美食磁石〜関西中心の美味探求〜

関西を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:北新地

いよいよ明日に迫った、米朝首脳会談。トランプ大統領、金委員長ともに、開催地であるシンガポールに到着したようですね。トランプ大統領が乗ってきた、政府専用機である「エアフォースワン」。映画にも登場したことがあるようですが、中はどんな感じなのか、気になりますよ ...
続きを読む
いよいよ明日に迫った、米朝首脳会談。

トランプ大統領、金委員長ともに、
開催地であるシンガポールに到着したようですね。

トランプ大統領が乗ってきた、政府専用機である「エアフォースワン」。
映画にも登場したことがあるようですが、
中はどんな感じなのか、気になりますよね。

移動する司令部であり、執務室であり、ホテルでもある。
大統領専用室には、浴室やトレーニングルームもあるのだとか。

トレーニングルーム^^;
エアフォースワンの場合は、公務だけではなく、大統領就任期間には、
休暇で利用することも可能なのだとか。

機内では、どんな食事が出るのかも気になりますよね。
やはり、かなりのおもてなし待遇なのでしょうね。

さて、おもてなしと言えば、
季節を感じる、おもてなし料理を満喫させていただきました。

お伺いさせていただいたのは、北新地にある、
“日本料理 湯木本店”さん。

高級日本料理のお店ではあるのですが、
意外にリーズナブルに堪能させていただくことが出来るのです。

「ちょっと、お鮨でも食べに行こうか・・・」

そんな感覚で大丈夫なのです。

落ち着いた雰囲気の部屋に案内していただき、
先ずはビールで乾杯。

まもなくすると、最初の料理が運ばれてきます。

       IMG_2257
先ずは、金竹皮盛り 八寸 桜景色。

きらびやかな金竹皮の上には、色とりどりの八寸が並びます。

手前から時計回りに、ゴマ豆腐生雲丹添えて、湯木このわた、
鯛真子含ませ、鯛肝煮こごり、烏賊とホタテの酢味噌あえと並びます。

ビールでいただいても良いのだけれど、
折角なので日本酒をいただきましょう。

         IMG_2262

いただいたのは、「辛口純米吟醸 みんな、笑う」。
こちらのお酒は、知る人ぞ知る、オリジナル熟成酒。
しっかりした旨味を楽しむことが出来、私も大好きな銘柄なのです。

そして、次の料理は腕物。

          IMG_2268

グジ にゅうめん椀です。
上品な中にも、しっかりとした旨味を感じることが出来、
心が落ち着く一品ですね。

グジの旨味を堪能し、余韻に浸っていると、
次の料理の準備が始まります。

         IMG_2275

こちらは、海鮮しゃぶしゃぶ。
具材には、鯛、鯛白子、車海老、伝助穴子が。

  IMG_2277

             IMG_2302

鍋の下は、固形燃料ではなく炭火。
炭火の方が、湯の温まり方が穏やかで、食材の仕上がりも変わってくるのだとか。

        IMG_2298

そう言われてみれば、車海老も絶妙な感じで仕上がり、
上品な甘みをしっかり楽しむことが出来ます。

    IMG_2288

鯛は、火を通しすぎないように気をつけて、
ポン酢でいただくと、甘みをも楽しむことが出来ますよ(^^)

          IMG_2305

それにしてもこれ、お酒と良く合うのなんのって^^;

     IMG_2307

鯛の白子と合わせると、言葉に出来ない美味しさですよ(^^)(^^)

しゃぶしゃぶを楽しんだ後は、揚げ物をいただきます。

          IMG_2316

稚鮎踊り揚げ、たらの芽、一寸豆おかき衣を、
山椒塩と共にいただきます。

        (^^)(^^)(^^)

鮎には申し訳ないけれど、ほろ苦い旨味がたまりません。
それにしても、山椒塩は、技ありだなぁ。

そして次の料理は、「絵の具皿  焼き物色々」。

       IMG_2320

手前から反時計回りで、
カマス寿司、八幡巻・蕗煮・玉子かまぼこ、ほたるいか、河内鴨・アスパラ、
赤貝・酒盗焼き ・熱々蒸し鮑、銀鱈西京漬け、スナップ豆  。

いろんな季節の美味しさが盛りだくさん。
こんな感じで、少しずついろんな料理をいただけるのって、
かなり楽しいですよね(^^)

そして、冷製春野菜炊き合わせは、
ゴマクリームと共にいただきます。

          IMG_2331

野菜がこんな感じで、タップリと美味しくいただける。
しかも、素材の風味を損なわないようにする技術って、素晴らしいと思います。

これだけいただくと、かなり満足するのですが、
これからまだ、肉料理が出てくるとのこと、

        IMG_2333
この、薩摩黒牛A5サーロインを使ったすき焼きをいただけるのだとか。


           IMG_2338

目の前で、料理して、取り分けてくださいます。

     IMG_2346

たっぷりの実山椒を絡めて食べても良い感じだし、
玉子に絡めていただくのも美味しい。

             IMG_2366

こんな感じで、実山椒を肉で巻いて、玉子をタップリと絡めていただくのもオススメ。
肉の旨味と山椒のさっぱりが良いバランスで楽しめますよ(^^)

〆は土鍋で炊いた季節のご飯。

     IMG_2368

このときは、豆ご飯をいただきました。
土鍋の蓋を開けると、鮮やかな豆の緑色(^^)

          IMG_2375

艶々に炊けたご飯と混ぜ合わせて、


      IMG_2380

取り分けていただきます。

あまりにも美味しかったので、2回もおかわりしちゃいました^^;
(美味しい物に出会うと、満腹中枢が破壊されるのって私だけでしょうか^^;)

  IMG_2393

デザートには、苺、キーゥイ、八朔大福を、
アングレースクリームと共にいただきます。

八朔大福、初めていただきましたが、
八朔の酸味を甘みが絶妙のバランスで、かなり美味しかったですよ。



湯木本店さん、いつ来ても想像以上の料理で、感動させていただけます。
この内容で、ひとり16,000円というのだから、定期的に来たくなってしまいます。

また、季節が変わった頃にお邪魔させていただきたいと思います。






【日本料理 湯木 本店】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−7−12 ダーリンビル 1F    MAP
電 話:06-6348-2000
営業時間:11:30〜14:30(L.O.13:30) 17:30〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:分煙
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

分冊百科って買ったことありますか?分冊百科・・・いわゆる、ディアゴスティーニとか言うやつですね。週刊 必殺仕事人とか、週刊 日本の城などなど。創刊号はだいたい安く、「通常定価 560円のところ、創刊号は200円!」何て感じで売り出されるやつ。特に、組み立てもの ...
続きを読む
分冊百科って買ったことありますか?

分冊百科・・・
いわゆる、ディアゴスティーニとか言うやつですね。

週刊 必殺仕事人とか、週刊 日本の城などなど。

創刊号はだいたい安く、
「通常定価 560円のところ、創刊号は200円!」何て感じで売り出されるやつ。

特に、組み立てものなんか、男心をくすぐってると思います。

コレクション性あり、組み立てのトキメキありで、
毎週だんだん揃っていって、最後にはリアルな模型が完成する。

でも・・・
でもですね、大人の事情って言うものも多少絡むわけで・・・。

ん、何のことかって?

売上げです、はい^^;

思った以上に売れなかった場合は、途中で休刊してしまうものがあるのかどうか・・・。
(最終号で完成予定の模型ものだったら、シャレにならないよなぁ^^;)

ほとんどは、最終号まで発刊されるらしいです。
ただ、号がすすむにつれて、だんだん売れ行きも落ちていくので、
最後の方は、定期購読分しか発刊されず、書店に並ばないので、
休刊しているように見えるらしいのです。

では、途中で休刊してしまったものはないのか・・・
あるらしいのです^^;

「週刊 エヴァンゲリオン・クロニクル」言うのがそうで、全60号の予定が、
僅か5号で休刊。
何か、大人の事情でもあるのでしょうね。

創刊号はお試し価格でお得な設定の分冊百科。
北新地のランチも、夜のお試し価格でお得な設定?

そんな北新地で、ランチのみの間借り営業。
お得な価格で、本気のカレーを出すお店、
“北新地カレー クローブ”さんに行ってきました。

            IMG_3400

こちらのお店は、かすうどんのお店、「かすや」さんをランチタイムに間借りしての営業。
北新地のお店が、夜のお試し(ってわけでもないでしょうが)に、お得なランチメニューを
出すのに対して、こちらはランチタイムのみ。
だから、ランチタイムが本気の営業。

早速入口の扉を開けて・・・
お、店内、結構賑わってるゾ!

お店に入り、カウンター席に座らせていただきます。

先ずはメニューを確認。

        IMG_3377

和出汁カレーと、無水キーマのあいがけが基本。
そこに、龍のたまごなどのトッピングを追加することが出来ます。
この日は、他に辛口煮込み蒟蒻のトッピングも出来たので、
龍のたまごと蒟蒻をトッピングでお願いしました。

カレーに蒟蒻・・・
そう思いましたが、ものは試しってヤツですよ^^;

店内は、カウンター席が7席と、4人掛けのテーブルが2つと、2人掛けのテーブルが1つ。
結構賑わっています。

すでに人気のお店って感じですね。

カレーを待っている間にも、お客さんが次々に・・・。
中には、「◯◯のママに聞いて来たよ〜」ってお客さんも。
北新地の繋がり、侮るなかれってやつですね(^^)

そんなことを考えながらカレーが出来るのを待ちます。

そしていよいよ、カレーが登場。

           IMG_3381

お、いろんな具材が賑やかに盛り込まれていて、華やかな感じですね。
カレー=肉と思われがちですが、こんな感じで野菜もたくさん盛っていただいていると、
嬉しくなります。
からだ想いのカレー、そんな感じでしょうか?

   IMG_3382

仕上げにスパイスが振りかけられ、てっぺんには山椒ものっかっています。
まさに大人のカレー、そんな感じですね。

それでは早速いただきます。

         IMG_3386

    (^^)(^^)

おぉ、旨味満タン!
これ、大好きなタイプのカレーですよ(^^)
1口めから「美味い!」を感じ、その後口に中にジワッとスパイスが広がっていく。
とても、最近間借りではじめたカレー屋さんのものとは思えないレベルですね。

と思えば、このカレーは、北新地のワインバー「カルネ(Carnet)」で出しているものなのだとか。
それを、ランチタイムにこちらのお店を間借りして、提供しているとのこと。
なるほど、レベルが高いわけですね。

  IMG_3384

そしてこれが、蒟蒻のトッピング。
はたして、蒟蒻とカレーが出会うと、どんな感じになるのだろうか・・・。

          IMG_3389

     (^^)(^^)(^^)

む、むちゃくちゃ美味しいじゃないですか!
これはちょっとビックリ。
ノリのつもりでお願いしたのですが、これはドンピシャ。
是非みなさんもあれば試してみて下さい。

  IMG_3383

綺麗なオレンジ色の龍のたまご。
これを、どのタイミングで行くか・・・。

最初からイッとく、
半分くらいでイッちゃう、
最後の1口で、一気にイッテしまう・・・。


    IMG_3393

最初は、こんな感じで崩して、それに付けながらいただきます。

そして、後半はいよいよ全体を混ぜ合わせながら旨味をしっかりと味わいましょう。

          IMG_3399

こうなるともう、スプーンを持つ手が止まりません。
あとは、本能のままに人すら食べるべし!

そんな感じで、しっかり完食。
想像以上のレベルの高さに、ちょっとビックリしました。

北新地カレー クローブさん、
是非一度行ってみてください。
店名は、カレーに使うスパイスの名前「クローブ」ですが、
スパイスマニアでない人も、美味しくいただくことが出来ますよ!


 



【北新地カレー クローブ】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1-7-6 新日本新地ビル 東館1F    MAP
電 話:06-6136-5097
営業時間:11:00〜14:00(L.O.13:30) 
煙 草:禁煙
定休日:土・日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のFacebookはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

世界三大・・・三大ってなに?そう思うのは一瞬、三大って言うのだから、見てみたい、食べてみたい・・・。そう思いますよね?世界三大料理は、中華、フレンチ、トルコ料理。でもちょっと、高級でハードルが高そう・・・。では、世界三大スープならばいかがでしょうか?世界 ...
続きを読む
世界三大・・・

三大ってなに?
そう思うのは一瞬、三大って言うのだから、見てみたい、食べてみたい・・・。
そう思いますよね?

世界三大料理は、中華、フレンチ、トルコ料理。
でもちょっと、高級でハードルが高そう・・・。
では、世界三大スープならばいかがでしょうか?


世界三大スープといえば、ブイヤベース、トムヤムクン、フカヒレスープなのだとか。
あれ、ボルシチは?
フカヒレか、ボルシチ。
それに関してはいろんな意見があるみたいですね・・・。

ところで、日本の味噌汁は何位くらいなのでしょうかね?

さて、世界三大スープや味噌汁のように、歴史は古くないけれど、
最近注目されて、関西にもドンドンお店が増えてきているのが、
スープカレーのお店。

北新地にも、スープカレーのお店が出来、話題になっています。

この日にお伺いさせていただいたのは、
“スープカレー なっぱ”さん。

         IMG_2878

11:30の開店時間と同時に、お邪魔させていただきました。

カウンター席に案内していただき、まずはメニューを拝見・・・。

     IMG_2882
鶏の旨みが凝縮したスープカレーに、タップリ野菜の“なっぱスープカレー”を基本に、
いろんなバリエーションがあるようですよ。
かつおのたたきスープカレーがすごく気になりましたが、
残念ながらこの日は売り切れだったので、鶏なっぱスープカレーを、
4辛、なっぱサンボル、そして納豆のトッピング
を付けてお願いしました。

こちらのお店は、北新地のスペインバル「Bar el sol」のパーティスペース、
「el sol the party」を間借りして、ランチタイムの営業されています。

       IMG_2880

 IMG_2881


店内の様子を眺めながら待っていると、次々とお客さんが入ってきます。
すでに人気店のようですね。

「鶏三昧スープカレー、ご飯大盛り、辛さ20で。」

え・・・隣のお客さん、辛さ20!
メニューには、何かに悩んでいる方って書いてあったけど、悩んでいるのか^^;

私もチャレンジしてみれば良かったか?
別に何も悩んではいないけれど^^;

そんなことを考えていると、注文した鶏なっぱスープカレーが運ばれてきました。

           IMG_2890

お、なんかいい感じじゃないですか!
野菜もタップリでうれしいですね。

さて・・・スプーンはどこだ?

      IMG_2883
あ、この宝箱の中ですね(^^)

それでは早速いただきましょう。
まずはスープから・・・。

       IMG_2891
お、旨みたっぷり!
辛さもちょうどいい感じです(^^)
でも、ちょっと余裕あるかな?
よし、悩み事が出来たら、20辛に挑戦してみようかな^^;

   IMG_2893
チキンは、骨付きレッグではなく、もも肉のスライスがタップリ。
食べやすさに関しては、こちらのほうがいいのかもしれませんね。

       IMG_2888
ごはんは、こんな感じで別のお皿に入って出てきます。
大盛りでも良かったかな?
この時点ではそう思いますが、スープカレーって意外とボリュームがあるので、
これくらいで正解かもしれませんね。

次に、ごはんをスープに浸していただきましょう。

           IMG_2896

        (^^)(^^)

美味しい!
何だか幸せを感じます。

スープカレーのもう一つの魅力は、野菜をたっぷりと、
しかも美味しくいただけること。

      IMG_2904
お箸を使うことで、ストレスなくいただくことが出来るのもうれしいですね。

さて、しっかりとその旨味を堪能させていただいたので、そろそろアレを・・・。

              IMG_2889
トッピングでお願いした、“なっぱサンボル”は、
こんな感じで別添えで提供してくださいます。

 IMG_2902

それを、先ほどと同じように、スープカレーの中に浸していただくと、
アクセントが加わってかなり美味しい!
これに寄って、スリランカカレーの要素も加わるので楽しいですね(^^)

後半は、ごはんをスープカレーの中にダイブ!

            IMG_2906

しっかりと混ぜて、リゾットのような感じでいただくのもまた美味し!
 
    IMG_2911

こんな感じで、納豆と一緒にいただくと、かなり美味しいです。
スープカレーと納豆、鉄板の組み合わせだと思うので、是非試してみてください!

そんな感じで、夢中で食べ進み。気がつけばキレイに完食。

美味しく、オリジナリティに溢れるスープカレーでした。

こうなると、かつおのたたきスープカレーもかなり気になるわけで・・・。
次回は是非、トライしてみたいと思います。

え? 20辛・・・
それはまた、悩み事が出来た時ということで^^;


          IMG_2912

確実に、人気急上昇中だと思います。
ぜひ、早いうちに食べに行ってみてくださいね!

      





【スープカレー なっぱ】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−5−20 大川ビル B1F    MAP
電 話:050-3716-0078
営業時間:11:30〜14:30 
煙 草:
定休日:土日祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

そういえば、プレミアムフライデーって、もうすぐ実施してから1年になるのだとか・・・。みなさんは、プレミアムフライデーの恩恵って受けられてますか?午後3時には、仕事を終わり、趣味や勉強、早い時間から乾杯!素敵な取り組みだとは思うものの、なかなか現実はそうさせ ...
続きを読む
そういえば、プレミアムフライデーって、もうすぐ実施してから1年になるのだとか・・・。

みなさんは、プレミアムフライデーの恩恵って受けられてますか?
午後3時には、仕事を終わり、趣味や勉強、早い時間から乾杯!
素敵な取り組みだとは思うものの、なかなか現実はそうさせてくれないようですね^^;

午後3時に会社を出るならば、いっその事、金曜日に有給を取ってしまって、2泊3日の旅行にでも・・・
と思うのは、私だけでしょうか^^;

さてこの取組、このままでは自然消滅は必至と思われるので、何らかの取り組みやってくれないかなぁ。

それに比べて、スーパーフライデーの方は、頑張ってますねぇ(^^)

ミスタードーナツ、サーティワン、ファミチキ・・・。

そして、今回の吉野家の牛丼は大ヒットですね!

吉野家渋滞とか、クリスマスのケンタッキーフライドチキンみたいだなぁって、思ってしまいました^^;



さて、たまに食べる牛丼の美味さも格別ですが、たまには季節を感じる和食を堪能したくなって、
久しぶりに北新地にある日本料理のお店、
”湯木本店”さんにお邪魔させていただきました。

          IMG_8408

お店は、北新地の本通り沿い、ダーリンビルの1Fにあります。

メンバーが揃い、まずはビールで乾杯。
のあとは、節分八寸をいただきます。

          IMG_8342
手前から、カラスミ大根、スモークサーモン酢蓮根、卵蒲鉾、菜の花
そして奥には、珍味煮こごりと鴨ロース。

      IMG_8346
おたふくの中には、ぬた和え。

            IMG_8347
そして、鬼の器には、鰯炊きが入っています。

これ、ビールではなく・・・

       IMG_8350
はい、日本酒をいただきます。
山形の酒、吟遊詩人、「みんな、笑う」。
このお酒が、かなり美味しいんですよね(^^)

ゆっくり、しっかりと楽しみます。

そして、次の料理は蛤の茶碗蒸し。

          IMG_8351
先ずは、器の美しさをしっかりと楽しみます。

また、蓋を開ける瞬間がワクワクして楽しいのですよね(^^)

     IMG_8353
蛤の出汁がたっぷりと効いていて、
ずっとこればかり食べ続けていたい気持ちになりますね(^^)

そして、お造り。

         IMG_8354

鯛、イカ、寒鰤。
こちらのお店で造りをいただくと、
新鮮な魚を切って出せばいいというのではないことがよく理解できます。
厚さ、食感、温度。
どれをとっても申し分なし。

             IMG_8356
そして、このわたもいただきましょう。
合わせるお酒は、奈良のお酒、春鹿の「輝き」。

しっかりと魚の旨味を堪能したあとは、お凌ぎに蒸し穴子寿司をいただきます。

              IMG_8362

このタイミングでいただく、蒸し寿司。
五臓六腑に染み渡ります、堪らない!

そして、この日の焚き物はクエすき。

          IMG_8363
幻の高級魚とも言われるクエを、タップリと。

      IMG_8367

こんな感じで、仕上げて提供してくださいます。
湯木さんの究極の出汁と、クエの旨味が合わさって、本当に至高に味わいになります。
クエの季節にお邪魔させていただいたことに感謝ですね(^^)

揚げ物には、ずわいカニおかき衣、白子大葉巻き、みぞれ和え。

            IMG_8371
サクッとした食感の後に、素材の旨味を感じ、みぞれ餡が旨味を増幅させる。
時間の流れがここだけゆっくりとした感じになりますよ。

そして焼き物は、宮崎牛サーロインステーキ西京焼き。

          IMG_8375

ハナッコリー、辛子蓮根、酢茗荷が添えられています。

それでは早速、宮崎牛をいただきましょう。

         (^^)(^^)(^^)

とろけます!
魚だけではなく、肉もしっかり美味しい!
季節の美味しさを味わった跡は、しっかりと肉も。
これだからやめられない。

〆のごはん・・・食事には、金時人参と大根と海老芋のかやくごはんをいただきます。

              IMG_8378

土鍋で炊き上げられたご飯は、取り分けていただき、
白味噌汁、香の物と一緒にいただきます。

           IMG_8385

タップリと出していただいたので、もちろんおかわりもいただきました(^^)

デザートに、デコポンとイチゴのゼリーもいただき、大満足させていただきました。

            IMG_8396


季節の素材を使った本物の日本料理が彼だけ充実した内容で、
おひとりさま16,000円は、かなり満足出来る内容だと思いますよ(^^)


大きな仕事を成功させたとき、
大切な人との会食、
季節の味わいをしっかり堪能したくなったときにいかがでしょうか?
確実に満足することが出来ますよ!








【日本料理 湯木 本店】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−7−12 ダーリンビル 1F    MAP
電 話:06-6348-2000
営業時間:11:30〜14:30(L.O.13:30) 17:30〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:分煙
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

サプライズ。 いい響きですよね。 人を驚かせた後に、喜ばせる時に使われる言葉として、用いられることが多いです。 「まさか、こんなところに◯◯が!」 イチゴ大福を初めて食べた時、そんな感じでした。 カレーパンの中に、半熟玉子がまるごと1個入っていた時も、 うな ...
続きを読む
サプライズ。

いい響きですよね。
人を驚かせた後に、喜ばせる時に使われる言葉として、用いられることが多いです。

「まさか、こんなところに◯◯が!」

イチゴ大福を初めて食べた時、そんな感じでした。
カレーパンの中に、半熟玉子がまるごと1個入っていた時も、
うな重を食べ進めていくと、ご飯の間に鰻が入っていた時も、
カレーせんべいの袋の中に、一枚だけ激辛が入っていた時も^^;

そういえば、おにぎりの中にイクラが入っているものを初めて食べた時も、そんな感じだったかなぁ・・・。
天ぷら入りのおにぎり、「天むす」もそんな感じで生まれたのではないでしょうか?

では、串カツが凄く高級・・・
いえ、この時点で「串カツ」ではなく、「串揚げ」ですね^^;


そんな串揚げに、世界三大珍味を取り入れてしまったものがいただけるとのことで、
北新地のANAクラウンプラザホテル大阪にある、串揚げのお店、
"春夏秋冬"さんの試食会にお邪魔させていただきました。

          IMG_4925
ホテルの中のレストラン、と言うだけあって、高級感が溢れる店内です。

     IMG_4927

テーブル席に座らせていただき、先ずは生ビールで乾杯。

               IMG_4928
こちらのお店では、アサヒ熟撰か、プレミアムモルツ 香るエールの生ビールをいただくことが出来ますよ。

串揚げは、懐石フルコースか、「STOP」と言うまで、どんどん串揚げが出てくる、おまかせ串揚げコースを楽しむことが出来ます。

  IMG_4946

      IMG_4947

          IMG_4948

  IMG_4949

         IMG_4950


が、この日は、周年特別コースとして、世界三大珍味を取り入れたコースを用意してくださいました。

先付けには、鴨と下仁田葱のビーツ味噌をいただきます。

           IMG_4930

さりげなく、トリュフがのっけられているあたりがいいですね(^^)
この味噌、凄く美味しいのです。
そして、鮮やかな赤が、見た目からも楽しませてくれますよね。

そして、前菜は刺身三種(本マグロ・剣イカ・鯛)、
海老芋のウニ焼き、干し柿なます、すだち釜、帆立と蟹の蕪蒸し うす蕪餡です。
       IMG_4933
ここまでを見ていると、串揚げ屋さんではなく、和食のお店で懐石料理をいただいているみたいですよね。

そう思っていると・・・。

        IMG_4945
串揚げの用意が。

スティックサラダと、ポン酢、2種類のソース、塩が入った器と、パンが用意されました。
パンは、この上に出来上がった串揚げを置いてくださるようです。
こうすることによって、串揚げの旨味がパンにも移り、最後はパンも美味しくいただけるのだとか。

二度付け禁止のソースに"ポチャン"と串を浸すのもいいですが、
いろんなソースでいただけるのもかなり楽しい。

     IMG_4951
そして、彩り鮮やかなサラダも目から楽しませてくれますね。

そんなことを思っていると、最初の串が出来上がってきました。

               IMG_4953
先ずは、大きな車海老。
これは塩でいただきます。
上品な甘みがたまりませんね(^^)

そして、早速こんな豪華なのが出てきましたよ。
  
         IMG_4962
シャトーブリアンの上に、ウニ。
「うにく」の串カツ・・・いえ、串揚げをシャトーブリアンでやってしまうのですから、驚きですよね!
それでは早速いただきましょう。

       (^^)(^^)(^^)

これ、当たり前かもしれませんが、めちゃくちゃ美味しいですよ!
うわぁ、これはテンション上がるなぁ。

そして次の串は、大きなアスパラ。
   
      IMG_4970

たかがアスパラ、されどアスパラ。
このクラスの大きさになると、普段お目にかかることは無いですものね。
いただいてみると、甘みが半端ない!
素晴らしいです。

そして、 三つ葉のキス巻き。
      IMG_4972
これは、ポン酢を付けていただきます。

        (^^)(^^)

たしか、ワインも良さそうなのがあったなぁ・・・。

         IMG_4974
というわけで、日本のワイン「甲州」の新酒をいただきます。

そして、串揚げの方はこんな変わったものをいただきます。

        IMG_4975

金箔ののっかったこれは、宮城県気仙沼産フカヒレスープ串。

「フカヒレスープを串揚げに?  まさか・・・」

そう思い食べたところが、本当にフカヒレスープ!
これ、お見事ですよ!

そして、安納芋。

     IMG_4979

これは、特製の串かつソースでいただきます。
いつもの串かつソースにホッとしながらも、繊細な味わいの安納芋をたのしみます。
このギャップが楽しいですね。

さらに、こんなものまで串揚げに!
        IMG_4981
これは、たこ焼き。
キチンと青のりもふりかけてあります。
食べてみると、ちゃんとたこ焼き。
上品に仕上げてありますよ。

そして、豚ロースのしそ巻き。
       IMG_4982

ソースでいただくこの串、まさに「これこれ!」って感じで、このタイミングで出てくると嬉しくなってきますよ!

そして、極めつけはこちら。

       IMG_4988
これは、三大珍味串。
フォワグラの串揚げに、トリュフ、キャビアを乗っけて、一口で世界三大珍味が楽しめるようになっています。
それぞれが自己主張しすぎるのかと思いきや、食べてみると3つが見事に調和して素晴らしい味わいですよ!

このバランス、かなり苦労されたのではないでしょうか?
正直言って、想像以上。
これ、食べることが出来て本当に良かったです(^^)

      IMG_4997
デザートには、無花果とアイスクリームもいただき、かなり満足させていただきました。

ホテルのレストランで高級感の中にも大阪をしっかり感じることが出来る空間で、
三大珍味の串揚げ、是非体験してみてくださいね!


 







【串揚げ 春夏秋冬】
住 所:大阪市北区堂島浜1−3−1 ANAクラウンプラザホテル大阪 2F    MAP
電 話:06-6442-7565
営業時間:11:30〜15:00(L.O.14:30) 17:00〜23:00(L.O.21:30) 
煙 草:分煙(個室のみ喫煙可)
定休日:無休
駐車場:あり(ANAクラウンプラザホテル大阪の駐車場)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の中に、お医者様はいらっしゃいますか?テレビのドラマでは、たまにお目にかかるこのシーン。実際に見たことがある人って、どのくらいいるのでしょうね?飛行機に乗っていて、新幹線に乗っていて、このようなアナウンスがあるということは、急病人が出たということ。 ...
続きを読む
お客様の中に、お医者様はいらっしゃいますか?

テレビのドラマでは、たまにお目にかかるこのシーン。
実際に見たことがある人って、どのくらいいるのでしょうね?

飛行機に乗っていて、新幹線に乗っていて、このようなアナウンスがあるということは、
急病人が出たということ。

無い方が良いことなのですが、その確率ってどのくらいあるのでしょうか?

「お客様の中にお医者様は・・・」
の確率は、国内線では1/1000で、国際線になると、その確率はもう少し上がり、5/1000程度なのだとか。
逆に、飛行機にお医者様が乗ってる確率は、35%とと結構多く、
お医者様もしくは看護師となると、87%と、飛躍的に上がるのだとか・・・。

では、北新地の街にお医者様がいらっしゃる確率は・・・

とそんなことは考えず、北新地のお得なランチをご紹介。

先日、レセプションでお伺いさせていただいた、熟成肉のお店、
”熟成肉 Bacco Aging bar”さんのランチメニューがかなりのものだとの情報を聞き、
早速食べに行ってきました。

     IMG_3113
たまには良いですね、お昼の北新地も(^^)

お店の入り口には、ランチメニューのボードが置いてありますよ。

             IMG_3115
わ、めっちゃ肉!
肉が食べたい気分の人にとって、これはたまらんぞ! って感じの画像入りですね。

それを確認しながら、お店がある2階に上がっていきましょう。

時間はランチタイムには遅めの13:00過ぎ。
少し落ち着いているものかと思いきや、半分くらいの席が埋まっています。
テーブル席の一番奥に座らせていただき、改めてメニューを確認します。
          IMG_3118
ランチメニューは、
牛ロースレアステーキランチ、
Bacco特製 ローストビーフカレーランチ、
熟成和牛 ハンバーグランチ
の3本建て。

ここは、レアステーキでしょ・・・
と思っていたのですが、やはりカレー好きの血が騒ぐ^^;

というわけで、私はローストビーフカレーランチをお願いしたのですが、同行していただいた友人は・・・

「この中で、オススメ・・・いえ、自分が食べるんだったらどれにしますか?」

なんて、お店の女の子に聞いちゃってます。(そ、そんなのありなのか^^;)

「私でしたら、これでしょうか・・・美味しいですよ!」

と、指差したのは、熟成和牛ハンバーグランチ。

というわけで、カレーとハンバーグを注文します。

そんな感じで、注文を済ませて店内を見ると、この時間からでもドンドンお客さんが入ってくるじゃないですか!

まだ新しいお店なのに、スゴイですね。
さて、その人気の理由はこの後すぐに、理解することになるのですが・・・

            IMG_3119
そんなことを考えていると、先にサラダが提供されます。

シンプルなレタスのサラダですが、ドレッシングも美味しい。

サラダをちょうど食べ終わる頃、先に熟成和牛ハンバーグランチが出来上がってきました。

        IMG_3121
鉄板にのっかって、ジュウジュウと音を立てながら提供されます。

そこに、ソースを掛けていきます。
     
       IMG_3127


立ち上がる湯気と香りがたまりません!
ランチ1,000円が暗黙のお約束とされる北新地で、こんな演出まで付いて、880円は、素晴らしい!
こりゃぁ、人気が出るのも頷けますね。

そして、私が注文したローストビーフカレーはこんな感じです。

        IMG_3124
漆黒のカレーに、真っ白なビシソワーズソースが映えますね。
これも、出てきたときに、「おぉ!」ってなりますよ。

それでは早速いただきましょう・・・。

お、美味しい!

カレーもしっかりと作りこまれていて、妥協しているところがない。
そして、ビシソワーズソースがすごくよく合うのです(^^)

カレーのてっぺんには、ビシソワーズソースに隠れて、温泉玉子がのっかっているのですが、
これをどのタイミングで崩すか・・・

           IMG_3133
はい、こんな感じでとろけます(^^)

それにしても、このカレー、ローストビーフが本当にたっぷりと入っていますよ。

      IMG_3138
まんべんなくローストビーフに覆われていて、しっかりと堪能することが出来ます。

そして、熟成和牛ハンバーグも一口頂きましたが、レア感がたまりません。

           IMG_3134
これは流石に、お店の方がこそっと教えてくれるだけのことはありますね(^^)

そんな感じで、あっという間に完食。
カレー、ハンバーグともに、とても880円とは思えないくらいの充実した内容だと思いますよ。


北新地Baccoさん、ディナーだけではなく、ランチも妥協しない素晴らしい内容だと思います。

梅田に来たら、ちょっと北新地に寄り道してみませんか?
880円でこの満足感は、他ではちょっと無いと思いますよ!














【北新地 熟成肉 Bacco Aging bar】
住 所:大阪市北区堂島1−5−40 森田ビル 2F    MAP
電 話:06-6341-8116
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜23:30(L.O.22:30) 
煙 草:分煙
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

串打ち三年 裂き八年 焼き一生。これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。串打ち三年 焼き一生。うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。本当にそうなのか・・・そう思い、鶏肉を買ってきて、 ...
続きを読む
串打ち三年 裂き八年 焼き一生。

これは、うなぎを焼き技術の難しさを表したものだそうですが、
焼き鳥にも同じような言葉がありますよね。

串打ち三年 焼き一生。

うなぎのように「裂く」行程がないだけで、あとは一緒。

本当にそうなのか・・・
そう思い、鶏肉を買ってきて、自分で串に鶏肉を刺して焼き鳥を作ってみました。

先ずは、串打ち。
思った以上に堅いのです^^;
特に皮の部分が大変で、これを毎日100本以上もするのかと思えば、気が遠くなるくらい^^;
もちろん、"超お得な串”と、"大ハズレの串が出来てしまいます^^;

そして、焼き。
見てると簡単そうに見えるのですが、実際にやってみると、なかなか上手くいかない^^;
ちょうど良い部分と、半生の部分が混ざったり、焦げた部分とちょうどよい部分が混ざったり、
串だけ焼けて、途中で折れてしまったり・・・。

あはは^^;
本当に上手くいきません。
やはり職人さんが焼き鳥が良いようですね。

そんなわけで、ふらっと立ち寄ったのが、
北新地にある"とり甚”さん。
                IMG_3939

こちらのお店は、昼は鶏肉の卸屋さん。
夜は、焼き鳥や鶏料理を提供してくださるお店に変身します。

1階は立ち飲みで焼き鳥を楽しむことができて、予約すれば、2階の席で地鶏鍋を楽しむことも出来るのだとか。

この日は、ちょっと早目の時間に、ふらっと立ち寄らせていただきました。
実は私、この日はこちらお店に初訪問だったのです^^;
(こちらのお店、北新地では老舗。何と、創業は1954年だそうですよ!)

入口に近いカウンターに落ち着き、まずは瓶ビールで乾杯!
生ビール(中)も瓶ビール(中瓶)も、同じ値段で楽しめますよ。


        IMG_3931

先ずは、生物からお願いしましょう。
やはり、生肝かな・・・。

       IMG_3932
牛生レバーは、食べることが出来なくなってしまいましたが、新鮮な鶏のレバーならば大丈夫。
こちらのお店でもいただくことが出来ますよ!

見るからに新鮮な色合いの生肝。
甘みがあって美味しいです(^^)(^^)

そして、焼き鳥も何かお願いしましょう・・・。

           IMG_3934

店内には、こんな感じで冷蔵ケースがあって、実際に見て選ぶことが出来ますよ。

こちらのお店では、大女将が串を焼いてくださいます。
結構ご高齢であるとは思うのですが、串を目の前にすると、すごいオーラを感じることが出来ます。

IMG_3936

こちらは、ズリサンドと、きも。

焼肉の”ミノサンド”が、ミノに脂を残したもの。
そして、ズリサンドも同じく、脂が残ったズリ。
ですので、コリコリ感と、ジューシィさが同居していて、ものすごく美味しいのです。
これは珍しいですね(^^)

きもも、ネギと一緒に串に刺されていて、美味しいですよ。

       IMG_3937
そして、せぎもと、特選焼鳥。

せぎもの柔らかさに感動!
そして、特選焼鳥は、「これでもかっ!」ってくらいに、身がギッシリです(^^)

更にもっといろいろ・・・・
と行きたいところでしたが、続きはまた、今度のお楽しみ。
そんな感じで、サクッと立ち寄っても楽しいですよ(^^)

早目の時間に、サクッと。
そして、深夜まで営業しているので、〆の焼とり使いにも面白いのではないでしょうか。
是非また、お邪魔させていただいます(^^)









【とり甚】
住 所:大阪市北区曽根崎新地1−2−2    MAP
電 話:06-6341-6520
営業時間:17:30〜翌4:00 ※土曜日は21:00頃まで。
煙 草:喫煙可
定休日:無休(年末年始は休業)
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     




  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

座席によって、値段に差をつければ面白いのになぁ・・・。そんなこと、ふと考えてしまいます。え、何の話かって?飛行機とか新幹線とか、座席指定の乗り物の席のことです。今でも、ファーストクラス・ビジネスクラス・グリーン車など、明らかに座席の広さや設備、サービスに ...
続きを読む
座席によって、値段に差をつければ面白いのになぁ・・・。

そんなこと、ふと考えてしまいます。
え、何の話かって?
飛行機とか新幹線とか、座席指定の乗り物の席のことです。

今でも、ファーストクラス・ビジネスクラス・グリーン車など、明らかに座席の広さや設備、サービスに差があるものは、値段が違いますが、
同じ設備の座席・・・普通車やエコノミークラスでも、窓際、通路側、中央席で差をつければ面白いかなぁ・・・と。
ピーチなどのLCCは、座席の場所によって、値段が違いますよね、実際に。

例えば、新幹線「のぞみ」の、名古屋〜新横浜の区間の、富士山が見えるE席は500円高く、3人掛けのB席は、500円安いとか、
車両の端、人の行き来が多い、自動ドアのところの席は、少し安くするとか。


ま、東海道新幹線の場合、ビジネス客が圧倒的に多く、富士山側の窓際が高くなると、誰も座らないかもしれませんが^^;

実際には、車両の端の席には、全席コンセントが付いていて、テーブルも広いというメリット、
3人掛けの真ん中、B席は、他の席に比べて、幅が若干広いという、差が現在もあるのですが。

場所によって値段が変わる・・・
ちょっと面白いと思いませんか?


さて、場所・・・部位によって、美味しさが変わるのが、肉。
それも、熟成肉ならば、その差はもっとわかりやすいかと。

この日にお邪魔させていただいたのは、北新地に、この9月にオープンした熟成肉のお店、
”Bacco(バッコ) Aiging Bar”さん。
           IMG_1406
お店は、堂島アバンザの近くにあります。

階段を上がって2階に行くと、フロアが広がっています。
この日は、レセプションにお招きいただき、お邪魔させていただきました。

その旨を伝えると、もう一つ上のフロア、3Fに案内してくださいました。

      IMG_1214

3Fからは、こんな感じで吹き抜けから見下ろすことが出来ますよ!
  (とは言っても、2階の席のお客さんのテーブルは、直接見えないように工夫がしてあります。)

2Fは、カウンター席が4席と、テーブル席が32席。
そして、3Fは、6名対応の完全個室と、6名対応の半個室になっていて、つなげて12名まで対応できるみたいです。

席に座り、メニューを確認します。

 IMG_1288

       IMG_1285

          IMG_1286

 IMG_1287

こちらのお店は、熟成肉だけではなく、本格的なイタリアンも楽しめるみたいですね。
そして、飲みのものメニューはこんな感じです。

        IMG_1213

まずは生ビールで乾杯!
その後すぐに、こんなものが登場!
    
      IMG_1222
かなり存在感のある、生ハム。
これを、こちらのお店のダニエルさんに切りわせていただきます。

        Bacco1
ダニエルさん、生ハム切り出しコンテスト優勝されたこともあるのだとか。
鮮やかな手さばきで、生ハムを目の前で切り出してくださいます。

     IMG_1256
こちらは、イタリア産プロシュート。
柔らかく、サラッと食べてしまいそうになります・・・・が、オススメはシッカリと噛みしめること。
そうすれば、どんどん口の中に旨味が広がっていきますよ!

あぁ、思い出しただけでも、ジュルッと^^;

      IMG_1283

そして、燻製サーモンと鯛のカルパチョ サラダ仕立て。
サーモンって、燻製にすると、すごく旨味が増しますよね。

燻製と言えば・・・。
こちらのお店では、こんな料理もいただくことが出来ます。

    Bacco2
これは、生雲丹と牛肉ユッケの瞬間燻製。
煙に包まれた容器でて供していただけ、目の前で蓋を取ってくださいます。

         IMG_1306
中からはこんな感じで、生雲丹と牛肉のユッケが。
卵黄を崩しながら混ぜ合わせて、いただきましょう。

そして、Bacco特製ポテトサラダ。
      IMG_1292
運ばれてきた時には、メンバー一同、「何これ?」状態。
卵黄の海に浮かぶのがポテトサラダで、その上にはチーズ!
ブラックペッパーがいいアクセントになって、かなり美味しいですよ。

さらに、次の料理は、自家製ボロネーゼとフォワグラエスプーマのタリアテッレ。
仕上げに、目の前でフォワグラのエスプーマをかけて仕上げられます。
          IMG_1337
よく混ぜ合わせていただくと、複雑な旨味が口の中に広がります(^^)

そして、いよいよ熟成肉の登場。

        IMG_1340
この日は、4種を盛り合わせでいただきました。

これも、ダニエルさんが目の前で切り分けてくださいます。


             IMG_1356

こうなってくると、やはりワインがいただきたいですよね。

        IMG_1389
いただいたのは、レバノンのワイン、”Chateau Musar(シャトー・ミュザール)2009”
先ほどから、生ハムと切り出してくれたり、熟成肉を切り分けて下さっているダニエルさん、
その実態はワインエキスパート。

好みを伝えると、サッとワインを選んでくださいますよ。
(ワインについて語る時の表情が楽しそうだこと(^^))

        IMG_1387

熟成肉の盛り合わせは、
14日熟成 牛タン、
35日熟成 黒毛和牛ランプ、
35日熟成 黒毛和牛肩ロース、
20日熟成 茶美豚肩ロース。


これは本当に贅沢な食べ比べですよ(^^)

そして、デザートには無花果のタルトもいただき、大満足させていただきました。
              IMG_1401

北新地の熟成肉レストラン、
ちょっとお高いイメージがあるかもしれませんが、飲み放題付きで、5,500円のコースも用意されていて、オトクに楽しむことが出来ますよ!

こちらのお店、ランチタイムも営業されていて、
BACCO特製ローストビーフカレーランチ、
牛ロース レアステーキランチ、
熟成和牛ハンバーグランチ
を楽しむことが出来ますよ。

ランチメニューは全て、880円!

ランチタイムにも、ぜひ行かなければなりませんね(^^)










【北新地 熟成肉 Bacco Aging bar(バッコ)】
住 所:大阪市北区堂島1−5−40 森田ビル 2F    MAP
電 話:06-6341-8116
営業時間:11:30〜14:30(L.O.14:00) 17:00〜23:30(L.O.23:00) 
煙 草:分煙
定休日:なし
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

「半ドン」って言葉、しばらく聞かないですよね。昔の土曜日、つまり午後からはおやすみの日を半ドンと言ったのですが、そもそも、半ドンの「ドン」って何?「ドン」とは、ドンタクの意味。ドンタクは、オランダ語で、日曜日、休日を意味し、"Zondag"が語源になっているのだ ...
続きを読む
「半ドン」って言葉、しばらく聞かないですよね。

昔の土曜日、つまり午後からはおやすみの日を半ドンと言ったのですが、
そもそも、半ドンの「ドン」って何?

「ドン」とは、ドンタクの意味。
ドンタクは、オランダ語で、日曜日、休日を意味し、"Zondag"が語源になっているのだとか。

今では、週休二日が当たり前になり、土曜日は休日の方が多いと思います。
ですので、「半ドン」の言葉も、あまり使わなくなったのでしょうね。

お休みのとり方は、その職業によって様々ですね。
理美容店は、月曜日休み、
不動産や住宅関係、市場などは水曜日休み。

私が時々お邪魔させていただく、天然ふぐ料理の専門店は、天然フグのシーズン中は、休み無し。
その代わり、シーズンオフはずっとお休みだそうです。

それと同じように、シーズンに入ると安みなしの仕事、
日本酒の蔵もそのようです。

さて、来る10月1日は、今年の日本酒づくりが始まる日。
この日を、「日本酒の日」とも言います。
そう、この日を境に、新しい年度がはじまるのです。

そんな日本酒の日に、
北新地×日本酒×バルのイベント、
北新地・地酒の陣  が、開催されます。
           2017_0721_jizake-bar_hp-1

毎年、日本酒の日である10月1日には、いろんなイベントが開催されていますが、
北新地で開催されるのは初めてではないでしょうか?

この日は、そんな「北新地・地酒の陣」の前バルに参加させていただきました。

最初のお店は、"串揚げ 和や”さん。
         IMG_3942
高級感溢れる店内では、全国の極上食材が、串揚げでいただけるみたいですよ。
  IMG_3957

        IMG_3960

 IMG_3959

この日は、串揚げではなく、日本酒の日、当日にいただけるメニューを出していただきました。

IMG_3970
こちらは、近江牛。
これが本当に美味しい(^^)(^^)

これに、山形のお酒「米鶴」が付いて、何とワンコイン!
            IMG_3972

そして、子持ち昆布も出していただきました。
   IMG_3971
子持ち昆布と、近江牛ならば、絶対に近江牛・・・・
と思っていたのですが、この子持ち昆布、素晴らしく美味しい!
ひょっとしたら、当日別メニューで出てくるかも・・・。

さて、次のお店は、"素材の力と和の心 乾坤一擲(けんこんいってき)さん。
           IMG_3980
こちらのお店は、無農薬のこだわり野菜をはじめ、さまざまな厳選素材を使った料理が日本酒とオモニいただけるのだとか。

日本酒の日当日は、落ち鱧の湯引き、梅肉添えをいただくことが出来るのだとか。
        IMG_3989
そして、合わせるお酒は、山口県の長門峡。
     IMG_3995
こんな感じでマリアージュを楽しめる。
贅沢な時間を過ごせそうですよ。

そして次のお店は、
"囲炉裏と釜飯 しずる”さん。
          IMG_4000
もうね、看板からときめくお店なのです。
囲炉裏という文字だけでも、ワクワクするのに、この写真は反則でしょ^^;
そんな気持ちでお店の中に入っていくと・・・。

    IMG_4005
あらま・・・
本当に各テーブルに囲炉裏があるのですよ。

これ、ただの演出ではなく、北新地・地酒の陣当日もいただくことが出来ます。

    IMG_4024

            IMG_4019
囲炉裏で炙った魚と、燗酒。
最高ですよ!

そして、前バル最後に訪問させていただいたのは、こちらのお店。

      IMG_4038
こちらは、"Magche(マグシェ)さんといって、鮪が美味しいお店です。
   IMG_4042
通常メニューも、こんな感じで、マグロ料理がたっぷり!
そんな中、いただけるのは、マグロのほほ肉。

          IMG_4049
引き締まった身の美味しさと、脂ののりが最高なのです。

   IMG_4056

こんな美味しいマグロを食べたら、他にも食べたくなるのは人情ですね。
オプションにはなりますが、こんな素敵なものもいただきました。
    IMG_4057
本マグロの脳天と、

          IMG_4059
先ほどの本マグロのホホ肉のバター焼きです。

さすがは北新地!
そんなハイレベルな美味しさのお店を、ワンコインから楽しめるチャンスですよ。

今度の日曜日、10月1日は日本酒の日。
みなさんで楽しみましょう!


詳細は、こちらのHPや、
Facebookページで確認できます。

ぜひ、お出かけくださいね!

   

    




【北新地・地酒の陣】
前バルでご紹介したお店:串揚げ 和や          MAP
            素材の力と和の心 乾坤一擲   MAP
            囲炉裏と釜飯 しずる      MAP
            Magche             MAP

開催期間:2017年10月1日 日曜日 13:00〜20:00 

北新地・地酒の陣のHPはコチラ
北新地・地酒の陣のFacebookはコチラ




Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com 




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



                
このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ新米の季節!早い産地のものは、もう出回っていますでしょうか?艶々の炊きたてご飯を食べると、それだけで元気になるような気がしませんか?白いご飯はもちろん、かやくごはんや混ぜごはんも美味しいですよね。ところで、「かやくごはん」って、関西の方言らしいっ ...
続きを読む
もうすぐ新米の季節!
早い産地のものは、もう出回っていますでしょうか?

艶々の炊きたてご飯を食べると、それだけで元気になるような気がしませんか?

白いご飯はもちろん、かやくごはんや混ぜごはんも美味しいですよね。

ところで、「かやくごはん」って、関西の方言らしいっていうの、ご存知でしたか?

わたしは、日本全国どこに行っても、通用するものだと思っていたのですが、
全国的には、炊き込みご飯、五目ごはんというらしい・・・。

かやくごはんって、東京のお店には書いていないのか・・・
今度探してみよう^^;

かやくごはんの「かやく」とは、「加薬」と書くらしい。
「薬」「加」えて、加薬ご飯。(もともとは、漢方薬のことだったらしいのですが。)
薬味を加えるとか、そういう意味で呼ばれて、かやくごはんになったのでしょうね。

白いご飯もいいけれど、やはり、炊き込みご飯が出てくると、嬉しくなります。
特に、和食のお店に行った時に〆に、こんな素敵なご飯が出てきたら・・・。
           IMG_1997
           これは、新生姜ごはんに、桜えびと三つ葉を盛り込んだものです。
そんな素敵な〆のご飯を、この日は北新地にある、“湯木新店”さんでいただきました。

     IMG_1904
前回、本店の方にお邪魔させていただいたのですが、その内容があまりにも良かったので、
また予約させていただき、お邪魔させていただきました。
今回は新店の方に案内していただきました。

冷たいビールで乾杯の後、八寸が提供されます。
        IMG_1918

こういう季節感タップリの演出が素晴らしいですよね。

ほおづきの中には、蒸し鮑がキャビア、金箔と一緒に入っています。
それに、鴨ロース、煮こごり、白和えも。
    IMG_1920

これ、どれもお酒がすすむものばかりで困ってしまいますよね^^;

さらに、素晴らしい器の登場。
               IMG_1927

中には、すっぽんの茶碗蒸しが。
    IMG_1929
このすっぽんの茶碗蒸し、素晴らしい!
初めて食べたすっぽんは、結構クセがあり、その次に食べたすっぽんは、「まぁこんなものか・・・」で、その次に食べたすっぽんがすごく美味しいくて、感動したのですが、
これは、それをも遥かに上回るくらいに美味しいです(^^)
これをいただくと、すっぽんが何故あれほどに高級食材として人気があるのかが理解できますよ。

これはもう、ビールを飲んでいる場合ではありませんよね・・・。

というわけで、お酒をいただきます。
             IMG_1934
いただいたのは、和歌山県のお酒、山廃錦郷。
さすがに、いいのを選んでいらっしゃいます。

そして、次の料理はお造り。
         IMG_1936
蓮の葉の上に、鯛、イカ、シマアジがのっかっています。
そして、別添えでは、生雲丹とこのわたも。

イカに、このわたをつけていただくと、本当に美味しいのです(^^)

もちろん、お作りをいただく間にも、日本酒のおかわりをいただきます。
それにしても、お酒との相性が素晴らしい!

そんな感じで、お造りを楽しんでいると、次の料理が登場。

これは、鮎の骨煎餅。
          IMG_1947
パリッと仕上げられた鮎の骨煎餅は香りも最高で、思わず笑みがこぼれます。

そして、その奥に見えるものは・・・。
    IMG_1948
もち米の上に、鮎の塩焼き白蒸し。
こういうのを間に出していただけると本当にうれしいですよね。

鮎を味わっていると、出汁のいい香りが漂ってきます。

季節の味わいとして、鱧のすき鍋をいただきます。
            IMG_1955
きれいな鱧がたっぷりと!
これを、店主の湯木さん、自ら鍋を作ってくださるのだとか。
嬉しいですね(^^)
   IMG_1962
こんな感じで作っていただけると、一番美味しいタイミングで味わうことが出来ますよね。

         IMG_1965
きれいに花が咲いた鱧と冬瓜、しいたけが美味しそうです。
では早速いただきましょう。

(^^)(^^)(^^)

これもやはり、日本酒でしょう!

         IMG_1971
というわけで、広島のお酒、龍勢のロイファーをいただきます。
             ※ロイファーは、蔵企画のお酒ではなく、Weinhaus HINODEさんのオリジナルです。


さらに料理は続きます。
鮮やかな青いお皿にのって出てきたのは、銀鱈西京焼き、鰻八幡巻フライ、枝豆とコーンのかき揚げ。
              IMG_1977
これは、山椒塩でいただきます。
これ、少しずつ食べていると、いくらでもお酒が飲めそうですよ(^^)

そして、冷製仕立 彩り夏野菜炊き合わせ。
         IMG_1979
野菜がこんなにも美味しい! 
そんな体験ができますよ(^^)

そして、宮崎牛A5サーロイン。
    IMG_1985

これは、トリュフ塩とわさびでいただきます。
     IMG_1990
(^^)(^^)(^^)


魚も、野菜も、肉も別世界の味わい。
こうやって食べると、こんなにも美味しい!
そんな体験、出来ますよ(^^)

そして、〆のごはんが、土鍋で炊いた、新生姜のごはん、桜えびと三つ葉を盛り込んで。
               IMG_1997
一面鮮やかな桜えび!
これ、海老好きにはたまりませんよね。

これを、ひとりひとり取り分けていただきます。

それでは早速いただきましょう。

       IMG_2008
(^^)(^^)(^^)

あれだけいろいろいただいても、これは別腹!
思わずおかわりしてしまいました(^^)

デザートには、白桃、西瓜のゼリー寄せ アングレーズとともに。
        IMG_2016

そして、いちご大福ならぬ、八朔大福もいただき・・・
   IMG_2017
         なにこれ、美味っ!
  八朔のさっぱりとした酸味と大福がすごくよく合いますね。
デザートまで大満足させていただきました。


せっかく美味しいものをいただくのならば、確実に美味しいものを・・・。
それも、五感に響くものを。
そんなときには、是非オススメします。
  ここに来るためならば、頑張れる!
そんな思い出また、季節が変わればお邪魔させていただきたいと思います。













【北新地 湯木 新店】
住 所:大阪市北区堂島1-5-39 マルタビル1F    MAP
電 話:06-6348-2777
営業時間:11:30〜14:30(L.O.13:30) 17:30〜22:00(L.O.21:00) 
煙 草:喫煙可
定休日:日・祝
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)
お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:    hitoshi.o.saichan@gmail.com




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 
このエントリーをはてなブックマークに追加

寝る時間も惜しんで、働いたり遊んだりした時代に、すごく重宝された、寝台列車・・・いわゆるブルートレインですね。 最近では、めっきり見かけなくなりましたよね。 (ってか、まだ走ってるのかな?) 寝ている間に目的地。 今はそんなことをしなくても、朝一番の新幹線に ...
続きを読む
寝る時間も惜しんで、働いたり遊んだりした時代に、すごく重宝された、寝台列車・・・いわゆるブルートレインですね。
最近では、めっきり見かけなくなりましたよね。
(ってか、まだ走ってるのかな?)

寝ている間に目的地。
今はそんなことをしなくても、朝一番の新幹線に乗れば、それとほぼ同じようなスケジュールを組むことが出来る。
そして、飛行機もLCCの登場で、ずいぶん身近なものになったのが、寝台列車の引退に関係あるのでしょうね。

寝台列車は移動の手段から、それ自体を楽しむスタイルに変化している・・・。

豪華列車の「ななつ星 in 九州」が大人気です。

そんな豪華列車が関西にもお目見えしましたよね。
トワイライトエクスプレス瑞風。
車両の最前部と最高部に展望車が付いてる夢のような列車、一度は乗ってみたいものです。

そんな瑞風は、先日、山陰の方を廻るルートで運行されたのだとか。

山陰・・・
そういえば、関西に住んでいても、あまり馴染みがない場所ですよね。
でも、美味しいものも盛りだくさんで、すごく素敵なところみたいですよ。

鳥取のイカ、島根の鯵、米子の蟹、大山地鶏・・・。

海の幸も満載ですよね。

そんな山陰の美味しい郷土料理を集めたお店があると聞き、行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、“天ぷら海鮮 米福”さん。
                        c975e893.jpg


お店は北新地にANAクラウンホテルの西側、四ツ橋筋から入ってすぐのところにあります。

こちらのお店の本店は山陰の米子にあって、山陰の美味と魅力を発信されています。

店内に入ると、1階はカウンター席とテーブル席があり、2階にはテーブル席と掘りごたつ式の席があります。

この日は、2階のテーブル席に案内していただきました。

先ずは、生ビール(と、トマトチューハイ)で乾杯!
                7d5deba2.jpg



こちらでは、サッポロ黒ラベルの生をいただくことが出来ますよ。

今週のおすすめはこんな感じ。
                        661c2861.jpg


山陰の旬の美味しいものがラインナップされてますよ。
そして、他にレギュラーメニューもありますよ。
f4c58e31.jpg
 d6a7974b.jpg
 ce85585f.jpg
 681d769a.jpg

7eb413ba.jpg
 c72c5e78.jpg
 031ac1fb.jpg
 264a6ae2.jpg

7ec86181.jpg
 ad836f5e.jpg
 5fdc417b.jpg


気になる料理がたくさんありますが、いくつかピックアップしてお願いしましょう。

先ずは、山陰海鮮刺身盛り 5種。
                     71c261d7.jpg


やはりこれは外せないですよね。
日本海の海の幸をしっかり満喫させていただきましょう。

そして、極上! 真イカの姿造り。
                   65371d7b.jpg


イカの姿造りが、たったの990円でいただけるのですから驚きですよね!
甘みたっぷりのイカ刺しを、しっかりと堪能させていただきます(^^)

つくりを楽しんだあとは、やはり定番のものも楽しみたい・・・。
                  faa62aa0.jpg


米福のポテトサラダ。
結構個性的なポテサラですね!

ポテトサラダ、あればかなりの確率で注文してしまいます^^;
たかがポテトサラダ、されどポテトサラダ。
お店によって全く味わいが違うから楽しいですよね(^^)

そして、ホタルイカのおろしポン酢和え。
                        96f0ff69.jpg


ホタルイカって、酢味噌でいただくか、沖漬けでいただくことが多いかと思いますが、こんな感じでおろしポン酢で食べても美味しいですね。
ホタルイカがたくさん穫れる山陰の食べ方なのでしょうかね。

さらに、自家製イカさつま揚げには、山陰の真イカが使われているのだとか。
                           52abb54c.jpg


食べてみると、本当にいかがたっぷりと入っていますよ。

これ、ビールが飲みたくなってくるゾ・・・
「すみません、赤星ください!」
                  927e77c6.jpg


そしてもう一品、山陰の名物を。
       531554b5.jpg


これは、イカのホホ肉串焼 九条葱塩タレ。
イカのホホ肉・・・いわゆるトンビ・・・口の部分ですね。
この大きさのトンビならば、イカ自体結構大きいのではないでしょうか?

これも贅沢な一品ですね。
                  f8f6002b.jpg


では、このあたりでこちらのお店のメイン料理、天麩羅の盛り合わせをいただきます。
                              fbc9b941.jpg


海老、イカ、なす、アスパラ、キス。 
サクッとした食感が心地いいですよ(^^)
      
そして、〆には出雲名物 割子そば。
    a69ac5b2.jpg
 7363da9d.jpg
 1bf68826.jpg


この日は3人でお伺いしたので丁度いいですね(^^)

さらに、島根漁師風 炙り鯖寿司もいただき、満腹で大満足させていただきました。
                   16d6f36b.jpg


「天ぷら」と大きく書かれてあるので、天ぷらのお店かと思いましたが、それだけではなく、
山陰の美味しいものがしっかり堪能できるお店ですよ。
ぜひ一度行ってみてくださいね、満足できますよ(^^)









【天ぷら海鮮 米福 西梅田店】   
住所:大阪市北区堂島1-5-17 堂島グランドビル 1F    MAP     
電話:06-6347-0888   
営業時間:11:30~14:30(L.O.14:00) 17:30~24:00(L.O.23:00) ※土曜日は、23:00まで。   
煙  草:分煙
定休日:日祝
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      

お店のHPはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!

Instagramやってます。 Follow me!! 

ご意見、ご要望、その他何かございましたら、下記まで連絡くださいね!
     Mail:  hitoshi.o.saichan@gmail.com




米福 西梅田天ぷら / 渡辺橋駅北新地駅大江橋駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8



このエントリーをはてなブックマークに追加