美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2010年03月

みなさん、大阪地元産って、結構美味しいものがあるのをご存じですか? 今、注目されている大阪産(おおさかもん)と呼ばれる“泉だこ”や“犬鳴ポーク”、“大阪ウメビーフ”そして、泉州の“水茄子”。 そして、大阪が誇る粉もん、“お好み焼き”や“たこ焼き”。 ...
続きを読む
みなさん、大阪地元産って、結構美味しいものがあるのをご存じですか?

今、注目されている大阪産(おおさかもん)と呼ばれる“泉だこ”や“犬鳴ポーク”、“大阪ウメビーフ”そして、泉州の“水茄子”。

そして、大阪が誇る粉もん、“お好み焼き”や“たこ焼き”。
そして、地ソースと呼ばれる“ヘルメスソース”や“金紋ソース”。

実に様々な美味しいものがひしめき合っています。

そんな大阪の下町、天下茶屋生まれのこんなものをいただきました。
73611884.jpg


天下茶屋発 元気なおかんの“べんりみそ”

一見、観光地でたまに見かける唐辛子味噌のようなのですが、コチュジャンのようにめちゃくちゃ辛そうな感じではなく、
どこか日本のお味噌の面影が漂っています。辛味をピールしたタイプではなく、旨みを前面に出したような感じなのでしょうか?
なんでも、中身は味噌、コチュジャアン、たまねぎ、りんご、ハチミツ、擦りごま、ごま油、にんにく、砂糖、泡盛だそうです
DSCF2073.jpg

早速、この“べんりみそ”を使って、鍋を作ってみました。
f185c747.jpg


用意した材料は、キャベツに大根、にんじん、水菜、白ネギ。
そして、たっぷりのきのこ、なめことエリンギ。
dd4cd0d1.jpg


これらを合わせる出汁として、鶏肉の手羽元を圧力鍋で20分煮込んで出汁を取り、そこに“べんりみそ”を投入してみます。
220a346d.jpg
  52806e96.jpg


湯気とともに味噌の何ともいえないいい香りが漂ってきます。
最初に煮込んでおいた鶏肉の手羽元も味噌の味がしみ込んで美味いです。
これは骨から身がホロッとくずれて最高です!
2b4b4f69.jpg


でも、味噌といえばやっぱりこれでしょう!
52f06798.jpg


大振りの牡蠣をグツグツ煮える味噌鍋の中に投入します。
そして、火を通しすぎないように注意して、べんりみそをつけていただきます。
43edd318.jpg


これはもう、パラダイスですね。

これにはもう、これしかないでしょ?
729d06cb.jpg
 100330183416.jpg DSCF1893.jpg


天下茶屋のみそ鍋と宇宙を旅した酵母で作ったビールをコラボさせてみました。

しっかりした味のビールをもきちんと受け止めてくれますね!

この鍋に入れるつくねも味噌を練り込んで作ってみたらかなり美味かったです。

このお味噌、ニンニクも少々きいているのですが、不思議なことに次の日の仕事には全く支障がなかったです。何かの相乗効果ですかね!

天下茶屋の元気なおかんのべんりみそ、これ料理のアイデアが広がりそうで、なかなか使えます!
近々これを使ってサンドウィッチやピザに使ってアレンジしてみようかと考えています。
ワインに合うかも!?ですね!


こちらにげんきみその事が詳しく書かれてあります。

べんりみそ ホームページ
このエントリーをはてなブックマークに追加

黒いダイヤ。 これだけ見ると、ものすごく希少価値のあるダイヤモンドかいな?? って思ってしまいますよね? しかし、九州、有明海の沿岸に行くと黒いダイヤといえば、有明海でとれた生海苔のことをいいます。 希少品なので、地元の漁師さんの口にしか入らない逸品 ...
続きを読む
黒いダイヤ。
これだけ見ると、ものすごく希少価値のあるダイヤモンドかいな??
って思ってしまいますよね?

しかし、九州、有明海の沿岸に行くと黒いダイヤといえば、有明海でとれた生海苔のことをいいます。

希少品なので、地元の漁師さんの口にしか入らない逸品だそうです。
そんな、黒いダイヤこと有明海の生海苔を使った蕎麦が食べられると聞きました。
しかも、私の勤務先のすぐ近くで。

ということで、有明海生海苔の入った蕎麦をいただきに、旭区にある蕎麦やさん、“香味”さんに行ってきました。
a7ed221d.jpg


店内に入り、早速ブラックダイヤモンドのセットを冷たい蕎麦で注文します。
ブラックダイヤ

ブラックダイヤモンドの他のもいろいろなメニューがあります。
プラス100円でかやくご飯と小鉢が着いたセットがお得とのこと。

逆に小盛をお願いすると100円引きになるようですね。
aaadc1c9.jpg


それにしても、温かい方の蕎麦の“紅(くれない)”って何でしょうね??

このメニュー他にも、いろんなセットメニューがありました。

そうこうしているうちに、注文したブラックダイヤモンドがはこばれてきました。
44558afe.jpg


冷たいぶっかけ蕎麦に白ネギと貝割れ、そしてたっぷりの有明海の恵み、ブラックダイヤモンドがのっています。

まずは一口、生海苔をいただきます。
cc254523.jpg


お!すごい磯の香りです。
そして、生海苔だからこそ味わえる歯ごたえが素晴らしいです。

つぎは蕎麦をいただきます。
白ネギの香りが心地よく出汁とマッチしていくらでも入りそうです。
7f8b0f70.jpg


セットのかやくご飯はサツマイモと昆布で炊き込まれていて、優しい味がします。
331d8c34.jpg
 ブラックダイヤ ブラックダイヤ

そして、小鉢にはサラダとこれまた生海苔の酢の物が。
蕎麦に入っている生海苔は甘辛く味付けしてあるのに対して、こちらはさっぱりしていて、二通りの生海苔を味わえるのが嬉しいですね。

有明の風味を贅沢に味わえて、かやくご飯も付いて800円(小なら700円)
お得ですね!

この生海苔、今回は冷たい蕎麦でいただきましたが、温かい蕎麦でも風味がまして美味しいでしょうね。

ここはブラックダイヤモンドの他にも、マグロ丼やふわふわ卵丼などのセットものも充実していて、いろいろ楽しめそうです。

次回は是非、手打ち二八ざる蕎麦を食べてみたいものです。


【香味(こうみ)】
住所:大阪市旭区大宮1-13-5   MAP
電話:06-6955-5177 
営業時間:11:00~14:00
定休日:日曜日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のコロンビア8以来カレーモードが止まらなくって、またまたカレーを食べに行ってしまいました! 大阪~京都をむすび、最近話題のひらパー兄さんのひらパーを沿線に抱える、おけいはんこと、京阪本線森小路駅のすぐそばにある、 ネパール・インド家庭料理のお店、“ ...
続きを読む
先日のコロンビア8以来カレーモードが止まらなくって、またまたカレーを食べに行ってしまいました!

大阪~京都をむすび、最近話題のひらパー兄さんのひらパーを沿線に抱える、おけいはんこと、京阪本線森小路駅のすぐそばにある、
ネパール・インド家庭料理のお店、“クンティカ”さんに行ってきました。
129e8c4b.jpg


ここは以前から何回か訪問させていただいていて、本格的なネパール・インド料理がリーズナブルにいただけるお店として、地元の方々で大変にぎわっているお店です。

カレー屋さんの中でも、インド料理を扱うカレー屋さんの本格的なランチは通常より少しお値段が高かったりしますが、クンティカさんでは大変お得なお値段でランチをいただくことができます。

ランチメニューはこんな感じです。
32fd663f.jpg


一番安いAランチは700円で、カレーは1種類ですが、これでもかっ!ってくらい大きなナンとラッシーやチャイも選べるドリンクもついてきます。

この日はカレーが2種類タンドリーチキン、ナンとライス、サラダとドリンクがセットになったBランチをお願いしました。
クンティカ

そして、辛さは普段であれば辛口をお願いするのですが、この日は調子に乗って、大辛(SUPER HOT)をお願いしました。大辛は以前いただいたことがあるのですが、
結構な辛さです。でも、食べられないと言うほどのものではなかったので、久しぶりに大辛を楽しむことにします。

こちらのお店、夜のメニューもかなり充実していて、創作ネパール料理と言うだけのことがあって、かなり気になるメニューがそろっています。
e3cbacf2.jpg
 5b76a0d8.jpg
 f169de93.jpg

30507d22.jpg
 18951420.jpg
 クンティカ


厨房の中からは職人さんがナンを作っている“パン、パン、パン”という音が聞こえてきて、期待度はどんどんふくらんでゆきます。

そして、まずは中辛のBランチが運ばれてきました。
大きなナンが食欲をそそります。
d38dec79.jpg
     45e7a569.jpg


手前の緑色っぽい方がベジタブルカレー、奥の赤い方がチキンカレーです。

チキンカレーはバターチキンカレーに近いでしょうか?
心地よい辛さで美味しかったです。

さて、いよいよ私が注文したBランチの大辛がやってきました。
a9e83455.jpg


え?
これ、以前注文したときの大辛より確実に出で立ちが違います。
この時点で、ほんの少しの後悔が・・・

これ、どちらがベジタブルでどちらがチキンか見分けがつきません。
とりあえず、香りを楽しみま・・・・・

これ、ものすごいカプサイシンのパワーを感じます。

こうなってはもう、後には引けません。
覚悟を決めていただきます。

ぅおーーー!!
カラー!!  ウマーー! でも、ものすごくカ・ラ・イDeth!!

わずかな旨味を感じますが、完全に辛さが勝っています!
確かに美味しいのですが、この辛さは半端ではありません。(久々にやってしまったかも)

この辛さは、完食はしたものの、食後胃が痛くなりしばらく仕事が手をつかなくなった、肥後橋のワイヤの旨辛カレーか、はたまた辛口カレームーラン(閉店しましたが)の大辛か!
でも、中崎町、洞魔麗の10ばいからし焼きめしよりはましですかね・・・

それにしても、以前いただいたときの大辛とは違い、確実にパワーアップしているように感じます。
952f1c37.jpg


中辛と比べてこの色の違い!!
もう、何が何かわかりませんね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はい、すいません・・・
情けなくも、ベジタブル、チキンともに1/3ほど残してギブアップです。

店員さん曰く、「店主が先日ネパールから帰ってきてからSUPER HOTの辛さがパワーアップしているとの声を何人ものお客さんからおっしゃっていただいております」とのこと。

以前、SUPER HOTを食べたとき、店主の方に、「余裕ですね!」と口走ってしまったのが悪かったのでしょうか!!恐るべし、ネパールの大辛でした。

次回はせめて普通の辛口までで楽しみたいと思います。



【クンティカ】
住所:大阪市旭区森小路2-18-2 有田ビル 1F   MAP
電話:06-6955-1567 
営業時間:11:00~15:00
     17:00~23:00
定休日:第2第4火曜日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、カレーを食べに行こうと決めて北浜まで行ったのですが、前から気になっていたお蕎麦屋さんが開いているのを見つけてそちらのお店に食べに行ってしまいました。 しかし、カレー熱は冷めやらず、食べに行ってきました! 北浜といえば、オギミールのカレー屋さん、 ...
続きを読む
先日、カレーを食べに行こうと決めて北浜まで行ったのですが、前から気になっていたお蕎麦屋さんが開いているのを見つけてそちらのお店に食べに行ってしまいました。

しかし、カレー熱は冷めやらず、食べに行ってきました!

北浜といえば、オギミールのカレー屋さんコロンビア8です!
caa4066a.jpg
   ea921c2c.jpg



今回は土曜日ということもあって、前から一緒に行きたがっていた長男を連れての来店です。
コロンビア8

メニューはこんな感じで肉類を一切使わずに作られた野菜カレーや、おでんの具材をアレンジして
そのままカレーにしたような牛すじ大根のカレーなど変わり種もあります(これがまた、美味いんですよ!)
コロンビア8   コロンビア8

この日は次の日が定休日の土曜日ということもあってか、キーマカレー祭りだそうで
(要するに、この日に用意できるのはキーマカレーオンリー!)キーマカレーをいただきました。
コロンビア8

カレーといえば、あたたかご飯にさっとルーをかけてできあがり!って感じがスタンダードなのでしょうが、ここのはその盛りつけも美しいですね。
麦飯を使ったターメリックライスにクラッシュしたカシューナッツなどをトッピングしてまわりにルーをかけてゆきます。
そして、仕上げにタマネギのピクルスとシシトウをトッピングしてできあがりです。

早速一口いただきます。
cbeac3bb.jpg


香りと辛さとコクが一気に口の中に広がります。
久しぶりに訪問しましたが、また進化したのでしょうか?
素晴らしいハーモニーを醸し出していますね。

カレーをいただくと、もれなくマンゴージュースやグレープフルーツジュースを出していただけるのですが、もう一つのおすすめがこれ。
コロンビア8

オギミール特製のアイスコーヒーです。
何でも、完熟の豆のみを選んで作っているのだとか。
これ、一杯たったの100円でいただけます。
飲んでみると、変なえぐみや酸味とは全く無縁で、まるで専門店でいただいているような錯覚に陥りそうです。

そして、ここコロンビア8,5月連休明けには堺筋本町に2店めをオープンするそうです。
何でも、キーマカレー専門店にするのだとか・・・

くるたびにレベルアップしていそうな美味しさのカレー。
実は私、ここのチキンカレーのみまだいただいたことがないのです。
次回は是非、チキンカレーをいただいてみたいものです。


【コロンビア8】

住所:大阪市中央区道修町1-3-3 エビス道修町ビル2F   MAP
電話:06-6203-7788
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00(月~金)
12:00~17:00(土曜日)
定休日:日・祝

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

何とも素晴らしい蕎麦の香り・・・ これがこのお店に入ったときの第一印象です。 この日のランチは大阪のオフィス街の中心、北浜にある蕎麦屋さん、“てる坊”さんにお邪魔してきました。 かねがね以前から噂は聞いていましたが、やっと訪問することができました。 ...
続きを読む
何とも素晴らしい蕎麦の香り・・・
これがこのお店に入ったときの第一印象です。

この日のランチは大阪のオフィス街の中心、北浜にある蕎麦屋さん、“てる坊”さんにお邪魔してきました。
かねがね以前から噂は聞いていましたが、やっと訪問することができました。

この日、本当はカレーを食べようと北浜に来ていたのですが、お店の前を通りかかって、急遽予定を変更しても訪問です。
てる坊 てる坊

お店の前に立てかけてあるランチのメニューを確認して、引き戸を開けてお店の中に入ってゆきます。
08ebefdc.jpg


上品な感じの女性が席に案内してくれました。
何ともいえない蕎麦の良い香りが店内にほのかに漂っています。
お店に入った瞬間に蕎麦の心地よい香りに迎えられて、蕎麦が出てくるまでの時間をそば茶とともに楽しみます。
3b475668.jpg


大きなテーブル席からは水都大阪の景色を堪能することができます。
窓際には蕎麦の美味しい召し上がり方が書いてあるものが置いてあります。

蕎麦は出てきて3分間が命。
味も香りもコシもどんどん変化していくとのこと。

これは相当拘っていそうですね。期待感がふくらんでゆきます。
てる坊

そんなことをしているうちに盛りそばとこの日の日替わりご飯であるサツマイモご飯の蕎麦セットが運ばれてきました。
8911ede4.jpg


まずはこだわりの蕎麦をそのまま何もつけずにいただきます。
おぉ!これは期待を裏切ることなく口の中で蕎麦の香りがいっぱいに広がってゆきますね。
てる坊

そして、辛味大根、おろしたての山葵を蕎麦の上にのせて少しだけつゆをつけていただきます。
この瞬間、幸せですね!


普段なら、このような蕎麦とご飯もののセットをいただくときは、蕎麦とご飯を交互にいただくのですが、ここでは蕎麦がのびてしまわないように蕎麦からいただきました。

そして、日替わりご飯であるサツマイモご飯です。
てる坊    てる坊

サツマイモの上品な甘さと堅めの食感の五穀米の相性もばっちりで美味しいです。
自家製のぬか漬けもいいアクセントになっていますね。

玄曳き蕎麦とサツマイモご飯、そして自家製のぬか漬け。
どれも丁寧に作られていて、とても良い食事をさせていただきました。
こういうお昼ご飯をいただいていると、体がリセットされて、健康になっていくような感じさえしますね。

ここ、“てる坊”さん、夜の営業もきっと素敵だと思います。
ぜひ夜にも来てみたいお店ですね。


【そば切り てる坊】

住  所:大阪市中央区北浜1-1-18
電  話:06-6231-8885
営業時間:11:15~14:00
     18:00~21:00(水・土は予約のみ)
定 休 日:日・祝

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しい情報があれば、自分で言ってみないと気が済まない。 自分の足と舌で確かめろ!! そんな変な拘り(?)をもって、今回も行ってきました、東京五反田! 親愛なる京漬物屋さんの九代目さんに教えていただいて、これは是非とも次回の東京出張時に寄ってこようと ...
続きを読む
美味しい情報があれば、自分で言ってみないと気が済まない。
自分の足と舌で確かめろ!!

そんな変な拘り(?)をもって、今回も行ってきました、東京五反田!

親愛なる京漬物屋さんの九代目さんに教えていただいて、これは是非とも次回の東京出張時に寄ってこようと楽しみにしていたお店、
山手線の五反田駅すぐのところにあるカレー屋さん、“ホットスプーン”さんに行ってきました。
d3f2a321.jpg


何でも、カレーのサーブの仕方が他のお店とは違うとのことなのでワクワクしながらの訪問です。
事前にHPでしらべると、欧風ビーフカレー印度風チキンカレーがあるとのこと。
どちらにしようかと迷いながら、印度風チキンをまずはいただいてみようかと思い来店しましたが、お店の前にこんなポスターが・・・
ホットスプーン

はい、印度風チキンと心に決めていたのですが、“とろ~り卵 今だけ¥780-”の文字にKOされてしまいました。

11:40くらいの時間でしたが、お店の中にはすでに4~5組くらいのお客さんがいらっしゃいました。
心はもう、“半熟卵 牛すじ煮込みカレー”に決まっていましたが、一応メニューに目を通します。
ホットスプーン ホットスプーン e81ea190.jpg



そして、注文は予定通り、半熟卵 牛すじ煮込みカレーキャベツサラダ

で、おすすめの“大辛”で。

カウンター席8席ほどと4人掛けテーブル席が2つほどの小さなお店ですが、カレーを待っている間も次から次へとお客さんがやってきます。
まもなくして、私の隣に座った男性の方がオーダーしているのが聞こえました。
「牛すじ煮込みカレーを“激辛”で!」ですって。
へ?激辛って大辛とどちらが辛いのでしょう??激辛にすれば良かったかな・・・

しばらくすると、待望の半熟卵牛すじ煮込みカレーがやってきました。

まずは、別添えのご飯からはこばれてきます。
e2d20041.jpg


横長の楕円形のお皿は、むかし京都嵐山にあった北野武のカレー屋さん“北野印度会社”のそれとよく似ていると思ったのは私だけでしょうか?
それに続いて、待望のカレーがサーブされます。
そのサーブのされ方がこれ。
4fe5b6f6.jpg


そうです!
ここのカレー、何と土鍋に入って出てくるのです!それもグツグツと煮えたぎりながら。
このビジュアル、なかなか他にはないですね。
これは食欲をそそられます。

早速、熱々のカレーをご飯の上にかけてみます。
e847224a.jpg


最初はタマネギやフルーツから出る心地よい甘さを感じ、次にスパイシーな香り、辛さを感じてゆきます。
これはなかなか美味しいです。
この、甘くて辛いカレーは関西に良くあるタイプではないでしょうか?
97db69be.jpg


一緒に注文したキャベツサラダがいい箸休めになりますね。
ちなみにこれは、キャベツピクルスではなく、あくまでもキャベツサラダです。

そして、半熟卵もカレーと一緒にご飯の上に落として黄身をトロリとさせてみます。
43f76dea.jpg


これはたまりません

そして、忘れてはいけないのが、この牛すじの大きさと柔らかさです。
e847224a.jpg


卵とろ~り、牛すじトロトロです。
この牛すじカレー、なかなかのクォリティですよ。
お肉の食べ応えも十分、カレーのルーも美味い!これで780円(通常は850円)は破格じゃないでしょうか!
そして、この土鍋でサーブしてくれる仕掛けの良さ!これは流行らない方がおかしいですね。

東京、五反田“ホットスプーン”今度こそは印度風チキンカレーを激辛で食べに来たいと思いました。
こんなお店、関西にも出来るといいですね。


【ホットスプーン】
住所:東京都品川区東五反田1-14-8 KCビル1F   MAP
電話:03-3441-1552 
営業時間:11:00~23:00
定休日:無休

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

暦の上ではもう春。 今年はお正月には強烈な寒さを味わったと思ったら、2月半ばからは急に暖かくなり、冬なのか春なのかよくわからない日々が続いていましたね。 さて、暦の上ではまだ真冬な2月の最後の週末、“大阪あそ歩(おおさかあそぼ)”というまち歩きの会に参加 ...
続きを読む
暦の上ではもう春。
今年はお正月には強烈な寒さを味わったと思ったら、2月半ばからは急に暖かくなり、冬なのか春なのかよくわからない日々が続いていましたね。

さて、暦の上ではまだ真冬な2月の最後の週末“大阪あそ歩(おおさかあそぼ)”というまち歩きの会に参加してきました。

今回は“利休と秀吉が愛した天下茶屋~達人たちの世界をたずねて~”と題されたテーマ。
天下茶屋周辺のええところをまわってきました。

そして、その達人たちのお店のひとつ、天下茶屋駅のすぐ近くにある、ジビエのお店、“山女庵”さんに連れて行っていただきました。
19676bb2.jpg


“天然鳥獣山菜魚料理”と書かれた入り口の暖簾がそれらしく、これから出てくる狩人料理を期待させてくれますね。
玄関にかけてある狩りの道具なんかもいい雰囲気を醸し出しています。
山女庵

今回はお昼にお邪魔したので、お昼の和風ジビエ料理のミニコースをいただきました。
0452ec9d.jpg
  95ecbebe.jpg


お店の中に入るともうすでにお鍋の用意がしてありました。囲炉裏風の座卓が素敵な雰囲気満点ですね。
鍋の横には炭火がおこされてあって、ここで何かを焼いていただけるのでしょう。
ワクワクしますね!

この日の鍋の具材はこんな感じ。
0260dff9.jpg


手前の薄い色の肉が“キジ肉”そして、奥の濃い赤色の肉が“鴨肉”だそうです。
何ともいえないきれいな色をしていますね。

まずはキジ肉からとったスープから飲んでくださいとのことで、大きな鍋から木製のしゃもじを使っていただきました。
83ddac95.jpg
  71d5213c.jpg


これ、出汁だけでも十二分に満足してしまいます。この出汁、めっちゃ美味いです。
そして、酢橘を2滴位しぼってみて、味の変化を楽しみます。
これは楽しいですね。

お鍋をいただく前に、目の前にある炭火で鹿肉のステーキを焼いていただきます。ものすごくいい香りです。
9af84a50.jpg


炭火で丁寧に焼かれた鹿肉には特別なバターをのせていただきます。
9702fe52.jpg


鹿肉は初めていただいたのですが、あっさりとした肉の味が美味しいです。
日本で重宝されている牛肉はその脂の持つ甘さで味わっているもの。それに対してこの鹿肉は肉の味そのものを味わうといった感じのものでしたね。
それにしても、若干クセのある味わいと匂いを覚悟していたのですが、そんなものとは全くの無縁です。
これはワインと合わせても美味しいでしょうね。

そして、もう一品炭火の上で焼いていただきました。
ee84b9b4.jpg
  bf8d99e6.jpg


これでもか!っていうくらいの大きさの椎茸です。
これもまた、片面を焼き、上にのせたバターが溶けてきたら食べ頃だそうです。
62d00073.jpg


この椎茸、これは椎茸嫌いの人に是非とも食べさせてあげたいです。
これを食べたら、椎茸嫌いが一発で治ってしまうのではないでしょうか??

そうこうしているうちに、鍋のほうが煮えてきたようです。
まずは、キジ肉のほうからいただいてみます。
e860cf7c.jpg


これ、全然クセがないですね。あっさりとしてはいるのですが、しっかり肉の味がします。
なるほど、これで出汁を取れば、上品ないい味になるのですね。

そして、次に鴨肉です。
e36aaa8a.jpg


これはまたキジとは変わって濃厚ですね。若干のクセは感じられますが、これはこれで美味いです。
少し強めな感じの日本酒と合わせてやるといいかもしれませんね。(この日は昼間だったので、ビールをコップに3杯ほどで我慢しましたが)

そして、これぞ天然の証!
3b2613dd.jpg


鴨肉の中から弾が出てきました。

このような、天然のジビエをいただいていると、ホントに食べ物のありがたみを感じてしまいます。
恵みの食に感謝の気持ちを持ちながら、食事させていただくことが出来ました。

203e02ce.jpg
  fce71831.jpg


ここ、山女庵さん、次回は是非夜にお邪魔させていただきたいと思います。
ここは完全予約制で、お客さんの状況に応じて狩猟にいかれるそうです。
また、日曜日は山に入っていることがほとんどだそうで、その新鮮なジビエが食べられる月・火曜日がおすすめだそうですよ。
879b3514.jpg




【天然鳥獣山菜魚料理 山女庵(やまめあん) 】
住所:大阪市西成区岸里1-3-10   MAP
電話:06-6657-2292 
営業時間:完全予約制
定休日:日曜・祝日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加