美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:京都

♪む〜らの 鎮守の かぁ〜みさまのぉ〜 今日はめでたいお祭り日 ドンドンヒャララ どんひゃららぁ〜・・・♪気がつけば、秋祭りの季節がやってきましたよね。皆さんの街では、地車が出たりしますでしょうか?お祭りと言えば、楽しみなのが縁日の屋台。そんな縁日の屋台 ...
続きを読む
♪む〜らの 鎮守の かぁ〜みさまのぉ〜 今日はめでたいお祭り日 ドンドンヒャララ どんひゃららぁ〜・・・♪

気がつけば、秋祭りの季節がやってきましたよね。
皆さんの街では、地車が出たりしますでしょうか?

お祭りと言えば、楽しみなのが縁日の屋台。

そんな縁日の屋台でしか売っていないものもいくつかあります。
そのひとつが、「りんご飴」。

たい焼き、たこ焼き、綿菓子、フランクフルトなんかは、その他の場所でも売っていますが、
りんご飴だけは何故か縁日以外では見たことないですよね。

これ、日本古来のものかと思えば、実はそうではないようなのです。

アメリカでは、「candy apple」、フランスでは「pomme d'amour(ポム・ダムール)」と呼ばれ、(直訳すると、「愛のりんご」になるのだとか。)
収穫祭の時に振る舞われるそうです。

お祭りと言えば、10月の京都は時代祭。
今年は、10月15日から10月23日まで行われ、クライマックスは10月22日。
    時代祭のHPはこちらですよ。

時代祭を見たあとは、ゆったりと京の町家でクラフトビールなど如何でしょうか?

   IMG_0151

先日、近江牛のひつまぶしランチを食べに来た時に、ふらっと立ち寄ってみたこちらのお店、
”スプリングバレーブルワリー京都”さんが、すごく良かったのです、ご紹介させていただきます。

お店は、錦市場のすぐ近く、富小路通を上がってすぐのところにあります。

ランチタイムも過ぎた、14:30頃に入店させていただいたので、待つこともなく、席に案内してくださいました。

お店は、築約100年の町家を改造して作られています。
こういう建物が残っているのは、流石に京都ですよね。

           IMG_0154
中庭が見えるテーブル席は雰囲気も最高。
気持ちを落ち着けて、メニューを確認してみます。

IMG_0157
これは、ウィークエンドランチのメニュー。
15:00までは、注文可能なのだとか。
平日ランチ+200円〜300円は、良心的ではないでしょうか。

そして、どの時間帯にでも注文できる、グランドメニューはこんな感じです。
     IMG_0167

         IMG_0161

IMG_0162

  IMG_0163

      IMG_0164

  IMG_0165

料理も、ビールに合うものを中心に、美味しそうなものが揃っています。
ディナータイムにグループでいろいろ注文するのも楽しそうですね。

わたしたちは、ランチを済ませていたので、クラフトビールを楽しむことに。
クラフトビールのメニューはこんな感じです。

              IMG_0168

IMG_0169

これだけあると、流石に迷ってしまう・・・
でも、ここには魅力的なメニューがあるのですよ。

ペアリングセットといって、ビール6種類と、それぞれのビールに合わせたおつまみのセットがあるのです。

まさに、週末の昼下がりに持ってこいのメニューだと思いませんか?

注文すると、早速専用のシートを準備してくださいます。
          IMG_0158
ここに、6種類のクラフトビールが、置かれていくわけですね。
しばらくすると、ビールが注がれたグラスがやってきました。

       IMG_0171

ビールは、左側から、

甘み・酸味・苦味のバランスと深い余韻が楽しめるフラッグシップビール、「496」
麦の甘みと極上の苦味が楽しめる、芳醇さと飲みやすさを両立したピルスナー、「COPELAND(コープランド)」
ロースト感や渋みを抑えた、柔らかな甘味と上質な苦味、「Afterdark(アフターダーク)」
華やかな飲み口と、白ワインのようなフルーティーで華やかな香り、「on the cloud(オンザクラウド)」
和素材(ゆずと山椒)を使った個性的な香りと繊細さ、「Daydream(デイドリーム)」
ラズベリー果汁を加えて醸造した爽やかな飲み口、「JAZZBERRY(ジャズベリー)」

これらのビールの下に、それぞれのマリアージュを楽しめるおつまみを用意してくださいます。

          IMG_0176

先ずは、ビールを味わいましょう。
     IMG_0183
泡がないのは、敢えてそういう注ぎ方をしているのだそう。
このビールに対しては、この方が、より繊細な香りと味わいを感じることが出来るのだとか。

それぞれのビールに合わせるおつまみは・・・。
           IMG_0182

「496」には、肉味噌マカロン。
   マカロンとは甘いもの・・・そう思って口の中に入れると、嬉しく、美味しい反撃にあいますよ。

「コープランド」には、出汁オリーブ。
   これがびっくりするほど美味しかった! 和出汁の旨味をオリーブのまったりとした味わいが受け止めると、こんなにも凄いものなのか・・・。

「アフターダーク」には、ペカンナッツショコラ。
   上質の珈琲にショコラ。そこに、ビールの苦味が加わると・・・かなりいい感じです。


         IMG_0181

「オンザクラウド」には、よもぎ麩のカプレーゼ。
   爽やかな風味と、よもぎの香りが不思議なくらいにマッチしています。

「デイドリーム」には、筍山椒。
   ゆずと山椒と筍と。 見事なものですよ!

「ジャズベリー」には、うり奈良漬とブルーチーズ。
   なるほど・・・このビール、ワイン使いが出来そうですね。ブルーチーズと奈良漬って組み合わせにも、しばし感動。

この他にも、いろんなマリアージュのオススメがこちらに書いてありました。
      IMG_0160



そして、これも技アリの鯖の燻製とポテトサラダ。
           IMG_0190
これ、スゴイです。
ポテトサラダ好きの方には、是非食べてほしい逸品ですね。

〆には、さっぱりと京漬物盛り合わせ。
      IMG_0185

漬け物ひとつとっても、ここに来ると、お洒落になるのですね(^^)

SVB(スプリングバレーブルワリー)京都。

味わい、香り、雰囲気、いろんなものが楽しめます。
夕方、私たちがお店を出る頃には、席が空くのを待つお客さんが結構いらっしゃいました。
ぜひ予約して、行かれることをオススメします。














【スプリングバレーブルワリー 京都】
住 所:京都市中京区富小路通錦小路上る高宮町587-2    MAP
電 話:075-231-4960
営業時間:11:00〜23:00(フードL.O.22:00 ドリンクL.O.22:30)  
煙 草:完全禁煙(喫煙スペースあり)
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 

誰だぁ、バナナを天ぷらにしてしまったのは^^;どこで食べたのが初めてだったでしょうか?バナナの天ぷら。私達、昭和生まれ・・・・いえ、それ以前に生まれた日本人には、おおよそ考えつかなったことですよね、バナナの天ぷら。ところが、恐る恐る食べてみると、これが意外に ...
続きを読む
誰だぁ、バナナを天ぷらにしてしまったのは^^;

どこで食べたのが初めてだったでしょうか?
バナナの天ぷら。

私達、昭和生まれ・・・・いえ、それ以前に生まれた日本人には、おおよそ考えつかなったことですよね、バナナの天ぷら。

ところが、恐る恐る食べてみると、これが意外によかった。
温めることによって、バナナの甘味が増し、天ぷらの衣がそれをきっちりと包み込んで美味しい。


天ぷらって不思議な食べ物ですよね・・・。 

海老、イカ、鱚、たこ、貝柱、玉ねぎ、 茄子・・・
そんな定番のものから、

えのき茸、紅しょうが、紅葉、アボカド、無花果、アイスクリームなどの変わり種まで。 
最初は「えっ?」と思っても、食べてみると美味しいから不思議なものです。


さて、食べ物としては、けっして変わり種ではなく、どちらかと言うと定番なのに、中々天ぷらにならなかったもの、
牛肉。

豚天は中華料理屋では定番で、鶏天はうどん屋さんには無くてはならないもの。
でも、肉天・・・いわゆる牛肉の天ぷらってあまり聞きませんよね。

ハッキリ言って、最初はムリだと思ったのです、牛肉の天ぷらなんて。
でも、堂々とお店を構えていらっしゃる。
本当に大丈夫なのか・・・。


そんな疑問に答えるが如く、京都の四条木屋町に肉天ぷらのお店、
”酒と肉天ぷら 勝天(KYOTO GATTEN)さんが、先日オープンされました。
      IMG_1646
オープンに先立って、内覧会のご案内をいただきましたので、その時のお話を・・・。

お店は、四条通から先斗町に入ってすぐのところにあります。
店内は、入ってすぐのところに厨房があり、そこで天ぷらが揚げられているのを見ることが出来ます。

そして、スタンディングスタイルのハイテーブル、カジュアルにチョイ飲み対応のハイチェアーとテーブル。
そして、奥にはゆっくると吸われるテーブル席が用意してあります。

       IMG_1678
内装にもこだわっていて、天井にも鯉が描かれていて、見ているだけでも楽しいですよ。

とりあえず、気軽にスタンディングテーブルのところに行き、メニューを確認します。
 IMG_1648

     IMG_1649
肉天ぷらだけではなく、海鮮の天ぷら、刺し身、炉端焼きメニューと、いろんな料理が楽しめるみたいですよ。
こんな感じで、市場から直送の海の幸もディスプレイされています。
      IMG_1651
日によって、何があるかわからないワクワク感も良いものですね。

そして、飲み物のメニューはこんな感じ。
  IMG_1656

       IMG_1658

IMG_1654

日本酒、ワイン、カクテル、京ビール。
いろいろ楽しめます。


折角なので、京ビールを楽しみましょうか。
     IMG_1686
左から、柚子、抹茶、生姜・・・自家製シャンディガフです。
さっぱりと、柚子を味わうのもいいし、さっぱりとジンジャーで楽しむもよし。
でもやはり、インパクトがあるのは、抹茶でしょうか?

          IMG_1685
実際に味わってみると、以外にも違和感なくいただけます。
抹茶の苦味とビールの苦味が、いい感じで合うのでしょうね。

では、料理の方もいただきます。
まずは、看板メニューの勝天串(牛串天)と、豚バラあおさ海苔。
    IMG_1691
実は私、牛肉の天ぷらは初体験なのです。
豚天、鶏天はよく食べるのですが、牛肉の天ぷらは出してくれるところがなかったのと、
脂っこくって、美味しくないだろうという先入観があったからなのです。

        IMG_1693
でも、この特製のタレで食べると、「何本でもいけちゃう!」とのこと。

  IMG_1698
では早速いただきます。

        (^^)(^^)(^^)

わ、これ冗談抜きに美味しい!
肉も、全然しつこくないですし、粗めに挽いた唐辛子と牛肉の出汁をたっぷり効かせた特製ダレでいただくと、
本当に何本でもいけちゃう感じになるのです。
これはよく考えられていると思いますよ。

そして、マグロの天ぷらも、
      IMG_1663
日本酒と一緒にいただきます。
   IMG_1680
この自由なチョイスが楽しいですね。
これならば、食の好みがいろいろな人のグループでも、みんな楽しめそうですね。

            IMG_1676

こんな立派なサーロインも、
   IMG_1673
ステーキではなく、天ぷらにしてしまうのですから、贅沢ですよね。

         IMG_1669
これにも、特製ダレをたっぷりとかけて、

    IMG_1708
いただいてしまいます。

       (^^)(^^)(^^)


さらに、こちらのお店では、テイクアウトで、お餅の天ぷらをいただくことも出来ます。

IMG_1719
    
  素揚げにした餅の天ぷらに、

    IMG_1722
        きな粉を付けてサッと炙り、

IMG_1731

     特製の甘いタレをかければ出来上がり。

IMG_1710
 これと、抹茶ビールを持って、鴨川の河原でゆったりと楽しむこともできますよ。

うまい肉の天ぷらと京ビールで、秋の京都を満喫。
如何でしょうか?
素敵なひとときを過ごせると思いますよ。








【酒と肉天ぷら 勝天( KYOTO GATTEN)】
住 所:京都市中京区先斗町通四条上る柏屋町170 かつやビル    MAP
電 話:06-746-2002
営業時間:11:30〜15:00 17:00〜23:00(L.O.22:30 ドリンクL.O.22:45) 金土祝前日は、24:00まで、土日祝は通し営業。
煙 草:完全禁煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



自販機でジュースを買おうとして思うこと、ジュースよりも、ビール(正確には第3のビール なのですが)のほうが安いんですよね^^;そして、2リットルのペットボトルのほうが、500mlのものよりも安い。こういうのを見ていると、昭和の時代に、銭湯で風呂上がりに買った、ラムネ ...
続きを読む
自販機でジュースを買おうとして思うこと、
ジュースよりも、ビール(正確には第3のビール なのですが)のほうが安いんですよね^^;

そして、2リットルのペットボトルのほうが、500mlのものよりも安い。
こういうのを見ていると、昭和の時代に、銭湯で風呂上がりに買った、ラムネの安さと美味しさを思い出します。

ラムネと言えば、キャップ代わりに使っているのが、ビー玉。 

ビー玉と言えば、ビー玉で遊んだ世代の方って、何年生まれくらいの方までなのでしょうか?
公園で、地面に穴を掘って、何人かでビー玉を使って遊ぶ。
順番に穴に入れていったり、相手のビー玉に自分のビー玉をぶつけたりして、遊んでいく。
  
         Bi-dan-01
                                  ※画像は、ネットからお借りました。

スタートラインから始まって、「地」、「中」、「左」、「中」、「右」、「中」、「天」・・・
そんな感じで順番にまわっていく・・・。 
詳しい遊び方は、こちらのページなどを参照してくださいね!

あ・・・ビー玉って、何故ビー玉っていうのか? 
もともと、ラムネの蓋に出来るのが「A玉」で、その規格外のものが「B玉」となって、玩具に流用された・・・って、本当なのでしょうかね?

さて、そんな昭和な気持ちを盛り上げるものが、京都出町柳を起点にして走っている、
叡山電車(通称:えいでん)。
2両、又は1両の電車に乗って、ゆっくりと過ごすのもなかなか良いものですよ(^^)

そんな「えいでん」に乗って、出町柳から2駅。
茶山駅から歩いて10分くらいのところに、この日にお邪魔したお店、
"ガラムマサラ”さんはあります。
         IMG_0290
こちらのお店、大阪の万博記念公園で開催されている、”カレーEXPO”に出店されていて、
一度お店の方にも行ってみたいと、ずっと思っていたのです。

カレーEXPO、イベント会場で初めて食べて、その美味しさに感動するのも楽しいのですが、
事前に実店舗で食べて、お店の味わいとイベント会場の味わいの違いを楽しむのも、すごく面白いのです。

ガラムマサラさんの場合は、前回のカレーEXPO でいただき、今回はお店、
そしてまた、カレーEXPO の会場でいただけるという、立体的な楽しみ方をしようかという試み・・・になるのでしょうか?

入口のところには、メニューボードが掲げてありますね。
     IMG_0292
スペシャルランチは、1,030円。
いろいろ付いていて、おトクそうな感じです。

          IMG_0293
ランチメニューの詳細はこちらのメニューボードにも書いてありますね。

何はともあれ、お店の中に入りましょう。
カウンター席の真ん中あたりに座り、まずはメニューを確認します。
  IMG_0267
バターチキンカレーは、こちらのお店の看板目メニュー。
前回のカレーEXPOでも出されていたメニューです。

     IMG_0268
黒胡椒の先制パンチのあとから来る肉々しさが気になりますね。
これも間違いなさそうです。

          IMG_0269
ビーフカレー、実はこれも気になっているのです。
こちらは、先代からの味を守っている歴史ある味わい。
今回のEXPOでのカレーは、これをベースにしたチキンカレーとのことですよ。

  IMG_0270
ジンガーカレー。
これ、攻めてますね! このビジュアルは、海老好きにはたまらないのでは・・・。
ハマった人は、ぬけられないなんて 、気になることも書いてありますよ^^;

         IMG_0271
ガラムマサラオリジナル野菜カレー。 
ミックスベジタブルカレーなんて書き方もしてありますが、けっして冷凍のアレではありません^^;
写真にもあるように、ふんだんに野菜が使われていますよ!
野菜好きの私としては、これも激しく気になりますね。

  IMG_0272
  
         IMG_0273
その他にも、いろいろあって、本当に迷ってしまいます。
そして、ランチタイムには、表のメニューボードにもあったように、お得なランチセットを選ぶことも出来ますよ。

    IMG_0274

とはいいながらも、やはりこちらの看板メニュー、
現在の店主が、インドで修行してきて、再現した味わいのバターチキンカレーをお願いすることにしました。

店内は、カウンター席が7席で、木の椅子が印象的です。
     IMG_0275
            IMG_0266
店内は、京都の北山杉がふんだんに使わているそうで、すごくいい感じなのです。
そして、結構ゆったりとしていて、おひとりさまでも、気兼ねなくくつろぐことが出来ますよ。
そして、2階にはテーブル席も合って、グループでくつろいだり、宴会も出来るみたいです。

そんなことを考えながら待っていると、お願いしたバターチキンカレーが出来上がってきました。
    IMG_0280
バターチキンカレーは、ナンかターメリックライスを選べるのですが、今回はターメリックライスで。

そして、バターチキンカレーはこんな感じです。
          IMG_0277
深さのある器にたっぷりと入っています。
こういうの、嬉しいですね(^^)

それでは早速いただきます、先ずはカレーの方から・・・。
    IMG_0281
うん、美味しい!
旨味とコクが同時にやってきて、爽やかな酸とともに余韻を残してゆく。
酸といえば、あまり良くない意味に捉えられることが多いのですが、この場合は、いい場合の意味。
そうですね、極上のトマトの余韻とでも言いましょうか?
じっくり味わって美味しいのです。

ひと目見たときから、そのコンディションの良さを理解できた、ターメリックライス。
        IMG_0276
今度は、カレーとご飯を合わせていただいてみましょう。

   IMG_0283

   (^^)(^^)(^^)

これ、本当に美味しいですね!
カレーEXPOのときもいただいたはずなのですが、やはり実際にお店に来て食べるものは別物の美味さですね。
それって、カレーに合わせて炊き上げられたご飯、器、提供温度、お店の雰囲気などによるものでしょうか。
気に入ったお店をイベントで見つけたら、ぜひ実店舗に行かれることをオススメします。

間に、特製のピクルスで口の中を一旦リセット。
      IMG_0279
そして、またカレーをいただきます。

あれ、また美味しさが変化している。
というか、口がカレーに慣れて、もっと細かい味わいを感じるようになってきたのでしょうか。
確実に、食べ初めよりも美味しさが増しているように感じているのです。

          IMG_0289
それにしても、旨味が深いですね。
それに、鶏肉がゴロゴロ入っているのもうれしいですよ(^^)

そして、後半は、カレーをごはんの上に掛けていただいてみましょう。

     IMG_0286

    (^^)(^^)(^^)

これはもう、かっ込みたくなる衝動に駆られますが、勿体無いのでじっくりと味わうことにします。
とはいっても、美味しいのであっという間に完食してしまいました。

実は私、バターチキンカレーはあまり得意ではなかったのです。
でも、こちら、ガラムマサラさんのバターチキンカレーは、本当に美味しいと感じ、
食べ終わってしまうのが寂しくて仕方なかったほどでした(^^)

現在開催中の、第4回カレーEXPOでは、先代からの味わいを忠実に守った、オリジナルチキンカレーを出品されています。
前半戦の初日に、会場でいただきましたが、歯ごたえのある親鶏の味わいが美味しくて、
すっかり夢中になってしまいましたよ(^^)

お店の方でじっくりと味わい、そしてカレーEXPOの会場でも、また違った味わいを楽しむ。
もし可能ならば、やってみてください!
2倍・・・いえ、3倍以上楽しめますよ。





【ガラムマサラ】
住 所:京都市左京区一乗寺樋ノ口町8−4    MAP
電 話:075-781-3940
営業時間:11:30〜15:00 18:00〜22:30(L.O.22:00) 
煙 草:完全禁煙
定休日:木曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:あり(お店の入口横に、場所等が書いてあります)
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



                

やってみたら美味しかった食べ物って、いろいろありますよね。おそらく、いちご大福なんて、その最たるものではないでしょうか?大福にイチゴ、和菓子の大福に、どちらかといえば、洋菓子に使われることが多いイチゴの組み合わせ。これが、食べてみると意外に美味しい!未だ ...
続きを読む
やってみたら美味しかった食べ物って、いろいろありますよね。

おそらく、いちご大福なんて、その最たるものではないでしょうか?
大福にイチゴ、和菓子の大福に、どちらかといえば、洋菓子に使われることが多いイチゴの組み合わせ。
これが、食べてみると意外に美味しい!
未だ、その発祥に関しては、諸説あるようなのですが、昭和の後期に発案されたものであることに間違いないようですね。

カレーうどんのうどんを、ラーメンにしてみて、カレーラーメン。
焼きそばのそばをうどんにしてみて、焼きうどん。
カツカレーのカレーをハヤシにしてみて、カツハヤシ。
天丼の海老を、鶏にしてみて、鶏天丼。


どれも美味しいです(^^)

では、ひつまぶしの鰻を牛肉にしてみたら・・・。

この日にお伺いさせていただいたのは、京都、祇園縄手にある、近江牛焼肉のお店、
“和牛焼肉 徳”さん。
               IMG_0145
こちらのお店、この日から土日祝日に限り、ランチ営業を開始されるとのこと。
雨にも関わらず、開店前から多くのお客さんが列を作っています。

何故ならば、この日から3日間は、通常よりもお安く、近江牛のひつまぶし膳がいただけるのです。
その価格は、何と1,000円!
        IMG_0143
大阪ミナミでも、肉が思いっきりのっかった肉重が、900円〜1,500円で提供されているのに、
それが京都で、しかもひつまぶし状態でこのお値段となれば、行列もできますよね。

開店時間の12:00になると、お店の方が順番に店内へ案内してくださいます。
            IMG_0139



私達も、奥の掘りごたつ席へ案内していただきます。
そしてメニューを確認します。
    IMG_0087
ランチ営業開始から3日間は、近江牛のひつまぶし2種類のみの提供です。
近江牛ひつまぶし膳が、1,000円での提供(通常1,600円)。
そして、サシが入ったサーロインを使った、近江牛特上ひつまぶしは1,500円(通常2,300円)での提供です。

店内は、ゆったりと明るく、いい雰囲気ですよ。
  IMG_0136
          
               IMG_0138

全席、こんな感じの掘りごたつ式になっているので、入口で靴を脱いで入店します。
ですので、ゆっくりと過ごすことが出来ますよ。

そんな感じで、少し店内を見せてもらっていると、先にお漬物と薬味が運ばれてきました。
       IMG_0098
おぉ、これテンション上がりますね!
これを見ているだけで、どんな感じで食べようかと、いろいろ考えを巡らせてしまいます(^^)

まもなくして、ひつまぶしも登場。
    IMG_0108
うわぁ、本当にメニューの写真通り、おひつのご飯が見えないほどに、肉満タン!
3日間限定の価格とは言え、本当に1,000円でいいんですか?
そんな感じです。

           IMG_0102
きれいな焼き加減の近江牛。
これは、先ずそのままで食べてみなければ・・・。
というわけで、早速いただきます。
 
     IMG_0114

    (^^)(^^)

柔らかくて美味しい!
そのままでも充分に美味しいからコマッてしまう^^;

では、ご飯に盛り付けていただきましょう。
      IMG_0120

         (^^)(^^)(^^)

これが、ご飯に合わないわけがないのです。
ご飯は、お櫃に入っているので、タップリとあるはずなのですが、あっという間に平らげてしまいそうですよ。
      (もっとタップリと・・・という方のために、大盛も用意されていますよ!)

そして、2杯めは、ご飯に近江牛、そこに薬味をのっけて楽しみましょう。
       IMG_0124
山椒、ちりめんじゃこ、葱、ゴマ、山葵、味噌など、好みでのっけて、味の変化を楽しみます。
それでは、こちらもいただきましょう。
   IMG_0129

          (^^)(^^)(^^)

山葵の風味がたまらない!
そして、肉もタップリのっかっているので、思いっきり堪能できます。

2杯めも、あっという間に完食し、3杯めに突入。
3杯めは、急須に入った、牛出汁をかけて、
     IMG_0132

だし茶漬けにしていただきます。

            IMG_0134
特製、近江牛のだし茶漬けの完成です。
それにしても、これはかなり贅沢ですよね(^^)

早速いただくと、近江牛のスープの中で、近江牛ちょっと色づいて、かなりいい感じになってます(^^)(^^)
お櫃に満タンの近江牛のひつまぶしを、3杯に分けて、しっかり堪能させていただきました。

この内容と、近江牛のボリュームを考えると、通常のお値段、1,600円でも、充分にお値うちだと思いますよ。
(霜降りサーロインの特上は2,300円で、さらに極上の世界が味わえるかと・・・)

このレベルの近江牛が、ランチタイムに気軽に味わえる。
これは是非チェックしておくべきだと思います。

ちなみに、ディナータイムの通常メニューはこんな感じですよ。
IMG_0088
 
     IMG_0089

         IMG_0090


IMG_0091


      IMG_0092

          IMG_0093

ディナータイムも間違いなさそうです(^^)
ここは、再訪必至!
京都祇園縄手で近江牛のひつまぶし。
是非食べに行ってみてくだいね!






【和牛焼肉 徳】
住 所:京都市東山区大和大路通三条下ル3丁目弁才天町26番地 2F    MAP
電 話:075-533-2929
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:00) ※土日祝のみ、12:00〜15:00(L.O.14:00)のランチタイムも営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日(祝日の場合は、翌日が休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



 

和牛焼肉 徳焼肉 / 三条駅祇園四条駅三条京阪駅
昼総合点★★★★ 4.0

               

鴨川等間隔。岡崎体育さんの歌にもなっているように、夕方になると、鴨川の河川敷には、等間隔に座るカップルの姿が目立ちます。特に、四条大橋から、三条大橋付近は多く、最初は5m間隔、そのうちに3m感覚になって、ピークの時間帯になると、1m間隔・・・というのは、 ...
続きを読む
鴨川等間隔。

岡崎体育さんの歌にもなっているように、夕方になると、鴨川の河川敷には、等間隔に座るカップルの姿が目立ちます。
特に、四条大橋から、三条大橋付近は多く、最初は5m間隔、そのうちに3m感覚になって、ピークの時間帯になると、1m間隔・・・というのは、ちょっと大袈裟^^;
               IMG_3840
たしかに、三条大橋の辺りは景色もよくって、鴨川のせせらぎの音が、心地よいBGMになっていい感じですものね。

三条大橋。
   IMG_3843
京阪電車が、地上を走っていた頃は、三条の駅で特急を待つ間の時間に何となく眺めていた記憶が・・・
あ、そういえば、電車のロングシートでも、似たような現象、起こっていませんか?

最初は両端の席が埋まり、その後は真ん中。
そして、等間隔になるように、その間が埋まっていく・・・。

それは、ちょっと違うか^^;

それはそうと、三条大橋のすぐ近くに、「三条小橋」という橋があるのをご存知でしょうか?
          IMG_3848
これは、高瀬川に掛かる橋。
そんな三条小橋の袂にある、安藤忠雄の建築、“TIME’S Ⅰ&Ⅱ”でゆったり過ごすのも、これからの季節、いいかもしれませんよね。
                IMG_3846

さて、この日はそんな京都三条にある、おばんざいと日本酒のお店、
“おざぶ”さんにお邪魔させていただきました。
      IMG_3845
こちらのお店では、おざんざいの食べ放題が1,200円で、
そして、約30種類の日本酒が、1時間1,500円で飲み放題になるそうです。

京都の1等地で、このお値段です。
そうなると、お味の方はどんな感じなのか・・・。

気になったので、友人を誘い行ってきました。

お店の入口は階段を降りた、地下にあります。
         IMG_3853
店内に入り、先ず驚いたのはその内装。

    IMG_3856
真ん中にあるカウンターの上が、日本酒の升なのです。
朱色の天井に升。
何かすごくいい感じなのです(^^)

テーブル席の方も、こんな感じで升がずらりと。
        IMG_3854
結構・・・いえ、むちゃくちゃお洒落な感じですよ!

席に座り、メニューを見せていただきます。
  IMG_3858
本日のおばんざいの他に、いろんな一品のメニューもありますね。
気になるものがたくさんありますよ(^^)

そして、飲み物のメニューはこんな感じです。
  IMG_3860

         IMG_3861

IMG_3862

さらに、飲み放題は日本酒だけではなく、いろんなものを楽しむことが出来るようです。

            IMG_3863

とりあえず、おばんざいの食べ放題と、飲み放題を楽しむことにしましょう。

日本酒は、こんな感じで、お店の真ん中の日本酒セラーにあるものを自由にいただくことができます。

        ozabu
京都、滋賀、奈良、大阪の地酒の充実度はもちろん、東北、静岡、北陸のお酒も色々あります。
これがすべていただけるのですから、日本酒好きにとってはパラダイスのような感じですよ(^^)

冷だけではなく、お燗をいただくことも可能。
   IMG_3878
日本酒セラーの横に、ちゃんとカンドコも置いてありますよ。
           (温度計も用意してあります。)

さて、まずはカウンターのところに行って、おばんざいを選んできましょう。
   IMG_3873
             
               IMG_3874
これだけ色々あると迷ってしまう。
気になるものを、少しずつ選んでいきましょか・・・。

先ずは、牛すじこんにゃく。
    IMG_3884
牛すじ、めちゃ柔らかくて美味しいです(^^)

そして、つぎはこちら、
       IMG_3885
京都に来ると、たとえお隣の大阪人でも、「京」という言葉に弱いものです^^;
ついつい選んでしまいますね、京おでん。

嬉しいことに、料理が美味しい。
一旦、安心してしまうと、ついついたくさん取ってしまいそうになる・・・
      IMG_3886
のを我慢して、少しずついろんなおばんざいをいただきます。

上から順番に、鯖と茄子たいたん、タコと生姜玉子焼、もずく酢、ポテトサラダ、青菜と京揚げのお浸し、
タコと若芽酢物、イカとキャベツの明太和え、筑前煮、山椒ポテチ・・・。

山椒ポテチって、おばんざいですか? って、ツッコミはナシで^^;

うれしいことに、どれを食べても美味しいのです。
当然のことながら、日本酒がススム!

これ、単純に好みの日本酒とおばんざいを楽しむのもいいけれど、
どのタイプのお酒が、どのおばんざいに合うのか、マリアージュを楽しむのも絶対に楽しいはず・・・。

            IMG_3898
というわけで、利き酒セットにしてみました。
(利き酒セットは、日本酒セラーのところに用意されていますよ!)

これは、カニ味噌でも合わせてみるかな。
      IMG_3910
日本酒とカニ味噌って、何でこんなに合うんでしょうね(^^)
折角なので、甲羅酒を・・・・(って、それはムリですね^^;)


さて、これだけ色んなタイプの日本酒を試せるですから、おばんざい以外のものも何か・・・。
お店の方に聞くと、「今日は、のどぐろが凄くいいですよ」とのこと。
出来上がってきた、のどぐろはこんな感じです。

          IMG_3894
こ、これ、かなりデカイ!
大きなお皿から、はみ出るくらいに大きなのどぐろの一夜干し。
この大きさで、2,380円は破格だと思います。

      IMG_3897
いただいてみると、ものすごく美味しい!
金目鯛のカマ焼きにしようかと思っていたのですが、ちょっと奮発して大正解!
但し、キケンなことに日本酒がすすみまくります^^;

さらに、近江牛ロースステーキ。
     IMG_3902
贅沢です。
肉が美味い!
脂の旨味ではなく、ちゃんと肉が美味い(^^)
きめ細かいって言うのでしょうか、一口いただくたびに自然と笑みがこぼれます。

さて、そろそろ〆の一品を・・・
ん、カレーうどんがある(^^)
しかも、九条葱と合鴨のかれーうどん!

           IMG_3912
はい、思わずお願いしてしまいました。
出来上がったのを見てみると、ちょっとクリーミーな雰囲気がありますよね。
それでは早速いただきます、まずはお出汁から・・・。
     IMG_3919
(^^)(^^)(^^)

美味しい!
スパイスドーン・・・ではなく、出汁の旨味。
そこに、カレーの香りと味わいがあり、クリーミーな旨味が追いかけてくる。
これはいいですね!

そして、麺もいただきます。
               IMG_3915
あ、細麺!
これは、〆のカレーうどんとして最高ですね。
黒七味がパラっとかかってるのもポイント高いですよ(^^)

そんな感じで、〆のカレーうどんまでしっかり堪能。
来てみて、本当に良かったお店です。

三条大橋のすぐそば、ロケーションも抜群で本当に素敵なお店だと思います。
日本酒好きの方、ぜひ行ってみてください、満足できると思いますよ!







【おざぶ】
住 所:京都市中京区中島町110 B1F    MAP
電 話:075-231-2226
営業時間:17:00〜0:00 ※土日祝は、16:00から営業。 
煙 草:喫煙可
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 

おざぶ居酒屋 / 三条駅
夜総合点★★★☆☆ 3.9