美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:大井町

今ではもう有名な話ですが、日清のどん兵衛には東日本仕様と西日本仕様があるらしいですね。 カップの側面の食品表示のところに小さく、「E」と書いてあるものが、鰹だしのきいた東仕様で、「W」と書いてあるものが、昆布だしのきいた西仕様。 食べ比べたことはないのです ...
続きを読む
今ではもう有名な話ですが、日清のどん兵衛には東日本仕様と西日本仕様があるらしいですね。

カップの側面の食品表示のところに小さく、「E」と書いてあるものが、鰹だしのきいた東仕様で、「W」と書いてあるものが、昆布だしのきいた西仕様。

食べ比べたことはないのですが、明らかに味わいが違うそうですね。

東と西と言えば、東京と大阪。
どちらかの常識は他方では全く通用しなかったりして、初めて訪れる場合は、かなり混乱してしまうことも。

有名なのは、エスカレーターに乗る時。
左と右で、ウロウロしている人を新大阪駅や東京駅では見かけることが多々あります(^^;)

さて、東京にあって大阪にないものは・・・。

ちくわぶ、8001fe5e.jpg

小麦粉に水と塩を加えてこねた物を素材とし、成形して蒸しあげた食材。
初めてそれを目にして、食した時は、名前が似ている竹輪との差があまりにも激しすぎて、戸惑いを隠せずにいたのを覚えています。

たぬきうどん。b37f86f5.jpg

揚げ玉が入ったうどんのことをそう呼ぶ。
関西ではこれを、ハイカラうどんと呼ぶことがほとんどで、たぬきと言えば甘い揚げが入った蕎麦になりますよね。

レモンサワー。大井ハピネス
大阪では専ら、レモンチューハイがメニューに載っていて、レモンサワーの文字はないですよね。(私が知らないだけか?)
レモンチューハイは甘いのに対して、レモンサワーは甘くないイメージがあります。
因みに私は甘くないレモンサワーの方が好みなのですが・・・。

そいて、“ロメスパ”と呼ばれるお店も大阪にはないですよね。

ロメスパって・・・。
ロメスパとは、立ち食いそば屋のようなスパゲッティ屋のことで、
ロメスパの「ロメ」は路麺、「スパ」はスパゲッティを意味するのだとか。

そして、こう記されてもいます。

<茹で置きスパゲティを炒めて提供>
あらかじめ茹で置きされたスパゲッティを注文が入った時に合わせて炒めてから提供する。

<スパゲッティは極太>
茹で置きに耐えられるよう、ロメスパのスパゲッティは極太のスパゲットーニ。
茹で置きが前提とされる時点でアルデンテとは無縁の世界である。

<デカ盛り可能>
スパゲッティの量も味のうち。
茹で立てパスタにもし味で敵わないとするならば量で勝負である。


ロメスパ、ちょっと食べてみたくなってきませんか?

そんなロメスパのお店が、私がよく訪れる東京の大井町にもあると聞き、行って来ました。

大井町駅から、歩いて約5分のところに、この日にお邪魔させていただいたお店、
“ハピネス”さんはあります。
                    大井ハピネス

ロメスパのお店というから、もっと大衆的な感じかと思っていましたが、凄くお洒落な感じの外観ですよね。
見逃して通り過ぎてしまいそうになりましたよ(^^;)

店内は、6人掛けテーブル席が一つと、3人掛けテーブル席が一つ。 あと、もう少しテーブル席があったでしょうか。
そして、カウンター席が6席あります。

とりあえず、カウンター席に座らせていただき、メニューを確認します。
                  a70b6816.jpg


特製 しょうが焼き定食、とんかつ定食、海老ピラフ、トーストセットにオムライス。
そして、ナポリタンにミートソース・・・。
こうやってみてみると、ちょっと軽食のメニューが充実している喫茶店のようですね。

でも、こちらのお店では大半の人がナポリタンやミートソースなどのスパゲッティを注文するのだそうです。

やはり、最初はナポリタンか・・・。
そうも思いましたが、こちらのブログを見て、どうしても食べてみたいメニューがあったのです。
(東京に行く時は、必ず参考にさせていただいてたブログなのですが、2014年4月18日・・・(ちょうどこの記事がアップされた日ですね)最終回が綴られてました。)

「すみません、野菜ベーコンスパゲッティをください。」
「はい、野菜ベーコン!」


注文が入ると、カウンターの中のフライパンに火が入ります。
そして、ベーコン、茄子、玉ネギ、ピーマン、しめじなどが炒められ、タイミングを見計らって、スパゲッティの麺が入れられます。

“ジュワッ、ジュワッ、ジュワッ、シャッシャッシャッ”

心地良い音をさせながら、素晴らしい手つきでスパゲッティが炒められてゆくのを見ることが出来ますよ!

たまに上がる炎がとともに、何とも言えない香りが立ちこめ、食欲を一気にかき立てます。
こういうスパゲッティって、出来上がるのを見るのも期待感を煽られ、すごく楽しいですよね。

しばらくすると、フライパンを動かす手が止まり、隣で温められていた鉄板にスパゲッティが移されます。

「お待たせしました」
出来上がってきましたよ!
                9f3dea27.jpg


おぉ!
これはすごいわ(^^)(^^)
写真で見るよりも、はるかに実物のボリュームは凄いですね。

野菜ベーコンスパゲッティ、ランチタイムはサラダも付いて、700円。
お財布にも嬉しいです(^^)
                 fe03466b.jpg


それにしても、いい香りです(^^)
それでは、早速いただきましょう。
              009e19c6.jpg


ナポリタンのような派手さはありませんが、味のバランスが抜群です!
熱々をふうふう言いながら食べる醍醐味。
これに嵌る人が少なくないのも理解できますね。

ベーコンの味わいと香りが、いい感じで野菜と麺に移り、これがまた美味い(^^)
ブラックペッパーがホントに良いアクセントになっていますよ。

横から見ると、こんなに山盛り!
                  edecb131.jpg


野菜のシャキシャキ加減も絶妙で、フォークを動かす手が止まらなくなります。

ランチタイムにのみセットで付いてくるサラダ。
             6bc9bacd.jpg


キウイが入っていたりして、これまたいい感じなのですよ(^^)

スパゲッティを火傷しないように頬張り、ベーコンやピーマン、玉ネギも追いかけて口の中に。
しめじの味わい、玉ネギの甘味、ピーマンの香り、ベーコンの旨味が一体になって、これはちょっとクセになるかもしれません。
ナポリタンやミートソースは味わいこそ違え、他のお店にもあるのでしょうが、この野菜ベーコンスパゲッティは完全にこちらのお店でしか味わえないと思います。
                      b9f3ea51.jpg


とは言っても、このスパゲッティ、普通盛りでもかなりボリュームがあります。
食べても食べてもなかなか減っていきません(^^;)
(ま、美味しいから苦痛ではないのですが(^^;))

粉チーズをかけたり、タバスコを少しかけたりしながら、途中、味に変化をつけながら完食。
たっぷり堪能させていただきました。

食べ盛りの高校生をも満足させることが出来る、ロメスパ。
ちょっと昭和の香りがする懐かしい味わいで大満足させていただきました。

しっかり炒めた美味いスパゲッティ(パスタじゃなくて)を食べたくなったら、是非いってみてください。
これで700円はかなりお得だと思いますよ!




【ハピネス】   
住所:東京都品川区大井3-4-1    MAP     
電話:03-3775-5825   
営業時間:9:00~11:30 11:30~14:00 17:30~12:00(L.O 11:30)   
       (スパゲッティやご飯ものはランチタイム以降のみの提供)
煙  草:
定休日:日曜日
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

料理を食べに行って、メニューにこんな風に書いてあるのを見かけませんか? ランチコース  梅   1,000円、 ランチコース  竹   1,500円、 ランチコース  松   2,000円。 中身によって差を付ける時に使う、松竹梅。 さて、元々松竹梅とは・・・。 昔の中国 ...
続きを読む
料理を食べに行って、メニューにこんな風に書いてあるのを見かけませんか?

ランチコース     1,000円、
ランチコース     1,500円、
ランチコース     2,000円。


中身によって差を付ける時に使う、松竹梅。

さて、元々松竹梅とは・・・。

昔の中国で冬でも青々としている松と竹、冬の間はつぼみの状態でじっと寒さに耐え、そして花を咲かせる梅が画題として良く取り上げられ「歳寒三友」と言われており、それが日本に伝わってきて後に吉祥の象徴となったものである。

とのこと。

そして、元々優劣の順序は無かったのだそうな。

でも、一般的には、松、竹、梅の順番で扱われることが多いですよね。

さて、あなたはどれを注文することが多いでしょうか。

一番良いものを!
と思うものの、財布と相談すると・・・
でも、せっかくだし、一番安いものなんだから、

そんな感じでしょうか(^^;)

さて、といえば、先日東京大井町にあるこちらのお店。
                    735fad67.jpg


青竹平打ち 中華そば。
そして、この人気ぶり!

気になりますよね。

お伺いしたのは、大井町の駅から歩いて5分ほどのところにある、
“麺壱 吉兆”さん。

青竹を使って平打ちした麺をいただける中華そばのお店です。

この日も、お店が開店する11:30少し前に到着したのですが、すでに開店を待つ人の列が。
私も最後尾に並び、お店が開くのを待ちました。

残念ながら、1巡目には入店できませんでしたが、15分ほど待たせていただき、無事に入店させていただきました。

店内は、カウンター席のみで、7席。
ご夫婦2人で切り盛りされています。

カウンター席に座り、メニューを確認します。
                 48888562.jpg


1杯650円の中華そばをはじめ、支那そば、焼豚麺、ワンタン麺、野菜そば、ネギそば・・・。
いろんな中華そばを楽しむことが出来そうですよ。

さらに、ランチタイムには+100円で、そぼろご飯かピリ辛納豆ご飯を付けることも出来るみたいです。
             5da90857.jpg


いろいろ迷いましたが、ワンタン麺とそぼろご飯をお願いしました。

注文が通ると、ご主人が中華そばを作り始めます。
カウンターからはそんな光景を見ることが出来、ワクワクしながら待つことが出来ますよ。

入口を入って右側の壁には、長い竹が掛けてあります。

「あ、あれで麺を作るんだなぁ・・・」
“青竹平打ち”の文字に偽りはありませんよ(^^)

そんなことを思いながら待っていると、先にワンタン麺が出来上がってきましたよ。
                  c145c6b2.jpg


鉢の中に、平打ちの麺、焼き豚、小松菜、なるととたっぷりのワンタンに海苔とネギがのっかって、綺麗な仕上がりですね。
思わず、「おぉ!」って小声で囁いてしまいました。


では、まずスープからいただきます。
              1a827ad0.jpg


うわ! これ美味い(^^)(^^)
変ないがらっぽさが全然なく、素直に美味しいです。
このレベルのスープの醤油ラーメンが650円でいただけるのですから、こちらでは醤油ラーメンの人気が高いのが頷けますね。
それにしても、美味しいスープです。

そして、気になっていた青竹で打った、平打ち麺はというと・・・。
                     f9d5a613.jpg


これまた、すごく美味しい(^^)(^^)(^^)

食感といいコシといい、もう最高です(^^)(^^)
一口いただいて、完全に嵌ってしまいました。
これ、大盛りを注文する人が多かったのも納得ですね。

そして、たっぷりと入ったワンタン。
                大井町、吉兆

中に肉は入っていませんが、この中華そばにはその方が絶対に良いと思います。
何せ、スープのクォリティが高いので、その方が邪魔をしないかと。
そして、このワンタンの食感も快感です。
レンゲですくって、“ちゅるん”といただきましょう(^^)

さらに、焼き豚も。
                  19e29439.jpg


結構しっかりした食感かと思いきや、以外に柔らかい。
それに、味付けも美味く、中華そばの上のトッピングというよりも、これだけでちゃんとした一品になりそうな味わいですよ。

そして、こちらが一緒に注文した、そぼろご飯。
                               2358a802.jpg


ほかほかご飯の上に、先ほどの焼き豚をそぼろにしたものと、青菜、白ネギがたっぷりとのっかっています。

これがまた、ビックリするくらいに美味い(^^)(^^)
これもおそらく、元々はまかないだったものでしょうか?
でも、美味しいところを知り尽くしている料理人にこそ出来る逸品ですね。
これが、+100円なのですから、注文しない手はありませんね。

クセになる美味しさの麺、味わい深い焼き豚、チュルンとした食感がたまらないワンタン、
どうしたらこんなに美味しくなるのかと思うスープ、+100円のパラダイスを演出してくれるそぼろご飯。
そんな幸せのスパイラルを堪能して、気がつけばスープまで残さずに完食。
                  7df1e0eb.jpg


本当に満足させていただきました。

「青竹平打ち 中華そば」というインパクトのある看板のお店、“麺壱 吉兆”さん。
忘れられない美味しさのお店に出会うことが出来ました。
次回の東京出張時、再訪確定です(^^)




【麺壱 吉兆】   
住所:東京都品川区東大井5-6-6   MAP     
電話:03-5460-3358   
営業時間:11:30~14:30 17:30~21:00    
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜・火曜
駐 車 場:なし(近隣に駐車場あり)      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

別段、大盛りが大好きなわけじゃないけど、ついついお得な方を注文してしまう。 “ランチタイム、ライス無料!”この言葉に、弱いんですよね(^^;) ラーメン屋さんに行って、“今日は午後から特に出かける予定もなく、事務所にいるだけだから、単品で・・・ そう思っていても ...
続きを読む
別段、大盛りが大好きなわけじゃないけど、ついついお得な方を注文してしまう。
“ランチタイム、ライス無料!”この言葉に、弱いんですよね(^^;)

ラーメン屋さんに行って、“今日は午後から特に出かける予定もなく、事務所にいるだけだから、単品で・・・
そう思っていても、“ライス、お付けしますか?”の声に、無意識に「はい」
ま、でも美味しいからいいか・・・。
そんな感じで流されてしまうこと、良くあります(^^;)

でも、大阪日本橋のこちらのお店や、茶屋町で有名な喫茶店のこちらのお店、懐かしスパゲッティのこちらのお店“星人”に手を出すことはないのですが・・・。

私、ちょくちょく東京に出張に行きます。
出張と言えば、やはり知らない土地での美味しいものが楽しみですよね。
東京には、美味しくて有名なお店もたくさんあります。
そんなところをピックアップして、まわるのも楽しいのですが、ふらっと散策して、路地裏の名店(?)を見つけるのも楽しくって(^^;)

ちょっと前に、情報を仕入れていたお店をこの日は探すことに・・・。
この日は、品川から京浜東北線で1駅の大井町にやってきました。

こちら、大井町には前回東京に来たときにお伺いさせていただいた、美味しいとんかつやさん、“丸八”さんもあります。

ラーメンの美味しいお店もあると聞きますが、今回の目的地は、洋食屋さん。
何でも、オムライスとメンチカツ定食が有名なのだとか・・・。

お店は、表通りとは違い、路地裏にあります。
開店は11:40。
私がお店の場所を確認しに寄ったのは、11:30。
まだ、お店の入口のカーテンは閉じられていて、誰も並んでいません。
お休みではなさそうですね・・・。

ちょっと時間つぶしに、周辺をうろついてみることに・・・

表通りにも、立ち食い蕎麦、とんかつ、そして、今大阪でちょっとブームになっている、“東京チカラメシ”のお店があったりします。
京浜東北線、りんかい線、東急大井町線が乗り入れる、ちょっとしたターミナル。
そういうところの、路地裏って面白いですよ。
まるで宝探しをするようなワクワク感がありますね。

ってな感じで、あっという間に10分が過ぎ、11:40ジャストくらいにお店の前に戻ってくると・・・
             キッチンブルドック

あらら!
いつの間にこんな行列が・・・
大人気なんですね、10分前までは、そんな気配すらなかったのに。
         73e5a6e8.jpg


お店の名前は、“キッチンブルドック”
“お食事は大井一 うまい・やすい”
目立つ看板があるので、路地裏とは雖も見つけやすいです。
       297ed8b9.jpg


お得な日替わりランチもあるようですが、ここは予定通り・・・。
(あ、ミシュランじゃなく、キタ○シュランの三つ星店ですね、ここ(^^;))

すぐにお店に入ることが出来、カウンター席に座らせてもらいます。

壁には、メニューがいろいろ貼ってあります。
Aランチ(日替わり)840円、Bランチ(ハンバーグ、フライ)1,450円。
メンチカツ定食、牛舌シチュー定食、スパゲッティと玉子のグラタン、ポークソテー、
カニコロッケ、チキンカツ定食、エビフライ定食、豚ショーガヤキ定食、牛ニンニクヤキ定食・・・。


王道の洋食屋さんメニューがずらりと並んでますよ。

ここは、予定通りメンチカツ定食を注文。
カウンターの中、厨房を眺めながら、メンチカツ定食が出来上がるのを待ちます。
結構ボリュームがあって美味しいとのこと・・・。
楽しみです(^^)

その間にも、お客さん、続々入ってきますよ。
店内は、1階がカウンター席とテーブル席。
2階はお座敷になっているようです。
他の人の注文はだいたい何パターンかで、“メンチカツ定食”、“Aランチ”、“オムライス大盛り”“ナポスパゲッティ”こんな注文が多かったです。

カウンター内の厨房、流れるように料理が出来上がってゆきます。
「はい、ナポ上がったよ!先の人から順番にお出しして!」
「このメンチ、先の人からお願いね!」

こんな感じで、厨房内の店主と思われる人が、テキパキとホールのお母さんに料理を渡してゆきます・・・
って、え、メンチカツってあの大きさですか・・・・

あれって、大盛りですよね(^^;)
でも、その答えは、数秒後に判明することに・・・。

「はい、メンチお待たせ!」
           dac4e73f.jpg


思わず、“うそっ!”って叫びたくなるような大きさですよ、これ(^^;;)
もう、お皿はメンチカツ一色。
付け合わせのキャベツも見えないほどのボリュームです。

まもなくして、ご飯も登場。
並べてみると、
                     00e36a19.jpg


はい、この通り!
キッチンブルドックの人気メニュー、メンチカツ定食(1,090円)です。

でも、でもね、確かに美味しそうなんですよ(^^)
正真正銘の揚げたて熱々のメンチカツに特製のデミグラスソース。
      0fb3434a.jpg


お皿に入ったご飯は洋食屋さんの証でもありますね。
                    c970bc88.jpg


溢れ出る肉汁がたまりません!
では、早速いただきます。
         068e9748.jpg


おぉ!
これ、美味しいじゃないですか(^^)
揚げたて熱々なのはもちろんのこと、口の中で肉汁がジュワぁっと(^^)
デミグラスソースとの相性もバッチリです。
やはり、人気商品には理由がある。そんなところでしょうか?

前半戦、順調に食べ進みます。
美味いですこれ。
メンチ、ごはん、お漬け物、味噌汁・・・。
このローテーションを何回繰り返したでしょうか?

それでも、やはりこの量は半端ないです。
食べても食べても減っている気がしません(^^;)
             e69cdf6a.jpg


お味噌汁を飲みながら、口の中に変化を持たせ、
ad3e4a34.jpg


お漬け物でリフレッシュ。4ff53f56.jpg



そして、またメンチをほおばります。
あ、そうだ! キャベツでリフレッシュ・・・
             22e23707.jpg


って、このキャベツの量も半端じゃないですよ(^^;)
この巨大なメンチカツの下一面、キャベツの山なのです。

でも、確かにこの巨大なメンチカツを食べ進むのには、このキャベツは必需品なのかもしれません。

美味しい、美味しいんだけど流石に味に飽きがくるなぁ・・・
そう思い、カウンターの奥に目をやると・・・。
あ、お助けグッズがあるじゃないですか(^^;)

はい、カラシをつけて味にインパクトを持たせます。
            21f29d99.jpg


あ、ちょっと楽にな・・・・らないですね(^^;)

大量のキャベツの量に対して、同じ付け合わせでもポテトサラダは少量です。
        22e1bd4d.jpg


でも、ポテトサラダも大量に付いてると、撃沈必至なので、これは正解ですね。

かなり苦戦しながらも、何とか完食。
満腹、満足の先にあるものの姿を垣間見たような気がしましたが(^^;)

このメンチカツ定食、こんなの食べる人いないわ・・・
って感じのボリュームですが、意外とたくさんの方が注文されていました。
巨大さばかりが目立ちますが、この大きさにしてカリッと揚がった食感、そしてジューシィさを考えると、人気があるのも頷けます。

おそらくこちらのお店のメンチカツ、またしばらくすると食べたくなるのかも・・・。
もう一つの名物、オムライスもすごく気になってたりして(^^;)



【キッチン ブルドック】   
住所:東京都品川区東大井5-4-13    MAP     
電話:03-3471-6709   
営業時間:11:40~21:00   
煙  草:喫煙可
定休日:水曜日、第3木曜日
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

休みの日には、出かけるのが好きですか?  それとも、家で待ったりするのが好きですか? 私の場合は、出かけるのが好きです。 たまには家にこもって、片付けをしたり、写真の整理をしたりもしますが、圧倒的に出かけるのが好きですね。 その出かけ好きは、休みの日だけでは ...
続きを読む
休みの日には、出かけるのが好きですか? 
それとも、家で待ったりするのが好きですか?

私の場合は、出かけるのが好きです。
たまには家にこもって、片付けをしたり、写真の整理をしたりもしますが、圧倒的に出かけるのが好きですね。
その出かけ好きは、休みの日だけではなく、仕事をしている平日にもあらわれ、事務所にいるよりも外回りをしているときの方が落ち着いたりするものです。
もっと言えば、出張。これが結構嫌いでなかったりします(^^;)

何が楽しみかって?
言うまでもありませんね(^^;)
その場所でしか味わえない美味しいお店に巡り会えることですよ(^^)
(あ、あくまでも、仕事の合間ね。美味探求の合間に仕事してるって声も聞こえてきそうですが(^^;;)

出張で比較的多いのが東京。
関西との食文化の違いが楽しめますよ!
関西で肉と言えば、“牛肉”を指すことが多いのですが、関東では“豚肉”が標準でしょうね。
でも、それだけ美味しい豚肉の食べ方を知っていらっしゃるのですよね。
大阪にもあるけど、東京の方が美味しいお店が多いと言われているものの一つに、“とんかつ”があります。

でも、実は私、未だ東京で美味しいとんかつ屋さんに行ったことがなかったのですよ。

先日の出張の時、大井町に気になる出で立ちのお店を見つけました。
                      とんかつ丸八

“とんかつ 丸八”さん。
昔から続いているとんかつのお店って感じですよね。
木の引き戸がまた、シブい感じです。

お店の前にはメニューがあります。とんかつ丸八


お昼ご飯にはちょっと贅沢な値段ですが、まともなとんかつを食べようと思えば、安い方では・・・。

とりあえず店内へ入ってみましょう!

1階は白木のカウンター席。
昔から続く、由緒正しいとんかつやさん、そんな感じでしょうか。

カウンター席から振り返ると、壁にメニューが貼ってあります。
ae2c2f56.jpg


ヒレカツ定食:1,850円、
上ロースカツ定食:1,550円、
サービス価格 並カツ定食:1,050円。

こちらは一品料理のメニュー。42d0f741.jpg



とんかつの他にも、海老フライ、ポークソテー、ハンバーグなどがありますね。
串カツよりも100円高い“ハムサラダ”。どんな感じか気になります(^^;)

いろいろありますが、初めての来店、なおかつ、お目当てがとんかつなので、ここは“上ロースカツ定食”をお願いします。

注文が通ると、豚肉をスライスし、パン粉を丁寧につけて揚げていっていただけます。

先に、お漬け物が目の前に置かれます。63fa99f5.jpg



白菜の浅漬けに、ちょっぴり醤油がかけられています。
基本、漬物は何もつけずにいただくのですが、このちょっぴり醤油がこちらのお店のお漬け物には良く合いますね。

カウンターの中には、大きな2連になった昔ながらの大きな鍋で揚げています。
これら、2つの鍋は油の温度が低温と高温。
つまり2度揚げしているのですね。

豚肉をスライスするところから、コロモをまぶすところ、そして揚げるところまで、丁寧に仕事されているのがわかります。
ですので、少々時間はかかりますが、待つのも味わいのうち。
ワクワクしながら時間を過ごしましょう。

しばらくすると、「お待ちどおさまぁ」と上ロースカツ定食が目の前に。
                       d2e200b0.jpg


大きなロースカツにたっぷりのキャベツの入った白いお皿、カラシがちょっと添えられているのも嬉しいですね。

カウンターの上に置いてあるソースをかけて、いただきます。
                  c9b25bc7.jpg


サクッとした食感がたまらない。
中の豚肉はほんのりピンク色。火の通し方も絶妙ですね。

定食に付いてくる味噌汁は豚汁です。
c98b83c7.jpg


具だくさんって事はないですが、いい感じの味わいで美味しいですよ!

サクッとした食感の後に続く豚肉の甘み、旨味。
これがまた、ソースとの相性がよくって、ご飯がどんどん進みます(^^)

「ご飯のおかわり、仰ってくださいね」
ありがたいお言葉です。

もちろん、おかわりさせていただきます。

「キャベツのおかわりも入れましょうか」
そう言って、キャベツも山盛り追加してくださいました。

とんかつ屋さんのキャベツって美味しいですよね。
シャキシャキした食感が、とんかつを食べた口をリセットしてくれるので、いくらでも食べられそうな感じになってしまします。

あ、そうだ!カラシがあったなぁ・・・少しつけてみましょう。
              77fe7aee.jpg


このカラシも良く合いますよ、とんかつに。
でも、困ったことにビールが飲みたくなってきます(^^;)

こちらのお店のとんかつの特徴は、このコロモにあるのでしょうか。
                             f8a8c91d.jpg


厚くコロモをまとっていますが、これが全然堅くなく、むしろふわっとした食感を実現させてくれているのですよ。
こういうとんかつ、関西ではあまり見かけないですよね。

コロモのふわっとした食感、豚肉の美味さ、これは中々のものですよ。
一度でも、このとんかつを食べてしまったら、この値段、決して高く感じなくなると思います。

私はお伺いした時間、お昼休みを過ぎて30分以上たった時間帯でしたが、待ってるお客さんこそいないものの、次から次へとお客さんが入ってこられてましたよ。
みんな大好きなんですね、丸八さんのとんかつが。

今回お邪魔して、東京のとんかつのレベルの高さを実感せずにはいられませんでした。
品川から一駅の大井町。
他にも素敵なお店がたくさんある場所なのですが、また足が自然にこちらのお店に向かってしまいそうです。



【丸八とんかつ 本店】   
住所:東京都品川区東大井5-4-10    MAP     
電話:03-3471-2681   
営業時間:11:30~22:00(L.O.21:30)   
煙  草:完全禁煙
定休日:月曜日
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加