美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2016年03月

甘口、辛口、どちらになさいますか? こう聞かれると、カレーとか、タレの味とのことって思ってしまいますよね。 辛いのがダメな方に、辛口が行ってしまうと、食べられない等の問題が起こるけれど、辛いの大丈夫な人に甘口が行っても別段問題なし。 好みの問題で、辛い ...
続きを読む
甘口、辛口、どちらになさいますか?

こう聞かれると、カレーとか、タレの味とのことって思ってしまいますよね。
辛いのがダメな方に、辛口が行ってしまうと、食べられない等の問題が起こるけれど、辛いの大丈夫な人に甘口が行っても別段問題なし。
好みの問題で、辛いのがほしいとは思うものの、食べれない問題ではないかと思います。

ところが、そういう甘口、辛口ではなく、どちらが間違っても、確実に違和感がある食べ物ってありますよね。

例えば、トコロテン。
スーパーのトコロテンが売っているコーナーに行くと、必ず2種類(場所によっては3種類)の味が売ってますよね。
「黒蜜」か、「三杯酢」。

この2つ、どちらも好きっていう人、あまりいないのでは?
関西では、黒蜜派が多く、関東では三杯酢派が多いと聞きますがそうでしょうか?
(ワタクシ、関西在住ながら、黒蜜のトコロテン、食べたことないです^^;)

一度は、いつもと違う方にチャレンジ・・・とは思うものの、中々手がでないのですよね^^;

さて、それよりももう少しハードルが低いものに「玉子焼き」がありますね。

あなたは、甘い玉子焼きがお好きですか、それとも甘くない玉子焼きがお好きですか?

関東では圧倒的に、甘い玉子焼きが好まれ、関西では甘くない方が好まれる。
(慣れると、甘い玉子焼きも美味しいのですがねぇ^^;)

とはいえ、関西で玉子焼きといえばやはりこれではないでしょうか?

                 5fd40378.jpg


出汁たっぷりの出汁巻き玉子。

この日は、そんな絶品の出汁巻き玉子がいただける蕎麦屋さん、
東三国にある“あたり屋”さんにお邪魔させていただきました。
このだし巻きが絶品なのです!
                 
そのままいただいても美味しいですし、辛味大根をのっけて、少しだけ醤油を垂らしていただいても最高!
でも、こちらのお店はそれだけではないのです。

それでは、それだけじゃない、あたり屋さんの魅力の世界に・・・。
                 19a8e6ec.jpg


入口の雰囲気から、いい感じ。
ワクワクしながら、入口の引き戸を開けて、お店の中に。
                 22cf75a6.jpg


店内は、カウンター席が7席と、4人掛けのテーブル席が3つ。
そして、奥には個室もあるとのことです。                                                                                   

店内一番奥のテーブル席に座り、まずは生ビールで乾杯!
                 3f3e312a.jpg


先付けの豆腐もまた美味い(^^)

この日の注文は、10食限定の当矢点心と、何品か気になる料理を組み合わせて注文することにしました。

基本のメニューはこんな感じです。
   4c1d7465.jpg
 ed39bfd1.jpg
 5a7a8dd0.jpg
 32fc1806.jpg

9daad96b.jpg
 3dd27a14.jpg
 fdbf796f.jpg


豆腐をアテにビールを楽しんでいると、当矢点心の料理の盛り合わせが運ばれてきました。
                   5c1755be.jpg


点心と入っても、中華の点心ではなく、和食の点心。
旬の味わい、たけのこが美味い(^^)
これは、ビールを飲んでいる場合ではなくなってくるぞぉ^^;
              cb38d875.jpg


焼き味噌か、じゃこ御飯を選べるので、焼き味噌を。
(この時点で、じゃこ御飯にしてしまったら、終わってしまいますものね^^;)

これはますます、日本酒が・・・・
というわけで、日本酒をお願いします。

日本酒とアテのメニューはこんな感じですよ。
b51ebc9a.jpg
 f3f31f9c.jpg


いろんなお酒が選べ、杯も選ぶことが出来る。
こういうの、すごく楽しいですよね(^^)

最初は、ほたるいかと花わさび。
               90c47b2b.jpg


今からが旬のほたるいかの旨みと、花わさびのちょっぴりピリッと感が美味い。
確実に、お酒が進む一品です。

そして、あさり酒蒸し。
              e772e523.jpg


プリっとしたあさりの旨味はもちろん、この出汁がめちゃくいちゃ美味い(^^)(^^)
これだけで、お酒が十分に楽しめますよ。

そして、かつお塩たたき。
              0181a750.jpg


かつおを取り分けて、山葵をのっけて、岩塩をパラパラっと。

これが、ものすごく美味しい(^^)(^^)
            871b4835.jpg


かつおのたたき=生姜とポン酢とにんにく。
この式が必ずしも絶対でないことに気づきます(^^)

ここからは、天ぷらを少し楽しみます。
先ずは針イカの天ぷら。
               58c1e14c.jpg


今の時期の針イカ、本当に美味しいですよね。
炙りにするか、天ぷらか迷ったのですが、この天ぷら美味いですよ(^^)

そして、たらの芽の天ぷら。
                    521ed2b6.jpg


こういうのをいただくと、季節が進んだなぁって実感できます(^^)

季節感といえば、この白魚の天ぷらもそうですね。
                7c3af0da.jpg

             
本当に、どの天ぷらも丁寧に揚げられていて、いくらでも食べられそうなです(^^)

それにしても、日本酒もすすみますよ。
開運、亀齡といただき、次は旭菊 大地の燗酒をいただきます。

そしてそのお供には、自家製のオイルサーデン。
                 c1131370.jpg


オイルサーデンって、本当にお店によって味わいが違って、オイルサーデン好きとしては、注文するのが楽しみな一品ですね。

そして、ささみ辛味大根おろし。
                   4f86ad46.jpg


シンプルなのですが、これがやめられない美味さなのです。
蕎麦の薬味である辛味大根で、いろんな料理を提供していただける。
嬉しいですね(^^)

そして、かますごの天ぷらもいただきます。
               89adbf89.jpg


おぉ、すごく大きなカマスゴ!
しかも美味い(^^)(^^)
こんなの食べてしまったら、自分で魚屋にカマスゴ買いに行った時に、「小っさっ・・・」って、囁いてしまわないか心配になってしまいますよ^^;

しっかりと、お酒とアテを堪能させていただき、もちろん〆には蕎麦をいただきます。
                      2b67c2fa.jpg


ほんのりと緑色の蕎麦は、まずは何も付けずにそのままいただくと、蕎麦の香りを楽しむことが出来ますよ。
そして、塩を少しかけると、味わいがはっきりと見えてきて、甘みを感じることが出来ます。

そのあとは、そばつゆにくぐらせていただきます。
                  28546f65.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味しい。
すごく美味しい(^^)

そして、辛味大根、山葵、葱などの薬味と合わせてそれぞれの味わいを楽しんでいると、あっという間に目の前から蕎麦の姿が消えてしまいました^^;

蕎麦を完食したあとは、もちろん蕎麦湯も楽しみます。
                    16b103b0.jpg


そして、デザートもいただき大満足。
             bd7dd92c.jpg


本当にレベルの高い料理と蕎麦、堪能させていただきました。

あたり屋さん、お伺いしたのは週の最初だったにも関わらず、ほぼ満席。
曜日に関係なく、大人気のお店ですね。
是非予約して、食べに行ってみてください。
蕎麦と料理はもちろん、器にもこだわっていらっしゃって、五感で楽しむことが出来ますよ。





【あたり屋】   
住所:大阪市淀川区東三国5-11-22    MAP     
電話:06-6391-8585   
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:00   
煙  草:
定休日:火曜日
駐 車 場:あり(お店の近くに3台分)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば最近食べてないなぁ・・・ そう思う食べ物がいくつかあります。 たまごアイス。 あの、ゴム風船の中に入ったアイスクリーム、ありましたよね・・・って、今でもあるのでしょうか? 同じようなものでは、メロンの形の容器に入った、メロンアイスとか、いちご ...
続きを読む
そういえば最近食べてないなぁ・・・
そう思う食べ物がいくつかあります。

たまごアイス。
あの、ゴム風船の中に入ったアイスクリーム、ありましたよね・・・って、今でもあるのでしょうか?
同じようなものでは、メロンの形の容器に入った、メロンアイスとか、いちご、バナナ、チョコの3つの味わいが楽しめるアイス(なぜ王将なんだろうか^^;)
あと、棒が2つ付いていて、半分に割れるタイプのダブルソーダ

神戸屋のマイケーキ。
むかし、近所のパン屋さんでよく買って食べました。
ケーキのようなパンに、クリームが挟んであって、意外と美味しかったのを覚えています。
さて、これってまだ売っているのでしょうか?

そして、クレープ。
初めてクレープを食べた時は感動しました!
世の中にこんなに美味しい物があるのかと^^;
生クリームやアイスクリーム、バナナ、いちごなどをクレープの生地で包んで食べる。
そういえば、甘いクレープの他にも、ツナやカレーなんかの甘くない、食事タイプのものもあったような・・・。

何でも包んで食べてみると美味い! のが、クレープの魅力なのでしょうかね?

そうそう、包むといえば、鶏肉をたれに漬け込み、紙で包んでそのまま揚げて調理する料理、ペーパーチキンってご存知でしょうか?
                     f7e800f1.jpg


シンガポールの“嘉臨門大飯店(ヒルマンレストラン)”で大人気の名物料理で、シンガポールに行った方が口をそろえて、「日本にもこんな料理を出す店ができないかなぁ・・・」なんて言ってたのだとか。

そんなヒルマンの日本2号店(1号店はウラなんばで営業中)、
“ヒルマン梅田店”が、北新地にオープンしたと聞き、オープニングレセプションお邪魔させていただきました。

場所は、北新地の御堂筋側の入り口すぐのところ。
                 532fe04f.jpg


お店は、4階建てになっており、この日は3階の席に案内していただきました。
以前お伺いさせていただいた、裏なんばのお店に比べて、広くなり、高級感も格段にアップしてますね!
やはり、北新地という立地からなのでしょうか。
これならば、大切なお客様の接待でも使えるのではないでしょうか。

席につき、まずは飲み物を・・・
            617bc2e1.jpg


お、ここは注文をiPadでするのですね。
これならば、見やすいですし、オーダーミスの心配もない。
そして、追加注文の時に店員さんを探して、「すみませ〜ん!」って、大きな声も出さずにすみますね^^;

何はともあれ、生ビールで乾杯!

料理もiPadで注文し、あとは出来上がるのを待つだけです。

まずは早いものを・・・
あ、これこれ!
               01a3ef71.jpg


ピリ辛がビールを飲み速度を加速させる、麻辣ピーナッツ。
これが美味いんですよね(^^)
たかがピーナッツ、されどピーナッツ。
侮れません(^^)

しばらく、生ビールと麻辣ピーナッツを楽しんでいると、最初の料理が出来上てきました。
                 3554c15b.jpg


こちらのお店の名物の1つ、贅沢にタラバカニを使った、チリクラブです。

エビチリでさえ、贅沢に思えるものを、タラバガニでそれをやってしまう。
私達日本人にはちょっと思いつかないですよね。

それでは早速、カニの殻から身を外し・・・あら、ポロッと外れる(^^)
これは新鮮な証拠ですね。
では、いただきます。

(^^)(^^)(^^)

これ、美味しいに決まってますよね。
できればずっとこれを食べていたい気持ちもしますが、ちょっとそれはムリなので、蟹の身を食べたあとは、これをソースと一緒に楽しみましょう。
                   6e043fa0.jpg


これは、マントウ。
漢字で書くと、「饅頭」。
はい、肉まんの中身の無いものとでも言えばわかりやすいかと思います。

「中身が無い肉まん?? そんなものが・・・」

そんな声も聞こえてきそうなのですが、これがすごく美味しいのです。
そのまま食べてもいいのですが、チリクラブのソースを付けて食べると、これはもう最高ですよ!

そして、ヒルマン ハッピー豆腐
                  7f68a023.jpg


これは、豆腐を上げたものに、特製のソースが掛けてあります。
豆腐を上げたものって、厚揚げ?
いえいえ、そんな先入観、どこかに飛んでいってしまいますよ(^^)

次の料理は、ぷりぷり海老のバジルマヨネーズ。
                    4b4f7e1e.jpg


このね、「ぷりぷり」って言葉に弱いのです^^;
それにしても、エビとマヨネーズってどうしてこんなにも相性が良いのでしょうね。

そして、次の料理はいよいよこちらの看板メニュー、ペーパーチキンです。

ペーパーチキンとは・・・。

オイスター、醤油、チャイニーズワインなどで作る門外不出の秘伝のタレに長時間漬け込んだ鶏肉を、パラフィン紙で包んで油で揚げたもの。
紙で包むことによって、肉汁とタレがたっぷり紙の中に充満し、旨みがしっかりと凝縮され、肉自体も柔らかくプリプリに仕上がり、一度食べたら忘れられない・・・。

とのこと。
                     f7e800f1.jpg


これは理屈じゃなくって、一度食べてみなくては・・・。
そう思い、裏なんばのお店で一度食べたのですが、この表現が大袈裟ではないくらいに美味しかったのを思い出します。

このペーパーチキン、3ピースで、580円とリーズナブルなので、是非2ピース以上味わってみてください!
(8ピース1,480円のテイクアウトもあります。 おみやげにすれば喜ばれること間違い無し!)

フライドチキンにはビール・・・
でも、このペーパーチキンにはワインが合うのでは・・・
                  58206dba.jpg


というわけで、ワインも一緒に頂きます。

(^^)(^^)(^^)
予想通り、かなりいい感じですよ(^^)

そして次の料理は、シンガポールブイヤベース。
               68f14de7.jpg


エビなどの海の幸がタップリで、旨み凝縮!
これもスープが美味いなぁ・・・

というわけでまたマントウ。
         d85664d7.jpg

       
今度は、蒸したものではなく、揚げたものをいただきました。

このマントウ、本当に万能ですよ!

この他にも、いろんな料理をいただきましたよ。

シンガポールのスクランブルエッグ フカヒ&たらば蟹入り。
    021e225d.jpg
 ced58a35.jpg


蒸し鶏 四川ソース。
                    43953164.jpg


そしてメニューを見ていて目に止まったのがこれ。
                 3af58402.jpg


その名もHOT麻婆豆腐。
土鍋で熱々の状態で出てくるのでHOT。
そして、やはりHOTといえば・・・

辛いものが好きな私にって、これはマストでは・・・。
あ、でも一緒に行ったメンバーも食べられる辛さ具合で、(とはいっても、辛いのは辛いですが^^;)美味しくいただくことが出来ますよ。

そして、ここでもう一つ忘れずに食べて欲しいのが、肉骨茶(バクテー)。

あ・・・「茶」といっても、お茶ではなくこんな感じ。
           5253f5f7.jpg


肉骨茶というのは、骨付き肉を漢方やスパイスと一緒に煮込んだ、滋養たっぷりのスープ。
もともと、中国から出稼ぎに来ていた肉体労働者がスタミナを付けるために、
解体した後に残った「削ぎ落としきれなかった肉片のついた骨」を譲り受け、にんにくと、漢方で煮たスープをご飯にかけて食べたのがはじまりなのだとか。

ここでは、骨に残った肉を・・・ではなく、タップリと肉がついた、骨付き肉を堪能することが出来ますよ!
                     415f5320.jpg


そして、〆にエビ入りヒルマンチャーハンをいただきました。
                 e0e8a791.jpg


これがふわパラで、かなり満腹状態なのに、レンゲを運ぶ手が止まりません^^;

デザートには、 杏仁豆腐と胡麻団子もいただき満腹満足。
               96531b9c.jpg
 a493d9a9.jpg


シンガポールで大人気のペーパーチキンと、本格的なシンガポール料理がいただける、ヒルマンさん。
梅田、北新地界隈での選択肢がますます広がったと思います。

メニューはこんな感じで本当に盛り沢山!
ヒルマン、北新地 8cf30814.jpg
 0f99514e.jpg
 f82bd4e4.jpg

95d21269.jpg
 8c2e6784.jpg
 319f5d1c.jpg
 abc4a5a2.jpg

c7a333ee.jpg
 44fc3639.jpg
 e249f16f.jpg
 155728e3.jpg
 513d6777.jpg


ぜひ一度行ってみてください、満足していただけるかと思いますよ!





【ヒルマン 梅田店】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-7-30    MAP     
電話:06-6346-5511   
営業時間:17:00~24:00(L.O.23:00)   
煙  草:分煙
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャニーズ。 多くの女性ファンを抱える日本の歌手、タレントが所属する、芸能プロダクション。 SMAP、少年隊、TOKIO。 過去に至っては、たのきんトリオを排出した、事務所でもあります。 女性ならば、詳しい方もたくさんいらっしゃるでしょうが、男性のかたの多くは、 ...
続きを読む
ジャニーズ。
多くの女性ファンを抱える日本の歌手、タレントが所属する、芸能プロダクション。
SMAP、少年隊、TOKIO。
過去に至っては、たのきんトリオを排出した、事務所でもあります。

女性ならば、詳しい方もたくさんいらっしゃるでしょうが、男性のかたの多くは、そのグループの名前は聞いたことがあっても、メンバーの名前までは中々お終えていらっしゃる方、多くはないのでは・・・。

でも、でもですね、
男性の方でも、いつの間にかジャニーズのタレントの顔と名前が一致するようになっているのですよね。

岡田准一、亀梨和也、二宮和也、国分太一、東山紀之・・・。

V6はわからなくても、岡田准一は知ってる。
KAT-TUNはわからなくても、亀梨和也は知ってる。
嵐はわからなくても、二宮和也は知ってる。
TOKIOはわからなくても、国分太一は知ってる。
少年隊はわからなくても、東山紀之は知ってる・・・。

そんな現象、起こってませんか?
(私はそんな感じでなのですが^^;)

ジャニーズのコンサートには行かなくても、バラエティやドラマなんかでよく出ていて、演技なんかも上手いんですよね、彼らは。

どこからか、原石を見つけてきて、いつの間にか誰もが名前と顔が一致するようになっている。
凄いと思います。

さて、そんな隠れた原石のような感じで、阪急石橋駅から、歩いて10分位のところにある、やたら美味いカレーを出す喫茶店。
                   633162a4.jpg


いえ、喫茶店と言っても、名前に「喫茶」が付いているだけで、私の中では完全にスパイスカレーの美味しいお店である、
“喫茶ラクタ”さん。
                  0d7530e6.jpg


こんな感じで、知らなかったら通りすぎてしまうような外観なのです。

「Coffee」と書かれたプレートと、「OPEN」の看板がなければ、確実に民家^^;
窓も入り口の上にある、小さな光取りの小窓が1つ。

でもよく見ると、「OPEN」の看板の下には、メニューが書かれた黒板が置かれています。
               01c65f4f.jpg


辛口キーマカレー、
ドライキーマカレー ¥800
野菜カレー ¥700。

そんな看板の文字と、スパイスの香りに釣られるように店内へ入ります。

「いらっしゃいませ! どうぞ、お好きな席へ。」
                 fcbe8b36.jpg


外の明るさに慣れた目には、最初くらいと感じる店内なのですが、店主と奥様の明るい声と笑顔に、そんな気持ちはすぐに吹き飛びます。

入り口のビニールカーテンを閉めて、店内真ん中辺りのテーブル席に座らせていただきます。

そして、まもなくすると、お冷と一緒にメニューを差し出して下さいます。
             d65bfe07.jpg


表の黒板にも書いてあったように、カレーは辛口キーマ、ドライキーマ、野菜カレーの3種類。
ライスは250gか300gを選べ、お値段は同じ。
100円upで、400gにすることも出来るみたいで、カレーとちゃいのセットは1,000円。(野菜カレーは900円)
              be4d3920.jpg


この日は、すごく寒い日だったのです。
ですので、是非温かいチャイもいただきたかったので、カレーとチャイのセットを、辛口キーマカレーのライス300gでお願いしました。

よく見ると、2階にも客席があるようですね。
木がふんだんに使われた内装は、すごく居心地がいい感じで落ち着きますね。
              c24eed6e.jpg


アンティークな感じの椅子とテーブルに、ヤカンがのっかったストーブ。

明らかに、外と店内では時間の流れ方が違いますね。
外から見ると、窓がないことに何だかちょっと戸惑いましたが、店内に入ってみると、これが中々落ち着いたいい雰囲気なのです。

通常は食後にお願いするホットチャイを、体を温めたかったので先に持ってきていただきました。
                  526f0f42.jpg


このチャイがまた美味い。

そんな感じで、店内の雰囲気を楽しみながらチャイを味わっていると、辛口キーマカレーが出来上がってきました。
                ac653606.jpg


オーバルのステンレス製プレートに熱々のカレーがタップリ!
これは、一目惚れ状態。
むちゃくちゃ美味しそうです(^^)

それでは早速、熱々のところをいただきます。
              a22a041e.jpg


おぉ、美味い!
このスパイス感、以前お店が池田にあって、屋号も“ラクダカレー”の時よりも更に旨みに拍車かかり、それがスパイス感に覆われているようです。
これは美味い(^^)(^^)(^^)

熱々をやけどしないように気をつけながら、スプーンを口に運ぶ動作が快感になりますね、これは。

この辛口キーマは、“辛口”と謳われているだけあって、
辛いのが苦手な方は少々苦戦するかもしれないスパイシーさ。

でも、辛いのが好きな方にとってこれは嬉しいこと間違いなし。

もし、辛さがピークに達したならば、付け合せのピクルスがリセットのお手伝いをしてくれます。
              a6f01b25.jpg


それにしても、スプーンが止まらない。
                     9b3ea7ba.jpg


旨み、スパイシーさ、食感、時折感じるホールスパイスのさわやかな香り。
どれを取っても夢中にさせてくれるのです。
 
そんな感じで、最後の一口をいただきます。
300g、決して少なくないのですが、あっという間に完食してしまいました(^^)

ラクダカレーから、喫茶ラクタへ。
店名、インテリアだけではなく、カレーの方も確実に進化されているかと思います。

大阪北部で美味しいスパイスカレーを食べたくなったら是非!
きっと満足できると思いますよ。




【喫茶ラクタ】   
住所:大阪府池田市井口堂3-2-12    MAP     
電話:080-3833-1340   
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜20:30 (土曜日は、11:00〜15:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:日・月 加えて不定休あり(来店前に、お店のFacebookで確認されることをオススメします。)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

白い御飯と味噌汁、 トマトとモッツァレラ、 とんかつとキャベツ。 これは外せないっていう鉄板の組み合わせってありますよね。 カレーと福神漬やらっきょうもそう言われますが、私はこの組み合わせ、子供の頃はダメだったのです^^; 今は大好きならっきょうは、幼児 ...
続きを読む
白い御飯と味噌汁、
トマトとモッツァレラ、
とんかつとキャベツ。


これは外せないっていう鉄板の組み合わせってありますよね。
カレーと福神漬やらっきょうもそう言われますが、私はこの組み合わせ、子供の頃はダメだったのです^^;

今は大好きならっきょうは、幼児体験で、変ならっきょうを食べて以来だめになり、福神漬に至っては、勝手に紅しょうがだと、かん違いして、手を出すこともしませんでした^^;

では、カレーの付け合せには何を??
何とそれは、お漬物。
たくあんだとか、白菜や、きゅうりのぬか漬けだとか、なすの浅漬だとか・・・。
今では、多くのお店でカレーの付け合せに漬物が出ることもありますが、当時では変わった子供だったのです。

組み合わせといえば、お酒にも抜群の組み合わせがありますよね。
枝豆やソーセージには、ビール。
刺し身や、煮物、魚料理には、日本酒。
中華料理は紹興酒・・・・

が合うとされていますが、ワインを合わせても面白いのです。
しかも、日本のワイン。

日本のワインと創作中華。
                  7ec79a2d.jpg


この日は、そんな組み合わせを楽しもうと京都に行ってきました。
お店は、京都市役所の近くにある、創作中華のお店、
“一之舟入”さん。
                  a4a6996e.jpg


この日は、サントリーさんの企画で、創作中華と日本のワインのマリアージュの宴にお招きいただきました。

京町家を改造したすごくいい雰囲気のお店ですよね。
入り口で履物を脱いで、2階に上がらせていただきます。

お、個室もあるのですね・・・
       5ce5062f.jpg


ってまた、凄い絵面の襖だなぁ^^;

更に奥に進むと、この日の私達の席が用意されています。

あ、私の席はここですね(^^)
                8543f367.jpg


この日のワインは、ジャパンプレミアムシリーズと、登美の丘ワイナリーシリーズで、
                 f571ff51.jpg


ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーAロゼ 2013、
ジャパンムレミアム 甲州2014
ジャパンプレミアム マスカット・ベーリーA2013
登美の丘 赤2012。
                f652317e.jpg


さて、日本のワインと創作中華の相性は・・・。
まずは軽く、つまみながら味わってみましょうか。
            3008dd41.jpg


では・・・お、すべてのワインをいただける(^^)
なるほど、こうすると、どのワインと、どの料理がどのような合い方をするのかがわかりやすいですね。
                   92e32b1b.jpg


では最初の料理を。
前菜の盛り合わせをいただきます。
                  f460bd32.jpg


中華で盛り合わせといえば、大皿に盛られていて、それをみんなで取り分けていただくのが多いと思いますが、
こちらのお店は、一人ひとり大きめのお皿に盛って出していただけます。

中華の美味しさを京料理風に。
なるほど・・・これが京中華というものなのですね。
しっかりと堪能させていただきます。

そして、大海老の炒め ほうれん草ソース。
                    7ec79a2d.jpg


え、これ中華?
思わずそう囁いてしまうほどに美しい・・・
いえ、中華が美しくないというのではなく、あまりにもいい意味での想定外だったもので^^;

そして、見た目だけではなく美味いんです(^^)(^^)
海老の旨味とプリっぷりの食感を味わえば、これ、ワインが進まないわけ無いですよね。

そして、牛ロースとハチノス 九条葱の中国風味噌炒め。
                   0815ef80.jpg


バルサミコソースか、デミグラスソースでも掛けられているのかと勘違いしそ言うになります。
牛肉もハチノスもビックリするほど柔らかく、ひとくち食べるごとに嬉しくなってきてしまいます(^^)(^^)

やはりこれには、赤ワインがいいですよね。
                    bd3d5135.jpg


というわけで、登美の丘 赤 2012をいただきます。

確かに味わいは高級中華。
でも、器の感じは和食とフレンチを思わせるものがあり、味わいだけではなく、目からも楽しむことが出来ますよ。

そして、魚料理は、旬の魚の蒸し物 葱生姜風味
                 44429c66.jpg


この日の魚は真鯛。
鯛って蒸すと旨みが凝縮されて、フワッフワになって美味いですよね(^^)(^^)
また、白ワインに戻って楽しんだりして、これははっきり言ってパラダイスです。

そして、今度は中華らしく、麻婆豆腐のあんかけ炒飯です。
                 f26dc759.jpg


創作中華といえば、本格中華よりも下位にいるようなイメージをもたれる方もいらっしゃるかもしれませんが、
こちらの料理は本物。
この炒飯の玉子のコーティングを見てもらえれば理解いただけるかと・・・。

そして、〆は干し貝柱と菜の花のフカヒレスープ。
                 ed27a979.jpg


季節感と旨みの嵐が両方一気に押し寄せますよ(^^)

そして、京中華らしいデザートもいただき、大満足!
                    b43f156e.jpg


中華には紹興酒・・・・もいいけれど、日本のワインとのマリアージュもかなり素晴らしかったですよ!

折角なので、京都で和食もいいけれど、
京中華という選択肢もいかがでしょうか?
ぜひ、日本のワンとのマリアージュも楽しんでみてくださいね!





【一之船入】   
住所:京都市中京区河原町二条下ル一之船入町537-50    MAP     
電話:075-256-1271   
営業時間:11:30~14:00 17:30~22:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ今週末に開業する北海道新幹線。 これで、日本が新幹線で繋がるのですよね! 函館から鹿児島まで新幹線で移動する・・・ ま、新幹線に乗るのが目的でなければ、通しで乗る人はいらっしゃらないでしょうが、どのくらいの時間がかかるのか。 はやぶさ、のぞみ ...
続きを読む
いよいよ今週末に開業する北海道新幹線。
これで、日本が新幹線で繋がるのですよね!

函館から鹿児島まで新幹線で移動する・・・
ま、新幹線に乗るのが目的でなければ、通しで乗る人はいらっしゃらないでしょうが、どのくらいの時間がかかるのか。

はやぶさ、のぞみ、さくらを乗り継いで、11時間26分。
朝6時半に新函館北斗を出て、鹿児島中央には夕方の6時に着いて、48,820円也。
タップリと新幹線の旅を堪能できます。

それにしても、本当に北海道に新幹線が通るのですね。
私が子供の頃は、新大阪〜東京だけで、「ひかり」と「こだま」のみ。

今では、のぞみ、ひかり、こだま、はやぶさ、とき、かがやき、みずほ、さくら、つばめ、あさま、はやて・・・。
覚えきれないほどです^^;

北海道と言っても、今はまだ、玄関口の函館まで。
2030年度末には、札幌まで開通の予定で、いよいよ北海道を新幹線で移動の時代がやってくるようですよ!

新幹線に乗って、札幌でラーメンを・・・
あと14年後か^^;
待ちきれないので、大阪港区で、札幌ラーメンと餃子を堪能してきました。
                8c411578.jpg


この日にお伺いしたのは、弁天町にある餃子とラーメンのお店、
“札幌や”さん。
                c2aafd44.jpg


この界隈で、昔から人気のお店です。
私が初めてこちらのお店にお伺いしたのはもう、20年以上前。
その当時は、ランチタイムの営業はやっていなくて、夜のみの営業。
そう、一杯の後の〆のラーメンを食べる人や、餃子をアテにビールを飲む人たちで賑わっていたのを思い出します。

そんな札幌やさん、今ではランチタイムにも営業なさっているので、日曜日もお昼ごはんをいただきに行ってきました。
                   81e30522.jpg


オープン時間直後にお伺いしたので、一番奥のテーブル席に案內していただきました。

メニューはこんな感じです。
                6f13730e.jpg


ラーメンは味噌、醤油、塩の三種類が選べ、
味噌ラーメンが720円、塩ラーメンが620円、そして醤油ラーメンが670円です。

でも、こちらのお店の魅力は、曜日に関係なく注文できるランチセット。
(もちろん、日曜日も注文可。)
                  f8a360f4.jpg


ラーメンと焼飯が付いているAセットが750円、ラーメンにご飯と漬物が付いている、Bセットは何と、650円。
しかも、ラーメンは味噌、塩、塩バター、醤油から選べるとなると、本当にお得かと思います(^^)

この日の注文は、Bセットを味噌バターで、そして餃子もお願いしました。
(バターは+110円で追加することが出来ますよ!)

先程は、3組くらいのお客さんしかいなかったのに、ランチタイムが近づくにつれて、気が付くとカウンター席まで埋まって満席!
ほんとに人気がありますね。

殆どの人が、餃子やもやしチャーシューなどをアテに、ビールやハイボールを楽しんでいます。
いわゆる昼酒ってやつですね^^;
(私は車だったので、おとなしく・・・。)

そんなことを思っていると、まもなく餃子が出来上がってきました。
                 4fb7580a.jpg


おぉ!
大きいですね、これ(^^)
しかも、焼色も完璧! これは食欲がそそられますよ。

では早速、いただきましょう。
            183dcef5.jpg


(^^)(^^)(^^)
うん、これは美味い!
焼かれた面の皮はパリッと、そして、もう片面の方はプリっとした食感がすごくいい感じですよ!
そして、口の中では肉汁が溢れ、かなり美味しい(^^)

ひとつ食べるとまたひとつと、箸を持つ手が止まらなくなりますね。
そういえば、こちらのお店で餃子を注文していない人、いなかったなぁ・・・。
みなさん、よく知っていらっしゃる(^^)

そんな感じで、餃子を楽しんでいると、ラーメンと炒飯も出来上がってきましたよ。
                 
私が注文した、味噌バターラーメンはこんな感じ。
                8c411578.jpg


バターが溶けてしまわないように、レンゲに乗っけて提供していただける気配りも嬉しいですね(^^)

それではスープからいただきましょう。
おぉ、この味噌ラーメン、味噌の旨味は勿論、いろんな素材の旨味が凝縮されていますね(^^)
そういえば、厨房の中では大きな寸胴が置かれていて、そこにいろんな素材が入っているのが見えましたね。

20年前も味噌ラーメンをいただき、その時の味の記憶が蘇ります。

そして麺も。
                 efd71ef7.jpg


スープが良く絡むちぢれ麺は、心地よいコシもあって、スルスルと食べ進むことが出来ますよ。

そして炒飯も。
                  67df08d0.jpg


見た目の通り、フワッパラ(^^)(^^)
そして、半チャンではなく、しっかりとボリュームもあるのが嬉しいですね。
これで750円は、かなりお得だと、食べてみて改めてそう思います。

炒飯を一口、二口、三口・・・あぁ、止まらない^^;
                15fb8b73.jpg


そして、ラーメンのスープもまたいただき、幸せのスパイラル。

きっちり煮玉子も入っているのが嬉しいですね(^^)
                818892c4.jpg


そして、れんげの上からすーぷの上に移動させたバターも、いい感じにとけはじめていますよ。
                 ff395393.jpg


おぉ、これこれ!
味噌ラーメンのスープにバターがまた良く合うのです(^^)(^^)

味噌ラーメンから、味噌バターラーメンに変化したスープ。
あらためて麺を楽しみ、チャーシューも堪能させていただきます。
                  923938af.jpg


そんな感じで、ラーメン炒飯と繰り返しながら楽しみ、気がつけばしっかりと完食。
ほんとうに最後まで満足度が高いランチタイムになりました。

美味い餃子と味噌ラーメン、是非堪能しに行ってください!
味も値段も満足できると思いますよ!








【札幌や】   
住所:大阪市港区市岡1-4-23    MAP     
電話:06-6571-2866   
営業時間:11:30~13:30 17:30~23:30   
煙  草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌日が定休日)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

万博・・・。 この一言で、大阪吹田市にある万博公園を思い出す人が、ほとんどだと思います。 日本での万博、実は今まで5回開催されています。 1970年の大阪万博。 1985年のつくば科学万博。 1990年の花の万博。 そして、2005年の愛知万博。 実は私、その全て ...
続きを読む
万博・・・。
この一言で、大阪吹田市にある万博公園を思い出す人が、ほとんどだと思います。

日本での万博、実は今まで5回開催されています。

1970年の大阪万博。
1985年のつくば科学万博。
1990年の花の万博。
そして、2005年の愛知万博。

実は私、その全てに行っているような・・・
あ、流石に大阪万博は、記憶の断片が僅かにあるくらいですが・・・。

その日本で最初の万博、大阪万博の会場となった、万博記念公園。
                 64efab4d.jpg


今でも、そのシンボル太陽の塔はその輝きを失っていないような感じがします。

そんな万博記念公園で、この三連休(2016.3.19〜3.21)に、カレーEXPOが開催されています。
初日の今日、早速おじゃまさせていただきました。

前日から当日の朝にかけて、生憎の雨・・・。
でも、開場時間の9:30には、何とか雨も上がり、早速幾つかのお店のブースにお邪魔させていただきました。

こちらは、日本橋にある、野菜の旨みとスパイスを合わせ、びっくりするくらいに美味しく、しかも体に優しいカレーを提供される、“Mesi-kutan?(メシクウタン)”さん。
                 d0126d54.jpg


みなさん、元気いっぱいですよ(^^)

そして、先日北新地に衝撃のデビューを果たし、今では連日行列が絶えないくらいの人気店になっている、“北新地 林家 深夜食堂店”さん。
                 f9b78491.jpg


店主を囲む、元気いっぱいのスタッフの笑顔も売り物か。
旨みと痺れ、両方の快感を体感することが出来ますよ!

どちらのお店も、それぞれの個性を活かし、実店舗で食べるのとは、また違う美味しさを醸しだしていらっしゃいます。

一部のお店のカレーを、少しだけ画像でご紹介・・・

レオーネの「スーパー肉カレー」
      af9eb418.jpg


Mesi-kutan?の「レッドカレー」
                d68f8fc9.jpg


和風カレー HIGEBOZZ by 情熱うどん讃州の「和風牛すじカレー」
                              0ba62690.jpg


NOMSON CURRYの「干し海老とあさりのキーマカリー」
  995839b1.jpg


梵平の「スパイシーキーマカレー」
              17d09ba9.jpg


カレー家DENの「トマトカレー」
                          500cdf94.jpg


酒上がりの「マトンcurry」
                                7c066811.jpg

                      
ベジンの「ピクニックキーマカレー」
   fa1af7ff.jpg


パリワールの「ミニダルバート」
                23760a16.jpg


Warung(ワルン)の「スパイス香る鶏とひよこ豆のキーマカレー」
                                  d54c69ea.jpg


若草カレー本舗の「若草カレー」
  f7e2623f.jpg


リトルランカの「チキンカレー」
                2889e9e9.jpg


アイリッシュカレーの「アイリッシュポークカレー」
     e609afcc.jpg


PUJAの「チーズナン」
                 41aa6be4.jpg


雨で足元の悪い中、午後からはたくさんのお客さんが会場に足を運んでいらっしゃいましたよ、
             84bd3881.jpg


中には、行列が出来、早々に売り切れてしまうお店も・・・
(是非、早い時間を狙ってくださいね!)

そして、普段中々手に入らないスパイスを、格安で販売するブースもあり、かなり楽しめるかと思いますよ。
                44d9ea58.jpg




総勢30店舗の人気店のカレーを一度にいただくことが出来ます!
とは言っても、一人ではちょっと^^;
ぜひ、お誘い合わせの上、みんなでシェアしてみては如何でしょうか?
        e625de9e.jpg
 07083002.jpg
 3e4fb77e.jpg


それとも、「これぞ!」というカレーを探しだし、じっくり味わってみるのもいいかもしれませんね。

明日、明後日は、天候にも恵まれるようなので、是非お出かけくださいね!





【カレーEXPO】   
住所:万博記念公園 東の広場内    MAP     
電話:   
営業時間:9:30〜16:30(L.O.16:00)   
煙  草:喫煙場所でお願いします。
定休日:
駐 車 場:万博公園駐車場がありますが、公共交通機関でお越しください。      

イベントののHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウラとオモテ、本音と建前。 この2つって、どーしても存在しますよね^^; でも、それらを読みながら行動するのが面白い。 何故ならば、知る人ぞ知るって言葉にときめく人、多いでしょ^^; さて、食べ物に例えるならば裏メニュー。 これに当たると、何だか得した気 ...
続きを読む
ウラとオモテ、本音と建前。

この2つって、どーしても存在しますよね^^;
でも、それらを読みながら行動するのが面白い。

何故ならば、知る人ぞ知るって言葉にときめく人、多いでしょ^^;

さて、食べ物に例えるならば裏メニュー。
これに当たると、何だか得した気持ちになるのは私だけではないはず。

「まかないめし」がきっかけで、裏メニューになり、限定メニューになり、定番メニューになる、人気メニューにのぼりつめる。
そんなケースも珍しくないのでしょうね。

つゆだく、ねぎだく、天津炒飯、カレー麻婆、びっくりドンキーのハンバーグソース、そして、ココ壱のルー多めって無料なのだとか・・・。

そんな、ちょっと知っていると嬉しくなる裏ワザ、みなさんもいくつかご存知なのでは?

さて、裏といえば、表通りに対しての裏通り。
最近人気のウラなんばや、裏谷四ではないけれど、裏ポンバシと言われるところに、「裏」なんて言うにはもったいないくらいに美味しいスパイスカレーを出すお店があるらしい・・・
               a71bf8b7.jpg


そんな情報を聞き、早速お伺いさせていただいたのが、 “NOMSONCURRY”さん。
                 c865440a.jpg


あ・・・確かに「裏ポンバシ系 スパイスカリー」って書いてある。
そうそう、こちらのお店も「カレーEXPO」に出店されるそうですよ!

では早速お店の中に・・・。

「いらっしゃませ、お一人様ですか? 奥のカウンター席にどうぞ!」
                34be705c.jpg


店内は思っていたよりも奥に広いですね。
厨房の近く、カウンター席の一番奥に座らせていただき、メニューを確認します。
db628c60.jpg
 2a680e7d.jpg
 25860ced.jpg

ca9149a6.jpg
 b7422e55.jpg
 30194f78.jpg


カレーは、定番の野村さん家のチキンカリーと、日替わりのカリーがあります。
その他デザートなんかも充実。

えっと、この日の日替わりカリーの内容は黒板に書いて掲げてありますよ。
             43e738be.jpg


この日は、定番の野村さん家のチキンカリーと、干し海老とズワイガニのキーマ、そして、ほうれん草×きのこのカリーを選ぶことが出来ます。
              9327f736.jpg
 fdbe382d.jpg


お初の時にはまず定番を・・・
とはいうものの、限定の文字にも弱いのですよね^^;

というわけで、定番の野村さん家のチキンカリーと、干し海老とズワイガニのキーマをあいがけでお願いしました。

「副菜にパクチーが含まれますが、大丈夫ですか?」
「はい、お願いします。」

本日の副菜は、アボカド豆腐 パクチーソース。
とはいうものの、すべてのお客さんに、パクチーが大丈夫かどうかを確認されていましたよ。

こういう細かい心遣い、嬉しいですよね。

裏ポンバシという割には、知る人ぞ知るって感じで、ランチタイムになると次々とお客さんがやってきます。

近所にお勤めの方はもちろん、日本橋に買い物にいらっしゃったか方も情報を聞きつけ、こちらまでやってくるのでしょう。
女性のお客さんが結構多かったのも印象的ですよ。

そんなことを思いながら待っていると、先ずはスプーンが運ばれてきました。
                a46d460f.jpg


オリジナルのロゴが描かれた紙ナプキンの上に木のスプーン。

何だかちょっとテンションが上ります(^^)

そして、まもなくして、私がお願いしたカレーも出来上がってきましたよ。
                   a71bf8b7.jpg


スプーンと同じく、木のプレートには。綺麗な感じでご飯と2種類のカレーが盛られています。

右側が、干し海老とズワイガニのキーマカリー。
                ceafcf9a.jpg


おぉ、これは綺麗ですね(^^)
見ているだけでも華やかな気持ちになれます。

そして、左側が定番の野村さん家のチキンカリー。
          f677ee05.jpg


おぉ!大きなチキンがすごくいい感じ(^^)
こういうの大好きなのです。

そして、同じプレートの上に、別添えにされているのが、副菜のアボカド豆腐 パクチーソース。
                5eb33991.jpg


これも木の小さな器に入ってきています。

センス良いですよね。
こりゃぁ、女性のお客さんが多いのも頷けますね。

何はともあれとりあえずいただきます。
先ずは、干し海老とズワイガニのキーマから。
                9901bfc7.jpg


おぉ!すごく旨味が効いて美味しい!
エビとカニの旨味が口の中に広がる感じが快感ですね!

そして、チキンカリーの方もいただきます。
                   2a305b19.jpg


(^^)(^^)(^^)
このチキン、めちゃくちゃ美味しい!!
この大きさが食べた時にすごく嬉しい。
肉の食感を残しながらも柔らかく、チキン自体がすごく美味しいのです(^^)

このチキンカレーがあれば、こちらのお店は日替わりのカレーで少々冒険をしても大丈夫ではないでしょうか?

定番のチキンカリーのレベルは相当なもの。
そして、日替わりも素材の旨味の引き出し方が上手いので、食べていて楽しいのです(^^)(^^)
                18b40bc5.jpg


そして、面白いのはこちらの店でカレーに使っているご飯。
       dad50c5f.jpg
 22b10597.jpg


これ、カリフォルニアの「カルローズ」米なのだそうです。
はじめていただきましたがこれ、美味しいですよ(^^)

後半は、2つのカレーを混ぜあわせたりしながら、味の変化も楽しみます。
                    60d31d66.jpg


そして、気がつけば綺麗に完食。
もっと早く来ればよかった・・・
そう思ってしまうくらいに美味しいカレーをいただくことが出来ました(^^)
        5210492d.jpg
 cad09533.jpg


裏ポンバシのノムソンカリーさん、お店の居心地もよく、すごく満足させていただきました。
カレーEXPOでは、干し海老とあさりのキーマカリーを出品されるとのこと・・・。
これもどんな美味しさなのか、気になって仕方がないですね!
ぜひ、お邪魔させていただきたいと思います!






【NOMSON CURRY(ノムソンカリー)】   
住所:大阪市浪速区日本橋東1-11-2    MAP     
電話:06-4393-8605   
営業時間:11:30~16:00(L.O.15:30)    
煙  草:喫煙可
定休日:火・水曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃、カレーライスといえば、具材に人参、玉ねぎ、じゃがいもが沖目に切られてゴロゴロ入っていて、肉も牛肉。 しかも、牛肉もちょっと大きめ。(でも、ステーキ肉じゃないので、噛み締めなければならない^^;) そんなスタイルだったかと思います。 我が家のカレー ...
続きを読む
子供の頃、カレーライスといえば、具材に人参、玉ねぎ、じゃがいもが沖目に切られてゴロゴロ入っていて、肉も牛肉。
しかも、牛肉もちょっと大きめ。(でも、ステーキ肉じゃないので、噛み締めなければならない^^;)
そんなスタイルだったかと思います。

我が家のカレーはこんな感じ。
で、外食でたまにカレーを注文すると、具材がゴロゴロ入ってなくって、何だか赤い漬物のようなものも付いてきて、一緒にウスターソースまで出てくる・・・
かなり違和感を覚えたものでした。
(たまに、お冷のコップの中に、スプーンが入って出てきたこともあったなぁ^^;)

そう、我が家には福神漬もなく、ウスターソースをかけて食べる習慣もなかったのです。

カレーにウスターソースをかけて食べますか?

でも、カレーにウスターソースではなく、醤油。
これが中々イケるのです。
特に、観光地の食堂でカレーを注文し、その味わいが残念な時や、特売で売られていたレトルトカレーを食べるときに試してみてください。
少し幸せな気持ちになれるかもしれませんよ^^;

さて、ウスターソースや醤油、福神漬の心配をしなくても良いカレー、
              93af2c0d.jpg


西インドのカレーをいただけるお店、西中島南方にある“カジャナ”さんにおじゃまさせていただきました。
                79fde517.jpg


この界隈、たまにウロウロするのですが、ここは知りませんでした。
何でもこちらのお店では、西インドのベジタリアンが食べている家庭料理がランチでいただけるとの情報を聞き、早速おじゃまさせていただきました。

お店の前には、本日のカレーが書かれたメニューボードが掲げてありますよ。

             3c3d2b4c.jpg


お店に到着したのは、お昼休みも後半に入った12:30過ぎ。
それでも、半分くらいの席が埋まっていました。

「いらしゃいませ、こちらの席にどうぞ」
そう言って、2人がけのテーブル席に案内していただきました。

席につくと、お店の方がメニューを持ってきて下さいます。
                61270390.jpg


ランチタイムは、5つのセットメニューの中から選ぶことができます。

基本は、インドネパール料理店によくある、1〜2種のカレーと、チキンティッカ、ナン、ライス、サラダのセットなのですが、
こちらのお店には、他のお店になかなか無いメニューである、西インドのベジタリアンが食べている家庭料理、
「クジャラート・ターリー・ランチ」を選ぶことができます。

注文は、もちろんそれで(^^)

焼きたてのナンはもちろん抜群に美味いのですが、しょっちゅうは・・・
そう思っている方には、チャパティはオススメです。
ナンに比べて地味ではありますが、慣れるとこれがまた美味い。
私は最近、そちらの方にハマっています(^^)

店内は、4人掛けのテーブル席が4卓と6人掛けのテーブル席が2卓。
そして、2人掛けのテーブル席が1卓あります。
        b2cb11c0.jpg
 ea0798f0.jpg



店内を見渡すと、お客さんは近所にお勤めの方が多いでしょうか。

皆さん、2〜4人位のグループでランチタイムを楽しまれているみたいですね。

あ、そういえばこちらのお店も、この3連休(3月19日〜21日)に開催の、「カレーEXPO」に出店されるみたいですよ。

そんな感じで待っていると、「クジャラート・ターリー・ランチ」が出来上がってきました。
                e4a461da.jpg


3種のカレーとサラダ、ライス、チャパティと、ボリュームも満点!
とは言うものの、肉類は一切使われておらず、野菜のみというからヘルシーですよ!

こちらは、本日の豆のカレー。
             c6246ed0.jpg


豆のカレーとは言うものの、豆だけではなく、野菜もタップリ。
見るからに美味しそうですね。

そして、こちらは本日の豆の煮込み。
              e7696d7f.jpg


ダル(豆)の煮込みは、元々大好きなので、見ているだけでもテンションが上ります(^^)

そして、サモサチャート。
               6d316b11.jpg


表面の白いのがヨーグルトを使ったソースで、この下にはサモサが隠れていますよ。

それでは早速、いただきます。
先ずは、豆の煮込みから。
            366f4379.jpg


おぉ、これは美味しい!
これ単体では、派手さはないのですが、きっちりと作られているのがよくわかりますよ。

そして、本日の豆のカレー。
                93af2c0d.jpg


あ・・・これは美味しい(^^)(^^)
中に入っている、じゃがいもの旨味をすごく感じることができますよ(^^)(^^)

これ、ひとくち食べて、おかわりがしたくなるくらいに気に入ってしまいました(^^)

それぞれのカレーを味わったならば、いろいろ組み合わせながら楽しみましょう。

このプレートには、チャパティと、
                3f0e5cbf.jpg
 211a5b59.jpg



サフランライスが両方とも付いてくるので、いろんな楽しみ方ができそうですね。

先ずは、チャパティをサモサチャートにつけていただきます。
              ab135dd6.jpg


(^^)(^^)
うん、美味しい!
ヨーグルトのサッパリ感と、サモサの旨味がすごくいい感じですね!
これは、サフランライスとも合わせてみなければ・・・・
うん、こっちも美味しい!

インド料理って、単体で味わっても美味しいのですが、色んな物を混ぜあわせていった時の旨味の変化を知ってしまったら、
その魅力から逃れるのが難しいほどの美味しさを体感することが出来るのですよね・・・。

というわけで、カトゥリに入ったカレーを、全てターリーの上に出してしまいましょう。
                   fe2d20da.jpg


はい、こんな感じで準備完了!
それでは、いろんな美味しさのオーケストラを味わうことにします(^^)

それぞれのカレーとサフランライスの味わいを楽しみながら、少しずつ交わっていくカレーの味わい。
これをやっていると、微妙な旨み、甘み、酸味、辛味が混ざり合って、絶妙な味わいを発見することが出来るのです。

そんな感じでしっかりと堪能させていただき完食。
                 5d765c36.jpg


食後には、チャイもいただき、大満足!
満腹ではあるけれど、ベジタリアンのせいか、もたれることもなく、大満足させていただきました。

この内容、このボリュームで990円。
お値段以上の満足感を得ることが出来ますよ!


カレーEXPOの会場で、また、是非ともここは再訪させていただきます。
また、ディナータイムにもお伺いさせていただきたいですね(^^)





【カジャナ(KAZANA)】   
住所:大阪市淀川区西中島4-6-30 チサン第5新大阪 1F    MAP     
電話:06-6301-2545   
営業時間:11:30~14:30 17:30~22:00   
煙  草:喫煙可
定休日:年中無休(1月1日と2日は休み)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

10年前と比べて、日本に・・・特に大阪に外国人観光客の方が増えましたよね。 心斎橋筋商店街を歩いていると、日本語よりも外国語が聞こえてくるほうが多い日も少なくないような。 「英語くらい、話せるようにならないと・・・」 そう思いながらも、中々実行に移せない ...
続きを読む
10年前と比べて、日本に・・・特に大阪に外国人観光客の方が増えましたよね。
心斎橋筋商店街を歩いていると、日本語よりも外国語が聞こえてくるほうが多い日も少なくないような。

「英語くらい、話せるようにならないと・・・」
そう思いながらも、中々実行に移せない自分がいます、はい^^;

韓国に行った時、ハングルの表示がわからず、たまに書いてある英語の表示にホッとしていたのを思い出します。
それならば、中国ならば同じ漢字文化なので大丈夫か・・・

ところがそうはいかない。
ちょっとした落とし穴があるようです。
同じ漢字でも、日本語と中国語では、全く意味が違うことも少なく無いようで・・・。

小人→教養のない人、  愛人→妻または夫
丈夫→夫、  大丈夫→一人前の男性、 汽車→自動車、 手紙→トイレットペーパー、
調理→世話をする、処置する(調理師と肩書に書いてあると、動物の世話係のような意味なのだとか^^;)
飯店→ホテル


でも、日本で「飯店」と表示されていれば、美味しい中華料理がいただけるお店を想像してしまいます(^^)

美味い中華風オムライスを食べさせてくれる中華料理のお店。
              55db968f.jpg


でも、お店の名前は“ぎょうざや”さん。

地下鉄四つ橋線の花園町駅を降り、鶴見橋商店街を西へ10分ほど歩いて行くと、お店の明かりを見つけることができますよ。
                   20ea5123.jpg


店名の通り、こちらの名物は餃子。

でも、それだけじゃないのが楽しいところなのです。
                 a1973f7d.jpg


この日は、6人で美味しい中華料理をしっかりと堪能させていただきました。

店内は、カウンター席あり、小上がりのテーブル席ありで、お一人様から家族連れ、私達のようなグループなど、いろんなシチュエーションに対応していますよ。
5dfc3134.jpg
 f57b49ef.jpg
 cef21ad4.jpg


何よりも、雰囲気が明るく、入りやすいのです(^^)

というわけで、小上がりのテーブル席を囲んで、乾杯!
               5118d3d7.jpg


メニューはこんな感じで、テーブルのところにもありますが、
             ee844630.jpg


カウンターの上は、壁にもたくさん貼ってあるので、楽しいです・・・
って、かなり目移りしてしまいますが、気になるものを注文していきましょう。

先ずは、豚の天ぷらを。
                        cbce804a.jpg


鶏の唐揚げって、色んな所で食べることができますが、豚の天ぷらとなると、中華屋さんになるのですよね。
それも、昔から地元で愛されているような感じのお店のものが美味いのです(^^)

そしてレバニラ炒め。
                   85f8e681.jpg

         
子供の頃、ずっとこれが食べてみたかったのです、レバニラ炒め。
何故かって?
バカボンのパパがずっと言ってたじゃないですか、「ワシはレバニラ炒めがいいのだ!」って^^;

このレバニラ炒め、レバーは柔らかくって、もやしはシャキッと。
そしてタップリのニラも嬉しいですね。
これ、ビールに良く合いますよ(^^)(^^)

やはり、ここに来たならば食べておかなければならないのは餃子。
(そりゃぁ、店名が「ぎょうざや」さんですものね(^^))

餃子はもちろん、お店でひとつひとつ手作り。

ちょうど、お母さんが餃子を作っているところだったので、近くで見せていただきました。
4e66c460.jpg
 8b2c4f79.jpg
 27f6f8d9.jpg


手のひらの上で、まるで魔法のように餃子が出来上がってゆきます。
         748925f1.jpg


焼餃子にしても、水餃子にしても、揚餃子にしても美味しいのだとか。
                  de597139.jpg


折角なので、焼餃子と水餃子を作っていただきます。

鉄板の上でこんがりと。
焼き上がりが楽しみですね。
                ed659e4a.jpg


そんな感じで出来上がった餃子はこんな感じです。
                 73b6f466.jpg


それでは早速いただきましょう。

パリッとした皮の食感の後には、ジューシィな肉汁が口の中いっぱいに(^^)(^^)
これ、いくらでも食べられそうですね。

そして、水餃子もいただきます。
        9b7a85fb.jpg
 e2506179.jpg


同じ餃子ですが、食感は別物。
これはどちらも甲乙つけがたいですね(^^)

こちらのお店は中華料理のお店ではありますが、こんなメニューもあったりします。

ポテトサラダに、  
            d15872cc.jpg


ぬかづけ。
                 d8a15bb7.jpg


これ、お母さん特製のぬか漬けなのですが、美味いんですよ、これが(^^)(^^)
中華料理をいただく合間に食べると、本当に嬉しくなってきますよ。

さて、そろそろ日本酒と紹興酒も・・・。
               1ad5cb35.jpg


紹興酒はこんな感じの一升瓶で提供!
これならば、のんべえたちも大満足まちがいなしですね^^;

特製の焼豚はこんな感じ。
                 5e56ae7e.jpg


厚切りのものがゴロゴロと(^^)
これで一人前、730円というのだから感涙モノ!

そして、春巻きもいただきましょう。
                dbbf295e.jpg


カリッと揚げられた春巻きは、その触感だけではなく、中の具材の旨さも特筆。
                   680eda1f.jpg


ぎっしりと詰まった具材が嬉しいですよね(^^)(^^)

そして今度はちょっと変わり種、カレー麻婆豆腐。
                2acc75d7.jpg


(^^)(^^)(^^)
これ、めっちゃ美味しいですよ!
カレーと麻婆って、改めて思いますがすごく良く合いますね。
              371c62dd.jpg


大きなプッリプリのエビがタップリのエビチリもいただき、
そろそろご飯物も・・・。


こちらは中華オムライス。
                  3b693415.jpg


チャーハンをトッロトロの玉子でくるんであります。
それにしても、何をいただいてもかなり丁寧で美味しい(^^)(^^)
ついつい色んな物を注文してしまうという気持ち、すごくわかります。

「ちょっと特別なもの作ってみました。 どうぞ!」
そう言って出していただいたのがこれ。
                 6b2575df.jpg


何と、カレーチャーハンにカレー麻婆をかけてくださっています(^^)
これは美味くないわけがない!
というわけで早速・・・
                   cbb93d5c.jpg


(^^)(^^)(^^)
はい、参りました!

最後は、五目スープもいただき大満足!
             9e85c32e.jpg


すべての料理が美味しくて盛りもいい。
そしてリーズナブルとくれば、確実にリピートしたくなりますね(^^)
               7abf5437.jpg


今度は是非、家族も連れて再訪させていただきたいと思います!




【ぎょうざや】   
住所:大阪市西成区鶴見橋3-7-21    MAP     
電話:06-6561-8576   
営業時間:11:00~15:00 16:00~20:30   
煙  草:喫煙可
定休日:火曜日
駐 車 場:あり     


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

お腹ペコペコ! さて、今日はガッツリ食べるぞ! そんな時、食べ放題のお店があるとちょっと嬉しいですよね。 はい、たしかにそんなにたくさんは食べられないのですが、心強いというか安心というか・・・。 特に家族連れには嬉しい存在です、食べ放題。 食べ放 ...
続きを読む
お腹ペコペコ!
さて、今日はガッツリ食べるぞ!

そんな時、食べ放題のお店があるとちょっと嬉しいですよね。

はい、たしかにそんなにたくさんは食べられないのですが、心強いというか安心というか・・・。

特に家族連れには嬉しい存在です、食べ放題。

食べ放題といえば、どんなメニューが思い浮かびますでしょうか?

焼肉、しゃぶしゃぶ、中華、ジンギスカン・・・。
焼肉の食べ放題は結構あっても、ステーキの食べ放題ってあまり聞きませんよね^^;

あとは、ピザ、パスタ、ケーキなどのスイーツ、串かつ、そしてケンタッキーフライドチキンの食べ放題を実施している店舗もあります。
(大阪箕面の小野原店と、これまた大阪のEXPOシティにある、ららぽーとEXPO CITY店に2店舗のそのようです。)

さて、メインディッシュの食べ放題の他に、スープ飲み放題、サラダ取り放題なんかもありますが、こんな取り放題は初体験でした。
                      51c00915.jpg


注文すると、パクチー取り放題!

あ・・・でもここ、パクチー料理専門店ではなく、先日北新地にオープンした、
麻婆カレーのお店、“北新地 林家”さん。
    
こちらのお店は、「深夜食堂」さんのランチタイムを間借りして営業されている、今人気の間借りスタイルのカレー屋さん。

こんな感じで、新地本通りにメニューボードが出ているので、すぐに見つけることが出来ると思いますよ。
                 c5940353.jpg


そんな看板につられて、通路を置くにすすむと、「めし」とかかれた提灯を見つけることができます。
        80bb1bde.jpg


その提灯が灯る階段を2階へ上がっていくと、お店の入り口がありますよ。
               d2121e1f.jpg


ほぼ満席の店内に、一つだけ空席があったので、そこに座らせていただきます。

まずはメニューを拝見。
                b97d07c5.jpg


「イチオシ!!」のスパンキー麻婆カレーをはじめ、
普通の麻婆カレー、チキンキーマカレー3本立て。

あとは、好きなトッピングを加えて、完成させていくスタイルですね。

この日の注文は、「イチオシ!!」の、スパンキー麻婆カレーに、チキンキーマをちょいがけ、そして、パクチーのトッピングをお願いしました。

店内は、カウンター席のみで、8席。
アットホームな空間がなんか落ち着きますよ。

そうそう!
こちらのお店、林家さんも万博記念公園で開催される“カレーEXPO”に参加されるらしいですよ。
              3b24bab5.jpg


カウンターの中では、店主が注文が入ってから、ひとつひとつ丁寧にカレー・・・麻婆を仕上げていくのが見えます。

あ・・・一つ一つ味噌を溶かして・・・ホントに丁寧に作りますね。
これは見ていて、すごく楽しみです(^^)

深夜食堂というだけあって、壁には夜のメニューも・・・。

「ビールはお一人様30本まで・・・」って、吉野家みたいに3本じゃなくって、30本^^;
飲み放題〜♪

そんな感じで、壁のメニューなんかを見ながら楽しんでいると、スパンキーな麻婆カレーが出来上がってきましたよ。
                 9bdca552.jpg


スパンキー麻婆カレーに、チキンキーマをちょいがけ・・・
って、これはちょい掛けといいよりも、あいがけレベル!
思わず笑顔になってしまいますね(^^)

さぁ、どっちもタップリといただけますよ!
それでは早速・・・。
先ずは、看板メニューのスパンキー麻婆カレーから。
           a28eaa19.jpg


見た目はそのまんま、麻婆豆腐のよう。
これ、プレートではなく、丼で出てきたら、誰もが麻婆丼と思ってしまうかも・・・。
何はともあれ、いただきましょう。
             7eecbab5.jpg


お! これは、山椒がいい感じで効いた麻婆豆腐そのもの・・・
と思っていると、後口でカレーの風味がドーンと押し寄せる(^^)(^^)
これ、思った以上に面白いじゃないですか!

次はご飯とも合わせていただきましょう。
           18bcc578.jpg


ご飯は、女性店主らしく、ハート型に盛られていますよ。

スパンキー麻婆カレーと、ご飯の相性はいかに・・・
って、美味しいに決まっていますよね(^^)(^^)

ルックスは完全に麻婆ご飯。
でも、食べ進むとしっかりとカレーを感じる。
これは楽しいですね。

そして、チキンキーマの方も頂きます。
              8194cb72.jpg


(^^)(^^)
うん、これもスパイスカレーの王道!
スパイスと旨味のバランスが素晴らしい。

スパンキー麻婆カレー、名前の通り結構しびれがいい感じ。
もしも、途中でちょっとリセットしたくなったら、真ん中に盛っていただいている、このタルタルソースがいい仕事してくれます。
                    444936e2.jpg


さて、それぞれの味わいを確認したあとは、お楽しみタイムに突入です。

トッピングで「パクチー」をお願いすると、こんな感じで出てきます。
                51c00915.jpg


はい、これを好きなだけかけることが出来るのです(あ・・・常識に範囲内でお願いしますね^^;)

ではタップリとトッピングを・・・
                  2c0f87a9.jpg

                          (これ、ギリギリ常識の範囲内ですよね^^;)
           
おぉ!
口の中いっぱいにパクチーの風味。
そして、その後から追いかけてくる山椒の風味と辛味、それが一体となって、なんとも言えない旨味を作り上げていく。

これ、最高じゃないですか!!

そして、カレーの方ともパクチーを合わせてみます。

うん、これもかなり美味い!!
スパイスのコリアンダー・・・これ、パクチーの種子ですものね。
そりゃぁ、相性が悪いはずがない。

そして、後半はすべてのカレー、具材と、パクチーを混ぜあわせながらいただきます。

(^^)(^^)(^^)

うわぁ、これは癖になりそうですよ(^^)
そんな感じで、気がつけば完食。

これはちょっと新しい味わい。
一度食べるとハマってしまうこと間違いなしですね。

北新地のカレーランチ事情、これからますます、どこに行こうか迷ってしまうこと必至ですね。

もしも、ランチタイムに北新地まで来ることが難しい方は、カレーEXPOの方へ、是非行ってみてください!
スパンキー麻婆カレー、食べることができますよ!





【北新地 林家】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-3-30 岩村ビル2F    MAP     
電話:06-6346-3132   
営業時間:11:30~15:00    
煙  草:禁煙
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリアとオーストリア。 全く違うのに、よく間違えられますよね。 片方は南半球オセアニアで、もう片方はヨーロッパ。 そういえば、先日オーストリア政府が、「オーストリー」と呼んでください・・・ みたいな報道してたのを思い出します。 そんな感じかど ...
続きを読む
オーストラリアオーストリア。
全く違うのに、よく間違えられますよね。

片方は南半球オセアニアで、もう片方はヨーロッパ。
そういえば、先日オーストリア政府が、「オーストリー」と呼んでください・・・
みたいな報道してたのを思い出します。

そんな感じかどうかは定かではありませんが、世界には他にも呼び方が変わったところがありますよね。

カルカッタ→コルカタ。
マドラス→チェンナイ
セイロン→スリランカ
ボンベイ→ムンバイ・・・


そんなインドの街、ムンバイ・・・の昔の呼び方、ボンベイを漢字で書いたらどうなるか・・・。
                 744b6fd6.jpg


こんな素敵なのれんに惹かれて、行ってきました、
大阪天満宮のすぐ近くにあるスパイスカレーの店、
“梵平(ボンベイ)”さん。
               526e6238.jpg


こちらのお店は、ゲストハウス 天満糸やさんのバーカウンターを、ランチタイムのみ間借りして営業されているスタイル。
最近人気の間借りカレーって言うスタイルですね。

お店に前にある、スーパーカブに、本日のメニューが掲げてありますよ。
              e2a2fe94.jpg


本日の梵平ミックス
 定番スパイシーキーマカレーと、
ホタルイカ、豚バラ、椎茸のレモンスープカレー、もしくは、
鶏もも&玉ひものトマトカレーを選んで、2種あいがけのミックススタイルで楽しめるみたいですよ。

限定30食くらい・・・。
30食といえば、決して少なくないはずなのですが、「限定」と書かれると、何だかときめいて、特別な気持ちになるのは私だけでしょうか^^;

何はともあれ、ずっと気になっていて来たかったお店。
そんな梵平さんの店内にお邪魔します。

「こんにちは!」
「いらっしゃいませ・・・あ、こんにちは(^^)」

こちらの店主、奥山さんとは、先日別のお店であった食事会で、ご一緒させていただき、隣の席で楽しませていただいたのです。

気になっているカレーのお店のカレーよりも先に店主と出会う・・・
中々特殊な感じですよね。
でもやっと念願のカレーを頂くことができるようですよ。

カウンター席の真ん中辺りに座らせていただき、改めてメニューを拝見。
             0c0e0655.jpg


メニューはミックスカレーのみ・・・
あいがけか、単品カレーか・・・
そんな議論もたまに聞きますが、店主が「これが美味いですよ!」ってものを出していただけるのが一番かと・・・。
その点、こちらのお店は安心してあいがけ・・・もとい、ミックスカレーを楽しむことができますね。

さて、とは言っても選べるのですよね、ホタルイカか、玉ひもが。
う〜ん^^;・・・。

「特別に、3種類少しずつ盛っておきますね!」
「ありがとうございます(^^)」


注文が入ると、カレーの仕上げに取り掛かっていただけます。
               2957cae1.jpg


店内はL字型のカウンター席のみで、10席ほど。
       d733a4ab.jpg


オープン直後におじゃまさせていただいたので、こんな感じで店内の写真もとることができましたが、この後次々とお客さんが訪れてきて、あっという間に8割方の席が埋まってしまいました。

そうそう、こちらのお店も、3月19日から、21日までの3連休に、万博公園で開催される「カレーEXPO」に参加されるとのこと。
                  314a71e7.jpg


本当に名店が出揃ったようですよ!
(当日、私も会場におじゃまさせていただく予定です!)

そんな感じで待っていると、梵平さんのミックスカレーが出来上がってきましたよ。
               e681b95c.jpg


大きなお皿にたっぷりと!
しかも彩り豊かで見ているだけでも楽しくなってきますよね(^^)

右側から、ホタルイカと豚バラ、椎茸のレモンスープカレー。
         6053727f.jpg


サラッとしたスープカレーの中に、小ぶりの椎茸とホタルイカに豚バラ。
これは見ているだけでも賑やかな気分になります(^^)

そして、真ん中には、鶏ももと玉ひものトマトカレー。
             f37bcb97.jpg


これまたカラフル(^^)
味わいは目からも・・・。
それ、本当だと思います。

そして、左側には定番のスパイシーキーマカレー。
               453d49fa.jpg


あ、なるほど。
定番というだけあって、見るからに安定していそうな感じ。
これ、やっぱり3つとも食べたいですよね(^^)

普段、2種盛りのところ3種盛りにしていただくと、それぞれが少なくなるのでは・・・。
確かに、普段のそれよりも少なくなるのでしょうが、こちらのカレーはデフォルトでも結構タップリとボリュームがあるのです。
                    69d7de37.jpg


プレートが大きいので、男性のお客さんでも、満足でいるかと思います。
(女性のお客さんは、2度めの来店時以降、「ご飯少なめで・・・」とおっしゃる方も、少ないくないのだとか^^;)

それでは早速いただきましょう。
先ずは、レモンスープカレーから・・・
               83696fe1.jpg


(^^)(^^)
ホタルイカの旨味を感じながらも、イカ独特のクセをレモンの風味で中和させて、椎茸で旨味のバランスを取る。
これ、見事ですよ(^^)
                              e69654ad.jpg


こういうのが味わえるから、カレーって面白くってどんどん深みにはまっていくのだなぁ・・・
そう感じさせられるカレーですね、これは。

そして、鶏もも肉とたまひものトマトカレー。
              6779ba09.jpg


おぉ、これはこっち方向に振りましたか!
たまひもなどのモツ系も、旨味とクセが同居する素材。
でもうまく行けば、パラダイス的においしくなるのですよね(^^)(^^)
それにしても、すごい味の抽斗をお持ちですね、店主。

合間に野菜も味わいしばしリセット。
            6ed78cae.jpg


カレーに添えてあるサラダって、そのまま食べても美味しいのですが、カレーに混ぜていただいても美味いんですよね(^^)

そして、定番のスパイシーキーマカレー。
                     be4c042e.jpg


あ・・・これ、間違いないわ!
美味しいですよ、これ(^^)(^^)

3つのカレーがそれぞれの個性を発揮しながらも、混ざり合ってもしっかり美味い。
これは楽しいですよ!

いろんな美味しさが同居しながらも、全体はしっかりとまとまりがある。
しかも、どれもいただくことができて、ボリュームもタップリ!

大きプレートの上で、いろんな美味しさを同時に、
または、一口ごとに楽しんでいくことができ、気が付くと完食。
しかも、飽きることがなく満腹になり、満足できる。
これは楽しいカレーですよ!

定番のスパイシーキーマカレーはいつ言っても味わえる安心の美味しさ。
そして、日によって変わるカレーは、行く日によって何が出るかワクワクさせてくれる。
そんな相対する希望を一度に叶えてくれる、嬉しいカレーを頂くことができますよ!

大阪天満宮近くで、ランチタイムのみいただける、嬉しいスパイスカレー、是非食べに行ってみてください!
平日のランチタイムはちょっと難しい・・・・
そんな方は、「カレーEXPO 」のイベント会場で、この3連休(2016年3月19日〜21日)に食べることもできますよ!





【梵平】   
住所:大阪市北区天満4-16-13 糸やゲストハウス    MAP     
電話:   
営業時間:11:00~14:30    
煙  草:
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての海外旅行。 楽しみはいろいろあるけれど、最初にやってくる楽しみは機内食。 新幹線の車内販売、代金を支払って食べる弁当とはわけが違う。 無料(とは言っても、運賃に含まれているのですが^^;)で、しうかもアルコールまでタダとくれば、テンションが上がらな ...
続きを読む
初めての海外旅行。
楽しみはいろいろあるけれど、最初にやってくる楽しみは機内食。

新幹線の車内販売、代金を支払って食べる弁当とはわけが違う。
無料(とは言っても、運賃に含まれているのですが^^;)で、しうかもアルコールまでタダとくれば、テンションが上がらないわけはない。

そしていよいよ来ましたその瞬間、「Beef or chicken?」
「び、びーふプリーズ^^;」
ステーキが食べられるとおもいきや、やってきたのはハンバーグ・・・。

そんな経験ございます^^;

アメリカ系の航空会社の場合、こんな感じでしたが、牛肉や豚肉がダメな国の飛行機の場合は、“マトン”って選択肢もあるのでしょうかね?

マトンといえばジンギスカン。
でもまさか、機内であの鉄板がお出ましするわけでもなく・・・。

そういえば、ジンギスカンで使われる鉄板って、すごいですよね!
ヘルメットのような形をしていて、頂上付近で肉を焼き、
肉からは余分な油を落とし、その旨味で麓においた野菜に甘みをつけて両方ともおいしくいただける。

考えた人は凄いと思います。

そんなジンギスカン鍋に、もうひと工夫加えたような形のものを使って、焼肉と鍋を同時にいただいてしまう。
そんな料理をいただいてきました。
              NARI屋
      
この日にお伺いさせていただいたのは、曽根崎のお初天神の近くにあるお店、
“NARI屋”さん。
                  NARI屋

表通りばかり歩いていると、決して見つからない。
もし、偶然見つけたならば、「ラッキー!」とばかりに、迷わず入店してしまいたくなる出で立ちですね。

何はともあれ、生ビールで乾杯!
             84875e9f.jpg


こちらのお店では、モルツの生ビールをいただくことができますよ。

さて、この日の目的は、焼肉と鍋が一緒になったやつをいただくことなのですが、それだけではもったいない。

こちら、“NARI屋さんには、いろんな美味しいものが揃っているようです。
メニューはこんな感じです。
26cc289c.jpg
 9e4d1f52.jpg
 NARI屋 79719970.jpg

eb1cbd82.jpg
 2358995c.jpg
 3321247e.jpg
 a6b65dfc.jpg

6a7a6d9d.jpg
 NARI屋

それにしても、たくさんありますよね。
私の大好きなパクチーも満タン!
ちょっとワクワしてきます。

まずはおつまみ3種盛り。
                  71b31c15.jpg


ちょっとしたものなんだけど、これが美味い!
こういうのが美味しいと、ますます期待してしまいますね。

そして、スパイシーおでん。
               522ebd02.jpg


ちくわも大根も玉子も平店も、そしてソーセージまでも、NARI屋さんにかかるとこうなります。
そしてこれがまた美味い(^^)(^^)

そして、骨付鶏の香り揚げ、パリパリ仕立て。
                 345c4d6f.jpg


ときめくネーミングに釣られて注文し、出来上がりを見てまたときめき、
そして食べてビックリ、美味いのです(^^)(^^)

外はパリッと中はジューシィ。
これ、一人1本じゃ足りないなぁ^^;

そして、パクチーと空芯菜の炒めは、”これでもかっ!“ってくらいにパクチーがタップリ(^^)
                     e7e90568.jpg


嬉しいですね。

そして鍋の前に、もう一品。
                858f5228.jpg


四川風麻婆豆腐です。

「辛くしてください!」とお願いしたので、ぴりっと感もシビレ具合もいい感じ(^^)(^^)

で、まだ〆ではないのですが、麻婆豆腐といえば・・・。

はい、白ご飯もいただいてしまいました^^;
                21c862e3.jpg


そんな感じで、麻婆豆腐をフライングで楽しんでいると、鍋の用意ができたようです。
        78d245f0.jpg


枝豆の形をした器には、ポン酢とごまだれの用意が。
              8e9d1d53.jpg


いろんな味わいで楽しめるというわけですね。

まずは、鍋のてっぺん付近に脂をなじませていただきます。
                   dd536a99.jpg


そして、鉄板の5合目よりも上に、肉をのっけていきます。
                     045f2ecf.jpg


いい感じで脂が出汁の中に落ちて行きます。(今回のスープは、トムヤムクン風味にしていただきました。)
焼き過ぎないように気をつけながら、まずは肉を楽しみます。

(^^)(^^)

美味いです。
これはいくらでも食べられそうですね。
ある程度肉をいただいたあとは、周りの鍋の部分に野菜も投入。
                    9fd2e86a.jpg


たまに、肉が出汁が入った外堀に落ちるのもご愛嬌。
それもまた美味しいのです(^^)

そして、〆にはやっぱりラーメン。
         f64cd119.jpg

     
肉も鍋も麺も、全てにおいて大満足!

鍋は、トムヤムクン風、坦々鍋風、辛味鍋、カレー鍋があるので、次回は何を食べようか、今から迷ってしまいますね^^;

3月に入って、少し暖かくなってきましたが、夜になるとちょっと肌寒い。
そんな夜に如何でしょうか?

美味しくて、コスパも抜群ですよ!






【NARI屋】   
住所:大阪市北区曾根崎2-5-38    MAP     
電話:06-7506-1851   
営業時間:17:00~翌4:00   
煙  草:喫煙可
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

二期作と二毛作。 似ているようでちょっと違う。 二期作・・・同一の耕地に同じ作物を年に 2 回栽培すること。 つまり、米ならば米、芋ならば芋って感じで、同じものを作らなければダメなわけですよね。 二毛作・・・同一の耕地に1年間、2種類の異なった作物を栽培し ...
続きを読む
二期作と二毛作。
似ているようでちょっと違う。

二期作・・・同一の耕地に同じ作物を年に 2 回栽培すること。
つまり、米ならば米、芋ならば芋って感じで、同じものを作らなければダメなわけですよね。

二毛作・・・同一の耕地に1年間、2種類の異なった作物を栽培し収穫すること。
こちらの場合は、米を作ったそのあとで、そこで芋も作ることができる。

前者が専門店ならば、後者は、スーパーマーケットのようなものか・・・。
いや、それとはちょっと違う。

例えるならば、飲食店のランチ営業と、ディナー営業のようなものでしょうか?

ランチタイムもディナータイムも、基本的に同じような料理をいただけるお店、
うどん屋さんとか、とんかつ屋さん、洋食屋さんなんかが二期作だとすれば、
ディナータイムはBARとして営業していても、ランチタイムにはカレーを出しているお店なんかが二毛作になるのかなぁ・・・。
                  81d9bc24.jpg


そんな二毛作のお店が作るカレーって、結構美味しかったりすることが多いので、嬉しいですよね(^^)

さて、JR大阪環状線の天満駅改札口を出てすぐのところにある串かつのお店、
“TRIO”さんも、そんな二毛作カレーのお店なのです。

串かつTRIOって、ランチタイムは別の方が間借り営業されているのでは?

そんな声も聞こえてきそうですね・・・。
そう、1月末までは、“アサクラカリー”さんが、間借り営業されていましたよね。

でも、現在は串かつTRIOさんが、ランチ営業を始められているようです。
しかも、スパイスカレーで(^^)

2階へ上がる階段の下には、写真入りのメニューボードが掲げてあります。
               TORIOのカレー

串かつTRIOのスパイスカレーランチって書いてありますね。

それでは早速、階段を上がりお店の中に入っていきましょう。
             TORIOのカレー

「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ!」
オープン直後におじゃまさせていただいたので、ポールポジション!
(って、当たり前ですね^^;)

窓際の明るいテーブル席に座らせていただきます。

そして、改めてメニューを確認。
                48d4b515.jpg


トリとフレッシュハーブのグリーンカレーか、ブタとウシの合い挽きキーマカレーの2択。
あ・・・あいがけも可能ですね!
そして、ゆで玉子スパイス和えもある・・・。

注文は、あいがけカレーに玉子をトッピングして。
はい、メニューの写真通りの注文です^^;

店内は、カウンター席が6席と、テーブル席が12席。
テーブルは、基本2人崖なのですが、組み合わせることによって、4人グループなどにも対応できるようになってるみたいですね。
                     b9974c21.jpg


で、夜の串かつ営業のメニューも壁に掲げてありますね。
日替わり5本SETが600円で、7本SETが900円。
安いじゃないですか!
これは一度夜にも来てみないと・・・

そんな感じで、改めて店内を眺めていたりしていると、カレーが出来上がってきましたよ。
                c290e2d4.jpg


おぉ、いい感じのビジュアルですね!
2種類のカレーと真ん中に玉子。
これは、見るからに美味しそうです(^^)

左側がフレッシュハーブのグリーンカレー。
               476c0578.jpg


おぉ、チキンがゴロゴロとタップリ入っていますよ。
それでは早速、いただきます。
                31cea225.jpg


お! ホントにフレッシュ(^^)
鶏肉もしっかりとした食感がありながらも柔らかい。
これ美味しいですね(^^)(^^)

そして、右側は、合い挽きキーマカレー。
                 65baa208.jpg


どちらもタップリとカレーを掛けていただいているのが嬉しいです。

それではこちらの方もいただきましょう。
              e710f4cb.jpg


おぉ、旨味とスパイスのバランス、かなり良し!
偶然一緒にスプーンですくったトマトがすごくいい仕事をしてます。
キーマのコクと旨味とトマトの酸味がすごく好相性!
これ、いくらでも食べられそうですね(^^)(^^)(^^)

そして、玉子もいただきます。
               daa2aca2.jpg


黄身の中までしっかりと味が染み込んだ半熟味付け玉子と、自己主張し過ぎないスパイス感がすごくいい!
このカレー、中々レベル高いですよ(^^)

先ほどのトマトもそうですが、野菜もアチャールも美味いのです。
            a18f9a54.jpg


そして、脇役のような存在でありながら、しっかり主役のご飯もすごくいい感じ(^^)
             6f6ad25e.jpg


とても、串カツ屋さんが空いてるランチタイムにカレーでも・・・
というようなレベルではないですね。
スパイスカレーながらも、きちんと旨味の組み立てもできていて美味しいカレーだと思いますよ(^^)(^^)

串かつ屋さんのランチタイム限定カレー、
              cc5a9ace.jpg


是非ともチェックしてみてください。
想像以上に美味しいですよ(^^)





【TRIO】   
住所:大阪市北区天神橋4-12-1 天満駅前ビル 2F    MAP     
電話:06-6353-6060   
営業時間:11:45~14:00 17:30~24:00(金曜日はランチ休み 土日は17:00から営業、日曜日は23:00まで)   
煙  草:喫煙可
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

10年ひと昔とは言いますが、今から10年前にはどんなことがあったのでしょうか。 トリノ五輪で荒川静香が金メダル。 そう言えば、イナバウアーが流行語になったような。 安倍内閣発足。  安倍さん、もう10年もやっていらっしゃるのですね・・・  ではなく、小泉さ ...
続きを読む
10年ひと昔とは言いますが、今から10年前にはどんなことがあったのでしょうか。

トリノ五輪で荒川静香が金メダル。
そう言えば、イナバウアーが流行語になったような。

安倍内閣発足。
 安倍さん、もう10年もやっていらっしゃるのですね・・・
 ではなく、小泉さんが辞めてからの第1次安倍内閣。
 あれからいろいろありましたよね(^^;)

冥王星が太陽系から除外。
 すい、きん、ち、か、もく、どっ、てん、かい、めい・・・
 さて、今時の小学生は、冥王星の存在を知っているのか?

そして、10年と言わず、もう少し最近・・・
2010年のヒット商品と言えば、食べるラー油。
そして、プレミアムロールケーキ。
いわゆる、堂島ロールのような感じのケーキ。
堂島ロールの他に、天神ロール、千林ロール、堀江ロール、心斎橋ロールなんかもあったような(^^;)

さて、時代は代わり新しい物がどんどん出てきても、変わらない美味しさを守り続けてきているお店って素敵だと思いませんか?

さぬきうどんが人気の今でも、出汁が命の大阪のうどん。
そんな伝統的な味わいを守り続けている・・・。

そんなうどん職人が作る讃岐生まれで大阪育ちの絶品うどんをいただけるお店に連れて行っていただきました。
                喜久三亭川福

この日にお伺いさせていただいたのは、四天王寺さんのすぐ近くにある、うどんのお店、
“喜久三亭 川福”さん。
                7bea3f4b.jpg


以前から、お店の前は何度か通ったことがあり、存在は知っていたのですが、中に入るのは初めてです。
              喜久三亭川福

「名物手打 ずっぽうどん」
さて・・・ずっぽうどんって、どんなんなのでしょうか??

他にも、入り口のところにメニューが書いてあります。
               5caee8f3.jpg


かけ、はいから、ざる、生正油、ぶっかけ、カレー、ピリ辛、よいしょ・・・
え、よいしょ?
外見からはわからないことが多すぎます^^;
とにかくお店の中に入りましょう。
             e92a8a05.jpg


店内は、二人掛け、四人がけのテーブルが並び、昔ながらのうどん屋さんといった感じ。
でもそれがなんだかテンションを上げるのです。

お目当てのうどんを注文し、出来上がるのをしばし待ちます。

それにしても、店内のどの方向を向いてももりだくさんなお品書きが。
          8b8f6ec7.jpg


うどんだけでもこんな感じで、これは確実に迷います。

一品メニューも充実で、夕方に来て一杯のアテに注文し、最後はうどんで〆る。
そんな粋な楽しみ方もできそうですね。
             11e67ae7.jpg


定番メニューの他にも、こんなにたくさんバラエティ豊かなメニューも。
                a16f3c86.jpg


注文したあとでも、いろいろと物色してしまいますよ^^;

そんな感じで、店内を見渡していると、大阪のうどんの基本メニューとも言える、きつねうどんが出来上がってきました。
               0c2acc5e.jpg


琥珀色に透き通った出汁に、大きな揚げと青ネギ。
生姜が上に乗っかっているのも嬉しいですね。

まずは出汁からいただきます。

(^^)(^^)(^^)
おぉ、これこれ! この味わいです。
決して出汁に妥協しない、そんなプライドを感じ取ることができますよ。
               6a7daed7.jpg


さぬきうどんのように、個性ある強いコシがあるわけではありませんが、適度なコシとなめらかな食感は、出汁との相性が抜群です。

そして、鶏卵カレーうどんも。
                cd2de7ac.jpg


ワタクシ、スパイスカレーも自分で作ってしまうほどに好きなのですが、こういう味わいのあるニッポンのカレーも大好きなのです。

タップリの玉ねぎ、ネギ、肉と鶏卵。
出汁とカレーのコラボレーションがたまらないです(^^)

それでは早速いただきます。
          79482585.jpg


熱々を、ふぅーふぅー言いながら食べるカレーうどん、最高ですね(^^)(^^)
                   9892dc28.jpg


具沢山のカレーは、思わず白ご飯にかけて食べたいところですが、
今日はかやくご飯にしましょう。
                fb2f5a6c.jpg


ここ、かやくご飯も抜群に美味いのです(^^)(^^)

そして、気になるから注文してみた、ずっぽうどんはこんな感じです。
              00fe7808.jpg


はい、ざるうどんのざるの代わりに、竹筒にうどんが入って提供されます。

艶っつやのうどんを見ていると、先ほどカレーうどんをいただいたにも関わらず、お腹が鳴りますね^^;
             23982315.jpg


それではこちらもいただきましょう。
             286bb368.jpg


おぉ、見た目通りなめらかながらも、ちゃんとコシもあって美味しいうどんです。
ズズッとすすりながらいただくから、「ずっぽうどん」なのかなぁ・・・
そんなことを思ったりもします^^;

そして、このずっぽうどんのつゆもまた美味い(^^)(^^)
出汁の効き具合、これも大阪うどんですね。

冷たいうどんをつゆにつけていただくうどん、
定食にすると、イナリが2つと、おにぎりが1つ付いてくるのですが、うどんの提供が竹筒ではなく、ざるで提供され、「ざるうどん定食」となるそうです。
(竹筒に入ったうどんを食べたければ、「ずっぽう」と注文しましょう。ただし、単品のみになります。)

うどんをいただいたあとは、出汁を茹で汁で割って頂きます。
             0170b8cd.jpg


これを頂いていて思いました。

私達の世代の大阪人は、うどんって出汁で食べるもの。
どのうどん屋さんに行っても、出汁には拘りがあって、それが当たり前の時代だったなぁって。

ここのうどんを頂いて、なにか忘れていたものを思い出させていただいたような気持ちになれました。

職人の手によって生み出されていく、絶品うどん。
               8dec712c.jpg


是非、次の世代、またその次の世代にも受け継いでいってほしいものですね。
        喜久三亭川福

コシが命の讃岐うどんも美味しいけれど、出汁が命のうどんの美味しさも思い出してみませんか?
懐かしいような、新しいような・・・
そんな、心に響く美味しさを堪能できますよ。





【喜久三亭 川福】   
住所:大阪市天王寺区大道2-11-6 中井ビル 1F    MAP     
電話:06-6779-9200   
営業時間:11:30~14:30 17:00~21:30   
煙  草:喫煙可(ランチタイムは禁煙)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加