美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: カレー

限られた時間のランチタイムは、まさに戦争だぁ〜^^;お昼の12:00から1:00の間の1時間、内勤の人にとってランチタイムはまさに戦争。昼休み寸前にかかってくる、面倒くさい電話。ビルの中間階にオフィスがあって、エレベーターが満員でいつまで経っても乗れない。外に出ると、 ...
続きを読む
限られた時間のランチタイムは、まさに戦争だぁ〜^^;

お昼の12:00から1:00の間の1時間、内勤の人にとってランチタイムはまさに戦争。

昼休み寸前にかかってくる、面倒くさい電話。
ビルの中間階にオフィスがあって、エレベーターが満員でいつまで経っても乗れない。
外に出ると、目の前で赤信号。
お目当てのお店は、既に行列が。
列が少ないと思って並び始めると、
後ろから来たグループが何故か自分の前の人と合流・・・。


          IMG_3708

     列への代表並びは、ダーメリック

中々インパクトのあるPOPですね。

そんな人気のお店、"ニッポンカリー オルタナ”さんへ。

        IMG_3709

福島にお店があったときは、何度かお邪魔させていただいたことがあるのですが、
こちら天神橋に移転してからは、このときが初めての訪問なのです。

こちらのお店は、水曜日と木曜日が「ニッポンカリー オルタナ」として、
それ以外の曜日は、「カフェ トキオナ」として営業なさっているようです。

         IMG_9919

店内は、1階に厨房と2人がけのテーブル席が並び、
2階は広々とした4人がけテーブル席、そして吹き抜けのところに階下を見下ろすような感じで、
カウンター席があります。

この日は、2階のテーブル席に座り、メニューを眺めます。

    IMG_9920

以前は、毎週水曜日のみの営業で、「水曜日のオルタナ」という名前だったのですが、
今は木曜日にも店を開け、「木曜日もオルタナ」とも名乗ります。

水曜日のスパイスカレーに対して、木曜日はスープカレー。
綺麗なイラストで描かれたメニューは、見やすくて食欲もそそられますね。

お願いしたのは、あいがけカリーに、パクチーをプラス。
スープカレーであいがけとは・・・

いつも食べるスープカレー・・・いわゆる札幌スタイルのスープカレーだと、
"あいがけ”という概念はなく、ベースとなるスープカレーに、
好きな具材を加えて自分好みにカスタマイズしていくわけですが、
こちらのスープカレーはそんな感じではなさそうですね・・・。

スパイスカレーがあって、それにプラスでスープカレーが付いてくるのか?
実際に出てきたスープカレーはこんな感じです。

         IMG_9923

あら・・・
本当にスパイスカレーとスープカレーが両方付いてきた!

あいがけプレートの方は、具だくさんのカレーにご飯が挟まれている感じ。

      IMG_9925

このままでも混ぜ合わせたりして美味しく食べられそうな感じですね。

           IMG_9929
それにプラスで、スープカレー本体が、お店の名前が入った深めの器に入って登場します。
思わず見とれてしまうほど、器もお洒落。
カレーって、オシャレな食べ物だったんだ実は・・・
そんな風に思ってしまいますよ(^^)

      IMG_9933

スプーンでスープカレーの中を探ってみると、キャベツ、厚切りベーコンなどが出てきます。
これ、このままでも充分に美味しいですよ(^^)

でも折角スープカレーなのだから、スープカレーらしい食べ方もやってみます。

         IMG_9944

おぉ〜、これは極上!
旨味とご飯、これはたしかに最強かも?

   IMG_9942

では、こちらのカレーの方もいただいてみましょう。
アサリしぐれにスパイスという考え方、なかなか新しい(^^)
これ、ご飯に合いすぎすので、気をつけなければ全部食べてしまいそうに・・・。

           IMG_9938

そして、牛しぐれ。
ただ甘辛く炊いているのではなく、きちんとスパイスの風味がしていますよ。

それぞれを、スープカレーにつけていただくと、躍りだしたくなるほどに美味しい(^^)

後半は、牛しぐれ煮カリー、アサリ佃煮カリーをご飯と混ぜて、
スープカレーに浸して食べるが、かなりオススメです!

     IMG_9948

それにしても、このスープカレーはよく出来ています。
旨味の引き出し方が本当に素晴らしいですよ〜(^^)

        IMG_9953

うずらの玉子を最後に食べる・・・。
あまり意味はありませんが、ちょっとした拘りです^^;

     IMG_9956

折角なので、食後にラッシーもいただきました。
ラッシーは、プレーンラッシー、マンゴーラッシー、ローズラッシー、きなこラッシーと
珈琲ラッシーがラインナップされているので・・・

         IMG_9959

珈琲ラッシーをいただきました。
琥珀と白のツートンカラー、昔のんだ「キューピッを思い出したのは、ココだけの話で^^;
あ、珈琲ラッシーの味は本当に美味しかったですよ!
(誤解なきように・・・)

水曜日のオルタナよりも先に、木曜日もオルタナを体験してしまいました。
カレーも美味しいし、器もお店の雰囲気も抜群!
これは早々に、水曜日のオルタナにも来てみなければ。





【ニッポンカリー オルタナ(木曜日もオルタナ。)】
住 所:大阪市北区天神橋1−12−19    MAP
電 話:06-6355-1117
営業時間:11:30〜15:30(L.O.15:00) 18:00〜21:30(L.O.21:00) 
     ※木曜日は、22:00まで。
煙 草:
定休日:月・火・金・土・日(水木のみの営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れの列車、「ななつ星 in 九州」。最後尾の車両からの展望は、まさに夢の世界。そんな「ななつ星 in 九州」も来年(2020年)で、7周年を迎えるのだとか。ななつ星で、7周年。何か、凄いことでもやるのでしょうね?ななつ星 in 九州に乗るのはちょっとハードルが高いけれど ...
続きを読む
憧れの列車、「ななつ星 in 九州」。

最後尾の車両からの展望は、まさに夢の世界。
そんな「ななつ星 in 九州」も来年(2020年)で、7周年を迎えるのだとか。

ななつ星で、7周年。
何か、凄いことでもやるのでしょうね?

ななつ星 in 九州に乗るのはちょっとハードルが高いけれど、
同じデザイナー、水戸岡鋭治氏が作った電車が、岡山の街を走っているのをご存知でしょうか?

           IMG_0033

岡山市内を走る路面電車なのですが、言われてみればデザインの雰囲気が似てますよね?
電車を待っていて、こんなのが来たらちょっとテンションが上がりそう・・・

で、もっとテンションが上がりそうな電車も走っているのを見かけました。

     IMG_0023

人気キャラクターの「チャギントン」そのものが走っているのです。

         IMG_0031

このチャギントン電車は完全予約制で、事前にHPでの予約が必要ですが、
乗ればテンション上がること間違いなし・・・かも(^^)


さて、そんなチャギントン電車を見ながら向かったのは、
南インド家庭料理のお店"ミレンガ”さん。

        IMG_0012

岡山駅から歩いて7〜8分のところにお店はあります。
こちらのお店では今、80分間食べ放題のブッフェが開催中なのです。

      IMG_0008

開店時間とほぼ同時に到着するも、店内には既にお客さんが2人。
女性のお客さんで、どちらもおひとりさまのようです。

これはちょっと期待できそうですね。
ちなみに、ビュッフェの内容はこんな感じです。

         IMG_0004

カレー好き、南インド好きの方は見逃す手はない・・・そんな感じの内容になっています。
では、実際にどんな感じだったのかをご紹介させていただきます。

      IMG_9960

           IMG_9961

店内は、こんな感じでテーブル席が並びます。
結構ゆったりとしていますよ。

   IMG_0007

ステンレスのカップおかれた給水器。
現地っぽくていい感じですね。
これも、インテリアの一つになっていて映えますね。

        IMG_0003

ターリー皿を持ち、「順路」に沿って進んでいくと・・・。

   IMG_9963

          IMG_9968

    IMG_9990

こんな感じで料理が並びます。
もちろん、制限時間の80分以内は食べ放題。
ただし、自分が食べられる量だけを盛るようにしましょうね。

     IMG_9981

         IMG_9982

ご飯は、イエローライスかビリヤニを選びます。
あ、もちろん両方とも食べることが出来ますよ。

        curry

カレーは、ダル(豆)、スピッチ(ほうれん草とチーズ)、ポテトのサブジ、チキン、
マトン、海老、野菜などが揃っています。

     IMG_9992

そして、ラッサムとサンバルも。
ラッサム、初めての方は酸っぱさに戸惑うかもしれませんが、
カレーと一緒に食べると不思議と美味しくて、ハマってしまうかもしれませんよ(^^)

          IMG_9971

いろんなカレーを華やかに盛り付け、テーブルでゆっくりといただきます。

先ずは、それぞれのカレーを個別に楽しみ、
その後で複数のカレーやライタ、チャトニなどを混ぜ合わせていきます。
そうすることによって、予想できない美味しさを体験することが出来るのです。

そうなってくると、もうやめられない。
南インドのファンがまたひとり誕生〜・・・となります(^^)

チャパティとチーズドーサは、言えばその時点から焼いてくださるので、
焼きたてのものを食べることが出来ます。

       IMG_9979

焼きたてのチャパティ。
一度これを味わうと、もうナンには戻れないかも(^^)

そして、チーズドーサはこんな感じです。

   IMG_9994

筒状のものを想像していましたが、こんな感じで折りたたんであるのもいいですね。

         IMG_9997

真ん中には、旨みたっぷりのチーズがとろけます。
これも、いくらでも食べられそうですよ(^^)

どの料理も美味しくて、つい食べすぎてしまいますが、それもビュッフェの楽しいところ。
一年に一度、このチャンスを是非お見逃しなく!

私も岡山に来た際には、是非また立ち寄らせていただきたいと思います。

   




【インド家庭料理 ミレンガ(milenga)】
住 所:岡山市北区野田屋町1−3−3 岡ビル 1F    MAP
電 話:086-206-2289
営業時間:11:00〜21:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:第1火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行に行ったら、やはりご当地の美味しいものや名物を食べてみたいですよね。讃岐うどん、秋田のきりたんぽ、沖縄そば、広島のお好み焼き、名古屋の味噌カツ、北陸のたら汁、宮崎の地鶏炭火焼き・・・。そして飲んだあとのラーメンも外せない!ご当地ラーメンで〆、最高だと ...
続きを読む
旅行に行ったら、やはりご当地の美味しいものや名物を食べてみたいですよね。

讃岐うどん、秋田のきりたんぽ、沖縄そば、広島のお好み焼き、名古屋の味噌カツ、
北陸のたら汁、宮崎の地鶏炭火焼き・・・。


そして飲んだあとのラーメンも外せない!
ご当地ラーメンで〆、最高だと思います。


〆といえば、〆ステーキ、〆パフェなんて言葉も最近よく聞きます。
〆にカレー・・・それもアリだと思うのですが^^;

ガッツリカツカレーもいいけれど、
サラッと〆カレー・・・
今や、全国にその名が知れつつある、
「大阪スパイスカレー」なんて、〆にモッテコイだと思うのですが・・・。

そんな大阪スパイスカレーの中でも、特に印象に残っているお店のひとつが、
天満にある“トムントコ”さん。

              IMG_3630

初めてこちらのお店にお伺いしたのが、もう4年も前。
鮮烈なスパイス使いと、素晴らしいバランスで引き出された旨味を今でもよく覚えています。

4年前に比べ、数多くスパイスカレーのお店がオープンした今、
あれからいろんなスパイスカレーを食べ歩いてきた今、
トムントコのカレーを食べると、どのように感じるのか・・・。

そんな思い出訪問させていただきました。

「こんにちは〜、ご無沙汰しております。」
「いらっしゃいませ・・・あ、お久しぶりです。」

そんな感じで軽く挨拶を交わします。
いつものように、カウンター席の端に座らせていただきます。

ランチメニューはこんな感じです。

          IMG_9839


カレーは、
A.チキン/キーマカリー、 B.あいびき/キーマカリー、 C.ラムキーマカリー。
この3種類の中から選びます。

そして好みでトッピングを追加していきます。

スパイス煮玉子(これ、オススメ!)
パパド(砕いてカレーの上にかけると、インド感アップ!)
カッテージチーズ(カレーとチーズって、意外に合うのです。)
砂肝のマサラあえ(確実に酒が飲みたくなります。)
チキンピックル(これをつまみにビールを飲むともう・・・^^;)
大盛り(男は黙って・・・)
パクチー(この世界を知るともう、抜け出せない。)
レモン(これを後半カレーにかけると、新しい世界が見えてきます!)
青唐辛子のアチャール(旅立ちの準備は出来ましたか〜)


眺めているだけでも楽しいメニュー。

この日の注文は、ラムキーマカリーに、スパイス煮玉子をトッピングでお願いしました。


店内は、入り口を入ってすぐのところに、カウンター席が5席。
そして、フロアが1段下がり、奥にはテーブル席が10席あります。


おひとりorおふたりさまは、カウンター席に座ることが多く、
それ以上の人数は奥のテーブル席、そんな感じでしょうか?
どの席でもゆっくりと寛ぐことが出来ますよ。

カレーが出来るのを待っている間に、新しいお客さんが入ってきます。
自分の母親くらいの年代の方でしょうか?

おひとりさまで、飛び込みでカレー屋さんに入る。
やっぱり女性の探究心は素晴らしいなぁ。


そして、彼女はメニューを眺め、店主に質問しています。

「ラムキーマカリーって、羊?  クセあるかな、これ?」
「若干、羊の匂いはありますけど、そんなにキツくないですよ。」
「じゃぁ、大丈夫かな・・・じゃ、それで。」

注文も中々探究心旺盛。
女性の探究心と好奇心は、いつも男性を上回っているように感じます。
それも、年令に関係なく・・・。
素晴らしいですね。

そんなことを考えていると、お願いしたラムキーマカリーが出来上がって来ました。

          IMG_9844

香りを嗅いだ途端に記憶の波が押し寄せて、思わず自然に笑顔になってしまう。

これこれ、この香りに会いたくて、やって来た!

ラムキーマの感じもあのときと同じ。
盛り付けの感じは若干変わったものの、基本的なスタンスが一緒なのは見てすぐに感じました。

昂ぶる気持ちを抑えきれず、タップリとラムキーマをスプーンの上に乗っけていただきます。

      IMG_9846

噛みしめると、ラムの食感。
そして、その後にラムの香りが口の中に広がっていって、それをスパイスが包み込む。
そして、余韻とともに緩やかに消えていき、最後に口の中に旨味が残っている。 

     素晴らしい!

久しぶりに食べに行くと決め、若干の期待・・・
いえ、多大な期待を抱いてきた。
それだけに、記憶が実際の味わいを追い越してしまっているかもしれないに関わらず、
ちゃんと記憶通りの美味しさがあるのは本当に見事です!

あの頃と同じ美味しさ・・・
そうは言ったものの、それ以上に進化しているところも、もちろんあります。

         IMG_9849

スパイス煮玉子の美味しさはもちろん、副菜に添えてある白菜がかなり良かった。
白菜の甘みが、カレーの旨味とスパイスの香りにものすごく良く合っている。
白菜が美味しい今の季節、ぜひ味わっていただきたいと思います。

大阪駅からひと駅、
天満市場がある界隈の路地裏に、ひっそりと潜む名店スパイスカレー、
ぜひ食べに行ってください。
大阪スパイスカレーを語るのに、外せない一軒ですよ!

  




【トムントコ】
住 所:大阪市北区池田町12−8    MAP
電 話:06-7161-3261
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜24:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:月・祝     ※臨時休業はお店のTwitterを確認ください。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅にいながら気軽にお店のメニューを楽しめるサービス、UBER EATS。今まで出前のサービスを行っていなかったお店でも、UBER EATSを利用すると、事実上出前が可能になる。現在実施しているエリアは、首都圏、関西圏、名古屋、福岡のエリア。これからも、需要が多いエリアに ...
続きを読む
自宅にいながら気軽にお店のメニューを楽しめるサービス、UBER EATS。
今まで出前のサービスを行っていなかったお店でも、UBER EATSを利用すると、
事実上出前が可能になる。

現在実施しているエリアは、首都圏、関西圏、名古屋、福岡のエリア。
これからも、需要が多いエリアに広がっていくのでしょうね。

自転車やバイクで配達をするUBER EATS。
さて、冬になると道路が雪で覆われる札幌などの地域ではどうなるのでしょうか?
積雪がない時期限定でやるのか、それとも軽自動車で配達・・・。
ちょっと気になってしまいます。
(ちなみに、札幌などの宅配ピザは、冬季、軽自動車で配達しているようですよ。)

外は雪が降り積もっても、温かいスープカレーがあれば大丈夫!

この日は、大通り公園の近くにあるお店、
“曉(AKATSUKI CURRY)さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_9474

こちらのお店、実は前回札幌に来たときに見つけて、チェックしていたお店なのです。

      IMG_9476

いちご大福のお店の横にある扉から入り、2階に上がると、
お店の入口があります。

テーブル席に案内していただき、メニューを確認します。

    IMG_9441

チキン、角煮、野菜、キーマ・・・。
好きなカレーをベースに、辛さを決めて、トッピングを加えたりしていきます。

   IMG_9440

           IMG_9443

お願いしたのは、チキンDXを辛さ25倍でお願いしました。

    IMG_9447

2階にある店内は、窓も多く明るい雰囲気。
席は、カウンター席が4席と、4人がけのテーブル席が2卓と、
2人がけテーブル席が2卓あって、16席。

フローリングの内装が、落ち着いた感じで温かい雰囲気。
そう、あたたかいといえば札幌など北海道のお店って、店内はすごく暖かいのですよ。
外は氷点下でも、店内はすごく暖かくて、ジャケットを脱いでも厚着していると、
汗ばむことも少なくないと思いますよ。

そこに、温かいスープカレーも食べることにより、体の中からもしっかり温まります。

             IMG_9462
お願いした、チキンDXスープカレー。
大きな具材もしっかり入って、見るからに美味しそうですね。

      IMG_9465

キノコは、ひらたけと舞茸がたっぷりと。
キノコ野菜ともに本当美味しい!
北海道に来ると、野菜の美味しさに毎回感動します。

       IMG_9471

チキンは骨付きレッグが1本まるごと入っていて、食べごたえも充分!
もちろん、柔らかくホロホロに煮込まれていますよ(^^)

      IMG_9467

ご飯はこのような感じで、スープに浸して食べるのがオススメ。
サラッとあっさり。
スパイシーで滋味深いあじわいは、
どこか「デリー」のカレーを思い出させるものがあります。

札幌のスープカレーも、本当にいろんなタイプのがあって、甲乙つけがたいですね。
あっさり旨味タイプのスープカレーが好みの方は、
必ず気に入る味わいのスープカレーだと思います。

ぜひ食べに行ってくださいね!







【曉(AKATSUKI CURRY)】
住 所:札幌市中央区南1条西12丁目322−24    MAP
電 話:011-211-0744
営業時間:11:30〜15:00  17:30〜20:30 
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

看板が派手なことで知られる、大阪ミナミ。グリコ、かに道楽、ずぼらや、くいだおれ・・・。大阪で育った人たちにとって、それが普通だと思っていたら、あの派手さは中々のものだと旅行で大阪を訪れた人は言う。そういえば、街を歩いていても、目に入ると思わず二度見してし ...
続きを読む
看板が派手なことで知られる、大阪ミナミ。

グリコ、かに道楽、ずぼらや、くいだおれ・・・。

大阪で育った人たちにとって、それが普通だと思っていたら、
あの派手さは中々のものだと旅行で大阪を訪れた人は言う。

そういえば、街を歩いていても、目に入ると思わず二度見してしまうものや、
思わず足を止めてしまうものがありますよね。

大阪で2番目に美味しいぎょうざの店。
飽きがくるほどアゲガデカイ! けつねうどん
ブスの店 杏
インスタ映えしないラーメン屋


みなさんも一度は見たことあるのでは?

さて、今から4年ほど前、北浜にあるBARがランチタイムにカレーを提供していました。

カレーはけっこう辛いです

そんな看板を掲げて。
美味しかったのですよ、そのBARのランチタイムに提供されていたカレー。

先日、何気なくそのお店の前を通ったら、やってるんです、ランチタイムのカレー!

          IMG_9037

お伺いさせていただいたのは、“Curry de Luz”さん。
BAR Luz(バー ラス)のランチタイムをカレーのお店として営業なさっています。

     IMG_9033

激辛カレーやって〼
   週替りは辛くないヨ!

激辛のチキンカレーを出すスタイルは、昔と同じかな?
カオマンガイはなくなって、週替りカレーも出しているようです。

           IMG_3445

今週の週替りカレーは、シーフードカレー。
大っきいヨ!←この文字がすごく気になります(^^)

お店の扉を開けて、半地下の店内に入っていくと、カウンター席に2席ほど空席があります。
もうすでに、知る人ぞ知るのお店になっているのかも。

以前と違い、カウンターの中には女性の店長が1人で切り盛りしているようですね。
さて、カウンターのところに置いてあるメニューを・・・。

       IMG_9009

スパイスチキンカレーと、鯖とホウレン草のトマトカレー・・・

「あ! そのメニュー先週のです! 今週は、シーフードカレーですよ〜」

と、かわいい声が飛んできます。

「まだ書き換えてないんですよ〜」

なるほど・・・
では、表のメニューボードに書いてあった、シーフードカレーが正解ですね。
あいがけも気になりましたが、タップリとシーフードを味わいたいので、
週替りのシーフードカレーをお願いします。

        IMG_9010

ちなみに、飲み物メニューはこちら。
今週のビールとか、ハートランドとか、オフィス街北浜にありながら、
誘惑が満タン!
こういうの、好きですけれどね^^;

      IMG_9011

店内は、こんな感じでBARそのもの。
窓から明かりが入ってきてるところ以外、夜と変わりないんじゃないでしょうか?

カレーを待っている間にも、お客さんが1人、2人・・・。
すでに店内はほぼ満席状態。

あ、また扉が開いた。

「何人ですか?  おひとりさま、おふたり?  え、3人? ムリーっ^^;」

店長、本当にかわいく明るいです。
このキャラが人気の秘密なのかもしれないですね(^^)

しばらくして、先にサラダが提供されます。

       IMG_9014

キャベツときゅうりをさっぱりしたドレッシングで和えたサラダ。
食べてみると、これがなかなか美味しいのです。

そして、お願いしたシーフードカレーも登場。

       IMG_9020

おぉ、たっぷり具だくさんでいい感じ。
香りも素晴らしい!

それでは早速いただきます。
マジ、シーフードたっぷり(^^)

        IMG_9026

おぉ〜、スパイスのバランス、申し分なし。
魚介独特の個性をスパイスで上手くまとめてある感じで、
嫌味な香りがほんの少しもないところが素晴らしい!

   IMG_9030

          大っきいヨ!

メニューボードに書かれていたその文字に偽りなし。
イカ、アサリ、海老、ホタテ・・・
本当に大きなシーフードがゴロゴロと入っていますよ。

カレーもタップリと掛けられているので、
ご飯とのバランスを考えずにガッツリ食べても大丈夫。

食べ始めると、スプーンを持つ手を止めることが出来ず、
夢中になって完食してしまいました。

「辛さ、大丈夫でしたか? いつもの週替りよりも、少し辛くしたので・・・
    だって、シーフードは辛くなければ美味しくないですもん。」

店長、いいキャラしてます。
でも、カレーは凄くキッチリしている。
こうなると、定番のスパイシーチキンカレーも是非食べてみたくなります。

BAR Luzのランチ営業、Curry de Luz。
きっちり美味しいカレーをいただくことが出来ます。
カレー好きの方、是非食べに行くことをオススメしますよ!




【Curry de Luz】
住 所:大阪市中央区北浜1-3-11 イー・ジー・バー北浜 1F    MAP
電 話:06-6231-6789
営業時間:11:00〜15:00 
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

混ぜご飯と炊き込みご飯、どちらがお好きでしょうか?そもそも、混ぜご飯と炊き込みご飯は何が違うのか?炊き込みご飯:米を出汁、調味料、具材と一緒に炊き込んだ料理。代表的なものに、かやくごはん、松茸ご飯、栗ご飯、たけのこご飯、鯛めし等がある。混ぜご飯:炊き上げ ...
続きを読む
混ぜご飯と炊き込みご飯、どちらがお好きでしょうか?


そもそも、混ぜご飯と炊き込みご飯は何が違うのか?

炊き込みご飯:
米を出汁、調味料、具材と一緒に炊き込んだ料理。
代表的なものに、かやくごはん、松茸ご飯、栗ご飯、たけのこご飯、鯛めし等がある。

混ぜご飯:
炊き上げた白ごはんに、具材を混ぜ合わせた料理。
代表的なものに、ひつまぶし、ピビンバ、かにめし、ゆかりめし・・・
あれ、混ぜて食べて美味しい、スリランカのカレーもそうなのかな?


そんな疑問を解消するつもりではないけれど、
無性にスリランカのカレーが食べたくなって、行ってきたのがこちらのお店。

        IMG_2609

福岡の中心、天神にある“ツナパハ”さん。

こんな感じでビルの5階にお店はあります。
エレベーターを降りるとスパイスの香りが漂い、現地ムードも満タンです。

            IMG_6707
ツナパハのシェフが使っているスパイスたち。
こんな感じで小分けにしてディスプレイされているとわかりやすいですね。
食べる前から、スパイス気分満タンになってきました。

店内奥のカウンター席に案内していただき、メニューを確認します。

     IMG_6680

最初のページには、いろんなカレーが載っています。
スリランカスタイル、イングランドスタイル、ドライカレー。
「いけいけ90分‼」ってメニューもあって、4人以上要予約、1人4,500円で、
ヌードルカリー、ドライカリー、デビルソーセージ、チリチキンなどの料理、
そしてドリンクが飲み食べ放題だそうです。

         IMG_6681

こちらは、デビルと辛い一品料理のメニュー。
辛いもの好きも満足できそう。

   IMG_6682

スリランカは、言わずとしれた紅茶の名産地。
ぜひこの機会に!

    IMG_6684

嬉しいことに、こちらのお店ではランチメニューが夕方の5時までいただけます。
仕事の都合等でランチ難民になったときの嬉しい駆け込み寺ですね。

          IMG_6685

  IMG_6686

水曜日は幸せ夜ごはん。
お得なレディスデーやってますよ。

        IMG_6687

やっぱり、骨付きチキン行っとこうかな。
初夏ではないけれど、少し辛めでダルさも吹き飛ぶ刺激的・・・

       IMG_6688
お!
ディナータイム限定、極彩色 旨味鮮やかスリランカカレー。
チキンもポテトも豆も野菜もいろいろ入ってナイスバランス!
よし、これにしよう(^^)

「すみません、ラサボジュンとハイボールください。」

ラサボジュンって、大阪北浜のお店と同じ名前だなぁ^^;
でも、関係ありません。

ラサボジュンの「ラサ」は美しい、
「ボジュン」は料理という意味で美しい料理、つまり美味しい料理を指すのだとか。

          IMG_6691

そしてまもなく、ハイボールが登場。
カシューナッツのピリ辛風味のおつまみが付いてきます。

週末でもない、平日の夜ですが賑わっていますね。
おひとりさまも、そこそこいて、
落ち着いて過ごすことが出来ますよ。

       IMG_6692

まもなくすると、お願いした「ラサボジュン」が出来上がってきました。
キレイに盛ってあって、メニューの写真と本当に一緒。
看板に偽りなしとはこの事か(^^)

        IMG_6698

骨付きではないけれど、大きなチキンにちょっとテンションが上ります。
それでは早速いただきます。

       IMG_6700

先ずは、ご飯をカレーに浸して、

     IMG_6702

いただきます。

こちらのお店のカレーは、ココナッツミルクを使ったコクのあるタイプ。
その中から湧き出してくるスパイスのチカラは大したもの。
美味いことスパイスを持ち上げてくるなぁ・・・。
そんな事を考えながら、スプーンを運びます。

         IMG_6697

   IMG_6699

豆とじゃがいも。
この似て非なるものも、スパイスが絡んでくると、
全く違う美味しさを表現するからおもしろい。

コクと辛味と酸味と甘味。
それらが複雑に絡み合うのが、スリランカカレーの面白いところ。

         IMG_6706

もちろん、後半は全ての具材を混ぜ合わせて・・・
かといって、全部を最初から混ぜてしまうのではなく、少しずつ、
いろんな具材を混ぜ合わせながら、味の変化を楽しむのがスリランカ流。
複雑でありながらも、ちゃんと調和の取れているところが本当におもしろい。

こちらのお店、ツナパハさん、
赤坂に姉妹店の「ヌワラエリヤ」と、
薬院にスパイスラーメンのお店「ラーメン仮面55(パハパハ)」も展開しているのだとか。

今度はそちらの方にもお邪魔させていただきたいと思います。








【不思議香草 ツナパハ】
住 所:福岡市中央区大名2-1-50 大産西通ビル 5F    MAP
電 話:092-712-9700
営業時間:11:30〜22:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーといえば、インド、インドと言えばカレー。そう言うとみなさん、「うん、うん」って頷くと思います。じつは、インドにおける「カレー」という言葉は外来語。インド料理には、スパイスを使った料理がたくさんあって、通常のその料理名で呼ぶ。ダール、コフタ、コルマ、 ...
続きを読む
カレーといえば、インド、
インドと言えばカレー。


そう言うとみなさん、「うん、うん」って頷くと思います。

じつは、インドにおける「カレー」という言葉は外来語。
インド料理には、スパイスを使った料理がたくさんあって、通常のその料理名で呼ぶ。

ダール、コフタ、コルマ、サーグ、ハリーム・・・。
(日本人が食べると、◯◯のカレーって感じになるのでしょうね。)

今やカレーは、世界中に広まって、いろんなスタイルが存在しますよね。

スリランカカレー、タイカレー、シンガポールカレー、ネパールカレー、
中華カレー、カレーうどん、カレーチャーハン・・・


欧風カレー、つまりヨーロッパのカレーは、イギリスが本場でしょうか?
ドイツのカリーブルストもありますが・・・・

あれ、そういえばフランスのカレーってイメージが沸かないなぁ。

フランスのカレーってどんなものだろう?

そう思い立って行ってきたのがこちらのお店、

         IMG_7177

その名も“フランスカレー”さん。
お店は東京大学農学部のキャンパスの目の前、
南北線の東大前駅をおりてすぐのところにあります。

      IMG_7144

店内もカレー屋さんというイメージではなく、
ちょっとお洒落なカフェテリアって感じですね。

   IMG_7161

窓際の席で、ゆったりと寛ぎながらのカレーも良さそうですよ(^^)

          IMG_7146

今日食べることが出来るカレーは、フランスカレー、パリカレー、東大カレー。
①と②のフランスカレーとパリカレーは定番で、
③の東大カレーが日替わりっぽいですね。

詳しいメニューは、テーブルの上にもあります。

   IMG_7154

フランスカレーは、パリの5つ星ホテル「ルー・ムーリス」で大評判だった、
Poulet au curry(プレ・オ・キュリー)、チキンカレーなのだとか。
これは外せませんね・・・。

       IMG_7153

そしてこちらは、パリカレー。
国産ラム肉(珍しい!)と豚肉のキーマカレーと、
マッシュルームホワイトクリームソースのフュージョンカレー。
実にパリを感じるカレーなのだとか。

       IMG_7152

そして、この日の限定、東大カレー。
歴代東大生のリクエストに答えていって、出来上がったのがこの東大カレー。
食べれば、ますますIQが上がるかもしれないカレーなのだとか。
※東大カレーは水曜日と木曜日の限定だそうですよ。

こう書かれると、どのカレーにしよう迷ってしまいますよね。
そう思いながら、メニューのページをめくっていくと・・・。

   IMG_7157

         IMG_7156

    IMG_7155

2種類のカレーが同時に楽しめるメニューを発見!
いわゆる「あいがけカレー」なのですが、こちらのお店ではそう呼ばず、
虜になるトリコロールカレーと呼ばれています。
(トリコロールカレーにとんかつを乗っけると、「とりとん」になります^^;)

東大カレーも気になるけれど、ここはフランスに染まりましょう。
というわけで、フランスカレーとパリカレーの
トリコロールカレーをお願いしました。

入店時には他にお客さんはいてなかったのですが、
メニューを見ている間に、次々とお客さんが入ってきて、4割ほどの席が埋まっています。
東大生ばかりかと思いきや、意外にも主婦やサラリーマンのお客さんが多いですね。

カレーを待つ間に、他のメニューも見てみましょう。

    IMG_7147

          IMG_7150

サラダを追加したり、野菜炒めを乗っけて、野菜不足を解消することも出来ます。
お願いすればよかったかなぁ。

   IMG_7149

ご飯は、100gに付き、プラス100円で大盛りにできます。
嬉しいことに、ルーもご飯の量に応じて増えちゃうのだとか(^^)

    IMG_7158

       IMG_7159

           IMG_7160
いろいろセットにして、ガッツリと楽しむことも可能。
確実に満腹になれそうですね。

    IMG_7148

お子様連れの方も、カレーを楽しむことが出来ます。
ポテトも付いて、満足度高そうです。

     IMG_7151

あ・・・オトナもポテトを楽しむこと出来ます。
フランスのポテトやシュウマイも気になってきてしまった・・・。

そんな感じでしっかりメニューを楽しませていただいていると、
お願いしたカレーが出来上がってきました。

         IMG_7166

スクエアな木のプレートに入って登場した、トリコロールカレー。
フランスでカレーを食べたら、本当にこんな感じのような気持ちになってきました。

    IMG_7167

先ずは、看板メニューのフランスカレーをいただきます。

おぉ〜!
香りと旨味がエレガント。  ←意味わかって言ってんでしょうかねぇ^^;
辛さは全くと言っていいほど無く、旨味と香りが素晴らしい。
これ、いくらでもパクパクイケちゃうやつですよ(^^)

        IMG_7169

             IMG_7168

そして、パリカレーはこの2つが合わさって完成形なのだとか。
先ずは、キーマカレーの方をいただきます。

   IMG_7172

美味い!
ラムと豚肉のキーマ、このバランスが絶妙。
これだけで完成形になっていると思うのですが、どうもそうではないらしい・・・。
マッシュルームのホワイトクリームソースを合わせて一緒にいただいてみましょう。

             IMG_7175

これがね、最高!
カレーとホワイトソースを混ぜるなんて、到底考えもしなかったのですが、
実際にやってみると本当に美味しい(^^)

これ、野菜炒めとシュウマイ(ブション)も加えると、さらに最高なのではないか・・・。
そんな事を考えながらいただき、あっという間に完食。

こちらのカレー、本当にオリジナリティにあふれていて素晴らしい。
はい、再訪確定!
今度は是非、いろいろトッピングをして、味重ねも楽しませていただきたいと思います。





【フランスカレー】
住 所:東京都文京区向丘1−1−1    MAP
電 話:03-4291-8660
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:土日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

無印良品。ブランドはなくても、いいものを。そんな思いから生まれたのでしょうか?今では、無印良品というブランドが確立されて、本当に人気があります。無印良品に初めてであったのは、学生時代にアルバイトしていた、ファミリーマートの店内。当時はまだ、ファミマの店内 ...
続きを読む
無印良品。

ブランドはなくても、いいものを。
そんな思いから生まれたのでしょうか?
今では、無印良品というブランドが確立されて、本当に人気があります。

無印良品に初めてであったのは、学生時代にアルバイトしていた、
ファミリーマートの店内。

当時はまだ、ファミマの店内に、「無印良品」のコーナーがあったのです。

文房具、靴下、下着、タオル、ハンカチ・・・
ちょっとした食品もあったかなぁ?

そういえば、無印良品が販売しているレトルトカレー、あれは侮れません。
人気のバターチキンやグリーンカレーはもちろん、
マッサマン、サグチキン、プーパッポン、パラックパニールまであるから素晴らしい。
そんな中、パキスタン料理のお店のメニューによくある、
マトンドピアザもラインナップに加わったのだとか。

無印良品のカレー、恐るべしです。

さて、この日は福岡の箱崎にあるパキスタン料理のお店、
“マルハバ”さんにお邪魔させていただきました。

       IMG_6739

JR箱崎駅から歩いて7〜8分、緑の看板が目印ですよ。

「HALALL FOOD」と書いてあるように、店内ではハラールの食品も販売されています。

店内は、4人がけテーブルが3卓。
そして、先客は、女性のお客さん二人組。
お一人が常連で、友人を連れてきているみたいです。
メニューの説明をしているのが聞こえてきます。



      IMG_6710

店内にはハラールの食材や調味料、米、アタなどが積まれている。

        IMG_6712

オリジナルグッズの販売もやっているようですね。
店主の似顔絵が描かれたトートバッグに店名入りのステッカー。

「マルハバ」とだけ書かれたオリジナルTシャツ、
バックプリントに店主の似顔絵があるのかどうかは、
確かめてみる勇気がなかったです^^;

テーブルの上にメニューがあるので、見てみましょう。

       IMG_6708

   
IMG_6709


   

こちらのお店のメニューは、日替わりでホワイトボードに書いてあるのだとか。

     IMG_2616

あ、これですね。
この日は、チキンカラヒと、カレラキーマ、そしてマスールダールがラインナップ。
いいですね〜(^^)
こういうラインナップ、最高です!

ちなみに、この日に食べられるのはこれと、
サイドディッシュにシャミカバブとシークカバブだけ。
その日に何が食べられるかは、お店に行ってからのお楽しみってわけなんです。
(でも実は、お店のInstagramで確認することも出来ますよ!)

ホワイトボードメニューの中から、チキンカラヒとロティをチョイスし、
そしてシャミカバブを一緒にお願いしました。

テーブルの上には、メニューと一緒にミネラルウォーターのボトルが置いてあり、
これは自由に飲むことが出来ます。

そしてその横には、小さなアルバムのようなものがあり、
そこには、こちらのお店で出来るメニューのラインナップが写真入りで載っています。
こんなものも出来ますよ…という感じなのでしょうね。

  IMG_6713

マトンプラオ、ベジプラオ、チキンカラヒにマトンカラヒ。
ここに今日のメニューが乗ってますね。
説明は、丸鶏を使ったカレー・・・そのまんまやん^^;

     IMG_6714

ビーフパヤ、ビーフナハリ、マトンナハリ、ラムナハリ。
このあたりの料理、すごく時間と手間がかかるのですよね。

    IMG_6715

シャヒビーフハリーム、ビーフドピアザ、マトンドピアザ、クンナゴーシュト。
かなり本気・・・
いえ、そういうお店なのですよね(^^)

ありとあらゆるパキスタン料理を味わうことができそうです。
ふらっと来ると、店主の食べたいものおまかせですが、
ある程度人数を揃えて予約すると、希望の料理を作ってくれるのだとか。

そして、金曜日から日曜日は、ビリヤニが登場するとのこと。
ところで、ビリヤニとプラオってどう違うのか・・・

それも、このアルバムメニューに書いてありました。

チキンビリヤニは、鶏のドライカレーで、
マトンプラオは、羊とパースマティ米の炊き込みご飯と書いてある。
 
なるほど!
ちょっと違うような気もするけれど、それはそれでわかりやすい(^^)

そんな事を考えながら、アルバム(メニュー)を見ていると、サラダが運ばれてきました。

     IMG_6719

シンプルだけれど、これはこれで美味しい。
カレーの前にサラダ、これって意外と大事ですよ(^^)

そして、シャミカバブも登場。

     IMG_6722

これは、羊と豆のハンバーグ。
食べてみると、結構肉感がいい感じで美味しい。
こういうのが食べられるのって、結構テンション上がります(^^)

そして、チキンカラヒはこんな感じ。

      IMG_6727

鶏肉がたっぷりで、嬉しいですね。
チキンはもちろん骨付きですよ(^^)

    IMG_6728

これのお供には、ロティ。
ロティにもいろんなものがあるようで、
こちらのお店のはチャパティに近い感じでしょうか。 

ナンに近いもののほうが、日本には多いですが、私はこちらのほうが好みですね。
これを、カレーに付けたり、チキンを包んで食べたり擦ると本当美味しい。

          IMG_6734

でも、私の他のお客さんは皆さんライスを注文されています。
そして、そのライスをチラッと見てみると、何やら普通のライスではなく、
かなり美味しそう!

      IMG_6716

あぁ〜っ、これか!
オリジナルライスと来てるのか・・・。
これはまた、次回の課題ができちゃいましたね。

とはいえ、ロティもかなり美味しい。
カレーと一緒、そしてシャミカバブを巻いて食べると、かなり満足感高いですよ!


福岡で、ここまで本格的なパキスタン料理をいただけるとは、
本当に嬉しいです。
いろんなお店に行ってみたいけれど、ここはまた必ず寄ってしまうと思います。
 





【マルハバ】
住 所:福岡市東区筥松3−10−13    MAP
電 話:080-3224-9864
営業時間:11:00〜20:00  ※金曜日は12:00〜20:00 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

もう涼しくなるのかと思いきや、まさかの超大型台風の上陸。10月の半ば過ぎての台風上陸、もう勘弁してほしいという気持ちですよね。ところで、台風が一番遅くにやってきた日といえば・・・それは、平成2年の台風28号。11月30日に、和歌山県の白浜に上陸しているのです。今回 ...
続きを読む
もう涼しくなるのかと思いきや、まさかの超大型台風の上陸。
10月の半ば過ぎての台風上陸、もう勘弁してほしいという気持ちですよね。
ところで、台風が一番遅くにやってきた日といえば・・・

それは、平成2年の台風28号。
11月30日に、和歌山県の白浜に上陸しているのです。

今回の台風では、東日本は本当に大変なことになっていますね・・・。
関西は、幸いにも昨年のようなことにはなりませんでしたが、
各地でのイベントはキャンセルが相次ぎ、
残念な思いをしている人もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか?

神戸で初めて行われる予定だった、
「第1回カレーEXPO inノエビアスタジアム神戸」。
このイベントも中止になってしまいました。

イベントに行く予定を立てていた方、
そして、出店予定だったお店、本当に無念だったと思います。

そんな出店予定だったお店、“スパイスカレーボマイェ”さんが、
こんなイベントを独自に立ち上げ、開催されています。

         IMG_2704

悔し涙の ボマイェEXPO'19

開催予定だった日程の、10月13日と14日の2日間、
スパイスカレーボマイェのお店で、イベントを行っています。

お店では、「ボマイェさん」、西宮鳴尾の「nanaiさん」、肥後橋の「はらいそさん」が、
特別なカレーを作って、参加していらっしゃいます。

2階へ上がると、お店の入口でチケットを購入します。

       IMG_2700

好きなカレー2杯と、ご飯がセットで1,000円。
こんなチケットも作っていて、かなり本格的・・・ってか、
本気モード全開です(^^)

      IMG_2703

nanaiさんと、はらいそさんが、それぞれのブースでカレーを作っています。

   IMG_2701

nanaiさんの方では、
鮭のココナッツカレー、きのこと生姜のカレー、
冬瓜の豆カレーをいただくことが出来ます。

そして、ハライソさんの方では、

       IMG_2702

酒粕キーマ、スパイシースペアリブグリル。
まぁ、強烈に美味そうな感じで焼き上がっているのですよ、スペアリブが。

そして、ボマイェさんのブースは・・・
あ、こちらはご自身のお店のカウンターでカレーの提供が。

これだけ種類があるうちから、2種類を選べって?
どれも食べたい・・・

あ、チケットを何枚か購入すれば食べられますが、そんなことすれば、
自分の胃袋と、後で来る予定のお客さんに叱られちゃいます^^;

そんな訳で、nanaiさんの「きのこと生姜のカレー」と、
はらいそさんの「酒粕キーマ」をあいがけに。
そして、あまりにも美味しそうだった、
はらいそさんのスペアリブをトッピングしていただきました。
(プラス300円で、スペアリブをいただけます、かなりお得です!)

             IMG_6920

こちら側が、はらいそさんの酒粕キーマ。
スパイスの香り、バッシバシに立ってます!

   IMG_6922

こちら側は、nanaiさんの「きのこと生姜のカレー」。
きのこたっぷりで、自然に笑顔になりますよ。
生姜とスパイス、めっちゃええですよ〜(^^)

         IMG_6923

たっぷりとスプーンですくって頬張れば、雨のことも台風の事も忘れてしまいます。

お近くの方、まだ間に合うって方はぜひとも!

そして、ボマイェさん、
きっとこんな感じのイベント、これからもまたやってくださると思います。
今度はまたゆっくり、お邪魔させていただきますね〜!

お店の外観等、以前ボマイェさんに行ったときの記事を参考にしてくださいね。







【スパイスカレー ボマイェの ボマイェEXPO'19】
住 所:兵庫県西宮市今津水波町2-1-2 2F (とりごや商店のランチ営業)    MAP
電 話:
営業時間:10:00〜15:00 10月13,14日限定のイベント。 
煙 草:
定休日:
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

コースとアラカルト、どちらがお好きでしょうか?初めて行くお店で、どんな料理が出るのかわからないとき、いろんな料理をお得に、数種類食べてみたいとき、メニューが日本語で書かれていないとき、普段自分が頼まないような料理を食べてみたいとき。そんなときはコースで注 ...
続きを読む
コースとアラカルト、どちらがお好きでしょうか?

初めて行くお店で、どんな料理が出るのかわからないとき、
いろんな料理をお得に、数種類食べてみたいとき、
メニューが日本語で書かれていないとき、
普段自分が頼まないような料理を食べてみたいとき。


そんなときはコースで注文するのが良いのでしょう。

でも、2回めに行くときや、
好きなものだけを食べたいときはアラカルトで注文するのも楽しい。

全部食べたいときのコースと、ええとこ取りのアラカルト。

カレーランチとスパイスコース。

そんな素敵なランチを週に1回だけ開催しているお店があります。

それは、北新地で人気だった間借りカレーのお店、
“北新地カレー Clobe(クローブ)

実は密かに営業を再開しているとの噂を聞き、
早速お邪魔させていただきました。

(以前の北新地クローブの記事はコチラ)

営業日は、月曜日のランチタイム。

     IMG_2501

北新地にある「MUSE」という中華が美味しいお店で、営業されています。
その営業形態もおもしろい。

営業日は、お店のFacebookなどで告知され、
月に1回くらいは、スパイスコースとして営業されているのです。

実は、カレーランチの日と、スパイスコースの日、
両方にお邪魔させていただきました。

先ずは、カレーランチの日。
この日は、クローブの店主が初めて作ったスパイスカレーを再現し、
それをアレンジして出してみたのだとか。

          IMG_4512

初めて作ったのはチキンカレー。
この日はそこに、ローストビーフも加えて、更にクローブのカレーらしく、
アレンジしたのだとか。

    IMG_4527

チキンも大きめのものがゴロゴロと入っていて、
副菜と混ぜ合わせて食べると、更に旨味の幅が広がります。

           IMG_4516

それにしても、この肉の存在感は半端ないですね(^^)

帰りに、約1ヶ月後の「スパイスコース」の方を予約させていただき、
再びお邪魔させていただきました。

      IMG_6280

最初の一皿は、蒸し鶏と、泉州の水なす。
蒸し鶏には、ネギソースもかけられてあり、これがかなり美味しい(^^)
最初の一皿で、ググッと引き込まれる。
これは本当に見事だと思います。

そして、帆立とクラゲ。

        IMG_6283
これには、とんぶりと山椒に紹興酒を使ったオイルが掛けられています。  

え・・・
この人、本当にカレー屋さんなのか?
いや、ただのカレー屋さんでは無いとは思っていたけれど。

こんな感じで、「MUSE」の味わいを感じながら、
クローブのスパイス料理を楽しむことが出来るのです。

          IMG_6284

次に目の前に登場したのは、椀物。
たしか、スパイスコース・・・・
いや、もうそんな先入観は捨てることにしましょう^^;
椀の蓋を開けてみると・・・

        IMG_6285

湯気とともに登場したのは、ハマグリと松茸。
濃厚なはまぐりの出汁を松茸の香りとともに楽しみ、
ほんの少し香りの余韻を残すのは、八角。
なるほど、これも確かにスパイスコースの料理。
あまりにも楽しすぎる(^^)

       IMG_6296

コースでいうと、これがメインの料理になるのでしょうか、
いや、やはりカレーがメインか?

絶妙の焼色で登場したのは、宮崎牛もも肉。
掛けられているソースは、香味ソースで、よだれ鶏のソースだそう。
添えてある、赤柚子胡椒を少し付けていただくと、
ピシッとアクセントが付いてたまらない。 

そして、メインイベント!
北新地クローブのカレーが登場します。

       IMG_6301

この日のカレーは、豚バラスパイスカレー。
スパイスの香りがすんごくいいんです(^^)

そして何と言っても目を引くのが、タップリの肉。

      IMG_6306

どこかで食べた「飛◯牛カレー」なんて、エキスが飛騨牛って言われるし、
ビーフカレーを注文しても、一つか2つしか入っていない肉を、
後半まで大事にして食べなければいけない・・・。

このカレーを食べるときは、そんな心配は無用!
思いっきり肉の旨味とスパイスの香りを感じちゃってください。

         IMG_6312

スプーンを口に運ぶごとに、どんどん幸せな気持ちになっていけます。

    IMG_6318

デザートには、酒粕の杏仁豆腐とシャインマスカット。
これも、技アリの逸品です。

北新地クローブのカレー、スパイスコース。
週の始まり月曜日のランチタイム、確実に元気になれますよ(^^)

是非、FacebookかInstagramで予定を見て、
予約していってみてくださいね!






【北新地カレー Clobe(クローブ)】
住 所:大阪市北区堂島1−3−9 日宝堂島センタービル 1F    MAP
        (MUSEで月曜日ランチタイムに営業)    
電 話:06-4300-7930
営業時間:12:00〜、13:30〜の予約制。
     ※スパイスコースの日は、11:30〜、13:30〜
煙 草:
定休日:営業日は、Facebookに告知あり。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ
お店のInstagramはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーとは、好きな種類のルーを使って、それらを混ぜたりしながら作るのが、本格的なカレーだと思っていた・・・。日本で売ってるカレーのルーって、本当によく出来ているのです。パッケージに書いてあるとおりに作れば、本当に美味しいカレーが出来上がってしまう。辛いの ...
続きを読む
カレーとは、好きな種類のルーを使って、それらを混ぜたりしながら作るのが、
本格的なカレーだと思っていた・・・。


日本で売ってるカレーのルーって、本当によく出来ているのです。
パッケージに書いてあるとおりに作れば、本当に美味しいカレーが出来上がってしまう。
辛いのが苦手な方、お子様も、美味しく食べることが出来るように、
甘口〜中辛〜辛口〜大辛・・・そんなふうに、辛さのラインアップまで揃っている。

そのせいか、一時はカレー粉の立場っていうのが、
本当にヤバくなっていたころもあるのだとか。
(ところで、みなさんの家庭にカレー粉ってありますか?)

そもそもカレー粉とカレールーの違いとは・・・。
カレー粉は、カレーを作るためのスパイスをミックスして作ったもので、
カレールーは、カレーを作る上で必要なものを調合して固めたもの。


そして今、スパイスカレーが人気だ・・・。
数年前まで、大阪近辺で爆発的な流行を見せていたスパイスカレーが、
今や、首都圏にまでその美味しさを広げてきている。

スパイスカレーの人気を更に広める役割を担った(と思われる)のが、
ぴあMOOK関西 究極のカレー。

そんな究極のカレーの第1回、総合GPに輝いたお店のカレーが、
更に進化し、今もその美味しさを輝かせ続けている。

             IMG_1281

谷町4丁目駅から、歩くこと約5分。
内本町と呼ばれるところに、“curry bar nidomi(ニドミ)はある。

元々、カレーとハンバーガーをウリにしていたこちらのお店。

          IMG_1278
店内の黒板メニューには、今もひっそりと「aroaバーガー」の文字が。
(日によってメニューは変わりますので、確認してくださいね!)

初めてこちらのお店を訪れたとき、食べたのは確か、カレーとハンバーガーのセット。
店主、aroaさんの料理のセンスの良さに、感動したのを今でも覚えている。

そんなニドミに、ちょっと久しぶりに行ってみた。
カウンター席に空席1席だけあり、そこに滑り込ませていただく。
そして、メニューを確認。

            IMG_1277

カレーは3種類の中から選べ、スパイスカレーが2種と欧風カレーが1種。
そう、ニドミではスパイスカレーと欧風カレーの両方を楽しむことが出来るのだ。
こういうスタイルの店は、他で余り見ることが出来ないと思う。
最初に、こちらの店を訪れたとき、
まずはそこに感動したのを今でも忘れることが出来ない。

この日の注文は、「混盛(こんもり)」
2種のスパイスカレーと、副菜、サラダ、パパダンなどがワンプレートに盛られた、
スリランカスタイルのカレーだ。

店主がスリランカに行って、現地の味に感動し、自らも研究を重ね完成させ、
今では看板メニューになっているのがこの「混盛」。
店内の半分以上の人が注文していると思われる。

カレーを待つ間に、店内の様子を見渡してみる。

         IMG_0970

これは、最初に来たときにもあったなぁ・・・。
若干色褪せた感じが、歴史を物語ってくれている。

しばらくすると、目の前に注文した混盛が登場。

              IMG_0971

大きめの丸いプレートの上には、真ん中にご飯、
そして、周りを2種類のカレーとサラダ、副菜が固める。
典型的なスリランカスタイルの盛り付けである。

向かって右側が、スリランカチキン。

     IMG_0976
ゴロゴロと入った鶏肉に食欲をそそられる。

          IMG_0975

そして、左側がフライドナッツと粗挽きミンチのスパイスキーマ。
こちらのカレーも、惜しみなくたっぷりと肉が入っている。

先ずは、それぞれのカレーをいただいてみる。
まずはチキンから。

     IMG_0981

ココナッツのキュートな香りをほのかに感じる。
これだけ食べても十分に美味しい。

そして、キーマの方もいただいてみよう。

        IMG_0984

こちらは中々挑戦的な味わい。
それを、粗挽きミンチがしっかりと受け止め、旨味となって口の中に広がっていく。

そして、いよいよ2つのカレー、副菜、サラダを混ぜながらいただいてみる。

       IMG_0977

ほぉ・・・これは凄い!
カレー単体でも十分勝負できるポテンシャルをもっているのだが、
混ぜ合わせることに寄って、旨味の広がりが四方八方・・・・
いや、それ以上に複雑に絡み合いながら口の中を支配してゆく。

究極のカレーの初代総合GPを受賞してからもう5年。
その間、いろんなカレー店が登場し、いろんなな進化を見せている関西のカレーだが、
そんな店を食べ歩いてきても、ニドミのカレーの美味しさは全く衰えていないのを、
しっかりと実感できるのが凄い。

おそらくそれは、ニドミ自身も、
常に進化し続けていることの証明なのではないかと実感した。

            ]

食後のデザート、アイスクリームをいただきながら、店主aroaさんと少し話してみると、
更にまた、新しいことを考えているのだとか。
今度はどんななカレーが出てくるのか?
さらなる進化に、期待せずにはいられない。









【curry bar nidomi(ニドミ)】
住 所:大阪市中央区常盤町2−4−9 エクセル第6ビル 2F    MAP
電 話:06-6949-3067
営業時間:12:00〜15:00  18:00〜22:00 
煙 草:禁煙(テラスに喫煙スペースあり)
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレー=インド料理。そんな時代にピリオドを打つ音が聞こえる。たしかに、インドのカレーは文句なしに美味しい。でも、カレーといえば、必ずしもインドではないってことを、その美味しさで教えてくれるお店が神戸元町にある。お店の名前は、”Cini Curry(チーニーカリー) ...
続きを読む
カレー=インド料理。

そんな時代にピリオドを打つ音が聞こえる。

たしかに、インドのカレーは文句なしに美味しい。
でも、カレーといえば、必ずしもインドではないってことを、
その美味しさで教えてくれるお店が神戸元町にある。

お店の名前は、”Cini Curry(チーニーカリー)

       IMG_0435

昨年の12月にオープンしたこちらのお店、
その美味しさが人づてに伝わり、今ではすでに人気店の仲間入りを果たしている。

実は私も、友人のブログを見て気になり食べに来てみると、
その美味しさの魅力に取りつかれ、一発でファンになってしまった。

徐々に近所に勤める方や、周辺に住む方から人気が広がり、
今では、大阪からもわざわざ食べに来る人がいるほどに。

そんなチーニーカリーが、今週末(2019年9月28日)に、
ABCテレビの人気番組、「LIFE〜夢のカタチ〜」に出演する。

ご存じの方も多いかと思うが、この番組の人気は他とは一線を画すものがある。
と、いうことは放送後は今よりももっと凄い人気になって・・・。

さて、そんなチーニーカリーに今のうちに行ってみるのもいいし、
放送後、あの幻のメニューを食べに行ってみるのもいい。

いずれにせよ、そんなチーニーカリーの魅力をまとめてみた。

チーニーカリーに行って、いつでも食べることが出来る(と思われる)のは、
チキンレッグ1本カレー。

      IMG_3709

メニュー名にある通り、
鶏の骨付きもも肉がまるごと1本入っているボリュームたっぷりの一皿。
骨から身がホロッとはずれて、柔らかいのはもちろん、
その味わい深さも人気の秘密。

そして、日替わりでいろんなカレーが出てくるのも、こちらのお店の魅力のひとつ。

  IMG_3695

これは、ある日のメニュー。
グループで行って、数種類注文して、
みんなでシェアするのも楽しいかもしれない。

  IMG_3722
塩味ベースのマトンスープカレー。

         IMG_3712
           パクチーソースのチキンカレー。

チキンレッグ1本カレー以外は、いつでもあるものではないけれど、
何が出てくるかわからない、限定メニューも楽しくて仕方がない。

そして、メニューに魚のカレーがあれば、ぜひ食べてみてほしい。

       IMG_0465
  IMG_0474

これはある日の「イトヨリのカレー」と、「ミニ豆カレー」。
魚の旨味をギュッと閉じ込め、絶妙なスパイス使いでまとめて絶品に仕上げてあって、
センスの良さに感動する。

ごはんは、デフォルトでバスマティライスなのも嬉しい。

         IMG_7659

海老のキーマカレーは、これってキーマっていうのか?
そう思うくらいに海老がタップリ!

      IMG_7665

海老好きにはたまらない逸品。

カレーは肉をタップリ入れないとダメ!
店主の師匠、三宮「TANDOOR」の店主はそういうのだとか。

だから、彼女が作るカレーも肉がタップリ。

           IMG_0414

マトンとホクホクひよこ豆のカレーは、骨付きのマトンがたっぷりと入っている。

その日のメニューは、Instagramで告知されるので、是非チェックしてほしい。
めったにお目見えしない、本格パキスタン料理に出会えるかもしれない。
過去には、大きな骨付き肉をじっくりと煮込んだニハリや、

         IMG_2681

パキスタンの炊き込みご飯、プラオに出会うことがあるかもしれない。

      IMG_5752

   IMG_5756

            IMG_5759

そして、「LIFE夢のカタチ」にも登場する、パキスタンの国民的料理「ハリーム」。
         IMG_5102

ハリームとは、小麦、大麦、レンズ豆、スパイスを7〜8時間煮込み、
肉は繊維状になるまで煮込む。
ラマダーンの夜に用意される特別料理でもある。


日本人でこの料理を作る人は少なく、このレベルにまで仕上げるのは至難の技だと思われる。
そんなハリームに挑戦し、今後メニューとして出す予定があるのだとか。

           IMG_0430

神戸元町、中華街の西側寄り、
少し海側に行った辺りにスパイスの香りが漂えば、そこがCini Curry。
パキスタン料理のフレンドリーな美味しさを、是非体験していただきたい。








【チーニーカリー(cini curry)】
住 所:神戸市中央区栄町通3-1-18 三浦ビル 1F    MAP
電 話:078-392-8503
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜  
煙 草:ランチタイム禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

隠れ家。何も知らなければ通り過ぎてしまうけれど、店内からは楽しそうな雰囲気が溢れている。看板もなければ、開放的な扉もない。一見ただの民家で、みんな友達の家にでも来て盛り上がっているのかと思いきや、実はその実態は、美味しいイタリアンのお店。よく見ると、さり ...
続きを読む
隠れ家。

何も知らなければ通り過ぎてしまうけれど、
店内からは楽しそうな雰囲気が溢れている。

看板もなければ、開放的な扉もない。
一見ただの民家で、みんな友達の家にでも来て盛り上がっているのかと思いきや、
実はその実態は、美味しいイタリアンのお店。
よく見ると、さり気なく緑、白、のトリコローレが飾ってあったりして、
それが目印になる。

さて、この日にお邪魔したお店も、何も知らなければ何のお店かわからない・・・。
なんてことはなく、スパイスの香りが漂っているので、
誰にでもカレーのお店だとバレてしまうお店、西新宿5丁目にある、

”コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)さんに、
お邪魔させていただきました。

            IMG_3863

扉を開けると、店内はほぼ満員。
予約していたので、テーブル席の一つに案内していただきます。

       IMG_3820

インドのビール、キングフィッシャーで乾杯!
ボトルでそのまま飲むのも、なかなかいい感じ(^^)

さて、料理を選んで注文しましょう。
どんなものを食べることが出来るのか・・・
メニューはこんな感じですよ。

      IMG_3814

        IMG_3815

  IMG_3816

           IMG_3817

    IMG_3818

なかなか他では食べられないようなラインナップですね。
パングリルドフィッシュや、パラタ、そして魚のカレーがけっこう豊富ですね。

気になるものをチョイスして、いろいろ楽しみます。

       IMG_3822

先ずは、パングリルドフィッシュ。
これは、カジキマグロにスパイスをまぶして焼き上げたもの。
このスパイス加減が絶妙で、いくらでもビールが飲めてしまうんじゃないかと(^^)

そして、マトンエッグフライ。

      IMG_3825

大きなマトンがゴロゴロ。
玉子が絡んでいるのでマイルドかと思いきや、
それを計算したようなスパイス使いが面白い。

これには、チャパティも合わせていただきます。

         IMG_3835

インドカレーといえば、日本では大きくてふわふわのナーンが連想されますが、
日常ではこのチャパティの方がよく食べられているらしいです。
チャパティは、フライパンのようなもので簡単に出来るのに対し、
ナーンは焼くのにタンドールが必要。

実際に、こちらのお店のメニューにも、ナーンのラインナップはありません。

このチャパティ、派手ではなく、素朴ではありますが、香ばしくて美味しい。

そして、エメラルドフィッシュカリー。

         IMG_3841

エメラルドフィッシュという魚が入っているのではなく、
チーズとほうれん草のソースと、チーズが掛けられているカレー。
混ぜ合わせると、エメラルドグリーンになるということから名付けられた、
オリジナルのカレー。


店内は、カウンター席4席と、4人掛テーブルが一つ、2人掛テーブルが2つで、全部で12席。
小さなお店です・・・が、厨房は広め。

というのも、厨房の中には3人位のシェフが入って、それぞれの動きで料理を仕上げていきます。
見ていて、すごく要領がいいなぁって思ってしまいますよ(^^)

そんなシェフが作ってくれたビリヤニ、フィッシュビリヤニはこんな感じ。

        IMG_3854

もう何も言うことはない、美味しい(^^)
そのまま食べてもじっくりとスパイスの香りを楽しめますが、
一緒にカレーも食べると、味の幅がグッと広がります。

      IMG_3850

折角なので、大人気だというチキンカレーもお願いしました。

       IMG_3856

ビリヤニとチキンカレー。
他には何も見えなくなるくらいに美味しい(^^)(^^)

それにしても大人気です、こちらのお店。
私達がゆったりと、いろんな料理を楽しんでいる間にも、
サッとカレーを食べて帰る人もいれば、同じようにお酒とカレーを楽しむ人、
そして、外国からのお客さんもいらっしゃいました。

小さなお店なので、予約していくほうがベターだと思います。
ぜひ住宅地に突如と合わられる名店、堪能してくださいね。








【コチンニヴァース(COCHIN NIVAS)】
住 所:東京都新宿区西新宿5−9−17    MAP
電 話:03-5388-4150
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:30〜21:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジビエ。ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、今となっては、結構あちこちで聞きますよね。ジビエとは・・・狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、 ...
続きを読む
ジビエ。
ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、
今となっては、結構あちこちで聞きますよね。

ジビエとは・・・
狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。


狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・
尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、骨、血液に至るまで、
全ての部位を余すことなく料理に使い、
生命に感謝を捧げようという精神が流れているのだとか。

写真映えのためだけに注文される大盛り、
特に食べたくないけれど、見た目が綺麗だからという理由での注文・・・
今一度、考え直しても良い時が来たんじゃないかな?
こちらのお店に訪問させていただき、そんなことを考えてしまいました。

お伺いさせていただいたのは、小田急線の喜多見駅近くにあるお店、
"ビート・イート(beat eat)さん。

          IMG_3812

お店が入る建物の1階に看板が出ているのですぐに分かると思います。
この階段を降りて、一番奥に行くと、お店の入口が。

     IMG_3808

ランチタイムがはじまる10分前に到着すると、すでに待っている人が2名。
開店時間の12時になり、無事に1巡目に入店することができました。

店内は、カウンター席が6席のみ。
順番に奥から詰めて座らせていただきます。

こちらのお店、ディナータイムは店主が自ら狩猟してきたジビエで、
いろんな料理を提供してくださるのだとか。

そして、ランチタイムに営業されている時は、カレー。
この日のメニューは、カウンター席の右にある壁に掲げてあります。

ポークビンダルー 1,200円
イノシシと山椒のキーマ 1,200円
二種盛り  1,700円
オプション 海老カレー 600円


これはどれか選べって言ったって・・・・
やはり全部食べたいので、
「全部盛お願いします。」って言ってしまいました。

ちなみに、私の先に入ったお客さんも、私の後から入ってきたお客さんも、
みんな3種盛りを注文していましたよ!

カウンターの奥では、店主がスパイスの香りを立ち上がらせながら、
ランチのカレーを作っているのが見えます。

そして、カウンターの中、正面の壁は黒板にもなっていて、
ディナーメニューが少し書いてあります。

ツキノワグマのビリヤニ、カキのカレー、
白あずきとムング豆とすりおろしカブのダル、
鹿ケバブ、紅芯大根のアチャール・・・。

そんな文字が並び、こちらは勝手にそれらの料理を想像する。
こうなってくると、カレー好き、スパイス好きは、
いても立ってもいられなくなるわけで^^;

「お待たせしました〜 2種盛りに海老ですね。」

           IMG_3800

登場しました。
そして、想像以上にボリューム満点!

カレーの盛は、インド風。
木の器が、ターリーで、その上にカトゥリが乗っかって、
カレーが何種類か乗っかってくるスタイル。

インド料理のお店のカトゥリよりも器が大きく、タップリとカレーを味わうことができますよ。

           IMG_3797

それにしても、<オプション>と書かれた、海老のカレーの、
エビの大きさにビックリしました。

それでは早速いただきます。
先ずは、ポークビンダルーから。

      IMG_3795

先ずは、カレースープをいただきましょう。

     IMG_3803

おぉ、これは美味しい。
スパイスのアタックも中々のものですが、それ以上に旨味が凄い!
これ、どんな食べ方をしても美味しいんじゃないかな?

中に入っている豚肉は、何と骨付きのスペアリブ。
スプーンでホロッと・・・・
なんて、甘っちょろい事は言わずに、豪快に手で持って、骨から肉を外しましょう。
で、これが美味いんですよ(^^)

        IMG_3799

ごはんは、バスマティライスがドーム状にもられています。
さて、これをスプーンですくってスープカレーのように食べるか、
それとも、ミナミインド風にターリの上に広げて、
いろんなカレーやアチャールと一緒に混ぜて食べるか・・・。

      IMG_3796

こちらは、イノシシと山椒のキーマ。
イノシシ・・・少しだけ身構えましたが、変なクセは全くなし。
豚肉よりもアッサリした旨味がいい感じですよ。
山椒もビシビシと存在感を表すではなく、調和された旨味が好印象です。

         IMG_3798

ダルスープとアチャール。
これらは、そのまま食べても十分に美味しい。
でも、カレーと混ぜ合わせながら一緒にいただくと、
その個性がキラリと光ります。

      IMG_3806

やはり私はインド風に、バスマティライスを真ん中で広げ、
いろんなカレーを混ぜ合わせながらいただくことにしました。

これだけのボリュームになると、いきなり全てのカレーをかけてしまうと、
ターリーから溢れるので、少しずつ、いろんな味わいを楽しみます。

どのカレーも丁寧で滋味深く、甲乙つけがたいくらいに美味しかったです。
こういう料理を食べると、ぜひまたディナータイムに予約して、
ジビエをしっかりと食べに来たいと思います。

          IMG_3807

ビートイートさん、入口には鹿の角。
店内には、空薬莢などが置かれ、いい感じのお店でした。

店主、狩猟や出張料理などで、不定休なこともありますので、
ぜひお店のFacebookページを確認して、おでかけくださいね〜








【beat eat(ビートイート)】
住 所:東京都世田谷区喜多見9−2−18 喜多見城和ハイツ B1F    MAP
電 話:03-5761-4577
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:30) 18:30〜22:00(L.O.21:30) 
     ※木曜日はディナータイムのみ営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日 ※不定休あり(Facebookで確認できます)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ココッテ カード ツカエマスカ?」「いえ、現金だけです。」「ジャ イイデスゥ〜」そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、デビットジャガー御一行様。みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;ところで、デビットジャガーって誰?調 ...
続きを読む
「ココッテ カード ツカエマスカ?」
「いえ、現金だけです。」
「ジャ イイデスゥ〜」


そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、
デビットジャガー御一行様。

みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;

ところで、デビットジャガーって誰?

調べてみても、そんな人物は存在せず・・・。
あ、ひょっとして、ミック・ジャガーと、
デヴィッド・ボウイをあわせて作った架空のロックスター?

長髪でヘアバンドをしてて、いかにもロック歌手みたいな出で立ちは、
一度見れば、すごく印象に残りますよね。

先日お伺いした、恵比寿にあるこちらのネパール料理の店主に、
その面影を重ねてしまったのは、私だけでしょうか^^;

ランチタイムにお伺いしたのは、“ソルティモード”さん。

        IMG_1608

恵比寿駅から徒歩3〜4分のところにあるビルの5階にお店はあるのですが、
1階にこのメニューボードが出ていれば、営業しています。
ランチタイムは、11:45から。

エレベーターで5階に着くと、いきなり店内の景色が現れますよ。

開店時間とほぼ同時に入店したのですが、すでに2組のお客さんが。
これは、ランチタイムに突入すれば、すぐに満席になるんだろうなぁ・・・
そんなふうに思いました。

ランチタイムのメニューは、
ネパールの定食、ダルバートと、ネパールの焼きそば、チョウミンのみ。

チョウミンも気になるけれど、今日の気分はダルバート。
店主の目の前、カウンター席に座らせていただき、ダルバートをお願いします。

店内は、カウンター席が5席と4人がけのテーブル席が3つ。
グループの方はテーブル席に、おひとり様や、おふたり様はカウンター席に座り、
寛ぐことが出来そう。

色とりどりの照明に照らされる店内。
ランチタイムにはそれに窓からの明かりも入り、
エキゾチックな中にもどこか健康的な雰囲気が加わります。

店内の雰囲気を楽しみながら待っていると、
お願いしたダルバートが出来上がってきました。

        IMG_1581

これは、評判通りのボリューム!
素晴らしいご飯の量ですね(^^)

ダルバートでよく見るのは、ご飯とアチャールが入っているプレートがあって、
別添えにカレーが入った容器が出されるもの。

私の場合、別々で出していただいても、ご飯の上にかけちゃうので、
この提供のされ方は理想的(^^)

ご飯もタップリならば、肉のカレーも、

     IMG_1588

野菜のカレーもたっぷりと盛られているのが嬉しい。

      IMG_1585

それでは早速いただきます。
先ずは、カレーを味わいを楽しみましょう。
   
         IMG_1597

大きなチキンは食べごたえも十分。
最初はこれをおかずにご飯を食べるスタイルで。

幸せな気持ちになれる瞬間ですね(^^)

野菜のカレーも、同様のスタイルで先ずはいただきます。
素材の味わいとスパイスの融合が楽しくって仕方がない。

       IMG_1591

ダルスープも最初はそのままいただきます。
初めてダルスープを食べた人は、少し薄くて味が頼りなく感じるかもしれませんが、
3口も飲めば、味わいの奥深さに気がついてくるはず。
完食する頃には、必ずおかわりがしたくなっていると思います。

さて、ここからが本番。
まずはダルスープをスプーンですくって、

        IMG_1599

ご飯の上にかけてしまいます。

    IMG_1603

そして、いろんな具材を徐々に混ぜながら味の変化を楽しみます。
そうすると、このダルバートが持つポテンシャルを、
もっとたくさん味わうことができますよ。

         IMG_1607

後半は、すべての具材を混ぜ合わせ、
残ったダルスープもかけて、すべての旨味を独り占めしちゃって下さい。
そうすれば、ダルバートの奥の深さをより一層楽しめると思いますよ(^^)

以前から噂は聞いていて、知っていましたが、
実際に食べてみて、想像以上に満足させていただきました。

美味しくてボリュームたっぷりのダルバート、オススメですよ!









【ソルティモード(Soaltee Mode)】
住 所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-9 代官山宝ビルⅢ 5F    MAP
電 話:03-3462-4331
営業時間:11:45〜14:00  18:00〜24:00  ※土日はディナータイムのみ営業。
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加