美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 洋食

ある歌が流れてくると、歌っている人と違う人の姿が思う浮かんでしまう歌ってありますよね。布袋寅泰さんの「スリル」なら、江頭2:50。松浦亜弥の「Yeah! めっちゃホリディ」なら、はるな愛。そして、岩崎宏美さんの「シンデレラ・ハネムーン」を聞くと、高い確率…いえ、ほ ...
続きを読む
ある歌が流れてくると、歌っている人と違う人の姿が思う浮かんでしまう歌ってありますよね。

布袋寅泰さんの「スリル」なら、江頭2:50。
松浦亜弥の「Yeah! めっちゃホリディ」なら、はるな愛。


そして、岩崎宏美さんの「シンデレラ・ハネムーン」を聞くと、高い確率…
いえ、ほぼ確実にモノマネで超有名なあのお方の顔を思い浮かべてしまいます。

♪い〜つでも〜 ふ〜たりは〜 シンデレラ・ハネムーン♪

そう、コロッケさん。
昔…メジャーデビュー当時はまだカーリーヘアだった頃、同じ髪型をしてた音楽の先生を「コロッケ」って呼んでたなぁ。

コロッケ、芸名の由来は状況当時働いていたショーパブの経営者「ロッキー」さんと同じ髪型だったから。小ロッキー…それがコロッキー、コロッケとなったのだとか。
コロッケが好きだったからコロッケになった…誰かがそんなことを行っていたような気がしないでもないが。

大人気のコロッケさん。
そしてこちらは…

地元の人が開店時間前に列を作るお店。
    IMG_8147
長崎の観光名所「めがね橋」の近くにあるお店、“コロッケ”
店名にあるようにこちらのお店の名物はコロッケ。

でも、お肉屋さんに売っているようなコロッケではない。
洋食屋さんのクリームコロッケに限りなく近いのだけれど、クリームコロッケともちょっと違う。
そんなオリジナルのコロッケを求めて日々お客さんが集まっているのである。

     IMG_8148
入り口にかけられたメニューボードには、
「コロッケ」、「コンビ」、「トルコライス」、「ピラフ」の4つの看板メニューと、
本日のランチが紹介されている。

      IMG_8145

【本日のランチ】  950円
・チキンピカタ
・コロッケ
・サラダ、ライス
・コーヒー or コーラ or オレンジジュース or ウーロン茶


名物のコロッケも洋食メニューも両方とも楽しめる…
よし、これに決定!

開店時間(最近は11:30と言われているらしい)よりも少し早く、11:15に扉が開き、
カウンター席に座り、『本日のランチ』を注文します。

    IMG_8146
店内は、カウンター席が6席と、4人がけのテーブルが3つで18席。
店内の内装は、木が多く使われ温かい感じ。

そんなお店の雰囲気からか、女性のお客さんが多いのもこちらのお店の特徴。
他のお客さんの注文を聞いていると、『コロッケランチ』もしくは、『コロッケミニ』、『本日のランチ』を注文している人が多いように感じます。
みなさん、コロッケがお目当てなのですね。

チキンピカタとコロッケ3つでボリューム満点!
   DSC00921
たっぷりとコロッケが楽しめそうです。

  DSC00925
コロッケは、完全にクリームコロッケという感じではなく、
クリームコロッケにポテトを少しミックスさせているような感じ。
両方のコロッケのいいところを取ったような感じの味わいです。

なるほど…これは確かにハマる!
   DSC00924

自家製のタルタルソース、なめらかな食感、合間にチキンピカタを味わい、味に飽きることなく夢中で食べ進むことが出来ます。

   IMG_8143
純粋にコロッケだけを楽しむのか、2種類のコロッケの食べ比べて味わうのか、
それとも、少し豪華にトルコライスをいただくか。
   IMG_8144

いろんな組み合わせを楽しみながら、自分好みを見つけていく。
そんな楽しみがこちらお店にはあるのだと思います。

   IMG_8142
もしかすると、長崎のトルコライスが語源なのか…
好みのものをチョイスしてプレートに並べると、ランチメニューに。
全部乗っけちゃうとちょっと豪華にトルコライスに。

長崎人が恋してやまないトルコライス、そしてコロッケ。
コロッケのコロッケ、是非味わいって見てください。
不思議なことに、しばらく経てば、また無性に食べたくなるコロッケですよ。



【コロッケ】
住 所:長崎市東古川町3−23    MAP
電 話:095-826-1220
営業時間:11:00頃〜15:30(L.O.) ※土日祝は、16:00(L.O.) 
煙 草:
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリア、ナポリでは決して食べることが出来ない「ナポリタン」。アメリカではどれだけ流暢に発音しても、決して注文が通らない「アメリカンドッグ」。広島では決して注文しちゃいけない「広島焼き」…(これはちょっと違うかも)そのルーツを探ってみたいと思う食べ物って ...
続きを読む
イタリア、ナポリでは決して食べることが出来ない「ナポリタン」。
アメリカではどれだけ流暢に発音しても、決して注文が通らない「アメリカンドッグ」。
広島では決して注文しちゃいけない「広島焼き」…(これはちょっと違うかも)

そのルーツを探ってみたいと思う食べ物っていくつかありますよね。
長崎の名物「トルコライス」もそのひとつ。

イスラム教徒が多いトルコでは、とんかつが乗っかったメニューなんてまず出てこないでしょうから。

お皿の上はまるでテーマパークみたい!
     DSC01097
とんかつとハンバーグとエビフライ。
大人のお子様ランチの異名を持つ長崎の「トルコライス」。

そんなトルコライスの発祥のお店とも言われている、
思案橋にあるbistoroボルドー”さんにお邪魔させていただきました。

     IMG_8226
アーケードがある商店街の中にお店はあります。
トルコライス発祥のお店と言うから、もっと古い感じのお店をイメージしていたのですが、新しくきれいなお店のようです。

     IMG_8225
階段を上がりに買いに行くと、お店の入口があります。
新しい感じのお店だと思ったら、元は違う場所にあって移転してきたのだそうです。

    IMG_8223
ゆったりとテーブルが配置された店内は落ち着いた雰囲気。
窓際のカウンター席からは、浜町アーケードの様子を眺めながら食事することが出来ます。

トルコライス発祥のルーツ。
    IMG_8222
こちらのお店のシェフのお父さんが、神戸にあるレストランに勤めていたときに考案したのが「トルコライス」のはじまり。
冷ご飯を焼き飯にして、外国人のお客さんに出すのに、トルコ国の「ピラウ」に似せて考案されたのが始まりなのだとか。

それに、おかずとしてトンカツとスパゲッティを付けて出したのがトルコライスの原型になったのだそう。

      IMG_8218
いまでは、トルコライスの種類もこんなにたくさん。
メニューを眺めていると、確実に目移りしてしまいますよ!

お目当てのトルコライスを注文して、グラスワインを飲みながら寛ぎます。
だってここは、ビストロなのだから。
    DSC01093
トルコライスって、お昼ごはんにガッツリと!
そんなイメージがあると思いますが、ディナータイムにワインと一緒に楽しむ。
そういうのも意外にアリなのです。

ワインと一緒に楽しむ『スペシャルトルコライス』。
    DSC01096
ロースカツ、ハンバーグ、エビフライの3つの主役と、
サラダ、ナポリタン、そしてサフランライスの3つの盛り上げ隊。

トルコライスの「ライス」の部分がサフランライスとはまた贅沢な…
ライスの部分、以前はカレー風味ピラフだったものを、魚介ブイヨンのサフランライスに変更したのだとか。

    DSC01109
ガッツリ食べると言うよりも、ワインとともにじっくりと味わいたい逸品。

ガッツリと、デミグラスソースたっぷりのロースカツ。
  DSC01100
やはり、これが無いとはじまらない。
サクッと上がったトンカツをソースや塩で食べるのもいいけれど、これはまた別物。
これを食べると「トンカツって、デミグラスソースで食べるもの」って思ってしまいます。

    DSC01103
ロースカツとハンバーグを従えて、おっきな海老フライが鎮座。
有頭海老って、何だか特別な日に食べるものって感じがしませんか?

    DSC01114
そんな特別な海老フライを、箸で食べる。
この自由さがたまらないのです。

少しずつ、ワインと一緒に楽しむトルコライス。
   DSC01101
ハンバーグは、子供の拳くらいの大きさ。
平べったいタイプではなく、丸く厚みのあるタイプ。
フワッとした食感の中に、旨味がぎっしりと詰まっています。

一杯目はキリッと冷えた白ワイン、
      
二杯目は旨味が深い赤ワイン。

    DSC01105
ひとつのお皿の上に、シェフ自慢の料理が勢揃い。
トルコライスって、本当に大人のお子様ランチかもしれません。

    DSC01117
旗はなくても、ナポリタンは忘れずに。
独特の食感のナポリタンは、一度食べるとまたすぐに再び食べたくなるかも。

トルコライスの他にも、いろんな料理を楽しむことが出来るようです。
  IMG_8219

     IMG_8220
  
   IMG_8221

メニューを眺めていると、いろいろ食べたくなってきます。
しかも、どれもお手頃な値段なのが嬉しいです。

     DSC01128
長崎の街を楽しんだ後は美味しい料理をワインとともに。
ぜひ予約して行ってみてくださいね!



【bistro ボルドー】
住 所:長崎市浜町8−28 浜町インポートビル 2・3F    MAP
電 話:095-825-9378
営業時間:11:00〜23:00(ランチタイムは、11:00〜17:00)  
煙 草:禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭料理と外食。そのどちらもがそれぞれ違う持ち味を持った料理っていくつかあると思います。カレーライス、やきめし、ハンバーグ、とんかつ、からあげ、おでん…外食だと…カレーライスは本格的なインド風になったり、やきめしはふわパラの焼豚入りだったり、ピラフという ...
続きを読む
家庭料理と外食。
そのどちらもがそれぞれ違う持ち味を持った料理っていくつかあると思います。

カレーライス、やきめし、ハンバーグ、とんかつ、からあげ、おでん…

外食だと…
カレーライスは本格的なインド風になったり、
やきめしはふわパラの焼豚入りだったり、ピラフという名に変身したり(厳密には別物ですが)
ハンバーグは、鉄板の上でアツアツ。
とんかつは厚切りに。
唐揚げは骨付き。
おでんは、超高級和食に変身していたり。

中でも、鉄板で熱々のハンバーグには特に惹かれるものがあります。

老夫婦が営む、絶品熱々ハンバーグのお店。
    IMG_6808
ご紹介させていただくのは、大阪肥後橋にある洋食店、
“グリルピエロ”

約40年は営業されていると思われるこちらのお店の前には、
ランチタイムに連日行列ができるほどなのです。

定食
ハンバーグ 1,200円
牛焼肉   1,300円


お店の前には、そう書かれたメニューボードがあるのみ。
店内には、まだ他のメニューも有るのかと思いきや、その2つに「ミックス」が加わるのみで、他にメニューはないのです。

店内のカウンター席に座ると…

「ハンバーグでいい?」

マダムがそう笑顔で聞いてきます。

「はい。」

ハンバーグ目当てなので、そう答えるとカウンターの中では老店主がハンバーグを作り始めてくださいます。

まずは、フライパンでもやし炒めを豪快に作り始めます。
おそらく重いであろう鉄のフライパンを、自らの体の一部のように自由自在に操るのです。
これが経験、年季というものでしょうか。
一度は見ておくことをオススメします!


熱々の鉄板でとろけるチーズに目が釘付け!
    IMG_0982

鉄板の上でソースとチーズが「ジューッ!」と音を立てて登場するのです。
これをランチタイムから体験できる贅沢。
お客さんが並ぶのも理解できますよ!

     IMG_0984

ハンバーグ定食には、メインのハンバーグの他に、たっぷりめのご飯と、冷奴が付いてきます。
何だかホッとする感じでしょ?
フォークとナイフではなく、もちろんお箸でいただきます。

溢れ出る肉汁の旨味にご飯がとまらない!
    IMG_0986

ディナータイムにワインを片手にいただくハンバーグもいいけれど、
ランチタイムのハンバーグは、やっぱりご飯!
冷奴からもマダムの愛情が感じられます。

    IMG_0987

フライパンの強火でつくられた、付け合せのもやし炒め。
シャキッとした食感がいい感じ。
これもご飯とよく合うのは言うまでもないですね。

美味いハンバーグが食べたい、
熱々の肉汁があふれるハンバーグ、
老店主がプライドが込められたハンバーグ。

今のうちにぜひ行って食べておいて欲しいお店の一軒。
行列してでも食べてみてください!




【グリルピエロ】
住 所:大阪市西区江戸堀1−16−26    MAP
電 話:06-6445-8117
営業時間:11:30〜14:00 
煙 草:禁煙
定休日:土・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

箸って万能かもしれない。つまむことも、取り分けることも、突き刺すことも(作法としては…ですが)、出来る。スプーンのようにすくうことは出来ませんが、汁物ならば椀を手で持って飲む…あ、でも国によっては箸も微妙に違うようですね。【箸の材質】日本:木やプラスチッ ...
続きを読む
箸って万能かもしれない。
つまむことも、取り分けることも、突き刺すことも(作法としては…ですが)、出来る。
スプーンのようにすくうことは出来ませんが、汁物ならば椀を手で持って飲む…

あ、でも国によっては箸も微妙に違うようですね。

【箸の材質】日本:木やプラスチック 中国:象牙、木、竹  韓国:金属製
【形】日本:とがっている 中国:寸胴型で長め 韓国:細くて平たい断面
【並べ方】日本:横に並べる 中国:縦に並べる 韓国:縦に並べる

そういえば、カップヌードルが売り出された頃、一緒にフォークが付いていましたよね。
カップヌードルはフォークで食べるのが正しい…みたいな感じで。

カップヌードルではないですが、ハンバーグも箸で食べるのが美味しい。
今日は、住宅地の中に突然現れる隠れ家的なお店、
“小古食堂”を紹介させていただきます。

営業日は週に3日。 開いていれば迷わず入店すべし!   
   IMG_5865
     
路地の入口にこの看板が出ていれば営業している証拠。
10mほど進んでいくと、お店に到着します。

    IMG_5863
ピシッと白い暖簾がかかり、ちゃんとお店なのである。
自宅の片隅でひっそりと…
そう思っていましたが、この時点で名店のオーラを感じます。

入り口を入ると、オープンキッチンな店内が見渡せます。
ここで靴を脱ぎ、店内へ。
8席あるカウンター席の奥の方に座らせていただきます。

メニューは『ハンバーグライス』一択!
席につくと聞かれるのはご飯の量。
少なめ、多め、普通盛りと、希望を聞いてくださいますよ。
こちらのお店のメニューは「ハンバーグライス(1,500円)のみなのです。

自宅を改装してレストランに…
そう聞いていて想像していたのはもっと生活感のある空間。
でも実際に来てみると、ここは立派なレストラン。
生活感は微塵も感じさせず、料理人のプロ意識が漂う空間。

そんな中、客との会話を楽しみながらハンバーグを焼き上げるマダムの姿が凛々しい。
笑顔が耐えない気さくな方でもあるのです。

味噌汁、お漬物、ごはんが配膳されて、最後にメインのハンバーグが出来上がってくる。

    IMG_0353
「料理の写真撮ってもいいですか?」
「どうぞ! あっ、先に言ってくれればもっとキレイに盛り付けたのに〜」

と、気さくに対応してくださいます。

大きな肉厚ハンバーグが美しい。
    IMG_0356
でもこれ、十分に美しいですよね。
濃厚なデミグラスソースはマダムが担当し、ハンバーグはマスターが作るのだとか。
食べてみると、しっかりした肉感も味わえながらふんわりと柔らかい。
箸で切ると肉汁が中から溢れてきて、ソースと混じり合う。
食べていくうちに、味わいがどんどん変化していくのも楽しいのです。

      IMG_0360

聞けば、ハンバーグに使うひき肉は、牛肉と豚肉を別々のところから仕入れて、
お店で混ぜてハンバーグにしていくのだとか。
これがまた、ご飯にもよく合う味わいなのです。

お漬物も密かな人気者!
   IMG_0357
ご飯に合うと言えば、一緒についてくる浅漬も技あり。
ほんのりと生姜の風味もして、これがかなりいい感じの箸休めになるのです。

半分くらいまではしっかりとハンバーグの味わいを楽しみます。

       IMG_0358
ハンバーグの上に鎮座する、美しい目玉焼き。
後半はコイツの出番なのです。

    IMG_0362
黄身を崩し、ハンバーグにたっぷりと絡ませていただきます。
目玉焼きの黄身のコクが加わり、また味わいが変化。

ダイレクトにデミグラスソースを楽しめる前半、
肉汁がソースに交わり、なんとも言えない旨味が加わる中盤、
そして、目玉焼きのコクとともにいろんな味わいを楽しめる後半。

ハンバーグライスという、一見シンプルに聞こえるメニューが、これだけ変化していくさまを楽しめるのは本当に楽しいです。

お店のBGMはクラシック。
上品で落ち着いた雰囲気の中、ピシッとコック服を着こなしたマダムの気さくな会話がお店の空気を和ませる。

長年ここに通う人、
遠方からわざわざ訪れる人、
臨時休業を何回も喰らってもまた来てしまう人。
そんなお客さんがここには多いのだと聞きます。

現在、マスターは厨房には入らずに、入り口のところで座って接客されています。
マスターがハンバーグのタネを作れる限り、お店は頑張っていきたいとマダムは語ります。
気になる方は、是非食べに行ってみてください。
諸事情での臨時休業にめげず通えば辿り着ける絶品ハンバーグ。
価値あると思います。





【小古食堂】
住 所:東京都江東区東陽3-26-11    MAP
電 話:03-3647-7384
営業時間:11:30〜14:30 
煙 草:禁煙
定休日:月・水・木・日・祝(火・金・土曜日の営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

目が離せない食品メーカ3社があります。まるか食品、山芳製菓、赤城乳業。何で目が離せないのかって?普通じゃないからなのです。もちろん、売れ筋の定番、安心の味わいの商品もちゃんとあります。でも、限定商品の奇抜さが半端ない!今度はどんな個性的なフレーバーの商品が ...
続きを読む
目が離せない食品メーカ3社があります。

まるか食品、
山芳製菓、赤城乳業。


何で目が離せないのかって?

普通じゃないからなのです。

もちろん、売れ筋の定番、安心の味わいの商品もちゃんとあります。
でも、限定商品の奇抜さが半端ない!
今度はどんな個性的なフレーバーの商品が出てくるのか、いつもワクワクドキドキなのです。

ところで、その3つの会社ってどんな会社?

【まるか食品】 
人気のカップ焼きそば「ペヤング」のメーカーです。
定番のソース焼きそばのほか、遊びココロ旺盛な限定商品を発売しています。
激辛、激辛カレー、きゃべつMAXなどの他に、デザートのつもりなのか「アップルパイ」も!

詳しくはペヤングのHPへ。

【山芳製菓】
ご存知「わさビーフ」のポテチメーカー。
カルビー、湖池屋に続くポテトチップス業界3位!
「業界3位の強み!」と、挑戦的なフレーバーのポテトチップスを発売しています。
中でも、「わさビーフ」は大人気商品。
でもよく見ると、「男気柚子胡椒ビーフ」、「ぶっかけマヨ」、「ねぎ油香るポテトチップス」なども。
過去には、業界最臭「いか塩辛味」や、「冷やして食べる 塩あずき味」なども…

わさビーフの魅力は、こちらのHPで!

【赤城乳業】
お待たせしました、大人気「ガリガリ君」のメーカー。
安心の「サイダー味」、「グレープフルーツ味」の他、
「コーンポタージュ味」、「クリームシチュー味」、「たまごやき味」、そして伝説の「ナポリタン味」……

ガリガリ君をもっと知りたい方はこちらのHPへ!

コーンポタージュ味が好評だったことで発売されたナポリタン味、
最終的に320万本以上が売れ残り、3億円近い赤字を出してしまったのだとか。

ナポリタンは、アイスではなく洋食が美味しいお店でいただきたい。
今回は、洋食屋さんではないけれど、洋食も美味しい喫茶店、
大阪の老舗喫茶店の意外なメニューを紹介させていただきます。

    IMG_5438

大阪に住んでいる人ならば、誰もが知っている(と思われる)
老舗喫茶店の“心斎橋ミツヤ”

心斎橋ミツヤと言っても、お店は心斎橋にだけあるのではなく、
梅田、なんば、京橋、アベノ、尼崎にもあるのです。

今回は、ホワイティうめだのお店に行ってきました。

ズラリと並ぶショーケースのメニューに目が釘付け!
   IMG_5446

これはもう、喫茶店というよりもレストラン。
しかも、カラフルでキレイ!
上から順番に眺めていると、ある場所で目が止まります…

    IMG_5439

『伝説のミツヤライス』 980円

サンプルで見ているだけでも、すごいボリュームなのです。
しかも、5/8サイズもあるし…

(昔、S&Bスナックチップ 5/8ってありましたよね?)
   
  若き日の西田敏行さんがいい感じ〜

ダブルソースのオムライスに、とんかつがトッピング…
いえいえ、スパゲッティの姿もチラッと見えてるし。

事実確認のために、店内へGo!
  IMG_5445

奥行きがあって意外と広い店内。
手前の方はほぼ満席だったけど、奥は落ち着いた空間がありますよ〜!

   IMG_5440

平日のランチタイムには、お得なランチセットも。
嬉しいことに、ランチセットのライスは、大盛もお替りも無料!(もちろん小盛りも可能)
豪華な内容だけれど、1,000円でお釣りが来ますよ〜。

   IMG_5442
オトナがワクワク…
その内容は、「ワクワクMAP」で詳しく解説。
これはビールを組み合わせるのが正解かな?
(ミツヤには生ビールもありますよ〜!)

でも、今日の本命はこれ。
   IMG_5441

ポークカツとオムライスにスパゲッティ。
説明はいたってシンプル…
これはもう、「四の五の言わずに食えっ!」  ってやつですね。

   IMG_5444
注文すると、まもなくセットが置かれます。
フォークとスプーンに加え、お箸があるのも嬉しい。

しばらくすると、店員さんが大きなお皿をトレーに乗っけてこちらの方に…

え、まさかあのデカイやつ?
   IMG_9933

サンプルとの差がほとんどない迫力!
期待を裏切ることがないボリュームです。

ふわふわ玉子の大きなオムライスの上には、大きなポークカツ。
2種類のソースがたっぷりと掛けられています。

   IMG_9942
トマトソースも、

  IMG_9937
ミートソースも惜しみなくタップリと!
これはもう、「オ・モ・テ・ナ・シ」以外の何者でもないレベルです。

      IMG_9947

これだけのボリュームで、5/8サイズも用意されているくらいだから、
失敗したときの敗北感もおそらく半端ないのだろうと、少しばかりの不安を抱えながら、先ず一口……

  IMG_9962

う……う、美味いがなっ!

ミツヤさん、すみません。
完全にナメてました、美味しいです…
いえ、かなり美味しいです!

いやぁ、この美味しさならばこれを完食するのは楽勝!
それどころか、あっという間になくなってしまうのではないでしょうか?

   IMG_9953

流石にとんかつ専門店のそれとは違いますが、ソースがタップリと絡まったポークカツも美味しい。
これ、計算されてますね〜!

  IMG_9957
巨大なオムライスに見えるこれ、右半分の部分にはスパゲッティが隠れているのです。
ミートソースをタップリと絡めて食べると、懐かしい気持ちが蘇ります。

     IMG_9959

オムライス、ケチャップスパゲティからのミートソース。
トマトソースとミートソースで食べるポークカツ。
どれも珍しいものではないのですが、キッチリと美味しいのです。

懐かしくもありながら、ちゃんと進化している。
何で令和の時代の今でも、「心斎橋ミツヤ」が支持され続けているのか?
食べてみて、納得しました。

伝説のミツヤライス。
是非食べてみてください!
レジェンドの理由が、わかると思いますよ。





【心斎橋ミツヤ ホワイティうめだ店】
住 所:大阪市北区小松原町梅田地下街 4−7    MAP
電 話:06-6312-4761
営業時間:9:00〜23:00 
煙 草:禁煙
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くに有料駐車場多数有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

お取り寄せ、テイクアウト、この際だから自分で作っちゃえ!みなさま、自宅グルメを楽しんでいらしゃいますでしょうか?そういえば、地元の商店街には、昔からお持ち帰り専門のお店っていろいろありますよね?お好み焼き、焼鳥、お惣菜、お寿司……出来たての温かいお弁当を ...
続きを読む
お取り寄せ、テイクアウト、この際だから自分で作っちゃえ!

みなさま、自宅グルメを楽しんでいらしゃいますでしょうか?
そういえば、地元の商店街には、昔からお持ち帰り専門のお店っていろいろありますよね?
お好み焼き、焼鳥、お惣菜、お寿司……

出来たての温かいお弁当をテイクアウト!
昔、ほか弁が登場したときは感動したものです。

ほか弁を買う時、どのお弁当を選ぶでしょうか?
調べてみると、人気ランキングはこんな感じになっていました。


のり弁当
唐揚げ弁当
ハンバーグステーキ弁当
幕の内弁当
チキン南蛮弁当



そういえば、チキン南蛮弁当が登場した時、ハマりまくったのを思い出します。

そんなチキン南蛮発祥のお店と言われる、宮崎県のお店はこんな感じでした。

         IMG_0648

チキン南蛮発祥のお店の一つと言われる“おぐら本店”。
宮崎駅から歩いて5分ほど、宮崎の繁華街「橘通」の路地裏にお店はあります……

が、この日は定休日。

というわけで、車で10分ほどのところにある、
“おぐら 瀬頭店”に行ってきました。

     IMG_3410
こちらのお店は、路地裏ではなくロードサイド。
ファミレスのような感じで、駐車場も完備されています。

       IMG_0649

店内も、昭和の時代のファミレスそのもので、現在よりも、何だか豪華な内装。
思わず店内を見渡しちゃいます。

  IMG_3382

席に案内していただき、メニューを確認します。
本命はもちろん、名物の「チキン南蛮」なのですが、他にもいろんなメニューがありますよ。

 IMG_3386

特製のデミグラスソースがたっぷり!
間違いないやつですね。

   IMG_3385

チキンではなく、ちょっと豪華に牛肉で。
これは未体験ゾーンだなぁ……


     IMG_3384

究極のナンバン麺、チキンメンタン。
タルタルとスパゲッティのコラボも美味しそう。
スパゲッティサラダが美味しいのだから、これも間違いないかも。
 
        IMG_3389

重厚な感じのフォーク・ナイフが期待感をそそります。
お茶とお冷、両方出していただけるのも嬉しいですね。

     IMG_3392

そして、念願のチキン南蛮の登場。
そういえば、こんな形でチキン南蛮を食べるのは初めてかもしれない。

         IMG_3395

お皿に盛られたご飯は、洋食屋さんのお約束。
ここに塩があれば、思わずぱらりと振ってしまいそう^^;

    IMG_3400

洋食屋さんのお約束といえば、添えられたケッチャップ味のスパゲッティも嬉しい。
最初に食べるか、途中で一気に行ってしまうか、それともシメに食べるために取っておくか…
悩ましいのも楽しみのひとつ。

     IMG_3398

「もう、足りないなんて言わせない…」
まるでそう言われているかのように、たっぷりのタルタルソース。

     IMG_3402

たっぷりと絡めていただきます。

タルタルソースの美味しさに感動!
これをチキンと合わせるって発想が素晴らしい。
お皿にたっぷりと盛られたご飯との相性も申し分なしです。

        IMG_3407

チキンは胸肉なのですが、全くぱさつき感がなくて柔らかい。
そして、いくらでも食べられそうなのです。  

本場宮崎のチキン南蛮。
一段落したら、是非お出かけになってみては如何でしょうか?
美味しさの虜になってしまうかもしれませんよ〜!  
    




【おぐら 瀬頭店】
住 所:宮崎市瀬頭2-2-23    MAP
電 話:0985-23-5301
営業時間:11:00〜22:00 
煙 草:禁煙
定休日:無休(元日は休業)
駐車場:あり(35台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近は外国からの観光客が多く、外で外国人を見てもそんなに驚かないけれど、私が子供の頃には、めったに外国人に出会うことはなく、外で会うと妙に緊張したのを覚えています。Where are you from?中国、韓国、台湾、香港、アメリカ、タイ、オーストラリア、フィリピン、マレ ...
続きを読む
最近は外国からの観光客が多く、外で外国人を見てもそんなに驚かないけれど、
私が子供の頃には、めったに外国人に出会うことはなく、外で会うと妙に緊張したのを覚えています。


Where are you from?

中国、韓国、台湾、香港、アメリカ、タイ、オーストラリア、フィリピン、マレーシア、ベトナム…

これは、2019年に日本を訪れた外国人の国別で多い順。
流石にヨーロッパは遠いからか、ベスト10には入っていませんよね。
でも、日本から一番近いヨーロッパへは、飛行機で2時間半で行くことが出来るのです。

そこはロシア。
流石にモスクワに行くのは、2時間半では無理ですが、ウラジオストクならば大丈夫。
入国するには、いろいろ手続きが必要かと思われますが、ちょっと憧れます。
一度は行ってみたいですね。

それでもちょっとハードルが高いと感じる方は、大阪梅田でロシア気分を満喫してみませんか?

        IMG_1358

大阪駅前第1ビルの地下1階にある、
“MOCKBA+7(モスクワ プリュス シェミ)さんでは、
ランチタイムからロシア人シェフが作る絶品ボルシチをいただくことが出来るのです。

ランチタイムには、こんな感じの料理をいただくことが出来ます。

    IMG_1354

        IMG_1355

ランチメニューは、メインの料理にボルシチがセットされています。

ビーフステーキ、ロシアン和風ハンバーグ、ミックスフライ、ロシアンサーモンステーキ、
ロシアン洋風ハンバーグ、ロシアン濃厚チーズハンバーグ。


この中から好みの料理を選びます。

この日に選んだのは「ロシアンサーモンステーキセット」。
嬉しいことに、ライスの量は通常の2倍までは増量可能だそうです。

      IMG_1356

店内は、2人掛けのテーブル席が2組と、4人掛けのテーブル席が4組。

   IMG_1357

そして、カウンター席も8席あるので、グループでも、おひとりさまでも利用しやすいようになっています。

この日もおひつ休みの時間帯になったことろに早くも満席。
外には、空席待ちの人も何名か。
人気ですね。

壁には、ロシア語が書かれたぽースターが貼ってあります。

вкусный          フクースナ   美味しい
Спасибо          スパシーボ  ありがとう

英語圏では見かけない文字が並び、アルファベットがあったとしても。まるで読み方が違います^^;
こちらのお店の名前も「MOCKBA+7」と書いて「モスクワ プリュス シェミ」ですからね。

そんな感じで、店内を眺めていると、先にボルシチが運ばれてきました。

         IMG_4794

ビーツを使った、鮮やかな赤いスープで、上にはサワークリームが乗っけてあります。

    IMG_4796

ひとくち食べてビックリ、これかなり美味しいです!
何度かボルシチは食べたことがあるのですが、その中でもかなり上位だと思います。
(私が今まで食べた中で)

肉もよく煮込まれていて美味しいですし、何よりも繊細な味わいが素晴らしい!

        IMG_4804

サワークリームを混ぜて全体がピンク色になったものも、かなりいい感じ。
メニューに、何故“ボルシチの追加”あったのか、食べると理解できますよ(^^)

しっかりとボルシチを楽しんでいると、
メインのロシアンサーモンステーキの方も出来上がってきました。

      IMG_4807

大きなサーモンステーキに、たっぷりと掛けられたスメタナソース。
さっぱりとしたその香りは、タルタルソースやベシャメルソースとは別物。
「ロシア料理を食べに来たぞ!」そんな気持ちを盛り上げてくれますよ!

   IMG_4814

折角なので、スメタナソースをタップリと絡めていただきましょう。

      IMG_4819

おぉ、これはいい(^^)
少し個性的な香りのスメタナソースは、口の中に入れるとサーモンの旨味を余すことなく引き出してくれます。
想像していた味と大きく外れることはないのですが、いい意味で期待を裏切ってくれるのが嬉しい(^^)
そして、意外とごはんとの相性も悪くないのです。

       IMG_4820

付け合せには、赤いビーツサラダと白いオリビアサラダ。
オリビアサラダというのは、角切り野菜と香草をマヨネーズ出会えたロシアのサラダ。
これを考案したオリビアシェフの名前が付けられたのだとか。
これ、美味しくてもっと食べたくなりました。

    IMG_4813
ちなみに、こちらは同行者が注文した、ビーフステーキセット。
一口いただきましたが、柔らかくて美味しい肉でしたよ。
ビーフステーキセットは、数量限定。
私達が退店したときには、すでに予定終了で「SOLD OUT」になっていました。
(これを狙うならば、急げ!)

本場、ロシア人シェフが作るボルシチと、ロシアンテイスト満載の洋食メニュー、
想像していたよりも、かなり美味しかったです。
多くの方が注文していた、洋風ロシアンハンバーグセットも気になったので、
また近々、確実に再訪問させていただきたいと思います。




【MOCKBA+7(モスクワ プリュス シェミ)】
住 所:大阪市北区梅田1−3−1 大阪駅前第1ビル B1F    MAP
電 話:06-6345-9206
営業時間:11:45〜14:30(L.O.14:00) 18:00〜21:00(L.O.20:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:月・火
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

吾輩は猫である 名前はまだない。 どこで生まれたか見当がつかぬ・・・。これは夏目漱石の有名な小説、「吾輩は猫である」の冒頭、言わずと知れた、夏目漱石のデビュー作。夏目漱石といえば、坊っちゃんのイメージが強く、松山出身だと思っている方も少なくないようですが ...
続きを読む
吾輩は猫である 名前はまだない。 どこで生まれたか見当がつかぬ・・・。

これは夏目漱石の有名な小説、「吾輩は猫である」の冒頭、
言わずと知れた、夏目漱石のデビュー作。

夏目漱石といえば、坊っちゃんのイメージが強く、松山出身だと思っている方も少なくないようですが、
牛込馬場下横町(現在の東西線早稲田駅と大江戸線の牛込柳町の間くらいの地域)の生まれだそうです。

1890年には東京帝国大学(現:東京大学)に入学し、その後学校の先生になり、そのときに松山の学校にも赴任したのだとか(坊っちゃんはその時のことがモデルになっているのですね)

そんな漱石が38歳のときに発表したのが「吾輩は猫である」。
その後、「坊っちゃん」「こゝろ」「三四郎」などを次々に発表し、没年齢は49歳。
わずか10年ほどの間に、あれだけの名作を世に送り出した夏目漱石が愛してやまなかった洋食があるのだとか。

      IMG_0152

それは「洋風かきあげ」。

少し考えてみれば、ありそうな気もするけれど、どんなものなのか全く想像できない。
というわけで、夏目漱石が愛した「洋風かきあげ」を食べることが出来るお店、
淡路町にある“松榮亭”さんに行ってきました。

      IMG_2002

何も知らなければ、ごく普通の洋食屋さんに見えますよね。
こちらのお店で、「洋風かきあげ」をいただくことが出来るのです。

        IMG_2005

   since1907

つまり、明治40年の創業。
(わ〜ホンモノだ!)

情報によると、洋風かきあげは、ランチメニューとかのセットにはなく、単品のみだと聞いていたのですが、ちゃんランチメニューにあるみたいですよ。

            IMG_1971

店内は、2人テーブルが5卓、4人テーブルと6人テーブルがそれぞれ1卓ずつ。
入ってきたお客さんの人数に合わせて、いずれの席もアレンジできるようになっています。

注文はもちろん、洋風かきあげのランチ。
笑顔が素敵な話好きの女性店員さんが注文を聞いてくださいます。

厨房の中には、店主と思われるシェフが一人。
黙々と料理を作り始めます。

         IMG_1968

創業1907年。かの文豪が愛し続けた、暖かな味わいがここにある。

     ようこそ、松栄亭へ。

現在の店主は4代目。
ドミグラスソースやマヨネーズ、漬け物に至るまで自家製にこだわっているのだとか。

そう、表紙の裏に書いてあるメニューを眺めながら、料理が出来上がるのを待ちましょう。

     IMG_1969

名物の洋風かきあげをはじめ、ビーフシチュー、ハンバーグ、ポークソテーなどの洋食の王道がシッカリとラインナップされています。

           IMG_1970

ハヤシライス・・・ここで食べたら美味しいんだろうな。
洋食屋さんのカレーにも興味が出てきたぞ・・・あれ、カツ丼なんてメニューもあるんだ。
ところでこの、緑の付箋で目隠しされているメニュー・・・
いかん、いかん!でも気になる。
何とかライスだよな・・・(福神漬け添えって書いてあるし)

そんな妄想に走っていると、先にスープが運ばれてきました。

            IMG_1975

カップに入って提供される、熱々のコンソメスープ。
一口飲んで、「うわっ、美味っ!」というタイプではなく、じわじわと旨味が染み込むタイプ。
飲んだあとも、決して喉が渇くような感じにはならない優しい味わいが魅力ですね。

      IMG_1979

そしてお待ちかね、洋風かきあげも出来上がってきました。
お皿にもられたライスも何だか嬉しい。
久しぶりに、フォークの背中にライスでも乗っけてみるか?(やりませんけど^^;)

          IMG_1982

洋風かきあげは、一見オムレツをこんがりと揚げ焼きしたような感じ。

「先ずはそのまま食べてみてください、そして、味が薄く感じたらこちらのソースとかかけても美味しいですよ。」とのこと。

では、ナイフとフォークを使って切ってみましょう。

         IMG_1988

ほほぉ・・・。
店内にあるパネル、洋風かきあげのことが書いてあるものを読んでから見ると、確かにそのとおりですね。
そこには、こんな感じのことが書いてあります。


松榮亭の看板メニュー。
夏目漱石のために、肉、玉葱、卵、小麦粉というあり合せの材料でつくられた一品。
今現在も親しまれている松榮亭オリジナルの洋食です。

材料と作り方。
かき揚げのたねを作ったあとに、フライパンにラードを1cmくらいの高さ入れて、揚げ焼きにして、周りが白っぽくなってきたら、半分に折りたたみ、かき揚げがかぶるくらいにラードを足して、十分ほどゆっくりと揚げる・・・。

では、早速いただきます。
先ずは、何も付けずにそのままで・・・。

           IMG_1994

表面はカリッと、中はふんわり柔らかい。
こちらも、優しい味わいで素材の旨味を感じることができますよ。

       IMG_1976

テーブルの上に置いてある、ウスターソースを軽くかけてみましょう。
オムレツにウスターソースをかけて食べたときのことが思い出されます。

          IMG_1992

おぉ!
この味わいは懐かしい。
昭和の時代、 こういうのを食べたこがあるような・・・。
これに、ご飯を合わせるとあの頃の記憶が蘇ります。

おぉ、ご飯の炊き加減もいい感じですね。
何てことないようですが、大事なことがきっちりとなされている。
それが心にしみてくるから嬉しくなってきますよ(^^)

         IMG_1998

添えてあるキャベツにも、ウスターソースをちょっとかけていただきます。
これもまた、いいですね〜。

シッカリと味わいを守る、正統派洋食。
こうなると、いろんな料理を食べてみたくなってきます。

今の季節ならばカキフライでしょうか?
それとも、ドミグラスソースタップリのハンバーグ。
いずれにしても、この近くによったときには、お邪魔してしまいそうです。

かの文豪が愛し続けた料理、ぜひ味わってみてくださいね。





【松榮亭(しょうえいてい)
住 所:東京都千代田区神田淡路町2−8    MAP
電 話:03-3251-5511
営業時間:11:00〜14:00  17:00〜19:30
煙 草:完全禁煙
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コカコーラに昔、「ホームサイズ」ってあったのを覚えていますでしょうか?今では、ペットボトルで売られているのが一般的ですが、昔は瓶での販売が普通で、たしか1本、190ml。今でも、ボーリング場でたまに売られているアレです。(う、売ってるのかぁ・・・今でも?)その ...
続きを読む
コカコーラに昔、
「ホームサイズ」
ってあったのを覚えていますでしょうか?


今では、ペットボトルで売られているのが一般的ですが、
昔は瓶での販売が普通で、たしか1本、190ml。
今でも、ボーリング場でたまに売られているアレです。
(う、売ってるのかぁ・・・今でも?)

その当時、ちょっと大きな瓶、500mlのものが売られていたのです。
それを「ホームサイズ」といって、確か瓶にもそう表示されていたはず。

500ml、こう書くとすごくたくさん入っているように感じました。
もしそれが、500mlではなく、“5dl(デシリットル)って書かれてたら、
お得感、出てなかったでしょうね^^;

ところで、「デシリットル」は何処に行ったのか??
どこで使われているのかわからない、デシリットル。
どこか懐かしのデシリットルのことを思いながら、
懐かしいナポリタンでも食べに行くか・・・。

        IMG_7802

やって来たのは、
“スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店さん。

え? パンチョってあのパンチョ?

そう思った方、そうなのです。
東京で大人気のお店、「スパゲッティーのパンチョ」が、ついに大阪に上陸したのです。

かなり前になるのですが、渋谷の「パンチョ」に訪れたのがパンチョを知ったきっかけ。
メニューは、ミートソースとナポリタンだけという潔さに惚れて、
訪問したのがはじまりでした。

「イタリアじゃこの美味さに出会えない」
「ソースの少ないミートソースはゆるさない」
「ミートソースとナポリタンがあればいい。」
「アルデンテってなんですか?」
「うまいもんはカロリーが高いんだよ」


そんなインパクトのあるコピーが印象的で、頭から離れなかったのを思い出します。

早速店内に入ると、お約束の券売機と、80年代の懐かしいBGM。
これも、狙ってのことなのだとか。

          IMG_7799

初めてのお店で食券の券売機は、メニューを見て迷っていると、
後ろに並ぶお客さんに気を使ってしまう・・・
でもこちらのお店ならば、ナポリタンかミートソース、
サイズとトッピングを決めておくだけなので、そんな心配は無用かもしれない。

          IMG_7792


食べたいスパゲッティーの食券を購入し、カウンター席に座って、
スパゲッティーが出来上がるを待ちましょう。

       IMG_7770

カウンターの上にも、メニューが置いてあるので紹介しますね。

    IMG_7768

ナポリタンとミートソースだけのメニュー。
でも、そこにトッピングを加えていくことによって、
オリジナリティーを出すことが出来るかも。

ちなみに麺の量は、小(300g)、並(400g)、大(500g)、メガ(600g)、
そのどれを選んでも値段は同じ。
思いっきりナポっちゃうことが出来ますよ(^^)

          IMG_7769

メニューの裏には、萌キャラ・・・
じゃない、ナポリたん と ミート総帥。
(やっぱ、萌キャラじゃんか^^;)

スパゲッティーへのこだわりが書かれているのですね。
(オタロード沿いのお店だから、サービスなのかと思ったわ^^;)

そんな感じで、メニューを眺めていると、
お願いしたナポリタン目玉焼きのせが出来上がってきました。

        IMG_7774

大きめのステンレスのお皿がいい感じですね〜。
それにしても、ボリュームたっぷり、
確か、並盛をお願いしたと思うのですが、それでもこのボリュームは凄い!

       IMG_7777

スパゲッティーはフォーク、もしくは箸でいただきます。

      IMG_7772

あ・・・ここにもある、格言のようなそうでもないようなアレが。

          
   IMG_7797


え・・・マジですか?
コンビニではガリガリ君・・・
(実際には大丈夫みたいですよ〜)

そんなことはどうでもいい、さ、ナポリタンをいただきます。

         IMG_7779

う・美味い!
改めてナポリタンは・・・

はい、本当にそう思ってしまいます。
ナポリタンって、美味しくて夢中になって食べて、
気がつけがもうなくなってしまっている。

もっとたくさん ナポリタンが食べたい!

そんな思い、確実に叶えてくれますね(^^)

しっかり炒められたもっちり太麺、
なんだか嬉しいウインナーの肉感、
シャキッとした食感の玉ねぎ、
たまに感じるピーマンの存在感・・・

それらが本当に懐かしく嬉しい美味しさ。
それがこんなにタップリと味わえるのは、本当に嬉しくなってきます。

         IMG_7796

とはいえ、これだけのボリュームがあると、
少し味が単調に感じることもあるわけで・・・。

     IMG_7767

             IMG_7783

そんなときのために、強い味方もスタンバイ。

    IMG_7784

粉チーズもタップリと、好きなだけ掛けちゃうことが出来るのです。
この味変によって、もはや無敵の美味しさをキープ出来ちゃう。
いろいろ味変を楽しむのもアリですよ〜!

     IMG_7789

そして後半は、トッピングの目玉焼きを崩し、まったりとした美味しさを楽しみます。
いつも、「今度はミートソースを食べてやる!」そう心に決めて帰るのですが、
気がつけばいつもナポリタンの食券を・・・・

ん? 向こうのお客さんが食べている白いスパゲッティーは何だろ?

      IMG_7795

改めてメニューを見ると、裏メニューのところに、
「白ナポ」の文字が!

そ、そんなの出来てたの?
裏メニューといいながら、しっかりメニューに載ってるのもおもしろいですが、
それ以上にこれは気になりますね。  

           IMG_7793

ナポリタンが無性に食べたくなる。
豪華なディナーのように、むちゃくちゃ美味いってわけではないけれど、
なんだか無性に食べたくなる味、それがナポリタン。

カツカレーのように、オムライスのように、ラーメンのように、
ナポリタンも日本の生んだ、偉大な食文化。

完食して確かに思う、
改めてナポリタンはうまい!

     


【スパゲッティーのパンチョ 大阪なんば店】
住 所:大阪市浪速区難波中2−4−3    MAP
電 話:06-6632-1522
営業時間:11:00〜23:00 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

運転免許を持っている人は、必ず一度はいかなければいけない場所、運転免許試験場。各都道府県に最低1ヶ所は設置されており、自動車教習所を卒業したものも、学科試験や適性検査等で、必ず訪れなければならない。ちなみに、大阪府には門真と光明池にあって、2ヶ所。北海道に ...
続きを読む
運転免許を持っている人は、必ず一度はいかなければいけない場所、
運転免許試験場。

各都道府県に最低1ヶ所は設置されており、
自動車教習所を卒業したものも、学科試験や適性検査等で、
必ず訪れなければならない。

ちなみに、大阪府には門真と光明池にあって、2ヶ所。
北海道に至っては、札幌、函館、旭川、釧路、帯広、北見と6ヶ所あるのだとか。
これって、北海道のナンバープレートと一緒ですね(^^)

もしも、北海道に1ヶ所しか試験場がなければ、試験場の近くに住む人を除き、
運転免許試験ツアーなんて、旅行パックが発売されているかもしれませんよね^^;

さて、北海道よりも気になるのが、小笠原諸島。
そして、小笠原諸島の住所は東京都。
見てみると、東京都の運転免許試験場がある場所は、
鮫洲、府中、東陽町。

あれ?
小笠原諸島には、試験場がない。
更新は警察署でできるとしても、免許の取得は・・・
(そもそも、小笠原諸島に教習所はあるのか?)
今度、小笠原に行ったときに聞いてみよう。(行く予定ないけれど^^;)

さて、先日免許の更新に門真の運転免許試験場に行ってきました。
朝早くに行っても、終了する頃にはランチタイムをむかえるんですよね。

幸い、門真運転免許試験場には、食堂も併設されています。
ちゃんと、食べログにも載っているんですよ^^;

さて、そんな試験場の食堂の誘惑を見事にかわし、
やってきたのが洋食のお店、”ぷてぃあゔぃにょん”さん。

        IMG_5834
(お店全体の外観画像は、表で空席待ちの人がたくさんいたので、これで勘弁ね^^;)

昔と違い、門真の試験場の周りには、いろんなお店が出来ているけれど、
私はこちらのお店をイチオシします。

洋食屋さんなのですが、ただの洋食屋さんではない。
以前、ディナータイムにお伺いさせていただいたのですが、
どの料理も本当に美味しかった。

そして、〆に出していただいたオムライスの美味しさが忘れられなくて・・・

そんな思いを胸にお店に入り、カウンター席に座らせていただきます。

      IMG_5812

メニューの表紙には、店主の似顔絵が。
カウンターから厨房を見てみると、似顔絵そっくりの店主が、
軽快にフランパンを振る姿を見ることが出来ます。

ランチメニューの内容はこんな感じですよ。

      IMG_5811


日替わりランチをはじめ、日替わりパスタランチ、名物オムライスランチ、
ハンバーグ、エビフライ、カレー、ポークソテーなど、
洋食の王道が勢揃い。
ビーフシチューランチが1,580円で食べられるのも魅力ですね。

少し迷いましたが、初心を貫き、オムライスランチをお願いしました。

店内は、4人がけのテーブルが6卓ほどと、カウンター席が3席。
この日は満席の状態で、外に空席待ちのお客さんが3組ほどいらっしゃいます。
本当に人気ですね。

      IMG_5818

しばらくすると、サラダとスープが提供されます。
サラダには、ショートパスタも入っていて、ドレッシングも美味しい。
こんな感じで、ちょっとずつテンションを上げていってくださいます。


ところで、ぷてぃあゔぃにょんの「アヴィニョン」とは・・・

Avignon(アヴィニョン)は、フランス南東部にある、プロヴァンス地方の街。
古い街並みを残しつつ、世界遺産であるアヴィニョン橋もあるのだとか。
そして、ぷてぃあゔぃにょんのシェフは、元フレンチの料理人。
プロバンス、アヴィニョンに思い出があるのでしょうね。

そんなシェフが作った、オムライスはこんな感じです。

          IMG_5822

表面がトロットロになった、平成のオムライスではなく、
クラシックな正統派オムライス。
本当に綺麗ですよね(^^)

これだけキレイに出来上がってくると、最初のスプーン一刀をいれるのが、
何だか惜しくなっちゃいますよ。

そんな思いよりも、食欲のほうがまさるのは言うまでもありませんが^^;

          IMG_5825

食べてみると、表面はサラッと仕上がっているけれど、中は玉子がふわとろ。
玉子の層も厚く、本当に最高の食感です(^^)

オムライスって、チキンライスを薄焼き玉子で包んでいるものだと思われがちですが、
それが大きな間違いだったと、このオムライスを食べるとすぐに気がつくことが出来ます。

     IMG_5833

キチンと玉子の美味しさを感じながら、中のチキンライスの旨味を、
しっかりと受け止め、増幅させる。
このレベルのオムライスになると、ガツガツかっ込むのではなく、
しっかりと味わって食べたい気持ちになってしまいますね、自然に。

もちろん、この日もしっかりと味わいながらキレイに完食させていただきました。

ディナーで、みんなで取り分けて食べるオムライスも美味しかったけれど、
ランチタイムにしっかりと一人前のオムライスに向き合い、
じっくり味わいって食べるのも最高です。

運転免許の更新時に是非・・・
いえいえ、わざわざ出かけて食べに行っても、価値アリですよ〜!







 
【洋食屋 ぷてぃあゔぃにょん】
住 所:大阪府門真市速見町5−6    MAP
電 話:06-6902-0776
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:00) 17:00〜23:00(L.O.22:00) ※日祝は22:00まで。
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

とげぬき地蔵として知られる、巣鴨の高岩寺。山手線の巣鴨駅を降りて白山通り北へ歩くと、斜め右へ分かれる道があります。これが、「巣鴨地蔵尊商店街」。       ここは、おばあちゃんの原宿とも呼ばれる街。見渡してみると、たしかにおばあちゃんの姿が多い。    ...
続きを読む
とげぬき地蔵として知られる、巣鴨の高岩寺。

山手線の巣鴨駅を降りて白山通り北へ歩くと、斜め右へ分かれる道があります。
これが、「巣鴨地蔵尊商店街」

       IMG_3929

ここは、おばあちゃんの原宿とも呼ばれる街。
見渡してみると、たしかにおばあちゃんの姿が多い。

     IMG_3924

日本一の赤パンツで有名な、マルジさん。
赤パンツを着用すると、へその下にあるツボの気の巡りが良くなるのだとか。

そんな赤パンツのお店を横に見ながら、とげぬき地蔵で有名な、高岩寺さんへ。

        IMG_3928

お参りをすませて、ふと参道にある屋台に目を向けると、
なんだか気になるお店が。

      IMG_3931

ん・・・んんん〜!

     IMG_3932

何と、耳かきのお店があるではないか。
実は私、耳かきがすごく好きなのです。

とは言っても、耳かきならば何でも良いというわけではなく、
自分の耳にあったものでなければ、まったくダメなのである。

おしゃれなデザインの耳かきがあって、買って使うも全然合わずに、
耳をひっかき痛みが出たり、
100均の耳かきを削って合わしてみようとするも、ササクレができて使い物にならず。
自分に合う耳かきを見つけるのは、実に至難の業だと実感しているのです。

         IMG_3934

こちらのお店は、“原田耳かき店”さん。
ここ、巣鴨で70年以上もつづく、オーダーメイドの耳かきのお店なのです。

高いものになると、1本2,980円と高額ですが、
それでも、遠方から耳かきを買いに来る人も少なくないのだとか。

注文すると、「耳を見せて下さい。」と言って、左右の耳を確認してもらえます。
確認すると言っても、耳鼻科のお医者さんのように診るのではなく、
普通に顔を見るように見るだけ。
それで、耳の形とかがわかるのだとか。

          IMG_3935

「今から作りますので、10〜15分くらいしたら、また寄って下さい。」
とのこと。

その間に、竹で耳かきを耳の形に合わせて作ってくださるのですね。

店主の目の前には、竹に曲げを作るための炭火が置いてあり、
それで耳かきを加工するのだとか。

        IMG_1960

作っていただいたのは、両側に大小の耳かきがある、2,980円のスス竹のもの。
実際に、使ってみると全く痛くなく、きっちりフィットする。
大きな方なんて、確実にひっかかる(今までの経験上)と思っていたけれど、
本当に変な引っかかり方をしなくて心地いい。

2,980円とはいえ、一度買うと10年は持つと言われるので、
これは決して、高い買い物ではないと思いますよ。
耳かき大好きな人、ぜひ試してみてくださいね。


さて、日本で唯一つの耳かきを手に入れたあとは、
とげぬき地蔵さんからすぐのところにある、こちらのお店へ。

         IMG_3964

ここは、“ときわ食堂”さんといって、巣鴨で大人気の食堂。

   IMG_3967


これだけ行列ができていれば、自然と目が向き、何が名物なのかなぁ・・・
そんな感じで見るわけで、目に入ってくるのがこのPOP。

        IMG_3959

自信の一品。
本物の味を お楽しみください。

とげぬき地蔵さんの目の前にあるのが本店。
その他にも、庚申塚駅前には、庚申塚店。
そして、巣鴨駅前にもお店があるので、便利です。

        IMG_3960

この日は、巣鴨駅のすぐ近くにある、
「巣鴨駅前店」さんの方へお邪魔させていただきました。

      IMG_3936

ランチタイムには早い時間ではありましたが、
すでに多くのお客さんで賑わっています。
テーブル席に座らせていただき、目の前のメニューを確認・・・。

       IMG_1945

えびフライ、ミックスフライ、あじフライ、刺身盛り合わせ、あこうだい粕漬・・・。
とんかつの豚肉は、林SPFポークなんですね!

とはいえ、注文は入り口のPOPで気になった、えびフライを定食で。

お品書きの値段はすべて単品の値段で、すべての料理がプラス270円で、
ご飯・みそ汁・新香が付いた定食にすることができます。

単品で注文して、ビールのつまみにするか、
定食にして、ガッツリと食べるか・・・。
定食のご飯は、1回だけですが、無料でおかわりできるそうですよ。

そして、「自家製タルタルソース 70円」の文字を発見!
そっか、タルタルソースは別売りなんだ。

「すみません、タルタルソースを追加でお願いします」

もちろん、お願いしました。

そして、まもなくエビフライ定食が出来上がってきました。 

        IMG_3939

うわぁ、看板に偽りなし!
本当に大きなえびフライがのっかってきましたよ。

       IMG_3942

お皿からはみ出んばかりの大きさ。
これで、有頭海老ではないのだから素晴らしい大きさ。
もしこれが、有頭海老ならば・・・
そう考えると、かなり大きなエビですよね!

定食は、プラス270円と少し高く感じるかもしれませんが、

         IMG_3943

炊きたて艶々のごはんは、おかわり可能(1回ですが、それで十分ですよね)。

   IMG_3945

具がタップリの美味しい味噌汁と、

         IMG_3946

手作りのお漬物も付いてくるのですから、十分納得できるもの。
さて、では早速・・・

「タルタルソース、お待たせしました。」

        IMG_3950

あ、そうそう!
タルタルソースを追加注文したんだった^^;
それにしても、タップリと持ってきてくださいますよ。

       IMG_3951

それでは早速、大きなえびフライをいただきます。

       IMG_3953

自家製のタルタルソースをタップリと付けて・・・。


        (^^)(^^)(^^)

サクッとした食感のあと、プリップリ!
エビ、本当に食べごたえがありますよ。
そして、このタルタルソースが美味しい。

       IMG_3957

えびフライに付いてくる辛子と、
タルタルソースを一緒に食べてもすごく合うのです。

リミッターカットして、本気で食べたらえびフライ1本でご飯を3分の2食べて、
お漬物、みそ汁と、2本目のえびフライでお替りして、2杯目のご飯・・・。

いえ、この日はそんな本気出していませんが、
えびフライ830円、定食270円、タルタルソース70円で、
合計1,170円。


本気のえびフライが2本も付いて、
満腹になってそのお値段はかなり満足感高いですよ!

日本一の耳かきと、本気のえびフライ。
次の休日は、巣鴨を巡って美味しく満足!
如何でしょうか?







【原田耳かき店】
住 所:東京都豊島区巣鴨3-35-2 高岩寺境内    MAP
電 話:
営業時間:9:00〜17:00頃 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(土日祝と、縁日<毎月4,14,24日>は、休まず営業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




【ときわ食堂】
住 所:東京都豊島区巣鴨3−14−20    MAP
電 話:03-3917-7617
営業時間:10:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ






※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

安くて美味しい飲食店を探すとき、自分なりのちょっとしたコツみたいなもの、誰もが持っているのでは。暖簾がきれいな店は美味しい。女性に人気の店は、高い確率で美味しい。メニュー構成がシンプルな店は、美味しいことが多い・・・それぞれに、基準のようなものをお持ちだ ...
続きを読む
安くて美味しい飲食店を探すとき、自分なりのちょっとしたコツみたいなもの、
誰もが持っているのでは。


暖簾がきれいな店は美味しい。
女性に人気の店は、高い確率で美味しい。
メニュー構成がシンプルな店は、美味しいことが多い・・・


それぞれに、基準のようなものをお持ちだと思う。

私の場合は、直感に頼ることが多いのだが、
それでも、ちょっとした目安のようなものはある。

【ターミナルから一駅先で、人気の店は安くて美味い。】
一駅だけ足を延ばしてみれば、意外な穴場店がみつかる。
今では、超人気になってしまったけれそ、天満、福島、東三国などがそのいい例。

【カウンターの中、フードがピカピカの店は間違いない。】
自分の仕事場、道具などに気を配っている人が作る料理が、不味いわけがない。
もっとも、こればかりは店に入らなければ分からないことではあるが^^;

【昔から続く人気の店は、美味しいに決まっている。】
飲食店が継続して行くのは難しいという。
そんな中、昔からお客さんが入っている店というのは、それなりの理由がある。

つまり、“安くて美味しい!”

大阪の下町、千林にあるコチラのお店も、昔からお客さんが絶えない人気店。

         IMG_3377

地元の主婦からは、コロッケやとんかつ、メンチカツが買えるお店として重宝され、
また、近所の会社のサラリーマンにとっては、安くて美味しい洋食のお店、
“グリルシマダ”

噂に聞くと、ここの「あみ焼き定食」が凄いらしい。

「880円であのボリューム、半端ないですよ! 是非食べてみて下さい。」

と、実際に食べに行った友人。
お店の存在はもちろん知っていたけれど、
私の中でここは、コロッケとかメンチを買うお店。
(もちろん今でも、売ってますよ、揚げたてのコロッケ!)

そんなことを思いながら、サラリーマンの列に続き入店・・・

            IMG_3374
入り口のところには、サンプルが飾られたウインドが。
子供の頃、こういうのを眺めてワクワクしたなぁ(^^)


2人がけのテーブル席に座らせていただき、まずはメニューを確認。

        IMG_3348

おぉ、ほとんどの定食が800円とは、スゴイ。
とんかつ、ビフカツ、コロッケ、ミンチかつ、
ハンバーグの定食は同じ値段っていうのも素晴らしい。

注文は、もちろん「あみ焼き定食」。
そして、まわりのお客さんからの注文も、ほぼ「あみ焼き定食」。
常連さんは知っているのか?

         IMG_3351

店内は昔ながらの落ち着いた雰囲気。
結構ゆったりしてて、昭和の雰囲気満タン。

   IMG_3352

テーぶりの上には、割り箸と灰皿と楊枝と塩。
黄色い頭の入れ物は、ソース差しか、それとも醤油差しか?
(黄色の頭はソースで、赤は醤油ってイメージが)

そんな事を考えていると、お願いしたあみ焼き定食が出来上がってくる。

        IMG_3362

え・・・これはスゴイ!
あみ焼きっていうから、焼肉用の肉が5〜6枚のっかってくるのかと思いきや、
大きくて厚みがある牛肉が本当にタップリ(^^)

    IMG_3356

ごはんも、炊きたての熱々が、お皿にたっぷりと盛られて出てくるから嬉しい。

この肉、あみ焼きと言うよりも、もうほとんどステーキ。
一体どのくらいあるのか並べてみると・・・

           IMG_3354

おぉ、本当に大きいステーキ1枚分はある。
これで880円は素晴らしい!

     IMG_3368

早速食べてみると、これが柔らかくて美味しいから笑いが止まらない。
焼き加減もミディアムレアで言うことなし。
こりゃぁ、人気が出るはずだ。

     IMG_3371

         IMG_3373

    IMG_3372

あみ焼き定食には、他にサラダ、ポテサラ、みそ汁も付いてかなり満足すること間違いなし。

そういえば、あみ焼き定食と並んで注文が入っていたのが、
「エビかつ定食」だったなぁ・・・。
ぜひ今度は、エビかつ定食を注文して、帰りに揚げたてのコロッケを買って帰ってみたい。

         IMG_3380






【グリルシマダ】
住 所:大阪市旭区千林2-7-8    MAP
電 話:06-6953-9908
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:喫煙可
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




 
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の中でも、世界の人が知る街、京都。OSAKAは、先日のG20サミットで、少しは名前を知られるようになったと思いますが、KYOTOに関しては、その知名度はすごいものがある。ひょっとして、TOKYOに続くほどの知名度の高さではないでしょうか?清水寺や五重塔、舞妓はん・・・ ...
続きを読む
日本の中でも、世界の人が知る街、京都。

OSAKAは、先日のG20サミットで、少しは名前を知られるようになったと思いますが、
KYOTOに関しては、その知名度はすごいものがある。
ひょっとして、TOKYOに続くほどの知名度の高さではないでしょうか?

清水寺や五重塔、舞妓はん・・・
そんながイメージとして浮かびますが、
それとはまた違う一面の京都というのも存在するのです。

海の京都、天橋立や舞鶴。
そして、かやぶきの里も、京都府に存在するのをご存知だったでしょうか?

京都市内から、車で1時間と少し。
美しい山と書いて、美山。


そんな近くに、こんな素敵なところが・・・。
そんな気持ちになりますよ(^^)

そんな美山に立ち寄ったときに、何気なく入ったお店が美味しかった。
そんなお店の名前は、“レストラン芦生(あしう)

          IMG_0464

国道162号線沿いにあり、昔ながらのレストランと言う雰囲気の中に、
なにか感じるものがあり、立ち寄らせていただきました。

      IMG_0460

日曜日のこの日、ランチタイムと重なったこともあり、入り口には「満席です」に表示が。
中に入って聞いてみると、待っていただければ、席を用意していただけるとのことなので、
待合スペースで待たせていただくことに。

       IMG_0459

美山町の観光マップも貼ってあり、それを眺めているのも楽しい。
そしてレジの横に、お土産コーナなどもあって、
昭和のドライブインのような雰囲気がして、何だか懐かしい気持ちになりますよ。

10分ほど待つと空席が出来たようで、テーブル席に案内していただきます。
 
   IMG_0435

メニューも昭和な雰囲気なのがいい感じ。
ポタージュスープ、牛肉の照り焼き、ポークチャップ、海老フライ・・・。
先ずはアラカルト料理が並びます。

        IMG_0437

サラダ料理、カレー料理、御飯、スパゲッティ、弁当。

基本はアラカルトメニューで、それにライスを付けたりして完成させるスタイル。
昔懐かしい洋食屋さんの形ですね〜(^^)

     IMG_0438

飲み物も、ちょっとした喫茶店顔負けのラインナップ。
カルピス、レモンスカッシュ、クリームソーダもしっかりありますよ。

何にしようかか迷いながら、まわりを見渡すと、
ご飯もついた「弁当」メニューを食べているお客さんが多い。
それも、とんかつではなく唐揚げを。

これは右にならえ、してみるか・・・

そんな感じで、唐揚げと海老フライが付いた、
唐揚げ弁当のAをお願いしました。

店内は、テーブル席が並び40席ほど。
観光客ばかりかと思いきや、地元の方も多く訪れていらっしゃるようです。

         IMG_0456

大きな窓からは、お店の庭を眺めることも出来ます。
良い庭ですよ〜(^^)
お店は新しくないけれど、店内も庭もきちんと手入れされていて、
お店の雰囲気もお客さんが集まってくる感じのなっているのだと実感できます。

そんな雰囲気の中で頂いたのは、一番人気の唐揚げ弁当のA。

         IMG_0448

サラダもみそ汁も付いて、かなり充実した感じになっています。

  IMG_0450

唐揚げは、大きなものが、1,2,3,4,・・・
6個も入っている!
これは腹ぺこさんにも嬉しいですね(^^)

        IMG_0451

先ずは・・・ということで、何気なくみそ汁をいただくと、これが美味しい!
味噌汁が美味しいお店にハズレ無し!
これ、私が経験上感じていることなのです。

そんな期待感に満ち溢れた気持ちで唐揚げもいただきます。

            IMG_0455

おぉ〜!
柔らかくて美味しい(^^)
この唐揚げ、噛みしめると、中から肉汁が飛び出してくるんですよ!
まさか、こんなハイレベルな唐揚げに出会えるとは思わなかった。

唐揚げ・・・
最近では、どこに行っても気軽に食べられるものですが、
この唐揚げは、初めて美味しい唐揚げを食べたときの感動に似たようなものを感じます。

        IMG_0458

ソースと塩、
お好みでどうぞ。

そういえば、ウスターソースもしばらく食べてないなぁ・・・^^;

      IMG_0452

海老フライも一つではありますが、こんなに大きなのがのっかっていますよ。
タルタルソースではなく、塩かソースでどうぞ(^^)

ちょっとしたドライブ、道の駅のレストランで食事もいいけれど、
その地元の、昔から続くお店で食事してみてください。
昔から続く、地元の人も通う。
そんなお店が美味しくないわけがないのです。

あとで少し調べてみると、こちらのお店「レストラン芦生」さんの唐揚げが食べたくて、
遠方から通う人も少なくないのだとか。
わたしもまた、必ず再訪させていただきたいと思います。







【レストラン芦生】
住 所:京都府南丹市美山町安掛寺ノ下17    MAP
電 話:0771-75-1022
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:あり(10台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。 ...
続きを読む
ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?

オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、
"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。
でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。

ウインナーとフランクフルトの違いって?
それは、その太さ。
太さ20mm以下のものをウインナー、20mm以上36mm以下のものをフランクフルト、
そして、それ以上のものをボロニアと呼ぶのだとか。

(但し、日本の基準で)

ウインナー、フランクフルト、フランスパン、天津飯、ミラノ風ドリア、
ナポリタン、アメリカンドッグ、ミラネーズ、カントリー・・・。


さて、あんかけスパゲッティ、ミラネーズはミラノにはあるのか・・・・

           IMG_7235

おそらくないと思われるので、名古屋の錦にある、
スパゲッティハウス ヨコイ”さんに行ってきました。

名古屋であんかけスパゲッティを広めたのは、こちらのお店の創業者なのだとか。
以前、”チャオ”では食べたことがあるのですが、
ヨコイさんで食べるのは初めてです。

本日のランチは、ミラカン&有頭エビフライ 1,000円。

          IMG_7199

店内メニューにあった、「ノブナガ・あんかけ鉄砲スパゲッティ」1,300円。
ということは、本日のランチは、お得ですよね!

席に座り、本日のランチをお願いしました。

さて、他にはどんなメニューがあるのか念のために確認します。    

     IMG_7197

            IMG_7198

かなり種類が多いですね。
おそらく、ベースは同じあんかけなのでしょうが、トッピングの種類が多い。
皆さん自分好みにカスタマイズして楽しむのでしょうね。

今日は、ミートボール。
明日は、エビフライ。
明後日は、コロッケとピカタ・・・。

あ、毎日は食べないか^^;

            IMG_7202
先ずは、サラダが運ばれてきます。
ポテトサラダを見ると、ビールが飲みたくなるのは私だけ^^;

周りを見渡すと、ランチのエビフライ・ミラカンを食べている人がほとんど。
お得ですものね(^^)

そして、私達のテーブルにも、ミラカン 有頭海老フライが運ばれてきました。

         IMG_7205

しっかり炒められたスパゲッティに、たっぷりのあんがかけられて、
大きなエビフライがトッピング。
なるほど、ボリューム満点ですね(^^)

      IMG_7211
野菜もハム(と言ってもいいですよね^^;)もたっぷり入って、
美味しそうです。

それでは、早速いただきましょう。

           IMG_7220

あ、美味しい!
ちょっとピリッと来るのは、胡椒の辛味でしょうか?
これくらいの刺激があったほうが、食がすすみますね。
ハムの味わいと、野菜のシャキッとした感じがちょっとクセになりそうです。

         IMG_7225

そんな感じで、ドンドン食べ進むことが出来るのです。

      IMG_7217

こちらは、同行者が注文した鉄板ナポリタン。
胡椒の辛さが苦手な方は、こちらを注文するのもあり。
一口いただきましたが、これもクセになりますよ(^^)

パスタとは違う、アルデンテとは無関係。
でも、一度ハマれば確実にリピートしたくなる味わいです。
ぜひ腹ペコ状態で食べてみてください。
ボリュームがあるので、美味しさが倍増しますよ(^^)

            IMG_7231

女性から「カワイイ!」
男性から「面白い!」
名古屋めしのクリアファイルも売ってます。
如何ですか^^;
           







【スパゲッティハウス ヨコイ 錦店】
住 所:名古屋市中区錦3−14−25 アサヒビル 1F    MAP
電 話:052-962-5855
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45) 17:00〜22:00(L.O.21:35) 
     ※祝日は、ランチ営業のみ。
煙 草:分煙(11:00〜13:00は禁煙)
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッとするほど、きれいな青。そんな景色がどうしてみ見たくなり、以前高知県の仁淀川に行きました。8月から11月にかけて見える、仁淀ブルー。本当に水が青く見えるのです。そんな綺麗な青い景色をもう一度見てみたい。でも、流石に青の洞窟まで行く訳にはいかないしなぁ・・ ...
続きを読む
ハッとするほど、きれいな青。

そんな景色がどうしてみ見たくなり、以前高知県の仁淀川に行きました。

8月から11月にかけて見える、仁淀ブルー。
本当に水が青く見えるのです。

そんな綺麗な青い景色をもう一度見てみたい。
でも、流石に青の洞窟まで行く訳にはいかないしなぁ・・・。

そんな風に思っていると、北海道にも世界的に有名な場所があったのです。

           IMG_0650

ここは、美瑛にある「青い池」。
ここは、Googleの衛星写真「Google Earth」でも、水面の青を確認できるのだとか。
実際に行ってみると、その青さにため息が出るほど、神秘的な雰囲気を醸し出していました。

青い池に夢中になり、気がつけばランチタイム。
この日は、美瑛にあるエビフライがのっかった丼が有名なお店、
”洋食とcafeじゅんぺい”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_8805

な・・・なんですか、この人気ぶりは!
夏休みでも何でもない平日に、この賑わいよう。
外国からのお客様も多いようで、すごく人気のお店のようです。

入口を入り、ウエイティングの用紙に名前を書き、空席が出来るのを待つことにします。

       IMG_8803

お店の横には、駐車場もあるので、車で来ても大丈夫。
そして、美瑛駅からも歩いて来れる距離みたいですね。

しばらくすると、席が空き、店内のテーブル席に案内していただきました。

   IMG_8808

名物は、伝統の丼と書かれた「海老丼」。
店内を見てみると、ほとんどの方がこれを注文しているみたいです。

         IMG_8809

それだけではなく、じゅんぺいのチキンや、カレーもあるみたいですね。
この日は、ちょっと出遅れてしまったせいか、
エビフライとメンチカツ以外のフライものが売り切れてしまっていたようで、
チキンもないとのこと。

でもまぁ、エビフライ狙いなので問題なしですね。

     IMG_8810

         IMG_8811

エビ丼とチキンカツが付いた、デラックス海老丼にしようかと思っていたのですが、
チキンがなかったので、ここは思い切って海老丼の松、
エビフライが4本のっかった海老丼をお願いしました。

店内は、2人がけのテーブル席がメインで、4人がけのテーブル、小上がり席もあるようです。

ところで、旭川名物の「ジュンドッグ」ってご存知でしょうか?

旭川市、美瑛町で販売されるファーストフードで、
エビフライや、ソーセージをご飯で巻いた、ホットドッグのごはん版のようなもの。
実はこちらのお店「じゅんぺい」さんが発祥なのだとか。
(後で気がついたのですが、それも食べておけばよかったなぁ・・・)

そんなジュンドッグ発祥のお店の海老フライがたっぷりのっかった、
海老丼は、想像以上にインパクトが有りました。

              IMG_8831

本当に、丼のご飯が見えないほど海老フライで満たされています。
いくらインパクトがあるからと言って、巨大海老フライ4つも乗っけるのは、やり過ぎか?

       IMG_8837

そう思いながら、まずは一口いただきます。

サクッ! プリッ!  
そして旨味が一気に広がります。

       (^^)(^^)(^^)

うんまぁ(^^)

想像以上に軽いのです。
サクッと心地よい食感のあと、海老の身が口の中いっぱいに!

         IMG_8841

衣を厚くして、誤魔化すなんてセコいことは一切なし。
このレベルの海老フライが4つものっかって、1,310円は安くないですか!

海老丼は、こんな感じで味噌汁とサラダ、そしてお漬物がセットになって出てきます。

      IMG_8819

途中でサラダを食べて口の中をリセットさせたり、

        IMG_8834

小茄子の辛子漬けを食べて、味変させたりするのも楽しいです。

    IMG_8835


それよりも、秀逸なのが、海老丼にかけられている甘じょっぱいタレ。
これが美味しいのです。

ご飯がすすむことはもちろん、海老フライ4つであろうと、
あっという間に完食させてしまう実力を持つ。
これは、他のフライものにかけてもおいしいだろうな・・・

         IMG_8817

こちらは、同行した友人が注文した、焼きカレー海老フライ添え。
一口いただきましたが、深みがある美味しいカレーでしたよ。

    IMG_8843

メニューや看板、箸袋にもデザインされた、店主と思われる純平さんのイラスト。
でも、創業者も現在の店主の名前も「純平」ではないのだとか・・・
暇な時間帯に訪れて、直接聞いてみようかともおもうものの、そんな時間帯はなさそう^^;

             IMG_8842

今度はとんかつや、ジュンドッグ、チキンも是非味わいってみたいと思います。
青い池と、驚きの海老丼、是非とも味わってみて下さい。
北海道のいい思い出になりますよ(^^)

        IMG_8844










【洋食とcafeじゅんぺい】
住 所:北海道上川郡美瑛町本町4-4-10    MAP
電 話:0166-92-1028
営業時間:11:00〜14:00  17:00〜20:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:あり(18台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加