美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: すし

今からもう30年も前、街の書店には赤と緑の表紙の本が積み上げられていた。 ご存じの方も多いと思いますが、それは村上春樹の「ノルウェイの森」。 発売当初、全く興味がなかったのです・・・ というか、その頃私にはそこまで本を読む習慣がなく、興味が無いというか・ ...
続きを読む
今からもう30年も前、街の書店には赤と緑の表紙の本が積み上げられていた。
ご存じの方も多いと思いますが、それは村上春樹の「ノルウェイの森」。

発売当初、全く興味がなかったのです・・・
というか、その頃私にはそこまで本を読む習慣がなく、興味が無いというか・・・
いえ、無かったのは私自信の読書スキルだったのだと、今頃気がついたりして^^;

それから数年経ち、ノルウェイの森を手にしてみると、ハマってしまって、それから完全に村上春樹のファンになり、ほぼ全部の長編を読み漁りました。

先日発売された「騎士団長殺し」も夢中で読みましたし、「1Q84」の三人称で進むストーリーも、あの独自の世界観が大好きなのです。

そうそう、村上春樹を語るに至って、忘れてはならないのが、鼠三部作。
「風の歌を聴け」、「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険」。

1970年に物語は始まり、羊をめぐる冒険の1978年までの主人公に起こるさまざまな出来事が描かれ、夢中で読み進んだのを思い出します。

そして、その三部作には「ダンス・ダンス・ダンス」という続きも・・・・。
今でも、街中でマセラッティを見ると、五反田くんのことを思い出してしまうのは私だけ^^;
(村上春樹に興味のない方、ごめんなさいm(_ _)m)

さて、そんな村上春樹の小説の中に出てきそうな扉の建物が、大阪福島の路地にあります。
                 1884bb52.jpg


いかにも、1970年代によく合ったような扉。
じつはここ、熟成鮨をいただける、人気の隠れ家なのです。

この日にお伺いさせていただいたのは、
“シャンパン&ワイン 熟成鮨Rikyu”さん。
                    2627a2fc.jpg


扉を開けるとすぐに階段があり、2階に上がるとお店があります。

店内は、カウンター席のみで6席。
3Fには、テーブル席もあるようですよ。

この日は、2階のカウンター席に座らせていただきました。

こちらのお店では、7月5日の穴子の日に向けて、穴子づくしの特別コースを頂くことが出来るのです。
この日は、それ目当てで予約させていただきました。

先ずは、Veuve Clicquotで乾杯!
                    30cbf0b4.jpg


テンション上がりますよね。
1人や2人でこれを「ポンッ!」ってやるには、少々根性が必要ですが、6人ならば、心強いものです^^;

料理はコースなのでメニューはありませんが、飲み物のメニューはこんな感じですよ。
                 6592d47e.jpg
 77d75566.jpg


最初の料理は、前菜の盛合せ。
                   7410520a.jpg


赤い器から時計回りで、枝豆のムース、肝の和風パテ、シャンパン白和え。
あ、この日はどの料理も全て穴子・・・つまり穴子づくしなのです。
                   30969988.jpg


タタミイワシの上にのっかった、肝の和風パテにはキャビアも乗っけてあり、それぞれの旨味が複雑に絡み合うのを楽しめますよ。

そして、造りの盛合せ。
                  0742464c.jpg


これももちろん、穴子づくしで、薄造り、焼き霜、湯引き、雲丹和えです。

穴子だけでもここまで出来るのですね。
これは、穴子好きにはたまらない逸品です。

これには、南オーストラリアのワイン、YALUMBAを合わせてみます。
                5f91c862.jpg


そして、穴子豆腐。
                  945ab3d1.jpg


食べてみると、口の中一杯に穴子の旨味が広がります。
美味しいですよ!

さて、いよいよお鮨のはじまりです。
先ずは、海苔と酢飯のテイスティングをさせていただきました。
                 bcdccfaf.jpg


あ・・・美味しい。
一切のごまかしがないホンモノ。
これ、自信がなければ出来ないことですよ。

最初のお鮨は、昆布締め 煮汁ジュレ。
                 42d65c03.jpg


昆布締めといえば、鮃とか鯛などの白身の魚を思い出しますが、穴子で作っていただいてもすごく美味しい!
あ・・・穴子も白身の魚でしたよね。

そして、焼き霜 イカスミ塩。
                    3e3f80d0.jpg


先程の昆布締めにたいして、炙ることによって、旨味に深さが出ましたね。
どちらがどうとか甲乙をつけるのではなく、こんな感じで食べ比べるのは本当に楽しいですよね。

ここで、白焼きと夏野菜すり流し。
                  d9de2c7b.jpg


お鮨が続くのと思いきや、これが出てくるとは(^^)
こういう不意打ち(?)もすごく楽しい。
このすり流し、トウモロコシの甘みが穴子とすごくよく合うのです。

そしてまた、お鮨を提供してくださいます。
これは、薄造り ポン酢。
             103ee064.jpg


先程の白焼きすり流しを食べた後にいただくと、薄造りの旨味をよりいっそう感じることが出来ます。

「はい、どうぞ!」

そう手渡しでいただいたのが、焼きほぐし 胡麻醤油。
              339c96ae.jpg


出来立てをダイレクトにいただけるのは、カウンターでお鮨を頂く醍醐味。
口の中でホロッと崩れる感じが最高です。
これは嬉しいですね(^^)

ちょっと日本酒が欲しくなってきましたよ。

店名には、“シャンパン&ワイン”とありますが、日本酒もいろいろ揃えてくださっています。
                6c8665ea.jpg


たけのその ぱんだの旅 純米吟醸、
義侠 純米原酒、
雁木 夏辛口純米、
雑賀 純米吟醸 COOL DOWN。


中々いいのを揃えてくださっています。

そして、穴子とアーモンド網揚げ ワイン塩。
              cb4971df.jpg


ここで、揚げ物を持ってくるとはなかなか楽しい。
サクッとした食感のあとから来る、穴子のホロッと感。
これがすごく楽しいのです。

そんな感じで日本酒と穴子のアーモンド網揚げを楽しんでいると、

「お待たせしました、どうぞ。」

そう言って、小袖巻を手渡していただきました。
                    8d86f91d.jpg


海苔の香りとパリッとした食感が快感!
その後から来る旨味もかなり印象的です(^^)

そして、この後にいただいた赤だしも素晴らしいのです。
                e86c3ddc.jpg


先程の小袖巻の海苔の香りの後には、赤だしのあおさの旨味。
それにしても、上手いこと組み立ててるなぁ・・・。
ちょっと虜になってしまいそうですね。

さらに煮穴子の食べ比べを・・・・。
煮穴子をまずは塩で。
           3e0ecdd6.jpg

  
そして、タレでもいただきます。
                          6d13bd1d.jpg


(^^)(^^)(^^)

これはもう、芸術の領域ですね。
穴子づくしでありながら、他のネタもいろいろいただいている感覚になるほど充実感が半端ないです。

そして、穴胡巻もいただき、さっぱりと。
               cdd3d76d.jpg


〆は玉で、これには穴子のタレがかけてあります。
              73a29185.jpg


極上の熟成鮨を穴子づくしで堪能でき、これだけの内容で12,000円は、かなりお値うちだと思います。
                   9fc7a1f6.jpg


このコース、穴子の日である7月5日までいただくことが出来ます。
一度食べたけど、またもう一度予約しようかと、半ば本気で考えてしまっています^^;
           
ぜひ予約して味わってみてください。
かなり満足できると思いますよ!









【シャンパン&ワインと熟成鮨 Rikyu】   
住所:大阪市福島区福島5-10-14 柳田ビル2F・3F    MAP     
電話:06-6131-4969   
営業時間:17:30~24:00(L.O.23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

せめて英語で表記してくれたら・・・。 韓国に旅行に行った時にハングルだけの看板を見てそう思いました。 でも、日本も決して人のことは言えませんよね。 日本語には、ひらがな、カタカナ、漢字がある。 そして漢字には、同じような意味なのに、字が違ったりして・ ...
続きを読む
せめて英語で表記してくれたら・・・。

韓国に旅行に行った時にハングルだけの看板を見てそう思いました。
でも、日本も決して人のことは言えませんよね。

日本語には、ひらがな、カタカナ、漢字がある。
そして漢字には、同じような意味なのに、字が違ったりして・・・。

街と町、日と陽、楽しむと愉しむ、寿司と鮨と鮓。

そう、「すし」って3つも漢字がありますよね?
それはどんな意味があるのだろうか・・・。

最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬けた魚や、発酵させた飯に魚を漬け込んだ保存食を意味した漢字だとのことで、
なれずし、鮒鮓などに用いられることが多いのだとか。

そして、「鮓」の次に古い表記は「鮨」で、中国では「魚の塩辛」を意味する漢字あのだとか。
「鮨」の漢字は、握り鮨、押し鮨、棒鮨など馴れずし以外のすしに使われ、江戸前系のすしに多く用いられる傾向にある。


では、寿司は・・・。
江戸時代に縁起担ぎで作られた当て字で、「寿を司る」の意味から、もしくは、賀寿の祝いの言葉の「寿詞」に由来するのだとか。
かっぱ巻き、いなり寿司、手巻き寿司、五目寿司など、ネタに魚を使わないすしには「鮨」や「鮓」の漢字は適していないが、
「寿司」は当て字であるため、ネタの種類を問わず使える。
また、すしの種類も問わず使えることや、縁起担ぎの意味もあり、現在、「寿司」が最も一般的な表記として使われている。


とのこと。

深いですね。
ちょっと意識して、寿司屋さんの屋号や看板を見てみなければ・・・。

そんなことを考えながらお伺いさせていただいたのは、福島にある、
“鮨 千陽”さん。
                 鮨 千陽

大阪環状線の福島駅を降り、南へ向かってすぐにある、人気のお店が並ぶ小さな通り。

週末だけではなく、夜になれば多くの人が行き交う人気の通りですね。
                  鮨 千陽

そんな中に、千陽さんはあります。

こちらのお店、ちょっと話題のお店なのです。
鮨職人といえば、一人前になって、カウンターに入りお客さんに鮨を握れるようになるまでは、かなり長い間修行をしなければならない・・・。
でもこちらのお店の職人さんは、どこかのお店で長い間修行をしてきたわけではないのです。

こちらのお店の店長をはじめ職人さんは、飲食人大学という学校の出身。
それでいて、開店してから11ヶ月で、ミシュランのビブグルマンに選ばれたというのだから素晴らしい!

しかも、こちらのお店、3,500円のコースと7,000円のコースのみという安さだから驚きなのです。

予約に時間になり、お店の方が出てきて迎えてくださいます。
では早速、私達も店内へ。
                   鮨 千陽

1階のカウンター席に座らせていただきます。
                  鮨 千陽

店内に入ると、とても3,500円でいただける鮨屋という雰囲気ではなく、白木のカウンターで高級感も漂っています。

飲食人大学・・・
                   1eac3aa3.jpg


なるほど、あれが卒業証書・・・かな?
カウンターの中の壁に飾ってありますよ。

先ずは生ビールで乾杯!
こちらでは、エビスの生ビールをいただくことが出来ますよ。

生ビールの他にも、いろいろと飲み物が揃えてあります。
メニューはこんな感じです。
                   fb5cfdbd.jpg


ご覧のように、メニューは飲み物のみ。
それもそのはず、料理はおまかせだからなのです。

そんなことを考えていると、最初の料理、前菜が運ばれてきましたよ。
              f1b6ad0b.jpg


鯛の子、紋甲イカ、ソラ豆。
中々綺麗じゃないですか!

素材の味を活かした、薄味。
優しい感じですね。

さて、これからはビールではなく、お酒をいただきましょうか。
                   62bc5c4b.jpg


先ずは、新潟のお酒、吉野川の吟醸。

涼し気なガラスの酒器で提供してくださいます。

そして造り盛り。
                      1533e102.jpg


丁寧に盛られています。

それでは早速いただきましょう。
                    107f5ea1.jpg


(^^)(^^)

美味しいですね。

テンションも上り、お酒もすすんでしまいます。
次のお酒は、高知県の土佐しらぎく ぼっちり、特別純米です。
               df210ca5.jpg


今度は桜色の酒器での提供。
     af11a7d1.jpg


こういうのも楽しいですね。

そして、ここから鮨のはじまりです。

先ずは、ハリイカ。
             a788d5fd.jpg

      
江戸前と名乗るだけあって、きっちり仕事してますね。

こんな感じで、江戸前の本格的なお鮨を楽しむことが出来ます。
1a33f98d.jpg

                   6f2be8cc.jpg


江戸前の鮨屋にはムラサキがない・・・。
こちらのお店にも、ムラサキ(醤油)はカウンターの上にはありません。
                  7fb4ca99.jpg


すべてのお鮨が仕事された状態で提供されるのです。

づけには、辛子のアクセントがあって、これがけっこう美味しいのです。
                     338e2072.jpg


ホタテの貝柱。
                    4013773b.jpg


流石に、3,500円のコースでは、車海老は出ませんが、このブラックタイガーも中々のもの。
                       54e0dda2.jpg


穴子も口の中でふわっと崩れ、とろけてゆきますよ(^^)
             8b0f8ca5.jpg


そして、鉄火巻。
                                0e105ae5.jpg


味噌汁も玉ネギの甘みがいい感じで美味しいですよ。
                   3ad72b30.jpg


〆には玉子焼きもいただき、大満足。
                       f6293c6d.jpg


流石に、一流の人気店の味わい・・・
とはいえませんが、たった3,500円でこれだけ本格的な江戸前の鮨を味わえるのは、素晴らしいことだと思います。

江戸前の鮨とは何ぞや・・・。
是非一度体験しに来てみて下さい!

今度は是非、2階席で7,000円のコースも味わってみたいと思います。





【鮨 千陽】   
住所:大阪市福島区福島5-12-14    MAP     
電話:06-6450-8685   
営業時間:【ランチ】11:00~ / 12:30~ ※1階のみで営業
     【ディナー】 ■1階:17:00~ / 19:00~ / 21:00~
            ■2階:18:00~ / 20:30~   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

特別な日の外食。 そんな時は、焼肉か寿司! 普段は食べられないものの代名詞のようなものでしたよね。 それが最近では、結構身近になったと思いませんか? 焼肉はバイキングで、2時間食べ放題で2,980円。 寿司に至っては、一皿100円の回転寿司・・・。 回転寿 ...
続きを読む
特別な日の外食。
そんな時は、焼肉か寿司!

普段は食べられないものの代名詞のようなものでしたよね。

それが最近では、結構身近になったと思いませんか?

焼肉はバイキングで、2時間食べ放題で2,980円。
寿司に至っては、一皿100円の回転寿司・・・。

回転寿司って、最初に始めたのは、大阪の布施にあった元禄寿司。
その創設者がビール工場に見学に行き、ベルトコンベアーを見て、ヒントを得たのだとか。
それは昭和33年で、今から59年も前のこと。

しかし、その後すぐにこれが流行ったかというと、そんなことはなく、フランチャイズの1号店はそれから10年後の昭和43年に仙台で。

その後、大阪万博に出店し、一躍世間の注目を浴び、徐々に世間に回転寿司が登場。
昭和60年台になると、大手も回転寿司に参戦し、今のような地盤が固まったのだとか。

で、そんな回転寿司の回転レーン、ほぼ100%が石川県で製造されているのです。
(金沢市の石野製作所が60%、白山市の日本クレセントが40%のシェアだそうです。)

それでは、石川県の回転寿司はどのような感じなのか・・・。
というわけでもないのですが、この日は金沢中央市場の近くにある、
“廻る寿司 ぽん太”さんにお邪魔させていただきました。
                   554f700b.jpg


お店は金沢駅からタクシーで5分位。
歩いても20分位で着けると思いますよ。

お店に到着したのは、ちょうどお昼の12:00ころ。
日曜日のランチタイム、10人ほどの方が店内の待合椅子に座って待っていらっしゃいます。
そして、私たちもその列に加わります。
                 68d25309.jpg


待ってる間に見ていると、廻る寿司とは言っても、一般的な回転寿司のように、レーンに常にお寿司が廻っているってわけではなさそうですね・・・。
お客さんはお店の方に寿司を注文して、寿司が運ばれてくるシステムのようです。

しばらくして、私たちの順番も来て、カウンター席に座らせていただきます。

ランチタイムのメニューはこんな感じです。
              4c1786cf.jpg


この日は日曜日なので、500円のすっしーくんランチはないですが、それでもかなりお得な値段設定。
(すっしーくん・・・このお店のイメージキャラで、本名は、寿<ことぶき つかさ> 司・・・^^;)

セットメニューに単品を組み合わせても充実しそうですね。
                  d1e6e99b.jpg


折角なので、特上にぎりが10貫の「Cランチ」をお願いしました。

店内は、寿司レーンに面したカウンター席と、テーブル席。
そして、反対側に座敷席もあります。
                7c9f9cdc.jpg


え・・・座敷席は寿司レーンに面してないのかって?

大丈夫。
ここは、回転寿司とは言っても、流しの寿司は廻ってなくて、おしぼりとお皿、湯呑みが廻っているだけなのです。

店内奥には、無料サービスのあら汁がありますよ。
                   a25bb8b6.jpg


“あら汁の具は控えめに 二杯までにお願い致します。”

具ばかり盛って、それをアテに飲んだくれてはいけません^^;

はい、ちゃんと良い子盛り、してきましたよ。
                a6db2ff0.jpg


これ、すごくいい出汁が出て、美味しいですよ。
本当にこれだけで飲めてしまいそうだから、あの貼り紙も納得ですね^^;

そんな感じで、あら汁を楽しんでいると、お願いした「Cランチ」が出来上がってきました。
                   2f6e2c11.jpg


ずらりと並ぶ、逸品ネタ。
見た瞬間に、「来てよかった!」って気持ちになります。

それでは早速いただきます。
先ずは、剣先イカから・・・。
                    
(^^)(^^)(^^)

甘い、美味い!
素晴らしい鮮度ですよ。

そして、ウニもいただきましょう。
                 7e4812bd.jpg


(^^)(^^)(^^)

最初に甘みを感じて、そのあと、口の中全体に旨味がまんべんなく広がっていきます。
これはたまりませんね。

イクラ、ズワイガニ、トロ、
そして、ぼたんえび、数の子、鰻もいただき、大満足。
                 f2d9269e.jpg


と、セットは食べ終わってしまったのですが、やはり少し追加を・・・。
そう思い、店内のホワイトボードを確認します。
                 ad4c8b63.jpg


あ・・・生ホタルがある!
これは、食べなければ。

注文をカウンターの上においてある紙に書いて、カウンターの中の職人さんに渡します。

先ずは、生さば。
                30c2d718.jpg


大阪では中々食べることが出来ないですものね、鯖の刺身。
口の中でとろけます、かなり美味しいですよ。

そして、まぐろ。
                  af7c522e.jpg


トロではなく、赤身のマグロを食べてみたかったのです。
いただくと、旨みが素晴らしい!
いい感じの脂ものっていて、ずっと食べ続けたい気持ちになります(^^)

そして、メインイベントの生ホタル。
                   1ffd2bdb.jpg


流石です!
濃厚な旨味と、甘さも抜群。
これは早春の北陸でしか味わえない美味だと思いますよ。


金沢の近江町市場もいいですが、こちらは本当に穴場。
地元に人はご存知みたいですが、東京や大阪からの観光客はあまりいないと思いますよ。

生ホタル、GWならば間に合うかも?
是非行ってみてくださいね!






【廻る寿司 ぽん太】   
住所:石川県金沢市西念4-15-1    MAP     
電話:076-261-4885   
営業時間:10:00~14:00(L.O.) 17:00~21:00(L.O.)   
煙  草:
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

一度は乗ってみたいけれど、そんなことはまずムリなのが政府専用機。 尾翼に日の丸が描かれた飛行機、皆さんもテレビで一度や二度は見たことあるのでは? では、どんな人が政府専用機に乗ることが出来るのか・・・。 皇室、内閣総理大臣、またはこれに準じる要人の輸 ...
続きを読む
一度は乗ってみたいけれど、そんなことはまずムリなのが政府専用機。
尾翼に日の丸が描かれた飛行機、皆さんもテレビで一度や二度は見たことあるのでは?

では、どんな人が政府専用機に乗ることが出来るのか・・・。

皇室、内閣総理大臣、またはこれに準じる要人の輸送
緊急時における在外邦人の救援輸送
国際緊急援助活動
有事における自衛官の緊急輸送


そして、同行するマスコミ関係者も乗ることができるそうですが、当然その費用は有料(結構高いらしい^^;)


そんな政府専用機、導入されたのは意外にもそんなに古くなく、1987年(昭和62年)。
ということは、今飛んでいる機体は初代ってことになります。
そんな政府専用機も、そろそろ二代目が導入されるのだとか・・・。
デビューは、2019年。
東京オリンピックの前の年になるそうですよ。

そんな政府専用機、普段は北海道、新千歳空港に隣接する、自衛隊千歳基地に格納されており、運が良ければ、新千歳空港に行った時に見ることが出来るかも。

とはいえ、北海道に行けばやはり美味しい海の幸をいただきたいですよね。
                d8527c4c.jpg


北の大地で、本物の職人が心をこめて握る鮨。
魂が揺さぶられます。
        4b1a4f44.jpg
 024bcab8.jpg


JR千歳駅を降りて、街並みを楽しみながら歩くこと10分。

この日にお伺いさせていただいた、“北の華はやし”さんに到着です。

今の季節は穏やかで夜風が心地よい。
でも、冬の寒さはかなり厳しいのでしょうね。

表の扉を開けて中に入ると、暖かな雰囲気の玄関が。
お店に入る前から、心躍らされる思いです。
               fe289628.jpg


お店に入ると、あたたかな笑顔で、大将と女将さんが迎えて下さいますよ。

カウンターに座らせていただき、まずは生ビール。
そして、先付けに、白魚、蛍烏賊、アスパラの小鉢をいただきます。
               5a9af700.jpg


おぉ、素晴らしい!
一品目、先付けからその世界に引き込まれてしまいます(^^)

目の前では大将が、鮮やかな手さばきで料理を仕上げているのが楽しめます。
これも、カウンター席の醍醐味ですよね。

そんな光景を眺めながら、ハリイカもいただきます。
              2d1b4805.jpg


塩と、醤油、山葵を用意していただき、それぞれの味わいの違いを楽しみます。
中でもこのハリイカは、塩を少しだけ付けていただくのが最高。
自分の世界に入り込んでしまうほどに、その美味しさを堪能してしまいます。

そして、根室の流氷下の釣りキンキ。
               bec7dfd2.jpg


こういう逸品は、やはり北海道まで来なければ食べられないですよね(^^)

これにはやはり、日本酒がいただきたいですよね。

というわけで、福島、会津若松のお酒、寫楽 備前雄町 純米吟醸。
                   29e9f520.jpg


こちらのお店、大将も女将さんも日本酒には本当に詳しく、素材に合わせたお酒をいただくことが出来ますよ。
中には、中々手に入りにくい逸品も・・・。

そして、根室の流氷下の釣りキンキを、こんな形でも(^^)(^^)
            7bebdb1a.jpg


たまりません。

そして次に登場したのが、小樽石狩のシャコ。
                    56a57ba3.jpg


このシャコ、これは感動モノでした!
深みがあって上品な甘さがたまらない。
シャコをいただいて、これまで感動したのは初めてかも(^^)

そして、余市のあん肝。
                        99cd2347.jpg


真冬、あんこうの肝が最も大きい時は、北海道に流通することはなく、全て築地市場に行ってしまうのだとか・・・・
その頃に比べると、少し小ぶりらしいのですが、その味わいは感動的。

あん肝って、酒とよく合うと言われるだけあって、ちょっと癖がある旨味を想像されがちですが、
これはそんな癖など皆無。
じっくりと、いつまでも味わっていたい・・・
そんな感じなのです(^^)

これには、北海道の酒、男山の笹おりをいただきます。
               8c6ce097.jpg


このお酒、厳寒期に仕込まれ、3月に瓶詰めをして、出荷直前までマイナス5度で低温貯蔵されていたのだとか・・・。
いろいろ、珍しいお酒をいただくことが出来ますよ。

今の季節の北海道といえば、アスパラガス。
     1462ae38.jpg


ホワイトアスパラと、紫アスパラもいただきます。
                            7a4d1161.jpg


シンプルに見えますが、その味わいは複雑そのもの。
今の北海道に来なければいただけないものを、さらに大将に手で、逸品に仕上げていただきます。

北海道に来て、北海道の美味いものをいただくのはもちろんなのですが、
こちらのお店はそれだけではない。

ドーンとまな板の上に乗っかったマグロ。
            557d3ad0.jpg


こちらは、和歌山那智勝浦で上がったマグロ。
大将の手にかかり、このマグロが凄いことになっていきます。
      a2168c45.jpg
 fd4a33d5.jpg


(^^)(^^)(^^)
              921ed36e.jpg


一口いただくと、あまりの美味さに、しばし言葉を発するのさえ忘れる中トロ。

そして、マグロのサクごと付にして仕上げるサクヅケ。
                       d8527c4c.jpg


築地市場でいただくマグロももちろん美味いのですが、
やはり、一流の職人にかかると、こうなるのだと実感。


日本全国で水揚げされ、その一番美味しい物を仕入れて提供する。
それも一流のお鮨屋さんなのですね。

目の前で、自らの手で仕上げ、それを手渡していただく。
 5c2f0a3f.jpg
 49b2acd4.jpg

         
鮨って生き物なのだと実感させられます。
            6ceb9e7c.jpg


こちらのお店に来て初めて食べたネタもあれば、
よくしってるはずのネタも、お店によって・・・いえ、握る職人によってその味わいは全く違う。
c6afecf8.jpg
 9af6b6ee.jpg


鮨って本当に楽しいものだなぁと改めて実感。
               ff8df262.jpg


お酒もどんどん進んでしまいますね。
         7628d9a9.jpg

       
北海道を感じさせるこんな鮨も。
       1cc9844a.jpg



手渡しでいただける、雲丹。
   daf9e0cd.jpg
 90f60c56.jpg

そしてこれは、寿司屋のイカ飯なのだとか。
                 0c0dcb10.jpg


〆に、巻物と卵焼きもいただき、大満足って言葉が足りないくらいに満足させていただきました。
  05d46a43.jpg
 b76b6469.jpg
 cef0f5f6.jpg


久しぶりに心躍らされる・・・魂が躍動する鮨をいただくことが出来ました。

しょっちゅうは来ることが出来ませんが、北海道に行った時には必ず立ち寄りたくなります。
また、季節ごとにかわる魚とお酒を楽しめることも間違いないと思います。

本当は教えたくないお店・・・。
そんな出会をさせていただきました。





【北の華はやし】   
住所:北海道千歳市幸町1-1    MAP     
電話:0123-22-2990   
営業時間:17:30~23:00   
煙  草:
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

尾頭付きの鯛。 ちょっと特別な感じがしますよね。 お正月やおめでたい時なんかに、お出ましになる料理。 やはり、「鯛」だけに、「おめでたい」と掛け合わせて喜ばれるのでしょうね。 そんな感じで、鯛以外にも、めでたくって縁起がいいとされる動物、いますよね。 ...
続きを読む
尾頭付きの鯛。
ちょっと特別な感じがしますよね。

お正月やおめでたい時なんかに、お出ましになる料理。
やはり、「鯛」だけに、「おめでたい」と掛け合わせて喜ばれるのでしょうね。

そんな感じで、鯛以外にも、めでたくって縁起がいいとされる動物、いますよね。

「うさぎ」・・・月を連想される。ツキを呼ぶ。
「龍」・・・天に昇り雨を降らす。すなわち、豊作をもたらす。
「ふくろう」・・・180度首が回ることから周りがよく見え、商売繁盛や学問向上に繋がる。
また、福籠(福が籠もる)不苦労(苦労 知らず)とも。


そして、忘れてはならないのが、鶴と亀。
これは言わずと知れた、長寿の象徴で、鶴は千年、亀は万年とも。

千年、万年は大袈裟だとしても、動物の中では比較的長生きするとこは間違いないみたいですね。

さて、鶴と亀と言えば、この日にお伺いさせていただいたのは、西天満にあるお寿司のお店、
“鶴と亀”さん。

初めて行く時、表通りから見ても、まず見つけられないと思います。

こんな感じの路地を入っていくと、
         鶴と亀

突きあたりにお店があります。
                       鶴と亀

こちらのお店では、ひとり3,500円で、おまかせのお寿司を楽しむことが出来るのだそうです。
(飲み物は別途)

店内は、白木のカウンター席で、10席程度。
               鶴と亀
      
この距離感がいいですね(^^)

先ずは、ビールで乾杯。
                  ce816320.jpg


こちらのお店では、箕面ビールをいただく事が出来ますよ。

この日、付出しで出していただいたのは、能登の岩もずくと、加賀太キュウリ。
                   540d9bfe.jpg


冷たいビールと、サッパリ酢の物。
食欲がわいてきます(^^)

そして、造りの盛り合わせも出していただきました。
               3a2c8784.jpg


かつお生姜醤油和え、ホタルイカ、白身魚、甘エビの酒盗和え、子持ち昆布、ミズタコ 、
鯛の雲丹しょうゆ和え。
中々賑やかに盛っていただいてますよ(^^)(^^)

こんなの見たら、やっぱりお酒が飲みたくなりますよね・・・。

と言うわけで、お酒のメニューをば。
                   fbf45c65.jpg


日本酒は、燗酒のメニューと、冷酒のメニューを分けて表示していただいてます。

とりあえず、山形の酒、米鶴の夏純米をいただきましょう。
             1f84e18b.jpg


はい、その名の通り、スッキリと涼しいお酒ですよ(^^)

造りの盛り合わせと行っても、どれも仕事がしてあって、お酒のアテに最高です。
               e2ea27fc.jpg


これだけで、少なくとも、お銚子2本は空になってしまいそう(^^;)

さて、ここからはお寿司が登場します。

先ずは、淡路島のタイを塩こぶ乗せでいただきます。
                鶴と亀

じっくりと旨味が広がりますね。
これは美味しいですよ(^^)(^^)

そして、泉南の生しらす。
                     鶴と亀

今の時期、それも新鮮でなければいただけない生しらす。
これ、贅沢な気持ちになれますよね(^^)

次は、長崎の中トロ。
                       78bc48c2.jpg


余計な言葉は必要なし。
ネタと寿司のバランスも素晴らしいですよ(^^)

そして、こはだ。
                        鶴と亀

こはだって、マグロや鯛、平目などと比べると、ちょっと地味なイメージもあるかと思いますが、
極上のそれはわざわざ指名して味わい価値ありだと思います。

そして、寿司の方はちょっと小休止で、豆の饅頭のバターあんかけをいただきました。
                     435521cf.jpg


蓮根まんじゅうのような出で立ちのそれは、出汁の香りがまたいいのです。

丁寧に豆を裏ごしして作られた饅頭は、一口食べると止まらなくなります。
                    80208ca7.jpg


「すみません、燗酒を下さい!」
                  1459ba81.jpg


錫のお銚子で出していただける燗酒。
夏の燗もまた良いものですよ(^^)

そして、石川県の甘エビ。
                鶴と亀

まったりとした食感の甘エビ2つに対して、少なめのシャリ。
これくらいが丁度いいのです。
海老の旨味をしっかり感じながら、その後からシャリが追いかけてくる。
これはちょっと快感ですね(^^)

そして、北海道の水ダコ。
                  3f3230d9.jpg


もちろん、醤油はつけずに、塩でいただきます。
噛みしめるごとに広がる旨味にちょっと虜になってしまいそうですよ(^^)

これは、三重県のトリガイ。
あられ塩をパラリでいただきます。
                        8270a1e3.jpg


トリガイの甘味と香ばしさが口の中で複雑に混じり合います。
寿司にもいろんな楽しみ方があるのですね(^^)

そして、長崎のイサキの漬け。
                   鶴と亀

マグロの漬けはよくありますが、イサキも漬けになってしまうのですね。
創作寿司とでも言うのでしょうか、中々楽しいじゃないですか。

そして、新香巻でサッパリと。
                     c2ee6847.jpg


赤出汁も出していただき、大満足でした・・・。
                           fb2a05e6.jpg



となるはずが、お隣の方が注文された、モッツァレラチーズがちょっと気になって(^^;)

追加で注文してしまいました。

目の前で炙られるモッツァレラチーズが、ちょうど良い感じでとろけて出来上がり。
                    de151a09.jpg


おぉ、これは変化球。
こういうのもアリなのですね(^^)

そして、煮ハマグリもいただき、大満足。
                    鶴と亀

それにしても、3,500円+αでいろいろ楽しませていただきました。
(あ・・・私達の場合は、お酒をたくさんいただいたので、もう少しかかりましたが(^^;))

3,500円で、いろいろ楽しめる“鶴と亀”さん。
何と、大阪一修行暦の短い寿司屋さんとのことらしいです。
                   鶴と亀

日常使いで、白木のカウンターでおまかせのお寿司。
如何でしょうか?

是非予約して行ってみてください!
想像外のお寿司をいただくことが出来ますよ。






【寿司処 鶴と亀】   
住所:大阪市北区西天満4-12-17    MAP     
電話:06-6365-8500   
営業時間:17:00~22:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

買うよりも借りろ。 その方が節約にもなるし、収納するスペースがいらないので、部屋も綺麗に片付く。 そんなことを言われていた、子供の頃・・・。 あ・・・本の話なんですよ。 今では、レンタルってものが一般的になって、消耗品以外半でも借りることが簡単になり ...
続きを読む
買うよりも借りろ。
その方が節約にもなるし、収納するスペースがいらないので、部屋も綺麗に片付く。

そんなことを言われていた、子供の頃・・・。
あ・・・本の話なんですよ。

今では、レンタルってものが一般的になって、消耗品以外半でも借りることが簡単になりましたよね。

CDやDVDのような音楽、映像メディアをはじめ、スーツケースや、着物、タキシード、車、住居まで。

そして、本は図書館で。   今はそれが常識なのでしょうが、昔、「貸本屋」っていうのがあったのを覚えていらっしゃるでしょうか。
(知ってる人は、私以上の年代の方かと(^^;))

雑誌やコミックから小説まで。
当日に返却するか、1泊2日で借りるか。
いずれにしても、買うよりも安いお金で本が読めるとあって、昭和30年前後には、その数が全国に2~3万軒もあったのだとか。

今ではもう、街中に貸本屋の姿を見つけるのは難しいでしょうが、古い街並み・・・
京都の街並みに貸本屋がポツンとあると、凄く映えるような気がするのですが・・・。


さて、京都の街といえば、来月はいよいよ祇園祭。
四条烏丸あたりを中心に、見事な山鉾が並ぶ姿は、夏の京都の蒸し暑さを多少我慢してでも見ておきたいものだと思います。


さて、先日お伺いさせていただいたのは、そんな京都の四条烏丸にある、お寿司屋さん“Sushi Dining大八”さん。
                     大八

烏丸通の一つ西の室町通にお店はあります。
京都の街って、大通りを一つか二つ中に入ったところが面白いですよね。

店内は、カウンター席10席ほどと、テーブル席が4席。
                 大八

この日はカウンター席に座らせていただき、まずはビールで乾杯!

お寿司屋さんに来ても、最初はビールを注文してしまいますね。
そして、付出しには、もずくの酢の物にトマトを和えたものを。
                    d086b6ff.jpg


見た目に涼しい。
食べて美味しい(^^)   この季節らしい、気の利いた一品ですね。

さて、今日のおすすめはどんな感じでしょうか・・・。
店主に聞いてもいいし、こんな感じでおすすめメニューも用意して下さっていますよ。
                      01b17a26.jpg


とりあえず、お造りの4種盛りをお願いしてみました。
                63da19ab.jpg


こんな感じで、細長い長方形の器に盛られて出てきましたよ。

ホタテの貝柱と、ネギトロ。
     2cec3c13.jpg


ホタテ、甘っ(^^) そして、ネギトロは自分でネギとマグロを自分で混ぜるタイプなので、いろんな味わい方が出来ますよ。

そして、カンパチとマグロ。
                              2ff47340.jpg


辛味大根でいただく刺身も、またいい感じです(^^)

そして、夏の京の味わい、鱧。
                                           67d0d5a7.jpg


美味しさと涼しさ、両方をしっかり味わいます。

こういうのをいただいていると、日本酒が欲しくなってきますよね・・・。
               5af0ca29.jpg


「うまい酒」と書かれた、日本酒のメニュー。

産地を見ると、高島、五個荘、木ノ本、八日市、竜王・・・。
滋賀県のお酒が多いですよね。

こちらの店主は滋賀県出身の方。
そして、2014年にこの場所でお店をオープンするまで、お店は滋賀県の彦根にあったのだとか。
話しかけると、愛想良くお話しして下さる、店主の今宿さん。
キッチリと手は動かしながらも、魚のこと、料理のこと、
彦根にお店があった時のことなど、楽しく語って下さいますよ(^^)

いただいたお酒は、近江高島のお酒、不老泉、杣の天狗 純米吟醸。
                     大八

美味しいお酒が多いことでも有名な滋賀県。
でも、滋賀県の美味しいお酒を置いているお店を見つけるのが簡単ではなかったりします。

どうも、有名な銘柄のお酒に目が行きがちで、近くの良いお酒見落としてしまうのでしょうか。
新しい滋賀の銘酒、発見出来るかもしれませんよ。
                     b1318f2f.jpg


お酒をいただきながら、美味しいアテをいただく。
最高の時間ですよね。

それにしても、美味しいお酒はどんどんすすみますよね。

次は、同じく滋賀県のお酒、八日市の權座、純米吟醸です。
                  70fd299b.jpg


京都の中心、四条烏丸にいることを忘れてしまう瞬間ですね。
京の街中の隠れ家。
そんな言葉が似合うお店だと思いますよ。


いくつかアテをいただいた後は、おまかせでお寿司をお願いします。

先ずは剣イカ。
         1ae2cdc0.jpg


ピンと張った、綺麗な剣イカ。
口の中で、その上品な甘味が広がります。

そして、中トロ。
                          f374d251.jpg


(^^)(^^)(^^)
見た目通り、ものすごく綺麗な味わいのマグロです。
これ、今記事を書いていてもその味わいを思いだして、ものすごく食べたくなってきますね。

こちらのお寿司、ものすごくネタとシャリのバランスがいいのです。
口の中でネタと一体になってシャリが崩れていく瞬間、これはもう快感ですね。

 
そして、えんがわ。
                  2745becd.jpg


一番美味しいところだけ、
一番美味しい食べ方で。
これは贅沢ですよ(^^)(^^)

次は、カンパチ。
                      64f63129.jpg


先ほど、刺身でもいただきましたが、寿司になるとその表情がガラッと変わりますね。
これは楽しいですよ(^^)(^^)
それにしても、ここのお寿司、かなり美味しいと思いますよ。

そして、雲丹。
                      4c8d0b18.jpg


雲丹の旨味とシャリの塩梅が素晴らしい状態で、口に中で踊り出します(^^)

いやぁ、これは参った(^^)

最後は、ちょっと変わった感じのシメサバを。
                55a35c0b.jpg


こちらは、シメサバと生姜のきざみ和えです。

これが、なかなか美味しいのですよ(^^)(^^)
                               c4f6f46b.jpg


生姜、茗荷、白髪ネギ、そしてシメサバ。
季節を感じながらいただける美味。
唯一の難点は、お酒がすすみすぎてしまうところでしょうか(^^;)

四条烏丸のすぐ近く・・・というよりも、室町通錦小路下ルと行った方がわかりやすいでしょうか。
京の街の隠れ家的なお寿司屋さん、是非一度いらしてみて下さい。
満足出来ると思いますよ。




【Sushi Dining 大八(だいはち)】   
住所:京都市中京区菊水鉾町576    MAP     
電話:075-255-9118   
営業時間:17:00~23:30 (L.O.23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

もしも、1回に10,000円使えれば、何を食べに行きますか? 但し、チェーン店の牛丼を食べて、残りはお小遣い・・・そんなのは無しとして(^^;) やはりステーキ、それもA5クラスの肉をガッツリと。 ステーキよりも焼肉、いろんな肉をガッツリといただきたい。 高級 ...
続きを読む
もしも、1回に10,000円使えれば、何を食べに行きますか?


但し、チェーン店の牛丼を食べて、残りはお小遣い・・・そんなのは無しとして(^^;)


やはりステーキ、それもA5クラスの肉をガッツリと。
ステーキよりも焼肉、いろんな肉をガッツリといただきたい。
高級ホテルのバイキング、伊勢エビ、ローストビーフ、フォワグラや北京ダック、鮑に蟹に・・・
(でも、温泉と1泊2食が付いて、10,000円でお釣りが来たりして(^^;))
寒い季節ならば、大きな白子が付いた、てっちり。


そして、忘れてはいけないのが、お寿司。

回転寿司には良く行っても、白木のカウンターのお寿司やさんには、中々行けないんですよね・・・。


でも、たまに行くと、改めて思うんですよね、
寿司だけが目的ならば、お寿司やさんに来るのは勿体ないって。


この日は、寿司はもちろんのこと、季節の料理に感動させていただけるお店に行って来ました。

お伺いしたのは、“琥珀”さん。
                 寿司、琥珀

お店は、大阪ミナミの中心、三津寺筋と畳屋町筋の交差点の近くにあります。
                    琥珀

こちらのお店は、基本おまかせで、一人10,000円。
でも、確実にお値段以上の満足感を得られるとの情報を聞き、お邪魔させていただきました。


店内は、L字型のカウンターで、どの席に座っても大将がライブで寿司を作って下さるのを見て楽しむことが出来ますよ。
                          寿司、琥珀

それにしても、大きな氷柱ですね!
こういった非日常的な雰囲気がワクワクさせてくれますよね(^^)


そんな雰囲気に見とれていると、先付けに、鴨ロースとばい貝、おひたしを出していてだきました。
                       c1ee296a.jpg


おぉ、見た目も素晴らしい!
一品目から、テンションが上がりますよね。

とりあえず、1杯目は、プレミアムモルツをいただきます。
                    f22af21d.jpg


ホッと一息、生き返ります(^^)

そして、カウンターの上に用意されたのは、
大根のかつらむき、山葵、梅肉、新生姜のガリ。
                 f9004569.jpg


「山葵を梅肉に混ぜて召し上がって下さい。」とのこと。

では早速、スタンバイ。
         3e7da8de.jpg
 4546c7a1.jpg
 660168c4.jpg


すこし、大根につけていただいてみましょうか・・・。
って、これめちゃくちゃ美味いじゃないですか!
こういう、他で中々ないようなアイデアに出会えるところが、お寿司やさんに来る一つの楽しみですよね。

そして、最初の造りは、カワハギと、その肝です。
            1d4b3dfb.jpg


またこれが綺麗なんですよ。しかも、器も素晴らしい!

こんな感じで、肝を巻いていただきましょう。
                                    2b8b60b1.jpg


(^^)(^^)(^^)
これは、めちゃくちゃ美味い!

はい、ビールを飲んでる場合じゃないですね(^^;)
というわけで、日本酒をいただきましょう。
                         寿司、琥珀

こちらは、滋賀県のお酒、浪の音のええとこどり。
楽しいネーミングですね(^^)


そしてこちらは、剣イカ。
レモン塩でいただくって言うのは、良く聞きますが、今回は、フィンガーライムをのっけて頂きました。
                a97762bd.jpg


因みに、フィンガーライムっていうのはこれ。
                           291c49ee.jpg


これは、オーストラリアが原産の高級食材だそうで、フランスの高級レストランが注目しているのだとか。
ちょっと、貴重な体験をさせていただきました。

次の肴は、シメサバ。
                           d214db9c.jpg


まるで刺身のような絶妙な〆加減で、旨味が素晴らしい!
こういうのに出会えるのが、お寿司やさんでの食事の醍醐味ですよね。

そして次に出てきたのは、これ。
                    f126252d.jpg


自家製ロースハムとポテトサラダです。

お寿司やさんで出てくるとは思えない料理ではありますが、全く違和感はありません。
こういうの、おまかせ料理の楽しみでもありますよね(^^)

次の料理は、季節の味わい、のれそれ。
いわゆる、穴子の稚魚。
                        e94d9fef.jpg


くずきりのような、見た目ではありますが、その味わいは深く、思わず「美味しいなぁ・・・」って声が出てしまいます。

そして、ヤングコーン。
                     348b5353.jpg


ヤングコーンとは、スイートコーンを未熟なうちに収穫したもの。
それでいて、この大きさということは、収穫にタイミングが絶妙だったのか、
元々のコーンの大きさが素晴らしかったのか・・・。
いずれにしても、貴重なヤングコーンですね。
それにしても、これ、めちゃくちゃ甘味があって美味しいですよ(^^)(^^)

そんな感じで楽しんでいると、目の前に火にかけられた小鍋が用意されました。
          寿司、琥珀

そして、生のホタルイカも。
                                      ca5101ff.jpg


いい感じで、鍋の中の出汁が温まった頃合いを見て、ホタルイカを鍋の中に入れて、しゃぶしゃぶします。
396afe89.jpg
 3e07ac24.jpg


(^^)(^^)(^^)

これ、一体何なのでしょうか!
美味すぎるのですよ(^^)(^^)

独特の臭みなんて全くなく、普段食べているホタルイカは一体何なのかって思ってしまいますよ!

やはりこれには、日本酒が欠かせない。
                      d8079646.jpg


このワインのようにも見えるこれは、岡山の酒、御膳酒。
たしかに、ラベルにも杉玉が描かれえていますよね。

そして、洋風の茶碗蒸しもいただきます。
                      d8e41bd4.jpg


カニの身がたっぷり!
それでいて、コンソメでしょうか、洋風の味わいがかなりいい感じなのです(^^)(^^)
                        808294ac.jpg


カウンターの向こう側では、大将が先ほど見せて下さった大きなウナギを切って下さっています。
                       寿司、琥珀

これは、天然のウナギの蒲焼きです。
                             d30563d1.jpg


いつも口にするウナギとは、食感が全然違います。
しっかりとしていて、噛みしめるほどに旨味がジュワーッとしみ出してくるのですよ。
これはちょっと貴重な体験をさせていただきました。

これに合わせるお酒は・・・
                       b6410f81.jpg


何と、赤ワイン。

これがまた美味いんですよね(^^)(^^)

そして、ここからいよいよお寿司のスタートです。

最初は、雲丹。
                      2fc8f659.jpg


素敵な器に入った状態で提供していただきます。
口に入れると、ウニの旨味が広がり、それを追いかけるようにシャリが心地よく崩れていきます。
これは快感ですね(^^)(^^)(^^)

もう一度、日本酒を・・・。
                        51e39896.jpg


三重県のお酒、作(ざく) 玄乃智。
(カタカナで、“ザク”って書いたらあきませんよ(^^;))

そして、軽く炙ったたいらぎ貝。
                        5675f8af.jpg


甘味がたまりません(^^)
                 f0e2233d.jpg


新生姜のガリがまた、美味いんですよ(^^)
これ、そのまま食べても、先ほどの山葵を混ぜた梅肉につけても、美味しいですよ。

次は、金目鯛。
                        4244ff94.jpg


甘い、美味い(^^)(^^)
贅沢すぎます。

そして、伝助穴子。
                          2e5e5e8e.jpg


口の中で、ホロリと崩れる。

そして、鯛。
                            3bee95fd.jpg


白身で旨い魚って、本当に奥が深いと思います。
このあと、サヨリとデザートもいただき、大満足!
おまかせ10,000円というと、ちょっと気が引けるかもしれませんが、この内容ならば決して高くないと思います。

琥珀さん、美味しいアテをたっぷり。
そして、拘りの握りで満足させていただけますよ。

奥に、個室もあるようなので、接待の時にも適していると思いますよ。


季節ごとに旬の食材を楽しみに行っても楽しいのでは。
是非予約して行って下さいね!




【琥珀】   
住所:大阪市中央区東心斎橋2-7-18    MAP     
電話:06-6484-0678   
営業時間:18:00~23:00   
煙  草:喫煙可
定休日:日祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界3大料理には残念ながら入っていませんが、それでも世界で人気の日本食。 中には、元々外国の食べ物だったものが、日本に入ってきて変化し、今では完全に日本食となっているものもありますよね。 カレーライス、焼肉、ラーメン、コロッケ・・・。 意外とそんな日本 ...
続きを読む
世界3大料理には残念ながら入っていませんが、それでも世界で人気の日本食。
中には、元々外国の食べ物だったものが、日本に入ってきて変化し、今では完全に日本食となっているものもありますよね。

カレーライス、焼肉、ラーメン、コロッケ・・・。

意外とそんな日本食が外国人に人気があったりするからおもしろいです。

さて、外国人に人気がある日本食といえばどんなものが挙げられるか・・・。

1位 寿司・刺身 79.9%
2位 ラーメン 64.5
3位 天ぷら 61.4
4位 味噌汁 60.8
5位 うどん・そば 52.1
6位 カレーライス 51.5
7位 豆腐 51.3
8位 焼き鳥 44.1
9位 お好み焼き 32.6
10位 うなぎ 25.9
11位 丼もの 23.4
12位 納豆 16.3


寿司、天ぷら、ラーメンはわかるにしても、味噌汁や納豆もランクインするほどの人気なのですね。
もはや、「関西人は納豆が苦手・・・」なんて言っていられないのかも。

さて、外国の人に一番人気なのはやはり寿司。
先日お伺いしたこちらのインド家庭料理店の店主も、和食が大好きとのこと。
そんな店主から、オススメの寿司屋さんを教えていただきました。

都営新宿線の西大島駅から歩いて約15分。
砂町銀座入口辺りに、この日におじゃましたお店、“海幸”さんはあります。
海幸

お店がオープンするのは、午前11:00。
10:40頃、ちょっと早く着いてしまったかなぁ・・・。
そう思いながら歩いていると、お店の前はすでに長蛇の列!
               0f043e24.jpg


1,2,3,4・・・えっ!
すでに約50人が並んでるじゃないですか^^;
こんなに人気があるんだとは・・・。

ま、開店前なので、お店のキャパを考えると大丈夫かなぁ・・・。
そんなことを考えながら、列に加わります。

私が並び始めたあとからも次々とお客さんが。
すごい人気ですね。

そう思っていると、お店の方が出てきて、何やら整理券のようなものを配り始めています。

なごみセット:756円
荒波丼:648円

それぞれ、確か限定30食。
     2587c5cd.jpg
 aff7928b.jpg


え・・・それが人気で、みなさんそれ狙いなの?
うわぁ、迷うなぁ^^;
限定にありつけるチャンスが目の前に・・・

でも、この日の私の目的は違います。
“インド家庭料理レカ”の店主曰く、「ばらちらしが絶対にオススメです。 凄いボリュームで、美味しくてお腹いっぱいになりますよ!」とのこと。

「なごみセットか荒波丼をご注文されますか?」
「いえ、別ので・・・。」


何とか、誘惑に耐えました^^;

そして、開店時間の11:00になり、次々とお客さんが店内に入って行きます。

流石に、1巡目の入店はムリだったので、しばしお店の前で待つことに

それでも、15分ほどで店内に案內していただきました。
                  07f04183.jpg

                
1階のカウンター席に座り、あらためてメニューを確認します。

単品メニューは写真入りで値段も書いてあって、わかりやすくて安心です。
            e37b4eb0.jpg


そして、限定30食以外にも、お得なセットメニューがたくさん用意されていますよ。
       db09f6ab.jpg
 430bc021.jpg


「ご注文はお決まりですか?」
「ばらちらしをお願いします。」
「+100円(だったかな?)で、ワカメのお味噌汁をあら汁に変更できますが、如何いたしましょうか?」
「あ、お願いします。」

せっかく寿司屋さんでのランチです。 やはりあら汁で攻めてみましょう。

そんな感じで、予定通り「ばらちらし」を注文。
しばし、出来上がるのを待ちましょう。

こちらのお店は、魚問屋さんが始めたお店だとのこと。
地元でも、新鮮でお得にお寿司がいただけるとのことで、大人気なのだとか。
こんな値段で美味しいお寿司がいただけたら、家族連れの世帯にも喜ばれるでしょうね。
あ・・・でも子供さんはお寿司が廻ってるほうが好きなのかな?

お客さんも、年配のご夫婦を始め、家族連れの方、若いカップル、私のような一人飯の人、様々な方がいらっしゃっていましたよ。

そんな感じで店内の様子を見ていると、ばらちらしが出来上がってきましたよ。
                  748f3d7b.jpg


う・・・うわ! 本当にスゴイ!
まさに、インド人もびっくり状態です^^;

盛りもスゴイですが、器も大きい!
                 海幸

マグロ、サーモン、鯛、玉子、オクラ、イカ、トビコ・・・
“これでもかっ!”ってくらいに、豪快に盛られています。
            3527a1d9.jpg


そして、頂点にそびえるはボタンエビ。
           21ca6e1a.jpg


これ1つでかなり豪華な雰囲気も演出してますよね。

何はともあれ、いただきましょう。
                  87308c7a.jpg


おぉ! これは美味い(^^)(^^)(^^)

ばらちらしというだけあって、ネタに関しては小さいものや不揃いなものなのですが、味わいは1級品。
それが、遠慮なしにのっかっているのです。

一般のお店の海鮮丼は、刺身とご飯おバランスを考えながら食べないと、刺身が足りなくなっていまいますが、こちらのお店のばらちらしは、そんな心配一切無用!
遠慮なしにかき込んじゃってください!
                d66eb926.jpg


新鮮な刺身と酢飯。
箸を持つ手が止まらなくなります。

あら汁も、いい感じの箸休め・・・・
なんてレベルではなく、しっかりと大きなあらが入ってますよ。
     d082c1f1.jpg
 79e53000.jpg


美味しい出汁がしみだしていて、「あら汁に変更してよかったなぁ・・・・」
しみじみそう思います。

それにしても、これは凄いボリューム!
食べても食べても、刺身もご飯も減りません。
これはちょっと、嬉しい悲鳴かな?
               2d6de96b.jpg


そうは言うものの、後半はかなり満腹になり完食。
本当に噂以上に凄かったですよ、ばらちらし。

こちら、海幸さん、ランチだけではなく、ディナーもお得でリーズナブルに楽しめそうです。
次回は、限定のなごみセットか、荒波丼、狙ってみようかな・・・
でも、夜に来て、おさけをのみながら、寿司をつまむ・・・それも捨てがたいです。




【海幸 (かいこう)】   
住所:東京都江東区北砂4-1-13    MAP     
電話:03-3646-0165   
営業時間:11:00~20:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:水曜・月2回不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

関西から旅行するとき、関東よりも北へは中々行く機会がないですよね。 青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島。 東北って関西人にとってはあまり馴染みがないのでは・・・。 「そこまで行くんやったら、北海道まで行ってしまうわ!」 関西の方、よくそう仰います。 ど ...
続きを読む
関西から旅行するとき、関東よりも北へは中々行く機会がないですよね。
青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島。
東北って関西人にとってはあまり馴染みがないのでは・・・。

「そこまで行くんやったら、北海道まで行ってしまうわ!」
関西の方、よくそう仰います。
どうせそこまで行くんやったら、ちょっと足をのばして北海道!

はい、関西人らしいと言えばそうなのですが、全く違った文化があって、景色も食べ物も別なんですけどねぇ(^^;)

ま、“どうせ遠くに行くなら北海道”というのは半分冗談でしょうが、
関西から東北へ行く交通の便があまり良くないのもそんな理由のひとつなのでしょうね。

そんなところに、関西空港から仙台空港まで定期運行を行っている、ピーチ。
オフシーズンならば、片道4000円台で仙台まで行くことが出来ます。

そんなピーチに乗って、先日東北まで行って来ました。

東日本大震災後、東北入りするのはこれで2回目です。
前回は、宮城県仙台市へ。
こちらは、空港周辺は、震災の爪痕があって、何もない状態で、工事のトラックが行き来するのが見えましたが、それ以外は至って普通。(失礼ながら、仙台って都会なんだなぁ・・・って印象も(^^;))
そんな印象を持ちました。

                         大船渡、ささき

今回訪れたのは、震災の時に、津波の大きな被害を受けた、岩手県の陸前高田、大船渡。
453faa95.jpg
 8f98705d.jpg
 35e722b4.jpg


現地を訪れて、思ったこと・・・。
関西にいれば、「震災からもう三年も経つのか。」と思っていましたが、実際に被災地の光景を見てみると、「震災からまだ三年しか経ってないんだなぁ・・・。」でした。

そんな被害の大きかった、岩手県三陸の街、大船渡の屋台村にお邪魔させていただきました。
                         ba2fafbb.jpg


三陸と言えば、たくさんの海の幸を味わえるところとしても全国的に有名ですね。
そんな三陸の良さを、食を通して伝えていって、大船渡の街を元気にしていきたい。
そんな想いを持った飲食店が集まったのが、こちら“大船渡屋台村”です。
7e89f2a5.jpg
 大船渡、ささき cad86c7f.jpg
 大船渡、ささき

この日は、そんな屋台村の中のお鮨屋さん、“鮨 季節料理 ささき”さんにお邪魔させていただきました。
                      大船渡、ささき

店内は、カウンター席のみで8席。
             ffa90b62.jpg


この日も全ての席が予約で埋まっていました。

店内の壁にはビッシリと、お品書きや有名人のサインが貼ってあります。
                    19003ca4.jpg


こちらのお店は、寿司屋ではなく、鮨屋。
店主のブログにはこう書いてありますよ。

当店のすしは「鮨」と書きます。
魚を旨くするのが「鮨」 私のこだわりです。


何だかワクワクしませんか。
そんなことを思いながら、とりあえず生ビールで乾杯です。
                 0c92cc10.jpg


続いて、付出しを。
               a9633e3b.jpg


左側から、イカのワタ煮、ウニ味噌、鮭の南蛮です。
最初から凄い!
見た目は屋台なのですが、内容はホンモノ。
それを一品目からヒシヒシと感じますよ(^^)

これはもう、ビールではないですよねぇ・・・・。

というわけで、日本酒をお願いしました。
                a82e6255.jpg


青森の酒、陸奥八仙の夏吟醸です。
この季節にいただいてすごく美味しいさっぱりした感じ。
でも、味わいもよくのっていて、料理とのマリアージュを楽しめそうですよ(^^)

次の料理は、たこのやわらか煮。
            417b44c4.jpg


塩胡椒をパラッと振っていただきます。

めっちゃ柔らかくって美味しいですよ(^^)(^^)
そして、噛みしめると旨味がジワッと。
たまりません。

そして、炙りシメサバをつまみで。
              fc78ff39.jpg


まるでお刺身のような感じで、軽く〆られた鯖はお酒との相性もピッタリです。

旬アイナメ、かじか、天然平目、幻のぶどう海老、旬ほや刺身、汐ウニ・・・。
こちらのお店、おまかせコースというのもあるのですが、壁のメニューを見ていると、普段関西にいれば出会うことがないものをたくさん目にしたので、気になるものをお願いすることにしました。

因みにお鮨と飲み物のメニューはこんな感じです。
5ef3d127.jpg
 4151dfbe.jpg
 3e5842c7.jpg
 3f11b595.jpg

大船渡、ささき b1d41574.jpg
 5f75f701.jpg


日本酒は、壁に銘柄が貼ってあるのでそれを見て注文します。

やはりここでしかいただけないものを・・・。
そう思い、お願いしたのがホヤの刺身。
                      fde99346.jpg


鮮やかなオレンジ色はまるで柿のようですね。
これを醤油につけていただきます。

(^^)(^^)
美味ぁ!
甘い香りと適度なしょっぱさが口の中で広がってゆきますよ(^^)
もっとクセがあるのかと思っていましたが、これは美味しいですね。
でも、このホヤ、鮮度が落ちるのも早く、そうなると極端に風味も落ちるのだとか・・・。
生まれて初めて食べたホヤがこれで良かったと本当に心から思いましたよ(^^)

そして、そのホヤとコノワタを塩辛にした珍味が、バクライ(莫久来と書くそうです)
                           7e749072.jpg


ちょっと怖々食べてみると・・・。

(^^)(^^)(^^)
いちごのような感じの香りが口の中を駆け抜けていきます。
そして、そのあと何とも言えない旨味が広がって、これ、めちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)
もちろん、このバクライも初体験。
そして、一発で気に入ってしまいました。

こんなん食べたら、お酒を飲む速度がどんどん加速してゆきますよ。
                  12d14c8b.jpg


というわけで、秋田の酒、刈穂 六舟の夏吟法をいただきます。

そして、鰹の塩たたき。
                      b4c093fb.jpg


見た目はごく普通なのですが、食べてビックリ!
これ、すごく美味しいのです(^^)(^^)
                       大船渡、ささき

この辺りでお鮨をいただきましょうか。
まずは、「旬」とかかれたアイナメを握りで。
                       57211aee.jpg


口の中で心地良くほどけるシャリが最高(^^)(^^)
そして、そのあとからアイナメの旨味が広がります。

次は、穴子を塩とタレ、半々で。
                     4171dd17.jpg


塩が穴子の甘味をより一層引き立てて、パリッとした食感のあとにやってくる旨味と、
タレの甘さの中に穴子の旨味が調和してやってくる感じが両方とも味わえます。

民宿とおの どぶろく。
                 048e01c6.jpg


岩手県遠野市にある「民宿とおの」で自家醸造されている“どぶろく”だそうです。
これは、酒を飲むというよりも、味わって食べるお酒ですね(^^)
美味しいので、いくらでものめてしまいそうですよ!
(実際に、おかわりしてしまいました(^^;))

「ここの大将、すしコンクール 巻物の部で全国大会優勝した人だから、巻物は絶対に食べてくださいね。 なかでも、カンワサ巻が美味いですよ!」
こちらのお店を予約してくださった、Fさん、そう仰ってました。
                           ad2d130d.jpg

                    
あ・・・これですね。
大人のかんぴょう巻きって書いてあります。
百聞は一食にしかず。
というわけで、お願いました。
                      7a1a81c9.jpg


かんぴょう巻きに山葵。
文字に書いても見た目のいたって普通。
でも、食べてみると・・・

おぉーーーーっ!
これは鮮烈ですよ!

口に中に一口入れた瞬間に「ツーーーーン!」
そして、その直後にかんぴょうの美味しさが包み込むのです。
ごめんなさい、こればかりは言葉では表現できません。
でも、これは絶対に食べておいて損のない美味しさですよ(^^)(^^)

大船渡屋台村の“鮨 ささき”さん、東京浅草金太楼鮨にて9年間修行の後、気仙沼あさひ鮨にて17年間勤務。
その後、陸前高田にて「鮨処 ささき」として、営業しているときに津波の被害に遭われ、
現在は大船渡屋台村で美味しい鮨を提供しながら、街の活性化に尽力を注いでいらっしゃいます。
鮨は一流、値段は屋台村。
そんな素晴らしいことが、ここ大船渡屋台村では、いろんなところで起こっているのだとか・・・。
是非みなさんも、大船渡屋台村に来て、そんな体験をしてみませんか。
普段は見えないものが見えてくるかもしれませんよ(^^)





【鮨 季節料理 ささき】   
住所:岩手県大船渡市大船渡町字野々田19-1 大船渡屋台村    MAP     
電話:0192-26-3719   
営業時間:11:30~14:00 17:00~22:00   
煙  草:喫煙可
定休日:月曜日
駐 車 場:有り      

大船渡屋台村のHPはコチラ
店主のブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

休みの日になると、家族で外食したりすることもありますよね。 どんなお店で外食することが多いでしょうか? ファミリーレストラン。 定番といえば定番ですね。 ハンバーグ、オムライスをはじめ、和食やスパゲッティ、グラタンなど、子供も大人もそこそこ喜ぶメニュ ...
続きを読む
休みの日になると、家族で外食したりすることもありますよね。

どんなお店で外食することが多いでしょうか?

ファミリーレストラン。
定番といえば定番ですね。
ハンバーグ、オムライスをはじめ、和食やスパゲッティ、グラタンなど、子供も大人もそこそこ喜ぶメニューが揃っています。
なんといっても技ありなのが、レジの前に並べてあるおもちゃ。
上手いこと子供の目線に合わせて作られてますね(^^;)

そして、焼肉。
食べ盛りの子供を連れて行く時は、食べ放題が嬉しいですよね。
ただし、ビールは別料金ですが(^^;)

でもやっぱり、回転寿司!
これ、一番人気があるのではないでしょうか?
いい時間帯に行けば、順番待ちは必至ですが、その代わり席に着いてから料理を待つことはほぼありません。

ところで、回転寿司のレーンって、ほぼ100%石川県で製造されているってご存知でしょうか?
金沢市の石野製作所が約60%、白山市の日本クレセントが約40%のシェアとのこと。
そんな回転寿司ですが、お店の大きさにより、そのレーンの長さも様々で、
コンベアのベルト長の日本最長は147m、日本最短は5mとのこと。

それにしても、長さ5mのレーンって(^^;)


さて、回転寿司も良いけれど、たまには廻らないお寿司も食べたい。

そう思い、北新地に行って来ました・・・・。
と書くと、さぞ予算がかかったのでは?
そう思われるかもしれませんが、支払った金額は800円。

お伺いしたのは、破格の握りランチで大人気の“慶鮓”さん。

この日、お店に到着したのは、正午を少し過ぎた頃。
「もう、握りは売り切れてしまってて、海鮮丼か天丼狙いかなぁ・・・」と思い、エレベータに乗って、4Fに降り立ちます。
               慶鮓にぎり

お、並んでない!
しかも、まだ握り定食のところに、「売り切れ」の表示がない(^^)
これはラッキー!
そう思い、お店の扉を開けると、
「いらっしゃいませ、今片付けますので、少々お待ち下さい」とのこと。

こちらのお店のランチメニューはこんな感じです。
               3b31ba80.jpg


具材が選べる漬け丼定食、
人気一番の握り定食、
あっと驚くボリュームの天丼定食。
ひょっとすると、一番お値打ちかもしれない、本日の魚定食の4種類。
日替わりご飯と汁物はおかわり自由で、すべて800円です。
(3月までは、これらがすべて700円だったのですから、さらに驚きですね!)


そんな感じで待っていると、お店のからが出てきて、
「握り、あと一人前だけなのですが、注文されますか?」
と聞いてくださいました。

もちろん、お願いします(^^)
すると、その場でメニューの上に完売の表示が。
             慶鮓にぎり

本当に滑り込みセーフです。
(というか、この時間まで残っていたのは奇跡ですね。)

奥のカウンター席に案内していただきました。
料理が仕上がるのを眺めながら、出来上がるのを待ちましょう。

すると、先にだし巻きを出していただきました。
            23d2b56c.jpg


でっかいだし巻きはふわふわで美味しいですよ(^^)
こういう演出は、北新地のランチならではですね。
安くても、高級感がある。
嬉しいですね。

そして、おかず2品とお漬け物。
              cfef8889.jpg


少しずつではありますが、どれも美味しいですよ(^^)

「お待たせしました、握りです。」
                413bab54.jpg


平目、鯛、鰤、サーモン、たこ、帆立、イカ、マグロと巻き2貫。
この日の細巻きは、玉子でしたよ。
(この日の握り定食は、同行者に譲りました(^^;))

そして、こちらは私が注文した天丼定食。
                  b8c1c15d.jpg


大きな海老、鰤、舞茸、ピーマン、パブリカが2種と玉ネギにカボチャ。
こちらはボリューム満点ですよ!

先ずは海老からいただきます。

甘味があって、すごく美味しいですね(^^)(^^)
かために炊かれたご飯も天丼との相性バッチリで、美味しいですよ(^^)

もちろん天ぷらは、注文が通ってから揚げていってくださるので、揚げたての熱々天丼を楽しむことが出来ます。

そして、これも特筆すべき点、
              3406c2f4.jpg


具だくさんの味噌汁がすごく美味しい(^^)(^^)
これがおかわり自由なのだから、嬉しい限りです。

このあと、希望すれば、日替わりのご飯もいただくことが出来るので、本当に満腹確約なのです。

ボリュームたっぷりの天丼を堪能し、具材たっぷりの味噌汁も楽しませていただき完食。
「日替わりご飯」をお願いしようかと思いましたが、天丼だけでお腹いっぱいになってしまいました。

たとえ100円値上げしても、そのコストパフォーマンスの高さは十分に保たれています。

にぎり8貫と巻き2つ、大きなだし巻きにおかず2品とお漬け物、
具だくさんの汁物に日替わりご飯までついて、800円。
これは間違いなくお値打ちだと思います。

確実に握りランチを狙うならば、開店と同時入店されることをオススメします。
北新地ですしランチ、如何でしょうか。
満足出来ること間違いなしですよ!




【慶鮓】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-18 荒木ビル 4F    MAP     
電話:06-6347-6539   
営業時間:11:30~14:00  17:30~翌2:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年世間を騒がせた、食品表示問題。 一級品とされるブランドものの食材使用のはずが、実は違うものを使っていた。 それも、一流と呼ばれるレストランやホテルがそうであったとして、大騒ぎになりましたよね。 さて、新しい年を迎え、そんな騒ぎも収まったかと思いきや ...
続きを読む
昨年世間を騒がせた、食品表示問題。
一級品とされるブランドものの食材使用のはずが、実は違うものを使っていた。
それも、一流と呼ばれるレストランやホテルがそうであったとして、大騒ぎになりましたよね。

さて、新しい年を迎え、そんな騒ぎも収まったかと思いきや、何だか新たな問題も浮上しているのだとか・・・。

話題の中心にいるのは、“サーモントラウト”
私達が日常口にしている、鮭のおにぎりや鮭弁当、吉野家の牛鮭定食なども、使われているのはサーモントラウトなのだとか。

で、そのサーモントラウト、何が問題なのかというと、
このサーモントラウト、標準和名を“ニジマス”というのだとか。

ニジマスというと、渓流の釣り堀でおなじみですよね。
「ニジマス釣り場」なんて幟、見かけた方も多いのでは。

でも、実際に使用されているニジマスは、川のニジマスではなく、海で養殖されたサーモントラウトとのこと。
食べてみて、違和感なく美味しくいただけますものね。

では、何が問題なのか?
もし、「正確に表示しなさい」となると、鮭のおにぎりや鮭弁当、吉野家の牛鮭定食とは表示できず、
「ニジマスおにぎり」とか、「ニジマス弁当」とか、「牛ニジマス定食」になってしまうかもしれないのだとか・・・。

中身は変わらないとしても、何だかなぁ・・・。
そう思ってしまいますよね(^^;)

いったい、どのような形で決着が付くのでしょうか?


さて、食品表示とか、どれが本物か・・・。
そんなことを気にしなくても、安心して本物を味わえるお店に連れて行っていただきました。

お伺いしたのは、環状線福島駅から徒歩1分のところにある、お寿司やさん、
“敏(とし)”さん。
                   da1ddb1c.jpg


小さなお店ではありますが、ここでは本物のお寿司をいただくことが出来ます。

店内は、L字型のカウンター席が8席と、4人掛けのテーブル席が1卓。
明るく清潔感溢れる魅力的な店内です。

2012年12月にオープンしたこちらのお店。
比較的新しくはありますが、知る人ぞ知る!の名店で、すでに予約を取るのが困難な状況なのだとか。

お誘いいただいた方に事前に予約していただき、今回初めてお伺いさせていただきました。

カウンター席に座らせていただき、おめでたいヱビスビールで乾杯!
          敏

そして、最初に出していただいたのは、このこの玉地蒸し。
      91074682.jpg

     
ナマコの卵巣である、このこ(海鼠子)が入った茶碗蒸し。
最初の一品から、度肝を抜かれる美味さですよ(^^)(^^)(^^)

そして、こちらはナマコの酢の物。
          ecfba8e1.jpg


最初から飛ばしますよ!
コクのあるヱビスビールと合わせるのも美味しいのですが、やはり日本酒が欲しいところですね。

というわけで、いただきました。
                   敏

宮城県のお酒、墨廼江。
こちらのお店では、おまかせすると、料理にあったお酒を出していただくことが出来ます。

そして、気がつけばカウンターの上には〆鯖が。
           b7f784e8.jpg


見るからに美味しそうですよ。
生姜をのっけて、醤油を少しだけ付けていただきます。
                  敏

うわ! これめっちゃ美味い(^^)(^^)(^^)
口に中で旨味がどんどん広がって行きますよ。

そして、これが究極。
         ea97ca60.jpg


トロの漬け炙りです。
もうね、こんなの初体験ですよ!
ちょっと戸惑ってしまうほど美味いのです。

金目鯛。
            ec643899.jpg


サッと炙られていて、それがまた旨味をかなり引き出しているのです。

そして、蛍烏賊。
           65fe65c2.jpg


もうね、お酒をどんどん飲みなさいって言われているようなものですね(^^;)

雲丹とイカ、そして、白魚です。
f9196659.jpg
 57a630a8.jpg


すみませ~ん、お酒お願いします。
            a5bfaa11.jpg

             
椀ものは鱈の白子で。
             f1f470b0.jpg


上品な味わいが素晴らしい!
そして、しっかりと旨味も感じる事が出来ますよ。

このあたりで、ちょっと握っていただきましょうか・・・。
         敏

剣イカ、カワハギに肝ポン酢、ノドグロ、シマアジ。
c27d51c3.jpg
 397e90a4.jpg
 edf7a856.jpg
 90250f19.jpg


こちらのお寿司、口の中でシャリがほどけ、ネタと一緒になる瞬間が素晴らしい。
ネタとシャリのバランスも抜群で、これを味わってしまうと、刺身には戻れなくなってしまうのです。

間にガリをいただいたりして、さらにお寿司を楽しみます。
          敏

海老、コハダ、煮ハマグリ。
a6d550a2.jpg
 851b5ade.jpg
 42ba4e8b.jpg


ひとつひとつが作品ですね。
あまりにも美味しすぎて、ボーッとしてしまいます。

お酒をもう少し・・。
            0e194c47.jpg


佐賀県のお酒、鍋島です。
これ、中々お目にかかれないんですよね(^^)

寿司をいただきながら美味しいお酒を。
そして、カウンターの中で寿司を握る大将の姿を見ているだけでも楽しいのです。
            86666750.jpg



そして、出していたのが大トロです。
             敏

結構たくさんいただいた後でも、この大トロなら美味しくいただくことが出来ますよ。

煮穴子、マグロ、巻物。
6a0790e5.jpg
 75d759c8.jpg
 7d10b959.jpg
 146fca55.jpg


そして、こんなものまで。
    d20fd511.jpg


いくら唐丹のアテ・・・。
       
と思ったらこれ、何と小さな丼なのです。
              1ad79d06.jpg


最後は、美味しい赤出汁で、〆て大満足!
心の底から満足させていただきました。
          e461630c.jpg


で、もう一つびっくりなのがそのお値段。
これだけ贅沢なものばかりたくさん食べて、地酒もしこたま飲めば(写真にのせてないものもかなりいただきました(^^;))さぞ、酔いが覚めると思いきや・・・
この内容で、1人14,000円。
ご存じの方なら理解していただけると思いますが、あり得ないくらいにお得だと思います。

流石に、普段使い!とまではいきませんが、確実に美味しいお寿司をリーズナブルにいただきたいのなら、間違いなしのお店だと思います。

是非また予約して、お伺いさせていただきたいと思います。



【敏(とし)】   
住所:大阪市福島区福島7-8-3 フクモトビル 1F    MAP     
電話:-6455-6644   
営業時間:17:00~24:00(L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはランチにいくらくらい予算をかけかれること多いでしょうか? 700円くらいの日替わり定食、 ちょっと節約して、280円の牛丼、 もっと節約して、コンビニでおにぎり、 逆に、ちょっと奮発して、1,000円のステーキランチ・・・。 お手軽ランチ、高級ラ ...
続きを読む
みなさんはランチにいくらくらい予算をかけかれること多いでしょうか?

700円くらいの日替わり定食、
ちょっと節約して、280円の牛丼、
もっと節約して、コンビニでおにぎり、
逆に、ちょっと奮発して、1,000円のステーキランチ・・・。


お手軽ランチ、高級ランチ。
いずれにしても、毎日の楽しみであることは間違いないですよね。

1,000円ランチといえば、高級料亭や人気のフレンチ、イタリアンが並ぶ北新地
そう、北新地では、高級店の味わいがランチタイムにはお手頃価格でいただけることでも有名です。

「え・・・こんなに豪華で1,000円でいいの?」
そう思えるランチを出す有名なお店も少なくありませんよね。

ところが、そんな北新地に、700円でお寿司がいただけるお店があるとの情報をいただきました。

大人気の「握り定食」は、にぎり8貫、巻き2貫、だし巻き、おかず2品、本日の汁物、香の物が付いて、何と700円というから驚きものです。
しかも、かなり美味しいのだとか・・・。

そう聞くと、やはり自分のめで確かめてみなければ気が済みません。
というわけで、行って来ました“慶鮓”さん。

お店は、北新地上通り沿いの荒木ビル4F。
とはいっても、ビルの1階に看板とメニューボードが出ているので、前まで行くとすぐに見つける事が出来ます。
                    慶鮓

到着したのは、11:40頃。
エレベーターに乗って、4階に上がります。
          f2492057.jpg


エレベーターが4階に着いて扉が開くと、目の前には4人の人がすでに並んでいます。
「え、まだ開店してないの・・・」
いえいえ、そうではなくて、すでに店内は満席。
席が空くのを待っていらっしゃるお客さんなのです。

エレベーターを降りるとすぐそこがお店の入口なので、待つスペースなんてほとんどないのです。
ですので、最後尾の私は、非常口の方に体がはみ出てしまうような感じで席が空くのを待ちます(^^;)

5分ほど待ち、最初のお客さんが出てこられ、順番に席に案内していただいてます。
そして、次の方、また次の方が呼ばれ、私の前の方が銭湯になった時、女将さんが何かを持って出てこられました。

「すみません、握り定食終わっちゃいました。 もしよろしければお待ちください。」
と申し訳なさそうに一言。
         
え・・・。
もう終わり?

そういえば、12食限定って言ってたな・・・。
ということは、オープンと同時に並んでいて、一回転目の入店できた人のほぼ全員が「握り定食」を注文していたのですね。

うーん、逃がした魚は大きいか・・・。
でも、気を取り直して別のものをいただきましょう。
                      慶鮓

握り定食は終了してしまいましたが、他にも、
漬け丼定食、
天丼定食、
本日の魚定食と気になるメニューがまだまだあります。
しかも、すべて700円!
本当にいいのでしょうか(^^;)

しばらくすると、店内に席が空き、案内していただきました。

カウンター席の一番端に座らせていただき、「漬け丼定食」をお願いしました。

漬け丼定食の漬け丼は、嬉しいことにこの日の魚から、5種類選ぶことが出来ます。
この日の魚は、
よこわ、サーモン、シメサバ、ホタテ、鰺、松前昆布、鯛、鰤です。
この中なら、よこわ、ほたて、シメサバ、鯛、鰺をお願いしました。

注文が入ると、カウンターの中では、漬け丼が作られてゆきます。

と同時に、先に小鉢のおかずと香の物が運ばれてきます。
                  0c3187b1.jpg


一品一品丁寧に作られていて、北新地のランチって感じですよ。
漬け丼が出てくるまでの間、ちょこちょこつまんで待つことにします。

美味っ!
うわぁ、これはお酒が欲しくなってしまいますね。
でも平日、ガマンガマン(^^;)

そして、大きなだし巻きの登場です。
           84154865.jpg


思わず、「わ、でかっ!」ってささやいてしまいましたよ。

写真では見えませんが、だし巻きの下には大根おろしが隠れているので、そこにちょこっと醤油を垂らして一緒にいただきます。

ふわっふわで出汁の味がきいてて、めちゃくちゃ美味しいです(^^)(^^)

そんな感じでだし巻きとおかずを楽しんでいると、メインの漬け丼も出来上がってきました。
                50ea0d4b.jpg


大きめの器に炊きたてのご飯、その上にお願いした5種類のお刺身が漬けになってのっけてあります。

では早速いただきます。

美味っ(^^)(^^)

小ぶりではありますが、お刺身は新鮮そのもの。
しかも、いろんな味わいが楽しめて、めちゃくちゃ楽しいですよ(^^)
             3bd11f28.jpg


艶々のご飯の上に、目の前で漬けにしてくださったネタがぎっしり。
これで700円というのですから、ちょっと信じられないです。

そして、本日の汁物はこんなに具だくさん。
              50e15e7e.jpg


これもまた美味い(^^)
しかも、これ、おかわり自由なんですよ!

絶品漬け丼、大きなだし巻き、具だくさんの汁物、気の利いたおかず、そしておかわり自由のごはん。
満腹になること間違いなしで、しかもこのレベルのものが700円。
しかも、店内は高級感溢れる雰囲気で、これは、行列が出来て当然だと思います。

こうなると、どうしても次回は「握り定食」をいただいてみたいですね。

11:30の開店時間前には何人くらいのお客さんが並んでいらっしゃるのでしょうか?
次回は是非、握り定食を!
でも、また売り切れならば、今度は天丼定食もいただいてみたいと思います。
天丼定食も素晴らしいボリュームとのことです。

この内容で700円。
絶対に満足出来る内容のランチですよ!




【慶鮓】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-1-18 荒木ビル 4F    MAP     
電話:06-6347-6539   
営業時間:11:30~14:00  17:30~翌2:00   
煙  草:完全禁煙
定休日:日祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅にたこ焼き器はございますでしょうか? 秘密のケンミンSHOWで出てきそうなネタではありますが、大阪に住む方の自宅には本当にたこ焼き器がかなりの確率であるかと思います。 「あれだけ街中にたこ焼き屋さんが多い街なのに・・・」 そう思われるかもしれませんが ...
続きを読む
自宅にたこ焼き器はございますでしょうか?

秘密のケンミンSHOWで出てきそうなネタではありますが、大阪に住む方の自宅には本当にたこ焼き器がかなりの確率であるかと思います。

「あれだけ街中にたこ焼き屋さんが多い街なのに・・・」
そう思われるかもしれませんが、自分で焼くのが楽しいのです。

今でもあるのかなぁ・・・自分でタコヤキを焼かせてくれるお店って。


ところで、完全に最後までお店側が味付けまでしてくれるお店と、最後の仕上げは自分好みで出来るお店、どちらが好きですか?

ま、これはメニューにもよるのでしょうが。

お店側が1番美味しい焼き加減で焼いてくれる焼き肉屋さんか、従来あるような自分で焼くスタイルの焼き肉屋さんか。

自分で焼かせてくれるお好み焼き屋さんか、最後の味付けまでやってくれるお店か。

セルフうどんのお店か、席に座っていたらうどんを運んできてくれるお店か。

いろんなスタイルが合って、好みもそれぞれでしょう。

ところで、お寿司の場合、みなさんは如何ですか?

あ、自分で握るとかじゃなくって、自分で醤油をつけて食べるかって話ですが。

そもそも江戸前鮨っていうのは、ネタに仕事がしてあって、醤油を付けずそのまま頂くお寿司なんだとか。

そういうお寿司、すごく憧れます。
普段は、子どもたちを連れて回転寿司・・・。
(ま、多くのお子さんがいらっしゃる方はそうなんだと信じこんで幸せに過ごしてますが(^_^;))

でも、一度は美味しい江戸前のお鮨を堪能したい。

そう思い、先日の東京出張の際に、築地市場へ行ってきました。

目的のお店は大人気で、開店時間の朝5時には、長蛇の列で、2時間以上並ばなければいけないのだとか・・・。

そういう情報を聞き、築地市場の近くに宿を確保し、朝3時半起床で行ってきました。

朝4時過ぎの築地市場。
           寿司大

すでに市場はその機能を目覚めさせ、慌ただしく賑わっています。
そして、私のような一般のかたの姿もチラホラと・・・。

今回、目的のお店は“寿司大”さん。

お店の前に到着したのは、午前4時20分。

それでも、私の前にはすでに12名のお客さんが並んでお店が開店するのを待っていらっしゃいます。
               寿司大

客層も様々で、日本人の方はもちろん、西洋の方、東洋の方、家族連れ、小さなお子さんを連れた方もいらっしゃいましたよ。

この日は、小雨が降る中にもかかわらず、あたしが列に加わったあとからもどんどんお客さんが増えてきます。

4:30を過ぎると、行列はすでに20人を超えていたのではないでしょうか。

開店10分くらい前になると、女将さんと思われる方がお店から出てきて、事前に注文を聞いてくださいます。

こちら“寿司大”さんで一番人気なのは、握り10貫、巻物2種、玉子焼、お椀。
そして、好きなネタを何でも1貫サービスで付けてくださる(大トロでも可)、旬魚おまかせセット(¥3,900)。

                         964fb0f7.jpg


もちろん、私も“旬魚おまかせセット”をお願いしました。

注文を聞いて回る女将さん、そのホスピタリティも見ものですよ。

「雨の中、お待たせしてすみませんね。」と声をかけたかと思うと、外国の方には、「What would you like to have for an order?」と流暢な英語で聞いていらっしゃいます。

す、すごい!
私の母親くらいの落としの女将さん(いや、もうちょっと若いかな?)なのですが、当たり前のように英語で応対されてますよ。

そして、私の前にいた、小さなお子さんを連れていた外国人の方の注文が聞こえてきました。

「そんなにたくさん食べられないので、みんなで分け合いたいのですが・・・」
と言った意味合いのことが聞こえてきました。

(え、カウンターのお鮨屋さんでそんなこと出来るの?)
そんなこと思っていると、

「There is no problem!」

(わー、すごいなぁ・・・)

そんなことを思っていると、ちょうど午前5:00になり、お店が開店しました。
               6008190f.jpg


一人目、二人目と順番にお店の中に案內していただきます。
私は前から13人め、さて、一巡目に入ることが出来るのでしょうか?
もし、2巡目になると、お店に入るのは6:00前。
それからお寿司をいただいて、お店を出てホテルに帰って・・・
なんとかギリギリ出勤時間に間に合うかなぁ・・・

そんなことを思っていると、なんとか1巡目に入店することが出来ました。

カウンター席の入口に近いところに案內していただきました。
                 寿司大

「大変お待たせいたしました。 順番にお出しさせていただきます。苦手なものはございませんか?」
ひとりひとり尋ねてくださいます。

苦手なもの、もちろんございませんので完全おまかせでお願いします。

まずは、目の前にガリがおかれます。
            a1dd4e40.jpg


これからお寿司を楽しむぞ!って感じでテンションが上りますね。

先ほどのお子様連れの3人家族の方、丁度私の隣に座られてます。

その前には、他のお客さんよりも先に、お寿司が並べられてゆきます。

(あれ?順番に出てくるのではなく、並べていくのかな?)
そんなことを思っていると、

「こちらのお客さん、一人前をシェアで召し上がられるので、先にお出しさせていただいてます。 お先のみなさん、すみません。 そうしないと、取り分けにくいかと思いまして。」

と、大将。

3人で一人前を取り分けるのがOKなだけでなく、そこまでされるのですね。
これはちょっと感動ですね。
しかも、この方たち台湾からいらっしゃったようで、大将は中国語でネタの説明をしていらっしゃいます。

そして、私の前にも1巻目のお寿司が。

「大トロの蛇腹です。」
             23227249.jpg


この店に来たことのある方に伺うと、一巻目はいつも大トロが出てくるそうです。
後は、その日の状況によって変わるらしいのですが。

では早速いただきます。

う・うわっ、美味すぎます!
これをいただくと、トロが何でトロって言われるのかが実感としてわかりますよ(^^)(^^)(^^)

一発目からやられましたよ。
これを一口いただいた瞬間、3時間の睡眠時間しかなかったことも、完全に吹き飛びました(^^)

「あらのみそ汁です。」
                寿司大

この日は、早速みそ汁が出てきましたよ。
このみそ汁、日によって、または入店時間によって出てくるタイミングが違うそうです。
これだけ美味しいお寿司には、ビールも一緒に頂きたかったのですが、この日は平日の仕事前。
そんなわけにはいきませんよね(^_^;)

「スズキです。」
仕事がしてあるので、もちろんそのままでいただきます。
                 22faacce.jpg


うわー、ほんとうに美味しい!

「鰆です。」
                 44d4bbe8.jpg


なんて味わい深いのでしょうか。
口の中で、旨味とともにとろけてゆきますよ(^^)

「北海道の雲丹です」
                63bf279d.jpg


もう言葉はいりません。
っていうか、午前5時台に雲丹をいただいたのは生まれてはじめてかも・・・。

「鰤の漬けです、そのままでどうぞ。」
             8d3056be.jpg


私が普段いただいている鰤と同じものとは思えません。
いえ、普段の鰤が美味しくないのではなく、あまりにもモノが違いすぎるのです。

「玉子です、熱いので気をつけて召し上がってくださいね。」
                 ebc86c0b.jpg


ちょっと甘目に味付けられた玉子焼き。
関西で育った私にとって、甘い玉子焼きは馴染みがないはずなのに、これは抵抗感がない。
いえ、むしろ美味しいのです(^^)

                  caa6e762.jpg


ここまで出てきたお寿司は半分の5巻。
食べるスピードに合わせて、お寿司が出てきます。
ですので、決して前のお寿司が残っているうちに、次のお寿司が出てくることはありません。
こういうところも、こちらのお店の大人気の理由の一つなのでしょうね。

目の前で、大将がネタを手のひらで、“ピシッ”と叩きます。
「北寄貝です。」
                       286c4e0d.jpg


この北寄貝、先ほどまで生きていたので、神経が刺激され、お寿司の上で微妙に動いてますよ!
食べてみると、絶妙な甘みが口に中に広がります(^^)
(これ美味いなぁ!最後のサービス、これにしようかな・・・。)
そんなことを思ったりします。

「サンマです」
                    5ed2ec72.jpg


今が旬の秋刀魚。
一切小骨などなく、素晴らしい旨みが口の中に広がりますよ(^^)(^^)

「富山湾の白えびです、甘いですよ!」
                         6d380bde.jpg


はい、大将が仰るとおり、上品な甘みがたまりません!

「今の季節だけの生いくらです。 一年のうちで僅かな期間しか入ってこないんですよ。 もちろん、うちで漬け込みました。」
                                 ee4cbf85.jpg


そうおっしゃって出していただいた、生いくら。
その言葉は大げさでもなんでもなく、ほんとうに美味しいのです(^^)(^^)(^^)
こんないくらを食べたのは、本当に久しぶりです。

「今度は巻物いきますね。 鉄火と明太子です」
                        359229fb.jpg


こういうのも、嬉しいですね。
箸休めと行っては贅沢すぎますが、これもまた美味しいんです。

「穴子です。」
                     03123a8a.jpg


これこれ(^^)
私の大好きな穴子です。
これがまた、口の中で、ホロホロっと崩れてゆくのです。
その食感がまた最高です。

「コースのお寿司はこれで最後になりますが、サービスでもう一貫、何でも握らせていただきますよ。」

そうなんです。こちら“寿司大”さんでは、最後に何でも好きなネタをサービスで握っていただけるのです。

さて、何にしよかな・・・。
もう一度食べたいものもいくつもあるし、でも、食べてないものもたくさんあるしなぁ・・・。
寿司大 420fd7d9.jpg


いろいろ迷った後、私がお願いしたのはこれ。
                      3baa00c6.jpg


江戸前、東京湾の太刀魚です。
脂の乗った太刀魚の旨みがぎゅっと濃縮されてような旨味を堪能させていただきました。

お寿司をいただいた後、大将と少しだけ話しをさせていただきました。
私が大阪から来たことを告げると、
「私も昔、大阪の京橋に少しいた事があるんですよ。」とのこと。
ホントに色々と気さくに話してくださいます。
新鮮で美味しい寿司をいただくだけでなく、大将との会話を楽しみに来るお客さんが多いのも頷けます。

築地市場の寿司大さん。
皆さんがおっしゃるように、ほんとうに素晴らしいです。
お寿司の味わいはもちろん、そのサーヴィスは来るたびにお客さんの心を掴んで離さないのも頷けます。

“一度行ってみたいお店”そして、一度行くと“必ず再訪したいお店”に変わります。
長蛇の列に並ぶのを避けようと思うと、かなり早起きをしなければいけませんが、それで来る価値は十分にあるかと思います。
c12cd31b.jpg
 f1fdb175.jpg


こちらの店、また絶対に再訪させていただきたいと思います。



【寿司大】   
住所:東京都中央区築地5-2-1 築地市場 6号館    MAP  詳細マップ    
電話:03-3547-6797   
営業時間:5:00~14:00(水曜日は12:00まで)   
煙  草:完全禁煙
定休日:日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる・水曜日)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

くいだおれの街、大阪。 テレビで、大阪の街を紹介するときにも、必ずといって良いほど出てくるのが道頓堀の景色。 かに道楽やくいだおれ人形、グリコの看板が映し出され、食べ物とは切っても切り離せないイメージが大阪の街にはありますよね。 【お好み焼き】 各テー ...
続きを読む
くいだおれの街、大阪。
テレビで、大阪の街を紹介するときにも、必ずといって良いほど出てくるのが道頓堀の景色。
かに道楽やくいだおれ人形、グリコの看板が映し出され、食べ物とは切っても切り離せないイメージが大阪の街にはありますよね。

【お好み焼き】
各テーブルに鉄板があり、小さなてこで鉄板からそのまま取っててこで食べるのが大阪流。
【たこ焼き】
街中のあちこちにあり、子供たちのお小遣いでも買える嬉しいおやつ。
中には、8個50円で売る店も・・・。
【てっちり】
1人前1,980円のてっちりも、大阪が発祥なのだとか・・・。
今では、多くのお店で安くてっちりをいただくことが出来ますよね。
【大阪うどん】
麺のコシって何ですか(^^;)
うどんは出汁の美味さで食わせるもの。そんな心意気を感じます。
立ち食いのお店でも、ビックリするくらいに美味しいところがあったりします。
【ホルモン焼き】
街角のお店で鉄板で焼いてます。
ホルモン、アブラ、レバー、ハラミなど、一串60円からという嬉しい価格設定も魅力。
【551の豚まん】
551のあるとき! はい、確かにもらって嬉しい大阪ソウルフード。
電車やバスの中でもその存在感は引き立ちます(^_^;) 辛子をつけて、はいどうぞ!
【串カツ】
もちろんソースの2度漬けお断り!
揚げたてをバットに入ったソースにちゃぷんと漬けて召し上がれ!
牛肉の“串かつ”が豚よりも安いのも特徴か。
【イカ焼き】
これはもちろん、イカ姿焼きではなく、イカ焼き。
平べったくプレスされたものにタップリとソースを。
阪神百貨店の地下の売り場では、何と一日に10,000枚売り上げるのだとか・・・。
【ミックスジュース】
これ、日本全国どこにでもあるものだと思ってました。
喫茶店のそれもいいけれど、阪神梅田駅のスタンドで飲むのが美味い!

対して、東京の味わいといえば・・・。
鮨、とんかつ、蕎麦、煮込み・・・・。
これらは本場東京でいただくとやはり美味しいのです。
でも、煮込み以外のものは多少値が張りますが(^_^;)

大阪にいて、本場江戸前の鮨が食べたい・・・。
そう思うこと、たまにあります。

普段は家族で回転寿司。
そんなパターンが多いので、余計にそう思ってしまうのでしょうね。

でも、行ったことがない寿司屋さんは、お会計が不安で・・・。

そう思う方も多いのでは。
でも、明朗会計で本格的な江戸前鮨がいただけるお店が阪急うめだ本店にあると聞き、行ってきました。

こちら、阪急うめだ本店のレストラン街には12階に回転寿司、13階には江戸前鮨のお店がります。

今回は、13階にある“福喜鮨”さんにお邪魔させていただきました。
                44f16bc5.jpg


おぉ、さすがに高級感が漂ってますね。
暖簾をくぐると、カウンター席がいいか、テーブル席がいいかを聞いてくださいます。
今回は、テーブル席に案內していただきました。

席に着くと、お茶とガリが運ばれてきます。
              福喜鮨

何だかワクワクします。
こんな感じの本格的なお鮨屋さん、久しぶりなもので(^_^;)

おまかせで!
と、いきたいところですが、そんな根性ないのでメニューを見て選びます(^_^;)
b86839d6.jpg
 8eb09285.jpg
 47f9d0cf.jpg


写真付きでわかりやすく、値段も書いているので安心です。
この日は、穴子蛸ちらしと店長おすすめにぎりをお願いしました。

先ずは、生ビールで乾杯!
                福喜鮨

こちらの生ビールはアサヒの熟撰。
このビール美味しいですよ!
味わい深くっていい感じです(^^)

ガリをつまみながら、生ビールを楽しみ、お寿司が出来上がるまでの時間を楽しみます。

木がふんだんに使われた明るい店内は、高級感の中にもくつろぎの雰囲気があります。
そんな感じで店内を見渡していると、店長おすすめにぎりが出来上がってきましたよ。
              2f86f249.jpg


ネタの一つ一つも大きくて、見ているだけでもテンションが上ります。
97cb4f3a.jpg


一貫、一貫丁寧に仕事されているのが見ているだけでもわかります。
               92b7507a.jpg


雲丹もこんなにたっぷり(^^)(^^)
たまりません。
                                0bbb530b.jpg


そして、こちらは穴子蛸ちらし。
               98c5a014.jpg


江戸前の仕事が光りますね。

穴子もたっぷりのっかっていて、すごく豪華です。
          4460b782.jpg


それでは早速、いただきます。
             60a74517.jpg


うわ・・・美味っ!
普段食べているちらし鮨とはひと味違いますね。
穴子が口の中で心地よく崩れていって、これはいい感じです。

そして、煮蛸。6fdc6493.jpg



おぉ!
これは柔らかい(^^)
この蛸、めっちゃ美味いです。
こういうのがいただけるのは江戸前ならではだと思います。
梅田に居ながらにして、これは嬉しいですね。

そして、瓶ビールを追加で。
              福喜鮨

よく冷えていて、美味しいです。

そういえば、こちらのお店には名物があるのだとか。

たしか、穴子を丸ごと使った穴子のまるづけがいただけるのだとか。
折角なので、それもお願いします。
                 811f409e.jpg


半分に切っていただき、半分をたれ、もう半分を塩でいただきます。

まずは塩のほうを・・・。
            e0957752.jpg


うわぁ!これすごいなぁ・・・。
口に中に入れた瞬間にホロホロっと崩れていくのです。
これはもうね、快感ですよ(^^)(^^)

そして、タレの方を。8326ad7b.jpg



うわぁ! 美味しいなぁ。
十分な食べごたえなのですが、穴子の味わいと口の中でほどけていく感じが忘れられなくなります。

穴子一本にぎりは、これ一貫で2,100円しますが、これを体験すると、けっして高いとは感じなくなるから不思議です。

〆には、握りには赤だし、ちらしにはすましが付いてきます。
     51947878.jpg
 520c229e.jpg


旨みがきいた赤だしと、上品に味わえるすまし、どちらも素晴らしい味わいです。

江戸前高級鮨ながら、この価格はけっして高くないかと思います。
たまにはちょっと美味しいお鮨を味わってみませんか。
特に穴子の一本握りは是非食べていただきたい逸品です。



【福喜鮨 阪急うめだ本店】   
住所:大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店 13F    MAP     
電話:06-6313-1494   
営業時間:11:00~22:00 (金・土・祝前は11:00~23:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休(阪急うめだ本店に準ずる)
駐 車 場:なし(周辺に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも乗っている電車の終着駅、どんなところか気になったりしませんか? ま、大阪環状線や山手線みたいに、終点があって無いような場合は別にして、終点ってどんなところ何だろ・・・って、思い、一度行ってみたいと思っているところが何カ所かあります。 南海高野線の ...
続きを読む
いつも乗っている電車の終着駅、どんなところか気になったりしませんか?
ま、大阪環状線や山手線みたいに、終点があって無いような場合は別にして、終点ってどんなところ何だろ・・・って、思い、一度行ってみたいと思っているところが何カ所かあります。

南海高野線の高野山。
近鉄南大阪線の吉野。
叡山電車の鞍馬。
京阪石山坂本線の石山寺。
JR新快速の播州赤穂・・・。


何かちょっと旅気分でいいと思いませんか?

そんな終点が気になる電車なのですが、東京出張時によく使う、京急線
その終点が“三崎口”っていうのです。
先日の出張時の土曜日、ちょっと時間があったので、足をのばしてみました。

降り立ったのは、三崎口の一つ手前の駅、“三浦海岸”。
サザンオールスターズや、クレイジーケンバンドの唄にたまに出てくる“三浦半島”ですよね。
                  4671c195.jpg


駅を降りて、ちょっと歩いてみると、もうすぐそこは三浦海岸、海になっています。

海辺では、来月1日の海開きに向けて、海の家の建設が始まっていましたよ。
2c22df0a.jpg


さて、こちらの到着したのがお昼前の11:00過ぎ。
やはり、折角来たのだから、何か美味しいものでも・・・。

そうそう、三浦半島、三崎といえば、マグロが有名なのです。
でも、観光客相手のお店じゃ値段も高いだろうしなぁ・・・。
で、ちょっと検索。

あ、ありますね・・・。
三浦海岸駅の近くに、お寿司屋さんが。

“観光客相手な仕事はしない、しっかりとした仕事をしてるお店・・・”
“高いクォリティーの回転寿司やさん。間違いたくない人へ。”
“いろんな部位のマグロと地魚を堪能できます。”


おぉ、何かいい感じですね!
では、地図に従って、お店の方に歩いて行きましょう。
えっと、信号を渡って、この道をまっすぐに・・・。
あ、見えてきました、あのお店かな?

お伺いしたのは、“海鮮”さん。
                d0bb5358.jpg


外観は、ごく普通の・・・
いえ、ちょっと場末の回転寿司(失礼(^^;))。

とりあえず、お店の中に。
「いらっしゃい! おひとりさん? どうぞカウンター席へ!」
元気よく声をかけてくださいますよ。

しかも、店内はすでに、お客さんが結構入ってますよ。
お店に入った瞬間、“あ、ここは美味しい!”を直感で感じました。
外観に惑わされてはいけませんねぇ。

カウンターの上には、メニューが置いてありますよ。

本日のおすすめの一皿。
        1456e2c0.jpg


うわぁ、大阪のお店では食べられないようなネタが満載ですよ。
これは、迷ってしまいます。
2377b21b.jpg
 a3b6a4c7.jpg


まぐろの種類は流石ですね。
しかも、結構リーズナブル。
アテも気になるものがたくさんあります。

そして、こちらがランチメニュー。
              1c7e3a49.jpg


わ!これはお得感ありますね。
“日よう祭日は除く!”なので、土曜日にお伺いして良かったです(^^)

さて、何にしようかな・・・。
それにしても、平日ランチの“525円”は安いですね。
1.5人前でも、893円。ちょっと心が揺らぎます。

やっぱりここは、特上ランチか・・・。
いや待てよ、やっぱりここまで来たのだから“地魚ランチ”ですよね。
地酒、地ビール、地元の野菜・・・。
地物って言葉に弱いです(^^;)

この日の地魚ランチは・・・。
            6c7fc61a.jpg


カマス、メトイカ、地金目、地サバ、イワシ。
はい決定です!

「すみません、地魚ランチと・・・。」

この日はオフにしてたので、こんなものも。
           海鮮

美味しいです(^^;)

こちらのお店、“回転寿司”を名乗っているものの、お寿司は一貫も廻っていません。
レーンは廻っているのですが、廻ってくるのは、フォークやスプーン、お品書きなどです。
          87d4ebc5.jpg


お寿司の注文は、ホールの店員さんか、カウンター内の職人さんにお願いします。

まもなくすると、地魚ランチがやってきましたよ。
           c030af06.jpg


寿司桶は、出前のものと同じような感じですが、中のお寿司はかなり豪華ですよ!

早速、地サバからいただきましょう。
          fab61367.jpg


ネタに醤油をつけて・・・。

お!これは美味い(^^)(^^)
生のサバをいただけるだけでも嬉しいのですが、その上品な脂が何とも言えず、格別です。
そして、寿司としてのレベルも高いですよ。
シャリは大きすぎず、小さすぎず。
口の中でハラリと心地良くくずれます。

「お待たせしました、ランチのお味噌汁です。」
               87524ea8.jpg


この地魚ランチには魚のアラの味噌汁も付いてきます。
でっかいお椀の中には、大きな魚が・・・。
何とこの魚、金目じゃないですか!
そりゃぁ美味いに決まってますよね(^^)

そして、イワシ。
           6d88888f.jpg


これね、めちゃくちゃ美味しいですよ(^^)(^^)(^^)
口の中でとろけてゆきます(^^)
い、いいのかなぁ・・・昼間からこんな贅沢して(^^;)

次は、カマス。
  9313a2b6.jpg


あっさりした中にも甘みと旨味が感じられ、これもまた満足な一品です。

そして、地金目。
                    07633920.jpg


ランチで金目のお寿司。
贅の極みです。

そして、メトイカ。
         15da2bf9.jpg


ここ、三崎では剣先イカの小型サイズはメトイカと呼ばれているのだとか。
流石の鮮度、甘くて美味しいです。

じっくりと三崎の地魚を堪能・・・。
でも、折角だからマグロも堪能したいですね。

というわけで、本まぐろの赤身をお願いしました。

私的には、いいマグロは赤身が美味いと思うのです。
中トロや大トロは、上品な脂の甘みを味わうのに対して、赤身はマグロそのものが美味くなければならないもの。
ごまかしがきかないような気がします。
で、こちらのマグロの赤身は、
          f7c1c32e.jpg


最高です(^^)(^^)

期待通りのものが出てきて大満足ですよ(^^)v

ついでにちょっと変わったものも・・・。

これはマグロの白子。
            de90e147.jpg


なるほど、独特の食感で、これもマグロの産地ならではですね。

地魚ランチ、マグロ。
両方とも堪能させていただき、大満足です。

マグロ好きには、こんな魅力的なお品書きもありました。
            c0cde832.jpg


これも凄く気になります(^^)

神奈川県、三浦海岸で見つけた廻らない回転寿司の“海鮮”さん。
評判通り、美味しいお寿司がリーズナブルにいただけて大満足できました。
これはちょっと、クセになりそうですね・・・。

また、出張時に時間があれば、是非寄り道させていただきたいと思います。




【海鮮】   
住所:神奈川県三浦市南下浦町上宮田3372-18    MAP     
電話:046-889-2565   
営業時間:11:00~21:00(LO20:50) ※ランチタイムは、11:00から14:00。   
煙  草:完全禁煙
定休日:なし(お正月は、時期をずらしてお休みをいただいておりますとのこと)
駐 車 場:有(無料) 2カ所 15台      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加