美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 蕎麦

コーヒーとカレーと蕎麦の不思議な関係。一見、不自然な組み合わせに見えるこの3つ。実は、意外な共通点があることをご存知でしょうか?絶大なファンが居る。簡単なものから、本格的なものまで幅が広い。時間と共に、香りや味わいが変化する。一旦ハマると、中々抜け出すこと ...
続きを読む
コーヒーとカレーと蕎麦の不思議な関係。

一見、不自然な組み合わせに見えるこの3つ。
実は、意外な共通点があることをご存知でしょうか?

絶大なファンが居る。
簡単なものから、本格的なものまで幅が広い。
時間と共に、香りや味わいが変化する。
一旦ハマると、中々抜け出すことが出来ない・・・。


それぞれに専門店があり、どのお店もこだわっているところが多いですよね。
ランチに本格的なカレーを食べて、休憩時間に薫り高いコーヒーをいただき、
夜は、薫り高い蕎麦をいただき、余韻に浸る。

それが一箇所で出来るお店、
青梅にある"ニウギニ(NIUGINI)さんに行ってきました。

         IMG_6671

こちらのお店に来るのは、2回め。
前回は、真夏の暑い日にお邪魔させていただいたのですが、
今回は少し涼しくなってから。(11月の最初にお邪魔させていただきました)

       IMG_6672

車がお店の前にあって、「営業中」の表示があれば、当確!
 
       スズシイオヘヤ オイシイコーヒー

なんだか引き込まれるものがありますね。

          IMG_6673

車の後ろに回り込むと、お店の入口がありますよ。

「こんにちわ〜」
「こんにちわ!」
「お電話させていただいた、さいちゃんです。」
「お待ちしてました!」


店主のAPOさん、今回もあたたかく迎えていただきました。

        IMG_6675

この雰囲気が中々落ち着くのです。
今回は、こちら側の席に座らせていただきましょう。

前回は、パシフィックミールズを頂いたのですが、
今回は蕎麦とカレー狙い。
まずはメニューを確認します。

        IMG_6677

新そばが登場してますね、これがが食べたかったのです。
でも、今回はカレーもいただくつもりですよ〜

      IMG_6678

飲み物はこんな感じで、いろいろとありますよ。
「純喫茶 ニウギニ」としての営業時は、このメニューになるのでしょうね。

蕎麦かカレーか・・・
どちらかなんて選べないので、まずは蕎麦をいただいてから、カレーを楽しむことに。

蕎麦を注文すると、店主APOさんが蕎麦を打ち始めてくださいます。

        IMG_6680
入り口を入ってすぐのところが、蕎麦打ちスペースになっているようですね。
ちなみに蕎麦はその横にある石臼で挽くのだそうです。

しばらくすると、打ち終わった蕎麦を見せてくださいます。

          IMG_4988

  IMG_4987

おぉ、十割蕎麦って感じが見た目にもわかりますね。

これを、厨房の方に持っていき、湯がいてくださいます。

そして、出来上がった「いにしえ蕎麦」はこんな感じです。
 
            IMG_5003

丁寧に盛られた蕎麦と、2種類のそばつゆに薬味。

     IMG_4995

左側が大根の絞り汁、そして右側がくるみ汁だそうです。

        IMG_4996

打ち立ての新蕎麦は香りも素晴らしい!
先ずは、なにもつけずにそのままいただきましょう。

          IMG_5007

     (^^)(^^)(^^)

口なかでほのかな甘味を感じ、香りがスーッと突き抜ける感じ。
ここまで来てよかったなぁ(^^)

次に、大根おろしの絞り汁に・・・

おぉ、大根の辛味を感じたあとだからこそ、蕎麦の甘みを感じることが出来ますよ。

でも、このままじゃちょっと食べにくいので、ここにかえしを入れてみます。

         IMG_5009

そして、これに蕎麦をつけていただいてみましょう。

     IMG_5011

      (^^)(^^)(^^)

美味しい!
スッキリ爽やかな蕎麦に、かえしの旨味が合わさって本当にいい感じ。
あっさりと頂けますよ。

そして、次はもう一つのそばつゆ、くるみ汁でいただきます。

        IMG_5017

     (^^)(^^)(^^)

な、なんじゃこりゃ!
むちゃくちゃ美味しいじゃないですか(^^)
というよりも、未体験の美味しさ。
先程の大根+かえしが、サッパリだとすると、
こちら、くるみの方はコッテリとした旨味を楽しむことが出来ます。
コッテリと言っても、蕎麦自体に旨味があるから、しっかりと受け止めるのですね(^^)
これは本当に貴重な体験です。

           IMG_5019

蕎麦を楽しんだあとは、蕎麦湯も味わい、ご馳走様で・・・
とはならないんですね。

これから、第二弾、カレーをしっかりと味わいます。

せっかく友人を連れてきたのだから、2種類のカレーを味わおうと思います。

        IMG_5020

先ずは、期間限定の「赤いカブカレー」
カブと豆の赤い広島風の味・・・
なんで広島?

        IMG_5023

あ・・・なるほど!
ご飯の上に、赤蕪で「C」の文字。
広島カープですね(^^)
(奥様ともども、広島カープを応援なさっているのだとか)

いただいてみると、このカレーがまた美味しい。
辛さは優しい感じ。
でも、味わい深いですね。
カレーと赤カブのお漬物の相性の良さも感じることが出来ました。

そして、こちらが「ニウギニカレー」。

           IMG_5030

この日は、メニューに載ってなかったのですが、最後の1食があるとのことで、
無理を言って作っていただきました。

      IMG_5031

アチャールがまたトキメク感じではないですか(^^)

         IMG_5034

結構大きめのチキンも入っていて、ワクワクしますよ(^^)

   


前回来たときに、店主APOさんと話していたのですが、
ニウギニカレーは、デリーのカシミールカレーに近いかも・・・とのことでした。

さて、その実体は・・・。

       IMG_5041

     (^^)(^^)(^^)

おぉ、一口目から攻めてきますね!
パンチのある辛さと突き抜ける香り。
サラサラで辛口で香りが高い。

確かに、デリーのカシミールカレーを彷彿してますね。   
薬膳のような効果もあるのか、じわりとデトックス効果も感じられます。

         IMG_5043

チキンは、スプーンで簡単にほぐれる柔らかさ。
結構な辛さですが、スプーンを持つ手が止まりません^^;

      IMG_5045

不思議なことに、バナナの焼いたものとの相性も良いのです。
これはちょっと癖になりそうですよ。

一度食べた人は、忘れられずにリピートする。
その気持ちよくわかります。

              IMG_5047

食後には、ニューギニアから手荷物で持って返ってきたという、
極上のブルーマウンテンをいただきます。

このコーヒーがまた美味しい。
コーヒーだけでも十分に満足できてしまうのも理解できますね。

ニウギニさん、蕎麦が美味しく、カレーは癖になる味わい。
そして、極上のコーヒーをいただきながら、店主APOさんや、
常連さん(みんないい人ばかりなのです)との会話も楽しい。

ついつい遊びに来てしまう気持ち、よくわかります。

始めて来て、ファンになり、
再訪問したらクセになる。

すっかり虜になってしまいました。

カレー好きで蕎麦好き、美味しいコーヒーと精霊好きな方、
是非行ってみて下さい。
あ、HP等で、営業情報の確認をお忘れなく!







【ニウギニ】
住 所:東京都青梅市大柳町1203 清宝院内    MAP
電 話:050-1282-1799
営業時間:12:00〜18:00 
      (営業時間等は、要問い合わせ) 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(お店のSNSを参照)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ
お店のTwitterはコチラ
お店のFacebookはコチラ



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

普段のお酒のアルコール度数って、何度くらいなのか?ビールで5度前後。昔は、4.5度っていうのが多かったような気もしますが、ドライビールが発売されて以降は、5度というのが標準のような気がしますね。クラフトビール、IPAなどは9〜10度くらいだったと思います。そう言えば ...
続きを読む
普段のお酒のアルコール度数って、何度くらいなのか?

ビールで5度前後。
昔は、4.5度っていうのが多かったような気もしますが、
ドライビールが発売されて以降は、5度というのが標準のような気がしますね。
クラフトビール、IPAなどは9〜10度くらいだったと思います。

そう言えばむかし、アルコール度数が9度のビールを、
サッポロビールが発売していたのをご存知でしょうか?
北海道限定発売の「サッポロオンザロック」。


ビールに氷を入れて飲むスタイルで、
冷やしてなくてもスグに飲めるという特徴があったのです・・・
が、薄くなっちゃうんですよね^^;

では、そのまま冷やして飲めばいいのかっていうと、
それはそれで濃く感じてしまって、早く酔っ払ってしまう^^;

缶ビール1本で出来上がって、〆のラーメンでも!
それはちょっと寂しい提案ですよね^^;

〆のラーメンもいいけれど、〆の蕎麦っていうのもいいかもしれません。

蕎麦といえば、新福島の路地裏に、
ちょっと素敵な感じの蕎麦のお店を教えていただきました。

          IMG_6302

知らなかったら、確実に通り過ぎてしまうような雰囲気が素敵でしょ。
外には何の看板も出ていなくて、入り口の中に、
控えめに店名が書かれた看板があるのみ。

お伺いさせていただいたのは”蓮生”さん。
こちらは、知る人ぞ知る、美味しい蕎麦を食べさせてくれるお店なのです。

よく見るとお店の看板の横に、
蕎麦のメニューが書かれた黒板があるのを確認すことが出来ます。

ざる ¥800
山かけ ¥900
にしん ¥900
かもせいろ ¥1,100

お、結構リーズナブル。
教えていただいた日は、お腹が一杯で立ち寄ることが出来なかったのですが、
その2日後のランチタイムに、早速訪問させていただきました。

「こんにちは〜」

お店に入って声を掛けると、店主の女性の方が奥から出てきてくださいます。
カウンター席に座り、まずはメニューを確認します。

       IMG_6295

本格的な蕎麦のお店にしては、値段はかなり控えめ。
これならば普段遣いに出来ますよね。
そば味噌焼きや、だし巻きのきのこあんかけ、
ビール、焼酎、日本酒なども置いてあって、
夜にはお酒とアテ、蕎麦で一杯楽しむこともできそうです。

       IMG_6296

そしてランチタイムには、お得な丼ものとのセットも用意されています。

最初は基本のざる蕎麦・・・
なのでしょうが、鴨せいろが、たったの1,100円でいただけるのを見て、
迷わずそれを。
+300円で蕎麦を大盛りに出来るので、それでお願いしました。

    IMG_6298

店内は、カウンター席が4席と、4人がけテーブルがひとつで、全部で8席。

           IMG_6299

カウンターの中にある棚の上には、いろんな器が並べられていて、
ちょっと興味津々。
そして鳥獣戯画が描かれていて、独特の雰囲気を醸し出しています。
こういうの、結構好きですね(^^)

そんな感じで、店内の様子を眺めながら待っていると、
お願いした鴨せいろ蕎麦が出来上がってきました。

      IMG_2692

って、大盛りって本気の大盛りですね!
蕎麦、大好きなのでかなり嬉しい。

          IMG_2694

それにしても、たった +300円で、
このマウンテン状態はちょっと小躍りしてしまいそうになりましたよ(^^)

   IMG_2696

鉄器の中には、鴨肉と焼いたネギが入っています。

         IMG_2699

鴨肉は、こんな感じの大きなものが5枚も入っていますよ(^^)

それでは早速いただきましょう。
まずは蕎麦をそのままで・・・。

    IMG_2701


         (^^)(^^)(^^)

美味い!
これ、ホンモノですね(^^)
口に含んで、咀嚼すると、香りが一気に広がります(^^)

このレベルの蕎麦が、このお値段で・・・
かなりテンション上がります。

そして今度は、鴨汁につけていただいてみましょう。

        IMG_2705

      (^^)(^^)(^^)

旨味が素晴らしい!
蕎麦の香りと味わい、それが鴨汁と一緒になると、
なんとも言えない幸せな気分になります。
しかもこれをこんなにタップリと味わえるなんて、かなり嬉しいですよ。

       IMG_2706

ランチタイムには、そばの実ごはんもついてきます。
これが、香りも良くて、美味しいのです。
蕎麦大盛りにそばの実ごはん、かなり満腹になるでしょうが、
この美味しさならば、それも大丈夫。
食べていてテンション上がります(^^)

      IMG_2709

あまりに美味しいので、出汁も一緒に味わいってしまいます。

蕎麦、鴨、ネギ、蕎麦、蕎麦・・・
そんな感じで、タップリと満足させていただき完食。

     IMG_2710

蕎麦を完食したら、もちろん蕎麦湯もいただきます。

   IMG_2712
濃厚で、蕎麦の成分が出しに浮いてくるほど!

蕎麦湯の濃さもかなり嬉しい。
最後まで満足しっぱなしで、楽しませていただきました。

隠れ家のような蕎麦のお店、蓮生さん、
ここはぜひ通わせていただきたい、

今度は、温かいそばもいただいてみたいと思います。












【蓮生】
住 所:大阪市福島区福島2−9−22    MAP
電 話:06-6346-0089
営業時間:11:30〜15:00  18:00〜21:00  ※祝日はランチタイムのみ営業
煙 草:
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

食を究める。そう思って始めたわけじゃないらしいのが、ミシュランガイド。元々は、タイヤメーカーのミシュランが、車を使って良好してもらうきっかけになったら・・・という思い出始めたらしいですね。美味しいお店を紹介する→車を使って、そのお店を目指し、ドライブする ...
続きを読む
食を究める。
そう思って始めたわけじゃないらしいのが、ミシュランガイド。

元々は、タイヤメーカーのミシュランが、
車を使って良好してもらうきっかけになったら・・・
という思い出始めたらしいですね。

美味しいお店を紹介する→車を使って、そのお店を目指し、ドライブする。→
走行距離が伸びると、タイヤを消費する→タイヤ交換が必要になる。
→タイヤが売れる。→ミシュラン喜ぶ。


win-winの関係ですね(^^)

でも、そんな高級店ばかりには、ちょっと行けそうにない・・・。

では、手が届く幸せ、B級グルメなど・・・。

ラーメン、カレー、洋食、中華・・・。

いえいえ、今回は蕎麦。
しかも、スタンド蕎麦の美味しいお店をご紹介させていただきます。



お伺いさせていただいたのは、”いわもとQ”さん。
(何だか、ウルトラの怪獣ばかり出てきそうな名前だなぁ^^;)
               IMG_0544

歌舞伎町、神保町、池袋、高田馬場と、都内で4店舗展開する蕎麦のお店なのです。
しかも、その4店舗全部が、食べログ評価3.5以上だと言うから、気になります。

東京のスタンド蕎麦・・・。
富士そば、小諸そば、ゆで太郎が有名で、街のあちこちで見かけますが、
こちらのお店、いわもとQさんには、こだわりがあるのだとか。

蕎麦は注文が入ってから茹で始める。
天ぷらの作り置きはせず、注文が入ってから揚げ始める。

   (かき揚げは予め揚げてあります。)

当たり前のようですが、これが美味さの秘密だとのこと。

社長の岩本さん曰く、
「高級店の職人が揚げた天ぷらでも、冷めてしまったら美味しくない。
 それよりも素人が作ったものでも揚げたての方が美味しい。」
とのことだそうです。

こちらのHPに、社長の岩本さんが「いわもとQ」を創業した時の話などが、
面白く書かれていますよ!   一読されるのをオススメします。



さて、朝ごはんに蕎麦を食べに行きましょう。

            IMG_0543

入り口を入ってすぐのところに、食券の券売機があるので、
ここで食べたい蕎麦の食券を購入します。

天ぷらセット、天丼セットが人気でイチオシ・・・
なのですが、朝の時間帯は、オトクな朝のかき揚げそばがあったので、それを購入。
(かき揚、自家製になりましたって書いてあるものだから、気になって。)

食券をお店の方に手渡し、蕎麦が出来上がるのを席に座って待ちます。

店内は、厨房を囲むように、カウンター席が並び、
壁側には2人がけのテーブルがいくつか並んでいます。

カウンターのところにもメニューが置いてあるので、改めて見てみましょう。

         IMG_0536

天ぷらセット、天丼セット、かき揚げ丼セットなど、
いろんな天ぷらと蕎麦のセットがかなり充実しています。
あ、もちろん「もり」、「かけ」、「ひやし」といった、シンプルなメニューもあります。
しかもそれらは、たったの300円。

     IMG_0537
新メニュー5品 ラインナップ!

はじめてくるので、新メニューの感動はわかりませんが、こちらも美味しそうですね(^^)



◯◯番のお客様〜・・・。
お、出来上がったかな?

そう思い、カウンターのところに行ってみると、私のではなく前のお客さんの蕎麦。
あ・・・違った^^;

そういえば、書いてあったなぁ・・・
いわもとQにはじめてくるお客さんは、2回びっくりするって。

1回目のビックリは、”スタンド蕎麦なのに、いつまでたっても出てこないこと・・・
作り置きじゃないから、出てくるのが遅いことにビックリ。”


なるほど。
スタンド蕎麦が出てくるタイイングって、体が覚えてしまってるから、
反応しちゃったわけですね、
他のお客さんの蕎麦が出来上がったタイミングで。(食券の番号も、1番違いなだけだし^^;)

席に戻り、2〜3分待っていると、こんどこそ私の食券の番号が呼ばれました。
出来上がってきた、かき揚げそばはこんな感じですよ。

              IMG_0538

おぉ、中々きれいな感じじゃないですか!
美味しそうな出汁に、大きくてフワフワそうなかき揚げ。
そして、その下には蕎麦がいい感じで存在しています。

トレイを持って、席まで蕎麦を運んでいき、まずは出汁からいただいてみましょう。


           (^^)(^^)


う、美味いじゃないですか!
かえしの旨味がキッチリと効いている、東京でいただく本当のそばの出汁ですよ。
しかも、きっちり美味しい。

そういえば、書いてあったなぁ、
2回めのビックリは、想像以上美味しいことだと(^^)

それでは、蕎麦の方もいただいてみましょう。

        IMG_0542

    (^^)(^^)(^^)

え・・・本当にレベルが高い。
まさか、ここまでとは思っていませんでした。

確かに、藪とか、更科みたいな、老舗にはかなわないかもしれませんが、
このレベルの蕎麦が、スタンドでいただけるのは、かなり嬉しい。
一瞬、この蕎麦(朝かき揚げそば)が、たったの350円なのを忘れてしまいそうになります。

そして、かき揚げもいただきましょう。

          IMG_0540


え・・・美味いじゃないですか!
スタンド蕎麦のかき揚げって、そんなに期待しないのですが、
ここのはそのままサクッといただいても美味しい。

ベタッとしてなくて、本当にフワッとしているのです。
こういうところのかき揚げって、一旦出汁の中に沈めて、
衣に出汁の味を移さなければ、食べられないも雄が多いのですが、
こちらの天ぷらは本当に美味しいですよ。

かき揚げは揚げ置きになりますって、食券の券売機に書いてありましたが、
このレベルならば全く問題なし。
であれば、揚げたての天丼って、本気で気になってきましたよ(^^)

出汁、蕎麦、かき揚げ、出汁・・・

そんな楽しいローテーションをしっかりと堪能しながら、完食。

本当に充実の350円。
素晴らしい朝食になりました。

いわもとQさん、社長の名前が岩本さんだから、「いわもと」はわかります。
では、「Q」って一体どういう意味なのだろうか??

その理由、こちらのHPに書いてありますよ。
(是非読んでみてくださいね、面白いから(^^))

都内の4店舗全部が、高評価。
食べてみると納得します。
是非食べに行ってみてくださいね!











【いわもとQ 池袋店】
住 所:東京都豊島区池袋2−14−3 MKビル1F    MAP
電 話:03-6907-2790
営業時間:24時間営業 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそう ...
続きを読む
男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。
それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。

あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。

ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそうですよ!

意味は、以下の通り・・・。

「一枚目」主役、一枚看板とも呼ばれる。
「二枚目」色男、イケメン。
「三枚目」道化、お笑い担当。
「四枚目」中軸、中堅役者で、まとめ役。
「五枚目」敵役、一般的な敵役。
「六枚目」実敵、憎めない善要素のある敵役。
「七枚目」実悪、巨悪で、ラスボスと表現すればわかりやすいか・・・すべての悪事の黒幕。(必殺仕事人だと、中村主水に最後に殺される役がこれにあたります^^;)
「八枚目」座長、元締め。

1枚、2枚、3枚・・・
そう言えば、蕎麦も1枚、2枚と注文しますよね。

よっ、二枚目!

こんな感じで、蕎麦のおかわり、注文したらどんな反応をされるのでしょうね^^;

蕎麦と言えば、ちょっと変わった感じで蕎麦を食べさせてくれるお店が、大阪の片町にあります。
この日にお伺いさせていただいたのは、
“蕎麦とラー油で幸(こう)なった。”というお店。 
          
            IMG_4922
 通勤途中に、こちらのお店の前を通りかかるたびに、気になっていたのです。
最初は、店名に「ラー油」が入っているのものだから、「幸(こう)」の文字を間違って、「辛(カラい)」と読み間違ってしまっていたのは内緒ですが^^; 

お店の 入り口の横には、メニューボードが置いてあります。
          IMG_4921

お品書きは、シンプルに「肉そば」一本勝負。
但し、蕎麦は冷たいのと、暖かいのを選ぶことができます。
そして、麦飯、とろろ、肉W増しを追加することも可能。
何よりも凄いのは、蕎麦の量を、並(1玉)、大(1.5玉)、特(2玉)にしても、値段が変わらないこと。

凄いなぁ・・・
そんなことを思いながら店内に入ると、お店の方が元気に迎えてくださいます。

入ってすぐのところに券売機があるので、それで食べたい蕎麦の食券を購入します。
           IMG_4891

「当店は初めてでいらっしゃいますか?」
「はい、そうです。」
「ご説明しましょうか?」
「お願いします。」


若い店員さんが、丁寧に説明してくださいます。
初めてのお店で、この丁寧な対応は嬉しいですね(^^)

お店は、店主と思われる方と、若い店員さんのお二人で切り盛りされています。 

オススメは、コシが強く冷たい蕎麦とのことなので、それを。
トッピングに、肉W増しもお願いしました。

店員さんに食券をわたし、カウンター席に座らせていただきます。
           IMG_4896
店内は、カウンター席が8席と、4人掛けのテーブルが2つで8席の、計16席。

     IMG_4897
わたしがお店に入ったときは、先客4名でしたが、次から次へとお客さんが入ってきます。
しかも、外国人のお客さんも2組ほど。

すると、先ほど券売機の前で説明してくれた若い店員さんが、流暢な英語で説明しているのです。
ゆ、優秀!
多分、学生さんのアルバイトなのかなぁ・・・
丁寧で親切で、英会話もできる。
素晴らしいですね。

カウンターの前には、肉そばの美味しい食べ方が書かれたものが置いてあります。
      IMG_4892
なるほど・・・。

で、こちらは麦飯編ね。
  IMG_4893
あ・・・肉盛りとセットにして、豚丼にすることも出来るのか!
おもしろい、これ(^^)

そんな感じで、店内の様子や、説明が書かれたものを見ていると、
注文した肉そば(大)、W肉増しが出来上がってきましたよ。
           IMG_4898


「召し上がり方は分かりますでしょうか?」
と、先ほどの優秀な店員さん。

「あ・・・これに書いているようにすればいいのですね?」
「はい、そうなのですが、少しだけ説明させていただきますね。」 


そう言って、POPには書かれていない、細かいポイントも教えてくださいました。

サービスの生玉子は、卵黄だけの方がいいですよとか、
そば湯の量は、これくらいが美味しいですよとか、いろいろ教えてくださいます。
本当に気が利く方ですね(^^)

それにしても、肉増しは凄いですね!
           IMG_4901
本当に、肉が満タン!
牛丼屋さんの「特盛」クラス・・・いえ、それ以上かもしれません。

   IMG_4902
横から見ても、しっかりマウンテン状態ですよ!


それでは、早速いただきましょう。
ラー油入りのそばつゆはこんな感じ。
          IMG_4903
あら・・・もっとドロドロしているのかと思えば、きれいなクリアですよ。
表面にラー油が浮かんでいるのが確認できますが、そばつゆの色と同化しているので、見た感じはきれいなクリアに見えますね。

そこに、肉と蕎麦を投入しましょう。
     IMG_4904
ビジュアルだけを見ていると、なんだか鍋を食べているみたいだぞ・・・。

たっぷりと、ラー油入りのそばつゆを絡めていただきましょう。 
         IMG_4905

          (^^)(^^)(^^)

これ、美味しい!
最初、お店の前を通りかかったときには、
「え・・・蕎麦とラー油?  えぇぇぇ〜っ^^;」
と、思ってしまったのですが、実際に食べてみると、これがすごくいいのです。

ラー油とそばつゆと、蕎麦。
これに肉を加えて合うように、凄く研究されたのでしょうね。
本当に美味しいです。

次は、蕎麦とネギだけで、つゆにつけていただいてみましょう。
        IMG_4907
おぉ、これもいいですね!
肉の力に頼り切っているわけではない。
こちらもしっかりと美味しいですよ。

なんと言っても、太めでコシのある蕎麦が、このつゆとよく合うのでしょうね。
これが、中華麺ならば、珍しくなく、味の想像も容易に出来るのですが、
日本蕎麦でこの組み合わせは本当におもしろいですね!
しかも、想像していたよりも遙かに美味しいから、嬉しくなってしまいます(^^)

さて、半分くらい食べたところで、味の変化を楽しみましょう。

         IMG_4912
カウンターの上に置いてある、生玉子は無料。
確か、卵黄だけの方が美味しいって言ってたなぁ・・・。

        IMG_4913
こんな感じで、卵黄をそばつゆの中に入れます。
  (玉子の殻と卵白を入れる小さなボールも用意してくださっていますよ)

玉子をかき混ぜて、蕎麦に絡めていただきます。

    IMG_4915

                (^^)(^^)

これまた美味しい!
さらに、こんなものもあったよなぁ・・・
       IMG_4895
自家製ローストガーリック。
これを、二匙くらい、そばつゆの中に投入してみましょう。

               IMG_4916
すると、香ばしさがアップして、劇的に香り豊かな味わいに変化します。
これ、美味しいですよ(^^)(^^)

蕎麦を完食したあとは・・・。
   IMG_4894
はい、そば湯です。
こちらのそば湯は、ショウガ入りとのこと・・・。

       IMG_4917
店員さんに教えていただいたように、残ったそばつゆと同じくらいの量を入れましょう。

      (^^)(^^)

これも、技あり!
出汁の旨味、ショウガの風味、先ほど投入したガーリックローストの味わいで、
もう一品注文したような満足感を味わえます。

蕎麦とラー油で幸なった。さん、想像していたよりもかなり美味しかったです!
今度は、蕎麦は並にして、麦飯を注文。
麦とろ豚丼を楽しんでみたいと思います!




 






【蕎麦とラー油で幸なった。】
住 所:大阪市都島区片町1−8−15    MAP
電 話:06-4792-8788
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:00
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HPに定休日が記載されています。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

関西人が関東に行った時に口にするセリフ、「関東のうどんは真っ黒で食べられへん!」関東の方、聞き捨てならないですよね^^;そもそも、関東のつゆと、関西の出汁は別物だと考えたほうが、納得できるのでは・・・。なんて思うのですが^^;昆布を使って出汁を引き、濃口醤油で ...
続きを読む
関西人が関東に行った時に口にするセリフ、

「関東のうどんは真っ黒で食べられへん!」

関東の方、聞き捨てならないですよね^^;

そもそも、関東のつゆと、関西の出汁は別物だと考えたほうが、納得できるのでは・・・。
なんて思うのですが^^;

昆布を使って出汁を引き、濃口醤油で仕上げる関東風に対して、
鰹で出汁を引き、薄口醤油で仕上げる関西風。
あ・・・いりこ出汁を使った、讃岐風もありますね。


出汁もいろいろ、薬味もいろいろ。
でも、蕎麦には強めの出汁と白ネギの関東風が合うような気がします。

では、蕎麦の本場、信州ではどんな感じなのか・・・。

この日は、信州松本に行ってきました。
国宝、松本城の城下町を散策していると、行列が見えてきます。

      IMG_2865
時刻は、ランチタイムがはじまる少し前の時間、11:00過ぎ。
ここは、松本でも評判の蕎麦のお店、
”蕎麦倶楽部 佐々木”さん。

11:30がお店の開店時間。
その20分前には、すでに20人以上の方が、待っている状態なのです。

でも、折角だから、私達もその列に加わることにしました。

開店時間の11:30になり、列がすすみます・・・
が、当然一巡目には入れず、丁度お店の前で待つことに。

          IMG_2875
お店の前には、七夕の飾り付け。
どのお店のいりぐちにも、こんな感じで紙びな人形が飾ってあります。
(訪問したのは、8月。 松本の七夕は7月ではなく、8月に行われるのだとか。)

そして、入り口のところにメニューも置いてあるので、先に見ましょうか。
      IMG_2880
当店では、冷たいそばが名物です。

はい、初めての蕎麦屋さんでは、冷たいそば・・・もりそばを食べるのが楽しみなのです。

          IMG_2869
魅力的は札ですが、このあと大阪まで来るまで帰らなければならなかったので、ガマンです^^;

そんな感じで待っていると、席が空き、店内へ案内していただきました。

店内は、カウンター席が7席と、4人掛けのテーブルがひとつと、2人掛けのテーブルがひとつ。
そして、5人対応テーブルが2つあります。

テーブル席に座らせていただき、改めてメニューを確認します。
    IMG_2889
冷たいもりそばを食べて、もう一杯温かいそばを食べる・・・
というワザは、家族で来てるときにはムリね^^;
ここは、予定通りもりそばをいただくことにしましょう。
そんな感じで、もりそばを注文し、蕎麦が出来上がるのを待ちます。


IMG_2891

           IMG_2893

これが、信州のお酒リストですね。
地元でも中々手に入らない、「九郎右衛門」気になりますね。

   IMG_2894
今度は松本市内に宿を取って、夜に日本酒とアテ、そして蕎麦で〆るっていうのをやってみたいですね。

そんなことを考えながら待っていると、お願いしたもりそばが出来上がってきましたよ。

        IMG_2898
これこれ。
ざるそばではなく、海苔が乗っかっていない、シンプルなもりそばが嬉しい。

        IMG_2899
透き通るような艶々の蕎麦がいい感じです。

       IMG_2877
本日のそばの実は、”麻績 茅野産” そば粉九割三分で打ちました 一口お塩でどうぞ。
         IMG_2902
もちろん、そうさせていただきます。
では早速いただきましょう。
      IMG_2903

       

          (^^)(^^)(^^)

美味しい!
8月・・・夏でもこのクォリティは素晴らしいです。
蕎麦の香りが鼻からぬけて、口の中にも広がっていく。
本当に美味しいです。
こりゃぁ、行列もできるわ。

そして、蕎麦ツユにも少しつけていただきます。

       IMG_2905
うん、つゆもいい!
蕎麦の香りと味わいをしっかりと受け止めて、香りをより一層増幅させる。
一口ごとに、どんどん心を惹かれていきますね。

        IMG_2900
薬味は、白ネギと、辛味大根と山葵。
これも少しずつ、そばの風味を損なわず、引き立てるようにいただきましょう。

先ずは、辛味大根から。
      IMG_2907
辛味のあとに甘みを感じ、一体となる。
そばを主役と考えた食べ方でしょうか。
さっぱりと味わえます。

そして、今度は山葵で。
         IMG_2908
山葵の香りと蕎麦の香りの融合。
強さの方向性がすごくよく合うのですよね。
やはりこれは外せません。

そして、葱と一緒にもいただきます。
       IMG_2909
おぉ、これは美味しい!
葱と蕎麦とつゆの一体感を存分に楽しめますよ。
そしてこの食べ方は、決して飽きが来ないですね。

そのあとは、いろんな薬味の組み合わせで、蕎麦の香り、味わいの変化を楽しみ、
気がつけばあっという間に完食。
そして、そばを食べたあとのお楽しみは・・・

          IMG_2910
もちろん、蕎麦湯をいただきます。

もりそばって、シンプルなようですが、本当に奥が深いですよね。
せっかく信州松本に来たのだから、蕎麦屋さんのはしご・・・
そんなのも楽しいでしょうね。

今の時期は、きっと新そばも楽しめて、より一層の美味しさをあじわえるのでは。
週末の小旅行に如何でしょうか?
食欲の秋、ぜひ楽しんでくださいね!




【蕎麦倶楽部 佐々木】
住 所:長野県松本市大手4−8−3    MAP
電 話:0263-88-3388
営業時間:11:30〜14:00 18:00〜21:00 ※日曜日は、ランチタイムのみの営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日(月曜日は祝日の場合は、火曜日休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 

蕎麦倶楽部 佐々木そば(蕎麦) / 松本駅北松本駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜行列車の旅に憧れました。 夜に列車に乗って、ぐっすり眠り、朝になれば目的地に着いている。 何だかワクワクしますよね。 私が子供の頃は、夜行寝台列車、いわゆるブルートレインの全盛期。 富士、あさかぜ、あかつき、彗星、さくら、みずほ、はやぶさ・・・。 一 ...
続きを読む
夜行列車の旅に憧れました。
夜に列車に乗って、ぐっすり眠り、朝になれば目的地に着いている。
何だかワクワクしますよね。

私が子供の頃は、夜行寝台列車、いわゆるブルートレインの全盛期。
富士、あさかぜ、あかつき、彗星、さくら、みずほ、はやぶさ・・・。
一度は乗ってみたかったものです。
(実際に渡しが乗った夜行列車は、寝台ではなく、椅子席の夜行急行。しかも、気動車だったので、やたらうるさく眠れなかった思い出が^^;)

そんな夜行列車も、現在走っているのは、サンライズ出雲・瀬戸のみ。
あ、ちょっと特殊な例では、「ななつ星in九州」もそうですね。

「ななつ星in九州」、もうすぐデビューする「トワイライトエクスプレス瑞風」「TRAIN SUITE四季島」
そんな豪華な列車に乗って、列車からの車窓を楽しみたいものです。

豪華列車からの車窓・・・は無理でも、豪華列車が見える景色・・・は可能かもしれません。
窓から列車が見える部屋、いわゆるトレインビューのホテルが最近人気なのだとか。
ビジネスホテルチェーンの東横インさんは、トレインビューホテル特集というHPを開設して、列車が見えるホテルを紹介してますよ。

さて、そんな人気のトレインビューですが、究極のトレインビューが楽しめる美味しい蕎麦のお店にお邪魔させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、長野県伊那にある、“そば道場 ななくぼ”さん。
                4bfb0e42.jpg


こちらのお店は、JR飯田線の七久保駅のすぐ横にあります。
      47f4da09.jpg


列車に乗って気軽に行って、美味いアテとお酒も・・・。
といいたいところなのですが、こちらに行かれる際には、計画的に・・・。

ご覧のように、列車は1時間に1〜2本しか来ないので^^;
                    57e2141e.jpg


こちらのお店は、行く日によって、そばを打つ人が違うのです。
           8beaf7fa.jpg


こんな感じで、12人のそば職人の方がいて、交代でそばを打っているのだとか。
ちょっと通ってみて、好みの蕎麦を見つけるのも楽しいかもしれませんね。

この日は、団体でお伺いさせていただいたので、蕎麦だけではなく特別に日本酒と、いろいろ料理も用意してくださいました。

そして、私達の席も店内ではなく、特別にスペシャルトレインビューな外のテラス席に。
                 20e042b0.jpg


とは言っても、1時間に1本通るか通らないかですけどね、列車^^;

通常の営業で使われる店内はこんな感じ。
                 f001fabc.jpg


落ち着いた感じで、テーブル席が並びます。
7テーブル、24席といった感じでしょうか。

メニューはこんな感じで、冷たいそば、温かいそばを選ぶことが出来ます。
               50e82662.jpg


天麩羅の盛り合わせもあって、この日の天ぷらは・・・。
              4a71fc30.jpg


いか、えび、さつまいも、れんこん、なめこ、なす。
なめこの天ぷらがあるあたりは信州らしいですよね。

蕎麦の苦手な方は、讃岐うどんもあります。
         ef5be99c.jpg


信州から讃岐へ、ひとっ飛び!
(ま、そば道場の看板が出ているお店で、うどんを食べる人がいるのかどうかは置いといて^^;)

さて、私たちはトレインビューシートテラス席で日本酒と料理を楽しむことにしましょう。
                    ecf5c404.jpg


まずは、きのこと大根おろしの和えたもの。
        8ab84543.jpg


こういうのが嬉しいですよね。
店長曰く「これ、俺が取ってきたの、山に行って。 あ・・・大丈夫だよ、俺も昨日食べて何ともなかったから(^^)」

なかなか楽しい店長です^^;

そして、里芋といかの煮っころがし。
                     64632d95.jpg


泣かせますね(^^)
これと日本酒、素晴らしく合いますよ!

そして、馬刺し。
                      52b4a147.jpg


そういえば、信州も馬刺しが名物でしたよね。

さらに、茹でたてのじゃがいも。
                      bde14e89.jpg


ホックホクで美味い。
でも、これは食べ過ぎると〆の蕎麦までにお腹がはち切れちゃいますね^^;

日本酒も美味しいのを揃えていただいてますね。
                  bcbd49f8.jpg


そして、おでんは土鍋ごと持ってきてくださいました。
                    eb40fc31.jpg


ちくわ、ごぼ天、イカ団子、ウインナー、大根、昆布、すじ肉。
ちょっと豪華過ぎませんか(^^)

と、そんな感じで楽しんでいたら、踏切が鳴る音が・・・。
              6196f477.jpg


みんな、お酒を飲む手を休めて一斉に線路の方を向いてます。
カメラを手にする人の姿も何人か・・・
(みなさん、なんちゃって撮り鉄ですね^^;)

そんな私も一枚パチリ!
                     5689cb61.jpg


ちょうどすれ違いだったようですね。

列車が通り過ぎたあとはまた、みなさん再び料理に舌鼓。

野菜の天ぷらに、
    1d556e11.jpg


待ってましたの海老天。
                              27c38689.jpg


しっかり堪能させていただきます。

そして、メインの蕎麦はこんな感じ。
                       2cdeb8b2.jpg


塩と山葵、そしてかき揚げも付いています。

先ずは、ぱらりと塩をかけていただきます。
              3b86db07.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味い!

この時は、ちょうど新そばの季節。
香りがたまらないですね。

そして、次は蕎麦つゆにつけていただきます
                   19a0c004.jpg


(^^)(^^)(^^)

これも美味い。
こんな感じで、日によって打つ人が違うから、いろんな蕎麦を楽しめる。
これは最高ですね。

お酒と料理をタップリと、
そして、きっちり蕎麦も堪能させていただき本当に満足させていただきました。

こちらのお店、外では地元産の農産物も販売されていて、それがまた安くて新鮮なのです。
                     67d740bb.jpg

               (ほとんど売り切れてしまっているのは、私達がこぞって買ってしまったからか^^;)

そば道場ななくぼさん、駐車場もありますので、信州旅行の際に立ち寄ってみては如何でしょうか?

あ・・・お酒と料理もご希望ならば、必ず事前に問い合わせてみてくださいね。





【そば道場 ななくぼ】   
住所:長野県上伊那郡飯島町七久保847-13    MAP     
電話:0265-95-4411   
営業時間:11:30~13:30    
煙  草:
定休日:水曜日
駐 車 場:あり      

お店のブログはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、最近見なくなったと思いませんか、食堂やレストランにある、食品サンプルが飾られているウインドを。 親子丼、焼き飯、とんかつ、ハンバーグ、カレーライス・・・。 あれがあると、イメージ涌きますよね。 ま、中には実物がサンプルとかなりかけ離れてい ...
続きを読む
そういえば、最近見なくなったと思いませんか、食堂やレストランにある、食品サンプルが飾られているウインドを。

親子丼、焼き飯、とんかつ、ハンバーグ、カレーライス・・・。

あれがあると、イメージ涌きますよね。
ま、中には実物がサンプルとかなりかけ離れている場合もあったりしましたが、今となっては懐かしい思い出かもしれません。

そんな食品サンプルですが、最近ではお土産品として人気なのだとか。

もっとも、実物大の食品サンプルをお土産に買って帰る人は流石に極少数でしょうが、ミニチュア版や、キーホルダーになったものなどは人気があるようですね。

他には、マグネット、iPhoneケース、ボールペンなど、いろんなものが。
そして、ペンダントトップや、イヤリング、ピアスなんかもあるから驚きです。
でも、耳にたこ焼きがぶら下がっているのも大阪らしいのかもしれませんね(^^;)

そして、最近ではスパゲッティ屋ラーメンの箸で持ち上げているような感じのサンプルも見かけます。
(いわゆる箸上げってやつですね。)
                 94084587.jpg


おっと!
これはサンプルではなく、ホンモノの十割蕎麦をいただいたときのもの。

この日は、そんな美味しい十割蕎麦をいただける蕎麦屋さん、
梅田センタービルにある、“そば打ち松林”さんにお伺いさせていただきました。

お店は、梅田センタービルの地下にあります。
                    ee8048c5.jpg


地下と行っても、一般的な地下とは違い、空が見えるので開放的な雰囲気ですよ。

お店の入口の横には、メニューボードが有り、お昼のサービスメニューが書かれてあります。
                       100ead14.jpg


本日の天ぷらは、めごちとイカ。
天ざるそばか、天丼とそばから選ぶことが出来ます。
かき揚げも天ざるそばか、天丼とそば。
鳥なんばと野沢菜ジャコご飯。
いずれのセットも税込1,080円で提供されています。

そんなメニューボードにサッと目を走らせてから、お店の中に入ります。

窓際のテーブル席に座らせていただき、改めてメニューを。
                a5f5ef5c.jpg


お昼のサービス・・・と思っていたのですが、こちらのお店、十割蕎麦もあるのですね。

はい、完全に十割蕎麦にロックオン。
初めて来たときには、やはり気になったものを食べておかなければ・・・
そんなことを思いながら、十割蕎麦の大盛り、十割大ざるをお願いします。

店内は、カウンター席が5席と、2人掛けのテーブル席が7卓あります。
           9d03e1cb.jpg


木のぬくもりが感じられるセンスいいテーブルですね。
        b73d9f48.jpg


シンプルながら、心地よさを感じられる店内。
ランチタイムだけではなく、きっと夜に来て、お酒とともにそばを楽しむのも素敵でしょうね。

そういえば、1品とお酒のメニューもあったなぁ・・・。
              46f3df18.jpg


これ、見ているだけで想像してお酒が飲みたくなりますね(^^;)


ゆったりと落ち着いた店内に、ひとり、またひとりとお客さんがやって来ます。

「日替わりの天ぷらとざるそばのセット、それに生ビール一つ。」

奥のテーブルに座った初老の紳士の声が聞こえてきます。
それ、最高! 思わずそう囁いてしまいそうになります。
昼から蕎麦屋で天ぷらをアテに生ビール、最高ですね。
平日の昼間でなければ確実にマネしてるかと(^^;)

そんなことを思っていると、私が注文した十割大ざるが出来上がってきました。
              12656c31.jpg


ざるの上に綺麗に盛られた十割蕎麦には、葱と山葵の薬味、そしてそばつゆが用意されます。

十割大ざる。
                df07b420.jpg


思った以上にけっこう盛ってくださっています。
これはしっかりと楽しめそうですよ。

それでは早速いただきましょう。
先ずは、何も付けずに蕎麦の香りを楽しみます。

(^^)(^^)
いい感じですし、喉ごしも素晴らしい!
これにしてよかったと、心から思えてしまいます。

そして、軽くそばつゆにくぐらせていただきます。
                2723ec42.jpg


(^^)(^^)(^^)

これは美味い!
蕎麦そのものだけでも美味しいのですが、そばつゆにくぐらせることによって、深みが加わって、蕎麦が持ってる旨味をより一層引き出されるようです。

薬味のネギと山葵は、そばつゆには溶かずに、蕎麦に乗ってて食べると美味しいですよ。
                 39420fb0.jpg


葱と一緒に食べると、複雑に香りが絡み合います。
そばにはやはり、白ネギ。
改めてそう思いますね(^^)

そして、山葵ものっけていただきましょう。
               bf0ecb19.jpg


(^^)(^^)(^^)
美味しいんです、これがまた。
ただし、付けすぎると何だかわからなくなってしまうので気をつけましょう(^^;)

蕎麦だけ、そばつゆにつけて、葱と一緒に、山葵も加えて・・・。
そんな感じでローテーションにながら、しっかりと蕎麦の旨味を堪能。

気がつけばあっという間に完食。
でも、この大ざる、ボリュームもあってしっかりと楽しむことが出来ますよ。

蕎麦をいただいた後は、もちろん蕎麦湯も楽しみましょう。
                  36d5e9c8.jpg


蕎麦湯をいただくとき、そばつゆを残しておくのはもちろんですが、薬味も少し残しておいて、
蕎麦湯の中に入れて楽しむのもいいものですよ。

梅田で本格的で美味しい蕎麦をいただくことが出来る、そば打ち 松林さん。
今度は天ぷらもいただいてみたい。
そして、是非夜も一度お邪魔させていただきたいお店ですね。

気の利いたアテとお酒と蕎麦。
確実に満足出来ると思います。






【そば打ち 松林】   
住所:大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル B1F    MAP     
電話:06-6373-8288   
営業時間:11:00~14:30 17:00~21:00(土日祝は、11:00〜15:30)   
煙  草:
定休日:無休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

甘口、辛口、どちらになさいますか? こう聞かれると、カレーとか、タレの味とのことって思ってしまいますよね。 辛いのがダメな方に、辛口が行ってしまうと、食べられない等の問題が起こるけれど、辛いの大丈夫な人に甘口が行っても別段問題なし。 好みの問題で、辛い ...
続きを読む
甘口、辛口、どちらになさいますか?

こう聞かれると、カレーとか、タレの味とのことって思ってしまいますよね。
辛いのがダメな方に、辛口が行ってしまうと、食べられない等の問題が起こるけれど、辛いの大丈夫な人に甘口が行っても別段問題なし。
好みの問題で、辛いのがほしいとは思うものの、食べれない問題ではないかと思います。

ところが、そういう甘口、辛口ではなく、どちらが間違っても、確実に違和感がある食べ物ってありますよね。

例えば、トコロテン。
スーパーのトコロテンが売っているコーナーに行くと、必ず2種類(場所によっては3種類)の味が売ってますよね。
「黒蜜」か、「三杯酢」。

この2つ、どちらも好きっていう人、あまりいないのでは?
関西では、黒蜜派が多く、関東では三杯酢派が多いと聞きますがそうでしょうか?
(ワタクシ、関西在住ながら、黒蜜のトコロテン、食べたことないです^^;)

一度は、いつもと違う方にチャレンジ・・・とは思うものの、中々手がでないのですよね^^;

さて、それよりももう少しハードルが低いものに「玉子焼き」がありますね。

あなたは、甘い玉子焼きがお好きですか、それとも甘くない玉子焼きがお好きですか?

関東では圧倒的に、甘い玉子焼きが好まれ、関西では甘くない方が好まれる。
(慣れると、甘い玉子焼きも美味しいのですがねぇ^^;)

とはいえ、関西で玉子焼きといえばやはりこれではないでしょうか?

                 5fd40378.jpg


出汁たっぷりの出汁巻き玉子。

この日は、そんな絶品の出汁巻き玉子がいただける蕎麦屋さん、
東三国にある“あたり屋”さんにお邪魔させていただきました。
このだし巻きが絶品なのです!
                 
そのままいただいても美味しいですし、辛味大根をのっけて、少しだけ醤油を垂らしていただいても最高!
でも、こちらのお店はそれだけではないのです。

それでは、それだけじゃない、あたり屋さんの魅力の世界に・・・。
                 19a8e6ec.jpg


入口の雰囲気から、いい感じ。
ワクワクしながら、入口の引き戸を開けて、お店の中に。
                 22cf75a6.jpg


店内は、カウンター席が7席と、4人掛けのテーブル席が3つ。
そして、奥には個室もあるとのことです。                                                                                   

店内一番奥のテーブル席に座り、まずは生ビールで乾杯!
                 3f3e312a.jpg


先付けの豆腐もまた美味い(^^)

この日の注文は、10食限定の当矢点心と、何品か気になる料理を組み合わせて注文することにしました。

基本のメニューはこんな感じです。
   4c1d7465.jpg
 ed39bfd1.jpg
 5a7a8dd0.jpg
 32fc1806.jpg

9daad96b.jpg
 3dd27a14.jpg
 fdbf796f.jpg


豆腐をアテにビールを楽しんでいると、当矢点心の料理の盛り合わせが運ばれてきました。
                   5c1755be.jpg


点心と入っても、中華の点心ではなく、和食の点心。
旬の味わい、たけのこが美味い(^^)
これは、ビールを飲んでいる場合ではなくなってくるぞぉ^^;
              cb38d875.jpg


焼き味噌か、じゃこ御飯を選べるので、焼き味噌を。
(この時点で、じゃこ御飯にしてしまったら、終わってしまいますものね^^;)

これはますます、日本酒が・・・・
というわけで、日本酒をお願いします。

日本酒とアテのメニューはこんな感じですよ。
b51ebc9a.jpg
 f3f31f9c.jpg


いろんなお酒が選べ、杯も選ぶことが出来る。
こういうの、すごく楽しいですよね(^^)

最初は、ほたるいかと花わさび。
               90c47b2b.jpg


今からが旬のほたるいかの旨みと、花わさびのちょっぴりピリッと感が美味い。
確実に、お酒が進む一品です。

そして、あさり酒蒸し。
              e772e523.jpg


プリっとしたあさりの旨味はもちろん、この出汁がめちゃくいちゃ美味い(^^)(^^)
これだけで、お酒が十分に楽しめますよ。

そして、かつお塩たたき。
              0181a750.jpg


かつおを取り分けて、山葵をのっけて、岩塩をパラパラっと。

これが、ものすごく美味しい(^^)(^^)
            871b4835.jpg


かつおのたたき=生姜とポン酢とにんにく。
この式が必ずしも絶対でないことに気づきます(^^)

ここからは、天ぷらを少し楽しみます。
先ずは針イカの天ぷら。
               58c1e14c.jpg


今の時期の針イカ、本当に美味しいですよね。
炙りにするか、天ぷらか迷ったのですが、この天ぷら美味いですよ(^^)

そして、たらの芽の天ぷら。
                    521ed2b6.jpg


こういうのをいただくと、季節が進んだなぁって実感できます(^^)

季節感といえば、この白魚の天ぷらもそうですね。
                7c3af0da.jpg

             
本当に、どの天ぷらも丁寧に揚げられていて、いくらでも食べられそうなです(^^)

それにしても、日本酒もすすみますよ。
開運、亀齡といただき、次は旭菊 大地の燗酒をいただきます。

そしてそのお供には、自家製のオイルサーデン。
                 c1131370.jpg


オイルサーデンって、本当にお店によって味わいが違って、オイルサーデン好きとしては、注文するのが楽しみな一品ですね。

そして、ささみ辛味大根おろし。
                   4f86ad46.jpg


シンプルなのですが、これがやめられない美味さなのです。
蕎麦の薬味である辛味大根で、いろんな料理を提供していただける。
嬉しいですね(^^)

そして、かますごの天ぷらもいただきます。
               89adbf89.jpg


おぉ、すごく大きなカマスゴ!
しかも美味い(^^)(^^)
こんなの食べてしまったら、自分で魚屋にカマスゴ買いに行った時に、「小っさっ・・・」って、囁いてしまわないか心配になってしまいますよ^^;

しっかりと、お酒とアテを堪能させていただき、もちろん〆には蕎麦をいただきます。
                      2b67c2fa.jpg


ほんのりと緑色の蕎麦は、まずは何も付けずにそのままいただくと、蕎麦の香りを楽しむことが出来ますよ。
そして、塩を少しかけると、味わいがはっきりと見えてきて、甘みを感じることが出来ます。

そのあとは、そばつゆにくぐらせていただきます。
                  28546f65.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味しい。
すごく美味しい(^^)

そして、辛味大根、山葵、葱などの薬味と合わせてそれぞれの味わいを楽しんでいると、あっという間に目の前から蕎麦の姿が消えてしまいました^^;

蕎麦を完食したあとは、もちろん蕎麦湯も楽しみます。
                    16b103b0.jpg


そして、デザートもいただき大満足。
             bd7dd92c.jpg


本当にレベルの高い料理と蕎麦、堪能させていただきました。

あたり屋さん、お伺いしたのは週の最初だったにも関わらず、ほぼ満席。
曜日に関係なく、大人気のお店ですね。
是非予約して、食べに行ってみてください。
蕎麦と料理はもちろん、器にもこだわっていらっしゃって、五感で楽しむことが出来ますよ。





【あたり屋】   
住所:大阪市淀川区東三国5-11-22    MAP     
電話:06-6391-8585   
営業時間:11:30~14:30、18:00~22:00   
煙  草:
定休日:火曜日
駐 車 場:あり(お店の近くに3台分)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に大晦日。 毎年そんなことを感じてしまいます。 大晦日といえば、みなさん年越しそばは召し上がりますでしょうか? 蕎麦屋さんに行って食べる人、蕎麦を買ってきて家で作って食べる人、 蕎麦はダメなので、うどんを年越しに食べる人、蕎麦は蕎麦でも中 ...
続きを読む
あっという間に大晦日。
毎年そんなことを感じてしまいます。

大晦日といえば、みなさん年越しそばは召し上がりますでしょうか?

蕎麦屋さんに行って食べる人、蕎麦を買ってきて家で作って食べる人、
蕎麦はダメなので、うどんを年越しに食べる人、蕎麦は蕎麦でも中華そばを食べる人・・・

いろんな形の年越しそば、楽しんでいらっしゃいますでしょうか。

さて、そもそも年越しそばって何なんだろう・・・。

そばは他の麺類と比べて切れやすい事から「今年一年の厄を断ち切る」という意味で、
江戸時代から大晦日の夜に食べる風習が生まれたとされています。

(ここでは、コシの強い切れにくい蕎麦は? なんてことはいっちゃダメよ^^;)

なるほど・・・。
そんな感じで、一年のけじめみたいな形だったのですね。
他にも、
蕎麦は細く長いことから延命・長寿を願って。
ソバは風雨に叩かれてもその後の晴天で日光を浴びると元気になる事から健康の縁起を担ぐため。
蕎麦が五臓の毒を取ると信じられていたことに由来。
蕎麦が切れやすいことから、一年間の苦労や借金を切り捨て翌年に持ち越さないよう願って。
家族の縁が長く続くようにとの意味・・・。


いろんな由来があるようですね。

さて、みなさんはどんな願いを込めて、どのようなタイミングでどんな蕎麦を召し上がるのでしょうか?

さて、蕎麦といえば先日、山陰の小京都、出石に行ってきました。
出石、古都 出石、古都

毎年、新そばの季節になると一度は足が向いて行ってしまいます。

もちろん、目的の1つは出石名物の「皿そば」。

ここ出石の町には、40軒をこえる皿そばのお店があると言われています。

これまでに行った皿そばのお店は、
よしむら、南枝、家老、左近、彩蕎子、入佐屋、近又、大名、花水木・・・。

その中でも、何軒かのお気に入りのお店を見つけました。
その中の1軒に、この日も行こうとしたのですが、お店の前には長蛇の列。

“えぇ・・・これはちょっとスゴイなぁ。この前テレビに出た影響かぁ・・・”

並んでいると、1時間上は掛かりそうだったので、この日はちょっと新規開拓に。

出石の皿そばのお店、どのお店も基本は同じような皿そばを出すのですが、お店によって、
出てくる蕎麦の感じもつゆの味わいも違うから、巡ってみても楽しいのです。

しばし街を歩いていると、ちょっと気になるオーラを放ったお店を・・・。
         399a1e1f.jpg


外観は昔からある感じの蕎麦屋さん。
でも、入り口にかかる暖簾の綺麗さと「新そば」のポスターに目が釘付け!
古い外観とあたらし暖簾、この組み合わせに心惹かれたのかもしれません。
             出石、古都

お店の名前は、“古都”。

そう言えば、ここ出石も「古都」と呼ばれる街だったのですよね。

入り口を入って、靴を脱ぎ座敷に案內していただきます。

座敷に大きな座卓が4卓。
家族連れやグループでの利用には嬉しいですね。
私達もそのうちの1つに座ります。
    出石、古都 dbd482f1.jpg


皿そば1人前は、5皿に蕎麦つゆ、ネギ、とろろ、生卵が付いて800円。
これに、追加一皿が120円で、最初に「◯枚下さい。」なんて感じで注文します。
かけそばや月見そばなどもメニューに有りますが、ここでそれを注文する人、いるのかなぁ^^;
bddc89d4.jpg
 a14bd6ea.jpg


因みに、私達は5人で60枚お願いしました。(ちょっとしたイベントですね。)

大きなお座敷に大きめの座卓が並び、まるでちょっとした民宿での食事の風景のようです。

隣のお客さんのところにも追加の蕎麦が出てきてますね。
みなさん、たくさん召し上がっていますよ!

そんな感じで、座敷の中は皿そばムード満タン。
そんな中で私たちのところにも、蕎麦つゆと薬味のネギ、玉子がやって来ました。
          出石、古都

そして、まもなく皿そばも登場。
          00c67d99.jpg


小皿に一口分の蕎麦が盛られてそれがいくつも出てきます。
打ちたて、湯がきたての蕎麦で、しかも新そば!


それでは早速いただきます。

おぉ、いい香りですね^^
そして、のどごしもいい感じですよ。


次は蕎麦つゆに少しつけていただきましょう。

あ、美味い!
美味しいですね、ここ。
偶然に入ってみたお店で美味しかったらすごくうれしくなってきます。

蕎麦をそのまま、つゆに少しで、蕎麦の味わいを楽しんだ後は、薬味を加えてどんどん楽しみましょう。
           84288a55.jpg


出石の皿蕎麦は、ネギの他にも、生玉子、とろろも付いていて、いろんな楽しみ方ができるので、結構飽きることなくたくさん食べられるのです。

蕎麦の追加もどんどんやってきます。

それにしても、子供の食べっぷりはスゴイですよ。
あっという間に10皿が目の前に。
           9e5e9b34.jpg


私も負けていられません!

そんな感じで、5人で60皿を完食。
大満足でちょっと贅沢なそばランチを堪能させていただきました。

2014年の大晦日、みなさんはどんな年越しそばをお楽しみですか?


この一年も「美食磁石〜関西中心の美味探求〜」にお越しいただき、ありがとうございました。

また来年も、いろんな情報を発信させていただきますので、よろしくお願いします。





【古都】   
住所:兵庫県豊岡市出石町宵田7    MAP     
電話:0796-52-2224   
営業時間:10:30-18:00   
煙  草:
定休日:木曜日
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行に行く楽しみのひとつが、地元のスーパーや道の駅に立ち寄ることです。 どうも私は、土産物屋さんにあまり興味が無く、ついつい地元のスーパーに立ち寄ってしまうのです。 (団体旅行のガイドさんや添乗員さんにすれば、あまりいいお客さんじゃないですよね(^^;)) ...
続きを読む
旅行に行く楽しみのひとつが、地元のスーパーや道の駅に立ち寄ることです。

どうも私は、土産物屋さんにあまり興味が無く、ついつい地元のスーパーに立ち寄ってしまうのです。
(団体旅行のガイドさんや添乗員さんにすれば、あまりいいお客さんじゃないですよね(^^;))

もちろん、土産物屋さんに寄って、いろいろ見ることもあるのですが、何処に行っても似たり寄ったりだったりするもので・・・。

道の駅だと、地元でとれた名産や農産物が、時にはビックリするほど安く、しかも良いものが置いてあったりするので見逃せません。

で、地元のスーパーには、その土地でしか売られていないものが並んでいたりするので、見ているだけでも楽しいのです。

気がつくと、スーパーの買い物かごの中が、地元の調味料なんかでいっぱいになってたりする事があるのです(^^;)

さて、何年か前、富山県に遊びに行った際に、柿の酢を使ったソースに出会いました。

「やまだのソース」。
このソースがめちゃくちゃ美味い!
ちょっとその辺で売ってるソースとは、全然風味が違うのです。

お試しに1本だけ買ったので、その後販売元を調べてお取り寄せしてしまいました。

さて、そんな「やまだのソース」が売られている、富山の“ふれあい青空市 やまだの案山子”に先日また行って来ました。
                 51606f2e.jpg
 山田村、蕎麦

周辺は本当にのどかな雰囲気で、時間さえもゆっくり流れているような感じです。

お店の中では、地元でとれた農産物が売っていますよ。
                 8e6a6a41.jpg


それも新鮮で、しかも安い!

やまだのソースも・・・・
                      a4fdbd29.jpg


あ、ありました(^^)
何と、新製品(ですよね?)の「やまだのだし醤油」もありますね。

さて、以前来たときは見落としていたのですが、こちらには蕎麦屋さんも併設されているみたいなのです。
                    c1a0301f.jpg


お店の名前は、“おんもり庵”さん。
                
“ふれあい青空市 やまだの案山子”の一角にお店はありますよ。
                      山田村、蕎麦

ちょうど、お昼ごはんの時間も近いので、この日はこちらのお店でランチをすることに。

席を確保し、レジで食券を買い、カウンターに食券を出し、そばが出来上がるのを席で待ちます。
                    14ceee6b.jpg


こちらのお店、蕎麦打ち教室もやっているのでしょうか。
                 山田村、蕎麦

「そば打ち工程」と書かれたものが、ボードに貼ってありますよ。
そういえば、そば粉も販売もされていたような・・・。

しばらくすると、そばが出来上がったようで、声をかけていただきます。

「番号、○○番でもりそばをお待ちのお客さまぁ~」
                 9dc1f006.jpg


こちらは、もりそばの大盛り。
結構たっぷり盛られていますよ。
しっかりしたコシと、そばの良い香りを楽しむことが出来ますよ。

そして、私が注文した、「月見 納豆ぶっかけそば」も出来上がってきましたよ。
                 90f3e824.jpg


丼の中に、冷たい蕎麦。
その上に、ネギ、辛味大根、かつお節、納豆、卵黄がトッピングされています。

その上からそばつゆをかけて、
                   d7cb3ae6.jpg


いただきます。
                         ddf2570c.jpg


あ! これは美味しい(^^)(^^)
はっきり言って、そんなに期待してなかったのですが(失礼(^^;))かなり本格的な味わいですよ。

そういえば、他のテーブルのお客さん、粗挽き、細挽き、そして更科風の白い蕎麦が盛られた3種盛りを食べてる人が多かったのも頷けます。

そして、辛味大根と一緒に。
                      dd329271.jpg


鮮烈な辛さをあとには蕎麦の甘さを感じる事が出来ますよ(^^)(^^)
これはちょっと楽しいですね。

そして、よくかき混ぜて、納豆と一緒に楽しみましょう。
                          23c77b43.jpg


関西の人は納豆が苦手(最近ではそうでもないかも)といわれますが、これならば美味しくいただけるかと思いますよ。


冷たい蕎麦が美味しかったので、追加で温かい蕎麦もお願いしました。

シンプルにかけそばです。
          e0479e86.jpg

                  
富山らしく、真ん中に、かまぼこがのっかってます。

温かいかけそばも期待通り、美味しかったですよ(^^)(^^)
             山田村、蕎麦

〆は蕎麦湯をいただき、大満足(^^)
美味しい蕎麦を堪能することが出来ました。
                           山田村、蕎麦

道の駅や地元の名産を扱う施設。
その中に隠れた名店有り。
見逃せませんよ!
この次の連休にでも、散策しにいってみませんか?
新しい発見に出会えるかもしれませんよ。




【おんもり庵(やまだの案山子)】   
住所:富山市山田小島2600    MAP     
電話:076-457-2333   
営業時間:8:30~15:00   
煙  草:
定休日:平日(土日祝のみの営業)
駐 車 場:あり(やまだの案山子の駐車場)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

日清のどん兵衛をはじめ、カップ麺には、東と西で味に違いがあるのはもう有名な話ですよね。 東は濃口で西は薄口。 単純に比較するとそんな感じになっているようです。 そもそも、蕎麦が主流かうどんが主流で別れているのでしょうか? たしかに、立ち食いのお店のよ ...
続きを読む
日清のどん兵衛をはじめ、カップ麺には、東と西で味に違いがあるのはもう有名な話ですよね。

東は濃口で西は薄口。
単純に比較するとそんな感じになっているようです。

そもそも、蕎麦が主流かうどんが主流で別れているのでしょうか?
たしかに、立ち食いのお店のように、うどんと蕎麦を両方出すお店では、
東京では、「そば・うどん」、大阪では「うどん・そば」って書いてありますよね。

そういえば、家で年越し蕎麦を作るのに、製麺所まで麺を買いに行ったときに聞かれたなぁ・・・
「そばの玉を5つ下さい。」と言えば、
「黒いのか、黄色いの、どちらにしましょうか?」って。

黒いのは、日本そばで、黄色いのは中華そばの意味で、日本中のだいたい何処に行っても、これで通じますね。

でも、蕎麦は黒いとは限らない・・・。
           65175273.jpg

                           
これ、半田素麺でも細うどんでもなく、蕎麦なのです。

この日にお伺いしたのは、東京麻布十番にある、“更科堀井”さん。

                c8dbc8e9.jpg


「藪」、「更科」、「砂場」。
江戸から続く老舗蕎麦屋の屋号で、老舗御三家とも呼ばれているうちのひとつ、
「更科」の名を名乗る蕎麦のお店です。

現在、八代目となるこちらのお店で、歴史の深さも一緒にあじわってみましょう。

ちょっと早めのお昼。
そんな時間ではありましたが、店内は7割お客さんで埋まっています。
広めの店内は、テーブル席が並び、その間を忙しそうに店員さんが行き来します。
洗練された感じ・・・・というよりも、昭和の名残を残した老舗の蕎麦屋さんといった感じでしょうか。

壁に貼ってあるお品書きからも、歴史を感じる事が出来ます。
1c61a1f8.jpg
 a46cd58a.jpg


とりあえず、おしながきはサッと見るものの、お目当ての蕎麦は決まっています。

「“さらしな”と“もり”、それから鴨南蛮をください。 それから・・・」
(あ・・・1人で全部食べたんじゃないですよ^^;)

とりあえず、ビールで乾杯・・・といきたかったところですが、このあと仕事があったのでおとなしくお茶で。
板わさとか、鴨焼き。
そばの前にちょっと一杯!
そんな気にさせる一品も揃ってますね。

お酒はダメなのですが、一品くらいはいただいてもいいでしょ。

そんなわけで、玉子焼きを。
          573be2d1.jpg


江戸前の蕎麦屋さんで玉子焼き。
これ、一度やってみたかったのですよ(^^)

きれいな色に焼きあがったこの玉子焼き。
でもこれ、だし巻きのつもりで口に入れると、ちょっとびっくりするかもしれません。

はい、東京の玉子焼きって、甘いのです。
関西の人が初めてこれを口にすると、誰が見てみわかるくらいに表情が変わるから面白い^^;
                cae7630c.jpg


こちらのたまごやきも期待通りにちゃんと甘いですよ。
でも、いやらしい甘さじゃなくって、ちゃんとバランスが取れています。

そして、この甘い玉子焼きに醤油がかけられた大根おろしをのっけていただくと・・・・。
         59c140de.jpg

         
これがものすごくよく合うのです(^^)(^^)
一瞬、自分の味覚を疑ってしまうくらいのバランスの良さ。
これはちょっとびっくりですね!
予め計算されているのでしょうか。
大根おろしを乗っけて、完全に完成形になりますよ、この玉子焼き。
ぜひ一度味わっていただきたいものです。

そんな感じで、玉子焼きの美味さを楽しんでいると、薬味と蕎麦つゆが用意されました。
             0595062d.jpg


白い徳利には「から」、
そして、緑の徳利には「あま」と書いてあります。

「から」の方は、もりそばに、「あま」の方は更科によく合いますよ。 とのこと。
味わってみると、双方味わいが全く違います。
               6b7bc65d.jpg


これは楽しみですね。
それぞれの蕎麦をそれに合った蕎麦つゆでいただける。
これ、楽しいじゃないですか(^^)

そんなことを思っていると、蕎麦が出来上がってきましたよ。
              d08417de.jpg


目眩しいほどに真っ白な「さらしな」。
これは、そばのみの中心の部分だけを使って挽いた蕎麦なのだとか。
それでは早速いただきます。

あ、ホントだ!
見た目は白いのですが、味わいと香りは正真正銘に蕎麦のもの。
口の中で豊かにホロがりながら香りが抜けてゆきます。

これはかなり美味しいですよ(^^)(^^)(^^)

最初は蕎麦をそのまま。
そして、蕎麦つゆに少し浸けていただき、
薬味を乗せて変化を楽しむ。
これは楽しいですね。

そして、もりそばはこんな感じ。
              99ec34fd.jpg


白に対しては黒かというと、そんなに単純なものではないですね。
こちらもやはり色合いは薄め。
きれいな感じの蕎麦ですね。

蕎麦つゆの中に少しだけ蕎麦をつけて楽しみます。
               f8071b56.jpg


おぉ。
これは楽しい(^^)
こんな感じで、同時に2種類の蕎麦をいただくと、
香りの広がり方が違うのがよくわかります。

こうなると、絶対に温かい蕎麦も食べたくなるのがわかっていたので、注文しておいてよかったですよ、鴨南蛮。
            f50aaa6e.jpg

     
鴨の肉が4枚と、つくねがひとつ。
それに対して、ネギも5つ。
この拘りようが何だか嬉しいです。

まずは出汁からいただきましょう。
                 b5f3c143.jpg


(^^)(^^)(^^)
そ、そりゃあ美味いに決まってますよね(^^)
極上の鴨肉にこちら、更科さん自慢の出汁。
美味くないわけがないのです。

温かい蕎麦は、蕎麦自体の香りとともに、出汁の味わいも蕎麦の中に吸収されて、それらが合わさった時にだけ生まれる味わいを堪能することができます。

このレベルになると、蕎麦をさっとすするというよりも、噛み締めて蕎麦の味わいと香りを楽しむといった感じですね。

そして、もっと驚いたのが、この鴨の美味さ。
                  a4c732a7.jpg


これはかなり凄いですよ!
鴨南蛮は、1杯1,800円と、かなり値段は張りますが、これを食べた瞬間に高いなんて意識は吹っ飛びます。

もちろん、つくねも抜群の美味さで、食べきってしまうのが惜しいほどでしたよ。
                 f2adf18b.jpg


蕎麦を楽しんだ後は、そば湯を堪能。
           a1eb3926.jpg


本当に満足させていただきました。

更科堀井さんでは、この日にいただいた蕎麦の他にも、いろんな蕎麦と料理を楽しむことが出来ますよ。
bea50b2e.jpg
 f839e13a.jpg
 2b463e08.jpg

eca4a766.jpg
 6d315191.jpg


今度は夕方に来て、お酒の方もしっかり楽しんでみたいですね。
そして、〆は、さらしなか、もりか、鴨南蛮か・・・。
あ、季節の変わり蕎麦っていうのもあったなぁ。
迷うこと、必至ですね。








【更科堀井 麻布十番本店】   
住所:東京都港区元麻布3-11-4    MAP     
電話:03-3403-3401   
営業時間:11:30~20:30   
煙  草:完全禁煙
定休日:年中無休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

そう言えば最近、野良犬ってあまり見かけなくなったと思いませんか? 子供の頃は、家の近所に結構いたのですよ、野良犬。 何もしなければ、噛みつかれることもなかったかと思うのですが、何故か、意味もなく逃げると追いかけてくる(^^;) 犬が怖くて、逃げて、執拗に追 ...
続きを読む
そう言えば最近、野良犬ってあまり見かけなくなったと思いませんか?

子供の頃は、家の近所に結構いたのですよ、野良犬。
何もしなければ、噛みつかれることもなかったかと思うのですが、何故か、意味もなく逃げると追いかけてくる(^^;)

犬が怖くて、逃げて、執拗に追い回され、完全に犬嫌いになった友人もいたような(^^;)

さて、野良犬の話はさておき、日本では、なかなか野生では見られない動物がいる場所に行くと、テンション上がりますよね。

奈良公園のシカ。
シカせんべいを持っている人、大人気になれますね(^^;)
でも、小さいお子様はちょっと注意が必要ですね。

そして、箕面の山の猿。
見ている分には良いけれど、食べ物を持っていると素早い動作で持って行かれるのだとか(^^;)

先日、そんな箕面で、素晴らしい蕎麦懐石をいただいてきました。
                        849bdb51.jpg

                    
阪急電車の箕面駅を降りて、滝に向かって歩くこと7~8分で、この日にお邪魔させていただいた、
“つぼみ庵”さんに到着します。
                     eb224ae1.jpg


こちらのお店は、ミシュランでも星2つを獲得したお店、“一汁ニ菜 うえの”さんがプロデュースしたお店なのだとか。
その立地も、うえのさんのお店の真横なのです。

横に川が流れ、紅葉の木に囲まれる。
                           e451051b.jpg


今の季節は新緑に囲まれ、夏には蛍が飛び交い、秋には鮮やかな紅葉が楽しめ、そして冬には運が良ければ雪景色が・・・。
そんな環境の中でいただく蕎麦懐石。
すごく楽しみです。

店内は、外の紅葉が見えるような感じでカウンターが約10席。
                    1fbe20e8.jpg


雰囲気も抜群です。

蕎麦懐石のおしながきはこんな感じです。
5938a776.jpg
 つぼみ庵

前菜にはじまり、温蕎麦、天ぷら、ざるそば、デザートまで。
しっかりと楽しめそうな感じですね。

先ずは、ヱビスビールをいただきながら、前菜の五種盛りをいただきましょう。
                      4192b9f6.jpg


ふき煮、プチトマトの甘酢漬け、厚焼き玉子。
               db3c443c.jpg


金時草と湯葉。
        39cd9fcc.jpg


そら豆のすり流し。
                  fa4ce514.jpg


さわらの利休焼き。
                          983f71ba.jpg


これはもう、蕎麦屋さんというよりも、料亭の料理ですね。
外の景色を眺めながら、楽しめるのがまたいい感じです(^^)(^^)

そして、鯖棒寿司。
                   64d09bce.jpg


海苔に包まれて出していただける鯖の棒寿司は焼き目も付いて、見ているだけでも食欲をそそられます。
赤い柚子胡椒を少しつけていただいても、味が変化してまた美味い(^^)(^^)

これは、日本酒が欲しくなりますね。

ということで、お願いしました。
つぼみ庵 07809ce7.jpg
 44d2e198.jpg


こちらのお店では、「日本酒利き酒セット」というのもあって、好きなお酒を3つ揃えて出してくださいます。
(利き酒セットは、組み合わせによって、1,400円~)

こんな感じで、提供してくださいます。
                            つぼみ庵

そして、鯖寿司が苦手な方には代わりに穴子寿司を出してくださるそうです。
                     860bbd01.jpg


ちょっとしたことなのでしょうが、そういう心配りが嬉しいですね。

ここで温かい蕎麦をいただきます。
                        8a794bd5.jpg


蕎麦の上には、蕎麦と同じ太さに刻まれた揚げがのせられてあります。

それでは、いただいてみましょう。
                           445cdb05.jpg


うわぁ、これはちょっと驚きですよ。
香りと旨味が素晴らしい(^^)(^^)
蕎麦といえば、料理の最後、仕上げにいただく事が多いかと思いますが、
こちらのこの温蕎麦、これは完全のお酒のお供になりますよ(^^)
のどで味わうのではなく、噛みしめてその味わいを楽しむ。
そして、そこに日本酒を流し込んでやると、口の中一杯に蕎麦の旨味と日本酒の旨味が合わさって、素晴らしい余韻が楽しめるのです。
これはかなり素晴らしいですよ(^^)(^^)(^^)

そして、こんな特別なお酒をいただくことも出来ますよ。
                   18f5ceb2.jpg


磨き二割三分。
米を23%まで削って醸し出すお酒。
まさに贅沢の極みですね。

次の料理は、鴨ロース。
                           8054a171.jpg


絶妙な焼き加減で提供してくださいます。
その上に、タスマニア産の粒マスタードをのっけていただきましょう。
                                 c27a50f6.jpg


鴨に粒マスタード。
初めてではないのですが、やっぱり美味しいですね。
この食べ方を考えた人、尊敬します(^^)

そして、天ぷらの盛り合わせです、
                                dd3a9e16.jpg


大きな海老、ズッキーニ、さつまいも、ししとうの4種森の天ぷらの衣には、そば粉が配合されていて、ほのかに蕎麦の香りが漂います。

早速大きな海老をいただきます。
                            102fe607.jpg


プリップリで上品な甘味があり、自然と笑みがこぼれますね(^^)(^^)
それにしても、先程から日本酒がすすんでしかたがありませんよ(^^;)

そして、季節の土鍋で炊いたご飯。
(これはコースには含まれていませんが、すごく美味しいとの評判を聞き、事前に予約させていただきました。)
                                  401aaebf.jpg


桜海老の赤とアスパラガスの緑が鮮やかで、見とれてしまいます(^^)
これを、茶碗に取り分けていただきます。
                          fb5cf8d3.jpg


食べてビックリ。
これ、ものすごく美味しいのです(^^)(^^)(^^)
海老が主張しすぎることもなく、いい感じで上品に香り、アスパラガスの食感も素晴らしい!
そして、お米の一粒一粒もちゃんと立ってますよ。

最後は、冷たいざるそばをいただきます。
                    a0850f72.jpg


香り、喉ごし、つゆの味わいともに、に最高です(^^)(^^)。

もちろん、蕎麦を楽しんだあとは蕎麦湯も。
                     2e29d097.jpg


トロッとした旨味が最高ですね。

そして、デザートには、抹茶のシャーベットをいただきました。
    9e378508.jpg
 db5169fe.jpg


スプーンを入れると、サッとくずれ、口の中で溶けて行く感じは、もう快感レベルですね(^^)

これだけ充実した内容の蕎麦コースはひとり、4,200円。
かなりお値打ちだと思います。

因みに、コース以外のメニューはこんな感じで、蕎麦を単品でいただくことも出来ますよ。
a526014e.jpg
 e8320a95.jpg

af38fbd3.jpg
 8ef86ce0.jpg
 f5b11929.jpg

d7d2248d.jpg
 88e01d1f.jpg
 90d02940.jpg

675cf4c7.jpg
 bd58df7f.jpg
 69d2abbc.jpg


阪急梅田から約30分。
癒しの空間で、ちょっとお洒落に蕎麦懐石、如何でしょうか?
雰囲気、料理、サービス。
どれも、想像以上に満足させていただくことが出来ますよ!




【つぼみ庵】   
住所:大阪府箕面市箕面公園2-5    MAP     
電話:072-737-4045   
営業時間:11:00~15:00頃(蕎麦無くなり次第終了)、18:00~21:00(要予約)   
煙  草:禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合は営業、翌日休)
駐 車 場:2~3台分あり(但し、国定公園のため許可車両しか乗り入れ出来ないので予約が必要。)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

いちご大福。 はじめて聞いたときは、「え、そんなん美味しいの?」って思い、しばらく手を出しませんでした。 でも、食べてみたらこれがまた美味い! そんな意外なものっていろいろありますよね。 ハンバーグにパイナップルとか、(これも嵌ればクセになる) アイ ...
続きを読む
いちご大福。
はじめて聞いたときは、「え、そんなん美味しいの?」って思い、しばらく手を出しませんでした。
でも、食べてみたらこれがまた美味い!

そんな意外なものっていろいろありますよね。

ハンバーグにパイナップルとか、(これも嵌ればクセになる)
アイスクリームの天ぷらとか、(どうやって作るのか不思議でした)
鰹の刺身にマヨネーズとか、(漁師が間違ってマヨネーズを鰹に落としてしまったのがきっかけだとか)
コロッケうどんとか、(私はこれ、大好きなんです)
山口百恵のロックンロールウィドウとか、(この曲だけは他の百恵ちゃんの曲と雰囲気違いましたよね・・・ってこれは食べ物じゃないか(^^;))・・・。

蕎麦トマト。
パスタじゃないんだから・・・。
そう思われるような組み合わせ、これが以外に美味しかったのです。

ウラなんばで、お昼は土鍋で炊いた美味しいご飯と、エビフライ、ミンチカツ、チキン南蛮など、日替わりの料理が
              99cf2611.jpg


600円(来店時に次回から使える100円割引券をいただけるので、実質ワンコイン)でいただけ、夜は絶品の蕎麦がいただける人気のお店、
“なみ一”さん。

こちらのお店では、月に1回、料理教室を開催しています。
この料理教室が、わかりやすくって楽しいのです。
プロのちょっとしたコツなんかを教えていただけたりして。

わたしも、スケジュールが合えば、参加させていただいております。

先日、お伺いしていたときに、何気なくカウンターの中もメニューを見てみます。
                1ed220f8.jpg


秋野菜の天ざる・天蕎麦、
鴨せいろ、
鴨かれーそば、
すだちそばも美味しいんですよね(^^)

そんな感じで何気なく見ていると、気になるものが・・・。
                なみ一、トマトせいろ

と、トマトせいろ?

しかも、蕎麦を食べた後に「チーズ ごはんで蕎麦屋のリゾット」

どうしても、それが食べてみたかったので、会社帰りに寄ってみました。
                 ec1aa9b4.jpg


とりあえず、キリン秋味で乾杯!(といっても、ひとりですが(^^;))
                   なみ一、トマトせいろ

キンキンに冷えたジョッキが嬉しいですね(^^)

冷えたビールをいただきながら、一緒にだしていただいた醤油豆をつまみながら、トマトせいろが出来上がるのを待ちます。

「蕎麦も一緒に出しましょか? それとも、もう少し後で?」
「あ、ちょっと遅れて出してください。」


そんな感じで、トマトせいろの出汁を先に出していただきました。
                      49d09a0e.jpg


たっぷりのトマトと、茄子、コーン。
薬味は白髪葱と粒マスタード・・・・

粒マスタード??

はい、こんな感じでいただきます。
                2a5a26f3.jpg


こちら、トマトせいろの中には厚切りベーコンがゴロゴロ入っているのです(^^)

蕎麦の出しをベースにトマトでアレンジ。
これ、抜群に美味しいですね(^^)(^^)
              24387163.jpg


次の楽しみは、蕎麦。
マスターが打った蕎麦はそのままいただいても絶品。

今回は、この後リゾットもいただく予定なので、半斤でお願いしました。
                 01067f8d.jpg


そして、蕎麦をトマト出しの中に入れて、
       d36ce95e.jpg


いただきます。
                                        998a7835.jpg


うぉー!
これ、猛烈に美味しいです(^^)(^^)

へぇ、こんな感じで合うのですね。
いやぁ、やってみるものです(^^)

蕎麦だけを食べても美味しい、
こんな感じで薬味、具材と一緒に味わっても一段と美味しいですよ(^^)
                   41f583cb.jpg


あっという間に蕎麦を平らげ、次なる楽しみはリゾットです。

そのまま出汁をいただいてしまいたいのをガマンして、一旦マスターに器を渡します。

残った出汁にご飯を入れて、パルメザンチーズで仕上げて・・・・
そんな感じかなぁと思っていたら、出来上がったのがこちら。
                        a6ce613e.jpg


おぉ!
これはまるで、ドリアですよ(^^)
これでもか!ってくらいに、チーズがたっぷり(^^)

それでは早速・・・
             75fdfd52.jpg


う、美味すぎです(^^)
いやぁ、発想が素晴らしすぎますね!
+300円で個々までやっていただけるとは、ちょっと感動ですよ!
             3a1aed68.jpg


厚切りベーコンとコーンとの相性・・・。
文句なしに決まってますよね(^^)(^^)

トマトせいろ+蕎麦屋のリゾット。
これは素晴らしすぎます。

具材をアテに一杯、
蕎麦を堪能して、
リゾットで大満足。
まさに、一度で三倍美味しいメニューですよ。

これは是非とも味わっていただきたい逸品ですよ。
今日はちょっと豪華に〆の蕎麦、如何ですか?
満足出来ること間違いなしですよ。



【なみ一】   
住所:大阪市中央区難波千日前7-4    MAP     
電話:06-6645-6240   
営業時間:11:30~14:30(売り切れ次第終了) 17:30~22:00   
定休日:日・祝
      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦とそば。 発音は同じでも、文字を見つけるイメージって結構違いますよね。 一言で“そば”って言っても、色んなものがありますよね。 漢字で“蕎麦”ってかいてあるものは、日本蕎麦。 いわゆる蕎麦粉を使って作ったそばのことを指すのだとか。 ひらがなで ...
続きを読む
蕎麦そば。

発音は同じでも、文字を見つけるイメージって結構違いますよね。

一言で“そば”って言っても、色んなものがありますよね。

漢字で“蕎麦”ってかいてあるものは、日本蕎麦。
いわゆる蕎麦粉を使って作ったそばのことを指すのだとか。

ひらがなで“そば”って書くと、それを意味するものの範囲が広がるようです。

焼きそば、中華そば、つけそば、沖縄そば・・・。
そばという言葉は一緒でも、味わいは全然違いますよね。

そして、食べることが出来る場所なんかも千差万別。

えきそば、カップそば、食堂のそば。
そして、こだわりの蕎麦を食べさせてくれるお店。

気軽に食べられる駅のそばもいいけれど、たまには本物の蕎麦と料理、そしてお酒で充実したひとときを・・・。

そんな感じで、美味しいそばをいただけるお店、
豊中にある“鼓道”さんにお邪魔させていただきました。
              鼓道

お店があるのは阪急豊中駅から歩いて約5分くらいのところ。
このまま行くと、住宅地の中に入っていくんじゃなかいかなぁ・・・
そう感じ始めた頃に、お店の灯りを見つけることが出来ますよ。
                    6a1dd9cf.jpg


この日も、多くのお客さんで賑わっていましたよ。

店内は木のぬくもりあふれる感じの落ち着いた雰囲気。
椅子もテーブルも木の上質な感じがあふれていて、高級感を味わうことが出来ますよ。

この日は、掘り炬燵式の座敷に案內していただきました。

この日は、鴨鍋のコースをいただけるのだとか・・・。
              
コースの最初は、鴨のお刺身。
                d34b7d0a.jpg


鴨ロースともも肉を盛り合わせでいただきました。

濃厚でありながらも上品な感じ。
噛みしめるごとに旨味が染み渡っていきますよ(^^)(^^)

これにはやはり、ワインがいただきたいですよね。
             b400d56d.jpg


はい、白ワインをいただきました。

こちらのお店、ワインや日本酒の品揃えにもかなり拘りがあります。

お酒のメニューはこんな感じで、私の大好きな伊丹の“ワインハウス日ノ出”さんのワインや日本酒もいただくことが出来るのです。
(もちろん、この日にいただいたワイン、日本酒は日の出さんのものです)
鼓道 48a4e0b1.jpg
 6b7e6208.jpg

7f9abc84.jpg
 25872c3d.jpg
 a6ed823a.jpg


鴨の刺し身を味わった後は、ちょっと蕎麦屋さんのアテって感じのものもいただきましょうか。

こちらは、だし巻き玉子。
                 4c715d1e.jpg


でっかいんです(^^)
「大きいことはいいことだ」とはよく言ったもので、まさにそれが実感できます。
そして、その味わいは・・・・
はい、期待通り美味しいですよ(^^)

そして、次の料理は地鶏の唐揚げ。
               22abc7ae.jpg


カリッと揚がった唐揚げは、噛めば肉汁が溢れだしてきます。
あ、揚げたての熱々なので、口の中をやけどしないように注意しましょう(^_^;)

そして、鴨ロースのにぎり。
                  c14b6374.jpg


鴨肉の旨味とすし飯のさっぱり感が、本当によく合うのですよね(^^)(^^)
何だかちょっと日本酒もいただきたくなってきます。

そして、特製つくね。

焼き鳥屋さんで“つくね”っていうと、串に刺さって出てくることが多いじゃないですか。
こちらのつくねは、お皿に入ってい出てきます。
しかも、めっちゃ大きなものが(^^)
そこに、卵黄をかけていただきます。
                    8225d58c.jpg


うわぁ、ホントにとろけます(^^)(^^)
何だか、鴨鍋に行くまでに出来上がってしまいそうです(^_^;)

そして、いよいよおまちかねの鴨鍋の登場です。

切れに盛られた、鴨のロースともも肉。
          824c41e2.jpg


それぞれの味わいを食べ比べることが出来ますよ。

そして、それだけではなく、つくねも。
                              f1b3656e.jpg


嬉しいですよね(^^)(^^)

鍋は、紙鍋になっているので、小さな子供さんを連れていても、鍋に触れて火傷してしまう心配がないですね。
                 f4661113.jpg


鍋の中に、先につくねを入れます。
そして、そのあとに鴨肉を。
火を通し過ぎないように気をつけて・・・。

う、美味すぎます(^^)(^^)
これには日本酒を、できれば燗酒で頂きたいですね(^^)

鴨料理、地鶏料理ともに大満足・・・・。
でも、ここって蕎麦屋さんだったのでは?

はい、もちろん蕎麦もいただきます。
                 d08afaaf.jpg


まずは冷たい蕎麦に、鴨をのっけていただきます。

おぉ!
こりゃ美味い(^^)(^^)
蕎麦の香り、コシ、味わい。
そして、出汁の旨味がたまらない(^^)
そのあとから、鴨の旨味も追いかけてきて、贅を極める味わいですね。

そして、先ほどの鍋に蕎麦を投入。
16a8ff6c.jpg
 1d9ce39e.jpg


これ、美味しいに決まってますよね(^^)(^^)

もちろん〆にはそば湯をいただきます。
                c1c237a6.jpg


やはり、蕎麦屋さんに来たならば、そば湯をいただかないと。
そば湯をアテに飲めてしまいそうなくらいに濃厚なそば湯でした(^^)

そして、こちらのお店はデザートもこだわっているのだとか。
                   7602bb71.jpg


蕎麦茶プリン、
蕎麦アイス、
特製和風パフェ、
蕎麦クリームブリュレ
です。

少しずついただきましたが、どれも蕎麦の香りが心地よく、他店では味わえない美味しさがありましたよ(^^)

鴨と地鶏が美味しいそばのお店、鼓動さん。
もうすぐオープンして1年になるそうですが、すでに多くのファンの心を捉えて話さない人気のお店になっているようです。
私達がお伺いした日も、平日にもかかわらず、ひっきりなしにお客さんがやってこられてました。

蕎麦にこだわり、鴨にこだわり、地鶏にこだわり、そしてお酒にもこだわる。
この日は、鴨鍋コースを頂きましたが、アラカルトでもいろいろ楽しめそうです。
2117d0e1.jpg
 489e10c5.jpg
 2f0a42d2.jpg
 1de02199.jpg
 f0477591.jpg

e38eecd1.jpg
 d59ae634.jpg
 573b5a73.jpg
 2b605a7f.jpg
 39315de6.jpg


味わいも雰囲気もレベルが高いお店だと思います。
定期的に訪問してみたい・・・
そう思わせる素敵なお店だと思いますよ。





【鼓道】   
住所:大阪府豊中市本町5-2-2 フォレストパーク 1F    MAP     
電話:06-6852-7558   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:30(L.O.22:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:毎月第三月曜、火曜(祝日の場合も休業)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

似て非なるもの。 一見、似ていて、同じようなものに思えるけど、掘り下げていくと、実は全然違うものだと気がつくもの、たくさんありますよね。 トンカツとビフカツ。 揚がった状態は色目が少し違うくらいで、大差ないのですが、味わいはけっこう違いますよね。 大 ...
続きを読む
似て非なるもの。
一見、似ていて、同じようなものに思えるけど、掘り下げていくと、実は全然違うものだと気がつくもの、たくさんありますよね。

トンカツビフカツ
揚がった状態は色目が少し違うくらいで、大差ないのですが、味わいはけっこう違いますよね。

大阪風お好み焼きと、広島風お好み焼き
たとえ、大阪のモダン焼を持ってきても、これは明らかに違いますね。

ラーメン中華そば
これはよく混同されますが、違いますよぉ。どちらにも、根強いファンを持つ、人気の麺ですね。

カレーハヤシ
あ、これはコメントするまでもなく(^^;)

肉まんあんまん
どちらかの味わいを期待して、かぶりついた瞬間に間違ったことを知ったときの悲しさと言ったら(^^;;)

そして、蕎麦うどん
昔ながらのお店などでは、麺が違うだけで、出汁は一緒というところもありますが、最近は、立ち食いのお店でも、出汁を分けているところもあるそうです。
蕎麦に合う出汁は、うどんでは強すぎる。
逆に、うどんを食べて美味しい出汁は、蕎麦では物足りない・・・。
そんな経験したことありませんか?

どちらも独立した美味しい麺で、比べることはそもそも無理があるようにも感じますね。

さて、最近ちょっと嵌っている、温かい出汁のうどん。
さて、蕎麦では如何なものかな・・・
そんなことを思い立って、最近ちょくちょく会社のお昼休みに自転車に乗ってお伺いする、
鶴見区にある“みどり製粉所”さんに行ってきました。
       3a449e0d.jpg


こちらのお店では、十割蕎麦をいただくことが出来ます。

4人掛けテーブルが2つだけの、ホントに小さなお店ですが、柔らかい物腰の店主が、丁寧に打った蕎麦をいただくことが出来ます。

入口は言った正面のカウンターの上に、メニューが貼ってあります。
              みどり製粉、鴨とひやかけ

ざるそば、韃靼そば、かけそば、ひやかけ、鴨南蛮、エビ天蕎麦・・・。
基本はきっちりおさえてありますね。
そして、こちらのお店では、機械打ちか手打ちを選ぶことが出来ますよ。
(手打ちは100円アップ)

この日は、温かい蕎麦狙いだったので、かも南蛮蕎麦を手打ちでお願いしました。

蕎麦が出てくるまでの間に振る舞われる揚げ蕎麦。
        96ef59ad.jpg

  
これ、中々良い塩加減と香りで、ビールが飲みたくなってしまいそうです(^^;)

こちらの見せ、店主ひとりで切り盛りされているようで、全てセルフサービスです。
で、こちらがセルフサービスのそば茶。
        5ef34b9e.jpg


温かいものと冷たいもの、両方言置いてあるので、好きな方を、または、両方楽しむことも出来ます。
あ、蕎麦湯もここに置いてあって、セルフでいただけます。

しばらくすると、出汁の良い香りが漂い、かも南蛮が出来上がります。
「かも南蛮のお客様、お待たせしました。」
カウンターの方から声がかかると、蕎麦を取りに行きます。
            ae8ac116.jpg


うわ!めっちゃいい感じですね。
深みの中にも透明感あふれるとは、こういうもののことを言うのでしょうか?
         ea68b1c4.jpg


こちらの小皿の中に入っているのは、酢橘の絞り汁。
「お好みで入れてみて下さい」とのこと。
酢橘が切ってあるのをそのままではなく、こうやって小皿に入れて出していただけるのは、”入れすぎないように”の考慮でしょうか?

早速いただいてみましょう。
011226ad.jpg


あ、美味しい(^^)
蕎麦の香り、そしてコシ、喉ごし。
しかも、出汁の旨味が良く絡んでますよ。
                  ee178e1b.jpg


鴨は、もも肉が使われていて、丁寧に焼き色も付けられています。
噛めば旨味がジワッとあふれてきますよ(^^)
          ae6bfaa9.jpg


そして、出汁がまた、美味いんですよ(^^)(^^)(^^)
鴨を使った蕎麦、出汁が美味すぎますよね。
反則的な美味さ(^^)
嵌りますよ、これ

後半、酢橘を少しずついれて、味の変化を楽しみます。
繊細な蕎麦の出汁に酢橘を入れたら・・・。
そんな心配を少ししていましたが、酢橘が勝ちすぎてしまうことなく、サッパリとコクのある旨味を両方楽しむことが出来ます。

そして、何気なく壁を見ると・・・。
         みどり製粉、鴨とひやかけ

柚子いなり 1個 100円。
いなりの美味しい食べ方
ざるそばを食べた後、汁を蕎麦湯で割ってお召し上がり下さい。
その時、いっしょにいなりを食べると美味しいですよ!


これが気になって・・・・。

で、後日やってきました(^^)
ざるそばを・・・。
と思っては見るものの、冷やかけがどうしても食べたくて(^^;)

で、冷やかけと、柚子いなりをひとつお願いしました。
あ、もちろん、蕎麦は手打ちの粗挽きで。

この日は、何組かお客さんが入ってて、相席させていただきました。
テーブル2つなので、お昼休みの時間帯は、座れただけでもラッキーです。

しばらくして、冷やかけと柚子いなりの登場!
            fd74daf6.jpg


柚子いなりは、けっこう大きめなので、ひとつでも満足出来ると思いますよ。
     98547e3b.jpg


薬味には、葱と生姜・・・
え、山葵じゃなくて生姜?
へぇ、蕎麦に生姜ははじめてですね。

以前は、うどんには生姜、山葵には辛味大根か山葵。
そう思っていましたが、艶々のうどんに山葵も、うどんの刺身みたいで美味しかったことを覚えているので、これもまた、どんな感じか期待してしまいますね。

先ずは何も付けずに、蕎麦を堪能。
     4f8d1fd5.jpg


つめたい出汁で、きりっとしまった蕎麦は、喉ごしもコシも大満足!
箸を持つ手が止まらなくなります。

途中で、薬味の葱を蕎麦の上にのっけて。
         3f24f1c0.jpg


お、良いアクセントですね(^^)
先日の、かも南蛮の温かい出汁も良かったですが、このつめたい出汁も中々のものですよ!
こちら、みどり製粉所さんでは、温かい出汁とは別に、ひやかけ用の出汁を仕込んでいるのだとか。

いろいろ研究なさってます。

出汁をいただきながら、柚子いなりを。
        d99a7041.jpg


口の中に入れた瞬間に広がる柚子の香りがさわやかです。
でも、その香りはいつまでも尾を引くことなく、潔くいなりの旨味に調和してゆきますよ。
れんこんのシャキシャキ感もまた、心地良いですね(^^)

そして、生姜をのっけてみました・・・。
               372a1886.jpg


へぇ、これ、中々良いんじゃないですか?
おもしろいですね、これ。

このひやかけの出汁、すごく守備範囲が広いんですよ。
このあと、徐々に生姜の量を増やしてゆきましたが、最後まで出汁の旨味と味わいが生姜に負けることなく、見事に旨味を奏でてゆくのです。
いやぁ、ちょっと感動かな、これは(^^)

こういうタイプのひやかけ蕎麦、はじめて食べました。
良かったですよ、これは。

このひやかけ、こちらのお店では、季節に関係なく、一年中提供して下さるそうです。
鴨南蛮、ひやかけ、どちらも満足させていただきました。

さて、今度はざるそばで、機械打ちと手打ちの食べ比べでもしてみようかと密かに考えています(^^)



【みどり製粉】   
住所:大阪市鶴見区緑1-7-21    MAP     
電話:非公開
営業時間:11:00~15:30 
定休日:木曜日  
煙  草:完全禁煙      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加