美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:京橋

男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそう ...
続きを読む
男前・・・美男子のことを、“二枚目”とも言いますよね。
それに対して、オモロい男性のことは、“三枚目”。

あれって、歌舞伎用語・・・芝居小屋の屋根の上に置いてある看板から来ているらしいですね。

ですので、二枚目、三枚目だけではなく、一枚目から八枚目まであるそうですよ!

意味は、以下の通り・・・。

「一枚目」主役、一枚看板とも呼ばれる。
「二枚目」色男、イケメン。
「三枚目」道化、お笑い担当。
「四枚目」中軸、中堅役者で、まとめ役。
「五枚目」敵役、一般的な敵役。
「六枚目」実敵、憎めない善要素のある敵役。
「七枚目」実悪、巨悪で、ラスボスと表現すればわかりやすいか・・・すべての悪事の黒幕。(必殺仕事人だと、中村主水に最後に殺される役がこれにあたります^^;)
「八枚目」座長、元締め。

1枚、2枚、3枚・・・
そう言えば、蕎麦も1枚、2枚と注文しますよね。

よっ、二枚目!

こんな感じで、蕎麦のおかわり、注文したらどんな反応をされるのでしょうね^^;

蕎麦と言えば、ちょっと変わった感じで蕎麦を食べさせてくれるお店が、大阪の片町にあります。
この日にお伺いさせていただいたのは、
“蕎麦とラー油で幸(こう)なった。”というお店。 
          
            IMG_4922
 通勤途中に、こちらのお店の前を通りかかるたびに、気になっていたのです。
最初は、店名に「ラー油」が入っているのものだから、「幸(こう)」の文字を間違って、「辛(カラい)」と読み間違ってしまっていたのは内緒ですが^^; 

お店の 入り口の横には、メニューボードが置いてあります。
          IMG_4921

お品書きは、シンプルに「肉そば」一本勝負。
但し、蕎麦は冷たいのと、暖かいのを選ぶことができます。
そして、麦飯、とろろ、肉W増しを追加することも可能。
何よりも凄いのは、蕎麦の量を、並(1玉)、大(1.5玉)、特(2玉)にしても、値段が変わらないこと。

凄いなぁ・・・
そんなことを思いながら店内に入ると、お店の方が元気に迎えてくださいます。

入ってすぐのところに券売機があるので、それで食べたい蕎麦の食券を購入します。
           IMG_4891

「当店は初めてでいらっしゃいますか?」
「はい、そうです。」
「ご説明しましょうか?」
「お願いします。」


若い店員さんが、丁寧に説明してくださいます。
初めてのお店で、この丁寧な対応は嬉しいですね(^^)

お店は、店主と思われる方と、若い店員さんのお二人で切り盛りされています。 

オススメは、コシが強く冷たい蕎麦とのことなので、それを。
トッピングに、肉W増しもお願いしました。

店員さんに食券をわたし、カウンター席に座らせていただきます。
           IMG_4896
店内は、カウンター席が8席と、4人掛けのテーブルが2つで8席の、計16席。

     IMG_4897
わたしがお店に入ったときは、先客4名でしたが、次から次へとお客さんが入ってきます。
しかも、外国人のお客さんも2組ほど。

すると、先ほど券売機の前で説明してくれた若い店員さんが、流暢な英語で説明しているのです。
ゆ、優秀!
多分、学生さんのアルバイトなのかなぁ・・・
丁寧で親切で、英会話もできる。
素晴らしいですね。

カウンターの前には、肉そばの美味しい食べ方が書かれたものが置いてあります。
      IMG_4892
なるほど・・・。

で、こちらは麦飯編ね。
  IMG_4893
あ・・・肉盛りとセットにして、豚丼にすることも出来るのか!
おもしろい、これ(^^)

そんな感じで、店内の様子や、説明が書かれたものを見ていると、
注文した肉そば(大)、W肉増しが出来上がってきましたよ。
           IMG_4898


「召し上がり方は分かりますでしょうか?」
と、先ほどの優秀な店員さん。

「あ・・・これに書いているようにすればいいのですね?」
「はい、そうなのですが、少しだけ説明させていただきますね。」 


そう言って、POPには書かれていない、細かいポイントも教えてくださいました。

サービスの生玉子は、卵黄だけの方がいいですよとか、
そば湯の量は、これくらいが美味しいですよとか、いろいろ教えてくださいます。
本当に気が利く方ですね(^^)

それにしても、肉増しは凄いですね!
           IMG_4901
本当に、肉が満タン!
牛丼屋さんの「特盛」クラス・・・いえ、それ以上かもしれません。

   IMG_4902
横から見ても、しっかりマウンテン状態ですよ!


それでは、早速いただきましょう。
ラー油入りのそばつゆはこんな感じ。
          IMG_4903
あら・・・もっとドロドロしているのかと思えば、きれいなクリアですよ。
表面にラー油が浮かんでいるのが確認できますが、そばつゆの色と同化しているので、見た感じはきれいなクリアに見えますね。

そこに、肉と蕎麦を投入しましょう。
     IMG_4904
ビジュアルだけを見ていると、なんだか鍋を食べているみたいだぞ・・・。

たっぷりと、ラー油入りのそばつゆを絡めていただきましょう。 
         IMG_4905

          (^^)(^^)(^^)

これ、美味しい!
最初、お店の前を通りかかったときには、
「え・・・蕎麦とラー油?  えぇぇぇ〜っ^^;」
と、思ってしまったのですが、実際に食べてみると、これがすごくいいのです。

ラー油とそばつゆと、蕎麦。
これに肉を加えて合うように、凄く研究されたのでしょうね。
本当に美味しいです。

次は、蕎麦とネギだけで、つゆにつけていただいてみましょう。
        IMG_4907
おぉ、これもいいですね!
肉の力に頼り切っているわけではない。
こちらもしっかりと美味しいですよ。

なんと言っても、太めでコシのある蕎麦が、このつゆとよく合うのでしょうね。
これが、中華麺ならば、珍しくなく、味の想像も容易に出来るのですが、
日本蕎麦でこの組み合わせは本当におもしろいですね!
しかも、想像していたよりも遙かに美味しいから、嬉しくなってしまいます(^^)

さて、半分くらい食べたところで、味の変化を楽しみましょう。

         IMG_4912
カウンターの上に置いてある、生玉子は無料。
確か、卵黄だけの方が美味しいって言ってたなぁ・・・。

        IMG_4913
こんな感じで、卵黄をそばつゆの中に入れます。
  (玉子の殻と卵白を入れる小さなボールも用意してくださっていますよ)

玉子をかき混ぜて、蕎麦に絡めていただきます。

    IMG_4915

                (^^)(^^)

これまた美味しい!
さらに、こんなものもあったよなぁ・・・
       IMG_4895
自家製ローストガーリック。
これを、二匙くらい、そばつゆの中に投入してみましょう。

               IMG_4916
すると、香ばしさがアップして、劇的に香り豊かな味わいに変化します。
これ、美味しいですよ(^^)(^^)

蕎麦を完食したあとは・・・。
   IMG_4894
はい、そば湯です。
こちらのそば湯は、ショウガ入りとのこと・・・。

       IMG_4917
店員さんに教えていただいたように、残ったそばつゆと同じくらいの量を入れましょう。

      (^^)(^^)

これも、技あり!
出汁の旨味、ショウガの風味、先ほど投入したガーリックローストの味わいで、
もう一品注文したような満足感を味わえます。

蕎麦とラー油で幸なった。さん、想像していたよりもかなり美味しかったです!
今度は、蕎麦は並にして、麦飯を注文。
麦とろ豚丼を楽しんでみたいと思います!




 






【蕎麦とラー油で幸なった。】
住 所:大阪市都島区片町1−8−15    MAP
電 話:06-4792-8788
営業時間:11:00〜15:00 17:30〜23:00
煙 草:完全禁煙
定休日:不定休(HPに定休日が記載されています。)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               

今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?香港に行ったとき、そんなこと ...
続きを読む
今でこそ、省エネとか、クールビズって言われていて、冷房が控えめな場所も多いですが、昔は公共の場所って、どこでも冷房がガンガンに効いてましたよね。

特に、新幹線の車内、銀行、デパートって、昔はガンガンに冷房が効いてませんでしたか?
香港に行ったとき、そんなことを思い出しました。

香港では、冷房をガンガンに効かせるのが当たり前。

何故なのか?
サービスの一環かな・・・
そう思ったのですが、実はそれよりもおもしろい理由があるようです。

香港では、冷房をかける=空気がきれいになる。
冷房していない→空気がよどむ→空気が汚れている・・・。

そう思われているところがあるのだとか^^;
だから、冷房をガンガンに効かせるという話もあるそうですよ。

であれば、電車の「弱冷房車」なんて、あり得ない発想なんでしょうね^^;

そうそう!
今では当たり前の「弱冷房車」って、京阪電車が1984年に導入したのが始まりらしいですよ。

そんな京阪電車に乗ってやってきたのが、京橋。

この日は、京橋にある中華そばのお店、
“丸岡商店 京橋本店”さんにお邪魔させていただきました。
       IMG_4054
京阪、JRの京橋駅の改札口を出て、ほんの数十秒でお店に到着することができます。

お店の入り口のところに、メニューボードがあるので、先ずはそれを確認。
     IMG_4058
中華そば、肉増し中華そば、まぜそば。
冷やし中華もあったようですが、この季節はもう、終了していますね。
何と、学生さんは替え玉が無料! 
なかなかサービス旺盛ですよ。

先ずは、券売機で食券を購入します。
         IMG_4121
初めてのお店で、券売機って後ろに並ばれると焦ってしまって、まともに選べないのですよね^^;
でも、こちらのお店の様に、横に写真入りのメニューボードがあれば、予め注文するものを決めてから、券売機の前に行けるので安心です。

あれ、焼豚丼は売り切れなのかな?
念のため、お店の方に確認してみましょう・・・。

「すみません、焼豚丼って、今日は売り切れですか?」
「あ・・・大丈夫ですよ!」


その後、券売機を調整してくださり、無事に食券を購入できました。

食券を持って、店内に入ります。

           IMG_4062
こちらのお店は、スタンディングスタイル・・・いわゆる立ち食いですね。
立ち呑み王国の京橋らしいスタイルですね。

そういえば、お隣のうどん屋さんも立ち食い。
高校生の時にはよくお世話になりました^^;

あ、カウンターの上にもメニューが書いてありますね。
    IMG_4065
メニューは至ってシンプル。
でもそれが逆に好感を持てますね(^^)
玉子がメニューには“50円”と書いてありますが、無料で生玉子が入っているようですよ。
お得感、ありますよね・・・・
って、玉子ダブルの人のためかな^^;

カウンターの中では、丁寧に中華そばが仕上げられていくのを見ることができます。

           IMG_4118
厨房も客席もコンパクトではありますが、その中で機能的に動いていらっしゃる店員さんにプロの誇りを感じますね。

この時点で、「美味いに決まってる・・・」って、そんな感じがするのです。

しばらくすると、お願いしたちゅうかそばが出来上がってきました。

       IMG_4079
おぉ、素晴らしいビジュアル!
ちなみにこれは、普通の中華そば。
これでも、大きなチャーシューが満タンにのっかっていますよ。

透明感のある、醤油ベースのスープ。
   IMG_4091

先ずは、スープからいただきましょう。

              IMG_4102

           (^^)(^^)

美味しい!
しっかりとした旨味の中の、ほんの少し甘みを感じる。
生玉子がのっかってるあたりは、徳島ラーメンのような感じですね。

そして、麺もいただきましょう。
    IMG_4089


美味しい!
中細のストレート麺は、スープにもよく絡み、スルスル食べすすんでしまいます。
この麺が、1回替え玉無料なのは、学生さん喜ぶだろうなぁ。

チャーシューは大きなものがたっぷりのっかっているので、いろんな楽しみ方ができますよ。

そのまま食べても美味しいですし、たっぷりのネギを巻いて食べても美味しい。
          IMG_4105

一緒にお願いした焼豚丼と一緒に食べても、美味しい。
    IMG_4070

チャーシューで、ゴロゴロチャーシューを巻いて、チャーシューに溺れてみるのも楽しいかもしれません。

そうそう、チャーシューまみれと言えば、中華そばを「肉増し」にすると、こんなにも凄いことになります。
              IMG_4081
大きなチャーシューが、なんと7枚も!
これは麺が主役なのか、肉が主役なのか、よくわからないくらいになって、凄いのが出てきますよ。
これ、たったの+150円って、凄すぎませんか?

後半は、生玉子くずして、麺に絡めたり、
     IMG_4108
チャーシューに絡めてすき焼き風にしたりして楽しみます。

       IMG_4069
さらに、辛いニラをお願いすると、いただくことができるので、

      IMG_4111
中華そばの中に、適量入れると味の変化を楽しむことができますよ。

 IMG_4113

そんな感じで、いろんな美味しさを最後までしっかり堪能させていただき、完食。

これだけ複雑な旨味が楽しめて、無化調って言うのだから、素晴らしいと思います。

京橋で立ち食い中華そば。
飲んだ後の〆もいいけれど、お昼ご飯にガッツリといただくのもかなりオススメですよ!
是非とも、このボリューム、美味しさを体験してくださいね。











【丸岡商店 京橋本店】
住 所:大阪市都島区東野田町3−9−20    MAP
電 話:06-6314-6555
営業時間:11:30〜翌2:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村