美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2010年06月

さて、カドヤ食堂を出た一同は、大阪で沖縄気分を堪能するため、タクシーに乗り一路大正区平尾へ。 で、私も愛車(?)に乗り、一足先に待ち合わせ場所へ。 ま、食後の運動ってとこでしょうか? さて、平尾の交差点でみんなと合流した後は、“沖縄料理 いっちゃん ...
続きを読む
さて、カドヤ食堂を出た一同は、大阪で沖縄気分を堪能するため、タクシーに乗り一路大正区平尾へ。
で、私も愛車(?)に乗り、一足先に待ち合わせ場所へ。
いっちゃん平尾

ま、食後の運動ってとこでしょうか?

さて、平尾の交差点でみんなと合流した後は、“沖縄料理 いっちゃん”に行ってきました。
平尾いっちゃん

琉球瓦と沖縄らしいのれんが印象的ですね。

この日は日差しが強く外はかなり蒸し暑かったのですが、お店の中は心地よくエアコンが効いていました。

で、まずはこれで乾杯です!
6657126e.jpg


やはり、沖縄料理といえばこれでしょうか?
日曜の昼下がりから飲むビールは最高です。

まずは一品目、豚足をいただきました。
66033072.jpg


豚足って今まであまり美味しいとは思わなかったのですが、これはやわらかくて癖もなく美味かったです。コラーゲンタップリですね。

つぎに、ゆしどうふをいただきました。
平尾いっちゃん

このゆしどうふ、そのまま食べてもものすごく優しい味で美味しいのですが、
テーブルの上に置いてあった島唐辛子を泡盛につけて作った“コーレグース”を少しかけてみると・・・
3664652a.jpg


おーーっ!ピリッとしたコーレグースの辛みをゆしどうふの深みが包み込んでものすごく心地よくなるじゃないですか。
これはかなりお薦めの食べ方です。

そして、次は沖縄料理の定番、ゴーヤチャンプルです。
39c5737b.jpg


このゴーヤチャンプル、スパムとの相性抜群で苦みも全然気にならないですね。

そして、もう一つの沖縄料理の定番、島らっきょです。
0e8ad992.jpg


この島らっきょ、塩ゆででいただきましたがシンプルな味の中にも情熱的な旨みがありました。
このあたりで、飲み物はオリオンビールから泡盛の水割りに変わります。
平尾いっちゃん

そしてこれは、“もっこ炒め”と呼ばれる料理で、もっことはマコモだけのことみたいですね。
ce448a0a.jpg


これはニガナ炒め
ニガナといっても全然苦いことはなく、さっぱりと美味しかったです。
ゴーヤチャンプルももっこ炒めもニガナ炒めも基本塩味なのですが、不思議と飽きることなく美味しくいただけました。
2b8d49ba.jpg


これはポーク焼き。スパムの焼いたものですね。
沖縄料理店のランチに“ポーク卵”というのがありますが、それはこのスパムと卵を一緒に焼いたものですね。これはこれでまたご飯が食べたくなる味ですね。
平尾いっちゃん

泡盛のおかわりも頂き、大好物のじーまみ豆腐をいただきます。
a0942d32.jpg


じーまみ、沖縄旅行に行ったときに、地元のスーパーでお総菜と泡盛と一緒に買い込んでホテルの部屋で食べたのですが、
そのときに泡盛との相性の良さを知り、それ以来じーまみを見つけると買ってしまいます。

ホント、このマリアージュはすばらしいです。
ただ、これだけの味のじーまみはここ平尾に来ればありますが、なかなかほかでは売ってないのですよね。

ここ、いっちゃんはこじんまりとしたお店ではありますが、本格的な沖縄の美味しさをリーズナブルに味わうことができます。
82fac21b.jpg


中華そばをいただいた後だったので、さすがに沖縄そばは注文しませんでしたが、きっと“すば”も美味しいでしょう!
この時点でも結構おなかがふくれてはいましたが・・・・

「さて、つぎは沖縄ホルモンいきまひょか!」

え?・・・
次回に続く・・・



【沖縄料理 いっちゃん】

住所:大阪市大正区平尾3-11-9   MAP
電話:06-6554-3295   
営業時間:11:30~21:00
定休日:木曜日
 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

鶴見区にあったカドヤ食堂さんがこのたび6月30日に西長堀に移転することになり、そのレセプションにお誘いいただき一足早くカドヤ食堂さんの味を堪能してきました。 この日はレセプションということで、いつもの長い行列に合うこともなく、新しいきれいな店内に案内 ...
続きを読む
鶴見区にあったカドヤ食堂さんがこのたび6月30日に西長堀に移転することになり、そのレセプションにお誘いいただき一足早くカドヤ食堂さんの味を堪能してきました。
2bc04529.jpg


この日はレセプションということで、いつもの長い行列に合うこともなく、新しいきれいな店内に案内していただけました。

カウンター席が7席くらいと4人掛けのテーブル席が2つの店内は奥に製麺所があり、お店の中で製麺し、できたての麺をいただくことが出来るようです。

レセプションのメニューはこんな感じです。
5d338ce3.jpg


ここはスタンダードに中少し大きい文字華そばにしておくべきか、とても気になる塩そばにするか、ざる中華っていうのも捨てがたい・・・

でも、麺を思う存分に楽しみたかったので、つけそばでいただくことにしました。

麺が出来てくるのを待っている間に昼酒を楽しみました。
a866f3e8.jpg


カウンターの上にあるちょっと塩味のきいたザーサイは冷たいビールにぴったりですね。
それと、白金豚の冷しゃぶもいただきました。
この豚肉、甘みが凄く上品で、思わず二口、三口と手が出そうになりましたが、何とかそれは耐えました!

しばらくすると、つけそばの麺が先にやってきました。
a8332ebb.jpg


整列された太めの麺はほのかに小麦のいい香りがしますね。
大にしたので結構なボリュームです。

そして、麺の後を追いようにつけだれが運ばれてきました。
bbe0e951.jpg


きざみ葱と長ネギのバランスが美しいですね。
このつけだれ、まずはそのままいただきました。

おーーっ!さっすがです。
このままでも充分いただけるほどの美味さですね。

そして、熱々のつけだれの中に、カドヤ食堂さん特製の麺をくぐらせていただきます。
いやぁ、これはもう何とも言葉が出ないですね。
あっという間に2~3口食べてしまいました。

さらに、スープの下の方を箸で探ると・・・
9beb477f.jpg


見るからにジューシィですね。

大盛りといえど、あっという間に完食させていただきました。


そして、今回お誘いいただいたこの方が注文された塩そばも一口いただきました。
3b8f81cb.jpg


ものすごくきれいなスープです。
そして、こちらの麺はつけそばの麺と違い細麺です。
この麺とスープの相性が抜群でしたね。
次回はたとえ暑くてもこれをいただきたいと思いました。

そして、もう一つの新作(ですよね)、ざる中華、白金豚冷しゃぶ添えも一口いただきました。
e1c7e43c.jpg


この麺も塩そばと同じ細麺で、これをつゆにつけていただきます。
一緒に添えられてあるわさびを冷しゃぶに少しのせて一緒にいただくと、これがまた相性がいいの何のって・・・。
これも嵌ってしまいそうです。

この日のカドヤ食堂さんのレセプションは大勢の方達でにぎわっていました。
今や関西讃岐うどんの名店となった中津の情熱讃州の讃ちゃんや、昼ごはんを白状するブログのこの方、旨いもん三昧やん!!のこの方、その他大勢の方でにぎわっていました。

さて、日曜日の昼下がり、このままでは終われへんでぇーー!
ということで、一行はこの後大阪沖縄ワールドを堪能しに大正区平尾へ・・・

次回へ続く・・・


【カドヤ食堂】2010.6.30オープン
住所:大阪市西区新町4丁目16-3    MAP
電話:06-6535-3633 
営業時間:11:00~15:00 18:00~22:00
定休日:未定(2010.6.30現在)

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

一年半ぶりくらいに行ってきました。 最近は行列がものすごくて12:30をまわったら売り切れになることが多い!とか、 ネットで見て興味本位できてその辛さの前に太刀打ちできずにカウンターの前で固まってしまい、なかなか完食できない人が多いので回転が悪い! と ...
続きを読む
一年半ぶりくらいに行ってきました。

最近は行列がものすごくて12:30をまわったら売り切れになることが多い!とか、
ネットで見て興味本位できてその辛さの前に太刀打ちできずにカウンターの前で固まってしまい、なかなか完食できない人が多いので回転が悪い!
とか様々な噂ばかりが飛び交っておりましたので、時間が合わずなかなか行けなかった南森町の名店(?)、
辛口料理ハチに行ってきました。
4dfa6b65.jpg



地下鉄南森町駅を降りて、天神橋筋商店街を南へ約200m。
アーケードを歩いていても営業日の入店可能な時間帯は常に行列が商店街の方にまで伸びているのですぐにお店の位置がわかります。
ハチ

この日は午前11:30ですでに16人待ち。
deacebba.jpg


写真では人が並んでいないように見えますが、お店のむかえ側にずらりと古今カレー目当ての人が並んでいます。

しばらくすると、行列の人数は20人を超えていたようです。
ea666904.jpg


さて、本など読みながら順番を待っていると、15分くらいで私の順番がやってきました。
5f172f68.jpg


お店の中はカウンター席のみで8席。
ママさんが一人で切り盛りされています。

席に座り、前に食べた人の食器が片付き、ママさんがカウンターを拭き、お冷やとスプーンが出てくるのを待って注文を言います。
ま、注文といってもメニューはこんな感じで、
ハチ

黙って座っていると無条件にカレーが出てくるのですが、このデフォルトのご飯の量がめっちゃ多いので、このタイミングで「ご飯少なめで」とお願いします。

そして、辛さにそんなに強くない人(ここにはそんな人来ないでしょうが・・・)
生卵もこのときにお願いしましょう。

ママさんはまずお皿の上にごはんを“これでもか!”ってくらいに盛ります。少なめにしても普通のお店の大盛りくらいはありますね。

そして、そのご飯の上にとろとろに煮込まれた牛肉をたっぷりのせ、そのうえに熱々の特製ルーをお玉で1杯だけかけて出来上がりです。

辛口料理ハチのカレーが目の前にやってきます。
617a07be.jpg


初めてお店にきたときには、「あれ、ルーが少ないぞ!」と思いましたが、大丈夫です。カウンターの上にはかけ放題のルーが入ったポットが置いてあるので、自由にかけることが出来ます。
ハチ

でも、はじめていただいたときはこのルーがむちゃくちゃ辛くって、追加のルーをかけるなんてとんでもないことでした。
薬味のにんじんのピクルスは辛さを緩和するどころか、かえって辛さを助長する様な味わいですし、水を飲んだらその時点で終わります。

ですので、ご飯の白い部分と牛肉の脂の部分のみが辛さを緩和してくれるものになってくるのです・・・

で、現在の私はと申しますと、かけ放題のルーをジャバジャバかけて、辛さの中にある旨味をたっぷりと堪能させていただいております。

生卵をいれるとこれはこれで美味しいのですが、辛さをダイレクトに楽しみたいのでカレーそのままです。

辛口料理ハチ、その美味さと辛さは健在していました。初めてお伺いしたときは、その辛さに汗と鼻水が止まらなくなり、注文したことを後悔したほどでしたが、今はその辛美味さを堪能できます。

ちなみに自宅でこの味を楽しみたい場合は、営業日の午後2時以降にお持ち帰りのルーを買いに行ってください。営業時間中はママさんがカレーを作ったり、洗い物をするのに忙しいのでお持ち帰りは売ってくれません。

この日もタクシーに乗ってハチのカレーを食べにきていたお客さんがいたほどの人気ぶりで行列はものすごいですが、辛いものが好きな方、一度体験してみる価値ありですよ!


【辛口料理 ハチ】
住所:大阪市北区天神橋2-2-2  MAP
電話:非公開 
営業時間:11:00頃~13:00頃(ご飯が無くなるまで)
定休日:火・木・土・日・祝日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の近くに素敵なご飯やさんがあります。 ご飯やさんというと、そこの店主の方に怒られるのですが、あまりにも魅力的なランチを出していただけるのでつい・・・ そのお店は、大阪市の北東部、旭区にあります。 旭区といえば、ピンと来ない人も多いのではないでしょ ...
続きを読む
会社の近くに素敵なご飯やさんがあります。
ご飯やさんというと、そこの店主の方に怒られるのですが、あまりにも魅力的なランチを出していただけるのでつい・・・

そのお店は、大阪市の北東部、旭区にあります。

旭区といえば、ピンと来ない人も多いのではないでしょうか?
では、表現を少し変えてみます。

スーパーダイエー発祥の地、千林!
こういえばご存じの方も多いのではないでしょうか?
そうです!あの、“いち、じゅう、ひゃく、せん、せんばやし~”千林商店街のあるところですね。

地下鉄谷町線の千林大宮駅を降りて、千林商店街と逆の方に5分ほど歩いたところにそのお店はあります。

金曜日以外の日は日替わりでランチを出していただけるのです。
その内容はHPにアップされていますので、朝に必ずチェックします。
で、とある日のHPの内容がコチラ・・・
4f731880.jpg


ん?もう少し近寄って見てみましょう・・・
1d424436.jpg


かき揚げおろしうどんとスタミナ豚丼?
はて、何か気になります・・・
かき揚げおろしうどんはわかりますが、スタミナ豚丼?なぜ、焼肉丼とか、ショウガ焼き丼とかじゃないのでしょう??
気になるから行ってみることにします。

お店に入るといつものようにくつろぐことが出来る落ち着いた空間が待っています。
713e5fe2.jpg


木をふんだんに使ったこの内装はほとんどがマスターの手作りだそうです。
かなり手間暇がかかっていますね。
coffeeLOVE

さて、席に着きランチを注文して、雑誌などを読みながらランチができあがるのを待ちます。

ここのランチ、HPやお店の外のメニューボードに告知はしてあるのですが、その全ての中身を予想しきるのは至難の業です。

単にミックスフライと書いてあればこういうものが出てきたり、
aefbce88.jpg


ビーフソテーとくれば・・・
24ae9c21.jpg


こういうものが出てきたりするものですから、予想不可能なのです。ま、嬉しい意味での「予想に反する」ですが。

さて、しばらくすると、この日のランチである、かき揚げおろしうどんとスタミナ豚丼がやってきました。
65c8f8a5.jpg


夏のメニューって感じですね!
まずは、冷たいうどんからいただきます。
coffeeLOVE

心地良くのどを通ってゆきますね。きりっと冷やしたうどんに、熱々のかき揚げが又美味いです。かき揚げの小エビが嬉しかったりします。

さて、次はスタミナ豚丼をいただきます。
5cc2512d.jpg


まずは豚肉をそのまま・・・
お!ニンニクがきいていて美味いです!
この季節にぴったりですね。

そして、玉子を絡めていただきます。
8f076028.jpg


まったりとした卵黄の味がガーリックのきいたタレと絡み合い、これはかなりごはんがススムくんです!

これはまたもう一度食べたい味ですね。
スタミナ豚、決して略さないようにきちんと発音しましょうね!

さて、ここのお店の過去のランチのラインナップをご紹介しましょう!
では、どうぞ!!
2a2d3498.jpg


なかなか素晴らしい内容でしょ?
でも、ここ実は珈琲屋さんなのですよ。
ほら・・・
3900c191.jpg


え、失礼しました。この写真ではなくてコチラですね。
edf26493.jpg


Coffee Shop LOVE

素晴らしき香りのコーヒーと、ワクワクドキドキLunchのお店です!



【Coffee Shop LOVE】

住所:大阪市旭区大宮2-15-8     MAP
電話:06-6953-9968
営業時間:8:00~20:00
定休日:金曜日

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

拙ブログに“美食磁石”という名前をつけています。 美味しいそうなお店があればピタッ引き寄せられるように入ってしまう。 また、美味しいお店の情報が引き寄せられるようにやってくる、または教えていただける。 そんな特異な性質(?)を感じたマイミクさんに命名し ...
続きを読む
拙ブログに“美食磁石”という名前をつけています。
美味しいそうなお店があればピタッ引き寄せられるように入ってしまう。
また、美味しいお店の情報が引き寄せられるようにやってくる、または教えていただける。

そんな特異な性質(?)を感じたマイミクさんに命名してもらいました。

そんな美味しい情報を教えていただき、前からかなり気になっていたお店に長男を引き連れ行ってきました。

我が町大正から環状線に乗り、新今宮で関空快速に乗り換えて20分ほど。
岸和田の久米田にある黒豚専門店、“そ!これこれ 豚肉屋”さんにお邪魔してきました。

ここは大好きなブログ、“まろんと炒飯Ⅱ”の岸和田市民さんに教えていただき、前からずっと気になっていたお店です。
そのインパクトのあるお店の名前は一度聞いたら忘れられないですね。
でも、この言葉が出る瞬間ってすごくうれしくなりませんか?
「そ!これこれ」

久米田の駅から住所で出した地図を頼りにお店を目指して歩いてゆきます。
5分くらい歩くと、写真では何度も見たことのある、茶色いテントが見えてきます。
243c0006.jpg


お店の前にはおすすめの“ロースカツ定食”がディスプレイしてあってこの時点で注文するものは内定してしまいました。

お店にはいると岸和田市民さんのブログで見たことのある、店主の松本さんと橋本さんが笑顔で出迎えてくださいました。

カウンター席に座り、メニューを眺めます(ロースかつ定食に内定はしていたもののやはり気になります)
7021ecd7.jpg


結局、長男にロースカツ定食、私はミルフィーユカツ定食をお願いしました。

ここのお店、出していただける箸が少し変わっています。
飲食店では割り箸か、もしくは再利用できる塗り箸が出されることが多いと思いますがここは吉野杉の六角箸が出されます。
そして、このお箸は持って帰ることができ、次回に持参して食事すると、“My箸ありが豚(トン)プレゼント”と称して、焼き物のかわいい黒豚箸置きやストラップがもらえます。
6da184ac.jpg


しばらくすると、ロースカツ定食とミルフィーユカツ定食がやってきました。
53f1614b.jpg


厚く切られたロースカツはジューシィーな肉汁が今にもしたたり落ちてきそうです。
豚肉屋

出てきてすぐは肉の色がほんのりピンク色でしたが、もたもた写真を撮っているうちに火が通ってしまったようです。でも、十分に美味しそうです。

このロースカツにはモンゴルの岩塩を削った塩をつけていただきます。
豚肉屋

この写真は出てきたロースカツをすぐに撮ったので豚肉のほんのりピンク色がわかるでしょうか?
で、一口いただきます。

ん、ほぉーーー!これはすごい!!
美味しいに決まってると思っていましたが、まさかここまっでとは思いませんでした。
これ、絶品です!!
あふれる肉汁とモンゴルの岩塩が見事に調和して口の中で10倍くらいにふくれあがるのです。お見事!!

そして、こちらはミルフィーユカツです。
28484fb3.jpg


とんかつの切れ目からチーズがあふれていますね。
では、断面です、どうぞ!
0cb973e7.jpg


熱々のチーズがとろけだしています。
これは早く食べなければ落ちてしまいそうです。
これには自家製のソースをつけていただきます。では・・・

おーー!
熱々のとろけるチーズに大葉の風味が加わって、噛むと黒豚の肉汁があふれてきて口の中で見事なハーモニーを奏でます。
これも嵌る味ですね。

そしてここで忘れてはいけないのがご飯です。
豚肉屋

ここではご飯は麦2割の麦飯か白飯を選ぶことができます。
で、麦飯をお願いしました。
豚肉屋

これが噂の麦飯。
私も、きしわださん同様、やわらかい飯はあきません。
で、ここの飯は・・・

ハハハ!ありがとうございます。
これ、ストライクです!!
固めに炊かれたご飯、そして米もいいのでしょう。いい香りがします。

サラダのドレッシングも自家製で化学調味料不使用の安心ものです。
「少し酸味が強いかもしれませんが・・・」とおっしゃっていましたが、このくらいがちょうどいいです。
c903251b.jpg


ここ、食材にかなり拘っていらっしゃいます。
豚肉屋 豚肉屋
豚肉屋 豚肉屋

また、生産者も紹介されていて、これを見ながら食べると、安心して美味しくいただくことができます。

ここに来ればやはり白ご飯も食べてみたくなります。
茶碗に半分くらい白ご飯をおかわりさせていただきました。
4f45d68a.jpg
 75682320.jpg


絶品です!

ここ、平日にはお得な日替わりも設定されているようですね。
それと、夜の鍋、しゃぶしゃぶも気になります。
豚肉屋

美味しくいただいて、初めてのお伺いしたにもかかわらず、いろいろお話ししていただき心地よく過ごさせていただくことができました。

ごちそうさまでした・・・・
と、ご機嫌でお店を出て、途中で気がついたことがありました。
持ち帰りができる六角箸、持って帰る気満々で食事後箸袋に入れて持ち帰る準備までしたのですが、お店に忘れてしまいました!
もちろん、途中気がついて取りに戻らせていただきましたが・・・
是非次回はこの六角箸を持参して、お伺いします!
みなさん、ここ“そ!これこれ 豚肉屋”わざわざ電車に乗っていく価値ありです!
お薦めしますよ!



【そ!これこれ 豚肉屋】

住所:大阪府岸和田市小松里町1057-1パルハイツ久米田105号   MAP
電話:072-444-8960  
営業時間:11:00~14:30(LO14:00) 
17:00~21:30(LO21:00)
定休日:水曜日
 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近梅雨入りしてから鬱陶しい天気が続いていますが、みなさんしっかり食べていますか? ま、暑さが増すほど冷たーいビールの美味しさは格別になるので良しとしましょうか? さて、今月も月例ワイン会、毎月17日に行われる“スタノアワイン会”に行ってきました。 ...
続きを読む
ここ最近梅雨入りしてから鬱陶しい天気が続いていますが、みなさんしっかり食べていますか?
ま、暑さが増すほど冷たーいビールの美味しさは格別になるので良しとしましょうか?

さて、今月も月例ワイン会、毎月17日に行われる“スタノアワイン会”に行ってきました。
通常は調理室付きの会議室を借りてみんなで調理して行うことが多いのですが、夏場は食材が傷みやすいこともあって、レストランで開催します。

今月は淀屋橋にある“アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ”さんにお邪魔しました。
消防署

ここは元今橋消防署があった場所で、その消防署を改装してイタリアンレストランをオープンさせたようです。

何かのおまじないのようなこのお店の名前、“アンティカ オステリア”は古い食堂。
“ダル ポンピエーレ”は消防士という意味のイタリア語だそうです。

お店は1Fがキッチンとカウンター席。
2Fはゆったりとしたテーブル席になっています。
f3407965.jpg


この日は25名ほどのメンバーでのワイン会でしたので、2Fを貸し切りで開催させていただきました。

まずはきりっと冷えた白ワインで乾杯です。
2aeecdf8.jpg


そして、イタリア料理といえば前菜の盛り合わせが楽しみですね。

この日も6種類の前菜が盛り合わせられたプレートでワインを楽しみました。
3f48cc78.jpg


この前菜の盛り合わせ、これだけでワインがいくらでも飲めてしまいそうです。

そして、次はパスタの登場です。
8bf77981.jpg


鰯を使ったパスタで、これ、青魚特有の臭みが全然感じられずにすごく美味いです。
5274799b.jpg


私の隣に座っていらっしゃった方、鰯はあまり好みではなく、普段は全く食べないとおっしゃっていましたが、これは別だと言って、完食されていました。

パスタをいただき、次はメインの料理です。
この日のメインは魚か肉かを選べ、魚料理は“スズキのホワイトソース仕立て”
そして肉料理は“地鶏のソテー”だとのこと。この日は“スズキのホワイトソース仕立て”をお願いしました。
0611c7e4.jpg


メインが出てくるまでの間は、グリッシーニをつまんだりしながらワインを楽しむことにします。

そして、いよいよメイン料理がやってきました。
d93e268c.jpg


このスズキ、かなり肉厚でボリュームたっぷりです。
ホワイトソースがもっとタップリ欲しかったような気もしますが、素材の良さを考えればこれくらいが良かったのでしょう。

ちなみにこちらは地鶏のソテーです。
58a5e47e.jpg


これもかなり大きなものが出てきていて赤ワインとの相性もばっちりだったのでは?

予算の限られたワイン会の中でこれだけの内容を良くやってくださったものだと思います。
もう少し居座っていろいろな料理をじっくり味わってみたいと思いましたね。

普段のメニューには少し軽めのディナーからガッツリいただけるコースまで様々なものが用意されているようです。
消防署 17ef6df3.jpg


最新の建物である淀屋橋ODOMAの少し西側、
古き消防署の雰囲気を味わいながら北イタリアの家庭料理を満喫してみるのもいいものですよ。
消防署

さぁ、合い言葉は
“アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ”!!



【アンティカ オステリア ダル ポンピエーレ】

住所:大阪市中央区今橋4-5-19   MAP
電話:06-4706-1190  (予約専用)06-4706-1199 
営業時間:11:30~15:00(LO)14:00 
17:30~23:00(LO)21:30 
定休日:日曜日
 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

この週末は少し足をのばして、岐阜県と長野県の県境にある江戸時代の中山道の宿場、馬篭宿と妻篭宿に行ってきました。 江戸時代、京都と江戸を結んだ中山道。 馬篭宿は43番目の宿場で岐阜県中津川市にあります。また、妻篭宿は42番目の宿場でこちらは長野県南木曾町にあ ...
続きを読む
この週末は少し足をのばして、岐阜県と長野県の県境にある江戸時代の中山道の宿場馬篭宿妻篭宿に行ってきました。

江戸時代、京都と江戸を結んだ中山道。
馬篭宿は43番目の宿場で岐阜県中津川市にあります。また、妻篭宿は42番目の宿場でこちらは長野県南木曾町にあり、この2つの宿場は間に馬籠峠をはさみ、現在も江戸の町並みの雰囲気を残す場所として人気があります。

大阪を朝5時前に出発して名神、中央高速を走り、休憩しながらも9時前には馬篭宿に到着しました。

さすがに駐車場もまだかなり開いていましたが、お店の方は開店準備をしている感じでまだ開いているお店はなかったので、散策することにします。
朴葉定食
109de28f.jpg


こちら、馬篭宿は木曽路の端っこに位置しており、馬の背のような地形に宿場が形成されたところから、このような名前が付いたといわれているそうです。ここは今まで訪れた宿場とは違い、坂道の中に宿場町がある感じでしたね。
45824ca7.jpg
木曾

そして、馬篭宿を往復してからは車に戻り、馬籠峠を越えて、長野県に入り“妻篭宿”に行ってみます。
4741ee7e.jpg


ここ、馬篭宿~妻篭宿は峠を越えて約8キロ。この隣り合った宿場間を昔の旅人気分で歴史と自然・森林浴を体験するハイキングが行われていて、
達成した人には“完歩証明書(檜のハガキのようなもの)”がいただけるそうです。私は小さな子供連れだったので車での移動でしたが、約8キロ3時間の道のりを歩くのも楽しいかもしれません。山道で熊に遭遇しないように“熊よけの鈴”も貸してもらえます。

さて、峠を越えて長野県に入って最初の宿場の妻篭宿は馬篭宿とは変わって平坦な道の両側に宿場の面影があるところです。
979e26ef.jpg
朴葉定食

ここ妻篭宿を散策している間にちょうどお昼に時間帯を迎えそうになったので、此処でランチをいただくことにしました。

ここ、妻篭宿にはお蕎麦屋さんが結構多いのです。
最初はこの日のお昼はお蕎麦屋さんで蕎麦と五平餅のセットを食べようかと思ったのですが、歩いていると、こんな看板のお店を発見しました。
7b4b2316.jpg


お店の外に、どんなものが食べられるのか書いてあるので安心ですね。

ここは本来、旅館で、お昼の時間帯に昼食を提供しているみたいですね。
朴葉定食

入り口で靴を脱ぎ、客席に案内していただきます。
13502bef.jpg


昔からある日本旅館のようで、庭もきれいで落ち着きます。
庭に面した座敷に案内していただきました。この季節、そよそよ吹く風が心地良いです。
d210211e.jpg


席に座ってメニューを眺めます。
お店に入るときにある程度何を食べようかを決めていたのですが、どうしても見たくなってしまいますね。
62e92049.jpg
cc7737d2.jpg


こちらでは木曾の地酒もいただけるようなのですが、残念ながら車で来ていたのであきらめました。
63af014d.jpg


こちらのメニューは完全に地酒と合うように作られていますね。
b4b8e784.jpg
8b0e01c0.jpg


さて、一通りメニューを見させていただきましたが、やはり最初から決めていた木曾の郷土料理“朴葉みそ定食”をお願いしました。信州牛入りにも惹かれましたが、ここは朴葉みそを純粋に味わいたくて(?)こちらにしました。

この木曾や飛騨地方では朴葉みそは朝ご飯として民宿なんかでは良く出されるものですが、私はこれに日本酒を合わせると面白いと思うのですが・・・

さて、待つこと約10分、朴葉みそ定食がやってきました。
bed932a0.jpg


小さなコンロの上に朴葉が敷いてあり、そのうえに特製の味噌、そして味噌の上にはたっぷりの野菜やキノコがのっかっています。
7683da99.jpg


味噌と野菜をよく混ぜながら、コンロの上で味噌が焼けるのを待っていただきます。
味噌が焦げないようにするのがポイントですね。
朴葉定食

それにしてもこの朴葉味噌、めちゃくちゃご飯に合いますね。
そしてこの定食、朴葉味噌の他にも野沢菜、きんぴらゴボウ、煮豆などご飯がすすむおかずがたっぷりです。
8bf0d1bd.jpg


ご飯に合うものは日本酒に合わないわけはない!
でも、車です。しかも、真っ昼間・・・はい、素直にご飯をいただきましょう!

素朴だけれど、ポイントをきっちり押さえたお昼ご飯に大満足でした。

で、まだ少しお腹に余裕があったので、妻篭宿の中のお店で五平餅もいただきました。
dd094971.jpg
7e728fd6.jpg


五平餅、高速道路のパーキングなどでよく売っているやつは平べったい形ですが、ここのお店で売っていたものは大きな丸い団子状のものでした。

このたれ、クルミがうまくコクを醸し出していて凄く美味しかったです。

信州までの道のりでここ木曾は高速道路で通り過ぎてしまうことが多いでしょうが、たまに途中下車してみても素敵な発見があるかもしれません。
木曾

次回は是非、馬篭宿~妻篭宿の間を熊よけの鈴を持って歩いてみたいですね。


【藤乙旅館】
住所:長野県南木曽町吾妻858-1   MAP
電話:0264-57-3009 
営業時間:10:00~14:30
定休日:不定休

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。



【湯屋】
住所:長野県木曽郡南木曽町吾妻803-1   MAP
電話:0264-57-4343 
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お寿司、お品書きや値段のない高級なものから、子供達のアイドル回転寿司まで、様々なお店がありますね。 家族連れで行くなら、子供が何を食べても制限をかける必要のない一皿100円均一が安心ですが、一皿100円なので、高級なネタを求めるには無理がありますよね。 ...
続きを読む
お寿司、お品書きや値段のない高級なものから、子供達のアイドル回転寿司まで、様々なお店がありますね。
家族連れで行くなら、子供が何を食べても制限をかける必要のない一皿100円均一が安心ですが、一皿100円なので、高級なネタを求めるには無理がありますよね。

最近では、100円均一ではなく、昔の回転寿司のようにお皿の色によって値段が分かれている、その代わりにネタにはまぁまぁ期待の持てるお店も増えてきているような・・・
“函○市場”や“にぎり長○郎”なんかがチェーン店では有名でしょうか?

そんな回転寿司でもかなりのレベルのものを食べさせてくれるお店があると聞いて行ってきました。

東大阪の西石切、大阪外環状線と阪神高速東大阪線の終点、水走の交差点の角にその回転寿司屋さん“さんきゅう”さんはあります。
36d1ebfc.jpg


看板には「板前にぎり」と書いてあります。
値段均一の回転寿司は超一流の寿司ロボット君が握っているとのことですが、ここは寿司職人の板前さんが握ってくれるのですね!これは期待度大です。

清潔な入り口を抜けると店員さんが笑顔で出迎えてくれます。
カウンター席とボックス席からなる店内は明るい感じで清潔感にあふれています。

さて、回転寿司おなじみのレーンの向こうでは、職人さんが魚をさばいているのが見えます。
7900a3d5.jpg


レギュラーメニューの他に、本日のおすすめが書いてあります。
455a82dd.jpg


金目鯛、ふぐ白子、天然よこわなど、普通の回転寿司にはないメニューが並んでいます。

やっぱりここは普段あまりお目にかかれないものから注文することにします。
回転寿司とは言っても、こういう職人さんのいるお店ではレーンのものを取るよりも、職人さんに直接注文するのがいいですよね。

まずは金目鯛
cf5c3962.jpg


最初から贅沢ですね。

そして、生ビンチョウ。これは普通の回転寿司でもありますね・・・
90d94d83.jpg


はい、ここのは違いました。美味いです。

そして、
c9ef5711.jpg


ホロッホロです。口の中で見事に崩れてゆきます。

サーモン
1c46b2e0.jpg


ハッハッハ、臭みとは全く無縁、お見事です!

天然よこわ
ab70409b.jpg


いやぁ、いいんですか回転寿司でここまで・・・

ふぐの白子
8b1b1ec7.jpg


はい、確かに白子です。回転寿司じゃないみたいですね。
もう、どこで食事しいているのかわからなくなってきました。

まぐろ
3d94c1ba.jpg


トロではありませんが、マグロ本来の赤身のあじがものすごくいいです。
これ、おかわりしてしまいました。

あなご
9e366ebf.jpg


でっかいです。でも一口でいただきます。
おーーっ!とろける美味さですね。

生鰯
dfd77608.jpg


これは新鮮でなければちょっと出来ないですね。
甘いです!!

北海三昧と名付けられたこれは・・・
84c16d6b.jpg


いくら、うに、かにの身とかにみそです。
これは贅沢です。この3種盛、何と380円!!あり得ないです。

そして、鰹のたたき
b84d853d.jpg


盛りつけもかなり美味しそうでしたが、その味も期待を裏切らない美味しさでした。

回転寿司とは言っても、ほとんど板前さんに直接オーダーしていただきました。
ここ、お昼からまた贅沢な気持ちを味わうことができます。
でもこれ、2人で3000円と少し。
この内容でこのお値段はかなりのものだと思います。

生駒山の麓、石切。
これは夜に行って、お酒とともに楽しみたいですね。
飲まれる場合は近鉄けいはんな線(地下鉄中央線相互乗り入れ)新石切駅から徒歩5分ほどです。如何ですか?



【板前回転寿司 さんきゅう 石切店】
住所:大阪府東大阪市西石切町7-3-12   MAP
電話:072-985-5539 
営業時間:11:00~23:00
定休日:なし

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

天満橋から谷町4丁目界隈、この辺りはランチタイムになると、様々なお店が競い合ってランチを提供しています。 激安のランチ、大盛りのランチ、そしてクォリティの高いランチ。 日によってまた気分によって選択肢が様々で、この辺りに勤務していらっしゃる方はお昼ご飯 ...
続きを読む
天満橋から谷町4丁目界隈、この辺りはランチタイムになると、様々なお店が競い合ってランチを提供しています。

激安のランチ、大盛りのランチ、そしてクォリティの高いランチ。
日によってまた気分によって選択肢が様々で、この辺りに勤務していらっしゃる方はお昼ご飯を決めるのも一苦労なのでしょう。

さて、私はこの界隈に来るとここに行ってみたくなるのです。
アンコウランチ

谷町4丁目で美味しい魚とそれに合う日本酒を堪能させてくれるお店、和亭

ここではランチも美味しくいただくことができます。
ランチは定番の“大きなエビフライ”、塩胡椒でいただく“牛ロースステーキ”、“とんかつ”それと日替わりのお楽しみ2品の中から選ぶことができます。
そして、これらのランチにはもれなく艶々の炊きたてご飯と味噌汁がついてきます。

お店の前では女将さんがパラソルの下でお弁当を販売しています。(何とこれが500円!)

女将さんに挨拶して、お店の中に入っていくと大将が笑顔で出迎えてくれます。
この日はお昼休みのど真ん中の時間帯にお邪魔したので、テーブル席もカウンターもほぼ満席でした。

カウンター席の特等席の横(夜はここのカウンター、大将の仕事が見えるので特等席なのですよ)辺りに座って、この日のメニューを確認します。

この日は、定番に加えて“アンコウの唐揚げおろしポン酢”と“厚切り紅鮭の塩焼き”でした。ほんの少し迷いましたが、ここは「ピン!」とくるものがあり、
“アンコウの唐揚げおろしポン酢定食”をお願いしました。

カウンターでしばらく待っていると、揚げたて熱々のアンコウの唐揚げおろしポン酢定食がやってきました。
3e67e74c.jpg


見てください、このアンコウのからあげの量!!
0e083b24.jpg


まさにマウンテン、まさに“アンカラマウンテン”(なんかどっかの国みたいですね)状態です!!

まずは一つ頬ばります。
98d2d611.jpg


おぉ!これは新鮮!!
ぷりっぷりでコラーゲンたっぷりです!
これはお昼から何とも贅沢ですね!

何でも話を聞くと、このアンコウは活け締めでやってきたものだとか・・・
これは美味いに決まってますよね。
ここ、日替わりのランチではたまにこういう超お得なものに巡り会えてしまうのです。

大将からは「このアンコウ、獺祭(だっさい:山口県岩国のお酒)合いますよ!出しましょか?」と冗談でおっしゃっていただきましたが、
思わず本気で「はい、おねがいします!」と答えてしまいそうになりました。

さて、平日のお昼、流石に日本酒は無理なのでここは抜群に美味いご飯と一緒にいただきます。
アンコウランチ

ここのご飯、ホントに美味しいです。
普段はご飯のおかわりは基本的にしないのですが、個々に来るとご飯のあまりにの美味しさに我慢できなくなりおかわりしてしまいます。

メインのアンコウの唐揚げのほかにも、こんなものや、        歴史ある糠で漬けられたキュウリのぬか漬けなど、ご飯の友も充実していますね。
アンコウランチ  f84f69a7.jpg




ホントに夜はもちろんのこと、お昼ご飯も満足させていただけます。
ちなみにこちらは先日お伺いしたときの夜の様子です。
7d35c95a.jpg
188d81ea.jpg


ほんと、目が離せないです。
また、次に行くときには何が出てくるのでしょうか?


【酒肴(しゅざかな なごみてい)和亭】
住所:大阪市中央区鎗屋町1-1-10山大ビル1F   MAP
電話:06-6949-4753 
営業時間:11:45~13:30 、17:30~23:00   
定休日:土、日、祝

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪駅前ビルって結構古いイメージってありませんか? 結構昔からあるのだけれど、改装とかとの縁は皆無で、未だに案内表示に“国鉄大阪駅”って書いてあったりして・・・ でも、安くていいお店が結構あるのですよ・・・ 最近話題になっている四日市トンテキ。 そ ...
続きを読む
大阪駅前ビルって結構古いイメージってありませんか?
結構昔からあるのだけれど、改装とかとの縁は皆無で、未だに案内表示に“国鉄大阪駅”って書いてあったりして・・・
77ebbacb.jpg


でも、安くていいお店が結構あるのですよ・・・

最近話題になっている四日市トンテキ
そんな四日市トンテキが梅田で食べられる・・・
そんな噂を聞いて行ってきました。

場所は大阪駅前第2ビルの地下2F
お店の名前はズバリ“大阪トンテキ”そのまんまですが、実にわかりやすいですね。
1a9eb385.jpg


ここ、お昼の時間帯になると、トンテキを求めて長蛇の列が出来ています。
この日は比較的早い時間に行ったので、すんなり入店することが出来ました。

お店に入ってカウンター席に座り、メニューを眺めます。
bad7ceac.jpg


と言っても、この日はトンテキ定食1本に絞っていたので迷うことはありませんでしたが、いろいろなメニューがあるようですね。
トンテキ定食を注文すると「ニンニクが入っていますがよろしいでしょうか?」と声をかけていただけます。
サラリーマンやOLさんが多くランチに来られるので午後からの仕事に差し支えがないか気配りをしていただいているのですね。

トンテキ定食の他に、お肉が300gの大トンテキ定食や500gのメガトンテキ定食なんかもあるようです。

トンテキが出来るのを待っている間もカウンター席なので、トンテキが出来る様子をものすごくいい香りの中で、期待感をふくらませながら待つことが出来ます。

そして、お待ちかね!トンテキ定食がやってきました。
761e2c81.jpg


トンテキにたっぷりのキャベツ、お約束のイタリアンスパゲッティ(ナポリタンではなく、あえてイタスパと書かせていただきます!)、
からし、そして、ニンニクの焼いたものが付いてきます。それに、ご飯と味噌汁がセットになっています。

ちなみにご飯の大盛りは無料です。
このトンテキは200gなのですが、これかなり大きいです。
このセットの写真ではわかりにくいのでアップで撮ってみました。
はい、どうぞ!!
c63fd1a7.jpg


厚みが3センチはあるでしょうか?
これは見事です!!

そして、ナイフで切っていただきます。
97cf8c55.jpg


これ、お肉もジューシィでトンテキのソースとめちゃくちゃ合うじゃないですか!!
これは、ごはんがススムくんなんてレベルではありません。

カラシを少しつけていただくと、今度はビールが欲しくなってしまいますね。
ニンニクを焼いたものもやわらかくてむちゃくちゃ美味しいです。これ、平日で午後からお客さんのところに行く予定があるなら食べたらヤバそうですが、
思ったほどのにおいはありません(でも、午後一番の客先訪問があるときはやめておいた方がいいでしょうが・・・)

それにしてもこのトンテキ、ご飯がすすみまくりです。
お腹をすかせて注文時に「ご飯大盛りで!」と宣言されることをおすすめします!

これだけの厚みのトンテキを800円で堪能できるのはかなりお値打ちだと思います。
一度おためしあれ!



【大阪トンテキ】
住所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B2F   MAP
電話:06-6341-7203 
営業時間:11:30~21:00
定休日:なし

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お漬物と良く合う食事としては何を思い浮かべますか? お茶漬け、白い炊きたてのご飯、ちょっとしたお酒のアテ。 でも、お漬物と相性バッチリの食べ物があるのを忘れていませんか? それは、カレー! 京都に老舗お漬物屋さんが作ったカレー屋さんがあると聞いて行って ...
続きを読む
お漬物と良く合う食事としては何を思い浮かべますか?
お茶漬け、白い炊きたてのご飯、ちょっとしたお酒のアテ。

でも、お漬物と相性バッチリの食べ物があるのを忘れていませんか?
それは、カレー!
京都に老舗お漬物屋さんが作ったカレー屋さんがあると聞いて行ってきました。
8c79d5c0.jpg
  496b2f0d.jpg


場所は京都御所や二条城のある近く、地下鉄烏丸線の丸太町駅から徒歩5分くらいのところに、欧風カレー 近江屋清右衛門さんはあります。


お店の前まで来ると、何とも言えないカレーのいい香りがただよってきます。
近江屋清右衛門

その香りに誘われるかのようにお店の中に入ってゆきます。

店内入ってすぐのカウンターの中にキッチンがあり、シェフが笑顔で迎えてくれます。
さらに奥にはカウンター席、そしてその奥に4人掛けのテーブル席が4席ほどある落ち着いた雰囲気の店内です。

席に座り、メニューを眺めてみます。
8ec3f816.jpg
 165bfb65.jpg


自家製欧風ビーフカレー、定番メニューですね肉がたっぷり!
やっぱり最初はこれにしておきましょうか?
それとも、とろとろ煮豚の欧風カレー!これも捨てがたい・・・
それとも、本日の野菜カレー、「季節ごとに変わる野菜をお楽しみください」ってこれも気になりますね。そして、この日の日替わりワンプレートランチソーセージ温玉のせカレーです。

とその時、他店ではまず見たことがないメニューを発見しました。
鱧フライカレー
白身魚のフライのカレーなら見たことも食べたこともありますが、鱧フライカレーは初めてです。京都らしくもありますね。
というわけで、鱧フライカレーをお願いしました。
それと、ここはお漬物屋さんがやっているカレー屋さんです。
お漬物の盛り合わせもお願いしました。

しばらく待っていると、先ず鱧のフライがのったご飯が出てきました。
950c330f.jpg


そして、そのすぐ後を追うように、カレーが別添えで出てきました。
1bbc780e.jpg


このカレー、スゴいです!
小さな土鍋に入ってぐつぐつと煮立った状態で出てくるのです。
これは食欲をそそられますね!
ちょっとほかでは見かけない出てきかたですね。

早速、熱々土鍋の中のカレーを鱧フライがのったご飯の上にかけてみます。
922d875f.jpg


カレーのいい香りが立ち上がってきてもうたまりませんね。
まずは、カレーとご飯をいただきます。
5bcc541e.jpg


お!美味い!!
辛さが前面に出るタイプではありませんが、フレンチのシェフが作る欧風カレーというだけあって、旨みが凝縮されているような感じで美味しいです。

そして、鱧フライの部分をいただきます。
dffa81c8.jpg


へ!これは面白い!!
鱧フライとカレーってこんなに良く合うのですね!
これはどんどんスプーンを持った手がススム君です!

これ、夜に来て、麦酒のつまみにしても最高でしょうね!

一緒にお願いしたおつけものの盛り合わせもカレーとの相性がよく考えられています。
a6660fc8.jpg


特にこのらっきょう、カレーチェーン店のものとは全くものが違います。
流石、京漬物の近清さんですね。

ちなみにこれは、この日の日替わりワンプレートランチです。
7263958d.jpg


カレーは土鍋には入ってきませんが、内容はかなりお得になっていますね。
そして、この赤ピーマンとオレンジの冷製スープを一口いただきましたが、流石フレンチのシェフ!!って感じの逸品でした。

この、限定15食のモッツァレラチーズを使ったフロマージュカレーも気になりますね。
33659d25.jpg


食後にはクリームブリュレもいただきました。
15e2003e.jpg
   b44da6bd.jpg


これはただのカレー屋さんにしておくのはもったいないですね。

入り口は行ってすぐのカウンターの上には夜のメニューの一部も書いてありました。
8ee0f95d.jpg
 f12ad200.jpg

88b36559.jpg
 fc408e53.jpg



カレーディナーというのがあって、シェフの気まぐれ4種盛り合わせをつまみながらワインを飲むのもいいでしょうね。

今年の5月にオープンされたところで、これからメニューはもっと増やしていくのだそうです。基本のカレーの美味さはもちろんのこと、一品もかなり期待が持てますね。

ここは次回、ぜひ夜に来てみたいですね。




【欧風カレー 近江屋清右衛門】
住所:京都市中京区丸太町西洞院西入横鍛冶町113番地1   MAP
電話:075-254-0038 
営業時間:11:30~21:00
定休日:不定休

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加