美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2011年02月

だんじりの街、岸和田。 みなさん岸和田と聞けば一番にだんじりを思い出すのではないでしょうか? 岸和田の街を歩いていると、所々にこのような蔵があります。 この中には秋に岸和田の街を駆け巡るだんじりが眠っています。 今は静かに眠っているだんじり、あ ...
続きを読む
だんじりの街、岸和田。
7b2721f6.jpg


みなさん岸和田と聞けば一番にだんじりを思い出すのではないでしょうか?

岸和田の街を歩いていると、所々にこのような蔵があります。
鳥美

この中には秋に岸和田の街を駆け巡るだんじりが眠っています。
今は静かに眠っているだんじり、あと半年ほどするとまたあの季節がやってくるのですね。
                         鳥美

さて、そんな岸和田の街を、スタジオにしてドラマを繰り広げるこのお方にきしわだご当地グルメツアーに連れて行っていただきました。
鳥美

この日に連れて行っていただいたのはここ。鳥美


そう、岸和田ご当地グルメとして、今は有名になった“かしみん”をいただくことが出来るお店です。

お店の奥には大きな鉄板があって、ここで“かしみん”や、ひね鶏を焼いていただくことが出来ます。

メニューはこんな感じです。
5ff1fb07.jpg


お好み焼き、モダン焼、洋食・・・。
こんな居酒屋さんのようなメニューもありましたよ。
               c9cc267f.jpg


さて、何はともあれ最初はコレですね。
fba54c01.jpg
 鳥美

のどを潤したあとは、とりあえず鶏を焼いていただきましょう。

鉄板で焼いて、3e28b2d1.jpg



味付けは塩胡椒。これが最高です!
18c3fbcf.jpg


見て下さい、この皮のところの歯ごたえが最高なんですよね!
ab7dd2d6.jpg


この味わいはひね鶏でないと出てこないです。

さて、次は“玉子からやき”と“からやき”を。
さて、からやきとは・・・ 3843864f.jpg


みなさん、洋食焼ってご存じですよね?
生地にキャベツ、玉子をのせて鉄板で焼き、ソースを塗って食べるやつです。

でも、洋食焼となると、子供のお小遣いではちょっと値がはるので、気軽には食べられない。
そこで、「空焼き(からやき)」。つまり、生地とネギとショーガだけのものが考えられたそうですよ。ちなみに、玉からとは、から焼きに玉子が入ったもの。

今回はそんなから焼きと、
a4812954.jpg


玉からも焼いていただきました。

これ、生地と葱と生姜だけなんですが、牛脂のミンチがとけた甘さと、
ソースの味との相性が抜群で意外や意外。これ、めっちゃ美味しいですよ!
                  52cc57c7.jpg


そして、ここに来たからには“かしみん”もいいただかなければなりません。

かしみんとは、水に溶いた小麦粉を鉄板に丸く伸ばし、上に刻みキャベツと鶏肉と牛の脂のミンチを乗せて焼いた料理。
651ff1ae.jpg


一銭洋食(洋食焼)の一種で大阪府岸和田市の地元料理。となっています。
また、「かしわ」と牛脂の「ミンチ」をのせたものであることから、この二つの具の名前を短く組み合わせて「かしみん」と呼ばれるようになったそうです。
                  鳥美

それでは早速いただきます。 鳥美

今回はそばを入れたものも焼いていただきました。
これ、美味いですよ!
これを食べたら、普通のお好み焼きでは満足できなくなってしまうのかもしれません。
お好み焼きの具材になぜ、鶏肉が入ってないのかが不思議になるほど満足度の高い味ですね。
お好み焼きって、やっぱり気軽に食べられるものであって欲しいですね。

せっかくなので、焼きうどんもいただきました。
鳥美

焼きうどんはもちろん、醤油味で!


さて、かしみんでお腹いっぱいになったあとは、紀州街道を歩いて、
泉佐野の陶芸家、佐ノ川谷藍子さんの器展を見に行きます。
c6b33c7f.jpg


民家の玄関先に、所狭しと、たくさんの作品が並べられてありました
               ad18e9fb.jpg


この日に展示してある器は買うことも出来るので、私の3点ほど購入させていただきました。
555ddb53.jpg


佐ノ川谷藍子さんの持っているこのご飯茶碗もこの日に購入させてだきました。
d0808a20.jpg


器を選んだあと、お茶をたてていただきました。
            鳥美

和三盆のお菓子は口の中で上品な甘さを奏でながらとろけて行きます。
0a178607.jpg


おもてなしってこういうことを言うのでしょうね。
心も体も温まります。鳥美


佐ノ川や藍子さんの器展、今度は4月に予定しているそうです。
次回は酒器を何点かいただきたいと思います。
7800f715.jpg


泉州岸和田、まだまだ奥が深そうです。
この街に住んだ人はこの街を中々離れられなくなる良さがある。
少しだけそんな気持ちがわかったような気がしました。



【鳥美】

住所:大阪府岸和田市堺町7-29   MAP     
電話:072-422-5816
営業時間 11:00~20:00 
定休日:火曜日


大阪泉佐野の陶芸家、
佐ノ川谷藍子さんのブログはコチラ。 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近少し暖かい日が続きますね。 ずっとこのまま心地良い気温のままなら良いのですが、寒の戻りというのがあって、また寒くなるのでしょうね。 そうはいっても、来週からはもう3月。 新しい生活のスタートももうすぐい目の前ですよ! さて、卒業や転勤などもこの時期 ...
続きを読む
最近少し暖かい日が続きますね。
ずっとこのまま心地良い気温のままなら良いのですが、寒の戻りというのがあって、また寒くなるのでしょうね。

そうはいっても、来週からはもう3月。
新しい生活のスタートももうすぐい目の前ですよ!

さて、卒業や転勤などもこの時期に多いですよね。
そんな時、送別会などでお酒を飲む機会も多いと思います。

お酒が好きな方なら、いろんな味わいのお酒をいろいろ楽しんでみたいと思うのは当然ですよね。

出来るだけ多い種類を!
そう思う方の多いと思います。

お店に行って、一本のお酒を勧めていただいたとき、
「あ、それ前にのんだから別のものにしてください」
そうおっしゃったことある方、多いですよね。

でも、ちょっと待ってください。
同じラベルで同じ銘柄のお酒でも、その提供のされ方、タイミング、温度・・・。
それらが違うだけでずいぶん味わいが変わってくるのをみなさん体験なさったことがありますか?

今回は、そんなお酒の持つ実力を体験できるすごい日本酒の会に参加してきました。

今回その日本酒の会が開催されたのは、天満橋にある大人のテーマパーク、
“酒肴屋 かわむら”さんです。
8966e375.jpg


ここ、知る人ぞ知るお店です。 かわむら2月

でも、あまりブログ等に出てこないですよね。
なぜなら、普段はこのお店写真撮影禁止、ブログ掲載禁止です。

今回は日本酒の会のため、特別に撮影、掲載許可をいただきました。

この日にお酒をプロデュースしていただいたのが、
伊丹にある、“Weinhaus HINODE”の桑山さん。
                 かわむら2月

この方の日本酒のサーブの仕方がまた凄いのです。
これ、文章で表現しきれないので、気になる方は是非一度参加してみてください。

まず最初の料理、
5d7a5371.jpg


これはサラダなのですが、その中身が凄い。
宮崎きんかんの「たまたま」
熊本ばってん茄子
魚沼うるい
アクリルアイス、ピンクカイワレ
そして、韓国のたいらぎ貝にリンゴ酢とオリーブオイルを使った酸味のきいたドレッシングを。
そして、ホワイトペッパー、ブラックペッパー、グリーンペッパー、ピンクペッパーをパラリ・・・いいアクセントです。

この中でも感動したのが、宮崎のきんかん「たまたま」
38e71cc3.jpg


これがこの時にいただいた日本酒とものすごく良く合うのですよ!
はっきり言って、ビックリしました。

そして次の料理はこれです。
16e4e1df.jpg


あ、間違えないとは思いますが、饂飩じゃないですよ(^^;)
これは、宍道湖の白魚です。
みなさん、白魚というと、生で食べるのを想像すると思いますが、こうやってすましにすると、その旨味がはっきりと伝わってきます。
しかも、この白魚の大きさ! へぇ・・・。って感じです。

つぎに、お造りをいただきました。 410aabad.jpg


泉州の泉たこと対馬のよこわのあぶりです。
97d6498d.jpg
 d85b9f0d.jpg


これにもお酒をあわせていただきます。
合わせるといっても、お酒の種類をどんどん変えていくのではありません。
抜栓してからの時間、注ぎ方、温度で変化を加えていくのです。

実際、この段階ではお酒の瓶には新聞紙が巻いてあって、銘柄による先入観を取り除いて提供していただいていました。
でも、出てくるお酒は明らかに味わいが違うのです。
いえ、正確に言えば料理に合った味わいなのですよ。これは是非体験していただきたいですね。

そんなこんなで楽しんでいると、カウンターの中からものすごくいい香りが・・・。

次に出てきた料理がこれです。 79f216ce.jpg


宮崎尾鈴山ぼっちゃんかぼちゃ、新ごぼう。
そして、静岡県の紅芯大根。
芽キャベツ、プチトマト、大分のスティックセニョールです。
これらを秘伝のオリーブオイルに青森の田子町大蒜をソテーして、
風味を出し、素材を入れ炒め、仕上げに発酵バターで香りとコクをつけたものだそうです。

そして、仕上げに粗ビキ印度産黒胡椒をパラリ・・・これがまた、たまらない。

もう、何が出てくるかワクワク、どきどき。
かわむらさんが大人のテーマパークといわれるの、こう言うことなのでしょうか?

そうそう、お酒を燗にしていただくとき、その間の付け方によって味わいが全く変わってくるのをこの日、目の当たりにしたのです。

最初に、ガスの火で温めたお湯の中に入れて燗をしたお酒をいただき、
つぎに、同じお酒を炭火で燗をつけたものをいただいたのですが、その味わいが全く違うのにはビックリしました。
             4611c778.jpg

炭は今ではもうかなり手に入りにくくなってしまった備長炭です。
c719a34f.jpg
 かわむら2月 かわむら2月

焼き物ならガス火で焼いたものと炭火で焼いたものが違うのは当然だと思いますが、お燗をつけるのにも、これだけの差が出るとは恐れ入りました。

さぁ、次の料理は鍋です。
かわむら2月

まずはたくさんのきのこが出てきました。
これは見ているだけでもワクワクしますね。

もちろんきのこだけじゃありません。
はい、先ほどお造りでいただいた、泉たこです。
               e891aa9f.jpg


これをしゃぶしゃぶでいただくのです。
                 3fc14d1b.jpg
 c3ccba60.jpg


この歯ごたえと、噛めば噛むほど味わい深くなる感じがたまりませんよね。

美味しいなぁ・・・。
って、感動していたら、さらに素晴らしいものが出てきました。

何と、牡蛎です!
かわむら2月

しかも、この牡蛎は左側と右側で産地の違うものなのですよ。

左側が北海道厚岸、仙鳳趾の牡蠣。                                                      そして、右側が三重県鳥羽の的矢牡蛎です。
f3f93cdd.jpg
  ff81f1d7.jpg



仙鳳趾と的矢、この二つの牡蛎を同時にいただいて、
その違いを体感できるなんて普通のお店じゃあり得ないでしょ?

この日にここに来なければ、これだけ明確に違いを感じることは出来なかったと思います。

これらの牡蛎はもちろんしゃぶしゃぶでいただきました。
                 51029b0e.jpg


さて、これだけの鍋を味わった後、このままで終わりますか?
そんなわけ無いですよね!
もちろん、美味しい雑炊もいただきましたよ。
b7470414.jpg


さて、最後になりましたが、ここでこの日にいただいたお酒のご紹介。
かわむら2月 かわむら2月 かわむら2月

これらはみんな、伊丹の日ノ出さんのオリジナルです。
お酒は4種類・・・でも、その味わいはその倍、いえ、それ以上でしょう。
全くラベルの同じお酒でも、一升瓶と4合瓶とでも、味わいは違うのですから・・・。

日本酒の全く新しい世界観が見えてくること間違いなしです。
35fc7d7c.jpg


酒肴屋 かわむらさん、入り口には大きなえべっさんが満面の笑顔でいらっしゃいます。
みなさん、食事して、美味しいお酒を飲んでお店を出られるとき、このえべっさんのような笑顔のようになっていらっしゃいます。
a6e58735.jpg
 かわむら2月

かわむら・日ノ出コラボ日本酒の会、来るたびにどんどん深みに嵌っていきそうです。


【酒肴屋 かわむら】   
住所:大阪市北区天満1-7-16    MAP     
電話:(06)6354-1168
営業時間:予約営業です。(詳細はお問い合わせください)   
定休日:予約営業です。(詳細はお問い合わせください) 
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

一年のうちの“R”の付く月は牡蠣を美味しくいただけるといいますよね。 September, October, November, December,  January, February, March, April. そう、寒い季節の醍醐味ですよね! そして、日本には様々な牡蠣の産地があります。 北海道の厚岸、岩手 ...
続きを読む
一年のうちの“R”の付く月は牡蠣を美味しくいただけるといいますよね。
September, October, November, December, 
January, February, March, April.

そう、寒い季節の醍醐味ですよね!

そして、日本には様々な牡蠣の産地があります。
北海道の厚岸、岩手県三陸、三重県鳥羽、広島、岡山日生、石川県能登・・・。

それぞれの産地にはそれぞれの味わいがあるようです。

その牡蠣の産地に出かけていって、現地で牡蠣をいただく。
醍醐味ですね。

今回は関西から比較的近く、絶品牡蠣がいっぱいいただけると評判の、岡山県の日生に牡蠣をいただきにいってきました。

岡山県日生、大阪駅からはJRの新快速で約2時間、日生駅からは歩いて20分くらいかかるのでしょうか?
駅から歩いて20分はまだいいとしても、ここに電車で行くことのネックがこれ。
日生牡蠣

一本乗り遅れてしまったら、後が大変でしょ?
で、今回はメンバーの一人に車を出していただくことになりました。
<ありがとうございます(^^)>

車を出していただく方の最寄り駅まで電車で向かい、そこから4人揃って出発です。

道中、高速道路のSAで、地元グルメを楽しみながら、岡山県の日生に向かいます。
そして、到着したのがこちら。

“海の駅 しおじ”
日生牡蠣

こちらでは、隣接されている漁協市場“五味の市”で買った、殻付きの新鮮な牡蠣や海鮮を持ち込みで、バーベキューを楽しむことが出来ます。

さて、戦闘態勢に入る前に、まずは弾(^^;)(食材)を購入しなくては行けません。
五味の市の中では様々な海の幸が売られています。
                        d970773c.jpg
 aa175411.jpg


この日は土曜日ということもあって、多くの人で賑わっていました。
aaa23f14.jpg


さて、この日のメインはやっぱり牡蠣、ここで殻付きの牡蠣をたっぷり買っていって、
お隣の“海の駅 しおじ”のバーベキューコーナーで焼きながらいただくことにしましょう。
4e5d603a.jpg


さすがに日生まで来ただけあって、殻付きの牡蠣が、バケツに思いっきり入って2000円です。
                    094bd790.jpg

 
この五味の市の中でも、私たちが牡蠣を購入したお店はでは、牡蠣をたっぷりおまけしてくれましたよ。これは嬉しいですね。

せっかくなので、牡蠣の他にも、サザエや、
66a84743.jpg


イカ、ひものなんかも買って、一緒に炭火で焼いて楽しむことにしましょう!

材料を揃えたら、バーベキューの受付に行って、席を確保します。
7ee9fe09.jpg
 0bb65a50.jpg


席料はワンテーブル6人までで、90分1000円。そして、延長30分ごとに300円です。
この料金に炭、焼き網、牡蠣メスがついて、食材と飲み物の持ち込み自由!
これは最高です。
        98a24010.jpg


このようにして、それぞれ食材を持ち込んでバーベキューを楽しむことが出来ます。
ecc90bed.jpg


既に炭の日はおこしていただいている状態なので、後は食材を焼くだけ!
いざ、戦闘開始です(^^;)

牡蠣はそのまま焼いていただいても美味しいのですが、味に変化をつけるためにいろんな調味料も持っていきましたよ。
                日生牡蠣

パルメザンチーズ、七味唐辛子、マリーシャープス、ブラックペッパー、
べんりみそ、バター・・・。

牡蠣以外には、ソーセージも持っていきました。
さぁ、どんどん焼いていただきましょう。
           f2a768eb.jpg


最初は殻をつけたまま焼いていたのですが、
5d8b5b38.jpg


殻があくまで待っていると、焼きすぎになってしまったり、バターやチーズをかけるタイミングを外してしまうので、牡蠣メスを使って、あらかじめ牡蠣の殻を開けて焼くことにしました。
34ed1044.jpg


牡蠣の殻を開けるのは難しいと思ってる方もいるかと思いますが、ちょっとコツをつかめばすぐに出来ますよ!
8c5053d3.jpg


炭火の上で、ぱちぱちと音を立てながら、牡蠣が焼き上がって行きます。
焼きあがった牡蠣の上にパルメザンチーズやバターをのせて、その上に少し醤油を垂らせば、何とも言えない香りが立ちこめます。33cfa871.jpg



焼きあがった大きな牡蠣を早速いただきます。536ea8ae.jpg


                    
・・・あはは、これは最高です。
一瞬言葉が出ないほどの美味さですね。
生牡蠣も美味しいですが、牡蠣は熱を通した方がその旨味が増幅されると思いませんか?

そして、牡蠣にあうように日本酒も持っていきました。
日生牡蠣

これ、三重県のお酒で天遊琳の牡蛎限定。
酸度のあるお酒で牡蛎にぴったりなお酒なのです。

牡蛎に柑橘を搾ったときの美味しさを想像してください・・・。
こんなことが書かれていたHPを見ましたが、まさにそんな感じの美味さですよ!

さらに、天下茶屋のべんりみそを牡蛎につけていただきましたが、これもまたたまらない美味さでした。
                      94aa153d.jpg
 86b9d152.jpg


牡蠣以外にも、ぶりカマやアジの干物、イカなんかも美味しくいただきました。
1cc72e1d.jpg


この日、かなりの牡蠣をいただきました。
牡蠣でお腹が鳴るって贅沢ですよね。

さて、牡蠣を食べたあとにデザートを・・・
日生牡蠣

でも、これは試す勇気がなかったですね。
哀川翔さんに「イケてるよ!!」と言われたそうですが・・・。
どなたか試された方いらっしゃいますか?

ここ、五味の市の裏側の漁港では、この日も牡蠣を分別している方がいました。
96d40612.jpg


漁港のすぐ横で、新鮮な牡蠣や海鮮でバーベキュー!
                日生牡蠣    日生牡蠣

これはわざわざ電車や車で行く価値ありですよ。
今年も残すところあと少しの牡蠣のシーズン、日生までお出かけになってみませんか?



【海の駅 しおじ】   
住所:岡山県備前市日生町日生801-8    MAP     
電話:0869-72-2201
営業時間:9:00~17:00   
定休日:年末年始・お盆
      

お店のHPはコチラ   


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、ワインは良く召し上がられますか? 私は日本酒も好きですが、ワインも好きで、少しいいことがあると(別にいいことが無くても(^^;)) 自宅のセラーからワインを取り出しては飲んでいます。 あ、セラーといっても、レストランにあるような大きな立派なものでは ...
続きを読む
みなさん、ワインは良く召し上がられますか?

私は日本酒も好きですが、ワインも好きで、少しいいことがあると(別にいいことが無くても(^^;))
自宅のセラーからワインを取り出しては飲んでいます。
あ、セラーといっても、レストランにあるような大きな立派なものではなく、小さなものではありますが、これが1台あると、
夏場でも気に入ったワインをストックしておくことが出来るので大変便利です。

インターネットで良さそうなワインがあれば買っておいてストックしておけば、
好きなときに飲める!というのが、ワインセラー購入のきっかけではあったのですが・・・。

ところでみなさんは、日本のワインは召し上がられますでしょうか?
一昔前、日本のワインは甘くって、お酒の飲めない人が飲むものだとか、味の割には価格が高い!とか言われていましたが、
最近の日本のワインは昔のそれとは明らかに違うようです。

先日、山梨のワイナリー“グレイスワイン”さんと、大阪箕面のこだわり野菜、“やなもり農園”さんが、
コラボで行われる、ディナーにお誘いいただき、行って来ました。

開催されたレストランは、神戸でミシュランの1つ星を獲得されたこちらのレストラン、
21e81cfe.jpg


元町にある、“オルフェ”さんです。

この日は総勢、60名で、やなもり農園のこだわり野菜をふんだんに取り入れた料理を、グレイスワインさんのワインと合わせていただけるということです。
これは期待せずにはいられませんね。
             オルフェ

この日は、やなもり農園さんのブロッコリーと人参を中心にした、食材でオルフェさんのフレンチがいただけるのだとか・・・。
オルフェ

まずは1品目の料理がやってきました。
    
“ブロッコリーのめばえ”  オルフェ


大きな植木鉢にブロッコリーが芽を出しているようですね。
ちなみに、このブロッコリーの芽、これはホントのブロッコリーの芽ですよ。
スプーンをスコップに見立てた盛りつけも素晴らしいですよね。
    オルフェ  483c7207.jpg

そして、これには未発売のスパークリングワイン、グレイス明野スパークリングをあわせていただきます。

次のワインは“グレイス 茅ヶ岳 白 2009”
           オルフェ

このワイン、色合いはすごく透明に近く、味わいもすっきりとしたあじわい。
普段、香りが強く、しっかりしたワインを飲むことが多い方には物足りなく感じられるかもしれません。
しかし、このワインの実力はそんなものじゃないことに、この後気づくことになります。
503b8c23.jpg


2品目の料理は、“瞬間スモークしたホタルイカとホタテのマリネ ブロッコリーのムースと共に”
8a844ae2.jpg


日本酒もワインも両方召し上がられる方なら気づかれるかと思うのですが、ホタルイカとワイン。
これ、決して相性のいいものではないですよね?
ところが、先程まで控えめにしていた、ワイン“グレイス 茅ヶ岳”はこのホタルイカの味わいを邪魔することなく、すんなりなじんでいくのです。
このワインの真価はここにあったのでは・・・と気づかされる瞬間でした。

そして、3品目、オレンジ風味のポタージュクレシー です。
                    935b935d.jpg


これも、一口いただいた瞬間、甘みがブワァーーッと口の中に広がっていきます。
料理をいただいて感動するって、こういうことですか??
まあにそんな感じなのですよ。

さらに、泡に中にはフォワグラガかくれています。
8caa63b3.jpg


このフォワグラの柔らかさと美味しさといったらもう・・・。

この時点で、完全にこちらの料理の虜です。

そして、次の料理は真鯛のポワレ ブロッコリーソースです。
                  オルフェ

肉厚の真鯛と、ブロッコリーはボイルしたものと、揚げてあるものを食べ比べることが出来ます。
オルフェ 6a7168d9.jpg
 オルフェ 5f9ffcd7.jpg


これらには、セレナエステート シャルドネ2009をあわせていただきました。

そして、いよいよ肉料理の登場です。
89007325.jpg


和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み ここでは、やなべじは人参のロティとピューレになって出てきましたよ。
               オルフェ

あわせるワインはグレイスワインのフラッグシップ、オーナーの名前を冠した
“キュベ三澤 赤 2008”です。

こちらのワイナリーの自社農場である、三澤農場のなかでも、特に優れた区画のカベルネソービニヨンをベースにしたワインだそうです。
              オルフェ ded496f8.jpg


牛ほほの肉の赤ワイン煮込みの味わいを見事に受け止めてくれますね。

デザート、人参コンポートとクリームは薔薇のアロマのアイスと共にお皿の上で綺麗な曲線を描いています。
3f459c9c.jpg


これには、2011年3月3日、そうです!お雛祭りの日に発売予定の“グレイスロゼ 2010”をいただきます。
                       オルフェ

デザートと一緒にいただくといっても、決して甘口のロゼワインではなく、きりっと引き締まった酸味とチャーミングな渋みが特徴の春らしいワインですよ。

野菜嫌いを野菜大好きに変えるほどのこだわり野菜である、“やなもり農園”の野菜、日本のワインの可能性を追求し、欧州でも認められる日本ワインを醸し出す“グレイスワイン三澤ワイナリー”のワイン。
そして、ミシュラン1つ星レストランの神戸元町“オルフェ”共に向かう方向は究極の食でしょうか。
オルフェ オルフェ

まさに、五感に響く素晴らしい会でした。
将来、このコラボは伝説になるかも?



【orfeu(オルフェ)】   
住所:神戸市中央区播磨町45番地 The45th 10F    MAP     
電話:078-334-7622    
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30   
定休日:不定休(お店のホームページで確認してください。)
      

オルフェのHPはコチラ

やなもり農園のHPはコチラ   

グレイスワインのHPはコチラ   

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、カレーが美味しい季節はいつだと思いますか? 暑い夏に汗をかきながら食べるカレーは不思議と美味しいものですよね。 食べているときは美味しいのと暑いのと辛いのとで気が遠くなりそうなときもあるのですが、やはりやめられないものです。 で、冬の寒―い ...
続きを読む
みなさん、カレーが美味しい季節はいつだと思いますか?

暑い夏に汗をかきながら食べるカレーは不思議と美味しいものですよね。
食べているときは美味しいのと暑いのと辛いのとで気が遠くなりそうなときもあるのですが、やはりやめられないものです。

で、冬の寒―い日に食べるカレーもまた格別なのですよ。
熱々ふぅふぅいいながら食べるカレー、これもまた格別です。

で、同じカレーはカレーでも、夏のカレーはカレーライスが似合い、冬のカレーはカレーうどんの方が似合う。
そう思っているのは私だけでしょうか?
寒い日のランチには無性にカレーうどんが食べたくなる日があります。

さて、大阪市北東部の旭区に、私の大好きなうどん屋さんがあります。
住宅街の中、旭区役所のすぐ近くにある、手打ちうどんのお店、“蔵十”さん。
                    1ac70858.jpg


ここは、絶品の生醤油うどんと、今の季節なら釜玉うどんが美味しいんですよ!
いろんなところで釜玉うどんをいただきましたが、ここでいただいた釜玉うどんが忘れられず、
冬の間はしばしば食べに行ってしまいます。
96b3d70f.jpg


さて、そんな蔵十さんですが、ここのメニューでもうひとつ忘れてはいけないものがあります。それはカレーうどんです。
ここ、蔵十さんのカレーうどんはお店でも超人気メニューで、このカレー出汁の味が絶妙ですごく美味しいのです。
そして、この日からあの限定のカレーうどんが復活するとのこと!
それは、表の看板にも書いてあった限定メニュー、“牛コンカレー R-17”
牛コンカレーR-17

“R-17”はて?それは何ぞや???
そんな方のために、去年の11月末頃にこの限定メニューを出されたときの、蔵十さんの説明を・・・。
名前を考えられたときのお話しです。

とりあえず、『牛こんカレー』 とでも、云っときましょうか~~
ただ、味は、あまからですけど、結構、いつものカレーに比べると辛いです(><;)
ですから、名前・・・・『R-17』 ・・・・高校1年生未満の方には販売をいたしません
ネーミング 『R-17』 って、どうでしょうねェ・・・・??


というのが、この牛コンカレーR-17の名前の由来のようですよ。

今日はこれで決まりですね!

お店に入り、カウンター席に座ります。
カウンターの上にも、牛コンカレーR-17のメニューが貼ってありますね。
f3491161.jpg


因みに、通常のメニューはこんな感じです。
9d252e69.jpg


各うどんはプラス210円でかやくご飯とお漬け物が付いた定食にすることが出来ます。
大きい声で言いますが(笑)
ここのかやくご飯、めちゃくちゃ美味しいですよ!!

ご覧のように、カレーうどんのメニューも充実しています。
最近の新商品であり、人気の定番メニュー、ベーコンカリーうどんのメニューもありますね。
                  d7edac1c.jpg


うしろに並んだ焼酎の一升瓶、気になりますね!
c1ca3038.jpg


こちらは、そんなお酒に合う一品料理のメニューです。
これをつまみながら、お酒をいただき、饂飩で〆る。いいでしょうね(^^)

この日のお目当てはもちろん、牛コンカレーR-17。
それを、定食でお願いしました。

店内を見ながら、牛コンカレーR-17が出来上がるのを待ちます。
                   蔵十
こちらのお店にも、関西で美味しいうどん屋さんにしかない、ヒゲ画伯の絵が飾られてありますね。
牛コンカレーR-17

そして、ここ蔵十さんは、旭区の“旭わがまちお宝”にも認定されているようですね。
この、“旭わがまちお宝”とは、

区民の皆さんから「旭区のお宝」となるような名物・名店・名工・名所・イベント
などを推薦していただき、旭区ブランド審査会をへて、「旭区ブランド」を決定したのだそうです。
他にも、長屋カフェの“カフェマーボロ”さんや、
お好み焼きソースで有名な“金紋ソース”、洋食の“ロンドン亭”さんや鰻の“魚伊”さんなどが認定されているようです。

さて、いよいよ2ヶ月半ぶりの牛コンカレーR-17がやってきました。
582c999b.jpg


あ、定食のかやくご飯は白ご飯にすることも出来ます。
絶品かやくご飯は捨てがたいのですが、カレーうどんにはやはり白ご飯ですよね。
                      866f80cd.jpg


蔵十特製のカレーうどんに、揚げ、ゴボウ、牛肉、コンニャク、そして葱がのっかって、彩りも綺麗ですね。
79b2d6e3.jpg


そして、たっぷりの牛肉が入っています。
これ、すじコンじゃなく、牛コンです。お肉も柔らかく、ボリュームたっぷりですね。

で、カレーうどんにゴボウってあまりないですよね?
でも、牛肉とゴボウの相性ってものすごくいいんですよね!
この美味しさは食べてみなければわかりません(^o^)
それでは、早速いただいてみましょう。
           37f3203e.jpg


心地良いコシの饂飩に最初は甘く、そしてスパイシーなカレーが美味く絡み合って、これはもう、絶妙という以外は何て言ったらいいでしょうか?

甘辛く味付けされた牛肉はその他のカレーうどんよりからめにスパイスをきかせてあるこの牛コンカレーR-17のカレー出汁との相性、バッチリです。
5f29eeaf.jpg


最初は、そんなに辛さを感じなかったのですが、食べていくうちに結構汗が出てきます。
でも、辛すぎて食べられないことは決して無く、この牛コンカレーR-17にはこのくらいの辛さがちょうど良いのです。

あまりにも美味しすぎて、気がついたらあっという間に饂飩を食べきってしまっていました。

そこで、この牛コンカレーR-17のもうひとつの楽しみ方、発動です!
8e303b17.jpg


はい、このための白ご飯なのですよね!
前回、この牛コンカレーR-17を発売していたときに定食で注文するお客さんのほとんどがかやくご飯でなく、
白ご飯を注文し、白ご飯を注文したお客さんは、かなりの確率でこの食べ方をしていたそうです。

このあとは、もちろん、こうやっていただきます。
                   eabe036d.jpg


これ、ものすごく美味しいですよ!!

これを食べて確信しました。
こちら蔵十さんのカレーうどんの出汁はものすごくレベルが高いんですよね。

カレーうどんでいただくのはもちろんのこと、こうやってアフターカレーライスにすると、
そのカレーのクォリティの高さがものすごくよくわかりますよ!

この“牛コンカレーR-17”、仕込むのにすごく手間がかかるようで、やはり今のところ、定番メニューには出来ないようなのです。
単品にして、この値段は高いように見えるかもしれませんが、一度食べてみると、
牛肉の美味しさ、柔らかさ、量、そしてクォリティの高さの虜になり、
決して高いとは思わなくなると思います。

その証拠に、復活初日であるこの日、店主の予想以上のオーダーが、牛コンカレーR-17に入ったそうです。

蔵十のカレーうどんファンのみなさま、そして、まだ蔵十でカレーうどんを召し上がられたことがない方、
数量限定です、お急ぎください!

牛コンカレーR-17、本日(2/18)より限定復活しています!


【蔵十(くらじゅう)】   
住所:大阪市旭区中宮1-12-18    MAP     
電話:06-6957-9010    
営業時間:11:00 - 14:30  17:00 - 21:00   
定休日:木曜日 (以前と定休日が変わっています)
      

お店のHPはコチラ   

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

大都会の真ん中を通って行く鉄道。 東京であれば、いわずとしれた山手線ですね。 ほとんどの駅が私鉄との接続駅、ターミナルになっていて、どの駅の乗降客もすごく多いようです。 さて、山手線の大阪版というと、大阪環状線。 この大阪環状線も各私鉄との接続駅にな ...
続きを読む
大都会の真ん中を通って行く鉄道。
東京であれば、いわずとしれた山手線ですね。

ほとんどの駅が私鉄との接続駅、ターミナルになっていて、どの駅の乗降客もすごく多いようです。

さて、山手線の大阪版というと、大阪環状線
この大阪環状線も各私鉄との接続駅になっている駅が多いのですが、東京の山手線のように私鉄のターミナルと必ずしもつながっているのではないようです。
電車の本数も朝晩はひっきりなしに運転しているようですが、中間時間帯の西九条~弁天町~新今宮の快速が止まらない駅では、
10分間電車が来ないこともあるようです。

さて、大阪で山手線のように私鉄ターミナルを結ぶ電車といえば、大阪環状線ではなく、地下鉄御堂筋線になるのですね、
何せ、関西の大手私鉄である、近鉄、南海、京阪、阪急、阪神の始発駅すべて、そして新幹線が通る新大阪駅をも通っているのですから。

さて、そんな御堂筋線の新大阪駅のひとつ北の駅、東三国。
そんな東三国駅から徒歩5分くらいの住宅地の中に美味しいものをたっぷり、しかもリーズナブルにいただけるお店があると聞き、行ってきました。

お店の名前はカサブランカ。
                             4f47277a.jpg


何か洋風な出で立ちですよね。
でも、ここでは美味しい海鮮をいただくことが出来るそうですよ!
ちゃんと漢字で書いてる看板もありました。
え?漢字でカサブランカ・・・。
8d545a0d.jpg


“食事処 華酒舞乱家”って書いてあります。
何か私が中学生くらいの時にちょっと流行った、“愛羅舞勇”みたいですね(^_^;)

お店の前にはメニューボードが置いてあります。
カサブランカ

今晩のオススメには活けふぐてっさや、氷見産の寒ブリなどの一流の海鮮メニューがあります。

また、夜定食なるものもありますね。カサブランカ


メイン一品に、小鉢に二品そして、ご飯。夜ご飯といえば、ビールとつまみが多いですが、ここではしっかり食事もすることが出来るみたいですね。

とりあえず、お店の中に入ってみましょう。

お店の中も、純和風という感じではなく、どちらかというとカフェと居酒屋さんの真ん中のような感じです。
この日は、貸し切りでオフ会を開いていただいき、一人4000円で超お値打ち食材がいただけるようです。

まずは、いつものように乾杯です。
ce1aac9c.jpg


乾杯のビールとほぼ同時にお造りの盛り合わせを出していただきました。
                      a63fa1a9.jpg


鮮度抜群の氷見産の寒ブリ、よこわ、鯛、そして赤貝です。
これは一人一皿出していただきました。
これらを独り占めできるなんて何て贅沢なのでしょうか?

そして、しめ鯖。532e1139.jpg

これは五島列島でとれた、とき鯖といって、逸品です。


この日は特別に美味しいメニューをおまかせで持ってきていただきましたが、
普段のメニューもこんな感じでかなり魅力的ですよ!
               カサブランカ  75c70cf5.jpg
  
               2220ba27.jpg
  814b6430.jpg


最初のお造り2つを見ても、こだわりの海鮮をいただくことが出来るのがわかりましたが、
まだまだ凄いものが出てきます。
次の一品がこれです。
45318d2b.jpg


住宅地の中のお店でなぜか毛ガニ。
でも、この毛ガニ、びっくりするほど美味かったのですよ!
この味噌を見ればわかると思いますが・・・。7aa47c66.jpg



蟹好きにとって、これはたまらないですね。

そして、丁寧に味付けされた鯛の子。
a0e2437b.jpg


この季節ならではの牡蠣も殻付きでグラタンにしていただきました。
                edb5bb88.jpg


お酒は、ビール、酎ハイをはじめ、日本酒、焼酎、ワインなども用意していただきました。
75f07b2a.jpg


そして、次の一品は鯛のあら炊きです。鯛の一番美味しい部分である頭の部分を絶妙な味付けで煮付けていただいています。
  a4db4862.jpg
  31d752d8.jpg

大きな鯛なのでこのように実もたっぷりです。

そして、つぎは鰤カマの塩焼きです。
98273894.jpg


これは、先程の氷見産の寒ブリのものでしょう。これ、美味しくないわけがありませんよね!

大きな牡蠣フライには自家製のタルタルソースをたっぷりつけていただきます。
                 bd131d25.jpg


これを贅沢といわずして何と表現すればいいのでしょうか(^^)

この時点で、かなりお腹もふくれていましたが、こちらの人気メニューが、
これからまだ出てくるのだといいます。
その人気メニューとは・・・。

カサブランカ名物、ドライカレーです。
7e705a2e.jpg


え、ドライカレーじゃなくって普通のカレーみたいですって?
はい、こちらのドライカレーはドライカレーのうえに、さらにカレーが掛けてあるのです。
辛さはほどほどで、うま味が勝ったカレーですので、かなり美味しくいただけました。
            5a47e2be.jpg


さらに後半、トッピングされている玉子を混ぜていただくと、味わいがマイルドになってさらに美味しさアップですね!
ドライカレーの美味しさ、ルーの美味しさ、玉子をミックスした美味しさと、
一皿で3度美味しいカレーじゃないでしょうか?
3a0be964.jpg


デザートには、リンゴを煮て作ったものをいただきました。
上品な甘さで、とても美味しかったですよ!

ここ、普通にお店の前を通っただけではこれだけクォリティの高い食材をいただけるお店だとは誰も気がつきませんよね。

キタやミナミもいいけれど、少し足を延ばして、東三国の隠れ家で、鮮度抜群の海鮮を食べに行ってみませんか?
満足すること、間違いなしですよ!



【華酒舞乱家(カサブランカ)】

住所:大阪市淀川区東三国2-24-15   MAP     
電話:06-6399-3312
営業時間 11:30~14:00 17:30~ラストオーダー22:00
定休日:木曜日

こちらの方々のブログにも紹介されています。
プーさんの満腹日記    
ごうしの「これは美味いでぇ!!」    
Mのランチ    
虎キチ 大阪B級グルメ倶楽部    
大阪のまさちゃん♪     
美味しいねん♪
 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

粉もん!    こう聞くと、何を思い出しますか? たこ焼き! そうですよね、大阪といえば“たこ焼き”っていう方も多いのでは。 子供の頃には、近所にたこ焼きを売っている店が複数有り、 「○○のたこ焼きが好き!」 「いや、△△の方が美味しい」なんて、良く ...
続きを読む
粉もん!   

こう聞くと、何を思い出しますか?

たこ焼き!
そうですよね、大阪といえば“たこ焼き”っていう方も多いのでは。
子供の頃には、近所にたこ焼きを売っている店が複数有り、
「○○のたこ焼きが好き!」 「いや、△△の方が美味しい」なんて、良く言ったものです。
自宅にたこ焼き器を持っているのも大阪人の特徴の1つか?

そして、饂飩
これも粉もんになるのですよね。
関西は蕎麦よりもうどん文化。コシよりもダシ!のうどんが大阪うどんと呼ばれたりしますよね。

そして、忘れてはいけないのがお好み焼き。  
あのソースが鉄板で焼ける香りがたまらないですよね。

同じお好み焼きでも、広島のそれは少し違って、あちらは粉もんとはいわないのでしょうか?

そして、東京下町にも名物がありますよね!
そう!“もんじゃ焼き”です。

大阪の人に言わせれば、「あんなもん、お好み焼きの仲間と違うわ」とか、
「全然美味そうじゃない」とかおっしゃられる方が多いのですが、
そんな関西人をうならせるもんじゃ焼きのお店があると聞き、行って来ました。
                    百十

この看板、気にならずにはいられないでしょ?
この来ななるお店は、なんばこめじるしにある、お好み焼きともんじゃ焼きのお店、
“百十(ももじゅう)”さんです。
882e2853.jpg


ここ百十さん、お好み焼きの激戦区、なんばにありながら、行列の絶えない人気のもんじゃ焼きやさんなのです。

私がお伺いした日も、多くの方が順番を待っていらっしゃいました。

待つこと約20分、店内に案内していただき、メニューを眺めます。
                 8af01a9d.jpg


ここのメインはやっぱりもんじゃ焼き、メニューにも最初のページに出てきます。
お好み焼き屋さんが、ついでにもんじゃ焼きも売っているのとは訳が違いますね。
明太、チーズ、もち、すじ肉・・・。
変わり種では、永谷園のお茶漬けもんじゃなんていうのもありますね。

そして、お好み焼きや焼きそばのメニューも充実しています。
a966d924.jpg


鉄板焼きやご飯もののメニューも。
1d1c1ece.jpg
  bec9ec85.jpg


ステーキをいただける鉄板焼きやさんのように、ガーリックライスもありますね。
これ、後で注文すること内定です。

まずは、定番もんじゃ焼きを注文します。
今回は、明太もちもんじゃをお願いしました。

しばらくすると、目の前の鉄板でもんじゃ焼きが作られていきます。
東京の月島に行くと、基本自分で焼かなければならないのですが、(最初はお店の人が教えてくれますが)
ここはお店の方がやってくれるので安心ですね。

まず、具材とキャベツを鉄板に広げ、混ぜ合わせていきます。
                 837d6297.jpg
 43600c45.jpg


そして、土手を造り、その真ん中にもんじゃの出汁を流し込んで行きます。
                 百十 144e4175.jpg


このように、端っこの方が焼き上がってくると、もんじゃ小手を取り出して、
                 2c246c14.jpg
 9187a529.jpg


端っこからこそげていくようにいただきます。
                    百十

これ、美味いですよぉ!
ピザなんかでも、端っこのカリカリの部分って何か美味しいじゃないですか?
その端っこのカリカリの部分が出来上がったら、食べて、
小手で生地をのばし、また端っこの部分を作っていって食べる。
そんな繰り返しがすごく楽しいですね。

お好み焼きで端っこの焼き上がったところをフライングして食べると、怒られますが、
もんじゃ焼きではそれが堂々と出来るのです!
これって、子供は大喜びですよね!
いえ、子供だけじゃありません、大の大人も大喜びで、生ビールとともにいただきます。

さて、こんな美味しいもんじゃ焼きを出していただけるお店に来て、もんじゃ焼きだけでは勿体ないですよね?

そういうわけで、とんぺい焼きもいただきました。
                  fe36d2b0.jpg


おぉ!このとんぺい焼き、その辺のとんぺい焼きとは豚肉の入り方が違います。
これは、ぜひ食べてみてその食感を体感してみてください!

そして、蒟蒻ステーキをいただきました。
9106fc39.jpg


蒟蒻の表面に丁寧に切り込みが入れあれていて、味が良く染みこんで美味しいです。

次は、オススメの一品、砂ズリのニンニク炒めです。
8ba18c09.jpg


キャベツやピーマンの甘みと砂ズリの食感ニンニクの香りが一体となって、これまたビールがすすみまくりますね。

さて、ここ百十さん、お好み焼き屋さんとしてはどうなのでしょうか?
お好み焼き(豚玉)と、焼きそばをお願いしてみました。
                      0aa2ea9d.jpg

あはは、失礼致しました。
両方とも、めっちゃ美味しいです。
2f4dfb12.jpg


特にこのお好み焼き、ふわっふわで食感も良く、味もかなりのレベルじゃないでしょうか?

でも、みなさん、ちょっと考えてみてください。
大阪なんばのお好み焼き激戦区でこれだけの行列が出来ているお店、
もんじゃ焼きが美味しいだけでは成り立つはずがありませんよね。
お好み焼き、焼きそばの定番メニューのレベルの高さと、鉄板焼きの美味しさ、
それと、もんじゃ焼きの美味しさが両立しなければ成り立つはずがありませんよね。

最後には、もちろんガーリックライスをいただきました。
百十

あれだけお腹にたまるものを食べてても、美味しいものは入るものですね。
これ、めっちゃ美味しいです。

ド○えも△に出てくる、頼りになるガキ大将のような店主が真剣な顔で作る絶品もんじゃと鉄板料理。
関西人を虜にする味わいです。

看板に偽りなしの美味しさを体験しにいらっしゃってみませんか。
目から鱗が落ちますよ(^^)



【百十(ももじゅう) なんばこめじるし店】   
住所:大阪市浪速区難波中2-10-25    MAP     
電話:06-6644-2937    
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(22:30)日祝は通し営業   
定休日:不定休
      

なんばこめじるしの百十のページはコチラ   

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の暑い日、夏ばて防止に食べるといいとされる、鰻。 なぜ、土用の丑の日に鰻なのでしょうか? 事の発端はこうだとか・・・。 うなぎ屋から商売の相談を受けた平賀源内が、 昔から「丑の日」に「う」の付く食べ物を食べると夏やせしないと言われていた事から 「本 ...
続きを読む
夏の暑い日、夏ばて防止に食べるといいとされる、鰻。

なぜ、土用の丑の日に鰻なのでしょうか?

事の発端はこうだとか・・・。
うなぎ屋から商売の相談を受けた平賀源内が、
昔から「丑の日」に「う」の付く食べ物を食べると夏やせしないと言われていた事から
「本日は丑の日」と書いて店先に看板を出すよう勧めたところ、
その「うなぎ屋」がたいへん繁盛したので他のうなぎ屋も真似をするようになった。
というのがきっかけだったそうですね。

さて、そんな鰻ですが夏でなくとも食べたくなりますよね。
この日は、南森町にある鰻屋さん、“うな次郎”さんにお邪魔してきました。
76a23002.jpg


ここ、うな次郎さんは、その鰻の質に拘り、なおかつリーズなぶりなお値段でいただくことが出来ます。

お店のHPには、こう書いてあります。

四季を通じて美味しいうなぎをご提供するには、素材選びが命
です。うな次郎は仕入れに徹底的にこだわり、「うなぎ卸の老
舗川善」が厳選したうなぎの中から、養殖うなぎの最高ランク
といわれる「国内産青口うなぎ」だけを使用しています。


表の看板にも、“活 青口うなぎ”って書いてありましたね。
また、お店の入り口にはランチメニューのボードもありますね。
白焼き丼

平日ランチタイムのみのお得メニューから、しっかりうなぎを食べたい人のためのボリュームメニューまでバラエティ豊かです。

とりあえず、中に入って、ゆっくりメニューを眺めて決めることにしましょう。
白焼き丼  白焼き丼
うなぎ、タレ、ご飯への拘りとお昼のお得なランチメニューです。
白焼き丼  白焼き丼
夜は、うなぎカルボナーラや、白焼きのバルサミコソースなどのうなぎを使った創作料理や、うなしゃぶ鍋などがいただけるみたいですね。
                          白焼き丼
スタンダードに鰻丼、鰻重、ひつまぶしのメニューもありますね。
でも、この日はこれらのメニューがお目当てじゃなくて、前回いただいたときに気になっていたメニュー、
36ed46f6.jpg

うなぎの白焼丼が気になって仕方なかったので、それを注文することにしました。
お昼ご飯に1900円は少し頑張りましたが。極上のうなぎが丸ごと一尾。
タレのごまかしが一切きかずに素材の良さと、焼き加減に左右される白焼きが丼でいただける。
こんな魅力的なメニューがいただけるのですから、決して高くはないのでは。
f305aab3.jpg


カウンターに座り、うなぎが香ばしい香りをたてて焼き上がっていくのを眺めながら、出来上がるのを待っているのもまた楽しいです。

待つことしばらく、目の前に白焼き丼がやってきました。
                  6829c8d6.jpg


うなぎが丸ごと一尾使われた大きな白焼き丼はその存在感も素晴らしいですね。
f1698fb1.jpg


肝吸い、薬味、出汁、お漬け物が付いています。
1788a2a2.jpg


まずは、肝吸いからいただきます。
                    fbb61b2c.jpg


美味いですね!
うなぎをいただく時の楽しみの1つが一緒に出てくる肝吸いですよね。

そして、まずは白焼きを一口いただきます。白焼き丼

                          
表面はパリッと、中はホロホロに柔らかくて、香ばしい香りとうなぎのみの甘みがたまりません。

つぎに、山葵をのせて、醤油を少しつけていただきます。
d57e7a74.jpg


山葵の香りと辛み、それらと鰻のコクが合わさって、何とも言えない美味しさです。

3杯目は、ご飯の上に白焼きをのせて、わさび、葱、大根おろしをのせて、その上から出汁をかけていただきます。
ef90a1e2.jpg


白焼きを味わいながら、同時にひつまぶしのように、3度味わいが楽しめる。
これはかなりお得じゃないでしょうか?
また、鰻の質がいいからこの味わいがあるのでしょうね。

厳選された鰻がリーズナブルにいただける鰻屋さん、“うな次郎”さん。
ここは次回、是非とも夜にお邪魔したくなりました。

日本酒とともに、この鰻を味わってみたいものです。
絶品鰻を使った、創作料理も美味しいに決まってますよね!



【うな次郎】   
住所:大阪市北区紅梅町3-14 ヤマツタビル1F    MAP     
電話:06-6356-2239
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00   
定休日:水曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き物の町、信楽。 私は陶器が好きで、たまに車に乗って、信楽まで行くことがあります。 今は新名神高速が出来て、あっという間にたどり着くことが出来ますが、これが開通する前までは、枚方からひたすら国道307号線を走っていったものです。 でも、国道307号線を走 ...
続きを読む
焼き物の町、信楽。

私は陶器が好きで、たまに車に乗って、信楽まで行くことがあります。
今は新名神高速が出来て、あっという間にたどり着くことが出来ますが、これが開通する前までは、枚方からひたすら国道307号線を走っていったものです。

でも、国道307号線を走る楽しみも実は結構あるのですよ。
京都府宇治田原町の山の中に突然現れるこんな素敵なお店で地鶏を買って帰る楽しみや、
d2b45e7c.jpg


なんか美味しそうな感じのする蕎麦のお店に入ってみると、ものすごく美味しかった思い出なんかもあります。

そんな道中で、ずっと気になっていたお店が一軒ありました。
国道307号線を走っていて、山を越え、信楽に入ってすぐくらいのところに、こんな素敵なお店を見つけてずっと気になっていました。
48940cb8.jpg


大きな看板にもあるように、ここはスイス料理のお店のようです。
信楽でスイス料理?
そのアンバランスさもあってか、ずっと行ってみたいと思っていました。
しかし、子供が小さかったりして、今までお邪魔することが出来なかったのです。

でも、先日こちらのお店のホームページを見ていたら、子供連れでもお気軽にご利用くださいの文字が。

で、今回の信楽行きで早速お邪魔させていただきました。

お店の名前は、スイス家庭料理 “スイスアルピナ”
51f99cb2.jpg


山小屋風のとってもお洒落なお店です。
この日は、とっても寒く、雪も積もっていましたが、それが帰ってこのお店の持つ魅力を増幅させているかのようにも見えました。

入り口を入ると、もうそこはスイスのお洒落な山小屋風レストランそのものです。
9997be7a.jpg
 ab991138.jpg


窓の外に雪景色を見ながらの食事も素敵ですよね。
4e1856de.jpg


以前は冬の間は営業されていなかったそうですが、2011年の1月からは通年営業なさっているようです。

この日は、大雪のためか、他にお客さんはいらっしゃいませんでしたが、
暖かい季節にこちらのお店の前を通りかかったときはいつもお客さんの車がたくさん駐まっていたのを覚えています。
                         6d247a57.jpg


とりあえず、席に座ってメニューを眺めてみます。
e0684a8b.jpg
 スイスアルピナ
コース料理はチキンのスープ仕立てのAコースと、自家製ソーセージが選べるBコース、
そして、チーズフォンデュがついてくるCコース、特別な日のためのSコースが用意されています。

スイスアルピナ スイスアルピナ
アラカルトでは、チーズフォンデュが5種類と、ソーセージが4種類。

そして、デザートや飲み物も充実していますね。
スイスアルピナ スイスアルピナ スイスアルピナ

そして、アルピナさんでは珍しいスイスワインもいただくことが出来ます。
ワインリストはこんな感じです。
スイスアルピナ スイスアルピナ

価格もリーズナブルで、種類も豊富ですね。
車でなければ確実に飲んでいたと思います。

この日は、自家製のソーセージが食べたかったので、Bコースを。
そして、チーズフォンデュもいただきたかったので、アルピナ風チーズフォンデュを単品でお願いしました。

しばらくすると、チーズフォンデュが先にやってきました。

たっぷりのパンと温野菜。
b6472084.jpg
 bb4097bc.jpg


これで一人前です。 3fb47456.jpg


この日はこれを子供含めて6人でいただいたのですが、充分対応できる量ですね。

熱々にとろけたスイスチーズに、パンや野菜を絡めていただきます。
                                 05870114.jpg
 4b346a48.jpg


この雰囲気のお店でいただくチーズフォンデュは、アルプスの少女ハイジに出てくる、
“パンの上にチーズをのせて暖炉の火で温めてチーズがとろける・・・”
あれを思い出しましたよ。

Bコースはソーセージが選べるので、ハーブのさわやかな香りのソーセージ、“フーンヴォルストヒェン”と、
トースト型のソーセージ、“フライッシュケーゼ”をお願いしました。

まずは、コースのサラダが出てきました。
356cf106.jpg


このサラダの野菜は、地元信楽の高原野菜。
地産地消ですね。

そして、自家製のパン。外はパリッと、中はふわふわです。
                     7e0a3157.jpg
 f80e4e71.jpg


コースにはスープもついてきます。
b34a9f2b.jpg

この日のスープは、タマネギと長ネギのスープです。
タマネギと長ネギの甘みが優しい感じの味で美味しいですね。

そして、いよいよメインディッシュがやってきました。
まずは、Aコースのチキンスープ煮込み。
               42b4ad4b.jpg


骨付きの大きなチキンが丸ごと入っていて、食べごたえ充分ですね。
スープもものすごくいい味が出ています。

そして、Bコースのフライッシュケーゼがやってきました。
b1083e11.jpg

厚く切られたフライッシュケーゼの上に、目玉焼き。
そして、そこに特製ソースがかけられています。

一口いただいてみます。 スイスアルピナ


こ、これは美味い!!
シルキーな口当たりと、上品な肉のうま味。これは日本にあるソーセージとは全然違います。こんな繊細な味のソーセージをいただいたのは初めてかもしれません。
日本で、ソーセージというと、そのままで食べても美味しくないお肉を使って加工する食品のイメージがありますが、
ここのソーセージはそんなものとは全く別物です。これはステーキをいただくよりも手間がかかっている分ご馳走だと思います。

半分ぐらいいただいてから、上に乗っている玉子を絡めて食べてもまた違った美味しさが!
                    1ad62e70.jpg


こちら、鶏肉を使ったソーセージ、“フーンヴォルストヒェン”もかなり美味かったです。
5d13834d.jpg
 79409a3a.jpg


こちらでソーセージをいただいて、ソーセージに対する観念がガラッと変わりました。
これは一度食べてみる価値ありですよ!

食事が終わって、コーヒーをいただいていると、お店のご主人がストリートオルガンを演奏してくれました。
スイスアルピナ

ストリートオルガンとは、手回しオルガンとも呼ばれている楽器です。
ライアー、ライエル(lyre)とも呼ばれています。 ピンの出た円筒に接続されたハンドルを手で回し、
円筒に隣接した鍵盤をピンで押さえる仕組みの自動オルガン。
大道芸などで使われるのに適するよう、 首や肩からベルトで吊るせる位の大きさの箱に収まっていますが、
発音機構としてはパイプオルガンです(お店のHPより抜粋)



心地いい音色に気分はすっかり現地で食事しているようです。
「よろしかったら、演奏してみますか?」
とおっしゃっていただいたので、チャレンジしてみました。
                 999793fd.jpg


見ていると、ハンドルを回すだけで簡単そうに見えるのですが、やってみると中々難しいです。
このハンドル、回すのが結構重くて、演奏の速度を一定に保つのにコツがいるのです。
これはいい経験をさせていただきました。

珍しいスイス料理をドライブがてら楽しみに行くのもいいものですよ。
信楽で焼き物を見たあとに、スイスの雰囲気と味わいを。
他では味わうことの出来ない体験が出来るかもしれませんよ!


【Swiss Alpina Restaurant(レストラン スイスアルピナ)】

住所:滋賀県甲賀市信楽町下朝宮574   MAP     
電話:0748-84-0127
営業時間 11:00~21:00(20:00ラストオーダー)
定休日:水・木曜日

お店のHPはコチラ。 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、大阪の都島区と言えば何を連想されますか? ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ あれ?意外と声が上がらないですよね? でも、都島区ってすごい区なんですよ。 大阪の繁華街の1つ、“京橋”があるのが都島区。 今はありませんが、 ...
続きを読む
みなさん、大阪の都島区と言えば何を連想されますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ?意外と声が上がらないですよね?

でも、都島区ってすごい区なんですよ。
大阪の繁華街の1つ、“京橋”があるのが都島区。

今はありませんが、昔、カネボウの工場があったことでも有名ですよね。

それと、現在もこのような有名な会社の本社が都島区にあるのですよ。
寺田屋              寺田屋
サイクルベースあさひ。                                   磯じまん。         

寺田屋         寺田屋
SEED消しゴム。                       ラムネ生産量日本一のハタ鉱泉。

私の生まれ故郷の旭区(おとなり)とはえらい違いですね。(ま、旭区にも少しは自慢できるところが・・・)

そんな都島区に、ちょっと気になるお店があるので、先日行って来ました。
地下鉄都島駅から、歩いて2分ほどのところに、今回お邪魔させていただいた“寺田屋”さんはあります。
寺田屋

大通から1本入った住宅街の中にお店はあります。
そして、お店の看板にはこう書いてあります。
                               寺田屋

                          “ちょっと料理・美酒 寺田屋”

これ、気になりますよね・・・。
早速、引き戸を開けて、お店の中に入って行きます。

お店は、カウンター席が6席ほどと、丸テーブルの座敷が1つ。
和テイストでいい感じですよ。

最初の一杯は生ビールで乾杯!
寺田屋

ここの生ビールはキリンブラウマイスターです。
このビール、久しぶりに飲みましたが美味しいですね。

お店の一番奥の壁には黒板に書かれたメニューがあります。
                     3130dff6.jpg


和食のお店ではなく、完全にフレンチでもない。
これは楽しいですね!この日は初めてお伺いしたので、女将さんにおまかせで料理を選んでいただくことに。
ここでは、ワインも日本酒もいただくことが出来るので、最初のビールの後は白ワインをいただくことにしました。
寺田屋

                    この白ワインに合わせて出していただいたのがこれ。
                    f3f157e8.jpg


     
サーモンとホタテとアボガドのタルタルです。
綺麗ですよね。上にのっているのがトマトのジュレ。
そして、この周りにある白いソース、これはカリフラワーのソースだそうです。
これ、嵌る美味しさですよ!
やはり、最初の一品が美味しいと、まるで魔法にかかったみたいになってしまいますね。

そして、次は赤ワインを。
9a2b070e.jpg


これには、もち豚のパテを出していただきました。
               0f2dd52e.jpg


横に添えられているピクルスもいいアクセントになって美味しいです。
しかしこれは、ワインがすすみますね!

次のお酒はこれです。
寺田屋

そう、燗酒。

この燗酒、何に合わせると思いますか?
   280cef42.jpg


はい、デミグラスソースがたっぷりかかったオムレツです。
それにしても、綺麗なオムレツですよね。
バターの香りとデミグラスソースの香りが食欲をそそります。

中を割ってみるとこんな感じです。
                     寺田屋

トロットロです。
これがデミグラスソースと絡み合ってたまりませんね。
そこに燗酒をいただくと・・・。
これ、意外と合うのですよ!
そう!このデミグラスソースオムレツと燗酒の組み合わせを味わってみたかったのです。
これ、みなさんも気になりませんか?

次に、冷たい日本酒を。
77ec397e.jpg


これには牡蠣を合わせていただくことにしました。
メニューに“牡蠣爆弾”なんて気になるものがあったものですから、これはいただいてみないと。
その牡蠣爆弾はこんな感じです。
f94e4c20.jpg


一緒に添えてあるレモンと比べてもらうと、その大きさがわかると思いますが、爆弾と呼ぶだけあってめちゃくちゃ大きいですよ!

中を割るとこんな感じです。
                 d1cdb77b.jpg


きのこで作ったソースと牡蠣の相性がバッチリです。
そして、日本酒との相性もいいんですよね~!お酒がますますすすんでしまいます。

こちらのシェフ、実はフレンチの料理人だったらしいのです。
道理でソース使いが抜群なのですよね。

でも、こんな和の一品も美味しかったですよ。
ca22fae6.jpg
                        bbac9be5.jpg

すけそうだらの炊いたものや、                                        わかさぎの南蛮漬け。
                             dde9cd42.jpg



この時点でかなりお腹も一杯になっていましたが、チーズがかなりお薦めだとか・・・。では、もういっぱい赤ワインを。
                  64b7e1cb.jpg



ここ寺田屋さんのチーズ、東京から特別に取り寄せたチーズだそうで、
それが至高の味わいだとのこと。そのチーズがこちら。
10104f17.jpg


一口いただくと・・・。
こ、これ本当に美味しいです。
この時に知りましたよ!
別腹って、甘いもののためだけにあるんじゃないのだと。
これはあるときに食べておかなければいけない逸品です。

ちょっと料理、寺田屋さん。
その美味しさと、お酒との組み合わせの楽しさは“ちょっと”どころじゃありません!
この楽しさ、忘れられなくなりそうです。

センスの良い料理を黙々と作るシェフと女将さんの明るい笑顔のマリアージュ。
これもここのお店の味の1つでは。
みなさん、気になりませんか?



【ちょっと料理・美酒 寺田屋】   
住所:大阪市都島区都島本通2-10-1    MAP     
電話:06-6927-5455
営業時間:18:00~23:00   
定休日:月曜日、第1・3火曜日
      

女将さんのブログはコチラ    


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

去年の年末から、今年の一月にかけては寒い日が続きましたよね。 特に、日本海側の積雪量は凄かったみたいで、先々週末は北陸側では凄いことになっていたみたいです。 ちょうどその頃、私は鳥取県の皆生温泉の宿を予約していたのですよね。 お正月には大阪近辺をうろ ...
続きを読む
去年の年末から、今年の一月にかけては寒い日が続きましたよね。

特に、日本海側の積雪量は凄かったみたいで、先々週末は北陸側では凄いことになっていたみたいです。

ちょうどその頃、私は鳥取県の皆生温泉の宿を予約していたのですよね。
お正月には大阪近辺をうろうろしていただけで、家族を何処にも連れて行ってなかったもので、ちょっと山陰まで出かけてきました。

出かけるときは早起きして、いろんなところを見て回りましょう!
これが私のモットーなのです。

そして、この日のお昼頃にはちょうど、宍道湖周辺にいました。

宍道湖と言えば、大和シジミの名産地ですよね。
全国のシジミ漁獲量の約39%が宍道湖でとれるシジミだそうです。
宍道湖では、スズキ、モロゲエビ(ヨシエビ)、ウナギ、
ワカサギ、シジミ、コイ、シラウオが宍道湖七珍と呼ばれているそうです。

そんなことを思いながら、宍道湖畔をドライブしていると、気になる看板のお店が。
05a62861.jpg


宍道湖の味、宍道湖珍味“はくいし”

昔ながらの食堂のようですが、トラックが何台かと待っているところを見ると、安くて美味い食堂かも?
a2d05eb4.jpg


お店の入り口の上の看板には、“しじみらうめん”の文字もありますね。
普段ならあまりときめかないのですが、せっかく宍道湖まで来たのだから、試してみる価値はあるかもしれません。

入り口を入ると、お昼のメニューが黒板に書いてありました。
                はくいし

早速お店に入ってみましょう。

お店の中はテーブル席が8つくらいと、小上がり席が4つほど。
綺麗に磨かれた木の床が、何だか落ち着く感じがしますね。
はくいし

小上がり席に座りメニューを眺めます。
はくいし    f5efee5f.jpg


定食の他に、ショーケースの中のおかずを自分で取ってきて、ご飯と味噌汁を組み合わせる、
いわば食堂スタイルでいただくことも出来ます。
味噌汁はさすが宍道湖畔だけあって、しじみ汁ですね。

いろいろ迷いましたが、ここではラーメンを半炒飯がセットになる、ラーメン定食をお願いしました。
100円アップでラーメンをしじみラーメンにすることが出来るので、もちろん、しじみラーメンでお願いしました。

料理が来るまでの間、窓の外の景色でも見て楽しむことにしましょう。
c95ddc22.jpg


このお店は、ホントに宍道湖の湖畔に建っていて、窓のすぐ外は宍道湖が広がっています。
                   2a5c48c2.jpg


この日は雪が降っていたので、残念ながら空は曇っていましたが、
晴れた日の夕方にお邪魔すると、きっと綺麗な夕日が見えるのだろうと思います。

そんな感じで景色を見ていると、しじみラーメンのセットがやってきました。
                  5568b5af.jpg


おぉ!食堂のラーメンと焼きめしって感じですね。
506b3fe6.jpg


焼きめしに付いている福神漬け、何だか懐かしい感じがしませんか?
                           efb3f1ca.jpg


これはラーメンと言うよりも、中華そばって感じでとても好印象です。
普通の中華そばと違っている点は、たっぷりのしじみが入っていること。
09ea2980.jpg


でもこれ、結構美味しいのですよ!
           はくいし

麺もご覧のように、中華そばの麺で食べるとホッとする味です。
                                          はくいし

                                             で、このチャーシューがまた美味しい。
全く無警戒だったせいか、「え?美味いやん!」って感じでしたよ。
           adbcc4c8.jpg


そして、この焼きめしも真面目に作られていて、パラパラって感じではなかったですが、味はすごく良かったですよ。最後まで美味しくいただけました。

気がつけば、しじみラーメンのスープ、残さずに全部いただいてしまいました。

レトロな感じの石油ストーブ、中華そば、焼きめし。
それらが絶妙な感じでバランスを取っていて、何か落ち着くものを感じました。
            はくいし

だから、トラックの運転手さんをはじめとする常連のお客さんに愛され続けているお店なのでしょうね。

もし、また宍道湖に来ることがあれば、今度は鰻定食か宍道湖七珍の刺身定食をいただいてみたいですね。

宍道湖方面に来ることがあれば、しじみラーメン味わってみてください。
派手さはないけれど、落ち着いた美味しさを感じることが出来ますよ。



【はくいし食堂】   
住所:島根県松江市宍道町白石271-3    MAP     
電話:0852-66-2736
営業時間:   
定休日:
      

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ミナミ、アメリカ村。 若い頃はここによく行ったものでした。 1970年代に、このあたりにあった倉庫を改装した店舗で、 アメリカ西海岸の服やレコード(当時、CDではなくレコードであった)を売り始めたのがきっかけだとか・・・。 そんなアメリカ村に、お洒 ...
続きを読む
大阪ミナミ、アメリカ村。

若い頃はここによく行ったものでした。
1970年代に、このあたりにあった倉庫を改装した店舗で、
アメリカ西海岸の服やレコード(当時、CDではなくレコードであった)を売り始めたのがきっかけだとか・・・。

そんなアメリカ村に、お洒落なダイニングバーがあると聞き、みなさんでお邪魔してきました。

アメリカ村のボーリング場、サンボウルのある通りを少し西側に行ったところに、
今回お邪魔した“Stylish Dinning XENO(ゼノ)”さんはあります。
ba41845d.jpg


まさにアメリカ村の中にあるお洒落なバーって感じの内装です。
896f5601.jpg


メニューはこんな感じです。
70cbce01.jpg
   c55d3a21.jpg

9a744438.jpg
   fbc6c7c5.jpg


イタリアンに中華。

ここはバーで軽く何かつまむというよりも、しっかりとした食事もすることが出来るようですね。

まずはみんなで乾杯です!    4c231a5e.jpg


そうそう!
ここはカクテルや、トロピカルソフトドリンク等を注文すると、右端のグラスのようなお洒落なものに入れて出していただけますよ!

乾杯のビールを楽しんでいると、最初の料理が出てきました。
                  xeno

                      茄子の鎮江香酢漬です。

お!これなかなか美味しいですね。
最初の一品って大事ですよね。これが美味しいと次からの料理に期待が持てますものね。

そして、次の一品がこれ。
779e73d0.jpg


先程カウンターの上にあったものを切り分けていただきました。
ハモンセラーノです。
これはワインが欲しくなりますね。

次の一品がこれ。    8b499200.jpg



春巻きのようなこれは、鱈すり身とくわいの湯葉巻きです。
鱧のすり身の甘さと、クワイの心地よい歯ごたえがすごく美味しかったです。

そして、ここでお肉の登場です。          
xeno

せいろと共に出されたお肉。
これは豚バラ肉の高粱酒漬・香草オーブン焼きです。
                                       a3f49ffb.jpg


こんがりと焼き上げられた香ばしい豚バラ肉を、
                    51118170.jpg


せいろで熱々に蒸された包子に包んでいただきます。
a57929b4.jpg


この豚バラ肉、そのままでもいただきましたが、こうやって包子に包んだ方が味のバランスも良く美味しかったです。よく考えて調理されていますね。

そうそう、ここXENOさんには、コンパ用でしょうか?
こんな楽しい飲み物も用意されていましたよ!
2ec64485.jpg


ロシアンテキーラ
ショットグラスの4つのうちひとつはテキーラ、残りはウーロン茶。
せっかくなので、お願いしてみました。de526a1d.jpg



ただし、私たちの分はテキーラ3つでひとつがウーロン茶バージョンで。

さて、料理はまだまだ続きます。

次はエビチリをお願いしました。2374c091.jpg



お洒落な盛りつけです。
エビもぷりぷりで美味かったですよ!
4b10951b.jpg


ここはイタリアンというよりも、中華が美味しくいただけるのでは?
では!とういうことで、酢豚もお願いしてみました。
酢豚はどのような形で出てくるかというと・・・
28a771fa.jpg


はい、こんな感じです。
周りにかかっている黄色いソースはマンゴーソースです。
中々やりますねぇ。

で、酢豚はこんな感じで中に入っています。be43017d.jpg



この酢豚も正統派中華って感じで美味いんですよ!2d335057.jpg


“Stylish Dinning XENO”さん、この内装からは想像できないほど、クォリティの高い中華をいただくことが出来ます。

そして、次はパスタが出てきました。
お!イタリアンかな?と思って一口いただくと・・・。
f0021190.jpg


これ、上海風スパゲッティだそうです。
このスパゲッティ、これむちゃくちゃ美味かったですよ!
味は中華風焼きそばなのですが、中華風焼きそばって麺が美味しいことってあまりないじゃないですか?
シェフはその点に注目されたのか、中華麺ではなく、麺をパスタにすることによって、
中華焼きそばの弱点を見事に解消してしまったという感じで、本当に美味しくいただけました。

お聞きすると、シェフはやはり中華の料理人だそうで、そこにイタリアンも取り入れようとしているとのこと。

であれば、きっと麻婆豆腐も美味いはず!
51fa020c.jpg


その予想は見事に的中で、かなり本格的な麻婆豆腐をいただくことが出来ました。
この日は、ひとつはノーマルのもの、もう一つの方を激辛にしていただきました。
激辛の方も、単に辛いだけではなく、
しっかりとした山椒の香りとうま味の中の辛さという感じでこれは通ってしまいそうな美味しさでした。
あとでシェフに「自身が召し上がられるので一番好きな中華は何ですか?」とお聞きすると、
「麻婆豆腐です。」との答えが。
そりゃ、美味いに決まってますね。

つぎは、コチラの看板料理のひとつ、“XENOのローストビーフ”をいただきました。
447b01d0.jpg


このお肉、めっちゃやわらかくて美味すぎでした。
タレもかかっているのですが、お肉自身のあじが美味しすぎるので、そのままでも十分イケるほどでした。

そして、ご飯ものを。

ムール貝の白ワイン蒸しスープ炒飯です。818093fa.jpg


できたての炒飯の上に、ムール貝をのせ、そこに白ワイン蒸しのスープをたっぷりかけていただきます。
d230bd3c.jpg


これも、文句なしに美味いです。
きっと、炒飯単体もすごく美味しいと思いますよ。

そして、ご飯ものをもう一品。
e338393f.jpg


卵とじ炒飯です。
パラパラの炒飯の上にふわふわの玉子。
これもたまりませんね。

そして、先日お誕生日を迎えたこの方のために、サプライズケーキが!
                    xeno

何かこういうのって、嬉しいですよね!

ここ、お店のいでたちはお洒落なバーって感じで、食べ物はつまむの程度かな?って感じなのですが、かなり本格的でお洒落な美味しい中華料理をいただくことが出来ます。

2次会使い的な感じのお店ですが、1次会で使ってしっかりと美味しい中華とイタリアンを堪能するのにぴったりじゃないでしょうか?

また、2月末までは何と、300円のランチがあるそうですよ!
Stylish Dinning XENOさん、まさにこんなところにこんな素敵なお店が!
って感じでした。
久しぶりに、アメリカ村!いいもんですよ。


【Stylish Dinning XENO】

住所:大阪市中央区西心斎橋2-18-18 トポロ51ビル 2F   MAP  電話:06-4708-0012
営業時間 17:30~03:00  金・土・祝前は~05:00 日祝は~23:00
定休日:水曜日
 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

そばとうどん。 多くのお店がこの2つを同時に扱っていることが多いですよね? 同じ和風の出汁で、具材も似ているとなると、 お客さんが好きな方を選べた方がいいと考えるのが、多くの意見のようです。 で、このうどん、蕎麦屋さん。 その両方を扱うお店ではその表 ...
続きを読む
そばうどん
多くのお店がこの2つを同時に扱っていることが多いですよね?

同じ和風の出汁で、具材も似ているとなると、
お客さんが好きな方を選べた方がいいと考えるのが、多くの意見のようです。

で、このうどん、蕎麦屋さん。
その両方を扱うお店ではその表記の仕方が関東と関西とでは少し違うのを気づかれた方も多いのでは?
両方を扱うお店としては、駅の立ち食い店舗なんかがいい例だと思います。

関西ではうどんそば”と表記し、関東ではそばうどんと表記していますよね?
やはりその文化の違いなのでしょうか?

蕎麦には関東でよく見る濃い色の出汁と白ネギの方が良く合いますし、
うどんには関西でよく見る薄い色の出汁と青ネギの方が良く合うようです。

さて、今回は埼玉県に、こんな看板を出している蕎麦やさんがあると聞き行って来ました。
いしいのそば

“そば しっぱいしなければあります 店主”   
へ?
たまに失敗しちゃうのね・・・。
でも、何だかものすごく気になったので、東京出張のときに時間を作って行ってみることにしました。

東京浅草から東武伊勢崎線に乗り、約40分。
最寄り駅が北越谷駅になります。
dcf3d71a.jpg


北越谷駅からはこの地図に従って、歩いて行くことにしましょう。
                  いしいのそば

駅を出てしばらくはお店やビルも多く、結構街中にあるのかな?
と思いながら歩いていました。
しかし、国道4号線を越えた辺りから、すっかり景色は変わっていい雰囲気になってきました。
89982c0c.jpg


しばらくすると、それらしい建物が見えてきます。92237efe.jpg



田園の中、澄んだ空気に恵まれてたたずむっていう感じで、いい雰囲気ですね。

お店の入り口には真っ白なのれんが掛けてあります。
どうやら、そばはしっぱいせずにあるみたいですね。
                       a9c64fd6.jpg


ちなみに、失敗したときにはこのような看板が掛かるそうですよ!
いしいのそば

さて、早速店内に入っていきます。
3838ad53.jpg


店内はカウンター席と座敷のテーブル席。
そして、奥にも座敷があるようです。
所々に、レトロな看板が飾ってあったりして、何だか心なごませる感じがいいですよね。

こちらのお店の本店は福島県の会津にあるようで、たまに熊なんかが出てくる山の中なのでしょうか?
                いしいのそば

あ・・・、熊とか猿は電柱につないでおいてはいけないんですよ・・・。
で、ここでは“態”って何ですか?って質問はしないでおきましょう(^^;)

さて、座敷に座り、メニューを眺めます。
e87485fb.jpg


そば、天ぷら、もち、おつまみ・・・。
なるほど。たとえ蕎麦が失敗しても、他にもいろいろ美味しそうなものがありますよね!
437e1094.jpg


壁にはいろんなおつまみのメニューも貼ってあって、ここは夜には地元の人たちの憩いの場所になるのでしょうね。
   14c82550.jpg


“そばづくし”という、気になるメニューを発見!
迷うところです。でも、初めてお伺いしたので、まずは“そばと鴨汁”をお願いしました。
a42260a6.jpg


もちろん蕎麦は注文が通ってから作っていただきます。
ですので少々時間がかかるのですが、
その間に生ビールの小を楽しみながら待つことにしましょう。こちらではヱビスビールの生がいただけます。

ヱビスを楽しんでいると、“蕎麦と鴨汁”がやってきました。
                      50329453.jpg


もりそばに鴨汁がプラスされたような感じですね。
これはいろんな味わいが楽しめそうです。
aaa6ba19.jpg


ピンと張った蕎麦は流石にいい香りがしますね。
この香りを味わっただけでも来たかいがあったというものです。
              e18abcdf.jpg


鴨汁にはたっぷりの鴨と白ネギ、そして舞茸が入っています。

まずは何もつけずに蕎麦だけを楽しみます。
いしいのそば

蕎麦をすすると、心地良いコシの良さを感じながら蕎麦の香りがいっぱいに広がっていきます。
次にそばつゆにくぐらせて・・・。
うん、これも美味いです。
そして、鴨汁につけてみるとまた味わいが変わっていいですね。

鴨もこんな感じのものが5枚くらい入っていたでしょうか。
ecd504dd.jpg


これは日本酒が欲しくなりましたよ。

最後に蕎麦に塩をつけていただきましたが、これ、ものすごく蕎麦の甘みを感じて美味かったです。

店主の方とお話しさせていただいたのですが、こちらのお店の本店では“水そば”というものをいただくことが出来るそうです。
水そばの紹介が、いしいのそば本店のHPにありましたので引用させていただきました。


水そば

山都町宮古には、作家の村松友視(むらまつともみ)さんが命名した「夢見乃水」という湧き水があります。
飯豊山より出でた伏流水の湧き水に、そばを泳がせながら食す食べ方。
それが水そばです。水そばはそば本来の味を楽しむことができます。


こうあります。
そばを水で・・・。どんな感じなのでしょうね。

こちらのお店にこの水そばを紹介したマンガあるということで、見せていただきました。
87a55f90.jpg


この水そば、このページには書いてありませんが、どぶろくと抜群に相性がよいのだとか。
この話はこちらのページからご覧いただくことが出来ますよ。

で、店主の石井さんの写真は撮らせていただきましたが、何処にも載せないという約束だったので、このマンガの蕎麦屋の親父さんをみて想像してください。
店主石井さんのお父さんだとのことで、お顔も頭に巻いたはちまきもそっくりでしたよ。

福島県の本店には非常に興味がありますが、そんなに気軽に行けないところですよね。
こちら、越谷分店なら、東京から電車で1時間弱。
水そばの味わいをもった蕎麦を食べに行ってみませんか?

あ、念のために「そば、しっぱいしてませんか?」と電話をしてから行くことをオススメします!



【いしいのそば 越谷分店】   
住所:埼玉県越谷市神明町3-152-2    MAP     
電話:048-965-7348
営業時間:11:30~14:00/17:30~21:00 (LO:20:30)   
定休日:月曜日、第3火曜日
     祝日の月曜日は営業。その場合、翌火曜日がお休みです。  

お店のホームページはコチラ   

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

相変わらず寒い日が続きますね。 ここ2~3日は少し寒さがマシにはなりましたが、先日の福井県での大雪被害を見ると、 今年の冬は、去年までの冬とは少し違うようですね。 とはいうものの、20年くらい前までは、このくらい寒かったような気がするのですが・・・ これ ...
続きを読む
相変わらず寒い日が続きますね。
ここ2~3日は少し寒さがマシにはなりましたが、先日の福井県での大雪被害を見ると、
今年の冬は、去年までの冬とは少し違うようですね。
とはいうものの、20年くらい前までは、このくらい寒かったような気がするのですが・・・

これだけ寒いと、お昼ご飯も温かいものが欲しくなりますよね?
温かいものの代表格、ラーメン!

でも、昨日の飲み会の〆にラーメンを食べたので、今日は少し胃に優しいものを・・・
でも、美味しいものがいただきたい!

そんな時にぴったりのお店が本町にあります。
御堂筋本町通りの交差点から1つ北側の通り、北御堂さんの北側の道を御堂筋から西へ入ってすぐのところに、
この日にお伺いした“幸福粥店(ハッピーコンジー)”さんがあります。
ハッピーコンジー

香港の路地裏にある隠れ家的な美味しいお店っていう感じです。
ハッピーコンジー

“粥”ってかいてあるサインがあるのでわかりやすいですね。
                      734a8cdc.jpg


お粥のお店といっても、ランチメニューは色々あるみたいです。
この日のお楽しみ粥は何と“ふかひれ粥”これは楽しみですね。

この日、お昼ご飯のピークを少し過ぎた12:50くらいにお伺いしたのですが、
店内はまだ多くのお客さんがランチを楽しんでいるところでした。

店内も香港の庶民的なお店って感じでシンプルな内装ですが、それが帰って居心地を良くさせているのでしょうか?
0b7de980.jpg


この日のお楽しみ粥の“ふかひれ粥”を注文しようと思いましたが、
時既に遅し、売り切れてしまっていたようです。ま、13:00まえにお伺いしたのだから仕方ないですね。

なので、粥ランチセットの中から選ぶことにしましょう。
ハッピーコンジー

粥セットは5種類のお粥の中からお粥を選ぶことが出来ます。
とり団子粥(当店の定番 やっぱり旨い)
野菜粥(季節の緑黄色野菜たっぷり)
豚肉とピータン粥(本場大陸の味と香り)
白身魚粥(美肌、成人病予防に)
きのこ粥(低カロリーで出汁が旨い)
週替わりお楽しみ粥(毎週楽しみなお粥が登場)

どのお粥も美味しそうですね。

そして、これらのお粥に
A  中華揚げパン2切れ
B ミニ肉まん2個
C 揚げパン1切れ、ミニ肉まん1個
D 気まぐれ副菜 

これらがセットになって680円! お財布にも嬉しいですね。

ここの鶏団子のお粥は本当に美味しいのですが、
この日はピータンのお粥が食べたかったので、“豚肉とピータン粥”をお願いしました。
それと、Dの気まぐれ副菜を(この日はデザートのココナッツ白玉でした)

しばらく待つと、熱々のお粥が運ばれてきました。
ef92488f.jpg


小皿でザーサイも付いています。
このザーサイがお粥に良く合うのですよね。

熱々のお粥をレンゲですくっていただきます。
                  843982c9.jpg
  c5d7b3c7.jpg


ここのお粥、それ自体の味が美味しいので、ぱくぱく食べてしましたくなるのですが、
熱々なのでやけどに注意しながらいただきます。

何故ピータンが入ったお粥を選んだか?
はい、ここのピータン臭みが無くってとっても美味しいのですよ!
夜になると、大好物のとり団子とピータンを組み合わせて“とり団子とピータンのお粥”をいただくのですが、
ランチタイムには無いみたいなので(単品ではあるのかな?)
このお粥にしました。

お粥以外にも、お昼限定の麺もあるようで、こちらも気になりますよね。
d2c31add.jpg


この日は注文しなかったのですが、ここ幸福粥店は梅田堂山にある“幸福飯店”の姉妹店だけに、
ここのミニ肉まんはむちゃくちゃ美味しいですよ!
他の中華料理も、かなり本格的で、
「この値段でこれだけ真面目に作ってる中華が食べられるの?」という感動を覚えることは間違いなしですよ!

温かく、美味しく、ヘルシーなランチ。
心も体も温まりに行ってみませんか?
きっと満足できると思いますよ。



【幸福粥店(ハッピーコンジー)】   
住所:大阪市中央区備後町4-2-5    MAP     
電話:06-6222-1885
営業時間:11:00~14:00 17:00~22:00   
定休日:日曜・祝日  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の国って、いろんな食べ物があると思いませんか? 日本料理はもちろんのこと、フランス料理屋、イタリア料理、中国料理。 どれも本格的なものをいただくことが出来ます。 ハンバーガーって、アメリカ料理なのでしょうか? しかし、ハンバーグとなると・・・洋食。 ...
続きを読む
日本の国って、いろんな食べ物があると思いませんか?
日本料理はもちろんのこと、フランス料理屋、イタリア料理、中国料理。
どれも本格的なものをいただくことが出来ます。

ハンバーガーって、アメリカ料理なのでしょうか?
しかし、ハンバーグとなると・・・洋食。

パスタってイタリア料理ですよね、でも、スパゲッティナポリタンとなると・・・洋食。

洋食、何かちょっとご馳走って感じがしませんか?
近所の定食屋さんや、食堂、うどん屋さんのお昼ご飯もいいけど、たまには少し奮発して洋食でも・・・。
いいですね、何か昭和の雰囲気が漂っています。

この日は、そんな昭和の雰囲気が素敵な洋食屋さん、
堺にある“グリルトミー PARTⅡ”に、この方にお誘いいただき、総勢12名のオフ会に行って来ました。
トミーPart2

南海電車の堺東駅を降りて、北へ約10分くらい歩いたところ、阪神高速堺線の高架下の道沿いを歩いて行くと、“グリルトミーPARTⅡ”を見つけることが出来ます。
fba9d8fd.jpg


この日は、お昼の3時から集まって、「トミーのメニューをみんなで食べ尽くそう!」  
ということで、みなさんお昼ご飯を抜いての参加です。

実はこちらのお店、お誘いいただいたこの方のブログや、この方のブログで拝見して、ずっと気になっていたお店なのです。
ですので、この日は堺東駅から、心の中でスキップしながらお店までたどり着きました。

そして、この日に食べ尽くす予定のメニューはこんな感じです。
2ebb05cc.jpg
 3c801d52.jpg


洋食の王道がズラ~ッと並んでいますね!
中には、こんなメニューもありますよ!
22fe17c0.jpg


洋食屋さんが出す、コレ。
めっちゃ気になりませんか? でも、夏季限定って書いてありますね。
出来ないか聞いてみましたが、やはり今は材料がないとのこと。
でも、夏に来る楽しみが残せたので良し!としましょうか。

全員揃ったところで、ビールで乾杯!
そして、洋食オンパレードのはじまりです!

まずは、こちらの大店の大人気メニュー、“Aランチ”の登場です。
e7c0cf4e.jpg


Aランチは、魚フライ・ミンチカツ・トンテキが1つのお皿にのっかっていて、それぞれ違うソースがかけてあります。

これだけでも、かなりのボリュームですよね!これにライスが付いて、700円って、ちょっとお得すぎませんか?

そして次は、Bランチ。  f6f58d25.jpg



先ほどのAランチの魚フライがエビフライに変わったものですね。
これにも、それぞれ違うソースがかかってあります。

1つのお皿に違うソースが3種類もかかっていては、味が混ざってしまって、ややこしくなるのでは?
いえいえ、そんな心配は全くありません!
78d42fbb.jpg


逆に、そのソースがミックスされてもまた違う美味しさが楽しめてしまうのです。
魚フライやエビフライって、タルタルソースでいただくと美味しいですが、他のソースがかかっていても、それはそれでイケるじゃないですか?
                          トミーPart2

そんな楽しみも味わうことが出来るのですよ。
で、ここのソースはその辺のことを上手く考えてあって、お互いが混じり合っても全くけんかをしません。

これぞ、ソースマジックって感じでしょうか?

そして、少し味を変えたいときに役立つのがこれ、
b679478d.jpg


ポテトサラダにトンテキのニンニク風味のソースを少しつけて食べても、めちゃくちゃ美味しいんですよね。

まだまだ絶品料理は続きます。
次はクリームコロッケの登場です。
                                  9a71ac59.jpg


クリームコロッケもそれぞれの洋食屋さんで個性が発揮される一品ですよね。
こちらのお店でも、その個性を楽しむことが出来ましたよ。
b9da2947.jpg
                   0308b419.jpg

牛肉が中に入っているものと、                                海老が中に入っているもの。
これは楽しいですね、それぞれの美味しさを比べながらいただくのも楽しいですよね。

そして、洋食屋さんに行ったなら、これはいただいておきたいですね!
f2dbbbf9.jpg


中はほどよくレアなビフカツです。
何とこのビフカツにナイフはいりません。お箸で簡単に切ることが出来るほどの柔らかさですよ。

これらみんなご飯との相性もバッチリではないですか?
ここでご飯も少し出していただきました。
3887a505.jpg


少々柔らかめではありましたが、炊きたての艶々ご飯は洋食との相性もバッチリですね!

ここまでいろいろ揚げ物をいただいてきましたが、こちらの揚げ物、サクッとしていて全くもたれることがありません。
普通これだけのフライものをいただくと多少はもたれる感じがあるのですが、やはりそのあたりのことも考えられて調理されているのでしょう。
                                  
そして、この季節の特権、牡蠣フライもいただきました。  a842c1a5.jpg



牡蠣フライにも、タルタルソースとトマトソースの2種類のソースがかけられてあります。
やはり、こちらのマスター、ソースの魔術師ですね!

その、ソースの魔術師がこの方。
14ce21e9.jpg


あれ?
・・・あ、顔は勘弁ということで、トレーナーだけ出演していただきました。

まだまだ洋食メニューは続きます。
次も定番、熱々のオムライスを出していただきました。  トミーPart2


これにも、カレーソースとトマトソースの2種類のソースがかけられてあります。
中身のチキンライスにも鶏肉がゴロゴロ入っていますよ。
トミーPart2

そして、表のテントにも書いてあったカレーをいただきました。
ちょっと贅沢したいときのお楽しみ、カツカレーです。  トミーPart2


やはりこちらのメニューにも、ソースが2種類。
カツの上にもきちんとソースがかけられてあります。
このカツカレーもカレーとカツ、そしてトマトソースの3重奏を楽しむことが出来ますよ。

洋食屋さんで食事をするのに、何か大事なメニューを忘れてはいませんか・・・。
06107664.jpg


そうですよね!ハンバーグを忘れてはいけません。
目玉焼きが上にのっているのもお約束ですよね。
                        c7f11ce0.jpg


中から肉汁が溢れてきて、それがまたデミグラスソースと合わさって絶品マリアージュ。
・・・たまりませんね。 

そして、最後に何故かこの一品を。
c07b6c0b.jpg


カツ丼です。洋食屋さんが作るカツ丼。

カツが美味しいのでこれは美味いに決まってますね。
そして、最後の〆はこれ。
トミーPart2

あれ?洋食屋さんで食事してましたよね??

ま、美味しいからどうでもいいか!

こちら、グリルトミーPARTⅡ、現在の営業時間は朝は11:30からとのこと。
                      ff7b405e.jpg


“日曜祭日営業”
「定休日はいつなんですか?」と聞くと、「正月にちょっとだけ休むかな。」とのことで、基本お休みはないとのことです。

ソースのマリアージュが味わえて、めっちゃリーズナブルな洋食がほぼいつでもいただくことが出来る。これは嬉しいですね。

洋食は好きだけど、ちょっともたれるから・・・
行きたいお店が行けるときには定休日なので・・・
美味い洋食をお腹いっぱい食べたい方、この昭和の雰囲気漂う“グリルトミーPARTⅡ”で洋食を堪能してみませんか?



【グリルトミーPARTⅡ】   
住所:大阪府堺市堺区南庄町1丁1-4    MAP     
電話:072-229-9452
営業時間:11:30~22:00   
定休日:なし(お正月にちょことだけ)  


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加