美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2018年05月

世界の人口第1位は、みなさんご存じの中国。そして、2位はインド。共に、13億人を超えていて、2020年には、中国を抜いて、インドが世界人口1位の国二なる予定なのだとか。ちなみに、3位以下はすごく開いていて、3位:アメリカ(3億2,300万人)4位:インドネシア(2億6,000万 ...
続きを読む
世界の人口第1位は、みなさんご存じの中国。
そして、2位はインド。

共に、13億人を超えていて、2020年には、中国を抜いて、
インドが世界人口1位の国二なる予定なのだとか。

ちなみに、3位以下はすごく開いていて、
3位:アメリカ(3億2,300万人)
4位:インドネシア(2億6,000万人)
5位:ブラジル(2億700万人)と続き、
日本は、11位で、1億2,700万人だそうです。 


最近では、日本の新幹線技術が輸出され、
ムンバイ〜アフマダーバード間が2023年には開通予定なのだとか。

そんな新幹線が通る、インド一の経済都市、
ムンバイからさらに南に約900キロ行ったところに、魚料理が美味しい港町、
マンガロールがあります。

この日は、そんなマンガロール料理を楽しめるお店、
東京銀座にある“バンゲラズ・キッチン”さんに行ってきました。

        IMG_4609

北インド料理とか、南インド料理のお店ならば行ったことがあるのですが、
マンガロール料理というのは初めてです。

  IMG_4610

食都としてもその名を轟かせるマンガロール。
インド悠久の歴史と文化が交錯する
あらゆるインド料理のエッセンスが凝縮したグルメの街。

そんな魅惑のマンガロール料理を味わっていただきたくて
銀座に小さなマンガロールを作りました。

こんな風に書かれると、ますます期待してしまいますよね(^^)

             IMG_4611

それでは、早速お店の中に入りましょう。

カウンター席の横にあるテーブル席に案内していただき、
先ずはメニューを確認させていただきます。

       IMG_4576

ランチメニューはこんな感じで、ページを見開き、左側が英語で、右側が日本語。

    IMG_4577
セットターリでは、この中から好きなカレーを選ぶことが出来るみたいですね。

メニューの裏表紙には、マンガロールの位置が分かるように、地図が書いてあります。

         IMG_4578
なるほど・・・
インド、一度行ってみたいですね。


さて、何を食べましょうか・・・。
珍しいドーサもありますが、折角なのでフラッグシップメニューの
「こだわりフィッシュターリ」をお願いすることにしましょう。

店内は、バーカウンターが4席と、2人掛けのテーブルが8つ。
テーブルの組み合わせによっては、グループでも楽しむことが出来そうですよ。

          IMG_4581

平日の比較的早い時間のお店に入りましたが、結構お客さんが入って来ます。
きっと、知る人ぞ知る人気店なのでしょうね。

そんな感じで待っていると、
私がお願いした、こだわりフッシュターリが出来上がってきました。

         IMG_4585

お店の方が、説明してくださいます。
本日のカレーは、サーモンのカレーだとのこと。
そして、フライはカサゴのフライ。
魚がウリのインドカレー、見ているだけでもワクワクします。

ちなみに、メニューにあった「バサのカレー」。

           IMG_4579

最初は、「サバ」の間違いかと思ってしまいましたが、
そうではなく、そんな名前の白身魚のことなのですね^^;  

先ずは、サーモンのカレー。

      IMG_4589

大きなサーモンがゴロッと入っています。

先ずは、そのままいただきましょうか・・・。

         IMG_4599

      (^^)(^^)

美味しい!
魚の旨味がキッチリ出ていて、スパイスの受け止め方も素晴らしい。
なるほどぉ、そう来ましたか・・・
そんな感じです。

そして、カサゴのフライもいただいてみましょう。

    IMG_4590

サクッときめ細かかくて心地よい食感。
そして、これも美味しいです(^^)  

そして、サンバルとラッサム。

         IMG_4591

これは、いろんなカレーと混ぜ合わせて一緒にいただくと、
素晴らしいアクセントになるのですが、そのままいただいても美味しい。 

     IMG_4601

サンバルを、南インドのお味噌汁って例えることもあるくらいで、
欠かせないものなのだとか。

       IMG_4592
アチャールも一緒に食べるとすごく美味しい。
ま、私の場合はそのままでもいただきますが^^;

ナンやタンドリーチキンも良いですが、
こういうものがもっと、日本に普及して欲しいものです(^^)

       IMG_4594

それでは、このブラウンライスの上に、カレーを掛けていただきましょう。

    IMG_4603

        (^^)(^^)(^^)

こんな感じで、ターリの上でいろんなものを混ぜ合わせながら食べるのが最高。

       IMG_4606

さらに、パパダンも砕いてのっけて一緒にいただきます。

  IMG_4608

最後は、全てのカレーと副菜を混ぜ合わせて、贅沢に完食!

かなり満足させていただきました。

マンガロール料理、是非今度はディナータイムに来て、
もっとしっかりと堪能させていただきたいと思います。

ここ、かなり良かったですよ(^^)






【バンゲラズ・キッチン(Bangera's Kitchen)】
住 所:東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2 2F    MAP
電 話:03-3561-5516
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45) 17:00〜23:00(L.O.22:40) 
煙 草:
定休日:
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、二毛作のお店が増えていますよね。夜は、フレンチやイタリアン、BARなどの営業をしていて、ランチタイムはカレー専門店になっているような感じで。カレーって、凄く奥が深いと思います。家庭料理でありながら、ソースの技術を駆使して作る本格的なものまで。また、それ ...
続きを読む
最近、二毛作のお店が増えていますよね。

夜は、フレンチやイタリアン、BARなどの営業をしていて、
ランチタイムはカレー専門店になっているような感じで。

カレーって、凄く奥が深いと思います。
家庭料理でありながら、ソースの技術を駆使して作る本格的なものまで。
また、それぞれにこだわりがあるから、同じようなものは2つと無い。

先日、ある料理人の方から話を聞きましたが、
カレーって、料理に携わる人間ならば、一度は挑戦したくなるものなのだとか。

そう言えば、カレーを使ったメニューも、各ジャンルにありますね、
カレーチャーハン、カレー焼きそば、カレーラーメン、カレー麻婆豆腐、
カレーパン、カレードリア、カレーコロッケ、カレーうどん・・・。

         IMG_5134

そう言えば、カレーうどんが人気のうどん店が出した、
カレーライスのお店が大人気のようです。

そんなに人気のうどん店、「情熱讃州 豊崎本店」の店主、
久保さんが和食とが美味しいお店をオープンさせました。

場所は、中津から肥後橋に・・・。
と言っても、大通り沿いとかではなく、隠れ家のような感じで。
肥後橋駅から5分くらい歩いて路地に入ると、見慣れた色のフラッグを見ることが出来ます。

       IMG_5065

この付近に住んでいる人しか通らないような路地に、
見慣れた讃州レッドのフラッグが目印。
    IMG_5066

“SANSHU〜讃州〜”さんの新店舗は、隠れ家感満タン!
早速お邪魔させていただきました。


            IMG_5069

店内は、カウンタ席のみで10席。

   IMG_5070

扉を開けると、カウンターの中から、店主の久保さんが迎えてくださいます。
        
この日は、おまかせコース(3,800円)をお願いしました。

当面は、おまかせコースのみで営業されるとのことですが、
ゲリラ的にアラカルトの注文も受けるかも・・・とのことです。
(そのときは、お店のFacebook等で、予告するそうですよ!)

ちなみにメニューはこんな感じですよ。

         IMG_5075

 IMG_5074
IMG_5074

         IMG_5073


先ずは、ビールで乾杯・・・・
の前に、出していただいたのはこれ。

     IMG_5077

これは、讃州特製の、ひやかけの出汁。
最初の味覚が敏感なうちに、出していただける、ひやかけの出汁は、
五臓六腑に染み渡り、食欲を呼び起こす効果がありますよ。

その後、ビール(赤星)で乾杯し、前菜の盛り合わせをいただきます。

   

       IMG_5083

いつもはアラカルトでお願いし、どれにしようか迷ってしまうのですが、
こんな感じで、出していただけると凄くテンション上がりますね(^^)

ここは、折角なので日本酒をいただくことにします。

     IMG_5092

これは、鯖専用日本酒のSABA de SHU」
前菜盛り合わせに付いてきた、ごはん極少の鯖寿司と合わせてみると、
ビックリするほど美味い!

前菜を楽しんだあとは、刺身が四種類登場するとのこと。
刺身四種盛り・・・
いえ、盛り合わせにしないで一品ずつ・・・。

それには、理由があるそうです。
「刺身って、醤油で食べるのが美味しいって限らないんですよ。」
とのこと。

一品目はこちら。

       IMG_5096
鯛は、スタンダードに山葵と醤油で。
これは、間違いない味、美味しい。

そして次はイサキ。

     IMG_5100

なるほど・・・こうすると、イサキの味が凄く浮かび上がってくる(^^)

ホタテはこんな感じ。

          IMG_5104
マリネにすると、甘みが引き立ちますね(^^)

そして鰹はこんな感じで。

  IMG_5108

4種類の刺身を、それぞれに合う食べ方で提供してくださいます。
これ、すごく楽しいですよ(^^)

        IMG_5109

本当は、お酒もそれぞれの刺身ごとにいただけば良いのですが、
それは流石に酔ってしまいそうなので^^;

刺身四種をそれぞれ堪能したあとは、旬の味覚、しらすをいただきます。

        IMG_5116

ジュレ状の出汁を絡めていただくと、美味しい。
しらすもふわっふわで最高です。

そして、天ぷらもいただきましょう。

  IMG_5119

先ずは、ヤングコーンと、コーンのひげ。
ご存じの方も多いと思いますが、
コーンのひげの本数と、コーンのつぶの数は同じだそうです。

意外にも、このひげの天ぷらが美味い。

               IMG_5121

そして、徳島のもっちり蓮根と大阪茄子。
出汁が美味しい店だから、天つゆが出るのかと思いましたが、
一緒に出てきたのは、塩。
でも、サクッと揚げたての天ぷらを味わうには、これが最高です(^^)

そしてメインはステーキ。
(メインって、どれもメインみたいですが^^;)

           IMG_5123

見るからに、柔らかくて美味しそう。
ソースをタップリと絡めて、山葵をのっけていただきましょう。

    IMG_5129

      (^^)(^^)(^^)

最高ですね。

「うどん屋なんで、コースの〆は、うどんを召し上がっていただこうと思います。」

メニューのある好きなうどんを選べるとのことで、4人それぞれ気になるものを選び、
シェアしていただきました。

先ずは、讃州さんの人気メニュー、カレー釜玉。

      IMG_5134

出汁の旨味と、スパイスの相性抜群のカレーうどんと、
釜玉うどんの絶妙コラボ。
これは外せないですね(^^)

そして、温かい出汁うどんの人気もの、きざみうどん。

        IMG_5138
こんなに美味しいのが、関西以外であまり見かけないのか不思議です^^;

そしてやはりこれは食べておかないと・・・。

         IMG_5145
讃州自慢の、ひやかけうどん。
最初の出汁も最高ですが、〆のひやかけは、言葉にならないほどに美味い。

でも、さらにそれを超えるものが存在するのだとか・・・。
メニューにある、「本日のスペシャルうどん」(時価)がそれなのだとか・・・。

        IMG_5150

これが、本日のスペシャル。
ゴールドの器に入って提供される、讃州特製のスペシャルひやかけ。

     IMG_5156

ひやかけの出汁に、ジュレをプラスアルファ。
これが、凄く上品な味わいなのです。
もうね、ずっと出汁を飲み続けていたい衝動に駆られます。

そして、これにうどんを合わせると・・・
 
              IMG_5159

    (^^)(^^)(^^)

味覚、視覚、嗅覚、触覚、聴覚(は、あまり関係ないか^^;)の五感を刺激されました。

讃州さん、1階のカウンター席の他、2階は貸し切り専用のスペースとして、
営業の準備をすすめられているのだとか。

     IMG_5094

予定では、宴会コースの予約で、この部屋にあるものは全て飲み放題。
持ち込みも自由にするのだとか。
(持ち込みOKだけど、持ち帰りはお断りですよ!)

また、2階の営業がスタートしたら、確実に予約させていただきたいと思います。

       IMG_5168

隠れ家感と、満足度満タンの、肥後橋「SANSHU〜讃州〜」さん、
是非予約していってみてくださいね。
他では体験できない美味しさが待っていますよ!








【SANSHU〜讃州〜】
住 所:大阪市西区江戸堀1−16−21    MAP
電 話:06-7509-4189
営業時間:16:00〜22:00 
煙 草:禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

漁師料理とか、釣茶屋ってお店の看板に書いてあると、妙に気になります。北浜のビジネス街に、「釣茶屋」って看板が出たお店があって、気になっていたのが20年ほど前。前を通るのが、いつも夕方の4時くらいなので、魚の香りだけ嗅いで通っていた思い出があります。最近では、 ...
続きを読む
漁師料理とか、釣茶屋ってお店の看板に書いてあると、妙に気になります。

北浜のビジネス街に、「釣茶屋」って看板が出たお店があって、
気になっていたのが20年ほど前。
前を通るのが、いつも夕方の4時くらいなので、
魚の香りだけ嗅いで通っていた思い出があります。

最近では、大阪駅前第1ビルにある、「湯浅港」って名前の店があって、
お店の前には、「和歌山湯浅直送 地魚料理」って看板も出ていて、
毎日漁港直送の魚が並んでいるのです。

行ってみたいけど、いつも人気で満席っぽい。

そんな光景を目の辺りにすること数回。
私の中には、【湯浅=新鮮な魚】の式が出来上がってしまって^^;

それならば・・・
と、今が旬の生しらす丼をいただきに、現地まで行ってきました。

        IMG_5241

この日にお伺いさせていただいたのは、和歌山県湯浅にある、
“かどや食堂”さん。

    IMG_5300

車で行くと、大阪から1時間30分くらいで到着出来、
駅前には広い駐車場もあるので便利ですよ。

       IMG_5302
お酒を飲みたい方は、電車でどうぞ。
お店は、JR湯浅駅から徒歩1分の便利な場所にあります。

             IMG_5248

しらす丼と、大きな文字で書かれたメニューボードがお店の前にあり、
ついつい立ち止まって見てしまう人も少なくないのでは?

お店に到着したのは、11:10頃。
幸いにも、待ってる人はいないようですね。
では早速お店の中に入りましょう。

     IMG_5245

カウンター席の入口近くに座らせていただき、
先ずはメニューを確認します。

   IMG_5216

しらす丼がメインと思いきや、いろいろ楽しむことが出来そうですよ。
どの定食も、+250円で、ご飯をしらす丼(小)に変更することが出来るみたいです。

         IMG_5217

定番の釜揚げしらす丼と、この季節だけ、
漁で取れた時だけの生しらす丼が狙い目なのは、言うまでもありませんね。

幸いにも、この日は生しらす丼が出来るみたいなので、
生しらす丼と釜揚げしらす丼を両方ともお願いしました。

店内は、入口を入ったところにカウンター席が8席。
そして、奥の部屋には座敷席が並んでいるようで、1階は25席。
2階にも30席の客席があるようです。

       IMG_5220

カウンターの中では注文が入るたびに料理が作られていくのを見ることが出来ます。
この間にも、お客さんがどんどんやってきて、
お店の外で待っている方もいるようですね、人気です。

  IMG_5218

テレビ大阪の番組「おとな旅 あるき旅」で、三田村邦彦さんも来ているようですよ。

       IMG_5219
その奥には、お昼の献立が書かれたホワイトボードも見ることが出来ます。

そんな感じで、店内を見渡していると、
先ずは釜揚げしらす丼(小)とわかめうどんの定食が出来あがって来ました。

        IMG_5221

しらす丼とうどん、小鉢まで付いて780円はかなりお得なのでは?

そして、生しらす丼も出来上がってきました。

      IMG_5224

生しらすは、こんな感じで別添えで提供されます。
「生しらすをご飯の上にのっけて、あまり混ぜないように食べてくださいね。」
とのこと。

それでは早速ご飯の上に、生しらすをのっけましょう。

       IMG_5235

いい感じですね。
先ずは、しらす丼のタレだけを少し掛けていただきましょう・・・。

     (^^)(^^)(^^)

何ですかこれ、かなり美味しいんですけど!
生臭さとか、イヤなネチャツキ感とは皆無で、本当に美味しい。

今度は、薬味を少しのっけていただきます。

           IMG_5241

    (^^)(^^)(^^)

ひっくり返りそうになるくらいに美味しい!
これが、生しらすの実力なのか・・・。

江ノ島で食べた時より、淡路島で食べた時よりもかなり美味しい。
今まで食べた生しらす丼は、美味しいのは美味しいけれど、
そんなに大騒ぎするほどなのか・・・
そう思っていたのです、正直。

でもこれは本当に美味しい。
鮮度なのか、タイミングなのか、それともこちらのお店の実力なのか。 

生しらす丼、じつはこの日、「折角なので頼んでみようか・・・」
くらいの気持ちだったのです。
ですので、もう一杯は釜揚げしらす丼を。

         IMG_5228

あ・・・これもふっくら感が全然違う。
見た目にも美味しいが伝わってきますよ(^^)

それでは、こちらもいただきましょう。

          IMG_5239

うわぁ、こっちも美味い!
流石に、生しらす丼ほどの感動はないですが、
いつも食べる釜揚げしらす丼の数倍は美味しいかと。
しらすのふわっと感と、お店が作る特製のたれの仕事でしょうね。

湯浅駅前の「かどや食堂」さんで、充実のランチをいただき、
しばし、湯浅の町を散策。

  湯浅の町並み

ここの町並み、凄く良い感じですよ。

       甚風呂
こちらは、甚風呂と言って、幕末から昭和初期まで実際に営業していた銭湯が、
ミュージアムとして見学できるもの。
保存金の協力として、200円以降募金すると、特製の風呂札をいただくことが出来ますよ。


旬の味わいを求めて、小旅行。
如何でしょうか?
素敵な休日を過ごすことが出来ますよ。    






【かどや食堂】
住 所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅1109−1    MAP
電 話:0737-62-2667
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜21:00(L.O.20:00) ※木日はランチ営業のみ。
煙 草:分煙(ランチタイム禁煙)
定休日:月に一日不定休。(お店のFacebookで確認できます。)
駐車場:あり(店前に3台分、近くに観光用無料駐車場あり、コインパーキングあり)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

いすゞって自動車メーカーをご存じでしょうか?あ、知ってる!♪はーしれ はしれー いすゞのトラック〜♪って、やつでしょ?今はもう、トラックのメーカーになっていますが、昔は乗用車も作っていたのです。117クーペ、ピアッツァ、アスカ、ジェミニ・・・。中でも、いすゞ ...
続きを読む
いすゞって自動車メーカーをご存じでしょうか?

あ、知ってる!
♪はーしれ はしれー いすゞのトラック〜♪
って、やつでしょ?

今はもう、トラックのメーカーになっていますが、
昔は乗用車も作っていたのです。

117クーペ、ピアッツァ、アスカ、ジェミニ・・・。

中でも、いすゞジェミニのCMが印象に残っています。

       

カラフルなジェミニが、街中を曲芸走行で駆け抜けていく。
鮮やかな、レモンイエロー、トルーパーブルー、
ローズレッド、エメラルドグリーン・・・
そして、イルムシャーやハンドリング・バイ・ロータスなど、
魅力的な車が一杯で、本気で買おうかと悩んだくらいでした。
(ま、当時学生の私には、新車なんて買えるはずもなかったわけですが^^;)

さて、迷うと言えば、こちらのお店に行くといつも迷ってしまうのです。
 
         IMG_4963

お伺いさせていただいたのは、“定食堂金剛石”さん。

こちらのお店では、美味しい定食と極上のカレーをいただくことが出来るのです。

でも私はいつも、ついカレーを注文してしまうのです。
今日こそは、定食を・・・。
そんな気持ちで入店し、カウンター席に座りメニューボードを確認。

   IMG_4944

本日の定食は、黒酢チキン南蛮定食。
これ、美味いに決まってますよね!
そして、視線を上げてカレーは・・・

スリランカ鯖カリー。

スリランカと来て、鯖を使うのか・・・(^^)
こちらの店主、中尾さんの作る魚系のカレー、凄く美味しいのです。
まして鯖とスリランカの組み合わせとなると、試してみたい気持ちを抑えきれずに・・・

「すみません、カレーを下さい・・・あ、煮卵付きで。」

やはりいつものように、カレーを注文してしまいました。

確か前回来た時の記事にも、
「今度は是非、定食の方も楽しませていただきたいと思います。」
って、書いていたかと^^;


店内は、カウンター席にのみで10席。
この日も、ウェイティングこそ無かったものの、店内はほぼ満席。
リピーターらしきお客さんの姿も多く見られましたよ。

カウンターの中では、注文が入るたびに
カレーや定食が仕上げられていくのを見ることが出来ます。 

          IMG_4945

カウンターの上にある、ウォーターポットも何だかおしゃれな感じですね。
ひょっとしてこれ、アジアのどこかの国に行かれた時に買ってきたのでしょうかね?

そんな感じで、店内の様子を見たりしていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

    IMG_4946

来た来た、このビジュアルも悩ましい(^^)
見た目にも美味しいって分かってしまいます。

         IMG_4948

副菜と一緒にバスマティライスの上に鎮座する煮卵も良い感じ。
私、おでんでも真っ黒に似たたまごが好きなので、これはかなりトキメキます(^^)

 IMG_4949

そして、何よりも大きな鯖が嬉しい。
今ならば、「サバカレーの缶詰」とかありますが、
昭和の日本には、鯖とカレーの組み合わせの概念、無かったですものね。

それでは早速いただきましょう。

           IMG_4952

      (^^)(^^)(^^)

安定して美味しい。
そして、ほんの少しの冒険心が感じられる辺りが、ファンの心を離さないのでしょうね。
毎回して、「これこれ、この味」を楽しむのも良いのですが、
金剛石さんの場合、毎回進化させてくるから目が離せない。
こういうのも凄く好きですね(^^) 

そして、ゴロッと鯖も行ってみましょ・・・。

      IMG_4956

    (^^)(^^)(^^)

なんでこんなに合うんだろ。
鯖の臭みは感じず、スパイスと合わさり抜群の旨味に買えてしまう。
本当に見事な仕上がりのカレーだと思います。

また、こちらのお店のカレーは、レパートリーが凄く多いこと・・・。
レパートリーが多いと言うよりも、
日々研究されて、進化させていらっしゃるのでしょうね。
だから、来るたびに食べたことないカレーが加わっていて、
ついついカレーを注文してしまうのです。

             IMG_4958

後半は、全ての具材、副菜を混ぜ合わせて、
その複雑な美味しさを思う存分楽しんで完食。

この日も、大満足させていただきました。

金剛石さん、今度こそは定食を・・・
あ、そっか!
週に2回来れば、そのうちのどちらかは、定食を注文できる。
なるほど・・・。

それとも、二人で来れば良いのかな^^;
     










【定食堂 金剛石】
住 所:大阪市中央区瓦屋町1−8−12 ハイツ松屋町 1F    MAP
電 話:06-7174-2578
営業時間:11:30〜14:00 18:30〜21:00 ※火曜日は、11:30〜16:00
煙 草:禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

セットになさいますか、それとも単品で・・・。お店に入って注文する時に聞かれることがあります。単品は文字通り、注文したそのもののみ。ラーメンならラーメンだけで、チャーハンも餃子も付いてきません。でも、セットとなると、いろんなものが付いてきます。ラーメン、餃 ...
続きを読む
セットになさいますか、それとも単品で・・・。

お店に入って注文する時に聞かれることがあります。

単品は文字通り、注文したそのもののみ。
ラーメンならラーメンだけで、チャーハンも餃子も付いてきません。

でも、セットとなると、いろんなものが付いてきます。

ラーメン、餃子、ごはん、お漬物、デザート・・・。

ラーメン定食って呼ばれることもありますよね。

さて、定食とセットの違いって一体何なんだろ?

定食:メインの料理に加え、ごはん、汁物、漬物などが添えられるもの。
セット:メインの料理に副菜などが複数付いてくるもので、ごはん、汁物とは限らない。


なるほど・・・。
とんかつやハンバーグ、唐揚げや野菜炒めは定食にしても違和感ないけれど、
これが、スパゲッティやハンバーガーならば違和感ありあり^^;

スパゲッティセットなら、スパゲッティとサラダ、パン、ドリンクでOKだけど、
スパゲッティ定食になってしまうと、スパゲッティにご飯と味噌汁(スープ)・・・。
それはちょっと、個性際立ちますよね^^;
(ま、関西には「お好み焼き定食」っていうものがありますが・・・^^;)

では、定食でもセットでもなく、「御膳」ならば・・・。


この日にお伺いさせていただいたのは、
“スパイス料理イデマツ”さん。
こちらのお店では、カレーではなく、
【スパイス御膳】をいただくことが出来るとのことです。


天満市場のすぐ近くなのですが、地図を見るとちょっとわかりにくそうな場所。
でも、こんな感じで案内看板も出ているので、すぐに見つけることが出来ました。

       IMG_5025
この角を曲がって15mほど行くと、お店があります。

  IMG_5050

入口の横のプレートには、「Brasserie Petit Porc(ブラッスリー プティ ポー)
欧風料理とソムリエ厳選ワインのお店と書いてあります。

そして、お店の入口には、イスが置いてあって、
そこに「イデマツ」と書かれた黒板が置いてあります。

店内に入ると、カウンターの中から店主が笑顔で迎えてくださいますよ。

カウンター席に座の真ん中辺りに座らせていいただきます。

「メニューは3種類ありまして、スパイス御膳か、
          カレーの1種がけ、2種がけになります。」

スパイス御膳が目的なので、もちろんスパイス御膳を。

入口の横には、スパイス御膳の内容が書かれたボードがあります。

         IMG_5027

ラムカリー、海老カリー、台湾風豚バラ肉、スパイシーチキン、
河内鴨せせりペッパーフライ、スパイス煮卵、カチュンバル風ハーブマリネ、
ポテトマスタード、エリンギアチャール、自家製玉ねぎドレッシングのサラダ、
ごはん(茶めし)、白みそ汁、パンナコッタ。


これ、「本日のオススメ」のメニューではありません。
スパイス御膳を注文すると、これが全部食べられるのです!

ワクワクしませんか、こう言うの。

     IMG_5029

御膳だけでなく、カレーのメニューもありますよ。

注文が入ると、カウンターの中でスパイス御膳を作り始めてくださいます。

         IMG_5028

カウンターの上に、ずらりと並ぶスパイスの瓶。
こういうのを見ているだけでもワクワクします。

ところで、こちらのお店は水曜日から金曜日までしか営業してないんですよね。
(土曜日のランチタイムは不定期で営業)

店主、他に日は何か別の仕事でもしていて、ここは間借りなのかな?
でも、話していると、そんな感じではなく、
ガッツリと料理人の雰囲気が漂う・・・。

聞いてみると、店主はこちらのお店、
「Brasserie Petit Porc(ブラッスリー プティ ポー)
シェフ・ソムリエでもあるのだそう。

なるほど!
それで話がつながった。
疑問、全て解決です(^^)

そんな話をしながら、同じく店内のカウンター席にいたお客さんとも
話をさせていただいていたら、お願いした「スパイス御膳」が出来上がってきました。

        IMG_5031

これ、凄いですよ!
メインのお皿が真ん中にのっかって、周りを副菜やカレー、サラダが固める。
これで1,450円は全然高くないのでは?

先ずは、みそ汁をいただきます。

    IMG_5033

お、優しい味わいで、ホッとします。
白味噌と豆乳を使っているのだとか。

スパイス御膳と聞き、いきなりグリーンカレーかと思ったあなた、違いますよ^^;

そして、サラダもいただきましょう。

            IMG_5034

このドレッシング、かなり美味しい!
野菜の苦みや食べにくさを包み込むのではなく、旨味を引き出してる感じがしますね。

それでは、スパイスの世界へ行ってみましょうか?
先ずは、海老カリーをいただきましょう。
 
    IMG_5038

うわぁ、旨味が凄い!
かと言って、海老特有の臭みは全く感じない。
凄いですね、これ(^^)

先ずは、カレーだけをいただき、そのあとでご飯にかけていただきましたが、
それぞれの食べ方で、旨味の感じ方が違うのが分かります。
こんな感じで、食べ方によっての違いを感じることが出来るは楽しいですね(^^)

そして、ラムカリー。

          IMG_5039

こちらは、ラムの旨味と香りをしっかりと楽しめるタイプ。
ラム好きには、たまらない味わいになっています。
これもかなり好印象ですよ〜。

さて、メインのプレートはこんな感じで、かなり豪華なことになっています。

     IMG_5040

茶めしを真ん中に、台湾風豚バラ肉や大きな海老などが並んでます。
(パクチーの有無は聞いて貰えますよ!)

それでは、本格的にいただきましょう。

         IMG_5044

ガツン!と来る感じではないのですが、
その方が、それぞれの素材の旨味を繊細に感じることが出来、
スパイスとのコラボも楽しむことが出来るのです。

     IMG_5035

時折、副菜のカチュンバル風ハーブマリネ、ポテトマスタード、
エリンギアチャールなどを加えながら食べすすむと、更に美味し。

辛いのが好みならば、辛みスパイス(+50円)もいただくことが出来ますよ。

         IMG_5047

大きな海老に、海老カリーをかけて、ダブル海老カリーにして楽しむなど、
いろんな楽しみ方を堪能できますよ。

デザートには、パンナコッタ(これもかなり美味い!)もいただき、
かなり満足させていただきました。

スパイス料理イデマツさん、かなり楽しく美味しかったです。
ここは必ず再訪させていただきたいと思います。
そして、ディナータイムのフレンチ、
Brasserie Petit Porc(ブラッスリー プティ ポー)さんにも是非来たいと思います。











【スパイス料理イデマツ】
住 所:大阪市北区池田町10−10−105    MAP
電 話:090-2100-8392
営業時間:11:30〜14:00(売り切れ次第終了) 
煙 草:完全禁煙
定休日:土日月火+不定休(水木金の営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ
お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

賄い料理。なんとも、魅力的で気になる言葉だと思いませんか?横で食べられたら(ま、営業中にそれはないでしょうが)、「それ、僕にも下さいっ!」って、確実に言ってしまうだろうかと。実際に、賄いからメニューに昇格した料理も、かなり多いと思います。ラーメン屋さんの ...
続きを読む
賄い料理。

なんとも、魅力的で気になる言葉だと思いませんか?

横で食べられたら(ま、営業中にそれはないでしょうが)
「それ、僕にも下さいっ!」って、確実に言ってしまうだろうかと。

実際に、賄いからメニューに昇格した料理も、かなり多いと思います。

ラーメン屋さんのランチセットに登場する、チャーシューのへた丼。
(チャーシューの端っこの部分を刻んでのっけたやつ)

焼き肉屋さんのカレーライス。
(肉をトリミングする時に、牛すじとかたくさん出るんですよね)

中落ち丼。
(マグロの剥き身がタップリで超お得!)

あと、
オムライス、カレー鍋、コブサラダ、天むす、サンマーメン、
焼き豚玉子丼、中華丼、つけ麺・・・

それらのものも、賄いから生まれた(またはヒントを得た)料理なのだとか。

さて、賄いと言えば、
運が良ければ賄いのカレーを食べることが出来る居酒屋が、
大阪の天満にあるとの情報を聞き、早速予約して行ってきました。

予約の電話で、「賄いのカレーも食べたいのですが・・・」
初めて行く店に、そんなこと言えません^^;

と言うわけで、普通にお邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは
“居酒屋マルタ“さん。

       IMG_4881

天神橋5丁目の交差点から、
天五中崎商店街を80mほどっ入ったところにお店はあります。

店内に入り、案内していただいたのは、カウンター席の厨房がよく見えるところ。
私にとっては、特等席ですね。

             IMG_4883

おしゃれな感じの箸袋が、ウェルカム感を演出していますよ(^^)

さて、先ずはメニューを見てみましょう。

  IMG_4886

すぐに出るやつ、イチオシ!、逸品、揚げもん・・・。
分けられていて、見やすいですね。

       IMG_4887

飲み物のメニューはこんな感じで、いろいろ揃っていますよ。

  IMG_4888

日本酒も良いのを揃えてますね。
隠し酒って言うのも気になる・・・。

          IMG_4893
やっぱり最初は生ビールかな。
こちらのお店では、サッポロ黒ラベルを楽しめるみたいですね。

  IMG_4891

それでは乾杯!
お疲れ様でした〜(^^)

生ビールをいただいていると、付きだしが運ばれてきます・・・。

             IMG_4897



「月曜日の付き出しはカレーなんです。 今日は少し酸味のあるカレー、ポークビンダルーです。」

え、いきなり目標達成^^;

賄いのカレーの話をお店の方のすると、

「日曜日にカレーを仕込むので、月曜日の付き出しがカレーなんですよ」
とのこと。

お話しすると、カレーが好きで、いろんなお店に食べに行ってらっしゃるみたいです。

それにしてもこのカレー、本当に美味しいですよ(^^)
        IMG_4898

ごはんではなく、バケットに付けて食べる、アテカレー。
最高です。

そんな感じで、カレーを楽しんでいると、お願いした料理の方も出来上がってきました。

       IMG_4904
丸ごとトマトのおひたし。
これからの季節に嬉しい逸品。
これがビールとも合うんですよね〜!

そして、マグロの酒盗。

        IMG_4907
しかしまぁ、酒を盗むと書いて、酒盗(しゅとう)とは、よく言ったものだと。
もちろんこれには・・・

   IMG_4913
シャア大佐に勧められるまま・・・
と言うわけではないけれど^^;

            IMG_4914
紀土の純米吟醸、夏の疾風をいただきます。

そうそう、イチオシのマルタ盛りはこんな感じですよ!

     IMG_4911

山盛りのマグロには、イクラがトッピング。
この日は、中落ち、うに、カンパチも付いて、
これがたったの1,280円!

思わず、東京新橋の「魚金」を思い出しましたよ(^^)

魚を食べたら、肉料理も・・・。

     IMG_4920
と言うわけで、さつま知覧どりのもも焼。
特製ダレで仕上げましたと書かれてあるとおり、味付けが凄く美味しい。
もやしのシャキシャキ感も最高で、料理全体のバランスが凄くいいですね(^^)

これにも日本酒を合わせてみましょうか・・・。


         
       IMG_4921

こちらは奈良のお酒、鬼日この純米吟醸 夏酒。
これからの季節、爽やかな夏のお酒が美味しいですよね。

さらに、自家製厚あげも。

     IMG_4924

表面はパリッと、中はふわふわ(^^)
本当に料理のレベル、高いですねここ。
なんかもう、嬉しくなって来ちゃいます。

メニューを見ていて気になったもの、「新!生姜焼き」。
生姜焼きなのか、新生姜なのか・・・。


        IMG_4930
おぉ!
これは、新生姜を豚肉で巻いて焼き上げたもの。
これ、かなり気に入りました(^^)

   IMG_4918

ホント、お酒がススム、ススム。
何だか、後ろのザク、酔っ払って赤くなったのかと思い始めてしまいます^^;

「ポテサラって好きですか?」
とカウンターの中から。

「はい、大好きですよ。」
「普通のポテサラと、ブルーチーズを使ったやつ、どちらが良いですか?」
「是非、ブルーチーズの方でお願いします。」

そんな臨機応変なこともやってのけてくださいます。
そして、出来上がってきたのがこちら。

         IMG_4935

ブルーチーズ好きには堪らない美味しさ!
さらに、ハチミツを添えてあるところも嬉しいですね(^^)

居酒屋マルタさん、賄いカレーを食べてみたい一心で来ましたが、
最後には全ての料理のファンになりました。

ここは確実に再訪します・・・
って、すでに次回の予約、入れてたりして(^^)








【居酒屋マルタ】
住 所:大阪市北区浪花町4−14    MAP
電 話:06-4256-7004
営業時間:17:00〜0:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

分冊百科って買ったことありますか?分冊百科・・・いわゆる、ディアゴスティーニとか言うやつですね。週刊 必殺仕事人とか、週刊 日本の城などなど。創刊号はだいたい安く、「通常定価 560円のところ、創刊号は200円!」何て感じで売り出されるやつ。特に、組み立てもの ...
続きを読む
分冊百科って買ったことありますか?

分冊百科・・・
いわゆる、ディアゴスティーニとか言うやつですね。

週刊 必殺仕事人とか、週刊 日本の城などなど。

創刊号はだいたい安く、
「通常定価 560円のところ、創刊号は200円!」何て感じで売り出されるやつ。

特に、組み立てものなんか、男心をくすぐってると思います。

コレクション性あり、組み立てのトキメキありで、
毎週だんだん揃っていって、最後にはリアルな模型が完成する。

でも・・・
でもですね、大人の事情って言うものも多少絡むわけで・・・。

ん、何のことかって?

売上げです、はい^^;

思った以上に売れなかった場合は、途中で休刊してしまうものがあるのかどうか・・・。
(最終号で完成予定の模型ものだったら、シャレにならないよなぁ^^;)

ほとんどは、最終号まで発刊されるらしいです。
ただ、号がすすむにつれて、だんだん売れ行きも落ちていくので、
最後の方は、定期購読分しか発刊されず、書店に並ばないので、
休刊しているように見えるらしいのです。

では、途中で休刊してしまったものはないのか・・・
あるらしいのです^^;

「週刊 エヴァンゲリオン・クロニクル」言うのがそうで、全60号の予定が、
僅か5号で休刊。
何か、大人の事情でもあるのでしょうね。

創刊号はお試し価格でお得な設定の分冊百科。
北新地のランチも、夜のお試し価格でお得な設定?

そんな北新地で、ランチのみの間借り営業。
お得な価格で、本気のカレーを出すお店、
“北新地カレー クローブ”さんに行ってきました。

            IMG_3400

こちらのお店は、かすうどんのお店、「かすや」さんをランチタイムに間借りしての営業。
北新地のお店が、夜のお試し(ってわけでもないでしょうが)に、お得なランチメニューを
出すのに対して、こちらはランチタイムのみ。
だから、ランチタイムが本気の営業。

早速入口の扉を開けて・・・
お、店内、結構賑わってるゾ!

お店に入り、カウンター席に座らせていただきます。

先ずはメニューを確認。

        IMG_3377

和出汁カレーと、無水キーマのあいがけが基本。
そこに、龍のたまごなどのトッピングを追加することが出来ます。
この日は、他に辛口煮込み蒟蒻のトッピングも出来たので、
龍のたまごと蒟蒻をトッピングでお願いしました。

カレーに蒟蒻・・・
そう思いましたが、ものは試しってヤツですよ^^;

店内は、カウンター席が7席と、4人掛けのテーブルが2つと、2人掛けのテーブルが1つ。
結構賑わっています。

すでに人気のお店って感じですね。

カレーを待っている間にも、お客さんが次々に・・・。
中には、「◯◯のママに聞いて来たよ〜」ってお客さんも。
北新地の繋がり、侮るなかれってやつですね(^^)

そんなことを考えながらカレーが出来るのを待ちます。

そしていよいよ、カレーが登場。

           IMG_3381

お、いろんな具材が賑やかに盛り込まれていて、華やかな感じですね。
カレー=肉と思われがちですが、こんな感じで野菜もたくさん盛っていただいていると、
嬉しくなります。
からだ想いのカレー、そんな感じでしょうか?

   IMG_3382

仕上げにスパイスが振りかけられ、てっぺんには山椒ものっかっています。
まさに大人のカレー、そんな感じですね。

それでは早速いただきます。

         IMG_3386

    (^^)(^^)

おぉ、旨味満タン!
これ、大好きなタイプのカレーですよ(^^)
1口めから「美味い!」を感じ、その後口に中にジワッとスパイスが広がっていく。
とても、最近間借りではじめたカレー屋さんのものとは思えないレベルですね。

と思えば、このカレーは、北新地のワインバー「カルネ(Carnet)」で出しているものなのだとか。
それを、ランチタイムにこちらのお店を間借りして、提供しているとのこと。
なるほど、レベルが高いわけですね。

  IMG_3384

そしてこれが、蒟蒻のトッピング。
はたして、蒟蒻とカレーが出会うと、どんな感じになるのだろうか・・・。

          IMG_3389

     (^^)(^^)(^^)

む、むちゃくちゃ美味しいじゃないですか!
これはちょっとビックリ。
ノリのつもりでお願いしたのですが、これはドンピシャ。
是非みなさんもあれば試してみて下さい。

  IMG_3383

綺麗なオレンジ色の龍のたまご。
これを、どのタイミングで行くか・・・。

最初からイッとく、
半分くらいでイッちゃう、
最後の1口で、一気にイッテしまう・・・。


    IMG_3393

最初は、こんな感じで崩して、それに付けながらいただきます。

そして、後半はいよいよ全体を混ぜ合わせながら旨味をしっかりと味わいましょう。

          IMG_3399

こうなるともう、スプーンを持つ手が止まりません。
あとは、本能のままに人すら食べるべし!

そんな感じで、しっかり完食。
想像以上のレベルの高さに、ちょっとビックリしました。

北新地カレー クローブさん、
是非一度行ってみてください。
店名は、カレーに使うスパイスの名前「クローブ」ですが、
スパイスマニアでない人も、美味しくいただくことが出来ますよ!


 



【北新地カレー クローブ】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1-7-6 新日本新地ビル 東館1F    MAP
電 話:06-6136-5097
営業時間:11:00〜14:00(L.O.13:30) 
煙 草:禁煙
定休日:土・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにやると、ストレス発散になって楽しいのがギャンブル。でも、日本国内で公に出来るギャンブルは、競馬、競輪、競艇、オートレース。その昔は、賭場があって、サイコロを振って、出目を当てるって言うのもあったそうですね。そんなサイコロ、実は出る目の確率、平等じゃ ...
続きを読む
たまにやると、ストレス発散になって楽しいのがギャンブル。

でも、日本国内で公に出来るギャンブルは、

競馬、競輪、競艇、オートレース。

その昔は、賭場があって、
サイコロを振って、出目を当てるって言うのもあったそうですね。

そんなサイコロ、実は出る目の確率、平等じゃないらしいですね・・・。
1から6まであるサイコロの目って、削ってありますよね?
削ることによって、各面の重さが変わり、出る目に偏りが出るのだとか・・・。
(高級なサイコロの場合は、それも計算しているでしょうか)

では、一番出やすい目は・・・
「5」。
5の裏の2の面が、一番削られていなくて、その裏面の5が出やすいのだとか。
(一度お試しあれ!)

大阪にカジノが出来たら、
一度確かめに行ってみたいと思っているのは私だけではないはず^^;


さて、カジノではなく、この日にお伺いさせていただいたのは、
“ハナレノミ カジノバ”さん。

        IMG_4704

大阪のオフィス街のど真ん中、本町にお店はあります。
こちらのお店は、新鮮な魚と地酒を味わえる割烹、「魚匠 梶」さんの姉妹店。

ですので、上質な料理をリーズナブルな価格で楽しめると、
最近人気急上昇のお店なのだとか。

店内は、真ん中に大テーブルがあり、その周りに4人掛けテーブルなどが並びます。
ひとりでフラッと来てもOKですし、
グループでも楽しめそうですよ。

この日は、4人掛けのテーブル席に案内していただき、
先ずは生ビールで乾杯!

       IMG_4709

お通しもまた、酒飲みには嬉しい感じのものを出していただけますよね。

ビールを飲みながら、メニューを確認してみます。

   IMG_4711

本日の押し売り・・・
上手いこと言いますね^^;
でも、美味しそうなものがたくさん並んでいますよ。

           IMG_4710

店内の黒板にも、定番メニューがいろいろと並びます。

そして、飲み物の方はこんな感じ。

     IMG_4712

380円から、580円と分かりやすい。
“ええジン”っていうのも気になりますね。

最初の料理は、こちらのお店の常連さんに連れて行ってもらったので、
こんなお得なセットをいただきました。

       IMG_4715

これは、センベロセッ・・・じゃない^^;
お試しセットと言って、こちらの料理に380円のドリンクが付いて、何と925円!
(無い場合もあるので、お店の方に聞いてみて下さいね!)

この日は、石鯛の造り、鶏ハムもろみ味噌だれ、自家製のイカの塩辛。
お酒がすすみそうなものばかりで嬉しいですいよね(^^)

お試しセットを楽しんだあとは、気になる料理をお願いしてみましょう。

先ずは、鶏肝のとろ旨煮。

         IMG_4719

口の中で、とろけます(^^)
肝のパサつく感じが苦手な人でも、これならば美味しくいただけると思いますよ!

そして、大阪に来たなら食べて欲しい逸品、水茄子。

    IMG_4720

パラッと塩を掛けて食べても良いし、生姜醤油で食べるのも美味しい。

さらに、ローストポークもいただきます。
 
           IMG_4725
絶妙な火の通し方で、柔らかくて美味しい。
それにしても、このもろみ味噌はお酒に合いますね(^^)

ちょっと贅沢して、金目鯛カマ焼もいただきます。

     IMG_4727

美味しい部分を探り当てていただく・・・。
金目鯛のカマの部分って、本当に美味しさのテーマパークみたいです。

         IMG_4732

スッポンの茶碗蒸しは、臭みなんて全くなく、本当に素晴らしかったです。

〆には、しじみ汁もいただき、かなり満足させていただきました。

      IMG_4739

大衆居酒屋のように見えて、値段もお手頃。
でも、出てくる料理は一流の味わいと雰囲気をビシビシと感じることが出来ます。

会社帰りに、ちょっと一杯。
1週間のはじまりを素敵にさせてみませんか?
明日からの活力になること間違いなしですよ。







【ハナレノミ カジノバ】
住 所:大阪市中央区備後町3-1-2 日宝アトラスビル 1F    MAP
電 話:06-6232-7977
営業時間:17:30〜23:30 
煙 草:完全禁煙(店内奥に喫煙スペースあり)
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「貴様!」って、知らない人から言われたら、何だか腹立ちますよね^^;【貴様】(たかさまではない)男性が、親しい対等の者または、目下の者に対して用いる。または、相手を罵る場合にも使われる。でも、字を見ると「貴」と「様」。両方とも、相手を敬う意味の漢字なのですが ...
続きを読む
「貴様!」

って、知らない人から言われたら、何だか腹立ちますよね^^;

【貴様】(たかさまではない)
男性が、親しい対等の者または、目下の者に対して用いる。
または、相手を罵る場合にも使われる。


でも、字を見ると「貴」「様」
両方とも、相手を敬う意味の漢字なのですが、2つが合わさると、
なんで失礼になってしまうのでしょうか?

元々、貴様という言葉は、相手に対して敬意をしめす言葉だったと言います。
旧日本軍において、上官は部下に対して、「貴様」と呼んでいた。
でもこれは、決して相手を罵っていたわけではないとのこと。

日本国民は皆「天皇の子」であり、
軍隊は天皇の子預かっているという考え方だったため、
どんな下級の隊員に対しても尊敬の念を持って「貴様」
呼んでいたのだとか。
(ちなみに、上官に対しては、役職名が付くので役職名で呼ばれていた)

でも、上官の中には、態度が悪い人がいて、
「貴様」と呼びながら、酷いことをする人がいて、それを見ていた人が、
「貴様」の言葉の意味を悪い言葉なのだと解釈してしまったのが最初だった・・・。


とも言われているそうです。

何だかいろいろ、ややこしいですね^^;
さて、上下関係などなく、友人同士で美味しい立ち呑みにでも言って、
楽しい時間を過ごしましょう。

        IMG_4698

そんな感じでやってきたのが、大正駅からすぐのところに移転してきた、
“立ち呑みの さのや”さん。

扉を開けると、奥に向かってまっすぐにカウンターがあります。

真ん中辺りのスペースが空いていたので、そこに滑り込ませていただきます。

     IMG_4667
先ずは、空豆をアテに、赤星で乾杯!

シンプルに塩で食べるのが美味い。
そして、チーズと金時豆とブロッコリー。

         IMG_4692

こんな感じで、サクッとアテをつまみながら、ビールを楽しむ。
それが、普通の立ち飲み屋さん。

でも、ここ「さのや」さんは、もっと奥が深いのです。

この日のメニューはこんな感じで、本当にいろいろ揃っていますよ。

              IMG_4668

刺身の新鮮さは言うまでも無く、何を食べても一工夫してあって、
しかも、美味しい。

では、早速気になるものをお願いしましょう。

   IMG_4669
先ずは、お造り。
活け赤貝、マグロ、ハマチを盛っていただきました。
この赤貝、本当に甘くて美味しい!

そして、エビマヨ。

        IMG_4671

プッリプリ感がいいですね〜
これ、たったの300円なのです(^^)

さらに、アジフライ。

   IMG_4676
タルタルソースをタップリと付けてどうぞ。
あ、ウスターソースが良ければ、カウンターに置いてありますよ!

もう一度、メニューに目を向けると、気になるものを発見。

           IMG_4672

これは、牛すじタコス。
1口サイズで、具だくさん!
好みで、タバスコをかけると、さらにスパイシーに。

タコスが美味しかったので、ナチョスもお願いましょう。

   IMG_4681

       (^^)(^^)

これは想像以上。
いろいろのっかっていて楽しい。
しかもこれが結構クセになるのです(^^)

         IMG_4678
ここで、レモンサワーもいただきます。
嬉しいことに、甘すぎないタイプ(^^)
これは、グビグビいけちゃいますね。

    IMG_4684

さらに、ハモ白焼きと小なす天。
これもたったの、330円!
嬉しくって、美味しくって、どうにかなってしまいそうですよ(^^)

新じゃがの季節だから、新じゃがポテトフライでも・・・
そう思い、注文して出てきたのがこれ。

           IMG_4688

こんなひと工夫がすごく嬉しい!
タバスコを掛けていただくと、ポテトグラタンですよね(^^)

揚げ豆腐も、揚げたて熱々を出してくださいますよ。
   
     IMG_4697
(揚げ豆腐は、ポン酢か醤油を選べますよ)

そんな感じで、かなり大満足!
旧店舗(大正駅から、さらにバスに乗って、15分くらい行かなくてはならなかった)
の時と同じ、値段とクォリティ。
それが、駅前に来たのだから人気が出ないわけ無いですよね。

さのやさん、満席のことが多いと思いますが、是非チャレンジしてみてください。
満足できること、間違いなしですよ。

          IMG_4699










【立ち呑みの さのや】
住 所:大阪市大正区三軒家東1−4−16    MAP
電 話:090-9274-7663
営業時間:16:00〜22:00(L.O.)  
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日 月1回不定休あり
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタ映え。最近よく耳にする言葉ですね。Instagramで、「いいね」をたくさん貰えるような写真や動画のこと。ですので、実際の「おいしい」とは、若干のズレがあると言うこともあるのだとか・・・。具材が、思いっきり入ったハンバーガー、ジョッキに入った、冷やしそば、 ...
続きを読む
インスタ映え。

最近よく耳にする言葉ですね。

Instagramで、「いいね」をたくさん貰えるような写真や動画のこと。
ですので、実際の「おいしい」とは、
若干のズレがあると言うこともあるのだとか・・・。

具材が、思いっきり入ったハンバーガー、
ジョッキに入った、冷やしそば、
同じネタばかりが、15貫並んだ寿司・・・。

同じネタが、15貫??
それはちょっとねぇ^^;

もしも、同じネタばかりが15貫の寿司を食べなければならないとしたら、
あなたは何を選びますか?

トロ:5貫目を過ぎた辺りから、体に変調が^^;
イカ:確実に、噛むのが疲れそう。
タコ:同じく^^;
穴子:え・・・丸づけが15ということは・・・^^;
鰻:これならば何とか。
巻き寿司:節分みたいになってしまいます^^;

同じネタを15貫・・・
それよりも、いろんな料理を少しずついただいた方が良いですよね。

いろんな料理を少しずつ・・・・
そんな感じで、和食のコースがディナータイムでも2,500円でいただけるお店、
“谷町炉端かこい”さんに、再訪問してきました。

       IMG_2649

「炉」と一文字書かれた暖簾、思わず吸い込まれてしまいます。

お店に入ると、店長さんが「あっ!」って感じの表情に。
覚えてて下さっていたみたいです。
こう言うの、ちょっと嬉しくなりませんか(^^)

この日は、カウンター席に座らせていただきました。

この日のオススメはこんな感じ。

     IMG_3983

とは言え、やはり今回もおまかせコースをお願いしました。

「前にいらっしゃった時とは、内容が変わってますので、お楽しみ下さいね。」
とのこと。

前回の訪問から、2週間半くらいだったので、
同じ料理かもしれないと思っていましたので、嬉しいですね。

        IMG_3971

前菜は、前と同じく、おぼろ豆腐。
これ、美味しいんですよ!
これは食べたかったので、思わず笑顔になります。


そして、造り盛りはこんな感じ。

   IMG_3973

この日は、ヒラメとこぶ鯛。
白身の良いところをじっくりと味わう・・・。
満足度高いですよ。

さらに、カボチャバター。

         IMG_3976

いい感じに炙っていただき、
のっけたバターが溶けるのを見ながらいただく幸せ。
こう来ると、やはり日本酒が欲しくなります。

   IMG_3977

この酒器がまた良い感じ。
お酒を注ぐと、綺麗に輝きはじめます。

           IMG_3980

いただいたお酒は、神奈川県相模原市のお酒、相模灘の純米吟醸、北海道吟風50。
北海道産 吟風という米を使って醸されているのですね。
これは初めていただきましたが、美味しかったですよ。

   IMG_3986

そして、酒肴3種盛り派、小松菜と揚げを炊いたもの、牡蠣、カラスミ大根。
これはホント、日本酒がなければはじまらないって感じですよね(^^)

        IMG_3982

と言うわけで、山形のお酒、珠韻(しゅいん)をいただきます。
ホント、これだけでお酒が3杯は飲めそうな勢いですよ^^;

そして、本日の焼き魚は、いとより塩焼き。
    IMG_3990

皮目はパリッと、中はジューシィ。
しかもカウンター席だから、焼き上がっていくのを見て楽しむことも出来る。
これ、炉端焼きの醍醐味ですよね!

        IMG_3995
さらに、紀州鴨たたき。

これも、皮はパリッとしていて、噛めば旨味が口の中いっぱいに広がります(^^)

  IMG_3993

料理が美味いと、本当にお酒がすすむ。
いろんな料理にお酒を合わせていって、そのマリアージュも楽しめてしまう。
こう言うの、やめられませんね。

コースの料理はこのあと、〆になるとのことなので、ここで追加を一品・・・。

        IMG_4001

三重県産 牛イチボの炙りです。
パラッと塩で食べても良いし、もろみ味噌でいただくのも、通な味わい。

   IMG_4010

こんな感じで、山葵をのっけて、醤油をちょっとつけて食べても最高ですよ。

それにしても、この肉、本当に美味しいなぁ(^^)

しっかりと料理、お酒を楽しんだあとは〆をいただきます。
前回は、焼きおにぎりだったのですが、今回は・・・。

         IMG_4021

はい、シジミの出汁茶漬けです。
飲んだあとに、シジミ。
嬉しい心遣いですよね(^^)

谷町炉端かこいさん、最初に来て、安さと美味しさに驚き、
そして、再訪させていただき、完全にファンになりました。

是非また、予約してお邪魔させていただきたいと思います。











【谷町炉端 かこい】
住 所:大阪市中央区内淡路町1−3−7    MAP
電 話:06-6940-4211
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:30) 18:00〜24:00(L.O.23:00) 
煙 草:完全禁煙(喫煙ブースあり)
定休日:無休(月曜日の祝日のみ休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     


 

谷町 炉端かこい居酒屋 / 天満橋駅谷町四丁目駅堺筋本町駅
夜総合点★★★☆☆ 3.8

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリタンスパゲッティって、  ナポリで食べることは出来ないんですよね?現地の料理かと思いきや、実は日本生まれの料理って、結構あるようです。【石焼ビビンバ】当然、韓国生まれの料理かと思いきや、実は大阪の韓国料理店の店主が考案したものらしい。その後、韓国に ...
続きを読む
ナポリタンスパゲッティって、
  ナポリで食べることは出来ないんですよね?


現地の料理かと思いきや、実は日本生まれの料理って、結構あるようです。

【石焼ビビンバ】
当然、韓国生まれの料理かと思いきや、
実は大阪の韓国料理店の店主が考案したものらしい。
その後、韓国に逆輸入され、現地でも食べられるようになったのだとか。

【ドリア】
横浜にある、ホテルニューグランドのスイス出身のフレンチのシェフ、
サリー・ワイルが考案したもの。
滞在中の銀行家が、「体調が良くないので、何か喉越しの良いものを・・・」
そう言われて出したのが始まりなのだとか。

【ウィルキンソン】
それはないだろう?
そう思い調べてみると、日本に定住していたクリフォード・ウィルキンソンが、
兵庫県で天然の炭酸鉱泉を狩猟の途中に見つけたのが始まりなのだとか。

その他にも、モンブラン、天津飯、中華丼、
エビフライ、エビチリ、冷やし中華
なども、日本で生まれたものみたいですね。

では、これはどうなのか・・・

        IMG_4552

これは、カレーライス。
でも、いただいたお店は、カレー専門店でも、洋食屋さんでも、大衆食堂でもなく、
東京神保町にあるお店、“北京亭”さん。

      IMG_4565

お店の名前からもわかるように、中華料理のお店です。

お店は、水道橋と神保町の交差点の間くらい。
白山通り沿いにあります。

  IMG_4564

お店の前には、サンプルの入ったショーケースもあり、歴史を感じますね。

          IMG_4563

入口の横には、料理の写真がずらりと並び、食欲がそそられます。

えっと、今日の日替わりは、
高菜挽肉チャーハン+半ラーメン  780円
回鍋肉定食   780円
肉野菜麺+半チャーハン   780円


オトクな感じです。

そんなメニューを横目に見ながら、店内に入り、
カウンター席の真ん中あたりに座らせていただきます。

カウンターのところに、メニューが張ってあるので、ちょっと拝見・・・。

  IMG_4562

定食もいろいろあって、値段もお手頃。

           IMG_4561
ラーメン、もやしそば、担々麺・・・
ん、ピーマン肉麺が妙に気になる^^;

いろいろありますが、私の注文はカレー。

はい、メニューには載っていませんが、注文すると作ってくれるとのことで、
お願いしました。

店内は、カウンター席が10席と、4人がけのテーブル席が6つほど。
そして、2階にも客席があるようです。

私はカウンター席、店主の前に座ったので、調理する様子がよく見えます。
注文が通ると、材料を切り、リズミカルに鍋を振るのを見ることが出来ますよ。

カンカンカン ジュワーッ  カンカン・・・

中華料理は音も食べる・・・。
そう言われるだけあって、本当にいい音がします(^^)

そんな感じで、リズミカルに作られたカレーライスが出来上がってきました。

          IMG_4549

中華料理店で、カレーライス。
そんなのあり?
そう思われそうですが、これが実に美味しそう。

肉と玉葱がタップリなのもすごくいい感じですね。

それでは早速いただきます。

      IMG_4555

うぉ〜、これは美味しい!

肉も旨味もタップリ。
これは密かに人気があるのもわかりますよ。

  IMG_4557

それにしても、具材がタップリ。
最初にお皿だけを見たときは、ちょっと小さめかなぁ?
そう思いましたが、食べ始めるとそんなことはなく、
タップリと盛られてるのがわかります。

肉と同様に、タップリと入った玉ねぎも美味しい。

            IMG_4558

結構スパイシーな味付けに、玉ねぎの甘さがすごくよく合うのです。

何よりも、目の前で作ってくださり、出来たての熱々がいただけるのが嬉しい。
ですので、慌てて食べるとやけどしそうになるのでご注意を^^;

そんな感じで、夢中で食べすすみ完食。
これは新しいカレーのジャンルになるかもしれませんね。

中華料理店でいただく、中華カレー。
ぜひ一度食べてみてください。
結構ハマるかもしれませんよ!






【北京亭】
住 所:東京都千代田区西神田2−1−11    MAP
電 話:03-3261-4116
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜23:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界三大・・・三大ってなに?そう思うのは一瞬、三大って言うのだから、見てみたい、食べてみたい・・・。そう思いますよね?世界三大料理は、中華、フレンチ、トルコ料理。でもちょっと、高級でハードルが高そう・・・。では、世界三大スープならばいかがでしょうか?世界 ...
続きを読む
世界三大・・・

三大ってなに?
そう思うのは一瞬、三大って言うのだから、見てみたい、食べてみたい・・・。
そう思いますよね?

世界三大料理は、中華、フレンチ、トルコ料理。
でもちょっと、高級でハードルが高そう・・・。
では、世界三大スープならばいかがでしょうか?


世界三大スープといえば、ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープなのだとか。
あれ、ボルシチは?
フカヒレか、ボルシチ。
それに関してはいろんな意見があるみたいですね・・・。

ところで、日本の味噌汁は何位くらいなのでしょうかね?

さて、世界三大スープや味噌汁のように、歴史は古くないけれど、
最近注目されて、関西にもドンドンお店が増えてきているのが、
スープカレーのお店。

北新地にも、スープカレーのお店が出来、話題になっています。

この日にお伺いさせていただいたのは、
“スープカレー なっぱ”さん。

         IMG_2878

11:30の開店時間と同時に、お邪魔させていただきました。

カウンター席に案内していただき、まずはメニューを拝見・・・。

     IMG_2882
鶏の旨みが凝縮したスープカレーに、タップリ野菜の“なっぱスープカレー”を基本に、
いろんなバリエーションがあるようですよ。
かつおのたたきスープカレーがすごく気になりましたが、
残念ながらこの日は売り切れだったので、鶏なっぱスープカレーを、
4辛、なっぱサンボル、そして納豆のトッピング
を付けてお願いしました。

こちらのお店は、北新地のスペインバル「Bar el sol」のパーティスペース、
「el sol the party」を間借りして、ランチタイムの営業されています。

       IMG_2880

 IMG_2881


店内の様子を眺めながら待っていると、次々とお客さんが入ってきます。
すでに人気店のようですね。

「鶏三昧スープカレー、ご飯大盛り、辛さ20で。」

え・・・隣のお客さん、辛さ20!
メニューには、何かに悩んでいる方って書いてあったけど、悩んでいるのか^^;

私もチャレンジしてみれば良かったか?
別に何も悩んではいないけれど^^;

そんなことを考えていると、注文した鶏なっぱスープカレーが運ばれてきました。

           IMG_2890

お、なんかいい感じじゃないですか!
野菜もタップリでうれしいですね。

さて・・・スプーンはどこだ?

      IMG_2883
あ、この宝箱の中ですね(^^)

それでは早速いただきましょう。
まずはスープから・・・。

       IMG_2891
お、旨みたっぷり!
辛さもちょうどいい感じです(^^)
でも、ちょっと余裕あるかな?
よし、悩み事が出来たら、20辛に挑戦してみようかな^^;

   IMG_2893
チキンは、骨付きレッグではなく、もも肉のスライスがタップリ。
食べやすさに関しては、こちらのほうがいいのかもしれませんね。

       IMG_2888
ごはんは、こんな感じで別のお皿に入って出てきます。
大盛りでも良かったかな?
この時点ではそう思いますが、スープカレーって意外とボリュームがあるので、
これくらいで正解かもしれませんね。

次に、ごはんをスープに浸していただきましょう。

           IMG_2896

        (^^)(^^)

美味しい!
何だか幸せを感じます。

スープカレーのもう一つの魅力は、野菜をたっぷりと、
しかも美味しくいただけること。

      IMG_2904
お箸を使うことで、ストレスなくいただくことが出来るのもうれしいですね。

さて、しっかりとその旨味を堪能させていただいたので、そろそろアレを・・・。

              IMG_2889
トッピングでお願いした、“なっぱサンボル”は、
こんな感じで別添えで提供してくださいます。

 IMG_2902

それを、先ほどと同じように、スープカレーの中に浸していただくと、
アクセントが加わってかなり美味しい!
これに寄って、スリランカカレーの要素も加わるので楽しいですね(^^)

後半は、ごはんをスープカレーの中にダイブ!

            IMG_2906

しっかりと混ぜて、リゾットのような感じでいただくのもまた美味し!
 
    IMG_2911

こんな感じで、納豆と一緒にいただくと、かなり美味しいです。
スープカレーと納豆、鉄板の組み合わせだと思うので、是非試してみてください!

そんな感じで、夢中で食べ進み。気がつけばキレイに完食。

美味しく、オリジナリティに溢れるスープカレーでした。

こうなると、かつおのたたきスープカレーもかなり気になるわけで・・・。
次回は是非、トライしてみたいと思います。

え? 20辛・・・
それはまた、悩み事が出来た時ということで^^;


          IMG_2912

確実に、人気急上昇中だと思います。
ぜひ、早いうちに食べに行ってみてくださいね!

      





【スープカレー なっぱ】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−5−20 大川ビル B1F    MAP
電 話:050-3716-0078
営業時間:11:30〜14:30 
煙 草:
定休日:土日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「月とすっぽん」そう言えば、そんなタイトルの漫画も昔あったような・・・(少年チャンピオンに、1976年から、1982年まで連載されていた)正しい意味は、同じように見えて、大きく異なることを指す言葉。一見似ているようで、実は全く違うという意味だそうです。例えば、「 ...
続きを読む
「月とすっぽん


そう言えば、そんなタイトルの漫画も昔あったような・・・
(少年チャンピオンに、1976年から、1982年まで連載されていた)

正しい意味は、
同じように見えて、大きく異なることを指す言葉。

一見似ているようで、実は全く違うという意味だそうです。

例えば、
「同じ大学を出たのに、俺とあいつは月とすっぽんだ・・・」
のように使います。

この場合、月が良い方で、スッポンが悪い方になるのだとか・・・。
何でスッポンが悪くなるのかがどしても、理解できない。
そんな方も少なくないのでは?

だって、共通点は丸いこと・・・
ん、あと何かあるかな^^;

月は眺めるだけだけれど、スッポンは美味しい・・・

そもそも、「スッポン」って名前が良くないのかなぁ?
では、スッポンの「す」の字を「寿」にしてしまえば・・・。


そんな縁起の良い名前のお店が、天満市場の真ん中にあるのです。

           IMG_3170

お伺いさせていただいたのは、ツキ寿っぽんさん。


あるのは、この絵一枚だけ。
通りがかりにフラッと・・・
ということは100%ありません。

こちらのお店は、完全予約制の紹介制。
この日は、こちらのお店をよく知る方に連れてきていただきました。

細長い廊下を通って奥に行くと、階段があり、
階段を上がって2階に行くと、お店の入口があります・・・・

なのですが、入口を入るためには、暗証番号が必要なのです。
(予約時に、その日の番号を教えて下さるそうです。)

そして、入口を開けるとビックリ!

    IMG_3238
こんな感じの空間が広がっているのです。

外からは全く想像出来ませんよね。

           IMG_3236
廊下を奥まで進み、席に案内していただきます。

  IMG_3205


って、誰がここに座るねん^^;
中々茶目っ気たっぷりの演出もして下さいます。
(このあとすぐ、普通のイスが運ばれてきましたよ^^;)

では先ず、生ビールで乾杯・・・

           IMG_3175

って、こんなところまで、サプライズ!
ちょっと、お店にいるだけでも楽しい気分になってきますよね(^^)

ビールをいただきながら、先ずは前菜の盛り合わせ。

     IMG_3191

楽しい演出とは裏腹に、超本格的な八寸ですよ。
それにしても、黄金の玉子の綺麗なこと!
中身は、燻製の玉子になっていて、美味しくいただくことが出来ますよ。

それにしても何だか、初めてサザンオールスターズを見た時のことを思い出します。

勝手にシンドバッドを聞いた時は、コミックバンドかと思いましたが、
愛しのエリーを聞き、その実力を知り、
その後、どんどん名曲を生み出していった・・・
そんな、超大物の気配を感じられます。

      IMG_3192

お造りは、イカといくら。
器とのコントラストも素晴らしい!

そんな感じで、八寸と刺身を楽しんでいると、鍋の用意も出来てきたようです。

           IMG_3195

これは通風鍋と言われるもので、季節の美味しいものがてんこ盛りになっています。
この日の具材は、
毛ガニ、海老、鯛、ホタテ、アサリ、そのしてたっぷりの野菜と・・・

   IMG_3203

雲丹がまるごと!

この雲丹、そのまま食べてももちろん美味しいです。

ちなみにこの日の通風鍋は、まだ優しくて、
真冬に来ると、鱈の白子やあん肝も具材に入って、通風度がよりアップするのだとか^^;

そんなことを考えて楽しんでいるうちに、鍋の方も煮えてきたみたいなので、
早速いただきましょう。

             IMG_3207

       (^^)(^^)(^^)



いろんな具材の旨味が溶け出して、かなり美味しいですよ!
それをさらに、美味く贅沢にしてみましょう。

      IMG_3216

先ほどの雲丹を、しゃぶしゃぶしゃぶ・・・


本当に、夢のような鍋ですね(^^)

嬉しいことに、サービスで違う種類の八寸も出していただきました。

         IMG_3227

こんな感じで、季節の旬を思う存分楽しむことが出来ますよ。

鍋の〆はもちろん雑炊をいただきます。

      IMG_3228

はい、脱帽です。

こちらのお店では、店名にあるように、スッポン鍋を楽しむことも出来るそうです。
(詳しくは、予約の時に聞いてみて下さいね!)

最後に、デザートもいただき、かなり本気で満足させていただきました。

  IMG_3229

          IMG_3234

天満市場の真ん中のこんな場所に、こんな空間があったのか?
そんな感じで、別世界のくつろぎを味わうことが出来ます。

    IMG_3246

テーブルも座敷もあり、かなり広々としています。
何でも、9LDKのシェアハウスをリノベーションされているのだとか。

この空間に来ただけでも、嬉しいのに、
料理もこれだけ美味しいとなると、人気で予約が取りにくいのも納得できます。

是非また、予約してお邪魔させていただきたいと思います。











【ツキと寿ッポン】
住 所:大阪市北区池田町6−17 2F    MAP
電 話:06-6358-5266
営業時間:12:00〜0:00 
煙 草:分煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビールと言えば、昔は大手4社のどれかを飲むのが普通でした。苦みのキリン、シャープなアサヒ、香りのサントリー、こだわりのサッポロ。そして、沖縄に行ったら飲まなきゃいけない、オリオン!ラガー、スーパードライ、プレモル、黒ラベル・・・。各社共に、代表ブランドがあ ...
続きを読む
ビールと言えば、昔は大手4社のどれかを飲むのが普通でした。

苦みのキリン、シャープなアサヒ、香りのサントリー、こだわりのサッポロ。
そして、沖縄に行ったら飲まなきゃいけない、オリオン!

ラガー、スーパードライ、プレモル、黒ラベル・・・。
各社共に、代表ブランドがあって、その他にもいろんなビールが発売されていました。

一番搾り、熟撰、モルツ、クラシック(北海道限定)・・・。

でも、発泡酒や第3のビールが出る前は、もっといろいろ売っていたような・・・。

ペンギンズバー、ジアス、京都1497、関西風味、浜きりん、アサヒザゴールド、
アサヒスーパーイースト、純生、冴・・・。


どのメーカーも、より売れる“第3のビール”に力を入れているようですものね。
でも、2020年、ビールと第3のビールの税率が一緒になるのだとか・・・。

そうなると、また限定ビールやいろんな種類のビールが発売されるのでしょうか?
楽しみです。
やっぱり、ビールの方が好きだなぁ・・・。

そんなことを思いながら、訪れたのが、
“CRAFT BEER HOUSE BARREL(バレル)さん。

        IMG_3634

梅田の阪急東中通商店街にお店はあります。

   IMG_3637

入口の横にある、メニューボード。
いい感じですね!
何種類ものビールも楽しめそうですよ。

店内は、結構広く50席以上あるのではないでしょうか?
聞けば、2階席も5月末にはオープンするそうで、
そうなると、かなりのオオバコになりますね。

この日は、奥の方のテーブル席に案内していただきました。

席に座り、まずはメニューを確認します。

IMG_3639

  IMG_3640

      IMG_3641

          IMG_3642

 IMG_3643

      IMG_3644

           IMG_3645

 IMG_3646

      IMG_3647

           IMG_3648


はい、思いっきりたくさんあります(^^)

とはいっても、ジャンル別にページが分かれているので、見やすいですよ。

まずはこれかな・・・。
 
      IMG_3660

これは、クラフトビールの飲み比べが出来る、ペアリングセット。
それぞれのビールに合ったおつまみが付いてきます。
実際に飲んで合わせてみると、これがなかなか面白い。
京都にある、「スプリングバレーブルワリー」を思い出します。

   IMG_3652
そして、付き出しにだしていただいた、プレッツェルがかなり美味い。
サワークリームもかなりいい仕事してます。

さて、ビールを楽しみ、一息ついた後は、
こちらのお店の名物、肉料理を楽しみましょう。

         IMG_3656
先ずは、生ハムとサラミの盛り合わせ(8種)。
これには、プロシュート、ハモンセラーノ、スペック、コッパ、ミラノサラミ、
ナポリサラミ、サラミウンゲレーゼ、サラミピカンテがのっかっています。

これだけ同時に食べ比べできる機会、なかなか無いのでうれしいですね。
これだけで、ビールをおかわりしてしまいそうになりますよ。

    IMG_3751
厨房の中では、豪快に薪を使って肉が焼かれています。

「あれはなんですか?」
「薪焼きローストビーフになります、オススメですよ!」

そう言われると、食べない訳にはいきません。

      IMG_3662
薪焼きローストビーフはドーンと300g。
これはみんなで切り分けて、

   IMG_3671

いただきましょう。

             IMG_3677

これ、柔らかくて、本当に美味しいですよ(^^)
これ、いくらでも食べられそうですよ。

ローストビーフでついた勢いは、
メニューの中の、「Tボーンステーキ」の文字と写真に釘付け・・・。


    IMG_3703

というわけで、こちらもいただきます。
T字型をした骨を境に、サーロインとフィレが同時にいただけてしまう、贅沢ステーキ。
なんと、600gもありますよ!

もちろん、骨についた肉も、ナイフで綺麗に取っていただきます。

骨付きの肉でついた勢いはちょっとやそっとじゃ止まらない^^;

            IMG_3708
というわけで、ラムショルダーラックステーキ。

それにしても、薪で焼くと、こんなに美味しくなるのですね(^^)

肉ばかりではなく、野菜もきっちりいただきましょう。

    IMG_3713
新鮮野菜のバーニャカウダーと、

          IMG_3689

アンチョビキャベツ。

こういうのも揃っているのがうれしいですね。

こちらお店、生樽のクラフトビールの他にも、ボトルのものもいろいろ揃っています。
中でも、ちょっと珍しいこんなビールも・・・。

    IMG_3726
北海道、網走ビールの「知床ドラフト」

見る角度に寄って、ブルーにもグリーンにも見えますよ。

肉をしっかりと食べた後は・・・・

       IMG_3715
はい、また肉をいただきます。
クラフトビールのお店だけに、牛肉のビール煮込みもいただきましょう。

    IMG_3718

このスープが本当に美味しい!
肉も柔らかくて、ホロホロで、これもかなりオススメですよ。

そして、こんなデザートもいただくことが出来ますよ。

         IMG_3730
これは、ガトーフロマージュ。
ベリーのソースをタップリ絡めて、美味しくいただきました。

クラフトビールをしっかり楽しめて、
美味しい肉料理もガッツリいただけるお店、バレルさん。
グループで行って、大きなステーキ、楽しみませんか?
満足できますよ!












【CRAFT BEER HOUSE BARREL(バレル)】
住 所:大阪市北区堂山町16−14    MAP
電 話:06-6360-6011
営業時間:11:00〜16:00 18:00〜23:30  ※金土祝前日は、翌3:00まで営業。
煙 草:ランチタイムは禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

名前を書く時に、一緒にフリガナも書く時って多いですよね。田中、山本、鈴木、高橋さんのような方ならば、「田(た) 中(なか)」、「山(やま) 本(もと)」、「鈴(すず) 木(き)」、「高(たか) 橋(はし)」・・・。これで大丈夫ですよね。でも、こんな苗字の ...
続きを読む
名前を書く時に、一緒にフリガナも書く時って多いですよね。

田中、山本、鈴木、高橋さんのような方ならば、
「田(た) 中(なか)」、「山(やま) 本(もと)」、
「鈴(すず) 木(き)」、「高(たか) 橋(はし)」・・・。

これで大丈夫ですよね。

でも、こんな苗字の方は、どのようにフリガナを打つのでしょうか?

「大和」(やまと)、「服部」(はっとり)、「井上」(いのうえ)・・・。

地名で言えば、堺の百舌鳥(もず)も。

この日は、堺の中百舌鳥(正確には、堺市百舌鳥梅町)にある、
洋食のお店、“GRILL KUSAKA(クサカ)さんに行ってきました。

         IMG_3941

中百舌鳥駅からは、歩いて7〜8分、
お店の目の前には、コインパーキングもあるので、車で行っても便利ですよ。

こちらのお店の看板メニューは、A5ランクの黒毛和牛を使った、
ブツ切りハンバーグステーキ。
 
凄く魅力的です。
でも、この日の目的は、違うものにありました。

お店に入り、テーブル席に座らせていただき、先ずはメニューを確認します。

  IMG_3934

うわぁ・・・
メニューの写真を見るだけでも、かなり美味しそう。
思わず決心が揺らぎそうになります^^;

         IMG_3936
予約すると、こんな感じでコースでもいただけるようですよ。
これはディナータイムに楽しみたいですね。

  IMG_3935

この日の私の目的はこれ、和牛カレー。
こちらのお店のカレーに、ポークカツをトッピングさせたもの、
つまり、カツカレーがどうしても食べたかったのです。

それにしても、濃厚クリームコロッケも気になるなぁ・・・。

迷いはしましたが、予定通り、

「すみません、和牛カレーに、ポークカツをトッピング、3辛でお願いします。」
「結構辛くりますが、大丈夫ですか? 通常でも結構辛いので・・・」
「だ、大丈夫です^^;」(ホントに大丈夫なのか?)

そんな感じで、カツカレーを3辛でお願いしました。

店内は、カウンター席が9席と、4人掛けのテーブルが2つ。

         IMG_3938

どの席に座っても、ゆったりと寛げそうな雰囲気です。

あ・・・お隣のテーブルに料理が運ばれてきた。
うわぁ、あのハンバーグは確かに美味しそう。
鉄板にのっかって、「ジュワァーッ」って音までしてますよ(^^)

かなりレベル高そうですね。
あれが、1,350円(ライス付き)で、いただけるならば、かなりお得なのでは?

そんなことを思っていると、私が注文した、カツカレーも出来上がってきましたよ。

      IMG_3910

おぉ、これもかなりいい感じですよ(^^)

綺麗に盛られたライスの上に、ポークカツをのっけて、
その上からたっぷりのカレー。
これはたまらないですね!

それでは、早速いただきましょう。
先ずは、カレーを・・・

           IMG_3919

   (^^)(^^)

美味い!
ファーストアタックは甘みを感じ、そのあとから結構強烈な辛さが襲ってくる・・・。
なるほど、確かに3辛は、結構効きますよ^^;
ホントこれ、デフォルトでも辛さ、大丈夫だったかもしれません^^;

そして今度は、カツも一緒にいただきましょう。

    IMG_3922

   (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは凄くいい感じ。
カレーの甘み、旨味、辛みを、ポークカツがしっかりと受け止めてくれます。


         IMG_3924

しかも、結構しっかり食べられそうなので、こんなに嬉しいことはない(^^)

カレー自体が美味しいのは言うまでも無いのですが、
ごはんもしっかりめに炊いてあって、かなり美味しい。

   IMG_3925

それを、カレーの旨味とカツのサクッとした食感が絶妙で、
夢中になって食べすすんでしまいます。

             IMG_3933


とんかつは、サクッとした食感だけではなく、肉もしっかり美味しい。

思わず、とんかつを続けて食べてしまいそうになるのですが、そこはじっと我慢。
カレーとごはんととんかつのバランスを考えながら食べるのも、
カツカレーを食べる楽しみの1つかもしれませんよ。

    IMG_3930

そんな感じで、最後までしっかり楽しませていただき完食。

カレーも、ごはんも、とんかつも、全てのレベルが高くて美味しかったです。

         IMG_3909

ちなみに、辛いのが苦手な家族が注文した、濃厚クリームコロッケ定食はこんな感じ。
1口もらいましたが、これもかなり美味しかったですよ(^^)

GRILL KUSAKAさん、
全てにおいて、手間暇を惜しまずに丁寧に作られているのを感じました。

次回は是非、ブツ切りハンバーグステーキを食べてみたいと思います。
(でも、カレーの味が忘れられないかも^^;)










【GRILL KUSAKA(グリルクサカ)】
住 所:大阪府堺市北区百舌鳥梅町3−9−9 プラムハイツ 1F    MAP
電 話:072-251-0636
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:45) 18:00〜21:00(L.O.20:45) 
      ※日祝は、11:30〜17:00(L.O.15:30)
煙 草:11:30〜14:00は禁煙。
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加