美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 焼き鳥

お茶漬けではないけれど、カンタンに美味しいお茶漬けが。そう、永谷園のお茶漬け。実際にはお茶をかけるのではなく、ごはんの上に「永谷園のお茶漬け」をぱらりと掛けて、その上からお湯をかけるだけで出来上がり。海苔、鮭、梅、わさび、たらこ、野沢菜・・・いろんなバリ ...
続きを読む
お茶漬けではないけれど、カンタンに美味しいお茶漬けが。

そう、永谷園のお茶漬け。

実際にはお茶をかけるのではなく、
ごはんの上に「永谷園のお茶漬け」をぱらりと掛けて、
その上からお湯をかけるだけで出来上がり。

海苔、鮭、梅、わさび、たらこ、野沢菜・・・

いろんなバリーエーションも揃い、全部試してみようかという気持ちにもさせてくれる。

季節限定で、「冷やし塩すだち茶漬け」、
「だし茶漬け」や、「ラーメン茶漬け」なども登場しているようです。

そう言えば昔、東海道五十三次のカード、入ってませんでしたか?

東京の日本橋を起点に、品川、川崎、神奈川、程ケ谷・・・
箱根、三島・・・掛川、袋井・・・桑名、四日市・・・草津、大津、三条大橋。


子供の頃、永谷園のカードがあって、東海道の宿場の名前を覚えたものです。

東京から京都への東海道。
そういえば、大阪発の焼き肉のお店、ワンカルビも関西だけではなく、
いろんな地域にお店を広げているようですね。

そんな「人生に2時間の幸せを!」のワン・ダイニングさんが運営する、
地鶏の食べ放題のお店が、梅田の阪急ターミナルビルの17階にオープンしました。

        IMG_1759

お伺いさせていただいたのは、”いちばん地鶏 阪急梅田店さん。
阪急ターミナルビルの最上階、17階にお店はあります。

   
こちらのお店も、ワンカルビさん、あぶりやさん同様に、
2時間食べ放題となっているようです。

        IMG_1636

年令によって、安くなる値段設定も、ファミリー層には嬉しいですよね。

  IMG_1644

もちろん、飲み放題のプランも有り。
どれだけ食べても、予め支払う金額がわかっているのは本当に安心。

というわけで、レッツEnjoy!

           IMG_1647

HEPの観覧車が見える、眺めのいい席に案内していただきます。

まずは生ビールで乾杯!

       IMG_1648

こちらのお店では、プレミアムモルツの香りエールを楽しむことが出来ますよ。
しかも、飲み放題で!

では、メニューを確認して、食べたいものを注文しましょう。

   IMG_1637

とり焼食べ放題。
焼き肉コンロのようなもので、自ら地鶏を焼いて楽しむことが出来ます。
もも、むね、ささみ、皮、砂ずり、こころ、なんこつ入りつくね・・・。
気になるものをお願いします。

          IMG_1638

そしてとり鍋も食べ放題。
とり鍋は、水炊き、すき焼き、うま辛味噌鉄板鍋、味噌とろろ鍋から選べるので、
スタンダードに水炊きをお願いしました。

その他、一品料理もいろいろありますよ。

  IMG_1639

           IMG_1640

   IMG_1641

            IMG_1642

先ずは、鶏そぼろたっぷり 和風ポテトサラダ。

      IMG_1672

本当に鶏そぼろがタップリ。
最初はそれぞれの美味しさを楽しみ、後半はまぜまぜしても美味しいですよ。

そして、阿波尾鶏の土手煮。

         IMG_1696

こんな感じで、メニューにあるものが全て食べ放題なのは嬉しいですね。
(でも、食べられる分だけにしてくださいね。)

そんな感じで、一品料理を楽しんでいると、とり焼の鶏が運ばれれてきました。

     IMG_1712

これを、焼き網の上に乗っけて焼いていきます。

         IMG_1678

この焼き網がスグレモノで、煙が出ないのです。

鶏を焼きながら、他にも気になる一品料るを注文しましょう。

 IMG_1670

阿波尾鶏手羽先の甘辛和え。
これ、かなり大きくて食べごたえがありますよ!

さらに、阿波尾鶏の唐揚げ 特製にんにく醤油だれ。

         IMG_1711
鶏が美味ければ、からあげも上等。
許されるならば、お持ち帰りして明日のお弁当に・・・
(それ、許されませんよ〜^^;)

そして、大和芋を使った手作り鶏餃子。

       IMG_1700

ちょっと上等な居酒屋さんのようです。
食べ放題のお店のレベルを超えてますね(^^)

   IMG_1703

阿波尾鶏もも山椒焼き。
肉自体が美味しいから、厚切りが美味い。
これは日本酒とも合うかも・・・。

と言いながら、とり焼の鶏肉をちょっと追加・・・。

    toriyaki1


             toriyaki2
ついでに、鶏の生ハムユッケ仕立てと、特製月見つくねも頼んじゃいました。

焼きを楽しんだあとは、せっかくなので鍋の方もお願いします。

     IMG_1673

         IMG_1717

白濁スープで煮込み、さっぱりとポン酢でいただく、最高ですよ(^^)

〆には、うどん、ちゃんぽん麺、雑炊・・・ではなく、お鍋で作る半熟玉子ごはんも選べます。
もちろん、順番に全部食べてもいいわけですが。

そして、〆にこういう技もアリかと・・・

        IMG_1719

そして、デザートに、和三盆で作るクリームブリュレもいただき、
かなり満足させていただきました。

人生に2時間の幸せを。

地鶏好きな方、ぜひ食べに行ってくださいね。
満足できますよ(^^)











【いちばん地鶏 阪急梅田店】
住 所:大阪市北区芝田1-1-4 阪急ターミナルビル17F    MAP
電 話:06-6359-1129
営業時間:17:00〜23:00
煙 草:禁煙
定休日:元日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

産地を表記すると、美味しそうに見えるのは何でだろう?ラーメン、うどん、カツ丼、やきそば、餃子・・・。普通に並べてみると、普段のランチ、おやつ、高速のSAPAのメニューに見えますが、これに産地を表示すると、途端に食欲がわいて来ます。札幌ラーメン、喜多方ラーメン ...
続きを読む
産地を表記すると、美味しそうに見えるのは何でだろう?


ラーメン、うどん、カツ丼、やきそば、餃子・・・。

普通に並べてみると、普段のランチ、おやつ、高速のSAPAのメニューに見えますが、
これに産地を表示すると、途端に食欲がわいて来ます。

札幌ラーメン、喜多方ラーメン、博多ラーメン、長浜ラーメン、徳島ラーメン。
讃岐うどん、稲庭うどん、吉田うどん、伊勢うどん、五島うどん。
福井ソースカツ丼、新潟タレかつ丼、駒ヶ根ソースカツ丼、
名古屋味噌カツ丼、岡山デミカツ丼。

横手やきそば、富士宮やきそば、浪江焼きそば、ひるぜん焼そば、日田やきそば。
宇都宮餃子、浜松餃子、博多鉄鍋餃子、福島円盤餃子、神戸味噌だれ餃子。


普段中々食べられなくて、拘りも感じるようになりますよね。

さて、産地が付いていると、美味しそうに・・・
いえ、実際に拘りがあって、味のレベルが違うのが、地鶏。

先週食べた、名古屋コーチン美味しかったよね!
おとつい食べた、比内地鶏も絶品だった。

では、どっちが美味しかったですか?
そう聞かれると、よく分からない。
そうなりますよね^^;

そんな地鶏を食べ比べできるお店が、
本日(2018年4月25日)に、梅田堂山にオープンします。

そんな“炭焼地鶏 近江”さんの内覧会に参加させていただきました。

        IMG_2998

野原を鶏が自由に動き回るようなイメージの看板。
好感が持てますね(^^)

店内は、1階が8席のカウンター席と、
5人掛けのテーブル席が2卓。
   
        IMG_3003

2階には、テーブル席と掘りごたつの小上がり席があり、28席。
カウンターでじっくり味わう味わうのもいいし、
グループで賑やかに過ごすのも楽しそうですね。

  IMG_3006

                   
           IMG_3007


こちらのお店では、こだわりの地鶏、銘柄鶏を約10種類用意していて、
それらを日替わりで食べ比べできるそうです。

気になるメニューは、こんな感じですよ。

 IMG_3008

      IMG_3011

           IMG_3015

こだわりの地鶏炭焼。
メニューも、地鶏を使ったものを中心に揃っています。

     IMG_3013

飲み物のメニューはこんな感じ。

いろいろあって迷ってしまいそうになりますが、先ずはこれから。

          IMG_3016

こちらのお店では、プレミアムモルツの香るエールを楽しむことが出来ます。

ビールで喉を潤したら、こだわりの料理をいただきましょう。

先ずは、お通しに出していただいた、彩り野菜の肉味噌添え。

   IMG_3019

新鮮な野菜の甘みが、地鶏を使って作った肉味噌が引き立てます。
この肉味噌、こちらの店名にもなっている、
近江黒鶏がふんだんに使われているそうです。
これ、売ってたら買って帰りたいくらいです(^^)

そして、朝引き地鶏 造り5種盛り合わせ。

           IMG_3020

手前から、肝、ズリ、もも、こころ、ささみです。
それぞれを、ごま油、ポン酢、甘口醤油でいただきます。
いろいろ試してみて、美味しい食べ方を発見するのも楽しいでしょうね(^^)

この段階で、早くもビールを飲み干す^^;
(だって、美味しいんだから仕方がない)

メニューを見ると、「丸(丸ごとチューハイ)なるものを発見!

    IMG_3029

トマト、レモン、キウイの2種類のチューハイは、
氷の代わりにそれぞれを凍らせたものが入っていますよ(^^)

これ、ヤバいですね。
いくらでも飲めてしまいそう^^;

そんな感じで、丸ハイを楽しんでいると、お待ちかねの料理が登場。

           IMG_3038

こちらは、もも串焼き4種食べ比べです。
この日の4種は、
愛知 プレノワール、
宮崎 宮崎地頭鶏、
京都 京赤鶏、
滋賀 近江黒鶏の4種類。


食べ比べてみると、その美味しさの特徴、違いがよく分かりますよ。

プレノワールは、アッサリとした食感と、淡白な旨味。
宮崎地頭鶏は、しっかりとした食感と、噛めば噛むほど出てくる旨味。
京赤鶏は、親しみやすい食感と、強い旨味。
近江黒鶏は、かなり強い旨味と、バランスの良い食感で、これは流石!

お店の名前に「近江」を付けるのも納得です。

それにしても、この食べ比べは本当に楽しい。
地鶏好きの方はもちろん、地鶏ってよく分からない・・・
そんな方にも、是非味わっていただきたいです。

しかもこれ、たったの980円で楽しめると言うから、嬉しいですよね。

そして、近江黒鶏100%で作った、自家製つくね。

         IMG_3057

この大きさ、嬉しいですよね(^^)
そのまま食べても、もちろん美味しいのですが、
やはり玉子を絡めて見たくなります。

    IMG_3063

       (^^)(^^)

柔らかさと旨味がやみつきになりそうですね。

先ほどの地鶏もも焼の食感が忘れられなくて、
地鶏にしかない旨味をもう一度・・・

        IMG_3045

そんな感じで、皮も焼いていただきました。
この歯ごたえ、食感が堪らない。

さらに、地鶏の美味さは肉や皮ばかりではないことを実感できる料理も用意されています。

     IMG_3067

こちらは、もつオイル漬け。

キンカン、提灯、肝など、柔らかさも抜群。
これに焼酎を日本酒を合わせると、たまらないだろうなぁ・・・。

さらに、これは絶対に食べて欲しい料理を。

         IMG_3074

こちらは、肝麻婆。
いわゆる麻婆豆腐なのですが、
地鶏のミンチと刺身でも食べられる肝が、レアな火加減でたっぷりと。

   IMG_3084

豆腐と肝が、口の中でとろける感覚を忘れることが出来なくなるかもしれませんよ。
さらに、卓上の山椒を振りかけると、さらに味が引き締まります。

思わず、「ごはんも下さい!」って言いそうになりました^^;

〆には、鴨茶そばをいただきます。

       IMG_3102

皮を炙った鴨を、先ずはそばつゆにつけていただきます。

鴨の旨味がそばつゆに溶け出すのが見てても分かりますよ!
そして、旨味をもらったそばつゆに、茶そばをくぐらせていただきます。 

           IMG_3125


地鶏の旨味の違いを堪能でき、鶏を使ったこだわり料理が、
しっかりと楽しめ、それでいてリーズナブル。
ここ、是非行ってみてください!

4月25日、本日17:00にオープンします! 













【炭焼地鶏 近江】
住 所:大阪市北区堂山町5−19    MAP
電 話:06-6364-8400
営業時間:17:00〜24:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

炭焼地鶏 近江焼き鳥 / 東梅田駅梅田駅(大阪市営)梅田駅(阪急)
夜総合点★★★☆☆ 3.8

このエントリーをはてなブックマークに追加

アルバイトをしてお金を貯めて、自分の車を買うのが夢!  (中古車ではありますが^^;)私が学生時代の頃には、そんな思いの人が世の中に溢れていたように思います。今は少子化、しかも車離れも加速して、車のディーラーはもちろん、教習所も生徒を確保するのに大変みたいで ...
続きを読む
アルバイトをしてお金を貯めて、自分の車を買うのが夢!
  (中古車ではありますが^^;)

私が学生時代の頃には、そんな思いの人が世の中に溢れていたように思います。

今は少子化、しかも車離れも加速して、車のディーラーはもちろん、
教習所も生徒を確保するのに大変みたいでね。

私たちの時代は、教習車と言えば、トヨタクラウンか日産セドリック。
もしくは、マツダカペラくらいじゃなかったかなぁ・・・。

いまでも、タクシーと同じ車種の、トヨタコンフォートも多いようですが、
中には凄い車を教習車に使っているところもあるようですよ。

レクサスHS250h、
レクサスIS、
電気自動車の日産リーフ、
クラウンハイブリッド、
BMW X1、
アウディA4・・・。


でも、そんなもので驚いてはいけません。
アメリカには、ランボルギーニを教習車にしているところさえあるのですから^^;

ランボでも、中古で、しかも教習費用も目をむくんじゃ・・・

いえ、教習車は、最新型の「ウラカン」で、教習費用は日本円で約50万円。

中身が変わると、教習所もガラッと雰囲気が変わるのでしょうね。


中身が変わると、ガラッと変わる・・・。
焼鳥屋さんの食材が変わると、庶民の食べ物が高級割烹に。

そんな体験をしてきました。

この日にお伺いさせていただいたのは、北浜に2018年1月にオープンした、
“鳥匠Ren”さん。

            IMG_0345


こちらのお店では、九州のブランド地鶏、地頭鶏地鶏を使った、串焼きと割烹料理をいただくことができます。

店内は、調理の様子がライブで楽しめるL字型のカウンター席とテーブル席、
         IMG_0361

そして、個室も用意されていますよ。

     IMG_0359

私たちは、テーブル席に案内していただき、まずはスパークリングワインで乾杯!

            IMG_0368

ビールもいいけれど、こういう雰囲気のお店では、泡が美味しいですよね(^^)

メニューはこんな感じで、コースを中心にいろいろいただくことができますよ。

     IMG_0352

そして、飲み物のメニューはこんな感じです。

          torishouren1

  torishouren2


コースの最初には、食前酢として、果実酢が提供されます。

              IMG_0371

お酢・・・と聞くと、「えっ!」となるかもしれませんが、いただいてみると爽やかで本当に飲みやすい。
サワーと表現する方が、分かりやすいかもしれませんね。
これをいただくことによって、食欲増進効果もあるのでしょう。
さっきよりもお腹がすいたような気がしますよ(^^)

          IMG_0374
先付けには、蛤真丈のあんかけ。

綺麗な器に入って提供されると、それだけでも嬉しくなってきます。

それでは、早速いただきましょう。
     
         IMG_0377

     (^^)(^^)

しみじみと味わい深い。
一気にテンションが上がります。

そして、前菜五種。

            IMG_0381

時計の12時の場所から、時計回りに、
サヨリの一夜干し、菜の花のおひたし、イイダコの含め煮、
鴨ロースのやわらか煮、海老の玉子豆腐です。

こういうのをいただくと、やはり日本酒が・・・。

      IMG_0382

よく冷えた日本酒は、こちらのお店のオリジナル。
兵庫県の酒蔵に特別に作ってもらっているそうですよ。

         IMG_0354

杯もいろいろ揃っていて、好きなものを選べるのも嬉しいですね。

次の料理は、桜エビのかき揚げ。

     IMG_0388

サクッと、海老の香りが口の中に広がります。
このくらいの量をいただくのが、何だか贅沢な感じですよね(^^)

そして、地頭鶏地鶏のたたき。

          IMG_0392

最初は、地頭鶏地鶏のみを。
そして、徐々に薬味を加えていくと、いろんな美味しさを堪能することができますよ。

さて、このあとはいよいよ串焼きが登場するようです。

      IMG_0396
今から提供してくださる串を、見せていただきました。

左から、肝、ソリレス、ズリ、ささみ、フィレ、せせり、つくね。
そして、野菜焼は長芋と島根県産雲椎茸。
どんな感じで焼き上がるのか楽しみですね。

では、串焼きに備えて、こんなものもいただきましょう。

           IMG_0395
DARK HORSEの赤ワイン。
このワイン、肉と良く合うんですよね(^^)

ワインを飲みながら寛いでいると、順番に串焼きが焼き上がっていきました。

      IMG_0400
先ずは、せせり。
軽く塩で焼きあげてくださっているので、肉の旨味がよく分かります。




そして、ささみ。
      IMG_0403
中は、しっとりとレア。
これ、嬉しいですね!
塩と山葵、本当に旨味を堪能できます。


             IMG_0404
表面はカリッと、中はジューシィな砂ズリ。
最初はそのまま味わい、途中で山椒を加えると、これまた美味しい。

   IMG_0405
長芋は、火を通すとこんなにも甘みが増すのですね。
これ、もっと食べたい気分です(^^)

IMG_0410

こちらは、希少部位のソリレス。
適度な歯ごたえに食欲をそそられる。
あれば、必ずお願いしたい部位ですね。

          IMG_0412
そして、フィレ。
鶏のフィレってこんな感じの食感なのですね。
これは是非体験していただきたいですね(^^)

     IMG_0413
このレバー、反則クラスに美味しいです(^^)(^^)
しかも、火の通し加減も文句の付けどころがない。

ワインもいいけれど、こんなウイスキーを見つけちゃったもので・・・。

             IMG_0408
これは、広島県廿日市で作られるウイスキー「戸河内」。
これ、香りが凄くいいですよ。

さらに、焼き物は続きます。

     IMG_0414
これは、島根県産雲太しいたけ。
美味しい椎茸って、こんな感じで焼くだけでご馳走になりますね(^^)

           IMG_0417
ここでちょっと休憩。
茶碗蒸し・・・うすい豆のあんかけの茶碗蒸しをいただきます。


      IMG_0419

ビックリしたのは、このつくね。
これ、食べるとものすごく柔らかいのです。

           IMG_0425
大きめに切られた玉ねぎの甘みも素晴らしく、何よりも柔らかい食感が最高!
これを目当てでリピートされる方も少なくないのでは?

    IMG_0427
串の最後は、はつをいただきます。
こんな感じで、まるごと出てくると、食感も楽しめて美味しいですよね。

これも気になったので、お願いしてみました。

          IMG_0434
こちらは、鶏にぎり寿司。
やはり美味しい鶏は、寿司にしても美味しかったです(^^)

さらに、鳥匠の親子丼。

      IMG_0437
食べてみたかったんですよね、この鶏で親子丼を作ると、どんなに感じか。
はい、文句なしに美味しいですね(^^)


〆には、じゃこの混ぜごはんを。

      IMG_0428

             IMG_0431

食べられてしまうから、不思議です^^;


      IMG_0441
デザートには、自家製ヨーグルトアイスもいただき、大満足させていただきました。
        
鳥匠Renさん、この内容でこの味わいはお値打ちだと思いますよ。
記念日に、大切な方と一緒に行くと、喜ばれると思いますよ。
是非味わってみてくださいね!








【鳥匠Ren】
住 所:大阪市中央区淡路町2−3−12 CBMビル 1F    MAP
電 話:06-6226-8791
営業時間:11:30〜14:00(L.O.13:30) 17:30〜21:30
煙 草:完全禁煙
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

夏が好きですか、それとも冬が好きですか?そんな問いに対して、「夏」と答える人が圧倒的に多いと思いきや、「冬」と答える人の方が多いのが事実なのだとか。夏が嫌いな理由としてあげられるのが、 ・日に焼ける。 ・暑くて汗だくになる。 ・寝苦しい。 ・虫に刺される ...
続きを読む
が好きですか、それともが好きですか?

そんな問いに対して、「夏」と答える人が圧倒的に多いと思いきや、「冬」と答える人の方が多いのが事実なのだとか。

夏が嫌いな理由としてあげられるのが、
 ・日に焼ける。
 ・暑くて汗だくになる。
 ・寝苦しい。
 ・虫に刺される。

中には、電気代が高いって意見も^^;

日に焼けたり、暑いっていうのは、人によって「好き」な人もいるでしょうが、
虫に刺されるのは、おそらくみなさんイヤなのでは・・・。

あ、ところで、虫に刺される・・・。
蚊に刺されることをなんて言いますか?

そのまんま、蚊に刺される。
それとも、蚊に食われる、噛まれる・・・。

蚊に刺されると、蚊に食われると言うのが、全国的に見ても、ほぼ同数くらい。
で、噛まれるとなると関西、中国、四国限定みたいな感じだそうです^^;

でも蚊のイラスト何かを見てると、とがった針のようなもので刺して、血だけ吸っているように見えますよね。

とがった針のようなもので刺して、中身だけ抜き取る・・・

そういえば先日、面白いものを見せていただきました。

        IMG_8030
これは、「Coravin(コラヴァン)といって、細いニードルで刺すだけで、開封せずにワインを注ぐことが出来るもの。

    IMG_8036
いろんなものがありますねぇ(^^)

この日は、そんなCoravinを使って、ワインを注いでいただけるお店、
大阪福島にある“串焼&Wine Kuruma"さんのレセプションにお招きいただき、楽しませていただきました。

          IMG_8022


こちらのお店では、宮崎の地鶏、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を楽しむことが出来ます。
しかも、極上のワインとともに(^^)

地頭鶏地鶏とは・・・
   IMG_8035
飼料の配合、飼育方法、飼育期間、飼育環境に至るまで徹底管理し、宮崎県内三つの専属養鶏場で
ヒナから育成した究極の地鶏なのだとか。

以前一度いただいたことがあるのですが、その美味しさは未だに忘れることが出来ません。



店内は、厨房を囲みようにカウンター席が並びます。

  IMG_8027
             IMG_8024

どの席からも、炭火で調理されている様子を楽しむことが出来ますよ。

この日は、おまかせコースで、地頭鶏地鶏(じどっこじどり)を存分に楽しませていただけるのだとか。

     IMG_8032

そして、レギュラーメニューはこんな感じです。

 IMG_8033

     IMG_8034

        
先ずはスープを。

        IMG_8038

これをいただくと、体にスイッチが入って、食欲がわいてきますよ(^^)
そして、乾杯!

     IMG_8039
こちらのお店では、プレミアムモルツの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

そして、最初の料理は、鶏ハムのサラダ。

           IMG_8043
しっとりと仕上げられた、鶏ハム。
これだけでも満足してしまいそうですね。

さらに、前菜3種。

    IMG_8053
上から時計回りで、肝の柔らか煮、甘酢和え、ミートローフです。

どれも丁寧に作られていて、かなり美味しい。
これはビールを飲んでいる場合ではないなぁ・・・。

             IMG_8050
と言うわけで、コラヴァンを使って、シャブリをいただきました。

IMG_8060
前菜をいただいた後は、ちょっとクールダウン。
しのぎに、茶そばを。

何だかゆったりと過ごせまし、
ここが、焼鳥のお店だということ、しばし忘れてしまいます。

とは言え、カウンターの向こうの方を見ると・・・。

        IMG_8065
おぉ、ファイアー!
あれが名物の地頭鶏の炭火焼ですね、きっと。

焼き上がったものから、順番に出していただきます。

     IMG_8067
こちらは、こちらのお店のフラッグシップメニュー、地頭鶏地鶏 もも炭火焼。

一緒に出てくる柚子胡椒をちょっと付けていただきましょう。

            IMG_8070

              (^^)(^^)(^^)

柔らかくて、噛めば噛むほど旨味が染み出てきて美味しい。
これ、いくらでも食べられそうですよ。

口直しの大根おろし。

      IMG_8078
こういうちょっとしたことが嬉しいのですよね(^^)

さて、ここからは串焼がどんどんと出てきます。
先ずは、ささみ本わさび。
    IMG_8080
ささみには軽く塩がしてあって、それだけでも美味しいのですが、
ささみの旨味に山葵が合わさるとさらに磨きがかかります。
これ考えた人、エラいねぇ(^^)

そして、砂ずり。
    IMG_8082
大きくて、食感が素晴らしい。
先ほどのささみもそうですが、味わいが濃厚なのですよ(^^)

そして、ソリレス。
     IMG_8085
鶏1羽から、たったの2個しかとれない希少部位。
その濃厚な旨味に魅了される人も少なくないというだけあって、かなり美味しい。
ソリレスって、フランス語で「Sot-l'y-laisse」といって、「これを残すものは愚か者だ!」という意味になるそうですよ。

そして、安納芋。

     IMG_8093
このタイミングで、上品な甘みの安納芋はちょっと嬉しい。
とろけるバターと一緒にいただくと、極上気分に。


そして、つくね。

         IMG_8095
3つ連なって出てくるのもいいけれど、
1つのつくねに魂をもめるっていうのも素敵ですよね。

そしてまた、希少部位の登場です。

     IMG_8101
こちらはフィレ。
弾力があるのに柔らかい。
そして、濃厚な旨味にビックリ!
これ、おかわりしたいくらいですね(^^)

そして、島根産椎茸。

        IMG_8110
いつもは脇役の椎茸も、この大きさ、厚さになると話は別。
キリッと酢橘を絞っていただくと、しばし松茸のことを忘れさせてくれますよ(^^)

次の料理は、フォワグラのコンフィ。

        IMG_8107
うわぁ、とろける!
これは確実に、赤ワインを飲めっていうサインですね^^;

安心の味わい、ねぎまと、

   IMG_8111


コースの中には入っていませんでしたが、特別にこんな希少なものもいただきました。

         IMG_8114
これは、鶏白子のからすみがけ。
入荷があると、「本日のオススメ」と書いてある、黒板メニューに登場しますよ。

串焼をしっかりと堪能させていただいた後は、鶏天もいただきましょう。

        IMG_8118
これも柔らかくてかなりいい感じです。
串焼を食べていて、このタイミングで鶏天も、中々いいものですよ。

そして、〆には鶏にぎりか、焼きおにぎり、親子丼から選べるとのことなので、
迷いましたが、親子丼をいただきました。

           IMG_8132
地頭鶏の炭焼きを使った親子丼。
こんな贅沢、許されるのかなぁ・・・そんなことを思いながらも、美味しくいただきました。

ちなみに、地頭鶏のにぎりはこんな感じ。

     IMG_8127
今度はこっちも食べてみよう・・・そう、心に誓いました^^;


デザートには、季節の果物と本蕨粉の自家製わらび餅を。
    IMG_8140

甘いものはあまり食べないのですが、わらび餅には目が無いのです、私(^^)
そんな感じで、かなり満足させていただきました。

福島の(新福島の方が近い)ちょっと路地裏にあるので、まだ認知度がそんなに高くないようです。
でも、この内容ならば、確実に満足できますよ!
ぜひ予約して、行ってみてくださいね。









【串焼&Wine KURUMA】
住 所:大阪市福島区福島1−6−18 クリスタルハウス 1F    MAP
電 話:06-4300-7151
営業時間:17:30〜23:30(L.O.23:00)  
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

京都には、「疎水」というものがあるのをご存じでしょうか?明治時代に、琵琶湖から京都に引かれた水路で、 上水道、発電の他に、疎水を使って物流も行っていたのだとか。大津市三保ヶ崎から、トンネルを通って、東山区の蹴上に抜け、最後は宇治川に合流している。蹴上のイン ...
続きを読む
京都には、「疎水」というものがあるのをご存じでしょうか?

明治時代に、琵琶湖から京都に引かれた水路で、 上水道、発電の他に、疎水を使って物流も行っていたのだとか。

大津市三保ヶ崎から、トンネルを通って、東山区の蹴上に抜け、最後は宇治川に合流している。
蹴上のインクラインと言えば、わかりやすいでしょうか?

この疎水、水力発電に使うほどのものですから水流が早く、
子供の頃は「疎水に近づいたらあかんよ! ゆっくり流れてるように見えても、底の方はものすごい流れやから、落ちたらアウトやで!」と言われてものでした。
  
だから、今でも私は、疎水=近寄らない・・・。
そんな想いがあるのですが、でも気になるところでもあるのです。

流れが速いだけではなく、途中トンネルの中に姿を消す疎水・・・。
気になりませんか?

そんな琵琶湖疎水の観光船が、来年(2018年)3月29日から、復活するのだとか。 
明治時代からの歴史を、船の上から感じるのもいいものだと思いますよ。 

さて、歴史を感じると言えば、先日案内していただいた、神戸新開地にある焼鳥のお店が凄かった。
大正元年創業のこちらのお店では、創業時から継ぎ足し続けたタレで焼き上げた焼鳥を、今でも味わうことが出来るのだとか・・・。

お伺いさせていただいたのは、“八栄亭 上店”さん。
       IMG_4172

新開地の“八栄亭”さんと言えば、こんな感じで1階と2階があるのです。
1階が「下店」で、2階が「上店」。
店内では行き来することが出来ないので、入店する時にどちらに入るかを決めておかなければなりません。

とは言っても、皆さんどちらのお店がお気に入りなのかを決められているようなので、迷っている方はいないようなのですが・・・。

この日は、2階のお店、「上店」の方にお邪魔させていただきました。
横の階段を上がって、上に道路に出ると、
      IMG_4171
「上店」の入り口が見えます。
建物は2階建て(いえ、3階建てかな?)でも、どちらのお店も道路に面したところに入り口があります。

        IMG_4167
開店時間の17:00過ぎにお伺いするも、すでに店内には何名かのお客さんが!
噂どおりの人気ですね。

カウンター席の右端2席に座らせていただき、先ずはメニューを確認します。
   IMG_4166
とりあえず、生ビールください!

そんな感じで、生ビールといっしょに、お漬物が付きだしとして提供されます。

              IMG_4123
これ、自家製ですね!
こう言うの、凄く嬉しいです(^^)

そして、焼鳥の間ニューはこんな感じ。

       IMG_4125
スタンダードながら、きちんと押さえるとこ、押さえてるメニューですね。

さて何にしようか・・・
とはならず、同行していただいた方にお任せしましょう。

先ずは、こちらお店の人気メニュー、皮を焼いていただきます。

      IMG_4128
炭火でじっくりと、目の前で焼いてくださいます。

炭場を仕切るのは、こちらの4代目店主。
とにかく、明るくて常に笑顔なのです。
私が初めてだと話すと、お店のエピソードなども話してくださいます。

もちろん、その間も手は別物のように、焼鳥に向き合っています。
今の焼鳥・・・串に刺して出すスタイルを最初に出したのが、こちらのお店なのだとか。

        IMG_4129
大正元年に、創業したこちらのお店、タレはそのときからものものを継ぎ足しながら、現在に至るのだとか。
戦争の時は、焼鳥のタレが入った壺を持って、逃げられたのだとか。
まさに、命のタレと言うわけです。

そして、炭を継ぎ足すタイミングは、8割になったら。
これも、創業時からの伝統で、今も変わらず守られているのだとか。

ちなみに、写真の中のスイカの絵が入った服を着ていらっしゃるのが、現在の店主、4代目です。

そんな感じで、記事を見ていると、焼鳥もいい感じになってきましたよ。

        IMG_4131
そうやって、丁寧に焼き上げていただいた、皮が出来上がってきました。

     IMG_4134
おぉ、本当に美しい!
大きめの皮のしっかり真ん中に串が刺されてあります。
これを見ただけでも、焼鳥への拘りと愛情を感じますね。

それでは早速いただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

美味い!
表面の香ばしさと中の甘みと食感。
それに、タレが本当に美味しい!
焼鳥は一皿を分けて食べることが多いのですが、これはひとり一皿きっちりといただきます。

「キモもいただけますか?」
「刺身で食べれるええのんもあるけど、ええのん、普通のん?」


そんなん聞いたら、ええのんに決まってますやん^^;

「ええのん、お願いします。」
「塩でいい? タレで?」
「あ、塩でお願いします。」

こんなやりとりが心地いいのです。

          IMG_4137
キモ(ええのん)の塩焼き。
焼き過ぎないように、さっと炙っていただいた感じですね。

これが甘くて本当に美味しい!
初めて来て、こんな美味しいのを・・・あ、お連れいただいた、Tさんのおかげですね(^^)

そして、ズリ。
     IMG_4142
「七味とか、山椒振っても美味しいよ」

これも、抜群の焼き加減。
半分はそのままで、残りは山椒と七味で味の変化を楽しんでみると、これがすごく楽しい!

          IMG_4144
ビール、進んでしまうじゃないですか!^^;

そして、心臓と、
  IMG_4145

シシトウ。
         IMG_4155
こちらの焼鳥のメニューに、ねぎま(はさみ)がないでしょう?
これ、ネギの水分でタレが薄まらないようにとの理由があるらしいです。
ですので、ししとうも焼き上がったものに、タレを後からかけて提供されるのです。

「チューハイレモン、お願いします。」

       IMG_4148
「お、嬉しいなぁ、ジョッキに入ってきた!」
「チューハイ言うて、ちょっとしか入ってない、しょーもないチューハイ、嫌やろ?」

店主はそう笑顔で答えてくださいます。

こりゃぁ、ファンが多いのも納得ですね。
何せ、明るくて気前がいい。

そしてこちらのお店、お客さんも素敵なんですよ。
狭いお店なので、トイレに行く時は、「ちょっとすんませ〜ん」って感じになるのですが、
そこは皆さん、ファインプレー。
みんな仲良く楽しく、美味しくを理解していらっしゃる。
本当に気持ちよく過ごすことが出来るのです。

      IMG_4150
焼台の向こうには、お湯が入ったところがあり、そこで酒に燗をつけ、
こちら側には、余ったタレが鶏の脂とともに、壺に戻るように傾斜がつけてある。
いろんなところにアイデアがありますね。


       IMG_4161
と言うわけで、お酒を燗酒でいただきます。

        IMG_4152
さて、あとは何をお願いしましょうか・・・。

あ、「もも」行ってみよう!

“もも”は“もも”でも、骨付きの大きなもも肉を焼いてくださいます。

      IMG_4158
焼台の上の約半分を占める骨付きもも肉は、見ているだけでもワクワクします。

        IMG_4160
いい感じに焼き上がってきたら、先ずは骨から身を外して、食べやすく切って提供してくださいます。

        IMG_4157
これが、柔らかくて凄く美味しいのです。
さらに、もも肉を注文すれば、骨の周りの美味しいとこも、さらに焼きあげてくださり、
こんな感じで提供してくださいます。

        IMG_4165
それでは、こちらもいただいてみましょう。

           (^^)(^^)(^^)

感動モノです!

焼鳥は、文句なしで美味しくて、お店の雰囲気も抜群!
そして、店主の絶妙な接客がすごく心地いいのです。
一度知ってしまったら、必ずリピートしたくなるお店だと、言い切っても過言ではないと思いますよ。

さて、この季節限定のスズメもそろそろいただける頃でしょうか?

ぜひ近々、再訪させていただきたいと思います。





【八栄亭 上店】
住 所:神戸市兵庫区新開地2−6−15    MAP
電 話:078-576-2474
営業時間:17:00〜21:30 
煙 草:喫煙可
定休日:日月、不定休あり
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ師走。師匠も走り回るくらいに忙しいと書きますが、皆さんも年内締め切りの仕事、期末試験、クリスマスの準備、忘年会などでお忙しくされてますでしょうか?走り回って、クタクタでバタンキュー・・・。せめて、夢だけでも縁起のいい夢を見たいですよね。そう言えば ...
続きを読む
もうすぐ師走。

師匠も走り回るくらいに忙しいと書きますが、皆さんも年内締め切りの仕事、期末試験、クリスマスの準備、忘年会などでお忙しくされてますでしょうか?

走り回って、クタクタでバタンキュー・・・。
せめて、夢だけでも縁起のいい夢を見たいですよね。

そう言えば、夢の中に白蛇が出てきたら、縁起がいいって言いますよね。

あと、夢ではないですが、家にツバメが巣を作ると、縁起がいい。
テントウムシが止まると縁起がいい。
アメリカでは、テントウムシは金運アップとされ、中でも黄色いテントウムシは幸せの象徴になっているそうですよ。

日本でも、茶柱が立つと縁起がいいって言いますよね。
最近は、必ず立つ茶柱が入った、お茶も販売されているのだとか・・・。

これ、茶柱縁起茶と言って、こちらのサイトで実際に販売されています。
(確か、3つで800円くらいだったかと・・・。)
お祝いの品に如何でしょうか?

さて、茶柱が立ってあたたかい気持ちになったら、
温かいおでんでも如何でしょうか?

この日は、心斎橋にある、鶏出汁おでんと、焼き鳥の美味しいお店、
“こばこ”さんにお邪魔させていただきました。
     IMG_2987

お店は2階にあって、窓からの眺めも良く、広く落ち着いた感じですよ。
  IMG_2988 IMG_2990


テーブル席に座り、メニューを確認します。
 IMG_2991

         IMG_2992


 IMG_2993

            IMG_2994

先ずは、生ビールで乾杯!
            IMG_2999
こちらのお店では、キリン一番搾りの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

たくさん食べるときには、最初に野菜を食べれば体にいいのだとか・・・。
    IMG_3002
と言うわけで、大根と水菜の彩りサラダをいただきます。

鶏肉がいいアクセントになって美味しいですよ!

そして、ささみユッケ こぼれイクラ盛。
       IMG_3009
自宅では、決してできない「こぼれイクラ」。
山葵を加えて、よく混ぜていただくと凄く美味しい!
イクラのプチプチ感と味わいが、ささみユッケとすごく良く合いますね(^^)

サラダをいただき、ユッケもいただいたので、いよいよおでんをお願いしましょう。
おでんは、おまかせで持ってきていただきました。
          IMG_3015
大根、つくね、ちくわ、白菜、

    IMG_3022

豆腐は出汁が思いっきりしみこんで、かなり素晴らしい状態になっていますよ!  
なんと言っても、出汁が美味しい!

これは、いろいろと食べてみたくなるなぁ・・・。
と言うわけで。
     IMG_3026
半熟玉子とイクラ。
これ、玉子同士ですよね(^^)
親子丼が、鶏肉と玉子。
海の親子丼が、サーモンとイクラ。
では、これが他人丼になるのかな?

そんなことは置いといて、次はこちらを。
          IMG_3038
鶏出汁で しゃぶ牡蠣。

これ、たまりませんよ!
これから牡蠣がどんどん大きくなる季節l、冬。
寒さとともに、大きくなる牡蠣と、寒さとともに美味しくなるおでんに合わせると最高です!

そして、湯葉 トリュフの香り。
       IMG_3041
こういうのをつまみながら、日本酒など飲めれば・・・
 
      IMG_3061
飲めるのです^^;

焼き鳥とおでん。
どうしてメニューに両方ともあるのかと思っていたのですが、鶏でスープを取っておでんを作ってしまうという発想、
               お見事です!

では、焼鳥・・・
鶏料理の方はどんな感じでしょうか?

         IMG_3045
鶏もも肉タタキ。
皮目はパリッと、肉はレアでジューシィ(^^)(^^)
鶏肉のタタキ、大好きなのですよ。

そして、鶏もつタレ焼 すき焼き風。
         IMG_3068

では、早速いただきましょう。

         (^^)(^^)

何がすき焼き風かというと、玉ひもの黄身が半熟で、
はじけた途端にトロリとすき焼き風になるのですよ!
素晴らしい食感ですよ。

そして、天ぷら盛り合わせには、もちろん鶏天も!
        IMG_3086
これがまた、絶妙な揚げ加減で柔らかくて美味しいのです(^^)

そして、〆には釜飯をいただきます。
     IMG_3090
本炊きは、厨房の中でしてくださいますが、仕上げはテーブルに持ってきてから行います。
タイマーの数字がカウントダウンされるの、ワクワクしますよね!

そして、時間になり、いよいよ蓋を開ける瞬間がやってきます。
       IMG_3091

こんな感じで、見事に炊き上がっていますよ。

       IMG_3093
これをよくかき混ぜていただきます。

      IMG_3102
お焦げの感じが堪らないですよね(^^)
もちろん、おかわりもさせていただきました。

寒い夜には、鶏出汁おでんと、鶏料理、釜飯で温まりませんか。
出汁の旨味、一度食べると忘れられなくなりますよ!











【創作おでんと焼鳥 こばこ】
住 所:大阪市中央区心斎橋筋1−2−24 玉置ビル 北側2F    MAP
電 話:06-6243-1477
営業時間:17:00〜25:00(L.O.24:00)  
煙 草:分煙(カウンター禁煙)
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

串打ち三年 裂き八年 焼き一生。これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。串打ち三年 焼き一生。うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。本当にそうなのか・・・そう思い、鶏肉を買ってきて、 ...
続きを読む
串打ち三年 裂き八年 焼き一生。

これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、
焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。

串打ち三年 焼き一生。

うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。

本当にそうなのか・・・
そう思い、鶏肉を買ってきて、自分で串に鶏肉を刺して焼き鳥を作ってみました。

先ずは、串打ち。
思った以上に堅いのです^^;
特に皮の部分が大変で、これを毎日100本以上もするのかと思えば、気が遠くなるくらい^^;
もちろん、"超お得な串”と、"大ハズレの串が出来てしまいます^^;

そして、焼き。
見てると簡単そうに見えるのですが、実際にやってみると、なかなか上手くいかない^^;
ちょうど良い部分と、半生の部分が混ざったり、焦げた部分とちょうどよい部分が混ざったり、
串だけ焼けて、途中で折れてしまったり・・・。

あはは^^;
本当に上手くいきません。
やはり職人さんが焼き鳥が良いようですね。

そんなわけで、ふらっと立ち寄ったのが、
北新地にある"とり甚”さん。
                IMG_3939

こちらのお店は、昼は鶏肉の卸屋さん。
夜は、焼き鳥や鶏料理を提供してくださるお店に変身します。

1階は立ち飲みで焼き鳥を楽しむことができて、予約すれば、2階の席で地鶏鍋を楽しむことも出来るのだとか。

この日は、ちょっと早目の時間に、ふらっと立ち寄らせていただきました。
実は私、この日はこちらお店に初訪問だったのです^^;
(こちらのお店、北新地では老舗。何と、創業は1954年だそうですよ!)

入口に近いカウンターに落ち着き、まずは瓶ビールで乾杯!
生ビール(中)も瓶ビール(中瓶)も、同じ値段で楽しめますよ。


        IMG_3931

先ずは、生物からお願いしましょう。
やはり、生肝かな・・・。

       IMG_3932
牛生レバーは、食べることが出来なくなってしまいましたが、新鮮な鶏のレバーならば大丈夫。
こちらのお店でもいただくことが出来ますよ!

見るからに新鮮な色合いの生肝。
甘みがあって美味しいです(^^)(^^)

そして、焼き鳥も何かお願いしましょう・・・。

           IMG_3934

店内には、こんな感じで冷蔵ケースがあって、実際に見て選ぶことが出来ますよ。

こちらのお店では、大女将が串を焼いてくださいます。
結構ご高齢であるとは思うのですが、串を目の前にすると、すごいオーラを感じることが出来ます。

IMG_3936

こちらは、ズリサンドと、きも。

焼肉の”ミノサンド”が、ミノに脂を残したもの。
そして、ズリサンドも同じく、脂が残ったズリ。
ですので、コリコリ感と、ジューシィさが同居していて、ものすごく美味しいのです。
これは珍しいですね(^^)

きもも、ネギと一緒に串に刺されていて、美味しいですよ。

       IMG_3937
そして、せぎもと、特選焼鳥。

せぎもの柔らかさに感動!
そして、特選焼鳥は、「これでもかっ!」ってくらいに、身がギッシリです(^^)

更にもっといろいろ・・・・
と行きたいところでしたが、続きはまた、今度のお楽しみ。
そんな感じで、サクッと立ち寄っても楽しいですよ(^^)

早目の時間に、サクッと。
そして、深夜まで営業しているので、〆の焼とり使いにも面白いのではないでしょうか。
是非また、お邪魔させていただいます(^^)









【とり甚】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−2−2    MAP
電 話:06-6341-6520
営業時間:17:30〜翌4:00 ※土曜日は21:00頃まで。
煙 草:喫煙可
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

外食が、今のように一般的でなかった、私が子供の頃、ほか弁の登場は、すごく画期的なものでした。それまで、弁当といえば、朝作って、お昼時に食べるものだから、当然冷めているわけです。だから、中身は冷めても美味しいものを中心に入っているのが当たり前でした。ところ ...
続きを読む
外食が、今のように一般的でなかった、私が子供の頃、
ほか弁の登場は、すごく画期的なものでした。

それまで、弁当といえば、朝作って、お昼時に食べるものだから、当然冷めているわけです。
だから、中身は冷めても美味しいものを中心に入っているのが当たり前でした。

ところが、ほか弁の登場により、その常識が覆されることになる。

たしか、初めて買ったのは、ほっかほっか亭のハンバーグ弁当。

ハンバーグが弁当に入っているなんて、当時では夢のようなものでした。

ハンバーグ弁当か、幕の内弁当。
そのどちらかを食べていたのですが(他に何があるのか知らなかったせいで)、ある日店頭に買いに行った時に、唐揚げ弁当の存在を知ったのです。

揚げたての唐揚げと炊きたてのごはん、
ハンバーグは1個に対して、唐揚げは大きなものが5個も入っている、
ゆず醤油(ポン酢のようなもの)をつけて食べると、ごはんのすすみ方が加速する・・・。

この黄金の組み合わせを知ったことにより、唐揚げ弁当は私の中で圧倒的な存在になるのでありました。

それ以来(かな?)唐揚げがあると、ついつい注文してしまいます。

唐揚げ定食、
とり天ぶっかけうどん、
唐揚げカレー、
おろし唐揚げ・・・。


先日、長野県の松本へ行った時に、こんなときめくお店を発見しました。
         IMG_2913

“松本からあげセンター”。
テイクアウトの唐揚げさんかと思いきや、こちらは唐揚げと、松本名物の山賊焼をウリにするお店。


お店は、松本駅の駅ビル、「MIDORI松本」の4階にあります。
駅直結なので、電車で松本に来た方も、気軽に立ち寄ることが出来ます。
         IMG_2916

結構人気のお店のようで、お店の前には、ウェイティング用の椅子がズラリ。
でも、入口のところにあるモニターに、人数と電話番号を入力すると、順番が来るとお店から電話をかけてくださるみたいです。

さて、空席が出来るのを待つ間に、お店の入口のところにある大きなメニューボードを見て、食べたいものを選んでおきましょう。
           IMG_2915

人気は、お店の名前にもあるように、唐揚げ定食。
信州りんご使用 秘伝の熟成ダレに漬け込んだ専門店の唐揚げ・・・と書いてありますね。

やはり、唐揚げ定食かなぁ・・・。
普通サイズが、780円、+100円で大、そして小ならば580円というから驚きです。

そして、松本名物の山賊焼定食もインパクトありますね。

そんな感じで迷っていると、空席ができて、店内へ案内していただきました。

店内は、入り口を入ってすぐ左側が小上がりの座敷、そして右にすすんでいくと、大小いろんなテーブル席と、カウンター席が4席あります。

私たちは、4人がけのテーブル席に案内していただきました。

改めてメニューを確認します。
IMG_2921
IMG_2922
IMG_2923
IMG_2924
IMG_2925
IMG_2919
IMG_2926

先ほど入口にあったメニューボードのものがより詳しく書いてあります。

そして、今ならこんなコラボメニュー、黒部ダムカレーもいただけるのだとか。
IMG_2927

通常のカレーセットメニューに+100円でいただけるのですから、これはチャンスかもしれません。

あと、こんな魅力的な限定メニューもありますよ。
IMG_2928
IMG_2929
IMG_2930

色々迷ったのですが、唐揚げ定食の(大)と山賊焼定食を注文して、少しずつ分けて楽しむことにしました。

お店の雰囲気、メニューなどを見ていて思ったのですが、家族連れにも優しいお店ですね。
大勢で宴会ができる小上がり席もあれば、天井まで間仕切りがある、半個室のようなテーブル席もあって、小さな子供さんと一緒でも、気兼ねなく楽しむことができそうです。

そんなことを思っていたら、子供のために注文した、お子様カレーライスが出来上がってきました。
               IMG_2939

あ、ちゃんと唐揚げものっかってますね。
これ、こどもにしても、嬉しいんじゃないかなぁ。

それに続くように、唐揚げ定食の(大)も出来上がってきました。
           IMG_2940

おぉ! (大)と言うだけあって、大きな唐揚げが、1,2,3,4,5・・・
10個ものっかっていますよ!

これを見ただけで、満腹確約ですね。
それでは早速いただきましょう。
           IMG_2941

うん、美味しい!
しっかりと味ものっかっていて、ごはんとの相性もバッチリですよ(^^)

そして、山賊焼定食の方も出来上がってきました。
               IMG_2944

お・・・おぉ!
こ、これはデカイ^^;

ちなみに、こちらは(大)とかではなく、ふつうに「山賊焼定食」って注文しただけなのですが、
鶏肉まるごと一枚使ってますよね!

なるほど・・・この大きさだから、“半分サイズの「ハーフ山賊焼定食」もあります。”って書いてあったのか^^;

先ほどの唐揚げ定食(大)もすごかったけど、これはそれ以上のインパクトあり。
では早速、こちらもいただきましょう。
                IMG_2945

(^^)(^^)

カリッとした食感の後に、鶏肉の柔らかい感じがやってきて、これもご飯がすすみまくります。

というか、デフォルトのご飯の量では、加減しなくては足りなくなるかもしれないなぁ^^;
              IMG_2950

箸休めには、マカロニサラダも付いていて、途中でこれを挟むことにより、口の中がリセットされます。
                 IMG_2949

そうそう、口の中をリセットといえば、テーブルに置かれてあるこれも、いい仕事をします。
                    IMG_2935

これは、ガリもやし。
お寿司屋さんにある、ガリと、もやしをミックスさせたようなもので、これが中々美味しい!

それでも、これだけの量なので、ビールが飲みたくなってくる^^;
(この日は、車だったので、泣く泣く我慢)

流石に、食べても食べても減りませんね・・・
あ、そう言えばこんな素敵なお助けグッズが。
                  IMG_2931

一味、マヨネーズ、マスタード、唐揚げ用ソース、醤油などで、味に変化をつけながら最後まで美味しくいただきました。

それでも、どうしてもお腹がいっぱいになってしまったら、お持ち帰り用のバッグもいただけるので、安心してガッツリいっちゃってください。
                     IMG_2936

カリッとジューシィな唐揚げと、大きさ満タンの山賊焼。
今度は是非、冷たいビールと一緒にいただきたいとおもいます。

松本に来た時には、ぜひ立ち寄ってみてください!
思う存分、美味しい唐揚げを楽しむことが出来ますよ。













 【松本からあげセンター】
住 所:長野県松本市深志1-1-1 MIDORI松本 4F    MAP
電 話:0263-87-2229
営業時間:10:00〜20:30(L.O.20:00)
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(MIDORI松本に準ずる)
駐車場:あり(MIDORI松本の店舗にて2,000円以上お買上げの場合、1時間無料券を差し上げます。)

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 

松本からあげセンター郷土料理(その他) / 松本駅西松本駅北松本駅
昼総合点★★★☆☆ 3.5

このエントリーをはてなブックマークに追加

梅雨が明けて、夏真っ盛り! みなさん、夏バテなどしてませんか? これだけ暑いと、食欲があまりなくって・・・ そんな方もいらっしゃるかと思います。 そんなときには、冷たい素麺が食べたくなりますよね。 風鈴の音を聞きながら、冷たい素麺をいただく。 何だか、三輪素 ...
続きを読む
梅雨が明けて、夏真っ盛り!
みなさん、夏バテなどしてませんか?

これだけ暑いと、食欲があまりなくって・・・
そんな方もいらっしゃるかと思います。

そんなときには、冷たい素麺が食べたくなりますよね。
風鈴の音を聞きながら、冷たい素麺をいただく。
何だか、三輪素麺のCMみたいですね^^;

ところで、日本で一番素麺を消費するところってどこだと思いますか?

それは、鹿児島県だそうです。

三輪素麺や、播州素麺、半田そうめん、小豆島そうめん、島原素麺などがある、
奈良、兵庫、徳島、香川、長崎ではなく鹿児島。

流しそうめん発祥の地も、鹿児島県指宿市の唐船峡だそうですよ。

この日は、そんな鹿児島市の天文館に行ってきました。
(天文館って、プラネタリウムがあるところだと思いこんでいたのは内緒ですが^^;)

天文館は、鹿児島市の繁華街。
夜もすごく賑わっていますよ。

この日は、そんな天文館にある赤鶏炭焼のお店、“大安”さんにお邪魔させていただきました。
                  7b84b4df.jpg


この日、お店に到着したのは、21時過ぎ。
それでも、店内は多くのお客さんで賑わっていました。

ひとりだったので、何とかカウンター席に座らせていただくことが出来ました。

まずは、生ビールをぐいっと。
「乾杯〜・・・」って、ひとりでやるわけにもいかないので、静かにつきだしをつまみにいただきます。
                 a9f1dbaa.jpg


旅先でも、こういうのも特別に感じるから不思議ですよね(^^)

さて、何をいただきましょうか・・・。
とりあえず、メニューを確認します。
             5697223b.jpg


キムチ、酢らっきょう、たこわさび・・・。
スタンダードなツマミが並んでますね。
うなきゅうではなく、ぶたきゅうっていうのも、鹿児島らしい。
枕崎の生節はおろしで和えるのか・・・今度やってみよう!

でも、ここに来たならやはり鶏を食べなければ。
あ・・・おひとりさま専用のメニューがある・・・。
                f5e6b6e9.jpg


「すみません、半々セットと、キャベツ乱切り、それから・・・。」

気になるものを適当に注文します。
食べたいものはたくさんあるけど、ひとりなので、そんな多くは注文できないのが残念ですね^^;

しばらくすると、先にキャベツ乱切りが運ばれてきました。
              dc6fe618.jpg


って、これすごく大きくないですか^^;

ま、気楽にいってみよう!
キャベツ専用のお酢を掛けていただきます。

おぉ、この食べ方、美味い!
これならばいくらでも食べられる・・・ような気がしないでもないですが、それでもタップリと盛られていますよ。
                        cf4379ad.jpg


そうですね・・・
ジョッキと並べてみればイメージできると思うのですが、ラーメン鉢と同じような大きさの器に満タンキャベツが入っています。

そして、半々セットの鳥刺しが先に出来上がってきました。
                b307a3c5.jpg


半分とは言うものの、大阪ではこの量で、一人前くらいじゃないでしょうか。

では早速いただきます。
             45c8f516.jpg


(^^)(^^)(^^)

美味い!
噛みしめるほどに味わい深くなり、いつまでも食べ続けていたくなります。
甘めの鹿児島の醤油もすごくよく合います。

串焼も少しだけ・・・
                8f1764df.jpg


豚バラと、つくねをいただきます。

そして、半々セットのもう半分、もも焼きはこんな感じです。
                  b5b99822.jpg


おぉ、これもタップリと盛られていますよ。
とてもハーフサイズとは思えません。
食べてみると、これも凄く美味しい!

先ほどの鳥刺しと、このもも焼きが両方ついて、650円はものすごく安いと思いますよ、しかも美味しいし(^^)

こんなのを食べたら、やはり焼酎が欲しくなりますね。
えっと、飲み物のメニューは・・・。
                36cb149e.jpg


では、白金乃露をお湯割りで2合、いただきましょう。

お湯割りは2合徳利に入って、前割りのものを提供してくださいます。
                 3bbef6b6.jpg


軽く注文して、足りなかったら追加しようかと思っていましたが、これだけでも充分に満足な量はありますよ。
                  f9c1ec87.jpg


こうやって見てみると、キャベツの大きさが半端ないのがよくわかりますね。
(これ、2〜3人で楽しむのでしょうね、通常は^^;)

そんな感じで、しっかりと鹿児島の美味しいものを堪能させていただきました。


こちらのお店、大安さんは、観光客よりも、地元のお客さんが多くて人気ですね。
流石に地元の方はいいお店、よく知っていらっしゃいます。

鹿児島に来ることがあれば、是非また立ち寄らせていただきたいと思います。
本当に満足させていただきました。







【赤鶏炭焼 大安】   
住所:鹿児島市山之口町9-1    MAP     
電話:099-224-6611   
営業時間:18:00~翌1:00   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com





赤鶏炭焼 大安居酒屋 / 高見馬場駅甲東中学校前駅天文館通駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



このエントリーをはてなブックマークに追加

さくら、ぼたん、もみじ、かしわ。 花札みたいですが、これは全て肉を指す言葉。 それぞれ、馬肉、猪肉、鹿肉、鶏肉のことを、こういうふうに呼びます。 そう言えば、馬肉のことを桜肉といい、 猪鍋のことをぼたん鍋、鹿鍋のことをもみじ鍋。 何故、そのような言 ...
続きを読む
さくら、ぼたん、もみじ、かしわ。

花札みたいですが、これは全て肉を指す言葉。
それぞれ、馬肉、猪肉、鹿肉、鶏肉のことを、こういうふうに呼びます。

そう言えば、馬肉のことを桜肉といい、
猪鍋のことをぼたん鍋、鹿鍋のことをもみじ鍋。

何故、そのような言葉が出来上がったのか・・・。

昔、日本では肉を食することをタブーとされた時代があったのだとか。
かと言って、みんながベジタリアンだったかというと、そうではい。
コソッと肉を食べていた時に使っていた裏技のことば、
さくら、ぼたん、もみじ、かしわ。

すべて、植物ですものね^^;

そう言えば、九州に行けば駅弁で売っているのが、かしわめし。
安くて美味しくて、私も大好きなのです、かしわめし。

ラーメンや、明太子、高菜ばかりが有名な博多の街ですが、
じつは、やきとりのお店も多いのだとか。

この日は、そんな博多のやきとりがいただけるお店、
“博多やきとり NICK”さんのレセプションにお招きいただきました。
                   db8fab1f.jpg


お店は、北浜の大阪証券取引所ビルの地下1階にあります。

そして、こちらのお店を運営しているのは、辛子明太子で有名な“やまや”さん。

やきとりだけではなく、明太子を使った料理や、博多の郷土料理もいただけると言うから楽しみです。

店内は、真ん中に大テーブルがあり、両端にはテーブル席が並び、奥にはカウンター席もあります。
                 267bdc95.jpg


この日は、入り口を入って右側のテーブル席に座らせていただきました。

先ずは、生ビールで乾杯!
               67aecd80.jpg


こちらのお店では、サッポロ黒ラベルの生を楽しむことが出来ますよ!

そして、ビールのお供には、パリッと冷えたキャベツを。
              1663cbac.jpg


さっぱりとしたキャベツのたれをかけて食べると最高ですよ!

そんな感じでビールとキャベツを楽しみながら、メニューを確認します。
                   40dc7b09.jpg


やきとりをはじめ、博多のうまかもんが勢揃い。
オススメを聞きながら、気になるものをお願いしましょう。

まずは、牛もつ串煮込み。
               494a1fdd.jpg


パラっと、七味をふりかけて食べれば最高!
あ・・・柚子胡椒も合うんじゃないかなぁ・・・。

そして、串ものもいろいろと。
  c0c9b516.jpg
 359e7c6f.jpg


博多のとり皮、糸島の豚バラ、古処鶏 せせり、もも。

ずらりと並べば、テーブルの上も一気に賑やかになりますね(^^)

そして凄かったのがこれ。
                4f54a1fa.jpg


お大きめの器の中に、じゃがいもが1つと、別添えでマヨネーズ、明太子、ベーコンに、バジルソース。

これは、目の前でお店の方が作って下さる、ほかほか明太ポテサラ。

出来上がったものはこんな感じです。
           b29551fa.jpg

     
食べてみると、これがかなり美味しい!
これ、家でも真似してみようかな。
でも、それには明太子が・・・。

はい、ちゃんとお土産も販売されていますよ!
3ea8969a.jpg
 cfb83e3d.jpg


でもこのポテサラ、本当におかわりしたくらいに美味しかったです。

さらに料理は続きます。

こちらは、鶏の唐揚げ明太風味。
                  12f578dd.jpg


柔らかいもも肉のから揚げに、明太子の風味がすごく合いますよ。
これは、またビールが飲みたくなってくるなぁ・・・。

というわけで、今度はサッポロラガー、いわゆる赤星をいただきます。
                 6c1d0504.jpg


このビール、本当に美味しいですね。

そして、柔らかい牛ハラミと、
      d38c5e4a.jpg


卵黄を絡ませて食べると最高の、古処鶏 つくね。
                       4b75ba41.jpg


明太子のやまやさんが運営されるとなると、やはりこれは外せない・・・。

だし巻き明太と、
            29c9bc5e.jpg


博多の炙り明太。
                       db9a82d5.jpg


やはり、明太子自体が美味しいから、料理の味わいも最高ですね。

あ、そうそう!
こちらのお店では、ランチの営業もなさっていて、
それぞれの定食は、明太子または、カリカリ梅がトッピングされたご飯がおかわり自由だそうですよ!
                  9b0107b4.jpg


そして、こんな逸品も見つけたので、お願いしてみました。
             225af358.jpg


福岡や長崎では、大評判の雲仙ハムを使った、雲仙ハムカツ。

これ、先日福岡に行ったときも友人に教えていただき食べましたが、すごく美味しいのです。
見つければ、是非食べててほしい逸品です。
明宝ハムがお好きな方は、気にいるかと。)

さらに、福岡の郷土料理、酢モツ。
              b6b95644.jpg


このタイミングで、このさっぱり感がたまらない。

そして、ごまさばならぬ、ごまかんぱち。
                       e5dd5229.jpg


美味しいです!
ちょっと贅沢な気持ちになれますよ(^^)

そんな感じで、やきとりだけではなく、博多の美味しいもの、しっかりと堪能させていただきました。

大阪にいながら、博多の雰囲気と味わいを手軽に、如何でしょうか?
私もぜひまた、予約してお伺いさせていただきたいと思います。











【博多やきとり NICK 北浜店】   
住所:大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル B1F    MAP     
電話:06-6226-0880   
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00(L.O.22:30)   
煙  草:
定休日:日・祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

梅田、なんば、天王寺、京橋・・・。 これぞ大阪って、地名ですよね。 とはいえ、大阪にあるのに、なんで「京」橋? ふとそう思ったことがあります。 それは、かつての京街道の起点だったことなのだとか。 その他のも、大阪には他の土地の名前がついた場所、いろい ...
続きを読む
梅田、なんば、天王寺、京橋・・・。
これぞ大阪って、地名ですよね。

とはいえ、大阪にあるのに、なんで「京」橋?
ふとそう思ったことがあります。

それは、かつての京街道の起点だったことなのだとか。
その他のも、大阪には他の土地の名前がついた場所、いろいろありますよね。

江戸堀、土佐堀、阿波座・・・。
江戸(東京)、土佐(高知)、阿波(徳島)。


そういえば、西梅田から一駅の肥後橋も肥後・・・熊本ですよね。
何で肥後橋になったのか。

肥後橋、橋の北詰に肥後熊本藩の蔵屋敷があったことから肥後島と呼ばれて町名にもなっていて、それが橋の名前、地名にもなっているのだとか。

ちょっと熊本のことを考えながら、肥後橋界隈を散策・・・。
そんな中で、素敵な焼鳥のお店に言っていました。

お伺いさせていただいたのは、“ヤキトリ カモメ(KAMOME)”さん。
                  f308688e.jpg


今回は、サントリーさん企画、ジム・ビームハイボールお店訪問企画でお邪魔させていただきました。

店内は、入り口を入って、カウンター席が並び、
奥にはテーブル席があります。
                      d7747298.jpg


ゆったりとお洒落な感じですよ。

テーブル席に案内していただき、メニューを確認します。
3c016a69.jpg
 2e965005.jpg


手書きのメニューは、毎日書かれているようですね。
こういうの、すごく好感を持てます。

それでは早速、ジム・ビームハイボールで乾杯!
                cb3ae8e0.jpg


キリッと冷えたジムビームハイボールに、レモンの香りが凄く映えますよ!
              

まずは、前菜の盛り合わせ・・・
ではなく、前菜をいくつか持ってきていただきました。
                 1ef27b57.jpg


前菜には、マカロニサラダ、鶏むねとわかめのすだち酢和え、アンチョビブロッコリー、大根のあっさり煮をいただきました。
それにしても、マカロニサラダに入っていた、人参のピクルスは技アリだなぁ(^^)

焼き鳥もいろいろお願いしましょう。

まずは、ささみわさび。
                 f7f3c1b8.jpg


しっとりとレアで、焼き加減も最高!
            92431edd.jpg


ささみの旨味とわさびのピリッとした感じが、やみつきになりますよ。

そして、せせり。
            ffbc1418.jpg

      
よく動く部位だけに、噛みしめるほどに旨味が染み出てきます。
そしてこの柔らさがうれしいですよね。

肉を食べれば野菜も。
                  4428ec21.jpg


というわけで、サラダもいただきましょう。

鶏肉ものっかって、満足感も高いですね。

このあたりで、揚げ物もいただきます。
              KAMOME

とうもろこしのかき揚げと、鶏もも唐揚げ。

鶏ももの唐揚げは、定番の美味しさ・・・
                KAMOME

と思いきや、カラッと揚がってかなり美味しい(^^)(^^)

そして、とうもろこしのかき揚げは、サクッとした食感の後に、とうもろこしの甘みが口の中に広がります。
サクッ、シャキッ、そして甘みが広がる。
                 KAMOME

天ぷらの技術が高くなければこうはならないですね。
これは美味しい!

そして、手羽先。
                    KAMOME

これ、大きいですね!
肉は骨の周りが一番美味しい。
それをしっかりと実感できますよ(^^)

さらに、やげんなんこつ。
                KAMOME

肉は骨の周りが・・・ではなく、これは骨も美味しいところをいただいちゃいます。

つくねには、特製の卵黄をたっぷりと絡めていただきます。
                KAMOME

すみません、ジム・ビームハイボール、おかわりお願いします。
               KAMOME

お酒がすすみすぎてしまいます^^;

そして、赤茄子の焼き茄子。
                 73e9df59.jpg


茄子って、こんなに甘いんですね(^^)(^^)

〆には、鶏雑炊もいただき、大満足させていただききました。
                 ef847f7e.jpg


ヤキトリ カモメさん。
平日でも、大人気のお店で、常に満席に近い状態が続いていましたよ。
ぜひとも、予約していってみてくださいね!
美味しい焼き鳥、落ち着いた雰囲気、親切な接客で、満足できると思いますよ。








【KAMOME(ヤキトリ カモメ)】   
住所:大阪市西区江戸堀1-15-6    MAP     
電話:06-6447-8858   
営業時間:17:30~0:00(L.O.23:00)    
煙  草:
定休日:日祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

ジムビームハイボールのHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

            

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

「串から焼鳥を外さないで・・・」 ある居酒屋さんが、そんな看板を掲げたところ、インターネット上でさまざまな意見が飛び交ったのだとか・・・。 串のままかぶりつくのが焼鳥の醍醐味、 串から外してしまったら、フライパンで焼いたものも同じ・・・。 折角、ひとつ ...
続きを読む
「串から焼鳥を外さないで・・・」
ある居酒屋さんが、そんな看板を掲げたところ、インターネット上でさまざまな意見が飛び交ったのだとか・・・。

串のままかぶりつくのが焼鳥の醍醐味、
串から外してしまったら、フライパンで焼いたものも同じ・・・。
折角、ひとつひとつ串に刺して仕込んであるのだから、串のまま豪快に!

そんな意見があるかと思えば、

みんなでシェアしたいから、
上品に食べたい、
手が汚れる・・・


そんな意見もあって、賛否両論だったのだとか。

さて、同じ串に刺さった食べ物で、他のものはどうなのでしょうか?

「串かつ」
  これを、串から外して食べる人はあまりいないですね。 外してしまうと、二度漬けお断りのソースを付けることができなくなるからか?

「団子」
  これも、あまり串から外しては食べないのかと・・・あ、あまりにも大きくて、分ける場合は別ですが。

「BBQの串料理」
  これは逆に外して食べますよね。 そのままだと、熱い金串が唇に触れて大変なことに^^;

さて、そんな串料理の元祖、焼鳥は本当に串のまま食べたほうが美味しいのか・・・。
そんなことを考えながら、北新地にある、“Premium播鳥”さんのレセプションにお邪魔させていただきました。
                   5a44373e.jpg


お店は、新地本通りの四つ橋筋側すぐの所にあります。

この日は、掘りごたつ式の個室に案内していただきました。

メニューはこんな感じです。
7d969aed.jpg
 981c0ece.jpg
 f7f2ea1d.jpg

7ed706d7.jpg
 d557b3a9.jpg
 810ebf7a.jpg

6122f6c0.jpg
 750b3982.jpg
 9ccb1360.jpg


Puremiumは割には、価格はリーズナブル。
そして、お酒もかなりいろんなのが揃っていますよ。

まずは、生ビールで乾杯!
焼鳥とビール、考えただけでもワクワクします・・・・。
とは言いながら、前菜の盛り合わせはこんな感じでかなり豪華!
                   8ee26aeb.jpg


手前から時計周りで、鶏のテリーヌ、さつま芋のワイン煮、筍の木の芽和え、鶏のあられ揚げ、
厚焼き玉子、ブルーチーズ豆富、そして真ん中に一寸豆がのっけられています。


って、これはビールというよりも日本酒が欲しくなりますね・・・

というわけで、黒龍の大吟醸をいただきます。
                        2d09b6c2.jpg


日本酒が料理の味わいを引き立て、旨味の余韻を楽しませてくれますよ(^^)

そんな感じで楽しんでいると、次の料理も出来上がってきました。
                         e9ddf6fb.jpg


こちらは、鶏のお造り盛り合わせ。
真ん中にのっかっているのは、名物生つくねだそうです。

食べて見ると、これはたしかに美味い(^^)
新鮮でなければこうはいかないですよね。

そして、ささみの造りもいただきます。
                     1611f5ea.jpg


甘口の醤油が鶏の造りにはよく合いますね。

そして、いよいよ焼鳥も登場します。

まずはつくねのたれ焼き。
                      3a60e88e.jpg


口の中でほろっと崩れて食感も素晴らしいですよ(^^)

そして、ずり。
                    b07ad001.jpg


お、これは結構いい大きさですね(^^)
ずりって、その大きさと焼き方によって、ずいぶん食感が変わってしまうものですが、こちらのはスゴくいいです(^^)(^^)

そして、鶏肝のブリュレ。
                ebe3fd32.jpg


たっぷりと、カリッと焼かれたバケットに塗っていただきます。

(^^)(^^)

おや、今度はワインが飲みたくなってきたなぁ・・・。
こういうとき、いろんな飲み物が揃っているところって、心強いですね(^^)

ちょっと中休みで、京鴨の冷やし蕎麦。
                     acf69c73.jpg


中休みの蕎麦とは言えど、鴨がかなり美味い(^^)
そして、とろろと出汁が絶妙にマッチして、これは中休みではなく、完全にアテですね(^^)

そして、名古屋コーチン炙り炭火焼き。
                  6ef39c01.jpg


おぉ、噛めば噛むほどに旨みが溢れ出してきて、たまりません!
これ。、皮も美味いんですよね(^^)

そして再び串焼の登場!
今度はせせりを楽しみます。
                             4438f49c.jpg


それにしても、こちらのお店の焼鳥、焼き加減が抜群なのですよ!

そして、鶏つくね入り蓮根饅頭。
                     b04882f9.jpg


旨みたっぷりの出汁餡の中に、柔らかい食感の蓮根饅頭。
そして、中からつくねが登場とくれば、口の中はもうパラダイス(^^)
(そういえば、パラダイスって言葉、まだ生きてるのかなぁ^^;)

〆には、春の香りのたけのこご飯と、
            e503f9c3.jpg


濃厚な旨味がうれしい鶏のスープ。
                          
〆とは言えど、これで充分に呑めるな・・・^^;

デザートには、柚子のグラニテと黒蜜きな粉アイスもいただき、大満足させていただきました。
                   65059388.jpg


Premium播鳥さん、Puremiumuの名前はダテじゃない。
本当に贅沢な空間で美味しい焼き鳥をいただくことが出来ますよ。
是非食べに行ってみてくださいね!





【Premium播鳥】   
住所:大阪市北区曽根崎新地1-4-10 銀泉桜橋ビル B1    MAP     
電話:06-6344-8080   
営業時間:11:30~14:00(L.O.13:30) 17:30~24:00(L.O.23:00)   
煙  草:喫煙可
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のお茶の間の定番、日曜日のサザエさん。 このサザエさんが、存続危機に直面していたとは・・・。 何でも、スポンサーの東芝の業績不振により、一時は打ち切りになるかもしれない状況だったのだとか。 (何とか、打ち切りはなくなったみたいですが(^^)) そん ...
続きを読む
日本のお茶の間の定番、日曜日のサザエさん。

このサザエさんが、存続危機に直面していたとは・・・。

何でも、スポンサーの東芝の業績不振により、一時は打ち切りになるかもしれない状況だったのだとか。
(何とか、打ち切りはなくなったみたいですが(^^))

そんなサザエさん、お隣さんが2回入れ替わったのを覚えていらっしゃいますか?

サザエさん、磯野家のお隣といえば、伊佐坂家ですよね。
作家の伊佐坂先生がいて、娘さんは浮江さんで、息子さんは甚六さん
そして、買ってる犬はハチ。
これは現在の形だと思います。

でも、少し昔は、お隣さんが浜さんだったと思うのですが・・・。
(でも、その浜さんの前は、伊佐坂家だったような・・・)

浜さん奥さん、そして娘さんのミツコさん、買ってる犬の名前はジュリーで、このジュリーが葉巻を吸うのが好きな犬で^^;

さて、そんな浜さん一家、どこに行っちゃったのでしょうね・・・。

十三にある、波平通りでも歩きながら考えましょうか^^;

この日にお邪魔させていただいたのは、そんな十三にある焼鳥のお店、
“焼鳥 ご縁”さん。
                    9749ce30.jpg


期間限定のイベントなのか、予約すれば食べられるのかは定かでないのですが、

「すごくお得な鴨鍋コースがいただけるんですよ、行きませんか?」

とお誘いいただき、行ってきました。

お店は、阪急十三駅から歩いて5分くらいのところにあります。

お伺いしたのは、火曜日の20:00頃。
結構お客さん入ってますね、人気のお店みたいですよ。

店内一番奥のテーブル席に案内していただき、まずは生ビールをいただきます。

そして、間もなく付き出しが提供されます。
                 b4b5aac7.jpg


キャベツ、茄子の炊いたん、枝豆と、馬力(とは書いてませんでしたが^^;)がありますね!
(馬力って言い方は、焼鳥の大吉の商品名だったかな? にんにくの梅漬けですね)

そして、造り盛り合わせが登場。
                    289a3143.jpg


ずり、ささみ、こころ、きも、そしてむね肉はヅケになってますね。
これは、飲み物をビールから日本酒に切り替える必要がありますね^^;

こちらのお店は、日本酒の品揃えも豊富なんです。
                         2c2fba63.jpg


こんな感じで、旨口、すっきり、しっかり、辛口、そしておすすめと分けておいてあって、どんな感じのものが飲みたいのかを伝えると、
持ってきてくださいますよ。
あ・・・この料理に合わせて下さいって、お願いするのもいいかも。

次の料理はささみのたたき。
                 9e2b0f9c.jpg


好みで酢橘を絞って、大根おろしと一緒にいただきます。

(^^)(^^)

美味いですね!
これで、この後は鴨鍋が出てくるのかと思うとワクワク・・・

ではなく、焼き物も出していただけるみたいですね(^^)

まずは、ねぎま。
                   81989429.jpg


焼き加減が最高です。
白葱の美味さって、焼鳥のねぎまを初めて食べた時に目覚めたような気さえしますね(^^)

そして、ずり。
                      80134588.jpg


丁寧に仕事がしてあるので、ストレスなくいただくことが出来ます。
焼き加減も申し分なし!

さらに、こころと、せせり。
dfac0900.jpg
 6f04f492.jpg


タレもたまらないですね(^^)
ずっとこのまま焼鳥を食べ続けたい気持ちになってきますよ。

そして、焼き野菜にアスパラをいただきます。
                   9a406032.jpg


甘みがたまりません(^^)

そして、いよいよ鴨鍋の登場。
                    eb42888f.jpg


鴨ロースとつみれの二刀流ですね!
これを3人でいただくのですが、結構ボリュームありますよね。
前座・・・と言っては失礼なほどクォリティの高い刺身と焼鳥。
そして、この鴨鍋ならば、満腹確約ですよ。

鍋が煮えるのを待って、鴨肉をしゃぶしゃぶでいただきます。
                  1a449b41.jpg


(^^)(^^)(^^)

これは美味い!
鴨が美味い、つみれも美味い、出汁が最高!
この鴨鍋、めちゃくちゃ本気じゃないですか(^^)

すみません、お酒ください!
                  5fa5b940.jpg


これは、福岡県のお酒、八峰(これで、“やっほう”と読む)の純米大吟醸。

美味いかもと日本酒、最高です。

そして今度は、卵黄につけていただきます。
          66a5bc8a.jpg


(^^)(^^)(^^)

これ、最高なんですけど。

鴨鍋を楽しんでいると、こんなものも出してくださいました。
                     6195cdda.jpg


これは、鶏の昆布〆。
美味いんですよ、これもまた。
こちらの店主、本当に仕事が丁寧ですよ(^^)

さらに酒がすすみます。
                    ac28655f.jpg


〆には、蕎麦もいただき大満足。
                     f396022f.jpg


3人で、これだけいただいて5,500円って、ホントにいいんですか?
そんな感じでした(^^)
(現在はこのコース、やってるかどうかはお店に確認してくださいね!)

焼鳥 ご縁さん、鴨鍋はもちろん、焼鳥が本当に丁寧で美味しいです。
美味しい日本酒と焼鳥、今宵のお供にでも如何でしょうか?
店主を始め、スタッフの方も元気で明るく、確実に満足できると思いますよ!






【焼鳥 ご縁】   
住所:大阪市淀川区十三本町2-2-9    MAP     
電話:06-6303-5050      
営業時間:17:00~   
煙  草:
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、駅のホームにあるベンチの向き、変わっていませんか? 従来は、ベンチに座ると、線路の見える向き、そのまま歩いていくと電車に乗れるような向きでしたが、最近では、線路と垂直の向きにベントを設置している駅が増えていますよね。 それは、酔っ払った人が、そ ...
続きを読む
最近、駅のホームにあるベンチの向き、変わっていませんか?

従来は、ベンチに座ると、線路の見える向き、そのまま歩いていくと電車に乗れるような向きでしたが、最近では、線路と垂直の向きにベントを設置している駅が増えていますよね。

それは、酔っ払った人が、そのまま歩いていって、ホームから落ちないための工夫なのだそうです。
(転落事故全体の60%以上が酔っ払いがベンチから立ち上がって歩き出し、そのまま線路に落ちるとのこと。)

そういえば、駅にある、転落防止のポスターに、酔っぱらいがフラフラ歩いて、線路に落ちそうにある絵が書いてありますね。
                 7c81adba.jpg
 834dba9c.jpg


そして、酔っぱらいの手には必ずお土産が^^;
あの中身な何なのか・・・。
寿司っていう意見が多数ですが、ふつう寿司屋でそんなにフラフラになるまで飲むのか・・・。
とくれば、屋台のおでん屋。
でも、おでんの持ち帰りなんて聞いたこと無いし・・・。

あ、焼鳥ならばアリじゃないのか?
焼き鳥屋でしこたま飲んで、おみやげ買って、駅のホームでフラフラと・・・

とまではなりませんでしたが、先日とびっきりおいしい焼鳥のお店にお誘いいただきました。

お伺いさせていただいたのは、“野乃鳥”さんの本店。
                      4466735d.jpg


阪急電車の池田駅から歩いて5分くらいのところにお店はあります。
って、ここの2階、以前ラクダカレーがあった場所ですね!

何か来たことある場所のような気がしました^^;

店内は、カウンター席7席。
                 ce4d0bcd.jpg


本店・・・のわりに、小さなお店だなぁ・・・。
そんな印象をもたれた方も少なくないと思います。

野乃鳥さんは、現在大阪市内に3店舗、北摂エリアに7店舗を構える、焼鳥のお店なのです。
この本店は、社長の野網さんが、最初に始めた一軒。
そんな原点のお店で社長の野網さんが自ら焼鳥を焼いて下さるお店なのです。
                   993774a1.jpg


ですので、通常の営業は、金曜日と土曜日のみ。
平日は、5名以上で予約に応じてくださることもあるとのことなのです。

予約した時間に行くと、すでに炭の上では串が焼かれ、準備をしてくださっているようです。
                 ad315ffe.jpg


メニューはこんな感じ・・・。
            ab5ee48b.jpg


料理は、お任せコースか、おまかせ焼鳥10串盛り合わせのどちらかになり、お造りの盛り合わせ、ひょうご味どりもも肉熟成ステーキを追加でお願いする形になります。

そして、ワインなども豊富に揃っていますよ。
           85902ded.jpg
 9809bd2e.jpg
 2efdd5ac.jpg


まずは生ビールで乾杯!
                       3e869a77.jpg


こちらでは、プレモルの香るエールを楽しむことが出来ます。

そして、前菜の盛り合わせ。
                     bc51292c.jpg


パテ・ド・カンパーニュ、ひょうご味どりの皮をパリパリに焼いたものなど。
この皮が抜群に美味い!
これ、ビールでもいいのですが、日本酒が欲しくなりますよ。
                  774349a1.jpg


というわけで、こちらのお店がある、大阪池田のお酒、呉春の特吟をいただきます。

久しぶりにいただきましたが、美味いですね(^^)

そして、造りの盛り合わせ。
                         4f9c125d.jpg


左下から、ささみ、むね肉、もも肉、そして右側が、肝、こころ、ずりです。

どれも新鮮かつ、味わい深くてすごく美味しい。
塩でいただいてもいいし、真ん中のフリーズドライ醤油をかけても面白い。
                  e5d90262.jpg


このフリーズドライ醤油は三年醸造のこの醤油が使われているそうですよ。

それにしても、お酒がすすむ。
次のお酒は、広島竹原の酒、竹鶴。
                    22a0dd38.jpg


いい色合いですよ(^^)

造りを楽しんだあとは、いよいよ焼き物が登場。

先ずは、ささみ梅肉。
                        7b00e754.jpg


めちゃくちゃ柔らかくて美味しい!
そう、焼き加減が最高なのです(^^)

そして、ねぎまを塩で。
                  fb4a13c9.jpg


(^^)(^^)(^^)

ひょうご味どりの旨味がめっちゃわかりますね、これ。
                 926749a7.jpg


美味い焼鳥に、美味い日本酒。
                  ca9fa0ea.jpg


至高のひと時です。
                  d3a9d654.jpg


ここで、店主が取り出してきたのは、ひょうご味どりを贅沢にもふんだんに使った、鶏ご飯。
これを今から炊き上げていきます。
楽しみですね。

そして、ねぎまタレ焼き。
                    156d5ace.jpg


塩もいいけど、タレも美味いですね(^^)(^^)

これには、燗酒が欲しくなりますよ。

というわけで、大阪能勢の酒、秋鹿をいただきます。
                 1ea16802.jpg


次にいただいた、つくねが凄かった。
        edd0a374.jpg


もも肉、砂ずり、肝などをブレンドして作られた特製のつくねは、今まで味わったことがないくらいに美味い!
これはちょっと、真似の出来ない美味しさだと思います。

こんなのいただくと、本当にお酒がすすんで困ってしまいますね^^;
                  6db2ad10.jpg


そんな感じで、串焼はどんどん続きます。
94b468d0.jpg
 2fc5fa9e.jpg
 13faed77.jpg
 
5c22dbd0.jpg
 87412f88.jpg


途中で、さり気なく出してくださった蓮根も美味かった。
              45f11f20.jpg


焼鳥の合間に、こういうもの、うれしいですね。

そして、余市のハイボールもいただきながら、最後の焼き物が仕上がるのを眺めます。
                 8ba438d6.jpg


焼鳥って、焼いているのを見るのも楽しいですね。

焼きあがってきたのは、手羽先。
                  fc8e1137.jpg


これ、すごく大好きなんですよね(^^)(^^)

さらに、店主は何かを作り始めましたよ。
あれはひょっとして、すき焼きかな?
                            3061bbb2.jpg


お待たせしました、すき焼きです・・・。
と、出していただいたのはこんな感じ。
                       bcb37225.jpg


何ともお洒落な感じのすき焼きですよ。

真ん中にある、卵黄を崩して、絡めながらいただきます。
                 b0d0d038.jpg


(^^)(^^)(^^)

それにしても、何もかもがサプライズ。
こういう食べ方もあるのですね。

そんな感じで、すき焼きを楽しんでいると、先ほど仕込んだご飯も炊きあがったみたいです。
                   b626c93c.jpg


見るからに美味しそう。
これを、店主がキレイにほぐし、取り分けて下さいます。
                      28722101.jpg


ご飯でありながら、これでもアテになって、飲めますね。

一杯目はそのままとりめしの味わいを楽しみます。
               8d3668b3.jpg


鶏スープも一緒に出していただいたので、
     4a72e66d.jpg


2杯めは、ひつまぶしの3杯めのように、ご飯にかけていただいちゃいましょう。
                           fe0704fa.jpg


(^^)(^^)(^^)

そして、デザートもいただき大満足。
これ、堅田のあの名店に匹敵するかもしれないくらいに、充実度、満足度が高かったですよ。
                    d69ae723.jpg


野乃鳥本店、週末のひと時に如何でしょうか?
阪急電車に乗って、梅田から約20分。
わざわざ行く価値、あると思いますよ。

ぜひ、予約して行ってみてくださいね!





【野乃鳥 本店】   
住所:大阪府池田市栄町4-4    MAP     
電話:072-752-5189   
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)   
煙  草:
定休日:日曜日〜木曜日(金土のみの営業、平日は5名以上、応相談)
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

温度を表す時に使う単位、℃。 私たちは、摂氏をつかっていますよね。 別名、セルシウス温度。 スウェーデンの天文学者セルシウスが考案したもので、水の融点を0、沸点を100としたものがそうです。(これはわかりやすい!) それでは、華氏温度、いわゆる「°F」 ...
続きを読む
温度を表す時に使う単位、
私たちは、摂氏をつかっていますよね。

別名、セルシウス温度。
スウェーデンの天文学者セルシウスが考案したもので、水の融点を0、沸点を100としたものがそうです。(これはわかりやすい!)

それでは、華氏温度、いわゆる「°F」と表記されるもの。
アメリカなどから温度計付きの機器を購入すると、華氏温度、ファーレンハイトで表記されていることが多いですね。

さて、華氏温度、ファーレンハイトとは・・・。
ドイツの物理学者ファーレンハイトが考案したもので、当時人間が作ることのできる最低温度を0(氷と塩化アンモニウムの混合物で約-18℃)、人間の体温を96としたものなのだとか。


私達にとって、あまり馴染みのないファーレンハイト。
ファーレンハイト支持者の方たちは、こう語るのだとか・・・。

地球上の居住可能地域の大部分で気温変化は0 °Fから100 °Fの範囲に収まる。

0°Fは、極寒のマイナス18℃で、冬の北海道遠軽辺りの最低気温で。
100°Fは、人間の体温(微熱があるくらい)

温度と人間の切っても切れない関係を表しているみたいですね。


さて、切っても切れないと言うか、これがなければしっくりこないと言うほどに相性がいいもの、「鴨とネギ」

カモネギって言葉があるほどに、一緒に食べればすごく美味しいものですね。

この日は、そんな美味しい鴨とネギが味わえるお店、
“鴨バル Negima”さんのオープニングレセプションにお邪魔させていただきました。
                    6b63b2bc.jpg


お店は、天神橋筋六丁目駅からは徒歩5分位。
天満駅からも歩いて7〜8分のところにあります。

鴨、鴨、鴨、鴨、鴨・・・。

さて、「鴨」の文字はいくつあるのでしょうか?
というくらいに、鴨まみれの入口を入り、お店の中に^^;
               d5d50c4f.jpg


小さなお店ながらも、ゆったり、ゆっくりと寛げそうな感じのお店ですよ。
                                c96c8471.jpg


店内の壁には、鴨串焼のお品書きが貼ってあります。
                            fc4186e0.jpg


味付けは塩のみ!
さまざまな薬味と一緒にステーキ感覚で!

これはトキメキますね!
さらに・・・
        d0ab40b2.jpg


ウマくて ヘルシー? 反則やろ!!

反則、大歓迎です^^;
           97d7aacb.jpg

  
テーブル席に座らせていただき、改めてメニューを確認します。
01ea18a9.jpg
 6ccf6791.jpg
 4443b8db.jpg
 d8298055.jpg

3cdb29b1.jpg
 36f6771a.jpg
 2a6ddd75.jpg
 ede48671.jpg


鴨、鴨、鴨。
本当に鴨料理が盛りだくさんで、鴨が好きな人にとってこれはたまりませんね。

そして、こちらのお店にはもうひとつ信じられないようなシステムが。
            3e302bb1.jpg
 37d54b88.jpg


飲み放題メニューが、何と時間無制限!
これ、ホントに大丈夫なんですか^^;

何はともあれ、生ビールで乾杯!
                         ddd5a658.jpg


今宵はゆっくりと楽しみましょう(^^)

最初の料理はこちら。
                     dc1b74dc.jpg


これは、カモうに巻き。
最近巷で流行っている、牛肉とウニの「うにく」にたいして、「うカモ」を考えてみましたとの事。

もう、また真似しちゃって^^;
ま、とりあえず食べてみましょうか・・・

(^^)(^^)(^^)

何これ! めちゃくちゃ美味いじゃないですか(^^)
鴨肉の旨味とウニのコクとトロリとした美味しさが、想像以上に合いますね(^^)
これはちょっと感動モノです!

そして、感動モノといえば、次に出てきたこれがスゴイ。
                                   b6073806.jpg


これは、鴨刺重 20種盛(要予約)です。

どれが、どの部位かが書かれたものも用意してくださっています。
                 b9d5e491.jpg


ハツ、レバー、ロース、ささみ、白子、ずり、せせり、かえるちゃん?
そんな名前の部位もあるのですね^^;

塩でいただいたり、醤油と生姜で食べたりしながら、いろんな味わいと食感を楽しみます。

そんな感じで、刺身だけでも満足してしまいそうな気持ちになっていると、鍋の用意が。

鴨のもも肉と、
    5ccfd9b1.jpg


むね肉。
                          3282e5a2.jpg


なるほど・・・。
これを見ると、鴨の場合は鶏と違って、むね肉のほうが高級とされるのも何となくわかるような気がしますね。
(鴨の胸肉は、鴨ロースとも呼ばれますよね)

そして野菜はネギがタップリ。
                        87cffd4c.jpg


そして、鍋の中では鴨だしがゆらゆらと。
                   0591f2d3.jpg


それにしても、いい香りですよ(^^)
この出汁の中には、鴨肉のつくねも入っています。
              216b1968.jpg


出しが煮立ってきたら、まずは大きなネギと椎茸を投入。
                           dfcc0b0d.jpg


これで、さらにいい出汁が出るのですね。

そして、クレソンと細く切られた白葱も投入して、
                          bd11b54f.jpg


鴨肉をサッと鍋にくぐらせていただきます。
              0e0c404a.jpg


(^^)(^^)(^^)

これはたまらん。
本当に美味しいから困ったものです^^;

そして、ネギと一緒にもいただきます。
                 b9a42c42.jpg


(^^)(^^)(^^)

鴨と出汁とネギ。
この組み合わせはズルいですよね(^^)

こちらのお店では、この鴨しゃぶねぎま鍋の他に、
鴨焼肉ねぎま鍋も楽しむことが出来ます。
                                       42a0cc46.jpg


こんな感じの特別な形の鍋で、鴨焼きも鍋も両方共楽しめてしまうのです。

こちらも一口いただきました。
                          385d4bdf.jpg


タスマニア産マスタードをたっぷりと付けていただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

こっちも本当に美味しい!
これだけ美味しくてヘルシーっていうのだから、鴨はたしかにズルい!

鴨ってやっぱり焼いたのも美味しいなぁ・・・

ということで、鴨のローストもいただきました。
                             0784c125.jpg


皮目はパリッと、肉はジューシィ。
これは危険ですね^^;
                 7042369d.jpg


思わす、なみなみと注いでくださる赤ワインをいただいてしまいました。
(ま、飲み放題ではあるのですが^^;)

そして、鍋の〆にはうどんをいただきます。
                       29ee31e4.jpg


太麺で美味しそうなうどんを、鍋の中に投入。
                     61d1ec79.jpg


味が染み込んだころを見計らい、

玉子をつけてつけ麺のような感じで頂きます。
                   94b27a3e.jpg


(^^)(^^)

しっかりと鴨の旨味が染み出しただしで食べるうどん、本当に最高に美味しいですよ。

美味しいかもをしっかりと色んな料理法で楽しめて、しかも飲み放題メニューは時間無制限!
こんな夢のようなお店、鴨バルNegimaさん。
是非とも予約して、楽しんでくださいね。

次回は串焼の方も楽しませていただきたいと思います。






【鴨バル Negima】   
住所:大阪市北区天神橋5-5-31 B1F    MAP     
電話:090-6967-0763   
営業時間:17:00~24:00   
煙  草:喫煙可
定休日:不定休
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com
このエントリーをはてなブックマークに追加