美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2019年11月

暴れん坊将軍、遠山の金さん、鬼平犯科帳、必殺仕事人・・・。そう言えば昔に比べて時代劇って、テレビでやってないですよね。最初はなんだか見る気があまりしないけど、見はじめると面白くなって、最後は悪人が成敗されてスッキリする。「この紋所が目に入らぬかぁ〜」で有 ...
続きを読む
暴れん坊将軍、遠山の金さん、鬼平犯科帳、必殺仕事人・・・。

そう言えば昔に比べて時代劇って、テレビでやってないですよね。
最初はなんだか見る気があまりしないけど、
見はじめると面白くなって、最後は悪人が成敗されてスッキリする。


「この紋所が目に入らぬかぁ〜」

で有名は、水戸黄門。
葵の紋性が付いた印籠が出る、20:40過ぎになると、視聴率がぐっと上がったらしいですね。
そんな水戸黄門、日本で最初にラーメンを食べた人との噂もあるらしいです。

ラーメンと言えば、この方のブログに頻繁に登場して、
ずっと、ずーっと行ってみたかったこちらのお店に行ってきました。

         IMG_8464


お伺いさせていただいたのは、京急北久里浜駅から歩いて7〜8分のところにある、
“はまんど横須賀”さん。

こちらのラーメンは、実は讃岐生まれ。
讃岐ラーメンと言う分野を、世に知らしめたお店でもあるのです。

幸いにもカウンター席に空席があり、待つこと無くそこに案内していただきます。

        IMG_8444

お店の名前が冠された「はまんど」は、鶏ガラベースに煮干しスープの白醤油ラーメン。
そして白湯そばは、鶏ガラを白濁するまで煮込んだコクのある一杯。
それにしても、どれも気になるなぁ・・・。

   IMG_8445

さらに悩ませるのが、はまんど横須賀 オリジナルメニュー。
鶏そば、特製、チャーシューはまんど。
そして煮干しと、ごまだれ系って、常連さんの気持ちをも飽きさせないラインナップ!

まぁ、メニューを見てるだけでも見事だと言いざるを得ないですね(^^)

      IMG_8446

写真入りもあるから、どうぞ・・・。
これ以上見てると、迷いに迷いまくって決まらなくなるので、
基本の「はまんど」に、味付玉子トッピングでお願いしました。

※実際には、お店の入口に券売機があるので、そこで食券を購入しての注文になります。

注文が入ると、厨房の中でラーメンを作り始めるのを見ることが出来ます。
まぁ、無駄のない動きと言うか、テキパキしていると言うか、
見ていて気持ちのいいものですよ。

      IMG_8448

カウンターの上には、整列したレンゲが並びます。
紙ナプキンがかけてあったりして、衛生面への気配りもいいですね。

しばらくすると、お願いした「はまんど」が出来上がってきました。

        IMG_8449

丼に対して、具材がきっちりと並んでいて、本当にキレイ!
このビジュアルは食欲をそそられますね(^^)

それでは先ずスープからいただきます。

   IMG_8452

うわぁ、美味ぁ(^^)
鶏ガラと煮干しに、白醤油の旨味がバッチリ!
白醤油のせいで、見た目は塩ラーメンのように見えるけれど、
味わうときっちり醤油の旨味が引き立っています。
これは頼んで正解だったなぁ。

          IMG_8455

そして、この麺の抜群に美味しい。
平打の麺で、もっちりとした食感が堪らない。
スプーの絡みもよく、食べすすめるたびに笑顔になってしまいますよ(^^)

     IMG_8460

チャーシューはよく煮込まれていて柔らかい。
肉と脂のバランスもいい感じですよ。

           IMG_8458

柔らかくていい感じのメンマ。
そして、ナルトが入っていると嬉しくなるのはなぜだろうか(^^)



    IMG_8451

トッピングをどうしようかと迷った挙げ句に、お願いした味付玉子。
これ、本当に美味しいです。
最近食べた味付玉子の中で、一番美味しかったかもしれません。

具材も麺もスープもしっかりと楽しませていただき、気がつけばきれいに完食。
なるほど・・・あのお方がよく通ってしまうのも納得だなぁ。

「はまんど」。
“うみんちゅ”とか、“どさんこ”みたいな感じで、
横浜にちなんだ言葉なのかと思いきや、

はまんどの由来は、地域名。
讃岐のはまんどの近隣の地名「浜の堂(はまのどう)」からきているらしい。

そういえば、こちらは讃岐ラーメンのお店でしたよね。

横須賀で食べることが出来る、讃岐ラーメン「はまんど」さん。
またこちらの方に来たときは、ぜひ寄らせていただきたいと思います。







【はまんど横須賀】
住 所:神奈川県横須賀市根岸町4-21-19 星野ビル 1F    MAP
電 話:0468-35-3412
営業時間:11:00〜15:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)※10:00〜15:00は、お店の前に路上駐車可。

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハワイのおみやげといえば、マカダミアナッツチョコレートとビーフ・ジャーキー。実は今、ビーフジャーキーがお土産で持って帰れないってご存知でしょうか?覚えていますでしょうか?2000年代初頭にあった、狂牛病問題。それ以降、外国で製造されている牛肉加工食品は、一切 ...
続きを読む
ハワイのおみやげといえば、
マカダミアナッツチョコレートとビーフ・ジャーキー。

実は今、ビーフジャーキーがお土産で持って帰れないってご存知でしょうか?

覚えていますでしょうか?
2000年代初頭にあった、狂牛病問題。
それ以降、外国で製造されている牛肉加工食品は、
一切日本に持ち込めなくなっているのです。

特に、2019年4月からは厳格化され、
空港で見つかってから放棄しても、厳罰の対象になるのだとか。
(検疫犬が回っていて、探知するらしいですよ!)

台北駅で買った、温かい「臺鐵便當」も日本への持ち込みは禁止。
泣く泣く桃園空港で食べました。(美味しかったです!)

美味しさに国境はないって言うのにねぇ・・・。

美味しさに国境はないといえば、先日お邪魔させていただいた、
こちらのお店の料理に感動したのを思い出しました。

       IMG_8122

お伺いさせていただいたのは、“Fff...TOSHI(エフ ド トシ)さん。
お店は、六本木の東京ミッドタウンのすぐ横にあります。

        restaurant chinois

書かれているように、中国料理のお店です。
この日は、料理はシェフのおすすめコース、
そして、それぞれの料理に合わせらお酒をペアリングでいただきました。
 
          IMG_8125

階段を降りて地下に行くと、お店の入口があります。

   IMG_8132

店内は、どの席からも厨房で料理をしている様子を楽しめるカウンター席が10席。
そして、個室もあるようです。

カウンター席に座り、先ずはシャンパーニュから。

          IMG_8147

モエ・エ・シャンドン グランヴィンテージ2012。
74番目のヴィンテージシャンパンだそうです。

     IMG_8149

グラスの注いでいるときから立ち上がる香りが堪らない。
シャンパンと同じ製法で作られたスパークリングワイン・・・
いつもはそちらを楽しんでいるのですが、こういうのを目の前にすると、
やはりホンモノは違うんだなぁ・・・そう思いますね。

           IMG_8157

繊細に立ち上がる泡は、これからはじまる魅惑のディナーを予感させてくれます。

シャンパーニュを味わいながら、目の前に置かれているメニューを眺めてみます。

        IMG_8145

        読み進めていただく事で感じる [imagination]
           五感へ [Real] をお届けします。
         こころの小旅行をお楽しみくださいませ。

メニューと言うよりも、物語のヒントのようなもの。
これからはじまる、お伽噺にワクワクするような感覚をおぼえます。

料理は prologue からはじまります。
最初は、「golden crub」

        IMG_8178

目の前に登場した瞬間に、思わず二度見。
鮮やかな金色のオスの上海蟹。
本当に海の中にこんなのがいれば、大変なことになるのでしょうが・・・^^;
でも、中身は本物。
紹興酒に漬けこまれ、濃厚な旨味を楽しむことが出来ます。

そして、次の料理の名は、「漆黒」。

       IMG_8184

お店の名前が書かれた木の箱を開けると、

   IMG_8195

本当に漆黒の世界が待ち受けているのです。
中から一つ取り出してみましょう。

           IMG_8197

これは、香港の五目揚げ餅「咸水角(はむすいこう)」。
漆黒なのは、皮にイカスミか竹炭を使っているからなのでしょうかね?
このままの状態では、味に全く想像がつかないですよね。

     IMG_8203

半分に割ってみると、中からは美味しそうな具材がタップリ溢れてきます。
外の皮は餅米。
中の具材は、大山鶏、バフンウニ、いぶりがっこ、大正海老。
もちもちした食感と具材の旨味が快感ですよ(^^)

次の料理が出る前に、ペアリングのワインが提供されます。

          IMG_8210

こんな感じで見ると、中国料理のお店にいるのを忘れてしまいそうになります。

次の料理は「暦」。

      IMG_8212

厚切りのサーモンに、腐乳とカレーを使ったソースがかけられています。
腐乳と入っても、その癖と臭みはほとんど無く、
ほんの僅かにカレーの風味と重なって旨味を引き出す仕事が施してあります。

そして、「殷雷」。

        IMG_8240

ここで登場した最中。
もちろん、普通の最中ではないことは容易に想像していただけると思います。

   IMG_8230

中には、アヒルの肉と、フォワグラ。
そこに、パチパチと弾ける、刺激的な食感のスペインの飴が加わり、
食べるたびに楽しい感覚を感じることが出来ます。

この料理でprologueが終わり、次の料理から episode がはじまります。 

        IMG_8245

先ずは、ペアリングのワイン。
選んでいただいたのは、ニュージーランドのソーヴィニヨンブラン。
このワインが香り高く心地良い。


           episode 1  「爽香」

   IMG_8250


これは、ノドグロの清蒸(チンジョン)
フワフワに蒸されたノドグロの上には、葱、パクチー、レモングラスが乗っかります。
特製のソース、香草と一緒にいただくノドグロ、
口の中に広がる香りと味わいを感じながら、メニューの名前「爽香」の文字が浮かびます。

次に登場したのが、喫茶店では見ることがあっても、
中国料理のお店では、まず見ることがないであろうこれ。

       IMG_8271

そう、サイフォンの器具。
その後ろでは、まるでそんなものは存在しないかのように、
華麗な手付きでペアリングのワインが用意されています。

         IMG_8274

ペアリングのワインは、何とムルソー!
これを見ただけで、テンションが上ります(^^)

流石に重厚な味わいで、しばらくワインのこと以外は考えられなくなります^^;
そんなワインとペアリングでいただくのは・・・。


episode 2  「至極」  

    IMG_8295

                 IMG_8297

先程、サイフォンを使っていたのは、フカヒレにかけるスープ。
フカヒレがスープで満たされると、その存在感を見る見ると輝かせてくれます。

      IMG_8311

2週間以上かけてゆっくりと戻したフカヒレは、
今まで食べた中でも記憶にないくらいに美味しい。
サイフォンで煮出して作った最高のスープとともに、まさに至極の味わいですね。

フカヒレの余韻がおさまらないうち、
次の料理に合わせるペアリングのワインが提供されます。

        IMG_8316

来たー!
イタリア、ピエモンテが誇る極上の赤ワイン、バローロ。
これがでてくるということは、次は肉料理か。


episode 3  「SUKIYAKI」 

SUKIYAKIと書いて、すき焼きと読む。
中国料理のお店ですき焼き・・・。
その答えは、こんな感じ。

     IMG_8322

            IMG_8336

十勝牛の上に、とろりと卵黄。
そして、千住葱と山椒オイルパウダー。
ナイフとフォークも用意してくださってますが、
「箸でも切れますよ。」の言葉に、それに従ってみると、その通り。

そして、口の中で見事にすき焼きが完成するのです。
食べてみて、初めて完成する料理、SUKIYAKI。

先程のフカヒレといい、SUKIYAKIといい、休む暇がないくらいに美味しい。

魚料理がでて、肉料理も出た。
そして・・・。


episode 4  「強火」 

       IMG_8362

紅芯大根、うずまきビーツ、広東白菜、マコモダケなど、
目の前に出てきた、彩り豊かな野菜たち。

これと強火の関係は・・・

          IMG_3151

目の前で、大きな炎が上がり、あっという間に仕上げられる料理は、
7種類の野菜の強火炒め。

     IMG_8365

さっきまで生で切られただけの野菜が、いま目の前で立派な料理に大変身。
 
       IMG_8376

これには、ワインではなく日本酒。
新政のNo.6 X-typeをあわせていただきます。

甘み、食感、味わい・・・。
野菜それぞれが持つ個性をギュッと閉じ込め、
シンプルかつ一番美味しく贅沢にいただく方法かもしれませんね。


Epilogue. 「たまご炒飯with自家製X.O醤」

           IMG_8381

たまご炒飯は、シンプルなだけに一切のごまかしが効かない料理。
千住葱を二通りの切り方で入れて、五感をくすぐる。
一方は細かく切って香りを出し、もう一方は荒く切って食感を出す。

玉子と千住葱だけ。
それだけでこんなに複雑な炒飯が出来るのには本当に脱帽。
一緒に出していただいた、X.O醤と一緒にいただくと、
さらに奥深くまで旅することが出来ます。


Happiness. 「Simple」

                   IMG_8396

先ずは、2種類の杏仁豆腐。
セピア色のほうはアーモンド杏仁豆腐で、白いほうがエスプーマ杏仁豆腐。
シンプルながら香り高く、かと言って先程までの料理の余韻を妨げることはない。

    IMG_8403

そして、タロイモケーキ 。
最初に出された杏仁豆腐で、口の中のモードを整えて、
2番めに出されるケーキで仕上げる。

最後まで、何もかも計算されながらも、ビシビシと挑戦していく。
まさに、五感が刺激され続けるひとときでした。

         IMG_8414

ひと仕事終えて、リラックスした表情を浮かべる、シェフの吉田隼之さん。
私服を着た彼と、街なかですれ違っても普通の人にしか見えないかもしれない。
でもそんなギャップもシェフの魅力のひとつ。

想像もつかない素敵な体験が出来ました。
来て本当に良かった!
本気でそう思えるお店に出会うことが出来ました。







【Fff...TOSHI(エフ ド トシ)】
住 所:東京都港区六本木4-4-2 ヒルサイドパレス六本木 B1F    MAP
電 話:03-6875-4245
営業時間:18:00〜23:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

お箸の国の人だもの。私たちにとって箸は、万能のもののように感じます。まぜる、はさむ、運ぶ。この3つの動作を難なくこなす。肉も柔らかいものになれば、箸で切ることも可能。ただ、汁物だけは器を持ってすすらなくてはいけませんが。ものを食べるときに、箸を使う文化を持 ...
続きを読む
お箸の国の人だもの。

私たちにとって箸は、万能のもののように感じます。

まぜる、はさむ、運ぶ。

この3つの動作を難なくこなす。
肉も柔らかいものになれば、箸で切ることも可能。
ただ、汁物だけは器を持ってすすらなくてはいけませんが。

ものを食べるときに、箸を使う文化を持つ人たちは、全人口の30%。
これは、フォーク、スプーン、ナイフを使う人達と同じだといいます。

箸が30%、スプーン・フォーク・ナイフが30%だとすると、あとの40%は?

そう、手食なのです。

実際に手食をやってみると、慣れるまではあれなんですけれど、
慣れれば手食のほうが美味しいものもあるのです。
(そういえば、こちらのお店で初めて手食やってみたなぁ・・・。)

さて、カレーの場合はそんな感じで手食という方法もあるのですが、
魯肉飯や雞肉飯の場合は・・・。

同じ、箸文化の国だから、やはり箸なのでしょうか?
それとも、スプーンの方がいいのか?

      IMG_3007

そんな疑問を持ちながらも、本場台湾で雞肉飯を楽しませていただきました。

お伺いさせていただいたのは“梁記嘉義雞肉飯”さん。

台北MRTの松江南京駅から歩いて5分くらいのところにお店があります。
朝の10時から開いているので、ゆっくり目の朝ごはんや、早めのランチにも便利ですよ。

店内の席に座りメニューを・・・

      IMG_3010

こちらのお店には、こんな感じで日本語のメニューも置いてあるので、
ゆっくりと食べたいものを選ぶことが出来ます。
ここに、ホワイトボードで使うような、
消えるマーカーで食べたいものの数量を記入して店員さんに渡します。

雞肉飯はひとつ40元だから、約160円。
安いですよね〜。
そして、料理を受け取り、席に戻ります。

        IMG_7831

雞肉飯と菜脯蛋(切干大根の玉子焼き)です。

   IMG_7838

シンプルなのですが、それでいい。
前回台北に来たとき、魯肉飯は食べたのですが、雞肉飯は食べていなかったので、
かなりワクワクします。

       IMG_7839

白ごはんの上に、タレで味付けされた鶏肉がタップリと乗っかります。

一緒にスープもお願いしたので、スプーン代わりにレンゲもあるのですが、
まずはお箸でいただきましょう。

            IMG_7845

美味しい!
魯肉飯の肉肉しい味わいに対して、こちらはあっさりとしながらもしっかり美味い。
こういうの、日本にもたくさんあればいいのになぁ。

      IMG_7842

一緒にお願いしたスープ、貢魚丸湯はこんな感じで、
肉団子と魚の団子が一つずつ入っています。
味は優しめでじっくり旨味が広がりますよ。

早朝、台北の桃園空港に着き、こちらのお店で朝ごはんを食べたあとの、
2回めの朝ごはんがこちら。

いろんなものを少しづつ。
関空を夜中に出発して、早朝に台北。
日帰り弾丸台湾ツアー、第2弾!
しっかり美味しい台湾をしっかり堪能していきますよ〜






【梁記嘉義雞肉飯】
住 所:中華民国 台湾 台北市中山區松江路90巷19號    MAP
電 話:(+886)(02)2563-4671
営業時間:10:00〜14:30  16:30〜20:00
煙 草:
定休日:土・日
駐車場:なし



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

私 失敗しないので。カッコいいですよね、この決め台詞。とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;【絶対に失敗してほしくない職業】医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。【出来れば失敗しないでほしい職業】調理師、パティシエ、美容師、理容師 ...
続きを読む
私 失敗しないので。

カッコいいですよね、この決め台詞。
とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;

【絶対に失敗してほしくない職業】
医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。


【出来れば失敗しないでほしい職業】
調理師、パティシエ、美容師、理容師、エステティシャン・・・。

【失敗したら喜んでもらえる職業】
ピエロ、お笑いマジシャン、お笑い芸人・・・
(って、失敗というよりも、それが仕事のようなものですから^^;)


職業ではないけれど、出来れば失敗したくないのが、地方に行ったときのお店選び。
東京や大阪、福岡、札幌などの都市では、いろんな人がお店情報を発信していて、
それを参考にお店選びが出来るのですが、
地方に行けば行くほど、情報が少なくなって直感に頼ることが多くなります。
(ま、それはそれで楽しいのですが(^^))

今回参考にさせていただいたのは、こちらのサイト。

本当に頼りになります。
そんなSYUPOさんを見ていってきたお店が本当に凄かった!

           IMG_4891

お伺いさせていただいたのは、松山の古町にある居酒屋、
“寿浬庵(じゅりあん)さん。

曜日に関係なく、いつも満席とのことで、予約していってきました。

お店が開店するのは、何と午後3時。
そう、明るいうちから飲むことが出来るのです。

家族で来ることも出来るのですが、それは午後8時まで。
予約の電話のときにも「みなさんの中に、未成年の方はいらっしゃいますか?」
と、確認されるのです。

あくまでもここは居酒屋、酒場なのです。
お店に入って予約名を告げると、席まで案内してくださいます。

店内は入口付近にカウンター席が並び、
ここだけ見ると小さなお店のように見えるのですが、
奥には広い座敷があります。

座敷席に座り、まずはメニューを・・・

    IMG_4828

           IMG_4829

壁にズラリとメニューが書かれています。
そして、よく見て下さい、どのメニューもほとんど650円!

   ここは、650均か?

思わずそんなツッコミを入れたくなっちゃいますね。

メニューは壁に貼ってあるものだけではなく、テーブルの上にも置かれています。

   IMG_4834

         IMG_4835

             IMG_4836

ローストビーフも、ステーキも、金目鯛も650円。
650円が一番高いメニューなのか?

       IMG_4838

そして、お通しも廃止。
「好きなものをお腹いっぱい食べたい!」の声を実現なのだそうです。

では、好きなものをお腹いっぱいいただきましょう。
先ずは、釣りさわら(650円)。

        IMG_4840

大きめに切られた刺身が嬉しい。
食べてみると、鮮度抜群! 最初からテンション上がります。

そして、次に注文した料理を見てビックリ!

        IMG_4845

これ、ふぐ皮ポン酢(650円)なのですが、ボリュームが凄い。

    IMG_4849

だって、箸でタップリと取っても、まだまだあるのです。
いつもは、ふぐ皮ポン酢は少しずつ、大事に食べているのですが、
この日は思いっきりいっちゃいました(^^)

そして、これも650円で食べられるのです。

        IMG_4852

金目鯛のあぶり。
キッチリと脂も乗って美味しい。
こんなの、他では650円では先ずムリですよね。

ちょっと箸休めに地鶏の皮でも食べてみよう・・・。

        IMG_4862

そう思ってお願いした、地鶏皮南蛮もすごかった。
歯ごたえがあり、噛めば噛むほどに旨味が溢れてきます。
しかも、このボリューム!
少しずつつまむというよりも、本当にガッツリ食べないと、
いつまで経ってもなくなりませんよ^^;

        IMG_4869

日本酒も本当にいろいろ揃っています。
注文すると、溢れるまで並々と注いでくれますよ!


スタップが着るTシャツの背中の文字は、NO FRIEND NO LIFE

友達は裏切らない。
そんな友達をおもてなしするように、何食べても美味しい(^^)

         IMG_4865
これは、手作りコロッケ(350円)。
一見、ごく普通のコロッケに見えるこれも、食べてビックリ美味しいのです。

     IMG_4870


じゃがいもとミンチがたっぷりで、味にごまかしがないのです。
これはいつでも食べたい味ですね。
味の濃さでごまかすのではなく、きちんしてて美味しいのです。

        IMG_4876

エビの天ぷらは、形こそ整列してないものの、大きなのがタップリと。
食べてみると甘みがあって美味しいんです(^^)

〆はトマトサラダでサッパリと・・・。

        IMG_4880

って、これも驚愕ボリューム!
400円でこれ、どこまでもサプライズですね。


メニューのほとんどが650円で、しかもボリュームタップリ。

     NO FRIEND NO LIFE

これも、友達は裏切らないとか、友達を振る舞うスタンスで、
お店を運営されているのでしょうね。
スタッフの方の対応も本当に気持ちのいいものでした。

こちらのお店、今度は何人かの友達を誘って、ぜひ再訪したいと思います。 
松山、古町にある寿浬庵さん、かなりオススメですよ〜 !
 



【寿浬庵(じゅりあん)】
住 所:松山市平和通6-9-6    MAP
電 話:089-926-6565
営業時間:15:00〜23:00 ※金土は24:00まで、日祝は22:30まで。
     (未成年者がいる場合は、20:00までの利用になります。)
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

モーターとエンジンの違いって?双方ともに、何かを動かすときに使う機械。電気で動くものはモーターで、化石燃料で動くものはエンジン・・・単純にそう思っていたのです、でもそうでもないのかなぁって思ったきっかけが、モーターサイクル。いわゆるオートバイですね。モー ...
続きを読む
モーターとエンジンの違いって?

双方ともに、何かを動かすときに使う機械。
電気で動くものはモーターで、化石燃料で動くものはエンジン・・・
単純にそう思っていたのです、
でもそうでもないのかなぁって思ったきっかけが、モーターサイクル。
いわゆるオートバイですね。

モーターサイクル、モーターボート、モータープール(この言い方は関西だけ?)
これらって、基本的にエンジンで動きますよね。
そして、自動ドアのことも「エンジンドア」っていうのを聞いたことがありますが、
なにか関係あるのかなぁ?

なんだか違いがよくわからないけれど、
違いがわかる美味しいものでも食べながら考えましょうか?

         IMG_8594

一見、違いがわからなそう見見えるこれは、
麻婆豆腐、チキンスパイスカレー、魯肉飯のあいがけ。

こんなコラボ、初めて見ました!

これをいただくことが出来るのが、“南の島のご馳走屋”さん。

        IMG_8613

近鉄の大阪阿部野橋駅、JR天王寺駅の近くにお店はあります。
「こふく」っていうお店のランチタイムを間借りして営業なさっているのだとか。

       IMG_8615

入口の横にはメニューボードがあって、何が食べられるのかが分かりますよ。

気持ちは、3種あいがけに決まっていましたが、店内で改めてメニューを確認します。

    IMG_8585

麻婆豆腐 with ライス、鶏と焦がし玉ねぎのスパイスカレー、魯肉飯。
これらはそれぞれ単品でメニューにあって、
それをあいがけにしちゃうって感じですね。

南の島のチキンオーバーライス、ガーリックシュリンプも気になります。
(生ビール500円、行っちゃう?  NoNo,お仕事中^^;)

予定通り、3種あいがけをお願いします。

      IMG_8587

            IMG_8586

店内は、カウンター席が8席と、4人がけのテーブルが2組8席。
割とゆったりしたレイアウトです。

カウンターの中では、店主が料理を仕上げる姿が見えます。
話しかけるといろいろ答えてくださる、明るい店主ですよ。

     IMG_8590

しばらくすると、先にスープが運ばれてきます。
湯気が立ち上がる熱々のスープ、これからの季節、こういうのは嬉しいですね。

          IMG_8594

そして、主役の3種あいがけも登場。
大きめのお皿にたっぷりと盛られています。
これは、腹ぺこさんにとって、ものすごく嬉しい(^^)

 IMG_8598

向かって右側には、スパイスカレー。
惜しみなくチキンがタップリと入っていますよ(^^)


先ずは、スパイスカレーからいただきます。
         IMG_8601

先に素材の旨味をタップリと感じることが出来て、
その後からスパイスの香りが抜けていきます、美味しいです。
辛さはそんなに主張していないので、
辛いのが苦手な方でも美味しく食べることがで切ると思いますよ。

  IMG_8596

そして、手前には麻婆豆腐。
山椒がいい感じで香ります。

では、麻婆豆腐もいただきましょう。

         IMG_8605

これは参った、想像していたよりっもずっと美味しい!
麻婆豆腐は、四川風のけっこう本格的なのが好きなので、専門店以外で食べるときは。
そんなに期待しないようにしているのです。

ところがこちらの麻婆豆腐は想像以上に美味しかった。

ガツーンと山椒の痺れがくるでも、辛さがどかーんとやってくるわけでもないのですが、
全体のバランスが素晴らしい、美味しいのです。
旨味に関して、きっちりとバランスが取れているというのでしょうか?
ひと口ですっかり気に入ってしまいました(^^)

     IMG_8600

そして、真ん中から奥にかけては魯肉飯。
言わずとしれた、台湾名物の豚肉ご飯です。
カレー、麻婆という、自己主張が強い面々に囲まれながらも、
旨味という武器を引っさげて、きっちりと存在感を示します。
 
          IMG_8610

ごはんの上に乗っけたままで食べてもいいけれど、
これは混ぜてしまったほうが、その真価を発揮できるかも。
玉子も崩すべきか、そのまま玉子の食感を楽しむべきか悩ましいところですね^^;

      IMG_8612

カレーの辛さや、魯肉飯の八角風味を出すためのアイテムも用意してあります。
これで、アクセントを加えながら食べ進むのもかなり楽しい。

3種あいがけ、かなり満足度高く、確実に満腹になれますよ。

1回の来店で、3つの美味しさを同時に味わえてしまう、
ある意味ズルいメニュー。
でも、全てレベルが高く美味しいから仕方がない。


こうなると、チキンオーバーライスや、ガーリックシュリンプというメニューも、
かなり気になるわけで・・・。

ちょっと隠れ家的な場所にあるこちらのお店、南の島のご馳走屋さん、
まだまだ懐が深そうです。
確実に、近々再訪問してしまいそうです。
皆さんも是非食べに行って下さい!
きっちりと美味しいランチをいただきことが出来ますよ。






【南の島のご馳走屋】
住 所:大阪市阿倍野区松崎町2-1-41-102    MAP
電 話:06-7897-8029
営業時間:11:30〜15:00頃 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日・第1・3日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

四国。明石海峡大橋、大鳴門橋を通って、関西からは比較的行きやすくなりましたよね。橋がかかるまでは、船に乗らなくては行くことが出来ず、近くて遠いってイメージが定着していたような・・・。讃岐、阿波、伊予、土佐・・・香川、徳島、愛媛、高知の4県。4つの県を合わせ ...
続きを読む
四国。

明石海峡大橋、大鳴門橋を通って、
関西からは比較的行きやすくなりましたよね。

橋がかかるまでは、船に乗らなくては行くことが出来ず、
近くて遠いってイメージが定着していたような・・・。

讃岐、阿波、伊予、土佐・・・
香川、徳島、愛媛、高知の4県。


4つの県を合わせた人口は、横浜市の人口とほぼ同じなのだとか。
今は3つのルートで本州と結ばれ、色んなものが行き来するようになりましたが、
長く陸路でつながっていなかったせいか、独自の文化や食べ物も数多くあるようですね。

讃岐うどん、愛媛みかん、土佐の鰹、徳島ラーメン・・・
それだけじゃない、四国の美味しいを体験できるお店に行ってきました。

          IMG_7945

お伺いさせていただいたのは、北浜にある大阪証券取引所ビルの地下にある、
“四国バル 459”さん。

四国名物といえば・・・・
ちょっとデパートの物産展を思い出してみる。

讃岐うどん、かつお、一六タルト、鳴門わかめ、じゃこ天・・・。
そう言えば、少し前に梅田の阪神百貨店の催事で飲んだことあるなぁ・・・。

そんなことを思いながら、メニューを眺めてみます。

     IMG_7953

今月のオススメ。
しらす入りオムレツ、ハモカツ、
トンゴロイワシって何だろう?

  IMG_7955

        IMG_7956

            IMG_7957

こんな感じで、四国の名物が料理のメニューになっています。
ところで、四国の代表的な名物って何?

     IMG_7958

ふむふむ、こうやって書いていただければ、思い出してきますね。
四国抱き好きな方や、四国出身の方もこれは嬉しいのでは?

     IMG_7959

          IMG_7960


飲み物も、四国にちなんだものが用意されていますね。

     IMG_7965


先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレモル香るエールの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

では早速、気になる料理をお願いしていきましょう。

        IMG_7971
先ずは、宇和島のじゃこ天。
これは外せませんよね!

魚の旨味が凝縮されていてたまらない。
そのまま食べて美味しいのはもちろん。生姜醤油を付けて食べるのも格別です。

そして、高知あおさのポテトサラダ。

         IMG_7967

おもしろい!
ポテトサラダと青さの組み合わせは思いつかなかったなぁ・・・。
それでいて、これがけっこう美味しい。

そして、ぜひ食べてほしいのがこれ。

       IMG_7981

これは、高知産トンゴロイワシの素揚げ。
ウロコごと上げているのですが、これがサックサクでかなり美味しい。
メニューには、「漁師のみが知る逸品」と書かれてあって、納得の美味しさです。

こういう小魚って、地元の人しか知らない美味しいもの、ありますよね。
それがいただけるって本当に嬉しいです(^^)

        IMG_7975

鳴門茎ワカメとしらすのサラダ.
小魚と言えば定番のしらすも美味しい。
わかめとしらす、さすがの相性のよさ(^^)

小魚を味わったあとは、大きな魚も・・・。

        IMG_8007

これは、藁焼き鰹のたたき。
高知の名物ですね。
にんにくと葱と一緒に食べると最高に美味しい。

やはり海に囲まれた四国4県だから、海のものばかりなのか?
いえいえ、肉のメニューもしっかりとあります。

         IMG_7985

これは、低温調理のローストビーフ 香味オリーブソース・・・
なるほど、オリーブで小豆島のオリーブね。
上手く結びつけますね〜。

で、この肉が柔らかくて美味しいのです。

そして、肉で四国名物といえば・・・

       IMG_8019

香川名物 骨付き親鳥です。
ちゃんと、ステンレスのオーバルプレートに入って出てくるのが嬉しいですね。
これで、おにぎりもあれば最高なのですが・・・

       IMG_8033

おにぎりではないですが、今治名物の
今治レア焼豚玉子飯をお願いしました。
卵の黄身を、どのタイミングで崩すかが悩ましい^^;

他にも、うつぼ料理、瀬戸内レモンを使った料理など、
気になるものがたくさんありましたよ。



     IMG_7952

            IMG_7947

店内は、カウンター席とテーブル席、そして奥にはちょっといい感じの小上がり席があります。

          IMG_7954

11月はこんなお得な企画もやってるみたいですよ。

そして、ランチタイムの営業もあって、メニューはこんな感じです。

          IMG_7970

北浜界隈にお勤めの方、かなりお得ですよ〜!

四国の美味しいをしっかり体験。
ぜひ行ってみてくださいね!




【四国バル 459】
住 所:大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル B1F    MAP
電 話:06-4708-5419
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

地下鉄って、基本的に地下を走っているので、路線ごとの違いってわかりにくいですよね。窓から見える景色はみんな同じでトンネルの中、駅もどれも同じに見えてくる。そして、電車も同じだったら、何が何だけわからなくなってくる^^;だから、路線ごとに色が違うのでしょうか? ...
続きを読む
地下鉄って、基本的に地下を走っているので、路線ごとの違いってわかりにくいですよね。
窓から見える景色はみんな同じでトンネルの中、
駅もどれも同じに見えてくる。
そして、電車も同じだったら、何が何だけわからなくなってくる^^;

だから、路線ごとに色が違うのでしょうか?

銀座線は黄色、丸ノ内線は赤、日比谷線はシルバー。
これはは元々、それらの電車の色がそうだったから、それが由来なのでしょうね。

では、大阪の地下鉄、大阪メトロはどうなのか・・・。

御堂筋線(赤):新大阪、梅田、なんば、天王寺など大阪の大動脈を通るから。
四つ橋線(青):御堂筋線より海側を通っているから。(海側? ツッコミどころ満載ですが^^;)
谷町線(紫):沿線にお寺が多いことから、偉い僧侶が着る袈裟の色から。
中央線(緑):沿線にある大阪城公園の緑から。
堺筋線(茶色):相互乗り入れする阪急線の色と合わせて。
千日前線(ピンク):沿線にピンク系の店が多いから・・・(って、これホントか?)
長堀鶴見緑地線(黄緑):花博の会場、鶴見緑地のイメージから。
今里筋線(オレンジ):他線と識別しやすく、明るいイメージから(意味ないのかよ・・・)
ニュートラム(水色):これはもう、南港の海のイメージ(あれ、四つ橋線・・・)


気になるのは千日前線のピンク。
ピンク系のお店って、ホントか?
謎が多い千日前線が通る阿波座駅近くに、
こんなハンバーガーを企画しているお店があります。

          IMG_8037

ピンクグレープフルーツとクリームチーズを生ハム・・・。
こっちは納得の美味しさかも(^^)

お伺いさせていただいたのは、“バーガリオン”さん。

       IMG_8058

千日前線の阿波座駅、9番出口を出てスグのところにお店はあります。

ハンバーガーに1,000円以上も・・・
実は私も、そんなことを思っていました。
池袋にあるこちらのお店でハンバーガーをいただくまでは。
それから、いわゆるグルメバーガーってやつが気になって、気になって・・・。
そうしたら、こちらのお店を教えていただいたのです。

さて、こちらのお店で食べられるハンバーガーのラインナップはこんな感じ。
 
    IMG_8035

ランチタイムには、全てのハンバーガーにフレンチフライが付いてきます。
最初はスタンダードに行くべきか、それとも思いっきり盛っちゃうか。

          IMG_8036

月替りのマンスリーバーガーもありますよ。
11月はこんな感じ。

   IMG_8038

         IMG_8039


じつは、ハンバーガーだけではなく、ライスメニューも用意してあります。
確実に満腹になりそうで、しかもこのお値段は安いですね。

        IMG_8040

             IMG_8041

クラづとビールやカクテルも充実。
平日のランチタイムでなければ、一緒に楽しむのですが、今はガマン、ガマン。

お願いしたのは、「BBQチーズエッグバーガー」。
BBQという言葉に、なぜか弱い^^;

注文が通ると、そこからハンバーガーを作り始めてくださいます。
ですので、出来上がるまでには少しだけ待つ必要があります。
でも、ワクワクする時間を過ごすのも、ハンバーガーを食べる楽しみの一つ。

しばらくすると、ハンバーガーが出来上がり、目の前に運ばれてきます。

        IMG_8047

大きなハンバーガーと、揚げたてのフレンチフライ。
熱々でいい香りが漂います。


       IMG_8051

バンズ、レタス、パティ、チーズ、玉子。
そこに、特製のBBQソースがタップリ。

     IMG_8042

そのまま食べてももちろん構わないけれど、
オススメは、テーブルに置いてある専用の袋にハンバーガーを入れて食べる方法。
そうすれば、ソースが垂れること無く、キレイに食べることが出来ます。
先ずはピンを抜いて、ハンバーガーを袋の中に入れましょう。

         IMG_8053

こんな感じに手で持って、豪快にかぶりつきます。

      (^^)(^^)(^^)

美味しい!
肉感かなりしっかりで、ソースがその味わいをさらに深める。
そのあと、チーズとエッグの美味しさが重なり、思わず笑顔になります。

      IMG_8052

一緒についてくるフレンチフライは、カリッ、ホクホクで美味しい。
これ、プラス100円で大盛りにする人も少なくないんじゃないかな。

世界的チェーンのハンバーガーなら、ペロッと一瞬で平らげることができるけれど、
こちらのハンバーガーは、それとは別物。
しっかりと肉の旨味を味わい、噛みしめながら、
肉の美味しいところをしっかり味わえます。

ハンバーグではなく、ハンバーガー。
丼ものが、「丼の中の小宇宙」って言われるように、
ハンバーガーの世界もかなり奥が深いです。
ハンバーガーを巡る冒険は、まだまだ続く・・・。
乞うご期待!
       




【バーガリオン(BURGERLION)】
住 所:大阪市西区京町堀3−8−9    MAP
電 話:06-6450-8145
営業時間:11:30〜22:00 ※日祝は20:00まで。 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもは何気なく乗る電車。「3番線から、◯◯行きが発車しま〜す、閉まる扉にご注意ください。」いつもは、自分が降りる駅意外には興味がないけれど、ふとした時に、その電車の終着駅が気になる瞬間がある。福岡空港に降り立ち、中心部に行くために、地下鉄のホームに降り立 ...
続きを読む
いつもは何気なく乗る電車。

「3番線から、◯◯行きが発車しま〜す、閉まる扉にご注意ください。」

いつもは、自分が降りる駅意外には興味がないけれど、
ふとした時に、その電車の終着駅が気になる瞬間がある。


福岡空港に降り立ち、
中心部に行くために、地下鉄のホームに降り立つ。

福岡空港駅は始発駅なので、ゆったりと座っていくことも可能だ。
とはいえ、目的地は天神。
姪浜行の電車に10分も乗れば到着する。

そんなときやってきたのは、西唐津行。
やってきた電車も、いつもの青い電車ではなく、JR九州の赤い電車。
西唐津って佐賀県の唐津?

ここから地下鉄に乗れば、唐津まで乗り換え無しで行くことができるのか・・・。

後日、気軽な気持ちで乗ってみた、西唐津行。

そんな西唐津の一つ手前の駅、唐津駅の構内に、
気になるお店があったので入ってみました。

           IMG_6602

お邪魔させていただいたのは、“ラーメンきあげ”さん。

ラーメンランキング 佐賀県 2位  

なのだとか・・・。
駅ナカで、なかなか面白い。

          IMG_6604

入口の横には、写真入りのメニューボードもあって、ついつい眺めてしまう。
ラーメンと肉なしラーメンの価格差は50円。
そして、角煮ダブルになると、価格差は・・・ま、細かいことはいいか^^;

カウンター席に座り、ラーメンをお願いします。

ちょうどお昼時の店内は、半分くらいの席が埋まっています。
ラーメン+餃子+ライスのセットで注文する人が多いですね。
800円で確実に満腹になれるやつ。
それ、意外と正解かも?

そんな事を考えて待っていると、お願いしたラーメンが目の前に登場。

            IMG_6591

豚骨醤油のスープに、細麺。
海苔が入っているのは、九州のラーメンでは珍しいかな?
(それとも、自分が出会ってないだけか?)

上に唐辛子味噌が乗っかっていて、それで味変ができるのですね。

先ずは、スープからいただいます。
おぉ、豚骨の旨味がいい感じ(^^)
ラーメンを食べるとき、まずはスープから飲む習慣がついたのは、
こちらのお店に行ったときに、自分の中に根付いたのかもしれない・・・^^;

そして、麺もいただきます。

         IMG_6593

おぉ〜!
細麺でコシのあるやつ。
これぞ九州のラーメンって感じで、美味しいです(^^)


ズズッとすするも良し、静かに食べるも良し。
適度にスープが絡み、味わいのバランスも申し分なしです。

      IMG_6597

1/3ほど食べたところで、カウンターの上においてある、紅生姜を投入。
九州ラーメンのスープには、これが欠かせません。
紅生姜って、不思議な役割を持っていますよね。
それ単体では、特になんてことないのですが、豚骨スープと出会ったりすると、
超一級の脇役を演じてしまうのですから。

そうそう、函館でカレーを食べたときにも、カレーの薬味についていて、
それが凄くよくあったのを思いまします。

そして、面白いのがこちらのお店のラーメンのチャーシュー・・・。

        IMG_6601

いえ、チャーシューではなく、角煮なのです。
しかも、串に刺さって登場!

この角煮が柔らかくて美味しいのです。
なるほど・・・
角煮なしは50円引きだけれど、角煮増しは200円増し。
食べたことある人ならば、納得できる仕掛けなのですね〜(^^)

その後、海苔の上に乗っかっている辛子味噌をまえながら味変を楽しみ完食。

駅ナカのラーメンと言えど、侮れない、
技アリの美味しいラーメンをいただけました。

唐津駅の駅ナカ、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!
今度時間があるときは、替え玉も楽しんでみたいと思います。


      


 【ラーメンきあげ】
住 所:佐賀県唐津市新興町2935-1 ミュー唐津    MAP
電 話:0955-73-8080
営業時間:10:00〜23:00(L.O.22:40)  
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

回転寿司に行って、必ず注文してしまうものがあるのです。特別なネタの寿司でも、コストパフォーマンス抜群のうどんでもなく、いつものビントロでもなく、それは茶碗蒸し。季節の具材をいろいろ入れて、旨みたっぷりの出汁と玉子を合わせたもので蒸し上げて作る。これが家で ...
続きを読む
回転寿司に行って、必ず注文してしまうものがあるのです。


特別なネタの寿司でも、コストパフォーマンス抜群のうどんでもなく、
いつものビントロでもなく、それは茶碗蒸し。

季節の具材をいろいろ入れて、
旨みたっぷりの出汁と玉子を合わせたもので蒸し上げて作る。
これが家でやると意外にめんどくさいんですよね。

かと言って、
スーパーで売ってる、チルドのやつではなんだか気持ちが乗らない。
そんなとき、レーンに乗って回って・・・はこないけれど、
メニューにあったら、ついつい注文してしまう茶碗蒸し。

そんなノリで、メニューにあったから注文したら、
想像以上の物が出てきて感動した!
 
          IMG_5031

これは、ケランチム。
韓国の茶碗蒸しのようなものである。

日本の茶碗蒸しに比べてフワッフワ。
パイで包んだ蒸し焼きのように見えるが、中までフワッフワの玉子でギッシリ。

        IMG_7508

食べてビックリ、これが実に美味しい。
こういう茶碗蒸しの考え方もあったのかと感動させられる。

この茶碗蒸し・・・いや、ケランチムに出会ったのがこちらのお店。

       IMG_0184

南森町駅からすぐのところにある、
“韓国料理 benibeni(紅紅)

このケランチムの他に、本物志向の韓国料理をたくさん味わうことが出来ます。

以前こちらのお店にお邪魔させていただいたときに食べたカムジャタン。
その美味しさが忘れられなくて、この日も実はカムジャタン狙い。

その前に、先ずは前菜の盛り合わせをいただきます。

       IMG_5013

白菜、きゅうり、大根、スルメのキムチ。
そして、4種類のナムル、そして牛肉とうずら玉子の煮付け。
料理が来るまでに、全部食べてしまいそうになるけれど、
ゆっくり他の料理の合間に食べるのもオススメ。

         IMG_5041

海鮮炒めは、イカ、エビ、ホタテなど具だくさんでうれしい。
言えば、激辛にもいてくれるでしょうが、普通の辛さで楽しみましょ!
(本気を出させたら、かなり辛くなりますよ〜^^;)

      IMG_5066

そして、パネチキン。
厚切りの食パンの真ん中をくり抜いて、タップリのチーズ。

     IMG_5071

大きな鶏の唐揚げにタップリのチーズに絡めていただきましょう。

          IMG_5088

ビヨーンと伸びるチーズ。
実際に食べてみると、これがなかなか美味しい。
パンの下にあるトマトソースを付けても美味しいですよ(^^)

パネチキンをしっかり楽しんだあとは、今回のお目当て、カムジャタンが登場。

         IMG_5044

韓国語で、カムジャは「じゃがいも」、
タンは「スープ」。
カムジャタンは豚の背骨とじゃがいもを煮込んだ鍋という意味なのだとか。

これ、スープの味がすごくいいのですよ。
みんな夢中で食べ進んでしまい、あっという間にスープまで完食。

もうちょっとなにか食べたいなぁ・・・
鍋があまりにも美味しかったので、〆の代わりにこれをお願いしました。

         IMG_5050

乾麺が入ったプデチゲ。
プデチゲは部隊チゲといって、
韓国軍部隊兵士が共同生活する中で広まった料理と言われているのだとか。

入っているのは乾麺だけれど、これが美味しい・・・
いや、これは乾麺でなければだめなんじゃないかと思いますよ。

今回も、かなり満足させていただきました。
でも、こちらのお店には、まだまだ気になるメニューがたくさんあります。

    IMG_5093

      IMG_5094

          IMG_5095

  IMG_5096

       IMG_5097

  IMG_5099

サムギョプサル食べ放題、飲み放題込みが4,500円。
(料理だけなら、3,000円)

その他、お得なプランもあるみたいです。

マジ、忘年会の予約しようかと、ホンキで考えています。

お得なコースも、ちょっと他では食べられない韓国料理も、
思いっきり楽しむことが出来ますよ。
ここ、オススメですよ〜(^^)







【韓国料理 benibeni 南森町店】
住 所:大阪市北区南森町1-4-19 サウスホレスト B1F    MAP
電 話:06-6948-5159
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:30〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:年末年始、お盆
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

混ぜご飯と炊き込みご飯、どちらがお好きでしょうか?そもそも、混ぜご飯と炊き込みご飯は何が違うのか?炊き込みご飯:米を出汁、調味料、具材と一緒に炊き込んだ料理。代表的なものに、かやくごはん、松茸ご飯、栗ご飯、たけのこご飯、鯛めし等がある。混ぜご飯:炊き上げ ...
続きを読む
混ぜご飯と炊き込みご飯、どちらがお好きでしょうか?


そもそも、混ぜご飯と炊き込みご飯は何が違うのか?

炊き込みご飯:
米を出汁、調味料、具材と一緒に炊き込んだ料理。
代表的なものに、かやくごはん、松茸ご飯、栗ご飯、たけのこご飯、鯛めし等がある。

混ぜご飯:
炊き上げた白ごはんに、具材を混ぜ合わせた料理。
代表的なものに、ひつまぶし、ピビンバ、かにめし、ゆかりめし・・・
あれ、混ぜて食べて美味しい、スリランカのカレーもそうなのかな?


そんな疑問を解消するつもりではないけれど、
無性にスリランカのカレーが食べたくなって、行ってきたのがこちらのお店。

        IMG_2609

福岡の中心、天神にある“ツナパハ”さん。

こんな感じでビルの5階にお店はあります。
エレベーターを降りるとスパイスの香りが漂い、現地ムードも満タンです。

            IMG_6707
ツナパハのシェフが使っているスパイスたち。
こんな感じで小分けにしてディスプレイされているとわかりやすいですね。
食べる前から、スパイス気分満タンになってきました。

店内奥のカウンター席に案内していただき、メニューを確認します。

     IMG_6680

最初のページには、いろんなカレーが載っています。
スリランカスタイル、イングランドスタイル、ドライカレー。
「いけいけ90分‼」ってメニューもあって、4人以上要予約、1人4,500円で、
ヌードルカリー、ドライカリー、デビルソーセージ、チリチキンなどの料理、
そしてドリンクが飲み食べ放題だそうです。

         IMG_6681

こちらは、デビルと辛い一品料理のメニュー。
辛いもの好きも満足できそう。

   IMG_6682

スリランカは、言わずとしれた紅茶の名産地。
ぜひこの機会に!

    IMG_6684

嬉しいことに、こちらのお店ではランチメニューが夕方の5時までいただけます。
仕事の都合等でランチ難民になったときの嬉しい駆け込み寺ですね。

          IMG_6685

  IMG_6686

水曜日は幸せ夜ごはん。
お得なレディスデーやってますよ。

        IMG_6687

やっぱり、骨付きチキン行っとこうかな。
初夏ではないけれど、少し辛めでダルさも吹き飛ぶ刺激的・・・

       IMG_6688
お!
ディナータイム限定、極彩色 旨味鮮やかスリランカカレー。
チキンもポテトも豆も野菜もいろいろ入ってナイスバランス!
よし、これにしよう(^^)

「すみません、ラサボジュンとハイボールください。」

ラサボジュンって、大阪北浜のお店と同じ名前だなぁ^^;
でも、関係ありません。

ラサボジュンの「ラサ」は美しい、
「ボジュン」は料理という意味で美しい料理、つまり美味しい料理を指すのだとか。

          IMG_6691

そしてまもなく、ハイボールが登場。
カシューナッツのピリ辛風味のおつまみが付いてきます。

週末でもない、平日の夜ですが賑わっていますね。
おひとりさまも、そこそこいて、
落ち着いて過ごすことが出来ますよ。

       IMG_6692

まもなくすると、お願いした「ラサボジュン」が出来上がってきました。
キレイに盛ってあって、メニューの写真と本当に一緒。
看板に偽りなしとはこの事か(^^)

        IMG_6698

骨付きではないけれど、大きなチキンにちょっとテンションが上ります。
それでは早速いただきます。

       IMG_6700

先ずは、ご飯をカレーに浸して、

     IMG_6702

いただきます。

こちらのお店のカレーは、ココナッツミルクを使ったコクのあるタイプ。
その中から湧き出してくるスパイスのチカラは大したもの。
美味いことスパイスを持ち上げてくるなぁ・・・。
そんな事を考えながら、スプーンを運びます。

         IMG_6697

   IMG_6699

豆とじゃがいも。
この似て非なるものも、スパイスが絡んでくると、
全く違う美味しさを表現するからおもしろい。

コクと辛味と酸味と甘味。
それらが複雑に絡み合うのが、スリランカカレーの面白いところ。

         IMG_6706

もちろん、後半は全ての具材を混ぜ合わせて・・・
かといって、全部を最初から混ぜてしまうのではなく、少しずつ、
いろんな具材を混ぜ合わせながら、味の変化を楽しむのがスリランカ流。
複雑でありながらも、ちゃんと調和の取れているところが本当におもしろい。

こちらのお店、ツナパハさん、
赤坂に姉妹店の「ヌワラエリヤ」と、
薬院にスパイスラーメンのお店「ラーメン仮面55(パハパハ)」も展開しているのだとか。

今度はそちらの方にもお邪魔させていただきたいと思います。








【不思議香草 ツナパハ】
住 所:福岡市中央区大名2-1-50 大産西通ビル 5F    MAP
電 話:092-712-9700
営業時間:11:30〜22:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

飲食店の無断キャンセルで、ついに逮捕者が・・・。そんなニュースが世間を賑わしています。嘘つきは泥棒の始まりとは、よく言ったものだなぁ・・・(まぁ、今回の件に関しては、いろいろと複雑に絡み合ってる匂いがプンプンしますが・・・)電話一本で予約できて、デポジッ ...
続きを読む
飲食店の無断キャンセルで、ついに逮捕者が・・・。
そんなニュースが世間を賑わしています。

嘘つきは泥棒の始まりとは、よく言ったものだなぁ・・・
(まぁ、今回の件に関しては、いろいろと複雑に絡み合ってる匂いがプンプンしますが・・・)

電話一本で予約できて、デポジットも必要ない。
いわゆる、信用取引。

いいのかな、信用をそんなかんたんに切り捨てちゃって。


予約のときに、デポジットをいただく。
   実際にやっているところ、少ないらしいですが・・・。
電話だけではなく予約票を送付して、それを持ってきて入店可能。
   住所を知られてたら、無茶はできなくなる。
予約時に、携帯電話の番号だけではなく、勤務先の電話番号も聞く。
   これで回答する人は、まずドタキャンしないらしい。

そんな反面、予約したくてもなかなか予約できないお店も存在する。

今回は、そんな一軒、
大阪北浜にある、“中国菜 火ノ鳥”さんに、
お邪魔させていただきました。

          IMG_6913

大人気のこちらのお店は、完全予約制。
毎月1日に翌月の予約を受付け、その予約も開始後2時間で全てが埋まってしまうのだとか。
(当然、電話が集中するので、つながれば奇跡と言われる)

今回、ご縁があってお誘いいただきました。

料理はおまかせでいただきます。

       IMG_6815

先ずは、上海蟹の紹興酒漬けは、蟹味噌が練り込まれたおこげと一緒にいただきます。
濃厚な旨味に最初から魅了されます。

そして、前菜盛り。

       IMG_6819
お盆の上に、小皿に乗った料理が8品。
もちろん、これ全てを一人でいただきます。

   IMG_6821
           鯛。
ひと口大の手毬状のものをひと口で。
口の中に広がる旨味を存分に味わえます。

         IMG_6822
             金時芋。
こんなに小さいのに、しっかりとさつまいもの美味しいところが引き出されています。
しっとりとした食感もしっかりと楽しめます。



  IMG_6823
ピオーネのジャスミン漬け。
ジャスミンの葉って、あのジャスミン茶の?
それとはちょっと違うけれど、しっかり香りを楽しむことが出来ますよ。
ピオーネと合わせるなんて、すごい発想だと思います。


        IMG_6824
            うずらの玉子。
中までしっかりと染み込んだ旨味がたまらない。
一口ほおばると、笑顔が広がること間違いなし(^^)


   IMG_6825
        紫ずきん。
京都府でだけ作られているブランド枝豆。
上品な甘みと、ピリ辛な味わいがたまらない。


            IMG_6826
               落花生。
そのまま食べても美味しい大粒の落花生、
茹でるとさらに美味しくなり、これはそこからさらに手を加えたもの。
その美味しさと行ったらもう・・・(^^)


    IMG_6828
       鮑。
これには説明なんて不要でしょう。
でも、予想を遥かに超える旨味と柔らかさは、
きっといい意味でのしっぺ返しをくらいかと。


  IMG_6829
     そして、クラゲと海苔です。
海苔の香りと、クラゲの食感旨味に、思わずウットリ。
本当に美味しいと、小さなひと粒でも満足させる力を持つものだと実感します。

これらの前菜、
一皿一皿に魂がこもっていて、思わず大真面目に味わってしまう。
器の美しさを楽しむことも忘れずに。

前菜のクォリティの余韻に浸っていると、次の料理が出来上がってきます。

       IMG_6834

上海蟹の揚げまんじゅう、黒枝豆の焼売、鮑の肝と松茸など。
そのまま食べても、文句なしに美味しいのだけれど、
自家製の辣油をちょっとかけると・・・。

        IMG_6839

ちょっとビックリ!
この辣油、今までの辣油の観念を完全に覆してくれます。
辣油は辛味を増すものだと思っていたけれど、
辛味は旨味の副産物として付いてくるものだと実感。
あ、これは特別かもしれませんね。

辣油で口がちょっとそっち方向に向いているところに、この酸辣湯は嬉しい。

       IMG_6842

これは、干し貝柱とキノコの酸辣湯。
割と、たっぷりめいただけるのですが、美味しすぎてあっという間に完食。

       IMG_6854
それにしても、本当に素敵な器で提供していただけます。
この大きな器に入っているのは、 金目鯛と松茸のハサミ蒸し。

 金目鯛の柔らかさと松茸のシャキッと感、
生姜のアクセントの素晴らしい。
許されるならば、ずっと食べ続けていたいですよ、これ(^^)

さて、この季節になるとやはり上海蟹が食べたくなる。
最初の料理にいただいた、上海蟹の紹興酒漬けの他に、
こんな料理も出していただきました。

           IMG_6856

これは、上海蟹のマカオ風オーブン焼き。
味噌に内子、蟹の身がタップリで、
それをスパイスで整えて焼き上げる。

     IMG_6860

熱いのをフゥーフゥーと食べるが最高に美味しい。

        IMG_6870
ちょっとだけ贅沢にこんなものにもあやかれた。
これは、この次に出てくる料理に合わせると最高なのだとか。

      IMG_6874

それは、野崎牛のカイノミ味噌炒め。
味噌炒めと言っても、これは限りなくステーキに近い。

       IMG_6881

じっくりと味わいながら、赤ワインと一緒に楽しむ。
至福のひとときですね。


ここで、本日のスペシャリテがご披露。

         IMG_6867

この大きさのフカヒレを使って料理が出てくるのだとか。
フカヒレと合わせて使われる旬の食材は、もちろん・・・。

      IMG_6884

はい、ここでも上海蟹がふんだんに使われます。
タップリのフカヒレと上海蟹が使われたこの料理、
何と麺なのですよ!

           IMG_6903

デザートは、宮廷菓子の艾窩窩(アイウォーウォー)
餅米で木の実やドライフルーツを包んだもので、小さなおはぎのようなもの。
イスラムから伝わったものと言われ、北京のレストランで出ることが多いのだとか。
歴史を感じながら味わうのも楽しいものですよ。

なかなか予約が取れないことで有名な、火ノ鳥さん。
今回お誘いいただいたKさん、本当にありがとうございました。
火ノ鳥さん、来るたびにその魅力の虜になっていくのが分かります。

味わいだけではなく、器の美しさ、お店の雰囲気、
そして、店主の料理に対する想いに感動させていただきました。
根気よく予約の電話をして、つながればラッキー。
わざわざ行く価値アリだと思いますよ!
       




【中国菜 火ノ鳥】
住 所:大阪市中央区伏見町2−4−9    MAP
電 話:06-6202-1717
営業時間:17:00〜23:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島焼きといえば、叱られるし、大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。そんな不思議な食べ物、お好み焼き。みなさんも大好きですか?そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・いえいえ、ちょっと待って下さい!うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言 ...
続きを読む
広島焼きといえば、叱られるし、
大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。


そんな不思議な食べ物、お好み焼き。
みなさんも大好きですか?

そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・
いえいえ、ちょっと待って下さい!
うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言ってもらっちゃ困る。

そんな声があちこちから聞こえてきそうです。

東北地方の「どんどん焼き」、東京の「もんじゃ焼き」、
浜松の「遠州焼き」、大阪岸和田の「かしみん焼き」・・・。


って、意外といろいろあるみたいです。

そして松山にも、知る人ぞ知る、
激ウマのお好み焼きが存在しているのです。
それは、三津浜焼き。

そのお好み焼きは、牛肉と牛脂を使うお好み焼きなのだとか。
そして、三津浜焼きを一度食べると、その味が忘れられなくなって、
多くの人がリピートするのだとか。

         IMG_4906

そんな三津浜焼きをいただくことができるお店の1軒、
“日の出”さんにお邪魔させていただきました。
いよてつの三津駅からすぐのところにお店はあります。

お店の前には、黒板があり、

飲食→
持ち帰り→     (この空白に時間が記入される)

     まで  

予約でいっぱいです。


そう書かれてありますが、このときは、時間の記入なし。
ということは・・・

「すみません、大丈夫でしょうか?」
「どうぞ、そっちの席に座ってください。」

案内していただけました。

         IMG_4912

メニューはこんな感じで、店内のホワイトボードに書かれてあります。
お好み焼きの台に、そばもしくは、うどんを選べるのは広島と同じ。
三津浜焼きの特徴、トッピングの「牛脂」はここで指定するのですね。

注文は、
そは、肉玉入りで、脂のトッピングあり。

瓶ビールは自分で冷蔵庫から出して申請します。

注文が通ると、
ご主人が目の前の大きな鉄板で焼きはじめてくださいます。

ビールを飲みながら待っていると、次々とお客さんが入ってきます。
とは言っても、席は全部で5席。
というわけで、あっという間に外で待つお客さんが2〜3名。
本当に人気ですね。

         IMG_4910

そして、私がお願いしたお好み焼きも焼き上がったようです。
タップリのソースをかけていただき、上から青のりで仕上げます。

       IMG_4915

中にそばが入った、厚みタップリのお好み焼き。
こうやって見ると、広島のお好み焼きと同じではないか?
そのように思ってしまいます。 

それはさておき、まずはひと口いただきましょう。

       IMG_4918

お! これは美味しい。
生地の食感といい、そばの感じといい、思っていた感じのどストライク!
そして、ほのかに感じる甘みは・・・。

      IMG_4922

これです。
これは、牛脂。
すき焼きのときに使ったりするアレですよ。

牛脂といえば、脂を引くのが目的で、そのまま食べるものではない。
そう教えられて来ましたが、今ここにちゃんと存在します。
しかも、かなりしっかりと。

この牛脂、
牛肉の油を使って焼いたお好み焼きではなく、牛脂はれっきとした具材。 

郷に入れば郷に従え!

えぇぃ、いっちょ行ってみるか・・・。

          IMG_4923

そんなわけで、いただきます。

・・・・・ん。
うむむむぅ・・・・美味い(^^)


信じられないでしょうが、これが絶品なのです。
しかも、かなり。

この牛脂、そして牛肉が一体となってかなりの旨味を出してくるのです。
それが、特製のソースと絡み合って、なんとも言えない美味しさを醸し出すのです。

         IMG_4926

お好み焼きの中にも、しっかり具材として存在しています。
これはまいった、こんなの美味しいものだとは。

その美味しさに、しっかりと魅了され、
夢中で完食させていただきました。

松山の三津浜焼き。
これがおいしさの秘密であり、魅力なのですね。
たしかにこれは、また食べたくなります。
リピーターが多いのも納得ですよ。

三津浜焼きを提供するお店は、この界隈に何軒かあり、
それぞれのお店によって、焼き方、具材、ソースやふりかけに違いがあり、
個性を出しているようです。

こちらのHPには、三津浜焼きのこと、
もっと詳しくいろいろと書いてありますよ。


松山にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。
是非体験していただきたいです。







【日の出】
住 所:松山市三杉町11−8    MAP
電 話:089-952-3676
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ赤な嘘、赤の他人、赤っ恥、赤裸々・・・何で赤なんだろうか?嘘をついてバレバレなことを、白々しいというのに、何故か赤。この「真っ赤な嘘」や、「赤の他人」、「赤裸々」の赤は、明らかな嘘、明らかに他人、明らかにするから変化した説が有力なのだとか。赤っ恥は、 ...
続きを読む
真っ赤な嘘、赤の他人、赤っ恥、赤裸々・・・

何で赤なんだろうか?
嘘をついてバレバレなことを、白々しいというのに、何故か赤。

この「真っ赤な嘘」や、「赤の他人」、「赤裸々」の赤は、
明らかな嘘、明らかに他人、明らかにするから変化した説が有力なのだとか。

赤っ恥は、恥を書いたときの顔の色ですね^^;

真っ青は、ヤバいときの顔の色。
白い目で見るは、情のこもっていない冷淡な目つき。
腹黒いは・・・なんとなくわかりますよね。


赤や青、白黒ハッキリさせなくても、
いいことって世の中にたくさんありますよね。
中間色でもいいんじゃないか・・・あ、それでグレーゾーンか!

グレーではないのですが、オレンジ色の電車が走る街、
松山に行ってきました。
(どこかにマイルってやつです、オススメですよ〜!)

実は松山に、以前からずっと行きたかったうどん屋さんがあるのです。

            IMG_4789

お伺いさせていただいたのは、“踊るうどん永木”さん。
(大阪の踊るうどんさんとは、関係ないうようですよ。)

松山市駅から、いよてつで5駅目の山西駅から、
歩いて10分くらいのところにお店はあります。

開店時間の少し前にお店の前に到着し、開店と同時に入店させていただきます。

        IMG_4757

カウンター席に座り、メニューを確認・・・。

    IMG_4755

         IMG_4756

いろんなうどんがありますが、私の狙いは「しょうゆうどん」。
その中でも、肉しょうゆうどんを中盛り(1.5玉)でお願いします。

こちらのうどんは、しなやかなコシ。
四国のうどんといえば、コシの強い讃岐うどんを想像されるともいますが、
こちらのうどんはしなやかさがウリ。
何でも、一度味わうと、その食感が忘れられなくなるほどなのだとか。

         IMG_4788

店内の入口横には、おにぎり、いなりすし、天ぷらが並ぶケースも置いてあります。
そして、カウンターの上にも。

     IMG_4751

おにぎりに天かすを乗せて食べてみてください

惹かれるなぁ^^;

しばらくすると、先に酢橘と大根とおろし金が運ばれてきます。

       IMG_4761

これは、もうすぐ出来上がるのサインか?
大根をおろして待つことにします。

ちょうど大根をすりおろした頃に、うどんが出来上がってきました。

      IMG_4768

おぉ、  タップリの肉と見るからにしなやかそうね麺。
さて、どうやって食べるかな・・・。

         IMG_4763

   IMG_4752

こんな感じで、大将おすすめの食べ方が書いてあります。
先ずは、それに従いましょう。

まずはレモンだけを絞り・・・

          IMG_4775

う・・・・
うぉぉぉぉぉ! 


これ、この食感はなんでしょう。
グニュッとした感じが、ものすごく心地良い(^^)
ググッとした返しがあるのではなく、柔らかいながらもしっかりとコシがあるのです。
ひと口食べると、またすぐに食べたくなる感じ。
これはかなり美味しいぞ! 

そして、しょうゆを少し回しがけていただきます。


むぅぅぅぅ、 これはたまらん! 
 

うどん自体がものすごく美味しい。
踊るうどんとは、よく言ったものだと思います。

口の中で、うどんが踊り、心までも躍りだす! 

これは確かに、わざわざ食べに来たくなるぞ。

           IMG_4779

そして、肉を頬張り、ご飯の代わりのようにうどんをかきこむ。
美味しくって、箸が止まらなくなってきました(^^)

そして、さらに大根おろしを投入すると・・・。

        IMG_4781

大根のサッパリと、肉の旨味がものすごくよく合う。
そこにうどんが加わって、もう完全に相手のペースに巻き込まれてしまいます(^^)

そんな感じで、あっという間に完食。
並盛にせず、中盛りにしてよかった・・・
いや、この美味しさならば是非大盛りを食べておくべきかもしれません。

        IMG_4786

え・・・そ、そうなの?
そんな素敵な誘惑(^^)

2回戦に行ったかどうかは、ご想像におまかせします^^;


          IMG_4784


〆に、うどんの出汁もいただき、大満足させていただきました。

こちらのお店の大将、ちょっと治療中とのことで、
現在の営業時間は、ネットでの情報とは異なっています。(2019.10現在)

         IMG_4785

ぜひ、お店のブログ等を確認して、おでかけくださいね。
このうどん、わざわざ食べに行く価値があると思います。
私もまた、松山を訪れたときは、必ず立ち寄らせていただきたいと思います。





【踊るうどん永木】
住 所:松山市須賀町2−1 リバーサイドナカオ    MAP
電 話:089-953-5162
営業時間:11:30〜14:00  
煙 草:完全禁煙
定休日:月・火(臨時休業あり)
駐車場:あり(お店のの前に3台分ほど)

お店のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

コカコーラに昔、「ホームサイズ」ってあったのを覚えていますでしょうか?今では、ペットボトルで売られているのが一般的ですが、昔は瓶での販売が普通で、たしか1本、190ml。今でも、ボーリング場でたまに売られているアレです。(う、売ってるのかぁ・・・今でも?)その ...
続きを読む
コカコーラに昔、
「ホームサイズ」
ってあったのを覚えていますでしょうか?


今では、ペットボトルで売られているのが一般的ですが、
昔は瓶での販売が普通で、たしか1本、190ml。
今でも、ボーリング場でたまに売られているアレです。
(う、売ってるのかぁ・・・今でも?)

その当時、ちょっと大きな瓶、500mlのものが売られていたのです。
それを「ホームサイズ」といって、確か瓶にもそう表示されていたはず。

500ml、こう書くとすごくたくさん入っているように感じました。
もしそれが、500mlではなく、“5dl(デシリットル)って書かれてたら、
お得感、出てなかったでしょうね^^;

ところで、「デシリットル」は何処に行ったのか??
どこで使われているのかわからない、デシリットル。
どこか懐かしのデシリットルのことを思いながら、
懐かしいナポリタンでも食べに行くか・・・。

        IMG_7802

やって来たのは、
“スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店さん。

え? パンチョってあのパンチョ?

そう思った方、そうなのです。
東京で大人気のお店、「スパゲッティーのパンチョ」が、ついに大阪に上陸したのです。

かなり前になるのですが、渋谷の「パンチョ」に訪れたのがパンチョを知ったきっかけ。
メニューは、ミートソースとナポリタンだけという潔さに惚れて、
訪問したのがはじまりでした。

「イタリアじゃこの美味さに出会えない」
「ソースの少ないミートソースはゆるさない」
「ミートソースとナポリタンがあればいい。」
「アルデンテってなんですか?」
「うまいもんはカロリーが高いんだよ」


そんなインパクトのあるコピーが印象的で、頭から離れなかったのを思い出します。

早速店内に入ると、お約束の券売機と、80年代の懐かしいBGM。
これも、狙ってのことなのだとか。

          IMG_7799

初めてのお店で食券の券売機は、メニューを見て迷っていると、
後ろに並ぶお客さんに気を使ってしまう・・・
でもこちらのお店ならば、ナポリタンかミートソース、
サイズとトッピングを決めておくだけなので、そんな心配は無用かもしれない。

          IMG_7792


食べたいスパゲッティーの食券を購入し、カウンター席に座って、
スパゲッティーが出来上がるを待ちましょう。

       IMG_7770

カウンターの上にも、メニューが置いてあるので紹介しますね。

    IMG_7768

ナポリタンとミートソースだけのメニュー。
でも、そこにトッピングを加えていくことによって、
オリジナリティーを出すことが出来るかも。

ちなみに麺の量は、小(300g)、並(400g)、大(500g)、メガ(600g)、
そのどれを選んでも値段は同じ。
思いっきりナポっちゃうことが出来ますよ(^^)

          IMG_7769

メニューの裏には、萌キャラ・・・
じゃない、ナポリたん と ミート総帥。
(やっぱ、萌キャラじゃんか^^;)

スパゲッティーへのこだわりが書かれているのですね。
(オタロード沿いのお店だから、サービスなのかと思ったわ^^;)

そんな感じで、メニューを眺めていると、
お願いしたナポリタン目玉焼きのせが出来上がってきました。

        IMG_7774

大きめのステンレスのお皿がいい感じですね〜。
それにしても、ボリュームたっぷり、
確か、並盛をお願いしたと思うのですが、それでもこのボリュームは凄い!

       IMG_7777

スパゲッティーはフォーク、もしくは箸でいただきます。

      IMG_7772

あ・・・ここにもある、格言のようなそうでもないようなアレが。

          
   IMG_7797


え・・・マジですか?
コンビニではガリガリ君・・・
(実際には大丈夫みたいですよ〜)

そんなことはどうでもいい、さ、ナポリタンをいただきます。

         IMG_7779

う・美味い!
改めてナポリタンは・・・

はい、本当にそう思ってしまいます。
ナポリタンって、美味しくて夢中になって食べて、
気がつけがもうなくなってしまっている。

もっとたくさん ナポリタンが食べたい!

そんな思い、確実に叶えてくれますね(^^)

しっかり炒められたもっちり太麺、
なんだか嬉しいウインナーの肉感、
シャキッとした食感の玉ねぎ、
たまに感じるピーマンの存在感・・・

それらが本当に懐かしく嬉しい美味しさ。
それがこんなにタップリと味わえるのは、本当に嬉しくなってきます。

         IMG_7796

とはいえ、これだけのボリュームがあると、
少し味が単調に感じることもあるわけで・・・。

     IMG_7767

             IMG_7783

そんなときのために、強い味方もスタンバイ。

    IMG_7784

粉チーズもタップリと、好きなだけ掛けちゃうことが出来るのです。
この味変によって、もはや無敵の美味しさをキープ出来ちゃう。
いろいろ味変を楽しむのもアリですよ〜!

     IMG_7789

そして後半は、トッピングの目玉焼きを崩し、まったりとした美味しさを楽しみます。
いつも、「今度はミートソースを食べてやる!」そう心に決めて帰るのですが、
気がつけばいつもナポリタンの食券を・・・・

ん? 向こうのお客さんが食べている白いスパゲッティーは何だろ?

      IMG_7795

改めてメニューを見ると、裏メニューのところに、
「白ナポ」の文字が!

そ、そんなの出来てたの?
裏メニューといいながら、しっかりメニューに載ってるのもおもしろいですが、
それ以上にこれは気になりますね。  

           IMG_7793

ナポリタンが無性に食べたくなる。
豪華なディナーのように、むちゃくちゃ美味いってわけではないけれど、
なんだか無性に食べたくなる味、それがナポリタン。

カツカレーのように、オムライスのように、ラーメンのように、
ナポリタンも日本の生んだ、偉大な食文化。

完食して確かに思う、
改めてナポリタンはうまい!

     


【スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店】
住 所:大阪市浪速区難波中2−4−3    MAP
電 話:06-6632-1522
営業時間:11:00〜23:00 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加