美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

2021年03月

北海道、旭川からまだ北へ。稚内への道のりの半分くらいのところに、音威子府(おといねっぷ)という名前のところがある。そこでは、真っ黒な蕎麦か名物。初めて見る人はビックリするほど黒い蕎麦なのだとか。そんな黒い蕎麦を食べさせる駅そばが、音威子府駅にあった…一度行 ...
続きを読む
北海道、旭川からまだ北へ。
稚内への道のりの半分くらいのところに、音威子府(おといねっぷ)という名前のところがある。
そこでは、真っ黒な蕎麦か名物。

初めて見る人はビックリするほど黒い蕎麦なのだとか。

そんな黒い蕎麦を食べさせる駅そばが、音威子府駅にあった…
一度行って食べたいと思っていたら、2021年の2月、店主のご逝去により閉店となってしまった。
 
もうあの蕎麦を食べることは出来ない……
そう諦めかけていた時に、四谷三丁目に音威子府そばを食べさせてくれる店があると聞く。
それがここ、”音威子府TOKYO”
    IMG_0332
玄関にかかる暖簾は、在りし日の音威子府駅『常盤軒』のものと同じ。
お店に入る前からテンションが上がる。
(「音威子府 常盤軒」で画像検索してみてください!)

店内はカウンター席が8席と、堀こたつ席が8席。
気軽に蕎麦を楽しむことも、じっくりとお酒と料理、蕎麦を味わうことも出来ます。

2種類のそばが楽しめるランチタイム。
    DSC03395
北海道産の黒い音威子府蕎麦と、信州産の白い更科蕎麦を楽しむことが出来ます。

今回の目的は、真っ黒な音威子府蕎麦を食べること。
そして、常盤軒の駅そばに憧れていたので、温かい蕎麦、
『温 たぬき蕎麦』をお願いしました。

「ランチタイムは、無料で蕎麦を大盛に出来ますが…」
「お願いします!」
「炊き込みご飯もサービスさせていただきますが…」
「あ…ごはんは結構です。」


炊き込みご飯も気になったのですが、それはまた今度に。

再びメニューに目を落とすと…
冷たい蕎麦、温かい蕎麦に加え、お酒とおつまみ、蕎麦のセットも用意されている。
昼下がりの一寸一杯、何だか粋だと思いませんか?

   DSC03396
蕎麦が出来上がるまでの間に…
と、出していただいた小鉢。
丁寧に作られていて美味しい!
こういうのを出していただくと、夜に提供されているであろう料理のメニューも気になります。

シンプルな中に、圧倒的な存在感の黒い蕎麦。
    DSC03399
蕎麦の上には、たっぷりの揚げ玉と小松菜にわかめ。
葱とかまぼこでアクセント。

  DSC03400
エッジがたったそばは適度なコシを残した心地よい食感。つゆは力強さと繊細さを持ち合わせたバランスの良いもの。
音威子府の駅そばに憧れて…とは言ったものの蕎麦のレベルは駅そばよりもかなり高い。
店主と音威子府駅の『常盤軒』の話をすると、昨年の秋に行ってこられたとのこと。
その時は、店主もお元気だったとのこと。

「もしよろしければ、玉子を入れていただくことも出来ますよ」

カウンターの上に置いてある生玉子を乗っけることも可能とのこと。
柚子を食べさせて育てた鶏が生んだ玉子で、微かに柚子の香りがするのだとか。   

   DSC03402
見るからに新鮮な玉子。
一瞬、すき焼きのように玉子を溶いて蕎麦をつけながら食べてやろうかと思いましたが、そこは何とか堪えて…

天ぷらと生玉子で音威子府スタイル!
   DSC03405
やっぱりこのほうがしっくりと来る。
天玉蕎麦ではないけれど、月見たぬきそばと言ったところでしょうか?

   DSC03408
普段、生玉子を蕎麦に入れることは滅多にしませんが、これは中々のもの。
一気に豪華な雰囲気を味わうことが出来ます。

黒くて香り高き、音威子府蕎麦。 
そば粉の割合が高いのだという。
蕎麦もつゆも真っ黒なのだが、それが美味い!

音威子府駅。
列車で行くには札幌から特急で3時間と少し…
そう、気まぐれや思いつきでは気軽に行けない場所。
四谷三丁目駅。
丸の内線に乗っていれば、気軽に行ける場所。

北の大地を想いながら、黒くて美味しい蕎麦をぜひとも!



【音威子府TOKYO】
住 所:東京都新宿区舟町3−6 今塚ビル 1F    MAP
電 話:03-6457-7590
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜23:00 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日・祝日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

何故か惹かれる古いレトロな喫茶店。コーヒーを飲むだけのつもりで入って何げなくメニューを見ると、懐かしいメニューが並ぶ。【ミックスサンド】卵とハムと野菜。何故か塩が一緒に出てくる…ちょっと振りかけると、懐かしい喫茶店のサンドイッチになるから面白い。【ミルク ...
続きを読む
何故か惹かれる古いレトロな喫茶店。
コーヒーを飲むだけのつもりで入って何げなくメニューを見ると、懐かしいメニューが並ぶ。

【ミックスサンド】
卵とハムと野菜。
何故か塩が一緒に出てくる…ちょっと振りかけると、懐かしい喫茶店のサンドイッチになるから面白い。

【ミルクセーキ】
牛乳、バニラ、砂糖に玉子。
カフェでは飲めない、レトロドリンク。 タピオカに飽きたら是非どうぞ!

【ホットケーキ】
パンケーキではなく、ホットケーキ。
ホイップクリームもフルーツも乗っかってないけれど、とろけるバターと甘いシロップがたっぷりあればそれでいい。
フォークとナイフで召し上がれ!

【クリームソーダ】
メロンソーダの緑って、アイスクリームと混ぜればメロン色になるからメロンソーダなのかな?
そんなクリームソーダのアイスクリームを食べるタイミングって……

タイミングと言えば…
   DSC02518
いくらが先か、煮玉子が先か?
同じ玉子同士でも、個性も味わいも違うふたつが出会うと、こんなにも!

五反田にある“食堂とだか”は、そんなサプライズに満ち溢れたお店。
   IMG_9337
お店は完全予約制。
予約は、18:00と20:30スタートの2部制。
でも今からなら予約は1年以上先と、大人気のお店なのです。

   IMG_9336

なぜそんなに人気なのか……
    IMG_9332
人気の定番メニューをはじめ、季節の美味しいものも組み合わせ、料理はコース仕立て。
でも、その数とボリュームが凄いのです。

飲み物も、メニューにあるものの中から好きなものをチョイスできます。

  IMG_9330
その他、ビールや日本酒なども可。
料理に合わせて楽しむのが良さそうですね。

最初は看板料理の『ウニ オン・ザ煮玉子』から。
   DSC02523

ウニをつまみつつ、お酒を楽しむ。
どのタイミングで煮玉子に進出するかが迷いどころ。

​「いくら、全部食べずに少し残しておいて下さいね〜」

と、声がかかる方を見てみると、
   DSC02525
笑顔で次の料理に取り掛かる店主の戸高さん。
手に持っているのは、次の料理である『和牛とマグロの太巻き』

これを巻いて、人数分にい切り分けて下さいます。
    DSC02527
ふつう巻寿司ならば、端っこの部分ではなく真ん中が良いに決まっている…
が、このメニューの場合はこの端っこの部分が当たりなのです。

   DSC02531
最初のメニュー、『ウニ オン・ザ煮玉子』のいくらを、どっさりと乗っけちゃう!
   DSC02536
すると、こんな豪華な姿に早変わり。
惜しみなく巻かれたマグロと和牛に、いくらも加わりかなり豪華な感じになります。

大きな口をあけて、存分に楽しんだ後は、お椀の登場。
    DSC02542
椀の蓋には霧。
割烹料理屋さんに来たみたい。
   DSC02544
椀は、『えび真丈とお餅のお椀』
豪快な料理が出たと思えば、繊細なお椀も出てくる。
けっして退屈させません。

日本酒も良いのが揃っています。
     DSC02568
こういう料理には、やはり日本酒を合わせて楽しみたい。
器も素敵なもので提供して下さいます。

  DSC02548
この日の刺身は、『寒ヒラメとアオリイカの刺身』
からすみも添えられていて、日本酒がすすむこと間違いなし。
 
    DSC02550
日本酒は、いくつか用意されていて希望の銘柄を言えばいただくことが出来ます。

『豚と新ワカメのしゃぶしゃぶ』
   DSC02559
鮮やかな赤い器に、豚肉の白い色合いが映えます。
そして、インパクトがあるだけではなく、ちゃんと美味しい。

カウンターの中では、炭火で何かを炙る店主。
   DSC02570
見ていてワクワクするワンシーン。
どんな料理が出てくるのか期待しちゃいます。

    DSC02571
『サワラのタタキ』
火入れが絶妙!
芽ネギをたっぷりと乗っけて楽しみます。
 
   DSC02577
新潟、村上の酒「無想 しぼりたて」との相性も上々!
​"食堂"を名乗ってはいますが、それだけでは語り尽くせない素晴らしさです。

   DSC02582
『ゴボウ豆腐と牛ハラミのあんかけ』
とにかく肉がデカイ!
極上ハラミと出汁のコラボ、旨味と旨味がぶつかり合いながら、絶妙な味わいを醸し出します。

そして、〆にはつけ麺を出していただけるとのことで、3つの器が。
「これが大、こっちが中、そしてこれが小です。」
器を見て、つけ麺のサイズが選べるようです。

   DSC02588
『鴨ねぎつけ麺』
選んだのは「中」。
器だけ見たときよりも、ずっとボリュームがあります!

先程の素敵な赤い器にたっぷりと盛られた麺。
この麺も美味しいから、ついつい食べ過ぎちゃいます。

「この後、デザートをお出ししますが、お持ち帰りも出来ますので…」

大半の方は、満腹になっているので、持ち帰りにも対応していただけます。

   DSC02601
『あまおう大福 』
大きないちごを目の前で大福に包んでいただけます。
デザートまで一切の手抜きなし。
大満足させていただきました!

    IMG_9334
食堂とだかさん、この日にいただいたコースの他に、より豪華なコースも用意されているようです。
今すぐに…
というわけにはいきませんが、予約して気長に待つ価値あると思います。
お店のFacebookをチェックすれば、急な空席を見つけることも出来るかも?
チャンスがあれば、是非行ってみてください!




【食堂とだか】
住 所:東京都品川区西五反田1−9−3 リバーライトビル B1F    MAP
電 話:03-6420-3734
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行から帰ってきて、一番に食べたいものは?そんな質問をしてみたら、いろんな答えが返ってくるようです。きつねうどん、天ぷらそば、お味噌汁、焼き鮭、納豆、鮨……どれも日本を象徴するような食べ物だと思います。でも、その気になれば海外でも食べることができるも ...
続きを読む
海外旅行から帰ってきて、一番に食べたいものは?
そんな質問をしてみたら、いろんな答えが返ってくるようです。

きつねうどん、天ぷらそば、お味噌汁、焼き鮭、納豆、鮨……

どれも日本を象徴するような食べ物だと思います。
でも、その気になれば海外でも食べることができるもの。
これぞ日本食、日本でしか食べられないもの…いえ、食べてはいけないものも中にはあるのです。
それは「たまごかけごはん」

玉子なんてどこででも手に入るし、日本米もその気になれば…
いえいえ、生玉子は海外で手を出してはいけないもののひとつ。
玉子を生で食べることを想定してないので、生食すると大変なことに!

すき焼き、たまごかけごはん、牛丼、カレー、ざるそば(うずら卵だけど)

もうひとつ、生玉子が欠かせないものといえば…
      DSC02813
ご当地ラーメンの中でも人気の「徳島ラーメン」

もちろん生玉子はオプションなのですが、苦手な方やアレルギーでない方は、絶対に乗っけるのをオススメします。

地元の方にも人気のお店“やまきょう”
   IMG_9604
少し遅めの時間にお邪魔させていただきましたが、満員御礼の人気ぶり。
入口で人数を伝えると、ポケベルを渡してくださいますので、席が空くまでの間、車の中でゆっくりと待つことができるのが嬉しいですね。

席が空いて店内へ。
  IMG_9607
まずは券売機で、食べたいラーメンの食券を購入します。

中華そば・玉子入り・肉入り・肉玉子入り。それぞれ(小・大)
やまきょうの赤、まぜそば、ライス、やまきょう丼。

その他、替玉トッピング等、お好みでどうぞ。

お腹が空いてるので、「中華そば、肉玉子入りの大!」
と、行きたいところですが、「大」はちょっとコワイので、「肉玉子入り(小)と、もやし増、ライス(小)」の食券を購入。
(この前の日に行った町中華のお店は、(小)でも結構な盛りだったので……)

二郎もビックリのマシマシスタイル!
    DSC02813
(小)でも充分な盛り具合。
たっぷりの肉と玉子、もやしの量は想像以上です!

   IMG_9612
一味、ブラックペッパーはお好みで。
その横にあるのは、ラーメンのタレ。
もやし増する方は、これがあると良いかも。

    DSC02817
見た目よりずっとアッサリしてて飲みやすいスープ。
旨味がぎっしりと詰まっていますよ!

   DSC02825
麺は中太のストレート麺。
これが意外とスープに良く絡んで美味しい。

肉はスープにたっぷりつけて、生玉子に絡めて食べるとかなりいい感じ。
更に……
   DSC02820
オンザライスがオススメ!
徳島ラーメンにライスは必須なのです。
 
   DSC02810
おそらく…
一袋分くらいあるもやし。
シャキシャキで美味しいので、もやし大好きな方は是非!
もやしは食べたいけれど、こんなにたくさんは…

      IMG_9606
実は、半分のトッピングも可能だったのです。
(私はこれ、見落としてました!)
その他、シナチクやネギもハーフトッピング可能なので、お好みで!

旨みたっぷりのスープに、肉と生玉子。
おそらく日本中でここだけの美味しさを体験してみてくださいね!




【中華そば やまきょう】
住 所:徳島市北矢三町3−7−11    MAP
電 話:088-633-9872
営業時間:11:00〜17:00 
煙 草:禁煙
定休日:水曜日
駐車場:あり(14台分)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンバーガーを初めて食べたのはいつだったかな?多分、小学校の校門前でチラシを配ってて、マクドナルドに行ったとき。当時(多分、40年くらい前)、ハンバーガー150円、チーズバーガー180円、ビッグマックが…そんな感じの値段だったと思います。それからハンバーガーの値 ...
続きを読む
ハンバーガーを初めて食べたのはいつだったかな?

多分、小学校の校門前でチラシを配ってて、マクドナルドに行ったとき。

当時(多分、40年くらい前)、ハンバーガー150円、チーズバーガー180円、ビッグマックが…
そんな感じの値段だったと思います。

それからハンバーガーの値段も上がり、いろんなハンバーガー屋さんが登場する。
モスバーガー、ロッテリア、ファーストキッチン、ドムドム、バーガーシティ、カールスJr.、フレッシュネスバーガー…

ハンバーガーが日本でも売れるとわかれば、どんどんいろんなお店もできる。
ファーストフードではなく、1,000円を超える本格的なグルメバーガーがあると思えば、
気軽に買える100円バーガーなるものも…

究極のご当地100円バーガーがここに。
   IMG_0318
今はもう、看板もなにもない。
ここが何かを知らなければ、扉を開けて中に入ろうなんて誰が思うだろうか?
でもここはちゃんとしたお店なのです。

“立石バーガー”さん。
かつてはちゃんと看板もあったのです。

久と2階の窓の間に、薄っすらとその看板の跡が残っているのがわかると思います。

知らない人は確実に素通りしてしまうと思います。
入口の横にある赤いものをよく見てみると……
 
      IMG_0317
『誰でも立石バーガー自販機』
店主手作りの自販機で、100円を投入して、好きなバーガーのボタンを押すと、購入することが出来ます。

この自販機でハンバーガーを購入して、テイクアウトで食べるのも良いですが、

勇気を出して入店…
     IMG_0311
入口を開けると正面にショーケース。
そこに、ハンバーガー等の商品が並んでいます。

  IMG_0313
立石バーガー 100円。
チキンバーガー 100円。


   IMG_0312
ハムカツバーガー 100円。
チキンカツバーガー 100円。
コロッケバーガー 100円。
ピザパン 100円。


一口ホットケーキは150円、食パンは300円で販売されています。
呼び出しベルも置かれていますが、店主は目の前にいらっしゃるので鳴らす必要はなさそうです。

おやつ代わりにハンバーガーでもひとつ……

そんな軽い気持ちで入店したのですが、あまりの安さに『立石バーガー』と『ピザパン』を購入。
合計200円です。

     IMG_0310


「中で食べることも出来ますか?」
「あ…はい、どうぞ」


殆どの方がテイクアウトされるのでしょうか、少し戸惑いながら答えていただきました。

      IMG_0315
カウンターに丸椅子が3つ。
お冷のポットに電子レンジ。
完璧です!

   DSC03375
包み紙に店主の似顔絵。
似てます!
ぜひお店に来て確かめてみてください。

このハンバーガーをテイクアウトして、公園で…
なんてことを考えてましたが、作り置きなので冷たいのです。
店内の電子レンジで40秒……

     DSC03380
ちょっと長くレンチンし過ぎちゃいました、アツアツです。
(多分、20〜30秒くらいで良いかと…)

そんな立石バーガーの中身は…
    DSC03381
ハンバーグとレタスとトマトソース。
100円とは思えないくらいにちゃんと作られていて美味しいです。
この値段でこの味わいということは、全部お店で作っているのでしょうね。

     DSC03377
こちらはピザパン。
厚切りのハーフ食パンにチーズ、トマトソース、ハムに野菜でこれもお値打ち。
これはこのままレンチンしてはいけません、アルミホイルは取り除いてからにしてくださいね。
(さもないと、レンジの庫内に雷が落ちます!)

     IMG_0316
「やめてくれボード」、「やめてちょボード」…
お客さんからのメッセージでしょうか?
たくさん貼られています。

知る人ぞ知る『立石バーガー』
まだまだ奥が深そうな『立石バーガー』
気になる人は早く行ったほうが良さそうな『立石バーガー』
ここでしか出来ない体験、いっぱいできそうな予感…




【立石バーガー】
住 所:東京都葛飾区堀切3-17-15    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハヤシライス。当たり前のように『ハヤシライス』を注文するけれど、よく考えてみると、その語源が気になる…やはり「林さん」が考えたからだろうか?たくあん(沢庵和尚)、ピッツァ・マルゲリータ(マルゲリータ王妃)、きんぴらごぼう(坂田金平)、カルパッチョ(ヴィッ ...
続きを読む
ハヤシライス。
当たり前のように『ハヤシライス』を注文するけれど、よく考えてみると、その語源が気になる…

やはり「林さん」が考えたからだろうか?
たくあん(沢庵和尚)、
ピッツァ・マルゲリータ(マルゲリータ王妃)、
きんぴらごぼう(坂田金平)、
カルパッチョ(ヴィットーレ・カルパッチョ)、
ジンギスカン(チンギス・ハーン)…

そのようなものなのか?

ハヤシライスには諸説あって…
丸善の創業者『早矢仕有的』が作ったのがきっかけ。
上野精養軒のコック『林』がまかない飯として作ったのがきっかけ。
とある洋食屋の常連『林』が、カレーライスのカレー粉抜きを注文していたのがきっかけ。


となると、「ハヤシライス」はハヤシさん説が有力となる。
あれ…ならば関西でたまに見る『ハイシライス』はヒレカツがヘレカツに訛ったようなものなのか?

先日お邪魔したこちらのお店のメニューには…
   IMG_5894
『林さんのライス』というメニューが。
オリジナルとのことで、牛肉とキャベツのウスターソース炒めなので、
某ハヤシとは別のものなのかもしれませんが…

この日お邪魔させていただいたのは、新宿三丁目にある“どん底”
     IMG_5906
地下に降りていくようなイメージですが、お店は3階建です。

    IMG_5900
山小屋を思わせる店内。
週末の夜とあって、賑わっています。
なんと、階段の踊り場にもテーブルがセッティングしてあって、客席になっているのです。
でもなんだか妙に落ち着くから不思議なのです。

美味いハイボールでも飲みに行くか…
   IMG_5895
そんな感じでふらっと立ち寄ったのですが…
 
   IMG_5893
写真入りでわかりやすいメニューを見ているうちに、つい料理も注文してしまいます。

     IMG_5897
お通しのオープンサンドが美味いと来れば尚更。
昔からあって、今も人気があるお店と来れば、それなりの理由がある。
納得してしまいます。

たっぷりチーズのピッザパイ。
     IMG_5898
メニュー写真との違いに驚くことも少なくない今、
もしかしたらそれ以上にチーズがたっぷりのミックスピザ。
熱々をハイボールと一緒に頬張る幸せを噛みしめることが出来ます。
 
    IMG_5892

次回は「ハヤシさんのライス」の確認もしなければ!
ピロシキ、マッシュルームのブランチャも気になる…



【どん底】
住 所:東京都新宿区新宿3-10-2    MAP
電 話:03-3354-7749
営業時間:11:30〜24:00(L.O.23:30)  ※ランチメニューは16:00まで。
煙 草:分煙
定休日:年末年始
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

高速バス。以前は、安いけれど、狭いし遅い…時代は変わり、今では完全個室のタイプのバスもあるよう。プライバシーも守られて、リクライニングも倒し放題!もちろん、トイレも付いているので、休憩のSAでの乗り遅れの心配もない。でも、もしも高速夜行バスの休憩で、時間を ...
続きを読む
高速バス。

以前は、安いけれど、狭いし遅い…
時代は変わり、今では完全個室のタイプのバスもあるよう。
プライバシーも守られて、リクライニングも倒し放題!
もちろん、トイレも付いているので、休憩のSAでの乗り遅れの心配もない。

でも、もしも高速夜行バスの休憩で、時間を勘違いして乗り遅れてしまったら…

SAでの休憩って、団体旅行のときには添乗員さんが人数を確認して、全員揃っているのを確認してから出発するじゃないですか?
でも、路線バスである『高速夜行バス』では、人数の確認を行うことなく、時間になれば出発しちゃう便も少なくないのだとか。
実際に、出発したバスを全力で追いかけてくる人がいて、運転手さんが何とか見つけて何を逃れた人を見た例もあるよう。

SAでゆったりとそばやうどんを食べるのは、我慢したほうが良さそうですね。
到着後にゆっくりと楽しむのが良さそうです。
    IMG_9584

長旅の空腹を癒やしてくれる強い味方。
   IMG_9567
徳島駅前にある、今注目のお店セルフうどん やま”

「うどんといえば、香川じゃないの?」

そんな声も聞こえてきそうなのですが、実は徳島もかなりの『うどん王国』なのです。
そんな徳島の旅のスタートでオススメのお店が、こちらのお店。

      IMG_9568
『朝定食』なんて、超お得なメニューもあって、お財布にも優しい。
(モーニングをやってる喫茶店、ごめんなさい価格ですよね〜!)

セルフうどんといえば、安くてお手軽、そして早い!
そんなイメージ…いえ、それが基本なのですが、それだけじゃないのがこちらのお店、
「セルフうどん やま」の人気の秘密。

    IMG_9581
ずらりと並ぶトッピングの種類の豊富さはもちろん、

   IMG_9570
薬味の多さも魅力。
同じうどんでも、これらを加えることで全く違う味わいになるから面白い。

そして……
   IMG_9574
一手間にこだわる。
合理化しないには理由がある。
いえ、省いてはいけない手間もある。

毎日、麺は粉から打つ。
   IMG_9582
店内に入ってすぐのところに製麺室があります。
お店で出すうどんは、ここで作られているようです。

毎朝だしは店内でひく。
    IMG_9569
なるほど…
釜揚げ、釜玉のほかに『釜かけ』といううどんが存在している。
これならば、出来たてのうどんと自慢のだしを同時に味わうことが出来るというわけです。

人気の鶏ももは店内調理。
   IMG_9576
そう言われると食べたくなる。
トッピングに鶏もも唐揚げを追加してみます。

      IMG_9573
ゆったりとした店内。
うどんを受け取り、薬味を取ったら席に落ち着きます。

   IMG_9577
『釜かけうどん(小)200円』
ネギ、生姜、大根おろし、天かす、ごまなどは無料。
200円から本格的なうどんを楽しむことが出来ます。

ちょっと贅沢に具材を乗っけて…
   IMG_9578

コロッケ、唐揚げ、そして多めのネギと生姜で完全体。
これで400円だというのだから嬉しくなってくる。

出来たて熱々のうどんに、自慢の出汁を掛けてこれも熱々。
そんな中でも心地よくコシがあるうどんが美味しい!
最初はサクッと、後半は出汁がしみこんでしっとりとほどけたコロッケも良きかな。
シャキシャキのネギが、熱いだしとうどんによって、ちょうどいい感じになっていくのを味わうのも醍醐味なのです。

        IMG_9583
徳島を訪れた際には、ぜひ立ち寄っていただきたいお店。
朝から元気をもらえますよ!
      



【セルフうどん やま 徳島駅前店】
住 所:徳島市寺島本町東3-12-7    MAP
電 話:088-611-3622
営業時間:7:00〜21:00 
煙 草:禁煙
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

明治モダン、大正ロマン、昭和レトロ。明治の雰囲気ならば、愛知県犬山市にある『明治村』。明治の市電に乗ったり、当時のご馳走である、牛鍋やハヤシライスなどを再現したものも味わえるのだとか。そして、大正時代の雰囲気ならば、岐阜県恵那市にある『日本大正村』。こち ...
続きを読む
明治モダン、大正ロマン、昭和レトロ。

明治の雰囲気ならば、愛知県犬山市にある『明治村』
明治の市電に乗ったり、当時のご馳走である、牛鍋やハヤシライスなどを再現したものも味わえるのだとか。

そして、大正時代の雰囲気ならば、岐阜県恵那市にある『日本大正村』
こちらの方は、明治村のような入場券を購入して入る博物館形式ではなく、街全体を大正時代の雰囲気で保存した、屋外博物館のような場所。
明治村に比べると地味なイメージがあるかもしれませんが、「鬼滅の刃」と同じ時代、大正時代の雰囲気を味わえて楽しいかもしれません。

そう来ると、昭和レトロの方は……

見た目は街なかの大衆食堂、でもその実態は…
    IMG_0139
何気なく…
横断歩道を歩いているときに見かけた「パーレーライス」の看板が忘れられなくて、
軽い気持ちで行ってみた”松乃井食堂”

「立呑みビストロ」の文字と、空調機の上に並ぶワインボトルがなければ、ここを目指してくる人はうどんか丼ものを求めてくるのだと思う、確実に。

実際に、少し前までは…
『カレー・天ぷら・うどん 松乃井食堂』って書いてあった看板の文字が、
『立呑みビストロ 松乃井食堂』に変わっている…

意を決して、店内に入ってみる…
     IMG_0141
期待どおりの昭和レトロな雰囲気。
でもそこに並ぶのはワインボトルと、「松乃井食堂」のネオン文字と、
どう見てもネコにしか見えないイラストと「ワンッ!」の文字。
何かが少しだけズレているのを感じずにはいられない…

そう…
ここは大衆食堂でもなければ、丼ものやうどんもない。
あるのは、本気のビストロメニューと気の利いたビオワイン。


壁に貼ってあるメニュー短冊を見ると……
ライスコロッケ、しらすのオムレツ、マッシュルームバターソテー、ウフマヨ、自家製デミグラスウスターソース ビフカツ……

ワクワクする!
気になるメニューが盛りだくさん…というよりも、どれもこれも食べたくなるものばかりなのだ。

「今日は、北海道からいいホタテが入ってます、ホタテのカルパッチョがオススメです!」

昔から、
お年寄りと 店員さんの言うことはハズレがない…
と、言うような、言わないような。

     DSC03165
オススメされた、『ホタテのカルパッチョ』
添えてあるのは、レモンのピクルス。
これを一緒に食べると、さらに甘みがまして本当に美味しい。
なるほど…これは確かにワインが飲みたくなる。
見せ前に空のワインボトルが並ぶのも納得の味わい。

   DSC03173
ワインはボトルはもちろん、グラスワインも楽しめる。
数種類の中から選んで紹介してくれるのも楽しい。

      IMG_0144
ちょっとエッチな感じのエチケットも、こういう場ならかえって話題も盛り上がる。
だって、大人の社交場なのだから。

   DSC03170
炙りしめ鯖のポテトサラダと迷った結果注文した『ビーフリエットポテトサラダ』。
美しいです。
一瞬で目が釘付けになります。
そして、食べてまた感動!
ビーフリエット、よく作り込まれていますよ。

そして、一番気になっていたのは…
    DSC03175
『〆のパーレーライス』
元々、パーレーライスは排骨が乗っかった、カレーライスのことだったそうですが、
今ではそれが進化して、極上のビフカツが乗っかったバターライスになっています。
掛けられたソースは、特製の欧風カレーと、アメリケーヌソース。

〆の…とはいうものの、〆られません。
だって、これでワインがいくらでも飲めそうなのですから。


今宵は、このあとの時間帯に予約のお客さんがいらっしゃるとのことで、ここで終了。
今回は僅かな時間でしたが、こちらのお店が持つポテンシャルは感じることが出来ました。
     IMG_0145


また、前日までの予約限定、12:00〜15:00限定で、5枠限定で2,000円のコースも用意していただけるのだとか。
これは是非、時間を作って予約してまた来なければ…





【松乃井食堂】
住 所:大阪市北区天神橋5−7−12 天五共栄ビル 1F    MAP
電 話:06-6335-9911
営業時間:12:00〜20:00(L.O.19:00) ※変更あり、お店に確認してくださいね。 
煙 草:
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

富士山。日本人にとって…いえ、日本を訪れる観光客の方にも、ちょっと特別な存在の山。新幹線に乗って、2人がけの席の窓際に座るのも富士山を見るため。羽田から飛行機で西へ向かうときに『K席』に座るのも眼下に富士山を見るため。三保松原に行くのも、海越しの富士山がき ...
続きを読む
富士山。
日本人にとって…いえ、日本を訪れる観光客の方にも、ちょっと特別な存在の山。

新幹線に乗って、2人がけの席の窓際に座るのも富士山を見るため。
羽田から飛行機で西へ向かうときに『K席』に座るのも眼下に富士山を見るため。
三保松原に行くのも、海越しの富士山がきれいに見えるから。
静岡空港なんで、『富士山静岡空港』という名前になっているほど……

あれ、富士山って静岡県だけのものだったっけ?

新幹線が静岡県を通って、羽田から西へ向かう飛行機が静岡県上空を通って、
東名高速も、新東名高速も静岡県からの富士山が見えるから、富士山は静岡県と思われがち…

   IMG_2304
でも、この富士山は山梨県から撮ったもの。
山中湖から見える富士山って、こんなにもキレイなのです。
しかも山中湖では、季節によっては富士山頂と太陽が重なる『ダイヤモンド富士』が見えることもあるそうな。

裾野から頂上まできれいに見える富士山。
「これこれ、こういうきれいな富士山が見たかった…」
と、ここまでは普通の話。
富士山を見ようとすると、こんな感じの富士山をイメージするかと思います。

でも、富士山の麓に生活する人々は、もっと凄い富士山を普段から見ているのです。

大迫力の富士山とレトロ商店街。     
    IMG_2283
いつもの商店街の真正面にでっかい富士山!
こんな場所が、山梨県の富士吉田市にあるのです。

富士急行線の『月江寺駅』から歩いて少しのところにある商店街。
そこに行くと、この景色に出会うことが出来ます。

こんな景色に出会ってしまうと、もう他のことなんて考えることが出来なくな……
  IMG_9967
らなかった、
スパイスカレーの幟と、ミールスのメニューボードに目を奪われる。

え…こんな素敵な場所に、南インド料理のお店が!
時間は丁度ランチタイム。
迷うことなくお店の中に入っていきます。

    IMG_9966
お店の名前は”カリアムドゥ”
南インド料理のお店です。
看板には、「木曜日から土曜日までの営業」と書いてありますが、現在は水曜日〜日曜日の営業となっているようです。
※営業日は、Instagramで確認してくださいね!

扉を開けて店内に入ると、笑顔の爽やかな店主が出迎えてくださいます。

「お好きな席へどうぞ〜」

店内の真ん中辺り、テーブル席に落ち着きます。
  IMG_9962
ゆったりとした空間に大きなスピーカーもあって、いい雰囲気です。
ふと正面を見ると、大きなメニューを見ることが出来ます。

    DSC03102
1種盛りカレーや2種盛りカレーもあるけれど、このメニューを見る限り、ウリは絶対にミールス。
そんなことを思いながらメニューボードを眺めていると、店主が小さなメニューも持ってきて下さいました。

     IMG_9959
ベジミールスにノンベジミールス。
まずはこのどちらかを食べるべきだな…
確か、表のボードに書いてあった「本日のカレー」は、
ネパール山椒黒ごまキーマと、ケララチキン。
…ということは、ノンベジミールスをお願いしてみようか?

「ミールスというのは、南インドのカレーで…」
「あ、ミールス、わかります。 やはり、ノンベジのほうがオススメですか?」
「そうですね、ノンベジのほうが人気がありますよ。」
「では、ノンベジミールスをお願いします。」
「ハーフライスで、チャパティを付けることも出来ますが…」
「あ、それでお願いします。」


そんな感じで、『ノンベジミールス』をお願いします。

    IMG_9961
店内は、木がふんだんに使われていて、山小屋のような雰囲気。
奥にも2階にもスペースがあるようで、パーティーなんかも出来るのでしょうね。
もしかしたら、2階からは富士山を見ることが出来るのかも?
そんな妄想に浸っているところを、スパイスの香りで現実に引き戻されます。

2種類のカレーと副菜が乗って、カラフルなプレート。
    DSC03108
2種類のカレー…
ネパール山椒黒ごまキーマと、ケララチキン。
それに、ラッサム、サンバル、スパイス玉子、レモンピクルス、アチャールなどが乗っかった賑やかなミールスに心が躍る。

   DSC03109
一番に試したくなるのが、ネパール山椒黒ごまキーマ。
日本の山椒はうな重に、
中国の花椒は麻婆豆腐に、
では、ネパールの山椒は…

   DSC03113
山椒と言っても、めちゃくちゃ痺れることはなく、香りと味わいが主役のような感じ。
でもそれは、山椒の個性ではなく、店主のコントロールが秀逸なのかも。
ひとくち食べて気に入ってしまいました。

   DSC03111
焼きたてのチャパティ。
これをカレーにつけて食べるのはもちろん、副菜と一緒に食べても美味しい。

カレーなのか、スープなのか……
     DSC03110

初めて食べたときは、そんな事を考えながら食べてましたが、
南インド料理にはなくてはならない料理。
お店によって、味わいがぜんぜん違うのも面白い。
単体で食べても美味しいのだけれど、他のカレーや副菜と混ぜてごはんと一緒に食べると、その真価がキラリと光ります。

     DSC03115
お行儀よくキレイに食べるよりも、いろんなものを混ぜながら、味の変化を楽しむのがミールスの醍醐味。
今日の味わいは今日だけのもの。
一期一会の美味しさと言っても過言ではないかも。

     DSC03118
それにしても、私達にとっての非日常的な富士山を見に来て、
こんなに本格的なミールスに出会えることが出来るとは思ってもみなかった。

店主はもと和食の職人さんで、インド料理は完全に独学なのだとか。
だからこそ、自由な発想が生まれ、他では食べられないようなミールスを生み出すことが出来るのかもしれない。
そしてもうひとつ大事なこと…
店主も大のカレー好き! ←そこ、大事!

そんな店主が、日々楽しみながらも努力して生み出すカレー。
地元の方と思われるお客さんも含め、リピーターも増えてきているよう。

目の前に迫る大迫力の富士山を眺めながら、本気のミールス。
富士吉田にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみて下さい。




【カリアムドゥ】
住 所:山梨県富士吉田市下吉田3−6−28 リトルロボット内    MAP
電 話:0555-68-9009
営業時間:11:30〜16:00 
煙 草:
定休日:月・火(その他、Instagramで確認下さい。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道。一度は行ってみたい場所として、今も昔も大人気。行ったことがある人ならば分かると思いますが、他の場所では決して見ることができない絶景、味わうことができない美味しいものがたくさんあります。年に2回、デパートでやってる『北海道展』に行けば、だいたい手に入 ...
続きを読む
北海道。

一度は行ってみたい場所として、今も昔も大人気。
行ったことがある人ならば分かると思いますが、他の場所では決して見ることができない絶景、味わうことができない美味しいものがたくさんあります。

年に2回、デパートでやってる『北海道展』に行けば、だいたい手に入るよね?

有名なものはだいたい手に入りますし、今ならネットで大概のものは買えますが、それはごく一部。
知らなければ手に入らないもの、味わうことができない物もたくさんあるのです。

ホワイトチョコ、じゃがいも、とうもろこし、鮭、うに、いくら、ニシン、ほっけ、毛ガニ、夕張メロン…
現地での鮮度は別にして、手に入れることができます。

六花亭のアイスサンド(札幌か帯広のお店に行かなければ食べられません。)
真ダチポン酢(あの鮮度は現地以外では無理!)
ラッキーピエロのチャイニーズバーガー(出来たての熱々はお店でなければ…)

そして、この日に食べたこれも多分、現地に行かなければ……

    IMG_8884
降り立ったのは『滝川駅』。
札幌から特急ライラックに乗って約50分。
距離にすれば80キロ程あるというから、速いですね〜!

札幌駅を出てからずっと雪景色で、滝川の駅前も真っ白。
夏にしか訪れたことがなければ、まるで別の場所にいるような感覚になるかもしれません。

    IMG_8873
駅前の商店が立ち並ぶ歩道を5分ほど歩くと…

   IMG_8874
お目当てのお店"食堂 高田屋”さんに到着。
外から見た雰囲気は昭和のまま。
それでも廃れた感じはなく、連日お客さんで賑わっているのが何となく伝わってきます。

    IMG_8878
昭和な雰囲気には欠かせない、食品サンプルが並んだショーケースもいい感じ。
思わず立ち止まって眺めてしまう。
多い目の丼に入った『ぶた汁』に少しトキメク!
お子様ランチなんてものも出あるのか……

店内でメニューを確認。
 IMG_8877
  
     IMG_8876
表のショーケースに負けないくらいにずらりと並ぶ料理の数々。
そばにうどんに、丼もの、カレーライスにオムライス。
和洋中と何でもござれ!

……と、通常はここで迷ってしまうのだが、この日はちゃんと目的があって来たものだから、
そのメニューがちゃんと存在するのかの確認のみ。
目的のものを注文し、しばし店内の様子を眺めながら出来上がりを待ちます。   

素敵な昭和の雰囲気な店内。
    IMG_8875
ここだけ時間が止まっているような感じ。

日曜日のお昼どき…
少しゆっくりのスタートでしょうか?
そう思っていると、パラパラとお客さんが増えはじめます。

あ…あのお客さんも同じものを。
あちらの方は、チャーシュー麺…寒いから温かいラーメンは美味しいだろうな。
そして、また同じもの!

そんな高田屋さんの人気メニューとは…
    DSC02078
チャップ丼+目玉焼き。(800円+50円)

チャップ丼というから、豚肉をケチャップとソースで味付けしたポークチャップがご飯の上に乗っかっているのかと思いきや、乗っかっているのはポークチャップではなく、豚肉を焼いて濃いめのタレに絡めたもの。
それならば、豚丼で良いのではないか?

でも、『チャップ丼』という名前に惹きつけられる。
もしかすると、メニューにある『ポークチャップ定食』を注文すると、これと同じものがセパレートで出てくるかもしれませんが…

     DSC02082
目玉焼きを加えずにダイレクトで食べたほうがわかりやすいかもしれませんが、
この目玉焼きが後ほど重要な役割を担っているのを理解することになります。

    DSC02085
主役の豚肉は、厚みもあって食べごたえ充分。
このタレがまた美味しくて、ご飯との相性がとても良い。

高校生のある日、弁当に豚肉を乗せてみたらとっても美味しくて、
それ以来やみつきになりました。
これが最初のチャップ丼との出会いです。 もう、ン十年前の話です。


そのように、チャップ丼の誕生秘話がメニューに書いてあります。
その気持ち、わかるなぁ……

    DSC02090
ビッシリと敷き詰められた豚肉の下には、タレが染み込んだごはんと海苔。
海苔が乗っかっているあたりも、お弁当のシーンが思い浮かばれますね。

    DSC02088
しっかりした味付けだけに、後半はちょっと変化が欲しくなる……

そこで、目玉焼きの登場!
  DSC02092
豚肉を絡めて食べても美味しいですし、ごはんに混ぜて食べてもまた美味い。

豚肉自体の美味しさ、
ごはんとの相性、
タレが染み込んだごはんの美味しさ、
そして、目玉焼きと一緒に食べる幸せ。

一度で4つの美味しさを楽しむことが出来ます。

札幌から少しだけ、ちょっと出かけてみませんか?
北海道物産店では出会えない美味しさを発見できるかもしれませんよ!







【食堂 高田屋】
住 所:北海道滝川市栄町3−6−7    MAP
電 話:0125-23-2036
営業時間:11:00〜21:00 
煙 草:禁煙
定休日:月曜日
駐車場:あり(お店の向かい側に8台分)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加