美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2017年10月

初めて黒い車を買った時、ちょっとドキドキとワクワクが入り交じったような気持ちになったのを思い出します。気持ちの何処かに、黒い車って、偉い人が乗るハイヤーか、ちょっとコワい人が乗るものって言う先入観があって、そんな気持ちになったのでしょうね^^;で、実際に納車 ...
続きを読む
初めて黒い車を買った時、ちょっとドキドキとワクワクが入り交じったような気持ちになったのを思い出します。

気持ちの何処かに、黒い車って、偉い人が乗るハイヤーか、ちょっとコワい人が乗るものって言う先入観があって、そんな気持ちになったのでしょうね^^;

で、実際に納車されると、ちょっといかつくてカッコいいのです(^^)
色が黒いってだけで、高級感が漂うのはオトクですよね。

そう言えば、黒い機体の飛行機、「スターフライヤー」も高級感が漂いいい感じです。
(関空から、成田ではなく、都心の便利な羽田に着きます。運賃もお安くかなりお得なのですよ!)

黒。
黒い食べ物・・・

イカスミパスタ、黒豆、ひじき、黒ビール、
ナビスコオレオ、黒ごまアイス、ブラックサンダー、ブラックベリー・・・。


そうそう、黒くて美味しくて、激辛のカレー、いただきました。

お伺いさせていただいたのは、長堀橋にあるカレーのお店、
”辛(しげきや)さん。

        IMG_2954
一見、どこにでもありそうなカレースタンド。
店内もカウンター席のみで、11席。
普通なのです。


で、壁に貼ってるメニューを見ても、ごく普通のカレースタンドのような感じに見えますが、
よく見ると、カツなどの揚げ物のトッピングはないのです。
            IMG_2946

ビーフカレー   8時間煮込んだ柔らか牛肉入り欧風カレー 辛さレベル★★
チキンカレー   辛味、香りの豊かなチキンカレー 辛さレベル★★★ 
チーズカレー   とろとろチーズ入り欧風カレー 辛さレベル★★   
野菜カレー   六種類の野菜入り欧風カレー 辛さレベル★
スパイシー野菜カレー   六種類の野菜入りスパイシーなカレー 辛さレベル★★
ドライカレー   挽肉と茄子のスパイシーなドライカレー 辛さレベル★★★
梅しそチキンカレー   チキンカレーに梅、しそを加えてさっぱりと! 辛さレベル★★★
納豆チキンカレー   チキンカレーに納豆を加えてヘルシーに! 辛さレベル★★★   
黒カレー   自家製の激辛ペースト入りチキンカレー 辛さレベル★★★★★


ちょっとこだわりがあるように見えませんか?

尚、辛さレベルは、どのカレーもUPすることが出来るみたいで、★3こまでは無料、

トッピングとしては、ビーフ、チキン、Wチーズ、チーズ、野菜、卵(生卵・ゆで卵)、酢キャベツ。

何だか、先日お伺いした東京初台の「きんもちカレー」を少し思い出します。

そして、こちらのお店に来る人の多くが指名注文するのが、黒カレー。
黒カレーを注文すると、「かなり辛いですが、大丈夫でしょうか?」と聞かれます。
もちろん、
前にも食べたことがあるので、もちろんお願いしました。

カウンターの中では、注文が入るとカレーが仕上げられていくのが見えます。
黒カレーを注文すると、別の小さな鍋を取り出して、そこに入っているものを注文したカレーが入った鍋に入れてくのが見えます。

多分あれが、辛味スパイスなのでしょうね。
辛味スパイスを入れていってるからといって、「ギロチン」(かなり前の記事なので、今とは違うかもしれませんが、よろしければ・・・)や「洞魔麓」に店内のように、むせ返るような香りが充満することはありません^^;

そんな感じで作られていくのを見ているうちに、あっという間に完成。
目の前に、黒カレーが出来上がってきました。

           IMG_2933
大きなお皿に、タップリと盛ってくださっています。
これならば、カレーが足りなくなることはなさそうですね。

黒カレーと言っても、イカ墨を使っているような感じではなく、黒いスパイスがたくさん入っている感じです。
       IMG_2944
それにしても、香り高いカレーです(^^)  
では、早速いただきます、まずはカレーを。


             IMG_2941
最初に甘さを感じ、その後でスパイスの香りが広がって、辛さが後から追いかけてくる。
その辛みが結構いい感じです。
確かに、5つの表示はダテじゃない^^; 

           IMG_2937
ご飯はこんな感じで、お皿の端っこの方に、盛ってあります。
固めに炊かれていて、サラッとした黒カレーによく合いそうですよ。

それでは、ご飯とも一緒に合わせてみましょう。
      IMG_2943


        (^^)(^^)

美味しい!
辛さの中に旨味あり。
どんどん食べ進んでしまいそうです。

黒カレーは、チキンカレーがベースとなっているだけあって、チキンがたっぷり入っています。

         IMG_2936
赤く見えるのはトマト。
これもいいアクセントになるのです(^^)

この黒カレー、結構な辛さなので、途中でキャベツのピクルスを食べて、しばし口の中をクールダウン。

       IMG_2938
なかなかお助けになりますよ。

カウンターの上にあいてあるアーモンドオイル。
    IMG_2947
これを一匙カレーに入れると、味が変化して、違った美味しさを味わえるのだとか。
と言うわけで、早速入れてみます。  
     
            IMG_2948
あ・・・なるほど、これはおもしろい!
このオイル、本当によくできてますね(^^)
確かによく合いますよ。

これは、自身のカレーの旨味の構成をよく理解しているからこそ、このオイルが生まれるのでしょうね。
こちらのお店に、揚げ物のトッピングがないのが理解できます、必要ないのです。

      IMG_2951
最後は、ホロホロに柔らかく煮込まれたチキンをしっかり混ぜ合わせて、完食。
中々の辛さでしたが、しっかり楽しませていただきました(^^)

辛激屋さん、今度は是非、ドライカレーも味わってみたいですね。
でもまた、黒カレーを注文してしまうかも^^;





【辛激屋(シゲキヤ)】
住 所:大阪市中央区南船場2−5−21    MAP
電 話:非公開
営業時間:11:00〜19:00 ※ 水曜日は11:00〜17:00   
煙 草:
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜日の午後は、吉本新喜劇。サプライズ感はないけれど、お約束感が半端なく、今でもついつい見てしまいます。とはいえ、土曜日の午後1時は、めったに家にいることがないので、録画してみるのです。「え、吉本新喜劇を録画してみる? そんなやつおらんやろ〜。」そんな声が ...
続きを読む
土曜日の午後は、吉本新喜劇。
サプライズ感はないけれど、お約束感が半端なく、今でもついつい見てしまいます。

とはいえ、土曜日の午後1時は、めったに家にいることがないので、録画してみるのです。

「え、吉本新喜劇を録画してみる? そんなやつおらんやろ〜。」

そんな声が聞こえてきそうですが、これが中々楽しいのです。
夜に、お酒を飲みながら見る、吉本新喜劇。
お昼に見る以上に笑えますよ(^^)

ドリルせんのかぁ〜い

私は、辻本茂雄さんが出ていて、セットに階段があるのを見るだけで、笑ってしまいます(^^)
お約束ではありますが^^;

さて、お約束と言えば、これからの季節、寒いときの鍋料理。

こちらのお店の「もつ鍋」がかなり美味しいらしい・・・。
そんな情報を聞き、行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、難波にある居酒屋さん、
”王道居酒屋 のりを”さん。

         のりを1
お店は、千日前通り沿い、ビックカメラの隣くらいにありますよ。

エレベータに乗って、3階に上がるとお店の入り口があります。

店内は、テーブル席を中心に、半個室のようになった席も。
     のりを2
この日は、テーブル席に案内していただきました。

席につき、先ずは生ビールで乾杯!
     IMG_2853
こちらのお店では、プレミアムモルツ香るエールを楽しむことが出来ますよ。

さて、お目当てのもつ鍋はどんな感じなのか・・・。

      IMG_2838

定番のピリ辛味のものと、大根おろしと柚子胡椒でいただく、みぞれもつ鍋があるのか・・・。
定番の・・・と思いましたが、他では中々なさそうな、みぞれもつ鍋の方が気になり、そちらをお願いしました。

もつ鍋の他にも、居酒屋メニューもかなり豊富ですよ。
のりをメニュー2

            のりをメニュー3

                       のりをメニュー1

これだけ色んな料理が揃っているので、鍋が来る前に、ちょっと気になるものもお願いしてみます。    

先ずは、手羽先の唐揚げ。 
     IMG_2889
秘伝のピリ辛ソースがタップリ染み込んで、これはビールがすすみます。
1本99円で、何と1本から注文できるのだとか。

そして、 合鴨とクリームチーズの黒こしょう風味。
         IMG_2907
合鴨の旨味にクリームチーズ。
そこに、ピリッと黒胡椒が来るものだから、美味くないわけがない(^^)
コソッと、2切れ目に手を出してしまったのは、秘密です^^;

そして、海鮮ユッケ。
    IMG_2915
魚のユッケ、おそらく九州の方は、私達がこの食べ方をするずっと前から知ってたのでしょうね、
刺身を甘辛いタレで食べると美味しいのを。
九州の甘い醤油と刺し身の相性で、実証済みですものね。

そして、いよいよもつ鍋の登場。
     IMG_2864
肉は、鍋が煮えてから、お店の方が持ってきてくださり、美味しく作っていただけるのだとか。
上に鎮座する大根おろしがいい感じですよね。

そして、こんなものもいただきました。

         IMG_2856
これは、ゴロッとストロベリーチューハイ。
凍らせたいちごがたっぷりと入って、420円はおトクですよね!
いちごの他にも、ブルーベリー、漬け込みレモン、漬け込みグレープフルーツもありましたよ。

そんな感じで、チューハイを楽しんでいると、鍋のほうが煮えてきました。

        IMG_2869
そこで、ホルモン・・・モツの登場です。

      IMG_2873
これを、煮えた鍋に投入し、

          IMG_2881

砂時計の砂が、全部下に落ちた頃が食べごろとのこと。

       IMG_2882


そして、柚子胡椒も投入。
     IMG_2885
それぞれの器に入れるのではなく、鍋に入れて具材に柚子胡椒に味をなじませるのだとか。

出来上ったので、早速いただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

なるほど、これは美味しい!

唐辛子のピリ辛ではなく、柚子胡椒の深い辛味が心地良いですね。
柚子胡椒を鍋に入れなければ、辛いものが苦手な方や、子供さんでも美味しくもつなべを楽しむことが出来ますよ。

さらに、鹿児島県産の黒豚を追加します。

          IMG_2893
これは、軽くしゃぶしゃぶでいただきます。

     IMG_2903

        (^^)(^^)(^^)

美味しいです。
豚肉と柚子胡椒って、何でこんなによく合うのでしょうね。

肉も野菜もシッカリと堪能したあとは、〆にはうどんか、ラーメンを選ぶことが出来るので、
ラーメンをお願いしました。

          IMG_2928

煮えたタイミングを見計らって、
いただきます。
       IMG_2929

あまり期待してなかった(失礼!)のですが、この麺、コシもあってすごく美味しい!
これ、2玉だけお願いしましたが、あまりにも美味しかったので、追加してしまいました(^^)

このもつ鍋、1人前1,380円でいただけるのはかなり嬉しいですね。
今度は、ぜひ家族を連れてお邪魔させていただきたいと思います。   
        








【王道居酒屋のりを 千日前店】
住 所:大阪市中央区難波3−4−13  味わいばしビル3F    MAP
電 話:06-6631-5539
営業時間:17:00〜翌1:00  ※土曜日は翌2:00まで営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



王道居酒屋 のりを 千日前店居酒屋 / 大阪難波駅難波駅(南海)なんば駅(大阪市営)
夜総合点★★★☆☆ 3.7

               
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、秋の行楽、楽しんでいらっしゃいますでしょうか?え・・・ここんとこ、週末は雨や台風で、 出かける気がしない?う〜ん、確かにそうですよね^^;万博公園で開催されていた、第4回カレーEXPOも 、後半戦は雨で大変だったみたいですし、後半に日程にご予定されていた ...
続きを読む
みなさん、秋の行楽、楽しんでいらっしゃいますでしょうか?

え・・・ここんとこ、週末は雨や台風で、 出かける気がしない?

う〜ん、確かにそうですよね^^;
万博公園で開催されていた、第4回カレーEXPOも 、後半戦は雨で大変だったみたいですし、
後半に日程にご予定されていた方は、結局行けなかった・・・
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

じつは、この週末の2日間(10月28日と29日)カレーEXPOが川西阪急に帰ってきます。

題して、”Special カレーEXPO in 川西阪急”

28日土曜日は、朝の10:00から、20:00まで、29日の日曜日は、朝の10:00から18:00まで、
川西阪急、1Fの催事場、ザ・シーズンで楽しむことが出来ますよ!
もちろん、入場は無料。(カレーはチケット制で、カレーEXPOの時の同じです。)

今回は、11店のカレー屋さんが出店されます。

どんなお店が出るのかを、ご紹介します。

本格インド料理 SAVERA
      これぞ至高の味!! 窯焼きチキンのリアル☆バターチキンカレー。
     savara



北新地林家の、
   幻の牛 キアニーナの牛スジカレー。
      北新地林家



マンドリルの、
     タンドリーチキンカレー。
     mandrin




Brush(ブラッシュ)の、
    伊勢海老のスパイスカレー。
       brush



鍋料理いっぷくの、
    ホルモンキーマカレー。
      いっぷく



ワンダカレー店の、
     牛スジカレー。
   wander




海老元 神戸の
      海老元黒カレー。
        黒カレー



アジア食堂 ムバラケの、
     みんな来い! 濃い! ホワイトカレー。
      curry_mubarake




KASTURI restaurant(カストリーレストラン)の、
    極旨!! 近江牛カレー。
      curry_kasturi_1




スリランカレストラン Little Lanka(リトルランカ)の、
      ぷりぷりエビカレー。
          littlelanka




カトマンドゥカリーPUJAの、
       マサラキーマカレー。
      puja


今回も、カレールー・ハーフサイズ2杯+ライス1皿で、1200円、
カレールー・ハーフサイズ単品で500円、
ライス単品300円
です。


詳細は、SpecialカレーEXPOのHPでも、ご確認くださいね!

川西阪急は、阪急川西能勢口駅からは、直結。
JR川西池田駅からも、歩道橋でつながっているので、雨が降っても大丈夫!
きっちり楽しめますよ。

この週末、是非お出かけくださいね!





【SpecialカレーEXPO in  川西阪急】
住 所:兵庫県川西市栄町26−1   MAP
電 話:072-757-1231
営業時間:10:00〜20:00   ※29日(日)は、18:00まで。
煙 草:禁煙
定休日:
駐車場:近隣に契約駐車場あり。

SpecialカレーEXPOのHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんご存知、宇都宮の餃子。キャベツたっぷり、浜松の餃子。厚めの皮に、野菜たっぷり円盤状の福島の餃子。味噌ダレが美味い、神戸の餃子。薄皮で小ぶりなので、いくつでも食べられてしまいそうな、北九州の餃子・・・それに、全国チェーンで大人気の王将の餃子や、ぎょ ...
続きを読む
みなさんご存知、宇都宮の餃子。
キャベツたっぷり、浜松の餃子。
厚めの皮に、野菜たっぷり円盤状の福島の餃子。
味噌ダレが美味い、神戸の餃子。
薄皮で小ぶりなので、いくつでも食べられてしまいそうな、北九州の餃子・・・


それに、全国チェーンで大人気の王将の餃子や、ぎょうざの満洲の餃子。

餃子がこれだけ全国で人気の地域があるのに対して、シュウマイに関しては、横浜のシュウマイだけが名物なのか・・・
(崎陽軒の場合は、「シウマイ」と書きますね^^;)

と思っている人、あるんですよ、他にもシュウマイが名物のところ。
それは、大阪に。

しかも、そのしゅうまいは、皮が小麦粉ではなく、玉子。
だから、独特の食感がクセになり、一度食べると忘れられなくなります。

はい、私も忘れれなくなって、行ってきました、
”一芳亭”さん。
          IMG_2693
この日は、堺筋本町にある、船場店さんにお邪魔させていただきました。
一芳亭の船場店は、地下鉄堺筋本町駅から直結、船場センタービル2号館の地下2階にありますよ。

この日は、少し早めの時間からのスタート。
ですので、すんなりと入店することが出来ました。

ちなみにこちらのお店、ランチタイムなんかは大人気で、いつも行列ができているのです。

テーブル席に座り、まずは瓶ビールを。
     IMG_2672
昭和なコップとビールと割り箸。
これが妙にしっくり来るから嬉しいですね(^^)

しゅうまいはもちろんいただきますが、こちらのお店、しゅうまいの他にもいろいろ揃っているのですよ。
メニューはこんな感じですよ。

     IMG_2673
しゅうまいをはじめ、いろんなツマミが揃っています。
会社帰りに、ここでいっぱい引っ掛けて、そのまま晩御飯を済ませてしまう方も少なくないのでしょうね。

そして、あまりお酒を飲まない人にも安心、
         IMG_2674
定食は、ランチタイムだけではなく、営業時間中なら、いつでも注文可能なのです。

とりあえず、気になるものをいくつか注文しましょう。

先ずはしゅうまい。

        IMG_2677
やはり、ここに来たらこれは絶対に外せませんよね。

そして、ザーサイ。
  IMG_2679
これも、箸休めに食べると美味しいのです。
270円で、結構タップリと盛ってくださいます(^^)

辛子醤油をスタンバイして、
          IMG_2682

早速しゅうまいをいただきましょう。

                 IMG_2688

           (^^)(^^)(^^)

美味い!
皮が玉子でできているので、口に中に引っかかる感じが全く無く、すべてが柔らかいのです。
次の瞬間に、広がる甘みは玉ねぎかな?
これが、肉とものすごくよく合っていて、あっという間に食べてしまいます。
そして、次の瞬間には、2個めに手が伸びている・・・
そんなクセになる美味しさなのです(^^)

さて、しゅうまいだけではなく、こちらのお店には、もう一つ名物があるのをご存知でしょうか?

             IMG_2690
若どりの唐揚げ。
こちらの唐揚げは、鶏の半身をじっくりと素揚げにしたもの。
だから、表面はパリッと、中はすごくジューシィで美味しいのです(^^)

そんな、若どり唐揚げはもちろん「大」で。 たった100円違いですからね(^^)

さらに、かまぼこをワサビ醤油でいただく、「板わさ」ならぬ、
「鳥ワサ」も素晴らしいですよ。

          IMG_2685
これだけたっぷりで、たったの400円は、かなりお得です。

1週間の疲れを、美味しいしゅうまいと、気の利いたアテでほぐしませんか?

自宅でゆっくりした方は、しゅうまいのお持ち帰りも出来ます。
これをおみやげに持って変えれば、カブも上るかもしれませんよ〜^^;



        



【一芳亭 船場店】
住 所:大阪市中央区船場中央1−4 船場センタービル2号館 B2F    MAP
電 話:06-6263-1146
営業時間:11:00〜20:50  ※土曜日は、11:00〜15:00
煙 草:喫煙可
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

串打ち三年 裂き八年 焼き一生。これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。串打ち三年 焼き一生。うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。本当にそうなのか・・・そう思い、鶏肉を買ってきて、 ...
続きを読む
串打ち三年 裂き八年 焼き一生。

これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、
焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。

串打ち三年 焼き一生。

うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。

本当にそうなのか・・・
そう思い、鶏肉を買ってきて、自分で串に鶏肉を刺して焼き鳥を作ってみました。

先ずは、串打ち。
思った以上に堅いのです^^;
特に皮の部分が大変で、これを毎日100本以上もするのかと思えば、気が遠くなるくらい^^;
もちろん、"超お得な串”と、"大ハズレの串が出来てしまいます^^;

そして、焼き。
見てると簡単そうに見えるのですが、実際にやってみると、なかなか上手くいかない^^;
ちょうど良い部分と、半生の部分が混ざったり、焦げた部分とちょうどよい部分が混ざったり、
串だけ焼けて、途中で折れてしまったり・・・。

あはは^^;
本当に上手くいきません。
やはり職人さんが焼き鳥が良いようですね。

そんなわけで、ふらっと立ち寄ったのが、
北新地にある"とり甚”さん。
                IMG_3939

こちらのお店は、昼は鶏肉の卸屋さん。
夜は、焼き鳥や鶏料理を提供してくださるお店に変身します。

1階は立ち飲みで焼き鳥を楽しむことができて、予約すれば、2階の席で地鶏鍋を楽しむことも出来るのだとか。

この日は、ちょっと早目の時間に、ふらっと立ち寄らせていただきました。
実は私、この日はこちらお店に初訪問だったのです^^;
(こちらのお店、北新地では老舗。何と、創業は1954年だそうですよ!)

入口に近いカウンターに落ち着き、まずは瓶ビールで乾杯!
生ビール(中)も瓶ビール(中瓶)も、同じ値段で楽しめますよ。


        IMG_3931

先ずは、生物からお願いしましょう。
やはり、生肝かな・・・。

       IMG_3932
牛生レバーは、食べることが出来なくなってしまいましたが、新鮮な鶏のレバーならば大丈夫。
こちらのお店でもいただくことが出来ますよ!

見るからに新鮮な色合いの生肝。
甘みがあって美味しいです(^^)(^^)

そして、焼き鳥も何かお願いしましょう・・・。

           IMG_3934

店内には、こんな感じで冷蔵ケースがあって、実際に見て選ぶことが出来ますよ。

こちらのお店では、大女将が串を焼いてくださいます。
結構ご高齢であるとは思うのですが、串を目の前にすると、すごいオーラを感じることが出来ます。

IMG_3936

こちらは、ズリサンドと、きも。

焼肉の”ミノサンド”が、ミノに脂を残したもの。
そして、ズリサンドも同じく、脂が残ったズリ。
ですので、コリコリ感と、ジューシィさが同居していて、ものすごく美味しいのです。
これは珍しいですね(^^)

きもも、ネギと一緒に串に刺されていて、美味しいですよ。

       IMG_3937
そして、せぎもと、特選焼鳥。

せぎもの柔らかさに感動!
そして、特選焼鳥は、「これでもかっ!」ってくらいに、身がギッシリです(^^)

更にもっといろいろ・・・・
と行きたいところでしたが、続きはまた、今度のお楽しみ。
そんな感じで、サクッと立ち寄っても楽しいですよ(^^)

早目の時間に、サクッと。
そして、深夜まで営業しているので、〆の焼とり使いにも面白いのではないでしょうか。
是非また、お邪魔させていただいます(^^)









【とり甚】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−2−2    MAP
電 話:06-6341-6520
営業時間:17:30〜翌4:00 ※土曜日は21:00頃まで。
煙 草:喫煙可
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

市場での食事は美味しい!そんな言葉を聞いて思い浮かべるのは、鮨屋さん。市場にあるので、ものが新鮮なのは間違い無し。しかも、魚屋さんが直接やっているところもあるので、安いから嬉しい(^^)築地市場の寿司屋さんなんて、開店時間の朝5時には長蛇の列が出来ているほどで ...
続きを読む
市場での食事は美味しい!

そんな言葉を聞いて思い浮かべるのは、鮨屋さん。

市場にあるので、ものが新鮮なのは間違い無し。
しかも、魚屋さんが直接やっているところもあるので、安いから嬉しい(^^)

築地市場の寿司屋さんなんて、開店時間の朝5時には長蛇の列が出来ているほどですものね。

ここ、大阪の天満市場にはそういう現象はなく、ピークは朝ではなく、夕方から。
朝ごはんを求めるならば、木津市場の方へ行くといいようですね。

夕方、日が暮れる頃になると、天満市場の屋台風なお店に明かりが灯り 、徐々に活気づいていくのを見ることが出来ます・・・

とはいっても、千と千尋の神隠しみたいに、豚に変身させられて、 食べられることにはならないので、ご安心を^^;

そんなお店の中でも、周りの景色に素晴らしく溶け込んでるお店があります。

            IMG_0824
この日にお邪魔させていただいたのは、ベトナム料理のお店、
”ベトナム屋台酒場 デンロン”さん。

美味しいという評判のもと、友人に連れて行っていただき、本当に美味しかったので、
またすぐに再訪してしまったほどです(^^)

平日だったので、席には比較的う余裕があり、奥のテーブル席に座らせていただきました。

まずはメニューを確認します。

  IMG_0763

        IMG_0764
写真入りで見やすいですね。
美味しそうなのがずらりと並んでいますよ。

 IMG_0766

        IMG_0767
食べたことがない料理が多いですが、ここは直感で選びましょう。


先ずはベトナムのビール、333(バーバーバー)で乾杯!

          IMG_0753
スッキリとした味わいで美味しいですよ。

先ずは、こちらの料理を。

   IMG_0757
これは、ゴイクンといって、ベトナムの生春巻きです。
一緒についてくる、ヌックマムに付けていただくと美味しいですよ。

    IMG_0771
これはバインセオといって、ベトナム風のお好み焼きのようなものですね。
   IMG_0773
タップリと、タレにつけていただきます。

          (^^)(^^)

これだけいろいろなものがあると、迷ってしまいます・・・
ので、ベトナム人のアルバイトの方に聞いてみて、オススメを持ってきていただきます。

        IMG_0760
持ってきていただいたのは、空芯菜のガーリック炒め。
シンプルに見えますが、これがけっこう美味しいのです。

       IMG_0768
味付けがいい感じなのですよね。
ベトナムも日本も醤油がある国。
言わば、「醤(ジャン)の国」だと思うのですよね。
だから、すんなりと美味しく感じられるのでしょうね(^^)

こういうものをいただくと、ベトナムのお酒を飲みたくなってきます。

       IMG_0774

IMG_0778

これは、ベトナムの地酒、ネップモイと、ルアモイ。
ボトルに書いてありますが、分類はウォッカになるのですね。
でも、その味わいは私達が知ってるウォッカとは違います^^;
結構アルコールが高いので、ゆっくり飲まれることをオススメします!

そして次の料理は、シーフードつくねのライスフレーク揚げ。
         IMG_0776
これも、自分では頼まないかもしれない逸品ですね。
そして、これもかなり美味しい!

      IMG_0780
テーブルの上には、ベトナムの卓上調味料が置かれているので、いろいろ試すと楽しいですよ(^^)

そして、豚バラキムチの屋台串。
         IMG_0783
ちょいとピリ辛。
でもこれくらいのほうが食欲が増進されるのですよね(^^)

再びメニューに目を落とすと、「カレー」の文字が飛び込んできます。

    IMG_0789
と、いうわけで、ブーパッポンカリー(ワタリ蟹のカレー炒め玉子とじ)をいただきます。

まずはそのまま食べてみる・・・

うん、美味しい!
甘みを感じる、ココナッツカレーのような感じですが、蟹の旨味がいい感じ。
そして、少しだけピリッとした辛味が心地良いです。

さらに、一緒に注文したごはんに少し掛けてみます。

            IMG_0795
固めに炊かれたご飯が美味い(^^)(^^)
これ、ドンドン食べ進んでしまいますよ!

そんな感じで、食べ進んでいくと、途中で悪魔みたいに辛い唐辛子に遭遇しました^^;^^;^^;
メニューの唐辛子マークは2つ。
でも、中にすごく辛い欠片が入っているのでご注意を^^;

そして、これはどうしても食べたかった、バインミー。

         IMG_0801
初めてバインミーを食べたのは、東淀川区の”f−cafe”さんで。
それがあまりにも美味しかったので、それ以来メニューに見つけたら、必ずと行っていいほど注文してしまいます。

ここのバインミーもパンが美味しく、かなり満足させていただきました。

そして、〆にはフォーを。

       IMG_0804
フォーポータイと言って、牛シャブのフォー。
これに対して、鶏肉のフォーは、フォーガーと言います。

牛肉もレア状態でいい感じです。
一緒に付いてくるパクチーも投入して、
       IMG_0808
いただきましょう。

             IMG_0810


          (^^)(^^)
美味い!
最初は優しい感じの味わいですが、いろんな調味料を入れてみて、あじの変化を楽しむのもアリですよ!

ベトナム屋台酒場 デンロンさん、
店内の雰囲気もいい感じで、しかも美味しい!
   IMG_0756
          IMG_0819
この秋、9月14日にオープンしたところなのですね。

私達がお店を出る頃には、入口のテラス席にもお客さんが座られていて、かなり賑やかになっていました。
もう、人気店なのですね。

私もすでに再訪済。
でもまた、行ってしまうと思います(^^)







【ベトナム屋台酒場 デンロン】
住 所:大阪市北区池田町6−16    MAP
電 話:06-6354-2335
営業時間:16:00〜翌4:00
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の自動車って、世界各地に輸出されていて、評判も良いみたいです。小型で、故障が少なく、燃費もいい。そして船も、日本製の船ってたくさんありますよね。でも、日本製の飛行機は不思議なほど飛んでいない。記憶にあるのは、東亜国内航空で旅する時には乗れた、YS11。何 ...
続きを読む
日本の自動車って、世界各地に輸出されていて、評判も良いみたいです。
小型で、故障が少なく、燃費もいい。

そして船も、日本製の船ってたくさんありますよね。
でも、日本製の飛行機は不思議なほど飛んでいない。

記憶にあるのは、東亜国内航空で旅する時には乗れた、YS11。

何故、日本製の飛行機はないのか・・・。

それは、太平洋戦争のときに活躍した、ゼロ戦が原因のひとつかもしれません。
ゼロ戦・・・映画「永遠の0」でも、登場した日本製の戦闘機です。

ゼロ戦って、性能がずば抜けてよかったのだとか・・・。
速度、飛行性能、旋回能力そして、爆撃力。


ところで、ゼロ戦ってどこから弾を発射するのかご存知でしょうか?

ゼロ戦の弾は機首から発射されるのです。
       BlogPaint

ご覧のように、プロペラの後ろにあるのが、機銃・・・

え、プロペラの後ろ?

機銃を撃つのは、当然飛行中。
ということは、プロペラは回転している・・・
1秒間に機銃の前を、プロペラが100回は通過する・・
弾がプロペラには当たらないのか?


それを、当たらないように計算されて機銃が発射されるからゼロ戦ってスゴイんですよね。

そんな技術を、戦前日本が持っていたから、戦後アメリカは日本で飛行機を製造することを禁止したのでしょうね。
(ところで、MRJはいつ、就航するのでしょうね^^;)

さて、太平洋戦争と言えば、日本は敗戦国になり、ソ連が日本を分割占領する案が出されたのだとか。
          日本分割占領案
その案を聞いた、当時のセイロン(現在のスリランカ)代表の、ジャヤワルダナ大臣は、その案に猛反対し、演説をしたのだとか。
詳細は、コチラのHPに詳しく書いてあります。

恥かしながら、私はこの話を知りませんでした。

さて、そんなスリランカのことを思いながら、この日は守口市に出来た、スリランカレストランに・・・。

        IMG_2500

お伺いしたのは、”ニルミニ”さん。

京阪電車の土居駅からアーケードの商店街を歩いて2〜3分のところにお店があります。
アーケードがある商店街の中・・・ということは、雨の日でも駅から傘なしで行くことが出来ますよ!

      IMG_2501
本場のスパイスと材料にこだわったスリランカ料理。
辛さも調節出来るのだとか・・・。


では早速お店の中へ。
店内に入ると、女性店主、池本ニルミニさんが笑顔で迎えてくださいます。

席につき、まずはメニューを確認します。
 IMG_2470

    IMG_2471

           IMG_2472

IMG_2483

        IMG_2484


日替わりランチは、メインのカレーと野菜カレー、豆カレーと、サラダなどの副菜がまわりに添えられた、よく見るスリランカカレーのスタイル。
それにしても、850円はスリランカカレーにしては安いと思います。

そして、ランチでコッテュがいただけるのも嬉しいですね。

この日の注文は、日替わりランチを、メインのカレーはポークでお願いしました。

「通常は日本人向けに、辛さ控えめにしてますが、辛いのは大丈夫ですか?」

と、店主ニルミニさん。

「スリランカのカレー大好きで、よく食べ歩いています、大丈夫です!」
「そしたら、スリランカの唐辛子とかも大丈夫?」
「はい、大好きです。」


というわけで、辛くしてもらえるようにリクエストしました。

店内は、テーブル席が並び、10席ほど。
 IMG_2478

           IMG_2474
そしてこちらのお店、レストランとしてだけではなく、お店の奥では、スリランカのオイルマッサージ、
アーユルヴェーダもされているのだとか(要予約)。

そんな感じで、店内を見せていただいたりしていると、
お願いした日替わりランチのカレーが出来上がってきました。

       IMG_2487
おぉ、綺麗に盛られています。
上に乗っかるパパダンを見て、シーギリアロックを連想してしまうのは、私がスリランカ好きだからか^^;
  
メインカレーにはポーク。
そして、野菜のカレー、
     IMG_2488

豆のカレーが添えられています。
        IMG_2490
まずはそれぞれのカレーを味わいましょう。

        IMG_2492

            (^^)(^^)

美味しい!
パンチが効いた辛さと、香り。
そして、素材の旨味が口の中に広がります。

以前こちらのお店に食べに来たことがある友人から聞いた話では、
「手食のことも考えての温度なのかぁ・・・もう少し温かければ。」
と言っていたので、そうなのかと思っていましたが、
しっかり温かく、美味しいです。

それぞれのカレー単体の味わいを楽しんだあとは、少しずつカレーを混ぜて、その味の組み合わせを楽しみましょう。

こんな感じで、味を組み立てながら楽しめるのが、スリランカスタイルのカレーを面白いところですよね。

そして後半は、すべてのカレーを混ぜ合わせて、複雑に絡み合った美味しさを存分に楽しみます。

              IMG_2494

        (^^)(^^)(^^)

美味さ爆発!
こうなるともう、スプーンを持つ手が止まりません。
そんな感じで、気がつくとキレイに完食です。

店主の池本ニルミニさんは、スリランカのコロンボで、外資系会社の秘書、警察官などをされたあと、
1990年の大阪鶴見緑地で開催された、花と緑の博覧会(花博)で、コンパニオンをされていたのだとか。

スリランカと守口市をこよなく愛し、
守口市の知名度を上げ、日本とスリランカの架け橋になるような活動をされているそうです。

お店に来ると、いろんな話を聞けるかもしれませんよ。
守口の本格スリランカ料理、ぜひ食べに行ってみてくださいね。

特別な小麦粉を使って作るコッテュも、気になるので、
次回はそれをお願いしてみようと思います!










【スリランカレストラン ニルミニ(Nilmini)】
住 所:大阪府守口市金下町1−1−9    MAP
電 話:080-2401-8080
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜23:00 
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



     

スリランカレストラン ニルミニスリランカ料理 / 土居駅太子橋今市駅滝井駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

          
このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ野球のクライマックスシリーズが面白い!高校野球は好きだけれど、プロ野球は面白くないっていう声をたまに聞きます。そんな方に、「高校野球が好きって言うことは、野球が嫌いなわけでは泣きでしょう? なぜ、プロ野球じゃダメなんですか?」(なぜ、2位じゃダメなんで ...
続きを読む
プロ野球のクライマックスシリーズが面白い!

高校野球は好きだけれど、プロ野球は面白くないっていう声をたまに聞きます。
そんな方に、「高校野球が好きって言うことは、野球が嫌いなわけでは泣きでしょう? なぜ、プロ野球じゃダメなんですか?」(なぜ、2位じゃダメなんですか・・・じゃないですね^^;)
と聞くと、

「手を抜いてるように見えて、一生懸命さが見えないから。」という回答が返ってくることが多いのです。

でも、今は違いますよ!
優勝がかかった、クライマックスシリーズ。
これは、流石にレベルが高い。
プロが本気でやると、こんなに面白いのかと思ってしまいます。

とはいえ、雨が多いですね、ここんとこ。
甲子園のあの試合なんて、田んぼの中で野球やってるみたいなものでしたよね。

すべての日程が雨天中止になると、不戦勝でファイナルステージ進出・・・
これには、流石に違和感ありました。

一勝一敗のまま、3試合目が雨で中止になると、不戦勝で、ファイナルステージ進出・・・
これも、シックリは来ない。

3試合ちゃんとやって、結果は残念でしたが(DeNAファンの方、ゴメンナサイ)、あれならば納得です。
来年また、盛り上がりましょう!

さて、野球の試合じゃないけれど、本当に雨が多いですよね、最近。

気候もよく、屋外でのBBQも最高の季節・・・
のはずが、長雨続きでは残念。

でも、先日お伺いさせていただいた、こちらのお店ならば、そんな心配も必要なしです。

         IMG_1412
お伺いさせていただいたのは、
”アール・リバーサイドグリル&ビアガーデン”さん。

「北浜」、もしくは京阪中之島線の「なにわ橋駅」を上がってすぐ、中之島バラ園の横にお店はあります。
          IMG_1408
こちらのお店では、手ぶらで気軽にBBQを楽しむことが出来るのです。
      IMG_1413
通常でも、こんな感じなのですが、10月1日からは、こんなお得なプランが始まっています。
            IMG_1422
秋の手ぶらBBQセット お1人様 2,500円。

ひとり1,500円プラスで、飲み放題が付けられるほか、飲み物やお菓子などの食材の持ち込みも自由。
   (生物や、生肉など、加熱が必要な食材は不可)

そんな秋の手ぶらBBQセットを、体験してきました。

天気が良い日には、バラの花を間近に見ながら、BBQを楽しむこともできますし、
      IMG_1415

もし、予約した日が雨でも、こんな感じで、屋根付きのテーブルでBBQを楽しむことができますよ。
            IMG_1419

爽やかな風を感じながらのBBQ、食材はこんな感じのものを提供してくださいます。

生ビールで乾杯の後、まずは枝豆をつまみます。
  IMG_1428

そして、BBQでいただけるのは、こんな感じ。
    IMG_1426

牛ハラミ、スパイシーチキン、きのこと茄子のホイル焼き、ソーセージ、焼野菜。

          IMG_1433
  トルティーヤ ピッツァ。

そして、秋の味覚といえば、
   IMG_1439
秋刀魚もその場で焼いて、いただくことが出来るのです。

というわけで、BBQコンロに乗っけて、焼いていきましょう。

           IMG_1444
こんな感じで、乗っけると、けっこう賑やかですよね(^^)

煙を出しながら焼いたほうが美味しいと言われる秋刀魚も、屋外ならば問題なし。
遠慮なく焼くことが出来るのがうれしいですよね。

     IMG_1452
いい感じに焼きあがっています(^^)
余分な脂が落ち、いい感じに焼きあがっていますよ。

肉も、ひとつひとつが大きくて、嬉しくなってきますよね。
       IMG_1448
さて、ハラミが焼きあがったので、早速いただきましょう。 
    
   IMG_1450
これ、焼肉・・・というよりも、ステーキですよ、この厚さ、ボリュームは!
しかも、これがまた、柔らかくて美味しいのです(^^)(^^)

そして、スパイシーチキンはこんな感じ。

      IMG_1462
慌てず、じっくりと焼き上げることで、外はカリッと、中はジューシィに仕上がります。

こちらのお店で使う、BBQコンロは、ガスを使っているので、火力の調整が簡単!
だから、仕上がりも自由自在にコントロール出来るのです。

そして、このソーセージの美味いこと!

          IMG_1455
たかが、ソーセージ。
人数合わせ品数を多くするための、完全脇役かとナメてましたが、食べてみると、これが美味いのです(^^)(^^)

そしてもう一つのワクワク感は、忘れた頃に開く、ホイル焼き。
      IMG_1459
BBQ料理の醍醐味ですよね。

そして、トルティーヤのうえに、ソースを塗って、具材とチーズを乗っけて自分で焼く、トルティーヤピッツァ。

              IMG_1464
これを、BBQコンロに乗っけて、焼いていきます。

    IMG_1467
皮はパリッと感としっとり感が同居して、最高の状態で仕上がります。

そんな、秋の手ぶらBBQセット、プラス1,500円の飲み放題メニューと、追加食材のメニューはこんな感じです。

  IMG_1423

           IMG_1424

行楽に、最高の今の季節にいかがでしょうか?
この味わい、この内容で、このお値段は、かなりお得だと思いますよ!

ぜひ予約していってみてくださいね!
       

    
        







【アール・リバーサイドグリル&ビアガーデン】
住 所:大阪市北区中之島1 中之島公園内 バラ園    MAP
電 話:06-6202-0112
営業時間:16:00〜23:00(L.O.22:30) ※土日は、11:30〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



  

アール・リバーサイドグリル&ビアガーデン焼肉 / 北浜駅なにわ橋駅淀屋橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5

             
このエントリーをはてなブックマークに追加

そのためだけに、わざわざ行って、どうしても食べたい・・・ というわけではないけれど、そこに行けば何故か食べなければ気がすまないものって、ありますよね。  名物に多いような気がします。 姫路駅のホームにある、立喰の麺。 出しはうどんや蕎麦のように、和出汁だけれ ...
続きを読む
そのためだけに、わざわざ行って、どうしても食べたい・・・
というわけではないけれど、そこに行けば何故か食べなければ気がすまないものって、ありますよね。

 名物に多いような気がします。
姫路駅のホームにある、立喰の麺。
出しはうどんや蕎麦のように、和出汁だけれど、麺は中華そばのそれ。

「地味に美味くて、やめられない・・・」

とでも表現すればいいのでしょうか?

そして、名古屋駅のホームにある「きしめん」。
うどんとも、蕎麦とも、ラーメンとも違う、独特の食感。

一時期、あの触感にハマり、新幹線で名古屋に行ったときや、東京から自由席で帰る時にも、わざわざ一度名古屋で降りて、食べて帰ったものです。

名古屋名物。
というだけあって、名古屋の街にはきしめんを食べさせてくれるお店は何軒かあるみたいですが、
大阪で常時食べることが出来るお店って、本当に数えるほどしかないのですよね。

ホワイティうめだの「あまの」さんと、
この日にお邪魔させていただいた、
長堀橋の"雑兵(ぞうひょう)"さん。

            IMG_8971
この日は、しこたま軽く飲んだ帰りの〆に寄らせていただきました。

扉を開ければ、この道"ん十年"という感じの店主が迎えてくださいます。

テーブルに席に座り、メニューを確認します。

        IMG_8973
きしめんのラインナップが結構スゴイ!
それだけでなく、味噌煮込みうどんも、もちろんありますよ。

    IMG_8974
午後8時までは、🉐セットも注文可能。
もちろん、ランチタイムにもOKです(^^)

しこたま軽く飲んだあとなので、ここでも軽くいただきましょう。
予定通り、きしめんをお願いします。

カウンターの中では、店主がきしめんと味噌煮込みうどんを作り上げてくのが見えます。

             IMG_8984
お昼の🉐商品 牛筋入り味噌煮込みうどん プラス ごはん  ¥1,000−
夜は単品で、980円の牛筋味噌煮込みうどんが、プラス20円でご飯がつくのは、本当におトク。
これは、ランチタイムにも来なければなりませんよね。

こちらのお店のきしめんは、全商品自家製。
拘りがあるようですね。

そんなことを考えていると、先に友人Aが注文した、味噌煮込みうどんが出来上がってきました。

           IMG_8977
おぉ、本当にグツグツいいながら出てきます、アツアツです!
これ、熱々のうちに、玉子を出汁に沈めると、半熟でいい感じになるのでしょうね。
こちらの味噌煮込みうどんは、きしめんと同じ平打ち麺ですよ。

そして、友人Bの月見きしめん。
     IMG_8979
たっぷりの鰹節と、ほうれん草、かまぼこ、薄揚げに葱と玉子。
何だか完璧ですよね!

そして、私のきしめんも出来上がってきましたよ。

             IMG_8981
いちばん基本のきしめんですが、盛りがキレイだからなのか、豪華に見えますよね。
それでは早速いただきます。
先ずは、出汁から・・・。

うん、美味しい!
大阪のうどんの出汁とは違い、少しシッカリめに感じるのは、たっぷりの鰹節の成せる技でしょうか?
すごくいい感じですね。

そして、麺もいただきます。

           IMG_8982
おぉ、この食感がクセになる。
コシが強いとか、そんなタイプではなく、どちらかと言うと柔らかいのですが、
この麺はこれがベストな状態だと、食べれば納得してしまいます。

ツルツルツル、  ズズッ〜、  シャキシャキ。

麺をすすり、出汁を味わい、ほうれん草の食感を楽しむ。
そして、タップリとだしが染み込んだ揚げを食べると、すごく幸せな気持ちになります。
五臓六腑に染み渡るとは、このことでしょうか?

そんな感じで、夢中で食べすすみ出汁まで完食。

最初は、ちょっと黙々と仕事する無口な店主かと思いきや、
私達の食べっぷりを見て、認めてくれたのか、いろいろと話しをしてくださいます。
もうこの場所で、30年以上も続けられているのだとか。

その後、店主の特技もご披露いただき、本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

ぜひまた、ランチタイムにもお邪魔させていただきたいと思います。









【雑兵(ぞうひょう)】
住 所:大阪市中央区東心斎橋1−10−5    MAP
電 話:06-6241-9522
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜23:00
煙 草:
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

青ヶ島ってご存知でしょうか?小笠原諸島の島のひとつで、東京からの距離は約360km。東京都にありながら、人口が一番少ない村で、島民はわずか200人ほどの島なのです。なんで、そんな辺鄙な島のことが気になるのか・・・。          これが青ヶ島。これを見ると、 ...
続きを読む
青ヶ島ってご存知でしょうか?

小笠原諸島の島のひとつで、東京からの距離は約360km。
東京都にありながら、人口が一番少ない村で、島民はわずか200人ほどの島なのです。

なんで、そんな辺鄙な島のことが気になるのか・・・。
          青ヶ島
これが青ヶ島。
これを見ると、行ってみたくなりませんか?

でも、ここに行くには、それ相応の運と試練が必要なのだとか。

羽田空港から、飛行機に乗って、八丈島まで45分。
そこからは、ヘリコプターで20分で到着なのですが、このヘリコプターは1日に1往復のみで、しかも定員は9人。

では、船で行けばいいのでは・・・。
はい、船も就航しています・・・が、青ヶ島周辺は天候次第で欠航も多く、就航率は何と、50%!
無事に行き着くことが出来ても、帰りの船が出ない、ヘリが飛ばないなんてことは、日常茶飯事だそうで、旅程に余裕が必須なのです。

そんな条件が厳しい島、選ばれし者だけが上陸できる島ではあるのですが、最高に美しいのだとか。
一度入ってみたいと、密かに狙っております^^; 


さて、選ばれし者だけがたどり着けると言えば、立ち喰いの寿司屋さん・・・立ち寿司で、かなりお値うちなお店に連れて行っていただきました。

お伺いしたのは、西中島南方駅からすぐのところにある、
”立ち寿司 杉尾”さん。
            IMG_2282
立ち寿司とは言えど、その味は侮れないのだとか・・・。
店内に入り、入口の近くのテーブルを陣取ります。

先ずは、秋鹿のひやおろしで乾杯!

           IMG_2254
とは言っても、なみなみと注いで下さるので、まずは自分から迎えに行きます^^;

そして、付き出しは釜揚げしらす。
    IMG_2256
これ、ごま油をアクセントにしていて、なかなか美味しい!
ちょっとした小技もキラリと光ってますね。

ここに来たならば、やはりお鮨をいただかないと。
メニューはこんな感じですよ。
        IMG_2258
びっくりすることに、まぐろ・茹でタコ・玉子(自家製)・梅くらげは1貫50円で、 1貫から注文することが出来ます。

レギュラーメニューの他に、黒板メニューもありますよ。
     IMG_2266


そして、お酒のラインナップはこんな感じ。

          IMG_2277
 これが、季節によって変わるから楽しいのですよね。

回転寿司の方が安いやん・・・

こらこら!

ここは、"立ち”とは言え、ちゃんと職人さんが注文を聞いてから握ってくれるお鮨屋さん。
そんなお鮨屋さんで、この値段は破格ではないかと。

何はともあれ、実際に注文して、いただきましょう。

とりあえず、おまかせにぎり寿司 五貫盛りを。
           IMG_2262
え・・・こんな豪華なのを出してくださるのですか?
手前から、中トロ、鯛、カンパチ、鱈白子、鰻白焼。

それでは早速、中トロからいただきます。

    (^^)(^^)(^^)

美味い! これ、ホンモノですよ!
ネタもいいし、口の中でシャリが崩れ、ネタと一体になる感じも最高。

そして、鯛も・・・。

おぉ! 最初に甘みを感じたあと、シッカリと旨味を味わいことが出来ますよ。
もうこの時点で、完全に虜になってしまいます。

             IMG_2264
こりゃぁ、やはりお酒をいただかないと・・・
つぎは、静岡県の磯自慢をいただきます。
やはり、なみなみと注いでいただけます。 はい、嬉しいです(^^)

アテの方もいただいてみましょうか・・・。

         IMG_2269
こちらは、おすすめメニューの中にあった、あん肝。
丁寧に蒸されていて、嫌味な感じがしないのは新鮮な証拠。
それにしても、お酒がススミますよ(^^)
    
          IMG_2279
こうなると、どんどん気になるものを注文して、お祭り状態に・・・
したい気持ちはあるのですが、2軒めにサクッと寄った感じだったので、お腹のキャパが^^;
とはいえ、これは外せない逸品を。

        IMG_2275
これは、炙り鯖棒寿司。
肉厚の鯖をサッと炙り、シャリにも仕事がしてあります。
ハーフでたったの780円なのですが、これもめっぽう美味い!

あまりにも美味しかったので、お土産に1本買って帰ったほどなのです(^^)

         IMG_2257
店内は、こんな感じで立ち席のみで、椅子はないのですが、女性同士のお客さんも何組かいて、明るく入りやすい感じですよ。

週末のちょっとだけ贅沢な気分を、リーズナブルに楽しむのに最高です。
あ・・・記事を書いていたら、また食べたくなってきました^^;
近々、確実に立ち寄ってしまうと思います。






【立ち寿司 杉尾】
住 所:大阪市淀川区西中島3−19−7 第1ユヤマビル    MAP
電 話:06-6304-2424
営業時間:18:00〜翌5:00  ※祝日は、18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

座席によって、値段に差をつければ面白いのになぁ・・・。そんなこと、ふと考えてしまいます。え、何の話かって?飛行機とか新幹線とか、座席指定の乗り物の席のことです。今でも、ファーストクラス・ビジネスクラス・グリーン車など、明らかに座席の広さや設備、サービスに ...
続きを読む
座席によって、値段に差をつければ面白いのになぁ・・・。

そんなこと、ふと考えてしまいます。
え、何の話かって?
飛行機とか新幹線とか、座席指定の乗り物の席のことです。

今でも、ファーストクラス・ビジネスクラス・グリーン車など、明らかに座席の広さや設備、サービスに差があるものは、値段が違いますが、
同じ設備の座席・・・普通車やエコノミークラスでも、窓際、通路側、中央席で差をつければ面白いかなぁ・・・と。
ピーチなどのLCCは、座席の場所によって、値段が違いますよね、実際に。

例えば、新幹線「のぞみ」の、名古屋〜新横浜の区間の、富士山が見えるE席は500円高く、3人掛けのB席は、500円安いとか、
車両の端、人の行き来が多い、自動ドアのところの席は、少し安くするとか。


ま、東海道新幹線の場合、ビジネス客が圧倒的に多く、富士山側の窓際が高くなると、誰も座らないかもしれませんが^^;

実際には、車両の端の席には、全席コンセントが付いていて、テーブルも広いというメリット、
3人掛けの真ん中、B席は、他の席に比べて、幅が若干広いという、差が現在もあるのですが。

場所によって値段が変わる・・・
ちょっと面白いと思いませんか?


さて、場所・・・部位によって、美味しさが変わるのが、肉。
それも、熟成肉ならば、その差はもっとわかりやすいかと。

この日にお邪魔させていただいたのは、北新地に、この9月にオープンした熟成肉のお店、
”Bacco(バッコ) Aiging Bar”さん。
           IMG_1406
お店は、堂島アバンザの近くにあります。

階段を上がって2階に行くと、フロアが広がっています。
この日は、レセプションにお招きいただき、お邪魔させていただきました。

その旨を伝えると、もう一つ上のフロア、3Fに案内してくださいました。

      IMG_1214

3Fからは、こんな感じで吹き抜けから見下ろすことが出来ますよ!
  (とは言っても、2階の席のお客さんのテーブルは、直接見えないように工夫がしてあります。)

2Fは、カウンター席が4席と、テーブル席が32席。
そして、3Fは、6名対応の完全個室と、6名対応の半個室になっていて、つなげて12名まで対応できるみたいです。

席に座り、メニューを確認します。

 IMG_1288

       IMG_1285

          IMG_1286

 IMG_1287

こちらのお店は、熟成肉だけではなく、本格的なイタリアンも楽しめるみたいですね。
そして、飲みのものメニューはこんな感じです。

        IMG_1213

まずは生ビールで乾杯!
その後すぐに、こんなものが登場!
    
      IMG_1222
かなり存在感のある、生ハム。
これを、こちらのお店のダニエルさんに切りわせていただきます。

        Bacco1
ダニエルさん、生ハム切り出しコンテスト優勝されたこともあるのだとか。
鮮やかな手さばきで、生ハムを目の前で切り出してくださいます。

     IMG_1256
こちらは、イタリア産プロシュート。
柔らかく、サラッと食べてしまいそうになります・・・・が、オススメはシッカリと噛みしめること。
そうすれば、どんどん口の中に旨味が広がっていきますよ!

あぁ、思い出しただけでも、ジュルッと^^;

      IMG_1283

そして、燻製サーモンと鯛のカルパチョ サラダ仕立て。
サーモンって、燻製にすると、すごく旨味が増しますよね。

燻製と言えば・・・。
こちらのお店では、こんな料理もいただくことが出来ます。

    Bacco2
これは、生雲丹と牛肉ユッケの瞬間燻製。
煙に包まれた容器でて供していただけ、目の前で蓋を取ってくださいます。

         IMG_1306
中からはこんな感じで、生雲丹と牛肉のユッケが。
卵黄を崩しながら混ぜ合わせて、いただきましょう。

そして、Bacco特製ポテトサラダ。
      IMG_1292
運ばれてきた時には、メンバー一同、「何これ?」状態。
卵黄の海に浮かぶのがポテトサラダで、その上にはチーズ!
ブラックペッパーがいいアクセントになって、かなり美味しいですよ。

さらに、次の料理は、自家製ボロネーゼとフォワグラエスプーマのタリアテッレ。
仕上げに、目の前でフォワグラのエスプーマをかけて仕上げられます。
          IMG_1337
よく混ぜ合わせていただくと、複雑な旨味が口の中に広がります(^^)

そして、いよいよ熟成肉の登場。

        IMG_1340
この日は、4種を盛り合わせでいただきました。

これも、ダニエルさんが目の前で切り分けてくださいます。


             IMG_1356

こうなってくると、やはりワインがいただきたいですよね。

        IMG_1389
いただいたのは、レバノンのワイン、”Chateau Musar(シャトー・ミュザール)2009”
先ほどから、生ハムと切り出してくれたり、熟成肉を切り分けて下さっているダニエルさん、
その実態はワインエキスパート。

好みを伝えると、サッとワインを選んでくださいますよ。
(ワインについて語る時の表情が楽しそうだこと(^^))

        IMG_1387

熟成肉の盛り合わせは、
14日熟成 牛タン、
35日熟成 黒毛和牛ランプ、
35日熟成 黒毛和牛肩ロース、
20日熟成 茶美豚肩ロース。


これは本当に贅沢な食べ比べですよ(^^)

そして、デザートには無花果のタルトもいただき、大満足させていただきました。
              IMG_1401

北新地の熟成肉レストラン、
ちょっとお高いイメージがあるかもしれませんが、飲み放題付きで、5,500円のコースも用意されていて、オトクに楽しむことが出来ますよ!

こちらのお店、ランチタイムも営業されていて、
BACCO特製ローストビーフカレーランチ、
牛ロース レアステーキランチ、
熟成和牛ハンバーグランチ
を楽しむことが出来ますよ。

ランチメニューは全て、880円!

ランチタイムにも、ぜひ行かなければなりませんね(^^)










【北新地 熟成肉 Bacco Aging bar(バッコ)】
住 所:大阪市北区堂島1−5−40 森田ビル 2F    MAP
電 話:06-6341-8116
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜23:30(L.O.23:00) 
煙 草:分煙
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

何年くらい前でしょうか? 大阪でスパイスカレーが流行りだしたのは。気がつけば、カレー・・・。そんなわけではないけれど、カレー本を片手に、いろんなカレーのお店を巡っていたときのことを、たまに思い出します。カレー本・・・まだ、インターネットが普及して間もない ...
続きを読む
何年くらい前でしょうか? 大阪でスパイスカレーが流行りだしたのは。

気がつけば、カレー・・・。

そんなわけではないけれど、カレー本を片手に、いろんなカレーのお店を巡っていたときのことを、たまに思い出します。

カレー本・・・まだ、インターネットが普及して間もないころ、
貴重なお店の情報源でした。

インデアンカレー、ピッコロ、船場カリー、京都木屋町のインデアン、SAVOY・・・。

ダイレクトに辛さを感じるカレー、
最初は野菜やフルーツの甘さを感じ、その後から辛さが追いかけてくるカレー、
サラッとした口当たりで、肉の旨味が広がるカレー、
和の出汁の風味が広がるカレー・・・。


そんな感じの欧風カレー、煮込み系のカレー屋さんが多かったと思います。

そんなある日、私に衝撃を与えたお店がありました。

2008年に北浜のオフィス街にオープンしたカレーのお店、
”コロンビア8”さん。

こちらのお店で食べたカレーの味が忘れられなかった。
サラッとしていて、スパイスの香りと味わいが半端ない、
そして、しばらく旨味の余韻に浸る・・・。

これが、スパイスカレーに目覚めた一皿でした。

初めてのコロンビア8の記事はコチラ、
再訪時の記事はコチラ。

この日は、久しぶりにコロンビア8さんの北浜本店にお邪魔させていただきました。
           IMG_2520
人気店は雨の日をねらえ!
そんな名言、どなたかが仰ってましたね。

今では開店時間から、お客さんが押し寄せる大人気店となったこちらのお店、
流石に今日は大丈夫かな・・・
そんなことを思いながらの訪問です。

          IMG_2517
ビルの1F、入り口のところにはメニューボードが掲げてあり、ここの2Fにお店があるのがわかります。

      カレーしか考えられへん。

今となっては、名言ですね、これ(^^)

階段を上がり、2階に行くとすぐにお店の入り口がありますよ。

        IMG_2516

こんにちは〜・・・  ま、満席?
と思いきや、ひとつだけ席が空いているようです。

カウンター席に座らせていただき、黒板のメニューを確認します。

         IMG_2503
定番のキーマカレーか、辛口の花火狙いでしたが、ミックスカレーもあるじゃないですか!
でも、ほうれん草カレーだけは売り切れのようです。

そして、ミックスカレーの辛口版(花火のミックスカレーですね)、ミックスカレーレッドがあったので、それをお願いします。

店内は、カウンター席のみで9席。
アットホームな雰囲気も昔のままで、懐かしい気持ちになります。

カウンターの中では、店主オギミールさんが丁寧にカレーを仕上げるのを見ることができます。
初めてお伺いしたときは、まだ開店してすぐの頃。

今では、こちら北浜本店の他に、堺筋本町、阿波座、上本町に支店を構えるほどにもなっています。
大阪の街のみんなが認めたカレー。
素晴らしいと思います。

そんなことを考えていると、お願いしたミックスカレーレッドが出来上がってきました。
      IMG_2505

     ししとうをかじりながらお召し上がりください!

私のように、初めてではない人にも、このセリフは必ず仰ってくださいます(^^)

  IMG_2507
それにしても、丁寧に仕上げられたカレーです。
この仕事は、今も昔も変わらず、
一切の妥協がないって感じですね。

それでは早速いただきましょう。

               IMG_2510

     (^^)(^^)(^^)

美味い!
その味わいは昔と全く変わらず・・・・ではない、確実に進化していますよ。
初めて食べて感動し、再訪してその旨味が確信に変わる。

その後、私もいろんなお店のカレーを食べ歩き、それぞれのカレーの旨味を知り、
昔よりも確実に舌も肥えてしまったと思うのですが、
それでも、ここのカレーは美味しい!

          IMG_2509
それにしても、これだけスパイスを粗挽きにして仕上げてあるのに、口の中に嫌な感じが一切しない。
これはもう、見事としか言い様がないのでは・・・。
改めてそんなことを感じます。

そして、左手にししとうを持って、一口かじります。

          IMG_2508

これが本当に、スパイスの味わいをよりクッキリさせてくれるのです。
であれば、ししとうのトッピングも・・・
いや、それは違うのです。
ビジュアル的にもそれは美しくないし、たくさん食べればいいというものではない。
ししとうを少しかじって、またカレーを味わう。
この行動こそが、コロンビア8のカレーを、よりいっそう引き立てて、美味しくいただく技なのです。

        IMG_2515
そして、マンゴージュースもいただきます。
これで、一旦口の中に甘みが広がります。

        IMG_2514
そしてまた、カレーを味わう。
完全に見えていたと思ったものの他にも、まだ隠れたものが見えてくる。
そんな立体的な美味しさを味わえるのです。

ど真剣に作られたカレーを、ど真剣に味わう。
まさに至福のひとときを味わうことが出来るのです。

そんな感じで、気がつけば完食。
そして、またすぐに食べたくなるから不思議ですね。

初めて食べて感動し、
再訪したときには、また新たな美味しさを発見できる。
そんな素晴らしいカレーだと思います。

渾身の想いで仕上げられたカレー、是非味わってみてくださいね!















【コロンビア8 北浜本店】
住 所:大阪市中央区道修町1−3−3 エビス道修町ビル 2F    MAP
電 話:06-6208-7788
営業時間:11:00〜15:00  ※土曜日は、12:00〜17:00
煙 草:
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



このエントリーをはてなブックマークに追加

10月1日は、「あけましておめでとうございます。」何のこっちゃ?普通はそう思われますよね。でも、日本酒の世界では、この日を境に新しい年が始まるのです。新しい年・・・醸造年。毎年10月1日から、その年の造りが始まる、日本酒。10月1日は「日本酒の日」、酒造元旦とも言 ...
続きを読む
10月1日は、「あけましておめでとうございます。」

何のこっちゃ?
普通はそう思われますよね。

でも、日本酒の世界では、この日を境に新しい年が始まるのです。
新しい年・・・醸造年。

毎年10月1日から、その年の造りが始まる、日本酒。

10月1日は「日本酒の日」、酒造元旦とも言われるそうな・・・。

そう言えば、10月に入って涼しくなると、お燗も美味しく感じますよね。
10月1日は日本酒で乾杯・・・・

の、その後はちょっとワインも飲みたくなってしまいます。

先ほどのお店で、日本酒とおでんをいただいたあとは、お隣のお店、

”ラ・カスエラ・ロハ”さんにお邪魔させていただきました。

            IMG_1051
スペイン料理って、アヒージョと・・・
では、実際にいただいてみましょう。

お店の前には、こんな感じでメニューボードが置いてあるので、どんなものがいただけるのか、大体のイメージは掴めますよね。
      IMG_1052
TAKE OUTも出来るのか・・・。
あ、そう言えばグランフロント大阪 北館6Fは、共有スペースにテーブルと椅子があって、そこで夜景を楽しみながら食べることも出来ますものね(^^)

とはいえ、今回は店内でいただくことにします。

メニューはこんな感じですよ。
  IMG_1127

     IMG_1128

IMG_1129

写真入りでわかりやすいですね。
そして、限定のメニューもあります。
          IMG_1057
気になるものが多すぎて、迷ってしまいますよ。

そして、お酒のメニューはこんな感じです。

       IMG_1130

IMG_1131

       IMG_1132

先ずは、スパークリングワインで乾杯!
   IMG_1157

スペインのスパークリングワインと言えば、CAVA。
シャンパーニュと同じ、瓶内二次発酵方式で作られているのですよね。
             IMG_1159

そして、スペイン料理と言えば、やはりアヒージョ。

   IMG_1072
先ずは、マッシュルームと生ハムのアヒージョ。

そして、スイートコーンとバターのアヒージョ。
         IMG_1069
いろいろ面白いのがありますね。

折角グループ出来たので、ひとり一つずつアヒージョを注文したりして・・・。

        IMG_1095
上から時計回りで、
スイートコーンとバター・オイルサーディン・合鴨とキノコ・海老・ 真いかとイカスミ・
マダコとヤングコーン、そして真ん中が、マッシュルームと生ハムです。

もちろん、バケットも一緒にいただきましょう。

           IMG_1078
これだけいろんな種類のアヒージョをいただけると、それだけで満足してしまいそうになりますね(^^)
でも、それだけではおわりませんよ。

やはり、パエリアもいただかなければ・・・。

        IMG_1118
これは、海の幸と山の幸のミックスパエリア。

本当にいろんな具材が入っていて、これをアテに飲むのもすごく楽しいですよ。

さらに、真いかとタコのブラックパエリア イカ墨仕立て。
   IMG_1120
イカ墨って、最初はものすごく抵抗がありましたが、一度食べて、その美味しさを知ってしまうと、
次からはすすんで注文するようになります。
但し、白い服を着ている時は、気をつけないと^^;

レモンサワーで一旦クールダウン。
        IMG_1062
でも、一杯飲むと、おかわりしたくなるのがレモンサワーの特徴ってもので・・・。
  IMG_1061

周りを見ると、同じような方々が^^;

           IMG_1066

さて、〆の料理はスペイン風の雑炊、
    
   IMG_1124

殻付きホタテ・ムール貝・アサリの3種貝のカルドソです。 
これ、出汁の旨味が半端ないですよ!
結構満腹になっていても、ついつい手が出てしまう、そんな逸品です。

陽気にスペイン料理で楽しんでみませんか?
日曜日と祝日以外は、朝の4時まで営業していますよ!





【ラ・カスエラ・ロハ】
住 所:大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪 北館6F    MAP
電 話:06-6485-7460
営業時間:11:00〜翌4:00  ※日祝は11:00〜23:00
煙 草:喫煙可
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハロウィンって、いつ頃からなんだろ・・・。ふと、そんなことを先日思いました。思えば、子供の頃にはハロウィン、無かったですよね?(無かったことはないだろうけど、日本には入ってきてなかった?)お正月以外でイベントと言えば、ケーキが付いてくる。誕生日、クリスマ ...
続きを読む
ハロウィンって、いつ頃からなんだろ・・・。

ふと、そんなことを先日思いました。
思えば、子供の頃にはハロウィン、無かったですよね?
(無かったことはないだろうけど、日本には入ってきてなかった?)

お正月以外でイベントと言えば、ケーキが付いてくる。
誕生日、クリスマス、ひなまつり(ひなケーキ、うちは買ってもらえなかったけど^^;)

ハロウィンが日本で馴染みになったのは、1980年台の前半。
キディランドが、ハロウィン関連商品を販売し始めたのがきっかけなのだとか。

今では、10月に入ると、街はカボチャで溢れかえる。
(11月1日になると、サッと消えるのは、12月26日の光景とよく似てますよね^^;)

そんなハロウィンを、日本酒とおでんで祝ってみませんか?

この日にお邪魔させていただいたのは、グランフロント大阪 北館6Fにある、日本酒とおでんのお店、
”さわら”さん。

       IMG_1020
オープンな雰囲気の中、出汁が旨いおでんと、ちょっと珍しい日本酒を堪能することが出来ます。

カウンター席がメインのようですが、テーブル席もありますよ。

メニューはこんな感じで、おでんだけではなく、日本酒に合う料理がいろいろ揃えてあります。
       IMG_1027
日本酒の日に、日本酒のお店とは言え、まずはビールで乾杯!
    IMG_1028
こちらのお店では、キリン一番絞りの生ビールを楽しむことが出来ます。

そして、料理はハロウィンに向けた限定のものを。

       IMG_1030
これは、いちじくの生ハム巻き。 

生ハムのしょっぱさと無花果の甘さがよく合います。
ということで、日本酒をいただきましょう。

          IMG_1033
先ずは、岩手県の酒、南部美人を。

きれいな味わいで、ワイングラスでいただくと、より一層香りを楽しむことが出来ます。

そして、おでんもハロウィン仕様。
    IMG_1041
こういう遊び心、いいですよね(^^)

そして、日本酒はこんなものもいただきました。

        IMG_1038
  
これは、デートセブンと読むのではなく、「伊達セブン」と読みます、
はい、宮城県のお酒なのです。

このお酒、7月7日 午後7時に解禁されるほどの拘りようなのだとか。
そして、このお酒のスゴイところは、宮城の7つの蔵がユニットを組んで造ったこと。
目にすることがあれば、ぜひ飲んでみてくださいね。

このお酒には、こんなものを合わせていただきました。

          IMG_1034
    りんごとクリームチーズの蜂蜜和え。


こういう日本酒の楽しみ方も、なかなか楽しいですよ。

IMG_1043
日本酒の日は10月1日ですが、ハロウィンに向けて、何だか楽しいことが行われています。
仕事帰りに、グランフロントに寄ってみませんか?

いろんなワクワク、待っていますよ!








【さわら】
住 所:大阪市北区大深町3−1 グランフロント大阪 北館6F    MAP
電 話:06-6485-7460
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の長雨、出かけるにもちょっと億劫な日曜日の昼下がり。たまには、ボーッとしてもいいかなぁ・・・。そんなことを思いながら、録画したDVDなど見てみると、昔はやった刑事モノが出てきて見入ってしまう。そして、出て来るお約束のセリフ、「あの車を追ってくれ!」でも、実 ...
続きを読む
秋の長雨、出かけるにもちょっと億劫な日曜日の昼下がり。
たまには、ボーッとしてもいいかなぁ・・・。
そんなことを思いながら、録画したDVDなど見てみると、昔はやった刑事モノが出てきて見入ってしまう。

そして、出て来るお約束のセリフ、

「あの車を追ってくれ!」

でも、実際には追ってくれないだろうなぁ^^;

そんな感じで、一度は言ってみたいセリフってありませんか?

「地球は青かった・・・。」
宇宙飛行士にでもなれば・・・あ、何年後化には実現可能なのかなぁ?

「俺を置いて逃げろ!」
容赦なく先に置いて行かれます^^;

「俺に惚れたら火傷するぜ!」
それ、ホントに言っちゃたら、あなたがヤケドします。

「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか?」
これは、言ってみたいではなく、聞いてみたいですね^^;(でも、実際に聞いてしまうと、機内は大変な状況ということに・・・。)

「マスター、いつものやつ・・・。」

先日お伺いしたこちらのお店では、そんなセリフ、言う必要が無いのです。
            IMG_2307
お伺いしたのは、三宮の地下街、センタープラザ東館のB1Fにあるカレーのお店、
"SAVOY”さん。

こちらのお店は、ビーフカレー1本勝負。
実は私、まだブログを始める前にこのお店の味にハマり、
仕事で三宮に行く度に必ず通っていたほどなのです。

お店に到着したのは、開店時間の11時を5分ほど過ぎた頃。
それでも、中にはすでにお客さんが4人ほど座っていました。
今でも変わらず人気のようですね。

入口に近いカウンター席に座ると、ごはんの量を聞かれます。

「ごはんの量、どうしましょ?」
「普通でおねがいします。」

会話はそれだけ。
そうすると、自動的にカレーが出てくるのです。

こちらのお店のメニューは、

  ビーフカレー 650えん
  玉 子    50えん
  ビール    400えん

以上。

はい、シンプルです。
でも、それだけに、ごまかしは一切きかない。

少しすると、サラダが先に出てきます。

          IMG_2287
キャベツにさっぱりとしたドレッシングがかけられたシンプルなサラダ。
でもこれが、カレーと一緒に食べると、すごくいい感じなのです。

そして、後を追うように、カレーも出来上がってきました。

IMG_2283
the・日本のカレー!
そんな感じなのですが、これが家庭のカレーとは全く違うのです。

           IMG_2286
ゴロゴロじゃがいもや、人参の姿は全く見えず、具は全てカレーの中にとけて凝縮されています。
その証拠に、繊維状になった牛肉がたっぷりと入っていますよ。

   IMG_2285
見た目も美しいターメリックライスは、固めに炊かれたカレー仕様。
普通盛でも、大盛りでも、小盛りでも値段は一緒の太っ腹ぶりなのです。

それでは早速・・・
と行きたいところなのですが、もうひと準備待っています。

         IMG_2288
カウンターに置かれてある、4つの薬味。
これを、カレーにセットしなければなりません。

IMG_2289
生の人参をキリッと下味つけにした、人参のピクルス。
以前よりも、小さめにカットしてありますね。
この方が食べやすいかもしれません。

     IMG_2290
これは以前と変わらない、きゅうりのピクルス。
この酸味が、カレーの辛さと調和して、やみつきになるのですよね(^^)
                 IMG_2291
そして、福神漬。
じつは、こちらのお店で、これに手を出すのは初めてなのです。
以前は、ピクルス2種類と、らっきょうだけで楽しんでいたのですが、ちょっと気になったので今回はいただくことに。

     IMG_2292
そして、らっきょう。
実は私、らっきょうって苦手だったのです。
こちらのカレーと、このらっきょうに出会う前までは。
これも、辛口のカレーには、無くてはならない存在ですね。

そんな感じで、薬味を全てトッピング。

         IMG_2294
これで、食べる準備は完璧です。
それでは、早速いただきましょう。
さて、5年以上ご無沙汰だった、SAVOYのカレーのお味は・・・。

       IMG_2299

        (^^)(^^)(^^)

美味しい!
というか、本当に昔と同じ味わいで、本当に懐かしくて、美味しくて(^^)
何よりも、嬉しいのは、たっぷりのごはんに対して、たっぷりのカレー。

遠慮すること無く、しっかりと楽しめてしまえるのです。IMG_2302

4種類の薬味もお代わり自由なので、思う存分楽しめます。
カレーを食べ、ごはんを頬張る。
そして、薬味で口の中をリセットさせて、またカレーを楽しむ。

そんな嬉しいローテーションにハマっている神戸っ子も少なくないはず。

          IMG_2305
これを欧風カレーと分類するのか、日本の煮込みカレーと分類するのか・・・。
そんなことを考えながら、お店に来るまでの道中考えていましたが、
そんなことは一口食べると、どうでも良くなってしまいます。

大阪のインデアンカレーと同じように、神戸三宮には、無くてはならないお店だと思います。

そんな思いを胸に、気がつけばキレイに完食。
味わい、香り、薬味の楽しさ、そしてバランス。
何をとっても、「そう、これこれ!」期待を裏切ることはないのです。

また今度、三宮に来たときには無意識に寄ってしまいそうです。
それとも、今度は”いっとっ亭”に行って、違いを楽しんでみるか・・・。

いずれにしても、また近々三宮に足が向いてしまいそうですよ(^^)
    
      








【SAVOY(サヴォイ)】
住 所:神戸市中央区三宮町1−9−1 三宮センタープラザ東館 B1F    MAP
電 話:078-333-9457
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加