美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2019年08月

小さなことからコツコツと・・・これは、西川きよしさんが、座右の銘としている言葉。小さなこととは言いながら、一日の中で起こると、ちょっとだけ幸せな気持ちになれることって、いくつかありますよね。朝の番組でやってる星占いで、上位にランキング。星占いの結果って、 ...
続きを読む
小さなことからコツコツと・・・

これは、西川きよしさんが、座右の銘としている言葉。

小さなこととは言いながら、一日の中で起こると、
ちょっとだけ幸せな気持ちになれることって、いくつかありますよね。

朝の番組でやってる星占いで、上位にランキング。
星占いの結果って、良くも悪くもすぐに忘れてしまうのに、なぜかちょっと嬉しい(^^)

エレベーターが、ちょうど自分がいる階に止まっていた。
宝くじとまではいかなくても、当選したような気持ちになれます。

アイスを買って食べたら、その棒に「あたり」の文字が入っていた。
その後、当たったことを忘れてしまって、当たり棒をなくしてしまうことも^^;


大衆酒場に入って、そこが想像以上にすごく美味しかった。

それは忘れることがなく、必ずリピートしてしまいます。

そんなお店に、先日出会いました。

            IMG_1925

この日にお伺いさせていただいたのは、"大衆割烹 籐八”さん。

中目黒駅から歩いてすぐのところにあるビルの2階にお店はあります。

一見、ごく普通の昭和チックな居酒屋さん。
でも、その実態はほぼすべての料理が手作りで美味しく、
財布にも優しい大人気のお店なのです。


         IMG_3687

ズラリと壁に貼られたメニュー短冊。
本当にいろんなものがあってしかも安い!

   IMG_3688

そして、テーブルの上には、本日のオススメメニューが。
どのくらいの量で、どんなクォリティか、まだ食べていないのでわかりませんが、
気になるメニューがたくさんあります。

昭和チックな大衆割烹。
こう聞くと、会社帰りのサラリーマンのオアシスってイメージがあるでしょうが、
こちらのお店の客層は、若い方や女性が多い。
そして、トリップアドバイザーで見たのでしょうか?
外国人の観光客の姿もちらほら見えます。


さて、気になる料理をいくつかお願いして、先ずはサッポロ赤星で乾杯!

          IMG_3699

本日のお通しは、酢の物。
夏の暑い日に、冷たいビールとサッパリ酢の物。
嬉しいです(^^)
そして、お通しの酢の物もちゃんとしている。

        IMG_3701

店内は、入口を入って右側がお座敷席で、左側にはカウンターとテーブル席。
カウンター・テーブルもいいけれど、
昭和な雰囲気を満喫しながら過ごしたいのならば、お座敷がオススメ。


先ずは、ポテトサラダに、イタリア風ハムカツ。
藤八創業時からの変わらぬ名物料理と言われる、肉じゃがコロッケと、
生ハムエッグをいただきます。

         藤八1

イタリア風ハムカツと、生ハムエッグ。
これって、イタリアンを居酒屋料理にアレンジしたものですよね。
これ、美味しいですよ(^^)
思わずワインを注文してしまいそうになります。

        IMG_3691

今の季節、オススメは「氷結レモンサワー」なのだとか。
あ・・・缶チューハイと同じ名前ですが、その中身は違います。

        IMG_3734

レモンサワーの中に、凍らせたレモンがゴロゴロ。
これ、美味しいですよ(^^)

そして、何気なく注文した「自家製はんぺん」が想像を超える美味しさ。

       IMG_3709

お皿の上には、厚切りの三角はんぺんがふたつ。
これがものすごく柔らかくて美味しい。

     IMG_3723

箸で押すと、ジュワッと出汁が染み出してくるのです。
このクォリティで、たったの450円だというのだから、メニューを二度見しましたよ。

そして、マグロが大好きな私としては、刺し身はもちろん、
カマ焼き・・・いえ、あえて安い方の「まぐろあご焼」を。

      IMG_3716

460円なのだから、そんなに期待していなかったのですが、意外に大きい。
そして、食べてみて更にビックリ!

          IMG_3729

身がタップリで、脂もノリノリ!
かなり美味しいのです。


冷凍にマグロならば、絶対にこの状態にならないはず。
こうなってくると、まぐろカマ焼の方も、かなり気になってきます。
だって、たったの630円でいただけるのですから。

        IMG_3750

日本酒もいろいろ揃っているので、高清水をいただきます。
美味しいマグロと日本酒、最高です!

ここ、本当に何を注文しても美味しいです。
こんなふうに書くと、信憑性がなくなるって言われるかもしれませんが、
本当に美味しいから、他に書き方がないくらい。

こうなってくると、メニュー短冊がみんな美人に見えてくるから楽しいですね(^^)

       IMG_3741

これは、腸詰め。
もちろん、これもお店の自家製。
咀嚼すればするほどに、旨味がどんどん広がります。

そして、日本酒に合うだろうということで、
何気なく注文した梅水晶もすごく良かった。

        IMG_3745

             IMG_3760

透明感満タンのサメの軟骨に自然の旨味が凝縮された梅肉。

改めてメニューを見てみると、本当に色んな料理があるのがわかる。
とりあえず、いろいろ載せておくのが「媚びたメニュー」だとすれば、
ここのはそうではなく、「厳選されたメニュー」。
そう、厳選されたものに美味しくないものがあるはずがない。

そう感じずにはいられなくなる。

        藤八2

鯵のなめろうは、魚の味がいいから、しっかり味が付いていても負けていない。
唐揚げは、ちゃんと骨付きで、骨の周りの肉の美味さも味わえる。
鶏の柚子胡椒炙りは、旨味と柚子胡椒の香り、ピリ辛がクセになる。
そして、イカの塩辛 浜造りは、まるで北海道で食べたあの美味しさが!

      IMG_3769


           IMG_3784

らっきょう、フレッシュヤングコーン網焼きも、
本当に厳選されたクォリティの高いものがいただけ、かなり満足させていただきました。
そして、とても一度来ただけでは制覇できないメニュー。
どれも食べてみたい衝動に駆られます。

ここは絶対にリピートさせていただきたいと思います。



        



【大衆割烹 籐八】
住 所:東京都目黒区上目黒3−1−4 グリーンプラザ 2F    MAP
電 話:03-3710-8729
営業時間:17:00〜23:30
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日・祝日の月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジビエ。ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、今となっては、結構あちこちで聞きますよね。ジビエとは・・・狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、 ...
続きを読む
ジビエ。
ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、
今となっては、結構あちこちで聞きますよね。

ジビエとは・・・
狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。


狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・
尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、骨、血液に至るまで、
全ての部位を余すことなく料理に使い、
生命に感謝を捧げようという精神が流れているのだとか。

写真映えのためだけに注文される大盛り、
特に食べたくないけれど、見た目が綺麗だからという理由での注文・・・
今一度、考え直しても良い時が来たんじゃないかな?
こちらのお店に訪問させていただき、そんなことを考えてしまいました。

お伺いさせていただいたのは、小田急線の喜多見駅近くにあるお店、
"ビート・イート(beat eat)さん。

          IMG_3812

お店が入る建物の1階に看板が出ているのですぐに分かると思います。
この階段を降りて、一番奥に行くと、お店の入口が。

     IMG_3808

ランチタイムがはじまる10分前に到着すると、すでに待っている人が2名。
開店時間の12時になり、無事に1巡目に入店することができました。

店内は、カウンター席が6席のみ。
順番に奥から詰めて座らせていただきます。

こちらのお店、ディナータイムは店主が自ら狩猟してきたジビエで、
いろんな料理を提供してくださるのだとか。

そして、ランチタイムに営業されている時は、カレー。
この日のメニューは、カウンター席の右にある壁に掲げてあります。

ポークビンダルー 1,200円
イノシシと山椒のキーマ 1,200円
二種盛り  1,700円
オプション 海老カレー 600円


これはどれか選べって言ったって・・・・
やはり全部食べたいので、
「全部盛お願いします。」って言ってしまいました。

ちなみに、私の先に入ったお客さんも、私の後から入ってきたお客さんも、
みんな3種盛りを注文していましたよ!

カウンターの奥では、店主がスパイスの香りを立ち上がらせながら、
ランチのカレーを作っているのが見えます。

そして、カウンターの中、正面の壁は黒板にもなっていて、
ディナーメニューが少し書いてあります。

ツキノワグマのビリヤニ、カキのカレー、
白あずきとムング豆とすりおろしカブのダル、
鹿ケバブ、紅芯大根のアチャール・・・。

そんな文字が並び、こちらは勝手にそれらの料理を想像する。
こうなってくると、カレー好き、スパイス好きは、
いても立ってもいられなくなるわけで^^;

「お待たせしました〜 2種盛りに海老ですね。」

           IMG_3800

登場しました。
そして、想像以上にボリューム満点!

カレーの盛は、インド風。
木の器が、ターリーで、その上にカトゥリが乗っかって、
カレーが何種類か乗っかってくるスタイル。

インド料理のお店のカトゥリよりも器が大きく、タップリとカレーを味わうことができますよ。

           IMG_3797

それにしても、<オプション>と書かれた、海老のカレーの、
エビの大きさにビックリしました。

それでは早速いただきます。
先ずは、ポークビンダルーから。

      IMG_3795

先ずは、カレースープをいただきましょう。

     IMG_3803

おぉ、これは美味しい。
スパイスのアタックも中々のものですが、それ以上に旨味が凄い!
これ、どんな食べ方をしても美味しいんじゃないかな?

中に入っている豚肉は、何と骨付きのスペアリブ。
スプーンでホロッと・・・・
なんて、甘っちょろい事は言わずに、豪快に手で持って、骨から肉を外しましょう。
で、これが美味いんですよ(^^)

        IMG_3799

ごはんは、バスマティライスがドーム状にもられています。
さて、これをスプーンですくってスープカレーのように食べるか、
それとも、ミナミインド風にターリの上に広げて、
いろんなカレーやアチャールと一緒に混ぜて食べるか・・・。

      IMG_3796

こちらは、イノシシと山椒のキーマ。
イノシシ・・・少しだけ身構えましたが、変なクセは全くなし。
豚肉よりもアッサリした旨味がいい感じですよ。
山椒もビシビシと存在感を表すではなく、調和された旨味が好印象です。

         IMG_3798

ダルスープとアチャール。
これらは、そのまま食べても十分に美味しい。
でも、カレーと混ぜ合わせながら一緒にいただくと、
その個性がキラリと光ります。

      IMG_3806

やはり私はインド風に、バスマティライスを真ん中で広げ、
いろんなカレーを混ぜ合わせながらいただくことにしました。

これだけのボリュームになると、いきなり全てのカレーをかけてしまうと、
ターリーから溢れるので、少しずつ、いろんな味わいを楽しみます。

どのカレーも丁寧で滋味深く、甲乙つけがたいくらいに美味しかったです。
こういう料理を食べると、ぜひまたディナータイムに予約して、
ジビエをしっかりと食べに来たいと思います。

          IMG_3807

ビートイートさん、入口には鹿の角。
店内には、空薬莢などが置かれ、いい感じのお店でした。

店主、狩猟や出張料理などで、不定休なこともありますので、
ぜひお店のFacebookページを確認して、おでかけくださいね〜








【beat eat(ビートイート)】
住 所:東京都世田谷区喜多見9−2−18 喜多見城和ハイツ B1F    MAP
電 話:03-5761-4577
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:30) 18:30〜22:00(L.O.21:30) 
     ※木曜日はディナータイムのみ営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日 ※不定休あり(Facebookで確認できます)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

丼の中の小宇宙・・・そうとまで表現されることもある、丼もの。牛丼、親子丼、他人丼、天丼、カツ丼、海鮮丼・・・。ところで、丼ものって、いつ頃からあるのか?実はその歴史は意外と新しく、江戸時代の末期で、その原型となるのは、深川丼や、天丼のようなものだったのだ ...
続きを読む
丼の中の小宇宙・・・
そうとまで表現されることもある、丼もの。

牛丼、親子丼、他人丼、天丼、カツ丼、海鮮丼・・・。

ところで、丼ものって、いつ頃からあるのか?

実はその歴史は意外と新しく、江戸時代の末期で、
その原型となるのは、深川丼や、天丼のようなものだったのだとか。

ご飯とおかずを別々に食べるのが、標準のスタイルならば、
丼ものは、ご飯そのものにも素材の美味しさがうつって、ニ度美味しい。

定番の、天丼、牛丼、カツ丼、親子丼、鰻丼、鉄火丼、中華丼・・・。
そして、ちょっと珍しい、
木の葉丼、衣笠丼、むじな丼、カレー丼、ロコモコ、ローストビーフ丼、魯肉飯・・・。

ん、魯肉飯も丼なのか?

そういえば、魯肉飯の歴史って・・・。

そんな魯肉飯を追い求めていると、
美味しい鶏肉飯(ジーロ−ファン)に出会ってしまった。

この日は、東十条の駅からすぐのところにある、
”台湾CHA苑”さんにお邪魔させていただきました。・

          IMG_2910

青いテントに、シンプルでおしゃれな感じの扉。
台湾料理のお店というよりも、ちょっとしたカフェって感じです。

    IMG_2905

平日、中高生は100円引き。
学校帰りに、ちょっと楽しい寄り道(^^)
あ、タピオカミルクティもあるのですね。

でも今日は、ランチ狙い。
店内に入って、ゆっくりメニューとにらめっこ・・・。

        IMG_2879

開店時間の11:30から15:00までは、ランチメニューを注文することができます。

魯肉飯とスープのAセット、鶏肉飯とスープのBセット。
そして、魯肉麺と水餃子、牛肉スープと魯肉麺入の水餃子のセットまであります。

いつもならば、迷わずに魯肉飯のセットをお願いするのですが、
どうしても一度、鶏肉飯を食べてみたかったので、この日はBセットに。

      IMG_2880

ディナータイムになると、魯肉飯と排骨スープ、
アルコールが付いたセットも出てくるのですね。

       IMG_2881

そういえば、そこに台湾ビールも冷えている。
帰りに、ちょっと一杯。
そんなつかいたかも良さそう(^^)

         IMG_2878

店内は、入口に近いところに、テーブル席が4つと、
奥にはカウンター席が4席ほど。
テーブルの組み合わせ等により、12名までの貸切宴会にも対応できるのだとか。

グループで貸し切って、台湾料理で宴会。
そういうのも楽しいでしょうね。

しばらくすると、お願いしたBセット、
鶏肉飯とスープのセットが運ばれてきました。

         IMG_2885

タップリの鶏肉が乗っかった鶏肉飯と、台湾でおなじみ、あの形をした器が!

     IMG_2891

何だかちょっと、嬉しくなってきますね(^^)
そんな、台湾の炊飯器、「TATUNG」の蓋を取ってみると・・・。
 
        IMG_2895
美味しそうな冬瓜と豚肉のスープとご対面。
タップリと入っているのが嬉しいですね。

       IMG_2897

冬瓜も肉も柔らかくて美味しい。
優しい味わいながら、旨味がしっかり溶け出していていくらでも食べられそうです。

      IMG_2887

鶏肉飯は、少し大き目のお茶碗くらいの大きさのものに、
鶏肉がタップリと乗っかっています。

行儀よく、日本の丼を食べるようにしても、味が薄いように感じると思います。

        IMG_2901

少し掘り起こしてみると、ご飯にタレが染み込んでいるのがわかりますよね。
そう、鶏肉とごはんをよく混ぜ合わせて食べるのが正解。

    IMG_2902

途中で、薬味のネギを加えると、味にアクセントが入って、
更に美味しさが加速しますよ(^^)

美味しくて、これが結構ヘルシー。
満足度も高くて健康的なランチですよ!

魯肉飯ファンの方も、ぜひ一度鶏肉飯を味わってみてください。 

        IMG_2911

東十条駅の北口を出て、本当にスグ!
是非食べてみてくださいね〜。      







【台湾CHA苑】
住 所:東京都北区東十条4−1−2    MAP
電 話:03−6903−2889
営業時間:11:30〜22:30  ※ランチタイムは11:30〜14:00
煙 草:
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

とげぬき地蔵として知られる、巣鴨の高岩寺。山手線の巣鴨駅を降りて白山通り北へ歩くと、斜め右へ分かれる道があります。これが、「巣鴨地蔵尊商店街」。       ここは、おばあちゃんの原宿とも呼ばれる街。見渡してみると、たしかにおばあちゃんの姿が多い。    ...
続きを読む
とげぬき地蔵として知られる、巣鴨の高岩寺。

山手線の巣鴨駅を降りて白山通り北へ歩くと、斜め右へ分かれる道があります。
これが、「巣鴨地蔵尊商店街」

       IMG_3929

ここは、おばあちゃんの原宿とも呼ばれる街。
見渡してみると、たしかにおばあちゃんの姿が多い。

     IMG_3924

日本一の赤パンツで有名な、マルジさん。
赤パンツを着用すると、へその下にあるツボの気の巡りが良くなるのだとか。

そんな赤パンツのお店を横に見ながら、とげぬき地蔵で有名な、高岩寺さんへ。

        IMG_3928

お参りをすませて、ふと参道にある屋台に目を向けると、
なんだか気になるお店が。

      IMG_3931

ん・・・んんん〜!

     IMG_3932

何と、耳かきのお店があるではないか。
実は私、耳かきがすごく好きなのです。

とは言っても、耳かきならば何でも良いというわけではなく、
自分の耳にあったものでなければ、まったくダメなのである。

おしゃれなデザインの耳かきがあって、買って使うも全然合わずに、
耳をひっかき痛みが出たり、
100均の耳かきを削って合わしてみようとするも、ササクレができて使い物にならず。
自分に合う耳かきを見つけるのは、実に至難の業だと実感しているのです。

         IMG_3934

こちらのお店は、“原田耳かき店”さん。
ここ、巣鴨で70年以上もつづく、オーダーメイドの耳かきのお店なのです。

高いものになると、1本2,980円と高額ですが、
それでも、遠方から耳かきを買いに来る人も少なくないのだとか。

注文すると、「耳を見せて下さい。」と言って、左右の耳を確認してもらえます。
確認すると言っても、耳鼻科のお医者さんのように診るのではなく、
普通に顔を見るように見るだけ。
それで、耳の形とかがわかるのだとか。

          IMG_3935

「今から作りますので、10〜15分くらいしたら、また寄って下さい。」
とのこと。

その間に、竹で耳かきを耳の形に合わせて作ってくださるのですね。

店主の目の前には、竹に曲げを作るための炭火が置いてあり、
それで耳かきを加工するのだとか。

        IMG_1960

作っていただいたのは、両側に大小の耳かきがある、2,980円のスス竹のもの。
実際に、使ってみると全く痛くなく、きっちりフィットする。
大きな方なんて、確実にひっかかる(今までの経験上)と思っていたけれど、
本当に変な引っかかり方をしなくて心地いい。

2,980円とはいえ、一度買うと10年は持つと言われるので、
これは決して、高い買い物ではないと思いますよ。
耳かき大好きな人、ぜひ試してみてくださいね。


さて、日本で唯一つの耳かきを手に入れたあとは、
とげぬき地蔵さんからすぐのところにある、こちらのお店へ。

         IMG_3964

ここは、“ときわ食堂”さんといって、巣鴨で大人気の食堂。

   IMG_3967


これだけ行列ができていれば、自然と目が向き、何が名物なのかなぁ・・・
そんな感じで見るわけで、目に入ってくるのがこのPOP。

        IMG_3959

自信の一品。
本物の味を お楽しみください。

とげぬき地蔵さんの目の前にあるのが本店。
その他にも、庚申塚駅前には、庚申塚店。
そして、巣鴨駅前にもお店があるので、便利です。

        IMG_3960

この日は、巣鴨駅のすぐ近くにある、
「巣鴨駅前店」さんの方へお邪魔させていただきました。

      IMG_3936

ランチタイムには早い時間ではありましたが、
すでに多くのお客さんで賑わっています。
テーブル席に座らせていただき、目の前のメニューを確認・・・。

       IMG_1945

えびフライ、ミックスフライ、あじフライ、刺身盛り合わせ、あこうだい粕漬・・・。
とんかつの豚肉は、林SPFポークなんですね!

とはいえ、注文は入り口のPOPで気になった、えびフライを定食で。

お品書きの値段はすべて単品の値段で、すべての料理がプラス270円で、
ご飯・みそ汁・新香が付いた定食にすることができます。

単品で注文して、ビールのつまみにするか、
定食にして、ガッツリと食べるか・・・。
定食のご飯は、1回だけですが、無料でおかわりできるそうですよ。

そして、「自家製タルタルソース 70円」の文字を発見!
そっか、タルタルソースは別売りなんだ。

「すみません、タルタルソースを追加でお願いします」

もちろん、お願いしました。

そして、まもなくエビフライ定食が出来上がってきました。 

        IMG_3939

うわぁ、看板に偽りなし!
本当に大きなえびフライがのっかってきましたよ。

       IMG_3942

お皿からはみ出んばかりの大きさ。
これで、有頭海老ではないのだから素晴らしい大きさ。
もしこれが、有頭海老ならば・・・
そう考えると、かなり大きなエビですよね!

定食は、プラス270円と少し高く感じるかもしれませんが、

         IMG_3943

炊きたて艶々のごはんは、おかわり可能(1回ですが、それで十分ですよね)。

   IMG_3945

具がタップリの美味しい味噌汁と、

         IMG_3946

手作りのお漬物も付いてくるのですから、十分納得できるもの。
さて、では早速・・・

「タルタルソース、お待たせしました。」

        IMG_3950

あ、そうそう!
タルタルソースを追加注文したんだった^^;
それにしても、タップリと持ってきてくださいますよ。

       IMG_3951

それでは早速、大きなえびフライをいただきます。

       IMG_3953

自家製のタルタルソースをタップリと付けて・・・。


        (^^)(^^)(^^)

サクッとした食感のあと、プリップリ!
エビ、本当に食べごたえがありますよ。
そして、このタルタルソースが美味しい。

       IMG_3957

えびフライに付いてくる辛子と、
タルタルソースを一緒に食べてもすごく合うのです。

リミッターカットして、本気で食べたらえびフライ1本でご飯を3分の2食べて、
お漬物、みそ汁と、2本目のえびフライでお替りして、2杯目のご飯・・・。

いえ、この日はそんな本気出していませんが、
えびフライ830円、定食270円、タルタルソース70円で、
合計1,170円。


本気のえびフライが2本も付いて、
満腹になってそのお値段はかなり満足感高いですよ!

日本一の耳かきと、本気のえびフライ。
次の休日は、巣鴨を巡って美味しく満足!
如何でしょうか?







【原田耳かき店】
住 所:東京都豊島区巣鴨3-35-2 高岩寺境内    MAP
電 話:
営業時間:9:00〜17:00頃 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(土日祝と、縁日<毎月4,14,24日>は、休まず営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




【ときわ食堂】
住 所:東京都豊島区巣鴨3−14−20    MAP
電 話:03-3917-7617
営業時間:10:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ






※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリタンとミートソースがあればいい・・・。そんなコピーにつられて、初めてスパゲッティのパンチョに入っていったのはもう、9年も前。スパゲッティといえば、ナポリタンかミートソースしかなかった子供の頃、喫茶店のナポリタンを腹一杯になるまで食べるのが夢でした。ス ...
続きを読む
ナポリタンとミートソースがあればいい・・・。

そんなコピーにつられて、
初めてスパゲッティのパンチョに入っていったのはもう、9年も前。

スパゲッティといえば、ナポリタンかミートソースしかなかった子供の頃、
喫茶店のナポリタンを腹一杯になるまで食べるのが夢でした。

スパゲッティがいつのまにか、パスタというお洒落な名前に変わり、

カルボナーラ、ボンゴレ、アラビアータ、ペペロンチーノ、ジェノベーゼ・・・。

そんな感じで、いろんな種類のものが食べられるようになった今でも、
根強い人気を誇る、ナポリタンとミートソース。

ひょっとしたら、原点に帰還して、その2強を押さえておけば、
それでいいのかもしれないなんて、思ったりもします。

2強をキッチリ押さえる・・・。

そんな台北にあるお店、“來來水餃館”に行ってきました。

夕方の5時に開店するこちらのお店は、
地元民にも大人気の水餃子と酸辣湯が美味しいお店。

                     IMG_1665


看板の文字は薄くなってしまって見にくいけれど、
その味はお客さんの大差がそれを証明します。

      IMG_2416

これが、お品書きが書かれたもので、豚肉と白菜の水餃子と酸辣湯のみ。
潔いです^^;

とはいえ、店内の奥には小菜も用意されているので、
これらをつまみながら、水餃子が出来上がるまでの時間を過ごすことも出来ます。

        IMG_2414

ピータン豆腐、豚の耳、干し豆腐などの冷菜が並びます。
食べたいものがあれば、店の人にひと声かけて、自分で好きなものを持っていくスタイル。
取ったものは必ず自己申告で!

         IMG_2455

店内の入口に近い場所では、大きな寸胴の中で酸辣湯が。
このスキンヘッドの人が酸辣湯の担当のようで、
真剣な顔で酸辣湯と向き合っています。


     IMG_2453

そして、店内の奥では、4〜5人が黙々と水餃子を包んでいます。
そのスピードの速さとリズムの良さと言ったら、思わず見とれてしまうほど(^^)

注文はもちろん、酸辣湯と水餃子の両方。
酸辣湯は、注文するとすぐに運ばれてきますよ。

        IMG_2423

器にたっぷりと入った酸辣湯。
中サイズでも、50元(約180円)と、かなりリーズナブル。


      IMG_2430

食べてみると、酸味が心地よくて、スルスルと食べ進むことが出来ます。
暑い中、汗を拭きながら食べる酸辣湯も最高に美味い。

そして5分ほどすると、水餃子も出来上がってきます。

         IMG_2438

一人前で10個入って、70元(約250円)
日本で食べると、6個くらいで700円ほどすると思われるので、かなり安い。

      IMG_2447

しかも、作りたてで、出来たてをいただけるとなれば、かなりワクワクしますよ。

       IMG_2449

食べてみると、モチっとした皮と、肉汁の溢れ具合がたまらなく美味い。
肉々しいけれど、パサツキ感がまったくなく、いくらでも食べられそうです(^^)

そのまま食べても美味しいけれど、
酢醤油(卓上の台湾の醤油と酢で、自分で作る)で食べても美味しい。
前半はそのまま食べて、後半に酢醤油に付けて食べるも美味しいかも。

           IMG_2432

究極のオープンカウンターみたいな店内は、家族連れの姿も何組か見られ、
地元民に愛されるお店という感じですよ。

        IMG_2460

食事を終えて帰る頃には、外のテーブル席までほぼ満席の賑わいよう。
かなり人気があります(^^)

この美味しさでこの安さなら、人気が出て当たり前ですよね。
水餃子と酸辣湯、是非本物の美味しさを味わってみてくださいね〜!


          

【來來水餃館】
住 所:中華民国 台湾 台北市中正區中華路二段309巷9號    MAP
電 話:(+886)   (02) 2305-1561
営業時間:17:00〜23:30 
煙 草:
定休日:無休(春節時は要確認)
駐車場:なし




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

立呑が人気だ。昔は、立呑といえば、おじさんが仕事帰りに、一杯引っ掛けて帰ってくるところというイメージが強く、若い人や女性が近づき難いイメージがあったが、今はそうではないらしい。中には、女性のお客さんの比率が高く、男性一人では、入りにくいお店もあったりする ...
続きを読む
立呑が人気だ。

昔は、立呑といえば、おじさんが仕事帰りに、
一杯引っ掛けて帰ってくるところというイメージが強く、
若い人や女性が近づき難いイメージがあったが、今はそうではないらしい。

中には、女性のお客さんの比率が高く、男性一人では、
入りにくいお店もあったりするから驚きだ。

何故、立呑が人気なのか?

一番の理由は、安くて美味しいから。
普通の居酒屋に行けば、1,000円近くする刺身盛りが、
立呑に行けば、300〜500円で楽しめてしまう。

中には、イタリアン立呑なんていうお店もあるから、女性に人気なのも納得できる。

でもただ、疲れているときは、ゆっくりと座って楽しみたい・・・


そんな悩みを解決してくれるお店が、大阪天満に誕生した。

          IMG_3648

この日にお邪魔させていただいたのは、イザカヤ 吾福食堂”といって、
今月(2019年8月)オープンしたばかりの新しいお店。

何が凄いってここ、椅子がある普通の居酒屋のような雰囲気なのだが、
お酒も料理もお値段が立呑レベル(いや、それより安いかもしれない)
どれくらい安いかって言うと・・・。

      IMG_3608

        IMG_3609

            IMG_3611

     IMG_3610

生ビール大ジョッキが420円、レモンサワーが250円。
ワインもデキャンタで300円というから驚きである。

「今日は、カツオがめっちゃいいですよ〜」

と、カウンターの中から大将。
そんなアドバイスを見逃すわけがない。

         IMG_3615

食べてびっくり!
本当にめちゃくちゃ美味しい。
脂ののりも、濃厚な味わいも最高!
こんなの、200円で出されたら、自炊するのがアホらしくなってしまいそう^^;

     IMG_3614

蛸のやわらか煮は、大きなぶつ切りのタコがごろごろ。
トロトロに煮込まれている柔らかさではないものの、出汁の味が素晴らしい。

こうなってくると、いろんな料理を試してみたくなってくる。

         IMG_3624
絶妙なロースト加減で、見た目も美しい、
蒸し豚ロースのキムチ添え。

しっとり柔らかく、いくらでも食べられそう。
コチュジャンを少し付けても美味しい。

    IMG_3640

スクランブルエッグポテトは、玉子がふわとろで、絶品!
これがたったの280円というから、思わず笑みがこぼれてしまう。

             IMG_3642

生搾りすだちサワーにも、すだちがタップリでお得感満載。

何気なく、お隣のグループを見てみると、
肉満載のなにか美味しそうなものが・・・。

ここでメニューを再び見てみると・・・
あ、なるほどこれか。

       IMG_3630

ハラミステーキ マッシュポテト添え(530円)
柔らかくてかなり美味しい。
焼き野菜が付いているのも、かなり嬉しい。

      IMG_3645

この美味しさで、この値段。
そして、明るく温かい接客も人気の秘密なのかもしれない。

もうすでに、大人気状態ではありますが、
ぜひ今のうちに行っておいたほうがいいお店だと思いますよ。








【イザカヤ 吾福食堂】
住 所:大阪市北区天神橋4−6−19 サンプラザ井上ビル 1F    MAP
電 話:06-6358-8822
営業時間:16:00〜24:00  ※土日は、15:00から営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨が明け、暑さも本番になったっと思ったら、暦の上ではもう秋。立秋とは言っても、まだまだ暑さ本番ですよね。そんな暑さを気分的にも盛り上げてくれるのが、蝉の声。蝉の声といえば、「ミンミンミン ジー」って表現されますよね。でも、「ミンミン」となくミンミンゼミ ...
続きを読む
梅雨が明け、暑さも本番になったっと思ったら、暦の上ではもう秋。
立秋とは言っても、まだまだ暑さ本番ですよね。

そんな暑さを気分的にも盛り上げてくれるのが、蝉の声。

蝉の声といえば、「ミンミンミン ジー」って表現されますよね。
でも、「ミンミン」となくミンミンゼミ、何故か関西地方では、
街なかで鳴くことはなく、主に山間部でのみ、その声が聞かれるのだとか。

やはり暑さが影響しているのでしょうか?
たしかに、東京では街なかでも、「ミンミンミン ジー」って蝉の声、聞こえますものね。

種類によっては暑さに弱いセミ。
日本よりも南の国、台湾ではどうなっているのか確認してみよう・・・
そんなことを思いながら、美味しいものの方に気を取られ、
そんな事も忘れて、フレッシュなマンゴーがのっかったかき氷、
夢中でいただいてしまいました。

          IMG_2410

この日は、“緑豆蒜啥咪”さん、通称、シャーミーに行ってきました。

この日の暑さは、まだいくらかはマシ。
とはいうものの、折角なので台湾の冷たいスイーツってやつを食べてみたい。

アイスモンスターのかき氷も気になるけれど、
こちらのお店の名物も食べてみたい。

         IMG_2370

先にカウンターで注文してから、席に座ってくださいとのこと。
とはいえ、私が行った時間は、ラッキーなことに空席がいくつかあって、
すんなり座ることが出来ました。

      IMG_2372

カウンターに行って注文すると、こんな立て札を渡してくださいます。
日本のフードコートの札みたいですね(^^)

ちなみにメニューはこんな感じ。

        IMG_2369

漢字オンリー!
台湾語のメニュー。
写真があるから、何とかなるか・・・^^;
と、心配することなかれ!

        IMG_2368

裏側にはちゃんと日本語のメニューもあります。

お目当ては、看板メニューの「緑豆蒜」の冷たいものと、アップルマンゴーかき氷。

周りを見渡すと、ほとんどの人がその組み合わせを注文しているみたいです。

しばらくすると、先に緑豆蒜のほうが出来上がってきました。

        IMG_2379

暑い街なかから涼しい店内に入り、これが出てきたら嬉しくなってきます。

    IMG_2387

かき氷の味付けは、黒蜜のような感じ。
その甘さがちょうどよく、緑豆蒜(緑豆の殻を取った中身だけのもの)と、
すごくよく合うのです。

ちょうど半分くらい食べたところで、今度はお目当てのかき氷、
アップルマンゴーかき氷も出来上がってきました。

          IMG_2395

大きなアップルマンゴーがまるごと1個分のっかったかき氷。
マンゴーは注文が通ってから、切り分けてくださいます。

     IMG_2404

スプーンで押すと、ジュワッと染み出してくる果汁。
少しずつ、大切に食べるのもいいのでしょうが、
ここは贅沢に一切れを一口でいただきましょう。

アップルマンゴーの美味しさと香りが、口の中いっぱいに広がりますよ(^^)

こんなに贅沢にマンゴーをタップリ使ったかき氷が、
たったの200元(約700円)だというのだから、なおさら嬉しい。

これは、台北に訪れた時には、ぜひ食べに行かれることをオススメします。
ぜひマンゴーの美味しさで口の中を満たしてみてくださいね!





【緑豆蒜啥咪(リュイドウスヮンシャーミー)
住 所:中華民国 台湾 台北市中山區伊通街106巷6-1號    MAP
電 話:(+866)(02)2502-6885
営業時間:12:00〜20:30 ※土曜日は、13:00〜19:30 
煙 草:
定休日:冬季は日曜日、夏季は毎月最終日曜日が休み。
駐車場:なし

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ココッテ カード ツカエマスカ?」「いえ、現金だけです。」「ジャ イイデスゥ〜」そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、デビットジャガー御一行様。みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;ところで、デビットジャガーって誰?調 ...
続きを読む
「ココッテ カード ツカエマスカ?」
「いえ、現金だけです。」
「ジャ イイデスゥ〜」


そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、
デビットジャガー御一行様。

みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;

ところで、デビットジャガーって誰?

調べてみても、そんな人物は存在せず・・・。
あ、ひょっとして、ミック・ジャガーと、
デヴィッド・ボウイをあわせて作った架空のロックスター?

長髪でヘアバンドをしてて、いかにもロック歌手みたいな出で立ちは、
一度見れば、すごく印象に残りますよね。

先日お伺いした、恵比寿にあるこちらのネパール料理の店主に、
その面影を重ねてしまったのは、私だけでしょうか^^;

ランチタイムにお伺いしたのは、“ソルティモード”さん。

        IMG_1608

恵比寿駅から徒歩3〜4分のところにあるビルの5階にお店はあるのですが、
1階にこのメニューボードが出ていれば、営業しています。
ランチタイムは、11:45から。

エレベーターで5階に着くと、いきなり店内の景色が現れますよ。

開店時間とほぼ同時に入店したのですが、すでに2組のお客さんが。
これは、ランチタイムに突入すれば、すぐに満席になるんだろうなぁ・・・
そんなふうに思いました。

ランチタイムのメニューは、
ネパールの定食、ダルバートと、ネパールの焼きそば、チョウミンのみ。

チョウミンも気になるけれど、今日の気分はダルバート。
店主の目の前、カウンター席に座らせていただき、ダルバートをお願いします。

店内は、カウンター席が5席と4人がけのテーブル席が3つ。
グループの方はテーブル席に、おひとり様や、おふたり様はカウンター席に座り、
寛ぐことが出来そう。

色とりどりの照明に照らされる店内。
ランチタイムにはそれに窓からの明かりも入り、
エキゾチックな中にもどこか健康的な雰囲気が加わります。

店内の雰囲気を楽しみながら待っていると、
お願いしたダルバートが出来上がってきました。

        IMG_1581

これは、評判通りのボリューム!
素晴らしいご飯の量ですね(^^)

ダルバートでよく見るのは、ご飯とアチャールが入っているプレートがあって、
別添えにカレーが入った容器が出されるもの。

私の場合、別々で出していただいても、ご飯の上にかけちゃうので、
この提供のされ方は理想的(^^)

ご飯もタップリならば、肉のカレーも、

     IMG_1588

野菜のカレーもたっぷりと盛られているのが嬉しい。

      IMG_1585

それでは早速いただきます。
先ずは、カレーを味わいを楽しみましょう。
   
         IMG_1597

大きなチキンは食べごたえも十分。
最初はこれをおかずにご飯を食べるスタイルで。

幸せな気持ちになれる瞬間ですね(^^)

野菜のカレーも、同様のスタイルで先ずはいただきます。
素材の味わいとスパイスの融合が楽しくって仕方がない。

       IMG_1591

ダルスープも最初はそのままいただきます。
初めてダルスープを食べた人は、少し薄くて味が頼りなく感じるかもしれませんが、
3口も飲めば、味わいの奥深さに気がついてくるはず。
完食する頃には、必ずおかわりがしたくなっていると思います。

さて、ここからが本番。
まずはダルスープをスプーンですくって、

        IMG_1599

ご飯の上にかけてしまいます。

    IMG_1603

そして、いろんな具材を徐々に混ぜながら味の変化を楽しみます。
そうすると、このダルバートが持つポテンシャルを、
もっとたくさん味わうことができますよ。

         IMG_1607

後半は、すべての具材を混ぜ合わせ、
残ったダルスープもかけて、すべての旨味を独り占めしちゃって下さい。
そうすれば、ダルバートの奥の深さをより一層楽しめると思いますよ(^^)

以前から噂は聞いていて、知っていましたが、
実際に食べてみて、想像以上に満足させていただきました。

美味しくてボリュームたっぷりのダルバート、オススメですよ!









【ソルティモード(Soaltee Mode)】
住 所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-9 代官山宝ビルⅢ 5F    MAP
電 話:03-3462-4331
営業時間:11:45〜14:00  18:00〜24:00  ※土日はディナータイムのみ営業。
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーグセットとハンバーガーが同じ値段ならば、迷わずハンバーグセットを注文してしまう。多くの方がそうなのではないでしょうか?小学生のころ、マクドナルドが地元に誕生し、初めて食べたハンバーガー。今のように、バケットやマフィン、ベーグルのうような食事パンが ...
続きを読む
ハンバーグセットとハンバーガーが同じ値段ならば、
迷わずハンバーグセットを注文してしまう。

多くの方がそうなのではないでしょうか?

小学生のころ、マクドナルドが地元に誕生し、
初めて食べたハンバーガー。

今のように、バケットやマフィン、ベーグルのうような
食事パンが多く出回っていなくて、
ハンバーグをパンで挟んだハンバーガーと言えば朝食のトーストか、
おやつで食べる菓子パンのイメージだったと思います。

その頃はハンバーガーが、ハンバーグに比べて、
格下に見られていたのも仕方がないのかもしれません。


1,000円近く、またはそれ以上のハンバーガー・・・
いわゆるグルメバーガーって、上等の素材を使って、
豪華に具材をはさみ、ボリュームたっぷり!

それだけのものだと思っていました、
こちらのお店のハンバーガーに出会うまでは・・・。

この日にお邪魔させていただいたのは、
池袋駅の東口から歩いて7〜8分のところにある、“No.18”さん。

     IMG_7598

ちょっとおしゃれなカフェか、美容室のような外観に、
さり気なく「No.18」の文字がライトアップ。

         IMG_7606

ハンバーガーが描かれた看板がなければ、
知らない人はここが何のお店かわからないかもしれません。

でも、そんな隠れ家のような感じも好印象。
お誘いしていただいた方に、予約していただいていたので、
待たずに店内のカウンター席に案内していただきます。

     IMG_2523

メニューブックにもさり気なく「No.18」
ページを開くと、そこにも。。。

          IMG_7600

「No.18」。

更にページをめくると、ずらりとハンバーの名前が並びます。

     IMG_7603
そして、驚くことに、ラインナップされたハンバーガーの種類も、
18種類。

さり気なく、きっちりと拘っていらっしゃいます。
ハンバーガー初心者の私は、どれを選べばいいのかわからないので、
連れてきていただいた、大先輩におまかせすることに。

     IMG_7602

        IMG_7604

サイドメニューとデザートも揃っています。
ぜひとも、ハンバーガーと合わせてお願いしましょう。

      IMG_2527

先ずは、レタスと自家製ベーコンのグリーンサラダ。
たかがサラダ、されどサラダ。
そんな言葉がぴったりなのです。
サラダって、適当に作るのと、しっかり丁寧に作るのとでは、
こうも違うのかをしっかり感じることができますよ。

         IMG_2528

こちらのお店には、クラフトビールもいろいろ揃っています。
その中から、カリフォリニアのビール、
ラグニタス 12th of Neverをいただきます。
香り高く、フレッシュだけれど、味わいがあって美味しいです。

     IMG_2533

そして、ピクルスの三種盛りと、テバカラ。

          IMG_2536

どういうことでしょうね、ハンバーガーのお店に来たのに、
サイドデュッシュが、メインデュッシュのようにクォリティが高く美味しい。

目の前ではレタスを畳み、お客さんが注文したハンバーガーを作る店主。
その丁寧な調理は見ていて、ため息が出てしまうほど。


そして、カウンターの左奥では、フライパンを使ってパティを焼いたり、
チーズを温めている店員さん。
みんな真剣そのものなんです。

いつの間にこんなの仕上げてくるのっていうほどのクォリティ高いテバカラに、
一緒に行ったメンバーもすっかり感動。

          IMG_2540

こちらは、ジョーカーが描かれた、クラフトビール・・・
と思いきや、これはサイダーなのです。
シャンパン酵母を使用した、ドライなサイダー。
世界中で最もドライなサイダーとも言われているらしいです。
実際、何も言われずに一口飲んだ時は、クラフトビールと思い込んでしまったのですから^^;

      IMG_2543

そんなクラフトサイダーを味わいながら、こだわりウェッジカットポテトと、
オニオンリング
をいただきます。
もうこの時点になると、どんな物が出てきても、少々のことでは驚かないのですが、
普通にさり気なく添えてあるトマトケチャップの美味しさにかなり驚きました。
スゴイなぁ・・・こんなところにまでこだわりが(^^)

サイドディッシュが、サイドでないほどのこだわりで美味しい。
こうなってくると、主役のハンバーガーってどんな事になってしまっているのか?
ガツーンとインパクトがあって、食べるのにも大きな口を空けて一苦労?

そんなふうに思いながら待っていると、ハンバーガーが出来上がってきました。

         IMG_2555

おぉ、想像以上にボリュームたっぷり。
これは、「キャラメルベーコンチーズバーガー」。
先ほど奥の方で温めていた厚いチーズはこれだったのです。

        IMG_2558
バンズの間にきっちりと整列した、
パティ、キャラメルチーズ、ベーコン、トマト、レタス。
押さえつけてしまえば、食感が変わり美しさも消えてしまうので、
金串で崩れないように固定されているのでしょうね。

これをそのまま持って食べるのは、ちょっと・・・
いえ、ほぼ不可能なくらいに至難の業なので、
バーガーを食べるために用意された袋に入れていただきます。

           IMG_2566

袋に入れてみると、きっちりと手にフィットするから不思議。
そのあたりも計算されているのでしょうね。
見た目の美しさにハッとして、香りにうっとり。
そして、持った感じにワクワクさせられます。

     IMG_2568

刺されている串を抜き、両手でしっかりと持っていただきましょう。

まず驚くのがバンズの美味しさ。
ふわっとしたバンズは、香ばしく焼かれていて、
ある程度その美味しさは想像できるのですが、
実際に食べてみれば、そのクォリティはそれ以上。

「うわぁ、このバンズすごく美味しい!」

同行したメンバーの一人も思わずそんな声をあげたほど(^^)

そして次に感じるのが、パティの肉感。
ジューシィでありかつ、ステーキのような存在感。
このパティが満足感をどんどん上げていくのです。

          IMG_2559

これだけ存在感をしめした、厚いキャラメルチーズとベーコンは、
びっくりするほどその存在感を消してしまっている・・・・
いや、それは違う。
キチンと味わいや旨味を感じ、
それらがなければこの味わいは生まれてこないというのはわかるのだけれど、
飛び出して主張することがなく、素晴らしい一体感を生み出しているのです。

この時点になって、きちんと折りたたまれているレタスの存在が理解できる。

折りたたむことにより、厚みをもたせているので、レタスの存在がパティやチーズ、
ベーコンにも負けずにきっちりと味わうことが出来るのですね。

それにしても、こんなに素材が一体となった、
バランス抜群のハンバーガーに出会ったのは初めてです。
ちょっと、ハンバーガーの世界に足を踏み入れてしまいそうですよ(^^)

ハンバーガーに1,000円以上なんて・・・
そう思っている方にこそ、是非食べていただきたい。

ハンバーガーの世界に魅了される方の気持ちが理解できると思いますよ。

そしてこの体験は、忘れられなくなること必至だと思います。
        




【No.18】
住 所:東京都豊島区東池袋2-57-2 コスモ東池袋 105    MAP
電 話:03-6914-3718
営業時間:11:00〜20:30(売り切れ次第終了)  
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

元々は、車を使って旅をしてもらう時に、役に立ってもらおうと、タイヤメーカーであるミシュランが作り始めたミシュランガイド。今では、ミシュランガイドで星を取るのは、大変な名誉だと言われています。そんなミシュランガイドを作成するにあたり、存在するのが覆面調査員 ...
続きを読む
元々は、車を使って旅をしてもらう時に、役に立ってもらおうと、
タイヤメーカーであるミシュランが作り始めたミシュランガイド。

今では、ミシュランガイドで星を取るのは、大変な名誉だと言われています。

そんなミシュランガイドを作成するにあたり、存在するのが覆面調査員。
いろんなお店に行き、味はもちろんのこと、雰囲気や接客までも調査するらしい。

なるほど、ミシュランに載るような高級店では、
料理の味はもちろん、たしかに心地よく、
その接客も素晴らしいものがあると思います(^^)

確かに、高級店で接客が普通の場合、多くの方が不満に感じるかもしれませんよね。
そして逆に、普通の居酒屋さんで、素晴らしい接客を受ければ、
決して忘れることがないほどに感動するかも。

そんなお店に先日出会いました。

         IMG_3245

お伺いさせていただいたのは、神戸三宮にあるお店、
“肉バルMEAT'S”さん。

阪急三宮駅からは、改札を出て1分。
JRや阪神三宮からも、5分あればお店に到着できますよ。

今さら肉バル?

そう思ってしまった方も、ココには一度行ってほしい。
想像以上に料理は美味しいし、
何よりも素晴らしい接客をしてくれる店員さんがいらっしゃる。

それは、手作り感満載の店内にも表れているかと。

    IMG_3249

            IMG_3248

決して押し付けがましくなく、
さり気なくおもてなししていただいている気持ちになるのです。

詳しいメニューはこんな感じです。

     IMG_3250

         IMG_3251

             IMG_3252

   IMG_3253

普通の肉バルのメニューに見えるのですが、
オススメのところにチェックがついていたりして見やすいですね。

その中から、いくつかピックアップしてお願いします。

        IMG_3264
先ずはちょっと豪華に、本日のタパス5種盛り合わせ。
これは、どこの肉バルにもあるような盛り合わせかな?
では早速いただきます・・・。

って、美味っ!

油断して何も考えずに食べましたが、ハムの質もちゃんとしているし、
パテドカンパーニュもしっかり美味しい。
ポテトサラダさえも真面目に作られているのがわかります(^^)

「これ、本当に美味しいですね!」
「ありがとうございます、私達も試食して美味しいって思いました(^^)」


なるほど、きっちり試食してお客さんに出しているとは素晴らしい。

こうなってくると、他にもオススメを直接聞いてみたくなるのですよね。

「これ、美味しいですね! ってもの、何かありますか?」
「そうですね・・・ブラッターチーズと生ハムの盛り合わせは如何ですか?」


もちろんお願いしました。
このチーズ、いつでもあるものではなく、たまに入ってくるとオススメするのだとか。

そんな感じで、オススメしていただいたのがこれ。

         IMG_3266

生ハムとルッコラが散りばめられていて、その真中に大きなブラッターチーズ。

このチーズをナイフで切り分けていただきます。

      IMG_3279

これは、見るからにフレッシュ。
実際に食べてみると、爽やかな中に濃厚な旨味があり、本当に美味しい。
もう完全にこちらのお店のファンになってしまいました(^^)

         IMG_3260

せっかくのチーズとタパスには、スパークリングワインを合わせていただきましょう。
ワインもいろんなものが揃っていましたよ。

そうそう、せっかく肉バルに来たのだから、肉もしっかりいただきましょう。

         IMG_3313

これは、広島県なかやま牛 いちぼのステーキ。
焼き加減も最高で柔らかく美味しい。
この焼色を見ただけでも、お客さんの事を考えて、
美味しく提供しようという気持ちが伝わってきます。

そして、国産牛 うちもも肉のステーキ。

         IMG_3325

こちらは、厚切りで食べごたえがあります。
赤身の肉の旨味をしっかりと楽しむことが出来ますよ(^^)

〆は、とろ〜り石焼チーズリゾット。

     IMG_3328

こんな感じで、石焼の器に入って、グツグツと熱々の状態で提供してくださいます。

手だけの登場ではありますが、この店員さんの接客が素晴らしかったのです(^^)
気になる方は、是非食べに行ってみてくださいね。


        IMG_3331

食べてみると、本当にとろりととろけて濃厚。
みんなで取り分けても、少し残っていたので、もちろんおかわりもいただきました。

三宮の肉バルMEAT'Sさん、一味違う料理と接客です。
是非体験していってみてくださいね!







【肉バルMEAT'S】
住 所:神戸市中央区北長狭通1−9−11 コーストフロムビル 2F    MAP
電 話:
営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉は、煙が出れば出るほどに美味しい。そう思っているからこそ、屋外でのBBQが人気なのでしょうか?自宅で焼肉。なかなか根性がいります^^;カルビにてっちゃん、豚トロにバラ、ロース・・・本気で焼くと、煙が付き物。でも、煙で燻されることに寄って更に美味しくなるから ...
続きを読む
焼肉は、煙が出れば出るほどに美味しい。

そう思っているからこそ、屋外でのBBQが人気なのでしょうか?

自宅で焼肉。
なかなか根性がいります^^;

カルビにてっちゃん、豚トロにバラ、ロース・・・
本気で焼くと、煙が付き物。
でも、煙で燻されることに寄って更に美味しくなるからやめられない。

とはいえ、焼肉屋さんに行って、必ず先に注文してしまうのが「タン塩」
 
焼肉と聞けば、それだけでタレと肉の味を想像してしまうのに、
何でタン塩なのだろうか?

新鮮な牛タンを、さっと炙るようにして塩をパラッとふって、
レモンを少し絞って食べると最高!

そんな事を考えていると、
「これは!」って思えるタン塩を出すお店があるとの情報が舞い込んできたのです。

この日にお伺いさせていただいたのは、田町にあるお店、
“焼肉ぽんが 田町店”さん。 


こちらのお店、タン塩はタン塩でも、
「ネギタン塩」を注文すると、他にはないようなものが出てくるのだとか・・・。

ワクワクした気持ちを抑えつつ、先ずは冷たい生ビールで乾杯!
キムチの盛り合わせなどをつまみながら、メニューを見てみる・・・。
  
   IMG_1481

        IMG_1482

            IMG_1483

      IMG_1484

       
 
あ、厚切りの盛り合わせがある・・・。
 
最近の焼肉屋さん、リーズナブルになったとはいえ、肉の薄さが気になる・・・。
そんなことを先日話していたを思い出す。
これは食べておかなければ。

それもそうだけれど、先ずはネギタン塩だな・・・。

そんなことを思いながら、適当にお願いしてみる。

        IMG_1490

先ずはユッケ。
とはいっても、今は生のユッケは提供されていないので、炙りユッケをお願いします。

表面を炙られたユッケは、ハンバーグのようにも見えますが、
食べてみるとちゃんとユッケで美味しい。
 

さらに、卵黄を崩して混ぜると、完全にユッケの美味しさが再現されますね。

        IMG_1495
 

そして、これが話題のネギタン塩。

      IMG_1508
 

“これ、どうやって焼くの?”ってくらいに、ネギに覆い尽くされた牛タンが登場。 

これを、お店の方がこんなふうに、タン塩でネギを巻き込んで焼いてくださるのです。

         IMG_1516

   IMG_1524

 

こうすることで、他店のネギタン塩とは比べ物にならない量のネギを、
一緒に味わうことが出来るのです。

 え、そんなに大量のネギを巻き込んで、辛くないのかって?

それは大丈夫。
そんなことも計算して作ってあるのだそう。

          IMG_1531

 
そして、食べてみてビックリ!
想像以上に美味しいのです(^^)

もうね、これだけを食べに来てもいいんじゃないの?
そう思わせる味わいなのですよ(^^)



そして、特選厚切り盛り合わせ。
 
       IMG_1536

 
ちゃんとした焼肉を食べに来た!
そんな感じの厚切り肉。
メニューには、ランプステーキ、特上厚切りハラミ、カイノミステーキ、
特選厚切りタン塩、そしてステーキという表記もされているほど。

        IMG_1545
 

これも、焼きすぎないように好みの焼き加減で焼いていただきます。
オススメは、ミディアムレア。

       IMG_1548

 
肉の美味しさを堪能することが出来ますよ。
 
        IMG_1552


そして、赤身肉盛もいただきます。
ランプ、イチボ、メガネ、シンシン、カメノコの盛り合わせ。
これはさっと炙って、卵黄を絡めて食べると美味しい。

     IMG_1556

            IMG_1557
 
いろんな肉の楽しみ方を提案してくださいます。

〆には、ユッケジャンクッパもいただき、大満足。

         IMG_1574
 
やっぱり、肉が美味しいっていいですよね(^^)

どっさりねぎタンと、厚切り焼肉でかなり満足させていただけますよ。

ぜひ予約して食べに行ってくださいね!







【焼肉ぽんが 田町店】
住 所:東京都港区芝5−9−8 GEMS 9F    MAP
電 話:03-6435-2950
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30) ※土日祝は、23:00まで。 
煙 草:分煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

給食の人気メニューって、唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)そして、親世代の給食の人気メニューは、揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まって ...
続きを読む
給食の人気メニューって、
唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。
(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)

そして、親世代の給食の人気メニューは、
揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。

でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まってなかったのですよね。。。
好きだったのは、クジラの竜田揚げ、シチュー、カレー・・・
あ、ごはん給食が始まる前のカレーって、カレーライスではなく、
シャバシャバのカレー、私達はカレーシチューって呼んでたなぁ・・・。

シャバシャバのスープ状のカレー、
あれ、ひょっとしてアレもスープカレーというものだったのだろうか?
スープカレーという名前で出ていれば、より一層テンションが上っていたかも^^;


さて、この日は美味しいスープカレーを求めて札幌へ。
新千歳空港から快速エアポートに乗り札幌駅で、
少し遅めのランチタイムにお伺いしたのは、
“HiriHiri(ヒリヒリ)2号”さん。

        IMG_9075

スープカレーで「ヒリヒリ」と来れば、
激辛のお店なのかと思ってしまいそうですが、
そんなことはなく、ちゃんと辛さも選べますよ。

10分ほど並び、店内へ案内していただきました。

         IMG_9079
各テーブル間に間仕切りのように柱があり、ちょっと半個室のような感じになっていますよ。
ランチメニューはこんな感じです。

     IMG_9084


          IMG_9080

ランチメニューを見て思ったのですが、メニューの書き方がわかりやすいんですよね。
北海道の一般的なスープカレーのお店では、まずメインのスープカレーを選び、
スープの種類を選び、辛さとごはんの量を選んで、
追加のトッピングを加えていくパターンが多いと思いますが、
こちらでは、デフォルトのメニューが複数の具材をセットにしている事が多く、
それだけでも楽しめるような印象を受けました。

多分、写真入りのメニューだから、イメージしやすいのかな?

         IMG_9078
パクチー好きにはたまらない、タップリ・・・じゃなく、もっさりパクチー。
“タップリ もっさり”って感じでしょうか^^;

私がお願いしたのは、挽肉、納豆、ナス、オクラ、マッシュポテト、
人参、蓮根、水菜が入った、キーマ納豆カレー。

それに、バラ海苔のトッピングをお願いしました。

           IMG_9085

ふと横を見ると、こんなのが視界の中に入ってきました。
北海道限定、大好きなサッポロクラシックの生ビール!

        IMG_9087

そりゃぁやっぱり、ねぇ(^^)
キンキンに冷えた生ビール、最高です!

グッと一気に冷たいサッポロクラシックを飲んでいると、先にごはんが運ばれてきます。

      IMG_9093

ごはんは白いご飯がうつわ状に盛られてきます。
奥にぼんやりと見えるのが、友人が注文したごはんの大盛り。
こうやって見ると、明らかに違いますね^^;

そして、まもなくしてスープカレーも登場。

         IMG_9100
納豆とマッシュポテトが入っているせいか、ちょっとスープにとろみがあります。
ナスと水菜も美味しそ・・・・ん、なにかが足りない。

「すみません、バラ海苔・・・」
「あ、すみません、お待ち下さいね。」


そう言って、一旦退場の後、再登場。

         IMG_9103

はい、これが完全体!
納豆と海苔。
これらが入ったスープカレーが大好きなんですよね(^^)

      IMG_9107

先ずはスープカレーを一口。
辛さを7辛まで上げたからか、結構いい辛さしてます^^;
いい汗、かけますよ〜!

それでも、その味わいは素晴らしく、
一度食べはじめるとスプーンを持つ手が止まらなくなります。

          IMG_9115

ごはんをスプーンにのっけて、スープカレーの中につけて食べても美味しいし、
後半は、ごはんをスープカレーの中に入れて食べると、
スープだけが残ることなく、キレイに完食することが出来ます。

札幌駅から徒歩2分。
高架下のアーケードを歩いていくとすぐにお店に到着します。

         IMG_9077

北海道でも厳しい暑さの今年の8月、
そして、ふきが降り積もる冬でも、ここならば楽に来ることが出来ますよ。
札幌についたらすぐにスープカレー!
そんな旅の始まりもいいものですよ〜。
     




【スープカリー HiriHiri(ヒリヒリ)2号】
住 所:札幌市北区北6条西6-1-1 WEST 6    MAP
電 話:011-221-3607
営業時間:11:30〜21:30
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪梅田から、電車に乗って約30分で行くことが出来る観光地、みのお。漢字で書くと「箕面」となります。関西に住んでいる人以外は、ちょっと読めないかもしれない・・・と、思っていたら、最近では人気のクラフトビール「箕面ビール」のおかげで、その名も随分有名になった ...
続きを読む
大阪梅田から、電車に乗って約30分で行くことが出来る観光地、みのお。

漢字で書くと「箕面」となります。

関西に住んでいる人以外は、ちょっと読めないかもしれない・・・
と、思っていたら、最近では人気のクラフトビール「箕面ビール」のおかげで、
その名も随分有名になったのかも?

箕面の滝、箕面の紅葉、もみじの唐揚げ、スパーガーデン。

スパーガーデンは少し前にリニューアルされ、
今では大江戸温泉物語物語グループの総合リゾート施設として、
生まれ変わっていますね。

そんな阪急箕面駅の周辺から少し東へ行くと、
箕面キューズモールがあります。
ここも、もう少しすれば、北大阪急行が延伸されて、かなり便利になるものかと。

そんな箕面キューズモールのすぐ近くにある、牛とろ焼きしゃぶのお店、
牛とろ焼きしゃぶ専門店 十二松六左衛門”さんに、
お邪魔させていただきました。

          IMG_1875

お店の前には駐車場もあって、車で行っても便利ですよ。

店内は、半個室のテーブル席が並びます。

      IMG_1876

テーブル席のに座り、先ずはマナビールで乾杯のあと、
メニューを確認させていただきます。

   IMG_1882

      IMG_1883

最初のページには、肉へのこだわりと焼きしゃぶの説明が書いてあります。

  IMG_1884

        IMG_1885

  IMG_1886

         IMG_1887

焼きしゃぶだけではなく、いろんな肉料理を楽しむことができそうですね。
気になる料理をいろいろお願いしていきましょう。

       IMG_1906

先ずは、黒毛和牛のユッケ風。
今ではもう、日本国内の飲食店では昔のようなユッケをいただくことはできませんが、
こちらでは、調理法を工夫して出していただけます。

卵黄を崩し、トーストされたパンの上に乗っけて食べると最高に美味しい。

そして、彩野菜の地中海ナムル 鰹の煮浸しをいただきます。

        IMG_2021

和の技法を取り入れたナムルとでも言うのでしょうか?
これ、楽しいですね(^^)
いろんな野菜を美味しくいただくことができますよ。

そして次は、いよいよ焼きしゃぶの登場。

        IMG_1929

タン、牛とろ、ロースなど、いろんな部位の牛肉を楽しむことができます。
それらを焼いて、もやし、カイワレ、ねぎ、大葉などを巻き込んでいただきます。

先ずは、牛タンをさっと炙っていただきます。

    IMG_1979

これは、レモン塩で。
噛めば肉汁が溢れてたまりませんよ(^^)


      IMG_1923

ハイボールもスタンバイさせて、焼きしゃぶの開始。

        IMG_2001

   IMG_2004

表面の色がほんの少し変わったら、トングで持ち上げて焼き網の上を滑らせるように、
しゃぶしゃぶと。

        IMG_1919

炊きたて艶々のご飯も、こちらのお店の自慢のひとつなのだとか。
折角なので、炊きたてをいただきます。

もちろん、先程の焼きしゃぶを乗っけて。

       IMG_2016

これはたまりません。
肉はとろけるし、ご飯は艶々で美味しい。
そんな感じで、いろんな部位の肉を焼きしゃぶで楽しみます。

焼きしゃぶの次は、特選和牛のタタキと焼き野菜のシーザーサラダ。

         IMG_2023

タップリの焼き野菜と特選和牛のタタキ・・・
って、これはほぼステーキですね。

   IMG_2042

その上に、タップリとチーズをかけていただきます。
これが美味しくないわけがないですね(^^)

そして〆は、
黒毛和牛の出汁茶漬け、
黒毛和牛の焼きしゃぶガーリックめし、
黒毛和牛のあかの他人丼、
黒毛和牛の-196℃の氷結冷麺
から選ぶことができたので、
焼きしゃぶガーリックめしをお願いしました。

        IMG_2054

用意されてきた、焼きしゃぶガーリックめしセット。

      IMG_2076

特製のタレにつけて、先程と同じようにさっと焼きしゃぶ。
これをご飯のガーリックライスの上に乗っけて、

     IMG_2080

卵黄を落とせば、

         IMG_2090
出来上がり。
かき混ぜていただくと、ビックリするほど美味しいですよ(^^)

焼肉のようで、ちょっと違う。
和の要素を取り入れ、肉の旨味をギュッと味わう。
美味しくスタミナを付けて、暑さを吹き飛ばしに行ってみてくださいね!
       





【牛とろ焼きしゃぶ専門店 十二松六左衛門】
住 所:大阪府箕面市西宿1-5-43    MAP
電 話:072-737-6274
営業時間:17:00〜23:00  ※土日祝は、16:00から営業。
煙 草:分煙
定休日:無休
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅の楽しみのひとつに、そこでしか食べられないおいしい食事があります。札幌ラーメン、盛岡のわんこそば、宇都宮の餃子、名古屋の味噌カツ、広島のお好み焼き、香川のうどん、長崎のちゃんぽん・・・そこに行ってお店に入るのもいいけれど、旅の道中で食べるお弁当、景色を ...
続きを読む
旅の楽しみのひとつに、そこでしか食べられないおいしい食事があります。

札幌ラーメン、盛岡のわんこそば、宇都宮の餃子、名古屋の味噌カツ、広島のお好み焼き、
香川のうどん、長崎のちゃんぽん・・・


そこに行ってお店に入るのもいいけれど、旅の道中で食べるお弁当、
景色を見ながら楽しめる駅弁も最高に美味しい。

いかめし、シウマイ弁当、深川めし、神戸の肉めし、かしわめし・・・。
そんな中でも、山形駅で売られている、「牛肉どまん中」が人気なのだとか。

そんな駅弁、日本だけではなく、台湾にもあって人気なのだとか。
そんな台湾鉄道の弁当、「台鐵便當」がランチタイムに食べられるお店が、
さいたまの大宮にあります。

          IMG_2876

お伺いさせていただいたのは、大宮駅から歩いて7〜8分のところにある、
“台湾茶房 e~one”さん。

こちらのお店の日替わりランチ、金曜日は「台鐵便當」が登場するのです。

早速店内に入り、メニューを確認させていただきます。

         IMG_2844

こちらのページに、日替わり定食が。
そして、金曜日の台湾鉄道排骨弁当も載っています。

日替わり定食の他にも、本格的な台湾料理がいろいろと。

   IMG_2845

         IMG_2846

              IMG_2847

もちろん、魯肉飯や鶏肉飯、麺線もあるようです。

予定通り、金曜日の台鐵便當をお願いし、しばし店内を眺めながら待ちましょう。

     IMG_2851

お洒落なカフェのような店内は、居心地もよく、ゆったりと寛ぐことができそう。

          IMG_2850

入り口の横には、台湾の雑貨もいろいろ置いてあります。
台湾の街で見かけるいろんなもの、ありましたよ(^^)

    IMG_2852

麺線の食べ方・・・
箸を使わないで、レンゲだけで食べるのがオススメ。

どんな感覚なんだろうか?
ちょっと気になります。

          IMG_2853

台湾茶房というだけあって、お茶は色んなものが置いてあるようです。
今回はランチタイムにお邪魔させていただきましたが、
カフェとして利用するのも良さそうですね。

そんな感じで、店内の雰囲気を楽しんでいると、
お願いした日替わりランチ、台鐵排骨便當が出来上がってきました。

        IMG_2854
これの何が凄いって言うと、
ちゃんと台鐵便當の容器が使われていること。
弁当本体と、サラダ、スープでシンプルに運ばれてきます。

            IMG_2857

列車のイラストも描かれたワクワクするやつ。
鉄道ファンでなくても、これはトキメキますね(^^)

蓋を開けてみると・・・

        IMG_2858

大きな排骨が乗っかった、一段目がお目見え。

そして、その下側には、ごはんが入っています。

        IMG_2863

食材を茹でたもので炊いたのでしょうか、色づいたごはんが食欲をそそります。
並べてみるとこんな感じ。

      IMG_2864
こうやって並べてみると、結構豪華な感じになりますね(^^)


         IMG_2865

カリッとした食感のように見えますが、排骨にはタレが染み込んでしっとりとしています。
それでは、早速いただきます。

      IMG_2871

食べてみると、これがかなり美味しい(^^)
そのまま食べても美味しいし、ごはんとの相性も抜群!

排骨、ごはん、煮玉子、野菜、スープ・・・。
バランスも良くて美味しい。
そして、何よりも雰囲気が抜群!

現地で売ってる台鐵便當は、残念ながら日本に持ち帰ることは出来ませんが、
ここに来れば美味しい台鐵便當をいただくことが出来ますよ。

この他にも、いろんな気になる料理がたくさん。
次回は是非、魯肉飯や麺線なども食べてみたいと思います。






【台湾茶房 e~one】
住 所:さいたま市大宮区東町1-121-2    MAP
電 話:048-871-8161
営業時間:11:00〜14:30 18:00〜22:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

地方に旅行や出張に行くとき、折角なのでその土地の美味しいお店に行きたくなりますよね。もちろんそれは、ある意味冒険でもあり、無謀な賭けの一面もあるのですが、無難な全国チェーンのお店に行くよりも面白さがある。そんなときに、地雷を踏まないようにするには・・・。 ...
続きを読む
地方に旅行や出張に行くとき、
折角なのでその土地の美味しいお店に行きたくなりますよね。

もちろんそれは、ある意味冒険でもあり、無謀な賭けの一面もあるのですが、
無難な全国チェーンのお店に行くよりも面白さがある。
そんなときに、地雷を踏まないようにするには・・・。

食べログを頼りにする。
これ、ある程度は頼りになるのですが、地方に行けば行くほどに、
情報量が少なくなる。
店の住所と営業時間等を知る程度に思っておいたほうが無難。

グルメブログを頼りにする。
信憑性は上がります。
でも、地方に行けば行くほど、書いている人が少ない^^;

直感を頼りにする。
これ、当たればものすごく嬉しいです。
外れても、なかったコトにする精神力と、連食する胃袋があれば、百人匹かも⁉

それでは、直感で美味しかったお店をご紹介します(^^)

        IMG_1808

車で走っていて見かけた「手打ちとんかつ」の看板。
これ、気になりますよね(^^)
駐車場もあるし、バイクも一台止まっている。
バイクでツーリングする人って、美味しいお店を知ってること多いって言いますし。

車を駐車場に止めて、お店の外に書いてあるメニューを見てみます。

         IMG_1807

いろいろあって、美味しそう。
若鶏のニンニク焼きも気になるし、
とんかつとエビフライのセットなんて良さそうだなぁ・・・。

そんなことを思いながらお伺いさせていただいたのは、
手打ちとんかつ かついち”さん。

        IMG_1805

園部の駅前から、少し走った道路沿いにお店はあります。

店内のテーブル席に座り、改めてメニューを確認します。

     IMG_1783

とんかつには、120gの“お手頃”と、ガッツリ180gの“大き目”があります。
とんかつはもちろん、自家製コロッケも気になるし、
エビフライの気分も捨てがたい・・・。

結局この日は、ヒレカツとエビフライの盛り合わせ定食をお願いしました。

店内は、4人がけのテーブル席が3卓と、4人が座れるお座敷テーブルが3つ。
全部で24席でしょうか。

この日は、私達のグループと、あと2組お客さんが入っていました。

           IMG_1790

しばらくすると、小さなすり鉢にごまが入ったものとソース、
ドレッシングが入った容器が提供されます。

食べる前に自分でごまを擦るのですね。
香ばしい香りが立ち上がり、食欲が沸き立ちますよ(^^)

        IMG_1784

メニューブックには、【かついち人気ひみつ が書かれています。

豚肉、手打ち、ソース、ドレッシング、パン粉、オイル、ごま、
お漬物、ご飯へのこだわり、そして感想が書かれてあります。

ここまで、こだわりますと疲れます ^^;
でも確かに、お客さん想い。
そんな拘ったとんかつはこんな感じです。

         IMG_1793

ヒレカツとエビフライ、ご飯に味噌汁、タルタルソースとお漬物が付いています。


    IMG_1800

それにしても、大きなエビフライですね。
それだけでもすごく存在感がありますよ!

それでは先ず、ヒレカツをいただきます。

サクッとした食感のあと、柔らかな肉の食感、美味しいですね(^^)
自家製のソースとの相性もバツグン!

そして、こちらのお店、ごはんが美味しいですよ(^^)
産地を月替りで変え、炊き方にも拘っているのでしょう。
嬉しいことに、定食を注文すると、ごはんとみそ汁を一度限りではありますが、
お替りすることができます。

          IMG_1798

そして、エビフライはこの自家製タルタルソースでいただきます。

     IMG_1801

タップリと付けてくださっているので、遠慮なくつけていただきます。

     (^^)(^^)

美味しい!
これは本当に満足度高いですね。

美味しいヒレカツと、エビフライ。
そしてご飯に美山町の柴漬けも美味しい。
かなり満足させていただきました。

疲れるほどに拘った食材と調味料。
園部にいらっしゃる時は、ぜひ立ち寄ってみて下さい。
次回はロースカツ定食を食べてみたいと思います。
そして、自家製コロッケと若鶏のニンニク焼きもすごく気になる(^^)




【手打ちとんかつ かついち】
住 所:京都府南丹市園部町内林町下荒代28    MAP
電 話:0771-63-5001
営業時間:11:30〜22:00 
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加