美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: カレー

給食の人気メニューって、唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)そして、親世代の給食の人気メニューは、揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まって ...
続きを読む
給食の人気メニューって、
唐揚げ、ハンバーグ、オムライス、カレーライスなのだとか。
(大阪では、たこ焼きも給食に出るのだとか。)

そして、親世代の給食の人気メニューは、
揚げパン、カレーライス、ソフト麺、炊き込みご飯。

でも、私の世代ではまだ、ごはん給食が始まってなかったのですよね。。。
好きだったのは、クジラの竜田揚げ、シチュー、カレー・・・
あ、ごはん給食が始まる前のカレーって、カレーライスではなく、
シャバシャバのカレー、私達はカレーシチューって呼んでたなぁ・・・。

シャバシャバのスープ状のカレー、
あれ、ひょっとしてアレもスープカレーというものだったのだろうか?
スープカレーという名前で出ていれば、より一層テンションが上っていたかも^^;


さて、この日は美味しいスープカレーを求めて札幌へ。
新千歳空港から快速エアポートに乗り札幌駅で、
少し遅めのランチタイムにお伺いしたのは、
“HiriHiri(ヒリヒリ)2号”さん。

        IMG_9075

スープカレーで「ヒリヒリ」と来れば、
激辛のお店なのかと思ってしまいそうですが、
そんなことはなく、ちゃんと辛さも選べますよ。

10分ほど並び、店内へ案内していただきました。

         IMG_9079
各テーブル間に間仕切りのように柱があり、ちょっと半個室のような感じになっていますよ。
ランチメニューはこんな感じです。

     IMG_9084


          IMG_9080

ランチメニューを見て思ったのですが、メニューの書き方がわかりやすいんですよね。
北海道の一般的なスープカレーのお店では、まずメインのスープカレーを選び、
スープの種類を選び、辛さとごはんの量を選んで、
追加のトッピングを加えていくパターンが多いと思いますが、
こちらでは、デフォルトのメニューが複数の具材をセットにしている事が多く、
それだけでも楽しめるような印象を受けました。

多分、写真入りのメニューだから、イメージしやすいのかな?

         IMG_9078
パクチー好きにはたまらない、タップリ・・・じゃなく、もっさりパクチー。
“タップリ もっさり”って感じでしょうか^^;

私がお願いしたのは、挽肉、納豆、ナス、オクラ、マッシュポテト、
人参、蓮根、水菜が入った、キーマ納豆カレー。

それに、バラ海苔のトッピングをお願いしました。

           IMG_9085

ふと横を見ると、こんなのが視界の中に入ってきました。
北海道限定、大好きなサッポロクラシックの生ビール!

        IMG_9087

そりゃぁやっぱり、ねぇ(^^)
キンキンに冷えた生ビール、最高です!

グッと一気に冷たいサッポロクラシックを飲んでいると、先にごはんが運ばれてきます。

      IMG_9093

ごはんは白いご飯がうつわ状に盛られてきます。
奥にぼんやりと見えるのが、友人が注文したごはんの大盛り。
こうやって見ると、明らかに違いますね^^;

そして、まもなくしてスープカレーも登場。

         IMG_9100
納豆とマッシュポテトが入っているせいか、ちょっとスープにとろみがあります。
ナスと水菜も美味しそ・・・・ん、なにかが足りない。

「すみません、バラ海苔・・・」
「あ、すみません、お待ち下さいね。」


そう言って、一旦退場の後、再登場。

         IMG_9103

はい、これが完全体!
納豆と海苔。
これらが入ったスープカレーが大好きなんですよね(^^)

      IMG_9107

先ずはスープカレーを一口。
辛さを7辛まで上げたからか、結構いい辛さしてます^^;
いい汗、かけますよ〜!

それでも、その味わいは素晴らしく、
一度食べはじめるとスプーンを持つ手が止まらなくなります。

          IMG_9115

ごはんをスプーンにのっけて、スープカレーの中につけて食べても美味しいし、
後半は、ごはんをスープカレーの中に入れて食べると、
スープだけが残ることなく、キレイに完食することが出来ます。

札幌駅から徒歩2分。
高架下のアーケードを歩いていくとすぐにお店に到着します。

         IMG_9077

北海道でも厳しい暑さの今年の8月、
そして、ふきが降り積もる冬でも、ここならば楽に来ることが出来ますよ。
札幌についたらすぐにスープカレー!
そんな旅の始まりもいいものですよ〜。
     




【スープカリー HiriHiri(ヒリヒリ)2号】
住 所:札幌市北区北6条西6-1-1 WEST 6    MAP
電 話:011-221-3607
営業時間:11:30〜21:30
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに、無性に食べたくなる骨付きの肉。これって多分、「はじめ人間ギャートルズ」を、子供の頃に見た影響がデカイと思われ・・・^^;流石にマンモスの肉は無理なので、鶏のもも肉を食べることが多いのだ、が、何だかちょっと違う気がする・・・。骨付き肉を思いっきり食べた ...
続きを読む
たまに、無性に食べたくなる骨付きの肉。

これって多分、「はじめ人間ギャートルズ」を、
子供の頃に見た影響がデカイと思われ・・・^^;

流石にマンモスの肉は無理なので、鶏のもも肉を食べることが多いのだ、が、
何だかちょっと違う気がする・・・。

骨付き肉を思いっきり食べたい。

そんな夢を叶えてくれるのが、パキスタン料理のお店。
「インドカレー」と看板を上げて、大きなナンとタンドリーチキン、
バターチキンカレーを看板メニューにしているように見えるが、
黒板に手書きで本格料理の名前が書いていることもあって、見逃せない。

この日にお邪魔させていただいた、
“行徳ビリヤーニーハウス”もそんな一軒。

           IMG_2614

東西線、行徳駅からしばらく歩き、コッペパンの盛岡製パンを通り過ぎて、
少し咲きを左に曲がると、黄色い建物が見えてくるのですぐに分かると思います。

店内に入り、まずはメニューを。

    IMG_2578

GBH(Gyotoku Biryani House)ランチメニューと書かれたこれは、
ごく一般的なお店のものと同じ・・・。

でも、こちらのメニューには、

         IMG_2580

本気の料理がたくさん載っていますよ!

  IMG_2581

       IMG_2582

              IMG_2583

    IMG_2584


さらに、こんな感じのも。

   IMG_2577

       IMG_2576

       IMG_2575

チョット待って!
これ、本気なんてものじゃなくて、かなり本物。

「すみません、ナハーリセットは、今の時間でも大丈夫ですか?」
「ダイジョウブですよ!」


ナハーリ・・・ニハリがランチタイムに食べられる。
ビリヤニにも後ろ髪を引かれましたが、今回はナハーリセットを楽しむことにします。

          IMG_2573

店内は、テーブル席のみで、4人がけテーブルが3卓と、
2人がけテーブルが2卓、そして6人がけテーブルがひとつあります。

先客は2組で、どちらもおひとりさま。

もちろん、一般的なタンドリーチキンのセットは注文しておらず、
ビリヤニとマトンカラヒを注文されています。

みなさん、よくご存知のようですね。

          IMG_2587

しばらくすると、先にサラダが運ばれてきます。
インド料理店に行けば、必ずと行っていいほど高い確率で登場する、
赤いドレッシングのサラダ。
あの赤は、人参かパブリカの赤だそうですが、こちらのものはパブリカかな?
野菜もシャキッとしていて美味しいですよ(^^)

そして、先にドリンクのラッシーが登場。

        IMG_2589

食後に来るかと思っていたけれど・・・・
ま、いいか^^;

そんなことを思いながら、ラッシーを少し飲んでいると、
メインのナハーリも出来上がり運ばれてきました。

       IMG_2590

え、本当にメニューの写真と一緒で、肉がデカイ!
まさに、看板に偽りなし。
こういうのは嬉しいですね。

        IMG_2596

ナーンは丸いものではなく、インドの細長い形のもの。
先ずはそのままいただきましたが、フワッフワで美味しいですよ。
こちらのお店のナーンには、ギーは塗られておらず、あっさりといただくことが出来ます。

     IMG_2594

それにしても、本当に大きな肉が入っています。
それでは、早速いただきましょう。

       IMG_2600

肉、ホロッと骨から外れて本当に柔らかくて美味しい。
心地よく香るスパイスもかなり好印象です(^^)

      IMG_2608

ナーンに使って、すくうような感じで食べても最高。
青唐辛子の辛さもいい感じで食がすすみますよ(^^)

            IMG_2609

たっぷりと入った肉は、後半になっても十分に楽しめますよ。
これがランチタイムに、しかもたったの1,000円で楽しめるのは、
本当に幸せな気持ちになれます。

おひとりさまで行って、何を食べようかを迷うのもたのしいけれど、
グループで行って、いろいろシェアして楽しむのもいいと思いますよ。

隣の人が食べていたビリヤニも美味しそうだったなぁ・・・。
今度は是非、ビリヤニも食べてみたいと思います。

             






 【行徳ビリヤーニーハウス】
住 所:千葉県市川市行徳駅前3−7−12    MAP
電 話:047-317-5892
営業時間:11:00〜15:00  17:30〜22:30
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本に来た外国人が驚くことに一つに、居酒屋があるそうです。居酒屋という文化は、世界的にも珍しいらしく、食べることも飲むことも、どちらも本気で出来るお店って、世界的には珍しいらしい・・・。そういえば、香港に行ったときも、台湾に行ったときも、食事のお店には、 ...
続きを読む
日本に来た外国人が驚くことに一つに、居酒屋があるそうです。

居酒屋という文化は、世界的にも珍しいらしく、
食べることも飲むことも、どちらも本気で出来るお店って、世界的には珍しいらしい・・・。


そういえば、香港に行ったときも、台湾に行ったときも、
食事のお店には、アルコール・・・ビールさえ置いていないことも珍しくなく、
飲みたいならば、コンビニで買ってきて持ち込み。
つまり、持ち込みOKのお店が少なくなかったような気がします。

食べるお店と、飲むお店を分けているのですね。

だから逆に、外国人の方は、日本に来て、居酒屋にハマる方も多いのだとか。

            IMG_6760

「やるき」と書かれたテントに、赤提灯。
THE 居酒屋って感じで、外国人の方にも好まれそう・・・
いえいえ、実はこちらのお店の店主は、インド出身の方。
常連になるどころか、居酒屋さんを経営しちゃっているのです。

お伺いさていただいたのは、“やるき”さん。

実はこちらのお店、以前ランチタイムにお邪魔させていただいたことがあるのです。
そのときから、ずっとディナータイムにも来てみたかったのです。

お店に入り、テーブル席でホット一息。
先ずは、ホッピーで乾杯。

          IMG_6721

ホッピーというのは、よく考えられてますよね。
中(焼酎)が入ったグラスに、なみなみと外(ホッピー)を注いでいくと、
必ず外(ホッピー)が余るようになっている。
すると、今度は中(焼酎)を注文し、外(ホッピー)が足りないから、また注文・・・。
いやぁ、素晴らしい!

ホッピーを飲みながら、何を注文しようか店内を眺めます。

        IMG_6722

納豆とオクラ、山芋磯辺揚げ、鶏から揚げ、牛モツ煮込み・・・。
見渡す限り、どこにでもある居酒屋メニュー。

        IMG_6720

本日のおすすめも、ぶりカマ塩焼き、鯨ベーコンなど・・・
ん、新たまパクチーサラダっていうのはちょっとそれっぽいかな?

そう思いながら、メニューに目を落とすと、こちらのお店の本気度が見えてくるのです。

     IMG_6726

         IMG_6727

マサラパパド、カレーキャベツ、骨付きマトンカルビステーキ、マハラジャナンピザ・・・。
オリジナリティ溢れてるじゃないですか!

気になる料理を注文していきましょう。

    IMG_6730

先ずは軽く、オクラのスパイシー炒め。
パクチーが軽く散りばめてあっていい感じ。
そして、カレーではなく、スパイスなんですよ(^^)

普通の居酒屋さんで、“スパイスなんやら”って頼んでも、
カレー風味が出てくることが多いのです、ここのはいい感じ(^^)
他のも期待できますよ!

そして、カレーキャベツ。

       IMG_6735

はい、名前のまんまです。
でもこのカレーがすこぶる美味い!
キャベツをディップするだけのものなのですが、
それだけでも成り立ってしまっているのが凄いですよ。

       IMG_6737

こうなってくると、スパイシーおでんもお願いしちゃいますよね。
スパイスたまごに、スパイスの旨味が染み込んだおでん。
許されるならば、ここにフォーなんかを入れて食べたくなります。

スパイスおでんを楽しみながら、ふと横のテーブルを見ると、
店員さんが、串にスパイスまみれのチキンを刺して、仕込みをしているのが見えたので、
話しかけてみます。

「それ、すごく美味しそうなんですけど、何ですか?」
「これ、タンドリーチキンやきとりですよ、すっごく美味しいですよ(^^)」


そう言われると、当然お願いしちゃいますよね。

         IMG_6749

注文した結果は、大正解!
これ、絶対に注文してほしいやつです、かなり美味しいですよ(^^)

あまりにも、タンドリーチキンやきとりが美味しかったので、
これもお願いしちゃいました。

        IMG_6755

これは、骨付きマトンカルビステーキ。
こんなの、他の居酒屋では絶対にないですよね(^^)
ワイルドに、かぶりついちゃいましょう!

スパイス&ハーブ居酒屋 やるきさん、
オススメします!
スパイス大好きな方はぜひ行ってみてくださいね〜。





【やるき】
住 所:東京都中野区本町4-36-7    MAP
電 話:03-6304-8373
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜22:00  ※土曜日は、16:00〜22:00
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビを見ていて、「この続きどうなるんだろう?」そう思った瞬間時割り込んでくるのがCM。折角盛り上がってきたのに、一時覚めちゃいますよね・・・。そんな感じで不用意に割り込んでくるCM。でも、見ていて「お、このCMいいねぇ!」というのもあります。最近お気に入りな ...
続きを読む
テレビを見ていて、「この続きどうなるんだろう?」
そう思った瞬間時割り込んでくるのがCM。

折角盛り上がってきたのに、一時覚めちゃいますよね・・・。

そんな感じで不用意に割り込んでくるCM。

でも、見ていて「お、このCMいいねぇ!」というのもあります。

最近お気に入りなのは、積水ハウスのCM。
楽器店で女子高校生がベースを見ていて、店長が自分のお下がりのベースを、
1,000円で売ってあげる話のやつ。

         

このベースの演奏が上手い店長役の人ってご存知でしょうか?
ハマ・オカモトさんといって、「OKAMOTO'S」というバンドのメンバーで、
ホンモノのプロのベーシスト。

でも、この人にはもっと凄い経歴が・・・・。

実はこの人、ダウンタウンの浜ちゃん、浜田雅功さんの息子さんなのです。

言われてみると、たしかによく似てますよね、浜ちゃんに。

さて、似ているといえば、この名前のお店、
どこかで見たような気が・・・
そんな感じで気になりながら来たお店が札幌にあります。

       IMG_0684

お伺いさせていただいたのは、平岸にあるスープカレーのお店、
“Rojiura Curry SAMURAI 平岸総本店さん。

お店に到着し、ロゴを見て思い出しました。
こちらのお店、下北沢にある、“Mikazuki Curry SAMURAI”さんの総本店なのですよね。
Mikazuki Curry SAMURAIさんは、カレーライスのお店なのに対し、
こちらのお店はスープカレーのお店。

平日にも関わらず、お店の前で待っていると、次々と駐車場に車が入ってきます。
大人気ですね。

開店時間になり、店内の席に案内していただき、
まずはメニューを確認します。

      IMG_8957

   IMG_8958

カレーの種類を選び、4種類ある中からスープを選び、
辛さ、そしてライスの量を選ぶのは他のお店と一緒ですね。

こんな感じで、平岸総本店限定のトッピングもあります。

      IMG_8964
エビカツ・・・無いと言われれば食べたくなってしまう^^;

         IMG_8967
そして、スタッフのオススメは牛すじ。
コラーゲン豊富で意外と低カロリー・・・。
上手いこと言うねぇ(^^)

そして、人気メニューラニングはこんな感じ。

      IMG_8962

侍まつり、チキンと1日分の野菜20品目、侍SP。

自由にまつりボードからトッピングが選べる・・・。
そんな、まつりボードはこれ。

          IMG_8955

ザンギ・豚角煮・牛すじ・フランク・・・
これは楽しそう!

野菜13品目と4種で1,580円。
これいいなぁ・・・。

ちなみに野菜13品目と20品目はこんな感じ。

         IMG_8956

印刷されたメニューではなく、黒板に書かれてあるのは、
その日によって、入荷しているの美味しい野菜が変わるから。

よし、これで行こ・・・
いや、待てよ、せっかくだからもう少し、あと200円だけ手を伸ばして、
完成形にしてやろう!

と、言うわけで今回は、「侍SP」にしてみました。
チキン、ひき肉、角煮、ザンギと、肉が全員集合しているものに、
なおかつ、サクサクブロッコリーと野菜20品目がのっかってきます。

           IMG_8969

店内は、カウンター席、テーブル席、そして小上がり席もあって、
全部で40席くらいはあるでしょうか?
庭を眺めながら食事出来る席もあって、かなりいい雰囲気ですよ。

ひとりでも、グループでも、家族連れでも大丈夫そう。
あ、小さな子供さんがいるときでも、対応できるみたいですよ。
こんなQ&Aが書かれたものも置いてあります。

          IMG_8965

店内やメニュー、その他いろんなものを眺めていると、
お願いした“侍 SP”が出来上がってきました。

     IMG_8974

おぉ〜!
これ、本当に所狭しとたくさん具材がのっかっていますよ。
骨付きチキンレッグをはじめ、角煮、ひき肉、たっぷり20品目の野菜。

         IMG_8978

ザンギとサクサクブロッコリーは、ライスのお皿の方にのっかっています。
これ、別にごはんの量が少ないわけではありません。
ザンギが大きいのです!
これにまだ、チキンレッグも付いているのだから、嬉しくて仕方がない(^^)


もう、ランチと言うよりも、ディナータイム・・・
あ、これにワインやビールを注文したら、それだけで完成してしまいそうですよ。
とはいえ、車で来ていて、しかも平日。
スープカレーを楽しみましょう。

それでは早速いただきます。

       IMG_8982

美味しい!
いろんな旨味がスープカレーに溶け出して、複雑な味わいを演出。
それに追い打ちをかけるように、たっぷりの野菜、肉が一口食べるごとに、
味を微妙に変化させるものだから、楽しくて仕方がない。

    IMG_8979

ひき肉は、ごはんの上に乗っけて、スープカレーそぼろご飯にしても美味しいし、
ピーマンの中に入れて、エスニックピーマンの肉詰め風にしても楽しい。

          IMG_8980

豆とれんこん、玉ねぎになすオクラ。
北海道の野菜の美味しさを「これでもか!」と見せつけてくれます。

     IMG_8981

野菜が多くて、隠れてしまっている骨付きチキンレッグ。
もちろん、スプーンで簡単に見が骨から外れる柔らかさですよ(^^)

こんな感じにフォークで持ち上げ、カブリとかじりついても楽しいです。

         IMG_8989

チキンはこれだけではなく、ライスの方にのっかっている、
大きなザンギがあることも忘れずに。

本当に具沢山で、かなり贅沢感を味わえるメニューですよ、
この侍SP。

お腹ペコペコ状態で挑んで下さい!
あ、ディナータイムにお酒の共に・・・
というのもオススメかも(^^)

侍が本気を出すと、想像以上のモノが来る。
ぜひ食べに行って、体験してくださいね!

       




【Rojiura Curry SAMURAI 平岸総本店】
住 所:札幌市豊平区平岸3条3丁目2−3    MAP
電 話:011-824-3671
営業時間:11:00〜15:30(L.O.15:00) 17:30〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:なし
駐車場:あり(店前に8台分と、第2駐車場に8台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅をすれば味わってみたいのがご当地グルメ。長崎に行けば、チャンポンを味わってみたくなる。ん、待てよ・・・。あのスタイルのチャンポンは長崎だけれど、他にもチャンポンが有名なところなかったっけ?彦根の近江チャンポン、愛媛の八幡浜チャンポンなど、実は全国にいく ...
続きを読む
旅をすれば味わってみたいのがご当地グルメ。

長崎に行けば、チャンポンを味わってみたくなる。

ん、待てよ・・・。

あのスタイルのチャンポンは長崎だけれど、
他にもチャンポンが有名なところなかったっけ?

彦根の近江チャンポン、愛媛の八幡浜チャンポンなど、
実は全国にいくつかあるチャンポンが美味しい場所。

最近では、スープカレーもそんな流れがあるみたいです。

少し前から、大阪にも「スープカレー」を出すお店って見かけますよね。
でも、札幌のスタイル・・・
ごはんとスープカレーを別々に出すスタイルではなく、
ごはんが真ん中にあって、まわりにサラサラのカレーを持ってあるタイプ。
スープカレーなっぱさんや、元祖エレクトロにニカレーさんなどが人気ですよね。

そんな大阪にも、札幌流のスープカレーのお店が出来、大人気なんだとか。

この日にお伺いさせていただいたのは、西長堀駅から歩いて3〜4分のところにある、
“スープカレージャック”さん。

           IMG_2141

カラフルなタイ◯ースカラーのテントが目印です。
これ、よく目立ちますね(^^)
そして、目に入ってくるのが。「札幌スープカレー」と書かれた提灯。

店内は満席だったので、
先にメニューを見せていただきながら、お店の前で席が空くのを待ちます。

         IMG_2138

カレーの種類を選び、辛さを選び、
スープのタイプを選び、そしてライスの量を選ぶのも札幌スタイル。

    IMG_2139

そこに、好みのトッピングを追加して、自分流に仕上げていくのが楽しい。

店主は、札幌で8年間修行し、大阪でスープカレーのお店をオープンさせたのか・・・

実際に食べに来た友人曰く、

「めっちゃ美味しいから、ぜひ食べて下さい! 本当に札幌の味が楽しめますよ!」

とのこと。

GWに開催していた、「カレーEXPO」にも出店されていて、
そのときに少し頂いたのですが、確かの美味しかった。

ですので、実店舗で食べるのはすごく楽しみだったのです。

しばらくすると、席が空き店内へ案内していただきました。

         IMG_2143

      ONLY北海道 サッポロCLASSIC

このビール、北海道でしか売ってないんですよね。
(催事等は除く)

それが、ここで飲めるのは嬉しい!
流石に樽生は無理(輸送費がかかりすぎる^^;)ですが、
これでも充分に美味しいのですよね(^^)

しばらくすると、お願いしたスープカレーが出来上がってきました。

        IMG_2149

私が注文したものは、
チキンベジカレー、ココナッツスープ、ライスはM。

いつもは納豆をトッピングすることが多いのですが、
今回は初めてということで、ピュアな味わいを知りたかったので、
あえてトッピングは加えず。

辛さに関しては、

「激辛とかって、かなり辛いですか?」
「いえ、辛いのがお好きな方は大丈夫だと思いますよ。」
「では、チキンベジ、激辛、ココナッツスープ・・・」
「あ、ココナッツスープならば、超辛でもだいじょうぶかと(^^)」
「では、超辛で!」
(店員さん、すごく笑顔が素敵で親切ですよ〜(^^))

そんなやり取りをして、超辛にチャレンジ。

「ベジ」にすると、札幌で食べたスープカレーと一緒で、
じゃがいも、にんじん、なす、プロッコリーなど、
大きめに切られた野菜がゴロゴロと入ってきますよ(^^)

         IMG_2153

チキンもちゃんと骨付きレッグのスタイルでのっかっています。

それでは、早速いただきましょう。

       IMG_2154

あ、ホントだ!
この味わいは札幌でスープカレーを食べたときのものと同じ。
これ、美味しいですね(^^)

野菜の種類、切り方、そしてスープの味わい。
これらが、札幌にあるお店のものと同じような感じなのです。

北海道出身の方が多い東京では、札幌スタイルのスープカレーの店は少なくなく、
札幌の味わいを楽しむことが出来るのですが、
北海道出身の方が少ない関西では、諦めていたところだったので、
これは嬉しいですね(^^)

       IMG_2146

そして、ごはんもこのスタイル。
添えてあるレモンは、ごはんに絞って食べるのです。
そうすれば不思議、スープカレーの味わいが変化して、
思わず笑顔になりますよ(^^)

       IMG_2158

野菜の美味しさだけは、北海道現地で食べるものには、
流石にかないませんが、それでもかなり近い味わい。
(距離と鮮度の問題だけは、しかたないですね^^;)

     IMG_2163

チキンももちろん、スプーンでかんたんにほぐれるほどに柔らかいです。

スープカレージャックさん、
大阪で札幌スタイルは無理・・・・
あ、北海道出身の方が少なく、それ故、スープカレー屋さんを出店される方が少なく、
諦めていたので、こちらのお店の登場はかなり嬉しいです。

札幌スタイルのスープカレーを味わってみたい大阪の方、
ぜひ食べに行って下さいね。
もうすでに、かなり人気があるようなので、
ぜひ時間に余裕を持ってお出かけされることをオススメします。





【札幌スープカレージャック】
住 所:大阪市西区新町3−8−9 白髪橋ビル 1F    MAP
電 話:06-6710-9654
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 18:00〜22:30(L.O.21:30) 
煙 草:
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

たまに無性に食べたくなる牛丼。吉野家、すき家、松屋、なか卯・・・。あなたの好みはどのお店?どのお店も似たような感じだけど、味わいはそれぞれ違う。古くからのファンが多い、吉野家。変わり牛丼を作らせれば、右に出る者はいない、すき家。定食の多さと、頑固なまでに ...
続きを読む
たまに無性に食べたくなる牛丼。
吉野家、すき家、松屋、なか卯・・・。
あなたの好みはどのお店?


どのお店も似たような感じだけど、味わいはそれぞれ違う。

古くからのファンが多い、吉野家。
変わり牛丼を作らせれば、右に出る者はいない、すき家。
定食の多さと、頑固なまでに付いてくるみそ汁の、松屋。
丁寧な作りと、親子丼も大人気のなか卯。

この4つのチェーンが、牛丼(松屋は牛めしね)の他にも、かならずあるのがカレー。
シンプルなものならば、300円台で食べられてしまうのだから、専門店もビックリ。

中でも、松屋は昔からカレーを大真面目に作っていて、
その味わいには定評がある。

限定で発売される「ごろごろチキンカレー」を初めて食べたとき、
そのチキンの多さにびっくりしたのを忘れることが出来ません。

そんな松屋が今、ちょっとした実験を行っている。

全国の松屋の中で、選ばれし69店舗でのみ販売を行っているメニューがある。
そのメニュー、Twitterでの反響が多ければ、全店販売に踏み切るのだとか。

それは、ごろごろチキンのバターチキンカレー。

このメニュー、現在のところ松屋の公式HPにも載っていない。

食べることが出来るのは、どのお店なのか・・・。
調べてみたら、こんなHPがあることを教えていただきました。

その中、梅田角田町店に早速突撃。

         IMG_1578

あ、ホントだ!
入り口にポスターが貼ってある。

店内の販売機で、食券を購入します。

       IMG_1576

こ・・・この食券、一瞬目を疑うわ。
バカタレ野並って、野並さんに申し訳な・・・
え、違う?

あ・・・あぁ〜「バカタレ」じゃなくって、「バタカレ」か!
ビックリするわ、もう^^;

さて、しょーもないこと考えずに、店員さんに食券を渡します。

まわりを見渡すと、牛めしを食べてる人、多いですね。
そして、次は定食。
あれ?
カレーを食べてる人、もっといるのかと思いましたが、そうでもない^^;

ここのカレー、意外と美味しいのになぁ・・・。

そんなことを思っていると、お盆に乗せられたバターチキンカレーが出来上がり、
運ばれてきました。

         IMG_2169

ごはんとカレーは別々の容器に入って提供されます。
このスタイルは、ごろごろチキンカレーと一緒ですね(^^)

カレーにみそ汁って、どう考えても違和感満タン・・・
そう思っていたのですが、最近では普通になってきました。
慣れってコワイわ^^;


         IMG_2172

器にたっぷりのバターチキンカレー。
玉ねぎとチキンが本当にたくさん入っています。
インド料理店などで見るバターチキンカレーとは、違いますが、
これだけたっぷりと入っているのでちょっと嬉しくなってきます。

それでは早速いただきます。
先ずは、サラダ・・・あ、松屋では「生野菜」って言うんでしたっけ?

          IMG_2175

シャキシャキに調教(?)されたサラダに、ごまドレッシングをたっぷりと。
あなたは、ゴマ派、それともフレンチ派?

そして、店内での食事ならば、何にでも無条件で付いてくるみそ汁。
もちろん断ることも出来ますが、折角なのでいただきます。

        IMG_2173

おぉ〜、お約束のあの味、
塩分控えめでカラダに優しいやつ(^^)

カレーはいきなりごはんの上に全部かけて、
贅沢な具沢山カレーとして味わってもいいけれど、先ずはカレー単体で味わってみます。

          IMG_2178

おぉ〜、たしかにバターチキンカレーだ。
バターのコクがガツンとくるタイプではなく、ほんのり香る感じ。
たっぷりと食べるには、このバランスが丁度いいかと思います。

トマトの味わいも重なって、バターのコクを爽やかな方向へ持っていってくれる感じですね。

トマトとカレーの使い方、松屋は上手だと思います。

       IMG_2183

次は、少しずつごはんに掛けていただきましょう。
このバターチキンカレーの特徴は、ナンよりもごはんに合うこと。
インド・ネパール料理店のそれは、完全にナンに合うように作られていますが、
松屋のバターチキンカレーは、ごはんがすすみます(^^)

松屋、今回も中々やるなぁ!

基本のチキンカレーはあの値段であの美味しさは、素晴らしいし、
ごろごろチキンカレーは、半端ないチキンの量が感涙モノ。
そして、創業時ビーフカレーも出来も、良かったし、
このバターチキンカレーも全店販売は間違いないのでは?

※この記事がアップされる日、全店販売が決まったようです!

           IMG_1577

全店販売よりも、先に食べたい方は、
コチラの松屋の店舗へGO!

        





【松屋 梅田角田町店】
住 所:大阪市北区角田町6-5    MAP
電 話:06-4709-5361
営業時間:24時間営業 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

乗り越えなければならないものが大きいほど、それを達成したときの喜びも大きい。人生にはいくつか乗り越えなければいけない試練がある。それは、お腹の中から外の世界に出てくる瞬間、つまり誕生の時からはじまり、歩き初めるときに転び続けること、そして、進学して家族以 ...
続きを読む
乗り越えなければならないものが大きいほど、
それを達成したときの喜びも大きい。

人生にはいくつか乗り越えなければいけない試練がある。
それは、お腹の中から外の世界に出てくる瞬間、つまり誕生の時からはじまり、
歩き初めるときに転び続けること、
そして、進学して家族以外のものとの交渉、
そしてはじめての受験・・・・

って、そんなカタイ話ではない^^;


もしも、評判の店があり、
その店が見つけにくく、しかもだいたい行列ができるほど人気で、
待ち時間も多少あり、待ってる間に、
独自のルールが書かれた張り紙がズラリと貼ってあるとすれば・・・。

         IMG_1390
横断歩道を渡れば、そこは目的のお店。
ここから見ていても、行列ができていているのが見える。

このお好み焼き屋さん、人気があるなぁ!

通りがかりの人はきっとそう思うはず。
でもよく見てほしい、
お好み焼き屋さんの前にある椅子には、誰も座っていない。

         IMG_1382

え・・・
いったいあれは、何の行列なのか?

   IMG_1384

よ〜く見ると、半分だけ空いたシャッターの中にも人が並んでいるようだ。
え・・・よく見るとシャッターの中、階段にも人が並んでいるよう。

そう、ここがカレー好きの間では知らない人がいないくらいに有名な、
 “吉田カレー”。

         IMG_1385

表から見て、ここが吉田カレーだとわかるものは、この小さな看板だけ。

開店していても、シャッターは半分くらいしか開いていないので、
気をつけなければ見落としてしまう。

そんな情報は知っていたのだが、ものの見事に通り過ぎてしまった^^;
実際に一度は来てみないとわからないものだと実感。

その列の最後尾に加わり、半分シャッターの空いた中の階段に並ぶことにする。

と、目の前に早速注意が書かれた貼り紙を目にすることに。




張り紙 店内外 厨房内 撮影禁止
(カレーの写真はご自由に) 
月火金土 営業
当店はお客さんを選びます 気に入らない方には売りません




おぉ〜。
張り紙を撮影しようと思ったら、アブナイ、アブナイ^^;
ここはお店のルールを守ります。
(ネットで調べたら、貼り紙の画像がたくさん出てきますが、それはきっと昔のものでしょう)

階段の幅は、60cmほど。
ですので、体を壁と平行にしないと、すれ違うことが出来ません。
食べ終わった人がお店から出てきたら、体を横にして、通路を空けましょうね。 




暑いとか寒いとか
バナナの皮が気持ち悪いとか
苦情系は一切受け付けてません
我慢して全部食べてください。





バナナの皮・・・
そんなこと言う人、いるんだ^^;



 
カレー以外は撮影禁止です。
それと何もなくても
突然怒り狂う時がありますが、ご了承ください。
来てくれと言った覚えはありません。
星の数ほど飲食店はあります。
他所に行ってください。





階段を上がっていって、お店の入口が近くなるに従い、
メッセージも直球になってくるような気がします^^; 
でも、それだけいろいろなルールがあっても、食べたいと思い、
しかも、リピーターが多いお店。
そりゃぁ気になります。

でも、少し考えてみると、
どのメッセージもそんなに無茶なことは書いていません。


入り口まで、あと3人のところまで進んだところで、
お店の方がメニューを持って出てきてくださいました。
(ちなみにこの方は、店主ではなく、事前に注文と人数を聞いてくださる方のようです)




辛口 or 甘口 or MIX (甘口多め or 半々)
大 並 小

トッピング 
豚 キーマ 中華アチャール チーズ 納豆 温泉卵




以前は、席に案内されて、店主から声をかけていただいてから
注文するスタイルだったようですが、この日はこの時点で注文します。

この日の注文は、MIX 小 キーマ 豚。
そしてまた、席が空くまでしばらく待ちます。

入り口の扉のところには、
勝手に入っちゃダメ  の文字が。
満席なのに、食べてる後ろで待たれると、確かに落ち着かなくなりますものね。




本当にやる気がないので できれば他に行って下さい。




遠慮がちに手書きで書かれたメッセージ。
これを乗り切れば、入店・・・。

(この他にも、いくつか張り紙がありましたので、興味がある人はネットで調べてみてくださいね!)




その後しばらくして入店。
カウンターの一番奥の席をすすめられ、そちらに座らせていただきました。

カウンター席・・・
ということは、厨房の中でカレーを作る店主の姿を見ることが出来ます。

あれだけいろいろと書かれていたので、どんな方かと思っていましたが、
髭を生やした至って普通の方・・・
とはいえ、職人の雰囲気はすごく漂っています。


店内は、カウンター席が3席と、4人がけのテーブルが1卓で、全部で7席。
ちなみに、テーブル席に案内された時は、
カレーの受け取り、食器の返却はセルフサービス。

道路に面した窓が大きくて、店内は明るいですよ。

間もなくして、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_1311

美しい!
それがこのカレーを見たときの第一印象。
甘口と辛口のカレーが2層になって、その奥にキーマがのっかったごはん。
そして、キレイに卵黄がのっかっています。

では、早速いただきます。

      IMG_1319

おぉ!
噂を上回る美味しさ(^^)
味わいがものすごく奥深い。

いろんな素材が溶け込んで、複雑な味わいを構成しているのがわかります。
でもしかし、それぞれが何であるかはわからない。
こういうのを調和が取れているっていうのでしょうね。

       IMG_1313

トッピングでお願いした、豚。
かなりの大きさですよ!
すごく柔らかく煮込まれて、手間がかかっているのがわかります。

        IMG_1322

スプーンでほろっと崩れる柔らかさ。
これ、初めて食べる人は確実に感動すると思いますよ(^^)

   IMG_1315

ごはんの上には、たっぷりのキーマと卵黄。
まずは、キーマだけをいただいてみる・・・。

おぉ、濃厚でありながらも嫌味な雑味は何もなく、かなり美味しい。
そして、卵黄を崩してみると・・・。

          IMG_1326

カレーの旨味、スパイス、卵黄の濃厚さが複雑に絡み合って、
スプーンを動かす手が止まらなくなります。


店を見つけ、
行列を乗り越えて、
ルールを理解し、
そして、至福のひとときを味わえる。

美味しいカレーを求めている人は、是非トライすべきお店だとも思いますよ〜!







【吉田カレー】
住 所:東京都杉並区天沼3-8-2 2F    MAP
電 話:
営業時間:11:30〜13:50 17:30〜20:00  ※土曜日はランチタイムのみ。
煙 草:完全禁煙
定休日:水・木・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日の夜8時って、何してますか?ま・・・だいたい呑んでますねぇ^^;何曜日であろうと、乾杯のビールを1杯飲むと、体内時計が勝手に金曜日の夕方になってしまう・・・・。そんな経験ないでしょ・・・あるわけ無いか^^;そんな週末を過ごす前は、金曜日の夜8時といえば、テレ ...
続きを読む
金曜日の夜8時って、何してますか?

ま・・・だいたい呑んでますねぇ^^;
何曜日であろうと、乾杯のビールを1杯飲むと、
体内時計が勝手に金曜日の夕方になってしまう・・・・。

そんな経験ないでしょ・・・あるわけ無いか^^;

そんな週末を過ごす前は、
金曜日の夜8時といえば、テレビの前でプロレス見てたかなぁ・・・。
アントニオ猪木、坂口征二、ストロング小林、藤波辰巳、
タイガー・ジェット・シン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、
アニマル浜口、上田馬之助、スタン・ハンセン、ハルク・ホーガン・・・。


タイガー・ジェット・シンに恐怖し、
上田馬之助の乱入に腹を立て、
アントニオ猪木の勝利に歓喜した。

イノキボンバイエ! イノキボンバイエ! 
            イノキボンバイエ・・・。


ボンバイエ・・・・ボマイェ。
ボマイェは、アントニオ猪木ではなく、中邑真輔の得意技。

でも、同時に美味しいカレーの合言葉でもある。

ボマイェ・・・“スパイスカレー ボマイェ”

阪神電車の今津駅前に、そんな名前をした、スパイスカレーのお店があるよ!

阪神間の美味しいお店に詳しい、このお方にお誘いいただき、行ってきたお店。

       IMG_1710

串カツのお店の大きなテントに目が行きがちですが、
よく見ると2階へ上る階段のところに、「スパイスカレー」の幟が立っています。
           
           IMG_1711
こちらのお店は、居酒屋とりごや商店さんのランチタイムを間借りして営業・・・
え、そうではない。
同じ店主が、ランチタイムを「スパイスカレー ボマイェ」と名乗り、
スパイスカレーのお店として営業されているのだとか。
いわゆる二毛作営業ですね〜。

       IMG_1712

階段の下にメニューも書いてあるので、お店に入る前に何が食べられるのかを確認できますよ。

2階にあるお店は、窓も大きくて、明るくいい感じですよ〜。

         IMG_1714

窓際のテーブル席に座り、改めてメニューを確認します。

      IMG_1717

答えはこうだ・・・

ボマイェキーマカレー   950円
塩糀のチキンカレー      950円
2種あいがけ            1050円

キーマと鶏白湯のスープカレー  980円

 あいがけはできません  (あたりまえか^^;)


前情報では2種のカレーと、そのあいがけだけだったと思っていたけれど、
スープカレーが出来ている・・・。
これは迷うなぁ・・・って、ふたりで来てるんだから、両方注文すればいいいのか^^;

夜は焼鳥が美味しい居酒屋さんが作る、鶏を使ったスパイスカレー。

歯ごたえと旨味を重視し、淡路島産の親鶏ミンチを使用したキーマと、
糀屋本店さんの塩糀に漬け込んだチキンを使用したチキンカレー。

                       ※ボマイェさんのHPから引用。
それらのカレーに、スパイスたまご、野菜の酢漬け、
熟成芋の炒め、豆煎餅、野菜のスパイス和え、これら全てが付いてくる。
そんな豪華なカレーって、どんな形で出てくるのか・・・。

はい。
こんな感じです。

        IMG_1726

大きめのお皿に、たっぷりと盛られて、しかも美しい。
ボマイェキーマカレーと、塩糀のチキンカレーが、きれいな境界線を描きながら盛られている。

         IMG_1728

それぞれの味わいを確認した後、この境界線の味わいもしっかりと。
どうやって食べようかと考えているだけでもワクワクしてくる(^^)
そして、上からカレーを眺めてみると、もう少し全貌が見えてくる。

      IMG_1724

2つのカレーの真ん中には、ごはんの島があり、頂上にはスパイスたまごが鎮座。
スプーンで崩してしまうのがもったいないくらいにキレイにですね。

とはいえ、折角の熱々カレー。
冷めないうちにいただきましょう。

           IMG_1745

口の中に入れて、最初に感じるのは強烈な旨味。
ランチタイムのカレーを出し始めてから、まだそんなに時間は経ってないと思うのですが、
この完成度は10年来のお店と並んでも全く引けを取らないレベル。

それもそのはず、カレー屋さんとしての歴史は新しいものの、
飲食店としての経験、そしてカレーが好きで、
カレーを愛する心は誰にも負けない店主が、研究に研究を重ねて送り出したカレー。
それが美味しくないわけがないのです。

        IMG_1737

            IMG_1734

副菜もかなり拘って作られているのが食べていてわかります。

半分くらいカレーを楽しみ、スパイスたまごにも着手します。

     IMG_1759

スプーンで少し押してみる。
うん、何だかいい感じ(^^)
それでは早速・・・。

          IMG_1761

白身が弾け、中からトロリと半熟の黄身が溢れ出る。
これを適度にカレーと混ぜながらいただくと、スパイスの性格がガラリと変わるから面白い。
こういう、立体的な食べ方が出来るのも、
カレーを食べる楽しみのひとつなんだと実感できますよ。

      IMG_1749

ちなみにこちらは、鶏白湯スープカレー。
一口いただきましたが、かなり美味しい。
鶏の旨味の引き出し方を知る尽くした人のみが作ることが出来る逸品・・・。
そう表現するのが一番しっくりくるような気がしました。

そういえば、メニューに面白そうなものも載っていたなぁ・・・。

         IMG_1718

かき氷にも、スパイスの要素を取り入れた、スパイスかき氷。


カレーを食べて、ちょっと汗ばむくらいになっていたので、
これもお願いしました。

      IMG_1767

こちらが、マサラチャイ マスカルポーネ。


          IMG_1775

そしてこちらは、マンゴー 杏仁アニス。

双方ともに甲乙つけがたいくらいに美味しい。
何と言っても、氷がものすごく細かくて粉雪状態。
だから、口の中での溶け方が素晴らしい!

スパイスカレー、かき氷ともにすごく研究されて完成させたのがヒシヒシと伝わってきます。

       IMG_1720

明るく話好きな店主、内山さん。
カレーもかき氷も、今でも充分すぎるほど美味しい。
でも、まだまだ進化させるのだろうな・・
話していて、そう感じずにはいられませんでした。

阪神今津駅を降りたら、徒歩10秒。
ぜひ食べに行ってください!
今、注目のスパイスカレーですよ〜。

      







【スパイスカレー ボマイェ】
住 所:兵庫県西宮市今津水波町2-1-2 2F     MAP
電 話:
営業時間:11:30〜14:00 
煙 草:
定休日:不定休(Instagramで告知)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

裏メニュー、まかないメニュー、期間限定メニュー。通常ではありつけないメニューを食べられる機会に出会うと、ついつい注文してしまいます。おそらく・・・ひょっとしたら、「冷やし中華」も最初はそんなメニューだったのかなぁ?冷やし中華 はじめました〜・・・・みたい ...
続きを読む
裏メニュー、まかないメニュー、期間限定メニュー。

通常ではありつけないメニューを食べられる機会に出会うと、ついつい注文してしまいます。

おそらく・・・
ひょっとしたら、「冷やし中華」も最初はそんなメニューだったのかなぁ?
冷やし中華 はじめました〜・・・・みたいな^^;
(冷やし中華は、まかない料理からではなく、メニューに載せる目的で考案されたみたいですが。)

ラーメン屋さんでラーメンは当たり前。(寿司が出てくるから面白い!)
うどん屋さんでうどんも当たり前。(イタリアンのようなメニューが出てくるから面白い!)
お好み焼き屋さんで、焼きそば、モダン焼きは当たり前、(中にカレーライスが入って出てくるから面白い!)


では、Barのカレー。
これは、納得の組み合わせですね(^^)
Barで食べる〆のカレー、やめられません。

〆のラーメンは卒業した・・・・(そのつもりですが、お酒の力はコワイ^^;)

この日は、そんな美味しいカレーが食べることが出来るBar、
参宮橋の駅からすぐのところにある“Bar シャンクス”さんへ。

            IMG_1440

螺旋階段を上がって2階に行くと、お店の入口があります。

       IMG_1438

カウンターに座り、さて何をお願いしましょうか・・・。
あ、そうだ!  ここは、クラフトビール・・・
志賀高原ビールのドラフトを飲むことが出来るんだ(^^)

               IMG_1396

というわけで、Baby Blonde Miyamaを。

素晴らしい香り(^^)
そして、わずかに感じる爽やかな酸と苦味、旨味が広がり、
口の中に余韻が広がる。

すでに食事をしてきたというのに、何かつまみたくなってくるから不思議ですよね。

        IMG_1433

店内の壁には、黒板メニューもあるのでしばらくそれを眺めてみます。

すると、「よかったらどうぞ〜!」と、メニューを差し出してくださる。

   IMG_1421

ドラフトビールは2種類、ドラフトペールエール(今飲んでるやつ)の他に、
IPAもありますね。

         IMG_1423

   IMG_1424


ウイスキーメニューや、フードメニューも充実。
もちろん、ここに載ってないお酒もたくさんあるので、気軽に聞いてみてくださいね(^^)

      IMG_1422

メニューに書かれた似顔絵の店主さんとスタッフの方が答えてくださいますよ。

           IMG_1427

たしかに、似顔絵と似てますよね(^^)

志賀高原ビールをいただきながら、こちらのお店が紹介されている、
ハンバーガーの本を見せていただきます。

      IMG_1398

あ、ホントだ!
載ってますね〜。

「ハンバーガーも美味しくて人気なんですけど、カレーも美味しいんですよ!」

え、カレー!

カレーと聞くと、素通りできなくなってしまいますね^^;

           IMG_1393
カレーは、約2週間毎に変わるとのことで、いまのカレーは、
豚とニラのほうじ茶カレー & 鮭のじゃがバターカレー。
(自動的に2種盛りになりますよ〜!)

ほうじ茶のカレーとはまた、どんな感じなのだろうか・・・。

もちろん、お願いしちゃいました。

      IMG_1435

店内は、入り口を入って手前側に2人がけのテーブル席が3卓と、
奥にはカウンター席が6席。

明るい雰囲気でくつろぎやすいのは、お店の方の楽しい接客の賜物かと。
皆さん楽しそうに飲んでいるから、常に店内の雰囲気もいい感じです。

しばらくすると、カレーが登場。

          IMG_1402

おぉ、たっぷりと盛られていて嬉しいですね。


     IMG_1411
左側が、鮭のじゃがバターカレーで、

            IMG_1413
右側が、豚とニラのほうじ茶カレー。

それぞれのカレーの色も全く違ってて、見た目にもインパクトがありますね。
それでは早速、豚とニラのほうじ茶カレーからいただきます。

        IMG_1416

ほうじ茶の効果もあるのでしょうか?
豚肉がすごく柔らかい(^^)
食べてすぐにほうじ茶を感じるってことはないのですが、
口の中で風味が広がっていくときに、その余韻に感じることが出来ますよ。


そして、鮭のじゃがバターカレーの方は、大体の想像がつき・・・・
ん、ふつうに美味しい。
なるほど、鮭がこんなに自然にカレーに合うのか。

そんなふうに鮭とカレーの旨味を味わいっていると、
その後からじゃがバターが存在感をしめし始めるのです。

え、えぇ〜、なにこれ!
凄い、ジャガバタといっても、カレーのスパシスに負けてしまうかと思っていたのですが、
そんなこと全く無い!


じゃがいもではなく、ちゃんとジャガバタ。
カレーの中でもジャガバタが存在感をしめしているのが凄い!
これは見事ですよ(^^)

これは是非とも食べてほしい!
このカレーは、7月8日〜7月20日までの間、食べることが出来ますよ!


        IMG_1437

Bar シャンクスさんは、
この3連休(7月13日〜15日)の間も、通常通りに営業されるとのことです。
ふらっとでかけて、美味しいお酒とカレー、如何でしょうか?

           IMG_1425

楽しく美味しい時間を過ごすことが出来ますよ(^^)



     




【Bar シャンクス】
住 所:東京都渋谷区代々木4−1−5 参宮橋駅前ビル 2F    MAP
電 話:03-3374-7374
営業時間:18:00〜翌3:00(L.O.2:00) ※土曜日は24:00まで。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

そうめん、スイカ、かき氷。これを私は、夏の三種の神器と呼んでいます。(勝手に^^;)スイカ以外は、その気になれば一年中食べることが出来るのですが、やはり夏に食べるそれらは最高ですよね(^^)みなさんも、これを食べれば夏を実感できるってもの、ありますでしょうか?冷 ...
続きを読む
そうめん、カ、かき氷。
これを私は、夏の三種の神器と呼んでいます。(勝手に^^;)

スイカ以外は、その気になれば一年中食べることが出来るのですが、
やはり夏に食べるそれらは最高ですよね(^^)

みなさんも、これを食べれば夏を実感できるってもの、ありますでしょうか?

冷やし中華、鰻、とうもろこし、枝豆、焼きなす、鱧、冷や汁・・・

冷や汁を初めて食べたときは、感動しました。
今からもう、10年以上前になりますが、信州に旅行に行ったときに食べた冷や汁、
こんなものがあったのか! って、感動しました。

そんな、冷や汁を初めて食べたときのような感動、
最近また味わいました。

この日にお伺いさせていただいたのは、京都 川端二条にあるカレーのお店、
“和とcurry しらべ”さん。

          IMG_1284

今年の4月にオープンしたばかりの、新しいお店ではあるのですが、
和のエッセンスをふんだんに取り入れ、
創意工夫されたカレーが、早くも評判のお店なのです。

          IMG_1287
基本メニューは、“お出汁とCurry”の「さらり」と、
しっかり煮込んだ「とろり」

そして、この季節限定で、冷たいお出汁でいただくカレー、
「ひやし」がラインナップに加わったとの情報を聞き、早速お邪魔させていただきました。

木のぬくもりを感じる店内は、京都観光の疲れを癒やしてくれそうな雰囲気ですよ。

       IMG_1219

カウンター席の真ん中に座らせていただき、まずはメニューを確認します。

   IMG_1215

さらりととろり、そして、とろりキーマの3種類があります。

        IMG_1213

そして、夏の限定メニューの「ひやし」。
日本酒とスパイスでマリネした鯖をごはんにのせ、
つめたい出汁をかけて食べる夏のカレー。
こんなふうに説明を書かれると、気になって仕方がないですよね。

          IMG_1216

ドリンクメニューも、カレーに合ったものを揃えているそうですよ。

お願いしたのは、もちろん「ひやし」。
ランチタイムには、サラダとドリンクが付いたランチセットも選べるので、
セットでお願いしました。

店内は、奥に厨房側と壁側にカウンター席があって10席。
そして、店内入口側に4人がけのテーブル席が2卓、8席あります。

            IMG_1210

    IMG_1211

開店時間とほぼ同時に入店したので、まだお客さんはいませんが、
このあと女性のお客さんを中心に、すぐにほぼ満席になりました。
しかも、お店の方とお客さんの会話が聞こえてきて思ったのですが、
リピートしてるお客さんの多いこと!

カレーの美味しさはもちろん、お店の雰囲気と柔らかな接客が理由なんだろうなぁ・・・。
そう感じました(^^)

しばらくすると、先にサラダが提供されます。

            IMG_1224

レタスと豆腐のサラダ。
ここにも京都らしさを感じます。

サラダをいただいていると、カレーの方も出来上がってきました。

         IMG_1235

ドライタイプのキーマカレーのように見えるこのカレーは、
鯖のキーマカレー。
夏らしく、キュウリが添えられてありますよ。

    IMG_1243

そして、一緒に提供されるのが、キンキンに冷えたお出汁。
これを、鯖のキーマカレーの上に、回しかけていきます。

          IMG_1247

出しをかけた部分のカレーが、静かに崩れていくのを見ているだけでも、
食欲が湧いてきますよ(^^)

      IMG_1254

こんな感じで、準備完了!
それでは、早速いただきましょう。

            IMG_1256

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これはいい!
出汁の美味しさもそうなのですが、マリネされた鯖のカレーがすごく美味しいのです。

        IMG_1239

一緒に提供される、味噌玉とすだち。
これを途中で少しずつ投入すると、味に変化が加わり楽しい。
味噌玉は、旨味を変化させ、すだちはスパイス感をキリッと引き締める。

       IMG_1266

残った出汁を加えるとともに、凍った部分の出汁も一緒に投入。
これで、清涼感もMAX!
見た目には、涼しさ満点です(^^)


このカレーの凄さは、いろんな一面を持ち合わせていることでしょうか?

親しみのある出汁の旨味を感じた後、さりげない鯖のカレーが顔を出して来て、
そこから一気に出しをカレーが包み込み、スパイシーな余韻が口の中を漂う。
これは、和のマジックか、スパイスの秘めたる力なのか?

      IMG_1263

針生姜や、玉ねぎのピクルスなどの薬味も一緒にいただくと、
更に旨味に変化が加わり、複雑な美味しさを堪能することが出来ます。

ただ涼しいだけではなく、涼しさの中にも、いろんな味わいをきっちり演出してくれる。
これは、凄いカレーだと思いますよ。

          IMG_1277

食後のドリンクは、スパイスレモンソーダを。
爽やかなレモンの酸味と、ほのかに香るスパイスを両方楽しむことが出来ますよ!
(スパイスレモンソーダは、プラス100円で、選ぶことが出来ますよ!)

夏だから冷たいカレー・・・
でも、それだけじゃない。
それ以上の味わいを是非体験しに行ってみてください。
そして、きっとリピートしたくなると思いますよ(^^)








【和とcurry しらべ】
住 所:京都市左京区難波町216    MAP
電 話:075-708-7440
営業時間:11:30〜15:30  17:00〜21:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

参議院議員選挙が公示されましたね。また選挙? そう思う人も、はじめての選挙の人も皆さん投票に行きましょう!でも、仕事や遊びの予定が入っていてそのいには行けない。そんな人は、期日前投票を・・・あれ、期日前投票と不在者投票、一体何が違うのか?期日前投票って名 ...
続きを読む
参議院議員選挙が公示されましたね。
また選挙? そう思う人も、はじめての選挙の人も皆さん投票に行きましょう!

でも、仕事や遊びの予定が入っていてそのいには行けない。
そんな人は、期日前投票を・・・

あれ、期日前投票と不在者投票、一体何が違うのか?

期日前投票って名前に変わってから、レジャーが理由の事前投票も可能になって、
名前が変わったのだと思っていたら、そうじゃないらしい。

<期日前投票>
投票日に仕事やレジャーの予定が入っていて投票日に来れない人が、
事前に投票できる方法。
<不在者投票>
長期出張、就学、海外滞在などで、投票所に行けない人が、郵送や滞在地の投票所で、
投票できる方法。(事前に書類による申請が必要)


海外滞在で、本格的な現地の料理を食べながら郵送で投票・・・
少し憧れます^^;


さて、海外滞在していなくても、本格的なパキスタン料理がいただけるお店、
三宮にある“TANDOOR(タンドール)さんが、
ついにランチ営業を始められました。

         IMG_1053

三宮駅から北へ向かい、東急ハンズのよこ、東門街を更に少し山側へ。

        IMG_1050

ビルの1Fに看板も出てるので、すぐに分かると思いますよ。

こちらのお店は、私が大好きな元町のパキスタンカレーのお店、
チーニーカリーの店主が修行したお店。
つまり、お師匠さんのお店なのです。

以前は、夜の営業のみだったのですが、ついにランチ営業開始。
ということで、早速お邪魔させていただきました。

          IMG_1049

エレベーターで4Fに上がるとすぐに入り口があります。
扉を開けると、店主が笑顔で・・・・
あれ、チーニーカリーの店主さんがいらっしゃる。

この日はちょうど、チーニーカリーさんの定休日。
ヘルプに来ていらっしゃるのですね(^^)

ランチメニューはこんな感じです。
 
        IMG_0993

チキンかマトン、それに豆か野菜のカレーと、ナンとサラダが付いて1,000円はオトクですね。
チキンかマトンならば、マトンかな・・・

「こっちのレギュラーメニューも出来ますよ!」とのこと。

     IMG_0991

         IMG_0992

「え・・・ひょっとして、ハリームも出来るんですか?」
「ハリーム、ありますよ!」


まぢですか?
パキスタンレストランに行っても、予約しないと食べることが出来ない、
めちゃくちゃ手間のかかる料理、ハリームが食べられるチャンス到来!

これは迷う・・・
迷・・・・・・

       「ハリームください! そしてナンも。」

全然迷ってませんね、はい^^;

店内は、ゆったりと広く30席以上あるでしょうか?

      IMG_0995

ディナータイムにグループで来て、いろんな料理を注文したら楽しいでしょうね。

あ・・・
ちなみにランチセットはこんな感じです。

         IMG_0998

マトンカレーと豆カレー、そしてサラダにナン。
これ、1,000円は素晴らしいですよね(^^)
(お願いして、撮影させていただきました。)

そして、私が注文したハリームはこんな感じ。

         IMG_1001

器に満タン!
たっぷりと盛っていただきましたよ。

ハリームとは・・・
小麦、大麦、肉、レンズ豆、スパイスを7〜8時間煮込み、肉は繊維状になるまでに。
ラマダーンの夜に用意される特別料理でもある。


初めてハリームを食べたとき、その味わいと食感に感動し、
一発で虜になってしまったのを思い出します。

       IMG_1008

ドロっとした感じの中、肉の繊維を噛みしめるような食感が素晴らしい!
この味わいを一度知ってしまうと、その魅力にハマること必至かもしれません。

     IMG_1029

そのままひたすら食べてもおいしいのですが、やはりナンもあれば最高。

        IMG_1032

パキスタンのナンは、インドのそれとは違い丸い形をしていることが多いようです。
そして、ギイが塗られていることもなく、あっさりしています。

       IMG_1036

ハリームをたっぷりと付けて食べると最高に美味しい(^^)
ランチタイムにお邪魔しましたが、気分は完全にディナータイムですね。

そして今なら、パキスタンのマンゴーをいただくことも出来ますよ。
(ひとつ、500円だったと思います。)

        IMG_1044

大量に仕入れたマンゴーの箱を持つ、店主ヤヤさん。
すごくいい香りが漂います。


     IMG_1046

手で持つと、その大きさがよく分かると思います。
私も少しいただきましたが、濃厚な甘さの中に爽やかさも加わり、
かなり美味しかったですよ(^^)

パキスタン人のシェフが本気で作る、ホンモノのパキスタン料理のランチ。
是非食べてみてくださいね!
必ずリピートしたくなりますよ。





【Tandoor(タンドール)】
住 所:神戸市中央区中山手通1−5−8 東門稲葉ビル 4F    MAP
電 話:078-321-0027
営業時間:12:00〜15:00  18:00〜翌4:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お弁当のこころ強い味方、ふりかけ。丸美屋の三色ふりかけ、たらこ、ごましお、のりたま。あれって、何故かバランスよくなくならないんですよね・・・。で、補充用のふりかけもちゃんと売ってるし^^;ふりかけも多種多様で、色んな種類のものが売られています。鶏そぼろ、すき ...
続きを読む
お弁当のこころ強い味方、ふりかけ。

丸美屋の三色ふりかけ、たらこごましおのりたま。
あれって、何故かバランスよくなくならないんですよね・・・。
で、補充用のふりかけもちゃんと売ってるし^^;

ふりかけも多種多様で、色んな種類のものが売られています。

鶏そぼろ、すきやき、カレー、焼き肉、牛丼、カツ丼、天丼・・・。

気になるのが、鰻丼のふりかけ、タコライスのふりかけ、お好み焼きのふりかけ。
これを食べると、お好み焼き定食も抵抗なく食べることが出来るのでは?

ふりかけといえば、湯島に
「ふりかけ式カレー」と呼ばれるカレーを出しているお店があるのだとか。

もちろん、カレーにふりかけが掛けれれているわけではなく、
たっぷりのトッピングが、そのように見えるから、そう呼ばれているのだとか。

お店は、湯島からも御茶ノ水からも歩いて5分と少し。

途中、1,000円で山盛りの海鮮丼が楽しめる有名なお店、
江戸富士の横を通り過ぎる。
すでに20名くらいが行列を作っているのを横目に、通り過ぎるとすぐに到着。

        IMG_0398

お店の名前は、“ホンカトリー”さん。

シンプルな看板と、黒板に書かれたこの日のメニューに、
思わず足を止めた人も少なくないのでは?

          IMG_0399

この日のカレーは、イワシ・タマリンドか、塩豚のカレー。
ライスの量も増減できるのは嬉しいですね。

   IMG_0396

扉を開けて店内に入ると、スパイスの香りが漂って心地いい。
カウンター席の端に座らせていただきます。

           IMG_0373

魚のカレーか、肉のカレー。
こちらのお店では、3〜4日ごとに、内容が変わるのだとか。

最近、魚系のカレーにちょっとハマっているので、イワシタマリンドをお願いしました。

カレーが出来上がるまでの間、カウンターの上に書いてある説明などを読んでみます。

      IMG_0375

最初にブラックナンプラーをライスに少量かけ 適当に混ぜてみてください・・・

3つの薬味的な調味料に付いての説明に興味が惹かれる。
カレーが出来上がってきたら、いろいろ試してみよう。

ゆったりと流れる時間の中に、先客が1名。
ゆったりとカレーを楽しんでいる様子がこちらにも伝わってきます。
すると、入口の扉が開き、また1名、そして2名。
知る人ぞ知るって感じのこちらのお店に、“知る人”が次々とやってくる。
こういう様子を見ていると、期待感が高まりますよね。

そして、私の目の前に、先ずはごはんが提供される。
知らなかったら、この段階で食べ始めてしまうかもしれないくらいに、
彩りゆたかなトッピング。

そして、それに続くようにカレーも出来上がってきました。

           IMG_0381

なるほど、これはすごく映えますね。
こんな形で提供されたら、自然と笑顔になってしまいますよ(^^)

    IMG_0383

バスマティライスの上には、本当にいろんな具材がトッピング。
なるほど、これが「ふりかけ式カレー」と呼ばれる理由か。

          IMG_0386

カレーは、別の器にたっぷりと入って出てきます。
先ずはカレーのみ味わってみます。

お、タマリンドの酸味が効いていてさっぱりと美味しい。
魚系のカレーにタマリンドってよく合いますよね(^^)
でも、このまま食べるよりも、
たっぷりトッピングのごはんと一緒のほうが良さそうです。

        IMG_0388

たっぷりと、ごはんの上にかけていただきます。

    IMG_0390

うふぉ〜! 美味いわ、これは(^^)
イワシの旨味にタマリンドの酸味とスパイスの香り。
そして、トッピングの野菜がいい仕事してくれますよ。

いろんな野菜がのっかっているから、食べる場所によって味わいが変化するのですよ。
そして、その組み合わせによっても違ってくるから、食べていて楽しくて仕方がない(^^)

         IMG_0394

コロッケのようなこちらは、ファラフェル。
ひよこ豆、そら豆をすりつぶし、スパイスを混ぜ合わせて作るコロッケのようなもの。
そのまま食べても美味しいし、カレーと混ぜ合わせても絶品ですよ。

今回は、ライスの量のリクエストをしなかったので、デフォルトでいただきましたが、
カレーがたっぷり提供されるので、お腹ぺこぺこの時は、ぜひ増量を依頼してみてください。
しっかり満足できると思いますよ(^^)

また近々お邪魔して、今度は肉のカレーを楽しませていただきたいと思います。






【ホンカトリー】
住 所:東京都文京区湯島2−7−9 サニーハイツ西久保 B02  MAP
電 話:03−3956−8998
営業時間:11:00〜19:00  ※土曜日は18:00まで。(売り切れ次第終了) 
煙 草:
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。星野哲郎に憧れた少年時代・・・そう、銀河鉄道999。 機械の体をタダでくれる星に向かう途中、いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・が、このアニメの中で、度々登場す ...
続きを読む
銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。
宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。


星野哲郎に憧れた少年時代・・・
そう、銀河鉄道999。 

機械の体をタダでくれる星に向かう途中、
いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・

が、このアニメの中で、度々登場するのがラーメン。
宇宙合成ラーメンが標準の中、内緒で食べられる本物のラーメンも時々登場。
いろんな星の個性あるラーメンの存在、すごく気になってみていたのを覚えています。

さて、宇宙ラーメンではありませんが、
池袋に、お隣の星のカレーを食べさせるお店があるのだとか・・・。

          IMG_0147

その名も“火星カレー”。
はい、直球ど真ん中です^^;

このビルの地下にお店があるようです。

           IMG_0151

お店の看板に描かれた絵、
うる星やつらのラムちゃんに見えるのは私だけではないはず・・・。

        火星カレー=ラムちゃん。

たしか、ラムちゃんの料理って、辛さが半端なかったような気が^^;
ま、百聞は一見一食にしかず、食べてみなけりゃわからない〜・・・。

             IMG_0152
店内に入ると、食券の券売機があるので、食べたいカレーの食券をここで購入します。
・・・にしても、種類が多いですよね^^;

鶏・豚・馬・鹿・牛・
火星・草・豆・鴨・カンガルー

これだけを見てても、何だか宇宙チックに見えてくるから不思議なのです。
あ・・・
券売機の前で迷うより先に、入り口のところにあるメニューボードでおさらいしましょう。

          IMG_0148

これだけいろんな種類があれば、誰だって最初は迷っちゃいますよね^^;
基本の「火星カレー」は、680円。
かなりリーズナブルです。
でも、折角ならばここでしか食べられないようなカレーを・・・・

やはりカンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
では、馬と鹿!

でもこれは、組み合わせがちょっとアレなので、この日に食べられるカレーの中から、
羊カレーに草カレーを組み合わせて食券を購入。

          IMG_0154

おすすめメニューにも、こんな組み合わせの提案が載ってましたよ。

店内は、カウンター席が6席と、2人がけのテーブルが2卓。

他のお客さんも、鹿とか、馬とか、カンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
以外にも、鶏のカレーが良く出ているような感じ。

          IMG_0156

先ずは、カレーの大きさを決めてから、
辛さを決める・・・

大辛の上に、「土星」とか、「冥王星」って辛さにも出来るのか。
何だか、スパゲッティのパンチョの大盛りみたい^^;
折角なので、土星くらいは行っとくか!

          IMG_0179

というわけで、+100円の「土星」の食券を追加購入。
ちょっぴりワクワク、ドキドキします。
(冥王星は、ちょっと遠すぎる気がしたもので^^;)

初めて来たお店で、辛さをextra増しって、完全にどうかしてますよね^^;
でも、なんとなくイケるような気がしたのだから仕方がない・・・。
(何の根拠もないのですけどねぇ〜)

そんな期待半分、後悔半分の気持ちで待っていると、
お願いした“羊カレー+草カレー、辛さ土星”が出来上がってきました。

         IMG_0162

真ん中を横切る赤いワッカのようなものは、土星を意識したものなのか?
何だか、手を出してはいけない領域に踏み込んだような気もする^^;

          IMG_0165


それにしても、たしかに肉はたっぷりとのっかっていますね。
スライスではなく、ブロック状にゴロゴロと乗っかっているから嬉しくなります(^^)

それでは早速いただきましょう。
先ずは、基本のカレーを食べてみます。

         IMG_0170


       (^^)(^^)

あら、美味しい!
火星のカレーって言うから、もっと奇抜なスパイス使いをしているのかと思いましたが、
旨味と酸味、コクのある深い仕上がりになっていますよ(^^)
これは、相当手間ひまかけてるような感じですね。

そして、ビビってた土星の辛さ。
これは全く問題ないです(^^)
辛いものが好きな人は、是非!
火星にいながら、土星を眺めながらカレーを食べてる気持ちになれるかも?

            IMG_0166


ごはんのクォリティも、素晴らしい。
カレーにきっちり合うように、固めに炊かれているのが嬉しいです。

     IMG_0175


そして、特筆すべきは肉の柔らかさ。
変なクセはなく、旨味がギュッと閉じ込められたような感じなのです。
この肉が、これだけたっぷりと入っていたら、そりゃぁテンションあがりますよ(^^)

             IMG_0167


草・・・ほうれん草は、カレーに少しずつ混ぜながらいただきます。
ぐっと味わいが広がりますよ(^^)

味わいが変わるといえば・・・

      IMG_0159


カウンターに置かれているこれ。
福神漬でもらっきょうでもなく、紅生姜なのです。

         IMG_0155


吉野家の牛丼を食べるときみたいに、
ごはんに穴掘って、そこに埋めちゃダメですよ〜^^;

         IMG_0178


こんな感じで、紅生姜と一緒にカレーを食べると、
信じられないくらいに合いますよ!
(こちらのお店でその組み合わせを体験したときも感動しました!)

そんな感じで、しっかり肉を楽しみ、カレーを味わい完食。
想像以上に満足させていただきました。

火星カレーさん、
次回は是非、カンガルーとか、鹿とかも味わってみたいと思います。
それよりも、スタンダードに牛か豚か鶏・・・。
冥王星へのチャレンジは、まだもう少し先で^^;






【火星カレー】
住 所:東京都豊島区西池袋3−27−3 S&Kビル B1F    MAP
電 話:03-5927-8959
営業時間:11:45〜14:30  18:00〜21:45(L.O.21:15) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

果ての果てまで行ってみないか?そんな訳のわからな・・・いえ、魅力的なコピーに魅了されて、横浜の「サリサリカリー」に初めて行ったのがもう、今から11年前。何で知ったのかは忘れてしまったが、初めて食べた瞬間にファンになってしまった。その後も何度か行き、お持ち借 ...
続きを読む
果ての果てまで行ってみないか?

そんな訳のわからな・・・いえ、
魅力的なコピーに魅了されて、
横浜の「サリサリカリー」に初めて行ったのがもう、今から11年前。
何で知ったのかは忘れてしまったが、初めて食べた瞬間にファンになってしまった。

その後も何度か行き、お持ち借りの冷凍カレーを買って帰ったことも。
(その後行ったときの記事はコチラ。)

メニューは、カリー、サラダ、チャイがセットになった、
「スリーコースセット」のみ。
だから、座れば自動的に料理が出てくる。

実はこのサリサリカリー、元々は札幌の「カラバトカリー」がルーツなのだとか。

だから、札幌か横浜に行かなければ食べることが出来ない・・・
ずっとそう思っていました。

ですが、カラバト、サリサリのカレーをリスペクトしたお店が、
大阪大正に間借りで営業している・・・

そんな情報が飛び込んできたのが、今から2ヶ月ほど前。
すぐにでも、食べに行きたい・・・
そう思うものの、不定期営業でなかなかタイミングが合わない。

でもこの日、行くことが出来るタイミングと営業日が一致!

           IMG_0043

お店の名前は、“タカブルカリー”。
昂ぶる気持ちを抑えつつ、自転車に乗ってGO!

      IMG_0041

お店は、HOSTEL NAGAYADO OSAKAというゲストハウスの入り口を入ってすぐ、
カフェスペースを使って営業している。

店内に入ると、L字型のカウンター席が並び、7席。
真ん中くらいに空席を見つけ、そこに座ると店主が注文を聞いてくれる。

      IMG_0036

「普通か大盛り、どうしましょうか?」
「普通でお願いします。」


メニューは無水チキンカリーの一本勝負。
あとはラッシーか、ビールを注文することも可能。

ゲストハウスのカフェスペースで営業しているので、
奥を見ると、ゲストハウスの共有スペースを見ることも出来る。

こちらのゲストハウスは、
大正時代に建てられた長屋をリノベーションしたもので、築100年を超えるという。

関空からも快速で乗換なし、
そしてUSJへも電車になればすぐ。
大正の街って、意外と便利な場所にあるのだと思う。

そんな感じで、店内の雰囲気を味わっていると、
念願の無水チキンカレーが登場。

            IMG_0024

見るからに、手間がかかっていそうなチキンカレー。
立ち上がるスパイスの香りも素晴らしい。

     IMG_0027

繊維状になるまで煮込まれたチキン。
たっぷりと盛られているのが嬉しい(^^)

見ているだけでも、気持ちが昂ぶって来るのを感じる。

それでは早速、一口。

         IMG_0035

美味い!
サリサリで味わったあの食感の記憶が呼び戻されるような感じ。
オイリー感は、サリサリよりも控えめで、スパイス感はこちらのほうがあるかな?

     IMG_0030

ごはんは、サラッとしたバスマティライス。
このカレーには、バスマティライスが相性バツグン。
ドンドン食べ進んでしまうから、いい意味で困ったものだ^^;

        IMG_0029

サラダやピクルスも良く出来ており、カレーを食べる合間に食べたり、
一緒に混ぜて食べても美味しい。

         IMG_0038

後半、特製のお酢をかけてみると、味が変化。
これがまた、カレーによく合うからやめられない(^^)

昂ぶる気持ちを抑えることなく、ぜひまた食べに来たいと思います。

          IMG_0040
インスタで、営業日をチェックしてGO!






【タカブルカリー】
住 所:大阪市大正区三軒家西2−2−15 HOSTEL NAGAYADO OSAKA 1F    MAP
電 話:
営業時間:12:00〜14:30  18:00〜21:30 
煙 草:
定休日:営業日は、Instagramで告知あり。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーはインド料理なのか?♫メタル印度カレーぇ〜♫そんなCMソングを頭の中に巡らせながら、ふと考えてみる。確かにインドにカレーは多いのだろうけれど、そもそも、インドにはカレーというメニュー名がないとも聞く。そもそも、カレー粉たるものが、インドにはない。それ ...
続きを読む
カレーはインド料理なのか?

♫メタル印度カレーぇ〜♫

そんなCMソングを頭の中に巡らせながら、ふと考えてみる。
確かにインドにカレーは多いのだろうけれど、
そもそも、インドにはカレーというメニュー名がないとも聞く。

そもそも、カレー粉たるものが、インドにはない。
それぞれの家庭には、それぞれ調合の違うミックススパイスがあり、
もちろん香りも味も違う。

そういえば、「東インド会社」って、イギリスの会社らしい。
インド→イギリス→日本。
これが、日本のカレーのルーツだとも。

なるほど・・・・
だから欧風カレーっていうのだろうか?

そんな事を考えながら、大阪西区の西大橋へ。

         IMG_9839
この日の目的はこちらのお店、”Koganeya(コガネヤ)さん。

最近、あまり食べる機会がなかった欧風カレー。
そして、こちらのお店は欧風カレーのお店。
しかも食べに来た人の評判が、すこぶる良いのである。

      IMG_9841

お店は半地下にあって、その階段を下るところにはメニューも。

ほぉ、キッズカレーもあるのか・・・。

小さな子供がいるカレーファンにとって、これは重要なこと。
週末、家族と一緒に食事に出かける時にでも、キッズカレーがあれば、
カレーのお店も選択肢に加えることができるのである(^^)

店内に入り、テーブル席の一つに座り、
まずはメニューを確認。

        IMG_8543

カレーは、ビーフ、チキン、トマトの3種類のベースから選ぶことができるよう。
トッピングもいろいろと充実している。

それぞれランチタイムはライスの大盛りは無料で、小盛りは50円引き。
ルーの大盛りは、ベースによって値段が異なり、
ビーフが+350円、チキンが+300円、トマトが+400円。

初回なので、先ずはお店の看板メニュー(であろう)の、ビーフベースから選んでみる。
シンプルにKoganeya Beefにしようかと思ったのだが、
トッピングをのっけてみたくなり、ミックスフライカレーを注文。

      IMG_8544

店内は、テーブル席とカウンター席があり、16席。
このあと、続々とお客さんが入ってきて、ほぼ8割の席が埋まる。

           IMG_8545

カウンターの中からは、カレーの香りが漂い、
思わずお腹が鳴ってしまう^^;

そして、出来上がってきたミックスフライカレーはこんな感じ。

        IMG_8550

なんとも美しい!
綺麗にもられたカレールー、
そして、海老、ヒレカツ、クリームコロッケがきちんと整列。
食欲をそそられる。

          IMG_8551

トッピング系のカレー屋さんでは、
カレーのついでに付いてくるという雰囲気のフライも多い中、
こちらのお店のそれは、見るからに美味しさそう。

エビの大きさ、ヒレカツの肉感、そしてクリームコロッケの・・・・
あ、コロッケだけは食べてみなけりゃわからないか^^;

それでは早速・・・。

         IMG_8556

    (^^)(^^)(^^)

えぇ~っ!
こりゃぁ美味い(^^)

口の中に入れた瞬間の旨味と、口に広がってゆく旨味。
そして、余韻を残しながら消えてゆく旨味を追いかけるようにひろがる香りが素晴らしい。

欧風カレーにありながら、これだけ挑戦的なスパイス使いは初めてかも。
すごいなぁ、これは。

そして、フライのレベルも凄いものがある。
サクッと軽くて、食感がいい。
しかも、具材の美味しいタイミングがキッチリと見極められているのは素晴らしい!

あまりにもテンションが上りすぎて、揚げたてアツアツのクリームコロッケで、
少々口の中をミディアムレアにしてしまったことは、内緒で^^;



あまりにも美味しく、忘れられなかったので、早速再訪。

     IMG_9873

今度はチキンベースのカレーを食べてみたいと思い、
チキン肉とチキンカツが両方のっかった、チキンカツDXカレーを。

         IMG_8547

テーブルの上に置かれている、らっきょうと福神漬け。
ピクルスも、アチャールも、ぬか漬けもいいけれど、
欧風カレーには、これがあればいいのかも。

そして、チキンカツDXカレーはこんな感じ。

        IMG_9848

大きなチキンカツと、カレールーには、鶏肉がゴロゴロ。
ひとくち食べてみると、ビーフベースとは明らかに違う旨味を感じることができる。
こちらは、ビーフよりも少しだけ辛口仕立てで、こちらもかなり好印象(^^)

       IMG_9867

大きめのチキンは食べごたえも充分。
日本人って、「Beef or chicken?」って聞かれると、
何だか得するような気がして「Beef」って答えてしまいそうになるけれど、
ここでは、どちらを選んでも大丈夫。

     IMG_9870

チキンカツも、サクッと柔らかくて美味しい。
揚げ物のレベルの高さも、改めて感じることが出来た。

           IMG_9850

こちらは、同行者が注文した、Beefベースの「豚ロースカツDX」。
豚ロースカツに、ビーフカレーの牛肉がゴロゴロ。
こちらもかなりの美味しさだったとのこと。

欧風カレーのKoganeyaさん、初めて食べてファンになり、
二度目で完全に虜になってしまったかも・・・。

今度は二度目のBeefベースを食べるか、
それとも、未体験のTomatoベースにするか・・・。
いずれにしても、再訪日はそう遠くないことは確実!

凄いカレーに出会うことが出来ます。
みなさんも是非!
   









【Koganeya(コガネヤ)】
住 所:大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産 1F    MAP
電 話:06-6532-7879
営業時間:11:30〜16:00  18:00〜22:00 ※日祝は、ランチタイムのみ営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:第2・4日曜日、不定休あり。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)





※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加