最近は少し落ち着いてきたでしょうか、食材偽装問題。

「美味しければ、いいじゃない?」
中々そう割り切れるものではないですよね。

元々安ければ、まだこれほど騒ぎは大きくなっていないかもしれませんが、そうじゃないものを、「ホンモノ」って言って売るのですから、“騙された!”ってなりますよね。

でも、実際に証明書を見ながら食事するのって、何だかテンション下がりますし、ここは信用するしかないのかと・・・。

そんな中、和歌山のすさみ町にある“エビとカニの水族館”がおもしろい展示をはじめて話題なのだとか。

その展示の中身とは、エビの比較展示。
 「わかるかな?エビの偽装」と書かれた水槽の中にいるのは、体長約20cmの2匹の海老。
ひとつが「車海老」で、もうひとつは「クマエビ」。
babb3ea0.jpg
 9eb3e594.jpg


こうやって見比べると何となく違いがわかりますが、どちらか一つだけ出てきたら、素人にはわからないですよね。
(とは言っても、クマエビって別名アシアカエビともいって、とっても美味い海老です!)

まして海老チリになってしまっていると(^^;)

さて、そうなるとこれはもう、信頼できるお店で食事するしかないのかと・・・。

先日、“季節のお料理とワインのお集まり会”でワインと料理を堪能させていただいた、
“なにわのフレンチ びぎん”さん。

あの味わいが忘れられなくて、通常営業の日に再訪させていただきました。
                 ビギン再訪

前回は堀炬燵の小上がり席に座らせていただきましたが、今回はカウンター席に。
マスタの料理が見える特等席ですね(^^)

ちょっと早めの時間に来たので、メンバーが揃うまで、しばし生ビールを堪能。
                ビギン再訪

こちらのお店の生ビールはエーデルピルス。
これがまた、美味いんです。
しっかりとしたボディの中に華やかさも見えて、最高ですよ。

そんな感じで、生ビールを味わっていると、マスタがサービスにスープを出してくださいました。
「食欲増進効果がありますよ!」とのこと。
             3e722c6a.jpg


このスープ、鶏肉と水、塩だけで炊きました。とのことですが、めちゃくちゃ味わい深いんです。
ホント、何だか食欲が沸いてきましたよ(^^)

この日のお品書きはこんな感じでカウンターの中の黒板に書いてあります。
そして、それぞれ、マスタが説明してくださいます。
2a15dd92.jpg
 8a91c8ab.jpg
 e1e0a49f.jpg


書いてあるのをそのまま伝えてもいいですし、
気になるものを伝えて、アレンジしていただくのも楽しいです。

それにしても、食材の名前だけではなく、産地まできっちり示してありますね。
そして、それを目の前で料理してくださる。
こういうの、うれしいですし、何よりも安心できますよね(^^)

とりあえず、何品か伝えて、後はサラダをリクエストしました。

サラダのリクエスト・・・。

普通のお店では、中々ないですよね、サラダのリクエスト。
こちらビギンさんでは、サラダも拘っていて、人気メニューの一つなのです。
黒板のメニューにも、
“MIXサラダ お作りします! 
      (お好きな具材をご相談くださいませ)“
と書いてあります。
この日は、和歌山の足赤海老のいいのが入ってきているとのことだったので、それをサラダに加えていただき、後はおまかせしました。

後は出来上がるのを待つばかり、楽しみです(^^)

そうこうしているうちに、最初の料理、山形三元豚のパテ&リエットが出来上がってきましたよ。
                    13358593.jpg


おぉ!
うれしいことにたっぷりと盛られていますよ(^^)
付け合わせの茗荷もいい感じ。
これは期待以上です。

さて、こんなのを目の前にしたら、ビールもいいけどやはりこれ。
          

白ワインをボトルでいただきました。
                 ビギン再訪
                    Berica Chardonnay 2011。

きちんと大きめのグラスに注いでくださいます。
              0a094597.jpg


昔、赤ワインは大きめのグラス、白ワインは温度が上がってしまわないようにそれよりも小さめのグラスと言うのを聞いたことがありますが、違いますよね。
白ワインでも、大きめのグラスに少なめに注いだ方が、よく香りが立ち上がって絶対に美味いと思います(^^)

そういうの、きちんとしてくださるお店、うれしいですよね(^^)

そして、このパテ&リエット、すごくよくワインに合いますね(^^)(^^)

そして、もちろん一緒にパンもいただきました。
          43b591b8.jpg


何かこれだけでも、満足してしまいそうになります(^^)
でも、まだまだたっぷり堪能させていただきますよ!

パテ&リエットを食べ終わるのを見計らうような感じで、お願いしていたサラダが出来上がってきましたよ。
                   84f08b04.jpg


うわ!
これはすごい(^^)(^^)
でっかい足赤海老とたこ、ホタテ、鶏ハムなど、本当に具だくさん。
そこに、ビギン特製のドレッシングがかけられてあります。

先ずは、足赤海老からいただきましょう。
           e30b55b3.jpg


あ、あまい(^^)
これは本当に美味しいです(^^)(^^)
マスタがわざわざオススメしてくださるだけのことはあります。
頭の部分も殻をとっていただいているので、そのままいただくことが出来ますよ。
            c3c27948.jpg


その他にも、タコ、自家製鶏ハムなど、どれもワインがすすみまくって(^^;)

そして、サラダのてっぺんには温玉が・・・。
                   56ce1b89.jpg


この瞬間がたまらない!

サラダを堪能したら、次の料理は、根室直送真鱈と真鱈の自家製かまぼこのブレゼ。
                563cd2d7.jpg


出てきた瞬間、「おぉ!」って自然に声が出てきます。
先ずは、真鱈からいただきます。
           a3eb031d.jpg


ソースをたっぷり絡めて・・・美味っ!
それにしても、真鱈ってこんなにまでも美味しい魚だったのですね(^^)(^^)
あっさりと白身の魚ではあるのでしょうが、甘みがあって味わい深いですよ。
そして、このソースがまた美味い(^^)

先ほどのボトルが空いてしまったので、グラスでワインを。
          299259ca.jpg


もちろんパンも追加でいただきました。
このソースにパンは必要ですよね(^^)

そして、感動したのがこれ。
              74da5cef.jpg


この真鱈で作った自家製のかまぼこです。
かまぼこまで、自家製で仕上げてしまうのだから、本当に何が出てくるのかわからない。
その日のメニューを期待しながら、こちらのお店に通い続ける方の気持ちがわかります。

ちょっと肉料理をつまみながら赤ワインでも・・・。

お願いしたのは、奥美濃古地鶏の手羽先のスパイス焼き。
                  4fdf4c1a.jpg


大きめの手羽先は、古地鶏のものらしく、適度な歯ごたえがあって、噛みしめるとどんどん旨味がしみ出してきます。

これに合わせたワインは、これ。
         95cb2a18.jpg

               Château Champcenetz 2000
フランス、ボルドーの赤ワイン。
エチケットに書かれた建物はもちろん、シャトーのもの。
         ビギン再訪

フランスボルドー、一度は訪れてみたいですね。

そして、こちらのワインも。
          cd33ae3f.jpg


こんな感じで、グラスでいろんなワインを楽しめるのもうれしいですね(^^)

そして、デザートには、フィジョアを出していただきました。
             e53d45ec.jpg


このフィジョア、もちろん食べるのははじめてです。
グァバのような感じで、パイナップルに似た香り。
食感は熟したラ・フランスのような感じでしょうか。
もちろん、これもワインに合わせていただきました。

先日のイベントも素晴らしい内容でしたが、
こんな感じで、いろんなものを会話しながら組み合わせていただくのが、こちらのお店の魅力を味わうことが出来ますよ。

ビギンさん、次にお伺いする時にはどんな料理が出てくるのか・・・。
そんなことを考えると、今からでもワクワクしてきます(^^)




【Begin (ビギン)】   
住所:大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館 4F    MAP     
電話:06-6211-1240   
営業時間:18:00~23:00(L.O.22:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

マスタのブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
Begin

夜総合点★★★★ 4.3



関連ランキング:フレンチ | 長堀橋駅心斎橋駅日本橋駅