美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: ドイツ・スイス料理

日本酒を買うとき、1升瓶を買うべきか4合瓶を買うべきか? そんな感じで迷ってしまうことってありませんか?どうせ飲むならば、たっぷりの1升瓶、でも好みの味かどうかわからないから、とりあえずは4合瓶…。でも、1升瓶のほうが熟成もゆっくりで味わいもちがうというし…… ...
続きを読む
日本酒を買うとき、

1升瓶を買うべきか4合瓶を買うべきか? 

そんな感じで迷ってしまうことってありませんか?

どうせ飲むならば、たっぷりの1升瓶、でも好みの味かどうかわからないから、とりあえずは4合瓶…。
でも、1升瓶のほうが熟成もゆっくりで味わいもちがうというし……


何で小さい方は半分の5合ではなく、4合なのでしょうね?
焼酎の小さい方は5合瓶だけれど、日本酒は4合瓶。
どなたかご存じないでしょうかね^^;

瓶の大きさと言えば、日本のワインと外国のワインも微妙に容量が違うのだとか。
日本のものは720mlで、ヨーロッパのものなどは750ml。

720ml=4合

これもなにか関係ありそうですね。
さて、そんな事を考えながら向かった先は、先日ランチにお邪魔させていただき、
すっかり気になってしまった中欧料理のお店、“biesl(バイスル)さん。

      IMG_0419

この日は、ディナータイムにお邪魔させていただきました。
お店の入口を入ったカウンターの上に、オーストリアのビール「エーデルワイス」のサーバーが置いてあり、ずっと気になっていたのです。

     IMG_0416

で、早速お願いしていただきました。

    乾杯〜!

このビール、香りが凄くよくていくらでも飲めそうな危険な(いい意味での)感じがしますよ(^^)
ビールをしっかり楽しみ、そしてビールに合う料理もいただきます。

    IMG_3025

何がいいですか?
そう聞くと、レバーケーゼを薦めていただきました。
このレバーケーゼは、レバーをビシバシ使ったタイプのものではなく、ミートローフのような感じ。
それにしても、味のバランスが最高にいい(^^)
日本で普通に売ってるソーセージに慣れちゃってる方は、ひとくち食べて感動するかも。
ソーセージに関しての概念が変わるかもしれませんよ。

    IMG_3018

ビールをどんどんおかわり……
そんな気持ちもあったのですが、折角なのでハンガリーの赤ワインをいただくことに。
お願いしたのは、「PANNONHALMI APATSAGI Tricollis」。
ピノ・ノワールとメルローが主体で、カベルネ・フランも少し入っているのだとか。

深い旨みを持ちながらも、スッキリといただけて美味しいワインですよ。

      IMG_3028

ひよこ豆のスープもいただきます。
もちろん、ライ麦のパンも一緒に。

   IMG_3035

トマトベースのスープでひよこ豆がタップリ。
サワークリームを一緒にいただくと、サッと味変するもの凄く楽しい。
これは、前菜でいただくスープと言うよりも、メインで食べるスープ…
そんな感じですよ。

実は、こちらのお店で人気のハンガリー風スープ、グヤーシュをまだ食べたことないんですよね。
でも、スープは今食べたし、スープを続けるのも……
では、もう一つの名物、シュニッツェルをワインと合わせてみよう!

ランチでいただいたときは、ビーフシュニッツェルだったけれど、今日はポークの方を。
そう思っていたら、この日はいいポークが入っているとのこと。

      IMG_3042

おぉ、これはめっちゃ綺麗!
しかも、肉も大きいですよ(^^)
おそらく、ランチタイムのものとディナーのものは少し違うのかもしれません。
(確認していませんよ〜! 今度聞いてみます!)

レモンをサッと絞ってそのまま食べてもいいし、コケモモのジャムを付けて食べても美味しい。
付け合せのサラダも手間ひまかけてつくられているのがわかります。
本気になれば、これとパンでワイン1本飲めるんじゃないかな…
そんな妄想を抱いてしまいます^^;

      IMG_3048

デザートに、ケーゼクーヘンという、焼チーズケーキもいただきました。
この日は、運がいいことに店主のフルートの生演奏も聞かせていただきましたよ。

   IMG_0045


ゆっくりとした落ち着いた空間で、中央ヨーロッパのことを想いながらいただくディナー、
素晴らしかったです。

ディナーメニューとドリンクのメニューはこんな感じです。

  IMG_0046

     IMG_0047

        IMG_0048

 IMG_0049

    IMG_0050

      IMG_0051

  IMG_0052

日によっては、用意できないメニューもあるかもしれませんが、
その代わり、メニューに載っていない料理にも出会えるかもしれません。
チェコ、ハンガリー、オーストリア。
日本人があまり知らない文化と料理を是非味わいに行ってみてください。
貴重な体験ができるかもしれませんよ!






【beisl(バイスル)】
住 所:大阪市中央区島町1−4−1 第五双基マンション 1F    MAP
電 話:06-6768−4638
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:00  ※土曜日は、ディナータイムのみ営業。
煙 草:
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

日の丸、ユニオンジャック、星条旗、トリコロール・・・和食のお店に日の丸が日常出ていることはないけれど、お店の前に国旗が出ていたら、その国の料理を提供するお店だってわかりますよね。よくあるのは、タンドリーチキン、バターチキンカレー、焼きたてのナンが食べられ ...
続きを読む
日の丸、ユニオンジャック、星条旗、トリコロール・・・
和食のお店に日の丸が日常出ていることはないけれど、お店の前に国旗が出ていたら、
その国の料理を提供するお店だってわかりますよね。

よくあるのは、タンドリーチキン、バターチキンカレー、焼きたてのナンが食べられる、
インド・ネパール料理のお店に、両国の国旗が出ていること。

イタリア、フランス、インド、トルコ、スイス・・・。

         IMG_0906

あれ、見慣れない国旗がお店の前に。
実はこれ、国旗ではなく国章なのです。

国旗と国章は何が違うのか・・・。

国旗は文字通り、国の旗で、国章は国の紋章。
日本は法令上定められた国章こそないものの、事実上天皇家の紋章(パスポートを御覧ください、そこに描かれているのがそうですよ。)が国章として使われているようです。

さて、こちらのお店の前に掲げられているのは、チェコの国章と、ハプスブルク=ロートリンゲン家の紋章。

この日お伺いさせていただいたのは、”beisl(バイスル)さん。

           IMG_0908

チェコ・オーストリア・ハンガリーなどの中欧の家庭料理のお店です。

オーストラリアではなく、オーストリッチ・・・オーストリアですよ。
実は私、この地域の料理にすごく興味を持っていまして、
天満橋にそんなお店があると友人に教えてもらって、早速同行させていただきました。

この日のランチは、ハンガリーグヤーシュ(ビーフ)
ウィナーシュニッツェル(ビーフ)
そして日替わりのチェコランチの3種類。
どのランチにも全粒粉のパンが付いてきます。

「さいちゃん、結構スローランチだけど大丈夫?」
「全然問題ないよ! むしろ、大歓迎!」

まともな料理は時間がかかる。
それも、ヨーロッパらしくていいですよね(^^)

店内に入り、カウンターの一番奥に座らせていただき、
ウィナーシュニッツェルのランチをお願いします。

           IMG_0909

店内は、静かにクラシックの音楽がかかり、調度品なども現地で調達してきたと思われるものがさり気なく並べてあります。

店主ご夫妻の物腰も柔らかく上品。
お店の中全てが中欧の雰囲気を醸し出していて、
外の世界とは、時間の流れさえも違うように感じられます。

カウンターの上には、メニューブックが置かれています。
料理ができるまでの間、それを眺めて待ちましょう。

   IMG_0911

ランチメニューは、グヤーシュ、ウィナーシュニッツェル、日替わりの三種類に、
ザフトショーレ(100%搾りたてジュースの炭酸割り)。

シュニッツェルとグヤーシュは、ディナータイムにもいただくことが出来るようです。

         IMG_0912

  IMG_0913

それだけではなく、結構いろんな料理がラインナップされている。
しかも、どれもリーズナブルですね。

       IMG_0914

   IMG_0915

オーストリアワイン、チェコのビールも楽しむことが出来るようです。
こちらのお店、中々やるなぁ・・・。
この時点で、既にそんな印象を持ってしまいましたよ(^^)

              IMG_0920

そんな感じで、メニューを眺めながら楽しんでいると、
先にパンが運ばれてきます。

全粒粉のパン。
噛めば噛むほどに、旨味がじわっとでてくるこのパンは、食事と一緒に食べるのに最適。
いいですね〜。

        IMG_0926

そして、メインのウィナーシュニッツェルはこんな感じ。
全粒粉のパンと、シュニッツェル。
そして、サラダが盛り合わせてありキレイですね。

    IMG_0921

シュニッツェルは、仕込みをした衣を肉につけて、揚げ焼きにしたもの。
ドイツ、オーストリアなどでかなり親しまれている料理です。

そのまま食べても美味しいですし、レモンを絞ったり、
コケモモもジャムを付けて食べるのも面白い。

          IMG_0929

きゅうりにサワークリーム・・チーズかな?
そんな感じで合わせてあるサラダ。
こういう他では食べられないようなものを出していただけるのが本当に嬉しい

この料理、ワインと一緒に楽しめたら本当に楽しいだろうな・・・。
そして、料理の丁寧さも特筆モノ。

今回、ランチでちらっと味わいましたが、
これはじっくりディナータイムに、いろんな料理を楽しんでみたいですね。

実は、あまり教えたくなかったのです、ここ^^;
でも、いいお店なので応援したくなっちゃいます!


中欧の雰囲気を是非、感じてみませんか?
他にはないもの、いろいろありますよ〜!





【beisl(バイスル)】
住 所:大阪市中央区島町1−4−1 第五双基マンション 1F    MAP
電 話:06-6768−4638
営業時間:11:30〜14:00 17:30〜21:00  ※土曜日は、ディナータイムのみ営業。
煙 草:
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のときに見たマンガって、今でもけっこう鮮明に覚えていたりします。ウルトラマン、仮面ライダー、天才バカボン、オバケのQ太郎・・・。今でもオバQが、どうしてもオバケに見えないんですよね^^;キューティハニー、ダメおやじ、みなしごハッチ、ジャングル黒べえ・・・。 ...
続きを読む
子供のときに見たマンガって、今でもけっこう鮮明に覚えていたりします。

ウルトラマン、仮面ライダー、天才バカボン、オバケのQ太郎・・・。
今でもオバQが、どうしてもオバケに見えないんですよね^^;

キューティハニー、ダメおやじ、みなしごハッチ、ジャングル黒べえ・・・。
ひょっとしたら、今の時代では放送できないかもしれないものも、あったような^^;

マンガの中に出てくる食べ物が、やたら美味しそうに見えた件・・・。

ハクション大魔王のハンバーグ、はじめ人間ギャートルズのマンモスの肉、
ど根性ガエルの梅さんが握った寿司、
そして、アルプスの少女ハイジに出てくる、黒パンとチーズ。


    IMG_4532

            IMG_4590

そんな夢をかなえてくれるフェア、
「スイスブッフェ ナイト」が今、スイスホテル南海大阪の36階にある、
“タボラ36”で開催されています。

そう言えば、スイス料理のお店って、意外と少ないんですよね・・・。
美味しいチーズだけではなく、本格的なスイス料理を食べてくなって、
信楽にあるこちらのお店まで、車を走らせたこともありました。

(信楽のスイス料理のお店の記事は、コチラコチラ。)

そんなスイス料理が、難波でいただける。
スイス好きの方はもちろん、チーズ好きの方にもオススメします。

          IMG_4522

他では滅多にお目にかかれないような希少な料理が、たくさん揃っていますよ。

   IMG_4470

チーズフォンデュではなく、珍しいチーズファウンテンが楽しめたり、
伝統料理がいろいろ楽しめます。

スイスの面白いところは、ひとつの国だけれど、
ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つが公用語なこと。
それはつまり、それだけの国や地域の文化がミックスされて、
食に関しても、スイス独自のものがあるということではないでしょうか?

  IMG_4505

       IMG_4508

 IMG_4512

             IMG_4514

アルプスの少女ハイジの村、マイエンフェルト。
アルプスの山に囲まれた自然豊かな風景を思い浮かべながら、
スイス料理とスイスワイン、いいものですよ(^^)

       IMG_4549


そして、クララの街はドイツの大都市、フランクフルト。

    IMG_4516

スイスのソーセージとドイツのソーセージって、
どんな風に違うんだろうか?
そんな事を考えながら味わうのも楽しいと思いますよ(^^)

もちろん、デザートもいろいろと楽しむことが出来ますよ。

       IMG_4543

IMG_4500


           IMG_4475

これからの時期、夕方はまだ明るいうちから乾杯して、
夕焼けから夜に変わる、外の景色を眺めながらの乾杯は最高です。

       IMG_4628

タボラ36さん、何度かお邪魔させていただいてますが、
今回のスイスフェアは、かなり満足させていただきました。

        IMG_4465

毎週木曜日限定ではありますが、是非楽しみに行ってくださいね〜。









【Tavola36(タボラ36)】   
住所:大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪 36F    MAP     
電話:06-6646-5125   
営業時間:【朝食バイキング】6:30~10:30(10:00L.O)
     【ランチバイキング】11:30~15:00(14:30L.O) ※土日祝は16:00ま
     【ディナー】18:00~21:30(21:00L.O)
     【バー】18:00~22:30(22:00L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:無休 
駐 車 場:あり(スイスホテル南海大阪の駐車場で、お食事6000円/2時間、12,000円/4時間無料)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com 
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の頃に見たアニメで、「アルプスの少女ハイジ」を覚えていらっしゃいますでしょうか? アニメの放送は見たことないけれど、「ハイジとペーター、おじいさんは知ってる!」 そんな方も多いと思います。 このハイジ、最近、家庭教師のCMとか、日産の低燃費のCMとかに ...
続きを読む
子供の頃に見たアニメで、「アルプスの少女ハイジ」を覚えていらっしゃいますでしょうか?
アニメの放送は見たことないけれど、「ハイジとペーター、おじいさんは知ってる!」
そんな方も多いと思います。

このハイジ、最近、家庭教師のCMとか、日産の低燃費のCMとかにも出ていて、若い世代の方にもお馴染みになっているのでは・・・。

CMに出てくる、ハイジやアルムおんじは、実際のアニメの中のキャラとはかなり違うように感じますが、インパクトがあるので、それはそれでいいのかもしれませんよね(^^;)

実際にアルムの山を見てみたい!
干し草のベッドで寝てみたい・・・。

そんなふうに思った人も少なくないのでは。

ハイジの舞台になったのは、スイスの山の麓の村、マイエンフェルト。
                b3e7768b.jpg


そこには、ハイジが住んでいた家を再現した、博物館もあるのだとか・・・。
                      31d5d918.jpg


そして、ハイジと言えば、白パンや干し肉、とろけるチーズにソーセージなど、
美味しそうなものが登場して、一度でいいからそれらを食べてみたいとも思ったものです。
       スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015


さて、そんなハイジが暮らしたスイスの料理を楽しめるお店が、滋賀県の信楽にあります。
こちら、“スイスアルピナ”さんでは、本格的なスイス料理を素敵な雰囲気の中でいただく事が出来ますよ。
   286babfd.jpg
 e245ec11.jpg


お店に入る前から、何だか日本じゃないみたいな錯覚さえ覚えますよね。

こちらのお店、何年か前までは、子供を連れての入店が出来なかったそうなのですが、
今ではそんなことはなく、家族揃って楽しむことが出来ますよ。

入口のドアを開けて店内に入ると、スイスムードで満タンです。
            f0392be9.jpg


テーブル席に案内していただき、先ずはメニューを確認します。
                  スイスアルピナ2015

お! 以前お伺いしたときよりも、さらに利用しやすい感じにメニューがリニューアルされていますね。
スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015
スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015 スイスアルピナ2015


地元特産の近江牛を使ったメニューも登場していますし、チーズフォンデュを中心に、ソーセージなどがセットになった、メニューも登場しています。

この日の注文は、チーズフォンデュがセットになった、“オーマイスイス”を。
チーズフォンデュは4種類の中から選べるので、ゴルゴンゾーラチーズフォンデュで。
そして、自家製ソーセージと信楽産の野菜をたっぷりと使った、Alpina風サラダをお願いしました。

スイスの山小屋風な店内は、天井も高く居心地も抜群です。
タイミングが良ければ、ストリートオルガンの演奏を聴くことも出来るかも・・・。

車がなければ、行くことが出来ないような場所にあるにもかかわらず、私達の他にも4~5組のお客さんが食事を楽しんでいらっしゃいます。
知る人ぞ知るお店なんですね。

そんな感じで寛いでいると、先ずはAlpina風サラダが出来上がってきました。
                4eddfd00.jpg


木で出来た大きなボウルにたっぷりのサラダ。
ソーセージもいっぱいのっかっていて、これがまた美味し(^^)

これにビールかワインがあれば最高・・・あ、車だった(^^;)

そして、カボチャのスープ。
              776b2f30.jpg


やさしい甘さでいい感じ。
あたたまりますよ(^^)

そんな感じで、サラダとスープを楽しんでいると、テーブルの上にはチーズフォンデュの用意が。
             85a795e8.jpg


一緒に付いてくる、3種類のパンは何とおかわり自由。
たっぷりと楽しむことが出来そうです。

そろそろいい感じの頃合いでしょうか。
                     97fd49ee.jpg


まずは、パンをチーズにつけていただきましょう。
                  a272a9a2.jpg


(^^)(^^)(^^)
おぉ! これは美味い!
ゴルゴンゾーラの濃厚な旨味がたまりませんよ(^^)(^^)

パンの他にも、こんなたくさんの素材をチーズフォンデュで楽しむことが出来ますよ。
(写真は2人前です)
                     cb65b9d7.jpg


自家製ソーセージ、ジャガイモ、人参、アスパラガス、ブロッコリー、ピンチョス、マッシュルーム、パブリカ、オクラ、そして、チーズで食べるミニスイーツです。

これだけあると、確実に目移りしてしまいますよね。

それでは、ソーセージをいただきます。
                   2db76c30.jpg


うわぁ、これは最強!
自家製ソーセージは単体でもかなり美味しいのですが、それにゴルゴンゾーラチーズフォンデュをプラスすることによって、無敵の美味しさになりますよ(^^)(^^)(^^)

そして、小海老とホタテのピンチョスも。
                  スイスアルピナ2015

新しい美味しさの発見が盛りだくさんですね。
これは、美味しいですし、しかもかなり楽しいですよ(^^)

チーズケーキのようなこれも、チーズフォンデュにつけていただきます。
                   515dde83.jpg


これ、確実にワインが欲しくなる味わいですね。
車でしか来れない場所だけど、ワインが飲みたくなる。
どなたか、車の運転が好きで、食べるのが好きで、お酒が苦手な方いらっしゃらないですか(^^;)

そんな感じで、しっかりと堪能いさせていただき完食。

この“オーマイスイス”は、一人前2700円。(写真は2人前)
ちょっと高いと感じるかもしれませんが、その内容を考えると、これは適正価格ではないかと思いますよ(^^)

枚方方面から信楽に向かう国道沿い。
突如として現れるスイスの雰囲気。
ぜひ一度行ってみてください!
チーズとソーセージ好きの方なら、尚のこと。
満足出来ると思います!





【スイス アルピナ】   
住所:滋賀県甲賀市信楽町下朝宮574    MAP     
電話:0748-84-0127   
営業時間:11:30〜16:00L.O(平日夜は完全予約制です。当日の16時までにお電話ください)土日祝11:30〜20:00L.O   
煙  草:分煙(喫煙はテラス席でお願いします。)
定休日:木曜日
駐 車 場:あり(20台)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐGW。 日中の気温も上がってきて、さわやか。 今が一年中で、一番過ごしやすい時かもしてませんね。 そして、ビールも美味しく感じるのではないでしょうか。 ビールと言って、思い浮かぶ国は・・・。 やはりドイツではないでしょうか。 ビールの本場ド ...
続きを読む
もうすぐGW。
日中の気温も上がってきて、さわやか。
今が一年中で、一番過ごしやすい時かもしてませんね。

そして、ビールも美味しく感じるのではないでしょうか。

ビールと言って、思い浮かぶ国は・・・。

やはりドイツではないでしょうか。

ビールの本場ドイツでは、ビールをつくる際に厳格な法律「ビール純粋令」があるそうです。
「ビールは、大麦(ビール麦)、ホップ、酵母、水のみを原料とすべし」というもので、現在でもドイツでは国内で製造されるビールについては、この法律が厳格に守られているのだとか。

そして、ドイツビールを飲む時に使うグラスにメモリが入っているのに気がついた方、いらっしゃいますでしょうか?
            ゾンネ、アイスバイン2

あれは、“このラインまでビールが入ってないといけません。
泡の下がラインまでじゃないと法律違反になるとのこと。“
なのだそうです。

私のようなビールが好きな人にとっては、嬉しい法律ですよね(^^)

さて、そんな素敵な国、ドイツなのですが、意外と日本ではドイツ料理を食べさせてくれるところ、少ないように感じませんか?

この日のランチが、ドイツ料理のアイスバインをいただいてきました。

アイスバインとは・・・。
豚肉(塩漬けの豚すね肉)を、タマネギ、セロリなどの香味野菜やクローブなどの香辛料とともに数時間煮込んで作る。
ザワークラウトやジャガイモとともに供されることが多く、マスタードをつけて食べるのが一般的。


結構手間がかかる料理なのです。
そんなアイスバインがランチでいただけるお店、天満にある“ドイツ食堂ゾンネ”さんに行って来ました。

この日は早い時間にお伺いしたので、どうやら一番乗りのようです。
カウンター席に座らせていただき、この日のメニューを確認します。
                   ゾンネ、アイスバイン2

この日のお目当ては、久しぶりのアイスバインランチ。
でも、PASTAランチも週替わりランチも、めっちゃ気になります。
PASTAランチのジェノベーゼなんて、生ハムとポテトが入った本格的なものですよ!

少々(いえ、結構^^;)迷いましたが、予定通り、アイスバインランチをお願いしました。
               f7833bc1.jpg


こちらのお店、民家を改造したような落ち着いた感じの雰囲気です。
この日は1人でランチを頂いたので、カウンター席でしたが、何人か集まって宴会をした時は、奥の座敷に通していただきましたよ。
これがまた、結構寛げるのです。

そんなことを思い出していると、先にスープが運ばれてきましたよ。
               ゾンネ、アイスバイン2

こちらのお店のスープ、具だくさんで、たっぷり入っているのです。
これとパンだけでも、そこそこ満足できてしまうから嬉しいですね。

そして、サラダ。b7681d29.jpg



レタスとトマト、そして生ハムものっかってますよ(^^)
この時点で、ちょっと白ワインが飲みたくなってしまいます^^;

「お待たせしました、アイスバインランチです。」
                    b4c72dd8.jpg


メインのアイスバインにザワークラウト、ライスorパン、そして生ハムサラダとスープが付いて、950円。
ランチとしては、ちょっと奮発したお値段になってしまいますが、アイスバインがいただけるとなると、けっして高くはないと思います。
(アイスバイン、大体の店ではディナータイム限定、もしくは要予約で、2,000円くらいはかるくしますからねぇ。)

大きな骨付きの塊肉。
それでは早速いただきます。
                 03971d37.jpg


これ、めちゃくちゃ柔らかいです(^^)(^^)
フォークとナイフが付いてくるのですが、はっきり言ってナイフは不要。
箸やフォークで簡単に着ることが出きます。
               36f08fb9.jpg


ランチタイムのパンはおかわり自由。
もし足りなくなったらお店の方に声をかけましょう。
快く持ってきてくださいます。

一緒に付いてくるザワークラウト。
                 c61839b6.jpg


これがまた、よく合うのですよね(^^)

そして、粒マスタードをたっぷりと付けていただきましょう。
                2f8cb9ee.jpg


(^^)(^^)(^^)
美味—い!!


これには是非味のしっかりしたドイツビールを合わせていただきたいですね。
残念ながらこの日は平日のランチタイム。
そんなことが出来るはずもなく、おとなしくパンと一緒に楽しませていただきました。

骨からホロッと外れるアイスバイン、今回でこちらのお店のアイスバインをいただくのは3回めですが、やっぱり美味しいです。

結構大きな塊でしたが、気が付くと完食。
今回も大満足させていただきました。

地下鉄天神橋筋6丁目駅、12番出口を出て、徒歩2分のくらいのところにある、ゾンネさん。

ランチはついついアイスバインか、ワンプレートランチを注文してしまうのですが、次回はパスタか週替わりランチをいただいてみたいと思います。

たまにはドイツ料理のランチ、如何でしょうか。
満足することが出来ますよ!
ただし、ビールが欲しくなってしまいますが^^;





【ドイツ食堂 ゾンネ】   
住所:大阪市北区天神橋6-5-34 1F    MAP     
電話:06-6882-4555   
営業時間:11:30~14:30(L.O.)   17:00~23:00(L.O.22:30)  土日は通し営業で、日曜日は22:00まで。 
煙  草:
定休日:月曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼き物の町、信楽。 私は陶器が好きで、たまに車に乗って、信楽まで行くことがあります。 今は新名神高速が出来て、あっという間にたどり着くことが出来ますが、これが開通する前までは、枚方からひたすら国道307号線を走っていったものです。 でも、国道307号線を走 ...
続きを読む
焼き物の町、信楽。

私は陶器が好きで、たまに車に乗って、信楽まで行くことがあります。
今は新名神高速が出来て、あっという間にたどり着くことが出来ますが、これが開通する前までは、枚方からひたすら国道307号線を走っていったものです。

でも、国道307号線を走る楽しみも実は結構あるのですよ。
京都府宇治田原町の山の中に突然現れるこんな素敵なお店で地鶏を買って帰る楽しみや、
d2b45e7c.jpg


なんか美味しそうな感じのする蕎麦のお店に入ってみると、ものすごく美味しかった思い出なんかもあります。

そんな道中で、ずっと気になっていたお店が一軒ありました。
国道307号線を走っていて、山を越え、信楽に入ってすぐくらいのところに、こんな素敵なお店を見つけてずっと気になっていました。
48940cb8.jpg


大きな看板にもあるように、ここはスイス料理のお店のようです。
信楽でスイス料理?
そのアンバランスさもあってか、ずっと行ってみたいと思っていました。
しかし、子供が小さかったりして、今までお邪魔することが出来なかったのです。

でも、先日こちらのお店のホームページを見ていたら、子供連れでもお気軽にご利用くださいの文字が。

で、今回の信楽行きで早速お邪魔させていただきました。

お店の名前は、スイス家庭料理 “スイスアルピナ”
51f99cb2.jpg


山小屋風のとってもお洒落なお店です。
この日は、とっても寒く、雪も積もっていましたが、それが帰ってこのお店の持つ魅力を増幅させているかのようにも見えました。

入り口を入ると、もうそこはスイスのお洒落な山小屋風レストランそのものです。
9997be7a.jpg
 ab991138.jpg


窓の外に雪景色を見ながらの食事も素敵ですよね。
4e1856de.jpg


以前は冬の間は営業されていなかったそうですが、2011年の1月からは通年営業なさっているようです。

この日は、大雪のためか、他にお客さんはいらっしゃいませんでしたが、
暖かい季節にこちらのお店の前を通りかかったときはいつもお客さんの車がたくさん駐まっていたのを覚えています。
                         6d247a57.jpg


とりあえず、席に座ってメニューを眺めてみます。
e0684a8b.jpg
 スイスアルピナ
コース料理はチキンのスープ仕立てのAコースと、自家製ソーセージが選べるBコース、
そして、チーズフォンデュがついてくるCコース、特別な日のためのSコースが用意されています。

スイスアルピナ スイスアルピナ
アラカルトでは、チーズフォンデュが5種類と、ソーセージが4種類。

そして、デザートや飲み物も充実していますね。
スイスアルピナ スイスアルピナ スイスアルピナ

そして、アルピナさんでは珍しいスイスワインもいただくことが出来ます。
ワインリストはこんな感じです。
スイスアルピナ スイスアルピナ

価格もリーズナブルで、種類も豊富ですね。
車でなければ確実に飲んでいたと思います。

この日は、自家製のソーセージが食べたかったので、Bコースを。
そして、チーズフォンデュもいただきたかったので、アルピナ風チーズフォンデュを単品でお願いしました。

しばらくすると、チーズフォンデュが先にやってきました。

たっぷりのパンと温野菜。
b6472084.jpg
 bb4097bc.jpg


これで一人前です。 3fb47456.jpg


この日はこれを子供含めて6人でいただいたのですが、充分対応できる量ですね。

熱々にとろけたスイスチーズに、パンや野菜を絡めていただきます。
                                 05870114.jpg
 4b346a48.jpg


この雰囲気のお店でいただくチーズフォンデュは、アルプスの少女ハイジに出てくる、
“パンの上にチーズをのせて暖炉の火で温めてチーズがとろける・・・”
あれを思い出しましたよ。

Bコースはソーセージが選べるので、ハーブのさわやかな香りのソーセージ、“フーンヴォルストヒェン”と、
トースト型のソーセージ、“フライッシュケーゼ”をお願いしました。

まずは、コースのサラダが出てきました。
356cf106.jpg


このサラダの野菜は、地元信楽の高原野菜。
地産地消ですね。

そして、自家製のパン。外はパリッと、中はふわふわです。
                     7e0a3157.jpg
 f80e4e71.jpg


コースにはスープもついてきます。
b34a9f2b.jpg

この日のスープは、タマネギと長ネギのスープです。
タマネギと長ネギの甘みが優しい感じの味で美味しいですね。

そして、いよいよメインディッシュがやってきました。
まずは、Aコースのチキンスープ煮込み。
               42b4ad4b.jpg


骨付きの大きなチキンが丸ごと入っていて、食べごたえ充分ですね。
スープもものすごくいい味が出ています。

そして、Bコースのフライッシュケーゼがやってきました。
b1083e11.jpg

厚く切られたフライッシュケーゼの上に、目玉焼き。
そして、そこに特製ソースがかけられています。

一口いただいてみます。 スイスアルピナ


こ、これは美味い!!
シルキーな口当たりと、上品な肉のうま味。これは日本にあるソーセージとは全然違います。こんな繊細な味のソーセージをいただいたのは初めてかもしれません。
日本で、ソーセージというと、そのままで食べても美味しくないお肉を使って加工する食品のイメージがありますが、
ここのソーセージはそんなものとは全く別物です。これはステーキをいただくよりも手間がかかっている分ご馳走だと思います。

半分ぐらいいただいてから、上に乗っている玉子を絡めて食べてもまた違った美味しさが!
                    1ad62e70.jpg


こちら、鶏肉を使ったソーセージ、“フーンヴォルストヒェン”もかなり美味かったです。
5d13834d.jpg
 79409a3a.jpg


こちらでソーセージをいただいて、ソーセージに対する観念がガラッと変わりました。
これは一度食べてみる価値ありですよ!

食事が終わって、コーヒーをいただいていると、お店のご主人がストリートオルガンを演奏してくれました。
スイスアルピナ

ストリートオルガンとは、手回しオルガンとも呼ばれている楽器です。
ライアー、ライエル(lyre)とも呼ばれています。 ピンの出た円筒に接続されたハンドルを手で回し、
円筒に隣接した鍵盤をピンで押さえる仕組みの自動オルガン。
大道芸などで使われるのに適するよう、 首や肩からベルトで吊るせる位の大きさの箱に収まっていますが、
発音機構としてはパイプオルガンです(お店のHPより抜粋)



心地いい音色に気分はすっかり現地で食事しているようです。
「よろしかったら、演奏してみますか?」
とおっしゃっていただいたので、チャレンジしてみました。
                 999793fd.jpg


見ていると、ハンドルを回すだけで簡単そうに見えるのですが、やってみると中々難しいです。
このハンドル、回すのが結構重くて、演奏の速度を一定に保つのにコツがいるのです。
これはいい経験をさせていただきました。

珍しいスイス料理をドライブがてら楽しみに行くのもいいものですよ。
信楽で焼き物を見たあとに、スイスの雰囲気と味わいを。
他では味わうことの出来ない体験が出来るかもしれませんよ!


【Swiss Alpina Restaurant(レストラン スイスアルピナ)】

住所:滋賀県甲賀市信楽町下朝宮574   MAP     
電話:0748-84-0127
営業時間 11:00~21:00(20:00ラストオーダー)
定休日:水・木曜日

お店のHPはコチラ。 

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加