美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:恵比寿

立ち食い。気軽にサッと食べることが出来る忙しい時の味方。これがあるだけで、目の前で電車を逃してしまっても悔しさも半分。「乗り遅れたおかげで、食べることが出来る幸せ!」美味しい蕎麦を食べて、気分をリフレッシュさせることが出来ます。安い、早いがお約束の立ち食 ...
続きを読む
立ち食い。

気軽にサッと食べることが出来る忙しい時の味方。
これがあるだけで、目の前で電車を逃してしまっても悔しさも半分。
「乗り遅れたおかげで、食べることが出来る幸せ!」
美味しい蕎麦を食べて、気分をリフレッシュさせることが出来ます。

安い、早いがお約束の立ち食い。

これだけ安いのだから、味の方はこんなもので…

いえいえ、そんな時代はもう終わりました!
人形町「福そば」の紅生姜天そばも絶品だったし、
東神奈川駅「日栄軒」の穴子天そばも迫力満点!
そして、那覇の「トミヤランドリー」のスペシャル過ぎる酢もつ。

そして、立っていることを忘れるほど、凄いカレーが体験できるのがここ。

    IMG_9178
恵比寿駅を降りて、目黒方面を歩くこと5〜6分。
三角形の黒い建物が見えたら其処が目的地“東京ボンベイ”

こちらは柏にある「カレーの店ボンベイ」の東京店。
スパイスのいい香りが漂っていると、営業中の証。

戸惑うことなく扉を開けてお店の中へ…

ちょっと待った! 

初めての方は先にメニューを確認したほうが無難。
     IMG_9175

何故なら、店内に入ってすぐのところに券売機があって、先ずそこで食券を購入してから席につくことになるからなのです。

    IMG_9176
表から見える窓のところにメニューがあるのでチェック!

チキンカレー
インドカレー
カシミールカレー
コルマカレー…


ボンベイはデリーから派生したとのことなので、メニューも似たような感じ。
そして、こちらのお店でも極辛口のカシミールカレーが人気との事。

ではあるのですが、「キーマカレー」の食券を購入。
券売機のボタンを押すと、オレンジ色のプレート(食券)が出てくるので、それを店員さんに手渡します。

「すみません、赤キーマ…大丈夫でしょうか?」
「はい、出来ますよ!」

 
メニューには載っていない「赤キーマ」を注文する…

お店は立ち食いスタイルで僅か5席。
壁とカウンターの間もあまり広くないので、体格の良い人は後ろを人が通る度に体をカウンターに密着させなくてはならないかも。

それでも店内は空気の流れが良く、密閉されていることはない。

赤キーマとは…
通常の「ボンベイキーマ」の辛さは普通。
その辛さをカシミールカレー並みの<極辛>にしたのが『赤キーマ』 。

    IMG_9174
カウンターの上には、大根とキュウリのピクルス。
これでクールダウンの準備も万全。

そして、今回はオプションでコールスローサラダも付けてみた。
   DSC02364
 カレーを食べるときは野菜もしっかりと!
しばらく待っていると、スパイスの香りが強くなってきて赤キーマが出来上がってきました。

想定外のボリュームに度肝を抜かれる!
  DSC02359
カレーが入っている器、そんなに小さなものではありません、山盛状態です!
手前に写るライスのお皿と比べてもらえば、何となくイメージしていただけると思いますが。  

ご飯はお皿一面にたっぷりと!
   DSC02361
 
カレーとごはんとのバランスはギリギリ取れているのか?
いや、これはご飯を大盛りにしなければ、バランスは取れない…
かと言って、そんなことをすれば次に空腹状態を迎えるのは明日の朝かも。
  DSC02368
 驚愕ボリュームの赤キーマを目の前に覚悟を決める。
ご飯の上にそろりと乗っけて、ひと口…
   DSC02370
美味しい!

 香り、そして味わいともに抜群である!
さらに、次の瞬間に辛さが口の中を駆け巡る。
 
辛い!

流石にカシミールカレーの辛さと同じと言われるだけのことはある。
だから、冬であってもじわじわと体の中から熱くなってきて、
汗がじわじわと滲んでくる。

これは快感! 

辛さの方はだんだん慣れてきて心地よくなって来る。
でも、このボリュームはなかなか手強い。
だんだん食べる速度がゆっくりになってくる。
 
    IMG_9173
それでもスプーンを運ぶ手が止まらないから不思議だ。
それは、遠慮なしの辛さに加え旨味も抜群だからだと思う。
これは食べいて嬉しくなってくる。

満腹になっても食べることを止めることが出来ない不思議なカレー。
キーマ好きならば是非一度味わってみて欲しい。



【東京ボンベイ】
住 所:東京都渋谷区恵比寿南1−23−1 ABC亜米利加橘ビル 1F    MAP
電 話:03-6452-3365
営業時間:11:00〜21:00 ※日祝は、18:00まで。 
煙 草:禁煙
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ
お店のTwitterはコチラ

※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramでも情報発信中!     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  
  
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

29年ぶりに、「東京ラブストーリー」が現代版で蘇るらしいですね。鈴木保奈美さんが演じる、リカ。魅力的でした!テレビの前に釘付けになり、夢中で見ていた時代がありました。「東京ラブストーリー」の赤名リカ役、当時は鈴木保奈美さん。先日テレビを見ていてふと思ったの ...
続きを読む
29年ぶりに、「東京ラブストーリー」が現代版で蘇るらしいですね。

鈴木保奈美さんが演じる、リカ。
魅力的でした!
テレビの前に釘付けになり、夢中で見ていた時代がありました。

「東京ラブストーリー」の赤名リカ役、当時は鈴木保奈美さん。
先日テレビを見ていてふと思ったのですが、田中みな実さんなんて、イメージが似ているような気がするのは私だけでしょうか^^;

そんなことを空想しながら、この日たどり着いたのは、
恵比寿にある和食のお店、“ととら”さん。

        IMG_1525

恵比寿駅の東口を出て、ビアジョッキの街灯がある道を東へ少し、
「恵比寿駅東口」の交差点を小さな道に入りしばらく行くとお店があります。
隠れ家感満タンで、ワクワクしますよ〜。

    IMG_1530

入口の横には、メニューボードが置いてあって、どんな料理が食べられるのかがわかりますよ。
あ…念の為、飛び込みではなく予約してから行くほうが確実ですよ〜!

       IMG_1532
店内は、料理が出来上がるのを楽しみながら食事ができるカウンター席、そして落ち着いた雰囲気の個室をその日のシチュエーションで選ぶことが出来ますよ。

この日は、名物の料理がいろいろいただける、ひとり7,000円のコースをお願いしました。

      IMG_5110

先ずは、スパークリングワインで乾杯。
お祝いの場は、ちょっとだけ贅沢に過ごしてみるのもいいものですよ。

  IMG_5114

最初の料理は、新玉ねぎと新ジャガのすり流し。
前菜代わりにスープでも…
そんな感じで何気なく口をつけると、想像以上に美味しかった!
口の中で旨味が「ドーンッ」と広がります。

これ、完全に最初のひとしなのマジックですね。
一気に「ととら」さんの料理の世界に引き込まれてしまいます。

     IMG_5117

そして、紅はるかと真鯛の海苔巻き。
上品な甘さのさつまいもと真鯛、それをパリッとした海苔で巻いて食べさせる。
これまた想定外の味わいで、完全に引き込まれてしまいます。

     IMG_5120

そしてここで前菜。
奥から時計回りに、「ピーマンとクレソンのナムル」、「自家製さつま揚げ」、そして「風呂拭き大根 きのこのジャン」。
これは、日本酒が必須。
好みを伝えると、オススメを選んでくださいますよ。

       IMG_5123

前菜を食べ合わると、お刺身の盛り合わせ。
この日は、さららのたたき、金目鯛、アオリイカ。
アオリイカは、醤油で食べてもいいけれど、スダチを絞って、ぱらりと塩をかけるのがオススメ。
イカの甘味が口の中に広がりますよ!

         IMG_5131

目の前に登場したのは、なんだか素敵な感じの蓋付きの器。
蓋を置けてみると、中には茶碗蒸しが入っています。

      IMG_5134

これは、雲丹茶碗蒸し。
上には、干し貝柱と金華ハムので取った出汁の庵がかけられてあります。

       IMG_5139

ちょっぴりピリ辛なのがアクセント。
こういう大人の味わい、いいですよね。

そして、次に出てきたのが何と蕎麦。

       IMG_5142

でもこれ、〆の蕎麦ではなくちゃんとコースの中の料理のひとつで、
干し貝柱と金華ハムのカラスミそば。
一口食べると、口に中に甘みと香りが広がり、確実に笑顔になりますよ!
コースの注文でないお客さんも、アラカルトで注文される方が多いのだとか。
食べてみると、その理由がわかります、かなり美味しいのです(^^)

一見、〆の料理に見えた蕎麦の次は、メインのお肉。

        IMG_5158

フォワグラの味噌漬けと黒毛和牛のステーキ。
部位はランプで肉の旨味をしっかりと味わえます。
しかも、ランプとは思えないほどに柔らかい。

        IMG_5169

ソースのようにして、卵黄を絡めながら食べるのが美味しい。
肉と野菜と卵黄。
どのような組み合わせで食べようか……
そんな迷いも楽しみのひとつになります。

       IMG_5174

そして、もう一つのこちらのお店の名物、自家製 猪と豚肉のしうまい。
きのこジャンが上にかけてあって、旨味のアクセントになって口の中を満たします。
豚肉と猪肉が合わさると、こんなに美味しくなるんだ…そんなうれしい気持ちになりますよ。

    IMG_5177

このあと、ごはんをお出しします。

そう言って、土鍋で炊いた炊きたてのご飯を見せてくださいました。
ご飯は一組ごとに炊くので、この土鍋は私達だけですべて食べることができるのだとか。

        IMG_5189

そして、ご飯のお供には、フカヒレのとろみ餡。
先ずは、ご飯だけを一口分だけお茶碗に入れてくださいます。

これがまた美味しい!
艶々で甘みがあって、最高です。
このままこれだけを食べてもいいんだけどなぁ……
そんなふうに思ってしまいかけたところに、

        IMG_5202

ふかひれのとろみ餡かけごはんが登場。
これはたまりません!

      IMG_5208

これ、少々満腹でもいくらでも食べられそう!
とはいえ、3杯めには流石に手を出せず……

      IMG_5212

すると、残ったご飯はおにぎりにしてお土産にくださいました。

ととらさん、カウンターの中で仕上がる料理を見ていても楽しいし、
そして美味しい。

     IMG_1543

そんなととらさんのイメージキャラクター……
ではなくこれ、こちらの大将の分身なのだとか。

        IMG_1545

ファンキーな髪型をしていらっしゃいますが、気配り抜群でとても優しい大将。
昔、中華の厨房に入っていたこともあるのだとか。
それで、中華の技法を活かせた和食を提供してくださっているのですね。

恵比寿の街でこの内容、この値段は破格だと思います。

ぜひ、美味しい料理と大将の笑顔に癒やされてください。

守るべきことは守りながら、安全で美味しく、心の中から健康に。
みなさま、ご自愛下さいね。




【ととら】
住 所:東京都渋谷区恵比寿4−10−18 京マンション 1F    MAP
電 話:03-6277-3428
営業時間:11:00〜14:00  18:00〜26:00
煙 草:完全禁煙
定休日:
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ココッテ カード ツカエマスカ?」「いえ、現金だけです。」「ジャ イイデスゥ〜」そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、デビットジャガー御一行様。みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;ところで、デビットジャガーって誰?調 ...
続きを読む
「ココッテ カード ツカエマスカ?」
「いえ、現金だけです。」
「ジャ イイデスゥ〜」


そう言いながら、店を出て、近所のチェーン店らしき居酒屋に入って行く、
デビットジャガー御一行様。

みなさんもご存知、Air PayのCMの場面ですね^^;

ところで、デビットジャガーって誰?

調べてみても、そんな人物は存在せず・・・。
あ、ひょっとして、ミック・ジャガーと、
デヴィッド・ボウイをあわせて作った架空のロックスター?

長髪でヘアバンドをしてて、いかにもロック歌手みたいな出で立ちは、
一度見れば、すごく印象に残りますよね。

先日お伺いした、恵比寿にあるこちらのネパール料理の店主に、
その面影を重ねてしまったのは、私だけでしょうか^^;

ランチタイムにお伺いしたのは、“ソルティモード”さん。

        IMG_1608

恵比寿駅から徒歩3〜4分のところにあるビルの5階にお店はあるのですが、
1階にこのメニューボードが出ていれば、営業しています。
ランチタイムは、11:45から。

エレベーターで5階に着くと、いきなり店内の景色が現れますよ。

開店時間とほぼ同時に入店したのですが、すでに2組のお客さんが。
これは、ランチタイムに突入すれば、すぐに満席になるんだろうなぁ・・・
そんなふうに思いました。

ランチタイムのメニューは、
ネパールの定食、ダルバートと、ネパールの焼きそば、チョウミンのみ。

チョウミンも気になるけれど、今日の気分はダルバート。
店主の目の前、カウンター席に座らせていただき、ダルバートをお願いします。

店内は、カウンター席が5席と4人がけのテーブル席が3つ。
グループの方はテーブル席に、おひとり様や、おふたり様はカウンター席に座り、
寛ぐことが出来そう。

色とりどりの照明に照らされる店内。
ランチタイムにはそれに窓からの明かりも入り、
エキゾチックな中にもどこか健康的な雰囲気が加わります。

店内の雰囲気を楽しみながら待っていると、
お願いしたダルバートが出来上がってきました。

        IMG_1581

これは、評判通りのボリューム!
素晴らしいご飯の量ですね(^^)

ダルバートでよく見るのは、ご飯とアチャールが入っているプレートがあって、
別添えにカレーが入った容器が出されるもの。

私の場合、別々で出していただいても、ご飯の上にかけちゃうので、
この提供のされ方は理想的(^^)

ご飯もタップリならば、肉のカレーも、

     IMG_1588

野菜のカレーもたっぷりと盛られているのが嬉しい。

      IMG_1585

それでは早速いただきます。
先ずは、カレーを味わいを楽しみましょう。
   
         IMG_1597

大きなチキンは食べごたえも十分。
最初はこれをおかずにご飯を食べるスタイルで。

幸せな気持ちになれる瞬間ですね(^^)

野菜のカレーも、同様のスタイルで先ずはいただきます。
素材の味わいとスパイスの融合が楽しくって仕方がない。

       IMG_1591

ダルスープも最初はそのままいただきます。
初めてダルスープを食べた人は、少し薄くて味が頼りなく感じるかもしれませんが、
3口も飲めば、味わいの奥深さに気がついてくるはず。
完食する頃には、必ずおかわりがしたくなっていると思います。

さて、ここからが本番。
まずはダルスープをスプーンですくって、

        IMG_1599

ご飯の上にかけてしまいます。

    IMG_1603

そして、いろんな具材を徐々に混ぜながら味の変化を楽しみます。
そうすると、このダルバートが持つポテンシャルを、
もっとたくさん味わうことができますよ。

         IMG_1607

後半は、すべての具材を混ぜ合わせ、
残ったダルスープもかけて、すべての旨味を独り占めしちゃって下さい。
そうすれば、ダルバートの奥の深さをより一層楽しめると思いますよ(^^)

以前から噂は聞いていて、知っていましたが、
実際に食べてみて、想像以上に満足させていただきました。

美味しくてボリュームたっぷりのダルバート、オススメですよ!









【ソルティモード(Soaltee Mode)】
住 所:東京都渋谷区恵比寿西2-8-9 代官山宝ビルⅢ 5F    MAP
電 話:03-3462-4331
営業時間:11:45〜14:00  18:00〜24:00  ※土日はディナータイムのみ営業。
煙 草:喫煙可
定休日:月曜日
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  




  
このエントリーをはてなブックマークに追加

麺類、お好きでしょうか?麺類がキライって人、あまり聞いたことがないような気がします。ラーメン、そば、うどん、スパゲッティ、そうめん、ひやむぎ、フォー、ほうとう、ビャンビャン麺、ビーフン・・・。うどん、そば、ラーメン、スパゲッティなどは家でも作れるけれど、 ...
続きを読む
麺類、お好きでしょうか?

麺類がキライって人、あまり聞いたことがないような気がします。

ラーメン、そば、うどん、スパゲッティ、そうめん、ひやむぎ、
フォー、ほうとう、ビャンビャン麺、ビーフン・・・。


うどん、そば、ラーメン、スパゲッティなどは家でも作れるけれど、
ビャンビャン麺なんて、絶対に家では作れない・・・^^;
(ビャンビャン麺の記事はコチラで!)

そば、うどん、ラーメン、スパゲッティもそれぞれ専門店があって、
そこで食べると、家で食べるのとは違うものがいただける。
ラーメンと言えば、インスタントラーメンか、
食堂の中華そばしか食べたことがなかった子供の頃、
初めてラーメン専門店で食べたラーメンの美味しさ、今でも覚えています。

そういえば、そうめんって不思議と家でしか食べない・・・

もしも、そうめんをプロが作ったら・・・。



          IMG_0311

行ってきました、そうめん専門店。
その名も“そうめん そそそ”

わかりやすい名前ですね!
そして、一度聞けば忘れられない響きもある。

      IMG_0313

ランチタイムは、11:30〜14:30。
今日は暑いし、サラッとあっさりそうめんでも・・・。
そんな方はもちろん、ちょっとガッツリと食べたい方のためにも、
いろんな仕掛けが施されてあります。

そうめんって、
冷たくして、そうめんつゆに薬味を入れてあっさり食べる。

それだけじゃないのが、こちらのお店の面白いところ。

          IMG_0278

立てかけてあるメニューを手にとって見てみると・・・。

   IMG_0273

スタンダードなつけそうめんはもちろんのこと、
にゅうめん、ぶっかけそうめん、釜玉そうめんとラインナップ。
そして、メニュー次のページには・・・。

         IMG_0274

ずらりと並ぶラインナップ。
まるでパスタのお店のようですね(^^)

プラス100円で、大盛りや替え玉(1束)も可能。
オプションで、グルテンフリーの麺にすることも出来るようです。

      IMG_0275

ディナータイムには、居酒屋メニューも充実。
そして、〆にそうめんとくれば、完璧か(^^)

         IMG_0271

店内は、L字型のカウンター席が10席と、
奥にはテーブル席や個室もある模様。

来店する前は、女性のお客さんが大半かと思いきや、
男性のおひとりさまも、結構いらっしゃる。

そして、私が注文したそうめんは、これ。

         IMG_0283

これは、明太クリームそうめん。
クリームベースのスープに、たっぷりの明太子。

      IMG_0284

さらに、明太子と大葉、胡麻がきれいにトッピング。
見た目も綺麗で、ちょっとテンション上がります(^^)

          IMG_0304

あたたかいそうめん・・・
さて、それでもコシはあるのか?

食べてみると、確かに麺が美味しい!
熱々なので、一気にすするとやけどしますが・・・^^;

うどんとも、パスタとも違う、そうめん独特の喉越しは、
ちょっとクセになってしまいそう(^^)

          IMG_0289

明太子がたっぷり入ったスープもいい感じ。
これ、替え玉をしてみても、麺の食感が変わって楽しいかもしれませんよ。
(無性にバケットも食べたくなりますが・・・^^;)

        IMG_0312

恵比寿駅から歩いて3〜4分。
美味しいそうめん、いろいろあります。
ぜひ行ってみてくださいね!
     












【そうめん そそそ】
住 所:東京都渋谷区恵比寿西1−4−1    MAP
電 話:03-6416-9284
営業時間:11:30〜15:00  17:00〜24:00(L.O.23:00)
     ※金土祝前日は、翌4:00まで営業。 
煙 草:分煙(個室のみ喫煙可)
定休日:不定休
駐車場:なし(お店の近くにコインパーキング有り)

お店のHPはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







  
このエントリーをはてなブックマークに追加