美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:兵庫県

暑い暑いと言っていないで、海に行こう!とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。でも、も ...
続きを読む
暑い暑いと言っていないで、に行こう!

とは言っても、今更泳ぐのも何だし・・・

海といっても、泳ぐばかりが海ではありませんよね。

海辺のドライブ、海が見えるレストランでランチ、
海辺の食堂で、新鮮な海鮮丼、海が綺麗に見える山へ登るのもいいかもしれません。


でも、もっと間近で海を感じていたい!
豪快で迫力のある海を・・・。


そうなると・・・・
なると、ナルト、鳴門・・・^^;
(ベタ過ぎて、言葉も出ないですね。)


そうだ渦潮を見に行こう!
 


鳴門海峡の渦潮クルーズって、乗ったことありますでしょうか?
潮のいい日に乗ると、本当に迫力がある渦潮を間近にみることが出来ますよ!

   IMG_1020

 
        IMG_1058

  
   IMG_0974


          IMG_1070

地上は酷暑でも、会場は風が心地よく、渦潮の迫力も満点!
関西からは、高速バスで1時間半ほど。
非日常体験、如何でしょうか?


さて、そんな感じで渦潮を堪能したら、
福良港で、ちょっとイケてるジェラートは如何でしょうか?
(渦潮観光船は、徳島県の鳴門側、淡路島側のどちらにもありますよ!)

        IMG_7201

お伺いさせていただいたのは、淡路島側、福良港のすぐ近くにあるお店、
“G.ELM(G.エルム)”さん。

こちらのお店では、いろんな美味しさのジェラートをいただくことが出来ますよ。

     IMG_7198

繁忙期(おそらく、夏の間)以外は、ランチメニューもあるのですね。
どんなものがいただけるのか、それもちょっと気になりますね。

  IMG_7199

おしゃれな感じの扉を開けて、お店の中に入って行きましょう。

         IMG_7197

店内は、こんな感じで落ち着いた雰囲気。
テイクアウトももちろん可能ですが、折角なので店内でゆっくりと楽しみましょう。

カウンターのところに行くと、実際にみて、ジェラートを選ぶことが出来ますよ。

     IMG_7194

しぼりたて牛乳・・・
都会の人は、こういうのに弱いんですよね^^;
大人のコーヒー、つぶつぶいちご、みかんシャーベットなど気になるものが・・・。

シングル 300円、ダブル 350円と言われれば、やっぱりダブルですよね(^^)

        IMG_7191

と言うわけで、つぶつぶいちごと、アーモンドをダブルのカップでお願いしました。


いただくと、期待通りに苺のつぶつぶ感が心地いい。
そして、アーモンドは鼻から抜ける香りと後味がスゴくいいですね(^^)


           IMG_7193

店内のテーブルで、ゆったりと寛がせていただきました。

鳴門の渦潮をしっかり堪能し、美味しく冷たいジェラートを楽しむ。
いいものですよ。
あっ、すぐ近くに無料の足湯もありますよ!

近場で素敵な夏休み、楽しんでみませんか?
オススメします(^^)










【G.ELM(G.エルム)】
住 所:兵庫県南あわじ市福良甲1530−2    MAP
電 話:0799-50-2332
営業時間:10:00〜18:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日(不定休あり)
駐車場:なし(近隣に駐車場あり)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・スイッチ1つで快適、「エアコン」。シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」。暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・いえいえ、それももちろん大事なのですが、昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。 ...
続きを読む
これがあれば、夏を快適に過ごせる・・・

スイッチ1つで快適、「エアコン」
シャワーの後も、クールでスッキリ「バブシャワー」
暑い時こそ、タップリ汗を「激辛カレー」・・・・

いえいえ、それももちろん大事なのですが、
昔から日本にあるもので、夏の三種の神器が・・・。

【そうめん】
暑い夏のお昼ご飯はこれが最高。
出汁も予め作って冷やしておき、麺は茹でて氷水でキリッとしめる。
限定していた食欲が蘇ります。

【すいか】
早いものは6月位から出回りますが、やはり旬を迎えた夏、
値段も落ち着いてきた頃のものが美味しいですね。
美味しく、喉の渇きも解消できて、一石二鳥の優れもの。

【かき氷】
ダイレクトに冷たい。
体の芯から冷やしてくれる、本当に頼もしいヤツ。
イチゴ、メロン、レモン、抹茶、みぞれ・・・。


あ・・・
アイスクリームもいいですよね〜

そうそう、アイスクリームと言えば、今年の最初にお邪魔させていただいた、
“完熟いちご菓子研究所”さんが、
完熟いちごをタップリと使った、
いちごのジェラートを発売されたようで、早速いただきました。

         IMG_6520

完熟 いちごジェラートは、
「Mochi Strawberry(もちストロベリー)」、
「Strawberry cheese cake(ストロベリーチーズケーキ)」、
「Premium  strawberry(プレミアムストロベリー)」の3種類。

先ずは、もちストロベリー。

               IMG_6849

こんな感じのパッケージに入って届きます。
 
        IMG_6524

ミニカップの蓋を開けると、完熟いちごジェラートの上に、お餅がのっかっています。

このままでは、よく分からないので、
ガラスの器に移してみることに・・・。


        IMG_6548

見ているだけでも、大真面目に作られているのが分かりますよね。
もちの部分は、半分にカットしてのっけてみました。

      IMG_6579

おもちの中には、白あんにいちごソースを加えたものがタップリ入っています。
冷たくモチモチした食感がクセになりそうですよ。

             IMG_6574

ジェラートの部分は、フレッシュな完熟いちごの美味しさがタップリ。
口の中で溶ける食感も素晴らしいです。

こんな感じで、器に盛り付けると、見た目にも楽しめるのですが、
この季節、油断するとすぐに溶けてしまいますよね・・・。

と言うわけで、カップのままでもいただいてみました。

         IMG_6844

次は、ストロベリーチーズケーキを。

      IMG_6817

中には、ベイクドチーズケーキがタップリと入って、
いちごとチーズケーキのマリアージュを楽しむことが出来ますよ。

そして、いちごの風味を思う存分楽しみたい方には、
プレミアムストロベリー。

            IMG_6847

蓋を開けた瞬間に、いちごがお出迎え。

     IMG_6821

いちごがここに丸ごと入っているわけではないのですが、
いちごの果肉はタップリと入っていますよ。

            IMG_6831

 IMG_6825

カップ一杯、思う存分にいちごの美味しさと香りを楽しむことが出来ます。

こちらのジェラートに使われているいちごはすべて、
完熟いちご菓子研究所さんに併設されているいちごのハウスで収穫されたもの。


       IMG_7683


           IMG_7692


    IMG_7686


今の季節にピッタリのスイーツだと思います。

完熟いちごジェラートは、
こちらのHPから購入することが出来ますよ。

自分へのご褒美、
帰省の際のお土産、
友達とのホームパーティにもって行っても、確実に喜ばれると思いますよ。

ぜひ注文して、味わってみてくださいね。 







【完熟いちご菓子研究所】
住 所:兵庫県養父市八鹿町八鹿1500    MAP
電 話:079-662-2261
営業時間:8:00〜19:00
煙 草:
定休日:無休(元旦のみ休業)
駐車場:あり

完熟いちごジェラートのHPはコチラ
お店のHPはコチラ
谷常製菓のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

スイカって、果物ではなく、野菜だそうですね・・・。そもそも、野菜と果物の違いとは?農林水産省のHPによると、次のようなものを野菜と分類するのだとか。田畑に栽培されること。(栽培されていないものの多くは、山菜になるのかな?)副食物であること。加工を前提としな ...
続きを読む
スイカって、果物ではなく、野菜だそうですね・・・。

そもそも、野菜と果物の違いとは?
農林水産省のHPによると、次のようなものを野菜と分類するのだとか。

田畑に栽培されること。(栽培されていないものの多くは、山菜になるのかな?)
副食物であること。
加工を前提としないこと(蒟蒻のような加工を前提とするものはやさいとしない)
草本性であること。

ちょっと難しいですよね。
もっと簡単に言うと、木になっているものが果物で、草になっているものが野菜・・・。

それもあんまりシックリこない。
では、八百屋に売っているものが野菜で、果物屋に売っているものが果物。

でも、八百屋に果物売ってるとこ、多いです^^;

で、市場で野菜や果物を扱う人に言わせると、
野菜は、ごはんのおかずとして食べるもので、おやつやデザートとして食べるものが果物なのだとか。

これが一番わかりやすいかもしれませんね。

さて、これからの季節に旬を迎える大人気の果物と言えば、いちご。

この日は、兵庫県養父市八鹿にある、
“完熟いちご菓子研究所”さんにお邪魔させていただきました。

こちらは、慶応四年に創業された和菓子の老舗、「谷常製菓」さんが立ち上げた、自社栽培のいちごを使った、スイーツの専門のブランドなのです。  
       IMG_7654

この日は、いちごの日(1月15日)に販売が開始される、「朝摘み完熟いちごロール」の試食会にお招きいただきお邪魔させていただきました。

         IMG_7764


こちらで作られるいちごスイーツには、全て自家栽培の朝摘みいちごが使われるているとのことで、
そのいちごには相当の拘りを持っていらっしゃるのだとか。

      IMG_7726
    
真っ赤に熟した、つやつやのいちご。
その拘りのいちごを作っている、お店の隣にある自家栽培のハウスに案内していただきました。

     IMG_7790

この日の気温は、昼間でもわずか1℃。
でも、いちごの栽培がなされているハウスの中は、常に27℃に保たれているのだとか。

          IMG_7696
それでは、早速中に入ってみます。

  IMG_7792

            IMG_7795

わ、本当に温かくて気持ちいい(^^)
外の寒さがウソのように、ゆったり心地いい空間です。

     IMG_7683
この「完熟」の文字。
これ、このハウスの中の様子がデザインされているのですね。

実際に、こんな感じでいちごが熟しているのですよ。

            IMG_7686

そして、ハウスの中をよく見るとミツバチが飛んでいるのを見ることが出来ます。

   IMG_7692

こちらのハウスの中では、人間の手による人工授粉ではなく、ミツバチを使っての自然受粉にこだわっているそうです。
   IMG_7693

             IMG_7803


より自然に近い形を取ることにより、美味しいイチゴを収穫する。
徹底した拘りようだと思います。

そんな感じで、見学させていただいた後は、朝摘み完熟いちごロールの試食をさせていただきました。

       IMG_7726


こちらのハウスで収穫されたイチゴをふんだんに使い、蜂蜜も地元でとれたものを使用する拘りようだそうです。

いただいてみると、イチゴの爽やかさと甘さ、ケーキの上品な味わいが本当に良く合っていて美味しい。

たっぷりの生クリームの中にイチゴの爽やかな甘酸っぱさも加わって、いつまでも食べ続けていたい衝動に駆られます。

そして、完熟いちごミルクプリン。

       IMG_7773

イチゴミルクのプリンに、たっぷりのイチゴソースがかけられてあります。
それでは早速、いただいてみましょう。

             IMG_7777

       (^^)(^^)(^^)

これ美味しい!
こんなの、お土産にもらったら絶対に嬉しいと思いますよ。

そして、こちらはすでに発売中で、こちらのお店の大人気商品、
宝石フロマージュ。

       IMG_7780

朝摘み完熟いちごと厳選素材をふんだんに使い、7層から出来上がっています。

1層目:完熟いちごのグラサージュ。
2層目:完熟いちごのコンポート。
3層目:完熟いちごとマスカルポーネのムース。
4層目:完熟いちごのコンフィチール。
5層目:ふんわりジェノワーズ。
6層目:ニューヨークチーズケーキ。
7層目:ザクザクが贅沢なクッキー。

 
            IMG_7786

そのままいただいても、または、軽く冷凍しても美味しくいただけると思いますよ。

このほかにも、お土産にいただいた、「完熟いちごのパンケーキ」もかなり美味しかったです(^^)

完熟いちご菓子研究所さんのスイーツ、他ではいただくことが出来ない美味しさを体験していただけると思います。

ぜひ、こちらのHPでお取り寄せしてみてください。
私も早速お取り寄せさせていただこうと思います(^^)
   







【完熟いちご菓子研究所 】
住 所:兵庫県養父市八鹿町八鹿1500    MAP
電 話:079-662-2261
営業時間:8:00〜19:00
煙 草:
定休日:無休(元旦のみ休業)
駐車場:あり

お店のHPはコチラ
谷常製菓のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

青の洞窟ってご存知でしょうか?イタリアの南部にあり、神秘的な青の光に包まれた洞窟。でもその入口は、海面スレスレで、海面の高さによっては侵入できない日も少なくないのだとか。そして、洞窟が青く見えるのは、太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が ...
続きを読む
青の洞窟ってご存知でしょうか?

イタリアの南部にあり、神秘的な青の光に包まれた洞窟。
でもその入口は、海面スレスレで、海面の高さによっては侵入できない日も少なくないのだとか。

そして、洞窟が青く見えるのは、太陽光が石灰を多く含んだ白い海底に反射することで、海が青い光たたえるように輝く・・・・
ということは、晴れた日にしか「青の洞窟」にならない・・・。
まさに、奇跡の洞窟と言える場所なのだそうです。

青の洞窟は少し遠い・・・
では、高知県にある仁淀川は如何でしょうか?

ここは、日本一美しい川として、知る人ぞ知る場所だそうです。
その青さから、「仁淀ブルー」と呼ばれていて、8月の中旬から翌年の1月まで見ることが出来るのだとか。

イタリアの青の洞窟は、思い立ってすぐに行けるようなところでもないし、
高知県の仁淀川もそんなに近くない・・・。

では、瀬戸内のナポリと呼ばれているところは・・・。


この日は、兵庫県の赤穂にある、ナポリピッツァと、海鮮ナポリ料理のお店、
”さくらぐみ”さんに行ってきました。

この日は、20名でバスを貸し切ってお伺いさせていただいたので、ワインも楽しむことが出来るのがうれしいですね。

赤穂御崎の駐車場にバスを止めて、石段を降りてお店に向かって歩いていきます。
             IMG_3107

お店はこんな感じで、本当に海辺の小高い丘の上に建っているのです。
         IMG_3094

静かな瀬戸内の海を眺めながら、ゆったりとワイングラスを傾ける・・・
        IMG_3099

そんな感じの事を考えながら、お店の中に入っていきます。
      IMG_3100

店内は、ゆったりとした感じで、テーブルが並べられていて、厨房の入り口のところに、窯があるのを見ることが出来ます。
窓際の席に座り、海を眺めながらの食事も素敵でしょうね。
           sakuragumi

この日、いただけるメニューはこんな感じで、それぞれのテーブルに置いてくださっています。
          IMG_3123

スパークリングワインで乾杯の後、料理が順番に運ばれてきます。

最初の料理は、こんな感じ。
               IMG_3126
  
これは、桃ジュースに巨峰とエビ、トマトの泡と・・・と紹介されている料理。
涼しさたっぷり!スパークリングワインとの相性も中々のもの。

そして、大きな葉っぱがのっかった料理が、2品目。
    IMG_3135
     
これは、ウニと焼きナスのプレとコンソメジュレと夏野菜添え アールグレイ風味。
ここで、質問の声が・・・

「この葉っぱは食べられるのです?・・・」
            
「食べられません^^;」


はい、これはこのようにして、葉っぱの上にのっかっているコンソメジュレを器に入れていただきます。
            IMG_3140

ウニと焼きナスとコンソメジュレを混ぜ合わせるようにしていただきます。
      IMG_3141

(^^)(^^)

トウモロコシの甘みがコンソメとよく合って美味しいですね。
ほんの少し、後から追いかけてくるのがアールグレイの風味ですね、
食べていて楽しいですよ。

そして、マルサラ風味の御崎のタコグリルと水なすのレモンサラダ プロチダ風。
                 IMG_3143

レモンとオリーブオイルがものすごく心地良いサラダですね。
御崎のタコ・・・いうことは、地もののタコですよね。
   IMG_3148

なるほど、鮮度が違う。
噛みしめるほどに旨味が広がっていき、いつまでも食べていたい衝動に駆られます。

厨房の入口にある、ピザ窯の準備も整ったようで、これからピッツァを焼いてゆくようですね。
            IMG_3176

さらに料理は続きます。
次の料理は、浜坂の白イカ、アーモンドと赤穂のインゲン豆のサラダと、
     IMG_3164

イチジクと鴨のバルサミコ。
          IMG_3166

浜坂の白いかと言えば、この季節に食べるには最高!
上品な甘みが魅力的で、それを赤穂のインゲンと合わせれば、キリッと冷えた白ワインがより一層美味しくいただけます。

さらに、イチジクと鴨、甘みと旨味がバルサミコと合わさり、コク旨とさっぱり感が高次元で融合してますよ(^^)
陽気な感じの器も、食欲を向上させてくれます。
       IMG_3150

あ・・・ピッツァが焼きあがったようですよ。
      

最初のピッツァは、鱧と万願寺とうがらしのマリナーラ。
        IMG_3172

ふわっとした鱧の食感に万願寺のほろ苦さとチーズがいい感じ。
そして何よりも、ピッツァの生地がめちゃくちゃ美味い!

さらに、2枚めのピッツァは、一面にタップリのきのこと、トリュフまでのっかった豪華なピッツァ。
                            (名前・・・聞いてたんだけどなぁ^^;)
        20967959_952536284886575_2109004103_o

これも、早速いただきましょう。
  IMG_3193

(^^)(^^)(^^)

シンプルな見た目とは違い、すごく複雑な旨味が絡み合っています。
これ、できればひとりで1枚全部食べてしまいたいほどですよ(^^)


ピッツァを2種類楽しんだあとは、パスタも登場。
               IMG_3197

これは、明石のムール貝と青森の北寄貝のシャラティエッリ。
まるで、うどんのようなパスタです。
でもこれが、ムール貝と北寄貝の旨味をタップリと吸い込んで、本当に美味しい!

そして、メインデュッシュは、和牛首とマグロほほ肉のグリル。
           IMG_3203

右の大きな塊が、牛肉で、真ん中の細い肉がマグロのほほ肉です。
双方ともに、肉の旨味を存分に楽しむことが出来ますよ。

そして、デサートもいただき、かなり満腹、満足させていただきました。
         IMG_3207

食事の後は、ワイとグラスを持って、テラス席で波の音を聞きながら海を眺める。
            IMG_3215

本当に心から寛ぐことが出来ました。

さくらぐみさん、大人気のお店で予約をとるのが大変だと思いますが、
お店に空席がある時に合わせてでも、食べに行く価値はあると思います。

因みにレギュラーメニューはこんな感じです。
IMG_3177
IMG_3178
IMG_3179
IMG_3180
IMG_3187
IMG_3188

もしも、予約が取れなかったら、
近くまで来たけれど、予約を取っていなかったら、ピッツァのテイクアウトは如何でしょうか?
お店のラストオーダーの時間までならば、テイクアウトは可能だそうですよ。

ナポリよりも海がキレイな赤穂で、本格ナポリ料理。
ぜひ味わってみてください!
私もぜひまた、再訪させていただきたいと思います。















【さくらぐみ】
住 所:兵庫県赤穂市御崎2-1    MAP
電 話:0791-42-3545
営業時間:11:30〜15:30  18:00〜22:00 ※冬季(10/11〜3/19)は、21:00まで。
煙 草:完全禁煙(テラスに喫煙所あり)
定休日:火曜日(祝日の場合は翌日)第1水曜日、第3月曜日
駐車場:あり (お店の近くに無料駐車場有り)
お店のHPは、コチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 


 
このエントリーをはてなブックマークに追加