美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2018年12月

大晦日の夜、楽しみといえば「レコード大賞」と、「紅白歌合戦」…って、それは一昔前の話。今では紅白歌合戦は、従来通り大晦日の夜に、年が変わる寸前まで放送されますが、レコード大賞は前日、30日の放送に変わっています。やはり大晦日は、他に魅力的な番組がたくさんあ ...
続きを読む
大晦日の夜、楽しみといえば「レコード大賞」と、「紅白歌合戦」
って、それは一昔前の話。
今では紅白歌合戦は、従来通り大晦日の夜に、
年が変わる寸前まで放送されますが、レコード大賞は前日、30日の放送に変わっています。

やはり大晦日は、他に魅力的な番組がたくさんあって、
競争するのがしんどくなったのか^^;

誰がレコード大賞を取るのかって事にはあまり興味がないのですが、
そのほかの内容が昔に比べて随分充実してる気がするのですが…

昔人気の歌手が出て来て歌ったり、
バツグンの歌唱力を誇るMISIAが歌ったり、想像できない面白さがあったような気がします。
 

想像できない面白さ…
そういえば、札幌で食べたスープカレーのトッピング、
ごまネギが想像以上に美味しかったのを思い出します。


この日にお伺いささせていただいたのは、“メディスンマン”さん。

           IMG_7149
          

こちらのお店、大阪でも大人気のこちらのお店の店主に教えてもらい、行ってきました。
ちょっとアメリカンチックな雰囲気の看板の下の扉をくぐると、
店内から漂うスパイスの香りに包まれます。

奥の方のテーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認。

        IMG_7142

チキン、ポーク、ベジタブル、シーフード・・・
ヌードルっていうのもあるのか!
麺はお米で作られているので、小麦がダメな方も安心して楽しめますね(^^)


注文は、チキンのスープカレーの「HOT3」
岩のりと、ごまネギのトッピングをお願いします。

岩のりはスープカレーのトッピングとして食べたことありますが、ごまネギって・・・。

実は、こちらのお店に来る前にちょっと調べてみたのです。
そしたら、ごまネギのことを“抜群!”なんて書いてあるもので気になって^^;

注文を済ませたら、店内とかテーブルの上をながめたりして・・・

       IMG_7141

ん?
HOTなスープにマッチ! 酸味が病みつき!!
ライム 80yen


「すみません、さっきのスープカレーにライムも追加してください!」

辛さと酸味、すごく合うのですよね(^^)

      IMG_7145

オリジナルスパイスっていうのも売ってるのか。
実はこのスパイス ご家庭でのどんなお料理にも合う優れものなのです。
そう書かれたらすごく気になる。

      IMG_7146

カレーはもちろん、焼鳥、野菜炒め、麻婆豆腐、鍋料理・・・。
これは帰りに買って帰るかな・・・。

そんなことを思っていると、お願いしたスープカレーが出来上がってきました。

       IMG_7774

タップリの岩のりとネギに覆われて、チキンが見えないほどに豪快です。
何も言わずに見せられたら、ネギたっぷりのわかめラーメンみたいに見えますよね^^;

先ずは、スープを一口いただきます。

       IMG_7780

     (^^)(^^)

美味しい!
これは、抜群。
一口でそう感じるほどにレベルが高い。

そして、岩のりと一緒にスープもいただくと、口の中に甘みと香りが広がり、
すごく充実した気持ちになれます。

そして、何が一番すごかったかと言うと、

       IMG_7777

このごまネギ。
最初は、ネギと胡麻を会えたものだと思っていたのですが、
そうではなく、白髪ねぎにごま油を絡ませたものなのです。

これがスープカレーと抜群に合うのです(^^)

       IMG_7773

固めに炊かれたご飯を合わせると、スプーンが止まらなくなりますよ。

        IMG_7785


  (^^)(^^)(^^)

スープカレーに納豆もいいけれど、岩のりも抜群に合います。
       
         IMG_7771

後半は、ライムを絞って、爽やかさと辛さを同時に楽しみます。

    IMG_7790

スープカレーに直接かけてもいいけれど、チキンにライムを絞って食べるのも美味しい。

スープカレーのクォリティ、すごく高いと思います。
だからこそ、ごまネギ、オリジナルスパイスなどのアイデアもどんどん出て来るのでしょうね。

          IMG_7143

メディスンマン、札幌でまたひとつ、外せないお店が増えました。
スープカレー好きの方はもちろん、スープカレーがまだ理解できない方も、
ぜひ一度食べに行ってみてください。
目からうろこ、落ちますよ〜(^^)










【メディスンマン】
住 所:札幌市中央区南12条西10-1-18 グッドビル 1F    MAP
電 話:011-552-5456
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜22:00(L.O.21:30) ※土日祝は、11:30〜21:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:火・水
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。

Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCが就航したのっていつ頃からだろうか?日本でLCCといえば、やはり「Peach」。北海道や沖縄、石垣島に香港、台湾や韓国にも格安で行くことが出来ます。日時によっては、3,000円程度でいろんなところに移動できるLCC。でも、手荷物の重さには十分に気をつけてくださいね。機 ...
続きを読む
LCCが就航したのっていつ頃からだろうか?

日本でLCCといえば、やはり「Peach」
北海道や沖縄、石垣島に香港、台湾や韓国にも格安で行くことが出来ます。

日時によっては、3,000円程度でいろんなところに移動できるLCC。
でも、手荷物の重さには十分に気をつけてくださいね。
機内に持ち込める手荷物の重量は、7kg程度(航空会社によって異なります)
これを1gでもオーバーすれば、格安の運賃以上の手数料を請求されますよ〜
(実際に支払いました^^;)

さて、何はともあれ、成田空港に到着し、都内へ向かうためにスカイアクセス線へ。


スカイライナーに乗れば、約30分で上野に着けるのですが、
この日は松飛台で降りて、ちょっと寄り道を・・・。

         IMG_7164

お伺いさせていただいたのは、“とら食堂松戸分店”さん。
開店の20分前にはすでに7人のお客さんが入口前の順番待ち表に、
名前を書いて待っています。

開店時間の11時になると、お店の人が出てきて順番に店内へ案内してくださいます。

       IMG_7163

入り口をは行って左側のカウンター席に案内していただきました。

先ずは、メニューを確認します。

         IMG_7986

中華そばは、醤油味と塩味、そしてしょうが醤油味の3種類がベース。
これに、味玉、ワンタン、焼豚、焼豚ワンタンなどのトッピングを加え、
好みの麺の量で仕上げていく感じですね。

しょうが醤油味も気になりましたが、こちらのお店を教えていただいた方に、
「最初は醤油味がオススメですよ!」と言っていただいたので、
醤油味のワンタン麺をお願いしました。

         IMG_7161

店内は、カウンター席が8席と、4人がけのテーブルが3卓。
そして、座敷に4人卓が2つあります。
当然のことながら、書いたんと同時にお客さんが流れ込み、あっという間に満席。
あとは、入り口の順番待ち表に名前を書いて、席が空くのを待つことになります。
あいにくの雨で、平日だと言うのにそんなことは全く関係ないですね^^;

       IMG_7162

座った席のほぼ真上にあって見にくいですが、手打ち麺のことと、
とら系の店のことが書いてあります。
全国に17軒あって、ほとんどが東日本ですが、山口県にも1軒あるみたいですね。

そんな感じで店内を眺めたりして待っていると、
私がお願いしたワンタン麺が出来上がってきました。

             IMG_7991

澄んだ醤油スープに、大きなチャーシューが3枚。
そして、海苔とほうれん草となるとにメンマ、ネギ。
正統派中華そばって感じで本当に美味しそうです(^^)

まずはスープからいただきましょう。

     IMG_7993

        (^^)(^^)(^^)

美味しい!
醤油の旨味と余韻が素晴らしい。
思わず、もう一口すすってしまいましたよ(^^)

そして、麺もいただきます。

           IMG_8000

おぉ、これは感動的!
なめらかな食感で入ってきて、噛むと適度な抵抗感を残しながらプツンと切れる。
食べていて本当に楽しい麺ですよ(^^)

さらに、ワンタンもいただきましょう。

      IMG_8007

レンゲですくってチュルンと。

        (^^)(^^)(^^)

快感です(^^)

基本の味わい自体のレベルが高いので、何も手を加える必要はないと思うのですが、
眼の前には色んな味編グッズが。

       IMG_7988

うーん、ちょっと迷ってしまうな・・・。
お、小さな蓋付きの容器に入った、これはなんだろうか?

        IMG_7987

あ、玉ねぎ。
これはいいかもしれませんね・・・。
スープが冷めてしまう前に、ちょっと試してみましょう。

             IMG_8004

あ、これはいい感じ!
シャキッとした食感が心地よく、しかもスープと良く合いますね〜。

    IMG_8013

チャーシューも柔らかくて美味しい。
2種類の部位が入っているのも楽しいですね。

        IMG_8010
彩りだけではなく、ちゃんと味のバランスにもなっているほうれん草。
シンプルながらに、いい仕事してますよ(^^)

    IMG_8015

面白いことに、最初の方に食べるワンタンと、後半に食べるワンタンでは、
味わいが違っているのです。
よりスープに馴染んでいるのでしょうね。

そんな感じで、すべての具材、スープ、麺をきれいに完食させていただきました。
とら食堂さん、噂以上に美味しかったです。
そして、こちらのお店の店員さん、皆さん素晴らしい接客をしてくださいます。

お近くの方はもちろん、遠方からの方も是非!
成田から都内への途中でちょっと寄り道もいいものですよ(^^)






【とら食堂 松戸分店】
住 所:千葉県松戸市紙敷1-8-6    MAP
電 話:047-311-2355
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜売り切れ次第
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリスマスが終われば、街は一気にお正月ムード。毎年、この変わり身の速さには驚かされます^^;ところで皆さん、クリスマスには何を召し上がりましたか?チキン、ケーキ、ピザ、ローストビーフあたりが多いでしょうか?そう言えば、クリスマスってもともとチキンではなく、七 ...
続きを読む
クリスマスが終われば、街は一気にお正月ムード。
毎年、この変わり身の速さには驚かされます^^;

ところで皆さん、クリスマスには何を召し上がりましたか?

チキン、ケーキ、ピザ、ローストビーフあたりが多いでしょうか?

そう言えば、クリスマスってもともとチキンではなく、
七面鳥(ターキー)だったような気がしませんか?
(でも、ターキーはUSJに行かないと、なかなか売ってませんよね。)

あとは、鮨、焼肉、チーズフォンデュ、ミートパイ・・・
そうなってくると、1週間後に控えるお正月は、一体何を食べるんだろうか^^;

そして、インドのクリスマスは、やはりタンドリーチキンを・・・

というわけで、お邪魔させていただいたのは、
北浜にある“ミスターサモサ”さん。

              IMG_7276

こちらのお店が入る建物の2階には、「ガネーシュm」があります。
北浜カレー、ますますパワーアップ真っ最中!
そんな感じですね。

この通りには他に、「谷口カレー」さんもあり、
皮の向こう側には、「フジヤマコウタ」「丁子」、そして「カシミール」
さらに、西へ少し行くと、「マナカマナ」「コロンビア8」もあって、
カレーを食べるには抜群の立地になっていますね。

店内に入ると、丁度テーブル席が空いていたので、そこに座らせていただきます。

メニューはこんな感じですよ。
 
       IMG_7263

ランチメニューは、カレーが3種類とビリヤニ。
ここは当然、ビリヤニとチキンカレーかなぁ・・・。

     IMG_7265

よるメニューになると、カレーが付いたプレートと、
タンドリー料理の選択が可能に。
アフガニチキンっていうのが気になる・・・。

          IMG_7266
ドリンクメニューはこんな感じ。
最近は、コークハイではなく、ラムコークなのね^^;

なお、15:00〜21:00はカフェメニューもあって、いろんな使い方ができそうですね。
そんな感じでメニューを眺め、ふと壁に視線を移動させると・・・


        IMG_7262

く、クリスマス限定プレート!
カレー屋さんで、まさか見かけると思わなかったので、
食い入るように見入ってしまいます。
(残念ながら、このプレートは現在終了しています。)

ビリヤニに心が傾いていたものを強引に引き戻すくらいの破壊力!
当然、それに逆らうことは出来ず、
「骨付きタンドリーチキンとカレーのプレート」をお願いしました。
(ちなみに、同行していただいた友人は、予定通りビリヤニを注文!)

店内は、カウンター席が3席ほどと、2人がけのテーブルが4卓。

           IMG_7272

ちなみに、上の写真の右側に写る柵のようなものは、地下へ降りる階段があるところ。
地下は、別の物販の店舗があるのですが、このときは営業時間外みたいで、
地下への階段の入口は閉じてありました。

東横堀川沿いにある、この界隈の建物って高い確率で地下があるのですよね。
地下と言っても、地面の下ではなく、
地下にも窓があって東横堀川をみることが出来るのだとか。

そんなことを話しながら待っていると、お願いしたプレートが出来上がってきました。

    IMG_8750




それにしても、骨付きレッグがひとつあるだけで、存在感がアップしますね!

     IMG_8762


            IMG_8761

チキンカレーにすれば、チキンがかぶってしまうので、
カレーはひよこ豆のカレーをチョイス。

それでは早速いただきましょう。
先ずは、ひよこ豆のカレーを。

      IMG_8766

おぉ、思ったよりもパンチがあるスパイス感。
これは結構好印象ですよ(^^)

         IMG_8763

アチャール、サブジ、サラダもバランスよくいただきます。
後半にはこれを混ぜて食べると美味しいんですよね。

    IMG_8773

なんと言っても、この日の主役はこれ。
大きな骨付きレッグを、豪快に手で持っていただきましょう。

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
スパイシーなタンドリーチキンをこれだけタップリいただけるのは本当に嬉しい。

ひよこ豆のカレーは、小さなカトゥリに入って提供されるのですが、
私の場合は、こんな感じでターリーの上にあけちゃいます。

             IMG_8770

この方は、いろんなものをマゼマゼしながら楽しめるのです。

ひよこ豆のカレー、タンドリーチキン、サラダも少しずつ混ぜ合わせ、
いろんな組み合わせを楽しみます。


        IMG_8757

友人が注文したビリヤニはこんな感じ。
あ、これに骨付きタンドリーチキンをプラスするっていう方法もあったなぁ。
クリスマスプレートは、また今度までお預けですが、
ディナータイムにお邪魔せていただいたときにでもやってみよう。


         IMG_7277

しっかり完食して、お店を出たときにはビリヤニは売り切れ。
人気ありますね!
ビリヤニ狙いの方は、是非早めの時間帯を狙って食べに行ってくださいね。


 





【ミスターサモサ】
住 所:大阪市中央区道修町1-1-6 1F    MAP
電 話:06-6575-7876
営業時間:11:30〜21:00 
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

フランスのマクドナルドには、ブルーチーズを挟んだハンバーガーがあるらしい。そんな話を聞き、一度自分でやってみようかと思っています^^;フランスとマクドナルドって、何だかイメージしにくいですが、結構お店の数、あるみたいです。日本との違いは、カウンターに行き店員 ...
続きを読む
フランスのマクドナルドには、ブルーチーズを挟んだハンバーガーがあるらしい。
そんな話を聞き、一度自分でやってみようかと思っています^^;

フランスとマクドナルドって、何だかイメージしにくいですが、
結構お店の数、あるみたいです。
日本との違いは、カウンターに行き店員さんに注文するのではなく、
お店に入ると、タッチパネル出先に注文を済ませ、
お金を支払ってからカウンターのところに行き、商品を受け取るスタイルらしいです。

そして、注目したいのは、飲み物にビールが選択できること。
これは会社帰りにフラッと立ち寄ってしまいそうですね^^;


さて、会社帰りに、駅のすぐ横に、
スパイスの香りに誘われて、
フラッと立ち寄ってしまいそうになるお店が四ツ橋にあります。

        IMG_6267

この日にお邪魔させていただいたのは、四ツ橋駅の5番出口のすぐ横にあるお店、
“カオススパイスダイナー”さん。

カレーといえば、ランチタイムのイメージが強いと思いますが、
こちらのお店はランチタイムからの通し営業で、ディナータイム(17:30〜)には、
スパイスをふんだんに使ったプレートを楽しむことも出来るらしいです。

        IMG_6268
もちろん、ディナータイムでもカレーを楽しむことが出来ますよ!


この日は、奥の方のテーブル席に案内していただきました。

          IMG_6248
先ずは、ビールで乾杯!
生ビールも楽しめるのですが、折角なのでベトナムのビール「333」と、
インドのビール「キングフィッシャー」で乾杯!

スパイスの香りも手伝ってか、一気にテンションが上ります。

さて、まずは何をつまもうか・・・
メニューを見て、いろいろ選んでいきましょう。

    IMG_6905

カレーが3種類に、いろんなスパイス料理が揃っていますよ。

          IMG_6237
先ずは、カオスミックスチーズポテトフライ。
スパイスのパンチとチーズのマイルドさが程よくミックス。
これは止まらなくなります。

そして、カオスガイヤーンプレート。

   IMG_6240

ガイヤーン、わかりやすく言えばタイの焼鳥。
そのまま食べても美味しいし、付いてくるソースをつけても楽しい。
でもこのソース、いい感じの辛さしてますよ!

ビールが進んでしまって仕方なくなってきました^^;

           IMG_6251

スパイス玉子でもつまんで、ちょっとだけクールダウン。

喉元すぎれば、何やらではないですが、
また刺激が欲しくなって、今度はスパイシーシーフードプレートを楽しみましょう。

      IMG_6245

海老、イカ、ムール貝に、タップリの野菜でボリューム満タン!
1人でこれを食べちゃうと、カレーが食べられなくなるかもしれないけれど、
グループだとこれがちょうどいいですね。
あ、海老はコソッと食べずに仲良く分けてくださいね^^;

そんな感じで、プレート2種を楽しみ、メインはカレーをいただきます。

折角なので、3種あいがけ・・・・
   「オイスターアニスマサラだけ売り切れてしまって・・・」

あらま、残念^^;
では、2種あいがけをいただきましょう。

レギュラーサイズの他に、少なめのスモールサイズを選ぶことも出来ますよ。

そんな感じでお願いした、
チキンジンジャーとカオスキーマの2種あいがけはこんな感じです。

             IMG_6259

色目も違って、綺麗ですよね。
パブリカのピクルスの彩りもいい感じです(^^)

   IMG_6257

右側の赤いほうが、チキンジンジャー。
タップリと盛られているのが好印象(^^)

それでは早速いただきましょう。

            IMG_6262

    (^^)(^^)

うん、生姜の使い方が絶妙で美味しいです。
これからの季節にこういうのは嬉しいですね。

そして、左側がカオスキーマ。

   IMG_6258

こちらの方もいただいてみましょう。

             IMG_6264

おぉ、なかなかのスパイス感。
みなさん、この香りに惹かれてやってくるのですね!
爽やかさと旨味がいい感じに同居していますよ。

それぞれのカレーを食べ比べ、最終的には2つのカレーを混ぜて、
複雑な味の変化を堪能して完食。

スパイス料理とカレー、そしてお酒をしっかりと堪能させていただきました。
地下鉄に乗る前に軽くスパイス補充、如何でしょうか?
充実できますよ!






【カオス スパイスダイナー】
住 所:大阪市西区北堀江1-2-17    MAP
電 話:06-6534-2600
営業時間:11:30〜22:00 
煙 草:ランチタイム禁煙(15:00〜は、喫煙可)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつては、京都嵐山や軽井沢などに多くあった、芸能人のお店。みなさんも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?北野武の、元気が出るハウス、北野印度会社(カレー)。とんねるずの番組「ねるとん紅鯨団」のバレンタインハウス。田代まさしのマーシーズ。梅宮辰夫の ...
続きを読む
かつては、京都嵐山や軽井沢などに多くあった、芸能人のお店。
みなさんも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?

北野武の、元気が出るハウス、北野印度会社(カレー)。
とんねるずの番組「ねるとん紅鯨団」のバレンタインハウス。
田代まさしのマーシーズ。

梅宮辰夫の漬物本舗・・・・
あ、「辰ちゃん漬」のお漬物屋さんは、まだお店があるみたいです。

今でもそんなお店のグッズを持っていれば、ひょっとして価値が上がっていたかも^^;

そんなタレントショップではないですが、
郷ひろみさんのイタリアンとしてオープンしたお店、
“SOGNI di SOGNI(ソーニ・ディ・ソーニ)さん、
今でも営業されています。
 
          IMG_6889

しかも、かなり美味しくなったとの噂がちらほら。
そんな話を聞き、どうしても食べてみたくなって、
ランチタイムにお邪魔させていただきました。

      IMG_6894

店内は、ずらりと並ぶカウンター席が20席と、テーブル席が4席。
そして、個室も用意してあります。

「ディナーでガッツリもいいけれど、
ちょっと優雅なランチタイムにもなかなか使えますよ!」

そんな言葉を聞き、ちょっと豪華なランチを楽しんできました。

先ずは、前菜の盛り合わせ。

       IMG_5986

こうやって見ていても、丁寧に作られているのを感じますね。

   IMG_5989

これは、里芋のガレットとえびすもち豚ホホ肉のマルサラ酒煮。
ちょっと迷いましたが、一口でいただきます。
口の中で豚ホホ肉がくずれ、ソースと一体になる感じがクセになる(^^)

そして、ピックに刺しているものは、
鴨のフォアグラのテリーヌにグリオッシュパウダーでまぶして、
紅玉リンゴのカラメルをのせているもの。

         IMG_5990

まさか、ランチタイムにもこんな感じで、
本気のイタリアンが出てくると思ってなかったので、
ちょっとしたサプライズですね(^^)

そして、盆付きガラス容器のなかは・・・

      IMG_5993

カリフラワーのムースの上にホタテ貝のタルタルを重ねてあるもの。 
蓋をあけたに、スモークオイルの香りをお楽しみくださいとのこと。
こういう演出、いいですね(^^)

       IMG_5997

こうなってくると、やはりワインをお願いしたくなるもので^^;
こちらのお店、ワインもいろいろと揃っています。
相談すると、料理に合うものを持ってきてくださいますよ。 

       IMG_6897

そして、 四角いグラスに入っているのは、
クスクスのサラダと真鯛のカルピオーネ。

         IMG_5992

からすみの味わいもいいアクセントになっていますよ。 

         IMG_5991

こちらは、 スペックハムでグロビエラチーズを渦状に巻いたもの。
下に敷いてあるズッキーニと一緒にいただくと、いいバランスを楽しむことが出来ますよ。

そんな感じで、前菜だけでもかなり楽しむこととが出来ます。

前菜のあとは、スープをいただきます。

     IMG_5995

これは、金時芋のスープとのこと。
スプーンですくってみると・・・

            IMG_6010

中には、鴨のサルシッチャが入っています。
鴨の味わいと優しい甘みのスープがかなりいい感じ(^^)

     IMG_6002

このタイミングで提供されるパンも嬉しいですね。
ちなみにパンは自家製で、お店で焼き上げているのだとか。
美味しいので、思わずおかわりもしちゃいました(^^)

前菜を楽しみ、スープを堪能したあとは、いよいよメイン。
先ずは、魚料理のメインから。

       IMG_6017


こちらは、 タスマニアサーモンのソテー。
皮目をパリパリに焼いており、かなりいい感じ(^^) 
ソースは、白インゲンを使ったもので、これをタップリと絡めていただくのが美味しい。
紋甲イカのトマト煮もいいアクセントになっていましたよ。

魚料理をいただいたあとは、いよいよ肉料理のメイン。

              IMG_6026

これは、仙台牛(A5等級)のネックを赤ワインで煮込んだもの。
すごく柔らかくて味わい深いです。
ステーキもいいですが、こんな感じで手間を掛けた煮込み料理は嬉しいですね。


         IMG_6024

やはりこれには、赤ワインを合わせないといけませんね(^^)

そして、リゾットもいただきましょう。

        IMG_6056

この日は嬉しいことに、松茸のリゾットを用意してくださいました。
日本の伝統の味わい松茸と、イタリアンの出会い。
これは楽しいですよ(^^)

そしてデザートには、
ラ・フランスのクレームブリュレとピスタチオのジェラートをいただきます。

         IMG_6072

シェフの腕はもちろんですが、こちらのお店のパティシエ、
かなりセンスがいいですよ(^^)
パンもパティシエが焼いたそうなのですが、かなり美味しい。
ぜひ味わっていただきたいです。

       IMG_6078
 
そんなパティシエが作った焼き菓子もいただき、かなり満足させていいただきました。

この内容で、5,000円(ワイン別)はかなりお値打ちだと思います。
そして、ディナーは更に豪華で充実した内容になるのだとか。
ぜひ今度はディナーにもお邪魔させていただきたいと思います。

 











【SOGNI di SOGNI(ソーニ・ディ・ソーニ)】
住 所:大阪市中央区心斎橋筋2-1-6    MAP
電 話:06-4708-1635
営業時間:11:30〜15:00(L.O.13:00) 18:00〜22:00(L.O.20:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅先に行くと、地元の市場やスーパーに立ち寄ってしまいます。お土産のお店もいいのですが、それよりも普段着の、その土地のものが欲しくなる。そういうところで買ったものって、すごく愛着がわきませんか?20年以上も前に訪れたスイスの道端で、チーズフォンデュ鍋が売られ ...
続きを読む
旅先に行くと、地元の市場やスーパーに立ち寄ってしまいます。

お土産のお店もいいのですが、
それよりも普段着の、その土地のものが欲しくなる。
そういうところで買ったものって、すごく愛着がわきませんか?

20年以上も前に訪れたスイスの道端で、
チーズフォンデュ鍋が売られていたのです。
地元の人が使うような、チーズフォンデュの鍋とコンロ。

流石にスイスなので、物価はそんなに安くなかったですが、
思わず買ってしまうような、ときめくデザインのもの。
今でも大切に使っています。

そんな感じで、ちょっと道草して寄ってみると、
素敵な出会いがあるかもしれませんよ。

この日にお伺いさせていただいたのは、“みち草バザール”さん。

お店の名前を聞いて、スイスの街角で道草したときのことを思い出しました。

札幌駅の北側、北海道大学のキャンパスの近くにある、
カレーとタンドール料理のお店です。

お店の中に入り、2階のテーブル席に座らせていただきます。

        IMG_7672

先ずは、生ビールで乾杯。
こちらのお店では、アサヒ塾撰の生ビールを楽しむことが出来ます。

こちらのお店は、先日お伺いさせていただいた、
すすきのにあるお鮨屋さん、“鮨ノ蔵”の店主に教えていただいたお店なのです。
私がカレー好きであることを知ると、快く紹介していただきました。
こういうご縁って、嬉しいですよね(^^)

店内は、1階にカウンター席が4席。
そして、2階には、4人がけのテーブルがひとつと、2人がけのテーブルが2つあります。

         IMG_7667

小さいながらも、落ち着いて素敵な空間です。

   IMG_7130

メニューはこんな感じで、黒板に書かれています。
本日の冷菜、タンドール料理、本日のカレーがラインナップ。

そして、飲み物もいろいろ揃っていてALL500円。
良心的です。

いろいろ食べてみたいので、本日の冷菜盛をお願いしましょう。

           IMG_7675

先ずは、お皿にパパダンが乗っかって出てきました。

「お皿は、その後、取り皿として使ってください」とのこと。

それにしても、綺麗なお皿です(^^)

しばらくすると、本日の冷菜盛りが出来上がってきました。

         IMG_7678

小松菜、自家製なめ茸、ナスとキノコのピクルス、キャベツとココナッツのサブジなど、
賑やかに盛ってくださっています。

これを、先程の取り皿に取り分けてみましょう。
あんなに綺麗なお皿なのだから、ちょっと張り切っちゃいますよ。

         IMG_7681

中々いい感じ(^^)
これ、完全にコース料理の一品みたいになりましたね(^^)
これはちょっとワインが飲みたくなるなぁ・・・。

     IMG_7684

というわけで、ワインをボトルでいただきました。
メニューに書いてあるように、ボトルワインをお願いすれば、
何本か持ってきてくださり、味わいの特徴と値段を伝えてくださいますよ。

冷菜を楽しんだあとは、タンドール料理もいただきます。
先ずは、砂肝から。

            IMG_7689

これまた、スパイス使いが絶妙!
美味しいです(^^)

そして、チキン。
 
    IMG_7693

いわゆるタンドリーチキンなのですが、これもスパイス使いが絶妙。
皮はパリッと、中はジューシィで、おかわりしたいくらいです(^^)

そして、ちょっとスペシャルなラムチョップのタンドリー。

          IMG_7698

そのまま食べてもいいですが、奥にある緑色のミントチャトニをつけても美味しい。
それにしても、タンドリーラムチョップを食べたのは初めて。
かなり美味しいですよ。

いよいよカレーを楽しもうと思うのですが、
やはり一緒にチーズクルチャも食べてみたい・・・

改めてメニューに目を向けると、ブルーチーズクルチャもあるし、
キーマチーズクルチャもある。
完全に、お酒を飲むためにあるようなメニューじゃないですか(^^)
嬉しくなってきます。

お願いしたのは、ブルーチーズクルチャ。

        IMG_7703

絶妙な焼き加減で、思わず笑顔がこぼれます(^^)

       IMG_7705

パリフワの記事に、チーズがタップリ。
これはたまりません。

ブルーチーズクルチャがあまりにも美味しかったので、ナンもお願いしました。

           IMG_7712

出てきてビックリ!
大きく膨らんだナンに、一緒に行ったメンバーから歓声が上がります!
これはもちろん、カレーと一緒にいただきましょう。

     IMG_7720

最初のカレーは、パキスタンチキンカレー。
タップリと盛られてきますよ。

この感じは、完全にお酒と合わせていただくスタイルですよね。

           IMG_7726

一口いただくと、スパイスの香りと肉の旨味、
そしてあとから心地よい辛さが追いかけてくる感じを楽しめますよ。

チーズクルチャに乗っけて食べたり、ナンをつけたり、いろんな食べ方で楽しめます。

        IMG_7732

こちらは、辛口のラムチリカレー。
ちょっと辛めではありますが、それよりも美味しい(^^)
これだけタップリあるのが何よりも嬉しい。

こちらのお店、カレーをつまみに、しっかりとお酒を楽しめますよ。
その証拠に、女性お一人のお客さんもゆったりとカウンターで楽しんでいらっしゃいました。

         IMG_7645

店主の森本さんは、いろんな話を聞かせてくださる気さくな方。
なるほど、仕事帰りに1人で立ち寄って、カウンターで楽しみたい気持ちもわかります。

呑めるカレーと、絶品タンドール料理のお店、みち草バザールさん。
札幌に来る際には、ぜひまたお邪魔させていただきます。











【みち草バザール】
住 所:札幌市北区北15条西4丁目1-20    MAP
電 話:011-214-1579
営業時間:18:00〜翌3:00(L.O.2:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月・火
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

東海道新幹線で、東京から2つ目の駅、新横浜。開業当時、新大阪からは一番遠い駅だったかもしれません。当時は、各駅停車の「こだま号」しか止まらず、新大阪からは約4時間かけて行かなければならない。当時の新横浜駅の周辺は、田畑が広がる田園地帯だったと言うから驚きで ...
続きを読む
東海道新幹線で、東京から2つ目の駅、新横浜。

開業当時、新大阪からは一番遠い駅だったかもしれません。

当時は、各駅停車の「こだま号」しか止まらず、
新大阪からは約4時間かけて行かなければならない。

当時の新横浜駅の周辺は、田畑が広がる田園地帯だったと言うから驚きです。

新幹線開業で、ガラリと変わると言えば、
リニア開業で駅が出来ることになる、相模原市の橋本駅。

そんな相模原にある人気のカレー店、
カレーの店 マボロシ”さんにお邪魔させていただきました。

       IMG_7186

開店時間少し前に到着するはずが、予定が狂い、
お店に到着したのは、開店から30分経過の後。

     IMG_7182

想像通り、列ができています。
(でも、売り切れ御免じゃなくてよかった^^;)

席が空くのを待つ間に、入口の横にあるメニューボードを確認します。

         IMG_7184

本日のカレーは、チキンかポーク。
それに、量と辛さ、トッピングを選んでいくシステムです。

     IMG_7183

当店は、提供までにとても時間がかかります・・・
お仕事中やお急ぎの方、大丈夫でしょうか。
ご了承ください。


お急ぎの方はご遠慮くださいではなく、
大丈夫でしょうかと書かれてあるあたりがいいですね(^^)
意味は同じなのでしょうが、受ける印象はかなり違います。

順番が近づいてくると、お店の中から先に注文を聞きに来てくださいます。
と同時に、人数の確認もしていらっしゃますね。

            IMG_7189

私の注文は、チキンの量は普通、辛口でピクルスとマトン挽肉と大根のキーマトッピング。
私が注文したあと、マトン挽肉と大根のキーマのメニューが剥がされたので、
このトッピングは最後の1つだったみたいです。
(滑り込み、なんとかセーフ^^;)

間もなくして、空席ができ、店内へ案内していただきました。

店内は、カウンタ席が3席と、
2人がけテーブルがひとつに、4席ある大きなテーブルがひとつ。
そして、ひとりがけのテーブル席がひとつあります。

     IMG_7187

店内には、昭和の時代を感じさせる家電や看板、表示などが所狭しと並べられています。
眺めていると、ちょっと楽しい気持ちになってきますね(^^)

漂うスパイスの香りとともに、ガリガリという音がカウンターの中から聞こえます。
注文が入ってから、仕上げのスパイスを挽いているのですね。
これは薫り高いカレーが期待できますよ。

         IMG_8171

そんな感じで、店内の雰囲気とスパイスの香りを楽しんでいると、
薬味代わりのマリネされた野菜が出てきました。
ここで、一気に食べてしまいたい気持ちを抑えます^^;

そして、しばらくすると、お願いしたチキンカレーが出来上がってきました。

          IMG_8174

おぉ、これは噂通りに肉がゴロゴロ。
しかも、一つ一つが大きいのです、これはインパクトありますね(^^)

  IMG_8176

マリネとカレーとお冷。
あれ?  トッピングでお願いしたマトン挽肉と大根の・・・

「すぐにお持ちしますので、お待ち下さいね〜」

良かった、忘れているわけではないですね^^;

          IMG_8178

それにしても、迫力がすごい!
温かいうちにいただきましょう。

    IMG_8192

        (^^)(^^)(^^)

なるほど〜、行列ができるわけだ、これは。
嫌味がないギリギリのところを見きったスパイス使いと、素晴らしい香り。
そして、これはチキンのもも肉ですね、柔らかくて美味しいです(^^)

        IMG_8186

ごはんもきちっとカレーに合わせて固めに炊いてある。
これが結構大事なのですよね〜(^^)

   IMG_8181

面白いのは、トッピングのピクルスをお願いすると、まるごと1本のっけてくれること。
ピクルス好きにとっては嬉しいですよ。

そんな感じで、先にチキンカレーを楽しいでいると、
マトン挽肉と大根のキーマも運ばれてきました。

         IMG_8198

わぁ!
カトゥリに山盛りはいってきて、プラス300円。
これはかなり嬉しいですね(^^)
いただいてみると、マトンの味わいと柔らかく煮込まれた大根がよく合って、
すごく美味しいです(^^)

      IMG_8184

端っこの方に、遠慮しながらもその存在感を放つ唐辛子。
少しだけかじってみましょう・・・

     ^^;^^;

これ、結構辛い!
いやぁ、パワフルですよ、これ。
そう言えば、カウンターのところに書いてあったなぁ・・・

       IMG_7188


青唐辛子を間違えてそのまま食べないでください!
辛さが足りない場合 少しつぶして辛さを足してください。

これを“ノリ”で、パクっと行っちゃったら、
その以降は美味しさを楽しむ余裕と味覚のキャパは、確実にぶっ飛んじゃうので要注意^^;

      IMG_8200

チキンは、もも肉だけではなく、胸肉も乗っかっています。
これもまた柔らかくて美味しいのです(^^)
もも肉と、胸肉の違った味わいがより一層楽しくカレーを食べさせてくれます。

           IMG_8205

さらに、マトン挽肉と大根のキーマも、同じお皿の上にあけて、一緒に楽しみましょう。

スパイスと旨味をしっかり楽しめ、
タップリとチキンも楽しめて最高に満足させていただきました。

      IMG_8207

食後に、チャイもいただき大満足。
こうなると、ポークもすごく気になってしまいます。

      IMG_7191

私がお店から出てきたときには、完売。
時間は、13:00過ぎだったと思います。

相模原の美味しいカレー「マボロシ」さん。
近くにお寄りの際はもちろん、わざわざ食べに行く価値もありかと思いますよ。
是非早めの時間帯を狙って食べに行ってくださいね(^^)











【カレーの店 マボロシ】
住 所:神奈川県相模原市中央区中央3-7-1    MAP
電 話:042-751-3320
営業時間:11:00〜15:00(売り切れ次第終了)  
煙 草:完全禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

もりかけ。蕎麦屋に行けば、書いてある文字、「もりかけ」。もりかけそばっていうのがあるわけではなく、「もりそば」と、「かけそば」のこと。メニューの中でも一番シンプルな蕎麦で、温かい出汁に入って出て来る蕎麦がかけそばで、具はない。そして、器に盛られた冷たい蕎 ...
続きを読む
もりかけ。

蕎麦屋に行けば、書いてある文字、「もりかけ」。

もりかけそばっていうのがあるわけではなく、
「もりそば」と、「かけそば」のこと。

メニューの中でも一番シンプルな蕎麦で、
温かい出汁に入って出て来る蕎麦がかけそばで、具はない。
そして、器に盛られた冷たい蕎麦を、そばつゆで食べるのが、もりそば。
同じく、具は入っておらず、ネギが付くぐらいのもの。

冷たくて、そばつゆにつけて食べる・・・
ざるそばじゃないの?
ざるそばともりそばの違いって、海苔が乗ってるかどうかだけではないらしい・・・。

そう言えば、関西の蕎麦屋さんには、もりそばがめったにない。
そして、関西以外のうどん屋さんには、かすうどんがない・・・

一度味わえば、その美味しさの虜になる確率が非常に高いかすうどん。
この日は、美味しいかすうどんが食べたくて、堺東にあるうどんのお店、
“麺くい やまちゃん”にお邪魔させていただきました。

          IMG_2646

南海高野線の堺東駅から7〜8分歩くとお店があります。

扉を開けると、すぐに席がありますよ。
開けたところにお客さんがすでに座っていれば、他の扉を開けましょう!
そんな感じで空席を見つけて着席。

      IMG_2625

目の前を見ると、「やまちゃんの けいらんきつねうどん」発見。
980円で、玉子タップリのあんかけに、きつねあげと大きな海老天も付く!
これにしようかと、一瞬思ってしまいます。

あ、メニューはこんな感じですよ。

    IMG_2626
それにしても、お昼のサービスが半端なくお得!
これは、満腹確約セットですよね(^^)

        IMG_2627
天麩羅の盛り合わせと、うどんにごはんまで付いて850円、
誘惑するねぇ^^;


    IMG_2628
レギュラーメニューはこんな感じで、いろいろと揃ってますよ〜。
            IMG_2629

で、この日はもうこれに決めていたもので、予定通り。

     IMG_2630

かすうどん。
その中でも、かすカレーうどんをお願いしました。

店内は、カウンター席のみで12席。
お昼時ともなると、ひっきりなしにお客さんがやってきて、ほぼ満席状態。
カレーうどん、かすうどんや天ぷらの注文率が高いですね。

前に来たときには、天ぷらカレーうどん。
そして、かす丼をいただいたことがあるので、
今回の注文はそれを合わせたような感じになるのか・・・。

そんな事を考えていると、お願いした「名物かすカレーうどん」が出来上がってきました。

          IMG_2635

大きな器に、タップリのカレー出汁とネギ。
そして主役の油かすもたっぷりはいっています。

先ずは、出汁からいただきましょう・・・
あ、油かすも一緒に入ってきた^^;

         IMG_2637


       (^^)(^^)

美味しい!
旨味がきいた出汁に、スパイスの香りが凄く心地良い。
温まります、この季節にぴったりですね!
(って、夏でも平気で食べますが^^;)

そして、うどんもいただきましょう。

     IMG_2638

しっかりと出汁が絡んで美味しい!
熱々の中でも、ちゃんとコシがあるのが嬉しいですよね(^^)

           IMG_2631

途中で、天かすや一味、七味を入れて味の変化を楽しむのもいい。
これが結構楽しいのですよ。

     IMG_2645

かすカレーうどんのかす、油かすは食感も味わいも最高。
一度食べると忘れられない美味しさです。

油かすと言っても、油が抜けるまで素揚げされているから、しつこさは皆無。
旨味が凝縮されて、まさに“いいとこ取り”なのです。

そして、嬉しいことに牛肉もタップリと入っていますよ。

          IMG_2643

肉、カレー、うどん、油かす、カレー、うどん・・・。
そんな感じのローテーションを繰り返し、ご機嫌で完食!

しっかりと堪能させていただきました。

かすうどん、かすカレーうどん。
大阪に来たなら、是非食べに行ってください!
他では出来ない感動、ありますよ〜(^^)



      







【麺くい やまちゃん】
住 所:堺市堺区一条通16-24    MAP
電 話:072-238-8883
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜20:30
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日と月曜日の夜
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりにも流行っているから、逆に興味がなくなる、定番と言われると、それに逆らって変わったことをしてみたくなる・・・。少〜しだけ、そういう傾向があるかもしれません^^;とは言うものの、クイーン、フレディ・マーキュリーの映画、「ボヘミアン・ラプソディ」は、公開か ...
続きを読む
あまりにも流行っているから、逆に興味がなくなる、
定番と言われると、それに逆らって変わったことをしてみたくなる・・・。


少〜しだけ、そういう傾向があるかもしれません^^;

とは言うものの、クイーン、フレディ・マーキュリーの映画、
「ボヘミアン・ラプソディ」は、公開から1週間で観に行ったし、
「君の名は」は、気がついたら2回観に行っていた・・・。
(ボヘミアン・ラプソディは、もう1回観に行きたいと真剣に思ってます^^;)

大人気のお店、行列ができるお店にも、一度は行ってみないとと思っています。
(行けてないお店、多いんですけどねぇ^^;)

でも、本当に行ってみたいのは、知る人ぞ知るお店で、本当に予約が取りにくいお店。

友人曰く、
「何度も電話をしてるんだけど、全然電話に出てもらえない^^;」

そんなお店が札幌にあるらしい。
昨年札幌に行ったときに、ダメ元で飛び込みで行ってみたけれど、やはりNG。

そんな事があって一年、今年も札幌に行く機会が訪れる。
少し遅めの時間に電話をしてみると、繋がり、予約もOK。

この日にお伺いさせていただいたのは、札幌すすきのにある、
“鮨蔵”さん。

           IMG_7098

ビルの地下1階にお店はあります。

      IMG_7101

入口を入り、名前を告げると、カウンター席の奥に案内してくださいます。

   IMG_7578

店内は、カウンター席のみで6席。
そりゃぁ、予約しなければ入店できません。

先ずは、ビールで乾杯。
こちらのお店では、エビスビールをいただくことが出来ますよ。

メニューは、おまかせのみなので、注文するのはお酒のみ。
さぁ、ここから念願の「鮨蔵」ワールドをしっかりと堪能させていただきます。

      IMG_7503


最初の料理は、ズワイガニと三つ葉とほうれん草のお浸し。

         IMG_7469

先付の一品も実に美しい。
三つ葉の香りとほうれん草の味わいに、蟹のアクセントが加わる。
味わい、食感ともに楽しいです。

そして、ババカレイ。

        IMG_7472

こちらのお店、ただ新鮮な魚を切って出すだけ・・・なんてことはしません。
それぞれの持ち味を最大限に活かす工夫がされているとのこと。
このババカレイも同じく、心地よい旨味が印象的です。

             IMG_7474

こういうのが出てくると、ビールを飲んでいる場合ではなく、日本酒が欲しくなりますね。
最初のお酒は、福井のお酒「常山」。
お酒は、冷か常温、好みの味わいを伝えると、おまかせで出してくださいます。

そして次の料理は、真ダチの冷たいフライ。

        IMG_7478

待ちに待ってました、タチです。
昨年冬の北海道で、初めて味わい感動したタチ(真鱈の白子)
ついに念願の再会です(^^)

「一口で食べると後悔しちゃいますよ。」
と、店主。

パクっと一口で行きたい衝動をなんとか抑え、箸で半分に切っていただきます。

      (^^)(^^)(^^)

それ、ホント!
こんなに美味しいの、一口で食べてしまうと、たしかに悔しい思いをすると思います。

次は、金華さばを焼いたもの。

       IMG_7480

ずっと眺め続けていたくなるくらいに美しい。
でも、その真価は見た目の美しさではなく、味わいにあるのは言うまでもありません。

        IMG_7484

箸を入れると、パリッという感覚とともに、あぶれてくる脂。
食べてみると、甘みのあとから旨味を感じ、
素晴らしく上品な味わいを楽しむことが出来る。

          IMG_7489

これには、京都の酒、「澤屋まつもと」を合わせていただきます。
札幌に来て、京都の酒と金華さば。
こういう贅沢もたまにはいいものですね。

金華さばを堪能したあとは、北海道産産のとらふぐと、うにをいただきます。

         IMG_7492

当然これにも仕事がしてあって、このままウニを崩しながら混ぜて食べるのだとか。

北海道産のふぐは、この季節にいただけるのはラッキーなのだとか。
ウニの濃厚な旨味とふぐな淡麗な旨味が出会うと、こんなにも美味しい(^^)

そして、イカのゲソとつぶ貝、山わさび。

         IMG_7496
コリッとした食感は、噛めば噛むほど旨味が染み出す。
そこに、山わさびの風味が加わり、なんとも言えない旨味を醸し出します。

「これはスペシャリテ、これを食べに飛行機に乗ってくる人も結構いますよ」

そう言って出していただいたのは、真ダチ。

        IMG_7506

新鮮な真ダチを生でいただくのが最高と思っていましたが、
この低温調理されて、旨味を最大限に引き出したこれは、本当に別次元の美味しさ。
思いっきり五感を研ぎ澄ませて堪能させていただきます。

スペシャリテで天に昇った気持ちをしばしクールダウンさせるのか・・・

        IMG_7513

次に出てきたのは、昆布出汁の一番出汁に、あさりとなめこを合わせたもの。
食べてみると、クールダウンなんてとんでもない。
これも、本当に味わ深い。
旨味と食感、そして余韻までもが一体となって、食べていて本当に楽しいのです。

        IMG_7520

これは、さわら。
 皮目をドライヤーで仕上げたのだとか・・・。
一瞬聞き間違いかと思いましたが、そうではないみたい。
とにかく、いろんな方法で、最大限に旨味を引き出す方法を研究なさっているのです。

           IMG_7527

山葵をのっけていただくと、口の中いっぱいに旨味が広がります。
それだけではなく、食感も柔らかく本当に心地良い(^^)

        IMG_7531

そして、つまみの最後は、 仙鳳趾の牡蠣を脱水したものに、
煎ったとろろ昆布をのっけたもの。

大好きな 仙鳳趾の牡蠣はクリーミーな旨味がより一層凝縮され、
昆布の旨味と合わさって凄いことになっています。
 仙鳳趾の牡蠣だけでも美味しいのに、更にその上を追求される。
尊敬に値しますね(^^)

さて、ここからは鮨が登場します。

先ずは、真いか。

        IMG_7536

綺麗な包丁目が入っていますが、よく見るとそこだけに火が入っている。
イカの甘味と火を入れた部分の旨味が共存して、複雑な味わいを楽しむことが出来ます。

そして、ヒラメ。

      IMG_7541

上品な白身に味わいが、深い。
旨味が凄いんですよ(^^)

次は、さわらの腹。

      IMG_7544

綺麗なのはもちろん、脂ののりもすごく上品。
口の中に旨味が広がるのと同じタイミングで、シャリが崩れていくのも素晴らしい。
このときばかりは、すべての感覚の敏感なところが口の中に集まった感じで、
じっくりと鮨を楽しみます。

           IMG_7546

そしてこれは、焼き鰊。
ご覧になってわかると思うのですが、ネタによってシャリの量もコントロールされています。
どんな味わいには、どのくらいが一番良いか考えられているのです。
もうね、完全に虜になってしまってますよ(^^)

そして、中とろ。

      IMG_7554

中トロの中でも、限りなくトロに近いのではないでしょうか?
鮪が口の中で溶けていくのをしっかりと感じることが出来ますよ。

中トロを食べたあとでも、負けていないのがノドグロ。

       IMG_7556

中トロがサラッと溶けていくのに対して、
ノドグロは旨味を引っ張りながらシャリと絡んでいく感じ。
鮨って、魚が変わればのるネタが変わるだけではなく、
全体の印象もガラリと変わる。
だから飽きることがないのです。

           IMG_7561

そして今度は、赤身のづけ。
それにしても、キメが細かい(^^)
これも一体感が半端じゃないですね。

     IMG_7564

旨味がのった燗酒もいただき、かなり幸せな時間(^^)
まだお鮨は続きますよ!

            IMG_7567
これ、ホタテなのですが、これが凄いんです。
2時間、風で脱水させて、旨味を増させたものなのだとか。
食べてみると、甘みが素晴らしい!

最後は、トロのたたきと雲丹で、直球ど真ん中の旨味を楽しませていただきました。

     IMG_7573

鮨ノ蔵さん、1人で営業され、予約の電話も繋がりにくく、かなり拘ったお店。
店主、どんな方なのだろうか・・・
最初は少々緊張しましたが、話してみると意外と気さくな、店主の井川さん。

私がカレー好きだと知ると、
札幌市内にある知り合いのタンドリー料理のお店の紹介もしてくださいました。
(そちらのお店の記事は、後日書かせていただきますね!)

人気の秘密は、徹底的に拘った味わいと、店主の人柄。
一度味わいと、忘れることができなくなり、
わざわざ飛行機に乗ってでも来たくなるお店なのは本当の話です。
(もちろん、次の予約も済ませたことは言うまでもありませんね(^^))

鮨職人を超えて、研究の域にまで達していると言っても過言ではないと思います。
本当に素晴らしい体験をさせていただきました。








【鮨ノ蔵】
住 所:札幌市中央区南2条西4 乙井ビル B1F    MAP
電 話:080-3237-5430
営業時間:18:00〜23:00 (完全予約制)
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

歌舞伎ブームと言われているらしい。そう言えば、ドラマや映画を見ていても、よく見る役者さんの顔は、歌舞伎役者だったりする。大人気のドラマ「半沢直樹」でも、数多くの歌舞伎役者が出演してたような。大和田常務役の香川照之さん。金融庁検査官、黒崎役の片岡愛之助さん ...
続きを読む
歌舞伎ブームと言われているらしい。

そう言えば、ドラマや映画を見ていても、よく見る役者さんの顔は、
歌舞伎役者だったりする。

大人気のドラマ「半沢直樹」でも、数多くの歌舞伎役者が出演してたような。

大和田常務役の香川照之さん。
金融庁検査官、黒崎役の片岡愛之助さん。 


そして、「下町ロケット」では、ギアゴースト社長、伊丹役の尾上菊之助さん。

なるほど、これは顔も覚えますし、親しみやすい。
歌舞伎を一度見てみたいなぁ・・・
そんな気持ちになるのも理解できます。

大阪難波にも「新歌舞伎座」があったのを覚えていらっしゃいますでしょうか?

その跡地に立つホテル、新歌舞伎座のデザインが再現されているのだとか。

そんな元新歌舞伎座の向かい側に、この日にお伺いさせていただた、
“野乃鳥 なんば堂”さんはあります。

       IMG_7152

GEMS NAMBAというビルの8Fにお店があります。

この日は、オープン前のレセプションでお邪魔させていただきました。

野乃鳥さんといえば、美味しい地鶏の焼き鳥をいただけるお店として、大人気。
大阪池田にある本店は、カウンターわずか7席のお店。
金曜日と土曜日のみの営業で、今でも社長自ら焼き鳥を焼いてくださるのだとか。
(野乃鳥、本店の記事はコチラ)

席に案内していただき、先ずは生ビールで乾杯。

         IMG_7835

こちらのお店では、サントリー マスターズドリームをいただくことが出来ますよ。

オススメをお任せで出していただけるとのことですが、
普段はどんなものをいただくことが出来るのでしょうか・・・。
メニューはこんな感じですよ。

  IMG_7153

        IMG_7154

            IMG_7155

  IMG_7156

    IMG_7157

       IMG_7158

           IMG_7159


鶏とお酒にこだわる。
いろんな楽しみ方ができそうです。
ちなみに、コースでも料理が用意されているようですよ。

       IMG_7873

             IMG_7874


忘年会、新年会にもうれしいぷらんですね。

そんな感じで、メニューを眺めていると、料理のほうが運ばれてきました。

       IMG_7843

こちらの料理は、「ねぎどっか〜ん」。
野乃鳥開業のとき、まかないで存在していた料理なのだとか。
鳥の刺身に特製の味噌とポン酢であわせ、タップリのネギでいただく、
ネギ好きにはたまらない逸品ですね。


    IMG_7847

そして、たたき盛合せ。
胸肉ともも肉、それぞれの美味しさの違いを楽しめますよ。

刺身を楽しんでいると、串焼きの方も焼き上がってきました。

          IMG_7837

  IMG_7855

         IMG_7856

焼き加減、完璧!
レセプションという特殊で忙しい環境の中でも、
これだけのクォリティで焼き上げてくるのは、本当に見事だと思います。

            IMG_7864
雪だるまのイラストが描かれた日本酒、「仙禽 しぼりたて活性にごり酒 雪だるま」。
こういうのがいただけるのも嬉しいですね。

     IMG_7851

          IMG_7875

これはちょっと、じっくりといろいろ味わってみたくなりますね。
つくねの柔らかさ、手羽先の食感もかなり好みです(^^)

       IMG_7860

そして、チキン南蛮も絶妙な火の通し加減。
素材を愛し、知り尽くしてるからこそ出来る技だと思います。

そんな感じで楽しんでいると、鍋の用意がはじまります。

         IMG_7867


って、これは凄いなぁ。
コラーゲンと言えばいいのでしょうか?
完全にゼラチン状ですよ^^;

鍋があたたまるまでの間、クラフトジンの「六」を楽しみます。

        IMG_7871

このジン、すごく飲みやすくて美味しい。
私もこれ、大好きなんですよ(^^)

     IMG_7926

このタイミングで出てきたのが、これも名物料理の「トリッシーニ」。
播州百日鶏100%のハンバーグとフォワグラ。
そこに濃厚な赤ワインとトリュフ香るペリグーソースで仕上げたものだそうです。

これはもう、焼き鳥屋さんのレベルを完全に超えているかと(^^)

           IMG_7881

そろそろ鍋のほうが煮えてきたようです。
コラーゲンタップリの鍋のお味はどんなかんじなのか・・・。

     IMG_7886

では早速いただきましょう。

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
真面目に美味しい(^^)

骨付鳥からの旨味もプラスされ、されに美味しくなったのでは。
この鍋をたっぷりと食べられる忘年会って素敵でしょうね!

          IMG_7891

〆にはラーメンを入れて楽しみます。
これ、美味しいに決まってますよね(^^)

   IMG_7927

さらに、雑炊も楽しみ、余すところなく堪能させていただきました。

窓から御堂筋の景色を楽しみながら、絶品の鶏料理。
おもてなし、自分へのご褒美にぴったりだと思います。
そしてなによりも、鶏が本当に美味しいです。

ぜひ予約して行ってみてくださいね!






【野乃鳥 なんば堂】
住 所:大阪市中央区難波3-7-19 GEMSなんば 8F    MAP
電 話:06-6630-7341
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:第3火曜日(12月は営業)、年末年始
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつ頃から流行りだしたのだろうか、「インド人もびっくり!」って言葉。え、そんな事言わないって?ちょっと古いかもしれませんね^^;この言葉のきっかけって、1964年に放送された、S&B「特製エスビーカレー」のCMから来ているのだとか・・・。「インド人嘘つかない」これは ...
続きを読む
いつ頃から流行りだしたのだろうか、「インド人もびっくり!」って言葉。

え、そんな事言わないって?

ちょっと古いかもしれませんね^^;
この言葉のきっかけって、1964年に放送された、
S&B「特製エスビーカレー」のCMから来ているのだとか・・・。

「インド人嘘つかない」
これは、ナイルレストランのオーナー、G.M.ナイルさんの有名な言葉。
でも、インドで働く日本人の友人曰く、
「インド人、平気でウソつくよ〜^^;」とのこと。
(ま・・・一部の日本人も人のこと言えませんけど^^;)

そんな、何かと話題に上るインド人。
秋葉原の街を歩いていると、こんな看板を見つけました。

             IMG_8304

ビックリするわけでも、ウソを付くわけでもなく、ウットリするほどおいしいカレー。
これは気になる・・・。
さらに、この看板の裏側には、

    IMG_8305

中国人もビックリするらしい^^;

そして、インド人がうっとりして、
中国人がビックリするカレーを提供してくださるお店の名前は・・・。

             IMG_8308

“トーキョーパラダイス”。
何だか、とっても上手にまとまっているような気がするのは、私だけでしょうか^^;

こんな演出(というわけではなく、大真面目にされているのでしょうが^^;)されて、
素通りできるはずはなく、吸い込まれるようにお店の中へ。

空いているテーブル席に座らせていただきます。

店内奥のところに、メニューが書かれてあります。

        IMG_7208

ビーフカレー、ポークカレー、チキンカレー、ドライカレー。
ハーフ&ハーフ(あいがけ)も可能で、ビーフとの組み合わせは800円で、
その他、ビーフを含まない組み合わせは750円とリーズナブル。

席に座り、注文するカレーを決めておきます。
店主がお冷を運んできてくれたら、その時が注文するタイミングです。
(店主お一人で切り盛りされているので、それまで待ちましょうね。)

「ビーフとポークのハーフをお願いします。」

そんな感じで注文を済ませれば。あとはカレーが出来上がるのを待つのみです。

店内は、4人がけのテーブルが3卓と6人がけテーブルがひとつ。
そして、2人がけのテーブルがひとつあります。

          IMG_7209


この時点では、私の他にお客さんは二人組の方がいただけでしたが、
このあとから続々と入店してきます。
知る人ぞ知るお店なのですね(^^)

そんな中、お隣の方たちのカレーが出来上がった様子。

「チキン、キーマハーフ、大盛りの方は?」

・・・・って、で、デカイ!
こちらのお店のカレー、ハーフ&ハーフは、
真ん中にご飯が土手のように盛ってあるのですが、
大盛りになると、土手どころかダムのように、高〜く盛ってあるのです^^;

そんな感じで、お隣のカレーに驚いていると、
私がお願いしたカレーも出来上がってきました。

           IMG_8283

おぉ、普通盛でも結構タップリ!
このお皿、ただの平皿ではなく、ちょっと深みがあるので、
カレーもごはんもたっぷりと入っているのです。

そして何よりも、肉が本当にたっぷりはいっているのが嬉しい。

    IMG_8286

左側はビーフカレー。
大きな塊の牛肉がゴロゴロ入っています。

そして、右側はポークカレー。

           IMG_8287

お、こっちの肉もデカイぞぉ〜(^^)

それでは早速いただきましょう。
先ずは、ポークカレーから・・・。

     IMG_8289

大きなポークは食べてみると、本当に柔らかい。
カレーの方はというと、市販のルーに手を加えたような感じではなく、
きちんとイチから作った丁寧さを感じます。
最初は甘みを感じ、徐々にスパイスの旨味が広がっていきます。

そして、ビーフの方もいただきましょう。

           IMG_8293

ポークよりもしっかりした食感かと思いきや、
こちらもすごく柔らかい!

野菜やフルーツの甘味を甘味が包み込み、本当に手間ひまかけている感じの美味しさです。

      IMG_8303

それにしても、大きな肉が本当にたくさん入っている。
そして、スプーンで簡単に切れる柔らかさも本当に快感。


           IMG_8296

ごはんもカレーに合うように固めに炊かれていて、どんどん進んじゃいます。
これはスプーンを持つ手が止まらない。

肉もタップリ、カレーもしっかり美味い。
そして、ごはんもたっぷりとあるので、
いろんなバランスを試しながら食べるのも楽しいですね。

今回は、「やや甘口」と書かれたビーフと、
「やや辛口」と書かれたポークをいただいたので、
次回は是非、「辛口」と書かれたチキンと、
「やや辛口」のキーマを食べてみたいと思います。

これだけ大きな肉がゴロゴロ入って、2種類のカレーが楽しめて、800円。
絶対にお得だと思います。
煮込み系のカレーが好きな方、ぜひ一度行ってみてください。

中国人がビックリ、インド人がウットリするように、
味わいと肉の量、そしてリーズナブルな価格にドッキリしますよ(^^)







【トーキョーパラダイス】
住 所:東京都千代田区神田和泉町10-9 三宏ビル 1F    MAP
電 話:03-3866-8544
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜21:00
煙 草:喫煙可
定休日:土日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のウイスキーと言えば、サントリーとニッカ。もちろん、他にもウイスキーの蒸溜所はありますが、この2社で生産量の90%を占めるのだとか。ライバルとされるこの2社ですが、ニッカの創業者である、竹鶴政孝氏は、その昔、サントリーの創業者である鳥井信治郎の寿屋にいた ...
続きを読む
日本のウイスキーと言えば、サントリーとニッカ。

もちろん、他にもウイスキーの蒸溜所はありますが、
この2社で生産量の90%を占めるのだとか。

ライバルとされるこの2社ですが、ニッカの創業者である、竹鶴政孝氏は、
その昔、サントリーの創業者である鳥井信治郎の寿屋にいたのだとか。


鳥居氏のサントリーは、なんとなく社名のきっかけはわかるけれど、
竹鶴氏のニッカはどうなのか?

ニッカの前身は「大日本果汁」
ウイスキーは製造開始から、商品になるまで時間がかかるため、
当初はりんごジュースやアップルワインを製造していたことが社名の由来なのだとか。

サントリーの山崎蒸溜所、白州蒸溜所に入ったことがあるけれど、
ニッカの余市蒸溜所には行ったことがない・・・

というわけで行ってきました・・・・。
と、その前に腹ごしらえ^^;

           IMG_7641

この日にお邪魔させていただいたのは、余市の駅前にある、
”柿崎商店 海鮮工房”さん。

      IMG_7638

朝の10時から空いているのも嬉しいですね。
うに丼、磯丼、海鮮丼、ホッケ定食、宗八定食・・・
磯丼と海鮮丼の違いとは?

そんなことを思いながら、階段で2階に上がると、お店の入口があります。

            IMG_7636

店内に入ればすぐに、メニユーサンプルが並び、
どんな物が食べられるのかがわかりますよ。

  IMG_7631

うに丼は時価って・・・あ、上の方に今日のうに丼の価格が書いてありますね。
今日のうに丼は、白塩水丼で、2,480円。
うに丼にしてはかなりリーズナブルですね!

             IMG_7632

その他にも、いとこ丼、ルビークラブ丼、竹鶴政孝定食など、
面白そうなものがたくさんあります。
でも、目を引かれたのは、丼の上に貝がたくさん乗っかった磯丼。
なるほど・・・海鮮丼はいろんな海鮮がのっかり、
磯丼は貝が盛りだくさんの丼だったのですね!

     IMG_7635

お酒やビール、ノンアルコールビールも揃っているので、
ここで昼酒を決め込んじゃうことも出来ますよ(^^)

食べたいものが決まったら、ここで先に注文して、お会計も済ませちゃいます。

注文を済ませて、テーブル席に座りましょう。


      IMG_7125

店内は、4人がけのテーブル席が9卓と、8人がけのテーブル席が2卓。
そして、10人がけのテーブル席が4卓に、窓辺のカウンター席が3席あります。

             IMG_7126

団体様もどんと来い!
そんな感じではありますね。

      IMG_7127

懐かしいタイプのコカコーラの販売機。
釧路のお店にもありましたが、北海道ではまだまだ現役なのでしょうか?   

そんな事を考えながら待っていると、お願いした磯丼が出来上がってきました。

          IMG_7605

たっぷりの貝が乗っかった丼に、味噌汁とたくあん。
シンプルですが、何故かときめく(^^)

     IMG_7608
  
そりゃぁ、これだけたっぷりの貝の刺身がのっかってると、
かなりテンション上がりますよ!

           IMG_7619

    これ 美味しい醤油です

あまりにも直球なネーミングに、思わず笑みがこぼれます(^^)

    IMG_7620

そんな醤油を小皿にとり、

              IMG_7622

まずはホッキ貝を刺身でいただきましょう。

         (^^)(^^)

甘くて美味しい。
これ、たのんで大正解!
この時点ですでに確信しました。

わさびは、昔ながらのわさび・・・
醤油にとかして、ワサビ醤油を作っちゃいます。

          IMG_7624

それを、磯丼の上にちょろっとかけて、いただきます。

       IMG_7626

          (^^)(^^)(^^)

美味い!
当たり前ですが、本当に美味しい!
ずるいなぁ・・・北海道のヒトは。
こんなに新鮮な貝をふんだんにいつでも食べることが出来るんだから。

つぶ貝(正確には、エゾバイというらしい)
ホッキ貝(ボイルするなど、熱を加えると、きれいな桜色になります)
そして、貝の王様(と、勝手に思っています^^;)帆立をふんだんに味わえます。

注文のとき、「ごはんの量はどうなさいますか?」と聞かれたのですが、
「大盛りでお願いします!」って言っておけばよかったなぁ^^;

磯丼、余市に来るならば、是非味わってほしい逸品です。
余市蒸溜所見学の際に、是非行ってみてくださいね!
ちなみに、1階にある海鮮物のお店も、安くて新鮮な魚が盛りだくさんでしたよ(^^)


         









【柿崎商店 海鮮工房】
住 所:北海道余市郡余市町黒川町7−25    MAP
電 話:0135-22-3354
営業時間:10:00〜19:00 
煙 草:禁煙
定休日:年中無休
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪ミナミ。御堂筋の終点、高島屋のすぐ近くに、知る人ぞ知る、大人気の居酒屋がありました。お店の名前は、「酒友忠じ」。曜日関係なく、いつも大人気のお店。新鮮な魚が食べられて、料理はどれもひと工夫されていて美味しい。しかも安いとくれば、人気にならないわけがな ...
続きを読む
大阪ミナミ。

御堂筋の終点、高島屋のすぐ近くに、知る人ぞ知る、大人気の居酒屋がありました。
お店の名前は、「酒友忠じ」。

曜日関係なく、いつも大人気のお店。
新鮮な魚が食べられて、料理はどれもひと工夫されていて美味しい。
しかも安いとくれば、人気にならないわけがない。
一度行ってからは、完全に虜になり、何度通ったことか・・・。
(酒友忠じの過去の記事はコチラ)

そんな「酒友忠じ」が、いつの間にか別のお店になっている。
なにか事情があったのでしょう。
あれだけ繁盛していたお店が閉店したなんて信じられませんでした。

時は経ち、一つの噂が私のところにも流れてきます。

酒友忠じが復活しているらしい・・・。

しかも、立呑になって。

この日にお伺いさせていただいたのは、大阪日本橋にある立呑のお店、
”酒町 ちゅうじろう”

              IMG_7513

通りがかりでは、決して見つけられないのではないかという感じで、
ひっそりと看板があります。

「ちゅうじろう」と書かれた杉玉のかかる横の階段を上がっていくと、
お店の入口があります。

お店に入ると、本当に立呑のお店。

カウンターの空きスペースに落ち着き、まずは生ビールで乾杯!

そして、メニューを見せていただきます。

             IMG_7262

こ、このメニューは・・・
あの酒友忠じのものそっくりじゃないですか(^^)
嬉しくって、めちゃくちゃテンションが上りますよ!

早速、気になる料理をいくつかお願いしちゃいます。

先ずは基本のポテトサラダ。
       
             IMG_7252
 

メニューにあると、ついつい頼んじゃうんですよね^^;
そして、ポテトサラダほど、お店によって個性に差が出るものはないかもしれません。

そういえば、「酒友忠じ」時代も真っ先に頼んでたなぁ…

もちろん、お造りもいただきます。

      「え、立ち飲みで生物の刺身?」

そう驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、この鮮度だと頼んじゃいますよ。

            IMG_7259


造り 5種盛り。

キビナゴ、マグロ、サンマ…
その日に仕入れた新鮮なものをお任せで出していただきます。
こういうのを食べちゃったら、やはりこれですよね(^^)

          IMG_7264

日本酒もいよいろと揃っているのが嬉しい。
なみなみと注いでくださいますよ〜。

魚だけではなく、肉もいただきましょう。

          IMG_7267
     
こちらは、ポークピカタデミソース。
柔らかい豚肉と、特製のデミソースが堪らない。
 
腕前は少しも錆びることなく、むしろ進化したのではないかと思わせるほどです。


さらに、ネギまぐろピーマン詰め天。   

           IMG_7301

創作系の料理もピカイチ!
美味しくって、楽しくって、どんどん注文しちゃいます。

     IMG_7295
レモンサワーも、甘くなくて美味しい。
これならば、料理にも合わせられます(^^)
 

そして和食だけではなく、こんな料理もあるんです。

             IMG_7274
これは、ベーコンブルーチーズグラタン。

ベシャメルソース、絶品です!
そして、ブルーチーズのコクが泣かせるほどに美味しい(^^)
 
       IMG_7279
 

さらに、こんなものもあるんです。

             IMG_7288
これは、トムヤムおでん。
おでんの出汁が、トムヤムクン風。
これが、ゴボ天やちくわなどの練りものと抜群に合う。
想像してみてください、美味しいトムヤムクンがシミシミの大根。
堪らないですよ(^^)


こんな感じで何を注文しても美味しい。
だから、メニューを見て気になれば、即注文してしまうのです。
これは、お魚とパブリカ オランダ煮。
     
          IMG_7291


魚を揚げたのちに出汁で煮る。
内側から来る美味さと、外からの食感の違いが楽しい。

そして〆には、具だくさん そば団子けんちん汁もいただき、大満足させていただぎした(^^)

      IMG_7306
酒町ちゅうじろうさん、早い時間は比較的落ち着いてますが、
少し遅い時間だと!すごく賑わっています。

飲食店の方が仕事を終わってから来るのでしょうね。
そんな、同業者からも愛される、激ウマの立ち飲み、如何でしょうか。
私もまた、ふらっと立ち寄らせていただきます(^^)








【酒町ちゅうじろう】
住 所:大阪市中央区日本橋2−1−18 2F    MAP
電 話:
営業時間:17:00〜27:00  
煙 草:分煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

「北海道」って、ちょっとしたブランド名ですよね。北海道シチュー、北海道バター、北海道牛乳・・・。こうやって見ると、やはり酪農が中心なのかなぁって思います。でも、海のものも負けてはいない。ウニやイクラ、貝に魚がとにかく新鮮で美味しい。昨年北海道に行ったとき ...
続きを読む
「北海道」って、ちょっとしたブランド名ですよね。

北海道シチュー、
北海道バター、
北海道牛乳・・・。


こうやって見ると、やはり酪農が中心なのかなぁって思います。
でも、海のものも負けてはいない。

ウニやイクラ、貝に魚がとにかく新鮮で美味しい。
昨年北海道に行ったときには、ホッキ貝がたっぷりはいったカレーもいただき
その美味しさに感動したものです。

海鮮と牛乳以外に、忘れてはいけないのが野菜の美味しさ。

じゃがいも、玉ねぎ、人参、キャベツ・・・
だからスープカレーが美味しいのかもしれません。

そんな札幌名物のスープカレーの中でも、
開店と同時に満席になるほどの人気のお店に行ってきました。

            IMG_7439

お伺いさせていただいたのは、“ピカンティ 札幌駅前店さん。
この日は、冬の札幌と行っても、雪もなく気温も8℃。
それでも、温かいスープカレーのお店は大盛況でした。

席が空いて、テーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。

      
      IMG_7095

こちらのお店は、スープを3種類から選ぶことが出来ます。

あっさりのシャンバラ、
トマト系のディジャブ、
濃厚系のアーユルヴェーダー薬膳。


そして、メインの具材を選び、辛さを選んだら、ライスの量をチョイスする。

もしも、気になるトッピングがあればここで追加しておきましょう。

私の注文は、濃厚系アーユルヴェーダー薬膳、
国産豚の煮込みハンバーグ、辛さ3番、ライス普通、トッピングにひきわり納豆です。

           IMG_7096

裏側はドリンクメニューになっています。
星空の旅人ラッシー、ハスカップラッシー・・・
ちょっと気になりますね。

メニューを見て、順番を呼ばれたらカウンターのところまで行き、
スープカレーを注文し、先にお会計を済ませます。
そして、席に戻ってスープカレーが出来上がるのを待ちます。

11:00オープンに対して、私が入店したのは、11:05頃。
それでも、禁煙席は満席で、喫煙ブースの中の席が1テーブル空いているだけ。
(幸い、同じブースにはタバコを吸わないであろう、女性のお客さんがいただけでしたが)

すごい人気ですね。
しばらくすると、私がお願いしたスープカレーが出来上がり、
持ってきてくださいました。

          IMG_7417

大きなハンバーグに目が惹かれます。
そして、最近マイブームなトッピングの納豆。

    IMG_7419

これが、スープカレーにすごく合うのですよ(^^)

           IMG_7420

ごはんは普通の量だとこんな感じ。
結構食べごたえありそうですよ!

     IMG_7422

上から眺めるとこんな感じ。
いい感じのボリュームです!

それでは早速いただきましょ。
まずはスープから・・・。

             IMG_7424

     (^^)(^^)(^^)

これは美味しい!
濃厚って書いてありましたが、そんな感じではなく、どちらかと言うとあっさりした感じ。
野菜の旨味にしっかりとスパイスが効いているような感じで美味しいですよ。

そして、主役の煮込みハンバーグもいただきましょう。

        IMG_7430

     (^^)(^^)(^^)

このハンバーグ、すごく美味しいですよ!
肉感もしっかりあって旨味も上々(^^)
スープカレーとも納豆ともよく合います。

        IMG_7433

ごはんを浸して食べると、更に満足感がアップ!
スープカレーのごはんって、いろんな楽しみ方が出来ます。
スープカレーをおかずに、ごはんを食べるのも美味しいし、
こんな感じで、スープにごはんを浸して食べるのもオススメ。
最後は、スープカレーの中にごはんをダイブさせるのもいいですよ(^^)

        IMG_7435

そして、忘れてはいけないのが野菜の美味しさ。
ピーマンも人参もこんな感じで大きくゴロゴロと入っています。

当然、このままでは熱くて食べにくいわけですが、

         IMG_7437

この特別な器には、一時的に具材を乗っけて、スプーンで切れる場所があるのです。
これはスグレモノですよ〜!

そんな感じで、ハンバーグも野菜も納豆も全て楽しんであっという間に完食。
行列の意味は、食べてみて納得しました。

こちらのお店、他にもスープの種類があったので、是非それらも制覇してみたいと思います。
札幌に来る課題がまた出来てしまいました^^;

寒い冬も、温かく美味しいスープカレーを食べて乗り切りましょう!








【ピカンティ 札幌駅前店】
住 所:札幌市中央区北2条西1-8-4 青山ビル 1F    MAP
電 話:011-271-3900
営業時間:11:00〜22:30(L.O.22:00)  
煙 草:分煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島の人に、広島風お好み焼きのことを、「広島焼」と言えば、怒られるって本当だろうか?広島では、お好み焼きといえば、生地を敷き、その上にキャベツやもやしなどの野菜、そして、そばかうどんを乗っけて、重ね焼きしていくスタイルがスタンダード。ということは、大阪風 ...
続きを読む
広島の人に、広島風お好み焼きのことを、
「広島焼」と言えば、怒られるって本当だろうか?


広島では、お好み焼きといえば、生地を敷き、その上にキャベツやもやしなどの野菜、
そして、そばかうどんを乗っけて、重ね焼きしていくスタイルがスタンダード。

ということは、大阪風のお好み焼きのことは、逆に「大阪焼」と言うのだろうか?

大阪焼といえば、東京をはじめ、東日本に存在するらしい。
どのようなものかと言えば、直径12〜3cm、厚さは4cmほどの、
ミニお好み焼きのようなもの。

大阪では食べられなくて、似ているものは「リング焼き」や「○○焼き」がそうだろうか?
(東京コロッケも東京にはないですものね^^;)

広島にはない、広島焼。
大阪にはない、大阪焼。


では、明石焼は・・・。

この日にお伺いさせていただいたのは、明石駅前、
魚の棚商店街にあるおみせ、“よし川”さん。

            IMG_5829

お店の看板には、「玉子焼」と書いてあります。

明石では、明石焼のことを「玉子焼」というのです。

持ち帰りも可能なのですが、店内で出来たての熱々を食べるのが美味しいです。

普段はお好み焼きのメニューもあるようですが、
週末は玉子焼とたこめしのみをいただくことが出来るようです。

      IMG_5827

店内のメニューには、明石焼・たこめしの文字があります。
明石焼と書いたほうが、観光のお客さんにわかりやすいですものね。

もちろん、明石焼とたこめし、両方ともお願いしました。

店内は、4人がけのテーブル席が5つと、カウンター席が6席ほどあります。
週末とあって、たくさんのお客さんで賑わっていますよ。

明石焼お店は、魚の棚商店街にも何軒かお店があり、
商店街を離れた場所や港近くにも何軒かあります。

それぞれのお店ごとに特徴があって、何軒かはしごしてみるのも楽しいかもしれませんね。

そんなことを思いながら待っていると、私が注文した明石焼が出来上がってきました。

         IMG_5808

板の上に綺麗に整列して並ぶのが、明石焼のスタイル。
こちらのお店は、10個で1人前です。

それでは早速いただきましょう。

      IMG_5813

   (^^)(^^)

そのまま食べても美味しいのですが、
やはり出汁にくぐらせると味にふくらみが出ますね。

何故、明石焼は地元明石では玉子焼と呼ばれるのか?
それ、一口食べるとすぐに理解できます。
普通のたこ焼きよりも明らかに玉子の量が多いのです。

いや待てよ・・・
小麦粉の量が少ないのか?

そんな事を話しながらも、明石焼の味わいを楽しみます。

そして、こちらのお店に来たならば、是非食べてほしいのは、たこめし。

           IMG_5817

少し大きめの器にはっぷりと入って、300円はお得だと思います。

     IMG_5826

しかも、美味しいんだからやめられません(^^)

明石焼と、たこめしで明石の美味しいもの三昧。
魚の棚商店街を散策がてら、立ち寄ってみて下さいね!








【よし川】
住 所:兵庫県明石市本町1-2-16    MAP
電 話:078-911-8311
営業時間:10:00〜18:00 
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加