美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: ディナー

仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・大人気のブランド牛。日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、豚肉は「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・ ...
続きを読む
仙台牛、神戸牛、松阪牛、但馬牛、米沢牛・・・

大人気のブランド牛。
日本に遊びに来る外国人からも絶大な人気があるようです。

そして、関西で「肉」といえば、牛肉のことを指し、
豚肉「豚」と呼ばなければならないのだとか・・・。

お好み焼きの肉玉、肉うどん、焼肉弁当・・・。

肉玉は別にして、関西以外では豚肉が使われていることがほとんど?

肉まん(確かに豚肉。そういえばあれは豚まんですよね^^;)
肉うどん(デフォルトは豚肉なんだとか)。
肉そば(いわゆる、チャーシュー麺)。
焼肉弁当(牛焼肉弁当が登場して、初めてあれは豚肉だったと気がつく^^;)


こう書くと、豚肉が牛肉よりも劣るみたいに感じますが、
それは大きな間違いです。

先日食べたこの豚肉なんて、甘く口の中でとけて、感動的な美味しさでした。

         IMG_7894

この日にお邪魔させていただいたのは、西中島南方にある、
豚肉に特化した居酒屋さん、”ぶたざんまい”さん。

        IMG_7831

こちら、ただの豚肉居酒屋ではなく、
幻の豚肉をいただくことができるお店でもあるのです。

幻の豚肉「愛媛 甘とろ豚」。
わずか36℃で口どけし、
純白の脂身が口の中で素晴らしい甘みとともに広がってゆく。

この「愛媛 甘とろ豚」を生産する農場は、わずか5箇所だけ。

         IMG_7854

そんな希少な豚肉が、こちらのお店では味わえるというのです。

そんな「愛媛甘とろ豚」を、この日は出汁しゃぶしゃぶで楽しませていただきました。

        IMG_7845

お通しも、豚居酒屋らしく、豚味噌と冷シャブ。
ボーッとしながら食べると、これがまた美味しい!
これで、こちらのお店が豚肉に対して自信があるのがわかります。

お通しをつまみながら、冷たい生ビールをいただきます。
こちらのお店では。アサヒスーパードライの生ビールをいただくことが出来ますよ。

      IMG_7861

しばらくすると、念願の「愛媛甘とろ豚」が登場。
これを、

         IMG_7856

たっぷりの白髪ねぎ、青ネギ、レタスなどの野菜と一緒に楽しみます。

出しがある程度熱くなったら、まずはたっぷりと野菜を投入。

        IMG_7866

これで準備完了。
あとは、豚肉をさっと湯通ししていただくのみ。
あっ・・・この豚肉は、わずか36度で溶け出すので、さっと泳がせるようにしていただきます。

             IMG_7869

こんな感じで、もう大丈夫。
まずはそのまま出汁につけていただきます。 

      (^^)(^^)(^^)

ヤバイ!
本当にトロケます(^^)
これはすごいですねぇ・・・。
ちょっと初体験レベルかもしれません(^^)    

              IMG_7873

次に、たっぷりの白髪ねぎと一緒にもいただきましょう。

はい、美味しいに決まっていますよね(^^)
豚肉とネギ、かなり相性が良いですよ!

一口食べれば、テーブルを囲むメンバーはしばし無言。
ひたすら豚肉を食べ続けることになってしまいます。

     IMG_7894

そして、豚肉のおかわり。
これは、おかわりしちゃいますよ(^^)
この脂の甘味は本当にクセになる。
   
            IMG_7885

これを食べているときは、
神戸牛も、松阪牛も、仙台牛も記憶の中から消えてしまいそうになります^^;

折角なので、カツサンドも注文して、みんなでシェアしてみます。

         IMG_7897

あはは。
自然と笑みがこぼれますね(^^)

鍋の〆は、ネギたっぷりのうどんで。

         IMG_7903

豚肉の旨味が染み出しただしで食べるうどん、最高です(^^)

鍋の他にも、いろいろ美味しそうなメニューがありましたよ。

   IMG_7835

        IMG_7836

             IMG_7837

  IMG_7838

       IMG_7839


                    
            IMG_7840

そして、ランチメニューはこんな感じです。

         IMG_7851


多分、大阪に初進出の「愛媛甘とろ豚」、ぜひ味わってみて下さい。
ちょっと感動しますよ〜!
              









【ぶたざんまい】
住 所:大阪市淀川区西中島4−6−5    MAP
電 話:06-6305-8833
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤクルトの大きさって、実は絶妙らしい・・・大人になってから、そんなに飲む機会がなくなったような気がしますが、冷蔵庫に入っていると、ついつい手を出してしまう飲み物、ヤクルト。一口か二口で飲み干してしまう大きさ。もっと飲みたいなぁ・・・そんなちょっと心残りな ...
続きを読む
ヤクルトの大きさって、実は絶妙らしい・・・

大人になってから、そんなに飲む機会がなくなったような気がしますが、
冷蔵庫に入っていると、ついつい手を出してしまう飲み物、ヤクルト。

一口か二口で飲み干してしまう大きさ。
もっと飲みたいなぁ・・・
そんなちょっと心残りな量だと思いませんか?

大人になったら、好きなだけ飲んでやる!

そう思うも、ヤクルトの大きさは、昔と変わらず。
同じ乳酸菌飲料の「マミー」は、1リットルの紙パックが売られているのに・・・。


でもあの量って、体内に効果的なヤクルト菌が、
ちょうどいい量入っているからなのだとか。

そんなヤクルト、昔はガラス瓶に入って、宅配で売られていたそうです。
でもそれでは重くて、ヤクルトレディに負担がかかりすぎるので、
今のような軽い容器になったのだとか。

ヤクルト、久しぶりに飲みたくなってきました。
同じ乳酸菌飲料でも、ラッシーはたまに飲むのですが^^;


さて、そんな感じでラッシーを飲みながら、美味しいカレーでもいただきましょう。

この日は、人形町駅の近くにあるインド料理のお店、
”ナワブ日本橋店さんにお邪魔させていただきました。

         IMG_6850


ツチノコ…
いえ、そっちではなく2階の方です。

一見、どこにでもあるようなインドレストランなのですが、中身はちょっと違うのです。

階段を上がって2階に行くと、お店の入口があります。

       IMG_6846
 
お、入口の横にメニューボードらしきものが・・・

   IMG_6845

スペシャルメニュー・・・
ご予約のお客様限定か。
でも、なかなか面白そうなの出してますね(^^)

店内に入ると、テーブル席に案内していただきました。
先ずは、テーブルの上においてあるメニューを手に取り・・・・

と、普通はそのような行動を取るのですが、
目的は、レギュラーメニューに載っている料理ではなく、これ。

        IMG_6793

カウンターのところに置いてある黒板メニュー。
こちらのお店、ディナータイムになると、本格的なパキスタン料理が登場するのです。

     IMG_6795

マトンビリヤニ、マトンプラオ、キーマカレラ、そしてハリームもある!
他のお店では、予約注文しなければ出てこないであろう、手間のかかる料理が、 
こちらのお店では黒板メニューで食べられるのです。

「すみません、今日はハリームありますか?」
「ハイ、アリマスヨ!」
「そしたら、ハリームとマトンビリヤニ・・・」
「マトンビリヤニ、マダ ツクッテルトコロダカラ 、スコシジカンカカリマス。
     マトンプラオならば デキテマスヨ。」

「では、マトンプラオを。 それから、ココナッツラッシーを下さい。」

そんな感じで、黒板メニューばかりをお願いしました。


        IMG_6797

             IMG_6798

ディナータイムが始まってすぐの時間にお邪魔させていただいたので、
まだ他のお客さんの姿はありません。

でも、すぐに何組かのお客さんがやってきて、黒板メニューを注文されてます。
みなさん、よく知っていらっしゃいますね(^^)

でも、私の後ろに座った方は、それ狙いではなく、
普通にナンを食べたいみたいで、カレーとナン、
そしてタンドリーチキンのセットを注文しているようですね。
(もったいないなぁ^^;)

ところで、レギュラーメニューってどんな感じなのだろうか?

      IMG_6799

         IMG_6800

           IMG_6801

あ・・・普通の印ネパ店ではない。
ちょっと他にはないようなカレーのラインナップもありますよ。

  IMG_6802
 
          IMG_6803

セットは、ナンとカレー、タンドリーチキンのセットなど、
日本人が好むようなメニュー構成。

    IMG_6804

            IMG_6805

ちなみに、、こちらではアルコールメニューもあるので、
パキスタン料理をつまみながら、一杯っていう楽しみ方も可能です。

とは言いながら、この日は珍しくノンアルコール。

      IMG_6811

ココナッツラッシーも美味しいですよ。

先ずはサラダをいただき、コンディションを整えます。

           IMG_6810

美味しいドレッシングですね(^^)

それに続き、マトンプラオも出来上がってきました。

        IMG_6813

おぉ、ボリュームたっぷり(^^)
骨付きのマトンがゴロゴロと入っているのが嬉しいですね。
それでは早速いただきましょ。

       IMG_6820

おぉ、これこれ!
マトンの香りと味わい(^^)
マトン好きにとってこれはたまらない。
そんなに辛くないので、辛いのが苦手な人も美味しく食べられると思いますよ。

         IMG_6822

これはタルタルソースではなく、ヨーグルトで作ったソース。
そのまま食べても構わないのですが、正しい食べ方はこう。

        IMG_6826

プラオにかけていただくと、その美味しさも倍増しますよ(^^)

そんな感じで、マトンプラオを半分くらい食べた頃に、
念願のハリームも登場。

           IMG_6829

これこれ!
これが食べたかったのです。

ハリームとは・・・。
小麦、大麦、肉、レンズ豆、スパイスから作られ、7〜8時間煮込み、
肉は繊維状になり、豆や麦も形が崩れるまで煮込まれるが、その味わいは絶品!


初めて食べたときの食感が忘れられずに、また食べたいと思うも、
かなり手間が掛かるので、普段のメニューに加えるお店は多くないのです。
それがここでは食べられる。
というわけで早速いただきます。

           IMG_6832

     (^^)(^^)(^^)

美味い!
口に入った瞬間、旨味とスパイスの味わいが広がり、
繊維状になった肉を噛みしめるように咀嚼する快感!

「ナンかロティは食べますか?」
「はい、ロティをお願いします。」

あ・・・
プラオも食べたのに、ついついロティもお願いしちゃった^^;
満腹になり過ぎはしないのだろうか・・・

        IMG_6844

でもね、こんな美味しそうなのを焼きたてで持ってきてくださるのですよ。
断る理由が見当たりません^^;

ハリームとロティ。
これ、黄金の組み合わせですよ(^^)

      IMG_6838

後半は、レモンをギュッと絞り、

        IMG_6839

味変させてみると、これもまた美味しいからやめられません。

そんな感じで、美味しいにマミれながら、大満足で完食。
今度は何人かで来て、もっといろいろ楽しんでみたいと思います。

ナワブに来るならば、是非とも黒板メニューを注文してみて下さい。
リピーターが多いのも納得出来ますよ!







【ナワブ 日本橋店】
住 所:東京都中央区日本橋小網町18−9 司ビル 2F    MAP
電 話:06-6607-6060
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:元日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、ナポリ地方の特徴だったらしいのです。では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?ナポリタンはないけれど、トマトやにんに ...
続きを読む
スパゲッティ・ナポリタンは、ナポリにないのに、何でナポリタンなのか?

その昔、イタリアでもトマトとパスタを組み合わせる料理法は、
ナポリ地方の特徴だったらしいのです。

では、本当に今でもナポリにナポリタンは存在しないのか?

ナポリタンはないけれど、
トマトやにんにく、塩コショウ、バジルなどで作った、
「スパゲッティ・アッラ・ナポレターナ」という料理が存在しているが、
日本のナポリタンとは異なった料理なのだとか。

ナポリタンはやはり、日本生まれの洋食の王道と言えるのかも。

さて、そんなナポリタンの中でも、
超豪華なナポリタンを、大阪裏なんばで食べることが出来ます。

          IMG_4453


え、これって、ハンバーグでしょう?
そう思いますよね、やっぱり。

でもこの料理の主役は、ナポリタン。
鉄板 de ナポリタンの、ハンバーグのせ。

裏なんばの”TABLEあじと”さんでいただくことが出来ます。

           IMG_4464

こちらのお店では、ナポリタンだけではなく、いろんな料理をいただくことが出来ます。
しかも、どの料理も、ひと工夫されていて美味しいだけではなく、
食べていて楽しいのです。

       IMG_4461

お店の前には写真入りのメニューボードもあるので、
これを眺めてから入店するのもアリですね。

この日、いただいた料理は・・・。

         IMG_4424

先ずは、前菜の盛り合わせ。
6〜7種類の前菜を、人数分盛ってくださって、1人680円はオトクです。

      IMG_4432

当然、これにはグラスワインを合わせましょう。
ちょっと気の利いたワインが、グラスでもいろいろ揃っているのがこちらのお店の特徴。
もちろん、ボトルで注文することも可能です。

     IMG_4433

そしてこちらは、
ゴルゴンゾーラソース de バゲットフォンデュ。

           IMG_4440

カリッと香ばしくトーストされたバゲットにたっぷりとゴルゴンゾーラソースを。
これ、たまりませんよ〜(^^)

     IMG_4443

そして、特製のローストビーフは「Diningあじと 本店」出だされる、
肉重のソースでいただきます。

そして、〆にいただいたのが、鉄板 de ナポリタン。

         IMG_4447

どう見ても、ハンバーグにナポリタンが付いているように見えますよね?
でもこれ、主役はナポリタンなのです。

熱々の鉄板に乗っかったナポリタン。
ハンバーグをはじめ、目玉焼き、ほうれん草、
エビフライ、とんかつをトッピングすることが出来ます。

もちろん、全部乗っけるここも出来ますが、
それはあまりにも凄いことになるかと思われ^^;

テーブルには、この状態で提供され、
目の前でソースをたっぷりと掛けてくださいます。

         IMG_4453

でも主役は、ナポリタン。

     IMG_4458

もちもちの麺を熱々の状態でいただくと、かなり幸せな気持ちになれますよ(^^)

そんな、TABLEあじとさんのメニューはこんな感じです。

     IMG_9291

           IMG_9289

ちょっぴり上等な洋食とワイン、如何でしょうか?
他にはない美味しいがたくさんありますよ〜(^^)







【TABLEあじと】
住 所:大阪市中央区難波千日前8−6    MAP
電 話:06-6633-1122
営業時間:11:30〜16:00  18:00〜23:30 
     ※日曜日のディナータイムは17:00〜22:30
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

辛いものに夢中になっていた時期がありました。カレーも辛いものが大好き!辛いカレーがあると聞けば、わざわざ食べに行ったほど。辛くて美味しくてたまらないメニュー・・・南森町 辛口料理ハチの、座れば黙ってても出てくるカレー、東京千石 大沢食堂の極辛カレー、肥後 ...
続きを読む
辛いものに夢中になっていた時期がありました。

カレーも辛いものが大好き!
辛いカレーがあると聞けば、わざわざ食べに行ったほど。

辛くて美味しくてたまらないメニュー・・・

南森町 辛口料理ハチの、座れば黙ってても出てくるカレー、
東京千石 大沢食堂の極辛カレー、

肥後橋南蛮亭のチキンカレー、
堂山 洞魔麗の10ばいからし焼きめし、
長堀橋 ゴヤクラの鬼超えカレー、
肥後橋ワイヤの旨辛カレー・・・。
この色のお店は、既に閉店しています。)

今はもう、閉店してしまったお店も何軒かあります。

閉店といえば、学生時代に夜中によく行ったカレーのお店、
京都銀閣寺の近くにあった「ママカリー」。
そこには、チャレンジメニューがありました。
超大盛りではなく、激辛100倍(だったかな?)

とてもそれには挑戦できませんでしたが、普通の辛口でも、
気が遠くなるような感覚の辛さをしていたのを思い出します・・・・

ん・・・・
気が遠くなるような感じの辛さ?

ひょっとしてアレは、辛さではなく、痺れの方だったのかも?

痺れといえば、北新地にこんな面白いお店が出来ていました。

           IMG_7786

お店の名前は、"(しびれどり)
シビレドリ・・・
わかりやすい^^;

阿波尾鶏 
地鶏焼肉専門店
時折り牛


          IMG_7788

入口の横にあるメニューボードを見てみると、
鶏焼肉がメインのようですが、名物痺れ鍋というのにロックオン!
これは試してみたくなりますよね〜。

というわけで、階段を上がって2階のお店へ。

      IMG_7791


            IMG_7795

店内は、結構奥行きがありますよ。
テーブル席の一つに座らせていただき、改めてメニューを眺めてみます。

     IMG_7796

ずらりと並んだ、阿波尾鶏のいろんな部位。
セットでも単品でも注文できるようですよ。

       IMG_7797
気になっていたのはこちら。
痺れ鍋って気になりますよね!
シンプルに、痺れスープに鶏と野菜。
〆にラーメンをいただくことも可能。

        IMG_7799

あ、クラフトジンの「六」がある!
最近、かなりお気になりなのです(^^)

先ずは、阿波尾鶏をいろいろ焼いてみることに。

        IMG_7815

ぼんじり、手羽先、はらみ、むね、ヤゲン軟骨、砂肝、つくね・・・。

注文すると、一緒に煙の出にくいロースターも持ってきて下さいますよ。

       IMG_7822

焼きすぎないように気をつけて・・・。
頃合いになったらいただきます。

そのまま塩でシンプルに・・・も美味しいのですが、
梅カツオにんにくのアリオリソース、
バジルソース、パクチーポン酢、醤油ダレ、
青唐辛子味噌ダレの5種類のタレを用意して下さいますよ。

そして、最初に見て気になった「痺れ鍋」もお願いしました。

        IMG_7805

鶏肉と野菜、そして唐辛子とたっぷりの山椒。
好みで、痺れ増しをお願いすることも出来ますよ。

ちなみに今回は、「中シビレ」をお願いしました。

鍋が煮えてくるとともに、シビレの気配がやってきます。
香りから痺れが予感されるのですよ^^;

        IMG_7809

それでは、早速いただきます・・・

って、キター!
痺れます。
でも、箸を置くことが出来ない、美味しいんです(^^)
中シビレにしましたが、これでも結構来ますよ^^;
スープを飲むとき、気をつけないとむせ返しそうになるので、ご注意を^^;

自分にあったシビレで、最高に刺激的な時間を体験できますよ。
でも、シビレさせすぎると、気絶しそうになるのでご注意を。
(こう言うと、試したくなる方、いるのでしょうね〜^^;)

          IMG_7825

〆には是非とも、ラーメンを。
このスープにラーメン、最高に合いますよ!

最後はしじみスープで、明日の元気も約束。

       IMG_7828

こういうのがあると、本当に嬉しいですね(^^)

こちらのお店、ランチタイムも営業されていて、
薬膳カレー、痺れ麻婆焼きそば、
選べるトッピングのテールスープフォーの3種類が全て880円でいただけるそうです。

今度は是非、ランチタイムにもお邪魔させていただきたいと思います。






【痺鶏(しびれどり)】
住 所:大阪市北区堂島1−5−40 森田ビル 2F    MAP
電 話:06-6341-8116
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜23:00 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

鉄板の組み合わせと、意外な組み合わせ。食べ物にはいろんな組み合わせがありますよね。これとこれは、切っても切り離せないという鉄板の組み合わせ。ハンバーガーとポテト、ナポリタンと目玉焼き、とんかつとキャベツ、餃子とビール(^^)思い出すだけでもお腹がなりそうです ...
続きを読む
鉄板の組み合わせと、意外な組み合わせ。

食べ物にはいろんな組み合わせがありますよね。
これとこれは、切っても切り離せないという鉄板の組み合わせ。

ハンバーガーとポテト、
ナポリタンと目玉焼き、
とんかつとキャベツ、
餃子とビール(^^)


思い出すだけでもお腹がなりそうですよ^^;

でも、意外な美味しい組み合わせを見つけたときって、すごく嬉しいものです。

刺し身にマヨネーズ、
サンドイッチにキムチ、
トーストに納豆、
お好み焼きにワイン。


この日にお伺いさせていただいたのも、意外な組み合わせをウリにするお店・・・・
なのでしょうか?

お伺いさせていただいたのはこちら。

        IMG_3363
 "Curry et les vins PAUL”さん。
その名の通り、カレーとワインのお店なのです。

ワインと言えば、チーズと合わせるのが定番。
カレーといえば、ビール・・・

ま、そんな固定観念を捨ててしまえば、新しい美味しさも発見できるというもの。
お店の前に掲げてある、メニューボードを見てみても、
そんなこだわりが垣間見・・・いえ、ちゃんとワインを飲ませるお店のそれですね。

            IMG_3369

何はともあれ、店内へ。

店内はカウンター席メインですが、テーブル席も少しあるよう。
カウンター席に座り、まずはワインをいただきます。

            IMG_3321

そして、カウンターの上を見上げると、

    IMG_3318

この日のおすすめが書かれたメニューボードがあります。

だし巻きオムレツ、ラムのハンバーグ、野生ルッコラのサラダ・・・・
あ、この組み合わせはちょっと面白そう。

          IMG_3324

お願いしたのは、ブッラータチーズといちご。

チーズといちごの組み合わせって、試したことないなぁ・・・。
それに、ワインを合わせてみる。
ちょっと面白くないですか?

         IMG_3326

いちごだけでも、十分に美味しいところに、
ブッラータチーズをあわせてみる。

ところで、このブッラータチーズって、けっこう珍しいものなのだとか。
一見、モッツァレラチーズのように見えますが、ナイフを入れてみると・・・

          IMG_3329

ご覧のように中からとろりとチーズが出てきます。

このブッラータチーズ、賞味期間も短く、作ってから48時間がリミットなのだとか。

フレッシュないちごにたっぷりと絡めていただくと、
口の中で複雑な旨味を奏でながら溶けてゆきますよ。

そこに白ワインを合わせると、本当に幸せな気持ちになれるのです。

そして、こちらのお店の看板メニュー、カレー。

鉄鍋のSTAUBを使って作った焼きカレーがそうなのです。

       IMG_3341

注文が通ってから焼き上がるので、少々時間はかかりますが、
香り、味わいともに文句なし。

   IMG_3351

           IMG_3348

焼き上がると、目の前で丁寧に混ぜ合わせてくださいますよ。

このときに、立ち上がる香りがまた、たまらない(^^)

        IMG_3355


激辛ではなく、深い旨みとスパイスの香りを楽しむタイプなので、
ワインと合わせても本当に美味しいですよ。

        IMG_3360

カレーをちょっとずつ楽しみながら、いろんなワインを合わせてみる。
普段はちょっとできないような楽しみ方、体験させてくださいますよ。

会社帰りに軽く一杯。
それとも、お洒落な二軒目使いに如何でしょうか?
知っておいて損はない、銀座の隠れ家ワインビストロですよ〜。





【カレーとワイン ポール(curry et les vins PAUL)】
住 所:東京都中央区銀座2−14−7 銀座OMビル 1F    MAP
電 話:03-6228-4449
営業時間:18:00〜23:30(L.O.22:30) ※土・祝は、16:00〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日・月(不定休)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・なんて感じで。そうするとたまに、ビックリすることがあります。え・・・最初ってこんな感じの画だったの?って。まずは、「ドラえもん。」もし ...
続きを読む
人気漫画って、流行りだしてから読み返すことってありますよね?
そういえば、この漫画ってどんな感じで始まったのだろうか・・・
なんて感じで。

そうするとたまに、ビックリすることがあります。

え・・・最初ってこんな感じの画だったの?

って。

まずは、ドラもん。」
もしも機会があったなら、ドラえもんの第1巻を見てください。
今よりもかなりふっくらしてて・・・
いえ、胴体が今よりもちょっと長いのです。
今は2等身だとしたら、2.5等身くらい。
なかなか違和感ありますよ!

そして、もっとびっくりするのが「サさん」。
もうね、今の子供が見たら、ひと目で泣き出してしまうかもしれない^^;
(こちらのHPに載ってますよ〜! よろしければ、どぞ。)

ドラえもんとサザエさん、
昭和の時代にはじまり、令和の時代になってもずっと愛されているってところでは、
共通点がありますよね。

さて、時代が変わっても愛され続けているといえば、
福岡中洲にあるお店、”博多のおでん”。

           IMG_4938

創業は昭和33年。
今から61年前に屋台で創業した、おでんの店。

       IMG_4908

おでんの出汁は、その時から減っては継ぎ足し、その味を守り続けているのだとか。
漆黒とも言えるその見た目とは裏腹に、食べてみると意外とあっさりしているから、
不思議な感じで、その味の虜にさせられる。

       IMG_4906

カウンターに立ち、気になるネタを指さして注文するのもまた楽しい。
いろんな素材の旨味が溶けだした出汁が、また違った素材に旨味を染み込ませてゆく。

          IMG_4917

白菜なんて、その最たるものではないかと思ってしまう。

     IMG_4927

そういえば、茄子のおでんを食べたのも初めてかも。
だしが染み込んだ大根。じゃがいも、タコなどはもちろん、

          IMG_4913

ぎんなん、つくし、ぎょうざ、秋には松茸も登場するらしい。

      IMG_4915

そしてブロッコリーまでもがねたになっているから楽しくて仕方がない。

この出汁があれば、どんな素材をもご馳走に変えてしまえるのかもしれない。

         IMG_4936

大女将がおでんを見守るのを眺めながら、飲むお酒も最高。

     IMG_4901

入店したときは、ちょうど合間だったのか、難なく入れたが、
少し経つとご覧の通りに大盛況。

お品書きはこんな感じで、とりあえず存在する。

       IMG_4895

  IMG_4896


が、季節のオススメは、女将に直接聞くか、
店内のホワイトボードを見るべし。

             IMG_4897

板コン、糸コン200円。
はんぺん、たまごは150円とお安い。

     IMG_4945

許されるものならば、これを炊きたてのご飯の上にのっけて、
かっ込みたい衝動にかられてしまうくらいに味が染み込んだ豆腐も最高。

さっと1杯飲んで、はしごするもよし、
じっくりコシを据えるもよし。

週末のひととき、ちょっといい時間を過ごしてみませんか?

           IMG_4956

今週も1週間、お疲れ様でした。












【博多のおでん】
住 所:福岡市博多区中洲2−6−20 日港ビル 1F    MAP
電 話:080-6400-7819
営業時間:19:00頃〜翌2:00頃 
煙 草:喫煙可
定休日:水・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

おひとりさまですか?こちらのカウンター席へどうぞ〜。ランチタイムのひとりめし、そんな言葉が飛び交う、定食のお店。カウンター席って、おひとりさま専用の席みたいなイメージがありますよね、何故か。たしかに、カウンター席に座り、目の前に知らない人がいないほうが、 ...
続きを読む
おひとりさまですか?
こちらのカウンター席へどうぞ〜。


ランチタイムのひとりめし、
そんな言葉が飛び交う、定食のお店。

カウンター席って、
おひとりさま専用の席みたいなイメージがありますよね、何故か。


たしかに、カウンター席に座り、目の前に知らない人がいないほうが、
落ち着いて食事ができることもありますよね。

テーブル席の相席の場合・・・
食べている間はいいけれど、料理ができるまでの時間、
どこを見ていいかわからない。

カウンター席の場合は、
厨房の中で料理ができるのを”ボーッ”と見てれば大丈夫だし・・・

ん?
料理が出来上がるのを見ている。
それって、ある意味ライブ劇場か?


だから、お寿司屋さんとかは、カウンター席が特等席なのか!

きっかけは、そんな感じではないと思いますが、
お寿司屋さんと同じく、天ぷら屋さんのカウンター席も特等席ですよね。

この日にお伺いさせていただいたのは、大阪福島にある天ぷらのお店、
天ぷら うらかみ”さん。

         IMG_6485

お店は、朝日放送のすぐ横にあって、有名人もお忍びで訪れることもあるのだとか。

こちらのお店では、旬の食材を目の前で揚げてくださり、
絶妙のタイミングで天ぷらを楽しむことが出来ます。

天ぷらは、コース仕立てになっていて、前菜から始まり、
お造りを楽しみ、その後は旬の食材を目の前で天ぷらにしていただき楽しみます。

      IMG_6501
いくらと湯葉、そして、のれそれ。 
出汁の塩梅が最高!
これをいただいただけでも、この日の料理に対しての期待感がぐんと上がります。

           IMG_6534

次に、お造りをいただき、その鮮度に思わず笑顔。

     IMG_6541

思わず日本酒をいただきたくなりましたが、
この日は、ワインを合わせてみようかという試みを。

もちろん、天ぷらにもワインを合わせて。
それでは、この日に天ぷらにしていただく食材を一部ご紹介。

          IMG_6508

車海老、帆立、そしてこれはひょっとして・・・

「はい、フグの白子です。」

と、店主うらかみさん。

      IMG_6607

目の前の天ぷら鍋を真剣に見つめながら、天ぷらを揚げてくださいます。

先ずは、車海老の天ぷらから。

        IMG_6565

パラっと、塩をかけていただくと、更に甘みを感じることが出来ます。
サクッとした食感のあとは、口に中に広がる甘み、旨味、食感、香り・・・。
五感をくすぐる美味しさですね。

    IMG_6593

鮎も、そこで泳いでいたものが、その瞬間に天ぷらになったような感じ。
ほろ苦く、そして甘い感じが最高です。

パラっと、塩でさぱりいただくのもいいけれど、
お店特製の天つゆも見逃せない。

        IMG_6585

しっとりした美味しさと、サクッとした食感両方とも楽しめてしまうのも嬉しい。

       IMG_6596

アスパラガス、ふきのとう、茄子、生麩・・・。
野菜の天麩羅も美味しい。

天ぷらって、お店によって揚げ方、タイミングはもちろん、
選ぶ素材の違いを感じるのも楽しいですよね。

   IMG_6622

大きな帆立は、外側の火の通った旨味、
そして、レアな中心の甘みの両方を楽しむことが出来ます。

         IMG_6633

こちらは、ふぐの白子と、先ほどいただいた、車海老の頭の部分。
カリッとした旨味、そしてトロっとした絶妙な食感に感動。
しばし、時間が止まったような感覚にさえなります。

天ぷらを揚げるタイミング。
それは、音、香り、油の気泡の大きさ、そして箸を伝わる振動で感じるのだとか。

        IMG_6668

天ぷらにかける情熱は、真剣そのもの。
食べるものの、心を離さない魅力がありますよ!

      IMG_6619

かき揚げをいただいたあとは、〆のごはんを。

こちらのお店では、天丼、天茶、天ばらから選ぶことが出来たので、
天ばらをいただくことに。

        IMG_6644

海老の天ぷらがたっぷりと入った、天ばらも最高に美味しい。
そしてこの頃になると、
先程までは真剣な表情で天ぷらに向かい合っていた店主の表情も穏やかに。

    IMG_6659

お話させていただくと、いろんなことを教えて下さいますよ(^^)

          IMG_6675

うらかみさん、季節ごとに旬の食材を使った天ぷら、かなり楽しませていただきました。
また、季節が移り変わった頃、お邪魔させていただきたいと思います。


 





【天ぷら うらかみ】
住 所:大阪市福島区福島1−2−4 YATARYUビル 1F    MAP
電 話:06-6454-5477
営業時間:11:30〜15:00(L.O.13:30) 17:30〜23:00(L.O.21:30) 
     ※ランチは、金土日祝のみ営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

LCCがたくさん発着するようになって、外国人観光客の方が増えた関西。もしかすると、覚えた日本語が関西弁だったっていう人も、少なくないのでは?標準語(イントネーションは違いますが)だと思っている言葉が、実は他の地域では通じないってことも多々ありますよね。「なお ...
続きを読む
LCCがたくさん発着するようになって、外国人観光客の方が増えた関西。

もしかすると、覚えた日本語が関西弁だったっていう人も、少なくないのでは?


標準語(イントネーションは違いますが)だと思っている言葉が、
実は他の地域では通じないってことも多々ありますよね。

「なおす」
元の状態にもどす、修理する(標準語) 片付ける(関西弁)

「ほる」
穴を掘る(標準語)  捨てる(関西弁)

「さら」
お皿(標準語)  新品(関西弁)

「モータープール」
???(標準語)   駐車場(関西弁)


関西だけで通じる言葉といえば、これも多分そうでしょうね・・・。

            IMG_5961

この日にお邪魔させていただいたお店、
長浜ラーメン 必死のパッチ!!”

安くて美味しいお店の激戦区、西中島南方にお店はあります。

店名にあるように、お昼の時間帯は長浜ラーメンのお店。
ところが夕方になると、海鮮が美味しい超オトクな立呑のお店に変身するのです。

        IMG_5965

入り口のところには、「活 車海老 390円」の文字が。
これだけでもワクワクしますよね!

それだけではなく、店内のメニューには、目を疑う価格のものがたくさんあるのです。

       IMG_5967

中でも特に凄かったのが、1日限定10食の「うにいくら盛り」。

         IMG_5993

細巻きに惜しみなく、いくらがたっぷり。
そして、ウニの鮮度が半端なくいいのです(^^)

        IMG_6006

ひとつずつ、ゆっくり食べてもいいけれど、
贅沢に一口でいただくと、口の中が信じられないほどのパラダイスに変わります(^^)

そして、もう一つの看板メニュー、車海老は刺し身にしていただきました。


          IMG_6054

甘い。
これは、車海老でしか味わいない極上の旨味ですね(^^)
頭の部分は、パリッと塩焼きにしていただけるので、
存分に車海老を楽しむことができますよ〜(^^)

海老といえば、これもかなりオススメです。

          IMG_6044

特大エビフライが、ひとつ390円。
有頭海老ではないのに、この大きさ!
これが有頭海老の状態だと、どのくらいの大きさになるのか想像すると、
嬉しくって躍りだしそうになるます(^^)

お昼は長浜ラーメンのお店であるこちら、
もちろん、〆のラーメンをいただくこともできます。

         IMG_6076
あっさりとした豚骨スープと細麺。
たっぷりはいった焼豚も嬉しいです。

         IMG_6084

日替わりのおすすめメニューもあって、
これからも、ドンドン新メニューも増やしていきたいと、店長さん。

    IMG_5968

          IMG_6026

安くてうまいは当たり前、
その更に上をいくのが目標なのだとか。

なかなかインパクトのあるお店の名前ですが、
それ以上のインパクトが出てくる料理にもあります。

ぜひ行ってみてくださいね、「え、ホントに?」
そんな驚き、ありますよ〜(^^)








【長浜ラーメン 必死のパッチ!!】
住 所:大阪市淀川区西中島4−7−31    MAP
電 話:06-6885-5800
営業時間:11:00〜14:00  16:00〜23:30 
煙 草:
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳ソフト。昔に比べて、ずいぶん使いやすく、そして正確になりましたよね。Google翻訳や、LINE翻訳を使うと、スマートフォンでも気軽に翻訳出来ますし、インスタに英語でコメントが来ても、へっちゃら・・・・・でも実は、そんなに上手くいかないことも多々あったりして^^; ...
続きを読む
翻訳ソフト。

昔に比べて、ずいぶん使いやすく、そして正確になりましたよね。
Google翻訳や、LINE翻訳を使うと、スマートフォンでも気軽に翻訳出来ますし、
インスタに英語でコメントが来ても、へっちゃら・・・・・


でも実は、そんなに上手くいかないことも多々あったりして^^; 

例えば、以前Google翻訳で、「存じ上げません」を英語に翻訳すると、
「Zonjiage not」と翻訳されていたそうで・・・。

そして、もっと面白いのが、スマートフォンアプリのGoogle翻訳のカメラ機能。
使ってみると、スマホのカメラで読み込んだ文字が、
瞬時日本語に翻訳して表示されるのです。

ポカリスエットのペットボトルをそれで見ると、
吹き出してしまいます。

街なかで歩く、英語の文字が書かれたTシャツの人を見てみると・・・。

中々大変なことになってたりしますよ〜^^;


大阪メトロのHPの誤訳、Sakai muscleなんて、まだかわいい方かもしれませんよ〜。

さて、そんな大阪、天神マッスル・・・
じゃなく、天神橋にパスタのパエリアを食べさせてくれるスペインバルがあります。

         IMG_5869

お邪魔させていただいたのは、“CAN BASHI(カンバッシー)さん。

       IMG_5872

スペイン料理のなかでも、バルセロナのある州、
カタルーニャの料理を提供されているお店です。

      IMG_5873

入り口のところにあるメニューボードを見ても、結構リーズナブル。

そんな中でも、こちらのお店で食べることが出来る、
パスタで作ったパエリアがすごく美味しかった。

           IMG_5932

パエリアと言えば、スペイン料理の中でも大人気の料理のひとつで、
魚介などをふんだんに入れて、お米から炊きあげるもので、パスタのパエリアは初体験。

    IMG_5944

食べてみると、いろんな素材の旨味をふんだんに吸収したパスタが、
めちゃくちゃ美味しいのです。

この料理の名前は、フィデウアといいます。
初めて食べましたが、ちょっと感動モノの美味さ!

もちろん、イカ墨のパエリアや、
 
          IMG_5938

魚介のパエリアもいただきました。
そのどれもが絶品だったから、笑いが止まらない(^^)

そうなってくると、他にはどんな料理が食べられるのかが気になるところ。
この日は他に、こんな料理もいただきましたよ。

      IMG_5904

最初に、生ハムを食べたときに、美味しい予感を感じました。
これも外せないです。

         IMG_5906

 IMG_5915

ふわふわのスペインオムレツ、サラダもドレッシングも美味しい。

          IMG_5900

生ビールはハートランドがいただけますが、やはりここに来たならば、
スペインのビール、エストレージャ・ダム。
カタルーニャで一番愛されているビールなのだとか。

そしてこれは、カネロニ。

      IMG_5921

中に太いカネロニが3つ隠れています。
その中には、ひき肉のソースがたっぷりと入っていて、食べごたえもありますよ(^^)

          IMG_5925

熱々のアヒージョMIXは、マッシュルームとあさりで。
思わず、バケットもお変わりしちゃうほど美味しい。

      IMG_5953

スペイン風の黒いソーセージ、モルシージャは、初体験の食感で肉感もたっぷり。
シェリー酒によく合いますよ。

         IMG_5948

これは豚肉とブルーベリーの煮込み。
もう少しなにか食べたいなぁ・・・
そう思いタパスのメニューの中にあったのを見つけました。
ですので、通常はもっと小さなお皿で提供されますが、
特別に5人前をひとつのお皿に盛っていただきました。

CAN BASHIさん、美味しい料理はご主人が、
明るい接客は奥様が担当され、笑顔でお客さんをもてなします。

          IMG_5959

まだまだいっぱい気になる料理がある、こちらのお店のメニューはこんな感じ。

   foodmenu

         IMG_9652

  drinkumenu1

          drinkmenu2

ここでしか味わい得ないものもたくさんあります。
ぜひ予約して、食べに行ってくださいね!
もちろん私も、友人を誘って再訪問させていただきます(^^)


   





【カンバッシー(CAN BASHI)】
住 所:大阪市北区天神橋1−3−4 清洲中之島プラザ 1F    MAP
電 話:06-6360-4859
営業時間:18:00〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供のときに見たマンガって、今でもけっこう鮮明に覚えていたりします。ウルトラマン、仮面ライダー、天才バカボン、オバケのQ太郎・・・。今でもオバQが、どうしてもオバケに見えないんですよね^^;キューティハニー、ダメおやじ、みなしごハッチ、ジャングル黒べえ・・・。 ...
続きを読む
子供のときに見たマンガって、今でもけっこう鮮明に覚えていたりします。

ウルトラマン、仮面ライダー、天才バカボン、オバケのQ太郎・・・。
今でもオバQが、どうしてもオバケに見えないんですよね^^;

キューティハニー、ダメおやじ、みなしごハッチ、ジャングル黒べえ・・・。
ひょっとしたら、今の時代では放送できないかもしれないものも、あったような^^;

マンガの中に出てくる食べ物が、やたら美味しそうに見えた件・・・。

ハクション大魔王のハンバーグ、はじめ人間ギャートルズのマンモスの肉、
ど根性ガエルの梅さんが握った寿司、
そして、アルプスの少女ハイジに出てくる、黒パンとチーズ。


    IMG_4532

            IMG_4590

そんな夢をかなえてくれるフェア、
「スイスブッフェ ナイト」が今、スイスホテル南海大阪の36階にある、
“タボラ36”で開催されています。

そう言えば、スイス料理のお店って、意外と少ないんですよね・・・。
美味しいチーズだけではなく、本格的なスイス料理を食べてくなって、
信楽にあるこちらのお店まで、車を走らせたこともありました。

(信楽のスイス料理のお店の記事は、コチラコチラ。)

そんなスイス料理が、難波でいただける。
スイス好きの方はもちろん、チーズ好きの方にもオススメします。

          IMG_4522

他では滅多にお目にかかれないような希少な料理が、たくさん揃っていますよ。

   IMG_4470

チーズフォンデュではなく、珍しいチーズファウンテンが楽しめたり、
伝統料理がいろいろ楽しめます。

スイスの面白いところは、ひとつの国だけれど、
ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語の4つが公用語なこと。
それはつまり、それだけの国や地域の文化がミックスされて、
食に関しても、スイス独自のものがあるということではないでしょうか?

  IMG_4505

       IMG_4508

 IMG_4512

             IMG_4514

アルプスの少女ハイジの村、マイエンフェルト。
アルプスの山に囲まれた自然豊かな風景を思い浮かべながら、
スイス料理とスイスワイン、いいものですよ(^^)

       IMG_4549


そして、クララの街はドイツの大都市、フランクフルト。

    IMG_4516

スイスのソーセージとドイツのソーセージって、
どんな風に違うんだろうか?
そんな事を考えながら味わうのも楽しいと思いますよ(^^)

もちろん、デザートもいろいろと楽しむことが出来ますよ。

       IMG_4543

IMG_4500


           IMG_4475

これからの時期、夕方はまだ明るいうちから乾杯して、
夕焼けから夜に変わる、外の景色を眺めながらの乾杯は最高です。

       IMG_4628

タボラ36さん、何度かお邪魔させていただいてますが、
今回のスイスフェアは、かなり満足させていただきました。

        IMG_4465

毎週木曜日限定ではありますが、是非楽しみに行ってくださいね〜。









【Tavola36(タボラ36)】   
住所:大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪 36F    MAP     
電話:06-6646-5125   
営業時間:【朝食バイキング】6:30~10:30(10:00L.O)
     【ランチバイキング】11:30~15:00(14:30L.O) ※土日祝は16:00ま
     【ディナー】18:00~21:30(21:00L.O)
     【バー】18:00~22:30(22:00L.O)   
煙  草:完全禁煙
定休日:無休 
駐 車 場:あり(スイスホテル南海大阪の駐車場で、お食事6000円/2時間、12,000円/4時間無料)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。先日、そんな風に聞かれました。ひとりめし。みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、1人でいっても浮かない、他にもおひとりさまが、何人もいる。そんなところなんでしょうね。基本、カレー屋さんやラーメン ...
続きを読む
ひとりめしが楽しめるお店を教えて下さい。

先日、そんな風に聞かれました。

ひとりめし。
みんなでワイワイやるのではなく、ひとりでしっぽりと楽しめる、
1人でいっても浮かない、
他にもおひとりさまが、何人もいる。

そんなところなんでしょうね。

基本、カレー屋さんやラーメン屋さんは、おひとりさまが多く、
イタリアンやフレンチにおひとりさまって、意外と少ないのかもしれません。
それと、お好み焼き、鍋物のお店も、グループ向けですよね。

でも、おひとりさまで楽しめるしゃぶしゃぶのお店ってあったような・・・。

1人にひとつ、コンロがあって、自分で好きなように食べることが出来る。

1人にひとつではないですが、先日行ったこちらのお店は、
ひと組(2〜3人)にひとつ、カウンターの目の前に七輪があって、
お店の方がちょうどいいタイミングに焼いてくれるのです。

          IMG_4711

自分で焼くのではなく、お店の方が目の前でつきっきりで焼いてくれるから、
絶対に失敗がなく、絶妙のタイミングで食べられる。

福岡、天神の街の片隅にひっそりと隠れ家のように存在するこちらのお店、
“炉ばた 三光橋”。

             IMG_4746

赤い提灯に「三光橋」と書いてある目印を見つけると、
そこの通路を更に奥へ。
すると、お店の入口を見つけることが出来ます。

        IMG_4744

赤い提灯と、「三光橋」と書かれた入り口上の行灯がなければ、
この扉を開けるには相当勇気がいるのかもしれません。
そんな雰囲気なのですが、お店の中に入ると、元気な掛け声とともに出迎えてくださいます。

    IMG_4694

厨房を囲むようにカウンター席が並び、席数は20席ほどでしょうか?
それぞれの席の前には、炭火が入った七輪が並べられ、
そこで旬の食材を焼いて楽しむことが出来るようです。

             IMG_4700

生ビールを飲みながら、何を焼いてもらおうかと悩みながら、ズラリと並ぶお品書きを眺めます。

  IMG_4698

オススメは、鶏盛と、本日の野菜の盛り合わせなのだとか。
とりあえず、それはお願いして、あと他に気になるものも見てみることに。

           

   IMG_4695

            IMG_4726

気になるものをいくつかお願いすると、順番に目の前で焼き上げてくださいます。
何が嬉しいかと言うと、いちいち焼き加減を気にすることなくても、
絶妙のタイミングで、「どうぞ〜」って声をかけてくれること。

     IMG_4709

焼き物は、塩、胡椒、柚子胡椒のほかに、
ポン酢と玉子、ネギが入った特製のタレで食べるのが美味しいのだとか。

            IMG_4718

食べるとまた次を。
そんな感じで、こちらのペースに合わせて焼いてくれるのが嬉しいです。

      IMG_4721

焼き揚がったら早速特製のタレをたっぷりと付けていただきます。
これが、想像以上に美味しかったから、他にもいろいろ追加でお願いしちゃいました。

       IMG_4742

鳥ハラミ焼き。
これに柚子胡椒をちょこっと乗っけて食べるとかなりイケます。

       IMG_4717

ミョウガとセロリの酢の物で、途中さっぱりと。
これもすごく美味しいですよ(^^)

鳥盛、野菜盛りを食べ終えても、まだまだなにか食べたい気分。

         IMG_4696

ずらりと並んだ、お品書きの札とにらめっこしましょ。

「すみません、あげまき貝と、雲仙ハムをください」

昔は、瀬戸内海にもたくさんいたとされる、あげまき貝も、今では有明海に少しいるのと、
あとは韓国から入ってくるものがほとんどなのだとか。
ある意味、希少な食材かもしれません。

そして、雲仙ハムは、以前行ったこちらのお店で食べたものが忘れられなくって。

     IMG_4727

こんな感じで、焼けていくのを眺めているのもいいものですね。

          IMG_4730

表面はカリッと、中はジューシィに焼き揚がった雲仙ハム。
粒マスタード、マヨネーズをお好みで。

そして、あげまき貝はこんな感じ。

        IMG_4733

これが甘くてめっちゃ美味しいんよね〜(^^)

           IMG_4739

これだけ新鮮な素材を炭火で炙って、焼き立てを楽しめる。
そして、お値段もリーズナブルなのが嬉しいです。

入店したときは、早い時間だったので、店内の様子も落ち着いて撮影できましたが、
出るときは満席御礼。

超が付くほどの人気店なのて、是非予約していってみてくださいね。
口コミ以上のお値打ち、ありますよ(^^)








【炉ばた 三光橋】
住 所:福岡市中央区春吉3−22−17    MAP
電 話:092-712-7373
営業時間:17:00〜24:00
煙 草:喫煙可
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

魔法瓶。ちょっと懐かしい響きがありますよね。普通の水筒に、熱いお茶や冷たい飲み物を入れると、最初は温かかったり冷たかったりするけれど、目的地に付く頃には常温に近い温度になってしまう。でも魔法瓶に入れると、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで楽しむ ...
続きを読む
魔法瓶。

ちょっと懐かしい響きがありますよね。
普通の水筒に、熱いお茶や冷たい飲み物を入れると、
最初は温かかったり冷たかったりするけれど、
目的地に付く頃には常温に近い温度になってしまう。

でも魔法瓶に入れると、
温かいものは温かく、冷たいものは冷たいままで楽しむことが出来る。

まるで魔法を使ったかのような水筒・・・だから、魔法瓶を呼ばれたのでしょうね。

当時の魔法瓶は、その構造上、容量が少ない割に、大きかった。
しかも、誤って落下させてしまうと、いとも簡単に破損してしまうという弱点もあったような。

そんな中、THERMOSの登場は、すごく画期的だったと思います。
小さいけれど、たくさん入る。
しかも、保温保冷能力が素晴らしい!

今では、水筒だけではなく、お弁当箱、マグカップ、
フライパンまでもラインナップされているのだとか。

そんなTHERMOSの専門店が、西宮ガーデンズに西日本初出店されているのだとか。
どんどん楽しくなりますね、西宮ガーデンズ。

そういえば、抜群の鮮度のイカの天ぷらが名物のあのお店も、
西宮ガーデンズに出店されるのだとか・・・

           IMG_5423

そんなお刺身用のアオリイカを使った天ぷらを食べられるのが、
“廣東料理 水蓮月”さん。

その柔らかさと味わいは、一度食べると確実にファンになります。

そんな、名物 アオリイカの天ぷらと、人気を分かち合うのが、
名物 ミンチのレタス包み

          IMG_5430

大きなレタスの葉に、タップリのミンチはヤマトポークのミンチ。
これをレタスでしっかりと包み、口いっぱいに頬張ります。

       IMG_5434

レタスの甘さとフレッシュな美味しさに、ミンチの旨味が素晴らしく合います。
私の友人の先輩は、こちらのお店に来れば、
このレタス包みを2回もおかわりしたのだとか。
でも、食べてみるとその美味しさは納得できますよ(^^)

そんな水蓮月さん、この定番の人気料理だけではなく、
確実にファンの心を掴むだろうなぁ・・・
そう思った料理のひとつがこれです。

      IMG_5404

これは、前菜9種盛り合わせ。
これだけいろんな前菜が並ぶと、すごく楽しくなりませんか?
しかも、一つ一つが丁寧に作られていてすごく美味しい。

ちょっと見えにくいかもしれませんが、左上の前菜から順番にご紹介します。

クラゲの酢の物、蒸し鶏の葱ソース、桜鯛の甘辛。
アズマニシキの甘酢、有頭海老の冷製、フカヒレのお刺身。
ヤマトポークの叉焼、A5和牛のバラ肉と筍の煮込み、インゲン豆と干海老の和え物です。

少しずつ、美味しいものが並び凄くテンションが上ります(^^)

そんな名物と、前菜の盛り合わせの他にも、美味しい料理がいろいろいただけます。

        IMG_5414

              IMG_5416

ふかひれ入り蟹卵スープ。


   IMG_5437

大海老は、マヨソースとチリソースの2種類のソースで楽しめます。

         IMG_5448
和牛肉とピーマンの炒めも牛肉にも拘りがあります。
この牛肉は、鹿児島県産黒毛和牛 黒牛 A5等級BMS12番なのだとか。
私はあまり詳しくないのですが、牛肉に詳しい方が見ると、凄いのでしょうね。

       IMG_5465

               IMG_5454
そして、桜海老入り炒飯 鮑のXO醤炒め添え。
炒飯はもちろん、このXO醤が素晴らしかった!
このXO醤を、卵かけご飯にかけても、すごく美味しいらしいですよ(^^)

デザートは、ごま団子と、タピオカ入りココナッツミルク。

    IMG_5472

               IMG_5476

そんな素敵な料理を堪能できる、水蓮月 西宮ガーデンズ店は、
いよいよ4月9日にグランドオープンします。

   IMG_5394

       IMG_5395

  IMG_5397

              IMG_5399

厳選素材の前菜9種盛、名物イカの天ぷら、レタス包みを是非楽しみに行ってくださいね。


        IMG_5496



明日、4月9日より楽しめます!
ぜひ、楽しんでくださいね。









【廣東料理 水蓮月 西宮ガーデンズ店】
住 所:兵庫県西宮市高松町1−4−2 西宮ガーデンズ 4F    MAP
電 話:0798-39-8001
営業時間:11:00〜23:00(L.O.21:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(西宮ガーデンズに準ずる)
駐車場:あり(西宮ガーデンズの駐車場)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

今では、固く禁じられている一気飲み。大学生の頃、飲み会やコンパでよくやりました。♪今日もお酒が呑めるのは ◯◯さ〜んのおかげです! そ〜れ、いっき いっき  呑め! ハケ! ◯ぬまで呑め!♪まぁ、いろいろやりました。なんか、昔っていろいろ無茶苦茶だったよ ...
続きを読む
今では、固く禁じられている一気飲み。

大学生の頃、飲み会やコンパでよくやりました。

♪今日もお酒が呑めるのは ◯◯さ〜んのおかげです! そ〜れ、いっき いっき
  呑め! ハケ! ◯ぬまで呑め!♪


まぁ、いろいろやりました。
なんか、昔っていろいろ無茶苦茶だったような気もします。

そんな宴会コールの中で、ドレミの歌っていうのがありました。

先ずは、グラスを8個用意します。

8個のグラスを並べて、端から順番にビールを注いでいくのです。
あ、満タンにするのではなく、コップメロディをするときみたいに、
端から少しずつ入れていって、中身をだんだん増やしてゆくのです。

ちょうど、コップを箸でたたくと、♪ドレミファソラシド♪ってなるような感じで。
その、だんだん中身が増えてゆくコップのビールを、
全部順番にひとりで飲んでいくのが、ドレミの歌。

ドはドーナツのド(ここで最初の1杯)
レは檸檬のレ(ここで2杯め)
ミはみんなのミ(そして3杯め)・・・


こんな風に続いていく、ドレミの歌、これがかなりキツイ!

こちらのお店のこれを見た時、
思わずそのことを思い出してしまいました。

      IMG_4286

これは、「出世サワー」と言って、おかわりするごとに、
グラスの大きさが大きくなってゆくのです。
しかも、1杯の値段はどれも490円で変わらず・・・。

そんな素敵なサワーがあるお店、
堺東にある大衆酒場 天ぷら娯楽”さんにお邪魔させていただきました。

        IMG_4277

お店はこのビルの2階にありますよ。

    IMG_4279

店内は、コの字型のカウンター席と、テーブル席があります。

          IMG_4284

この、ドリンクがたくさん入ったものは、ドブ。
 
       IMG_4289

こんな感じで、楽しみ方も書いてあるから嬉しい。
わかりなかったらお店の方が親切に教えてくださいますよ(^^)

とりあえず、瓶ビールで乾杯。
 
           IMG_4298

付き出しの肉豆腐がかなり美味しい(^^)
こういうのが美味しいと、嬉しさも2倍ですね。

瓶ビールのサッポロラガー(赤星)もいいけれど、
気になるのはやはりこれ。

      IMG_4286

なんとなく、チャレンジできそうなのでやってみましょう。
全部(5杯)の飲んでも、2,500円でお釣りが来る。
気軽にやっちゃえ!

           IMG_4308

ポテサラを食べて、気持ちを落ち着かせましょう。
のっかってるクラッカー、リッツってたまに食べるとすごく美味しい。
大げさかもしれませんが、世の中にこんなの美味しいものがあるのかって思ってしま・・・
それは言いすぎか^^;

      IMG_4320

まずは1杯目。
これは小ジョッキですね。
レモンサワーのレモンがその大きさ(小ささか!)を物語っています。
そして、このカードが1杯目注文の証なのだとか・・・。
(なんで、セーラーマーキュリーのカードなんでしょうね^^;)

          IMG_4318

炙りしめ鯖が美味しい。
日本酒のほうが合うのかもしれませんが、今日はサワーがお供です。
あっという間に1杯目を飲み干し、2杯めへ。

        IMG_4334

おぉ、今度は中ジョッキですね。
これで通常のレモンサワーと同じくらいの大きさか?
カードは、セーラーマーズ。

そろそろ、お願いした天ぷらも揚がってきました。

       IMG_4333

やっぱり海老天は外せない。
プリップリで大きなエビが嬉しいですね。
塩がオススメですが、天つゆで食べるのも美味しいんですよね(^^)

2杯めも美味しくいただき、いよいよ3杯め。

         IMG_4356

おぉ、このあたりからグラス・・・いえ、これはジョッキですね。
しかも、大ジョッキ。
迫力が出てきました!
一緒に差し出されたカードは、セーラー・・・ん?
あ、セーラーヴィーナスだ!
何だか、ちょっと違うお店でお酒を飲んでる気持ちになって来たゾ^^;
(それにしても、セーラームーンのHPを見ながら、ブログを書くことになるとは思わなかったわ^^;)

      IMG_4346

サクッとした食感がうれしい、春菊の天ぷら。
流石の揚げ加減で美味しい。

     IMG_4326

手作りの水餃子も中々のレベル。
これ、オススメします(^^)

             IMG_4353
キス梅しそ。
大葉と梅の味わいがクセになる。
サワーと天ぷらってよく合いますよね(^^)

さて、いよいよ3杯めの大ジョッキも飲み干して、未知の世界の4杯めへ・・・。

        IMG_4410

サーバーから4杯めのグラスにサワーを注ぐ店員さん。
不敵な笑みを浮かべているように見えるのは、気のせいでしょうか?
それにしても、デカすぎませんか^^;

       IMG_4414

出来上がってきた4杯めのサワーはこんな感じ。
これも1杯、490円です。
(あれ・・・4杯めのカード、グラスの大きさに気を取られて、撮影してないぞ!
          たしか、セーラージュピターが描かれていたような気が・・・)


流石に、この段階でこの大きさのサワーを飲み干しのはかなりキツかった^^;;;

というか、流石に酔っ払いましたよ、これは。

その他、こんなものもいただきました。

   IMG_4361

アスパラ豚巻きの天ぷら。

          IMG_4383

   ホッケの天ぷらは、鬼おろしとともに。

そして、名物のアテ巻きも、3種類ほどいただきました。

     IMG_4387

手前から、「うなたま」、「梅しばらっきょ」、「トロたく」です。
こぼれた具もアテになるから、嬉しいですね。

そうそう、チャレンジには至りませんでしたが、ラスボス・・・ぢゃない、
出世サワーの終着駅、5杯めのグラスはこんな感じです。

             IMG_4418

左側に並ぶのが、私たちがたどり着いた、4杯めのグラス。
こりゃぁ、ムリだわ!
でも、でもですね、今までに4人だけ5杯目まで飲み干した人がいるのだとか。
途中で引き返す・・・
いえ、あきらめる勇気のある方のみ、挑戦してみてはいかがでしょうか?
盛り上がるのは間違いないですよ〜(^^)




        





【大衆酒場 天ぷら娯楽】
住 所:堺市堺区北瓦町2−3−23 駅前第一ビル 2F    MAP
電 話:072-247-7721
営業時間:16:00〜24:00(L.O.23:00)  
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の松重豊さん、このたび映画に初主演なのだとか。初主演? うそぉ!そう思った人も少ないくないのでは?松重豊さんと言えば、「孤独のグルメ」を思い受けべる方が多いのではないでしょうか?(特に、拙ブログを御覧の方々は^^;)孤独のグルメは映画ではなく、テレビドラ ...
続きを読む
俳優の松重豊さん、このたび映画に初主演なのだとか。

初主演? うそぉ!
そう思った人も少ないくないのでは?

松重豊さんと言えば、「孤独のグルメ」を思い受けべる方が多いのではないでしょうか?
(特に、拙ブログを御覧の方々は^^;)

孤独のグルメは映画ではなく、テレビドラマなので、
今回の映画「ヒキタさん! ご懐妊ですよ」が映画初主演となるのだとか。

でも、私の中では、松重さんというと、井之頭五郎。
夜食テロを思い浮かべてしまいます。

門前仲町の黒天丼、「天ぷらの中山」。
代々木上原のブータン料理、「ガテモタブン」。
宮ノ前のとろけるとんかつ、「どん平」。
木場のタンドールバル、「カマルプール」。

思わず訪問してしまいました(^^)
そして、登場するのが多かった気がする焼肉。

厚切りの肉を目の前で焼きながら食べる・・・
夜中に何度焼肉が食べたくなったことか^^;

もしも東京にあれば、孤独のグルメ惚気が来るんじゃないかなぁ・・・
そんな感じのお店に行ってきました。

          IMG_4163

新大阪駅から歩いて7〜8分のところにあるお店、
“やきにく 大黒家”さん。


そんなに便利な場所にあるわけでもないのに、予約必至の人気店。
そのわけは・・・

           IMG_4218

出てくる肉のクォリティの高さと、大きさと厚さ。

中でも、特選和牛4種盛りは、ミスジ・イチボ・ヒウチに、
ヘレ、サーロイン、リブロースのいずれかが盛られる豪華版。
4人で行くと、これがひとり1,000円ちょっとで食べられるのだから、人気が出て当然です。

      IMG_4170

目の前で焼き上がる様子は、笑顔なしでは見ていられません。

          IMG_4230

    IMG_4235

2枚乗っけるだけで、コンロが満タンになってしまうんだから、
笑いが止まらない(^^)

そしてもっと笑ってしまうのが、特上厚切り ねぎ塩タン。

        IMG_4188

嘘みたいに分厚いでしょ?
これはじっくりと焼いて、ネギを思いっきり乗っけていただきます。

       IMG_4203

残念ながら、保健所からの強い指導により、生ものは生センマイだけなのですが、
これも美味しいから、あれば注文必至ですよ!

   IMG_4177


                IMG_4181


ごはん一緒に注文して美味しいのがこちら。

      IMG_4187

ごまの葉のしょうゆ漬けなのですが、これとごはんとの相性、凄いですよ〜。

     IMG_4210

あなたは生ビールと焼肉派?
それとも、白いごはんと焼肉派?

         IMG_4241

もう少し食べたいという方は、冷麺やユッケジャンスープも美味しくてオススメです。

     IMG_4252

みんなで注文して、取り分けるのもいいかもしれませんね(^^)

こちらのお店、毎週木曜日と、スタッフに欠員が出た日は、
ユッケジャンスープや冷麺などのメニューはなくなり、焼肉だけになるのですが、
そのかわり生ビールとチューハイが200円でいただけちゃいます。

通常営業日のメニューはこんな感じで、

       IMG_4168

木曜日とスタッフ欠員日のメニューはこんな感じ。

   IMG_4169


4人テーブルにコンロがひとつなので、3〜4人で行くのがよろしいかと思います。
ぜひ予約して、極上厚切り焼肉を堪能してくださいね〜。








【やきにく 大黒家】
住 所:大阪市東淀川区東中島3−1−12 田村ビル 1F    MAP
電 話:06-6320-1617
営業時間:18:00〜22:00 
煙 草:喫煙可
定休日:火・水
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

赤べこってご存知でしょうか?伊勢名物のお菓子でも、少し前までレアだった焼酎でもなく、赤べこです。          東北、福島県の伝統玩具で、赤く塗られた張り子の首振り牛。子供の厄除けなどとして、縁起物と言われているそうです。福島に行くと、何処のお土産屋 ...
続きを読む
赤べこってご存知でしょうか?
伊勢名物のお菓子でも、少し前までレアだった焼酎でもなく、赤べこです。

          Akabeko

東北、福島県の伝統玩具で、赤く塗られた張り子の首振り牛。
子供の厄除けなどとして、縁起物と言われているそうです。

福島に行くと、何処のお土産屋さんにも売られていたような気がします。
私も子供の頃、福島に行ったときに買ってもらった記憶があるのですが、
何処に行ってしまったのかは記憶がないです^^;

よく見ると、中々愛らしい感じがしませんか?
もしまた、福島に行くことがあれば、買って帰ってきて飾ろうかと思っているのですが、
福島県に行く機会、なかなか無いですね。
昔は上野から特急で4時間かかっていましたが、今では新幹線で1時間40分。
機会を作って行ってみたいものです。

さて、赤べこ・・・べこと言えば牛のこと。
そして、先日お邪魔させていただいたお店は、
ステーキ倶楽部 BECOさん。

         IMG_4038

お店は肥後橋駅から徒歩5分くらいのところ・・・
と言うよりも、大人気のカレーのお店、Ghar(ガル)さんのすぐ隣、
と言った方がわかりやすいかもしれませんね。

お伺いさせていただいた日は、店内奥のカウンター席に座らせていただいたのですが、
その席の目の前で、料理が仕上がるのが見える特等席。(結果的にね^^;)

店内は、1階席も2階の席も満席状態で、その中を店長料理長が、
厨房の中をひとりで切り盛りしているものだから凄かった!

          IMG_3971

こう書くと、さぞ経験を積んだ、ベテランのシェフかと思いますよね?
後で年齢を聞くと、まだ24歳とのこと。
まぁ、見事な手捌きと要領で、次々と料理を仕上げていくのです。
そんなシェフが仕上げたステーキがまた抜群に美味しい。

        IMG_3987
フィレ、サーロイン、ハラミステーキの三種盛り。

見るからに、絶妙な焼き加減でしょ?
こちら側から厨房を見ていると、
フライパンの上を見ていないようできちんと見ているんですよね。

       IMG_4002

フィレステーキなんて、箸で切れるほどの柔らかさで、

  IMG_3994

ハラミステーキに関しても、これ以上生では食べにくく、
またそれ以上焼けば固くなってしまうギリギリのところを読み切って出してくれます。
こうなってくると、目の前で作り上げられていく料理が、
何もかも美味しそうに見えるから、楽して仕方がない。

ステーキだけではなく、他の料理も全てこなしちゃいます。

          IMG_3968
ネギのトマトソースペンネは、熱々の鉄板で提供されます。
ネギが焼けてトマトソースとよく合います。

熱々のペンネと冷たい生ビールも格別。

       IMG_3949

そうそう、肉を食べたら、きっちり野菜も食べましょうね。

     IMG_3948

            IMG_3957

サラダもいろいろ揃っていますよ(^^)

ステーキを食べたあとの〆は、やっぱりこれでしょ。

     IMG_4003
肉がたっぷりと入ったガーリックライス。
これも目の前で、炎をバンバン上げながら仕上げてくれるから、
ワクワクしっぱなしです(^^)

デザートは、クリームブリュレと、
  
              IMG_4018


果実のマリネとジェラート。

    IMG_4010

満足度高いです。

この日は、ホールが3人と厨房がひとり。
そんな少人数で切り盛りしえているのに、お店の方はみんな笑顔で親切。
なるほど、満席になるわけだわ、これは。
いいチームワークが取れてるなぁ・・・そんな印象を受けました。

そんなこちらのお店のメニューはこんな感じです。
 
  IMG_3941

        IMG_3937

  IMG_3938

          IMG_3939

メニュー数がすごく多いわけではないけれど、食べたいものは揃っている。
そんな感じですね。



     IMG_3940
ランチタイムは、ステーキやとんかつ、唐揚げなどの中から好きなメインを選び、
店内中央のセルフコーナーで、ごはんなどを持ってくるスタイルでしょうか?
ごはん、スープ、生玉子、そして特製のカレーもあって、それらは自由にいただけるとのこと。
そんなランチタイムもいいですね。

           IMG_4030

美味しいステーキを食べたくなったら、是非行ってみてください。
人気店なので、予約されるのがベターだと思いますよ。








【ステーキ倶楽部 BECO】
住 所:大阪市西区京町堀1−9−10 リーガルスクエア京町堀 1F     MAP
電 話:06-6131-9359
営業時間:11:30〜15:30(L.O.15:00) 17:30〜23:00(L.O.22:00) 
煙 草:分煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加