美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2015年12月

気合いを入れて頑張らないといけないとき、 眠気に勝って、仕上げの仕事(勉強)をしなければならないときに、今では凄く強烈なドリンク、売ってるみたいですね。 でも、飲みすぎるとヤバい事も・・・。 だから、未だに手を出せてません(^^;) 最近そういうものに頼るこ ...
続きを読む
気合いを入れて頑張らないといけないとき、
眠気に勝って、仕上げの仕事(勉強)をしなければならないときに、今では凄く強烈なドリンク、売ってるみたいですね。
でも、飲みすぎるとヤバい事も・・・。
だから、未だに手を出せてません(^^;)

最近そういうものに頼ることはないのですが、ちょっと前までは専らこれでした。

元気ハツラツ!「オロナミンC」。

そう言えば、オロナミンCのCMで、昔ありましたよね。
いろんなもので割って飲むと美味しいみたいなやつ。

オロナミンCと卵黄、オロナミンCとミルク。
怖いような、でもちょっと興味あったなぁ・・・。
パパはオロナミンCとウイスキー。
ママはオロナミンCをジンで割って・・・。


さて、ジンって何だろ??
そんなことを思って見ていたのを思い出します。

さて、ジンと言えば先日ジンのこんな新しい飲み方を教えていただきました。
                  サントリー、縁

ジントニックにブラックペッパー。
これが、意外とイケるのです。

この日は、サントリーさんの企画の忘年会で、天神橋筋6丁目にある焼肉のお店、
“縁(えにし)”さんにお邪魔させていただきました。
                      515df2dc.jpg


こちらのお店、この界隈では最近凄く人気があるようです。

牛・豚・馬 タン3種盛り。
              a1754368.jpg


牛タン、豚のタンは食べたことありますが、馬のタンは珍しいですよね。
そんなタン3種盛りをはじめ、とっておきの焼肉を堪能させていただきました。

店内は、1階にはカウンター席、2階にはテーブル席があり、この日は2階のテーブル席の方で焼肉を楽しませていただきました。

先ずは、プレミアムモルツの香るプレミアムで乾杯!
               1e40fd67.jpg


やっぱり焼肉には生ビールでしょ・・・。

肉が来る前に、先ずはキムチと塩こぶキャベツで。
            9a70773c.jpg


キムチ、美味しいです(^^)
焼肉屋さんで最初にいただくキムチが美味しいと、ちょっとテンション上がりますよね!

そして登場、タン3種盛り。
                 6714b6e3.jpg


このタンをサッと炙って、タップリ葱をのっけて。
             316c2ad6.jpg


いいですね!
こういうちょっとしたアイデア、これがまた嬉しい(^^)

片面を焼いて、裏返したらもう片面はサッと炙る程度。
すでに葱をのっけてスタンバイします。
                    00f20c82.jpg


それでは早速いただきます。

(^^)(^^)
美味い!
牛タンは、期待通りの美味さ。
そして、豚タンは中々深みのある味わい。
そして、馬のタンは意外とクセもなくアッサリといただけますよ。
馬のタン、これはアリだなぁ(^^)

そして次の肉は、タンステーキ。
                  49130f67.jpg


おぉ、ステーキと言うだけあって、厚みタップリの牛タンですよ!

これを、網にのっけてサッと焼き・・・
とは言っても、厚みがあるので火を通しすぎない程度に焼くのがいいですね。
                      8c955e9c.jpg


そして頃合いになれば、レモンを少し絞っていただきます。
                       085d3894.jpg


(^^)(^^)(^^)
これは流石に美味い!
タン3種盛りといい、タンステーキと言い、タン好きの方、ここはホントにオススメですよ!

そして、次の肉は和牛特選カルビ。
                         51d8eb77.jpg


はい、室温ですでにとろけそうになっています。
これはホントにサッと炙っていただきましょう。

そして、上ロースはタレ焼きで。
                 9837bf73.jpg


いい肉は塩で・・・
それ、決して間違ってはいないと思いますが、やっぱり焼肉屋さんに来れば、タレ焼きも食べたいですよね。
                        00e49904.jpg


焼いているときの香りもまた、たまりません。
香りも味わいだとはよく言ったものですね。

そして、この辺りでいよいよジントニックを。
                 サントリー、縁

「ジンと肉」

あ・・・なるほど。
そんな感じで掛け合わせているのですね。

でも、それだけじゃないのです。
この日にいただいたジンは、ロンドンジンで有名は、“BEEFEATER(ビーフィーター)”。

これ、私も全然気がつかなかったのですが、「BEEFEATER」って。BEEF+EATER。
「牛肉を食べる人」になるのですよね。

ビーフィーターのボトルに描かれているのは、ロンドン塔の近衛兵。
そして、こんな風にも解説されています。

ビーフィーターとは、王冠が保管されているロンドン塔の近衛兵の通称名。
昔、国王主催のパーティーの後、警護にあたった衛兵達が残った牛肉の持ち帰りを許されたことから
「ビーフィーター」(牛肉を食べる人)と呼ばれるようになったのだとか。


かなり前から、私もジンと言えば、ビーフィーターを買って飲んでいましたが、
BEFF+EATERには気がつきませんでした。

そんなビーフィーターを使ったジントニックはこんな感じ。
                     サントリー、縁

レモンのサッパリ感と、黒胡椒のアクセントが結構イケる!
これ、確かに肉に良く合います(^^)

そして次はハラミ。
                     116d29c1.jpg


これも焼くとたまらない香りがしますね。
ジントニックもすすみます。
                         7df33b56.jpg


そして、焼肉と言えばビールもいいですが、ちょっとご飯も食べたくなりますよね。

そんなわけで、少しだけ、オンザライスでいただきました。
                        f01ff058.jpg


タレがしみ込んだご飯。これって反則技ですよね(^^;)

そして、最後にタンもタレ焼きでいただきます。
こちらは、厚切り上タン。
                    2253db9a.jpg


美味しいタンって、塩でもタレでも美味いんですよね(^^)(^^)
                      3e2238a5.jpg


そして、〆には冷麺もいただきました。
                     77d3341f.jpg


こちらのお店の冷麺には、明太子がのっかっています。
                    848c0160.jpg


これがまた美味しいんですよね。
ちなみに、この明太子、ランチタイムにもいただくことが出来るのだとか。
焼き肉と明太子、どちらもご飯がすすむこと、間違いなしですね!

そしてデザートにゆずシャーベットもいただき、サッパリと〆ることが出来ました。
                        25622d61.jpg


焼肉 縁さん、因みにメニューはこんな感じです。
サントリー、縁 366af9c4.jpg

                              f2cae586.jpg
 サントリー、縁

天六の交差点から、天八方面に進んでいき、路地を入ったところに隠れ家のようにお店はあります。
ちょっといい感じの隠れ家焼肉、如何でしょうか?
いいお店、見つけた! そんな感じですよ(^^)





【厳選タン焼肉 縁(えにし)】   
住所:大阪市北区国分寺2-2-28    MAP     
電話:06-6358-8577   
営業時間:11:30~14:00 17:00~23:00   
煙  草:
定休日:水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校に入るまで、牛乳が飲めませんでした(^^;) いえ、乳製品は好きだったと思うのですが、牛乳がダメだったのです。 何でだろ・・・。 おそらく、幼稚園の給食の時、向かいに座ってた友達が牛乳飲んでたときに笑かして、 その友達が吹き出し、直撃を食らったとき ...
続きを読む
小学校に入るまで、牛乳が飲めませんでした(^^;)

いえ、乳製品は好きだったと思うのですが、牛乳がダメだったのです。

何でだろ・・・。

おそらく、幼稚園の給食の時、向かいに座ってた友達が牛乳飲んでたときに笑かして、
その友達が吹き出し、直撃を食らったときの牛乳の匂いがトラウマになったのか(^^;)

取り扱いを間違うとちょっと危ない飲み物牛乳。
実はいろんな料理に使われていますよね。

クリームシチュー、グラタン、クリームパスタ・・・。
でも不思議と、料理に「牛乳」のキーワードが入ると、一瞬身構えてしまう(^^;)

牛乳ラーメン、牛乳鍋、牛乳うどん、牛乳粥・・・。

これがデザートになると、全く平気なのに不思議です。

ミルクセーキ、ミルクムース、牛乳プリン・・・。
デザートは冷たく、料理は温かいからかなぁ?
そんなことを思っていましたが、先日香港に行った時に温かい牛乳プリンをいただきました。
              43598159.jpg


行って来たのは、香港・旺角にある、“義順牛奶公司 Yee Shun Milk Company”
                   2c493b94.jpg


入口で人数を告げて、テーブル席に座らせていただきます。

こちらは、お店の名前にもあるように、牛乳プリンの専門店。

表の看板にも日本語の表記があります。
            1d66d306.jpg


牛乳プリン スチームエッグ(でしょうね、これは(^^;))
生姜味の牛乳プリンもある。 パパイヤミルク


テーブルには、メニューもあります・・・。
            aa7b3983.jpg


あ、これはちょっとお手上げ(^^;)

こっちならば、写真と英語が書いてあるので何とかわかりますね。
              08f5bf60.jpg


とりあえず、オススメと気になるものを注文しましょう。

ディナーをいただいてから、遅い時間に行ったにも関わらず、奥のお客さんが店内にいらっしゃいます。
                4fcfa7f4.jpg


眠らない街、香港・・・。
そんなことを思ったりしていると、牛乳プリンが運ばれてきました。
            db2e27fc.jpg


マンゴープリンと、牛乳プリン、そして生姜味の牛乳プリン。
マンゴーと牛乳プリンは冷たいもの、生姜味の方は温かいものを。
      0a210474.jpg
 27036d7b.jpg


「温かい牛乳プリン?」日本では考えられないでしょうが、香港ではメジャーなのだとか。

お店のマークが入ったレンゲを片手に、
              b33a6e87.jpg


それでは早速いただきます。
       228c71fe.jpg


あ、これは美味しいですね(^^)(^^)
サッパリとしていて甘さも上品。
これならば、食事の後にでもサラッと食べられてしまいます。

マンゴーの方は、日本で食べるそれよりも柔らかく、こちらもアッサリ。
                 85f8e0a6.jpg


そして、温かい牛乳プリンはこんな感じ。
             43598159.jpg


おぉ! 思っていたのと違って美味しい!
何と言うのでしょうか、優しい感じ・・・
そんな表現がピッタリですよ(^^)

そして、これも結構オススメ、コーヒー味の牛乳プリン。
           cb31ad8b.jpg


これも比較的甘さ控えめでどんどんイケる。
                 f0d13cde.jpg


気がつくと、半分くらい食べてしまってるから不思議です(^^;)

そして、こんな感じの飲み物も。
                11956376.jpg


これは、パパイヤシェイク。
なるほど、これは夜遅くまでお客さんが途絶えないもの頷けますね。
どれを取っても甘さ控えめで、そのくせに薄いなぁって感じがしないのです。

午後のティータイムに寄ってもいいでしょうし、私達のようにディナーを食べた後のデザートに来てみても満足出来ます。

そんな感じで、香港のデザート、牛乳プリンをしっかり堪能させていただきました。

そしてこちらのお店で使われている、マグカップやレンゲも販売しているようですよ。
(私達は、閉店時間に追われるようにして退店しましたので、ゆっくり見ることが出来ませんでしたが(^^;))

香港の牛乳プリン、食後のデザートに如何でしょうか。
今回の香港旅行の中でも、1.2を競うくらいに美味しいデザートでしたよ!




【義順牛奶公司 Yee Shun Milk Company】   
住所:旺角西洋菜南街246−248号  G/F 246-248 Sai Yeung Choi Street South, Kowloon    MAP     
電話:2393-3301   
営業時間:11:30~0:00    
煙  草:
定休日:旧正月
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

丼物を食べるとき、箸で食べますか、それともスプーンで食べますか? というか、昔は丼物を注文して、スプーンが出てくることなかったような気がしますよね(^^;) さて、丼にスプーン、いつ頃からなのかなぁ・・・。 そんなことを考えていると、昔、「THE丼」って言う ...
続きを読む
丼物を食べるとき、箸で食べますか、それともスプーンで食べますか?

というか、昔は丼物を注文して、スプーンが出てくることなかったような気がしますよね(^^;)

さて、丼にスプーン、いつ頃からなのかなぁ・・・。
そんなことを考えていると、昔、「THE丼」って言う海鮮丼を出すお店に入って、丼と一緒にスプーンが出てきたのを思い出しました。

私自身、丼にスプーンって抵抗があったから、箸をもらいましたが、まわりのお客さん、
特に女性の方はスプーンで海鮮丼を食べてる人多かったかなぁ・・・。

ところで、箸で食べるのとスプーンで食べるの、どこに境界線があるのでしょうか。

カレーライスはスプーン、カレー丼は?
カツ丼は箸でないと、カツを持ち上げることが出来ない・・・とは言うものの、カツカレーはスプーンだし。
そして、鍋の後の雑炊は、箸、それともレンゲ?
なべ焼きうどんの場合は・・・。


さて、なべ焼きうどんではないのですが、先日こんなテンション上げるうどん、いただいてきました。

うどんの中に、アサリがタップリ(^^)
               76ed3136.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、八尾にある人気のうどん店、
“讃岐屋 雅次郎”さん。
                    10c770d1.jpg


駅からはちょっと離れているのですが、駐車場もあるので車で行くには便利ですよ!
とは言っても、平日のこの日でも、お店に開店時間15分前から、駐車場はほぼ満車。
すごい人気です。

車の中で待つことしばし、開店時間の11:30少し前に、のれんが掛かり、開店。
早速店内のテーブル席に座らせていただきました。

さて、メニューは・・・
雅次郎、あさりうどん 雅次郎、あさりうどん 雅次郎、あさりうどん 雅次郎、あさりうどん

ぶっかけ、おだし、つけめん、カレー、ひやつけ、ご飯もの。
ジャンル別に別れていて見やすいですね。

こんな感じで、写真入りのページもあるので、わかりやすく、また、テンションも上がります。
        雅次郎、あさりうどん 雅次郎、あさりうどん

ありゃ?
この季節になると登場するはずの、「蟹みそつけめん」がまだない(^^;)
実は密かに狙って来てみたのですが、何と明日から登場するのだとか・・・。
残念な気持ちを抑えつつ、さて、なんにしようか・・・あ、これがいいな(^^)
そんな感じで、注文決定!

そして、こちらのお店は鶏天ではなく、からあげ。
この唐揚げがまた美味いんです。
そして、大きなものが5個で470円はかなりリーズナブルかと。

と言うわけで、唐揚げもいただきます。
                   9f58eb31.jpg


サクッとジューシィでたまりませんわ。
これに、冷たいビールがあれば・・・・って、車だからそれはガマン。
まして、平日に昼間だし(^^;)

ここはおとなしく、唐揚げに集中して、楽しみましょ(^^)

でもやっぱり、ビールが飲みたくなるほど美味いんだな、これが。

そんな感じで唐揚げを堪能していると、お願いしたあさりうどんが出来上がってきましたよ。
                 1aa84136.jpg


大きな器の中に、タップリのあさりと葱。
立ち上がる湯気がたまりませんよね(^^)

まずは出汁をいただきます。

(^^)(^^)(^^)
これは反則!
めちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)
ただでさえ美味しい出汁に、あさりのエキスが加わって、最強の旨味を体験出来ますよ!
                10126fce.jpg


そのあさりの旨味タップリの出汁がいい感じにうどんにしみ込んで、最強の美味さになっています(^^)(^^)(^^)
             
出汁のうどんの他に、「あさりつけめん」もあってこんな感じです。
             5e973fb5.jpg
 fb0b8037.jpg


伊勢産のあさり、本当にたっぷりと入っていますよ。
最後に見てみると、こんな感じ。
                      d73d0e97.jpg


絶品のあさりと、あさりの旨味タップリの出汁、そして、その旨味がしみ込んだうどんと、いろんな楽しみ方が出来るメニューですね(^^)
これ、うどんを食べ終わったら、出汁の中に白ご飯をダイブさせて、あさり雑炊として楽しんでもいいかもしれませんよ。

今ではもう、カニ味噌つけめんも登場しているので、行けば迷ってしまうこと必至かと。
美味しくて温まるメニュー、満タンです!
是非楽しみに行ってみてくださいね(^^)




【讃岐屋 雅次郎】   
住所:大阪府八尾市美園町4丁目59    MAP     
電話:072-925-1120   
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:30   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日 ※祝日の場合は火曜日が休み。
駐 車 場:あり(8台分)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

数ある世界三大~ 世界三大河川(アマゾン川、ナイル川、ミシシッピ川) 世界三大夜景(ナポリ、函館、香港) 世界三大美女(クレオパトラ7世、楊貴妃、小野小町)・・・。 でも中には、ホントにこんなのもあるの? そう思える世界三大があったりもします。 世界 ...
続きを読む
数ある世界三大~

世界三大河川(アマゾン川、ナイル川、ミシシッピ川)
世界三大夜景(ナポリ、函館、香港)
世界三大美女(クレオパトラ7世、楊貴妃、小野小町)・・・。


でも中には、ホントにこんなのもあるの?
そう思える世界三大があったりもします。

世界三大がっかり(マーライオン、人魚姫の像、小便小僧)
世界三大無用の長物(ピラミッド、万里の長城、戦艦大和)
世界三大花粉症(スギ花粉症、カモガヤ花粉症、ブタクサ花粉症)・・・。

そして、食に関してはこんな感じ。

世界三大料理(中華料理、フランス料理、トルコ料理)
世界三大珍味(キャビア、トリュフ、フォアグラ)
世界三大炊き込みご飯(パエリア、ビリヤニ、松茸ごはん)

松茸ごはん・・・ホントかなぁ(^^;)
あれって、日本人にとっては、そうなのかもしれませんが、外国人の方もそう感じるのでしょうか?


そんな世界三大炊き込みご飯のひとつ、ビリヤニ。

                            caebdfe9.jpg



ビリヤニって、最初に写真で見たとき、「うゎ、これってめっちゃ色が疎らで、混ざってない・・・」なんて思いましたが、実際には・・・。

そんなビリヤニを実際に食べるためにこの日は、西淀川区の千船にある、
”大阪ハラールレストラン”にお邪魔させていただきました。
                   39dee4b2.jpg


阪神電車の千船駅から歩いて約5分。
修成建設専門学校を目指して歩いていただくと、お店はその向側にありますよ。

お! 外観が以前とは変わって、派手になっている(^^)
以前の外観はこんな感じ。
                  5c69ceca.jpg


それに比べると、はじめて来た方にもずいぶんと入りやすい印象になったのでは?

そんなことを思いながら、お店に中に入ります。

あ、店内は以前と変わらず、天井には青空と雲が描かれていますよ。
                    73d2be71.jpg


テーブル席に座らせていただき、メニューを確認します。
                       大阪ハラールレストラン、ビリヤニ

スペシャル3つと、サービスセットが3つ、そして、レギュラーメニューもいろいろあります。
ナンやロティもリーズナブルですね。

因みにセットは、Aセットがカレー2品とナン、Bセットがカレー2品とロティ、Cセットは、カレー2品とビリヤニ(プラオ)がついてきます。
(土日祝は、それぞれにデザートもついて、+100円になります。)

この日の注文は、どうしてもこちらのお店のビリヤニが食べたかったので、Cセットにしました。

ランチタイム、比較的早い時間だったので、店内の時間がゆっくり流れているように落ち着いています。

こちらのお店のすぐ横には、大阪マスジド(モスク)、イスラム教の礼拝堂もあり、多くのイスラム教徒の方が礼拝に訪れます。
そして、こちらのお店はその方達が安心して食事を取ることが出来るお店です。
ですので、店内のお客さんは、イスラムの方が多いのかなぁ・・・。
そんな予想をしてきたのです、はじめてこちらにお伺いしたときには。

確かに、礼拝が終わった時間帯などは、イスラムの方達で賑わっているとのことなのですが、
私がこちらお店を訪れるときは、いつも地元のお客さんで賑わっています。

この日も、しばらくすると、サンダルを履いた地元のお父さんやお母さん達が、気軽にランチを楽しみに来ていらっしゃいました。

本当に、地元の方々からも愛されてるのだなぁ・・・
そんな感じのお店なのです。


そんなことを思いながら待っていると、まもなくしてサラダが運ばれてきました。
                          大阪ハラールレストラン、ビリヤニ

あ、こちらのランチセットには、ドリンクもついてくるのでラッシーも一緒に持ってきて下さいましたよ。

胡瓜とキャベツ、トマトに玉葱のカレーのお店でよく見かけるドレッシングがかけられたサラダ。
でもこれが中々美味いのです。

そして、サラダを食べ終わる頃にCセット、ビリヤニとカレーのセットが出来上がってきました。
                   7d0ae46e.jpg


2つのカレーとビリヤニ、この日はチキンのビリヤニですね。
そして、ヨーグルトのソース、ライタも付いてきますよ。

2種類のカレーのうち、ひとつはオクラのカレー。
        3797164b.jpg


そしてもう一つはマトンのカレーです。
                                             d202d8e9.jpg


マトンのカレー、大好きなので何だか凄くトクした気持ち(^^)

そして、チキンビリヤニもボリュームタップリ。
              caebdfe9.jpg


チキンとマトンと野菜。
これ、完璧ですよね(^^)

しかも、ビリヤニには大きな骨付きチキンがタップリと。
                       25e0517b.jpg


はい、テンション上がります!

それでは早速いただきましょう。
先ずはビリヤニから。
                       88f6f52c.jpg


(^^)(^^)
美味い!

はじめてビリヤニを見た時は、何だか混ざり合っていない、変わったピラフ・・・
何だか、テキトーに作った焼き飯と同じような印象を持ってしまったのです(^^;)

そんな風に思ったりもしましたが、実際に食べてみると、しっかりと美味しくって、スパイスの香りも素晴らしいのです。
もちろん、こちら、大阪ハラールレストランのビリヤニは絶品!
これはいくらでも食べられてしまいそうなのです(^^)

そして、オクラ、マトンの2種類のカレーもいただきます。
           830d2495.jpg
 89f341ff.jpg


美味しい!
煮込みが本当に素晴らしい。
そして、それにスパイスが良く合っていて、いくらでも食べられそうだから嬉しいですよね。

そして、ビリヤニには、ヨーグルトを使ったソース、ライタもかけていただきます。
          a62032bd.jpg
 1a85913b.jpg


(^^)(^^)
ライタの酸味とビリヤニのスパイスの効いた辛味が、すごく良く合うのです。
日本人の感覚からしたら、“ご飯にヨーグルト??”って思うかもしれませんが、これが慣れると実に美味い!

そして、カレーもビリヤニにかけていただきます。
           467554b2.jpg


美味と美味が合わさって、何とも贅沢な感じ。

チキンビリヤニにマトンカレーの骨付きマトンも合わさって、私にしてみれば、盆と正月一気に来たって感じです(^^)
                  44b229ed.jpg


そして、後半は2種類のカレー、ライタをビリヤニにかけて、混ぜ混ぜしながら楽しみます。
                          fcdc3ec8.jpg


そんな感じであっという間に完食。
結構ボリュームもあったかと思いますが、いろんな味わいを楽しめて最後まで飽きることなく楽しむことが出来ますよ。

大阪ハラールレストラン、毎週金曜日はビリヤニ、カレー、その他いろんな料理を楽しむことが出来る、
バイキング形式のビュッフェを開催していらっしゃいます。
もし、金曜日にいくことが出来れば、是非行ってみてください。
美味しい料理をタップリと満足出来ると思いますよ!





【大阪ハラールレストラン】   
住所:大阪市西淀川区大和田4-13-2    MAP     
電話:06-6475-9786   
営業時間:11:00~15:00 17:00~22:00   (ラマダン期間中は、ランチタイムは12:00~、ディナータイムは、21:00まで)
煙  草:
定休日:月曜日 (祝日の場合は営業)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆったりと寛ぎたいとき、ちょっとだけ追加料金を支払ってグリーン車。 優雅な気持ちになれます。 グリーン車って、暗黙の了解(というか、勝手に思っているだけ(^^;))で、隣の席には誰も来ないって思ってしまいます。 東京~新大阪の、わずか2時間半の時間なのですが ...
続きを読む
ゆったりと寛ぎたいとき、ちょっとだけ追加料金を支払ってグリーン車。
優雅な気持ちになれます。

グリーン車って、暗黙の了解(というか、勝手に思っているだけ(^^;))で、隣の席には誰も来ないって思ってしまいます。
東京~新大阪の、わずか2時間半の時間なのですが、ゆったりと過ごすことが出来ます。

さて、新幹線のグリーン車と普通車では何が違うのか・・・。

席が広い:普通車では2・3の5列シートなのが、グリーン車では2・2の4列シート。そして、全席との空間も広々。
座席の背もたれの高さが高い:確かにそうですね。 プライベート空間の確保もバッチリかと。
フットレストがある:ちょっと特別な気持ち。別に、使わなくても寛げますが、使わないと損みたいな気持ちで使ってしまいます(^^;)
全席にコンセント:これは確実に便利。 だいたい横に人が来ないので、コンセント2つ独占状態。
静か:だいたい静かですが、希にグループ客が宴会モードに突入していて、ハズレくじ状態の時も(^^;)
おしぼりが出る:おしぼりは無料でも、飛行機(LCC除く)のように、飲み物は無料ではありません(^^;)
芸能人が乗っているかも:私、遭遇したことありません(^^;)


プラス5,300円で快適なグリーン車(東京~新大阪)、さて、高いと感じるか安いと感じるか・・・。

では、プラス600円で、極上の味わいを体感出来るとしたら・・・。

                  e44b135f.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、平野区、長原にある釜揚げうどんのお店、
”桂ちゃん”

谷町線の長原駅を上がって、すぐのところ、中央環状線沿いにお店はあります。
                          7919e7b2.jpg


この日は、オープン時間の直後にお邪魔させていただいたので、事実上のポールポジション、
ゆったりした店内のカウンター席に座らせていただきました。
    905fea0b.jpg
 e0665841.jpg


ここ、桂ちゃんは、出汁が美味しい釜揚げうどんのお店として、多くのファンがいることでも有名。
私も以前お伺いさせていただいた時、出汁の美味しさに感動し、思わず徳利の出汁を完食しそうになってしまったくらいなのです。

そんな桂ちゃんのメニューはこんな感じです。
                  3b02c837.jpg


ご覧の通り、釜揚げうどん一本勝負。
うどんの量別に、小が「豆だぬき」、中が「たぬき」、大が「おたぬき」となっています。

そして、この日の私の目的は、釜揚げうどんにプラス600円で付けることが出来る、
”鴨汁”。

釜揚げうどんの「豆だぬき」と同じ金額、+600円なので、躊躇される方もいらっしゃるかとは思いますが、これはその価値ありなのです。

で、この日の私の注文は、「たぬき」と、「鴨汁」。
多くの方が大絶賛される「鴨汁」を一度味わってみたかったのです。

注文が通ってから、うどんを湯がき初めていただくので、少々時間はかかります。
でも、確実にホンモノの極上釜揚げうどんを味わえるのですから、そんなことは全く気になりません。

カウンターの上には、天かす、ねぎ、昆布、鰹が置かれてあります。
                  033eeaba.jpg


ねぎと天かすを、そのままいただくわけにはいきませんが、昆布と鰹は先にいただく事が出来ます。
小皿にとって、うどんが出来上がるまでの間に楽しみましょう。

釜揚げうどんの出汁を取るときに使う昆布と鰹。
それを見事に再生してしまうのですから見事! そしてまた、これも美味いんですよね。
あ・・・なるほど!
メニューに「ビール」がありましたが、これをアテのビールを楽しむ。
それ、いいでしょうね(^^)

そんなことを考えながら、待っていると、先に鴨汁が登場。
             073c14e6.jpg


蓋を開けて、出汁を注ぎます。
                 7f7841b4.jpg


鴨とネギがたっぷりと入っています。
まずは出汁を少々・・・

(^^)(^^)
うわぁ! これは美味い(^^)
なるほど・・・これは確かに価値ありですね。
たまらなくなって、先に鴨肉もひとついただいてしまいました。
                e44b135f.jpg


これもまた、ものすごく柔らかくって美味いんですよね(^^)(^^)

そしていよいよ、釜揚げうどん「たぬき」も登場。
               6cf2ca78.jpg


熱々で、湯気の立ち上がり方も素晴らしい!
それでは、鴨汁ではない方の出汁につけていただきましょう。
                  793633ba.jpg


(^^)(^^)
そう、この味ですよ!
表の看板にも書いてある通り、“飲み干せる出汁”なのです。
美味しいし、ゴクゴク飲んでも変な、のどの渇き方をしない。
本当に素晴らしい出汁だと思います。

そして今度は、鴨汁の方にうどんを付けていただきます。
                    93636b7f.jpg


(^^)(^^)(^^)
うわぁ、これはちょっと感動的に美味いなぁ!
先ほど鴨汁の出汁だけいただいても、かなり美味しかったのですが、うどんを入れて楽しむと、その美味さが2倍・・・いえ、3倍以上引き立つではありませんか。
これは本当に凄い!

その後も、鴨汁、普通の出汁、そこにねぎやしょうがなどの薬味を入れながら楽しみます。
鴨汁、感動的に美味しいのですが、いつもの桂ちゃんの出しも食べたくなるから不思議です。
「たぬき」「鴨汁」の両方を注文すると、それがどちらも楽しめるのだから、これはやめられませんね。
(因みに、鴨汁のみではうどんは付いてきませんので、釜揚げうどんも必ず注文しましょうね(^^;))

そして後半、鴨汁の方に少し山椒を入れて味の変化も楽しみます。
                     93a24450.jpg


(^^)(^^)(^^)
これは本当にパラダイス!
この時点で、今後桂ちゃんに来るときは、確実に鴨汁をお願いする意志を固めました(^^)

鴨汁はもちろん全部完食して、ごちそうさま。
普通の出汁もほとんど飲んでしまったんじゃなかったかなぁ(^^;)

釜揚げうどん、桂ちゃん。
ここの釜揚げうどんは本当に美味しいです。
そして、出汁の美味さも堪能して下さい。
美味しいので、確実に飲み干してしまうと思いますよ!





【桂ちゃん】   
住所:大阪市平野区長吉長原東3-1-68    MAP     
電話:06-6790-1555   
営業時間:11:00~15:00 18:00~24:00 (売り切れ次第閉店)   
煙  草:完全禁煙
定休日:木曜日
駐 車 場:店前に2台分あり      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

食事を楽しみに行って注文する量、1人前。 ラーメンやうどんなどは、1人前あれば満腹になる量が出てきますが、焼肉の場合は・・・。 「カルビとロース、それにハラミを2人前ずつ、そして、タンとレバーを1人前・・・」 2人で焼肉に行って注文するとき、こんなものでしょ ...
続きを読む
食事を楽しみに行って注文する量、1人前。
ラーメンやうどんなどは、1人前あれば満腹になる量が出てきますが、焼肉の場合は・・・。

「カルビとロース、それにハラミを2人前ずつ、そして、タンとレバーを1人前・・・」
2人で焼肉に行って注文するとき、こんなものでしょうか?
これ、合計すると、8人前になってしまいますよね(^^;)

普通、2人で8人前なんて食べられるわけがないのですが、焼肉の場合はちょっと事情が違います。

さて、焼肉の1人前って、そもそも・・・。

焼肉店での1人前は、肉の種類によらず、100gと決まっていたのだとか。
でも、何年か前から、チェーン展開する安い焼肉屋さんの登場により、1人前の量が減ってゆき、
現在、焼肉1人前の量は、お店により、70、80、90、100gの4種類くらいに分かれているのだとか。


そういえば、昔に比べて、1人前の量、減ったなぁと感じた方も少なくないはず(^^;)


さて、1人前と言えば、これも1人前の量なのです。
                 f7e61521.jpg


これは、オイルフォンデュの具材、1人前。
和牛ヒレ肉、厚揚げ、ブロッコリー、ヤングコーン、マッシュルーム、かぼちゃ、
パブリカ、蒟蒻、椎茸、茄子、人参、オクラ・・・。

しかも、どれも厳選素材ばかり。

こんな素敵なオイルフォンデュがいただけるのは、江坂にあるお店、
“Café & Dining TABARA”さん。
                        1d127b6b.jpg


多くのブログやメディナなどで取り上げられたこともある有名なお店ではありますが、
この度やっと、ゆっくりお邪魔させていただくことが出来ました。

以前、こちらのお店で、唐揚げとTABARAラーメンだけをいただいた時、その美味しさに感動し、どうしても空腹の状態でゆっくりとお邪魔させていただきたかったのです。
(実は、2軒目だったのですよ、その時(^^;))

先日、このお方から連絡があり、
「さいちゃん、TABARA、移転のためにしばらくお店を閉めるらしいのです。今のうちに行きませんか?」
そんな感じでお誘いいただき、訪問させていただきました。

お店に入り、奥のテーブル席に座らせていただきます。

店内は、カウンター席が6~7席と、テーブル席が10席ほど。
                   d3519f72.jpg


白を基調とし、気を遣った内装は、明るく清潔感があって、凄く落ち着いた雰囲気ですよ。

まずは生ビールで乾杯!
                       7cbe32b2.jpg


そう、これこれ!
やはり、日本で飲む生ビールはキンキンに冷えていて欲しいですね(^^)

ビールでのどを潤していると、最初の料理、刺身の盛り合わせが運ばれてきました。
                   ef71f014.jpg


おぉ、これはスゴイ!
鯛の姿造りや雲丹、鮑までも。
そして、いただいてみると、かなり美味い(^^)(^^)(^^)

中トロはもちろんなのですが、マグロの赤身が素晴らしい!
赤身が美味いマグロって、本当に美味しいマグロだと思います。
久しぶりだなぁ・・・こんな美味しい造り盛りを食べたのは。

やっぱり、これには日本酒が欲しくなりますよね。

と言うわけで、大阪池田のお酒、呉春をいただきます。
                     37801e74.jpg


そして、次の料理は、かりかりポテトのサラダ。
                      TABARA

名前の通り、ジャガイモを細く切って揚げたものなのですが、想像をはるかに超える美味しさなのです。
何と言っても、ポテトと海苔の相性が素晴らしい!
これ、いくらでも食べられそうですよ(^^)

そして、これもこちらTABARAの人気メニュー、えびと枝豆の春巻き。
                      c0ae6a38.jpg


これもかなり美味しい(^^)(^^)
中には、えびが丸ごと・・・・とはいっても、凄く食べやすくしてあるのです。
サクッとした食感もいい感じで、あっという間に自分の分を完食。
思わず、越境してやろうかと(^^;)

次に出していただいたのは、トマトのサラダ。
                   838c2c6c.jpg


でも、これがただのトマトじゃない。
甘いんです、美味いんです(^^)(^^)
そして、昆布とトマトを一緒にいただくと・・・。

(^^)(^^)(^^)
これも、素晴らしい!
本当に、どれを食べても美味しいのです。
さりげなく、そして確実に美味い。
これって凄いことだと思います(^^)

そして、いよいよこの日のメイン、オイルフォンデュの用意が出来上がりました。
                  TABARA

いろんな種類の具材がタップリと。
1人前ずつ分けていただいているので、しっかりと堪能させていただくことが出来ます。

ではまず、和牛ヒレ肉から。
      
串に刺して、サラダオイルの中に。
               1dd9951e.jpg
 87723af6.jpg


頃合いを見て、串から外し、特製のポン酢に付けていただきます。
                      e99b3683.jpg


おぉ、丁度いいレア状態に仕上がりましたよ!
しかも、中はほんのりと温かい。
それにしても、この肉、最高に美味しいですね(^^)(^^)(^^)

オイルフォンデュを楽しみながら、パンもいただきます。
(あ・・・このパンは、オイルの中に入れちゃダメよ(^^;))
               86bee449.jpg

    
いろんな素材を、自分の好きなようにオイルの中に入れて楽しめるオイルフォンデュ。
ワインが進んでしまって、大変です(^^)

お入りフォンデュを楽しみながらも、やはりここに来たならば、これも頂かなくてはなりません。
                     a2e8c740.jpg


TABARA特製の鶏の唐揚げです。

特製のタレに、2日間漬け込まれた唐揚げは、決して他店ではいただけない絶品!
これ、本当に美味しいですよ(^^)(^^)(^^)

唐揚げと言えば、ビール・・・
なのですが、こちらのお店、これも美味しいのです。
                       TABARA

これは、レモンチューハイ。
でも、その辺にあるようなレモンチューハイではなく、変な甘さがないのです。
これこれ、こういうのが飲みたかった(^^)

唐揚げを頬張り、レモンチューハイを楽しむ。
これ、ちょっとクセになりそうですね(^^)

これだけいただくと、流石にお腹も一杯になってきてはいるのですが・・・。

はい、〆には、TABARAラーメン。
                  55510b13.jpg


このラーメンも、かなり美味い。
煮玉子、特製チャーシュー、メンマまでも全て自家製。
         16bfb218.jpg
 2b88acff.jpg


こちら、TABARAさんの料理には、一切出来合いのものや既製品は使っていらっしゃいません。
だから、安心して美味しいものをいただけるのですね。
                      TABARA

あれだけいろんなものをいただいたので、流石にひとり一人前はムリ(^^;)
ですので、これを4人シェアしていただきました。
                   TABARA

最後にデザートもいただき、大満足で、大満腹!
しっかりと堪能させていただくことが出来ました。

こちらのお店、本当に丁寧で真面目、そして美味しい料理をいただくことが出来ます。
オーナーの田原さんの想いが料理、お店の雰囲気に込められています。

ですので、お店の壁には、その想いと少々の注意書きが書かれてあります。
TABARA f69d89d6.jpg
 TABARA

でもこれらは、ごく当たり前のことだと思いますし、思いやりの心と、常識のある方ならば、何の問題もないのでは・・・。
(ま、いろんな価値観があるとは思いますが(^^;))

こちら、TABARAさん、移転のために今月25日くらいをで、一旦こちらのお店は閉められます。
(移転場所等は未定。再開のお知らせを聞きましたら、またこちらでもお知らせしますね。)


TABARAの料理が大好きな方、また、是非一度食べてみたいと思われる方は是非行ってみてください。
期待を裏切らない美味しい料理、いただくことが出来ますよ(^^)





【Café & Dining TABARA(タバラ)】   
住所:大阪府吹田市江坂町2-3-4    MAP     
電話:06-6389-0900   
営業時間:11:30~14:00 18:00~23:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

※15歳までのお子様の入店不可。

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、修学旅行ではどちら方面に行かれましたか? 私は大阪の学校にいたので、小学校は伊勢。 中学校は信州。 高校は・・・何と広島(^^;) (因みに、ひとつ先輩は東北、もう一つ先輩は九州だったそうですが) 距離ではなく、歴史的な学習をしてもらいたかったの ...
続きを読む
みなさん、修学旅行ではどちら方面に行かれましたか?

私は大阪の学校にいたので、小学校は伊勢。
中学校は信州。
高校は・・・何と広島(^^;)
(因みに、ひとつ先輩は東北、もう一つ先輩は九州だったそうですが)


距離ではなく、歴史的な学習をしてもらいたかったのでしょうね(^^;)

では、関西以外の学校では、どんなところに修学旅行に行くのか・・・。

北海道の小学校は、修学旅行も北海道内。
北海道は広いですからね(^^;) で、中学生になると、東北。
そして、高校になると、公立はだいたいのところが、京都・奈良。
あ、最近では、大阪のUSJに行くケースも少なくないのだとか。

関東の場合は、小学校が日光、中学は京都・奈良。
高校になると、沖縄に行く学校が多いのだとか。

それにしても、京都・奈良は人気ですね。
私達大阪に住むものからすれば、おけいはんや、阪急、新快速に乗れば1時間かからずに到着してしまうので、あまり実感がわかないのですが・・・。

とはいえ、久しぶりに歩く、夜の京都の町はやはり風情があって良いものですよ。


そんなよりの京都の町を、三条京阪から二条城の近くまで歩いて散策し、
しっかりと京都の夕暮れを堪能させていただいた後にお伺いさせていただいたのがこちらのお店。

“穴子家NORESORE 京都本店”さん。
                               59beed16.jpg


この日は、12月15日にオープンするこちらのお店のレセプションにお招きいただきました。
店内は、京の町屋を改造した、雰囲気抜群の素敵な感じです。
                f9795edb.jpg


1Fはゆったりとしたテーブル席が並び、グループやカップル、お一人さまでもゆっくりと過ごすことが出来そうです。
穴子家のれそれ京都 704ac9b1.jpg
 穴子家のれそれ京都

そして、2Fはお座敷になっています。
古い町屋でお座敷。
ということは、堀炬燵なんでないでしょうね・・・
        7449b411.jpg
 穴子家のれそれ京都

はい、残念ながら、建物の構造上、堀炬燵はないのですが、その代わりこんな感じで、テーブルと椅子の席になっているので、楽に寛ぐことが出来ますよ。

1Fの奥の方の4人用テーブル席に座らせていただき、サントリーのマスターズドリームで乾杯!
                     5a3d740a.jpg


このビール、本当に美味しいですね(^^)(^^)

付出しには、しめじと小松菜の炊いたん。
                    306c9408.jpg


何か、京都らしさが出ている一品です。

そして、穴子の前菜3種。
                    3ca647f1.jpg


穴子づくしの前菜。
そして、それを見せる器も綺麗です。
和食の楽しさって、味わいはもちろんなのですが、目から見える美しさ。
それも美味しさのひとつですよね。
彩りと器。
こちらのお店の前菜って、これからはじまる料理への期待感を躍動させてくれます。

マスターズドリームも美味しいのですが、やはりこの料理には日本酒が欲しくなりますよね。
                       40918cd3.jpg


いただいたのは、淡路島のお酒、都美人。
そういえばたしか、こちらのお店のオーナーさんは、淡路島の岩屋出身。
美味しい穴子に、美味しいお酒。
その他の食材も、淡路島の美味しいものをいろいろと取り寄せていらっしゃるそうですよ。

そして次の料理は、穴子の造り盛り合わせ。
                   59beed16.jpg


湯引き、糸造り、炙り、昆布〆と、4種類の穴子の造りが盛られています。
これを、醤油とポン酢でいただきます。

(^^)(^^)
同じ穴子でも、造りによってこれだけ味わいが違うのですね!
この食べ比べ、本当に楽しいですよ。

そして、穴子の天ぷら。
                         c1238fbd.jpg


穴子の中でも、大きな伝助穴子を使用されているので、この天ぷらなんて最高です。
ホクホクの食感を楽しませていただきます(^^)

天ぷらの次は、ちょっと箸休めで、穴子と胡瓜の酢の物。
                   5bf1a692.jpg


これも、器、彩り共にすごく綺麗ですよね。
しかしこれには難点がひとつ・・・
美味しくって、お酒が進みすぎますっ(^^;)
                      e0ad4ce2.jpg


酢の物でちょっとサッパリとさせたら、今度は穴子の茶碗蒸しをいただきます。
                  28979c1f.jpg


タップリの穴子が茶碗蒸しの中に。
そして、上にのっかっている梅肉がすごくいい仕事しているのです(^^)
これ、ちょっと他では味わえないかもしれませんよ。

そして、焼きものは、穴子の白焼き。
                  8dcba184.jpg


山葵醤油でいただくと、自然に笑顔になってしまいます(^^)

そして、〆には、穴子飯をいただきます。
                      36a74d21.jpg


三分の一くらいは、穴子とご飯をそのまま味わい、
そして残りの三分の二は、山葵をのっけて、出汁をかけ、お茶漬けにして楽しみましょう。
                         5e265aa9.jpg


そして、デザートは、京都らしくこんなものをいただきました。
                     708f61f3.jpg


最中ではなく、炭酸煎餅二枚の間に、餡、白玉、抹茶のアイスクリームがのっけられています。

それを、炭酸煎餅に挟んでいただきます。
                    af70fab1.jpg


京都らしい感じのデザート、これ、すぐ近くの大阪に住んでる私でもうれしいですよ(^^)(^^)

因みにメニューはこんな感じです。
cfb6bbc9.jpg
 6e722d77.jpg

                                          穴子家のれそれ京都 c4246c7b.jpg



京都、二条城のすぐ近くの、
“穴子家NORESORE京都本店”さん、
本日、12月15日、グランドオープンです。

京の町屋の雰囲気を楽しみながら美味しい穴子、堪能して下さい。
満足出来ると思いますよ!





【穴子家NORESORE 京都本店】   
住所:京都市中京区油小路通二条下る二条油小路町276    MAP     
電話:075-708-6183   
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:30(L.O.22:00)   
煙  草:店内奥に、喫煙スペースあり。
定休日:12月は年末年始:12月31日~1月6日以外は無休。
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人に人気の和食と言えば、やはり寿司がダントツの1位らしいですね。 他にも、焼肉、ラーメン、天ぷらと続くのですが、やはり寿司職人が目の前で握る姿が美しく、これに変わるようなものが外国にはないからでしょうか。 カウンターの中で、刺身、寿司飯、山葵を華麗 ...
続きを読む
外国人に人気の和食と言えば、やはり寿司がダントツの1位らしいですね。

他にも、焼肉、ラーメン、天ぷらと続くのですが、やはり寿司職人が目の前で握る姿が美しく、これに変わるようなものが外国にはないからでしょうか。

カウンターの中で、刺身、寿司飯、山葵を華麗に握っていく姿は、外国人でなくても、思わず見とれてしまいますものね。

やはり、料理が目の前で仕上げられていくのを見るのは楽しいですし、何よりも出来たてをいただけるという楽しみもあります。

目の前で仕上げられていく料理・・・。
他にはどんなものがあるでしょうか?

天ぷら、鉄板焼、お好み焼き、焼鳥。
そういえば、クレープシュゼットも、目の前までワゴンを持って来て、リキュールをかけて火を付け、仕上げますよね。
目の前で立ち上がる炎に、目を奪われること必至。
高貴なデザートです。

さて、目の前で炎を立ち上げて仕上げていくと言えば、先日こんな料理を目の前で仕上げていただきました。
                              5c1575ec.jpg


これは、青椒肉絲。
バーナーで炙って、目の前で仕上げられていく。
しばし目が釘付けになりましたよ!


この日にお伺いさせていただいたのは、江坂にある中華料理のお店、
“清粥小菜 明“さん。
                       423e77bd.jpg


白い壁に木の扉。
時にお店の名前が目立って書いてあるわけでもありません。
知らなければ、通り過ぎてしまうのではないでしょうか。

扉の横にある小窓の所に、控えめに“清粥小菜 明”とディスプレイされているのを、気をつけて見ると、見つける事が出来ますよ。
              0c30773f.jpg


お店の名前にあるように、こちらのお店、ランチタイムはお粥のお店なのです。

でもディナータイムは、かなりレベルの高い中華料理を堪能することが出来るのです。
この日は6名で、上海蟹の紹興酒漬けをはじめ、いろんな料理を堪能させていただきました。

店内は、手前にカウンター席が6席と、テーブル席が4席。
奥には、4人掛けのテーブル席が2卓と、2人掛けのテーブル席が1卓あります。

この日は、奥のテーブル席に案内していただきました。

先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレミアムビールのアサヒ熟撰をいただく事が出来ます。

付出しには、こちらのお店の自家製ザーサイ。
これがまた美味いんですよ(^^)
ちょっぴりピリ辛、それがまたビールに合う合う!

そして、ザーサイとビールを楽しんで、それをちょうど食べ終わる頃に、この日の前菜が出来上がってきました。
                     2948281a.jpg


これは、ふかひれの冷菜。
そういえば、こんな感じの姿のままのふかひれ食べるの、いつ以来だろ?
流石にめちゃくちゃ美味しいですよ(^^)(^^)

そして、次に出てきたのは、金華ハムと、
             662b8d14.jpg


中華風蒸しパン。
                                      1a1ca233.jpg


はい。
この組み合わせで出てきたら、やることはひとつだけですよね。

蒸しパンを開いて、金華ハムをのっけて、
                  87697225.jpg


挟んでいただきます。
                           20a00a95.jpg


(^^)(^^)(^^)
何ですかこれは! めっちゃ美味しいじゃないですか・・・
って、決まってますよね(^^;)
はい、角煮を挟んで食べるのもいいですが、金華ハムは流石に美味い!

すみません、紹興酒下さい!

というわけで、紹興酒をロックでいただきます。
紹興酒と言えば、昔は紹興酒を温めたものとザラメが一緒に出てきましたよね。
あれって、まだ日本に入ってくる紹興酒がそんなに種類が多くなく、
そのままではあまり飲みやすいものがなかった時代背景でしょうか?
因みにこちらの紹興酒、そんなことする必要は全くありません。
美味しいですよ(^^)

そしていよいよこの日のメイン、上海蟹の紹興酒漬けの登場です。
                       2c8acb20.jpg


新鮮なまま紹興酒に漬け込まれた上海蟹は、中までしっかりと紹興酒の味が入り込み、
蟹の旨味と合わさって、何とも言えない複雑な味わいになっています。

味噌の美味さなんてもう、この世のものレベルではないですよ!
上海蟹と言えば、蟹の中では小ぶりな方になるのですが、その小ささなんてしばし忘れてしまうくらいに美味いのです(^^)(^^)(^^)

ある程度味噌を堪能したら、甲羅の中に、蟹と一緒に提供されるご飯を入れます。
                      09a4692b.jpg


それを甲羅の中で混ぜ混ぜして、

ご飯をスプーンですくっていただきます。
                       4cdbf522.jpg


(^^)(^^)(^^)
紹興酒のコク、味噌の甘味、ご飯の食感が一体になって、スゴイです、これ(^^)(^^)(^^)

上海蟹を堪能させていただいた後は、海老と蓮根を。
                      20e38baa.jpg


もちろん殻ごといただけます。
海老の香ばしさと甘味をしっかり堪能させていただくことが出来ますよ。

そして、次に目の前に表れたのがこちら。
            6684de62.jpg

     
青椒肉絲のように見えるのですが、上に生の牛肉がのっかってますよ。

これ、今から目の前で仕上げられていくのです。
       a537cdb4.jpg
 明、上海蟹

目の前のバーナーで炙って、青椒肉絲が出来上がってくのを見るのは流石にはじめてです。

ほんのりとレアになれば出来上がり。
                       38ad14c4.jpg


では早速いただきます。

(^^)(^^)(^^)
何じゃこりゃ、めちゃくちゃ、かなり美味しいですよ(^^)
野菜はシャキシャキ、肉は香ばしさと旨味がスゴイ!
こんな青椒肉絲、食べたのは初めてです。
これ、ちょっと感動ものですね。

そして料理はさらに続きます。
次は、四川料理の神髄、麻婆豆腐です。
もちろん、これもただの麻婆豆腐ではなく、白子入り。
                    e195f6c7.jpg


白子と麻婆豆腐、言われてみれば合わないはずないですよね。
それでは早速・・・。
                      04c655a8.jpg


や、やっぱり美味い(^^)(^^)
ピリッと辣を味わい、心地よい山椒の麻に痺れ、それを包み込むように白子のマッタリしたあじわいに包まれる。
はい、かなり美味しいです(^^)

そして、小カブと上海蟹の餡かけ。
                     fe38f404.jpg


中までしっかりと旨味がしみ込んだ蕪。
どの料理をいただいても丁寧で、本当に感動的ですね。

そして、〆にはこちらのお店特製のお粥をいただき大満足!
                   a2c0b0de.jpg


最後までいい意味で気を抜けないほどに美味しかったです。


清粥小菜 明さん、因みにメニューはこんな感じです。
488ef356.jpg
 b1098920.jpg
 a73d1413.jpg

fcb58ab4.jpg
 明、上海蟹

この日は、上海蟹を中心におまかせでコースを組んでいただいたので、ほとんどメニューには載っていない料理をいただくことが出来ました。

ここは、最近食べた中でも特に印象に残るほど美味しかったです。
ランチタイムはお粥のお店で、大人気。
よるも予約なしではまず入れないのではないでしょうか?
是非予約して行ってみてください。
確実に満足出来る料理を味わうことが出来ますよ!





【清粥小菜 明】   
住所:大阪府吹田市江坂町1-21-39    MAP     
電話:06-4861-7228   
営業時間:11:30~13:00 17:30~23:00(L.O.21:30)   
煙  草:
定休日:日曜日(ランチタイムは、水曜日と祝日も休み)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

これがなければ、○○は作るな・・・。 そう言われる具材っていろいろありますよね。 漫画、美味しんぼの中では、「三つ葉がなければ親子丼を作るな。」っていう台詞があったくらい、確かに親子丼に三つ葉って合いますよね。 因みに、「親子丼」で、画像検索をかける ...
続きを読む
これがなければ、○○は作るな・・・。
そう言われる具材っていろいろありますよね。

漫画、美味しんぼの中では、「三つ葉がなければ親子丼を作るな。」っていう台詞があったくらい、確かに親子丼に三つ葉って合いますよね。

因みに、「親子丼」で、画像検索をかけると、ほぼ100%の親子丼の画像に、三つ葉がのっけられています。
(あ、鮭とイクラの親子丼にはのってませんが(^^;))

では、ラーメンと言えば・・・。

チャーシュー、ねぎ、メンマ。
この3つは王道でしょうか?

では、ラーメンの具材でいらないと思うものは・・・
そんなアンケートを取ったら、こんな結果が出たそうですよ。

海苔、紅生姜、なると、とうもろこし、メンマ・・・
(1位から5位まで順番に並べるとこんな感じ。)

海苔と紅生姜はラーメンに不要っていう人が、関西では全国平均よりも多かったのだとか・・・。
そういえば、関西のラーメンには双方とも入っていないことが多いですね。
でも、紅生姜は博多ラーメンなどの、九州とんこつ系には良く合うと思い、私は嫌いではないですが(^^;)

さて、堂々の1位に輝いた(?)海苔と言えば、横浜家系ラーメンには欠かせない存在。
デフォルトでも、海苔は平均3枚くらい、のっけられています。
                       df544b15.jpg

                         (海苔増しにすると、インデアンの羽根のような状態になってくるのだとか(^^;))

この日は、そんな横浜家系ラーメンの総本山と呼ばれているお店、
“吉村家”さんにお邪魔させていただきました。
                           4a93e600.jpg


開店時間よりも少し前にお店に到着しましたが、すでに何人かの方がお店の前の椅子に座って、開店を待っているようですよ。

では、私もその列に加わります・・・・
あ、その前に食券の購入ですね!

おしながきは、ラーメン、中盛ラーメン、大盛ラーメン。
そして、チャーシューメン、中盛チャーシューメン、大盛チャーシューメン。
そこに、好みのトッピングを加えていって、食べたいスタイルのラーメンに仕上げていくような感じですね。
                   吉村家

そのトッピングですが、こちらのお店はトッピングの種類が多いのも、その特徴。

では、私の注文は、普通盛りのラーメンに、あれとあれで・・・。
                     a1409c28.jpg


食券を買って、店前の椅子に座って待つことしばし、開店時間の少し前にあると、店員さんが食券を回収しに来てくださいます。
                  0ce57c67.jpg


そしていよいよ開店時間の11:00、順番に店内へ案内していただきます。
はい、何とか1巡目に入店することが出来ましたよ(^^)

入口近くのカウンター席に座り、厨房の様子を見ながら、ラーメンが出来上がるのを待ちます。

カウンターの上には、ラーメンをカスタマイズする秘密兵器がズラリと。
                     2b3659f4.jpg


にんにくチップ、胡麻、醤油、行者にんにく、豆板醤、刻み生姜・・・。
自分の味を組み立てていく楽しみもあるみたいですね。

こちらのお店、元気です、活気があります。
でも、すごく丁寧なのです。
白いTシャツにねじりはちまき。
出で立ちは、やんちゃなのですが、お客さんに対して・・・また、店員さん同士も見ていて気持ちがいい。
ちゃんと、お客さんに見えるところで仕事している意識が感じられます。
表のテントに書いてあった文字、「お客様は我が味の師なり」の文字、偽りないですね。

そんな感じで、厨房の様子や店内を見ていると、私が注文したラーメンも出来上がってきましたよ。
                      df544b15.jpg


豚骨醤油のスープに、ほうれん草と海苔。
これぞ家系! そこに、煮玉子のトッピングを加えてみました。

先ずはスープをいただきます。
                    aad60c81.jpg


あ、想像していたよりもあっさりしてますね。
これ、けっこう好き多タイプです、美味しい(^^)

そして、麺もいただきます。
                 04891327.jpg


「かため」をリクエストした麺は、私の好みど真ん中!
スルスルと食べ進んでしまいます。

そして、家系で忘れてはいけないのが、ほうれん草。
                        b60e8baa.jpg


これが、このスープに良く合ってすごく美味しい(^^)
このスープの旨みの感じが、野菜に良く合うのですよね。
キャベツのトッピングも人気がありますし、野菜を美味しく食べさせ手くれるのが嬉しいですよね。
そういえば、野菜畑っていう名前のトッピングもあったなぁ・・・。

麺を食べスープをいただき、ほうれん草も加える。
そしてまた麺、スープ。
そして、煮玉子もいただきます。
                    e0bb5c5d.jpg


半分は、煮玉子そのものの味わいを楽しみ、もう半分はスープに馴染ませて堪能する。
一粒で二度美味しい煮玉子ですよ!

そして、1/3くらいを食べ終わった頃に、もう一つのトッピングを登場させます。
                    6444b589.jpg


これは玉葱。
味噌汁を飲むときのお椀くらいの器にタップリとみじん切りの玉葱が入っています。

それを、ラーメンの上に遠慮なくのっけちゃいます。
                        3d9c6b72.jpg


中々のビジュアルですね(^^;)

これを、熱いスープと馴染ませてゆくのです。

玉葱がスープに馴染んだら、レンゲですくっていただいてみましょう。

(^^)(^^)(^^)
これ、美味い!
玉葱のおかげで、スープがより一層あっさりとして、甘味も加わり、本当に飲みやすくなります。
何よりも食感が素晴らしい!
(スープの温度が若干下がるのはご愛敬(^^;))

そして、チャーシューも美味い。
                      aa3025f0.jpg


もも肉を使った、あっさりしたタイプのチャーシューではありますが、これがすごく柔らかくて美味しいのです(^^)(^^)
このチャーシューがたくさんのっかった、チャーシューメンなんて、パラダイスだろうな(^^)

ラーメンに入っている海苔は、どのタイミングでどのように食べるのが美味しいのか?
それ、結構永遠のテーマなのですが、今回はこんな感じで麺を巻いていただいてみました。
                       efc024b4.jpg


うん、これもアリだわ(^^)
関西在住の私、最初はラーメンに入っている海苔を見て戸惑ってしまいましたが、最近ではいろんな食べ方を試してみたいと思うようになってきました。
(やはり、醤油ベースのラーメンに入ってることが多いようですね、海苔。)

そんな感じでいろんな食べ方を楽しみ、気がつけば完食。
玉葱のおかげで、スープまで最後まで残そうなんて気が起きなく、美味しく飲み干してしまいました。

横浜家系ラーメンの総本山、吉村家さん、流石に美味しかったです。
また、本当に気持ちに良い店員さん達で、最後まで気持ちよく過ごすことが出来ました。
次回は是非、チャーシューメンに野菜畑という組み合わせ、楽しみたいと思います。







【吉村家】   
住所:横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ 1F    MAP     
電話:045-322-9988   
営業時間:11:00~翌0:30(日・祝は、23:30まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:年中無休(年末年始の休業日、臨時休業等はHPに掲載してあります。)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

辛口、お好きですか? 寒くなると、ちょっと辛いものを食べて、身体を温めようか・・・ そんな図式が、私の中であります(^^;) そういえば、辛いもののことを英語で、「HOT」って、表記しますよね。 「HOT」という単語、翻訳で調べてみると・・・ (温度上の)冷 ...
続きを読む
辛口、お好きですか?

寒くなると、ちょっと辛いものを食べて、身体を温めようか・・・
そんな図式が、私の中であります(^^;)

そういえば、辛いもののことを英語で、「HOT」って、表記しますよね。

「HOT」という単語、翻訳で調べてみると・・・

(温度上の)冷たいに対して、熱い。
(気温上の)寒いに対して、暑い。
熱がある。 (料理を)熱くして食べる。 (ニュースなどの)出たばかりの。
(商品などの)人気がある、流行している。 
そして、辛い。


Red hotとか、super hotとか、ベリベリホットとか言いますものね。

そして、“熱烈な”とか、“興奮した”とか、“好色の”なんて意味もあるそうな・・・。
そういえば、「HOT」を画像検索すると、唐辛子ではなく“そっち系”の画像がたくさん出てきたりするから、ちょっと焦ります(^^;)


さて、辛いと言えば、ただ辛いだけではなく旨味も欲しいですよね。
                

先日お伺いさせていただいた、スパイスカレーのお店では、“辛さUP”をお願いすると、こんな素敵なものを付けてくださいました。
                    f59a9d33.jpg

これは、干しエビと青唐辛子を炒めたもの。
これがまた、美味いんですよ(^^)

この日にお伺いさせていただいたのは、上本町にあるお店、
“Yatara Spice”さん。
                   Yatara Spice

こちらのお店は、“@ease”というダイニングバーをランチタイムだけ間借りして営業なさっています。

テラスのようになった所の奥に入口のところに、メニューボードが置かれています。
さらに、その奥にお店の入口があります。

この日は、店内の一番奥にあるカウンター席に座らせていただきました。

さて、先ずはメニューの確認。
                   24b91b69.jpg


この日のカレーは全部で3種類。
ポークマサラ、レンコンのスパイシーキーマ、小松菜、マグロキーマ。
それぞれ、1種掛けは850円、2種掛けで1,000円、大盛は+100円です。

全部盛り・・・と言ってみたい気持ちを抑え、(って、やってないか(^^;))ポークマサラと小松菜、マグロキーマの2種盛りを辛さUPでお願いしました。

店内は、入口を入ってけっこう奥に広く、ゆったりとしています。
                    2a563724.jpg


カウンター席、テーブル席もゆったりとしていて、女性1人のお客さんの姿も目立ちます。
こうやって店内を見ていると、カレーのお店と言うよりも、ちょっとしたお洒落なカフェって感じですね。
(ま、夜はダイニングバーなのですが(^^;))

ただ、目の前で作り上げられていくカレーのスパイスの心地よい香りに、自分がカレーをいただきに来ていることを思い出します。

そんなことを思いながら待っていると、私がお願いしたカレーも出来上がってきましたよ。
                    149abe37.jpg


2種類のカレーが綺麗なツートンカラーを飾っていて、ダル、アチャール、かぼちゃのサブジがまわりを彩ります。
c4cac2d1.jpg
 8ad99b39.jpg


こちらは小松菜、マグロキーマ。
                        e41bda29.jpg


私の子供の頃は、カレーと言えば、人参、ジャガイモ、大きめの玉葱、カレー用の牛肉がゴロンと入った、いわゆるお家のカレーが標準でしたが、
今ではいろんなカレーを味わうことが出来て本当に幸せを感じます。
カレーって自由ですね(^^)

そしてこちらは、ポークマサラ。
                      ef29aa72.jpg


大きなポークがゴロンと入っていて、ちょっとテンションが上がりますね(^^)

ライスはバスマティライスで提供されます。
かために炊かれた熱々の日本米も美味しいですが、やはりこのタイプのカレーには、バスマティライスが嬉しいですね(^^)
                        303756db.jpg


それでは早速いただきます、先ずは小松菜、マグロキーマから。
                 7ba50cf9.jpg


おぉ! これはスゴイいい感じのスパイス感(^^)(^^)
なるほどぉ・・・評判がいいわけだ、これは!
スパイス使いが絶妙。
かなり美味しいです(^^)(^^)

そして、ポークマサラの方も・・・
                   919d0059.jpg


おぉ、この肉、美味い!
ホロッホロに煮込まれていて、口の中で心地よく崩れてゆくのです(^^)
どちらのカレーも、それぞれ個性が活かされていて、甲乙付けがたいくらいにおいしいですよ。

少しずつ、両方のカレーを味わってみた後、辛さUPで付けていただいた、こちらを登場させます。
                        f59a9d33.jpg


ちょっとした小鉢に、タップリと盛られたこれは、干しエビと青唐辛子を炒めたもの。

見た目、かなり辛そうなんですけど(^^;)

どのくらいの辛さかわからないので、先ずは少しだけふりかけていただきます。
               ee743ebf.jpg


お! これ、美味い(^^)
辛さがドーンと来るタイプではなく、旨味が最初に来て、それからジワッと効いてくるタイプです。
そして、そんなにめちゃくちゃ辛いとかじゃないのです。
決して旨味を邪魔しない感じで、これをかけることによって、その旨味までもがアップしてゆく感じなのですよ。

それでは、残りも全部、ふりかけちゃいましょう!
              1ec39dff.jpg


はい、これはそそられます。
ここから先はもう、無我夢中!
美味しいんですよ、これ(^^)(^^)(^^)

そして、最後は2種類のカレーと、ダル、サブジ、アチャールを混ぜ合わせて複雑に絡み合う旨味を楽しみましょう。
                      4a9e8819.jpg


(^^)(^^)(^^)

「幸せやわ~」
自然とそんな言葉が溢れてきます。

そんな感じで、大満足な状態のまま完食。
噂通り・・・いえ、私にとってそれ以上に満足出来るカレーをいただくことが出来ました(^^)

Yatara Spiceさん、こんなにもハイレベルのカレーがいただけるとは・・・。
上本町、市内北部のカレー好きの方、わざわざ回り道してでも行く価値ありだと思いますよ!





【Yatara Spice】   
住所:大阪市天王寺区石ケ辻町18-24 リバーライズ上本町 1F    MAP     
電話:06-7896-1765   
営業時間:11:30~15:00   
煙  草:
定休日:日曜日、その他不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、朝ごはんにはどんなものを食べますでしょうか? ご飯に味噌汁と干物、 いいですね、まさに日本の朝ごはん! トーストと目玉焼きか、ゆで玉子、 これも洋食の朝ごはんの王道! 喫茶店でも基本のセットですよね。 通勤途中に、立ち食いうどんかそば、 ...
続きを読む
みなさん、朝ごはんにはどんなものを食べますでしょうか?

ご飯に味噌汁と干物、
いいですね、まさに日本の朝ごはん!

トーストと目玉焼きか、ゆで玉子、
これも洋食の朝ごはんの王道! 喫茶店でも基本のセットですよね。

通勤途中に、立ち食いうどんかそば、
朝早くからお店が開いているのって嬉しいですよね。
達食いでサッと食べてサッと会社へ、日本のビジネスマンの鏡です! 24ジカン、タタカエマスカ?

では朝ラーメンは?

これ、関西ではあまり聞かないかと思うのですが、東北や新潟などでは、普通にあったりします。
で、その発祥は・・・

静岡県の藤枝、焼津、島田辺りや、福島県の喜多方なんかがはじまりなのだとか・・・。
飲んだあとの〆としてのイメージが強いラーメンですが、意外にも朝から食べても美味しくって、やめられなくなるそうですよ。


さて、朝からラーメンといえば、先日行って来た香港でも、そんなお店が数多くあるようです。
ここは、朝から営業ってわけではないのですが、麺を作る職人さんの技がスゴかった!
種類の違う麺を同じざるで茹でて、それが全く混ざらない。

中々良いもの見せていただきました。
             376711b8.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、“好旺角面家(Good Hope Noodle)”さん。
                  f7b92736.jpg


店名にあるように、お店は地下鉄の旺角駅のすぐ近くにありますよ。

粥麺専科。
お粥と麺が美味しいお店なのですね、こういうときに漢字は読み方は違ってもだいたいの意味がわかるので楽ですよね(^^)

とりあえずお店の中に入りましょう。
                  eb7e1b30.jpg


おぉ、何とも言えない大雑把香港らしい感じ(^^;)
でもまぁ、こういうB級ムード満点のところがまた、いいんですよね。

テーブルに座り、メニューを確認します。
04c8f306.jpg
 189af7d0.jpg


って、これはちょっと手強い(^^;)
だいたいの意味はわかる・・・なんて、知ったかぶりで漢字の意味だけ注文すると、たまにエライ物が出てきたりして(^^;)
(でもまぁ、「Good!」マークがついてたりするから、大丈夫か・・・)

ではこちらのメニューは・・・
a9209e92.jpg
 1679a59f.jpg
 c571be0c.jpg

bc2ca49c.jpg
 好旺角面家

これならば、写真入りなのでわかりやすいですね。(しかも、日本語と英語の表記もあるし)
こうやってみていると、日本に観光に来ている外国人の方の気持ちもわかるってものですね。
写真やイラスト入り、または英語表記もしてあるメニューがあるお店ならば、安心して食事出来ますね。
(日本が、大阪が国際都市って呼ばれるようになるには、これくらい必要なのかもしれませんね。)

メニューを見て、気になる物を3種類ほど注文します。

料理が出来るまでの間、店内の様子を・・・
といっても、この時間、まだ私達以外のお客さんはいませんねぇ・・・。
あ、厨房の様子が見えるので、作ってるところを見せていただきましょう!

厨房の中には、2人の方がいて、1人が麺を茹でて、盛りつけて行きます。
            2339f351.jpg


(おや、もう一人のあなた様は何を(^^;))

それにしても、大きなひとつのざるを使っていきなり2種類の麺を茹ではじめます。
376711b8.jpg


あれで混ざらないのかぁ・・・。
立ち食いうどんを食べに行った時みたいに、うどんの中にそばが1~2本混ざっているようなこと、あったりして(^^;)
                 好旺角面家

そんなことを思って待っていると、注文した麺が出来上がってきましたよ。
                4b8f4727.jpg


これは、柱候牛腩麺。
日本語表記では、ブリスケの煮込みスープ麺と書いてあります。

澄んだスープにコシのある細麺、そして上には肉がタップリのっかています。
では早速・・・
うん、美味い(^^)(^^)
細くてもコシがしっかりある麺はいい感じの喉ごしですよ!
そして何よりも、肉が柔らかくてかなり美味い!
これ、注文して正解!

そして、ネギがたっぷりとのっかったこれは、
姜葱撈麺(ねぎとしょうがの撈麺)。撈麺、いわゆるまぜ麺のようなものを指します。
         c3849a0f.jpg


私達がいただいたこれには、スープが別添えで付いていて、つけ麺のようにしていただきました。
ねぎの食感と風味がクセになる味わいで、これまた美味しい!

そして、この日のお目当てはこちらの麺。
               e013cc58.jpg


先ほど、同時に湯がかれていたもう一つの麺はこんな感じの平打ち麺。

先ほどの麺もそうでしたが、種類の違う麺がたとえ一本でも混ざっていないのです。
これはスゴイですよね(^^)

この麺の名前は、京都炸醤撈麺。
日本語表記では、スパイシーソースの撈麺、一方英語表記は、「Braised Noodle With Shredded Pork & Special Sauce」
つまり、豚肉を刻んだものをスペシャルソースで合わせ、それを和え麺にしたもの・・・。
そんな感じでしょうか?

では、ソースを麺の上にのっけて、
               0551b63b.jpg


混ぜ混ぜしていただきましょう。
(ま、いわゆるジャージャー麺ですね。)
                   1a5f8821.jpg


うわぁ、これは美味い!
平打ち麺もすごく心地よい食感、そして何よりもスペシャルソースがかなり美味しい!
香港に来て思うのですが、こちらの人達って本当に肉を食べるのが上手です。
豚肉は、ブランド豚とかそんなものでは決してないと思いますが、その調理の仕方が素晴らしいのです。

そんな感じで、3種類の麺をみんなで(5人いましたね(^^;))完食。

で、お会計はこんな感じ。
                  bcc4e23e.jpg


合わせてHK$102。日本円で約1600円。
ひとつ500円少しで味わえる本格香港麺。
近くにあれば、必ずリピートしてしまうと思います。

さて、香港の旅はまだまだ続く・・・
さて次回はどんなお店なのか・・・乞うご期待!




【好旺角面家(Good Hope Noodle)】   
住所:香港旺角洗衣街123號 (G/F, 123 Sai Yee Street, Mong Kok) 旺角駅、B2出口が最寄り。   MAP     
電話:(+852) 2393-9036   
営業時間:11:00~0:00   
煙  草:
定休日:なし
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年このくらいの時期になると、いろんなものが発表されますよね。 今年の流行語大賞、   今年の流行語大賞は、爆買い、トリプルスリー。   でも、「Google検索による流行語ランキング」の方がしっくり来るという声も。    「ラッスンゴレライ」、 「エンブレム ...
続きを読む
毎年このくらいの時期になると、いろんなものが発表されますよね。

今年の流行語大賞、
  今年の流行語大賞は、爆買い、トリプルスリー。
  でも、「Google検索による流行語ランキング」の方がしっくり来るという声も。
   「ラッスンゴレライ」、 「エンブレム」、 「ドローン」・・・。

今年の漢字、
  この一年を漢字一字によって表現する。 因みに、過去5年間の漢字は、
  2014年は、消費税増税に伴って「税」、2013年は、2020年の東京オリンピック招致が成功したことで「輪」
2012年は、「金」、2011年は「絆」。いろいろ考えられているようですが、結構シンプルな年もあるのですよ。
だって、阪神タイガースが18年ぶりにリーグ優勝した2003年は、「虎」ですから(^^;)

ヒット商品番付、
今年の東の横綱は「北陸新幹線」西の横綱は「ラグビー桜ジャパン」。
これは何故か毎年、東と西に分けてあるのですよね。
北陸新幹線は、東京から金沢だから東。
では、何故ラグビー桜ジャパンは西なのか・・・。
あ、五郎丸選手が福岡の方だからですね、きっと。

私達、関西人は、「西」と言えば、どうしても関西を連想してしまいます(^^;)
福岡の方、ごめんなさい。

さて、西と言えば先日、「西のとろあなご」と言う素晴らしく美味しいあなご料理をいただきました。
                  2b2a83bc.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、心斎橋にある、あなごのお店、
“本家穴子や”さん。
                      790253a5.jpg


お店の前にある提灯にも、「西のとろあなご」って書いてあります。

さて、西のとろあなごとは・・・。

長崎県、対馬の西沖漁場で捕れたあなごの中でも、特別なあなごのこと。
対馬産穴子の中でも、西沖の穴子は、東沖の穴子とは味が全く異なると言われています。
対馬と韓国の間に流れる対馬海流は、プランクトンが大量に発生し、深海イワシ等あなごの餌となる海産物も非常に良質に育ちます。
また、海流の速さから、あなごが力強く泳ぐので身が引き締まり、肉厚で脂の乗りが良く、非常に高い評価を頂いております。
その中でも良質の穴子は多くなく、西のとろあなごで使用されている西沖の穴子は非常に希少価値の高い穴子であると言われています。

とのこと。

はい、あなごが大好きな私にとって、こんなにワクワクするお店はありません。

では早速・・・。
      70729718.jpg
 本家あなご家

店内は、いい感じの曲線を描いたカウンター席が17席と、落ち着いた感じの個室が3つ。
2名から16名まで対応しているとのことですよ。
(曲線のカウンターはあなごをイメージしたものなのだとか。)

この日はレセプションにお招きいただいたので、個室の席に案内していただきました。

それぞれ、飲み物をお願いして待っていると、先に桐の蓋がされた器が運ばれてきました。
                         835f6ac5.jpg


蓋を開けると・・・
                             d63b910c.jpg


おぉ!
すごく綺麗ですね。
左側から、雲子豆腐と鮟肝のちり酢、穴子のテリーヌ、煮穴子の握りです。

ではまず乾杯!
                  2f3d6343.jpg


とりあえず、生ビールをお願いしましたが、こんな感じの料理ならばやはり日本酒が欲しくなりますよね。

そして、名残松茸の椀物。
                     7d858888.jpg


名残・・・とはいうものの、タップリしっかりと松茸。
名残まくっています(^^;)

そして、造りの盛り合わせは、鰤、と穴子。
                     e5176356.jpg


穴子は、湯引きと造り、両方盛っていただいています。
(鱧のように見えるのが、穴子の湯引きですよ!)

これはやっぱり日本酒を合わせないと・・・
                     85310634.jpg


というわけで、いただいたのは、佐賀県のお酒、天吹の純米大吟醸、りんご酵母。

りんごの花から分離したりんご酵母を使って醸したお酒。
蔵元のHPに書いてある通り、香りは「どことなくりんご」(^^;)
そういえば、ラベルもりんご色ですよね。

次の料理は、焼きもの八寸。
                        7ea9316a.jpg


ロマネスコ、穴子の肝煮、青味大根 甘鯛の若狭焼 穴子の幽庵焼き、白焼きに銀杏を添えて。
穴子を中心として、季節の美味しいものを盛り込んでいく。
いいですね、こういうの(^^)(^^)

そして、天ぷらは、姫人参、 まこも茸、 茄子 穴子の変わり揚げ、青さ海苔。
                  4a800800.jpg


サクッと軽い食感が、食欲をそそりますね。

そして次は鍋の登場。
1人にひとつ、紙鍋が用意されます。
                 74db2a9d.jpg

     
これは、奈良県のお酒、風の森の純米酒粕使用した、穴子小鍋。
酒粕の鍋って本当に美味しいですね。

穴子に火が通りすぎないように気をつけながら・・・。
あ、丁度いい感じですね!
では早速いただきます。
                 c359ff68.jpg


(^^)(^^)(^^)

もちろん合わせるのは、風の森のALPHA。
                  46ff7928.jpg


はい、合わないわけがないです(^^)(^^)

穴子の鍋を堪能した後は、〆の逸品が。
西のとろあなごを使った、こちらのお店自慢の穴子重です。
                 f61c8c63.jpg


(^^)(^^)(^^)
もうね、笑いしか出ません。
これは本当に美味い!
コースの〆なので、小さなサイズの物ですが、単品で注文すると、重箱壱麺に穴子の蒲焼きがのっかっているそうですよ。

西のとろあなご、素晴らしい体験をさせていただきました。

因みに、今回いただいたコースの他にも、いろんなメニューが用意されていますよ。
5dd418d4.jpg
 b07a5c59.jpg
 23017b22.jpg

66e97b1a.jpg
 f3c0f81f.jpg
 本家あなご家
本家あなご家 本家あなご家

ディナータイムにしっかりと穴子を味わうも良し、
ランチタイムに気軽に味わえるのも嬉しいですね。

西のとろあなご、是非一度体験してみて下さい。
別次元のあなごがいただけると思いますよ!





【本家穴子や】   
住所:大阪市中央区心斎橋筋2-2-10 新日本三ツ寺ビル 1F    MAP     
電話:06-6224-0762   
営業時間:11:00~15:00(L.O:14:30) 17:00~23:00(L.O:22:30)   
煙  草:分煙
定休日:なし
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

話題のお店や人気のアトラクション、新製品が発売されると、必ずといっていいほど行列が出来ますよね。 最近の話題では、東京の清澄白河に「Blue Bottle Coffee」がオープンしたときは、コーヒーを飲むのに何と2時間待ちだったとか。 行列が好きな日本人・・・。 日以 ...
続きを読む
話題のお店や人気のアトラクション、新製品が発売されると、必ずといっていいほど行列が出来ますよね。

最近の話題では、東京の清澄白河に「Blue Bottle Coffee」がオープンしたときは、コーヒーを飲むのに何と2時間待ちだったとか。

行列が好きな日本人・・・。
日以外の方からそう思われても仕方がないこと、他にもあるようです。

うめだ阪急の、ハッピーターンに3時間待ち、
築地場内の「寿司大」さん、週末は4.5時間待ちになることもあるのだとか。
そしてもっと凄いのが、USJの「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド・バックドロップ」がお披露目されたとき。
この時は、何と7時間待ちを記録したのだとか・・・。
7時間あれば、飛行機に乗ってハワイに行けちゃうほどの時間ですよね(^^;)

そして、iPhone6(今のひとつ前のやつね)の発売時、東京銀座のアップルストア前には、13日前から並んでいる人もいたのだとか・・・。

かつて、ファミリーコンピュータの人気ソフト、「ドラゴンクエストⅢ」が発売された時なんて、何日くらい並んでたのでしょうかね。
ドラクエを買うために、学校を休んだりして、ちょっとした社会現象にもなりましたよね。


さて、あまり行列が長いと、断念してしまう私なのですが、少し前、静岡県まで旅行に行った帰りに、珍しく並んで名物を食べてきました。
浜松餃子の“石松”といえば、ご存知の方も少なくないのでは・・・。
                              4f293089.jpg


以前、浜松駅から近い、こちらのお店で、浜松餃子をはじめて食べたとき、あまりの美味しさに、その軽い食感、味わいが忘れることが出来なかったのです。
そんな浜松餃子を家族にも味わってもらおうかと、この日はその列に加わってみました。
         石松

お店に着いたときには、ランチタイムには早い時間帯にも関わらず、すでにお店の前の駐車場は満車。
ガードマンの方が第三駐車場に案内して下さいました。
                  62b75422.jpg


その時に、家族に順番待ちの名前を書きに行ってもらったのですが、40分待ちとのこと。
(実はこの時、時間を聞き間違ったのですよね(^^;))

車の中で、iPhoneをさわって遊びながら、順番がくるのを待ちます。
30分ほど経った頃、様子を見に行くと・・・
「え、まだだよ。 だって110分待ちだから・・・」
「えっ・・・」

はい、乗りかかった船です。
もうここまで来たら待つしかありません(^^;)
覚悟を決めて、お店周辺を散策しながら待つことにします。
                   af565518.jpg


駐車場には、いろんな地域のナンバーの車が並びます。
あ・・・広島ナンバーとかいるし・・・。
自分たちはまだ、近場から北方かもしれません。

順番が近くなったので、いよいよお店の中に入って待つことに。
                 c01a8020.jpg


そしてまもなく、名前が呼ばれ、席に案内していただきました。
                   534ecfcc.jpg


土日祝は、大変混雑し、餃子の追加は不可・・・。
ま、これだけ混雑すると、それも仕方ないですね。
では、足りなくならないように注文しましょう。
            d9590ca7.jpg


餃子は、大(20個)、中(15個)、小(10個)から選べ、目安の個数も書いてあります。
380円プラスすると、ご飯、味噌汁、お漬け物が付いた定食にすることも出来ますよ。
         70c16a3c.jpg
 9949c2b5.jpg
 93dcefe1.jpg


つまみのようなものや、飲み物も充実。
でも、車だからムリか・・・
           ce726f90.jpg


って、代行運転の相談にものってくれるって!
でも、浜松~大阪の代行運転、もしやってもらえても、お支払いがエライ事になるのは必至!
あきらめましょ(^^;)

さて、そんなことは置いといて、ここでは餃子を楽しみましょう。

男性の目安・・・15~20個。
と言うことで、餃子(中)の定食をお願いしました。

これだけ人気で、お客さんもたくさん入っていて、そのお客さんの全員が餃子の注文。
中々こんなお店、他にはないのでは?
            2c559190.jpg


でも、平日限定でこんなメニューもあるようですよ。
                 5ef5a812.jpg


チャーハンと、幻の野菜炒め。
まさに、幻(^^;)
もしも平日に来ることがあれば是非!

そんな感じで、店内の様子やメニューを見返してみたりしていると、注文した餃子定食が出来上がってきましたよ。
                   5c0fc9f1.jpg

               
餃子にご飯、お漬け物と味噌汁。
見た目はいたってシンプルなのです。
                      6fd67a23.jpg


ただ、綺麗に整列された餃子の真ん中に、もやしが盛られています。
これが浜松餃子の特徴ではあるのですが、完璧なまでに綺麗な餃子の焼き色が、只者ではないことを語っているかのように見えますね。

それでは早速ひとつ、
      b99ab1db.jpg


特製のタレに付けていただきましょう。
                            88605628.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味い!
パリッとした食感の後に、爽やかなキャベツの甘味と、肉の旨味。
期待通り・・・いえ、それ以上に美味いです(^^)

浜松餃子の特徴は、たくさんのキャベツを使うことによる軽い食感。
ホントにいくらでも食べられてしまいそうなのです。
              1633a8d9.jpg


いろんな種類の餃子がありますが、私の中では1,2を争うくらいに大好きな餃子ですね。
2年前に、青春18きっぷを使って東京に向かう途中、浜松で途中下車して、ランチにいただいたのが最初。
その時の衝撃はスゴかったですね。
今まで私が食べた餃子の概念を完全にひっくり返してしまうくらいに感動。
「こりゃぁ、名物にもなるわ・・・でも、もっとメジャーになってもおかしくないよねぇ。」
そう思っていたのですが、こちら、石松さんの人気を見れば、それも納得。
みなさん全国から来るのですものね。

ひとつ、ふたつ、みっつと、連鎖的に餃子をつまむ手が止まりません。

そして、間にもやしをいただくと、ちょっと口の中がリセット。
また、サッパリと餃子をいただくことが出来るのです。
             ba19a7f6.jpg


この餃子、もちろんご飯との相性もバッチリ!
          86d976e3.jpg
 48c3df0e.jpg


お腹が空いているときの定食、+380円を高いと感じるか安いと感じるか・・・。
それでも、この餃子とご飯の組み合わせは鉄板だと思います(^^)

餃子、15個も食べれば満足でしょ?
そう思って、「中」を注文したのですが、残り少なくなってくると、「大」にすれば良かったなぁ・・・
そう感じるのは、私だけではないはず。

そんな方の思いをくんでなのか、冷凍のお持ち帰り餃子も用意されていますよ。
53728311.jpg
 d1c65939.jpg
 898537a8.jpg


浜松餃子の石松さん、因みにこの日、私達がお店を出てきたときには、看板が準備中に変わっていました。
大型連休や夏休みなどは早めに行かれることをオススメします。
                     石松




【石松 本店】   
住所:静岡県浜松市浜北区小松1145-1    MAP     
電話:053-586-8522   
営業時間:11:00~14:00、16:30~21:00(L.O.20:45)   
煙  草:完全禁煙
定休日:水・木
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段家にいるときは、寒さと眠さが買ってしまって、中々布団から出てくることが出来ない。 そんな季節になってきましたよね。 でも、不思議と旅行に行くと、朝、「パッ」と目覚めるから不思議です。 フッカフカの布団にくるまれて、部屋の中は暖房が効いていて温かい ...
続きを読む
普段家にいるときは、寒さと眠さが買ってしまって、中々布団から出てくることが出来ない。
そんな季節になってきましたよね。

でも、不思議と旅行に行くと、朝、「パッ」と目覚めるから不思議です。

フッカフカの布団にくるまれて、部屋の中は暖房が効いていて温かい。
そして、朝風呂までついてるとなると、目覚めも良くなるものです、はい(^^;)

そして何よりも楽しみなのが朝ごはん。

炊きたてのご飯に、美味しい味噌汁。
干物なんか、自分のテーブルの上で炙りながら食べられたりするものだから、ついついおかわりしちゃいます。

そして、カレーもあったりするから、ついつい3杯目・・・。

あ・・・洋食の方も負けてはいません。
焼きたてのクロワッサンにスクランブルエッグ。
ソーセージもいろんな種類のものがあったりして、「全種類制覇!」なんてやってみたくなったりして(^^;)
そして、忘れてはならないのが、目の前で焼いてくれるオムレツ。

トマト、チーズ、ベーコン、ツナ・・・。

好きなものを選んで、その場で焼いていただく、トロットロのオムレツ。
たまらんですよね~。

そんなこと考えていたら、トロットロ玉子のオムライスが食べたくなってきた・・・。
                c79e204c.jpg


そんな感じで、行って来ました、東淀川区の“f-café”さんへ。
                          7499fb6b.jpg


最近、新メニューとしてはじめられたと聞いていましたが、この日、やっとお邪魔させて
いただく事が出来ました。

ランチタイムがはじまったところの時間帯で、ゆったりと時間が流れる中、カウンター席に座らせていただきます。
                     867bd828.jpg


この日の注文は、もちろんオムライス。
トマトソースかデミグラスソースを選ぶことが出来るので、もちろんデミグラスソースでお願いしました。
それに、サラダとドリンクがついた、サラダセットを。

バランスもとれて、完璧! ですかね(^^)

こちら、f-caféさんに来るときは、時間に余裕を持って、プレートランチをいただくことが多いのですが、この日は迷わずオムライス。
なぜなら、今回のオムライスは、シェフがかなり気負いを入れて試作を繰り返し、その結果出来上がった渾身のオムライスだとの話を聞き、どうしても食べてみたかったのです。

ちなみに、ランチメニューはこんな感じで、プレートランチ、パスタなどを選ぶことも出来ますよ。
f-cafeのオムライス f-cafeのオムライス f-cafeのオムライス f-cafeのオムライス

パスタは、この4種類の他にも、本日のパスタもあって、フィッシュプレート、ミートプレート共に、店内のボードにかいてありますよ。
                       d48d4344.jpg


サーモンムニエル、
若鶏の香草パン粉焼き、
パスタが、豚バラと白菜と豆乳のゆずこしょう・・・って。それも、すっごく気になります(^^;)

今回のオムライス、玉子にもすごく拘っていらっしゃるようで、いろんな玉子、中のライスの味付け等、いろんな組み合わせを試されたとのこと。
そして、シェフの目に止まったのが、淡路島にある、「北坂養鶏場」の玉子。
6d698d21.jpg
 41af9958.jpg


そう言えば、今までオムライスを食べていて、玉子の違いってあまり考えなかったなぁ・・・。
具材の違い、ライスの違い、ソースの違い・・・
それはわかるのですが、玉子の違いってどんな感じなのでしょうか。

そんなことを考えながら待っていると、f-café特製のオムライスが出来上がって来ました。
                        148275a1.jpg


おぉ!
タップリの玉子に、デミグラスソースもタップリ。
しかも、出来たてで湯気まで立ち上がってるじゃないですか(^^)
これ、ルックスだけでもノックアウト状態です!

さて、見てるだけっていうのも何ですから、早速いただきます・・・
                    2544d7f9.jpg


って、美味っ!
何ですかこれ、かなり美味しいんですけど(^^)(^^)(^^)

玉子、確実の他とは違います。
っていうか、オムライスを食べてこれだけ美味しいと思ったの、はじめてかも・・・。
玉子にすごい旨味があります。
そして、その力強い旨味をしっかり活かしているのが、デミグラスソースなのです。
                     c79e204c.jpg


玉子タップリ、デミグラスソースも惜しげなくタップリ。
これ、ホントに850円でいいんですか?
そう聞きたくなるくらいにレベルの高いオムライスだと思います。

サラダセットのサラダには、f-café特製のドレッシングを掛けていただきます。
                        7cac3693.jpg


いつも、フレンチと人参のドレッシング、2種類出していただけるのですが、美味しいから両方とも掛けてしまいます(^^;)

そしてまた、オムライスを堪能。
中には大きめに切られたチキンもゴロゴロ入っていて、ちょっと嬉しくなってきます(^^)(^^)
                      d004d2f5.jpg


そんな感じであっという間に完食。

このオムライス、是非味わってみて下さい。
次回は、土曜日か祝日にお伺いさせていただいて、三元豚のカツカレーを・・・
(このカツカレーが厚切りでかなり美味しいらしい・・・)

とはいうものの、このオムライスは絶対にもう一回食べたいです。
みなさんも、プレートランチやパスタに後ろ髪ひかれながらも、是非一度食べてみて下さい。
確実に満足出来ると思いますよ!





【f-cafe】   
住所:大阪市東淀川区豊里6-1-39    MAP     
電話:06-6328-1616   
営業時間:9:00~21:30(L.O.21:00)   
Morning:9:00~11:00 Lunch:11:30~14:30  Dinner:17:00~21:30
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

街中に人だかり、ついつい立ち寄ってのぞき込んでしまいます。 しかも、大きな歓声が上がっていたらなおのことです。 関西では、大阪駅の駅前広場や歩道橋の上で、よく見ることが出来ましたが、最近はめっきり減ってしまいましたよね。 手品、南京玉すだれ、ワンマン ...
続きを読む
街中に人だかり、ついつい立ち寄ってのぞき込んでしまいます。
しかも、大きな歓声が上がっていたらなおのことです。

関西では、大阪駅の駅前広場や歩道橋の上で、よく見ることが出来ましたが、最近はめっきり減ってしまいましたよね。

手品、南京玉すだれ、ワンマンバンド、がまの油売り、パントマイム、ジャグリング、アコーディオン・・・。

そうそう、アコーディオンといえば、先日仕事をしながら、FMを聞いていて、「え、これ、すっごいええやん!」って思えるユニットの音楽を聴きました。

そのユニットの名前は、「チャラン・ポ・ランタン」。
姉妹ユニットとして活動されています。
何ともインパクトのある名前ですが、その内容が素晴らしいのです。
                          
一見、今時の女の子、ボーカル担当の妹“もも”。
彼女の歌の表現力が凄い!
今風の音楽、シャンソン風、パロディ風など何でもこなす。
必ずブタのぬいぐるみ[2を持って歌う姿は、見る人の気を惹きつけて離さない・・・かも。

そして、姉が奏でるアコーディオンが普通のものとはちょっと違う。
一般に認識されている、片方に鍵盤、片方にボタンが付いているタイプではなく、両側共に大量のボタンが付いてるやつ。
それを、自由自在に操る、姉の“小春”。
何と、大道芸人のプロライセンスも持っているのだとか。

何が出てくるかわからない、アコーディオンとボーカルのユニット、“チャラン・ポ・ランタン”にすっかり虜になってしまいました。


さて、何が出てくるかわからない楽しみがあると言えば、北新地にあるお店、
“玉鬘”さん。

こちらのお店、ディナータイムは会員制で、一見さんお断りなのですが、ゲリラ的に行うランチ営業時や、朝ごはんでの営業では、
予約すれば(って、予約ですぐに一杯になってしまうのだとか(^^;))、誰でもその世界を楽しむことが出来ます。

そんな玉鬘さんのランチタイムに久しぶりにお邪魔させていただきました。
                         
お店に入口には、「玉鬘」の表札。
             玉鬘ランチ

そして、「当店はお馴染みのお客様だけで 営業しております」の表示も。
                    玉鬘ランチ

でも、この日のランチタイムは特別。
予約出来た方は入店が許されます。

「こんにちは」
「あ、さいちゃん、久しぶり! ささ、こっち座って」

ママにカウンター席の奥から2番目に案内していただきます。

「今日凄いランチ出すんでしょ?」
「いえいえ、大したことないんよ~♪」

そんなこと言いながら、スゴイこと、しはるんですよ、玉鬘ママ。

先ずは生ハムタップリのサラダ。
                   a530ad00.jpg


この生ハムもええのん使ってはります。

そして、刻みすぐきと柴漬け。
                d1f49bbc.jpg


これは、自分の取り皿に食べたい分を取っていただきます。

数の子。
                0e7a9f0b.jpg


早々にお正月気分になっちゃいますよ(^^;)

そして、釜揚げしらす。
                   7c67ff9a.jpg


これ、めちゃめちゃご飯がススムのですよね。

それらを、自分のお皿に取り分けて、こんな感じ。
                        735a947e.jpg


これだけでも、ご飯のおかわり、出来ますよね。

鱈の白子の炊いたん。
     eabfb1eb.jpg


鯛の造り。
                           44f2b894.jpg


これ、一人前ですよ! ここの鯛、ものすごく美味しいので、嬉しくってもう(^^)(^^)

そして、この日のご飯は、白いご飯か、牡蠣と蟹の炊き込みご飯が選べるとのこと。
さてどっち・・・なんて、迷うことなく炊き込みご飯をいただきます(^^)
                   efe395a0.jpg


それら全てが揃って、この日の玉鬘のお昼ごはんは、こんな感じです。
                            65109719.jpg


食材には思いっきり拘り、良いものを。
かといって、食材に頼り切っているのではなく、愛情もタップリなのです。

根菜タップリの味噌汁なんて、感涙もの。
                     cb13b705.jpg


これで1,000円ポッキリなのだから、どうしましょ(^^;)
ゲリラ営業のランチ営業、瞬時、予約で埋まってしまうのも納得です。

ちなみに・・・
会員限定になるのですが、ある日の夜の玉鬘はこんな感じです。
                   9ba84f5d.jpg


万願寺唐辛子とちりめん山椒。ee7bfc3c.jpg



鱈の白子。5aaa0307.jpg



菜っ葉の炊いたん。こういうのが美味いんだなぁ(^^)
                    2015秋の玉鬘

鯛とホタテの造り。
                       39eba741.jpg

        9697f006.jpg
 2015秋の玉鬘

蟹といくらのカナッペ風。 クラッカーではなく、バケットが凄く美味かった(^^)(^^)
                       d8f67c5b.jpg


生牡蠣。
                 c74fd0fc.jpg


ひろうす、湯豆腐、里芋。
021ed8de.jpg
 ab4f1d3f.jpg
 de7c5011.jpg

               d8c8eca2.jpg


今では貴重品となってしまった、鰻の蒲焼き。
                      7f111c2a.jpg

         
そして、〆には、炊き込みご飯のタップリイクラ掛け。
                 3bbbfa1b.jpg


これにママのトークが付いて、美味しい、おもろい、やめられないの三拍子!

料理もママのトークも、何が出てくるのかは行ってからのお楽しみ!
仕事での忘年会の疲れを癒しに、またふらっと足が向いてしまいそうな今日この頃・・・。

あ・・・
ゲリラランチ営業、その他の情報は、玉鬘ママのブログでチェックすることが出来ますよ!





【玉鬘】   北新地のとあるビルの3階・・・とだけ。(と言っても、すでに有名店かも。)
住所: 北新地です。   
電話: 非公開
営業時間: 
煙  草:
定休日:
駐車場: 
     
玉鬘ママのブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加