美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: イタリアン

気軽に食べることが出来て、ちょっとしたおつまみにもなるし、おやつにも最適のチーズ。丸い箱に6個入った「6Pチーズ」、みなさんも食べたことあるのではないでしょうか?給食のメニューにも出るほど、栄養価にも優れていると言われます。6Pチーズや、スライスチーズ、そし ...
続きを読む
気軽に食べることが出来て、ちょっとしたおつまみにもなるし、
おやつにも最適のチーズ。
丸い箱に6個入った「6Pチーズ」、
みなさんも食べたことあるのではないでしょうか?

給食のメニューにも出るほど、栄養価にも優れていると言われます。

6Pチーズや、スライスチーズ、そしてアーモンドチーズのようなチーズを、
プロセスチーズと言って、昔から日本のスーパーにも売られているチーズ。

それに対して、カマンベール、カッテージ、ゴルゴンゾーラ、
チェダー、パルミジャーノ、モッツァレラ
などが、ナチュラルチーズ。

アルプスの少女ハイジに出てくる、とろけるチーズもナチュラルチーズで、
あのチーズをタップリと食べたい・・・。
そんな思いを叶えてくれるお店に行ってきました。

         IMG_2050

この日は、梅田のハービスENTにある、
モッツァレラチーズを使ったイタリアンがいただけるお店、
“オービカモッツァレラバー梅田”
にお邪魔させていただきました。

          IMG_2051

こちらのお店では、週に3回イタリアから冷蔵空輸された、
フレッシュなモッツァレラチーズをいただくことが出来るのです。

この日は、新メニューのお披露目にお招きいただき、お邪魔させていただきました。

        IMG_4188

店内は、高級感あふれる落ち着いた雰囲気。
ランチもディナーも、そしてバータイムに使うのもいい感じですね。

フレッシュなモッツァレラチーズをBIOワインと一緒にいただきましょう。


           IMG_4195

先ずは、スパークリングワインで乾杯。
この季節、キリッと冷えたスパークリングワインは美味しいですよね(^^)

そして、最初の料理はブレザオラサラダ。

          IMG_4201

珍しいイタリア産の牛肉を使った生ハムがサラダにタップリと盛られています。
これを、マッシュルームとチーズをあわせていただくのですが、
濃厚な旨味の牛肉の生ハムとよく合って、すごくいい感じです(^^)

そして、カチョカヴァッロ フレスカ 30 日熟成 。

         IMG_4209

鉄板の上で熱々にとろけた状態で提供されます。
マッシュポテトも添えられていて、それがすごくよく合うのです。

         IMG_4216

これ、出来ることならば、一人でまるごとひとつ食べたいですね^^;

そんな感じで、完全にチーズの魅力の虜になったところに、
今度はピザが登場。

       IMG_4230

これは、ピッツァ クワトロ ロッソ。
トマトソースに4種類のチーズと、フレッシュバジルがのっかったピッツァです。

        IMG_4246

タップリとのっかったチーズと、トマトソースが本当に美味しい。
このピッツァ、結構大きいのですが、軽い食感であっという間に平らげてしまいます。

     IMG_4240

チーズはもちろんのこと、生地がすごく美味しい。
このピッツァを食べる目的でここに来るのもアリなんじゃないかなぁ・・・
そう思ってしまいますね(^^)

       IMG_4254

そしてこちらは、生ウニとサルディーニャ産ボッタルガのクリームソースのパスタ。
パスタって、トマトソースかクリームソース、それともペペロンチーノ?
そんなイメージをお持ちの方、一度これを食べてみて下さい。

          IMG_4260

複雑で濃厚な旨味と、ソースが良く絡むパスタの美味しさに感動するかもしれませんよ。

他ではなかなか食べることが出来ない、フレッシュなモッツァレラチーズと、
ひとくち食べて感動するイタリアン。
是非ハービスENT、オービカモッツァレラバーで味わって下さい。
オススメしますよ(^^)







【オービカモッツァレラバー 梅田店】
住 所:大阪市北区梅田2−2−22 ハービスENT 5F    MAP
電 話:06-4796-6411
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:00) 17:00〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:あり(ハービスの駐車場)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ミートソースか、ナポリタン。私達が小さい頃のスパゲッティはこの2種類だったような気がします。(以前行った、こちらのお店のメニューなんて、本当にそれだけ^^;)その後、ボンゴレ・ビアンコが登場し、ホワイトソースのスパゲッティや、一口食べれば虜になった、たらこス ...
続きを読む
ミートソースか、ナポリタン。
私達が小さい頃のスパゲッティはこの2種類だったような気がします。
(以前行った、こちらのお店のメニューなんて、本当にそれだけ^^;)


その後、ボンゴレ・ビアンコが登場し、ホワイトソースのスパゲッティや、
一口食べれば虜になった、たらこスパゲッティの登場!
たらこスパゲッティと言えば、「壁の穴」というパスタのお店から生まれたのだとか。

「壁の穴」、
ナビオ阪急のレストラン街で、いつも行列ができていた店だという印象があります。
カルボナーラ、たらこスパゲッティ、サーモンと海老のクリームソース・・・。
スパゲッティから、パスタへと呼び方が変わっていったのもその頃からだったかもしれません。

壁の穴と言えば、“若者のアイドル”っていう名前のスパゲッティをご存知でしょうか?

ベーコン、フランクフルト、しめじ、しいたけ、トマトが入った具沢山の和風スパゲッティ。
当時本当に“若者”だった私は、好んで食べていたような気がします。

そんな壁の穴に、”若者のアイドル”と並び、
“おじさんのアイドル”という名前のスパゲッティがあるらしい・・・。


そんな情報を聞いたのは、少し前。
若者に対して、おじさんとはまた・・・^^;

若者のアイドルが大好きで、よく食べていた者としては、気になって仕方がない。

          IMG_2747

というわけで、実際に確かめるため、HEPナビオにある、
“壁の穴 HEPナビオ店”さんにお邪魔させていただきました。

    IMG_2748

店の前のメニューケースに、“若者のアイドル”はちゃんと並んでいます。
今の時代も健在なのは嬉しい。

お店の入口で人数を告げると、少々お待ちくださいとのこと。
満席ですね、人気は今も衰えるところなし。
なんだか嬉しくなってきますよ(^^)

待つことしばし、空席ができ奥の方のテーブル席に案内していただきました。

まずはメニューを確認。
さて、あのメニューに出会うことが出来るのか・・・。

   IMG_2712

平日のランチタイムは、お得なサラダやドリンクとのセットも用意されています。
本日のパスタはこの4種類。
でも、お目当てのパスタがないので、グランドメニューを。

       IMG_2713
たらこに明太子。
こちらのお店の人気メニューですね。

           IMG_2714
前菜、サラダに、

    IMG_2715
和風オリジナルスパゲッティ。
ここにもないなぁ・・・。

          IMG_2716

熱アツ鉄板オリジナルと、クリームソース、トマトソース。
あ、若者のアイドルはこちらのページに載ってますね。
でも、おじさんのアイドルは?

  IMG_2717

ピッツァにデザート。
これでメニューはおしまい・・・・あれ?
おじさんのアイドルって、何かの見間違いか・・・。

           壁の穴メニュー

いやいや、Webのメニューにはちゃんと載ってる。
あ、そうだ!
店員さんに聞いてみよう。

「すみません、注文をお願いします。 若者のアイドルひとつと・・・
   おじさんのアイドルってネットのメニューで見たのですが、ありますでしょうか?」

「すみません、おじさんのアイドルは、メニュー名が変わりまして、
   今は、シーフードのガーリックバターソースっていう名前になっています。
       でも、中身はおじさんのアイドルと一緒ですよ。」


とのこと。

何だ、ちゃんとあるんじゃないか^^;
というやり取りの後、若者のアイドルと、
おじさんのアイドル(今は、シーフードのガーリックバターソースですね)をお願いしました。

         IMG_2718

店内は、テーブル席が中心で30〜40席位はあるでしょうか?
客層は、私と同じような世代の方が多いような気がします。
みんな若い頃、壁の穴に並んで食べに来ていたんでしょうね。

若者のアイドルと、おじさんのアイドル。
両方とも存在すれば、尚、面白そうだと思うのですが、
初めてお店に来る人や、女性の方は注文しにくいですよね、流石に^^;
それで名前を変えたんでしょうね。

ソーセージにベーコン、トマトにきのこ。
具沢山で若者のアイドルは理解できる。
でも、何故におじさんのアイドルなのか・・・

そんなことを考えていると、お願いしたパスタが出来上がって来ました。

              IMG_2730
先ずは、若者のアイドル。
鉄板で提供され、熱々の状態です。
パスタが鉄板にくっつかないように、玉子が敷いてあるのも好印象ですね(^^)

      IMG_2731

早速、それを口に入れ「美味しい!」と言葉を発する、18歳。
(ま、早い話が息子なのですが^^;)

すっかり気に入ってしまったようです。
世代をまたいで味わう“若者のアイドル”、

       IMG_2744

本当に具沢山で、いい感じですよ(^^)

そして、ほぼ同時に出来上がってきた、おじさんのアイドル・・・・
じゃいない、今は“シーフードのガーリックバターソース”がこちら。

     IMG_2722

おぉ、こちらも具だくさん!
海老、アサリ、イカがたっぷりと入っていますよ。
それに、ガーリックの香ばしい香りがたまりません(^^)

シーフードのガーリックバターソースで、何故おじさんなのか・・・

まずは食べてみて、その理由を探ります・・・

            IMG_2736

   (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味い!
バターとガーリックの風味がなんとも言えない。
そして、そこに魚介の旨味が重なって、文句の付け所がない美味しさです。
これは、思わずおじさんも小躍り・・・・
あれ、そ、そういうこと?

       IMG_2741

具沢山で、思わずワインが飲みたくなってしまうほど夢中になる。
いえいえ、これはおじさんだけのものにしておくのは勿体無い。

というか、こんだけ美味しいのに、名前がアレで、注文が入りにくい。
たしかに、「おじさんのアイドル」じゃ、女性や若者だけではなく、
自分がおじさんだと認めたくない人も注文しにくいかもしれませんね。
(って、私は何の抵抗もなく注文・・・じゃない、質問したのか^^;)

聞いた話によれば、このパスタ、こちらのお店に来る度に、
必ず注文する人もいるくらいに人気なのだとか。

今では、「シーフードのガーリックバターソース」という、
注文しやすい名前になっているので、是非食べてみて下さい。

パスタのモチっとした美味しさも健在、
是非あの感動を味わいに行ってみてくださいね(^^)








【壁の穴 HEPナビオ店】
住 所:大阪市北区角田町7−10 HEPナビオ 7F    MAP
電 話:06-6311-6480
営業時間:11:00〜22:30(L.O.21:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HEPナビオに準ずる)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生の頃に戻りたいと思っている大学生は、約6割いるらしい・・・。たしかに、高校時代って面白かったなぁと思います。部活、クラス、文化祭や体育祭、先生との距離も近かったかなぁ。でも、大学生の頃に比べて、自由が聞かなかったような気もします。(未成年だし、あたり ...
続きを読む
高校生の頃に戻りたいと思っている大学生は、
約6割いるらしい・・・。


たしかに、高校時代って面白かったなぁと思います。
部活、クラス、文化祭や体育祭、先生との距離も近かったかなぁ。

でも、大学生の頃に比べて、自由が聞かなかったような気もします。
(未成年だし、あたりまえか^^;)

戻りたいって思っている人の中には、
1年の頃に戻って、受験勉強をもっとしっかり・・・
なんて人もいるのだとか^^;

しんどかった受験勉強から開放されて、新しい道へとすすむ準備。
何をするにしても、楽しみながら一生懸命がんばりましょう!
そして、卒業アルバムには、最高の笑顔で・・・。

え、撮影の日に休んじゃって、枠外・・・
37人+1人。
そんな人は、一人の枠を独り占め出来ちゃったものと思って、前向きに(^^)

そして、この日にお伺いさせていただいたお店も、
”37+1”

            IMG_9702

こう書いて、「さんじゅうはち」と読みます。


近鉄南大阪線の高田市駅から7分ほど歩くと、お店があります。
初めてお伺いさせていただいた時は、真夏の暑い日。
そして今回、2回目の訪問は、1月の寒い日でした。

事前に予約していたので、お店に到着すると、既にテーブルセッティングもしてあります。
(とはいえ、こちらのお店は予約限定ではあるのですが)

テーブルにつき、先ずはシャンパーニュで乾杯!

              IMG_8961

きめ細かい泡が凄く心地良い。
これから始まる料理への期待感をより一層もり立ててくれます。

最初の料理は、玉ねぎのスープ。

       IMG_8964

これは、玉ねぎだけを使って、油も何も加えないスープ。
塩を、ほんのひとつまみだけ入れただけなのだとか。

           IMG_8967
 甘み、コク、旨味、香り、深みともに素晴らしい。
始めてきたときも、最初の料理から感動させてもらいましたが、今回はそれを上回るほど。 
美味いと言うだけではなく、物事を違う側面から見る提案をしてもらった感じ。
玉ねぎってこんなにも美味しいんだ・・・。


そして次の料理は、 牡蠣とほうれん草のソテー。
      IMG_8968

時が止まったような感じで、鮮やかな色のまま乾燥したほうれん草に目を惹かれる。
そんな、乾燥したほうれん草を先ずはいただきます。
パリッとした食感が楽しい(^^)
 
そして口の中、どんどんほうれん草に戻っていく。
旨味が濃い! 凄いな、これ(^^)

          IMG_8972
 そして、牡蠣の旨味とほうれん草ソースが見事に合う。
これは美味しい(^^)(^^)

     IMG_8983

これはワインもすすみます(^^)
 
もちろんソースはパンにもつけてもいただきます。

次の料理はサラダ。
サラダとはいっても、普通のサラダではなく、 40種類の野菜のサラダ。

         IMG_8977

いろんな野菜が少しずつ、お皿の上を賑やかに飾っています。
ムラサキ人参のペースト、ブロッコリーのペースト。

酸味がある野菜、香りの強い野菜を一緒に食べると美味しい。
そして、本当に楽しい(^^)

        IMG_8986

サラダとワインの組み合わせも悪くないから面白い(^^)

そして、次の料理はパスタ。
 
         IMG_8991

これは、徳島の鯛とセロリのアラビアータ。
アラビアートといえば、ペンネを思い浮かべますが、この日はコンキリエ。

ひとくち食べて、ピリッ辛い!
そんな感じではなく、じわっと効いているような感じで心地よい。

     IMG_8997
 
ゆっくりと、一口一口を楽しむのが本当に楽しいですよ。

ふたつめのパスタは、トマトソースのスパゲッティ。    

      IMG_9001

店主、自らが作ったお皿に乗っかって登場します。
パスタの赤とお皿の碧が、すごく綺麗ですね。  

パスタを食べたときの甘さは空気だという。

        IMG_9012
空気をたくさん含ませることによって、甘みを感じるのだとか。
そういえば、トマトソースがすごくフワッとしているのを感じます。
トマトの味わいが、空気に触れることによって、
どのように変化するのかをしる尽くしているから面白い。

       IMG_9007

このあたりから、赤ワインを合わせて楽しんでみます。
トマトソースとこれがよく合います。

      IMG_9013

ソースは、自家製のパンにつけて楽しむのもお忘れなく。
これだけでも、充分にワインを楽しめちゃうから嬉しくなりますよね(^^)

そして、メインは鴨ロースト。

         IMG_9027

間に、アンチョビ菜をあわせて、チョコレートと赤ワインのソースでいただきます。
チョコレートって、こんな感じでソースを作っても合うのですね。
もちろん、甘くないやつですが。
 
甘いといえば、デザートも面白いものをいただきました。

     IMG_9029

これは、「ボネ」といって、イタリアのチョコレート風味のプリンのようなもの。
 はじめていただきましたが、かなり美味しかったです(^^)

私達が知らない野菜の旨味を引き出し、体験させてくれる。
来る度に感動させていただけるお店です。

夏・冬と体験させていただいたので、
また季節が変わる頃にお邪魔させていただきたいと思います。

この味わいと体験で、大阪阿部野橋から35分。
お値打ちですよ〜(^^)











【37+1(サンジュウハチ】
住 所:奈良県高田市片塩町12−11    MAP
電 話:0745-22-3118
営業時間:12:00〜14:00  18:00〜23:00  ※完全予約制です。
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

新鮮な魚が手に入ったから、刺身にでもするか・・・。何でもかんでも、生で食べたらいいってものではないですが、新鮮な魚といえば。やはり刺身を思い浮かべますよね。新鮮な魚を表現するのに、「活造り」なんて調理法もあるくらいのものですから。(外国のお客様をお招きす ...
続きを読む
新鮮な魚が手に入ったから、刺身にでもするか・・・。

何でもかんでも、生で食べたらいいってものではないですが、
新鮮な魚といえば。やはり刺身を思い浮かべますよね。

新鮮な魚を表現するのに、「活造り」なんて調理法もあるくらいのものですから。
(外国のお客様をお招きする場合、活造りは出さないほうが無難ですが)

新鮮な魚を手に入れて、刺身や、カルパッチョで食べる。

カルパッチョ・・・
でも実は、カルパッチョってというのは、そもそも肉料理で、
魚のカルパッチョっていうのは日本が発祥なのだとか。

そんな肉のカルパッチョがいただける、
月島のイタリアンにお邪魔させていただきました。
お店の名前は”carpaccio(カルパッチョ)

          IMG_7416

       IMG_7412

店名にあるとおり、ジビエもカルパッチョで楽しめちゃうお店なのです。

           IMG_7417

店内は、カウンター席が8席と、2人がけテーブルがひとつ、
4人がけテーブルが2卓で18席の小さなお店ながらも、いろいろ工夫されていて、
ゆったりと落ち着いた雰囲気ですよ。

       IMG_7419

テーブル席に案内していただき、まずはスパークリングワインで乾杯!

         IMG_9483

ビールもいいけれど、こういうので乾杯すれば、何だか特別な気持ちになりますよね(^^)

さて、何をお願いしようか・・・
メニューを確認してみましょう。

 IMG_7421

         IMG_7422

              IMG_7423


駝鳥、馬肉、合鴨、黒毛和牛・・・
本当だ、いろんな肉のカルパッチョがラインナップされている!

サラダも、野生のサラダとか、猪のごちそうで作ったサラダとか、
ネーミングから気になるものがたくさんありますよ!

気になるものをいくつかお願いしましょう。

     IMG_9486

先ずは、すぐに来るもので、本日のジビエジャーキーを。
今日のジャーキーは、鹿肉。
変な臭みは皆無で、噛めば噛むほどに旨味がどんどん出てきますよ(^^)

蟹を食べる時は無口になると言いますが、ジャーキーでも同様のことが起こるのだと発見!
みんな食べるのに夢中です^^;

そして、看板メニューのカルパッチョの盛り合わせも出来上がってきました。

          IMG_9491

合鴨、ダチョウ、ダチョウのレバー、和牛、ダチョウの砂肝、馬肉、マグロの7種類!
マグロもこの中にあれば、どこにあるのかわからなくなりますね^^;

食べてみると、どれも個性的ではあるものの、
変なクセはなくて美味しい。
ダチョウはあっさりした旨味が印象的でしたよ(^^)

      IMG_9500

せっかくなので、フォカッチャも一緒にいただきます。
これがあると、他にはない高級なサンドイッチを食べてるような気持ちにもなれますよ。

         IMG_9510
サラダは野生のサラダをいただきます。

野菜や穀物を極力自然に近い状態で提供・・・
そう書かれてあるとおり、第一印象はけっこうワイルド!
それを噛みしめながら食べていると、どんどん旨味が湧いてくるから不思議なのです。

      IMG_9531

そしてこれは、フォワグラTOKYOテリーヌ。
フォワグラのテリーヌをあるもので巻いてあるので、このネーミングなのだとか。

食べてみると、納得。
何と、べったら漬けで巻かれているのです。
これが、不思議とよく合う!

甘いべったら漬が、中のテリーヌを包み込んで、甘じょっぱい美味しさが心地良い。
これは技ありですよ!

そして、こちらはジビエテリーヌ。

          IMG_9535

猪、蝦夷鹿をオリジナルのスパイスで味付けしたテリーヌなのだとか。
先程のフォワグラTOKYOテリーヌに比べて、ワイルドな味わい。
肉々しさもワンランク上の食感を味わえます。
赤ワインに合わせても美味しいですよ(^^)

そして、猪のグリエもいただきます。

        IMG_9544

ワイルドにカットされた猪の肉。
食べてみると、思ったよりも柔らかくて美味しい(^^)

そんな猪で特に印象に残ったのが脂身。

        IMG_9550

「豚や牛の脂身とは全然違いますよ! よかったら食べてみて下さい。」
そう仰っていただいたので、試してみたらたしかに違う。
柔らかくて脂がジワ・・・ではなく、
噛みしめると旨味が出てきて、甘みを感じる。
脂っこくないのです。
これは面白い体験でしたよ(^^)

    IMG_9555


            IMG_9557

デザートには、ガトーショコラとグレープフルーツシャーベットもいただき、
こちらもかなり美味しかったです。

カルパッチョとジビエに特化したイタリアン、
その名も「カルパッチョ」さん。
いろんなジビエの話も聞くことが出来て、本当に楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
是非また、お邪魔させていただきたいと思います。




       








【carpaccio(カルパッチョ)】
住 所:東京都中央区月島1−5−2    MAP
電 話:050-5591-0712
営業時間:16:00〜23:45 ※土日祝は、15:00〜23:45
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  





   
このエントリーをはてなブックマークに追加

大坂なおみさん、ついにやりましたよね〜!優勝して、世界ランキングも1位!これは本当に素晴らしい(^^)そんな大坂なおみさん、日本の大阪で生まれ、3歳までは日本にいたものの、後はほとんどアメリカ暮らし。国籍もアメリカと日本の二重国籍を持っているのだとか。そんな大 ...
続きを読む
大坂なおみさん、ついにやりましたよね〜!
優勝して、世界ランキングも1位!
これは本当に素晴らしい(^^)


そんな大坂なおみさん、日本の大阪で生まれ、3歳までは日本にいたものの、
後はほとんどアメリカ暮らし。
国籍もアメリカと日本の二重国籍を持っているのだとか。

そんな大坂なおみさんの選手登録が、何故アメリカ登録で名はなく、
日本登録なのか・・・。

デビュー当時、全米テニス協会は、大坂なおみさんに対して、
少ししか興味を示さなかったのに対して、
日本の評価は高く、それで選手登録を日本にしたのだとか。

先見の明(ま、それだけではないでしょうが)って、大切ですね。
そんな大坂なおみさん、カツ丼が大好きなようで、
「カツ丼アゲイン」とのコメントが出たのだとか^^;

そんなカツ丼のことを思いながら、この日は全く関係ないものを食べていました。

お伺いさせていただいたのは、西大橋にあるイタリアンのお店、
“トラットリアバールジョルノ”さん。

        IMG_7468

地下鉄西大橋駅から歩いてすぐのところにお店はあります。
“特におすすめのお料理”って書いてある黒板もあって、気になりますね(^^)

店内に入って、予約名を告げると、カウンタ席の真ん中あたりの席に案内していただきました。

先ずは、生ビールで乾杯!
ホット一息、いい時間ですね(^^)

そして、メニューを確認させていただきます。

         IMG_7452

特におすすめのお料理。
表のボードに書いてあったやつですね!
こんな感じで、席でもゆっくり確認できると嬉しいですね。

料理はこの他にもいろいろあるみたいですよ。

  IMG_7453

       IMG_7454

IMG_7455
 
                IMG_7456

   IMG_7457

           IMG_7458

IMG_7459

       IMG_7460

   IMG_7461

4名以上集まれば、飲放題付きのこんなお得なプランも選べるみたいです。

おすすめ等を教えていただきながら、気になる料理を選んでいきましょう。

      IMG_7462

店内は、カウンター席が12席と奥に4人がけのテーブル席が2組。
少人数ならばカウンター席で料理が出来上がるのを眺めながら楽しむのもいいし、
4人以上ならば、テーブル席で盛り上がるのも楽しそうですよ。

店内の様子を眺めていると、最初の料理が運ばれてきます。

         IMG_9670

これは、付き出しのナッツとグリッシーニに、生ハム。
生ハムをつまみながら、料理を待つ。
いいですよね、こういうの(^^)

1杯目の生ビールを飲み干し、早速ワインをいただきましょう。

      IMG_7464

白ワイン、赤ワインともにおすすめワインを何種類か提示してくれているので、
順番にグラスで楽しむのも有り。

           IMG_9675

先ずは、季節のグリーンサラダ。
四種類の豆と、鳴門金時のマッシュポテトが添えられています。
ポテサラでなく、鳴門金時っていうのが面白いですね(^^)

そして、鰤のカルパッチョ。

       IMG_9672

この鰤がものすごく美味しい。
和食のお店やお鮨屋さんに行くのと同じくらい、美味しい鰤ですよ(^^)

ここで、2杯めの白ワインをお願いします。
ワインがすすむ料理ってうれしいですね!


先程の生ハムが美味しかったので、何か生ハムを使った料理を・・・。
(そんなことを思いながら、再びメニューを眺めます)
あ、これがいいなぁ。

          IMG_9680

そんな感じで選んだのが、パルマの生ハム、富有柿、リコッタチーズ。
これはもう、ワインのためにあるような料理(^^)
富有柿の甘さとパルマ産生ハムのしょっぱさ、
それをリコッタチーズがいい感じで包み込む。
これは是非体験していただきたいですね(^^)

          IMG_9684

肉料理のメインは、牛フィレ肉を使った、
伊産仔牛「ヒレ肉」のグリル、ゴルゴンゾーラソースをいただきます。

タップリのキノコとゴルゴンゾーラソースが美味しい。
こうなれば、ワインもボトルでいただくことにします。

        IMG_9689

いただいたワインは、“Casa Vinicola Nicolello Langhe Nebbiolo ”
一瞬、スペインのワインに似たようなニュアンスを感じましたが、
その余韻はイタリアワインのもの。
ほどほどに力強く、料理の味わいをより一層引き立てますよ(^^)

そして、パスタもいただきます。

        IMG_9697

これは、太めの筒状のパスタ、リガトーニのカンパーニャ州ナポリ風ラグーソース。
このソースは、シチリア産黒豚と和牛肩ロースの赤ワイン煮込みだそうです。

これがまた、赤ワインとすごくよく合うのです(^^)

パスタも美味しかったので、もう一品お願いしました。

        IMG_9711

これは、リングイネの魚介オイルソースで、
具材には、ホタルイカ、菜の花、トマト、アサリ、ムール貝がタップリです。

具材をつまみに、ワインを合わせてみてもたのしいし、
ソースの旨味をタップリ絡めたパスタも美味しい。

          IMG_9727

そんな感じで、しっかりと楽しませていただきました。

前菜、サラダ、パスタ、メインと、アラカルトを組み合わせていくのもいいし、
好きなものを注文して、それに合うワインを組み合わせて、
マリアージュを楽しむのもいいですよ(^^)       

オーナーシェフと、シェフのお母さんのお二人で切り盛りされていて、
アットホームな雰囲気が楽しまます。
でも、料理はすごく本格的。
常連のお客さんの姿も多く、皆さんに愛されているお店って感じでしたよ。

ぜひ予約して行ってみてくださいね。








【トラットリア バール ジョルノ(TRATTORIA BAR GIORNO)】
住 所:大阪市西区北堀江1-16-17    MAP
電 話:06-6532-1117
営業時間:12:00〜13:00 18:00〜22:30 ※ランチタイムは要電話確認。 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  





   
このエントリーをはてなブックマークに追加

商売繁盛、笹もってこい!1月の10日は、えべっさんですね(^^)七福神の1人で、商売繁盛の神様、戎さま。今年も西宮神社で今年の福男選びがありましたね。毎年1月10日の午前6時、開門と同時に230mの本殿への参道を駆け抜け、1番でゴールしたものが1番福の福男となる。今年の1番 ...
続きを読む
商売繁盛、笹もってこい!

1月の10日は、えべっさんですね(^^)
七福神の1人で、商売繁盛の神様、戎さま。

今年も西宮神社で今年の福男選びがありましたね。
毎年1月10日の午前6時、開門と同時に230mの本殿への参道を駆け抜け、
1番でゴールしたものが1番福の福男となる。

今年の1番福は、加古川市の消防士の方。
消防士、強いですよね〜!
やはり、日頃から訓練で体を鍛えているからなのでしょうね。
(いざというときに、頼りになります(^^))

そして、2番福に入ったのは、吉本興業の芸人さんで、伊丹祐貴さん。
これを機に、有名になって真の福男になってほしいですね(^^)

そんな西宮から、更に西へすすみ、
この日は神戸の来たのにあるイタリアンレストラン、
“トラットリア コチネッラ”さんに行ってきました。

         IMG_1575

以前お伺いさせていただいたときは、ランチタイム。
17種類もある前菜が圧巻でした。

流石に昼間っからボトルワインというわけにもいかず、
グラスワイン1杯でちびちびと楽しんでおりました。
が、この日はディナー!
リミッター解除で楽しませていただきました。

        IMG_1572

入り口で予約名を告げると、奥のテーブル席に案内していただきました。
(奥にもテーブルが合ったのですね!)

スパークリングワインで乾杯!

       IMG_1496

もちろん、タップリとボトルで楽しませていただきます。

そして、アンティパストミスト(冷たい前菜の盛り合わせ)

        IMG_1502

ランチタイムのときのように、17種類とはいきませんが、
それでも9種類も盛られています。
これはワインがすすみますよ(^^)

そこに、フォカッチャも登場。

    IMG_1510

前菜盛とフォカッチャとオリーブオイル。
これだけで、ワインが1本空いちゃうかもしれませんね^^;

9種類の前菜を楽しんだ後は、温かいアンティパスト。

           IMG_1514

この日は、ホワイトアスパラとホタルイカを使った料理。
素材の旨味が上手く引き出されています。
美味しい!

このあたりで、白ワインのボトルもお願いする。
ワインと料理のマリアージュが本当に楽しい。

次の料理は、からすみを使ったパスタ。

     IMG_1528

からすみの旨味がタリアテッレによく絡み、美味しい。

魚料理は、その日に市場に並んだいいもので作るのだとか。

       IMG_1535

この日は、オマール海老とホタテ、そしてスズキのソテー。
ソースの味わいはごく控えめ。
でも、素材の味わいがしっかりしているから、美味しすぎて笑いが止まらない。
残ったソースはもちろん、フォカッチャを使ってきれいにいただきます。

    IMG_1551

肉料理のメインは、黒毛和牛のタリアータ。
バルサミコを使ったソースに、レンズ豆が添えられています。
グラスの赤ワインもいただき、しっかり堪能させていただきました。

          IMG_1558

ドルチェは、5種類も盛られていて、さすがの豪華さ。
ゆっくりと楽しませていただきました。

    IMG_1570

食後のコーヒーは、焼き菓子と一緒に楽しみます。
前菜に始まり、デザートまでのすべてにおもてなしの心を感じます。
ランチも感動しますが、ディナーもさらなる充実感を堪能させていただきました。

ディナーコースは、3,500円のものと、5,000円のものがあって、
この日にいただいたのは、5,000円のコースです。
(アラカルトも用意されていますよ。)

ぜひ予約して行ってみてくださいね!
おすすめします。










【トラットリア コチネッラ(trattoria Coccinella)】
住 所:神戸市中央区中山手通2−17−6    MAP
電 話:078-221-1725
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:00) 18:00〜22:30(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

かつては、京都嵐山や軽井沢などに多くあった、芸能人のお店。みなさんも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?北野武の、元気が出るハウス、北野印度会社(カレー)。とんねるずの番組「ねるとん紅鯨団」のバレンタインハウス。田代まさしのマーシーズ。梅宮辰夫の ...
続きを読む
かつては、京都嵐山や軽井沢などに多くあった、芸能人のお店。
みなさんも一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?

北野武の、元気が出るハウス、北野印度会社(カレー)。
とんねるずの番組「ねるとん紅鯨団」のバレンタインハウス。
田代まさしのマーシーズ。

梅宮辰夫の漬物本舗・・・・
あ、「辰ちゃん漬」のお漬物屋さんは、まだお店があるみたいです。

今でもそんなお店のグッズを持っていれば、ひょっとして価値が上がっていたかも^^;

そんなタレントショップではないですが、
郷ひろみさんのイタリアンとしてオープンしたお店、
“SOGNI di SOGNI(ソーニ・ディ・ソーニ)さん、
今でも営業されています。
 
          IMG_6889

しかも、かなり美味しくなったとの噂がちらほら。
そんな話を聞き、どうしても食べてみたくなって、
ランチタイムにお邪魔させていただきました。

      IMG_6894

店内は、ずらりと並ぶカウンター席が20席と、テーブル席が4席。
そして、個室も用意してあります。

「ディナーでガッツリもいいけれど、
ちょっと優雅なランチタイムにもなかなか使えますよ!」

そんな言葉を聞き、ちょっと豪華なランチを楽しんできました。

先ずは、前菜の盛り合わせ。

       IMG_5986

こうやって見ていても、丁寧に作られているのを感じますね。

   IMG_5989

これは、里芋のガレットとえびすもち豚ホホ肉のマルサラ酒煮。
ちょっと迷いましたが、一口でいただきます。
口の中で豚ホホ肉がくずれ、ソースと一体になる感じがクセになる(^^)

そして、ピックに刺しているものは、
鴨のフォアグラのテリーヌにグリオッシュパウダーでまぶして、
紅玉リンゴのカラメルをのせているもの。

         IMG_5990

まさか、ランチタイムにもこんな感じで、
本気のイタリアンが出てくると思ってなかったので、
ちょっとしたサプライズですね(^^)

そして、盆付きガラス容器のなかは・・・

      IMG_5993

カリフラワーのムースの上にホタテ貝のタルタルを重ねてあるもの。 
蓋をあけたに、スモークオイルの香りをお楽しみくださいとのこと。
こういう演出、いいですね(^^)

       IMG_5997

こうなってくると、やはりワインをお願いしたくなるもので^^;
こちらのお店、ワインもいろいろと揃っています。
相談すると、料理に合うものを持ってきてくださいますよ。 

       IMG_6897

そして、 四角いグラスに入っているのは、
クスクスのサラダと真鯛のカルピオーネ。

         IMG_5992

からすみの味わいもいいアクセントになっていますよ。 

         IMG_5991

こちらは、 スペックハムでグロビエラチーズを渦状に巻いたもの。
下に敷いてあるズッキーニと一緒にいただくと、いいバランスを楽しむことが出来ますよ。

そんな感じで、前菜だけでもかなり楽しむこととが出来ます。

前菜のあとは、スープをいただきます。

     IMG_5995

これは、金時芋のスープとのこと。
スプーンですくってみると・・・

            IMG_6010

中には、鴨のサルシッチャが入っています。
鴨の味わいと優しい甘みのスープがかなりいい感じ(^^)

     IMG_6002

このタイミングで提供されるパンも嬉しいですね。
ちなみにパンは自家製で、お店で焼き上げているのだとか。
美味しいので、思わずおかわりもしちゃいました(^^)

前菜を楽しみ、スープを堪能したあとは、いよいよメイン。
先ずは、魚料理のメインから。

       IMG_6017


こちらは、 タスマニアサーモンのソテー。
皮目をパリパリに焼いており、かなりいい感じ(^^) 
ソースは、白インゲンを使ったもので、これをタップリと絡めていただくのが美味しい。
紋甲イカのトマト煮もいいアクセントになっていましたよ。

魚料理をいただいたあとは、いよいよ肉料理のメイン。

              IMG_6026

これは、仙台牛(A5等級)のネックを赤ワインで煮込んだもの。
すごく柔らかくて味わい深いです。
ステーキもいいですが、こんな感じで手間を掛けた煮込み料理は嬉しいですね。


         IMG_6024

やはりこれには、赤ワインを合わせないといけませんね(^^)

そして、リゾットもいただきましょう。

        IMG_6056

この日は嬉しいことに、松茸のリゾットを用意してくださいました。
日本の伝統の味わい松茸と、イタリアンの出会い。
これは楽しいですよ(^^)

そしてデザートには、
ラ・フランスのクレームブリュレとピスタチオのジェラートをいただきます。

         IMG_6072

シェフの腕はもちろんですが、こちらのお店のパティシエ、
かなりセンスがいいですよ(^^)
パンもパティシエが焼いたそうなのですが、かなり美味しい。
ぜひ味わっていただきたいです。

       IMG_6078
 
そんなパティシエが作った焼き菓子もいただき、かなり満足させていいただきました。

この内容で、5,000円(ワイン別)はかなりお値打ちだと思います。
そして、ディナーは更に豪華で充実した内容になるのだとか。
ぜひ今度はディナーにもお邪魔させていただきたいと思います。

 











【SOGNI di SOGNI(ソーニ・ディ・ソーニ)】
住 所:大阪市中央区心斎橋筋2-1-6    MAP
電 話:06-4708-1635
営業時間:11:30〜15:00(L.O.13:00) 18:00〜22:00(L.O.20:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

浦と裏。共に読み方は「うら」。でも、その意味は全く違っていたりしますよね。「浦」の方は、海や湖が湾曲して陸地に入り込んだ場所で、入江とも言う。そういえば、勝浦も、鞆の浦も、二見浦も確かに入江になっている・・・。そして「裏」の方は、表通りに対しての裏通り、 ...
続きを読む
浦と裏。

共に読み方は「うら」
でも、その意味は全く違っていたりしますよね。

「浦」の方は、
海や湖が湾曲して陸地に入り込んだ場所で、入江とも言う。
そういえば、勝浦も、鞆の浦も、二見浦も確かに入江になっている・・・。

そして「裏」の方は、表通りに対しての裏通り、
表面からは見えない部分のことを指す。

最近流行りの「ウラなんば」や、
「裏福島」、「裏谷四」なんかもこれにあたるのかも。

ところで、天満市場のすぐ横にある食堂「ひろや」ってご存知でしょうか?
主に、市場関係者が食事をしたり、仕事の後に一杯飲むためのお店なので、
営業時間は、午前1:00〜11:00。

私達のようなものには、あまり縁のないお店かもしれません。

そんな「ひろや」に裏の顔がある。
その名も”裏HIROYA(裏ヒロヤ)

         IMG_6881

先日の台風(2018年台風21号)によって、お店のテントは悲惨なことになっていますが、
ちゃんと営業されていますよ。
暖簾をよく見ると、裏返しに「HIROYA」
裏返しにかけてあるのかと思えば、「葡萄酒場」の文字は、ちゃんとなっている。
これで正常なのです。

夕方にこちらのお店の前に行くと、いつも長蛇の列が出来ているのです。
ここ、予約は不可能で、みなさん開店前から並んでいるのです。

この日は、ずっと気になっていた”裏HIROYA”さんに潜入することが出来ました。

店内は、厨房を囲むようにすべてカウンター席。
奥の席に案内していただきました。
先ずは飲み物を注文。

         IMG_6878

生ビールもあるけれど(400円、安っ!)、ここはグラスの白ワインをお願いします。
(葡萄酒場ですからねぇ〜)

          IMG_5913

何はともあれ、まずは乾杯〜!
飲み食べ好きな3人衆で楽しむぞぉ〜。

それと同時ぐらいに、黒板に書かれたメニューも持ってきてくださいます。

      IMG_5910

真鯛のカルパッチョ:780円
やりいかのフリット:550円
牛バラ肉の赤ワイン煮込み:750円
骨付きスモークチキン:1本 700円、3本 1,000円、4本 1,250円。
(これ、1本だけの人って気の毒ですよね^^;)


それにしても、リーズナブル。
何品か、気になるものを注文します。

         IMG_6876

平日にも関わらず、店内は大盛況!
厨房の中もフル回転ですよ。

先ずは、ポテサラジェノベーゼと温玉。

        IMG_5926

おぉ、結構ボリュームありますよ!
温玉を崩すタイミングはいつにするのか・・・
そんな事を考えながら楽しみます。
それにしても、これがまた美味しい(^^)

そして、色々な貝の白ワイン蒸し。

      IMG_5918

アサリ、ムール貝などがたっぷりと入っていて楽しい。
これが、たったの680円っていうのも素晴らしい!

さらに、真鯛のカルパッチョ。

            IMG_5934

お洒落とか、上品だとかって言葉はここでは無用。
美味しいものをたっぷりと市場価格で。
なるほど、みなさん開店前から列をなすのも納得ですよ(^^)

そして、蟹とブロッコリーのかにみそクリームパスタ。

         IMG_5938

これがかなり美味しい。
パスタって、お腹も満たされるし、それでいてワインの友にもなる。
優等生ですよね(^^)

        IMG_5940

比較的遅めに時間(21:00過ぎ)に行ったので落ち着いているかと思いきや、
お店の中はまだまだ活気があります。
とはいえ、こちらのお店の営業時間は22:00まで。(厳守ですよ〜)
最後に、骨付きスモークチキンと赤ワインをいただきます。

         IMG_5943

骨からほろっと外れるほどに柔らかい。
デキャンタで注文したワインがあっという間になくなってしまいます。

もう少し楽しみたかったけれど、ここでタイムアウト。
続きはまた今度のお楽しみに!

裏HIROYAさん、開店時間の18:00少し前に、20人位の行列だったら、迷わず並べ!
そして狙い目は、1回転目のお客さんが帰るくらいの時間帯。
ボリュームあって美味しくて安い。
一度味わうとやめられなくなりますよ〜!








【裏HIROYA(裏ヒロヤ)】
住 所:大阪市北区池田町5-1    MAP
電 話:非公開
営業時間:18:30〜22:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日・祝日の月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

今でもオートバックスで売っていたら、ノリで買ってしまうかもしれないもの、「冷房車」と書かれたステッカー。今では当たり前な、自動車のエアコンですが、昔は高級車にしかない装備。今のように、真夏に気温が30℃そこそこまでしか上がらなかったから、走行中に入ってくる ...
続きを読む
今でもオートバックスで売っていたら、ノリで買ってしまうかもしれないもの、
「冷房車」と書かれたステッカー。

今では当たり前な、自動車のエアコンですが、昔は高級車にしかない装備。
今のように、真夏に気温が30℃そこそこまでしか上がらなかったから、
走行中に入ってくる風でなんとかなったんでしょうね。
(信号待ちの時は、サウナ状態でしたが^^;)

市バスも冷房車は稀で、京阪電車も(地下鉄はまだ延伸してなかった)
千林に止まる各駅停車に冷房車はなく扇風機車。

そんなローカルで庶民の街、千林。
今でも昭和の雰囲気が漂う街なのです。

古い民家も立ち並び、長屋もまだまだ残っています。
ん、あの古い家、なんか改装してるぞ・・・。

そんなことを思いながら見ていた建物が、雰囲気のいいイタリアンに。

          IMG_6883

早速ランチタイムにお邪魔させていただきました。

   IMG_6885

お伺いさせていただいたのは、炭焼とワイン fusione”さん。

ご夫婦お二人で切り盛りされていて、
オーナーシェフはリッツ・カールトン大阪のイタリアン、
「Splendido」にいらっしゃったのだとか。

開店時間直後にお邪魔させていただき、カウンター席の入口側、
シェフの目の前に案内していただきました。

        IMG_5949

席に座り、まずはメニューを確認します。

    IMG_5951

ランチは、A(1,500円)、B(2,500円)、C(3,500円)の3種類。
パスタ、肉or魚、肉・魚の両方と、
そしてCだけは、デザートがグレードアップされているようです。

          IMG_5952

本日のパスタは、赤エビのペスカトーレか、サザエとじゃがいものジェノベーゼ。

魚料理と肉料理も選ぶことが出来るようです。

この日は、初訪問だったので、Aランチをお願いしました。

店内は、カウンター席の他にも奥にテーブル席があるようです。

     IMG_5956


天井は吹き抜けになっていて、ゆったりとした空間で寛ぐことが出来ます。

     IMG_5953

古民家のいいところ生かして、
お洒落な空間にリノベーションさせていますよ。

2階は個室のような感じになっています。

        IMG_5958

そして、2階からは1階を見るとこんな感じ。

      IMG_5959

梁が上手く目隠しになっているのです。
こういうのも上手だなぁって思いますね。

まだお客さんがいなかったので、いろいろ見せていただきました。
そして、席に帰ってきてしばらくすると、前菜の盛り合わせが出来上がります。

          IMG_5961

モッツァレラとフルーツトマト、とうもろこしのフィナンシェ、
湯葉豆腐に山葵ソース、そこにキャビアを添えたりして、ワクワク感も満載!
キンメダイの炙りに、チーズのアイスクリーム仕立てなど、サプライズ感も素晴らしい。

すごくセンスありますよね(^^)

これにワインを合わせたら・・・
いえ、これはワインが必須というもの。
車で来たことを激しく後悔してしまいます^^;

前菜をしっかり楽しみ、余韻に浸っていると、先にバケットを出していただき、
間もなく私がお願いした、サザエとじゃがいものジェノベーゼ出来上がってきました。

         IMG_5969

大きなお皿にタップリと。
ボリュームも結構ありますよ!

それにしても、サザエがタップリ。
これは嬉しいですね。

では早速いただきましょう。

           IMG_5973

       (^^)(^^)(^^)

美味しい!
バジルの香りとサザエの味わい、これが実に良く合います。
アルデンテなパスタに、タップリのソース。
もちろん、バケットにソースを絡めて食べることも忘れません。

        

    IMG_5966

こちらは、同行していただいた方が注文した、赤エビのペスカトーレ。
一口いただきましたが、海老の濃厚な風味が病みつきになりそうで、
かなり美味しかったです。

パスタをいただきながら、目の前の厨房を見ていると、
肉厚のサーモンがじっくりと焼き上げられるのが見えます。

そして、鴨肉の厚くて大きいこと!
あのレベルのものが、プラス1,000円でいただけるのは、凄いなぁ・・・
素直にそう思ってしまいます。

パスタを楽しんだ後は、デザートをいただきます。

         IMG_5984

ガトーショコラは、エスプレッソと合わせて楽しみ、
アイスクリーム状のものは、半分は凍ったままのものをいただき、
残りの半分は、半生になったもムース状の食感を楽しむ。
そして、真ん中のものは、和三盆を使ったデザートでしょうか?

「フォークで刺そうとすると、飛んでいってしまいますので^^;」

そんな説明をいただいたので、手で摘んでいただきます。
口の中で溶ける感じが気持ちいいですよ(^^)

そんな感じで、かなり満足させていただきました。

私たちが食事をしている間も、予約のお客さんが次々と来店されていました。
リピーターが多いんだなぁ・・・
そう感じました。

実際に、私たちも、“また食べに来たい!” そう思いました。

お聞きすると、予約で満席になることも、しばしばあるのだとか。

千林なんだから、大丈夫でしょ?

そう思わずに、予約していかれることをオススメしますよ!

           IMG_6886

想像以上に美味しくて、心地よくて、満足度が高かったです。
一流のイタリアンの味わいを、千林大宮で気軽に味わってみませんか?
オススメしますよ!


  








【ワインと炭焼き fusione】
住 所:大阪市旭区大宮4-20-27    MAP
電 話:06-6753-9185
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜22:00
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ
お店のInstagramはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

親しみやすく わかりづらい。なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。まさにそんな感じのお店なのです。ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。           お店の名前は ...
続きを読む
親しみやすく わかりづらい。

なんかそれって、わかるような、わからないような・・・。
まさにそんな感じのお店なのです。

ある宴会の二次会のお店を探して、老松通りをゆったり歩くと、
何故か引き込まれるような感じのお店に出会います。

           IMG_9545
お店の名前は、“エクウス”さん。

雑多な雰囲気があるものの、店内を覗くと女性のお客さんがワイングラスを傾けて、
楽しそうにしている光景が目に入る。

たしかに、すごく気になる雰囲気のお店。

一緒にいたメンバー、顔を見合わせると、無言で頷く。
そんな感じで訪問したのが最初。

店内には、懐かしいものや珍しいものが、そこら中に所狭しと並んでいる。

松田聖子のファーストアルバム「SQUALL」、宮沢りえの写真集「Santa Fe」、
漫画「美味しんぼ」・・・。

そんなものがあると思えば、
シャトー・ラトゥール1967ビンテージ、清原和博さんのサインなどもあり、
まぁ、不思議な雰囲気なのです。

そして、店主のキャラとサービスも最高で、料理も美味しい。
そんなアンバランス・・・じゃないな、ギャップが心地よくて、
後日、予約して再訪させていただきました。

         IMG_9466

まだ陽のある時間に来るとこんな感じ。
より一層、親しみやすく わかりづらいが実感できます^^;

店内に入ると、店主の前田さんが笑顔で迎えてくださいます。

この日は、おまかせでお願いしたので、どんな料理が出てくるのワクワクします。
そんな感じで、先ずはビールで乾杯!

         IMG_9474
こちらのお店では、サッポロラガービール(赤星)をいただくことが出来ます。
グラスも赤星のもので、こういうところの気遣いもかなり嬉しいですね(^^)

ちなみにメニューはこんな感じです。

    IMG_9469

メニューに載ってなくても、リクエストすればいろいろ出してくれるかもしれません。

店内はこんな感じで、宝の山のようにいろんなものがディスプレイされています。

          IMG_9470

  IMG_9472

「たこ焼きくださ〜い」って言ったら、本当に出てくるかもしれませんね^^;

そんな感じで、店内のあれこれを見ながら、みんなで賑わっていると、
最初の料理ができあがって・・・

         IMG_9478

って、いきなりデザート^^;
いえいえ、これがワインとよく合うのです。

   IMG_9504

このメロンが実は、只者ではない。

         IMG_9485

こんなにも細かい模様がビッシリと入って、高級メロンの証ですね。

  IMG_9481

これは、大分県豊後高田、 山田さんちの「みさきグリーンメロン」だそうです。

最初から極上のメロンが出て、すっかりエクウス・・・前田ワールドに引き込まれます。

そして、次の料理は、仙鳳趾の生牡蠣。

           IMG_9492

牡蠣の名産地も、日本各地にいろいろありますが、
私はここ、仙鳳趾のものがクリーミーで一番好みなのです。

牡蠣をじっくりと味わった後は、ポタージュスープ。

     IMG_9496
 

素材が濃厚に溶け込み、これも完全に食べるスープ。
じっくりと口の中で旨味が広がり、余韻までもが美味い。
スープにワインを合わせて楽しむ、そんなことができてしまうから本当に面白い。

そんな感じで、スープの余韻を楽しんでいると、パスタが登場。
       
           IMG_9506
 
「これ、何のパスタですか?」
 
そう問いかけるも、笑顔で食べて見て当ててください(^^)
なんて言うものだから、楽しさも倍増。

食べてみると・・・

     (^^)(^^)(^^)

美味っ! 


何と、スッポンをパスタにして出していたただ来ました。

このスッポン、臭みなんで全くなし、初めてスッポンを食べるって方にも、
是非味わっていただきたいほどに美味しい。
これは、また食べたい料理ランキングの中に、確実にランクインですね(^^)

パスタを食べ終え、しばらく余韻に浸っていると、スパイスのいい香りが…
        
      IMG_9530

 
登場したのは、石焼カレーライス。

アツアツの石鍋にたっぷりのカレー。

ジューッっていう音とともに、目の前で混ぜ合わせてくださいます。

           IMG_9516

     IMG_9526

 

これ、いくらでも食べられそうですよ(^^)

そんな感じで、満腹になり、かなり満足させていただきました。

こちらのお店、エクウスさん、まだまだ引き出しがあって、
いろんな料理のレパートリーがあると確信。

ここ、また確実にお邪魔させていただきたいと思います。

また、ランチの営業もされているみたいなので、
ランチタイムにも一度お邪魔させていただきたいと思います!
        




【エクウス】
住 所:大阪市北区西天満4-7-15    MAP
電 話:06-6363-3003
営業時間:11:30〜14:00  18:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日(月曜日が祝日の場合は、日曜日営業、月曜日が休み)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京ラブストーリー以来27年ぶりに、鈴木保奈美さんと織田裕二さんがドラマで共演するらしい・・・。東京ラブストーリー、ハマってました。明るく開放的な「りか」が大好きで^^;でも、友人達はみんな、有森也実さん演じる、「さとみ」ちゃん派だったのですよね・・・。カンチ ...
続きを読む
東京ラブストーリー以来27年ぶりに、
鈴木保奈美さんと織田裕二さんがドラマで共演するらしい・・・。

東京ラブストーリー、ハマってました。
明るく開放的な「りか」が大好きで^^;

でも、友人達はみんな、有森也実さん演じる、「さとみ」ちゃん派だったのですよね・・・。

カンチ〜!

あの頃が再現されるのでしょうか?

どちら派と言えば、みなさんはフレンチがお好きですか?
それとも、イタリアン?

この日は、奈良県の大和高田まで、イタリアンを楽しみに行ってきました。

お伺いしたお店は、“37+1(サンジュウハチ)さん。

           IMG_9697

近鉄南大阪線(吉野の方に行くやつね)の、高田市駅から歩いて5分位のところにお店はあります。

こちらのシェフには、以前ちょっとしたイベントの出張料理に来ていただいたことがご縁で、
ぜひお店の方にもお伺いさせていただきたいと思い、行ってきました。

「こんにちは〜」
「いらしゃいませ。」


その時は、ラフな感じのシェフも、お店ではビシッとされています。
(当たり前か^^;)
そして、店内もビシッとしている・・・。
って、そんな表現じゃわかりにくいですね^^;

           IMG_9703

シンプルな中にも、あちこちにこだわりが見える店内は、
木のぬくもりと、スケルトンなシンプルさが協調して、さりげない高級感が漂います。

ランチコースは、4,600円か、6,500円。
リクエストすれば、更に特別なコースも用意できるのだとか。

ランチとディナーの内容、値段の差もそんなに大きくないとのこと。

内容は、その日の仕入れによって変わるとのことで、サプライズ感あり。
行って、何が出てくるのかワクワクっていうのも楽しいですよね(^^)

          IMG_9707

飲み物のメニューはこんな感じです。
こちらのお店では、日本の良いワインの魅力を知ってもらおうと、
店主自ら探し歩いた逸品が揃っています。

ボトルワインをしっかりと堪能するのもいいし、
料理に合わせて、グラスワインを楽しむのもいいですね。

この日は、料理に合わせて、グラスワンをチョイスしていただくことにしました。

         IMG_9710
先ずは、長野県の「信州たかやまワイナリー」のシャルドネ。
味わいは、甘い香りに対して、キリッと辛口。
これは、料理と合わせると絶対に面白い予感がします。

   IMG_9714
そんなワインと一緒にたのしむ、最初の料理は、 
大和葛城山麓の鴨を使った、パテドカンパーニュ。

先ずは、そのままいただいて、深い旨みを堪能。
なるほど、これは先程のワインと凄くよく合いますよ!

その後、ソースと合わせたり、マスタードと一緒に楽しんただりして、
味のバリエーションを楽しみます。

ちなみに、真ん中にあるのが、きゅうりと梅のソース。
梅と言っても、ギリギリのところで調合してあるので、
梅の酸味が目立つことは無し。
どちらかというと、言われなければわからないかもしれません。
爽やかな風味は、梅の仕事なのですね。

             IMG_9715

ソースの横に添えてあるもの、これなんだかわかりますか?
これは、マイクロきゅうりといって、指先に乗っかるくらいの大きさです。
でも、食べてみると、きっちりキュウリ!
こんなものがあったなんて知らなかったです(^^)

次の料理は、かぼちゃのスープ。

         IMG_9720

この時期なので、冷静パンプキンスープかな・・・
そんな想像をしましたが、そうではなく温かいもの。

なんでも、2種類のかぼちゃを圧力を下げることで、旨味を抽出したのだとか。
真空状態ってことなのか?

何はともあれ、いただいてみましょう・・・
あれ?
スプーンは・・・

「テーブルの下に、ひきだしがあってそこにスプーンなどが入ってます」

とのこと。

               IMG_9719

おぉ、なるほど!
こういう演出も素敵です(^^)

それでは早速いただいてみましょう。

          (^^)(^^)(^^)

う、うわぁ!
これ、凄いや。

これをスープと言ってしまっても良いのだろうか・・・。
想像以上のマッタリ感。
濃厚で口の中に絡みまくる旨味。
砂糖はもちろん、塩も使ってなく、
かぼちゃが持ってる甘味と旨味を引き出しているのだとか。

ここのシェフ、凄いことするなぁ・・・。

そして、自家農園栽培の40種類のサラダ。

            IMG_9724

めっさ綺麗。
料理というよりももう、何かの芸術作品を見ているようです。
ソースは、上のオレンジ色のものが、人参のソースで、
下のムラサキのが、キャベツのソースなのだとか。

引き出しから、フォークを・・・
いえ、これはお箸でいただきましょう。

        IMG_9729


        (^^)(^^)(^^)

えぇ、野菜ってこんなにも美味い。
ソースを付けなくても、ドレッシングもかけてあってこれだけでも充分に美味い。
甘み、酸味、少しの苦味、フレッシュ感。
それらが一体になって、凄く楽しい。
そして、2口目には、ソースも絡ませていただきます。

これ、野菜だけなのに本当に飽きることがない。
季節ごとに変わる美味しさ・・・
ということは、この日に食べたサラダはある意味、一期一会の味わい・・・。
こういうのも楽しいですね(^^)

このソースをパンにつけて食べても美味しいのでは・・・

        IMG_9733

そう思っていると、フォカッチャも登場。
これも、ふわふわで美味い(^^)

前菜、スープ、サラダと楽しんだあとはパスタの登場。

      IMG_9741

こちらは、夏野菜を使ったパスタ。
それにしても、本当に野菜が美味しい。
トマトベースのソースに、ほんの少しレモンを使っているとのこと。

食べてみると、レモンの爽やかな香りを感じます。
でも、レモンの酸味がパスタの味わいを支配することなく、本当にギリギリ。
この、ギリギリの極め方が本当に見事なのです(^^)

         IMG_9748
そして、2番めのパスタは、牛肉とビーツのミートソースパスタ。

宇宙を思わせる青いプレートに、描かれるように盛られたパスタ。
思わず見とれてしまう。

最初は、ミートソースパスタの部分だけをいただき、
その後、ビーツのソースと混ぜ合わせる。
決して量が多いわけではないのだけれど、これだけで満足させるパワーがある。
赤ワインとの相性も上々!

そしてこのお皿、店主が自ら制作したものなのだとか。
聞けば、子供の頃から陶芸をやっているのだとか。

そしてメイン料理は、三田ポークのロースト。

           IMG_9757

高温と低温を使い分け、じっくりとローストさせたのだとか。
生に見えるけれど、決して生ではなく、ちゃんと火が通っている状態。
これが本当に美味しい(^^)

旨味、食感、余韻・・・

そのすべての融合って、こういうものなのかもなぁ・・・
しばし、そんなことを思いながら楽しみます。

そしてデザートは、岡山県のピオーネとカシスのジェラート。

             IMG_9760

ピオーネの混じりっ気のない甘みと、カシスの甘酸っぱさの調和が完璧。
そのすべてが計算されつくされている。
そんな満足感を感じます。

      IMG_9766

最後に、カプチーノもいただき、ゆったりした時間の流れと余韻を楽しみます。

自家栽培の野菜を作り、研究し、
また農家さんや学生さんにも農業のことを教えることもあるのだとか。

栽培、料理、陶芸・・・

本当に多彩なシェフです。
話していても、わかりやすいし楽しい。

食事を終わり、少しお話をさせていただきました。

これだけのものをお持ちならば、(失礼ながら^^;)もう少し街中で営業されても・・・

そんな質問に対しては、

この場所だからこそ、流行りとかではなく、
本当に自分の料理を食べたい方だけが来てくださる。
自分の料理が目的で来てくださる方がどのくらいいるのかが、わかるのですよ。

とのこと。

そして、2回目来てくださる方は、確実に常連になっているのだとか・・・。

こちらのお店、予約してわざわざ行く価値が本当にあると思います。

大阪から行くのには、少し時間がかかります。
でも、それでも行きたいお店だと、私は感じました。

季節が変わるころ、
また予約させていただきたいと思います。












【37+1(サンジュウハチ】
住 所:奈良県高田市片塩町12−11    MAP
電 話:0745-22-3118
営業時間:12:00〜14:00  18:00〜23:00  ※完全予約制です。
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生時代、授業中の暇つぶしの仕方、いろいろ開発した方も少なくないのでは?一番メジャーなのが、教科書の挿し絵や写真への落書き。フランシスコザビエルなんて、格好の餌食でしたものね^^;あと、地図帳も宝の宝庫。南太平洋のエロマンガ島、インドネシアのキンタマーニ、 ...
続きを読む
小学生時代、授業中の暇つぶしの仕方、いろいろ開発した方も少なくないのでは?

一番メジャーなのが、教科書の挿し絵や写真への落書き。
フランシスコザビエルなんて、格好の餌食でしたものね^^;

あと、地図帳も宝の宝庫。

南太平洋のエロマンガ島、インドネシアのキンタマーニ、トルコのシリフケ、
ミクロネシアのクサイ島、マレーシアのパンティ・・・


変な名前の地名を見つけては、隣に座る友達に見せて爆笑し、
先生に怒られる。

現地の人に聞かれたら、怒られますよね^^;

ではその逆、日本の地名、固有名詞で、
外国人が聞くと、変な意味になるのは・・・。

近畿地方の「近畿」・・・キンキが、英語の「kinky」に聞こえるそう・・・。
「kinky」をGoogle翻訳すると、出てきた表示は、「変態」^^;

だから、マグロの養殖に成功した近畿大学は、英語表記を「Kinki university」から、
「Kindai university」にしたのだとか。

言葉っていろいろと難しいですね。

さて、そんな言葉の聞こえと意味の違いを上手く利用したお店に行ってきました。

            IMG_4648

お伺いさせていただいたのは、“銀座スケベニンゲン”さん。

最初は目を疑い、二度見しました^^;
1度見てから、ずっと気になっていて、
先日やっとランチタイムにお邪魔させていただいたのです。


     IMG_4647

       since1977。
もう、30年以上もスケベニンゲンであり続けていらっしゃいます^^;

  IMG_4646
スケベニンゲンというのは、実際にオランダにある地名で、
北海に面するリゾート地で、
店主がそこを訪れた時に、「これだ!」と店名にしようと思い、
市長と面会し、名前をいただいたのだとか。

階段を下って、地下に降りると、お店の入口があります。

中に入ると、お店の方が出迎えてくださり、
2人掛けのテーブル席に案内してくださいました。

来る前に、お店のHPを見て、メニューを予習していたので、
一番人気のスパゲッティ、「フリッタータ」をお願いします。

ランチタイムには、どのスパゲッティにもサラダとドリンクが付いています。

         IMG_4613

赤ワイン白ワインならば、追加料金なしでいただけるのも嬉しいですね。
(このあと、仕事があったので断念しましたが^^;)

店内は、2人掛けのテーブルが9つと、4人掛けのテーブルが2つ。
銀座のイタリアンと言うことで、女性のお客さんが大半かと思いきや、
意外に私のような男性のおひとり様も何人かいらっしゃいます。

お願いした、「フリッタータ」は、
ミートソース、卵、チーズでオムレツ風に焼き上げたスパゲッティ。
新梅田食道街にある、お好み焼き店「きじ」のモダン焼きのようなものかなぁ・・・。

     IMG_4626

ランチョンマットには、絵が描かれてあります。
そこには、フリッタータのものもありますね。

スパゲッティが出来上がるまでの間、他にどんなメニューがあるのか見てみましょう。

      menu2

自家製ミートソースに生クリームを加えた、「マンマの怒ったパスタ」。
ソーセージの入ったスープパスタの「フランクフルト」。
スープに溶け出す魚介の旨味が魅力的な「エーゲ海」。


   menu1

ソーセージ、アスパラ、パルメザンの入った「カーロ・マフィア」。
本場にはない、日本オリジナルの味「ナポリターナ」。
ツナ・オリーブ・ドライトマト・ニンニクが絶妙な「ニコラさんのほほえみパスタ」。

そして、何よりも気になったのはこれ。

           IMG_4623
店名を冠した「スケベニンゲン」。
魚介と野菜を使ったスープパスタで、白ワイン満タンなのだとか。
だから、未成年者と車の方はNG。

このあと、仕事でなければ、チャレンジしていたのに無念。

それにして、スケベニンゲンでスケベニンゲンを食すって言うの、
是非やってみたいですね。
             IMG_4627

ディナータイムに来て、CIN CIN(チンチン)コースと言うのも魅力的ですが^^;
※“CIN CIN(チンチン)”は、イタリア語で乾杯の意味。

そして、まもなくサラダが登場。

      IMG_4624

自家製のドレッシングも美味しい。
これは、パスタも期待できそう・・・
そんな直感が働きます。

そんな感じで、メニューを見て、サラダを楽しんでいると、
お願いしたスパゲッティ、フリッタータが出来上がってきました。

         IMG_4631
あ・・・本当にオムレツみたいですね。
これ、ナイフもいるのかなぁ・・・
先ずは、フォークだけで試してみましょう。

     IMG_4633

あ、結構すぐにほぐれます。
これならば、大丈夫そうですね(^^)

それでは早速いただきましょう。

     (^^)(^^)

お、これは結構イケる!
パリッとした食感はそんなに強くなく、
そのあとにくるまったりとした感じと旨味の方が印象的。
これは、リピートしたくなるでしょうね。

           IMG_4638

食べすすんでいくと、このカリッとした表面の部分の美味しさにハマってゆくのです。
カリッとした食感と、パスタのもちっとした食感のコラボがかなりいい感じ(^^)

  IMG_4634

気がつけば、フォークを運ぶ手がたまらなくなっているのです。

         IMG_4642

後半は、添えてあるレモンをフリッタータに搾って、サッパリ感を出してみましょう。

   (^^)(^^)

これもいい感じ。
マッタリとサッパリのバランスが良く、飽きることなく食べすすむことが出来ますよ。

そんな感じで、あっという間に完食。

想像していたよりも、ずっと美味しくて
オリジナリティ溢れるランチをいただくことが出来ました。

次回は是非、ディナータイムか休日に訪問して、
ぜひ「スケベニンゲン」をいただいてみたいと思います。


 







【GINZA SCHHEVENINGEN(銀座スケベニンゲン)】
住 所:東京都中央区銀座3−7−13 成田屋ビル B1F    MAP
電 話:03-3567-5346
営業時間:11:30〜15:00 17:30〜23:00
     ※土曜日と祝日は、11:30〜22:00 
煙 草:ランチタイム(11:30〜13:00は禁煙)
定休日:日曜日・第1月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

GINZA SCHEVENINGENパスタ / 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

        
このエントリーをはてなブックマークに追加

BEEF or CHICKEN、赤ワインか白ワイン、チキンカレーかキーマカレー、ナポリタンかミートソース、きつねか、たぬき、ビーフシチューかクリームシチュー、レモンティーかミルクティー・・・。世の中には迷うことだらけです^^;おそらく、そんな人が多いから、あいがけカレーっ ...
続きを読む
BEEF or CHICKEN、
赤ワイン白ワイン、
チキンカレーかキーマカレー、
ナポリタンかミートソース、
きつねか、たぬき、
ビーフシチューかリームシチュー、
レモンティーかミルクティー・・・。

世の中には迷うことだらけです^^;

おそらく、そんな人が多いから、あいがけカレーって登場したのでしょうね。

スリランカカレーなんて、混ぜて食べることを推奨しているし、
たくさんのっかっていた方が楽しい・・・。

でも、通常は混ぜて食べないものの方が多いですよね。

赤ワインと白ワインを混ぜても、ロゼにはならない。
ナポリタンとミートソースを混ぜるなんて・・・
ん、ひょっとして、美味しいかもしれない??

そんな発想から来たのかどうかは、定かではありませんが、
トマトを使ったボロネーゼと、白い生クリームソースのスパゲッティが
一緒にいただけるメニューがあるのです。

        IMG_0555

この日にお伺いさせていただいたのは、東京新宿の新宿センタービル。

  IMG_0583

新宿駅から、都庁前の方に向かって、地下通路を歩いて行くと、到着できます。

お伺いさせていただいたのは、麺の食感が人気のスパゲッティのお店、
その名も“あるでん亭”さん。

         IMG_0579

この日も、開店前から行列が出来るほどの人気ぶり。
その最後尾に並んだ甲斐あって、開店して間もなく席に案内していただきました。


カウンター席に案内していただき、先ずはメニューを確認します。

     IMG_0545

スパゲッティは、トマトソース、クリームソース、和風、塩味に分かれていて、
気になるメニューがたくさんあります。

 IMG_0548
おつまみや、お酒もあって、ちょっと一杯楽しむことも出来そうです。
       
         IMG_0549

こちらのお店をすすめてくれた友人のすすめに従い、
カルボナーラにすべきか、
生クリームの代わりに、サワークリームを使った、ロレンツァにすべきか、
アリタリア航空クルー直伝レシピの、にすべきか・・・。

これ、本当に迷いました。
でも、クルー直伝レシピがどうしても気になり、
アリタリアをお願いしました。

店内は、入口を入って、右側がテーブル席で、左側がカウンター席。
おひとり様でも、グループでも楽しむことが出来そうですよ。

パスタのお店だけに、女性のお客さんが多い・・・・
ってことは無く、カウンタ席は男性のおひとり様が多いですね。

カルボナーラ、
アーリオオーリオ ベーコン添え、
アマトリチャーナ・・・

あ、あっちの人もアリタリアを注文した。

私と同じような方も少なくないようです。

そんなことを考えていると、お願いしたスパゲッティ、
アリタリアが出来上がってきました。
  
           IMG_0553

あ・・・ホントだ。
クリームソーススパゲッティにの上に、ボロネーゼソースがタップリ!
これは新しいですね。

  IMG_0555

それにしても、見るからに美味しそうなスパゲッティですね。
先ずは、2つのソースを別々に食べてみなければなりませんよね・・・。

        IMG_0560

と言うわけで、クリームソースの方からいただきましょう。

     (^^)(^^)

美味しい!
キッチリと濃厚ですごくいい。
これは、カルボナーラが絶品って言うのも分かるような気がします。

そして、トマトソース・・・いえ、ボロネーゼソースもいただきましょう。


      IMG_0563

   (^^)(^^)

これ、その辺のボロネーゼソースとは全然違います。
感じるのは、鮮烈なトマトの旨味。
ズバッとくるのですよ。
それでいて、爽やかな感じだから面白い。

なるほど・・・
では、両方を絡めて食べてみるとどうなるのか・・・。

           IMG_0566

    (^^)(^^)(^^)

おぉ!
これは美味い(^^)

トマトの酸味と旨味をクリームソースのまったりした美味しさが包み込む。
こんなの、よく考えたなぁって思います。
アリタリア航空のクルー直伝、これはダテじゃないですよ!

      IMG_0559

さて、この鷹の爪はどうしてくれようか・・・
ま、それは後で考えましょうか^^;


          IMG_0568

混ぜるとこんな感じで、ソースがオレンジ色に変化。
これを、タップリとスパゲッティに絡めていただくのです。

      IMG_0571

先ほどの鷹の爪も一緒に混ぜちゃいましょう。

          IMG_0552

後半になれば、カウンターの上に置いてある、味変グッズ・・・
パルメザンチーズを掛けて、更なる美味しさを引き出します。

     IMG_0572

このスパゲッティ、味を重ねるごとに深みが増します。
でも、自分でボロネーゼとクリームソースを混ぜても、
この味は出ないだろうなぁ・・・。

ソースにパンを付けて食べても美味しいと思いますよ。
(確か、パンもメニューにあったはず)

そんな感じで、タップリと堪能させていただきました。

あるでん亭さん、ここ新宿センタービル店の他に、
銀座ファイブにもお店があるようです。

今度は是非、サワークリームのスパゲッティ、ロレンツァも食べてみたいと思います。




※2018年4月21日〜5月27日、改装工事のため、休業しています。


【あるでん亭 新宿センタービル店】
住 所:東京都新宿区西新宿1−25−1 新宿センタービル MB1F    MAP
電 話:03-3349-0384
営業時間:11:00〜21:30(L.O.21:00) ※日祝は、20:00まで。 
煙 草:分煙(ランチタイム禁煙)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

あるでん亭 新宿センタービル店パスタ / 都庁前駅西新宿駅新宿西口駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアンスパゲッティとナポリタンスパゲッティって、同じものですよね?そう思っているのは、大阪人だけかもしれません^^;大阪で、イタリアンスパゲッティは、スパゲティに玉ねぎ、ピーマン、ソーセージを加えて炒め、最後にケチャップなどで味付けをするもの・・・。はい ...
続きを読む
イタリアンスパゲッティとナポリタンスパゲッティって、同じものですよね?

そう思っているのは、大阪人だけかもしれません^^;


大阪で、イタリアンスパゲッティは、
スパゲティに玉ねぎ、ピーマン、ソーセージを加えて炒め、
最後にケチャップなどで味付けをするもの・・・。


はい、ナポリタンと変わりないですよね?

そして、イタリアンスパゲッティって、地域によって、
呼び方は一緒でも、内容が違うようです。

関東や東北では、具材はナポリタンと一緒で、ケッチャプは使わずに、
塩、胡椒(醤油の場合もあり)で味付けし炒めたものだそうで。

名古屋では、鉄板の上に玉子を敷き、その上にナポリタンをのっけたもの。
(鉄板イタリアンって言いますよね。)

また新潟のイタリアンは、スパゲッティではなく、
洋風ソースかけ焼きそばのことを指すのだとか・・・。

イタリアン呼ばれながら、イタリア料理ではないイタリアンスパゲッティ、
ひょっとしたらこれ、日本人の偉大なる発明かもしれませんよね。

では、本物のイタリア料理とは・・・。

この日にお伺いさせていただいたは、京阪樟葉駅からバスで10分位のところにあるお店、
“ポルタロッサ”さん。

      IMG_8963

お店の名前、PORTA(扉) ROSSA(赤)のとおり、
鮮やかな赤い扉がお店の入口です。

お店に入り、予約名を告げると、席まで案内してくださいます。

先ずは生ビールで乾杯し、メニューを確認させていただきます。

        IMG_8937

こちらのお店は、基本コースのみで、
前菜、パスタ、メイン、エスプレッソが付いたAコースと、
Aコースからメインを除いたBコースの、2種類のコースが用意されています。

パスタ、メインは右ページに載っているものから選べるのですね。


折角なので、「一般的なイタリア料理の形態です」と書かれた、
Aコースをお願いすることにします。

店内は、4人掛けのテーブルが3卓あって12席。
予約は必須です。

           IMG_8940

ゆったりとした空間は、表とは時間の流れ方が違うようにさえ感じますね。

早い時間からのスタートにしましたので、まだ店内に他のお客さんはいませんが、
このあと他の2つのテーブルも埋まり、満席に。
人気があるようですよ。

そんな感じで、店内の様子を眺めたりしていると、最初の料理、
おまかせ前菜の盛り合わせが出来上がってきました。

         IMG_8943

ほほぉ・・・
これは素晴らしい。

よくあるイタリアンの前菜盛りとは違い、独創的な感じですね。

パンチェッタで苺を巻いてあるのも目を惹きます。

ちなみに、カップの中はこんな感じで、ムースが入っていますよ。

   IMG_8947

最初のビールもいただいたので、早速ワインをお願いしましょう。

             IMG_8949

前菜の盛り合わせをいただきながら飲むワイン、最高です。
ずっとこのままでもいいかなぁ・・・
そんな風に思ってしまいそうになります^^;

そして、絶妙なタイミングで、パスタも出来上がってきました。

  IMG_8950

こちらは、鴨のコンフィときのこ、ポルチーニ茸のクリームソースのリングイーネ。
濃厚なポルチーニ茸のクリームソースが美味すぎる。
こう見ると、小さなポーションに見えますが、結構食べ応えもありますよ。

       IMG_8952

濃厚なソースをバケットに付けていただくと、これもまた堪らない。
ワインとの相性も良く、あっという間にボトルが空きそうです^^;

          IMG_8953

こちらは、自家製サルシッチャと5種きのこのタリアテッレ。
サルシッチャの肉感ときのこが本当に心地よい。
こんな感じで、別のパスタを注文して、シェアしながらいただくもの楽しいものです。

パスタもしっかり楽しみ、次はいよいよメイン。

      IMG_8957

こちらは、但馬鶏のカツレツ。
衣自体が美味しい(^^)
レモンを少し搾ると、味がピンと引き締まって、ワインとの相性もいい感じになりますよ。


そして、牛フィレ肉のタリアータ。

     IMG_8955

レアに焼き上がられたフィレ肉と、オリーブオイル、バルサミコが良く合います。
こうやってシェアして2種類いただくと、どちらも凄く美味しい。
魚料理も食べたくて、あと2,000円追加すれば、メイン料理の追加もOKなのですが、
これだけでも結構食べ応えがあって、ボリューム満点なのです。
(また、次回の課題に取っておきましょう。)

食後には、コーヒーもいただき、

          IMG_8960

折角なので、自家製ドルチェも追加でお願いしました。


     IMG_8961

ソルベもティラミスも、すごく美味しい。
これ、絶対に食べた方がいいと思いますよ(^^)

京阪樟葉駅から、京阪バスに乗って約10分。
大阪から少し時間はかかりますが、来る価値あり。
ゆったりと流れる時間の中でいただく、本物のイタリアン、
予約で連日満席なのも納得できます。

ディナー、ランチ(土日のみ)共に、要予約なので、
是非予約して行ってくださいね!

私もまた、予約させていただきます(^^)










【ポルタロッサ(PORTA ROSSA)】
住 所:京都府八幡市男山長沢23−9 101    MAP
電 話:075-982-7762
営業時間:11:30〜15:00(L.O.12:30) 17:30〜23:00(L.O.21:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日(祝日の場合も休み)
駐車場:あり(3台分)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本にいれば、いろんな国の料理が味わえますよね。特に、東京にいれば、アフリカから北欧、南半球に南アメリカ、中央アジアまで。どんなものでも、ドンと来い!な人ならば、いいけれど、そうでない人にとっては、ストレスがかかるのかもしれません。その点、中華料理とイタ ...
続きを読む
日本にいれば、いろんな国の料理が味わえますよね。
特に、東京にいれば、アフリカから北欧、南半球に南アメリカ、中央アジアまで。

どんなものでも、ドンと来い!

な人ならば、いいけれど、そうでない人にとっては、ストレスがかかるのかもしれません。

その点、中華料理とイタリア料理って、何の抵抗もなく楽しめると思いませんか?

ラーメン、餃子、酢豚、八宝菜、青椒肉絲、シュウマイ・・・。
スパゲッティ、ピッツァ、ラザニア、ラビオリ、マカロニ、ニョッキ・・・

ん?
イタリア料理って言っても、思い出すのはパスタが多いなぁ^^;

でも、イタリア料理って、パスタやピッツァだけではないのです。

前菜をワインと一緒に楽しんで、パスタやリゾット、そしてメイン料理に。

そうそう、天満の端っこの方に、ひっそりと佇む美味しいイタリア料理のお店をご紹介していただきました。

この日にお伺いさせていただいたのは、
“Bere Bene(ベーレベーネ)さん。

       IMG_8662
カウンター席が7席だけの小さなお店ですが、本格的で美味しいイタリア料理がリーズナブルにいただけます。

しかもこちらのお店、意外とみんなに知られていないのです。
味のコントロールというか、塩加減というかが抜群! 
              IMG_8670

実は、こちらのお店に行くのは2回目。
最初は、酔っ払った状態でお邪魔させていただいたのですが、その状態でも美味しさを覚えているほどだったのです。
この日は、改めての訪問、しっかりと堪能させていただきますよ!
(本当は内緒にしておきたいのですが・・・^^;)

席に座り、この日のメニューを確認させていただきます。

        IMG_8665
こんな感じで、その日のオススメ素材を使った料理がホワイトボードに書かれています。

やはり、今の季節は牡蠣が美味しいかなぁ・・・。

ホワイトボードのメニューの他にも、レギュラーメニューもありますよ。
       IMG_8666

IMG_8668

          IMG_8669

先ずは、スパークリングワインで乾杯!

       IMG_8672

これをいただきながら、前菜を楽しむ。
こういうの、大好きなのです(^^)

    IMG_8675
先ずは、 アイルランド産 ムール貝のガーリックバター焼。 

ムール貝の旨味とガーリックバター、最強です(^^)  
実はこれ、前回お伺いした時にもいただいたのですが、やはり美味い。
美味しい記憶って、蘇りますよね(^^)

美味しさってお酒を飲む速度を加速させます^^;

        IMG_8678
DI SOLE LUNEの白。

一瞬、「ルーチェか?」と思いましたが、そんなわけないですよね^^;
でも、この価格にして、充分に満足できる味わい。
ワインも、好みを伝えれば、いろいろ選んでくださいますよ!

そしてパスタは、ペルー産 とびっこのオリーブオイルソースパスタ。

         IMG_8680
とびっこ、タップリ!
プチプチした食感と、オリーブオイル、ガーリックの香りが堪らない。

    IMG_8687

そして、なんといっても絶妙な塩加減!

プロなんだから、絶妙な塩加減は当たり前・・・

そう思われる方、一度食べてみてください。
その違いはすぐに分かると思いますよ(^^)

あまりにも美味しかったので、パスタをもう一品お願いすることにします。

注文すると、目の前で調理を始めてくださいます。

         IMG_8691
この段階から、いい香りが漂いはじめ、それだけでもワインが飲めてしまいそうですよ。


お願いしたのは、大分産 牡蠣と緑野菜のクリームソースパスタ。

           IMG_8694
大きなプリップリの牡蠣が入った、クリームソースのパスタには、
アスパラ、アボカドといった緑色の野菜もタップリと。
それでは早速いただきましょう。

   IMG_8699

          (^^)(^^)(^^)

これ、かなり美味しいです。
先ず、クリームソースがむちゃくちゃ美味い!
そして、牡蠣との相性も最高で、アボカドの柔らかさとアスパラの食感がクセになりそうです(^^)
ベーレベーネさん、再訪させていただき、ますますファンになりました(^^)

今回いただいた料理の他にも、
天然タイの香草パン粉焼き、
志布志豚肩ロースのポワレ、
イカスミのリゾットなんかもすごく気になります。

サクッと立ち寄って、絶品料理が出てきたら・・・

通ってしまいますよね!
是非また、近々お邪魔させていただきたいと思います。
    








【Bere Bene(ベーレベーネ)】
住 所:大阪市北区池田町10−10 シティコーポ天満 1F    MAP
電 話:06-6242-8688
営業時間:18:00〜翌2:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加