美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2014年11月

高速道路などで利用する、ETC。 ゲートをスムーズに通過できて、割引もあって便利ですよね。 以前は、通行券を渡して、料金が表示され、財布からお金を出して支払って、領収書を受け取る・・・。 (そういえば、混んでましたよね料金所 ) そのETCが、将来は開閉バ ...
続きを読む
高速道路などで利用する、ETC。
ゲートをスムーズに通過できて、割引もあって便利ですよね。
以前は、通行券を渡して、料金が表示され、財布からお金を出して支払って、領収書を受け取る・・・。
(そういえば、混んでましたよね料金所 )

そのETCが、将来は開閉バーも無くなり、もっとスピーディーに通過できるようになるかもしれないらしいですね。
(その代わり、不正通行への罰則も強化されるみたいですが。)

スムーズに通過といえば、電車に乗るときの改札口も進化しましたよね。
自動改札が普及して、もう30年くらいは経ちますでしょうか。
昔はいましたよね、裏が白い切符を投入にしてしまって、「ピンポ~ン」って、チャイムを鳴らしてた人。

さて、そんな自動改札機があるのも不思議なくらいのレトロな駅が、大阪市内にもあります。

浪速区にある、南海電車の汐見橋駅。
                   ミカンバコ

元々ここは、南海高野線の始発駅であったもの、今では“汐見橋線”と呼ばれるようになっています。

当時は、こんな感じでステンレスの南海高野線の車両が止まっていたことも・・・。
                      9dc7df61.jpg


大阪市内にありながら、乗降客数は1日に350人ほどだったのだとか。
それが、阪神なんば線が開通してから、その乗り換えのお客さんが増えて、24%も増加したというのだから捨てたものではありません。


この日は、そんな汐見橋駅から、歩いてすぐのところにある、“ミカンバコ”さんにお邪魔させていただきました。
                        d7690436.jpg


こちらのお店、私の自宅からも近く、ずっと気になっていたお店なのです。

そして、土曜日と祝日には、スペシャルなカレーがあるとのことで、この日はそれ狙いでお邪魔させていただきました。

とりあえず、カウンター席に座らせていただき、メニューを見せていただきます。
                  22fc7812.jpg


土、祝日のお昼ごはんメニュー
ナシゴレン、タコライス、テリマヨスパム丼。
どれも、イラストが描かれていて、わかりやすいですね。
『わぁ、美味しそう、これ食べてみたい・・・』そんな気持ちにさせてくれます。
そして、どれを注文しても、880円。嬉しいですね。

この日の目的は、土曜日と祝日限定の、ぜんぶのせカレー。
平日は、アフリカンチキンカレーが人気だそうですが、土曜日と祝日はぜんぶのせカレーがメニューにお出ましするようです。

店内は、カウンター席の他にソファ席などがあり、落ち着いた雰囲気が漂っています。
そして、この中だけ時間の流れがゆったりしている・・・。
そんな感じでしょうか。
33d6b0ed.jpg
 f832c1c2.jpg


友達と来て、カレーを食べながらゆったりと寛いで過ごす。
そんな感じで楽しむことが出来そうですよ。

お店の雰囲気を楽しんだりして待っていると、ぜんぶのせカレーが出来上がってきました。
                    35008ca5.jpg


プレートの上に、2種類のカレー、
85f9e69b.jpg
 357edebb.jpg


サラダ、スープが賑やかにのっかっています。
こういうのって、みてるだけでも楽しい気持ちになりますよね(^^)
        d1c09091.jpg


とはいっても、眺めてるだけってわけにはいきません。
では早速いただきましょう。
             024af249.jpg


大きなチキンがゴロッと入ったカレー、美味しいです(^^)(^^)

そして、こちらのカレーは野菜のカレー、茄子がいい感じですよ!
                   90ead7b0.jpg


途中、スープやサラダも楽しみながら、それぞれのカレーの味わいを楽しみます。

そして、やはりひとつのプレートの上にのっかっていると言うことは、こんな感じで混ぜて楽しめると言うことで・・・

はい、2種類のカレー、サラダを混ぜて、仕上げにパパドを砕いて散りばめます(^^)
                  5397aebc.jpg


それぞれのカレーを味わっても、その個性が楽しいのですが、混ぜ合わせることによって、それまで想像できなかったような美味しさを味わえるのは楽しいですよね(^^)(^^)
           69f233a1.jpg


そして後半、別添えで出していただいた赤いパウダーをパラパラッと!
          
これも適度に混ぜ合わせていただきます。
                    fc24177b.jpg


(^^)(^^)
おぉ!
きりっと引き締まったような感じになって、いい感じですよ(^^)(^^)

もうこうなると、スプーンが止まらなくなります。
気がつけばあっという間に完食。
大満足させていただきました。

ドリンクもつけていただけるので、ラッシーをお願いしました。
                  ミカンバコ

これでしばしクールダウン。
しっかりとお店の雰囲気も楽しませていただきました。

改めてメニューを見ると、どのメニューもすごく気になりますね。
タコライスなんて鉄板だろうし、ナシゴレンも気になる・・・。
案外、テリマヨスパム丼って、嵌る味わいなのではないでしょうか(^^;)

ついついぜんぶのせカレーを注文してしまいそうになりますが、また他のメニューも味わってみたいと思います。

ゆったり時間が流れる空間で美味しいランチプレート、如何でしょうか。
他にはない雰囲気、味わうことが出来ますよ!




【ミカンバコ】   
住所:大阪市浪速区桜川4-1-27 辻富ビル 1F    MAP     
電話:非公開   
営業時間:11:30~16:00(Lunch)16:00~22:00(Dinner)   
煙  草:
定休日:日曜・毎月21日不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

洋食屋とフレンチ、イタリアンとかって、どの辺りが境界線になるのだろうか・・・。 そんなこと、考えたこと内ですか? 値段が高いか安いか・・・ でも、一皿600円くらいのフレンチ、イタリアンがあるかと思うと、一人前2,000円を超えるオムライスがある洋食屋さんも存 ...
続きを読む
洋食屋とフレンチ、イタリアンとかって、どの辺りが境界線になるのだろうか・・・。
そんなこと、考えたこと内ですか?

値段が高いか安いか・・・
でも、一皿600円くらいのフレンチ、イタリアンがあるかと思うと、一人前2,000円を超えるオムライスがある洋食屋さんも存在する。

「俺のフレンチ」や、「俺のイタリアン」、そして、「ミッテラン」。
本格的なフレンチやイタリアンがリーズナブルな価格でいただける。
すごく気になります(^^)

高級洋食の「たいめいけん」や「レストラン吾妻」。
一度は食べてみたいですよね、2,000円超のオムライス。

さて、街中には、「洋食屋」と名乗りながらも、実際に出てくるものはかなり本格的!
そんな素敵なお店があったりするから、食べ歩きはやめられません(^^;)

この日も、そんな素敵な洋食のお店での宴会(とはいっても、8名ですが)にお誘いいただきました。

お伺いしたのは、北新地にある“寺田屋”さん。
こちら寺田屋さんでは、お任せ5品のお料理と、 飲み放題(100分)で5,000円の「美味しい宴会」2時間プランをはじめられたとのこと。
(このプラン、4名以上で注文可能で、8名で貸し切り出来ます。)

お店のサインには、「洋食 ときどき和食 そして美酒」って書いてあります。
                      e793fca6.jpg

                    
この日は8名で宴会(いや、パーティといった方がいいのかなぁ(^^;))、ということは貸し切りです(^^)

テーブル席を8人で囲みます。
はい、私はカウンター席を背にして座らせていただきました(^^;)

さて、「洋食 ときどき和食 そして美酒」と掲げるこちらのお店のおしながきはどんなものか・・・。
                  e1bc17e5.jpg


魅力的なものが勢揃い!
これを、小さな厨房にシェフ1人で調理されるのだからすごいと思います。
あ、ホールのサーヴィスは、笑顔が素敵な女将、やえさんが担当されますよ(^^)

この日の宴会は、料理はおまかせで。
そして、ドリンクはこの中から好きなものを選んで飲み放題ですよ!
                     寺田屋パーティプラン

まずは、ビールで・・・じゃなかった(^^;) スパークリングワインで乾杯!
特別にサービスしていただきました(^^)
    538b9bcb.jpg


最初の料理は、自家製のキッシュ。
                      721e8ff2.jpg


これがとりける食感でかなり美味い!
こんな美味しいキッシュ、自分で作れたらなぁ・・・いえ、作れないから食べに来るのか(^^;)
出来ればおかわりしたいくらいでしたよ。

そして、次の料理は、ブロッコリー、カリフラワーが入った、トマトソースのファルファッレ。
                         6cd6e862.jpg


ファルファッレって、こんなに美味かったんだ!
自分で作るときは、ホワイトソースを使うことが多かったのですが、トマトソース美味しいですね。 それに、ブロッコリーとカリフラワーの食感もいい感じですよ(^^)

あっという間に料理が平らげられるのと同時に、次の料理が出来上がります。
                     d41ce8ab.jpg


これでもかっ!ってくらいに、たっぷりの牡蠣が入った、牡蠣のソテー。

プリップリの牡蠣がかなり美味い!
そして、このソースと牡蠣、いい感じですよ。
ソースにパンをつけて食べたいなぁ・・・。

そう思っていると、バケットも出していただきました。
何だか至れり尽くせりです(^^)(^^)

そして、鶏の一枚揚げ。
               19267170.jpg


パリッとサクッと味わえば、口の中に肉汁が溢れ出します(^^)
それにしても、何を食べても仕上げのタイミングが絶妙!
やはり、プロの技は違いますね(^^)(^^)

こういうときに飲み放題は頼もしい!
                   寺田屋パーティプラン

ワインがすすんでしまって(^^;)

そして、牛レバーのパン粉焼き。
                      8562e438.jpg


こちらは赤ワインで楽しませていただきました(^^)

〆には、梅しそガーリックライスを。
                  865ef476.jpg


ガーリックの香りが香ばしく、梅のさわやかさが良いアクセントになっています(^^)(^^)
この時点で、結構満腹になってはいましたが、これはいくらでも入って行きそうですよ。

教訓:〆のご飯とデザートは別腹(^^;)

はい、デザートはこんな感じで。(デザートは特別に差し入れていただきました。)
     d9fc821b.jpg
 ac674f06.jpg


この内容で、飲み放題付5,000円!
料理の量もたっぷりで大満足させていただきました(^^)
                   195c2cbc.jpg


これ以外にも、いろいろイベントもやってるみたいですよ!
(とは言いながら、ブログ掲載時ではほとんど終わっちゃってますね(^^;))

詳細は、寺田屋さんにお問い合わせ下さいね!
あ、ランチの野菜たっぷりハンバーグを食べに行った時に確認してみてもいいかもしれませんよ!
(野菜たっぷりハンバーグランチの記事はコチラ





【洋食、ときどき和食、そして美酒 寺田屋】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-4-7 小西ビル 4F    MAP     
電話:080-6213-9165   
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30)※ランチタイムの営業は、水・木・金   
<水・木・金>18:00~ラスト <土・日・祝>15:00~21:00  
煙  草:完全禁煙
定休日:月・火(一件でも予約があれば営業)
駐 車 場:なし(近隣に有料駐車場あり)      

女将さんのブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

暑さからも開放されて、食欲の秋到来! すごしやすくなってきましたね・・・・ 何て言ってたのがついこの間のような気がしますが、そんな秋ももう終わり。 冬の気配さえ感じるようになってきましたよね。 食欲の秋といえば、キノコ。 キノコの美味しい季節です。 ...
続きを読む
暑さからも開放されて、食欲の秋到来!
すごしやすくなってきましたね・・・・


何て言ってたのがついこの間のような気がしますが、そんな秋ももう終わり。
冬の気配さえ感じるようになってきましたよね。

食欲の秋といえば、キノコ。
キノコの美味しい季節です。
(冬の楽しみ、鍋のお供でもあるのですが)

松茸、椎茸、エノキダケ、しめじ、ヒラタケ、エリンギ、マッシュルーム、ポルチーニ、舞茸、袋茸、タモギダケ、
ナラタケ、キクラゲ、オオイチョウタケ、ナメコ・・・。


いろんなキノコが盛りだくさん!

キノコ鍋、キノコご飯、キノコたっぷりのパスタ、キノコグラタン、キノコのマリネ・・・。

キノコって地味なようで、実は味に深みが出る。
そんな頼りになるぞんざいだったりするのです。

そんなキノコを使ったうどん料理がいただける・・・。
しかも、コシのあるきしめんもいただけるとのこと。

この日にお伺いさせていただいたのは、 “活麺富蔵”さん。
                       活麺富蔵、きしめん

学研都市線を四条畷駅で降りて、飯盛山方面へ5分ほど歩くとお店があります。

「こんにちは、お久しぶりです。」

この日もたくさんのお客さんで賑わっています。
カウンター席に座り、お目当てのうどんをお願いします。

うどんが出来上がるまでの間、「願いが叶う佃煮」を(^^)
                     65bdcdc7.jpg


これ、さりげなく美味いんですよね。
いつも平日の仕事の合間か、休みの日は車で来てしまうのですが、一度休みの日もしくは夜に来て、お酒と一緒に楽しみたいものです。

お酒と言えば、こちらのお店にはおばんざいも用意されていますよ。

おばんざいも含めたメニューはこんな感じ。
c534d13d.jpg
 26c80ca9.jpg
 922c9ea2.jpg

2aa3bb8a.jpg
 94f8e789.jpg
 8e52753d.jpg

caa0b839.jpg
 4386a72d.jpg
 16443129.jpg


こうやって、メニューを見ていると、ここがただのうどん屋さんでないことがわかりますよね。
うどんが美味しい料理のお店。
そう感じるのは私だけではないはず・・・。

そんな感じで、メニューや巡礼ノート
(こちらのお店に来た人が自由に書き込めるノートです。有名なあの方や、うどんラリーのイメージガールのあの方の書き込みも(^^))
を見ていると、この日にお願いした、“和牛なめこセット”が出来上がってきましたよ。
              1d9ae3e3.jpg


和牛なめこセットとは・・・。
和牛肉となめこをたっぷりと使った、つけ麺タイプのうどんと、しっかりコシのあるきしめん、なめこひやかけの2種類がセットになった人気商品。
うどん2杯も食べられるのかな・・・そんな心配を吹き飛ばす美味さです!


まずは、和牛なめこつけ麺から。
            5a07bc07.jpg


つけ汁の中には、本当にたっぷりの牛肉となめこが入っていますよ!

うどんなこんな感じで艶々!
              c2b7b400.jpg


見ているだけでもお腹が鳴りますね(^^)

先ずは麺をいただきましょう。
                a547f6c4.jpg

         
グニュっとした感じで、噛む力を入れるごとに抵抗感を増し、最後に心地良く噛みきれる。
これは美味しいうどんですよ(^^)

そして、キノコと牛肉たっぷりのつけ汁。
                    2a27e242.jpg


これもまた、いい味出してますね(^^)

熱いつけ汁の中に、艶々のうどんをつけて、牛肉と一緒にいただきます。
                  b7c7f91e.jpg


冷たい麺と冷たいつけ汁よりも、熱いつけ汁の中に冷たい麺をつける方が、麺に味が良くしみ込みますね。
肉の旨味、なめこの食感、うどんの美味しさと、3拍子揃った味わいを堪能出来ますよ。

そして、ちく天もいただきます。
                    3647c0ce.jpg


サクッと柔らかいちく天。
これはちょっと病みつきになりそう(^^)
この大きさで、150円は、追加する価値ありですね!

うどんを食べ終わったら、出汁割りをいただきます。
                 2172c99a.jpg


たっぷりのなめこも堪能。
                e7505de7.jpg


美味しかった! ごちそうさまでした・・・。
って、まだありますよ!
前半戦が終了したあとは、後半戦。

いよいよあれの登場です。
                  332b301f.jpg


一度食べてみたかったのです、コシのあるきしめん。
きしめんって、不思議な食べ物ですよね。
うどんのようでうどんでない、太さ(幅)だけで言えば、伊勢うどんのような感じもしますが、それとも全然違う。

細うどんを横に並べてくっつけたら、こんな感じになるのかなぁ・・・。
そんなことを考えながら、先ずは一口いただきます。
                       9c1cf35c.jpg


おぉ!
なめらか(^^)(^^)
そして、しっかりとコシもあります。
かといって、固さとは全く無縁。
心地いいのです。
これは食べる事に快感さえ思えますね(^^)(^^)

そして、この出汁がまた美味い(^^)(^^)(^^)
                         69175261.jpg


なめこのぬめりを感じさせないように、旨味だけを抽出して作り出された、この出汁。
本当に旨味が凝縮されていますよ(^^)(^^)

半分くらい食べたところで、薬味の茗荷を入れてみましょう。

                        2de11e1e.jpg


これ、すごくいい感じですよ!
まるで、夏が忘れ物をしたみたい・・・。
そんな感じで、縁側で風林の音を聞いているときのような気持ちにさせてくれる味わいですよ。

牛肉となめこたっぷりのつけ麺、なめこで出汁を取った、コシのあるきしめんのひやかけ。
どちらもすごく美味しかったですよ!

京橋から快速に乗って、たったの13分。
四条畷まで足をのばしてみませんか?
今までになかった体験が出来ますよ!





【楠公二丁目 活麺富蔵】   
住所:大阪府四條畷市楠公2-8-26     MAP     
電話:072-862-4154   
営業時間:11:00~麺切れまで(L.O.20:30)   
煙  草:終日禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のフィギュアスケートのグランプリシリーズでの、羽生結弦選手の演技、見ていてヒヤヒヤものでしたよね。 練習で、あれだけ負傷しながらも出場。 本当は立っているだけでも困難な状態だったのだとか。 それにしてもスゴイ精神力。 オリンピック金メダリストって、 ...
続きを読む
先日のフィギュアスケートのグランプリシリーズでの、羽生結弦選手の演技、見ていてヒヤヒヤものでしたよね。
練習で、あれだけ負傷しながらも出場。
本当は立っているだけでも困難な状態だったのだとか。

それにしてもスゴイ精神力。
オリンピック金メダリストって、重圧もあったのでしょうね。

フィギュアスケートといえば、織田信長の末裔である、織田信成選手、いい感じですよね。
何だか人が良さそうな感じで、話していてもすごく楽しそうな雰囲気がありますよね。

スゴイご先祖様を持っているのに、それを匂わすようなところ、あまりなくていい感じだと思います。

さて、歴史に名を残す方々の末裔の人、他にも有名人で結構いらっしゃるようですよ。

加山雄三は、500円札の肖像にもなった、岩倉具視の玄孫。
釈由美子は、豊臣秀吉の家臣・蜂須賀小六の末裔。
元総理大臣の麻生太郎は、大久保利通の子孫。
今、テニスで話題の錦織圭を少年時代に指導した、プロテニスプレーヤーの松岡修造は、阪急東宝の創始者小林一三の曾孫にあたるのだとか・・・。


そういえば、江戸時代265年間、日本を統治していた、徳川家の今は・・・。

徳川家康の末裔、徳川家広さんは、現在翻訳家であり作家。
尾張徳川家の末裔、徳川義崇さんは、プログラマであり実業家、そして名古屋にある徳川美術館の館長をつとめているそうです。
そして有名なのが、フリーアナウンサーで、元NHKの松平定知さん。
NHK在籍時の局内でのニックネーム多くの方の予想通り、「殿」

こうやってみてみると、意外と身近に歴史上の有名人の子孫、いらっしゃるのですね。

さて、徳川と言えば、先日お伺いさせていただいたお店の名前も徳川。

この日は、北区本庄にある、“徳川別邸”さんのレセプションにお邪魔させていただきました。
          44917aac.jpg


どちらかというと、住宅が多く建ち並ぶこの地に、隠れ家のように存在するこちらのお店では、近江軍鶏を使ったすき焼きや水炊きがいただけるとのことです。

ネットなどで、こちらのお店の存在を知り、ずっと一度来てみたかったのですが、今回ようやくその願いが叶いました。

お店の入口まで続くこの通路を歩いているだけでも、テンションが上がりますね。
     徳川別邸 徳川別邸

こちらのお店は全席個室。
この日は、2階にある部屋に案内していただきました。

近江軍鶏は180日以上飼育されている為、お肉の旨味と弾力は申し分ありません・・・。
          4c90a327.jpg


楽しみです。
84142d67.jpg
 dc04a0af.jpg
 1a115292.jpg


この日、いただいたのは朝挽き近江軍鶏すき焼きコース。
A. 近江軍鶏のすき焼
B. 近江軍鶏のみそ焼
C. 博多風水炊き 
の3種類から鍋が選べます。

この日は、博多風水炊きを予約していただきました。

まずは生ビールで乾杯!
          徳川別邸

真夏に飲む生ビールの美味さは格別ですが、鍋と一緒にいただく生ビールもそれに引けを取らないくらいに美味しいんですよね(^^)

そんな感じで、ビールの美味さを堪能していると、前菜が運ばれてきました。

前菜とは言っても、二段重で提供して下さいます。
     c5cd8fd9.jpg


蓋を開けると、けむりが・・・。
                   d817a417.jpg


まるで竜宮城に案内されたような気持ちにさえなります(^^;)
(玉手箱じゃないのだから・・・。)

重箱には、前菜と刺身が入っていますよ(^^)(^^)
        4722d0c9.jpg


上の箱には、前菜が。
  3f0a1b5b.jpg


手前から反時計回りで、
かに味噌グラタン、ささみ握り、つくね焼、さつまいも甘露煮、かぶら田楽、
銀杏焼、しめじ煮びたし、水菜とささみポン酢ジュレかけ、そして、ふぐの子糠漬けです。

ふぐの子って・・・。
そう、フグの卵巣には、肝などと同様に致死性の高い毒素であるテトロドトキシンが多く含まれているため、そのままでは食用にできない。
でも、石川県白山市の旧美川町地域、金沢市の金石、大野地区では、その卵巣を2年以上にもわたって塩漬けおよび糠漬けにする事で、毒素を消失させ珍味として提供することが許されているのだとか。
この加工法で食品として製造しているのは、日本全国でこの美川、金石、大野地区のみである
とのこと。

これは中々いい体験をさせていただきました。
そうなると、やはりお酒が欲しくなってきますよね(^^)

いただいたのは、広島県のお酒、白鴻。
         徳川別邸

しみわたります(^^)

そして、下の箱には、刺身が入っています。
         0ab85102.jpg


もも肉たたき、肝、砂ズリ、ささみ。
どれも鮮度抜群で味に深みがありますね。

そして次の料理は、蓮根まんじゅう 豌豆あんかけです。
         3a7e3fcc.jpg


出汁の旨味とエンドウ豆のあじわいが蓮根まんじゅうを包み込みます。
完全に割烹ですよね。

そして、近江軍鶏の岩塩焼。
         8bf6df63.jpg


いい塩梅で岩塩の味わいが鶏肉にうつり、これはかなり美味しいですよ(^^)(^^)

そして、いよいよ始まる博多風水炊き。
          8cec913a.jpg


近江軍鶏、たっぷりの野菜、きのこ、つくね・・・
鍋の中にスタンバイして、タップリとスープを注ぎ入れます。
        8ff5db26.jpg


鍋が煮えてきて、いい香りが立ち上がります。  
         b84a5383.jpg


水炊きと言っても、博多風はこんな感じで、白濁スープを使うのがいいですよね。
このスープがまた美味いんですよね^^

        955a4b31.jpg


というわけで、まずはスープからいただきます。
器の中には適量の塩が入っていて、スープを入れるだけでちょうどいい塩梅になりますよ。
これがまた、美味い(^^)

ここはお酒も追加でいただきます。

今度は香川県のお酒、川鶴。
         徳川別邸

鶏の旨みをしっかりと受け止めますよ(^^)

そろそろ鍋も出来上がったので、取り分けていただきましょ。
    徳川別邸

まずは鶏肉から・・・。
            e99c496d.jpg


うわぁ、これは美味いわ(^^)(^^)(^^)
噛みしめるごとに旨味が染み出してきますよ!
野菜も鶏の旨みがとけだした白濁スープのせいで、普段の野菜じゃないみたいに美味しいですよ(^^)(^^)

みんな無言になってしまうほど夢中で鍋をつつき、完食です。

そして、もちろん〆は雑炊で。
      28e0e1fc.jpg


再び鍋を煮立たせて、ご飯を投入。
                   84b49d5c.jpg


そして、卵で閉じて、
      f1539ee2.jpg


出来上がりです(^^)
                     ab0c493a.jpg


取り分けていただきます。
         dc4ea04c.jpg


!!
え・・・これは。
あのね、雑炊というよりも、まるで上質の親子丼をあっさりさせたような感じですよ!
これ、かなり美味しいです(^^)(^^)(^^)

「おなかがいっぱいなので、〆の雑炊はいいかな・・・」
そんな言葉はこちらでは全く出てこなかったです。

そして、デザートも頂き大満足!
        c4f8d51a.jpg


これは人気がでるのも頷けますよ。

“徳川別館”さん、最寄り駅から少しだけ離れていますが、わざわざ行く価値はあるかと思います。
これからの忘年会シーズン、幹事になる予定がある方、ここは抑えて損はないのでは・・・。
最高な宴会になること、間違いなしだと思いますよ!





【徳川別邸】   
住所:大阪市北区本庄西1-13-6    MAP    
電話:06-6373-6060   
営業時間:17:30~24:00(Lo.22:00)   
煙  草:分煙
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、「ネーポン」ってジュース、ご存知ですか? (ご存知だったでしょうか・・・の方が、正確ですね。) 見た目はオレンジジュース。 ネーブルとポンカンの果汁10%のバヤリースとか、なっちゃんとか、Qooのような清涼飲料水のこと。 砂糖と酸味料、香料のみと ...
続きを読む
みなさん、「ネーポン」ってジュース、ご存知ですか?
(ご存知だったでしょうか・・・の方が、正確ですね。)

見た目はオレンジジュース。
ネーブルとポンカンの果汁10%のバヤリースとか、なっちゃんとか、Qooのような清涼飲料水のこと。

砂糖と酸味料、香料のみといった清涼飲料水がまかり通っていた1955年当時、
子供たちに少しでも良いものを飲ませたいという気持ちから、果汁を10パーセント入れようと決心した当時の社長が
ネーブルとポンカンの果汁を混ぜて考案したことによって生まれた飲み物なのだとか。


そして、「ネーポン」が有名になったのは、「探偵ナイトスクープ」で取り上げられたのがきっかけ。
            アアベルカレー アアベルカレー

玉造の「日ノ出商店街」に当時あった、“アジアコーヒー”の名物メニュー。
“ネーポンって何なんだ?”みたいな感じで、取り上げられていました。
            
見てみると、これって昭和の時代の銭湯で売っていたような気もしますよね(^^;)
                アアベルカレー

残念ながら、現在はアジアコーヒーも閉店してしまって、その姿を見ることは出来ませんが、日ノ出通り商店街は健在です。

さて、そんな玉造に、美味しいカレーのお店があるとの情報を教えていただき、行って来ました。

大阪環状線の玉造駅を降りて、日ノ出通り商店街の方へ。
ちょっと歩いてみると、玉造筋の方へ出る細い道があります。
           アアベルカレー

その中ほどに、「カレー」の幟を発見。
この日にお伺いさせていただいたお店、“アアベルカレー”さんは、こちらの2階にあります。
            アアベルカレー アアベルカレー

入口を入って、階段を上ってゆきます。
(ちょっと急なので、気をつけて・・・)
アアベルカレー アアベルカレー

まるで、友達の家にでも遊びに来たみたいな雰囲気ですね。

でも、扉を開けると、お洒落な空間が広がります。
               アアベルカレー

こちらのお店は、ギャラリー&バー“ギャラリーバンコ”をお昼の時間帯に間借りして営業されているカレー屋さんです。

カウンター席に座り、メニューボードを見せていただきます。
         アアベルカレー

本日のカレーは、ココナッツチキンカレー or キーママタール(挽肉とグリーンピースのキーマカレー)
あいがけが+150円、大盛はルーもごはんも両方とも大盛になって、+100円です。

注文はもちろん、あいがけで。
トッピングのスパイスたまごもお願いしました。

お店は店主の安倍さんがカレーの調理を、そして、美人スタッフの梅田さんがサーヴィスを担当されています。

「カレーの写真とか、撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」
と聞くと、「どうぞ、ありがとうございます。」と快く了解してくださいました。

そればかりではなく、メニューボードを見えやすい場所に移動してくださったりと、いろいろ心配りをしてくださいます。

はじめてお伺いさせていただいて、ちょっとばかり緊張している中(ホントか?)、こんな感じで接してくださると、嬉しいですよね(^^)
知り合いにもこちらのお店、紹介したいって気持ちになりますよ。

店内は、カウンター席が7席と、小上がりに丸いテーブルがひとつ。
そちらには、4~5人が座れるでしょうか。

レトロさが落ち着いた雰囲気を醸し出す空間になっていますよ。

そんな感じで店内を見渡したりしていると、カレーが出来上がってきましたよ。
                   0cd9fbd3.jpg


白く丸いプレートに2種類のカレーをあいがけにしていただいてます。

まわりには、いろんなおかずが並ぶ、ちょっとスリランカスタイルも取り入れたような感じですね。

そんなに大きなプレートではないので、すごくお腹ぺこぺこな男性の方や、カレー大好きな方は、大盛での注文がいいかもしれません。

いい感じでこんがりと焼かれたパパダンと、チャナ豆とムング豆のカレー。
                483108ea.jpg


先ずは個別におかずをいただきます。
それぞれの味わいもいい感じで、これをアテにビールをいただいても最高なのでは。
(とはいえ、平日のランチタイム。 ここは我慢の子であった(^^;))

チキンはゴロッと大きなものがのっかってますよ(^^)
                    13ac05fd.jpg


何はともあれ、いただきましょう。
                e675bd70.jpg


おぉ!
いい感じのスパイシーさ。
香り立つスパイスの中から旨味を発掘する。
そんな楽しむが味わえるカレーですよ(^^)(^^)
                     アアベルカレー

レンコンのアチャールは、スパイスの世界に迷い込んでしまいそうな気持ちを呼び戻す効果が・・・・
あるような気もしたのですが、ますますスパイスの世界への期待感をかき立ててくれる効果も持ち合わせているようですね。

さて、それぞれの味わいを楽しんだあとは、全ての副菜とカレーを混ぜ合わせて、スリランカスタイルで楽しんでしまいましょう。
                     66948bf2.jpg


うわ!
混ぜたらさらに味が複雑になってめちゃ美味い(^^)(^^)

そして、もう一つ特筆ものなのが、このスパイスたまご。
                    167c8875.jpg


これは是非トッピングして食べる事をオススメします。

もっとゆっくり食べればいいものを、あまりにも美味しすぎてあっという間に完食。
大満足なランチタイムになりました。

いい雰囲気のお店で、感じのいいスタッフの方、そしてカレーは絶品です。
玉造、ちょっとだけ市内中心からは離れていますが、大阪環状線に乗って、気がつけば到着しています。
是非一度行ってみてください。
美味しいカレー、いただく事が出来ますよ(^^)(^^)




【アアベルカレー】   
住所:大阪市天王寺区玉造元町4-8 2F    MAP     
電話:非公開   
営業時間:12:00~15:00(L.O.14:30)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月・土・日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFace bookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

絶品! こんな看板やポスターを目にすると、ついつい立ち止まってしまいます。 特に、ランチタイムにさしかかる頃、お店を探して歩いている時なんて、まず立ち止まってしまいますよね。 “こんなのはじめて! 絶品ハンバーグ“とか、 “限定7食 超厚切りロースかつ ...
続きを読む
絶品!

こんな看板やポスターを目にすると、ついつい立ち止まってしまいます。
特に、ランチタイムにさしかかる頃、お店を探して歩いている時なんて、まず立ち止まってしまいますよね。

“こんなのはじめて! 絶品ハンバーグ“とか、
“限定7食 超厚切りロースかつ定食”とか、
“割烹のカツカレー”とか、
“スーパーランチ 究極のカレー+至高のラーメン“とか・・・。
(何だか、美味しんぼみたいですよね(^^;))


ワンコインランチも魅力的ですが、ちょっと特別なものを食べたいときもありますよね。


先日、こんな感じでお誘いいただきました。

「日本で唯一のパルマハム職人がつくる生ハムの会をします!ご予定があえばいかがでしょうか?」
何でも、その生ハムは、私達が知ってる生ハムとは完全に別物で、“とびっきり”なのだとか・・・。

しかも、“日本で唯一のパルマハム職人”と来たものだから、気になって仕方がありません。
その日は、仕事が入っており、「約1時間遅れてしまうのですが・・・」との申し出に対しても、快く承諾していただき、参加させていただきました。

『BON DABON × BISTROあじと コラボ企画 ペルシュウの会』

開催されたのは、ウラなんばにある、“BISTROあじと”さん。
1fbef823.jpg
 ビストロあじと、生ハム
ビストロあじと、生ハム

1階にある“スタンドあじと”さんに後ろ髪を引かれながら、階段を上がり、2階のお店へ。
      248c6301.jpg


「こんばんは~、遅くなりました。」

あ、知ってる方が何名かいらっしゃいますよ(^^)
何はともあれ、テーブルに着かせていただき、まずは泡で乾杯!
          ビストロあじと、生ハム

五臓六腑に染みわたります(^^)(^^)

この日のメニューはこんな感じで、料理は順番に出していただけるようです。
       ビストロあじと、生ハム

そして、飲み物の方は、キャッシュオン。
             ビストロあじと、生ハム

こちらのメニューの中から好きなものを選んで楽しめるみたいですね。

とりあえず、生ビールもいただきましょう。
            76e21d4a.jpg


こちらの生ビールは、ハートランド。
これ、美味しいんですよね(^^)

そして、最初に提供されたのがこちら。
          fb586092.jpg


この日の主役である、パルマハムで、ペルシュウARGENTO17ヶ月です。

見た目にも綺麗ですね。
薄くスライスされていますが、その存在感は素晴らしい。
見た目にも他の生ハムとは違うような感じがしますよ。

では早速いただきます・・・・。
          ビストロあじと、生ハム

!!!
うわぁ・・・これ・・・。
ちょ、ちょっと凄いんじゃないですか(^^)(^^)(^^)
あのね、口の中で溶けてゆくのですよ。

口の中に入れると、旨味が“パーッ”と広がっていって、まるで浸透していくような感じでとけてゆくのです。
こんな体験は初めてです。
凄いインパクトですよ。

油断していると、一気に全部食べてしまいそうになるので、ちょっとずつ大事に楽しみましょう(^^;)


自家製のカンパーニュは、2種類のオリーブオイルと一緒に楽しみます。
          fde2e288.jpg


オリーブオイルもこの日のために特別にイタリアから買ってきてくださったものをいただきます。
(オーナーさんがイタリアに行って、オリーブオイルの勉強をなさってたのだとか。)
       ビストロあじと、生ハム ビストロあじと、生ハム

これ、今までのオリーブオイルの観点が変わります。
何か今日は、素晴らしい体験ばかりさせていただけるなぁ(^^)

というか、私はみなさんよりも遅れの参加なので、追いつかなければ(^^;)

というわけで、前菜の3種盛り。
            55cb9321.jpg


奥から、オレンジとたいらぎ貝のサラダ、
豆の煮込みとグラナダパダーノ、
柿とすだちマリネです。

あ、それとその奥にあるのは、仙鳳趾の牡蠣ソテー レモンとハーブのソースです。
            c11dc9ad.jpg


この牡蠣がまた大きいのです(^^)
ではこれを一口で・・・・

いきたいところですが、それはあまりにも勿体ないので・・・。
          3fa26291.jpg


真ん中でカットしてもこの大きさです。
これ、めっちゃ美味しかったですよ(^^)(^^)

思わず白ワインをボトルでお願いしました。
           ab366147.jpg


そして、パスタはきのこを使ったオイルとフォンのパスタ ポルチーニの香りです。
             7825c0ff.jpg


たっぷりのきのこがたまりませんね。

カウンターの方では、次のパルマハムが切り分けられているのをみることが出来ますよ。
2367160a.jpg
 ビストロあじと、生ハム ビストロあじと、生ハム

大きな塊を丁寧に切り分けていただきます。
このハムには、この専用のスライサーでなければならないそうです。
厚み、切り方によって味わいが全く違ってしまうのだとか。

このペルシュウを作っていらっしゃる、“BON DABON”さんのHPにはこう書いてあります。

ペルシュウは生きています。切りたてをそのまま食べていただく、これに勝る美味しい食べ方はありません。
工場は不便な場所にありますが、切りたてのペルシュウをぜひ味わっていただきたいと思っています。


そんなペルシュウをこの日は特別に日本唯一のパルマハム職人の多田昌豊さんが切り分けて下さいます。

ペルシュウ24ヶ月 ORO。
            89523104.jpg


先ほどの17ヶ月をさらに熟成させたもの・・・ではなく、
この熟成期間に適した肉を使って、また違った熟成のさせ方をしたものなのだとか。

これをいただくと、生ハム=前菜って概念が吹き飛びます。
生ハム・・・いえ、ただの生ハムではなくこのペルシュウは、立派なメインディッシュですね。

しばらく、ペルシュウ24ヶ月 OROの余韻に浸っていると、最後の料理、
但馬牛すじと冬野菜のラザニアが運ばれてきましたよ。
           660ccefc.jpg


このラザニア、想像していたものと違い楽しいですよ。
そうですね・・・すき焼きをラザニアにしてしまった。
そんな感じの味わいです(^^)(^^)

デザートには、クリのパンナコッタ 紅茶のアイス添えをいただきました。
             5c1ef24f.jpg


「Diningあじと」さんをはじめ、「スタンドあじと」そしてこちらの「BISTROあじと」さん。
どのお店も、あじとイズム満タンで、一切の妥協を許さないスタンスは素晴らしいです。
そして、その場にとどまることがない探究心も目が離せないですね。

今回のように、とびっきりのパルマハムを見つけてきて、しかもコラボイベントをも開催してしまう。
中々真似の出来ないことだと思います。

また、通常営業の時にも是非お邪魔させていただきたいと思います(^^)



【BISTROあじと】   
住所:大阪市中央区難波千日前15-4 2F(スタンドあじとの2F)    MAP     
電話:06-6633-1577   
営業時間:18:00~23:30(土日祝は、17:00〜23:30) 金曜日と、土日祝はランチ営業あり12:00~14:30  
煙  草:分煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ
(DININGあじとのHPです。)



【BON DABON】   
住所:岐阜県関市洞戸高見2238-4    MAP     
電話:0581-58-8150   
営業時間:10:00~17:00  (工場直売のため、電話にて連絡してから行くことをオススメします。) 
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:あり      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

たまには、都会の騒々しさを逃れて、ちょっとドライブ。 今の季節、気持ちいいですよね。 車で走っていると、よく見かける看板ありますよね。 「飛び出し注意」の子供の絵が描かれてるやつ。                    みなさんも一度は見かけたことあ ...
続きを読む
たまには、都会の騒々しさを逃れて、ちょっとドライブ。
今の季節、気持ちいいですよね。

車で走っていると、よく見かける看板ありますよね。
「飛び出し注意」の子供の絵が描かれてるやつ。
                  f-cafe、ディナー

みなさんも一度は見かけたことあるかと思います。

実はこの看板のキャラクター、今人気があるそうなのです。

“飛び出し坊や”と呼ばれるこのキャラクター、携帯ストラップや、カプセルに入って出てくる「ガチャガチャ」の景品などで大人気なのだとか。
(名前は「とび太君」というそうです。 大阪、動物園前付近では呼べないですよね(^^;))
このキャラクターの生みの親は、滋賀県で看板業を営む、久田工芸さん。

そういえば、人気のゆるキャラ、「ひこにゃん」も滋賀県生まれだったような・・・。

何気なく見ている飛び出し注意のキャラを、商品にしてしまうセンス、すごいですよね。
(私はずっと、クレヨンしんちゃんのコピーキャラ(失礼!)かと思っていましたが、こちらの方が歴史が古いのですね(^^;))

でもこれ、簡単に真似れるようで、そっくりに描くのは中々むずかしいのかも・・・。
      f-cafe、ディナー
               (こんなちょっと違う看板もたびたび見かけるような気も(^^;))

住宅地から幹線道路に出てくるところ、飛び出し坊やを見つけに、この週末にでもドライブに出かけてみては・・・
いつもと違う楽しみが見つかるかもしれませんよ。

さて、住宅地と言えば、先日お伺いした住宅地の中にありながら、素晴らしいランチがいただくことが出来るお店、
“f-café”さん。

先日ランチをいただきにいったときに、壁のメニューを見て、「これは是非ディナータイムにも行ってみたい・・・」そう思い、早速実現してきました。

ランチタイムとは違い、落ち着いた感じの雰囲気になっていますね。
                       25689c37.jpg


この日は、気の合う仲間3人と、上新庄駅からタクシーに乗ってお伺いさせていただきました。

「こんばんは~。」

扉を開けると、シェフがお出迎えくださいます。

テーブル席に案内していただき、先ずはスパークリングワインで乾杯。

生ビールで乾杯と、泡で乾杯。
その境界線ってどの辺にあるのでしょうね(^^;)
(オサーン3人でも、泡で乾杯(^^;))

先日、ランチをいただいたときと違って、メニューを変えられたのだとか。
f-cafe、ディナー f-cafe、ディナー f-cafe、ディナー 

あ、ホント!
カラフルで見やすくなっていますね(^^)

仕事帰りにちょっと一杯・・・
そんな感じでサクッと楽しめる、「ちょい飲みセット」もありますね。
       f-cafe、ディナー

そして、こんな感じで「本日のオススメ」メニューも登場しています。
                    f-cafe、ディナー

天然ぶりのカルパッチョ、
シェル牡蠣、
はまぐりの白ワイン蒸し・・・。


これはちょっと迷ってしまいますね(^^)
とりあえず、これと、これと・・・。

とはいうものの、とりあえずは前菜の盛り合わせ(8種盛り)を。
                  a2017c97.jpg


これこれ!
これでワインが飲みたかったのですよ(^^)

パテドカンパーニュ、スモークサーモン、ポテトサラダ、ピクルス・・・。
自分で作ったら(作れないけど(^^;))、これだけの品数の前菜、とても大変そうなものをアテに、ワインを飲む。
贅沢な気持ちになれます(^^)(^^)

そして、シェル牡蠣。
レモンを絞っていただきます。
           402ab7ae.jpg


甘味と旨味の同居(^^)
今シーズン初でしたが、やっぱり美味いですね。

つぎは、天然ぶりのカルパッチョ。
              319ed11f.jpg


旨味が凄くのっていて美味しいですよ(^^)(^^)
ワインとの相性もバッチリですね。

そしてこれは、自家製ソーセージ。
                   b37e1a03.jpg


大きいです(^^)
噛みしめると肉汁がジュワッ!

赤ワインもいただきましょうか。
このワインって、オリジナル?
「f」って書いてますが・・・・
                       401b3c58.jpg


そんなわけないですね(^^;)
このワインは、Fantini Sangiovese Terre di Chieti 2012 Farnese。
イタリアワインで、サンジョヴェーゼ種を使った赤ワイン。
手頃な割に美味しいんですよ(^^)(^^)
こういうワインに出会えるから、嬉しいですよね。

それにしても、こちらのお店のワイン、値段がお手頃な割に美味しいのが揃ってますよ!
                      f-cafe、ディナー


次はパスタを。

ズワイガニのペスカトーレ フェットチーネの生パスタです。
               98ece2d4.jpg


モチッとした平打ちパスタに、蟹の旨味がたっぷりのトマトソースがバッチリ合いますよ!
こういうのをいただくと、やはりパンが食べたくなります。
                     bd849da2.jpg


ランチの時もそうでしたが、こちらのパンは全て自家製。
シェフがひとつひとつ丁寧に焼き上げているのです。

そして魚のメイン料理。(アラカルトでお願いしていますが、何となくメインと言ってみたりして(^^;))
ガシラのアクアパッツァです。
                        0ffac1e9.jpg


新鮮なガシラ(標準和名はカサゴ、関西ではガシラと呼ぶ。)は、骨から身がポロッと取れ、すごく美味しいです。
また、貝や野菜と一緒に煮込まれたスープの美味さと言ったらもう(^^)(^^)

「すいません、パンをもう少し下さい(^^)」

そして、肉料理のメインは、仔羊の香草パン粉焼き。
                   7cdf8efa.jpg


焼き加減も最高で、柔らかい。
これ、めちゃくちゃ美味しいです(^^)(^^)(^^)

前菜にはじまり、オードブルに牡蠣、カルパッチョ・・・。
あれ?
「本日のオススメ」メニューの中から、半分くらい注文してますよね。
でも、「オススメ」というだけあってどれを食べても美味しかったです(^^)

「さっきのパスタ、美味しかったから、定番のミートソースも食べてみませんか?」
そんな意見が出ても、反対する理由はありません。

というわけで、“茄子とアスパラのミートソース”もお願いしました。
                        92294368.jpg


濃厚なミートソースと生パスタのモチッとした食感。
これはクセになります。
                      f-cafe、ディナー

あれだけたくさん食べたあとだというのに、3人寄れば文殊の知恵あっという間に完食。
大満足させていただきました(^^)(^^)

美味し料理とワイン、駅からはちょっと離れている住宅地の中という立地ですが、
その分・・・いえ、それいじょうに満足出来る時間を過ごすことが出来ますよ。
また、ランチタイムにカレーも食べに来なければと思います。




【f-cafe】   
住所:大阪市東淀川区豊里6-1-39    MAP     
電話:06-6328-1616   
営業時間:8:00~21:30(L.O.21:00)   
Morning:8:00~11:00 Lunch:11:30~14:30 Afternoon tes:14:30~17:00 Dinner:17:00~21:30
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめて大阪に来る友人に、何を食べたいか聞くと、 「お好み焼きもいいけど、たこ焼きが食べたい。 有名なところとかじゃなく、“地元のたこ焼き屋さん!”みたいな感じの、個人店がいいですね。」とのこと。 私達、大阪に生まれ育った人間にとって、たこ焼きは、子 ...
続きを読む
はじめて大阪に来る友人に、何を食べたいか聞くと、

「お好み焼きもいいけど、たこ焼きが食べたい。 有名なところとかじゃなく、“地元のたこ焼き屋さん!”みたいな感じの、個人店がいいですね。」とのこと。

私達、大阪に生まれ育った人間にとって、たこ焼きは、子供の頃からのソウルフードのようなものですよね。

で、本当にあるのですよ、各家庭に一台、たこ焼きを焼く鉄板が。
(最近では、ホットプレートに付いてるものを使う人も多いようですが)

子供の頃のたこ焼きの価格は、7個、もしくは8個入って100円。
最安のお店は、1個5円のたこ焼き屋さんもあったような。
でも、そこのお店は、あまりにも安いので、小学校が終わる頃の時間は、子どもたちの行列が。

そして、おばちゃんもすごいスピードでたこ焼きを焼きあげていくので、たまにタコが入ってないたこ焼きがあったり・・・。
かと思うと、ひとつのたこ焼きに蛸が2個入っていたり^^;

“たこ焼きって、元々はタコの足に付いてる吸盤と形が似てるからたこ焼きって言うねんで。 
だから、東京で売ってるたこ焼きには、たこが入ってないらしいわ・・・。“

(そんなことはありません。東京の方、ごめんなさい^^;)

そんなことを言う知ったかぶりの友人もいました。
(悔しながらも、その時は信じてしまったのですが(^^;))

そもそもたこ焼きの由来とは・・・。

たこ焼き屋の元祖と言われる、西成区にあるお店、「会津屋」さん。
そこで元々売られていた、ラジオ焼き。(中には、すじ肉やこんにゃくがはいっていたらしい)
ある日、明石から来たお客さんの一言で、中にタコを入れるようになり、それがそのルーツなのだとか。




ルーツといえば、ハイボールのルーツって・・・。

カクテルの一種で、スピリッツ、リキュールをソーダやトニックウォーターなどの炭酸飲料や、
フレッシュジュースなどアルコールの含まれていない飲料で割ったものを指す。

でも、普通ハイボールと言えば、ウイスキーをソーダで割ったものを思い浮かべますよね。
そして、焼酎をソーダで割った、焼酎ハイボールのこと、一般的には「チューハイ」と呼びます。

ハイボールと言えば、先日すごいハイボールをいただきました。
                        あらた

これを一目見て、「あ、ハイボールですね(^^)」って思った人、あのお店の常連さんですね・・・。


この日にお伺いさせていただいたのは、新大阪のひとつ手前の駅、西中島南方にある、
もつ料理の専門店、“あらた”さん。
                     あらた

こちらは、古くからのもつ料理の人気店で、私もその存在を知ったのは、約10年前。
今まで中々機会が無かったのですが、今回やっとお邪魔させていただくことが出来ました。

お店が開店するのは、18:00。
どうしても早い時間に食べたいならば、お店が開店する前には並んでいなければならないのです。

何故ならば、こちらのお店は予約不可。
行ってみて、空席があればラッキー。
満席でも、空席待ちの肩が並ぶほどの人気店なのだそうです。

この日は、連休明けの火曜日。
お店に到着したのは18:20頃。
              あらた

ラッキーなことに、まだ空席があります。
というわけで、待たずに入店することが出来ました。

まずはビールで乾杯!
「おまかせでお願いします。」

こちらのお店のメニューはこんな感じ。
                 bafd971f.jpg


「おまかせで」とお願いすると、順番に出してくださいますよ。

先ずは、和風煮込み。
       85c294b6.jpg


柔らかく煮込まれた、もつ煮とネギがたくさん入った小鉢を出してくださいます。
そして、小鉢に入ったネギをたっぷりとかけて、
                               fc3d4565.jpg


いただきます。

やわらかい(^^)(^^)
そしてこれ、美味しいですよ!
1品目からやられましたよ(^^)

こちらの煮込みは、味噌ではなく、和風のあっさりした感じ。
それだけに、モツのクォリティが問われるのでしょう。
それにしても、臭みなんて全くなく、旨味が凄いですよ!
これから出てくる料理にも期待してしまいます。

そして、チレ刺身。
                        5c772f3c.jpg


今では食べることが出来なくなってしまった、生レバと似ていますが、食感、味わいは全然違います。
やはりこれも、食べていて新鮮なのがわかります。
甘味が上品なのですよ(^^)(^^)
ビールがすすみますね!

そして、タンシチュー。
                   c4a609ba.jpg


ホロッホロ(^^)(^^)(^^)
芥子をちょっとつけると、また美味いんですよね(^^)

そして、ミノゆびき。
                     6fc4062a.jpg


生で食べるミノって、こんなに美味しかったのですね(^^)

食べ終わるか終わらないかのタイミングを見計らって出してくださいます。
次は、ネックスモーク。
                         75388389.jpg


塩加減がすごくいい感じで、肉の旨味を引き立てますね(^^)(^^)
ビールもいいけど、ちょっと違うものを・・・・。
あ、そう言えば隣のお客さん、何かコップに入った透明のものを美味しそうに飲んでたなぁ・・・。

飲み物メニューは、ビールと日本酒そして・・・。
                        あらた

ひょっとして、あれがそう?
でも、ハイボールって、ウイスキーのソーダ割では。
でも、どうみてもそれは、無色透明。

百聞は一見にしかず。
そんな時は迷わず注文!

「すみません、ハイボール下さい。」

そう言うと、何も書いていないボトルを出してきて、なみなみとグラスに注いでゆきます。

グラスが9割5分その液体で満たされたところに、チョロッとミネラルウォーター(だと思われる)。
そして、レモンスライスを浮かべて出来上がり。

表面張力で、まあるくなった液面をこぼさないように、にらめっこしながらいただきます。
                     3b992dae.jpg


ん・・・
何かわからないけど、これ美味しい!
かなりアルコールは強そうだけれど、飲みやすいのですよ、こわい嬉しいことに(^^)

そして、肉とすごく合うのですよ、これ(^^)(^^)

そんな感じでハイボールを楽しみながら、次の料理がやってきます。

生センマイ。
                9c2d5cac.jpg


見た目は独特ですが、この食感はクセになりますね(^^)

そして、串焼きは、タンとこころ。
ea117a5b.jpg
 e9877c8e.jpg


火の通し加減も絶妙で、美味い!
そう、肉の味がすごくいいのです(^^)(^^)(^^)

そして、串焼きでいただいた、タンとこころを、今度は違う料理法で。

コールタンと、(すごく厚切りで、感激もの!)
      51bf851d.jpg


心のたたきです。(深い味わいと、コリコリした食感が素晴らしい!)
                   509802df.jpg


そして、ゴロンとした塊のこちらは、テールシチュー。
                   c30b668c.jpg


箸でホロッとくずれるほど柔らかく、思わずおかわりしてしまいたくなるほどです(^^)(^^)
                    21e98127.jpg


そして、〆はテールスープ・・・
ではなく、絶品テールスープにご飯を入れて仕上げた、テール雑炊。
                          84402dd0.jpg


そりゃあ、美味くないわけがないですね(^^)(^^)
結構たくさんいただいたつもりでしたが、あっという間に完食してしまいました。

和風もつ料理 あらたさん、平日の、しかも連休明けというのに、次から次へとお客さんが入ってこられ、私達がお店を出るときも何人かの方が、席が空くのを待っていらっしゃいました。

待つのが嫌いな関西人が、待ってでも食べたいと思わせる味わい、確かに持ってるお店だと思います。

一度ここの料理を味わったら、無性に食べたくなるときがある・・・。
そんな話は真実のようです。
私も是非また、再訪させていただきたいと思います。




【あらた】   
住所:大阪市淀川区西中島4-2-8  B1F    MAP     
電話:06-6304-5250   
営業時間:18:00~23:00   
煙  草:
定休日:月・日・祝  (2014年11月16日(日)~11月24日(月)お休みだそうです)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

「たい焼き」って、何でたい焼きになったのでしょうね? そんなこと、先日「たい焼き」を売ってるお店の前を通りかかって思ったりしました。 今川焼き(回転焼き)と同じような生地を焼いて、中にはあんこ。 (最近では、カスタードクリームってこともおありますが) ...
続きを読む
「たい焼き」って、何でたい焼きになったのでしょうね?

そんなこと、先日「たい焼き」を売ってるお店の前を通りかかって思ったりしました。

今川焼き(回転焼き)と同じような生地を焼いて、中にはあんこ。
(最近では、カスタードクリームってこともおありますが)

記事に鯛のすり身が練り込んであるのか、それともあんこに鯛のエキスが染み込ませてあるのか・・・。
そんなことは全くなく(もし、そうならば美味しくないでしょうね^^;)、「鯛」とつながってるのは、その外観だけ。

そして、たい焼きにも、“天然”“養殖”があるのだとか・・・。

たい焼きの「焼き型」には、1匹ずつ焼き上げる型と、複数匹を一度に焼き上げる型の2種類があり、
ぶいはち中尾 d74d0c83.jpg


たい焼きの味にこだわる人々の中には前者で焼いた鯛焼きを「天然物」・「一本焼き」、
後者を「養殖物」などと呼び、違いを明確にする場合がある。

へぇ・・・
それは知らなかった。
天然も養殖も、出来上がったものは一緒なのでは。

そう言うと、こんな反論が。

天然物と養殖物は焼き方の違いにより、皮の焼き上がりが異なり、火の通り方によって味も違う。

のだとか・・・。
たかがたい焼き、されどたい焼き。
奥が深いですね。

さて、奥が深いといえば、先日お誘いいただいた島之内にある、
“ぶいはち 中尾”さん。

「さいちゃん、18:30から予約してるので、そのちょっと前くらいの時間に、お店の前に来てください。 それから、みんなで入店しましょう。」

そんな感じでご案内いただき、お店の前に到着です。
              
ふつう、“お店の前で待ち合わせ”なんてしなくて、最寄りの駅で待ち合わせか、
お店の中で待ち合わせになりますよね。

でも、“お店の前で待ち合わせ”には、理由があるのです。
           ぶいはち中尾

写真ではわかりにくいかもしれませんが、こちらのお店の扉には、取っ手がないのです。

扉の横にある、インターホンを鳴らして、予約名を告げ、中から開けてもらわなくてはならないのです。

そんな感じで、全員揃って入店。

「こんばんは、よろしくお願いします。」

店内は、カウンター席が8席ほどと、2人掛けのテーブル席が一つ。
結構ゆったりしていて、居心地いい感じですよ。

まずは、ヱビスビールで乾杯!
ちょっと特別なビールで、気持ちも高揚してきますよ(^^)

こちらでは、料理はおまかせのみ。
ま、それを楽しみに来ているのですが(^^)

最初の料理は、新秋刀魚の二見焼き。
                   bac23f74.jpg



美味しい新秋刀魚と、温かい椀もので、先ずは体を温めて、万全の状態で、美味しいものにのぞみます。

そして、鯛のにぎり。
                 62457461.jpg


いい感じに口の中でシャリがくずれてゆきます(^^)(^^)
食べる快感とはこのことか。

やはりこういうお店では、ビールは最初の1杯だけ。
ここからは日本酒をいただきましょう。
                       f0506695.jpg


いただいたのは、土佐の酒、亀泉の純米吟醸。
今宵の宴のはじまりです(^^)

次の料理は、こんな感じで、ちょっと楽しそう(^^)
                    d1202232.jpg


こちらは、海老を出汁で炊いて、トムヤムクン風にしたもの。
           dab8fad3.jpg

         
これがまた、和食なのに、トムヤムクンという不思議な美味しさなのです。
こういうさりげない技が連発しますよ、楽しくってもう(^^)(^^)
                       
ウニと鯛。 3dacf76c.jpg

     

鯛の酒盗。  ced7498b.jpg



そして、鯛の皮も、凄く上品な味わいなのです。
                      f09ea506.jpg


お酒がすすんでしまうのも仕方ないですよね(^^;)
                  ぶいはち中尾

こちらは、レンコン、トマト、ネギ、キノコなどをふんだんに使って、炊きあげたもの。
             ぶいはち中尾

それぞれの旨味がしみ出していて、いくらでも食べられそうですよ、これ(^^)(^^)

そして、毛ガニ。
                 13044a8e.jpg


旨味がたっぷりで、ジュレとすごく良く合うのですよ。

毛ガニは北海道が名物だけど、酒は鳥取の鷹勇、強力で。
                       ぶいはち中尾

グラスもお洒落ですよね(^^)

そして、ココットの蓋を開けてみると・・・。
                   7334ae1d.jpg


しらすの旨味、卵のとろけ具合、そしてそれらをかき混ぜていただくと至福の時が訪れますよ(^^)(^^)

おもむろに登場したこれ、何だと思いますか?
                  ぶいはち中尾

木の船に、ソースとマヨネーズと青のりに紅生姜。
そう! 大阪名物のたこ焼き・・・・
ではなく、これは白子のたこ焼き風。

見た目に楽しい、食べてビックリ! これがものすごく美味しい(^^)(^^)(^^)
こんな演出もまた、嬉しいですよね。

そして、酒泥棒のからすみ大根。
            9a277f7e.jpg



それにしても、贅沢です(^^)

メインは、鰻か牛肉かを選べたので、鰻をお願いしました。

これで出来上がりかな・・・
そう思った器の上に、煮えたぎった油をかけていただきます。
ジュワァァァ・・・という音と共に、ものすごく良い香りが立ち上がります(^^)(^^)
           d0d6bfd2.jpg


これは、赤ワインと合わせていただきましょう。
               ぶいはち中尾

皮目のパリッとした食感と、フワフワの身がたまりません(^^)(^^)


アスパラでちょっとリセットさせていただき、
                  8d2ba671.jpg


ちょっと珍しいジャパニーズウイスキー“岩井トラディッション”のハイボールを。
                ぶいはち中尾

このウイスキー、ものすごく美味しいですよ(^^)(^^)

そして、〆はこんな感じでみんな違う器で作っていただく、
          38133bdb.jpg


梅茶漬けです。
                  6592298b.jpg


お店の雰囲気、大将の人柄、料理。
どれを取っても大満足させていただきました(^^)(^^)

入口のドアに取っ手が無く、ノンアポでお店に行くことはまず無理・・・。
そういう情報を聞いていたので、どんな気むずかしいお店かと思いましたが、全くそんな心配は無用で、
すごくリラックスして楽しませていただきました。

こちらのお店、必ずまた、お伺いさせていただきたいです。




【ぶいはち中尾】   
住所:大阪市中央区島之内2丁目13-9 第一右田ビル102号    MAP     
電話:06-6213-1563   
営業時間:お問い合わせください。
煙  草:
定休日:
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、「孤独のグルメ」ってご存知ですか・・・ って、有名ですよね(^^;) 主人公、井之頭五郎が、商用でいろんな待ちを訪れて、ふと立ち寄った店で食事をする。 料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすら主人公の食事のシーンと心理描写をつづり、ドキュメンタリ ...
続きを読む
みなさん、「孤独のグルメ」ってご存知ですか・・・
って、有名ですよね(^^;)

主人公、井之頭五郎が、商用でいろんな待ちを訪れて、ふと立ち寄った店で食事をする。
料理のうんちくを述べるのではなく、ひたすら主人公の食事のシーンと心理描写をつづり、ドキュメンタリーのように淡々とストーリーが流れて行くドラマ。


これが、何ともおもしろい!

え・・・今さらですか?
そう言われるのですが、見ていくと嵌ります(^^;)
そして、美味しそうに食べるんですよね。

そう言えば、私も1人でランチをしたり、出張の時、1人で夜ごはんを食べに行くと、同じような感じかなぁ・・・なんて思いながら見たりします。


出張の時なんかに、美味しい店を見つけたら嬉しいですものね(^^)

先日、そんな出張で大阪に来た方に是非お教えしたい美味しくてリーズナブルな居酒屋さんを紹介していただきました。


お店の場所は、梅田のお初天神通商店街を元曽根崎小学校の横の路地を入って30mほど進むとお店があります・・・・。

お店の名前は、“完熟とまと”さん。
(トマト料理のお店ではありませんよ。)
とはいうものの、何の予備情報も無いままに来ても、まず見つけられないと思います。

お店は、以前お邪魔させていただいて、日本一の心臓に感動した、焼鳥のお店、「角兵衛」さんの2階にあります。
                    148d3b57.jpg


2階といっても、入口は同じ。

こんな感じで、外には簡単なお品書きが掲げてあります。
                     完熟とまと

“角兵衛”さんの扉を開け、すぐに見える階段を上がって2階へ。

「IZAKAYA完熟とまと やってます」って書いてあります。
                         完熟とまと

カウンター席に座り、先ずは瓶ビールで乾杯。
                   aacee4c4.jpg


プレミアムモルツの瓶ビール。
ちょっと珍しいような気もします。

店内は、カウンター席のみで、11席。
アットホームな距離感がちょっとたまらないですよ(^^)

この日のおしながきはこんな感じ。
           ad483411.jpg


どれを注文しても、300円のおばんざいに、お造り、焼きもの、揚げ物、温物、パスタ・・・
ほぅ、ここでパスタが登場しますか?
こういう変化球、ちょっと気になってしまいます。

飲み物も、こんな感じですごくリーズナブルですよ。
                 7f45585d.jpg


とりあえず、おばんざいを何品かいただきましょう。

だし巻き玉子。
              c2ff7953.jpg


箸でつまむと、ジュワッと出汁がしみ出します。
まず、そのビジュアルに魅せられました(^^)
そして、口の中でもジュワッと出汁(^^)(^^)

これ、ものすごく美味しいですよ!
完全に、一品目から引き込まれます。
こういうの、すごく嬉しいですよね。

そして、菊菜のおひたし。
                       17b6148b.jpg


うわぁ、これも出汁が美味い(^^)(^^)
この味わいが300円ですか?
さらに引き込まれます。

次は、うの花。
                      fd60182e.jpg


おからが、ここまで美味しくなるとは・・・。
味の塩梅が抜群なのでしょうね。

そして、茄子煮。
                       cb2a5590.jpg


出汁の甘さと茄子の甘味、旨味が凄いバランス。
茄子の色も綺麗に出ていて、食欲をそそられますね。

こちらは、豚肉と白菜の炊いたん。
                    d04e3923.jpg


やっぱりね、出汁がすごく美味しい。
さらにその上、白菜と豚肉の旨味が加わって、もうたまりませんよ!
思わず、「白いご飯、下さい!」言ってしまいそうになりますよ(^^;)


このおばんざい5品と、ビールに日本酒。
もうそれだけでも満足してしまいそうなほどのクォリティ。
ホンモノかもしれないですよ、ここ(^^)

そして、造りの盛り合わせもいただきます。
               3c488086.jpg


この日は、平目、ボタン海老、さばきずしを盛っていただきました。

平目は、醤油につけると、パッと脂が広がり、ボタン海老の甘さに酔いしれ、さばきずしの〆加減が忘れられそうにありません。
                 完熟とまと

さりげなく盛られた造り3種。
どれも、レベル高いんですよ(^^)(^^)

やはり、これには日本酒ですよね。
                             485320b4.jpg


なみなみと注いでくださいますよ!

焼きものも少しお願いしましょうか・・・。
鯖の味噌焼き・・・味噌煮ではなく、味噌焼き。
これ、ちょっと気になりますね。
鱈白子しょうゆ焼き、これ、日本酒に合いそうですよね。
和風ステーキもいいけれど、ここは豚バラ黒胡椒焼きをお願いしましょう。

注文が入ると、大きな豚バラの塊をカットして、金串に刺し、焼きはじめていただきます。
                        cffc36a9.jpg


じっくりと帯で焼き上げてゆくのですね。
これ、楽しみですね!
その様子が見られる砂かぶりのカウンター席、楽しいですよ(^^)

そんなことを思っていると、先に鱈白子しょうゆ焼きが出来上がってきました。
                        96ceb6f1.jpg


醤油の香りがたまりません。
そして、口の中でとろけます。
焼き加減が最高なのですよね(^^)(^^)

そして、今シーズン初の牡蠣フライ。
                 31e9d64e.jpg


自家製タルタルソースをたっぷりとつけていただきます。


そろそろ、豚バラ黒胡椒焼きが焼き上がってきそうな感じですよ。
24a0623d.jpg
 b191ef54.jpg
 e9ea3df8.jpg


焼き上がった豚バラ肉を切り分けていただき、たっぷりの葱と大根おろし、ポン酢でいただきます。
                         6142ad1b.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、美味くないわけがないですよね(^^)
余分な脂が落ちて、肉はジューシィ。
これ、いくらでも食べられそうですね(^^)

ちょっとハイボールもいただきましょう。
                    完熟とまと

豚バラ黒胡椒焼きとハイボール。
この組み合わせが結構イケます(^^)(^^)

そして、もう一つ気になっていた季節の逸品を。
                  6bf7c657.jpg


土瓶蒸しです。
これがたったの700円!

で、中身は何なの?
そう思いますよね。
               c442b904.jpg


中はこんな感じですよ。

具を取って、出汁を注ぎます。
      617766a7.jpg

   
はい、こんな感じで、鱧と松茸、鶏肉の土瓶蒸しです。
                        c3fe43cc.jpg


ホントに700円?
何度もメニューを見返しましたが、何度見ても700円。
そして、何度見ても、正真正銘の松茸。
幸せです(^^)(^^)

〆には、じゃこ飯と、
                44a17461.jpg


稲庭うどんをいただいて、大満足させていただきました(^^)(^^)(^^)
                      c93cbe0c.jpg


おばんざいから始まって、造り、焼きもの、揚げ物、土瓶蒸し。
そして、〆もキッチリ美味しくって、何もかもが素晴らしかったです。
(値段も安くて素晴らしすぎます!)

ちょっと見つけにくい(かなり見つけにくいか?)場所にありますが、梅田です。
美味しい物が好きな方、是非行ってみてください!
あ・・・出張で大阪にいらっしゃった方、是非とも。
1人でふらっと来て、美味しいもの、いっちゃってください!

小さなお店で、大将1人で切り盛りされていますが、内容は確かですよ。




【完熟とまと】   
住所:大阪市北区曽根崎2-14-7 やき鳥角兵衛の2階    MAP     
電話:090-1141-9833   
営業時間:17:00~23:00   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

デパートの物産展、お出かけになることはありますでしょうか。 北海道物産展、東北6県味くらべ、北陸の美味いもの大集合、 美ら海 沖縄物産展、日本列島絶品美味いもの大会・・・。 忙しくて、中々旅行に行けない人も、そんな物産展に行けば、その土地の味わいを楽し ...
続きを読む
デパートの物産展、お出かけになることはありますでしょうか。

北海道物産展、東北6県味くらべ、北陸の美味いもの大集合、
美ら海 沖縄物産展、日本列島絶品美味いもの大会・・・。


忙しくて、中々旅行に行けない人も、そんな物産展に行けば、その土地の味わいを楽しむことが出来ますよね。

そんな物産展の会場に、必ずといっていいほど存在するのが、イートイン。

札幌の有名なラーメン店の味噌ラーメン、
釧路市場の海鮮丼、
B-1グランプリで優勝したあのお店の名物・・・。

いろんな魅力的なお店が出店することがあります。

でも、あえてイートインには手を出さなかったのです。

はじめて食べるのは、実際に現地のお店に行って食べてみたい・・・。

そんな思いが強かったので、美味しそうで、凄く魅力的でも、行ったことがなかったのです。

でも、これが外国のお店がやって来て、イートインで食べることが出来るのならば・・・。


現在、(2014.11.5~11.11)うめだ阪急本店で開催されている、「イタリアフェア2014」。
この催事に、本場イタリアのカルボナーラを食べさせてくれるお店がイートインで出店されるのだとか・・・。
そんな情報を聞き、今回初めてイートインに挑戦してきました。

うめだ阪急本店に到着し、エスカレーターで9階まで上がると、もうそこはイタリア一色!
イタリアワイン、オリーブオイル、オイルサーディン、チーズ、チョコレート・・・。
もう目移りするほどなのです。

今回目指すのは、ローマで人気のリストランテ「ソラ・レッテ」のイートイン。

こちらでは、生クリームを使わずに、チーズ、卵、グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬)、黒胡椒のみで作っているのだとか。
“ローマでしか食べられない味”のコピーに、すっかりその気にさせられます(^^;)

11:00ちょうどくらいに、到着したときは、すでに行列が出来ていて、7~8人待ちといったところでしょうか。
私も列の最後尾に加わり、席が空くのを待ちます。
                         56433448.jpg


こちらのイートインで提供されるメニューはこんな感じ。
                     阪急イタリア2014

パスタが3種類と、肉料理が2種類。
そして、デザートが1種類です。

しばらくすると、席が空き、案内していただきます。

イートインと行っても、パーティションで仕切られた中は、ちょっとしたレストランのような感じですね。

中には、ワイングラスを傾けている人の姿も。
(う、羨ましい(^^;))

予定通り、カルボナーラを注文し、出来上がるのを待ちます。

カルボナーラって、日本語にすれば、「炭焼き職人風パスタ」になるのだそうですね。
何であれが、炭焼き職人風なのか・・・。

炭焼き職人がこのパスタ料理を思いついたのが始まりだとか、
仕上げに振る粗挽き黒こしょうが炭の粉のように見えることなどから、こう呼ばれるようになったのだとか・・・。

炭焼き職人風といえば、燻製でも入っているようなイメージですが、そうではないようですね(^^;)

そんなことを考えていると、「ソラ・レッテ」特製のカルボナーラが運ばれてきました。
                    298353ff.jpg


見るからに濃厚!
たしかに、私達が普段見るカルボナーラとは違いますね。
そんなにボリュームたっぷりという感じではないのですが、パワフルな雰囲気は伝わってきますよ。

それでは早速、いただきます。
                      阪急イタリア2014

おぉ!
濃厚な味わいで、美味しいですね(^^)
パスタは、生パスタを使っているようで、もっちりとした食感を楽しむことが出来ますよ!

チーズ、卵、グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬)、黒胡椒のみで作っているとのことですが、かなり複雑な味わいを感じる事が出来ます。

その中でも、グアンチャーレがかなり美味い(^^)(^^)
(たっぷりと入っていますよ!)
                  0661add1.jpg


チーズも、何種類ものものを使っているのでしょうね。
かなり複雑な味わいが絡み合い、美味しいですよ。
               34244d6d.jpg


ホント、隣でワインを飲んでるマダムが羨ましい(^^;)

後半は、ソースをたっぷりと絡めて、しっかり楽しませていただきました(^^)
                           8b839721.jpg


来週火曜日(11/11)までの限定、本場のカルボナーラを味わってみませんか。

お値段は、1,501円と、ランチにしてはちょっと贅沢な気もしますが、日本にいながらイタリアを体験出来ると思えば、安いのかもしれませんよ。
(出来れば、フォカッチャとサラダも一緒に食べたかったけど、イートインなので我慢ですね(^^;))

会場には、いろんなイタリアの食材、デザートなどが売っているので、自宅に帰ってからまた楽しむことも出来ますよ。





【イタリアフェア2014】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 9F催事場   MAP     
電話:06-6361-1381(うめだ阪急本店)   
営業時間:11月5日~11日のうめだ阪急本店に営業時間内(最終日は、18:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
駐 車 場:なし(周辺に駐車場あり)      

イタリアフェア2014のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

牛丼、大盛つゆだく! 何気なく吉野家の店内で飛び交う注文の言葉。 いまでは、「つゆだく」という言葉を知らない人の方が少ないのでは。                                   吉野家と関係ない、食品スーパーのお惣菜コーナーや ...
続きを読む
牛丼、大盛つゆだく!

何気なく吉野家の店内で飛び交う注文の言葉。

いまでは、「つゆだく」という言葉を知らない人の方が少ないのでは。
                                 蔵十、細麺ぶっかけカレー

吉野家と関係ない、食品スーパーのお惣菜コーナーや、コンビニのお弁当コーナーにも、
「牛丼つゆだく」って商品があるほどです。

「つゆだく」。
「つゆだくさん」を省略したもの。牛丼につゆが10グラム追加される。
丼を傾けるだけでも汁が見えるほどの量になるので汁のうまみを楽しみたい方にはおすすめ。

「つゆだく」よりも汁が多い、「つゆだくだく」や、汁をわずかに追加してもらえる「つゆちょいだく」、さらに、牛丼の具を乗せる際に汁を良く切った状態で盛りつけられる、「つゆぬき」なんていうのもあるのだとか・・・。

そんな吉野家の裏技を解説してくれている、サイトもあるほど。

吉野家では他にも、玉ネギが多めの「ネギだく」や、牛肉の脂身が多めの「トロだく」なんて言うのもあるのだとか。

最近では、レギュラーメニュー化された、ご飯の量は並、具の量が大盛となる「頭の大盛」もありますね。


さて、チェーン店では、常連でなくても知っていれば注文できる、「裏メニュー」。

でも、個人経営のお店では、裏メニューを注文するには、店主と親しくなり、人間関係を築く必要があるようです。
(その代わり、不断では味わうことの出来ない美味しさや、何とも言えない優越感を味わうことが出来るかも?)


さて、この日のランチは、都島区旭区にある、うどんのお店、“蔵十”さんにお邪魔させていただきました。
                 84b6cec4.jpg


お店に到着したのは、まだお昼休みがはじまる前の時間帯、11:30頃。
それでも、お客さんのものと思われる自転車が数台止まっています。


トレードマークが描かれた、紺色の暖簾を押し、店内へ。
                      b70eee69.jpg


「いらっしゃ~い、さいちゃん、久しぶり!」
この日も大将が元気に声をかけて下さいます。

いつものようにカウンター席に座り、メニューを確認・・・・
蔵十、細麺ぶっかけカレー 蔵十、細麺ぶっかけカレー 蔵十、細麺ぶっかけカレー


するふりをします(^^;)

というのも、この日はすでに、ぶっかけうどん+鶏天の口。
予定通り大将に声をかけ、お願いします。

「鶏天ぶっかけと、ちょいカレーをお願いします。」

店内はまだ、静かなものです。
これが、あと20分くらいして、お昼休みの時間帯に突入すると、次から次へとお客さんがやってきて、瞬く間に満席に。
このショット、とれるのは貴重な時間帯なのです。
             1a9efd8e.jpg


以前、座敷席があったところには、ご覧のように壁が立てられています。
                   24a684fe.jpg


神棚の代わり(?)に、何だか見たことがあるような方々の顔写真入りの団扇が飾ってありますよ(^^;)
(気になる方は、是非実物を見に行ってみてください!)

そして、目線をもう一度店内に戻すと、1枚のPOPが目に入ります。
                        蔵十、細麺ぶっかけカレー

蔵十 おすすめランキング5
迷ったときや、初めてこちらのお店に来る方の強い味方が貼ってありますよ。

そんな感じで、店内を見渡しながら、楽しんでいると、鶏天ぶっかけうどん+ちょいカレーが出来上がってきました。
                   a988cf87.jpg


こうやってみると、「カレーつけ麺、鶏天付き」みたいな感じに見えますよね(^^;)
(ま、そういう食べ方もアリと言えばアリなのですが(^^;))

でも、このちょいカレーはつけ汁ではなく、あくまでもちょいカレー。
                      6abd7a59.jpg


あの蔵十のカレーうどんの出汁が、「ちょい」サイズ(とはいっても、充分堪能出来ます)ではありますが、+100円で楽しむことが出来るのです。
京都の「チャーミングチャーハン」のように、“カレーうどん+ちょいカレー”の注文はやめましょうね(^^;))

注文したのはぶっかけうどん。
というわけで、豪快に出汁をぶっかけます。
                     78488fb9.jpg


それでは早速いただきます・・・。
                      4a78f861.jpg


はい。
今回はちょっといつものぶっかけうどんとは違います。
蔵十さんのうどんは、通常この太さではありません。

このうどんは、「細麺」なのです。

しっかりとしたコシ、しなやかなノビ、なめらかな食感の通常の蔵十さんのうどんが美味しいのはもちろんのことなのですが、この細麺の食感もかなりのものなのです。

以前、ざるうどんの“細麺”をいただいたことがあって、その喉ごしと味わいにちょっと感動。
それ以来、たま~に、お願いすることがあるのです。


こちらのお店のメニューには、「細麺」という表示は全く見当たりません。
でも、その存在は確かにあるのです。

ただし、それには少しばかりの条件が・・・。

何度か、蔵十に通い、こちらのお店の通常のうどんを味わい、
そして、大将と仲良くなって、お店が忙しくなければ注文できるかも(^^;)

(って、大将が言ってたような、言わなかったような・・・。)

この細麺、通ってでも味わう価値はありますよ!
(ただし、鍋焼きうどんの細麺は受けてくれないと思いますが(^^;))

先日から登場した、蔵十の鶏天。
                      蔵十、細麺ぶっかけカレー

これがまた、独特の食感で美味いんですよ(^^)(^^)

結構ボリュームがあると思うのですが、いつもあっという間に食べてしまうのです。

そして、この鶏天を、ちょいカレーにつけると・・・。
                   蔵十、細麺ぶっかけカレー

これがまた、やめられない美味さなのですよ(^^)(^^)
そういえば、おすすめメニューランキングも、2位が鶏天ぶっかけ、3位が鶏天カレーだったような・・・。

ということは、鶏天ぶっかけ+ちょいカレーの注文って、無敵なのかも(^^)

もちろん、うどんもちょいカレーにつけていただきます。
                  蔵十、細麺ぶっかけカレー

ぶっかけうどんとカレーつけうどん、両方楽しめて、+100円。
何てお得で、何て贅沢なのでしょう(^^)
たとえ夢であっても、覚めないでほしいです(^^;)

でも、夢は覚めなくても、うどんは目の前から消えてしまって完食。
でも、そのあとには満足感と充実感がやって来ますよ!

住宅地にあるこちらのお店は、たくさんの地元の方々が自転車に乗って美味しいうどんを食べにいらっしゃいます。
そして、地元民だけではなく、うどんファンも電車に乗ってやってくるものだから、お昼のピークに時間帯は、かなり賑やかな感じになっていることが多いですよ。

是非ピークの時間帯をずらして、何回か通い、大将と仲良くなってみて下さい!
細麺の注文だけではなく、私も知らないような何かが出てくるかもしれませんよ(^^)





【うどん蔵十】   
住所:大阪市旭区中宮1-12-18    MAP     
電話:06-6957-9010   
営業時間:11:00~14:30 18:00~20:30 
煙  草:完全禁煙
定休日:木曜日
      

お店のHPはコチラ
大将のブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!




    
このエントリーをはてなブックマークに追加

一日の計は朝にあり 目覚まし時計なしで目覚めた朝、気持ちがいいですよね。 しかも、外はいい天気。 こんな日は、いいことありそうな予感がします。 今日の星占いで、1位だった。 朝ご飯の炊き加減が完璧だった。 マンションのエレベーターがすぐに来た。 いつも ...
続きを読む
一日の計は朝にあり

目覚まし時計なしで目覚めた朝、気持ちがいいですよね。
しかも、外はいい天気。
こんな日は、いいことありそうな予感がします。

今日の星占いで、1位だった。
朝ご飯の炊き加減が完璧だった。
マンションのエレベーターがすぐに来た。
いつもよりも1本早い快速に乗れた・・・。


本当にちょっとしたことなのですが、気分のいい朝ってありますよね。

この日も、そんな気分のいい朝を迎えることが出来て、その日の行動と、ランチの場所を考えていたところでした。

そんな時、このお方からメールが。

おはようございます!
昨夜、北新地のレオーネの吉川さんから連絡をいただき、本日から毎週金曜日、ビリヤニランチをされるそうです!
毎回7食限定だそうです! もしよろしければ・・・。


そう、この日は金曜日。
そんなビリヤニランチの初日なのです。

まして、レオーネの吉川シェフが作ったビリヤニ。
これは外すわけにはいきません!

そんなわけで、お店がオープンする10分前の11:20にお店の1階に到着しました。
                          9f0e3278.jpg


すでに、この日同行していただける、このお方このお方は到着済み。
「お待たせしました~。」

エレベーターでお店のある3階に上がり、店内へ。
             レオーネ、ビリヤニ

カウンター席に3人並んで座り、メニューを確認・・・・。
           レオーネ、ビリヤニ

って、注文するものは決まってますよね(^^;)

はい、これです。
                  レオーネ、ビリヤニ

金曜 7食限定!
週代わりBIRIYAZNI(ビリヤニ)
今週はチキンビリヤニ  です。


7食限定のうち、3食もいただいてしまっていいのでしょうか?
と、心にもないことを思ってみたりする(^^;)

はい、これ目当てでお伺いさせていただいたので、ビリヤニをお願いします。
カウンターの中では、吉川シェフがビリヤニの仕上げにかかります。

そんな感じで、出来上がるのを待ってる間にも、お客さんが次々と・・・・
って、見たことのある顔ばかりじゃないですか(^^;)

みんさん、素晴らしい情報網をお持ちです。
7食限定のビリヤニが、11:58にSOLD OUT。
オープンと同時に入店できて本当に良かったですよ(^^;)

そんなことを思っていると、吉川シェフが渾身の思い子込めて作り上げたビリヤニの登場。
                    25552e8d.jpg


何だかちょっと、ワクワクしませんか?
イタリアンの鬼才が作ったビリヤニ。
こうやって、遠目に見ればスペシャルなイタリアンのご飯。
でも、いい感じでスパイスの香りが漂います。
                     887d2094.jpg


バスマティライスに、いろんな具材が入っていて、思わず眺めてしまいますよ。

とは言うものの、眺めているだけでは、我慢の限界がすぐにやってきます。
というわけで、早速いただきます。
                   0b5b1090.jpg


!!
な、何と言うことでしょう(^^)
ちょっと言葉では表現しきれないほどに美味しいじゃないですか(^^)(^^)(^^)

ガツンと来るスパイス感というのではなく、味わいと共に膨らんで行くスパイス感。
食べた瞬間、言葉を失ってしまうほどなのです。
これは、本当に素晴らしい!
これが、たったの1,030円で体験出来るというのは、ちょっと奇跡的かもしてませんよ!

いろんな具材の旨味を感じながら、無限大とも言える広がりを魅せるスパイスの香り。
こんな世界はあったんだ・・・・。
しばし、瞬きをするのも忘れるくらいの充実感に見舞われます。

少しずつ、ソースや具材を混ぜ合わせていって、味の変化をも楽しみます。
        835957f1.jpg


素晴らしい!
                      ecdac126.jpg


1口目で感動し、
2口目でその深みを味わい、
3口目以降になると、その深みにどんどん嵌って行く。

それでも、その繊細でなおかつ大胆な味わいはどんどん変化を続けて行くのです。
                    d75309cd.jpg

  
途中、我を忘れそうになるのを、薬味でリセットし、またその深みに嵌って行く。
こんなビリヤニがあったのですね。

チキンは大きな手羽元がふたつ。
               レオーネ、ビリヤニ

スプーンで簡単に骨から身が外れます。
                           09418881.jpg


そして、思わず「うわっ、これ凄い・・・」ってつぶやいてしまったのが、ビリヤニと茄子が出会ったときのインパクト。
                       067ac718.jpg


ビリヤニのスパイス感が茄子の旨味と甘味をものすごく上手に引き出しているのですよ。
これはちょっと感動ものだなぁ・・・・。

ずっとこの状態を維持していて、まだまだ食べ続けていたい・・・。
そんな思いのまま、気がつけば完食。
その後も、しばし余韻を楽しんでいました。


毎週金曜日に限定で提供される、レオーネのビリヤニ。
初日に、あまりにも人気で、あっという間に売り切れてしまったので、
今週の金曜日は提供数を、7食から12食に増やしていただけるそうです。

因みに、明日(11/7)のビリヤニは、「ラムビリヤニ」。
かなりハードルが高くなるかとは思いますが、早くから行って並ぶ価値は十二分にあるかと思います。


12食限定のビリヤニ、是非とも楽しんで下さい。
確実に、充実した週末のランチタイムが体験出来ると思いますよ!





【Leone(レオーネ)】   
住所:大阪市北区堂島1-2-7 パーマーリーイン 3F    MAP     
電話:06-6348-1151   
営業時間:11:30~13:30(L.O13:00)  17:00~24:30   
煙  草:ランチタイム、17:00~21:00は全面禁煙
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先に行って、「本場の味わい!」って看板を見かけると、ついつい足がそちらに向いてしまいます。 札幌に行くと、札幌ラーメンが食べたくなりますし、福岡に行くと、博多ラーメンが。 そして、名古屋に行くと、きしめんや味噌カツ。 その他にも、福井のソースカツ丼、 ...
続きを読む
旅先に行って、「本場の味わい!」って看板を見かけると、ついつい足がそちらに向いてしまいます。
札幌に行くと、札幌ラーメンが食べたくなりますし、福岡に行くと、博多ラーメンが。

そして、名古屋に行くと、きしめんや味噌カツ。
その他にも、福井のソースカツ丼、仙台の牛タン、宇都宮餃子、沖縄そば・・・。

各地の名物料理、旅の楽しみでもありますよね。

道の駅や、高速道路のSAPAなどに立ち寄って、ついつい買ってしまいます。
(先日、秋田に行った時の「ババヘラアイス」もそのうちのひとつですね。)


では、外国の料理は・・・。
もちろん、現地に行けば、一番美味しいのでは。

とはいうものの、中々海外までは行けないですよね。

そんな中、外国人シェフがいるお店って、人気があるようです。

日本にいながら本格的で、日本在住の外国人の方が集まってくるお店・・・。

西淀川区、千船にある“大阪ハラールレストラン”もそんなお店の一軒です。
                           03454831.jpg


こちらのお店は、完全ハラール対応のパキスタン料理のレストラン。
(イスラム法において合法なものの事をハラールといい、非合法なもののことをハラームといいます。詳細は、こちらのHPに詳しく書いてあります。)

こちらは、すぐ近くにある、「モスク」というイスラム教礼拝施設に集まるイスラム圏の方々のためにあるようなお店。
とはいうものの、本場そのままのパキスタン料理が楽しめるお店として、私のようなカレーが大好きな日本人のも大人気のお店なのです。

当然、こちらのお店には、アルコールを置いていませんし、アルコールを飲んだ状態で入店することも不可能です。

この日は、そんな大阪ハラールレストランを総勢24名で、
「第5回 亜細亜遊戯【山羊丸ごといただいちゃいまSHOW】」に参加させていただきました。

このイベントを企画してくださった、このお方。

日々カレーを愛し、美味しいカレーがあると聞けばそちらに飛んで行き、
また、TAKが歩けば美味しいカレー屋さんのあたると言われるくらいの情報の持ち主なのです。

阪神電車の千船駅から歩いて約5分。
お店に到着すると、すでに多くのメンバーが集まっています。
     大阪ハラールレストラン、山羊

「こんばんは~、今日はよろしくお願いします。」

よくお会いする方も、初めてお会いする方も、この日は一緒に山羊の丸焼きと、パキスタン料理を楽しみます。
私にしては珍しく、ノンアルコールで。
(お酒よりも、山羊と本格パキスタン料理のほうが、勝ってしまったのですよ(^^;))


まずは生ビールで乾杯・・・
乾杯は、烏龍茶で(^^;)
でも、さびしいとは思いません。
これから出てくるであろう料理にワクワク気分満タンなのです(^^)

先ずはサラダ。
                      9d8cb830.jpg


大きめにカットされた野菜に、スパイスがパラリ。
美味しいです(^^)
サラダの段階から、もうすでにスパイスモード全開なのです!

そして、こちらの料理はパコラ
               2ba50380.jpg


言わば、パキスタン風の野菜のかき揚げのようなもの。
これが中々スパイシーで美味しいのです。
さらに、ソースをつけると、また味わいが変わっていい感じですよ。

そして、いよいよお待ちかね!
山羊の丸焼きの登場です。
                 b8ceff60.jpg


流石に大きいですよね!
スパイスがしっかりすり込んであって、香りもいい感じ。
みんなで命をいただく事に感謝して合掌。
ありがたくいただきます。

とはいっても、これをみんなでつつきながらいただくわけにもいかず・・・。

この日の参加者の1人である、東三国の“ラサハラ”の住友さんを筆頭に、山羊を捌いていただきます。
(ありがとうございました(^^))
                  大阪ハラールレストラン、山羊


そして、こちらが取り分けられた山羊の肉。
563f3398.jpg
 bf3a55f4.jpg
 fa0a6980.jpg


思っていたようなクセはなく、あっさりしていて美味しいのですよ(^^)(^^)
骨のまわりの肉も、綺麗にいただき、本当に余すところがないくらい。

山羊のお腹には、バスマティライスがぎっしり。
もちろん、それも美味しくいただきました。
                       3c56be8b.jpg



山羊をしっかり堪能したあとも、料理はどんどん続きます。

こちらはマトンビリヤニ。
                           5703797b.jpg


大きなお皿にたっぷりのビリヤニをみんなで分けていただきます。

先ほど、山羊をいただいたところなのに、ゴロゴロと入ったマトンを見つけて、嬉しくなっている自分がいます(^^;)
                        大阪ハラールレストラン、山羊

そのままいただいても美味しい。
                         dc55bb18.jpg


そして、このソースをかけていただくと、味わいがガラッと変わってそれもすごく楽しいのです(^^)(^^)

そして、ここからはカレーの登場。

先ずはフィッシュカレー。
      eccb2c59.jpg
 8dfadd1a.jpg



この日のフッシュカレーは、鯛。
旨味が素晴らしく、どんどん食べしまいそう。
危うく、人の取り分にまで手を出してしまいそうになります(^^;)

そして、次はベジカレー。
                    4d0ea805.jpg


オクラ、ゴーヤ、里芋、蕪が入ったカレーは、具だくさんで楽しい。
中でも、蕪のカレーの美味しさにはちょっと感動しましたよ!
(うん、自分のカレーにも蕪を入れてみよう!)

そして、ロティとナンが登場。
                             b4a321eb.jpg


これもまた美味い(^^)(^^)
次のカレーが出てこないうちから、パクパクといっちゃいます。
(ナンとロティ、おかわり自由ですよ~!)

そして、次に登場したのが、ビーフハリッサ。
                        a0ab07ed.jpg


はリームと似てるような感じがしますが、また違うものとのことで、この日はじめてお目見えさせたのだとか。

トロッとした感じのするこの料理。
                          ccb6a168.jpg


食べてみると、噛みしめるように肉が繊維状になってたっぷり入っていて美味しいですよ(^^)(^^)
中には、シシカバブの小さいものも入っていて、かなり手がかかっているのでは。
そして、レモンを絞ってみると・・・

おぉ!これ、ものすごく美味しくなるじゃないですか(^^)(^^)(^^)
無我夢中で食べ進んでしまいますよ(^^)
目の前から、ナンもロティも消え去り、おかわりをお願いします(^^;)

そして、最後の料理はマトンカラヒ。
                   f36da2f7.jpg


ゴロゴロと入ったマトンに感激です。

これだけいろんな種類のパキスタン料理をいただけ、本当に嬉しいです(^^)
しかも、どれを食べてもかなり美味しいんです(^^)(^^)(^^)
不思議と、アルコールがほしくなることもなく、しっかり堪能させていただきました。

そして、デザートはこんな感じ。
                       bae4b33e.jpg


マンゴー丼と呼ばれるこちらのデザート、かなり濃厚で甘いのですが、なぜか二口目、三口目とクセになるように食べてしまいます(^^)


大阪ハラールレストランでの、「山羊丸ごといただいちゃいまSHOW」、本当に美味しく楽しいひとときでした。
これだけ本格的で、美味しいパキスタン料理、中々食べる事は出来ないのではないかと思います。
店主、アバスィさんに感謝です。
                        大阪ハラールレストラン、山羊

ぜひまた、通常のランチタイム、金曜日のハラールバイキングの時にもお邪魔させていただきます。
アルハムドリッラー الحمد لله





【大阪ハラールレストラン】   
住所:大阪市西淀川区大和田4-13-2    MAP     
電話:06-6475-9786   
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00(ラマダン期間中は、営業時間が異なります)   
煙  草:
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣にコインパーキングあり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本一」と聞くと、いまだに桃太郎を思い浮かべてしまいます(^^;) 桃太郎が持ってる、「日本一」と書かれた幟。 誇らしいです。 やはり、日本一とかかれていると、どんな感じのものなのか気になりますよね。 そんな日本一、大阪府にもこんな日本一があるようです。 ...
続きを読む
「日本一」と聞くと、いまだに桃太郎を思い浮かべてしまいます(^^;)

桃太郎が持ってる、「日本一」と書かれた幟。
誇らしいです。
やはり、日本一とかかれていると、どんな感じのものなのか気になりますよね。

そんな日本一、大阪府にもこんな日本一があるようです。

食パンの生産額日本一、
神戸屋パンの工場があるからでしょうか?

市町村道の舗装率日本一、
東京都と思いきや、そうではないらしい。
言われてみれば、東京都には、大都会の部分と、大自然がいっぱいの、小笠原や奥多摩などもありますものね。

ニット製肌着の出荷率日本一、
出荷額は、約133億円で、2位の兵庫県(約57億円)を大きく離しているそうです。
(平成24年調査)


さて、お店探しをしていても、「日本一」と書かれていたら、どんなものか気になってしまいます。

先日、友人がFace bookにこんな投稿をしているのを見つけました。

2014年9月2日の時点で私が思う宇宙一うまいとんかつ屋、寺田町の「とん亭」。
いつも目つきの悪い客で混み合う。おそらくほとんどが玄人の料理人であろう。
目下の心配事はこの店には後継者いるのかなあ。いつまで食えるのか?・・・


日本一どころか、「宇宙一」と来たものだから、気になって気になって。
しかも、この寺田町の“とん亭”ってとんかつ屋さん、ちょうど信号待ちをしていて、見つけて、私もちょっと気になっていたお店なのです。

そのお店が「宇宙一うまい」とは・・・。

というわけで、行って来ました、“とん亭”さん。
                               寺田町とん亭

寺田町駅の北口を出て、西へ100mほど行ったところにお店はあります。

お店に到着したのは、11:30を少し廻ったくらいの時間。
すでに、5~6人のお客さんが入ってますよ。
あ・・・特に目つきの悪いお客さんはいてなかったですが(^^;)

店内は、カウンター席のみで10席と少し。
そう、半分近くすでに埋まっていたことになるのですよね。
人気です。

置いてあるメニューを手に取り確認します。
d6581223.jpg
 81ece615.jpg


ヘレミックス、ロースミックス、一口ミックスは、それぞれのとんかつに、シーフードより好きな2品をプラスしてもらえる、人気の定食。

その友人曰く、「ロースかつシーフード盛り合せがおすすめです。」とのことだったので、
ロースミックス定食を、エビフライとカニコロッケでお願いしました。
(ロース焼きも気になるなぁ・・・)

そして、気がついたこと。
こちらのお店は、ランチタイムもディナータイムも同じメニューで営業されています。
それだけ、その内容に期待してしまいますね。

注文が入ると、カウンター内の厨房で、店主が肉に衣をつけ、ひとつひとつ丁寧に揚げていくのが見えます。

とんかつ屋さんで、とんかつが揚がっていくのを見ていたり、中華屋さんでチャーハンが作られるのを見ていたりしていると、出来あがるのを待ってる間でも、退屈しませんよね。
何だかワクワクしながら待つことが出来るのですよ。

その間にも、どんどんお客さんが入ってきて、あっという間に満席に。
本当にみなさん、美味しいお店はよくご存知です(^^)

隣に座ったお客さんの声が聞こえてきます。

「ロースミックス定食のシーフード、2つともカニコロッケにしてもらえるんですか?」
「はい、大丈夫ですよ!」

へぇ・・・。
そんなに人気なんだ、カニコロッケ。
ふつう、エビフライの誘惑にカニコロッケが勝つことって、あまりないかと思うのですが、ここのカニコロッケはどうやら“ふつう”ではないようです。

そんなやりとりを聞いていたりしていると、私がお願いした、ロースミックス定食が出来上がってきました。
                        3ab42a37.jpg


ロースカツと、カニコロッケ、エビフライに、たっぷりのキャベツ。
そして、赤出汁と炊きたてご飯にお漬け物。
正統派とんかつ定食です。

それではまず、ロースカツからいただきましょう。
                     0791a315.jpg


おぉ!美味しいじゃないですか(^^)(^^)(^^)
サクッとした食感のあと、ジュワァッと広がる肉汁。
これはひょっとしたら、本当に宇宙一かもしれない・・・。

ソースは2種類。
とんかつソースと、特製のポン酢。
これ、どちらで食べても美味しいんですよね(^^)(^^)

とんかつソースは肉にパワーを加えるような感じで旨味を増長し、特製のポン酢は、ほんの少し入ってるガーリックが食欲を増長させます。

これ、どちらか決める事なんて出来ないので、最初はとんかつソース、次はポン酢、そしてまた、とんかつソース・・・ってな感じで、交互に楽しませていただきました。
                    f2d5a172.jpg

それにしても、ご飯がすすみまくります。
そして、このご飯もまた美味い(^^)(^^)
(ご飯のおかわり、出来ますよ~!)

そして、赤出汁の美味しさにもビックリ!
                   000f60f1.jpg


旨味の中に、ほんのり感じる甘味。
これは、さつまいもでしょうか?
でも、具材にさつまいもは入っていません。
いずれにせよ、かなりレベルの高い赤出汁ですよ、これ(^^)

エビフライは、タルタルソースをたっぷり絡めていただきます。
               1d96e52b.jpg


この海老、凄く甘味があって美味しいですよ(^^)(^^)
これ、ふたつにしたら良かったかなぁ・・・。
この時点ではそんなことを思ったりしたものです。

そして、絶対に外せないのが、このカニコロッケ。
                     e8688b6d.jpg


これも、タルタルソースを絡めていただきます。

・・・・・・
な、何これ・・・。
中にカニの身がたっぷり入っていて、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)(^^)(^^)

うわぁ・・・
こんな美味しいカニコロッケ、今まで食べたこと無いですよ。
これは本当に美味しい(^^)(^^)(^^)
隣のお客さんは、「カニコロッケふたつにしてもらえますか?」って言うのも充分納得できます。

なるほど。
このとんかつに、このカニコロッケが加わって、確かに「宇宙一うまい」になるのですね。
これは素晴らしい体験をさせていただきました。

こちらのお店、必ず再訪させていただきたいお店の一軒に加わったこと間違いなしですよ(^^)





【とん亭】   
住所:大阪市天王寺区大道4-1-2    MAP     
電話:06-6779-0565   
営業時間:11:30~20:30   
煙  草:喫煙可
定休日:月曜、第2.3火曜
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加