美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2017年11月

京都には、「疎水」というものがあるのをご存じでしょうか?明治時代に、琵琶湖から京都に引かれた水路で、 上水道、発電の他に、疎水を使って物流も行っていたのだとか。大津市三保ヶ崎から、トンネルを通って、東山区の蹴上に抜け、最後は宇治川に合流している。蹴上のイン ...
続きを読む
京都には、「疎水」というものがあるのをご存じでしょうか?

明治時代に、琵琶湖から京都に引かれた水路で、 上水道、発電の他に、疎水を使って物流も行っていたのだとか。

大津市三保ヶ崎から、トンネルを通って、東山区の蹴上に抜け、最後は宇治川に合流している。
蹴上のインクラインと言えば、わかりやすいでしょうか?

この疎水、水力発電に使うほどのものですから水流が早く、
子供の頃は「疎水に近づいたらあかんよ! ゆっくり流れてるように見えても、底の方はものすごい流れやから、落ちたらアウトやで!」と言われてものでした。
  
だから、今でも私は、疎水=近寄らない・・・。
そんな想いがあるのですが、でも気になるところでもあるのです。

流れが速いだけではなく、途中トンネルの中に姿を消す疎水・・・。
気になりませんか?

そんな琵琶湖疎水の観光船が、来年(2018年)3月29日から、復活するのだとか。 
明治時代からの歴史を、船の上から感じるのもいいものだと思いますよ。 

さて、歴史を感じると言えば、先日案内していただいた、神戸新開地にある焼鳥のお店が凄かった。
大正元年創業のこちらのお店では、創業時から継ぎ足し続けたタレで焼き上げた焼鳥を、今でも味わうことが出来るのだとか・・・。

お伺いさせていただいたのは、“八栄亭 上店”さん。
       IMG_4172

新開地の“八栄亭”さんと言えば、こんな感じで1階と2階があるのです。
1階が「下店」で、2階が「上店」。
店内では行き来することが出来ないので、入店する時にどちらに入るかを決めておかなければなりません。

とは言っても、皆さんどちらのお店がお気に入りなのかを決められているようなので、迷っている方はいないようなのですが・・・。

この日は、2階のお店、「上店」の方にお邪魔させていただきました。
横の階段を上がって、上に道路に出ると、
      IMG_4171
「上店」の入り口が見えます。
建物は2階建て(いえ、3階建てかな?)でも、どちらのお店も道路に面したところに入り口があります。

        IMG_4167
開店時間の17:00過ぎにお伺いするも、すでに店内には何名かのお客さんが!
噂どおりの人気ですね。

カウンター席の右端2席に座らせていただき、先ずはメニューを確認します。
   IMG_4166
とりあえず、生ビールください!

そんな感じで、生ビールといっしょに、お漬物が付きだしとして提供されます。

              IMG_4123
これ、自家製ですね!
こう言うの、凄く嬉しいです(^^)

そして、焼鳥の間ニューはこんな感じ。

       IMG_4125
スタンダードながら、きちんと押さえるとこ、押さえてるメニューですね。

さて何にしようか・・・
とはならず、同行していただいた方にお任せしましょう。

先ずは、こちらお店の人気メニュー、皮を焼いていただきます。

      IMG_4128
炭火でじっくりと、目の前で焼いてくださいます。

炭場を仕切るのは、こちらの4代目店主。
とにかく、明るくて常に笑顔なのです。
私が初めてだと話すと、お店のエピソードなども話してくださいます。

もちろん、その間も手は別物のように、焼鳥に向き合っています。
今の焼鳥・・・串に刺して出すスタイルを最初に出したのが、こちらのお店なのだとか。

        IMG_4129
大正元年に、創業したこちらのお店、タレはそのときからものものを継ぎ足しながら、現在に至るのだとか。
戦争の時は、焼鳥のタレが入った壺を持って、逃げられたのだとか。
まさに、命のタレと言うわけです。

そして、炭を継ぎ足すタイミングは、8割になったら。
これも、創業時からの伝統で、今も変わらず守られているのだとか。

ちなみに、写真の中のスイカの絵が入った服を着ていらっしゃるのが、現在の店主、4代目です。

そんな感じで、記事を見ていると、焼鳥もいい感じになってきましたよ。

        IMG_4131
そうやって、丁寧に焼き上げていただいた、皮が出来上がってきました。

     IMG_4134
おぉ、本当に美しい!
大きめの皮のしっかり真ん中に串が刺されてあります。
これを見ただけでも、焼鳥への拘りと愛情を感じますね。

それでは早速いただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

美味い!
表面の香ばしさと中の甘みと食感。
それに、タレが本当に美味しい!
焼鳥は一皿を分けて食べることが多いのですが、これはひとり一皿きっちりといただきます。

「キモもいただけますか?」
「刺身で食べれるええのんもあるけど、ええのん、普通のん?」


そんなん聞いたら、ええのんに決まってますやん^^;

「ええのん、お願いします。」
「塩でいい? タレで?」
「あ、塩でお願いします。」

こんなやりとりが心地いいのです。

          IMG_4137
キモ(ええのん)の塩焼き。
焼き過ぎないように、さっと炙っていただいた感じですね。

これが甘くて本当に美味しい!
初めて来て、こんな美味しいのを・・・あ、お連れいただいた、Tさんのおかげですね(^^)

そして、ズリ。
     IMG_4142
「七味とか、山椒振っても美味しいよ」

これも、抜群の焼き加減。
半分はそのままで、残りは山椒と七味で味の変化を楽しんでみると、これがすごく楽しい!

          IMG_4144
ビール、進んでしまうじゃないですか!^^;

そして、心臓と、
  IMG_4145

シシトウ。
         IMG_4155
こちらの焼鳥のメニューに、ねぎま(はさみ)がないでしょう?
これ、ネギの水分でタレが薄まらないようにとの理由があるらしいです。
ですので、ししとうも焼き上がったものに、タレを後からかけて提供されるのです。

「チューハイレモン、お願いします。」

       IMG_4148
「お、嬉しいなぁ、ジョッキに入ってきた!」
「チューハイ言うて、ちょっとしか入ってない、しょーもないチューハイ、嫌やろ?」

店主はそう笑顔で答えてくださいます。

こりゃぁ、ファンが多いのも納得ですね。
何せ、明るくて気前がいい。

そしてこちらのお店、お客さんも素敵なんですよ。
狭いお店なので、トイレに行く時は、「ちょっとすんませ〜ん」って感じになるのですが、
そこは皆さん、ファインプレー。
みんな仲良く楽しく、美味しくを理解していらっしゃる。
本当に気持ちよく過ごすことが出来るのです。

      IMG_4150
焼台の向こうには、お湯が入ったところがあり、そこで酒に燗をつけ、
こちら側には、余ったタレが鶏の脂とともに、壺に戻るように傾斜がつけてある。
いろんなところにアイデアがありますね。


       IMG_4161
と言うわけで、お酒を燗酒でいただきます。

        IMG_4152
さて、あとは何をお願いしましょうか・・・。

あ、「もも」行ってみよう!

“もも”は“もも”でも、骨付きの大きなもも肉を焼いてくださいます。

      IMG_4158
焼台の上の約半分を占める骨付きもも肉は、見ているだけでもワクワクします。

        IMG_4160
いい感じに焼き上がってきたら、先ずは骨から身を外して、食べやすく切って提供してくださいます。

        IMG_4157
これが、柔らかくて凄く美味しいのです。
さらに、もも肉を注文すれば、骨の周りの美味しいとこも、さらに焼きあげてくださり、
こんな感じで提供してくださいます。

        IMG_4165
それでは、こちらもいただいてみましょう。

           (^^)(^^)(^^)

感動モノです!

焼鳥は、文句なしで美味しくて、お店の雰囲気も抜群!
そして、店主の絶妙な接客がすごく心地いいのです。
一度知ってしまったら、必ずリピートしたくなるお店だと、言い切っても過言ではないと思いますよ。

さて、この季節限定のスズメもそろそろいただける頃でしょうか?

ぜひ近々、再訪させていただきたいと思います。





【八栄亭 上店】
住 所:神戸市兵庫区新開地2−6−15    MAP
電 話:078-576-2474
営業時間:17:00〜21:30 
煙 草:喫煙可
定休日:日月、不定休あり
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

偶然四つ葉のクローバーを発見。テンション上がりますよね!四つ葉のクローバーに出会える確率・・・何と、意外と低くて、1/1万〜1/10万らしいですよ^^;と言うことは、見つけたら相当ラッキー!そりゃぁ、幸せになれるとも言いますよね(^^)ちなみに、四つ葉の以上のクローバ ...
続きを読む
偶然四つ葉のクローバーを発見。
テンション上がりますよね!

四つ葉のクローバーに出会える確率・・・
何と、意外と低くて、1/1万〜1/10万らしいですよ^^;
と言うことは、見つけたら相当ラッキー!
そりゃぁ、幸せになれるとも言いますよね(^^)

ちなみに、四つ葉の以上のクローバーに出会える確率は以下の通り・・・。
 5つ葉:100万分の1
 6つ葉:1600万分の1
 7つ葉:2億5000万分の1
 
ヤサカタクシーの四つ葉のタクシー:1440分の4


さて、ここは一番確率の高いヤサカタクシーの四つ葉のクローバーをみつけに・・・・

そうだ 京都、行こう! 

やって来たのは、四条河原町に先日オープンした、2時間の幸せを感じられるお店、
“あぶりや 四条河原町駅前店”さん。
          IMG_4888


あぶりやさん、京都には初出店とのことで、この日はオープン前のレセプションにお招きいただき、お邪魔させていただきました。

ご存じ、「人生に2時間の幸せを」でおなじみの、ワンカルビの系列のお店なのですが、
こちらのお店で提供される肉の質がビックリするほど良かったのです!

店内は、こんな感じで半個室になっていて、ゆったりと焼肉を楽しむことが出来ますよ。
この中にひとつの席に座らせていただき、メニューを確認します。

     IMG_4761
こちらのお店は、お客さんの年齢によって、料金が違うのです。
小さなお子様や、シニア、シルバー層のお客さんは、少し安い設定になっているのですね。

IMG_4762

   IMG_4763

       IMG_4764

               IMG_4766

  IMG_4767

肉は、本当にいろんな部位のものが注文でき、麺やスープ、ご飯もの、スープカレーまでも用意されています。

メニューに値段は書いてありますが、もちろん全部、2時間食べ放題です。(終了30分前、ラストオーダー)

          IMG_4758
そして、飲み放題は+980円。
生ビールも金麦が飲み放題になります。

生ビールで乾杯の後、食べたい肉を注文します。
値段が書いてあるので、無意識に計算しそうになりますが、ここは何を注文しても食べ放題!
リミッター解除で楽しみましょう。

先ずは、キムチ盛り合わせと、
        IMG_4780

ナムル盛合せ。
        
       IMG_4773

肉を食べる前に、しっかりと野菜もいただきましょう。
これ、いいアテになるんですよね。

そして、肉もしっかりと登場!

    IMG_4848

IMG_4845

      IMG_4779


           IMG_4851
 あぶりやカルビ、上ハラミステーキ、そして厚切りミスジステーキです。

              IMG_4790


普段はお高級で、なかなか手が出ない肉も、気軽に頼めてしまうのが、食べ放題の心強いところ。


では早速、網の乗っけて焼いていきましょう。

    aburiya1
これを乗っけただけで、網の上がいっぱいになるほど、大きな肉にテンション上げ上げになりますよ!

焼き過ぎはもったいないので、適度に焼いたら、はさみを使って食べやすい大きさに切り分けていただきます。

          (^^)(^^)(^^)

美味い!
これ、本当に食べ放題で出すお肉ですか?
これは凄いわ。

そして、次の肉は、上ロースすき焼き。

          IMG_4775

網の上で、さっと焼いたら、溶き卵に絡めていただきます。

    IMG_4791

         (^^)(^^)(^^)

これヤバい!
美味しい(^^)

焼肉だけではなく、こんな感じで、すき焼き風に楽しめるのも嬉しいですね

焼肉、すき焼きとくれば今度は、ステーキかな・・・。

            IMG_4795

山葵醤油でいただくと、凄く美味しい!
食べ放題の肉だとは到底思えません。
進化してますね。

さらに、炙りミスジ。

       IMG_4796
これも、網の上でさっと焼き。

          IMG_4798


焼き上がったら、上に大根おろしとキムチをのっけて、

    IMG_4799
肉で巻いて食べると最高です!

こうなってくると、ホルモンもどんな感じなのか気になってきます。

レバー、あかせん、テッチャンをお願いします。
先ずは、レバーを焼いていただきます。

         aburiya2

レバーは、決して焼きすぎずに、火は通す。
そのギリギリのタイミングでいただくと、甘みを感じて本当に美味しいですよ(^^)

    IMG_4826

テッチャン、あかせんは思いっきり煙を出しながら焼きましょう。
無煙ロースターですから、服に匂いが付く心配もありませんよ!

そして、あまりにも美味しかったので、あぶりやカルビと上ロースを追加で。

      IMG_4837

焼き過ぎないように、絶妙なタイミングでいただける。

    IMG_4839
これ、焼肉の醍醐味ですよね。

そして、〆には冷麺と、

             IMG_4843


石焼きビビンバも注文して、みんなで取り分けていただきます。

      IMG_4846

そして、デザートもいただき本当に満足させていただきました。
  
                      
        IMG_4852
          (デザートは、ひとり1品注文することが出来ますよ)

食べ放題の焼肉だから、そんなに大したことないだろう・・・
正直、そう思ってました。
ところが、注文する肉どれもが本当に美味しいのです。
しかも、最初に食べた高級な肉もおかわり自由!

ひとり3,480円(税抜)、この内容は本当に値打ちがあると思いますよ!

今回、レセプションでお邪魔させていただきましたが、ここは必ず再訪させていただきたいと思います。

あぶりやさん、オススメします!






 

【あぶりや四条河原町駅前店】
住 所:京都市下京区河原町通四条下ル順風町305番地 四条河原町ビル7F    MAP
電 話:075-344-4929
営業時間:17:00〜22:30(L.O.)  
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



    

あぶりや 四条河原町駅前店焼肉 / 河原町駅祇園四条駅三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

           
このエントリーをはてなブックマークに追加

宇宙戦艦ヤマトに登場するデスラー総統。ヤマトを見たことがある方なら、ご存じですよね。大マゼラン星雲と小マゼラン星雲に誇る、星間国家ガミラス帝国の総統です。青白い顔に金髪の顔、いかにも「悪役」って感じでしたが、次第にいい人になっていくのを思い出します。そう ...
続きを読む
宇宙戦艦ヤマトに登場するデスラー総統。

ヤマトを見たことがある方なら、ご存じですよね。
大マゼラン星雲と小マゼラン星雲に誇る、星間国家ガミラス帝国の総統です。
青白い顔に金髪の顔、いかにも「悪役」って感じでしたが、次第にいい人になっていくのを思い出します。

そうそう、デスラーって、当初は青白い顔ではなく、肌色だったってご存じでしょうか?

             デスラー

何故、途中で肌色から青色に変わったのか・・・。

デスラーが司令部への通路を歩くシーンで、肌色だった皮膚の色が照明によって徐々に変化して最終的に青色になるというシーンがあって、
それまで肌色に見えていたのは室内照明のためなのだとか・・・。

この強引さは流石だと思います。

宇宙戦艦ヤマト、京阪森小路駅前にあった映画館に見に行ったのを思い出します。
(昔は、旭区にも映画館が4つくらいあったのですよ。)

さて、そんな京阪森小路駅のスグ近くに、 
“鉄板酒場 メリケン”さんというお店があります。
店名の通り、美味しい鉄板料理をいただくことが出来る居酒屋さんで、鉄板料理や居酒屋メニューを楽しむことが出来るお店です。

そんな“メリケン“さんが、ランチタイムにだけ、辛口カレーを出しているという情報を教えていただき、
早速お邪魔させていただきました。 
         
              IMG_5434
あ、本当ですね!
入り口のところに、ランチのメニューボードが掲げてあって、「辛口カレー」って書いています。
階段を5段ほど降りた半地下のところにお店の入り口がありますよ。

      IMG_5433

早速店内に入り、カウンター席の真ん中あたりに座らせていただきます。
カウンターの上には、メニューも置いてあるので改めて確認。

            IMG_5416

基本のカレーが750円で、トンカツカレーが950円。
あと、温玉カレー、チーズカレー、ホウレン草カレー、海老フライカレーがあり、
どのカレーにも、トッピングを加えることが出来ます。

いろんなものをトッピングして、賑やかにしてもいいのですが、初訪問なので、シンプルにホウレン草カレーをお願いしました。

注文が通ると、カウンターの中で店主がカレーを作り始めてくださいますよ。
        IMG_5418

店内は、カウンター席が11席と、入り口を入ってスグのところに大きめのテーブルがひとつ。

テーブルに椅子の数は4つでしたが、大きなテーブルなので、仲間同士ならば6人くらいで座ることも出来るのではないでしょうか?
     IMG_5419
テーブルの横に立てかけてある、コントラバスが印象的。
店主に聞くと、昔弾いていたのだとか。
カレーと楽器の関係性は、こちらのお店にもありましたよ(^^)
(カレー店の店主って、音楽に係わっていらっしゃる方、本当に多いのですよ。)

そのテーブル席の上には、夜のメニューも貼ってあります。
           IMG_5420

あ・・・バイスサワーもある(^^)
そのほかにも、美味しそうなメニューが結構ありますよね。
後で、HPを見ましたが、夜のフードはこれだけではなく、本当にいろんなものが揃っていましたよ。

そんな感じで、店内を眺めていながら待っていると、お願いしたホウレン草カレーが出来上がってきました。
                 
       IMG_5421

辛口カレーと来て、キャベツのピクルス。
インディアンカレーを思い出させるような感じの丁寧な盛り付けですね。     
             IMG_5424

ホウレン草カレーにしたから、どちらかというと白銀亭かな。
とりあえず一口いただきます。
        IMG_5425

          (^^)(^^)

美味しい!
インディアンカレーと言うよりも、これは白銀亭の方に近いかな・・・。
でも、全く同じというわけではなく、オリジナリティもきちんと感じるカレーですよ。
それに、ご飯のコンディションが抜群なのが印象的です。

この味わいのカレーにならば、キャベツのピクルスがバッチリと合ってくるはず。
        IMG_5417

カウンターの上には、キャベツのピクルスと、福神漬けが置いてあるので、カレーに合わせていただきます。

そして、特筆すべきは肉が軟らかくて美味しい!
それも、ひとつやふたつではなく、ゴロゴロ入っているから嬉しくなってきます(^^)
          IMG_5429

ホウレン草、肉、カレーの三者面談の味わいはいかに・・・。
    IMG_5430

         (^^)(^^)
       
これはやめられなくなりますね。
旭区森小路、私の勤務先のスグ近くでランチタイムのみとはいえ、これだけ気の利いた辛口カレーをいただけるのは本当に嬉しいですね。

ランチタイムのカレーは、最近始められたとのこと。
これからも、どんどん進化されるのではないでしょうか?
次回はぜひ、カツカレーをいただきたいと思います。

        
         



 





【鉄板酒場 メリケン】
住 所:大阪市旭区森小路1−6−8 B1F    MAP
電 話:06-6953-7576
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜0:00  ※日祝のランチは休み。 
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日のディナータイムと、日祝のランチタイム。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ
お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

私のブログ、「美食磁石」は、mixiから始まりました。 正確には、私のmixiネームが「さいちゃん」。 そこでは、日記に食べ物のことばかり書いていたのです。 もう10年くらい前のことでしょうか? mixi、招待制のSNS。 Facebookとは違い、本名ではなく、mixiネームってやつ ...
続きを読む
私のブログ、「美食磁石」は、mixiから始まりました。

正確には、私のmixiネームが「さいちゃん」。
そこでは、日記に食べ物のことばかり書いていたのです。
もう10年くらい前のことでしょうか?

mixi、招待制のSNS。
Facebookとは違い、本名ではなく、mixiネームってやつを使ってやってましたよね。
今も、そのときの名前がニックネームになっている人も少なくないのでは?

そして、Twitterが登場し、今ではInstagram(インスタ)が、主流になりつつあるのでしょうか?

フォトジェニック、インスタ映えなどの言葉も、ここから来ているのですよね。

写真一枚でハッと目を惹きその場所に行きたくなる、
その料理を食べたくなる。
目は口ほどにものを言うとは、よく言ったものです(^^)

あ、ちなみに当ブログ、「美食磁石」の私も、Instagramで情報を発信しています。
ブログよりも早く、美味しい情報を発信していますので、
よろしかったらフォローしてくださいね。



          


   


さて、ブログの方では、あまり登場しないアイスなどのスイーツもこちらではしばしば登場します。
その中から、中崎町にある、ふわっふわのかき氷・・・いや、あれはアイスなのかな?
そんな感じで、一度食べれば忘れられない印象のアイスを食べさせてくれるお店をご紹介します。

お伺いさせていただいたのは、中崎町の“JAM”さん。
       IMG_4326
ちょっとレトロでお洒落なお店がたくさんあるエリアにお店はあります。
こちらのお店も、ライトグレーの壁に窓から漏れる明かりが印象的な感じのお洒落なお店ですよ。

こちらのお店のウリは、ふわっふわのかき氷。
それと、美味しいソースのトッピングが出来る、ポテトフライも美味しいとのこと。
あ、メニューはこんな感じですよ。
       IMG_4333
     
“NAKAZAKI ICE”というのが、今回の本命。
そして、気になっているのが“NAKAZAKI Fried”。
こちらのポテトは6種類のポテト・・・
クレイジーソルト、カレー、パクチー、チーズ、チリ、ゆず胡椒の好きなものいずれかに、
オリジナルソースの、ケチャップマヨネーズ、明太子、JAMマスタード、タルタルのいずれかを組み合わせていただくスタイル。

先ずは、ポテトをお願いして、ビールも楽しんでしまいましょう。

       IMG_4337
コンクリートの壁とハートランドのボトルがスゴくいい感じですね!
こちらのお店は、カウンター席が5席と、4人掛けのテーブルが2つ。
そして、窓に面したカウンター席が3席ありますよ。
       IMG_4331
店内にポテトの美味しそうな香りが漂ってきたなぁ・・・。
そんな風に思っていると、私たちが注文したポテトが出来上がって来ました。
 
             IMG_4340

ソフトクリームのホルダーのようなものに入って提供。
でも、慌てて倒してしまいそうなので、お皿をいただきました^^;
    IMG_4348


こちらは、チリガーリックと、タルタルソースの組み合わせ。
たっぷりのタルタルソースが嬉しいですね。
ちなみに、この大きさでレギュラーサイズ。
かなり満足度高いですよ(^^)

そして、私がお願いしたのが、パクチーのポテトに明太子の組み合わせのもの。

              IMG_4344


明太子とマヨネーズの鉄板の組み合わせに、揚げたてのポテトが美味しすぎる!
それにしても、ちょっと小腹が空いた時に、これはすごく嬉しいですよね(^^)

そして、この日のメインは、かき氷・・・
と思って食べると、食感がかき氷とは明らかに違う。
ふわふわでサラッとした食感と口溶けは、一度食べると忘れられなくなると思います。
そんなNAKAZAKI Iceはこんな感じです。
    
        IMG_4354
奥から時計回りで、コーヒーゼリー、白桃、VERY Berry。
どれを食べても、忘れられない食感で確実にクセになりますよ。

そして、凄かったのがこれ。
    IMG_4370
こちらは、黒ごまで、今週の新作なのだとか。

 「少々お待ちください、今から仕上げをしますので・・・」

ん・・・仕上げ?
そう思っていると・・・。

    IMG_4372

           え?

えぇぇぇ??

      IMG_4383

        
何と、氷をバーナーで炙っているじゃないですか!!
そ、そんなんアリ?

そう思いながらも、いただきます。

         IMG_4385

          (^^)(^^)

なるほど!
軽くバーナーで炙ったことにより、香ばしい黒ごまの香りを楽しむことが出来ますよ!

こんな感じで、普通では想像できないようなサプライズが、こちらのお店にはたくさんありますよ!
冬でもアイス、かき氷!
温かいお店の中で楽しんでみませんか?
この食感、忘れられません!
是非味わっていただきたいです(^^)





【JAM(ジャム)】
住 所:大阪市北区中崎西4−1−7 1F    MAP
電 話:06-6292-8110
営業時間:11:00〜20:00(L.O.19:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

「生(なま)」って言葉が付くと、それだけで何か新鮮な感じがしませんでしょうか?生ビールに始まり、生チョコ、生キャラメル、生ジュース、生麺、生春巻き、生ハム・・・。生ビール:熱処理をされていないビールのことで、ビアホールで飲む樽生だけではなく、缶ビールも生 ...
続きを読む
「生(なま)」って言葉が付くと、それだけで何か新鮮な感じがしませんでしょうか?


生ビールに始まり、生チョコ、生キャラメル、生ジュース、生麺、生春巻き、生ハム・・・。

生ビール:熱処理をされていないビールのことで、ビアホールで飲む樽生だけではなく、缶ビールも生が圧倒的に多い。
生じゃないのって、キリンクラシックラガーと、サッポロ赤星くらいなんじゃないかなぁ・・・。


生チョコ、生キャラメル:熱処理をしていないわけではなく、生クリームを大量に使用し、柔らかい食感を持たせたものをそう呼ぶようになったのだとか。

生ジュース:いわゆる100%ジュースのことで、フレッシュジュースとも言う。
そもそも、果汁100%のもの以外は、「ジュース」の表記が出来ないので、「果汁入り飲料」と明記されているので、今度見てみてください^^;


さて、食べ物ではないですが、「生写真」という言葉も聞いたことないでしょうか?

生写真:フィルムから現像、引きのばし等の過程で作られた写真のことで、人気の有名人やアイドルのものは高き金額で取引された。
でも、それだけに入手が困難で、その代わりにブロマイドと言うものがある。

ところで、ブロマイドってご存じでしょうか?
と言うか、今でもあるのかぁ・・・。

東京浅草の「マルベル堂」。
そこで、山口百恵さんのブロマイドを買ったのは、いつの頃だったかなぁ・・・。

さて、山口と言えば、阿波座で間借り営業していた、
“山口カリー”さんが、南森町で実店舗を構えて営業されているとの情報を聞き、行ってきました。

          IMG_4261
山口カリーの「口」の字は、以前と変わらず、店主、山口さんの似顔絵になっています。
看板の下には、この日のメニューが掲げてあります。

      IMG_4262
辛口のスパイシーチキンカリーと、ほくほくヘルシーダールカリー。
両方とも食べたい方は、合いがけも可能ですよ。(以前は確か、“合い乗り”って表現されてような・・・)

ビルに入り、1Fの奥にお店はありますよ。
              IMG_4260

「こんにちは〜」
「いらっしゃいませ。」

カウンターの中から店主が迎えてくださいます。

カウンター席に真ん中あたりに座り、改めてカウンターの中にはってあるメニューを確認します。

スパイシーチキンカリーとダールカリーの他にも、海老のココナッツカリーがありますね。
3種類の中から2種類を選んで合いがけに・・・。
少し迷いましたが、入り口のところで決めていたとおり、
チキンカリーとダールカリーの合いがけをお願いします。

店内は、L字型のカウンター席で、8席。
タイル貼りのカウンターは、以前こちらの場所にあった、「辛カレー屋sun」の時と一緒。
それで、初めて来たような感じがせず、なんだか懐かしい感じがしたのですね。

カウンターの中では、店主がカレーを丁寧に仕上げていくのを見ることが出来ます。
ランチメニューの横に、夜のメニューもありますね・・・。
ご飯が付かない、「あてカレー」。
何でも、火曜と金曜日は夜の営業をしているのだとか。

そんなことを考えながら待っていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。
            IMG_4247
おぉ、相変わらずきれいに盛られていますね!
これを見ると、食欲も一気に増進しますよ(^^)

   IMG_4250
お皿の左側は、スパイシーチキンカリー。
大きなチキンがゴロゴロト。
ちょっとテンションが上がりますね!

             IMG_4249
そして、右側はダールカリー。
日本のカレーを食べ慣れている方にとっては、馴染みがないかもしれませんが、いわゆる豆カレーです。
なれればこれが結構ハマるのですよね(^^)

それでは早速いただきましょう、まずはスパイシーチキンカリーから。
    IMG_4253

        (^^)(^^)

大きめのチキンは柔らかく煮込まれていて、本当に美味しい!
スパイシーと書かれているだけのことはあって、後からジワジワ効いてきますよ。

そして、ダールカリーの方もいただきます。
         IMG_4251
豆の優しい味わいに、スパイスの香りが広がります。
肉のカレーのように、ダイレクトな旨味を感じるタイプではないのですが、
スパイス好きにとって、この味わいは癖になる美味しさですね。

両方のカレーを交互に味わい、後半は両方のカレーを混ぜ合わせて、複雑な旨味を楽しみます。

      IMG_4256

そんな感じで食べすすみ、気がつけばきれいに完食!   
阿波座で間借り営業をされて、その後肥後橋へ。
そして、南森町で実店舗を構えられて、確実に進化されていると思います。

         IMG_5414
山口カリーさん、その日のカレーは、お店のFacebookでも確認することが出来ますよ!
是非食べに行ってみてくださいね。
スパイスの香りと旨味の共演をしっかり堪能することが出来ますよ!





【山口カリー】
住 所:大阪市北区紅梅町2−6 昭和ビル 1F    MAP
電 話:非公開
営業時間:11:30〜15:00 ※火曜と金曜日のみ、夜営業もあり。(18:00〜22:00) 
煙 草:
定休日:日・祝・不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ師走。師匠も走り回るくらいに忙しいと書きますが、皆さんも年内締め切りの仕事、期末試験、クリスマスの準備、忘年会などでお忙しくされてますでしょうか?走り回って、クタクタでバタンキュー・・・。せめて、夢だけでも縁起のいい夢を見たいですよね。そう言えば ...
続きを読む
もうすぐ師走。

師匠も走り回るくらいに忙しいと書きますが、皆さんも年内締め切りの仕事、期末試験、クリスマスの準備、忘年会などでお忙しくされてますでしょうか?

走り回って、クタクタでバタンキュー・・・。
せめて、夢だけでも縁起のいい夢を見たいですよね。

そう言えば、夢の中に白蛇が出てきたら、縁起がいいって言いますよね。

あと、夢ではないですが、家にツバメが巣を作ると、縁起がいい。
テントウムシが止まると縁起がいい。
アメリカでは、テントウムシは金運アップとされ、中でも黄色いテントウムシは幸せの象徴になっているそうですよ。

日本でも、茶柱が立つと縁起がいいって言いますよね。
最近は、必ず立つ茶柱が入った、お茶も販売されているのだとか・・・。

これ、茶柱縁起茶と言って、こちらのサイトで実際に販売されています。
(確か、3つで800円くらいだったかと・・・。)
お祝いの品に如何でしょうか?

さて、茶柱が立ってあたたかい気持ちになったら、
温かいおでんでも如何でしょうか?

この日は、心斎橋にある、鶏出汁おでんと、焼き鳥の美味しいお店、
“こばこ”さんにお邪魔させていただきました。
     IMG_2987

お店は2階にあって、窓からの眺めも良く、広く落ち着いた感じですよ。
  IMG_2988 IMG_2990


テーブル席に座り、メニューを確認します。
 IMG_2991

         IMG_2992


 IMG_2993

            IMG_2994

先ずは、生ビールで乾杯!
            IMG_2999
こちらのお店では、キリン一番搾りの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

たくさん食べるときには、最初に野菜を食べれば体にいいのだとか・・・。
    IMG_3002
と言うわけで、大根と水菜の彩りサラダをいただきます。

鶏肉がいいアクセントになって美味しいですよ!

そして、ささみユッケ こぼれイクラ盛。
       IMG_3009
自宅では、決してできない「こぼれイクラ」。
山葵を加えて、よく混ぜていただくと凄く美味しい!
イクラのプチプチ感と味わいが、ささみユッケとすごく良く合いますね(^^)

サラダをいただき、ユッケもいただいたので、いよいよおでんをお願いしましょう。
おでんは、おまかせで持ってきていただきました。
          IMG_3015
大根、つくね、ちくわ、白菜、

    IMG_3022

豆腐は出汁が思いっきりしみこんで、かなり素晴らしい状態になっていますよ!  
なんと言っても、出汁が美味しい!

これは、いろいろと食べてみたくなるなぁ・・・。
と言うわけで。
     IMG_3026
半熟玉子とイクラ。
これ、玉子同士ですよね(^^)
親子丼が、鶏肉と玉子。
海の親子丼が、サーモンとイクラ。
では、これが他人丼になるのかな?

そんなことは置いといて、次はこちらを。
          IMG_3038
鶏出汁で しゃぶ牡蠣。

これ、たまりませんよ!
これから牡蠣がどんどん大きくなる季節l、冬。
寒さとともに、大きくなる牡蠣と、寒さとともに美味しくなるおでんに合わせると最高です!

そして、湯葉 トリュフの香り。
       IMG_3041
こういうのをつまみながら、日本酒など飲めれば・・・
 
      IMG_3061
飲めるのです^^;

焼き鳥とおでん。
どうしてメニューに両方ともあるのかと思っていたのですが、鶏でスープを取っておでんを作ってしまうという発想、
               お見事です!

では、焼鳥・・・
鶏料理の方はどんな感じでしょうか?

         IMG_3045
鶏もも肉タタキ。
皮目はパリッと、肉はレアでジューシィ(^^)(^^)
鶏肉のタタキ、大好きなのですよ。

そして、鶏もつタレ焼 すき焼き風。
         IMG_3068

では、早速いただきましょう。

         (^^)(^^)

何がすき焼き風かというと、玉ひもの黄身が半熟で、
はじけた途端にトロリとすき焼き風になるのですよ!
素晴らしい食感ですよ。

そして、天ぷら盛り合わせには、もちろん鶏天も!
        IMG_3086
これがまた、絶妙な揚げ加減で柔らかくて美味しいのです(^^)

そして、〆には釜飯をいただきます。
     IMG_3090
本炊きは、厨房の中でしてくださいますが、仕上げはテーブルに持ってきてから行います。
タイマーの数字がカウントダウンされるの、ワクワクしますよね!

そして、時間になり、いよいよ蓋を開ける瞬間がやってきます。
       IMG_3091

こんな感じで、見事に炊き上がっていますよ。

       IMG_3093
これをよくかき混ぜていただきます。

      IMG_3102
お焦げの感じが堪らないですよね(^^)
もちろん、おかわりもさせていただきました。

寒い夜には、鶏出汁おでんと、鶏料理、釜飯で温まりませんか。
出汁の旨味、一度食べると忘れられなくなりますよ!











【創作おでんと焼鳥 こばこ】
住 所:大阪市中央区心斎橋筋1−2−24 玉置ビル 北側2F    MAP
電 話:06-6243-1477
営業時間:17:00〜25:00(L.O.24:00)  
煙 草:分煙(カウンター禁煙)
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪PPAP♫昨年の今頃だったでしょうか?街中にこのメロディが流れていたのは。I have a pen.  I have an apple.  Apple pen.I have a pen.  I have a paineapple.  Pineapple pen.Apple pen...Pineapple pen...Pen pineapple apple pen.はじめて見たとき・・・なんじゃこ ...
続きを読む
♪PPAP♫

昨年の今頃だったでしょうか?
街中にこのメロディが流れていたのは。

I have a pen.  I have an apple.  Apple pen.
I have a pen.  I have a paineapple.  Pineapple pen.
Apple pen...Pineapple pen...
Pen pineapple apple pen.


はじめて見たとき・・・なんじゃこりゃ?
もう一回見たとき・・・なんかオモロイ・・・
更に見たとき・・・忘れられない。
そして、気がつけば口ずさんでいる。

そして、副産物もありました。
日本人の一部の方、英語の発音が良くなりました。

今までは、「アップル」、「パイナップル」だったものが、
「アッポー」と、「パイナッポー」になりました^^;

そんなことを予感してかどうかはわかりませんが、先日お伺いさせていただいた、こちらのお店は、
ピコ太郎さん出現のずっと前から、営業なさっていたと思います。
               
                       IMG_3880
こちらは、地下鉄谷町線、平野駅近くにあるパンの店、
パンとお話 Appleの発音さん。

偶然では決して通ることがないであろう、住宅地の中にポツンと存在しています。
         IMG_3885


でも、近くまで行くと、そこにりんごの形をした看板を確認することが出来ます。
   IMG_3878

建物の前まで来ると、お店の入り口を確認することが出来ますよ。
            
            IMG_3875

お店の入り口を入ると、サンドイッチが入った、冷蔵ケースがあります。 
  
       IMG_3868
柿と生ハムのパニーニ、
自家製マヨネーズのたまごサンド、
自家製ドライトマトと濃厚でクセのないチーズ ハバティのサンド。

これだけを見ても、けっこうこだわっているのがわかります。

そして、隣のケースの中を見ると・・・。

                IMG_3867

感じて答えろ!
何て呼べばいいんだろう
ごちそうさまの前に
家内が全部食べてしまった
心柱
non title


す、すごいネーミングですね^^;
でも、どのパンからも、愛情が込められているって感じが伝わってくるのです。

気に入ったパンを、こちらの購入に、奥のイートインスペースでいただくことも出来ますよ。
       
         IMG_3869

折角なので、イートインスペースでいただくことにしましょう。
そうそう、飲み物もここで注文することが出来ます。

          IMG_3850

サンドイッチ類は、お願いしすると、軽く温めて持ってきてくださいますよ。

奥のイートインスペースからは、中庭の景色も見れて、すごく癒やされた気持ちになれますよ。

           IMG_3856
中庭に面したカウンター席、
そして、二人がけのカウンター席。
    IMG_3863


この日は、テーブル席に座らせていただきました。
しばらくすると、先程購入したサンドイッチと、コーヒーが運ばれてきました。

     IMG_3840
これは、リンゴとコンテ(チーズ)のサンドイッチ。
お店の名前に、「Apple」が入っていたので、その発音を確認しながら、いただきましょう。

             IMG_3843
あ・・・アッポー・・・
はい、本当に発音しなくてもいいです^^;

そして、もう一つ。
     IMG_3845
柿と生ハムのパニーニ。

軽く温めていただいているパニーニは、食感もいい感じで、
チーズがとろける感じが最高でした(^^)

テーブル席も、カウンター席もあるので、ひとりで来てゆったりするのもいいし、
2〜3人で来て、ゆっくりパンとコーヒーを楽しみながら過ごすことも出来ますね。

               IMG_3861

住宅地の中に、ひっそりと佇む、”Appleの発音”さん。
真面目にホンモノの美味しいパンを提供されているお店です。

パンは、定期的に内容が変わるみたいなので、それを楽しみにリーピートする人も少なくないようですよ。

「家内が全部食べてしまった」って、名前のパン、すごく気になります^^;
         IMG_3866
今度はお持ち帰りで買ってみて、自宅においておいたらどうなるのか・・・
是非試してみたいと思います(^^)
   
           






【アップルの発音】
住 所:大阪市平野区流町1−9−14    MAP
電 話:06-6701-7169
営業時間:8:30〜18:00(売り切れ次第終了) ※イートインコーナーは、10:00〜18:00(L.O.17:30)
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の夜ご飯は、肉か魚、どっちがいい?子供の頃は、断然「肉」でした。と言っても、ステーキや焼肉が出てくることはなく、肉野菜炒め、生姜焼き、鶏の照り焼きとか、から揚げ・・・。あの時代でしたから、鯨がたまに、食卓に上がることがありましたね。(今では、高級食材 ...
続きを読む
今日の夜ご飯は、肉か魚、どっちがいい?

子供の頃は、断然「肉」でした。
と言っても、ステーキや焼肉が出てくることはなく、肉野菜炒め、生姜焼き、鶏の照り焼きとか、から揚げ・・・。
あの時代でしたから、鯨がたまに、食卓に上がることがありましたね。
(今では、高級食材の鯨ですが、昭和の時代は、庶民が手軽に食べられる肉でした。)

魚の場合は、鰺、鯖、カレイ、秋にはサンマ、たまにブリの照り焼き・・・
父の分だけは、たまに鯛が出てたかなぁ・・・

カンパチ、シマアジ、甘鯛、金目鯛、ノドグロ・・・。
これらの高級魚は、存在すら知らされていませんでした^^;

実際に知ったのは社会人になってからで、
「本日のお造りの盛り合わせは、ヨコワ、シマアジ、カンパチ、剣イですが、よろしいでしょうか?」
「あ・・・はいお願いします。(と、よく分からないまま注文して、食べてビックリ美味かったってやつです^^;)」

そんな、トキメク新鮮な魚が、ランチタイムからいただけるお店が、淀屋橋・・・
正確には、御堂筋道修町に11月20日にオープンしました。

お店の名前は、“魚食処 一豊(KAZUTOYO)さん。

           IMG_4753

この日は、オープンに先駆けて、お披露目会にお招きいただきました。

店内に入ると、先ずは一枚板のカウンター席が目に入ります。
      IMG_4718

そして、奥にはテーブル席が並び、2階には半個室の部屋もあります。

この日は、2階のテーブル席に案内していただきました。

先ずはメニューを確認します。
                  
       IMG_4737

定食は、魚に仕入れによって変わるみたいです。
その日市場に並ぶ、いい状態の魚を仕入れ、それで定食メニューが出来上がるみたいですね。

先ずは、定食の魚種を選び、調理法を選ぶ。
これ、なんだか楽しいですね。

この日にいただいたのは、金目鯛。
私たちは3人でお邪魔させていただいたので、塩焼き、煮付け、酒蒸しをそれぞれお願いしました。

そのほかのメニューはこんな感じですよ。
   IMG_4739

        IMG_4740

  
  IMG_4743

     IMG_4744

こちらのお店、昼は定食で、お膳の上に並べて提供し、
夜は同じ内容にものを順番に出していき、コース仕立てにするのだとか。
お酒のアテでもいいけれど、夜もご飯として提供することも出来るそうですよ。

また、予約時にリクエストしておけば、いろんな料理にも対応してくださるのだとか。
ちょっと、今までになかったスタイルですよね。

しばらくすると、定食のセットが運ばれてきましたよ。

           IMG_4720

大きなお椀に入って提供される、あら汁と、刺身と小鉢3品。
ご飯にも拘りがあって、毎月提供する米を、その時期、産地の美味しいものを探して変えていくのだとか。

サーモンとアワビの刺身。
     IMG_4723


鮭の南蛮漬け。 
            IMG_4725

きんぴらごぼう。 
    IMG_4726

小鉢3品も丁寧に作られています。

そして、この日に刺身は、金目鯛。
            IMG_4722
豪華ですよね!
山葵を少しだけのっけて、いただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

自然に笑みがこぼれますよ。
これ、お酒が飲みたくなって仕方がないですね^^;

さらに、メインの料理はこんな感じですよ。

           IMG_4732
これは、私がお願いした、金目鯛の酒蒸し。
金目鯛の旨味が凄くいい感じに出ています(^^)
目玉のゼラチンがまた美味いんよね。

そして、一緒に行っていただいた方の煮付けはこんな感じ。
    IMG_4733
うぉ〜、これも美味そう!
味が染みこんでそうな豆腐もポイント高いですよね。

そして、塩焼きはこんな感じで、身がたっぷりですよ!
          IMG_4736

これだけ付いてたら、さぞお値段も・・・
え、1,200円?
本当にそれでいいんですか^^;
思わず聞き返してしまうほどですね。

ランチのお値段としては、1,000円オーバーで、確かに周辺のお店と比べれば安くないかもしれませんが、
この内容ならば、お得感満タンだと思いますよ!

          IMG_4747
是非、本当に美味しい旬の魚を食べに来てくださいと、
料理長の乾さん。

リーズナブルに、本物の美味しい魚を味わえますよ。
是非食べに行ってみてくださいね!







【魚食処 一豊(KAZUTOYO)】
住 所:大阪市中央区道修町4−5−15    MAP
電 話:06-6809-6037
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



魚食処 一豊 道修町店魚介・海鮮料理 / 肥後橋駅淀屋橋駅本町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

               
このエントリーをはてなブックマークに追加

男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそう ...
続きを読む
男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。
それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。

あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。

ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそうですよ!

意味は、以下の通り・・・。

「一枚目」主役、一枚看板とも呼ばれる。
「二枚目」色男、イケメン。
「三枚目」道化、お笑い担当。
「四枚目」中軸、中堅役者で、まとめ役。
「五枚目」敵役、一般的な敵役。
「六枚目」実敵、憎めない善要素のある敵役。
「七枚目」実悪、巨悪で、ラスボスと表現すればわかりやすいか・・・すべての悪事の黒幕。(必殺仕事人だと、中村主水に最後に殺される役がこれにあたります^^;)
「八枚目」座長、元締め。

1枚、2枚、3枚・・・
そう言えば、蕎麦も1枚、2枚と注文しますよね。

よっ、二枚目!

こんな感じで、蕎麦のおかわり、注文したらどんな反応をされるのでしょうね^^;

蕎麦と言えば、ちょっと変わった感じで蕎麦を食べさせてくれるお店が、大阪の片町にあります。
この日にお伺いさせていただいたのは、
“蕎麦とラー油で幸(こう)なった。”というお店。 
          
            IMG_4922
 通勤途中に、こちらのお店の前を通りかかるたびに、気になっていたのです。
最初は、店名に「ラー油」が入っているのものだから、「幸(こう)」の文字を間違って、「辛(カラい)」と読み間違ってしまっていたのは内緒ですが^^; 

お店の 入り口の横には、メニューボードが置いてあります。
          IMG_4921

お品書きは、シンプルに「肉そば」一本勝負。
但し、蕎麦は冷たいのと、暖かいのを選ぶことができます。
そして、麦飯、とろろ、肉W増しを追加することも可能。
何よりも凄いのは、蕎麦の量を、並(1玉)、大(1.5玉)、特(2玉)にしても、値段が変わらないこと。

凄いなぁ・・・
そんなことを思いながら店内に入ると、お店の方が元気に迎えてくださいます。

入ってすぐのところに券売機があるので、それで食べたい蕎麦の食券を購入します。
           IMG_4891

「当店は初めてでいらっしゃいますか?」
「はい、そうです。」
「ご説明しましょうか?」
「お願いします。」


若い店員さんが、丁寧に説明してくださいます。
初めてのお店で、この丁寧な対応は嬉しいですね(^^)

お店は、店主と思われる方と、若い店員さんのお二人で切り盛りされています。 

オススメは、コシが強く冷たい蕎麦とのことなので、それを。
トッピングに、肉W増しもお願いしました。

店員さんに食券をわたし、カウンター席に座らせていただきます。
           IMG_4896
店内は、カウンター席が8席と、4人掛けのテーブルが2つで8席の、計16席。

     IMG_4897
わたしがお店に入ったときは、先客4名でしたが、次から次へとお客さんが入ってきます。
しかも、外国人のお客さんも2組ほど。

すると、先ほど券売機の前で説明してくれた若い店員さんが、流暢な英語で説明しているのです。
ゆ、優秀!
多分、学生さんのアルバイトなのかなぁ・・・
丁寧で親切で、英会話もできる。
素晴らしいですね。

カウンターの前には、肉そばの美味しい食べ方が書かれたものが置いてあります。
      IMG_4892
なるほど・・・。

で、こちらは麦飯編ね。
  IMG_4893
あ・・・肉盛りとセットにして、豚丼にすることも出来るのか!
おもしろい、これ(^^)

そんな感じで、店内の様子や、説明が書かれたものを見ていると、
注文した肉そば(大)、W肉増しが出来上がってきましたよ。
           IMG_4898


「召し上がり方は分かりますでしょうか?」
と、先ほどの優秀な店員さん。

「あ・・・これに書いているようにすればいいのですね?」
「はい、そうなのですが、少しだけ説明させていただきますね。」 


そう言って、POPには書かれていない、細かいポイントも教えてくださいました。

サービスの生玉子は、卵黄だけの方がいいですよとか、
そば湯の量は、これくらいが美味しいですよとか、いろいろ教えてくださいます。
本当に気が利く方ですね(^^)

それにしても、肉増しは凄いですね!
           IMG_4901
本当に、肉が満タン!
牛丼屋さんの「特盛」クラス・・・いえ、それ以上かもしれません。

   IMG_4902
横から見ても、しっかりマウンテン状態ですよ!


それでは、早速いただきましょう。
ラー油入りのそばつゆはこんな感じ。
          IMG_4903
あら・・・もっとドロドロしているのかと思えば、きれいなクリアですよ。
表面にラー油が浮かんでいるのが確認できますが、そばつゆの色と同化しているので、見た感じはきれいなクリアに見えますね。

そこに、肉と蕎麦を投入しましょう。
     IMG_4904
ビジュアルだけを見ていると、なんだか鍋を食べているみたいだぞ・・・。

たっぷりと、ラー油入りのそばつゆを絡めていただきましょう。 
         IMG_4905

          (^^)(^^)(^^)

これ、美味しい!
最初、お店の前を通りかかったときには、
「え・・・蕎麦とラー油?  えぇぇぇ〜っ^^;」
と、思ってしまったのですが、実際に食べてみると、これがすごくいいのです。

ラー油とそばつゆと、蕎麦。
これに肉を加えて合うように、凄く研究されたのでしょうね。
本当に美味しいです。

次は、蕎麦とネギだけで、つゆにつけていただいてみましょう。
        IMG_4907
おぉ、これもいいですね!
肉の力に頼り切っているわけではない。
こちらもしっかりと美味しいですよ。

なんと言っても、太めでコシのある蕎麦が、このつゆとよく合うのでしょうね。
これが、中華麺ならば、珍しくなく、味の想像も容易に出来るのですが、
日本蕎麦でこの組み合わせは本当におもしろいですね!
しかも、想像していたよりも遙かに美味しいから、嬉しくなってしまいます(^^)

さて、半分くらい食べたところで、味の変化を楽しみましょう。

         IMG_4912
カウンターの上に置いてある、生玉子は無料。
確か、卵黄だけの方が美味しいって言ってたなぁ・・・。

        IMG_4913
こんな感じで、卵黄をそばつゆの中に入れます。
  (玉子の殻と卵白を入れる小さなボールも用意してくださっていますよ)

玉子をかき混ぜて、蕎麦に絡めていただきます。

    IMG_4915

                (^^)(^^)

これまた美味しい!
さらに、こんなものもあったよなぁ・・・
       IMG_4895
自家製ローストガーリック。
これを、二匙くらい、そばつゆの中に投入してみましょう。

               IMG_4916
すると、香ばしさがアップして、劇的に香り豊かな味わいに変化します。
これ、美味しいですよ(^^)(^^)

蕎麦を完食したあとは・・・。
   IMG_4894
はい、そば湯です。
こちらのそば湯は、ショウガ入りとのこと・・・。

       IMG_4917
店員さんに教えていただいたように、残ったそばつゆと同じくらいの量を入れましょう。

      (^^)(^^)

これも、技あり!
出汁の旨味、ショウガの風味、先ほど投入したガーリックローストの味わいで、
もう一品注文したような満足感を味わえます。

蕎麦とラー油で幸なった。さん、想像していたよりもかなり美味しかったです!
今度は、蕎麦は並にして、麦飯を注文。
麦とろ豚丼を楽しんでみたいと思います!




 






【蕎麦とラー油で幸なった。】
住 所:大阪市都島区片町1−8−15    MAP
電 話:06-4792-8788
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:00
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HPに定休日が記載されています。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国へ行くときのお土産・・・何がいいかなぁ?そんなことを相談すると、「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」そんなアドバイスをいただいたことがあります。のれん・・・まず、日本にしか売ってない。和の柄がお洒落。目隠しにも日よけにもなって、実用的。    (と ...
続きを読む
外国へ行くときのお土産・・・
何がいいかなぁ?

そんなことを相談すると、

「のれんを持っていくと喜ばれますよ!」

そんなアドバイスをいただいたことがあります。

のれん・・・
まず、日本にしか売ってない。
和の柄がお洒落。
目隠しにも日よけにもなって、実用的。
    (とは言っても、外国の家で、表の扉を開放しているとこなんてあるかは疑問ですが^^;)

考えてみると、のれんって、ちょっとお洒落な感じもしますよね。

そうそう、「のれん」って、「暖簾」って書くじゃないですか?
昔は、冬用のものを「暖簾」
夏用のもので、竹や葦で編んだ涼しげなものを「涼簾(りょうれん)って呼んだそうですよ。

先日、西天満の街を歩いていたら、こんな暖簾が、目に飛び込んできました。
         IMG_4659
大きな暖簾に、「肉スタミナカレー」。
素通りできないほどの吸引力があります^^;

お伺いさせていただいたのは、“肉カレー千葉屋”さん。

     IMG_4656
西天満の交差点から、ワンブロック北東に行った角っこにお店はあります。

比較的早い時間でしたが、店内に入るとすでに半分くらいの席が埋まっています。
カウンター席に座らせていただき、壁に貼ってあるメニューを確認します。

           IMG_4651


デフォルトのカレーが680円は、この地域、西天満にしては破格ではないでしょうか?
単に「カレー」を注文する方も結構多くいらっしゃいました。
でも、こちらのお店のウリは、「肉カレー」。

豚角カレー、
牛煮カレー、
カツカレー
と、どれを注文してもたっぷり肉が堪能できそうですよ!
トッピングの種類もいろいろあって楽しい。
“迷う楽しみ”って言葉を思い出しました。

限定の「トロ豚カレー」にしようかとも思いましたが、初回訪問なので、
スタンダードに「牛煮カレー」にナスをトッピングでお願いしました。

店内は、カウンター席が5席と、テーブル席が8席の合計13席。

テーブル席は、くっつけたり、離したりして、4人掛けにも、2人掛けにもなりますよ。

ガッツリ系の肉カレー、
と言うことで、店内のお客さんは男性がほとんど。
場所柄、ガテン系の方よりも、スーツを着た方が目立ちます。

「お待たせしました〜、カツカレーの大盛りです」
あ、お隣の方のカレーが出来上がったようですね・・・・って、スゲー大盛り!!

どうやら噂は本当のようです。

「普通盛りでも結構な量なので、大盛り無料ですけど、普通にしておいた方が無難ですよ・・・」

そのアドバイス、お見事です^^;

そんなことを感じていると、私がお願いしたカレーも出来上がってきましたよ。
         IMG_4641
おぉ、確かに普通盛りでも、たっぷりですね。
大きなお皿の上には、たっぷりのカレールーとご飯、そしてキャベツものっかってきます。

   IMG_4643
後から仕上げにかけられたスパイスも食欲をそそりますよ。

それでは早速いただきましょう。
           IMG_4646

お・・・ファーストアタックは甘くてマイルド。
そして、後から辛さがやってくるタイプですね。
いわゆる、甘辛大阪カレーの部類に入るかと思います。

そして、その後にシビれがやってくるのが、こちらのお店のカレーの特徴。

      (^^)(^^)

美味しいじゃないですか!
このカレーが好きな人、たくさんいらっしゃると思いますよ!
私の場合は、スパイスを「ドーンっ」ときかせたスパイスカレーが好みなのですが、
一般的にカレーは、日本のカレータイプに絶大な人気があると思います。

そこに、山椒のしびれを仕上げに感じるようにしてカレーを完成させる。
これ、見事だと思います!
違和感なく食べられるいつもより少し美味しいカレーに、オンリーワンな要素が組み合わさって、
確実に癖になるカレー。
千葉屋さん、かなり技ありですよこれ(^^)

でも、人気の秘密はそれだけではなく、たっぷりの肉。
      IMG_4649
この牛煮カレーには、柔らかく、でもしっかりと肉の食感を感じる牛肉がゴロゴロ入っているのです。
肉カレーの名前にウソはありませんよ(^^)

キャベツが一緒に盛られているのは、金沢カレーのスタイルを少し思い出させますね。
              IMG_4644
これも、カレーの合間に食べると、適度に口の中をリセットしてくれますよ。
トッピングのナスも、素揚げにされていて、カレーとの相性もバッチリ!
野菜が入ると、肉の美味しさもより一層引き立ちますね。

       IMG_4652
薬味は、日本のカレーには欠かせない福神漬け。
このタイプのカレーを食べるときには、必ず欲しくなる脇役ですよね(^^)

辛さが足りない場合は、これをかけてみてくださいね!

と、店主。

             IMG_4653
半分くらい食べたところで、パラパラッと振りかけてみます。
 
         IMG_4655

すると、辛さがきいて、グッと引き締まった味わいに変身します。
これもまた、美味しい!

後半は、辛さと美味さとシビれを、全部楽しみながら完食。
満腹感と満足感、どちらもかなり満たされました。

甘辛いカレーの旨味と、後からジワジワ押し寄せるシビれ、
これはかなり中毒性が高いカレーですよ(^^)
なるほど・・・こうやって、どんどんリピーターが増えていくのでしょうね。
私もまた必ず、食べに行ってしまうと思います。

さて、次は豚角カレーでも狙ってみるかな・・・。








【肉カレー千葉屋】
住 所:大阪市北区西天満6−6−2    MAP
電 話:06-6361-8800
営業時間:11:30〜売り切れまで 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



 

肉カレー千葉屋カレーライス / 南森町駅東梅田駅なにわ橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

              
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーライスとライスカレー。同じに感じても、実は微妙に違うのだとか・・・。カレールーを作るメーカーとして有名な、S&Bによると、カレーライスはご飯とは別の容器にカレーが入って提供され、ややハイカラなイメージがするもので、ライスカレーとは、ご飯の上にカレーがか ...
続きを読む
カレーライスとライスカレー。

同じに感じても、実は微妙に違うのだとか・・・。

カレールーを作るメーカーとして有名な、S&Bによると、
カレーライスはご飯とは別の容器にカレーが入って提供され、ややハイカラなイメージがするもので、
ライスカレーとは、ご飯の上にカレーがかけてあり、そこに好みにより、ソースや醤油をかけて食べる大衆的なもの。


なのだとか。

これ、いつの時代に考え発表されたものなのでしょうね(^^;
ハイカラと言う言葉があることから、平成の時代ではなく、昭和、大正・・・。

S&BのHPをもう少し読み込んでいくと、このようにも書いてあります。

歴史的な経緯を振り返ってみますと、日本にカレーが紹介され、国民食として浸透していった頃はライスカレーと呼ばれ、
高度経済成長期以後は一般的にカレーライスと呼ばれるようになったとのこと。

                    ※詳しくは、S&BのHP、コチラでどうぞ!

同じような言葉で、
和のイタリアンと、イタリアンな和食。

お箸で食べるイタリアン、出汁を使ったイタリアン。
トマトとチーズをふんだんに使った和食、だし巻きにトマトソースとがかかり、パルメザンチーズで仕上げると、そんな感じになるのでしょうかね^^;

さて、週末ランチは、ライスカレーか、カレーライスのことを思いながら楽しめ、
平日の夜は、和か、イタリアンか、それともインドかスリランカ・・・。
そんな思いを感じながら楽しめるお店、
関目の“ワッカ(wacca)”さんの夜営業にお邪魔させていただきました。

こちらのお店のショップカードにはこう書いてあります。

商店街のビニールのあそこやん
前から気になってたビニールの店

はい、もうビニールの店で結構です
だけどホントは WACCA  わっかといいます。

ビニールのお店≠簡易なお店
ビニールのお店=目立っていて、気になるお店
 なのです。

ワッカさん、ランチタイムよりも、一層気になる存在になっていました。
いつものように、入り口のカーテンを開けてお邪魔させていただきました。

この日は高校時代の同級生4人でお邪魔させていただいたので、テーブル席に座らせていただきます。

週末のカレーが美味しくて、毎週変わるカレーが楽しみで、連続で通ったこともしばしば。
そんなWaccaさんのディナーメニューはこんな感じです。
 
     IMG_3715

IMG_3716

   IMG_3717
           IMG_3718
  
   IMG_3719

ピッツァやパスタの豊富さは、イタリアンを彷彿させるものがあり、 
ポテトやその他創作料理を見れば、多国籍感も感じる。
このメニュー、ランチタイムにお伺いしたときに見て、ずっと夜にも来てみたかったのです。

ランチタイムに来たときは、メニューを見て妄想を膨らませるだけでしたが、今回は実際に好きなものを注文することができる幸せをかみしめながら・・・。

           IMG_3745
先ずは、鶏肝のレア煮(確か、そんな感じの名前だったかと^^;)

じっくりと低温で火が通っており、中までトロットロで美味しい!
レバーは、パッサパサで苦手という方に、是非食べて欲しい一品です。

そして、カリーブルスト。

    IMG_3749
ソーセージにケチャップとカレー粉をドバッとかけてポテトと一緒に食べる・・・

これが一度食べてみたかったのです(^^)
これ、ドイツのB級グルメらしいのですが、ドイツ人もカレーがお好きなのでしょうかね?

同じフライドポテトでも、こんな感じでいただくと、特別な料理に感じるから不思議です。
こうなってくると、スペインの“ウエボスロトス“や、カナダの“プーティン”も気になりますね。
プーティン、覚えやすい^^;)

そして、waccaのから揚げ。
       IMG_3753

大きなから揚げがゴロゴロと!
このボリュームで580円はかなりお得だと思いますよ。
しかも、美味しい下味もついて、柔らかくて美味しい(^^)

さらに、レンコンマヨネーズ・・・レンコンサラダ・・・。
        IMG_3754
レンコンを、こんな感じで食べても美味しいのですね。
友人のリクエストで注文しましたが、これも技ありですね!


  IMG_3755

私の高校時代からの友人・・・
と言うことは、みなさんお酒が大好きなのです^^;
こちらのお店、リーズナブルで美味しいワインも揃っていルので、嬉しいですね。

そして、いよいよ凄く気になっていたあのメニューが出来上がってきましたよ。

            IMG_3758

waccaのスペシャリテ、1パウンドハンバーグステーキです。
このハンバーグステーキ、ハーフでも注文することができますが、折角なのでフルサイズの1パウンドでお願いしました。

ハンバーグを作ったことがある方ならば分かると思うのですが、
このサイズのハンバーグをきれいに焼き上げるのって結構大変ですよね。
これ、完璧です(^^)

半分に切ってみると・・・
       IMG_3767

中から肉汁が溢れてきます。

では早速いただきましょう・・・。

            (^^)(^^)(^^)

むちゃくちゃ美味しい!
ハンバーグには味付けがされているので、ソースをかけずにそのままいただきます。
そして、この味付けが絶妙なのです。

ワインと一緒にいただくのも美味しいのですが、
これはご飯が欲しくなる美味しさかも(^^)  ←ハンバーグと言えば、ごはんと言う組み合わせで育ったもので^^;

ちなみに、ごはんは100円でつけることができますよ。
(チーズ、目玉焼きのトッピングも可能!)

しっかりとメインをいただいた後は、しっぽりとワインタイムに戻ります。

            IMG_3776

キャベツの甘みとアンチョビの塩分が絶妙な、アンチョビキャベツ。

     IMG_3777
プリップリの海老がたっぷりの海老のアヒージョ。
海老好きな友人のリクエストによるものなのですが、これがなかなか美味しかった(^^)

そして、チーズの盛り合わせもいただき大満足させていただきました。
          IMG_3782

関目のwaccaさん、想像通り・・・いえ、それ以上に美味しくで本当にいいお店を見る蹴ることができたと思います。

      IMG_3783
研究熱心な店主の情熱のこもった料理、
そして、奥様の愛情のこもった接客で、
一度来たお客さんは、リピーターになる方も少なくないと思います。

京阪電車、関目駅(京橋から普通電車で2つめ)からスグ!
是非行ってみてくださいね。


 







【wacca(ワッカ)】
住 所:大阪市城東区関目3-3-16    MAP
電 話:06-6955-8031
営業時間:18:00〜23:30  (ワッカレーの営業は、金曜日と土曜日の11:30〜14:00) 
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし (お店の近くにコインパーキング有り)
お店のTwitterは、コチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

waccaカレーライス / 関目駅関目成育駅関目高殿駅
夜総合点★★★★ 4.0

このエントリーをはてなブックマークに追加

今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?香港に行ったとき、そんなこと ...
続きを読む
今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。

特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?
香港に行ったとき、そんなことを思い出しました。

香港では、冷房をガンガンに効かせるのが当たり前。

何故なのか?
サービスの一環かな・・・
そう思ったのですが、実はそれよりもおもしろい理由があるようです。

香港では、冷房をかける=空気がきれいになる。
冷房していない→空気がよどむ→空気が汚れている・・・。

そう思われているところがあるのだとか^^;
だから、冷房をガンガンに効かせるという話もあるそうですよ。

であれば、電車の「弱冷房車」なんて、あり得ない発想なんでしょうね^^;

そうそう!
今では当たり前の「弱冷房車」って、京阪電車が1984年に導入したのが始まりらしいですよ。

そんな京阪電車に乗ってやってきたのが、京橋。

この日は、京橋にある中華そばのお店、
“丸岡商店 京橋本店”さんにお邪魔させていただきました。
       IMG_4054
京阪、JRの京橋駅の改札口を出て、ほんの数十秒でお店に到着することができます。

お店の入り口のところに、メニューボードがあるので、先ずはそれを確認。
     IMG_4058
中華そば、肉増し中華そば、まぜそば。
冷やし中華もあったようですが、この季節はもう、終了していますね。
何と、学生さんは替え玉が無料! 
なかなかサービス旺盛ですよ。

先ずは、券売機で食券を購入します。
         IMG_4121
初めてのお店で、券売機って後ろに並ばれると焦ってしまって、まともに選べないのですよね^^;
でも、こちらのお店の様に、横に写真入りのメニューボードがあれば、予め注文するものを決めてから、券売機の前に行けるので安心です。

あれ、焼豚丼は売り切れなのかな?
念のため、お店の方に確認してみましょう・・・。

「すみません、焼豚丼って、今日は売り切れですか?」
「あ・・・大丈夫ですよ!」


その後、券売機を調整してくださり、無事に食券を購入できました。

食券を持って、店内に入ります。

           IMG_4062
こちらのお店は、スタンディングスタイル・・・いわゆる立ち食いですね。
立ち呑み王国の京橋らしいスタイルですね。

そういえば、お隣のうどん屋さんも立ち食い。
高校生の時にはよくお世話になりました^^;

あ、カウンターの上にもメニューが書いてありますね。
    IMG_4065
メニューは至ってシンプル。
でもそれが逆に好感を持てますね(^^)
玉子がメニューには“50円”と書いてありますが、無料で生玉子が入っているようですよ。
お得感、ありますよね・・・・
って、玉子ダブルの人のためかな^^;

カウンターの中では、丁寧に中華そばが仕上げられていくのを見ることができます。

           IMG_4118
厨房も客席もコンパクトではありますが、その中で機能的に動いていらっしゃる店員さんにプロの誇りを感じますね。

この時点で、「美味いに決まってる・・・」って、そんな感じがするのです。

しばらくすると、お願いしたちゅうかそばが出来上がってきました。

       IMG_4079
おぉ、素晴らしいビジュアル!
ちなみにこれは、普通の中華そば。
これでも、大きなチャーシューが満タンにのっかっていますよ。

透明感のある、醤油ベースのスープ。
   IMG_4091

先ずは、スープからいただきましょう。

              IMG_4102

           (^^)(^^)

美味しい!
しっかりとした旨味の中の、ほんの少し甘みを感じる。
生玉子がのっかってるあたりは、徳島ラーメンのような感じですね。

そして、麺もいただきましょう。
    IMG_4089


美味しい!
中細のストレート麺は、スープにもよく絡み、スルスル食べすすんでしまいます。
この麺が、1回替え玉無料なのは、学生さん喜ぶだろうなぁ。

チャーシューは大きなものがたっぷりのっかっているので、いろんな楽しみ方ができますよ。

そのまま食べても美味しいですし、たっぷりのネギを巻いて食べても美味しい。
          IMG_4105

一緒にお願いした焼豚丼と一緒に食べても、美味しい。
    IMG_4070

チャーシューで、ゴロゴロチャーシューを巻いて、チャーシューに溺れてみるのも楽しいかもしれません。

そうそう、チャーシューまみれと言えば、中華そばを「肉増し」にすると、こんなにも凄いことになります。
              IMG_4081
大きなチャーシューが、なんと7枚も!
これは麺が主役なのか、肉が主役なのか、よくわからないくらいになって、凄いのが出てきますよ。
これ、たったの+150円って、凄すぎませんか?

後半は、生玉子くずして、麺に絡めたり、
     IMG_4108
チャーシューに絡めてすき焼き風にしたりして楽しみます。

       IMG_4069
さらに、辛いニラをお願いすると、いただくことができるので、

      IMG_4111
中華そばの中に、適量入れると味の変化を楽しむことができますよ。

 IMG_4113

そんな感じで、いろんな美味しさを最後までしっかり堪能させていただき、完食。

これだけ複雑な旨味が楽しめて、無化調って言うのだから、素晴らしいと思います。

京橋で立ち食い中華そば。
飲んだ後の〆もいいけれど、お昼ご飯にガッツリといただくのもかなりオススメですよ!
是非とも、このボリューム、美味しさを体験してくださいね。











【丸岡商店 京橋本店】
住 所:大阪市都島区東野田町3−9−20    MAP
電 話:06-6314-6555
営業時間:11:30〜翌2:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



 

中華そば 丸岡商店 京橋本店ラーメン / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

              
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京〜大阪の移動の手段として、一番ポピュラーなのは新幹線。ご存じ、すべての列車が特急列車という路線が新幹線。「え、こだま号って各駅停車じゃないの?」そんな声も聞こえてきそうですが、こだま号も立派な特急列車です。新幹線内の駅にすべて止まると言うだけで、青春1 ...
続きを読む
東京〜大阪の移動の手段として、一番ポピュラーなのは新幹線。

ご存じ、すべての列車が特急列車という路線が新幹線。

「え、こだま号って各駅停車じゃないの?」

そんな声も聞こえてきそうですが、こだま号も立派な特急列車です。
新幹線内の駅にすべて止まると言うだけで、青春18切符では乗れません^^;

そんな新幹線ですが、開業当時は「ひかり号」「こだま号」で料金が違ったのをご存じでしょうか?
「ひかり号」は超特急で、「こだま号」は特急。
東京〜新大阪で、特急料金のみ300円の差があったようです。(乗車券は同額)

そして現在、「ひかり号」「こだま号」は 同じ特急料金になり、
「のぞみ号」の指定席のみ、310円高くなっています。
50年以上前と、差額はほぼ同じ。 
こう考えると、当時その差額はかなり大きかったのでしょうね。

さらに、グリーン車となると(当時は1等車)は、グリーン料金だけではなく、運賃も 普通車とは違ったそうですから、たやすく乗れませんよね。

グリーン車のふかふかのシートに座っての旅、快適だったのでしょうね。



さて、ふかふかのグリーン車のシートもいいけれど、
ふかふかの芝生に上に座って、青空の下で飲むワインも最高ですよ! 

青空の下、芝生の上で ビオワイン。
今年も、“大阪ビオワインフェスタ2017 ”に参加してきました。

             IMG_4271
昨年までは、大阪駅のすぐ横、西梅田スクエアでの開催でしたが、ことしは中之島公園芝生広場で開催されました。
        IMG_4273
天候にも恵まれ、最高に気持ちがいいです(^^)
せっかくなので、芝生の上にレジャーシートを敷いて、ピクニック気分でワインと料理を楽しみましょう。

会場内には、こんな感じで料理が提供されるテントと、

   IMG_4265

ビオワインが提供されるテントが設置されています。
          IMG_4266

先ずは、スパークリングワインをいただき、青空の下で乾杯!
     IMG_0131
開始時間の13:00を過ぎ、お客さんも続々とやってきて、行列ができるほど人気の料理ブースもいくつかあります。

ビオワインフェスタには、100種類を超えるビオワインと、
20店のレストランが料理を提供してくださっています。

もちろん、事前にチケットを購入した方は、それらがすべて、飲み放題、食べ放題です。
ちなみに、こんなお店が料理を提供なさっていましたよ。

【店名:料理名】
重太郎鶏もも肉のアヒージョ
はんじゅく洋風さつま揚げ・チーズもなか
RAKUSUI牛ホルモンと四川ではなく、五川麻婆の味噌で炒めたもの
タカギピザとパン
えんやタンドリーチキン串焼
千陽鯖寿司・茶碗蒸し
Riblin骨付きフィンガーリブ
俺のフレンチフォアグラとトリュフのリゾット
犇屋(ひしめきや)焼肉串
Ciucate×Baccaiunパスタいろいろ
京ちゃばな ほっこりほっこり京都九条ねぎたっぷり焼きそば
buttah&アララギスパイスカレー
酒中花 空心六徳 恒河沙水餃子フォアグラ醤油がけ
(食)ましかタンドリーチキンカツ
kitchen NICOだし巻き卵
六賢手羽餃子
おちば屋地鶏専門店のボリューミー唐揚げ
ハモンベイベーハモン名物!! ポトフDEフォー
オレギョ焼餃子
わっちょい牛タンシチュー

これだけあれば、迷ってしまいます・・・
あ・・・すべていただくことができるのですが、お腹のキャパシティを考えないといけないのがツラいですよね^^;
(来年は、是非グループで参加してシェアしましょう!)

あ・・・美味しそうな煙が上がるテントを発見!
       IMG_4284
しかも、行列もできています。
きになるので、私もワイングラスを持って(飲みながら並べるので^^;)列に加わります。

    IMG_4277
これは、えんやさんのタンドリーチキン串焼。
串焼にしていただくことで、凄く食べやすい!
こういうイベントでこの心遣いは嬉しいですね(^^)

そして、ワインのおかわりもいただきます。
    IMG_4292
各ブース、こんな感じで6〜7種類くらいのワインを並べているので、気になるワインをいただきましょう。

料理も、好きなものを好きなだけ・・・
とは言っても、一人で同じものばかり大量にとるのはマナー違反。
みんなで仲良く楽しみましょうね。

         IMG_4275
buttah&アララギさんのスパイスカレー。
2種類のカレーを提供していただけ、それぞれにチャパティもついてきます。
スパイスカレーと言っても、ちゃんとワインに合うから嬉しいですね。

そして、このパスタも美味しかった。
   IMG_4280
これは、Ciucate×Baccaiunさんのトマトパスタで、麺の具合が完璧!
イベントレベルを超えて、お店で食べるパスタでもピカイチな美味しさです(^^)

IMG_4298
(食)ましかさんの、タンドリーチキンカツ。
タルタルソースと絶妙にあって美味い!

それにしても、ワインがすすんで仕方がないですね。
          IMG_4292
しかも、どのワインもビオワインなので、安心して美味しくいただくことができますよ。

あ、この日に出品されていたワインは、このイベントの主催である、
“小松屋”さんのHPからも購入することができます。

               IMG_4285


IMG_4289

ハモンベイベーさんののハモン名物!! ポトフDEフォー。
パクチーが苦手な方には、パクチー抜きで。(写真上)
パクチー大好きな方には、こんなに大盛り(写真下)にしていただけます(^^)

さらに、大行列ができているので並んでみると、こんな素敵料理をいただきました。
        IMG_4297
これは、酒中花 空心&六徳 恒河沙さんの水餃子フォアグラ醤油がけ。
この2店、いまや予約なしでは入れないほどの人気店。
そこの絶品水餃子を、フォアグラ醤油でいただけるとなると、行列もできますよね。


たっぷりと絡ませていただきましょう。
    IMG_4301

           (^^)(^^)(^^)

はい、絶品です!

このあたりで、肉料理もいただきましょう。
    IMG_4294
わっちょいさんの牛タンシチューは、どんな感じでしょうか。

          IMG_4295
柔らかい牛タンがゴロゴロ入っています。
これ、お店で注文したら、1,000円近くしますよね?(それ以上かな)
これも食べ放題、ワイン飲み放題で、早期前売りなら5,500円。
前売り6,000円、当日券(100枚くらいしか出ませんので、競争率激しいです^^;)でも、6,500円は、お得すぎると思いますよ!

          IMG_4302
千陽さんの鯖寿司・茶碗蒸し。  
ご存じの方も多いかと思いますが、こちらのお店は、飲食人大学において、3ヶ月技術を学んだ卒業生が働くお店として有名。
10年以上の修行が必要とされた寿司業界に風穴を開けたお店としても有名です。
その味は、ミシュランガイドでビブグルマンを取得するほどで、このイベントでの料理も本当に美味しかったですよ。

また、イベント後半には、温かい味噌汁を振る舞うなど、サービス面でも注目すべきものがあると思います。

   IMG_4306

そして、kitchen NICOさんのだし巻き卵。
だし巻き卵にトマトソースと言うアイデアがおもしろい!
希望すれば、トマトソースなしでもいただくことができますよ。

            IMG_4309
オレギョさんの焼餃子。
たかが焼餃子と侮るなかれ、焼き目はパリッとした食感が心地よく、中はジューしぃでいくらでも食べられそうなのです。
タレも美味しくて、餃子というものの奥深さを実感させられる一品でした。

そのほかにも、ピザ、ボリューミーな唐揚げ、焼肉串など、いろんな料理を堪能させていただきました。

ここ何年か、毎年参加さていただいてますが、そのクォリティと満足度は毎年変わることなく、
決して期待を裏切らない内容だと思います。

来年も今頃の時期、雨も少なく、気候も良いこの季節に開催されると思います。
かなり素敵なイベントなので、早期前売りチケットを購入して、参加されることをオススメします。
また来年の絶対に参加させていただきます!




【大阪ビオワインフェスタ2017】
開催場所:大阪市北区中之島1−1 中之島公園 芝生広場    MAP
電 話:
開催時間:2017年11月12日 13:00〜16:00(受付 12:00 開場 12:30) 
早期割引券:お一人様 5,500円  前売券:お一人様 6,000円 (当日券6,500円)

イベントのHPはコチラ
ビオワインなど、ほんまもんに拘る、小松屋さんのHPはコチラ


※来年(2018年)の予定は、小松屋さんのHP、イベントのHP等で、必ず事前に確認してください。





Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

ショッピングセンターのエレベーターホールや、高速道路のSAPAにたくさん置いてある、ガチャガチャ。いろんなものが入ってますよね。昔は、子供のおもちゃって感じが強かったですが、今では、ガチャガチャにハマる大人が多いのだとか。コップのフチ子や、自由すぎる女神、考 ...
続きを読む
ショッピングセンターのエレベーターホールや、高速道路のSAPAにたくさん置いてある、ガチャガチャ。
いろんなものが入ってますよね。

昔は、子供のおもちゃって感じが強かったですが、今では、ガチャガチャにハマる大人が多いのだとか。

コップのフチ子や、自由すぎる女神、考えない人などのフィギュアから、
信号機のミニチュア、カラーコーンのミニチュア、食品サンプルのようものまで、いろんなものそろってます。

そういえば、新世界の入り口に、「ガチャの穴場」 という、お店の中にガチャガチャがずらっと並んでいるところがあるの、ご存じでしょうか?

店内は、熱帯魚ショップのように、青白い照明がついており、怪しさ満点^^; 
その中に、1回500円もするガチャがあるのです。 

      エロすぎるガチャガチャ
           と
      ゲス過ぎるガチャガチャ 

黒いカプセルに入っていて、当然中身は見えません。
気になるけれど、500円だもんなぁ・・・。

やはり、中身がわからないのに、高い金額を出すのは少し・・・いえ、かなり勇気がいりますよね^^; 


やはり、中身を確かめてから購入したい・・・。

あ・・・ガチャガチャではなく、 ワインの話ね^^;

中身を確かめてから安心して、購入できるイベントにお招きいただきました。

この日は、ワインの販売、輸入で活躍なさっている、
”TOKUOKA”さんの試飲会にお邪魔させていただきました。

            IMG_2957
 会場内では、100種類以上のワインを試飲させていただくことができました。

シャンパーニュをはじめ、スパークリングワイン。 
華やかな印象のロゼワイン。
      IMG_2965

           IMG_2966

そして、実力派のブルゴーニュの白ワインの試飲もできました。

     IMG_2959
この試飲会の魅力は、高級なワインの試飲をできることだけではなく、
お手頃な価格帯の美味しいワインを見つけ出せること。

        IMG_2968

これなんて、かなりバランスが良かったですよ!

IMG_2961

         IMG_2964

これからの季節、ワインで乾杯!
そんなシーンも多くなると思います。

これらのワイン、TOKUOKAさんのお店に行けば、購入することもできると思います。
美味しいワインで、ホームパーティ!

如何でしょうか?

徳岡さんのお店情報は、こちらのHPから確認できますよ!



徳岡さんのHPはコチラ。
大阪市内でしたら、心斎橋のBon repas(ボンルパ)さんがそうですよ!







※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

      ※日本では「こめじるし」と言われているこの記号、注目を集めたり、注釈を書いたりするときに使いますよね。これ、英訳するとどうなるのか・・・。※使用上の注意をよく読んでお使いください。         ↓*Please use carefully read the instruction ...
続きを読む
      

日本では「こめじるし」と言われているこの記号、
注目を集めたり、注釈を書いたりするときに使いますよね。
これ、英訳するとどうなるのか・・・。

使用上の注意をよく読んでお使いください。
         ↓
Please use carefully read the instructions for use.

なんか少し違いますよね、「※」と「*」とは。

そもそも、英語圏には、「※」は無いようですね。
でも先日、Tシャツに「※」をデザインしたものを着ている外国人観光客を見たのですが^^;

こめじるし、実際に知ってる外国人の方も多く、「ライスシンボル」(そのまんまですね^^;)と表現されているようです。

「※」と「*」と「米」

似てるようで、似てないようで、わからなくなってきましたが、注目をひくと言う意味では、共通しているのかもしれませんね。

さて、そんな注目を集めそうなお店が、なんばこめじるしに先日オープンしました。
          IMG_3173
お伺いさせていただいたのは、スパニッシュバルの、
”ベジョータパンチョ(BELLOTA pancho)”さん。

なんばこめじるしの道路側の方にお店はあります。
と言うことで、かなり開放的でいい感じですよ!

店内のカウンター席はすでに満席だったので、テラス席(素敵な言い方でしょ^^;) に座らせていただきました。

先ずは生ビール・・・ではなく、この場合はやはりこれですね。
       IMG_3191

               IMG_3194

クリアでお洒落な升を敷いて提供される、こぼれスパークリング。
こぼれてもなお、なみなみと注いでいただくと、嬉しくなってきます。

こぼれスパークリングの他にも、男前グラスワインなんて言うのもありますよ。
      IMG_3186

これだけではなく、いろんなメニューがありますよ。

 IMG_3176

        IMG_3177

             IMG_3178

     IMG_3179
 
           IMG_3188


これだけあれば。、いろいろ迷ってしまいますが、
この日はオススメをいろいろ出していただきました。

      IMG_3185
先ずは、ピクルス 。
美味しいので、ワインと合わせて、どんどん食べてしまいそうになりますが、少しずつにしましょう。
他の料理との合間にいただくのも美味しいですからね。

そして、まもなくやってきたのが、カンパチのカルパッチョ。
        IMG_3198

トマトとオリーブオイルの塩梅が最高です。
これ、バケットの上にのっけて食べても美味しいでしょうね(^^)

そして、次にやってきた料理がスゴかった。
    IMG_3203
これは、生ハム屋の盛り合わせ。
生ハムの盛り合わせではなく、”生ハム屋”の盛り合わせというところに、自身とこだわりを感じますよね。

プレートの上には、イベリコの生ハム、ハモンセラーノ、自家製ソーセージ、
イベリコのトントロ、トマトの冷たいスープ、パンコントマテ、たまご、ポテトフライ が全部のっかっていて、2人前仕様だとは思うのですが、4人でも充分に満足できるボリュームだと思います。

やはり、こんなのが出てくると、ワインもどんどんすすみます。
        IMG_3215
と言うわけで、男前グラスワインの白をいただきます。
このボリュームのプレートには、このワインがぴったりですね(^^)

そして、牛肉のさっぱり野菜のマリネ サルピコン デ バカ。
           IMG_3211
野菜マリネのさっぱりと、牛肉の旨味が良く合いますね。
それにしても、食べていて楽しくなる料理が盛りだくさんです。

そしていよいよ、あれが登場・・・。

       IMG_3219
ラムチョップを塩と胡椒でシンプルに焼き上げたものなのですが、
このラムチョップが凄く美味しいのです!

必ずお召し上がり下さいとメニューに書かれたラムチョップは、
「鮮度が命!」とのこと。

なるほど・・・
それで、こんなにも柔らかくて、味わいも抜群なのですね。
こうなってくると、他のラムチョップも食べたくなってきますよね。

          IMG_3226
と言うわけで、ラムチョップのタレ焼きも。
これは、ご飯がほしくなりますね(^^)
これ1本で、その気になればご飯2杯はイケそうですよ!


そして、ラムカツチョップ。
     IMG_3235
へぇ、タルタルソースが意外に合う!
これには、冷たいビールが欲しいかな(^^)
どのラムチョップも、本当に柔らかくて美味しいですよ。
これが、1本390円からっていうのも嬉しいですね。

そして、スペイン料理と言えば、やはりこれ。
      IMG_3236

海老のアヒージョ。

プリップリの海老がたっぷりです!
ヤケドしないように、慌てずにいただきます(^^)

〆には、濃厚な海鮮パエリア ベジョータ風もいただきます。

        IMG_3246
ボリュームたっぷり!
〆とは言いながらも、これでワインがいくらでも飲めてしまえそうです^^;


そんな感じで、しっかりと堪能させていただきました。
ベジョータパンチョさん、どの料理も美味しくボリュームたっぷり!
それにしても、ラムチョップの美味しさが忘れられないなぁ・・・

近々また、お邪魔させていただきたいと思います!

 




【ベジョータパンチョ(BELLOTA pancho)】
住 所:大阪市浪速区難波中2−10−25 なんばこめじるし    MAP
電 話:06-6606-9014
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:
定休日:不定休(なんばこめじるしの休業日に準ずる)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加