美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

カテゴリ: 旅のグルメ

ザンギ。昔、北海道が発祥の居酒屋「つぼ八」でメニューを見たときに、その言葉を知りました。メニューの写真を見ると、どう見ても唐揚げなのですが、表記には「ザンギ」。どうも、北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶらしい・・・。北海道弁なのか?しかし、北海道の方に ...
続きを読む
ザンギ。

昔、北海道が発祥の居酒屋「つぼ八」でメニューを見たときに、その言葉を知りました。

メニューの写真を見ると、どう見ても唐揚げなのですが、
表記には「ザンギ」。

どうも、北海道では唐揚げのことをザンギと呼ぶらしい・・・。
北海道弁なのか?

しかし、北海道の方に話を聞くと、ザンギと唐揚げは別のなのだとか。
ザンギは鶏肉に下味を付けてから粉を付けて揚げるもので、
唐揚げの場合は、鶏肉に味のついた粉を付けて揚げるものがそうらしい。

でも、北海道のお店で、「唐揚げ」ってメニュー、見たことあったかな^^;

さて、いつの間に唐揚げがザンギになったのか?

そもそも、ザンギが誕生したのは・・・

           IMG_6352

釧路駅から歩いて10分位のところにある繁華街、栄町。
その街角に、”鳥松”さんはあります。

こちらが、ザンギ発祥のお店なのだとか。

店内に入ると、コの字型カウンター席が10席ほど。
お店に入ったのは、夜の9時頃。
2軒目にフラッと入ってみたのですが、賑わっているのです。

右側に空席を見つけ、なんとか滑り込んでみます。

まずは生ビールで乾杯。
 
       IMG_3421

北海道ではやっぱりサッポロビール。
SINCE 1876、明治に入って間もなくの創業。
赤い星のジョッキが、何だかその気にさせてくれます。

平日の夜の9時でもほぼ満席のお店。
人気の居酒屋なのかな、ここは・・・・

         IMG_6349

見上げると、壁にメニューが掲げられています。

お客様へ お持ち帰りは二人前以上で注文を承ります。
ザンギ、骨付きザンギ、手羽元から揚げ・・・

あ、から揚げってメニューもある(^^)

「ザンギとから揚げの違いって何ですか?」

そんな質問を出来る勇気がない^^;

        IMG_6348



カウンターの中のみなさんの表情は、真剣そのもの。
テキパキと動いていらっしゃいます。
タイミングを見計らって、ザンギ、骨なしザンギ、そしてもつ煮込みをお願いします。

しばらくすると、先にもつ煮込みが運ばれてきます。

       IMG_3423

柔らかく煮込まれていて美味しい。
いい感じにビールがすすみます。


そして、骨なしのザンギが出来上がってきました。

       IMG_3428

見た目はいつもの用な感じのから揚げ。
一つ一つが大きいですね!

では、早速いただきましょう。

           IMG_3432

カリッとした食感の後、ジューシィな肉汁が口の中で弾けます。
熱々ですよ〜^^;
これは、ほんとに何も付けなくても美味しいですね(^^)
老舗の味わいは伊達じゃない。

       IMG_3443

レモンサワー・・・いえ、レモンチューハイと合わせても美味しい。
(レモンサワーくださいって言ったら、レモンチューハイしかないですって、言われちゃいました^^;)

それから5分位して、ザンギ(骨付き)も出来上がってきましたよ。

     IMG_3439

おぉ、いいですね〜
食べやすいのは、骨なしですが、
いろんな美味しさを楽しめるのは、断然骨付き。
骨の周りの肉も美味いんですよね〜(^^)

それでは早速かぶりつきましょう!

       (^^)(^^)(^^)

           美味しい〜!

手が汚れるなんて気にぜずに、豪快にいきましょう。
熱いので、火傷しないようにしなければなりませんが^^;

食べてる間にも、どんどんお客さんがやってきて、
お持ち帰りを買って帰るのです。
これをお土産に持って帰れば、家での株価も急上昇・・・・・

え、家に持って帰るのではなく?
そ、そうでしたか^^;

       IMG_6347

元祖ザンギは骨付きをタレで!
揚げているのは、二代目店主。

ザンギというのは、
中国語の炸鶏(ザージー)に幸運の運(ン)を入れて名付けられたのだとか。


        IMG_3444

そんな二代目店主が今日も真剣にザンギと向き合う。
これは、通っちゃいますよね。

            IMG_3441

骨付きに、タレを掛けてみます。

うん、これはたしかにいい(^^)
そして、他では味わいない美味しさですね。

良いものは変わらず守り、
そして、時代に合わせて進化するものも感じる。
そんな真摯なお店の姿勢が、お客さんの心を離さないのでしょうね。

元祖ザンギのお店、鳥松さん。
釧路に来れば、必ず立ち寄ってみて下さい。
美味いザンギが待ってますよ。

       







【鳥松】
住 所:北海道釧路市栄町3-1    MAP
電 話:0154-22-9761
営業時間:17:00〜翌0:30 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               


  
このエントリーをはてなブックマークに追加

蕎麦屋のメニューに、やたら美味いカレーがある。そんな話を聞くと、無性に食べたくなります。まるで、ラーメン屋さんでラーメンを食べずに炒飯だけ食べるようなものですが、ほとんどのお客さんが、それを注文していたら、自分もそれを注文してしまいます。そんな感じで、そ ...
続きを読む
蕎麦屋のメニューに、やたら美味いカレーがある。
そんな話を聞くと、無性に食べたくなります。

まるで、ラーメン屋さんでラーメンを食べずに炒飯だけ食べるようなものですが、
ほとんどのお客さんが、それを注文していたら、自分もそれを注文してしまいます。

そんな感じで、そのお店にある意外なメニューって気になりませんか?

偶然ではあるのですが、メニューに載ってた意外なものが美味しかった・・・。
そんなお店に行ってきました。

この日にお伺いさせていただいたのは、
北海道釧路駅近くにあるお店、”いの一番”さん。

           IMG_3097

釧路が発祥と言われている、炉端焼きのお店です。

   IMG_3143

カウンターの中には、シブい感じの炉があります。

         IMG_3146

    IMG_3145

その日のオススメや、旬の食材はこんな感じで短冊に書かれていたり、
黒板に書いてあります。

            IMG_3104

レギュラーメニューはこんな感じ。
焼物、揚げ物、お刺身、おでんなど、いろんなものがありますよ。

    IMG_3105
そして、飲み物はこんな感じ。

やはり、北海道に来たならば、サッポロクラシックの生ビールをいただきましょう。

         IMG_3099

ビールとほぼ同時に、お通しも運ばれてきます。

    IMG_3109

お通しは、鮭フライとポテトサラダ。
ちょっと豪華な感じですよね(^^)

そして、この季節に、これを外してはいけない。

           IMG_3115

釧路で水揚げされた、新鮮な秋刀魚の塩焼き。
脂ののりも最高!
これは美味い。


秋刀魚が美味しかったので、調子に乗ってししゃももいただきましょう。

      IMG_3122

ししゃもと言えば、子持ちししゃもを思い出しますが、
これは子持ちではないもの。
純粋にししゃもの旨味を味わえます。

ここで、飲み物のメニューを見てみると、なんだか気になるものが・・・

          IMG_3130

ナポリンサワーとはいったい・・

      IMG_3127

お願いしてみました^^;
これは、北海道限定の飲み物、「リボン ナポリン」を使って作ったサワー。

ナポリンは、1911年の発売当初、ブラッドオレンジを原料に使っていたので、
イタリアの街、「ナポリ」にちなみ、「ナポリン」と命名されたのだとか。
(現在、ブラッドオレンジは使用されていません)


味わいは、甘めのサワーといった感じ。
こういうのをいただくと、なんだかザンギが食べたくなります。

            IMG_3112

というわけで、お願いした自家製ザンギ。
大きなザンギが5つも入って、680円はお値打ち。

          IMG_3123

そして、くしろ夕日ハイボールもいただきます。
ウイスキー・ハイボールに、グレナデンシロップを入れて、
夕日をイメージしたものだそうです。

なんとなく、その場のノリで注文したチーズオムレツ。

         IMG_3135

出てきたものを見てビックリ!
想像していたものと違い、思いのほかに本格的。

大きさも素晴らしいし、ケチャップではなくデミグラスソースっていうのが嬉しい。

   IMG_3142

食べてみると、中からはチーズがとろけて、本当に美味しい!
炉端焼きのお店で見つけた、意外なホンモノ。
これは、他にもいろいろと、隠し技がありそうなお店ですよ。

           IMG_3106


こちらのお店の情報を教えていただいた、
全国を駆け巡るパワフルなKさん、本当にありがとうございました。







【いの一番】
住 所:北海道釧路市北大通12-2    MAP
電 話:0154-25-1331
営業時間:17:00〜23:00
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 









 
このエントリーをはてなブックマークに追加

建設機械のパワーショベル、ユンボって言われることもあるやつ、あれを操る人って凄いですよね。両手両足を器用に使って、大きくパワフルな動きから、細かくデリケートな動きまで自在に操る。テレビの番組で、パワーショベルを使って、生卵に小さな穴を開けるっていうのを見 ...
続きを読む
建設機械のパワーショベル、ユンボって言われることもあるやつ、
あれを操る人って凄いですよね。

両手両足を器用に使って、大きくパワフルな動きから、
細かくデリケートな動きまで自在に操る。

テレビの番組で、パワーショベルを使って、
生卵に小さな穴を開けるっていうのを見ましたが、凄いですよね!
どうして、ああまでもバラバラに、手足を動かせるのかって思ってしまいます。

一緒にしたら怒られそうですが、足が8本のタコや、
足が10本もあるイカもそれらをバラバラに動かせるのですから、ある意味凄いのかも^^;

ま、そんな事考えずに、新鮮なイカやタコ、
炭火でさっと炙って食べるのが美味しいですね(^^)

炭火で新鮮な魚を炙って朝ごはん。
この日は、そんなお店に行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、北海道釧路にある、”鮭番屋”さん。
釧路駅の方から、車を5分ほど走らせば到着します。

         IMG_6381

駐車場に車を止め、入り口に・・・
あれ、ここじゃないな。

   IMG_3211

店内へは、こちらの建物の方から入ります。

         IMG_3210

建物の中に入ると、いろんな魚や干物が並ぶのが見えますよ。

     IMG_3153

      食材を選ぼう!

まずはここで、トレーをもらって、食べたい食材を選びます。

          IMG_3151

ホッケ、鮭、ハラス、鰊、秋刀魚、イワシ、ししゃも、イカ・・・。

   IMG_3149

牡蠣やホタテはこちらに新鮮なものがあります。
季節によっては、蟹が並ぶこともあるようですね。
そうなるともう、朝ごはんではなく宴会モードのなっちゃいそうですね^^;

好きな食材をトレーに乗っけて、最後はレジへ。
なんだか手作りのパン屋さんみたいです(^^)

      IMG_3155

いくら丼や鮭の親子丼、うに丼(値段、本気ですよね! これなら、味わいも本気なはず。)
いろんな海鮮丼も他で食べるよりも、確実にリーズナブル。
でも今日は、炭火焼きとご飯で攻めたいと思います。

     IMG_3154

ご飯は、大・中・小から選べ、味噌汁もここで注文します。

お会計を済ませたら、隣の建物に移動して、その場で焼いて食べることが出来ます。

         IMG_3207

こんな感じで、各テーブルに焼台がセットしてあります。

こうやって見ると、休日のBBQ広場みたいですよね?
でも、今は朝の8:00前。

    IMG_3164

ビールを片手に乾杯・・・ではなく、朝ごはんなのです。

         IMG_3161

あちらの方たちも出勤前。
スーツ姿で干物とご飯を楽しんでいらっしゃいますよ!

では、私たちもそれを真似て焼いていきましょう。

   IMG_3160

この日選んだ食材は、鰊、鮭ハラス、ホタテ、ししゃも。
BBQパーティーモードではなく、朝ごはんらしいでしょ?

これをじっくりと炭火の上で焼いてゆくのです。

焼けるのを待つ間に、店内を見てみると、懐かしいものを発見。

            IMG_3208

これ、瓶のコカ・コーラの自販機ですよ!
昔、ボーリング場なんかにあったやつですね(^^)

     IMG_3209

ここに、王冠の部分を入れて、瓶を押し下げると、栓が抜けるのですよね。
なんだか懐かしいです。
(今考えれば、一本購入して、あの感覚も懐かしめばよかったなぁ。)

さて、そろそろいい感じなのかなぁ?

     IMG_3167

        IMG_3169

    IMG_3174

どんな感じなのか、場所を変え、ひっくり返したりしていると、
お店の方がやってきて、説明しながら焼いてくださいます。

      IMG_3176

これはもう、食べごろだからね。
お皿にとって食べ始めて!

ホタテも食べやすいように切って下さいます。

そのタイミングを見計らうように、お願いした御飯と味噌汁も登場。

     IMG_3186

正しき、日本の朝ごはんって感じになりましたよ(^^)

鮭ハラスも切ってくださり、こんな感じで整いました。

     IMG_3192

それにご飯があれば、

       IMG_3193

もう我慢できませんね^^;

「冷めないうちに、先にそれ、食べててね。」

それでは、お言葉に甘えて、いただきます。

            IMG_3202

      (^^)(^^)(^^)

これは堪らない!
脂が乗った、焼き立ての鮭ハラスとご飯。
本当に美味しいですよ(^^)

「美味しいかい? これはね、全部食べられるからね」

そう言って、身の部分を骨の部分を切り離してくださいます。


            IMG_6383 jpg

   IMG_3196

脂が乗った、鰊も最高に美味しい。
ごはん、(中)にしたけれど、これならば(大)すればよかったかなぁ?
めちゃくちゃご飯と合うのですよよ!

身を食べたら、骨の部分もいただいてみます。
お父さんが言ってたように、炭火でじっくり焼くと、
本当に骨の部分もパリパリと食べられて美味しいのです(^^)

これだけ食べて、ひとりあたり1,000円でお釣りが来たんじゃなかったかなぁ?

本当に美味しくて、満足度の高い朝ごはんでした。
普段は焼き方を教えてくださる程度だと思うので、
お店のお父さんに焼いてもらったのは本当にラッキー!

釧路の朝ごはん、ここはオススメですよ。

     



【喰い処 鮭番屋】
住 所:北海道釧路市浜町4-11    MAP
電 話:0154-25-0503
営業時間:7:30〜14:00 
煙 草:喫煙可
定休日:なし(冬季、1月〜4月は、水曜日休み)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最大の吊橋として有名な、明石海峡大橋が開通したのが、今から20年前。ついこの間と思っていたのに、もう20年も経つのですね。そんな明石海峡大橋の主塔に登れるのってご存知でしょうか?神戸側から橋の下を歩き、主塔の中をエレベーターに乗って上まで行き、地上300mの ...
続きを読む
世界最大の吊橋として有名な、明石海峡大橋が開通したのが、今から20年前。
ついこの間と思っていたのに、もう20年も経つのですね。

そんな明石海峡大橋の主塔に登れるのってご存知でしょうか?

神戸側から橋の下を歩き、主塔の中をエレベーターに乗って上まで行き、
地上300mの主塔の上からの景色が楽しめます。
毎年、4月1日から11月30にまでの木曜日から日曜日までの毎日と、
祝日に実施されています。
(明石海峡大橋ブリッジワールドのHPから申し込むことが出来ますよ。)

ちなみに開通当時の通行料金は、普通車で片道2,600円(垂水〜淡路インター間)。
ちょっとした旅行気分になってしまいます^^;

それが今では、片道900円とかなりお得。
(休日割引で)

そんな明石海峡大橋を渡り、気軽に淡路島へ!
この日は、淡路島津名にある、
”麺乃匠 いづも庵”さんに行ってきました。
         IMG_6384

地元はもちろん、県外からも多くのお客さんが訪れる人気におみせです。

こちらのお店の人気の秘密は、これ。

             IMG_6382

玉ねぎ麺って・・・。
車を走らせていて、この幟が目に入り、入口の前で待つお客さんの列を見ると、
絶対に気になりますよね。

私もその例に漏れず、どうしても食べてみたくなって行ってきました。

車を第2駐車場(お店のすぐ横にあります)にとめて、
順番待ちの名簿に名前を書き込みます。
(この時点で、7組目だったかな?)

待ってる間にも、窓から店内の様子が見えます。
結構広そうな感じですよ。
これならば、そんなに待たずに入店できるかも・・・

15分ほど立って、名前を呼ばれたので、お店の中に入ってゆきます。

            IMG_6385

中程のテーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認します。

IMG_6386

           IMG_6387


これが、看板商品の「玉ねぎつけ麺 華」ですね。

     度肝を抜く豪快なスタイル 
     閉じ込められた甘みが
     出汁にしみだす


あはは、これも良く出来たコピーだ!
こんなふうに書かれると、どうしても食べたくなるじゃないですか(^^)
これだけでなく、他にもいろいろと魅力的なものがたくさんありますよ。

  IMG_6388

        IMG_6389

IMG_6390

       IMG_6391

IMG_6392

              IMG_6394

とは言うものの、家族全員が玉ねぎつけ麺を注文していたのではありますが^^;

店内は、テーブル席と座敷もあり、全部で70席位はありそうですね。
でも、お店が広いので結構ゆったりとしています。
家族連れも多く、小さなお子さん連れでもオススメ出来ますね。

お伺いさせていただいたのが、日曜日のお昼前だったからか、
ひっきりなしにお客さんがやってきます。

そして、みなさん「玉ねぎつけ麺」目当てなのか、ほとんどの方が注文していますよ。

そんなことを思いながら、待っていると、
私達が注文した玉ねぎつけ麺も出来上がってきました。

           IMG_3702

大きな器の方に、玉ねぎをまるごと天ぷらにしたものが入った出汁が。
そして、小さい方の器にうどんが入って出てきます。

ざるうどんとか、つけ麺って、大きな器にうどん、小さい方に出汁な事が多いですが、
こちらではそれが逆ですね。
主役は玉ねぎってことでしょうか?

   IMG_3711

うどんは、こんな感じで細麺。
これを、大きな器のだしにつけていただくわけですね。

            IMG_3712

そして、主役(と言っちゃってもいいですよね^^;)の玉ねぎは、
大きなものがまるごとひとつ鎮座しています。
それにしても、インパクトありますよね!
こんなのを見たのは初めてですよ(^^)


先ずは、うどんを出汁につけていただいてみましょう。

       IMG_3714

おぉ、スルスルと入ってきますね。
なめらかな感じで、美味しいですよ(^^)

うどんとのご対面も済ませたので、
これからは本格的に玉ねぎつけ麺を楽しみましょう。

           IMG_3716

先ずは、付属のナイフで、玉ねぎをカットしていきます。
ある程度、切れ目が入っているので、簡単に切ることが出来ますよ。

     IMG_3718

切った玉ねぎの天ぷらを出汁に浸します。
食べるときには、これをさらに三分の一くらいにすれば食べやすいかも。

          IMG_3723

うどんを出しにつけて、

       IMG_3730

玉ねぎと一緒にいただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味しい!
玉ねぎの甘味と出汁の旨味がものすごくよく合います。
このうどん、細麺にシたのは正解ですね。
玉ねぎの食感とのバランスを考えると、これがベストだなぁ・・・
そんなふうに実感します。

それにしても、玉ねぎの天ぷらをこれだけ思いっきり食べれる機会って
ほかでは中々ないかも。

         IMG_3733

出汁と玉ねぎの甘みが絶妙に合いますよ!

食べていくうちい、出汁の味わいも変化し、それがまた楽しい。
ただ、うどんを思いっきり食べてしまうと、先になくなってしまい、
後半は玉ねぎだけを食べ続けることになるので、注意が必要かも。
ま、それでも十分においしいんですけどね(^^)

あ・・・うどんの大盛りって出来るのだろうか?

今度行ったときにでも、是非聞いてみよう!
一度食べるとまた食べたくなる不思議な味わい。
創業100年のうどんと、淡路玉ねぎの出会い、是非体験してみてくださいね!










【麺の匠 いづも庵】
住 所:兵庫県淡路市志筑3522-1    MAP
電 話:0799-62-6002
営業時間:11:00〜15:00  17:00〜20:00 
煙 草:分煙
定休日:木曜日 ※祝日の場合は営業、翌日休み。
駐車場:あり(店前に15台分、第2駐車場もあり)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?やはり、札幌。大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。憧れますよね。そして、夜はジンギスカンにラーメン。北の食べ物は美味しいです(^^)そして、一度入ってみたい最北端の稚内。行くと、必ず宗 ...
続きを読む
はじめての北海道行くときは、何処に行ってみたいですか?


やはり、札幌。
大通公園でとうきびやジャガバタを片手に、生ビールを煽る。
憧れますよね。
そして、夜はジンギスカンにラーメン。
北の食べ物は美味しいです(^^)

そして、一度入ってみたい最北端の稚内。
行くと、必ず宗谷岬のところで写真撮りますよね。

でも、北海道にはもう一つ、最果てがあるのをご存知でしょうか?

日本の東の果て、納沙布岬。
(離島は除く)

展望台からは双眼鏡で、北方領土を見ることが出来て、
ロシアの監視船まで見えてしまうから凄いですよ!

そんな納沙布岬から近い街根室に、
ここでしか食べられない、ご当地料理があるのをご存知でしょうか?

この日にお伺いさせていただいたのは、”どりあん”さん。

          IMG_3246

Coffee & Restaurantとあるように、
コーヒーが美味しい洋食のお店といった感じでしょうか?

この日、こちらに来た目的は、「エスカロップ」を食べること。

エスカロップとは・・・
バターライスにトンカツをのせて、デミグラスソースを掛けた料理で、
北海道根室市のご当地料理。
トルコライスのように、日本各地に広まらず、
何故か根室でだけしか食べられないのだとか・・・。

似たようなものはあるそうですが、
根室でしか食べられないってところがすごく気になって、
ずっと行く機会を狙っていました。

店内のテーブル席に座り、メニューを確認してみます。

          IMG_3216

コーヒーと軽食、エスカロップって感じと思っていましたが、
凄いバリエーションの豊富さですね!
エスカロップはもちろん、ハンバーグ、ビーフシチュー、エビフライなど、
洋食のメニューが勢揃いですよ。

写真付きで、これだけたくさんのメニューがあれば、迷ってしまいそうになるので、
エスカロップがあることだけを確認して、お願いしました。

店内は、昔ながらの喫茶店という感じで、ゆったりと寛げるような分に気になっています。

    IMG_3213


           IMG_3214


早目の時間に入店したので、まだお客さんの数は疎ら。
落ち着いた感じの雰囲気です。

そして、再びメニューに目を落とします。

  IMG_3217

料理だけではなく、飲み物やデザートも結構ありますね。

こちらには、エスカロップ誕生の秘話なども書いてありますよ。

          IMG_3218

    IMG_3220

ほほぉ・・・元々は、横浜の料理人が、根室グルメを唸らせる料理を考えるということで、
誕生した料理なのですね。

横浜には、そんな名残、残ってないのかなぁ?
今度そちらの方も調べてみよう・・・


そんな事を考えていると、待望の料理、エスカロップが出来上がってきました。


             IMG_3228

なるほど。
シンプルなバターライスの上にトンカツがのっかっていて、
その上にデミグラスソースがタップリと。

        IMG_3225

食欲が湧いてくるビジュアルですよね!


   IMG_3229

バターライスの中には、小さく刻まれたたけのこが入っています。
なるほど、シンプルながらこれは美味しそう!

それでは早速いただきましょう。
  
           IMG_3234


     (^^)(^^)

おぉ!  これは美味しい。

サクッとした心地いい食感のトンカツとデミグラスソースがよく合う。

       IMG_3236

デミグラスソースが絡んだバターライスもかなりいい感じです。
そして、以外にもあっさりしているので、どんどん食べ進んでしましますよ(^^)

        IMG_3232

キャベツ、トマト、きゅうり、ポテトサラダ。
一緒にサラダが添えてあるのも嬉しいですね。

   IMG_3237

バターライスは、デミグラスソースをタップリと絡めていただくと、
テンションが上りますよ。
たけのこは主張しすぎず、とは言えしっかり食感を感じることが出来ます。

ボリュームたっぷりかと思いきや、あっという間に完食してしまいました。


           IMG_3245

食後には、アイスコーヒーもいただき、すっかり満足させていただきました。

この頃には、店内はお客さんで一杯。
大人気です。
しかも、エスカロップの注文率が高いこと!
みなさん、大好きなんですね(^^)

お伺いさせていただいたときは、ちょうど外壁工事が行われていて、
残念ながら全景はこんな感じですが、それでも通常通り営業されていますよ。

     IMG_3250


             IMG_3249



根室のご当地グルメ、エスカロップ。
ぜひ、根室を訪れた際には、堪能して下さいね。
美味しいですよ!











【どりあん】
住 所:北海道根室市常磐町2-9    MAP
電 話:0153-24-3403
営業時間:9:00〜21:00(L.O.20:40) 
煙 草:喫煙可
定休日:火曜日(祝日、GW、お盆、年末年始は営業)
駐車場:



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

焼肉、焼き鳥を焼く匂い、うどんの出汁の香り・・・。そんな香りがお店の中から漂ってきたら、思わず引き込まれそうになりませんか?漫画の中で、焼鳥の屋台の前に、ごはんだけ持ってきて、匂いをかぎながらご飯を食べるってシーンがあたのを思い出します^^;現実には、流石に ...
続きを読む
焼肉、焼き鳥を焼く匂い、うどんの出汁の香り・・・。

そんな香りがお店の中から漂ってきたら、思わず引き込まれそうになりませんか?

漫画の中で、焼鳥の屋台の前に、ごはんだけ持ってきて、
匂いをかぎながらご飯を食べるってシーンがあたのを思い出します^^;

現実には、流石にそれはないでしょうが、
デパートの試食コーナーにご飯をもって行くことが許されるのならば、
それは是非やってみたいものです^^;

でも、そんな夢のような場所が、北海道釧路にあるというのです。

行ってきたのは、釧路駅からスグ近くにある、
”和商市場”

港町釧路の市場だから、ここでしか買えないような新鮮な魚が盛りだくさん。
しかも、こちらの市場では、好きな刺し身をその場で海鮮丼にして、
食べることができるシステムが有るのだとか。

その名も「勝手丼」。

         IMG_6370
自分で選んで、勝手に丼にして食べてもいいよ〜

って意味でしょうか?


市場の中には、こんな感じで一人前の刺し身をずらりと並べたお店がいくつかあります。

勝手丼を楽しむには、まずご飯を購入する必要があります。

刺し身を売ってる鮮魚店ではご飯は売ってないので、
ご飯専門のお店に行ってご飯を購入します。

         IMG_6365

市場の中を散策すると、ご飯のお店はすぐに見つかりますよ。

    IMG_6363

ご飯は丼の大きさによって値段が違います。
好きな大きさのご飯をお願いしましょう!

+30円で酢飯にすることも出来ますよ。

ここで、ご飯(中)と、かにの味噌汁を購入します。
それを持って、先程の鮮魚店に行って、ご飯が入った丼をお店の方に渡して、
食べたい刺し身を丼の上に乗っけていただきます。

       IMG_6369

ずらりと並ぶ、新鮮な刺し身。

  IMG_6366

            IMG_6368

ここでしか買えないようなものや、幻と呼ばれるものもありますよ〜。

欲しいものを全部言って、代金を支払い、
市場の中央にあるイス・テーブルコーナーに移動します。

       IMG_6371

では、心置きなく豪華な海鮮丼・・・いえ、勝手丼を楽しみましょう。


         IMG_3486

それにしても、朝からこんな贅沢しても良いのでしょうか^^;

   IMG_3476


選んだのは、
いくら白醤油、ときしらず、マグロの赤身、ぼたんえび
くじら、あぶらかれい、たんたか。


たしかにこれは、贅沢だ!

それでは早速いただきましょう。
まずは、いくらから・・・。

         IMG_3481

プチプチで最高の食感と味わい。
お隣のトキシラズも一緒にいただくと、究極の親子丼名になりますね(^^)

      IMG_3491

これ、本当はビール化日本酒が飲みたいところなのですが、
このあと車を運転しなければいけなかったので断念。
それでも、かなり満足できますよ。

          IMG_3482

ぼたんえびの甘さもたまらない。
味噌は、醤油に溶いて、それを丼にかけていただきます。

      (^^)(^^)(^^)

たまりません!


      IMG_3488

かにの味噌汁は、釧路らしく、花咲ガニ。
いい出汁出てますよ(^^)

そんな感じで、朝からかなりテンションが上ります。

勝手丼、お手軽に済ませるか、
超高級バージョンにするか・・・・

それも、あなたの気分次第です。
勝手気ままに最高の海鮮丼。
ぜひ釧路に行かれたときには体験してくださいね!







【釧路和商市場】
住 所:北海道釧路市黒金町13丁目25    MAP
電 話:0154-22-3226
営業時間:8:00〜18:00 ※1月〜3月は、17:00まで 日曜日営業時は、16:00まで。 
煙 草:喫煙可
定休日:日曜日(4月29日〜10月28日、及び12月は日曜日営業あり)
駐車場:あり(市場の地下と、契約駐車場)

和商市場のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログを始めたのは、今から12年くらい前・・・。当時は、今のように食べ物の写真を取る人は殆どいなく、お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもよろしいですか?」と聞くと、「それ、何かに使いはるの? 同業者?」と、言われることも珍しくなかったです^^;当然、他 ...
続きを読む
ブログを始めたのは、今から12年くらい前・・・。

当時は、今のように食べ物の写真を取る人は殆どいなく、
お店の方に、「料理の写真を撮らせてもらってもよろしいですか?」
と聞くと、

「それ、何かに使いはるの? 同業者?」
と、言われることも珍しくなかったです^^;

当然、他のお客さんも、料理の写真を取る私のことを珍しそうに見るわけで、
ちょっと緊張した時間を送ったのを思い出します。

今では、Instagramなど、SNSで写真を発信するのは珍しくなく、
ほとんどのお店で、写真撮影を許可していただいています。

でも、それでも写真撮影はNGのお店もあるわけで、
それが結構人気店なこともあるのです。


食べに行ってみたいけれど、どんな感じのお店なのかわからない。
少しだけでも、お店の雰囲気や味わいを感じてもらえれば・・・

そんな思い出、書いた記事が3つほどあります。
(2018年10月現在)

もちろん、お店のルールに則り、盗撮は一切しておりません。
記事には、お店の周辺、外観以外の写真は無い記事が、
当ブログ「美食磁石」には存在しております。

もしもご興味がございましたら、お時間のある時にでも、 
ご覧いただけましたら幸いです。

【広島 新華園】 
一切の妥協がない、元祖広島冷麺を堪能しました。

         1d3b5b8d


こちらのお店は、撮影はもちろんのこと、
お店に入ってから席に座り、注文の仕方にまで細かいルールがあります。
そして、そのルールは、店内に表示してあるわけでもなく、
口コミで広がったもの。
でも、一度食べるとやめられない魅力を持っているのです。


【博多 元気一杯】
先に高菜を食べると、即退場! そんなローカルルールも、全ては命のスープのため。


            2d0f669b


営業中の札はもちろん、お店の看板も無い。
ただ1つ、営業中の目印のある物を除いては・・・。
こちらのお店にも、店内にルールの説明は一切なし。
カウンターの上には、罠のように高菜が並び、まるで先に食べるように誘っているよう。
でも、そんな難関を乗り切れば、激ウマとんこつラーメンが待っている・・・。
(現在では、何故か写真撮影もOKになり、高菜云々のルールもなくなったとの噂あり)



【東京 東十条 埼玉屋】
鉄の掟は、美味しさと楽しさの約束。 忘れられないやきとんが堪能できます。


           26612b4b


「ほかでは絶対に食べられないものをこの店では食べてもらいたい」
そんな思いに溢れているホスピタリティ満タンのお店・・・

ではあるが、
お酒を飲まない人はお断り。
他でお酒を飲んできた人はお断り(2軒め使いNG)。
基本注文は、おまかせのみ。
写真撮影禁止。
そんなルールが有り、それは鉄の掟。

平日でも、16:00の開店時間には、お店の前に列ができる人気店。
一度味わうと忘れることが出来ない魅力が、こちらのお店にはあります。



撮影禁止。
でも、魅力タップリのお店の雰囲気、
どこまで伝わるでしょうか?
よろしければ、それぞれのお店の本文、ぜひ読んでみて下さい。

本日も、ブログ「美食磁石」にお越しいただき、
ありがとうござます!



Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 

 



 
このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道に行くことはあっても、圧倒的に札幌が多いですよね。飛行機の便はたくさんあるし、なんと言っても便利。でも、北海道らしさと言うと、道東が魅力的ではないでしょうか?         釧路湿原は、日本でいちばん大きな湿原。冬になると、ここに鶴が飛来するので ...
続きを読む
北海道に行くことはあっても、圧倒的に札幌が多いですよね。
飛行機の便はたくさんあるし、なんと言っても便利。

でも、北海道らしさと言うと、道東が魅力的ではないでしょうか?

         IMG_2948
釧路湿原は、日本でいちばん大きな湿原。
冬になると、ここに鶴が飛来するのでしょうか?

  IMG_2959

もう少し、車を走らせてみると、霧の・・・で有名な摩周湖も見ることが出来ます。
摩周湖は、日本でもっとも・・・
いえ、バイカル湖についで、世界でも2番めの透明度の湖なのだとか。

摩周湖には、注ぎ込む川も無ければ、流れ出る川もないのに、
水位はいつも変わらないという不思議な湖。

そんな桁違いの自然環境を持つ道東。

この日は、そんな道東の中心地、釧路の港、
フィッシャーマンズワーフMOOへ。

         IMG_2987

釧路駅からは、歩いて15分くらい。
天気のいい日は、散歩がてら歩かれるのが気持ちいいですよ。

施設の横には、本当に港があります。

    IMG_3085

この日も、今から漁に出る漁船がたくさん止まっていました。


そんな、釧路フィッシャーマンズワーフMOOの2階には、
港の屋台っていう、フードコート・・・
いや、これは屋台村と言ったほうがいいのかな?

       IMG_3083


    IMG_2992

入り口の扉を開けると、10のお店が並んでいます。

          IMG_3081

気になったお店の中に入って、店主と話しながら楽しむことも出来るし、
フリースペースのテーブルを陣取って、好きなお店で好きなものを注文し、
いろんなものを楽しむことも出来ます。

その中でも、寿司と刺身がウリのお店、
”ブぅ〜”さんにお邪魔させていただきました。

      IMG_3078

いろんなお店がありましたが、やはりうまい海鮮が食べたいので、
こちらのお店でしっかりと楽しませていただくことにします。

          IMG_3080

地元魚貝を中心に 季節の旬を
かしこまって ブぅ〜
刺身寿司専門店

まとめてしっかりと楽しみたいので、お店の中でじっくりと。

先ずは、北海道限定のサッポロクラシックの瓶ビールで乾杯の後、
この日のおすすめメニューを見せていただきます。

          IMG_2994

本マグロ、生ホタテ、生サンマ!
やっぱり今の釧路は、生サンマでしょ(^^)

その他のオススメも聞いて、いろいろお願いします。

       IMG_3013

それにしても、お通しでさえも美味い。
このメカブを食べると、体げ元気になっていくようですよ。

しばらくすると、生サンマの刺身が出来上がってきました。

        IMG_3018

今が旬の秋刀魚。
しかも、水揚げされる釧路の港でいただけるとなると、その味わいは・・・

       (^^)(^^)(^^)

文句なしに美味い・・・ではなく、なんじゃぁこりゃぁぁぁ〜
ってくらいに美味しい!

こんなにイヤミがなく、旨味も素晴らしい。

これはもう、日本酒を飲まなくてはイケない状態ですよ^^;

          IMG_3036

いろんな銘柄の日本酒があるみたいなので、お願いしましょう。
日本酒は、グラスでの値段が書いてありますが、1合での注文も可能ですよ。

「今日は雲丹が安くてお得ですよ!」

そうススメていただいたので、お願いすると・・・

     IMG_2997

は、箱ごと!
これ、なんとたったの1,800円。

で、中身はと言うと・・・。

         IMG_3002

利尻 礼文の生雲丹がビッシリ!

おっさけ、お酒^^;

はい、一気にタガが外れました。

でも、これだけで驚いていてはいけなかったのです。
もうひとつ、オススメいただいたつぶ貝なんて、こんな感じ。

       IMG_3010

私が知っているつぶ貝とは、大きさが全く違う。
でも、見た目ではないですよね、お味はと言うと・・・

      (^^)(^^)(^^)

旨味が濃い!
桁外れに美味しいのです。

肝も苦味なんてなく甘いし、どの部位を食べても素晴らしく美味しい。
これだけでも、ここに来た価値ありって感じですよ。

さらに、今の季節に、ここまで来たならば食べなければいけないものがもう一つあります。

        IMG_3024

仙鳳趾の牡蠣です。
この濃厚でクリーミーな味わいは、ここだけのもの。
三陸も、志摩半島の的矢も、広島も能登も食べましたが、
それぞれに味わいが違うから面白い。

私はここ、仙鳳趾の牡蠣がいちばん好みかなぁ(^^)

生牡蠣をいただいたら、やはり焼き牡蠣も食べたくなるもので・・・

      IMG_3026

もちろん、お願いしました。
熱々なので、火傷しないように気をつけて、殻を開けていただきます。

      IMG_3031

生牡蠣のクリーミーさもいいけれど、焼くと旨味が増して、
これもやめられない美味しさですね(^^)

そして、後半は寿司をいただきます。

        IMG_3043

本マグロ。
ネタが大きい、旨味もしっかり(^^)

   IMG_3050

帆立貝。
そりゃぁ、北海道に来たならば、これは食べないとね。

         IMG_3062

  IMG_3064

いくらも今が旬。
いいときに釧路に来たと思います(^^)

          IMG_3057

「これどうぞ!」
そう言って出していただいたのは、ヒョウの天ぷら。
 
        IMG_3070

カレイの仲間の魚なのだとか。
これが、あっさりしながらも旨味があって、すごく美味しい。
こういう地の魚をいただけるのも嬉しいですね。

とびっきり美味い魚を、かなりリーズナブルに、そして楽しく堪能できるお店。

      IMG_3073

お店の方のサービスと笑顔も最高で、かなり居心地の良いお店です。
釧路に行かれるときは、ぜひ立ち寄られることをオススメします(^^)


   






【ブぅ〜】
住 所:北海道釧路市錦町2−4 釧路フィッシャーマンズワーフMOO 2F    MAP
電 話:0154-23-0600
営業時間:11:30〜14:00 17:00〜24:00(L.O.23:30) 
煙 草:
定休日:年末年始
駐車場:あり(MOOにて2,000円以上お買い上げで、90分無料)

釧路フィッシャーマンズワーフMOOのHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

インド人、嘘つかない。誰が言い出したのでしょうか^^;カレーのパッケージを見ても、インド料理点の看板にある、ターバンをかぶったインド人のイラストを見ても、思い出してしまいます、そのセリフ。この、「インド人嘘つかない」は、今でも人気店の、銀座にあるお店、”ナイ ...
続きを読む
インド人、嘘つかない。

誰が言い出したのでしょうか^^;
カレーのパッケージを見ても、インド料理点の看板にある、
ターバンをかぶったインド人のイラストを見ても、
思い出してしまいます、そのセリフ。

この、「インド人嘘つかない」は、今でも人気店の、銀座にあるお店、
”ナイルレストラン”の店主、ナイルさんがテレビでそう言っていたのがきっかけで、
流行語になったのだとか。

カレー屋さんに、インド人と思われる、ターバンをかぶったイラスト、
今でも多くのお店で使われていますよね。

          IMG_2938

この日は、北海道の帯広、釧路で人気のカレー屋さん、
カレーショップ インデアン 愛国店さんに、
お邪魔させていただきました。

インデアンカレーといえば、阪急三番街にあるお店を思い浮かべますが、
そちらのお店とは無関係。

北海道でインデアンカレーといえば、こちらを思い浮かべて、
すぐにでも食べたくなるっているのが、定番のリアクション(らしい)のです。

この日は、テーブル席に案内していただき、まずはメニューを確認。
はじめてのお店で、メニューを見るときってワクワクしますよね(^^)

          IMG_2916

基本のインデアンカレーを始め、カツカレー、ハンバーグカレー、エビカレー、
野菜カレーなど、色んなバリエーションが揃っています。

そして、こちらのお店では、具材によって、使うカレールーも変えているのだとか。

好きなカレールーに、好みのトッピングを選んで楽しむことも可能。

   IMG_2917

辛さも、普通から極辛までの5段階から選べますよ。
(極辛は、かなりのものらしいので、覚悟してのぞめ!)

注文は、ハンバーグカレー(インデアンルー)を、大辛でお願いしました。

店内は、U字型のカウンター席が16席と、
4人がけのテーブル席が3卓と、2人がけのテーブル席が2卓。

            IMG_6325

人気ですね、かなり賑わっていますよ。

待っている間にも、次々とお客さんが入ってきます。
でも、回転が良いので、そんなに待つことはないと思いますよ。

そんな感じで店内の様子を見ていると。
お願いしたハンバーグカレーの大辛が出来上がってきました。

         IMG_2921

おぉ、思っていた以上にボリュームがありそうですね!
深めのステンレスの器もなんだか嬉しい(^^)

   IMG_2923

ご飯が見えないほどに、たっぷりとカレールーもかかっているのも好印象。
思う存分楽しむことができそうですよ。

それでは早速いただいましょう!

             IMG_2924

        (^^)(^^)

まったりと絡みつく感じの食感で濃厚。
これは癖になりそうですね。

みんなだいすきなカレーの味わい、
でもマネのできないクォリティが、人気の秘密でしょうね。

辛さも大辛にしたので、けっこう刺激的!
辛いのが大好きという方はも、満足できると思いますよ。
(これで大辛ならば、たしかに極辛は、マニアの領域かもしれませんね^^;)

そして、ハンバーグも一緒にいただきましょう。

         IMG_2930

どちらかというと、あっさりしたタイプのハンバーグは、
濃厚なカレーとの相性もいい感じ。

     IMG_2934

食べるごとに夢中になってしまう美味しさに、スプーンが止まらなくなりますね。

   IMG_2915

薬味は、福神漬、生姜漬けなど3種類。

         IMG_2932

函館の”元祖 小いけ”さんで味わった、濃厚なカレーと生姜との相性の良さは、
こちらのお店でも体験できます。

そんな感じでいろんな食べ方をしっかり楽しんで、完食。
人気の秘密を堪能させていただきました。

こちらのお店では、カレールーの持ち帰りも人気で、
自宅から鍋を持って来る人も大歓迎なのだとか。

一度食べると、虜になる美味しさ、その噂は本当でした!
北海道、帯広、釧路方面にお越しの際は、ぜひ食べてみてくださいね。









【インデアンカレー 愛国店】
住 所:北海道釧路市愛国東1−10−1 フクハラ愛国店内    MAP
電 話:0156-34-0011
営業時間:11:00〜21:00(L.O.14:30) 
煙 草:
定休日:不定休(フクハラ愛国店に準ずる)
駐車場:あり(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

定食派か、丼派か?メインのおかずに、ごはんと味噌汁、小鉢とおつけものがついた定食に対して、丼のご飯の上に、メインが乗っかって、味噌汁に小鉢とおつけものがついた丼。その時の気分と、上に乗っかっているものによって、使い分けたい・・・。そうだと思います。天ぷら ...
続きを読む
定食派か、丼派か?

メインのおかずに、ごはんと味噌汁、小鉢とおつけものがついた定食に対して、
丼のご飯の上に、メインが乗っかって、味噌汁に小鉢とおつけものがついた丼。

その時の気分と、上に乗っかっているものによって、使い分けたい・・・。
そうだと思います。

天ぷら定食か、天丼か。
とんかつ定食か、カツ丼か。


ここまでははっきりしてますよね?

これが、中華丼、海鮮丼、牛丼、親子丼、になると、どう変化するのか?

八宝菜定食、刺身定食、すきやき定食・・・
えっと、親子丼の場合は・・・^^;


丼ものでなければ、成り立たないものもありますよね。

逆に、これを丼ものにしちゃったの?
そんなものに先日出会いました。

          IMG_1400

岡山県の笠岡駅から、そんなに離れていない場所に、こんな看板を発見しました。

      シャコ丼。

シャコ丼・・・
シャコって、この地域の方言でも何でもなく、私達がよく知っているアレです。

   IMG_1395

これも、駐車場のことを、カタカナで書いているわけではなく、
こちらのお店で、食べることができるもの。

        IMG_1398

専用駐車場の看板に描かれているこれのことですね。

この日にお邪魔させていただいたのは、
“シャコ丼の店”さん。

           IMG_1362

お店の名前の通り、シャコ丼をはじめ、
シャコを使った料理をいただくことができる食堂です。

お店の正面に回り込み、入口から店内へ・・・。

    IMG_1364

ん・・・
扉のところに 扉すぐ閉まります」って書いてある^^;
大阪の日本橋にある、カツ丼のお店の自動扉のように、
開いたらすぐに閉まってしまうのか?

ドアの前に立つも、扉が開く気配なし・・・
あ、手動か^^;

右手で引き戸を引いて、店内へ入り、
扉を持つ手を離すと、「シャーッ、ピシャッ!」
あ・・・引き戸が戻るのがすごく速い!
そういうことか^^;

店内のテーブル席に座らせていただき、メニューを確認します。

     IMG_1370

定食類、いろいろ揃っていますね。
店名にもなってる、「シャコ丼」は、800円。
でも、せっかくなので、シャコ丼は「ミニ」になりますが、
丼のほかに、シャコ天、シャコ酢が付いた、シャコ丼定食にしてみましょうか。

笠岡ラーメンに少し後ろ髪を引かれましたが、ここは目的のシャコ丼を。

         IMG_1371

単品でもいろいろ注文可能で、こんな感じのラインナップですよ。

店内は、4人がけのテーブルが6卓と、小上がり席に4人座卓が一つあります。

     IMG_1366

ちょうど、お客さんの切れ目みたいにゆったりと・・・。
でもこのあと、1組、2組と入ってきて、急に賑やかになりました。

     IMG_1365

あ・・・カレーもあったのか。
しかも、シャコカレー、苫小牧で食べた、ホッキカレーを思い出すなぁ。

       IMG_1372
国道2号線を走る車を窓から眺めながら、シャコ丼が出来上がるのを待ちます。
醤油差しとソース差し。
今見れば間違えることはないと思いますが、
何度かソースで刺し身を食べてしまったことあるなぁ^^;

逆に、醤油でとんかつを食べたときは、意外と美味しかった。
新しい味、発見! そんなふうに少し思ったなぁ(^^)

そんな感じで、待っていると、お願いしたシャコ丼定食が出来上がってきました。

       IMG_1374

おぉ!
惜しみなく、シャコが盛り盛りで結構豪華じゃないですか。

シャコが、1,2,3,4,5,・・・15,16・・って、20くらいは盛られているのではないでしょうか?
順番に頂いていきましょう。

         IMG_1378

先ずは、熱々のシャコ丼からいただきます。

   IMG_1386

        (^^)(^^)

ほぉ・・・
ぷりっぷりのエビフライ丼のようなものかと思いきや、
柔らかい食感で、どちらかといえば、カニに近いかも。

          IMG_1382
丼ものには、こんな感じでお漬物もついてきて、好きなだけいただくことが出来・・・
るのですよね、多分^^;
小皿も一緒ってことは、食べる分だけ取り分けてくださいってことなのか。
(結局、半分は食べちゃいましたが^^;)

そして、丼の出汁も美味しくて、どんどん食べ進んでしまいそうですよ(^^)

そして、シャコ天。

        IMG_1380

揚げたての熱々が、10尾くらい盛られていて、すごくいい感じです。

   IMG_1388

これは、天つゆにくぐらせていただきましょう。

      (^^)(^^)

ほほぉ・・・
なかなか面白い食感ですね。
柔らかくて、口の中でホロリと崩れますよ。

そして、シャコ酢。

     IMG_1381

いい感じの大きさで、しかも綺麗ですね。
先ずはレモンを絞らずにそのままいただきましょう。
 
        IMG_1390

      (^^)(^^)(^^)

おぉ、これは美味しい!
でもこれ、お酒と一緒にいただきたい。
車でなく、夕方に来れば、確実にお酒も注文してしまいますね(^^)

これだけ、シャコ三昧だと、こちらの方にも・・・

        IMG_1393

残念ながら、味噌汁にはシャコは入っておりません。
でも出汁が効いて、美味しい味噌汁でしたよ(^^)

笠岡ラーメンで有名な、岡山県笠岡市。
ラーメンだけでなく、シャコも美味しいですよ!
思いっきりシャコ、堪能できますよ(^^)








【シャコ丼の店】
住 所:岡山県笠岡市笠岡5914-5    MAP
電 話:0865-63-4506
営業時間:11:00〜19:30 ※日曜日は、14:30まで。 
煙 草:完全禁煙
定休日:第4水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:あり(10台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 

シャコ丼の店ラーメン / 笠岡駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

海の家で食べる焼きそばって、なんであんなに美味しいんだろう?そう言えば、何処の海の家にも焼きそばのメニュー、ありますよね。実際に、海の家の人気メニューを調べてみると・・・。1位 焼きそば(気軽に美味しく、ビールとも合う!)2位 かき氷(夏はやっぱ、これでし ...
続きを読む
海の家で食べる焼きそばって、なんであんなに美味しいんだろう?

そう言えば、何処の海の家にも焼きそばのメニュー、ありますよね。
実際に、海の家の人気メニューを調べてみると・・・。

1位 焼きそば(気軽に美味しく、ビールとも合う!)
2位 かき氷(夏はやっぱ、これでしょ。)
3位 ラーメン(泳ぐとお腹がすくのです。)
4位 イカ焼き(玉子のやつぢゃなくて、姿焼きの方ね。)
5位 焼とうもろこし(夏を感じる香ばしい香りが忘れられない。)

開放的は環境で食べるには、どれも最高ですよね。
って、これらの人気って、お祭りの屋台のメニューと少し似てませんか?

でも私としては、カレーライスのランクインを強く希望するわけなのですが^^;

海を見ながら、ちょっと辛口のカレーをじっくり味わう・・・
素敵だと思いませんか?

           IMG_0391

そんなことを思いながら、やって来たのが愛知県の知多半島。

  IMG_0337
名古屋から、名鉄の特急に乗って、揺られること45分。
知多半島の先っぽのちょっと手前、知多奥田駅に到着します。

駅前にレンタサイクルあり!

そんな情報をいただいたのですが、その気配なし・・・
(後で考えたら、観光案内所で聞けば良かったのかなぁと思いますが^^;)
景色を楽しみながら、歩いて行くことにしましょう。

          IMG_0338
道路沿いにしばらく海の方向へ向かって歩きます。
それにしても、いい天気だな・・・^^;

しばらくすると、国道と交差して、
コンビニエンスストアのところを入ってさらにすすみます。

     IMG_0341

あ・・・向こうの方に観覧車があるなぁ。

       IMG_0342

南知多ビーチランド、南知多おもちゃ王国。
東条湖ランドにあるやつと同じなのかなぁ?

そんなことを考えながらさらに歩くと、海岸に出ます。

        IMG_0344

ここからは、海岸沿いの道をさらにゆったりと歩きます。

   IMG_0346

向こうに見えるものはセントレア、
中部国際空港ですね。

        IMG_0347

さらに海岸沿いをすすんでいくと、何やらそれらしいものが見えてきます。
多分あれだろうなぁ・・・。
そう思い近付いていくと・・・。

 IMG_0350

あ、書いてありました。
建物の入口の方にいきましょう。

この日お伺いさせていただいたのは、海辺に立つスリランカカレーのお店、
“南洋の父サウス“さん。

           IMG_0352

以前は名古屋市内にあり、知る人ぞ知る人気のお店だったのです。
しかし、店主が病気に倒れ、やむなく閉店。
惜しまれる声は、私が住む関西にまで聞こえてきました。

(名古屋市内にあった頃の、南洋の父の記事はこちら。)

そんな南洋の父が、復活した!
知多半島の海辺に復活した。
私の元にも情報派は入ってきました。

いつか行こう、
いつ行こう、
そうだ、今日行こう!

そして今、ここにいます。

         
        IMG_0388

テイクアウトか店内ご飲食。
もちろん店内でいただきましょう。
海辺だから、テイクアウトして、海岸で食べる人もいるのでしょうね。

入口を開けると、食券の券売機があります。

       IMG_0385
あの名物、パイナップルカレーは健在か・・・。

    IMG_0386

ありますね(^^)
スパイシーチキンカレーって言うのもある。
かなり美味しそう・・・・
少し迷いましたが、
パイナップルカレー、ポークカレー、マメカレーがいただける、
“サウススペシャル3種盛り”の食券を購入。

「店内の席がよろしいですか、テラス席がよろしいでしょうか?」
「て、店内でお願いします^^;」


この暑さの中、20分以上歩いた後、冷房の誘惑には勝てませんでした^^;
今日は、オーナーはいないようで、女性お二人で切り盛りされていますね。

カウンター席に座らせていただき、店内の様子を楽しみましょう。



       IMG_0380
店内は、カウンター席が5席と、4人掛けのテーブルが2卓で8席。

    IMG_0354

木をふんだんに使ったないそうで、夏は涼しく、冬は暖かい感じになるのでしょうね。

        IMG_0382

テラス席はこんな感じで、涼しくなれば最高だろな・・・
そんな雰囲気が漂っていますね。
自転車でここまで来て、外で風に当たりながら食べるカレーも美味しいだろうなぁ。

そんなことを考えていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_0360

お、いい感じですね。
タップリと盛られたカレーが好印象。
そう言えば、名古屋市内にあった時も、
タップリとカレーを盛っていただいていたのを思い出します。

    IMG_0358

パイナップル、ポーク、豆の3種類。
これだけあれば、毎日美味しくビールも飲めるかも・・・^^;
電車なので、飲もうと思えば飲めるのですが、何となくそうではないような気がしたので、
純粋にカレーを楽しみましょう。

   IMG_0361

左にはパイナップルカレー。
どんな感じなんだろうかと、ワクワクしながら食べた4年前が懐かしい。
このカレーはおそらく日本で此処だけかもしれません。

          IMG_0363

真ん中に掛けられているのはポークカレー。
柔らかく煮込まれたポークとタマネギがゴロゴロ入っていますね。

    IMG_0362

そして、右側には豆カレー。
日本のカレーのは入らない豆ですが、スリランカ、インドなどでは一般的。
豆カレーの美味しさがわかると、やめられなくなりますよ。

それでは早速いただきましょう。
先ずは、それぞれのカレーの味わいを楽しみましょう。
先ずは、パイナップルカレーから・・・。

          IMG_0372


       (^^)(^^)(^^)

これこれ、この味です!
スパイスの香りと旨味の中にパイナップルの甘酸っぱさがある。
でも、不自然な感じは皆無で、どんどん食べてしまいそうになりますよ。

そして、ポークカレーも。

     IMG_0368

柔らかくて美味しい。
タマネギの甘みが凄くいい感じで合いますよ。

さらに、豆カレーも。

           IMG_0366

ひとくち食べて、「あ、これ美味い!」ではないんです。
どちらかというと、地味なんです。
でも、忘れられない味
(でも慣れると、これだけが食べたいって思うようになりますよ!)
豆カレーがその実力を発揮するのは、他のカレーを組んだ時。
そう、混ぜ合わさった時なのです。

それでは、いろんなカレーを混ぜ合わせながらいただきましょう。

ポークと豆、
パイナップルとポーク、
パイナップルと豆・・・

徐々にいろんなカレーを混ぜ合わせ、最後には全てのカレー、
それだけではなく、添えられているオニオンサラダも一緒に混ぜちゃいます。

            IMG_0373

混ぜ混ぜ完了!
では、楽しみましょう。

    IMG_0377


          (^^)(^^)(^^)

完全に混ざったように見えますが、それでもスプーンを入れる場所によって、
微妙に味わいが違うから面白い。
いろんな旨味が複雑に組み合わさって、なんとも言えない美味しさに変化します。
こうなるともう夢中!
あっという間に完食してしまいました。

           IMG_0379

食後には、ヨーグルトもいただき、ほっこりと過ごさせていただきます。

  IMG_0353

骨付きレッグが丸ごとのっかった、チキンカレーも凄く気になりますね。
次回は、是非これをいただきたいと思います。

         IMG_0390

秋頃に、ウッドデッキでゆったりとカレー。
それも魅力的ですね。

     IMG_0391

すぐ横には、もっと海に近い席もありますよ。

          IMG_0394
この日も、何名かの方が、そちらの席でカレーを楽しんでいらっしゃいました。


   IMG_0398

週末にドライブがてら、如何でしょうか?
綺麗な景色を見ながら、体に優しいカレー。
最高のひとときが過ごせますよ(^^)








【南洋の父サウス】
住 所:愛知県知多郡美浜町奥田天野56−2 てんてん広場    MAP
電 話:0569-83-3518
営業時間:11:00〜14:30 
煙 草:完全禁煙
定休日:木・金(祝日の場合は営業)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
 

南洋の父サウスカレーライス / 知多奥田駅野間駅
昼総合点★★★☆☆ 3.8

このエントリーをはてなブックマークに追加

8月15日は終戦記念日。見方を変えれば、お隣の韓国では、8月15日は「光復節」と言って、日本の植民地支配から解放された日なのだそうです。同じ日でも、大きく意味は変わるのだなぁ思います・・・同じ記念日でも、もう少し軽いの、行きましょう!8月8日って、焼きそば記念日 ...
続きを読む
8月15日は終戦記念日。

見方を変えれば、お隣の韓国では、8月15日は「光復節」と言って、
日本の植民地支配から解放された日なのだそうです。

同じ日でも、大きく意味は変わるのだなぁ思います・・・


同じ記念日でも、もう少し軽いの、行きましょう!

8月8日って、焼きそば記念日って知ってましたか?

何で、8月8日が焼きそば記念日なのか・・・

諸説あるようですが、一説によると、
8月9日が、「焼く日」。
8と9ですから、やく。

その隣、「やく」・・・「焼く」のそばにあるから、焼きそばなのだとか^^;



さて、焼きそばではないけれど、今日は焼きうどんで行ってみましょうか!


岡山県津山市は、ホルモンうどん、いわゆる焼きうどんなのですが、
津山ホルモンうどんが有名らしいです。

この日は、そんな「津山ホルモンうどん」がいただけるお店、
お好み焼き 三枝”さんにお邪魔させていただきました。

         IMG_6399

「さえぐさ」でも、「さんし」でもなく、「みえ」と読みます。
(お母さんの名前が、みえさんなのだとか。)

お店に到着したのが、丁度お昼を回った頃。
駐車場も店内のテーブルも丁度ひとつだけ空いていました。(ラッキー!)

席に着き、先ずはメニューをみせていただきます。

          IMG_6336

お好み焼き屋さんのメニューって、
「お好み焼き」、「焼きそば」、「鉄板焼き」って
構成になってることが多いと思いますが、こちらの場合は、
ホルモン系がTOP。

ホルモンうどんは、ノーマルのホルモンうどんと、
塩ホルモンうどんの2種類があるみたいです。

しかも、1玉と2玉の値段差が、たったの50円ならば、2玉に決まりですね!
(初めての店で、大盛はキケンだと言われていますが^^;)

この日の注文は、ホルモンうどん(2玉)と、塩ホルモンうどん(2玉)、
そして、お好み焼きのミックスをお願いしました。

店内は、L字型のカウンター席が10席ほどと、鉄板付のテーブルが3つほど。

           IMG_6338

観光客と地元の方が半々くらいでしょうか?
人気のお店って感じですよ。

    IMG_6351

お好み焼きと鉄板焼きのメニュー。
車でなければ(来れないかもしれませんが^^;)
ビールのつまみにいろいろ注文してみたいところです。

         IMG_6346

またまた、こんな誘惑が・・・
これ、気になるから、帰りにどこかスーパーによって探してみよう!

   IMG_6350

津山ホルモンうどん、B-1グランプリで入賞しているのですね!
1度、このイベントにも行ってみたいものです。

              IMG_6398

カウンターの中では、大きな鉄板の上で、ホルモンうどんが焼かれているのが見えますよ。

そんな感じで、眺めていると、私たちが注文したホルモンうどんも出来上がって来ました。

      IMG_6352

先ずは、塩ホルモンうどん 普通(2玉)。

ホルモンとタマネギ。
そして上に海苔がのっけられていて、かいわれ大根も添えられています。

それでは、一口いただきましょう。

          IMG_6361

あ、なるほど美味い!
塩だれ焼きそばのうどん版って感じでしょうか?
アッサリしていて、いくらでも食べられそうな感じですよ(^^)

    IMG_6364

そして、特筆すべきはホルモンの美味しさ。
タレで味付けして出すのが、通常のホルモンだと思いますが、
こちらのホルモンは塩だれでも臭みがなく、本当に美味しい。
アッサリと食べたいならば、こちらに決まりでしょうか?

そんなことを思いながら、塩ホルモンうどんを食べていると、
通常のホルモンうどんも出来上がってきました。

            IMG_6381

こちらは、特製のタレで味付けされていて、具材はホルモンとホルモンとタマネギ、
そして、長ネギがタップリと入っています。

それでは、こちらの方もいただいてみましょう。

      IMG_6388

    (^^)(^^)

お、これもいい!
流石にホルモンうどん用に考えられたタレだけあって、すごく良く合いますね!

            IMG_6390


塩もいいけれど、タレ味のホルモンうどんを食べずに帰ることは、
絶対にしたら損!
これは困った、甲乙付けがたい位に、よく出来ていますよ(^^)


岡山県津山市のお好み焼きは、大阪風?
それとも、広島風?

      IMG_6377

と、思い注文したのですが、
こちらのお好み焼きミックス(肉、イカ、エビの三種入)は、大阪風ですね。
具材タップリ、安心の味わいです。

「お店の名前、さんしさん? さえぐささん?」
「みえって言うのよ、あたしの名前、三枝(^^)」


隣のお客さんが、お母さんとそんな会話をしているのが聞こえてきます。
テキパキと動く、カウンターの中、鉄板の前の店主と、
柔らかな雰囲気のお母さん。
このバランスと、ホルモンうどんの美味しさが、
こちらのお店の人気の秘密なのでしょうね(^^)

思わず帰りに、お土産用のホルモンうどんのタレを買ってしまいました。

ちょっと遅めのお盆休みを取られている方、
少し足をのばして、岡山県津山まで、行ってみませんか?
ゆったりした気持ちになれますよ(^^)











【お好み焼き 三枝(みえ)】
住 所:岡山県津山市上河原441−5    MAP
電 話:0868-23-3972
営業時間:11:30〜14:00  17:00〜21:00 ※日祝は、11:30〜15:00 
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌日休業)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 

お好み焼 三枝お好み焼き / 津山駅津山口駅東津山駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い暑いと言っていないで、海に行こう!とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。でも、も ...
続きを読む
暑い暑いと言っていないで、に行こう!

とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・

海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。

海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、
海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。


でも、もっと間近で海を感じていたい!
豪快で迫力のある海を・・・。


そうなると・・・・
なると、ナルト、鳴門・・・^^;
(ベタ過ぎて、言葉も出ないですね。)


そうだ渦潮を見に行こう!
 


鳴門海峡の渦潮クルーズって、乗ったことありますでしょうか?
潮のいい日に乗ると、本当に迫力がある渦潮を間近にみることが出来ますよ!

   IMG_1020

 
        IMG_1058

  
   IMG_0974


          IMG_1070

地上は酷暑でも、会場は風が心地よく、渦潮の迫力も満点!
関西からは、高速バスで1時間半ほど。
非日常体験、如何でしょうか?


さて、そんな感じで渦潮を堪能したら、
福良港で、ちょっとイケてるジェラートは如何でしょうか?
(渦潮観光船は、徳島県の鳴門側、淡路島側のどちらにもありますよ!)

        IMG_7201

お伺いさせていただいたのは、淡路島側、福良港のすぐ近くにあるお店、
“G.ELM(G.エルム)”さん。

こちらのお店では、いろんな美味しさのジェラートをいただくことが出来ますよ。

     IMG_7198

繁忙期(おそらく、夏の間)以外は、ランチメニューもあるのですね。
どんなものがいただけるのか、それもちょっと気になりますね。

  IMG_7199

おしゃれな感じの扉を開けて、お店の中に入って行きましょう。

         IMG_7197

店内は、こんな感じで落ち着いた雰囲気。
テイクアウトももちろん可能ですが、折角なので店内でゆっくりと楽しみましょう。

カウンターのところに行くと、実際にみて、ジェラートを選ぶことが出来ますよ。

     IMG_7194

しぼりたて牛乳・・・
都会の人は、こういうのに弱いんですよね^^;
大人のコーヒー、つぶつぶいちご、みかんシャーベットなど気になるものが・・・。

シングル 300円、ダブル 350円と言われれば、やっぱりダブルですよね(^^)

        IMG_7191

と言うわけで、つぶつぶいちごと、アーモンドをダブルのカップでお願いしました。


いただくと、期待通りに苺のつぶつぶ感が心地いい。
そして、アーモンドは鼻から抜ける香りと後味がスゴくいいですね(^^)


           IMG_7193

店内のテーブルで、ゆったりと寛がせていただきました。

鳴門の渦潮をしっかり堪能し、美味しく冷たいジェラートを楽しむ。
いいものですよ。
あっ、すぐ近くに無料の足湯もありますよ!

近場で素敵な夏休み、楽しんでみませんか?
オススメします(^^)










【G.ELM(G.エルム)】
住 所:兵庫県南あわじ市福良甲1530−2    MAP
電 話:0799-50-2332
営業時間:10:00〜18:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日(不定休あり)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校では、シャーペン禁止。今でもそうなのでしょうか?ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・授業中に、カチカチして遊ぶ。鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。「とめ」、「はね」、「はらい」 ...
続きを読む
小学校では、シャーペン禁止。

今でもそうなのでしょうか?

ちょっと調べてみると、今でもシャーペン禁止の小学校が多いのだとか。

シャーペン禁止になった理由を探ってみると・・・

授業中に、カチカチして遊ぶ。
鉛筆に比べて、筆圧が弱くなる。
「とめ」、「はね」、「はらい」がやりにくい。
分解して遊んでしまう。


あはは^^;
小学生ならではって感じですね。

あと、こんな理由も・・・

貧富の差で、買えない人も出てしまう。
盗難の恐れがある。
高価なものなので、小学生にはふさわしくない。


これらは、完全に昔の時代のものですね^^;
今では、100均や、ホームセンタに行くと、かなり安く買えます^^;

でも、禁止と言われると、コソッと持ってみたい。
だめと言われると、やりたくなるのが人間の習性みたいなもので・・・。

この日もコソッと、メインロードを外れて、ちょっと寄り道。
そんな感じで散策していると、良さそうなお店を見つけました。

          IMG_6242

季節は少し遡り、雪の降る頃。

ゲゲゲの鬼太郎の生まれ故郷、鳥取県境港。
ランチタイムの時間に現れたお店、
”漁師料理 和泉”さん。

観光のメインストリート、水木しげるロードを、港の方へ向かって歩いていたのです。
このお方と一緒に。

まぐろラーメンでも食べようかなぁ・・・寒いし。
そんな事を考えて、ちょっと横道にそれたところにお店はありました。

          IMG_6241

本日の日替わり弁当
お造り、真鯛のあら煮、豚バラと白菜のはさみ焼き、鶏肝とにんにく芽の梅煮、
アンチョビじゃがバター、白かぶのなめこ煮、玉子焼き、サラダ。

これだけ付いて、800円はかなりお値打ちかと。
しかも、内容も魅力的ですよね!

そんなメニューボードを眺め、早速店内へ入ってゆきます。

ランチにはちょっと遅めの時間、13:00。
店内は、ゆったりとしています。

カウンター席に座らせていただき、メニューを確認します。

           IMG_6225

むむむ・・・
これは、どう考えても魅了的!
値段がお手頃なだけではなく、内容も結構凝ってますよ。

そして、メニューのページをめくると・・・

     IMG_6223

あ・・・見つけてしまった、境港の海の幸。
ランチタイムには、ちょっと贅沢・・・
でも、折角の境港。
ここは思い切って、うに丼にすべきか、プッチぷちのイクラ丼・・・
いや待てよ、鳥取境港といえば、やっぱりカニだよなぁ・・・。

「すみません、味覚丼をください!」

気がつけば、うにも、いくらも、カニものっかった味覚丼をお願いしていました。

店内は、カウンター席12席と、座敷には、6人が座れる座卓がふたつ。
ここで夜に宴会も楽しいだろうなぁ。

外が寒いこの季節ならば、鍋も美味いじゃないか・・・。
(行ったのが、冬だったもので^^;)

そんな事を考えながら待っていると、
お願いした味覚丼が出来上がってきました。

             IMG_6227

器にたっぷりのいくら、うに、かに。
味噌汁とお漬物も付いて、わさびは別添え。

わさびを醤油に溶いて、それをかけて食べるのもありだけど、
軽く丼に醤油をかけて、わさびを後のせしても香りが立って美味しい。

  IMG_6229

乗っかってるだけでも、存在感があるうに。
丼一面に乗っかっているのはもちろん魅力的だけど、
これだけだから、ゆっくり味わえるのかもしれない^^;

         IMG_6230

いくらにしても同様。
貴重なくらいの量が、美味しい食べ方を考えるきっかけになるのだと、言い聞かせる^^;

  IMG_6232

ここは境港。
流石にカニはたっぷりと入っていますよ(^^)
いずれにしても、かなり贅沢なことになっております。   


それでは早速いただきましょう!
まずは、大好きなウニから。

           IMG_6233

       (^^)(^^)

う、美味っ!

このまま食べると、必然的におさけがほしくなっ・・・
いえいえ、ランチタイムです。
まだまだ我慢^^;

そして、たっぷりのカニもいただいましょう。

      IMG_6236

      (^^)(^^)

旨味と甘味、自然と顔がほころんでしまいます。
これで、ご飯をかきこむ幸せ。
是非体験してほしい!

さらに、こんな事もやってしまいます。

       IMG_6239

ウニといくらの同時食い。
これ、かなり美味しい!

「当たり前じゃ!」

そんな声も聞こえてきそうですが、本当に美味しい。
ウニやいくら、カニでお酒もいいですが、
こんな感じで、ホッカホカのご飯と一緒に、
丼としていただくのもかなりいいですよ。

気がつけば、あっという間に完食。
それも、かなり美味しくて大満足させていただきました。

海の幸がたっぷりの境港で、しっかり海鮮。
オススメです!

境港にお越しの際は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。









【漁師料理 和泉】
住 所:鳥取県境港市本町19    MAP
電 話:0859-42-3102
営業時間:11:00〜14:00  17:30〜22:00
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日
駐車場:あり(2台分)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ夏休みに突入!学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。私も学生時代、北海道にハマっていました。当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道 ...
続きを読む
いよいよ夏休みに突入!

学生のみなさん、旅行の計画、立ててますか?
このためにアルバイトをしていたという方も、少なくないのでは。

私も学生時代、北海道にハマっていました。
当時は、ピーチなどのLCCもなかったので、行くのは列車。
「北海道ワイド周遊券」って言う、北海道までの切符と、
北海道内の特急列車の自由席が20日間乗り放題のお得な切符を
学割で買って行ったものです。

但し、行くのはいつも8月に入ってから。
学校、7月中は授業があったのです^^;

ですので、7月の北海道は未体験。
当然、富良野のラベンダーも生で見たことがなかったのです。

         IMG_7646

そんな富良野のラベンダー、やっと見に行くことが出来ました。

  IMG_7608

一面の鮮やかなラベンダーパープル。
しばしうっとり見とれてしまいます。

        IMG_7588

時間の流れさえも、ゆっくりに感じます。
        IMG_7564

とは言え流石に人は多く、北海道といえども、汗ばむ気温^^;
お助けアイテムに手を出したりもします。

       IMG_7621

香り良し、美味しい。
300円で買える幸せです(^^)

さて、ラベンダーを堪能した後は、
もうひとつの富良野名物がいただきたくて、
“唯我独尊(ゆいがどくそん)さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_7477

富良野の郊外、山の中にあるのかと思いきや、
意外にも中心部の富良野駅の近くにお店はあります。

  IMG_7476

街中に、ここだけこのような緑の空間がある・・・。
そう思っていただいたら想像しやすいかもしれません。

営業開始時間の少し前に到着したので、入り口前で開店時間を待ちます。

         IMG_7479

店内の他に、屋外にも席があり、
富良野の風を感じながらカレーを楽しむことも出来ますね。

「何名様ですか?」
「ひとりです。」
「相席、よろしいでしょうか?」
「はい、大丈夫ですよ。」


開店時間になり、順番に店内の席に案内していただきます。
 
      IMG_7485

店内の奥、窓際のテーブル席に案内していただきました。

相席・・・。
都会のお店では、ちょっと違和感があるかもしれませんが、
こちらのお店、この雰囲気の中では、むしろそれが当たり前。
同席していただいた方に、お冷やを入れていただきました。

お店の方があたたかいと、私たちお店を訪れる方も、自然と優しい気持ちになれる。
私もこちら側にあったメニューを差し出したりして、
ちょっぴり緊張感がほぐれます。
     
          IMG_7489

メニューはこんな感じで、富良野の素材、北海道の素材をふんだんに使ったカレーと、
こだわりのコーヒー、富良野の地麦酒、富良野ワイン、
自家製デザートで構成されています。

注文は、こだわりのソーセージがのっかった、
自家製ソーセージ付きカレーに、道産キノコをトッピングでお願いしました。

店内は手作り感満載で、温かい雰囲気に包まれています。

     IMG_7493

壁には、名刺がたくさん貼ってありますね。
誰か知っている人の名刺は・・・・
と思い、見てみますがここは北海道富良野。
そう簡単には見つかりません^^;

他の方の注文を聞いていると、圧倒的に「オムソーセージカレー」が多いですね。
私もそれにしようかと迷ったのですが、オムレツがない方が、
カレーの香り味わいをダイレクトに楽しめるかなぁと思ったのと、
道産キノコの魅力に勝てずに^^;

とは思うものの、他のお客さんが注文した、「オムソーセージカレー」を見てみると、
明らかにインスタ映えしそう^^;

あ・・・同席させたいただいた方も、オムソーセージカレーですね。
と言うわけで、オムソーセージカレーはこんな感じ・・・・

なんてことは、やってませんよ^^;
(それはいくら何でも、厚かましすぎます^^; HP等で、確信してくださいね!)

そんなことを考えていると、お願いしたカレーが出来上がってきました。

           IMG_7498

テーブルに運ばれて生きた瞬間から、香るスパイスが好印象。
普通のカレーをちょっとアレンジしたものとは明らかに違う、
毛並みが違うのがこの段階から分かります。

    IMG_7501

大きな自家製ソーセージが真ん中に鎮座し、
左側に特製のカレールーとタップリのキノコ。
そして右側には、北海道のトウキビとジャガイモ。
大地の恵みが満タンですよ!

米も、もちろん北海道富良野産100%で、ブレンドなしの「きらら397」だそうです。

先ずはカレーを1口いただきます。

        IMG_7504


      (^^)(^^)(^^)

想像していたよりも、ずっとスパイシーで美味い。
いきなり本気で来たな・・・
そんな感じです。

そして、自家製のソーセージも。

     IMG_7502

いただきましょう。

        IMG_7507

お、これは美味しい!
しかも、肉の旨味がしっかりしていて、食べ応えも充分ですね。
かと言って、変な脂っこさはなく、パクパク食べてしまえます。

      IMG_7492

テーブルの上に置いてある、「独尊サンバル」を少し加えてみましょう。

  IMG_7511

       (^^)(^^)(^^)

おぉ、旨辛!
香りもかなり良い感じ(^^)
かなり私好みですよ、これ!

キノコとカレーをタップリと堪能して、
あっという間にカレーを完食・・・
でも、まだご飯とソーセージ、ジャガイモにトウキビも残っている。

そうか・・・
ついにあの時がやって来たのか^^;


         IMG_7491

誰か、おかわりする人がいたら、それをマネしてみようと思っていたけれど、
どうやらおかわりのトップバッターは私のよう^^;

覚悟を決めて、お皿を持ち、カウンターのところまで行きます・・・。

「♪ルールル・・・」

「あ、カウンターの中にいるあちらに仰ってください。」
    (と、厨房内のルーをよそっている方を指さす)

あ・・・まさかのやり直し^^;

では、リトライ!

「♪ルールルルル」
「はい、ありがとうございます(^^)」


そんな感じで、無事おかわりの儀式完了!

           IMG_7515

タップリとルーを入れてくださいました。

   IMG_7518

このカレールー、かなり美味しいのでテンションが上がります。
タップリと香り、味わい、スパイス感を楽しんで完食。
唯我独尊のカレー、想像していたよりもずっと、ずっと美味しかったです(^^)

       IMG_7521

食べ終わって外に出てみると、外の席も満席で、
席が空くのを待っている方もいらっしゃいます。
開店時間の少し前に行くか、
ランチタイムのピークを外して行かれるの通いと思いますが、
富良野の心地よい風に吹かれながら待つのも良いかもしれませんね。

北海道の自然を肌と味わいで実感できるカレー。
富良野の唯我独尊さんで、ぜひ楽しんでくださいね!








【唯我独尊】
住 所:北海道富良野市日の出町11−8    MAP
電 話:0167-23-4784
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)  
煙 草:完全禁煙
定休日:
駐車場:あり(10台程度)

お店のHPはコチラ
お店のFacebookはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加