美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2018年07月

小学校では、シャーペン禁止。今でもそうなのでしょうか?ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・授業中に、カチカチして遊ぶ。鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。「とめ」、「はね」、「はらい」 ...
続きを読む
小学校では、シャーペン禁止。

今でもそうなのでしょうか?

ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。

シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・

授業中に、カチカチして遊ぶ。
鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。
「とめ」、「はね」、「はらい」がやりにくい。
分解して遊んでしまう。


あはは^^;
小学生ならではって感じですね。

あと、こんな理由も・・・

貧富の差で、買えない人も出てしまう。
盗難の恐れがある。
高価なものなので、小学生にはふさわしくない。


これらは、完全に昔の時代のものですね^^;
今では、100均や、ホームセンタに行くと、かなり安く買えます^^;

でも、禁止と言われると、コソッと持ってみたい。
だめと言われると、やりたくなるのが人間の習性みたいなもので・・・。

この日もコソッと、メインロードを外れて、ちょっと寄り道。
そんな感じで散策していると、良さそうなお店を見つけました。

          IMG_6242

季節は少し遡り、雪の降る頃。

ゲゲゲの鬼太郎の生まれ故郷、鳥取県境港。
ランチタイムの時間に現れたお店、
”漁師料理 和泉”さん。

観光のメインストリート、水木しげるロードを、港の方へ向かって歩いていたのです。
このお方と一緒に。

まぐろラーメンでも食べようかなぁ・・・寒いし。
そんな事を考えて、ちょっと横道にそれたところにお店はありました。

          IMG_6241

本日の日替わり弁当
お造り、真鯛のあら煮、豚バラと白菜のはさみ焼き、鶏肝とにんにく芽の梅煮、
アンチョビじゃがバター、白かぶのなめこ煮、玉子焼き、サラダ。

これだけ付いて、800円はかなりお値打ちかと。
しかも、内容も魅力的ですよね!

そんなメニューボードを眺め、早速店内へ入ってゆきます。

ランチにはちょっと遅めの時間、13:00。
店内は、ゆったりとしています。

カウンター席に座らせていただき、メニューを確認します。

           IMG_6225

むむむ・・・
これは、どう考えても魅了的!
値段がお手頃なだけではなく、内容も結構凝ってますよ。

そして、メニューのページをめくると・・・

     IMG_6223

あ・・・見つけてしまった、境港の海の幸。
ランチタイムには、ちょっと贅沢・・・
でも、折角の境港。
ここは思い切って、うに丼にすべきか、プッチぷちのイクラ丼・・・
いや待てよ、鳥取境港といえば、やっぱりカニだよなぁ・・・。

「すみません、味覚丼をください!」

気がつけば、うにも、いくらも、カニものっかった味覚丼をお願いしていました。

店内は、カウンター席12席と、座敷には、6人が座れる座卓がふたつ。
ここで夜に宴会も楽しいだろうなぁ。

外が寒いこの季節ならば、鍋も美味いじゃないか・・・。
(行ったのが、冬だったもので^^;)

そんな事を考えながら待っていると、
お願いした味覚丼が出来上がってきました。

             IMG_6227

器にたっぷりのいくら、うに、かに。
味噌汁とお漬物も付いて、わさびは別添え。

わさびを醤油に溶いて、それをかけて食べるのもありだけど、
軽く丼に醤油をかけて、わさびを後のせしても香りが立って美味しい。

  IMG_6229

乗っかってるだけでも、存在感があるうに。
丼一面に乗っかっているのはもちろん魅力的だけど、
これだけだから、ゆっくり味わえるのかもしれない^^;

         IMG_6230

いくらにしても同様。
貴重なくらいの量が、美味しい食べ方を考えるきっかけになるのだと、言い聞かせる^^;

  IMG_6232

ここは境港。
流石にカニはたっぷりと入っていますよ(^^)
いずれにしても、かなり贅沢なことになっております。   


それでは早速いただきましょう!
まずは、大好きなウニから。

           IMG_6233

       (^^)(^^)

う、美味っ!

このまま食べると、必然的におさけがほしくなっ・・・
いえいえ、ランチタイムです。
まだまだ我慢^^;

そして、たっぷりのカニもいただいましょう。

      IMG_6236

      (^^)(^^)

旨味と甘味、自然と顔がほころんでしまいます。
これで、ご飯をかきこむ幸せ。
是非体験してほしい!

さらに、こんな事もやってしまいます。

       IMG_6239

ウニといくらの同時食い。
これ、かなり美味しい!

「当たり前じゃ!」

そんな声も聞こえてきそうですが、本当に美味しい。
ウニやいくら、カニでお酒もいいですが、
こんな感じで、ホッカホカのご飯と一緒に、
丼としていただくのもかなりいいですよ。

気がつけば、あっという間に完食。
それも、かなり美味しくて大満足させていただきました。

海の幸がたっぷりの境港で、しっかり海鮮。
オススメです!

境港にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。









【漁師料理 和泉】
住 所:鳥取県境港市本町19    MAP
電 話:0859-42-3102
営業時間:11:00〜14:00  17:30〜22:00
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日
駐車場:あり(2台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔、スーパーカーブームってありましたよね。ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ・・・。最高速度が200キロ以上で、中には300キロを超す車もあったのだとか。そんなスーパーカーが多く採用していたヘッドライト、リトラクタブルヘッドライト。普段は車体の中に収納されて ...
続きを読む
昔、スーパーカーブームってありましたよね。

ランボルギーニ、フェラーリ、ポルシェ・・・。

最高速度が200キロ以上で、中には300キロを超す車もあったのだとか。

そんなスーパーカーが多く採用していたヘッドライト、リトラクタブルヘッドライト。

普段は車体の中に収納されていて、ライト点灯時のみ、ライトが出てくるもので、
その後国産車のスポーツカーにも多く採用されていたのを思い出します。

トヨタ2000GT、トレノ、プレリュード、スープラ、RX-7・・・。
スポーツカーではないけれど、カローラⅡにも採用されていたのだとか。

その後、プロジェクターヘッドライトや、マルチリフレクターの登場により、
衰退してしまったのだとか・・・。

夜になると目を覚ます・・・
そんな感じのヘッドライト。

まるで、素敵なお店を見つけた時の私のような感じなのかなぁ^^;


さて、目を覚ますような素敵なお店と言えば、こちらのお店が凄かった!

        IMG_8428

お伺いさせていただいたのは、中崎町にあるお店、
“焼肉 たまき”さん。

谷町線の中崎町駅を降りて、アーケードの商店街を3分ほど歩くとお店があります。
なので、雨が降っても、駅から傘なしで到着できますよ!

こちらのお店では、上質の牛肉が、
ビックリするような価格でいただくことが出来るのです。

先ずは、生ビールで乾杯!

     IMG_8433

こちらのお店では、
ジョッキまでキンキンに冷えた生ビールをいただくことが出来ますよ!

さて、どんなラインナップになっているのか・・・
メニューはこんな感じです。

IMG_8434

え・・・国産A5のシャトーブリアンが、100g 1,600円って、凄くないですか??
しかも、お店で食べれる価格で。

その他も、かなり素敵なラインナップになっていますよ。

    IMG_8435

         IMG_8436

   IMG_8439


さて、先ずはキムチからいただきましょうか。

       IMG_8441

キムチの王様。
一見、大きな白菜キムチの塊がのっかってきているように見えますが、
はさみで切っていただくと・・・

            IMG_8452

中から、マグロ、鯛、海老、ホタテの刺身がゴロゴロ出てきますよ。
これ、いきなりテンション上がりますよね(^^)

これだけで、生ビールが1杯、軽く空いちゃいましたよ^^;
       
キムチをいただいた後は、タン刺しを。

       IMG_8461

にしても、この厚切りは嬉しいですね。
山葵と醤油を付けていただくと、口の中でとろけてゆきますよ(^^)

  IMG_8476

こんな感じで、サッと軽く炙っても美味しい!

         IMG_8467

そして、これは珍しいハラミの刺身。
ハラミって、刺身でも食べれる・・・

       (^^)(^^)(^^)

美味っ!
店主に話を聞くと、独自のルートで毎日鮮度抜群のものを仕入れているのだとか。
肉へのこだわりが半端ないのを、この時点で確信しましたよ(^^)

さらに、こんなものも・・・。

         IMG_8507

これは、黒毛和牛大トロ寿司。

寿司は魚が一番で、肉の寿司って・・・
そんな考え方は、これをひとくち食べると、あっという間に吹き飛びます。
何だか、肉って生で食べるのが当たり前のような感覚になってくるから不思議ですよ〜。

さらに、厳選黒毛和牛ハラミ寿司もいただきます。

      IMG_8509

ハラミって寿司にしていただいたのは、初めてです。
これはヤバいですね・・・
こんなに1度体験してしまうと、他ではもう・・・
幸せなのか、そうでないのかが、わからなくなってきますよ^^;


さて、そんなことを言っている場合ではない^^;
何せ、ここは焼肉のお店です。
では、早速肉を焼いていきましょうか!

     IMG_8541

こちらは、厳選黒毛和牛 A5等級サーロイン。
美しいという言葉が、本当にピッタリときますよね!

         IMG_8544

ひとくち食べた瞬間に、口の中で、とろけてなくなってゆくのです。
しかも、素晴らしい旨味と、余韻を残しながら(^^)
しかもこの肉、本当に胸焼けしないから嬉しいですよ。


そして、こんな素敵な盛り合わせもいただきます。


    IMG_8484

手前から、極上ハラミ、厚切りマンゴータン、厳選黒毛和牛A5等級ヒレ・・・
これが噂のシャトーブリアンです。

先ずは、厚切りマンゴータンから焼いていきましょう。

       IMG_8527

焼き網の上で、丁寧に。
表面はしっかり焼き、中はレアな状態を保つように・・・。
焼き上がったら、食べやすい大きさにカットしていただきます。

     IMG_8548

パラッと岩塩を振って食べると、口中に極上の旨味が広がりますよ。
レモンをサッと搾ってもさらに美味しいです。

次に焼いていくのは、極上ハラミ。

       IMG_8561

焼き過ぎないように、表面をサッと炙る感じで、

   IMG_8564

焼き上げてゆきます。
さて、先ほど刺身でいただいたハラミと食べ比べてみましょう!

         IMG_8566

おぉ、生の時の味わい、食感も素晴らしいけど、
焼くことによって、甘みと食感が変わり、さらに素晴らしい!
噛みしめるごとに楽しめる肉汁は、やはり焼いた肉の特権でしょうか(^^)

そして、いよいよシャトーブリアンをいただきましょう。

      IMG_8488

ドーンと存在感がありますね。
写真のシャトーブリアンは、200gあります。
つまり、厳選黒毛和牛A5等級ヒレ、シャトーブリアンのステーキが、
たったの3,200円でいただけると言うことになるのです。


  IMG_8579

焼き網の上で、じっくりと焼いてゆきます。

     IMG_8588

これも、中に火を通しながらも、焼き過ぎず。
表面を炙るような感じで、慎重に焼いてゆきます。

焼き上がったら、お店の方に肉をカットしていただきます。


        IMG_8606

ステーキソース(も、用意していただけます)・・・
いえ、これはとりあえず岩塩をパラリとふっていただきましょう。


      (^^)(^^)(^^)


う、う、美味ッ!

肉、本当に美味しいです。
適度にサシが入っているので、脂の甘みをあるのでしょうが、
それよりも、肉の旨味が遙かに勝っている。
シャトーブリアン、本当に恐るべしですよ!

これがこのお値段でいただけるのって、本当に奇跡的だと思います。
   (1度調べてみてください、A5国産黒毛和牛のシャトーブリアンの相場を。)


シャトーブリアンを堪能した後は、ちょっと楽しいことを・・・

       IMG_8534

これは、黒毛和牛のミスジです。
この綺麗な肉を、

     IMG_8611

網の上で、サッと炙って・・・
一瞬にして火が通るので、本当にサッと。

  IMG_8629

そして、卵黄が入ったタレの中に付けて、

         IMG_8637

ご飯を巻いていただきます。


これ、かなりイケてる〆のご飯でしょ(^^)
これ、いくらでもごはんが欲しくなりますよ。


そして最後はサッパリと、冷麺をいただきます。

        IMG_8649

この季節に嬉しい、すだち冷麺。
弾力と食感が魅力の、韓国冷麺と、スダチのコラボは、
本当に見事!
心から大満足させていただきました。

本当に、あまり教えたくない・・・
それが本音なのですが、これを独り占めにしたら、きっとバチが当たりますね。


ぜひこの体験、みなさんもしてみてください。
大満足になること、間違いなしですよ!

    


  






【焼肉たまき】
住 所:大阪市北区黒崎町3−22    MAP
電 話:06-6375-1752
営業時間:17:00〜翌5:00(L.O.翌4:00) ※日祝は、16:00〜翌3:00 
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏休みに入ってもうすぐ1週間。今年こそは、7月中に宿題を済ませて、8月は思いっきり遊ぶぞ!そう思い続けた6年間、1度たりともそれ、実現したことがなかったです^^;工作:これは進んでやりましたね。何せ、面白いですから(^^)本の音読:最初の5ページは声を出して、きちんと ...
続きを読む
夏休みに入ってもうすぐ1週間。

今年こそは、7月中に宿題を済ませて、8月は思いっきり遊ぶぞ!

そう思い続けた6年間、
1度たりともそれ、実現したことがなかったです^^;

工作:これは進んでやりましたね。何せ、面白いですから(^^)
本の音読:最初の5ページは声を出して、きちんと読むのです。 でも後半は「※△◯××☀︎☂・・・」
絵日記:三行革命^^;
夏休みの天気:お盆過ぎのデパートが強い味方でした^^;


そして、読書感想文。
これは手強い、もうラスボスの強さですよ^^;
本を読む時間も残っていなけりゃ、文章を書く実力もない。
今みたいに、読書感想文のネットで調べて、コピペ・・・
そんな最終兵器もなかったし、後は適当に書いて怒られるのを待つのみ。

感想文って、なんであんなに書けないんでしょうね^^;


そんな感想文が苦手な方も、このお店のとんかつを食べたら、
感想がひとりでに口から出てくること間違いなし!
そんな美味しいとんかつ屋さんに出会いました。

この日にお伺いさせていただいたのは、旭区千林にある、
“とんかつ中村“さん。

           IMG_8251

千林界隈は、普段からよく行く場所なので、お店の存在は知っていました。
とんかつやコロッケなどの揚げ物を売るお店で、
イートインコーナーもあるんあだなぁ・・・
そんな程度に思っていたのです。

ところが、このお方と会って話しているときに、

「さいちゃん、千林の”とんかつ中村”って、かなりヤバイで!
   あそこ、そのうちに行列の店になるかもしれんから、ぜひ今のうちに・・・」

と、教えていただいたのです。

入り口の横には、メニューボードもあります。

         IMG_8253

定番のロースカツ、ヒレカツに加え、
ミルフィーユカツなどの創作とんかつもあるみたいですね。

早速入店し、テーブル席に座らせていただき、メニューを確認します。

IMG_8219

     IMG_8220

            IMG_8221

IMG_8222

       IMG_8223

           IMG_8224

  IMG_8225

            IMG_8226

これはかなり本格的!
お惣菜屋さんのイートインコーナーなんてものではないですね。

いろいろありますが、南州牧場ナチュラルポーク 
ロース・ヒレ食べくらべ定食をお願いしました。


店内は、テーブル席が並び、2人がけのテーブルが6つと、
3人がけのテーブルがひとつ。

   IMG_8232

           IMG_8234

明るく、過ごしやすい雰囲気ですよ。

そういえば、千林にはとんかつ屋さんって過去にもなかったような気がしますね。
フライ屋さん、天ぷら屋さんがあって、そこで買って家に持ち帰って食べる。
そんな街だったような気がします。
ラーメン屋、うどん屋、中華屋、大衆食堂、喫茶店。
あるのはそんな感じで、とんかつ屋さんは斬新ですね。

あ・・・こんな追加トッピングも出来るのか。

         IMG_8231

好きなとんかつに、プラスアルファでオリジナルの定食を組み立てることも可能。
こういうの楽しいですよね。

そんな事を考えていると、お願いした「ロース・ヒレ食べくらべ定食」
出来上がってきました。

     IMG_8241

厚切りのとんかつと、ごはん、味噌汁、たっぷりのキャベツ。
岩塩のほか、ソース、ポン酢でもいただくことが出来ますよ。

          IMG_8238
眺めていて、惚れ惚れする断面。
火入れも素晴らしいけれど、衣の状態も完璧ではないでしょうか。

   IMG_8240

ロース、ヒレともに厚切りがかなり嬉しい。

それでは早速いただきましょう、まずはヒレの方から・・・。

         IMG_8242

       (^^)(^^)(^^)

な、なんじゃこれ・・・
め、めっちゃ柔らかいじゃないですか!


歯ではなく、唇でも噛み切れるんじゃないかってほど。
そして、半分食べても衣も一緒にくっついてくることはなく、しっかりと残っている。
これは凄いなぁ。

        IMG_8245

野菜がたっぷりの味噌汁もいただき、少し落ち着かせます。
いやぁ、ちょっと衝撃的ですね。

ご飯も固めに炊かれていて本当に美味しい。
「ごはん、普通でよろしいでしょうか?」
って、聞かれたときに、「大盛りで!」って言えばよかったかなぁ^^;

そして、ロースの方もいただきます。

         IMG_8246


      (^^)(^^)(^^)

うわぁ・・・
こちらも素晴らしい!
柔らかいのはもちろん、肉の味がすごくいいのです。
最初は両方共、岩塩でいただきましたが、それで充分に美味しいのです。

ソース、ポン酢、レモン塩など、いろんな方法で楽しませていただきましたが、
最後の一口はまた、岩塩をパラリで、肉の美味しさをしっかり堪能させていただきました。

         IMG_8249

とんかつの横に添えてあるトマト。
〆にいただき、かなり満足させていただきました。

千林商店街のアーケードからちょっと外れたところ、
千林公園と郵便局が目印になります。

フライ屋さんのイートインなんてとんでもない。
大阪のとんかつのレベルを遥かに超えた激ウマとんかつが楽しめます。

美味しいとんかつを食べたかったら、東京へ・・・
そう思っていましたが、こちらのお店ではそのレベルのとんかつが楽しめます。
この値段でこの美味しさ、そうあるものではないと思います。

近々、必ず再訪させていただきます!






【とんかつ中村】
住 所:大阪市旭区千林2−8−15    MAP
電 話:06-7164-4153
営業時間:11:00〜20:30(L.O.20:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今から10年前、講談社MOOKのセオリーって本に出会った。その号のタイトルは「サービスの王国へようこそ!」。そこには、感動的なサービスを受けられるお店、ホテルや、他とはちょっと違うシステムを取り入れている企業、学校などが紹介されている。阿波鳴門の「ホテルリッジ ...
続きを読む
今から10年前、講談社MOOKのセオリーって本に出会った。

その号のタイトルは「サービスの王国へようこそ!」

そこには、感動的なサービスを受けられるお店、ホテルや、
他とはちょっと違うシステムを取り入れている企業、学校などが紹介されている。

阿波鳴門の「ホテルリッジ」
東京ディズニーランドホテル
ネッツトヨタ南国
スーパーマーケット オオゼキ
京都市立堀川高校・・・。


どれも、他とはちょっと違うサービスを展開されていて、
読んでいると、「ほほぅ・・・一度行ってみたいな。」
そう思うものばかり。

そんな中に、一軒のお店が紹介されていたのを忘れたことがない。
それも、高級店ではなく、私達も気軽に手が届くようなお店、
やきとんのお店なのだ。

        IMG_4701

大行列ができる店の魅力とはなんだ?

埼玉屋(やきとん)。
「ほかでは絶対に食べられないものをこの店では食べてもらいたい」


記事を読んでいくと、すごく行きたくなってくるのです。
でもこちらのお店には、ちょっとした鉄の掟、ローカルルールがあって、
それも守れない人は、ハッキリと断られるのだとか。

お酒を飲まない人はお断り。
他でお酒を飲んできた人はお断り(2軒め使いNG)。
基本注文は、おまかせのみ。
写真撮影禁止。


それでも行列が絶えないのだという。
平日であろうが、16:00の開店時間には、行列ができるほどのだとか・・・。

そんな”埼玉屋”さんに、先日やっと行ってくることが出来た。

京浜東北線に乗り、東十条で降り立つのは、南口。

          IMG_4572
駅を出ると、左側にある坂道をしばらく下って歩いて行く。

  IMG_4571

新幹線の高架をくぐり、更に進む。

          IMG_4570

なだらか〜に、下っていく感じで、ゆったりと歩いて行くと、
私のすぐ前には、5人位のスーツを着た方が話をしながらゆっくりと歩いいる。

「あ・・・すみません、通ります」
「あ、すんません、どうぞ〜」


声をかけて先に通していただくことに。

あれ・・・関西弁。
もしかして、この人達も埼玉屋に・・・
平日の15:20、まさかなぁ^^;

        IMG_4569

坂道を下りきったところに信号があるので、それをさらに真っすぐ進んでいく。

    IMG_4568

少し先に、もう一つ信号があって、比較的広い道路と交差するので、
その交差点を右に。

         IMG_4567

50mほど進むと、この日の目的地、埼玉屋さんに到着。

     IMG_4566

お店に到着したのは15:30で、すでに5人待ち。
平日の15:30に、開店待ちとは凄い!
すでにお店の中からは、開店準備をする気配が感じられる。

しばらくすると、先程追い抜いてきたスーツ姿の方々も列に。

あら・・・やっぱり埼玉屋目当てだったのね^^;
(追い抜いてきちゃって、なんだか少しだけ気まずいなぁ。)

1人、2人、4人、3人、2人、1人・・・

時間を追うごとに、行列が長くなっていく。

その後もどんどん開店待ちの列はのび、
15:50には、20人待ち。
一巡目で全員入店できるのだろうか・・・
そんな事を考えていると、開店時間の16:00になり、お店の扉が開かれ開店。







「いらっしゃい、何名さん?」

順番に人数を聞き、座る場所を指定してくだるので、そこに着席。

カウンター席の他に、テーブル席もあって、30人くらいは入れるだろうか?

私が着席したのは、カウンター席左側の奥から3番目の席。

一番奥は、女性二人組、私、男性と女性の二人組・・・

そんな感じで奥から詰めて着席。





外国人のお客さんも10人位いらっしゃるだろうか?
席は、日本語を話せる外国人の方と、
英語を話せる日本人の方を近くに配置しているよう。

「英語話せる?」って聞いてくる大将。
ここで、「A little.」なんて答えてしまったら、確実にお役が・・・^^;






カウンターの中では、注文したレモンサワーが作られていくのが見える。

生レモンをギュッと絞り、グラスの縁に塩をつける。
そして、一升瓶のまま凍らせたGODOのホワイトリカー25。
シャーベット状になったそれを、グラスの中にいれる。
そこに彩の国 さいたま秩父サワーを入れ、グラスを満たして出来上がり。

飲んでみると、これの美味しいこと!






さて、いよいよ大将が炭場の前に立ち、始まります。

「いらっしゃい、はじめて?」
「はい。」
「野菜、食べる?」
「お願いします。」

すると、クレソンと大根のサラダが提供される。

「最初はアブラ、牛のリブロースから焼くからね」

そう言って、肉の串を見せてくださる。
ズラリとバットの上に並んだ牛リブロースの串!
これは本当にきれいで見事!

「レア? ベリーレア?」

そんなふうに順番に焼き加減も聞いてくださいましたので、
「ベリーレアで」とお願いすると、笑顔で頷く大将。
カウンターの中、一番入口に近いところに設置された炭焼場の前で、
串を焼いてゆくのが見える、鮮やかな手捌きだ。




焼き上がった串は、順番に提供されていく。
そして私のところにもアブラ、牛のリブロースが。

あまい、口の中でとろける。
これは美味い!


一串目からビックリ。
いやぁ、ホントに見事!





「美味しい? ホントのこれ、こんな値段でやってたら
赤字なんだけど、みんなが喜んでくれるからね!」



そう笑顔で答える大将。
とても頑固でコワそうには見えない・・・。
ただ、自分の仕事にプライドと誇りを持っているのはすぐに分かった。



この時点で、早くもレモンサワーのおかわりをいただく。
それにしても、飲み飽きしないレモンサワーだ。

続けて提供されるのは、「シロ」
口の中でとろけて、ビックリするくらいに美味い。




「ポルコ、食べる?」
「はい、お願いします。」



そんなやリ取りの後、提供されたポルコは、
ミミガーを薄くスライスしたものに、バジルを使ったソースで和えたもの。
美味い。


続いて、レバー。
「うちのレバーは、どっちかって言うとシロレバーかな? 
   焼き過ぎると美味しくないから、サッと炙って出すよ。」



大将が言うように、サッと炙った感じで提供されたレバー。
甘い! 本当においしい。



そして、ハツ。
厚みがあって、噛みしめるほどに旨味抜群!
これには、先ほどのポルコのオイルをつけても美味い。



「七味は、直接串にかけた方が美味いよ。」



向こう側にいるお客さんに大将がそう声を掛ける。
どうやら、お皿に七味を取って、それに付けてハツを食べていたようだ。

人のふり見て、我がふり直せ^^;

直接ハツの串に七味を掛けて食べてみると、確かに美味しい。




 

この時点で、2杯目のレモンサワーも残り僅か。
さて、今度は何を飲もうか・・・。


 カウンターの中に視線を移す。
ステンレスのフードもピッカピカに磨かれている。

その真ん中で、笑顔で客とやりとりする大将。
愛されている、お店とお客。

まるでここはテーマパーク。
この時点で、自分の中でリピートが確定した。

楽しいのだ、ものすごく。
このワールドに1度引き込まれたら、必ずまた来たくなる。
そんな魅力に満ちあふれている。






向こう側の壁には飲み物のメニューが書いてある。

生ホッピー
生レモンサワー
生ビール
黒ビール
瓶ビール
ウーロンハイ

生ビールよりも、生ホッピー。



「すみません、ホッピー下さい」



シャリシャリに凍ったホワイトリカーに、
サーバーから出てくる生ホッピーを加えて出来上がり。

これもまた美味い!

 
提供されたねぎまを味わいながら、
キンキンに冷えた生ホッピーを楽しむ。
肩肘張らないで楽しめる、
心地いい。





隣のお客さんが注文した煮込みを見ると、かなり美味そう、
刺激されてこちらも注文するが、これが正解。
それにしても、よく煮込まれていて柔らかく美味い。

醤油、味噌・・・わからない。

でもそれでいい。



ここで、焼き手が大将から、若大将に交代。
大将、ホールに出てきて、気さくに話しかけてくれる。

チレ。
エスカルゴバターでいただく。
ほはぉ、肉なんだけど、内臓。
エスカルゴバター、よく合う。

食べ終わった串は、目の前のお皿の上に、
橋を渡すように縦に置いていく。
 
それもここのルール。
焼き上がった串は、お皿に対して横向きに提供される。
そうすることによって、
すでに皿の上にあるタレが肉についてしまうのを防ぐのである。 





先ほど注文した煮込みにパンを付けて楽しみたいので、注文する。
美味しい。
このパン、ポルコのオイルに付けて食べてもかなりいい。


またレモンサワーに戻り、カシラ、タンと楽しむ。





壁のメニューに再び目をやると、「ザワークラウト」の文字が。
もちろんお願いする。

これ、肉の合間に食べると最高に美味い!



そして目の前に赤いソースが掛けられた串が登場。
それは、チキンサルサ。
意表をつかれる、でも美味い!

そんな感じで、しっかりと11本の串と、煮込み、ポルコなどを堪能。
しっかり満腹になり、かなり満足させていただいた。


ご馳走様でした。」
「美味かったかい?  うん、ありがとうね!」


そう言って、右手を差し出す大将。
固く握手させていただき、美味しさの余韻を残しながら、店を後にする・・・。








いろいろルールが厳しい・・・
そんな情報を元に 来てみると、これが楽しい。
但し、ルールに例外は一切なし。

やきとんを提供する方も真剣ならば、
客も真剣に楽しむ。
それでいいのではないか。 


さて、次はいつ行こうか・・・

仕事に行くのか、やきとんを軸に仕事を組むのかよくわからない^^;
でも、そうまでしても行く価値のあるお店って、そう多くはないのかもしれない。

            IMG_4566


 
 


【埼玉屋】
住 所:東京都北区東十条2−5−12    MAP
電 話:03-3911-5843
営業時間:16:00〜21:30  ※土曜日は、16:00〜18:00(1回転目で満席次第終了) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(飲まない人の入店はNGです。)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

カーニバルプラザってレストランがあったのを覚えていますか?江坂駅から送迎バスが出ていて、週末になると凄い人気で、待ち時間が1時間なんてザラだったと思います。店内には、メリーゴーランドみたいなものもあって、港町をモチーフにした「BAR」、陽気にビールとバーべー ...
続きを読む
カーニバルプラザってレストランがあったのを覚えていますか?

江坂駅から送迎バスが出ていて、
週末になると凄い人気で、待ち時間が1時間なんてザラだったと思います。

店内には、メリーゴーランドみたいなものもあって、
港町をモチーフにした「BAR」
陽気にビールとバーべーキューが楽しめる「BBQホール」
ちょっとお洒落に蟹や海老、ムール貝を楽しめる「シーフードホール」

誕生日には、「Happy Birthday」を生演奏で歌ってくれる。
とにかく明るいテーマパークのようなレストランだったと記憶しています。

タップリの肉と、大きなプレートに盛られた、蟹やロブスター・・・。

           IMG_6623

今回は、それだけではなく、美味しい肉、前菜、ワイン、そして夜景も楽しんできました。

お伺いさせていただいたのは、スイスホテル南海大阪の36階にある、
“タボラ36”さん。

    IMG_6589

こんな感じで、テーブルから大阪市内の景色が一望できるのです。

            IMG_6590

この季節、夕方に行くと、まだ外は明るくて、
こんな感じの景色を見ることが出来ます。

それが、時間が経つにつれて空の色が変わっていき、本当に綺麗なのです。

テーブルに座り、先ずは生ビールをいただきます。

     IMG_6608

ホテルだけあって、いろんな銘柄を選ぶことが出来ますよ。

ディナータイムは、コース料理とアラカルトがあるのですが、
今回はアラカルトを注文し、楽しませていただきました。



          IMG_6600


料理は、あれとあれと・・・
あ、これも美味しそう!
そんな感じで、迷いながら選ぶのもアラカルトを注文する楽しみでもありますよね。

先ずは、サラダバーに行って、好きなものを取ってくることにします。

    IMG_6594

サラダバーと言っても、野菜だけではなく、全最適なものを選ぶことも出来ます。

        IMG_6611

私が選んだこれ、完全に前菜の盛り合わせですよね。
これが全て、ホテルクォリティ!
少しずつつまんでワインでも飲めば、それだけでも幸せな気持ちになれるのです。

前菜を楽しんでいると、お願いした「シーフードプラッター」が運ばれてきました。

   IMG_6623

ロブスター、海老、ホタテ、ズワイガニ、ムール貝、サザエがタップリとのっかって、
かなりテンション上がりますよ(^^)

これらのシーフードは、4種類のソースを掛けて、
いろんな美味しさを楽しむことが出来るのです。

              IMG_6634

先ずは、ホタテにバジルソース。

    IMG_6641

おぉ、これは贅沢。
大きなプレートにのっかっていると、その大きさはわかりにくいのですが、
このホタテもかなり良い大きさですよ!

       IMG_6643
そして、ムール貝。

 IMG_6649

さらに、ロブスターにはイクラをタップリとのっけていただきましょう。

          (^^)(^^)(^^)

ロブスターの甘みと、いくらの旨味が堪りませんね!


           IMG_6652

思わず、グラスの白ワインを追加。
夕暮れから、夜に変わる景色を眺めながらのディナータイム、贅沢な気持ちになれますよ。

     IMG_6613

折角なので、フォカッチャもお願いします。
もちもちの食感が快感。
無塩バターに、好みで塩を加えていくのって、いいですね。
バターの旨味をより一層楽しめますよ。

そして、グリルされた野菜も楽しみます。

        IMG_6680

熱を加えることによって、野菜が持つ旨味をより一層楽しむことが出来ますよ。

    IMG_6708

太陽は完全に地平線の中に隠れ、
夜の色が街を包んでいくのを目の当たりにすることが出来ます。

そんな感じで、景色を楽しんでいると、
ミックスグリルのプレートが運ばれてきました。

            IMG_6711

アメリカ産プライム牛フィレ、オーストラリア産ラムチョップ、

   IMG_6718

アイリッシュソーセージ、大和肉鶏、

      IMG_6720


カナダ産のオマール海老ものっかっていて、かなり豪華。
レモンは、焼くことによって、甘みと旨味が増すのだとか。

    IMG_6722

2種類のソースでいろんな種類の肉、サーモン、オマールを楽しめます。

一人ではとても食べきれないボリュームなので、
グループできた時にひとつお願いすると、いろんな肉の美味しさを楽しめて、
盛り上がることな違いないと思いますよ。

         IMG_6727
信州サーモンのステーキとアイリッシュソーセージに、
ソースをタップリと掛けていただきます。

      (^^)(^^)(^^)

これ、かなり食べ応えがありますよ!

グラスの赤ワインもしっかりといただき、かなり満足させていただきました。

       IMG_6743

夕方の明るい時間帯から、夜の大阪の街並みまで、
変わりゆく景色を堪能でき、落ち着いた雰囲気の中でゆっくりと寛ぐことが出来ます。

ランチタイムのバイキングも魅力的ですが、
ディナータイムのゆっくりとするのも素敵ですよ。

夏の夕暮れ時間から、夜景までを、堪能してみてください。
貴重なひとときを過ごすことが出来ますよ。





【Tavola36(タボラ36)】   
住所:大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪 36F    MAP     
電話:06-6646-5125   
営業時間:【朝食バイキング】6:30~10:30(10:00L.O)
     【ランチバイキング】11:30~15:00(14:30L.O) ※土日祝は16:00ま
     【ディナー】18:00~21:30(21:00L.O)
     【バー】18:00~22:30(22:00L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:無休 
駐 車 場:あり(スイスホテル南海大阪の駐車場で、お食事6000円/2時間、12,000円/4時間無料)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ちゃんぽん」って言葉を聞くと、どんなものを想像しますか?これをご覧になっている時間帯が午前から夕方までの間ならば、長崎、近江、八幡浜が名物の野菜や肉、魚介がタップリ入った麺料理。もしも、夕方以降ならば、いろんな種類のお酒を混ぜることを思い出すのではない ...
続きを読む
「ちゃんぽん」って言葉を聞くと、どんなものを想像しますか?

これをご覧になっている時間帯が午前から夕方までの間ならば、
長崎、近江、八幡浜が名物の野菜や肉、魚介がタップリ入った麺料理。

もしも、夕方以降ならば、
いろんな種類のお酒を混ぜることを思い出すのではないでしょうか? 

ビール、日本酒、焼酎、ウイスキー・・・。
「チャンポンしたら、悪酔いするよ・・・」
そうたしなめられます。

でも、洋酒の場合は、あまり言われませんよね。
ウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、テキーラ・・・。
バーでも普通に見られる光景です。

もしも、洋酒も「ちゃんぽん」って言うのならば、
カクテル「ロングアイランド・アイスティー」はどうなるのか^^;

さて、お酒ではなく、混ぜて美味しい料理、
スリランカカレーをいただきに行ってきました。

        IMG_7847

お伺いさせていただいたのは、“CURRY シバ☆”さん。
堺筋本町から法善寺に移転され、今では三休橋にお店があります。

長堀通り「三休橋」の交差点を南へ2ブロック入ってすぐのビル、
2階にお店はありますよ。

    IMG_7845

階段かエレベーターで2階に上がり、
赤い扉を開けて店内へ。

カウンター席の真ん中辺りに座らせていただき、
メニューを確認します。

         IMG_7833

以前(堺筋本町にお店があった頃)は、カレーと定食を提供されていたのですが、
今は、スリランカカレー1本に絞られているようですね。
 ※堺筋本町時代の「シバ」さんは、こんな感じやこんな感じ。

その分、カレーは3種類から選べて、
副菜の数も半端なく充実していますよ(^^)

この場合、通常ならば迷うことなく「カレー2種」を選択するのですが、
シバさんでそれをやると、かなりのボリュームになるのです。
ですので、カレー1種をマトン、バスマティライスでお願いしました。
(メニューにも、“量多い⤵️”って書いてありますし^^;)

店内のカウンターには、先客が3名。
二人組は、カレー1種と2種を注文し、シェアして全種類。
(それ、いいなぁ。)

そして、男性のおひとり様はカレー2種を注文しています。
(ホント、結構ボリュームあるぞ!)

二組の先客を見ていると、スープのようなものを食べていますね・・・。

ここでもう一度メニューを見返すと、
“スープ(スリランカ風マリガトーニ<鱧>)”¥200 
って書いてあるじゃないですか!

「す・すみません、スープを追加してもいいですか?」
「はい、分かりました。」

た、助かった^^;

何とか、スープの注文も間に合い、ホッと一息。
再びメニューを手に、空想を膨らませます。

青唐辛子もプラスして、辛さアップを図るべきだったのか・・・
いや、クールダウン用のアチャールもお願いすれば良かったかなぁ?

でも待て、何も一発で完成形に仕上げてしまわなくても、
足りない分は次回訪問時に・・・。


そんなことを考えながら待っていると、
お願いしたスリランカカレーが出来上がってきました。

           IMG_7834
ご飯の周りに副菜がのった大きなお皿と、
カレーが入った少し小さめのお皿が提供されます。

手前から時計回りに、
レンズ豆のカレー、なすのモジュ、オクラの和えもの、ポルサンボル、
水菜の和えもの、ビーツの煮物、いんげんの煮物、コールラビの煮物、
空心菜の炒めもの、キャベツのマッルン。

そして、ご飯の上にカトゥレットがのっかります。

   IMG_7836

そして、カレーも凄い。
見てください、この大きなマトン肉を!

骨付きのものが、4つくらい入っていても、
結構よろこんでしまうのですが、
これは骨なし、つまり純粋な肉の塊が目視できるだけでも7個!
そりゃぁ、テンション上がりますよ!

湧き上がってくる笑顔を抑え、真顔を保ちながら、
副菜をいくつか混ぜてご飯をいただきます。

     (^^)(^^)

美味しい!
これだけでも充分に美味しいから困ったものです。

それでは、カレーをご飯にかけてみましょう。

         IMG_7841

     (^^)(^^)(^^)

ウォー!
美味しいに決まっていると、覚悟(ここで使う表現ではないな^^;)していましたが、
美味い、美味すぎますわ。

と、ここで少し気持ちを落ち着けて、スープをいただきます。

         IMG_7838

え・・・
お、美味しい!


旨味と酸味、そしてほんの少しピリッとくる辛みが好印象。
しかも、具材の鱧がものすごく美味しい。
これ、本当に200円なの?

ここで、メニューを見返しましたが、確かに200円。
たったの200円でこのクォリティのスープって、奇跡じゃないですか、これ(^^)

これはメニューにあれば、絶対に注文しなければ後悔する逸品。
そう断言させていただきます(^^)

さらに、いろんな副菜の組み合わせを楽しみながら、
カレーを食べすすんでいきます。
後半は、全ての具材を混ぜ合わせて、カレーも掛けて楽しむ。

        IMG_7843

それにしても、美味しいです。
マトン、適度な歯ごたえを残しながらも、かなり柔らかく仕上げれていて、
いつまでも食べ続けて痛い衝動に駆られますね。

カレーと副菜を混ぜ合わせたら、そこにスープを少し掛けてもかなり美味しいです。


そんな感じで、大満足させていただき完食。
今食べ終わったのに、また食べたい・・・
そんな気持ちになれますよ!

シバ☆カフェから、スリランカカレーのお店に。
私の中のスリランカカレーのお店のオススメが、また更新された・・・。
そんな気持ちにさせていただきました。







【CURRY シバ☆】
住 所:大阪市中央区東心斎橋1−18−2 アマキビル 2F    MAP
電 話:
営業時間:11:30〜14:30 
煙 草: 
定休日:月・火・日(水〜土営業) 臨時休業あり(Twitterで確認してくださいね)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏休みに突入!学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。私も学生時代、北海道にハマっていました。当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道 ...
続きを読む
いよいよ夏休みに突入!

学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?
このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。

私も学生時代、北海道にハマっていました。
当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。
「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道までの切符と、
北海道内の特急列車の自由席が20日間乗り放題のお得な切符を
学割で買って行ったものです。

但し、行くのはいつも8月に入ってから。
学校、7月中は授業があったのです^^;

ですので、7月の北海道は未体験。
当然、富良野のラベンダーも生で見たことがなかったのです。

         IMG_7646

そんな富良野のラベンダー、やっと見に行くことが出来ました。

  IMG_7608

一面の鮮やかなラベンダーパープル。
しばしうっとり見とれてしまいます。

        IMG_7588

時間の流れさえも、ゆっくりに感じます。
        IMG_7564

とは言え流石に人は多く、北海道といえども、汗ばむ気温^^;
お助けアイテムに手を出したりもします。

       IMG_7621

香り良し、美味しい。
300円で買える幸せです(^^)

さて、ラベンダーを堪能した後は、
もうひとつの富良野名物がいただきたくて、
“唯我独尊(ゆいがどくそん)さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_7477

富良野の郊外、山の中にあるのかと思いきや、
意外にも中心部の富良野駅の近くにお店はあります。

  IMG_7476

街中に、ここだけこのような緑の空間がある・・・。
そう思っていただいたら想像しやすいかもしれません。

営業開始時間の少し前に到着したので、入り口前で開店時間を待ちます。

         IMG_7479

店内の他に、屋外にも席があり、
富良野の風を感じながらカレーを楽しむことも出来ますね。

「何名様ですか?」
「ひとりです。」
「相席、よろしいでしょうか?」
「はい、大丈夫ですよ。」


開店時間になり、順番に店内の席に案内していただきます。
 
      IMG_7485

店内の奥、窓際のテーブル席に案内していただきました。

相席・・・。
都会のお店では、ちょっと違和感があるかもしれませんが、
こちらのお店、この雰囲気の中では、むしろそれが当たり前。
同席していただいた方に、お冷やを入れていただきました。

お店の方があたたかいと、私たちお店を訪れる方も、自然と優しい気持ちになれる。
私もこちら側にあったメニューを差し出したりして、
ちょっぴり緊張感がほぐれます。
     
          IMG_7489

メニューはこんな感じで、富良野の素材、北海道の素材をふんだんに使ったカレーと、
こだわりのコーヒー、富良野の地麦酒、富良野ワイン、
自家製デザートで構成されています。

注文は、こだわりのソーセージがのっかった、
自家製ソーセージ付きカレーに、道産キノコをトッピングでお願いしました。

店内は手作り感満載で、温かい雰囲気に包まれています。

     IMG_7493

壁には、名刺がたくさん貼ってありますね。
誰か知っている人の名刺は・・・・
と思い、見てみますがここは北海道富良野。
そう簡単には見つかりません^^;

他の方の注文を聞いていると、圧倒的に「オムソーセージカレー」が多いですね。
私もそれにしようかと迷ったのですが、オムレツがない方が、
カレーの香り味わいをダイレクトに楽しめるかなぁと思ったのと、
道産キノコの魅力に勝てずに^^;

とは思うものの、他のお客さんが注文した、「オムソーセージカレー」を見てみると、
明らかにインスタ映えしそう^^;

あ・・・同席させたいただいた方も、オムソーセージカレーですね。
と言うわけで、オムソーセージカレーはこんな感じ・・・・

なんてことは、やってませんよ^^;
(それはいくら何でも、厚かましすぎます^^; HP等で、確信してくださいね!)

そんなことを考えていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_7498

テーブルに運ばれて生きた瞬間から、香るスパイスが好印象。
普通のカレーをちょっとアレンジしたものとは明らかに違う、
毛並みが違うのがこの段階から分かります。

    IMG_7501

大きな自家製ソーセージが真ん中に鎮座し、
左側に特製のカレールーとタップリのキノコ。
そして右側には、北海道のトウキビとジャガイモ。
大地の恵みが満タンですよ!

米も、もちろん北海道富良野産100%で、ブレンドなしの「きらら397」だそうです。

先ずはカレーを1口いただきます。

        IMG_7504


      (^^)(^^)(^^)

想像していたよりも、ずっとスパイシーで美味い。
いきなり本気で来たな・・・
そんな感じです。

そして、自家製のソーセージも。

     IMG_7502

いただきましょう。

        IMG_7507

お、これは美味しい!
しかも、肉の旨味がしっかりしていて、食べ応えも充分ですね。
かと言って、変な脂っこさはなく、パクパク食べてしまえます。

      IMG_7492

テーブルの上に置いてある、「独尊サンバル」を少し加えてみましょう。

  IMG_7511

       (^^)(^^)(^^)

おぉ、旨辛!
香りもかなり良い感じ(^^)
かなり私好みですよ、これ!

キノコとカレーをタップリと堪能して、
あっという間にカレーを完食・・・
でも、まだご飯とソーセージ、ジャガイモにトウキビも残っている。

そうか・・・
ついにあの時がやって来たのか^^;


         IMG_7491

誰か、おかわりする人がいたら、それをマネしてみようと思っていたけれど、
どうやらおかわりのトップバッターは私のよう^^;

覚悟を決めて、お皿を持ち、カウンターのところまで行きます・・・。

「♪ルールル・・・」

「あ、カウンターの中にいるあちらに仰ってください。」
    (と、厨房内のルーをよそっている方を指さす)

あ・・・まさかのやり直し^^;

では、リトライ!

「♪ルールルルル」
「はい、ありがとうございます(^^)」


そんな感じで、無事おかわりの儀式完了!

           IMG_7515

タップリとルーを入れてくださいました。

   IMG_7518

このカレールー、かなり美味しいのでテンションが上がります。
タップリと香り、味わい、スパイス感を楽しんで完食。
唯我独尊のカレー、想像していたよりもずっと、ずっと美味しかったです(^^)

       IMG_7521

食べ終わって外に出てみると、外の席も満席で、
席が空くのを待っている方もいらっしゃいます。
開店時間の少し前に行くか、
ランチタイムのピークを外して行かれるの通いと思いますが、
富良野の心地よい風に吹かれながら待つのも良いかもしれませんね。

北海道の自然を肌と味わいで実感できるカレー。
富良野の唯我独尊さんで、ぜひ楽しんでくださいね!








【唯我独尊】
住 所:北海道富良野市日の出町11−8    MAP
電 話:0167-23-4784
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:
駐車場:あり(10台程度)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

水族館に行き、大きな水槽でジンベエザメを見て、マンタの優雅な泳ぎに感動する。「屋外のプールで、まもなくイルカショーが始まります。」もちろん、のっかっちゃいます。イルカの優雅なジャンプを楽しんだ後は、再び屋内の水槽に。そこで、鰯の大群や、大きな鯛が泳いでい ...
続きを読む
水族館に行き、大きな水槽でジンベエザメを見て、
マンタの優雅な泳ぎに感動する。

「屋外のプールで、まもなくイルカショーが始まります。」
もちろん、のっかっちゃいます。

イルカの優雅なジャンプを楽しんだ後は、再び屋内の水槽に。
そこで、鰯の大群や、大きな鯛が泳いでいるのを見ると、
ついついお約束の言葉が出てきます、

「美味しそう!」

いやいやいや、食べたらアカンし、そんなこと言うものではない。
そう思っていましたが、それをOKとしている水族館があるのだとか。

水族館で 「美味しそう」 OKです!

「美味しそう」は、お魚たちが元気な証拠です。
褒め言葉と思ってたくさん使ってください!


これは、熊本県天草市にある
「わくわく海中水族館シードーナツ」に貼られている看板。
そしてその後には、

せっかくの天草、帰りに海鮮を食べましょう!

とまで書かれてあるのだとか。

ちなみに水族館で魚を見て「美味しそう」と思うのは日本人だけなのだとか^^;
魚を食べる文化が根付いている証拠なのでしょうね。

と言うことは、欧米人は牧場で牛を見て、
美味しそうと思うのか・・・。
それはないですね^^;

せめて、肉屋に行くまではガマンしましょう。
肉屋で肉を見て、すぐに食べたい・・・
それ、可能です!

       IMG_7120

この日にお伺いさせていただいたのは、旭区千林商店街にある精肉店、
「たじまや本店」さん。

実はこちらの精肉店、ただの精肉店ではないのです。

            IMG_7121
精肉店で購入した肉を2階の焼肉店に持ち込んで、即、焼肉が出来てしまうのです。
その名も“たじまや庵”さん。

         IMG_7114


  IMG_7111

          IMG_7112

ずらりと並ぶ、肉の数々。
あ・・・精肉店なのですから、それは当たり前か^^;

もちろん肉の価格は、精肉店価格。
好きな肉を選び、お店の人にこう告げるのです。

       IMG_7117

「即席焼肉希望です!」

そうすると、席に空きがあるかどうかを確認していただけます。
無事、空席があれば、食べたい肉を購入し、精肉店でお会計。

         IMG_7119

その後、2階へ案内していただきます。

   IMG_7146

こんな感じで、無煙ロースターも完備。
肉を店員さんに渡し(階下の精肉店で購入したものに限ります)
席に座ります。

         IMG_7125

テーブル代として、ひとり108円かかりますが、ハッキリ言って破格です(^^)

しばらくすると、持ち込んだ肉をお皿に盛って持ってきてくださいます。

     IMG_7127
こりゃぁもう、一般の焼肉店と何が変わるのかって感じですよ(^^)

        IMG_7128

この日は、二人でお邪魔させていただいたのですが、かなりのボリューム。
ちょっと買い過ぎちゃいましたかね^^;

黒毛和牛味付焼肉、
国産牛味付焼肉、
黒毛和牛レバー、
国産牛しま腸、
味付熟成ハラミ。


でもこれだけあって、3,620円。
ひとりあたり1,800円ですから、買っちゃいますよね(^^)

早速、肉をのっけて焼いていきましょう。

            IMG_7138

焼き過ぎないように、サッと炙っていただきます。

          (^^)(^^)(^^)

肉、厚切りで美味しいです。
安いだけではなく、キッチリ美味しい。
やはり、精肉店だけあって肉にはこだわっているのが分かりますよ。

    IMG_7145

生ビールも、凍らせたジョッキに入って出てくるので、
キンキンに冷えた状態のをいただくことが出来ますよ(^^)

肉もビールも美味いので、ついつい飲み過ぎてしまいそうになるのですが^^;

オススメいただいた、自家製のだし巻きもいただきました。

            IMG_7141

肉の合間にこういうのは嬉しいですね。

こちらのお店、階下で肉を購入する以外に、お得なセットメニューなんかも用意されています。

      その他のメニュー

美味しいお肉をお得にお腹いっぱい!
オススメします。
ぜひ食べに行ってくださいね(^^)











【たじまや庵】
住 所:大阪市旭区千林2−12−12     MAP
電 話:06-6957-1129
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜22:30(L.O.22:00) 
     ※土日祝のディナータイムは、16:30〜22:00(L.O.21:30)
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

デパートの「北海道物産展」、いつ開催されても大人気ですよね。特に、関西からは距離が遠く、中々行くことが出来ないので、開催されれば、ここぞとばかりにいろんなものを買ってしまいます。そんな北海道物産展なのですが、どの地域まで開催されるのでしょうか?関西、首都 ...
続きを読む
デパートの「北海道物産展」
いつ開催されても大人気ですよね。

特に、関西からは距離が遠く、中々行くことが出来ないので、
開催されれば、ここぞとばかりにいろんなものを買ってしまいます。

そんな北海道物産展なのですが、どの地域まで開催されるのでしょうか?

関西、首都圏などでは、開催されるのでしょうが、
東北になると、開催されるのでしょうか?
(青森や盛岡で、北海道物産展・・・やるのかなぁ?)

物産展ではないですが、この季節、
特別なカレー用意した、お店も数多くあるようです。

夏の大辛口カレー、
スタミナ満タン ステーキカレー、
HOTでも涼しい、冷やしカレー、
フレッシュなフルーツを使ったカレー・・・。

      IMG_6874


先日お邪魔させていただいた、帝国ホテル大阪にある、
“カフェ クベール”さんでも、
夏恒例の「カレーフェア」を開催されています。

         IMG_6850


ゆったりと落ち着いた空間が心地いいですよね。

窓際のテーブル席に案内していただき、メニューを確認します。

      IMG_6854

ホテルが本気を出すと、カレーもこんなにバラエティ豊かになるのですね。
高級食材を使ったものから、スタンダードなものまであるから、
本当に迷います。

食べに来た人に話を聞くと、オマール海老のグリルカレーが凄いらしい。
お値段もそれなりにしますが、アメリケーヌソースが絶品で、
確実に満足できるのだとか・・・。

今回は二人で訪問したので、それも含め3つのカレーをお願いすることに。

先ずは、チキン入りパネンカレー。

           IMG_6867

こんな感じで、熱々の状態で提供されます。

これを、別添えのジャスミンライスにかけて、

     IMG_6897

おぉ、かなり良い感じ(^^)
ホテルのレストランでジャスミンライスって、ちょっと珍しいかもしれませんね。
帝国ホテル大阪さん、攻めますね。

それでは早速いただきましょう。

            IMG_6901

     (^^)(^^)(^^)

美味い!
ちょっと辛めの味わいも、カレーのコクが上手く調和してくれて、
連続でスプーンを運びたくなります。

そして、一番気になっているカレー、
オマール海老のグリルカレーはこんな感じ。

     IMG_6883
大きなオマール海老が、ドンッとのっかっていて、見た目にも豪華。
カレーポットにはタップリのカレーソース、
そして、手前のものはアメリケーヌソース。

              IMG_6888

これだけでも贅沢ですよね。

先ずは、カレーソースをかけていただきます。

   IMG_6898

          IMG_6907

    (^^)(^^)

これだけでも、充分美味しい!
先ほどの、チキンパネンカレーとは違い、こちらは日本米。
コクのあるカレーソースに良く合いますよ。

さて、ここからが本番。
ここに、アメリケーヌソースをタップリとかけて、

        IMG_6908

あり得ないほどに贅沢なカレーを誕生させてしまいます。

    IMG_6914

オマール海老のグリルカレーに、
オマール海老の殻、エビミソを使った贅沢なアメリケーヌソース。
これもタップリといただきます。


             (^^)(^^)(^^)

これはヤバい!
海老好きの方なんて、ひっくり返るほどに喜ばれると思いますよ。

これだけで、満足してしまいそうになりましたが、
カレーフェアで出されているキーマカレーには、
フレッシュなブドウをトッピングしていると言うことで、
そちらもいただきました。

               IMG_6872

国産牛のバラ肉を挽き、細かく刻んだ野菜とともに、
とろみがつくまでじっくりと煮込んだものだそうです。

      IMG_6920

ほほぉ・・・
スパイシーなキーマカレーに、甘酸っぱいブドウ。
これは面白い!

サイコロ状になった、ズッキーニ、ヤングコーン、
パプリカ、ジャガイモ、マッシュルームの食感と合わせていただくのも楽しいですよ。

        IMG_6924

目玉焼きを崩す楽しみもこのカレーの醍醐味の1つ。
いろんな味の変化を楽しめます。

キーマカレーのブドウに刺激されたわけではないですが、
確か、フェア限定のスイーツもあったなぁ・・・。


                  
       IMG_6927

と言うわけで、マンゴーパフェもいただきました。
(パフェ食ったの、何年ぶりだろ^^;)

マンゴーの美味しさはもちろん、生クリームの美味しさに感動。
たまには食べてみるものですね〜(^^)


帝国ホテル大阪、カフェクベールのカレーフェアは、
2018年7月1日から、8月31日まで開催しています。
尚、オマール海老のグリルカレーは、7月中限定の予定でしたが、
好評のため、8月31日まで提供期間を延長されるそうです!

そして、8月からは、牛テールの煮込みカレーが登場します。

ここでしか食べられない味わいのプレミアムカレー、
ぜひ食べに行ってみてくださいね!








【カフェ クベール】
住 所:大阪市北区天満橋1−8−50 帝国ホテル大阪 2F    MAP
電 話:06-6881-4885
営業時間:6:30〜11:00 11:00〜14:00 17:00〜22:00  ※土日祝は、6:30〜22:00 
煙 草:全席禁煙
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:あり(3,000円以上の利用で、2時間無料)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

来年には元号が変わるらしいですね。昭和、平成ときて、次は何になるのか・・・あれ?ということは、3つの時代にまたがって生きることになるのか。昔、生年月日を記入する欄に、「M・T・S」ってあったのを思い出します。明治・大正・昭和って。明治生まれの人って凄いなぁ・ ...
続きを読む
来年には元号が変わるらしいですね。
昭和、平成ときて、次は何になるのか・・・

あれ?
ということは、3つの時代にまたがって生きることになるのか。

昔、生年月日を記入する欄に、「M・T・S」ってあったのを思い出します。
明治・大正・昭和って。

明治生まれの人って凄いなぁ・・・
そんなふうに思っていました。

ということは、今度はその「明治」のポジションになってしまうのか、
昭和生まれって^^;

昭和64年、平成31年・・・

バビル2世が放映されてから、45年。
バビルの塔がオープンして6年。
(バベルの塔に関しては・・・^^;)

裏谷4の人気店、「バビルの塔」の2号店、
”スパイスサロンバビルの塔”が、
本日(7月16日)、中崎町にオープンしました。

            IMG_7735

お店は、天五中崎商店街の真ん中あたりにあり、
猛暑の日でもアーケードのある商店街を歩いて到着することが出来ますよ!

この日は、オープン前のレセプションにお招きいただき、
お邪魔させていただきました。

      IMG_7737

あ・・・塔主、福田さん準備してはる・・・
あ、見つかったか^^;


               IMG_7743

開店、おめでとうございます!

裏谷四のバビルの塔(1号店)が、ランチタイムのみの営業で、
カレーのみ提供なのに対して、こちらのお店、
「スパイスサロン バビルの塔」では、ディナータイムにカレーのほか、
いろんなアテも用意しているのだとか。

この日も、いろんなアテとカレーを用意していただいてました。

         IMG_7747

ドリンクメニューはこんな感じ。

   IMG_7752

まずは、生ビールで乾杯。
おめでとうございま〜す!

           IMG_7750
店内は、カウンター席が8席と、2人掛けテーブルがひとつ、
そして、4人がけのテーブル席が3つあって、ゆったりと寛ぐことが出来ますよ。

スパイスサロン バビルの塔でいただける料理の一部を出していただきましたよ。

       IMG_7757
トロットロに煮込まれた、ルーロー。
たっぷりのパクチーとうずらの煮玉子も嬉しい。

             IMG_7765

そして、海老パン。
サクッと焼かれたパンの間には、ぷりっぷりの海老がたっぷり。
美味しいです。

さらに、アスパラガスのパコラ。
 
         IMG_7779

サクッとした食感がたまらない。
こんな感じでいろんなアテをつまみながら、ビールやハイボールなどを楽しめます。

さて、そろそろカレーを・・・。

    IMG_7749

この日のカレーは、
鰹出汁キーマ、
チキンマサラ、
マトンキーマの3種類。

裏谷四のバビルは、肉カリーと豆カリーの2種類に対して、
こちらでは3種あいがけも楽しめます。

折角なので、3種あいがけをいただきました。

           IMG_7792

手前が、チキンマサラで、左がマトンキーマ、そして右側が鰹出汁キーマ。


      IMG_7789

バビル名物、あいめしももちろん健在。

それでは早速いただきます。

            IMG_7796

   (^^)(^^)(^^)

美味い!
あれ・・・バビルよりも、旨味おしかな?

いずれにせよ、かなりの完成度だと思います。
スパイスはちゃんと楽しめるのだけれど、ビッシバシではなく、
秀逸なバランスを保っている感じで、すごくいい感じ。

その分、2種類のご飯とどのように絡むかも、じっくり楽しむことが出来るのです。

         IMG_7803

ツヤツヤに炊かれた、ササニシキは、カレーの旨味とよく絡み、
コメの旨さとカレーの旨さをじっくりと楽しむことが出来る。

    IMG_7806

サラッとあっさりのジャスミンライスは、
スパイスの香りをしっかりと受け止め、
香りの余韻をしっかりと味わうことが出来ますよ。

3種のカレーと2つのご飯の組み合わせを、しっかりと楽しみながら完食。
いろんな角度から、バビルのカレーを楽しませていただきました。


スパイスサロンバビルの塔、2つめのバビルの塔、
またゆっくりと、お邪魔させていただきます。

バビルファンの皆さん、
美味しいスパイスカレーを味わってみたい皆さん、
ぜひ食べに行ってみてくださいね(^^)





【スパイスサロン バビルの塔】
住 所:大阪市北区黒崎町8-5    MAP
電 話:非公開
営業時間:12:00〜14:30  18:00〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:
定休日:未定
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラーメン、つけ麺、僕・・・^^;関西では関東に比べて、つけ麺否定派の方が多いのだとか。つけ麺は、最後の方にスープが冷たくなるからちょっと・・・。そんな意見を確かに聞いたことがあります。そもそも、関西につけ麺がやってきたのはいつ頃なのか?言われてみれば、私も初 ...
続きを読む
ラーメン、つけ麺、僕・・・^^;

関西では関東に比べて、つけ麺否定派の方が多いのだとか。
つけ麺は、最後の方にスープが冷たくなるからちょっと・・・。

そんな意見を確かに聞いたことがあります。

そもそも、関西につけ麺がやってきたのはいつ頃なのか?

言われてみれば、私も初めてつけ麺を食べたのは、東京中野の「大勝軒」さん。
麺の美味しさ、チャーシューの多さ、スープ割り・・・。
その全てに感動して、お土産に買って帰ったほど気に入ったものなのですが。

でも実は関西の方も、ずっと昔につけ麺を体験されているかもしれませんよ。

   

ハウスのつけ麺って、ありましたよね?
何故か、いつの間にか売られていなくなりましたが、
私はけっこう好きでした(^^)

そんなつけ麺なのですが、日本だけではなく、
ベトナム料理にもあるようなのです。

この日のランチは、都島にあるベトナム料理のお店、
“フォーベト”さんに行ってきました。

           IMG_7108

地下鉄谷町線の都島駅から徒歩3分ほど。
こちらのお店では、本格的で美味しいベトナム料理をいただくことが出来るのです。

店内のカウンター席に座り、ランチメニューを確認します。

      IMG_7081

あ、新メニューが出来ている!
これいってみようかな・・・。

いつものメニューはこちら。



           IMG_7083

初めてお伺いさせていただいたときが、「ブンボーフエランチ」、
そして、2回目は、「牛肉4種類盛フォーランチ」。

どちらもクォリティが高く、本当に美味しかったです。

   IMG_7082
では、今日はまた違ったものを注文してみようか・・・。
カレーも気になるけれど、スペシャル混ぜ混ぜ麺、ブンチャーをお願いしてみましょう。

店内、もう安定の人気って感じですね。
満席で待ちが出ているわけではないけれど、テーブル席はほぼ満席。
ジワジワと人気が出てきているのがわかります。

          IMG_7089

Instagramで、料理の写真をアップすると、こんな素敵な特典もあるみたいです。
こういうの、ちょっと嬉しいですよね。

間もなくすると、一緒にお願いした「ベトナム前菜3点セット」が先に運ばれてきました。

   IMG_7086

揚げ春巻き、生春巻き、パパイヤのサラダと、えびせんが付いてきます。
春巻きは、ヌックマムに付けていただき、
パパイヤサラダはえびせんの上に乗っけて食べると美味しいですよ(^^)

前菜を楽しんでいると、メイン料理のブンチャーも出来上がってきました。

          IMG_7091

ブンチャーには、手ごね焼きつくね、揚げ春巻き、豚焼き肉もついてきて、
ちょっと豪華な感じになりましたよ。

   IMG_7092

この、手ごね焼きつくねと、豚焼き肉が入った、甘酸っぱいタレの中に、
麺をつけていただくのが美味しい食べ方なのだとか。


それでは早速いただきます。

    IMG_7098

こんな感じで、一緒に出てくる器に取り分けて、
その上につけダレをかけていただきましょう。

             IMG_7102

   (^^)(^^)

おぉ、美味しい!

ヌックマムがいい感じに効いていて、ちょっと癖になりそうですよ。

    IMG_7096

好みで、薬味を入れると味が変化して更に美味しい。
この赤いの、結構辛いのですが、味がキュッと引き締まって、
どんどん食べ進んでしまいます。

でも、入れ過ぎ注意!
日本の唐辛子と違って、本気で辛いので^^;

           IMG_7107

さらに、いろんな組み合わせで味変も楽しめます。
それにしても、この手ごね焼きつくね、かなり美味しいですね!
ますますディナータイムにもお邪魔したくなりました。

ちなみに、ブンチャーの麺、ビーフンはおかわり自由。
確実に満腹になれますよ!

ベトナム料理の「フォーベト」さん、更にお気に入りになってしまいました。
おすすめしますよ、是非とも!








【フォーベト】
住 所:大阪市都島区都島本通3−28−13    MAP
電 話:06-6180-6298
営業時間:11:00〜14:30  17:00〜22:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年は当たり年か?この季節になれば、話題になる台風の話。7月12日現在、台風は8号まで発生しており、「今年はひょっとして当たり年?」なんて声もちらほら聞かれるような・・・。ちなみに、台風1号の発生は、2017年12月30日に発赤した熱帯低気圧が、1月3日に台風1号になっ ...
続きを読む
今年は当たり年か?

この季節になれば、話題になる台風の話。
7月12日現在、台風は8号まで発生しており、「今年はひょっとして当たり年?」
なんて声もちらほら聞かれるような・・・。

ちなみに、台風1号の発生は、2017年12月30日に発赤した熱帯低気圧が、
1月3日に台風1号になったのだとか。
2017年の台風1号の発生は、4月26日と言うことを考えても、
異常に早い発生だったものと思われますよね。

上陸、または接近すると、多くの被害をもたらす台風。
そんな台風よりも、いつも決まったところにあって、
笑顔をもたらす台風の方がいいと思いませんか?

そんな台風、
谷町6丁目にある、“台風飯店”さんにお邪魔させていただきました。

       IMG_6500

現地チックな外観に目を惹かれますね。

朝はモーニング コーヒー
昼は定食 弁当
夜は酒 肴


分かりやすい(^^)

早速お店の中に入り、メニューを見せていただきます。

        IMG_6477


ランチメニューは、「ランチセット(カオラートゲンスタイル) 850円」のみ。

とは言え、6種類あるおかずの中から3品を選び、それに付け合わせが付くので、
週に何回か来ても飽きないですね。

選べるのは、

1 ルーローハン
2 鶏とたけのこのグリーンカレー
3 マトンキーマカレー
4 タイ風オムレツ
5 照り焼きチキン サワークリームソースかけ
6 カンポンチー(台湾風唐揚げ黒酢かけ)


この中から3つ選んで注文します。

番号で注文すると分かりやすいですよ(^^)

この日の注文は、1,3,6。

ルーローハンがどうしても食べたかったのと、
マトンキーマカレーと言われれば無視できないのと、
1度食べてみたかったカンポンチーがあったので、ほぼ即決でした(^^)

店内は、タイル張りの壁と、赤い丸椅子。
そしてステンレスのテーブルで、現地の雰囲気が演出されています。

           IMG_6497


ちょっと遅めの時間にお邪魔させていただいたので、
ゆったりと時間が流れているような感じですよ。

  IMG_6499

ランチが出来るのを待っている間、ボーッと表を通る人や、
車の様子を眺め、しばしゆったりと。
こういう時間もたまにはいいものです(^^)

そんな感じで過ごしていると、お願いしたランチセットが出来上がってきました。

      IMG_6479

ワンプレートに3種類のおかずと、真ん中にはジャスミンライス。

          IMG_6489

パクチーは事前に言えば、抜いていただくことも出来ますよ!
(ちなみに私はパクチー大好きです(^^))

  IMG_6481

手前は、ラムキーマカレー。
いい感じです(^^) これだけでもご飯を半分くらい消費してしまいそう^^;

          IMG_6483

そして、左側にはルーローハンの肉。
今回のお目当ての1つ。
美味しい魯肉飯が凄く食べたかったのです(^^)

さらに右側には、カンポンチー。

    IMG_6482
台湾の家庭料理で、鶏の唐揚げに黒酢あんを絡めたもの。
桃谷にあった(現在は、今川に移転「桃谷台湾小籠包」として営業)
「台湾小籠包」でしか食べられないと思っていただけに嬉しいですね。

   IMG_6485

これは、香港で食べた豆腐のデザートのようですね。
食後に楽しむことにしましょう。

先ずは本命、ルーローハンからいただきます。

          IMG_6487

    (^^)(^^)(^^)

美味い!
ちょっと嬉しくなるくらいに八角の香りも効いて美味しい。
これもっと食べたい・・・
ルーローハンを食べる時に、いつもそう思ってしまいます。
でも、このちょっとした量のせいで、忘れられなくなり、
また食べに来てしまうのでしょうかね?

そして、ラムキーマカレー。

     IMG_6493

おぉ、これも文句なし。
辛さは控えめなので、辛いものが苦手な方もOKですよ。
辛増しアイテムがあれば、さらに嬉しい^^;

そして念願のカンポンチーも。

あ、ヤバいこれ。
ご飯がすすみまくるますよ(^^)
こりゃぁ、大盛にしておけば良かったかもしれませんね。

一通り味わった後、また最初に戻り、
2口目をさらに楽しみます。

そしてその後は、お楽しみタイム。

        IMG_6495

全てを混ぜ混ぜして、複雑な旨味を味わいます。
アジアご飯の楽しいとこ、全部堪能して完食。

いやぁ、これはハマりますね。

今回食べていないメニューも気になりますし、
夜にお酒と一緒に楽しむのもいいでしょうね。

定期的にお邪魔させていただきたい魅力がありますよ。
ぜひ食べに行ってみてくださいね!









【台風飯店】
住 所:大阪市中央区谷町6−2−25 伊藤谷町ビル 1F    MAP
電 話:
営業時間:11:30〜14:30  17:00〜翌2:00   ※日曜日は、11:30〜24:00
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めた頃・・・もう10年以上前になります。当時は、ご飯を食べに行って、料理の写真なんて撮る人はほとんどいなく、お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもいいですか?」と聞くと、まず確実に聞き返されました^^;中には、「同業者?」なんて聞き返されること ...
続きを読む
ブログを始めた頃・・・もう10年以上前になります。

当時は、ご飯を食べに行って、料理の写真なんて撮る人はほとんどいなく、
お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもいいですか?」と聞くと、
まず確実に聞き返されました^^;

中には、「同業者?」なんて聞き返されることもあり、
結構緊張したものです^^;

当然、周りのお客さんからも、変な目で見られるわけなのです。
ま、そのおかげで、素早く写真を撮る技術を習得したという
副産物もあるわけですが^^;

逆に今は、みなさん写真を撮られます。
ブログに書くと言うよりも、Instagramや、
自身のSNSへの投稿がメインのようですね。

インスタ映え・・・。

そんなインスタ映えをテーマにしたようなお店が、
梅田にオープンしたとの情報を聞き、
百聞は一食にしかず・・・ではないですが、行ってきました。

お店のテーマは、「マグロ」なのだとか・・・。
     
            IMG_0777

お伺いさせていただいたのは、その名も
”#インスタマグロ“さん。

     IMG_0722


店名の最初に、「#(ハッシュタグ)」が付いているほどのこだわりようです。

   IMG_0724

店内には、マグロの部位の説明が書いてあるボードもあって、
中々の本気度ですよ。

席に座り、先ずはメニューを確認します。

             IMG_0727

盛り合わせ、断面刺し、そして「インスタマグロ」って直球ど真ん中のメニューもあります。

    IMG_0734

それにしても、マグロの料理が本当にたくさん!
マグロ好きにはたまりませんね。

 IMG_0728

          IMG_0733

インスタ映えするドリンクや、日本酒も豊富です。

   IMG_0735

それでは、インスタ映えカクテルで乾杯!

          IMG_0742

って、私はビールですが^^;

それにしても、遊び心が半端ない。

      IMG_0750
分かりやすく、箸袋にも「#」満載。

   #I'm not Maguro Women ^^;
        IMG_0899

さて、いろんなマグロ料理を楽しみましょう。

先ずは、中落ち骨マグロ。

    IMG_0752

こんな感じで、数種類の醤油と塩を一緒に出していただけます。

          IMG_0770

楽しみ方も数種類。
これは盛り上がりますよ!


     IMG_0777

スプーンですくって、骨の周りの美味しいところを満喫します。
片面を食べれば裏返すのも忘れずに。
この裏面にも同様にタップリと身が付いていますよ。

こう言うのをいただくと、やはり日本酒が飲みたくなります。

           IMG_0778

と言うわけで、くどき上手の純米大吟醸をいただきます。
日本酒がALL480円というのも嬉しいですね(^^)

そして、お店の名前と同じメニュー、インスタマグロはこんな感じ。

   IMG_0765

マグロの赤身にウニといくら。
上にはキャビアまでのっかって、かなり豪華です。
なるほど、確かにこれはインスタ映え!

そして次は、「1 spoon 寿司」

        IMG_0796

ウニ、イクラ、天国(ウニとイクラとマグロ)の3種類をいただきます。
これ、1口で天国・・・いえ、極楽へ行けますよ(^^)

生のまぐろを味わったら、今度はステーキを楽しみましょう。
 
      IMG_0806
これは、まぐろレアステーキ。
ガーリックがいい感じで聞いていて、かなり美味しい。
見た目がお洒落なだけではなく、キッチリ美味しいって言うのは、
本当にポイントが高いです。

そして、アボカドのポキサラダ。

      IMG_0835
野菜もしっかりといただきます。
ナスとアボカド、まぐろの身がいい感じで調和して美味しいです。

そして、こちらのお店唯一の煮込み料理、まぐろの切り株。

             IMG_0816

まぐろの尾の部分を切って煮込んだものだそうです。
しっかりした食感が好印象。
噛むと旨味がしみ出して来てクセになりそうな味わいです。

    IMG_0827

はい、お酒もすすみまくりで、止まらなくなりますよ^^;
いただいたのは、秋田県のお酒「飛良泉 No.24」。
いい感じの旨味がのっていて、まぐろと良く合いますよ。

        IMG_0853
デザート代わりに、フルーツモスコミュールを。
ベリータップリで、満足度高いですよ。

〆には、漬けマグロとキムチのピリ辛素麺を。

     IMG_0858

               IMG_0881

〆の麺も気を抜くことなく完食。
最後まで満足させていただきました。


インスタマグロさん、
流行だけを追いかけたお店・・・
そんな観念を1口で覆してしまうほど、キッチリと美味しかったです。

話のネタに・・・
そう思っている方、是非行ってみてください。
想定外に美味しいですよ!









【#インスタマグロ】
住 所:大阪市北区曽根崎2−10−20 第二河合ビル 2F    MAP
電 話:06-6766-4640
営業時間:17:00〜24:00 
煙 草:分煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

醤油、味噌、塩。こう並ぶと、「サッポロ一番」を思い出すのは、私だけではないはず^^;私が子どもの頃は、ラーメンと言えばインスタントラーメンか、中華料理店のラーメン、もしくは、大衆食堂の中華そばが当たり前の時代だったと思います。あ・・・大阪以外の地域では、そん ...
続きを読む
醤油、味噌、塩。

こう並ぶと、「サッポロ一番」を思い出すのは、私だけではないはず^^;

私が子どもの頃は、ラーメンと言えばインスタントラーメンか、
中華料理店のラーメン、
もしくは、大衆食堂の中華そばが当たり前の時代だったと思います。

あ・・・大阪以外の地域では、そんなことはなかったのでしょうが^^;

そんな時代に近所に出来た、北海道ラーメンのお店、
その名も「北海ラーメン」
ものすごく美味しかった記憶があります。

注文するのは、もっぱら味噌ラーメン。
インスタントも中華料理店も大衆食堂も、
ラーメンと言えば醤油ラーメンが当たり前だった時代。
味噌ラーメンって何だか特別な感じがしました。

そんな中、メニューの端っこに書かれていた、「塩ラーメン」
手が出なかったですね。

書かれている場所も端っこで、何だかオススメじゃない気がしましたし、
(ま・・・それは完全に気のせいでしょうが^^;)
塩ラーメンに慣れていなかったのでしょうね。

塩ラーメンって、塩味のラーメン・・・。

実は、そんなに単純なものではなかったのです。

今回ご紹介するお店は、4種類のスープを楽しめるお店なのです。

京阪電車の千林駅を降りてすぐのところに、お邪魔させていただいたお店、
“ラーメンMARCO”さんはあります。

         IMG_0409

お店の前には、開店祝いのお花が飾ってあります。
そう、お伺いさせていただいたのは、開店から4日後くらい。
まだ出来たてホヤホヤのお店です。

お店に入ると、店主が元気よく迎えてくださいますよ。

    IMG_7230

店内は、L字型のカウンター席で9席。

真ん中辺りに座らせていただき、メニューを確認します。

            IMG_0408

ラーメンは、あっさり味の「淡麗」と、コッテリ味の「濃厚」があり、
それぞれ醤油ラーメンと塩ラーメンから選ぶことが出来ます。

こんな感じで並んでいたら、ふつうは「淡麗醤油らーめん」を選ぶのでしょうか?

メニューには、そのお店の標準で、
イチオシの味を、一番最初に書くとも言われています。
(実際に、私にこちらのお店を教えて下さった方も、淡麗醤油らーめんを選んだのだとか)

でも、折角なので、人が考えないこと、
変わったことをやってみようと考える私は、
淡麗塩らーめんを、煮たまご付きでお願いしました。

ひとり、ふたりとお客さんが入ってきます。
みなさんの注文は、淡麗醤油らーめん。

やっぱり普通はそうするのか・・・
そう思いながらも、ちょっと特別なものを食べるようなワクワク感に満たされる。
何なんだろ、この期待感は^^;

そんなことを思っていると、
お願いした淡麗塩ラーメンが出来上がってきました。

          IMG_0406

真っ白で深めの器に入って登場。
先ずはスープからいただきましょう。

     (^^)(^^)

ほほぉ・・・
綺麗なスープですね。
旨味爆発!って感じではにのですが、ジワジワと効いてきます。

麺は細めのストレート麺。
これの食感も抜群に良く、スルスルと食べすすんでしまいます。

   IMG_0407

チャーシューは肩ロースと鶏チャーシューの2種類。
ヤングコーンに、刻みネギ、白髪ネギ、焦がしネギと、
紫キャベツスプラウトものっかっていて、食べ飽きすることがありません。


綺麗だけれど、旨味がいい感じのラーメンで、アッサリ完食。

こうなると、他のスープのラーメンも気になるわけで・・・。


はい、後日再訪問させていただきました。

今度こそは、淡麗醤油ラーメン?
いえいえ、そんなに素直じゃないかもしれません^^;

             IMG_0707

と言うわけで、こんどは濃厚塩らーめん。
具材の方は、淡麗塩らーめんと同じく、2種類のチャーシューと、
3種類のネギ、紫キャベツスプラウトに、ヤングコーンです。

これもスープからいただきます。

   おぉ、濃厚で美味い!

これはまるで、ポタージュスープのようではないですか。
濃厚だけれど、しつこくなく、旨味が口の中で弾けまくります。
これ、絶対にご飯が欲しくなるヤツですね。
そう言えば、〆めしと言うのがあって、こってりスープには、
チーズ〆めしも選択可能なのだとか。

          IMG_0712

麺もスープがよく絡み、本当においしい。

麺を食べ、チャーシュー、ヤングコーンなどの具材をいただき、
またスープを楽しむ。

     IMG_0714

このレベルになると、麺もスープも両方とも主役になるのですよね。
ラーメンって、麺料理か、それともスープ料理なのか?
また新たな疑問を抱えることになってしまいそうです^^;

こうなってくると、醤油らーめんも気になってくるわけで・・・。


           IMG_7208

はい、いただきました。
小豆島から直送される、醤油の旨味が効いて、
今日こそは全汁をやめようと思うものの、気がつけば器は空っぽに^^;
はい、罪なヤツです。

今回はこの辺りで・・・。
残るは濃厚醤油ラーメン。

あ・・・Twitterで告知して、限定の冷やしらーめんもやるって言ってたなぁ。
またまた、通ってしまいそうです(^^)






【ラーメンMARCO】
住 所:大阪市旭区清水1−18−15    MAP
電 話:
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜22:00
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らぬが仏とは言いますが、知らない方が幸せなことも確かにあります。思いやりのウソの真実。今から見る映画や推理小説の結末。インスタント食品のレシピ。彼女(彼氏)の携帯の中身^^;そして、手品の種と仕掛け。手品って、種も仕掛けも分からないから、ワクワクするし、驚 ...
続きを読む
知らぬが仏とは言いますが、
知らない方が幸せなことも確かにあります。


思いやりのウソの真実。
今から見る映画や推理小説の結末。
インスタント食品のレシピ。
彼女(彼氏)の携帯の中身^^;

そして、手品の種と仕掛け。

手品って、
種も仕掛けも分からないから、ワクワクするし、驚きもする。
そうは言っても、見破って売ろうと必死になる・・・・
けれども、何度見ても分からない^^;

        IMG_7077

ワクワクする手品を披露してくださる、
マジシャンの「刹那」さん。

そんな手品を目の前で見ることが出来るビアガーデンが、
大阪梅田に本日(7/6)オープンします。

お店の名前は、
“ROOF TOP BEER & GRILL G8“さん。

お初天神商店街のアーケードの中、
ニューミュンヘン本店の少し南、がんこ寿司さんの隣のお店はあります。
       
            IMG_6952

  IMG_6948

エレベータに乗って、屋上に上がると、目の前にビアガーデンが広がります。

           IMG_6954

この日は生憎の雨・・・・
でも、こちらのビアガーデンは全天候型だから安心。

   IMG_6956

            IMG_6958


こんな感じで、屋内の席もたくさんあるので、
天候を気にせずに楽しむことが出来ますよ。

せっかく予定していたのに、雨が降って中止・・・
それは悲しすぎますものね。

     生ビール

先ずは、ジョッキをもらって生ビールをいただきます。
こちらのサーバーは全自動なので、完璧に美味しいビールを、
失敗することなくいただくことが出来ますよ。

          バイキング

唐揚げ、ソーセージ、テリーヌ、鉄板ナポリタン、チーズ、
アヒージョ、点心、サラダ、パスタ・・・

  IMG_6962

そしてブイヤベースをいただくことも出来ます。
 
            IMG_6963

気になるものをいろいろ取って、
席に戻って先ずは乾杯!

     IMG_6980

いろんな美味しい料理と、
新鮮な冷たい生ビール!
最高です(^^)

ビールにあきたら、焼酎やワイン、カクテル・・・
あ、フローズンカクテルを作っていただくことも出来ますよ。
もちろん、基本の飲み放題料金に含まれれていますので、追加料金は不要です。

そして、こちらのお店のウリは、
各テーブルで焼きながらいただける、塊肉のBBQ。

          IMG_6988

こんな感じで、串に刺さった大きな肉を持ってきてくださいますよ。

値段は、肉の種類のよって変わり、

チキンBBQプラン:¥3,480〜
ポークBBQプラン:¥3,700〜
ラムBBQプラン :¥4,000〜。


各BBQが1グループ1つと、
ビュッフェの食べ放題、飲み放題が付いて時間無制限(閉店時間まで)。
これはかなりお得だと思いますよ!

塊肉が焼けたら、はさみを使って解体しましょう。

            IMG_7019
各テーブルには、こんな感じで、分かりやすく切り方が炊いてあるものがあるので、
ぜひチャレンジしてみてください!

          IMG_6984

焼き上がったら、好みでハーブソルトなどを付けていただきます。

そして、豚肉の塊肉はこんな感じ。

   IMG_6993

これがまた、大迫力!
これが目の前で焼けていくのですから、テンションも上がります。

      IMG_7004

             IMG_7012

だいたい焼けてきたら、串から外し、

     IMG_7028

はさみで切って言って、中の方まで火を通していきましょう。

          IMG_7033

そして、食べやすい大きさに切って、好みの焼き加減になったらいただきましょう。

    IMG_7039

これはかなり美味しいし、食べ応えがありますよ!


そして、塊肉だけではなく、歌手の方により生ステージもあって楽しい。

        IMG_7071
この日は、Ellieさんが来て、歌ってくれていました。
素敵な歌声に、惹きこまれますよ(^^)


そして、種も仕掛けもあるのに、
しっかり楽しめてしまうマジックもかなり魅力。

      IMG_7050

席のすぐ横に来て、披露してくださいますよ!


塊肉、音楽、マジック。
今までにない形の全天候型ビアガーデンです。
ぜひ体験しに行ってくださいね!










【ROOF TOP BEER & GRILL G8】
住 所:大阪市北区曽根崎2−8−15 K'sスクエアビル 4F(屋上)    MAP
電 話:06-6948-6842
営業時間:17:00〜23:00 
煙 草:分煙(喫煙ルームあり)
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加