みなさんにとって、心地良いお店とはどんなところでしょうか?

安いお店。
財布に優しいですよね!
自分の小遣いの中から行けて、しかもそこそこ美味しいと来れば、何度も通ってしまいます、自然と。

美味しいお店。
はい、何も言うことありません!
美味しいお店、嬉しいですよね。
いつ来ても何か美味しものがあって、感動に味わいがある。虜になってしまいます。
そして、美味しいだけではなく、プラスアルファのものを求めるように・・・。

目配り、気配りの素晴らしいお店。
こういうお店に出会うと、すごく嬉しい気持ちになりますよね。
多少、たとえ、料理が一流でなくても(あくまでも、まずかったらダメですが(^^;))、何度も通ってしまいます。

この3つの条件が揃っていたら、多少遠方でもわざわざ行ってしまいますよね。
以前から、多くの方のブログを見て、行きたかったお店、
滋賀県大津市堅田にある地鶏料理のお店、
“じどりや 穏座”さん。
            
JR湖西線の堅田駅から、タクシーで約10分。
とても交通の便の良いところとは言えない場所にあるにも関わらず、とても人気のお店です。

そんな、“じどりや穏座”さんに、気の合う仲間6人でお邪魔させていただきました。
               36edf9a7.jpg


森の中のお洒落な一軒家レストラン、そんな感じの入口ですね。
中から温かい光がこぼれてきます。
入口からして、Welcomeな雰囲気ですね。

店内は、カウンター席が6席と、テーブル席が5卓あり、テーブル席はすべて堀炬燵になっているのでゆっくりくつろぐことが出来ますね。
                 じどりや穏座

この日は、こちらのお店の特等席である、カウンター席に座らせていただきました。
カウンター席では、大将の説明を聞きながら、出来たての地鶏料理を堪能することが出来るそうです。

穏座とは一番最後に辿りつく「安住の地」を意味します。
私にとってこの店は、正に「穏座」であります。

         じどりや穏座

メニューの表紙にはこのように、店主、川中さんの思いが書かれてあります。

因みにメニューはこんな感じです。
           じどりや穏座 じどりや穏座

堀こたつ席とカウンター席とでは、コースの種類が違います。
カウンター席は一日6名限定。テンション上がります(^^)

付出しと一緒にスパークリングワイン。
和と洋のコントラストが不思議とマッチしますね。
dfb55f1d.jpg
 じどりや穏座

そして、拘りの地鶏コースのはじまりです。
まずは、ささみ、京かも、枝付きレーズンにスモーク塩を添えて。
          9f1adf25.jpg


噛みしめるほどに旨味がしみ出てきますね。

そしてこれは、淡海地鶏のキーマカレーパン。
   じどりや穏座

このように、手で持っていただきます。
                      13d4983f.jpg


あはは(^^)
これは、カレー好きでなくても大喜びの味わいですね(^^)

そして、雌の鶏の皮、ささみの串カツ、スネのもも肉です。
          b9a31ecf.jpg


どれをとっても美味しいんですよ、これ。
それぞれにワインを合わせていただくと、味わいも三者三様です。
楽しいですね(^^)

こちらは、地元の味噌を使った鶏肉の味噌漬け、
とり味噌です。
              156b7369.jpg


そのままいただいたり、薬味を付けたり、味噌を付けたり。
それにしても、このとり味噌、めちゃくちゃ美味しいですよ!

これにはやっぱり日本酒でしょうか。
     じどりや穏座 じどりや穏座

お酒は、醸し人九平次と滋賀のお酒、薄櫻の純米吟醸です。
                   じどりや穏座

これらのお酒を両方出していただき、それぞれの料理との相性を楽しみます。

そして、皮の湯引きと、雄の肝、心臓と雌のささみです。
      7419f8d5.jpg


鶏って雄と雌で味わいが違うから、こうやった必ず説明しながら料理を出していただけます。
ホント、特等席ですよね、カウンター席(^^)

ここまで、結構いろんなものを少しずついただきましたが、それらのそれらがクライマックスを迎えます。
          f4fa00cf.jpg


いやぁ、これは見てるだけでもテンション上がります。
それぞれの料理は、
6f9a2956.jpg
 7d6ca5c8.jpg
 731b715a.jpg

棒々鶏。                                      鴨ロース・手羽元、タスマニア産粒マスタード。                  ピクルス バジルシード。

18a1e37b.jpg
 88b2917c.jpg
 55c3797a.jpg

近江軍鶏 しぐれ煮。                                そぼろ巻き。                                      酒盗和え まぐろと、やげんナンコツ、生のトサカ

ここまで続いたアテの数々。
これは、本当にお酒がすすみますよ(^^)
           じどりや穏座

そして、スープの登場。じどりや穏座


そう、メインの鍋がもうすぐはじまります。

でも、その前に造りの盛り合わせが。
            60ca6663.jpg


左から、胸肉、もも肉、ササミと天然モロミ、紅白の玉のようなものが脾臓と白子、その上に砂肝、そして、心臓と白肝です。
朝挽きの新鮮なお造りは、命の塩でいただきます。
        c5bc05bb.jpg


もうね、これはたまりませんよ(^^)
これらの鶏の部位、どこかでいただいたことはありますが、鮮度が全然違います。
これをいただくと、ここが地鶏のお店だということを再認識させられますね。

そして、手羽先焼き。c9e1e00a.jpg



大将が目の前で丁寧に焼いて下さったものの、焼きたてをいただくことが出来ますよ(^^)

そしてこちらのサラダがまた美味いんです。
      a03c4772.jpg


シャキシャキのレタスの上にかけられた自家製のドレッシング。
これが猛烈に美味いのです!
           6c9b6778.jpg


これ、お持ち帰りできないものでしょうか。
(記事を作成していてもお腹が鳴りますよ、これ見てたら(^^;))

そして、唐揚げ。1b4a98a7.jpg



余計な味付けはせずに、シンプルに拘りの塩でいただきます。

そして、いよいよ鍋の登場です。
d16f9127.jpg
 1147422f.jpg

            c8016109.jpg


タップリの淡海地鶏をしゃぶしゃぶで堪能。
          a1f7eb17.jpg


火を通しすぎないように気をつけながら、いただきます。

う、美味ぁ!
先程まで、いろんな鶏料理をいただきましたが、こうやってしゃぶしゃぶで味わうと、鶏肉の良さが伝わってきますね。
ここまで、かなりの量を食べたはずですが、これならば美味しいのでいくらでも食べられそうですよ(^^;)

鶏を堪能したならば、やはり玉子も・・・。
    154fcd08.jpg


新鮮な地鶏の玉子と来れば、炊きたてのご飯。
           じどりや穏座

ご飯も土鍋で炊きあげていただきます。
艶々で甘みがあって美味しいご飯です。

この炊きたてのご飯に、先程の玉子を、
           cc425ae5.jpg


はい、玉子かけご飯でいただきます。
醤油は入れすぎないように注意して、

いただきます(^^)
          7566c6b5.jpg


ちょ、ちょっと贅沢すぎますよね(^^;)

最後にデザートもいただいてごちそうさまでした。
          2c739537.jpg


この日はちょっとスペシャルなコースですが、基本これだけの地鶏のコースが、
一人前3,800円。
ちょっとお得すぎませんか?
これ、電車を乗り継いで、お伺いする価値ありだと思いますよ。

絶品の地鶏料理を素敵な雰囲気と、親切な大将の説明付きで堪能できてこの価格。
まさに3拍子揃っちゃいましたね(^^)

かしわの川中さん直営、“じどりの穏座”さん。
是非ともまた予約させていただいて、お伺いしたいお店です。

大阪方面からお越しの方、是非とも18時からスタートして、ゆったりと堪能して下さい。
因みに、最寄りの堅田駅の大阪までの終電は、23:35。(大阪着は午前1:00ですが(^^;))
意外とゆっくり出来そうですよ。



【じどりや穏座】   
住所:滋賀県大津市真野4-9-50    MAP     
電話:0120-003-129   
営業時間:18:00~22:30   
煙  草:完全禁煙
定休日:火曜・水曜・不定休
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!


関連ランキング:鳥料理 | 小野駅堅田駅