美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 旅のグルメ

定食派か、丼派か?メインのおかずに、ごはんと味噌汁、小鉢とおつけものがついた定食に対して、丼のご飯の上に、メインが乗っかって、味噌汁に小鉢とおつけものがついた丼。その時の気分と、上に乗っかっているものによって、使い分けたい・・・。そうだと思います。天ぷら ...
続きを読む
定食派か、丼派か?

メインのおかずに、ごはんと味噌汁、小鉢とおつけものがついた定食に対して、
丼のご飯の上に、メインが乗っかって、味噌汁に小鉢とおつけものがついた丼。

その時の気分と、上に乗っかっているものによって、使い分けたい・・・。
そうだと思います。

天ぷら定食か、天丼か。
とんかつ定食か、カツ丼か。


ここまでははっきりしてますよね?

これが、中華丼、海鮮丼、牛丼、親子丼、になると、どう変化するのか?

八宝菜定食、刺身定食、すきやき定食・・・
えっと、親子丼の場合は・・・^^;


丼ものでなければ、成り立たないものもありますよね。

逆に、これを丼ものにしちゃったの?
そんなものに先日出会いました。

          IMG_1400

岡山県の笠岡駅から、そんなに離れていない場所に、こんな看板を発見しました。

      シャコ丼。

シャコ丼・・・
シャコって、この地域の方言でも何でもなく、私達がよく知っているアレです。

   IMG_1395

これも、駐車場のことを、カタカナで書いているわけではなく、
こちらのお店で、食べることができるもの。

        IMG_1398

専用駐車場の看板に描かれているこれのことですね。

この日にお邪魔させていただいたのは、
“シャコ丼の店”さん。

           IMG_1362

お店の名前の通り、シャコ丼をはじめ、
シャコを使った料理をいただくことができる食堂です。

お店の正面に回り込み、入口から店内へ・・・。

    IMG_1364

ん・・・
扉のところに 扉すぐ閉まります」って書いてある^^;
大阪の日本橋にある、カツ丼のお店の自動扉のように、
開いたらすぐに閉まってしまうのか?

ドアの前に立つも、扉が開く気配なし・・・
あ、手動か^^;

右手で引き戸を引いて、店内へ入り、
扉を持つ手を離すと、「シャーッ、ピシャッ!」
あ・・・引き戸が戻るのがすごく速い!
そういうことか^^;

店内のテーブル席に座らせていただき、メニューを確認します。

     IMG_1370

定食類、いろいろ揃っていますね。
店名にもなってる、「シャコ丼」は、800円。
でも、せっかくなので、シャコ丼は「ミニ」になりますが、
丼のほかに、シャコ天、シャコ酢が付いた、シャコ丼定食にしてみましょうか。

笠岡ラーメンに少し後ろ髪を引かれましたが、ここは目的のシャコ丼を。

         IMG_1371

単品でもいろいろ注文可能で、こんな感じのラインナップですよ。

店内は、4人がけのテーブルが6卓と、小上がり席に4人座卓が一つあります。

     IMG_1366

ちょうど、お客さんの切れ目みたいにゆったりと・・・。
でもこのあと、1組、2組と入ってきて、急に賑やかになりました。

     IMG_1365

あ・・・カレーもあったのか。
しかも、シャコカレー、苫小牧で食べた、ホッキカレーを思い出すなぁ。

       IMG_1372
国道2号線を走る車を窓から眺めながら、シャコ丼が出来上がるのを待ちます。
醤油差しとソース差し。
今見れば間違えることはないと思いますが、
何度かソースで刺し身を食べてしまったことあるなぁ^^;

逆に、醤油でとんかつを食べたときは、意外と美味しかった。
新しい味、発見! そんなふうに少し思ったなぁ(^^)

そんな感じで、待っていると、お願いしたシャコ丼定食が出来上がってきました。

       IMG_1374

おぉ!
惜しみなく、シャコが盛り盛りで結構豪華じゃないですか。

シャコが、1,2,3,4,5,・・・15,16・・って、20くらいは盛られているのではないでしょうか?
順番に頂いていきましょう。

         IMG_1378

先ずは、熱々のシャコ丼からいただきます。

   IMG_1386

        (^^)(^^)

ほぉ・・・
ぷりっぷりのエビフライ丼のようなものかと思いきや、
柔らかい食感で、どちらかといえば、カニに近いかも。

          IMG_1382
丼ものには、こんな感じでお漬物もついてきて、好きなだけいただくことが出来・・・
るのですよね、多分^^;
小皿も一緒ってことは、食べる分だけ取り分けてくださいってことなのか。
(結局、半分は食べちゃいましたが^^;)

そして、丼の出汁も美味しくて、どんどん食べ進んでしまいそうですよ(^^)

そして、シャコ天。

        IMG_1380

揚げたての熱々が、10尾くらい盛られていて、すごくいい感じです。

   IMG_1388

これは、天つゆにくぐらせていただきましょう。

      (^^)(^^)

ほほぉ・・・
なかなか面白い食感ですね。
柔らかくて、口の中でホロリと崩れますよ。

そして、シャコ酢。

     IMG_1381

いい感じの大きさで、しかも綺麗ですね。
先ずはレモンを絞らずにそのままいただきましょう。
 
        IMG_1390

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味しい!
でもこれ、お酒と一緒にいただきたい。
車でなく、夕方に来れば、確実にお酒も注文してしまいますね(^^)

これだけ、シャコ三昧だと、こちらの方にも・・・

        IMG_1393

残念ながら、味噌汁にはシャコは入っておりません。
でも出汁が効いて、美味しい味噌汁でしたよ(^^)

笠岡ラーメンで有名な、岡山県笠岡市。
ラーメンだけでなく、シャコも美味しいですよ!
思いっきりシャコ、堪能できますよ(^^)








【シャコ丼の店】
住 所:岡山県笠岡市笠岡5914-5    MAP
電 話:0865-63-4506
営業時間:11:00〜19:30 ※日曜日は、14:30まで。 
煙 草:完全禁煙
定休日:第4水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:あり(10台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

海の家で食べる焼きそばって、なんであんなに美味しいんだろう?そう言えば、何処の海の家にも焼きそばのメニュー、ありますよね。実際に、海の家の人気メニューを調べてみると・・・。1位 焼きそば(気軽に美味しく、ビールとも合う!)2位 かき氷(夏はやっぱ、これでし ...
続きを読む
海の家で食べる焼きそばって、なんであんなに美味しいんだろう?

そう言えば、何処の海の家にも焼きそばのメニュー、ありますよね。
実際に、海の家の人気メニューを調べてみると・・・。

1位 焼きそば(気軽に美味しく、ビールとも合う!)
2位 かき氷(夏はやっぱ、これでしょ。)
3位 ラーメン(泳ぐとお腹がすくのです。)
4位 イカ焼き(玉子のやつぢゃなくて、姿焼きの方ね。)
5位 焼とうもろこし(夏を感じる香ばしい香りが忘れられない。)

開放的は環境で食べるには、どれも最高ですよね。
って、これらの人気って、お祭りの屋台のメニューと少し似てませんか?

でも私としては、カレーライスのランクインを強く希望するわけなのですが^^;

海を見ながら、ちょっと辛口のカレーをじっくり味わう・・・
素敵だと思いませんか?

           IMG_0391

そんなことを思いながら、やって来たのが愛知県の知多半島。

  IMG_0337
名古屋から、名鉄の特急に乗って、揺られること45分。
知多半島の先っぽのちょっと手前、知多奥田駅に到着します。

駅前にレンタサイクルあり!

そんな情報をいただいたのですが、その気配なし・・・
(後で考えたら、観光案内所で聞けば良かったのかなぁと思いますが^^;)
景色を楽しみながら、歩いて行くことにしましょう。

          IMG_0338
道路沿いにしばらく海の方向へ向かって歩きます。
それにしても、いい天気だな・・・^^;

しばらくすると、国道と交差して、
コンビニエンスストアのところを入ってさらにすすみます。

     IMG_0341

あ・・・向こうの方に観覧車があるなぁ。

       IMG_0342

南知多ビーチランド、南知多おもちゃ王国。
東条湖ランドにあるやつと同じなのかなぁ?

そんなことを考えながらさらに歩くと、海岸に出ます。

        IMG_0344

ここからは、海岸沿いの道をさらにゆったりと歩きます。

   IMG_0346

向こうに見えるものはセントレア、
中部国際空港ですね。

        IMG_0347

さらに海岸沿いをすすんでいくと、何やらそれらしいものが見えてきます。
多分あれだろうなぁ・・・。
そう思い近付いていくと・・・。

 IMG_0350

あ、書いてありました。
建物の入口の方にいきましょう。

この日お伺いさせていただいたのは、海辺に立つスリランカカレーのお店、
“南洋の父サウス“さん。

           IMG_0352

以前は名古屋市内にあり、知る人ぞ知る人気のお店だったのです。
しかし、店主が病気に倒れ、やむなく閉店。
惜しまれる声は、私が住む関西にまで聞こえてきました。

(名古屋市内にあった頃の、南洋の父の記事はこちら。)

そんな南洋の父が、復活した!
知多半島の海辺に復活した。
私の元にも情報派は入ってきました。

いつか行こう、
いつ行こう、
そうだ、今日行こう!

そして今、ここにいます。

         
        IMG_0388

テイクアウトか店内ご飲食。
もちろん店内でいただきましょう。
海辺だから、テイクアウトして、海岸で食べる人もいるのでしょうね。

入口を開けると、食券の券売機があります。

       IMG_0385
あの名物、パイナップルカレーは健在か・・・。

    IMG_0386

ありますね(^^)
スパイシーチキンカレーって言うのもある。
かなり美味しそう・・・・
少し迷いましたが、
パイナップルカレー、ポークカレー、マメカレーがいただける、
“サウススペシャル3種盛り”の食券を購入。

「店内の席がよろしいですか、テラス席がよろしいでしょうか?」
「て、店内でお願いします^^;」


この暑さの中、20分以上歩いた後、冷房の誘惑には勝てませんでした^^;
今日は、オーナーはいないようで、女性お二人で切り盛りされていますね。

カウンター席に座らせていただき、店内の様子を楽しみましょう。



       IMG_0380
店内は、カウンター席が5席と、4人掛けのテーブルが2卓で8席。

    IMG_0354

木をふんだんに使ったないそうで、夏は涼しく、冬は暖かい感じになるのでしょうね。

        IMG_0382

テラス席はこんな感じで、涼しくなれば最高だろな・・・
そんな雰囲気が漂っていますね。
自転車でここまで来て、外で風に当たりながら食べるカレーも美味しいだろうなぁ。

そんなことを考えていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_0360

お、いい感じですね。
タップリと盛られたカレーが好印象。
そう言えば、名古屋市内にあった時も、
タップリとカレーを盛っていただいていたのを思い出します。

    IMG_0358

パイナップル、ポーク、豆の3種類。
これだけあれば、毎日美味しくビールも飲めるかも・・・^^;
電車なので、飲もうと思えば飲めるのですが、何となくそうではないような気がしたので、
純粋にカレーを楽しみましょう。

   IMG_0361

左にはパイナップルカレー。
どんな感じなんだろうかと、ワクワクしながら食べた4年前が懐かしい。
このカレーはおそらく日本で此処だけかもしれません。

          IMG_0363

真ん中に掛けられているのはポークカレー。
柔らかく煮込まれたポークとタマネギがゴロゴロ入っていますね。

    IMG_0362

そして、右側には豆カレー。
日本のカレーのは入らない豆ですが、スリランカ、インドなどでは一般的。
豆カレーの美味しさがわかると、やめられなくなりますよ。

それでは早速いただきましょう。
先ずは、それぞれのカレーの味わいを楽しみましょう。
先ずは、パイナップルカレーから・・・。

          IMG_0372


       (^^)(^^)(^^)

これこれ、この味です!
スパイスの香りと旨味の中にパイナップルの甘酸っぱさがある。
でも、不自然な感じは皆無で、どんどん食べてしまいそうになりますよ。

そして、ポークカレーも。

     IMG_0368

柔らかくて美味しい。
タマネギの甘みが凄くいい感じで合いますよ。

さらに、豆カレーも。

           IMG_0366

ひとくち食べて、「あ、これ美味い!」ではないんです。
どちらかというと、地味なんです。
でも、忘れられない味
(でも慣れると、これだけが食べたいって思うようになりますよ!)
豆カレーがその実力を発揮するのは、他のカレーを組んだ時。
そう、混ぜ合わさった時なのです。

それでは、いろんなカレーを混ぜ合わせながらいただきましょう。

ポークと豆、
パイナップルとポーク、
パイナップルと豆・・・

徐々にいろんなカレーを混ぜ合わせ、最後には全てのカレー、
それだけではなく、添えられているオニオンサラダも一緒に混ぜちゃいます。

            IMG_0373

混ぜ混ぜ完了!
では、楽しみましょう。

    IMG_0377


          (^^)(^^)(^^)

完全に混ざったように見えますが、それでもスプーンを入れる場所によって、
微妙に味わいが違うから面白い。
いろんな旨味が複雑に組み合わさって、なんとも言えない美味しさに変化します。
こうなるともう夢中!
あっという間に完食してしまいました。

           IMG_0379

食後には、ヨーグルトもいただき、ほっこりと過ごさせていただきます。

  IMG_0353

骨付きレッグが丸ごとのっかった、チキンカレーも凄く気になりますね。
次回は、是非これをいただきたいと思います。

         IMG_0390

秋頃に、ウッドデッキでゆったりとカレー。
それも魅力的ですね。

     IMG_0391

すぐ横には、もっと海に近い席もありますよ。

          IMG_0394
この日も、何名かの方が、そちらの席でカレーを楽しんでいらっしゃいました。


   IMG_0398

週末にドライブがてら、如何でしょうか?
綺麗な景色を見ながら、体に優しいカレー。
最高のひとときが過ごせますよ(^^)








【南洋の父サウス】
住 所:愛知県知多郡美浜町奥田天野56−2 てんてん広場    MAP
電 話:0569-83-3518
営業時間:11:00〜14:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:木・金(祝日の場合は営業)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

8月15日は終戦記念日。見方を変えれば、お隣の韓国では、8月15日は「光復節」と言って、日本の植民地支配から解放された日なのだそうです。同じ日でも、大きく意味は変わるのだなぁ思います・・・同じ記念日でも、もう少し軽いの、行きましょう!8月8日って、焼きそば記念日 ...
続きを読む
8月15日は終戦記念日。

見方を変えれば、お隣の韓国では、8月15日は「光復節」と言って、
日本の植民地支配から解放された日なのだそうです。

同じ日でも、大きく意味は変わるのだなぁ思います・・・


同じ記念日でも、もう少し軽いの、行きましょう!

8月8日って、焼きそば記念日って知ってましたか?

何で、8月8日が焼きそば記念日なのか・・・

諸説あるようですが、一説によると、
8月9日が、「焼く日」。
8と9ですから、やく。

その隣、「やく」・・・「焼く」のそばにあるから、焼きそばなのだとか^^;



さて、焼きそばではないけれど、今日は焼きうどんで行ってみましょうか!


岡山県津山市は、ホルモンうどん、いわゆる焼きうどんなのですが、
津山ホルモンうどんが有名らしいです。

この日は、そんな「津山ホルモンうどん」がいただけるお店、
お好み焼き 三枝”さんにお邪魔させていただきました。

         IMG_6399

「さえぐさ」でも、「さんし」でもなく、「みえ」と読みます。
(お母さんの名前が、みえさんなのだとか。)

お店に到着したのが、丁度お昼を回った頃。
駐車場も店内のテーブルも丁度ひとつだけ空いていました。(ラッキー!)

席に着き、先ずはメニューをみせていただきます。

          IMG_6336

お好み焼き屋さんのメニューって、
「お好み焼き」、「焼きそば」、「鉄板焼き」って
構成になってることが多いと思いますが、こちらの場合は、
ホルモン系がTOP。

ホルモンうどんは、ノーマルのホルモンうどんと、
塩ホルモンうどんの2種類があるみたいです。

しかも、1玉と2玉の値段差が、たったの50円ならば、2玉に決まりですね!
(初めての店で、大盛はキケンだと言われていますが^^;)

この日の注文は、ホルモンうどん(2玉)と、塩ホルモンうどん(2玉)、
そして、お好み焼きのミックスをお願いしました。

店内は、L字型のカウンター席が10席ほどと、鉄板付のテーブルが3つほど。

           IMG_6338

観光客と地元の方が半々くらいでしょうか?
人気のお店って感じですよ。

    IMG_6351

お好み焼きと鉄板焼きのメニュー。
車でなければ(来れないかもしれませんが^^;)
ビールのつまみにいろいろ注文してみたいところです。

         IMG_6346

またまた、こんな誘惑が・・・
これ、気になるから、帰りにどこかスーパーによって探してみよう!

   IMG_6350

津山ホルモンうどん、B-1グランプリで入賞しているのですね!
1度、このイベントにも行ってみたいものです。

              IMG_6398

カウンターの中では、大きな鉄板の上で、ホルモンうどんが焼かれているのが見えますよ。

そんな感じで、眺めていると、私たちが注文したホルモンうどんも出来上がって来ました。

      IMG_6352

先ずは、塩ホルモンうどん 普通(2玉)。

ホルモンとタマネギ。
そして上に海苔がのっけられていて、かいわれ大根も添えられています。

それでは、一口いただきましょう。

          IMG_6361

あ、なるほど美味い!
塩だれ焼きそばのうどん版って感じでしょうか?
アッサリしていて、いくらでも食べられそうな感じですよ(^^)

    IMG_6364

そして、特筆すべきはホルモンの美味しさ。
タレで味付けして出すのが、通常のホルモンだと思いますが、
こちらのホルモンは塩だれでも臭みがなく、本当に美味しい。
アッサリと食べたいならば、こちらに決まりでしょうか?

そんなことを思いながら、塩ホルモンうどんを食べていると、
通常のホルモンうどんも出来上がってきました。

            IMG_6381

こちらは、特製のタレで味付けされていて、具材はホルモンとホルモンとタマネギ、
そして、長ネギがタップリと入っています。

それでは、こちらの方もいただいてみましょう。

      IMG_6388

    (^^)(^^)

お、これもいい!
流石にホルモンうどん用に考えられたタレだけあって、すごく良く合いますね!

            IMG_6390


塩もいいけれど、タレ味のホルモンうどんを食べずに帰ることは、
絶対にしたら損!
これは困った、甲乙付けがたい位に、よく出来ていますよ(^^)


岡山県津山市のお好み焼きは、大阪風?
それとも、広島風?

      IMG_6377

と、思い注文したのですが、
こちらのお好み焼きミックス(肉、イカ、エビの三種入)は、大阪風ですね。
具材タップリ、安心の味わいです。

「お店の名前、さんしさん? さえぐささん?」
「みえって言うのよ、あたしの名前、三枝(^^)」


隣のお客さんが、お母さんとそんな会話をしているのが聞こえてきます。
テキパキと動く、カウンターの中、鉄板の前の店主と、
柔らかな雰囲気のお母さん。
このバランスと、ホルモンうどんの美味しさが、
こちらのお店の人気の秘密なのでしょうね(^^)

思わず帰りに、お土産用のホルモンうどんのタレを買ってしまいました。

ちょっと遅めのお盆休みを取られている方、
少し足をのばして、岡山県津山まで、行ってみませんか?
ゆったりした気持ちになれますよ(^^)











【お好み焼き 三枝(みえ)】
住 所:岡山県津山市上河原441−5    MAP
電 話:0868-23-3972
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜21:00 ※日祝は、11:30〜15:00 
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌日休業)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 

お好み焼 三枝お好み焼き / 津山駅津山口駅東津山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い暑いと言っていないで、海に行こう!とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。でも、も ...
続きを読む
暑い暑いと言っていないで、に行こう!

とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・

海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。

海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、
海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。


でも、もっと間近で海を感じていたい!
豪快で迫力のある海を・・・。


そうなると・・・・
なると、ナルト、鳴門・・・^^;
(ベタ過ぎて、言葉も出ないですね。)


そうだ渦潮を見に行こう!
 


鳴門海峡の渦潮クルーズって、乗ったことありますでしょうか?
潮のいい日に乗ると、本当に迫力がある渦潮を間近にみることが出来ますよ!

   IMG_1020

 
        IMG_1058

  
   IMG_0974


          IMG_1070

地上は酷暑でも、会場は風が心地よく、渦潮の迫力も満点!
関西からは、高速バスで1時間半ほど。
非日常体験、如何でしょうか?


さて、そんな感じで渦潮を堪能したら、
福良港で、ちょっとイケてるジェラートは如何でしょうか?
(渦潮観光船は、徳島県の鳴門側、淡路島側のどちらにもありますよ!)

        IMG_7201

お伺いさせていただいたのは、淡路島側、福良港のすぐ近くにあるお店、
“G.ELM(G.エルム)”さん。

こちらのお店では、いろんな美味しさのジェラートをいただくことが出来ますよ。

     IMG_7198

繁忙期(おそらく、夏の間)以外は、ランチメニューもあるのですね。
どんなものがいただけるのか、それもちょっと気になりますね。

  IMG_7199

おしゃれな感じの扉を開けて、お店の中に入って行きましょう。

         IMG_7197

店内は、こんな感じで落ち着いた雰囲気。
テイクアウトももちろん可能ですが、折角なので店内でゆっくりと楽しみましょう。

カウンターのところに行くと、実際にみて、ジェラートを選ぶことが出来ますよ。

     IMG_7194

しぼりたて牛乳・・・
都会の人は、こういうのに弱いんですよね^^;
大人のコーヒー、つぶつぶいちご、みかんシャーベットなど気になるものが・・・。

シングル 300円、ダブル 350円と言われれば、やっぱりダブルですよね(^^)

        IMG_7191

と言うわけで、つぶつぶいちごと、アーモンドをダブルのカップでお願いしました。


いただくと、期待通りに苺のつぶつぶ感が心地いい。
そして、アーモンドは鼻から抜ける香りと後味がスゴくいいですね(^^)


           IMG_7193

店内のテーブルで、ゆったりと寛がせていただきました。

鳴門の渦潮をしっかり堪能し、美味しく冷たいジェラートを楽しむ。
いいものですよ。
あっ、すぐ近くに無料の足湯もありますよ!

近場で素敵な夏休み、楽しんでみませんか?
オススメします(^^)










【G.ELM(G.エルム)】
住 所:兵庫県南あわじ市福良甲1530−2    MAP
電 話:0799-50-2332
営業時間:10:00〜18:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日(不定休あり)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校では、シャーペン禁止。今でもそうなのでしょうか?ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・授業中に、カチカチして遊ぶ。鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。「とめ」、「はね」、「はらい」 ...
続きを読む
小学校では、シャーペン禁止。

今でもそうなのでしょうか?

ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。

シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・

授業中に、カチカチして遊ぶ。
鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。
「とめ」、「はね」、「はらい」がやりにくい。
分解して遊んでしまう。


あはは^^;
小学生ならではって感じですね。

あと、こんな理由も・・・

貧富の差で、買えない人も出てしまう。
盗難の恐れがある。
高価なものなので、小学生にはふさわしくない。


これらは、完全に昔の時代のものですね^^;
今では、100均や、ホームセンタに行くと、かなり安く買えます^^;

でも、禁止と言われると、コソッと持ってみたい。
だめと言われると、やりたくなるのが人間の習性みたいなもので・・・。

この日もコソッと、メインロードを外れて、ちょっと寄り道。
そんな感じで散策していると、良さそうなお店を見つけました。

          IMG_6242

季節は少し遡り、雪の降る頃。

ゲゲゲの鬼太郎の生まれ故郷、鳥取県境港。
ランチタイムの時間に現れたお店、
”漁師料理 和泉”さん。

観光のメインストリート、水木しげるロードを、港の方へ向かって歩いていたのです。
このお方と一緒に。

まぐろラーメンでも食べようかなぁ・・・寒いし。
そんな事を考えて、ちょっと横道にそれたところにお店はありました。

          IMG_6241

本日の日替わり弁当
お造り、真鯛のあら煮、豚バラと白菜のはさみ焼き、鶏肝とにんにく芽の梅煮、
アンチョビじゃがバター、白かぶのなめこ煮、玉子焼き、サラダ。

これだけ付いて、800円はかなりお値打ちかと。
しかも、内容も魅力的ですよね!

そんなメニューボードを眺め、早速店内へ入ってゆきます。

ランチにはちょっと遅めの時間、13:00。
店内は、ゆったりとしています。

カウンター席に座らせていただき、メニューを確認します。

           IMG_6225

むむむ・・・
これは、どう考えても魅了的!
値段がお手頃なだけではなく、内容も結構凝ってますよ。

そして、メニューのページをめくると・・・

     IMG_6223

あ・・・見つけてしまった、境港の海の幸。
ランチタイムには、ちょっと贅沢・・・
でも、折角の境港。
ここは思い切って、うに丼にすべきか、プッチぷちのイクラ丼・・・
いや待てよ、鳥取境港といえば、やっぱりカニだよなぁ・・・。

「すみません、味覚丼をください!」

気がつけば、うにも、いくらも、カニものっかった味覚丼をお願いしていました。

店内は、カウンター席12席と、座敷には、6人が座れる座卓がふたつ。
ここで夜に宴会も楽しいだろうなぁ。

外が寒いこの季節ならば、鍋も美味いじゃないか・・・。
(行ったのが、冬だったもので^^;)

そんな事を考えながら待っていると、
お願いした味覚丼が出来上がってきました。

             IMG_6227

器にたっぷりのいくら、うに、かに。
味噌汁とお漬物も付いて、わさびは別添え。

わさびを醤油に溶いて、それをかけて食べるのもありだけど、
軽く丼に醤油をかけて、わさびを後のせしても香りが立って美味しい。

  IMG_6229

乗っかってるだけでも、存在感があるうに。
丼一面に乗っかっているのはもちろん魅力的だけど、
これだけだから、ゆっくり味わえるのかもしれない^^;

         IMG_6230

いくらにしても同様。
貴重なくらいの量が、美味しい食べ方を考えるきっかけになるのだと、言い聞かせる^^;

  IMG_6232

ここは境港。
流石にカニはたっぷりと入っていますよ(^^)
いずれにしても、かなり贅沢なことになっております。   


それでは早速いただきましょう!
まずは、大好きなウニから。

           IMG_6233

       (^^)(^^)

う、美味っ!

このまま食べると、必然的におさけがほしくなっ・・・
いえいえ、ランチタイムです。
まだまだ我慢^^;

そして、たっぷりのカニもいただいましょう。

      IMG_6236

      (^^)(^^)

旨味と甘味、自然と顔がほころんでしまいます。
これで、ご飯をかきこむ幸せ。
是非体験してほしい!

さらに、こんな事もやってしまいます。

       IMG_6239

ウニといくらの同時食い。
これ、かなり美味しい!

「当たり前じゃ!」

そんな声も聞こえてきそうですが、本当に美味しい。
ウニやいくら、カニでお酒もいいですが、
こんな感じで、ホッカホカのご飯と一緒に、
丼としていただくのもかなりいいですよ。

気がつけば、あっという間に完食。
それも、かなり美味しくて大満足させていただきました。

海の幸がたっぷりの境港で、しっかり海鮮。
オススメです!

境港にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。









【漁師料理 和泉】
住 所:鳥取県境港市本町19    MAP
電 話:0859-42-3102
営業時間:11:00〜14:00  17:30〜22:00
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日
駐車場:あり(2台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏休みに突入!学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。私も学生時代、北海道にハマっていました。当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道 ...
続きを読む
いよいよ夏休みに突入!

学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?
このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。

私も学生時代、北海道にハマっていました。
当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。
「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道までの切符と、
北海道内の特急列車の自由席が20日間乗り放題のお得な切符を
学割で買って行ったものです。

但し、行くのはいつも8月に入ってから。
学校、7月中は授業があったのです^^;

ですので、7月の北海道は未体験。
当然、富良野のラベンダーも生で見たことがなかったのです。

         IMG_7646

そんな富良野のラベンダー、やっと見に行くことが出来ました。

  IMG_7608

一面の鮮やかなラベンダーパープル。
しばしうっとり見とれてしまいます。

        IMG_7588

時間の流れさえも、ゆっくりに感じます。
        IMG_7564

とは言え流石に人は多く、北海道といえども、汗ばむ気温^^;
お助けアイテムに手を出したりもします。

       IMG_7621

香り良し、美味しい。
300円で買える幸せです(^^)

さて、ラベンダーを堪能した後は、
もうひとつの富良野名物がいただきたくて、
“唯我独尊(ゆいがどくそん)さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_7477

富良野の郊外、山の中にあるのかと思いきや、
意外にも中心部の富良野駅の近くにお店はあります。

  IMG_7476

街中に、ここだけこのような緑の空間がある・・・。
そう思っていただいたら想像しやすいかもしれません。

営業開始時間の少し前に到着したので、入り口前で開店時間を待ちます。

         IMG_7479

店内の他に、屋外にも席があり、
富良野の風を感じながらカレーを楽しむことも出来ますね。

「何名様ですか?」
「ひとりです。」
「相席、よろしいでしょうか?」
「はい、大丈夫ですよ。」


開店時間になり、順番に店内の席に案内していただきます。
 
      IMG_7485

店内の奥、窓際のテーブル席に案内していただきました。

相席・・・。
都会のお店では、ちょっと違和感があるかもしれませんが、
こちらのお店、この雰囲気の中では、むしろそれが当たり前。
同席していただいた方に、お冷やを入れていただきました。

お店の方があたたかいと、私たちお店を訪れる方も、自然と優しい気持ちになれる。
私もこちら側にあったメニューを差し出したりして、
ちょっぴり緊張感がほぐれます。
     
          IMG_7489

メニューはこんな感じで、富良野の素材、北海道の素材をふんだんに使ったカレーと、
こだわりのコーヒー、富良野の地麦酒、富良野ワイン、
自家製デザートで構成されています。

注文は、こだわりのソーセージがのっかった、
自家製ソーセージ付きカレーに、道産キノコをトッピングでお願いしました。

店内は手作り感満載で、温かい雰囲気に包まれています。

     IMG_7493

壁には、名刺がたくさん貼ってありますね。
誰か知っている人の名刺は・・・・
と思い、見てみますがここは北海道富良野。
そう簡単には見つかりません^^;

他の方の注文を聞いていると、圧倒的に「オムソーセージカレー」が多いですね。
私もそれにしようかと迷ったのですが、オムレツがない方が、
カレーの香り味わいをダイレクトに楽しめるかなぁと思ったのと、
道産キノコの魅力に勝てずに^^;

とは思うものの、他のお客さんが注文した、「オムソーセージカレー」を見てみると、
明らかにインスタ映えしそう^^;

あ・・・同席させたいただいた方も、オムソーセージカレーですね。
と言うわけで、オムソーセージカレーはこんな感じ・・・・

なんてことは、やってませんよ^^;
(それはいくら何でも、厚かましすぎます^^; HP等で、確信してくださいね!)

そんなことを考えていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_7498

テーブルに運ばれて生きた瞬間から、香るスパイスが好印象。
普通のカレーをちょっとアレンジしたものとは明らかに違う、
毛並みが違うのがこの段階から分かります。

    IMG_7501

大きな自家製ソーセージが真ん中に鎮座し、
左側に特製のカレールーとタップリのキノコ。
そして右側には、北海道のトウキビとジャガイモ。
大地の恵みが満タンですよ!

米も、もちろん北海道富良野産100%で、ブレンドなしの「きらら397」だそうです。

先ずはカレーを1口いただきます。

        IMG_7504


      (^^)(^^)(^^)

想像していたよりも、ずっとスパイシーで美味い。
いきなり本気で来たな・・・
そんな感じです。

そして、自家製のソーセージも。

     IMG_7502

いただきましょう。

        IMG_7507

お、これは美味しい!
しかも、肉の旨味がしっかりしていて、食べ応えも充分ですね。
かと言って、変な脂っこさはなく、パクパク食べてしまえます。

      IMG_7492

テーブルの上に置いてある、「独尊サンバル」を少し加えてみましょう。

  IMG_7511

       (^^)(^^)(^^)

おぉ、旨辛!
香りもかなり良い感じ(^^)
かなり私好みですよ、これ!

キノコとカレーをタップリと堪能して、
あっという間にカレーを完食・・・
でも、まだご飯とソーセージ、ジャガイモにトウキビも残っている。

そうか・・・
ついにあの時がやって来たのか^^;


         IMG_7491

誰か、おかわりする人がいたら、それをマネしてみようと思っていたけれど、
どうやらおかわりのトップバッターは私のよう^^;

覚悟を決めて、お皿を持ち、カウンターのところまで行きます・・・。

「♪ルールル・・・」

「あ、カウンターの中にいるあちらに仰ってください。」
    (と、厨房内のルーをよそっている方を指さす)

あ・・・まさかのやり直し^^;

では、リトライ!

「♪ルールルルル」
「はい、ありがとうございます(^^)」


そんな感じで、無事おかわりの儀式完了!

           IMG_7515

タップリとルーを入れてくださいました。

   IMG_7518

このカレールー、かなり美味しいのでテンションが上がります。
タップリと香り、味わい、スパイス感を楽しんで完食。
唯我独尊のカレー、想像していたよりもずっと、ずっと美味しかったです(^^)

       IMG_7521

食べ終わって外に出てみると、外の席も満席で、
席が空くのを待っている方もいらっしゃいます。
開店時間の少し前に行くか、
ランチタイムのピークを外して行かれるの通いと思いますが、
富良野の心地よい風に吹かれながら待つのも良いかもしれませんね。

北海道の自然を肌と味わいで実感できるカレー。
富良野の唯我独尊さんで、ぜひ楽しんでくださいね!








【唯我独尊】
住 所:北海道富良野市日の出町11−8    MAP
電 話:0167-23-4784
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:
駐車場:あり(10台程度)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・スイッチ1つで快適、「エアコン」。シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」。暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・いえいえ、それももちろん大事なのですが、昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。 ...
続きを読む
これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・

スイッチ1つで快適、「エアコン」
シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」
暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・

いえいえ、それももちろん大事なのですが、
昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。

【そうめん】
暑い夏のお昼ご飯はこれが最高。
出汁も予め作って冷やしておき、麺は茹でて氷水でキリッとしめる。
限定していた食欲が蘇ります。

【すいか】
早いものは6月位から出回りますが、やはり旬を迎えた夏、
値段も落ち着いてきた頃のものが美味しいですね。
美味しく、喉の渇きも解消できて、一石二鳥の優れもの。

【かき氷】
ダイレクトに冷たい。
体の芯から冷やしてくれる、本当に頼もしいヤツ。
イチゴ、メロン、レモン、抹茶、みぞれ・・・。


あ・・・
アイスクリームもいいですよね〜

そうそう、アイスクリームと言えば、今年の最初にお邪魔させていただいた、
“完熟いちご菓子研究所”さんが、
完熟いちごをタップリと使った、
いちごのジェラートを発売されたようで、早速いただきました。

         IMG_6520

完熟 いちごジェラートは、
「Mochi Strawberry(もちストロベリー)」、
「Strawberry cheese cake(ストロベリーチーズケーキ)」、
「Premium  strawberry(プレミアムストロベリー)」の3種類。

先ずは、もちストロベリー。

               IMG_6849

こんな感じのパッケージに入って届きます。
 
        IMG_6524

ミニカップの蓋を開けると、完熟いちごジェラートの上に、お餅がのっかっています。

このままでは、よく分からないので、
ガラスの器に移してみることに・・・。


        IMG_6548

見ているだけでも、大真面目に作られているのが分かりますよね。
もちの部分は、半分にカットしてのっけてみました。

      IMG_6579

おもちの中には、白あんにいちごソースを加えたものがタップリ入っています。
冷たくモチモチした食感がクセになりそうですよ。

             IMG_6574

ジェラートの部分は、フレッシュな完熟いちごの美味しさがタップリ。
口の中で溶ける食感も素晴らしいです。

こんな感じで、器に盛り付けると、見た目にも楽しめるのですが、
この季節、油断するとすぐに溶けてしまいますよね・・・。

と言うわけで、カップのままでもいただいてみました。

         IMG_6844

次は、ストロベリーチーズケーキを。

      IMG_6817

中には、ベイクドチーズケーキがタップリと入って、
いちごとチーズケーキのマリアージュを楽しむことが出来ますよ。

そして、いちごの風味を思う存分楽しみたい方には、
プレミアムストロベリー。

            IMG_6847

蓋を開けた瞬間に、いちごがお出迎え。

     IMG_6821

いちごがここに丸ごと入っているわけではないのですが、
いちごの果肉はタップリと入っていますよ。

            IMG_6831

 IMG_6825

カップ一杯、思う存分にいちごの美味しさと香りを楽しむことが出来ます。

こちらのジェラートに使われているいちごはすべて、
完熟いちご菓子研究所さんに併設されているいちごのハウスで収穫されたもの。


       IMG_7683


           IMG_7692


    IMG_7686


今の季節にピッタリのスイーツだと思います。

完熟いちごジェラートは、
こちらのHPから購入することが出来ますよ。

自分へのご褒美、
帰省の際のお土産、
友達とのホームパーティにもって行っても、確実に喜ばれると思いますよ。

ぜひ注文して、味わってみてくださいね。 







【完熟いちご菓子研究所】
住 所:兵庫県養父市八鹿町八鹿1500    MAP
電 話:079-662-2261
営業時間:8:00〜19:00
煙 草:
定休日:無休(元旦のみ休業)
駐車場:あり

完熟いちごジェラートのHPはコチラ
お店のHPはコチラ
谷常製菓のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

天才 上岡龍太郎。自らをそう呼んで、活躍していた上岡龍太郎さんが、スパッと芸能界を引退してから早いものでもう18年。芸歴40年人になる2000年で、芸能界を引退すると、「パペポTV」の中で宣言し、その通りにスパッと潔く引退した。今でも、本当にテレビ等には一切出ずに ...
続きを読む
天才 上岡龍太郎。

自らをそう呼んで、活躍していた上岡龍太郎さんが、
スパッと芸能界を引退してから早いものでもう18年。

芸歴40年人になる2000年で、芸能界を引退すると、
「パペポTV」の中で宣言し、
その通りにスパッと潔く引退した。

今でも、本当にテレビ等には一切出ずに、
ゴルフやマラソンをしたり、執筆活動をしているのだという。

パペポTVは、笑福亭鶴瓶さんと二人で繰り広げられるトーク番組。
過激な発言が人気で、テレビで放送できないような内容をしゃべった時は、
顔が◯禁マークで隠され、その部分の音声にはサイレン音が入る。
ご興味がある方は、「YOU TUBE」で検索してみて下さいね!

さて、そんな上岡龍太郎さんが、初代局長を務めた人気番組が、
「探偵ナイトスクープ」。

そこで放映された、淡路島の「謎のパラダイス」が気になって仕方がない・・・。

そんなことを考えつつ、淡路島ドライブの途中に見つけたのが、
“うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや"さん。

         IMG_5985

淡路鳴門自動車道の北淡インターを降りて、県道31号線を南へ走ると、
まもなくお店が見えてきます。

到着したのは、お店のオープン時間よりも10分くらい早い時間でしたが、
「どうぞ〜」と、笑顔で迎えて下さいましたよ。

    IMG_6033

本日のおすすめは、西浦産のかまあげシラス丼。
おすすめと言われれば、本当に気になる・・・

そんなことを思いながら、店内の真ん中にある、
大きなテーブル席に座らせていただます。

        IMG_5987

店内は、真ん中に8席ある大きなテーブル席と、
窓際に5人が座れる座卓が2つ。

    IMG_5990

あと、お店の外にも海を眺め葉柄食事が出来るテラス席が設けてあり、
風を感じながら海鮮を楽しむことが出来るようになっています。

         IMG_6039

テーブルのところには、メニューが掲示してあります。

  IMG_5986

天丼、海鮮丼などの丼メニューと、
淡路島西浦産の海鮮メニューが並びます。

      

     IMG_5996

厨房との仕切り壁のところにも、おすすめメニューが書いてあります。

この日の注文は、海鮮丼と釜揚げしらす丼、
そしてオコゼの唐揚げに、アジフライもお願いしました。
(アジフライ、最近のマイブームなのです(^^))

注文が通ると、そこから調理を始めて下さいます。

「オコゼの唐揚げが、800円で食べられますよ!」

そんな情報を教えていただき、こちらのお店に来てみたのですが、
まさか、600円からいただけるとか驚きです。
(お鮨やさんで、オコゼの唐揚げを注文すると、2,000円は下らないかと・・・)

大きさによって、値段が変わるらしいのですが、
折角なので大きいものをお願いしましたが、それでも1,000円。
出来上がってくるのが楽しみです。

IMG_5993

         IMG_5992

こんな感じの写真入りのメニューもあって、
どんな感じかイメージするのも容易ですね。

それにしても、天丼のボリュームいい感じですね(^^)

      IMG_5994
魚屋の二刀流 シラス丼。
これは、生しらすと釜揚げしらすが両方のっかっているのだとか・・・。
これもかなり気になりますね。

そんな感じで、他のメニューなんかも見ながらゆっくりしていると、
注文した海鮮丼が出来上がってきました。

         IMG_6000

海老、イカ、マグロ、鯛、ハマチ、サーモン、釜揚げしらす、
イクラと玉子焼きにワカメまでのっかった豪華版。

ちなみに、海鮮丼が「上」になると、雲丹や貝が乗っかり、
「特上」になると、生海老などがのっかって、さらに豪華になるのだとか。

それでは、早速いただきましょ。

         IMG_6010

        (^^)(^^)

新鮮な刺身てんこ盛りで、ご飯がすすみまくります。
あなたは、刺身に醤油を付けてから食べるタイプですか、
それとも、山葵醤油にしてから、丼のうえにかけるタイプですか?

いずれにしても、いろんな食べ方を楽しむことが出来ますよ。

ちなみに、おすすめの「釜揚げしらす丼」はこんな感じです。

      IMG_5998
 
真ん中に卵黄がのっかって、ボリュームタップリ。
1口いただきましたが、ふわっふわでこれもかなり美味しいですよ(^^)

そんな感じで、丼を楽しんでいると、オコゼの唐揚げも出来上がってきました。

            IMG_6016

丸ごと、からっと揚げられたオコゼは、
好みでレモンを搾り、おろしポン酢でいただきます。

しれにしてもこれ、ビールかお酒がなければ、アカンやつでしょ^^;
車で来ていたので、もちろん飲めません。
誰か、運転好きで下戸な方、ご紹介いただけませんか^^;

        IMG_6032

オコゼの唐揚げの楽しみは、骨ごといただけること。
カリッとした食感の中にある旨味を存分に楽しみます。

そして、マイブームでなんとなく注文した、
アジフライがめっちゃ美味しかった。

      IMG_6015

大きなアジフライが3枚のっかって、たったの500円。
食べてみると、フワッフワに柔らかくて、素晴らしい美味しさ。

タルタルソースはもちろん、
塩をパラッとかけて食べるのも美味しいかもしれませんよ。

海鮮丼、オコゼの唐揚げ、釜揚げしらす丼、アジフライ。
どれもかなり満足させていただきました。

季節ごとに変わる、旬の魚をお安くお腹いっぱい。
淡路島ドライブの時、是非立ち寄ってみて下さいね!









【うおたけ鮮魚店やけんど 海鮮どんや】
住 所:兵庫県淡路市育波584−1    MAP
電 話:0799-84-1120
営業時間:11:00〜20:00(L.O.19:30) 
煙 草:完全禁煙
定休日:火曜日
駐車場:あり(お店の前に10台分)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ
お店のInstagramはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の人口第1位は、みなさんご存じの中国。そして、2位はインド。共に、13億人を超えていて、2020年には、中国を抜いて、インドが世界人口1位の国二なる予定なのだとか。ちなみに、3位以下はすごく開いていて、3位:アメリカ(3億2,300万人)4位:インドネシア(2億6,000万 ...
続きを読む
世界の人口第1位は、みなさんご存じの中国。
そして、2位はインド。

共に、13億人を超えていて、2020年には、中国を抜いて、
インドが世界人口1位の国二なる予定なのだとか。

ちなみに、3位以下はすごく開いていて、
3位:アメリカ(3億2,300万人)
4位:インドネシア(2億6,000万人)
5位:ブラジル(2億700万人)と続き、
日本は、11位で、1億2,700万人だそうです。 


最近では、日本の新幹線技術が輸出され、
ムンバイ〜アフマダーバード間が2023年には開通予定なのだとか。

そんな新幹線が通る、インド一の経済都市、
ムンバイからさらに南に約900キロ行ったところに、魚料理が美味しい港町、
マンガロールがあります。

この日は、そんなマンガロール料理を楽しめるお店、
東京銀座にある“バンゲラズ・キッチン”さんに行ってきました。

        IMG_4609

北インド料理とか、南インド料理のお店ならば行ったことがあるのですが、
マンガロール料理というのは初めてです。

  IMG_4610

食都としてもその名を轟かせるマンガロール。
インド悠久の歴史と文化が交錯する
あらゆるインド料理のエッセンスが凝縮したグルメの街。

そんな魅惑のマンガロール料理を味わっていただきたくて
銀座に小さなマンガロールを作りました。

こんな風に書かれると、ますます期待してしまいますよね(^^)

             IMG_4611

それでは、早速お店の中に入りましょう。

カウンター席の横にあるテーブル席に案内していただき、
先ずはメニューを確認させていただきます。

       IMG_4576

ランチメニューはこんな感じで、ページを見開き、左側が英語で、右側が日本語。

    IMG_4577
セットターリでは、この中から好きなカレーを選ぶことが出来るみたいですね。

メニューの裏表紙には、マンガロールの位置が分かるように、地図が書いてあります。

         IMG_4578
なるほど・・・
インド、一度行ってみたいですね。


さて、何を食べましょうか・・・。
珍しいドーサもありますが、折角なのでフラッグシップメニューの
「こだわりフィッシュターリ」をお願いすることにしましょう。

店内は、バーカウンターが4席と、2人掛けのテーブルが8つ。
テーブルの組み合わせによっては、グループでも楽しむことが出来そうですよ。

          IMG_4581

平日の比較的早い時間のお店に入りましたが、結構お客さんが入って来ます。
きっと、知る人ぞ知る人気店なのでしょうね。

そんな感じで待っていると、
私がお願いした、こだわりフッシュターリが出来上がってきました。

         IMG_4585

お店の方が、説明してくださいます。
本日のカレーは、サーモンのカレーだとのこと。
そして、フライはカサゴのフライ。
魚がウリのインドカレー、見ているだけでもワクワクします。

ちなみに、メニューにあった「バサのカレー」。

           IMG_4579

最初は、「サバ」の間違いかと思ってしまいましたが、
そうではなく、そんな名前の白身魚のことなのですね^^;  

先ずは、サーモンのカレー。

      IMG_4589

大きなサーモンがゴロッと入っています。

先ずは、そのままいただきましょうか・・・。

         IMG_4599

      (^^)(^^)

美味しい!
魚の旨味がキッチリ出ていて、スパイスの受け止め方も素晴らしい。
なるほどぉ、そう来ましたか・・・
そんな感じです。

そして、カサゴのフライもいただいてみましょう。

    IMG_4590

サクッときめ細かかくて心地よい食感。
そして、これも美味しいです(^^)  

そして、サンバルとラッサム。

         IMG_4591

これは、いろんなカレーと混ぜ合わせて一緒にいただくと、
素晴らしいアクセントになるのですが、そのままいただいても美味しい。 

     IMG_4601

サンバルを、南インドのお味噌汁って例えることもあるくらいで、
欠かせないものなのだとか。

       IMG_4592
アチャールも一緒に食べるとすごく美味しい。
ま、私の場合はそのままでもいただきますが^^;

ナンやタンドリーチキンも良いですが、
こういうものがもっと、日本に普及して欲しいものです(^^)

       IMG_4594

それでは、このブラウンライスの上に、カレーを掛けていただきましょう。

    IMG_4603

        (^^)(^^)(^^)

こんな感じで、ターリの上でいろんなものを混ぜ合わせながら食べるのが最高。

       IMG_4606

さらに、パパダンも砕いてのっけて一緒にいただきます。

  IMG_4608

最後は、全てのカレーと副菜を混ぜ合わせて、贅沢に完食!

かなり満足させていただきました。

マンガロール料理、是非今度はディナータイムに来て、
もっとしっかりと堪能させていただきたいと思います。

ここ、かなり良かったですよ(^^)






【バンゲラズ・キッチン(Bangera's Kitchen)】
住 所:東京都中央区銀座西2−2 銀座インズ2 2F    MAP
電 話:03-3561-5516
営業時間:11:00〜15:00(L.O.14:45) 17:00〜23:00(L.O.22:40) 
煙 草:
定休日:
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

漁師料理とか、釣茶屋ってお店の看板に書いてあると、妙に気になります。北浜のビジネス街に、「釣茶屋」って看板が出たお店があって、気になっていたのが20年ほど前。前を通るのが、いつも夕方の4時くらいなので、魚の香りだけ嗅いで通っていた思い出があります。最近では、 ...
続きを読む
漁師料理とか、釣茶屋ってお店の看板に書いてあると、妙に気になります。

北浜のビジネス街に、「釣茶屋」って看板が出たお店があって、
気になっていたのが20年ほど前。
前を通るのが、いつも夕方の4時くらいなので、
魚の香りだけ嗅いで通っていた思い出があります。

最近では、大阪駅前第1ビルにある、「湯浅港」って名前の店があって、
お店の前には、「和歌山湯浅直送 地魚料理」って看板も出ていて、
毎日漁港直送の魚が並んでいるのです。

行ってみたいけど、いつも人気で満席っぽい。

そんな光景を目の辺りにすること数回。
私の中には、【湯浅=新鮮な魚】の式が出来上がってしまって^^;

それならば・・・
と、今が旬の生しらす丼をいただきに、現地まで行ってきました。

        IMG_5241

この日にお伺いさせていただいたのは、和歌山県湯浅にある、
“かどや食堂”さん。

    IMG_5300

車で行くと、大阪から1時間30分くらいで到着出来、
駅前には広い駐車場もあるので便利ですよ。

       IMG_5302
お酒を飲みたい方は、電車でどうぞ。
お店は、JR湯浅駅から徒歩1分の便利な場所にあります。

             IMG_5248

しらす丼と、大きな文字で書かれたメニューボードがお店の前にあり、
ついつい立ち止まって見てしまう人も少なくないのでは?

お店に到着したのは、11:10頃。
幸いにも、待ってる人はいないようですね。
では早速お店の中に入りましょう。

     IMG_5245

カウンター席の入口近くに座らせていただき、
先ずはメニューを確認します。

   IMG_5216

しらす丼がメインと思いきや、いろいろ楽しむことが出来そうですよ。
どの定食も、+250円で、ご飯をしらす丼(小)に変更することが出来るみたいです。

         IMG_5217

定番の釜揚げしらす丼と、この季節だけ、
漁で取れた時だけの生しらす丼が狙い目なのは、言うまでもありませんね。

幸いにも、この日は生しらす丼が出来るみたいなので、
生しらす丼と釜揚げしらす丼を両方ともお願いしました。

店内は、入口を入ったところにカウンター席が8席。
そして、奥の部屋には座敷席が並んでいるようで、1階は25席。
2階にも30席の客席があるようです。

       IMG_5220

カウンターの中では注文が入るたびに料理が作られていくのを見ることが出来ます。
この間にも、お客さんがどんどんやってきて、
お店の外で待っている方もいるようですね、人気です。

  IMG_5218

テレビ大阪の番組「おとな旅 あるき旅」で、三田村邦彦さんも来ているようですよ。

       IMG_5219
その奥には、お昼の献立が書かれたホワイトボードも見ることが出来ます。

そんな感じで、店内を見渡していると、
先ずは釜揚げしらす丼(小)とわかめうどんの定食が出来あがって来ました。

        IMG_5221

しらす丼とうどん、小鉢まで付いて780円はかなりお得なのでは?

そして、生しらす丼も出来上がってきました。

      IMG_5224

生しらすは、こんな感じで別添えで提供されます。
「生しらすをご飯の上にのっけて、あまり混ぜないように食べてくださいね。」
とのこと。

それでは早速ご飯の上に、生しらすをのっけましょう。

       IMG_5235

いい感じですね。
先ずは、しらす丼のタレだけを少し掛けていただきましょう・・・。

     (^^)(^^)(^^)

何ですかこれ、かなり美味しいんですけど!
生臭さとか、イヤなネチャツキ感とは皆無で、本当に美味しい。

今度は、薬味を少しのっけていただきます。

           IMG_5241

    (^^)(^^)(^^)

ひっくり返りそうになるくらいに美味しい!
これが、生しらすの実力なのか・・・。

江ノ島で食べた時より、淡路島で食べた時よりもかなり美味しい。
今まで食べた生しらす丼は、美味しいのは美味しいけれど、
そんなに大騒ぎするほどなのか・・・
そう思っていたのです、正直。

でもこれは本当に美味しい。
鮮度なのか、タイミングなのか、それともこちらのお店の実力なのか。 

生しらす丼、じつはこの日、「折角なので頼んでみようか・・・」
くらいの気持ちだったのです。
ですので、もう一杯は釜揚げしらす丼を。

         IMG_5228

あ・・・これもふっくら感が全然違う。
見た目にも美味しいが伝わってきますよ(^^)

それでは、こちらもいただきましょう。

          IMG_5239

うわぁ、こっちも美味い!
流石に、生しらす丼ほどの感動はないですが、
いつも食べる釜揚げしらす丼の数倍は美味しいかと。
しらすのふわっと感と、お店が作る特製のたれの仕事でしょうね。

湯浅駅前の「かどや食堂」さんで、充実のランチをいただき、
しばし、湯浅の町を散策。

  湯浅の町並み

ここの町並み、凄く良い感じですよ。

       甚風呂
こちらは、甚風呂と言って、幕末から昭和初期まで実際に営業していた銭湯が、
ミュージアムとして見学できるもの。
保存金の協力として、200円以降募金すると、特製の風呂札をいただくことが出来ますよ。


旬の味わいを求めて、小旅行。
如何でしょうか?
素敵な休日を過ごすことが出来ますよ。    






【かどや食堂】
住 所:和歌山県有田郡湯浅町湯浅1109−1    MAP
電 話:0737-62-2667
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜21:00(L.O.20:00) ※木日はランチ営業のみ。
煙 草:分煙(ランチタイム禁煙)
定休日:月に一日不定休。(お店のFacebookで確認できます。)
駐車場:あり(店前に3台分、近くに観光用無料駐車場あり、コインパーキングあり)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリタンスパゲッティって、  ナポリで食べることは出来ないんですよね?現地の料理かと思いきや、実は日本生まれの料理って、結構あるようです。【石焼ビビンバ】当然、韓国生まれの料理かと思いきや、実は大阪の韓国料理店の店主が考案したものらしい。その後、韓国に ...
続きを読む
ナポリタンスパゲッティって、
  ナポリで食べることは出来ないんですよね?


現地の料理かと思いきや、実は日本生まれの料理って、結構あるようです。

【石焼ビビンバ】
当然、韓国生まれの料理かと思いきや、
実は大阪の韓国料理店の店主が考案したものらしい。
その後、韓国に逆輸入され、現地でも食べられるようになったのだとか。

【ドリア】
横浜にある、ホテルニューグランドのスイス出身のフレンチのシェフ、
サリー・ワイルが考案したもの。
滞在中の銀行家が、「体調が良くないので、何か喉越しの良いものを・・・」
そう言われて出したのが始まりなのだとか。

【ウィルキンソン】
それはないだろう?
そう思い調べてみると、日本に定住していたクリフォード・ウィルキンソンが、
兵庫県で天然の炭酸鉱泉を狩猟の途中に見つけたのが始まりなのだとか。

その他にも、モンブラン、天津飯、中華丼、
エビフライ、エビチリ、冷やし中華
なども、日本で生まれたものみたいですね。

では、これはどうなのか・・・

        IMG_4552

これは、カレーライス。
でも、いただいたお店は、カレー専門店でも、洋食屋さんでも、大衆食堂でもなく、
東京神保町にあるお店、“北京亭”さん。

      IMG_4565

お店の名前からもわかるように、中華料理のお店です。

お店は、水道橋と神保町の交差点の間くらい。
白山通り沿いにあります。

  IMG_4564

お店の前には、サンプルの入ったショーケースもあり、歴史を感じますね。

          IMG_4563

入口の横には、料理の写真がずらりと並び、食欲がそそられます。

えっと、今日の日替わりは、
高菜挽肉チャーハン+半ラーメン  780円
回鍋肉定食   780円
肉野菜麺+半チャーハン   780円


オトクな感じです。

そんなメニューを横目に見ながら、店内に入り、
カウンター席の真ん中あたりに座らせていただきます。

カウンターのところに、メニューが張ってあるので、ちょっと拝見・・・。

  IMG_4562

定食もいろいろあって、値段もお手頃。

           IMG_4561
ラーメン、もやしそば、担々麺・・・
ん、ピーマン肉麺が妙に気になる^^;

いろいろありますが、私の注文はカレー。

はい、メニューには載っていませんが、注文すると作ってくれるとのことで、
お願いしました。

店内は、カウンター席が10席と、4人がけのテーブル席が6つほど。
そして、2階にも客席があるようです。

私はカウンター席、店主の前に座ったので、調理する様子がよく見えます。
注文が通ると、材料を切り、リズミカルに鍋を振るのを見ることが出来ますよ。

カンカンカン ジュワーッ  カンカン・・・

中華料理は音も食べる・・・。
そう言われるだけあって、本当にいい音がします(^^)

そんな感じで、リズミカルに作られたカレーライスが出来上がってきました。

          IMG_4549

中華料理店で、カレーライス。
そんなのあり?
そう思われそうですが、これが実に美味しそう。

肉と玉葱がタップリなのもすごくいい感じですね。

それでは早速いただきます。

      IMG_4555

うぉ〜、これは美味しい!

肉も旨味もタップリ。
これは密かに人気があるのもわかりますよ。

  IMG_4557

それにしても、具材がタップリ。
最初にお皿だけを見たときは、ちょっと小さめかなぁ?
そう思いましたが、食べ始めるとそんなことはなく、
タップリと盛られてるのがわかります。

肉と同様に、タップリと入った玉ねぎも美味しい。

            IMG_4558

結構スパイシーな味付けに、玉ねぎの甘さがすごくよく合うのです。

何よりも、目の前で作ってくださり、出来たての熱々がいただけるのが嬉しい。
ですので、慌てて食べるとやけどしそうになるのでご注意を^^;

そんな感じで、夢中で食べすすみ完食。
これは新しいカレーのジャンルになるかもしれませんね。

中華料理店でいただく、中華カレー。
ぜひ一度食べてみてください。
結構ハマるかもしれませんよ!






【北京亭】
住 所:東京都千代田区西神田2−1−11    MAP
電 話:03-3261-4116
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜23:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

かき氷を慌てて食べると、頭がキーンとなりませんか?アイスクリーム!美味しいです。でも、本当に暑い時はかき氷が一番。暑いから、一気に食べてしまいそうになるのですが、それをやると頭がキーン^^;これは誰にでも経験があるのではないでしょうか?頭がキーン=かき氷には ...
続きを読む
かき氷を慌てて食べると、頭がキーンとなりませんか?

アイスクリーム!
美味しいです。

でも、本当に暑い時はかき氷が一番。
暑いから、一気に食べてしまいそうになるのですが、
それをやると頭がキーン^^;

これは誰にでも経験があるのではないでしょうか?

頭がキーン=かき氷には付きもの。

実はそうではないのです。

先日お伺いさせていただいたお店のかき氷は、頭がキーンとならない。

なぜか?
それは、氷の温度を上げているからなのだとか・・・。

え、氷って温度を上げると、とけちゃうのでは?

とけますよ、0度以上に温度を上げれば。
何でも、マイナス20度の氷の温度を上げてから削って、
かき氷にしているのだとか・・・


そんな素晴らしいかき氷を食べることが出来るお店、
桜新町にある“雪うさぎ”さんにお邪魔させていただきました。

           IMG_0535

正確には、田園都市線の駒沢大学と桜新町の間くらいの場所にお店はあります。

お店に到着した時は、店内は満席。
入口の横にあるベンチに座って、席が空くのを待ちます。
その間にメニューを見て、食べたいかき氷を決めておきましょう。

              IMG_0518

一番大きく載ってる、塩キャラメルグラノーラ。
これって、人気メニューですよね。
流石にこれは外せないかな・・・。

それにしても、いろんなかき氷があって、迷ってしまいます。
いっその事、シンプルに「昔氷」にしてみるか^^;

そんなことを考えながら、迷いながらも、食べたい氷が決まった頃、
ちょうど席が空き店内へ。

先ずは、カウンターのところに行って、かき氷を注文し、お会計を済ませ、
テーブル席に座って、かき氷が出来るのを待ちます。

     IMG_0519
店内は、私たちの他のお客さんは、みんな女性の方。
そして、イスに座るくらいの大きなぬいぐるみのオブジェ・・・

と思っていたら、その向かいに座っていたお客さんが、抽選で当てたものだったみたいで、
一緒に連れて帰りましたよ^^;
(スゴイ景品・・・この日、雪うさぎさんでは、くじ引きが行われていたのです)

そんなことを思っていると、私たちがお願いしたかき氷が出来上がってきました。

       IMG_0520

こちらは、塩キャラメルグラノーラ。
グラノーラは、別添えで出していただけますよ。

ひとくちいただきましたが、抜群の美味しさ。
これは、注文して後悔なしのかき氷だともいます。

そして、私がお願いしたのは、苺ヨーグルト。

        IMG_0524
これも、ヨーグルトは別添えで出していただけます。

 IMG_0526

こんな感じで、すだれの前に置いてみると、季節はもう夏。
何だかいい感じです。

           IMG_0530

先ずはそのまま食べてみると、苺の甘酸っぱい食感を感じ、
氷がサラッと口の中で溶けてゆくのです。
これ、食べていて本当に気持ちいい(^^)(^^)

まるで氷の結晶を食べているみたい。
こんな食感のかき氷は、初体験かもしれません。

    IMG_0533
三分の一くらい食べたところで、別添えのヨーグルトをかけてみます。

ま、気がつけばこのくらいの量になっていたくらい、
夢中で食べていたのですが^^;

ヨーグルトをかけると、またこれも美味しい!

苺とヨーグルト、そこにふわっふわのかき氷が来るのですから、
自然に笑顔になってしまうくらいに美味しい。

しかも、本当に頭がキーンとならない。
これは素晴らしいです。

気がつけば、しっかり完食。
食べ終わって思ったのですが、こちらのかき氷は、
過度に体が冷えることもなく、
口の中が冷たくなりすぎて、上手く喋れなくなることもないのです。

雪うさぎさんのかき氷、是非体験してみてくださいね。
感動します!









【雪うさぎ】
住 所:東京都世田谷区駒沢3−18−2    MAP
電 話:03-3410-7007
営業時間:11:30〜23:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

今では知らない人がいないくらいに有名で人気がある、美川憲一さん。美川憲一さんのデビューは、1965年。はい、すごく昔から活躍されているのです。1974年までの7年間は、毎年、紅白歌合戦にも出場していたほど。でも、美川憲一さんが紅白歌合戦に登場していた記憶、私にはあ ...
続きを読む
今では知らない人がいないくらいに有名で人気がある、美川憲一さん。

美川憲一さんのデビューは、1965年。
はい、すごく昔から活躍されているのです。

1974年までの7年間は、毎年、紅白歌合戦にも出場していたほど。
でも、美川憲一さんが紅白歌合戦に登場していた記憶、私にはありませんでした。

でも、美川憲一さんの名前と顔を知ったのは・・・

コロッケさんですね^^;
顔をちょっと歪めて歌うその姿は、今でも思い出します。

コロッケさんが美川憲一さんのモノマネをしたから、有名になった・・・
そう思っている人も少なくないのでは?

そんなコロッケさんが美川憲一さんのモノマネをしたきっかけは、
実は本人、美川憲一さんからの依頼
だったらしいですよ。

さそり座の女、柳ヶ瀬ブルース・・・。

岐阜駅から歩いて10分位のところに、柳ケ瀬ブルースの舞台、
柳ケ瀬商店街があります。

この日は、そんな柳ヶ瀬商店街のすぐ近くにある、
こちらのお店にお伺いさせていただきました。

             IMG_1969

え・・・うそぉ^^;
看板の文字は、どう見ても「デブ」

そう、これがこちらのお店の名前なのです。
お伺いさせていただいたのは、”丸デブ 総本店”さん。

     IMG_1970

こちらのお店は、大正六年創業の中華そばのお店。
大正六年ということは、1917年。
今年で創業101年になる老舗です。

早速店内に入り、空いている席に座らせていただきます。

こちらのお店のメニューは、中華そばとわんたん。
          IMG_1998

驚くことに、両方とも400円で提供されています。

中華そばを食べるか、わんたんにするか・・・。
尚、ワンタンメンはありません。

どちらか(もしくは両方)を注文して、麺やらかめ、こわめ(かため)、
ネギ多め、味濃いめ、薄め
等を注文します。

今回は初めての訪問だったので、中華そばをデフォルトでお願いしました。

店内は、カウンター席がなく、4人がけのテーブル席が2つと、
6人がけのテーブル席が3つ。
そして、4人がけの座卓がふたつあり、基本相席となっています。

私の向かい側の男性は。わんたんを美味しそうにすすっています。
そして、お隣の方は中華そば。

中身が麺なのか、わんたんなのかの違いでしょうか?
見た目は。ほとんど同じように見えますね。

あちらの若いグループは、中華そばとわんたん、両方注文していますね。
わんたんと中華そば、両方注文して、ワンタン麺を自分で作るのか・・・。
そういうのもありなのかもしれませんが、私には無理かも^^;

そんなことを考えていると、お願いした中華そばが出来あがってきましたよ。

              IMG_1974

器には、なみなみと入った、麺とスープ。
透明感のあるスープに、食欲がそそられます。

それでは早速いただきましょう。
まずはスープから・・・。

      IMG_1976

お、素朴ではあるけれど、しっかりと旨味を感じます。
もっとありきたりの味わいかと思っていましたが、これはいいですね!

そして、麺もいただきましょう。

           IMG_1990

あ、美味しい!
コシがあるとかないとかとは無縁かと思っていましたが、そんなことない。
しっかり食感を感じ、それがまた心地いいのです。
こりゃぁ、定期的に通いたくなる気持ち、わかりますね。

      IMG_1979

具は、ネギとかまぼこ、そして赤身のチャーシューが4枚ほど。
素朴だけれど、それでいいのです。

  IMG_1991

食卓塩<TABLE SALT>と書かれてある瓶に入った胡椒。
外国人のお客さんがこちらのお店を訪れ、首を傾げてる姿を想像してみる^^;

後半、胡椒を入れると、味に変化がつき、それもまた美味しいからやめられませんね。

           IMG_1994

そんな感じで、気がつけば完食。
中華そばだけでも、けっこう満腹になりました。

400円で、これだけ満足出来る貴重なお店だと思います。
今度は是非、わんたんも味わってみたいと思います。







【丸デブ 総本店】
住 所:岐阜市日ノ出町3−1    MAP
電 話:058-262-9573
営業時間:11:00〜18:30
煙 草:完全禁煙
定休日:6日・16日・26日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

丸デブ 総本店ラーメン / 名鉄岐阜駅
昼総合点★★★☆☆ 3.9

このエントリーをはてなブックマークに追加

アナログとデジタルって言葉を聞いたのはいつごろだったかなぁ・・・デジタル腕時計が登場した頃だったでしょうか?今では、デジタルの腕時計はどちらかと言うと、廉価な方ですが、登場当時はかなり高級品だったかと。その後、セイコーが「アルバ」というブランドを発売し、 ...
続きを読む
アナログとデジタルって言葉を聞いたのはいつごろだったかなぁ・・・
デジタル腕時計が登場した頃だったでしょうか?

今では、デジタルの腕時計はどちらかと言うと、廉価な方ですが、
登場当時はかなり高級品だったかと。

その後、セイコーが「アルバ」というブランドを発売し、
手頃な価格とデザイン、多機能で一躍人気になったのを思い出します。

デジタルとアナログ。
今では時計のことだけではなく、様々なものに使われる言葉ですよね。

今ではコミュニケーションも、LINEやツイッターなどのSNSが主流ですが、
インターネットが登場した当時は、メールやチャット。

そういえば、ポストペットって、流行りましたよね。

そんな時代の流れを感じながら、仕事終わりにちょっと一杯。
懐かしい気分が味わえるお店に行ってきました。

             IMG_0460

お伺いさせていただいたのは、日比谷・・・ここはもう、有楽町かな?
にあるお店、”まんぷく食堂”さん。

お店はJRの高架下にあります。

もちろん、店内にも客席はあるのですが、この日は大賑わい。
お店の外の特別席(?)に案内していただきました。

         IMG_0459

ちょっとくらい寒くても、生ビールで乾杯!

    IMG_0475
こちらのお店では、サッポロ黒ラベルの生を楽しむことが出来ますよ。

「メガジョッキもありますよ〜」って、店員さん、言ってたなぁ・・・
ちょっと気になります。

          IMG_0462
茄子の煮浸し、肉豆腐、長いネギ??
本日のおすすめはこんな感じです。
それにしても、メニューの下に書いてある広告っぽいところが面白い。
                          (電話番号に注目!)


他にもいろんなものがあり、メニューを眺めているのも楽しいですよ。

  IMG_0467

       IMG_0468

            IMG_0469

  IMG_0470

      IMG_0471


まんぷく食堂というだけあって、ボリューミーなメニューも充実してますね。
たしかにこれは、大人のお子様ランチだわ^^;

そして、メガジョッキを含めた飲み物のメニューはこんな感じ。

  IMG_0463

      IMG_0464

           IMG_0465

HAPPY HOURは、14:00〜20:00。
20:00までHAPPY HOURはうれしいですね・・・・って、14:00から??

    IMG_0466
と思えば、こちらのお店は何と24時間営業。
大阪の新世界も顔負けですね^^;

さて、気になるものをいろいろお願いしましょう。

先ずは、定番の焼き鳥から。

           IMG_0476

塩焼きはレモンを絞ってサッパリと。

  IMG_0478
そして、いつ食べても安心のタレ焼き。
けっこう食べごたえありますよ!

メニューにあれば、ついつい注文してしまうハムカツ。

        IMG_0474
厚めに切られたハムが嬉しい。
そのまま食べてもいいけれど、ウスターソースの味わいが懐かしさを加速させます(^^)

そして、出汁巻玉子。

      IMG_0472

誇らしげに入る「まんぷく食堂」の文字がいい感じ。
ちなみにだし巻きは、京風ではなく、甘いタイプの東京風。
この甘さと、醤油をかけた大根おろしがよく合うのですよね(^^)

先程のメガジョッキがどうしても気になるの・・・

     IMG_0479
はい、レモンサワーのメガジョッキ。
はい、大きいです!
これは、グビグビいっちゃいますよ。

ここで、メニューを見て気になっていたものをいくつか・・・

           IMG_0480
これは、Pizza de アラビアータ。
普通のチーズピザに見えますが、ちょっとピリ辛でお酒に合います。
(真ん中に鎮座していらっしゃる青いのは、危険です^^;)

さらに、ネギ塩焼きそばパスタ風。

          IMG_0483


ネギ好きには堪らないビジュアル(^^)
これ、麺は焼きそばの麺なのですが、味付けはパスタという出来るヤツ。

     IMG_0487

大人気で、みんなで取り分けると、あっという間にお皿の上から消えますよ^^;

そして、スゴかったのがこれ。

 IMG_0490

デザートのイチゴショートではありません。
これは、ポテトサラダ。
黒いのは竹炭を色を付けてあるそうです。

           IMG_0494



話のネタにいかがでしょうか。
え?  ポテトサラダといちごの相性ですか?

それは、食べてみてのお楽しみ!

盛り上がること、間違いなしですよ(^^)

高架下の懐かしい雰囲気の中、夜風に吹かれて一杯。
気持ちいいですよ!
休日の昼酒にも如何ですか?








【まんぷく食堂】
住 所:東京都千代田区有楽町2−4−1    MAP
電 話:03-3211-6001
営業時間:24時間営業 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

「あばれはっちゃく」ってご存じでしょうか?1979年から1985年に毎週土曜日の夜7:30からテレビ朝日系列で放送されていた、子供向けのドラマで、私たちの年代の方は、楽しみにしていた方もいらっしゃるのでは。内容は、勉強は苦手だが、運動、ケンカ、いたずらなら誰にも負け ...
続きを読む
「あばれはっちゃく」ってご存じでしょうか?

1979年から1985年に毎週土曜日の夜7:30からテレビ朝日系列で放送されていた、子供向けのドラマで、
私たちの年代の方は、楽しみにしていた方もいらっしゃるのでは。

内容は、勉強は苦手だが、運動、ケンカ、いたずらなら誰にも負けない、
がき大将の“あばれはっちゃく”が、家や近所、学校で起こることを、面白く描いたドラマ。

普段は「はっちゃく」と呼ばれる彼の本名は、「桜間長太郎」
意外と固そうな名前だったりする・・・。


そう言えば、あの頃・・・今でもテレビのアニメには必ずと言っていいほど、
がき大将が登場しますよね。

ドラえもんのジャイアン、オバQのゴジラ、ど根性ガエルのゴリライモ、キテレツ大百科のブタゴリラ。
実はみんな本名があるのです。
   

ジャイアン(ドラえもん):剛田武
ゴジラ(オバケのQ太郎):西郷強
ブタゴリラ(キテレツ大百科):熊田薫
ゴリライモ(ど根性ガエル):五利良イモ太郎


それにしても、五利良イモ太郎はないでしょう^^;

さて、がき大将と言えば、函館の街角でがき大将を発見しました。

         IMG_0258

この日にお伺いさせていただいたのは、函館駅から200m位のところにある、
海鮮居酒屋“海がき“さん。

インパクトありますよね、こちらのお店。
がき大将と言っても、

        gakidaishou

こんな人たちがお店の中にいるわけではなく、

  IMG_0260

                IMG_0261

こんな感じで、北海道の新鮮な海の幸がリーズナブルにいただける海鮮居酒屋なのです。

外の気温はマイナス5度で、こんな温かい感じでお店の明かりが灯っていれば、入りたくなりますよね。

       IMG_0257

と言うわけで、早速お店の中に入り、カウンター席に座らせていただきます。

先ずはメニューを確認します。

 IMG_0247

      IMG_0248

え・・・結構安くないですか?
(と言っても、函館に来たのは30年ぶりなのですが)、北海道に来た時は、美味しいけれど、少々値段はするなぁと思っていたもので、ちょっと嬉しくなって来ちゃいます。

IMG_0250

     IMG_0251

          IMG_0252


 IMG_0253

        IMG_0254

             
              IMG_0255

本当にいろいろ揃ってますよね。
刺身盛りはお願いするとして、あとは何にしようか・・・。

    IMG_0228

あ・・・海老、美味そう!

      IMG_0218

これですね。
活ボタン海老が、2尾で700円!
それは、いっておかないと。

そんな感じで、気になるものをいくつかお願いしました。

      IMG_0192
と言うわけで、活ボタン海老 踊り造り(700円)。

本当にまだ、動いています。
頭を綺麗に切り離し、ちょっとだけ醤油を付けていただきましょう。

     (^^)(^^)(^^)

すごい、甘い、美味い!
こんな形でボタン海老を食べたのは初めてです。
ちなみに頭の部分は、後ほど唐揚げにして出してくださるようですよ。

そして、地魚刺身1人盛り(1,200円)

       IMG_0195

左から、真鱈、ホッケ、鰤、雲丹、アブラコ(アイナメ)です。
鰤やウニと言った、東京や大阪でも食べることができる刺身も同じものとは思えないくらいに絶品!
そして、真鱈、ホッケ、アブラコなど、鮮度が良くなければ、
中々刺身ではいただけないものも楽しめて本当に嬉しい。

       IMG_0220

あ・・・これはすでに2杯目のサッポロクラシックの生ビール。
外は雪が降り続けようが、暖かい店内でいただく生ビールは絶品なのです(^^)

そんな感じでしっかり楽しんでいると、先ほどのボタン海老の頭の唐揚げも登場。

     IMG_0225

これもまた美味い。
踊り造りを楽しめ、唐揚げまで付いてきて700円って、かなりお得だと思いませんか?

   IMG_0232

         IMG_0233

               IMG_0234

店内を見渡すと、どこを向いても美味しそうなお品書きと目が合ってしまいます^^; 

そんなわけて次にお願いしたのが、活けイカ踊り造り(1,300円)

    IMG_0210
活けイカ、まるごと1杯で、1,300円ってすごくないですか?

        IMG_0215
もちろん肝も刺身でいただけます。

こんなイカを食べてしまったら、他のイカが食べられなくなってしまうのではないか思ってしまうくらいに、甘みが素晴らしい。

ゲソの部分は、塩焼きか天ぷらにしてくださいますよ。

   IMG_0230

私は、塩焼きにしていただきました。

こうなると、やはり日本酒が欲しくなる・・・。
折角なので、北海道のお酒を・・・
と思いましたが、店内には「入荷しました 青森の地酒」の文字が。

あ・・・そっか! 函館と青森ってお隣同士。
函館で青森のお酒、それアリですよ!

          IMG_0231
と言うわけで、亀吉の特別純米をいただきます。

このお酒がまた美味しい。

函館、いいなぁ〜♪

そんなことを思いながら、ちょっとお酒に合うものが何か無いかとまた店内を見渡します。

        IMG_0256


あ・・・たち、真たちポン酢がある!
札幌で食べて、その美味しさに魅了された“たちポン”をまた味わえる。

   IMG_0239
      真たち ポン酢(900円)

はい、もちろんお願いしました。
こればかりは、冬の北海道に来なければ味わえないだろうなぁ・・・。

        IMG_0236
これには、田酒を合わせちゃいます。

        (^^)(^^)(^^)

もう、時間が経過するのも、自分が今、どこにいるのかさえも忘れてしまいそうになります。
美味しいです。

先ほどから、刺身ばかり食べてるなぁ・・・。
折角なので、居酒屋メニューも何か。

        IMG_0243

そう思い、お願いしたのが、じゃがバター(390円)。

北海道の居酒屋さんでジャガバタを注文すると、イカの塩辛が付いてくる・・・

その噂、本当でした。

      IMG_0244

こんな感じで、じゃがバタの上に、イカの塩辛を乗っけていただくと、本当に美味しい。

何を注文しても、ワクワクで美味しい。
かなり満足させていただきました。


函館駅からすぐ近く、歩いて5分かからないと思います。
函館にお越しの際は是非、オススメですよ〜。
                 










【海がき 本店】
住 所:北海道函館市松風町6−14    MAP
電 話:0138-27-4488
営業時間:17:00〜0:00 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

マルカン漁業部 海がき本店魚介・海鮮料理 / 函館駅前駅松風町駅函館駅
夜総合点★★★★ 4.0

このエントリーをはてなブックマークに追加