美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2013年10月

焼き肉とステーキの境目ってどんなところだと思いますか? やっぱりその厚みの差でしょうかね。 その他、焼き肉はタレに漬け込んだ肉を焼き、ステーキは焼いてからソースを掛ける。 そんな違いもあるのでしょうか? 元々、ステーキはフランス料理のビフテキ(Biftech) ...
続きを読む
焼き肉とステーキの境目ってどんなところだと思いますか?

やっぱりその厚みの差でしょうかね。
その他、焼き肉はタレに漬け込んだ肉を焼き、ステーキは焼いてからソースを掛ける。
そんな違いもあるのでしょうか?

元々、ステーキはフランス料理のビフテキ(Biftech)で、それが英語で何故かビーフステーキになって略してステーキ。
そんな声もありますが、真実やいかに・・・。

何はともあれ、たまに無性に食べたくなる牛肉。
普段は肉といえば、豚肉や鶏肉がほとんどなのですが、たま〜に牛肉が食べたくなります。

あ、牛肉と言っても、“吉◯家”とか、“す△家”とか、なか□とか、“松☆”のそれではなく、「肉っ!」って感じのやつ。

さて、そんな時、焼き肉にするかステーキにするか・・・。
ランチタイムに焼肉定食、結構いろんなお店で出してますよね。
喫茶店のランチから、洋食屋さん、食堂にもあったかなぁ・・・。

片や、ステーキの方は、ちょっと高級そうなイメージが有りますよね。

予算的にお手頃なステーキはそれなりの内容だし、ガッツリ食べたいとなると、1,500円くらいは必要か・・・。

いえいえ、探してみればあるものです。
この日にお伺いさせていただいたのは、北新地にある、
“びすとろ堂島精肉店”
                 5ebbcc51.jpg


精肉店の実力を生かし、絶品のお肉がリーズナブルに頂けるだけではなく、そのアイデアに富んだ料理が大人気のお店です。

前回お伺いさせていただいた時も、そのクォリティとボリュームに感動したのを覚えています。

この日は、ランチタイムにお邪魔させていただきました。

お店が入るビルの一階には、ランチのメニューボードが出されていますよ。
              びすとろ堂島精肉店ランチ

カレーライス、
プレートランチ、
サイコロステーキ。


ランチタイムはこの3種類がいただけるようですよ。

エレベータに乗って、お店がある3階に上がってゆきましょう。

店内は、カウンター席が9席と、テーブル席が12席。
テーブルの方は、お客さんの人数に合わせて組み替えていただけるみたいですね。
0d5accb3.jpg
 4228347b.jpg


カウンター席中程に座らせていただき、お目当ての“サイコロステーキ”を注文します。
               79cb4e44.jpg


各席には、フォークとナイフにスプーン、そしてお箸も用意されています。
ナイフは「肉を食べるぞっ!」って感じの雰囲気がありますよね。

お肉は注文が入ってから焼き始めていただけますので、焼きたてのステーキをいただくことが出来ますよ。

カウンターに座ってくつろいでいると、先にスープが運ばれてきました。
               fac6d24d.jpg


この日のスープは、安納芋のスープ。

上品な甘みがすごく美味しいんです(^^)
こちらのお店、スープも色んなものが出てきますよ。
たしか、真夏の暑い日に行った時には、冷たいビシソワーズが出てきたのを思い出しました。
このスープも楽しみの一つになりますよね。

スープを味わっていると、ステーキが出来上がる気配が・・・。
カウンターに座ると、目の前で料理が仕上がっていくのを見られるのがいいですよね。

「ごはんの量はどうしましょう?」
「あ、普通でお願いします。」

希望すれば、大盛りにしていただくことも出来ますよ。

ま、普通と言ってもこのくらい盛っていただきましたが(^_^;)
             99a43244.jpg


「お待たせしました、サイコロステーキです」

来ましたよ(^^)
                   df63123b.jpg


一つのプレートに、ステーキ、スパニッシュオムレツ、サラダが盛られて賑やかな感じですよ(^^)

ステーキはこんなに大きなものがゴロゴロと!
                 びすとろ堂島精肉店ランチ

これ、サイコロ状になっていますが、トータルでは結構大きなステーキになるのではないでしょうか?
見た目にも豪華でテンション上がりますよね!

それでは早速いただきます。
                 1d55e684.jpg


おぉ!
これは美味い(^^)

さすがにヒレ肉のような食感ではないですが、美味しい肉ですよ。
それに、火の通し方が完璧です!
餅は餅屋・・・いえ、まさに肉は肉屋といったところでしょうか。
美味しいんですよ、これ(^^)(^^)

付け合わせのサラダも、ちょっと他店のものとは違います。
                      36753410.jpg


ベースに使っている野菜は白菜。
それに特製のドレッシングが掛けられてありますよ。
これがまた、美味いんですよね(^^)

スパニッシュオムレツもいい感じです。
                   dc626050.jpg


何だか、昼間っからワインが飲みたくなってきますよ(^_^;)

サイコロステーキ、一つ一つは結構な大きさですので、ナイフで切ってもたべてもいいし、そのまま口の中に入れると、肉を味わってる満足感を十二分に味わうことが出来ますよ。

因みに、プレートランチはこんな感じ。
                      1b15528b.jpg


これも、日替わりでいろんな肉料理を楽しむことが出来ますよ。

パンに挟んでサンドイッチ風にして楽しむのも楽しそうですね。

ステーキランチを出すお店、色んな所がありますが、
こちら、びすとろ堂島精肉店さんでは、肉質とボリューム、両方とも満足することが出来ますよ(^^)

美味しい肉が無性に食べたくなった時、
今日はがっつりランチを!
そんな時にピッタリなお店だと思います。

こうやって満足なランチをいただくと、またディナーにもお伺いしたくなってきましたよ(^^)
また、近々おうがいさせていただきたいと思います(^^)



【びすとろ堂島精肉店】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-9-12 大雅ビル 3F    MAP     
電話:06-6345-3035   
営業時間:11:00~14:00 17:30~23:00   
煙  草:
定休日:日曜日
駐 車 場:近隣に駐車場あり。      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪・ミナミの道頓堀川で2015年夏のオープンを目指し、全長800メートルに及ぶ「道頓堀プール」の構想を進める・・・。 奇抜な発想だと思います。 阪神タイガースが優勝すると、「危険ですから、飛び込まないでください!」の警告を無視して、道頓堀川に飛び込ん ...
続きを読む
大阪・ミナミの道頓堀川で2015年夏のオープンを目指し、全長800メートルに及ぶ「道頓堀プール」の構想を進める・・・。

奇抜な発想だと思います。
阪神タイガースが優勝すると、「危険ですから、飛び込まないでください!」の警告を無視して、道頓堀川に飛び込んでいく人の数が絶えませんでしたよね。

ならば、合法的に、安全に。

でもまぁ、プールを作る計画が持ち上がるとは・・・。

このプール、大人1時間2000円の料金を取る予定なのだとか・・・。
                     くそオヤジ

この料金が高いかどうかは実物を見てないので言えないのですが、
かつて、こんなもの凄いプールが六甲アイランドにあったのを覚えていらっしゃる方も少なくないのでは・・・。

料金は、一日遊んで、大人が2900円。
              9a17eefe.jpg


海外ではなく、これは、六甲アイランドに1991年7月14日にオープンして、1994年の夏シーズンまで営業していた、
AOIAという施設の中にあって、スプラッシュガーデンというプール。

なかでも、スーパーフーパーと呼ばれたスライダーが凄かった。

合計、50本のスライダーは、色で3つのグレードに分かれていて、50本それぞれに特徴があり、全く同じものはありませんでした。
(ちなみに、現在でも楽しめる、ナガシマスパーランドのスライダーは、6種類の12レーン。)

最長のスライダーは151mもあり、全てのスライダーを繋げると全長6キロ。
いちばん過激なスライダーの最大斜度は33度!
(はっきり言って、崖です(^^;))
そして、その最高時速36km/h。(おそらく体感速度は100km/h位だったのかと・・・)

結局、最後のシーズンになってしまった94年の夏には、「ブラックチューブ」なるスライダーが登場。
このスライダー、光を通さない真っ暗なチューブの中を殆ど真下に落下して行く、その恐怖とか遺憾たるやもう(^^;;)

残念ながら、この施設、1995年1月17日に発生した、阪神大震災の影響で壊滅的なダメージを受け、
復興にはあまりにも巨額の予算がかかるので断念してしまったのだとか・・・。

2,900円で50本のスライダーで、丸一日楽しめる。
今となっては、大阪、神戸から30分以内のところに、こんな施設があったのが信じられない思いですね。


さて、信じられないと言えば、先日こんなに素晴らしいコストパフォーマンスのお店にお誘いいただきました。
                    5bee3438.jpg


「西天満にあるお店なんですけど、めっちゃお得なコースをはじめられたらしいですよ!一緒にいて見ませんか?」
この内容がまた、凄かった。

食前酒、先付け、お造り、焼き物、鍋、そして〆の食事が付いたコース。
そして、それぞれに合う日本酒が付いて、3,980円。

“あ、何周年記念か何かのイベントですかね?”

いえ、いつもこの価格のコースがいただけるそうなんです!

この日にお伺いさせていただいたのは、西天満にある和食のお店、
“しもなり”さん。
              しもなり

お店は、西天満の交差点から南に向かって50M 位のところにありますよ。

“しもなり”さんでは、
しもなり 73b94f73.jpg
 ce7179b4.jpg


店内はカウンター席が10席ほどと、奥には堀炬燵式の座敷もあって、中々上品な感じでいい雰囲気ですよ。

この日はカウンター席に座らせていただき、料理とそれにあった日本酒がセットになった、酒蔵コースをいただきました。

席に座ると、まもなく食前酒を出していただけます。
            しもなり

こちらは、福岡のお酒で「繁枡」有名な、高橋商店が醸し出す純米吟醸で、
“酒是日本魂(さけこれにっぽんのたましい)”
何だかもの凄い名前ですが、その味わいはスッキリとしていて、食前酒としてはもってこいではないでしょうか。

これから味わう日本酒と料理への期待感をあおりますよ!

最初の料理は、和牛炙り握りと海月(くらげ)のお刺身。
              6eea2aa6.jpg


一品目から、ちょっと豪華な感じですよね(^^)

これに合わせるお酒は、三重県のお酒、八兵衛の山廃純米。
                        しもなり

和牛炙りの旨味がより一層引き立てられて、旨味を増幅させてくれるようですよ。

和牛の甘みを味わい、クラゲの心地いい食感を堪能していると、次の料理がやってきました。

次の料理はお造り。
             
おぉ!
大きなお皿に入って豪華な感じですよ(^^)
高級魚の平目、今が旬の秋刀魚、そして縞海老です。
              cfb47b09.jpg


合わせるお酒は、淡路島のお酒、“都美人の純米吟醸 薄絹”です。
                しもなり

平目に、おろしと山葵を合わせたものを薬味にいただきます。
                  72b7375d.jpg


美味いじゃないですか(^^)(^^)
平目の旨味を感じながら、その甘みを山葵がより一層引き出すような感じですね。
贅沢な気分を味わうことが出来ますよ。

そして、次の料理は焼き物。

この日は、ツボ鯛の一夜干しをいただきました。
                eb401740.jpg


何でも希少な魚なようで、「もしあれば絶対に食べてみるべし!」と魚が大好きな友人が言ってたのを思い出すなぁ・・・。

というわけで早速いただきます。

うわ!
これ、脂ののりが最高で、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)(^^)
                   しもなり

これには、岐阜県のお酒、三千盛の特醸っていう辛口の吟醸酒を燗酒でいただきました。
はい、むちゃくちゃ良く合います(^^)
しかも、比較的大きなものを出していただいたので、しっかりと堪能させていただきましたよ(^^)

そして次はいよいよ鍋料理です。
目の前に鍋がセットされます。
          480e1a3f.jpg


お、これは・・・
「温泉水の中に、豆腐が入ってます。 温泉水の中で煮込むと、豆腐がとけてゆきますよ。」
とのこと。

たしかにこれ、豆腐が半分溶けかけてますよね。

ここでちょっと、嬉野名物 温泉湯豆腐について・・・。

嬉野温泉のHPにはこんな感じで紹介してあります。

嬉野を訪れたなら、ぜひ味わってほしいのが名物温泉湯どうふ。
温泉水で豆腐をコトコト煮込むと、あら不思議!煮汁が豆乳色に変わり、とろとろの豆腐に仕上がります。
実はこれ、嬉野の温泉水だからこそできる奇跡。温泉の絶妙な成分バランスが、豆腐のたんぱく質を分解し、とろりととろけさせるのです。
飲めば胃腸にも優しい温泉水と栄養満点の豆腐とが見事に融合した健康フード。その食感と味わいはやみつきになりますよ。


へぇ、ちょっと興味湧きますよね。
ちょっとフライング・・・。
この状態にまでなった豆腐をいただいてみましょう。
                 157cd1d9.jpg


(^^)
美味い!!

濃厚で美味しい豆腐ですね。
この豆腐が溶け込んだ出汁で鍋がいただける、これはテンション上がります。

鍋の中に入れる具材は、地鶏、霧島豚、ヒラタケ、ヤマナメ、そしていろいろ季節の野菜です。
                しもなり

とりあえず、鍋が煮えるのを待ちましょうか・・・ってちょっとまてよ、
これ、ひょっとしてくみ上げ湯葉も楽しめるのでは・・・。
                しもなり

おぉ!
ホントに湯葉が出来てる(^^)

これは楽しいですよ(^^)(^^)
でも、湯葉だけで終わるわけにはいかないので、鍋に具材を入れていきましょう。
                6ff7a120.jpg


鍋が煮えたら、頃合いを見ていただきます。
           
美味い!
鍋に溶け出した豆腐のコクが最高です。
特製のポン酢、そして岩塩でもでいただきましょう。

ポン酢とさっぱりと豆腐のまろやかなコクが合わさって何とも言えない美味しさが出てきてますよ。
これ、美味しいだけではなく、ヘルシーですよね。

鍋を楽しんだ後は、にゅうめんを入れて、〆の麺か、
            ac194ed9.jpg


ごはんと入れて、チーズで味を調えて、リゾットとして楽しむことが出来ます。

リゾットの方をお願いすると、卵黄が真ん中に投入されます。
             d25be18d.jpg


そして、その玉子を混ぜていって、リゾットとして仕上げてゆきます。
            413d0362.jpg


豆腐が溶け込んだ出汁にチーズ。
最高のリゾットの出来上がりです(^^)
                   f94aee58.jpg


ここまで楽しめ、それぞれの料理にお酒も付いて、ひとり3,980円。(二人以上)
これはかなりお得だと思います。

お近くの方、そうでなくても、南森町から歩いて7~8分、
東梅田からでも徒歩10分です。
秋の夜長に、美味しい和食と日本酒、如何でしょうか?



【しもなり】   
住所:大阪市北区西天満4-2-14    MAP     
電話:06-6364-8617   
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:00)   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

キラキラネームってご存じでしょうか? ちょっと個性的な名前、インパクトのある名前、漢字で書いてあるけれども、ちょっと変わった読み方をさせる名前・・・ 表現するとそんな漢字でしょうか? 例えば、 希星(きらら)、姫星(きてぃ)、七音(どれみ)、童夢(どう ...
続きを読む
キラキラネームってご存じでしょうか?

ちょっと個性的な名前、インパクトのある名前、漢字で書いてあるけれども、ちょっと変わった読み方をさせる名前・・・
表現するとそんな漢字でしょうか?

例えば、
希星(きらら)、姫星(きてぃ)、七音(どれみ)、童夢(どうむ)、匠音(しょーん)など、
従来の名前とは、ちょっと違った名前のことをそういう風に言うそうです。

ま、アニメの影響なのか、やはり個性的な、一度聞くと忘れられない印象を持ってもらうためなのか。

でも、行き過ぎると、ちょっと大変ですよね。
一昔前、「悪魔(あくま)」と言う名前を自らのこどもに付けようとして、役所から受理されない言うような話もありましたが、名前には使える漢字とそうでない感じがあるようですね。

戸籍法では、人名に使用できる漢字については常用漢字と人名用漢字に限定されているが、その読みについては戸籍に記載されないため、全く規制がない。
住民登録においては便宜的に読みも登録するが、漢字よりも読みの方が重要視されているため、突拍子もない読みで住民登録することも可能である。


とのこと。

その結果、こんな名前も実際にあるのだとか、ないのだとか・・・。

姫凜(ぷりん)、昊空(そら)、天響(てぃな)、奇跡(だいや)、心愛(ここあ)、祈愛(のあ)・・・
(お父さん、お母さん、こどもにあまり過剰に期待するのもどうかと(^^;))

それはまだいいとして、こんなお名前も・・・
男(あだむ)、愛保(らぶほ)、頼音(らいおん)、泡姫(ありえる)、黄熊(ぷう)、皇帝(しいざあ)、今鹿(なうしか)・・・。
(もうこれは、半分いじめぢゃないかと(^^;)  黄色い熊で、ぷうって(^^;;))

さて、こどもの名前で強烈なインパクトは大変でしょうが、お店の名前ならば、
多少強烈なインパクトがあった方が面白いかもしれません。

そんな事を思いながら、十三の街を歩いていると、ちょっと目を疑うような名前のお店が飛び込んできました。
                     69cdd890.jpg


“くそオヤジ最後のひとふり”??

目を惹く暖簾に書かれたお店の名前。
知らなかったら、何屋さんなのかを確かめに近くまで見に行ってしまいますよね(^^;)

こちらのお店は、ラーメン屋さん。
でも、普通のラーメン屋さんとは少し違うのです。

何が違うって・・・・。
はい、店内ではくそオヤジが渾身の思いを込めて、最後のひとふりを・・・
ではなく、こちらのお店でいただけるラーメンは、全て貝出汁のスープなのです。

貝の旨味がギュッとつまったラーメン・・・。
では早速暖簾をくぐってお店の中に入っていきましょう。
                617abd59.jpg


店内は、カウンター席が10席と、テーブル席が6席。
外観からはちょっと想像しがたいのですが、店内は温かみのあるウッドハウスのような感じでお洒落な感じですよ。

カウンター席に座らせていただき、メニューを確認します。
                 03a81507.jpg


あさりらーめん、
しじみらーめん、
はまぐりらーめん。


基本はこの3種類のスープのラーメンみたいですね。

数量限定の“くそオヤジのまかない”どんな感じなのでしょうか?
ちょっと気になります、500円やし(^^;)
               a74d97f1.jpg


ランチタイムは、お得なセットも。
+150円で貝めし、+250円で貝ぎょうざをいただくことが出来ます。
そして、生ビールもヒューガルデンホワイトなのですね。
拘りがこんなところにも・・・期待できます。

この日の注文は、あさりらーめんに、煮玉子トッピング+貝めしでお願いしました。

いやぁ、最近ラーメン+ごはんは極力避けているのですが、“貝めし”の誘惑にはどうしても勝てなかったです。

だって、このお店に来る人って、みなさん貝の出汁が好きな人でしょ?
その出汁で炊いた“貝めし”って言われると、断れないですよね(^^;)

カウンターの中では、ラーメンが仕上げられていくのが見えます。
あ、あれが貝ぎょうざか・・・美味しそう(^^;)
これ、夜に来てたら、確実にヒューガルデンホワイトの生ビールと、貝ぎょうざも注文してただろうな(^^;)

そんなことを思いながら、待っていると、あさりラーメンは出来上がってきましたよ。
                    be5ef3f7.jpg


透明な醤油ベースのスープに、たっぷりのあさりとレアチャーシューに煮玉子、
姫タケノコに白髪葱がいい感じです。

ちょっと小ぶりに見えるこのラーメン鉢。
いえいえ、決して小盛なんかじゃないんですよ。

ご覧のようにほら、
               くそオヤジ

深さが結構あるのですよ(^^)

では早速スープからいただいてみましょう。
            36b0c4ed.jpg


うぉーっ、これはスゴイ!
何がスゴイって?
あさりの出汁が凄いんです(^^)

あさりの旨味が、ギュッ、ギュギューーーッと濃縮されて、この美味さは半端ないです(^^)(^^)

いやぁ、これはちょっと油断してましたよ。
まさかここまで濃厚な美味さを体験できるとは思ってなかったです。
これは美味い!!

それでは麺もいただきます。
               7e255f60.jpg


いいですね~!

期待通りの食感で、どんどん食べ進んでしまいます。
スープもそうですが、麺のレベルも高いですよ。

ラーメンの具材としても、あさりがたっぷりです。
                   db4ebe23.jpg


何だか嬉しくなってきますよ(^^)(^^)
店名のインパクトだけでなく、しっかり中身があるお店ですね。
なるほど、人気があるのも頷けます。

そして、セットの貝めし。
            7e65af02.jpg


貝の出汁で炊いたご飯にこれまた、貝がたっぷり!
これ、美味くないわけがありません(^^)
大葉のトッピングもいい感じですよ。

半熟煮玉子は、あさりのスープをしっかり絡めていただきましょう!
          4955c3b7.jpg


もうね、何もかもが美味いです(^^)(^^)

もちろん、スープも全て完食。
スープに貝めしをダイブさせてもダブルで美味かったかも。

貝だし醤油ラーメンの“くそオヤジ最後のひとふり”さん、
これは、しじみも、はまぐりも全品制覇しに行きたいですね!
しじみは、薄口醤油、
はまぐりは、しっかり醤油と、それぞれの味わいに合わせてベースを買えているのも楽しそうです。

次回は、しじみか、はまぐりらーめんを楽しみに行きたいと思います。
貝だしラーメン、美味いですよ(^^)(^^)



【くそオヤジ最後のひとふり】   
住所:大阪市淀川区十三本町1-3-13    MAP     
電話:06-6308-3930   
営業時間:11:30~14:00  18:00~23:30(金、土曜日は19:00 - 1:00 、土曜日はディナータイムのみ営業)
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日、第2・4月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は秋が短いような気がしませんか? この間まで暑くって、半袖で歩いていたと思ったら、今では肌寒い。 夏の次に秋を飛ばして、いきなり冬が顔を見せ始めたような感じです。 さて、秋と言えば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、紅葉の秋、行楽の秋。 そうそう、 ...
続きを読む
今年は秋が短いような気がしませんか?

この間まで暑くって、半袖で歩いていたと思ったら、今では肌寒い。
夏の次に秋を飛ばして、いきなり冬が顔を見せ始めたような感じです。

さて、秋と言えば食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、紅葉の秋、行楽の秋。
そうそう、最近電車に乗ると、遠足に行く小学生の団体とよく遭遇します。

あ・・・小学生の遠足(^^;)
ちょっと車両変わろうかな・・・。


私、小学生の頃、遠足の電車なのかで結構はしゃいでました。
でも、今となると、“出来れば違う車両に乗りたい・・・”そう思ってしまいます。
(自分のことは棚に上げてますよね(^^;))

奈良公園、私市(きさいち)へ芋掘り、須磨水族館、天王寺動物園、京都御所、法隆寺・・・。

こうやって挙げてみると、関西の小学生って、ものすごい歴史の文化財にふれられる環境が整っているのですね。
京都・奈良が遠足で行けること、考えてみるとスゴイこと! なんだそうです!)

さて、そんな遠足で楽しみなのが、お弁当とおやつ。
「先生、バナナはおやつに入りますか?」
はい、お約束の質問です(^^;)

弁当箱の中に入っていればOKで、単体ならばおやつ。
そんなこと言われたような気もします。

さて、果物と食事を一緒に取るって、私がこどもの頃は考えられなかったです。
(デザートとしてではなく、食事として)

ハンバーグにパイナップル、鴨のオレンジソース、ミートボールにブルーベリージャム、酢豚にパイナップル・・・。

これらのメニュー、はじめて見たときは衝撃でした。
(食べず嫌いってやつでしょうかね(^^;))

でも、食べてみると、意外と美味しい(^^)
とはいえ、和食では中々ないですよね・・・・。

そう思っていると、和食にもありました。
                     4dc6abc4.jpg


秋刀魚のお造りと柿。

これがちょっと目から鱗ものでした(^^)

この日にお伺いしたのは、京阪電車、土居駅の近くになる和食のお店、
“四季旬菜 花音(かのん)”さん。
                          ba44d596.jpg


この日は、月に一度開催されている、“花音”さんのお酒の会にお誘いいただき、行って来ました。

店内は、L字型のカウンターがあり、9席。
               花音

どの席にも店主の目が行き届くようになっていて、ゆったりとしていますよ。

席に着くと、この日のお品書きが置いてあります。
              c866fad0.jpg


前菜からはじまり、御椀、造里、小鍋、揚げ物。
そして、最後は珍味。
「それぞれの珍味に合うお酒をお好きなだけお楽しみ下さい。」
とのこと。
何だか嬉しくなります(^^)

まず、最初のお酒、埼玉県の琵琶のささ浪の純米酒をいただきます。
                ee665699.jpg


そして、合わせる料理は、“秋刀魚 三種の果実と黄味酢添え”。
               469b497e.jpg


秋らしく紅葉が飾ってあったりして、見ているだけでも癒されますよ。

秋刀魚と果実。
これがちょっとビックリするほど美味いんです!
そのままでも美味しいのですが、日本酒を合わせると、その真価を発揮します。
一品目にして素晴らしい!
このお酒の会、はじめて参加させていただいたのですが、この料理をいただき、お酒とのマリアージュを感じ、
緊張感が一気にほぐれて、たちまち花音さんの料理の世界に引き込まれてゆく感じです。
                      25b9d76b.jpg


柿、葡萄、梨。
秋らしさを表現しながら、しっかり堪能
最初から大満足です。

因みに、添えられてあるこの食用菊の名前は「もってのほか」
何故そんな名前なのか・・・。
菊と言えば、天皇家の紋章。
その菊を食べるなんて、“もってのほか”。

そこから着いたネーミングなのだとか。

そんな話を聞きながら、お酒を楽しんでいると、次の料理がやってきましたよ。

椀もので、胡麻豆腐 結び湯葉 三つ葉 若布。
                    b8d66310.jpg


そして、これに合わせるお酒は、淡路島のお酒で、“都美人の純米吟醸 薄絹”。
                 花音

このお酒、冷やでいただくと、その名前の通り優しい感じの味わいです。
でも、料理と合わせていくと、その存在感を醸し出していくのですよ。

そして、この料理で特筆すべき事は、この胡麻豆腐の美味しさ。
               1eabb680.jpg


市販の胡麻豆腐とは明らかに違うその食感は、一口食べるとその感覚が忘れられなくなります。
そして、口の中で胡麻の心地良い香りと濃厚な味わいが一気に広がってゆくのです。
“胡麻豆腐がちょっと苦手・・・”そんな方にも是非食べ得てみて欲しい逸品ですよ。

そして、次の料理は造里。
         2c600230.jpg


この日は、カンパチと戻り鰹の二種盛りをいただきました。

合わせるお酒は、福井県のお酒、花垣の米しずく 山廃純米。
            花音

先ずはお酒を単体で味わいます。

華やかでありながらも、旨味が素晴らしい。
そして、造りと合わせてみると、
             28a430e3.jpg


おぉ!
ドーンと広がりを見せますよ(^^)

こうやって、一品一品しっかりと味わいながら楽しめる。
今まで気がつかなかった味わいにも出会えて、本当に楽しいですね。

次の料理は小鍋。
この日は、合鴨 木の子鍋仕立てです。
           花音

目の前に青いて合ったコンロに固形燃料が入れられ、火が点ります。
煮立つのを待つ間に、この料理に合うお酒をいただきます。

岩手県 天の戸 特別純米 美稲を燗酒でいただきます。
           花音

鍋が出来る前に、ちょっとフライング・・・。
うん、素晴らしい旨味のお酒ですね。
冷やでいただいても美味しいでしょうが、こうやって燗酒にすると、眠っていた旨味がより一層目覚めるような感じがします。

お、そろそろ煮立ってきたようですよ!
             花音

では、小鉢にとっていただきましょう。
               e8b498ed.jpg


(^^)(^^)(^^)
これは美味い!
鴨、美味い!
きのこ、美味い!!
そして、何よりも、出汁が美味すぎます(^^)(^^)


鴨から出た出汁、そしてキノコから出た出汁と、いただいているうちにどんどん美味しくなってゆくのです。
いやぁ、出汁だけでも充分お酒が飲めてしまいそうですよ(^^;)

いえいえ、料理はまだ続きます。
しっかり美味しい料理とお酒を味わいましょう。

次の料理は、揚げ物。
名残り鱧 鳴門揚げです。
               c400aa67.jpg


鱧の身で巻いて揚げてある、鳴門揚げ。
その中身は、ヤングコーン、パブリカの赤と黄色、エリンギ、アスパラです。

レモンをちょっと絞り、紅塩をパラリとかけていただきましょう。

うわぁ・・・これも素晴らしく美味しい(^^)(^^)

そして、揚げ茄子田楽です。
             花音

シンプルだからこそ、感じる旨味がある。
そんな感じの料理ですね。

これに合わせるお酒は、三重県のお酒、天遊琳の特別純米瓶囲いを燗酒でいただきました。
         
ホント、しみじみ美味いですね。
秋の夜中に美味しい燗酒。
かなりオススメですよ(^^)

そして、ここからは、珍味を楽しむ時間です。

馬肉カルパッチョ、
     31cecf6f.jpg


クリームチーズ塩昆布和え、
           0013e44f.jpg

      

水菜明太マヨ和え、
       27088b31.jpg

           
辣油奴、26963757.jpg



メカブ長芋和え、99b79b06.jpg



カニ味噌竹輪焼、daf99b84.jpg



ふぐ皮の煮こごり。
      9980bd05.jpg


最後に珍味のテーマパーク。
これらの珍味に先程までいただいた日本酒の好きなものを好きな飲み方でいただくことが出来ます。
             5cf94040.jpg


“あのお酒を今度は燗酒で、そのお酒を冷やで飲んでみたらどうなるのかな・・・”
そんなことを思いながら、自信でマリアージュを楽しみ、発見出来るかもしれません。
                  花音

これだけ充実した内容のお酒の会、
何と、ひとり5,000円で楽しむことが出来るのです。

席数が9席で、いつも常連の方で賑わっているので、予約はかなり厳しいかと思いますが、普段の営業でも、この、いえ、これ以上のクォリティの料理をいただけることは確実です。

京阪土居駅から、徒歩約5分、“四季旬菜 花音”さん、
知っておいたら絶対に損しないお店だと思います。

また、私も必ず再訪させていただきたいと思います。



【四季旬菜 花音(かのん)】   
住所:大阪府守口市馬場町1-5-1    MAP     
電話:06-6991-1077   
営業時間:17:00~  (営業時間はお問い合わせください。)   
煙  草:喫煙可
定休日:なし    
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんは「くじ運」、ある方でしょうか? そういえば、“これっ”ってものに当たった記憶があまりないなぁ・・・。 駄菓子屋のラッキーカード、これはある程度買えば当たるのですが、チョコボールに関しては、銀のエンジェルは何度か当たりましたが、金のエンジェルは ...
続きを読む
みなさんは「くじ運」、ある方でしょうか?

そういえば、“これっ”ってものに当たった記憶があまりないなぁ・・・。
駄菓子屋のラッキーカード、これはある程度買えば当たるのですが、チョコボールに関しては、銀のエンジェルは何度か当たりましたが、金のエンジェルは実物を見たことさえないです。
(ホントに存在するのかって疑ってしまうほど(^^;))
                    幸福粥店、阪急

商店街の大売り出しの時にやってる福引き。

あれも、毎回同じような色の玉しか出てなかったような。
あ、1回だけ当たったぞ、10円玉のつかみ取り!
                  fb605723.jpg


でも、その時の1等賞は、たしか1000円札のつかみ取りだったような(^^;)

♪ハガキで当てよう、車と壱万円♪
あはは、当たるわけないか、リクエストのハガキ出さんかったら(^^;)

1等賞に賞品は、香港マカオの旅!

そういえば、香港とマカオってセットでしたよね、何故か。

私が香港に行ったには、まだ中国に返還される前の1991年。
そういえば、その時マカオにも行ったなぁ。
はい、カジノにも。

カジノではどうだったかって?

いやぁ、しっかり洗礼を受けましたよ(^^;)
印象的なのは、サンダル履きの現地のおばちゃんが、胡椒して買っても濃いんが出てこないスロットに怒って、
「Pay! Pay!!」っていいながら機械を蹴り倒してたのを見たことぐらいかなぁ・・・
(あのおばちゃん、その後どうなったのかは知りませんが(^^;))

それでも、香港の料理は美味しかったです。
安いんだけど、かなり美味い。
その時に、中華料理の印象ががらりと変わりました。

日本の中華料理のように派手さとコッテリ感はないけれど、真面目で美味しい中華料理。
なぜ、中華料理が世界三大料理に入るのかが何となくわかったような気もしました。

そして、香港と言えば、お粥。
朝食には、何処に行っても高い確率でお粥が出てきます。
日本でイメージする、体調が悪いときに食べるお粥と違って、中華料理のお粥は立派な料理、美味いんです(^^)

先日、日本でも美味しいお粥が食べられるお店、阪急うめだ本店にある“幸福粥店”さんに行って来ました。
                      fa1b64c5.jpg


こちらのお店に来るのは、実はもう3回目。
(本町、堂山(幸福飯店)にもお店がありますが、来やすいのでついつい(^^))

お粥だけではなく、真面目で美味しい中華料理がいただけることで、すでに大人気のお店なのです。

本町の幸福粥店や、堂山の幸福飯店は、香港の屋台のような庶民的な感じが現地でいただいてるような雰囲気。
それにたいして、こちら阪急うめだ本店は、高級店を感じさせる落ち着いた雰囲気ですよね。

店内に入り、テーブル席に案内していただきます。

こちらのお店、“粥店”という名前は付いても、お粥だけではなく、美味しい本格的な中華料理を楽しむことが出来るのです。

早速メニューを確認します。
幸福粥店、阪急 幸福粥店、阪急

飲み物はとりあえず生ビールを。
あ、瓶ビールは赤星ですね!これも後で注文しよう(^^)

秋のオススメ、スピードメニュー。
とりあえずこの辺からちょっとと、
9f52b8da.jpg
 cd327a62.jpg


粥、前菜、一品、点心、麺、デザート。
アラカルトでいろいろと好きなものを。
07f1b268.jpg
 af55598c.jpg
 1dbd7bc9.jpg


ディナーセットとアラカルトを組み合わせても楽しそうですね。
67d34f3a.jpg
 f62fbafd.jpg


アフタヌーンティーや、ティーセットも。
そういえば、点心を摘みながら、お茶を飲むこと、“飲茶”って言いますもんね。
幸福粥店、阪急 幸福粥店、阪急

この日の注文は、福福ディナーセットをひとつと、後はアラカルトでいろいろと。
こうやって組み合わせるのも楽しいです。

先ずは生ビールで乾杯!
                     b7117bed.jpg


疲れが吹き飛びます(^^)(^^)

ビールでのどを潤していると、早速最初の料理がやってきました。
                      0608c8ca.jpg


蒸し鶏広東葱塩ソースです。
柔らかくて、めっちゃ美味い!
この料理、ここに来ればほぼ毎回注文してしまいます。

そして、海老とアボカドのチャイニーズマヨネーズ。
              29e21cdc.jpg


ほぉ、これはおもしろい組み合わせですね。
それにしても、このマヨネーズ、めっちゃ料理と合いますよ!

つぎは、エビマヨ。
               665d4d17.jpg

                       
エビとマヨネーズって、ただ単につけるだけでも美味しいのに、こうやってちゃんと料理されると、その何倍も美味しいですね!
ついつい食べ過ぎてしまうの、わかります(^^;)

あまりにも、ビールがすすみすぎてしまうので、今度はサッポロラガー、
はい、「赤星」と呼ばれるやつです。
               幸福粥店、阪急

この苦みがいいんですよね。
食がすすみますよ!

次の料理は、名物の小籠包。
                17c6fce3.jpg


ここの小籠包、専門店にも決して負けない美味しさです。
中のスープをこぼさず、そして火傷しないように気をつけて・・・
                ae8a9e2f.jpg


美味っ!

相変わらずのクォリティです(^^)

そして、麻婆豆腐。
              93c08013.jpg


ここで麻婆豆腐を食べたら、もう日本式の麻婆豆腐には戻れないかも。
ピリッとした、辣の辛味と、しびれるような麻の刺激。
こいつはクセになりますよ!

水餃子。
              a00031a2.jpg


もっちりした食感の水餃子にピリ辛のタレ。
ビールがすすみます。

そしてこちらは、ピータン豆腐。
                        73ee2031.jpg


ここのピータン、臭みがなくて本当に美味しいですよ!
豆腐とピータン、素晴らしい組み合わせですよね(^^)

次は、芝エビの蒸し餃子。
                 dfc7f3c9.jpg


もっちりとした皮にプリップリの海老。
これはもう、喜ぶしかないでしょう(^^)(^^)

そしていよいよこちらのお店の看板メニュー、お粥の登場です。
             b359f0a0.jpg


いただいたのは、海鮮粥。
はい、文句なしに美味しいです。

本当はたっぷりフルサイズの(セットのお粥は少し小さめ)お粥を存分に味わいたいのですが、
料理が美味しいのでついついいつもセットでお願いしてしまうのです。

デザートには、胡麻団子をいただきます。
                3ebf3750.jpg


黒ゴマの餡に黒ゴマがまぶされた胡麻団子。
ダブルの黒ゴマで、健康にも良さそうですよ!

いつ来ても、期待を裏切らない美味しさ。
阪急うめだ本店にできて、本当に来やすくなりました。
あっさりとお粥をいただけるヘルシーなランチにも、
ガッツリと美味しいちゅうかを食べたいときにも嬉しい存在のお店です。

これから寒くなってきても頼りになります。
温かいお粥、美味しいですよ(^^)




【幸福粥店(ハッピーコンジー) 阪急うめだ本店 】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店12F    MAP     
電話:06-6313-1484   
営業時間:11:00~22:00(金・土・祝日前は23:00まで営業)L.O.は閉店30分前。    
煙  草:終日禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
      

お店のHPはコチラ
阪急うめだ本店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しい料理には美味しいお酒を合わせていただきたいですよね。 双方が引き立て合って、素晴らしいマリアージュを醸し出す。 この世界に嵌ってしまうと、簡単には抜け出すことが出来なくなります。 逆に、「か、勘弁してよ~(^^;)」って組み合わせのお酒と食べ物もあ ...
続きを読む
美味しい料理には美味しいお酒を合わせていただきたいですよね。

双方が引き立て合って、素晴らしいマリアージュを醸し出す。
この世界に嵌ってしまうと、簡単には抜け出すことが出来なくなります。

逆に、「か、勘弁してよ~(^^;)」って組み合わせのお酒と食べ物もありますが・・・。

ちょっと昔ならば、肉には赤ワイン、魚には白ワイン、焼肉にはビール、中華料理には紹興酒、和食には日本酒・・・。

そんな感じで“常識”とされていました。

でもそれ、本当でしょうか?

そう思い、自宅でいろいろ試してみると、結構おもしろい組み合わせを見つけたりして。

でも、やはり美味しい料理には美味しいお酒を合わせたい・・・。

そんな思いを持つ方が結構いらっしゃるのか、最近は持ち込みOKのお店も増えてきましたよね。
もちろん、持ち込み料が必要であっても大丈夫です。
決して、安くあげるのが目的ではなく、美味しい組み合わせを楽しみたいから...

でも、ワインの持ち込みがOKのお店は多いのに対して、日本酒の持ち込みOKといってるお店って少ないですよね・・・。
(あ、こだわりの日本酒を扱っていらっしゃるお店ではそんなことしませんが(^^;))

料理が美味しくて、でも、お酒には拘ってない。
そして、日本酒の持ち込みOKのお店って何処かにないでしょうか(^^;)

さて、持ち込みと言えば、ここ何年か、ボージョレーヌーヴォーの季節に、いろんなボージョレーヌーヴォーを持ち込んでワイン会をさせていただいているお店、
南船場にある“poco a poco(ポコアポコ)”さん。

先日、ランチをいただきに行って来ました。
                     ポコアポコ、ランチ

お店に到着したのは、まだお昼と少し前。
店内に他のお客さんはまだ誰も居なくて、「お久しぶりです!」何て声をマスターにかけながら、カウンター席に座らせていただきました。
         ポコアポコ、ランチ

メニューをカウンターの上に置いていただきました。
                                    ポコアポコ、ランチ

この日のランチは、

1. 北海道 ほたて貝柱と 葛城 しめじのソースのスパゲッティ
2. 葛城 小松菜とミートソースのスパゲッティ
3. 葛城 ポコアポコの野菜リゾット

の3種類の中から選びます。

この日は、北海道 ほたて貝柱と 葛城 しめじのソースのスパゲッティをお願いしました。

しばらくすると、パンを先に出していただきました。

「ちょっとパンの温度が高いので、別添えで出しますね」

そう言って、玉ねぎのムースを別添えで出していただきます。
           ポコアポコ、ランチ

こちらのお店の“玉ねぎのムース”

これがめちゃくちゃ美味いんです(^^)(^^)

ランチでは、バケットの間に挟んで出していただくようですが、
今回は直接たっぷり塗っていただきます。
                           34131bbf.jpg


うわー!
相変わらず、めちゃくちゃ美味い(^^)(^^)
これ目当てで、こちらのお店に来られる方もいらっしゃるかもしれませんね。

こちらのカウンター席では、厨房の中で料理が仕上がっていくのを、ワクワクした気持ちで
楽しみながら、出来上がるのを待つことが出来ますよ。
                241149dd.jpg


この間にも、次々とお客さんが入ってこられ(何と、私の他は全て女性のお客さんばかりでした。)
あっという間に満席に。

しかも、偶然にも8割の方の注文が、“北海道 ほたて貝柱と 葛城 しめじのソースのスパゲッティ”なんですよ。

そんなことを思っていると、スパゲッティが出来上がってきましたよ。
                         ポコアポコ、ランチ

貝柱、しめじ、トマト、小松菜と本当に具だくさん!
見ているだけでも楽しくなってきますよね(^^)

それでは早速いただきます。
                              fe0cbd9f.jpg


あ、パスタの加減がバッチリ!
これは美味い(^^)
ソースを服に飛ばさないように気をつけながら食べないといけないのはわかっているのですが、
あまりにの美味しさに、フォークを持つスピードが自然に上がってしまいますよ(^^;)

具材のホタテは絶妙な火の通り方で、甘みが口の中に広がってゆきますよ。

確かに、これだけ具だくさんで美味しかったら、人気があるのも頷けますね。
                      ポコアポコ、ランチ

ヘルシーなシーフードと野菜っていうのも、人気の理由なのでしょうか。

気がつくとお皿の上は空っぽで、完食してたって感じです。

以前、夜にお伺いしたとき、料理のクォリティの高さに感動しました。
そして、今回のランチのスパゲッティもかなり満足出来るものでしたよ。
この日は、人気が“北海道 ほたて貝柱と 葛城 しめじのソースのスパゲッティ”に集中していましたが、他の2つも確実に美味しいと思われます。

南船場界隈にお越しの際に、パスタが食べたくなったら、是非立ち寄ってみて下さい。
あ、玉ねぎのムースも感動的な美味しさですよ~!




【poco a poco(ポコ ア ポコ)】   
住所:大阪市中央区南船場2-10-23    MAP     
電話:06-6241-3009   
営業時間:11:30~14:00  18:00~24:00   
煙  草:
定休日:日曜日   
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

買い物に行くと、よくこんなPOPを見かけませんか? 「本日のおすすめ! お得です!!」 さて、本当にこれがいいのかどうか迷ってしまうことがありますよね。 かと思えば、ほっといても勝手に売れていく商品。 そういえば、先日サントリーが発売した、「ザ・プレミ ...
続きを読む
買い物に行くと、よくこんなPOPを見かけませんか?

「本日のおすすめ! お得です!!」

さて、本当にこれがいいのかどうか迷ってしまうことがありますよね。

かと思えば、ほっといても勝手に売れていく商品。
そういえば、先日サントリーが発売した、「ザ・プレミアム・モルツ〈コクのブレンド〉」、これ売れすぎて生産が追いつかなくなって、しばらくは販売休止だそうですね。

私もいただきましたが、たしかに美味しいんです(^^)
それに対抗してかどうか、エビスビールも今、琥珀エビスを販売してますよね。
(こちらも負けずにいい感じですよ(^^))

さて、過去にも売れすぎて販売休止になった商品っていくつかありましたよね。

ガリガリ君コンポタ味、
チーザ、
PASMO、
サントリーオールフリー、
すかいらーくガストのはみ出るビーフステーキ、
カップヌードルごはん・・・。


他にも、販売休止まにはならないものの、人気が集中して手に入りにくかったものも。

桃屋の「辛そうで辛くない 少し辛いラー油」、
堂島ロール、
iPhone5sのゴールド・・・。

いつ行っても必ずある、いつ行っても必ず食べられる。
そんな安心感も絶対に必要なのですが、商品もお店も多少希少価値があったほうが、それが達成できたときは嬉しかったりします。

さて、営業時間がまちまちだとか、いつ行っても長蛇の列と言った感じでもないのですが、
ある意味希少価値があるお店だと言っても良いのではないかと思うお店に先日行ってきました。

本町通りと松屋町筋が交差する、「内本町2丁目」の交差点の南西。
そこに、この日におじゃまさせていただいた“Iloilo(イロイロ)”さんはあります。

一見すると、ごく普通の大阪の街角にある交差点。
しかし、その一角はこんな感じ。
237228fb.jpg
 4df8e8d9.jpg


まるで、アジアの町並みに紛れ込んでしまったかのような錯覚に陥ります。

お店の紹介が書かれたプレートが、玄関の横に掲げてあります。
               イロイロ

1Fがスパイスや現地の雑貨を売るところ、
2Fが旅先の食堂で出会った、思わず笑顔が溢れるスパイスを使った料理がいただけるレストラン、
3Fが秘密の旅先を巡り巡って買い付けた、可愛くおかしな雑貨たち。


こう買いてありますよ。

店内に空席ができたようなので、案內していただきます。
イロイロ

客席は2階とのことなので、階段を使って2階に上がってゆきます。

おぉ!
これはまた、小さなプライベート空間のような感じですね。
          365c7951.jpg


2階の客席は、2人掛けテーブルが3つ。
はい、たった6席なのです。

テーブル席に座り、メニューを見せていただきます。
0b00fde1.jpg
 イロイロ

といっても、こちらのお店のランチメニューは、“インドの定食”です。
このインドの定食には、3種のカレー(またはスパイス料理)とライス、アチャールなどが一つのプレートに乗っかって出てくるみたいですね。

注文はもちろんこのインドの定食。
それと、アイスチャイをお願いしました。

6席と言っても、カウンター席の6席と違って、2人掛けテーブル席の6席。
ということは、実質3組までしか同時に入店できません。
でも、そのこだわりがこの心地いい空間を作っているのでしょうね。
              0846f607.jpg


カラフルな壁が綺麗です。
天井を見上げると、
             イロイロ

これまたカラフルで楽しい気分になってきますよ(^^)

あ、3Fというのは、この部分ですね。
上がると、雑貨が飾ってあるのでしょうか?

異国ムード満点の中、カレーが出来上がってくるまでの時間を楽しみます。

お客さんも小さなお子さんを連れた女性(ママ友かな?)、男性二人の方、そして私のような一人と、いろんなお客さんがいらっしゃいます。
人気ですよね。

そうこうしているうちに、私が注文したインド定食が出来上がってきました。
               6cfe6667.jpg


「今日は、チャパティがないので、ご飯の盛りを多くしておきましたね」とのこと。

この日のカレーはチキンとダルの2種。
         61fdadbb.jpg


そして、サモサが付いてますね。
               3176b900.jpg


こうやって見ると、このインド定食、こちらのお店のインテリアにもバッチリとマッチしてますよね。
                イロイロ

味わいは、舌で感じるだけでなく、目でも楽しませてくださるって感じでしょうか。
ちょっと奥が深そうですよね(^^)

では、早速ご飯にかけていただきましょう。
                a879c7de.jpg


お、これは美味しい(^^)(^^)
辛さはほとんどなく、それでもスパイス香りは素晴らしく心地いいですよ(^^)

そして、特筆すべきはこの御飯。
               33d26767.jpg


スパイスと一緒に炊いてあって、それがすごく風味がいいのですよ。
スパイス好きにはたまりません。

チキンの方もいただきます。
                 3ddd1405.jpg


うん、これもいい(^^)(^^)
チキンの旨味とスパイスの鼻から抜けていく感じがとても心地いいですよ!

サモサもいただいてみましょうか。
                       6e8ee045.jpg


私の好みとピッタリなのか、やたら美味しいです(^^)(^^)

間に アチャールをいただいたりして、いろんな楽しみ方でカレーを味わいます。
                      93a4c650.jpg


そして、最近ちょっと嵌っている食べ方を・・・。
                   391d8bb4.jpg


そう、
こうやって混ぜて食べると絶対に美味しいはず。

それでは・・・。
                5795613f.jpg


(^^)(^^)(^^)
やっぱり、めちゃくちゃ美味しい!
いろんなカレーをいただけば、いただくほど奥の深さに嵌っていくようです。

最近、激辛とか辛いだけのものから遠ざかっている(辛いもの好きは好きなのですが)せいか、辛くなくてもきちんとスパイスの風味を感じることが出来るようになって良かったと、このカレーをいただきあらためて思いました。

食後には、アイスチャイもいただき、しばし癒しの空間を満喫します。
                   イロイロ

こちら、iloiloさん、小さなお店ではありますが、都会に中にあるこの癒しの空間、これを一度感じてしまうと、ついつい足が向いてきてしまうのも納得ですね。
若いご夫婦お二人で切り盛りされているのですが、そのていねいな接客も人気に一つではないでしょうか。

カレーは、日替わりで色々出しているとのことで、今後も再訪させていただくことは間違いないと思います。



【iloilo(イロイロ)】   
住所:大阪市中央区本町橋7-19    MAP     
電話:06-6941-1666   
営業時間:8:00〜10:00  11:30〜14:30  17:00〜21:00 (土・日・祝は、12:00〜21:00)   
煙  草:
定休日:月曜日
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

賄いから生まれた・・・・、 限定! 店主の賄いランチ、 やってみたら美味かった!・・・ そんな感じで書いてあったら気になりませんか? 何だか普段は食べることが出来ない特別なものにありつけそうで。 料理を作り人だけが味わうことが出来る特別な部分。 そう ...
続きを読む
賄いから生まれた・・・・、
限定! 店主の賄いランチ、
やってみたら美味かった!・・・


そんな感じで書いてあったら気になりませんか?
何だか普段は食べることが出来ない特別なものにありつけそうで。

料理を作り人だけが味わうことが出来る特別な部分。
そう書いてしまうと聞こえはよいのですが、実は見た目があまりよろしくなく、
お客様に出せない部分、でも、食べてみると案外これが美味かった! そんな部位が賄いになることが多いようです。

マグロの中落ち、
食パンの耳の部分、
巻き寿司の端っこの部分、
だし巻きの端っこの部分、
焼き豚の端っこの部分・・・。


あげていくとキリがないのですが、こういうところって本当は結構美味しいですよね。

それと、賄いにはなりませんが、チーズフォンデュを食べていて出来る、鍋の底のおこげの部分。
                   950feec0.jpg


あ、これはちょっと上品すぎますね(^^;)

でも、こんなアミューズが出てきたら、素敵だと思いませんか?

この日に、お伺いさせていただいたのは、阪急うめだ本店の12階にある、
野菜にこだわり、本当に美味しい野菜を提供してくれるイタリアンのお店。
“イルデジデリオ・オルタッジョ”さん。
                      ebf89919.jpg


こちらのお店、以前お伺いしたときに、アラカルトで軽くいただいたのですが、その美味しくて、真面目な料理に感動したものです。

この日は、その美味しい森の中のイタリアンを堪能させていただきたく、10名のグループでお伺いさせていただきました。

この日は、旬の食材が盛りだくさんに使われた期間限定のおまかせコースと、それらの料理に合うグラスワインを選んでいただく、ソムリエ厳選グラスワインセット(白2杯、赤1杯 )をいただきました。

前回お伺いしたときは、時間も遅めで予約もなく飛び込みで入店したので、店内真ん中あたりの席でしたが、
この日は、9階の祝祭広場を見渡すことが出来る席へ案内していただきました。
                     4020825c.jpg


開放的でいい感じですよね。

この祝祭広場が見渡せる席はいくつかあって、カップルにピッタリのこんな席も用意してあったりします。
                イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ

まずは、グラスのスパークリングワイン、スプマンテで乾杯。
                    イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ

これはコースの中には入っていませんが、最初の一杯はやはり華やかに!
ということで、別にお願いしました。

きめ細やかな泡が心地良く美味しいです(^^)

そして、このスプマンテに合わせて、茸のブロードと小さなトルテッリーニ。
                  7299dca5.jpg


先ほど冒頭の写真に載せさせていただいたのが、一緒に添えられていた、パルミジャーノのせんべいとグリッシーニです。

美味しいです。
最初の料理から、その世界に引き込まれていくような感じですね。

この後には、こちらのお店自慢の、“森の中のイタリアン 前菜の盛り合わせ”が登場します。

この日も、事前にメニューカードをいただきました。
              407cccc7.jpg


こちらの料理には、このワインを合わせていただきます。
          e6df883a.jpg

              2011 D’Amble Bianco / CA’di Frara Lombardia
素晴らしい香りのワインです。

さて、実物の料理はどんな感じでしょうか・・・。
                 66e0a74c.jpg


おぉ!
やっぱり綺麗でいい感じですね。
見ているだけでも、自然と笑みがこぼれますよ(^^)

左上から、
「小さなバーニャカウダ」
            664127f8.jpg

      ニンニクの代わりにカリフラワーを用い、アンチョビと合わせたソースが野菜の旨味を引き立てます。



「真鱈のヴァポーレ赤キャベツのピクルス黒オリーブソース」
            1a4529b8.jpg

               旨味のある真鱈に赤キャベツの風味が引き立ち美味しいですよ(^^)



「コウイカのグリルと紅芯大根のオリーブオイル煮 ボラのカラスミ添え」
           2995fb38.jpg
 
         小さなピンチョスながら、その存在感は秀逸。
         イカは激しくグリル、大根は優しくゆっくりと火を入れ、相性の良いからすみと共に味わうその美味しさと来たらもう(^^)



「ひよこ豆と軽いトマトのクレーマ海老のポルペッティ」
        abe86078.jpg

         これがひよこ豆の料理とは、教えていただくまでわかりませんでした。
         でも、いただいてみるとその風味がしっかりと。海老との相性も抜群で、ついついワインがすすんでしまいます。



「生ハムを巻いたマコモ茸のグリル」
         55d8e975.jpg

        甘く香ばしいマコモダケと生ハム。
        この組み合わせはちょっと思い浮かばないかもしれませんよ! 美味しいです(^^)



「こんがりとローストした山芋と新さんまのマリネ」
            29debe42.jpg

              サンマを山芋とバルサミコ酢。
              その絶妙な味わいと見た目の美しさに感動です。



「ボローニャハムのペーストを詰めたマッシュルームのオーブン焼き」
          0decf784.jpg

      マッシュルームをそのままオーブンでローストし、その中にボローニャハムのペーストを詰め込んで仕上げてあります。 
      マッシュルームの香りとボローニャハムの旨味が素晴らしく合いますよ。



「有機人参とズッパ マスカルポーネチーズと蜂蜜のムースを浮かべて」
               889e7458.jpg

           このムースがまた美味い!
           口の中で鶏ける旨味をワインと共に味わうと、至福のひとときがやってきます。



「冬瓜とマグレ鴨のローストオレンジのマルメッラータ添え」
            fd29fb16.jpg

         フォワグラを感じさせる旨味を持った、マグレ鴨の味わいと香ばしく焼いた冬瓜と好相性です。
         また、オレンジのマルメッラータの酸味と苦みが良いアクセントになってますよ(^^)



これだけの前菜の盛り合わせをいただくと、それだけでも満足してしまいそうになるのですが、そうも言ってられません。
そんなことを考えていると、次の料理、パスタが運ばれてきましたよ。
             323a3e52.jpg


これは、手打ちバヴェッテ。
北海道産の北寄貝と帆立貝 チェリートマトとルーコラセルバティカです。

このオレンジ色のパスタの色合い、これは濃厚な卵黄が練り込まれているからだそうです。
いただいてみると、そのもっちりした食感が印象的。
そして、北寄貝と帆立貝の旨味と甘みが素晴らしいのです(^^)(^^)

これに合わせるワインはこれ。
       イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ
         2011 Vermentino di sardegna “is Alrgiolas / Argiolas sardegna

ソムリエ厳選料理に合わせたワイン。
これは値打ちがありますよ(^^)(^^)

そして、次は肉料理。
奈良県産もち豚のロースト 旬菜と秋トリュフのプレアです。
                   イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ

トリュフが贅沢にもたっぷりと散りばめられてますよね。

この料理に合わせるワインはこれ。
              a3886505.jpg

               2008 Vino Nobile di Montepulciano / Avignonesi Toscana

力強い赤ワインです。

では、早速もち豚のローストをいただきます。
                c9d7a8ae.jpg


おぉ!
濃厚で味わい深いです。
トリュフとソースを良く絡めていただくと、その旨味がより一層引き立ちますよ。

じっくり旨味を感じ、赤ワインとのマリアージュもしっかり楽しめますよ(^^)(^^)

そして最後はデザートを。
           36e53431.jpg


奥から、豆乳パンナコッタ、
鳴門金時と黒糖のロールケーキ、
ヨーグルトソルベとオリーブオイルです。

それにしても、ヨーグルトソルベとオリーブオイル何て組み合わせ、ちょっと思い浮かばないですよね。
でもこれがものすごく美味しいのですよ(^^)

美味しいエスプレッソもいただき、大満足のコースです。
959477f5.jpg
 イルデジデリオ・オルタッジョ、レセ

外観からもお店の中に入っても高級感たっぷりの“イルデジデリオ・オルタッジョ”さん。
でも、こちらのお店、その内容を考えるとものすごくお得だと思います。
イタリア料理に詳しくなくても、ワインのことがわからなくても全く心配はいりません。
お店に方におまかせすると、想像以上に完璧にエスコートしていただくことが出来ますよ。

大切な方とのディナー、
仲間内での気軽な食事会、どんな場面にも対応していただけると思います。

前回、今回ともいつ来ても満足することが出来るお店ですよ。
毎月変わる“森の中のイタリアン 前菜の盛り合わせ”も楽しみですね。

ぜひまた、再訪させていただきたいと思います。




【il desiderio ORTAGGIO(イルデジデリオ・オルタッジョ)】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 12F    MAP     
電話:06-6313-1526   
営業時間:11:00~22:00 (金・土・祝前は11:00~23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
駐 車 場:なし(周辺に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、最近居酒屋に行く事って少ないなぁ・・・。 そう感じていらっしゃる方、少なくないのでは? だからといって、飲む機会が減っているのではない事実。 飲みに行くけれど、居酒屋ではなく・・・・ では、どういったところで飲んでいるのか。 立ち呑み ...
続きを読む
そういえば、最近居酒屋に行く事って少ないなぁ・・・。

そう感じていらっしゃる方、少なくないのでは?

だからといって、飲む機会が減っているのではない事実。
飲みに行くけれど、居酒屋ではなく・・・・

では、どういったところで飲んでいるのか。

立ち呑みフレンチ、
イタリアンバル、
地ビールのお店・・・。
地酒が美味い和食のお店、


それとも、餃子の王将、
サイゼリヤ、
回転寿司・・・。


「飲みに行こう!」というよりも、「何か美味しいものでも食べながら、美味しいお酒を!」っていう感じになってるのでは。
もしくは、安くて美味しいお店で気軽に!
そんな感じでしょうか。

“居酒屋で飲む”から、美味しい料理を提供してくれる“ホンモノのお店でちょっと一杯”
そういう選択肢も素敵だと思いますね。

さて、ホンモノと言えば、先日「ホンモノの美味しい洋食をいただきながら、飲みませんか?」とお誘いいただきました。

ホンモノの洋食。
ときめきますよね(^^)

そんなホンモノの絶品洋食を味わうことが出来る、
堺筋本町にある“フクモト”さんにお邪魔させていただきました。
                           77f31cde.jpg


お店の前には美味しそうな料理の写真の数々。
引き込まれるようにして、暖簾をくぐって店内に入ります。

店内は、昭和チックでモダンな感じ。
何だか落ち着く雰囲気がありますよね。
         a96f754e.jpg


テーブルに座ると、何だか見慣れないものが目の前に置かれます。
          87472c6e.jpg


「おしぼりです。ポットの中にあるお水をかけていただくと、膨らんでいきますよ」
            65b1f0df.jpg
 4b200d29.jpg


なるほど!
これはちょっと楽しいですね(^^)
こんな遊び心があるところも好感が持てますよ!

この日は総勢8名でいろんな洋食を楽しもうということでお邪魔させていただきました。

まずは生ビールで乾杯!
生ビールには、紫ずきん茶豆を出していただきました。
                FUKUMOTO

この枝豆、甘みが違いますよ!
これは、ビールがすすんでしまって(^^;)

メニューはこんな感じで、いろんな洋食を楽しむことが出来ます。
FUKUMOTO FUKUMOTO FUKUMOTO
FUKUMOTO FUKUMOTO FUKUMOTO

ランチメニューに、ガッツリディナーメニュー。
ちょっとだけ食べたい人のために、1/2サイズのメニューを用意していただいているのも嬉しいですよね。

まずは、5種オードブルセット。
                 dc5f0cba.jpg


手前から、チキンのクリーム煮、牛肉のたたき、スモークサーモン、チーズのムース、牡蠣フライです。

もう、これをいただくだけで、テンションが上がります。
むちゃくちゃ美味しいんですよ(^^)(^^)

プレートの上には、こんな感じで花も作ってあったりして、仕事の丁寧さがうかがえます。
                 56a6e3dd.jpg


5種オードブルセットに惚れ惚れしていると、次の一品がやってきましたよ。

これは、自家製オイルサーディン。
                         9671c043.jpg


“え!”って思うほど大きなイワシですが、これが食べてみると柔らかくってめちゃくちゃ美味しいんですよ(^^)(^^)

もちろん、頭から丸ごといただいても全く違和感なく味わうことが出来ますよ。

そして、牡蠣のグラタン。
            6e28b1c8.jpg


      
今の季節にこんなに大きな牡蠣をいただけるとは(^^)
もうね、完全に虜です。

そして、ハンバーグロッシーニ。
         dcdd142b.jpg


特製ハンバーグだけでも充分に美味しいのにその上に大きなフォワグラがのっかっています。

中を割ってみると・・・。
                  9c4e8a61.jpg


許されるならば、独り占めしてしまいたいですね(^^;)
ハンバーグの肉の旨味とフォワグラのとろける食感と味わい。
贅沢です(^^)

厨房の中では、シェフを始め、料理人の方々が腕をふるいます。
                  97e834f6.jpg


どんどん美味しい料理が仕上がっていくようです。

ごはんものも少し。

オムジャーマンと、599edec6.jpg



ステーキサラダ丼です。d6659f8e.jpg



先ずはオムジャーマンの方から。
             19b81c7c.jpg


オムライスをグラタン皿にのせ、オーブンで焼き上げます。
とろけるチーズがたまらないですね。
ボリューム感だけでなく、中のライスがしっかり美味いんですよ、これ。
ですので、この期に出てくる料理のことを忘れて、思わずたくさん食べてしまいます(^^;)

そして、ステーキサラダ丼の方は、間から見える白いごはんに食欲をそそられますね。
      3567387a.jpg


では一口・・・。7b222c7a.jpg



(^^)(^^)
これは反則技ですよ、こんなん美味しいに決まってますものね(^^)


そして、ガッツリいろんな洋食が食べたい方には、特製のトルコライス。
               e1bd3ac8.jpg


プレートの上に盛られた、ピラフ、トンカツ、ナポリタンスパゲッティ、サラダ。
まさに、大人のお子様ランチと言ったところでしょうか。

これも一口いただきます。
         
(^^)(^^)まいったなぁ・・・これ、美味しいんですよ。
食べすぎるなと言う方が無理かも(^^;)

そして、和牛ロース肉のステーキ。
      a8dd4852.jpg


絶妙の焼き加減がたまりませんよ。

これは、わさび醤油でいただいてみましょう。
                                FUKUMOTO

うわ!
口に中でサッととろけますよ。
このステーキ、ちょっと美味しすぎます(^^)(^^)


料理はまだまだ続きます。
こちらの料理はチーズカツ。
                   c2cfdc3b.jpg


カツの間に挟まれた鶏けるチーズがたまりません。
そして、デミグラスソースも最高に美味いんですよ。

そうそう、デミグラスソースといえば、コレを忘れてはいけませんよね。

シェフ特製のビーフシチューです。
             a83e4e81.jpg


これね、ちょっと困ったほどに凄いんですよ。
こうやって、フォークにのせているだけでも、ホロってくずれてしまいそうなくらいに、肉が柔らかいのです。
                  7814865e.jpg


その味わいは・・・
(^^)(^^)(^^)
流石は、シェフ渾身の逸品。

こちらのシェフは、元スイスホテルの総料理長をなさっていたとのこと。
料理のどれもこれもが素晴らしいはずですね。

カメラを向けると、満面の笑みを見せて下さいました。
                     FUKUMOTO

こちらのお店、FUKUMOTOさんには、大きなテレビも置いてあるので、日本シリーズや冬季オリンピックを見ながら、絶品洋食でワイングラスを傾けることも出来ますよね。
                        943acd4a.jpg


ハンバーグ、オムライス、牡蠣フライはもちろん、自慢の出来グラスソースをふんだんに使った料理を堪能させていただくことが出来ますよ。

地下鉄堺筋本町駅の改札口を出てすぐのところにあるロケーションも嬉しいですよね。
800a12d6.jpg
 FUKUMOTO 531cfea1.jpg



居酒屋で一杯もいいけれど、絶品洋食をいただきながら、一日の労をねぎらうって言うのもありだと思いますよ。

何を食べても期待を裏切られることなかったです。
また近々、ランチタイムにもお邪魔させていただきたいと思います。



【洋食 FUKUMOTO 船場店】   
住所:大阪市中央区船場中央1-3-2 船場センタービル2号館 B-208号    MAP     
電話:06-6271-1415   
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00(L.O)   
煙  草:喫煙可
定休日:日・祝
駐 車 場:あり(船場センタービルの有料パーキング)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦とそば。 発音は同じでも、文字を見つけるイメージって結構違いますよね。 一言で“そば”って言っても、色んなものがありますよね。 漢字で“蕎麦”ってかいてあるものは、日本蕎麦。 いわゆる蕎麦粉を使って作ったそばのことを指すのだとか。 ひらがなで ...
続きを読む
蕎麦そば。

発音は同じでも、文字を見つけるイメージって結構違いますよね。

一言で“そば”って言っても、色んなものがありますよね。

漢字で“蕎麦”ってかいてあるものは、日本蕎麦。
いわゆる蕎麦粉を使って作ったそばのことを指すのだとか。

ひらがなで“そば”って書くと、それを意味するものの範囲が広がるようです。

焼きそば、中華そば、つけそば、沖縄そば・・・。
そばという言葉は一緒でも、味わいは全然違いますよね。

そして、食べることが出来る場所なんかも千差万別。

えきそば、カップそば、食堂のそば。
そして、こだわりの蕎麦を食べさせてくれるお店。

気軽に食べられる駅のそばもいいけれど、たまには本物の蕎麦と料理、そしてお酒で充実したひとときを・・・。

そんな感じで、美味しいそばをいただけるお店、
豊中にある“鼓道”さんにお邪魔させていただきました。
              鼓道

お店があるのは阪急豊中駅から歩いて約5分くらいのところ。
このまま行くと、住宅地の中に入っていくんじゃなかいかなぁ・・・
そう感じ始めた頃に、お店の灯りを見つけることが出来ますよ。
                    6a1dd9cf.jpg


この日も、多くのお客さんで賑わっていましたよ。

店内は木のぬくもりあふれる感じの落ち着いた雰囲気。
椅子もテーブルも木の上質な感じがあふれていて、高級感を味わうことが出来ますよ。

この日は、掘り炬燵式の座敷に案內していただきました。

この日は、鴨鍋のコースをいただけるのだとか・・・。
              
コースの最初は、鴨のお刺身。
                d34b7d0a.jpg


鴨ロースともも肉を盛り合わせでいただきました。

濃厚でありながらも上品な感じ。
噛みしめるごとに旨味が染み渡っていきますよ(^^)(^^)

これにはやはり、ワインがいただきたいですよね。
             b400d56d.jpg


はい、白ワインをいただきました。

こちらのお店、ワインや日本酒の品揃えにもかなり拘りがあります。

お酒のメニューはこんな感じで、私の大好きな伊丹の“ワインハウス日ノ出”さんのワインや日本酒もいただくことが出来るのです。
(もちろん、この日にいただいたワイン、日本酒は日の出さんのものです)
鼓道 48a4e0b1.jpg
 6b7e6208.jpg

7f9abc84.jpg
 25872c3d.jpg
 a6ed823a.jpg


鴨の刺し身を味わった後は、ちょっと蕎麦屋さんのアテって感じのものもいただきましょうか。

こちらは、だし巻き玉子。
                 4c715d1e.jpg


でっかいんです(^^)
「大きいことはいいことだ」とはよく言ったもので、まさにそれが実感できます。
そして、その味わいは・・・・
はい、期待通り美味しいですよ(^^)

そして、次の料理は地鶏の唐揚げ。
               22abc7ae.jpg


カリッと揚がった唐揚げは、噛めば肉汁が溢れだしてきます。
あ、揚げたての熱々なので、口の中をやけどしないように注意しましょう(^_^;)

そして、鴨ロースのにぎり。
                  c14b6374.jpg


鴨肉の旨味とすし飯のさっぱり感が、本当によく合うのですよね(^^)(^^)
何だかちょっと日本酒もいただきたくなってきます。

そして、特製つくね。

焼き鳥屋さんで“つくね”っていうと、串に刺さって出てくることが多いじゃないですか。
こちらのつくねは、お皿に入ってい出てきます。
しかも、めっちゃ大きなものが(^^)
そこに、卵黄をかけていただきます。
                    8225d58c.jpg


うわぁ、ホントにとろけます(^^)(^^)
何だか、鴨鍋に行くまでに出来上がってしまいそうです(^_^;)

そして、いよいよおまちかねの鴨鍋の登場です。

切れに盛られた、鴨のロースともも肉。
          824c41e2.jpg


それぞれの味わいを食べ比べることが出来ますよ。

そして、それだけではなく、つくねも。
                              f1b3656e.jpg


嬉しいですよね(^^)(^^)

鍋は、紙鍋になっているので、小さな子供さんを連れていても、鍋に触れて火傷してしまう心配がないですね。
                 f4661113.jpg


鍋の中に、先につくねを入れます。
そして、そのあとに鴨肉を。
火を通し過ぎないように気をつけて・・・。

う、美味すぎます(^^)(^^)
これには日本酒を、できれば燗酒で頂きたいですね(^^)

鴨料理、地鶏料理ともに大満足・・・・。
でも、ここって蕎麦屋さんだったのでは?

はい、もちろん蕎麦もいただきます。
                 d08afaaf.jpg


まずは冷たい蕎麦に、鴨をのっけていただきます。

おぉ!
こりゃ美味い(^^)(^^)
蕎麦の香り、コシ、味わい。
そして、出汁の旨味がたまらない(^^)
そのあとから、鴨の旨味も追いかけてきて、贅を極める味わいですね。

そして、先ほどの鍋に蕎麦を投入。
16a8ff6c.jpg
 1d9ce39e.jpg


これ、美味しいに決まってますよね(^^)(^^)

もちろん〆にはそば湯をいただきます。
                c1c237a6.jpg


やはり、蕎麦屋さんに来たならば、そば湯をいただかないと。
そば湯をアテに飲めてしまいそうなくらいに濃厚なそば湯でした(^^)

そして、こちらのお店はデザートもこだわっているのだとか。
                   7602bb71.jpg


蕎麦茶プリン、
蕎麦アイス、
特製和風パフェ、
蕎麦クリームブリュレ
です。

少しずついただきましたが、どれも蕎麦の香りが心地よく、他店では味わえない美味しさがありましたよ(^^)

鴨と地鶏が美味しいそばのお店、鼓動さん。
もうすぐオープンして1年になるそうですが、すでに多くのファンの心を捉えて話さない人気のお店になっているようです。
私達がお伺いした日も、平日にもかかわらず、ひっきりなしにお客さんがやってこられてました。

蕎麦にこだわり、鴨にこだわり、地鶏にこだわり、そしてお酒にもこだわる。
この日は、鴨鍋コースを頂きましたが、アラカルトでもいろいろ楽しめそうです。
2117d0e1.jpg
 489e10c5.jpg
 2f0a42d2.jpg
 1de02199.jpg
 f0477591.jpg

e38eecd1.jpg
 d59ae634.jpg
 573b5a73.jpg
 2b605a7f.jpg
 39315de6.jpg


味わいも雰囲気もレベルが高いお店だと思います。
定期的に訪問してみたい・・・
そう思わせる素敵なお店だと思いますよ。





【鼓道】   
住所:大阪府豊中市本町5-2-2 フォレストパーク 1F    MAP     
電話:06-6852-7558   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:30(L.O.22:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:毎月第三月曜、火曜(祝日の場合も休業)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

関西の人って並ばない人、多いですよね。 そんなことを地方に住む友人が先日言ってました。 言われてみれば、確かにそんなところがあるのかも・・・。 でも、今時、駅のホームで並んでて、割り込んでくる人ってあまりいないかも・・・・ そんなことを思って並んでい ...
続きを読む
関西の人って並ばない人、多いですよね。

そんなことを地方に住む友人が先日言ってました。
言われてみれば、確かにそんなところがあるのかも・・・。

でも、今時、駅のホームで並んでて、割り込んでくる人ってあまりいないかも・・・・
そんなことを思って並んでいると・・・いました。

最初は列を作っているのですが、電車がホームに着いて、扉が開くと混乱が起きるのですよね(^^;)
どさくさに紛れるっていうか(^^;)

そして、車の割り込みもそうなのかなぁ・・・。
あ、割り込みじゃなくっても、通常の合流でもいますよね、強引なお方が。
でもね、その運転手が手を上げてこっちを見たら、「しゃーないなぁ・・・」ってなっちゃうんですよね(^^;)

人間、目があったら無視できないんでしょうね。


さて、先日街を歩いていたら、目が合っちゃったんですよ。
                メシクウタン

Mesi kutan?

“い、いえ、まだですけど(^^;)”
おまけに、“CURRY time”って書いてあるから、余計に無視できません(^^;)

インパクトありますよね、この看板。

この日は、夕陽丘にあるカレーのお店、“Mesi-Kutan?(メシクウタン)”さんに行って来ました。
                 メシクウタン

こちらのお店、普段から参考にさせていただいているこちらのブログを見て、気になって仕方がなかったのです。

「百聞は一食にしかず(?)」
というわけで、早速の訪問です。

お店前には、メニューボードがあります。
              メシクウタン

カレーとカレーうどんをいただくことが出来るみたいですよ。

手作りの説明サンプルもあります。
                     86df1b7b.jpg


チャパティ、ライス、サラダ、付け合わせ、そしてカレーを楽しむことが出来るようですね。

店内に入り、テーブル席に座らせていただきました。

お店は、ご夫婦で切り盛りされているのでしょうか。
笑顔が素敵な女性の方がメニューを持ってきてくださいます。
メシクウタン メシクウタン

薬膳カレーと書かれたメニュー。
美味しくて、体の中なら健康になるカレー、魅力的です。

今日のカレーは、カウンターの上の黒板に書いています。
  2bbd95c9.jpg


カウンターの上・・・・
                     fa7705d7.jpg


あ、これですね!
                         cbfb6a38.jpg


この日のカレーは、チキンカレー、ダルとMIX野菜カレー、ミックスホルモンカレー。
あ、選べるカレー2種セットっていうのもありますよ。

お願いしたのは、「選べるカレー2種セット」
カレーは、ダルとMIX野菜カレーと、ミックスホルモンカレーでお願いしました。

カレーは辛くも出来ますので、仰ってくださいね。

とのことですが、この日ははじめていただくので、先ずはデフォルトで味わってみることにします。

店内は、厨房に面したカウンター席が3つと、2人掛けのテーブル席が4つ。
                     メシクウタン

明るく清潔な感じの店内です。

カウンターの中では、店主が丁寧にカレーを仕上げていってるのが見えます。
似顔絵にそっくりな方ですよ(^^)
(あ・・・店主が似顔絵にそっくりなわけではなく、似顔絵が店主にそっくりなんですよね(^^;))

そんなことを考えていると、「選べるカレー2種セット」が出来上がってきましたよ。
                      0cfef753.jpg


ワンプレートの上に、2種類のカレーとサラダ、チャパティがのっかってて、チャパティの下にはご飯もありますよ。

こちらはダルとMIX野菜カレー。
         20ced50e.jpg


たっぷりの具材が嬉しいですね(^^)

そして、ミックスホルモンカレー。
                             3ef5f2a6.jpg


おぉ!
たっぷりとホルモンが入ってますよ(^^)

それでは早速いただきます。
          a69792a9.jpg


うわっ、このカレー、かなり美味しいですよ(^^)(^^)(^^)
変な脂っこさとか、しょっぱさは全くなく、甘味と旨味が素晴らしいです。
そして、後からぱっとスパイスの風味が立ち上がってくるのです。

これ、想像していたよりもかなり完成度の高いカレーですよ。
新店というのと、店名のインパクトの強さがイメージの中で勝っていましたが、そんなレベルではありません。

そして、ダルとMIX野菜カレー。
                    1f0bd19a.jpg


うぉーっ!
これも素晴らしい仕上がりです。
あのね、素直に美味いんですよ(^^)(^^)
それでいて、全然もたれる感じがないからどんどんスプーンを持つ手が止まらなくなります。

こんがりと焼きあげられたチャパティ。
          18b89932.jpg


チャパティの上に乗っけて食べてみましょう。
              10ed758a.jpg


おぉ、これもよく合いますね(^^)
カレーもたっぷりと盛っていただいているので、しっかりいただくことが出来ます。

そのままいただいても、すごく美味しいのですが、チャパティと一緒にいただくと、その旨さに拍車がかかるような気がします。

こうやって見てみると、このカレー、チャパティやナンに合わせるのが美味しいように思えますが、ご飯との相性も素晴らしい物があります。
                     8e90a434.jpg


ご飯も拘ってるみたいで、きっちりカレーに合うように固めに炊かれています。

間に、サラダや付け合わせのポテトサラダを食べたりして、2種類のカレーをいろんな食べ方で楽しみます。
                       4b63c09f.jpg


もうね、想像以上に美味しくって、こちらのお店を見つけたこと、ちょっと得した気分ですよ。

谷町4丁目や、新町界隈、北新地のカレー激戦区ででも十分通用する・・・
いえ、通用するのではなく、人気店になることまちがいなしだと思いますよ!
(盛り方は違いますが、裏谷四で大人気の、あのお店のカレーとちょっと似ているような気がしますね。)

「これ、サービスです良かったら食べてみて下さい。」
そう言って出していただいたサモサ。
 3884608e.jpg
 b5561d4a.jpg


あ、美味しいですね(^^)
これはまだ、メニューにはありませんが色んなものを研究なさって、メニュー化されるのではないでしょうか。

現状でもこのレベルのカレーを出されるのですが、今後ますます発展していかれるのは間違いないと思います。

選べるカレー2種セットには、飲み物が付いてきたので、アイスティーをいただきながらしばし談笑。
                     90455db1.jpg


常連さんらしきお客さんにもいろいろ話していただき、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。



インパクトのある看板と店名のお店、“Mesi-kutan”さん。
カレー好きの方は是非とも行って食べてみて下さい。
かなりの実力店になられること、まちがいなしだと思います。
        メシクウタン

そして、もうひとつ気になるのが、メニューにあるカレーうどん。
       ec20aea9.jpg

(写真だけ撮らせていただきました)

出汁からきちんと取っておられるらしく、かなり美味しいとのことです。

これだけ、スパイス風味香るカレーを出すお店のカレーうどんは逆に気になります。
また近々、カレーうどんの方もいただきに行きたいと思います。




【CURRY time Mesi-kutan(メシクウタン)】   
住所:大阪市浪速区下寺2-4-13    MAP     
電話:080-5714-5843   
営業時間:12:00~15:00 (土曜日は、夜の営業「17:00~21:00」もあり。)
煙  草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日の通勤、通学、お疲れさまです。 毎朝、ラッシュアワーの人混みの中、朝からストレスたまりますよね(^^;) 通勤電車の中、どうやってお過ごしになってますでしょうか? 始発駅からなので、ゆっくり座って・・・ 羨ましいです。 あの人混みの中を必死に吊革につか ...
続きを読む
毎日の通勤、通学、お疲れさまです。
毎朝、ラッシュアワーの人混みの中、朝からストレスたまりますよね(^^;)

通勤電車の中、どうやってお過ごしになってますでしょうか?

始発駅からなので、ゆっくり座って・・・
羨ましいです。 あの人混みの中を必死に吊革につかまるのと、座っているのとでは疲れ方に雲底の差が出ますものね。

地下鉄で景色も見えないので、ひたすら読書・・・。
あ、それ結構オススメです。
実は私も、電車の中では何か本を読むようにしてます。
ただし、おもしろすぎて、熱中すると、ついつい乗り過ごしそうになりますが(^^;)

ひたすらガマン・・・。
お疲れさまです。
はい、数十分間のガマン、これも必要なことですよね(^^;)。

そんな、ストレスとの戦いの電車ですが、たまには非日常的な空間の電車に乗ってみたくないでしょうか?

大阪~札幌を運行する、「トワイライトエクスプレス」
憧れます。
列車広報からの眺めを独り占め。
まるで、プライベートビーチならぬ、プライベートトレインのような感じさえしますよね。

そして昨日、九州を一周する、豪華クルーズトレイン、「ななつ星in九州」がデビューしましたよね。
ピッカピカに磨き上げられた車両、そして、何とも言えない豪華な客室。
特に、最後尾の車両の大きな窓ガラスには見ているだけでもため息が出そうなほどです。

今までは、移動の手段だった列車。
これらの列車は列車に乗ることを目的とし、その中で非日常の快適な空間を提供する。

一度は体験してみたいものです。

さて、「ななつ星in九州」での旅は、ちょっとの間無理だとしても、普段よりちょっとだけ違うもの、
ちょっといい感じの洋食、いただいてきました。


ところで、洋食とは・・・。

幕末から明治期にかけて生まれた、西洋人のための西洋料理店を発祥とする。
ただ、当初のそれは,内外貴賓の宴会料理であったため,庶民には縁の遠い存在であった。
そんな西洋料理を工夫して、日本式西洋料理が誕生し、それを洋食と呼んだのがきっかけだったとか。



当時、京都ホテルの厨房で料理の修業を積んでいた高橋銀次郎氏は、 「あまりにも高すぎて町衆には食べることができない西洋料理を一人でも多くの町衆に食べてもらいたい」と自分の店を出すことを決意しました。 「本当に美味しい料理を多くのお客様に手ごろな料金で食べてもらいたい」 

そんな高橋銀次郎氏が開いた店が、“東洋亭”
今回は、阪急うめだ本店にある、“キャピタル東洋亭”にお邪魔させていただきました。
                2137553c.jpg


「京乃百年洋食」
そ、これこれ!
洋食屋さんには食品サンプルがあってこそ、テンションが上りますよね(^^)
                    ad508bc0.jpg


こちらのお店、いつ行っても必ず行列ができているのです。
前を通るたびに、いつも気になっていて、いつかは行ってやろうと思っていました。
この日は、仕事でちょっと遅くなり、ちょっと立ち寄ってみると、待つ人がいなかったので迷わず入店です。
               91485e93.jpg


テーブル席に座り、メニューを眺めます。
キャピタル東洋亭 5a167c51.jpg
 キャピタル東洋亭 キャピタル東洋亭

オードブルからはじまり、メイン、デザート。
要所要所に写真付きで載っていて、わかりやすいメニューですね。
気になるものを注文していきましょう。

「前菜の5種盛りと、ハンバーグ、そして舌平目と・・・。」

「あ、それでしたら、お一つコースで注文なさって、+アラカルトで
注文なさった方がお得ですよ。」


こういう親切なアドバイスは嬉しいですよね。
黙ってこちらが言うように注文を聞いていたほうが、売上は上がるのですが、そんなことは決してしないのです。
こういうちょっとしたことがきっかけで、そのお店のことが大好きになるのですよね。

損して得をとれ。
まさにそんな感じですよね。

この日の乾杯は、お店の入口にあった、樽生スパークリングワインで、
                 キャピタル東洋亭

スッキリとしていて美味しいですよ(^^)

最初に運ばれてきたのは、前菜5種盛り合わせ。
                  2c0b82f8.jpg


サラミ、サーモン、フォワグラのパテ、マリネ、そしてカマンベールチーズバケットです。

結構たっぷりと盛られてますよね。
一人だったらこれだけで満足してしまうかもしれませんよね。

そして、とろとろブルーチーズのサラダ。
                 キャピタル東洋亭

熱々のブルーチーズがバケット上にタップリと。
とろけた感じがたまりませんよ(^^)

これはやっぱりワインでしょう。
                キャピタル東洋亭

というわけで、ボトルでワインをいただきました。
こちらのボトルワイン、¥1,580〜¥3,150とすごくリーズナぶりに取り揃えてありますよ。
この日は、“レ・マル スーレ ピノ グリージョ”いただきました。

そして、タイミングよく出てきた料理がこちら。
ホタテの香草ガーリックバターです。
                    df215261.jpg


あ、なるほど・・・。
これ、エスカルゴのような感じですね。
どうしても、かたつむりがムリ!って人のために考えられたのでしょうか。
それにしても、よく出来てますよ(^^)

そして、舌平目のチーズ焼き。
                        c186e39b.jpg


メニューを見て、上からとろりとチーズが掛けてあるのかと思いきや、ムニエルの様な感じで仕上げられています。
これがまた、結構美味しんですよ(^^)(^^)

レモンを絞ってそのままいただいても、チーズの香ばしい感じがするし、
タルタルソースとの相性も抜群です!
これ、美味しいです(^^)

そして、いよいよこちらのお店の看板メニュー、
東洋亭ハンバーグステーキの登場です。

鉄板の上で、熱々の状態で出てきたハンバーグは、まだアルミホイルに包まれたまんまです。
                  b1fbb5ed.jpg


それを、ナイフで開いていくと・・・・
f307bb7c.jpg
 44c3eb1e.jpg


蒸気が出てきて、熱々のハンバーグが中からお目見えしますよ!
                 0361d335.jpg


この瞬間、おとなになってもワクワクしますよね(^^)
まさに、大人の洋食。
これはちょっと燥いでしまいそうになります(^^)

それでは早速、ナイフで切り分けていただきます。
                   234890e6.jpg


うわっ!
これは美味しい(^^)(^^)(^^)

肉々しさとジューシィさのバランスが絶妙ですね、これ。
そして、掛けてあるソースも美味しいのです(^^)(^^)

たかが洋食、今度子どもと一緒に来てみようかと思っていましたが、これは大人が喜ぶ洋食ですね(^^)

一人前はコースメニューにしたので、デザートのミルクレープもいただきました。
                 df87d2cb.jpg


これも中々侮れないですよ。
フォーク出来る時の感覚、口に入れた時の食感ともどもちょっと快感ですね(^^)

キャピタル東洋亭さん、想像以上に満足させていただくことが出来ました。

こちらのお店、一日中ほぼ待ち時間が出来るほど人気のお店で、並ぶこと必至なのですが、それでも価値ある洋食をいただくことが出来ます。

ワンランク上の洋食で、大人でもわくわくすることが出来ますよ。
ちょっと、童心に帰ってみるのもいかがでしょうか?
ときめく心がよみがえるかも・・・。



【キャピタル東洋亭 阪急うめだ本店】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 12F    MAP     
電話:06-6313-1470   
営業時間:11:00~22:00 (金・土・祝前は11:00~23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
駐 車 場:なし(周辺に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!


  
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

半沢直樹のロケ地が今でも大人気なのだとか・・・。 なかでも、六甲山にある“東六甲展望台”。 こちらの展望台、有料道路である「芦有ドライブウェイ」にあるためか、放送前はそんな多くの車が後ずれることがなかったものが、放送後は連日たくさんの人が訪れているのだ ...
続きを読む
半沢直樹のロケ地が今でも大人気なのだとか・・・。

なかでも、六甲山にある“東六甲展望台”
こちらの展望台、有料道路である「芦有ドライブウェイ」にあるためか、放送前はそんな多くの車が後ずれることがなかったものが、放送後は連日たくさんの人が訪れているのだとか。
特に、週末になると、駐車場も常に満車状態とのこと。

たしかに、ここからの夜景は綺麗ですからね。

さて、そんな半沢直樹のロケ地、他にはこんなところがあるそうですよ。

新梅田シティの空中展望台、
東京中央銀行の大阪西支店は言わずとしれた、「阪急うめだ本店」
竹下金属のあった周辺は浪速区恵美須西3丁目付近、
            むこう

そして、金融庁検査があった日、黒崎検査官たちを迎えたこの階段、
       むこう

ここ、実は上野公園にある「東京国立博物館」なのだとか。

意外と、あなたの身近にもそんなロケ地があるかもしれませんよ。

さて、身近と言えば、私の勤務先の大阪旭区千林にちょっといい感じのお店を見つけました。

お店の名前は、“惣菜場 むこう”さん。
                          むこう

京阪電車の千林駅を降りて、アーケードのある千林商店街とは反対の方向に歩いて2~3分のところにお店はあります。
69f44c37.jpg
 b4972a59.jpg
 b0c61702.jpg


店内は、カウンター席が11席と、堀炬燵式の4人掛けテーブルが3つ。
1人や少人数のグループはもちろん、ちょっとした宴会にも対応できそうですよね。

この日は、堀炬燵式のテーブルに座らせていただきました。
           8e04711e.jpg


先ずは、渇いたのどを生ビールで潤します。 “カンパーイ!”

はい、この一杯目がやめられないのですよ(^^;)

ちょっとおまかせでお願いしてみましょうか。

メニューはこんな感じで、本当にいろいろ揃ってますよ。
20a28983.jpg
 b162629a.jpg
 518bb0b1.jpg


まずは、鯛のカルパッチョ。
                 468bb06b.jpg


白いお皿に綺麗な感じで盛りつけられて出てきます。
見ているだけでも楽しくなってきますよ。

それでは早速いただきます。
                     086338d1.jpg


おぉ!
いい感じですよ(^^)(^^)
刺身にして、醤油でいただいても美味しいですが、こうやってカルパッチョにすると、間違った味わいを感じることが出来て、楽しいですよね。

「お腹、空かれてますか?」
との問いに対して、「はい、ぺこぺこです」とこたえると、こんな感じのものを出してくださいました。

皿うどんです。
                 b9d6dcb6.jpg


お店の感じを見れば、ごく普通の居酒屋さんに見えるのですが、出てくるものはそんな期待をいい意味で裏切るものですね(^^)

パリッとした麺に、具だくさんの餡がたっぷりとかけられてありますよ。
                  b649a9b6.jpg


これがちょっと、普通の中華屋さん顔負けなくらいに美味しいですよ(^^)
中々やりますねぇ・・・。

そして、若鶏の唐揚げです。
                      d5b1a14f.jpg


おろしポン酢風味でさっぱりと。
これ、ビールがすすみますよ(^^)

唐揚げって、何処のお店に行ってもとりあえず注文してしまいますよね。
そして、それぞれのお店によって、全然味わいが違うのもおもしろい。
カリッとした食感の衣の後から、ジューシィな肉の味わいが口の中に広がります。
そして、そのあとでおろしポン酢のさっぱりした感じがたまらない!

こちらのお店の唐揚げ、人気商品なのもわかります。

次の料理はこれ。
                        652bf1ec.jpg


マグロのユッケです。

ユッケのタレとマグロの味わいが絶妙。
これ、くずすのが勿体ないくらい綺麗に盛られていますが、思い切って全部混ぜていただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

めちゃくちゃ美味しいです!

メニュー自体は平凡に見えるかもしれませんが、何を食べても平均以上に美味しいんですよ(^^)(^^)

レギュラーメニューの他に、こんな感じで日替わりの一品もあるようですよ。
                           4c2da9af.jpg


刺身はその日の仕入によって良いものを。
煮込みホルモンも人気があるそうなのですが、残念ながらこの日は売り切れてしまっていたので味わうことが出来ませんでした。

「メニューに載ってないもので、何かオススメをお願いできますか?」
「大丈夫ですよ、少々お時間いただけますでしょうか?」


はい、もちろん待たせていただきます。

そんなわがままなリクエストにも、ちゃんと答えてくださいます。
さて、何が出来上がってくるのでしょうか・・・。

出来上がってきたものはこちら。
                   290629fb.jpg


私の大好きな蓮根饅頭です。

おぉ!
これは素晴らしい(^^)(^^)
表面はサクッと、中はもっちりでいい感じ。
何よりも、この出汁が素晴らしいのです(^^)(^^)

こんな料理を作られる大将、確かに材料があれば何でも作ってくださるのでは。

「ひょっとして、鍋料理なんかも人気があるんじゃないですか?」

こう尋ねると、

「はい、むこう鍋を召し上がっていただくお客さんが多いですよ。」
とのこと。

“むこう鍋”
、お店の名前を冠した料理ですね。
そういえば、このむこう鍋を組み込んだ宴会コースの案内が貼ってあったなぁ・・・。

小鉢、お造り、むこう鍋に仕上げの雑炊またはラーメンと、2時間の飲み放題が付いて、
男性4,000円、女性は3,500円。
これ、めっちゃお得なのでは?

「お店の名前の“むこう”ってどんな意味があるのですか?」
(大将のお名前は、向井さんでも向日さんでもありません(^^;))

「会話してて、“ちょっとむこう行こか”とか言うじゃないですか? そこから取りました」
とのこと。

あはは、これはわかりやすいですね(^^)

京阪千林駅から、徒歩2~3分のところにある、“むこう”さん。
来月(11月)2日に開催される、“森小路・千林バル”にも参加されるようです。
この機会に千林、森小路にいらっしゃいませんか?
結構素敵なお店が発掘出来るかもしれませんよ!



【惣菜場 むこう】   
住所:大阪市旭区清水3-4-9 ヴィクトリーⅠビル1階    MAP     
電話:06-6957-6519   
営業時間:17:00~翌朝5:00   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

順番待ちの待ち時間、どのくらいまでならば辛抱して待ちますか? 5分、10分、30分、1時間、2時間・・・。 予約していったのに待たされる場合ならば、10分が限度。 でも、飛び込みで行ってみて待っていたならば、30分くらいまでならば・・・。 そんな感じで ...
続きを読む
順番待ちの待ち時間、どのくらいまでならば辛抱して待ちますか?

5分、10分、30分、1時間、2時間・・・。

予約していったのに待たされる場合ならば、10分が限度。
でも、飛び込みで行ってみて待っていたならば、30分くらいまでならば・・・。
そんな感じでしょうか。

では、病院での待ち時間ならば。
待ちたくはないけれど、またなければ診てもらえない、
診てもらえなければ、治らない。
で、仕方がないから1時間待ちでも我慢、我慢。

1時間なんてまだ短い方。
2時間、3時間待ちってことも。
テーマパークだとか、博覧会での待ち時間ってそんな感じですよね。
高い入場料を支払って来たのだから、目的達成のためならば・・・・。

過去に日本で開催された、万博は5つ。

2005年の愛知万博、1990年の花の万博、1985年のつくば科学万博、1975年の沖縄海洋博、
そして、1970年開催の、大阪万博。


この、大阪万博は、アジアで開催された初めての万博で、総入場者数は、6422万人で、今まで日本で開催されたどの万博よりも多くの人が入場したのだとか。

因みに、それぞれの万博の層入場者数は、
沖縄海洋博が349万人、つくば科学万博が2033万人、花の万博が2312万人、愛知万博が2204万人です。それぞれの開催期間はいずれも、183〜185日間で、ほぼ一緒ですので、この数字は大したものですよね。

そんな大阪万博が開催された、1970年。
当初は万博会場まで、北大阪急行(御堂筋線)や阪急電車の駅があったのだとか・・・。
ed393409.jpg

            まんパク 26e25ef7.jpg


今では、大阪モノレールに乗ると行くとこが出来ますよね、万博記念公園。

さて、そんな万博記念公園で、10月5,6日と12,13,14日に開催されている、
“まんパクin万博”に行ってきました。

今から43年前に開催された大阪万博。
その記念公園には今でも当時のシンボルの太陽の塔が誇らしげにそびえ立っています。
             f654c0cc.jpg


この太陽の塔、その高さは65Mで、アメリカの自由の女神が高さ47m。
こちらの方が高いのだとか。

顔も頂部の「黄金の顔」、中央部の「太陽の顔」、背後の「黒い太陽の顔」の3つがあり、万博会期中には地底部に「地底の太陽の顔」もあったのだとか。
                    0f4b2be2.jpg


地底にあった、「地底の太陽の顔」ってどんな顔だったのでしょうね。


そんなことを考えながら歩いていると、まんパク会場の入口に到着しました。
                  fdf9bbee.jpg


会場に到着したのは、11:00過ぎ。
すでに多くのお客さんがお目当てのお店のブースの前に列を作っていましたよ。
     47c90f6e.jpg


会場にはテーブルや椅子もあるのですが、この時間ではすでに満席。
そう思い、当日はレジャーシートを千里中央セルシーにある100均で手に入れておいて良かったです(^^)
                      1e8f91f9.jpg


先ずは、やなもり農園さんのブースで、朝取りのきゅうりを氷で冷やし、特製のキムチダレを付けていただくきゅうりバー。
                      8baf23dd.jpg


新鮮で美味しいきゅうりをいただくのに最高のお天気です(^^)

もちろん、生ビールもいただきましたよ。
(はい、そのために電車に乗ってきたのですから(^_^;))

そして、やなもりさんのブースのお隣で売っていた、80会の唐揚げ。
                 4a567990.jpg


揚げたての熱々でこれがまた、ビールとよく合うんですよ(^^)

それにしても、沢山の人が来てますね。
青空の下で普段はいただけないメニューが食べられるとあって、本当に大盛況です。

さて、お次はどこへ。
たしか、讃ちゃんのお店があったなぁ・・・。

あ、ありましたよ!
                    3bb6ba6b.jpg


中津に本店がある、“情熱うどん 讃州”さんのブースでは、普段お店ではいただくことが出来ない、“和牛のすじ肉とホルモンのうどん”をいただくことが出来ます。

「出汁は大阪、麺は讃岐」と書かれてあるとおり、出汁も麺も両方とも満足することが出来るお店なんですよね。

あ、ブースの中では店主の讃ちゃん自らうどんを打ってますよ!
                   c0960152.jpg


讃ちゃんに声をかけ、お目当ての“和牛のすじ肉とホルモンのうどん”を受け取ります。
                  c10a9a75.jpg


美味しそうですね(^^)

早速、席に戻っていただきます。
               
おぉ!
牛すじとホルモンがたっぷり入ってますよ。
              093b0065.jpg


では、早速いただきます。
     
うわ!
この出汁、美味っ(^^)(^^)

ただでさえ美味しい出汁に、牛すじとホルモンの旨みが加わって、これは最強です!
                         29bdd0e2.jpg


そして、麺も期待を裏切らないコシを持ってて、自然と笑顔になりますね(^^)(^^)

うどんをアテにビール。
これも青空の下では格別なものです。

お昼を過ぎると、どんどん人は増えてゆくのですが、会場が半端なく広いので、そんなに混雑している感じがしないのが不思議です。
(決して空いてるわけではないのですが(^_^;))

この後、コロッケ、キャベとん焼き、焼きそば、御殿場ビールなどを味わい、
〆にはこれを。
                      f0ac7b0a.jpg


高槻にある、彩色ラーメンきんせい、中村商店の“金の塩ぶっかけラーメン”。

さすがは人気のお店“中村商店”さん。
太麺によく絡むスープと、やなもり農園特製の春菊がトッピングされて、かなり美味しかったです。

バンパ気記念公園の開催されている“まんパクin万博”。
本日(10/14)最終日です。
抜群のお天気の中、美味しい料理に舌鼓。
如何でしょうか?
近場で全国の美味を味わうことが出来ますよ。



【まんパクin万博】   
住所:万博記念公園 東の広場    MAP     
電話:   
営業時間:10:00~19:00(最終日は17:00閉場)  
煙  草:喫煙スペースあり。
定休日:
駐車場:万博公園駐車場あり。      

イベントのHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅にたこ焼き器はございますでしょうか? 秘密のケンミンSHOWで出てきそうなネタではありますが、大阪に住む方の自宅には本当にたこ焼き器がかなりの確率であるかと思います。 「あれだけ街中にたこ焼き屋さんが多い街なのに・・・」 そう思われるかもしれませんが ...
続きを読む
自宅にたこ焼き器はございますでしょうか?

秘密のケンミンSHOWで出てきそうなネタではありますが、大阪に住む方の自宅には本当にたこ焼き器がかなりの確率であるかと思います。

「あれだけ街中にたこ焼き屋さんが多い街なのに・・・」
そう思われるかもしれませんが、自分で焼くのが楽しいのです。

今でもあるのかなぁ・・・自分でタコヤキを焼かせてくれるお店って。


ところで、完全に最後までお店側が味付けまでしてくれるお店と、最後の仕上げは自分好みで出来るお店、どちらが好きですか?

ま、これはメニューにもよるのでしょうが。

お店側が1番美味しい焼き加減で焼いてくれる焼き肉屋さんか、従来あるような自分で焼くスタイルの焼き肉屋さんか。

自分で焼かせてくれるお好み焼き屋さんか、最後の味付けまでやってくれるお店か。

セルフうどんのお店か、席に座っていたらうどんを運んできてくれるお店か。

いろんなスタイルが合って、好みもそれぞれでしょう。

ところで、お寿司の場合、みなさんは如何ですか?

あ、自分で握るとかじゃなくって、自分で醤油をつけて食べるかって話ですが。

そもそも江戸前鮨っていうのは、ネタに仕事がしてあって、醤油を付けずそのまま頂くお寿司なんだとか。

そういうお寿司、すごく憧れます。
普段は、子どもたちを連れて回転寿司・・・。
(ま、多くのお子さんがいらっしゃる方はそうなんだと信じこんで幸せに過ごしてますが(^_^;))

でも、一度は美味しい江戸前のお鮨を堪能したい。

そう思い、先日の東京出張の際に、築地市場へ行ってきました。

目的のお店は大人気で、開店時間の朝5時には、長蛇の列で、2時間以上並ばなければいけないのだとか・・・。

そういう情報を聞き、築地市場の近くに宿を確保し、朝3時半起床で行ってきました。

朝4時過ぎの築地市場。
           寿司大

すでに市場はその機能を目覚めさせ、慌ただしく賑わっています。
そして、私のような一般のかたの姿もチラホラと・・・。

今回、目的のお店は“寿司大”さん。

お店の前に到着したのは、午前4時20分。

それでも、私の前にはすでに12名のお客さんが並んでお店が開店するのを待っていらっしゃいます。
               寿司大

客層も様々で、日本人の方はもちろん、西洋の方、東洋の方、家族連れ、小さなお子さんを連れた方もいらっしゃいましたよ。

この日は、小雨が降る中にもかかわらず、あたしが列に加わったあとからもどんどんお客さんが増えてきます。

4:30を過ぎると、行列はすでに20人を超えていたのではないでしょうか。

開店10分くらい前になると、女将さんと思われる方がお店から出てきて、事前に注文を聞いてくださいます。

こちら“寿司大”さんで一番人気なのは、握り10貫、巻物2種、玉子焼、お椀。
そして、好きなネタを何でも1貫サービスで付けてくださる(大トロでも可)、旬魚おまかせセット(¥3,900)。

                         964fb0f7.jpg


もちろん、私も“旬魚おまかせセット”をお願いしました。

注文を聞いて回る女将さん、そのホスピタリティも見ものですよ。

「雨の中、お待たせしてすみませんね。」と声をかけたかと思うと、外国の方には、「What would you like to have for an order?」と流暢な英語で聞いていらっしゃいます。

す、すごい!
私の母親くらいの落としの女将さん(いや、もうちょっと若いかな?)なのですが、当たり前のように英語で応対されてますよ。

そして、私の前にいた、小さなお子さんを連れていた外国人の方の注文が聞こえてきました。

「そんなにたくさん食べられないので、みんなで分け合いたいのですが・・・」
と言った意味合いのことが聞こえてきました。

(え、カウンターのお鮨屋さんでそんなこと出来るの?)
そんなこと思っていると、

「There is no problem!」

(わー、すごいなぁ・・・)

そんなことを思っていると、ちょうど午前5:00になり、お店が開店しました。
               6008190f.jpg


一人目、二人目と順番にお店の中に案內していただきます。
私は前から13人め、さて、一巡目に入ることが出来るのでしょうか?
もし、2巡目になると、お店に入るのは6:00前。
それからお寿司をいただいて、お店を出てホテルに帰って・・・
なんとかギリギリ出勤時間に間に合うかなぁ・・・

そんなことを思っていると、なんとか1巡目に入店することが出来ました。

カウンター席の入口に近いところに案內していただきました。
                 寿司大

「大変お待たせいたしました。 順番にお出しさせていただきます。苦手なものはございませんか?」
ひとりひとり尋ねてくださいます。

苦手なもの、もちろんございませんので完全おまかせでお願いします。

まずは、目の前にガリがおかれます。
            a1dd4e40.jpg


これからお寿司を楽しむぞ!って感じでテンションが上りますね。

先ほどのお子様連れの3人家族の方、丁度私の隣に座られてます。

その前には、他のお客さんよりも先に、お寿司が並べられてゆきます。

(あれ?順番に出てくるのではなく、並べていくのかな?)
そんなことを思っていると、

「こちらのお客さん、一人前をシェアで召し上がられるので、先にお出しさせていただいてます。 お先のみなさん、すみません。 そうしないと、取り分けにくいかと思いまして。」

と、大将。

3人で一人前を取り分けるのがOKなだけでなく、そこまでされるのですね。
これはちょっと感動ですね。
しかも、この方たち台湾からいらっしゃったようで、大将は中国語でネタの説明をしていらっしゃいます。

そして、私の前にも1巻目のお寿司が。

「大トロの蛇腹です。」
             23227249.jpg


この店に来たことのある方に伺うと、一巻目はいつも大トロが出てくるそうです。
後は、その日の状況によって変わるらしいのですが。

では早速いただきます。

う・うわっ、美味すぎます!
これをいただくと、トロが何でトロって言われるのかが実感としてわかりますよ(^^)(^^)(^^)

一発目からやられましたよ。
これを一口いただいた瞬間、3時間の睡眠時間しかなかったことも、完全に吹き飛びました(^^)

「あらのみそ汁です。」
                寿司大

この日は、早速みそ汁が出てきましたよ。
このみそ汁、日によって、または入店時間によって出てくるタイミングが違うそうです。
これだけ美味しいお寿司には、ビールも一緒に頂きたかったのですが、この日は平日の仕事前。
そんなわけにはいきませんよね(^_^;)

「スズキです。」
仕事がしてあるので、もちろんそのままでいただきます。
                 22faacce.jpg


うわー、ほんとうに美味しい!

「鰆です。」
                 44d4bbe8.jpg


なんて味わい深いのでしょうか。
口の中で、旨味とともにとろけてゆきますよ(^^)

「北海道の雲丹です」
                63bf279d.jpg


もう言葉はいりません。
っていうか、午前5時台に雲丹をいただいたのは生まれてはじめてかも・・・。

「鰤の漬けです、そのままでどうぞ。」
             8d3056be.jpg


私が普段いただいている鰤と同じものとは思えません。
いえ、普段の鰤が美味しくないのではなく、あまりにもモノが違いすぎるのです。

「玉子です、熱いので気をつけて召し上がってくださいね。」
                 ebc86c0b.jpg


ちょっと甘目に味付けられた玉子焼き。
関西で育った私にとって、甘い玉子焼きは馴染みがないはずなのに、これは抵抗感がない。
いえ、むしろ美味しいのです(^^)

                  caa6e762.jpg


ここまで出てきたお寿司は半分の5巻。
食べるスピードに合わせて、お寿司が出てきます。
ですので、決して前のお寿司が残っているうちに、次のお寿司が出てくることはありません。
こういうところも、こちらのお店の大人気の理由の一つなのでしょうね。

目の前で、大将がネタを手のひらで、“ピシッ”と叩きます。
「北寄貝です。」
                       286c4e0d.jpg


この北寄貝、先ほどまで生きていたので、神経が刺激され、お寿司の上で微妙に動いてますよ!
食べてみると、絶妙な甘みが口に中に広がります(^^)
(これ美味いなぁ!最後のサービス、これにしようかな・・・。)
そんなことを思ったりします。

「サンマです」
                    5ed2ec72.jpg


今が旬の秋刀魚。
一切小骨などなく、素晴らしい旨みが口の中に広がりますよ(^^)(^^)

「富山湾の白えびです、甘いですよ!」
                         6d380bde.jpg


はい、大将が仰るとおり、上品な甘みがたまりません!

「今の季節だけの生いくらです。 一年のうちで僅かな期間しか入ってこないんですよ。 もちろん、うちで漬け込みました。」
                                 ee4cbf85.jpg


そうおっしゃって出していただいた、生いくら。
その言葉は大げさでもなんでもなく、ほんとうに美味しいのです(^^)(^^)(^^)
こんないくらを食べたのは、本当に久しぶりです。

「今度は巻物いきますね。 鉄火と明太子です」
                        359229fb.jpg


こういうのも、嬉しいですね。
箸休めと行っては贅沢すぎますが、これもまた美味しいんです。

「穴子です。」
                     03123a8a.jpg


これこれ(^^)
私の大好きな穴子です。
これがまた、口の中で、ホロホロっと崩れてゆくのです。
その食感がまた最高です。

「コースのお寿司はこれで最後になりますが、サービスでもう一貫、何でも握らせていただきますよ。」

そうなんです。こちら“寿司大”さんでは、最後に何でも好きなネタをサービスで握っていただけるのです。

さて、何にしよかな・・・。
もう一度食べたいものもいくつもあるし、でも、食べてないものもたくさんあるしなぁ・・・。
寿司大 420fd7d9.jpg


いろいろ迷った後、私がお願いしたのはこれ。
                      3baa00c6.jpg


江戸前、東京湾の太刀魚です。
脂の乗った太刀魚の旨みがぎゅっと濃縮されてような旨味を堪能させていただきました。

お寿司をいただいた後、大将と少しだけ話しをさせていただきました。
私が大阪から来たことを告げると、
「私も昔、大阪の京橋に少しいた事があるんですよ。」とのこと。
ホントに色々と気さくに話してくださいます。
新鮮で美味しい寿司をいただくだけでなく、大将との会話を楽しみに来るお客さんが多いのも頷けます。

築地市場の寿司大さん。
皆さんがおっしゃるように、ほんとうに素晴らしいです。
お寿司の味わいはもちろん、そのサーヴィスは来るたびにお客さんの心を掴んで離さないのも頷けます。

“一度行ってみたいお店”そして、一度行くと“必ず再訪したいお店”に変わります。
長蛇の列に並ぶのを避けようと思うと、かなり早起きをしなければいけませんが、それで来る価値は十分にあるかと思います。
c12cd31b.jpg
 f1fdb175.jpg


こちらの店、また絶対に再訪させていただきたいと思います。



【寿司大】   
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館    MAP  詳細マップ    
電話:03-3547-6797   
営業時間:5:00~14:00(水曜日は12:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる・水曜日)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加