美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2018年10月

炭水化物✕炭水化物の組み合わせで、人気なのはやはりラーメンライスでしょうか?ラーメンにご飯を添える、ラーメンライス。中には、キムチが食べ放題のお店もあるから、頼もしいものです。ラーメンだけでは、お腹が一杯にならない、食べ盛りの方や、力仕事をする人には、嬉 ...
続きを読む
炭水化物✕炭水化物の組み合わせで、人気なのはやはりラーメンライスでしょうか?

ラーメンにご飯を添える、ラーメンライス。
中には、キムチが食べ放題のお店もあるから、頼もしいものです。

ラーメンだけでは、お腹が一杯にならない、食べ盛りの方や、
力仕事をする人には、嬉しい組み合わせですね。

わざわざご飯をつけなくても、大盛りを頼めばいいのに・・・

そんな声もありそうですが、大盛りラーメンではなく、
ラーメンライスだからこそ、出来る楽しみもあるようです。

スープを飲み、麺を食べて、そこにすかさずライスをかきこむ。
そのままスープを飲み、今度はチャーシュを食べ、ライスをかきこむ。
海苔をスープに浸し、それでライスを巻いていただく。
麺を全部食べたなら、残ったスープにライスをダイブさせ、雑炊のようにいただく。


こんなシナリオもあるようですね。

はて・・・
ラーメンライスは一般的なのに、なんでお好み焼き定食はダメなんだろうか^^;


そんな事を考えながら、やってきたのがこちらのお店。

         IMG_6577

この日は、京都の百万遍の交差点のスグ近くにあるお店、
”総代麺家あくた川”さんにお邪魔させていただきました。

お店に到着した時間は、夜の8:30頃。
でも、お店の前には行列が出来ているのです。

え・・・そんなに人気なの?

そう思いながら、私たちも列に加わります。

待つこと10分ほど、順番が来たので店内に入り、券売機で食券を購入。

        IMG_6571

ラーメンは、並・中・大の三種類。
そこに、味付け玉子、海苔、ちゃーしゅー、ほうれん草、キャベツなど、
好みの具材をトッピングしていきます。

驚くべきポイントは、50円出せば、ごはんがおかわり無料!
これは、学生さんは喜びますよね。

購入のは、並らーめんに海苔のトッピング。
未だに、ラーメンの海苔に関しては、扱い方がよくわからないのですが、
あえてチャレンジしてみることにします。


食券を購入してしばらくすると、お店の方が食券を受け取りに来てくださいます。

         IMG_6572

「麺の硬さ等、どうしましょうか?」

これも、家系ラーメンのお約束。
麺の硬さ、あぶらの量、味の濃さを選ぶことが出来ます。

私は麺硬めで、後は普通をお願いしました。

席が空き、テーブル席に案内していただきます。

店内は、厨房の前にカウンター席が4〜5席。
そして、6人が座れるテーブル席が4卓あります。
 
    IMG_6575

なるほど、店内は京都大学の学生さんでしょうか?
若い方たちで賑わっていますよ。
そして驚くことに、ほぼ全員が「ごはん」を注文しているのです。

ごはんは、最初の1杯が真ん中に肉が乗っかった、魯肉飯のようになっています。
学生さん(と思われる方々)は、ラーメンが来る前に、まずそのごはん(魯肉飯)を食べ、
ラーメンが到着すると同時に、ごはんのおかわりをしているのです。

こりゃぁ、みんな注文するわな・・・・
同行していただいた方と、そう話します^^;

        IMG_6574

「白帯」と書かれたところに、何人かの方の名前があります。

「これは、常連さんのお名前ですか?」
と聞くと、
「はい、そうなんですが、ただ単に回数来たと言うだけじゃないんですよ。」
とのこと。

白帯の上に、紫帯茶帯、黒帯、師範代とあり、
お店に通い、何かをクリアすればステージが上がっていくのでしょうね。
こういう仕掛けも面白いですね。

そんなふうに話していると、私たちが注文したラーメンも出来上がってきました。

           IMG_4281

濃厚な豚骨醤油スープに海苔とほうれん草にチャーシュー。
これぞ、家系ラーメンといった感じですね。


まずはスープをいただきます。
    IMG_4287

おぉ、これこれ(^^)
濃厚な旨味がたまりませんね。

そして、麺もいただきましょう。
 
         IMG_4289

うん、いい硬さで美味しい!
中太の縮れ麺がスープに良く絡んで美味しいですね(^^)

   IMG_4297

チャーシューも、厚切りながら、柔らかくて美味しい。
トッピングでチャーシューを加えたら、どのくらいのボリュームになるのだろうか。

ここで、ほうれん草をいただき、口の中をリセット。

         IMG_4296

これ、いい仕事してますよね(^^)

さて・・・この大量の海苔をどうやっつけてやろうか・・・。

      IMG_4285

1,2,3,4・・・7枚ものっかっちゃってますよ^^;
スープに浸して、

       IMG_4300

ごはんを巻いて・・・
って、ごはん、注文してません^^;

では、そのままいただきましょう。
あ、結構美味しい!
でも、なんだか違うような気がする^^;

では、こうやってみようかな・・・

         IMG_4301

麺とほうれん草を巻いて食べてみます。

これはこれで、美味しいのですが、なんだかちょっと違う。
やはり、ごはんと一緒に食べるのが正解のようですね!
(このあと、大量の海苔と戦うことになったのでありました^^;)

      IMG_4303

味変用に、コチュジャンとにんにく、
ブラックペッパーにお酢が用意されています。

先ずは、ブラックペッパーで味を引き締めてみます。

   IMG_4304

うん、これは美味しい!
にんにくも入れれば美味しいのでしょうが、次の日の予定を相談しながら・・・。

〆にはお酢を入れて、さっぱりといただきましょう。

           IMG_4305

入れる量に注意!
ではありますが、さっぱりとして美味しいですよ。

総代麺家あくた川さん、
美味しいラーメンと、いろんな仕掛け、そして確実に満腹になれるシステムで、
遅い時間でも、行列が絶えないほどに大人気です。
今度は是非、おかわり自由のごはんも一緒にいただきたいとおもいます。

          




【総代 麺家あくた川】
住 所:京都市左京区田中門前町73    MAP
電 話:075-721-7797
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜21:00
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterkはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

秋は収穫祭!いろんな美味しいものがどんどん市場に出てきますよね。柿、栗、梨、さつまいも、秋刀魚、新米・・・。そう言えば、新酒のボージョレー・ヌーヴォーも11月に解禁になりますよね。でも、新酒といえばワインだけではないんです。お隣の国、韓国のマッコリも、10月 ...
続きを読む
秋は収穫祭!

いろんな美味しいものがどんどん市場に出てきますよね。

柿、栗、梨、さつまいも、秋刀魚、新米・・・。

そう言えば、新酒のボージョレー・ヌーヴォーも11月に解禁になりますよね。

でも、新酒といえばワインだけではないんです。

お隣の国、韓国のマッコリも、10月の最終木曜日が解禁日。
10月最終木曜日はマッコリの日!
だそうですよ。


マッコリの場合は、ヌーヴォーではなく、新米マッコリと呼ぶそうです。

そんな新米マッコリの解禁イベントにお邪魔させていただきました。

        IMG_6599

お伺いさせていただいたのは、心斎橋にある韓国料理のお店、
”DANMI RED”さん。

こちらのお店で開催された、
「新米マッコリ解禁パーティ 
         マッコリ de NIGHT」

に参加させていただきました。

※こちらの公式HPにも、新米マッコリのことが詳しく書かれていますよ!

会場内は、新米マッコリの解禁を祝う雰囲気賑やか。

        IMG_6601

いろんな種類のマッコリが用意されています。

     

マッコリの歌も流れてお祝いムード満点です。

       IMG_4411

好きなマッコリを手にとって、
みんなで乾杯!

       IMG_4423

そして、美味しい韓国料理もたくさん用意されています。

   IMG_4399

辛さがクセになる、トッポギ。

         IMG_4416

濃厚なチーズとみんな大好きダッカルビの出会い、チーズダッカルビ。

その他にも、色んな料理が並びます。

      IMG_4442

それにしても、こちらのお店、”DANMI RED”さんの料理、美味しいですね!

              IMG_4455


いろんな種類のマッコリを楽しめて、マッコリの種類の多さにも感動。

    IMG_4448

この季節にピッタリの、栗のマッコリもありますよ。

もちろん、これもいただきましょう。

         IMG_4422


栗、オレンジなどのバリエーションも豊富。
そして、マッコリってカクテルにしても楽しめるみたいですよ!

       IMG_4387


ビールを飲むような感覚で楽しめるマッコリ、
是非この機会にいろんなマッコリを楽しんでみては如何でしょうか?

韓国料理はもちろん、
いろんな料理に合わせて、楽しんで下さいね!


もっと詳しく新米マッコリを知りたい、
ぜひ実際に飲んでみたい方は、
新米マッコリの公式HPをぜひご覧くださいね!




Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも何気なく通っている交差点。よく見ると、大阪市内なのに、江戸とか、肥後とか、土佐とか・・・。大阪市内には、そんな地名が多く見られますよね?肥後橋には昔、肥後熊本藩の蔵屋敷があったり、土佐堀には、土佐の商人が多く集まっていたとかの由来があるようです。大 ...
続きを読む
いつも何気なく通っている交差点。
よく見ると、大阪市内なのに、江戸とか、肥後とか、土佐とか・・・。

大阪市内には、そんな地名が多く見られますよね?

肥後橋には昔、肥後熊本藩の蔵屋敷があったり、
土佐堀には、土佐の商人が多く集まっていたとかの由来があるようです。


大阪市内には、他にもそんな由来がありそうな地名がいくつかあります。


安土町、備後町、淡路町、伏見町・・・。

先日は、そんな中の1つ、備後町にあるラム肉の美味しいお店に行ってきました。

            IMG_6580

お伺いさせていただいたのは、”ラム肉家muu”さん。

堺筋本町の駅から歩いて5分位のところにお店はあります。

       IMG_6585

こちらのお店では、焼肉スタイルで柔らかく新鮮なラム肉を楽しめるそうです。

   IMG_6589

          IMG_6588

店内は、おひとりさまや、二人で楽しめるカウンター席と、
グループでも楽しめるテーブル席があります。

この日はテーブル席に案内していただきました。

     IMG_4384

先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレミアムモルツ香るエールを楽しむことが出来ますよ。

グビッと生ビールを楽しみながら、メニューを拝見・・・。

   IMG_6591

基本セットは、生ラム肉と玉ねぎとカラフルトマトが付いてきます。
生ラム肉は、塩かタレを選べるので、お好みの方を選びましょう!
あ・・・お代わりして両方楽しむっていうのもアリですね(^^)

           IMG_6595
飲み物はこんな感じ。
普通のサワーの他に、ラムサワーも楽しむことが出来ますよ。

  IMG_6597

ワインもいろいろ揃っていて、肉とワインのマリアージュを楽しむことも。
さ、いろいろお願いして楽しみましょう!

          IMG_4310

先ずは塩焼きでさっぱりと。

   IMG_4329

ちょっとくらいレアでも大丈夫なので、焼きすぎないように気をつけて・・・
あ、もう食べ頃かな?

           IMG_4338

では早速いただきます。

       (^^)(^^)(^^)

わ、本当に美味しい!
大阪でも、このレベルのラム肉をいただけるお店が出来たのは、本当に嬉しいですね。
あっさりして旨みたっぷり。
いくらでも食べられそうです。

そう言えば、ラム肉って体にも優しいらしい・・・。

        IMG_6593

体に吸収されにくい脂肪、淡路島産玉ねぎで血液サラサラ。
またまた、美味いこと言っちゃってぇ^^;
とは言いながらも、しっかりノセられちゃいます(^^)

    IMG_4320

というわけで、今度はタレ焼きもお願いしちゃいました。

これも、焼きすぎないように気をつけて、
頃合いになれば、特製のタレにつけていただきましょう。

           IMG_4333

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これも美味い!

どんどんおかわりしちゃいそうですよよ、肉も生ビールも(^^)

焼肉だけではなく、こんなメニューもあったので、お願いしました。
  
         IMG_4343

こちらは、ラムポン。
さっぱりと口直しにも最適ですよ〜
パクチーと一緒に食べても美味しい。

       IMG_4365

そして、アボカドチャンジャ。
チャンジャとアボカドのまったりした感じがよく合います。
これは面白い!

          IMG_4377

そして、北海道の人が好きな固い「鮭とば」
ネーミングにつられて注文しましたが、これがなかなかいい感じ(^^)
ちょっと炙っても美味しいですよ!

     IMG_4345

ラム焼肉のお供にお願いした、チーズはこんな感じ。
これも、焼台に乗っけてチーズをとろけさせて、

            IMG_4354

こんな感じでラム肉のチーズフォンデュを楽しんじゃいましょう。

焼台の上に乗っけると言えば、こんな感じでラムのアヒージョ、
ラムージョも楽しめちゃいますよ!

    IMG_4383


そうそう、ラム肉と言えば、やはりこれも楽しまないと・・・。

    IMG_4358

大きなラムチョップ。
これも、焼き網の上にのっけて、焼いちゃいます。

              IMG_4374

厚みがあるので、ちょっとだけじっくりと焼きます。

     IMG_4368

焼けるのを待つ間、国産クラフトジンの「六」をいただきます。
これ、美味しいんですよ(^^)

いい感じに焼きがあったので、豪快に手で持っていただきましょう。

        IMG_4372

      (^^)(^^)(^^)

柔らかくて美味しい!

そんな感じで、ラム肉をしっかり堪能できます。
ここの肉、本当に美味しかったです。

週初め、美味しいラム肉でも食べて、今週も頑張りましょうね!








【ラム肉家 muu】
住 所:大阪市大阪市中央区備後町1-1-9    MAP
電 話:06-6229-5529
営業時間:17:30〜23:00(L.O.22:00)  
煙 草:分煙(電子タバコのみOK)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな雑踏に中でも、自分の名前を呼ばれたら、反応してしまう。たしかにそんな経験、ありますよね。ザワザワしている中、なんとなく呼ばれた気がする、病院の待合でも、自分が呼ばれると反応してしまうのはそのせいなのでしょうか?それと同じような現象が、街なかにもある ...
続きを読む
どんな雑踏に中でも、自分の名前を呼ばれたら、反応してしまう。


たしかにそんな経験、ありますよね。
ザワザワしている中、なんとなく呼ばれた気がする、
病院の待合でも、自分が呼ばれると反応してしまうのはそのせいなのでしょうか?

それと同じような現象が、街なかにもあるのですよね。

お店の看板を見ていて、自分の名前や苗字と同じものがあれば、
ついつい二度見してしまうことがあります。

同じでなくても、似たようなものでも反応してしまう。

「おおき」と「あおき」
「大木」と「大本」
「古田」と「吉田」・・・


実は、こちらのお店の前を、車で通り過ぎたときも、
私は反応してしまったのです。

          IMG_6547


実は、私の本名と似てるんですよね^^;

この日は、そんな”かれー屋ひろし”さんにお邪魔させていただきました。

お店は、JR嵯峨野線の円町駅から歩いて7〜8分のところにあります。

お店に到着したのが、12:30頃。
店内には、すでに5人位のお客さんが座っていらっしゃいます。
私もカウンター席に座らせていただきます。

お店は、店主と思われる男性の方と、女性の方二人で切り盛りされています。

「カレーの写真とか、撮らせていただいてもよろしいでしょうか?」
「あ、どうぞ!」


快諾していただきました(^^)

先ずは、メニューを確認します。

    IMG_6543
 
         IMG_6541

カレーは、
チキン、野菜、エビとアサリ、納豆、スペシャルから選び、
辛さ、ライスの量、トッピングと選んでいきます。

メニューには、番号も書いてあります。
どんな順番で注文すればいいのかがわかりますね。

   IMG_6542

10月限定のスープカレーは、豚しゃぶ・・・・
あ、これは土日限定ですね^^;

この日の注文は、チキンのスープカレー、7辛、ごはんは普通、
そして、納豆のトッピングをお願いしました。

スープカレーに納豆、これが意外と美味しいのですよ!

注文が入ると、スープカレーを作り始めていただきます。

私が座った後からも、地元の方と思われるお客さんが次々と入ってきます。

若い方から、年配の方まで、本当に客層はいろいろ。
人気ですね。

             IMG_6544

カウンターの上には、限定メニューとオススメのトッピングが書いてあります。
ここに、季節ごとのオススメが入るのでしょうね。

カレーが出来上がるまでの間、再びメニューに目を落とします。

   IMG_6541

チキンのスープカレーはどこにでもありますが、
ここにメインで納豆のスープカレーが乗るのは珍しい。

トッピングにあおさ海苔もあったのか・・・。
それもイッとけばよかったなぁ。

そんな感じのことを考えて待っていると、
お願いしたスープカレーが出来上がってきましたよ。

             IMG_4204

鉢の中に入った、タップリのスープカレーには、
骨付きチキンレッグがまるごと1本と、ゴロゴロ野菜。
いい感じですね!

それでは早速いただきましょう、まずはスープから・・・。

        IMG_4207

        (^^)(^^)(^^)

美味しい!
最初に甘みを感じ、後からスパイスの香り、
辛さが通り過ぎて旨味が口の中に広がります。

そして、こちらのお店の納豆は、ひきわり納豆。
しかも、嬉しいことにたっぷりと入っていますよ!

       IMG_4208

ご飯は、お皿ではなく、お茶碗に入って提供されます。
結構しっかりと盛っていただいてますね(^^)

   IMG_4209

スプーンですくい、スープカレーの中に浸していただきます。

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
納豆たっぷりで、ご飯との相性もバッチリ。
これは止まらなくなりそうです。
          
          IMG_4211

チキンは、スプーンで簡単にほぐれるほどに柔らかい。
これが大好きで、スープカレーをいただく時は、チキンを注文することが多いのです。

チキン、ごはん、スープカレー、ごはん、やさい、ごはん・・・
その全てに納豆も絡んでくるから本当に嬉しい。

    IMG_4214

スープが美味しいから、バランスを忘れて、ついつい飲みすぎてしまいましたが、
最後はここに、ごはんをダイブさせて、楽しみましょう。

食後に少し、お店のお二人とお話させていただきました。

私が札幌でスープカレーを食べたとき、納豆のトッピングが気に入って、
それからずっとスープカレーには納豆を入れることを話すと、
お二人とも納豆を入れるのがお好きだとのこと。

「50円高くなってしまうのですが、納豆スープカレーに、
チキンレッグをトッピングで加えたほうが、納豆感がより増しますよ!」


とのこと。

それ、次回に必ず実践させていただきたいと思います。

美味しいスープカレーと、店主のお話、店員の女性の笑顔に癒やされます。
京都市内中心部からは少し離れますが、是非とも足をのばしてみて下さい。
オススメします(^^)










【かれー屋ひろし】
住 所:京都市中京区西ノ京御輿岡町27-7    MAP
電 話:090-8387-9845
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:禁煙 (軒先に喫煙スペースあり)
定休日:火・水
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーガーを食べると、必ずと行っていいほど付いてくる、フライドポテト。世界的チェーンのハンバーガー店で、ハンバーガーだけを注文すると、「ご一緒にポテトもいかがですか?」と、薦められるのは有名な話^^;でも、アメリカでは”フライドポテト”と言っても、通じにく ...
続きを読む
ハンバーガーを食べると、必ずと行っていいほど付いてくる、フライドポテト。

世界的チェーンのハンバーガー店で、ハンバーガーだけを注文すると、
「ご一緒にポテトもいかがですか?」と、薦められるのは有名な話^^;

でも、アメリカでは”フライドポテト”と言っても、通じにくいらしい・・・。

アメリカでは、”フライ”または、”フレンチフライ”というのが正しいのだとか。

アメリカなのに、なんで”フレンチ”なのか?
確か、フランス語でポテトフライは、「ポム フリット(Pommes Frite)」

その由来は諸説あるようですが・・・

18世紀後半、フランス国境に近いベルギーを旅していたアメリカ人が、
旅行中にフライドポテトを食べて、すごく気に入り、
そのレシピをアメリカに持って帰り、
「フランス風ポテト」というメニューで出したのがきっかけなのだとか・・・。


そんなフライドポテト、が代名詞とも言われているアメリカ料理ですが、
実はもっと奥が深かったのです。

この日は、京都百万遍にあるアメリカ料理とクラフトビールが美味しいお店、
”ASH FORK (アッシュフォーク)さんにお邪魔させていただきました。

            IMG_6549

出町柳駅から歩いて7〜8分、
京都大学のある百万遍の交差点から2〜3分のところにお店はあります。

    IMG_6551

食堂。
その文字から期待させられるのは、空腹を満たせる! そんな暗黙の了解。
こちらのお店では、アメリカの美味いものとクラフトビールを楽しむことが出来ますよ。

         

今流行りのこの曲が流れてくる・・・
わけではなく、店内では古き良きアメリカが再現されていますよ。


    IMG_6552

どちらかと言うと、バック・トゥ・ザ・フューチャーの世界。
この日も、店内のモニターでは、
マーティーとビフが繰り広げる世界が映し出されていましたよ。   

          IMG_6558

こんな感じで、店内はリアルアメリカ、
アメリカのカフェの雰囲気が満タン!
そこにいるだけでワクワクした気持ちになってくるから不思議です。

      IMG_6557

テーブル席に座り、メニューを確認させていただきます。

   menu1

        menu2

  menu3

ハンバーガーはもちろん、ガーリックシュリンプ、スペアリブ、ピッツァ、
ロコモコなどのライスプレートも充実。

      IMG_6569

それにこの宴会プランはビックリした!
タップリ食べられるハングリーコースでさえ、飲み放題付きで3,000円って凄いですよね。

ロコモコに、オムライスに、ケンタッキーチキンボウルで満腹確約!
なのですが、今日はビールと一緒に
いろんな料理を楽しませていただくことにしましょう。

          IMG_4228

先ずは、ハートランドの生ビールで乾杯!
このビール、大好きなんですよね(^^)

冷たいビールには、何を合わせるか・・・
あ、これなんか良さそう。

      IMG_4232

そんな感じで選んだのは、オイルサーディンサルサソース。
旨みたっぷりのオイルサーディンに、タップリとサルサソース。
ちょっぴりのピリ辛と、オイルサーディンが本当によくあって美味しいですよ。

そして、ホタテのテキーラ蒸し。

         IMG_4236

ワイン蒸しとか、酒蒸しって食べたことがありますが、
テキーラ蒸しは初めてです。
もっと酒々しているのかと思いましたが、以外にもあっさり。
でも、食べていると、後口にちょっとテキーラを感じることが出来ますよ(^^)

これはアメリカ料理というよりも、イギリス料理なのでしょうが・・・

     IMG_4245


フィッシュアンドチップスです。
でも、イギリスのそれとは、ちょっと雰囲気が違いますよね。
食べてみると、柔らかくて美味しいですよ!
そのままでも十分に美味しいのですが、一緒についてくるタルタルソースをかけると、
更に深みが増しますね。

          IMG_4223

思わず、ビールをお願いしました。
今度は、フィリピンのビール、サンミゲル。
現地っぽく、ボトルのままでいただきます。
このワイルドさが逆に新鮮ですよ〜!

お店の方に、オススメを聞くと、
「スペアリブは是非!」とのこと。

      IMG_4247

ドーンと盛られたスペアリブ。
これは、たしかに美味しそう。
そして、すごくいい香りですよ(^^)

         IMG_4258

デカイですよね〜
えっと、ナイフとフォーク・・・・
え〜い、豪快に手で持って、齧りついちゃえ!

      (^^)(^^)(^^)

う、美味い!
肉は柔らかく、なんと言ってもタレが美味い(^^)
これ、テイクアウトで持って帰ったら、確実に家での株価、上がりますよ〜!

スペアリブで、しっかり肉モードになったら、
どんどん突き進め〜!


          IMG_4269

と、いうわけで、
チーズ、エッグ、オニオン、アボカドが入った、パワフルなハンバーガー、
ALL AMERICAN BURGERもいただきましょう。
このままじゃ、当然口に入りきらないので、
”ギュッ”っと、押さえて口に入る厚さにして、後が豪快にかぶりつきましょう。

      (^^)(^^)(^^)

だた、大きいだけでなく、しっかり美味しい。
バンズ、チーズ、肉。
それらが一体になって絶妙なバランスを組み上げている。
これ、1,000円しないのって、奇跡的に安いと思いますよ!

店主が昔、過ごしていたアメリカ、アリゾナ州のASH FORK。
その雰囲気を再現したレストラン、アッシュフォークさん。

アメリカ料理って、ジャンキーでボリュームだけじゃないの?
そう思われている方にこそ、行っていただきたいお店です。
美味しいですよ! ぜひ立ち寄ってみて下さいね。









【ASH FORK(アッシュフォーク)】
住 所:京都市左京区田中門前町60    MAP
電 話:075-723-7320
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:30) 18:00〜翌1:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

建設機械のパワーショベル、ユンボって言われることもあるやつ、あれを操る人って凄いですよね。両手両足を器用に使って、大きくパワフルな動きから、細かくデリケートな動きまで自在に操る。テレビの番組で、パワーショベルを使って、生卵に小さな穴を開けるっていうのを見 ...
続きを読む
建設機械のパワーショベル、ユンボって言われることもあるやつ、
あれを操る人って凄いですよね。

両手両足を器用に使って、大きくパワフルな動きから、
細かくデリケートな動きまで自在に操る。

テレビの番組で、パワーショベルを使って、
生卵に小さな穴を開けるっていうのを見ましたが、凄いですよね!
どうして、ああまでもバラバラに、手足を動かせるのかって思ってしまいます。

一緒にしたら怒られそうですが、足が8本のタコや、
足が10本もあるイカもそれらをバラバラに動かせるのですから、ある意味凄いのかも^^;

ま、そんな事考えずに、新鮮なイカやタコ、
炭火でさっと炙って食べるのが美味しいですね(^^)

炭火で新鮮な魚を炙って朝ごはん。
この日は、そんなお店に行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、北海道釧路にある、”鮭番屋”さん。
釧路駅の方から、車を5分ほど走らせば到着します。

         IMG_6381

駐車場に車を止め、入り口に・・・
あれ、ここじゃないな。

   IMG_3211

店内へは、こちらの建物の方から入ります。

         IMG_3210

建物の中に入ると、いろんな魚や干物が並ぶのが見えますよ。

     IMG_3153

      食材を選ぼう!

まずはここで、トレーをもらって、食べたい食材を選びます。

          IMG_3151

ホッケ、鮭、ハラス、鰊、秋刀魚、イワシ、ししゃも、イカ・・・。

   IMG_3149

牡蠣やホタテはこちらに新鮮なものがあります。
季節によっては、蟹が並ぶこともあるようですね。
そうなるともう、朝ごはんではなく宴会モードのなっちゃいそうですね^^;

好きな食材をトレーに乗っけて、最後はレジへ。
なんだか手作りのパン屋さんみたいです(^^)

      IMG_3155

いくら丼や鮭の親子丼、うに丼(値段、本気ですよね! これなら、味わいも本気なはず。)
いろんな海鮮丼も他で食べるよりも、確実にリーズナブル。
でも今日は、炭火焼きとご飯で攻めたいと思います。

     IMG_3154

ご飯は、大・中・小から選べ、味噌汁もここで注文します。

お会計を済ませたら、隣の建物に移動して、その場で焼いて食べることが出来ます。

         IMG_3207

こんな感じで、各テーブルに焼台がセットしてあります。

こうやって見ると、休日のBBQ広場みたいですよね?
でも、今は朝の8:00前。

    IMG_3164

ビールを片手に乾杯・・・ではなく、朝ごはんなのです。

         IMG_3161

あちらの方たちも出勤前。
スーツ姿で干物とご飯を楽しんでいらっしゃいますよ!

では、私たちもそれを真似て焼いていきましょう。

   IMG_3160

この日選んだ食材は、鰊、鮭ハラス、ホタテ、ししゃも。
BBQパーティーモードではなく、朝ごはんらしいでしょ?

これをじっくりと炭火の上で焼いてゆくのです。

焼けるのを待つ間に、店内を見てみると、懐かしいものを発見。

            IMG_3208

これ、瓶のコカ・コーラの自販機ですよ!
昔、ボーリング場なんかにあったやつですね(^^)

     IMG_3209

ここに、王冠の部分を入れて、瓶を押し下げると、栓が抜けるのですよね。
なんだか懐かしいです。
(今考えれば、一本購入して、あの感覚も懐かしめばよかったなぁ。)

さて、そろそろいい感じなのかなぁ?

     IMG_3167

        IMG_3169

    IMG_3174

どんな感じなのか、場所を変え、ひっくり返したりしていると、
お店の方がやってきて、説明しながら焼いてくださいます。

      IMG_3176

これはもう、食べごろだからね。
お皿にとって食べ始めて!

ホタテも食べやすいように切って下さいます。

そのタイミングを見計らうように、お願いした御飯と味噌汁も登場。

     IMG_3186

正しき、日本の朝ごはんって感じになりましたよ(^^)

鮭ハラスも切ってくださり、こんな感じで整いました。

     IMG_3192

それにご飯があれば、

       IMG_3193

もう我慢できませんね^^;

「冷めないうちに、先にそれ、食べててね。」

それでは、お言葉に甘えて、いただきます。

            IMG_3202

      (^^)(^^)(^^)

これは堪らない!
脂が乗った、焼き立ての鮭ハラスとご飯。
本当に美味しいですよ(^^)

「美味しいかい? これはね、全部食べられるからね」

そう言って、身の部分を骨の部分を切り離してくださいます。


            IMG_6383 jpg

   IMG_3196

脂が乗った、鰊も最高に美味しい。
ごはん、(中)にしたけれど、これならば(大)すればよかったかなぁ?
めちゃくちゃご飯と合うのですよよ!

身を食べたら、骨の部分もいただいてみます。
お父さんが言ってたように、炭火でじっくり焼くと、
本当に骨の部分もパリパリと食べられて美味しいのです(^^)

これだけ食べて、ひとりあたり1,000円でお釣りが来たんじゃなかったかなぁ?

本当に美味しくて、満足度の高い朝ごはんでした。
普段は焼き方を教えてくださる程度だと思うので、
お店のお父さんに焼いてもらったのは本当にラッキー!

釧路の朝ごはん、ここはオススメですよ。

     



【喰い処 鮭番屋】
住 所:北海道釧路市浜町4-11    MAP
電 話:0154-25-0503
営業時間:7:30〜14:00 
煙 草:喫煙可
定休日:なし(冬季、1月〜4月は、水曜日休み)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国によくある地名、元町。私が知っているだけでも、神戸元町、大阪難波の元町、港区の市岡元町、函館の元町、横浜の元町、金沢の元町・・・。元町の由来とは・・・調べてみても、その由来に関しては諸説あって、よくわからない。共通点としては、港町もしくは、元々港があ ...
続きを読む
全国によくある地名、元町。

私が知っているだけでも、神戸元町、大阪難波の元町、港区の市岡元町、函館の元町、
横浜の元町、金沢の元町・・・。


元町の由来とは・・・
調べてみても、その由来に関しては諸説あって、よくわからない。
共通点としては、港町もしくは、元々港があった場所なのかなって感じでしょうか?

同じように、全国にある地名では、「富士見」があって、
こちらの理由は、わかりやすいのですが^^;
(その証拠に、関西にはこの地名、あまり聞いたことがありませんよね)

そんな謎の多い、元町。
この日は、神戸元町にある、スープカレーのお店、
”こうき屋”さんにお邪魔させていただきました。

           IMG_6466

元町駅から商店街を散策がてら、3〜4分歩くとお店に到着します。
花隈駅からならば、すぐのところにありますよ。

階段を上がり、2階に行くとお店の入口があります。

   IMG_6460

店内に入り、カウンター席に案内していただき、メニューを確認します。

          IMG_6457

オーダーの手順は、
STEP1 ベースのスープを選ぶ。
STEP 2 カレーの種類を選ぶ。
STEP 3 スープの辛さを選ぶ。

そして、好みによって、トッピングを加えると完成です。

     IMG_6459

この季節限定の秋バージョンにすることも可能。
そして・・・

          IMG_6463

挑戦メニュー 激辛!!!
血の池地獄カレー

 辛さ超絶級! スープ1.5倍!
 
とどまることを知らないその辛さ
 舌を貫くほどの激痛に
あなたは耐えられるか・・・・。


      いえ、耐えられません^^;


というわけで、ココナッツベースのスープに、牛スジカレー、10辛、
納豆トッピングでスープカレーを、お得なランチセットでお願いしました。

店内は、厨房に向かうカウンター席が4席ほどと、
窓に向かうカウンター席が6席。
そして、テーブル席が5卓ほどあります。

ちょうど、ランチタイムにお伺いさせていただいたので、
かなり賑わっていました。

それでも、店主がホールのアルバイトの学生っぽい方に的確に指示を出し、
スムーズでかつ、心地のいい接客をなさっています。

しばらくすると、先にランチセットのサラダが運ばれてきます。

         IMG_4041



そんな様子を見ながら待っていると、私お願いした、
牛すじのスープカレーも出来上がってきました。

      IMG_4042

大きめのボウルに入ったスープカレーと、お皿に入ったごはん。
この組み合わせ、はじめての時は、
どうやって食べるのか迷ってしまったのを思い出します。
(ま、自由でいいのですけどね^^;)

      IMG_4045

先ずは、スープカレー本体から楽しみます。
こんな感じで、スプーンでスープカレーをすくい、いただきましょう。

         IMG_4049

    (^^)(^^)

美味しい!
ココナッツをダイレクトに感じることはなく、どちらかと言うと、
コクのある旨味が印象的。
辛さは、10辛でも大丈夫。
ココナッツの刻のある旨味が美味く調和させてくれますよ(^^)

さらに、牛すじ肉をいただいてみましょう。

      IMG_4050

     (^^)(^^)

牛すじ、めちゃくちゃ柔らかくて美味しい!
これは期待以上!
この瞬間、すごくテンション上がりますね(^^)

スープカレーの納豆、関西では「え゛〜っ」っていいわれることも少なくないのですが、
やってみるとこれがハマるのですよ。
スープカレーによく合いますよ!

        
      IMG_4056

ごはんは、こんな感じでスプーンにのっけたまま、スープカレーに浸していただきます。
少々ごはんがスープカレーの中に落ちてもOK!
それもまた美味しいのです。

      IMG_4054

大きめにカットされた野菜がたっぷりと入っているのも嬉しいですね。

後半は、ごはんをスープカレーの中にダイブ。
カレーリゾットのようにして、しっかり楽しませていただきました。

こうき屋さん、他にもトマトベース、和風ベースのスープカレーがあって、
そちらもすごく気になりますね。
店主の方の気配りも、すごく心地良いお店でした。

ぜひまた、お伺いさせていただきますね(^^)









【こうき屋】
住 所:神戸市中央区元町通5-3-8 ライオンズマンション神戸元町第5 2F    MAP
電 話:078-777-7786
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日  ※祝日の場合は営業。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大の吊橋として有名な、明石海峡大橋が開通したのが、今から20年前。ついこの間と思っていたのに、もう20年も経つのですね。そんな明石海峡大橋の主塔に登れるのってご存知でしょうか?神戸側から橋の下を歩き、主塔の中をエレベーターに乗って上まで行き、地上300mの ...
続きを読む
世界最大の吊橋として有名な、明石海峡大橋が開通したのが、今から20年前。
ついこの間と思っていたのに、もう20年も経つのですね。

そんな明石海峡大橋の主塔に登れるのってご存知でしょうか?

神戸側から橋の下を歩き、主塔の中をエレベーターに乗って上まで行き、
地上300mの主塔の上からの景色が楽しめます。
毎年、4月1日から11月30にまでの木曜日から日曜日までの毎日と、
祝日に実施されています。
(明石海峡大橋ブリッジワールドのHPから申し込むことが出来ますよ。)

ちなみに開通当時の通行料金は、普通車で片道2,600円(垂水〜淡路インター間)。
ちょっとした旅行気分になってしまいます^^;

それが今では、片道900円とかなりお得。
(休日割引で)

そんな明石海峡大橋を渡り、気軽に淡路島へ!
この日は、淡路島津名にある、
”麺乃匠 いづも庵”さんに行ってきました。
         IMG_6384

地元はもちろん、県外からも多くのお客さんが訪れる人気におみせです。

こちらのお店の人気の秘密は、これ。

             IMG_6382

玉ねぎ麺って・・・。
車を走らせていて、この幟が目に入り、入口の前で待つお客さんの列を見ると、
絶対に気になりますよね。

私もその例に漏れず、どうしても食べてみたくなって行ってきました。

車を第2駐車場(お店のすぐ横にあります)にとめて、
順番待ちの名簿に名前を書き込みます。
(この時点で、7組目だったかな?)

待ってる間にも、窓から店内の様子が見えます。
結構広そうな感じですよ。
これならば、そんなに待たずに入店できるかも・・・

15分ほど立って、名前を呼ばれたので、お店の中に入ってゆきます。

            IMG_6385

中程のテーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。

IMG_6386

           IMG_6387


これが、看板商品の「玉ねぎつけ麺 華」ですね。

     度肝を抜く豪快なスタイル 
     閉じ込められた甘みが
     出汁にしみだす


あはは、これも良く出来たコピーだ!
こんなふうに書かれると、どうしても食べたくなるじゃないですか(^^)
これだけでなく、他にもいろいろと魅力的なものがたくさんありますよ。

  IMG_6388

        IMG_6389

IMG_6390

       IMG_6391

IMG_6392

              IMG_6394

とは言うものの、家族全員が玉ねぎつけ麺を注文していたのではありますが^^;

店内は、テーブル席と座敷もあり、全部で70席位はありそうですね。
でも、お店が広いので結構ゆったりとしています。
家族連れも多く、小さなお子さん連れでもオススメ出来ますね。

お伺いさせていただいたのが、日曜日のお昼前だったからか、
ひっきりなしにお客さんがやってきます。

そして、みなさん「玉ねぎつけ麺」目当てなのか、ほとんどの方が注文していますよ。

そんなことを思いながら、待っていると、
私達が注文した玉ねぎつけ麺も出来上がってきました。

           IMG_3702

大きな器の方に、玉ねぎをまるごと天ぷらにしたものが入った出汁が。
そして、小さい方の器にうどんが入って出てきます。

ざるうどんとか、つけ麺って、大きな器にうどん、小さい方に出汁な事が多いですが、
こちらではそれが逆ですね。
主役は玉ねぎってことでしょうか?

   IMG_3711

うどんは、こんな感じで細麺。
これを、大きな器のだしにつけていただくわけですね。

            IMG_3712

そして、主役(と言っちゃってもいいですよね^^;)の玉ねぎは、
大きなものがまるごとひとつ鎮座しています。
それにしても、インパクトありますよね!
こんなのを見たのは初めてですよ(^^)


先ずは、うどんを出汁につけていただいてみましょう。

       IMG_3714

おぉ、スルスルと入ってきますね。
なめらかな感じで、美味しいですよ(^^)

うどんとのご対面も済ませたので、
これからは本格的に玉ねぎつけ麺を楽しみましょう。

           IMG_3716

先ずは、付属のナイフで、玉ねぎをカットしていきます。
ある程度、切れ目が入っているので、簡単に切ることが出来ますよ。

     IMG_3718

切った玉ねぎの天ぷらを出汁に浸します。
食べるときには、これをさらに三分の一くらいにすれば食べやすいかも。

          IMG_3723

うどんを出しにつけて、

       IMG_3730

玉ねぎと一緒にいただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味しい!
玉ねぎの甘味と出汁の旨味がものすごくよく合います。
このうどん、細麺にシたのは正解ですね。
玉ねぎの食感とのバランスを考えると、これがベストだなぁ・・・
そんなふうに実感します。

それにしても、玉ねぎの天ぷらをこれだけ思いっきり食べれる機会って
ほかでは中々ないかも。

         IMG_3733

出汁と玉ねぎの甘みが絶妙に合いますよ!

食べていくうちい、出汁の味わいも変化し、それがまた楽しい。
ただ、うどんを思いっきり食べてしまうと、先になくなってしまい、
後半は玉ねぎだけを食べ続けることになるので、注意が必要かも。
ま、それでも十分においしいんですけどね(^^)

あ・・・うどんの大盛りって出来るのだろうか?

今度行ったときにでも、是非聞いてみよう!
一度食べるとまた食べたくなる不思議な味わい。
創業100年のうどんと、淡路玉ねぎの出会い、是非体験してみてくださいね!










【麺の匠 いづも庵】
住 所:兵庫県淡路市志筑3522-1    MAP
電 話:0799-62-6002
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜20:00 
煙 草:分煙
定休日:木曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休み。
駐車場:あり(店前に15台分、第2駐車場もあり)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?やはり、札幌。大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。憧れますよね。そして、夜はジンギスカンにラーメン。北の食べ物は美味しいです(^^)そして、一度入ってみたい最北端の稚内。行くと、必ず宗 ...
続きを読む
はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?


やはり、札幌。
大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。
憧れますよね。
そして、夜はジンギスカンにラーメン。
北の食べ物は美味しいです(^^)

そして、一度入ってみたい最北端の稚内。
行くと、必ず宗谷岬のところで写真撮りますよね。

でも、北海道にはもう一つ、最果てがあるのをご存知でしょうか?

日本の東の果て、納沙布岬。
(離島は除く)

展望台からは双眼鏡で、北方領土を見ることが出来て、
ロシアの監視船まで見えてしまうから凄いですよ!

そんな納沙布岬から近い街根室に、
ここでしか食べられない、ご当地料理があるのをご存知でしょうか?

この日にお伺いさせていただいたのは、”どりあん”さん。

          IMG_3246

Coffee & Restaurantとあるように、
コーヒーが美味しい洋食のお店といった感じでしょうか?

この日、こちらに来た目的は、「エスカロップ」を食べること。

エスカロップとは・・・
バターライスにトンカツをのせて、デミグラスソースを掛けた料理で、
北海道根室市のご当地料理。
トルコライスのように、日本各地に広まらず、
何故か根室でだけしか食べられないのだとか・・・。

似たようなものはあるそうですが、
根室でしか食べられないってところがすごく気になって、
ずっと行く機会を狙っていました。

店内のテーブル席に座り、メニューを確認してみます。

          IMG_3216

コーヒーと軽食、エスカロップって感じと思っていましたが、
凄いバリエーションの豊富さですね!
エスカロップはもちろん、ハンバーグ、ビーフシチュー、エビフライなど、
洋食のメニューが勢揃いですよ。

写真付きで、これだけたくさんのメニューがあれば、迷ってしまいそうになるので、
エスカロップがあることだけを確認して、お願いしました。

店内は、昔ながらの喫茶店という感じで、ゆったりと寛げるような分に気になっています。

    IMG_3213


           IMG_3214


早目の時間に入店したので、まだお客さんの数は疎ら。
落ち着いた感じの雰囲気です。

そして、再びメニューに目を落とします。

  IMG_3217

料理だけではなく、飲み物やデザートも結構ありますね。

こちらには、エスカロップ誕生の秘話なども書いてありますよ。

          IMG_3218

    IMG_3220

ほほぉ・・・元々は、横浜の料理人が、根室グルメを唸らせる料理を考えるということで、
誕生した料理なのですね。

横浜には、そんな名残、残ってないのかなぁ?
今度そちらの方も調べてみよう・・・


そんな事を考えていると、待望の料理、エスカロップが出来上がってきました。


             IMG_3228

なるほど。
シンプルなバターライスの上にトンカツがのっかっていて、
その上にデミグラスソースがタップリと。

        IMG_3225

食欲が湧いてくるビジュアルですよね!


   IMG_3229

バターライスの中には、小さく刻まれたたけのこが入っています。
なるほど、シンプルながらこれは美味しそう!

それでは早速いただきましょう。
  
           IMG_3234


     (^^)(^^)

おぉ!  これは美味しい。

サクッとした心地いい食感のトンカツとデミグラスソースがよく合う。

       IMG_3236

デミグラスソースが絡んだバターライスもかなりいい感じです。
そして、以外にもあっさりしているので、どんどん食べ進んでしましますよ(^^)

        IMG_3232

キャベツ、トマト、きゅうり、ポテトサラダ。
一緒にサラダが添えてあるのも嬉しいですね。

   IMG_3237

バターライスは、デミグラスソースをタップリと絡めていただくと、
テンションが上りますよ。
たけのこは主張しすぎず、とは言えしっかり食感を感じることが出来ます。

ボリュームたっぷりかと思いきや、あっという間に完食してしまいました。


           IMG_3245

食後には、アイスコーヒーもいただき、すっかり満足させていただきました。

この頃には、店内はお客さんで一杯。
大人気です。
しかも、エスカロップの注文率が高いこと!
みなさん、大好きなんですね(^^)

お伺いさせていただいたときは、ちょうど外壁工事が行われていて、
残念ながら全景はこんな感じですが、それでも通常通り営業されていますよ。

     IMG_3250


             IMG_3249



根室のご当地グルメ、エスカロップ。
ぜひ、根室を訪れた際には、堪能して下さいね。
美味しいですよ!











【どりあん】
住 所:北海道根室市常磐町2-9    MAP
電 話:0153-24-3403
営業時間:9:00〜21:00(L.O.20:40) 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日(祝日、GW、お盆、年末年始は営業)
駐車場:



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

実は、インドにはカレー粉がない。そもそもカレー粉が誕生したのは、インドではなくイギリス。これを入れれば、どんな料理でもカレー風味になるというスグレモノ。そしてそのカレー粉が、イギリスから日本に伝わったのが明治になってからなのだとか。でも、インドと言えばカ ...
続きを読む
実は、インドにはカレー粉がない。

そもそもカレー粉が誕生したのは、インドではなくイギリス。
これを入れれば、どんな料理でもカレー風味になるというスグレモノ。

そしてそのカレー粉が、イギリスから日本に伝わったのが明治になってからなのだとか。

でも、インドと言えばカレー。
そんなイメージ持ってませんか?

カレー粉がないインドでは、どうやってカレーを作るのか・・・

いろんなスパイスをミックスして、カレーの香りや味わいを出している。
ミックススパイスとか、ガラムマサラなどと呼ばれることもあるようです。

ギャバンから発売されれている、20種類のスパイスをミックスして手作りのカレーを作るセット。

          
GABAN 手作りのカレー粉セット 100g







ちなみに私はこれをプレゼントしていただき、自分でカレーを作るようになりました(^^)

さて、自分で作るカレーも美味しいけれど、
やはり目の醒めるような美味しいカレー、食べに行きたいですよね。

この日は、高槻から西中島南方に移転された、
”マサラ食堂”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_6431

御堂筋線の西中島南方駅、阪急京都線の南方駅、
双方から歩いて5分くらいのところにお店はありますよ。 

階段を上がり、2階に行くとお店の入口があります。

     IMG_6429

カウンター席に座らせていただき、黒板のメニューを。

       IMG_6427

ここは当然、3種盛り・・・
とはいきません。
あいがけももちろん美味しいのですが、復活初回は、1つのカレーをじっくりと味わえる、
単品カレーと決めていたのです。

カレーはもちろん、チキンをお願いしました。

店内は、カウンター席が6席と4人がけのテーブルが2卓。
高槻の頃に比べて、結構広くなりましたよ(^^)

この日は、比較的ゆっくりなスタートなのか、他にお客さんは2組。
ゆったりと時間が流れています。

他の方を見てみると、みなさんあいがけを注文されているみたいですね。
単品カレーが900円で、2種あいがけが1,000円。
たったの100円プラスで2種類のカレーが楽しめるとあれば、そうしますかね^^;

そんなことを思いながら、他の人のカレーを見ていると、
私が注文したカレーも出来上がってきました。

             IMG_3843

大きな木のお皿にタップリと。
香りはあの高槻のマサラ食堂そのもの。(あたりまえか^^;)

スプーンは木のものかステンレスを選べるので、ステンレスのスプーンをチョイス。
では早速いただきましょうか。
先ずは・・・

       IMG_3845

タップリのチキンをいただきます。

          IMG_3847

         (^^)(^^)(^^)

美味い!
これ、この味わいですよ。

最初は甘く・・・なんて技はありません。
でも、最初から直球勝負なのです。
媚を売らない、ど真ん中の美味さ。
そんなチキンカレーをしっかりと一皿分味わえる単品のチキンカレー。
これにしてよかった(^^)

      IMG_3850

ごはんも、カレーとしっかり合うようにきちんとチューニングされています。
自身が作るカレーが、どのような状態のごはんと合うのかをしっかりと掴んでいらっしゃる。
食べていて、本当にそう思います。

       IMG_3846

オプションでつけられるピクルスは100円。
これが実にいい仕事をするのです。

カレーの味わいが口の中満タンになったら、ピクルスを食べる。
すると、また最初の感動が味わえるのです(^^)

          IMG_3851

ステンレスのスプーンには、「マサラ食堂」の刻印が。
そして、このスプーンによって、実に心地よくカレーを食べることが出来るのです。

   IMG_3854

きちんとした楕円形ではなく、ちょっと不思議な形をしているのですが、
これが実に食べやすい。
ぜひ実際に体験なさってみて下さい。

そんな感じで、気持ちよく完食。
すっかり満足させていただきました。

つい先日から、フィッシュカレーも再開されたとのこと。
またすぐに、食べに行きたいと思います(^^)











【マサラ食堂】
住 所:大阪市淀川区西中島3-13-4    MAP
電 話:06-6886-9150
営業時間:11:00〜14:00(L.O.13:45) 18:00〜0:00(L.O.23:45) ※日祝はランチ営業のみ。
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉、焼き鳥を焼く匂い、うどんの出汁の香り・・・。そんな香りがお店の中から漂ってきたら、思わず引き込まれそうになりませんか?漫画の中で、焼鳥の屋台の前に、ごはんだけ持ってきて、匂いをかぎながらご飯を食べるってシーンがあたのを思い出します^^;現実には、流石に ...
続きを読む
焼肉、焼き鳥を焼く匂い、うどんの出汁の香り・・・。

そんな香りがお店の中から漂ってきたら、思わず引き込まれそうになりませんか?

漫画の中で、焼鳥の屋台の前に、ごはんだけ持ってきて、
匂いをかぎながらご飯を食べるってシーンがあたのを思い出します^^;

現実には、流石にそれはないでしょうが、
デパートの試食コーナーにご飯をもって行くことが許されるのならば、
それは是非やってみたいものです^^;

でも、そんな夢のような場所が、北海道釧路にあるというのです。

行ってきたのは、釧路駅からスグ近くにある、
”和商市場”

港町釧路の市場だから、ここでしか買えないような新鮮な魚が盛りだくさん。
しかも、こちらの市場では、好きな刺し身をその場で海鮮丼にして、
食べることができるシステムが有るのだとか。

その名も「勝手丼」。

         IMG_6370
自分で選んで、勝手に丼にして食べてもいいよ〜

って意味でしょうか?


市場の中には、こんな感じで一人前の刺し身をずらりと並べたお店がいくつかあります。

勝手丼を楽しむには、まずご飯を購入する必要があります。

刺し身を売ってる鮮魚店ではご飯は売ってないので、
ご飯専門のお店に行ってご飯を購入します。

         IMG_6365

市場の中を散策すると、ご飯のお店はすぐに見つかりますよ。

    IMG_6363

ご飯は丼の大きさによって値段が違います。
好きな大きさのご飯をお願いしましょう!

+30円で酢飯にすることも出来ますよ。

ここで、ご飯(中)と、かにの味噌汁を購入します。
それを持って、先程の鮮魚店に行って、ご飯が入った丼をお店の方に渡して、
食べたい刺し身を丼の上に乗っけていただきます。

       IMG_6369

ずらりと並ぶ、新鮮な刺し身。

  IMG_6366

            IMG_6368

ここでしか買えないようなものや、幻と呼ばれるものもありますよ〜。

欲しいものを全部言って、代金を支払い、
市場の中央にあるイス・テーブルコーナーに移動します。

       IMG_6371

では、心置きなく豪華な海鮮丼・・・いえ、勝手丼を楽しみましょう。


         IMG_3486

それにしても、朝からこんな贅沢しても良いのでしょうか^^;

   IMG_3476


選んだのは、
いくら白醤油、ときしらず、マグロの赤身、ぼたんえび
くじら、あぶらかれい、たんたか。


たしかにこれは、贅沢だ!

それでは早速いただきましょう。
まずは、いくらから・・・。

         IMG_3481

プチプチで最高の食感と味わい。
お隣のトキシラズも一緒にいただくと、究極の親子丼名になりますね(^^)

      IMG_3491

これ、本当はビール化日本酒が飲みたいところなのですが、
このあと車を運転しなければいけなかったので断念。
それでも、かなり満足できますよ。

          IMG_3482

ぼたんえびの甘さもたまらない。
味噌は、醤油に溶いて、それを丼にかけていただきます。

      (^^)(^^)(^^)

たまりません!


      IMG_3488

かにの味噌汁は、釧路らしく、花咲ガニ。
いい出汁出てますよ(^^)

そんな感じで、朝からかなりテンションが上ります。

勝手丼、お手軽に済ませるか、
超高級バージョンにするか・・・・

それも、あなたの気分次第です。
勝手気ままに最高の海鮮丼。
ぜひ釧路に行かれたときには体験してくださいね!







【釧路和商市場】
住 所:北海道釧路市黒金町13丁目25    MAP
電 話:0154-22-3226
営業時間:8:00〜18:00 ※1月〜3月は、17:00まで 日曜日営業時は、16:00まで。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日(4月29日〜10月28日、及び12月は日曜日営業あり)
駐車場:あり(市場の地下と、契約駐車場)

和商市場のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

21世紀の未来はこんな感じ…子供の頃に見た図鑑に、未来の街が描かれていたのをふと思い出します。確か、リニアモーターカーが、透明のチューブの中を走っていて、空飛ぶ車も飛び交う…リニアモーターカーは、21世紀中に実現しそうですが、空飛ぶ車はどうなのか^^;未来のこと ...
続きを読む
21世紀の未来はこんな感じ…
子供の頃に見た図鑑に、未来の街が描かれていたのをふと思い出します。
確か、リニアモーターカーが、透明のチューブの中を走っていて、空飛ぶ車も飛び交う…

リニアモーターカーは、21世紀中に実現しそうですが、空飛ぶ車はどうなのか^^;

未来のことは簡単には想像できせんよね。
では、過去・・・

今から100年前、1918年はどんな年だったのか…

パイロット万年筆設立、
松下電器器具製作所(現 パナソニック)設立、
森永ミルクチョコレート発売…

では、今から200年前になると…

チリがスペインから独立、
アメリカで、イリノイ州(シカゴがあるところね)が、21番めの州になる…。

流石に200年前になると、そんなに情報がないですねぇ。

さらに、250年前になると…

あ、250年前といえば、京都で創業250余年のお漬物屋さんがプロデュースした、
スープカレーのお店、
”土鍋スープカレー 近江屋清右衛門”
さんに行ってきました。

               IMG_6451

近江屋清右衛門といえば、京都の欧風カレーのお店。
ご存知のかたも少なくないですよね?

そんな近江屋清右衛門が、今度はスープカレーの店をオープンさせたと聞き、
早速お邪魔させていただきました。

      IMG_6449

らせん階段を2階に上がると、お店の入口がありますよ。

テーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。

        IMG_6446

スープカレーは、京赤地鶏の手羽元、京都ぽーくのハンバーグ、京の肉、
京都ぽーくジャンボソーセージ、彩り野菜の5種類。
そこに、辛さ、トッピング、ごはんの量を決めて注文していくスタイルです。

       IMG_6447

近清のお漬物を使ったサイドメニューもあって、いろいろ楽しめそうですよ。

この日の注文は、京赤地鶏の手羽元スープカレーを10辛でお願いしました。

店内は、白と木を基本にした明るい感じ。

       IMG_6444

カウンター席が5席と、4人がけのテーブルが3つで、12席あります。
私が入店したときは、ゆっくりとしていましたが、この後、
次々とお客さんが入ってきて、あっという間に半分くらいの席が埋まりました。


    IMG_6445

スープカレーの美味しい食べ方・・・
よく混ぜて、ライスをスープにくぐらせてお召し上がり下さい。

そう言えば、関西には何故かスープカレーのお店が少ないんですよね。
だから、どのようにして食べれば美味しいのか?
そんなふうに思っている人も少なくないはず。
そんなとき、こういうのが書いてあれば安心ですよね。

そんな感じで、メニューや店内の様子などを眺めていると、
お願いしたスープカレーが出来上がってきました。

            IMG_3963

スープカレーは、土鍋に入って登場します。

    IMG_3965

レッグではなく、手羽元ではありますが、結構大きなものが2本も入っています。
レッグに引けを足らないくらいのボリュームですね。


           IMG_3961

スープカレー、ごはん、お漬物の3店セット。
いい感じですよね(^^)

それでは早速いただいてみましょう。
先ずは、スープから・・・。

      IMG_3970

     (^^)(^^)

10辛にしただけあって、いい感じの辛さですよ。
でも、旨味も伴っていて、じっくりと味わいたくなるような感じ。
トマトの酸味もいい感じにマッチしていて、食べ飽きしなさそうな感じですね。

そして、京赤地鶏もいただきましょう。

         IMG_3971

スプーンで持ち上げるのもちょっと大変なくらいに大きいですよ。

それではいただきます。

    IMG_3974

    (^^)(^^)

スプーンで簡単にほぐれるくらいに柔らかい。
それにしても、旨味が強い鶏肉ですよ、これ(^^)

       IMG_3968

こちらのお店、ごはんにも拘っていて、
滋賀県の「よこいファーム」さんのコシヒカリを使用しているのだとか。

      IMG_3976

スープカレーにくぐらせて食べると、本当に美味しいですよ。

とはいえ、こんな誘惑もあるわけで・・・

       IMG_3967

スープカレーを注文すると、一緒についてくる、近清のおつけもの。
これとごはんを一緒にっていう誘惑もあるわけで^^;

でもこのお漬物も良く出来ていて、スープカレーとごはんにもすごく合いますよ!

お漬物でリセットしたら、またスープカレーを楽しみます。

       IMG_3966

茄子、ヤングコーン、ピーマン。パブリカ。
カラフルな野菜は、旨味が引き出るように調理してあり、
スープカレーとの相性もバッチリです。

     IMG_3957

半分くらい食べたところで、テーブルの上においてある薬味を投入して、
味の変化を楽しみます。

        IMG_6448

これは、京やげん黒七味西門。
掛けてみると、本当に香りがよく、味もピシッと引き締まりますよ。


スープを楽しみ、京赤地鶏を味わい、ごはんをくぐらせて堪能する。
後半は、ごはんをスープカレーの中にダイブさせ、
カレーリゾットのような感じで味わって完食。

素材の旨味をしっかり感じることが出来る、
丁寧なスープカレーを堪能させていただきました。

四条河原町の駅からすぐで、京都観光のときにでも、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。
今度は、京都ぽーくのハンバーグも試してみたいと思います。









【土鍋スープカレー 近江屋清右衛門】
住 所:京都市中京区裏寺町607-3 2F    MAP
営業時間:11:30〜15:30(L.O.15:00) 17:00〜21:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めたのは、今から12年くらい前・・・。当時は、今のように食べ物の写真を取る人は殆どいなく、お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもよろしいですか?」と聞くと、「それ、何かに使いはるの? 同業者?」と、言われることも珍しくなかったです^^;当然、他 ...
続きを読む
ブログを始めたのは、今から12年くらい前・・・。

当時は、今のように食べ物の写真を取る人は殆どいなく、
お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもよろしいですか?」
と聞くと、

「それ、何かに使いはるの? 同業者?」
と、言われることも珍しくなかったです^^;

当然、他のお客さんも、料理の写真を取る私のことを珍しそうに見るわけで、
ちょっと緊張した時間を送ったのを思い出します。

今では、Instagramなど、SNSで写真を発信するのは珍しくなく、
ほとんどのお店で、写真撮影を許可していただいています。

でも、それでも写真撮影はNGのお店もあるわけで、
それが結構人気店なこともあるのです。


食べに行ってみたいけれど、どんな感じのお店なのかわからない。
少しだけでも、お店の雰囲気や味わいを感じてもらえれば・・・

そんな思い出、書いた記事が3つほどあります。
(2018年10月現在)

もちろん、お店のルールに則り、盗撮は一切しておりません。
記事には、お店の周辺、外観以外の写真は無い記事が、
当ブログ「美食磁石」には存在しております。

もしもご興味がございましたら、お時間のある時にでも、 
ご覧いただけましたら幸いです。

【広島 新華園】 
一切の妥協がない、元祖広島冷麺を堪能しました。

         1d3b5b8d


こちらのお店は、撮影はもちろんのこと、
お店に入ってから席に座り、注文の仕方にまで細かいルールがあります。
そして、そのルールは、店内に表示してあるわけでもなく、
口コミで広がったもの。
でも、一度食べるとやめられない魅力を持っているのです。


【博多 元気一杯】
先に高菜を食べると、即退場! そんなローカルルールも、全ては命のスープのため。


            2d0f669b


営業中の札はもちろん、お店の看板も無い。
ただ1つ、営業中の目印のある物を除いては・・・。
こちらのお店にも、店内にルールの説明は一切なし。
カウンターの上には、罠のように高菜が並び、まるで先に食べるように誘っているよう。
でも、そんな難関を乗り切れば、激ウマとんこつラーメンが待っている・・・。
(現在では、何故か写真撮影もOKになり、高菜云々のルールもなくなったとの噂あり)



【東京 東十条 埼玉屋】
鉄の掟は、美味しさと楽しさの約束。 忘れられないやきとんが堪能できます。


           26612b4b


「ほかでは絶対に食べられないものをこの店では食べてもらいたい」
そんな思いに溢れているホスピタリティ満タンのお店・・・

ではあるが、
お酒を飲まない人はお断り。
他でお酒を飲んできた人はお断り(2軒め使いNG)。
基本注文は、おまかせのみ。
写真撮影禁止。
そんなルールが有り、それは鉄の掟。

平日でも、16:00の開店時間には、お店の前に列ができる人気店。
一度味わうと忘れることが出来ない魅力が、こちらのお店にはあります。



撮影禁止。
でも、魅力タップリのお店の雰囲気、
どこまで伝わるでしょうか?
よろしければ、それぞれのお店の本文、ぜひ読んでみて下さい。

本日も、ブログ「美食磁石」にお越しいただき、
ありがとうござます!



Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 

 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭水化物✕炭水化物。この組み合わせって、最初は抵抗あるけれど、慣れればやめられなくなるって思いませんか?うどん定食、お好み焼き定食、焼きそば定食、たこ焼き定・・・はイヤだな^^;中でも、ラーメンライスは代表選手で、ラーメンをおかずに、ごはんを食べる。ラーメン ...
続きを読む
炭水化物✕炭水化物。

この組み合わせって、最初は抵抗あるけれど、
慣れればやめられなくなるって思いませんか?

うどん定食、お好み焼き定食、焼きそば定食、たこ焼き定・・・はイヤだな^^;

中でも、ラーメンライスは代表選手で、
ラーメンをおかずに、ごはんを食べる。

ラーメン、ごはん。
スープ、ごはん。
チャーシュー、ごはん。
メンマ、ごはん。
そして、海苔をスープに浸して、ごはんを巻いて食べる。
最後は、残ったスープにごはんをダイブ。


このように書くと、完全食のように見えてくるから不思議なものです。

でも、ごはんを食べると、ビールやお酒の出番はないような気が・・・。
ごはんモノとお酒。
不思議と、寿司の場合は話が違ってきますよね。


この日は、天満にある人気の寿司のお店、
”寿司処 かい原”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_6433

人気のお店ですから、存在は前から知っていました。
でも、こちらのお店に行くきっかけになったのは、
ブログに読者の方からのメールなのです。

調べてみると、3,500円のコース一本で勝負されているのだとか。
(お酒と追加は別です。)


早速電話で予約させていただき、行ってきました。
まずは瓶ビールで乾杯!

その後、順番に料理が出てきます。

「料理はおまかせになっています。」
「写真はNGなんですよね?」


事前にそういう情報があったので、念のために確認。
すると、「いえ、大丈夫ですよ。」とのこと。

そう言って最初に出していただいたのがこちら。

           IMG_3503

仕事が丁寧、出汁が美味い!
そして、器も素敵です。

次の料理は黒いちじくを使ったもの。

       IMG_3506

季節感も満タン。
こうなると、ビールを飲んでいる場合ではなくなるわけで、日本酒が欲しくなります。
好みの味のタイプを伝えて、おまかせで出していただきました。

             IMG_3509

いただいたのは、京都伏見のお酒、澤屋まつもとの純米酒。
旨味があって料理との相性も最高です。

この後、順番に寿司を握っていただきます。

    IMG_3512
剣先イカ。
甘味と旨味のバランスがいい感じ。
一気に、かい原さんの寿司ワールドに引き込まれていきますよ。




         IMG_3514

こちらのお寿司は江戸前。
すべて仕事がしてあるので、醤油を付ける必要はありません。

     IMG_3517

ツバス。
シャリが口の中で解ける感じが最高。
こういうのが大好きなのです。

          IMG_3519

マグロを食べると、一気にテンションが上ります。
それにしても美味しい(^^)

      IMG_3521
お酒もおかわりをいただきます。
いただいたのは、滋賀県のお酒、松の司 楽。
余韻の美味さもピカイチですね。


         IMG_3524

このタイミングで、一品を挟むのも素晴らしい。
これは、呑むなという方がムリなわけで・・・

    IMG_3525

宮城県のお酒、黄金澤の山廃純米。
冷でいただいたのですが、これは燗酒にしても美味しいだろうなぁ・・・

         IMG_3526

やはり、この時期の秋刀魚は美味しいですね。
一口でいただくと、口の中一杯に旨味が広がり、生姜の香りがバランスを取る。
そして、シャリがほどけて顔の筋肉もほどける。
これは、笑顔が止まりません(^^)

    IMG_3529

そこに合わせるのが、広島の酒、寶劒 純米 超辛口。
それにしても、日本酒もいいのが揃っていますね。

        IMG_3533
中トロ。
これも最高!
マグロ、本当に美味しいですね(^^)

    IMG_3537

パリッと香ばしく、焼き穴子。

          IMG_3540

ホタテ。
お寿司が出てくるスピードも本当にちょうどよい。
早過ぎず、遅過ぎずで、心をも満たしてくれます。

      IMG_3546

このあたりまでが、コースの内容だったかと思います。

「後はどうなさいますか?」と聞いていただいたので、
もちろん「まだお願いします(^^)」と、追加をおまかせで。

       IMG_3552

雲丹は、こんな感じで器に入って提供されます。
タップリなんですよ、雲丹(^^)

    IMG_3553

そして、牡蠣。
こちらのお店に来る前日まで、北海道の釧路にいて、
しこたま新鮮な海の幸や牡蠣を堪能してきたので、
大阪の寿司屋さんに行って感動できるのかなぁ・・・
そう思っていましたが、そんな心配は、全く不要。
美味しいのです、感動します(^^)

          IMG_3559
海老。

    IMG_3561

先程の焼き穴子に続き、今度は煮穴子。
素材もいいのでしょうが、仕事の仕方が素晴らしい、美味しいのです(^^)

            IMG_3564

これには、秋田県のお酒、天の戸の純米大吟醸を合わせていただきます。

    IMG_3566

最後の一品は、鰻のお寿司を手渡しでいただきました。

コースの後、思いっきり食べて、
しかもかなりお酒もいただいたので、流石に3,500円ではありませんでしたが、
それでも、コスパの良さは感じました。

運良く、すんなり予約することが出来ましたが、大人気のお店で、
予約困難との話も聞きます。

それでも、余裕を持って予約して行かれることをオススメします。
天満のホンモノ江戸前寿司、満足できますよ(^^)








【寿司処 かい原】
住 所:大阪市北区池田町5-4    MAP
電 話:06-6351-7080
営業時間:17:00〜22:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

S席、A席、B席。コンサートなんかで、チケットを取るときに最初に選ぶ項目。でも、大体の人は、”いい席”を期待して、S席を申し込みますよね?でも、演劇やミュージカルの場合は、後ろの方のA席やB席のほうが、全体を見渡しやすく、ストーリーを把握しやすいってこともある ...
続きを読む
S席、A席、B席。

コンサートなんかで、チケットを取るときに最初に選ぶ項目。
でも、大体の人は、”いい席”を期待して、S席を申し込みますよね?

でも、演劇やミュージカルの場合は、後ろの方のA席やB席のほうが、
全体を見渡しやすく、ストーリーを把握しやすいってこともあるようです。

私が初めて劇団四季のライオンキングを見に行ったときに取れたのは、最後列の席。
でも、舞台全体の様子がわかりやすく、かなり満足させていただきました。
(しかも、チケット代はS席の約1/3!)

とはいえ、コンサートや大相撲、トークショーや漫才などは、やはり近くで見たい!
S席よりも更に近い、アリーナや砂かぶり。
でも、チケット代はたしかに”お高い”^^;

でも、和食のお店のカウンター席ならば、
ライブ感を楽しめて、しかもお値段は同じ。
(ちょっと違うような気もしないではないですが^^;)

この日は、そんなライブ感と季節感を楽しめる和食のお店、
本町にある、”和食Labo 新た”さんにお邪魔させていただきました。

         IMG_2567

正確には、本町と淀屋橋の間くらい。
御堂筋を西に入り、阪神高速の高架の手前の南北の道沿いにお店はありますよ。

    IMG_2569

高級な感じの入口をくぐり、お店の中に入ります。

通路を回り込むような感じで、店内に入るとカウンター席が並んでいます。


       IMG_2577

「いらっしゃいませっ!」

カウンターの中には、イケメンの料理人の方が3人並び、元気に迎えてくださいますよ。

店内は、カウンター席が11席の他に、8人が座れる個室もふたつ。
ライブ感とプライバシー空間、いろんなシーンに頼りになりそうですよ。

        IMG_2591

先付には、海老と秋茄子の利休煮。
キリン一番絞りの瓶ビールと一緒に楽しみましょう。

それにしても、先付から季節感満載!
一気に「新たワールド」に引き込まれてしまいます。

そして2品目は、気仙沼 鰹の藁焼き。

         IMG_2593

この鰹がびっくりするほどに美味しい。
ビールも美味しいけれど、ここはやはり・・・

    IMG_2603

これには、和歌山県のお酒、紀土の純米大吟醸をいただきましょう。
こんな感じで、この日も日本酒の美味しさと料理のマリアージュを楽しんでいきましょう(^^)

じっくりと鰹を味わった後は、こんな感じの料理が登場。

         IMG_2604

透明のセロハンのようなものに包まれた料理。
ゆっくりと包みを開けてみると・・・

   IMG_2607

中からは、松茸と秋鱧の包み蒸しが登場。
まさに、秋の味覚の主役って感じですね(^^)
それにしても、出汁がめちゃくちゃ美味しい!

           IMG_2615

石川県のお酒、天狗舞の純米と合わせてみると、笑いが止まりませんよ(^^)

    IMG_2620

さらに、盆と正月が一気に来たような、黒毛和牛  雲丹 炙り寿司。
料理はもちろんですが、お皿も綺麗ですよね(^^)
一口でいただくと、酢飯が崩れるのと同時に、肉の旨味が広がっていき、
その後から雲丹がとろけて包み込む。
そして山椒の香りが、後から口の中に広がっていくのを楽しむことが出来ますよ(^^)

次に出てくたのが、キノコのクリームコロッケ。

        IMG_2630

和食の職人が手がける、クリームコロッケ、
これが侮れない。

ベシャメルソースと和出汁が一体になって、茸の香りと旨味が味わいを引き締める。
これはおかわりしたいですね。

      IMG_2638

クリームコロッケといえば、ワインかもしれませんが、
これには、奈良県のお酒、梅乃宿をあわせていただきましょう。

和と洋の美味しいところ、見事に調和されています。

そして、それはこの料理にとどまらず、
この次に出てくる、土鍋の料理にもありましたよ。

         IMG_2644

煮えたぎる土鍋を、そっとこちらへ出していただきます。

    IMG_2649

これは、和風ブイヤベース  白味噌仕立て。

土鍋の中には、
これが実に美味しいくまとまっている(^^)

蛤、海老、イカ、キノコ、じゃがいも・・・
いろんな素材が一体になって、本当に美味しい。
じゃがいもは、インカのめざめを使用し、
これが白味噌の旨味と実によくマッチしているのです。

        IMG_2660

〆のごはんが炊きあがったとのことで、目の前で取り分けてくださるそうです。

   arata1

熱々の土鍋の蓋が、目の前で開けられます。

           IMG_2669

この日のご飯は、秋刀魚の蒲焼土鍋ご飯。
旬の秋刀魚がビッシリと敷きつめられていて、見るからに美味しそうですよ。

    arata2

よく混ぜて、目の前で取り分けて下さいます。

         IMG_2676

お米の一粒一粒が立っているのがわかります。

一口食べると、秋刀魚の旨味が口の中一杯に広がりますよ。

さらに2杯めは、ほうじ茶を掛けて、お茶漬けとして楽しませていただきました。

       IMG_2683


最後は、デザートにプリンの葛餅もいただき、
かなり満足させていただきました。

正統派和食の顔を持ちながら、新しいことにチャレンジする姿勢を忘れない。
そんな感じで、これからもどんどんワクワクするような料理を生み出す・・・。
そんな楽しくワクワクさせるお店ですよ。

ぜひ食べに行ってみて下さいね。

 



 




【和食Labo 新た】
住 所:大阪市中央区平野町4−7−8 アベニュー淀屋橋 1F    MAP
電 話:06-7163-8404
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加