美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 洋食

日本の中でも、世界の人が知る街、京都。OSAKAは、先日のG20サミットで、少しは名前を知られるようになったと思いますが、KYOTOに関しては、その知名度はすごいものがある。ひょっとして、TOKYOに続くほどの知名度の高さではないでしょうか?清水寺や五重塔、舞妓はん・・・ ...
続きを読む
日本の中でも、世界の人が知る街、京都。

OSAKAは、先日のG20サミットで、少しは名前を知られるようになったと思いますが、
KYOTOに関しては、その知名度はすごいものがある。
ひょっとして、TOKYOに続くほどの知名度の高さではないでしょうか?

清水寺や五重塔、舞妓はん・・・
そんながイメージとして浮かびますが、
それとはまた違う一面の京都というのも存在するのです。

海の京都、天橋立や舞鶴。
そして、かやぶきの里も、京都府に存在するのをご存知だったでしょうか?

京都市内から、車で1時間と少し。
美しい山と書いて、美山。


そんな近くに、こんな素敵なところが・・・。
そんな気持ちになりますよ(^^)

そんな美山に立ち寄ったときに、何気なく入ったお店が美味しかった。
そんなお店の名前は、“レストラン芦生(あしう)

          IMG_0464

国道162号線沿いにあり、昔ながらのレストランと言う雰囲気の中に、
なにか感じるものがあり、立ち寄らせていただきました。

      IMG_0460

日曜日のこの日、ランチタイムと重なったこともあり、入り口には「満席です」に表示が。
中に入って聞いてみると、待っていただければ、席を用意していただけるとのことなので、
待合スペースで待たせていただくことに。

       IMG_0459

美山町の観光マップも貼ってあり、それを眺めているのも楽しい。
そしてレジの横に、お土産コーナなどもあって、
昭和のドライブインのような雰囲気がして、何だか懐かしい気持ちになりますよ。

10分ほど待つと空席が出来たようで、テーブル席に案内していただきます。
 
   IMG_0435

メニューも昭和な雰囲気なのがいい感じ。
ポタージュスープ、牛肉の照り焼き、ポークチャップ、海老フライ・・・。
先ずはアラカルト料理が並びます。

        IMG_0437

サラダ料理、カレー料理、御飯、スパゲッティ、弁当。

基本はアラカルトメニューで、それにライスを付けたりして完成させるスタイル。
昔懐かしい洋食屋さんの形ですね〜(^^)

     IMG_0438

飲み物も、ちょっとした喫茶店顔負けのラインナップ。
カルピス、レモンスカッシュ、クリームソーダもしっかりありますよ。

何にしようかか迷いながら、まわりを見渡すと、
ご飯もついた「弁当」メニューを食べているお客さんが多い。
それも、とんかつではなく唐揚げを。

これは右にならえ、してみるか・・・

そんな感じで、唐揚げと海老フライが付いた、
唐揚げ弁当のAをお願いしました。

店内は、テーブル席が並び40席ほど。
観光客ばかりかと思いきや、地元の方も多く訪れていらっしゃるようです。

         IMG_0456

大きな窓からは、お店の庭を眺めることも出来ます。
良い庭ですよ〜(^^)
お店は新しくないけれど、店内も庭もきちんと手入れされていて、
お店の雰囲気もお客さんが集まってくる感じのなっているのだと実感できます。

そんな雰囲気の中で頂いたのは、一番人気の唐揚げ弁当のA。

         IMG_0448

サラダもみそ汁も付いて、かなり充実した感じになっています。

  IMG_0450

唐揚げは、大きなものが、1,2,3,4,・・・
6個も入っている!
これは腹ぺこさんにも嬉しいですね(^^)

        IMG_0451

先ずは・・・ということで、何気なくみそ汁をいただくと、これが美味しい!
味噌汁が美味しいお店にハズレ無し!
これ、私が経験上感じていることなのです。

そんな期待感に満ち溢れた気持ちで唐揚げもいただきます。

            IMG_0455

おぉ〜!
柔らかくて美味しい(^^)
この唐揚げ、噛みしめると、中から肉汁が飛び出してくるんですよ!
まさか、こんなハイレベルな唐揚げに出会えるとは思わなかった。

唐揚げ・・・
最近では、どこに行っても気軽に食べられるものですが、
この唐揚げは、初めて美味しい唐揚げを食べたときの感動に似たようなものを感じます。

        IMG_0458

ソースと塩、
お好みでどうぞ。

そういえば、ウスターソースもしばらく食べてないなぁ・・・^^;

      IMG_0452

海老フライも一つではありますが、こんなに大きなのがのっかっていますよ。
タルタルソースではなく、塩かソースでどうぞ(^^)

ちょっとしたドライブ、道の駅のレストランで食事もいいけれど、
その地元の、昔から続くお店で食事してみてください。
昔から続く、地元の人も通う。
そんなお店が美味しくないわけがないのです。

あとで少し調べてみると、こちらのお店「レストラン芦生」さんの唐揚げが食べたくて、
遠方から通う人も少なくないのだとか。
わたしもまた、必ず再訪させていただきたいと思います。







【レストラン芦生】
住 所:京都府南丹市美山町安掛寺ノ下17    MAP
電 話:0771-75-1022
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場:あり(10台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。 ...
続きを読む
ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?

オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、
"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。
でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。

ウインナーとフランクフルトの違いって?
それは、その太さ。
太さ20mm以下のものをウインナー、20mm以上36mm以下のものをフランクフルト、
そして、それ以上のものをボロニアと呼ぶのだとか。

(但し、日本の基準で)

ウインナー、フランクフルト、フランスパン、天津飯、ミラノ風ドリア、
ナポリタン、アメリカンドッグ、ミラネーズ、カントリー・・・。


さて、あんかけスパゲッティ、ミラネーズはミラノにはあるのか・・・・

           IMG_7235

おそらくないと思われるので、名古屋の錦にある、
スパゲッティハウス ヨコイ”さんに行ってきました。

名古屋であんかけスパゲッティを広めたのは、こちらのお店の創業者なのだとか。
以前、”チャオ”では食べたことがあるのですが、
ヨコイさんで食べるのは初めてです。

本日のランチは、ミラカン&有頭エビフライ 1,000円。

          IMG_7199

店内メニューにあった、「ノブナガ・あんかけ鉄砲スパゲッティ」1,300円。
ということは、本日のランチは、お得ですよね!

席に座り、本日のランチをお願いしました。

さて、他にはどんなメニューがあるのか念のために確認します。    

     IMG_7197

            IMG_7198

かなり種類が多いですね。
おそらく、ベースは同じあんかけなのでしょうが、トッピングの種類が多い。
皆さん自分好みにカスタマイズして楽しむのでしょうね。

今日は、ミートボール。
明日は、エビフライ。
明後日は、コロッケとピカタ・・・。

あ、毎日は食べないか^^;

            IMG_7202
先ずは、サラダが運ばれてきます。
ポテトサラダを見ると、ビールが飲みたくなるのは私だけ^^;

周りを見渡すと、ランチのエビフライ・ミラカンを食べている人がほとんど。
お得ですものね(^^)

そして、私達のテーブルにも、ミラカン 有頭海老フライが運ばれてきました。

         IMG_7205

しっかり炒められたスパゲッティに、たっぷりのあんがかけられて、
大きなエビフライがトッピング。
なるほど、ボリューム満点ですね(^^)

      IMG_7211
野菜もハム(と言ってもいいですよね^^;)もたっぷり入って、
美味しそうです。

それでは、早速いただきましょう。

           IMG_7220

あ、美味しい!
ちょっとピリッと来るのは、胡椒の辛味でしょうか?
これくらいの刺激があったほうが、食がすすみますね。
ハムの味わいと、野菜のシャキッとした感じがちょっとクセになりそうです。

         IMG_7225

そんな感じで、ドンドン食べ進むことが出来るのです。

      IMG_7217

こちらは、同行者が注文した鉄板ナポリタン。
胡椒の辛さが苦手な方は、こちらを注文するのもあり。
一口いただきましたが、これもクセになりますよ(^^)

パスタとは違う、アルデンテとは無関係。
でも、一度ハマれば確実にリピートしたくなる味わいです。
ぜひ腹ペコ状態で食べてみてください。
ボリュームがあるので、美味しさが倍増しますよ(^^)

            IMG_7231

女性から「カワイイ!」
男性から「面白い!」
名古屋めしのクリアファイルも売ってます。
如何ですか^^;
           







【スパゲッティハウス ヨコイ 錦店】
住 所:名古屋市中区錦3−14−25 アサヒビル 1F    MAP
電 話:052-962-5855
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45) 17:00〜22:00(L.O.21:35) 
     ※祝日は、ランチ営業のみ。
煙 草:分煙(11:00〜13:00は禁煙)
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッとするほど、きれいな青。そんな景色がどうしてみ見たくなり、以前高知県の仁淀川に行きました。8月から11月にかけて見える、仁淀ブルー。本当に水が青く見えるのです。そんな綺麗な青い景色をもう一度見てみたい。でも、流石に青の洞窟まで行く訳にはいかないしなぁ・・ ...
続きを読む
ハッとするほど、きれいな青。

そんな景色がどうしてみ見たくなり、以前高知県の仁淀川に行きました。

8月から11月にかけて見える、仁淀ブルー。
本当に水が青く見えるのです。

そんな綺麗な青い景色をもう一度見てみたい。
でも、流石に青の洞窟まで行く訳にはいかないしなぁ・・・。

そんな風に思っていると、北海道にも世界的に有名な場所があったのです。

           IMG_0650

ここは、美瑛にある「青い池」。
ここは、Googleの衛星写真「Google Earth」でも、水面の青を確認できるのだとか。
実際に行ってみると、その青さにため息が出るほど、神秘的な雰囲気を醸し出していました。

青い池に夢中になり、気がつけばランチタイム。
この日は、美瑛にあるエビフライがのっかった丼が有名なお店、
”洋食とcafeじゅんぺい”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_8805

な・・・なんですか、この人気ぶりは!
夏休みでも何でもない平日に、この賑わいよう。
外国からのお客様も多いようで、すごく人気のお店のようです。

入口を入り、ウエイティングの用紙に名前を書き、空席が出来るのを待つことにします。

       IMG_8803

お店の横には、駐車場もあるので、車で来ても大丈夫。
そして、美瑛駅からも歩いて来れる距離みたいですね。

しばらくすると、席が空き、店内のテーブル席に案内していただきました。

   IMG_8808

名物は、伝統の丼と書かれた「海老丼」。
店内を見てみると、ほとんどの方がこれを注文しているみたいです。

         IMG_8809

それだけではなく、じゅんぺいのチキンや、カレーもあるみたいですね。
この日は、ちょっと出遅れてしまったせいか、
エビフライとメンチカツ以外のフライものが売り切れてしまっていたようで、
チキンもないとのこと。

でもまぁ、エビフライ狙いなので問題なしですね。

     IMG_8810

         IMG_8811

エビ丼とチキンカツが付いた、デラックス海老丼にしようかと思っていたのですが、
チキンがなかったので、ここは思い切って海老丼の松、
エビフライが4本のっかった海老丼をお願いしました。

店内は、2人がけのテーブル席がメインで、4人がけのテーブル、小上がり席もあるようです。

ところで、旭川名物の「ジュンドッグ」ってご存知でしょうか?

旭川市、美瑛町で販売されるファーストフードで、
エビフライや、ソーセージをご飯で巻いた、ホットドッグのごはん版のようなもの。
実はこちらのお店「じゅんぺい」さんが発祥なのだとか。
(後で気がついたのですが、それも食べておけばよかったなぁ・・・)

そんなジュンドッグ発祥のお店の海老フライがたっぷりのっかった、
海老丼は、想像以上にインパクトが有りました。

              IMG_8831

本当に、丼のご飯が見えないほど海老フライで満たされています。
いくらインパクトがあるからと言って、巨大海老フライ4つも乗っけるのは、やり過ぎか?

       IMG_8837

そう思いながら、まずは一口いただきます。

サクッ! プリッ!  
そして旨味が一気に広がります。

       (^^)(^^)(^^)

うんまぁ(^^)

想像以上に軽いのです。
サクッと心地よい食感のあと、海老の身が口の中いっぱいに!

         IMG_8841

衣を厚くして、誤魔化すなんてセコいことは一切なし。
このレベルの海老フライが4つものっかって、1,310円は安くないですか!

海老丼は、こんな感じで味噌汁とサラダ、そしてお漬物がセットになって出てきます。

      IMG_8819

途中でサラダを食べて口の中をリセットさせたり、

        IMG_8834

小茄子の辛子漬けを食べて、味変させたりするのも楽しいです。

    IMG_8835


それよりも、秀逸なのが、海老丼にかけられている甘じょっぱいタレ。
これが美味しいのです。

ご飯がすすむことはもちろん、海老フライ4つであろうと、
あっという間に完食させてしまう実力を持つ。
これは、他のフライものにかけてもおいしいだろうな・・・

         IMG_8817

こちらは、同行した友人が注文した、焼きカレー海老フライ添え。
一口いただきましたが、深みがある美味しいカレーでしたよ。

    IMG_8843

メニューや看板、箸袋にもデザインされた、店主と思われる純平さんのイラスト。
でも、創業者も現在の店主の名前も「純平」ではないのだとか・・・
暇な時間帯に訪れて、直接聞いてみようかともおもうものの、そんな時間帯はなさそう^^;

             IMG_8842

今度はとんかつや、ジュンドッグ、チキンも是非味わいってみたいと思います。
青い池と、驚きの海老丼、是非とも味わってみて下さい。
北海道のいい思い出になりますよ(^^)

        IMG_8844










【洋食とcafeじゅんぺい】
住 所:北海道上川郡美瑛町本町4-4-10    MAP
電 話:0166-92-1028
営業時間:11:00〜14:00  17:00〜20:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:あり(18台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、ナポリ地方の特徴だったらしいのです。では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?ナポリタンはないけれど、トマトやにんに ...
続きを読む
スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?

その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、
ナポリ地方の特徴だったらしいのです。

では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?

ナポリタンはないけれど、
トマトやにんにく、塩コショウ、バジルなどで作った、
「スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ」という料理が存在しているが、
日本のナポリタンとは異なった料理なのだとか。

ナポリタンはやはり、日本生まれの洋食の王道と言えるのかも。

さて、そんなナポリタンの中でも、
超豪華なナポリタンを、大阪裏なんばで食べることが出来ます。

          IMG_4453


え、これって、ハンバーグでしょう?
そう思いますよね、やっぱり。

でもこの料理の主役は、ナポリタン。
鉄板 de ナポリタンの、ハンバーグのせ。

裏なんばの”TABLEあじと”さんでいただくことが出来ます。

           IMG_4464

こちらのお店では、ナポリタンだけではなく、いろんな料理をいただくことが出来ます。
しかも、どの料理も、ひと工夫されていて美味しいだけではなく、
食べていて楽しいのです。

       IMG_4461

お店の前には写真入りのメニューボードもあるので、
これを眺めてから入店するのもアリですね。

この日、いただいた料理は・・・。

         IMG_4424

先ずは、前菜の盛り合わせ。
6〜7種類の前菜を、人数分盛ってくださって、1人680円はオトクです。

      IMG_4432

当然、これにはグラスワインを合わせましょう。
ちょっと気の利いたワインが、グラスでもいろいろ揃っているのがこちらのお店の特徴。
もちろん、ボトルで注文することも可能です。

     IMG_4433

そしてこちらは、
ゴルゴンゾーラソース de バゲットフォンデュ。

           IMG_4440

カリッと香ばしくトーストされたバゲットにたっぷりとゴルゴンゾーラソースを。
これ、たまりませんよ〜(^^)

     IMG_4443

そして、特製のローストビーフは「Diningあじと 本店」出だされる、
肉重のソースでいただきます。

そして、〆にいただいたのが、鉄板 de ナポリタン。

         IMG_4447

どう見ても、ハンバーグにナポリタンが付いているように見えますよね?
でもこれ、主役はナポリタンなのです。

熱々の鉄板に乗っかったナポリタン。
ハンバーグをはじめ、目玉焼き、ほうれん草、
エビフライ、とんかつをトッピングすることが出来ます。

もちろん、全部乗っけるここも出来ますが、
それはあまりにも凄いことになるかと思われ^^;

テーブルには、この状態で提供され、
目の前でソースをたっぷりと掛けてくださいます。

         IMG_4453

でも主役は、ナポリタン。

     IMG_4458

もちもちの麺を熱々の状態でいただくと、かなり幸せな気持ちになれますよ(^^)

そんな、TABLEあじとさんのメニューはこんな感じです。

     IMG_9291

           IMG_9289

ちょっぴり上等な洋食とワイン、如何でしょうか?
他にはない美味しいがたくさんありますよ〜(^^)







【TABLEあじと】
住 所:大阪市中央区難波千日前8−6    MAP
電 話:06-6633-1122
営業時間:11:30〜16:00  18:00〜23:30 
     ※日曜日のディナータイムは17:00〜22:30
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマ「下町ロケット」、ハマりました。ロケット、人工心臓弁、そして無人トラクター。想像もつかない展開ですが、ワクワクしながら毎回見ていました。無人トラクター、これって本当にあるみたいですね。番組中にも途中からCMが流れていて、「あ、クボタが作っているんだ! ...
続きを読む
ドラマ「下町ロケット」、ハマりました。

ロケット、人工心臓弁、そして無人トラクター。
想像もつかない展開ですが、ワクワクしながら毎回見ていました。

無人トラクター、これって本当にあるみたいですね。
番組中にも途中からCMが流れていて、「あ、クボタが作っているんだ!」
なんて言っていたような気がします。

実際に、2018年の12月から試験販売を行っていて、
実際の使用している農家の声を集めているのだとか。

そんな話を聞くと、自動車の自動運転も遠くない未来に実現するのでしょうね。

無人トラクター、自動運転・・・。
以前は考えられなかったことがどんどん起こっていくものです。


さて、考えられなかったといえば、白いオムライスがあるのをご存知でしょうか?

白いソースが一面に掛かっているのではなく、
玉子自体が白いのです。

この日にお伺いさせていただいたのは、京阪香里園駅からすぐのところにあるお店、
”あんだぁ亭”さん。

               IMG_7306

夜は創作ダイニングのお店として営業されていて、
いろいろ美味しい料理をいただくことが出来ます。
(ディナータイムのあんだぁ亭は、こんな感じです。)

お店の入口のところには、メニューボードがおいてあります。

            IMG_7305

今日の日替わりは、具沢山の豚粕汁と鯛のカマ塩焼き。
それ、美味しそうだなぁ(^^)
名物のローストポークもランチでいただくことができるみたいですね。


早速店内にお邪魔させていただき、カウンター席に座らせていただきます。

先ずは、ランチメニューを拝見・・・。

                IMG_7301

日替わり、ローストポーク、厚切りポーク、カレーもパスタもある。

でも、この日の目的はオムライス。
それも、まっしろなオムライスを食べてみたかったのです。

本当にいろいろ迷いましたが、予定通り、まっしろなオムライスに、
サラダとスープを付けてお願いしました。

店内は、厨房を囲むように、カウンター席が並び10席ほど。
そして、4人がけのテーブル一つあるようです。

地元の方に愛されているお店って感じですね。
みなさん、楽しそう(^^)
やはり、ローストポークの人気高いですね、半分くらいの方が注文しています。

そんな感じで店内に様子を眺めていると、先にサラダとスープが運ばれてきました。

            IMG_9044

まずは野菜をいただきます。
ドレッシングも美味しいですね。

そして、間もなくオムライスも出来がってきました。

         IMG_9041

まっしろなオムライスとサラダにスープ。
ちょっと豪華な感じになりましたよ(^^)

         IMG_9040

デミグラスソースがたっぷり。
見るからに美味しそうですね!
じつは、以前夜にお伺いさせていただいたとき、
特別にオムライスを作っていただいたのですが、その時はふわとろオムライス。

      IMG_9047

まっしろなオムライスは初めていただきます。

この白さ、別に黄身と白身の割合を調整しているわけではなく、
特別な玉子を使っているのだとか。

それでは、早速いただきましょう。

              IMG_9050

      (^^)(^^)(^^)

美味しい!
ふつうに美味しいというよりも、玉子の濃厚な風味がたまらない。
見た目の白さに気持ちが行ってしまうと、薄い味なのかと思ってしまいますが、
全くそんなことはなく、しっかり玉子の美味しさを楽しむことが出来ます。

            IMG_9045

スープは溶き卵とわかめのスープ。
オムライスの途中で食べると、これがまた美味しい。

デミグラスソースと玉子の相性もいい感じ。
どんどん食べ進んでしまいます。

       IMG_9053

中のライスは、ケチャップライスに肉もたっぷり。
ボリュームもあって嬉しいですね。

玉子、ライス、デミグラスソース。
それらをしっかりと楽しんで、あっという間に完食してしまいました。

ちなみに大盛りもOKなので、腹ぺこさん、
しっかり食べたい方は是非大盛りをお願いしてくださいね。

今度はローストポークランチを食べてみようか、
それとも、オムライス〜ローストポーク添え〜にしてみるか・・・。
考えると、今からでも迷ってしまいそうです(^^)




      







【あんだぁ亭】
住 所:大阪府寝屋川市香里南之町30−1    MAP
電 話:072-813-9663
営業時間:11:00〜14:00 18:00〜23:00 
煙 草:
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?やはり、札幌。大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。憧れますよね。そして、夜はジンギスカンにラーメン。北の食べ物は美味しいです(^^)そして、一度入ってみたい最北端の稚内。行くと、必ず宗 ...
続きを読む
はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?


やはり、札幌。
大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。
憧れますよね。
そして、夜はジンギスカンにラーメン。
北の食べ物は美味しいです(^^)

そして、一度入ってみたい最北端の稚内。
行くと、必ず宗谷岬のところで写真撮りますよね。

でも、北海道にはもう一つ、最果てがあるのをご存知でしょうか?

日本の東の果て、納沙布岬。
(離島は除く)

展望台からは双眼鏡で、北方領土を見ることが出来て、
ロシアの監視船まで見えてしまうから凄いですよ!

そんな納沙布岬から近い街根室に、
ここでしか食べられない、ご当地料理があるのをご存知でしょうか?

この日にお伺いさせていただいたのは、”どりあん”さん。

          IMG_3246

Coffee & Restaurantとあるように、
コーヒーが美味しい洋食のお店といった感じでしょうか?

この日、こちらに来た目的は、「エスカロップ」を食べること。

エスカロップとは・・・
バターライスにトンカツをのせて、デミグラスソースを掛けた料理で、
北海道根室市のご当地料理。
トルコライスのように、日本各地に広まらず、
何故か根室でだけしか食べられないのだとか・・・。

似たようなものはあるそうですが、
根室でしか食べられないってところがすごく気になって、
ずっと行く機会を狙っていました。

店内のテーブル席に座り、メニューを確認してみます。

          IMG_3216

コーヒーと軽食、エスカロップって感じと思っていましたが、
凄いバリエーションの豊富さですね!
エスカロップはもちろん、ハンバーグ、ビーフシチュー、エビフライなど、
洋食のメニューが勢揃いですよ。

写真付きで、これだけたくさんのメニューがあれば、迷ってしまいそうになるので、
エスカロップがあることだけを確認して、お願いしました。

店内は、昔ながらの喫茶店という感じで、ゆったりと寛げるような分に気になっています。

    IMG_3213


           IMG_3214


早目の時間に入店したので、まだお客さんの数は疎ら。
落ち着いた感じの雰囲気です。

そして、再びメニューに目を落とします。

  IMG_3217

料理だけではなく、飲み物やデザートも結構ありますね。

こちらには、エスカロップ誕生の秘話なども書いてありますよ。

          IMG_3218

    IMG_3220

ほほぉ・・・元々は、横浜の料理人が、根室グルメを唸らせる料理を考えるということで、
誕生した料理なのですね。

横浜には、そんな名残、残ってないのかなぁ?
今度そちらの方も調べてみよう・・・


そんな事を考えていると、待望の料理、エスカロップが出来上がってきました。


             IMG_3228

なるほど。
シンプルなバターライスの上にトンカツがのっかっていて、
その上にデミグラスソースがタップリと。

        IMG_3225

食欲が湧いてくるビジュアルですよね!


   IMG_3229

バターライスの中には、小さく刻まれたたけのこが入っています。
なるほど、シンプルながらこれは美味しそう!

それでは早速いただきましょう。
  
           IMG_3234


     (^^)(^^)

おぉ!  これは美味しい。

サクッとした心地いい食感のトンカツとデミグラスソースがよく合う。

       IMG_3236

デミグラスソースが絡んだバターライスもかなりいい感じです。
そして、以外にもあっさりしているので、どんどん食べ進んでしましますよ(^^)

        IMG_3232

キャベツ、トマト、きゅうり、ポテトサラダ。
一緒にサラダが添えてあるのも嬉しいですね。

   IMG_3237

バターライスは、デミグラスソースをタップリと絡めていただくと、
テンションが上りますよ。
たけのこは主張しすぎず、とは言えしっかり食感を感じることが出来ます。

ボリュームたっぷりかと思いきや、あっという間に完食してしまいました。


           IMG_3245

食後には、アイスコーヒーもいただき、すっかり満足させていただきました。

この頃には、店内はお客さんで一杯。
大人気です。
しかも、エスカロップの注文率が高いこと!
みなさん、大好きなんですね(^^)

お伺いさせていただいたときは、ちょうど外壁工事が行われていて、
残念ながら全景はこんな感じですが、それでも通常通り営業されていますよ。

     IMG_3250


             IMG_3249



根室のご当地グルメ、エスカロップ。
ぜひ、根室を訪れた際には、堪能して下さいね。
美味しいですよ!











【どりあん】
住 所:北海道根室市常磐町2-9    MAP
電 話:0153-24-3403
営業時間:9:00〜21:00(L.O.20:40) 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日(祝日、GW、お盆、年末年始は営業)
駐車場:



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつの日からか、自宅の前の静かな道が大渋滞!学生時代の友人が、そんな話をしていたことを思い出しました。そう言えば、「渋滞抜け道マップ」って、ありましたよね?渋滞の名所と、それの抜け道が書いてある道路地図で、よく売れたそうです。そう言えば、最近本屋さんに行 ...
続きを読む
いつの日からか、自宅の前の静かな道が大渋滞!

学生時代の友人が、そんな話をしていたことを思い出しました。

そう言えば、「渋滞抜け道マップ」って、ありましたよね?
渋滞の名所と、それの抜け道が書いてある道路地図で、
よく売れたそうです。

そう言えば、最近本屋さんに行っても、見かけませんよね?

やっぱり、カーナビの普及によって誰も買わなくなったから。

その代わり、道を覚えなくなったような気がするのは、私だけ^^;

たまには、ナビの画面をOFFにして、
道路地図を見ながらのドライブも楽しいかもしれませんよ。

直感で、抜け道、裏道を探していて、
素敵な景色やお店を発見したりして・・・。

この日お伺いさせていただいたお店、
“紅梅ダイナー”さんも、
昔この辺りを仕事でさまよっていて、発見したお店なのです。
が、お店に入ったのはこの日が初めて。

「紅梅ダイナー」の日替わり、海老フライがすごいですよ!
(海老フライは金曜日に出る確率が高いらしい・・・)


そんな情報を教えていただき、早速お邪魔させていただきました。

ランチタイムがはじまる11:30を少し過ぎた時間に到着すると、
すでに半分くらいの客席が埋まっていました。

「今日のランチは海老フライです。」
「あ、ランチお願いします!」


狙い通り、海老フライの日に当たりました(^^)
お伺いさせていただいたのは、金曜日。
どうやら、金曜日が海老フライの日って言うのは、ホントっぽいですね。


カウンター席の真ん中辺りに座り、他にどんなものがあるのか、
メニューを見てみましょう。

       IMG_5550

日替わりサービスランチは、ライスとスープが付いて650円。
これを見るだけでも、お得感満載。
他にも、オムライス、ハンバーグ、まかないから揚げや、
裏メニューと書かれているところにもいろいろ載ってますね。
(すでに、裏メニューではなくなってますが^^;)


逆に、ちょっとお高いタンシチューも気になってしまいます。

店内は、カウンター席が4席と、テーブル席が並び、
全部で20席ちょっとでしょうか?
次々にお客さんが入ってきて、あっという間に満席。
テイクアウトのお客さんも結構いて、
カウンター越しに見える厨房はフル回転の様子です。

先ずは、スープが登場。

      IMG_5551

スタンダードなコンソメスープなのですが、これも美味しい。


そんな感じで、次々に注文をこなす厨房の様子を見ていると、
私がお願いしたランチも出来上がってきました。

            IMG_5553

大きな海老フライが3本に、カップに入ったスープと、
お皿に盛られたライスがいい感じ。  

ご飯がお皿に盛られてくると、塩をパッパと振りかけたくなりませんか?

それはさておき、感動したのは噂どおりの大きな海老フライ。

     IMG_5556

これはかなりお値打ちかと。
海老フライの大きさは大満足。
では、お味の方は・・・。

          IMG_5558

    (^^)(^^)(^^)

海老もしっかりしてます!
流石に、車海老のような上品な甘みや、
伊勢エビのような食べ応えは期待したらアレですが、
しっかりした大きさの海老が入ってますよ(^^)

650円でこれだけの大きさの海老フライが3本。
サラダも付いて、ポテトサラダまでのっかっているのはちょっと嬉しい。

       IMG_5563


少しだけ固めに炊いてあるご飯も美味しくて、 
海老フライと一緒に食べると、笑顔満タンになります(^^)

タルタルソースは既製品ではなく、もちろんお店のオリジナル。

          IMG_5562

それが、こんなにタップリと掛けられてあるので、かなり嬉しいですよ(^^)


大きな海老フライ3本と、見た目よりもボリュームがあるご飯で、
しっかり満腹になれますよ!

紅梅ダイナーさん、1度このお値打ち感を知ってしまうと、
定期的に通いたくなる気持ち、すごくよく分かります。

  IMG_5566

私がお店を出た頃には、お店の外で席が空くのを待っている人までいました。

紅梅ダイナーさん、今度は是非、ハンバーグやオムライス、
メンチカツもいただいてみたいと思います・・・
が海老フライの味わいを忘れることが出来るだろうか^^;

650円で大満足、是非一度行ってみてください!      



      




【紅梅ダイナー】
住 所:大阪市北区紅梅町4−12    MAP
電 話:06-6358-4530
営業時間:11:00〜22:00  ※ランチは、11:30〜14:30
煙 草:
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村      

紅梅ダイナー洋食 / 大阪天満宮駅南森町駅扇町駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

     
このエントリーをはてなブックマークに追加

外食ってやっぱりときめきますよね。近所のうどん屋さん、中華屋さん、お好み焼き屋さんに行くときでも、何だかワクワクします。洋食屋さんになると、ちょっと特別な感じがして、レストランともなると、服装もちょっとお洒落に・・・。そういうの、嬉しいですよね。そういえ ...
続きを読む
外食ってやっぱりときめきますよね。

近所のうどん屋さん、中華屋さん、お好み焼き屋さんに行くときでも、
何だかワクワクします。
洋食屋さんになると、ちょっと特別な感じがして、
レストランともなると、服装もちょっとお洒落に・・・。

そういうの、嬉しいですよね。

そういえば、昔はデパートに行くときも、お洒落していって、
買い物が終わるとレストランで食事・・・。

というのに、憧れました。
(現実は、そうは行かないのですが^^;)

そして、一番豪華に感じるのが、ホテルのレストラン。
通常は、結婚式やお祝いのときにしかいけないことが多いのですが、
最近では気軽な気持ちで、カジュアルに体験することが出来るようです。

そんなカジュアルでありながら、本物の味わい、
帝国ホテルの料理を楽しめるお店、
”カフェ クベール”さんにお邪魔させていただきました。
           IMG_1846

帝国ホテル大阪の2階ロビーのすぐとなりにお店はあります。

      IMG_1848

梅田やなんばと言った、大阪市内の繁華街からは少し離れた場所にある、
帝国ホテル大阪。
でも、桜の季節には、満開の桜を間近に見ることが出来、
天神祭の日には、目の前に花火を見ることが出来る
抜群ロケーションにあるのです。

この日お伺いさせていただいた、カフェクベールさんからも、
素晴らしい景色を見ることが出来ると思います。

お伺いさせていただいた日は、桜の季節は終わり一段落、
花火には少し早いものの、落ち着いた雰囲気を味わうことが出来ましたよ。

窓際の席に案内していただき、先ずはメニューを確認します。

     IMG_1850

        IMG_1851

             IMG_1852

気になった料理を、少しずつアラカルトで楽しむことも出来ますし、
今は、リニューアルオープンを記念してのお得なコースを楽しむことも出来ます。

      IMG_1854

デザートも充実。
ワインも、グラスで780円と、リーズナブルに楽しむことが出来ますよ。

コースでお得に・・・
とも思ったのですが、折角なのでアラカルトで気になる料理をお願いすることにしました。

先ずは、生ビールで乾杯。

ホテルのレストランでも、生ビールは欠かせませんよね^^;

店内は、3つのゾーンに分かれています。

     IMG_1856

           IMG_1860


オープンキッチン前の席では、
シェフが料理を丁寧に仕上げていく様子を楽しむことが出来、
一番奥のゾーンでは、シンプルでスタイリッシュな空間になっていて、
グループや家族、大人数での食事も楽しめるようになっています。

そして、私たちが案内していただいたゾーンでは、
季節ごとに変わる窓から見える景色を楽しむことが出来ますよ。

そんな感じで、レストランの中の雰囲気を楽しんでいると、
最初の料理が出来上がってきました。

          IMG_1863

こちらのは前菜、オードブルの取り合わせです。

メニューにある、6種類の前菜の中から3種類を選びお願いすると、
こんな感じで提供していただけます。

    IMG_1872

選んだのは、スモークサーモンとポテトサラダ、
チーズ3種とドライレーズン、
パテ・ド・カンパーニュと野菜のピクルスです。

見た目が綺麗なだけではなく、どれも本当に美味しい。
「カフェ」と名前が付いていますが、本格的な料理が楽しめそうですよ!

そして、オニオングラタンスープ。

         IMG_1878

帝国ホテルと言えば、オニオングラタンスープとシャリアピンステーキ。
私にとって、そんなイメージなのです。
ですので、どうしてもいただいてみたかったのが、
このオニオングラタンスープ。

    IMG_1888

熱々のものをスプーンですくい、いただきます。

        (^^)(^^)(^^)

素晴らしい!
玉ねぎの甘み、旨味が凝縮され、それをチーズでコーティング。
先ず、これを生み出す発想がすごい。
そして、期待を裏切ることが全くなく、本当に美味しいのです。

完全に期待値、上がりますよね!
そんな状態で出てきたのがこちらの料理。

          IMG_1896

これは、国産牛シチュー ヌードル添え。

ココット鍋の中には、大きな牛肉がゴロゴロ。
食べてみると、これがビックリするほど柔らかい!

これには、赤ワインが必要ですね^^;

そして、レストランの方もオススメのこの料理がすごかった。

       IMG_1915

これは、牛フィレ肉と十穀米の照り焼きステーキピラフ。(+フォワグラのせ)

柔らかい牛フィレ肉が、本当にたくさんのっかっています。
そのフィレ肉に、醤油ベースのソースを絡め、山葵を少し付けていただきます。

             IMG_1922

           (^^)(^^)(^^)

これは、ビックリ!
本当に感動します。

フィレ肉たっぷり、ソースも美味しくて、
それを十穀米のピラフと一緒に食べると、本当に幸せな気持ちになれます。
ピラフではありますが、ワインにもぴったり。
このレベルのものが、2,400円は本当にお得だと思いますよ!

料理をしっかり堪能したあとは、折角なので、季節のデザートもいただきます。

       IMG_1926

桜色のホイップクリームが添えられた、季節のパンケーキ。

            IMG_1936
そして、和パフェ。
抹茶の彩りが綺麗ですね。
中には、アイスクリームと、小倉あんが入っていますよ。

札幌の〆パフェブーム、関西にも到来か?


そんな感じで、しっかりと堪能させていただきました。

ホテルの2階、メインロビーの隣、入りやすいカジュアルな感じではありますが、
お店の雰囲気、サーヴィス、料理のクォリティにも、
帝国ホテル大阪の本気を感じました。

是非味わってみてください。
オススメさせていただきます。





   



【カフェ クベール】
住 所:大阪市北区天満橋1−8−50 帝国ホテル大阪 2F    MAP
電 話:06-6881-4885
営業時間:6:30〜11:00 11:00〜14:00 17:00〜22:00  ※土日祝は、6:30〜22:00 
煙 草:全席禁煙
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:あり(3,000円以上の利用で、2時間無料)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

地元では定番のお店でも、全国区ではない美味しいお店って、いくつかありますよね。今でこそ、全国区になった餃子の王将も、以前は関西に来なければ食べられないお店だったと思います。旅先で出会って、リピートしたくなったお店っていくつかあります。静岡県にある、ハンバ ...
続きを読む
地元では定番のお店でも、全国区ではない美味しいお店って、いくつかありますよね。

今でこそ、全国区になった餃子の王将も、以前は関西に来なければ食べられないお店だったと思います。

旅先で出会って、リピートしたくなったお店っていくつかあります。

静岡県にある、ハンバーグレストランの「さわやか」。
人気メニューの“げんこつハンバーグ“は、生でも食べられる新鮮な牛肉を、目の前でレアに焼き上げてくださいます。
それがまた、かなり美味しい!



函館の「ラッキーピエロ」。
函館を中心に、道南地区で展開しているハンバーガーチェーン。
作り置きはせずに、注文が通ってから作り始めるので、
ファーストフードではありません、テーマレストランですと、謳っている。
食べてみると、その美味しさとボリュームに魅了されること間違いなし!

東京の「うおきん」。
新橋周辺に何店舗か展開している・・・と思ったのは、数年前。
今では、都内に何カ所も店舗を構えるほどに。
こちらのお店、何せ安くて美味い!
刺身5種盛り・・・と書いてあっても、全然5種盛りではなく、
軽く10種は盛られて登場する^^;


こんなお店、是非関西にも欲しいと思うところばかりです。

逆に、関西に来た時には是非行って欲しいお店もありますよね。

なんば・・・ウラなんばを中心に4店舗展開されている“Diningあじと”さん。
こちらの姉妹店が、ついに高島屋のレストラン街、「なんばダイニングメゾン」にオープンしました。

お店の名前は、“洋食あじと”さん。

       IMG_0763

このふくろうのロゴを見れば分かりますよね。
正真正銘、あの味とさんのお店です。

          IMG_0760

ビストロあじとさんでも大人気のハンバーグ、海老フライの他に、本店“Diningあじと”さんの人気メニュー、サーロイン肉重”も楽しむことが出来るそうですよ。
(サーロイン肉重は、15:00からの限定)

Diningあじと”さんと言えば、私は20年以上もお世話になっているお店なのです。

社会人に菜って間もない頃に、高校時代の友人の紹介してもらったのが、Diningあじとの前身、
南海通にあった、日本酒と料理が美味しいお店、“C's Bar”
そこで、日本酒の美味しさと、料理とのマリアージュを覚えたようなものなのです。

現在は、ウラなんばに4店舗を展開されるようになり、この度なんばダイニングメゾンへ。

ワクワクする気持ちからか、笑顔を隠すこともなく、テーブル席に案内していただきました。

メニューはこんな感じで、ビストロあじと、Diningあじと”さんのいいところが揃っているという感じですよ。

          IMG_0721
好きなメインのおかずを選び、それに5品盛り、ごはん、サラダ、味噌汁orスープが付いて、ボリューム満点の「洋食膳」。


IMG_0722

               IMG_0723

                                           IMG_0724

IMG_0725
         

そして、単品メニューも充実していて、
ちょっとつまみたいなぁ・・・って時にも重宝しそうですよ。


                         IMG_0726

              IMG_0727
 
大阪の地ワイン、仲村ワイン工房のワインも、
樽生ワインがいただけるようになっていますよ。


      IMG_0730


              IMG_0729


先ずは、生ビールをいただきます。

           IMG_0759
こちらのお店では、エーデルピルスの生ビールをいただくことが出来ますよ。

いろいろ気になるものがありましたが、折角なので洋食膳をいただくことにしました。
メイン料理は、ハンバーグと海老フライで。

店内は、4人掛け、2人掛けのテーブル席が並び、全部で30席くらいでしょうか?

     IMG_0716

ゆったりと落ち着いた雰囲気からは、あじとイズムを感じることが出来ます。

           IMG_0718

テーブルは、くっつけたり離したり出来るので、
何人かのグループでも楽しめそうですよね。
なんばダイニングメゾン、なんと言っても駅直結なのが嬉しいです。
   雨が降ろうが槍が降ろ・・・・・あ、槍は降らないね^^;

そんな感じで店内の雰囲気を楽しんだり、メニューをもう一度眺めたりしながら待っていると、お願いした洋食膳が出来上がってきました。

      IMG_0732

うわ、これ本当に豪華!
ハンバーグ、海老フライ、ポテトサラダ、もう一つ海老フライ、ローストビーフ、サラダ・・・
ワンプレートにいろいろのっかっているもの、「大人のお子様ランチ」とか言いますが、
これに関しては、その言葉は出てきませんね。
何だか、旅行に行っていろいろ少しずつ出てくるワクワクごはんを思い出します。

一目見て思いました、これ、飲めますよ!

       IMG_0737
なんと言っても、目を惹くのがハンバーグと海老フライの黄金ペア。
QueenとKingって感じですよね、洋食界の。

こちらのお店のハンバーグは、肉を粗挽きにしてあって、
まるでステーキを食べているような食感が特徴。

それでは早速・・・

             IMG_0745

おぉ、日の遠し方も素晴らしい!
魅了されます。

では早速、いただきましょう。

      IMG_0747

          (^^)(^^)(^^)

口の中でホロッとほどけるものの、しっかり肉感を楽しめます。
ですので、ホロッと崩れてから、噛みしめる旨味(^^)
そして、ソースにも妥協なし。
これは美味しい!

             IMG_0740

赤ワインが飲みたくなるよりも先に、ごはんが恋しく。
ハンバーグとごはんって、なんでこんなに合うのでしょうね(^^)
ごはんは、白米か五穀米を選べるので、五穀米をお願いしました。
この米も美味しいですよ。


メインのおかずと、あじとの五種盛り。
気がつかれた方もいらっしゃるかもしれませんが、メインに海老フライとか、
ハンバーグ&海老フライを選んだ場合、五種盛りの海老フライと被ってしまうのです。

この場合は、「海老フライが被ってしまいますが・・・」と聞いてくださるので、被って欲しくない場合は、お願いしましょう。
その場合は、五種盛りの海老フライを他のものに変えてくださいますよ。

でも、海老が大好きで、「2つとも食べたいっ!」って方は、「海老海老で!」と言いましょう。

             海老海老
こんな感じで、海老好きには堪らない形で提供されます。
(メインの海老と、五種盛りの海老は、種類が違います。)

と言うわけで、特製のタルタルソースをタップリと絡めて、海老をしっかりと堪能します。


          (^^)(^^)(^^)

はい、満足すぎます!

そして、クレソンのサラダもいただきます。

         IMG_0742

マッシュルーム、ベーコン、クレソンがタップリのっかったサラダ。
これも、ワインと好相性だろうなぁ・・・。

そして、五種盛りの和牛リブロースのローストビーフ。

      IMG_0752

肉、めちゃくちゃ美味い!
そして、かかっているソースが美味しいのですよ・・・・て、このソースはもしかして・・・。
多分、肉重に使われているソースをアレンジしたものだと思います。
そりゃぁ、美味しいですね(^^)

            IMG_0749
当然、赤ワインが必要になります。

この洋食膳とワイン、本当にやめられませんよ(^^)

その他にも、名物肉巻き玉子、トンテキ、ステーキ・・・
あ、カレーもある。
あじとのカレーは何と680円というリーズナブル。

ガッツリと夜ごはん使いはもちろん、美味しい洋食とワインを楽しむという使い方もかなりオススメです。

なんばダイニングメゾンの“洋食あじと”さん、是非行って楽しんでくださいね!
あじとクォリティ派、ここでもバッチリ楽しめますよ。









【洋食あじと】
住 所:大阪市中央区難波5−1−5 高島屋 なんばダイニングメゾン8F    MAP
電 話:06-6633-5577
営業時間:11:00〜23:00(L.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:なんば ダイニングメゾンの定休日に準ずる。
駐車場:高島屋の駐車場あり。

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

しばらく見ないなぁ・・・。そんなことを思っていたら、引退宣言。そう、安室奈美恵さんです。失礼ながらも、安室奈美恵さんって、少し前の時代に一世風靡した人だと思っていたのです。でも、突然の引退宣言の後、“あの頃”のような・・・いえ、それ以上に人気がすごいです ...
続きを読む
しばらく見ないなぁ・・・。
そんなことを思っていたら、引退宣言。

そう、安室奈美恵さんです。

失礼ながらも、安室奈美恵さんって、少し前の時代に一世風靡した人だと思っていたのです。
でも、突然の引退宣言の後、“あの頃”のような・・・いえ、それ以上に人気がすごいですね!

思わず、CDを出してきて聞いてしまいましたよ、安室奈美恵さんの歌(^^)


さて、引退といえば、残された数々の名言や心に残るシーン。

長嶋茂雄:「我が巨人軍は永久に不滅です。」
       巨人の10連覇が消えた日に、引退を表明した長嶋選手。 その後翌年は6位に転落したが、2年後には優勝に返り咲きましたね。

キャンディーズ:「普通の女の子に戻りたい。」
          とはいいながら、普通の女の子に戻ったのは僅かな期間だったような・・・。

山口百恵: そっとマイクを置く。 
       この方は、本当に出てこなくなりましたよね。 とはいいながら、今でも存在感は大きいですが。

さて、普通の男の子(って、年でもないですが^^;)に戻る訳でも、そっと包丁を置くわけでもないらしいのですが、
残念ながら今月の14日(2018年2月14日)限りで一時閉店してしまう、
“f−cafe”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_8277

何と、「黒×シーフードカレー」をワンコイン、500円で提供されるとのこと。
かなり手間暇かけて作られる、f−cafeさんのカレー。
しかも、スペシャルな黒カレーに、たっぷりのシーフードが入ったやつがワンコインって、本当なのか?

        IMG_8172

はい、本当でした(^^)

本当にワンコインで帰ってしまうのは、あまりにも申し訳ないので、ここはセットでお願いしましょう。

     IMG_8173
こんな感じで、ドリンク、サラダ、スープが付いたセットも選ぶことが出来るので、
サラダ、スープ、ドリンクが全て付いた、「エフカフェセット」でお願いします。


こんな寒い日は、カレーが出来上がるまでにいただくスープが最高ですね。

          IMG_8176
こんな感じで、入り口の近くにスープポットが置いてあるので、自分で取りに行きましょう。

     IMG_8181
この日は、アサリがタップリと入ったスープ。
チェーン店のような出来合いのものではなく、きちんと作られたスープは、本当に美味しいですね。
これが、おかわり自由だというのですから、感涙もの。

あ、でも食べきれる量にしておきましょうね、こんなの残すとバチが当たりますよ^^;

そんな感じで、サラダとスープを楽しんでいると、メインのカレーが出来上がってきました。

          IMG_8186

黒いカレーに、鮮やかな緑。
菜の花ものっかって、すごくいい感じ(^^)
これ、本当に500円でいいの?
そんな気持ちにさえなってきます。

      IMG_8201
名ばかりのシーフードカレーとは違い、本当にたっぷりの海の幸。

それでは早速いただきましょう。

           IMG_8194

    (^^)(^^)(^^)

真面目に美味い!
ハッキリ言って、普通のカレー屋さん顔負けの味わい。
こちらのお店は、ぴあMook 究極のカレー、欧風部門で準グランプリに輝いたり、
万博公園のイベント、「カレーEXPO」に連続で出展され、連日行列が出るほどの人気店。

ただの洋食屋さんではないのです。

              IMG_8197
ここまでの領域のカレーを完成させるほどの腕前のシェフ。
この「黒×シーフードカレー」の完成度の高さも素晴らしいですよ。

この「黒×シーフードカレー」ルーがなくなるまでの限定なので、是非お早めに!


この日の帰りがけに、次の日のランチを予告されたのです。
その内容は、以前ディナーでお伺いした時に、メインで出していただいた、スパイスを使った逸品。

と言うわけで、連日になろうがお構いなく、次の日のランチタイムにもお邪魔させていただきました。

      IMG_8276
この日の、プレートランチ(日替わり)は、ラム肉のスパイス煮込み。
これを、ランチで出すとは、なんて太っ腹!

この日は珍しく、テーブル席に座りランチを楽しみます。

         IMG_8280
いつもはカウンター席なので、何だか新鮮な眺めですね(^^)

     IMG_8281

サラダには、2種類のドレッシングが付いて来ます。
この日は、人参のドレッシングと、和風ドレッシング。
折角なので、2種類のドレッシングをあいがけで^^;
こういうのもキッチリと手作り。
嬉しいですね(^^)

プレートランチには、前菜の盛り合わせも付いてきます。

            IMG_8283
ハッキリ言って、これで飲めますよ^^;
(すみません、グラスのワインを・・・・って、言いそうになってしまう^^;)

プレートランチにはもちろん、スープと、
    IMG_8287

パンかライスも付いてきます。
 
        IMG_8291

パンは、4個まで。
ライスはおかわり自由ですよ!

パンは、好きなものを選んで、お店の方にわたすと温めてくださいますよ。

     IMG_8294

そして、この日のメイン、ラム肉のスパイス煮込みはこんな感じです。

          IMG_8295
ビーフシチューのように見えるこれ、実は大きなラム肉がタップリと入っているのです。

   IMG_8305

ラムの香りとスパイスの香りがたまらなくマッチ。
カルダモンもホールのまま入っていたりして、スパイス感もいい感じ(^^)

         IMG_8303

ラムを頬張り、パンをソースにつけながら食べると最高ですよ!

     IMG_8309
パンではなく、ライスをチョイスした友人は、当然のごとく、
   On the rice!

そりゃぁ、美味くないわけがない(^^)

こんなに豪華なランチも、もうすぐ食べ納め。

        IMG_8203



・・・ん?

尚、毎月第一日曜日のおはようカレーは継続させていただきます。

おはようカレーとは・・・。

       IMG_8279

通常は、定休日である日曜日の朝・・・
毎月第一日曜日の朝のみの営業で、メニューは月替わりのカレーのみ。
でも、それを求めてやってくるお客さんは多数。

今月のおはようカレーの内容はこんな感じ。

           IMG_8765

ちょっとゆっくりめの時間にお伺いしたので、この日はあいがけのみ出来るとのこと。
元々、あいがけが目的でしたので、全く問題なし。

チキン南蛮と茸のカレーと、ズワイガニと海老のカレーのあいがけが、
何と、1,000円!

           IMG_8767
こんなに豪華で、たったの1,000円。

これがまた、かなり美味しいから困ったものなのです^^;

惜しくも、あと僅かで一時閉店してしまう、f−cafeさん。
是非今のうちの、その美味しさを記憶に刻んでおきましょう!



ありがとう、f−cafeさん、中野シェフ!

私たちは幸せでした!(って、これもキャンディーズか^^;)









【f−cafe】
住 所:大阪市東淀川区豊里6−1−39    MAP
電 話:06-6328-1616
営業時間:11:00〜14:30 17:00〜21:00(L.O.22:30) ※ディナーは不定期営業(予約可)
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅館の朝ごはんって、何であんなに美味しいのでしょうか?普段とは違う環境だから、体画の目覚めが良くて美味しい。据え膳上げ膳だから美味しい。目の前で干物を炙りながら出来たてを食べれたり出来るから美味しい・・・いろんな理由があると思いますが、やはり「非日常的だ ...
続きを読む
旅館の朝ごはんって、何であんなに美味しいのでしょうか?

普段とは違う環境だから、体画の目覚めが良くて美味しい。
据え膳上げ膳だから美味しい。
目の前で干物を炙りながら出来たてを食べれたり出来るから美味しい・・・

いろんな理由があると思いますが、やはり「非日常的だから」という要素が大きいのでしょうか?


そういえば、旅館、ホテルの朝ごはんでも、オムレツのコーナーって人気がありますよね。

目の前でフライパンにバターを入れて溶かし、好みの具材・・・
トマト、チーズ、ベーコンなど、好きな具材を選べて、
玉子を素早くかき混ぜてさっと作ってれる。

とろりとろけるできたてのオムレツ、たまらないですよね(^^)

そういえば・・・オムレツってホテルの朝ごはんや、ビアホール以外ではあまりお目見えしないですよね。

でも、オムライスならば・・・。

そうそう、高知県に「オムライス街道」っていうところがあるのをご存知でしょうか?

先日、高知県に行った時に見に行った、仁淀ブルー。
  
          IMG_5303

写真集で見るような、本当に透き通ったブルーに川の水が見える場所が仁淀川の上流にあるのですよ。

目の錯覚かと思って、近付いて見てみても、やはり吸い込まれそうな透明のブルー。

    IMG_5307
朝早くから、レンタカーを借りて出かけて良かったと思いました。

8月の中旬から、1月にかけての時期に見ることが出来る、仁淀ブルー。
みなさんも高知にお出かけの際には、ちょっと足をのばしてみませんか?

さて、そんな感じで、仁淀ブルーを楽しんだ後に、日高村にちょっと寄り道。
なぜ日高村なのか?

日高村を通る、国道33号線は、別名「オムライス街道」と呼ばれていて、11軒のレストランがオリジナリティ溢れるオムライスを提供しているのだとか。

日高村オムライス街道のHPには、こう書いてあります。

<オムライス街道のおいしい約束>
1.日高村特産高濃度トマト、シュガートマトを使います。
2.できるだけ地場の野菜を使います。
3.食べるみんなを笑顔にします。


こんな情報を聞くと、行ってみたくなりますよね。

いろんなお店がありましたが、私に情報をくれた方が食べて美味しかったお店、
“レストラン高知”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_5383
ちょっと昭和の雰囲気漂う建物は、懐かしい気持ちにさせてくれますね。

ドライブインのような感じになっているので、駐車場も広く車も止めやすいですよ。

   IMG_5382

重厚な感じの扉を開けて、お店の中に入ってきましょう。

「いらっしゃいませ、お好きな席へどうぞ」

外から見た感じのまま、店内も広く、そして昭和な雰囲気漂います。

        IMG_5347
中庭が見える、奥の席に座らせていただき、メニューを確認しましょう。

  IMG_5339
ガッツリとお盆の上にいろんなものがのっかった、「御膳」や、丼物、うどんもあるところなんか、今では逆に新鮮に感じますね。

      IMG_5340
お、和食だけではなく、中華もありますよ!
昔乍らのラーメンにちょっとだけ目が釘付け^^;
「復刻」なんて、書いてあるんだもんなぁ)

           IMG_5341
オムライスは、さりげなくここに載ってますね。
で、くまさんのオムライスって^^;


  IMG_5342
ここは、豪華にステーキで行っとくか?
それとも、もっと豪華そうなおもてなし御膳・・・。
それにしても、「御膳」って付くと、魔法を使ったみたいに豪華な雰囲気が・・・。

      IMG_5343
くまさんメニューって、お子様メニューだったのですね。
それにしても、くまさんの色が黒でなくてよかった^^;  ←それじゃぁ、く◯モンになってしまう^^;



 IMG_5344
実はここ、モーニングもあったりするのです。


はい、メニューは期待通り、何でも揃っていますね(^^)

そうは言うものの、今回のお目当てはこちら。

           IMG_5338
幻のナポリタンセット・・・じゃなく、
南国土佐のオムライスセット。

予定どおりオムライスセットをお願いしました。

私がお伺いした時間は、ちょうどモーニングとランチが入れ替わるくらいの時間。
まだ、モーニングを楽しんでいるお客さんもいらしゃいますし、ランチ目当ての方もだんだん増えてきています。

        IMG_5348
中庭のつるし柿も何だか風情があっていい感じ。
グループで来て、話が盛り上がったら、あっという間に時間が過ぎていくのでしょうね。
居心地も、ソファの座り心地もすごくいいですよ(^^)

そんな感じで、お店の雰囲気を楽しんでいると、こちらのお店、自慢のオムライス、
南国土佐のオムライスが出来上がってきました。

         IMG_5350

熱々の陶器に入って、“ジューッ”と、音を立てながら提供されるオムライス。
これだけでも、食欲そそられます。

     IMG_5354

オムライスには、日高村オムライス街道街道の幟が立てられています。
これ、何だかテンションが上がりますね(^^)

    IMG_5361
オムライスには、サラダもセットで付いてきます。
これも、日高村の野菜なのでしょうね。

        IMG_5355

こんな感じで、南国土佐のオムライスセットが完成です。

それでは早速、いただきましょう。
          IMG_5365


        (^^)(^^)

ほぉ、これは確かにトマトが濃厚で美味しい!
この特産物を活用しない手はないって感じですね。

       IMG_5372
オムライスの真ん中にのっかってるのは、唐揚げか何かでしょうか?
これも、いただきましょう。

       IMG_5375
お、これは鰹のフリットですね。
あ・・・高知だから鰹。
なるほど、地元愛に溢れた料理ですね(^^)

    IMG_5364
オムライスセットには、プラム果汁を使った、プラムスカッシュも付いてくるので、
オムライスと合わせていただきましょう。
口がリセットされて、また新たな美味しさを楽しむことが出来ますよ。

          IMG_5377
オムライスの中のごはんも、シュガートマトを使ったケチャップライス。
これを単体で食べても美味しいのです。

     IMG_5378

そんな感じで、いろんな美味しさを楽しみながら完食。
熱々の器で提供され、トマトの旨味をしっかり感じるオムライス、ぜひ体験してみてください。

鰹もいいけど、オムライスも侮れませんよ、高知県!










【レストラン高知】
住 所:高知県高岡郡日高村岩目地713    MAP
電 話:0889-24-5739
営業時間:9:00〜22:00(L.O.11:30) ※オムライス等のランチは、11:00からの提供。  
煙 草:喫煙可
定休日:無休(元日は休み)
駐車場:あり




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



 

レストラン高知定食・食堂 / 岡花駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

             
このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと特別な日に食べたくなるのが洋食。 ハンバーグ、オムレツ、クリームコロッケ、グラタン・・・。 和食か中華か洋食。 外食の選択肢がそんな感じだった、昭和の時代。 その中でも、洋食って、ちょっと高級感がありましたよね。 ハンバーグとエビフライのセット、 ハ ...
続きを読む
ちょっと特別な日に食べたくなるのが洋食。

ハンバーグ、オムレツ、クリームコロッケ、グラタン・・・。

和食か中華か洋食。
外食の選択肢がそんな感じだった、昭和の時代。

その中でも、洋食って、ちょっと高級感がありましたよね。
ハンバーグとエビフライのセット、
ハヤシライス、
ビフカツと魚フライのセット・・・

おや?
同じ衣をつけて揚げたものでも、「カツ」って言う時と、「フライ」って言う時があるのでしょうね?

とんかつ、ビフカツ、チキンカツ、メンチカツ・・・。
エビフライ、アジフライ、カキフライ、イカフライ、ホタテフライ・・・。

こうしてみると、肉が「カツ」で、魚介が「フライ」でしょうか?

では、エビカツ、フライドチキン、まぐろカツ、ササミフライは・・・^^;

ま、難しいことは考えずに、美味しい洋食をいただきましょう。

この日にお伺いさせていただいたのは、京阪電車、古川橋駅近くにある洋食のお店、
“ぷてぃあゔぃにょん”さん。
                  15f4bdeb.jpg


この日は、いつも仲良くしていただいていた食べ歩き仲間の、このお方が、
お江戸に殴り込みをかけに行くって言うんで(ま、引っ越しなのですが^^;)
送別会という名の、飲み会を開催させていただきました。

特別に、店主にお願いをして、お任せで料理を出していただき、
嬉しいことに飲み放題もつけていただいての宴会です。
                2c997375.jpg


普段の料理のメニューはこんな感じ。
                    e7e98bc1.jpg


通常のメニューもかなり素晴らしいのですが、事前に予算を伝えて、おまかせでお願いすると、
とんでもなくおトクな料理が出てくる・・・かもしれません。

生ビールで乾杯の後、料理が次々と出てきますよ。

まずは、いろいろ野菜のサラダ。
               84459c6e.jpg


とはいえ、野菜だけではなく海老やマンゴーなども入っていて、ものすごく豪華ですよ!

そして、鰆のカルパッチョ。
                  5998ddbc.jpg


新鮮な鰆がたっぷりで、嬉しくなってきます。
思わず、白ワインもお願いしてしまいました。

そして、牛肉の冷しゃぶ。
                    981a4bd2.jpg


柔らかい牛肉満タン!
それにしても、牛しゃぶの冷しゃぶなのに、脂が白くならないのは見事ですね!

本当に肉がタップリと入っているので、遠慮なく堪能することが出来るのです。
こういうの、嬉しいですよね(^^)

そして、これは名物のエビフライ。
                  14e86cfb.jpg

                                                  
ひとつ、25cmはあろうかと思えるくらいに、大きなエビフライがドーンッ!
これ、初めて見た時は本当に感動しました。

自家製のタルタルソースをたっぷりと付けていただくと、満面の笑顔になりますよ!

そして、ひよこ豆とトリッパのトマトソースのパイ仕立て・・・だったかな^^;
これもかなり凝ってますよね(^^)
                 908a935c.jpg


そして、メインの料理(って、どれもメインっぽいですが^^;)の登場。

骨付きラムチョップのカツレツと、
                 64612549.jpg


ホホ肉のビーフシチュー、ハーブソーセージが盛合せでのっかっています(^^)
                    6d036ad6.jpg


大きな銀皿にのっかってくるだけでもトキメクのに、このボリュームとくれば、もう盆と正月一緒に来た状態ですよ!

これ、肉はもちろんのこと、ソースがものすごく美味しいのです!

さらに、あゔぃにょん風ぺぺたまパスタ。
             db5d1a4e.jpg


ぺぺたまパスタ・・・というのは、
ペペロンチーノと、カルボナーラの両方のいいところを取り入れてアレンジしたパスタなのだそうですよ。

これ、満腹でも入ってしまうから不思議ですね。

この段階で、かなり満腹で満足・・・・
なのですが、折角ここに来たならば、名物のオムライスはいただかないと帰れない・・・

というわけで、おねがいしました。
                        c9d491d7.jpg


このオムライス、本当にキレイですよね!
玉子の黄色、ケチャップの赤。
そのどちらもが完璧なのです。

とろとろ玉子がかけてあるものではないのですが、玉子の加減が完璧なので、こうやって割ってみると。いい感じでトロッとしていますよ(^^)
                        3c7d537c.jpg


こちらは、鶏肉がダメなHさんのために、店主が特別に出してくださったカレー。
                   6544a6b1.jpg


一口いただいきましたが、これも極上の味わいでしたよ(^^)

ぷてぃあゔぃにょんさん、
ご馳走な洋食を、しっかりと堪能させていただくことが出来ますよ。
ぜひ一度行ってみてください。
レギュラーメニューでも、かなり満足していただけると思いますよ。
予約していただいたHさんのように、何度か通っていると、特別な何かが出てくるかもしれませんよ。

是非食べに行ってみてくださいね!








【洋食屋 ぷてぃあゔぃにょん】   
住所:大阪府門真市速見町5-6    MAP     
電話:06-6902-0776   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:00) ※日祝は、22:00まで(L.O.21:00)   
煙  草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は営業)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

濃口の関東、薄口の関西と言われるように、食文化ってその土地で結構違うところがありますよね。 でも、そうだからこそ、その土地で独自の食べ物を味わう楽しみもあるというものです。 東京で出てくる、黒い色の出汁のうどんには慣れたかって? いえいえ、あの出汁に ...
続きを読む
濃口の関東、薄口の関西と言われるように、食文化ってその土地で結構違うところがありますよね。
でも、そうだからこそ、その土地で独自の食べ物を味わう楽しみもあるというものです。

東京で出てくる、黒い色の出汁のうどんには慣れたかって?

いえいえ、あの出汁にはうどんよりも蕎麦のほうが確実に会うのです。
濃い色の出汁と、白ネギが入ったスタンドの蕎麦、結構美味しいものですよ(^^)

さて、そんな東京と大阪の間にあるのが名古屋。
こちらにも、独自の食文化がありますよね。

「名古屋めし」なんて呼ばれて、何年か前に、雑誌「MEETS」でも特集が組まれたほど。
さて、名古屋めしといえば、どんなものが思い浮かぶでしょうか?

きしめん、味噌煮込みうどん、味噌カツ、台湾ラーメン、あんかけスパゲッティ、ひつまぶし、天むす、小倉トースト、手羽先・・・。

あれ、エビフリャーは??

いえいえ、海老フライのことを、エビフリャーといい始めたのは、タモリさんだし、
エブフライのお店が、名古屋には特に多いわけでもない・・・・。
のか、本当に?

たしか、中部国際空港、セントレアには、「まるは食堂」っていう、人気の海老フライ食堂があったような。

そんなことを思いながら、名古屋の街をしばし散策。
あんかけスパゲッティ、鉄板ナポリタン、手羽先、天むすのお店は見かけるも、特に海老フライ専門店のようなものは見当たらないなぁ・・・。

でも、あるのですよ、
ちょっと気になる名前のお店が。
             6bcdf803.jpg


お伺いさせていただいたのは、その名も“はね海老”さん。

あまりにも、わかりやすすぎる店名。
これで、海老フライがなければ話になんないような感じですよね^^;

お店の前には、日替わり手食の内容も書いてありますよ。
           5f85b155.jpg

 
本日の日替わり 11:30〜14:00
エビフライ&
トンカツ
ライス・赤出し  ライス大盛り100円増


この内容で、750円は結構リーズナブルでは?
冬季限定カキフライの文字のも興味を惹かれつつお店に入っていきます。

あ・・・オープン直後の11:30過ぎに履いたにも関わらず、何人かもう座ってる・・・。
と思った瞬間に、「いらっしゃいませ〜」と声をかけながら立ち上がるテーブル席に座った方々^^;
(一瞬、フラッシュモブかと思ったわ^^;)

あ・・・お店の方たちだったのですね。
そんな感じで、一番乗りになってしまったようです。

テーブル席に座ると、お茶とお絞りを持ってきて下さいます。
                 735848e3.jpg


お絞りは、ステンレスのお絞り入れに乗っけられて、ねじり鉢巻のような感じで提供されます。
こういう個性、好きですね(^^)
昔から愛されている洋食屋さんって感じが溢れていますね。

「決まりましたら、声をかけてくださいね。」

さて、あらためてメニューを確認します。
            479ff57a.jpg


トンテキ、エビフライ、ヒレカツ、トンカツ、味噌カツ、貝柱フライ・・・。
エビフライ屋さんというよりも、フライものが得意な洋食さんって感じですね。
でもやはり、ここは海老フライは食べておかないと・・・。

メニューの裏側には、冬季限定のカキフライも載ってますよ。
              e9d28a98.jpg


おぉ、カキフライと海老フライが両方とも味わえる定食もあるぞ・・・。

と思いつつも、日替わりランチのお得感には勝てず、海老フライとトンカツがセットになった、日替わり定食をお願いしました。

店内は、4人掛けのテーブルが6卓あります。
               cae289a9.jpg


入ったときは、貸切状態でしたが、5分位すると、1人、2人とお客さんが入ってきます。

そして、みなさん注文は日替わり定食。
日替わり定食は、海老フライと、他のフライものがセットになる感じで、
この日は、海老フライとトンカツでしたが、他の日には、
海老フライとカニクリームコロッケ、海老フライとホタテフライ、海老フライとチキン一口カツ・・・。
そんな感じで、日によって変わるそうです。

テーブルの上には、箸箱と調味料。
                  5d572fcd.jpg


辛子、ウスターソース、塩。
シンプルながら、どんな場面にも活躍する面々が揃っています。

そんな感じで、お店の中を眺めながら、雰囲気を楽しんでいると、お皿に乗っけられたご飯が運ばれてきました。

おぉ、これこれ。
洋食屋さんのお約束ですね。
さて、あなたはお皿の乗っけられたご飯を、ナイフとフォークを使って、器用にフォークの背中にご飯を乗っけて食べるタイプですか^^;

と、そんな心配はご無用。
こちらのお店では、お皿に乗っけられたご飯も、箸でいただくことが出来ますよ。
                 23189100.jpg


そして、熱々の赤出しも。
               483176e6.jpg


これをみると、名古屋に来たなぁあ・・・って気持ちになりますね。

そして、間もなくメインのお皿が運ばれてきて、オールスター集合!
この日の、はね海老さんの日替わり定食はこんな感じです。
               fa2505c1.jpg


シンプルながらも、すべてが揃っている感じで嬉しくなります。

メインのお皿には、海老フライとトンカツ、キャベツのサラダにポテトサラダが乗っかっています。
                 5037d2a7.jpg


そして、海老フライはこんな感じで開いて作られていて、けっこう存在感があります。
                  6c57580a.jpg


それでは、早速海老フライの方からいただきます。

(^^)(^^)

サクッとした食感の後に続く、海老のプリッと感がたまらない。
そのまま食べても美味しいのですが、折角なので一緒についてくるタルタルソースもたっぷり絡めて、再度いただきましょう。

(^^)(^^)

おぉ、これはご飯がすすみますね。
この勢いで食べすすんでしまうと、確実にご飯が足りなくなりそうです^^;
男性の方ならば、ご飯を大盛りにされた方がいいかもしれませんよ。

そして、トンカツには、タップリとデミグラスソースがかけられています。
                 3ccf242a.jpg


名古屋であっても、味噌カツではなく、デミグラスソースでいただくトンカツ。
ちょっといい感じでしょ?
では、こちらもいただいてみましょう。

(^^)(^^)

美味しい。
薄めではありますが、揚げ加減がちょうどいい!
これも美味しいですね。

日替わりには登場しないでしょうが、2種盛りの定食にして、海老フライと上トンカツやヒレカツにすれば、さらにパワフルになるのでしょうね。

そして、再びエビフライをいただきましょう。

やっぱり美味しい(^^)
このサクッとした食感は本当に快感ですよ。

半分くらい食べたところで、テーブルの上においてある辛子をいただき、トンカツにつけて味の変化を楽しみます。
                    332566c1.jpg


(^^)(^^)

これはちょっと、ビールが欲しくなってしまいますね^^;

そんな感じで、トンカツ、エビフライ、赤出し、ポテトサラダと交互にいただき、気がつけば完食。

それにしても、ほんとうに食感の素晴らしい海老フライとトンカツでした。

こちらのお店は、このお方に教えていただき、
少し前に、こちらのお店にお伺いしたときに場所を確認して、次回こそは・・・
と、狙っていたのです。

そして、今回訪問できていただくことが出来、本当に満足させていただいきました。
会社の近くにあれば、定期的に通ってしまうんだろうなぁ・・・
そんな中毒性も持ち合わせていると思います(^^)

大きく開かれたエビフライ、ぜひ堪能してみてくださいね!







【はね海老】   
住所:名古屋市西区那古野1-20-37    MAP     
電話:052-551-1671   
営業時間:11:30~14:00 17:00~21:00   
煙  草:喫煙可
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

知らない土地を車で走っていて、近道をしようとしたら、とんでもなく道が狭くなって、焦ることってありますよね^^; そんなときに、大きな道に出て「国道」の表示があるとホッとします。 国道沿いを走っていけば、なんとかなるよね・・・。 なんて思ったりして。 とこ ...
続きを読む
知らない土地を車で走っていて、近道をしようとしたら、とんでもなく道が狭くなって、焦ることってありますよね^^;

そんなときに、大きな道に出て「国道」の表示があるとホッとします。
国道沿いを走っていけば、なんとかなるよね・・・。
なんて思ったりして。

ところがこの国道、私達の常識を覆すようなところもあるのだとか・・・。

え・・・これが国道?って目を疑いたくなるようなあぜ道のような酷道。
青森県にある国道339号線なんて、階段がある国道としても有名ですものね。

そんな国道のなかでも、一番長い距離なのが、東京から青森まで続く、国道4号線で、総延長は887.1キロ。
逆に、一番短い国道は、神戸にある国道174号線で、わずか200m。

因みに、2番めに総延長距離が長いのは国道58号線の880キロ・・・
とはいっても、この国道は、鹿児島県鹿児島市から、沖縄県那覇市に通じる国道・・・ということは、殆どが海の上^^;
そういえば、沖縄の幹線道路の国道58号線を種子島でも奄美大島でも通ったことがありますね。

そして、ラッキーナンバーな国道、7号線は新潟県から青森県まで日本海側を618キロを通ります。
では、もっとラッキーそうな国道77号線は・・・。
残念ながら、存在しないようですね^^;

さて、「7」といえば、天神橋7丁目にあったオムライスの名店、キッチンTomoyaさん。

基本のオムライスはもちろん、うなぎのオムライスや鱧のオムライス、秋になれば松茸のオムライス、そして、冬には牡蠣のオムライスもいただくことが出来た名店でした。
                36559611.jpg



ところが、最近お店に行ってみると、慣れ親しんだ「おむらいす」と書かれた黄色い看板が見当たらない・・・。

閉店してしまったのかと残念に思っていたら、東天満に移転しているとの情報が!
大好きなお店だったで、情報を聞き早速お邪魔させていただきました。
               5521d416.jpg


黄色いテントに「おむらいす」と書かれていて、何屋さんかが誰の目にもわかるようになっていますね。
(相変わらず、Tomoyaの屋号はどこにも書いてありませんが^^;)

お店の入り口のところには、オムライスのメニューボードがあります。
              1b5bafff.jpg


トマトソースのおむらいすと、ソースのかからないおむらいすの2本立ては天7にある頃と同じ。
そして何よりも、天7時代の看板もそのままなので、わかるひとにはここがあの「Tomoya」であることがすぐに分かるかと思います。

「こんにちは。」
「いらっしゃいませ」

あ、店主も同じ方です。
嬉しい気持ちに鳴りながら、カウンター席に座らせていただきます。

カウンターの上や店内の奥にもメニューが貼ってあります。
002a61bb.jpg
 48c6720e.jpg


あ、松茸のオムライスがある!
「すみません、松茸のオムライスを下さい。」
「ごめんなさい、今、松茸があまりにも高くて、やってないんですよ・・・
  もう少し安くなったらやるんですけど・・・。」

との事。

あらら・・・それは残念。
気を取り直して、改めてメニューを眺めます。

あ・・・季節のオムライスで、鱧と梅のオムライスがある!
「では、鱧と梅のオムライスを下さい。」
「はい、鱧と梅ですね、お待ち下さいね!」

店主も、「松茸、今あまりに高すぎて、出来ませんねん・・・かと言って、値段上げるのも何なんで・・・」
女性の店員さんも、「松茸、ホンマにたくさん入ってますよ、是非また今度、食べてみてくださいね」

そう言われるとますます気になります。
松茸のオムライスはまた今度の楽しみにとっておいて、今日は鱧を楽しみましょう。

最初にサラダが提供されます。
                8611d31d.jpg


このサラダをいただきながら、オムライスが出来上がるのを待ちましょう・・・。
って、このサラダ美味しいですね!
春雨が美味しいのです(^^)
サラダって、結構適当に出されることも多いのですが、ここのは本当に美味しい!
これ、オムライス以外のメニューも絶対に美味しいだろうなぁ・・・。

そんな感じのことを考えていると、お隣りに座っていらっしゃる方々は、ローストビーフを注文して食べてるみたいですね。

「このローストビーフ美味しいですね!」
「そうでしょ、800円でこんなん、他では絶対にないと思いますよ!」
と、スタッフの方。

へぇ、今度絶対に夜に来てたべてやる^^;

そんなことを思っていると、注文した鱧と梅のオムライスが出来上がって来ました。
           9ebf8835.jpg


「中に梅干しの種も入ってますので、気をつけて食べてくださいね。」

おぉ、これこれ!
このビジュアルですよ。
はち切れんばかりのビジュアルに、しばし見とれてしまいます(^^)

そして、福神漬ではなく、ガリが添えられるのも変わらず。
             7930d6c5.jpg


それでは早速いただきます。
              ddba17cd.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味しい!
あの味わいは変わらず、初めてお店にお伺いしたときのことを思い出しますね。

そしてもう一口。
             d8fe18d2.jpg


鱧の旨味と梅のサッパリがすごくよく合うのです。

何と言っても、鱧が本当にたくさん入っているのがうれしいですよね(^^)
           910623b4.jpg


梅が梅ソースではなく、ちゃんと梅干しで入っているのが本物志向をかんじます。
そして、梅干しの種も口の中に入れて味わうと、サッパリとしてまたいい感じ。
そんな感じで最後までしっかりと楽しませていただきました。


と、この日は鱧と梅干しのオムライスで満足させていただいたのですが、どうしても松茸のオムライスを食べてみたくて、
松茸の価格が安定してきた頃を見計らい、再訪。

カウンター席に座り、「松茸のオムライス、ありますか?」
「大丈夫ですよ、松茸ひとつ入ります!」



や、やった! 念願の松茸のオムライスにやっとありつけます。

この日も、最初にサラダと味噌汁が提供されます。
               ab9d3704.jpg


カップスープのように、マグカップで提供される味噌汁。
これ、侮るなかれ、結構美味しいのですよ(^^)

カウンターの中の厨房では、店主が手際よくオムライスを作るのが見えます。

え・・・本当にそんなにたくさん松茸、入れてくれるのですか!
めっちゃテンション上がりますよ(^^)

そしてまた、お隣の方とお店の方の会話が聞こえてきます。

「これ、すごく山椒効いてますね・・・山椒好きなのですが、まさかここまでとは^^;」
「うちのん、粉山椒ではなくて、実山椒使ってるからよく効くでしょう! 初めての方は結構びっくりされる方もいらっしゃいますよ。」


ん・・・何か気になるなぁ・・・
あ、“実山椒とチキンのおむらいす”か・・・。
それも気になるなぁ、今度是非食べてみよ。

そんなことを考えていると、お待ちかねの松茸のオムライスが出来上がってきましたよ、。
                 f2f585e8.jpg


それにしても、いつもきれいなビジュアルですね!
スプーンを入れるのがもったいなくらいです。
(と言っても、入れますが^^;)

それでは早速いただきましょう。
        
(^^)(^^)(^^)

素晴らしい!
こんなオムライス、おそらく他では食べることが出来ないと思います。
少々オイリーではありますが、旨味がそれをカバーしていて本当にバランスよくて美味しい(^^)

そして何よりも、本当に松茸がたっぷりと入っているのです。
             2162ea73.jpg


おむらいすにスプーンを入れると、必ずとってもいいほど松茸が出てきます。

通常ならば、大事に大事に食べる松茸なのですが、これは遠慮なく食べても大丈夫。
しっかりと松茸を堪能できますよ!
              36559611.jpg


本当にどこにスプーンを入れても松茸、松茸(^^)
             58c10c2f.jpg


そして、甘みも素晴らしいのです。

「松茸、甘くて美味しいでしょう?」
と店主。

本当にそのとおりなのです。

後半、カウンターの上においてある調味料も使って味の変化も楽しみます。

醤油を少しだけかけると、これまたよく合います(^^)

そうそう、実山椒ではないですが、卓上には粉山椒も置いてあるのでこれもちょっとだけかけてみましょう。
                   51d95684.jpg


おぉ、これは美味しい!
オムライスが洋食であることをしばし忘れてしまいます。

それにしても、これだけタップリと松茸が入ったオムライスがたったの1,300円とはちょっと破格すぎるのでは。
なるほど、松茸が高騰してしまうと、出来ないのも頷けますね。

最高に満足させていただきました。
今度は是非、ソースのかかったオムライスの方もいただいてみたいと思います。
あ・・・実山椒とチキンのオムライスも気になりますが^^;






【松ヶ枝町の おむらいす屋】   
住所:大阪市北区松ヶ枝町2−1 隆勝ビル102   MAP     
電話:06-6351-0135   
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:00(L.O.21:30)   
煙  草:
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

誰もが子供の時に一度は食べたであろうもの、お子様ランチ。 ハンバーグや海老フライ、コロッケにスパゲッティ、そして、ケチャップライスのうえには、日の丸・・・。 見てるだけでも特別な気持ちになって始終笑顔でいたのを思い出します。 そういえば、お子様ランチ ...
続きを読む
誰もが子供の時に一度は食べたであろうもの、お子様ランチ。

ハンバーグや海老フライ、コロッケにスパゲッティ、そして、ケチャップライスのうえには、日の丸・・・。
見てるだけでも特別な気持ちになって始終笑顔でいたのを思い出します。

そういえば、お子様ランチって普段食べるものでは無く、特別なときにだけ食べることが出来たなぁ・・・・。

今でも、お子様ランチってメニュー、あるのかなぁ?
そんなことを思い、レストランチェーンのHPを見て、メニューを見てみると・・・

キッズカレープレート、キッズパンケーキプレート、お子さままぐろごはんプレート、
キッズハンバーグプレート、おこさまラーメン・・・。

結構いろいろあるのですよ!
いろいろあるのだけど、何だかときめかないのは何故?

中身は大人のメニューを一回り小さくして、お菓子やおもちゃを付けただけのものが多いからかなぁ・・・。

ハンバーグ、海老フライ、旗の立ったケチャップライス、うさぎの形をしたりんご・・・。

今でも洋食を食べるとき、ワクワクするのはそんな子供の頃の思いが蘇るのでしょうかね?

さて、そんなときめく洋食をいただきに京都まで行って来ました。
そして、子供の頃には先ず食べることが出来なかったこんな夢のようなコラボまで。
             bf42861a.jpg


この日にお伺いさせていただいたのは、京都市役所の近くにある人気の洋食屋さん、
“洋食おがた”さん。
                    229fa54e.jpg


京都でも話題の洋食のお店で、ずっと来てみたいと思っていたところ、お誘いいただき、その夢が叶いました。

入口の横に掲げてある看板にもセンスの良さが光ります。
              6e771eaf.jpg


それでは早速お店の中に入っていきましょう。

店内は、入口を入って手前がカウンター席、11席と、奥に4人掛けのテーブルが3卓で12席あります。

この日は、奥のテーブル席に案内していただきました。

テーブルに着くと、フォークとナイフ、そしてお箸の用意もして下さってます。
                613d8ea1.jpg


いいですね、日本の洋食はこうでなければ(^^)

そして、メニューを拝見。
本日のオススメが手書きで書かれてあります。
                 ad851d85.jpg


いきなり、洋食屋のポテトサラダにロックオン!
ポテサラコロッケも、マカロニサラダもいいなぁ・・・。
そして、こちらのお店の名物、尾崎牛のメニューもいろいろあります。

定番メニューはこんな感じで、サラダ、冷前菜、温前菜、スープ、魚、肉・・・と料理ごとに並べてあります。
0ac1adc6.jpg
 2848aac6.jpg

6074a00e.jpg
 1bfcc667.jpg


まずは生ビールで乾杯!
                  9a3cb6ea.jpg


こちらのお店では、サントリーのプレモルより美味しいマスターズドリームの生をいただく事が出来ます。

冷たーい生ビールのお供に、先ずは、ロメインレタスのシーザーサラダ。
               b6260924.jpg


これが付出しに、一人ひとつずつ出してくださるのだから嬉しいですよね。

そして、洋食屋のポテトサラダ。
                    e28a275a.jpg


どうして、こうもポテトサラダに目がないのでしょうか(^^;)
とはいえ、上から玉子がタップリとふりかけられたこのルックスにはノックアウトされるでしょ?

それから、これは絶対に外せない、パテドカンパーニュ。
                 b18a03e2.jpg


これとワインがあれば、蔵でも飲めそうな気さえしてきますよ(^^)

さらに、これも気になったので、お願いしてみたら大正解だったのがこれ。
                   13c1d217.jpg


クレソンと自家製ロースハムのサラダです。

ハムはもちろんのこと、このクレソンがすごく美味しい!
今まで食べたクレソンの中で、いちばん美味しかった(^^)
これを食べたら、「失楽園」の中で、最後の晩餐は“鴨とクレソンの鍋”が食べたいって言ってた意味が何となくわかるなぁ(^^;)

そして、次は揚げ物を。
                       b6145c9f.jpg


こちらは、活け穴子フライ。
穴子って、天ぷらとかでは食べたことあっても、フライは初めてです。

これには、特製のタルタルソースをタップリとつけていただきましょう。
          9dfd4a60.jpg


(^^)(^^)(^^)

サクッとした食感と、ふわふわの穴子。
そこにタルタルソースの旨味が加わり、かなりテンション上がりますよ(^^)

そして、こちらは本マグロをレアに揚げたカツレツ。
                          0cc694fc.jpg


これ、からし醤油でいただくのですが、不思議と赤ワイン、それもピノノワールの良く合うのです(^^)

上の画像だけを見ると、和食のお店にいるみたいに見えますが、ワインと一緒の画像だと、ちゃんと洋食のお店でしょ。
                   5fb90b3e.jpg


そして、こちらの料理はまるで盆と正月が一緒に来たような、
尾崎牛のたたきと生うに 本わさび添え。
               bf42861a.jpg


うにはもちろんのこと、尾崎牛の旨味、半端ないですね!
塩をパラッと、これで旨味がすごく引き立ちます。

そして、今度は尾崎牛のビーフカツ。
                   f58488d1.jpg


デミグラスソースをタップリとつけて、からしをチョイ。

(^^)(^^)(^^)

これ、ワインが足りなくなります。
          a2861384.jpg


ワインも追加でお願いし、いよいよこちらのお店の人気メニュー、洋食おがた 特製ハンバーグをいただきましょう。
                               3535adc6.jpg


丸く形成されたハンバーグと、ポテトがのっかったシンプルなプレート。
でも、このシンプルさ故に一切のごまかしがきかない。
そんな潔ささえ感じますよ。

真ん中を切ってみると、中から肉汁がタップリと(^^)
               8f541168.jpg


それではこちらもいただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

これは、肉好きが大好きなハンバーグ。
しっかりとした食感と旨味が、ファンの心を離さないのが容易にわかります。

さて、デミグラスソースをタップリと味わった後は、ベシャメルソースも食べてみたい・・・

というわけで、マカロニグラタンもいただきましょう。
                      3ce7b8ea.jpg


今回は、海老にしましたが、グラタンの中には海老がたっぷりと入っていますよ(^^)(^^)

〆にはビーフカレーをいただきます。

カレーは、正統派洋食屋スタイル。
カレーとごはんが別で出てきます。
              6d975ecf.jpg


ごはんは、うまみとコクと香りのバターライス。

その上に、たっぷりとカレーをかけていきます。
                813a893a.jpg


ホロッホロにとけた肉がたっぷりと入っているのがわかりますよね(^^)

それでは早速いただきましょう。
                 d7a34bdd.jpg


(^^)(^^)(^^)

カレーは別腹?
はい、このレベルのカレーになると、そのようです、これ、本当に美味しい恣意ですよ。

洋食おがたさん、料理はもちろんのこと、お店の方の接客もすごく心地よく、また来たいって心の中から思います。
帰りに次の予約と取って帰る方が少なくないのも納得ですね。

是非予約して行ってみてくださいね。
別次元の美味しさを堪能することが出来ますよ!






【洋食おがた】   
住所:京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1    MAP     
電話:075-223-2230   
営業時間:11:00~14:30(L.O.13:30) 17:30~22:00(L.O.21:00)   
煙  草:完全禁煙
定休日:火曜日 、月1回不定休有り
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加