お正月などにやっている特別番組、“芸能人格付けチェック”って、ご覧になったことありますでしょうか?

一つは超高級品、もう一つはごく普通のものを目隠し、もしくは音のみで見分けていくってやつ。
「一流芸能人ならば、そんなのわかって当然でしょ?」
そんな感じで、番組は進むのですが、これが見事にみなさん、外してくれるのです(^^;)

超一流のピアノの音と、入門編のピアノの音。
1台数千万円はするといわれている、バイオリンの名品と、学生さんが使う安いバイオリンの音。それを音だけ聞いて見分けていく・・・。

もちろん、食材でもやります。
ロマネコンティと1本5000円のお手頃なワインの味の違い!
(いえいえ、1本5000円は、決してお手頃じゃないんですが・・・)

そんなこと、やってます。

そして、スーパーで売られている、普通の鶏肉と地鶏の違い・・・

この番組、見ているだけでお腹が減ってきます(^^;)

美味しい地鶏、食べたいですよね。

そもそも地鶏って・・・。

1.日本農林規格(JAS)に記載されている在来種由来(約40種)の血液百分率が50%以上の国産銘柄鶏であること。

2.飼育期間が80日以上であり、28日令以降は平飼いで1㎡当たり10羽以下で飼育されていること。

上記の2点のみが地鶏の条件なんだそうです。(日本農林規格(JAS)


そして、世間で人気がある地鶏としては、
比内地鶏(秋田)、名古屋コーチン(愛知)、薩摩地鶏(鹿児島)
があげられるそうです。

そんな地鶏の中でも、黒さつま鶏をいただく機会がありました。

阪急うめだ本店の12階にある、“吹上舎(ふきあげや)”さん。
                      b5152339.jpg


こちらのお店のレセプションにお招きいただき、“黒さつま鶏”を堪能させていただきました。

こちらのお店では、鹿児島の“大作牧場”さんと提携して、安全で美味しい黒さつま鶏を楽しめるとのこと。

こちら、大作牧場さんでは、こんな拘りがあるようですよ。

1.新鮮な空気と水に恵まれた霧島連山の麓で肥育。
(ヒノキ、竹林に囲まれた素晴らしい環境でストレスが少ない)
2.平飼いどころか、放牧飼育状態です。
3.成長剤などを使用せず、オリジナルの餌。
4.平均肥育日数は150日以上。(他は平均90日~100日)
(時間をかけて育った鶏肉は甘味が強くまろやかな旨味が残ります)


とのこと。

今回のレセプション、ただの試食会ではなく、かなり丁寧に黒さつま鶏のことを説明していただけました。(ホント、いろいろ勉強になりました)

お店の入口には、本日の限定品や、こちらのお店の看板商品、究極の親子丼である、“雪の桜島”と“黒の薩摩”がディスプレイされています。
          2e6b9aaf.jpg
 b44356c7.jpg


“激安”な商品、もちろん気になりますが、この価格帯の親子丼、逆にものすごく気になります。

とりあえず、お店の中に入りましょう。

店内は、木がふんだんに使われた、高級感溢れる感じ。
            783f7472.jpg


細かいところにも気配りが行き届いてるって感じですね。

この日は、黒さつま鶏の美味しさをコースで少しずついただけるとのこと。
先ずは、鶏スープ。
          173514f6.jpg


じんわりと旨味がしみわたるような感じです。
これ味わったら、すごく期待感が高まりますよ(^^)

黒さつま鶏の刺身盛り合わせ。
          c1e0e7d6.jpg


これ、普段こちらの“吹上舎 阪急うめだ本店”では、メニューにないのですが、この日はレセプションということと、黒さつま鶏の味わいをより深く・・・そんな想いで特別に出していただきました。
(吹上庵、三宮本店では普段からいただくことが出来るそうです。)

はつ、すなずり、肝。
そして、もも肉とむね肉は雄、雌、両方のものを出していただきました。

雄鶏と雌鶏、微妙に味の違いがありますよ。
私が感じたのは、その肉のコク。雌鶏の方がまったりとしたような感じがしました。(微妙ではありますが)

そして、手羽先と手羽元を焼いたもの。
     
先に雄鶏の方からいただきます。
       a9cf0700.jpg


火傷しないように気をつけて、手で持って豪快にいただきます。

うわぁ、これは味が濃厚ですね。
1口食べて、美味い!って思わず言ってしまいましたよ(^^)

そして、雌鶏。
                       ec33ee2e.jpg


ホント、大きさがあきらかに違います。
味わいは、刺身でいただいたときほどの差は感じられませんでしたが、こちらの濃厚で美味しいですよ(^^)

焼き物をいただいた後は、すき焼きをいただきます。
       56cda87c.jpg


テーブルの上に、大きなIHコンロが。

これ、業務用のIH卓上コンロだそうで、火力の強さが美味しさの秘密なのだとか・・・。

コンロの上に鍋をのせます。
           68f3bea3.jpg


もも肉、むね肉、肝、ハツ、ズリ、そしてきんかん(玉ひも)まで!
しっかり堪能できそうですよ!
            f3eca94c.jpg


こうやって見ると、綺麗な色してますよね。
何といっても脂の色が違います。

というようなことを思っていると、あっという間に鍋が煮立ってきましたよ。
ホント、火力が強いですね。
                    06d28128.jpg


出来上がったものを取り分けていただきます。
あ、ちょっとワインが飲みたくなったのでいただきましょう。

こちらのお店では、甲州、勝沼酒造のワインをいただくことが出来ます。
           02657611.jpg


黒さつま鶏、適度な歯ごたえと旨味がすき鍋の出汁と良く合いますよ。
肉の味だけではなく、ハツや肝、すなズリ美味しいです(^^)(^^)

4人で囲んだ鍋は、あっという間に完食です。

もうちょっと食べたいなぁ・・・
正直そんな感じだったのですが、お楽しみはこれからなんです。

黒さつま鶏の旨味が出たこのすき鍋の出汁を使って、究極の親子丼が出てくるとのこと。

その親子丼がこちら。
            08eadcdd.jpg


手前が、ふわとろ親子丼の“雪の桜島”
そして、奥の方が“黒の薩摩”です。
(今回は、特別にミニサイズで2種類用意していただきました)

まずは、黒の薩摩から・・・

うわぁ、この玉子の半熟加減がたまりません!
これ、親子丼好きにはたまらない逸品ですよ。

ちょっと、お酒もいただいて・・・
              50c5af60.jpg


こちら、日本酒はこのような感じで、竹の器でいただくことが出来ます。
       
そして、いよいよ“雪の桜島”。
別添えでいただいた、地鶏の卵黄をのせて、
          1a56013b.jpg


先ずはメレンゲの部分をいただきます。

(^^)(^^)
なるほど。
この口の中に入れた時のこの食感、これはもう快感です(^^)(^^)
             cf0b1f8e.jpg


そして、卵黄を崩して・・・
おぉ、濃厚な味わいになりましたよ!

さらに、塩昆布と九条ネギを混ぜてみて・・・
お、また味わいが変わりました。

こうやって、味の変化を楽しめるのも嬉しいですね。

黒の薩摩と雪の桜島、通常はこのような感じの大きな器でいただくことが出来ますよ。
089b454d.jpg
 a70f6cf4.jpg



親子丼を堪能した後は、デザートを。
5d8154df.jpg
 13bfd018.jpg


クリームブリュレの、上にのっかったところをスプーンで崩す瞬間、好きなんですよ(^^)

こちらのお店、吹上舎さん、絶品のすき鍋、地鶏焼きをいただくことが出来ます。
でも、〆にいただく親子丼の美味しさは半端ではありません。

親子丼としてとらえてしまうと、ちょっと高級な値段に感じますが、
その味わいと内容を考えたら、決して高くはないと思います。

ちょっとだけ普段よりも奮発して、極上の体験、なさってみませんか?

私もこちらの店は、通常営業の時に是非再訪させていただきたいと思います。



【吹上舎(ふきあげや) うめだ阪急本店】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 12F    MAP     
電話:06-6313-1510   
営業時間:11:00~22:00 (金・土・祝前は11:00~23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
駐 車 場:なし(周辺に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!