東京駅を出れば、あっという間に東北各県へ連れて行ってくれる東北新幹線。

でも、開業当時は一旦リレー号に乗って、
大宮まで行かなければならなかったのですよね。
停車駅が少ないタイプが「やまびこ」で、各駅に停まるのが「あおば」。

そして、終着駅は新青森でも、新函館北斗でも、八戸でもなく盛岡。

東西線を行徳駅で降り、あるお店に向かっている途中、
ちょっと気になる看板を見つけてしまったのです。

          IMG_2624


「盛岡」と書かれた赤いテント。

まだ、青函連絡船が運行していた頃、北海道からの帰りに、
盛岡から初めて東北新幹線に乗ったのを思い出します。

そういえば、先日盛岡に行ったときに、コッペパンを食べるのを忘れてたなぁ・・・。

こちらお店は、“(食)盛岡製パン”さん。
盛岡と来て、パンと言えばやはりアレでしょ?

       IMG_2623

そう、こちらのお店では、コッペパンに好きな具材を挟んだものを買うことが出来ます。

店内に入ると、ずらりと並ぶ具材のメニュー。

     IMG_2619

じゃじゃ麺、キャベツメンチ、前澤牛コロッケ、コンビーフポテト、
ブルーベリーホイップ、いちごジャム、あんこと削りバター・・・。

コロッケなどの食事の具材を選ぶか、甘いクリームやあんこを選ぶか。
何だか、クレープを買うときに迷うのと少し似ていますね^^;

             IMG_2618

食べたいコッペが決まれば、こちらで注文します。
ちなみに、ハーフアンドハーフも出来るみたいなので、
あんことクリームチーズのハーフアンドハーフをお願いしました。

      IMG_2620

代金は、こちらの機械に入れて支払います。
何だか、最新のビジネスホテルみたいですね^^;

          IMG_2621

注文すると、その場で作り始めてくださいますよ。
作り置きでないのが嬉しいですね(^^)

      IMG_2622

店内では、手作りのジャムや、「のだ塩」・・・
あ、千葉県の野田ではなく、岩手県野田村の塩ですね。
そんなものも販売していますよ。

店内を見渡していると、注文したコッペが出来上がりました。

            IMG_2625

たった1個購入しただけでも、いい感じの紙袋に入れてくださいますよ(^^)

     IMG_2627

こんな感じで、丁寧に包装されています。
とりだしてみると、フワッフワのコッペパンが。

          IMG_2629

結構大きくて、満足感ありますよ。
そして、本当にふわふわ。
アルプスの少女ハイジに出てくる、白パンってこんな感じだったのかなぁ?

          IMG_2631

中はこんな感じ。
クリームチーズとあんこが、キレイに半々に塗ってあります。

ふわふわの食感に、あんこの甘さがすごく良く合います。
そして、反対側を食べてみると、クリームチーズのまろやかな味わい。
こちらは、甘くないです。

甘いあんこと、甘くないクリームチーズのコントラストが結構面白い。
甘い菓子パンの雰囲気と、サンドイッチの雰囲気を両方味わえてしまう、お得な感じ。
これで、230円は満足度高いですよ(^^)

ところで、もともと行徳へは何をしに行ったのかって?
あ・・・
実は、行徳にはすごく魅力的なお店がまだあるのですよ(^^)
そちらの店のことは、近日中にアップしますね!






【(食)盛岡製パン】
住 所:千葉県市川市行徳駅前1−27−17    MAP
電 話:047-316-0480
営業時間:10:00〜19:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村