美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: イタリアン

親しみやすく わかりづらい。なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。まさにそんな感じのお店なのです。ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。           お店の名前は ...
続きを読む
親しみやすく わかりづらい。

なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。
まさにそんな感じのお店なのです。

ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、
何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。

           IMG_9545
お店の名前は、“エクウス”さん。

雑多な雰囲気があるものの、店内を覗くと女性のお客さんがワイングラスを傾けて、
楽しそうにしている光景が目に入る。

たしかに、すごく気になる雰囲気のお店。

一緒にいたメンバー、顔を見合わせると、無言で頷く。
そんな感じで訪問したのが最初。

店内には、懐かしいものや珍しいものが、そこら中に所狭しと並んでいる。

松田聖子のファーストアルバム「SQUALL」、宮沢りえの写真集「Santa Fe」、
漫画「美味しんぼ」・・・。

そんなものがあると思えば、
シャトー・ラトゥール1967ビンテージ、清原和博さんのサインなどもあり、
まぁ、不思議な雰囲気なのです。

そして、店主のキャラとサービスも最高で、料理も美味しい。
そんなアンバランス・・・じゃないな、ギャップが心地よくて、
後日、予約して再訪させていただきました。

         IMG_9466

まだ陽のある時間に来るとこんな感じ。
より一層、親しみやすく わかりづらいが実感できます^^;

店内に入ると、店主の前田さんが笑顔で迎えてくださいます。

この日は、おまかせでお願いしたので、どんな料理が出てくるのワクワクします。
そんな感じで、先ずはビールで乾杯!

         IMG_9474
こちらのお店では、サッポロラガービール(赤星)をいただくことが出来ます。
グラスも赤星のもので、こういうところの気遣いもかなり嬉しいですね(^^)

ちなみにメニューはこんな感じです。

    IMG_9469

メニューに載ってなくても、リクエストすればいろいろ出してくれるかもしれません。

店内はこんな感じで、宝の山のようにいろんなものがディスプレイされています。

          IMG_9470

  IMG_9472

「たこ焼きくださ〜い」って言ったら、本当に出てくるかもしれませんね^^;

そんな感じで、店内のあれこれを見ながら、みんなで賑わっていると、
最初の料理ができあがって・・・

         IMG_9478

って、いきなりデザート^^;
いえいえ、これがワインとよく合うのです。

   IMG_9504

このメロンが実は、只者ではない。

         IMG_9485

こんなにも細かい模様がビッシリと入って、高級メロンの証ですね。

  IMG_9481

これは、大分県豊後高田、 山田さんちの「みさきグリーンメロン」だそうです。

最初から極上のメロンが出て、すっかりエクウス・・・前田ワールドに引き込まれます。

そして、次の料理は、仙鳳趾の生牡蠣。

           IMG_9492

牡蠣の名産地も、日本各地にいろいろありますが、
私はここ、仙鳳趾のものがクリーミーで一番好みなのです。

牡蠣をじっくりと味わった後は、ポタージュスープ。

     IMG_9496
 

素材が濃厚に溶け込み、これも完全に食べるスープ。
じっくりと口の中で旨味が広がり、余韻までもが美味い。
スープにワインを合わせて楽しむ、そんなことができてしまうから本当に面白い。

そんな感じで、スープの余韻を楽しんでいると、パスタが登場。
       
           IMG_9506
 
「これ、何のパスタですか?」
 
そう問いかけるも、笑顔で食べて見て当ててください(^^)
なんて言うものだから、楽しさも倍増。

食べてみると・・・

     (^^)(^^)(^^)

美味っ! 


何と、スッポンをパスタにして出していたただ来ました。

このスッポン、臭みなんで全くなし、初めてスッポンを食べるって方にも、
是非味わっていただきたいほどに美味しい。
これは、また食べたい料理ランキングの中に、確実にランクインですね(^^)

パスタを食べ終え、しばらく余韻に浸っていると、スパイスのいい香りが…
        
      IMG_9530

 
登場したのは、石焼カレーライス。

アツアツの石鍋にたっぷりのカレー。

ジューッっていう音とともに、目の前で混ぜ合わせてくださいます。

           IMG_9516

     IMG_9526

 

これ、いくらでも食べられそうですよ(^^)

そんな感じで、満腹になり、かなり満足させていただきました。

こちらのお店、エクウスさん、まだまだ引き出しがあって、
いろんな料理のレパートリーがあると確信。

ここ、また確実にお邪魔させていただきたいと思います。

また、ランチの営業もされているみたいなので、
ランチタイムにも一度お邪魔させていただきたいと思います!
        




【エクウス】
住 所:大阪市北区西天満4-7-15    MAP
電 話:06-6363-3003
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、日曜日営業、月曜日が休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ラブストーリー以来27年ぶりに、鈴木保奈美さんと織田裕二さんがドラマで共演するらしい・・・。東京ラブストーリー、ハマってました。明るく開放的な「りか」が大好きで^^;でも、友人達はみんな、有森也実さん演じる、「さとみ」ちゃん派だったのですよね・・・。カンチ ...
続きを読む
東京ラブストーリー以来27年ぶりに、
鈴木保奈美さんと織田裕二さんがドラマで共演するらしい・・・。

東京ラブストーリー、ハマってました。
明るく開放的な「りか」が大好きで^^;

でも、友人達はみんな、有森也実さん演じる、「さとみ」ちゃん派だったのですよね・・・。

カンチ〜!

あの頃が再現されるのでしょうか?

どちら派と言えば、みなさんはフレンチがお好きですか?
それとも、イタリアン?

この日は、奈良県の大和高田まで、イタリアンを楽しみに行ってきました。

お伺いしたお店は、“37+1(サンジュウハチ)さん。

           IMG_9697

近鉄南大阪線(吉野の方に行くやつね)の、高田市駅から歩いて5分位のところにお店はあります。

こちらのシェフには、以前ちょっとしたイベントの出張料理に来ていただいたことがご縁で、
ぜひお店の方にもお伺いさせていただきたいと思い、行ってきました。

「こんにちは〜」
「いらしゃいませ。」


その時は、ラフな感じのシェフも、お店ではビシッとされています。
(当たり前か^^;)
そして、店内もビシッとしている・・・。
って、そんな表現じゃわかりにくいですね^^;

           IMG_9703

シンプルな中にも、あちこちにこだわりが見える店内は、
木のぬくもりと、スケルトンなシンプルさが協調して、さりげない高級感が漂います。

ランチコースは、4,600円か、6,500円。
リクエストすれば、更に特別なコースも用意できるのだとか。

ランチとディナーの内容、値段の差もそんなに大きくないとのこと。

内容は、その日の仕入れによって変わるとのことで、サプライズ感あり。
行って、何が出てくるのかワクワクっていうのも楽しいですよね(^^)

          IMG_9707

飲み物のメニューはこんな感じです。
こちらのお店では、日本の良いワインの魅力を知ってもらおうと、
店主自ら探し歩いた逸品が揃っています。

ボトルワインをしっかりと堪能するのもいいし、
料理に合わせて、グラスワインを楽しむのもいいですね。

この日は、料理に合わせて、グラスワンをチョイスしていただくことにしました。

         IMG_9710
先ずは、長野県の「信州たかやまワイナリー」のシャルドネ。
味わいは、甘い香りに対して、キリッと辛口。
これは、料理と合わせると絶対に面白い予感がします。

   IMG_9714
そんなワインと一緒にたのしむ、最初の料理は、 
大和葛城山麓の鴨を使った、パテドカンパーニュ。

先ずは、そのままいただいて、深い旨みを堪能。
なるほど、これは先程のワインと凄くよく合いますよ!

その後、ソースと合わせたり、マスタードと一緒に楽しんただりして、
味のバリエーションを楽しみます。

ちなみに、真ん中にあるのが、きゅうりと梅のソース。
梅と言っても、ギリギリのところで調合してあるので、
梅の酸味が目立つことは無し。
どちらかというと、言われなければわからないかもしれません。
爽やかな風味は、梅の仕事なのですね。

             IMG_9715

ソースの横に添えてあるもの、これなんだかわかりますか?
これは、マイクロきゅうりといって、指先に乗っかるくらいの大きさです。
でも、食べてみると、きっちりキュウリ!
こんなものがあったなんて知らなかったです(^^)

次の料理は、かぼちゃのスープ。

         IMG_9720

この時期なので、冷静パンプキンスープかな・・・
そんな想像をしましたが、そうではなく温かいもの。

なんでも、2種類のかぼちゃを圧力を下げることで、旨味を抽出したのだとか。
真空状態ってことなのか?

何はともあれ、いただいてみましょう・・・
あれ?
スプーンは・・・

「テーブルの下に、ひきだしがあってそこにスプーンなどが入ってます」

とのこと。

               IMG_9719

おぉ、なるほど!
こういう演出も素敵です(^^)

それでは早速いただいてみましょう。

          (^^)(^^)(^^)

う、うわぁ!
これ、凄いや。

これをスープと言ってしまっても良いのだろうか・・・。
想像以上のマッタリ感。
濃厚で口の中に絡みまくる旨味。
砂糖はもちろん、塩も使ってなく、
かぼちゃが持ってる甘味と旨味を引き出しているのだとか。

ここのシェフ、凄いことするなぁ・・・。

そして、自家農園栽培の40種類のサラダ。

            IMG_9724

めっさ綺麗。
料理というよりももう、何かの芸術作品を見ているようです。
ソースは、上のオレンジ色のものが、人参のソースで、
下のムラサキのが、キャベツのソースなのだとか。

引き出しから、フォークを・・・
いえ、これはお箸でいただきましょう。

        IMG_9729


        (^^)(^^)(^^)

えぇ、野菜ってこんなにも美味い。
ソースを付けなくても、ドレッシングもかけてあってこれだけでも充分に美味い。
甘み、酸味、少しの苦味、フレッシュ感。
それらが一体になって、凄く楽しい。
そして、2口目には、ソースも絡ませていただきます。

これ、野菜だけなのに本当に飽きることがない。
季節ごとに変わる美味しさ・・・
ということは、この日に食べたサラダはある意味、一期一会の味わい・・・。
こういうのも楽しいですね(^^)

このソースをパンにつけて食べても美味しいのでは・・・

        IMG_9733

そう思っていると、フォカッチャも登場。
これも、ふわふわで美味い(^^)

前菜、スープ、サラダと楽しんだあとはパスタの登場。

      IMG_9741

こちらは、夏野菜を使ったパスタ。
それにしても、本当に野菜が美味しい。
トマトベースのソースに、ほんの少しレモンを使っているとのこと。

食べてみると、レモンの爽やかな香りを感じます。
でも、レモンの酸味がパスタの味わいを支配することなく、本当にギリギリ。
この、ギリギリの極め方が本当に見事なのです(^^)

         IMG_9748
そして、2番めのパスタは、牛肉とビーツのミートソースパスタ。

宇宙を思わせる青いプレートに、描かれるように盛られたパスタ。
思わず見とれてしまう。

最初は、ミートソースパスタの部分だけをいただき、
その後、ビーツのソースと混ぜ合わせる。
決して量が多いわけではないのだけれど、これだけで満足させるパワーがある。
赤ワインとの相性も上々!

そしてこのお皿、店主が自ら制作したものなのだとか。
聞けば、子供の頃から陶芸をやっているのだとか。

そしてメイン料理は、三田ポークのロースト。

           IMG_9757

高温と低温を使い分け、じっくりとローストさせたのだとか。
生に見えるけれど、決して生ではなく、ちゃんと火が通っている状態。
これが本当に美味しい(^^)

旨味、食感、余韻・・・

そのすべての融合って、こういうものなのかもなぁ・・・
しばし、そんなことを思いながら楽しみます。

そしてデザートは、岡山県のピオーネとカシスのジェラート。

             IMG_9760

ピオーネの混じりっ気のない甘みと、カシスの甘酸っぱさの調和が完璧。
そのすべてが計算されつくされている。
そんな満足感を感じます。

      IMG_9766

最後に、カプチーノもいただき、ゆったりした時間の流れと余韻を楽しみます。

自家栽培の野菜を作り、研究し、
また農家さんや学生さんにも農業のことを教えることもあるのだとか。

栽培、料理、陶芸・・・

本当に多彩なシェフです。
話していても、わかりやすいし楽しい。

食事を終わり、少しお話をさせていただきました。

これだけのものをお持ちならば、(失礼ながら^^;)もう少し街中で営業されても・・・

そんな質問に対しては、

この場所だからこそ、流行りとかではなく、
本当に自分の料理を食べたい方だけが来てくださる。
自分の料理が目的で来てくださる方がどのくらいいるのかが、わかるのですよ。

とのこと。

そして、2回目来てくださる方は、確実に常連になっているのだとか・・・。

こちらのお店、予約してわざわざ行く価値が本当にあると思います。

大阪から行くのには、少し時間がかかります。
でも、それでも行きたいお店だと、私は感じました。

季節が変わるころ、
また予約させていただきたいと思います。












【37+1(サンジュウハチ】
住 所:奈良県高田市片塩町12−11    MAP
電 話:0745-22-3118
営業時間:12:00〜14:00  18:00〜23:00  ※完全予約制です。
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生時代、授業中の暇つぶしの仕方、いろいろ開発した方も少なくないのでは?一番メジャーなのが、教科書の挿し絵や写真への落書き。フランシスコザビエルなんて、格好の餌食でしたものね^^;あと、地図帳も宝の宝庫。南太平洋のエロマンガ島、インドネシアのキンタマーニ、 ...
続きを読む
小学生時代、授業中の暇つぶしの仕方、いろいろ開発した方も少なくないのでは?

一番メジャーなのが、教科書の挿し絵や写真への落書き。
フランシスコザビエルなんて、格好の餌食でしたものね^^;

あと、地図帳も宝の宝庫。

南太平洋のエロマンガ島、インドネシアのキンタマーニ、トルコのシリフケ、
ミクロネシアのクサイ島、マレーシアのパンティ・・・


変な名前の地名を見つけては、隣に座る友達に見せて爆笑し、
先生に怒られる。

現地の人に聞かれたら、怒られますよね^^;

ではその逆、日本の地名、固有名詞で、
外国人が聞くと、変な意味になるのは・・・。

近畿地方の「近畿」・・・キンキが、英語の「kinky」に聞こえるそう・・・。
「kinky」をGoogle翻訳すると、出てきた表示は、「変態」^^;

だから、マグロの養殖に成功した近畿大学は、英語表記を「Kinki university」から、
「Kindai university」にしたのだとか。

言葉っていろいろと難しいですね。

さて、そんな言葉の聞こえと意味の違いを上手く利用したお店に行ってきました。

            IMG_4648

お伺いさせていただいたのは、“銀座スケベニンゲン”さん。

最初は目を疑い、二度見しました^^;
1度見てから、ずっと気になっていて、
先日やっとランチタイムにお邪魔させていただいたのです。


     IMG_4647

       since1977。
もう、30年以上もスケベニンゲンであり続けていらっしゃいます^^;

  IMG_4646
スケベニンゲンというのは、実際にオランダにある地名で、
北海に面するリゾート地で、
店主がそこを訪れた時に、「これだ!」と店名にしようと思い、
市長と面会し、名前をいただいたのだとか。

階段を下って、地下に降りると、お店の入口があります。

中に入ると、お店の方が出迎えてくださり、
2人掛けのテーブル席に案内してくださいました。

来る前に、お店のHPを見て、メニューを予習していたので、
一番人気のスパゲッティ、「フリッタータ」をお願いします。

ランチタイムには、どのスパゲッティにもサラダとドリンクが付いています。

         IMG_4613

赤ワイン白ワインならば、追加料金なしでいただけるのも嬉しいですね。
(このあと、仕事があったので断念しましたが^^;)

店内は、2人掛けのテーブルが9つと、4人掛けのテーブルが2つ。
銀座のイタリアンと言うことで、女性のお客さんが大半かと思いきや、
意外に私のような男性のおひとり様も何人かいらっしゃいます。

お願いした、「フリッタータ」は、
ミートソース、卵、チーズでオムレツ風に焼き上げたスパゲッティ。
新梅田食道街にある、お好み焼き店「きじ」のモダン焼きのようなものかなぁ・・・。

     IMG_4626

ランチョンマットには、絵が描かれてあります。
そこには、フリッタータのものもありますね。

スパゲッティが出来上がるまでの間、他にどんなメニューがあるのか見てみましょう。

      menu2

自家製ミートソースに生クリームを加えた、「マンマの怒ったパスタ」。
ソーセージの入ったスープパスタの「フランクフルト」。
スープに溶け出す魚介の旨味が魅力的な「エーゲ海」。


   menu1

ソーセージ、アスパラ、パルメザンの入った「カーロ・マフィア」。
本場にはない、日本オリジナルの味「ナポリターナ」。
ツナ・オリーブ・ドライトマト・ニンニクが絶妙な「ニコラさんのほほえみパスタ」。

そして、何よりも気になったのはこれ。

           IMG_4623
店名を冠した「スケベニンゲン」。
魚介と野菜を使ったスープパスタで、白ワイン満タンなのだとか。
だから、未成年者と車の方はNG。

このあと、仕事でなければ、チャレンジしていたのに無念。

それにして、スケベニンゲンでスケベニンゲンを食すって言うの、
是非やってみたいですね。
             IMG_4627

ディナータイムに来て、CIN CIN(チンチン)コースと言うのも魅力的ですが^^;
※“CIN CIN(チンチン)”は、イタリア語で乾杯の意味。

そして、まもなくサラダが登場。

      IMG_4624

自家製のドレッシングも美味しい。
これは、パスタも期待できそう・・・
そんな直感が働きます。

そんな感じで、メニューを見て、サラダを楽しんでいると、
お願いしたスパゲッティ、フリッタータが出来上がってきました。

         IMG_4631
あ・・・本当にオムレツみたいですね。
これ、ナイフもいるのかなぁ・・・
先ずは、フォークだけで試してみましょう。

     IMG_4633

あ、結構すぐにほぐれます。
これならば、大丈夫そうですね(^^)

それでは早速いただきましょう。

     (^^)(^^)

お、これは結構イケる!
パリッとした食感はそんなに強くなく、
そのあとにくるまったりとした感じと旨味の方が印象的。
これは、リピートしたくなるでしょうね。

           IMG_4638

食べすすんでいくと、このカリッとした表面の部分の美味しさにハマってゆくのです。
カリッとした食感と、パスタのもちっとした食感のコラボがかなりいい感じ(^^)

  IMG_4634

気がつけば、フォークを運ぶ手がたまらなくなっているのです。

         IMG_4642

後半は、添えてあるレモンをフリッタータに搾って、サッパリ感を出してみましょう。

   (^^)(^^)

これもいい感じ。
マッタリとサッパリのバランスが良く、飽きることなく食べすすむことが出来ますよ。

そんな感じで、あっという間に完食。

想像していたよりも、ずっと美味しくて
オリジナリティ溢れるランチをいただくことが出来ました。

次回は是非、ディナータイムか休日に訪問して、
ぜひ「スケベニンゲン」をいただいてみたいと思います。


 







【GINZA SCHHEVENINGEN(銀座スケベニンゲン)】
住 所:東京都中央区銀座3−7−13 成田屋ビル B1F    MAP
電 話:03-3567-5346
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜23:00
     ※土曜日と祝日は、11:30〜22:00 
煙 草:ランチタイム(11:30〜13:00は禁煙)
定休日:日曜日・第1月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村           
このエントリーをはてなブックマークに追加

BEEF or CHICKEN、赤ワインか白ワイン、チキンカレーかキーマカレー、ナポリタンかミートソース、きつねか、たぬき、ビーフシチューかクリームシチュー、レモンティーかミルクティー・・・。世の中には迷うことだらけです^^;おそらく、そんな人が多いから、あいがけカレーっ ...
続きを読む
BEEF or CHICKEN、
赤ワイン白ワイン、
チキンカレーかキーマカレー、
ナポリタンかミートソース、
きつねか、たぬき、
ビーフシチューかリームシチュー、
レモンティーかミルクティー・・・。

世の中には迷うことだらけです^^;

おそらく、そんな人が多いから、あいがけカレーって登場したのでしょうね。

スリランカカレーなんて、混ぜて食べることを推奨しているし、
たくさんのっかっていた方が楽しい・・・。

でも、通常は混ぜて食べないものの方が多いですよね。

赤ワインと白ワインを混ぜても、ロゼにはならない。
ナポリタンとミートソースを混ぜるなんて・・・
ん、ひょっとして、美味しいかもしれない??

そんな発想から来たのかどうかは、定かではありませんが、
トマトを使ったボロネーゼと、白い生クリームソースのスパゲッティが
一緒にいただけるメニューがあるのです。

        IMG_0555

この日にお伺いさせていただいたのは、東京新宿の新宿センタービル。

  IMG_0583

新宿駅から、都庁前の方に向かって、地下通路を歩いて行くと、到着できます。

お伺いさせていただいたのは、麺の食感が人気のスパゲッティのお店、
その名も“あるでん亭”さん。

         IMG_0579

この日も、開店前から行列が出来るほどの人気ぶり。
その最後尾に並んだ甲斐あって、開店して間もなく席に案内していただきました。


カウンター席に案内していただき、先ずはメニューを確認します。

     IMG_0545

スパゲッティは、トマトソース、クリームソース、和風、塩味に分かれていて、
気になるメニューがたくさんあります。

 IMG_0548
おつまみや、お酒もあって、ちょっと一杯楽しむことも出来そうです。
       
         IMG_0549

こちらのお店をすすめてくれた友人のすすめに従い、
カルボナーラにすべきか、
生クリームの代わりに、サワークリームを使った、ロレンツァにすべきか、
アリタリア航空クルー直伝レシピの、にすべきか・・・。

これ、本当に迷いました。
でも、クルー直伝レシピがどうしても気になり、
アリタリアをお願いしました。

店内は、入口を入って、右側がテーブル席で、左側がカウンター席。
おひとり様でも、グループでも楽しむことが出来そうですよ。

パスタのお店だけに、女性のお客さんが多い・・・・
ってことは無く、カウンタ席は男性のおひとり様が多いですね。

カルボナーラ、
アーリオオーリオ ベーコン添え、
アマトリチャーナ・・・

あ、あっちの人もアリタリアを注文した。

私と同じような方も少なくないようです。

そんなことを考えていると、お願いしたスパゲッティ、
アリタリアが出来上がってきました。
  
           IMG_0553

あ・・・ホントだ。
クリームソーススパゲッティにの上に、ボロネーゼソースがタップリ!
これは新しいですね。

  IMG_0555

それにしても、見るからに美味しそうなスパゲッティですね。
先ずは、2つのソースを別々に食べてみなければなりませんよね・・・。

        IMG_0560

と言うわけで、クリームソースの方からいただきましょう。

     (^^)(^^)

美味しい!
キッチリと濃厚ですごくいい。
これは、カルボナーラが絶品って言うのも分かるような気がします。

そして、トマトソース・・・いえ、ボロネーゼソースもいただきましょう。


      IMG_0563

   (^^)(^^)

これ、その辺のボロネーゼソースとは全然違います。
感じるのは、鮮烈なトマトの旨味。
ズバッとくるのですよ。
それでいて、爽やかな感じだから面白い。

なるほど・・・
では、両方を絡めて食べてみるとどうなるのか・・・。

           IMG_0566

    (^^)(^^)(^^)

おぉ!
これは美味い(^^)

トマトの酸味と旨味をクリームソースのまったりした美味しさが包み込む。
こんなの、よく考えたなぁって思います。
アリタリア航空のクルー直伝、これはダテじゃないですよ!

      IMG_0559

さて、この鷹の爪はどうしてくれようか・・・
ま、それは後で考えましょうか^^;


          IMG_0568

混ぜるとこんな感じで、ソースがオレンジ色に変化。
これを、タップリとスパゲッティに絡めていただくのです。

      IMG_0571

先ほどの鷹の爪も一緒に混ぜちゃいましょう。

          IMG_0552

後半になれば、カウンターの上に置いてある、味変グッズ・・・
パルメザンチーズを掛けて、更なる美味しさを引き出します。

     IMG_0572

このスパゲッティ、味を重ねるごとに深みが増します。
でも、自分でボロネーゼとクリームソースを混ぜても、
この味は出ないだろうなぁ・・・。

ソースにパンを付けて食べても美味しいと思いますよ。
(確か、パンもメニューにあったはず)

そんな感じで、タップリと堪能させていただきました。

あるでん亭さん、ここ新宿センタービル店の他に、
銀座ファイブにもお店があるようです。

今度は是非、サワークリームのスパゲッティ、ロレンツァも食べてみたいと思います。




※2018年4月21日〜5月27日、改装工事のため、休業しています。


【あるでん亭 新宿センタービル店】
住 所:東京都新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル MB1F    MAP
電 話:03-3349-0384
営業時間:11:00〜21:30(L.O.21:00) ※日祝は、20:00まで。 
煙 草:分煙(ランチタイム禁煙)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアンスパゲッティとナポリタンスパゲッティって、同じものですよね?そう思っているのは、大阪人だけかもしれません^^;大阪で、イタリアンスパゲッティは、スパゲティに玉ねぎ、ピーマン、ソーセージを加えて炒め、最後にケチャップなどで味付けをするもの・・・。はい ...
続きを読む
イタリアンスパゲッティとナポリタンスパゲッティって、同じものですよね?

そう思っているのは、大阪人だけかもしれません^^;


大阪で、イタリアンスパゲッティは、
スパゲティに玉ねぎ、ピーマン、ソーセージを加えて炒め、
最後にケチャップなどで味付けをするもの・・・。


はい、ナポリタンと変わりないですよね?

そして、イタリアンスパゲッティって、地域によって、
呼び方は一緒でも、内容が違うようです。

関東や東北では、具材はナポリタンと一緒で、ケッチャプは使わずに、
塩、胡椒(醤油の場合もあり)で味付けし炒めたものだそうで。

名古屋では、鉄板の上に玉子を敷き、その上にナポリタンをのっけたもの。
(鉄板イタリアンって言いますよね。)

また新潟のイタリアンは、スパゲッティではなく、
洋風ソースかけ焼きそばのことを指すのだとか・・・。

イタリアン呼ばれながら、イタリア料理ではないイタリアンスパゲッティ、
ひょっとしたらこれ、日本人の偉大なる発明かもしれませんよね。

では、本物のイタリア料理とは・・・。

この日にお伺いさせていただいたは、京阪樟葉駅からバスで10分位のところにあるお店、
“ポルタロッサ”さん。

      IMG_8963

お店の名前、PORTA(扉) ROSSA(赤)のとおり、
鮮やかな赤い扉がお店の入口です。

お店に入り、予約名を告げると、席まで案内してくださいます。

先ずは生ビールで乾杯し、メニューを確認させていただきます。

        IMG_8937

こちらのお店は、基本コースのみで、
前菜、パスタ、メイン、エスプレッソが付いたAコースと、
Aコースからメインを除いたBコースの、2種類のコースが用意されています。

パスタ、メインは右ページに載っているものから選べるのですね。


折角なので、「一般的なイタリア料理の形態です」と書かれた、
Aコースをお願いすることにします。

店内は、4人掛けのテーブルが3卓あって12席。
予約は必須です。

           IMG_8940

ゆったりとした空間は、表とは時間の流れ方が違うようにさえ感じますね。

早い時間からのスタートにしましたので、まだ店内に他のお客さんはいませんが、
このあと他の2つのテーブルも埋まり、満席に。
人気があるようですよ。

そんな感じで、店内の様子を眺めたりしていると、最初の料理、
おまかせ前菜の盛り合わせが出来上がってきました。

         IMG_8943

ほほぉ・・・
これは素晴らしい。

よくあるイタリアンの前菜盛りとは違い、独創的な感じですね。

パンチェッタで苺を巻いてあるのも目を惹きます。

ちなみに、カップの中はこんな感じで、ムースが入っていますよ。

   IMG_8947

最初のビールもいただいたので、早速ワインをお願いしましょう。

             IMG_8949

前菜の盛り合わせをいただきながら飲むワイン、最高です。
ずっとこのままでもいいかなぁ・・・
そんな風に思ってしまいそうになります^^;

そして、絶妙なタイミングで、パスタも出来上がってきました。

  IMG_8950

こちらは、鴨のコンフィときのこ、ポルチーニ茸のクリームソースのリングイーネ。
濃厚なポルチーニ茸のクリームソースが美味すぎる。
こう見ると、小さなポーションに見えますが、結構食べ応えもありますよ。

       IMG_8952

濃厚なソースをバケットに付けていただくと、これもまた堪らない。
ワインとの相性も良く、あっという間にボトルが空きそうです^^;

          IMG_8953

こちらは、自家製サルシッチャと5種きのこのタリアテッレ。
サルシッチャの肉感ときのこが本当に心地よい。
こんな感じで、別のパスタを注文して、シェアしながらいただくもの楽しいものです。

パスタもしっかり楽しみ、次はいよいよメイン。

      IMG_8957

こちらは、但馬鶏のカツレツ。
衣自体が美味しい(^^)
レモンを少し搾ると、味がピンと引き締まって、ワインとの相性もいい感じになりますよ。


そして、牛フィレ肉のタリアータ。

     IMG_8955

レアに焼き上がられたフィレ肉と、オリーブオイル、バルサミコが良く合います。
こうやってシェアして2種類いただくと、どちらも凄く美味しい。
魚料理も食べたくて、あと2,000円追加すれば、メイン料理の追加もOKなのですが、
これだけでも結構食べ応えがあって、ボリューム満点なのです。
(また、次回の課題に取っておきましょう。)

食後には、コーヒーもいただき、

          IMG_8960

折角なので、自家製ドルチェも追加でお願いしました。


     IMG_8961

ソルベもティラミスも、すごく美味しい。
これ、絶対に食べた方がいいと思いますよ(^^)

京阪樟葉駅から、京阪バスに乗って約10分。
大阪から少し時間はかかりますが、来る価値あり。
ゆったりと流れる時間の中でいただく、本物のイタリアン、
予約で連日満席なのも納得できます。

ディナー、ランチ(土日のみ)共に、要予約なので、
是非予約して行ってくださいね!

私もまた、予約させていただきます(^^)










【ポルタロッサ(PORTA ROSSA)】
住 所:京都府八幡市男山長沢23−9 101    MAP
電 話:075-982-7762
営業時間:11:30〜15:00(L.O.12:30) 17:30〜23:00(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合も休み)
駐車場:あり(3台分)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にいれば、いろんな国の料理が味わえますよね。特に、東京にいれば、アフリカから北欧、南半球に南アメリカ、中央アジアまで。どんなものでも、ドンと来い!な人ならば、いいけれど、そうでない人にとっては、ストレスがかかるのかもしれません。その点、中華料理とイタ ...
続きを読む
日本にいれば、いろんな国の料理が味わえますよね。
特に、東京にいれば、アフリカから北欧、南半球に南アメリカ、中央アジアまで。

どんなものでも、ドンと来い!

な人ならば、いいけれど、そうでない人にとっては、ストレスがかかるのかもしれません。

その点、中華料理とイタリア料理って、何の抵抗もなく楽しめると思いませんか?

ラーメン、餃子、酢豚、八宝菜、青椒肉絲、シュウマイ・・・。
スパゲッティ、ピッツァ、ラザニア、ラビオリ、マカロニ、ニョッキ・・・

ん?
イタリア料理って言っても、思い出すのはパスタが多いなぁ^^;

でも、イタリア料理って、パスタやピッツァだけではないのです。

前菜をワインと一緒に楽しんで、パスタやリゾット、そしてメイン料理に。

そうそう、天満の端っこの方に、ひっそりと佇む美味しいイタリア料理のお店をご紹介していただきました。

この日にお伺いさせていただいたのは、
“Bere Bene(ベーレベーネ)さん。

       IMG_8662
カウンター席が7席だけの小さなお店ですが、本格的で美味しいイタリア料理がリーズナブルにいただけます。

しかもこちらのお店、意外とみんなに知られていないのです。
味のコントロールというか、塩加減というかが抜群! 
              IMG_8670

実は、こちらのお店に行くのは2回目。
最初は、酔っ払った状態でお邪魔させていただいたのですが、その状態でも美味しさを覚えているほどだったのです。
この日は、改めての訪問、しっかりと堪能させていただきますよ!
(本当は内緒にしておきたいのですが・・・^^;)

席に座り、この日のメニューを確認させていただきます。

        IMG_8665
こんな感じで、その日のオススメ素材を使った料理がホワイトボードに書かれています。

やはり、今の季節は牡蠣が美味しいかなぁ・・・。

ホワイトボードのメニューの他にも、レギュラーメニューもありますよ。
       IMG_8666

IMG_8668

          IMG_8669

先ずは、スパークリングワインで乾杯!

       IMG_8672

これをいただきながら、前菜を楽しむ。
こういうの、大好きなのです(^^)

    IMG_8675
先ずは、 アイルランド産 ムール貝のガーリックバター焼。 

ムール貝の旨味とガーリックバター、最強です(^^)  
実はこれ、前回お伺いした時にもいただいたのですが、やはり美味い。
美味しい記憶って、蘇りますよね(^^)

美味しさってお酒を飲む速度を加速させます^^;

        IMG_8678
DI SOLE LUNEの白。

一瞬、「ルーチェか?」と思いましたが、そんなわけないですよね^^;
でも、この価格にして、充分に満足できる味わい。
ワインも、好みを伝えれば、いろいろ選んでくださいますよ!

そしてパスタは、ペルー産 とびっこのオリーブオイルソースパスタ。

         IMG_8680
とびっこ、タップリ!
プチプチした食感と、オリーブオイル、ガーリックの香りが堪らない。

    IMG_8687

そして、なんといっても絶妙な塩加減!

プロなんだから、絶妙な塩加減は当たり前・・・

そう思われる方、一度食べてみてください。
その違いはすぐに分かると思いますよ(^^)

あまりにも美味しかったので、パスタをもう一品お願いすることにします。

注文すると、目の前で調理を始めてくださいます。

         IMG_8691
この段階から、いい香りが漂いはじめ、それだけでもワインが飲めてしまいそうですよ。


お願いしたのは、大分産 牡蠣と緑野菜のクリームソースパスタ。

           IMG_8694
大きなプリップリの牡蠣が入った、クリームソースのパスタには、
アスパラ、アボカドといった緑色の野菜もタップリと。
それでは早速いただきましょう。

   IMG_8699

          (^^)(^^)(^^)

これ、かなり美味しいです。
先ず、クリームソースがむちゃくちゃ美味い!
そして、牡蠣との相性も最高で、アボカドの柔らかさとアスパラの食感がクセになりそうです(^^)
ベーレベーネさん、再訪させていただき、ますますファンになりました(^^)

今回いただいた料理の他にも、
天然タイの香草パン粉焼き、
志布志豚肩ロースのポワレ、
イカスミのリゾットなんかもすごく気になります。

サクッと立ち寄って、絶品料理が出てきたら・・・

通ってしまいますよね!
是非また、近々お邪魔させていただきたいと思います。
    








【Bere Bene(ベーレベーネ)】
住 所:大阪市北区池田町10−10 シティコーポ天満 1F    MAP
電 話:06-6242-8688
営業時間:18:00〜翌2:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

「幸福の黄色いハンカチ」という、昔やってた映画のせいでしょうか、黄色いものを見ると、何だか幸せになれる気がします。何で、黄色いハンカチが幸福なのか・・・。高倉健、倍賞千恵子、桃井かおり、武田鉄矢などが出演する、その映画の中で、黄色いハンカチが幸福の目印に ...
続きを読む
「幸福の黄色いハンカチ」という、昔やってた映画のせいでしょうか、
黄色いものを見ると、何だか幸せになれる気がします。

何で、黄色いハンカチが幸福なのか・・・。

高倉健、倍賞千恵子、桃井かおり、武田鉄矢などが出演する、その映画の中で、黄色いハンカチが幸福の目印になるのです。

もしも、物干し竿に黄色いハンカチが結びつけてあれば・・・。

黄色い財布もこれと何か、関係あるのでしょうかね^^;


幸せになれそうなもの・・・・

四つ葉のクローバー
立った茶柱
ふくろう
白蛇
朝に見る蜘

そして、テントウムシも幸せを運ぶ虫と言われているそうです。

この日にお伺いさせていただいたのは、そんなテントウムシがお店の名前に付いたお店、
“トラットリア コチネッラ”さん。
  
           IMG_7287
お店は、神戸三宮から山の方へすすみ、生田神社を越えたあたり、
神戸北野にあります。

コチネッラ(Coccinella)とは、イタリア語で「テントウムシ」の意味。
   IMG_7284
幸せを運ぶ虫とされる、テントウムシ・・・コチネッラがこちらのお店の名前なのです。

この日は、ランチタイムにお邪魔させていただきました。

お店に到着したのは、開店時間を少し過ぎた、12:10頃。
満席とか、予約でいっぱいだったら・・・
そんなことを思いながらも、扉を開きます。

「すみません、3人なのですが大丈夫でしょうか?」
「大丈夫ですよ、どうぞ(^^)」


そんな感じで、笑顔で迎えてくださいます。

初めて行く店って、何だかちょっと不安じゃないですか?
常連さんばかりで、入りにくかったり、
「誰? あれは」って反応されたらどうしようか何て思ったりして。

でも、奥さま(かな?)の柔らかく優しい接客にその不安が一気に吹き飛びます。

4人掛けのテーブル席に案内していただき、メニューを確認します。

      IMG_7223
ランチメニューは、3種類。

アンティパスト・ミスト、4種類の中からひとつ選べるパスタ、ドルチェ盛り合わせとコーヒーor紅茶が付いた、PRANZO A。

メインが海の幸たっぷりのパスタ、ペスカトーレか、お肉3種類のグリルプレート、グリリアータ・ミスタを選べる、PRANZO B。

季節のアンティパスト・手打ちパスタ・魚料理・肉料理・ドルチェ・食後の飲み物が付いた、
おまかせコースの、PRANZO SPから選べます。
(PRANZO SPは、要予約)

そして、アラカルトのメニューはこんな感じですよ。
         IMG_7227


この日は、初めての訪問なので、スタンダードなPRANZO Aを、
日替わりのパスタは、ビアンコ(冬野菜のペペロンチーノ)をお願いしました。

店内は、テーブル席が並び、ゆったりと明るい感じ。
    IMG_7228

           IMG_7232

IMG_7278

ちなみに、カウンター席もありますので、おひとり様でも気軽に楽しむことが出来ますよ。

こちらのお店の魅力のひとつは、アンティパスト・ミスト、前菜の盛り合わせです。
ランチセットの前菜盛りって、5種類付いてくるだけでもテンションが上がるのに、
こちらのお店の前菜は、17種類も付いてくるのです。
しかも、17種類ある中から選ぶのではなく、ひとり17種類全部です。

そんなアンティパスト・ミストは、こんな感じです。

           IMG_7242

         w(゚o゚)w オオー!

大きなプレートに、所狭しと並べられたアンティパスト・ミスト。
もう、ワクワクが顔だけではなく、全身に出てしまって、今にも躍り出しそうになりますよ。

店内の黒板には、その日のアンティパスト・ミストの内容も分かりやすく書いてありますよ。

    IMG_7245

イラストと同じように、持っていただいているので本当にわかりやすいです。

こんなの出されたら、少しだけでもいいからワインが飲みたくなりませんか?
日本では、ランチタイムのお酒は「御法度」のような雰囲気もありますが、ここはイタリア・・・
そういうことにしておきましょう。

          IMG_7237
と言うわけで^^;
ランチセットを注文すると、セットドリンクを+300円でお願いすることが出来ます。
もちろん、グラスワインも大丈夫。
但し、おひとりさま1杯に限りますよ!
(別途、通常価格での注文は可能かと思います。)

前菜を、順番に楽しんでいきます。

ブロッコリーのアーリオ・オーリオ、タコとオクラのマリネ、さつま芋のマリネ、
白インゲン豆の煮込み、カボチャのスープ、フリッタータ(伊風オムレツ)、
若鶏のガランティーナ、大根のアラビアータ、サーモンのロトロ、
茄子のカポナータ、イワシのコンフィ、パプリカのマリネ、
プロシュートコット(伊産加熱ハム)とピクルス、白身魚のペースト、米とツナのインサラータ、
シュークルート、お肉のパテ〜マスタードソース〜。

もし、本気を出してしまったら、このアンティパスト・ミストだけで、ワインボトル1本、楽勝で空いちゃいますね^^;

おまけにこんな感じで、
       IMG_7244
焼きたてのフォカッチャも出していただけますし。
これ、ふわふわで本当に美味しいですよ!

ゆっくり、ゆったりと17種類の前菜を楽しんだ後は、メインのパスタ。

         IMG_7246
私は、ビアンコ。
この日は、冬野菜のペペロンチーノを楽しませていただきます。

出てきた瞬間に、ガーリックのいい香りが漂います。
それでは早速、いただきましょう。

     IMG_7257

        (^^)(^^)(^^)

美味い!
前菜も素晴らしかったけれど、これもかなり美味しいですよ!
スパゲッティの食感は完璧!
そして、このペペロンチーノがまた美味いんです。

これだけバランスが素晴らしく美味しいと、一気に完食してしまいそうになりますが、
それではもったいない。
じっくりと味わうことにしましょう。

       IMG_7262

大きなガーリックもホクホクで美味しいのです。
かといって、ニンニクの嫌なニオイは皆無。
安心していただくことが出来ますよ!

友人のひとりが注文した、もう一種類のパスタ、ロッソ(この日は、ボスカイオーラ<茸とツナのトマトソース>)はこんな感じ。

   IMG_7253

1口いただきましたが、これもかなり美味しかったですよ。

17種類の前菜、ふわふわのフォカッチャ、絶品のパスタ。
これだけでも、充分に満足なのですが、さらにデザートも凄かった。

             IMG_7266
クリームブリュレ、洋梨のコンポート、ソルベ、そしてケーキまで付いた盛り合わせは、もちろんひとりに1プレート。

「凄い! 本当に素晴らしいですね。」
奥さまにそう伝えると、
「そんなに喜んでいただけたら、本当に嬉しいです!」
と、満面の笑顔で答えてくださいます。

内容、味も最高なのですが、接客もかなり素晴らしい!
神戸北野に来る時には、もうここしか選択肢がないんじゃないの?
そう思えるほどに、最高でした!

ランチタイムで1,700円は、その数字だけ見ると、高く感じるかもしれませんが、
この内容でこれならば、かなりお得だと断言できます。

ここはリピート確実。
そして、必ずディナーにもお伺いさせていただきたいと思います。

美食磁石史上、5本の指に入るほど、素晴らしいお店だと思います。
ぜひ食べに行ってみてください。
自信を持ってオススメします。

そして、こちらのお店をご紹介くださった、COFFEE SHOP LOVEの店主さま、
本当にありがとうございます(^^)
(COFFEE SHOP LOVEの記事は、コチラコチラコチラと・・・)







【トラットリア コチネッラ(trattoria Coccinella)】
住 所:神戸市中央区中山手通2−17−6    MAP
電 話:078-221-1725
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:00) 18:00〜22:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃、何気なく利用しているエレベーター。もしもこれがなければ、大変ですよね。先日、乗ろうとしていたエレバーターが、点検で乗れなかったときに限り、重い荷物を持って、4階まで上がらなければならなことがあり、そのありがたさを実感しました^^;エレベーター、実は紀元 ...
続きを読む
日頃、何気なく利用しているエレベーター。
もしもこれがなければ、大変ですよね。
先日、乗ろうとしていたエレバーターが、点検で乗れなかったときに限り、
重い荷物を持って、4階まで上がらなければならなことがあり、そのありがたさを実感しました^^;

エレベーター、実は紀元前から存在していたそうで、アルキメデスが開発していたのだとか。
あ、もちろんその当時は人力だったそうですが^^;

ちなみに、日本最古のエレベーターは、京都四条大橋の袂にある、東華菜館に現存しているのだとか。

さて、逆に新しいエレベーターといえば、2017年現在、日本一の高さのビルである、あべのハルカスにあるエレベーター。

あべのハルカスには、56基ものエレベーターがあり、展望台へ行くエレベーターの速度は、分速360m。
これも、日本一早いのかと思いきや、分速750mの横浜ランドマークタワーのものには勝てず・・・
とはいっても、景色を眺めながら上って行くのですから、そのくらいがちょうどいいのかもしれませんよね。
(ちなみに、世界一速いエレベーターは、中国、広州周大福金融中心に設置予定のエレベーターで、その速度は分速1,260mなのだとか)

地上300m、あべのハルカスからの眺め、最高です!
でも、ハルカスからは見つけることが出来ない、ハルカスのすぐ近くに、こんな素敵な地中海バルがあるのを、ご存知でしょうか?

この日にお伺いさせていただいたのは、”シンパティコ”さん。
        IMG_4206
あべのハルカスの1階から、歩いて5分少々のところにあるにかかわらず、
隠れ家感満載のお店なのです。
でも、予約なしでは入れないほどに人気!

実は、こちらのお店は今年の5月、7周年を迎えられ、
現在8年目を迎えられています。

少しご無沙汰してしまっているのですが、先日久しぶりに予約して、お邪魔させていただきました。

「こんばんわ、ご無沙汰しております。」
「あ、さいちゃんお久しぶりです!」


そんな感じで、笑顔で再開を喜び、席に案内していただきます。

実は、久しぶりにお伺いさせていただたのは、ちょっとした嬉しい出来事から。
あっ、その話は、最後にでもさせていただきますね(^^)

テーブルに座り、メニューを確認させていただきます。

         IMG_4207
こちらのお店では、その日の美味しいものを、毎日黒板に書いてオススメしていただけます。
季節のよって変わる美味しい食材、見ているだけでも楽しくなってきますよね。

他にも、レギュラーメニューもあって、いろんな料理が揃っていますよ。
  IMG_4208

        IMG_4209

 


まずは生ビールで乾杯!
この後、確実にワインをいただく予定なのですが、最初は冷たいビールをグビッと・・・
最高ですね。

そして、アミューズには、赤ピーマンのピエモンテ風ペペロナータ。
  
           IMG_4212
これが、さり気なく美味しいのです。

もちろん、自家製のパンもいただいて・・・
     IMG_4213

ビールにもちろん合いますが、やはりワインが欲しくなりますよね。
えっと、ワインリストは・・・。

       IMG_4210

ありました。
いろいろ揃って、リーズナブルなところは、昔と変わらず。
こういうのは嬉しいですよね。

そして、最初の料理、タパス盛り合わせ5種が出来上がってきましたよ。
  
         IMG_4214


これこれ、これだけでワインがいくらでも飲めそうな気持ちになってしまいますよね^^;

       IMG_4218
ローストビーフもすごく柔らかく、かけられているソースも抜群!
安定して美味しい料理を提供してくださるだろうなぁ・・・
そんな感じが、タパスの盛り合わせをいただいていて、ひしひしと伝わってきますね。

そして、牡蠣とカブラとインカのめざめのゴルゴンゾーラグラタン。
     IMG_4222
この季節に、牡蠣ときて、更にゴルゴンゾーラとなると、食べたくなりますよね。

中には、大きな牡蠣がゴロゴロと。

            IMG_4224

アツアツなので、気をつけながらいただきます。

           (^^)(^^)(^^)

これは、タマラン!
濃厚なゴルゴンゾーラの旨味が、牡蠣の旨味と絡まって、本当に最高。
ワインがススミまくりますよ(^^)

さて・・・
メインの料理は何にするか・・・

肉もいいけど、魚もいいなぁ。
たしか、黒板メニューに気になるものが。

そんな感じで、もう一度黒板メニューを見せていただきます。

        IMG_4207

あ、これこれ!
長崎産サワラとアボカドのムニエル アンチョビソース、いってみよう!

旬のサワラに、アンチョビソース。
魚どうしの相性がどう出るのかが気になる・・・。
でも、こちらのシェフに任せておけば、まず間違いないものが出てきます。
そんな感じで期待しながら、ワイングラスを傾け待っていると、  

             IMG_4227
おぉ、これは美味しそう。
皮面をパリッと焼き上げられたサワラの下には、アボカドが。上からかけられた、あアンチョビソースがいまた、いい香りなのです。

それでは、こちらもいただいてみましょう。

          (^^)(^^)(^^)

流石!
サワラとアボカドがすごくいい感じなのです。
口の中でしっかり味わって、後半はワインを流し込んでやると、味に複雑な幅が出て、もう最高ですよ!

さて、肉料理も・・・・
と思いましたが、どうしてもパスタが食べたくなったので、お願いします。
たしか、黒板にイカ墨があると書いてあったなぁ・・・。

聞くと、イカ墨を練り込んだパスタとのことでしたが、
イカスミソースにも出来ますとのことだったので、そちらをお願いしました。

         IMG_4232

はじめてみたとき、口にするのに勇気がいった、イカスミスパゲッティ。
でも、一度その美味しさを知ってしまうと、お歯黒なんて気にしない!

というわけで、早速いただきましょう。

        IMG_4237

     (^^)(^^)(^^)

凄くいいじゃないですか!
イカ墨の旨味を十二分に引き出して、必ずまたすぐに食べたくなる味わいですね(^^)

そして、デザートもいただきます。

     IMG_4244
これは、発酵バターと、あんこを使っているのだとか。
食べてみると、凄く美味しいのです(^^)
(お持ち帰り用も販売してましたよ!)

アラカルトで、好きなものを選ぶ楽しさ。
そして、何をいただいても美味しい。
良いところは変わらず、そして確実に進化されていると思います。

この日も、満席状態で、予約がないと入れないほどに大人気でした。

先日、私の誕生日にこちらのお店の店主から、メッセージを頂きました。
そこには、約6年前に、私がお伺いさせていただいたとき、了解を得て、ブログに掲載させていただいたのです。
まだ、グルメブログや食べログをされる方が、今ほど多くなかった時代です。
(実は、その時の掲載で、いろんなこともあったのですが^^;)

そのことが、きっかけのひとつになって、多くの方にお店を知っていただき、お客さんにたくさん来てもらえたとのことが書いてありました。

本当に嬉しかったです。

ブログを続けていて、本当に良かった。
そう思った瞬間でもありました。

是非また、お伺いさせていただきます。
今度は、6年毎は言わず、必ず近々また、お伺いさせていただきますね。







【シンパティコ(Shimpatico)】
住 所:大阪市阿倍野区阿倍野筋3−1−2    MAP
電 話:06-6690-0400
営業時間:17:00〜23:00  ※土日は、14:00〜23:00
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

青の洞窟ってご存知でしょうか?イタリアの南部にあり、神秘的な青の光に包まれた洞窟。でもその入口は、海面スレスレで、海面の高さによっては侵入できない日も少なくないのだとか。そして、洞窟が青く見えるのは、太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が ...
続きを読む
青の洞窟ってご存知でしょうか?

イタリアの南部にあり、神秘的な青の光に包まれた洞窟。
でもその入口は、海面スレスレで、海面の高さによっては侵入できない日も少なくないのだとか。

そして、洞窟が青く見えるのは、太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が青い光たたえるように輝く・・・・
ということは、晴れた日にしか「青の洞窟」にならない・・・。
まさに、奇跡の洞窟と言える場所なのだそうです。

青の洞窟は少し遠い・・・
では、高知県にある仁淀川は如何でしょうか?

ここは、日本一美しい川として、知る人ぞ知る場所だそうです。
その青さから、「仁淀ブルー」と呼ばれていて、8月の中旬から翌年の1月まで見ることが出来るのだとか。

イタリアの青の洞窟は、思い立ってすぐに行けるようなところでもないし、
高知県の仁淀川もそんなに近くない・・・。

では、瀬戸内のナポリと呼ばれているところは・・・。


この日は、兵庫県の赤穂にある、ナポリピッツァと、海鮮ナポリ料理のお店、
”さくらぐみ”さんに行ってきました。

この日は、20名でバスを貸し切ってお伺いさせていただいたので、ワインも楽しむことが出来るのがうれしいですね。

赤穂御崎の駐車場にバスを止めて、石段を降りてお店に向かって歩いていきます。
             IMG_3107

お店はこんな感じで、本当に海辺の小高い丘の上に建っているのです。
         IMG_3094

静かな瀬戸内の海を眺めながら、ゆったりとワイングラスを傾ける・・・
        IMG_3099

そんな感じの事を考えながら、お店の中に入っていきます。
      IMG_3100

店内は、ゆったりとした感じで、テーブルが並べられていて、厨房の入り口のところに、窯があるのを見ることが出来ます。
窓際の席に座り、海を眺めながらの食事も素敵でしょうね。
           sakuragumi

この日、いただけるメニューはこんな感じで、それぞれのテーブルに置いてくださっています。
          IMG_3123

スパークリングワインで乾杯の後、料理が順番に運ばれてきます。

最初の料理は、こんな感じ。
               IMG_3126
  
これは、桃ジュースに巨峰とエビ、トマトの泡と・・・と紹介されている料理。
涼しさたっぷり!スパークリングワインとの相性も中々のもの。

そして、大きな葉っぱがのっかった料理が、2品目。
    IMG_3135
     
これは、ウニと焼きナスのプレとコンソメジュレと夏野菜添え アールグレイ風味。
ここで、質問の声が・・・

「この葉っぱは食べられるのです?・・・」
            
「食べられません^^;」


はい、これはこのようにして、葉っぱの上にのっかっているコンソメジュレを器に入れていただきます。
            IMG_3140

ウニと焼きナスとコンソメジュレを混ぜ合わせるようにしていただきます。
      IMG_3141

(^^)(^^)

トウモロコシの甘みがコンソメとよく合って美味しいですね。
ほんの少し、後から追いかけてくるのがアールグレイの風味ですね、
食べていて楽しいですよ。

そして、マルサラ風味の御崎のタコグリルと水なすのレモンサラダ プロチダ風。
                 IMG_3143

レモンとオリーブオイルがものすごく心地良いサラダですね。
御崎のタコ・・・いうことは、地もののタコですよね。
   IMG_3148

なるほど、鮮度が違う。
噛みしめるほどに旨味が広がっていき、いつまでも食べていたい衝動に駆られます。

厨房の入口にある、ピザ窯の準備も整ったようで、これからピッツァを焼いてゆくようですね。
            IMG_3176

さらに料理は続きます。
次の料理は、浜坂の白イカ、アーモンドと赤穂のインゲン豆のサラダと、
     IMG_3164

イチジクと鴨のバルサミコ。
          IMG_3166

浜坂の白いかと言えば、この季節に食べるには最高!
上品な甘みが魅力的で、それを赤穂のインゲンと合わせれば、キリッと冷えた白ワインがより一層美味しくいただけます。

さらに、イチジクと鴨、甘みと旨味がバルサミコと合わさり、コク旨とさっぱり感が高次元で融合してますよ(^^)
陽気な感じの器も、食欲を向上させてくれます。
       IMG_3150

あ・・・ピッツァが焼きあがったようですよ。
      

最初のピッツァは、鱧と万願寺とうがらしのマリナーラ。
        IMG_3172

ふわっとした鱧の食感に万願寺のほろ苦さとチーズがいい感じ。
そして何よりも、ピッツァの生地がめちゃくちゃ美味い!

さらに、2枚めのピッツァは、一面にタップリのきのこと、トリュフまでのっかった豪華なピッツァ。
                            (名前・・・聞いてたんだけどなぁ^^;)
        20967959_952536284886575_2109004103_o

これも、早速いただきましょう。
  IMG_3193

(^^)(^^)(^^)

シンプルな見た目とは違い、すごく複雑な旨味が絡み合っています。
これ、できればひとりで1枚全部食べてしまいたいほどですよ(^^)


ピッツァを2種類楽しんだあとは、パスタも登場。
               IMG_3197

これは、明石のムール貝と青森の北寄貝のシャラティエッリ。
まるで、うどんのようなパスタです。
でもこれが、ムール貝と北寄貝の旨味をタップリと吸い込んで、本当に美味しい!

そして、メインデュッシュは、和牛首とマグロほほ肉のグリル。
           IMG_3203

右の大きな塊が、牛肉で、真ん中の細い肉がマグロのほほ肉です。
双方ともに、肉の旨味を存分に楽しむことが出来ますよ。

そして、デサートもいただき、かなり満腹、満足させていただきました。
         IMG_3207

食事の後は、ワイとグラスを持って、テラス席で波の音を聞きながら海を眺める。
            IMG_3215

本当に心から寛ぐことが出来ました。

さくらぐみさん、大人気のお店で予約をとるのが大変だと思いますが、
お店に空席がある時に合わせてでも、食べに行く価値はあると思います。

因みにレギュラーメニューはこんな感じです。
IMG_3177
IMG_3178
IMG_3179
IMG_3180
IMG_3187
IMG_3188

もしも、予約が取れなかったら、
近くまで来たけれど、予約を取っていなかったら、ピッツァのテイクアウトは如何でしょうか?
お店のラストオーダーの時間までならば、テイクアウトは可能だそうですよ。

ナポリよりも海がキレイな赤穂で、本格ナポリ料理。
ぜひ味わってみてください!
私もぜひまた、再訪させていただきたいと思います。















【さくらぐみ】
住 所:兵庫県赤穂市御崎2-1    MAP
電 話:0791-42-3545
営業時間:11:30〜15:30  18:00〜22:00 ※冬季(10/11〜3/19)は、21:00まで。
煙 草:完全禁煙(テラスに喫煙所あり)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)第1水曜日、第3月曜日
駐車場:あり (お店の近くに無料駐車場有り)
お店のHPは、コチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加

年も明けてはや1ヶ月、「あけましておめでとうございます」から、「鬼は外、福は内」に聞こえてくる声が変わってくる頃ですね。 それと同時に、冬も本番。 ますます寒さも厳しくなるのかと・・・・。 確かに寒くはあるのですが、空気の澄み方は、夏にはないものがありま ...
続きを読む
年も明けてはや1ヶ月、「あけましておめでとうございます」から、「鬼は外、福は内」に聞こえてくる声が変わってくる頃ですね。
それと同時に、冬も本番。
ますます寒さも厳しくなるのかと・・・・。

確かに寒くはあるのですが、空気の澄み方は、夏にはないものがありますよね。
新幹線に乗っていても、この季節に車窓から見える富士山の美しさは格別!

そういえば、夜景を見るのもこの季節が一番きれいですね。
夜景・・・そういえば何年も見に行ってないなぁ・・・

百万ドルの夜景。
ドルなのだから、やはりこれは香港の夜景を指すのか?
               6725b2b9.jpg


いえいえ、これの起源は六甲山から見る神戸の夜景のことだそうですよ。
1953年に、当時の関西電力の副社長が広報誌に書いたコラムのタイトル
「百万弗の夜景」に由来するというものなのだとか。
何故、関西電力?
実はこれ、電気代を指しているのだとか・・・。

当時、六甲山から見える神戸の電灯の数はおよそ496万個。その1ヶ月の電気代を当時のレートでドルに換算するとおよそ100万ドルになったのが、その所以なのだとか・・・。

ま、ムードのかけらも無い話ではありますが、それがきっかけになって、
100万ドル出しても見る価値が有るほど、綺麗だということにしておきませんか^^;

さて、神戸といえば、港町でありながら、坂の街でもあります。
この日にお伺いさせていただいたのは、坂の街の神戸、北野にある鮮魚が美味しいイタリアンのお店、
“ペルドマーニ“さん。

久しぶりに、神戸の待ち、北野界隈を散策・・・
そんな感じで歩いていると、気になる看板を発見。
            4f3377fe.jpg


明石浦漁港直送 鮮魚のイタリアン

あ・・・これ、気になる。
そんな感じでアンテナ作動!

山側10M右 階段を降りてB1へ・・・か。
よし行ってみよう!
              9d7e8059.jpg


そんな感じで、坂道を10m上ってみると、
     35fb344c.jpg


このビルですね。
早速階段を降りて地下1階に行ってみると、お店の入り口がありましたよ。
                    47a8ec38.jpg


入り口のところにも、「明石新浜漁港直送 昼網鮮魚のイタリアン」の文字が。

その文字に手招きされるようにお店の中に入っていきます。

テーブル席に案内していただき、改めてメニューを確認します。
              5787e7ea.jpg


ランチメニューは、前菜5種盛り合わせサラダ添え、本日のパスタ、自家製パン盛り合わせと飲み物がついた、Pranzo A。
そして、前菜5種盛り合わせの代わりに、デザート3種盛り合わせが付いた、Pranzo B。
前菜5種盛り合わせまたは、本日の冷前菜、本日の温前菜、パスタ、自家製パンが付いた、Pranzo C.

Cに、本日の魚料理又は肉料理、デザート3種盛り、飲み物がついた、Pranzo Dから選ぶことが出来ます。

そして、本日のパスタは店内の黒板に書いてあります。
             2aa09e96.jpg


お願いしたのは、ランチのAを、活ガシラと白菜のスパゲッティアンチョビ風味で。

鮮魚のイタリアンに来たからには、やはり鮮魚のパスタが食べたいですものね。

店内は、カウンター席が5席と、4人掛けテーブルが2卓に、2人がけテーブルがひとつ。
落ち着いた感じの雰囲気で、居心地良さそうな感じです。
               788635b8.jpg


そして、本日の明石浦漁港直送、イケスの魚はこんな感じ。
             dd1cc26a.jpg


アブラメ、ガシラ、コロダイ。
これを見て、魚を注文し、調理法などを聞きながら選ぶのも楽しそうですね。
ちなみに、夜のメニューはこんな感じですよ。
               fc0b4046.jpg


4人位のグループで来て、いろいろ注文してシェアするのが楽しそうですね。
そして、ワインも2本、3本と空いてゆく・・・^^;

そんな感じで、軽く妄想の世界に入ってゆきそうになっていると、
前菜の5種盛り合わせが運ばれてきました。
        743b893f.jpg

       
魚介を中心とした前菜が少しずつ盛られて5種。
食べてみると、これが美味しい!
休日のランチタイム、車でなければグラスワンは確実に飲んでいたんだろうなぁ^^;

そして、自家製パンの盛り合わせも登場。
              88be1e90.jpg


テーブルにあるオリーブオイルをつけていただくと、これだけでもいいアテになる・・・って、車か^^;

ワインのことはしばし忘れて、前菜を楽しみましょう。

ちなみの、ランチのBは、前菜の盛り合わせがつかない代わりに、サラダがフルサイズで提供。
そして、デザートの3種盛りが付いてきます。
                 97710736.jpg


しばらくすると、パスタの方も出来上がって来ました。

こちらは、自家製ソーセージと木の子のトマトソーススパゲッティ。
                19323838.jpg


一口いただきましたが、自家製ソーセージがタップリで美味しかったです。

そして、私が注文した、活ガシラと白菜のスパゲッティアンチョビ風味はこんな感じ。
                  2e1ee55a.jpg


シンプルに見えながらも、秘密兵器満載チックな感じのパスタの頂上に鎮座するガシラにそそられる(^^)
何種類かある、「本日のパスタ」の中から引き当てた大当たりを予感させます。

そんな感じで、テンションをUPさせながら早速いただきます。
                  015c8340.jpg


(^^)(^^)(^^)

これは美味しい!
ガシラのあっさりした旨味の中に、アンチョビのアクセントと白菜の旨みがしっかり馴染む。
またもや、「白ワインください」の言葉が喉元まで出て、それを押し込むのにどれだけ苦労したことか^^;

しっかりと味わい、ゆっくり飲み込んでゆく。

(^^)(^^)(^^)

それにしても美味しい。
これは絶対にディナータイムも満足させていただけると確信。

鮮魚のイタリアンの文字に偽りはありません。
ランチタイムのパスタに使われるガシラも本当に新鮮で美味いのです。
             7a7b279f.jpg


それにしても、美味しいパスタって、出来たての美味しさはもちろん、
ゆっくり食べて、少し冷めてきても美味しいんですね。

冷めてくることによって、熱々のときとはまた違う味わいが、パスタにも馴染んで、これもまた美味しい(^^)
パスタをゆっくりと頂きながら、味わいの違う2杯のグラスワインを楽しむ。
そんなことをやってみてもすごくいいかもしれませんよ。

そんな感じで、ゆっくりと味わいながら完食。

Pranzo Aはこのあと飲み物が出てくるのですが、Bの方には、デザートの3種盛りがつきます。
                  053e8e1d.jpg


これ、スイーツ好きにはたまらないのでは。
少しだけいただきましたが、どれも丁寧に作られていて美味しかったですよ。

ランチタイムにお伺いした、ペルドマーニさん。
ディナータイムの実力を少しではありますが、しっかりと感じることが出来ました。

新鮮な魚を使った本格イタリアンで、ワインを楽しむ・・・。
是非それを味わってみたいですね。

こちらのお店、是非ともディナータイムにもお伺いさせていただきたいと思います。





【イタリアン食堂 ペルドマーニ】   
住所:神戸市中央区中山手通1-24-4 ドラゴンビルB1F   MAP     
電話:078-231-0454   
営業時間:11:30~14:15(L.O.13:30) 17:30~22:30(L.O.)   
煙  草:完全禁煙
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

神戸の六甲アイランドにかつて存在した、「AOIA」って言うレジャー施設を覚えていらっしゃいますでしょうか? 1991年にオープンし、全部で50本もあったウォータースライダーと、全長740mの流れるプールは当時かなり話題になり、5,000円もする入場料金にも関わらず、大人気 ...
続きを読む
神戸の六甲アイランドにかつて存在した、「AOIA」って言うレジャー施設を覚えていらっしゃいますでしょうか?

1991年にオープンし、全部で50本もあったウォータースライダーと、全長740mの流れるプールは当時かなり話題になり、5,000円もする入場料金にも関わらず、大人気だったのです。

当時、50本のウォータースライダーは世界最大、740mの長さの流れるプールは日本最長で、私も毎年夏になれば、ここに行くのがすごく楽しみだったのです。

でも、残念ながら、1995年に起こった、阪神大震災で壊滅的な被害を受け、
復興には莫大な費用を要することが判明したため営業再開を断念。
今となっては、幻か、夢の中の記憶のようになってしまってます。

それと同じ時期の、1992年にオープンした、神戸ハーバーランドにある煉瓦倉庫レストラン街。
当時、神戸ハーバーランドは、今のように複数の商業施設があるわけではなく、煉瓦倉庫レストラン街だけが、神戸の海辺の隠れ家のように営業していて、知ってるだけでも自慢できるようなスポット(だと思いこんでました^^;)ではなかったでしょうか。

こちらは、震災後も見事に復活し、今でも元気に営業なさっていて、そのおしゃれな雰囲気は今でもこんな感じ。
                  dca59ed9.jpg


この日は、そんな煉瓦倉庫レストラン街に当時からある、
“オールドスパゲッティファクトリー”さんに、久しぶりに家族でお邪魔させていただきました。
               eeee4edf.jpg


2棟並ぶレンガ倉庫の間の通路を歩いていくと、お店の入り口があります。
      8a0e378e.jpg
 ec7c75a4.jpg


エントランスもすっかりクリスマスモード全開。

重厚な感じのドアを押してお店の中に入りましょう。
            98b42383.jpg


もちろん、店内もクリスマスな雰囲気。
入り口で人数を告げると、席まで案内してくださいます。
     46723b8b.jpg
 オールドスパゲッティファクトリー

広いテーブル席に座り、まずはメニューを確認します。
           08e86a64.jpg


スパゲッティは全品、パンとソフトドリンクが付いたセットか、
パン、スープorサラダ、ソフトドリンク、アイスクリームが付いたコースになります。

懐かしい。
基本メニューは、ほとんど昔と同じですね。

裏面は、ピッツァやサイドディッシュ、アルコールのメニューになっています。
            b1af3d4c.jpg


そして、今では生パスタや、スペシャリティなスパゲッティも選べるようになっています。
d2f3ca54.jpg
 c6c9fca3.jpg
 12902744.jpg

84514110.jpg
 769227e3.jpg


これは確実に迷ってしまいますね^^;

迷いながらも、結局は昔食べたスタンダードなスパゲッティをコースでお願いしました。

店内は、かなり広々としていて、ゆったりと寛ぐことが出来ます。

そして、こちらのお店の特徴は、ほぼすべてのテーブル、椅子に同じ組み合わせがないってこと。

アンティークで落ち着いた感じが凄く心地良いのです。

スパゲッティを注文し、間もなくすると、パンとバターが運ばれてきます。
           dda23b93.jpg


黒いほうが、ガーリックバターで、白いほうがプレーンバター。
どちらのバターもフワッフワで美味しいのです。
そして、パンは焼きたての熱々。
もちろん、おかわりは自由なので、好きだけ楽しむことが出来ますよ。

ナイフでパンを切り分けて、
     d878422e.jpg


バターをタップリと塗っていただきましょう。
                    b791932d.jpg


(^^)(^^)(^^)

パンの美味しさは昔と寸分も変わりなし。
これは嬉しい瞬間ですね(^^)

そして、スープかサラダを選ぶことが出来るので、サラダをチョイス。

サラダのドレッシングは、和風、サザンアイランド、ブルーチーズから選べるのですが、私が絶対におすすめするのがブルーチーズのドレッシング。
                    cc5071c3.jpg


これ、他にはない美味しさですよ。
そのままサラダを食べて美味しいのはもちろんのこと、ブルーチーズドレッシングがタップリとかかったレタスをパンに乗っけて、
オープンサンド風にして食べてもかなり美味しいのです(^^)

そんな感じで、パンとサラダを楽しんでいると、スパゲッティも出来上がって来ました。
                42c778e7.jpg


こちらは、ペペロンチーニ。
タップリのベーコンとガーリックの香りが食欲をそそります。

そして、私がお願いした、2種類のソースのスパゲッティも出来上がって来ました。
               f38fc432.jpg


ソースは、トマトソース、ミートソース、クラムソース、ブラウンバターとミゼトラチーズから選べるので、
ミートソースとブラウンバターとミゼトラチーズのスパゲッティにしました。

スタンダードながらも、安定の美味しさのミートソースには、タップリと粗挽きのひき肉が入っています。
            ed3aa5d2.jpg


先ずは、ミートソースからいただきます。
               fa4fad50.jpg


(^^)(^^)

おぉ、これも当時のまま・・・と思いきや、以前よりもクセがなくなって、日本人の口にあうようにアレンジされたような感じがします。
このミートソースが嫌いな人はいないんじゃないでしょうか。

そして、ブラウンバターとミゼトラチーズスパゲッティ。
                 6eb50f8d.jpg


このスパゲッティ、おそらくこちらのお店でしか食べることが出来ないオリジナル何ではないでしょうか。

20年以上前、初めて注文したときは、想像していたものと全く違うものが出てきた印象で、「えっ・・・」と思いましたが、
これが食べ慣れると癖になる美味しさなのです。

この日も、タップリとチーズを絡めていただきました。
               ed8da952.jpg


(^^)(^^)

おぉ、これこれ。
この味わいは昔と全く変わりません。
何だか、こういうのはうれしいですね。

スパゲッティを完食すると、残ったソースをパンに塗って、余韻をも楽しみます。
そして、デザートのアイスクリームとコーヒーも楽しめて大満足。
今も昔も変わらない、本当に充実したひと時を過ごすことが出来ました。
                  d1443667.jpg


神戸ハーバーランドのオールドスパゲッティファクトリー。
これを見てくださり、“懐かしい・・・”と思った方も少なくないのでは。
まだ行ったことがない方も、ハーバーランドに行ったときに立ち寄ってみては如何でしょうか?
充実の無いようで、焼きたてのパンもおかわり自由。
確実に満腹、満足できると思いますよ!






【オールドスパゲッティファクトリー 神戸店】   
住所:神戸市中央区東川崎町1-5-5 煉瓦倉庫レストラン    MAP     
電話:078-360-3911   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:00(L.O.21:30) ※土日祝は、11:00〜23:00(L.O.22:00)   
煙  草:分煙(土日祝は全面禁煙)
定休日:年中無休
駐 車 場:あり(煉瓦倉庫駐車場等の2時間サービス券発行)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

11月の第3木曜日。 そう、ボージョレー・ヌーボーの解禁日ですね。 みなさんも今年のヌーヴォー、味わいましたでしょうか? ヌーヴォー? あんなもの、ワインじゃない・・・。 まぁまぁ、そう言わずに。 あれはその年の収穫を祝うお祭りなのだから、楽しく味わいま ...
続きを読む
11月の第3木曜日。
そう、ボージョレー・ヌーボーの解禁日ですね。
みなさんも今年のヌーヴォー、味わいましたでしょうか?

ヌーヴォー? あんなもの、ワインじゃない・・・。

まぁまぁ、そう言わずに。
あれはその年の収穫を祝うお祭りなのだから、楽しく味わいましょう(^^)

そもそも、フランスのワイン、ボージョレー・ヌーヴォーが、何故あんなにも、日本で盛り上がるのか?

それは、日本が時差の関係から先進国の中で、最も早く解禁の時を迎えるのが理由なのだとか。
そのブームはバブルの頃は、解禁日未明に成田空港に行って飲む人まで現れるなどの状況だったのだとか。


遙かヨーロッパから航空便でひとっ飛び。
いろんなものが新鮮なうちに手に入りますよね。

さて、航空便で新鮮なうちに手に入るといえば、こちらのお店のモッツァレラチーズ。
                 f3ca9337.jpg


イタリアから週に3回、冷蔵空輸で取り寄せたホンモノのモッツァレラチーズがいただける、貴重なお店なのです。

お伺いさせていただいたのは、梅田のハービスエントにオープンした、
“オービカ モッツァレラバー 梅田店”さん。
                   df2ae884.jpg


この日は、オープニングレセプションにお招きいただき、お邪魔させていただきました。

高級店が集まるハービスエントのお店だけあって、店内も高級感溢れ、とても落ち着いた雰囲気を醸し出していますよ。
    2c81251a.jpg
 1c0ce6fe.jpg


こんな感じに、フレッシュなモッツァレラチーズをいただくことが出来ます。
                674e546d.jpg


先ずは、スパークリングワインで乾杯!
             9b555dc5.jpg


チーズと言えばワイン。
この組み合わせは外せませんよね(^^)

最初の料理は、3種モッツァレラ盛り合わせ。
               f3ca9337.jpg


左側から、ストラッチャテッラ(プーリア産生クリーム和えモッツァレラ)、アッフミカータ(わらで燻製した水牛モッツァレラ)、クラシカ(スタンダードな水牛モッツァレラ)です。

常に最高の状態で味わうことが出来るように、常時18℃という、モッツァレラの風味が一番引き立つ提供温度に拘っていているそうです。

では早速、いただいてみましょう。
             22377f05.jpg


(^^)(^^)(^^)

おぉ、これは本当に美味しい!
モッツァレラって、鮮度でこんなにも味わいが違うのですね!

こんなに美味しいチーズを味わったら、やっぱりパンがほしいなぁ・・・。
そう思っていたら、お店で焼かれる焼きたてのパンを持ってきてくださいました。
                516fe3bb.jpg


このパンが、すごく美味しい(^^)
思わず、生クリーム和えモッツァレラのストラッチャテッラをたっぷりと付けていただきました。
               b6b30203.jpg


こちらのパン、ディナータイムにはおかわりも自由だそうですよ。

そして、次の料理はサラダ。
                cdf48391.jpg


こちらは、パルマ産プロシュット、ブラウンマシュルーム、グラナダパダーノチーズのサラダです。

チーズの美味しさに心を奪われていましたが、この生ハム、パルマ産プロシュットもかなり美味しい(^^)(^^)

思わずパンをおかわりしてしまいましたよ^^;
            e2e5818e.jpg


そして、次の料理はピッツァ。
               d57fd821.jpg


タップリのウンブリア産トリュフと水牛モッツァレラ、マッシュルームペーストがのっかった、タルトゥーフォ。

テーブルに運んできていただいた瞬間にトリュフの素晴らしい香りが漂い、一気に食欲に火がつきます(^^)

それにしても、モッツァレラは、ピザのような料理でとろけている状態はたまらないですね。
               bddcc6e9.jpg


これは、3種モッツァレラ盛り合わせとあわせて、是非食べていただきたい逸品です。

そしてパスタもいただきました。
              0e31b82e.jpg


これは、アスパラガスと小エビのバジルペースト マファルデ。

アスパラガスのシャキッとした食感と海老のプリッとした食感が癖になりますよ(^^)

そして何よりも、フリルパスタのマファルデがバジルソースによく絡み、これが本当に美味しい(^^)(^^)
                999aaf06.jpg


ワインがすすみすぎてしまうのでご注意を^^;


デザートは、マスカルポーネチーズ、砂糖、卵だけで作った、
トラディッショナル ティラミス。
                 c9671cdb.jpg


これ、すごく大きな器に入って提供されます。
それだけでもテンションが高くなるのに、食べるとさらに・・・。
               febbe8a2.jpg


(^^)(^^)(^^)

これは美味い!
普段あまり、甘いものをたべないのですが、こういうのをいただくと、「別腹」の意味が本当に理解できますね。

オービカ モッツァレラバーさん、この他にもモッツァレラチーズを使った料理が沢山用意されています。
そして、お店のスタッフの方も本当に素晴らしい接客をしてくださいますよ。

ハービスENTの5階に先日、11月16日にオープンされています。
是非とも、本場のモッツァレラチーズの味わいを堪能しに行ってみて下さい。
必ず満足できると思いますよ!





【オービカ モッツァレラバー 梅田店】   
住所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 5F    MAP 
     ハービスENT5Fのフロアマップはコチラ    
電話:06-4796-6411   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:00) ※土日祝は通し営業。   
煙  草:完全禁煙
定休日:無休
駐 車 場:あり(ハービスの駐車場)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

週末の夜は乾杯!                   お疲れさまです。 そして、平日の夜と違い、仕事の話はやめて、懐かしい話でもしませんか。 そうですね・・・・ 例えば、「子供の頃、何になりたかったですか?」とか・・・。 因みに、現在30代以上の人が ...
続きを読む
週末の夜は乾杯!
                 3a665ab4.jpg


お疲れさまです。
そして、平日の夜と違い、仕事の話はやめて、懐かしい話でもしませんか。
そうですね・・・・

例えば、「子供の頃、何になりたかったですか?」とか・・・。

因みに、現在30代以上の人が、子供の頃になりたかったものベストファイブは、こんな感じ。

<男の子>           <女の子>
1. エンジニア         1.スチュワーデス
2. プロ野球選手        2.デザイナー
3. サラリーマン        3.先生
4. パイロット         4.看護婦
5. 電気技師          5.タレント

では、現在ではどんな感じなのか・・・。

<男の子>           <女の子>
1. スポーツ選手        1.教員
2. 研究者           2.医師
3. 医師            3.ケーキ屋、パン屋
4. ゲームクリエイター     4.看護師
5. エンジニア         5.マンガ家


これを見ると、昔は男女とも憧れの上位だった、飛行機に関わる仕事、
パイロット、スチュワーデス(今では、CAさんと呼びますが)がベストファイブから消え、
男の子はゲームクリエイター、女の子はケーキ屋、パン屋さんが登場しています。

それでも、男の子は技術者、エンジニアの人気は変わらず高いですね。

そうそう、先日凄い動画をみつけました。
                 
「磁石でピタゴラスイッチ」っていうのですが、絶妙なタイミングでビー玉や、磁石のたまが転がっていき、凄い演出をするのです。

これを見て感動した子供たちが、将来の有望な研究者やエンジニアになっていくのだろうなぁって思いましたよ。

さて、そんな話に花を咲かせたくて、やって来たのがこちらのお店。

この日にお伺いさせていただいたのは、“ビストロバール JIN天満店”さん。
                bd3f3d20.jpg


天満駅から歩いて7〜8分のところ(天神橋筋6丁目駅からならば、5分くらいかな?)にあるこちらのお店では、ホテル仕込の本格的な料理が、リーズナブルな価格でいただけるということです。

以前、塚本店の方にお邪魔させていただいたことがあるのですが、料理、何を食べても美味しかったのを覚えています。

さて、こちら天満のお店はどんな感じなのでしょうか。
早速お店の中に入ってみましょう。

店内は、間口はコンパクトですが、奥行きは結構ありますよ。

この日は、そんな店内の一番奥のテーブルに座らせていただきました。

着席とほぼ同時に、付出しが提供されます。
            d5104624.jpg


これが、こちらのお店の名物、殻付きの落花生です。←これが美味しくて、クセになります(^^)
殻は床にそのままポイ・・・って、本当にそれでいいのです。
何か、アメリカの映画みたいですよね。
さて、今日のグラスワインはどんな感じなのでしょうか。
           a34a36eb.jpg

      
白ワイン、赤ワイン、スパークリングワインとありますが、
まずは、グラスのスパークリングワインで乾杯!
今日のグラススパークリングは、スペインのCAVA、アンジュエールです。
            3a665ab4.jpg


こんな感じで、なみなみと注いで下さいますよ。

さて、何をいただきましょうか・・・
ここ、料理の種類もたくさんあって迷ってしまいますよ。
メニューはこんな感じです。
e6a6219b.jpg
 26fbfe0b.jpg
 b9c29e93.jpg
 113a3479.jpg
 e090cd98.jpg

3d7bc587.jpg
 ef02b8ec.jpg
 e34426cc.jpg
 258a3ff4.jpg
 04d942ed.jpg


さて、やはり最初はオードブルからいただきたいですよね。

ということで、オードブル10種盛り。
                ffe5aad8.jpg


これこれ(^^)
これだけで、ずっとワインが飲んでいられそうですよ。
いろんなものを少しずつ、最高ですね(^^)

そして、自家製ローストビーフ。
                  34fb2ee5.jpg


昨今のローストビーフブームで、いろんなお店がローストビーフ、ローストビーフ丼をメニューにあげてますが、
中には堅くて、(?)なものもありますが、これはホンモノ。
ものすごく柔らかくて美味しいです(^^)(^^)

そして、キングサーモンのマリネ。
                7f9e4e02.jpg


軽くレモンを絞って、ケッパーと一緒に召し上がれ!
ワインがすすみまくって危険です(^^;)

何だか良い香りが漂ってきたなぁ・・・
そう思っていたら、ピッツァの登場です。
まずは、赤いの。
               5c1783ca.jpg


これは、マルゲリータプロシュート、生ハムがタップリ、一面に散りばめられています。

生ハムの美味しさはもちろんのこと、このピッッァは生地が美味い!
モチモチの食感は、しばらく忘れることが出来ないはず。

そして、白いの。
               e85dac82.jpg


これは、スサンナ(ベーコンとキノコのクリームピザ)。
クリームソースがすごく美味しい(^^)
みんなで分けたので、あっという間に無くなってしまいましたが、これはおかわりが欲しいですね(^^;)

そして、こちらのお店の名物、魚介たっぷりプイヤベース です。
               e66a969f.jpg


鯛が丸ごと1尾と、蟹、あさり、ムール貝、タコなどのシーフードと野菜もタップリ。
これで、1,650円は、かなりお得だと思います。

次はパスタの登場。
               e9d31414.jpg


見るからに濃厚で美味しそうなこのパスタの名前は、
たっぷり濃厚ウニのクリームパスタ。

食べてみると、その看板に偽りなし、濃厚な旨味で口の中が満たされます。
これは美味い(^^)(^^)

そして、パスタがもうひとつ登場。
これは・・・・
「お待たせしました、先程のブイヤベースのスープを使ってパスタに仕上げました。」
                      bea520e8.jpg


おぉ、これはスゴイ!
では早速いただきます。

(^^)(^^)(^^)

はい、美味しいに決まってますよね。

そして、チーズの盛り合わせ。
                 087a33a9.jpg


お腹がそこそこ満腹でも、チーズならば入るから不思議です。
しかもこれ、美味しいですし(^^)

そして、デザートには、ティラミスもいただき、大満足。
                 25256850.jpg


なみなみといただけるワイン、
リーズなぶりでも、本格的な料理が味わえて、かなり満足させていただきました。

1軒目に来て美味いもんガッツリ、
2軒目に来ても、美味しいものをちょっとつまみながら、ワインでゆったり。
いろんな使い方が出来て、本当にうれしいお店です。

是非食べに行ってみて下さい!
使えますよ、こちらのお店(^^)






【ビストロバールJIN 天満店】   
住所:大阪市北区天神橋5丁目5-29    MAP     
電話:06-7897-2822   
営業時間:17:00~24:00   
煙  草:喫煙可
定休日:無休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末から話題になっている「ポケモンGO」。 日本に先立ってリリースされたアメリカでの人気が凄く、リリース前からかなりの話題になっていましたよね。 現実の世界がゲームワールドに早変わり。 いつも通る公園にポケモンがいてたりして、かなり楽しそう・・・。 ...
続きを読む
先週末から話題になっている「ポケモンGO」。
日本に先立ってリリースされたアメリカでの人気が凄く、リリース前からかなりの話題になっていましたよね。

現実の世界がゲームワールドに早変わり。
いつも通る公園にポケモンがいてたりして、かなり楽しそう・・・。

はい、私も試しにダウンロードしてみたら、これが結構面白い(^^)
まだまだ楽しみ方を完全に理解していないものの、それでも面白いから困ったものかと^^;

現実の世界を歩きながらポケモンを探す。
要するに、自分がRPGの主役になったようなものですものね。

で、この「ポケモンGO」って、任天堂のスマホゲームではないそうですね。
配信しているのは、アメリカのベンチャー“Niantic,Inc.”
あの、グーグルアースを開発したジョン・ハンケ氏が創業した会社なのだそうですね。

さて、ポケモンGOが配信されたことで、どんな変化が起きるか・・・。

家の中で引きこもりがちだった人が、どんどん出かけるようになる。
イベントや観光地で活用できれば、活性化。
ポケモンGOでダイエット・・・そんなグッズが登場しそう。
いろんな「ポケモン禁止」場所も増えてきたりして・・・。
ポケモンを探して歩いていると、ちょっと隠れ家的な美味しいお店を発見!

 
そんな感じで、こんなところにナポリピッツァ!
             a31bff9c.jpg


そしてここ、ビックリするほど安くて美味しいのです。

福島の路地裏を歩く、愉快な仲間たち^^;
            a3f48241.jpg


ポケモンGOはしていませんでしたが、路地を抜けると、行列ができているお店があるじゃないですか。
                 67592083.jpg


こちらはこの日、連れて行っていただいたお店、
“ラ ピッツァ ナポレターナ レガロ(LA PIZZA NAPOLETANA REGALO)”さん。
                     e7e81e34.jpg


こちらのお店では、ナポリピッツァ世界一を競う大会、“カプートカップ世界大会“2位受賞のピッツァ職人が作るピザがいただけるのです。

しかも、ピッツァは1部を除き、全て1枚1,300円。
            bd7468fa.jpg


しかも、1枚33cmの大きさだというから驚きです。

しばらくお店の前に並び、空席が出来ると店内に入ります。
(予約は不可なのです。)

店内のテーブル席に座り、まずはメニューを確認します。
             a911df8f.jpg


マルゲリータ、マリナーラ、タランティーナ、クアトロフォルマッジなど、ほとんどのピッツァがどれも1,300円。
(水牛モッツァレラ使用のピッツァのみ、1,500円)

「ここのピッツァ、33cmと大きいけど、一人1枚はペロッと食べられますよ!」
と、連れて来ていただいた、Mzちゃん。

それならばということで、4人で3枚のピッツァを注文しました。
(実はこちらのお店の前に、一軒寄ってきたのです。  2軒目にピッツァだったのです^^;)

そして、飲み物のメニューはこんな感じです。
              ec68fa63.jpg


どれも結構リーズナブルでしょ?
ただし、店主お一人でピッツァを作りながらbの営業なので、飲み物などはセルフサービスでの提供になります。
                 27037446.jpg


はい、これくらいのことはなんてこと無い。
美味しいピッツァをリーズナブルにいただけるのですから、いいバランスだと思います(^^)
            e30a77c8.jpg


店内は、テーブル席のみで14席。
小さなお店で大人気なので、いつも行列ができているのですが、お客さんもその辺りはわきまえていて、回転は意外といいのです。

厨房の中では、店主が手際よくピッツァを作り、釜で焼いてゆきます。
              410a236f.jpg


釜に入れてからピッツァが焼きあがるまでは、本当にあっという間。

そして、私達のピッツァも出来上がって来ましたよ。

先ずはシンプルにマルゲリータから。
               355c5daf.jpg


おぉ、見るからに美味しそう!
それでは早速・・・
そうそう、ピッツァの食べ方も書いてあったなぁ。
               b573595b.jpg


では食べやすい大きさにカットして、ダイナミックに手でいただきましょう。
              9c192721.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味い!
これだけ本格的なナポリピッツァがいただけるお店が、福島にあったなんてなんで今まで知らなかったんだろう。

この大きさでこの味わいがたったの1,300円とは本当に驚きですね!

トマトソース、チーズはもちろんのこと、ナポリピッツァの命とも言える、生地が本当に美味しい!
確かにこれ、いくらでも食べられてしまいそうですよ(^^)

そして次のピッツァは、4種類のチーズが美味しい、クワトロフォルマッジ。
          a2e02b72.jpg


タップリのチーズと、ふわふわで、もっちり生地がたまらない。

それではこちらもいただきます。
                45cfd7d4.jpg


(^^)(^^)(^^)

それにしても、ピッツァも別腹になるのですね。
何なのでしょうか、いくらでもお腹に収まっていきそうなのです^^;

そして最後の一枚は、釜揚げしらすがのっかった、チチニエッリ。
         5aa188e2.jpg


ピッツァに釜揚げしらす?
そう思いましたが、この以外な組み合わせは・・・
                e6e914a0.jpg


美味い、これも本当に美味い!
そういえば、イタリアも日本と同じく海に囲まれた国。
シーフード料理が美味しいのはあたり前ですよね。

そんな感じで、2軒目にして、4人で3枚のピッツァとワインも楽しませていただき、かなり満足させていただきました。

本格的で美味しいナポリピッツァがこのお値段は、本当にお値打ちだと思います。

お店の前に少々に行列があっても、意外と時間がかからずに入店できると思いますので、是非並んででも食べてみてください。

そして、西天満の人気店の店主のサインも探してみてください!
              f0c5e42c.jpg


かなり満足できる美味しいピッツァ、オススメしますよ(^^)





【ラ ピッツァ ナポレターナ レガロ(LA PIZZA NAPOLETANA REGALO)】   
住所:大阪市福島区福島1-5-2 堀野ビル 1F    MAP     
電話:06-4796-2215   
営業時間:12:00~15:00(L.O14:30) 17:30~23:00(L.O.22:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:火曜日(不定休あり)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のFacebookページはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

海外旅行に行って一日目とか二日目、中々英語が出てこないですよね。 ただでさえ怪しい英語力が、ますますその本領を発揮する・・・。 何って言ったって、自宅の電話番号を聞かれて、zero six…と言わなければならないところを、 「ズェエロ、ロォクゥ・・・」 って ...
続きを読む
海外旅行に行って一日目とか二日目、中々英語が出てこないですよね。
ただでさえ怪しい英語力が、ますますその本領を発揮する・・・。
何って言ったって、自宅の電話番号を聞かれて、zero six…と言わなければならないところを、

「ズェエロ、ロォクゥ・・・」

って連呼してしまった経験があるくらいですから^^;

さて、日本では普通に通じる和製英語・・・ついつい出てしまうのですよね。
英語かと思い、現地で使ってしまって全く通じない外来語、いろいろありますよね。

・フライドポテト→french fries  「M」が付く世界的ハンバーガーチェーンで、ポテトが食べたくなって、通じなくて、最後はメニューを指さし、「This one please」^^;
・バイキング→buffet  これが通じないのは有名ですよね^^;
・ホットケーキ  pancake  アメリカの朝ごはんの定番、パンケーキ with ソーセージ。 覚えていて損はないかも。
・トランプ→cards  いまアメリカでこれは、有名なお方のことを指すのかと・・・。
・テイクアウト→ To go (イギリスでは、Takeaway )


さて、テイクアウトといえば、ハンバーガーや、チキンやピザ。
0856a7f2.jpg


この日は、以前から、天神橋筋商店街を歩いていて、気になっていたお店、
“IL SOLE TEN-3”さんにお邪魔させていただきました。

石窯で焼いた、モッチモチのピッツァが、何とたった500円でいただくことが出来るのです。

商店街を歩いると、お店の入り口を入ってすぐのところに、大きな石窯を見ることが出来ます。
6d2f5796.jpg


これが目に止まって、思わずお店の前にあるメニューを確認してしまいます。
fdbf985e.jpg


な、何ぃ? ランチタイムには、ピザにサラダドリンクが付いて、500円〜1590円でいただける・・・。

と、とりあえず、500円、ワンコインのピザランチとはどんなものか、確認してみたくなって行ってきました。

店内は、奥行きがあって結構なキャパですね。
カウンター席が8席と、テーブル席は30席以上あるのではないでしょうか?

ランチは、ピッツァランチの他に、パスタランチ、スペシャルペアランチなんかもあって、いろいろと楽しるみたいな感じですね。

ワンコインのピザ、マリナーラをはじめ、3種類のピッツァランチを注文し、焼き上がってくるのを待ちます。

私達がお店に入った時は、7割位の席が埋まっているような状態。
でも、次から次へとお客さんが入ってきて、12時になる前にあっという間に満席。
店内、すごく活気に満ち溢れています。
e886e383.jpg


Ciao!
神の手 ガエターノ・ファッツィオ氏 来店。


あ、こちらのお店、ワンコインのピザだけがウリのお店じゃないですよ。
何と、イタリア政府公認、真のナポリピッツァ協会より、本物のナポリピッツァが食べられるお店として認定されたお店だそうです。

へぇ・・・そんな予備知識無しで来たのですが、すごいお店なのですね。
ということは、マルゲリータ990円、ペスカトーレ1,390円、オルトラーナ1,390円っていうのが適正価格で、500円のマリナーラは、完璧にサービスメニューじゃないですか?
さて、そんなサービスメニューのマリナーラ、どんな感じのものが出てくるのかなぁ・・・
(ちょっと小さい? お試しで初回だけ? そんなこと、考えながら待ってたりして^^;)

まずはサラダが運ばれてきました。
4a390e28.jpg


おぉ、結構いい感じですね(^^)
ドレッシングも美味しくって、これでフォカッチャでも食べればワインが欲しくなりそうですよ!

サラダを食べ終わる頃に、最初のピッツァが出来上がってきました。
0856a7f2.jpg


これは、黄金トマトのマルゲリータ。
トマトとチーズがタップリで、すごくいい感じです。

それでは早速いただきます。
0972581b.jpg


(^^)(^^)(^^)

これ、本気で美味しい!
チーズの美味しさもそうなのですが、生地がむちゃくちゃ美味しいですよ(^^)
大きさもかなり満足できますし、このレベルのピッツァがたったの1,090円でいただけるのは素晴らしいと思います。

そして、こちらはマルゲリータ。
2079fc10.jpg


これぞ石窯ピッツァ!
そんな感じのすごくテンション上がります。

そして、一番感動したのは、たったの500円、ワンコインでいただけるナポリ石窯ピッツァ、マリナーラです。
17f20bf9.jpg


トマトソースとオレガノ、にんにくのシンプルなピッツァですが、これが素晴らしい!

ちょっと小さい? ← とんでもない! 他のピッツァと全く同じサイズでボリュームたっぷり!
お試しで初回だけ? ← いえいえ、何度でも注文可能!

このレベルの石窯ピッツァをワンコインで。
しかも、ランチタイムにはサラダとドリンクまで同じ値段で付けちゃうのですから、行列ができて当たり前ですよね。

そして、味の方は・・・・
bcd89135.jpg


(^^)(^^)(^^)

めちゃくちゃ美味しい!
トマトソースとモッチモチの生地が美味い。
一度食べたら、もう止まらなくなりますよ!

マリナーラベース・・・チーズは使っていないとのことなのですが、そんなこと全く感じさせない美味しさで、本当に満足させていただけます。

食後のドリンクは、ブラッドオレンジも選べて、これまた大満足。
9b45a086.jpg


しかも、お会計の時に、次回に使えるデザート券までいただけます。
ということは、次回はマリナーラ、サラダ、ドリンク、デザート付きで500円?
ホントにいいんでしょうか^^;

あまりにも素晴らしすぎるコストパフォーマンスのピッツァランチ、ぜひ早めに時間に行って楽しんで下さい!
かなりオススメしますよ〜!





【IL SOLE TEN-3“】   
住所:大阪市北区天神橋3-5-16    MAP     
電話:06-6809-2767   
営業時間:11:30~15:30(L.O.14:30) 17:30~22:30(L.O.21:30)(日曜日は22:00まで)   
煙  草:喫煙可
定休日:無休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加