が好きですか、それともが好きですか?

そんな問いに対して、「夏」と答える人が圧倒的に多いと思いきや、「冬」と答える人の方が多いのが事実なのだとか。

夏が嫌いな理由としてあげられるのが、
 ・日に焼ける。
 ・暑くて汗だくになる。
 ・寝苦しい。
 ・虫に刺される。

中には、電気代が高いって意見も^^;

日に焼けたり、暑いっていうのは、人によって「好き」な人もいるでしょうが、
虫に刺されるのは、おそらくみなさんイヤなのでは・・・。

あ、ところで、虫に刺される・・・。
蚊に刺されることをなんて言いますか?

そのまんま、蚊に刺される。
それとも、蚊に食われる、噛まれる・・・。

蚊に刺されると、蚊に食われると言うのが、全国的に見ても、ほぼ同数くらい。
で、噛まれるとなると関西、中国、四国限定みたいな感じだそうです^^;

でも蚊のイラスト何かを見てると、とがった針のようなもので刺して、血だけ吸っているように見えますよね。

とがった針のようなもので刺して、中身だけ抜き取る・・・

そういえば先日、面白いものを見せていただきました。

        IMG_8030
これは、「Coravin(コラヴァン)といって、細いニードルで刺すだけで、開封せずにワインを注ぐことが出来るもの。

    IMG_8036
いろんなものがありますねぇ(^^)

この日は、そんなCoravinを使って、ワインを注いでいただけるお店、
大阪福島にある“串焼&Wine Kuruma"さんのレセプションにお招きいただき、楽しませていただきました。

          IMG_8022


こちらのお店では、宮崎の地鶏、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を楽しむことが出来ます。
しかも、極上のワインとともに(^^)

地頭鶏地鶏とは・・・
   IMG_8035
飼料の配合、飼育方法、飼育期間、飼育環境に至るまで徹底管理し、宮崎県内三つの専属養鶏場で
ヒナから育成した究極の地鶏なのだとか。

以前一度いただいたことがあるのですが、その美味しさは未だに忘れることが出来ません。



店内は、厨房を囲みようにカウンター席が並びます。

  IMG_8027
             IMG_8024

どの席からも、炭火で調理されている様子を楽しむことが出来ますよ。

この日は、おまかせコースで、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を存分に楽しませていただけるのだとか。

     IMG_8032

そして、レギュラーメニューはこんな感じです。

 IMG_8033

     IMG_8034

        
先ずはスープを。

        IMG_8038

これをいただくと、体にスイッチが入って、食欲がわいてきますよ(^^)
そして、乾杯!

     IMG_8039
こちらのお店では、プレミアムモルツの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

そして、最初の料理は、鶏ハムのサラダ。

           IMG_8043
しっとりと仕上げられた、鶏ハム。
これだけでも満足してしまいそうですね。

さらに、前菜3種。

    IMG_8053
上から時計回りで、肝の柔らか煮、甘酢和え、ミートローフです。

どれも丁寧に作られていて、かなり美味しい。
これはビールを飲んでいる場合ではないなぁ・・・。

             IMG_8050
と言うわけで、コラヴァンを使って、シャブリをいただきました。

IMG_8060
前菜をいただいた後は、ちょっとクールダウン。
しのぎに、茶そばを。

何だかゆったりと過ごせまし、
ここが、焼鳥のお店だということ、しばし忘れてしまいます。

とは言え、カウンターの向こうの方を見ると・・・。

        IMG_8065
おぉ、ファイアー!
あれが名物の地頭鶏の炭火焼ですね、きっと。

焼き上がったものから、順番に出していただきます。

     IMG_8067
こちらは、こちらのお店のフラッグシップメニュー、地頭鶏地鶏 もも炭火焼。

一緒に出てくる柚子胡椒をちょっと付けていただきましょう。

            IMG_8070

              (^^)(^^)(^^)

柔らかくて、噛めば噛むほど旨味が染み出てきて美味しい。
これ、いくらでも食べられそうですよ。

口直しの大根おろし。

      IMG_8078
こういうちょっとしたことが嬉しいのですよね(^^)

さて、ここからは串焼がどんどんと出てきます。
先ずは、ささみ本わさび。
    IMG_8080
ささみには軽く塩がしてあって、それだけでも美味しいのですが、
ささみの旨味に山葵が合わさるとさらに磨きがかかります。
これ考えた人、エラいねぇ(^^)

そして、砂ずり。
    IMG_8082
大きくて、食感が素晴らしい。
先ほどのささみもそうですが、味わいが濃厚なのですよ(^^)

そして、ソリレス。
     IMG_8085
鶏1羽から、たったの2個しかとれない希少部位。
その濃厚な旨味に魅了される人も少なくないというだけあって、かなり美味しい。
ソリレスって、フランス語で「Sot-l'y-laisse」といって、「これを残すものは愚か者だ!」という意味になるそうですよ。

そして、安納芋。

     IMG_8093
このタイミングで、上品な甘みの安納芋はちょっと嬉しい。
とろけるバターと一緒にいただくと、極上気分に。


そして、つくね。

         IMG_8095
3つ連なって出てくるのもいいけれど、
1つのつくねに魂をもめるっていうのも素敵ですよね。

そしてまた、希少部位の登場です。

     IMG_8101
こちらはフィレ。
弾力があるのに柔らかい。
そして、濃厚な旨味にビックリ!
これ、おかわりしたいくらいですね(^^)

そして、島根産椎茸。

        IMG_8110
いつもは脇役の椎茸も、この大きさ、厚さになると話は別。
キリッと酢橘を絞っていただくと、しばし松茸のことを忘れさせてくれますよ(^^)

次の料理は、フォワグラのコンフィ。

        IMG_8107
うわぁ、とろける!
これは確実に、赤ワインを飲めっていうサインですね^^;

安心の味わい、ねぎまと、

   IMG_8111


コースの中には入っていませんでしたが、特別にこんな希少なものもいただきました。

         IMG_8114
これは、鶏白子のからすみがけ。
入荷があると、「本日のオススメ」と書いてある、黒板メニューに登場しますよ。

串焼をしっかりと堪能させていただいた後は、鶏天もいただきましょう。

        IMG_8118
これも柔らかくてかなりいい感じです。
串焼を食べていて、このタイミングで鶏天も、中々いいものですよ。

そして、〆には鶏にぎりか、焼きおにぎり、親子丼から選べるとのことなので、
迷いましたが、親子丼をいただきました。

           IMG_8132
地頭鶏の炭焼きを使った親子丼。
こんな贅沢、許されるのかなぁ・・・そんなことを思いながらも、美味しくいただきました。

ちなみに、地頭鶏のにぎりはこんな感じ。

     IMG_8127
今度はこっちも食べてみよう・・・そう、心に誓いました^^;


デザートには、季節の果物と本蕨粉の自家製わらび餅を。
    IMG_8140

甘いものはあまり食べないのですが、わらび餅には目が無いのです、私(^^)
そんな感じで、かなり満足させていただきました。

福島の(新福島の方が近い)ちょっと路地裏にあるので、まだ認知度がそんなに高くないようです。
でも、この内容ならば、確実に満足できますよ!
ぜひ予約して、行ってみてくださいね。









【串焼&Wine KURUMA】
住 所:大阪市福島区福島1−6−18 クリスタルハウス 1F    MAP
電 話:06-4300-7151
営業時間:17:30〜23:30(L.O.23:00)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村