美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 居酒屋

平成も来年で最後の年を迎えるようですね。明治・大正・昭和。M・T・S。生年月日を記入する欄にあった、丸印で囲む欄。今では、大正・昭和・平成。ものによっては、昭和・平成だけのものもあります。そして来年以降は、昭和・平成・◯◯(←ここには、次の元号が入る)ついに ...
続きを読む
平成も来年で最後の年を迎えるようですね。

明治・大正・昭和。
M・T・S。


生年月日を記入する欄にあった、丸印で囲む欄。
今では、大正・昭和・平成。
ものによっては、昭和・平成だけのものもあります。

そして来年以降は、昭和・平成・◯◯(←ここには、次の元号が入る)

ついに、丸で囲む欄が、一番左になってしまったか^^;

さて、昭和レトロとも言われる、昭和時代。
昭和レトロだけではなく、
大正ロマン、明治ハイカラって言葉があるのもご存じでしょうか?

愛知県犬山市にある「明治村」や、
岐阜県恵那市にある「日本大正村」に行くと、明治や大正の日本の雰囲気を味わえるのだとか。

では、昭和は・・・

街並みではないですが、こんなお店は如何でしょうか?

           IMG_8045

京都、四条河原町の新京極商店街の中にある、
“京極スタンド”さん。

店内は、昭和な雰囲気満タンで、キンキンに冷えた生ビールを楽しむことが出来ますよ。

    IMG_8044

生ビールだけでなく、日替わり定食などの、食事メニューも充実。
実際に、スーツを着たサラリーマンの方が、
食事だけ済ませて行かれるケースも少なくありません。

          IMG_8043

入口横にある、メニューケースを眺めながら、店内へ入りましょう。


  IMG_8041

店内は、カウンター席があれば、丸テーブル席もある。
そして、ズラリと並んだ大きなテーブル席もあり、
全部で40席ぐらいでしょうか?

休日、平日関係なく、みなさん昼下がりから、ゆったりと楽しんでいらっしゃいます。

たしか、生ビールとつまみのお得なセットがあったなぁ・・・。
生ジョッキと、
ミートボールフライ、高野豆腐、ロースハム、枝豆、スパサラが付いて、
中ジョッキは1,050円、そして大ジョッキは1,300円・・・。

もちろん大ジョッキで!

       IMG_8033

冷えてます。
キンキンに冷えてます!

この季節、これは嬉しいですね(^^)

        IMG_8035
セットはこんな感じで、ひとつのお皿に盛られて出てきますよ。

これだけあれば、大ジョッキ1杯・・・いえ、2杯イケるかもしれませんね^^;

あ、これともう一皿付いてた。

    IMG_8034
京都らしく、高野豆腐。

え?
なんで瓶ビールが写っているのかって?

生ビールが空になったら、ジョッキの中に瓶ビールを入れて、生ビール気分・・・
と言うわけではないのですが^^;

セットの他にも、いろんなメニューがありますよ。

    IMG_8039


            IMG_8040

豚バラにんにく焼き、ぶたポンズ、こいも、きずし・・・。

      IMG_8042

よこわお造り、てっぴってわかりますか?
(関西の方はわかりますよね?)

こんな感じで、「何だろ、あれは?」って思いながら注文するのも楽しいですよ。

メニューのあると、ついつい注文してしまう、いわしフライ。

         IMG_8038

熱々のいわしフライに、ウスターソース。
ジャンキーだけど、これが好きなんですよね(^^)

そして、こいも。

             IMG_8036

里芋の煮物のことです。
真ん中に、柚子の皮をのっけてあるのがちょっと粋ですね。

冷たいビールを飲んで、ちょこっとつまみ、しっかり涼ませていただきました。

      IMG_8037

伝票もいい感じでしょ(^^)

期待通り、5つ玉のそろばんで計算して下さいました。


京都観光の途中で、ちょっと小休止。
きっと喜ばれると思いますよ!









【京極スタンド】
住 所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町546    MAP
電 話:075-221-4156
営業時間:12:00〜21:15(L.O.20:45) 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今から10年前、講談社MOOKのセオリーって本に出会った。その号のタイトルは「サービスの王国へようこそ!」。そこには、感動的なサービスを受けられるお店、ホテルや、他とはちょっと違うシステムを取り入れている企業、学校などが紹介されている。阿波鳴門の「ホテルリッジ ...
続きを読む
今から10年前、講談社MOOKのセオリーって本に出会った。

その号のタイトルは「サービスの王国へようこそ!」

そこには、感動的なサービスを受けられるお店、ホテルや、
他とはちょっと違うシステムを取り入れている企業、学校などが紹介されている。

阿波鳴門の「ホテルリッジ」
東京ディズニーランドホテル
ネッツトヨタ南国
スーパーマーケット オオゼキ
京都市立堀川高校・・・。


どれも、他とはちょっと違うサービスを展開されていて、
読んでいると、「ほほぅ・・・一度行ってみたいな。」
そう思うものばかり。

そんな中に、一軒のお店が紹介されていたのを忘れたことがない。
それも、高級店ではなく、私達も気軽に手が届くようなお店、
やきとんのお店なのだ。

        IMG_4701

大行列ができる店の魅力とはなんだ?

埼玉屋(やきとん)。
「ほかでは絶対に食べられないものをこの店では食べてもらいたい」


記事を読んでいくと、すごく行きたくなってくるのです。
でもこちらのお店には、ちょっとした鉄の掟、ローカルルールがあって、
それも守れない人は、ハッキリと断られるのだとか。

お酒を飲まない人はお断り。
他でお酒を飲んできた人はお断り(2軒め使いNG)。
基本注文は、おまかせのみ。
写真撮影禁止。


それでも行列が絶えないのだという。
平日であろうが、16:00の開店時間には、行列ができるほどのだとか・・・。

そんな”埼玉屋”さんに、先日やっと行ってくることが出来た。

京浜東北線に乗り、東十条で降り立つのは、南口。

          IMG_4572
駅を出ると、左側にある坂道をしばらく下って歩いて行く。

  IMG_4571

新幹線の高架をくぐり、更に進む。

          IMG_4570

なだらか〜に、下っていく感じで、ゆったりと歩いて行くと、
私のすぐ前には、5人位のスーツを着た方が話をしながらゆっくりと歩いいる。

「あ・・・すみません、通ります」
「あ、すんません、どうぞ〜」


声をかけて先に通していただくことに。

あれ・・・関西弁。
もしかして、この人達も埼玉屋に・・・
平日の15:20、まさかなぁ^^;

        IMG_4569

坂道を下りきったところに信号があるので、それをさらに真っすぐ進んでいく。

    IMG_4568

少し先に、もう一つ信号があって、比較的広い道路と交差するので、
その交差点を右に。

         IMG_4567

50mほど進むと、この日の目的地、埼玉屋さんに到着。

     IMG_4566

お店に到着したのは15:30で、すでに5人待ち。
平日の15:30に、開店待ちとは凄い!
すでにお店の中からは、開店準備をする気配が感じられる。

しばらくすると、先程追い抜いてきたスーツ姿の方々も列に。

あら・・・やっぱり埼玉屋目当てだったのね^^;
(追い抜いてきちゃって、なんだか少しだけ気まずいなぁ。)

1人、2人、4人、3人、2人、1人・・・

時間を追うごとに、行列が長くなっていく。

その後もどんどん開店待ちの列はのび、
15:50には、20人待ち。
一巡目で全員入店できるのだろうか・・・
そんな事を考えていると、開店時間の16:00になり、お店の扉が開かれ開店。







「いらっしゃい、何名さん?」

順番に人数を聞き、座る場所を指定してくだるので、そこに着席。

カウンター席の他に、テーブル席もあって、30人くらいは入れるだろうか?

私が着席したのは、カウンター席左側の奥から3番目の席。

一番奥は、女性二人組、私、男性と女性の二人組・・・

そんな感じで奥から詰めて着席。





外国人のお客さんも10人位いらっしゃるだろうか?
席は、日本語を話せる外国人の方と、
英語を話せる日本人の方を近くに配置しているよう。

「英語話せる?」って聞いてくる大将。
ここで、「A little.」なんて答えてしまったら、確実にお役が・・・^^;






カウンターの中では、注文したレモンサワーが作られていくのが見える。

生レモンをギュッと絞り、グラスの縁に塩をつける。
そして、一升瓶のまま凍らせたGODOのホワイトリカー25。
シャーベット状になったそれを、グラスの中にいれる。
そこに彩の国 さいたま秩父サワーを入れ、グラスを満たして出来上がり。

飲んでみると、これの美味しいこと!






さて、いよいよ大将が炭場の前に立ち、始まります。

「いらっしゃい、はじめて?」
「はい。」
「野菜、食べる?」
「お願いします。」

すると、クレソンと大根のサラダが提供される。

「最初はアブラ、牛のリブロースから焼くからね」

そう言って、肉の串を見せてくださる。
ズラリとバットの上に並んだ牛リブロースの串!
これは本当にきれいで見事!

「レア? ベリーレア?」

そんなふうに順番に焼き加減も聞いてくださいましたので、
「ベリーレアで」とお願いすると、笑顔で頷く大将。
カウンターの中、一番入口に近いところに設置された炭焼場の前で、
串を焼いてゆくのが見える、鮮やかな手捌きだ。




焼き上がった串は、順番に提供されていく。
そして私のところにもアブラ、牛のリブロースが。

あまい、口の中でとろける。
これは美味い!


一串目からビックリ。
いやぁ、ホントに見事!





「美味しい? ホントのこれ、こんな値段でやってたら
赤字なんだけど、みんなが喜んでくれるからね!」



そう笑顔で答える大将。
とても頑固でコワそうには見えない・・・。
ただ、自分の仕事にプライドと誇りを持っているのはすぐに分かった。



この時点で、早くもレモンサワーのおかわりをいただく。
それにしても、飲み飽きしないレモンサワーだ。

続けて提供されるのは、「シロ」
口の中でとろけて、ビックリするくらいに美味い。




「ポルコ、食べる?」
「はい、お願いします。」



そんなやリ取りの後、提供されたポルコは、
ミミガーを薄くスライスしたものに、バジルを使ったソースで和えたもの。
美味い。


続いて、レバー。
「うちのレバーは、どっちかって言うとシロレバーかな? 
   焼き過ぎると美味しくないから、サッと炙って出すよ。」



大将が言うように、サッと炙った感じで提供されたレバー。
甘い! 本当においしい。



そして、ハツ。
厚みがあって、噛みしめるほどに旨味抜群!
これには、先ほどのポルコのオイルをつけても美味い。



「七味は、直接串にかけた方が美味いよ。」



向こう側にいるお客さんに大将がそう声を掛ける。
どうやら、お皿に七味を取って、それに付けてハツを食べていたようだ。

人のふり見て、我がふり直せ^^;

直接ハツの串に七味を掛けて食べてみると、確かに美味しい。




 

この時点で、2杯目のレモンサワーも残り僅か。
さて、今度は何を飲もうか・・・。


 カウンターの中に視線を移す。
ステンレスのフードもピッカピカに磨かれている。

その真ん中で、笑顔で客とやりとりする大将。
愛されている、お店とお客。

まるでここはテーマパーク。
この時点で、自分の中でリピートが確定した。

楽しいのだ、ものすごく。
このワールドに1度引き込まれたら、必ずまた来たくなる。
そんな魅力に満ちあふれている。






向こう側の壁には飲み物のメニューが書いてある。

生ホッピー
生レモンサワー
生ビール
黒ビール
瓶ビール
ウーロンハイ

生ビールよりも、生ホッピー。



「すみません、ホッピー下さい」



シャリシャリに凍ったホワイトリカーに、
サーバーから出てくる生ホッピーを加えて出来上がり。

これもまた美味い!

 
提供されたねぎまを味わいながら、
キンキンに冷えた生ホッピーを楽しむ。
肩肘張らないで楽しめる、
心地いい。





隣のお客さんが注文した煮込みを見ると、かなり美味そう、
刺激されてこちらも注文するが、これが正解。
それにしても、よく煮込まれていて柔らかく美味い。

醤油、味噌・・・わからない。

でもそれでいい。



ここで、焼き手が大将から、若大将に交代。
大将、ホールに出てきて、気さくに話しかけてくれる。

チレ。
エスカルゴバターでいただく。
ほはぉ、肉なんだけど、内臓。
エスカルゴバター、よく合う。

食べ終わった串は、目の前のお皿の上に、
橋を渡すように縦に置いていく。
 
それもここのルール。
焼き上がった串は、お皿に対して横向きに提供される。
そうすることによって、
すでに皿の上にあるタレが肉についてしまうのを防ぐのである。 





先ほど注文した煮込みにパンを付けて楽しみたいので、注文する。
美味しい。
このパン、ポルコのオイルに付けて食べてもかなりいい。


またレモンサワーに戻り、カシラ、タンと楽しむ。





壁のメニューに再び目をやると、「ザワークラウト」の文字が。
もちろんお願いする。

これ、肉の合間に食べると最高に美味い!



そして目の前に赤いソースが掛けられた串が登場。
それは、チキンサルサ。
意表をつかれる、でも美味い!

そんな感じで、しっかりと11本の串と、煮込み、ポルコなどを堪能。
しっかり満腹になり、かなり満足させていただいた。


ご馳走様でした。」
「美味かったかい?  うん、ありがとうね!」


そう言って、右手を差し出す大将。
固く握手させていただき、美味しさの余韻を残しながら、店を後にする・・・。








いろいろルールが厳しい・・・
そんな情報を元に 来てみると、これが楽しい。
但し、ルールに例外は一切なし。

やきとんを提供する方も真剣ならば、
客も真剣に楽しむ。
それでいいのではないか。 


さて、次はいつ行こうか・・・

仕事に行くのか、やきとんを軸に仕事を組むのかよくわからない^^;
でも、そうまでしても行く価値のあるお店って、そう多くはないのかもしれない。

            IMG_4566


 
 


【埼玉屋】
住 所:東京都北区東十条2−5−12    MAP
電 話:03-3911-5843
営業時間:16:00〜21:30  ※土曜日は、16:00〜18:00(1回転目で満席次第終了) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(飲まない人の入店はNGです。)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウラなんばと千日前って一緒なの?こんな観光で大阪に遊びに来ていた人に、質問されたことがあります。千日前とウラなんば・・・確かに、大半が同じ場所なのですが、何となく違うような気もしませんか?千日前通りよりも北側で、道頓堀川よりも南の地域も千日前と呼びますが ...
続きを読む

ウラなんばと千日前って一緒なの?

こんな観光で大阪に遊びに来ていた人に、質問されたことがあります。
千日前とウラなんば・・・
確かに、大半が同じ場所なのですが、何となく違うような気もしませんか?

千日前通りよりも北側で、道頓堀川よりも南の地域も千日前と呼びますが、
ウラなんばとは呼ばない。

ウラなんば
千日前通り、堺筋、なんさん通り、高島屋の横の道に囲まれたゾーン・・・

そんな説明になるのでしょうかね?
隠れ家感満載で大人気・・・・

そう言えば、裏谷四、ウラなんばに代表されるように、
最近「裏◯◯」という場所が、増えてきているような気がしませんか?

ウラなんば、裏谷四、裏天満、うらふくしま・・・。
そして、この日は、裏京橋と呼ばれるところに行ってきました。

        IMG_4105

お伺いさせていただいたのは、“サケトサカナ”さん、。

桜小橋の交差点よりも東側で、京阪の高架の下辺り・・・
を指すのでしょうか?

そう言えばこの辺り、ちょっと気の利いたお店が増えたような感じですね。

   IMG_4106

サカナトサケという名前から想像できるように、
こちらのお店では、美味い魚と日本酒をいただくことが出来ます。

店内に入り、先ずはメニューを確認しましょう。

           IMG_4085
季節限定料理はこんな感じ。
それにしても、大根おろし食べ放題はちょっと心強いかも^^;

   IMG_4086

こちらのお店の看板メニューは、なんと言っても魚串。
焼鳥のように、魚を串に刺して焼いて下さいますよ。

          IMG_4087
お酒のメニューはこんな感じ。
生ビールは黒ラベルで、瓶ビールは赤星。
日本酒もいいのを置いてますね(^^)

先ずはビールで・・・・
ではなく、折角なので日本酒をいただきましょう。

          IMG_4084

こんな感じで、グラスで提供して下さいます。

先ずは、ふぐ皮湯引きで、ゆったりと。

           IMG_4091

これを、チビチビやりながら、日本酒を楽しむ・・・。
思わずその世界に入り込んでしまいそうになりましたが、それではもったいない。

ここでは、やはり魚串をいただかなければ^^;

いろいろあるので、迷いましたが、
おまかせ5本串をお願いしました。

      IMG_4094
先ずは、最初に3本が提供されます(写真は2人前)

焼きたての魚串、これかなり美味しいですよ(^^)
これならば、魚を食べるのが面倒くさいって人にも、バッチリなのでは。

          IMG_4089

おかわり自由の大根おろしは、鬼おろしで提供されます。
これ、魚串と一緒に食べると、本当に美味しいですよ(^^)

そして、あと2種類の串はこんな感じ。

     IMG_4098

プリップリの海老と、タコ梅肉ソース。

1本あたりの値段もリーズナブルなので、いろいろ楽しむことが出来ますよ。

さらに、エビジャーマンポテトなるものも、お願いしました。

        IMG_4093

ジャガイモと、海老の相性って、こんなに良かったのですね(^^)

美味しい日本酒と魚串をはじめ、美味しい海の幸が満載です!

    IMG_4101

店内も、明るくお洒落な感じで、
おひとり様でもゆっくり寛ぐことが出来ますよ。


         IMG_4107

仕事帰りに、フラッと立ち寄り、美味しい魚と日本酒、
如何でしょうか?
この界隈、裏京橋のお店のをハシゴするのも楽しいですよ!

          





 





【サケトサカナ】
住 所:大阪市城東区蒲生1−8−6    MAP
電 話:06-6924-9565
営業時間:17:00〜24:00  ※日曜日は、15:00〜22:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉は、ロースとカルビとレバー、そしてミノとテッチャンだけ・・・。子どもの頃、そう思ってました。あ・・・焼き肉屋さんに行くのではなく、肉屋さんで肉を買ってきて、家でやってたわけなのですが。もちろん、家中の窓を開け放って、煙モウモウの中で^^;そんな認識だった ...
続きを読む
焼肉は、ロースとカルビとレバー、そしてミノとテッチャンだけ・・・。

子どもの頃、そう思ってました。

あ・・・
焼き肉屋さんに行くのではなく、
肉屋さんで肉を買ってきて、家でやってたわけなのですが。
もちろん、家中の窓を開け放って、煙モウモウの中で^^;

そんな認識だったのですが、
いざ、焼き肉屋さんに行ってみると、
見たことないメニューがズラ〜ッと^^;

イチボ、カイノミ、ミスジ、ハネシタ、リブロース、
サンカク、ブリスケ、シャトーブリアン・・・。


もうね、「何すか、それ??」って感じですよ^^;

【シャトーブリアン】
牛のヒレ肉の中で、最も太い部分のステーキのことで、
1頭から取れるヒレ肉、約4kgに対して、
600gほどしか取れない希少部位。
19世紀初頭のフランスの政治家、
「フロンソワ=ルネ・ド・シャトーブリアン」が、
料理人、「モンミレイユ」に命じて、
作らせたことから、そう呼ばれることになった。


意味や、名前の由来を聞くだけでも、
超高級品なのが分かりますよね。

でも、そんなシャトーブリアンに手が届いちゃうお店が、
6月15日、阪急梅田駅のすぐ横にオープンします。

お店の名前は、“ニュー朝日”さん。

         IMG_0104

あれ?
この看板、朝日が昇ってくる感じのやつ、どこかで見たことあるなぁ・・・
そんな風に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そう、「串かつ朝日」さんは、新世界にある、老舗の串かつのお店。
その朝日さんが、「ニュー朝日」という名前で、
梅田の芝田町にオープンします。

この日は、先だってのレセプションにお招きいただきました。

店内は、3階建てになっていて、
カウンター席、BOX席、テーブル席、掘りごたつ席があります。



          IMG_0180

この日は、2階の窓際にあるテーブル席に案内していただきました。

串かつと言えば、やっぱりビール!

   IMG_0113

と言うわけで、乾杯!
よ〜く冷えてますよ(^^)

こちらのお店のメニューは、タブレット端末のタッチパネルになっていて、
そこで注文をすることも出来ますよ。

メニューの“プレミアム串かつ”のところを開いてみると・・・。

         IMG_0108

シャトーブリアン、イチボ、サーロインなどという、
串かつでは登場しないようなネタがずらりと。

これは是非食べないと!
タッチパネルで注文しましょう。

プレミアム串かつの他にも、いろいろあるので、
気になるものを注文しましょう。

先ずは、定番のポテトサラダ。

           IMG_0117

と言っても、タダのポテトサラダではなく、燻製ポテトサラダ。
これ、美味しいですよ。

そして、新世界のどて焼き。

   IMG_0121

一味をパラリとかけて食べるのが好み。
甘みの中にぴり辛感が光りますよ!

そして、串かつは海老からはじめましょう。

         IMG_0123

大きめの海老が嬉しいですね。

             IMG_0126

もちろん、ソースの二度漬けはお断り。
タップリと付けていただきましょう(^^)

この海老が、プリップリで美味しい!
このレベルの串かつがいただけるならば、いくらでも食べられそう。
気になるものをどんどんお願いしましょう。

        IMG_0151
と言うわけで、串かつ5種盛り。

牛肉、豚肉、海老、茄子、ウズラベーコンの5種が乗っかってきました。

ちなみに、10種盛り合わせって言うのもありますので、
迷ったらとりあえずそれを注文するのもアリだとおもいますよ。


  IMG_0145

これは、カマンベールチーズの串かつ。
囓ると、中からチーズがとろけて出てきますよ(^^)

そして、これはトマトベーコン。

          IMG_0148

熱を通して、甘くなったトマトをベーコンの塩味が包み込みます。
意外と、ソースとの相性がいいものです。

そんな感じで楽しんでいると、
いよいよプレミアム串かつの登場です。

    IMG_0131

先ずは、シャトーブリアン〜赤ワインソース〜。

食べてみると、火の通し方もミディアムレアで、すごく美味しい。
ボリュームも結構ありますよ(^^)

そして、サーロイン〜柚子胡椒ダレ〜

         IMG_0160

タップリと乗っかっているのは、柚子胡椒そのものではなく、
柚子胡椒を使ったソースなので、ご安心を。

そして、イチボ〜トマトクリームチーズソース〜

         IMG_0135

串かつと言うよりも、おまかせで出てくる、串揚げの世界ですね。
それにしても、肉が美味い(^^)

      IMG_0153
カップワインではありますが、赤ワインをいただきます。

さらに、こんな串かつもいただきます。

           IMG_0166
タン〜ねぎダレ〜

このタンも、絶妙の火加減なのです。

    IMG_0167

これ、ぜひワインと合わせてみたくなりますよね。

さらに、馬肉〜ジンジャーソース〜もいただきました。

           IMG_0138

これが、かなり美味しくてビックリ!
レセプションでなければ、おかわりしていたかもしれません(^^)

〆には、ポルチーニリゾットもいただき、かなり満足させていただきました。

          IMG_0174

阪急梅田駅のすぐ横で、雨が降っていても大丈夫。
これからの季節にも嬉しい場所に本日オープンします。
   IMG_0114

          IMG_0115


ぜひプレミアム串かつ、シャトーブリアンを味わってみて下さいね!












【ニュー朝日】
住 所:大阪市北区芝田1−3−15    MAP
電 話:06-6486-1194
営業時間:11:30〜24:00(L.O.23:00) 
煙 草:喫煙可
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

ラスベガスって、どんなイメージがあるでしょうか?ギャンブルの街。たばこの煙とコワモテの人がたくさんいて、何だかアンダーグランドなイメージ・・・。でも、実際に行ってみると、まるでテーマパークなんですよね、街全体が。ホテルの1階は、どこもカジノになっていて、明 ...
続きを読む
ラスベガスって、どんなイメージがあるでしょうか?

ギャンブルの街。
たばこの煙とコワモテの人がたくさんいて、
何だかアンダーグランドなイメージ・・・。

でも、実際に行ってみると、まるでテーマパークなんですよね、
街全体が。

ホテルの1階は、どこもカジノになっていて、
明るくてゲームセンターのような感じ。

ゲームセンターとの違いは、スロットマシンからは、
コインではなく、お金が出てくることでしょうか?

行ってみると、結構面白いものなのです。

競艇場にも、「何だか怖い人がたくさん・・・」
そんなイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

でも、実際に行ってみると、楽しいことがいっぱいでした。

先日、江戸川競艇場にある、
江戸川アートミュージアムに行ってきたのですが、
かなり楽しかったです。

そんな楽しさにが忘れられなくて、
尼崎ボートレース場に行ってきました。

          IMG_5854

    IMG_5772

阪神電車に乗れば、駅を降りて、ほとんど雨に濡れずに行くことが出来ますよ。

100円で入場券を購入すれば、誰でも入場することが出来ます。
(小さなお子様も、保護者同伴で入場可で、14歳以下は無料。
           但し、舟券の購入は、20歳以上ですよ。)


     IMG_5860

入口を入ってすぐのところには、出走表が置いてあるので、1枚もらっておくと便利ですよ。

   IMG_5777

6月11日までは、「日刊ゲンダイ杯争奪 日本一の串かつ横綱選手権」
開催されていますよ。

今回、尼崎ボートレース場行った目的の1つはこれ。

     ポスター

ボートレースを楽しむだけではなく、500円以上の未確定券を提示すると、
横綱各店で、横綱セットが999円、ボートカラー串かつセットが、
777円でいただくことが出来る、特別メニュー引換券をもらうことが出来るのです。


そして、競艇場の中には、安くて美味しいものもあって、すごく楽しいのです。

       IMG_5786
こちら、「丸久」さんでは、お好み焼き、焼きそばなどを楽しむことが出来ます。
しかも、300円って、かなり安くないですか?

 IMG_5790

          IMG_5792

+100円の大盛にすると、「これでもか!」ってくらいに盛ってくださいます(^^)

   IMG_5799

マヨネーズと紅ショウガ、花鰹で綺麗に仕上げてくださいます。

          IMG_5800

食べてみると、これがかなり美味しい!
太麺にソースもよく絡んでいて、かなりいい感じですよ(^^)

これだけを目的に来るのも、全然アリだともいますよ〜!

そして、こちらも名物なのだとか。

   IMG_5814

名物 多幸焼。

その値段は何と・・・

           IMG_5810

6コ入 100円、12コ入 200円!
何すか、このお値段は^^;
私の小学生時代と同じ値段ではないですか。

ま、「たこ焼き」ではなく、「多幸焼」ではあるので、

    IMG_5811

中の具はタコではなく、蒟蒻ではあるのですが。

         IMG_5816

それでも、たこ焼きの命とも言うべき、生地は本物。

   IMG_5819

表面はカリッとしていて、中はトロッと。
これ、かなりお値打ちですよ〜(^^)

さらにレストランでは、かなりメニューも豊富。
 
          IMG_5820
麺類、丼、カレーお持ち帰りできます・・・。
あ、なるほど!
レース観戦をしながら食べることも出来るってことですね。

折角なので、肉吸い定食をいただきました。

     IMG_5825

肉吸い、ご飯、小鉢、お漬物が付いて600円は結構お値打ち。

           IMG_5833
肉も野菜もタップリ摂れて、体も喜ぶこと間違いなし。

   IMG_5843

スープカレーを食べるように、こんな感じで食べるのもオススメですよ〜。

さて、お腹も落ち着いたら、折角なので、レースの予想もして、
舟券を買ってみましょう。

買い方はいたって簡単。(当てるのは簡単かどうかは分かりませんが^^;)
マークシートに記入して、券売機で購入することが出来ます。
舟券の詳しい買い方は、こちらのHPを参考にしてくださいね!

     IMG_5778

         IMG_5846

舟券は、100円から購入できるので、
思っていたよりも、安く遊ぶことが出来るのです。

しかも、もし当たれば、お小遣いが増えるという特典も!

    IMG_5852

入場券や、焼きそば、多幸焼、肉吸いの分も、
実質タダになるかもしれませんよ〜。

500円以上の未確定舟券(まだ、レースの結果が出てないもの)を、
インフォメーションに持って行くと、

        IMG_5856

横綱セット(もしくは、ボートカラー串かつセット)の引換券を貰えます。
この券、一枚で名まで注文できるのも嬉しいですよね。

と言うわけで、阪神電車に乗って梅田に戻り、
“日本一の串かつ横綱 東通り店”
にお邪魔させていただきました。

     IMG_5862

こちらのお店は、串かつはもちろん、
いろんな料理を楽しむことが出来ます。

     IMG_5863

こんな感じの、超大盛メニューもあって、家族やグループで行っても、
盛り上がること間違いなし。

目的は、もちろんこちら。

         IMG_5867

注文する時に、引換券をお店の方に渡してくださいね。

    IMG_5868

もしも15:00までに入店できれば、 お得なランチメニューもありますよ。

           IMG_5869

折角なので、ランチもいただいちゃいましょう。
唐揚げ定食や、チキンかつ定食なんて、550円!
でも、かなりボリュームもありそうなので、
ここはおとなしく、オムカツ(デミソース)をお願いしましょう。

居酒屋さんでランチプラス、
昼呑みっていうのもたまには良いのではないかと^^;

しばらくすると、この日の目的の料理、横綱セットが出来上がってきました。

           IMG_5882
通常の5倍サイズの串カツが3本。
横綱牛串かつ、イベリコ豚串かつ、大山鶏串かつと、
通常の3倍の大きさの、横綱トリスハイボールが付いて、
たったの999円!(税別)

通常だと、2260円相当だと言うから、お得すぎますよね。

     IMG_5895

二度漬け禁止の特製ソースをタップリと付けていただきましょう。

     (^^)(^^)(^^)

ボリュームがあるだけではなく、キッチリと美味しいのが嬉しいですね。

横綱セットもボリュームタップリなので、
控えめにオムカツ・・・・
と思ったら、すごいのが出てきました。

         IMG_5875

え・・・・
これ、大盛ですか?

確認すると、普通盛りとのこと。
す、凄いボリュームですよ、これ^^;

         IMG_5880

タップリと、2人前くらいはあるのではないかと、思わず二度見^^;
大井町のブルドックで食べた、メンチカツを思い出しましたよ。

食べてみると、これが困ったことにかなり美味しいのです。

       IMG_5899

タップリ一枚乗っかったロースカツに、デミグラスソースがよく絡み、
スプーンを持つ手が止まらない。

これがたったの650円とは本当に驚きです。


さらに、こちら東通り店では、こんなメニューもあって、 
楽しそう。
            デザート串かつ

食後のデザートに如何でしょうか? 

気軽な気持ちで、ボートレース場に行って、
美味しいものを食べながらゆったりと遊ぶ。

そして夜は横綱セットで、乾杯!

日刊ゲンダイ杯争奪 日本一の串かつ横綱選手権は、6月11日まで。
横綱セット引換券をゲットしたら、6月20日までに、
“日本一の串かつ横綱”のお店で、楽しんでくださいね!

私もまた、この週末にボートレース場に行ってこよう思います。
楽しんでく下さいね!









【尼崎ボートレース場】
住 所:兵庫県尼崎市水明町199−1    MAP
電 話:06-6419-3181
営業時間:10:00〜16:30
煙 草:喫煙可
入場料:100円
駐車場:あり

尼崎ボートレース場のHPはコチラ



【横綱 東通り店】
住 所:大阪市北区小松原町1−16    MAP
電 話:06-6131-3324
営業時間:24時間営業 
煙 草:喫煙可
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村           
このエントリーをはてなブックマークに追加

賄い料理。なんとも、魅力的で気になる言葉だと思いませんか?横で食べられたら(ま、営業中にそれはないでしょうが)、「それ、僕にも下さいっ!」って、確実に言ってしまうだろうかと。実際に、賄いからメニューに昇格した料理も、かなり多いと思います。ラーメン屋さんの ...
続きを読む
賄い料理。

なんとも、魅力的で気になる言葉だと思いませんか?

横で食べられたら(ま、営業中にそれはないでしょうが)
「それ、僕にも下さいっ!」って、確実に言ってしまうだろうかと。

実際に、賄いからメニューに昇格した料理も、かなり多いと思います。

ラーメン屋さんのランチセットに登場する、チャーシューのへた丼。
(チャーシューの端っこの部分を刻んでのっけたやつ)

焼き肉屋さんのカレーライス。
(肉をトリミングする時に、牛すじとかたくさん出るんですよね)

中落ち丼。
(マグロの剥き身がタップリで超お得!)

あと、
オムライス、カレー鍋、コブサラダ、天むす、サンマーメン、
焼き豚玉子丼、中華丼、つけ麺・・・

それらのものも、賄いから生まれた(またはヒントを得た)料理なのだとか。

さて、賄いと言えば、
運が良ければ賄いのカレーを食べることが出来る居酒屋が、
大阪の天満にあるとの情報を聞き、早速予約して行ってきました。

予約の電話で、「賄いのカレーも食べたいのですが・・・」
初めて行く店に、そんなこと言えません^^;

と言うわけで、普通にお邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは
“居酒屋マルタ“さん。

       IMG_4881

天神橋5丁目の交差点から、
天五中崎商店街を80mほどっ入ったところにお店はあります。

店内に入り、案内していただいたのは、カウンター席の厨房がよく見えるところ。
私にとっては、特等席ですね。

             IMG_4883

おしゃれな感じの箸袋が、ウェルカム感を演出していますよ(^^)

さて、先ずはメニューを見てみましょう。

  IMG_4886

すぐに出るやつ、イチオシ!、逸品、揚げもん・・・。
分けられていて、見やすいですね。

       IMG_4887

飲み物のメニューはこんな感じで、いろいろ揃っていますよ。

  IMG_4888

日本酒も良いのを揃えてますね。
隠し酒って言うのも気になる・・・。

          IMG_4893
やっぱり最初は生ビールかな。
こちらのお店では、サッポロ黒ラベルを楽しめるみたいですね。

  IMG_4891

それでは乾杯!
お疲れ様でした〜(^^)

生ビールをいただいていると、付きだしが運ばれてきます・・・。

             IMG_4897



「月曜日の付き出しはカレーなんです。 今日は少し酸味のあるカレー、ポークビンダルーです。」

え、いきなり目標達成^^;

賄いのカレーの話をお店の方のすると、

「日曜日にカレーを仕込むので、月曜日の付き出しがカレーなんですよ」
とのこと。

お話しすると、カレーが好きで、いろんなお店に食べに行ってらっしゃるみたいです。

それにしてもこのカレー、本当に美味しいですよ(^^)
        IMG_4898

ごはんではなく、バケットに付けて食べる、アテカレー。
最高です。

そんな感じで、カレーを楽しんでいると、お願いした料理の方も出来上がってきました。

       IMG_4904
丸ごとトマトのおひたし。
これからの季節に嬉しい逸品。
これがビールとも合うんですよね〜!

そして、マグロの酒盗。

        IMG_4907
しかしまぁ、酒を盗むと書いて、酒盗(しゅとう)とは、よく言ったものだと。
もちろんこれには・・・

   IMG_4913
シャア大佐に勧められるまま・・・
と言うわけではないけれど^^;

            IMG_4914
紀土の純米吟醸、夏の疾風をいただきます。

そうそう、イチオシのマルタ盛りはこんな感じですよ!

     IMG_4911

山盛りのマグロには、イクラがトッピング。
この日は、中落ち、うに、カンパチも付いて、
これがたったの1,280円!

思わず、東京新橋の「魚金」を思い出しましたよ(^^)

魚を食べたら、肉料理も・・・。

     IMG_4920
と言うわけで、さつま知覧どりのもも焼。
特製ダレで仕上げましたと書かれてあるとおり、味付けが凄く美味しい。
もやしのシャキシャキ感も最高で、料理全体のバランスが凄くいいですね(^^)

これにも日本酒を合わせてみましょうか・・・。


         
       IMG_4921

こちらは奈良のお酒、鬼日この純米吟醸 夏酒。
これからの季節、爽やかな夏のお酒が美味しいですよね。

さらに、自家製厚あげも。

     IMG_4924

表面はパリッと、中はふわふわ(^^)
本当に料理のレベル、高いですねここ。
なんかもう、嬉しくなって来ちゃいます。

メニューを見ていて気になったもの、「新!生姜焼き」。
生姜焼きなのか、新生姜なのか・・・。


        IMG_4930
おぉ!
これは、新生姜を豚肉で巻いて焼き上げたもの。
これ、かなり気に入りました(^^)

   IMG_4918

ホント、お酒がススム、ススム。
何だか、後ろのザク、酔っ払って赤くなったのかと思い始めてしまいます^^;

「ポテサラって好きですか?」
とカウンターの中から。

「はい、大好きですよ。」
「普通のポテサラと、ブルーチーズを使ったやつ、どちらが良いですか?」
「是非、ブルーチーズの方でお願いします。」

そんな臨機応変なこともやってのけてくださいます。
そして、出来上がってきたのがこちら。

         IMG_4935

ブルーチーズ好きには堪らない美味しさ!
さらに、ハチミツを添えてあるところも嬉しいですね(^^)

居酒屋マルタさん、賄いカレーを食べてみたい一心で来ましたが、
最後には全ての料理のファンになりました。

ここは確実に再訪します・・・
って、すでに次回の予約、入れてたりして(^^)








【居酒屋マルタ】
住 所:大阪市北区浪花町4−14    MAP
電 話:06-4256-7004
営業時間:17:00〜0:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

GWにおでかけ。街なかでの、いつもは見かけない光景に出会ったりする。外国人観光客へのインタビュー・・・「どちらから来ましたか?」「あぁ、アメリカからだよ。」「日本にはいつまでいますか?」「来週の水曜日までかな?」「どこが一番面白かったですか?」「浅草なんて ...
続きを読む
GWにおでかけ。

街なかでの、いつもは見かけない光景に出会ったりする。
外国人観光客へのインタビュー・・・

「どちらから来ましたか?」
「あぁ、アメリカからだよ。」
「日本にはいつまでいますか?」
「来週の水曜日までかな?」
「どこが一番面白かったですか?」
「浅草なんて最高だよ! 見てこれ、さっき買ってきたんだ。 イカスだろ!」


さて・・・
何で、外国人が話す言葉って、タメ口になるのでしょうね^^;
あれって、本当にタメ口なのか、勝手にそんな感じに翻訳しているのか・・・。

そういえば、外国のショッピングセンターに行って、お店に入ったら、
「Hi, how are you ?」なんて、気軽に声を掛けてきたような気もしますね。

久しぶりに海外旅行、ハワイあたりにでも行ってみるかな・・・・
とは言っても、時間もなけりゃ、パスポートの期限も^^;


では、日本にいて海の幸がいただけるところ・・・

そう思い、行ってきたのが天草の海の幸がいただけるお店、
熊本城のすぐ近くにある”天草海士宴”さん。

        IMG_8452

こちらのお店は、天草のもぐり漁師がとった新鮮な海の幸がいただけます。

階段を降りて地下に行くと、お店の入り口があります。

生け簀の目の前にある、カウンター席に座らせていただき、
生ビールをいただきながら、メニューを見てみます。

  IMG_8424

今日のお魚さん・・・
 アジ、皮はぎ、メジナ、あこうだい、あわび、サザエ・・・。
見ているだけで、おなかが鳴ります。
        
         IMG_8423

カウンターの上にも、いろいろ短冊が貼ってあって、見ているだけでも楽しいですね(^^)

         
本日のお魚や、オススメメニューはこちら。
   IMG_8431

         IMG_8432

くまモンが、こそーっと教える、裏メニューも(^^)

その他、レギュラーメニューはこんな感じ。

IMG_8434

      IMG_8435

             IMG_8436

IMG_8437

熊本の美味いもん、いろいろ揃っています。

店員さんに聞いてみると、オススメを教えて下さいます。
(おひとり様だったので、そんなに大きなものが来てもねぇ^^;)

先ずは、イサキの刺身をいただきます。  

          IMG_8419

これ、さっきまで生簀の中で生きていたものなのです。

   IMG_8443

醤油も、刺身醤油と関東醤油(おそらく、私達が言うところの、普通の醤油でしょう)
の、2種類が用意されています。

           IMG_8420

郷に入れば郷に従えのごとく、甘口の刺身醤油でいただきます。

      (^^)(^^)(^^)

美味しい!
今まで食べたイサキの中で、こんなに美味しいのがあったのかなぁ?
そんなくらいに美味しかったですよ(^^)

   
     IMG_8440

こちらも、オススメの本日の魚を煮付けにしていただきました。
ごく普通に見えますが、鮮度が桁違いに良くって、本当に美味しい(^^)

            IMG_8442

身離れもスゴイんです(^^)
さて・・・これは、ビールを飲んでいる場合ではなく・・・。

   IMG_8429


          IMG_8430


はい、焼酎や日本酒もいろいろ揃っています。

せっかく熊本に来ているのですから、焼酎を、
米焼酎の「天草」をいただきましょう。

こちらのお店を選んだ理由、
”天草もぐり漁師の店”という言葉にもときめいたのですが、
”シャク”というものを、どうしても食べてみたかったのです。

        IMG_8425

”シャク”とは、熊本以外では、ほとんど食べられない初夏の味覚。
熊本で食べたことがある方に話を聞き、どうしても食べてみたかったのです。

そんな、シャクをから揚げでいただきました。

          IMG_8426

シャコによく似たような感じで、皮まで柔らかく、美味しい。
エビのような、カニのような味わいで、これはいくらでも食べられそうですよ(^^)

こうなってくると、熊本の美味しいもの、ドンドン行っちゃいましょう!

    IMG_8445

これは、チャンバラ貝煮付け。
貝から出ている、ノコギリみたいな刀を振り回しながら移動するので、
チャンバラ貝と呼ばれるそうです。ノコギリみたいな刀、見えるでしょうか?

           IMG_8449

焦らずにゆっくりと、貝の方を回してやると、綺麗に中身がとれますよ(^^)

そして、こちらはばってん茄子。

    IMG_8448

皮まで柔らかく、甘みがあって美味しい!
これも焼酎がすすみますよ(^^)

そんな感じで、天草、熊本の初夏の味わいをしっかり楽しませていただきました。

熊本に行かれたときは、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
       





【天草海士宴】
住 所:熊本市中央区花畑町13−17 甚兵衛ビル B1F    MAP
電 話:096-355-9055
営業時間:11:30〜翌1:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

もぐり漁師の店 天草海士宴 本店魚介・海鮮料理 / 花畑町駅辛島町駅熊本城・市役所前駅
夜総合点★★★☆☆ 3.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

先入観で判断せずに、物事の本質を見よ。アメリカに、ブリード社と言う会社があります。メーカーなのですが、昔はあまり一般の人には関係のないものを作っていました。では、何のメーカーなのか?答えは兵器である、手榴弾。第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争など、ア ...
続きを読む
先入観で判断せずに、物事の本質を見よ。

アメリカに、ブリード社と言う会社があります。
メーカーなのですが、
昔はあまり一般の人には関係のないものを作っていました。
では、何のメーカーなのか?

答えは兵器である、手榴弾。

第二次世界大戦、ベトナム戦争、湾岸戦争など、
アメリカが戦争をしている時には、
不謹慎ながら儲かったのだとか・・・。

でも今はそんな時代じゃない。
何か我々の技術を使って、役に立つものを・・・。

そう思い、1つのものを完成させました。

そして、彼らはそれを売り込みに一流自動車メーカーに営業に行きます。

GM、フォード、クライスラー・・・(いわゆる、BIG3ですね)
どこの会社も相手にしません、話すら聞いてくれないのです。

兵器を作っているような物騒な会社とは、取引できないと言うのです。

ところが、日本のメーカー、トヨタ自動車は違いました。
彼らの提案を受け入れ、採用したのです。

もうおわかりですね、彼らが何を売り込んでいたのか。

そう、エアバッグの起爆装置です。

それまで、1台あたり600ドルもかかっていたものが、
ブリード社の技術を使うと、1台あたり、僅か50ドル。

物事は、先入観で判断せず、中身を見なければいけませんよね。

それ、お店探しにも当てはまるかもしれません。

大阪の京橋駅から、10分ほど歩いたところに、
こんなお店があります。

           IMG_9372

こちらのお店は“酔虎伝 京橋店”さん。

はい、みなさんよくご存じの居酒屋チェーン「酔虎伝」。
でも、ちょっと雰囲気が違うと思いませんか、
懐かしい感じというか、昭和チックと言うか。

実は、こちらのお店は酔虎伝の1号店。
そう、酔虎伝発祥のお店なのです。

とは言ってもここ、酔虎伝であって、酔虎伝ではないのです。

どう酔虎伝ではないかというと・・・。

        IMG_9394

ね、何だか雰囲気が違うでしょ?
チェーンの居酒屋と言うよりも、完全に個人店の居酒屋、
しかも、地域密着型の。

メニューブック?
そんなのありません。
メニューはこんな感じで、

      IMG_9373

壁に短冊が貼ってあったり、

         IMG_9378

カウンターのなかの黒板に書いてあったりします。

それにしても、安いでしょ?

では、生ビールで乾杯!

   IMG_9377

中ジョッキ、大ジョッキ、そしてウーロン茶。
(誰や、ウーロン茶飲んでるのは^^;)

大ジョッキのアサヒビールのマーク、懐かしいですね。
中ジョッキには、酔虎伝の会社、マルシェグループのマークも入ってます。
どこまで、関係あるんだろ?  あ、無関係ってことは無いですよね。

それでは、いろいろお願いしてみましょう。

      IMG_9380
先ずは、おでんを適当に盛り合わせます。
ごぼ天、大根、玉子、すじ肉、厚あげ。
あ・・・もちろん、自分で好きなものをひとつずつ注文することも出来ますよ。
出汁が染みこんで美味しい。

そして、玉子焼き。

            IMG_9382
だし巻きではなく、玉子焼きがいいのです、こういう場合は(^^)

なんとなく頼んだら、これがすこぶる美味かった。

    IMG_9383

これは、いわし酢。
漬かり具合が丁度いいのです。
一緒に行ったメンバーみんな気に入って、後半もう一度注文してしまいました(^^)

        IMG_9385
そしてこれは、揚げ出し豆腐・・・
ん、確か揚げ出し豆腐を注文したのですが、今見ると、
どう見ても厚揚げ焼きですよね^^;
ま、美味しかったし、いいかぁ!

ここで、大ジョッキをおかわり。

            IMG_9389

生ビールってこんな感じで、大きなジョッキで飲むと美味しいですね。
そう言えば、子供の時、おじいちゃんが大きなジョッキを持って美味しそうに
黒ビールを飲んでたなぁ・・・思い出します(^^)

ソーセージは、赤ウインナーではなく、こんな感じで出てきます。

     IMG_9396

辛子をちょっと多めに付けて、ケチャップで食べると美味い。
阪神百貨店の地下、スナックパークにあった、
フランクフルトを思い出します。(あそこの辛子が本気で辛かった^^;)

これ、美味しかったので再び・・・

         IMG_9393

おでんのすじ肉。
本当に美味しく作ってはります。

   IMG_9399

唐揚げも素晴らしい揚がり加減。
何もかもが美味しいのは、こちらの女将さんの料理のウデのなせるワザだと。
本当に、何を注文してもハズレなしなのです。

           IMG_9401
茄子の天ぷら。

    IMG_9403
焼餃子と、どこにでもあるものだけれど、
どこにもない美味しさを楽しむことが出来ます。


酔虎伝 京橋店さん、
酔虎伝にあって、酔虎伝にあらず。

是非ここは体験しておいた方がいいと思います。

あっ、地元の常連さんも楽しみにしていらっしゃるお店だと思われるので、
多人数で行くのは控えてくださいね。
(2〜3人までが良いかと思われます。)









【酔虎伝 京橋店】
住 所:大阪市都島区都島中通3−4−13    MAP
電 話:06-6923-1704
営業時間:17:00〜翌1:00
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

アナログとデジタルって言葉を聞いたのはいつごろだったかなぁ・・・デジタル腕時計が登場した頃だったでしょうか?今では、デジタルの腕時計はどちらかと言うと、廉価な方ですが、登場当時はかなり高級品だったかと。その後、セイコーが「アルバ」というブランドを発売し、 ...
続きを読む
アナログとデジタルって言葉を聞いたのはいつごろだったかなぁ・・・
デジタル腕時計が登場した頃だったでしょうか?

今では、デジタルの腕時計はどちらかと言うと、廉価な方ですが、
登場当時はかなり高級品だったかと。

その後、セイコーが「アルバ」というブランドを発売し、
手頃な価格とデザイン、多機能で一躍人気になったのを思い出します。

デジタルとアナログ。
今では時計のことだけではなく、様々なものに使われる言葉ですよね。

今ではコミュニケーションも、LINEやツイッターなどのSNSが主流ですが、
インターネットが登場した当時は、メールやチャット。

そういえば、ポストペットって、流行りましたよね。

そんな時代の流れを感じながら、仕事終わりにちょっと一杯。
懐かしい気分が味わえるお店に行ってきました。

             IMG_0460

お伺いさせていただいたのは、日比谷・・・ここはもう、有楽町かな?
にあるお店、”まんぷく食堂”さん。

お店はJRの高架下にあります。

もちろん、店内にも客席はあるのですが、この日は大賑わい。
お店の外の特別席(?)に案内していただきました。

         IMG_0459

ちょっとくらい寒くても、生ビールで乾杯!

    IMG_0475
こちらのお店では、サッポロ黒ラベルの生を楽しむことが出来ますよ。

「メガジョッキもありますよ〜」って、店員さん、言ってたなぁ・・・
ちょっと気になります。

          IMG_0462
茄子の煮浸し、肉豆腐、長いネギ??
本日のおすすめはこんな感じです。
それにしても、メニューの下に書いてある広告っぽいところが面白い。
                          (電話番号に注目!)


他にもいろんなものがあり、メニューを眺めているのも楽しいですよ。

  IMG_0467

       IMG_0468

            IMG_0469

  IMG_0470

      IMG_0471


まんぷく食堂というだけあって、ボリューミーなメニューも充実してますね。
たしかにこれは、大人のお子様ランチだわ^^;

そして、メガジョッキを含めた飲み物のメニューはこんな感じ。

  IMG_0463

      IMG_0464

           IMG_0465

HAPPY HOURは、14:00〜20:00。
20:00までHAPPY HOURはうれしいですね・・・・って、14:00から??

    IMG_0466
と思えば、こちらのお店は何と24時間営業。
大阪の新世界も顔負けですね^^;

さて、気になるものをいろいろお願いしましょう。

先ずは、定番の焼き鳥から。

           IMG_0476

塩焼きはレモンを絞ってサッパリと。

  IMG_0478
そして、いつ食べても安心のタレ焼き。
けっこう食べごたえありますよ!

メニューにあれば、ついつい注文してしまうハムカツ。

        IMG_0474
厚めに切られたハムが嬉しい。
そのまま食べてもいいけれど、ウスターソースの味わいが懐かしさを加速させます(^^)

そして、出汁巻玉子。

      IMG_0472

誇らしげに入る「まんぷく食堂」の文字がいい感じ。
ちなみにだし巻きは、京風ではなく、甘いタイプの東京風。
この甘さと、醤油をかけた大根おろしがよく合うのですよね(^^)

先程のメガジョッキがどうしても気になるの・・・

     IMG_0479
はい、レモンサワーのメガジョッキ。
はい、大きいです!
これは、グビグビいっちゃいますよ。

ここで、メニューを見て気になっていたものをいくつか・・・

           IMG_0480
これは、Pizza de アラビアータ。
普通のチーズピザに見えますが、ちょっとピリ辛でお酒に合います。
(真ん中に鎮座していらっしゃる青いのは、危険です^^;)

さらに、ネギ塩焼きそばパスタ風。

          IMG_0483


ネギ好きには堪らないビジュアル(^^)
これ、麺は焼きそばの麺なのですが、味付けはパスタという出来るヤツ。

     IMG_0487

大人気で、みんなで取り分けると、あっという間にお皿の上から消えますよ^^;

そして、スゴかったのがこれ。

 IMG_0490

デザートのイチゴショートではありません。
これは、ポテトサラダ。
黒いのは竹炭を色を付けてあるそうです。

           IMG_0494



話のネタにいかがでしょうか。
え?  ポテトサラダといちごの相性ですか?

それは、食べてみてのお楽しみ!

盛り上がること、間違いなしですよ(^^)

高架下の懐かしい雰囲気の中、夜風に吹かれて一杯。
気持ちいいですよ!
休日の昼酒にも如何ですか?








【まんぷく食堂】
住 所:東京都千代田区有楽町2−4−1    MAP
電 話:03-3211-6001
営業時間:24時間営業 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「あばれはっちゃく」ってご存じでしょうか?1979年から1985年に毎週土曜日の夜7:30からテレビ朝日系列で放送されていた、子供向けのドラマで、私たちの年代の方は、楽しみにしていた方もいらっしゃるのでは。内容は、勉強は苦手だが、運動、ケンカ、いたずらなら誰にも負け ...
続きを読む
「あばれはっちゃく」ってご存じでしょうか?

1979年から1985年に毎週土曜日の夜7:30からテレビ朝日系列で放送されていた、子供向けのドラマで、
私たちの年代の方は、楽しみにしていた方もいらっしゃるのでは。

内容は、勉強は苦手だが、運動、ケンカ、いたずらなら誰にも負けない、
がき大将の“あばれはっちゃく”が、家や近所、学校で起こることを、面白く描いたドラマ。

普段は「はっちゃく」と呼ばれる彼の本名は、「桜間長太郎」
意外と固そうな名前だったりする・・・。


そう言えば、あの頃・・・今でもテレビのアニメには必ずと言っていいほど、
がき大将が登場しますよね。

ドラえもんのジャイアン、オバQのゴジラ、ど根性ガエルのゴリライモ、キテレツ大百科のブタゴリラ。
実はみんな本名があるのです。
   

ジャイアン(ドラえもん):剛田武
ゴジラ(オバケのQ太郎):西郷強
ブタゴリラ(キテレツ大百科):熊田薫
ゴリライモ(ど根性ガエル):五利良イモ太郎


それにしても、五利良イモ太郎はないでしょう^^;

さて、がき大将と言えば、函館の街角でがき大将を発見しました。

         IMG_0258

この日にお伺いさせていただいたのは、函館駅から200m位のところにある、
海鮮居酒屋“海がき“さん。

インパクトありますよね、こちらのお店。
がき大将と言っても、

        gakidaishou

こんな人たちがお店の中にいるわけではなく、

  IMG_0260

                IMG_0261

こんな感じで、北海道の新鮮な海の幸がリーズナブルにいただける海鮮居酒屋なのです。

外の気温はマイナス5度で、こんな温かい感じでお店の明かりが灯っていれば、入りたくなりますよね。

       IMG_0257

と言うわけで、早速お店の中に入り、カウンター席に座らせていただきます。

先ずはメニューを確認します。

 IMG_0247

      IMG_0248

え・・・結構安くないですか?
(と言っても、函館に来たのは30年ぶりなのですが)、北海道に来た時は、美味しいけれど、少々値段はするなぁと思っていたもので、ちょっと嬉しくなって来ちゃいます。

IMG_0250

     IMG_0251

          IMG_0252


 IMG_0253

        IMG_0254

             
              IMG_0255

本当にいろいろ揃ってますよね。
刺身盛りはお願いするとして、あとは何にしようか・・・。

    IMG_0228

あ・・・海老、美味そう!

      IMG_0218

これですね。
活ボタン海老が、2尾で700円!
それは、いっておかないと。

そんな感じで、気になるものをいくつかお願いしました。

      IMG_0192
と言うわけで、活ボタン海老 踊り造り(700円)。

本当にまだ、動いています。
頭を綺麗に切り離し、ちょっとだけ醤油を付けていただきましょう。

     (^^)(^^)(^^)

すごい、甘い、美味い!
こんな形でボタン海老を食べたのは初めてです。
ちなみに頭の部分は、後ほど唐揚げにして出してくださるようですよ。

そして、地魚刺身1人盛り(1,200円)

       IMG_0195

左から、真鱈、ホッケ、鰤、雲丹、アブラコ(アイナメ)です。
鰤やウニと言った、東京や大阪でも食べることができる刺身も同じものとは思えないくらいに絶品!
そして、真鱈、ホッケ、アブラコなど、鮮度が良くなければ、
中々刺身ではいただけないものも楽しめて本当に嬉しい。

       IMG_0220

あ・・・これはすでに2杯目のサッポロクラシックの生ビール。
外は雪が降り続けようが、暖かい店内でいただく生ビールは絶品なのです(^^)

そんな感じでしっかり楽しんでいると、先ほどのボタン海老の頭の唐揚げも登場。

     IMG_0225

これもまた美味い。
踊り造りを楽しめ、唐揚げまで付いてきて700円って、かなりお得だと思いませんか?

   IMG_0232

         IMG_0233

               IMG_0234

店内を見渡すと、どこを向いても美味しそうなお品書きと目が合ってしまいます^^; 

そんなわけて次にお願いしたのが、活けイカ踊り造り(1,300円)

    IMG_0210
活けイカ、まるごと1杯で、1,300円ってすごくないですか?

        IMG_0215
もちろん肝も刺身でいただけます。

こんなイカを食べてしまったら、他のイカが食べられなくなってしまうのではないか思ってしまうくらいに、甘みが素晴らしい。

ゲソの部分は、塩焼きか天ぷらにしてくださいますよ。

   IMG_0230

私は、塩焼きにしていただきました。

こうなると、やはり日本酒が欲しくなる・・・。
折角なので、北海道のお酒を・・・
と思いましたが、店内には「入荷しました 青森の地酒」の文字が。

あ・・・そっか! 函館と青森ってお隣同士。
函館で青森のお酒、それアリですよ!

          IMG_0231
と言うわけで、亀吉の特別純米をいただきます。

このお酒がまた美味しい。

函館、いいなぁ〜♪

そんなことを思いながら、ちょっとお酒に合うものが何か無いかとまた店内を見渡します。

        IMG_0256


あ・・・たち、真たちポン酢がある!
札幌で食べて、その美味しさに魅了された“たちポン”をまた味わえる。

   IMG_0239
      真たち ポン酢(900円)

はい、もちろんお願いしました。
こればかりは、冬の北海道に来なければ味わえないだろうなぁ・・・。

        IMG_0236
これには、田酒を合わせちゃいます。

        (^^)(^^)(^^)

もう、時間が経過するのも、自分が今、どこにいるのかさえも忘れてしまいそうになります。
美味しいです。

先ほどから、刺身ばかり食べてるなぁ・・・。
折角なので、居酒屋メニューも何か。

        IMG_0243

そう思い、お願いしたのが、じゃがバター(390円)。

北海道の居酒屋さんでジャガバタを注文すると、イカの塩辛が付いてくる・・・

その噂、本当でした。

      IMG_0244

こんな感じで、じゃがバタの上に、イカの塩辛を乗っけていただくと、本当に美味しい。

何を注文しても、ワクワクで美味しい。
かなり満足させていただきました。


函館駅からすぐ近く、歩いて5分かからないと思います。
函館にお越しの際は是非、オススメですよ〜。
                 










【海がき 本店】
住 所:北海道函館市松風町6−14    MAP
電 話:0138-27-4488
営業時間:17:00〜0:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

マルカン漁業部 海がき本店魚介・海鮮料理 / 函館駅前駅松風町駅函館駅
夜総合点★★★★ 4.0

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、大阪の街の変わりようって素晴らしいと思いませんか?10年前に大阪の街を出て、他で生活している人が帰ってきても、ガラッと変わっているところって多いと思います。大阪駅周辺、10年前の姿なんて、思い出すこともできないくらいに変わっていますよね。大阪駅自体が凄 ...
続きを読む
最近、大阪の街の変わりようって素晴らしいと思いませんか?

10年前に大阪の街を出て、他で生活している人が帰ってきても、
ガラッと変わっているところって多いと思います。

大阪駅周辺、
10年前の姿なんて、思い出すこともできないくらいに変わっていますよね。

大阪駅自体が凄く変わり、グランフロントができ、阪急百貨店も新しくなり、阪神百貨店も目下建て替え中。
地下に入れば逆に分かりやすいかもしれませんね^^;

そして、更なる変貌を遂げたのが、天王寺、阿倍野界隈。

今や日本一の高さを誇る、あべのハルカス。
それだけではなく、キューズモール周辺なんて、昔はどんな感じだったかさえ思い出せないほど。

この日は、そんな阿倍野にある、美味しくお得なお店をご紹介。

お伺いさせていただいたのは、“GOENYA(ゴエンヤ)さん。

          IMG_0587

お店は、阿部に近鉄百貨店の南側、阿倍野筋沿いにありますよ。
って、飲み放題、15分150円って凄いですよね!

早速お店の中に入りましょう。

店内は、2階建てになっていて、1階はカウンター席、
そして2階はテーブル席と掘りごたつ席が並びます。
              IMG_0589
          
この日は、2階の掘りごたつ席に案内していただきました。
    
      IMG_0588

先ずは、生ビールで乾杯!
(飲み放題は、また今度の機会で^^;)

           IMG_0593

こちらのお店では、サントリーモルツの生ビールを楽しむことができますよ。

だんだん、生ビールが美味しい季節が近付いて来ましたよね(^^)

付きだしの枝豆とビールを楽しみながら、メニューを拝見・・・。

   IMG_0600

         IMG_0601

              IMG_0602

ほほぉ・・・こちらのお店では、大阪名物、大阪の美味しいものが揃っていますね。
テレビで「大阪の人間は、串カツって普段は食べへんで。」とか言ってましたが、
嫌いかと言えばそうではない。
あると、ついつい注文してしまうのです。

あ、もちろん焼鳥も一緒に。

     IMG_0619

ステンレスのお皿になぜかトキメキます。

         IMG_0621
しばらくすると、串カツの盛り合わせも登場。
あ、ソースはもちろん、二度漬けお断りで(^^)

そして、よだれ鶏のたたきネギまみれ。

     IMG_0628

このピリ辛が、ビールにすごく合うのです(^^)
チョッとこれ、クセになりそうですね!

そして、こちらも大阪名物、とん平焼。

          IMG_0664

ソースマヨ、なんで大阪の人って、ソースマヨに目が無いのでしょうか?
でも、美味しいから仕方がない(^^;)

さらに、鶏タタキ二種盛り。 

        IMG_0622
胸肉ともも肉、両方の美味しさを比べながら楽しめます。
これ、580円とはチョッと驚き!
お値打ちだと思いますよ。

そんな感じで楽しんでいると、河内産鴨のしゃぶしゃぶ鍋の準備ができたようです。

       IMG_0598
綺麗な鴨ロースとつみれ、そしてたっぷりのクレソンが嬉しいですね。

  IMG_0605

先ずは、出汁が入った鍋の中に、ネギとクレソンを投入。

そして、鍋が煮えたら、鴨肉をしゃぶしゃぶしていただきます。

              IMG_0612

     (^^)(^^)(^^)

ヤバ! これは、美味い(^^)
鴨肉でネギやクレソンを巻いて食べると、やめられなくなりますよ。

さて、調子に乗ってきたところで、飲み物のおかわりも・・・。

   IMG_0603

         IMG_0604
こんな面白いのを発見しました。

これは、サイコロを振って、ハイボール無料を勝ち取ろうという、
チンチロリンハイボール。

出た目がゾロ目ならば無料、偶数で半額!
では、出た目が奇数ならばどうなるのか・・・


         IMG_0655

あはは^^;
やはり、こういうことは、実際にやってみないと。
見事に、奇数が出て、メガジョッキに!
あ・・・もちろん、お会計は倍額になりますが^^;

折角、大きなハイボールをゲット(無料じゃないですが)したので、ここは刺激的な食べ物でも。

       IMG_0634

と言うわけで、石鍋麻婆豆腐をいただきます。
こちらのお店の麻婆豆腐、かなり本格的な四川風。
山椒が効いていて、本当に美味しいです(^^)

さらに、プレミアム鴨肉寿司三種盛り。
 
              IMG_0641


雲丹、いくら、キャビアがのっかって880円はお得だと思いますよ。

そして、肉巻きおにぎり。

          IMG_0662

肉の旨味がしみこんで、これは最高!
〆にぴったりの一品だと思います。

あ・・・・〆と言えば、鍋の〆もあるとのこと。

      IMG_0629

鴨の旨味が溶け出した出汁に、蕎麦をくぐらせていただきましょう。

大阪の美味しさをリーズナブルに、しかも美味しくいただける
GOENYAさん、これからの季節、歓送迎会にもぴったりじゃないかと思います。

なんと言っても、お財布に優しい!
今夜辺りふらっと・・・そんな感じでも、楽しいと思いますよ。
   










【GOENYA(ゴエンヤ)】
住 所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1−3−16    MAP
電 話:06-6626-0084
営業時間:11:00〜24:00
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

どこの世界にも「名物」と呼ばれる人がいらっしゃるみたいです。独特の口調で、わかりやすくアナウンスをする駅員さん、わかりやすく派手な手旗信号で、交通整理をするおまわりさん、そして、ものまねを交えながら、忘れられない講義をする、名物講師の先生。どの方も、一見 ...
続きを読む
どこの世界にも「名物」と呼ばれる人がいらっしゃるみたいです。

独特の口調で、わかりやすくアナウンスをする駅員さん、
わかりやすく派手な手旗信号で、交通整理をするおまわりさん、
そして、ものまねを交えながら、忘れられない講義をする、名物講師の先生。


どの方も、一見堅い職業で、そんなことするはずがないって思っているところに、
それをやるから印象に残って面白いのでしょうね。

インパクトがあると言えば、格安航空会社・・・
LCCの「バニラエア」の客室乗務員、竹内さんってご存じでしょうか?

この、バニラエアのチーフパーサー、竹内幹(たけうち もとき)さんがスゴいのです。

その一風変わったアナウンスは、一度聞いたら忘れられない・・・。

           


語り口調だけではなく、そのあとに同じ内容の言葉を、
猛烈な早さの英語でもしゃべり始めるからビックリする。

そんな、非日常的な体験してみたいと思いませんか?


さて、バニラエアに搭乗して、竹内さんに会える確率は高くないかもしれませんが、
先日行った、こちらのお店の空間は、予約すれば、確実に体験することが出来ますよ。

お伺いさせていただいたのは、野田阪神の近く、地獄谷の中にあるお店、
“酒縁 ゆるり”さん。

          IMG_7950

地獄谷・・・・
これは、正式な地名ではなく、この界隈に付けられた通称。

          IMG_7949

こんな感じの細い路地裏に、何軒ものお店が軒を連ねているのです。

この路地に入っていくのには、アーケードの商店街、
または少し広い道の方から入っていくのですが、知らなければ、
「こんなところに地元の人以外が入っていった、怒られるよ・・・」って雰囲気のところを入っていくのです。

人が二人すれ違うのがやっとの広さ。
そう言っても過言ではないくらいの通りなのです。

入っていっても大丈夫なのかなぁ・・・

そんなことを思いながらお店の扉を開き、中に入っていきましょう。

            IMG_7948

扉を開けると、すぐにカウンター席が横に並んでいます・・・が、わずか5席。
店主とお客の距離感も、このお店ではアテになるのです。

さて、予約宴会の場合は、こちらの2階が宴会場(?)になるのですが、2階に上がるためには、1階のカウンター席を経由しなければなりません。

ですので、カウンター席にお客さんがいる場合は、少しだけご協力していただくことになります。

「すみません、通ります・・・」
「あ、どうぞ。」


そんな感じでみなさん、一旦席を立ってくださいます^^;

2階に上がると、すでに宴会の準備が整えられてあります。

          IMG_7922

2階は、4畳半・・・も、無いくらいの小さなスペースですが、テーブルがひとつ置かれていて、
座布団が6枚。(面白いことを言っても、増えません^^;)
6人まで宴会をすることが出来ます。

2階の部屋の窓から景色を見ると、ご覧の通り。

       IMG_7924

ある意味、いい感じでしょ(^^)


こちらのお店の宴会コースは、ビールの中瓶人数分と、米焼酎の一升瓶一本と、
料理が付いて、ひとり4,900円。

その料理の内容はこんな感じです・・・。

料理が出来るまでの間、ビールと生茹落花生で、しばし楽しむ。
で、この落花生がまた、美味いんよね。
(生茹落花生、その他料理は、季節によって変わるかもしれません。)

しばらくして登場したのが、鰹のたたき。

         IMG_7926
4人で食べても、充分にボリュームがありますよ!
そしてこれがまた、美味しい(^^)
スライス生ニンニクと一緒に食べると格別!
なので、ニンニク食べてもOKの日に来ること、オススメしますよ。

そして、自家製煮豚。

     IMG_7930

煮豚も、鰹のたたきに負けじと、素晴らしいボリューム。


             IMG_7931


ビール飲んで、焼酎を楽しんで、これが出てきたら、8割方満足してしまいそうになりますよ(^^)
でも、メインはこれから。


ゆるりさんの宴会のメインは、鹿児島式の、お出汁で食べる豚しゃぶ。
鰹のたたき、煮豚をある程度楽しんで、1階にいる店主に声をかけると、鍋の用意をしてくださいますよ。

          IMG_7934
もりもりの野菜と、

   IMG_7935
たっぷりの茸、豆腐、もやし。

そして、鹿児島の黒豚はこんな感じで登場です。

             IMG_7936

これも、タップリ4人前。
リミッター解除で思う存分楽しめそうです(^^)

       IMG_7937
 
鍋には、綺麗な透明のスープが入っていて、香りも素晴らしいですよ。

出汁がいい感じに煮えてきたので、早速黒豚をいただきます。
     (後ろの彼もええ感じにデキ上がってきて^^;)
     IMG_7939

         IMG_7941

鍋の出汁にくぐらせて、ほんのりピンク色がもう少しだけ進行したタイミングで、いただきます。

     IMG_7942

        (^^)(^^)(^^)

美味ぁ〜い!

先ほどまで、鰹のたたきや、煮豚をしこたま食べていたけれど、それを忘れてしまうくらいに美味しいですよ。

出汁も、豚肉と野菜の旨味が加わって、極上の状態に仕上がっていきます。

と言うわけで、具材を食べ終わったあとは、もちろん雑炊もいただきます。

      IMG_7943


デザートも別腹かもしれませんが、美味しい鍋の雑炊って、完全に別腹ですよね。
ある意味、〆のラーメンよりも健康的かも?
そんなことを思いながら、旨味たっぷりの雑炊も楽しみましょう。

             IMG_7946


そんな感じで、しっかりと堪能。
これだけボリュームがあって、美味しく極上の宴会がひとり4,900円。
お値打ちだと思いませんか(お値段、内容等は確認してくださいね。)

怪しげな路地を抜け、アットホームな2階で極上宴会。
是非、仲のいい友人と一緒に予約して行ってみてくださいね!







【酒縁 ゆるり】
住 所:大阪市福島区吉野2−13−7    MAP
電 話:090-4902-6434
営業時間:19:00〜23:59(L.O.23:30)  
煙 草:喫煙可
定休日:日・祝(日月連休の時は、日曜日営業、月曜日休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃は、昭和ブームだそうですね。レトロ・・・そんな言葉とともに、昭和の雰囲気が漂うものに注目が集まっているのだとか。銭湯の富士山の絵、ケロリンの黄色い洗面器。そういえば、銭湯には熱めのお湯が出る蛇口と水の蛇口が隣同士に並んでいて、両方のボタンを押しながら ...
続きを読む
近頃は、昭和ブームだそうですね。

レトロ・・・


そんな言葉とともに、昭和の雰囲気が漂うものに注目が集まっているのだとか。

銭湯の富士山の絵、ケロリンの黄色い洗面器。
そういえば、銭湯には熱めのお湯が出る蛇口と水の蛇口が隣同士に並んでいて、両方のボタンを押しながら、ちょうどいい温度のお湯を作るって言うのも、最近ではないのでしょうね。
(最近は、サーモスタット突きの混合栓ですものね)

そして、ファミコンやスーパーファミコンの復活。
とは言っても、昔のようにカセットではなく、人気のゲームデータが内蔵されているようですが。

カフェではなく、純喫茶でミルクセーキ。
ペットボトルではなく、瓶コーラ。
iPodではなく、ウォークマン。
bluetoothスピーカーではなく、ダブルカセット。
レストランではなく、食堂・・・。


そして、先日お伺いしたのが、
“日本酒食堂SO-KEN”さん。

         IMG_7515
常時日本酒30種類 セルフで飲む日本酒 300円〜
しかも、昼の12時から飲めるとくれば、呑兵衛がほおって置くわけがない。

しかもこちらのお店、カウンター席とテーブル席に加え、立ち呑みスペースもあるハイブリッド。

    IMG_7514

こんな感じで、カウンター席の向こう側は立ち呑みスペース。
そして、その奥にテーブル席があります。

この日は、予約させていただいたので、入り口を入ってすぐのカウンター席に座らせていただきました。

何はともあれ、メニューを確認します。

      IMG_7507

本日のおばんざいは、ALL400円とリーズナブル。
盛り合わせにすると、さらにお得に(^^)

         IMG_7508

それにしても、お酒に合いそうなのがいろいろと。
マリアージュを想像しながら迷うのも、楽しみのうちですね。

日本酒食堂とはいうものの、先ずは赤星をポテトサラダと一緒に楽しみます。

    IMG_7491
これは、燻製えびと塩昆布のポテトサラダ。
酒飲みの気持ちを、よく分かってるポテトサラダですよ、これ(^^)

そして、かきの昆布〆炙り。

           IMG_7493
プリップリの大ぶりの牡蠣。
これはたまらん!
赤星、まだちょっとあるけど、お酒をもらってこよう・・・。

日本酒は、店内真ん中くらいのところにある、冷蔵庫の中から、好きなものを選べます。
どの銘柄を飲んでも、60ml(300円)、90ml(400円)、1合(800円)と、かなりお得!

好きな大きさのグラスに自分で注いで、自分の席まで持ってくるスタイルなので、
表面張力まで入れて、運べるようになるまで冷蔵庫の前で飲んでから運んできます。
だから、席まで来るとこんなくらいの量になります。

      IMG_7505

そして、飲み終わったグラスは、席の前にある升の中に入れておくと、それで数を数えて会計をするようになっています。

なので、飲み終わったグラスを持って行って、おかわりを入れちゃダメよ^^;

と言うわけで、まぐろのなめろうもいただきます。

         IMG_7504
マグロをなめろうで食べたのは初めてですが、美味しいですね。
本日の鮮魚は、真鯛・鰤・鮪・天使の海老。
こちらのお店では、「本日の鮮魚」をいろんな形で調理してくださいますよ。

塩焼き、酒蒸し、なめろう、ごま醤油和えと、好きな食べ方をいろいろ試すのも楽しいかもしれませんね。

そして、温玉うなぎ。

           IMG_7496

最近、高騰してしまって、すっかりご無沙汰の鰻。
メニューにあると、ついつい注文してしまいます。

天使の海老は、塩焼きにしていただきます。

         IMG_7497

香ばしい香りと、海老の甘みがたまらないですね(^^)

さらに、よこわのレアステーキもいただきましょう。

    IMG_7499

       (^^)(^^)(^^)

これ、ニンニク醤油が効いていて、すごく美味しいですよ!

そんな感じで、いろんなアテをいただきながら、何度冷蔵庫と席の間を往復したことか^^;

あ、〆に食べたこれを忘れてはいけません。

            IMG_7512

これは、カラスミそば。
香りよく、コシのあるそばにたっぷりのカラスミを絡めていただきます。

〆のつもりで、お願いしたのですが、
もう一度日本酒冷蔵庫の前まで往復したのは言うまでもありませんね^^;

いろんなお酒と美味しいアテをリーズナブルにしっかり堪能できますよ。
阪急中津駅降りてすぐ、阪急沿線の定期をお持ちの方は是非途中下車を!
梅田からゆったりと歩くのもアリですよ〜。







【日本酒食堂SO-KEN】
住 所:大阪市北区中津3−5−5    MAP
電 話:06-4256-8243
営業時間:12:00〜23:00(フードL.O.22:45) ※日曜日は、12:00〜17:00(フードL.O.16:45) 
煙 草:分煙(立ち呑みスペースのみ喫煙可)
定休日:月曜日(その他不定休アリ)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



 

日本酒食堂SO-KEN居酒屋 / 中津駅(阪急)中津駅(大阪メトロ)梅田駅(阪急)
夜総合点★★★☆☆ 3.8

              
このエントリーをはてなブックマークに追加

注文しなくても、無条件で出てくる最初の小鉢、「つきだし」。あ・・・「お通し」と呼ばれるところも多いですよね。と言うか、関東では「つきだし」よりも、「お通し」って言いますよね。この「お通し」いえ、ここでは「つきだし」と言う表現を使いますね。何故ならば、「つ ...
続きを読む
注文しなくても、無条件で出てくる最初の小鉢、「つきだし」。
あ・・・「お通し」と呼ばれるところも多いですよね。
と言うか、関東では「つきだし」よりも、「お通し」って言いますよね。

この「お通し」いえ、ここでは「つきだし」と言う表現を使いますね。
何故ならば、「つきだし」は、「突き出し」なのか、「付き出し」なのか、どちらかという疑問がございまして・・・。

居酒屋さんで、伝票を見ると、「付」とだけ書いてあることが多いように思います。

語源を調べてみると・・・。
お客に突き出すから、「突き出し」と表現されるようになった説と、
注文しなくても、お酒に「付いて出る」から、「付き出し」になったという説があるようです。


そもそも、客が何も言わなくても、注文を通すから、「お通し」。
料理の先に付けるから「先付け」ここから来たから、「付き出し」・・・。

何だかよく分からなくなってきましたね^^;


さて、そんなことを全く気にしなくていいのが、お昼ごはん。
それは、居酒屋で食べるお昼ごはんでも同じことですよね。

この日は、新大阪駅の構内・・・ではなく、駅から直結している新大阪阪急ビルの3Fにある、
“ヤナケンブー”さんでランチをいただいてきました。

          IMG_6523

こちらのお店では、高知県から直送のカツオを使った、塩タタキをランチタイムにもいただけるとのことで、以前から気になっていたのです。
ちょうど、新大阪駅近辺でランチタイムをむかえることになり、ワクワクしながら行ってきました。

店内のカウンター席に案内していただき、メニューを確認します。
(とは言っても、カツオの塩たたきに心は決まっているのですが^^;)

          IMG_6512


って、かつおの塩たたきの他にも、かなり魅力的なラインナップじゃないですか!
しかも、こんな日替わりもあったりして・・・。

            IMG_6514
って、この色々おかずのやつは、女性限定なのね^^;

というわけで、予定通り、生かつおの塩たたき定食をお願いしました。

店内は、手前にカウンター席が14席と、奥にはテーブル席もあり、20席ほど。
次々にお客さんが入ってきて、人気がありますね。

そんな感じで、店内の様子を見ていると、お願いした”生かつおの塩たたき定食”が出来上がってきました。

      IMG_6515
ごはんと味噌汁、小鉢に漬物がついています。

何と言っても、かつおのたたきの分厚いこと!
   
           IMG_6516

それでは早速、カツオに塩をパラっとかけて、にんにくを乗っけていただきましょう。

    IMG_6519

        (^^)(^^)(^^)

美味い!
先日高知で食べたかつおのたたきと遜色が無いほど、いい感じのクォリティです。
こうやっていただくと、かつおのたたきって、本当にモノによって美味しさが違いますよね。

これに山葵をのっけても、すだちを絞っても美味しい。
ランチタイムに生ニンニク・・・
でもやっぱり美味しいので、乗っけちゃいます。

             IMG_6522

これ、本当にお酒が欲しくなっちゃいますよね^^;
そんな感じで、夢中で食べ進みあっという間に完食。

このクォリティのかつおが新大阪でいただけるとは素晴らしいと思います。
今度は、四万十鶏のチキン南蛮か、窪川ポークの生姜焼き、それとも土佐赤牛か。

いずれにしても、他店にはないこだわりのメニューが揃っています。

ここは是非、夜にもお伺いさせていたいて、お酒と一緒にも楽しんでみたいですね。
ちょっと上質のランチタイムをいかがでしょうか?
美味しいですよ!










【ヤナケンブー】
住 所:大阪市淀川区宮原1−1−1 新大阪阪急ビル 3F    MAP
電 話:06-6151-2259
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

12月、あんなに街はクリスマスムードで盛り上がっていたのに、26日になった途端、何事もなかったかのように、シレッとお正月ムード一色に^^;ま、これって昔から続く、日本の伝統行事みたいなものですので、今更どうこう言うのも何ですが、毎年、「あれっ?」って感じになって ...
続きを読む
12月、あんなに街はクリスマスムードで盛り上がっていたのに、26日になった途端、
何事もなかったかのように、シレッとお正月ムード一色に^^;

ま、これって昔から続く、日本の伝統行事みたいなものですので、今更どうこう言うのも何ですが、
毎年、「あれっ?」って感じになってしまいますよね。

それでも、翌日の27日になれば、もうお正月突入気分になって、仕事納めのことばかりしか考えなくなるから不思議です。


さて、新年と言えば、携帯電話会社のCMが面白い。

中でも、auさんのCMで流れる歌、いいですよね。

        

これを聞いていると、すごく楽しい気持ちになってきます(^^)

歌っているのは、大阪、寝屋川市出身のガールズバンド「yonige(よにげ)
そして、ボーカルを担当する、「牛丸ありさ」さんは、オーストラリアと日本のハーフで、
AC/DCの元ベーシスト、ラリー・ヴァン・クリートさんの姪っ子さんなのだとか。

この「yonige」というバンド、今年はブレイクするんじゃないでしょうかね。

さて、そんな新年のワクワクした話題をひっさげて、新年会に行ってきました。
たまには、店選びも完全に友人にお任せして、行き当たりばったりというのも楽しんじゃないかと言うことで、
難波にある、“季さら”さんにお邪魔させていただきました。

こちらのお店、最近はやりの個室居酒屋って言うんでしょうか、そんなお店のようです。

ここって、若者(って、表現が、おぢさんなのよね^^;)が行くお店なんじゃ・・・

そんなことを思いながら、待ち合わせしているお店の中の一室へ。


「新年あけましておめでとうございます!」

そんな感じで乾杯!
1杯飲むと、細かいこと何てどうでも良くなるのが、私たちのいいところ^^;

「ところで、なんでこのお店なの?」
「安いんですよここ、雲丹と鯛のしゃぶしゃぶも食べれて、9品の料理と3時間飲み放題で、5,500円が、食べログのクーポンで3,999円ですよ!」


お願いしたのは、“雲丹と鯛の黄金出汁しゃぶしゃぶ”も付いた、飲み放題付き「七草コース」

食べログのクーポン・・・
果たして、大丈夫なのだろうか?


飲み放題と言っても、デフォルトは生ビールではなく、クリアアサヒなので、スーパードライも選べるプレミアム飲み放題へ、+500円でレベルアップしてお願いしました。

それでも、4,499円は安いですね。

先ずは付きだしに、蟹のみがタップリ入った冷製茶碗蒸しと、枝豆。
 
             IMG_7615
へぇ、思っていたよりもいい感じですよ。
それに、けっこう美味しい。

そして、季節野菜の和風サラダ。
      IMG_7618

タップリと盛られてきます。
そして、これも悪くない。

さらに、ぶえん鰹のタタキ。

           IMG_7621
ぶえん鰹とは・・・
鹿児島県の枕崎漁協が開発した鰹のことで、
一本釣りした鰹を船上にて活け〆にして、急速冷凍したもので、弾力性のあるもちもちした食感と生臭さのない爽やかな味わいが特徴なのだとか。


いただいてみると、これが確かに美味しい!
ボリュームもたっぷりで嬉しいですね。

そんな感じで、ぶえん鰹を楽しんでいると、メイン料理の雲丹と鯛のしゃぶしゃぶが運ばれてきました。

        IMG_7623

お、思いっきり満タンにのってますね!
これだけでも、満腹確実かと(^^)

出汁が沸いてきたら、鯛のみを一切れ、しゃぶしゃぶでいただきます。

             IMG_7632

       (^^)(^^)

美味しい!
まともですわ、これ(^^)

前半は、ひたすら鯛を楽しみ、後半は雲丹も加えて、濃厚な味わいを堪能します。

そして、何故かこのタイミングで旬魚のお造り盛り合わせ。

       IMG_7638
とは言え、これも美味い!
この際、どのタイミングで出てこようが、そんなことはどうでも良くなってきました(^^)

さらに、河豚と季節の野菜の天ぷら。

     IMG_7646

うわぁ、これは本当にお腹がいっぱいになりますよ!
盛りも綺麗ですし、このお値段でここまでやれば、かなり満足ですね(^^)

            IMG_7648

満腹ではありますが、やはりあの出汁を残すこと何て出来ないので、雑炊もお願いします。

最後に、デザートまでいただき、本当に満足させていただきました。


             IMG_7652


食べログのクーポン利用での金額とは言え、この内容で飲み放題も付いて、4,490円は、かなり破格だと思います。
ちょっと遅めの新年会に如何でしょうか?

内容等の変更があるかもしれませんので、詳細は予約の時に確認してくださいね!













【難波 季さら】
住 所:大阪市中央区難波3−2−35 億兆ビル3F    MAP
電 話:06-4394-7686
営業時間:16:00〜翌1:00  ※土曜日は、翌5:00まで営業。
煙 草:喫煙可
定休日:無休(ビルの休館日は除く)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加