カレーパンって何で揚げてあるのだろう・・・。

最近では、“焼カレーパン”なんて言うのも登場してますが、
カレーパンの多くは揚げていますよね。

何でかなぁ・・・ って思いませんか?

さては、最初にカレーパンを作った人が、揚げていたから・・・。
それも正解。
(昭和2年に、東京江戸川区森下にある、カトレアで最初のカレーパンが発売されたのだとか)

カレーパンをあげている理由は、焼くことによって、
中に入っている水分の多いカレーが、
蒸発してしまないように揚げているのだとか。

そして、カレーパンが冷めても美味しいのは、
油分と塩分をカレーライスよりも少なめにしているから。
温かい時よりも、冷めた方が脂っこく、塩分強めに感じるので、
それを予め調整しているそうですね。
(そう言えば、冷めたカレーはちょっとしょっぱく感じますものね。)

と言うことは、最近出てきている焼カレーパンって、
かなり工夫しているのでしょうね・・・。


常識にとらわれず、
常に進化していく姿勢がそう言うものを生み出すのでしょうね。

常識にとらわれず常に進化していく・・・。

そんなスタンスのカレーを出すお店が、大阪市城東区、
京阪関目駅前にあります。


お伺いさせていただいたのは、“wacca(ワッカ)さん。

      IMG_2825
京阪電車の関目駅、東改札口を出て、徒歩1分のところ、
アーケードのある商店街を入ってすぐのところにお店はあります。

こちらのお店、月曜日から木曜日まではディナータイムのみの営業で、
パスタやピッツァなどのイタリアン、肉汁たっぷりのハンバーグをいただきながら、
お酒を楽しめるお店として営業なさっています。
夜のwaccaの様子はこんな感じ。

ところが、昨年の秋からはじめられた、
毎週金曜日と土曜日のランチタイムに提供されるカレーが大評判。
私もハマってしまって、何回もお邪魔させていただいているのです。

この日も予告のTwitterを見て、開店早々の時間にお邪魔させていただきました。

カレーは毎週変わるので、毎週ワクワクしますよ。

         IMG_2800

この日のカレーは、鯛シマアジ舌平目の出汁に パンチホロンぶり大根キーマと、
鶏と香味野菜のコンソメに 鰹とカルダモン風味の豚キーマ。
ごはんは、干しエビとザーサイの炊き込みで、どちらのカレーにも副菜5種付きです。

魚系のカレーにするか、肉系のカレーにするか・・・。

ん?
あいがけ??


今日はあいがけが出来るのか???

私が知る限りでは、ワッカさんであいがけの表記を見たのは初めてかと。

「今日は、あいがけ可能なんですか?」
「シャバシャバのカレーだから、すぐに混ざっちゃいますけどね^^;」

と、店主。

いつもはここで、どちらかを選ぶのですが、
折角なのであいがけを大辛でお願いました。

こちらのお店、友人から教えてもらい、初訪問したのが昨年の秋。
初訪問の時の記事はコチラ

けっして派手ではないけれど、奥行きのある旨味。
いろんな具材、副菜を組み合わせていくと、味がどんどん立体的になって、
食べるのが楽しくてしかたがなかったのを思い出します。

それから幾度も通い、毎回カレーが進化していくのを感じるのがすごく楽しくて、
今回のどんな感じで出てくるのかワクワクします。

店内は、カウンター席が5席ほどと、4人掛けのテーブル席が3卓。
この日も、私のあとからカレーを求めてお客さんが途切れることなく入ってきます。
私のようなカレー好きばかりが来るのでもなく、
地元のお客さんも多いようです。

しばらくすると、スパイスの香りが立ちこめ、
私がお願いしたあいがけカレーが出来上がってきました。

           IMG_2802

ほほぉ・・・。
真ん中をごはんと副菜で上手く仕切ってますね!

ぱっと見は、同じカレーが両側にあるようにも見えますが、
よく見ると左と右のカレーの色、若干違うのが分かりますでしょうか?

IMG_2804

右側が、鶏と香味野菜のコンソメ・・・。
いわゆる肉系カレーですね。

          IMG_2805

そして、左側が、鯛シマアジ舌平目出汁のカレー、
魚系のカレーです。
ホタルイカものっかって、季節感もバッチリですね!

そして、真ん中に鎮座するごはんは、

    IMG_2811

干しエビとザーサイの炊き込みごはん。
いろんな炊き込みごはんとカレーを合わせるのも、こちらの店主の得意技。

それでは早速いただきましょう。
先ずはカレー単体で。

        IMG_2814

右側の鰹とカルダモン風味の豚キーマは、肉の旨味と鰹が素晴らしく合っています。
第一印象は優しく感じるかもしれませんが、余韻の旨味を拾いに行くと、
奥深さを感じることが出来ますよ。


  IMG_2816
そして、鯛シマアジ舌平目の出汁のカレー。

これ、めっちゃ技あり!
美味いです。

              (^^)(^^)(^^)

魚の旨味の中に、ほのかな甘みがあり、
それが素晴らしく存在感をアピールしているのです。

これちょっと、ごはんとも合わせてみましょう。

         IMG_2819

うわぁ、凄いことになりますね。
ぶり大根なのです、みんな大好きな(^^)

それがスパイスと合って、香り高く、サッパリとする。
それにしてもこの旨味、素晴らしいですね。

    IMG_2810

その秘密は、これ。
パンチホロンぶり大根キーマ。

パンチホロンとは・・・
ベンガル地方の伝統的なスパイスで、優しい味わいが特徴のミックススパイス。
クミン、フェンネル、フェネグリーク、マスタードシード、、カロンジの5種類のスパイスを基本に、アレンジされているもの・・・。


独自のブレンドが旨味を引き出しているのでしょうね。

前半は2つのカレーを交互に、副菜と混ぜ合わせながら楽しみます。

そして後半は、ご飯の堤防を決壊させて、混ぜ合わせながら複雑な味の変化を楽しむことが出来ますよ。

            IMG_2823
この日は、そんな感じの2種類のカレー。
さて来週は・・・。
本当に毎週楽しみになります。

では、私がwaccaさんで、今まで食べたカレーの一部をご紹介します。


   あっさりナナイロカレー
     あっさりナナイロカレー。
別添えの、「味変玉」を加えると、一気にめざめの美味しさに変わります。

       こっさり魚介まみれカレー
こっさり魚介まみれカレー、大きな牡蠣も入ってて、サプライズ度も満タン。


           鶏白湯こってり親子カレー
    鶏白湯こってり親子カレー。
別添えの副菜がそそられる。  
一見、カレーには見えない、親子丼のようなカレー。
カレーを超えたカレーとは、このことか?

  ワッカレー、ラムまみれ
ワッカレー、ラムまみれ。
ラム白湯、ラムキーマ、ラムローストと、本当にラムまみれで、
ラム好きがないて喜ぶカレー。

そんな感じで、これからも目が離せないカレー、ワッカさん。

このGWには、万博記念公園で開催される、
“第5回カレーEXPO”にも出店されますよ!

是非そちらの方にもみなさん、お誘い合わせの上、お越しくださいね。









【wacca(ワッカ)】
住 所:大阪市城東区関目3−3−16    MAP
電 話:06-6955-8031
営業時間:11:30〜14:00頃(カレーが売り切れ次第終了) 17:00〜24:00
     ※ワッカレーとしての営業は、金土のランチタイムのみ。ランチタイムは金土のみ営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ
店主のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

waccaカレーライス / 関目駅関目成育駅関目高殿駅
昼総合点★★★★ 4.0