美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: ランチ

乗り越えなければならないものが大きいほど、それを達成したときの喜びも大きい。人生にはいくつか乗り越えなければいけない試練がある。それは、お腹の中から外の世界に出てくる瞬間、つまり誕生の時からはじまり、歩き初めるときに転び続けること、そして、進学して家族以 ...
続きを読む
乗り越えなければならないものが大きいほど、
それを達成したときの喜びも大きい。

人生にはいくつか乗り越えなければいけない試練がある。
それは、お腹の中から外の世界に出てくる瞬間、つまり誕生の時からはじまり、
歩き初めるときに転び続けること、
そして、進学して家族以外のものとの交渉、
そしてはじめての受験・・・・

って、そんなカタイ話ではない^^;


もしも、評判の店があり、
その店が見つけにくく、しかもだいたい行列ができるほど人気で、
待ち時間も多少あり、待ってる間に、
独自のルールが書かれた張り紙がズラリと貼ってあるとすれば・・・。

         IMG_1390
横断歩道を渡れば、そこは目的のお店。
ここから見ていても、行列ができていているのが見える。

このお好み焼き屋さん、人気があるなぁ!

通りがかりの人はきっとそう思うはず。
でもよく見てほしい、
お好み焼き屋さんの前にある椅子には、誰も座っていない。

         IMG_1382

え・・・
いったいあれは、何の行列なのか?

   IMG_1384

よ〜く見ると、半分だけ空いたシャッターの中にも人が並んでいるようだ。
え・・・よく見るとシャッターの中、階段にも人が並んでいるよう。

そう、ここがカレー好きの間では知らない人がいないくらいに有名な、
 “吉田カレー”。

         IMG_1385

表から見て、ここが吉田カレーだとわかるものは、この小さな看板だけ。

開店していても、シャッターは半分くらいしか開いていないので、
気をつけなければ見落としてしまう。

そんな情報は知っていたのだが、ものの見事に通り過ぎてしまった^^;
実際に一度は来てみないとわからないものだと実感。

その列の最後尾に加わり、半分シャッターの空いた中の階段に並ぶことにする。

と、目の前に早速注意が書かれた貼り紙を目にすることに。




張り紙 店内外 厨房内 撮影禁止
(カレーの写真はご自由に) 
月火金土 営業
当店はお客さんを選びます 気に入らない方には売りません




おぉ〜。
張り紙を撮影しようと思ったら、アブナイ、アブナイ^^;
ここはお店のルールを守ります。
(ネットで調べたら、貼り紙の画像がたくさん出てきますが、それはきっと昔のものでしょう)

階段の幅は、60cmほど。
ですので、体を壁と平行にしないと、すれ違うことが出来ません。
食べ終わった人がお店から出てきたら、体を横にして、通路を空けましょうね。 




暑いとか寒いとか
バナナの皮が気持ち悪いとか
苦情系は一切受け付けてません
我慢して全部食べてください。





バナナの皮・・・
そんなこと言う人、いるんだ^^;



 
カレー以外は撮影禁止です。
それと何もなくても
突然怒り狂う時がありますが、ご了承ください。
来てくれと言った覚えはありません。
星の数ほど飲食店はあります。
他所に行ってください。





階段を上がっていって、お店の入口が近くなるに従い、
メッセージも直球になってくるような気がします^^; 
でも、それだけいろいろなルールがあっても、食べたいと思い、
しかも、リピーターが多いお店。
そりゃぁ気になります。

でも、少し考えてみると、
どのメッセージもそんなに無茶なことは書いていません。


入り口まで、あと3人のところまで進んだところで、
お店の方がメニューを持って出てきてくださいました。
(ちなみにこの方は、店主ではなく、事前に注文と人数を聞いてくださる方のようです)




辛口 or 甘口 or MIX (甘口多め or 半々)
大 並 小

トッピング 
豚 キーマ 中華アチャール チーズ 納豆 温泉卵




以前は、席に案内されて、店主から声をかけていただいてから
注文するスタイルだったようですが、この日はこの時点で注文します。

この日の注文は、MIX 小 キーマ 豚。
そしてまた、席が空くまでしばらく待ちます。

入り口の扉のところには、
勝手に入っちゃダメ  の文字が。
満席なのに、食べてる後ろで待たれると、確かに落ち着かなくなりますものね。




本当にやる気がないので できれば他に行って下さい。




遠慮がちに手書きで書かれたメッセージ。
これを乗り切れば、入店・・・。

(この他にも、いくつか張り紙がありましたので、興味がある人はネットで調べてみてくださいね!)




その後しばらくして入店。
カウンターの一番奥の席をすすめられ、そちらに座らせていただきました。

カウンター席・・・
ということは、厨房の中でカレーを作る店主の姿を見ることが出来ます。

あれだけいろいろと書かれていたので、どんな方かと思っていましたが、
髭を生やした至って普通の方・・・
とはいえ、職人の雰囲気はすごく漂っています。


店内は、カウンター席が3席と、4人がけのテーブルが1卓で、全部で7席。
ちなみに、テーブル席に案内された時は、
カレーの受け取り、食器の返却はセルフサービス。

道路に面した窓が大きくて、店内は明るいですよ。

間もなくして、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_1311

美しい!
それがこのカレーを見たときの第一印象。
甘口と辛口のカレーが2層になって、その奥にキーマがのっかったごはん。
そして、キレイに卵黄がのっかっています。

では、早速いただきます。

      IMG_1319

おぉ!
噂を上回る美味しさ(^^)
味わいがものすごく奥深い。

いろんな素材が溶け込んで、複雑な味わいを構成しているのがわかります。
でもしかし、それぞれが何であるかはわからない。
こういうのを調和が取れているっていうのでしょうね。

       IMG_1313

トッピングでお願いした、豚。
かなりの大きさですよ!
すごく柔らかく煮込まれて、手間がかかっているのがわかります。

        IMG_1322

スプーンでほろっと崩れる柔らかさ。
これ、初めて食べる人は確実に感動すると思いますよ(^^)

   IMG_1315

ごはんの上には、たっぷりのキーマと卵黄。
まずは、キーマだけをいただいてみる・・・。

おぉ、濃厚でありながらも嫌味な雑味は何もなく、かなり美味しい。
そして、卵黄を崩してみると・・・。

          IMG_1326

カレーの旨味、スパイス、卵黄の濃厚さが複雑に絡み合って、
スプーンを動かす手が止まらなくなります。


店を見つけ、
行列を乗り越えて、
ルールを理解し、
そして、至福のひとときを味わえる。

美味しいカレーを求めている人は、是非トライすべきお店だとも思いますよ〜!







【吉田カレー】
住 所:東京都杉並区天沼3-8-2 2F    MAP
電 話:
営業時間:11:30〜13:50 17:30〜20:00  ※土曜日はランチタイムのみ。
煙 草:完全禁煙
定休日:水・木・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のTwitterはコチラ



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜日の夜8時って、何してますか?ま・・・だいたい呑んでますねぇ^^;何曜日であろうと、乾杯のビールを1杯飲むと、体内時計が勝手に金曜日の夕方になってしまう・・・・。そんな経験ないでしょ・・・あるわけ無いか^^;そんな週末を過ごす前は、金曜日の夜8時といえば、テレ ...
続きを読む
金曜日の夜8時って、何してますか?

ま・・・だいたい呑んでますねぇ^^;
何曜日であろうと、乾杯のビールを1杯飲むと、
体内時計が勝手に金曜日の夕方になってしまう・・・・。

そんな経験ないでしょ・・・あるわけ無いか^^;

そんな週末を過ごす前は、
金曜日の夜8時といえば、テレビの前でプロレス見てたかなぁ・・・。
アントニオ猪木、坂口征二、ストロング小林、藤波辰巳、
タイガー・ジェット・シン、アブドーラ・ザ・ブッチャー、
アニマル浜口、上田馬之助、スタン・ハンセン、ハルク・ホーガン・・・。


タイガー・ジェット・シンに恐怖し、
上田馬之助の乱入に腹を立て、
アントニオ猪木の勝利に歓喜した。

イノキボンバイエ! イノキボンバイエ! 
            イノキボンバイエ・・・。


ボンバイエ・・・・ボマイェ。
ボマイェは、アントニオ猪木ではなく、中邑真輔の得意技。

でも、同時に美味しいカレーの合言葉でもある。

ボマイェ・・・“スパイスカレー ボマイェ”

阪神電車の今津駅前に、そんな名前をした、スパイスカレーのお店があるよ!

阪神間の美味しいお店に詳しい、このお方にお誘いいただき、行ってきたお店。

       IMG_1710

串カツのお店の大きなテントに目が行きがちですが、
よく見ると2階へ上る階段のところに、「スパイスカレー」の幟が立っています。
           
           IMG_1711
こちらのお店は、居酒屋とりごや商店さんのランチタイムを間借りして営業・・・
え、そうではない。
同じ店主が、ランチタイムを「スパイスカレー ボマイェ」と名乗り、
スパイスカレーのお店として営業されているのだとか。
いわゆる二毛作営業ですね〜。

       IMG_1712

階段の下にメニューも書いてあるので、お店に入る前に何が食べられるのかを確認できますよ。

2階にあるお店は、窓も大きくて、明るくいい感じですよ〜。

         IMG_1714

窓際のテーブル席に座り、改めてメニューを確認します。

      IMG_1717

答えはこうだ・・・

ボマイェキーマカレー   950円
塩糀のチキンカレー      950円
2種あいがけ            1050円

キーマと鶏白湯のスープカレー  980円

 あいがけはできません  (あたりまえか^^;)


前情報では2種のカレーと、そのあいがけだけだったと思っていたけれど、
スープカレーが出来ている・・・。
これは迷うなぁ・・・って、ふたりで来てるんだから、両方注文すればいいいのか^^;

夜は焼鳥が美味しい居酒屋さんが作る、鶏を使ったスパイスカレー。

歯ごたえと旨味を重視し、淡路島産の親鶏ミンチを使用したキーマと、
糀屋本店さんの塩糀に漬け込んだチキンを使用したチキンカレー。

                       ※ボマイェさんのHPから引用。
それらのカレーに、スパイスたまご、野菜の酢漬け、
熟成芋の炒め、豆煎餅、野菜のスパイス和え、これら全てが付いてくる。
そんな豪華なカレーって、どんな形で出てくるのか・・・。

はい。
こんな感じです。

        IMG_1726

大きめのお皿に、たっぷりと盛られて、しかも美しい。
ボマイェキーマカレーと、塩糀のチキンカレーが、きれいな境界線を描きながら盛られている。

         IMG_1728

それぞれの味わいを確認した後、この境界線の味わいもしっかりと。
どうやって食べようかと考えているだけでもワクワクしてくる(^^)
そして、上からカレーを眺めてみると、もう少し全貌が見えてくる。

      IMG_1724

2つのカレーの真ん中には、ごはんの島があり、頂上にはスパイスたまごが鎮座。
スプーンで崩してしまうのがもったいないくらいにキレイにですね。

とはいえ、折角の熱々カレー。
冷めないうちにいただきましょう。

           IMG_1745

口の中に入れて、最初に感じるのは強烈な旨味。
ランチタイムのカレーを出し始めてから、まだそんなに時間は経ってないと思うのですが、
この完成度は10年来のお店と並んでも全く引けを取らないレベル。

それもそのはず、カレー屋さんとしての歴史は新しいものの、
飲食店としての経験、そしてカレーが好きで、
カレーを愛する心は誰にも負けない店主が、研究に研究を重ねて送り出したカレー。
それが美味しくないわけがないのです。

        IMG_1737

            IMG_1734

副菜もかなり拘って作られているのが食べていてわかります。

半分くらいカレーを楽しみ、スパイスたまごにも着手します。

     IMG_1759

スプーンで少し押してみる。
うん、何だかいい感じ(^^)
それでは早速・・・。

          IMG_1761

白身が弾け、中からトロリと半熟の黄身が溢れ出る。
これを適度にカレーと混ぜながらいただくと、スパイスの性格がガラリと変わるから面白い。
こういう、立体的な食べ方が出来るのも、
カレーを食べる楽しみのひとつなんだと実感できますよ。

      IMG_1749

ちなみにこちらは、鶏白湯スープカレー。
一口いただきましたが、かなり美味しい。
鶏の旨味の引き出し方を知る尽くした人のみが作ることが出来る逸品・・・。
そう表現するのが一番しっくりくるような気がしました。

そういえば、メニューに面白そうなものも載っていたなぁ・・・。

         IMG_1718

かき氷にも、スパイスの要素を取り入れた、スパイスかき氷。


カレーを食べて、ちょっと汗ばむくらいになっていたので、
これもお願いしました。

      IMG_1767

こちらが、マサラチャイ マスカルポーネ。


          IMG_1775

そしてこちらは、マンゴー 杏仁アニス。

双方ともに甲乙つけがたいくらいに美味しい。
何と言っても、氷がものすごく細かくて粉雪状態。
だから、口の中での溶け方が素晴らしい!

スパイスカレー、かき氷ともにすごく研究されて完成させたのがヒシヒシと伝わってきます。

       IMG_1720

明るく話好きな店主、内山さん。
カレーもかき氷も、今でも充分すぎるほど美味しい。
でも、まだまだ進化させるのだろうな・・
話していて、そう感じずにはいられませんでした。

阪神今津駅を降りたら、徒歩10秒。
ぜひ食べに行ってください!
今、注目のスパイスカレーですよ〜。

      







【スパイスカレー ボマイェ】
住 所:兵庫県西宮市今津水波町2-1-2 2F     MAP
電 話:
営業時間:11:30〜14:00 
煙 草:
定休日:不定休(Instagramで告知)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のInstagramはコチラ




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

    大盛りと食べ放題、どちらのほうが魅力的でしょうか?最初から、ドカッと盛られてくる大盛り・・・いえ、その領域になると、ギガ盛りとか、テラ盛り何て表現も使われますよね^^;見た目のインパクトはかなり大きく、インスタ映えもする。(大盛りを注文したら、残さず ...
続きを読む
    大盛りと食べ放題、
どちらのほうが魅力的でしょうか?

最初から、ドカッと盛られてくる大盛り・・・
いえ、その領域になると、ギガ盛りとか、テラ盛り何て表現も使われますよね^^;
見た目のインパクトはかなり大きく、インスタ映えもする。
(大盛りを注文したら、残さずに食べましょうね〜^^;)

目を引くことに関しては、こちらに軍配が上がります。

では、おかわり自由の食べ放題は・・・。
こちらは、好きなものを好きなだけ食べられるという魅力があります。
ご飯も最初から“ドカッ”と盛られるのではなく、おかわりの度に熱々がいただける。
唐揚げもその都度揚げたて(^^)
でも、見た目のインパクトは普通・・・悩ましい^^;

さぁ、あなたは大盛り派、それとも替え玉派?

大盛りでも、おかわり自由でもないのですが、
ランチタイムの住宅地に、通行人が振り返るほどの行列が出来ているお店があります。

私も先日、こちらのお店に行くときに見て、気になって仕方がなかったのです。

この日は、そんな行列に参加してみました。

          IMG_0410

開店時間の20分前、すでに19人が列を作っています。
と、言うことは私は20番目^^;
ま、雨も降っていないし、暑くもない。
ゆっくりと待つことにしましょう。

で、これは何の行列かって?

       IMG_1441

これは、“江戸富士”さんという、お鮨屋さんのランチタイムを狙っての行列なのです。

鮨屋のランチ・・・
そんなに珍しいか?


そう思いますよね?
でも、このメニューを見れば、それが納得できるはず。

        IMG_1443

限定 昼サービスメニュー 
生マグロトロのせ(上)海鮮どん 2,000円
(上)海鮮どん  1,500円
(上)バラどん  1,500円
バラどん  1,000円

これだけ見ても、ちょっと普通って感じもしれません。

でも、その内容がすごいらしいのです。

しばらく待って、店内に空席ができたようなので、早速店内へ。

         IMG_1444

店内は、カウンター席が9席と、4人がけのテーブルが2卓で8席。
4人未満での来店では、当然テーブル席は相席です。

      IMG_1446

カウンター席の一番奥に座らせていただき、食べたいメニューを注文します。

「すみません、バラどんと、魚汁・・・」
「すみません、魚汁は終わっちゃったんですよ。」
「あ、ではバラどんと・・・」


残念ながら、魚汁はすでに売り切れ。
20番目なら仕方ないですよね^^; 

折角なので、奮発して生マグロ(上)海鮮どんにしようかと思ったのですが、
それだと豪華で当たり前かと思い、
一番リーズナブルな1,000円の「バラどん」をお願いしました。  

        IMG_1449

出されたお茶を飲みながら、ゆったりと出来上がるのを待ちます。

店内も最初のピークを過ぎ、ちょっと落ち着いてきた感じでしょうか?
後ろに並んでいたお客さんも、次々とお店の中に入ってきます。

皆さんの注文を聞いていると、
(上)海鮮どんや、(上)バラどんを注文される方が多いようです。 
目の前の冷ケースに並ぶ、海老、いくら、ウニ・・・。
(上)にすると、あれが乗っかってくるんだろうなぁ・・・。

そんなことを思いながら待っていると、お願いした「バラどん」が出来上がってきました。

        IMG_1458

              え!
           これは凄い(^^) 
 

丼の上に、刺身が満タン・・・・
というか、ごはんが見えないんですけど^^;  

        IMG_1460

ぶり、まぐろ、かつお、中落ち、サーモン、うに、帆立、白身・・・

ものすごくたくさんの種類の刺身が、てんこ盛りなのです。
海鮮どんではなく、バラどんなので、刺身は端の部分の切れ端なのですが、
乗っかってる数が半端ない!

以前、インド人の店主に教えてもらった、
南砂町のこちらのお店のバラちらしも凄かったですが、
これも全然引けをとらないくらいに素晴らしい!  

で・・・
実はそれだけじゃなく、ちょっぴり贅沢をしてプラス380円で、
こんなものも付けちゃっていたのです。 

          IMG_1463

鰻串をプラスアルファ。
これがなくても、充分に豪華でしたね(^^)

でも、この鰻もホロッと柔らかくてかなり美味しい。

      IMG_1465

新鮮な刺身と鰻。
ご飯がすすむこと間違いなしのモノなのですが、少々食べたくらいでは、
中々ごはんにたどり着かないくらいにたっぷりと海鮮が乗っかっています。

             IMG_1468

驚いたことに、少しではありますが、ウニも乗っかっていますよ(^^)

好みでわさびを付けて、醤油を回しかけていただくと、
確実に箸を持つ手が止まらなくなります。

     この内容で、たったの1,000円。
これは、並んででも食べたくなりますね(^^)

魚汁など、これは絶対に食べたいってものがあれが、開店時間よりも前、
早めにお出かけになることをオススメします。







【江戸富士】
住 所:東京都文京区湯島2−7−7    MAP
電 話:03-3811-0111
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜21:00  ※土曜日は予約のみ。
煙 草:
定休日:日祝、予約のない土曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

そうめん、スイカ、かき氷。これを私は、夏の三種の神器と呼んでいます。(勝手に^^;)スイカ以外は、その気になれば一年中食べることが出来るのですが、やはり夏に食べるそれらは最高ですよね(^^)みなさんも、これを食べれば夏を実感できるってもの、ありますでしょうか?冷 ...
続きを読む
そうめん、カ、かき氷。
これを私は、夏の三種の神器と呼んでいます。(勝手に^^;)

スイカ以外は、その気になれば一年中食べることが出来るのですが、
やはり夏に食べるそれらは最高ですよね(^^)

みなさんも、これを食べれば夏を実感できるってもの、ありますでしょうか?

冷やし中華、鰻、とうもろこし、枝豆、焼きなす、鱧、冷や汁・・・

冷や汁を初めて食べたときは、感動しました。
今からもう、10年以上前になりますが、信州に旅行に行ったときに食べた冷や汁、
こんなものがあったのか! って、感動しました。

そんな、冷や汁を初めて食べたときのような感動、
最近また味わいました。

この日にお伺いさせていただいたのは、京都 川端二条にあるカレーのお店、
“和とcurry しらべ”さん。

          IMG_1284

今年の4月にオープンしたばかりの、新しいお店ではあるのですが、
和のエッセンスをふんだんに取り入れ、
創意工夫されたカレーが、早くも評判のお店なのです。

          IMG_1287
基本メニューは、“お出汁とCurry”の「さらり」と、
しっかり煮込んだ「とろり」

そして、この季節限定で、冷たいお出汁でいただくカレー、
「ひやし」がラインナップに加わったとの情報を聞き、早速お邪魔させていただきました。

木のぬくもりを感じる店内は、京都観光の疲れを癒やしてくれそうな雰囲気ですよ。

       IMG_1219

カウンター席の真ん中に座らせていただき、まずはメニューを確認します。

   IMG_1215

さらりととろり、そして、とろりキーマの3種類があります。

        IMG_1213

そして、夏の限定メニューの「ひやし」。
日本酒とスパイスでマリネした鯖をごはんにのせ、
つめたい出汁をかけて食べる夏のカレー。
こんなふうに説明を書かれると、気になって仕方がないですよね。

          IMG_1216

ドリンクメニューも、カレーに合ったものを揃えているそうですよ。

お願いしたのは、もちろん「ひやし」。
ランチタイムには、サラダとドリンクが付いたランチセットも選べるので、
セットでお願いしました。

店内は、奥に厨房側と壁側にカウンター席があって10席。
そして、店内入口側に4人がけのテーブル席が2卓、8席あります。

            IMG_1210

    IMG_1211

開店時間とほぼ同時に入店したので、まだお客さんはいませんが、
このあと女性のお客さんを中心に、すぐにほぼ満席になりました。
しかも、お店の方とお客さんの会話が聞こえてきて思ったのですが、
リピートしてるお客さんの多いこと!

カレーの美味しさはもちろん、お店の雰囲気と柔らかな接客が理由なんだろうなぁ・・・。
そう感じました(^^)

しばらくすると、先にサラダが提供されます。

            IMG_1224

レタスと豆腐のサラダ。
ここにも京都らしさを感じます。

サラダをいただいていると、カレーの方も出来上がってきました。

         IMG_1235

ドライタイプのキーマカレーのように見えるこのカレーは、
鯖のキーマカレー。
夏らしく、キュウリが添えられてありますよ。

    IMG_1243

そして、一緒に提供されるのが、キンキンに冷えたお出汁。
これを、鯖のキーマカレーの上に、回しかけていきます。

          IMG_1247

出しをかけた部分のカレーが、静かに崩れていくのを見ているだけでも、
食欲が湧いてきますよ(^^)

      IMG_1254

こんな感じで、準備完了!
それでは、早速いただきましょう。

            IMG_1256

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これはいい!
出汁の美味しさもそうなのですが、マリネされた鯖のカレーがすごく美味しいのです。

        IMG_1239

一緒に提供される、味噌玉とすだち。
これを途中で少しずつ投入すると、味に変化が加わり楽しい。
味噌玉は、旨味を変化させ、すだちはスパイス感をキリッと引き締める。

       IMG_1266

残った出汁を加えるとともに、凍った部分の出汁も一緒に投入。
これで、清涼感もMAX!
見た目には、涼しさ満点です(^^)


このカレーの凄さは、いろんな一面を持ち合わせていることでしょうか?

親しみのある出汁の旨味を感じた後、さりげない鯖のカレーが顔を出して来て、
そこから一気に出しをカレーが包み込み、スパイシーな余韻が口の中を漂う。
これは、和のマジックか、スパイスの秘めたる力なのか?

      IMG_1263

針生姜や、玉ねぎのピクルスなどの薬味も一緒にいただくと、
更に旨味に変化が加わり、複雑な美味しさを堪能することが出来ます。

ただ涼しいだけではなく、涼しさの中にも、いろんな味わいをきっちり演出してくれる。
これは、凄いカレーだと思いますよ。

          IMG_1277

食後のドリンクは、スパイスレモンソーダを。
爽やかなレモンの酸味と、ほのかに香るスパイスを両方楽しむことが出来ますよ!
(スパイスレモンソーダは、プラス100円で、選ぶことが出来ますよ!)

夏だから冷たいカレー・・・
でも、それだけじゃない。
それ以上の味わいを是非体験しに行ってみてください。
そして、きっとリピートしたくなると思いますよ(^^)








【和とcurry しらべ】
住 所:京都市左京区難波町216    MAP
電 話:075-708-7440
営業時間:11:30〜15:30  17:00〜21:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

参議院議員選挙が公示されましたね。また選挙? そう思う人も、はじめての選挙の人も皆さん投票に行きましょう!でも、仕事や遊びの予定が入っていてそのいには行けない。そんな人は、期日前投票を・・・あれ、期日前投票と不在者投票、一体何が違うのか?期日前投票って名 ...
続きを読む
参議院議員選挙が公示されましたね。
また選挙? そう思う人も、はじめての選挙の人も皆さん投票に行きましょう!

でも、仕事や遊びの予定が入っていてそのいには行けない。
そんな人は、期日前投票を・・・

あれ、期日前投票と不在者投票、一体何が違うのか?

期日前投票って名前に変わってから、レジャーが理由の事前投票も可能になって、
名前が変わったのだと思っていたら、そうじゃないらしい。

<期日前投票>
投票日に仕事やレジャーの予定が入っていて投票日に来れない人が、
事前に投票できる方法。
<不在者投票>
長期出張、就学、海外滞在などで、投票所に行けない人が、郵送や滞在地の投票所で、
投票できる方法。(事前に書類による申請が必要)


海外滞在で、本格的な現地の料理を食べながら郵送で投票・・・
少し憧れます^^;


さて、海外滞在していなくても、本格的なパキスタン料理がいただけるお店、
三宮にある“TANDOOR(タンドール)さんが、
ついにランチ営業を始められました。

         IMG_1053

三宮駅から北へ向かい、東急ハンズのよこ、東門街を更に少し山側へ。

        IMG_1050

ビルの1Fに看板も出てるので、すぐに分かると思いますよ。

こちらのお店は、私が大好きな元町のパキスタンカレーのお店、
チーニーカリーの店主が修行したお店。
つまり、お師匠さんのお店なのです。

以前は、夜の営業のみだったのですが、ついにランチ営業開始。
ということで、早速お邪魔させていただきました。

          IMG_1049

エレベーターで4Fに上がるとすぐに入り口があります。
扉を開けると、店主が笑顔で・・・・
あれ、チーニーカリーの店主さんがいらっしゃる。

この日はちょうど、チーニーカリーさんの定休日。
ヘルプに来ていらっしゃるのですね(^^)

ランチメニューはこんな感じです。
 
        IMG_0993

チキンかマトン、それに豆か野菜のカレーと、ナンとサラダが付いて1,000円はオトクですね。
チキンかマトンならば、マトンかな・・・

「こっちのレギュラーメニューも出来ますよ!」とのこと。

     IMG_0991

         IMG_0992

「え・・・ひょっとして、ハリームも出来るんですか?」
「ハリーム、ありますよ!」


まぢですか?
パキスタンレストランに行っても、予約しないと食べることが出来ない、
めちゃくちゃ手間のかかる料理、ハリームが食べられるチャンス到来!

これは迷う・・・
迷・・・・・・

       「ハリームください! そしてナンも。」

全然迷ってませんね、はい^^;

店内は、ゆったりと広く30席以上あるでしょうか?

      IMG_0995

ディナータイムにグループで来て、いろんな料理を注文したら楽しいでしょうね。

あ・・・
ちなみにランチセットはこんな感じです。

         IMG_0998

マトンカレーと豆カレー、そしてサラダにナン。
これ、1,000円は素晴らしいですよね(^^)
(お願いして、撮影させていただきました。)

そして、私が注文したハリームはこんな感じ。

         IMG_1001

器に満タン!
たっぷりと盛っていただきましたよ。

ハリームとは・・・
小麦、大麦、肉、レンズ豆、スパイスを7〜8時間煮込み、肉は繊維状になるまでに。
ラマダーンの夜に用意される特別料理でもある。


初めてハリームを食べたとき、その味わいと食感に感動し、
一発で虜になってしまったのを思い出します。

       IMG_1008

ドロっとした感じの中、肉の繊維を噛みしめるような食感が素晴らしい!
この味わいを一度知ってしまうと、その魅力にハマること必至かもしれません。

     IMG_1029

そのままひたすら食べてもおいしいのですが、やはりナンもあれば最高。

        IMG_1032

パキスタンのナンは、インドのそれとは違い丸い形をしていることが多いようです。
そして、ギイが塗られていることもなく、あっさりしています。

       IMG_1036

ハリームをたっぷりと付けて食べると最高に美味しい(^^)
ランチタイムにお邪魔しましたが、気分は完全にディナータイムですね。

そして今なら、パキスタンのマンゴーをいただくことも出来ますよ。
(ひとつ、500円だったと思います。)

        IMG_1044

大量に仕入れたマンゴーの箱を持つ、店主ヤヤさん。
すごくいい香りが漂います。


     IMG_1046

手で持つと、その大きさがよく分かると思います。
私も少しいただきましたが、濃厚な甘さの中に爽やかさも加わり、
かなり美味しかったですよ(^^)

パキスタン人のシェフが本気で作る、ホンモノのパキスタン料理のランチ。
是非食べてみてくださいね!
必ずリピートしたくなりますよ。





【Tandoor(タンドール)】
住 所:神戸市中央区中山手通1−5−8 東門稲葉ビル 4F    MAP
電 話:078-321-0027
営業時間:12:00〜15:00  18:00〜翌4:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日本三大洋食って何だかわかりますでしょうか?カレーライス、ハンバーグ、とんかつ、グラタン、オムライス、ナポリタン、ポークチャップ、カキフライ、コロッケ、海老フライ、メンチカツ・・・。こうやって並べてみると、全部美味しそうに見えてくるから仕方がない^^;幕末か ...
続きを読む
日本三大洋食って何だかわかりますでしょうか?

カレーライス、ハンバーグ、とんかつ、グラタン、オムライス、ナポリタン、
ポークチャップ、カキフライ、コロッケ、海老フライ、メンチカツ・・・。

こうやって並べてみると、全部美味しそうに見えてくるから仕方がない^^;

幕末から明治にかけて、日本に入ってきた洋食。
その頃は、庶民の手には届かない高級品だったのでしょうね。

そんな洋食も、現在ではいろんな形に変化して、
みんなが楽しめるものへと変わってきています。

カツカレー、ハンバーグナポリタン、メンチカツサンド、グラタンコロッケ・・・。

日本三大洋食っていうのは、
カレーライス、とんかつ、コロッケを指すのだとか。

コロッケって、洋食に分類されていたのですね。
クリームコロッケはわかるけれど、じゃがいものコロッケが洋食になるとは、
なんかイメージが掴みにくいなぁ・・・。

多分それって、このメニューの影響もあるかもしれませんね・・・。

           IMG_0370

そばの上に、天ぷらではなく、コロッケをのっけてしまった、コロッケそば。
このメニュー、好みは分かれるかもしれませんが、私はこれがやめられなくって^^;

この日は、池袋西口五差路の交差点にあるお店、“君塚”さんに行ってきました。

      IMG_0317

池袋駅の西口をマルイ方面に向かって歩いていくと、この交差点にたどり着きます。
そこで、ひときわ目立つのがこちらのお店。
時間帯によっては、マルイよりも目立っているかもしれませんよ^^;

いつ行っても、ほぼ空いている立ち食いそばのお店。
(何と、23時間営業なんですよね〜)

       IMG_0318

かけ、たぬき、月見、カレー南、きつね、山菜・・・
メニューが豊富でしかも安い。
そして、外から店内のメニューも見えるようになっているところが上手いなぁ^^;

        IMG_0319

お得なセットメニューもあり、
同価格で関西風の出汁(浪花味)にも出来るところが面白い。

店内に入り、食べたいそば(うどんでもいいけど)を、注文し、
先に代金を支払います。

30秒も待てば、目の前にお目当てのそばが提供されます。

        IMG_0370

お願いしたのは、コロッケそば。
もちろん、浪花味ではなく、関東のしっかりした色のつゆ。
この方がそばには合うのです。(と、強く思っているのです^^;)

      IMG_0369

そして、そばには青ネギではなく、絶対に長ネギ(白ネギ)の方が美味しい。
(と、強く思っています^^;)

ネギだけではなく、ワカメもたっぷりと入っているのが君塚流。
(多分、かけそばには入っていないでしょうけど・・・)

で早速、つゆからいただきます。

うん、これこれ(^^)
この力強いのがいいのです。
わかめが入っているので、香りもいい。

そばは、けっこう存在感があります。
しなやかなタイプではなく、ざらついた感じが心地良い。
この方がつゆとしっかり絡んで、美味しいですし、これはちょっとクセになります(^^)

         IMG_0371

そして、主役はこれ。
揚げたての熱々をサクッと食べるのも美味しいけれど、
つゆをしっかりと吸い込んだコロッケも美味しいのです。

       IMG_0372

これを食べると、鍋をするときに、コロッケを横において、
出汁に浸して食べてやろうかと、半ば本気で考えてしまいます^^;

君塚さんのコロッケそば・・・
というか、立ち食いそば全体のまとまりに、ちょっとハマってしまいました。
とはいえ、380円の中華そばも、かなり気になります。

        IMG_0320

今度は是非、中華そばも食べに行ってみたいと思います。
(実は、こちらの中華そば、かなり人気があるらしい・・・)






【君塚】
住 所:東京都豊島区池袋2−1−1 スギヤマビル 1F    MAP
電 話:03-3982-4419
営業時間:4:00〜翌3:00 ※金〜日、祝日は24時間営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

お弁当のこころ強い味方、ふりかけ。丸美屋の三色ふりかけ、たらこ、ごましお、のりたま。あれって、何故かバランスよくなくならないんですよね・・・。で、補充用のふりかけもちゃんと売ってるし^^;ふりかけも多種多様で、色んな種類のものが売られています。鶏そぼろ、すき ...
続きを読む
お弁当のこころ強い味方、ふりかけ。

丸美屋の三色ふりかけ、たらこごましおのりたま。
あれって、何故かバランスよくなくならないんですよね・・・。
で、補充用のふりかけもちゃんと売ってるし^^;

ふりかけも多種多様で、色んな種類のものが売られています。

鶏そぼろ、すきやき、カレー、焼き肉、牛丼、カツ丼、天丼・・・。

気になるのが、鰻丼のふりかけ、タコライスのふりかけ、お好み焼きのふりかけ。
これを食べると、お好み焼き定食も抵抗なく食べることが出来るのでは?

ふりかけといえば、湯島に
「ふりかけ式カレー」と呼ばれるカレーを出しているお店があるのだとか。

もちろん、カレーにふりかけが掛けれれているわけではなく、
たっぷりのトッピングが、そのように見えるから、そう呼ばれているのだとか。

お店は、湯島からも御茶ノ水からも歩いて5分と少し。

途中、1,000円で山盛りの海鮮丼が楽しめる有名なお店、
江戸富士の横を通り過ぎる。
すでに20名くらいが行列を作っているのを横目に、通り過ぎるとすぐに到着。

        IMG_0398

お店の名前は、“ホンカトリー”さん。

シンプルな看板と、黒板に書かれたこの日のメニューに、
思わず足を止めた人も少なくないのでは?

          IMG_0399

この日のカレーは、イワシ・タマリンドか、塩豚のカレー。
ライスの量も増減できるのは嬉しいですね。

   IMG_0396

扉を開けて店内に入ると、スパイスの香りが漂って心地いい。
カウンター席の端に座らせていただきます。

           IMG_0373

魚のカレーか、肉のカレー。
こちらのお店では、3〜4日ごとに、内容が変わるのだとか。

最近、魚系のカレーにちょっとハマっているので、イワシタマリンドをお願いしました。

カレーが出来上がるまでの間、カウンターの上に書いてある説明などを読んでみます。

      IMG_0375

最初にブラックナンプラーをライスに少量かけ 適当に混ぜてみてください・・・

3つの薬味的な調味料に付いての説明に興味が惹かれる。
カレーが出来上がってきたら、いろいろ試してみよう。

ゆったりと流れる時間の中に、先客が1名。
ゆったりとカレーを楽しんでいる様子がこちらにも伝わってきます。
すると、入口の扉が開き、また1名、そして2名。
知る人ぞ知るって感じのこちらのお店に、“知る人”が次々とやってくる。
こういう様子を見ていると、期待感が高まりますよね。

そして、私の目の前に、先ずはごはんが提供される。
知らなかったら、この段階で食べ始めてしまうかもしれないくらいに、
彩りゆたかなトッピング。

そして、それに続くようにカレーも出来上がってきました。

           IMG_0381

なるほど、これはすごく映えますね。
こんな形で提供されたら、自然と笑顔になってしまいますよ(^^)

    IMG_0383

バスマティライスの上には、本当にいろんな具材がトッピング。
なるほど、これが「ふりかけ式カレー」と呼ばれる理由か。

          IMG_0386

カレーは、別の器にたっぷりと入って出てきます。
先ずはカレーのみ味わってみます。

お、タマリンドの酸味が効いていてさっぱりと美味しい。
魚系のカレーにタマリンドってよく合いますよね(^^)
でも、このまま食べるよりも、
たっぷりトッピングのごはんと一緒のほうが良さそうです。

        IMG_0388

たっぷりと、ごはんの上にかけていただきます。

    IMG_0390

うふぉ〜! 美味いわ、これは(^^)
イワシの旨味にタマリンドの酸味とスパイスの香り。
そして、トッピングの野菜がいい仕事してくれますよ。

いろんな野菜がのっかっているから、食べる場所によって味わいが変化するのですよ。
そして、その組み合わせによっても違ってくるから、食べていて楽しくて仕方がない(^^)

         IMG_0394

コロッケのようなこちらは、ファラフェル。
ひよこ豆、そら豆をすりつぶし、スパイスを混ぜ合わせて作るコロッケのようなもの。
そのまま食べても美味しいし、カレーと混ぜ合わせても絶品ですよ。

今回は、ライスの量のリクエストをしなかったので、デフォルトでいただきましたが、
カレーがたっぷり提供されるので、お腹ぺこぺこの時は、ぜひ増量を依頼してみてください。
しっかり満足できると思いますよ(^^)

また近々お邪魔して、今度は肉のカレーを楽しませていただきたいと思います。






【ホンカトリー】
住 所:東京都文京区湯島2−7−9 サニーハイツ西久保 B02  MAP
電 話:03−3956−8998
営業時間:11:00〜19:00  ※土曜日は18:00まで。(売り切れ次第終了) 
煙 草:
定休日:日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

今年って、よく考えてみれば、ちょっと特別な年なのかもしれない・・・。2020年は東京オリンピック。2020という数字のキリがいいし、覚えやすい。でも、2019年となると、なんてことな年のように感じたが、実際はそうでもない。平成から令和に元号が変わった年。4月30日から、 ...
続きを読む
今年って、よく考えてみれば、ちょっと特別な年なのかもしれない・・・。

2020年は東京オリンピック。
2020という数字のキリがいいし、覚えやすい。
でも、2019年となると、なんてことな年のように感じたが、
実際はそうでもない。

平成から令和に元号が変わった年。
4月30日から、5月1日になった瞬間なんて、
まるで大晦日から元旦になった瞬間のような雰囲気で、おめでたいムード満タン。

そして、G20の開催。
交通規制すごくて、仕事にならないとか、
動きにくいとか、何かと派手なことが出来ないとか・・・

巷の声を聞いていると、マイナスな声が多く感じるかもしれないが、
ちょっと視点を変えてみれば結構楽しいことも。

伊丹空港には、日本の政府専用機や、アメリカ大統領のエアフォースワンが着陸し、
そして駐機場に止まっている。
流石に、滑走路に近い千里川沿いは通行止めになっているかもしれませんが、
この時期、伊丹空港に着陸する飛行機に乗ってくれば、
少し上空からエアフォースワンの姿を見ることが出来るかも?

北海道、青森、秋田、宮城、福島、群馬、埼玉、神奈川、新潟、岡山、愛知、
広島、福岡、鹿児島、富山、警視庁。


これ、大阪市内で私が見たパトーカー^^;
日本全国から集まってきているので、
いろんなコラボ(とは言わないか^^;)が見られる。

コラボといえば、京都でこんな楽しく美味しいコラボを体験することが出来る。

         IMG_0658

塩ラーメンの上に、たこ焼きをトッピング。
これが、信じられないくらいに美味い!

この奇跡の組み合わせが体験できるのは、京都駅の真上にある、
京都拉麺小路にある“彩色ラーメンきんせい”。

      IMG_0706

京都拉麺小路は、京都にいながら、日本全国のラーメンを楽しむことが出来るところ。

ここで楽しめるラーメンは、
札幌、福島、東京、富山、名古屋、京都、大阪、徳島、博多のもの。

関西に住んでる人は、札幌、東京、福島、博多など、遠方のラーメンを
楽しみたいと思うだろうが、そこは灯台下暗し。
大阪のラーメン店であっても、
ここ京都でしか楽しめない逸品メニューが、このラーメン。

             IMG_0709

ただし、このメニューを見ていても、どこにも「たこやき」の文字は見当たらない。

券売機の横に貼ってあるPOPをよく見ると・・・。

       IMG_0634

たこ昌✕彩色ラーメンきんせい 夢のコラボがついに実現!!
の文字が。

もう一度券売機をよく見てみると・・・。

          IMG_0632

トッピングのところに、「たこ焼き」を見つけることが出来ると思う。
ぜひ、勇気を出してたこ焼きトッピングの食券を購入してほしい(^^)

           IMG_0639

店内は、結構広く、38席。
ゆったりとラーメンを楽しむことができそうな雰囲気が嬉しい。

         IMG_0643

全国のラーメンショーで、たこ焼きトッピングの塩ラーメンが大人気だったのだとか。
でも、実際に食券を購入すると、現実味を帯び、少しだけ緊張する。
大阪出身のものであれば、誰でも子供の頃、近所のたこ焼き屋で買って、
公園なんかで食べたたこ焼き。

それを、ラーメンの中に入れてしまうなんて、
ちょっとした背徳感さえ感じさせるものがある^^;

ラーメンにたこ焼き。
お好み焼き定食よりも、鰹の刺身にマヨネーズを付ける瞬間よりも、
初めてコロッケそばを食べる瞬間よりも、ワクワクドキドキである。

そして、その瞬間がついに!

           IMG_0655

あら・・・意外に違和感がない。
まるで、そこにいるのが当たり前のように、たこ焼きが2個のっかっている。
それでは早速いただくことに。
先ずは、スープから・・・。

           IMG_0664

うん、美味しい。
いろんな旨味が複雑に絡み合う。
しかも、控えめでなくけっこう強めに。

果たして、たこ焼きは負けてしまわないのか?

そして、麺の方は・・・。

         IMG_0673

いいねぇ(^^)
心地よいコシの平打中太麺は、このスープの旨味をしっかりと受け止めている。
流石! という他に表現が見当たらない。

    IMG_0687
チャーシューも、

        IMG_0682
そして、シャキシャキのネギもラーメンととても良く合って、素晴らしい存在感がある。


これだけで、充分に完成度が高いのに、ここにたこ焼きの入っていく余地はあるのか?
これが、この時点での正直な感想。

さて、理屈ばかり言っていてても、何も始まらないので、
たこ焼きを食べてみることにする。
ラーメンスープに浮かんだたこ焼き、明石焼きのようなものなのか?

          IMG_0667

あれ・・・お、美味しい!
しかも、何の違和感もない。

これは驚いた。
強いと思ったスープも、このたこ焼きの旨味をきちんと包み込み、実によくマッチしている。
こんな完成度の高いラーメンに、よくたこ焼きを入れることを許したなぁ・・・。
そう思い、きんせいの中村社長に聞いてみると、

           IMG_0700

ちょっとしたきっかけで、たこ昌の山路社長と出会い、
ラーメンとたこ焼きの話をしていたら、
本当に東京ラーメンショーの3ヶ月前にサンプルを送ってきた。
そして、試してみると、本当に美味しかったので、ラーメンショーに出品してみたら、
予想を遥かに超えて人気で、予定数があっという間に売り切れたのだとか。

         IMG_0678

「大阪出るとき連れてって〜」でお馴染みの、たこ昌のたこ焼き。
おみやげに買って、人に差し上げたことはあるのだが、
実は自分で食べたの初めて。

        IMG_0647

トッピングだけでなく、「たこ焼き」としてもメニューにあるので、
食べてみたらこれが実によく出来ていて美味しい(^^)

冷凍のたこ焼きとはいえ、すべてのたこ焼きは、たこ焼き職人のおばちゃんたちが、
串を持って手でひっくり返して焼いている、手作りなのだとか。

そんな拘りの大阪名物、「たこ昌のたこ焼き」と、
「きんせいの塩ラーメン」のコラボは、ここ京都のお店でのみ味わうことが出来る。
京都の思い出に、ぜひ味わってみては。
忘れられない思い出になる確率高し! 
オススメします。






【彩色ラーメン きんせい 京都拉麺小路店】
住 所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル 10F    MAP
電 話:075-341-5022
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

彩色ラーメンきんせいのHPはコチラ
元祖たこ昌のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。星野哲郎に憧れた少年時代・・・そう、銀河鉄道999。 機械の体をタダでくれる星に向かう途中、いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・が、このアニメの中で、度々登場す ...
続きを読む
銀河鉄道に乗って、宇宙の旅をしっかり満喫。
宇宙人って、タコみたいな形ではなかった・・・。


星野哲郎に憧れた少年時代・・・
そう、銀河鉄道999。 

機械の体をタダでくれる星に向かう途中、
いろんな事件が哲郎少年に襲いかかる・・・・

が、このアニメの中で、度々登場するのがラーメン。
宇宙合成ラーメンが標準の中、内緒で食べられる本物のラーメンも時々登場。
いろんな星の個性あるラーメンの存在、すごく気になってみていたのを覚えています。

さて、宇宙ラーメンではありませんが、
池袋に、お隣の星のカレーを食べさせるお店があるのだとか・・・。

          IMG_0147

その名も“火星カレー”。
はい、直球ど真ん中です^^;

このビルの地下にお店があるようです。

           IMG_0151

お店の看板に描かれた絵、
うる星やつらのラムちゃんに見えるのは私だけではないはず・・・。

        火星カレー=ラムちゃん。

たしか、ラムちゃんの料理って、辛さが半端なかったような気が^^;
ま、百聞は一見一食にしかず、食べてみなけりゃわからない〜・・・。

             IMG_0152
店内に入ると、食券の券売機があるので、食べたいカレーの食券をここで購入します。
・・・にしても、種類が多いですよね^^;

鶏・豚・馬・鹿・牛・
火星・草・豆・鴨・カンガルー

これだけを見てても、何だか宇宙チックに見えてくるから不思議なのです。
あ・・・
券売機の前で迷うより先に、入り口のところにあるメニューボードでおさらいしましょう。

          IMG_0148

これだけいろんな種類があれば、誰だって最初は迷っちゃいますよね^^;
基本の「火星カレー」は、680円。
かなりリーズナブルです。
でも、折角ならばここでしか食べられないようなカレーを・・・・

やはりカンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
では、馬と鹿!

でもこれは、組み合わせがちょっとアレなので、この日に食べられるカレーの中から、
羊カレーに草カレーを組み合わせて食券を購入。

          IMG_0154

おすすめメニューにも、こんな組み合わせの提案が載ってましたよ。

店内は、カウンター席が6席と、2人がけのテーブルが2卓。

他のお客さんも、鹿とか、馬とか、カンガルー・・・
あ、売り切れか^^;
以外にも、鶏のカレーが良く出ているような感じ。

          IMG_0156

先ずは、カレーの大きさを決めてから、
辛さを決める・・・

大辛の上に、「土星」とか、「冥王星」って辛さにも出来るのか。
何だか、スパゲッティのパンチョの大盛りみたい^^;
折角なので、土星くらいは行っとくか!

          IMG_0179

というわけで、+100円の「土星」の食券を追加購入。
ちょっぴりワクワク、ドキドキします。
(冥王星は、ちょっと遠すぎる気がしたもので^^;)

初めて来たお店で、辛さをextra増しって、完全にどうかしてますよね^^;
でも、なんとなくイケるような気がしたのだから仕方がない・・・。
(何の根拠もないのですけどねぇ〜)

そんな期待半分、後悔半分の気持ちで待っていると、
お願いした“羊カレー+草カレー、辛さ土星”が出来上がってきました。

         IMG_0162

真ん中を横切る赤いワッカのようなものは、土星を意識したものなのか?
何だか、手を出してはいけない領域に踏み込んだような気もする^^;

          IMG_0165


それにしても、たしかに肉はたっぷりとのっかっていますね。
スライスではなく、ブロック状にゴロゴロと乗っかっているから嬉しくなります(^^)

それでは早速いただきましょう。
先ずは、基本のカレーを食べてみます。

         IMG_0170


       (^^)(^^)

あら、美味しい!
火星のカレーって言うから、もっと奇抜なスパイス使いをしているのかと思いましたが、
旨味と酸味、コクのある深い仕上がりになっていますよ(^^)
これは、相当手間ひまかけてるような感じですね。

そして、ビビってた土星の辛さ。
これは全く問題ないです(^^)
辛いものが好きな人は、是非!
火星にいながら、土星を眺めながらカレーを食べてる気持ちになれるかも?

            IMG_0166


ごはんのクォリティも、素晴らしい。
カレーにきっちり合うように、固めに炊かれているのが嬉しいです。

     IMG_0175


そして、特筆すべきは肉の柔らかさ。
変なクセはなく、旨味がギュッと閉じ込められたような感じなのです。
この肉が、これだけたっぷりと入っていたら、そりゃぁテンションあがりますよ(^^)

             IMG_0167


草・・・ほうれん草は、カレーに少しずつ混ぜながらいただきます。
ぐっと味わいが広がりますよ(^^)

味わいが変わるといえば・・・

      IMG_0159


カウンターに置かれているこれ。
福神漬でもらっきょうでもなく、紅生姜なのです。

         IMG_0155


吉野家の牛丼を食べるときみたいに、
ごはんに穴掘って、そこに埋めちゃダメですよ〜^^;

         IMG_0178


こんな感じで、紅生姜と一緒にカレーを食べると、
信じられないくらいに合いますよ!
(こちらのお店でその組み合わせを体験したときも感動しました!)

そんな感じで、しっかり肉を楽しみ、カレーを味わい完食。
想像以上に満足させていただきました。

火星カレーさん、
次回は是非、カンガルーとか、鹿とかも味わってみたいと思います。
それよりも、スタンダードに牛か豚か鶏・・・。
冥王星へのチャレンジは、まだもう少し先で^^;






【火星カレー】
住 所:東京都豊島区西池袋3−27−3 S&Kビル B1F    MAP
電 話:03-5927-8959
営業時間:11:45〜14:30  18:00〜21:45(L.O.21:15) 
煙 草:完全禁煙
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

麺類、お好きでしょうか?麺類がキライって人、あまり聞いたことがないような気がします。ラーメン、そば、うどん、スパゲッティ、そうめん、ひやむぎ、フォー、ほうとう、ビャンビャン麺、ビーフン・・・。うどん、そば、ラーメン、スパゲッティなどは家でも作れるけれど、 ...
続きを読む
麺類、お好きでしょうか?

麺類がキライって人、あまり聞いたことがないような気がします。

ラーメン、そば、うどん、スパゲッティ、そうめん、ひやむぎ、
フォー、ほうとう、ビャンビャン麺、ビーフン・・・。


うどん、そば、ラーメン、スパゲッティなどは家でも作れるけれど、
ビャンビャン麺なんて、絶対に家では作れない・・・^^;
(ビャンビャン麺の記事はコチラで!)

そば、うどん、ラーメン、スパゲッティもそれぞれ専門店があって、
そこで食べると、家で食べるのとは違うものがいただける。
ラーメンと言えば、インスタントラーメンか、
食堂の中華そばしか食べたことがなかった子供の頃、
初めてラーメン専門店で食べたラーメンの美味しさ、今でも覚えています。

そういえば、そうめんって不思議と家でしか食べない・・・

もしも、そうめんをプロが作ったら・・・。



          IMG_0311

行ってきました、そうめん専門店。
その名も“そうめん そそそ”

わかりやすい名前ですね!
そして、一度聞けば忘れられない響きもある。

      IMG_0313

ランチタイムは、11:30〜14:30。
今日は暑いし、サラッとあっさりそうめんでも・・・。
そんな方はもちろん、ちょっとガッツリと食べたい方のためにも、
いろんな仕掛けが施されてあります。

そうめんって、
冷たくして、そうめんつゆに薬味を入れてあっさり食べる。

それだけじゃないのが、こちらのお店の面白いところ。

          IMG_0278

立てかけてあるメニューを手にとって見てみると・・・。

   IMG_0273

スタンダードなつけそうめんはもちろんのこと、
にゅうめん、ぶっかけそうめん、釜玉そうめんとラインナップ。
そして、メニュー次のページには・・・。

         IMG_0274

ずらりと並ぶラインナップ。
まるでパスタのお店のようですね(^^)

プラス100円で、大盛りや替え玉(1束)も可能。
オプションで、グルテンフリーの麺にすることも出来るようです。

      IMG_0275

ディナータイムには、居酒屋メニューも充実。
そして、〆にそうめんとくれば、完璧か(^^)

         IMG_0271

店内は、L字型のカウンター席が10席と、
奥にはテーブル席や個室もある模様。

来店する前は、女性のお客さんが大半かと思いきや、
男性のおひとりさまも、結構いらっしゃる。

そして、私が注文したそうめんは、これ。

         IMG_0283

これは、明太クリームそうめん。
クリームベースのスープに、たっぷりの明太子。

      IMG_0284

さらに、明太子と大葉、胡麻がきれいにトッピング。
見た目も綺麗で、ちょっとテンション上がります(^^)

          IMG_0304

あたたかいそうめん・・・
さて、それでもコシはあるのか?

食べてみると、確かに麺が美味しい!
熱々なので、一気にすするとやけどしますが・・・^^;

うどんとも、パスタとも違う、そうめん独特の喉越しは、
ちょっとクセになってしまいそう(^^)

          IMG_0289

明太子がたっぷり入ったスープもいい感じ。
これ、替え玉をしてみても、麺の食感が変わって楽しいかもしれませんよ。
(無性にバケットも食べたくなりますが・・・^^;)

        IMG_0312

恵比寿駅から歩いて3〜4分。
美味しいそうめん、いろいろあります。
ぜひ行ってみてくださいね!
     












【そうめん そそそ】
住 所:東京都渋谷区恵比寿西1−4−1    MAP
電 話:03-6416-9284
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜24:00(L.O.23:00)
     ※金土祝前日は、翌4:00まで営業。 
煙 草:分煙(個室のみ喫煙可)
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

果ての果てまで行ってみないか?そんな訳のわからな・・・いえ、魅力的なコピーに魅了されて、横浜の「サリサリカリー」に初めて行ったのがもう、今から11年前。何で知ったのかは忘れてしまったが、初めて食べた瞬間にファンになってしまった。その後も何度か行き、お持ち借 ...
続きを読む
果ての果てまで行ってみないか?

そんな訳のわからな・・・いえ、
魅力的なコピーに魅了されて、
横浜の「サリサリカリー」に初めて行ったのがもう、今から11年前。
何で知ったのかは忘れてしまったが、初めて食べた瞬間にファンになってしまった。

その後も何度か行き、お持ち借りの冷凍カレーを買って帰ったことも。
(その後行ったときの記事はコチラ。)

メニューは、カリー、サラダ、チャイがセットになった、
「スリーコースセット」のみ。
だから、座れば自動的に料理が出てくる。

実はこのサリサリカリー、元々は札幌の「カラバトカリー」がルーツなのだとか。

だから、札幌か横浜に行かなければ食べることが出来ない・・・
ずっとそう思っていました。

ですが、カラバト、サリサリのカレーをリスペクトしたお店が、
大阪大正に間借りで営業している・・・

そんな情報が飛び込んできたのが、今から2ヶ月ほど前。
すぐにでも、食べに行きたい・・・
そう思うものの、不定期営業でなかなかタイミングが合わない。

でもこの日、行くことが出来るタイミングと営業日が一致!

           IMG_0043

お店の名前は、“タカブルカリー”。
昂ぶる気持ちを抑えつつ、自転車に乗ってGO!

      IMG_0041

お店は、HOSTEL NAGAYADO OSAKAというゲストハウスの入り口を入ってすぐ、
カフェスペースを使って営業している。

店内に入ると、L字型のカウンター席が並び、7席。
真ん中くらいに空席を見つけ、そこに座ると店主が注文を聞いてくれる。

      IMG_0036

「普通か大盛り、どうしましょうか?」
「普通でお願いします。」


メニューは無水チキンカリーの一本勝負。
あとはラッシーか、ビールを注文することも可能。

ゲストハウスのカフェスペースで営業しているので、
奥を見ると、ゲストハウスの共有スペースを見ることも出来る。

こちらのゲストハウスは、
大正時代に建てられた長屋をリノベーションしたもので、築100年を超えるという。

関空からも快速で乗換なし、
そしてUSJへも電車になればすぐ。
大正の街って、意外と便利な場所にあるのだと思う。

そんな感じで、店内の雰囲気を味わっていると、
念願の無水チキンカレーが登場。

            IMG_0024

見るからに、手間がかかっていそうなチキンカレー。
立ち上がるスパイスの香りも素晴らしい。

     IMG_0027

繊維状になるまで煮込まれたチキン。
たっぷりと盛られているのが嬉しい(^^)

見ているだけでも、気持ちが昂ぶって来るのを感じる。

それでは早速、一口。

         IMG_0035

美味い!
サリサリで味わったあの食感の記憶が呼び戻されるような感じ。
オイリー感は、サリサリよりも控えめで、スパイス感はこちらのほうがあるかな?

     IMG_0030

ごはんは、サラッとしたバスマティライス。
このカレーには、バスマティライスが相性バツグン。
ドンドン食べ進んでしまうから、いい意味で困ったものだ^^;

        IMG_0029

サラダやピクルスも良く出来ており、カレーを食べる合間に食べたり、
一緒に混ぜて食べても美味しい。

         IMG_0038

後半、特製のお酢をかけてみると、味が変化。
これがまた、カレーによく合うからやめられない(^^)

昂ぶる気持ちを抑えることなく、ぜひまた食べに来たいと思います。

          IMG_0040
インスタで、営業日をチェックしてGO!






【タカブルカリー】
住 所:大阪市大正区三軒家西2−2−15 HOSTEL NAGAYADO OSAKA 1F    MAP
電 話:
営業時間:12:00〜14:30  18:00〜21:30 
煙 草:
定休日:営業日は、Instagramで告知あり。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。 ...
続きを読む
ウインナーソーセージは、ウイーンで食べることが出来るのか?

オーストリアの首都、ウイーンで作り始められたことから、
"ウイーン風の”という意味で、名前がついたとされる、ウインナーソーセージ。
でも、実際にウイーンではこれを、「フランクフルト」と呼ぶらしい・・・。

ウインナーとフランクフルトの違いって?
それは、その太さ。
太さ20mm以下のものをウインナー、20mm以上36mm以下のものをフランクフルト、
そして、それ以上のものをボロニアと呼ぶのだとか。

(但し、日本の基準で)

ウインナー、フランクフルト、フランスパン、天津飯、ミラノ風ドリア、
ナポリタン、アメリカンドッグ、ミラネーズ、カントリー・・・。


さて、あんかけスパゲッティ、ミラネーズはミラノにはあるのか・・・・

           IMG_7235

おそらくないと思われるので、名古屋の錦にある、
スパゲッティハウス ヨコイ”さんに行ってきました。

名古屋であんかけスパゲッティを広めたのは、こちらのお店の創業者なのだとか。
以前、”チャオ”では食べたことがあるのですが、
ヨコイさんで食べるのは初めてです。

本日のランチは、ミラカン&有頭エビフライ 1,000円。

          IMG_7199

店内メニューにあった、「ノブナガ・あんかけ鉄砲スパゲッティ」1,300円。
ということは、本日のランチは、お得ですよね!

席に座り、本日のランチをお願いしました。

さて、他にはどんなメニューがあるのか念のために確認します。    

     IMG_7197

            IMG_7198

かなり種類が多いですね。
おそらく、ベースは同じあんかけなのでしょうが、トッピングの種類が多い。
皆さん自分好みにカスタマイズして楽しむのでしょうね。

今日は、ミートボール。
明日は、エビフライ。
明後日は、コロッケとピカタ・・・。

あ、毎日は食べないか^^;

            IMG_7202
先ずは、サラダが運ばれてきます。
ポテトサラダを見ると、ビールが飲みたくなるのは私だけ^^;

周りを見渡すと、ランチのエビフライ・ミラカンを食べている人がほとんど。
お得ですものね(^^)

そして、私達のテーブルにも、ミラカン 有頭海老フライが運ばれてきました。

         IMG_7205

しっかり炒められたスパゲッティに、たっぷりのあんがかけられて、
大きなエビフライがトッピング。
なるほど、ボリューム満点ですね(^^)

      IMG_7211
野菜もハム(と言ってもいいですよね^^;)もたっぷり入って、
美味しそうです。

それでは、早速いただきましょう。

           IMG_7220

あ、美味しい!
ちょっとピリッと来るのは、胡椒の辛味でしょうか?
これくらいの刺激があったほうが、食がすすみますね。
ハムの味わいと、野菜のシャキッとした感じがちょっとクセになりそうです。

         IMG_7225

そんな感じで、ドンドン食べ進むことが出来るのです。

      IMG_7217

こちらは、同行者が注文した鉄板ナポリタン。
胡椒の辛さが苦手な方は、こちらを注文するのもあり。
一口いただきましたが、これもクセになりますよ(^^)

パスタとは違う、アルデンテとは無関係。
でも、一度ハマれば確実にリピートしたくなる味わいです。
ぜひ腹ペコ状態で食べてみてください。
ボリュームがあるので、美味しさが倍増しますよ(^^)

            IMG_7231

女性から「カワイイ!」
男性から「面白い!」
名古屋めしのクリアファイルも売ってます。
如何ですか^^;
           







【スパゲッティハウス ヨコイ 錦店】
住 所:名古屋市中区錦3−14−25 アサヒビル 1F    MAP
電 話:052-962-5855
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45) 17:00〜22:00(L.O.21:35) 
     ※祝日は、ランチ営業のみ。
煙 草:分煙(11:00〜13:00は禁煙)
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

カレーはインド料理なのか?♫メタル印度カレーぇ〜♫そんなCMソングを頭の中に巡らせながら、ふと考えてみる。確かにインドにカレーは多いのだろうけれど、そもそも、インドにはカレーというメニュー名がないとも聞く。そもそも、カレー粉たるものが、インドにはない。それ ...
続きを読む
カレーはインド料理なのか?

♫メタル印度カレーぇ〜♫

そんなCMソングを頭の中に巡らせながら、ふと考えてみる。
確かにインドにカレーは多いのだろうけれど、
そもそも、インドにはカレーというメニュー名がないとも聞く。

そもそも、カレー粉たるものが、インドにはない。
それぞれの家庭には、それぞれ調合の違うミックススパイスがあり、
もちろん香りも味も違う。

そういえば、「東インド会社」って、イギリスの会社らしい。
インド→イギリス→日本。
これが、日本のカレーのルーツだとも。

なるほど・・・・
だから欧風カレーっていうのだろうか?

そんな事を考えながら、大阪西区の西大橋へ。

         IMG_9839
この日の目的はこちらのお店、”Koganeya(コガネヤ)さん。

最近、あまり食べる機会がなかった欧風カレー。
そして、こちらのお店は欧風カレーのお店。
しかも食べに来た人の評判が、すこぶる良いのである。

      IMG_9841

お店は半地下にあって、その階段を下るところにはメニューも。

ほぉ、キッズカレーもあるのか・・・。

小さな子供がいるカレーファンにとって、これは重要なこと。
週末、家族と一緒に食事に出かける時にでも、キッズカレーがあれば、
カレーのお店も選択肢に加えることができるのである(^^)

店内に入り、テーブル席の一つに座り、
まずはメニューを確認。

        IMG_8543

カレーは、ビーフ、チキン、トマトの3種類のベースから選ぶことができるよう。
トッピングもいろいろと充実している。

それぞれランチタイムはライスの大盛りは無料で、小盛りは50円引き。
ルーの大盛りは、ベースによって値段が異なり、
ビーフが+350円、チキンが+300円、トマトが+400円。

初回なので、先ずはお店の看板メニュー(であろう)の、ビーフベースから選んでみる。
シンプルにKoganeya Beefにしようかと思ったのだが、
トッピングをのっけてみたくなり、ミックスフライカレーを注文。

      IMG_8544

店内は、テーブル席とカウンター席があり、16席。
このあと、続々とお客さんが入ってきて、ほぼ8割の席が埋まる。

           IMG_8545

カウンターの中からは、カレーの香りが漂い、
思わずお腹が鳴ってしまう^^;

そして、出来上がってきたミックスフライカレーはこんな感じ。

        IMG_8550

なんとも美しい!
綺麗にもられたカレールー、
そして、海老、ヒレカツ、クリームコロッケがきちんと整列。
食欲をそそられる。

          IMG_8551

トッピング系のカレー屋さんでは、
カレーのついでに付いてくるという雰囲気のフライも多い中、
こちらのお店のそれは、見るからに美味しさそう。

エビの大きさ、ヒレカツの肉感、そしてクリームコロッケの・・・・
あ、コロッケだけは食べてみなけりゃわからないか^^;

それでは早速・・・。

         IMG_8556

    (^^)(^^)(^^)

えぇ~っ!
こりゃぁ美味い(^^)

口の中に入れた瞬間の旨味と、口に広がってゆく旨味。
そして、余韻を残しながら消えてゆく旨味を追いかけるようにひろがる香りが素晴らしい。

欧風カレーにありながら、これだけ挑戦的なスパイス使いは初めてかも。
すごいなぁ、これは。

そして、フライのレベルも凄いものがある。
サクッと軽くて、食感がいい。
しかも、具材の美味しいタイミングがキッチリと見極められているのは素晴らしい!

あまりにもテンションが上りすぎて、揚げたてアツアツのクリームコロッケで、
少々口の中をミディアムレアにしてしまったことは、内緒で^^;



あまりにも美味しく、忘れられなかったので、早速再訪。

     IMG_9873

今度はチキンベースのカレーを食べてみたいと思い、
チキン肉とチキンカツが両方のっかった、チキンカツDXカレーを。

         IMG_8547

テーブルの上に置かれている、らっきょうと福神漬け。
ピクルスも、アチャールも、ぬか漬けもいいけれど、
欧風カレーには、これがあればいいのかも。

そして、チキンカツDXカレーはこんな感じ。

        IMG_9848

大きなチキンカツと、カレールーには、鶏肉がゴロゴロ。
ひとくち食べてみると、ビーフベースとは明らかに違う旨味を感じることができる。
こちらは、ビーフよりも少しだけ辛口仕立てで、こちらもかなり好印象(^^)

       IMG_9867

大きめのチキンは食べごたえも充分。
日本人って、「Beef or chicken?」って聞かれると、
何だか得するような気がして「Beef」って答えてしまいそうになるけれど、
ここでは、どちらを選んでも大丈夫。

     IMG_9870

チキンカツも、サクッと柔らかくて美味しい。
揚げ物のレベルの高さも、改めて感じることが出来た。

           IMG_9850

こちらは、同行者が注文した、Beefベースの「豚ロースカツDX」。
豚ロースカツに、ビーフカレーの牛肉がゴロゴロ。
こちらもかなりの美味しさだったとのこと。

欧風カレーのKoganeyaさん、初めて食べてファンになり、
二度目で完全に虜になってしまったかも・・・。

今度は二度目のBeefベースを食べるか、
それとも、未体験のTomatoベースにするか・・・。
いずれにしても、再訪日はそう遠くないことは確実!

凄いカレーに出会うことが出来ます。
みなさんも是非!
   









【Koganeya(コガネヤ)】
住 所:大阪市西区新町1-29-16 第五中村興産 1F    MAP
電 話:06-6532-7879
営業時間:11:30〜16:00  18:00〜22:00 ※日祝は、ランチタイムのみ営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:第2・4日曜日、不定休あり。
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)





※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

え、まさかこれと、これとを一緒に食べるか??でも、世の中には意外な組み合わせの美味しいものがたくさんありますよね。いちご大福なんて、初めて聞いたときは「え・・・うそぉ!」って思いました。ラーメンライスも、焼きそばパンも、コロッケそばも、きっと最初はそうだ ...
続きを読む
え、まさかこれと、これとを一緒に食べるか??

でも、世の中には意外な組み合わせの美味しいものがたくさんありますよね。
いちご大福なんて、初めて聞いたときは「え・・・うそぉ!」って思いました。

ラーメンライスも、焼きそばパンも、
コロッケそばも、きっと最初はそうだったのかもしれません。

関西以外では、なかなか理解されない、
「お好み焼き定食」もそんなもののひとつでしょうか?

お好み焼きにごはんと味噌汁、そしてお漬物がついてくる、
炭水化物×炭水化物の定食。

お好み焼きに入っている豚肉とソースの味が、ご飯との相性バツグン!
(孤独のグルメで、五郎さんも食べてたでしょ?)

焼そばとごはん、味噌汁にお漬物の、焼そば定食も美味しい。


が、
たこ焼き定食だけは、何故か勘弁してほしいと思うのは、
私だけではないはず^^;


さて、意外な組み合わせといえば、
先日札幌で食べたこの組み合わせが意外に美味しかった。

          IMG_9286

カレーと餃子。
カツカレーはあっても、ぎょうざカレーってあまり聞いたことないですよね?
でも、札幌では、ぎょうざカレーが結構人気なのだとか。


この日にお伺いさせていただいたのは、”みよしの”さん。

         IMG_0782

すすきのにある、こちらのお店は、朝11:00から明け方の4:00まで営業しているのです。
飲んだあとの〆餃子や、〆カレーを求めて来るお客さんも多いのだとか。

それにしても、カレー330円、ぎょうざ210円って安いですよね(^^)

カウンター7席の店内は、ランチタイムはもちろん、
他店ではアイドリングタイムと呼ばれる時間でも、お客さんが途切れることはないのでは?

そんなカウンター席に座り、メニューを確認します。

         IMG_0780

メニューも、餃子とカレーの二本柱がメインになっています。

カレーの上に、餃子が3つのっかった「ぎょうざカレー」にしようかと思いましたが、
餃子が6個付いてて、カレーもしっかり食べることが出来る、
「みよしのセット」をお願いすることにしました。
(餃子6個とビールのセットが、510円も魅力的だなぁ・・・)

みよしのセットを注文すると、先に「新漬」とよばれるキャベツのお漬物が出てきます。

          IMG_0781

こんな感じで提供され、好きなだけ食べることが出来ます。
新漬をつまみに、ビールで寛ぐ・・・
そんな楽しみ方もできそうですね。

お邪魔させていただいたのは、ランチタイムでもなく、
比較的中途半端な時間だったにも関わらず、お客さんが入ってきます。
人気のお店のようですね。

しばらくすると、お願いした「みよしのセット」が出来上がってきました。

           IMG_9278

餃子が6個と、カレーはしっかり一人前。

さて・・・
どちらを先にやっつけようか?
餃子の味は、だいたい想像できるな・・・
では、カレーの方から行ってみるか。

           IMG_9279

オーソドックスな色のカレーですが、
具材がかなり細かく刻まれてたっぷりと入っていますね。
これってひょっとして、餃子の具・・・・
なわけ無いか^^;

           IMG_9282

餃子の具ではなく、カレー用にしっかりと仕込まれた肉と野菜。
しっかりとカレーの味わいにマッチしてますよ。
特に尖ったところはなく、誰もが美味しいと思えるあじわい。
食べれば思わず笑顔になりますよ(^^)

       IMG_9281
そして、餃子はこんな感じでパリッと焼き上げられています。
薄皮でいくらでも食べられそうな感じですね。
それでは、こちらもいただきましょう。
先ずは、特製のタレにつけていただきます。


            IMG_9285

    (^^)(^^)(^^)

美味しい!

何気なく、全国チェーンのお店の餃子を食べる気持ちでいただきましたが、
この餃子、なかなかの美味しさですよ!

薄皮で中身はジューシィ。
噛むと中から肉汁が口の中に広がっていきます。

なるほど・・・
昭和42年に創業した札幌で人気の餃子専門店だけのことはありますね。
チルドの製品が札幌市内のスーパーでも販売されているようですが、
それも人気があるのがわかります。

(ちなみに、この跡スーパーに寄って、お土産用に「みよしの」のチルド餃子を勝って帰りましたが、
かなり評判良く、実際に美味し方ですよ(^^) )


気がつくと、一気に3つぐらい餃子を食べてしまっていました。

さて、是非試してほしいのがこの食べ方。

           IMG_9286

カレーの上に餃子を乗っけて、カレーと一緒に餃子を食べてみてください。
餃子のタレは、つけてもつけなくても、どっちでも大丈夫です。

すると、今まで何でやって見なかったのだろうか?
そんなふうに思える体験をすることが出来ますよ。
これは美味しい!

そのあと、餃子のタレを少しカレーにかけて食べてみても美味しい。
餃子をおかずに、カレーをご飯代わりに食べても、美味しいから不思議なのです。

みよしのさんの餃子とカレー。
まさに札幌のソウルフード的、ファーストフードですね。
是非一度試してみてください。
お値段もリーズナブルで、お財布にも優しいですよ(^^)







【みよしの 日劇店】
住 所:札幌市中央区南5条西4丁目340 日劇ビル1F    MAP
電 話:011-511-0040
営業時間:11:00〜翌4:00(金土祝前日は、翌7:00まで営業)
煙 草:
定休日:元日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

1時間に1本しか列車が来ない・・・5分おきに電車が来る都会では、考えられないことのような気がするかも。でも、ものは考えようで、1時間も待てば次の列車が来る。そう考えれば、少しは気が楽になるかもしれない。1時間の間に、周辺を散策することも出来るし、美味しいお店で ...
続きを読む
1時間に1本しか列車が来ない・・・

5分おきに電車が来る都会では、考えられないことのような気がするかも。
でも、ものは考えようで、1時間も待てば次の列車が来る。
そう考えれば、少しは気が楽になるかもしれない。

1時間の間に、周辺を散策することも出来るし、
美味しいお店で食事をすることも出来る。

北海道の音威子府駅ってご存知だろうか?
稚内から南へ100キロほどの場所、
特急停車駅でもあるそこは、1時間に1本どころか、
1日に6本(上下合わせると12本)しか 列車が来ない駅。

でも、その駅の中にあるそば屋さん「常盤軒」のそばが、
かなり美味しいらしい。

つゆの黒さはもちろん、蕎麦までもが、かなり黒いのだとか。
おしながきは、かけそば、天ぷらそば、月見そば、天玉そば。
シンプルだけれど、逆にそういうのが気になって仕方がない。

札幌から始発の特急に乗って、そばを食べて帰ってくるだけで、
夕方になる。
でも、一度は御年80歳になる店主が切り盛りする、
駅そばの味わいを体験してみたい・・・。



そう思いながら、今年も札幌市内をウロウロ・・・。

そういえば、前から気になっている立ち食いそばのお店が、
大通の地下街から地上に上る階段のところにあったなぁ。

         IMG_0681

何てことない、立ち食いそばのお店に見えるが、
こちらのお店には、何らか人を寄せ付ける、
不思議な魅力が備わっているような気がするのは気のせいか?

朝は、通勤途中の人で賑わい、
その後、遅めの朝ごはんと、早めのランチを求める人で賑わい、
そして、さっとかき込める忙しいサラリーマンのランチで賑わい、
小腹がすいた人たちで賑わい、
飲んだあとのシメを求める人達で賑わう。


いつもそんな様子を横目で見ながら通り過ぎてきたのだが、
ついに我慢しきれずに、朝ごはんを食べにお邪魔させていただくことに。

お店の名前は”日の出そば”。
札幌駅からすすきの方面まで続く地下街の、
大通り付近から地上へ上る階段のところにお店がある。

朝から、天ぷらそばはちょっと重いか?
いや、なんだか口が天ぷらそばになってしまっているので、やはり天ぷらだ・・・。

そんなことを思いながら、予定通り天ぷらそばを注文して、
代金の390円を支払う。

丼にお湯をかけて温め、
同時に、蕎麦をテボに入れて温める。
湯切りをし、丼の中につゆを入れて、天ぷらをのっけ、
たっぷりとネギをのっけて出来上がり。

           IMG_0680

極めてシンプルだけれど、なんだか嬉しい出で立ち。
こういう天ぷらそばが食べたかった(^^)

つゆ(ここは、出汁ではなくあえて「つゆ」と呼ぶ)は、
東日本の黒いやつで、ネギは白ネギ。
こっちの方が、そばとの相性はいいと思うのだが、みなさんは如何?

まずは、つゆを飲むと、お約束の鰹と昆布の旨味が口の中に広がってゆく。
そして、そばを啜る。

コシがあるとか、蕎麦の香りがどうのとか、
そんなこととは関係ないものなのだが、ほっと安心するタイプの蕎麦。

そして、天ぷらは厚みがあって、玉ねぎとネギが入っているタイプ。
これは、そのまま食べるのではなく、
蕎麦のつゆをたっぷりと染み込ませていただきたい。

そうすると、想像以上のマッチングを体験することが出来て、
かなり美味しい(^^)


        IMG_0682

おしながきは、
かけそば、月見そば、わかめそば、ちくわそば、天ぷらそば、天玉そば。
それぞれ、うどんもめにゅーにあるが、注文している人は見たことがない^^;

たっぷりとつゆを染み込ませた天ぷらと蕎麦を一緒に食べる。
これがやめられない美味しさで、クセになる。

        IMG_0770

実際に、5日後に、また同じような時間に行き、
同じく天ぷらそばを注文する。
もう完全にヘビーローテーションの世界に突入したかのように見えてしまう^^;

札幌の街を訪れたときには、思い出したかのように食べてみてほしい。
特に雪の降る寒い季節には、より一層の味わいではないかと思う。

音威子府の蕎麦を食べることが出来るのは、いつの日か・・・。
そんなことを思いながら、また日の出そばに通ってしまいそうだ。






【日の出そば】
住 所:札幌市中央区南1条西4丁目 13 日之出ビル B2F    MAP
電 話:
営業時間:7:00〜21:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:年中無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


IInstagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加