美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:世田谷区

日本の中で人口が多い街は、東京、大阪、名古屋…と、思い込んでいたら、 今は東京、神奈川、大阪の順番なのですね。神奈川と大阪が逆転したのは、2005〜2006年。都道府県ごとではなく、自治体ごとになると…1位 横浜市2位 大阪市3位 名古屋市4位 札幌市5位 福岡市…あ ...
続きを読む
日本の中で人口が多い街は、東京、大阪、名古屋…
と、思い込んでいたら、 今は東京、神奈川、大阪の順番なのですね。

神奈川と大阪が逆転したのは、2005〜2006年。
都道府県ごとではなく、自治体ごとになると…

1位 横浜市
2位 大阪市
3位 名古屋市
4位 札幌市
5位 福岡市…


あれ、東京は?
東京は特別区ごとだから23区合算では出てきません。
ちなみに23区で一番人口が多いのは世田谷区で、約944,000人。
これは、千葉市の次に多くて全国13位。
北九州市の約934,000人よりも多いのだとか。
そして、世田谷区は23区の中でも2番めに面積も広い区なのです。
(羽田空港が拡張される前までは、23区の中で1位だったらしい) 

何せ、世田谷区の中だけを走る電車もあるのですから…
    IMG_9379
三軒茶屋から下高井戸までの約5kmを10駅を、のんびりゆったりと走る世田谷線。
とはいえ、朝夕には、2両編成の電車がギッシリと満員になって走る姿を見かけるのも珍しくはありません。

   IMG_9378
時速100キロを超えてビュンビュン走る電車も気持ちいいいけれど、
ゆったりのんびりと世田谷を散策するように走る電車もまたいいものです。

   IMG_9381
昼間の空いてる時間帯に、運転席の後ろから景色を眺めていると、
ちょっとだけ旅行気分になって、日頃のストレスも解消されるかも…

とびっきりのうどんが食べられる隠れ家。
  IMG_9355
ご紹介させていただくのは、うどんスナック 松ト麦”
うどんスナックという名前にビビってはいけない。
地下にあるお店でスナックと言っても、決して怪しいお店ではない。

   IMG_9363
ここは、ちょっとしたおつまみとお酒、そして、
とびっきりのうどんが食べられるお店なのです。

    IMG_9358
お品書きは、壁に掲げられてある黒板に書いてあります。

酒盗マスカルポーネ、さつまいもの黒ごま天、ちくわの磯辺揚げ、
本わさび・梅かつお・のり佃煮のちびちびセット…(なんて魅力的な…)

そして、その後ろにおでん、そしてうどんのメニューが書いてあります。

お邪魔させていただいたのは、土曜日のお昼頃。
へべれけにならなければ、堂々と呑んでもいい日である。
  IMG_94051
というわけで、酒盗マスカルポーネをつまみに少しだけ…
何だか、蕎麦屋で飲む酒…蕎麦前のよう。
(『うどん前』っていうのもあってもよきかな〜。)

店内は、厨房をL字型に囲むように、カウンター席が10席。
  IMG_9357
ゆったりとしたレイアウトで寛げる雰囲気です。
「スナック」とは言っても、場末のスナック感は皆無。

   DSC02610
カウンターの上には、鮨屋のネタ箱のようなものの中に打ち立てのうどんが入っているのを見ることが出来ます。

    IMG_9359
製麺室も併設されており、ここでうどんが作られるようです。
そしてこちらのお店の一番の特徴は…

   IMG_9361
うどんの原料の小麦粉が日によって変わること。
その日に使われている小麦粉は赤い文字で書かれてあるプレートのもの。
この日の小麦粉は、岩手県の「ネバリゴシ」と、福岡県の「ニシホナミ」。
小麦によって麺の特徴が変わるみたいなので、食べ比べてみるのも楽しいかも。

折角なので、温かいうどんと冷たいうどんの2種類をいただいてみました。

出来たて熱々『のり釜玉バターうどん
   DSC02624

茹でたて熱々のうどんに卵黄を絡めて食べる釜玉うどんに、
海苔を練り込んだバターを乗っけたうどん。
全卵が乗っけられている場合は、間髪入れずに混ぜなければ白身に上手く熱が加わらないのですが、
卵黄だけの場合は少し余裕があります。

   DSC02631
と、言うわけでまずはうどんをそのままいただきます。
熱々の麺なのですが、ギューンとのびるようなコシが好印象のうどん。

コレは絶対に美味いやつ!

   DSC02634
醤油を2周ほどまわしがけ、海苔バター、卵黄もまんべんなくうどんに混ぜていただきます。
普通の「釜玉うどん」が玉子かけご飯のうどん版だとすれば、
これは海苔の香りが心地よい和風カルボナーラ。
海苔バター、卵黄、醤油が絶妙のバランスで絡み合うのです。

のり釜玉うどんの味わいはもちろん、このうどんの食感が好みのど真ん中!
あまりにも美味しかったので、冷たいうどんもお願いしました。

   DSC02621
「少々お時間をくださいね〜」
うどんは注文が入ってから湯がき始めて下さるので少し時間がかかります。
でもその時間は、美味しいうどんが出来上がるまでのワクワクタイム。

待つだけの価値が…
  DSC02639
あります!

2杯目にお願いしたのは『しょうゆうどん』。
うどん本来の味わいを最大限に味わえるうどんです。

    DSC02646
何もつけずに先ずひとくち。
うどんが持つ味わいと小麦の香りをしっかりと堪能します。
この状態だと、うどんを作るときに使う塩や水の香りも感じることが出来るのです。

   DSC02650
そして、醤油を2周ほど。
決して掛けすぎないように、控えめに掛けていただきます。
先程の釜玉ではあまり感じなかった食感やうどん自体の塩分なども感じながら、
醤油と合わせることによって、旨味に膨らみを加えてゆくのが楽しい。

温かいうどんと比べると、コシの強さは少し増していますが、それでもしなやかでノビのある感じは共通しています。
このうどん、本当に好みです!

一反木綿の美味しさも見逃すなかれ!
    DSC02652
おまけのように乗っかっている一反木綿。
これを食べるのもまた楽しい!
テローンって感じで食べるのもいいし、
一口サイズでしっかり噛みしめるのも良し。
温かいのと冷たいの、2杯のうどんを食べてみてもまだまだ奥の深さを感じます。

うどん好きが高じて、うどんに関わる仕事をされ、なおかつ年間500杯ものうどんを食される「井上こん」さん。
彼女だからこそ、わかりやすくうどんの魅力を伝えることが出来るのでしょう。

東京でうどんなんて…
そう思っている方にこそ食べていただきたい。
うどんの魅力と奥深さを楽しく美味しく感じることが出来ます。
ぜひ食べに行ってみて下さいね!



【うどんスナック 松ト麦】
住 所:東京都世田谷区野沢2−26−5 野沢ビル B1F    MAP
電 話:
営業時間:12:00〜20:00、16:00〜20:00、17:00〜20:00など。※Twitterで確認。 
煙 草:禁煙
定休日:不定休(営業予定日はTwitterで確認
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

店主のTwitterはコチラ
お店のInstagramはコチラ
井上こんさんのHPコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジビエ。ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、今となっては、結構あちこちで聞きますよね。ジビエとは・・・狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、 ...
続きを読む
ジビエ。
ちょっと前までは聞き慣れなかった言葉だけれど、
今となっては、結構あちこちで聞きますよね。

ジビエとは・・・
狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉で、フランス語なのだとか。


狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉・・・
尊い生命を奪う代わりに、肉から内臓、骨、血液に至るまで、
全ての部位を余すことなく料理に使い、
生命に感謝を捧げようという精神が流れているのだとか。

写真映えのためだけに注文される大盛り、
特に食べたくないけれど、見た目が綺麗だからという理由での注文・・・
今一度、考え直しても良い時が来たんじゃないかな?
こちらのお店に訪問させていただき、そんなことを考えてしまいました。

お伺いさせていただいたのは、小田急線の喜多見駅近くにあるお店、
"ビート・イート(beat eat)さん。

          IMG_3812

お店が入る建物の1階に看板が出ているのですぐに分かると思います。
この階段を降りて、一番奥に行くと、お店の入口が。

     IMG_3808

ランチタイムがはじまる10分前に到着すると、すでに待っている人が2名。
開店時間の12時になり、無事に1巡目に入店することができました。

店内は、カウンター席が6席のみ。
順番に奥から詰めて座らせていただきます。

こちらのお店、ディナータイムは店主が自ら狩猟してきたジビエで、
いろんな料理を提供してくださるのだとか。

そして、ランチタイムに営業されている時は、カレー。
この日のメニューは、カウンター席の右にある壁に掲げてあります。

ポークビンダルー 1,200円
イノシシと山椒のキーマ 1,200円
二種盛り  1,700円
オプション 海老カレー 600円


これはどれか選べって言ったって・・・・
やはり全部食べたいので、
「全部盛お願いします。」って言ってしまいました。

ちなみに、私の先に入ったお客さんも、私の後から入ってきたお客さんも、
みんな3種盛りを注文していましたよ!

カウンターの奥では、店主がスパイスの香りを立ち上がらせながら、
ランチのカレーを作っているのが見えます。

そして、カウンターの中、正面の壁は黒板にもなっていて、
ディナーメニューが少し書いてあります。

ツキノワグマのビリヤニ、カキのカレー、
白あずきとムング豆とすりおろしカブのダル、
鹿ケバブ、紅芯大根のアチャール・・・。

そんな文字が並び、こちらは勝手にそれらの料理を想像する。
こうなってくると、カレー好き、スパイス好きは、
いても立ってもいられなくなるわけで^^;

「お待たせしました〜 2種盛りに海老ですね。」

           IMG_3800

登場しました。
そして、想像以上にボリューム満点!

カレーの盛は、インド風。
木の器が、ターリーで、その上にカトゥリが乗っかって、
カレーが何種類か乗っかってくるスタイル。

インド料理のお店のカトゥリよりも器が大きく、タップリとカレーを味わうことができますよ。

           IMG_3797

それにしても、<オプション>と書かれた、海老のカレーの、
エビの大きさにビックリしました。

それでは早速いただきます。
先ずは、ポークビンダルーから。

      IMG_3795

先ずは、カレースープをいただきましょう。

     IMG_3803

おぉ、これは美味しい。
スパイスのアタックも中々のものですが、それ以上に旨味が凄い!
これ、どんな食べ方をしても美味しいんじゃないかな?

中に入っている豚肉は、何と骨付きのスペアリブ。
スプーンでホロッと・・・・
なんて、甘っちょろい事は言わずに、豪快に手で持って、骨から肉を外しましょう。
で、これが美味いんですよ(^^)

        IMG_3799

ごはんは、バスマティライスがドーム状にもられています。
さて、これをスプーンですくってスープカレーのように食べるか、
それとも、ミナミインド風にターリの上に広げて、
いろんなカレーやアチャールと一緒に混ぜて食べるか・・・。

      IMG_3796

こちらは、イノシシと山椒のキーマ。
イノシシ・・・少しだけ身構えましたが、変なクセは全くなし。
豚肉よりもアッサリした旨味がいい感じですよ。
山椒もビシビシと存在感を表すではなく、調和された旨味が好印象です。

         IMG_3798

ダルスープとアチャール。
これらは、そのまま食べても十分に美味しい。
でも、カレーと混ぜ合わせながら一緒にいただくと、
その個性がキラリと光ります。

      IMG_3806

やはり私はインド風に、バスマティライスを真ん中で広げ、
いろんなカレーを混ぜ合わせながらいただくことにしました。

これだけのボリュームになると、いきなり全てのカレーをかけてしまうと、
ターリーから溢れるので、少しずつ、いろんな味わいを楽しみます。

どのカレーも丁寧で滋味深く、甲乙つけがたいくらいに美味しかったです。
こういう料理を食べると、ぜひまたディナータイムに予約して、
ジビエをしっかりと食べに来たいと思います。

          IMG_3807

ビートイートさん、入口には鹿の角。
店内には、空薬莢などが置かれ、いい感じのお店でした。

店主、狩猟や出張料理などで、不定休なこともありますので、
ぜひお店のFacebookページを確認して、おでかけくださいね〜








【beat eat(ビートイート)】
住 所:東京都世田谷区喜多見9−2−18 喜多見城和ハイツ B1F    MAP
電 話:03-5761-4577
営業時間:12:00〜15:00(L.O.14:30) 18:30〜22:00(L.O.21:30) 
     ※木曜日はディナータイムのみ営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日 ※不定休あり(Facebookで確認できます)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加