美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2018年07月

いらしゃいませ、こんにちは!大ですか、小ですか?こちらででお召し上がりですか、お持ち帰りですか?これは、ファーストフード店でよく交わされる会話。「ポテト下さい!」に対して、このようなやりとりがされますよね。もしも、「ポテト下さい!」ではなく、「ト◯レ貸し ...
続きを読む
いらしゃいませ、こんにちは!
大ですか、小ですか?
こちらででお召し上がりですか、お持ち帰りですか?


これは、ファーストフード店でよく交わされる会話。

「ポテト下さい!」に対して、このようなやりとりがされますよね。

もしも、「ポテト下さい!」ではなく、
「ト◯レ貸してください。」を聞き間違えて、
同じようなやりとりがされたなら・・・・。


そんなパロディーがあったような、なかったような^^;

ところで、日本で使われる、「お持ち帰り」の意味に、
“テイクアウト”というのがありますが、外国に行って、
「テイクアウト」と言っても、通じなくて、

「TO GO」

と言わなくてはならないらしいですね。

日本でだけ通じる、「テイクアウト」。
日本だからこそ味わえる、カレーうどん・・・。
それも、この季節にピッタリの冷やしカレーうどん。


そんな冷やしカレーうどんが、
旭区のうどんのお店、“蔵十”さんで登場しています。

    IMG_6794

少し早めに時間に到着して、この日はテーブル席に座らせていただきます。

         IMG_6751

あ、ありました!
レギュラーメニューの冊子と一緒に、さりげなく置いてありますよ。
それにしても、“〆のかやくめし”とはまた・・・^^;

ちなみに、レギュラーメニューはこんな感じ。

    IMG_6790

          IMG_6791

  IMG_6792

ざるうどんや、生醤油うどん、ぶっかけうどんなどの冷たいメニューの他、
カレーうどん、釜揚げうどん、釜玉うどんも楽しむことが出来ます。

ディナータイムには、一品料理とお酒を楽しみ、
〆にうどんをいただくことも出来ますよ。

注文は予定通り、冷やしカレーうどん。
折角なので、“〆のかやくめし”付きでお願いしました。

        IMG_6752

この日は比較的ゆっくりのスタートなのか、カウンター席はゆっくりしていました。
ま、その分テーブル席はほぼ満席でしたが。

いつもはカウンター席に座るのですが、この日は息子と二人だったので、
テーブル席でゆっくりと。
大将との会話はこの位置からでしたらやりにくいのですが、
ランチタイムのピークで、ゆっくり話すことは出来ないから一緒ですね^^;

メインメニューとは別刷りのPOPのせいか、
冷やしカレーうどんを注文するお客さんが多いような気がします。

冷やしカレーうどん、何年か前も限定メニュー(確か、「冷カー」って名前だったような)
でいただき美味しかったのですが、今年のはどんなものなのか・・・。

そんなことを考えていると、2018年版、「冷やしカレーうどん」が
出来上がってきました。

          IMG_6754

おぉ、鮮やか!
先ず目を惹くのが、真ん中のトマトの赤と、オクラの緑。

   IMG_6756

映えますよね!
さらに、その下にある長いもの白の存在が、いい引き立て役をしている。

         IMG_6760

長芋の白の下には、艶々のうどんと特製カレーだし。
綺麗に整っているので、食べるために崩すのが惜しいほどです^^;

嬉しいことに、大人気トッピングの「鶏天」も鎮座。

    IMG_6762

食べ応えも充分そうですよ!

それでは早速いただきましょう、先ずは麺から・・・。

           IMG_6766

     (^^)(^^)(^^)

美味い!
いつ来ても、同じことを思うのですが、
今回も期待値を少しだけ超えて美味い!
よくお邪魔させていただくので、
こちらのお店のうどんの美味しさは把握しているつもりなのですが、
毎回その期待値を少しだけ超えてくるのは本当に楽しい(^^)
これだからやめられないのです。

そして、揚げたての鶏天もいただきます。

         IMG_6770

冷たいカレー出汁に、熱々の鶏天。
この組み合わせ、ちょっとクセになりそうですね。
蔵十さんの鶏天、ちゃんとした味が付いていて、そのままでも美味しいのですが、
カレーと合わせると、さらにいいですね(^^)
カレーうどんに、鶏天を2本、3本、4本と、
複数トッピングされる方もいらっしゃると聞きますが、その気持ちも分かります。

   IMG_6771

鶏天の陰に隠れて、分からなかったのですが、
なす天も凄く大きい!

これも、カレー出汁につけていただくと、やめられない美味しさです。

         IMG_6768

鶏天だけではなく、具材としての鶏肉も入っていてちょっと嬉しくなります。

そして何よりも味わって欲しいのが、カレー出汁の美味しさ。

    IMG_6773

今回のは、長芋が加わることによって、深い旨味を感じることが出来ます。
それを、トマトがサッパリとまとめてかなり美味しい。

以前からずっと思うのですが、本当にトマト使いが素晴らしい。
”注文して良かった!”
本気でそう思うことが出来ますよ。

そして面白かったのが、〆かやくめし。

「麺を食べ終わったら声かけてくださいね!」

そう言って出していただけるので、麺を食べ終わったらお店の方に、
「お願いします!」と声をかけましょう。

        IMG_6776

いつもより、少し小ぶりな茶碗に入って提供される、
「〆かやくめし」。
とは言っても、中身はいつものかやくご飯と一緒。

私は、蔵十さんのかやくご飯を、「世界一美味しいかやくご飯」だと思っています。
ですので・・・

             IMG_6781

思わず、そのまま食べちゃうんですよね^^;

はい、文句なしに美味しいです。
自制心を効かせないと、このまま全部食べちゃいそうです^^;

でもそれでは、お店からの提案が台無しになってしまうので、
残ったカレー出汁の中にかやくご飯をダイブさせます。

     IMG_6784

何となく、禁断の気持ち^^;

普通、カレーうどんのご飯と言えば、白ご飯。
通常のカレーうどん定食では、「かやくごはん」か「玉子かけご飯」を
選べるので、白ご飯も合うのは実証済み。
でも、そこをあえて「〆のかやくめし」という、メニュー名。
さて、何が起こるのか・・・。

            IMG_6787


          (^^)(^^)(^^)

え・・・うそ!
何ですか、この濃厚でありながらもアッサリとして、
1度食べると手が止まらなくなるものは。

カレー出汁の旨味と、かやくご飯の旨味、コクが合わさって、
めちゃくちゃ美味しい!
これはアリ!
本当に大アリ!!

一気に完食してしまいました。

この夏限定、蔵十冷やしカレーうどん2018。
ぜひ食べに行ってください。
そして、未体験の美味しさを堪能してくださいね!











【うどん 蔵十】
住 所:大阪市旭区中宮1−12−18    MAP
電 話:06-6957-9010
営業時間:11:00〜14:30  18:00〜20:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・スイッチ1つで快適、「エアコン」。シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」。暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・いえいえ、それももちろん大事なのですが、昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。 ...
続きを読む
これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・

スイッチ1つで快適、「エアコン」
シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」
暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・

いえいえ、それももちろん大事なのですが、
昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。

【そうめん】
暑い夏のお昼ご飯はこれが最高。
出汁も予め作って冷やしておき、麺は茹でて氷水でキリッとしめる。
限定していた食欲が蘇ります。

【すいか】
早いものは6月位から出回りますが、やはり旬を迎えた夏、
値段も落ち着いてきた頃のものが美味しいですね。
美味しく、喉の渇きも解消できて、一石二鳥の優れもの。

【かき氷】
ダイレクトに冷たい。
体の芯から冷やしてくれる、本当に頼もしいヤツ。
イチゴ、メロン、レモン、抹茶、みぞれ・・・。


あ・・・
アイスクリームもいいですよね〜

そうそう、アイスクリームと言えば、今年の最初にお邪魔させていただいた、
“完熟いちご菓子研究所”さんが、
完熟いちごをタップリと使った、
いちごのジェラートを発売されたようで、早速いただきました。

         IMG_6520

完熟 いちごジェラートは、
「Mochi Strawberry(もちストロベリー)」、
「Strawberry cheese cake(ストロベリーチーズケーキ)」、
「Premium  strawberry(プレミアムストロベリー)」の3種類。

先ずは、もちストロベリー。

               IMG_6849

こんな感じのパッケージに入って届きます。
 
        IMG_6524

ミニカップの蓋を開けると、完熟いちごジェラートの上に、お餅がのっかっています。

このままでは、よく分からないので、
ガラスの器に移してみることに・・・。


        IMG_6548

見ているだけでも、大真面目に作られているのが分かりますよね。
もちの部分は、半分にカットしてのっけてみました。

      IMG_6579

おもちの中には、白あんにいちごソースを加えたものがタップリ入っています。
冷たくモチモチした食感がクセになりそうですよ。

             IMG_6574

ジェラートの部分は、フレッシュな完熟いちごの美味しさがタップリ。
口の中で溶ける食感も素晴らしいです。

こんな感じで、器に盛り付けると、見た目にも楽しめるのですが、
この季節、油断するとすぐに溶けてしまいますよね・・・。

と言うわけで、カップのままでもいただいてみました。

         IMG_6844

次は、ストロベリーチーズケーキを。

      IMG_6817

中には、ベイクドチーズケーキがタップリと入って、
いちごとチーズケーキのマリアージュを楽しむことが出来ますよ。

そして、いちごの風味を思う存分楽しみたい方には、
プレミアムストロベリー。

            IMG_6847

蓋を開けた瞬間に、いちごがお出迎え。

     IMG_6821

いちごがここに丸ごと入っているわけではないのですが、
いちごの果肉はタップリと入っていますよ。

            IMG_6831

 IMG_6825

カップ一杯、思う存分にいちごの美味しさと香りを楽しむことが出来ます。

こちらのジェラートに使われているいちごはすべて、
完熟いちご菓子研究所さんに併設されているいちごのハウスで収穫されたもの。


       IMG_7683


           IMG_7692


    IMG_7686


今の季節にピッタリのスイーツだと思います。

完熟いちごジェラートは、
こちらのHPから購入することが出来ますよ。

自分へのご褒美、
帰省の際のお土産、
友達とのホームパーティにもって行っても、確実に喜ばれると思いますよ。

ぜひ注文して、味わってみてくださいね。 







【完熟いちご菓子研究所】
住 所:兵庫県養父市八鹿町八鹿1500    MAP
電 話:079-662-2261
営業時間:8:00〜19:00
煙 草:
定休日:無休(元旦のみ休業)
駐車場:あり

完熟いちごジェラートのHPはコチラ
お店のHPはコチラ
谷常製菓のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏に食べたいものは、冷たい料理、それとも辛い料理?これはちょっと迷います^^;夏こそカレー!しかも、激辛。いつもよりも辛いカレーを食べて汗をかき、その後クールダウンして、涼しく感じる。それも魅力的なのですが、あまりにも暑いとそれ以上汗をかきたくないですよね^^ ...
続きを読む
夏に食べたいものは、冷たい料理、それとも辛い料理?

これはちょっと迷います^^;

夏こそカレー!
しかも、激辛

いつもよりも辛いカレーを食べて汗をかき、
その後クールダウンして、涼しく感じる。

それも魅力的なのですが、
あまりにも暑いとそれ以上汗をかきたくないですよね^^;

そんなときはやはり、冷やし系。
今では、冷やしカレーなるメニューも、あったりするから気になりますよね。

ざるそば、冷やしうどん、そうめん・・・。
やっぱり麺類に目が行きますよね?

そう言えば、冷やし中華って最近食べてないなぁ・・・。
まんが「美味しんぼ」の中で、海原遊山に「あんなものは・・・」
と言われながら、至高と究極の冷やし中華まで登場したアレです。

そんな冷やし中華のように、
こだわり抜いた冷やし中華がいただけるとの情報を聞き、
今福鶴見の“カドヤ食堂 今福鶴見店”に行ってきました。

            IMG_6335

今福鶴見と言えば、カドヤ食堂さん発祥の地なのですが、
元々の場所ではなく、今福鶴見駅から大通り沿いを東へ歩いて、
2分くらいの場所にお店はあります。

店内に入り、カウンター席の真ん中辺りに座らせていただき、
メニューを確認します。

        IMG_6315
文句なしに美味しい中華そば、すごく気になるカレー中華そば、
そう言えば、こちらの味噌ラーメンって食べたことなかったなぁ・・・・

あれ、冷やし中華は??

            IMG_6316

あ、ありました。
壁にPOPが貼ってありますね^^;

予定通り、冷やし中華を注文させていただきます。

店内は、厨房を囲むように、L字型のカウンター席が9席。
11:00が開店時間で、11:30過ぎで半分くらいの席が埋まっていましたが、
私が入店してから次々とお客さんが入って、まもなく満席。
人気ですね。

他のお客さんの注文は、やはり中華そばが多いでしょうか?
つけそばの大盛、特盛を注文してる方もいらっしゃいますね。

「豚足もお願いします!」

と、お隣のお客さん。
それ、美味しい! 正解ですよ(^^)
と、心の中でおもったりしてみます。

麺の茹で時間の調整はやっておりません

お店側が一番美味しい状態で提供する。
これ、正解ですよね!

そんなことを考えながら、店内の様子を楽しんでいると、
お願いした冷やし中華が出来上がってきました。

            IMG_6322


カラフルな冷やし中華が、昭和の定番とすれば、
これはどちらかというとシンプル。

麺の上にタップリのチャーシューと、キュウリと海苔。
それでも、食欲をグングンと増幅させるルックスを持つのは見事!

   IMG_6321

その中でも、ひときわ存在感を放つ麺は、北海道産の小麦を使い、
本店で製麺したものを使っているのだとか。

         IMG_6323

そして、黒豚の焼き豚がタップリ。
何と、100gも入っているので、食べ応えも充分ですよね(^^)

それでは早速いただいてみましょう。
先ずは麺から・・・。

           IMG_6326

    (^^)(^^)(^^)

素晴らしい!
美味すぎるわ、これ。
食感、香り、味わい、余韻。
その全てが高次元で融合されていますよ!

そして、チャーシューもいただきます。

    IMG_6329

        (^^)(^^)(^^)

柔らかくて美味しい!
このレベルのチャーシューがタップリのっかってくるのが、
カドヤ食堂さんの粋なところ。
何となく乗っかってるのではなく、キッチリとしているのです。

キッチリと言えば、このキュウリもいい仕事してます。


         IMG_6331

フレッシュさを演出するのはもちろん、上に乗っかってるラー油が凄い。
冷やし中華に混ぜていただくと、ものすごく味が引き締まるのです。

それぞれの味わいを個別に楽しみながら、
いろんな組み合わせによる味の変化も堪能する。

    IMG_6333

後半は、全てを混ぜて思いっきり楽しみましょう。
そんな感じで、あっという間に完食。
あまりにも美味しかったので、タレも全て残さずにいただきました。

冷やし中華が1,000円と言うと、高く感じるかもしれませんが、
1度食べてみてください。
そうすれば、この冷やし中華の値段設定が、
凄く良心的なのを感じていただくことが出来ると思います。

今福鶴見店限定の冷やし中華、
これは確実にリピートさせていただきます。






【カドヤ食堂 今福鶴見店】
住 所:大阪市鶴見区鶴見4−11−75    MAP
電 話:06-6912-4374
営業時間:11:00〜15:00  18:00〜22:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加