美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2008年01月

先日、西区にある蕎麦屋さん、”武蔵野”さんに、月に一度の、蕎麦の会に行ってきました。毎月第三木曜日の、この会なのですが、1月はイレギュラーで、24日の木曜日に開催されました。            ここの蕎麦屋が、他の蕎麦屋さんとちょっと違うのは、大将の ...
続きを読む
先日、西区にある蕎麦屋さん、”武蔵野”さんに、月に一度の、蕎麦の会に行ってきました。
毎月第三木曜日の、この会なのですが、1月はイレギュラーで、24日の木曜日に開催されました。
            



ここの蕎麦屋が、他の蕎麦屋さんとちょっと違うのは、大将の酒、肴、そして、野菜をテーマにした素材へのこだわりと、その調理法です。ま、平たく言うと、美味いの一言なのですが・・・

蕎麦と様々な料理の会席、そして、本格焼酎か吟醸酒の飲み放題が、月替わりであるのですが、今月は、吟醸酒も本格焼酎も両方飲み放題です。

盆と正月が一気に来たとは、まさにこのことでしょうか?

さて、ここの蕎麦屋さんの特徴の一つは、蕎麦を〆に持ってこずに、最初に出すところでしょうか?

まずは、細挽蕎麦を、葱と辛み大根でいただきます。
蕎麦の歯ごたえ、のどごしが素晴らしいです。

そして、次に粗挽き蕎麦を塩で。

蕎麦を塩でいただくと、その香りと甘味がよくわかります。

そして、蕎麦をいただいたあとの楽しみがこれ、
e63c8650.jpg
蕎麦湯です。
とろりとしているほどに、濃くて、まったりしています。
蕎麦湯を飲むと言うよりも、食べている感じですね。

さて、蕎麦を一通り堪能したあとに、初めてお酒を飲むことが許されます。


これだけあると、もう、どれから飲んでいいのかわかりません!!
そして、ここから料理が運ばれてきます。
0ba8069b.jpg
百万石、二十日大根、紅心大根、緑大根、赤大根、紫キャベツ、セロリ、黄色カリフラワーを味噌でいただきます。
この食べ方が絶妙で、野菜の持っている甘味を最大限に引き出して、これだけでかなりのお酒を飲めそうです。

ef2be6a8.jpg
山形平田牧場の三元豚を下仁田葱と水菜と煮物でいただきます。
そして、真ん中の大きなものが、桜島大根です。
          

箸で下仁田葱をつかむと、真ん中が飛び出してきました!
何だか嬉しい瞬間です。

c843b6f6.jpg
鱚と北海道タマネギの南蛮漬け。
”歯に自信のある方は、骨までお召し上がりください”とのことで、もちろん、骨まで残さずいただきました。

65e90d0f.jpg
大山鶏とサラダほうれん草と脇芽ブロッコリーと青梗菜と赤葱の炒め物です。
この、大山鶏の柔らかくて、味のあること!!これ、もっといっぱい食べたかったです。

799bbfad.jpg
赤目親芋と人参、菊菜、万願寺唐辛子に北海道産白いそつぶ貝の炊いたものです。
前回は、ツブ貝にしてやられましたが、今回はホレ!
         
大成功!!
すっきり快感ですね!!

b95ca738.jpg
初物の岩手のめかぶは磯の香りと歯ごたえが、またまたお酒をすすめてしまいます。そして、山形の塩納豆!これも日本酒がすすみます。
山形県といえば、酒処、やはり土地のものは土地の酒によく合うようになっているのでしょうね。
そして、これはなぜかホッとする。丹波の黒豆煮です。上品な甘味が何とも!!

01cdeb0d.jpg
自家製の薩摩揚げはふわふわで柔らかく、イカなどの具がたっぷり入って、これは芋焼酎のものすごくマッチします!もう、やめられません!!

f57429c6.jpg
最後は、さっぱりと壬生菜、結球高菜、三池高菜の塩もみ。
石川の梅干しでほっこりと・・・

このあと、蕎麦の実と北海道大納言小豆の善哉が、厄払い(大将は私と同じ年なので、厄年なのです)で、出していただき、美味しくいただいたのですが、食い気が勝って、写真撮ってません!!
そして、最後は蕎麦茶をいただき、ごちそうさま!!

今年初めての、本物の蕎麦、たっぷり堪能させていただきました!









【蕎麦道 武蔵野】

住所 : 大阪市西区江戸堀2-3-5 MAP 
電話 :  06-6445-8791
営業時間 :  11:00~17:00(土~15:00)、木金のみ18:00~22:00 第3木曜日は蕎麦会のため、事前に要予約。
定休日 : 日・祝
このエントリーをはてなブックマークに追加

忘年会に比べて、新年会って意外と少ないですよね。みなさん、お正月にしこたま飲みまくるからでしょうか?そんな私も、新年会は・・・っていっても、昨日3回目の新年会を。昨日は、西区の西大橋にある、トラットリアパッパに行ってきました。なにわ筋を一本西に入ったところ ...
続きを読む
忘年会に比べて、新年会って意外と少ないですよね。
みなさん、お正月にしこたま飲みまくるからでしょうか?

そんな私も、新年会は・・・っていっても、昨日3回目の新年会を。昨日は、西区の西大橋にある、トラットリアパッパに行ってきました。
5fd427bf.jpg
なにわ筋を一本西に入ったところにある、そこは、お店に入った瞬間から、今から食べる素敵なイタリアンを連想させてくれる、素敵な演出が待っていました。

入り口を入ってすぐのところに、色鮮やかな、真っ赤なトマトが、これでもかってくらいに並べてあって、これは期待しないわけにはいきません!

内装も、これまた陽気なイタリアンチックで、手作り(?)であろうかと思わせるほど、暖かみにあふれています。


テーブルに案内されて、席に座ると、その席からは清潔な感じの厨房の様子がよく見える特等席でした。
で、テーブルの上には、私たちを歓迎してくれるこんな演出まで!
             


で、今日は、仲間であるNさんのお誕生日パーティーも兼ねているので、まずはスパークリングワインで乾杯です。
57f502ac.jpg
そして、最初の前菜は、蕪のアンチョビソースとレンコンのアンチョビ和え、これまた、上に乗っているのが蕪のソースです。
c000d652.jpg
上品な味の蕪とレンコンに、塩味のきいたアンチョビのソースが又よく合います。それを、蕪の甘みのソースがほどよく包んでくれます。

                

自家製のふわふわのフォカッチャと、靱公園横の名店、タケウチのパンを添えて。

そしてオードブルルの盛り合わせ。
f21efadf.jpg
ヒラメのカルパッチョに、


サザエのバジルソース


生牡蠣は甘みたっぷりで、生臭さのかけらもありません!


そして、驚くべきはこのです。

鯖とワインなんて、無茶したらいけませんよ!!っておもって口にしたのですが、嫌な風味一つしないのですね!むしろ、鯖の甘みが心地いいくらい。
脱帽ですね、これは。


ワインも白から赤へと数珠つなぎであいていき、
いよいよパスタの出番です。

まずは、パスタ生地に甘エビのソースを包み込んで、上からトマトソースをかけたものです。
0e77a7ca.jpg
これを一口で食べると、口の中は、最初トマトソースのさわやかな酸味がきて、その後すぐを甘エビの甘みとコクがくちのなか一杯に広がっていって、これまた、嬉しい誤算というか、予想外の仕打ちというか、想像を遙かに超えた美味しさです!

70165046.jpg
次は、イカスミを使ったパスタに、ボッタルガ(からすみパウダー)がかけてあります。
このパスタをイカと絡め、なおかつボッタルガをかけていただくのですが、この、イカスミ、イカ、ボッタルガの三重奏がたまらない!!
いぜん、ボッタルガをいただいたときには使いこなせずに、半分以上無駄にしてしまったのですが、こうやって使うといいのですね!!(とはいっても、真似をするのはとても無理ですが・・・)

             


さて、いよいよ料理もメインになってきます。
そのまえに、又ワインがあいてしまいました。
大勢でくると、これができるから素敵ですよね。こんなん、2,3人で屋ったら大変なことになります。
              


メインは、スズキのポワレです。
8046010c.jpg
表面の皮がぱりぱりに香ばしく焼いてあり、この香りだけでも、もう、口の中がとんでもないことになってしまいますあせあせ(飛び散る汗)
           

さらに、このスズキにはソースがかかっているのですが、このソース、蕪で出来ていて、この野菜の甘みがまた、た・ま・ら・な・いっこんなん、普通思いつかないでしょ!!久々にまいったです!

食後のデザートは、Nさんの誕生日パーティーも兼ねていることを事前にお店に伝えてあると、こんな素敵な演出をしてくださいました。
39374b3a.jpg
なんと、手作りのバースデーケーキです!
これには、温かいカプチーノがよく合いますね。


これだけの満足なイタリアン!みなさんもお気づきでしょうか?前菜からメインまで、魚介と野菜だけで、肉類が一つも使われていないことに。


【トラットリア パッパ】
住所:大阪市西区新町2丁目3-9  MAP
電話:06-6536-4188 
営業時間:11:30~14:00、17:30~21:30
定休日:日曜日と第3月曜日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新年も明けて、3週間が経とうとしている最近。外食ランチもいよいよ本格化してきました!さて、先週末、お昼時に神戸三宮を通ることがあったので、行ってきました。三宮でお昼ご飯を食べるときの、2回に1回は行っていた、大好きなカレー屋さんへ。三宮のセンタープラザのB1F ...
続きを読む
新年も明けて、3週間が経とうとしている最近。

外食ランチもいよいよ本格化してきました!

さて、先週末、お昼時に神戸三宮を通ることがあったので、行ってきました。

三宮でお昼ご飯を食べるときの、2回に1回は行っていた、大好きなカレー屋さんへ。
三宮のセンタープラザのB1Fにあるここ。
            

サヴォイへ。
震災の後に、三宮で仕事をしていて、偶然見つけたお店。
メニューはたったの一品で、ビーフカレーのみ。650円也。
お店に入って、座ると、一言だけ質問されます。
”ごはん、どないしましょ?”これ、ご飯の量を選べるのです。
少なめ、普通、多め、大盛りと。で、どの量を選んでも、値段は変わらずに、650円です。
2cd5fe9f.jpg
カレーには、キャベツのサラダもサービスでついてきて、栄養のバランスもばっちりです!!さらにうれしい事に、この薬味が食べ放題!!
           

定番の福神漬け、らっきょのほかに、ここのカレーにめちゃくちゃよく合う、にんじんときゅうりのピクルスです。
僕はいつも、福神漬けはなし。らっきょ3個、きゅうりのピクルス5~6個、にんじんのピクルスも5~6個位をのせていただきます。
47cf6ab9.jpg
カレーの中には繊維状になるまで煮込まれた、牛肉がこれでもか!!ってくらいに入っています。
そして、スパイスの香りがものすごくよくて、味は結構辛口です!(とはいっても、僕にとってはそんなに辛くはありませんが)
この薫り高くてスパーシーなカレーに、にんじんときゅうりのピクルスがものすごくマッチしています。

以前はここのお店に、丸メガネのマスターや怒りっぽいおばちゃんがいて、名物だったのですが(若いアルバイトの男の子が、手際が悪くて、よく怒られていました!ご存知の方もいるのでは)今は、すぐ近くのさんプラザのB1Fにて、”いっとっ亭”というカレー屋さんを営業されています。システムも味もよく似てますよ!昔のサヴォイの味かなぁ!?
また、次回はそちらのほうにも行ってみて、レポートします


【サヴォイ (SAVOY)】
住所:神戸市中央区三宮町1-9-1 センタープラザ東館 B1F   MAP">MAP
電話:078-333-9457 
営業時間:11:00~18:00
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のお昼ご飯は、久々の、B級グルメの復活です!!以前、大阪は天満の路地裏に、知る人ぞしるって感じでオープンした、関西人には、あまりなじみのない、魚系スープのラーメン屋さん、その名も、”にぼしラーメン 玉五郎”の大阪駅前第3ビル店に行ってきました。 店の ...
続きを読む
今日のお昼ご飯は、久々の、B級グルメの復活です!!
以前、大阪は天満の路地裏に、知る人ぞしるって感じでオープンした、関西人には、あまりなじみのない、魚系スープのラーメン屋さん、
その名も、”にぼしラーメン 玉五郎”の大阪駅前第3ビル店に行ってきました。
 

店の前には、これでもかって位に、煮干しと、トロ箱が積み上げられていて、煮干しで取ったスープへの期待感が、わき上がってきます。

この店では、煮干しラーメンと、つけ麺が選べて、今回注文したのは、
860ebc93.jpg
盛りだくさんのチャーシュー、メンマ、こだわりの煮玉子がのった、
5e0b2a3f.jpg
特製つけ麺  です。          
麺は、つやつやで、コシのしっかりした、太麺で、つけ麺にぴったりです。
みなさん、ご存じだとは思いますが、つけ麺は、熱い濃いめの付け汁に、冷たい面をつけながら食べる、関西では最近になってようやく増えてきたスタイルの、食べ方です。
0f85a1f5.jpg
このように、つけ麺の美味しい食べ方がカウンターの上に置いてありました。

ボリュームたっぷりの、分厚いチャーシューが2枚も載っているにもかかわらず、スープの中には、チャーシューのきれはしが、ゴロゴロと入っていて食べ応え満点です!!
             

そして、特筆すべきは、この黄身がオレンジ色になっている、特製の煮玉子です。
0744f3f5.jpg
玉子って、いいものはコクがあって、まったりしてて美味しいものだとは知っていましたが、実は、いい玉子って、ほんのりと甘いんですね!!食べた瞬間、え?あ、甘いやん!!!って思いました。

さらに、ここのつけ麺の演出の凄いところは、
食べている半ばに、別添えのお皿で提供される、柚と三ツ葉を加えることで、味の変化を楽しませることを忘れさせないことでしょう。
208a94f1.jpg
これを加えると、さっぱりとさわやかな風味が口の中を駆け抜けていって、いくらでも食べられてしまいそうです。

そして、もう一つのつけ麺のお約束といえば、麺を食べきったあとのスープ割りです。
            

これは美味いです!!
せっかくの煮干しで取っただしを余すことなく楽しむことが出来て、満足度も絶頂に達してしまいます!!

そして、テーブルの上には、こんな嬉しいサービスも。
           

ごはんに、煮干しふりかけですって!!
これ、今回はご飯は注文しませんでしたけど、これはご飯にかけたら、それだけでおかわりしてしまいそうですね!
ましてや、オレンジ玉子の玉子かけご飯に、この煮干しのふりかけをかけた日には・・・・
あーーーーたまらない!!次回は、それに決定です!!

ごちそうさまでした!!!






【にぼしラーメン 三代目 玉五郎】
住所:大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第三ビル B1F  MAP
電話:06-6345-2399 
営業時間:11:00~22:00
定休日:無休

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

年始は珍しく、外食はせずに、家にこもって・・・ませんね。でかけたおしてました!でも、昨日は、久々に街に出て、晩ご飯を食べてきました。友達と新年会と称して、北新地にある鮨や、おらんく家に行ってきました。             ここのお寿司屋さん、北新地に ...
続きを読む
年始は珍しく、外食はせずに、家にこもって・・・ませんね。でかけたおしてました!でも、昨日は、久々に街に出て、晩ご飯を食べてきました。
友達と新年会と称して、北新地にある鮨や、おらんく家に行ってきました。
             

ここのお寿司屋さん、北新地にあるにしては、割とリーズナブルで、まともなお寿司が食べれるとあって、結構人気のお店です。

毎年年始になると、恒例というか、無性にここに行って、お寿司をつまみたくなります。

まずは、さっぱりと剣先イカをレモン塩で。
           

いかって、醤油で食べるのも、もちろん美味しいのですが、このレモン塩でいただくと、レモンのさっぱりとした酸味の後を、以下の本来持つ上品な甘みが口の中一杯に広がります。
もちろん新鮮なイカなので、ねっとりとした嫌な感じとは全く無縁です。
そして、大好きな煮穴子
              

甘辛く煮付けられた穴子は、くちの中で見事に崩れていって、心地いい甘さを残してゆきます。
そして、横に添えられているガリで口直しをして、
              

もう一つのレモン塩でいただくお薦め、
5cc60674.jpg
牛肉のあぶりです。
鮨の中では邪道かもしれませんが、これ、口の中でとろけます。
うまい牛肉にも、やっぱり塩が一番か!!って、改めて思いました。

飲み物ですが、乾杯はビールで、寿司屋に来るとだいたいは冷酒を注文するのですが、正月明けの新年会の時だけは、違います。
              

珍しく、熱燗なのです。
普段は日本酒は冷やしたものしか頼まない私なのですが、なぜか新年会の時だけはこれです。縁起担ぎとかじゃなくて、好んで頼んでしまいます。なぜか、ホッとするんですね。

              

まぐろは、トロではなく、赤身です。
ここのマグロの赤身は本物のマグロの旨みがぎっしりで、かなり美味いです。トロの脂の甘さを味わうのも魅力的ですが、マグロ本来の赤身の旨みを味わうなら、断然軍配はこちらに上がると思います。

そして、ここ、おらんく家の鮨の中でも、もっとも好きな一品がこれ。
3e874533.jpg
生ウニの握りです。
ウニの甘みが素晴らしく、それにもまして、口の中に入れたときのシャリが、ハラリとくずれる感じが、何とも言えずに、一貫でノックアウト状態です。
これを食べると、今年も又1年頑張るぞっていう気にさせてくれます。

最後はさっぱりと
 

細葱のにぎりと、青梗菜の握りです。

定番の茶碗蒸しは、穴子入りをチョイス。
01bc4cb4.jpg
旨みの聞いた出汁の味と、穴子の甘みが見事にマッチして、素晴らしいものでした。

そして、ここのお店の特徴である、〆のシジミのお味噌汁をサービスしていただきました。
               

お酒を飲んだ後の、肝臓への心配りが嬉しいですね。

回転寿司も大好きで、子供たちを連れてたまに行くのですが、やっぱり、年始は少しの贅沢、美味しいお寿司屋さんって、いいものですね。
心も体も温まった第一回めの新年会でした。










【おらんく家 北新地 別館】
住所:大阪市北区曽根崎新地1-2-13   MAP
電話:06-6345-2331 
営業時間:17:30~03:00(土曜日は~24:00)
定休日:日曜日・祝日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加