美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:天王寺

この橋 渡るべからず・・・。そう書いてある橋の真ん中を、堂々と渡ってくるのは、一休さん。そのトンチが面白くて、夢中になってみていたのは、一休さんのアニメ。そんな室町時代のことを描いた一休さん、そのおかげで歴史の授業でも、室町時代のときは、他似時代よりも少 ...
続きを読む
この橋 渡るべからず・・・。

そう書いてある橋の真ん中を、堂々と渡ってくるのは、一休さん。
そのトンチが面白くて、夢中になってみていたのは、一休さんのアニメ。

そんな室町時代のことを描いた一休さん、
そのおかげで歴史の授業でも、室町時代のときは、
他似時代よりも少し興味を持って聞くことが出来ました。

一休和尚、足利義満、蜷川新右衛門・・・。
実在する人物も何人か登場していたようですね。

一休さんのパロディで、新右衛門さんではなく、
新左衛門さんが登場しているのも見たことがあります。

新右衛門、新左衛門・・・右衛門、佐衛門。

それらは元々、平安時代に設置された役所の名前で、「左衛門府」と「右衛門府」があり、
その役所の仕事についている人を「左衛門」「右衛門」と通称で呼んでいたのだとか。

そんな時代から続いている料理といえば、鮨。
すでに奈良時代からその存在が知られているのだとか。

そんな歴史を途切れさせないよう、日々精進する平成生まれの店主が、
腕を振るうお店が四天王寺前にあります。

この日にお伺いさせていただいたのは、”すし丈”さん。

         IMG_6106

こちらのお店の店主は、平成生まれの29歳。
名店「銀座久兵衛」で修行を積まれ、ここでお店を開いたのだとか。

わずかカウンター8席の店内は、いつも予約のお客さんで満席。
現在、18:00からの第1部と、21:00からの第2部の、2階に分けて予約を受けているのだとか。
幸運なことに、18:00からの部の予約が取れて、お邪魔させていただきました。

      IMG_5943

コースで提供されるので、飲み物を注文するだけで、おまかせの料理が出てきます。

        IMG_5945

黒ラベルの小瓶で乾杯。
鮨屋で瓶ビール、ちょっと粋な感じがしませんか?

ビールを飲んで一息にしていると、最初の料理が登場します。


          IMG_5946

一品目は、沖縄の糸もずくと長芋の酢の物。
いい塩梅で、五臓六腑に染み渡る。
仕事を終えて、疲れた身体を癒やしてくれますよ。

     IMG_5949

そして2品目は、泉州岡田浦のイワシの野菜巻き。
イワシの旨味と、薬味、野菜の食感味わいが素晴らしく合っています。
最初の酢の物といい、この料理といい、「やるなぁ・・・」と思わせてくれます。

    IMG_5955

ここで少し小休止・・・
かと思い、枝豆を頬張ってみると、これも只者ではない。
これは、新潟黒崎の茶豆を湯がいたのではなく、蒸してあるのだそう。
そのせいか、甘みが濃くて美味しい。

    IMG_5965

貝の蓋を開けてみると・・・

           IMG_5970

きれいな色の北寄貝が登場。
北海道の北寄貝を、軽く炙ったものだそう。
これに、イギリスの岩塩をパラリとふって食べれば、甘さも上々!
すだちを絞っても美味しい。

    IMG_5975

次に登場したのは茶碗蒸し。
今の季節だから、松茸の茶碗・・・

上に乗っかっているのは、椎茸だそうです。
あら・・・意外と普通。
そう思って、食べてみるとこれがサプライズ!

         IMG_5980

中から出てきたのは、フルーツトマトと香住のズワイガニ。
このフルーツトマトが、すごくいい仕事をしているのです。
酸味と甘味のバランスが絶妙で、ズワイガニの旨味を十二分に引き出してくれる。
いい体験が出来たなぁ・・・そんなふうに心から思えます。

そして、次に登場したのは、気仙沼のカツオのたたき。

                IMG_5985

店内で藁焼きにしたものを出していただきます。
これに先程のイギリスの岩塩をパラリとかけて食べると最高。

      IMG_5997

そして残りの一切れは、特製のおろしポン酢でいただきます。
二通りの食べ方で、美味しさの違いを楽しめるのも最高ですね。

ここで、棒寿司が登場。

         IMG_6000

こちらは、和歌山のカマスの棒寿司。
ご飯の中に刻んだ牛蒡も入っていて、いい仕事してますね(^^)

    IMG_6004

いただいたのは、静岡県のお酒、正雪 秋あがり。
今の季節に美味しい、旨味のあるきれいなお酒です。

        IMG_6007

脂の乗ったカマスに、日本酒を合わせる。
これ、最高に贅沢ですね(^^)

贅沢といえば、この季節だけの贅沢な楽しみはこれ。

        IMG_6015

土瓶蒸しには、松茸、和歌山の鱧、車海老、鰆が入っています。

        IMG_6022

具材を味わい、旨味が染み出した出汁を堪能する。
酢橘を絞っても、また味わいが変わって楽しい。

さて、茶碗蒸しを楽しんだら、ここからはお鮨がはじまります。

           IMG_6025

先ずは、新イカ(ハリイカの子供)です。
小さいからこそ、ここにすべての旨味が凝縮されています。
サッパリとした食感が特徴。

    IMG_6027

それに対して、ねっとりとした旨味を楽しむことが出来る、ケンサキイカ。
飾り包丁を入れることによって、普段は隠れいている食感と旨味を体験することが出来ます。

こんな感じで、同じイカでも違った食感を旨味を比べることが出来るのは楽しいです。
実は、こちらのお店のお鮨の楽しみ方の特徴がこれ。
これから出てくるネタも、そんな違いを楽しませてくれることになるのです。

        IMG_6035

こちらは、和歌山県、加太の真鯛。
背身と腹身を重ねて、その双方の旨味の違いを楽しめます。
こういう非日常こそが、お鮨を食べるときの醍醐味。
楽しくって仕方がありません(^^)

      IMG_6038

ひとつだけ困ったことがあるとすれば、お酒がすすみすぎることでしょうか?
そういう人にも対応できるように、素材に合うお酒が色々用意されているから、
尚さら困ってしまう^^;

     IMG_6039

次は、和歌山県、加太の鯵。
しっかりと旨味が乗った、ストレートな味わい。

そして、それに対しては、こちら。

        IMG_6045

「鯵、パート2です。」
そう言って出していただいたのは、兵庫県 垂水の鯵。
こちらは、先程の加太の鯵よりも小ぶりなものを、重ねるようにして握っていただきました。
ストレートな味わいに対して、オーケストラ。
鮨って、楽しみながら食べるものなのだということを実感できますよ。

         IMG_6048

まるで大トロのような感じのこれは、アイルランドの天然本マグロの赤身。 
食べてみると、たしかに赤身の旨味が口に広がります。
でも、中トロに限りなく近い。

    IMG_6058

そしてこちらが、中トロ。
同じ、アイルランドの本マグロです。
この食べ比べ、同じく脂が乗っていても、赤身と中トロの違いがよくわかります。
本当にめちゃくちゃ楽しい(^^)

       IMG_6051

これから、これを巻きますね。
そう言って見せていただいたのは、鳥取のノドグロの手巻き。

     IMG_6053

脂ののりが半端なく、食べると、旨味満タンの脂が滴り落ちるんじゃないかと思うくらい。
パリッとした、海苔の食感と香り、本当に贅沢な逸品です。

ここで、青さの味噌汁もいただき、ちょっと小休止。


        IMG_6067

桶の中に入っているのは、大分県姫島の車海老。
しばし、厨房の中に戻っていき、再登場したときには・・・。


          IMG_6073

美しく、甘味がたまらない。

       IMG_6074

ちょっと珍しいお酒、佐賀県のお酒、竹の園 雄山錦。
(「ゆうざんにしき」と読んでしまった私は、美味しんぼの読み過ぎか^^;)

スッキリとしながらも、後口の旨味が広がり、幸せな気持ちになれます。

     IMG_6088

海老の頭は、パリッと塩焼きに。
甘みと香りがたまらない。

          IMG_6082

海老の余韻も消えないうちに、またこんなスペシャリテをいただきます。
こんなに小さくても、旨みたっぷり。
北海道のヒグマ、鮭は身だけを食べて、いくらは食べないのだとか・・・。
もしも、話し合いができるならば、分け合いたいですね^^;



         IMG_6090
そしてこれは、明石の穴子。
手に持った瞬間に柔らかさがわかるほど。
そして、口の中でホロリと崩れていく様子は、言葉には出来ないくらい(^^)

      IMG_6096

玉子焼き。
江戸前なので、もちろん甘口。
でも、その甘さが心地よく、口の中をいい感じに保ってくれます。

そして、〆のかっぱ巻き。

        IMG_6099
きゅうりのフレッシュさと、ワサビの効きが最高。
もしかして、今まで食べたかっぱまきの中で一番美味しかったかも。

      IMG_6101

そして、デザートもいただき、かなり満足させていただきました。

平成生まれの若い店主。
でも、そのセンスと腕前はホンモノ。
こちらのお店、知る人ぞ知るのお店で、すでに人気のようですが、
これからもっと、人気になって、予約が取れにくくなるように感じます。
魚の美味しさを、そしてもっとお鮨を楽しみたい方、
ぜひ予約していってみてください。
オススメしますよ!







【すし丈】
住 所:大阪市天王寺区四天王寺1−7−15 オーキッドコート夕陽丘 1F    MAP
電 話:06-6772-6660
営業時間:18:00〜23:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! めっちゃ。【意味】とても・非常に・すごく。ものごとを増強するときに使う言葉で、関西を中心に使われている方言である。ごく普通に使っているこの言葉、実 ...
続きを読む
インスタでは、ブログに載る前の情報もいち早くアップ!
ここだけのネタ、コソッと教えます!     Follow me!! 

めっちゃ。


【意味】
とても・非常に・すごく。
ものごとを増強するときに使う言葉で、関西を中心に使われている方言である。


ごく普通に使っているこの言葉、実は関西弁だったこと、
ご存知でしたか?
今では、「あかん」と並んで、標準語のように使われています。

めっちゃ美味い、
むちゃくちゃ美味い、
めちゃんこ美味い・・・・。


そういえば、アラレちゃん、「Dr.スランプ アラレちゃん」が、
”めちゃんこ”って使っていたのが、全国進出のはじまりでしょうか?
いずれにしても、「めっちゃ・・・」っていわれると、すごく気になってしまいます。

さて、桃谷駅前にあるこちらのお店の、麻婆カレーが、めっちゃ凄かった。

          IMG_7177

ラーメン店「わっしょい」を展開するグループのこちらのお店の名前は、
”豚骨黒カレー MECHA”

そう、めっちゃ美味いとか、めっちゃ凄いの「MECHA」です^^;

豚骨スープを使った、コクのある旨味のカレーで人気のお店なのですが、
こちらのお店が発売した、麻婆カレーが美味しいとの噂を聞き、
食べに来てみました。

以前食べた、豚骨黒カレーも、旨味の深さに感動したのですが、
今回の麻婆カレーは、その時の感動を上回っていたかもしれません。

            IMG_7144

楕円形のお皿に、たっぷり盛られて出てきますよ。

     IMG_7152
何が嬉しいって、惜しみなくたっぷりの麻婆カレー。
これならば、先にカレーがなくなって、ご飯だけが残るって悲劇が起こることもないはず。

           IMG_7137

というか、先にご飯を食べてしまっても、追い飯が無料なのが嬉しい(^^)

そんなご飯の上には、濃い色の卵黄が鎮座。

        IMG_7154

ちなみに、玉子が苦手な方には、玉子無しで50円引きのサービスもあるから安心です。

それでは、早速一口いただきましょう。

          IMG_7160

うわぁ! これは美味しい(^^)
噂はほんとうですよ。

コクのある旨味のカレーに、花椒の香りがふわっと香り、すごくいいバランスです。
これは凄いなぁ・・・
コソッと1人で食べに来ましたが、これはぜひとも、家族や友人も連れてきたいなぁ。
本当にここまでのレベルだとは、ちょっと驚きです。
会社の近くにあれば、確実に週一通ってしまいそうですよ、これ。

      IMG_7139

カウンターの上には、自家製のキャベツピクルスが置いてあります。
カレーに乗っけていただきましょう。

           IMG_7166

実は、このキャベツピクルスには、誕生秘話があるようで・・・

      IMG_7132

キャベツの芯で作っているのだそう。
これ、手間かかっていますよね。
そして、食べ物に対する愛情も感じます(^^)

             IMG_7170

後半の楽しみは、卵黄を崩して食べること。
ピリッと刺激的な麻婆カレーに、玉子のコクと甘みが加わり、また違う美味しさを楽しめますよ。

麻婆カレーの他にも、定番の豚骨黒カレー、そしてキーマカレーも楽しむことができます。

       IMG_7134

              IMG_7135

そんな「豚骨黒カレー MECHA」さん、このGWに開催されている、
カレーEXPOにも、出店されていて、麻婆カレーも限定ではありますが、
会場で食べることもできますよ。

        IMG_7173

店主、西原さんも当日会場で、美味しいカレーと笑顔を振る舞ってくれますよ!
ぜひ、会場の方にもお越しくださいね〜。

そして、麻婆カレー、食べてみてください。
想像を超える美味しさですよ!






【豚骨黒カレー MECHA】
住 所:大阪市天王寺区堂ヶ芝1−9−3    MAP
電 話:06-6773-0033
営業時間:11:30〜15:00 
煙 草:禁煙
定休日:金曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加

東京の山手線と比較されることが多い、大阪環状線。少し前までは、国鉄時代の古い車両も走っていて、何処か懐かしい(古臭いと言わないで〜^^;)感じもしましたが、今では新型の電車も多く、すごく快適になりました。でも、この大阪環状線、山手線と違い、ボーッと乗っている ...
続きを読む
東京の山手線と比較されることが多い、大阪環状線。

少し前までは、国鉄時代の古い車両も走っていて、
何処か懐かしい(古臭いと言わないで〜^^;)感じもしましたが、今では新型の電車も多く、
すごく快適になりました。

でも、この大阪環状線、山手線と違い、ボーッと乗っていると、
思わぬところまで連れて行かれると言うキケン性があるのです。

山手線は、どの電車に乗ってもひたすら環状運転を続けます。
つまり、居眠りしちゃっても、山手線の何処かの路線を走り続けるのみ。
それに対して、大阪環状線は、◯◯快速って表示のものに乗っちゃうと、
気がつけば、関空、和歌山、奈良、五条・・・
いろんなところに行ってしまうかもしれない^^;

山手線の駅の数が、29駅に対して、大阪環状線は19駅。
こぢんまりとしていますが、中々奥が深かったりしますよね(^^)

この日は、そんなこぢんまりとしながらも、バラエティ豊かな大阪環状線の駅の一つ、
寺田町に行ってきました。

お伺いさせていただいたのは、“らーめん砦 寺田町店”さん。

         IMG_2441

長崎県、佐世保で展開されている、貝出汁らーめんのお店で、
魚介の旨味満タンのスープが楽しめるお店です。

貝出汁担々麺をいただいたときの記事はこんな感じ。

そんな砦さんが、自家製麺を完成させ、濃厚な海老出汁でつけ麺を発売されたのだとか。

先ずは、入口の券売機で食券を購入します。

         IMG_2445
(券売機の準備がまだだったみたいで、お店の方に口頭でお願いしました。)

セットは、丼にするか、ダンクライスにするか迷うところですね^^;

   IMG_2446

学生さんの強い味方!
学生証の提示で、ダンクライスor替玉or煮玉子が年中無料!
心強いですね(^^)

注文が決まれば、カウンター席に座らせていただきます。

           IMG_2444

店内は、カウンター席のみで10席ほど。
先客は、ひとりでしたが、この後から2人、3人とお客さんが早い時間から入ってきます。

     IMG_2447

席に座り、あらためてメニューを眺めたりもします。
券売機では、ゆっくり眺めることができないので、席にメニューが有ると便利ですね。
次に来た時は何を食べようとか、やっぱりこれも追加したいなんてものが見つかったりします。
あ、ここの濃厚ミルクソフトクリーム、美味しいんですよ(^^)
(らーめんを注文すると、たったの200円で楽しめます!)

そんな感じで、メニューを眺めたりして待っていると、先ずはつけ汁が提供されます。

        IMG_2453

おぉ、いい香りがしますね(^^)
そして、見るからに濃厚そうですよ。

そして、麺も運ばれてきました。

          IMG_2455

中太の麺に、有頭海老とメンマ。
そして、煮玉子が乗っかっています。

先ずは、スープをそのままいただきます。
       IMG_2463

     (^^)(^^)

おぉ、旨味が濃厚!
海老を食べたときに口の中に広がる旨味が、ここにギュッと濃縮されています。
これは、ワクワクしますね。

    IMG_2466

器から、麺を少しつまんでいただいてみましょう。
香りもよくて、美味しい麺ですよ(^^)

それでは、濃厚海老潮出汁にいただきましょう。

          IMG_2470

      (^^)(^^)(^^)

うわぁ、これはスゴイ!
濃厚な海老潮出汁のつけ汁にもきちんと反応する、自家製の全粒粉麺がいいですよ!
一口食べると、二口三口。
どんどん食べ続けてしまい、味変のタイミングを逃してしまいそう^^;

      IMG_2449

カウンターの上には、クラッシュガーリックチップがあるので、
それを入れてもコクが深まって美味しいですよ。

      IMG_2482

海老も、プリッぷりで甘みがあって凄く美味しい。
追加で、“海老増し”とかあると、更にパラダイス度がアップか!
(って、それは贅沢すぎますね^^;)

         IMG_2474

太めのメンマも、出汁をくぐらせると更に美味しい。

出汁も麺も美味しくて、気がつけばあっという間に完食。

そして、これから第二ラウンドのお楽しみに。

         IMG_2487

これは、砦さん名物の「ダンクライス」。
らーめんのスープに応じて、色んな味のものが用意されています。
この、濃厚海老潮つけ麺用には、トマトチーズ。

これを、残ったつけ汁の中に、ダンクシュート!

       IMG_2496

割としっかりボリュームもあるので、完食できるのかってちょっと心配になりますが、

   IMG_2503

ひとくち食べた瞬間に、そんな心配事は綺麗サッパリと吹き飛んでゆきます。
めちゃくちゃ美味しいのです(^^)

つけ麺を食べに来てみたら、麺だけでなくごはんも美味しい。
ダンクライス、これは必食ですよ〜。

肉類を一切使わない、魚介の旨味だけで作るらーめん。
そんな砦さんのつけ麺、是非食べてみて下さい。
出汁だけではなく、麺の旨さも実感できますよ(^^)











【らーめん砦 寺田町店】
住 所:大阪市生野区生野西2−1−37    MAP
電 話:080-4442-1738
営業時間:11:30〜23:00(L.O.22:30) 
煙 草:
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







 
このエントリーをはてなブックマークに追加

【間借りカレー】夜は居酒屋、BARなど、他のお店が入っている場所に、ランチタイムだけカレーやとして営業するスタイル。ラーメン、うどん、天ぷら、焼肉などに比べて、特殊な厨房機器が不要なカレー業態にはうってつけの営業方法である。極端な話、コンロと鍋と炊飯器、そし ...
続きを読む
【間借りカレー】


夜は居酒屋、BARなど、他のお店が入っている場所に、
ランチタイムだけカレーやとして営業するスタイル。

ラーメン、うどん、天ぷら、焼肉などに比べて、
特殊な厨房機器が不要なカレー業態にはうってつけの営業方法である。

極端な話、コンロと鍋と炊飯器、そして確かなウデがあれば、
開店できるメリットから、天才的なセンスを持ったカレー店主を
世に送り出すことが出来ているのもこのシステムがあったからだろう・・・。


そんな感じで、美味しい間借りカレーのお店が世に溢れている中、
ただ指をくわえて眺めてばかりはいてられぬ!(そう思ったかどうかは定かではない。)

立ち上がったのが、もちもちの太麺が美味い、“男の黒醤油ラーメン”で大人気の、
麺屋わっしょい、麺屋団長を展開する「わっしょいグループ」。

大阪環状線の桃谷駅の目の前に、
“豚骨黒カレー MECHA"をオープンされました。
            IMG_1710

オープンから少し経ちましたが、どうしても気になって食べてみたかったので、
行ってきました。

お店の前には、大きなメニューボードが掲げてあります。

     IMG_1711

豚骨カレーって、聞いただけでも気になりませんか?
期待感を持ちながら、入店しましょう。

        IMG_1681

カウンター席に手前の席に座らせていただき、先ずはメニューを確認します。

   IMG_1684

ベースの豚骨カレーに、いろんなトッピングを加えてアレンジしていくタイプです。
甘口カレーも近日登場予定とのことで、家族連れでも楽しめそうですね。

豚骨カレーだけでも充分に楽しめそうですが、
折角なので国産黒毛和牛のすじ肉とほうれん草をトッピングしていただくことにしました。

ちなみに、ごはんの大盛は無料、さらにボリュームのある、
男盛り屋、メッチャ盛り、追い飯をすることも可能ですよ。

店内は、カウンター席が7席と4席。
   
          IMG_1680


そして、4人掛けのテーブル席が1卓ありますよ。

    IMG_1683

さらにこちらのお店では、提供する水や、
カレーに使う水にもこだわっているそうで、水素水を使用されています。

              IMG_1688
(この水素水、ペットボトルを持ってきて、帰りに持ち帰ることも出来るそうですよ)

そんな感じで、店内の様子を眺めながら待っていると、まもなく黒豚骨カレーが出来上がってきます。

     IMG_1689

楕円形の綺麗なお皿に、タップリと盛ってくださっていますよ。


            IMG_1693

それにしても、トッピングでお願いしたすじ肉もほうれん草もタップリ!
こう言うの、すごく嬉しいですよね。

    IMG_1695


それでは早速いただきましょう。
先ずは、カレーの味わいをシンプルに・・・。

          (^^)(^^)

本当に濃厚な旨味!
こういう家では中々マネが出来ないような美味しさに出会えると
うれしくなりますよね(^^)

そして、ほうれん草も混ぜていただいてみましょう。

    IMG_1703

           (^^)(^^)

濃厚な旨味のカレーとほうれん草、これはかなりオススメの組み合わせですよ。

    IMG_1685

自家製のピクルスは、カウンターの上に置いてあるので、
食べる分をカレーに横に乗っけていただきましょう。

             IMG_1705

サッパリとして、カレーの合間にいただくと美味しいですよ。

そして何よりも特筆すべきは、トッピングで追加した黒毛和牛のすじ肉の美味さ。

   IMG_1708

柔らかくて本当に美味しい。
しかも、タップリと盛ってくださっていますよ。

           IMG_1706

これだけタップリと上質のすじ肉がたったの250円でいただけるのは確実にお得だと思いますよ。

スパイスがビシッと効いてるカレーもいいけれど、
旨味たっぷりのカレーをしっかりと食べたい・・・
そんな方にも満足していただけると思いますよ。

MECHAさん、このGWに万博記念公園で開催される、
「第5回カレーEXPO」にも出店されます。
屋外でこのカレーを食べるのもいいだろうなぁ・・・

是非食べに行ってくださいね!



  





【豚骨黒カレー MECHA】
住 所:大阪市天王寺区堂ヶ芝1−9−3    MAP
電 話:06-6773-0033
営業時間:11:30〜15:00 
煙 草:終日禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  

豚骨黒カレー MECHAカレーライス / 桃谷駅鶴橋駅
昼総合点★★★☆☆ 3.7

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、大阪の街の変わりようって素晴らしいと思いませんか?10年前に大阪の街を出て、他で生活している人が帰ってきても、ガラッと変わっているところって多いと思います。大阪駅周辺、10年前の姿なんて、思い出すこともできないくらいに変わっていますよね。大阪駅自体が凄 ...
続きを読む
最近、大阪の街の変わりようって素晴らしいと思いませんか?

10年前に大阪の街を出て、他で生活している人が帰ってきても、
ガラッと変わっているところって多いと思います。

大阪駅周辺、
10年前の姿なんて、思い出すこともできないくらいに変わっていますよね。

大阪駅自体が凄く変わり、グランフロントができ、阪急百貨店も新しくなり、阪神百貨店も目下建て替え中。
地下に入れば逆に分かりやすいかもしれませんね^^;

そして、更なる変貌を遂げたのが、天王寺、阿倍野界隈。

今や日本一の高さを誇る、あべのハルカス。
それだけではなく、キューズモール周辺なんて、昔はどんな感じだったかさえ思い出せないほど。

この日は、そんな阿倍野にある、美味しくお得なお店をご紹介。

お伺いさせていただいたのは、“GOENYA(ゴエンヤ)さん。

          IMG_0587

お店は、阿部に近鉄百貨店の南側、阿倍野筋沿いにありますよ。
って、飲み放題、15分150円って凄いですよね!

早速お店の中に入りましょう。

店内は、2階建てになっていて、1階はカウンター席、
そして2階はテーブル席と掘りごたつ席が並びます。
              IMG_0589
          
この日は、2階の掘りごたつ席に案内していただきました。
    
      IMG_0588

先ずは、生ビールで乾杯!
(飲み放題は、また今度の機会で^^;)

           IMG_0593

こちらのお店では、サントリーモルツの生ビールを楽しむことができますよ。

だんだん、生ビールが美味しい季節が近付いて来ましたよね(^^)

付きだしの枝豆とビールを楽しみながら、メニューを拝見・・・。

   IMG_0600

         IMG_0601

              IMG_0602

ほほぉ・・・こちらのお店では、大阪名物、大阪の美味しいものが揃っていますね。
テレビで「大阪の人間は、串カツって普段は食べへんで。」とか言ってましたが、
嫌いかと言えばそうではない。
あると、ついつい注文してしまうのです。

あ、もちろん焼鳥も一緒に。

     IMG_0619

ステンレスのお皿になぜかトキメキます。

         IMG_0621
しばらくすると、串カツの盛り合わせも登場。
あ、ソースはもちろん、二度漬けお断りで(^^)

そして、よだれ鶏のたたきネギまみれ。

     IMG_0628

このピリ辛が、ビールにすごく合うのです(^^)
チョッとこれ、クセになりそうですね!

そして、こちらも大阪名物、とん平焼。

          IMG_0664

ソースマヨ、なんで大阪の人って、ソースマヨに目が無いのでしょうか?
でも、美味しいから仕方がない(^^;)

さらに、鶏タタキ二種盛り。 

        IMG_0622
胸肉ともも肉、両方の美味しさを比べながら楽しめます。
これ、580円とはチョッと驚き!
お値打ちだと思いますよ。

そんな感じで楽しんでいると、河内産鴨のしゃぶしゃぶ鍋の準備ができたようです。

       IMG_0598
綺麗な鴨ロースとつみれ、そしてたっぷりのクレソンが嬉しいですね。

  IMG_0605

先ずは、出汁が入った鍋の中に、ネギとクレソンを投入。

そして、鍋が煮えたら、鴨肉をしゃぶしゃぶしていただきます。

              IMG_0612

     (^^)(^^)(^^)

ヤバ! これは、美味い(^^)
鴨肉でネギやクレソンを巻いて食べると、やめられなくなりますよ。

さて、調子に乗ってきたところで、飲み物のおかわりも・・・。

   IMG_0603

         IMG_0604
こんな面白いのを発見しました。

これは、サイコロを振って、ハイボール無料を勝ち取ろうという、
チンチロリンハイボール。

出た目がゾロ目ならば無料、偶数で半額!
では、出た目が奇数ならばどうなるのか・・・


         IMG_0655

あはは^^;
やはり、こういうことは、実際にやってみないと。
見事に、奇数が出て、メガジョッキに!
あ・・・もちろん、お会計は倍額になりますが^^;

折角、大きなハイボールをゲット(無料じゃないですが)したので、ここは刺激的な食べ物でも。

       IMG_0634

と言うわけで、石鍋麻婆豆腐をいただきます。
こちらのお店の麻婆豆腐、かなり本格的な四川風。
山椒が効いていて、本当に美味しいです(^^)

さらに、プレミアム鴨肉寿司三種盛り。
 
              IMG_0641


雲丹、いくら、キャビアがのっかって880円はお得だと思いますよ。

そして、肉巻きおにぎり。

          IMG_0662

肉の旨味がしみこんで、これは最高!
〆にぴったりの一品だと思います。

あ・・・・〆と言えば、鍋の〆もあるとのこと。

      IMG_0629

鴨の旨味が溶け出した出汁に、蕎麦をくぐらせていただきましょう。

大阪の美味しさをリーズナブルに、しかも美味しくいただける
GOENYAさん、これからの季節、歓送迎会にもぴったりじゃないかと思います。

なんと言っても、お財布に優しい!
今夜辺りふらっと・・・そんな感じでも、楽しいと思いますよ。
   










【GOENYA(ゴエンヤ)】
住 所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1−3−16    MAP
電 話:06-6626-0084
営業時間:11:00〜24:00
煙 草:喫煙可
定休日:無休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃、何気なく利用しているエレベーター。もしもこれがなければ、大変ですよね。先日、乗ろうとしていたエレバーターが、点検で乗れなかったときに限り、重い荷物を持って、4階まで上がらなければならなことがあり、そのありがたさを実感しました^^;エレベーター、実は紀元 ...
続きを読む
日頃、何気なく利用しているエレベーター。
もしもこれがなければ、大変ですよね。
先日、乗ろうとしていたエレバーターが、点検で乗れなかったときに限り、
重い荷物を持って、4階まで上がらなければならなことがあり、そのありがたさを実感しました^^;

エレベーター、実は紀元前から存在していたそうで、アルキメデスが開発していたのだとか。
あ、もちろんその当時は人力だったそうですが^^;

ちなみに、日本最古のエレベーターは、京都四条大橋の袂にある、東華菜館に現存しているのだとか。

さて、逆に新しいエレベーターといえば、2017年現在、日本一の高さのビルである、あべのハルカスにあるエレベーター。

あべのハルカスには、56基ものエレベーターがあり、展望台へ行くエレベーターの速度は、分速360m。
これも、日本一早いのかと思いきや、分速750mの横浜ランドマークタワーのものには勝てず・・・
とはいっても、景色を眺めながら上って行くのですから、そのくらいがちょうどいいのかもしれませんよね。
(ちなみに、世界一速いエレベーターは、中国、広州周大福金融中心に設置予定のエレベーターで、その速度は分速1,260mなのだとか)

地上300m、あべのハルカスからの眺め、最高です!
でも、ハルカスからは見つけることが出来ない、ハルカスのすぐ近くに、こんな素敵な地中海バルがあるのを、ご存知でしょうか?

この日にお伺いさせていただいたのは、”シンパティコ”さん。
        IMG_4206
あべのハルカスの1階から、歩いて5分少々のところにあるにかかわらず、
隠れ家感満載のお店なのです。
でも、予約なしでは入れないほどに人気!

実は、こちらのお店は今年の5月、7周年を迎えられ、
現在8年目を迎えられています。

少しご無沙汰してしまっているのですが、先日久しぶりに予約して、お邪魔させていただきました。

「こんばんわ、ご無沙汰しております。」
「あ、さいちゃんお久しぶりです!」


そんな感じで、笑顔で再開を喜び、席に案内していただきます。

実は、久しぶりにお伺いさせていただたのは、ちょっとした嬉しい出来事から。
あっ、その話は、最後にでもさせていただきますね(^^)

テーブルに座り、メニューを確認させていただきます。

         IMG_4207
こちらのお店では、その日の美味しいものを、毎日黒板に書いてオススメしていただけます。
季節のよって変わる美味しい食材、見ているだけでも楽しくなってきますよね。

他にも、レギュラーメニューもあって、いろんな料理が揃っていますよ。
  IMG_4208

        IMG_4209

 


まずは生ビールで乾杯!
この後、確実にワインをいただく予定なのですが、最初は冷たいビールをグビッと・・・
最高ですね。

そして、アミューズには、赤ピーマンのピエモンテ風ペペロナータ。
  
           IMG_4212
これが、さり気なく美味しいのです。

もちろん、自家製のパンもいただいて・・・
     IMG_4213

ビールにもちろん合いますが、やはりワインが欲しくなりますよね。
えっと、ワインリストは・・・。

       IMG_4210

ありました。
いろいろ揃って、リーズナブルなところは、昔と変わらず。
こういうのは嬉しいですよね。

そして、最初の料理、タパス盛り合わせ5種が出来上がってきましたよ。
  
         IMG_4214


これこれ、これだけでワインがいくらでも飲めそうな気持ちになってしまいますよね^^;

       IMG_4218
ローストビーフもすごく柔らかく、かけられているソースも抜群!
安定して美味しい料理を提供してくださるだろうなぁ・・・
そんな感じが、タパスの盛り合わせをいただいていて、ひしひしと伝わってきますね。

そして、牡蠣とカブラとインカのめざめのゴルゴンゾーラグラタン。
     IMG_4222
この季節に、牡蠣ときて、更にゴルゴンゾーラとなると、食べたくなりますよね。

中には、大きな牡蠣がゴロゴロと。

            IMG_4224

アツアツなので、気をつけながらいただきます。

           (^^)(^^)(^^)

これは、タマラン!
濃厚なゴルゴンゾーラの旨味が、牡蠣の旨味と絡まって、本当に最高。
ワインがススミまくりますよ(^^)

さて・・・
メインの料理は何にするか・・・

肉もいいけど、魚もいいなぁ。
たしか、黒板メニューに気になるものが。

そんな感じで、もう一度黒板メニューを見せていただきます。

        IMG_4207

あ、これこれ!
長崎産サワラとアボカドのムニエル アンチョビソース、いってみよう!

旬のサワラに、アンチョビソース。
魚どうしの相性がどう出るのかが気になる・・・。
でも、こちらのシェフに任せておけば、まず間違いないものが出てきます。
そんな感じで期待しながら、ワイングラスを傾け待っていると、  

             IMG_4227
おぉ、これは美味しそう。
皮面をパリッと焼き上げられたサワラの下には、アボカドが。上からかけられた、あアンチョビソースがいまた、いい香りなのです。

それでは、こちらもいただいてみましょう。

          (^^)(^^)(^^)

流石!
サワラとアボカドがすごくいい感じなのです。
口の中でしっかり味わって、後半はワインを流し込んでやると、味に複雑な幅が出て、もう最高ですよ!

さて、肉料理も・・・・
と思いましたが、どうしてもパスタが食べたくなったので、お願いします。
たしか、黒板にイカ墨があると書いてあったなぁ・・・。

聞くと、イカ墨を練り込んだパスタとのことでしたが、
イカスミソースにも出来ますとのことだったので、そちらをお願いしました。

         IMG_4232

はじめてみたとき、口にするのに勇気がいった、イカスミスパゲッティ。
でも、一度その美味しさを知ってしまうと、お歯黒なんて気にしない!

というわけで、早速いただきましょう。

        IMG_4237

     (^^)(^^)(^^)

凄くいいじゃないですか!
イカ墨の旨味を十二分に引き出して、必ずまたすぐに食べたくなる味わいですね(^^)

そして、デザートもいただきます。

     IMG_4244
これは、発酵バターと、あんこを使っているのだとか。
食べてみると、凄く美味しいのです(^^)
(お持ち帰り用も販売してましたよ!)

アラカルトで、好きなものを選ぶ楽しさ。
そして、何をいただいても美味しい。
良いところは変わらず、そして確実に進化されていると思います。

この日も、満席状態で、予約がないと入れないほどに大人気でした。

先日、私の誕生日にこちらのお店の店主から、メッセージを頂きました。
そこには、約6年前に、私がお伺いさせていただいたとき、了解を得て、ブログに掲載させていただいたのです。
まだ、グルメブログや食べログをされる方が、今ほど多くなかった時代です。
(実は、その時の掲載で、いろんなこともあったのですが^^;)

そのことが、きっかけのひとつになって、多くの方にお店を知っていただき、お客さんにたくさん来てもらえたとのことが書いてありました。

本当に嬉しかったです。

ブログを続けていて、本当に良かった。
そう思った瞬間でもありました。

是非また、お伺いさせていただきます。
今度は、6年毎は言わず、必ず近々また、お伺いさせていただきますね。







【シンパティコ(Shimpatico)】
住 所:大阪市阿倍野区阿倍野筋3−1−2    MAP
電 話:06-6690-0400
営業時間:17:00〜23:00  ※土日は、14:00〜23:00
煙 草:喫煙可
定休日:木曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)



※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!!


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね!
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com    




  ポチッと、押してやってくださいな!   →   
グルメランキング                     にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 



               
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、久しぶりに東京に行きました。 当日は、台風直撃で、帰宅難民ならぬ、ホテル到着難民になってしまいました。 品川、東京、上野、渋谷、新宿、池袋・・・。 どの街もものすごく人が多くて、大変な混乱でした。 さて、東京ほどではないにしても、大阪にもターミナル駅は ...
続きを読む
先日、久しぶりに東京に行きました。
当日は、台風直撃で、帰宅難民ならぬ、ホテル到着難民になってしまいました。
品川、東京、上野、渋谷、新宿、池袋・・・。
どの街もものすごく人が多くて、大変な混乱でした。

さて、東京ほどではないにしても、大阪にもターミナル駅はいくつかありますよね?
この春、大変身を成し遂げた、大阪駅のある“梅田”
道頓堀をはじめ、大阪の街のもうひとつの玄関口、“なんば”
垢抜けないけど憎めない街、「ええとこだっせ」の“京橋”
そして、現在大変身を成し遂げようとしている街、“阿倍野・天王寺”

今回はそんな“阿倍野・天王寺”に行ってきました。

むかし、天王寺といえば動物園があって、大阪環状線の南側のターミナル駅。
でも、ちょっといかがわしくて、あまり綺麗ではない街としてのイメージが定着咲いていたと思います。

でも、変わりましたよ!阿倍野・天王寺。
天王寺駅から近鉄の阿部野橋駅を越え、南側に歩くと、あべのHOOPがあり、
さらにその南にはLoftが入る商業施設、あべのandが出来ています。
この辺り、昔の面影がほとんどありませんね。(ロフトの隣にラ○ホがあるのには笑えますが(^^;))
ロフトを越えて、1~2分歩いたところに、今回お邪魔した、
“地中海バール Shimpatico(シンパティコ)”さんはあります。
3a5257d0.jpg
f7db154b.jpg


繁華街から住宅街に入って突然灯りが見えたらそこがお店!
そんな感じですよ。
シンパティコ

お店は、4人掛けのテーブル席が3つと、カウンター席が7席(だったかな?)。
2c2e0e14.jpg


明るく清潔な感じのお店ですよ。

この日はテーブル席に案内していただきました。
まずは、この日のお薦めが書いてあるボードを見せていただきます。
79f6b365.jpg


その日限定のメニューの中から、お気に入りを見つけてしまうと、最高に幸せな気持ちになりますよね!

ちなみに、定番メニューはこんな感じです。
f1a95e4d.jpg


それにしても、単価が安いですね。
いくら住宅地の中の隠れ家と行っても、ターミナル駅。天王寺から歩いてすぐのところですよ。素晴らしい!

メニュー以外のオーダーも要望にお応えできるものなら、お作りしますのでリクエストしてください。
商品化できるものはお客様の名前をもじってメニューに加えていきたいと思います。

これ、楽しいですね!
おそらく、“アンチョビと大根のピザタマシローネ”っていうの、それにあたるのでしょうね(^^)

ワインリストはこんな感じです。
3a01bcf1.jpg


泡、白、赤。
リーズナブルなものから、チョイ高級なものまでいろいろ揃ってます。
国旗の絵が描いてあるので、楽しいですし、話のネタにもなりますね。

とりあえず、何品かお願いして、まずはビールで乾杯です。

付出しとして、サラダを出していただきました。
7f4063ac.jpg


豌豆と人参の甘みが食欲をそそりますね。

最初の一品はマグロのカルパッチョです。
1f072498.jpg


お皿の上の芸術というのでしょうか?彩りがものすごく綺麗ですよね。

パンも同時に出していただいたので、オリーブオイルを付けていただきます。
シンパティコ 89413474.jpg


こうなったら完全にワインモードですね。

こちらのお店、グラスワインも用意していただけますが、もちろんボトルでいただきました。
シンパティコ

イタリアのワイン、“Feudo Arancio GRILLO”です。
エチケットが綺麗な感じですね。

本日のお薦めの中にあった、外してはいけないもの、タパス盛り合わせです

サンマのオイルサーディン風。
旨味が凄いですこれ、凄くいい感じです。
シンパティコ

蛸のサラミ仕立て。
柔らかく煮込まれた蛸が地中海料理になりました。注文して損のない一品ですよ。
348d1fac.jpg


パルマ産生ハム。
生ハムと一口に言っても色々あるけど、ここのは美味しかったですよ!
8f1028d1.jpg


鶏レバーのパテ。
メニューに“オリエンタルな香り”って書いてあるだけあって、ほんのりとカレーに似たスパイスの香りがします。
2c689c67.jpg


あと、鯛の子を使ったものと、トマト風味のもの。
これ、いくらでもワインがすすんでしまいます。
69cbf8a9.jpg
41b1935e.jpg


そして、自家製スモークサーモンと柿。
最初は、柿の中にスモークされた牡蛎が入っているのかと思いましたが、中を見てみると・・・。
97f0730f.jpg
f54e79c3.jpg


秋の果物“柿”ですね!
サーモンの塩分と柿の甘みのバランスが絶妙ですよ!
オレンジ色の濃淡の色合いも綺麗ですよね。
6eefe36a.jpg


このタパスをつまみながら、ワインを飲むのって大好きなんですよね。
これだけで、ボトル1本開いてしまいそうになるから困ったものです(^^;)

ここまでで、本当に白ワインをほとんど飲みきってしまったので、次は赤ワインを。
シンパティコ

アロモ ワインメーカーセレクション ピノ・ノワールです。

リーズナブルな価格にしては、美味しいピノだと思います。

さて、メニューの中で気になったものはやはり注文してみないと・・・。
玉城さんが考えた(たぶんそうですよね?)、「大根とアンチョビのピザタマシローネ。」やはりこれは注文してしまいました。
           157c1b2c.jpg


こちらのお店のピザ、TAKE OUTすることも出来るそうで、24時まで対応してくれるそうですよ。(お店のL.O.は23:00まで)

待つことしばし、大根とアンチョビのピザタマシローネがやって来ましたよ!
           aef7775f.jpg


自家製の記事にチーズ、アンチョビ、大根、バジル。
結構インパクトのある感じですね。

とりあえず、一切れいただいてみましょう。
お好みで、唐辛子の入ったオリーブオイルをかけてくださいね。とのこと。
           シンパティコ

お!これは新しい食感か(^^)
ピザだというのにチーズがひとり勝ちしていないのです。
アンチョビの塩分と大根が合わさると、心地良い甘みを感じることが出来ます。
そして、何より食感がものすごくいいんですよ!
大根だけスッと抜けてしまいそうに見えますが、そんなことにはならないのです。
大根の厚みが丁度良いのでしょうかね。
これ、メニューに昇格するだけのことはあると思いますよ。

他にもこのお店でしか、味わえなそうなものとして、“梅干しと生姜とトマトスパゲッティーアリーサ”っていうのも気になりますこれも、ひょっとして“ありさ”さんが考えられたのでしょうか?

さて、次は、“サワラのじゃが芋ベシャメルソースのオーブン焼きグラタン風”です。
              c9304aa4.jpg


熱々のグラタン皿に入ったこの一品。
一口いただきます。
              fac39dd9.jpg


とろけるチーズとトマト、バジル、そしてサワラが一体となって、クセになりそうですよ。

この他にも本当に美味しそうなメニューがたくさんありました。
で、「こんなものが食べたい!」と伝えれば出来る限りかなえてくれるっていうのが嬉しいじゃないですか。
これから、どんどん新しいメニューも増えるのでしょうね。
             シンパティコ

今回は、注文しませんでしたが、リゾットも気になりますよね。
これからの季節に嬉しいメニュー、盛りだくさんです。

こちらのお店の名前、“Shimpatico”どういう意味かと思い、店主に尋ねてみたところ、店主のお名前から取ったとのこと。
店主のお名前は、「渥美 伸八(あつみ しんぱち)」さんです。

この日、週の初め平日にも関わらず、何組かのお客さんで賑わっていました。
1~2人で行って、タパスとワインを楽しむも良し。
4~6人くらいで行って、いろいろ注文して堪能するも良し。
あらかじめグループで予算を伝えて予約するも良し。
いろんな楽しみ方が出来ると思います。

こちらのお店、まだまだ知られていないようですが、これだけの料理をこの値段で。
しかも、天王寺駅から徒歩ですぐとなると、人気が出るのも時間の問題かと思いますよ。
今のうちに押さえておきたいお店。是非とも行ってみてください!
きっと、満足でき、そしてもう一度行きたいと思うようになりますよ!



【地中海バール Shimpatico(シンパティコ)】   
住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋3-1-2    MAP     
電話:06-6690-0400   
営業時間:117:00~23:00(L.O)   
定休日:木曜日
      


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認して下さい。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。 みなさまの応援、よろしくお願いします!!
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加