美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2015年11月

お腹ぺこぺこで、どうしようもない時って、ついつい大盛を注文してしまいそうになります。 してしまいそうに・・・ そうそう、昔は「大盛」が基本だったのですが。最近は何とか自制しています(^^;) でも、むちゃくちゃ美味しくて、あっという間に平らげてしまうのがわか ...
続きを読む
お腹ぺこぺこで、どうしようもない時って、ついつい大盛を注文してしまいそうになります。

してしまいそうに・・・
そうそう、昔は「大盛」が基本だったのですが。最近は何とか自制しています(^^;)
でも、むちゃくちゃ美味しくて、あっという間に平らげてしまうのがわかっていると、無条件に「大盛!」って言ってしまいますね。

でも、この大盛ってやつが、お店によってかなり量に差があるんですよね・・・。
大盛にしても、全く大丈夫な量が出てくるお店があると思えば、「大盛っ!」って、注文すると、他のお客さんが、「えっ?」って顔で、こちらの方を振り返るお店も(^^;)

その反応、見た瞬間に、“あ・・・やってしもたかも・・・”って思い、その結果、凄い大盛・・・いえ、それはもう大盛っていうよりも、特盛・・・。

小盛<普通盛り<中盛<大盛<特盛<メガ盛り<デカ盛り<テラ盛り・・・。
そんな感じの式なのでしょうか(^^;)

では、“てんこもり”って、どの辺りに入るのでしょうね(^^;)
                 f2cc0db2.jpg



さて、そんなちょっとときめく名前のうどんのお店、
西成区津守にある“天粉盛”さんにお邪魔させていただきました。
                                   3191c658.jpg


お店は、新なにわ筋の北行き車線沿いにある、大きなパチンコ屋さんの駐車場の敷地内・・・ラーメンのどさん子大将のお隣にお店はあります。

お店に入り、店内一番奥のテーブル席に案内していただきます。

さて、どんなうどんをいただけるのでしょうか。
先ずはメニューの確認から・・・
0514ddaa.jpg
 8658693e.jpg


ざる、生醤油、ぶっかけの冷たいうどんと、
かけ、昆布、きつね、てんぷら、釜揚げのような温かいうどん。
そしてもちろん、カレーうどんもいただくことが出来ます。

ランチタイムには、+150円でかやくご飯か玉子かけご飯が付けられて、
うどんの大盛りは、どの時間帯でも無料とのこと。(小盛は50円引き)
お店の名前に恥じない嬉しいサービスですね(^^)

さて、気になるメニューが多くって、ちょっと迷ってしまいますね(^^;)
でも、これだけいろんなラインナップの中から選ぶのは、間違いなく楽しいですよ!

やはり最初は、冷たいうどんから食べてみたかったので、ぶっかけうどんを。
「大海老」の言葉に惹かれて、“大海老天ぶっかけうどん”をお願いしました。

店内は、入口を入って右側に厨房があり、その前をカウンター席が奥へ向かって、続きます。
そうですね、10席・・・いえ、もう少しあったでしょうか。
そして、一番奥に、テーブル席がひとつ。
1人で来ても、この日の私のように家族連れで来ても寛いでうどんを楽しむことが出来ますよ。

天粉盛という、インパクトのある店名に、大盛のお店かと思ってしまいそうですが、うどんには相当の拘りをお持ちのようですよ。

水・塩・小麦粉・出汁。
それぞれへの拘りが書かれてあります。
                  天粉盛

こういうのを読むと、ちょっと期待してしまってワクワクしますよね(^^)

そんな感じで期待を膨らませ、うどんが出来上がるのを待ちましょう。

店内の一番奥のテーブル席なので、気がつきませんでしたが、カウンター席はいつの間にか満席。
大人気ですね!
決して駅から近いとかではありませんし、パチンコ屋さんのお客さんが休憩にって感じではなく、明らかにこちらのうどん目当てで来られたような方が多いのです。

そんな感じで待っていると、先に鶏天カレーうどんが出来上がってきました。
                  b27ac2f9.jpg


熱々のカレーうどんに、大きな鶏天が2つと、あげがタップリ。
そして、カレーうどんには小ごはん付いてきます。

一口いただきましたが、旨味とコクのあるカレーの中に、どこかサッパリした風味もある、他にはちょっとない感じの美味しさ。
これ、嵌る人多いんじゃないかなぁ。


そんな感じで、カレーうどんを少しだけ味わっていると、私が注文したうどんも出来上がってきましたよ。
       
私が注文した大海老天ぶっかけうどんはこんな感じです。
                   cf6d467f.jpg


大きな器に、艶々のうどん。
その上に、鰹節、ネギ、大根おろし、胡麻、きざみ海苔とすだち。
そして、大海老天、茄子天、大葉天が添えられてあります。

何と言っても、主役は器からはみ出さんばかりの大きさの海老天。
                    天粉盛

これがもし、有頭海老だとしたら、とんでもない大きさになっているのでは(^^;)

さて、先ずはうどんをいただきましょう。

出汁を回しかけて、
                   a8b004f6.jpg


いただきます。
                      a2c1306c.jpg


おぉ! ビヨーンと心地よく伸びますよ!
そして、クニュッとした食感がすごくいい感じ(^^)(^^)
このうどん、好きなタイプですよ(^^)

海老天も、サクッ、プリッとした食感が快感(^^)
ただ大きいだけではなく、しっかり美味しい。
ただ、大きいんだけど、美味しいからすぐにたべてしまう(^^;)

+350円で、追加トッピングして、大海老天ダブルぶっかけうどんにすれば、かなり贅沢に感じになるでしょうね(^^)

ちなみに、大海老天と、鶏天、肉、野菜天等、具材がてんこ盛りになった、
“天粉盛ぶっかけ”はこんな感じです。
                    f2cc0db2.jpg


これ、うどんも大盛にしていただいたので、かなりいい感じのビジュアルになりました(^^)
食べ盛りの息子も、これには満足したみたいでしたよ。
(美味いから、まだ食えるって言ってたかなぁ(^^;))

天粉盛さん、名前通り、てんこ盛りにもしていただけますが、普通サイズのうどんでも十分に満足出来る美味さですよ!
はい、かなりクォリティの高いうどんを堪能することが出来ます。
車で、自転車で、ご近所の方は徒歩ででも。
大阪市内のローカルな気分を味わいたい方は、南海汐見橋線に乗って出かけてみても楽しいですよ。
あ、但し時刻表の確認は忘れずに(^^;)

私もまた、再々訪させていただきたいと思います。




【手作りうどん 天粉盛】   
住所:大阪市西成区津守1-9-7    MAP     
電話:06-6568-7077   
営業時間:11:00~15:00 17:30~20:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐 車 場:あり(併設のパチンコ店の駐車場を利用可)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

お好み焼きが食べたいけれど、折角なので焼きそばも食べたい。 でも、お一人さまだから、両方はちょっと食べられないかなぁ・・・。 モダン焼きってそんな思いから生まれたのでしょうか。 そんなモダン焼きを最初に売り出したのは、大阪のお好み焼きのお店、「ぼてじ ...
続きを読む
お好み焼きが食べたいけれど、折角なので焼きそばも食べたい。
でも、お一人さまだから、両方はちょっと食べられないかなぁ・・・。


モダン焼きってそんな思いから生まれたのでしょうか。

そんなモダン焼きを最初に売り出したのは、大阪のお好み焼きのお店、「ぼてじゅう」。
「モダン焼き」という名前は、「新しい」「ハイカラ」というイメージからつけられたと思われがちだけど、実はまったく違う説もあるのだとか。

関西風のお好み焼きにそばを入れることで、いろんな味を味わえることから「もりだくさん」の文字をひろって「モダン」と名付けたのだとか・・・。

2つのメニューが1つになったお得感のあるメニュー、
他にも、カツカレー、オムそば、焼きそばパン、カレぎゅう、いちご大福、おしるこサンド、チーズおかき・・・。

そうそう、そんな2つのメニューが合わさったものの中でも、先日いただいたこれが抜群に美味かった。
                      4248d76d.jpg


担々麺と、ざるうどんのいいとこ両方独り占め。
中津にある、人気のうどん屋さんの“情熱うどん讃州”さんの夜限定メニュー、「ざる坦々」
今回初めていただきましたが、衝撃的な美味しさでした(^^)(^^)(^^)

この日は、そんな讃州さんの夜営業にお邪魔させていただきました。
                    2931a597.jpg


こちらのお店、ランチタイムは近隣の方ももちろん、遠方からも多くのファンが訪れる人気のうどん屋さんなのです。
もちろん、夜の営業でも、うどんをいただくことが出来るのですが、それだけじゃないのです。

そんな夜営業の、うどん以外のメニューは・・・。
                     6e8e1467.jpg


うどん酒場 讃州 今日の肴。
はい、店主が毎日オススメを手書きでメニューにされています。
ある意味、一期一会のメニューなのです。

この日は、そんな讃州さんの夜を満喫させていただきました。

先ずは生ビールで乾杯!
                        0e2e199d.jpg


たとえ冬であっても、このスタンスは変わりませんねぇ(^^;)

そして最初にいただいたのは、焼チーズポテトサラダ。
                       b9bc1bb3.jpg


特製のポテトサラダの上に、チーズをのっけてトロリと炙ってあります。
これは、美味くないわけがない(^^)
1品目からテンションが上がります。

そして、愛媛産の鰤の造り。
                      c9928c27.jpg


甘味ととろけ方が半端ない。
もうすでに、ここがうどん屋さんであることを忘れてしまってます(^^;)

次は、黒毛和牛 もつ湯引きポン酢。
                    3a7a72e6.jpg


噛みしめると旨味と甘味がたまりません。
そして、ポン酢なのであっさりといただけるのも嬉しいですよね(^^)

そしてちょっと南国ムードになってみたくてお願いした、もずくの天ぷら。
                      5382f8bc.jpg


私達、大阪人には、元々もずくって酢の物でいただくしか思いつかなかったかと・・・。
これを天ぷらにしちゃって、しかもそれが美味いんだから沖縄の人って凄いなぁって思います(^^)

そんなことを感じながら、ふと壁を見ると・・・。
                 3c3a5db4.jpg


あ、今年もはじまってるんだ!
「すみませ~ん、牡蠣フライ下さい!」

こちらのお店の牡蠣フライ、大きなものがマウンテン状態で提供されます。
この日の牡蠣フライもこんな感じで。
                   ca95066e.jpg


これ、テンション上がりますよね!
牡蠣フライ好きにとっては、本当にたまりません(^^)

自家製のタルタルソースをたっぷりとつけていただきます。
                 2f4a8638.jpg


(^^)(^^)(^^)

中から牡蠣の旨味があふれ出て、これはたまらない!
この大きさで、このクォリティの牡蠣フライが、3ヶ400円、5ヶ600円、そして8ヶならば、800円と、1ヶ100円で食べることが出来るのですから、これはもう、他で牡蠣フライが食べられなくなってしまうのでは(^^;)

そして、炙り合鴨スモーク。
                   da4a409c.jpg


この炙った焦げ目が丁度いい感じ。
厚めに切ってあるのも嬉しいですよね(^^)

さらに、厚切りのハムカツ。
                    e9b102c9.jpg


子供の頃に、近所のフライ屋さんで土曜日のお昼ごはんにハムカツをよく買いに行きました。
当時のハムカツは、薄くって、ハムを食べてるのか、コロモをおかずにご飯を食べてるのかよくわからない状態だったような(^^;)
でもこれは、しっかりと厚切り。
何だか、長年の夢が叶ったような感じですよ(^^;)

ハムカツと来れば、もう一つ忘れてはいけないのが、これ。
                      7e266263.jpg


そう、赤ウインナーです。
蟹さんやタコさんも入ってて、何だか遠足気分になります。
え、遠足でビール??
これぞ、禁断の秘技ってやつでしょうか(^^;)

そしてパリッパリ春巻き、
       cd1c7fd2.jpg


キャベツともやしの豚平焼き。
                                   55e34493.jpg


どの料理もひと工夫加えてあって美味しいです(^^)

さて、これだけいろいろいただいても、やっぱり〆は必要です。
                      3548228c.jpg


これは、Kさんが注文した、讃州名物、焼きチーズカレー釜玉うどんです。
私も一口いただきましたが、めちゃくちゃ美味しい(^^)(^^)
カレーうどんって、少々満腹でも、別腹に入ってしまうから不思議です(^^;)

そして、私が注文したのは、讃州の夜限定メニュー、ざる坦々です。
                 4248d76d.jpg


つけ出汁に、タップリのチャーシューが入った、ざるチャーシューっていう人気メニュー(こちらは、いつでも注文可)があるのですが、そのつけ出汁を、担々麺のように、ピリ辛にして、胡麻で風味を調えてある・・・・うーん、言葉で表現するのは難しい(^^;)
これが、一度食べてみたかったのです。

艶々のうどんは、1玉、1.5玉、2玉から選びます。
流石にこの日は、1玉で(^^;)
                    7a17d881.jpg


そして、うどんを出汁につけていただきます。
                     eb5e5f41.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、めちゃくちゃ美味い!!
ざるチャーシューも、はじめて食べたとき、あまりにの美味しさに感動したのですが、
このざる坦々、その時以上の衝撃的な美味しさですよ(^^)
もうね、麺を持ち上げる手が止まらないのです。

いい感じでピリ辛、そして胡麻の香りがかなりいい感じ(^^)(^^)
これはちょっと、他のお店では食べることが出来ない美味しさだと思います。
                       e588d018.jpg


チャーシューも、こんなに大きなものがゴロゴロと入っていますよ(^^)

そんな感じで、あっという間に完食。
やっぱり、麺、1.5玉にしておけば良かった(^^;)

情熱うどん讃州さん、ここはただのうどん屋使いだけしていてはもったいないですよ。
ぜひ、ディナータイムに、ちょっと一杯、そして〆にうどんっていう楽しみ方を試してみて下さい。
必ず満足出来ると思いますよ!





【情熱うどん 讃州 豊崎本店】   
住所:大阪市北区豊崎3-4-12    MAP     
電話:06-6377-5555   
営業時間:11:00~15:00 17:30~21:00(麺が売り切れ次第終了)   
煙  草:喫煙可(11:00~13:00は禁煙)
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人があまり知らない、外国人に人気の日本の観光スポットってあるのをご存知でしょうか? 今年の(2015年)のシルバーウィークの頃に、そんな前置きの記事を書きました。 日本人があまり知らない、外国人に人気の日本の観光スポット・・・ その中に、京都にある小 ...
続きを読む
日本人があまり知らない、外国人に人気の日本の観光スポットってあるのをご存知でしょうか?

今年の(2015年)のシルバーウィークの頃に、そんな前置きの記事を書きました。

日本人があまり知らない、外国人に人気の日本の観光スポット・・・
その中に、京都にある小さな劇場、「ギア専用劇場」。
先日、見に行ってきました。

『ギア -GEAR-』とは?

言葉を全く使わず五感を刺激することで楽しむ日本発・日本初のロングラン公演。
タイトルは『ギア -GEAR-』。
ストーリーはおもちゃの「ドール」が人間型ロボット「ロボロイド」とふれ合い、あるきっかけによって人間の心を持つようになるという内容ですが、
世界レベルのパフォーマーが、マイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリングを使い、アクション、表情、ダンス、音楽、映像などで、言葉を使わず五感を刺激することによって表現します。

                      フジヤマコウタ

言葉を全く使わないので、日本語をそんなに理解できない外国の方や、幼児が見ても楽しめる・・・
そう、韓国の「ナンタ」や、ブロードウェイの「ブルーマン」などと同じ、ノンバーバルパフォーマンス。

綺麗なプロジェクションマッピングに目を見張り、パントマイムの完成度の高さに見とれ、
ブレイクダンスの素晴らしさに拍手を送り、マジックの凄さにその世界に引き込まれ、
ジャグリングの鮮やかさに心だけではなく身体も踊り出し、ドールの可憐でチャーミングな仕草に、自然と笑顔がこぼれ、癒されます。
                      3fce6a74.jpg


そんな5人のキャストによって、見事にその世界に引き込まれます。
マイム、ブレイクダンス、マジック、ジャグリング、ドールの各キャストは、それぞれ3~4人いて、日によって、それぞれのキャストの組み合わせが違うから、リピーターも少なくないのだとか。
(それぞれのキャスト、世界で活躍できるレベルだから、凄いんです、その内容も。)
                フジヤマコウタ

そんな演技の世界に、しばし引き込まれて浸ってみるのも、すごく良いものでしたよ。
                  フジヤマコウタ


さて、演技に引き込まれ、その世界に惹かれてやまないと言えば、スパイスの世界。

演劇に、ちょっとリンクするかどうかはわかりませんが、
店主が仮面をかぶってカレーを提供してくださるお店に行って来ました。

お伺いさせていただいたのは、“フジヤマコウタ”さん。

お店があるのは北浜。
谷口カレー、ガネーシュm、マナカマナ、丁子、カシミールなどの、人気の名店がある界隈にお店はあります。

住所でだいたいの場所を確認して歩いていると・・・
                      フジヤマコウタ

ありました。
表に看板が出ているので、迷わずにたどり着けるかと。

お店は、この看板の所をビルの奥の方に入っていくと、
               adb21534.jpg


ありますよ。
                   フジヤマコウタ

「こんにちは。」
「いらっしゃいませ、お好きなところにどうぞ。」

お! 本当に店主は覆面をかぶっていらっしゃいます(^^)
かといって、めちゃくちゃ個性的で気むずかしいとかでは無さそうなので、ご安心を。

入口を入って正面のカウンター席に座らせていただきます。

先ずはメニューを確認。
                  フジヤマコウタ

チキンスープカレー、知覧鶏のピクルスチャーシュー スープカレー、
ベーコンと茄子の素揚げスープカレー、ソフトシェルクラブのスープカレー、気まぐれスープカレー・・・。

スープカレーを選んだ後は、辛さを選びます。
「フジヤマ」という店名だけああって、辛さは1合目から頂上まで、10段階から選べます。
(さて、いきなり頂上もないだろうから、どれくらいでいってみようか・・・。)

さらに、トッピングを選んで、ライスの量を告げると注文完了。

あ、こんな限定のカレーのメニューもありますよ。
                   3a0b93df.jpg


この日は私の注文は、限定スープカレーである、知覧鶏のキーマスープカレーに、納豆をトッピング。
辛さは4合目で、ライスはノーマルの250gでお願いしました。

何だかノーマルなオーダー・・・。
でも、初訪問なので、先ずはデフォルトで、そんな思いで今回のような感じです。
               
ソフトシェルクラブのスープカレーに、激しく心を持って行かれそうになりはしましたが(^^;)

お店がオープンして、間もない時間帯にお邪魔させていただいたので、他にお客さんはまだ・・・
と思っていたら、次々とやって来るではないですか!
すでにもう、人気店の兆しがあるようです。

他の方は、辛さ7合目、8合目など、結構から差を上げて注文していらっしゃいます。
                1fe71d33.jpg

4合目は、ちょっと控えめすぎたかなぁ・・・。
ま、高度・・・いえ、辛度を上げるのは次回からということにして、今日はスープカレーの旨味を楽しみましょう。

そんなことを思っていると、先ずはご飯が運ばれて来ました。
                    fb1b969a.jpg


あ・・・ちょっと控えめにし過ぎたかなぁ(^^;)
250gは、普通の茶碗に軽く1杯分って感じでしょうか。

そして、それに続くように、知覧鶏のキーマスープカレーも出来上がってきましたよ。
                     027a70d1.jpg


深めの器のタップリの野菜とスープ。
立ち上がる湯気に歓声を上げそうになるのを控えながら、
先ずは一口いただきます。
                      3a40039d.jpg


美味い!
挽肉と納豆が、スープカレーのスパイスの旨味を上手に引き立てていますよ(^^)(^^)

まるでスープカレーをおかずにご飯を食べるようにして、
スープを食べて、それからご飯をいただく。

これがまた、すごく美味しいのです。

それにしても、カレーと納豆って、誰が組み合わせようなんて考えたのでしょうね。
最初は恐る恐る・・・でも、やってみるとこれが中々美味いんです(^^)(^^)
                  7b3987d9.jpg


スパイスのチカラのもあるのでしょうが、やはりこのカレーの持つ出汁の旨味も納豆を違和感なく・・・いえ、それ以上に美味しくいただける要素なのでしょうね。

後半は、レモンをご飯に絞ってかけ、それとスープカレーを合わせます。
                        1eaa192c.jpg


ご飯の上にスープカレーをかけてもいいし、スプーンでご飯をすくって、スープカレーの中にダイブさせても美味しい!
本当に自由に楽しむことができますよ。

そんな感じであっという間に完食!
この美味しさならば、ご飯の量ノーマルは確実に足りないかと(^^;)

フジヤマコウタさん、覆面をつけた気のいい店主で、カレーの味わいも居心地も最高ですよ!
次回は是非ソフトシェルクラブのスープカレーを辛さ8合目・・・いえ、頂上いっときましょか(^^;)
そしてご飯は大盛でお願いしたいともいます!






【スパイス食堂 Fuji-yama Kohta】   
住所:大阪市中央区東高麗橋4-9 双葉シンティブプラザビル 103    MAP     
電話:非公開   
営業時間:11:00~14:30 17:30~20:30   
煙  草:完全禁煙
定休日:土曜、日曜、祝日 ほかに臨時休業有(土曜営業の場合もあり、詳細はTwitterで)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

出張や旅行で利用することが多い新幹線。 東海道新幹線でも、ついに車内検札が廃止されるのだとか。 「え? 東北、上越、北陸新幹線では車内検札、やってないの?」 関西に住んでいれば、そんな声も聞こえてきそうですが、東北・上越・秋田新幹線などは、2002年に車 ...
続きを読む
出張や旅行で利用することが多い新幹線。
東海道新幹線でも、ついに車内検札が廃止されるのだとか。

「え? 東北、上越、北陸新幹線では車内検札、やってないの?」

関西に住んでいれば、そんな声も聞こえてきそうですが、東北・上越・秋田新幹線などは、2002年に車内検札を廃止していて、指定の席に座ってさえいれば、車内できっぷを確認される事はないのです。
(自動改札を通った時点で、車掌さんが持っている端末に、乗車情報が転送されるのですね。)

そんな車内検札、いよいよ東海道山陽新幹線でも、来春(2016年)から、廃止されるのだとか。
ということは、車内を行き来するのは、車内販売のワゴンのみ。
(どちらかというと、こちら「車内販売」の方が、在来線では先に廃止になってしまって、不便に感じたことがありました。)

今でも、新幹線に乗ると、車内販売のワゴン、「何か面白いもの売ってないかなぁ・・・」って気持ちで、ついついのぞき込んでしまいます。

お弁当、ビール、おつまみ、新幹線グッズ、そしてアイスクリーム。
新幹線で食べるアイスクリームって、美味しいですよね。(でも、スプーンが折れるほど、めっちゃカチカチに凍っていたりしますが(^^;))
バニラの他にも、ミカン、抹茶・・・。
いろんな味わいが楽しめたりもします。

そんな気持ちでワクワクしながらのぞき込むワゴン。

香港では、そんなワゴンにのっかってやって来る、美味しい点心をいただくことが出来ます。
                       e907f734.jpg


先日行って来た、週末香港弾丸ツアーで、お邪魔させていただいたワゴンで飲茶を楽しめるお店、
“蓮香楼“さん。
                     7015a005.jpg


今では珍しいスタイルとなってしまった、ワゴンスタイルの飲茶で、朝から多くの人が訪れる人気のお店です。
(実は、香港到着1軒目にこちらのお店に、ちょうどお昼頃到着したのですが、満席で入れず、しばらくしてから再訪問したのです。)

店内は、ご覧のように超満員。
                 60a7294a.jpg


香港人、東洋人、西洋人といろんなお客さんが入り交じって、まさに国際的レストラン状態。
すごく、活気があって賑わっていますよ。

何とか5名分の席を確保し(といっても、当然のことながら詰め詰めの相席ですが(^^;))、
お湯で食器を洗います。
(香港では、高級レストラン以外では、こうやって食器を自分で洗ってから使うらしいのです。衛生状態があまり良くなかった昔の名残か・・・。)
                         87d2c4a7.jpg


食器と箸を洗い、お茶を入れたら準備万端。
さて、巡回しているワゴンをのぞき込んで食べたい点心を注文します。
                   c259e694.jpg


ワゴンも、何台か巡回しているので、それぞれのワゴンをのぞき込んでいろんな点心を選びます。
                      蓮香楼(飲茶)

私が26年前に香港を訪れたときは、このスタイルが多かったような気がするのですが、今ではこのワゴンスタイル、数えるほどしか残っていないのだとか・・・。
ワゴンスタイルで飲茶を楽しんでみたい方は、是非今のうちに香港を訪れておいてくださいね。

さて、いろんな点心をワゴンからもらってきたら、早速テーブルでいただきましょう。

まずはこれ。
                4ae5247c.jpg


豚足のような、コラーゲンタップリの豚肉・・・だったと思います。

では早速・・・。
                   a12f9ead.jpg


(^^)(^^)(^^)
なんじゃこれ、めっちゃ美味い!
これを一口いただくと、香港人の肉の調理の上手さを実感できますね。
柔らかくて、味付けもすごくいいのです。
若干、香港独特の香辛料の香りはありますが、それがまたいい感じなのですよ。

そして、湯葉が何層にも重なって、プディングのようになったもの。
                         cafcd129.jpg


美味しいです。

そして、この包子は・・・。
             3b246669.jpg


おぉ、中からトロットロに煮込まれた豚肉が出てきました。
これ、かなり美味しいです(^^)(^^)
                b75c3e84.jpg


他にも、いろんな点心をいただきながら、お茶を楽しむ。
c5e73c52.jpg
 4c6f2dac.jpg
 1ee737af.jpg


同じテーブルに座った、西洋人の方が「What’s this?」なんて、私達が食べている料理に興味を持って話しかけてきたりするのもまた楽しい。

庶民的でインターナショナル。
こんな雰囲気、香港ならでは、でしょうね。

因みに、ワゴンで取ってきた料理は、こんな感じで値段によってスタンプを押していただき、これをお会計の時にレジに持っていくようなシステムです。
                        蓮香楼(飲茶)

こちらのお店、メニューもこんな感じで用意してはあるのですが、観光客は誰もこれを見ている人、いなかったような(^^;)
蓮香楼(飲茶) 蓮香楼(飲茶) e954892d.jpg
 d8208489.jpg

adcbb818.jpg
 944a3d6c.jpg
 72732db9.jpg
 蓮香楼(飲茶)

香港の古き良きワゴンスタイルの飲茶、しっかりと堪能させていいただきました。

次に香港に来たときも、是非訪れたいお店ですね。
この雰囲気、ここでしか味わえないものだと思いますよ。





【蓮香樓(LIN HEUNG TEA HOUSE)】   
住所:中環威霊頓街160-164号 G/F.,Wellington Street,Central    MAP     
電話:852-2544-4556   
営業時間:6:00〜23:00(飲茶は17:00まで)   
煙  草:
定休日:旧正月3日間、中秋節の翌日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

今の季節、晴れているとすごく気持ちいいですよね。 自転車に乗って、河川敷を走っていると、最高に気持ちがいいです。 私がよく走るのは、淀川の河川敷。 大阪工大のある旭区辺りから、いくつかの橋をくぐって、上流に向かって走っていくことが多いです。 橋の下をく ...
続きを読む
今の季節、晴れているとすごく気持ちいいですよね。
自転車に乗って、河川敷を走っていると、最高に気持ちがいいです。

私がよく走るのは、淀川の河川敷。
大阪工大のある旭区辺りから、いくつかの橋をくぐって、上流に向かって走っていくことが多いです。
橋の下をくぐっていると、あまり気がつかないかもしれませんが、橋のたもとに書いてある看板あるじゃないですか、「一級河川 淀川」って。

さて、一級河川って何だろうか?

川の幅も長さも大きくて有名な川・・・。
そう思っていました。
淀川も大和川も有名で大きな川だし、そうなのかなって。
でも、先日、小さくて絶対に地元の人しか知らないであろう川にも、「一級河川」の名前が付いてあったのです。

ということは、大きさと知名度は関係ないのか・・・。

ちょっと調べてみると、
一級河川は国土保全上・国民経済上特に重要なであると国土交通大臣が指定した水系に属する川で、 二級河川は、公共の利害に重要な関係があるとして都道府県知事が指定したものです。

とのこと。

ここで大事なのは、一級河川、二級河川っていうのは、川に対して指定されたものではなく、「水系」に対して指定されたものだということなのだとか。

つまり、水源から河口までの本流と支流の集合を水系といい、淀川ならば、淀川に合流する全ての川がそれに該当するのだとか。

なるほど! それで小さな川でも、「一級河川」書いてあるのですね。

一級、二級・・・
清酒やウイスキーみたいには、いかないものですね(^^;)
(すでにそれらの等級は廃止されましたが・・・。)

さて、等級と言えば、私たちがよく目にするのが牛肉の等級。

歩留まり等級 高 A-B-C 低、
肉質等級  高 5-4-3-2-1 低
で表示されるやつ、
A5、A4、A3とかってありますよね。

その中でも、最高級のA5クラスの肉で、Tボーンステーキがいただけるとしたら・・・。
               7eb23d07.jpg



この日は、そんなA5クラスの肉料理を堪能できるお店、
曽根崎にある、“すてーき家 吉在門”さんのレセプションにお邪魔させていただきました。
                      6071ef8a.jpg


吉在門というお店の名前を聞いて、海鮮やちゃんこ鍋が美味しいお店・・・
そう思う方も少なくないのでは?

そんな吉在門さんが手がける、お肉のお店。
しかも、やるからには徹底的に・・・・だそうですよ(^^)

この日は、座敷席に通していただき、極上の肉料理を堪能させていただきました。

生ビールで乾杯の後、出していただいた先付けはこんな感じ。
               0a48120d.jpg


こちらは、甘鯛の蕪蒸し。
流石です(^^)
最初から肉が出ての肉づくしってわけではなく、和食の楽しみも取り入れて、飽きが来ないように工夫されているようですね。
こういうのって、吉在門さんならではですね。

そして、次は肉料理が登場、極旨サーロインステーキ丼です。
                    3bb00e80.jpg


丼とは言って、小ぶりな茶碗に、極控えめにご飯のステーキが一切れ。
普通は〆の一杯にでてくるかと思われる、ステーキ丼が、こういう感じでちょっとだけっていうのも嬉しいですよね(^^)

肉の上に、ガーリックチップと山葵をのっけていただきます。
                         9dfdaed6.jpg


(^^)(^^)(^^)
これは美味い!
肉、とろけます。 でも、それだけじゃないのです。
この肉、美味い(^^)(^^)

はい、これで一気に肉への期待感が上がりますね。

そしてここでまた、海鮮が登場。
季節のお造り盛り合わせです。
                 74743fa7.jpg


トロ、牡丹海老、シマアジ、鯛、雲丹・・・。
肉だけじゃなく、海鮮も妥協なし。
ちょっと贅沢すぎますよね(^^;)

そして、今度はホットなお造りが出るのだとか・・・。
                 82ccf7f7.jpg


こちらは、とろけるホットな肉のお造り。
肉を焼いて、真ん中のレアな部分だけをお造りとして出していただいているのだとか。
ですので、生に見える肉は、火が通っていて旨味が熟成され、たまりませんよ(^^)(^^)

これを今年の漢字一文字で表現するならば、確実に「贅」ですよね。

次の肉料理は、牛しゃぶ。
                  168cedac.jpg


この見るからに極上の肉を、サッと鍋にくぐらせていただきます。
                     吉在門、すてーき家

(^^)(^^)

こうやってしゃぶしゃぶでいただいてみると、肉って本当にいろんな味わい方があって、それぞれ味わいが全く変わってくるんだなぁって思いますね。
同じしゃぶしゃぶでも、ポン酢か、ごまだれによっても味わいが違ってくるから面白いですよね(^^)

そして、いよいよこの日の主役が登場!

A5クラスのTボーンステーキです。
               1f4d765d.jpg


その名前が表すように、T字型の骨のまわりに、サーロイン、ヒレ肉が隣り合わせで盛られてきます。

もちろん、凄いのは大きさだけではなく、その焼き加減も素晴らしい!
                    d710b752.jpg


では早速いただいてみましょう・・・。

(^^)(^^)(^^)

それにしても、A5クラストは言っても、いろんなA5があるんだなぁ・・・
私はA5クラスの肉に、ちょっと偏見を持っていたようです。
A5といえば、霜降りで、脂のとろける感じがウリの肉とばかり思っていましたが、このTボーンステーキは、肉の旨味がしっかりあって、無意識のうちにおかわりしてしまうほどなのです。
これはすごいなぁ。

こんな感じで、ヒレとサーロインを同時に食べて比べられるのも、こんな感じで提供してくださるからですね。
これは楽しい(^^)(^^)

こんなのいただくと、やはり赤ワインが欲しくなりますよね。
                 吉在門、すてーき家

このワイン、その名も「29」。エチケットにも、肉の絵が(^^)
拘ってますね。


そしてさらに、少しずつではありますが、ローストビーフ、ハンバーグ、ミスジステーキもいただきました。
                    0f530ed9.jpg


美味い肉を最高の状態で焼いて提供。
これはもちろん最高なのですが、それらの肉を使って、最高に調理する。
これって、私達が最高の肉を手に入れたとしても、決して真似の出来ない事ですよね。
それがここでは味わえてしまうのですから、人気が出るのも充分に頷けます。

さらに、ヘレカツ、リブロースカツ、タンカツもいただき、それぞれの味わいの違いを楽しみます。
2f4e92f8.jpg
 0f1317a8.jpg
 吉在門、すてーき家

流石にお腹一杯・・・
そうは思ったものの、食べられるものですね(^^;)
ヘレカツ:これは鉄板! やっぱり美味しい(^^)
リブロースカツ:噛みしめる肉の旨味が素晴らしい! しかもこれ、柔らかいのです。
タンカツ:タンをカツにしちゃうとは・・・へぇ、これは面白い!
やはり肉料理って凄いなぁ・・・
料理によって、こんなにも感じ方が違って、これは本当に楽しいですね。

そして〆には、活けふぐの天茶をいただきました。
 19ce8906.jpg
 400e61a0.jpg
 eeabbb91.jpg


肉が続き、最後にいただくふぐの天茶。
これはかなり技ありかと(^^)

デザートに、パイナップルの白ワインジュレがけもいただき、大満足。
                   272442ee.jpg


吉在門さん、海鮮割烹のお店が、流行にのっかって肉料理・・・
決してそんなレベルではありません。
美味しい肉料理の専門店にも決して引けをとらない・・・いえ、確実にそれ以上に極上の肉料理を堪能することが出来ると思います。

カウンター席、テーブル席、個室で堀炬燵の座敷席もあって、いろんなシチュエーションに使い勝手もいいかと思います。

美味い肉をしっかりと。
私もまた、再訪させていただきたいと思います。




【すてーき家 吉在門 曽根崎店】   
住所:大阪市北区曽根崎1-7-2    MAP     
電話:06-6315-6627   
営業時間:17:00~24:00 (LO23:00)   
煙  草:喫煙可
定休日:年中無休(年末年始を除く)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

この前まで、蒸し暑い日が続くなぁと思っていたら、もうすぐ12月。 はい、今年も本格的な冬がやってきますよ。 そろそろ冬布団の用意をしなければ・・・。 温かくって、心地いいんですよね、布団の中。 特に休みの日なんて、布団から出る勇気がわいて来なくって、つい ...
続きを読む
この前まで、蒸し暑い日が続くなぁと思っていたら、もうすぐ12月。
はい、今年も本格的な冬がやってきますよ。

そろそろ冬布団の用意をしなければ・・・。
温かくって、心地いいんですよね、布団の中。
特に休みの日なんて、布団から出る勇気がわいて来なくって、ついつい2度寝しちゃうから困ったものです(^^;)

でも、不思議なもので旅行に行くと、いつもよりも早く目覚めませんか?
朝風呂があったり、朝ごはんが美味しかったりするからでしょうかね(^^)
そんな旅先で、朝市なんてものが開催されていたりしたら、はりきって出かけてしまいますよね。

函館、飛騨高山、千葉の勝浦、能登の輪島、呼子・・・。

早起きは三文の得・・・とは、よく言ったものです。
さて、早起きでトクする、美味しいものを食べられるとして有名なのが東京の築地市場。           

朝5時のお店の開店時には、20人以上が行列を作る、超人気店も少なくないと言うからスゴイですよね。
私も築地の近くに宿を取り、早起きしていった“寿司大”さんも、本当にいって良かったと思います。


さて、そんな感じで朝ばかり話題になる築地市場ですが、夜の顔っていうのもあったりします。
0c2aa635.jpg
 cd2a010f.jpg

                     
この日は、そんな夜の築地市場にお邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、“トラットリア築地パラディーゾ”さん。
                    84a68353.jpg


何度かトライしていたのですが、いつも満席で希望日に予約が取れず諦めかけていたのですが、
この日なんとか予約することが出来て、念願の訪問です。

行くことが出来た記念にここで記念撮影を・・・・
                    4e60a1c1.jpg


したりはしなかったですが、遊び心旺盛で、お店に入る前からもワクワクさせてくれますよね(^^)

市場の中の陽気なイタリアン。
そんな感じでしょうか。
入口で名前を言って席まで案内していただきます。

市場の中のお店っぽい雰囲気の外観と違い、店内のインテリアは落ち着いた感じでお洒落ですよ。
              eee965b6.jpg


なるほど・・・これは人気があるのも雰囲気から伝わってくるなぁ・・・。

店内奥のテーブル席に案内していただき、とりあえずメニューを確認します。
a6c5c00c.jpg
 a7178a33.jpg
 築地パラディーソ

前菜、パスタ・リゾット、メインデュッシュ。
わかりやすく書かれています。
ここから順番に、1~2品ずつ選んでいけば、楽しみながらアラカルトで料理を選んでいくことが出来ます。
わからないから、いつもコースを頼んでしまう・・・
そんな方でも、楽しく料理を選ぶことが出来ますよ!

そして、飲み物、ワインのメニューはこちら。
                7d35ee58.jpg


因みに、メニューの載っていなくても、予算と味のタイプを伝えれば、「これっ!」ってワインを選んでいただく事も出来ますよ(^^)

まずは、グラスのスプマンテで乾杯!
さぁ、楽しみましょう。

先ずは、北海道のセル牡蠣を、EXバージンオリーブオイルと、レモンでいただきます。
                    0343382d.jpg


うわぁ、一品目から完全にKO!
これ、美味すぎます(^^)(^^)(^^)
なるほど・・・市場のイタリアンで海鮮を食うってことは、こういうことなのか。
ちょっと感動的ですね!

そして、本日の前菜の盛り合わせ。
               3c241ddb.jpg


これ、メニューに「少なめ?サイズ」って書いてあったやつです。
なるほど、「少なめ」じゃなくって、「少なめ?」なのは、こういうことか(^^)
はい、全然少なくないですよ!
「ふつう?サイズ」ならば、どんなのが出てくるのか、どなたか試してみてくださいませんか(^^;)

やっぱりこんなの食べたら、白ワインが飲みたくなりますよね。
                  34fcf4de.jpg


というわけで、ボトルでお願いしました。

さぁ、楽しむぞぉ(^^)

そして、これもこちらのお店の名物、フリット。
              0ca613f4.jpg


芝エビ、ワカサギ、ヤリイカ。
これ、全部のせ盛り合わせです。
もちろんこれも、「少なめ?サイズ」。

本当にこういうの楽しいですよね(^^)
そしてこれがまた美味いんですよ。
サクッと軽くって、これはいくらでも食べられそうですよ(^^)(^^)

牡蠣を楽しみ、前菜の盛り合わせでいろんな味わいを堪能し、フリットで陽気な気持ちになってワインをいただく。
ここ、美味しいだけじゃなくって楽しいのです。
気軽に何だけれど、どれもキッチリと美味しい(^^)
いいお店はみなさんよく知っているもので、先程からお客さんが途切れることないのです。

さて、次の料理はパスタ。

ここに来たならばこれは頼まないと・・・
と言うくらいの名物らしいのです、

本日の貝類とチェリートマトのリングイネ。
                  f845af39.jpg


これ、気前がいいなんてレベルじゃない。
本当に思いっきり貝類がタップリなんですよ(^^)(^^)
                5ef43328.jpg


アサリ、ムール貝、北寄貝、はまぐり・・・
盛りの多さは外国並み。
そして、味は間違いなく築地品質。
貝の旨味とトマトの相性を知り尽くしたって感じで本当に美味しいのです(^^)(^^)(^^)

そして、このリングイネもまた美味い!
                     ae17af69.jpg


モチッとした食感は、一口食べると忘れられない印象を持っています。
パスタを食べてこれだけ感動的に美味しいと感じたのはいつ以来だろ・・・。
                    97b7f3c5.jpg


これだけボリュームタップリだと、パスタを完食した後も旨味タップリのトマトソースが残るわけで、それをそのまま放棄するなんて出来るわけがなく・・・

はい、パンをお願いしました(^^)
                   1ffa6c5e.jpg


これ、当然ですよね。

どの料理もかなりボリュームがあって、しかも美味い!

そして、いよいよメインディッシュの肉料理が出来上がってきました。

お願いしたのは、本日のお肉を使ったカツレツです。
                      8b1885b6.jpg


(^^)(^^)
おぉ、これも凄いボリュームですね!
でも大丈夫、この日のメンバーにかかれば、あっという間に平らげてしまうでしょう。

因みにこの日のお肉は、脂が美味しい沖縄のアグー豚。

贅沢ですよね(^^)

さて、どんな感じになっているのでしょうか・・・。
                    bd3f98c7.jpg


おぉ、完璧な揚げ加減じゃないですか!
見ているだけでも、美味しさが伝わってくるようですよ!

それでは早速、いただきます。
                   9898703e.jpg


(^^)(^^)(^^)

噛めば、口の中に広がる旨味、甘味が半端ない!
しかも、このボリュームなのでしっかりと厚切りでいただく事が出来るのです(^^)

これにはやはり赤ワインを合わせて。
                  7f6be363.jpg


はい、至福のひとときです(^^)

やっと行くことが出来た、トラットリア築地パラディーゾ。
行ってみて、その内容を体験出来、人気の秘密をしっかりと理解できました。
素晴らしいお店だと思います。

是非また、チャンスを狙って再訪させていただきたいと思います。





【トラットリア築地パラディーゾ】   
住所:東京都中央区築地6-27-3    MAP     
電話:03-3545-5550   
営業時間:11:00~14:00  18:00~22:00L.O. ※土日祝のディナータイムは、17:30~21:00L.O.  
煙  草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国に行ったときに思うのですが、高額紙幣って嫌われますよね。 アメリカで100ドル札なんて出しても、個人商店などではまず受け取ってくれませんし、 タクシーでも受け取り拒否されます。 ま、もっとも100ドル紙幣って、そんなにお目にかかることもありませんが。 ...
続きを読む
外国に行ったときに思うのですが、高額紙幣って嫌われますよね。

アメリカで100ドル札なんて出しても、個人商店などではまず受け取ってくれませんし、
タクシーでも受け取り拒否されます。

ま、もっとも100ドル紙幣って、そんなにお目にかかることもありませんが。

先日行った、香港でもそう。
HK$500の紙幣で支払うと、何度も透かし模様を確認したりして、すごく慎重でした。
それだけ、偽札が多いって事なのでしょうか?

そう思えば、日本の壱万円札って、普通に流通していますよね。
コンビニでの、個人商店でも、タクシーでも普通に使うことが出来ますし、いちいち透かし模様を確認されることもありません。

福沢諭吉の影響力・・・・
そういえば、昔の壱万円札って、聖徳太子でしたよね。
今よりも、一回り以上大きなやつ。
あの頃のイメージでしょうか、聖徳太子の肖像を見ると、今でもちょっと身構えたような気持ちになってしまいます。

そして、聖徳太子といえば、四天王寺。
ここが建立されたのは、今からもう1400年以上も前になるのだとか・・・。

日本一の高さを誇る、ハルカスがある天王寺の地名も、四天王寺から付けられたものだそうですよ。
(ハルカスは正確には阿倍野・・・ま、いいか(^^;))


さて、この日はそんな四天王寺にあるカレーが美味しいと評判の食堂、
“虹の仏”さんにお邪魔させていただきました。
こちらのお店、食堂ではあるのですが、絶品のスパイスカレーもいただけるのだとか・・・
                           467a841b.jpg


そんな情報を聞き、行って来ました。

四天王寺のすぐ近く、谷町線の四天王寺前夕陽丘駅からもすぐのところにお店はあります。
                        f2cac182.jpg


入口は、谷町筋側と、四天王寺さんの参道側、両方にあります。
この日は、四天王寺さんの参道側の入口からお邪魔させていただきました。

入口のところには、ランチメニューが掲げてありますよ。
                    虹の仏

日替わり、カレー、オムライス。
すべて、新潟県の無農薬古代米を使用しているとのこと。

こう見ると、自然食を使った、ヘルシーランチのカフェのように見えますね。

何はともあれ、店内へ。

ちょうどカウンター席が空いていたので中ほどに座らせていただきます。

「こんにちは。」
「いらっしゃいませ・・・あ、先日はどうも!」

はい、こちらの店主の方とは、先日、放出のマガリーさんでお会いしたところなのです。
お店の方にもやっとお邪魔させていただくことが出来ました(^^)

お昼のメニューはこんな感じ。
                          aebb7fa0.jpg


表に書いてあったように、日替わり、カレー、オムライスの3本立て。
そして、それぞれの内容は、カウンターの中にあるメニューボードに書いてありますよ。
この日はこんな感じです。
                       b8e3e5b2.jpg


古代米定食はよだれ鶏。
これも魅力的ですね!
でも、私の目的は、こちらのお店のカレー。

出汁キーマ、チキン、アサリキノコ、根菜葉のスープ仕立て(あいがけ不可)から選びます。
是非ともあいがけでいただきたかったので、出汁キーマとアサリキノコのあいがけをお願いしました。

店内は、カウンター席が8席と、2人掛けのテーブル席がふたつと、4人掛けのテーブル席がふたつ。
木が織り成す落ち着いた感じの店内は、ゆったりと時間が流れている・・・
そんな感じの雰囲気ですよ。
                     虹の仏

虹の仏。
そんな店名が示す通り、店内には仏様の姿をあちこちに見ることが出来ます。

お隣の方は、日替わりの古代米定食・・・
あ、これもスゴイ!
ボリュームあって美味しそうです。

あちらのカウンターの方は、カレー。
そしてそっちのテーブル席の方も。
カレー、人気ありますね(^^)
定食のお店・・・とのことなのですが、カレーはかなりのレベルのものがいただける・・・。
そんなカレー、出来上がってきましたよ。
                          a6b4881a.jpg


おぉ、 これは綺麗!
真ん中に古代米のごはん。
そして、そのまわりをカレーや野菜、副菜が取り囲むような感じで、見た目にもすごく食欲をそそられます。

右側が出汁キーマ。
                     8274b382.jpg


それではまずこちらの方からいただきましょう。
                      405d3b5e.jpg


(^^)(^^)(^^)
何ですかこれ、めっちゃ美味しいんですけど!
出汁キーマと言うだけあって、旨味がすごいんですよ、これ(^^)
スパイスの香り、旨味。
そして、それらが他の副菜とも混じり合って、複雑な旨味を醸し出すのです。

そして、左側のアサリキノコはこんな感じです。
          34a404f8.jpg


それではこちらの方も・・・
                      98b1c813.jpg


お見事!
アサリの出汁がよく出た鍋に、キノコをタップリ!
そしてそこに、スパイスを投入すると、こんなにも旨味が出る・・・
そう表現するのが適切かどうかはわかりませんが、これ美味しいんです(^^)(^^)

そして、先ほどの出汁キーマも味わいもわすれられなくなって、そちらの方も。

副菜も少しずつ混ぜながら楽しんでいきます。
                     6605b46d.jpg


そんな感じで食べていると、あっという間に半分くらい食べてしまい、そこから先は、全ての具材を混ぜながらいただいてみます。
                   虹の仏

スパイスの香り、出汁キーマの味わい、アサリの旨味、トマトの酸味・・・。
一見バラバラのような味わいが、パシッと一つにまとまって、極上の旨味へと変化するのだからやめられない。
本当にここ、普通の食堂・・・ではないですね(^^;)

そんな感じであっという間に完食。
味わいを思い起こすように再びメニューボードを見返してみると、

辛増しに、ルヌミリス、プリッキーヌ、韓国唐辛子があったり、
パクチー、ハラペーニョなんかのトッピングを加えることも可能だったのですね。

次回は是非、それらも加えながら、さらなる旨味を堪能させていただきたいと思います。


はい、と言うことで、こちらは再訪確実!
いい意味で課題を残した形ですよ(^^)

天王寺界隈で美味しいカレー、是非寄ってみてください。
辛いのが苦手な方や、家族連れの方にも、オムライスや日替わりの古代米定食もあるので、
安心して家族やグループで楽しむとも出来ますよ。




【虹の仏】   
住所:大阪市天王寺区四天王寺1-12-23    MAP     
電話:06-6777-4662   
営業時間:11:30~14:30 18:00~22:30   
煙  草:ランチタイム禁煙
定休日:木曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、国際化したような感じに見える、大阪心斎橋筋商店街。 はい、様々な外国語が飛び交っております。 中でも、マツモトキヨシをはじめとする、ドラッグストアの人気がすごいのだとか・・・。 日本の化粧品は、クォリティが高く安い! そんな声を聞いたことがあり ...
続きを読む
最近、国際化したような感じに見える、大阪心斎橋筋商店街。
はい、様々な外国語が飛び交っております。

中でも、マツモトキヨシをはじめとする、ドラッグストアの人気がすごいのだとか・・・。

日本の化粧品は、クォリティが高く安い!
そんな声を聞いたことがあります。

さて、それ以外でも人気の日本土産・・・いえ、日本でしか売っていないものとは・・・・。

あぶらとり紙:
海外に行く時におみやげに持って行くと、本当に喜ばれるのだとか。

蚊帳:
意外にも、外国にはないのかなぁ・・・。
でもこれ、大きくて持って帰るの大変でしょうに^^;

カルピスの原液:
へぇ、なるほど! そういえば、カルピスウォーターは、「CALPICO」っていう名前で売ってたなぁ。でも、たしかに原液は見たこと無い^^;


外国人の方が増えて、マナーの問題、治安の問題等いろいろ気になることもあるでしょうが、国際都市の仲間入りとして、いいように捉えてみるのも楽しいかもしれませんね。

さて、国際都市といえば、おとなり中国の特別な街、香港。

先日、そんな香港に24年ぶりに行ってきました。

早朝、関空を飛び立つPeachに乗っての貧乏旅行価値ある良好です。

24年前と比べて、かなり発展した香港の街。

そういえば、24年前といえば、まだ中国への返還前、イギリス領の時代だったと思います。

そんな香港、イギリスの文化が街のあちこちに残されています。

バスも路面電車も2階建て。
             195fa322.jpg


そして、最新の建物と古い町並みが共存するのも、香港の街並みの特徴ではないでしょうか?
           036bab3a.jpg
 30ace9bc.jpg


竹で足場が組んであるのも、24年前と同じ。
              0fafaa65.jpg


少しだけ懐かしい感じもしますね。

さて、せっかく香港まで来たのだから、地元に人が並んででも食べたいという人気のお店に行ってみましょう。

香港国際空港から、Expressに乗って、終点の中環(セントラル)で降り、古い町並みを見ながら坂を登ります。

今回の香港ツアー最初の食事をいただいたのはこちら、“九記牛腩”。
            31a97bd8.jpg


お店に到着したのは、ちょうどランチタイム真っ只中。
                    59c5ac53.jpg


お店の前には、長蛇の列ができていますよ。
私たちもその列に加わり、席が空くのを待ちましょう。
                 2e1301f1.jpg


日本の11月は、一枚薄手の上着を着なくては寒いこともありますが、香港のこの季節は、日本で言うと9月の上旬ころ。
当然半袖じゃなければ暑いですし、ハーフパンツくらいのほうが良かったかもしれません。
そんなちょっと蒸し暑い中、並んでいる人がたくさんですよ・・・・

お、お向かえのお店もすごい人気ですね。
                8a6f4951.jpg


こちらのお店・・・というよりも、ほとんど屋台のような感じなのですが、ひっきりなしにお客さんが入ってくるようです。

何が食べられるお店なのだろうか・・・・
え? マジっすか??
どうみても、インスタントラーメンのようなのですが^^;
(香港では、インスタントラーメン、特に出前一丁が大人気とのことです。)

そんな感じで、お向かえのお店の様子を見たりして並んでいると、席が空き、店内に案内していただきました。

1階は満席なので、2階に行けとのこと。
              eed28d4a.jpg


2階席も賑わってますねぇ。

さて、この後連食するつもりなので、ひとり1品というよりも、気になるものを注文して、みんなでシェアしようというとこに・・・。

お、
                      ffa66b06.jpg


ミニマムチャージ $43
あ、最低でもひとり43香港ドルは使えよと^^; 
43香港ドルということは、日本円では約690円。
結構強気ですねぇ^^;
ま、仕方ない。
足りない分は、ビールでも注文しればいいでしょう。

そんなこちらのお店のメニューはこんな感じ・・・・
                24ca87e5.jpg


って、これでは何となくしかわかりませんよね^^;

でも、日本語のメニューもちゃんと用意してくださっていますよ。
                      a4ddc718.jpg


あ・・・これならば、わかりますね。
麺は、卵麺、ビーフン、太麺、ひもかわうど・・・、え? ひもかわうどん(^^;)

ひもかわうどんって、群馬県の名物で、一反木綿のようなうどんですよね・・・。
誰だ、このメニュー作ったのは(^^;)

ま、いいか・・・その4種類があり、具材との組み合わせによって選ぶようですね。

それでは、麺を4種類、そして、具材も牛肉、牛バラ、カレーを組み合わせて、4種類の麺を注文します。

まずは、香港上陸を祝って(?)乾杯!
                      b4424d7c.jpg


香港の気候に合わせてでしょうか、あっさりした味わいのビールですよ。

それにしてもこちらのお店、かなり賑わっています。
                     59d3b23c.jpg


同じアジア人同士なので、そんなに違和感はないのですが、みなさんが話す言葉は中国語。
香港に来たぞ! って感じになりますよ。

箸立て、兼レンゲ置きになっているこれ。
                   9685df1c.jpg


何だか妙にしっくりきてます(^^;)

そんな感じで、店内の様子や他のお客さんの様子なんかを楽しんでいると、
注文した麺が次々と出来上がってきましたよ。
               a4e52b4b.jpg


牛肉がたっぷりと入った麺。(これが、ひもかわうどんと呼ばれているやつです。)
                      be5b8e10.jpg


おぉ、これはかなりコシがありますね。
そして、長い(^^;)
箸で引っ張っても、引っ張っても終わりが来ないんじゃないかと思えるほどですよ(^^;)

そして、肉もタップリと。
                          443b9a32.jpg


おそらく、香港の麺に、チャーシュー麺と言うカテゴリはなく、肉と言えばこんな感じでたっぷりと入ってくるのでしょうね。
これを一人前1人で食べたら、結構満腹感もあるのではないでしょうか。

スープの味わいはやさしく、あっさりとした中にも旨味を感じ、〆の一杯にも最高なのでは。(といっても、私達にとっては、最初の一杯なのですが(^^;))

そしてこちらは、牛バラ麺。
                   94bd7dd8.jpg


この肉がめちゃくちゃ美味い(^^)(^^)(^^)
トロットロに煮込まれていて、めちゃくちゃ柔らかい。

そして、牛すじカレー麺。
                          c09c25c5.jpg


香港に来てまでカレー!
そういう声も聞こえてきそうではありますが、このカレー麺、中々侮れませんよ。

牛肉の旨味がしっかりとスープにとけだしていて、そこにしっかりとスパイスの効いた特製のカレーで味付けされているので、かなり美味い。

これには、平打ちの麺が良く合いますね。
               19d8164d.jpg


こちらの肉もトロットロ。
                      ac4f15c9.jpg


まさか香港で、こんなにも美味しいカレー麺に出会えるとは思ってなかったです(^^)(^^)

いろんな麺と具材の組み合わせ。
3f19f9d5.jpg
 cddb2fa7.jpg


結構楽しませていただきました。

帰りに、階段の所を見てみると・・・
              5e290d44.jpg


おぉ、大量に積まれた乾麺!
しかしまぁ、ワイルドだなぁ(^^;)

麺を4種類とビールが5つで、HK$260(約4,200円)。
1人あたり、830円。
中々リーズナブルだと思います。
                    牛バラ麺

折角だから、ちょっと地元に人と一緒に行列に加わり、楽しんでみませんか。
想像以上に美味しい麺、いただくことが出来ますよ!





【九記牛腩(Kau Kee Restaurant)】   
住所:中国香港中環歌賦街21号  No21, Gough Street, Central, Hong Kong    MAP     
電話:852-28150123   
営業時間:12:30−19:15 20:30−23:30 (19:15−20:30は清掃の為休憩)   
煙  草:
定休日:日祝
駐 車 場:なし     


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

まかないがメニューになった・・・。 そう聞くと、食べてみたくなりませんか? まかないって、料理人の特権。 ちょっと特別なものを食べているような気がする・・・ そう思ってしまうのは、私だけではないはず(^^;) 商品として、お客さんには形が整ったものを出す ...
続きを読む
まかないがメニューになった・・・。

そう聞くと、食べてみたくなりませんか?

まかないって、料理人の特権。
ちょっと特別なものを食べているような気がする・・・
そう思ってしまうのは、私だけではないはず(^^;)

商品として、お客さんには形が整ったものを出すけれど、刺身の端っこの形が悪い部分は、賄いとして食べる。
でも、その端っこの部分が美味しかったりするのですよね。

そうそう、元々まかないだったものが、商品化された料理って、結構あるようですよ。

天むす、オムライス、つけ麺、サンマーメン、チキン南蛮、焼豚玉子飯、
あの、台湾ラーメンも元々賄い料理だったのだとか・・・。


さて、この日はそんなまかない要素タップリの美味い料理がいただけると評判の、
月曜日の夜のニャムニャム食堂、

ここでは、超まかないレベルのカレーと、気の利いたアテをいただく事が出来ます。
                  c97d828d.jpg


お伺いしたのは、“堕天使かっき~ カレーと酒のアテ”
はい、通称、夜かっき~ってやつです。

谷町線の阿倍野駅から徒歩約5分。
地図に従って歩いて行くと、そこだけアジアそのまんまな雰囲気のお店を目にすることが出来ます。
                 堕天使かっき~、ニャムニャム食堂
ここ、何も知らずに通りかかっても、入る根性ないよねぇ(^^;)
でも、安心して下さい(って、パクりっぱなしですね(^^;))、ちゃんと「かっき~の看板」ありますよ。
                           堕天使かっき~、ニャムニャム食堂

ワクワクする気持ちを抑えることなく、店内へ入りましょう。

「こんばんは~!」
「いらっしゃいませ・・・あ、さいちゃん!」

かっき~さん、覚えていて下さっています。
嬉しいですね(^^)
                       堕天使かっき~、ニャムニャム食堂

店内は、カウンター席が4席と、2人掛けのテーブル席が2つ・・・
なのですが、奥のテーブル席に椅子をたして、4人で使っちゃいます。
こんな感じのゆるーい雰囲気も、夜かっき~の楽しさのひとつ(^^)

先ずは、ビールで乾杯!
                    291665e4.jpg


ビールや酎ハイなどのものは、自分で冷蔵庫から出して自己申告。
(誤魔化しちゃ、だめですよ(^^;))

たとえ缶ビールでも、こんな感じの雰囲気の元で飲むと、実に美味かったりします(^^)

そして、壁にズラリと貼られたメニューを確認。
堕天使かっき~、ニャムニャム食堂 2ac14d39.jpg


あ・・・・でもこれは、ニャムニャム食堂のメニュー(^^;)
かっき~のメニューはこんな感じです。
           c795567a.jpg


イタヤ貝、サザエ、アサリのバターシェルカレー、
そして、牛テールのカスカスカレー。
もちろんあいがけも可能。

そして、アテはこんな感じ。
                 de25a400.jpg

                      (アテメニュー、撮り忘れちゃったので、親愛なる「かれおた」さまから拝借! いつもありがとうございます(^^;))

さて、食べたいものが決まったら、この鶏さんを「クワッ」と鳴かせて、かっき~を呼びましょう!
                堕天使かっき~、ニャムニャム食堂

っていっても、メニューのほとんど注文したかな(^^;)

先ずは、鱧の子 生姜煮。
                3a3b5f78.jpg


鯛の子は良く聞きますが、鱧の子はちょっと珍しい。
出汁の旨味とすごくいい感じに馴染んで最高ですね。

そして、ホタルイカの佃煮。
             35124a15.jpg


沖漬けやボイルしたものを酢味噌でいただくのと違い、佃煮。
いいですね、こんな感じでアレンジしてあるのは。
すごく楽しいですよ(^^)

こういう料理が出てきたら、やはりビールではなくって、欲しくなるのはこちらでしょうか。
           堕天使かっき~、ニャムニャム食堂

なみなみと注がれた日本酒。
テンション上がりますね(^^)(^^)

この日にいただいたのは、最近人気急上昇のお酒、三重県鈴鹿市、清水三郎商店の日本酒、作(ざく)。
                  705490a8.jpg


ガンダムファンからの人気No.1・・・
いえいえ、ガンダムファンじゃなくっても美味しいですよ、このお酒。
(因みに私は、ガンダム大好きですが(^^;))

さて、美味しいお酒も来たことだし、どんどん楽しみましょう!

こちらは、天然ハマチの漬け。
                      5ce65b3d.jpg


漬かり具合も最高で、これはかなりお酒が進みますよ(^^)(^^)

そして、アンチョビバジルトマト玉子炒め。
                   2d3085d0.jpg


火の通し方、最高!
これ、ご飯に合うだろうなぁ・・・ということは、お酒にも合うって事で(^^)(^^)

次は、ちょっとあっさりと、ちぎり水茄子。
                     a0239ca6.jpg


水茄子って、包丁で切るのと、ちぎるのとでは全然風味が違います。
是非一度、お試しあれ!

そして、ひね鶏柚子胡椒いため。
                  c23fa1b0.jpg


適度な歯ごたえのひね鶏は、噛めば噛むほどに旨味が(^^)(^^)
柚子胡椒もすごく良いアクセントになっていて美味しいですよ!

ひととおりアテをいただいたら、いよいよメインイベント。
かっき~のカレーをいただきます。
                    fb79cbc5.jpg


この日のカレーは、イタヤ貝、サザエ、アサリのバターシェルカレーと、
牛テールのカスカスカレー。
もちろん、あいがけ。
そして、辛増しでいただきます。
          
右側が、イタヤ貝、サザエ、アサリのバターシェルカレー、
そして左側が、牛テールのカスカスカレーです。
さらに、真ん中のご飯は、かっき~特製の炊き込みご飯(^^)

それでは早速いただきます。
先ずは、左側の牛テールカスカスカレーから・・・。
                4a378a3e.jpg


美味っ!
牛テールをトロットロになるまで煮込みながらも、その食感を残し、酒粕でインパクトを出す。
                    0e454c3d.jpg


やるなぁ、かっき~(^^)(^^)

そして、イタヤ貝、サザエ、アサリのバターシェルカレーの方も・・・。
                  4376a898.jpg


うわっ! めっちゃ貝の旨味凝縮(^^)(^^)

殻付きのアサリとかも入っていて、これは海辺の漁師カレーっていったところでしょうか?
これ、アリですよ(^^)(^^)
                 c97d828d.jpg


あまりにも美味しかったので、あっという間に完食。
そして、さらに調子に乗ったメンバーは、〆に一品と・・・
(あれ、カレーが〆じゃなかったの(^^;))

堕天使かっき~ 気まぐれパスタをお願いしました。
                    a584aa53.jpg


この日の気まぐれパスタは、トマトベースのカポナータ風。
平打ちのタリオリーニにトマトソースがよく絡んで、これはかなり美味いですよ(^^)(^^)

それにしても、店主かっき~、やりますねぇ!
この人、美味しいものの組み立て方が素晴らしいですよ。
おそらく、今後もっと繊細さも加わって、スゴイ料理人になっていくのでは・・・。

堕天使かっき~、昼営業のカレーも絶品ですが、
月曜日の夜限定の、ニャムニャム食堂でのかっき~も是非味わっておくべきですよ!

月曜から夜更かし・・・ではないですが、月曜日からサクッと行ってみませんか?
きっと満足出来ると思いますよ!





【カレーと酒のアテ 堕天使かっき~】   
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋4-12-8    MAP     
電話:06-6690-0772(ニャムニャム食堂)   
営業時間:18:00~25:00   
煙  草:
定休日:火曜日~日曜日(簡単に言うと、月曜の夜だけの営業!)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のTwitterはコチラ
  ※営業日、時間等は必ずTwitterで確認して下さいね!
※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

「素」 もと・す・そ。 たった一文字で、これだけいろんな事が連想される漢字もそんなに多くないのでは。 素直、素敵、酸素、元素、素人、素麺、要素、素材、味の素・・・。 意味を調べてみると、 地(じ)のまま、他の物やしぐさが加わっていないこと。   ♪ ...
続きを読む
「素」

もと・す・そ。

たった一文字で、これだけいろんな事が連想される漢字もそんなに多くないのでは。

素直、素敵、酸素、元素、素人、素麺、要素、素材、味の素・・・。

意味を調べてみると、
地(じ)のまま、他の物やしぐさが加わっていないこと。
  ♪ありの~ままの~・・・♪
生地のまま。手を加えていない本質。

こう見ると、物事の基本、何も加えない・・・そんな意味にも見えてきますよね。

素直、これは何となくわかります。
先入観がなく、そのものを受け入れたりすること・・・かな?

では、素敵は・・・
非常にすぐれていて、印象がいいこと。すばらしいこと。
うーん、飾らないそのものが素晴らしい? そんなところなのでしょうか。

先日、連れて行っていただいたお店の名前にも、この漢字、「素」が使われていたのです。

“素料理 さとう”さん。
                         1bd5296f.jpg


お店は、御堂筋線の西中島南方、阪急京都線の南方駅を降りてすぐのところにあります。

さて、いただけるのは、素朴な料理なのか、素敵な料理なのか、素直な料理なのか・・・
そんなことを考えながら、入口をくぐります。

「いらっしゃいませ。」
「こんばんは、よろしくおねがいします。」


店内は、カウンター席のみで8席。
この日は、5人で予約してお伺いさせていただいたので、半分以上の席が私達グループで埋まってしまったのですね。(すみませんm(_ _)m)

とりあえず、最初は生ビールで乾杯です。
先付けの料理、器からしてもこの後の料理への期待感が増しますね。
                        1c53572b.jpg


さてと・・・何をいただきましょうか。
あ、カウンターの中にある黒板に、今日のおすすめがかいてありますね。
f8eae9da.jpg


八寸10種盛り、新秋刀魚、焼きカマス、鱧と松茸・・・。

他にもいろんな料理を楽しむことが出来そうですよ。
素料理さとう 素料理さとう 素料理さとう
素料理さとう 素料理さとう

あ・・・これは迷ってしまいますよね・・・。
いろいろお願いして少しずつ楽しむことにします。

先ずは、金目鯛とシマアジの造り盛り合わせ。
                008c4ea9.jpg


同じ造り盛りでも、キンメとシマアジとはまた、豪華な(^^)

いい感じで焼き目がつけられた金目鯛、山葵をちょこっとのっけていただきます。
                504ecca0.jpg


(^^)(^^)(^^)
美味ぁ! いきなり、めっちゃ美味しいです!
金目鯛、こういう機会でもなければ中々食べることが出来ないですから、しっかりと味わいます(^^)

そして、鰻の白焼き。
                          f3875cbe.jpg


皮面はパリッと、中はしっとり最高です。
これも、わさび醤油でいただきましょう。

そして、こちらのお店の名物、季節の八寸 10種盛り。
                     素料理さとう

ハマチの柚庵焼~トリュフバター~、柿の胡麻和え、イタヤ貝田楽、栗渋皮煮、サワラきずし、
ヒイカ旨煮、チーズ味噌漬け、赤蒟蒻の天ぷら、秋刀魚のパテ、ほおずきトマト。


この、酒飲み大喜びセット・・・八寸10種盛りが、1人あたりの会計額が3,000円を超えると、何と一人前500円で提供されるというのだから素晴らしすぎます!

これはもう、日本酒の出番ですよ、確実に。
          809c38f3.jpg


と言うわけで、お酒をいただきます。
                  de1575a2.jpg


いただいたのは、福島のお酒、夢心。
このお酒、吟醸ではなく、いわゆる普通酒。
でも、普通酒は普通酒でも、世界一の普通酒なのだとか。
飲んでみると、確かに美味い! いろんなお酒があるものですよね(^^)

そして、新秋刀魚の杉板焼。
                   769b70d9.jpg


杉の風味が秋刀魚にうつり、良い香り(^^)
揃いましたよ、お酒が進む料理たち!

そしてさらに、秋の味覚をもう一つ。
                e127377f.jpg


ハモと松茸の土瓶蒸しです。

鱧を食べて一杯。
松茸で一杯。
そして、その旨味がしみ出した出汁だけでさえも一杯。
「すみません、お酒下さい(^^)」

次はちょっと、西洋のエッセンスも取り入れた料理を。

レンコンとフォワグラのはさみ揚げです。
                98396e27.jpg


あれ・・・今度はワインが飲みたくなってきたゾ(^^;)

はい、こちらのお店には、ワインも用意してあります。
af09a5f4.jpg


白ワイン、赤ワインと、味わい・産地・葡萄がかかれた表でかいてあり、わかりやすいです。
もし、わからなければ、女将さんに聞いてみて下さい。
何と、ソムリエの資格もお持ちのようで、適切にアドバイスがいただけますよ!
和服に帯にソムリエバッチが光ります。

そして、国産豚バラの竜田揚げ バルサミコ醤油。
                   328fa474.jpg


バルサミコの甘味、酸味、旨味が豚バラと良く合って美味いです。

あ・・・そろそろ先にお願いしてあった、〆の釜飯が出来上がってきそうですよ。
           ce01a17a.jpg


この日の釜飯は、松茸と太刀魚の釜めし。
               
蓋を開けると、フワッと松茸の香りが漂います(^^)
                   c1c04d21.jpg


これを、茶碗に取り分けていただきます。
                 ece9d2a8.jpg


(^^)(^^)(^^)
はい、美味しいに決まってますね。

そして、食後にはお茶と和菓子でほっこりと。
9ee830aa.jpg
 素料理さとう

c2119d3e.jpg
 d770238b.jpg


素料理さとうさん、想像していたよりも、ずっと素敵で素晴らしく、素直に「美味しい」の言葉が出てきました。

カウンター8席、予約は2週間前の同日から。
ちょっとハードルが高いですが、わざわざ行く価値ありかと思います。
また私も、早めに予約して・・・
あ、2週間以上先の予約は受けてなかったんだ(^^;)

いずれにしても、必ず再訪させていただきたいお店です(^^)





【素料理さとう】   
住所:大阪市淀川区西中島3-18-9 新大阪日大ビル B1F    MAP     
電話:06-6305-1606   
営業時間:17:30~24:00(日曜日は、23:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと小腹が空いたから、スイーツでも・・・。 コンビニに行くと、結構美味しそうなスイーツ、揃っていますよね。 濃厚ミルクプリン、3層仕立てのチーズケーキ、濃い抹茶あんみつ、イチゴのプレミアムロールケーキ・・・ ネーミングを見ているだけでも、何か気になる ...
続きを読む
ちょっと小腹が空いたから、スイーツでも・・・。
コンビニに行くと、結構美味しそうなスイーツ、揃っていますよね。

濃厚ミルクプリン、3層仕立てのチーズケーキ、濃い抹茶あんみつ、イチゴのプレミアムロールケーキ・・・
ネーミングを見ているだけでも、何か気になるものがいっぱいありますね。
でも、和菓子はあまりなくって、やはり洋菓子が多いのかな・・・
あ、かぼちゃ餡のクリーム大福って、これは和洋折衷?

でも、以外と大福も人気があるのだとか。

大福・・・何だかおめでたい名前だと思いませんか?
大きな福で、大福。
でもこの名前の由来は、腹持ちがよいことから腹太餅、大腹餅と呼ばれていたものが、吉字を使った大福餅に変化したものなのだとか。

腹が福・・・。
確かに縁起がいい漢字ですね。
逆さにしても、福がふってくると言われて、中華料理のお店なんかにはよく飾ってあります。
                            e1b788fa.jpg


そんな縁起のいい中華料理をいただきに、中津・・・いえ、正確には豊崎にアル中か料理のお店、
“迦羅求羅(からぐら)”さんにお邪魔させていただきました。
                       1a8ae8d7.jpg


この日は、3人・・・いえ、4人で、美味しい料理をつまみながら、軽く打ち合わせ。
そんな感じで気軽に寄らせていただきました。

まずは、生ビールで乾杯!
                         47a50c5b.jpg


こちらのお店では、サントリーの超プレミアムビール、MASTER’S DREAMをいただく事が出来ますよ。

さてと、何をいただきましょうか・・・
とりあえず、メニューを確認してみます。
                 迦羅求羅

ひとり飲みセットが1,980円、これ、小皿料理が5皿も付いて、2,000円でお釣りが来るのですね。
ふらっとはじめて寄ってみたお客さんには嬉しい設定ですね(^^)

そして、他にもいろんな料理が揃っていますよ。
    d852a31a.jpg
 27fefb2c.jpg


お酒の方も、ビールをはじめ、焼酎、中国酒、ウイスキー、そしてワインもいろいろ揃っていますね。
                   38e2b3fe.jpg
 迦羅求羅

まずは・・・あ、これがいいなぁ!
最初にお願いしたのは、一人前の前菜盛り合わせ。
                 迦羅求羅

海老、蒸し鶏、鴨ロース、貝柱・・・いろいろのっかって、すごくお得ですね。
これ、ついついお酒が進んでしまいます。
ビール一杯じゃ確実に足りないですよ(^^;)

「すみませ~ん、おかわり下さい!」

そして次の料理は、エビのあまから。
                  736c9c2d.jpg


これ、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)(^^)
プリッとした海老の身に、甘辛のソースがすごく美味しい!

何でもこれは、ロイヤルホテルの一番人気の一品だそうで、
こちらのお店のオーナーシェフは、ロイヤルホテルの出身なのだそうです。

なるほど・・・。
先ほど、前菜の盛り合わせをいただいて、「どれもキッチリと美味いなぁ・・・」って思ったのですよ。
なるほど。
これはちょっと・・・いえ、かなり期待できそうですよ(^^)

そして次の料理は、空心菜の炒め。
                         7789444d.jpg


シャキッとした食感の中に感じる、野菜の甘味と旨味。
火の通し加減が素晴らしいから、食感と味わい、両方とも楽しませていただく事が出来ますね。
期待値、どんどん上がって行きますよ!

そして次の料理は、若鶏のあまず。
                         774324d1.jpg


柔らかな鶏のもも肉に、甘酢の風味が最高。
これ、ごはんにも最高に合うのではないでしょうか。
で、もちろんお酒にも合うというわけで・・・

「すみません、紹興酒下さい!」
さぁ、いよいよ本気モードに突入か(^^;)

そして、海鮮もいただきます。
                      dc1309a1.jpg


こちらは、イカの湯引きシーフードソース。

これ、信じられないくらいにイカが柔らかくって美味しい!
そして、上にのっけてあるパクチーがまたすごくいい(^^)
パクチー嫌いの人、この食材は、もしそのクセを乗り越えることが出来たなら、素晴らしい世界が待ってますよ!

先程から、紹興酒がどんどん進みますよ。
美味しい料理には、どうもお酒のボトルに穴を開ける効果があるらしい・・・(^^;)

そして、こんな感じのちょっとピリ辛なお酒がすすむ料理も。
            10a74d7b.jpg


(^^)(^^)(^^)
味はもちろん、どの料理も食感が素晴らしい!
柔らかさ加減、歯ごたえ、なめらかさ・・・。
料理のよって、その良さはそれぞれなのですが、丁度いい感じっていうのを、思う存分体感することが出来ますよ。

そして〆の料理は、海鮮炒飯。
                     763da9dc.jpg


米の一粒一粒が見た目にもいい感じ。

それでは早速いただきましょう・・・。
                          7ec6ed51.jpg


(^^)(^^)(^^)
具だくさんで、ふわっパラ!
本当に何を食べても美味しかったです。

こちらのお店、ランチタイムも営業していて、お得な料理がいろいろとあるのだとか。
これはランチタイムにも、一度お邪魔させていただかないと(^^)

迦羅求羅さん、2階は14名まで入れる座敷があったり、テーブル席もあって、ひとりで気軽に来ても、家族連れやグループで来ても楽しむことが出来そうですよ。
そして何よりも、料理が美味い!
この日は、お誘いいただきましたが、今度は私も友人を誘って是非とも再訪させていただきたいと思います!





【迦羅求羅(からぐら)】   
住所:大阪市北区豊崎4-4-19    MAP     
電話:06-7162-9776   
営業時間:11:30~14:00 18:00~24:00   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日(祝日はディナータイムのみの営業)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

運動会って、なんで紅組と白組なんだろうか? そんな風に思ったことないでしょうか。 中学生とか、高校生になれば、紅組白組ではなく、クラス対抗とか、縦割りチームでの対抗戦にありますが、幼稚園、小学校、そして大晦日の歌合戦は紅組と白組ですよね。 紅組、白組 ...
続きを読む
運動会って、なんで紅組白組なんだろうか?
そんな風に思ったことないでしょうか。

中学生とか、高校生になれば、紅組白組ではなく、クラス対抗とか、縦割りチームでの対抗戦にありますが、幼稚園、小学校、そして大晦日の歌合戦は紅組と白組ですよね。

紅組、白組の由来は、源平合戦にあるそうですね。

源氏は白い旗、平家は赤い旗を揚げて戦ったことが由来なのだとか。

でも、お隣の国、韓国の運動会は、赤と白ではなく、青と白なのだとか。
何故ならば、赤は共産主義、つまり北朝鮮を連想させるため、青と白で区別しているのだとか。
国が変わればいろいろと事情もあるものですね。

さて、赤と白と言えば、運動会の他にも、おめでたい席でもよく使われますよね。
入学式や卒業式の紅白幕、紅白の熨斗、お正月の紅白なます・・・。

カレーの薬味の福神漬けとらっきょうも、紅白・・・かな(^^;)
                      e6c47bec.jpg


そんなおめでたい(?)カレーをいただきに、この日は天満駅の改札口を出てすぐのところにある、
“アサクラカリー”さんにお邪魔させていただきました。
                        アサクラカリーのカツカレー

改札を出て、右を向くと、すぐにこのメニューボードが目に入ってきますよ。

単に、アサクラカリーと書くわけでなく、「アサクラ店長のカリー」って書かれてあるあたり、一生懸命作ったって感じが出ていて、食べてみたくなりますよね。

この階段を2階に上がっていくと、お店の入口がありますよ。
                       アサクラカリーのカツカレー

「こんにちは~! カツカレー、食べに来ましたよ(^^)」

先日、こちらアサクラカリーさんを含む、3店のカレーコラボイベントでいただいた、カツカレーがあまりにも美味しかったので、
そのカツカレーを、しっかりと一人前いただいちゃおうかと思い、お邪魔させていただきました。

窓際のテーブル席に座り、「カツカレー、食べに来ましたよ(^^)」と言ったクセに、黒板のメニューを確認。
                          06677b51.jpg


ここのカレー、揚げ物がすごく美味しいのです。
以前、ささみカツカリーをいただいたのですが、揚げ加減が抜群!
しっとりと柔らかいささみカツは、カレーとの相性も良く、大満足させていただいたのを思い出します。

「今週限定」の煮込みハンバーグチーズカリー(って、なんでこんな美味そうなもん思いつくんやろか(^^;))に、後ろ髪を引かれながらも、
予定通りカツカリーを注文。

出来上がるまでワクワクしながら待ちましょう。
                          8e200d38.jpg


こちらのお店、夜は串カツのお店、「トリオ」さんの店舗を昼間だけ間借りして営業なさっています。
ですので、こんな感じで“2度漬け禁止”の説明が書かれてありますよ。
(これならば、はじめて大阪で串カツを食べる人もわかりやすいかも)

さらに、紅白でおめでたい、福神漬けとらっきょうも食べ放題(常識の範囲内でね(^^;))

カウンターの上にあるので、食べたい分だけ取り分けて持って来ます。
                      de91dd80.jpg


そんな感じで、準備万端!
タイミング良く、カツカリーも出来上がってきましたよ。
                       1424bef3.jpg


タップリのルゥの海に浮かぶごはんの島。
その上に、大きなトンカツがのっかっていて、見てるだけでも、やる気満々になります(^^)

先ずは、カレーをいただきます。
                    0318d105.jpg


おぉ、以前来たときよりも、格段にレベルアップしてますね!
日々研究なさっているのがよくわかりますよ、美味しいです(^^)

それでは、メインイベントの、カツもいただきましょう。
                       8cda7c58.jpg


(^^)(^^)(^^)
美味い!
アサクラさん、本当にカツが美味しいですね。
それに、このカツ、カレーとの相性もすごくいい(^^)

こうなるともう、スプーンを動かす手が止まらない(^^)(^^)

タップリとカレーを絡めてカツとごはん、そして間に薬味をいただく。
                       0426c0d3.jpg


スパイスカレーならば、福神漬けとらっきょうは食べることがないですが、欧風見込みのこちらのカレーには、この薬味が嬉しい(^^)

大きなカツなので、食べごたえもあって嬉しいですね。
さらにもっと、カツが食べたい人のためのメニュー、トンカツとささみカツが両方のっかっている、Wカツカリーなんてメニューもあるので、どんな人も、満腹になることが約束されますよ。

そして、ごはんの大盛が無料なのも心強いですね!(さらに大盛の、特盛は+100円ですよ。)

そんな感じで、夢中でいただき、気がつけばきれいに完食。
アサクラさん、本当に満足させていただきました、ごちそうさま(^^)

スリランカ、インド、パキスタン、ネパール、バングラデシュ・・・。
でもたまには、日本の美味しいカレーもホッとしますよ。
そして何よりも、カツが絶品です!

紅白のおめでたい薬味(?)と一緒に如何でしょうか、満腹満足、確定ですよ!





【アサクラカリー】   
住所:大阪市北区天神橋4-12-1 天満駅前ビ2F (串カツトリオのランチタイムを間借り営業)    MAP     
電話:080-5301-4941   
営業時間:11:00~14:30(売り切れ次第終了)   
煙  草:喫煙可
定休日:不定休(お店のFacebookで告知有り)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFace bookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本一高い高層ビルが大阪にある。 そう、あべのハルカス。 地上60階建て、高さ300m。 ビルだけじゃなくても、東京スカイツリー(634m)、東京タワー(333m)に次いで、3番目の高さを誇る建物なのだとか。 高いビルと言えば、やはりその上層階からの眺め。        ...
続きを読む
日本一高い高層ビルが大阪にある。
そう、あべのハルカス。
地上60階建て、高さ300m。
ビルだけじゃなくても、東京スカイツリー(634m)、東京タワー(333m)に次いで、3番目の高さを誇る建物なのだとか。

高いビルと言えば、やはりその上層階からの眺め。

               06bb9ef0.jpg



300m、60階建て・・・。
大阪にも、そんな高層ビルが建つようになったのかと、OMMビルが大阪一高いビルだった時代を思い出す・・・。


OMMビル:大阪マーチャンダイズ・マートビル。
1969年、昭和44年竣工の地上22階、地下4階建てのビルは、当初他にはない高さを誇る、大阪一の高層ビルとして、最上階、22階からの眺めは当時の大阪人の心を虜にした・・・という。

天満橋の袂に、キラリと光る、総マジックミラーガラス張りの綺麗なビルは、みなさんも一度は目に止めたこともあるのでは。

因みに、竣工当時はこんな感じの白い外観。
                     樂待庵

そして、最上階には、床が回転して、大阪市内の景色が一望できる、回転展望レストランがあったのを覚えています。

この日は、そんなOMMビルの最上階にある和食のお店、
“樂待庵”さんのレセプションにお邪魔させていただきました。
エレベーターで21階に上がると、豪華なエントランスに階段が。
                    24b7b258.jpg


この階段を上がると、360度、大阪市内の展望を楽しめる客席があります。

先ずは、スパークリングワインで乾杯!
                      樂待庵

この日、いただいたのは、大阪カタシモワイナリーの「たこしゃん」。
大阪のソウルフード、たこ焼きにも合うシャンパンを・・・そんな思いで作られたスパークリングワインだそうです。
スッキリと辛口で、これならばたこ焼きにもバッチリ合うのではないでしょうか。

たこ焼きではないですが、先付けに出していただいたのが、蟹甲羅盛り。
                     53a48d84.jpg


蟹の甲羅を器に見立て、
ずわい蟹の身、花丸胡瓜、若布、針長芋、ラディッシュにカニ味噌クリーム、生姜酢ゼリーを掛けていただいてます。

味わいだけではなく、目で見ても楽しいですよね(^^)

そして、次は椀ものが。
                        cab703fa.jpg


海老新丈、焼き鮑茸、黄味豆腐、トロ蒟蒻などが入って、すごく上品に仕上げられてあります。

次の料理は、お造り。
                        42c15c97.jpg


牡丹海老、生鮭スモーク、鰤、紅葉鯛が盛り合わされています。
美味しい刺身を少しずつ。
こういう贅沢な食べ方、自宅では絶対にできないんですよね。
やはり、こんな感じで非日常が味わえるのが嬉しいですよね(^^)

こんな感じで料理が出てくると、やはり日本酒が飲みたくなります。
                       5baeb8d5.jpg


いただいたのは、奈良県桜井のお酒、三諸杉 純米酒 山乃かみ酵母 スイート 無濾過生原酒。
このお酒、名前にスイートって入っているだけあって、さわやかな酸味と甘味がバランス良くって、とても飲みやすい。
この日、ご一緒させていただいた方にも大人気でしたよ(^^)

そして料理は、八寸。
                    d9199540.jpg

   
鱈白子、チーズ味噌和え、柿鶉玉子味噌漬け、焼き目栗甘露煮、炙り秋刀魚小袖寿司・・・。
などなど、お酒に合う料理が盛りだくさん。
こういうのって、和食の楽しみのひとつですよね。

いろんな味わいの料理とお酒を楽しむ。
食べるごとに、新しい発見があったりするものだから、楽しくって仕方がない(^^)(^^)

綺麗な夜景を眺めながら、美味しいお酒と料理。
              30d35889.jpg


心の底からリラックスできますね。

そして、焼きものは、甘鯛風干しと、鱗煎餅。
                   b578a91a.jpg


甘鯛の身は、上品な味わいで尚且つ、独特のなめらかな食感がたまりません。
そして、甘鯛と言えば、その鱗の美味しさを知らずして、語るなかれと言われるくらいに鱗が美味いのです。
                        ce076764.jpg


こんな感じで、パリッと焼き上げられて、食べるとこれはもう、快感の領域ですよ(^^)(^^)(^^)

そして蒸し物は、イトヨリの湯葉蒸し、海老、煮穴子、百合根、蟹と青さ海苔と、菊花の餡かけです。
                         80667f2b.jpg


ただでさえ、上品で美味しい出汁の餡なのですが、さらに素材の旨味も加わって、ずっと食べ続けていたい衝動に駆られますよ。

〆のごはんは、秋鮭といくらのごはんを土鍋で炊きあげていただきます。
                   50c17f5a.jpg


上にのっかったいくらが、まるで宝石のようですね。

これを取り分けていただきます。
                      d4a81604.jpg


美味い!
別腹は確かに存在します(^^;)

デザートに、柿、巨峰、キーウィ、ラズベリーもいただき、大満足(^^)
                    d2b16208.jpg


こちら樂待庵さん、料理も素晴らしいものがいただけますが、その夜景の素晴らしさも是非一度体験なさってみて下さい。
3db29021.jpg
 樂待庵 a5509482.jpg

59612a78.jpg
 60f3c1a7.jpg
 0a62f70f.jpg


大切な方とご一緒に、またおめでたい一席。
そして、大阪に遊びに来られた方の接待にも最適ではないでしょうか。

そして、何と言っても料理が素晴らしい!
私も是非また、再訪させていただきたいと思います。





【樂待庵(らくたいあん)】   
住所:大阪市中央区大手前1-7-31 OMMビル 21・22F    MAP     
電話:06-6910-3003   
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:00)   
煙  草:分煙
定休日:無休 (※年末年始・ビルの休館日は休業)
駐 車 場:あり(OMMビルのパーキング)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒のつまみって、ごはんのおかずにしても美味しいんですよね。 からすみ、烏賊の塩辛、冷や奴、ネギ味噌、辛子めんたいこ・・・。 ごはんもお酒も、元々は米。 そう言われれば納得しますよね。 では、パンと合うものとごはんと合うものは、どうなのか。 サン ...
続きを読む
お酒のつまみって、ごはんのおかずにしても美味しいんですよね。

からすみ、烏賊の塩辛、冷や奴、ネギ味噌、辛子めんたいこ・・・。

ごはんもお酒も、元々は米。
そう言われれば納得しますよね。

では、パンと合うものとごはんと合うものは、どうなのか。

サンドイッチの具材で見てみましょうか。

玉子:これ、ご飯のおかずにも意外とイケるのです。
ツナ:もちろん、ご飯と食べても美味しいですよね。おにぎりの具材にもなりますし。
ハム:これも、大丈夫ですよね。
カツ:文句なしです。


では、おにぎりの具材は、パンに合うのか・・・。

塩鮭:まぁ、不可能ではありませんが。
昆布:微妙(^^;)
鰹節:トーストならばギリギリ・・・。
たらこ:マヨネーズと和えるのならば。
イカの塩辛:ほぼムリ。
梅干し:あまり考えたくない(^^;)


それぞれ美味しいものでも、その相性って大切ですよね。

さて、相性が良くって、今の季節に最高なのが、鱧と松茸。
            1f7d6242.jpg

        
そんな鱧と松茸をいただきに、中津にある、
“情熱うどん 讃州 豊崎本店”さんにお邪魔させていただきました。
                               讃州ひやかけ2014

ご存知の方も多いかと思いますが、こちらのお店は美味しいうどんのお店、
そう、うどん屋さんです。

でも、ディナータイムになると、うどんはもちろんのこと、ちょっとしたアテから、本格的な鍋までいろんな料理を楽しむことが出来ます。

そう、店主の久保さんは、和食の料理人でもあるのですよね(^^)


まずは、生ビールで乾杯!
そして、1品目はこんな感じ。
                            2bf5fff8.jpg


これは、ホロホロ鳥のスモークとキュウリの胡麻和え。

最初からめちゃ美味い(^^)(^^)
すでにこの時点で、こちらのお店がうどん屋さんであるのを忘れてしまいそうになります。

目の前には、すでに鍋が用意されてあります。
            64382947.jpg


ちょっと開けてみてみましょうか・・・。
                   5159ca7e.jpg


おぉ! これはいい出汁が出て、美味しいに決まってますよね(^^)
さて、鍋の方はもう少し後で楽しむとして、次の料理も。

こちらは、鰤のカルパッチョ。
                       2638d0f4.jpg


刺身とマヨネーズの相性がいいのって、船の上で漁師さんが、間違えて刺身の魚の上にマヨネーズを落としてしまって、
それを食べたら美味しかったのがきっかけだと言いますが、こういう風にカルパッチョにタップリのマヨネーズもかなり美味しいですね(^^)(^^)

そして、これも讃州名物。
自家製タルタルソースタップリの牡蠣フライマウンテン!
                      讃州、松茸

これこれ、これをいただくと今年もこのシーズンがはじまったんだなぁって実感しますね。


そんな感じで、カルパッチョ、牡蠣フライを楽しんでいると、いよいよこの日のメインイベント、
ハモが登場。
                         5b9d5dcb.jpg


おぉ、結構たっぷりありますよね。

そして、大きなしめじと、三つ葉に玉葱。
               9cb1330b.jpg


ハモには玉葱が良く合いますよね。

そして、本日の大本命がこちら。
                       22dbce8d.jpg


うわぁ!
これ、スゴイじゃないですか(^^)(^^)(^^)
これは、盆と正月が一緒に来たどころの騒ぎじゃないですよ(^^)

では早速、鱧の方からいただきます。
                    0de2e197.jpg


むちゃくちゃ美味しい!
元々讃州さんの出汁ですから、美味いのは分かっているのですが、さらに鱧の旨味が加わって、もう無敵状態になっています。

ハモを出汁の中に入れて、パッと花が咲いたら食べ頃。
そしてまた、次のハモをいただく。


そしていよいよ、松茸も投入します。
しかも、たっぷりと(^^)
                     4ffc8843.jpg


それでは早速いただきます。

(^^)(^^)(^^)

すみません、私が悪ぅございました(^^;)
これ、贅沢すぎて、美味すぎます!

タップリの松茸とタップリのハモを堪能した後はもちろん、これで〆。
                          87f352a8.jpg


はい、讃州特製のうどんです。
やはり、これをいただかなくては。

そのまま食べても美味しいうどんは、鱧と松茸の旨味がタップリとしみ出した出汁と出会って、たまりません(^^)(^^)(^^)

結構満腹だったのですが、これならばいくらでもいただけそうですよ。

そして、デザートに黒ゴマのアイスクリームとミニクロワッサンもいただき大満足。
本当に素敵な時間を過ごすことが出来ました。
                  0abc8da5.jpg



松茸のシーズンはもうすぐ終わってしまうでしょうが、鍋のシーズンはこれから。
讃州さんの宴会、間違いないですよ(^^)

早めに忘年会、如何でしょうか。
幹事力アップ間違いないですよ!
私もまた、近々お邪魔させていただこうと思います。





【情熱うどん 讃州 豊崎本店】   
住所:大阪市北区豊崎3-4-12    MAP     
電話:06-6377-5555   
営業時間:11:00~15:00 17:30~21:00(麺が売り切れ次第終了)   
煙  草:喫煙可(11:00~13:00は禁煙)
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、長いこと口にしてないなぁ・・・。 先日、クリームソーダを見て、そう思いました。 あの緑色のソーダ水、今では売ってるところも少なくなってしまいましたよね。 アイスクリームを食べながらソーダを飲むか、 ソーダを半分くらい飲んでからアイスクリーム ...
続きを読む
そういえば、長いこと口にしてないなぁ・・・。
先日、クリームソーダを見て、そう思いました。

あの緑色のソーダ水、今では売ってるところも少なくなってしまいましたよね。
アイスクリームを食べながらソーダを飲むか、
ソーダを半分くらい飲んでからアイスクリームに取りかかるか。
それとも、最初から混ぜてしまって、マリアージュ(とは言わないか(^^;))を楽しむか。

そして、クリームソーダに欠かせないのが、何と言ってもサクランボ。
あ・・・サクランボと言っても、佐藤錦なんかの高級品ではなく、真っ赤な缶詰のやつね。

白いコースターにのせられた足つきのグラスに、緑のソーダ、その中に入った赤いサクランボと上にのっかったアイスクリームが何とも言えない昭和感を演出する。
やはり、お洒落なカフェではなく、喫茶店でいただきたいですね。

そういえば、クリームソーダのほかにも、今ではあまり見かけなくなった、喫茶店メニュー他にもありますよね。


レモンスカッシュ:関西では、「レスカ」と言って注文されることも。 あのさわやかな酸味は、真夏の暑さも吹き飛ばす。
ミックスジュース:これは、喫茶店ではメニューから消えたところも多いようですが、逆にそれ以外あの場所では、気軽に飲むことが出来ますね。
最近では、自販機で買えることも・・・。
プリンアラモード:主役のプリンを真ん中に、まわりにはイチゴ、うさぎのリンゴ、缶詰のミカン、バナナに生クリームをトッピング・・・って、当時はトッピングなんて言葉、まだなかったかな(^^;)
ミルクセーキ:牛乳、アイスクリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るものを“アメリカンスタイル”とよばれ、
牛乳、卵黄、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るものを、“フレンチスタイル”と呼ばれるそうな・・・
ミルクセーキは、生玉子を使って作るものなんですよ・・・これも、究極の玉子料理か。



さて、究極の玉子料理と言えば、やはり「玉子かけごはん」ではないでしょうか?


先日、究極の玉子かけごはんをいただきました。
                 08230878.jpg


いえ、もちろん玉子かけごはんをメインにいただいたわけではなく、これは〆の一品。

天神橋筋六丁目駅を降りて、話題のお店が集まる、レンガ通りに向かいます。
        熊の焼鳥

そんな中、ちょっとお洒落な感じの外観のお店が目に入ります。
                 e750ce2e.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、そんなお洒落な感じの焼鳥屋さん、
“熊の焼鳥”さん。
                         熊の焼鳥

一見、焼鳥屋さんではなく、和食のお店だと思ってしまいますね。

お店の入口の横には、この日、予約されているお客さんへのメッセージカードが。
                     6878a684.jpg


各組へのお客さんへ、個別のメッセージ。
こういうの嬉しいですよね(^^)

そんな嬉しい気持ちになって店内に入ります。

店内は、手前から奥に向かってL字型のカウンター席が12席。
そして、奥には半個室の堀炬燵席があるそうですよ。
                 1620e58f.jpg


この日は、入口付近のカウンター席に座らせていただきました。
ここ、焼台のすぐ前で、実は特等席なんですよね(^^)

まずは、生ビールで乾杯!
                           熊の焼鳥

こちらのお店では、キリンハートランドの生ビールをいただくことが出来ますよ。

そして、まもなく最初の料理が到着。
                           5c36a89f.jpg


これは、雲丹ムネといって、海苔の上にムネ肉、そしてその上に、トロロと雲丹を混ぜたものをのっけてあります。
これを海苔で巻いていただきます。

(^^)(^^)(^^)
うわ、最初からむちゃくちゃ美味いじゃないですか!
1品目から度肝を抜かれましたよ(^^)
期待感がググッと上がり、次の料理に。

次は、鶏刺し12種。
                       3dcb9516.jpg


これがめちゃくちゃ美味しい!
ちょっとずついろんな部位の刺身が楽しめて、美味しいだけじゃなくって、すごく楽しい。
因みに、こちらのお店には、1日1組予約限定の「鶏刺し25種盛」っていうのもあるのだとか・・・。
これは流石に競争率がすごくって・・・
でもいつかはいただいてみたいですね。

魚の刺身には日本酒、でも鶏料理にはこれが合うのですよね。
              39af8427.jpg


鹿児島県の芋焼酎、花蝶木虫。
ロックでいただきます。

鶏刺しを堪能した後は、焼鳥を焼いていただきます。

まずは、モモネギ。
                        a2582237.jpg


これがまた美味い。
何せ、焼き加減が抜群なのですよ!
それは、このネギの焼き色を見ていただければ分かるかと思います。
焼鳥のネギ、火が足りないと中の方は苦みが残るし、焼き過ぎは真っ黒に。
でも、このモモネギのネギは綺麗な焼き色が付きながら、中はネギの上品な甘味を楽しむことが出来るのです。
ということは、もも肉の焼き加減か・・・
そんなこと、言わずしてもわかりますよね(^^)

そして、ずり丸。
                     483e4f93.jpg


砂ズリの美味しいとこだけを贅沢に。
ずりは元々好きなのですが、こんなにまでも美味かったっけ(^^)(^^)

小鉢に入って出されるのは、口直しにもなる大根おろしと柴漬け。
                      51d75c6c.jpg


これがまた良いんですよ(^^)

串も小鉢も美味くって、焼酎がすすみますね。
                    1e839cf9.jpg


そして次の串は、丸ハツ。
                        787c24e9.jpg


いわゆる、こころ、心臓と言われるやつなのですが、この形で出していただいたのは初めてです。
そして食べてみると、抜群の食感で美味いんです。
丸ごと提供しようとすると、処理が大変だと思いますよ。
しかもこれ、臭みも全くなく完璧なんですよね。
これはもう、脱帽ものですよ。

そして、つくねもいただきます。
                    999abe92.jpg


表面はパリッと、中はものすごくジューシィ。
本当に焼き加減最高ですね(^^)(^^)

次はなんこつ。
                       f4889c22.jpg


噛みしめると旨味がギュッと。
お酒が進んでしまってしょうがないですよ(^^;)

そしてサラダもいただき、ちょっとリセット。
                   60bbf527.jpg


さらに串は続きます。
次は、とろ皮。
                     d94e5835.jpg


子供の頃、鳥の皮って苦手で、いつも残していたのです。
もちろん、その時のとモノは違うでしょうが、皮を残していたのが勿体なく感じるくらいに美味しい皮でしたよ(^^)

                                   梅やげん。
                          0860d894.jpg


                                               せせり。
                                     熊の焼鳥

                                         金針菜。
                              e2b5ad8b.jpg


                                        手羽先。
                              dd990d00.jpg


どれもすごく仕事が丁寧、しかも美味い!
もう、こうなってくるとずっと食べ続けていたい衝動に駆られますね。

さて、いったんはチューハイをいただいてクールダウン。
                  熊の焼鳥

いただいたのは、トマトのチューハイです。
胡椒をパラリで美味いですね、これ(^^)

クールダウンしながら、焼台で焼かれる串を見ていると、もう少し追加でいただきたくなってきました。
                      bda54153.jpg


これは、ささみブルーチーズ。
                         cbb28f46.jpg


レアに焼かれたささみに、ブルーチーズが驚くほどマッチ。
これはワインが欲しくなりました・・・・が、

何故か、チューハイの青汁(^^;)
                   熊の焼鳥

いえいえ、これ、結構美味しいのですよ(^^)
騙されたと思って是非!

そして、きもとろ。
                    442810bc.jpg


今までの抜群の焼き加減を味わい、是非とも肝は食べてみたかったのです。
そして、やはり期待通り!
めちゃくちゃ美味しいですよ(^^)(^^)(^^)

串も思う存分堪能させていただき、いよいよ〆の逸品に。
               125509c3.jpg


はい、究極の玉子かけごはんである、「熊のたまごかけご飯」です。

こんな感じで、予め醤油を絡めたごはんに、きんかん(玉子になる前の玉子)がのっけてあります。

勿体ないと思う気持ちを抑えつつ、ごはんの上で黄味をくずして、かき混ぜます。
    熊の焼鳥 cd01d2c7.jpg


準備が整えば、早速いただきましょう。
                         bdd13956.jpg


(^^)(^^)(^^)
これはスゴイ!
こんな玉子かけごはんを食べたのははじめて、これはホントに究極ですね(^^)


最後はデザートに、ぶどうとアイスクリームもいただき、大満足!
                   0222b921.jpg


本当に連れてきていただいて良かったです。

因みにメニューはこんな感じで、基本おまかせコースに、追加で食べたい、猛威買い食べたいと思おう串、料理を追加していくようなスタイルです。
d084bd7d.jpg

c5751ed3.jpg


こちらのお店、熊の焼鳥さん、来年の春以降、会員制に移行される予定だそうで、現在会員募集中(もうすぐ締め切りかな?)だそうです。
※会員になるには、条件がありますよ!
                        f2ad33e8.jpg

   
熊の焼鳥さん、本当に美味しかったです。
ぜひ、やきとりが大好きで、美味しいやきとりを食べるためならば、ちょっと頑張ってしまう・・・。
是非そんな方に食べていただきたいと思います。

さて、私も早々に予約の電話をしなければ・・・。





【熊の焼鳥】   
住所:大阪市北区天神橋6-3-26 レンガ通り内    MAP     
電話:06-6353-6330   
営業時間:16:00〜ネタが無くなるまで。   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加