美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 旅のグルメ

長距離での列車の移動には、欠かせなかった駅弁。贅沢な希望を言えば、食堂車で景色を眺めながら食事を・・・なんてこともしたいけれど、ピーク時には混雑するし、やはりちょっとだけお高い。そんなとき、各地の名産を使った駅弁は、手軽に買うことも出来、旅の楽しみのひと ...
続きを読む
長距離での列車の移動には、欠かせなかった駅弁。

贅沢な希望を言えば、食堂車で景色を眺めながら食事を・・・
なんてこともしたいけれど、ピーク時には混雑するし、やはりちょっとだけお高い。
そんなとき、各地の名産を使った駅弁は、手軽に買うことも出来、
旅の楽しみのひとつだったのも頷けます。

そんな駅弁、実は日本だけのものではなく、
お隣の国「台湾」でも大人気なのをご存知でしょうか?


戦前の日本統治時代に日本から伝わり、今でもその伝統が残っているのだとか。

台北駅では、1号店から6号店まで「臺鐵便當本舗」があり、
それぞれのお店で便當を売っているのだそうです。

TAIPEI NAVIのこちらのページに詳しく載ってますよ!
            IMG_3053

先日行った『台湾弾丸ツアー第2弾』のときに、その3号店に立ち寄り、
臺鐵便當を買ってみたので、少しご紹介。

台北駅から桃園空港MRTに乗って、空港へ向かうときに立ち寄った台北駅で購入したのは、
台鐵傳統排骨便當 (60元)

         IMG_7889

日本円に換算すれば、約240円。
安いでしょ?
しかもこれ、ほっかほかの温かい状態で提供していただけるのです。

話のネタに、お土産にしたかったのですが、それはNG。

日本には肉類を持って入ることは許されていません。
※2019年12月現在。

ですので、買った臺鐵便當は桃園空港で夕食代わりに食べることにします。

       IMG_7891

便當の表面には、品名、重量、成分、値段、製造元などの情報が明記されています。

     IMG_7893

蓋を取ると、こんな感じ。
ご飯を覆うように、大きなスペアリブが乗っかります。

先ずは、スペアリブをいただきます。
これがけっこう柔らかくて美味しい(^^)
ご飯が進みますよ!

ご飯はもちろん台湾国内産。
実は、台湾も米の名産地のひとつらしいのです。
私たち日本人が食べても、違和感なく美味しくいただけます。

            IMG_7894

炒められた青菜も、肉の合間に食べれば最高。
バランスもちゃんと考えられていますよ。

     IMG_7895

最初は、スペアリブと骨なしの肉が乗っかってるかと思ったのですが、
よく味わえば、こちらは肉ではなく、湯葉。
スペアリブのタレと同じような味付けなので、これもご飯が進みます。

しっかり味が染み込んだ玉子も美味しい。
八角のつよう香りとかはないので、誰でも食べやすいかと思います。

けっこうシッカリとご飯もおかずも入っているので、これひとつで満腹になります。
そして、このクォリティがたった60元(約240円)でいただけるのは本当にお見事!

台湾に行ったとき、もし機会があればぜひ食べてみてください、臺鐵便當。
なかなか美味しいですよ!



【臺鐵便當本舗】
住 所:中華民国 台湾 台北市中正区黎明里北平西路3号 台北駅構内各地    MAP
電 話:
営業時間:8:00頃〜20:00頃 
煙 草:
定休日:
駐車場:

臺鐵便當本舗のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

車で北海道をドライブ!大学生の頃に、友達5人で実行しました。北海道でドライブと言えば、飛行機で新千歳空港に行きレンタカー・・・それが通常だと思います・・・・が、学生にはカネがない!あるのは、オンボロの中古車と時間。というわけで、舞鶴港から新日本海フェリーで ...
続きを読む
車で北海道をドライブ!
大学生の頃に、友達5人で実行しました。

北海道でドライブと言えば、飛行機で新千歳空港に行きレンタカー・・・
それが通常だと思います・・・・

が、

学生にはカネがない!
あるのは、オンボロの中古車と時間。


というわけで、舞鶴港から新日本海フェリーで、36時間かけて小樽港へ。

夜に船に乗り、次の日はまるまる海の上。
そして、そのまた次の日に小樽港に着く。

トビウオが飛ぶのを、ただひたすらボーッと見て、
風呂に入って食事する。
今思えば、貴重な旅だったのかもしれませんね。

で、今では船の速度が上がり、舞鶴〜小樽は約21時間!
何と、15時間も短縮しているのですね。

さて、そんな舞鶴の郊外を車で走っていたら、何か気になる出で立ちのお店を発見。

      IMG_7765

ゆであげ生パスタの文字が、イタリア国旗色使いの看板に。
しかも、駐車場はほぼ満車の人気ぶり!

そりゃぁ、思わず車を止めちゃいます。

          IMG_7764
お邪魔させていただいたのは、”モルト・ボーノ・ニーナ”さん。

予想通り、店内は多くのお客さんで賑わっています。
この日は、店内奥にある掘りごたつの席に案内していただきました。

こういう席があると、グループやファミリーで来たときに嬉しいですね。

      IMG_7724

        食べて美味しい 飲んで楽しい 
          やっぱりワイワイが一番


メニューも表紙を見ているだけでも楽しい気持ちになってきます。

   IMG_7725

      IMG_7726

          IMG_7727

   IMG_7728

パスタは全て生パスタを使っているようで、もちもちの食感が期待できます。

     IMG_7729

          IMG_7730

   IMG_7731

パスタの他に、一品料理やピッッツァ、ドリア、フォンデュまであります。
ここ、近かったらディナータイムに来て、帰りは代行運転を使えばワインも飲めますね(^^)

            IMG_7732

こんな感じでお得なセットメニューもありますよ。

先ずは、軽くピッッツァを。

     IMG_7738

シンプルにトマトソースのマリナーラをいただきましたが、
生地がすごく美味しい!
こりゃぁ、人気があるのも頷けますね。

そして、パスタはぷりぷり海老とホタテの海老クリームをお願いしました。

         IMG_7751

「チーズをおかけしましょうか?」
「はい、お願いします。」
「ストップと言うまでおかけしますね。」


運ばれてくると、目の前でパルメザンチーズを削ってくださいます。
そして、ストップというまで、本当にたっぷりと掛けてくださいますよ。

      IMG_7753

それにしても、ぷりっぷりの海老が本当にたっぷり入ってますよ!

では早速いただきます。

              IMG_7758

おぉ、モッチモチの食感の生パスタ、これは本当に美味しい(^^)
海老、ホタテの旨味、アスパラの食感も最高!
ひと口食べるごとに、いいお店を見つけたなぁ、しみじみ思います。

       IMG_7744

こちらは、ベーコンたっぷりきのこのバジルクリーム。
ひと口いただきましたが、バジルの香りが心地よく美味しかったです。

モルト・ボーノ・ニーナさん、舞鶴方面のお出かけの際は要チェックです!
美味しい生パスタとピッッツァが楽しめますよ。

もちろん、次回舞鶴に来たときもお邪魔させていただきます。

         





【モルト・ボーノ・ニーナ(Molto Buono nina)】
住 所:京都府舞鶴市鹿原1−5    MAP
電 話:0773-62-7005
営業時間:11:00〜22:00(L.O.21:30) ※平日16:00〜17:00は、喫茶メニューのみ。 
煙 草:
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:あり(13台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行機でひとっ飛び!新幹線でビュワーン!!あっという間に目的地に着く度もいいけれど、たまにはゆったりと船の旅も楽しんでみたいと思っている今日このごろ。豪華客船で世界一周・・・ところで、クイーンエリザベスって誰でも乗れるのだろうか?日本生まれの豪華客船、ダ ...
続きを読む
飛行機でひとっ飛び!
新幹線でビュワーン!!

あっという間に目的地に着く度もいいけれど、
たまにはゆったりと船の旅も楽しんでみたいと思っている今日このごろ。

豪華客船で世界一周・・・
ところで、クイーンエリザベスって誰でも乗れるのだろうか?
日本生まれの豪華客船、ダイヤモンド・プリンセスでもいいなぁ。
それらは憧れだけれど、現実はせいぜいフェリーの旅・・・。

えぇい、いっそのこと、黒船にでも乗ってやるか!

       IMG_3209

そんな気持ちで浦賀まで来てみるものの、ペリーはとっくに帰ったあとで、
駅前には家路を急ぐ人たちしかいない・・・。

   IMG_3211


仕方がないから、あそこにいる船にでも乗ってみよう!
 
         IMG_3197

そんな気軽な気持ちで乗ったのは、浦賀の渡し。

    IMG_3208

この渡し船、200円支払うと、対岸まで連れて行ってくれるのです。

         IMG_3202

   IMG_3203

夕暮れの浦賀を海の上から眺めるのもいいものです。

さて、しばしの船旅を楽しんだあとに向かったのは、
“クール クラン ウラガ(Cool Clan URAGA)さん。

         IMG_8466


浦賀駅からスグのところにお店があります。

店内のテーブル席に座り、まずはメニューを・・・。

   IMG_8470

          IMG_8471

おぉ、流石に横須賀だけあって、メニューが“ヨコモジ”ぢゃないですか^^;
(今どき、ヨコモジなんて言わないか^^;)

いえいえ、これは外国人のお客様向けのもので、日本語のメニューもちゃんとありますよ。

   IMG_8472

        IMG_8473

ガッツリと定食もいいけれど、折角この時間にお邪魔したのだから、
お酒とおつまみかなぁ・・・。
クラフトビール2種飲み比べや、日本酒3種飲み比べセットなんてあるのがおもしろい。

ウイスキーのハイボールも「濃いめOK!」なんて嬉しいことが書いてある(^^)

先ずは、生ビールで乾杯!

     IMG_8477

嬉しいことに、ちょこっとおつまみが付いてきます。
ろころが、何も考えずに食べた子もおつまみが技ありなんですよ!

いい感じに燻製にしてあって、すごく美味しい。
聞けばオーナー自ら、毎日お店の外で燻製をしているのだとか。
こういうちょっとしたことが嬉しいですね。

          IMG_8531

店内は、窓際にカウンター席が8席ほどと、テーブル席が14席ほど。
2階にも客席があるようなので、割とキャパはあると思います。

カフェだから、昼がメインと思いきや、
日曜日の夕方以降もお客さんが途切れることがないみたいです。
観光客だけではなく、地元の人にも人気のようですね。

店内の雰囲気を楽しみつつ、燻製ナッツとビールを楽しんでいると、
お願いした料理が出来上がってきました。

          IMG_8482
旬の魚のアクアパッツァ。
地元の魚屋さんで、その日に取れた新鮮な魚を仕入れ、それを使って作るのだとか。
この日は、鯛の良いのが入っていたのだとか。

「少し小さな鯛ですけど、とれたてで美味しいですよ!」

そんな言葉につられて注文して大正解!
鯛、小さくないですよね?
それに、貝が本当にたっぷりと入っています。

食べてみると、これが本当に美味しい。
鯛の身なんて、かんたんに骨から外れるんですよ。
これは新鮮な証拠ですね。

           IMG_8488

こんなお洒落なカフェに、何で一升瓶の日本酒が?
そう思ってしまいますが、これは本当に嬉しい。

     IMG_8493

この日の日本酒飲みくらべセットは、
広島の宝剣、佐賀県の鍋島、そして三重県の作。

さり気なくでてきたけれど、どれもスゴイお酒ですよ!

       IMG_8499

こんな感じで、提供される様子は、和食のお店みたいですよね。

日本酒だけではなく、珍しい焼酎も置いてあるから嬉しくなってきます。

      IMG_8503

こちらのお店の一番人気は、クールクラン唐揚げだそう。
折角なので、いただこうかと思いましたが、残念ながらこの日は売り切れ。
(ないと言われると、ますます食べたくなるねぇ^^;)

でも、カレーがあるから大丈夫!
(アクアパッツァ、日本酒のあとでもカレーを食べますが、何か?)

キーマカレーを雑穀米でお願いしました。

         IMG_8507

タップリのサラダが周りに散りばめられ、真ん中にはキーマカレーと半熟玉子。
ある意味完全体ですね。


サラダを食べてからカレーを攻めるか、
カレーとサラダを同時進行で楽しむか、
それとも、タコライスみたいに、みんな混ぜちゃうか?

そういう事を考えながら食べすすめるのも楽しいかも。

        IMG_8515

固めに炊かれた雑穀米は、旨味とスパイスが効いたカレーとの相性もバッチリ!
ひと口食べると、スプーンが止まらなくなってくるぞ、これ(^^)

       IMG_8526

半分ほど食べたあたりで、半熟玉子をご開帳。
ここからは、黄身の濃厚な旨味も加わり飽きること無く、気がつけば完食。

      IMG_8534

ちなみのこれは、牛すじタップリの黒カレー。
(特別に、ご飯とカレーを別添えにしていただいてます。)

           IMG_8541

ひと口いただきましたが、本当に牛すじがたっぷりと入っています。
今までお店で食べた牛スジカレーの中でも、
一番タップリ入っているんじゃないかなぁ?

     IMG_8530

食後には、浦賀レモンサワーを濃いめでいただきました。
この浦賀レモンって、香り高いですよ。

私たちが注文した、アクアパッツァやカレー以外も、
本当に満足度高そうでした。
(他のお客さんが注文したエビフライ、凄かった!)

今度は是非、クールクラン唐揚げも食べてみたい。
でも、アクアパッツァのボリュームとクォリティを忘れられないかもしれません^^;
浦賀に来たら、是非寄ってみてください!
オススメですよ〜。





【クール クラン ウラガ(Cool Clan URAGA)】
住 所:神奈川県横須賀市浦賀1-8-3    MAP
電 話:046-845-9530
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)  
煙 草:分煙
定休日:水曜日
駐車場:あり(提携駐車場あり)

お店のInstagramはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

お箸の国の人だもの。私たちにとって箸は、万能のもののように感じます。まぜる、はさむ、運ぶ。この3つの動作を難なくこなす。肉も柔らかいものになれば、箸で切ることも可能。ただ、汁物だけは器を持ってすすらなくてはいけませんが。ものを食べるときに、箸を使う文化を持 ...
続きを読む
お箸の国の人だもの。

私たちにとって箸は、万能のもののように感じます。

まぜる、はさむ、運ぶ。

この3つの動作を難なくこなす。
肉も柔らかいものになれば、箸で切ることも可能。
ただ、汁物だけは器を持ってすすらなくてはいけませんが。

ものを食べるときに、箸を使う文化を持つ人たちは、全人口の30%。
これは、フォーク、スプーン、ナイフを使う人達と同じだといいます。

箸が30%、スプーン・フォーク・ナイフが30%だとすると、あとの40%は?

そう、手食なのです。

実際に手食をやってみると、慣れるまではあれなんですけれど、
慣れれば手食のほうが美味しいものもあるのです。
(そういえば、こちらのお店で初めて手食やってみたなぁ・・・。)

さて、カレーの場合はそんな感じで手食という方法もあるのですが、
魯肉飯や雞肉飯の場合は・・・。

同じ、箸文化の国だから、やはり箸なのでしょうか?
それとも、スプーンの方がいいのか?

      IMG_3007

そんな疑問を持ちながらも、本場台湾で雞肉飯を楽しませていただきました。

お伺いさせていただいたのは“梁記嘉義雞肉飯”さん。

台北MRTの松江南京駅から歩いて5分くらいのところにお店があります。
朝の10時から開いているので、ゆっくり目の朝ごはんや、早めのランチにも便利ですよ。

店内の席に座りメニューを・・・

      IMG_3010

こちらのお店には、こんな感じで日本語のメニューも置いてあるので、
ゆっくりと食べたいものを選ぶことが出来ます。
ここに、ホワイトボードで使うような、
消えるマーカーで食べたいものの数量を記入して店員さんに渡します。

雞肉飯はひとつ40元だから、約160円。
安いですよね〜。
そして、料理を受け取り、席に戻ります。

        IMG_7831

雞肉飯と菜脯蛋(切干大根の玉子焼き)です。

   IMG_7838

シンプルなのですが、それでいい。
前回台北に来たとき、魯肉飯は食べたのですが、雞肉飯は食べていなかったので、
かなりワクワクします。

       IMG_7839

白ごはんの上に、タレで味付けされた鶏肉がタップリと乗っかります。

一緒にスープもお願いしたので、スプーン代わりにレンゲもあるのですが、
まずはお箸でいただきましょう。

            IMG_7845

美味しい!
魯肉飯の肉肉しい味わいに対して、こちらはあっさりとしながらもしっかり美味い。
こういうの、日本にもたくさんあればいいのになぁ。

      IMG_7842

一緒にお願いしたスープ、貢魚丸湯はこんな感じで、
肉団子と魚の団子が一つずつ入っています。
味は優しめでじっくり旨味が広がりますよ。

早朝、台北の桃園空港に着き、こちらのお店で朝ごはんを食べたあとの、
2回めの朝ごはんがこちら。

いろんなものを少しづつ。
関空を夜中に出発して、早朝に台北。
日帰り弾丸台湾ツアー、第2弾!
しっかり美味しい台湾をしっかり堪能していきますよ〜






【梁記嘉義雞肉飯】
住 所:中華民国 台湾 台北市中山區松江路90巷19號    MAP
電 話:(+886)(02)2563-4671
営業時間:10:00〜14:30  16:30〜20:00
煙 草:
定休日:土・日
駐車場:なし



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

私 失敗しないので。カッコいいですよね、この決め台詞。とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;【絶対に失敗してほしくない職業】医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。【出来れば失敗しないでほしい職業】調理師、パティシエ、美容師、理容師 ...
続きを読む
私 失敗しないので。

カッコいいですよね、この決め台詞。
とはいえ職業柄、絶対に失敗してもらっては困るのですが^^;

【絶対に失敗してほしくない職業】
医者、薬剤師、パイロット、ふぐの調理師・・・。


【出来れば失敗しないでほしい職業】
調理師、パティシエ、美容師、理容師、エステティシャン・・・。

【失敗したら喜んでもらえる職業】
ピエロ、お笑いマジシャン、お笑い芸人・・・
(って、失敗というよりも、それが仕事のようなものですから^^;)


職業ではないけれど、出来れば失敗したくないのが、地方に行ったときのお店選び。
東京や大阪、福岡、札幌などの都市では、いろんな人がお店情報を発信していて、
それを参考にお店選びが出来るのですが、
地方に行けば行くほど、情報が少なくなって直感に頼ることが多くなります。
(ま、それはそれで楽しいのですが(^^))

今回参考にさせていただいたのは、こちらのサイト。

本当に頼りになります。
そんなSYUPOさんを見ていってきたお店が本当に凄かった!

           IMG_4891

お伺いさせていただいたのは、松山の古町にある居酒屋、
“寿浬庵(じゅりあん)さん。

曜日に関係なく、いつも満席とのことで、予約していってきました。

お店が開店するのは、何と午後3時。
そう、明るいうちから飲むことが出来るのです。

家族で来ることも出来るのですが、それは午後8時まで。
予約の電話のときにも「みなさんの中に、未成年の方はいらっしゃいますか?」
と、確認されるのです。

あくまでもここは居酒屋、酒場なのです。
お店に入って予約名を告げると、席まで案内してくださいます。

店内は入口付近にカウンター席が並び、
ここだけ見ると小さなお店のように見えるのですが、
奥には広い座敷があります。

座敷席に座り、まずはメニューを・・・

    IMG_4828

           IMG_4829

壁にズラリとメニューが書かれています。
そして、よく見て下さい、どのメニューもほとんど650円!

   ここは、650均か?

思わずそんなツッコミを入れたくなっちゃいますね。

メニューは壁に貼ってあるものだけではなく、テーブルの上にも置かれています。

   IMG_4834

         IMG_4835

             IMG_4836

ローストビーフも、ステーキも、金目鯛も650円。
650円が一番高いメニューなのか?

       IMG_4838

そして、お通しも廃止。
「好きなものをお腹いっぱい食べたい!」の声を実現なのだそうです。

では、好きなものをお腹いっぱいいただきましょう。
先ずは、釣りさわら(650円)。

        IMG_4840

大きめに切られた刺身が嬉しい。
食べてみると、鮮度抜群! 最初からテンション上がります。

そして、次に注文した料理を見てビックリ!

        IMG_4845

これ、ふぐ皮ポン酢(650円)なのですが、ボリュームが凄い。

    IMG_4849

だって、箸でタップリと取っても、まだまだあるのです。
いつもは、ふぐ皮ポン酢は少しずつ、大事に食べているのですが、
この日は思いっきりいっちゃいました(^^)

そして、これも650円で食べられるのです。

        IMG_4852

金目鯛のあぶり。
キッチリと脂も乗って美味しい。
こんなの、他では650円では先ずムリですよね。

ちょっと箸休めに地鶏の皮でも食べてみよう・・・。

        IMG_4862

そう思ってお願いした、地鶏皮南蛮もすごかった。
歯ごたえがあり、噛めば噛むほどに旨味が溢れてきます。
しかも、このボリューム!
少しずつつまむというよりも、本当にガッツリ食べないと、
いつまで経ってもなくなりませんよ^^;

        IMG_4869

日本酒も本当にいろいろ揃っています。
注文すると、溢れるまで並々と注いでくれますよ!


スタップが着るTシャツの背中の文字は、NO FRIEND NO LIFE

友達は裏切らない。
そんな友達をおもてなしするように、何食べても美味しい(^^)

         IMG_4865
これは、手作りコロッケ(350円)。
一見、ごく普通のコロッケに見えるこれも、食べてビックリ美味しいのです。

     IMG_4870


じゃがいもとミンチがたっぷりで、味にごまかしがないのです。
これはいつでも食べたい味ですね。
味の濃さでごまかすのではなく、きちんしてて美味しいのです。

        IMG_4876

エビの天ぷらは、形こそ整列してないものの、大きなのがタップリと。
食べてみると甘みがあって美味しいんです(^^)

〆はトマトサラダでサッパリと・・・。

        IMG_4880

って、これも驚愕ボリューム!
400円でこれ、どこまでもサプライズですね。


メニューのほとんどが650円で、しかもボリュームタップリ。

     NO FRIEND NO LIFE

これも、友達は裏切らないとか、友達を振る舞うスタンスで、
お店を運営されているのでしょうね。
スタッフの方の対応も本当に気持ちのいいものでした。

こちらのお店、今度は何人かの友達を誘って、ぜひ再訪したいと思います。 
松山、古町にある寿浬庵さん、かなりオススメですよ〜 !
 



【寿浬庵(じゅりあん)】
住 所:松山市平和通6-9-6    MAP
電 話:089-926-6565
営業時間:15:00〜23:00 ※金土は24:00まで、日祝は22:30まで。
     (未成年者がいる場合は、20:00までの利用になります。)
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもは何気なく乗る電車。「3番線から、◯◯行きが発車しま〜す、閉まる扉にご注意ください。」いつもは、自分が降りる駅意外には興味がないけれど、ふとした時に、その電車の終着駅が気になる瞬間がある。福岡空港に降り立ち、中心部に行くために、地下鉄のホームに降り立 ...
続きを読む
いつもは何気なく乗る電車。

「3番線から、◯◯行きが発車しま〜す、閉まる扉にご注意ください。」

いつもは、自分が降りる駅意外には興味がないけれど、
ふとした時に、その電車の終着駅が気になる瞬間がある。


福岡空港に降り立ち、
中心部に行くために、地下鉄のホームに降り立つ。

福岡空港駅は始発駅なので、ゆったりと座っていくことも可能だ。
とはいえ、目的地は天神。
姪浜行の電車に10分も乗れば到着する。

そんなときやってきたのは、西唐津行。
やってきた電車も、いつもの青い電車ではなく、JR九州の赤い電車。
西唐津って佐賀県の唐津?

ここから地下鉄に乗れば、唐津まで乗り換え無しで行くことができるのか・・・。

後日、気軽な気持ちで乗ってみた、西唐津行。

そんな西唐津の一つ手前の駅、唐津駅の構内に、
気になるお店があったので入ってみました。

           IMG_6602

お邪魔させていただいたのは、“ラーメンきあげ”さん。

ラーメンランキング 佐賀県 2位  

なのだとか・・・。
駅ナカで、なかなか面白い。

          IMG_6604

入口の横には、写真入りのメニューボードもあって、ついつい眺めてしまう。
ラーメンと肉なしラーメンの価格差は50円。
そして、角煮ダブルになると、価格差は・・・ま、細かいことはいいか^^;

カウンター席に座り、ラーメンをお願いします。

ちょうどお昼時の店内は、半分くらいの席が埋まっています。
ラーメン+餃子+ライスのセットで注文する人が多いですね。
800円で確実に満腹になれるやつ。
それ、意外と正解かも?

そんな事を考えて待っていると、お願いしたラーメンが目の前に登場。

            IMG_6591

豚骨醤油のスープに、細麺。
海苔が入っているのは、九州のラーメンでは珍しいかな?
(それとも、自分が出会ってないだけか?)

上に唐辛子味噌が乗っかっていて、それで味変ができるのですね。

先ずは、スープからいただいます。
おぉ、豚骨の旨味がいい感じ(^^)
ラーメンを食べるとき、まずはスープから飲む習慣がついたのは、
こちらのお店に行ったときに、自分の中に根付いたのかもしれない・・・^^;

そして、麺もいただきます。

         IMG_6593

おぉ〜!
細麺でコシのあるやつ。
これぞ九州のラーメンって感じで、美味しいです(^^)


ズズッとすするも良し、静かに食べるも良し。
適度にスープが絡み、味わいのバランスも申し分なしです。

      IMG_6597

1/3ほど食べたところで、カウンターの上においてある、紅生姜を投入。
九州ラーメンのスープには、これが欠かせません。
紅生姜って、不思議な役割を持っていますよね。
それ単体では、特になんてことないのですが、豚骨スープと出会ったりすると、
超一級の脇役を演じてしまうのですから。

そうそう、函館でカレーを食べたときにも、カレーの薬味についていて、
それが凄くよくあったのを思いまします。

そして、面白いのがこちらのお店のラーメンのチャーシュー・・・。

        IMG_6601

いえ、チャーシューではなく、角煮なのです。
しかも、串に刺さって登場!

この角煮が柔らかくて美味しいのです。
なるほど・・・
角煮なしは50円引きだけれど、角煮増しは200円増し。
食べたことある人ならば、納得できる仕掛けなのですね〜(^^)

その後、海苔の上に乗っかっている辛子味噌をまえながら味変を楽しみ完食。

駅ナカのラーメンと言えど、侮れない、
技アリの美味しいラーメンをいただけました。

唐津駅の駅ナカ、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!
今度時間があるときは、替え玉も楽しんでみたいと思います。


      


 【ラーメンきあげ】
住 所:佐賀県唐津市新興町2935-1 ミュー唐津    MAP
電 話:0955-73-8080
営業時間:10:00〜23:00(L.O.22:40)  
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

広島焼きといえば、叱られるし、大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。そんな不思議な食べ物、お好み焼き。みなさんも大好きですか?そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・いえいえ、ちょっと待って下さい!うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言 ...
続きを読む
広島焼きといえば、叱られるし、
大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。


そんな不思議な食べ物、お好み焼き。
みなさんも大好きですか?

そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・
いえいえ、ちょっと待って下さい!
うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言ってもらっちゃ困る。

そんな声があちこちから聞こえてきそうです。

東北地方の「どんどん焼き」、東京の「もんじゃ焼き」、
浜松の「遠州焼き」、大阪岸和田の「かしみん焼き」・・・。


って、意外といろいろあるみたいです。

そして松山にも、知る人ぞ知る、
激ウマのお好み焼きが存在しているのです。
それは、三津浜焼き。

そのお好み焼きは、牛肉と牛脂を使うお好み焼きなのだとか。
そして、三津浜焼きを一度食べると、その味が忘れられなくなって、
多くの人がリピートするのだとか。

         IMG_4906

そんな三津浜焼きをいただくことができるお店の1軒、
“日の出”さんにお邪魔させていただきました。
いよてつの三津駅からすぐのところにお店はあります。

お店の前には、黒板があり、

飲食→
持ち帰り→     (この空白に時間が記入される)

     まで  

予約でいっぱいです。


そう書かれてありますが、このときは、時間の記入なし。
ということは・・・

「すみません、大丈夫でしょうか?」
「どうぞ、そっちの席に座ってください。」

案内していただけました。

         IMG_4912

メニューはこんな感じで、店内のホワイトボードに書かれてあります。
お好み焼きの台に、そばもしくは、うどんを選べるのは広島と同じ。
三津浜焼きの特徴、トッピングの「牛脂」はここで指定するのですね。

注文は、
そは、肉玉入りで、脂のトッピングあり。

瓶ビールは自分で冷蔵庫から出して申請します。

注文が通ると、
ご主人が目の前の大きな鉄板で焼きはじめてくださいます。

ビールを飲みながら待っていると、次々とお客さんが入ってきます。
とは言っても、席は全部で5席。
というわけで、あっという間に外で待つお客さんが2〜3名。
本当に人気ですね。

         IMG_4910

そして、私がお願いしたお好み焼きも焼き上がったようです。
タップリのソースをかけていただき、上から青のりで仕上げます。

       IMG_4915

中にそばが入った、厚みタップリのお好み焼き。
こうやって見ると、広島のお好み焼きと同じではないか?
そのように思ってしまいます。 

それはさておき、まずはひと口いただきましょう。

       IMG_4918

お! これは美味しい。
生地の食感といい、そばの感じといい、思っていた感じのどストライク!
そして、ほのかに感じる甘みは・・・。

      IMG_4922

これです。
これは、牛脂。
すき焼きのときに使ったりするアレですよ。

牛脂といえば、脂を引くのが目的で、そのまま食べるものではない。
そう教えられて来ましたが、今ここにちゃんと存在します。
しかも、かなりしっかりと。

この牛脂、
牛肉の油を使って焼いたお好み焼きではなく、牛脂はれっきとした具材。 

郷に入れば郷に従え!

えぇぃ、いっちょ行ってみるか・・・。

          IMG_4923

そんなわけで、いただきます。

・・・・・ん。
うむむむぅ・・・・美味い(^^)


信じられないでしょうが、これが絶品なのです。
しかも、かなり。

この牛脂、そして牛肉が一体となってかなりの旨味を出してくるのです。
それが、特製のソースと絡み合って、なんとも言えない美味しさを醸し出すのです。

         IMG_4926

お好み焼きの中にも、しっかり具材として存在しています。
これはまいった、こんなの美味しいものだとは。

その美味しさに、しっかりと魅了され、
夢中で完食させていただきました。

松山の三津浜焼き。
これがおいしさの秘密であり、魅力なのですね。
たしかにこれは、また食べたくなります。
リピーターが多いのも納得ですよ。

三津浜焼きを提供するお店は、この界隈に何軒かあり、
それぞれのお店によって、焼き方、具材、ソースやふりかけに違いがあり、
個性を出しているようです。

こちらのHPには、三津浜焼きのこと、
もっと詳しくいろいろと書いてありますよ。


松山にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。
是非体験していただきたいです。







【日の出】
住 所:松山市三杉町11−8    MAP
電 話:089-952-3676
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

太いほうがいいか、細いほうがいいか?あ・・・麺類の話です。スープによって、または地域によってその太さが変わるのかと思っていましたが、そんな単純なものでもないようです。麺って細い方から、素麺、ひやむぎ、うどんって名前が変わるのかと思えばそうでもない。太い素 ...
続きを読む
太いほうがいいか、細いほうがいいか?

あ・・・麺類の話です。
スープによって、または地域によってその太さが変わるのかと思っていましたが、
そんな単純なものでもないようです。

麺って細い方から、
素麺、ひやむぎ、うどんって名前が変わるのかと思えばそうでもない。

太い素麺の「半田そうめん」があると思えば、細いうどんの「稲庭うどん」もある。
ラーメンの、味噌ラーメンの麺は、太いことが多く、豚骨に至っては細麺。
蕎麦に関してだけは、極太の蕎麦ってないですね^^;

うどんは讃岐うどんのように、太くてコシが強いものが最高と思っていたのですが、
福岡のうどんを初めて食べて、必ずしもそうではないと衝撃をうけました。
コシがないわけではなく、しなやかなコシがあってすごく美味しい。
まるで稲庭うどんのような・・・。

では、本場の稲庭うどんはどうなのか?

          IMG_5615

行ってきました、稲庭うどんのお店、“無限堂 大町本店”さん。

秋田駅前にもお店はあるのですが、
折角なので歩いて12〜3分のところにある本店にお邪魔させていただきました。

     IMG_5616

昼の部と書かれたボードには、ランチメニューの一部が載っています。
塩さば焼き定食、豚カツきのこデミソース定食、
鶏そぼろ温玉丼と稲庭うどんのセット・・・。
稲庭うどんだけではなく、普通の食事もあるのか・・・。
観光客だけではなく、地元の方もよく利用するのでしょうね。

         IMG_5612

店内はすごく広く開放感も素晴らしい!
こういう雰囲気、いいですね(^^)

座敷やカウンター、個室なんかもあるみたいで奥行きもあります。
私達は、入口に近いテーブル席に案内していただきました。

先ずは、メニューを確認・・・。

      menu1

稲庭うどんは、冷たいもの、温かいものがあり、
その他にも秋田名物の料理がずらりと並びます。

   menu2

うどん屋さんというよりも、和食のお店・・・
あ、夜に居酒屋使いするのも最高なのではないでしょうか?

           IMG_5582

これは、表に書いてあった今週のランチですね。
どの定食にも、ミニ稲庭うどんが付くようです。

お得なランチセットもいいけれど、
稲庭うどんをしっかり楽しみたいので、単品でうどんを注文します。

冷たいうどんは、「比内地鶏のつけ麺」を。

        IMG_5589

折角なので、うどんを大盛りでいただきます。
綺麗に盛られていますね。
大盛りなので、ボリュームもタップリ!
大盛りをお願いして、このレベルまでやってくれると満足ですね(^^)

          IMG_5587

つけ汁の中には、比内地鶏がタップリと。
ちょっと贅沢な気持ちになりますね。

    IMG_5591

細いながらも、その存在感をしっかりとあらわす、稲庭うどん。
コシと喉越しの良さがたまりませんね。

温かいうどんは、「比内地鶏の無限うどん」
無限うどん・・・無限に食べ続けられるのか・・・
あ、お店の名前か!
と、いうことは看板メニュー?
よし、それいってみよう〜!

        IMG_5594

こちらが、比内地鶏の無限うどん。
創業以来の看板メニューだそうです。


先ずは、その出汁をしっかりと味わいます。
   IMG_5600

おぉ、旨味がいい感じ。
これは確かに、無限に食べ続けられそう(^^)

         IMG_5601

麺は、しなやかさを保ちながら、スルスルと入ってきますね。
冬の寒い日なんて、このうどんは最高に美味しいだろうな(^^)

    IMG_5608

少し歯ごたえもあって、深みのある味わいが抜群の比内地鶏。
出汁と一緒にいただくと、更に旨味が増したように感じますよ。

プラス170円の大盛りは、おそらく麺の量も2倍になっているのではないかと・・・。
細麺の稲庭うどんは、実際よりもよりボリュームが有るように感じます。

美味しくて、満腹確約。
満足度の高い一杯です。

こちらのお店、夜に来てお酒と一緒にいろんな料理を楽しみ、
〆に稲庭うどんをいただく。
そんな楽しみ方も最高だと思います。

秋田に来たなら稲庭うどん。
ぜひ楽しんでくださいね!





【無限堂 大町本店】
住 所:秋田市大町1−3−2    MAP
電 話:018-863-0008
営業時間:11:00〜14:00(L.O.14:00) 17:00〜22:00(L.O.21:30) 
煙 草:分煙
定休日:第1第3日曜日
駐車場:あり(11台分)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

旅行にでかけた時、その土地の美味しいものを食べるのも楽しみの一つ・・・。                 ん?それだけが目的なんじゃないかって?いやぁ〜、そんなことも十分に有り得る^^;では、どうやってお店を探すのか?1,食○□グで3.5以上のお店に、とりあえ ...
続きを読む
旅行にでかけた時、その土地の美味しいものを食べるのも楽しみの一つ・・・。

                 ん?

それだけが目的なんじゃないかって?

いやぁ〜、そんなことも十分に有り得る^^;

では、どうやってお店を探すのか?

1,食○□グで3.5以上のお店に、とりあえず入ってみる。
2,その土地のブロガーさんが書いているお店を調べる。
3,インスタで検索する。
4,全国チェーンではなく、その地方で何店か展開している人気のお店に行ってみる。
5,お友達から情報をいただく。


1:これほど当たりハズレがあるケースもほかに無い。
   (当たるも八卦当たらぬも八卦って、占いか^^;)
2:地方に行くと、ブログ書いている人が少ないんです、意外と・・・。
3:これも、2番と同様。
4:これ、結構効果あり! 大真面目に取り組んでいるお店が結構ある。
  静岡のさわやか、函館のラッキーピエロ、青森の地雷也、新橋の魚金・・・。
5:ここからの情報が一番確実! なんたって、実体験談ですから。


今回は、4番でお店を探してみることに。
地元に人に人気があるっていうことは、先ずハズレはない。

この日にお邪魔させていただいたのは、秋田駅から歩いて10分くらいのところにある、
”一の酉 川反店”さん。

            IMG_5570

もちろん、事前に予約してお伺いさせていただきました。
週末金曜日の夜。
比較的早い時間だったので、まだお客さんもまばらな、
小上がりの席に案内していただきました。

    IMG_5494

とはいえ、どの席にもセットが用意してありますね。
予約で埋まっちゃってるんだ・・・。
各席のハンガーには、匂い防止のためか衣類カバーもセットされています。
細かい気配りが嬉しいですね。

席に座り、まずはメニューを確認。

     IMG_5495

          IMG_5496

秋田名物がずらりと並ぶ。
ここで、秋田名物を全部網羅することも出来るのでは?

   IMG_5497

            IMG_5498

炭火焼き、焼鳥のメニューはこちら。
それにしても、すごく種類が多いですね。

       IMG_5502

もしも迷ったら、これ。
串焼きのほかに、いろいろオススメが書いてあります。

こんな感じで、メニューを見るものの、
この日はお得なコース料理をお願いしました。

先ずは、生ビールで乾杯。
こちらのお店では、サッポロ黒ラベルの生ビールを楽しむことが出来ますよ。

         IMG_5509

生ビールとほぼ同時に、お通し3種盛りが提供されます。
いぶりがっこ、玉子焼き、鶏皮の煮こごりです。
これが、どれも美味しい!

      IMG_5510

そして、旨辛バンバンジー。
トマトの上に、きゅうりと鶏を乗っけて食べても美味しいけれど、
ここは、豪快に混ぜて食べちゃいましょう!
お腹ペコペコ状態で食べたもんだから、
途中で麺が欲しくなってきたことは言うまでもありません^^;

       IMG_5518

この大きな唐揚げ、「げんこつ揚げ」は、なんと90分食べ放題。
握りこぶしほどの大きさの唐揚げは、柔らかくてジューシィ。
これは、あとで必ずおかわりしよう・・・。

     IMG_5507

コースの鍋は、紅茶が薫るトマト鍋。
野菜と鶏とソーセージ・・・。
ごく普通のコース料理の鍋って感じなのですが、これが意外と美味しい。
紅茶と鍋、面白いこと考えたなぁ・・・これ、面白いです(^^)

鍋を食べていると、焼き鳥も焼き上がってきます。

      IMG_5514

こちらは、とりみの塩焼き。
思った以上に大きくて嬉しくなってきます。
食べてみると、想像以上に美味しい!
これはレベル高いですね。

        IMG_5526

ねぎまも、こんな感じでボリューム満点!
せっかく秋田まで来たのだから、日本酒もいただかないと・・・
飲み物のメニューはこんな感じ。

    IMG_5499
ビールやサワー、焼酎はこちら。
そして、日本酒のメニューは・・・

       IMG_5500

銘酒は別メニューがあるのとかで、こちらがそう。

    IMG_5501

福小町、天寿、そして人気の雪の茅舎もありますよ。
ところで、店主の隠し酒って何だろうか?

先日、杜氏がテレビに出ていて、”すごいなぁ、この人・・・”。
そう思ったお酒、雪の茅舎をいただくことに。

注文すると、小上がりの係の店員さんがなみなみと注いでくださいます。

      IMG_5540


            IMG_5542

メガネをかけて、よく動くカワイイ店員さん。
この人の接客が、本当に素晴らしい!
とにかく、よく気がつくのです。
いままで、いろんな素晴らしい店員さんを見ましたが、こちらのお店のこの方も、
私の中のベスト3に入るほど、素晴らしかった(^^)

      IMG_5523

そして、げんこつ揚げを、おかわり。
これ、本当に美味しい(^^)

      IMG_5532

うずらの豚バラ巻き。
これも、焼き加減が最高!
焼き手がすごくいい腕をしているのがわかります。

       IMG_5536

つくねも少し粗挽きで美味しい。

コース料理限定の料理なのですが、鶏のレバニラ炒めがものすごく美味しかった。

         IMG_5553

一見、普通のレバニラ炒め。
なんで、焼き鳥屋さんでレバニラ炒めなのか・・・。

      IMG_5558

このレバーがトロトロにレアで、かなり美味しい。
食べてみて、その美味しさにビックリしました!

他に、なにか美味しいものは残ってないかと、メニューと一緒に置いてある、
これをちょっと拝見。

            IMG_5503

ふむふむ・・・
やはり、かわ串は食べておかないといけないみたいだなぁ。


         IMG_5546

と、言うわけでお願いしました。
食べてみると、たしかに美味しい(^^)
これ、三日間で5回も炙って、余分な脂を落とし、
外はサクッと中はもちもちに仕上げているのだとか。

このあと、鍋の〆の雑炊と、デザートもいただき、
かなり満腹になり、大満足!

お店を出る頃には、外待ちが出来るくらいになっていました。
本当に人気があるお店です。


地元の方に人気があるお店は、ハズレるはずがない。
今回も実証できました!
ここ、今度秋田に来るときにも立ち寄らせていただきたいと思います。

    





【一の酉 川反店】
住 所:秋田市大町3−2−30    MAP
電 話:018-823-1146
営業時間:17:00〜翌0:00(L.O. フード23:30、ドリンク23:30)  
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

♪1月は正月で酒が飲めるぞぉ〜 酒が飲める飲めるぞぉ〜 酒が飲めるぞぉ〜♪そんな感じで、1年中酒が飲める理由をうたう歌、「日本全国酒飲み音頭」。皆さんご存知、1月から12月まで、酒が飲める理由を歌にした、陽気で楽しい歌です。酒が飲める理由は以下の通り・・・。1 ...
続きを読む
♪1月は正月で酒が飲めるぞぉ〜 酒が飲める飲めるぞぉ〜 酒が飲めるぞぉ〜♪

そんな感じで、1年中酒が飲める理由をうたう歌、「日本全国酒飲み音頭」。
皆さんご存知、1月から12月まで、酒が飲める理由を歌にした、
陽気で楽しい歌です。

酒が飲める理由は以下の通り・・・。
1月:正月  2月:豆まき  3月:ひな祭り  4月:花見
5月:子供の日  6月:田植  7月:七夕  8月:暑いから
9月:台風  10月:運動会  11月:何でも無いけど  12月:ドサクサ

7月の七夕まではいいとして、8月以降の飲む理由が面白い(^^)
暑いから飲むのはわかるとして、台風をつまみに飲むか!

10月の運動会・・・
今では、運動会で酒飲んでたら、つまみ出されるかもしれませんよね^^; 
(おつまみを出してもらえるって意味ではない、念の為・・・)

さて、10月といえば、オクトーバー・・・
オクトーバーフェスト、ビールの祭典ですよね。
秋の収穫を祝い、美味しい生ビールで乾杯!

         IMG_9250

この日は、工場で出来たての美味しい生ビールと、ジンギスカンをいただきに、
“サッポロビール園”に行ってきました。

    IMG_9230

札幌駅からひと駅の苗穂駅から歩いて・・・
というルートを通る人は、ほとんどいなく、
札幌駅や新千歳空港から直通のバスが運行されています。

         IMG_9233

入口を入り予約名を告げると、席まで案内してくれますよ。

 IMG_9234

           IMG_9236

この広大な空間で出来たて直送の生ビールとジンギスカンを楽しむことが出来る。
そう考えただけでワクワクしてきますね(^^)

    IMG_9237

ちょうど、吹き抜けの部分の境界あたりのところが、本日の席。
ちょっと遅めのランチタイムにも関わらず、本当に賑わっていますよ。

サッポロビール園に来たならば、もちろん食べ飲み放題・・・
なのですが、昔と違って(30年も昔と比べれば、そりゃぁ変わるわ^^;)
いろんなメニューがあるみたいですよ。

   IMG_9238

        IMG_9239

            IMG_9240


  IMG_9241

     IMG_9242


         IMG_9243

いろんな北海道の美味しいものが全員集合!

・・・って感じではありますが、やはりジンギスカンの食べ放題、
生ビールの飲み放題をお願いします。

飲み放題は、プラス300円のサッポロクラシックも選べるものにしました。

        IMG_9244

早速テーブルの上にジンギスカン鍋が用意されます。
これ、北海道の形をしているのですね!
確か、売店にも売っていたので、買って帰って家でも北海道の余韻を楽しもうかと、
大真面目に検討してしまいました。

     IMG_9245

油がはねてもダイジョウブなように、エプロンも装着。
これで準備は万全です!

ジンギスカンの肉は、生ラムとトラディッショナルラムを選べるので、
両方とも持ってきてもらいます。

ところで、トラディッショナルラムって?

           IMG_9252

おぉ、なるほど!
昔ながらの丸いラムですね。
初めて北海道を訪れ、ここに来たときはこのタイプのジンギスカンでしたね。
みんな生ラムばかりを頼むんじゃないかと思いきや、
昔ながらのトラディッショナルラムも中々人気があるのだとか。

      IMG_9258

先ずは、生ラムの方から・・・。
うん、これは流石に柔らかくて美味しい(^^)
ラムって、あっさりしていていくらでも食べられそう。
そしてタレの美味しさも変わってないですね。

     IMG_9260

生ラムは、鉄板の上で肉を焼き、焼きすぎないようにして食べるのに対し、
トラディッショナルラムは、先に野菜で鉄板を覆い、その上に肉を置いて、
野菜を蒸すようにして焼いていくのだそうです。

        IMG_9262
こんな感じで、野菜がしっとりして、肉も焼けてきたら、
鉄板の上で肉と野菜を混ぜてしまいます。  
これをたれにつけて召し上がれ!

こんな感じで、好きなジンギスカンを120分(ラストオーダーは100分)
好きなだけ楽しむことが出来ます。

生ビールもクラシック、黒ラベル、エビス樽生、エビスプレミアムブラック、
ハーフアンドハーフと、色んな種類を楽しむことが出来ます。   

         IMG_9264

折角なので、北海道限定のナポリンサワーもいただいてみました。
私にとっては少し甘かったのですが、ビールが苦手な人にも楽しめそうな味わいでしたよ。

    IMG_9267

デザートには、サッポロビール園オリジナルのバニラアイスを。

        IMG_9268

表面の模様がクマのように見えるのは、私だけでしょうか^^;

3,900円で食べ飲み放題。
しっかり堪能できますよ!
行ったことがある人も、久しぶりに行ってみてはいかがでしょうか?
この雰囲気、この味わいは他では味わえないと思いますよ!   







【サッポロビール園 ジンギスカンホール】   
住所:北海道札幌市東区北七条東9-2-10 サッポロビール園 開拓使館    MAP     
電話:0120-150-550   
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)  
煙  草:分煙
定休日:年中無休(12/31のみ休み)
駐車場:あり     

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。



Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

青の洞窟ってご存知ですよね。え、スパゲッティのブランドかって?あはは、ありますね^^;パッケージのプリントされている、それが青の洞窟です。で、そんな青の洞窟って、世界中にいくつかあるらしい・・・。イタリアのカプリ島、クロアチアのビシェヴォ島、ギリシャのカステ ...
続きを読む
青の洞窟ってご存知ですよね。

え、スパゲッティのブランドかって?

あはは、ありますね^^;
パッケージのプリントされている、それが青の洞窟です。
で、そんな青の洞窟って、世界中にいくつかあるらしい・・・。

イタリアのカプリ島、クロアチアのビシェヴォ島、ギリシャのカステロリゾ島、
マルタ島、沖縄の恩納村、岩手県の陸中海岸。


ハッとするように澄み切った深い青。

海だけではなく、川や池にもそんな場所があります。

高知県仁淀川の「仁淀ブルー」や、
北海道美瑛の「青い池」。

実際に見に行ってみると、本当に綺麗ですよ。

そしてまた、先日も予備知識を持たずに神秘的な青い池を見つけてしまいました。

         IMG_2343

   IMG_2346

青森県、白神山地にある、十二湖のうちの一つ、青池。
いきなり目の前にこの光景が広がった瞬間は、言葉も出ないほどに感動しました(^^)

そんな青池の最寄り駅、JR五能線の「十二湖駅」のすぐ近くにある、
“静観荘網元”さんにお邪魔させていただきました。

           IMG_5428

国道101号線を走っていて、お昼の時間をむかえ、偶然見つけて入ってみたお店なのですが、
ここが、本当に大当たり!

敷地内の駐車場に車を止め、お店の中に入っていきます。

          IMG_5425

どうやら民宿としても営業していて、
ランチタイムには食堂として営業しているみたいですね。

    IMG_5402

店内に入ると、食券の自販機あるので、食べたいメニューの食券を購入します。
さて、どんなメニューがあるのかな・・・。

     IMG_5420

冷やし中華、ラーメン、カツ丼・・・ここはガッツリといっておくか。
それともやはり、海の幸。
ウニ丼、イクラ丼、イカ刺し、サザエのつぼ焼き定食も魅力的・・・。

        IMG_5419

     IMG_5418

そう思って、メニューを物色していると、「おまかせ定食」の文字を発見。

こういう場合、「おまかせ」にしてみるのもアリだなぁ。
内容はわからないけれど、ここはそうしてみるか!

そんな感じで、1,000円のおまかせ定食をお願いしました。

          IMG_5423
店内は、4人掛けのテーブル席が2卓と、お座敷があります。
お座敷の席からは、海も見えるのでそちらに座らせていただきます。

窓を開けると、爽やかな風が入ってきて本当に心地良い。
今の季節が最高なのかもしれませんね。

厨房の中では、ご主人と女将さんが二人で切り盛りされているのが見えます。
お膳の上に、料理が並びます。
多分あれが注文した、おまかせ定食。

見てみると、お皿の数が、1,2,3,4,5・・・

え、もしかすると、凄いのが出てくるかも。

遠目に見ても、かなり良さそうな感じ。
そしてそれらが完成し、私達の座るテーブルまで運ばれてきました。

           IMG_5405

おぉ! 刺身は昆布締め、大きな煮魚と海藻の酢の物、
そして食べたかったサザエのつぼ焼きも乗っかってますよ(^^)

「ご飯はおかわり自由で食べ放題、サービスだよ〜」

ご主人はそう言って、カウンターのところに置かれてある炊飯器を指差します。

こんなに豪華な内容で、何と嬉しいサービス!

     IMG_5412

早速、ご飯もいただきましょう。

さて、何から食べようか・・・
昔やってた、欽ちゃんの番組みたいに、予想してしまいそう。
(って、自分で自分の予想してどうする^^;)

先ずは、昆布締めにされた刺身。

        IMG_5411

きっちり旨味が刺身に移っていて美味しい!
しかも新鮮ですよ(^^)

そして、海藻の酢の物。

        IMG_5408

いい塩梅です。
なんだかお酒が飲みたくなってしまいますね(^^)

     IMG_5406

煮魚もおそらくこの日に捕れた新鮮なもの。
骨からの身離れがすごくいい。
そしてこれは、ご飯がすすみます(^^)

ご飯がすすむといえば、これもそう。

         IMG_5410

イカの塩辛は、流石にメチャウマ。
これでご飯のおかわり確定です(^^)

    IMG_5407

サザエのつぼ焼きは、2つも付いてきます。
串で慎重に取り出します・・・

           IMG_5416

はい、大成功!
これも、お酒が欲しくなりますね〜。
もちろん、酒に合うってことは、ご飯との相性も最高。
なるほど・・・こりゃぁ、おかわり必須だわ(^^)

        IMG_5409

そしてこれは、「ミズ」の煮物。
ミズというのは、このあたりで採れる山菜。
正式名を「ウワバミソウ」といって、ウワバミ(大きな蛇)が出てきそうな、
深い沢に生えていることから、この名前が付いたのだとか。

甘みとほんの少しの苦味があって、美味しいですよ。

おまかせ定食の内容は、その日に仕入れたもので組み立てて、
同じものは二度と出ないかもしれないのも面白いところ。
そして断言できるのは、それもきっちりと手間を掛けて調理されているということ。

この内容で1,000円は、かなり凄いと思いますよ。

     IMG_5432

お店の場所は、五能線の「十二湖駅」からすぐ。

     IMG_5430

国道101号線からは、こんな風味見つけることが出来ます。

        IMG_5386

車で行くのもよし、
人気の列車「リゾートしらかみ」に乗っていくのもいいかもしれませんよ。

白神山地、青池を見に行くとき、是非立ち寄ってみて下さい。
ビックリするような内容のおまかせ定食、楽しめますよ(^^)









【静観荘網元】
住 所:青森県西津軽郡深浦町松神下浜松33−5    MAP
電 話:0173-77-2018
営業時間:10:00〜15:00 ※春〜夏は、8:00〜16:00 
煙 草:
定休日:不定休
駐車場:10台分ほどあり。




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

クイズで勝ち抜いて、優勝賞品はハワイ旅行!夢のハワイ航路、憧れのハワイ。一昔前、海外旅行は高嶺の花で、庶民には手の届かない贅沢なことでした。しかし格安航空券の登場により、かなり身近な存在に。そして、LCCの就航が、国内旅行に行くよりも安く行ける現実を作り出し ...
続きを読む
クイズで勝ち抜いて、優勝賞品はハワイ旅行!

夢のハワイ航路、憧れのハワイ。
一昔前、海外旅行は高嶺の花で、庶民には手の届かない贅沢なことでした。

しかし格安航空券の登場により、かなり身近な存在に。
そして、LCCの就航が、国内旅行に行くよりも安く行ける現実を作り出しました。

というような感じで、気軽に行けるようになった海外旅行ですが、
更にかがるに行けるプランが、LCCのピーチにより企画されています。
その名も、

     Peach 0泊弾丸スペシャル!
         ※こちらのサイトに詳細が載っててますよ〜


ソウル・台北に、往復7,500円から行けてしまうのです。

そんな企画に乗せられて、0泊3日で台北に行ってきました!
   関空〜台北の弾丸料金は、なんと往復9,000円。

空港使用料、支払手数料、手荷物預け料等を含んでも、15,000でお釣りが来ます。

        IMG_1592

弾丸ツアーの該当便は、関西空港を午前2:30に出発する便。
ですので、前日の終電付近の電車に乗って、関西空港に入っておく必要があります。

LCCの機内持ち込み荷物の最大重量は、7kg。

ここは、なんとしてもクリアしておきましょうね。
帰りの便は、調味料等の液体を持って帰りたいので、受託手荷物を事前に申し込みましたが、
行きは料金がかからないように、機内へ。

私の場合は、空のスーツケースの中に、現地で動くためのリュックを入れて、
荷物を一つにまとめて機内に乗り込みました。

ラッキーなことに、通路側の席を割り当てられ、いざ出発!
到着は、日本時間の5:25(現地時間の4:25)
わずか3時間ですが、機内ではゆっくり睡眠を取りましょう。

        IMG_1594

   IMG_1595


定刻よりもかなり早く、3:46に到着。(ウトウトしたくらいで、ほぼ寝てないゾ!)
入国手続も空いていて、すんなりと。

でもまぁ、時間があるのはいいことです。

        IMG_1596

ここで、事前に申し込んでおいたWi-Fiルーターを受け取ります。
台北では、ほとんどのところで無料Wi-Fiがありますが、借りておいたほうが安心でしょう。

          IMG_1598

そのあと、使う分のお金を台湾元に両替し、
バスに乗って市内へ向かいます。
MRT(地下鉄)も便利なのですが、始発が午前6:00で、少し時間があるのと、
バスの中でもう少し寝てやろうという魂胆です^^;

        IMG_1599

桃園空港から、台北駅までは、140元(約500円)。
MRTだと、160元なので、バスのほうが安いですね。



         IMG_1600

ちょっとケバい照明ですが、ゆったりと涼しく快適ですよ。
各席に充電に使えるUSBがあるのも嬉しい。

桃園空港から、台北駅までは約55分。
ゆっくりと休むことが出来ますよ。

       IMG_1601

朝の台北駅。
まだ人も少なく、ひっそりとしていますが、
このあと30分ほどすると、人の流れも活発になってくるのです。

       IMG_1602

台北駅の桃園空港MRTの駅の近くにあるコインロッカーに、空のスーツケースを預けます。
そして、ここからは身軽にリュックひとつで行動します。
コインローッカー、結構容量が大きいので、二人分くらいの荷物ならば楽に入りますよ。

     IMG_1603

ここからは、MRTを使って行動します。
MRTに乗るには、一回一回きっぷを買うよりも、
ワンデーパス(NT$150)、24時間券(NT$180)、ICカード(NT$100)が便利です。
ICカードは、残額が少なくなったら、チャージすることにより使うことが出来ます。
日本のSuicaや、ICOCAと同じですね。

さて、腹が減っては戦ができぬ・・・。
先ずは、朝ごはんを食べに行きましょう。

台北駅からひと駅先の善導寺までMRTに乗っていきます。
運賃は、ICカードで16元(約55円)、安いですね。

        IMG_2235

ここから歩いてすぐのところに、台北市民にも大人気の朝食のお店、
“阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)があります。    

        IMG_2195

時刻は朝の7:30頃で、店内はピークを迎える時間の少し前。
ゆったりと過ごすことが出来ました。
これも、弾丸ツアーならではの特権ですね。

       IMG_2206

美味しい豆乳スープと玉子のクレープのようなものをいただきました。

食事を終えて、お店を出るとすでに長蛇の列が!

      IMG_2230

早起きは三文の得とはよく言ったものです。(寝てなかったけど^^;)

阜杭豆漿(フーハン・ドゥジャン)の詳しい記事はこちらをご覧くださいね。


そして、次に向かったのが、朝ごはんパート2!
善導寺からMRTで、中正紀念堂駅まで3駅。
台湾に来たなら、これは食べて帰らなければいけないもの、魯肉飯。

そんな魯肉飯がおいしいのがここ、
  “金峰魯肉飯(ジンフェン ルーローファン)

         IMG_2279

ご飯の上に、豚肉のそぼろをかけただけのシンプルなものなのですが、
一度食べたら、忘れられなくなる美味しさなのだとか。

       IMG_2257

サイズも、小・中・大とあるので、
お腹の減り具合と相談しながら決められるのが嬉しい。

金峰魯肉飯(ジンフェン ルーローファン)の詳しい記事は、こちらをご覧くださいね。




朝ごはんをはしごしたあとは、ちょっとだけ腹ごなしで、書店に行ってみました。

        IMG_1617

こちらは、「誠品 敦南店」。
誠品書店というのは、台湾の大型書店のチェーン。
日本でいう、紀伊国屋書店、未来屋書店みたいなものですね。

台湾語の書籍が大半ですが、眺めているだけでもなかなか面白いですよ。
中でも、外国から見た日本が分かる本、
日本のガイドブックを眺めてみるのも面白い。

知ってる店が紹介されていると、ちょっぴりテンションが上がるかも?

       IMG_2267

書店ではありますが、こんなマグネットや付箋なども売っていて、
お土産を探すのにもオススメです。

そしてランチは、酸菜白肉火鍋が美味しいお店、
“圍爐(ウェイルー)へ。

ウェイルーの最寄り駅は、MRT青い線、板南線の「忠孝敦化」駅。
これだけMRTに乗って動き回ると、ICカードが本当に便利です。
(ICカードで乗ると、通常運賃よりも割引になるのですよ〜)

           IMG_2365


こちらのお店は、かなり人気があって、予約していかないと、
入れないことも珍しくないのだとか・・・
今回は、日本からネットで予約していただいたので、すんなりと入店できました。

       IMG_2324

暑い中、冷房が効いた室内で、熱い火鍋を食べるのも最高ですよ。

圍爐(ウェイルー)の詳しい記事はこちらをご覧くださいね。



熱いものを食べれば、今度は冷たいデザートも食べたくなるもので、
MRTで2駅先の、松江南京駅へ。

向かった先は、“緑豆蒜啥咪”さん。(通称:シャーミー)

        IMG_2410

こちらのお店のマンゴーかき氷が抜群の美味しい。

      IMG_2395

注文が通ってからカットされるフレッシュマンゴーは、
ジューシーさが段違いの美味しさ。
この内容で、たったの200元(約700円)だというのですから、
常に満席なのも頷けます。

緑豆蒜啥咪の詳しい記事は、こちらをご覧くださいね。




デザートを食べて、晩御飯までの間は、台北の街を少し散策。

     IMG_1618

         IMG_1656

日本と何が違うかというと、バイクの数の多さ。
街の移動の手段として、スクーターを使う人が本当に多いです。
しかも、駐輪スペースもきちんと確保してあって、そういうインフラの整備は、
日本よりも進んでいるのかな・・・そんなふうに感じました。

      IMG_1619

咖喱飯の文字に少しトキメキを感じながらも、街並みを楽しみます。

そして、立ち寄ってみたのが「勝立生活百貨」というお店。

          IMG_1623

ここは、いろんな生活雑貨や、食料品、調理器具、衣類などが揃っていて、
見ているだけでも面白いし、しかも安い!

私も、鍋の中から熱いお皿を簡単に取り出せる道具や、
ニンニククラッシャー(日本で買えば、400〜500円のものが、わずか100円ほど!)と、
鶏の骨まで切ることが出来る、大きなキッチンハサミを買いました。
(生の鶏の骨を、無理やり切って、一回きりで昇天されましたが^^;)

勝立生活百貨の詳しい情報は、こちらのリンクをご覧ください。


さらに、少し古い街並みが魅力の、迪化街へ。

        IMG_1659

こちら、いろんなお店が並んでいて、見ているだけでも楽しい。

    IMG_1658

かごやザル、手提げ袋がたくさん並んだお店では、虫よけネットが付いた、
ざるを買ってしまいました。
茹でたての枝豆を入れて出すと、いい感じになりますよ。

        IMG_1662

大量に積まれた、枝付きの落花生。
流石にこれは、日本に持ち帰ることは出来ないでしょうから、買いませんでしたが、
ちょっと興味をそそられました。

製菓材料、食器、お茶、調味料、乾物・・・。
いろんなお店が並び、しかもみんな安い。
面白すぎて、気がつけば二時間くらいウロウロしていたかもしれません。



そして、夜ごはんの第一弾は、水餃子と酸辣湯を。

        IMG_1665

お邪魔したのは、“來來水餃館”さん。
地元に人と思わしき方がたくさんで、本当に賑わっています。

         IMG_2447

それもそのはず、出来たての絶品水餃子が、なんと10個で70元(約250円)。
これがとにかく絶品なのである。

開放的で、冷房が効いているとか、そんな事とは無縁のお店ですが、
汗をかきながら食べる、熱々の酸辣湯と水餃子も格別ですよ!

來來水餃館の詳しい記事は、こちらをご覧くださいね。





魯肉飯、火鍋、水餃子と食べて、これでコンプリート・・・
いえいえ、まだ一つ大事なものを忘れていませんか?

       IMG_2476

そう、小籠包です。

最後の一軒にお邪魔させていただいたのは、"杭州小籠湯包”さん。

         IMG_2482

台湾で小籠包といえば、鼎泰豊さんが有名ですが、
こちらのお店も、その美味しさでは負けてないですよ。

濃厚な旨味が口いっぱいに広がる快感は、
一度味わうと忘れることができなくなります。


杭州小籠湯包の詳しい記事は、こちらをご覧くださいね。


そして、台北駅でコインロッカーからスーツケースを取り出し、
調味料やお土産、液体のものはスーツケースの中に入れて、
飛行機に乗る時の預ける準備をして、桃園空港MRTで空港へ。

      IMG_1674

0:05(日本時間1:05)のピーチに乗って、帰国します。

     IMG_1676

そういえば、暗い時間の桃園空港しか見てないなぁ^^;

機内で2時間45分過ごせば、あっという間に関西空港に到着します。
もちろん、帰りの機内では、思いっきり眠らせていただきました。

そして、朝の3:50に関西空港に到着。
入国審査、預けた荷物のピックアップ、そして税関を通過し、無事に帰国。
30分ほどの待ち時間で、5:00発のリムジンバスで、梅田に向かいます。

そのまま、何事もなかったように、出社していつもどおりに仕事をしましょう!



そんな感じの弾丸台北ツアー、如何でしょうか?


大きな好奇心、そしてちょっとばかりの体力があれば、
かなりお安く台湾旅行ができますよ!(日帰り・・・いえ、機中泊ですが^^;)

是非、ピーチのHPをチェックしてみてくださいね!





このエントリーをはてなブックマークに追加

夏になれば登場するのがアイスクリームであれば、冬になったら登場するのが、肉まん、あんまん。今では両方とも通年販売ですが、冬にアイスクリーム、夏に肉まんって、食べたくても食べられなかったのを懐かしく思います。冷やし中華はじめました。こう書かれた短冊は、今で ...
続きを読む
夏になれば登場するのがアイスクリームであれば、
冬になったら登場するのが、肉まん、あんまん。

今では両方とも通年販売ですが、冬にアイスクリーム、
夏に肉まんって、食べたくても食べられなかったのを懐かしく思います。

冷やし中華はじめました。

こう書かれた短冊は、今でも健在。
みなさん、冬でも冷やし中華を食べられるところ、ご存じないでしょうか?

さて、肉まん、あんまんといえば、別名を中華まん。
関西では、肉まんのことを豚まんといい、有名な「551蓬莱」では、
初期に牛肉入りの「肉まん」が販売されていたこともあるのだとか・・・。


昔、その形から、小さな肉まんと思っていた、小籠包。
そして、小籠包といえば台湾。

日本にも進出している、台湾の有名な小籠包のお店といえば、鼎泰豊。

そんな鼎泰豊をも超えるかもしれないと、
地元に人からは言われているお店に行ってきました。

         IMG_2486

台北の有名な観光スポット、中正紀念堂のすぐ近くにあるお店、
"杭州小籠湯包”さん。

ランチやディナーの時間になると、曜日に関係なくいつも空席待ちの列ができる人気店です。
私もその列に並びます。

       IMG_1667


            IMG_1668

メニューを先に渡してくれるので、並んでいる間に食べたいものを選ぶことができますよ。
小籠包以外にも、いろんな料理がありますね。
小籠包のお店というよりも、点心のお店。
ここでガッツリと食べても満足できそうです。

しばらくすると、空席ができ店内へ案内していただきます。

        IMG_2461

地元の人、私のような日本からの観光客など、大勢で賑わっています。
席にすわり、食べたいものを伝票にチェックを入れて、お店の方に渡せば注文完了。

        IMG_1669

台湾語で書いてありますが、日本語表記のあるメニューと合わせて見れば、
問題なく注文できますよ。

      IMG_2463

テーブルには、新メニューの紹介も。
スズキの甘酢あんかけは、250元(約850円)と、お手頃。

しばらくすると、注文した小籠包が出来上がり、運ばれてきました。

         IMG_2468

文句なしに美味しそう(^^)
このまま食べても美味しいでしょうが、折角なのでタレと薬味もいただきましょう。

    IMG_1670

タレと生姜は、お店の真ん中あたりにあって、事実上食べ放題。
隣の人が、思いっきり生姜を取っていたので、真似してみる。


      IMG_2476

でも、タレを付けず小籠包がそのままでも美味しすぎて・・・^^;
この小籠包、8個入って、150元(約510円)とかなり安い。
安くて美味しいとくれば、人気が出て当然ですよね。

       IMG_2479

そして、えび餃子には、大きなエビがまるごと入っていて、
海老好きにはたまらない美味しさ。

飲み物は厨房前の冷蔵庫から、自分で持ってきて自己申告。
よく冷えた台湾ビールもありますよ。 

         IMG_2482
鼎泰豊もいいけれど、
独特の台湾感、雑多な空間、ツンデレな接客・・・。
それら現地のリアルな雰囲気を味わえるのは、こちら杭州小籠湯包さんのほうかと思います。
しかも、安くて美味しい!
オススメですよ〜(^^)








【杭州小籠湯包】
住 所:中華民国 台湾 台北市大安區杭州南路二段17號    MAP
電 話:(+886)  (02) 2393-1757
営業時間:11:00〜22:00 ※金土は、23:00まで営業。 
煙 草:完全禁煙
定休日:旧正月期間の3日間
駐車場:なし

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学生の時、5年生になると、「林間学校」というのがありました。6年生になれば行く、修学旅行は1泊2日なのに対して、5年生の林間学校は、2泊3日。ちょっとお得感じですよね。(何が得なのかって、ツッコミはなしよ〜)関西では、林間学校は高野山、修学旅行は伊勢志摩ってい ...
続きを読む
小学生の時、5年生になると、「林間学校」というのがありました。
6年生になれば行く、修学旅行は1泊2日なのに対して、
5年生の林間学校は、2泊3日。

ちょっとお得感じですよね。
(何が得なのかって、ツッコミはなしよ〜)

関西では、林間学校は高野山、
修学旅行は伊勢志摩っていうのが定番だったと思いますが、
今は林間学校で高野山を訪れる学校は皆無なのだとか。

その理由は、宗教に関係する場所はダメだからとか、
宿坊よりも料金が安い、青少年の家等を使うようになったからだとか、

いろんな理由が推測されますが・・・。

小学校5年生のときに行った、高野山。
あの頃は、その良さがほとんどわかりませんでしたが、
今となっては、少しは分かるのかなぁ・・・。

         

そんな感じで、その時以来に行ってきた高野山。
当然精進料理を食べるのかと思いきや、何となく目に止まったお店に入ってみたら、
そちらのお店が大当たり!

         IMG_4121

お伺いさせていただいたのは、”和食 おぐら”さん。
入口横にあるサンプルケースには、造り定食、天ぷら定食、カツ丼、天丼、うな丼など、
ごくありふれたメニュー。

それでも何だか少し、感じるものがあったのです。

お店に入り、席に座ると店員さんが迎えてくださり、
「少し時間かかりますが、いいですか?」
とのこと。

どうやら、厨房には、ひとりしかいない様子。
で、先客が7名。
どのテーブルにもまだ料理は出ていない。

なるほど・・・
でも、時間はあるので、
「大丈夫ですよ〜」と、了承しました。


先客は、5人組と2人組。
ひと組は、仕事できているような感じで、もうひと組は観光客。

とりあえず、壁に貼られたメニューを確認します。

     IMG_4101

おろしそば定食 1,600
造り定食 1,800
蒲焼定食 2,000
うどん定食 1,600・・・


やはり、観光地価格・・・

ん?

カツ丼 750
天丼 750
エビフライ丼 850


これは、普通の街なかの値段並・・・いや、安いんじゃないかな?

        IMG_4102

でも、当店のオススメは、精進 定食。
折角の高野山、やはり精進料理なのか・・・。
いやでも、こういうところで、あえて普通のものをお願いしてみよう。

と、いうわけで天丼をお願いしました。

時間がかかる旨を伝えられているので、少々遅くても問題なし。
高野山の話でもしながら、ゆっくりと待ちましょう。

そしてまた、後から4人組のお客さんが、私達の後ろの席に座ります。
そして、天丼を注文したようですが、
売り切れてしまって、カツ丼と玉子丼を注文している・・・。

ということは、あの人達の目の前で天丼を食べなければいけないのか^^;
ま、後ろ向きだしいいかぁ〜
お向かいに座るお友達は、真正面みたいだけれど^^;

そして待つこと10分くらい。
お願いした天丼が出来上がってきました。

          IMG_4103

朱塗りの蓋付きの丼の蓋が閉まらないほど、盛ってあります。
丼には香の物と汁物も付いて、結構キチンとしていますよ。

そして、丼の蓋を開けると・・・。


       IMG_4109

うわぁ、豪華!
これ、本当に750円ですか?
ここ、街なかではなく、高野山の奥の院の近くですよ(^^)

       IMG_4107

天丼の具材は、海老が2尾と、人参のかき揚げ、大葉、
万願寺とうがらし、茄子、海苔、舞茸、玉ねぎ・・・。
かなり豪華です(^^)

      IMG_4113

汁物はにゅうめん。
いただくと、出汁が美味しい。

これだけで、ここの料理が美味しいことがわかり、期待値が上がります(^^)

       IMG_4118

海老も中々いい大きさ(^^)
天丼のタレは、ごはんの方に染ませてあり、天ぷらにはかけられていません。
その方が、カリッとした天ぷらの食感が最後まで楽しめるという配慮だと、
食べ始めてすぐに感じます。

そして実際に美味しい。
天丼の場合、衣がしなやかになってしまっているのを、覚悟するのですが、
こちらのお店の天丼は、天ぷらの美味しさを十二分に味わうことができるのです。

これで本当に750円?
食べてる途中、何度もメニューを見返してしまいました。

隣の席のお客さんが注文した、カツ丼をチラ見しましたが、
そちらもとろとろ玉子でカツもボリュームがあって、
かなり美味しそうでした。

観光地で、高野山でこの値段とクォリティ。
聞けば、こちらのお店、近くのお寺のお坊さんもちょくちょく食べに来るのだとか。
地元の人からも愛されるお店だったのですね。

高野山で精進料理もいいけれど、
天丼も美味しいですよ〜!








【和食 おぐら】
住 所:和歌山県伊都郡高野町高野山53    MAP
電 話:0736-56-3302
営業時間:10:00〜16:00 
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナポリタンとミートソースがあればいい・・・。そんなコピーにつられて、初めてスパゲッティのパンチョに入っていったのはもう、9年も前。スパゲッティといえば、ナポリタンかミートソースしかなかった子供の頃、喫茶店のナポリタンを腹一杯になるまで食べるのが夢でした。ス ...
続きを読む
ナポリタンとミートソースがあればいい・・・。

そんなコピーにつられて、
初めてスパゲッティのパンチョに入っていったのはもう、9年も前。

スパゲッティといえば、ナポリタンかミートソースしかなかった子供の頃、
喫茶店のナポリタンを腹一杯になるまで食べるのが夢でした。

スパゲッティがいつのまにか、パスタというお洒落な名前に変わり、

カルボナーラ、ボンゴレ、アラビアータ、ペペロンチーノ、ジェノベーゼ・・・。

そんな感じで、いろんな種類のものが食べられるようになった今でも、
根強い人気を誇る、ナポリタンとミートソース。

ひょっとしたら、原点に帰還して、その2強を押さえておけば、
それでいいのかもしれないなんて、思ったりもします。

2強をキッチリ押さえる・・・。

そんな台北にあるお店、“來來水餃館”に行ってきました。

夕方の5時に開店するこちらのお店は、
地元民にも大人気の水餃子と酸辣湯が美味しいお店。

                     IMG_1665


看板の文字は薄くなってしまって見にくいけれど、
その味はお客さんの大差がそれを証明します。

      IMG_2416

これが、お品書きが書かれたもので、豚肉と白菜の水餃子と酸辣湯のみ。
潔いです^^;

とはいえ、店内の奥には小菜も用意されているので、
これらをつまみながら、水餃子が出来上がるまでの時間を過ごすことも出来ます。

        IMG_2414

ピータン豆腐、豚の耳、干し豆腐などの冷菜が並びます。
食べたいものがあれば、店の人にひと声かけて、自分で好きなものを持っていくスタイル。
取ったものは必ず自己申告で!

         IMG_2455

店内の入口に近い場所では、大きな寸胴の中で酸辣湯が。
このスキンヘッドの人が酸辣湯の担当のようで、
真剣な顔で酸辣湯と向き合っています。


     IMG_2453

そして、店内の奥では、4〜5人が黙々と水餃子を包んでいます。
そのスピードの速さとリズムの良さと言ったら、思わず見とれてしまうほど(^^)

注文はもちろん、酸辣湯と水餃子の両方。
酸辣湯は、注文するとすぐに運ばれてきますよ。

        IMG_2423

器にたっぷりと入った酸辣湯。
中サイズでも、50元(約180円)と、かなりリーズナブル。


      IMG_2430

食べてみると、酸味が心地よくて、スルスルと食べ進むことが出来ます。
暑い中、汗を拭きながら食べる酸辣湯も最高に美味い。

そして5分ほどすると、水餃子も出来上がってきます。

         IMG_2438

一人前で10個入って、70元(約250円)
日本で食べると、6個くらいで700円ほどすると思われるので、かなり安い。

      IMG_2447

しかも、作りたてで、出来たてをいただけるとなれば、かなりワクワクしますよ。

       IMG_2449

食べてみると、モチっとした皮と、肉汁の溢れ具合がたまらなく美味い。
肉々しいけれど、パサツキ感がまったくなく、いくらでも食べられそうです(^^)

そのまま食べても美味しいけれど、
酢醤油(卓上の台湾の醤油と酢で、自分で作る)で食べても美味しい。
前半はそのまま食べて、後半に酢醤油に付けて食べるも美味しいかも。

           IMG_2432

究極のオープンカウンターみたいな店内は、家族連れの姿も何組か見られ、
地元民に愛されるお店という感じですよ。

        IMG_2460

食事を終えて帰る頃には、外のテーブル席までほぼ満席の賑わいよう。
かなり人気があります(^^)

この美味しさでこの安さなら、人気が出て当たり前ですよね。
水餃子と酸辣湯、是非本物の美味しさを味わってみてくださいね〜!


          

【來來水餃館】
住 所:中華民国 台湾 台北市中正區中華路二段309巷9號    MAP
電 話:(+886)   (02) 2305-1561
営業時間:17:00〜23:30 
煙 草:
定休日:無休(春節時は要確認)
駐車場:なし




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加