とげぬき地蔵として知られる、巣鴨の高岩寺。

山手線の巣鴨駅を降りて白山通り北へ歩くと、斜め右へ分かれる道があります。
これが、「巣鴨地蔵尊商店街」

       IMG_3929

ここは、おばあちゃんの原宿とも呼ばれる街。
見渡してみると、たしかにおばあちゃんの姿が多い。

     IMG_3924

日本一の赤パンツで有名な、マルジさん。
赤パンツを着用すると、へその下にあるツボの気の巡りが良くなるのだとか。

そんな赤パンツのお店を横に見ながら、とげぬき地蔵で有名な、高岩寺さんへ。

        IMG_3928

お参りをすませて、ふと参道にある屋台に目を向けると、
なんだか気になるお店が。

      IMG_3931

ん・・・んんん〜!

     IMG_3932

何と、耳かきのお店があるではないか。
実は私、耳かきがすごく好きなのです。

とは言っても、耳かきならば何でも良いというわけではなく、
自分の耳にあったものでなければ、まったくダメなのである。

おしゃれなデザインの耳かきがあって、買って使うも全然合わずに、
耳をひっかき痛みが出たり、
100均の耳かきを削って合わしてみようとするも、ササクレができて使い物にならず。
自分に合う耳かきを見つけるのは、実に至難の業だと実感しているのです。

         IMG_3934

こちらのお店は、“原田耳かき店”さん。
ここ、巣鴨で70年以上もつづく、オーダーメイドの耳かきのお店なのです。

高いものになると、1本2,980円と高額ですが、
それでも、遠方から耳かきを買いに来る人も少なくないのだとか。

注文すると、「耳を見せて下さい。」と言って、左右の耳を確認してもらえます。
確認すると言っても、耳鼻科のお医者さんのように診るのではなく、
普通に顔を見るように見るだけ。
それで、耳の形とかがわかるのだとか。

          IMG_3935

「今から作りますので、10〜15分くらいしたら、また寄って下さい。」
とのこと。

その間に、竹で耳かきを耳の形に合わせて作ってくださるのですね。

店主の目の前には、竹に曲げを作るための炭火が置いてあり、
それで耳かきを加工するのだとか。

        IMG_1960

作っていただいたのは、両側に大小の耳かきがある、2,980円のスス竹のもの。
実際に、使ってみると全く痛くなく、きっちりフィットする。
大きな方なんて、確実にひっかかる(今までの経験上)と思っていたけれど、
本当に変な引っかかり方をしなくて心地いい。

2,980円とはいえ、一度買うと10年は持つと言われるので、
これは決して、高い買い物ではないと思いますよ。
耳かき大好きな人、ぜひ試してみてくださいね。


さて、日本で唯一つの耳かきを手に入れたあとは、
とげぬき地蔵さんからすぐのところにある、こちらのお店へ。

         IMG_3964

ここは、“ときわ食堂”さんといって、巣鴨で大人気の食堂。

   IMG_3967


これだけ行列ができていれば、自然と目が向き、何が名物なのかなぁ・・・
そんな感じで見るわけで、目に入ってくるのがこのPOP。

        IMG_3959

自信の一品。
本物の味を お楽しみください。

とげぬき地蔵さんの目の前にあるのが本店。
その他にも、庚申塚駅前には、庚申塚店。
そして、巣鴨駅前にもお店があるので、便利です。

        IMG_3960

この日は、巣鴨駅のすぐ近くにある、
「巣鴨駅前店」さんの方へお邪魔させていただきました。

      IMG_3936

ランチタイムには早い時間ではありましたが、
すでに多くのお客さんで賑わっています。
テーブル席に座らせていただき、目の前のメニューを確認・・・。

       IMG_1945

えびフライ、ミックスフライ、あじフライ、刺身盛り合わせ、あこうだい粕漬・・・。
とんかつの豚肉は、林SPFポークなんですね!

とはいえ、注文は入り口のPOPで気になった、えびフライを定食で。

お品書きの値段はすべて単品の値段で、すべての料理がプラス270円で、
ご飯・みそ汁・新香が付いた定食にすることができます。

単品で注文して、ビールのつまみにするか、
定食にして、ガッツリと食べるか・・・。
定食のご飯は、1回だけですが、無料でおかわりできるそうですよ。

そして、「自家製タルタルソース 70円」の文字を発見!
そっか、タルタルソースは別売りなんだ。

「すみません、タルタルソースを追加でお願いします」

もちろん、お願いしました。

そして、まもなくエビフライ定食が出来上がってきました。 

        IMG_3939

うわぁ、看板に偽りなし!
本当に大きなえびフライがのっかってきましたよ。

       IMG_3942

お皿からはみ出んばかりの大きさ。
これで、有頭海老ではないのだから素晴らしい大きさ。
もしこれが、有頭海老ならば・・・
そう考えると、かなり大きなエビですよね!

定食は、プラス270円と少し高く感じるかもしれませんが、

         IMG_3943

炊きたて艶々のごはんは、おかわり可能(1回ですが、それで十分ですよね)。

   IMG_3945

具がタップリの美味しい味噌汁と、

         IMG_3946

手作りのお漬物も付いてくるのですから、十分納得できるもの。
さて、では早速・・・

「タルタルソース、お待たせしました。」

        IMG_3950

あ、そうそう!
タルタルソースを追加注文したんだった^^;
それにしても、タップリと持ってきてくださいますよ。

       IMG_3951

それでは早速、大きなえびフライをいただきます。

       IMG_3953

自家製のタルタルソースをタップリと付けて・・・。


        (^^)(^^)(^^)

サクッとした食感のあと、プリップリ!
エビ、本当に食べごたえがありますよ。
そして、このタルタルソースが美味しい。

       IMG_3957

えびフライに付いてくる辛子と、
タルタルソースを一緒に食べてもすごく合うのです。

リミッターカットして、本気で食べたらえびフライ1本でご飯を3分の2食べて、
お漬物、みそ汁と、2本目のえびフライでお替りして、2杯目のご飯・・・。

いえ、この日はそんな本気出していませんが、
えびフライ830円、定食270円、タルタルソース70円で、
合計1,170円。


本気のえびフライが2本も付いて、
満腹になってそのお値段はかなり満足感高いですよ!

日本一の耳かきと、本気のえびフライ。
次の休日は、巣鴨を巡って美味しく満足!
如何でしょうか?







【原田耳かき店】
住 所:東京都豊島区巣鴨3-35-2 高岩寺境内    MAP
電 話:
営業時間:9:00〜17:00頃 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(土日祝と、縁日<毎月4,14,24日>は、休まず営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




【ときわ食堂】
住 所:東京都豊島区巣鴨3−14−20    MAP
電 話:03-3917-7617
営業時間:10:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ






※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村