もしも選べるならば、どこナンバーがいいですか?
車のナンバープレートに対して、そんなアンケートが行われたらしいです。

車のナンバー、選べるのは、大きな数字の4桁だけで、後は順番や、車の種類、住んでいるところできまってしまうものですが、
もし、どこナンバーか選べたらちょっと楽しそうじゃないですか?

普段は、大阪の街を走っていたら、見かけるナンバーといえば、
“なにわ”、“大阪”、“和泉”、“堺”、“京都”、“神戸”、“姫路”、“奈良”、“和歌山”、“滋賀”といった地元、もしくは近隣のナンバーがほとんどですよね。
お盆、年末年始、大型連休になると、普段見かけないナンバーの車を見かけるようになりますが。
(流石に、フェリーを使わなければならない、北海道や沖縄のナンバーの車は滅多にいませんが)

そんな車のナンバー、もし自由に選べるとしたら、人気のナンバーは・・・。

1位 品川 12.4%
2位 湘南 8.6%
3位 富士山 5.0%
4位 横浜 3.4%
5位 なにわ 2.0%


こんな結果が出たそうです。

1位から4位、何となくわかる気がしますが、何故に5位が“なにわ”なのか(^^;)

理由を見ると、
「運転がうまそうに思えるので」(そ、そうっすかぁ(^^;))
「周りがよけていきそうだから」(あ、ある意味当たっているかも・・・)
「プレッシャーを与えそう」(あはは・・・・・)

などの理由が挙がっていたのだとか。

ま、何にしろ、人気があるのはいいことかも(^^;)

さて、人気といえば、先日、開店前から大行列が出来る人気のラーメン屋さんに行って来ました。

福島にある、“烈志笑魚油 麺香房 三く”さん。
                    96c91df5.jpg


こちらのお店、連日オープン前から長い行列が出来ることで有名みたいです。

行列の理由はこれ。
              三く

何でも限定10食だそうで、この日私がお店に到着したときには、当然完売になっていました(^^;)

あ、気を落としてはいけません。
こちら、“三く”さんには、限定の他にも美味しいラーメンがありますので。
                三く

お昼の時間帯は、かけラーメンorつけ麺に梅しらすごはん角煮ごはんがついて、なおかつご飯大盛りもOKの太っ腹な、“お昼の三くセット”がありますよ。

通常のメニューはこんな感じ。
        3faadf16.jpg
 三く

店内に入ると、写真入りのメニューもあるのでわかりやすいです。
             三く

事前に食券を買って、店内で少し待たせていただきましょう。

壁には、感謝と書かれた法被が!
          d8f32cb9.jpg


どうもね(北海道)、もっけだ(山形)、だんだん(鳥取)、にふぇーれーびる(沖縄)、あいがともしゃもした(鹿児島)、
ごめんよぉ、おおきに(大阪・京都)、かんぼ(秋田)、ごねんにいりまして(岡山)、ぶじょほーだんし(秋田)、ちょーじょー(熊本)、ありがとう。

各地の方言でありがとうが書かれていますね(間違ってたらごめんなさい)

そういえば、お店の名前の“三く”“Thank”から来ているのかも・・・。
開店時間も、11:30ではなく、11:39(さんく)から。
拘ってはります。

そんな感じで、店内を眺めていたら、席が空き、カウンター席の一番端っこに案内して下さいました。

厨房の中、店主の方はラーメンを作りながらも、常にお客さんに目配せしていらっしゃいます。
お客さんが帰るときも、必ず自ら笑顔で声をかけていらっしゃいます。

ものすごく忙しいでしょうに、そんな表情は少しも見せません。
素晴らしいですね。

「お待たせしました、かけです。 熱いので、気をつけて下さいね。」
来ました(^^)
                   f1147696.jpg


濃厚な感じのルックスですね。
ここからでも、魚の風味が香りますよ。

先ずはスープから・・・。

おぉ!これ、魚系が好きな人にはたまりませんね。
この出汁加減がたまらないですね! 美味しいです(^^)

そして麺を・・・。
               541169ed.jpg


中太のコシのある縮れ麺は、スープに良く絡まって旨味をタップリ持ってきてくれますよ!
いやぁ、こりゃぁ美味いわ(^^)(^^)

こちらは、ランチセットの梅しらすごはん。
               6a14d356.jpg


もちろん、そのまま食べても美味しいし、ラーメンをおかずにいただいたら、笑いがこみ上げる美味しさになります(^^)
きちんと梅干しの種も除いてくれてるのが嬉しいです。

チャーシューは厚めで大きなものが2つ。
          6ad76d3c.jpg


柔らかく煮込んであって旨味タップリ!
これ、肉増しになったら、チャーシュー、鉢一面を覆い尽くすのでは。

そして、この白ネギ。8c103a39.jpg



これが結構いい感じなのです。
このスープに、チャーシューにものすごく良く合います。
スープと一緒に食べても美味しい、チャーシューの間に挟んで一緒に食べるのも、また快感ですよ!

そして、こちら三くさんのお約束の煮干し。
              79cde5bf.jpg


もちろんこれも、いただきます。
何だか、お酒が飲みたくなってきました(^^;)

そして、ほうれん草で少し口の中をリセット。
これ、中々いい役割してます。
      4d4cffd1.jpg


カウンターの内側には、何か書いてあるものが・・・。
            dedbcc82.jpg


三くの「くすり」は      七味です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この一品の原料を見事な調合で仕上げる「やまつ辻田」。
辻田独自調合でない限り、原料を極上にまで到達させるのは無理だと私達は思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんな見ると、お願いしないわけにはいきません。
「すみませーん、くすり下さい!」
(元気よく声かけましょう! 決して、消え入るように声を震わせないように(^^;)
            458e40cf.jpg


すると、本当に粉薬の包みのようなものを下さいました。

中身は・・・。
                    181bf57e.jpg


おぉ!開けた時点でいい香りが。
これが秘伝にくすりかぁ・・・
では早速ラーメンに投入してみましょう。
            282a4190.jpg


あ、ホント!
ガラッと変わりますよ。
一口いただくと、パァーッと口の中に風味が広がります。
私は結構好きですね、これ。
量もおそらくこのくらいが丁度でしょう。
これ以上入れると、元々の味わいが完全に消えてしまうかと思いますね。
流石に良く計算されています。

麺を楽しみ、スープを堪能して完食。
しっかり堪能させていただきました。

それにしても、開店前から行列が出来る、限定ラーメン、気になりますね・・・。
次回はそれにチャレンジか?
あ、つけ麺も食べてみたいです。

食べ終わり、お店を出るときも店主さん、笑顔で送って下さいました。
ラーメンの美味しさはもちろんですが、店主をはじめ、お店の方の気持ちのいい接客が印象的でした。
是非ともまた、お伺いさせていただきたいですね(^^)



【烈志笑魚油 麺香房 三く】   
住所:大阪市福島区福島2-6-5 AKパレス 1F    MAP     
電話:06-6451-4115   
営業時間:11:39~14:39  18:39~23:39 (日祝は昼の営業のみ)  
煙  草:完全禁煙
定休日:第2・4日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)     


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!


関連ランキング:ラーメン | 新福島駅中之島駅福島駅