美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2011年06月

食後の〆に最高の雑炊。                  ここには全ての美味しい食材の旨味が凝縮されて楽しむことが出来ます。 そして、この出汁が絶品だったら・・・。 そんな出汁が絶品の料理屋さん、南船場にある“多満喜(たまき)”さんで、夏の風物詩 ...
続きを読む
食後の〆に最高の雑炊。   
             d1ca20db.jpg


ここには全ての美味しい食材の旨味が凝縮されて楽しむことが出来ます。
そして、この出汁が絶品だったら・・・。



そんな出汁が絶品の料理屋さん、南船場にある“多満喜(たまき)”さんで、夏の風物詩をいただいてきました。
            6月多満喜

6月だというのに猛暑日。
最近は梅雨明け宣言も曖昧になって、「○○頃、梅雨が明けたもようです。」なんて表現しかしませんが、一気に暑くなりましたよね。

我が家でも、先週末土曜日、ついに我慢しきれなくなってエアコンのスイッチを“ON”にしてしまいました。

さて、夏といえば、
特に京都では、祇園祭の際に食されることから、京の夏は鱧料理が欠かせない存在となっています。

ところがこの鱧、京都をはじめとする関西ではスーパーにも、鱧の湯引きが並ぶほど一般的な食材となっていますが、
関東に行くと、一部の高級料理店にしかないもので、もちろんスーパーには売っていないそうです。
逆に、関東ではマグロが多く消費されているようですね。
私はマグロが大好きなので、関東方面に行くとき、必ずどこかで食べているような気もします(^^;)

さて、そんな夏の食材の鱧ですが、ちょっと気の利いたところでいただくとなると、やっぱり少し高くついてしまったりします。
ここ、多満喜さんではその鱧を使った酒肴セットが何と、一人前、3980円でいただくこととが出来ます。
このセット、先付けからはじまり、造り、煮物、焼き物、鍋、それぞれの料理に日本酒がついてこのお値段。
まさに、手が届く高級割烹ですね。
          64fd2c45.jpg


お店はカウンター席が6席と4人掛けテーブルが2つ。
1人でしっぽり飲むのも良し、仲間で来て、楽しくやるも良しでいろんなシチュエーションに対応してくれますね。

この日は少し早く着いたので、先に生ビールを。6月多満喜


外は暑いけど、こういう日に飲む生ビールはまた最高ですね。

この日にいただく予定なのは、この“6月の酒肴セット”
             6月多満喜

ここの酒肴セット、毎月旬の食材が変わってそれぞれの料理に日本酒がついてこのお値段。
もし、もう少し飲みたい、もうちょっと食べたいって時にも、追加注文すればOKです。
たとえ、追加注文しても、1人あたり5000円くらいじゃないでしょうか?
これはかなりいい感じです。

そうこうしているうちに、メンバーが揃ったので、はじめていただきましょう!

先付けの雲丹豆腐。3f937661.jpg


雲丹とあわび、そしてトマトが添えられていますね。

これに合わせていただくお酒が、奈良県御所のお酒、篠峯の夏吟です。
               6月多満喜

夏らしい感じのボトルですね。
涼しい感じの味わいは、雲丹豆腐の持つ旨味をより一層引き立ててくれますよ。

そして、次はお造り。a8f16be7.jpg



鱧の焼霜と金目鯛です。刺身のケンがカボチャで作られていますよね。これはおもしろい!
早速鱧を・・・。
おぉ、適度にのった脂が甘みを演出してくれます。
金目鯛煮は少し山葵をのせて・・・。
         e30f6847.jpg

うん、うまいっ!

これには諏訪泉の夏まんてんを合わせていただきます。
          6月多満喜

よく冷えていて、夏らしくいい感じのお酒です。

そして、次は煮物。52a03960.jpg


海老入りの蓮蒸しの上に、鱧と一寸豆が添えられています。
一寸豆、これは空豆なのですが、大きさが3cm(一寸)くらいのものをそう呼ぶそうです。
蓮蒸しの中には海老が。それにこの餡を絡めていただきます。
これ、美味いですよ!こちら、多満喜の店主、たまちゃんの作る出汁は本当に美味しいです。
             6月多満喜
これには、広島の酒、瑞冠の“こわっぱ”を。
日本酒のラベルも見ていて楽しいですよね。何気なく一升瓶に貼っているように見えるけど、これは1つの顔。想いがこもっているのでしょうね。

そして、次は焼き物。
鮎の酒盗干しと、95a3abd4.jpg



鱧の握りすし。e110b01d.jpg



これは食欲がそそられますよね。そして、万願寺唐辛子も一緒に盛られていて、
登場したときにはみんなの歓声が起こりましたよ!
               bda72655.jpg

ね、豪華でしょ!これ。
日本料理のこういう演出っていいですよね。
ワクワクするし、“これ食べたいなぁ”って気持ちを盛り上げてくれますよね。

これには山口県萩のお酒、長陽福娘を合わせていただきました。
              6月多満喜

こちら、多満喜さんでは冷たいお酒はワイングラスのようなもので提供していただけます。
グラスが変われば味わいも変わる。体験してみたくないですか?
             6月多満喜
先ほどの鮎の骨も、ちゃんと骨せんべいにしていただくことが出来ますよ!

さて、いよいよ鍋料理です。
鍋は、多満喜さんの自慢に出汁を使った鱧鍋です。

たっぷりの野菜と、e11d31ef.jpg


          e6f575b1.jpg

セットにしても、決して少なくない鱧の量。
もちろん、これはしゃぶしゃぶでいただきたいですよね。

これには燗酒を合わせていただきます。
            65aa3e31.jpg


お猪口は自分で好きなものを選ぶことが出来ます。
           6月多満喜
お酒は岐阜県のお酒、三千盛超特。

取り皿に出汁を取り、柚子胡椒を添えてスタンバイします。
            6月多満喜

鍋の出汁が煮えてきたので、鱧をいただきます。
            6月多満喜

鍋の中に約5秒。みるみるうちに鱧が花を咲かせていきます。
              45e8ec59.jpg


この鱧とこの出汁、めちゃくちゃ美味しいです。
鱧をいただいたら、その旨味がしみ出た出汁の中に、野菜も入れて楽しみましょう!
               50117a11.jpg

玉ねぎ、水菜、シメジ、椎茸、豆腐、エノキ、人参・・・。
彩りも華やかですね。

お酒、もう少し飲みたかったので、追加でお願いしました。

三重県、大台のお酒、天遊琳の夏純です。6月多満喜

これも夏らしいお酒なんですよね。
実は、我が家の冷蔵庫にも1本ありますよ(^^)

追加で雑炊かそうめんの麺を入れて、にゅうめんに出来ますが・・・。   
一同:「もちろんお願いしますっ!」
こんなに旨い出汁で、鱧と野菜の旨味が出まくっている鍋、それは無駄には出来ませんよね。
もちろん雑炊をお願いしました。
         1891840d.jpg


お漬け物は沢庵、大根、野沢菜(高菜だったかな?)そして、カボチャです。
カボチャってお漬け物にもなるのですね。
いろいろと楽しませていただけます。

そして、最高に出汁が出た〆の雑炊。
               d365d96f.jpg


これはもう、いうことなしですね。

これだけのセットが日本酒までついて、3980円。
ホント、あり得ないでしょ?これだけでも十分満足ですが、
プラス1~2品追加でお願いすれば、大満足間違いなしです。

この酒肴セット、毎月食材が変わるのでそのたびに楽しむのもいいですよね!

美酒と旬菜旬魚 多満喜。
心斎橋駅からも歩いて5分くらいです。
今宵、お出かけになってみませんか?
割烹は高いもの。そんな価値観ががらりと変わるかもしれませんよ。




【美酒 旬菜旬魚 多満喜】   
住所:大阪市中央区南船場3-1-7 日宝東心斎橋ビル 1F    MAP     
電話:06-6121-2434   
営業時間:11:30~14:00 17:30~0:00   
定休日:日・祝
      

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

人は見かけによらず。 よくそう言いますよね。 でも、人間見た目の印象で判断してしまうのは事実。 第一印象でその人のイメージってほとんど決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。 実際、見た目通りの人が9割じゃないかなぁ・・・。って思ってしまったりもし ...
続きを読む
人は見かけによらず。

よくそう言いますよね。
でも、人間見た目の印象で判断してしまうのは事実。
第一印象でその人のイメージってほとんど決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。
実際、見た目通りの人が9割じゃないかなぁ・・・。って思ってしまったりもします。
気の利いた人なら、相手に対して自分がどう写るか、また、今の服装、身だしなみでどのような印象を持たれるかを気にしますものね。
そもそも、ファッションって、どんな自分を表現したいかってことかもしれませんよね。

さて、お酒やワインに関しても、見た目の印象、ありますよね。
このラベル、何か高級感漂うとか、その逆の印象とか。
また、日本酒ならば、精米歩合や原料のお米。ワインならばどんな葡萄を使って醸造されたか、またはヴィンテージなどによって、あらかじめイメージを抱きます。

でも、お酒やワインって、抜栓してからの時間や、熟成された環境などにもよって、同じブランドのものでもその味わいがガラッと変わってしまうことがあるのです。
「あ、このお酒(ワイン)前に飲んだことがあるから、今日は違うのを飲んでみよう!」  
これ、ごく普通の会話ですよね?
でも、前に飲んだことのあるお酒がタイミングによって、ガラッと味わいが変わることもある。そんな体験をしてみたくないですか?

先日、伊丹にあるワインと日本酒の専門店、“ワインハウス日ノ出”さんのワイン会に参加させていただきました。
         487468d4.jpg


こちらのお店では、他のお店にはない、素晴らしいワインや日本酒が所狭しと並んでいます。
               6月日ノ出ワイン会

日本酒はほぼ全ての銘柄がオリジナル。
店主の桑山さん自ら蔵元に出向き、“こういうお酒を造って欲しい”と注文して、出来上がったお酒を扱っています。
また、ワインもドイツ、オーストリア、フランスをはじめ、店主:桑山さんが厳選されたもののみを扱っていらっしゃいます。

私のテイスティングとはこんな感じ・・・            6月日ノ出ワイン会

そう書かれたポスターが貼ってあります。
ここに書いてあるような気持ちで現地にいって、ワインを仕入れてこられるのでしょうね。

             6月日ノ出ワイン会

さて、そんな日ノ出さんには“テイスティングルーム”と呼ばれるスペースがあります。
そこでは、予約で料理と日ノ出さんで売っているワイン、日本酒を楽しんだりすることが出来ます。また、ワイン会や日本酒会も開催されているので、今回、ワイン会に参加させていただきました。

テーブルの上には、いつものようにワイングラスが置かれ、その日のメニューとワインリストが置いてありました。
               b8acf2fd.jpg


さて、この日はどんなワインが出るのでしょうか・・・。

Wein Nr.1 Probieren ohne Name
“一番のワイン、名前を見ずに試してみてください”ってドイツ語で書いてあります。
1番から8番まで全てのワインにこう書いてあります。
つまり、ブラインドでワインを飲むことですね。

だからといって、これは銘柄を当てるのが目的ではありません。
先に書いたように、あらかじめ銘柄や葡萄品種がわかってしまうと私達の印象は固定化されてしまいがちです。
その状態は、新たに感じることが出来る感動のきっかけを自ら閉ざしてしまっているのと同じでは・・・。

そういった考慮から、こちらでのワイン会や、日本酒会では銘柄を隠してお酒を味わいます。お酒やワインはラベルで味わうものではないですものね!

この日は開始時間より少し早く着いたので、冷たいビールをいただきました。
           6月日ノ出ワイン会

このビールは“麦満タン!”という名前で、こちらのオリジナルプロデュースです。香り味わい共に最高ですね。

ビールを楽しんで、飲み終わる頃に開始時間となりましたので、ワイン会の始まりです。
            6月日ノ出ワイン会

最初のワイン、袋に包まれたワインボトル。“1”と書いてありますね。
このような感じでワインの銘柄はそれぞれ飲み終わるまで明かされることはありません。
あくまでも、感じる味わいを先入観がないまま、楽しむことが出来ます。
ワインがグラスに注がれていくのを見ると、どうやら1つめはロゼワインのようですね。
             60a6c3f8.jpg


それに合わせる料理は、白アスパラガスと海老のサラダです。
              d241e52f.jpg


綺麗に盛られていますよね。見ているだけでもワクワクしてきます。

海老のサラダを一口いただき、ロゼワインと合わせてみます。
          6月日ノ出ワイン会

おぉ、このロゼワイン、私達が持っている印象のロゼとは全然違いますね。
ほどよい酸が心地良く、思った以上に力強いです。
これ、目を閉じてテイスティングすれば、ロゼであることに気がつく人は少ないのでは?

ワイン会の時はもう少し後でワインの紹介をしていただいたのですが、ブログではここで紹介してしまいます。
一本目のワインはこれです。586e671f.jpg

オーストリア、ツヴァイゲルトのロゼワイン、“Nigi”。

そして、2品目の料理はこれ。b769ea04.jpg


ヒラメのムニエル、トマトと玉ねぎのスープ仕立て風です。
これに合わせるワインは2種類。
        b7f80d81.jpg


最初のワインはさわやかな印象。後口に残る酸が心地いいですね。
そして、次のワインもやはり白ワイン。
先ほどのものよりも、こちらの方が落ち着きがある。
同じヒラメのムニエルでも、料理が出てきたてのものよりも、後半冷めてからのものにこのワインは良く合いますよ!
同じ料理で2種類のワインをいただくのですから、こういったワインのチョイスは嬉しいですね。

2番目、3番目のワインの紹介は後ほど・・・。

次の料理はあさりのワイン蒸し。a32eadca.jpg



あさりとワインが合わさると、なんでこんなに美味いんでしょうね!
噛めば噛むほど味わいが深くなる。そこに、ワインを合わせると・・・。

美味いですよね!6月日ノ出ワイン会

ワイン蒸しにワイン、合わないわけはないのですが、あさりの持ってるポテンシャルを引き出す味わいなのですよね。

そんな4番目のワインはこれ。6月日ノ出ワイン会

オーストリアのシャルドネです。
そして、次のワインが出てくるタイミング、当然あさりのワイン蒸しも冷めてきてはいるのですが・・・。
             53ba16e2.jpg


このワイン、この状態のあさりにめちゃくちゃ良く合います。
4番目のワインよりも熟成度が増しているのですが、この状態のあさりを味わうのには最高です。

このワインもシャルドネ。6月日ノ出ワイン会

オーストリア、ヴァッハウのものです。
同じ食材で、違うワインを味わうときはその食材を食べるタイミングをも考えてのサーヴ。
これは新しい発見です。飲食店を経営される方なんかがこのサーヴの仕方をされると、お客さん喜ぶでしょうね。

ここで、今まで飲んだワインの紹介がありました。
1番、4,5番は先ほど紹介したので、2番のワインをまずは紹介しましょう。

2番のワインはこれ。6月日ノ出ワイン会
2006 Chablis 1er Cru "Montee de Tonnerre
いただいたとき、これもシャルドネ、しかもシャブリだとは全然気がつきませんでした。
だからこそ、純粋にこのワインの持つ味わいを感じることが出来たのでしょう!

そして、3番目のワインの発表です。6月日ノ出ワイン会

                 6月日ノ出ワイン会

3番目のワインも何と、2番目と同じ、“2006 Chablis 1er Cru "Montee de Tonnerre”
ヴィンテージも2006と全く同じです。

並べてみても、全く同じ(当然ですが)6月日ノ出ワイン会

何が味わいを替えたのか・・・   
抜栓した時間が違うとのこと。
この日、これを体験できただけでも素晴らしい!
中々こう言う体験って出来ないですよね(絶対に自分1人では無理だし・・・)

ここまでのワイン、こんな感じです。79afcf75.jpg



さて、4番目の料理は鶏肉のキノコづめグリルです。
          97d7cdeb.jpg


これも、ブラインドでいただきましたが、ここでは紹介します。

ここからは赤ワインです。6月日ノ出ワイン会

最初のワインは2008 Bourgogne "Pinot Fin"   
このピノ・ファンという品種、あまり聞かないですよね?
この葡萄に関する記事を少し抜粋して紹介します。

ブルゴーニュ地域と言えば、赤ワインはピノ・ノワール種になります。
  現在、ピノ・ノワール種と一言で言っても、その品種は多くの分岐種が存在し
  ています。このピノ・ファン種というのは、そのピノ・ノワール種の原種と
  言われるブドウであり、あまり多くは栽培されていません。
   

ということで、結構貴重なワインですね。
もちろん、鶏肉との相性、バッチリです。

そして、次のワインはこれ。6月日ノ出ワイン会


最初のワインよりも力強い印象。
これもやはり、ピノ・ノワールですね。

やはり、料理の状態を考えられているのがよくわかります。
本当に新しい発見が盛りだくさんです。

最後は甘口のデザートワインを。6月日ノ出ワイン会


甘口とひと言で表現するには、無理がある。
ものすごく凝縮された深い味わい。このボトル1本のワインを作るのにどれだけの多くの葡萄が使われたのか・・・。
素晴らしい味わいでした。

これだけのワインと料理。
他では中々体験できないのでは・・・。
お伺いする度に新しい感動があります。
お店は少々不便な場所にありますが、それでも、十分にお伺いする価値ありです。
というか、他ではこんなワイン会あまりやってないのでは・・・。
また、次回もたのしみでしかたないですね(^^)



【Weinhaus HINODE(ワインハウス 日ノ出)】   
住所:伊丹市南野6丁目2-23    MAP     
電話:072-770-0668   
営業時間:11:00~23:00(テイスティングルームは要予約)   
定休日:月曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のランチはにを食べようか・・・。 午前中も10:00を廻るとそんなことを考えています。 外出しているときなら、その日にどの辺りに行くのかで、だいたいの目星をつけていくのですが、会社にいるときにはそう遠くまでは行けませんよね。 私の勤務先の近くでは、うど ...
続きを読む
今日のランチはにを食べようか・・・。

午前中も10:00を廻るとそんなことを考えています。
外出しているときなら、その日にどの辺りに行くのかで、だいたいの目星をつけていくのですが、会社にいるときにはそう遠くまでは行けませんよね。

私の勤務先の近くでは、うどんやさんはコチラ、ラーメン屋さんはコチラコチラ
中華料理屋さんはコチラ、カレー屋さんは・・・。

そんな感じでヘビーローテーションになってしまうのです、どうしても。

でも、今挙げたお店は何処も美味しいので困りはしません。
ただ、いただくメニューはだいたい決まっては来るのですが。

さて、勤務先に近くと言えば、週に一度は必ずといっていいほどお世話になるお店があります。
「え、何屋さんかって?」むずかしいですね・・・コーヒー屋さんです。

そう言うと、「あ、喫茶店の日替わりね・・・」と思う方がほとんどだと思います。
ただ、このお店のランチがただものじゃないんです

地下鉄谷町線の千林大宮駅からアーケードのない商店街を5分ほど歩くとそのお店、
“Coffee Shop LOVE”さんはあります。
           LOVEマッシュ

ご覧のように、見た目、街角のコーヒー屋さんです。
お店の前には、お客さんの自転車や、マスターの乗るバイクが駐まっています。
その自転車の横に目をやると、その日のランチメニューが書いてあるのです。

今日のごはん。LOVEマッシュ

マッシュポテト ポークカツレツ 800円(お飲み物付きは900円~)

ちなみに、ランチメニューはこれだけ。
ランチタイムには、サンドイッチはお休みです。
そのかわり、この日替わりで1種類だけのランチがただ者ではないのです。
         060e45b6.jpg


お店の中は、手作りムード満載、落ち着いた雰囲気です。
こういう木のイスやテーブルって何かいいですね。
ついつい時間が過ぎていくのを忘れます。

お店に入り、いつもの席に着き、「ランチをください」これでOKです。
マガジンラックにある情報誌や、雑誌を見ながら、マスターの手を止めない程度に会話を楽しみ、ランチが出来上がるのを待ちます。
何せ、マスター1人で何もかもやっているので、混んでいるときは気長に待ちましょう。
店内には時間を忘れさせるものがたくさんありますから・・・。

ここのランチ、定休日の金曜日と日曜日・祝日、GWなどの大型連休、お盆とお正月を除いて、楽しむことが出来ます。
お店のHPでもその日のランチを確認することが出来ますよ!

ただし、このお店のランチはHPや表の黒板には“極控えめ”にしか表現れておりません。
その実態は、実際にランチを目の前にするまでわからないと言っても過言ではないでしょう(^^;)

しばらくすると、この日のランチである、“マッシュポテト ポークカツレツ”がやって来ました。
              56542b81.jpg


お盆の上に所狭しとのっかった、ランチ。
賑やかですね!ごはんと味噌汁、そして、1.2.3.4品。
ボリュームもバランスもバッチリです。

まずはメインのポークカツレツからいただきましょうか。
            17957510.jpg


たっぷりのトマトソースがかかったポークカツレツ。
トッピングのジャガイモ、スナップ豌豆、人参も彩りが綺麗です。

まずは何もつけずに・・・。
う、うまっ!!中にはさんであるマッシュポテト、これがまた美味い!
                    31b45bad.jpg


トマトソースをたっぷり絡めていただくと、その美味さもうひとつレベルが上がりました!やりますねぇ、マスター。

サイドディッシュも豪華です。d5abc6ab.jpg


これはソーセージをロールチキンで巻いたものをカレー風味で仕上げてあります。中にキャベツも入っていますね!
カレーとキャベツとソーセージ?何だか懐かしいような嬉しい味わいです。

これは、豆腐と枝豆をおぼろ状にしたもの。c70eaa94.jpg


濃厚な大豆の味わいが素晴らしい!贅沢な味わいです。

そして、わかさぎのから揚げ。9062bef5.jpg


嬉しい一品です。この日は土曜日だったので、“ビール!”って言いそうになりましたが、自転車で40分かけて帰らなければならなかったのであきらめました(あ、今のところLOVEさんにはビールはありません)

お味噌汁も手を抜いてはいませんよ。
根菜たっぷり、これだけでもおかずになりそうです。

なかなかの内容でしょ?
これ、土曜日だから特別なんではありません。いつでも、メニューボードやHPからは読み取れないサイドディッシュ・・・いえ、サイドディッシュと言うには手がかかりすぎていますよね(^^;)

このお店、メニューの予告はありません。
前日の夜遅くにHPをのぞきに行くと、次の日のランチを知ることが出来るのですが、詳細は行ってみないとわかりません。

でも、そのランチにかける拘りは相当のものだと思います。
あ、そのランチ以上に拘っていらっしゃるのが、コーヒーです。
              LOVEマッシュ

ランチの存在が凄いので、忘れてしまいがちかもしれませんが、ここのコーヒーはかなりのレベルですよ!是非忘れずにご賞味ください。

ちなみに、過去のランチはこんな感じです。



【Coffee Shop LOVE】   
住所:大阪市旭区大宮2-15-8    MAP     
電話:06-6953-9958   
営業時間:8:00~20:00   
定休日:金曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

地酒って言葉、最近は以前ほど使わなくなったと思いませんか? 居酒屋さんや料理屋さんで、日本酒を注文すると、無条件で大手酒造メーカーのものが出てきた時代。しかも、何も言わなければ十中八九熱燗の徳利とお猪口が人数分。そんな時にはよく使われていた言葉ですね。 ...
続きを読む
地酒って言葉、最近は以前ほど使わなくなったと思いませんか?

居酒屋さんや料理屋さんで、日本酒を注文すると、無条件で大手酒造メーカーのものが出てきた時代。しかも、何も言わなければ十中八九熱燗の徳利とお猪口が人数分。そんな時にはよく使われていた言葉ですね。

つんと鼻につく香りと、キューっとのどを通る感じ。
これが日本酒の味とのど越し。それが当たり前のように思われていた時代がありました。
とくに、大都市圏では。

しかし、そんな時代にも、酒どころと呼ばれる新潟や東北、静岡などではうまい酒が普通にあったと聞きます。

それが地酒、いわゆるその土地のお酒っていうやつですね。
昔は、その地方に行かなければ飲むこと、買うことが難しいものでした。
地方の銘酒が市場にあまり流通しなかった頃、“地酒”という呼び方がブランド化していたといっても過言ではないでしょう。

しかし、インターネットなど情報網が発達した今日この頃、みんな自分でおいしいお酒を探して購入することが容易になりました。
そして、蔵元も自らが醸した美味しいお酒を売りやすくなったのではないでしょうか。

今、気の利いた料理屋さんでは“地酒あります”って看板はほとんど見かけなくなりましたね。だって、美味しい日本酒は地方の銘酒が当たりまえになりつつあるのですから。

さて、日本酒を美味しく飲めるのはもちろんのこと、どんなタイプの日本酒をどんな料理に合わせて、どのような温度で頂けば、美味しいかを求め続けて、
その味わいを体験できるお店、谷町4丁目にある、酒肴 和亭(しゅざかな なごみてい)”さんに初夏を感じる料理とお酒を楽しみに行ってきました。
           6月和亭

4月から土曜日もディナー営業を始められた和亭さん、さて、今回はどのようなものをいただくことができるのでしょうか?

カウンター席に座ると、この日の献立を手渡していただきました。
            f561ea1b.jpg


名前入りでこういうのを渡していただくとなんだか嬉しいですよね。

一品目、先付けは、トマトのムース。6月和亭

シャンパングラスの中に真紅のムース。
見た目にも鮮やかで初夏をイメージさせられますね。
           6月和亭
これには、三重県大台のお酒、酒屋八兵衛の山廃純米です。
「このお酒、トマトにものすごく合いますよ!イタリアンのトマトソースにもばっちりだと思います」とのこと。
実際このお酒とこのトマトのムース、笑いがこみ上げるほどバッチリ!かなり美味かったです。
そして、この八兵衛のようなタイプのお酒は、トマトソースにばっちり合うことが体験できたのも、この日の収穫ですね。今度、自宅でやってみたいと思います。

さて、次の料理は夏が旬の岩牡蠣。cd2b0f76.jpg


これは、三重県志摩の的矢産のものです。
いわゆる、タグ付きってやつですね。ここに酢橘をギュッと絞っていただきます。

そして、岩牡蠣の濃厚な味わいを口に残しつつ、合わせるお酒はこれ、

伏見のお酒、蒼空です。6月和亭

口の中で岩牡蠣と日本酒が一体になって、より上品な甘みと風味が広がりますね。

2つ目の造りは焼津産の金目鯛。
       6月和亭

竹筒の上に乗ってやってきました。
ドライアイスでの演出もいい感じです。

色鮮やかな金目のお刺身は山葵醤油でいただきましょう。
           7bfe4cdd.jpg


そしてこれには、東北宮城のお酒、一の蔵 金龍を。6月和亭


次はこのお酒がやってきました。6月和亭

福岡県久留米のお酒、杜の蔵の独楽蔵、翠水です。

このお酒には何をあわせていただけるのでしょうか?
        
これは鳥貝、しかも丹後鳥貝。e824be13.jpg


この、丹後鳥貝は舞鶴湾でとれた鳥貝で、特徴はその大きさと独特の深い甘みだそうです。
一口いただくと・・・。
お!あまーい(^。^)
たしかに、これは忘れられない味です。
いやぁ、素晴らしい!!

お造りを3品味わった後は、口替わりとして鶏ささみの煮こごり とうもろこしのすり流しをいただきました。
             995f5de4.jpg


見た目にも涼しい感じの一品。煮こごりの味わいととうもろこしの甘みがすごく上品で美味しかったです。

そして、次は焼き魚って書いてありますね。
紀州の鮎の塩焼き。まさに初夏!って感じでしょうか?
ほかにも、新生姜、ゴールドラッシュ、紅白手綱、沢蟹、煮穴子、管牛蒡、空豆・・・。
って書いてありますよね?
こういうときはきっとすごく楽しい盛り付けになっているのでは・・・。

おぉ!これは凄い!!13104317.jpg


この盛り、一流料亭そのものじゃないですか?
しかも、この鮎の焼き方、これは京都貴船で食べた鮎と同じ・・・。
そう、同じ焼き方で出したのだそうです。もちろん、頭も骨も余すところなくいただきました。

お酒は繁枡 辛口純米を燗酒で。6月和亭

これは美味い!ですよ(^^)

次は煮物。a6a0dda2.jpg


泉州産のカワハギです。なんと、カボチャの馬車に乗っての登場ですね(^_^;)
去年まではここ和亭さんでも、煮魚はすがたのまま出てきていましたが、最近では、盛り付けもすごく凝っています。
きれいなだけではなく、これなら魚を食べるのが苦手な人でも、あんしんしてあじわうことができますね。

これには、福島県のお酒、会津娘の純米酒を燗酒でいただきました。
          6月和亭

煮ものと燗酒、ものすごく合います。
そして、普段、燗酒はツンとした匂いが苦手っていう人も、ここに来れば大丈夫だと思います。

そして、次の料理は肉料理。
和亭では珍しいですね。でも、最近お酒に合う肉のソースの開発に成功したとかで、出していただきました。

牛サイコロステーキです。2ac3ed17.jpg


お肉の上には、アスパラと人参、お肉の下には蕪が敷いてあります。
一口いただくと、柔らかいお肉の中から、ジューシィな肉汁が!
そして、新開発のソース、これ、めちゃくちゃ美味いです!

これに、奥播磨の山廃純米の古酒、BY16を合わせると、天にも昇る美味しさでしたよ!

そして、揚げ物。a2855494.jpg


鱧の破竹巻焼、ヤングコーン、スナップ豌豆です。

これには冷たいお酒でホッと。
        6月和亭

富山のお酒、満寿泉の大吟醸をいただきました。
お酒も飲み方を変え、温度を変えて楽しんでいくとかなり深い味わいがあります。

最後は珍味を少しいただきました。

お皿に盛られた3種類の珍味。1bcaaf66.jpg



納豆が苦手な人でも美味しく食べられる、納豆味噌。
            7a40d7fe.jpg


実際、この納豆味噌、外国人の方も美味しいと言って召し上がられたのだとか。

そして、なれ寿司。6月和亭


ホタルイカの沖漬です。409466b5.jpg



いままでかなり食べましたが、こんなん見せられたら、まだまだお酒が進んでしまいそうですよね。
この珍味、危険物セットとでも名付けましょうか?

これだけの料理と、それぞれの料理に合う日本酒がついて、6500円くらい。
これはちょっとお得すぎます。
一流料亭並みの料理をお気軽に、しかも、日本酒と料理がばっちり合った時のマリアージュを堪能することができます。

一度体験したら、嵌ること間違いなしですよ!
この日も、大満足、満面の笑顔で帰路に就くことができました。


【酒肴(しゅざかな なごみてい)和亭】
住所:大阪市中央区鎗屋町1-1-10山大ビル1F   MAP
電話:06-6949-4753 
営業時間:11:30~13:15 、18:00~22:30 (土曜日は17:00~23:00) 
定休日:日、祝

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

何処の国の料理が好きですか? こう聞かれると、みなさん何と答えられますか? やっぱり和食!日本人ですから。 ここは豪華にフランス料理! ちょっとお洒落にイタリア料理! 美味しいビールを片手にドイツ料理! 陽気な音楽と共に、メキシコ料理! あのスパイスの ...
続きを読む
何処の国の料理が好きですか?
こう聞かれると、みなさん何と答えられますか?

やっぱり和食!日本人ですから。
ここは豪華にフランス料理!
ちょっとお洒落にイタリア料理!
美味しいビールを片手にドイツ料理!
陽気な音楽と共に、メキシコ料理!
あのスパイスの香りがたまらない、インド料理!
・・・・・・・・・・・・・。

こうやって、挙げ出すときりがないですよね。
で、世界三大料理とされるのが、中国料理、トルコ料理、フランス料理。

なかでも、中国料理というと、世界中の何処に行っても食べることが出来ますよね、比較的リーズナブルに。
日本にも、中華料理店は何処の街に行っても数多く存在します。
お腹がぺこぺこで、ガッツリ食べたいときなんかはよく利用するのでは?

でも、毎日中華料理だったとすれば?
「ちょっときついかなぁ・・・」とか、「しつこいから毎日は無理!」何て意見が数多く出てくると思います。

そう、和食ならば、毎日でもOKですよね?

でも、中国の人は毎日中国料理をたべているのでは?
多分そうだと思います。何故中国に人は毎日中国料理を食べても飽きない、しつこくないのか?

それは、同じ中国料理でも、私達が普段口にする中華料理とは別物の中国の家庭料理を食べているから。

ちょっと気になりませんか?
中国の家庭料理ってどんなものか。

そんな中国家庭料理の美味しいお店が旭区、大阪工業大学の近くにあります。

“中国家庭料理 華雲居(かうんきょ)”さん。
            ae4d1a66.jpg


ここ、私の仕事場の近くで、半年前ほどにオープンしているのを偶然見つけて入ってみました。
看板に“手作り餃子”って書いてあるように、水餃子が抜群に美味しいお店です。
そして、先日、こちらでランチをいただくと、すべてが抜群に美味しくなってるじゃないですか!
そして、この日に再訪してきました。
       b819da53.jpg


お店の前には、その日の日替わり定食のメニューが書いてあります。
A定:ホイコーロ、水餃子、サラダ、ライス、漬物、スープ。
B定:八宝豆腐、水餃子、ライス、漬物、スープ。
C定:やきめし+焼餃子。


そして、ワインコインランチとして、500円のランチもあるようですよ!
流石、大阪工大の近くだけあります。学生さんには嬉しい値段設定でしょうね。
           43d74e79.jpg


お店は、カウンター席8席ほどと、4人掛けのテーブル席が4つほど。
ひとりでも、グループで行っても寛ぐことが出来ます。

メニューはこんな感じです。
華雲居再訪 華雲居再訪

メニューボードにあった日替わり定食と、お得なセットメニュー。
この季節限定でしょうか?冷やし中華もあります。でも、麺はここのジャージャー麺が美味いですよ!
ワンコインランチでも、やきめし+水餃子+漬物、焼きそば+ライス+漬物、麻婆丼+漬物から選ぶことが出来ます。これは学生さん、嬉しいですね!
               e23a2bf0.jpg

餃子(水餃子)や一品料理も充実してりますよ。
餃子のバリエーションは流石ですね!ちなみに、日替わりランチの水餃子はこの中の餃子が日替わりで出てくるのだとか、これも楽しいですね。

野菜料理も種類が豊富です。7d813425.jpg



肉料理とスープ。deb09b8e.jpg


ホンモノの中国家庭料理のお店はスープの種類も充実していますよね。

そして、海鮮料理とデザート、主食料理のメニューです。
                 3598ec6c.jpg


本場焼きそばってどんなものでしょうね?気になります。

この日は、いろいろ楽しめてお得な、日替わりのA定食をお願いしました。
ここの定食はほとんど全部に水餃子がついてくるのが嬉しいです。


料理が出来るまでの間、お店の中を眺めてみます。
                a372cf67.jpg


カウンターの上には、一品料理の写真が貼ってあります。
これがあると、どんなものが出てくるのかがわかって嬉しいですね。
カウンターの中では中華鍋を振る心地いい音が聞こえてきます。
スタッフは女性の方が2~3名、たまに男性の方もいらっしゃいます。
みなさん、日本語を上手に話されるので、注文するのも質問するのも安心です。
中国のどのあたりのご出身なのでしょうか?今度お伺いしたときにでも聞いてみることにします。

しばらくすると、本日のA定食、回鍋肉がやって来ました。
               29e7ecc9.jpg


所狭しとお盆の上にのっかった料理の数々、見ているだけでも楽しいですね!

この日のメインの料理は回鍋肉。d651c98e.jpg

絶妙な味加減と、野菜の炒め加減が最高です。

こうやって、キャベツで豚肉をはさむようにして食べると美味いんですよね(^^)
           85b1270e.jpg


スープも決してついでにつけましたって感じじゃ無いのですよ。
優しい味加減で、玉子の具合も最高ですね。
       5bbea0fe.jpg


そしてこのスープにはトマトが入っていました。6a13d075.jpg

このトマトのスープがまた美味い!!
これは日本人には出来ない発想ですよね。

そして、これがサラダ。27c9cefd.jpg


サラダといっても、レタスとトマト、キャベツのサラダではないですよ。
胡瓜と落花生のサラダ。これぞ、中国家庭料理のサラダって感じですね。
ごま油のドレッシングで風味も豊かで美味いです。

お漬け物も手を抜いてはいませんよ!feb08d98.jpg


料理の合間にいただくと、口の中がさっぱりして、また次の料理を食べたくなる。
上手いこと考えられていますよね。

そして、忘れてはならないのがこれ、水餃子です。
         da4b334d.jpg


ここ、華雲居さんに来たら、水餃子は絶対に外せません!
水餃子の具材は日ごとに変わるみたいです。何が入っているのかワクワクします。
それも、ここ華雲居さんに来る楽しみの1つですね(^^)
この日の水餃子は、豚肉とセロリの餃子です。
         0116a87b.jpg


ここの水餃子は皮からお店で手作りなので、モッチモチの食感を味わうことが出来ます。
そして、こちらの餃子、ニンニクは使っていないので、午後から人に会わなければならないときでも安心していただくことが出来ます。
テーブルの上にある、お酢と醤油とラー油でタレを作っていただくのも美味しいですが、そのままでも十分この餃子の旨味を味わうことが出来ますよ!

中国家庭料理、華雲居さん、一番初めにお伺いしたとき、水餃子が抜群に美味いお店だと思いました。
でも、最近は何を食べても美味しいです。
オープンしてそろそろ半年でしょうか?
本領発揮、本気の中国家庭料理を味わうことが出来ますよ!



【華雲居(かうんきょ)】   
住所:大阪市旭区中宮5-4-30 ライオンズマンション105    MAP      
電話:06-6924-9153
営業時間:11:00~14:30 17:30~21:00   
定休日:月曜日 
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

外食って、ワクワクしますよね! 週末の夜、外食の予定が入っていたら、朝からハイテンションになったりします。 そんな日、さて何を食べに行きましょうか? 夏ばて防止に焼肉!それとも、新鮮な魚が食べたいから、お寿司! ガッツリと、浪花の下町の味、串カツ、焼き ...
続きを読む
外食って、ワクワクしますよね!
週末の夜、外食の予定が入っていたら、朝からハイテンションになったりします。

そんな日、さて何を食べに行きましょうか?
夏ばて防止に焼肉!それとも、新鮮な魚が食べたいから、お寿司!
ガッツリと、浪花の下町の味、串カツ、焼き上げる煙の香りがたまらない焼き鳥・・・。

挙げていくときりがないですよね。
お店に入って何を注文するか、メニューを見ながら考える。
この瞬間って楽しいですよね!

でも、お店におまかせ、何が出てくるかわからないけどワクワクドキドキ・・・。そういうのも楽しいと思いませんか?

料理はお店におまかせ!
そんな楽しいお店に連れて行っていただきました。

酒どころ お食事どころ なんどき屋
             ee8da9d3.jpg


一見、何の変わりのない昔からある居酒屋さん、って感じの出で立ちでしょう
ところがこのお店、奇跡のお店って言われているのだとか・・・。

とりあえず、お店の中に入りましょう。
このお店にメニューはありません。そして、ビールやチューハイ、焼酎、ソフトドリンクが飲み放題です。
なので、お店の営業は2部構成になっていて、第1部が19:00~21:30。第2部が21:30~23:30。完全入れ替え制ですね。
               5428f81e.jpg


この日は午後7時から宴が始まりました。さぁ、みんなで乾杯しましょう!
                63f58ee8.jpg


料理はおまかせでいろんなものを出してくださるそうです。
最初の料理は、お造りの盛り合わせです。
              3edb2216.jpg

まぐろ、サーモン、生蛸、コチ、海ぶどうです。
どれも新鮮ですごく美味しいです。このマグロ、めちゃ旨ですよ!
マグロ大好き人間の私もこれは大満足です。

この日も暑かったので、生ビール一杯目はあっという間に飲み干してしまいました。
でも、「ビール、たくさん飲んでくださいね」と仰って、大将はおかわりを入れてくださいます。

冷たいビールを堪能していると、次の料理がやってきました。

熱々の茶碗蒸しです。77aa3e8b.jpg


茶碗蒸しなので茶碗が熱々なのは当たり前なのですが、不覚にもワタクシ、素手で茶碗を持ってしまい、もう少しで火傷しそうになりました(^^;)

具だくさんの茶碗蒸しと生ビール。
たまらないですね!

ここ、なんどき屋さんは何と持ち込みもOK!
この日はメンバーの1人の方が、甕雫焼酎を持ってきてくださいました。
          なんどきや

こういうのってすごく嬉しいですよね。
早速一杯いただきます。なんどきや


いい雰囲気ですよね!
そして、この焼酎の飲みやすいこと!すぅーっと口の中に入ってゆきました。
言うまでもなく、あっという間に完売していましたよ!

君カウンターの上には大きなマグロのカマが・・・。
そのカマの上に、大将が特製の餡をかけていってくださいます。
何か凄く豪華ですね!
42cf8612.jpg
 d64a440a.jpg


このあんかけマグロカマ、ほぐしていくと、身がたっぷりです。
赤身の部分も全然臭みが無く、噛めば噛むほど旨味がどんどん出てきましたよ!
これ、よほど新鮮でなくてはこの味わいは出ないでしょうね。
.
そして、次は揚げ物。

これはもち餃子です。da795b48.jpg


揚げ餃子の中にお餅とサーモンの身が入っていて、ソースと良く絡んでめちゃ旨です!

料理はまだまだ出てきますよ!

これはピーマンの肉詰めフライ。65bd7463.jpg


中に肉は何とマグロのほほ肉です。こんなの普通の居酒屋さんでは食べられないですよね。

そうこうしているうちに、カウンターの上には鍋の用意が。
               145df70b.jpg


結構な量の料理が出てきましたが、これからがメインみたいですね。
そして、鍋の具材は鯛しゃぶ。
            2d7a1580.jpg


新鮮な鯛がたっぷりありますよ!
           35514ee8.jpg


野菜もたっぷり、一緒にいただきましょう。
            491e4a84.jpg

           
私達が鍋を楽しんでいる間も、大将は大忙し。
これだけの人数のこれだけの料理を1人でこなしているのだから、大変です。
ですので、ビールのおかわりはすすんでお手伝いしましょう!
              なんどきや

ということで、テレビや新聞にも出ていらっしゃって、大人気のこの方がビールをサーヴしてくださいました。(写真掲載:本人承諾済み)

鍋を楽しんでいると、大将が、「これも美味しいから食べてください」と鱧の卵を出していただきました
            10db0f5b.jpg


え・・・。これめちゃくちゃ美味しい!!ちょっと感動ですね、これは。おそらく市場に入った美味しいものを厳選して仕入られているのでしょうね。素晴らしい!

そして、こちらのお店の名物、〆のカレーライスです。
         39ed9185.jpg


銀のお皿に入ったカレーは、お腹の空き具合によって、大・中・小から選ぶことが出来ます。

「玉子も良かったどうぞ!」
と生卵もいただきました。
              384f7d8b.jpg


後半この玉子をカレーの上に落として、

とろける黄身と共にいただきます。
13e103db.jpg
 8c32a8cf.jpg


ハハハ、これを幸せと呼ばずして何と言いましょうか!
このカレー、毎日継ぎ足してるかっていらっしゃるそうで、旨味が凝縮されています。
まるで、鰻屋さんのタレみたいですよね。

さて、これだけの料理をいただくことが出来て、生ビール、焼酎、チュウハイ、ソフトドリンクなどの飲み物が全て飲み放題。
気になるお会計は・・・。

何と、2300円!!

これ、特別価格でも何でもなくって、いつ行ってもこのお値段です。
ですので、やはり予約は必須です。
これで人気が出ないわけがないのです。でも、けっして安かろう悪かろうではありません。
内容はご覧の通り、素晴らしいです。

今回、この方が企画してくださったおかげで行くことが出来ました。
本当にありがとうございました。
先日行ったところなのに、もうまた行きたくなってきましたよ!

是非一度行ってみてください。
この記事の内容が大げさでも何でもないことがわかりますよ(^^)



【なんどき屋】   
住所:大阪市生野区小路1-5-15     MAP     
電話:06-6757-8401   
営業時間:19:00~24:00(第1部19:00~21:30、第2部21:30~24:00 【入替制】)   
定休日:不定休
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に嵌りました。 先日、友人に教えていただき、お伺いさせていただいた内本町のカレー屋さん、 “宝石”さんに、また行って来ました。 最初にお伺いしたときは、「どこかなぁ~・・・。」って探しながらでしたが、今回は迷うことなく、すんなり。 ここのカレー ...
続きを読む
久々に嵌りました。

先日、友人に教えていただき、お伺いさせていただいた内本町のカレー屋さん、
“宝石”さんに、また行って来ました。

最初にお伺いしたときは、「どこかなぁ~・・・。」って探しながらでしたが、今回は迷うことなく、すんなり。

ここのカレーは2~3日替わりで、中のお肉や野菜、付け合わせのピクルスが変わります。
その内容は、店主のTwitterで確認することが出来ますよ!

前回の記事をアップさせてから、複数の方から反応があり、また、数名の方からはメッセージもいただきました。
それを読んでいると、またまた食べたい病が発病して、我慢できずに行って来ました(^^;)

お店の前に着き、階段の下にあるメニューボードを確認します。
             宝石(再訪)

本日のカレーはポーク。ワクワクします!
メニューボードの下に何か新しいものがありますね・・・。
            宝石(再訪)

『本日のお野菜』
大根、かぼちゃ、ブロッコリー、高野豆腐、へぇ、高野豆腐もカレーに。さて、どんな感じでしょうか。スナップ豌豆。


『本日のピクルス』
人参、玉葱、きゅうり、新しょうが。
   

これは楽しいですね!
メニューボードを見ているだけでも、ワクワクしてきて、階段を上るスキップしながら上ってしまいそうです(^^;)

階段を上がるとすぐ右側、“宝石”と書かれた行灯が入り口にあるのですぐにわかるようになりました。
             宝石(再訪)

入り口を入ってすぐのところのカウンターにも、“本日のお肉は、ポークです”って書いてあります。
              2d97ea80.jpg

           
前回はお客さんが何名かいらっしゃったので、店内の全景を撮りませんでしたが、今回は許可を得て、写真を撮らせていただきました。
              宝石(再訪)

L字型のカウンター席と、4人掛けのテーブル席が3つ。
1人で来ても、グループ出来ても落ち着いてカレーを楽しむことが出来ます。

私は今回も1人でお伺いしたので、カウンター席に。
座って聞かれることは1つ。「今日はポークですがよろしいですか?」
はい、それがお目当てなので・・・。

もうすでに、このお店の味を知ってリピートのお客さんが何名か入っていらっしゃいます。
店主1人ですが、要領よくカレーを盛りつけていただきます。
一度にたくさんのお客さんがいるときは、気長に待ちましょう。
そうすれば、必ず美味しいカレーが目の前にやって来ますよ! ほら。
            40de9e13.jpg


素晴らしいスパイスの香りと共に、ポークカレーがやってきました。
すごく具だくさんで、見ているだけでも楽しいです、ワクワクします
やっぱり食事はワクワクしながら楽しまないと!ですよね。
                ef724d7d.jpg


この日のお肉、ポークは凄く柔らかく煮込まれています。
口の中で、ホロッとくずれますよ。

ここのカレー、スパイスか聞いて、具だくさんなのですが、少しもしつこくないのです。
素材から出る脂分以外は最小限にしているとのこと。
このカレーだったら、午後からも胃がもたれるなんてことはありませんね。
                 宝石(再訪)
そして、もうひとつの特徴が、ここのカレーライスのご飯、すごく美味しいのですよ。
きちんと固めに炊きあげられたご飯は辛―との相性がものすごく良いのです。
これなら、ご飯の炊き具合にはちょっと拘る、この方この方も必ず満足していただけるのでは?

4種類あるピクルスも楽しいですね。b6dafa4c.jpg


カレーと一緒に味わうと、それぞれのピクルスとの相性を楽しむことが出来ますよ!

この具だくさん、お肉だけではなく、野菜もたっぷりです。
       宝石(再訪)
カレーの旨味を美味く演出してくれています。
写真ではわかりにくいですが、カレーに高野豆腐、これありですよ!
高野豆腐にしみ込むのは、出汁でなくカレーでもOK!その証明ですねこれは。

カレーのお肉は、ポーク、チキン砂肝、ラムキーマ、日によっては2種類あることも・・。
こちらのお店、これから口コミ等でどんどんファンが増えていくと思います。
胃もたれしない、忘れられない味。あの具材が食べたい・・・。
そう思ってお店に足が向く。美味しかったので誰かに話したくなる。
実際、ちょっと他にはないカレーだと思います。
               50c07095.jpg

カウンターの上の小さなまねきねこ。大きな宝石の指輪(?)のうしろに居ましたよ(^^)
このまねきねこ、前のお店の時からあるそうなのですが、今はここ宝石さんのお客さんを呼ぶのに一役買ってるみたいですね。

人には教えたくない、隠れ家的なお店、でも、ますます繁盛して、いろんな人にこのカレーを食べて欲しい。そんな複雑な気持ちです(^^;)

カレー好きな方はもちろんのこと、カレーは好きだけど、胃もたれが心配・・・。
そんな人にもぴったりのカレーです。
是非一度、ご賞味してみては!
カレー星人の私もイチオシです!!



【カレー専門店 宝石】   
住所:大阪市中央区内本町2-2-14    MAP     
電話:   
営業時間:12:00~20:00 (14:45~17:30まで閉店の場合あり)   
定休日:土・日・祝  
      

店主のTwitterはコチラ  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲んだ後のラーメン。これって、魔の誘惑なんですよね(^^;) けっしてお腹が空いているわけではないのだけれど、ついつい〆に。 そう思い、若い頃はよく食べました。 今はもう、〆のラーメンをいただくことは本当になくなりましたが、あの美味しさだけは記憶の中 ...
続きを読む
お酒を飲んだ後のラーメン。これって、魔の誘惑なんですよね(^^;)

けっしてお腹が空いているわけではないのだけれど、ついつい〆に。
そう思い、若い頃はよく食べました。

今はもう、〆のラーメンをいただくことは本当になくなりましたが、あの美味しさだけは記憶の中から消えることはないですね。

さて、〆のラーメンとしては、そのようなタイプのものを召し上がりますしょうか?

ミナミの定番、金龍ラーメン、空心町のニンニクラーメン、台湾ラーメンの味仙・・・。

色々ありますが、梅田近辺で飲んであるときには、透明のあっさりスープのラーメン、
揚子江ラーメンをよく食べた気がします。

揚子江ラーメン、支店やのれん分けが店かあるみたいですね。

中でも東中通商店街にある、“揚子江ラーメン 名門”
ここのランチセットって召し上がられたことはあるでしょうか?

揚子江ラーメンと豚バラ煮込み、そしてライスがついた“Aセット”。
ワンタンスープと焼きめしがついた“Bセット”。
ランチセットといいながら、夜の8:00まで提供されていますよね?
ここのAセットの豚バラ煮込み、これがご飯に良く合って、美味いんですよ。

そんな、“揚子江ラーメン 名門”さん、何と旭区に出来たと聞き、食べに行って来ました。

場所は国道1号線沿い、旭郵便局のすぐ近く。
地下鉄谷町線の千林大宮駅と関目高殿駅の丁度中間地点くらいでしょうか?
            37c6efc6.jpg


小さなお店なのですが、赤いテントを目印に探すとすぐにわかるかと思います。

お店の前にはあのセットの看板も出ていましたよ!高殿揚子江


梅田のお店では、850円のセットがここでは何と、700円!場所柄もあるのでしょうか?それにしても安いですね。

それでは、揚子江ラーメンの細長い暖簾をくぐって、お店の中に入りましょう!
            c105f814.jpg


店内は、4人掛けのテーブル席が4つほどでしょうか?
こぢんまりとしていますが、綺麗な感じです。
             高殿揚子江

揚子江ラーメンに来ると、夜は単品でラーメン、ランチタイムはセット以外注文したことがないのですが、結構いろんなメニューがあります。

チャンポンや冷麺、中華丼、天津飯なんかもありますね。
            a52cdb3f.jpg


一品ものの豚バラ煮込みが500円、ラーメンが500円、ライスが150円なので、このAセットの700円は、かなりお得ですよね。
          70d58ded.jpg


この日の注文はもちろん、“Aセット”。
このセットを食べるのは何年ぶりでしょうか・・・。

あっさり上品な揚子江ラーメンだけではランチには少し足りないかな・・・というのを、このセットは完全に解消してくれたのを覚えています。

「お待たせしました、Aセットです。」と、店員さんが運んできてくれました。

そう、これこれ!40bc7637.jpg


あっさりへルーシな揚子江ラーメンを、ガッツリ系に変身させる名セットだと思います。
            de18a052.jpg

ラーメンは思わず見とれてしまうほどの透明スープ。
トッピングされた春菊も記憶の中、そのままです。
         6fa9649f.jpg

固めに茹でられたストレート麺。
このラーメンにはこれ以外はあり得ないですね。
あっさりしているけど、ちゃんと旨味を感じます。

そして、これが名物、豚バラ煮込み。dee165bf.jpg


箸で切れるほど、ホロホロに煮込まれた豚バラ肉。
バラ肉と行っても、良く下茹でされてあるので、しつこさはありません。
上にのっている葱もいいアクセントになっています。
そして、この豚バラ煮込み、これとご飯との相性、「なんでこんなにご飯がすすむの!」っていう感じです。
もし、私の記憶が正しければ、梅田のお店より、こちらの方が豚バラ肉の盛りが多いのでは・・・。
それでいて、こちらのほうが安いのだから、こんな嬉しいことはないですよね!

ラーメンは、途中でテーブルの上に置いてあるフライ葱を入れると、味わいにコクと香りが加わって、楽しいですよ。
               f3aee98a.jpg


ちょっと裏技ですが、豚バラ煮込みをラーメンの上にのせて食べると、排骨麺に早変わり!
セットメニューが終日注文できるこちらのお店に、排骨麺がメニューにないのはそうだからでしょうか?

二日酔いの次の日のランチには、揚子江ラーメン単品で。
ガッツリいきたいときには、迷わず“Aセット”。
本当に、頼れるお店です。

やきめしも一度食べてみたいと思っているのですが、次もまた、Aセットを注文してしまいそうです。
この黄金セット、一度味わってみませんか?


 
【揚子江ラーメン 名門 高殿店】   
住所:大阪市旭区高殿6-15-16    MAP     
電話:06-6957-5060   
営業時間:11:00~23:00(日祝~21:00)   
定休日:無休
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

チキン南蛮って、はじめて食べたのはいつのことでしょうか? 関西に住む私にとって、子供の時にはなかった食べ物のように思います。 確か、はじめて食べたのは、ほっかほっか亭のチキン南蛮弁当。 たしか、高校生の頃だったと思います。 それまでは、ホカ弁と言えば、 ...
続きを読む
チキン南蛮って、はじめて食べたのはいつのことでしょうか?
関西に住む私にとって、子供の時にはなかった食べ物のように思います。
確か、はじめて食べたのは、ほっかほっか亭のチキン南蛮弁当。

たしか、高校生の頃だったと思います。
それまでは、ホカ弁と言えば、から揚げ弁当か、とんかつ弁当。
お金がないときはのり弁で満足していたのですが、ある日お弁当屋さんに行くと、
“新発売! チキン南蛮弁当。”のポスターに目を惹かれ、早速買って帰って食べたのを覚えています。

今では、ホカ弁の人気者、みんな大好きな味ですね。
でも、お店によって、味に差が出るものでもあります。

先日、「このお店のチキン南蛮は是非食べてもらいたいです。他の料理もみんな美味しいから!」と、
西宮北口にある、宮崎地鶏 炭火焼きのお店、“よだきんぼ”さんに連れて行っていただきました。

お店は阪急西宮北口駅から歩いて、2~3分、ビルの2階にあります。
             よだきんぼ

お店の入り口には胡蝶蘭がありますね。何かのお祝いでしょうか?
あ、“祝 十周年”って書いてありますね。
先日開店十周年を迎えられたようですね。
            24b39ffd.jpg


“よだきんぼ”ってどういう意味でしょうか?
聞いてみると、宮崎弁で“めんどくさがりや”のことをいうそうな・・・。
でも、めんどくさがりやを言い換えて、“どうぞ、何もせずにゆっくりしていってください”という意味が込められているのだとか・・・。

さて、とりあえずお通しと、生ビールで乾杯です。d8ddca10.jpg


ここの生ビールはヱビスですね!うれしいです(^^)

お目当てのチキン南蛮はもちろん注文するとして・・・。
メニューにはどんなものが載ってあるのでしょうか?
よだきんぼ よだきんぼ よだきんぼ
宮崎郷土料理にお得なコースもあるようですね。
a8c78049.jpg
 20048028.jpg

そして、揚げ物、焼き物、一品、ご飯もの。
あ、冷や汁がありますね!これは〆にお願いすることにしましょう!

何品か注文して、みんなでシェアしていただきます。まずはさっぱりと、辛味噌胡瓜。
              2b359d12.jpg


見た目なんてこと無いのですが、この味噌がなかなか嵌る味です。

そして、ここからは宮崎名物料理のオンパレードです。

宮崎地鶏のたたき。57d9123a.jpg



噛めば噛むほど味わいの広がる地鶏をさっぱりとポン酢でいただきます。
葱をたっぷり絡めていただくのが美味しいですね。

そして、もうひとつの定番料理、地鶏の炭火焼きです。
         af6da6b2.jpg


この歯ごたえがたまりません。
柔らかい鶏肉を食べ慣れた人には、最初違和感があるかとも思いますが、一度この味を覚えてしますと、もう元には戻れなくなるのでは?
      f852971e.jpg


柚子胡椒を少しのせていただくと、より一層風味がましますね!

こういったものをいただくと、ビールではなく、これが飲みたくなりますよね。
              91437adc.jpg


その名も、“うまいものはうまい”。霧島酒造の焼酎ですね。
           485da0bb.jpg


これは鶏肝の刺身に見えますが、実は表面を軽く炙っていただいていて、たたきになっています。
刺身とはまた違う食感が楽しめますね。

ちょっと小休止で、明太玉子焼き。よだきんぼ


ちょっと箸休めではないですが、間にこういうのが入るとうれしいです。

そして、チキン南蛮の登場です!よだきんぼ

大きな鶏肉にたっぷりのタルタルソース。
チキン南蛮に使う鶏肉は、胸肉が多いと思いますが、ここのチキン南蛮はもも肉を使っています。
鶏を揚げ、そしてタルタルソースでいただくのですから、あっさりした胸肉の方が通常は合うのでしょうが、不思議とここのチキン南蛮は全然しつこくなく、あっさり美味しくいただくことが出来ます。
やはり、鶏肉がいいからなのでしょうか?
これはわざわざ来て食べただけのことはありますね。美味しかったです(^^)
          よだきんぼ

これだけ美味しいものが続くと、お酒もすすみますね!
      65f75788.jpg


これは、“おび天”といって、宮崎日南の名物で、魚のすり身と豆腐でつくったもので、ふんわりとした食感が美味しいです。

まだまだ美味しいものがどんどん出てきます。
               f754223f.jpg
 よだきんぼ
               8d48c675.jpg
 bf13f6bc.jpg


そして、特別に宮崎地鶏の親子丼を作っていただきました。
              de265048.jpg


旨味たっぷりの宮崎地鶏とふわっふわの玉子。
美味しくないわけがないですよね!

そして、〆はやっぱりこれ。

宮崎名物、冷や汁です。5c67817a.jpg



冷や汁とは、元々農家が忙しいときに簡単に調理でき早く食する目的の料理であったらしいです。今では、暑い夏でも美味しく食べられる料理として、人気があるようですね。
冷たい冷や汁に温かいご飯や麦飯を入れて、汁かけ飯にして食べるのが一般的らしいですが、
おにぎりと一緒に食べても抜群に美味かったですよ!

3年前に、信州に行ったとき、冷や汁をはじめていただきましたが、元々宮崎の郷土料理だったのですね。

宮崎・地鶏 炭焼 “よだきんぼ”さん、かなり本格的な宮崎料理をいただくことが出来ます。
もしお越しの際は、チキン南蛮はもちろんのこと、冷や汁も外せない逸品ですよ!



【よだきんぼ】   
住所:兵庫県西宮市甲風園1-7-1 カサ・マドンナビル2F    MAP     
電話:0798-69-4520   
営業時間:17:00~23:30(L.O.)   
定休日:無休
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昼と夜とではその顔をガラッと変える街。 大阪にも数多くありますよね。 北新地やミナミの繁華街なんて、特にそうですね。 ミナミの街なんて、昼間に歩いていたら、自分が何処にいるのかさえもわからなくなってしまうほどです(^^;) 北新地やミナミの場合、夜の賑わい ...
続きを読む
昼と夜とではその顔をガラッと変える街。
大阪にも数多くありますよね。

北新地やミナミの繁華街なんて、特にそうですね。
ミナミの街なんて、昼間に歩いていたら、自分が何処にいるのかさえもわからなくなってしまうほどです(^^;)

北新地やミナミの場合、夜の賑わいに対して、昼間はひっそりとしている。
そんな感じなのですが、昼も夜も違った賑わいを見せている。そんな街があります。

大阪駅から環状線に乗って一駅の天満
ここもそうですね。

そんな天満の街の夜、一軒のお店に連れて行っていただきました。
場所はぷらら天満のすぐ北側の通り。
         上海食亭

ここは昼間、肉屋さんや八百屋さんなんかがあって、賑わっている場所です。
そして、夜になると、屋台風の飲食店がオープンして、また違った賑わいを見せてくれます。

この日にお伺いさせていただいたのは“上海食亭”さん。
          上海食亭

真ん中に通りをはさむようにして、お店はありますね。
          上海食亭

この日も、仕事帰りのサラリーマンの方や、OLさんたちで賑わっていました。

とりあえず、席に座り、生ビールで乾杯です!16e69d68.jpg


この一杯がやめられませんね!

さて、メニューはこんな感じです。190c8055.jpg



軽くつまめる感じのものから、点心も充実していますね。

お酒の種類も結構ありますよ。affe63bc.jpg


中国茶の種類が多いのも、人気の秘密なのでしょうか?

この日は2軒めだったので、軽く注文することにします。

まずは、干し豆腐の千切りと塩ゆで落花生を。75ba62dd.jpg


私の中で、干し豆腐が出てくるお店って、美味しかったことが多いのですよ。
これはなかなか期待できるのでは・・・。
ところで、干し豆腐って、中国ではかなり一般的らしいですね。
なんでも、中国のベジタリアンの間では、この干し豆腐を肉の代わりに食べるのだとか・・・。

そして、やはりこれは食べておきたい一品ですね。

水餃子です。49671a22.jpg


きちんとしたお店でいただく水餃子は美味しいですね。
また、お店によって皮の食感も中の具材も千差万別なので、楽しいです。
ここのは、茹でたお湯に入ったままで出てきました。
こうすることによって、温かい状態が維持出来るからでしょうね。

小籠包もメニューにあったのでいただきました。
         17f43daf.jpg


たまに、小籠包とメニューに書いてあって、食べてみるとただの小さな肉まんだったりすることがたまにありますが、ここのはどんな感じでしょうか?

お!これはホンモノですね!ad3b1c7b.jpg


箸で持っただけでわかります。中には熱々のスープがたっぷりですよ!
火傷しないように気をつけながらいただきます。
・・・・・美味っ!! 言うことなしです(^^)

そして、「ここに来ればこれは外せないですよ!」とすすめていただいたもの。

上海焼き餅、いわゆる韮饅頭ですね。上海食亭

これはこのお店で人気No.1の点心だそうですよ。
カリッとした食感と、ジューシィな具が撮ってもマッチしていますね!

おそらく、ここ何を注文しても美味しいんじゃないでしょうか?
東坡肉なんかも、ただの豚バラ煮込みじゃなく、本格的なものが出てきそうですね。

この日は、1軒目のお店で結構食べたので、この日はそんなに食べることが出来ませんでしたが、次回は是非、ガッツリいきたいですね!




【上海食亭】   
住所:大阪市北区池田町5-11 天満市場内    MAP     
電話:06-6882-5255   
営業時間:18:00~23:00(LO 22:30)   
定休日:不定休(HPにその月のお休みが書いてあります。)
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

そうだ 京都、行こう! こんなコピーのCM、ありましたよね。 たしか、JR東海のCMで、首都圏から新幹線に乗って、京都に行こうってやつ。 やはり、首都圏方面から関西に来るとなると、”京都”なんですよね。 私たち関西人にとっても、やはり京都は特別なところではな ...
続きを読む
そうだ 京都、行こう!

こんなコピーのCM、ありましたよね。
たしか、JR東海のCMで、首都圏から新幹線に乗って、京都に行こうってやつ。
やはり、首都圏方面から関西に来るとなると、”京都”なんですよね。
私たち関西人にとっても、やはり京都は特別なところではないでしょうか?

さて、大阪から京都に行くとなると、何に乗っていきますか?

いちばん早い、JRの新快速
電車も綺麗で上品なイメージの阪急電車
この二つは梅田から一直線ですものね。

私というと、すんでいたところが京阪沿線という事もあって、もっぱら
そう、おけいはんで行くことが多かったです。

そんな京阪電車、淀屋橋から特急に乗ると、北浜、天満橋、京橋と停まって、次は京都の七条。(昔は途中の駅には停まらなかったのですよ)
ここからは鴨川の堤防を電車は走り、終点の三条駅に。
           58a36c15.jpg


この鴨川と京阪電車の姿、結構絵になったものですよ。

さて、現在は地下になってしまった京阪三条駅ですが、その三条駅のすぐ横に、ちょっと気になるお店があります。

篠田屋さん。篠田屋


ずいぶん昔からあるのでしょう。その佇まいは、何か忘れてしまったものを思い出させてくれそうな感じさえありますね。

お店前にはお品書きが書いてあります。82ec4fe2.jpg



うどん、そば、丼物からビフカツまで。
なかでも、中華そばにしんそばは赤い文字で書いてあります。”名代”という文字ともに。

お薦めメニューとして、写真入りのメニューボードも置いてありましたよ。
             6f45a134.jpg

これははじめてくる観光客の方にもわかりやすいですね。

さて、お店に入って席に座ります。efa73689.jpg


ここは朝10:30から開いているので、朝ご飯を食べそびれた時の早めのお昼ご飯使いする時にも便利ですね。

本当にいろんなものがあるので、何を食べようか迷ってしまいそうですね。
でも、どれもリーズナブルです。一番高いもので、焼き肉定食の750円でしょうか?
                 42c7d04c.jpg


でも、この日のお目当ては中華そば
最近、これに嵌ってしまっています。
ラーメン屋さんではなく、こういった感じの食堂もしくはうどん、そばのお店でいただく中華そばが好きなんですよね。

注文して、約5分。
中華そばがやってきました。0f4e4e1b.jpg



すんだスープにストレートな麺、具はネギとメンマとチャーシュー。
この潔さがいいですよね。

ここはデフォルトで胡椒がかかっています。もし胡椒抜きをご希望なら、注文する時にお願いしましょう。

では早速いただきます。b7bccd6c.jpg



このそばにはこの麺。これしかない!って感じで、適度なコシもあり、スルスル食べ進んでしまいます。

そして、チャーシューは小ぶりなものが6枚。
これはもう、ほとんどチャーシュー麺ですよね。
             4df54f82.jpg


このスープがまた美味しい!出汁がきいているというのでしょうか?
どんどん飲んでしまいます。麺類というと、普通主役は麺なのですが、ここの中華そばは、美味しいスープの中に、麺を入れていただいた。
そう言っても過言ではないほど、このスープ、いい味してます。

ということで、当然のごとく、綺麗に平らげてしまいました。
           73080afa.jpg


さて、ここ篠田屋さんで、もう一つ気になるメニューがあります。
表のお品書きに書いてあった、もう一つの”名代”、にしんそば?
いえ、それも美味しそうですが、そうではありません。
もう一つの気になるものとは・・・。
                  9cd88ac2.jpg


そう、この提灯に中華そばとともに書いてある、”皿盛(さらもり)”
え、皿盛りって何?
当然、そう思いますよね?中華そばを食べに行ったのとは違う日に、皿盛を食べに行ってきました。

皿盛を注文して、待つこと約5分。
「お待たせしました、皿盛です」
                  be5c2dfa.jpg


これ、ぱっと見は誰が見ても”カツカレー”ですよね?
でも、これはカツカレーではなく、”皿盛”なのです。
                    e9105adf.jpg


ご飯の上に、とんかつ1枚。そして、その上から、こちら篠田屋さん特製の出汁にとろみをつけて、少量のカレーを加えてあるそうです。

では早速一口。afb2a748.jpg



お!これは・・・。
カレーの香りが口の中に広がりかけた次の瞬間、ものすごい出汁の風味が後から追いかけてきて、カレーを抜き去り、口の中は出汁の旨味に満たされてゆきます。
「これ、美味っ!!、すごいわこの出汁(^^)」

そして、とんかつがまたいい役割をしているのです。
ご飯は若干柔らかめなのですが、このカレー味の出汁がその部分を完全に打ち消してくれます。
これはオンリーワンの味わいですね。ホントに美味い!!
一緒に添えられた福神漬けもいい味出してますよ。

さて、今度こちらに来た時にはどっちを食べようか迷ってしまいます。
絶品中華そばか、オンリーワンの皿盛。二人以上できて、シェアするのも賢いやり方かもしれません。
でも、強者は両方注文して、平らげてしまうとか・・・。

京都観光の際に、立ち寄ってみては如何ですか?
ここでしか体験できない味わいがありますよ!



【篠田屋】   
住所:京都市東山区三条通大橋東入大橋町111    MAP     
電話:075-752-0296   
営業時間:10:30~19:00   
定休日:土曜日  
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

金なら1枚、銀なら5枚! こう聞くと、森永のチョコボールを思い出しますよね? そう、あのくちばしの部分に、まれにエンジェルがいる事があるのですよね。 希に出るのが銀のエンジェル。 これを5枚集めると、おもちゃの缶詰がもらえるという。 子供の頃はこれがほ ...
続きを読む
金なら1枚、銀なら5枚!

こう聞くと、森永のチョコボールを思い出しますよね?
そう、あのくちばしの部分に、まれにエンジェルがいる事があるのですよね。
希に出るのが銀のエンジェル。
これを5枚集めると、おもちゃの缶詰がもらえるという。
子供の頃はこれがほしくて、チョコボールを買ったものです。
でも、出るのが銀のエンジェルのみで、たまにしか出ないので、5枚集める事がないまま無くしてしまうのです。
金のエンジェルなら1枚で、おもちゃの缶詰に交換してもらえるのですが、出た試しがありませんでした。

さて、金と言えば、金の卵
金の卵とは、有望な若い人材のことを指し、飲食店で言うならば、ものすごく期待が持てる新しいお店。ってところでしょうか?

そんな金の卵の予感が漂う、美味しいカレー屋さんが出来たと、友人に教えてもらいました。
場所は谷町4丁目駅近く、本町通りの中央消防署のすぐ向かえ側。
そう聞き、先週の土曜日に場所の確認がてら、歩いてみたのです。
確か、お店の名前は”宝石”さん。

でも、目標の場所らしきところに来ても、お店の看板が見当たらないのです。
カレー屋さんらしきサインはあるのですが、お店の名前が”宝石”ではなく別の名前・・・。
また確認してくる事にしましょう・・・。

そして、再度トライです。
こんどは平日のお昼、営業しているときには小さなメニューボードが出ているとの事。
そして、お店は2階。そんな事を思いながら、お店の前まで来ました。

あ、ありましたよ!042fe5e5.jpg


階段の下にメニューボードが出てますね。おそらくあれの事でしょう。

近づいていって見ると・・・27eeaaa2.jpg



間違いありません。カレー専門店 宝石って書いてあります。
”本日のカレーは ラムキーマです。(かなり辛いです)”って書いてあります。
かなり辛いは、私にとっては褒め言葉(なんのこっちゃ(^_^;))
そして、何より”朝びきスパイス”。この言葉にときめいて・・・。

営業時間は12:00より。
たきたてごはんと カレーも・・・
          ff0e9caa.jpg


すでにワクワクしてきましたよ!

階段を上がって2階に。宝石


2階に上がってすぐ右側のところに、
カレー専門店 ”宝石”さんはあります。
                 21d8450a.jpg


この日はお昼時間が終わる頃、13:00頃にお邪魔させていただきましたが、2人のお客さんがカウンターに座っていらっしゃいました。

お好きな席にどうぞ!
とのことなので、私もカウンター席に。

スパイスのいい香りが漂っていますね。
カレーは日替わりで1品。お店に入ったときに、「今日はラムキーマですがかまいませんか?」と聞いてくださいました。ラムキーマは大好きなので全然問題ありません。
      716b73bd.jpg

店内はカウンター席とテーブル席。
           4c5b680e.jpg

窓際のテーブル席なんか、仲間同士で来たときにも、落ち着いた感じいいですよね。

カウンターには、スパイスの入った小瓶がディスプレイされています。
これを見ても、店主の方のスパイス好きがわかりますね。
            620019a0.jpg


カレーは日替わりなので、メニューはありませんが、その代わりにカレーの説明が書かれたものがあったので、読んでみます。
          5a71409a.jpg


お肉は日替わり:、チキン/ポーク/ラムキーマなど
お野菜は旬のものをたっぷりお入れします。

カレーには、砂糖はちみつ等の糖類、果物、小麦粉、旨味調味料の類は一切使用しておりません。

大量の材料でとったラーメン並の濃厚な出汁を使用し、味付けは塩のみです。

肉類から出る以外の油脂量は最小限にしています。
食後のお皿のあぶらもぬるま湯でさらりと流れます。

辛さが強い時は付け合わせのエッグをお口へどうぞ。
少し和らぎます。


との事。
すごく研究なさったのでしょうね。
美味しいだけでなく、からだにも良いものを。そんな思いが伝わってきます。

そんな事をしているうちに、カレーが出来上がってきました。
               bfef1036.jpg


おぉ!すごく美味しそうですね。
カレールーもたっぷりとかけていただいています。
野菜もお肉もたっぷり。そんな感じですよね。

では早速いただきます。83c3d675.jpg



うわ!こりゃあ、美味い!!
口の中に入れた瞬間にスパイスの香りがぱぁーっと広がります。
香り、適度な辛さ、ほどよい酸味。
そして、そのほかにも複雑な味わいがものすごく心地いいです。
大阪で多い、最初に甘さが来るタイプではなく、本格的なスパイス系のカレーですよ。
正直、ここまで素晴らしいとは思ってなかったです。
ご飯もきちんと固めに炊いてあって、カレーの味わいをより深めていってくれてますね。

付け合わせは、にんじん、タマネギ、新生姜のピクルス。そして、エッグです。
カレーと交互に食べるとすごく美味しいですよ。
              4412b743.jpg


さすがは、カレーの味にはうるさい友人が褒めちぎっていただけの事はありますね。
期待を裏切らない味です。

こちら”宝石”さんは女性の店主お一人で切り盛りされています。
なんでも、元々焼き鳥屋さんだったお店を、ほとんどご自身で改装されたのだとか。
素晴らしいですね。
カレーのスパイスだけではなく、お店の改装にも、ものすごく手間がかかっているようですね。

このスパイスと他のお肉が合わさった時、どんな味わいになるのか楽しみでなりません。
確実に、またお伺いさせていただきます(^^)

このお店、そう時間がかからないうちに有名になると思います。
これだけの味わいを出すお店をカレー好きがほおって置くわけがないと思います。
大繁盛してほしい!でも、内緒にしておきたい。
そんな複雑な気持ちですね(^_^;)

カレー専門店 宝石さん、どんどん磨きがかかって光り輝いてゆくのでしょうね!

帰りに少量のスパイスをお土産いただきました。
9e47557b.jpg


こういう気配りって嬉しいですよね(^^)



【カレー専門店 宝石】   
住所:大阪市中央区内本町2-2-14    MAP     
電話:    
営業時間:12:00~20:00 (14:45~17:30まで閉店の場合あり)   
定休日:土・日・祝  
      

店主のTwitterはコチラ  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ピザにグラタン、パスタにリゾット・・・。 チーズをたっぷり使った料理って人気がありますよね。 私が子供の頃にはチーズといえば、ベビーチーズや6Pチーズ、学校の給食で出たような、スティックタイプのチーズがほとんどでした。いわゆる、プロセスチーズってやつです ...
続きを読む
ピザにグラタン、パスタにリゾット・・・。
チーズをたっぷり使った料理って人気がありますよね。

私が子供の頃にはチーズといえば、ベビーチーズや6Pチーズ、学校の給食で出たような、スティックタイプのチーズがほとんどでした。いわゆる、プロセスチーズってやつですよね。

今や、“チーズ”とひと言で片付けてしまうのは、無理!っていうくらいのいろんなチーズが世の中にはありますよね。

知ってるチーズの名前を挙げてみましょうか・・・。
カマンベールチーズ、ブルーチーズ、エメンタールチーズ、ミモレット、モッツァレラチーズ、・・・。

でも、チーズの世界はまだまだこんなものじゃありません。
日本には何と500種類ものチーズが輸入されているそうです。
知ってるようで、意外と知らないチーズの世界。
ちょっと覗いてみたくなりませんか?

そんなチーズの世界にもソムリエのようなプロが・・・。
“チーズプロフェッショナル”という資格を持つ方がいらっしゃいます。
そのチーズプロフェッショナルの“茶床 豪”さんと、難波にある、選び抜かれた食材と拘りのお酒がいただけるお店、
“DINING あじと”さんでコラボのイベントが行われるということを聞き、行って来ました。
              ダイニングあじと

大阪難波、笑いの殿堂、NGKシアター、道具屋筋、肉吸いで有名な“ちとせ”さん、大人気のうどんやさん“釜たけうどん”さんに囲まれるようにして、“DININGあじと”さんのお店はあります。
                  あじと×チーズ

入り口の横にはこちらの看板メニューの1つである、肉巻き玉子やなんこつ入りつくねの写真が飾ってありますね。
お!キムラ君、ここにもいたのですね。さて、あじとさんではどんなキムラ君に出会うことが出来るのでしょうか?
          あじと×チーズ

店内はモダンっていう言葉が似合う、落ち着きがあり、なおかつ活気がある雰囲気で溢れていますね。

気の合う仲間が集まる場所。あじと×チーズ

そんな感じでしょうか。実際にこのお店で出会い、仲良く交流していらっしゃるお客さんも多いとのこと。
私にも、こちらで出会い、18年来のお付き合いをさせていただいているご夫婦がいます。今や、家族ぐるみのお付き合いをさせていただくまでになりましたが・・・。

この日のイベントは、お店の2階で行われました。
      8d2c5bb4.jpg


これまた、モダンな階段を上がり、2階に上がってゆきます。

テーブルに着くと、この日のメニューが置いてありました。
“あじとの集い チーズプロフェッショナルをお招きして”                         4e501f62.jpg

        
前菜から、メインに至るまで、チーズを使った料理がアレンジされていますね。
でも、チーズづくしではちょっと疲れてしまうのでは・・・。
そんな心配は無用です。そのあたりのことは、ちゃんと考えられていて、間には“あじと”さん得意の和食もはさんでありますね。

メニューやチーズプロフェッショナルの茶床さんのプロフィールなんかを読みながら、開始時間を待ちます。
                   b680f428.jpg


飲み物もビール、日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクから好きなものをオーダー出来るとのこと。日本酒、焼酎に関しては主な銘柄は書いてありました。鳳凰美田、播州一献、獺祭、などなど・・・
この、などなど・・・が凄く気になりますね。

そんなことを考えていると、乾杯のビールが運ばれてきました。

そして、最初の料理、前菜3種の盛り合わせです。
              64628bcf.jpg


この前菜にも、ちゃんとチーズが使われていますよ。

右から、鰹のカルパッチョ マンチェゴチーズと。
          ee34e90a.jpg

鰹とチーズ、共に美味さを引き立て合っています。

真ん中は“手作りチーズ豆腐 蓴菜のあんかけ”
086c55bf.jpg

一見、玉子豆腐のように見えますが、一口食べてビックリ!これは美味いですよ。
チーズの濃厚さの加減が丁度いいですね。インパクト有りです。

そして、一番左側。あじと×チーズ

あ、ここにいらっしゃったのですね、キムラ君
レタスと豚肉、そしてこの日のテーマであるチーズ、キムチを巻き込んで、食べるー油がかけてありますね。大きな声で言いますが、これめっちゃ美味いです!
“あじと”が作るとキムラ君はこうなる!素晴らしい!!

これ、ビールにももちろん合うのですが、やっぱりスパークリングワインが飲みたくなったのでお願いしました。
                あじと×チーズ

泡のグラスを傾けながらのキムラ君、いいものです。

そして、次の料理はお楽しみチーズの3種盛り合わせ。
              8a5be793.jpg


左から、生でいただくトウモロコシ、ゴールドラッシュとミモレット。
18ヶ月熟成のミモレットとトウモロコシの甘さがものすごく良く合います。
ちなみに、ミモレットとは、「半分やわらかい」という意味だそうです。

そして、真ん中はイタリアのモッツァレラ・ディ・ヴァッカをわさび醤油で。
わさび醤油でモッツァレラ、あいますよ!これ。

一番右のチーズは、マンステール。
これはウォッシュタイプのチーズで、フランスとスイスの国境、アルザス地方のものだそうです。

チーズといえば、普通ワインが良く合いますよね。
でも、日本酒もチーズとものすごく良く合うのですよ!
というわけで、早速いただきました。92b7daf3.jpg



前菜、盛り合わせとチーズが続いたので、料理は少し休憩して、季節の炊き合わせを。

水茄子と鱧の炊き合わせです。3c679759.jpg



こういう一品が間に入るのってうれしいですね。
最初に料理の説明で、間に和食が入るのはわかっていたのですが、実際に食べてみると、この味わいの大切さがよくわかります。
料理も素晴らしいけど、組み立て方も流石ですね。こういうのはうれしいです。

そして、次の一皿が面白い。

チーズ寿司5種盛りです。d86068e3.jpg


お寿司の変わりネタとして、お漬け物や牛肉、とんかつなんかをのせてしまっているのは見たことありますが、チーズ寿司は初めてです。

それでは、右から順番にいただきましょう。
         b6ae1877.jpg


ブリー・ポワブル。黒胡椒のカマンベールチーズでしょうか。
小皿に入った醤油のようなものをつけていただきます。
        cd55d3a3.jpg


うわ!これめちゃくちゃ美味しい!!
チーズ自体の味もそうですが、この小皿に入っている醤油のようなもの。
これがチーズ寿司とものすごく良く合っているのです。
ポン酢、いえ、ちょっと違う。柑橘の風味もするこのつけダレ(タレと表現するのも違うような気もしますが)これがものすごくいい役割をしているのです。

そして、これは長野のブルーチーズ。500f8030.jpg


私もお伺いしたことのある、長野県東御市にある、“アトリエ・ド・フロマージュ”さんが6月にリリースしたばかりのチーズだそうです。
         b3f9d2b6.jpg

そして、この軍艦巻きは、ティラミスなどの製菓材料としてなじみのある、マスカルポーネ。これ、まるでふぐの白子を軍艦巻きでいただいているような味わいでしたよ!

そして、この手まり寿司は、キュレ・ナンテ・ミュスカデ。
         あじと×チーズ
白ワインの“ミュスカデ”で洗っているチーズでいい感じです。
そして、お寿司の米の塩梅も凄くいいですね!お米が立っているのが見えますよ(^^)

そして、最後の巻き寿司は18ヶ月熟成のコンテ。cb1f7cad.jpg


フランスで最も多く消費されているチーズだそうで、スイスとの国境、ジュラ山脈で作られているそうです。

このチーズ寿司はビックリしましたね。
これ、是非とも定番メニューにならないかなぁって本気で思いますよ。

さて、料理はまだ続きます。
次の料理は、スパイシーな仔羊のロースト シェーブルのソースです。
                204fe0b5.jpg


仔羊にシェーブル(山羊のチーズ)を合わせたこの料理、食べ応えもあって、お見事です。
羊といえば、そのクセが苦手という人もいらっしゃいますが、このラム、臭み無く美味しくいただくことが出来ました。

これにはやはり、赤ワインでしょうか?0c376d59.jpg



美味しすぎて、お酒がすすみすぎますね!ある意味危険物?

この時点で、かなりお腹も一杯になってきましたが、まだ少し料理は続きます。

和風チーズフォンデュ、京野菜と海の幸。
              あじと×チーズ

ちなみに、1人に1つ、この量をいただくことが出来ますよ!
このチーズフォンデュがまたすごい。
オランダのゴーダ・デュ・メ、絞りたてのミルクで作られるゴーダチーズで、
1年で一番若々しい香りの出る5月に絞ったミルクだけを使用しているのだそうです。
そのチーズと、スイスのグリュイエールの6ヶ月熟成のものを日本酒で合わせて作ったのがこの和風チーズフォンデュだそうです。

パンにたっぷりつけて食べてみます。cca110d4.jpg



うわ、あっさりの中にもものすごい旨味が。
このタイミングで普通のチーズフォンデュが出てきても、重く感じるでしょうが、これなら美味しくいただけますね。ゴーヤをチーズフォンデュでいただくのも初体験です。

さらに、〆にはこれが出てきました。
4765dfa1.jpg
 9ad66242.jpg

   
はい、チーズフォンデュの中に手打細うどん。
これはめちゃうまですよ!
和風フォンデュのなせる技ですね。途中でバジルと大葉を合わせて作った特製のペーストをつけると味に変化が出て、さらに美味しくいただけました。
           あじと×チーズ

デザートには、アメリカンチェリーとカベルネソーヴィニョンのシャーベット。
あはは、これはまたワインが欲しくなってしまいますね!

これだけたっぷりの料理、普段は何処に行っても食べられないであろうかと思われる料理が出て、しかも時間内はいろんな味わいのお酒が飲み放題。
(みなさん、大人だから無茶はしませんが(^^;))
これ、1人6500円です。これ、嘘みたいにお得ですよね?
              02099ea9.jpg


DININGあじとさんでは、定期的にテーマを変えたイベント、“あじとの集い”を行っていらっしゃるようです。

そして、この日に私達に美味しいチーズを提案してくださったチーズプロフェッショナルの茶床さんです。(茶床さんのお店のHPはコチラ
dc86ae96.jpg
 a1e66f29.jpg


胸にはチーズプロフェッショナルのバッヂが輝いていますね。
取り扱いのむずかしいチーズを正しく管理し、チーズの知識が豊富で、チーズの美味しさ、楽しさを適確に伝えられる人の証ですね。

まだまだ奥が深いチーズの世界、そのチーズの実力をより引き出す料理を提供してくださった“DININGあじと”さん。
まだまだ素敵なネタを持っているようですよ!
気の合う仲間と一緒に、またふらっと1人で立ち寄ってみるのもいいですよ!
あたたかい“あじとstaff”が笑顔でむかえてくれますよ



【DINING あじと】   
住所:大阪市中央区難波千日前4-20    MAP     
電話:06-6633-0588   
営業時間:11:30~14:00(売切れ次第終了)(ランチは月~金)
17:00~24:00(L.O:フード23:00、ドリンク23:30)
定休日:日曜・祝日(祝日は不定休)
      

お店のHPはコチラ
※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

『旨いポン酒、約40種呑み放題!時間無制限!!』 こんなコピーを付けたオフ会のお誘いをしていただきました。 これ、魅力的すぎませんか? っていうか、かなり危険です(^^;) しかも、6種類もアテがついて、1人あたり何と、5800円!! 凄いイベント価格やな ...
続きを読む
『旨いポン酒、約40種呑み放題!時間無制限!!』

こんなコピーを付けたオフ会のお誘いをしていただきました。
これ、魅力的すぎませんか?
っていうか、かなり危険です(^^;)

しかも、6種類もアテがついて、1人あたり何と、5800円!!

凄いイベント価格やなぁ・・・。
って思いました。で、“ポン酒”って久しぶりに聞いた表現やなぁ(^^;)
“ポン酒”って聞くと、大手メーカーの熱燗とか、ワンカップなんかを思い出してしまうのですが、40種類ってことで、それはないでしょう!

で、早速このお店のことを調べてみました。

福島にある、日本酒と手作り料理の店 “和酒吟蔵”さん。

HPを覗くと、メニューが。
何と、この日本酒40種類時間無制限飲み放題、旬魚・旬菜・手作り料理6品付。
これ、イベント価格じゃなくって、このお店のレギュラーメニューみたいですよ!

これ、凄すぎませんか・・・。

というわけで、早速出陣してきました。吟蔵


お伺いしたのが、桜の咲く季節だったので、お店の前には綺麗に桜のディスプレイがありますね。

お店に入ると、2階の席に案内していただきました。
古い民家を改造したような内装がいい感じです。吟蔵


私達がお願いしたコースの他にも、いろいろ宴会コースがあるようですね。
好きな料理を注文して、日本酒六種飲み比べセットをお願いするのもいいかもしれませんね。何と、プラス980円でOKみたいですよ。
吟蔵

この日のコースはお店にある日本酒全て対象で飲み放題。

その日本酒のラインナップがこちらです。
吟蔵 吟蔵

お酒はその味わい別に書かれてあるので、知らない銘柄のお酒でもだいたいの予想を付けることが出来ますね。
吟蔵 吟蔵

ただし、わからなければ、お店の方に教えていただくのが一番だとは思いますが・・・。

そして、こちらのお店では、冷たいお酒は切り子のグラス。
そして、お猪口を選ばせていただけます。be18af09.jpg



これだけの種類があると楽しいですね!でも、どれがいいのか迷ってしまいます。

最初の一杯は、山口県のお酒、“獺祭”。79f6d23d.jpg

  

そして、最初の料理は、おばんざいの盛り合わせ、7種類。
192642db.jpg


こういうのって楽しいですね。
色とりどりのおばんざいが、見た目にも綺麗です。

7種類の中身は。。。

おからと根菜の焚いたん。優しい味のお酒にぴったりですよ!
             df97157e.jpg


コンニャクのピリ辛煮。挽き肉がいいアクセントになっています。これも、日本酒がすすんでしまいますね。
             3319966a.jpg


かぼちゃの含め煮。上品な甘さですね。7cfb8a38.jpg



長なすの肉みそ炒め。思わずご飯が欲しくなってしまいます。
             256edeed.jpg

でも、ご飯に合うものは日本酒にもぴったりですね。同じお米ですものね!

そして、筍と薄揚げの煮物。9d08d539.jpg



ツブ貝とワケギのぬた和え。これ、どんどんお酒飲め!って言われてるみたいですね。
              0e769469.jpg


そして、白和えです。df97157e.jpg



どのおばんざいもお酒にぴったり。
あ、飲み放題だからといって、お酒ばかり飲んでいては酔っ払ってしまいます。
和らぎ水を飲むことを忘れないようにしましょうね。

おばんざいを楽しんでいると、お造りがやってきましたよ。
            5e755f4d.jpg


この日のお造りは、メジマグロ、タイ、スズキです。

それぞれの味わいに合わせて日本酒を選んでいくのも楽しいですよね。
有名な銘柄から、はじめて飲むお酒まで、いろいろ試すことが出来ます。
            70d757b1.jpg


しかも、この日は総勢16名。
まさにいろんなお酒をいただくチャンスですよね!

次の料理は肉料理。
            
備中高原鶏の粕みそ焼きです。784dfb2d.jpg


何気なく食べたこの料理、これはめちゃくちゃ美味いです!
後で聞くと、この粕みそ焼き、このお店の人気メニューなのだとか・・・。

そして、煮魚がやってきました。0db389fb.jpg



魚はもちろん美味しいのですが、この豆腐がまたいい味出しています。
魚の旨味が思いっきり染みこんだ逸品ですね。

お酒がすすみすぎて危険ですよ、これは(^^;)b735d213.jpg



これは、牛すじと旬の野菜の黒胡椒煮込み。
             d9072c94.jpg


すじ肉はトロットロのホロッホロです。
そして、こちらの出汁も旨すぎます。
この出汁だけでお酒が飲めてしまいますよ。

そして、こんな面白いお酒も出していただきました。
               ca2d1469.jpg


このお酒を造っているのは、長野県のワイナリーで、小布施ワイナリー。
ボトルもワインボトルみたいです。
純米吟醸原酒と書いてありますが、日本酒の無濾過生原酒と違って、こちらのアルコール度数は16%。これはすっきりしていて美味しいですよ。

最後に鯛の出汁茶漬けを出していただきました。6f1292ab.jpg



出汁の熱で鯛の身が丁度いい感じになっています。
こういうのってうれしいですね。

これだけの料理がついて、お店にある日本酒飲み放題、なおかつ時間無制限(あ、お店の閉店時間までね!)、
1人5800円!!本当にいいんですか状態ですよね。

お店はJR東西線、新福島駅から徒歩2分。
JR、阪神福島駅からも徒歩5分位なので、終電の時間近くまで楽しむことが出来ますね。

また、季節ごとに変わるメニューも楽しみです。
日本酒好きの方、また、ちょっと苦手かなって言う方も、この機会に新しい味わいの日本酒に出会えるかもしれませんよ!
如何ですか?



【和酒 吟蔵】   
住所:大阪市福島区福島1-6-14    MAP     
電話:06-6457-6630   
営業時間:11:30~14:00 17:00~23:30(L.O.23:00)   
定休日:年中無休(お盆、年始除く)
      

お店のHPはコチラ    

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

中華料理で皮に包んで食べるもの、何を思い出しますか? 定番の餃子。 一口に餃子といっても、色々あるようですね。 日本で一般的なのが、焼餃子。 大人気の王将の餃子もこれにあたりますよね。そして、最近私が大好きな水餃子、 お弁当のおかずにもうれしい揚げ餃子 ...
続きを読む
中華料理で皮に包んで食べるもの、何を思い出しますか?

定番の餃子。
一口に餃子といっても、色々あるようですね。
日本で一般的なのが、焼餃子。
大人気の王将の餃子もこれにあたりますよね。そして、最近私が大好きな水餃子、
お弁当のおかずにもうれしい揚げ餃子。天津ではこちらが定番の蒸し餃子。
いつも人気者ですね、餃子。

そして、餃子と対角線にいる(?)焼売。
横浜では崎陽軒が有名ですね。

あと、巻いて食べるものといえば、春巻や包子でしょうか?

でも、麺に入れて美味しいもの、忘れてはいませんか?
そう!ワンタンですね。

でも、このワンタン。
最近ではなじみがあって、結構みなさん召し上がられているようですね。
私が子供の頃、ワンタン麺と聞くと、どうしてもエースコックの黄色いパッケージのインスタントラーメンを思い出してしまいます。

ですので、ワンタン麺っていえば、あの滑らかな皮が入っているのが普通だと思っていて、肉が包まれているなんて知るよしも無かったのです。
でも、皮だけでも不思議と特別なものを食べている感覚があったのを覚えています。

さて、先日以前から一度行ってみたいと思っていたラーメン屋さん、鶴見区にある“鶴麺”さんに行って来ました。
                      鶴麺

大阪内環状線の今福鶴見の交差点から北へ約5分歩いたところに鶴麺さんはあります。

この日は、塩ラーメンか久しぶりにつけそばを食べようかと思っていたのですが、お店の前に着き、このような看板を発見。

ワンタン麺。鶴麺

以前、この今福鶴見にあって、西長堀に移転した“カドヤ食堂”さんのワンタン麺が美味しいという情報を聞き、一度食べてみたいと思っていたのですが、ここ鶴麺さんでもやっていたのですね!

お店に入る前から、注文するものが決まってしまいました。
でも、カウンター席に座り、とりあえずはメニューを眺めます。
                  d0d51b09.jpg


やはりカドヤ食堂さんとは関係深いのでしょうか。
メニューがよく似ていますね。

ワンタン麺狙いとはいうものの、メニューを見ると少し迷ってしまいますよね。
牛すじカレーつけそばにものすごく誘惑されましたよ(^^;)
          60bbd851.jpg

メニューの裏には、素材の紹介がしてあります。
こういうのを見てしまったら、玉子やご飯も食べてみたくなりますよね。

でも、この日はお店に入るとき思っていたとおり、ワンタン麺を注文しました。

この日、お店に入ったのは13:00を過ぎていましたが、半分以上の席がお客さんで埋まっていました。人気があるようですね。
出来上がるのを街ながら、順番にカウンターの中でラーメンが仕上がっていくのを眺めているのも楽しいですね。

そうこうしているうちに、ワンタン麺がやってきました。c2a9240f.jpg



透明なスープにストレートな平打ち麺、真ん中にのる葱がいいアクセントになっていますね。

まずはスープから。60358410.jpg



うん、これは美味しい!
旨味が“ぎゅっ”と凝縮していて、それでいてけっしてしょっぱくない。
これはいいですよ!

そして、麺を一口。6f26ad70.jpg



おぉ!これもいいですね。
滑らかさとコシがうまく共存しています。
気がつくと、二口、三口と食べ進んでしまいます。

そして、ワンタンを・・・。37f0fcc3.jpg



お!このワンタン凄いですね。
そのまま無防備に食べるとやけどしそうなくらいに大きいですよ(^^)
火傷しないくらいにしてから、一口でいただきます。

わ!美味しいわ(^^)

いい味わいしてますよ。
でも、このワンタンさらに磨きがかかるのではないでしょうか?
食べ応えを重視しているように感じましたが、
もっと“ちゅるん(^^)”感が今後は増すような、そんな印象を受けました。それにしても、いい味ですよ。

スープ、麺、スープ、ワンタン、スープ、麺、葱・・・。
もう止まらなくなってきました。
また、このねぎが本当にいい役割をしています。最初の一口、思わず、“美味っ!”って声に出してしまったくらいですよ。
           52d06dd4.jpg


気がつくと、スープまで残さず完食。夢中でいただいてました。
一見、880円という価格設定は高く感じるかもしれませんが、この内容、味を考えると、決して高くはないと思います。

鶴見区というと、しない中心部から遠いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、京橋からは地下鉄で5分。
大阪駅からでも15分で最寄り駅の今福鶴見まで来ることが出来ます。絶品素材のワンタン麺、如何ですか?



【鶴麺】   
住所:大阪市鶴見区鶴見5-1-9    MAP     
電話:06-6939-2126   
営業時間:11:00~15:00 18:00~翌1:00   
定休日:なし
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加