも素晴らしいし、ケチャップではなくデミグラスソースっていうのが嬉しい。

   IMG_3142

食べてみると、中からはチーズがとろけて、本当に美味しい!
炉端焼きのお店で見つけた、意外なホンモノ。
これは、他にもいろいろと、隠し技がありそうなお店ですよ。

           IMG_3106


こちらのお店の情報を教えていただいた、
全国を駆け巡るパワフルなKさん、本当にありがとうございました。







【いの一番】
住 所:北海道釧路市北大通12-2    MAP
電 話:0154-25-1331
営業時間:17:00〜23:00
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭水化物✕炭水化物の組み合わせで、人気なのはやはりラーメンライスでしょうか?ラーメンにご飯を添える、ラーメンライス。中には、キムチが食べ放題のお店もあるから、頼もしいものです。ラーメンだけでは、お腹が一杯にならない、食べ盛りの方や、力仕事をする人には、嬉 ...
続きを読む
炭水化物✕炭水化物の組み合わせで、人気なのはやはりラーメンライスでしょうか?

ラーメンにご飯を添える、ラーメンライス。
中には、キムチが食べ放題のお店もあるから、頼もしいものです。

ラーメンだけでは、お腹が一杯にならない、食べ盛りの方や、
力仕事をする人には、嬉しい組み合わせですね。

わざわざご飯をつけなくても、大盛りを頼めばいいのに・・・

そんな声もありそうですが、大盛りラーメンではなく、
ラーメンライスだからこそ、出来る楽しみもあるようです。

スープを飲み、麺を食べて、そこにすかさずライスをかきこむ。
そのままスープを飲み、今度はチャーシュを食べ、ライスをかきこむ。
海苔をスープに浸し、それでライスを巻いていただく。
麺を全部食べたなら、残ったスープにライスをダイブさせ、雑炊のようにいただく。


こんなシナリオもあるようですね。

はて・・・
ラーメンライスは一般的なのに、なんでお好み焼き定食はダメなんだろうか^^;


そんな事を考えながら、やってきたのがこちらのお店。

         IMG_6577

この日は、京都の百万遍の交差点のスグ近くにあるお店、
”総代麺家あくた川”さんにお邪魔させていただきました。

お店に到着した時間は、夜の8:30頃。
でも、お店の前には行列が出来ているのです。

え・・・そんなに人気なの?

そう思いながら、私たちも列に加わります。

待つこと10分ほど、順番が来たので店内に入り、券売機で食券を購入。

        IMG_6571

ラーメンは、並・中・大の三種類。
そこに、味付け玉子、海苔、ちゃーしゅー、ほうれん草、キャベツなど、
好みの具材をトッピングしていきます。

驚くべきポイントは、50円出せば、ごはんがおかわり無料!
これは、学生さんは喜びますよね。

購入のは、並らーめんに海苔のトッピング。
未だに、ラーメンの海苔に関しては、扱い方がよくわからないのですが、
あえてチャレンジしてみることにします。


食券を購入してしばらくすると、お店の方が食券を受け取りに来てくださいます。

         IMG_6572

「麺の硬さ等、どうしましょうか?」

これも、家系ラーメンのお約束。
麺の硬さ、あぶらの量、味の濃さを選ぶことが出来ます。

私は麺硬めで、後は普通をお願いしました。

席が空き、テーブル席に案内していただきます。

店内は、厨房の前にカウンター席が4〜5席。
そして、6人が座れるテーブル席が4卓あります。
 
    IMG_6575

なるほど、店内は京都大学の学生さんでしょうか?
若い方たちで賑わっていますよ。
そして驚くことに、ほぼ全員が「ごはん」を注文しているのです。

ごはんは、最初の1杯が真ん中に肉が乗っかった、魯肉飯のようになっています。
学生さん(と思われる方々)は、ラーメンが来る前に、まずそのごはん(魯肉飯)を食べ、
ラーメンが到着すると同時に、ごはんのおかわりをしているのです。

こりゃぁ、みんな注文するわな・・・・
同行していただいた方と、そう話します^^;

        IMG_6574

「白帯」と書かれたところに、何人かの方の名前があります。

「これは、常連さんのお名前ですか?」
と聞くと、
「はい、そうなんですが、ただ単に回数来たと言うだけじゃないんですよ。」
とのこと。

白帯の上に、紫帯茶帯、黒帯、師範代とあり、
お店に通い、何かをクリアすればステージが上がっていくのでしょうね。
こういう仕掛けも面白いですね。

そんなふうに話していると、私たちが注文したラーメンも出来上がってきました。

           IMG_4281

濃厚な豚骨醤油スープに海苔とほうれん草にチャーシュー。
これぞ、家系ラーメンといった感じですね。


まずはスープをいただきます。
    IMG_4287

おぉ、これこれ(^^)
濃厚な旨味がたまりませんね。

そして、麺もいただきましょう。
 
         IMG_4289

うん、いい硬さで美味しい!
中太の縮れ麺がスープに良く絡んで美味しいですね(^^)

   IMG_4297

チャーシューも、厚切りながら、柔らかくて美味しい。
トッピングでチャーシューを加えたら、どのくらいのボリュームになるのだろうか。

ここで、ほうれん草をいただき、口の中をリセット。

         IMG_4296

これ、いい仕事してますよね(^^)

さて・・・この大量の海苔をどうやっつけてやろうか・・・。

      IMG_4285

1,2,3,4・・・7枚ものっかっちゃってますよ^^;
スープに浸して、

       IMG_4300

ごはんを巻いて・・・
って、ごはん、注文してません^^;

では、そのままいただきましょう。
あ、結構美味しい!
でも、なんだか違うような気がする^^;

では、こうやってみようかな・・・

         IMG_4301

麺とほうれん草を巻いて食べてみます。

これはこれで、美味しいのですが、なんだかちょっと違う。
やはり、ごはんと一緒に食べるのが正解のようですね!
(このあと、大量の海苔と戦うことになったのでありました^^;)

      IMG_4303

味変用に、コチュジャンとにんにく、
ブラックペッパーにお酢が用意されています。

先ずは、ブラックペッパーで味を引き締めてみます。

   IMG_4304

うん、これは美味しい!
にんにくも入れれば美味しいのでしょうが、次の日の予定を相談しながら・・・。

〆にはお酢を入れて、さっぱりといただきましょう。

           IMG_4305

入れる量に注意!
ではありますが、さっぱりとして美味しいですよ。

総代麺家あくた川さん、
美味しいラーメンと、いろんな仕掛け、そして確実に満腹になれるシステムで、
遅い時間でも、行列が絶えないほどに大人気です。
今度は是非、おかわり自由のごはんも一緒にいただきたいとおもいます。

          




【総代 麺家あくた川】
住 所:京都市左京区田中門前町73    MAP
電 話:075-721-7797
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜21:00
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterkはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋は収穫祭!いろんな美味しいものがどんどん市場に出てきますよね。柿、栗、梨、さつまいも、秋刀魚、新米・・・。そう言えば、新酒のボージョレー・ヌーヴォーも11月に解禁になりますよね。でも、新酒といえばワインだけではないんです。お隣の国、韓国のマッコリも、10月 ...
続きを読む
秋は収穫祭!

いろんな美味しいものがどんどん市場に出てきますよね。

柿、栗、梨、さつまいも、秋刀魚、新米・・・。

そう言えば、新酒のボージョレー・ヌーヴォーも11月に解禁になりますよね。

でも、新酒といえばワインだけではないんです。

お隣の国、韓国のマッコリも、10月の最終木曜日が解禁日。
10月最終木曜日はマッコリの日!
だそうですよ。


マッコリの場合は、ヌーヴォーではなく、新米マッコリと呼ぶそうです。

そんな新米マッコリの解禁イベントにお邪魔させていただきました。

        IMG_6599

お伺いさせていただいたのは、心斎橋にある韓国料理のお店、
”DANMI RED”さん。

こちらのお店で開催された、
「新米マッコリ解禁パーティ 
         マッコリ de NIGHT」

に参加させていただきました。

※こちらの公式HPにも、新米マッコリのことが詳しく書かれていますよ!

会場内は、新米マッコリの解禁を祝う雰囲気賑やか。

        IMG_6601

いろんな種類のマッコリが用意されています。

     

マッコリの歌も流れてお祝いムード満点です。

       IMG_4411

好きなマッコリを手にとって、
みんなで乾杯!

       IMG_4423

そして、美味しい韓国料理もたくさん用意されています。

   IMG_4399

辛さがクセになる、トッポギ。

         IMG_4416

濃厚なチーズとみんな大好きダッカルビの出会い、チーズダッカルビ。

その他にも、色んな料理が並びます。

      IMG_4442

それにしても、こちらのお店、”DANMI RED”さんの料理、美味しいですね!

              IMG_4455


いろんな種類のマッコリを楽しめて、マッコリの種類の多さにも感動。

    IMG_4448

この季節にピッタリの、栗のマッコリもありますよ。

もちろん、これもいただきましょう。

         IMG_4422


栗、オレンジなどのバリエーションも豊富。
そして、マッコリってカクテルにしても楽しめるみたいですよ!

       IMG_4387


ビールを飲むような感覚で楽しめるマッコリ、
是非この機会にいろんなマッコリを楽しんでみては如何でしょうか?

韓国料理はもちろん、
いろんな料理に合わせて、楽しんで下さいね!


もっと詳しく新米マッコリを知りたい、
ぜひ実際に飲んでみたい方は、
新米マッコリの公式HPをぜひご覧くださいね!




Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも何気なく通っている交差点。よく見ると、大阪市内なのに、江戸とか、肥後とか、土佐とか・・・。大阪市内には、そんな地名が多く見られますよね?肥後橋には昔、肥後熊本藩の蔵屋敷があったり、土佐堀には、土佐の商人が多く集まっていたとかの由来があるようです。大 ...
続きを読む
いつも何気なく通っている交差点。
よく見ると、大阪市内なのに、江戸とか、肥後とか、土佐とか・・・。

大阪市内には、そんな地名が多く見られますよね?

肥後橋には昔、肥後熊本藩の蔵屋敷があったり、
土佐堀には、土佐の商人が多く集まっていたとかの由来があるようです。


大阪市内には、他にもそんな由来がありそうな地名がいくつかあります。


安土町、備後町、淡路町、伏見町・・・。

先日は、そんな中の1つ、備後町にあるラム肉の美味しいお店に行ってきました。

            IMG_6580

お伺いさせていただいたのは、”ラム肉家muu”さん。

堺筋本町の駅から歩いて5分位のところにお店はあります。

       IMG_6585

こちらのお店では、焼肉スタイルで柔らかく新鮮なラム肉を楽しめるそうです。

   IMG_6589

          IMG_6588

店内は、おひとりさまや、二人で楽しめるカウンター席と、
グループでも楽しめるテーブル席があります。

この日はテーブル席に案内していただきました。

     IMG_4384

先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレミアムモルツ香るエールを楽しむことが出来ますよ。

グビッと生ビールを楽しみながら、メニューを拝見・・・。

   IMG_6591

基本セットは、生ラム肉と玉ねぎとカラフルトマトが付いてきます。
生ラム肉は、塩かタレを選べるので、お好みの方を選びましょう!
あ・・・お代わりして両方楽しむっていうのもアリですね(^^)

           IMG_6595
飲み物はこんな感じ。
普通のサワーの他に、ラムサワーも楽しむことが出来ますよ。

  IMG_6597

ワインもいろいろ揃っていて、肉とワインのマリアージュを楽しむことも。
さ、いろいろお願いして楽しみましょう!

          IMG_4310

先ずは塩焼きでさっぱりと。

   IMG_4329

ちょっとくらいレアでも大丈夫なので、焼きすぎないように気をつけて・・・
あ、もう食べ頃かな?

           IMG_4338

では早速いただきます。

       (^^)(^^)(^^)

わ、本当に美味しい!
大阪でも、このレベルのラム肉をいただけるお店が出来たのは、本当に嬉しいですね。
あっさりして旨みたっぷり。
いくらでも食べられそうです。

そう言えば、ラム肉って体にも優しいらしい・・・。

        IMG_6593

体に吸収されにくい脂肪、淡路島産玉ねぎで血液サラサラ。
またまた、美味いこと言っちゃってぇ^^;
とは言いながらも、しっかりノセられちゃいます(^^)

    IMG_4320

というわけで、今度はタレ焼きもお願いしちゃいました。

これも、焼きすぎないように気をつけて、
頃合いになれば、特製のタレにつけていただきましょう。

           IMG_4333

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これも美味い!

どんどんおかわりしちゃいそうですよよ、肉も生ビールも(^^)

焼肉だけではなく、こんなメニューもあったので、お願いしました。
  
         IMG_4343

こちらは、ラムポン。
さっぱりと口直しにも最適ですよ〜
パクチーと一緒に食べても美味しい。

       IMG_4365

そして、アボカドチャンジャ。
チャンジャとアボカドのまったりした感じがよく合います。
これは面白い!

          IMG_4377

そして、北海道の人が好きな固い「鮭とば」
ネーミングにつられて注文しましたが、これがなかなかいい感じ(^^)
ちょっと炙っても美味しいですよ!

     IMG_4345

ラム焼肉のお供にお願いした、チーズはこんな感じ。
これも、焼台に乗っけてチーズをとろけさせて、

            IMG_4354

こんな感じでラム肉のチーズフォンデュを楽しんじゃいましょう。

焼台の上に乗っけると言えば、こんな感じでラムのアヒージョ、
ラムージョも楽しめちゃいますよ!

    IMG_4383


そうそう、ラム肉と言えば、やはりこれも楽しまないと・・・。

    IMG_4358

大きなラムチョップ。
これも、焼き網の上にのっけて、焼いちゃいます。

              IMG_4374

厚みがあるので、ちょっとだけじっくりと焼きます。

     IMG_4368

焼けるのを待つ間、国産クラフトジンの「六」をいただきます。
これ、美味しいんですよ(^^)

いい感じに焼きがあったので、豪快に手で持っていただきましょう。

        IMG_4372

      (^^)(^^)(^^)

柔らかくて美味しい!

そんな感じで、ラム肉をしっかり堪能できます。
ここの肉、本当に美味しかったです。

週初め、美味しいラム肉でも食べて、今週も頑張りましょうね!








【ラム肉家 muu】
住 所:大阪市大阪市中央区備後町1-1-9    MAP
電 話:06-6229-5529
営業時間:17:30〜23:00(L.O.22:00)  
煙 草:分煙(電子タバコのみOK)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな雑踏に中でも、自分の名前を呼ばれたら、反応してしまう。たしかにそんな経験、ありますよね。ザワザワしている中、なんとなく呼ばれた気がする、病院の待合でも、自分が呼ばれると反応してしまうのはそのせいなのでしょうか?それと同じような現象が、街なかにもある ...
続きを読む
どんな雑踏に中でも、自分の名前を呼ばれたら、反応してしまう。


たしかにそんな経験、ありますよね。
ザワザワしている中、なんとなく呼ばれた気がする、
病院の待合でも、自分が呼ばれると反応してしまうのはそのせいなのでしょうか?

それと同じような現象が、街なかにもあるのですよね。

お店の看板を見ていて、自分の名前や苗字と同じものがあれば、
ついつい二度見してしまうことがあります。

同じでなくても、似たようなものでも反応してしまう。

「おおき」と「あおき」
「大木」と「大本」
「古田」と「吉田」・・・


実は、こちらのお店の前を、車で通り過ぎたときも、
私は反応してしまったのです。

          IMG_6547


実は、私の本名と似てるんですよね^^;

この日は、そんな”かれー屋ひろし”さんにお邪魔させていただきました。

お店は、JR嵯峨野線の円町駅から歩いて7〜8分のところにあります。

お店に到着したのが、12:30頃。
店内には、すでに5人位のお客さんが座っていらっしゃいます。
私もカウンター席に座らせていただきます。

お店は、店主と思われる男性の方と、女性の方二人で切り盛りされています。

「カレーの写真とか、撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」
「あ、どうぞ!」


快諾していただきました(^^)

先ずは、メニューを確認します。

    IMG_6543
 
         IMG_6541

カレーは、
チキン、野菜、エビとアサリ、納豆、スペシャルから選び、
辛さ、ライスの量、トッピングと選んでいきます。

メニューには、番号も書いてあります。
どんな順番で注文すればいいのかがわかりますね。

   IMG_6542

10月限定のスープカレーは、豚しゃぶ・・・・
あ、これは土日限定ですね^^;

この日の注文は、チキンのスープカレー、7辛、ごはんは普通、
そして、納豆のトッピングをお願いしました。

スープカレーに納豆、これが意外と美味しいのですよ!

注文が入ると、スープカレーを作り始めていただきます。

私が座った後からも、地元の方と思われるお客さんが次々と入ってきます。

若い方から、年配の方まで、本当に客層はいろいろ。
人気ですね。

             IMG_6544

カウンターの上には、限定メニューとオススメのトッピングが書いてあります。
ここに、季節ごとのオススメが入るのでしょうね。

カレーが出来上がるまでの間、再びメニューに目を落とします。

   IMG_6541

チキンのスープカレーはどこにでもありますが、
ここにメインで納豆のスープカレーが乗るのは珍しい。

トッピングにあおさ海苔もあったのか・・・。
それもイッとけばよかったなぁ。

そんな感じのことを考えて待っていると、
お願いしたスープカレーが出来上がってきましたよ。

             IMG_4204

鉢の中に入った、タップリのスープカレーには、
骨付きチキンレッグがまるごと1本と、ゴロゴロ野菜。
いい感じですね!

それでは早速いただきましょう、まずはスープから・・・。

        IMG_4207

        (^^)(^^)(^^)

美味しい!
最初に甘みを感じ、後からスパイスの香り、
辛さが通り過ぎて旨味が口の中に広がります。

そして、こちらのお店の納豆は、ひきわり納豆。
しかも、嬉しいことにたっぷりと入っていますよ!

       IMG_4208

ご飯は、お皿ではなく、お茶碗に入って提供されます。
結構しっかりと盛っていただいてますね(^^)

   IMG_4209

スプーンですくい、スープカレーの中に浸していただきます。

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
納豆たっぷりで、ご飯との相性もバッチリ。
これは止まらなくなりそうです。
          
          IMG_4211

チキンは、スプーンで簡単にほぐれるほどに柔らかい。
これが大好きで、スープカレーをいただく時は、チキンを注文することが多いのです。

チキン、ごはん、スープカレー、ごはん、やさい、ごはん・・・
その全てに納豆も絡んでくるから本当に嬉しい。

    IMG_4214

スープが美味しいから、バランスを忘れて、ついつい飲みすぎてしまいましたが、
最後はここに、ごはんをダイブさせて、楽しみましょう。

食後に少し、お店のお二人とお話させていただきました。

私が札幌でスープカレーを食べたとき、納豆のトッピングが気に入って、
それからずっとスープカレーには納豆を入れることを話すと、
お二人とも納豆を入れるのがお好きだとのこと。

「50円高くなってしまうのですが、納豆スープカレーに、
チキンレッグをトッピングで加えたほうが、納豆感がより増しますよ!」


とのこと。

それ、次回に必ず実践させていただきたいと思います。

美味しいスープカレーと、店主のお話、店員の女性の笑顔に癒やされます。
京都市内中心部からは少し離れますが、是非とも足をのばしてみて下さい。
オススメします(^^)










【かれー屋ひろし】
住 所:京都市中京区西ノ京御輿岡町27-7    MAP
電 話:090-8387-9845
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:禁煙 (軒先に喫煙スペースあり)
定休日:火・水
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーガーを食べると、必ずと行っていいほど付いてくる、フライドポテト。世界的チェーンのハンバーガー店で、ハンバーガーだけを注文すると、「ご一緒にポテトもいかがですか?」と、薦められるのは有名な話^^;でも、アメリカでは”フライドポテト”と言っても、通じにく ...
続きを読む
ハンバーガーを食べると、必ずと行っていいほど付いてくる、フライドポテト。

世界的チェーンのハンバーガー店で、ハンバーガーだけを注文すると、
「ご一緒にポテトもいかがですか?」と、薦められるのは有名な話^^;

でも、アメリカでは”フライドポテト”と言っても、通じにくいらしい・・・。

アメリカでは、”フライ”または、”フレンチフライ”というのが正しいのだとか。

アメリカなのに、なんで”フレンチ”なのか?
確か、フランス語でポテトフライは、「ポム フリット(Pommes Frite)」

その由来は諸説あるようですが・・・

18世紀後半、フランス国境に近いベルギーを旅していたアメリカ人が、
旅行中にフライドポテトを食べて、すごく気に入り、
そのレシピをアメリカに持って帰り、
「フランス風ポテト」というメニューで出したのがきっかけなのだとか・・・。


そんなフライドポテト、が代名詞とも言われているアメリカ料理ですが、
実はもっと奥が深かったのです。

この日は、京都百万遍にあるアメリカ料理とクラフトビールが美味しいお店、
”ASH FORK (アッシュフォーク)さんにお邪魔させていただきました。

            IMG_6549

出町柳駅から歩いて7〜8分、
京都大学のある百万遍の交差点から2〜3分のところにお店はあります。

    IMG_6551

食堂。
その文字から期待させられるのは、空腹を満たせる! そんな暗黙の了解。
こちらのお店では、アメリカの美味いものとクラフトビールを楽しむことが出来ますよ。

         

今流行りのこの曲が流れてくる・・・
わけではなく、店内では古き良きアメリカが再現されていますよ。


    IMG_6552

どちらかと言うと、バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界。
この日も、店内のモニターでは、
マーティーとビフが繰り広げる世界が映し出されていましたよ。   

          IMG_6558

こんな感じで、店内はリアルアメリカ、
アメリカのカフェの雰囲気が満タン!
そこにいるだけでワクワクした気持ちになってくるから不思議です。

      IMG_6557

テーブル席に座り、メニューを確認させていただきます。

   menu1

        menu2

  menu3

ハンバーガーはもちろん、ガーリックシュリンプ、スペアリブ、ピッツァ、
ロコモコなどのライスプレートも充実。

      IMG_6569

それにこの宴会プランはビックリした!
タップリ食べられるハングリーコースでさえ、飲み放題付きで3,000円って凄いですよね。

ロコモコに、オムライスに、ケンタッキーチキンボウルで満腹確約!
なのですが、今日はビールと一緒に
いろんな料理を楽しませていただくことにしましょう。

          IMG_4228

先ずは、ハートランドの生ビールで乾杯!
このビール、大好きなんですよね(^^)

冷たいビールには、何を合わせるか・・・
あ、これなんか良さそう。

      IMG_4232

そんな感じで選んだのは、オイルサーディンサルサソース。
旨みたっぷりのオイルサーディンに、タップリとサルサソース。
ちょっぴりのピリ辛と、オイルサーディンが本当によくあって美味しいですよ。

そして、ホタテのテキーラ蒸し。

         IMG_4236

ワイン蒸しとか、酒蒸しって食べたことがありますが、
テキーラ蒸しは初めてです。
もっと酒々しているのかと思いましたが、以外にもあっさり。
でも、食べていると、後口にちょっとテキーラを感じることが出来ますよ(^^)

これはアメリカ料理というよりも、イギリス料理なのでしょうが・・・

     IMG_4245


フィッシュアンドチップスです。
でも、イギリスのそれとは、ちょっと雰囲気が違いますよね。
食べてみると、柔らかくて美味しいですよ!
そのままでも十分に美味しいのですが、一緒についてくるタルタルソースをかけると、
更に深みが増しますね。

          IMG_4223

思わず、ビールをお願いしました。
今度は、フィリピンのビール、サンミゲル。
現地っぽく、ボトルのままでいただきます。
このワイルドさが逆に新鮮ですよ〜!

お店の方に、オススメを聞くと、
「スペアリブは是非!」とのこと。

      IMG_4247

ドーンと盛られたスペアリブ。
これは、たしかに美味しそう。
そして、すごくいい香りですよ(^^)

         IMG_4258

デカイですよね〜
えっと、ナイフとフォーク・・・・
え〜い、豪快に手で持って、齧りついちゃえ!

      (^^)(^^)(^^)

う、美味い!
肉は柔らかく、なんと言ってもタレが美味い(^^)
これ、テイクアウトで持って帰ったら、確実に家での株価、上がりますよ〜!

スペアリブで、しっかり肉モードになったら、
どんどん突き進め〜!


          IMG_4269

と、いうわけで、
チーズ、エッグ、オニオン、アボカドが入った、パワフルなハンバーガー、
ALL AMERICAN BURGERもいただきましょう。
このままじゃ、当然口に入りきらないので、
”ギュッ”っと、押さえて口に入る厚さにして、後が豪快にかぶりつきましょう。

      (^^)(^^)(^^)

だた、大きいだけでなく、しっかり美味しい。
バンズ、チーズ、肉。
それらが一体になって絶妙なバランスを組み上げている。
これ、1,000円しないのって、奇跡的に安いと思いますよ!

店主が昔、過ごしていたアメリカ、アリゾナ州のASH FORK。
その雰囲気を再現したレストラン、アッシュフォークさん。

アメリカ料理って、ジャンキーでボリュームだけじゃないの?
そう思われている方にこそ、行っていただきたいお店です。
美味しいですよ! ぜひ立ち寄ってみて下さいね。









【ASH FORK(アッシュフォーク)】
住 所:京都市左京区田中門前町60    MAP
電 話:075-723-7320
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:30) 18:00〜翌1:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加