美食磁石

首都圏、関西圏を中心に、日本全国の美味しいお店、隠れ家的なお店を紹介させていただきます。美味しいお店を方位磁石のように見つけ出し、磁石のように引き寄せられる。街を歩いていて、「何か気になる・・・。」というお店を臨場感溢れる画像とともにお届けします。

タグ:愛媛県

広島焼きといえば、叱られるし、大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。そんな不思議な食べ物、お好み焼き。みなさんも大好きですか?そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・いえいえ、ちょっと待って下さい!うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言 ...
続きを読む
広島焼きといえば、叱られるし、
大阪焼きといえば、ちょっと別の食べ物になってしまう。


そんな不思議な食べ物、お好み焼き。
みなさんも大好きですか?

そんなお好み焼きの聖地、広島と大阪・・・
いえいえ、ちょっと待って下さい!
うちのお好み焼きを食べないで、そんな事を言ってもらっちゃ困る。

そんな声があちこちから聞こえてきそうです。

東北地方の「どんどん焼き」、東京の「もんじゃ焼き」、
浜松の「遠州焼き」、大阪岸和田の「かしみん焼き」・・・。


って、意外といろいろあるみたいです。

そして松山にも、知る人ぞ知る、
激ウマのお好み焼きが存在しているのです。
それは、三津浜焼き。

そのお好み焼きは、牛肉と牛脂を使うお好み焼きなのだとか。
そして、三津浜焼きを一度食べると、その味が忘れられなくなって、
多くの人がリピートするのだとか。

         IMG_4906

そんな三津浜焼きをいただくことができるお店の1軒、
“日の出”さんにお邪魔させていただきました。
いよてつの三津駅からすぐのところにお店はあります。

お店の前には、黒板があり、

飲食→
持ち帰り→     (この空白に時間が記入される)

     まで  

予約でいっぱいです。


そう書かれてありますが、このときは、時間の記入なし。
ということは・・・

「すみません、大丈夫でしょうか?」
「どうぞ、そっちの席に座ってください。」

案内していただけました。

         IMG_4912

メニューはこんな感じで、店内のホワイトボードに書かれてあります。
お好み焼きの台に、そばもしくは、うどんを選べるのは広島と同じ。
三津浜焼きの特徴、トッピングの「牛脂」はここで指定するのですね。

注文は、
そは、肉玉入りで、脂のトッピングあり。

瓶ビールは自分で冷蔵庫から出して申請します。

注文が通ると、
ご主人が目の前の大きな鉄板で焼きはじめてくださいます。

ビールを飲みながら待っていると、次々とお客さんが入ってきます。
とは言っても、席は全部で5席。
というわけで、あっという間に外で待つお客さんが2〜3名。
本当に人気ですね。

         IMG_4910

そして、私がお願いしたお好み焼きも焼き上がったようです。
タップリのソースをかけていただき、上から青のりで仕上げます。

       IMG_4915

中にそばが入った、厚みタップリのお好み焼き。
こうやって見ると、広島のお好み焼きと同じではないか?
そのように思ってしまいます。 

それはさておき、まずはひと口いただきましょう。

       IMG_4918

お! これは美味しい。
生地の食感といい、そばの感じといい、思っていた感じのどストライク!
そして、ほのかに感じる甘みは・・・。

      IMG_4922

これです。
これは、牛脂。
すき焼きのときに使ったりするアレですよ。

牛脂といえば、脂を引くのが目的で、そのまま食べるものではない。
そう教えられて来ましたが、今ここにちゃんと存在します。
しかも、かなりしっかりと。

この牛脂、
牛肉の油を使って焼いたお好み焼きではなく、牛脂はれっきとした具材。 

郷に入れば郷に従え!

えぇぃ、いっちょ行ってみるか・・・。

          IMG_4923

そんなわけで、いただきます。

・・・・・ん。
うむむむぅ・・・・美味い(^^)


信じられないでしょうが、これが絶品なのです。
しかも、かなり。

この牛脂、そして牛肉が一体となってかなりの旨味を出してくるのです。
それが、特製のソースと絡み合って、なんとも言えない美味しさを醸し出すのです。

         IMG_4926

お好み焼きの中にも、しっかり具材として存在しています。
これはまいった、こんなの美味しいものだとは。

その美味しさに、しっかりと魅了され、
夢中で完食させていただきました。

松山の三津浜焼き。
これがおいしさの秘密であり、魅力なのですね。
たしかにこれは、また食べたくなります。
リピーターが多いのも納得ですよ。

三津浜焼きを提供するお店は、この界隈に何軒かあり、
それぞれのお店によって、焼き方、具材、ソースやふりかけに違いがあり、
個性を出しているようです。

こちらのHPには、三津浜焼きのこと、
もっと詳しくいろいろと書いてありますよ。


松山にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみてください。
是非体験していただきたいです。







【日の出】
住 所:松山市三杉町11−8    MAP
電 話:089-952-3676
営業時間:11:00〜19:00 
煙 草:完全禁煙
定休日:水曜日
駐車場:なし




※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加

真っ赤な嘘、赤の他人、赤っ恥、赤裸々・・・何で赤なんだろうか?嘘をついてバレバレなことを、白々しいというのに、何故か赤。この「真っ赤な嘘」や、「赤の他人」、「赤裸々」の赤は、明らかな嘘、明らかに他人、明らかにするから変化した説が有力なのだとか。赤っ恥は、 ...
続きを読む
真っ赤な嘘、赤の他人、赤っ恥、赤裸々・・・

何で赤なんだろうか?
嘘をついてバレバレなことを、白々しいというのに、何故か赤。

この「真っ赤な嘘」や、「赤の他人」、「赤裸々」の赤は、
明らかな嘘、明らかに他人、明らかにするから変化した説が有力なのだとか。

赤っ恥は、恥を書いたときの顔の色ですね^^;

真っ青は、ヤバいときの顔の色。
白い目で見るは、情のこもっていない冷淡な目つき。
腹黒いは・・・なんとなくわかりますよね。


赤や青、白黒ハッキリさせなくても、
いいことって世の中にたくさんありますよね。
中間色でもいいんじゃないか・・・あ、それでグレーゾーンか!

グレーではないのですが、オレンジ色の電車が走る街、
松山に行ってきました。
(どこかにマイルってやつです、オススメですよ〜!)

実は松山に、以前からずっと行きたかったうどん屋さんがあるのです。

            IMG_4789

お伺いさせていただいたのは、“踊るうどん永木”さん。
(大阪の踊るうどんさんとは、関係ないうようですよ。)

松山市駅から、いよてつで5駅目の山西駅から、
歩いて10分くらいのところにお店はあります。

開店時間の少し前にお店の前に到着し、開店と同時に入店させていただきます。

        IMG_4757

カウンター席に座り、メニューを確認・・・。

    IMG_4755

         IMG_4756

いろんなうどんがありますが、私の狙いは「しょうゆうどん」。
その中でも、肉しょうゆうどんを中盛り(1.5玉)でお願いします。

こちらのうどんは、しなやかなコシ。
四国のうどんといえば、コシの強い讃岐うどんを想像されるともいますが、
こちらのうどんはしなやかさがウリ。
何でも、一度味わうと、その食感が忘れられなくなるほどなのだとか。

         IMG_4788

店内の入口横には、おにぎり、いなりすし、天ぷらが並ぶケースも置いてあります。
そして、カウンターの上にも。

     IMG_4751

おにぎりに天かすを乗せて食べてみてください

惹かれるなぁ^^;

しばらくすると、先に酢橘と大根とおろし金が運ばれてきます。

       IMG_4761

これは、もうすぐ出来上がるのサインか?
大根をおろして待つことにします。

ちょうど大根をすりおろした頃に、うどんが出来上がってきました。

      IMG_4768

おぉ、  タップリの肉と見るからにしなやかそうね麺。
さて、どうやって食べるかな・・・。

         IMG_4763

   IMG_4752

こんな感じで、大将おすすめの食べ方が書いてあります。
先ずは、それに従いましょう。

まずはレモンだけを絞り・・・

          IMG_4775

う・・・・
うぉぉぉぉぉ! 


これ、この食感はなんでしょう。
グニュッとした感じが、ものすごく心地良い(^^)
ググッとした返しがあるのではなく、柔らかいながらもしっかりとコシがあるのです。
ひと口食べると、またすぐに食べたくなる感じ。
これはかなり美味しいぞ! 

そして、しょうゆを少し回しがけていただきます。


むぅぅぅぅ、 これはたまらん! 
 

うどん自体がものすごく美味しい。
踊るうどんとは、よく言ったものだと思います。

口の中で、うどんが踊り、心までも躍りだす! 

これは確かに、わざわざ食べに来たくなるぞ。

           IMG_4779

そして、肉を頬張り、ご飯の代わりのようにうどんをかきこむ。
美味しくって、箸が止まらなくなってきました(^^)

そして、さらに大根おろしを投入すると・・・。

        IMG_4781

大根のサッパリと、肉の旨味がものすごくよく合う。
そこにうどんが加わって、もう完全に相手のペースに巻き込まれてしまいます(^^)

そんな感じで、あっという間に完食。
並盛にせず、中盛りにしてよかった・・・
いや、この美味しさならば是非大盛りを食べておくべきかもしれません。

        IMG_4786

え・・・そ、そうなの?
そんな素敵な誘惑(^^)

2回戦に行ったかどうかは、ご想像におまかせします^^;


          IMG_4784


〆に、うどんの出汁もいただき、大満足させていただきました。

こちらのお店の大将、ちょっと治療中とのことで、
現在の営業時間は、ネットでの情報とは異なっています。(2019.10現在)

         IMG_4785

ぜひ、お店のブログ等を確認して、おでかけくださいね。
このうどん、わざわざ食べに行く価値があると思います。
私もまた、松山を訪れたときは、必ず立ち寄らせていただきたいと思います。





【踊るうどん永木】
住 所:松山市須賀町2−1 リバーサイドナカオ    MAP
電 話:089-953-5162
営業時間:11:30〜14:00  
煙 草:完全禁煙
定休日:月・火(臨時休業あり)
駐車場:あり(お店のの前に3台分ほど)

お店のブログはコチラ


※定休日等、変更になっている場合がありますので、必ず事前に確認してください。


Instagramやってます。     Follow me!! 


美味しいお店情報、ご意見、ご要望等ございましたら、下記までご連絡くださいね! 
        Mail:hitoshi.o.saichan@gmail.com     






  ポチッと、押してやってくださいな!   →     
グルメランキング                      にほんブログ村 グルメブログへ 
にほんブログ村  







   
このエントリーをはてなブックマークに追加