美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 居酒屋

お店の名前って、見ればそこが何屋さんかわかるところが多いですよね。来々軒、かつや、エビフライ食堂、◯◯製麺、おむらいすや、バーガーキング…どれも、名前を見ただけで何屋さんかがわかり、どうしてもしれが食べたくなってくる効果さえ持っていたりします。「味自慢  ...
続きを読む
お店の名前って、見ればそこが何屋さんかわかるところが多いですよね。

来々軒、かつや、エビフライ食堂、◯◯製麺、おむらいすや、バーガーキング…

どれも、名前を見ただけで何屋さんかがわかり、どうしてもしれが食べたくなってくる効果さえ持っていたりします。

「味自慢 うどん」
「激辛! 自慢のカレーライス」
「麺が自慢! 中華そば」
「生 キンキンに冷えてます!」


遠目にそんな看板が並ぶのを見て、期待して近づいていったら看板屋さんだった^^;

そういえば以前、こんな名前のお店に行きました。

          d35c2803

うどん屋さん……
と、思いますよね?

でも、よく見てください!
「うどん」の後ろに「?」が。
実はここ、カレーのお店なのです。(けっこう有名かも?)
詳しくは、こちらの記事を見てくださいね〜!

さて、先日お邪魔させていただいた野毛のお店も……

      IMG_2418

可愛い羊のイラストに、“HITSUJI”の文字。
(おまけに、「最高に旨いレモンサワー」とも書いてあるし…)
何だか、無性にラム肉が食べたくなってお店に入りました。

さて、お店の名前は「ひつじ」だけれど……

        IMG_2415

少し遅い時間だったので、店内はゆったりと。
積まれているレモンが、やる気を漲らせます!

早速、レモンサワーとクラフトビールで乾杯!

      IMG_6387

こちらのお店では、樽生のクラフトビールを楽しむことが出来ます。
どんなクラフトビールを楽しめるかと言うと……

メニューはこんな感じ!

    IMG_6388

       IMG_6389

クラフトビールに、国産無農薬のレモンサワー。
レモンサワーにも、ドライとスイートがあるのが嬉しいですね。
ラインナップいろいろがあると、どれも試してみたくなってしまいます。

そして、料理のメニューは。

   IMG_6390

     IMG_6391

あれ? ラム肉もマトンもメニューには全く載っていない……

お店の方に聞くと、HITSUJIはお店の名前だけで、メニューにラム肉は無いのだとか。
口がラム肉になっていたものの、無いものは仕方がない。

さて、メニューにある料理をお願いしていくことに。

何となくお願いした、胡桃のマスカルポーネ。

      IMG_6394

これが想像以上にインパクトがあって美味しかった。
マスカルポーネの上品な甘みが、胡桃の香りとよく合って、ついつい手が出てしまう逸品。
クラフトビールと合わせると、更にテンションアップ!

さり気なく美味しいって、何だかいいですよね〜!

     IMG_6397
メニューの「あつあつ」の文字にときめき、お願いしたらこれも正解。
牛すじ煮込みは、ストレスなく食べられる柔らかさなのが嬉しい。
大根に染みた旨味を味わえるのも、注文した人の特権か。

     IMG_6400

そして、厚切りハムカツ。

この厚切りハム、想像以上に厚かったのがうれしい(^^)
ソースだけではなく、レモンも絞るとクラフトビールとの相性がアップするのも面白い。

        IMG_6402

思わず…というか、当然のごとくおかわりを。

しっぽりと、ゆったりと寛いで。
野毛の夜まだまだ長い……






【HITSUJI】
住 所:横浜市中区野毛町1−24−5    MAP
電 話:045-308-9208
営業時間:16:00〜24:00 ※土日祝は、15:00〜 
煙 草:禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

伊賀、甲賀、風魔。ご存知、忍者の里と言われるところ。煙玉で身を隠し、手裏剣をなげて、隠し部屋で待ち伏せし、水蜘蛛の術で水の上を自由自在に……三重県の「伊賀」や滋賀県の「甲賀」に行くと、忍者屋敷があって手裏剣体験件コーナーとか、どんでん返しの間とかあり忍者 ...
続きを読む
伊賀、甲賀、風魔。
ご存知、忍者の里と言われるところ。

煙玉で身を隠し、手裏剣をなげて、隠し部屋で待ち伏せし、水蜘蛛の術で水の上を自由自在に……

三重県の「伊賀」や滋賀県の「甲賀」に行くと、
忍者屋敷があって手裏剣体験件コーナーとか、どんでん返しの間とかあり忍者の体験が出来たりますよね。

そんな忍者って本当に実在していたのだとか…
三重大学では今でも忍者の学術研究がすすめられているのだとか。

ところで、女性の忍者「くのいち」って、どうしてそのように呼ばれるようになったのかご存知でしょうか?
くのいち…くノー。
「女」という文字をバラバラにすると、「く」「ノ」「一」。

そんな「くノー」が店内にいるお店に行ってきました。


        IMG_1445

お邪魔したのは“忍者屋敷 NINJA CASTLE浅草”
観光客じゃないんだから、まさか……
いえいえ、バカにしてはいけません、ここ、いろんな意味で凄いんです!

忍者屋敷風の店内で、料理はそれなりにでしょって?
失礼ながら、そう思っていました、私も。
でも、その様相はいい意味で見事に裏切られることに…

店内は期待通りの忍者屋敷風。

     IMG_1471

客席にも忍刀が飾られていて、やる気満々のムードですよ。

そして…

     IMG_1454

メニューもこんな感じで巻物風。
やってくれますね〜。

      IMG_1457

中を開けると、こんな感じで“インスタ映え”満タンのメニューが並びます。
やはりこのあたりは頼んでおかなければ…

他のメニューはこんな感じで、ツッコミどころ満載どれも工夫が凝らされていますよ。

  IMG_1463

      IMG_1464

どれも普通の名前ではなく、気になる名前がついています。

   IMG_1465

          IMG_1466

注文するときは、大きな声でメニューに書いてある名前を伝えましょう!

すみませ〜ん、「忍者ビールとバクダンと桃太郎と…」。

   IMG_5023

そんなわけで、忍者ラガーで乾杯!
これ、香りも良くてスッキリと飲みやすいですよ(^^)

料理も忍術満タンのものが出てきます。
まずは、旬魚の玉手箱。

        IMG_5030

これ、どう見ても開けたら煙が出てきてヤバイやつですよね^^;
でも、開けないわけにはいかない…えぇい、開けちゃえ!

       IMG_1468
や、やっぱり煙が〜!

こうやって見ると、演出第一、味は第二…
そうおもいますよね?

         IMG_5055

ところが食べてびっくり、美味しいのです。
マグロはちゃんと上質の中トロだし、ヒラメもいい感じに脂が乗って最高に美味しい。
正直、ビックリしました!
ここ、ナメたらあきません。

    IMG_5050

玉手箱以上に怪しさ満タンのこちらの料理は「バ・ク・ダ・ン」。

スタッフ…いえ、忍者さんの指示に従い、「火遁の術!」と声をかけて、導火線に点火!

      IMG_1776

導火線を火が走り……

          IMG_1778

あっ、閃光が!

   IMG_5053

バクダンの中からは、黒くなった物体が登場^^;
これ、何だと思いますか?
実はこれ…

       IMG_5058

カニクリームコロッケなのです。
しかも、既製品ではなく、丁寧に作られたもの。
食べてみると、これがマジ美味い!

これだけ演出したのだから、既製品のカニクリームコロッケが出ていても、
「そんなもんだよね〜」
となるのですが、ちゃんと手作りにこだわっているから美味しい。

この差は大きいと思いますよ!


     IMG_5028

これは、ただのトマトでなく「桃太郎」。
桃太郎…ということは、

        IMG_5048

中には桃太郎…ではなく、ジュレが出てきます。
一緒に食べると美味しいですよ!

       IMG_5062
「秘伝 だし巻きの書」。
現世にまで密かに伝わり、守り抜かれた江戸の味。
色は真っ黒ですが、味はしっかり美味しい。

殆どの料理が忍法、忍術に関連していて本当に楽しくなってきます。
そして、料理だけではなくグッズも売っているから面白い。
メニューブックの後ろの方のページをめくると……

    IMG_1460

に、忍刀が売っている!
しかも値段は15,000円とか、18,000円とか。
あ…せっかく日本に観光に来た外国人の方ならば買うかも?

        IMG_1461

こちらは鎧兜。
お値段は…61万、78万、ひ、1,760,000万円??
ノリが良すぎます^^;

    IMG_1462

これが現実的でしょうね!
なんか買って帰ろうかな…

     IMG_5095
忍者カクテル、魅惑的で不思議な味わい。
金色と銀色っていうのが楽しいですよね。

      IMG_1467

デザートメニューの中から、気になるものを2つ。

      IMG_5100

ガマ油バニラアイス。
ガマの油って本当に存在するのか?
実際に食べて確かめてみてください!

   IMG_5105

伊賀家伝承兵糧丸。
食べて安心、一口サイズのごま団子。
これもかなり技ありですよ!

        IMG_1444

この他にも、店内にはたくさん仕掛けがあります。
わからないことはお店のスタッフ…いえ、忍者の方に聞いてみてください。
みなさん、どんなことでも笑顔で即答してくれます。
お店を大好きで働いているのをすごく感じますよ!

ベタな観光居酒屋に見えるけれど、そのレベルは中々のもの。
ここ、オススメですよ!
           


【忍者屋敷 NINJA CASTLE浅草】
住 所:東京都台東区浅草1−10−5 KN浅草ビル B1F    MAP
電 話:03-5828-5611
営業時間:11:00〜23:00  ※11:00〜14:00はランチタイム。 
煙 草:禁煙
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

お通し。外国人観光客が日本の居酒屋に来て、戸惑うことが多いらしいですね。「コレ、チュウモンシテナイヨ!」間違えて持ってきたと思うのでしょうね。そんなトラブルを避けるためか、お通しを廃止したり、入り口やメニューのところに「お通し」の説明を英語で空いているお ...
続きを読む
お通し。

外国人観光客が日本の居酒屋に来て、戸惑うことが多いらしいですね。

「コレ、チュウモンシテナイヨ!」

間違えて持ってきたと思うのでしょうね。
そんなトラブルを避けるためか、お通しを廃止したり、入り口やメニューのところに「お通し」
の説明を英語で空いているお店も少なくないようです。
(サービス料に関しては、問題なく通ることが多いらしいですが^^;)

枝豆、切り干し大根、きんぴら、冷奴、マカロニサラダ・・・

そんな感じのものが出ることが多いですよね。
では逆に、お通しにすごい料理が出てきたら・・・。

スープ。
絶品スープがお通しに出てきたら、それだけでファンになってしまいそう。
店主の腕が良くなければ出来ないですよね。

カレー。
天満にあるこちらのお店で、週に一度お通しとして提供されているらしい・・・。

蟹。
これにはビックリしました。
隠岐の島の居酒屋ならではだと思います。

お通し=居酒屋の名物。
そんな個性的な居酒屋も面白いのではないでしょうか?

さて、個性的な居酒屋といえば、うどん屋さんと居酒屋が一緒になったお店に行ってきました。

                        IMG_6677

お伺いさせていただいたのは“唄う稲穂”さん。
薬院大通駅からすぐのところにお店があります。

「酒場」と書かれていて、どう見ても居酒屋さんなのですが、美味しいうどんのお店でもあるらしい。

   IMG_6647

メニューを見ると確かに、うどん屋さんのメニューにしか見えないものが置いてあります。
「すみませ〜ん、ごぼう天うどんを冷で!」と、
言いたいのをなんとか耐えて、ビールを注文します。

あ、居酒屋メニューもこんな感じでかなり魅力的なラインナップになっていますよ。

      IMG_6645

             IMG_6646

    IMG_6644

うどんだしのもつ鍋っていうのも、かなり気になりますね。
それは今度、何人かでお邪魔したときにでもお願いしてみよう・・・。

       IMG_6642

カウンター席に座り、ゆったりと楽しませていただきます。


         IMG_6656

先ずは、和牛酢モツと冷たい生ビールで。
福岡の居酒屋さんに来れば、高い確率で注文してしまいます。

そして本日のおすすめの中から、長崎産まぐろのぶつ切り。

      IMG_6659

このマグロが、びっくりするほど美味しい!
ただ単に「まぐろのぶつ切り」と書いてありますが、完全に中トロです。
大間のマグロもいいけど、長崎もいいですよ〜。

      IMG_6665

そして、鶏つくねの柚子胡椒煮。
福岡に来て「柚子胡椒」と書いてあれば頼まないわけにはいきません。
そしてこれは美味しかった!

うどん屋さん自慢の出汁と柚子胡椒、そして自家製のつくねの旨味が絶妙!
これはぜひ日本酒と合わせて楽しむのがオススメです。

           IMG_6669

〆にはもちろん、ごぼう天うどん。
福岡のうどんの美味しさに目覚めてからというものの、
ラーメンからすっかり遠ざかってしまって^^;(もちろんラーメンも美味しいですよ!)

出汁の美味さ、魚の鮮度、料理のアイデアが冴え渡ります。
しっかり食べるもよし、二軒目のちょっとつまむのにもオススメですよ〜。







【唄う稲穂】
住 所:福岡市中央区薬院1−10−10    MAP
電 話:092-716-4159
営業時間:16:00〜翌3:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

レコード大賞も紅白歌合戦も、昔ほど熱心には見なくなっ・・・ん、よく見てみると、演出がちょっと凄いぞ!そんなことを感じ始めた、ここ2〜3年。どの歌手が、楽曲がレコード大賞を取るのか、ワクワクドキドキ・・・はありません。(あれって、AKBグループなどの、資本がある ...
続きを読む
レコード大賞も紅白歌合戦も、昔ほど熱心には見なくなっ・・・
ん、よく見てみると、演出がちょっと凄いぞ!
そんなことを感じ始めた、ここ2〜3年。

どの歌手が、楽曲がレコード大賞を取るのか、ワクワクドキドキ・・・はありません。
(あれって、AKBグループなどの、資本があるところが取るに決まってるから・・・)
実際のところ、どうかわかりませんが、そんなのを抜きで見ていると結構面白い。

MISIAの歌の凄さ、DA PUNPのノリなど、普段は見ることができないものも見れて、
結構楽しい。

中でも、米津玄師が大塚国際美術館で歌ったのはビックリしました。
(てっきり、テレビでは歌わないと思っていたもので)

何故、大塚国際美術館なのか?
米津玄師の出身が徳島だからなのかと。
そして、先日お邪魔させていただいた、北海道にあるこちらのお店の創業者も、
徳島県の出身なのだとか。

         IMG_9633

お邪魔させていただいたのは、”若鶏時代 なると本店”
小樽といえば、「若鶏の半身揚げ」を有名にしたお店ですね。

隠れ家でも何でもない、超有名なお店ですが、実はこの時が初訪問だったのです。

お店の外観には、「若鶏半身揚げ」の他にも、
ざんぎ、カレーライス、ラーメン、サラダ、うなぎ、焼鳥、天ぷら・・・
様々な料理の名前が書いてあります。

ここに来れば、何でも食べることが出来る!
ま、観光客目当ての昔ながらのお店に見えないこともないのですが、
実際に食べてみたら美味しかった! 侮るなかれな感じだったのです。

半身揚げはもちろんいただくとして、ザンギもやはり気になる・・・。

          IMG_9626

というわけでお願いしてみました。
かなり大きめのザンギが、ゴロゴロと5個!
これで、650円は中々お値打ちだと思います。

食べてみると、熱々の肉汁が溢れてきますよ〜(やけどに注意!)

そしてメインはもちろん、若鶏半身揚げ。

     IMG_9631

看板に偽りなし!
本当にメニューに乗ってある写真のまま出てきますよ(^^)

冷めてから、ゆっくりと食べてもいいのですが、やはり揚げたてをいただいてみたい。

ここは意を決して、熱々をいただきましょう。

最初は熱さのあまり、食べるのを苦労しますが、それを乗り越えて食べる価値あり!
皮はパリッと中はジューシィ。
本当に美味しいです(^^)

これを食べたら、やっぱり冷たいビールでしょ!

車じゃない人は、ぜひ飲んじゃってください。
メニューはこの他にも、本当にいろいろ揃っていますよ。

    IMG_9618

もしも、平日のランチタイムに訪れたのならば、かなりお得なランチセットも。

         IMG_9620

1人前980円の若鶏半身揚げに、ご飯と味噌汁、小鉢に漬物がついて1,050円はオトクです。

他にも本当に何でもあります。

  IMG_9619

        IMG_9621

    IMG_9622

デパートの大食堂も顔負けのラインナップ。
こういうお店で、ゆっくりと飲みながら過ごすのも最高ですよね。
(車で行ったので飲めませんでしたが^^;)

            IMG_9632

みんなでシェアしようとしましたが、あまりにも美味しくてついつい・・・
ド定番ではありますが、食べる価値アリですよ!


     



【若鶏時代なると 本店】
住 所:北海道小樽市稲穂3-16-13    MAP
電 話:0134-32-3280
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)  
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:あり(専用駐車場10台分、その他提携駐車場あり)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

私 失敗しないので。カッコいいですよね、この決め台詞。とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;【絶対に失敗してほしくない職業】医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。【出来れば失敗しないでほしい職業】調理師、パティシエ、美容師、理容師 ...
続きを読む
私 失敗しないので。

カッコいいですよね、この決め台詞。
とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;

【絶対に失敗してほしくない職業】
医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。


【出来れば失敗しないでほしい職業】
調理師、パティシエ、美容師、理容師、エステティシャン・・・。

【失敗したら喜んでもらえる職業】
ピエロ、お笑いマジシャン、お笑い芸人・・・
(って、失敗というよりも、それが仕事のようなものですから^^;)


職業ではないけれど、出来れば失敗したくないのが、地方に行ったときのお店選び。
東京や大阪、福岡、札幌などの都市では、いろんな人がお店情報を発信していて、
それを参考にお店選びが出来るのですが、
地方に行けば行くほど、情報が少なくなって直感に頼ることが多くなります。
(ま、それはそれで楽しいのですが(^^))

今回参考にさせていただいたのは、こちらのサイト。

本当に頼りになります。
そんなSYUPOさんを見ていってきたお店が本当に凄かった!

           IMG_4891

お伺いさせていただいたのは、松山の古町にある居酒屋、
“寿浬庵(じゅりあん)さん。

曜日に関係なく、いつも満席とのことで、予約していってきました。

お店が開店するのは、何と午後3時。
そう、明るいうちから飲むことが出来るのです。

家族で来ることも出来るのですが、それは午後8時まで。
予約の電話のときにも「みなさんの中に、未成年の方はいらっしゃいますか?」
と、確認されるのです。

あくまでもここは居酒屋、酒場なのです。
お店に入って予約名を告げると、席まで案内してくださいます。

店内は入口付近にカウンター席が並び、
ここだけ見ると小さなお店のように見えるのですが、
奥には広い座敷があります。

座敷席に座り、まずはメニューを・・・

    IMG_4828

           IMG_4829

壁にズラリとメニューが書かれています。
そして、よく見て下さい、どのメニューもほとんど650円!

   ここは、650均か?

思わずそんなツッコミを入れたくなっちゃいますね。

メニューは壁に貼ってあるものだけではなく、テーブルの上にも置かれています。

   IMG_4834

         IMG_4835

             IMG_4836

ローストビーフも、ステーキも、金目鯛も650円。
650円が一番高いメニューなのか?

       IMG_4838

そして、お通しも廃止。
「好きなものをお腹いっぱい食べたい!」の声を実現なのだそうです。

では、好きなものをお腹いっぱいいただきましょう。
先ずは、釣りさわら(650円)。

        IMG_4840

大きめに切られた刺身が嬉しい。
食べてみると、鮮度抜群! 最初からテンション上がります。

そして、次に注文した料理を見てビックリ!

        IMG_4845

これ、ふぐ皮ポン酢(650円)なのですが、ボリュームが凄い。

    IMG_4849

だって、箸でタップリと取っても、まだまだあるのです。
いつもは、ふぐ皮ポン酢は少しずつ、大事に食べているのですが、
この日は思いっきりいっちゃいました(^^)

そして、これも650円で食べられるのです。

        IMG_4852

金目鯛のあぶり。
キッチリと脂も乗って美味しい。
こんなの、他では650円では先ずムリですよね。

ちょっと箸休めに地鶏の皮でも食べてみよう・・・。

        IMG_4862

そう思ってお願いした、地鶏皮南蛮もすごかった。
歯ごたえがあり、噛めば噛むほどに旨味が溢れてきます。
しかも、このボリューム!
少しずつつまむというよりも、本当にガッツリ食べないと、
いつまで経ってもなくなりませんよ^^;

        IMG_4869

日本酒も本当にいろいろ揃っています。
注文すると、溢れるまで並々と注いでくれますよ!


スタップが着るTシャツの背中の文字は、NO FRIEND NO LIFE

友達は裏切らない。
そんな友達をおもてなしするように、何食べても美味しい(^^)

         IMG_4865
これは、手作りコロッケ(350円)。
一見、ごく普通のコロッケに見えるこれも、食べてビックリ美味しいのです。

     IMG_4870


じゃがいもとミンチがたっぷりで、味にごまかしがないのです。
これはいつでも食べたい味ですね。
味の濃さでごまかすのではなく、きちんしてて美味しいのです。

        IMG_4876

エビの天ぷらは、形こそ整列してないものの、大きなのがタップリと。
食べてみると甘みがあって美味しいんです(^^)

〆はトマトサラダでサッパリと・・・。

        IMG_4880

って、これも驚愕ボリューム!
400円でこれ、どこまでもサプライズですね。


メニューのほとんどが650円で、しかもボリュームタップリ。

     NO FRIEND NO LIFE

これも、友達は裏切らないとか、友達を振る舞うスタンスで、
お店を運営されているのでしょうね。
スタッフの方の対応も本当に気持ちのいいものでした。

こちらのお店、今度は何人かの友達を誘って、ぜひ再訪したいと思います。 
松山、古町にある寿浬庵さん、かなりオススメですよ〜 !
 



【寿浬庵(じゅりあん)】
住 所:松山市平和通6-9-6    MAP
電 話:089-926-6565
営業時間:15:00〜23:00 ※金土は24:00まで、日祝は22:30まで。
     (未成年者がいる場合は、20:00までの利用になります。)
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

四国。明石海峡大橋、大鳴門橋を通って、関西からは比較的行きやすくなりましたよね。橋がかかるまでは、船に乗らなくては行くことが出来ず、近くて遠いってイメージが定着していたような・・・。讃岐、阿波、伊予、土佐・・・香川、徳島、愛媛、高知の4県。4つの県を合わせ ...
続きを読む
四国。

明石海峡大橋、大鳴門橋を通って、
関西からは比較的行きやすくなりましたよね。

橋がかかるまでは、船に乗らなくては行くことが出来ず、
近くて遠いってイメージが定着していたような・・・。

讃岐、阿波、伊予、土佐・・・
香川、徳島、愛媛、高知の4県。


4つの県を合わせた人口は、横浜市の人口とほぼ同じなのだとか。
今は3つのルートで本州と結ばれ、色んなものが行き来するようになりましたが、
長く陸路でつながっていなかったせいか、独自の文化や食べ物も数多くあるようですね。

讃岐うどん、愛媛みかん、土佐の鰹、徳島ラーメン・・・
それだけじゃない、四国の美味しいを体験できるお店に行ってきました。

          IMG_7945

お伺いさせていただいたのは、北浜にある大阪証券取引所ビルの地下にある、
“四国バル 459”さん。

四国名物といえば・・・・
ちょっとデパートの物産展を思い出してみる。

讃岐うどん、かつお、一六タルト、鳴門わかめ、じゃこ天・・・。
そう言えば、少し前に梅田の阪神百貨店の催事で飲んだことあるなぁ・・・。

そんなことを思いながら、メニューを眺めてみます。

     IMG_7953

今月のオススメ。
しらす入りオムレツ、ハモカツ、
トンゴロイワシって何だろう?

  IMG_7955

        IMG_7956

            IMG_7957

こんな感じで、四国の名物が料理のメニューになっています。
ところで、四国の代表的な名物って何?

     IMG_7958

ふむふむ、こうやって書いていただければ、思い出してきますね。
四国抱き好きな方や、四国出身の方もこれは嬉しいのでは?

     IMG_7959

          IMG_7960


飲み物も、四国にちなんだものが用意されていますね。

     IMG_7965


先ずは、生ビールで乾杯!
こちらのお店では、プレモル香るエールの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

では早速、気になる料理をお願いしていきましょう。

        IMG_7971
先ずは、宇和島のじゃこ天。
これは外せませんよね!

魚の旨味が凝縮されていてたまらない。
そのまま食べて美味しいのはもちろん。生姜醤油を付けて食べるのも格別です。

そして、高知あおさのポテトサラダ。

         IMG_7967

おもしろい!
ポテトサラダと青さの組み合わせは思いつかなかったなぁ・・・。
それでいて、これがけっこう美味しい。

そして、ぜひ食べてほしいのがこれ。

       IMG_7981

これは、高知産トンゴロイワシの素揚げ。
ウロコごと上げているのですが、これがサックサクでかなり美味しい。
メニューには、「漁師のみが知る逸品」と書かれてあって、納得の美味しさです。

こういう小魚って、地元の人しか知らない美味しいもの、ありますよね。
それがいただけるって本当に嬉しいです(^^)

        IMG_7975

鳴門茎ワカメとしらすのサラダ.
小魚と言えば定番のしらすも美味しい。
わかめとしらす、さすがの相性のよさ(^^)

小魚を味わったあとは、大きな魚も・・・。

        IMG_8007

これは、藁焼き鰹のたたき。
高知の名物ですね。
にんにくと葱と一緒に食べると最高に美味しい。

やはり海に囲まれた四国4県だから、海のものばかりなのか?
いえいえ、肉のメニューもしっかりとあります。

         IMG_7985

これは、低温調理のローストビーフ 香味オリーブソース・・・
なるほど、オリーブで小豆島のオリーブね。
上手く結びつけますね〜。

で、この肉が柔らかくて美味しいのです。

そして、肉で四国名物といえば・・・

       IMG_8019

香川名物 骨付き親鳥です。
ちゃんと、ステンレスのオーバルプレートに入って出てくるのが嬉しいですね。
これで、おにぎりもあれば最高なのですが・・・

       IMG_8033

おにぎりではないですが、今治名物の
今治レア焼豚玉子飯をお願いしました。
卵の黄身を、どのタイミングで崩すかが悩ましい^^;

他にも、うつぼ料理、瀬戸内レモンを使った料理など、
気になるものがたくさんありましたよ。



     IMG_7952

            IMG_7947

店内は、カウンター席とテーブル席、そして奥にはちょっといい感じの小上がり席があります。

          IMG_7954

11月はこんなお得な企画もやってるみたいですよ。

そして、ランチタイムの営業もあって、メニューはこんな感じです。

          IMG_7970

北浜界隈にお勤めの方、かなりお得ですよ〜!

四国の美味しいをしっかり体験。
ぜひ行ってみてくださいね!




【四国バル 459】
住 所:大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル B1F    MAP
電 話:06-4708-5419
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

実際に行ってみると、函館と青森のお店って、少し似ているなぁ・・・。そんなことを感じます。函館名物と聞いて思い出すのが、帆立といか。そして青森名物が、まぐろ、いちご煮・・・。よく考えると、両方とも津軽海峡に面した街で、海の幸が美味しい。青函トンネルが開通し ...
続きを読む
実際に行ってみると、函館と青森のお店って、少し似ているなぁ・・・。
そんなことを感じます。

函館名物と聞いて思い出すのが、帆立といか。
そして青森名物が、まぐろ、いちご煮・・・。

よく考えると、両方とも津軽海峡に面した街で、海の幸が美味しい。
青函トンネルが開通して、列車での行き来が出来るようになってからは、
より一層似たようなところが出てきたのではないでしょうか?

そういえば、こちらの函館の居酒屋さんには、
青森の銘酒である「田酒」が置いてあったなぁ。

美味しい津軽海峡の海の幸をしっかり堪能したい・・・。
そんな思いでおうかがいさせていただいたのは、“磯じま”さん。

         IMG_2290

少し高級感の漂う、鮨屋のような外観ですが、
ここは地元の方に愛される、居酒屋さん。

お店があるのは、青森で飲食店がある待っている地域、「本町」。
(ほんまちではなく、ほんちょうと読みます。)

青森駅から歩くと、20分くらいかかりますが、
こちらは飲食店が集まる地域みたいで、多くのお店がありますよ。

店内は、カウンター席が10席ほどと、テーブル席が並び、ゆったりとしています。

予約していたので、テーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。

       IMG_5264

           IMG_5265
 
 IMG_5266

      IMG_5267

           IMG_5268

     IMG_5269


先ずは、オススメから何品かと、気になるものをお願いしましょう。

       IMG_5274

付きだし煮出していただいた、南蛮漬け。
これが美味しかったから、かなり嬉しい気持ちになってきます(^^)

松皮カレイの刺身。

        IMG_5277

鮮度も脂ののりも最高!
醤油につけると、表面にパッと脂が広がりますよ(^^)


そして、岩がき。

       IMG_5280

レモンを絞るだけで美味しい。
旨味と甘味がたまりませんね(^^)

こういうのをいただくと、やはり日本酒が欲しくなってきます。
青森の美味しいお酒、どんなラインナップでしょうか?

      IMG_5271

こちらは、飲み物のレギュラーメニュー。
日本酒の種類は流石にいい感じ(^^)
産地が書いてあるのもいいですね。

         IMG_5270

この日は、こんなお酒も入荷していました。  

料理ができあがる合間に、こんなのもお願いしてみました。


        IMG_5283
身欠きにしんと もろきゅう。 
このもろみ味噌が、かなりいい仕事しています。
ニシンに付けても美味しいし、きゅうりと一緒に食べても最高。
これは、日本酒がすすみますよ。

折角なので、新鮮な魚もいただきます。

        IMG_5292
    
そいの煮付けは、身が骨からホロッと外れるほどに新鮮。
旨味が染み出した出汁と、豆腐やネギも最高に美味しい。


そして、はまちのカマ焼き。

          IMG_5298

これ、かなりの大きさで食べごたえもあって美味しい。
やはり魚、期待以上にいいですね〜(^^)

そして、少し変化球も・・・。

          IMG_5300

米ナスの味噌チーズ焼きと、

    IMG_5308

鳥もも からあげ。

そして、山菜グラタンもいただきます。

    IMG_5305

山菜グラタンは、牡蠣、ホッキ貝、ほたての3種類があったので、
ほたてをいただきました。

この山菜グラタンが、想像以上に美味しかった。

          IMG_5312

海鮮と山菜を、ベシャメルソースがまとめる。
これ、技ありですよ!

      IMG_5314
〆には、味噌おにぎりをいただきます。

具材は、鮭・梅・たらこから選べるので、たらこを。

       IMG_5317

味噌の旨味と、たっぷりのたらこが最高ですよ(^^)

青森の地の利を生かした、新鮮な魚と、センスとアイデアに満ち溢れた料理。
地元の方が大勢押し寄せるのも納得です。

青森に行かれる際は、是非予約をして行ってみてくださいね。








【磯じま】
住 所:青森市本町5−5−2    MAP
電 話:017-723-1892
営業時間:18:00〜翌1:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日祝
駐車場:あり(店前に2台分ほど)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

小さなことからコツコツと・・・これは、西川きよしさんが、座右の銘としている言葉。小さなこととは言いながら、一日の中で起こると、ちょっとだけ幸せな気持ちになれることって、いくつかありますよね。朝の番組でやってる星占いで、上位にランキング。星占いの結果って、 ...
続きを読む
小さなことからコツコツと・・・

これは、西川きよしさんが、座右の銘としている言葉。

小さなこととは言いながら、一日の中で起こると、
ちょっとだけ幸せな気持ちになれることって、いくつかありますよね。

朝の番組でやってる星占いで、上位にランキング。
星占いの結果って、良くも悪くもすぐに忘れてしまうのに、なぜかちょっと嬉しい(^^)

エレベーターが、ちょうど自分がいる階に止まっていた。
宝くじとまではいかなくても、当選したような気持ちになれます。

アイスを買って食べたら、その棒に「あたり」の文字が入っていた。
その後、当たったことを忘れてしまって、当たり棒をなくしてしまうことも^^;


大衆酒場に入って、そこが想像以上にすごく美味しかった。

それは忘れることがなく、必ずリピートしてしまいます。

そんなお店に、先日出会いました。

            IMG_1925

この日にお伺いさせていただいたのは、"大衆割烹 籐八”さん。

中目黒駅から歩いてすぐのところにあるビルの2階にお店はあります。

一見、ごく普通の昭和チックな居酒屋さん。
でも、その実態はほぼすべての料理が手作りで美味しく、
財布にも優しい大人気のお店なのです。


         IMG_3687

ズラリと壁に貼られたメニュー短冊。
本当にいろんなものがあってしかも安い!

   IMG_3688

そして、テーブルの上には、本日のオススメメニューが。
どのくらいの量で、どんなクォリティか、まだ食べていないのでわかりませんが、
気になるメニューがたくさんあります。

昭和チックな大衆割烹。
こう聞くと、会社帰りのサラリーマンのオアシスってイメージがあるでしょうが、
こちらのお店の客層は、若い方や女性が多い。
そして、トリップアドバイザーで見たのでしょうか?
外国人の観光客の姿もちらほら見えます。


さて、気になる料理をいくつかお願いして、先ずはサッポロ赤星で乾杯!

          IMG_3699

本日のお通しは、酢の物。
夏の暑い日に、冷たいビールとサッパリ酢の物。
嬉しいです(^^)
そして、お通しの酢の物もちゃんとしている。

        IMG_3701

店内は、入口を入って右側がお座敷席で、左側にはカウンターとテーブル席。
カウンター・テーブルもいいけれど、
昭和な雰囲気を満喫しながら過ごしたいのならば、お座敷がオススメ。


先ずは、ポテトサラダに、イタリア風ハムカツ。
藤八創業時からの変わらぬ名物料理と言われる、肉じゃがコロッケと、
生ハムエッグをいただきます。

         藤八1

イタリア風ハムカツと、生ハムエッグ。
これって、イタリアンを居酒屋料理にアレンジしたものですよね。
これ、美味しいですよ(^^)
思わずワインを注文してしまいそうになります。

        IMG_3691

今の季節、オススメは「氷結レモンサワー」なのだとか。
あ・・・缶チューハイと同じ名前ですが、その中身は違います。

        IMG_3734

レモンサワーの中に、凍らせたレモンがゴロゴロ。
これ、美味しいですよ(^^)

そして、何気なく注文した「自家製はんぺん」が想像を超える美味しさ。

       IMG_3709

お皿の上には、厚切りの三角はんぺんがふたつ。
これがものすごく柔らかくて美味しい。

     IMG_3723

箸で押すと、ジュワッと出汁が染み出してくるのです。
このクォリティで、たったの450円だというのだから、メニューを二度見しましたよ。

そして、マグロが大好きな私としては、刺し身はもちろん、
カマ焼き・・・いえ、あえて安い方の「まぐろあご焼」を。

      IMG_3716

460円なのだから、そんなに期待していなかったのですが、意外に大きい。
そして、食べてみて更にビックリ!

          IMG_3729

身がタップリで、脂もノリノリ!
かなり美味しいのです。


冷凍にマグロならば、絶対にこの状態にならないはず。
こうなってくると、まぐろカマ焼の方も、かなり気になってきます。
だって、たったの630円でいただけるのですから。

        IMG_3750

日本酒もいろいろ揃っているので、高清水をいただきます。
美味しいマグロと日本酒、最高です!

ここ、本当に何を注文しても美味しいです。
こんなふうに書くと、信憑性がなくなるって言われるかもしれませんが、
本当に美味しいから、他に書き方がないくらい。

こうなってくると、メニュー短冊がみんな美人に見えてくるから楽しいですね(^^)

       IMG_3741

これは、腸詰め。
もちろん、これもお店の自家製。
咀嚼すればするほどに、旨味がどんどん広がります。

そして、日本酒に合うだろうということで、
何気なく注文した梅水晶もすごく良かった。

        IMG_3745

             IMG_3760

透明感満タンのサメの軟骨に自然の旨味が凝縮された梅肉。

改めてメニューを見てみると、本当に色んな料理があるのがわかる。
とりあえず、いろいろ載せておくのが「媚びたメニュー」だとすれば、
ここのはそうではなく、「厳選されたメニュー」。
そう、厳選されたものに美味しくないものがあるはずがない。

そう感じずにはいられなくなる。

        藤八2

鯵のなめろうは、魚の味がいいから、しっかり味が付いていても負けていない。
唐揚げは、ちゃんと骨付きで、骨の周りの肉の美味さも味わえる。
鶏の柚子胡椒炙りは、旨味と柚子胡椒の香り、ピリ辛がクセになる。
そして、イカの塩辛 浜造りは、まるで北海道で食べたあの美味しさが!

      IMG_3769


           IMG_3784

らっきょう、フレッシュヤングコーン網焼きも、
本当に厳選されたクォリティの高いものがいただけ、かなり満足させていただきました。
そして、とても一度来ただけでは制覇できないメニュー。
どれも食べてみたい衝動に駆られます。

ここは絶対にリピートさせていただきたいと思います。



        



【大衆割烹 籐八】
住 所:東京都目黒区上目黒3−1−4 グリーンプラザ 2F    MAP
電 話:03-3710-8729
営業時間:17:00〜23:30
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日・祝日の月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

立呑が人気だ。昔は、立呑といえば、おじさんが仕事帰りに、一杯引っ掛けて帰ってくるところというイメージが強く、若い人や女性が近づき難いイメージがあったが、今はそうではないらしい。中には、女性のお客さんの比率が高く、男性一人では、入りにくいお店もあったりする ...
続きを読む
立呑が人気だ。

昔は、立呑といえば、おじさんが仕事帰りに、
一杯引っ掛けて帰ってくるところというイメージが強く、
若い人や女性が近づき難いイメージがあったが、今はそうではないらしい。

中には、女性のお客さんの比率が高く、男性一人では、
入りにくいお店もあったりするから驚きだ。

何故、立呑が人気なのか?

一番の理由は、安くて美味しいから。
普通の居酒屋に行けば、1,000円近くする刺身盛りが、
立呑に行けば、300〜500円で楽しめてしまう。

中には、イタリアン立呑なんていうお店もあるから、女性に人気なのも納得できる。

でもただ、疲れているときは、ゆっくりと座って楽しみたい・・・


そんな悩みを解決してくれるお店が、大阪天満に誕生した。

          IMG_3648

この日にお邪魔させていただいたのは、イザカヤ 吾福食堂”といって、
今月(2019年8月)オープンしたばかりの新しいお店。

何が凄いってここ、椅子がある普通の居酒屋のような雰囲気なのだが、
お酒も料理もお値段が立呑レベル(いや、それより安いかもしれない)
どれくらい安いかって言うと・・・。

      IMG_3608

        IMG_3609

            IMG_3611

     IMG_3610

生ビール大ジョッキが420円、レモンサワーが250円。
ワインもデキャンタで300円というから驚きである。

「今日は、カツオがめっちゃいいですよ〜」

と、カウンターの中から大将。
そんなアドバイスを見逃すわけがない。

         IMG_3615

食べてびっくり!
本当にめちゃくちゃ美味しい。
脂ののりも、濃厚な味わいも最高!
こんなの、200円で出されたら、自炊するのがアホらしくなってしまいそう^^;

     IMG_3614

蛸のやわらか煮は、大きなぶつ切りのタコがごろごろ。
トロトロに煮込まれている柔らかさではないものの、出汁の味が素晴らしい。

こうなってくると、いろんな料理を試してみたくなってくる。

         IMG_3624
絶妙なロースト加減で、見た目も美しい、
蒸し豚ロースのキムチ添え。

しっとり柔らかく、いくらでも食べられそう。
コチュジャンを少し付けても美味しい。

    IMG_3640

スクランブルエッグポテトは、玉子がふわとろで、絶品!
これがたったの280円というから、思わず笑みがこぼれてしまう。

             IMG_3642

生搾りすだちサワーにも、すだちがタップリでお得感満載。

何気なく、お隣のグループを見てみると、
肉満載のなにか美味しそうなものが・・・。

ここでメニューを再び見てみると・・・
あ、なるほどこれか。

       IMG_3630

ハラミステーキ マッシュポテト添え(530円)
柔らかくてかなり美味しい。
焼き野菜が付いているのも、かなり嬉しい。

      IMG_3645

この美味しさで、この値段。
そして、明るく温かい接客も人気の秘密なのかもしれない。

もうすでに、大人気状態ではありますが、
ぜひ今のうちに行っておいたほうがいいお店だと思いますよ。








【イザカヤ 吾福食堂】
住 所:大阪市北区天神橋4−6−19 サンプラザ井上ビル 1F    MAP
電 話:06-6358-8822
営業時間:16:00〜24:00  ※土日は、15:00から営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

青森と北海道の間にある津軽海峡。有名な歌のせいもあってか、冬の寒いイメージが定着しているような気がします^^;今のように、青函トンネルがなかった時代、北海道に渡るには、青函連絡船に乗らなければいけなかった。青森から函館までを、約4時間もかかって・・・。ちなみ ...
続きを読む
青森と北海道の間にある津軽海峡。
有名な歌のせいもあってか、冬の寒いイメージが定着しているような気がします^^;


今のように、青函トンネルがなかった時代、
北海道に渡るには、青函連絡船に乗らなければいけなかった。
青森から函館までを、約4時間もかかって・・・。

ちなみに今でも、4時間掛けて船に乗って渡ることが出来るのですよ、津軽海峡。

津軽海峡フェリーと、青函フェリーという、2つの選択肢があります。

津軽海峡フェリーは、青森〜函館が2,220円(最安)で、
青函フェリーは、青森〜函館が1,600円(最安)。
所要時間は共に約4時間。

※青函連絡船運行時の運賃が2,000円だったから、リーズナブルですね。

函館観光のときも、青森に立ち寄って、ちょっとプラスアルファの楽しみ、
加えてみるのもいいものかもしれませんよ。


さて、そんな青森での夜、
美味しいものを食べるのならばこちらのお店が中々良かった。

            IMG_9671

お邪魔させていただいたのは、“石と肴 地雷也”さん。

お店選びを失敗したときに、「地雷踏んじゃった・・・」なんて言いますが、
こちらのお店は、その意味が全く逆。
地雷どころか大当たりなのです(^^)

事前に電話で予約させていただき、お邪魔させていただいたのですが、
早目の時間からたくさんのお客さんが入っています。

席に案内していただき、飲み物のメニューを・・・。
生ビール、地酒、ハイボール、ワインなど、いろんな物が揃っています。

「飲み放題プランのメニューもございます。」
「え、当日でもいいのですか?」
「はい、大丈夫ですよ!」

そういって、示していただいたのがこれ。

        IMG_9613

2時間、1,680円で、選べる種類が増える“プレミアム飲み放題”は、こんな感じ。

   IMG_9612

いろんな日本酒が飲みたいのと、生ビールで「サッポロSORACHI」が選べるので、
プレミアム飲み放題をお願いしました。

          IMG_9614

先ずは、サッポロSORACHIで乾杯!
このビール、香りが素晴らしく、味わいに深みがあって美味しいのです(^^)

ビールが提供されると、お通しだ出されるのは、全国共通。
お通しが廃止される流れもあるようですが、こんな素敵なお通しが出てくるとなると、
あってよかたなぁ〜って、思います。

       IMG_9629

大きなバイ貝と大根、半熟煮玉子の炊合せ。
貝の鮮度が桁違い!
最初からちょっと・・・いえ、かなりビックリです(^^)

これは、料理に期待が持てるぞぉ!
というわけで、メニューを確認します。

  IMG_9619

      IMG_9620

            IMG_9621

     IMG_9622

海鮮メインかと思いきや、肉も野菜もいろいろあります。

      IMG_9610

さらに、本日のオススメや、
ここでしか食べられないようなメニューも。

        IMG_9611

どれもリーズナブルですよね。
では、気になる料理をいろいろ注文してみることにします。

     IMG_9631

先ずは、本日のオススメの中にあった、フジツボ酒蒸し。
殻を割って、中身をいただきます。
少し手間はかかりますが、身は貝のように旨みたっぷりで美味しいですよ(^^)

そして、ホヤ。

        IMG_9635

そういえば、ホヤを食べたのは、5年前に岩手、大船渡に行ったとき以来かも?

肉もいろいろあるけれど、やはりせっかくの青森、海鮮をもっと食べたい・・・。
そういえば、本マグロの中トロもあったなぁ・・・。

        IMG_9641

メニューに、「本日一押し!」と書かれた、本マグロの中トロは、
雲丹といくらも付いて、900円と安い。

           IMG_9645

多めに山葵をのっけていただくと、口の中でとろけます。

そういえば、青森といえば大間。
大間のマグロ・・・・
それはどうかわかりませんが、かなり美味しいマグロですよ!

そして青森らしく、にんにくの丸揚げ。

      IMG_9644

大きな青森産のにんにくが、ホクホクに揚げられていて美味しい。
味噌とバターがまた、いい仕事してます(^^)

いろいろ美味しそうな料理がある中、
どうしてもおすすめメニューに目が行ってしまいます。

         IMG_9654

その中のひとつ、八戸産の銀サバ一夜干し。
皮はパリッとしていて、食べると旨味が口の中一杯に広がります。
それにしても、大きい(^^)

お店の名前が、「石と肴」とあるだけに、石焼き料理も美味しい。

        IMG_9659
これは、マンガリッツァ豚 田楽味噌焼は、
この大きさ、この厚みで800円とかなりいい感じ(^^)

〆には、バターソース焼きそばもいただき・・・

        IMG_9662

うわ! これめっちゃ美味しい(^^)
ちょっと油断してましたが、ホタテとイカがバター風味の焼きそばと、かなり合います。

       IMG_9661

いろんなメニューがたくさんあって、どれもきちんとしていて美味しい。
そして、スタッフの方も元気で気持ちよく接してくださる。
地元に人で賑わっているのも納得です。

        IMG_9623

こちらのお店以外にも、鮨、わらやき、そしてワンランク上の「極(きわみ)」と、
4店舗のお店があるようです。
他のお店もすごく気になります。
今度青森に来るときにも、ぜひお邪魔させていただきたいと思います。









【石と肴 地雷也】
住 所:青森市本町2-5-14 2F   MAP
電 話:017-777-6866
営業時間:17:00〜翌1:00(L.O.24:00)  
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・大人気のブランド牛。日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・ ...
続きを読む
仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・

大人気のブランド牛。
日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。

そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、
豚肉「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。

お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・・・。

肉玉は別にして、関西以外では豚肉が使われていることがほとんど?

肉まん(確かに豚肉。そういえばあれは豚まんですよね^^;)
肉うどん(デフォルトは豚肉なんだとか)。
肉そば(いわゆる、チャーシュー麺)。
焼肉弁当(牛焼肉弁当が登場して、初めてあれは豚肉だったと気がつく^^;)


こう書くと、豚肉が牛肉よりも劣るみたいに感じますが、
それは大きな間違いです。

先日食べたこの豚肉なんて、甘く口の中でとけて、感動的な美味しさでした。

         IMG_7894

この日にお邪魔させていただいたのは、西中島南方にある、
豚肉に特化した居酒屋さん、”ぶたざんまい”さん。

        IMG_7831

こちら、ただの豚肉居酒屋ではなく、
幻の豚肉をいただくことができるお店でもあるのです。

幻の豚肉「愛媛 甘とろ豚」。
わずか36℃で口どけし、
純白の脂身が口の中で素晴らしい甘みとともに広がってゆく。

この「愛媛 甘とろ豚」を生産する農場は、わずか5箇所だけ。

         IMG_7854

そんな希少な豚肉が、こちらのお店では味わえるというのです。

そんな「愛媛甘とろ豚」を、この日は出汁しゃぶしゃぶで楽しませていただきました。

        IMG_7845

お通しも、豚居酒屋らしく、豚味噌と冷シャブ。
ボーッとしながら食べると、これがまた美味しい!
これで、こちらのお店が豚肉に対して自信があるのがわかります。

お通しをつまみながら、冷たい生ビールをいただきます。
こちらのお店では。アサヒスーパードライの生ビールをいただくことが出来ますよ。

      IMG_7861

しばらくすると、念願の「愛媛甘とろ豚」が登場。
これを、

         IMG_7856

たっぷりの白髪ねぎ、青ネギ、レタスなどの野菜と一緒に楽しみます。

出しがある程度熱くなったら、まずはたっぷりと野菜を投入。

        IMG_7866

これで準備完了。
あとは、豚肉をさっと湯通ししていただくのみ。
あっ・・・この豚肉は、わずか36度で溶け出すので、さっと泳がせるようにしていただきます。

             IMG_7869

こんな感じで、もう大丈夫。
まずはそのまま出汁につけていただきます。 

      (^^)(^^)(^^)

ヤバイ!
本当にトロケます(^^)
これはすごいですねぇ・・・。
ちょっと初体験レベルかもしれません(^^)    

              IMG_7873

次に、たっぷりの白髪ねぎと一緒にもいただきましょう。

はい、美味しいに決まっていますよね(^^)
豚肉とネギ、かなり相性が良いですよ!

一口食べれば、テーブルを囲むメンバーはしばし無言。
ひたすら豚肉を食べ続けることになってしまいます。

     IMG_7894

そして、豚肉のおかわり。
これは、おかわりしちゃいますよ(^^)
この脂の甘味は本当にクセになる。
   
            IMG_7885

これを食べているときは、
神戸牛も、松阪牛も、仙台牛も記憶の中から消えてしまいそうになります^^;

折角なので、カツサンドも注文して、みんなでシェアしてみます。

         IMG_7897

あはは。
自然と笑みがこぼれますね(^^)

鍋の〆は、ネギたっぷりのうどんで。

         IMG_7903

豚肉の旨味が染み出しただしで食べるうどん、最高です(^^)

鍋の他にも、いろいろ美味しそうなメニューがありましたよ。

   IMG_7835

        IMG_7836

             IMG_7837

  IMG_7838

       IMG_7839


                    
            IMG_7840

そして、ランチメニューはこんな感じです。

         IMG_7851


多分、大阪に初進出の「愛媛甘とろ豚」、ぜひ味わってみて下さい。
ちょっと感動しますよ〜!
              









【ぶたざんまい】
住 所:大阪市淀川区西中島4−6−5    MAP
電 話:06-6305-8833
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

幻の酒とか、焼酎ってありますよね。昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!そんな事を言っていたのを覚えています。今有名なのは、森伊蔵。ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出 ...
続きを読む
幻の酒とか、焼酎ってありますよね。

昔は、越の寒梅が入手困難で、あれば即買い!
そんな事を言っていたのを覚えています。

今有名なのは、森伊蔵。
ネットオークションなどで、高値で売買されていますが、
蔵元が電話予約販売を行っていて、抽選に当たると、定価で買うことも出来ます。
森伊蔵、抽選販売のHPはコチラ

さて、入手困難なお酒で有名なのは、「十四代」。

もはや、定価で入手しようなんて確実のムリかと思えるお酒で、
お店で飲むことさえも、困難かと・・・。

でも実は・・・・。

             IMG_7444

  IMG_7447


             IMG_7455

こちらのお店で、飲むことが出来るかも・・・。
メニューには載ってない裏メニューですが、ぜひ聞いてみてください。
あれば、1杯1,000円〜3,000円でいただくことが出来ますよ。
(十四代のこのお酒、一升瓶30,000円くらいで出回っているので、安いくらいですよ!)


この日にお伺いさせていただいたのは、"明石八 江坂店さん。


    IMG_7339

御堂筋線・北大阪急行線の江坂駅を降りてすぐのところに店はあります。

         IMG_7341

昼は定食、そしてそれだけではなくて、昼からバッチリ呑めちゃおうお店なのです。

お伺いさせていただいたのは、GW真っ最中。
そんな日でも、お得なアテとドリンク、やってますよ〜。

入り口の写真入りメニュー、思わず見いいってしまいそうですが、
店内でゆっくりと確認しましょうね〜

      IMG_7348

店内はかなり広く、2階席もあって100席はあるのではないでしょうか?
そんな中、1階のテーブル席を陣取ります。

超レアアイテムの十四代もいいですが、こちらのお店の目玉は、
目を疑う値段のハイボールと、新鮮な刺し身。

          IMG_7379

平日であろうが、週末、GW、お盆であろうが、夕方5時までは、
ハイボールが39円!
何杯飲んでも、39円なのです。

ただし、それには条件が・・・。
一つは、開店時間から17:00まで、
そして、注文する方が成人していらっしゃること、
そして、お通しを注文すること。


たったそれだけです。

お通しは3種類から選べるので、嬉しいですね。

          IMG_7355

この日にお通しは、マカロニサラダ、春雨の酢の物、筑前煮。
好みに応じて選ぶことが出来て、しかも美味しい。

お通しを注文し、お得なドリンクで乾杯!

        IMG_7346

39円のハイボールだけではなく、生ビールも193円で楽しむことが出来ます。

そして、料理のメニューは・・・

     IMG_7344

         IMG_7352

どれも、驚愕のお値段!
カツオのたたきと、ハマチの刺身なんて180円ですよ。
で、180円の刺身がどんな感じかと言うと・・・

     IMG_7370

           IMG_7366

厚みといい、味わいといい文句なし。
これ、本当に180円でいいのかなぁって思ってしまいます。

実はこちらのお店、天満市場の魚屋さんが経営されているとのこと。
それで、魚の鮮度と安さはピカイチなのです。

    IMG_7388

赤貝も、このボリューム、この鮮度で380円。
本当に信じられないくらいにお値打ちです。


再びメニューに目を落とすと、本マグロの中トロが780円、
本マグロの紅味の刺身が680円とのこと。

中トロと紅味の値段差が、100円だけ。
で、それは何を意味するかと言うと・・・。

      IMG_7415
こちらが中トロです。
口の中で、一瞬にしてとろけてゆくのです。

そして、こちらが赤身。

    IMG_7402

赤身と言っても、しっかりと脂が回っていて、ほぼ中トロ。
これはかなりお得です。
マグロ好きの私も、しっかり満足させていただきました。

テーブル席の奥の壁を見上げてみると・・・

       IMG_7349

ズラリと並ぶ、写真入りのメニュー。
こういう仕掛けがしてあると、ついつい注文してしまいます。

    IMG_7395

とろとろに柔らかく煮込まれた、名物チャーシュー盛は、
味玉、キムチも付いて380円。

そして、串カツを注文すると、
お約束、二度漬け禁止のソースも一緒に持ってきてくださいます。

   IMG_7435

        IMG_7430

何杯飲んでも、1杯39円のハイボールもすごいですが、
何を注文しても安くてハイクォリティ。
実際に行ってみて人気の理由が納得できました。

この安さと美味しさ、是非体験してみてください。
確実に、クセになりますよ!







【明石八 江坂店】
住 所:吹田市江坂町1−23−37 グウビル 1F    MAP
電 話:06-6387-8602
営業時間:11:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。先日、そんな風に聞かれました。ひとりめし。みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、1人でいっても浮かない、他にもおひとりさまが、何人もいる。そんなところなんでしょうね。基本、カレー屋さんやラーメン ...
続きを読む
ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。

先日、そんな風に聞かれました。

ひとりめし。
みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、
1人でいっても浮かない、
他にもおひとりさまが、何人もいる。

そんなところなんでしょうね。

基本、カレー屋さんやラーメン屋さんは、おひとりさまが多く、
イタリアンやフレンチにおひとりさまって、意外と少ないのかもしれません。
それと、お好み焼き、鍋物のお店も、グループ向けですよね。

でも、おひとりさまで楽しめるしゃぶしゃぶのお店ってあったような・・・。

1人にひとつ、コンロがあって、自分で好きなように食べることが出来る。

1人にひとつではないですが、先日行ったこちらのお店は、
ひと組(2〜3人)にひとつ、カウンターの目の前に七輪があって、
お店の方がちょうどいいタイミングに焼いてくれるのです。

          IMG_4711

自分で焼くのではなく、お店の方が目の前でつきっきりで焼いてくれるから、
絶対に失敗がなく、絶妙のタイミングで食べられる。

福岡、天神の街の片隅にひっそりと隠れ家のように存在するこちらのお店、
“炉ばた 三光橋”。

             IMG_4746

赤い提灯に「三光橋」と書いてある目印を見つけると、
そこの通路を更に奥へ。
すると、お店の入口を見つけることが出来ます。

        IMG_4744

赤い提灯と、「三光橋」と書かれた入り口上の行灯がなければ、
この扉を開けるには相当勇気がいるのかもしれません。
そんな雰囲気なのですが、お店の中に入ると、元気な掛け声とともに出迎えてくださいます。

    IMG_4694

厨房を囲むようにカウンター席が並び、席数は20席ほどでしょうか?
それぞれの席の前には、炭火が入った七輪が並べられ、
そこで旬の食材を焼いて楽しむことが出来るようです。

             IMG_4700

生ビールを飲みながら、何を焼いてもらおうかと悩みながら、ズラリと並ぶお品書きを眺めます。

  IMG_4698

オススメは、鶏盛と、本日の野菜の盛り合わせなのだとか。
とりあえず、それはお願いして、あと他に気になるものも見てみることに。

           

   IMG_4695

            IMG_4726

気になるものをいくつかお願いすると、順番に目の前で焼き上げてくださいます。
何が嬉しいかと言うと、いちいち焼き加減を気にすることなくても、
絶妙のタイミングで、「どうぞ〜」って声をかけてくれること。

     IMG_4709

焼き物は、塩、胡椒、柚子胡椒のほかに、
ポン酢と玉子、ネギが入った特製のタレで食べるのが美味しいのだとか。

            IMG_4718

食べるとまた次を。
そんな感じで、こちらのペースに合わせて焼いてくれるのが嬉しいです。

      IMG_4721

焼き揚がったら早速特製のタレをたっぷりと付けていただきます。
これが、想像以上に美味しかったから、他にもいろいろ追加でお願いしちゃいました。

       IMG_4742

鳥ハラミ焼き。
これに柚子胡椒をちょこっと乗っけて食べるとかなりイケます。

       IMG_4717

ミョウガとセロリの酢の物で、途中さっぱりと。
これもすごく美味しいですよ(^^)

鳥盛、野菜盛りを食べ終えても、まだまだなにか食べたい気分。

         IMG_4696

ずらりと並んだ、お品書きの札とにらめっこしましょ。

「すみません、あげまき貝と、雲仙ハムをください」

昔は、瀬戸内海にもたくさんいたとされる、あげまき貝も、今では有明海に少しいるのと、
あとは韓国から入ってくるものがほとんどなのだとか。
ある意味、希少な食材かもしれません。

そして、雲仙ハムは、以前行ったこちらのお店で食べたものが忘れられなくって。

     IMG_4727

こんな感じで、焼けていくのを眺めているのもいいものですね。

          IMG_4730

表面はカリッと、中はジューシィに焼き揚がった雲仙ハム。
粒マスタード、マヨネーズをお好みで。

そして、あげまき貝はこんな感じ。

        IMG_4733

これが甘くてめっちゃ美味しいんよね〜(^^)

           IMG_4739

これだけ新鮮な素材を炭火で炙って、焼き立てを楽しめる。
そして、お値段もリーズナブルなのが嬉しいです。

入店したときは、早い時間だったので、店内の様子も落ち着いて撮影できましたが、
出るときは満席御礼。

超が付くほどの人気店なのて、是非予約していってみてくださいね。
口コミ以上のお値打ち、ありますよ(^^)








【炉ばた 三光橋】
住 所:福岡市中央区春吉3−22−17    MAP
電 話:092-712-7373
営業時間:17:00〜24:00
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

今では、固く禁じられている一気飲み。大学生の頃、飲み会やコンパでよくやりました。♪今日もお酒が呑めるのは ◯◯さ〜んのおかげです! そ〜れ、いっき いっき  呑め! ハケ! ◯ぬまで呑め!♪まぁ、いろいろやりました。なんか、昔っていろいろ無茶苦茶だったよ ...
続きを読む
今では、固く禁じられている一気飲み。

大学生の頃、飲み会やコンパでよくやりました。

♪今日もお酒が呑めるのは ◯◯さ〜んのおかげです! そ〜れ、いっき いっき
  呑め! ハケ! ◯ぬまで呑め!♪


まぁ、いろいろやりました。
なんか、昔っていろいろ無茶苦茶だったような気もします。

そんな宴会コールの中で、ドレミの歌っていうのがありました。

先ずは、グラスを8個用意します。

8個のグラスを並べて、端から順番にビールを注いでいくのです。
あ、満タンにするのではなく、コップメロディをするときみたいに、
端から少しずつ入れていって、中身をだんだん増やしてゆくのです。

ちょうど、コップを箸でたたくと、♪ドレミファソラシド♪ってなるような感じで。
その、だんだん中身が増えてゆくコップのビールを、
全部順番にひとりで飲んでいくのが、ドレミの歌。

ドはドーナツのド(ここで最初の1杯)
レは檸檬のレ(ここで2杯め)
ミはみんなのミ(そして3杯め)・・・


こんな風に続いていく、ドレミの歌、これがかなりキツイ!

こちらのお店のこれを見た時、
思わずそのことを思い出してしまいました。

      IMG_4286

これは、「出世サワー」と言って、おかわりするごとに、
グラスの大きさが大きくなってゆくのです。
しかも、1杯の値段はどれも490円で変わらず・・・。

そんな素敵なサワーがあるお店、
堺東にある大衆酒場 天ぷら娯楽”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_4277

お店はこのビルの2階にありますよ。

    IMG_4279

店内は、コの字型のカウンター席と、テーブル席があります。

          IMG_4284

この、ドリンクがたくさん入ったものは、ドブ。
 
       IMG_4289

こんな感じで、楽しみ方も書いてあるから嬉しい。
わかりなかったらお店の方が親切に教えてくださいますよ(^^)

とりあえず、瓶ビールで乾杯。
 
           IMG_4298

付き出しの肉豆腐がかなり美味しい(^^)
こういうのが美味しいと、嬉しさも2倍ですね。

瓶ビールのサッポロラガー(赤星)もいいけれど、
気になるのはやはりこれ。

      IMG_4286

なんとなく、チャレンジできそうなのでやってみましょう。
全部(5杯)の飲んでも、2,500円でお釣りが来る。
気軽にやっちゃえ!

           IMG_4308

ポテサラを食べて、気持ちを落ち着かせましょう。
のっかってるクラッカー、リッツってたまに食べるとすごく美味しい。
大げさかもしれませんが、世の中にこんなの美味しいものがあるのかって思ってしま・・・
それは言いすぎか^^;

      IMG_4320

まずは1杯目。
これは小ジョッキですね。
レモンサワーのレモンがその大きさ(小ささか!)を物語っています。
そして、このカードが1杯目注文の証なのだとか・・・。
(なんで、セーラーマーキュリーのカードなんでしょうね^^;)

          IMG_4318

炙りしめ鯖が美味しい。
日本酒のほうが合うのかもしれませんが、今日はサワーがお供です。
あっという間に1杯目を飲み干し、2杯めへ。

        IMG_4334

おぉ、今度は中ジョッキですね。
これで通常のレモンサワーと同じくらいの大きさか?
カードは、セーラーマーズ。

そろそろ、お願いした天ぷらも揚がってきました。

       IMG_4333

やっぱり海老天は外せない。
プリップリで大きなエビが嬉しいですね。
塩がオススメですが、天つゆで食べるのも美味しいんですよね(^^)

2杯めも美味しくいただき、いよいよ3杯め。

         IMG_4356

おぉ、このあたりからグラス・・・いえ、これはジョッキですね。
しかも、大ジョッキ。
迫力が出てきました!
一緒に差し出されたカードは、セーラー・・・ん?
あ、セーラーヴィーナスだ!
何だか、ちょっと違うお店でお酒を飲んでる気持ちになって来たゾ^^;
(それにしても、セーラームーンのHPを見ながら、ブログを書くことになるとは思わなかったわ^^;)

      IMG_4346

サクッとした食感がうれしい、春菊の天ぷら。
流石の揚げ加減で美味しい。

     IMG_4326

手作りの水餃子も中々のレベル。
これ、オススメします(^^)

             IMG_4353
キス梅しそ。
大葉と梅の味わいがクセになる。
サワーと天ぷらってよく合いますよね(^^)

さて、いよいよ3杯めの大ジョッキも飲み干して、未知の世界の4杯めへ・・・。

        IMG_4410

サーバーから4杯めのグラスにサワーを注ぐ店員さん。
不敵な笑みを浮かべているように見えるのは、気のせいでしょうか?
それにしても、デカすぎませんか^^;

       IMG_4414

出来上がってきた4杯めのサワーはこんな感じ。
これも1杯、490円です。
(あれ・・・4杯めのカード、グラスの大きさに気を取られて、撮影してないぞ!
          たしか、セーラージュピターが描かれていたような気が・・・)


流石に、この段階でこの大きさのサワーを飲み干しのはかなりキツかった^^;;;

というか、流石に酔っ払いましたよ、これは。

その他、こんなものもいただきました。

   IMG_4361

アスパラ豚巻きの天ぷら。

          IMG_4383

   ホッケの天ぷらは、鬼おろしとともに。

そして、名物のアテ巻きも、3種類ほどいただきました。

     IMG_4387

手前から、「うなたま」、「梅しばらっきょ」、「トロたく」です。
こぼれた具もアテになるから、嬉しいですね。

そうそう、チャレンジには至りませんでしたが、ラスボス・・・ぢゃない、
出世サワーの終着駅、5杯めのグラスはこんな感じです。

             IMG_4418

左側に並ぶのが、私たちがたどり着いた、4杯めのグラス。
こりゃぁ、ムリだわ!
でも、でもですね、今までに4人だけ5杯目まで飲み干した人がいるのだとか。
途中で引き返す・・・
いえ、あきらめる勇気のある方のみ、挑戦してみてはいかがでしょうか?
盛り上がるのは間違いないですよ〜(^^)




        





【大衆酒場 天ぷら娯楽】
住 所:堺市堺区北瓦町2−3−23 駅前第一ビル 2F    MAP
電 話:072-247-7721
営業時間:16:00〜24:00(L.O.23:00)  
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

出張にはどんな交通機関を使うことが多いでしょうか?私は飛行機を使うことが多いのです。一昔前にこう言うと、なんだか贅沢な感じがしたのもなのですが、今ではこれが一番リーズナブルに移動できるのです。交通費だけを考えると、新幹線に軍配が上がるのですが、宿泊費を込 ...
続きを読む
出張にはどんな交通機関を使うことが多いでしょうか?

私は飛行機を使うことが多いのです。
一昔前にこう言うと、なんだか贅沢な感じがしたのもなのですが、
今ではこれが一番リーズナブルに移動できるのです。

交通費だけを考えると、新幹線に軍配が上がるのですが、
宿泊費を込みで考えると、こちらのほうが安い!

(日時と宿泊場所にもよりますが)

そして、じっと座っていなければならない時間も短い・・・

とはいえ、新幹線は車内でいろんな事ができてしまう。

読書、パソコン仕事、食事、お昼寝・・・

帰りならば、ビールで乾杯!
そんなことも。

そういえば、東海道新幹線で、泡が美味しいビール、
プレミアムモルツの神泡サーバーを使ったビールの販売が行われているそうです。
(こちらのサイトに詳しく書いてますよ!)


そんなプレミアムモルツの体験会に参加。

     kamiawa1

その後の懇親会は、大阪福島にある、
“TOKIN(ときん)さんにお邪魔させていただいたのですが、
そこが本当に美味しかったのです。

     kamiawa3

           kamiawa2


大阪環状線の福島駅のすぐ近く、JRの高架下のあるこちらのお店は、
平成とともに生まれ、30年の歴史を持つお店なのですが、本当に美味しかった。

超達人店のこちらは、ビールはもちろん、唐揚げ、餃子など、食べるものすべて感動。

すっかり気に入ってしまったので、後日、小学生時代の友人を誘い、
もう一度行ってきました!


         IMG_3925
福島駅の改札口をでて、北へ少し歩くとJR線の高架下に市場跡の商店街があります。
「福ろうじ」っていうんです。
(大阪では、路地裏などの路地のことを、「ろうじ」っていうんですよ。)

  IMG_3849

中に入って、30mくらいのところにお店はあります。

        IMG_3850

お店の入口に、ずらりと並ぶPOP。

   IMG_2355
おいしい前菜&スピードメニュー、おいしいサラダ、おいしい揚げもの、
おいしい手作り餃子、おいしい焼き&炒め、おいしい玉子焼、美味しい鍋・・・。

そして、お店の歴史が写真入りで紹介されていたりして・・・。

     IMG_2358

            IMG_2357

まぁ、これを見ただけでもマメで真面目に努力されてきたのがわかります。

この日も、前回と同様、2階のテーブル席に案内していただきました。

    IMG_3855

店内は、1階はカウンター席とテーブル席があり、
2階はこんな感じでテーブル席が3つあります。

まずは生ビールで乾杯!

       IMG_2378

こちらのお店では、調達人が入れた、
マスターズドリームの生ビールをいただくことができますよ。

唐揚げは是非また食べたし、餃子も美味しい・・・。
さて、今回は何をお願いしようかな。

         IMG_3856

表のPOPに書いてあった、おいしいメニューはこんな感じです。 

     IMG_3857

飲み物もいろいろ揃っていますよ。

         IMG_3859

いろいろ気になるものをみんなでお願いしました。
その中から、最初の料理は黒豆えだまめ
 
       IMG_3869

あ・・・冷凍のいつものやつかと思ってましたが、そうではなく美味しい。
へぇ、こんなとこまでも丁寧にやるんだ。
最初から嬉しくなってきます。

そして、焼豚。

         IMG_3866
厚切りで柔らかくて美味しい。
さっと出るおつまみにこういうのがあれば嬉しいですよね(^^)

そして、海老の水餃子。

          IMG_3872

食べると先ず、白菜の旨みが口いっぱいに広がります。
凝縮された旨味がすごいんです!
そして、その後から海老のプリップリ感と一緒にその旨味を感じる。

ご主人に話を聞くと、海老のみとすり身を両方使って、
白菜は手で絞るときの感覚が大事なのだとか。

まぁ、スゴイ餃子です!
これは、前回はいただかなかったのでう初体験。
素晴らしいもの、まだまだ持ってますね(^^)

そして、餃子(にんにく入り)

     IMG_3876

水餃子のモッチリした皮に対して、こちらは薄皮の餃子。
肉の食感とキャベツの甘味のバランスが素晴らしい!
何個でも食べ続けていたい感覚になってしまいますよ(^^)

そして、こちらのお店に来たら、絶対に食べてほしいのがこれ。

           IMG_3878

鶏から揚げ。
メニューには、並(5ケ)、小(3ケ)って書いてありますが、
人数によって個数の相談に乗ってくれるかも。

カリッとした食感のあと、溢れる肉汁が美味すぎる!
鶏の旨みを最大限に活かした下味がついているのですよ。
食べた瞬間に、「これはちょっと真似できないなぁ・・・」って思いましたよ(^^)

そして、もう一つ餃子を。

      IMG_3886

今度は、タコ餃子をいただきます。
中には歯ごたえ抜群の新鮮なタコが入っていてこれもすごく美味しい。
それにしても、すべての料理にこだわりを持っていらっしゃいます。
これは、注文するのが楽しくなてきたぞ!

であれば、なるべくシンプルなものを注文してみてはどうなるか・・・

    IMG_3888

玉子焼をお願いしてみました。
なるほど、中華料理屋さんに出てくるような感じの玉子焼ですね。
でもね、これも美味しい(^^)
そのまま食べても美味しいですし、チリソースをつけると、また違った味わいも楽しめますよ。

店内をきょろきょろ見渡すと、壁にもメニューがあるのを発見。

            IMG_3862

「いぶりがっこって何?」
「秋田の名物で、漬物を囲炉裏の上に吊るして、燻されたもので・・・」

そんなことよりも、北海道農家の炙りベーコンステーキっていうのが気になる。

     IMG_3893
というわけで、お願いしてみました。

表面が黒いのは、焦がしたわけではなく、そういう加工がしてあるからなのだとか。

          IMG_3897

店主、目の前で切り分けてくださいます。

    IMG_3899

食べてみると、思ったよりも塩分が濃くなく、しょっぱくないのです。
だから、肉の旨味をより感じることができます。

北海道にちなんでってわけではないのですが、じゃが揚げもいただきます。

          IMG_3905

皮付きの大きなポテトフライ。
このタイミングで熱々をハフハフいいながら食べるのも美味し(^^)

そして、〆にはやはりラーメンを。

     IMG_3915

ピリ辛が美味しい味噌ラーメン。

           IMG_3921

オンリーワンな味わいで美味しいです。
そういえば、こちらのお店の最初は、ラーメン屋さんだったのですよね。

平成がはじまった頃、ラーメン専門店として誕生した「TOKIN」さん。
平成の時代が次に移り変わろうとしている今も、更に進化し、
多くのお客さんに愛されているようです。

         IMG_3922

大将と女将さん。
お二人の笑顔に癒やされながら、美味しい料理とビールを楽しみたい。
そんな方々が多いのだと思います。
私もすっかりファンになってしまいました。
また友人を連れて、お邪魔させていただきたいと思います。

       










【TOKIN(ときん)】
住 所:大阪市福島区福島7−11−51    MAP
電 話:06-6453-2137
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜翌1:00 ※土祝は、22:00まで。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加