美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2012年02月

専門店の味もいいけれど、その店のちょっと意外なメニューが美味しかったりすると、ときめきませんか? 意外なメニューと言うよりも、看板商品ではないメニューといった方がいいかもしれません。 例えば、ラーメン屋さんでやたら炒飯が美味い店があったり、喫茶店で親子丼 ...
続きを読む
専門店の味もいいけれど、その店のちょっと意外なメニューが美味しかったりすると、ときめきませんか?
意外なメニューと言うよりも、看板商品ではないメニューといった方がいいかもしれません。
例えば、ラーメン屋さんでやたら炒飯が美味い店があったり、喫茶店で親子丼が絶品だったり、焼鳥屋さんのカツカレーが美味しかったり・・・。

これらとは少し違うかもしれませんが、夜はBARをやってるお店がランチに出すカレーがちょっと美味しいとの噂を聞いて行ってきました。

そんな、ランチのカレーが美味しいとの評判のお店、谷町4丁目の交差点のすぐ近くにある、
“SANCTUARY TAVERN(サンクチュアリー・タヴァーン)さんに行ってきました。
                谷町4カレー

こちらのお店、カレー好きの方やこの界隈にお勤めの方の中ではかなり有名らしいです。
わたしも、お店の存在、カレーの美味しさの話などはよく聞いていましたが、中々来ることが出来ず、今回初めて訪問させていただきました。

お昼にお店の前を通りかかると、”当店自慢のカレー“と書かれた幟が上がっているのでわかりやすいですね。
“スパイシーカレー インド系”と書かれた看板も出ています。
インド風カレー、欧風カレー、日本的カレーと人によっては好みが分かれているので、こう表現していただけるとわかりやすいですね。

この日は雨が降っていたので、お昼時のスタートにちょっと遅れてしまいましたが、お店にはすんなり入店することが出来ました。

お店はBARらしく、広めの重厚なカウンター席で、10席ほどでしょうか?
結構広い感じですよ。
              bc69d232.jpg


お昼のメニューはカレーのみでこんな感じです。
                  9f310163.jpg


基本は中辛のチキンカレーと大辛のキーマカレー。
そこに、カツをトッピングしたカツカレーや、チキンとキーマを半分ずつ楽しめる、ハーフアンドハーフカレーがあるようですね。
全てのカレーが680円とは素晴らしいじゃないですか!
大盛りは+100円のようですね。

辛いもの好きの私としましては、大辛のキーマカレーで!と思ったのですが、初めてお伺いさせていただいたので、やはり両方とも食べてみたい。
そんな優柔不断な私のためにあるような、“ハーフアンドハーフカレー”をお願いしました。

注文するときに、「写真を撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」
と尋ねると、「どうぞ!ありがとうございます。」と仰っていただきました。
何だかちょっと嬉しくなります。
                  谷町4カレー

カウンターの中には、お昼のカレーのメニューの横に、夜のBARメニューも書いてありますね。
夕方の早い時間には、生ビール・ワイン・角ハイ・おまかせカクテルのいずれか2杯と付出しが付いて1000円のハッピーアワーセットという、めっちゃお得なセットもあるようですね。
うずら卵の中華ピクルスって言うのも気になります。

しばらくすると、先にサラダが運ばれてきました。
               14917166.jpg


あ、ここのカレーには全てミニサラダが付いてきます。

そして、ハーフアンドハーフカレーの登場。
              91c204c3.jpg


コクのある感じの色合いですね。
今回は豆をトッピングしていただきました。

右側の色の薄い方がチキンカレー。
             157744de.jpg


食欲そそる感じですね。

そして、左側の色が濃い方が大辛のキーマカレー。
              f298fbef.jpg


汁気があまりないタイプのキーマカレーですね。
これは作るのに相当手間がかかっていそうですね。
そして、こちらのマスター、かなりのカレー好きなのではないでしょうか?

とりあえず、チキンカレーの方からいただきます。

お、これは・・・・。
美味いじゃないですか!
素材の甘みとスパイスのバランス、コクとが一体になって、かなりいいですよ(^^)
「BARがランチに出しているカレーがちょっと美味しいらしいですよ!」
そんな風に教えていただきましたが、これはちょっとどころではない、
相当美味しいですよ!

御飯もきちんと固めに炊きあげられてあり、玄米が入っていていい食感です。
             3de3253f.jpg


チキンカレーには骨付きのチキンが1つ。
もちろん、骨から身がホロッと外れるほど、柔らかく煮込まれてあります。
             56c6d5a4.jpg


そして、大辛のキーマカレーをいただきます。
                ab006162.jpg


おぉ!これはいい辛さですね。
普通の人にとってはかなり辛いと思いますよ。
でも、辛いだけのカレーじゃなくって、旨みもしっかりとあって、これに魅せられて通ってしまう人がいるのも頷けます。

辛さで口の中がしんどくなってきたら、一緒に添えてあるキャベツのピクルスが助けてくれますよ!
                谷町4カレー

それにしても、予想以上の美味しさですね。
夢中で食べて、あっという間に完食してしまいました。
普通盛りだとちょっと上品な量に感じられましたので(美味しかったからそう感じたのかも?)、次回は大盛りをお願いしたいと思います。

何でもっと早く来なかったのだろ。
そんな感じで大満足な一皿でした。
お店の方も親切で、すごく居心地良かったですよ。

谷町4丁目界隈でまたいいお店を見つけてしまいました。
今度は何処に以降か迷ってしまう、嬉しい悩みですね(^^;)


【SANCTUARY TAVERN(サンクチュアリー・タヴァーン)】   
住所:大阪市中央区谷町3-2-4 吉田ビル 1F    MAP     
電話:06-6944-0064   
営業時間:11:30~14:30 17:00~24:00   
煙  草:可
定休日:日曜日
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、お買い物は好きですか? 欲しいものがあって、一生懸命お金を貯めてついにそれを買いに行くとき、すごくワクワクしますよね! 今の季節なら、冬物の服が安くなってたりするので、何かいいものを狙いに行くのも楽しいですよね。 でも、買い物って、人が多くっ ...
続きを読む
みなさん、お買い物は好きですか?
欲しいものがあって、一生懸命お金を貯めてついにそれを買いに行くとき、すごくワクワクしますよね!
今の季節なら、冬物の服が安くなってたりするので、何かいいものを狙いに行くのも楽しいですよね。

でも、買い物って、人が多くって疲れるんですよね・・・。
ちょっと休憩したいときにも、ショッピングセンターや百貨店の椅子はいつも人が座っていて、空いてるタイミングを見つけるのは難しかったりします。

大阪駅のすぐ横にある、”ヨドバシ梅田”
一昔前までは電化製品と言えば、大阪では日本橋でしたが、今はこちらに来る方が多いのでは。
揃わないものはないと言っても過言でないくらいに品揃え多いですよね。

特に購入予定が無くっても、暇つぶしに店内を見て回っていると、欲しいものが見つかってしまうのが困ったものですが(^^;)

こちらの飲食店ゾーンがリニューアルするとのことで、オープンの前に行われるレセプションパーティにお招きいただきました。

行ってきたのは、8階にある、“キリンシティ”さん。
        064c943a.jpg
 f9a5cf56.jpg

                  
大阪ステーションシティ側にあるエレベーターで8階に上がると、すぐそこに“キリンシティ”さんはありますよ。
             1743235a.jpg


このお店、他のお店とちょっと違うところ、
客席の半分がテラス席のようになっているのです。
ですので、ちょっと買い物の間に美味しいビールを気軽に一杯。
そんな使い方が出来るのではないでしょうか?

ご存じの方も多いかもしれませんが、こちらのお店の特徴は、美味しいビール。

“ドイツ人になれるかもしれない”
“うまくてゴメン”なソーセージ。
エレベーターを降りて、こんなPOPが書かれた黒板を見たらもうたまりませんよね!
          キリンシティヨドバシ

早速店内に案内していただきます。

今回私が案内していただいたのはテラス席の方。
開放的な空間が心地いいですよ。

通常、ビアホールやビアガーデンなどでは、注文する料理がマンネリ化してしまいそうですが、こちらのお店は豊富なメニューが自慢だそうです。
          キリンシティヨドバシ

特に力を入れているのが、旬の素材を使った料理。
お店に行ったときに入り口に旬の素材が紹介してあるので、それを見て注文しても面白いですよね。
ちなみに、客席にも季節のオススメ素材を使った料理を紹介したメニューがあるので、ゆっくり選ぶことも出来ますよ。
              キリンシティヨドバシ

そんな豊富なメニューはこちら。
d2aec33c.jpg
 6f30d55f.jpg
 2b86bbe8.jpg

 3a953323.jpg
 c4e11cbf.jpg


本当にいろんな料理がありますよね。
そして、どの料理もリーズナブルなのが嬉しいです。

そして、こちらのお店で飲むことが出来るビールはこんな感じ。
       20a08048.jpg


これは定番、“キリンラガー”
麦芽100%の“一番搾り”
深いコクと香りが嬉しい“一番搾りスタウト”
やっぱりどちらも楽しみたい“ハーフ&ハーフ”
これぞ、キリンのプレミアムビール、“ブラウマイスター”
そして、“ドラフトギネス”
これら全ての樽生ビールを楽しむことが出来ます。

そして、ワインもかなりの数がラインナップされていましたよ。
ビールが苦手な方や、ちょっと違うものが飲みたいって時にカクテルやサワーなんかも充実してました。
             キリンシティヨドバシ

とりあえず、ここに来たなら美味しいビールをいただかなければなりませんよね。
こちらのお店では、ビールの注ぎ方にかなり拘っているのだとか・・・。

御馳走ビールは4分後!

合い言葉は3回注ぎ
ドイツ伝来、3回に分けて注ぐ“3回注ぎ”が味の決め手!(3回注ぎのため、約4分お時間をいただいております)

美味しさの理由
専用グラスだから生まれるクリームのようなきめ細やかな泡が空気を遮断。ビールの旨さを包み込む。

温度へのこだわり
夏は6℃・冬は7℃がキリンシティこだわりの飲み頃温度。専用冷蔵庫からディスペンスタワーまで、温度管理に抜かりナシ!


とのこと。
メニューに載っているこれを読んでいると、待つ時間も全く苦になりませんね。
7819b028.jpg
 ad3f37d5.jpg


見てみると、カウンターの中では3度注ぎで美味しそうなビールが注がれていくのが見えますね。
待つことホントに約4分。
お待ちかねのビールがやってきました。
        キリンシティヨドバシ

何でこんなにうまそうなんだろ・・・。
思わずそうつぶやいてしまうほどのルックスですよね。

そして、何よりこの泡が特徴でしょうか?
             00bf7b71.jpg


ちなみにこの泡、グラスを少々揺すったくらいでは落ちたりしないんですよね。
それでは早速いただきます。

クゥーーーッ、うんまーーい(^^)
ビールって、こんなに味が違うのだと、久しぶりに実感させていただきました!

そして、料理も届きます。
最初の料理はタパス3種盛り。
          キリンシティヨドバシ

お洒落な感じのお皿に盛られてきますね。
これ、ビールがますます進んでしまいそうですね(^^;)
       d663899a.jpg


魚介のレモンマリネ、彩り野菜のピクルス、ごろごろ野菜のラタトゥイユです。
これをつまみながらいったい何杯のビールが飲めるのか・・・
そんなことを考えながら、自然に笑顔になってしまいましたよ(^^)

次にやってきたのが、ビールのお供!
そう!「カセローレ社」の大きなソーセージ、ツェルベラートです。
           cdabd7ee.jpg


上の方に少し映っているビールのコースターを参考にしていただければ、その大きさがわかりやすいかと思いますが、これは食べ応えがありますよ!

ナイフを入れると、肉汁があふれ出してきます(^^)
          7da5be2d.jpg


メニューには、こう書いてあります。
肉の繊維を潰さないよう、肉塊をカットすることで旨みを前に。
さらに食感を重視して腸詰めの後一本ずつ手捻りするなど、職人の手で造られているのが「カセローレ社」のソーセージです。
0.1g単位でスパイスの配合を日々研究。こだわりの職人魂が、美味しさの理由です。


こう書かれるとたまりませんよね。
粒マスタードをつけていただきます。

おぉ!素晴らしい食感、そして何よりもこのソーセージ、美味いんですよ!
ちゃんと肉の味が感じられます。
これは、めし泥棒ならぬ、ビール泥棒ですね!

そして、キリンシティ名物の“CITYポテト”
              8aa123e7.jpg


こちらのジャガイモは北海道産の“トヨシロ”というジャガイモが使われているのだとか・・・。
定番ではあるけれど、いつも注文してしまいます(^^)

このあたりで、野菜も食べたいなぁと思っていたら・・・
           50e30b75.jpg


出てきましたよ!
旬の食材で紹介されていた、春キャベツ。
一緒に添えてある、トリュフ塩を少しふりかけると、甘みも旨みも倍増します。
このタイミングでの春キャベツ、かなり嬉しかったです。

注ぎの料理は玉子料理。
ふわふわシーフードオムレツです。
         キリンシティヨドバシ

何とこのオムレツ、鉄のココットの中に入って出てくるんですよね。
フワフワのオムレツの中からは、イカ、たこ、えびなどのシーフードがごろごろ出てきますよ!宝探しをするように楽しみながらいただけます。

ビールの間に何か・・・
そう思ってメニューを見てみると、面白いものを発見。

そう、シュタインヘイガーです。
         キリンシティヨドバシ

シュタインヘイガーとは・・・。
ドイツ西部のヴェストファーレン州のシュタインハーゲン町で造られるジンのことで、この地が特産地だったことから、この名前がつけられたそうです。
何でも、ドイツではビールを飲む前にこのジンを飲むのだとか・・・。
そうすることによって、胃をほどよく温め、活力を与え、消化を助けるのだとか。


なるほど、これは最初に飲むものだったのですね。
でも、もう飲んでしまったものは仕方がない。
今からでも・・・そんなことを言いながら、1杯を一気に飲み干しました。
何だか、起爆剤を与えられたような感じですよ(^^;)
でも、何となくドイツ人の気持ちがわかったような(^^;)

そんな感じで気持ちよくなってきたところに、もう一つのビールの定番、“チキンバスケット”がやってきました!
               6a42a937.jpg


チキンバスケットにも拘っているみたいで、こちらのものは“泉州みちのくこがね鶏”を使っているそうです。

そして、こちらは“玉蒟蒻のペペロンチーノ”
       701bbecd.jpg


こんにゃくのアヒージョといったところでしょうか?
玉蒟蒻はもちろん山形産。
関西で常時食べることが出来るお店は少ないのでは?

そしてこんな素敵な一品も。
            c3e1d63e.jpg


漬けラムのローストです。
綺麗な色に焼き上げられたラム肉。
もちろん、臭みなんて全くなし!これで、850円はものすごくお得ですよね。

〆にこちらをどうぞ!
そう仰って出していただいたのがこれ。
           キリンシティヨドバシ

茄子とトマトのスパゲッティです。
この時点で、かなり満腹になっていましたが、美味しいので気がつけば完食です(^_^;)

最後はやはりスイーツで。
          e033ce21.jpg


豆乳フレンチトーストのバニラ添えです。
バニラアイスには苺ジャムがかけてありますね。
甘いものの誘惑には勝てませんね(^_^;)

あれだけ食べたにも関わらず、一口いただくと止まりません。
あっさりした味わいがそうさせているのでしょうか?
別腹とはよく行ったものですね!

今回リニューアルした、ヨドバシ梅田のレストラン街、このキリンシティは嬉しい存在ですよ。
テラスタイプの席でお洒落にいただくのも良し、外から見えるのはちょっと・・・
という方には店内の席も用意していただけるようです。
          5092c75a.jpg


こちらのスペースは、グループでの宴会にも良さそうですね。

この週末にでも、美味しいビールと料理をお買い物ついでにでも味わいに行ってみませんか?
3度注ぎのビールと、美味しい料理を堪能出来て、笑顔になること間違いなしですよ!



【キリンシティ 梅田ヨドバシ店】   
住所:大阪市北区大深町1-1 ヨドバシ梅田ビル8F    MAP     
電話:06-6372-1450
営業時間:11:00~23:00   
定休日:無休  
煙  草:禁煙(店内に喫煙スペースあり)      

お店のHPはコチラ  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

無性に肉が食べたいときってありますよね。 若い頃はそんな日がたくさんありましたが、最近は“たまに”って感じでしょうか。 それでも、焼き肉屋さんの前を通っていい匂いがしてくるとたまりません。 夕方の鶴橋駅なんて、電車待ちをしているだけでもお腹が鳴りそうにな ...
続きを読む
無性に肉が食べたいときってありますよね。
若い頃はそんな日がたくさんありましたが、最近は“たまに”って感じでしょうか。
それでも、焼き肉屋さんの前を通っていい匂いがしてくるとたまりません。
夕方の鶴橋駅なんて、電車待ちをしているだけでもお腹が鳴りそうになりますよね(^^;)

でも、焼肉は比較的財布の中が豊かなときにしかいけないのが現実です。
そんな時の味方が“もつ料理”ではないでしょうか?

関西で“もつ料理”と言えばホルモン。
お店に入って食べるタイプから、お持ち帰りのホルモンのお店まで様々なお店がありますね。
そして、もつ鍋、かすうどん・・・
でも、不思議ともつ煮込みってあまりないんですよね。
東京では居酒屋の定番だと聞きます。

そして、東京にはもつ煮込みが美味しいお店がたくさんあると聞きます。
北千住の「大はし」森下の「山利喜」月島の「岸田屋」が、その中でも東京三大煮込みのお店だと言われているらしいですね。
そして、門前仲町の「大坂屋」立石の「宇ち多゛」の2軒を加えて五大煮込みと言うことも・・・。

先日、東京に出張に言った際に友人にその旨を伝えると、「では行きましょう!」と言うことになり、連れて行っていただきました。

お伺いしたのは、月島にある「岸田屋」さん。
大江戸線を勝どきで降りて、しばし歩くと、月島西仲通り商店街(通称:月島もんじゃストリート)に着きます。
その商店街をしばらく歩いて行くと、右側に紺色の暖簾が見えてきます。
           
お店の前に到着したのが19:30頃。
私達の前には3組のお客さんが待っていらっしゃいます。
平日とはいえ、やはり人気のお店なのですね。
週末、土曜日になるとすごい行列なのだとか・・・。
          24c90392.jpg


お店の中からは昭和の雰囲気がする灯りが暖簾の隙間から見えています。
何だか、街の雰囲気にとてもよく溶け込んでいますね。

月島と言えばもんじゃ焼きが有名ですが、こちらのお店の人気も全く負けていませんよ。

お店の前には、順番を待っているお客さんのために椅子と膝掛けが用意してあります。
ちょっとした心配りが嬉しいですね。

お店の前で待っていると、中から女将さんらしき人が出てきて、
「申し訳ございません、本日もつ煮込みが売り切れてしまいまして・・・」
とのこと。

う~ん、残念・・・。
でも、肉豆腐もその他にも美味しいものがあるので、引き続き待つことにします。
ちなみに、他にもそれを聞いて帰ったお客さんはいらっしゃいませんでしたよ!

話をしながら待つこと約20分。
私達の順番がやってきました。

大きく“酒”と書かれた暖簾をおしてお店の中に入りましょう。
           7014c72c.jpg


お店はコの字型のカウンター席で全部で25席くらいでしょうか。
この日も男性サラリーマンのお客さんはもちろん、女性のお客さんも何名かいらっしゃいましたよ。
           岸田屋

先ずは生ビールで乾杯!
          e542a113.jpg


この1杯がたまりませんね(^^)

注文は、壁に掛けてある札を見ながら。
757718ee.jpg
 14cae404.jpg


肉豆腐の他にも、煮付けや湯豆腐、あじのひらき、刺身など色々あります。
とりあえず、肉豆腐と適当にお願いして楽しむことにしましょう(^^)

しばらくすると、肉豆腐がやってきましたよ。
          3f5eb7a9.jpg


大きな豆腐に葱、そしてたっぷりの肉が豆腐の上にのっかっていますよ。
お好みでカラシをつけていただきます。
いい感じに色づいている豆腐は、たっぷり出汁の旨みがしみ込んでいますよ。
こちらのお店、一番人気はもちろんもつ煮込みなのですが、この肉豆腐もかなり人気があるようです。
お隣のおじいさんも、カウンター向のサラリーマン風の二人連れも注文していますね。
これにありつけただけでも良しとするだけの価値ありですね。

そしてこちらは穴子の煮付け。
         5faac86c.jpg


箸で切って口の中に入れるとホロリとくずれてゆくような食感が素晴らしい!

こちらは焼きはま。
ハマグリの焼いたものですね。
         16e93225.jpg


大きめのハマグリは火の通し加減も最高です。

湯豆腐をいただこうかと思ったのですが、湯豆腐お品書き札の横に“かきどうふ”の文字を発見!
もちろん、そちらに予定変更です!

しばらくすると、かつお節に醤油、葱と柚子皮が入った小鉢が運ばれてきました。
           001f8d2f.jpg


そして、小さな土鍋の登場!
        35ea6769.jpg


白菜とエノキ、春菊にわかめと豆腐がたっぷりと入っています。

そして、鍋の底には牡蠣がたっぷり(^^)
            b0b697ab.jpg


先程のかつおと醤油が入った小鉢に、鍋の出汁を入れてタレを作ります。
そして、そこに牡蠣をつけていただくと・・・
うまーーーい!!

これで800円は高くないですね!

この辺りで、飲み物を“レモンサワー”に。
         岸田屋

東京に来ると、レモンサワーを必ず注文してしまいます。
大阪には“レモンチューハイ”はあっても、“レモンサワー”は無いですからね・・・。
え?同じものではないのかって?
違うのですよね(^^)
この解釈は間違っているかもしれないのですが、私の中では“レモンチューハイ”は甘くって、“レモンサワー”は甘くないのです。
どなたか、正確なところご存じではないでしょうか?

もう少し、煮付けをいただきたかったので、これをお願いしました。
        38702254.jpg


金目の煮付けです。
何とこれで600円!これはお得ですね。

そして、東京に来たならば、このお刺身も食べておかないと・・・。
       9ef5cedd.jpg


はい、マグロです。
いろんな部位が2切れずつ、いただけるようになっています
やはり築地市場のお膝元、いいマグロが入ってくるのでしょうね(^^)

先程のかきどうふのダシが残っていたのを見て、女将さんが、
「これで雑炊をお作りしましょうか?すごくいいだしが出ていますよ」
とおっしゃっていただいたので、もちろんお願いしました。

結構お腹は一杯になりつつありましたが、これは別腹ですね(^^;)
            6cf87c4c.jpg


月島「岸田屋」さん、名物のもつ煮込みが無かったのは残念でしたが、それでも充分美味しいものを堪能させていただくことができました。
それに、待っている間に“岸田屋”さんの向のお店ですごく気になるものも発見できたし・・・。
(それはまた、食したときに記事にしますね)

そして、こちらのお店、再訪確実です。
何せ、もつ煮込みを食べるという、課題が残されていますからね(^^;)

月島に言ったら”もんじゃ”もいいけど、こちらのお店は是非一度体験していただきたいです。
予約不可なので行列は必至ですがそれでも並ぶ価値ありだと思いますよ!


【岸田屋】   
住所:東京都中央区月島3-15-12    MAP     
電話:03-3531-1974   
営業時間:17:00~21:30(L.O)   
煙  草:全面喫煙可
定休日:日・祝
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅に出るというと、何に乗って旅に出ることを連想なさるでしょうか? 飛行機に乗って海外旅行。 憧れです。 長いこと行ってないですね・・・。 ゆっくり船に乗って船旅。 中々情緒がありそうです。大きな船に乗ってゆっくりして、気がつけば旅先。 そういうのもい ...
続きを読む
旅に出るというと、何に乗って旅に出ることを連想なさるでしょうか?

飛行機に乗って海外旅行。
憧れです。
長いこと行ってないですね・・・。

ゆっくりに乗って船旅。
中々情緒がありそうです。大きな船に乗ってゆっくりして、気がつけば旅先。
そういうのもいいですね。

飛行機、船。
いずれも遠くへゆくときには使いますが、比較的近距離の時の旅行。
小旅行とでも言うのでしょうか?
そんな時はもっぱら、列車を使うことが多いのでは。
電車じゃなく、列車というところがポイントですね。ところで、電車と列車の違いは・・・。

電車というと、横長のシートにつり革。
列車というと、前向き(もしくはBOX型のシート)というイメージで、車内で弁当なんかを食べたりして・・・とうイメージなのですが、みなさんは如何でしょうか?

そんなちょっとした小旅行とでも言うのでしょうか?
先日、滋賀県の近江今津まで鴨鍋をいただきに行って来ました。

大阪駅から湖西線直通の新快速(これは列車じゃなく、電車だという意見もありますでしょうが(^^;))に乗り、近江今津駅を目指します。

ところが、この日、湖西線内のポイント故障により、手前の近江舞子駅で足止めを食らってしまいました。
振替は行っておらず、並行して走る国道も大きな事故があったらしく、大渋滞とのこと。
しかたなく、近江舞子駅で復旧を待つことに・・・。

待つこと、約1時間。
どうやら復旧したとのことなので、ホームに上がると、いつもは通過するはずの札幌行き“トワイライトエキスプレス”が臨時停車(もちろん扉は閉まっておりますが)。
どうやら、サンダーバードの通過待ちのようです。
1f71c417.jpg
 72da95a0.jpg


でも、特急が特急に追い越されるって、そんなこともあるのですね。

さて、無事に近江今津駅に到着。
           e17a4a85.jpg


琵琶湖方面に向かって少し歩いて行きます。
この辺りまで来ると、さすがに雪が残っていますね。
      丁子屋

5分ほど歩くと、今回の目的地、“丁子屋”さんに到着です。
          丁子屋

こちらは創業約300年の旅館。
丁子屋 丁子屋

中は古き良き雰囲気が漂っていますよ。
1階にある宴席では既に他のお客さんの楽しそうな声が。
私達は2階にある部屋に案内していただきました。

この日は総勢20名以上(だったかな)でお邪魔したので、ちょっとした宴会の雰囲気ですね。

お酒はこちらの方が用意してくださいました。
            丁子屋

さて、いよいよ鴨鍋コースの宴のはじまりです。
            d59b3ce5.jpg


先ずは鯉の洗い。
        dba1d385.jpg


上品な味わいの酢味噌をつけていただきます。
鯉の洗いを食べるの、小学生の時に祖父が食べていたものを一切れ食べさせてもらって以来じゃないでしょうか?
さすがに味わいは忘れましたが、美味しいものだったような気がします。

そして、テーブルの真ん中に七輪が用意され、琵琶湖の本モロコを焼いていただきます。
               6f827b83.jpg


炭火でじっくり焼きあがってゆきます。
          46360c3c.jpg


焼きあがれば、生姜醤油につけていただきます。
           f864afcc.jpg


え!これは美味いですよ!
もろこっていうと、子供の時に淀川のワンドで釣ったのを思い出しましたが、持ってたイメージと全然違います。
臭みなんてものとは全く無縁で、身の甘み、上品なほろ苦さが口の中にしみわたりますよ(^^)
これ、いくらでも食べられそうなのですね!

そして、鰻も炭火で焼いていただきます。
          efafc85d.jpg


あらかじめ焼いてあるものなので、七輪の上で軽く炙る程度でOKです。

鯉の洗い、本モロコ、鰻を味わった後は、いよいよ鴨鍋の登場です。

先程の七輪の網をとって、炭火の上に土鍋を置きます。
中には鴨の骨でとった出汁が・・・・
       a68a7e5d.jpg


って、結構少ない出汁で鍋をやるのですね・・・とこの時は思いました。

鴨肉はこんな感じ。
         5e16c22f.jpg


こちらの鴨鍋で使う鴨は天然の鴨。
しかも、猟で使う散弾銃の弾を1~2発しか鴨に命中させないようにするのだとか。
そうすることによって、鴨の肉が砕け散らずに旨みが活きるのだとか・・・。

そして、鴨鍋には欠かせない“葱”。
          a45def74.jpg


鍋に蓋をして、湯気上がるタイミングを見て、先ずは鴨の肝を投入。
         7a814bee.jpg


そして、これでもかーーっ!ってくらいの葱を。
                 c65dd947.jpg


野菜、椎茸、豆腐を入れ、上から鴨肉を被せます。
           312ba8a1.jpg


そして、その上から砂糖・・・
         8b737eeb.jpg


そして、醤油をかけて、
         d0c71303.jpg


へぇ、すき焼きのようにするのですね!
すき鍋のようにだしで満たされた鍋に具材を入れていくものとばかり思っていましたが。
これはどんな感じになるのかすごく楽しみですね。
ここで蓋をして、しばらく待ちます。
           6e7fb4f1.jpg


鴨鍋が出来上がるまで、お酒を楽しんだりして待つのもいいものですね。
こちらの部屋からは、雪景色の琵琶湖を眺めながらグラスを傾けることも出来ますよ。
              964424c7.jpg


そんな感じでお酒と景色を楽しんでいると、鴨鍋が出来上がったようです。
           15304591.jpg


熱々のところをいただきます。
こうやって、みんなでつつく鍋は最高ですね。
        丁子屋

“鴨が葱背負って”とは良く言ったものですね。
食べてみると納得、これはかなり美味いですよ。
           5e177047.jpg


鴨肉も野菜もたっぷり用意してくださっているので、心ゆく今で堪能することが出来ます。
            丁子屋

〆にはもちろん、うどんを入れて。
               4b0f3cef.jpg


鴨の出汁がしみ込んだうどんはまた格別ですね。
これだけでもまた、お酒がすすんでしまいますよ(^^;)

近江の国の冬の贅をつくす。
中々出来ない体験をさせていただきました。
丁子屋 丁子屋

“丁子屋”さん、何とも言えない趣のある旅館でいただく鴨鍋。
ちょっと足をのばして小旅行、如何でしょうか?



【丁子屋(ちょうじや)】   
住所:滋賀県高島市今津町今津56    MAP     
電話:0740-22-2040   
営業時間:   
定休日:
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪の街はくいだおれの街。 よくそう言われますよね。 東京に行ったときとかに、「大阪って、食べ物が美味しいでしょ?」とか、「関西の人は味にうるさいからなぁ・・・。」とか、たまに言われたりします。 大阪がくいだおれの街と言われるのは・・・。 瀬戸内海が近 ...
続きを読む
大阪の街はくいだおれの街
よくそう言われますよね。
東京に行ったときとかに、「大阪って、食べ物が美味しいでしょ?」とか、「関西の人は味にうるさいからなぁ・・・。」とか、たまに言われたりします。

大阪がくいだおれの街と言われるのは・・・。
瀬戸内海が近く、新鮮で美味しい魚が手に入りやすい。
昔からの商人の街で、本当に美味しいものにしかお金を払わないから。
いろいろ理由はあると思うのですが、伏見、灘といった大きな酒処が近くにあるのも、理由の1つなのかぁと思ったりもします。

先日、そんな灘の酒処の酒蔵見学ツアーにお誘いいただき、行ってきました。

お伺いしたのは、白鷹さん。
                  白鷹

こちらのお酒は、漫画“美味しんぼ”でも、ホンモノの灘の酒として取り上げられていましたよね。
そんな白鷹さんでは、1月中頃から、2月の下旬まで酒蔵見学を毎週土曜日の午前と午後の2回、定員40名限りで受け付けています。
(土曜日のみで各40名だけの限定なので、競争率が高いのだとか)
                白鷹

そして、この見学コース、3,000円で、竹葉亭の松花弁当・しぼりたて原酒のふるまい酒・お土産がふくまれますとのことで、すごく人気があるのだとか。

白鷹さんのHPによると、

蔵元でしか体験できない、しぼりたて新酒を心ゆくまで味わいませんか?

今も昔ながらの灘流生もと造りを継承する白鷹では、11月に蔵に入る杜氏以下蔵人らによる「もと始め」を皮切りに、
いよいよ仕込みのシーズンに入ります。12月中旬の「初揚げ」からの約4カ月間は待ちに待った、しぼりたて新酒の時期。
まさに今しぼったばかりの、垂口からほとばしり出る新酒の味わいは、蔵元でしか体験できない、この季節だけの楽しみです。
今年も白鷹禄水苑では、伝統の造りを守り続ける白鷹の姿勢をご理解いただくとともに、酒通にはたまらないしぼりたて新酒を心ゆくまで味わっていただくために、酒蔵見学を開催いたします。奮ってご参加くださいませ。
尚、一回の定員には限りがございます。申し込み多数の場合はご希望に沿えないこともございますので、ご了承ください


とのこと。
ワクワクしますよね(^^)
          白鷹

阪神西宮駅から徒歩約10分の白鷹酒造に隣接される、“白鷹禄水苑”に集まります。
こちらの1階は、白鷹のお酒や、酒器、奈良漬けなどのお酒を使った食品などが売られていて、こちらでしか買えないものも多数あるのだとか。
          白鷹

また、カウンターバーもあり、白鷹のお酒をいただくこともできるみたいですね。
cc9c114a.jpg
 白鷹

先ずは、こちらの2階に集合して、案内のビデオを見て、2班に分かれて酒蔵へと向かいます。

1つの班は蔵の方から、私達の班の方は資料館の方から見学がスタートです。

酒米を見せていただいたり、またそれを少し味わってみたり。
e4a4b5d8.jpg
 d3bfcb40.jpg


この日に説明していただいたのが、白鷹の社員の方なのですが、この方、学生時代にこちらのお酒に出会い、その味わいに惚れ込んで入社されたのだとか。
ですので、白鷹のお酒に対する愛情も深く、その説明も非常にわかりやすくって好印象でしたよ(^^)
               0640423a.jpg


そして、いよいよ蔵の方へ。
        白鷹

タンクの中では、発酵が進む日本酒を観ることが出来ました。

見学の最後には、お待ちかねの試飲。
        白鷹

酒蔵でだけ味わえる、搾りたて原酒をいただくことができます。
            白鷹

このお酒、何杯でも試飲することが出来るのですが、原酒でアルコール度数が高いのでちょっぴり注意が必要ですね(^^;)

また、蔵見学に参加した人だけが購入できるという特典も付いてきますよ。

蔵見学を終え、最初にビデオを見た2階の部屋に戻ってくると、昼食が用意されています。

東京竹葉亭のお弁当。
        3e252519.jpg


こんな豪華なお弁当を見ると、お酒が欲しくなりますよね・・・。
          59c4d346.jpg


もちろん、先程試飲させていただいた、白鷹搾りたて原酒をいただくことができますよ。
しかも、飲み放題で(^^)
           ff744d07.jpg


では、早速いただきましょう!

まずは、穴子と野菜の炊き合わせ。
         3cb67490.jpg


ほろほろになるまで柔らかく煮た穴子。
それだけでも充分美味しいのですが、お酒と合わせると最高ですね。

大根も出汁の味が良く染みこんで、すごく上品な味わいですよ。
              94963460.jpg


酢の物、バイ貝の煮たもの、だし巻き・・・。
どれをいただいても、お酒がすすんでしまって(^^;)
3ae1ead3.jpg
 b8e8fc32.jpg


蔵見学、試飲、竹葉亭の弁当、そして日本酒飲み放題が付いて、3000円はかなりお得なのではないでしょうか?

さすがに大人気で、今年はもう、予約で満席のようです。
来年も開催されるならば、これは要チェックですよ!



【白鷹禄水苑】   
住所:兵庫県西宮市鞍掛町5-1    MAP     
電話:0798-39-0235   
営業時間:11:00~19:00 (蔵BARは12:00~16:30土日祝のみの営業)   
定休日:第1・3水曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュージュー焼き上げます! そう聞くと、何を思い浮かべますか? “やっぱり焼肉!あのしたたる肉汁がたまらない!”一番多くの方がそう答えるでしょうか? “鉄板焼き! 厚切りのお肉、エビ、ソーセージ!”みんなでワイワイ、それもいいですよね。 “サムギョプ ...
続きを読む
ジュージュー焼き上げます!

そう聞くと、何を思い浮かべますか?
“やっぱり焼肉!あのしたたる肉汁がたまらない!”一番多くの方がそう答えるでしょうか?
“鉄板焼き! 厚切りのお肉、エビ、ソーセージ!”みんなでワイワイ、それもいいですよね。

“サムギョプサル! 余分な油が落ちるから、結構ヘルシーかも!”いいですね、私も嵌ってしまって、コリアタウンに行ったときに、サムギョプサル用の鉄板を買ってしまったほどです(^^;)

焼いたお肉の脂が落ちるというと、北海道に行くと、こんな形の鉄板を使った料理、有りますよね?
        かず屋

そう!
ジンギスカンです。
でも、このジンギスカン、大阪でいただけるお店って本当に少なくって・・・。

先日、行くお店を決めずに、福島界隈を徘徊していると・・・。

「あれ?あの看板、ジンギスカンって書いてませんか?」

「珍しいですね、行ってみましょうか?」

そんな感じで、ジンギスカンのお店を発見しました。
お店の名前は、“かず屋”さん。
       b8805768.jpg


白いテントがまだ新しい感じです。
最近オープンしたのでしょうか?

お店の入り口には、メニューが書かれたボードが立てかけてありますね。
          かず屋

ジンギスカンはラム肉、おでんなどもあるようですね。
興味そそられたので、入ってみることにしました。

「いらっしゃいませ!」
男性の店主さんが一人で切り盛りされています。
お店は、カウンター席のみでしょうか?全部で12席くらいだったかと思います。

カウンターの上には、2人にひとつくらいでしょうか、ジンギスカンを焼く鉄板がセットされてありますよ。

カウンターの中の壁にはメニューが書いたホワイトボードがあります。
      f22d383a.jpg


ジンギスカンメニューの他にも、おでんやチャンジャ、バイ貝、たこ山葵なんかのアテもありますね。

ジンギスカンのメニューはこんな感じ。
        3a5f4d23.jpg


ジンギスカンは、ラムショルダー、ラムロール、野菜盛りが付いて、一人前900円。
もちろん、追加で肉や野菜、ソーセージを注文することも出来ます。
ジンギスカンあがりラーメンっていうのも気になりますね。

とりあえず、ジンギスカンを何人前か注文しましょう。
そして、生ビールで乾杯!
付きだしには、ザーサイを出していただきました。
         d792af16.jpg


そして、タレを入れるお皿が一人あたりふたつ。
       e8fda1f3.jpg


??と思っていると、
「醤油ベースのタレと味噌ベースのタレ、両方召し上がってみて下さい!」
       かず屋

なるほど、2つの味わいを楽しむことが出来るのですね(^^)
      d485ce2e.jpg


さらに、岩塩でいただくことも出来ますよ。
        75ff433e.jpg


まもなくして、ラム肉が運ばれてきました。
こちらはラムロール。
      4dee085f.jpg


これは冷凍のよくあるやつですね。

そして、こちらはラムショルダー。
         67737817.jpg


え、これちゃんとした生ラム肉じゃないですか?
へぇ!これは嬉しいですね。何だか楽しみです(^^)

たっぷりの野菜もキッチリ食べましょうね!
    84c545bf.jpg


では、焼きはじめましょうか。
まずは、ラムロールの方から・・・。
野菜をのせて、その上に凍ったままのラムロールをのせて、半蒸し焼きのようにしていきましょう。
こうすると、無駄に焦がさずに焼くことが出来るのです!(って、TVのケンミンSHOWの受け売りですね(^^;))
          34e24542.jpg


野菜がしんなりして、上の肉が蒸されるようになったら、仕上げに鉄板にのせて焼き上がりです。

アテもいくつかお願いしてみましょうか。

セロリのさっぱり漬けと、
ccc69092.jpg


葱サラダです。
                f522fdf9.jpg


両方とも、ジンギスカンを食べる間にいただくと、さっぱりした感じになっていいですね。

つぎに、ラムショルダーを焼いてゆきましょう。
       0cfa9ff1.jpg


ジンギスカン鍋ってよくできていますよね。
鉄板の頂上付近で肉を焼き、麓付近で野菜を焼く。
そうすると、肉汁がしたにある野菜によくしみこんで美味しくなるのですよね。

焼きすぎないように気をつけながら、いただきます。
          d8cdaa39.jpg


おぉ!これはなかなか(^^)
やわらかいラム肉は、変なくせもなく美味しくいただくことが出来ますよ(^^)
牛肉と違って、あっさりしてるのでいくらでも食べられそうですね。

それにしても、追加のお肉、ラムショルダートラムロール、ホントに同じ値段でいいのでしょうか?
みなさん、どちらかに偏ることなく、バランスよく追加注文しましょうね(^^;)

2種類のラム肉が楽しめて、野菜も盛りだくさん。
これで一人前900円はお得なのではないでしょうか!
店主の方に聞きました、「何でジンギスカン屋さんをはじめられたのですか?」
すると、「ジンギスカンが大好きなんですよ、でも、大阪にはジンギスカンやさんがなかったので、自分ではじめました」
とのこと。
それは美味しいに決まってますよね(^^)

福島のちょっと一本入った通り。
やはり気になるお店が多いようです。
このジンギスカン、一緒に北海道産のじゃがいもを使ったジャがバターを食べても美味しいでしょうね。あ、ジンギスカンの鉄板で焼くっていうのもいいかもです。

大阪のジンギスカン好きのみなさんはもちろん、ヘルシーにお肉を食べたい方、
是非一度行ってみて下さい。
なかなか新鮮な感じですよ(^^)



【かず屋】   
住所:大阪市福島区福島5-15-2    MAP     
電話:06-6345-2058   
営業時間:18:00~24:00(L.O.)   
定休日:日曜日
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

出張や旅行で地方に行って、お店に入ると方言が聞こえてきて、何だか楽しくなることってないでしょうか? 東北に行くと、東北弁がすごく温かく聞こえて、「いいなぁ」って思ったり、九州弁のイントネーションが心地良く聞こえたり。 同じ関西でも、京都に行ったときの“お ...
続きを読む
出張や旅行で地方に行って、お店に入ると方言が聞こえてきて、何だか楽しくなることってないでしょうか?
東北に行くと、東北弁がすごく温かく聞こえて、「いいなぁ」って思ったり、九州弁のイントネーションが心地良く聞こえたり。
同じ関西でも、京都に行ったときの“おおきに”が妙に心地良かったりします。

日本各地の名物料理を楽しませてくれるお店って、行かれたりしますでしょうか?
北海道料理といえば、ジンギスカンや札幌ラーメン。
岩手のわんこそば、秋田の稲庭うどん、仙台の牛タン、富山のホタルイカ、名古屋のひつまぶし、和歌山のめはりずし、讃岐のうどん、広島のお好み焼き、下関のフグ、博多のラーメン、沖縄のソーキそば・・・。

数えてみると、キリがないですよね(^^;)

そんな数ある郷土料理のお店の中から、今回は京橋にある、“土佐はちきん地鶏 みや澤”さんにお邪魔させていただきました。
                fe220d5a.jpg


お店は、京阪京橋駅の片町口を出てすぐにあります。
この場所なら、終電近い時間でも安心ですね。

お店に入ると、店主の宮澤さんが元気に笑顔で迎えてくれます。
            
店内は、カウンター席とテーブル席、そして掘りごたつの席もありますよ。
               はちきん地鶏 みや澤

この日は、カウンター席に座らせていただき、楽しむことにしました。

メニューはこんな感じです。
            0efef485.jpg


こちらのお店の看板メニュー、炭火焼きのメニュー。
土佐はちきん地鶏に加え、幻の鶏、土佐ジローというのもありますね。

そして、こちらは”土佐を喰う!”と書かれた土佐名物のメニュー。
            4375b960.jpg


鰹のたたきはもちろんのこと、土佐の美味いもんがたくさん揃っています。

お酒も、土佐の地酒や焼酎など珍しいものもいただくことが出来ますよ。
            844cc7a0.jpg


ちなみに、こんな珍しいメニューも。
143d87be.jpg
 8f6de868.jpg


ウツボのわら焼きタタキや唐揚げ、大人気のチーズを使った料理まで。
これは、迷ってしまうこと必至ですね。

とりあえず、ビールで乾杯です。
            はちきん地鶏 みや澤

付きだしには、キビナゴの唐揚げを出していただきました。
            5309cce5.jpg


このキビナゴ、一口食べてびっくり!
これが美味いんですよ。そして、ヱビスビールにびっくりするほど良く合いますよ(^^)

先ずはあっさりと、土佐昔豆腐。
           b57f1af2.jpg


この豆腐、別名堅豆腐というだけあって、しっかりした食感が楽しめますよ。
そして、何よりも口の中に入れるてかみしめると、大豆の味わいがすごいんです。
”これこれ!昔の豆腐ってこんな感じだったよね!”そんな言葉が自然に出てきます。

やはりこちらのお店に来たならば、名物の”かつおのたたき”は食べておかなければなりません。

かつおのたたきを注文すると、何と、目の前でわら焼きのたたきを作ってくださいます。
                4a0b41e4.jpg


何故わら焼きなのか?
スーパーで売っている鰹のたたきは、ほとんどがガスの火で炙ってたたきにしたものではないでしょうか?
ある鰹のたたきを扱っているHPによると、

あなたはかつおのたたきの「わら焼き」というのをご存じですか?
今ではコストや手間の問題から、かつおのたたきの本場である高知でも、 わら焼きたたきを出す店は少なくなりました。 ほとんどのお店がダンボールかガスでかつおのたたきを焼きます。
わらの炎で一気に焼き上げたかつおのたたきを食べると、あなたは、 わらの香りで今までにない風味を感じることでしょう。 一度わら焼きたたきを食べれば、バーナーはガス臭く、 ダンボールはインク臭く感じてしまうかもしれません。
当たり前と思われるかも知れませんが、 高知でわら焼きを謳っているお店でも、ガスで焼きながら香り付けにわらをちょっと散らす、 という所がほとんど。
わらの火だけで焼いたかつおは、かつお独特の臭みが全くなく、ふんわりわらの香りがしますよ。

とのこと。
こちら、みや澤さんのかつおのたたきもわらで丁寧に焼かれて出していただきました。

「おまちどおさまです!」
かつおのたたきがやってきましたよ(^^)
              e3ae33f3.jpg


もうこれは、見ただけでも美味しいのがわかりますよね。

ネギと茗荷、わかめと一緒にいただきましょう。
            はちきん地鶏 みや澤

うわ!これ、めちゃくちゃ美味いじゃないですか!!
一口食べて、”美味っ!”
噛みしめて、”美味っ美味っ!!”
後口も”美味ーーーっ!!!”です。
これはホント、絶対に食べておくべきですよ(^^)

こんな美味しいたたきを出された日には、やっぱり土佐の日本酒をいただきたいですよね。
414def73.jpg
 はちきん地鶏 みや澤

なみなみとグラスに注いでいただきました(^^)

そして、次はお造りを。
丸アジのいいのが入ったとのことなので、いただきました。
              20a1fee0.jpg


ホント、見るからに鮮度抜群ですね。
では、早速いただきます。
          3ff9f498.jpg


おぉ!この鰺もかなり美味しいですよ。
そして、姿で出てくる鰺のお刺身、一体いくらだと思いますか?

何と、480円!
これ、ホントにアリですか?
でも、たしかに、店内に貼ってあるホワイトボードに書いてありますよ。
             7525b180.jpg


この、丸アジの造りの他にも、美味しそうな魚がたくさんありますよね。
なんでも、ある曜日に来ると、他店では食べられないような珍しい魚に出会えることもあるのだとか・・・。(詳しくは、お店で大将に聞いてみてくださいね!)

そして、やはりこちらのお店の名前にも謳っている”はちきん地鶏”も気になるのでお願いしました。
           e144ea2f.jpg


余分な脂がなく、弾力ある身質。
甘みがあり、うまみ・コクのバランスに優れています。


『土佐はちきん地鶏』とは・・・

大型で食味性に優れる「土佐九斤」と闘鶏で知られる 「大軍鶏」から産まれた『クキンシャモ』を父に、『プリマロック』を母として産まれたのが『土佐はちきん地鶏』です。
おいしい理由は、余分な資質が少なく、まろやかな味で程よい歯ごたえあり、肉に締まりがある為、うまみ成分であるアミノ酸(グルタミン酸、イノシン酸)が失われにくい肉だからです。


そして、このはちきん地鶏、関西で扱っているお店はほとんど無いのだとか・・・。

この日は、もも炙りをいただきました。
           d38a5278.jpg


おぉ!これは看板に偽りなし!
かめばかむほどに旨味を感じることが出来ます。
これが食べたくって通っている人がいるのも頷けますね。

こちらのお店では、コロッケもちゃんと土佐の味わいがしていますよ。
            0d2cc0e5.jpg


この二つのコロッケ、一見普通のコロッケに見えますが、中を割ってみると・・・。

一つは四万十川でとれた海苔が入ったコロッケ。
           2aa8b633.jpg


そして、もう一つは、鰹のコロッケです。
          6b4a270b.jpg


中々オリジナリティ溢れて素晴らしいですね。

こちらも召し上がってみますか?
そう言って、親鳥も出していただきました。
             5ca60fc1.jpg


この親鳥の皮の歯ごたえ、大好きなんですよ(^^)

そして、土佐、鰹の酒盗。
          32966425.jpg


甘口と辛口を出していただきました。

これは、ますますお酒がすすんでしまいますよね(^_^;)
43d22006.jpg
 b3757f17.jpg


こちらのお店、”みや澤”さん、地鶏が美味しいのはもちろんですが、魚も素晴らしい味わいとコストパフォーマンスです。
この日は、平日にも関わらず、ほぼ満席の状態でした。
日替わりで出てくる鮮魚を楽しみにしてくる常連さんも多いのだとか。
そんな多くの常連さんをも飽きさせることなく、繰り広げられる、店主:宮澤さんの極上の仕入れと料理。これは目が離せませんよ!

是非とも一度足を運んでみてください。
きっと満足できると思います。


【はちきん地鶏 炭火焼 みや澤】   
住所:大阪市都島区片町2-5-4 千寿ビル2F    MAP     
電話:06-6355-0333
営業時間:11:30~14:00(ランチは平日のみ)  17:00~01:00(L.O.24:00)   
定休日:日・祝  
      

お店のHPはコチラ  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない街を散策していると、大通よりも1本中に入った道を歩く方が面白いと思いませんか。 ガイドブックに載っていない、新しい発見があったり、地元の人たちで賑わう美味しそうなお店を発見できたりと、まるで宝探しをしているようでワクワクします。 知らない街でなく ...
続きを読む
知らない街を散策していると、大通よりも1本中に入った道を歩く方が面白いと思いませんか。
ガイドブックに載っていない、新しい発見があったり、地元の人たちで賑わう美味しそうなお店を発見できたりと、まるで宝探しをしているようでワクワクします。

知らない街でなくて、いつも良く通るところでも、その日の気分で道を変えて見ると新たな発見があるかもしれません。

良く行く街といえば、天満
天満市場周辺の道にはそんなワクワクするようなお店が盛りだくさんですよね。
JR天満駅を降りて、天六方面へ天神橋商店街を歩いていると、右側に緑のテントと黄色い看板が見えます。
ガネーシャ

“一松食品センター”

何でも60年以上前から地元の方に愛されている場所らしいのですが、昨年、その横丁に12軒の飲食店がオープンしました。

その横丁にあるお店は、もんじゃ焼き、串カツ、もつ鍋、居酒屋、寿司、ラーメンなど。

偶然通りかかって見つけたときは、ちょっとした宝箱を見つけたような気持ちになりましたよ。

一松食品センターをアーケードの商店街の方から入っていくと、真ん中辺りに煉瓦調の壁が見えてきます。
       ガネーシャ

近づいていくと、スパイスのいい香りが漂ってきます。

そんなスパイス香るカレー専門店の“ガネーシャ”さんにお邪魔させていただきました。
           
お店の前には、メニューボードがあります。
               ガネーシャ

わかりやすいレイアウトと写真で、期待感が膨らみます。

入り口の赤い扉を開けてお店の中に入ります。
            ガネーシャ

「いらっしゃいませ、お好きなお席にどうぞ!」
笑顔でむかえていただきます。
cdf7564d.jpg


カウンター席に座り、もう一度メニューを見てみましょう。
6da9ef22.jpg
 8e3d3c3c.jpg

          
カレーは、チキンカレー、ほうれん草とチーズのカレー、牛すじ肉の煮込みカレー、ココナッツミルクとエビのカレーの4種類から選ぶことが出来ます。
また、ランチタイムには+50円でサラダ、+150円でサラダとドリンクがセットできるようですね。
           4970b8f9.jpg


仕事が終わってから夜にお伺いして、ビールを飲みながらっていうのも素敵です。
こちらのお店では、アサヒ、キリンの日本のビールの他に、ベルギー、シンガポール、アメリカ、オランダのビールを楽しむことも出来るみたいですよ。

車で来られた方やお酒を飲めない方も安心、チャイを楽しむことも出来ます。
        9efb4f8e.jpg


一番オススメの牛すじ肉煮込みカレーにしようかと思いましたが、“今が旬のほうれん草”の文字が気になり、“ほうれん草とチーズのカレー”をお願いしました。
「辛口とか出来ますか?」と訪ねると、「ちょい辛も、辛口も、激辛も出来ますよ!」とのこと。
そうならば!とここは激辛でお願いしました。

店内は、カウンター席が入り口の横と正面にカウンター席が合わせて6席、
            3e84c533.jpg


窓際に雰囲気の良い2人掛けのテーブル席が1つあります。
             ガネーシャ

カウンターの上には、スパイスの瓶が並べてありますね。
こういうの、結構好きなんですよ。
              5bd39527.jpg


小さくてお洒落な空間。
そんな感じでしょうか。丁寧な感じの接客も好感が持てますよ。

しばらくすると、ほうれん草とチーズのカレー、激辛が運ばれてきました。

「お待たせしました。」
              3d6226ea.jpg


木で出来たお皿の上に、カレーとピクルスが一緒にのっかってやってきます。

熱々のカレーの上で、チーズも少しずつとろけてゆくのがわかります。
激辛をお願いしたからか、スパイスの赤い粒がところどころ見えますね。
           9015194d.jpg


お皿だけではなく、スプーンも木製のものです。お洒落ですね!
では、早速いただきましょう。
            f71aaf38.jpg


お!これは結構辛口ですね。
私にとっては美味しくおいただけますが、激辛は普通の人が食べると結構辛く感じるのではないでしょうか?
ほうれん草のさっぱりした感じの後からスパイスの風味が追いかけてきます。
このカレー、食感があるかたちで肉類は入っていませんが、旨味は凄いですよ。
何よりも、スパイスの香りがいいですね。
             3bddeb9c.jpg


固めに炊かれたご飯も、カレーとの相性バッチリです。
とろけてきたチーズを混ぜ込んで一緒にいただくと、若干ですが辛さを緩和することも出来ますよ。
純粋に、カレーの味わいを楽しみたいのならば、チーズ抜きも出来るそうなので、そちらも一度試してみるといいかと思います。

激辛をお願いしましたが、こんなものも一緒に出して下さいました。
          ガネーシャ

「辛さが足りないようでしたら、足してみて下さいね」

辛さ、足りなくはなかったのですが、目の前にあると試してみたくなるのが人情ってものですよね?(訳のわからない理論ですよね(^^;))

もちろん、少しふりかけてみます。
           375dcdfd.jpg


おぉ!確実に辛さがアップしますね。
でも、かけ過ぎると、本来のカレーの美味しさがわからなくなってしまうので注意しましょうね(^^;)

食後、店主の方とお話しをしていると、最近写真をはじめてみようかと思っているとのこと。風景を撮るのがお好きとのことです。
次回、お伺いしたときには、店主自ら撮影された写真がさりげなく飾ってあったりして・・・。
今回、ほうれん草とチーズのカレーをいただきましたが、他のカレーも是非食べに期待ですね。
一番オススメの“牛すじ肉の煮込みカレー”これは一度いただかなくてはなりません。
東アフリカ風のチキンカレーも激しく気になりますが・・・。

天満にお出かけの際、ちょっと一松食品センターに寄ってみませんか?
香しいスパイスの香りにつられてしまうこと、間違いないのでは!
是非とも、行列が出来る前に・・・。



【ガネーシャ】   
住所:大阪市北区天神橋5-6-23 一松食品センター1F    MAP     
電話:090-8483-8117   
営業時間:11:30~21:00(ランチは17:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:水曜日
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

年末の忘年会、年始の新年会と、12月、1月はお酒を飲みに行く機会が多かったのでは? 気の合う仲間達との飲み会あり、気を使う仕事での飲み会有りで、多少お疲れモードになっている方もいらっしゃるのでは? みなさんは、飲みに行って〆にもう一軒、どこか寄られて帰るほ ...
続きを読む
年末の忘年会、年始の新年会と、12月、1月はお酒を飲みに行く機会が多かったのでは?
気の合う仲間達との飲み会あり、気を使う仕事での飲み会有りで、多少お疲れモードになっている方もいらっしゃるのでは?

みなさんは、飲みに行って〆にもう一軒、どこか寄られて帰るほうですか?
私は最近では次の日のことを考えて、何処にも寄らずに帰ることが多いですが、以前はよく、〆のラーメンやうどんなどを食べて帰ったものです。

さて、〆と言えばやっぱりラーメン派の方が多いでしょうか?
四国香川などでは、〆はうどんだと聞いたこことがありますが・・・。
うどんもラーメンも美味しいですが、飲んだ後・・・
いえ、もう一軒のつもりで軽く一杯と〆に蕎麦!
これがなかなか美味いんですよね(^^)
               七三一総集編

ちょっとしたアテと軽く一杯、そして美味しい蕎麦を楽しめるお店が大阪難波にあります。
お店の名前は“七三一(なみいち)”
どちらかというと、お昼のワンコイン(現在は600円)で満足なランチをいただけるお店として有名でしょうか?

お店は、難波のなんさん通り、難波の方から堺筋に向かって歩いて行き、道具屋筋を越えて、50Mくらい行ったところにある路地があります。
            七三一総集編

路地の顔には看板が出ているので、目印になるかと思います。
       d3c08b00.jpg

                  
その看板が出ているところを曲がって20Mほどのところの左側に七三一さんはあります。
                   七三一総集編

実はここ、“七三一”さんには3つの顔があります。

まずは、夜の蕎麦の店、“七三一”。

お店はカウンター8席のアットホームな感じ。
何回か通えば、自然とお客さん通しが顔見知りになるのでは・・・。

この日は先ず日本酒をいただきました。
お酒は、島根県のお酒、王録。アテにきゅうりとわかめ、ちりめんじゃこの酢の物をいただきます。
             a068e4f7.jpg


壁にはお品書きが貼ってあります。
             e8e8b12c.jpg


ちょっとしたアテと、蕎麦の付いたほろ酔いセットがオススメだとか・・・。
でも、マスターに聞くと、その日に仕入れたちょっと美味しいものが出てくるかも?

もちろん、蕎麦をいただくことも忘れずに。

この日は、こちらの名物、鴨つけ蕎麦をいただきました。
              ec2dfc0f.jpg


つけ汁にたっぷり入った鴨に山葵をちょっとつけて、日本酒と一緒にやるのも中々いいものですよ(^^)

毎日仕込まれた自慢の蕎麦はこんな感じ。
          ee9984c5.jpg


結構いい顔してるでしょ(^^)

夏場には、冷たい酢橘の蕎麦をいただくこともできますよ。
             548cb26f.jpg


ちょっとだけじゃなくて、しっかり食べたい人のために、12月から3月の鍋の季節には、“鴨のはりはり鍋”も・・・。

さて、夜の蕎麦の七三一が1つめの顔だとすると、お昼の七三一は・・・。
            七三一総集編

そう!土鍋で炊いた絶品御飯がおかわり自由の日替わりの定食が、
何と“600円(2回目来店以降、初回にいただくことができるサービス券を提示すると、100円引きの500円でいただけます)!
ちなみに、曜日によって定食の内容は変わります。

月曜日:エビフライ
84a9878c.jpg
 03cd881a.jpg


何と、自家製タルタルソースがかけ放題!一番人気かも?
この大人気のタルタルソースはお持ち帰りも出来るそうですよ。
(タルタルソース誕生の秘話はこちらの七三一のマスターのブログからご覧いただけますよ!)

火曜日:鯖の塩焼きと豚汁(夏は酢橘の冷やがけソーメン、寒いときは粕汁)
                    19bd0162.jpg


水曜日:ミンチカツ

木曜日:カレイの煮付け。

金曜日:とんかつカレー。
              cd82929b.jpg


いずれの曜日も、メインのおかずに加えて、味噌汁、箸休めの一品、お漬け物が付きます。
この値段でこの内容!きっと満足していただけると思いますよ(^^)

さて、3つめの顔は、ちょっと特別です。
実はこちら、七三一さんではほぼ月に一回、定休日の日曜日に料理教室を開催されています。
私も、過去に4回参加させていただきました。
朝11時から始まって、マスターの説明そして実演。
七三一総集編 七三一総集編
             
時には作ることに参加し、ちょうどお昼頃に、作ったものをみなさんでいただきます。
もちろん、土鍋で炊いたごはん付き!

ちなみに私が参加させていただいたときには、豚肉の生姜焼き、
         593a2942.jpg


これが御飯にピッタリ!
1ea1ce93.jpg
 210ec999.jpg


お弁当のおかずにも最適です。

簡単にできるポテトサラダ。
七三一総集編 087959bc.jpg


炊き込みご飯(もちろん土鍋で炊いていただきました)
茶碗蒸し、茄子の焼き浸し、里芋の精進焼き、鱧のお吸い物、
トマトと玉子の炒め物は、玉子をふんわり仕上げるコツも教えていただきましたよ(^^)

そして、先日はハンバーグ。
       30d838b0.jpg
 93ffe55c.jpg


もちろんこれも、完成後はそのままお昼ご飯に!
            6b86548f.jpg


料理教室とランチが付いて1人1000円!
これはもう、完全にボランティア価格ですよね。

ちなみに、料理教室の様子は、“七三一のHP”から確認できますよ!

ただの蕎麦屋さんではなく、3つの顔(それ以上かも?)を持つお店、七三一さん。
「どんな感じ?」と思う方、なんさん通りの路地裏まで一度いらっしゃってみませんか?



【七三一(なみいち)】   
住所:大阪市中央区難波千日前7-4    MAP     
電話:06-6645-6240   
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00   
定休日:日・祝(ランチは土曜日も休み)
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

お昼ご飯、何を食べようか? 毎日の課題ですよね。 「一つ先の信号のところに、安いお弁当屋さんができたよ!」 そう聞くと、一度行って食べてみたくなりますよね。 ファーストフード店も激安化がすすんでいて、牛丼1杯280円。 これって、ホカ弁よりも安いですよね。 ...
続きを読む
お昼ご飯、何を食べようか?
毎日の課題ですよね。
「一つ先の信号のところに、安いお弁当屋さんができたよ!」
そう聞くと、一度行って食べてみたくなりますよね。

ファーストフード店も激安化がすすんでいて、牛丼1杯280円。
これって、ホカ弁よりも安いですよね。
流石に毎日食べるわけにはいかないでしょうが、ある程度満腹になれることは確実です。

でも、たまにはちょっと豪華なランチを食べてみたいと思いませんか?

大阪北新地。
最近でこそ、庶民的なお店も何軒か出来たと聞きますが、やはり高級なお店がその軒を連ねる街ですよね。
そんな北新地の高級店もランチタイムには、リーズナブルなお値段でお昼ご飯をいただくことが出来ます。食材こそ違いますが、一流店の味わいはほぼそのままで。

私が職場の近くでお昼ご飯にお世話になっているこちらのお店のマスターから聞いて、気になっていた北新地のお店のランチにやっと行くことが出来ました。

新地本通りを御堂筋側から入って100Mくらいのところのビルの3Fに、今回お邪魔した、
”こおげ 成司”さんはあります。
           こおげ

エレベータに乗り、3階で降りるとすぐに、お店はあります。

開店してまもなくの時間、お店に入るとすでに2組のお客さんがいらっしゃいました。
「お昼に時間帯に行くと、満席では入れないこともしばしばありますよ」
そう教えていただいていたので、早めに来たつもりでしたが、みなさんそのことはよくご存じのようですね。

お昼のメニューは”春の華”と名付けられた特製ランチ。
特に注文しなくても、待っていれば出てくるようですね。
           こおげ

店内は入り口入って正面がカウンター席が5席。
入り口から向かって右側にお座敷があるようで、2名から最大で18名まで対応できるようですよ。

カウンター席に座って料理が出来上がるのを待っている間にも、次々とお客さんがやってこられます。ちなみに時間はまだ12:00前。すごい人気ですね。

しばらくすると、私の前にも本日のランチ、”春の華”がやってきました。
           39ea2d95.jpg


おぉ!綺麗な盛ですね!
一品一品丁寧に作られているのがわかりますね。

先ずはご飯を。
            c42c55cb.jpg


炊き込みご飯はご飯の堅さもちょうど良く、流石!と思わせる上品な味わいです。

そして、先付けの南蛮漬け。
          dd623acc.jpg


酢の加減がすごく心地よいですよ。
何だかちょっとお酒が飲みたくなってきました(^_^;)

そして、お造り。
            5e0e27dd.jpg


この日のお造りは、鮪アボガド、そして烏賊です。
アボガドと鮪を一緒に食べるとトロみたい!でも、そんな事をしなくても充分美味しいですけど、これ(^^)

ここでまたご飯をいただきます。
ご飯とはいえど、これは立派な料理の一つですね。
そして、香の物も丁寧に作られているのが嬉しいですね。
            8f455e4e.jpg


メインのお皿には、ぶりの照り焼き、竹の子と蕗の土佐煮、辛子蓮根、サラダがのっかっています。
              364f2a72.jpg


ぶりの照り焼きの美味しさはもちろんですが、辛子蓮根を食べて”ホンマに美味いなぁ”と思ったのは初めてかもしれません(^^)

ふろふき大根には南瓜、麩、青唐が添えられています。
大根にしみこんだ出汁も、素晴らしい味わいです。
          77c8d617.jpg


サツマイモの小鉢。
これは大学いもと呼べば叱られそうなくらいに美味しいですね(^_^;)
             d477e9dc.jpg


北新地 こおげ 成司さん、噂どおりというか、それ以上に満足させていただきました。
1000円でこの内容ならば、お昼の時間帯を待たずに満席になるのも頷けますね。
定期的に通ってしまいそうですよ!


【こおげ 成司(なるじ)】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-39 延藤ビル3階    MAP     
電話:06-6343-0070
営業時間:11:30~14:30(L.O.13:30), 17:30~23:00(L.O.21:00)日曜日は22:00まで(L.O.20:00)   
定休日:月曜日  
      

お店のHPはコチラ  

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、本屋さんに行って何か面白そうな本がないかを物色していました。 私が本屋に言って最初にすること、平積みの本を眺めてゆきます。 「どんな本が売れている、または売ろうとされているのかなぁ・・・」ってな感じで。 “寝るだけ!骨盤枕ダイエット”楽して痩せた ...
続きを読む
先日、本屋さんに行って何か面白そうな本がないかを物色していました。
私が本屋に言って最初にすること、平積みの本を眺めてゆきます。
「どんな本が売れている、または売ろうとされているのかなぁ・・・」ってな感じで。

“寝るだけ!骨盤枕ダイエット”楽して痩せたい、これ、みんなそう思ってますよね。
“人生がときめく片づけの魔法”、片付けたいけど片付かない、そう悩んでいる方も多いようです。
“体脂肪計タニタの社員食堂”この本も、長いことベストセラーですね。
“父・金正日と私~金 正男 独占告白~”出た!早速本にしてしまったのですね、話題の北の将軍様の話。

そして、あるコーナーの平積みのPOPに“男子禁制”なる文字が・・・
何かと思えば、恋愛をテーマにした女流作家の小説が並んでいるようです。
“禁制”とか言われれば、逆に気になってみたくなるものですが、そのコーナーに男性はいらっしゃらなかったようですね・・・。
逆に、“女性のお客様は読まないでください”ってPOPがあった場合、たいてい女性の方は立ち読みしていらっしゃいます。(あ、Hな本じゃない場合ですよ!)

世の中、男性よりも女性の方が探求心も冒険心も強いのでしょうかね(^^;)

さて、男性も女性も大好きな食べ物、カレー。
1口にカレーと言っても、いろんなタイプのカレーがありますよね。
スパイスの効いたインド系のカレー、野菜やお肉の甘み、旨みがギュッと詰まった欧風カレー、何だか食べてホッとする、お母さんの家庭的なカレー。
いろんなカレーを食べさせてくれるお店があります。

今回は本格的なネパールカレーを食べさせてくれるお店、
“カトマンドゥ カリー PUJA 六甲店”さんに総勢17名でお伺いさせていただきました。
         1154767c.jpg


お店は、JR六甲道駅から歩いて12~3分、阪急六甲駅からも同じような感じでしょうか。
特徴のある外観の綺麗なお店ですよ。

お店に入り、メニューを眺めます。
             PUJA六甲

カリーは6種類のルーから選び、ダル、野菜、キーマ、チキン、ポーク、ビーフ、エビの中から具材を選び、辛さをチョイスします。

ナンの種類も料理も豊富に揃っていますね。
自慢のタンドール料理も色々ありますよ。
               PUJA六甲

グループや家族連れで来たときに、または初めて来たときにこういうセットは心強いですよね。
            PUJA六甲

飲み物のメニューはこんな感じ。
PUJA六甲 PUJA六甲 PUJA六甲

現地のビールも色々ありますね。
そして、こちらのお店ではインド産のワインを楽しむことが出来るとか。
どんな感じなのでしょうね。

まずはビールで乾杯!
              61ad490c.jpg


インドやネパールのビールを持ってきていただきました。
日本のビールとは違い、個性がありますね。
ビール単体でいただくよりも、料理と合わせた方がその真価を発揮するのではないでしょうか?

そうこうしているうちに、料理が運ばれてきましたよ!
最初の料理はタルカリアチャール。
8df36782.jpg
 da258104.jpg


温かいものと冷たいものを持ってきてくださいましたよ。
これ、いい感じでビールがすすみますね(^^)

折角なので、インドワインをいただいてみましょう。
             PUJA六甲

特にクセもなく、飲みやすい感じですよ!

そして、タンドリーチキンの登場。
            b28b980f.jpg


タンドールから出てきた手の熱々をいただきます。

「辛いのがお好きな方はどうぞ!」
そう言って辛味スパイスも出していただきました。
                a7b136c0.jpg


こちらはトマトスープ
               1345571b.jpg


トマトのサッパリ感とスパイスが美味くマッチしてますね。

「もっと辛いのがお好きな方は、現地のスパイスですよ」
そうおっしゃってこんなのを持ってきてくださいました。
                  a7178588.jpg


カラシをベースにしたものでしょうか?
周りには唐辛子を揚げたようなものが・・・。
思い切って1口囓ってみます。

お!確かに辛いけど、我慢出来ないほどではないですよ。
これを囓って、次の料理であるマライチキンティカをいただきます。
                 187bc9d9.jpg


ナッツと生クリームがほどよくチキンに馴染んでいいですね!
先程の辛いものとの相性もいいですよ!

「よかったら、厨房の中を見ていただいてもいいですよ。」
そうおっしゃっていただいたので、なかにはいらせていただきます。
            a113d134.jpg


スパイスのいい香りに満ちあふれた厨房の中では、次々に料理が出来上がってゆきますよ。

「お待たせしました!プレーンナンです」
               82bebc80.jpg


焼きたて熱々のでっかいナン。
見ているだけでも心奪われそうですよ(^^)

そのまま食べても美味しいのはもちろんですが、やはりカレーにつけていただきましょう!

バターカリーと、バラックカリー(ほうれん草)です。
最初は標準の3辛でいただきます。
8afc7a4e.jpg
 96d3b876.jpg



いい味してますよ!流石に3辛だと辛さは感じずに、甘みを感じますね。

こちらのお店はカレーはもちろんのこと、ナンが自慢とのこと。
いろんなナンが次々と出てきます。

チーズナン。
7a3d04e6.jpg
 PUJA六甲

中にたっぷりと入ったチーズがとろける感じがたまりません。

他にも、ガーリックナン、中にアチャールが入ったパシュパティナンをいただきました。
c6b67f92.jpg
 295487a8.jpg


カレーもいろんなものを出していただきました。

スパイスを煮込んだマサラカリー。
      9a5923d0.jpg


こちらのカレーはレタスに包んでいただきます。
          51fe832c.jpg


わ、これ美味い!スパイスの香り、旨みをレタスのシャキシャキ感と一緒にいただく。
快感ですね、これは(^^)
         b7541841.jpg


カレーの辛さをアップしていただけるとのことでしたので、ココナッツカリーを7辛でいただきました。
39b1c3f2.jpg

            
これ、ココナッツの甘い香りに似合わず、結構辛いです。

調子に乗って、15辛をお願いしました。
カレーは先程のマサラカリーで。
d5209f51.jpg


見た目ほとんどわかりませんが、食べた後にじわじわ辛さがやってきますね。
でも、食べられないほどの辛さではないです。
(辛さはココナッツカリーの7辛の方が辛く感じたような・・・。中の具材の違いでしょうね)

この辺で、インドワインの赤をいただきます。
             PUJA六甲

一度見ると忘れられなくなりそうなエチケットですね(^^)

料理はまだまだ続きます。

タンドリーポーク。
1754e8c3.jpg
 dc3306b4.jpg


大きめに切られたポークがゴロゴロ。
中まで味がしみ込んで美味しいですね。

挽き肉に味をつけ、タンドールで焼いたシークカバブ。
           ea03ace4.jpg


ネパール風焼きそばのチャウメン。
            PUJA六甲

これも辛くできるとのことですが、とりあえずノーマルで。

そして、ネパール風焼きめしのビリヤニです。
5be8c054.jpg


上にのっかってある玉子はやっぱりこうしないといけませんよね(^^;)
    9d94a862.jpg
 1ebbf0ec.jpg


とろける黄身が満腹であるはずのお腹を刺激します!
これは食べずに終われませんね(^^;)

最後にデザートもいただきました。

バニラマンゴーアイスと、マサラチャイです。
10ffbcee.jpg
 4fe37e6d.jpg


これだけいただくと、さすがにお腹が一杯になりましたが、もたれる感じは全然ありませんよ。
ネパール、インド料理と聞くと、ナンとカレーだけを想像しがちですが、これだけいろんな料理が揃っていると、あきることがなく楽しむことが出来ますね。

お近くにお住まいの方はもちろん、六甲山に出かけるときに寄るのも便利ですよ。


【カトマンドゥカリー PUJA 六甲店】   
住所:神戸市灘区弓木町4-3-2-101    MAP     
電話:078-821-0990   
営業時間:11:00~14:30 17:30~22:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加